青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「送る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~追う 追う~ 追って~ ~退屈 退屈~ ~送っ 送っ~ ~送った 送り~ ~送る
送る~
~逃げ 逃げ~ ~逃げた 逃げた~ ~逃げる 逃げる~ ~逆 逆~ 透明~ ~途

「送る~」 1784, 19ppm, 5956位

▼ 送ること~ (275, 15.4%)

16 になった 14 にした 13 が出来た 7 ができた, が出来る, になっ 5 となった, にし 4 がある, ができました, になり, になる 3 ができる, が出, にしよう, もある, もできた, を得

2 [14件] が出来, が出来ぬ, が多かっ, である, にしました, になつ, になつて, に同意, の多い, は出来ない, は出来ません, もあるで, もできなかった, を禁じ得ない

1 [139件] あたわざるは, あるも, か, があるなら, ができ, ができたで, ができたなら, ができたら, ができない, ができなかった, ができぬ, ができます, がむづかしいかもしれない, が一番無難, が出来ない, が出来なくなれ, が出来ました, が出来ます, が出来れ, が大切, が好き, が始められた, が彼, が必要, が急務, が樂, が緊急動議, が遅れ, さえしなかった, ぞと思えり, だ, だけは止せ, だけを夢中, です, でまた, でも, で有ろう, と三郎, と各, なくば, などなん, など今, にある, にいたしましょう, において過去, にきめた, にします, にすら苦心, にする, になつたの, になつた備中, になりました, になるだろう, によって五磅, によって生活, によって遂げられた, に伴う, に心がけた, に於, に極, に決し, に決めた, に決心, に違い, のため, のできなくなった, のできる, の出, の出来た, の危険, の心許な, の費用の, は, はこの, はたとえ, はできない, はできよう, はどうも, はもし, は人間, は出来, は勿論, は可能, は困難, は差支えない, は待つ, は最も, は武家法度, は私, は見合わせ, は規則違反, は避けなけれ, は酒, ばかり考え, までを祭, もあった, もかな, もさすが, もすくなく, もする, もできるであろう, も出来ない, も出来なかった, も出来ました, も忘れなかった, も思いついた, よりも織田軍数万, を, をいい, をする, をよした, をよろこばなかった, を厭わぬ, を得る, を忘れない, を忘れなかった, を忘れなかつた, を怠らない, を恥ぢる, を悲しむ, を意, を挙げ, を楽, を止し, を決定, を決意, を申し合わせた, を約し, を約します, を約束, を考え, を見合わせ, を覚悟, を許さない, を選ぶなら, を選挙人, 等約束, 言いかえれば, 計らいました

▼ 送る~ (164, 9.2%)

17 である 8 です 6 だと 5 だ, であった 4 だから, でした 3 が常

2 [13件] か, かと思う, が一番, が大好き, じゃ, だが, であります, であるが, ですが, では, でも, と同じ, を常

1 [86件] かその, がたいへん, がよい, が主, が人情, が厭, が当然, が最高, が生活, じゃ値打, だけれども, だそう, だった, だつた, だよ, だらうと, だらう帰途, であったが, であって, でありました, であるから, であろうか, と何, と死んだ, ならばい, なら早く, なんかもお, には明日手紙, にもあの, に以前, に困難, ね, は, はいや, はさだめし, はその, はたいてい, はたしかに, はつまらない, はやめた, はやめます, は一層, は丁度, は三つ股, は全く, は家, は旧式, は気持, は水平線上, は親切, もい, もいい, もこれ, もやめた, も全体, も厄介, も同じ, も如何, も小言, も意味, やら, をいい, をどうして, を依頼, を制限, を名, を後, を御免, を惜, を感じ, を楽, を残し, を無意味, を見ます, を高し, 人である, 人なるべし, 外は, 情を, 文に, 日玄徳は, 本当にそうきめましょう, 決断に, 礼と, 詩に, 詩の

▼ 送る~ (105, 5.9%)

3 云って, 云ふ, 言って 2 いふので, もとより庄吉, 一度に, 同時にその, 書いて, 言つて一同と, 言ふ

1 [82件] ある, いうだけにも, いうだけの, いうなら話, いうに, いうので, いうより, いって, いってたから, いつて, お神樂, かきいた日本, しやう, すぐ家, すつかり元, すると, するなら男, そのふもと, そのまま先斗町, そのまま塵, ちゃんと王立学会, なるほど山, まことに非凡, モンペとしては, 云い朋友, 云うから, 云うこと, 云うの, 云うも, 云う文句, 云えば, 云つた, 云つて僕について, 云ひました, 仮定し, 仰云, 伯の, 入違い, 前の, 反響の, 口ぐせの, 叫ぶも, 叱, 右門は, 号し, 号し途中, 坐つたまま, 壓力測量機の, 夕に, 妾は, 小声で, 居士は, 岸本は, 律師は, 必ず一つ, 快諾した, 怪しまれる理由, 恐らくヒトラー, 昨夜又, 椅子を, 正岡は, 正面の, 死んでから, 母の, 爾云, 皆取っ, 直ぐ自筆, 直ぐ遣した, 石灯籠の, 砲手が, 紳士の, 若え, 見える, 言うので, 言った私たち, 言っても, 足尾の, 返事を, 途中で, 金に, 障子の, 静かに

▼ 送るよう~ (94, 5.3%)

10 になった 5 にし 43 なこと, になり, になりました 2 にした, になっ, に言っ

1 [60件] さもなければあの, でひやりと, との事, なふり, なもの, な人間, な哀れむべき貧民階級, な奇妙, な女子, な子供, な思い, な慰み, な手つき, な手紙, な気持, な無礼, な生活, な癖, な讃嘆, にいたします, にいっ, にうち, にお前, にしました, にする, にせよ, にそう, にたのみました, にたのむ, にたびたび, にでき, にと云う, にと外務省, にと家族, にと頼ん, になります, になる, になれ, にのみ傾い, には決して, にもなった, に使者, に働きかける, に吹い, に吹く, に定まっ, に悵然, に手紙, に書きました, に至急, に送金, に鎮まりかえった, に響く, に頼みました, に頼ん, に頼んだ, 取計らいました, 特に手紙, 申して, 致しました

▼ 送るという~ (52, 2.9%)

6 ことが, ような 5 ことは 3 のは 2 のも

1 [30件] ことを, そうした人生, のであった, のでありました, のを, ふうに, ものは, わけにも, 一人の, 事は, 仕組に, 仕組みな, 俗話も, 口実で, 境涯でも, 平穏風流な, 年より, 思いつきに, 感情が, 文句が, 文意, 楽しみを, 様な, 気には, 習慣です, 者が, 芸当を, 話しも, 話だった, 風であった

▼ 送る~ (44, 2.5%)

6 にした 3 になった, になる 2 である

1 [30件] がある, があろう, が出来ず, が出来た, が出来なかつた, が出来よう, が出来る, が多く, が間違ったら, だけは出来た, だらう, であるべきである, とする, にあるらしい, にしよう, になります, になるだろう, によってアメリカ, に致そう, の歡, はできない, はやがて, もなし, も何等, も出来るだろう, を何より, を吝, を少し, を止めなかった, を約束

▼ 送るため~ (40, 2.2%)

1 [40件] ではなかっ, という理由, として一般, にああ, にこういう, にこの, にこれ, にのみ自分, にはもっと, には私, にもう, にも外部, にも重要, にゴタ, にサン・テチエンヌ寺, にモスク, に互に, に作った, に出, に出かけた, に土間, に岸本, に市民, に愛人, に来た, に母, に江戸, に玄関, に盗賊, に科学, に羊, に見返りました, に貯め, のアンテナ, のパイプ, の一つ, の擬装, の木箱, の策略, の輸送費

▼ 送るもの~ (37, 2.1%)

3 である 2 なしとも

1 [32件] があった, そろえます, だ, だからと, であった, であるが, でございます, とりそろえ発送, と送られる, なの, には面蚊帖, に罰金, の方, はほとんど, は一人, は不良青年, は些細, は句読, は早く, は神, は送らなけりゃ成りません, は送り, もある, も決して, も目先, も近日中, らしい, らしかった, らしかつ, を送られなかった, 多く酸苦交, 送られるもの

▼ 送る~ (35, 2.0%)

2 相違ない

1 [33件] あたつ, しかずと, しろ入用, ちがいない, つけて, なかなか面白い, なりたけ世間, ふさわしい一夜, ふさわしい声調, ふさわしい柩車, 似たりけり, 兼ねて, 写影および, 及ばない, 堪えなかった, 太き息, 就いては, 干渉すべき, 当って, 忍びずまた, 忙しかつ, 止まるよう, 瑕自然愈, 當つても, 祝福を, 絶交の, 至らしめた, 至りけるが, 詩を以て, 足るだけの, 過ぎない, 過ぎなかった, 駿馬に

▼ 送る手紙~ (24, 1.3%)

3 を書いた 2 の中

1 [19件] だと, でも私, などはまだしも, などをローマンチック, など認め, にはいつか, のため, の代筆, の特別, の端, の返事, の重複, は最も, もあります, をひきかえ, を封じ込ん, を書い, を書く, を無

▼ 送るつもり~ (23, 1.3%)

2

1 [21件] だった, だったそう, であったが, であるしかし, でいた, でございます, でしたが, です, でせう, でそれ, でちょっと, では, で他, で僕, で制服, で建てた, で服, で東京駅, で自分, で買っ, は更に

▼ 送るうち~ (19, 1.1%)

3 に彼 2 に一昨年

1 [14件] その年, に, にいよいよ, にお, にはいかなる, に九月, に六月, に四月, に子供, に弦, に機関車, に此, に殆, に自分

▼ 送るから~ (19, 1.1%)

1 [19件] あとは, お前さんが, しばらく辛抱, もう一つ歌, 今夜は, 仔細は, 利息の, 床の間に, 必ずその, 日本から, 早く出かけろ, 昨年の, 月百円くらい, 末は, 然し一ヶ月, 皆さんの, 罐詰の, 負傷者は, 電話を

▼ 送る~ (19, 1.1%)

2 いい, 早いか

1 [15件] ごときは, ごとく来るもの, ごとく窓, それが, もうそれ, よい, よいぞ, 好い, 如きは, 如く, 如くたたずんで, 如く忘, 宜いのだ, 宝島でも, 西伯利亜からは

▼ 送る~ (19, 1.1%)

2 がある

1 [17件] か, と送られる, にとつ, の別, の増加, の家, の爲, の辛, の頼り, はこの, は余輩これ, は城下, もあつ, もいた, もない, も送られる, 送らるる者

▼ 送るやう~ (16, 0.9%)

4 にと云 2 なこと 1 な奇妙, な手紙, に, にお, にとか何ん, にと家族, に書いた, に言, に言っとく, に電気

▼ 送る~ (15, 0.8%)

62 だそう, ですから 1 だと, だねえ, でしょ, です, ですよ

▼ 送るといふ~ (13, 0.7%)

1 [13件] お祭の, ことで, ことは, ことも, のが, のだ, のも, やうな, 哀れが, 昔からの, 有樣, 決心も, 特殊的事情の

▼ 送る~ (13, 0.7%)

2 も送られる

1 [11件] ぞろぞろと, だってある, である, でも折々いわば, のごとし, の心, の惨めさ, の距離, もあり, もみな, 送った人

▼ 送る~ (13, 0.7%)

2 になった, に成った 1 か, だ, でいる, です, にはなれない, にはなれなかった, のない, の小さい, をなくし

▼ 送るので~ (12, 0.7%)

8 あつた 1 あらう, さへ, とても大, 旅行中に

▼ 送るには~ (11, 0.6%)

1 [11件] あまりに人間, 今でも, 余り適当, 充分であろう, 十分だ, 及ばないそこ, 太陽の, 早く迎, 槍鉄砲で, 迷わず繊維性, 送ったし

▼ 送る~ (9, 0.5%)

1 でもこの, には私, に当たり, のよう, の心やり, はさすが, は四銭, は四錢, は悪

▼ 送る~ (8, 0.4%)

1 さもなく, しからざれば, すれば, なにかそうした, わからないこと, 引っ立てて, 感化院へでも, 追ふか

▼ 送る~ (8, 0.4%)

1 ありあえて, これより, その風, 和議を, 哀れなり, 応答なし, 是滅ぶる, 豈心外

▼ 送る~ (8, 0.4%)

1 が一人, が世の中, が送らるる, といふもの, はほとんど, は決して, もあった, や結婚

▼ 送る必要~ (8, 0.4%)

2 もない 1 あり, がありましょう, がなかっ, なし, はない, もあり

▼ 送る~ (7, 0.4%)

1 さながらお茶挽藝者, よろしゅうござりまするが, 今回を, 属領を, 残念至極に, 眞實情ない, 選者を

▼ 送るだけ~ (6, 0.3%)

1 であった, であります, でよい, でリエ, で家, で逢いには

▼ 送るほう~ (6, 0.3%)

1 がいちばん, がどれほど, がやはり, が理想的, が親, も泣き

▼ 送る人々~ (6, 0.3%)

1 である, で船, にくらべ, の心, の生活なぞ, を描く

▼ 送る~ (6, 0.3%)

1 のこと, の中, はどう, も出来る, をことわっ, を管理

▼ 送る~ (6, 0.3%)

1 に, にお, には野蛮, に彼, に日本, はわれわれ

▼ 送るあいだ~ (5, 0.3%)

1 にかの, にかれ, に女, に彼, に徳次

▼ 送るだけの~ (5, 0.3%)

2 材料を 1 仕事の, 力は, 男だろう

▼ 送るところ~ (5, 0.3%)

2 にあやまりない 1 があった, に技巧, の手紙

▼ 送るのに~ (5, 0.3%)

1 何の, 炭を, 船舶を, 資治卿の, 骨を

▼ 送るより~ (5, 0.3%)

1 しかたの, ほかに, ほかの, 刹那も, 外は

▼ 送る~ (5, 0.3%)

2 の事 1 が二十発, だけを取っ, のリスト

▼ 送る~ (5, 0.3%)

1 に一応, に名残, に私, の一日, の晩

▼ 送る~ (5, 0.3%)

1 が去来, が騒, に飼, のある, の今

▼ 送るかの~ (4, 0.2%)

2 ように 1 ようにも, 如く頻りに

▼ 送るとも~ (4, 0.2%)

1 かつて退屈, なく送り, なしに, 約束した

▼ 送るなり~ (4, 0.2%)

2 又兄 1 いいよう, 雨戸を

▼ 送る~ (4, 0.2%)

1 乍ち, 半生寝, 可惜若木, 蜂屋隊も

▼ 送る~ (4, 0.2%)

1 常と, 極て, 見る, 迎えた途中

▼ 送る~ (4, 0.2%)

1 にはる, のこと, はこれ, は私

▼ 送る~ (4, 0.2%)

1 では, にそう, になつ, に仰言っ

▼ 送る積り~ (4, 0.2%)

1 だ, だとも, で居りました, で新聞紙

▼ 送る~ (4, 0.2%)

1 だつたので, だつた某誌, であったが, はない

▼ 送るかという~ (3, 0.2%)

1 ことの, ことを, 事である

▼ 送るかも~ (3, 0.2%)

2 知れません 1 知れないと

▼ 送るからと~ (3, 0.2%)

1 そういう文面, 寄って, 書きました

▼ 送るからとて~ (3, 0.2%)

3 ちつとは

▼ 送るその~ (3, 0.2%)

1 晴間には, 用の, 馬鹿者共も

▼ 送るとき~ (3, 0.2%)

1 だってこれから, にはこう, のこと

▼ 送るとて~ (3, 0.2%)

1 手かばんを, 汽車に, 裸男駄句り

▼ 送るとの~ (3, 0.2%)

1 事その, 確答を, 苦い心持ち

▼ 送るにも~ (3, 0.2%)

1 または自分ひとり歩き, 及びますまいな, 金が

▼ 送るほか~ (3, 0.2%)

1 には能, に小, に詮方

▼ 送るほどの~ (3, 0.2%)

1 心情景ともに, 樂も, 身上でない

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 き川越, く夙く, なりの費用

▼ 送る夢さら~ (3, 0.2%)

3 浮いた心

▼ 送る所以~ (3, 0.2%)

1 なり大寒, のもの, は右

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 とて心, に当る, のいと

▼ 送る~ (3, 0.2%)

2 を書き 1 を伝え

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 に就, を受ける, を送っ

▼ 送る生活~ (3, 0.2%)

1 が如何, に従って活きよう, もそう

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 だ, も水, を切られ

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 がない, にはいかん, は有りません

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 があつ, がある, に云

▼ 送る~ (3, 0.2%)

1 となっ, となりつ, になっ

▼ 送る途中~ (3, 0.2%)

1 だけ用, で仏寺, で脱走

▼ 送るかと~ (2, 0.1%)

1 いへば, やかましくいっ

▼ 送るぐらい~ (2, 0.1%)

1 なこと, なところ

▼ 送ること一年九ヵ月~ (2, 0.1%)

2 で月並

▼ 送ること三とせ~ (2, 0.1%)

2 ばかり官長

▼ 送ること承知~ (2, 0.1%)

2 いたしました

▼ 送ること能~ (2, 0.1%)

1 はざる, はざれ

▼ 送るこの~ (2, 0.1%)

1 悪筆が, 送料はけふ

▼ 送るこれ~ (2, 0.1%)

1 で当面, は久しく

▼ 送るそう~ (2, 0.1%)

1 でございます, です

▼ 送るそして~ (2, 0.1%)

1 二人は, 私は

▼ 送るそれ~ (2, 0.1%)

1 が必ずしも, の挨拶

▼ 送るたび~ (2, 0.1%)

1 に六区, に彼

▼ 送るため待合~ (2, 0.1%)

2 した今戸

▼ 送るとしても~ (2, 0.1%)

1 いちばんまとまっ, 六七千か

▼ 送るとは~ (2, 0.1%)

1 言わなくなりたまたま, 貞実な

▼ 送るなど~ (2, 0.1%)

1 た, 抜け目ない

▼ 送るなどという~ (2, 0.1%)

1 ことは, のは

▼ 送るについて~ (2, 0.1%)

1 きのうは, その費用

▼ 送るのみ~ (2, 0.1%)

1 であった, ならず経文

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 いと思っ, いと思った

▼ 送るばかり~ (2, 0.1%)

1 だ, である

▼ 送るばかりに~ (2, 0.1%)

1 して, 絡げて

▼ 送るほど~ (2, 0.1%)

1 ならば, 自分たちの

▼ 送るやら~ (2, 0.1%)

1 吹井の, 家中の

▼ 送るよりも~ (2, 0.1%)

1 それを, 気楽な

▼ 送るらん~ (2, 0.1%)

2 さても

▼ 送るドゥミイ・モンデエヌ~ (2, 0.1%)

2 の社会

▼ 送るポンプ~ (2, 0.1%)

1 のよう, をせつせ

▼ 送る一行~ (2, 0.1%)

1 の物々し, を見

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 に何, へと思っ

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 と去る, の影

▼ 送る人間~ (2, 0.1%)

1 になる, に通有

▼ 送る以上~ (2, 0.1%)

1 に面前, のこと

▼ 送る~ (2, 0.1%)

2 を書いた

▼ 送る住居~ (2, 0.1%)

1 なの, にこそ墳墓

▼ 送る~ (2, 0.1%)

2 にて候

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 お勢, にもなるほど

▼ 送る凡て~ (2, 0.1%)

2 の男女

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 にし, に変った

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 は無い, を持つ

▼ 送る場合~ (2, 0.1%)

1 かそれ, に使う

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 はありません, 蒙の

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 だからねえ, もあった

▼ 送る~ (2, 0.1%)

2 が袖

▼ 送る巫女~ (2, 0.1%)

2 が袖

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 父上様備前様を, 用金が

▼ 送る慰問袋~ (2, 0.1%)

1 に入れる, は故

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 がよかっ, も送られる

▼ 送る書信二三通~ (2, 0.1%)

1 をしたため, を認め

▼ 送る書信二通~ (2, 0.1%)

2 をかいた

▼ 送る書面~ (2, 0.1%)

1 を書い, を認め

▼ 送る最後~ (2, 0.1%)

2 の手紙

▼ 送る決心~ (2, 0.1%)

1 をし, を悲しく

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 が, や

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 に集った, の神

▼ 送る為替~ (2, 0.1%)

1 か知らない, のはいった

▼ 送る用意~ (2, 0.1%)

1 の酒, をさせ

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 の人々, の声々

▼ 送る~ (2, 0.1%)

2 を描き耽っ

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 ならば, の意気込もあっ

▼ 送る義務~ (2, 0.1%)

2 を負

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 が小さい, の底積

▼ 送る艶書~ (2, 0.1%)

1 ほど熱烈, を拾いました

▼ 送る連中~ (2, 0.1%)

1 の松火, は残っ

▼ 送る電波~ (2, 0.1%)

1 によって一枚, を切った

▼ 送る~ (2, 0.1%)

1 になる, には黒吉

▼1* [367件]

送るあたかも定れる, 送るいくらかのもの, 送るいとまさえ, 送るうち一月の中旬, 送るうち人間の所作, 送る勝に, 送るおつもりだったらしい御, 送るかが大問題, 送るかぎり醜き中, 送るかたはら萩原は萩原, 送るかどつちか, 送るかに見えて, 送るかを事件について, 送るくだといのち綱, 送るくらいならなぜ, 送るくらいにしたと, 送るくらいの金は, 送るぐらいが精いっぱいの, 送るけれども友人の, 送るこころもちがあった, 送ることお互いの自由, 送ることこれまた例, 送ること三十余年であったが, 送ること昨年中に十, 送ること連日に同じ, 送ること配達夫に渡すべき, 送ること重要事項である, 送るごとに一体, 送るさえ礼に, 送るささやかな送別会, 送るさまを描いた, 送るしかないか, 送るすでに五年, 送るなたには, 送るたびごとにそれ, 送るためすべての施設, 送るためクールフェーラックから五フラン, 送るだけで足りる, 送るだけにもかなりの, 送るやありません, 送るってのは, 送るついでですから, 送るつてご自分, 送る一向手, 送るといった噂が, 送るとかいうことは, 送るときメノイチオスは警めき, 送るどころかその研究, 送るなんぞは言うに, 送るなんてまるで常識, 送るにこそあれと, 送るにこやかな眼付, 送るのにと思わしめた, 送るのみにてこれ有り, 送るはずの三万円, 送るばかりが国防では, 送るひとは, 送るリオトロープが, 送るほか何一つとして功, 送るほどに梵天帝釈大王の, 送るまで達者に, 送るまでに漕付けた, 送るまでの事と, 送るまねをしたであろう, 送るもの二十八枚ばかりとにかく, 送るもの右なるは, 送るもの近日中に手配, 送るやう文芸家協会へ交渉, 送るやつがある, 送るきっと, 送るよう懇請した結果, 送るよう手配して, 送るよう注文したから, 送るよかその方, 送るよりか翼の, 送るよりは知己の, 送るよりはと思いましてな, 送るわけにいかねえ, 送るわれぞ, 送るをば元来贅沢, 送るイヤナ奴ですよ, 送るエセックスの手紙, 送るクリスマスプレゼントを荷作り, 送るゴム管は軟かい, 送るシャツをぬう, 送るトラックであること, 送るハッキリした日取り, 送るビロードのよう, 送るフランス書記官メルメット・カションのよう, 送るプログラムは昨今質, 送る一年振の, 送る一方で坊主, 送る一日を最後, 送る一生よりも光栄, 送る一番最後の愛, 送る一種の表情, 送る七人かの島, 送るけの志, 送る下女も仕度, 送る不愉快さを紛らす, 送る世界にはそれに, 送る両方の村人, 送る中いつか四十を過ぎ, 送る中年おんなの活躍, 送る中神経衰弱にかかり, 送るが秀吉, 送る予想はまつたくつきません, 送る事十三年大正元年桂内閣の時, 送る事業をやっ, 送る二人と送らる, 送る五十四韻の長, 送るの汽車, 送る人形か或は, 送る人骨肉三ヶ所にちり, 送る仕掛だ, 送るは別に, 送る代わりに村, 送る以上これは明らか, 送る以外にギニイ貨, 送るは何, 送るである, 送る作文を書い, 送るし用事以外, 送る使者のかずに, 送るになっ, 送る信仰と追儺, 送る傍小説をもかい, 送るの森, 送る兄夫婦がいかにも, 送るは主, 送るのミサ, 送るなしすべからく, 送る兵士の手紙, 送る其の文面にも, 送る内生涯と云う, 送る冒険譚になっ, 送る凉しき風に吹かれ, 送る別れのあたり, 送る劍ヶ崎や迎, 送る包みを二ヶ, 送る包装がうち, 送る医書のこと承知, 送るしゆ, 送る半蔵との間, 送る原稿に対しては原稿料, 送る友人たちの会, 送る合図だったの, 送る合圖だつたの, 送る呂宋の山, 送るが歌われた, 送る賣物, 送る商人は面, 送る商買をはじめた, 送るにもなり, 送る四五人に, 送るは年々, 送る國人之を非, 送るは豊臣氏, 送る地上の生活, 送る報告を認ため, 送る報道は彼, 送る焼ける空, 送る夕まぐれ露を命, 送るはあはれふか, 送る夢見心あるに, 送る大きな空気ラムプの, 送る大和スズの声, 送るの樂, 送る太い電信柱が, 送る太鼓の音, 送る夫婦というもの, 送る姿なんぼう, 送るもベッシェール夫人, 送る学費で気随気儘, 送る学資のため, 送る学資金もない, 送る安心と満足, 送るで満ち, 送る宴会があった, 送る家庭人の気もち, 送る密書をした, 送る小さい原稿を, 送る小包というの, 送る小品を手入れ, 送る小説十二枚終る, 送る小遣さえ時々, 送る尺八の音, 送る工場の人々, 送る帰朝後初めての, 送る幇間たる身の上, 送る幕府の御, 送る平一郎への微笑, 送る年賀状を出し, 送る告文を, 送るに総, 送る廻米下役をつとめ, 送る弟達はネイル族風, 送る役目を果す, 送る彼女に顔, 送る微笑を以て彼, 送るを陳べる, 送る心がけだけは忘れなかった, 送る心地の如何, 送る心持に堪えられなかった, 送る心理がこれ, 送る心理学者のよう, 送る思いでこの, 送るはどこ, 送る悠長さを許さなくなっ, 送るの熱き, 送る意味で牛肉, 送る意圖ありしも, 送る意気込みはなく, 送る慰問文をした, 送るがあります, 送る手伝いをし, 送る手筈をし, 送る手続きをし, 送るも送る, 送る放浪的な生活, 送るで, 送る新日本の文明, 送る新聞につけ, 送る方法もある, 送るを田中さん, 送る日々の孤独, 送る日月は長かっ, 送る日比谷公園を通り抜くれ, 送る日限が来た, 送る明国からは更に, 送る時上のはよく, 送る時出方のもの, 送る時分に一方, 送る時十二日目の曙, 送る時彼は梳, 送る晩餐会に出席, 送る書状の切手代, 送る書簡にも袴, 送る書類をした, 送る最終の晩, 送る月日に知らざりし, 送る有様だ, 送る望みなしと, 送る朝日の光り, 送る朝野の貴人, 送る村人の行列, 送る条件で愈々, 送る果報な身分, 送るの葉, 送る様子も無い, 送る標品には大変, 送るに, 送る機会は少い, 送るを読まう, 送る此間に於, 送る死人の健康状態, 送るから聞かれた, 送るの花, 送る毛糸が殆, 送る水仙草の匂い, 送る江湖の処士, 送る沈黙の一団, 送るのアキシオス, 送る消息でも認め, 送る淨福の状態, 送る準備をし, 送る濕氣が多く, 送るで非常, 送る為めにゆく, 送る為以外に蠕動, 送る無線通信もだんだん, 送る熱意に驚いた, 送るに松蕈, 送る爲めである, 送る父さんの心, 送る父兄達なぞ心して, 送る狗ころ柳散る頃, 送ると違い, 送る王様としては金, 送るあらんや, 送る理由もない, 送る用事その他事務上のこと, 送る田園の人, 送るもいた, 送る男女も寡, 送る白い手先きが温い, 送るもまた, 送るである, 送るぼしい美女, 送るかいものを, 送るの一生, 送る秋波は里好, 送る秘密通信か何, 送る移住者の姿, 送る三回目の, 送る算段をし, 送る箱材料の松板, 送る約束をした, 送る素早い視線だった, 送るの晩, 送る絵端書へ二三行, 送る総数が十万, 送る罐詰の中, 送る美風を養, 送るを振っ, 送る老人と那美さん, 送るに候, 送る者彼らの目, 送る者笑いざわめき陽気, 送る職名なの, 送る自分のスケッチ, 送るに就い, 送るである, 送る若い婦人が, 送る若き妻が, 送る若者の多かっ, 送る茶話会の後, 送るのこと, 送る荷物を毎日, 送る莊嚴の獨唱, 送る莫大もない, 送る菰巻に古, 送る葬式の舟, 送る薄色の折紙, 送るもありません, 送る視線をすぐ, 送るもない, 送る言葉を書い, 送る試験をした, 送る誇りにハチ, 送るも無き, 送る資力がない, 送る資格のない, 送る身の上と成りました, 送る身分であった, 送るをかい, 送る返書の末, 送る送別の音, 送る途中警護の仰山さ, 送る通信なくさずとって, 送るでまき狂, 送る道理がない, 送る郵税が予想, 送るをよばれた, 送る金塊がたくさん, 送る金子の方, 送るの音, 送る長い原稿を, 送る随筆を書い, 送る隠居である, 送る隣近所には作者, 送る雑信は終り, 送る離婚届をかく, 送る難詰文を書き終り, 送るの音, 送る音楽と言った, 送るく酔い, 送る頽廃人が多い, 送ると殆ど, 送る飾り物の名, 送る香港の海, 送るの駅長さん, 送る駕籠舁の身の上, 送る高松宮様も旅立ち, 送るもおも, 送る鷹嘴鼻に変える, 送る龍眼肉少々