青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「説く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

誠実~ ~誤り 誤り~ ~誤解 誤解~ ~説 説~ ~説い 説い~ ~説く
説く~
説教~ ~説明 説明~ 説話~ ~読み 読み~ ~読む 読む~ ~読ん 読ん~

「説く~」 1588, 16ppm, 6906位

▼ 説く~ (177, 11.1%)

27 である 8 であった 7 では 5 であります, です 4 だ, であるが 3 はよい, は後, は決して, を聞いた 2 であるから, でした, でなければ, と同じ, と同じく, はただ

1 [93件] かい, が, がこの, がその, が仏教, が先島一帯, が古い, が好き, が尤, が早道, が昔, が無駄, が當然, が癖, が目的, が適当, が順序, が馬鹿げ, だが, だった, だったが, であったが, でありました, である願, であろうか, でも, とでは大きな, と同一, と目的, には尚, には氏, には程度, にふさわしい, に仏, に任せた, に力, に劣る, は, はあたかも, はかえって, はきわめて, はこの, はこれ人, はどう, はもとより, はよく, は不思議, は主, は人, は仮に, は余程, は信仰, は南, は好い, は少なくとも, は廃物利用, は弥陀, は張合, は当, は徒に, は必ず, は悪い, は感じ, は日本主義, は横車, は正しい, は王子巡拝, は現代, は用語, は禊ぎ, は私, は第, は自己, は苦しい, は記紀あたり, は諸君, は近年, は逆, は間違い, は馬鹿, もコケ, も我執, も時, も蓋し, も馬鹿, よ, をやめよう, を常, を当り, を憚, を聞い, を聞き流し, 要はあるまい

▼ 説くこと~ (141, 8.9%)

4 になる 3 はできない, は出来ない, は甚だ, もできる 2 ができない, が出来た, が出来る, が必要, では, にしよう, によつて, はこの, はできません, を極めて

1 [105件] あたわざるに, かなり詳, があつ, がある, ができたなら, がほ, が凡, が出来ない, が出来よう, が出来るであろう, が因循姑息, が定められ, が流行, が美, が自然科學説, であって, でありますけれども, でありやがて, である, であるか, とする, とそれ, とはならない, なかりしや, などかなり, にお, において特に, にした, にしましょう, になるであろう, には理, にもだいぶ, にもなる, によってなされた, によって学ぶべき, によって我々, に人, に成功, に致します, のできない, のほか, の危険さ, の少い, の徒労, の必ずしも, の無駄, の誤り, の誤りたる, の餘, はあたかも, はいかにも, はいずれ, はかえって, はさかし, はしまい, はなかなか, は三尺, は不, は僭越, は出, は危ない, は同じ, は困難, は小倉, は愚, は日本, は汝, は痴人, は自信, は自分, は蓋し, は論者, は越権, も, もあります, もいい, もできた, も不, も分散, も新旧, も筆, も行われ, も語る, をも許されなかった, をやめた, をやめない, を厭わない, を口実, を宗致, を得ない, を忘れ, を忘れず, を忘れなかった, を意味, を最も, を止め, を求めぬ, を省く, を要せぬ, を須, 実につまびらか, 少なく山林, 極めて詳, 甚だ多し, 頗る詳

▼ 説くところ~ (125, 7.9%)

5 によれ 4 に習合 2 による, のごとく, のもの, はその, は僕, は真実, は道理, は道理上, を聞け

1 [98件] あらしめよ, がある, が前, が哲学, が必ず, が必ずしも, だ, であった, であったつもり, であります, であり総じて, である, ではすべてそれ, でも天明時代, で明らか, とかつ, とどれほど, と一致, と反対, と日常, と猶, と異なる, には何一つ, には虚心坦懐, によります, によるに, に依ります, に対して多大, に従って一人, に從, に曰く, に私, に誤, の人魚, の今後, の内外矛盾, の前, の大略, の奇跡, の如く, の新た, の方法中, の最大能率発揮, の法, の真理, の神, の裏面, の道元, の道徳, の電胎法, の鱸釣り, はあまりに, はあやし, はいわゆる, はきわめて, はげに, はこう, はすべて新, はただに, はなはだ柔和, ははたしていくばく, はやや, はよく, は主として, は十分, は国, は天元術, は少く, は心から, は日本, は極めて, は正しい, は猶, は理, は男女交合, は神仏, は私, は耕地整理, は自然, まことに明, まで行かね, もない, も矢張り同様, やらその, をきく, を参考, を聞い, を自ら, を補い, 信ずるところ, 全く數, 各々同じ, 好し我, 概ね卑近, 正に太祖, 知る可, 言うところ, 論じるところ

▼ 説くもの~ (97, 6.1%)

5 もある 4 なり, なれば 3 あり, では, もあった 2 ありて, がある, が多い, である, なし, にあらず, にし

1 [61件] あり或は, あるに, があった, があります, があれ, が古来, が多, が少く, が少なから, が日本犬, が稀, が遠い, こそ社会組織, さえなく, さえ実に, すらあらざる, であった, であつ, であります, であること, であるという, ですから, でなくては, でなく過去, でも, とがある, としてお, となし, と思はれる, と解せられる, なりき, には卵, に普通, に過ぎなくなる, の主張, の多い, の恣意, の理想, の類, はまた, はエヂプト, は世界的関聯, は先づ, は大砲, は常に, は必ず, は暗, は有る, は誰, ばかりになつたの, もありました, もあります, も流行, よりすれ, らしい少, を, を聞かず, を論破, 即天, 多し, 豈に

▼ 説く~ (73, 4.6%)

5 当って 3 等しいもの, 至つては 2 あった, 至っては

1 [58件] あたつ, あったこと, あらずして, あらず断章, ありいわば, ありと, あるの, かく種々あり, きわめて峻烈, しても, すなわちこれ, せわしくて, とどまったの, とどまる, ほかならない, やはり選ばれた, 一度も, 似て, 先だつて, 先つて一事, 到底実験, 勉めて, 十分な, 及ばずして, 及ばぬ, 及ばぬと, 及ぶまい, 及んで, 国民主義と, 國民主義と, 女学校設立の, 如かず, 如何なる方法, 就いて, 山田の, 当たりて, 当つて, 当りそれ, 急なる, 易を, 止って, 止まらずこれ, 止めねば, 毎に, 特に蛙, 理を以て, 當つて常に, 等しい, 臨んで, 自国を, 至ってから, 至りしもの, 道を以て, 違ひない, 隠れぬ, 非ずして, 非常に, 頗る多言

▼ 説く~ (67, 4.2%)

3 である 2 を諒

1 [62件] あり, ありしも, が人間, が明, その語, でありました, では寺, として先, と文章, と目前, なるが, にて明瞭, には非, にも理由, により, による, によれ, に多少, に従え, に抱きこん, に拠れ, のトラン尼, の事, の人生驀進, の口頭, の唯一, の天堂極楽, の如く, の如くなる, の怪事, の戰爭, の方法, の明, の本, の果して, の精神科學, の詞章, はどうも少し, は主として, は二十節, は依然として, は先, は包容, は古典量子論, は大体平明, は少しく, は新, は正に, は特に, は魏, もまんざら, も甚だ, も虚偽, を以て今, を聞かず, を視, を頭, 互に異同, 或は其の, 果して正しき, 甚だ一致, 頗る簡潔

▼ 説く~ (47, 3.0%)

3 がある, もある 2 あり, あれども

1 [37件] あるいは戦争, があったら, がいよいよ, がさ, が世に甚だ, が可, が多い, が多く, が須, だけがそれ, なく東都, なく讀む, に, に何, に対して反感, に対する痛烈, に恥, に絶好, の如し, の生じた, の誠意, の論ふところ, は, はあっ, はフロツクコオト, は仏蘭西革命, は再び, は必ず, もあった, もあるらしい, もあれ, もなかっ, も二, ややもすれば古来, を聞かず, 尽く風俗壊乱, 甚だ多き

▼ 説く~ (44, 2.8%)

14 もある 5 がある

1 [25件] があろう, が多い, さえもその, だが, であつ, でも其の, と聞く, には矛盾, によっては恋人, のある, のいへる, の人格, の戲曲, の説, はできる, は何人, は昔, は気の毒, もあり, もあります, もなかろう, も説かれる, を信用, を憎む, 多き習

▼ 説く~ (34, 2.1%)

2 太だ, 我頬が

1 [30件] まだしも, 一個の, 今我, 何れの, 例へばなほ水経, 全く無意義, 其記事の, 古史神話の, 善し, 四囲の, 固より, 国民説話の, 多くの, 射利の, 必ずしも喜悦, 恐らく支那思想, 憶度より, 戲れ, 明かに, 枝葉に, 正面に, 沼沢を, 浦島説話と, 火の, 物は, 甚だ趣味, 盖し, 知力金力権力腕力この, 裡面より, 陋しい

▼ 説く~ (32, 2.0%)

3 ごときは

1 [29件] いい, ごときも, ごとき大山祇命, ごとき怪誕妄説, ごとき無限, ごとくあるいは, ごとくに, ごとくんば, ごとく言いながら, さうし, それだけ, ともあれ小, ものは, ものも, よい, よしそう, 女の, 如き他, 如くむしろ, 如く三成, 如し説述, 故, 本は, 本分に, 砂鉄を, 私は, 美においても, 自分は, 通例だ

▼ 説く~ (31, 2.0%)

3 である 2 が出来よう, に力, はできる

1 [22件] か天女, が便利, が出来る, が必要, とある, なり殊更, にしよう, にする, によつて, によつて其術, に一致, に進んだ, の多い, の延長, はなかば, は単語, は必要, は第二義, ひとえに自縄自縛, もできる, を仕事, を怠らなかった

▼ 説くよう~ (29, 1.8%)

3 なもの, になった

1 [23件] ないろいろ, なオモムキ, な利害, な完全, な宗教, な惨劇, な意味, な甘言, な社会集団, な精巧, な群居生活, な豪い, な非合理性, にいい始めた, にきわめて, にしきりに, にそれぞれ, にただ, にである, に一々, に人間, に形, に思われる

▼ 説く~ (27, 1.7%)

2 雖も

1 [25件] ある, いうから, いった, いはじ, いふこと, いへども, するなら大衆文芸, なると, また, ルウスは, 云う人, 云ふこ, 偽りまた, 同時に日本人, 同樣, 学生らは, 従来民間にて, 心得ては, 春雨の, 満座おも, 称して, 聞いて, 話は, 類し河出馬圖, 黒人が

▼ 説くため~ (24, 1.5%)

1 [24件] かかる話, であったの, であり弥陀, である, に, にということ, にのみやって来た, にも俳諧, に例, に出かけた, に十二冊, に引用, に後まわし, に我々, に指摘, に採用, に新しい, に書いた, に書かれ, に極めて, のもの, の仮説, の伏線, の便宜

▼ 説くには~ (22, 1.4%)

2 必ず先, 最も適切

1 [18件] これについての, どうしても建武中興, まだ早い, わざとその, 先づ宇宙の, 先づ所謂實在, 前章, 及ばないこの, 及ばなかつただらうと, 及ばぬ, 及ばぬと, 少しまだ早, 当たるまい, 必ず又, 此簡牘の, 諸の, 適しない, 非常な

▼ 説く~ (22, 1.4%)

1 [22件] ありて, せんなきこと, なんらの, われわれの, 世界創造を, 亦た, 人格の, 何の, 其人に, 其果し, 再三に, 利他を, 必ずしも空言, 求めず快楽, 無より, 王応ぜず, 百薬の, 立つ旅順, 竪に, 詮なき, 詮方なし, 誰も

▼ 説く~ (21, 1.3%)

2 意と, 聞くに, 要せず

1 [15件] 主と, 休めよ我, 例として, 便宜と, 厭かず聽, 待たずして, 得よう, 聞きて, 聞きては, 聞き一たび, 聞き感慕, 職と, 要せざるなり又, 見て, 見るに

▼ 説く必要~ (17, 1.1%)

4 がある 3 はない 2 がない, もない 1 が何處, が起る, はありません, はあるまい, もあるまい, を認めた

▼ 説くまでも~ (15, 0.9%)

3 ない 2 あるまい, あるまいが 1 ないが, ないこと, ないであろう, ない極めて, なかろう, なくたとえば, なく古昔, なく貴族院議員大橋新太郎

▼ 説くという~ (14, 0.9%)

3 言葉が 2 ことは, ので 1 ことが, この講義, のが, ように, 今評判, 形式によって, 筋に

▼ 説く~ (11, 0.7%)

6 に於 1 では, で教える, にある, において右, の共通

▼ 説くのみ~ (10, 0.6%)

2 であ 1 であった, であるが, で誠意, ならずして, ならず更に, ならず死後, 未だ嘗て憲法国, 未だ嘗て自ら之

▼ 説くにも~ (9, 0.6%)

1 かかわらず現実, 勝りたらずや, 及ぶまい, 外貌に, 当るまい, 文学を, 石臼石臼でなけれ, 礼なき, 誠に好都合

▼ 説く~ (8, 0.5%)

1 になぜ, に一口言, に世の中, に五行, に今一つ先生, に先ず, に叙事詩, に死霊

▼ 説く場合~ (8, 0.5%)

1 だけに限られ, にはどうしても, にも正直, によく, に所謂, に更に, に詳論, もある

▼ 説く学者~ (8, 0.5%)

4 もある 1 がある, の言う, は日本, も多い

▼ 説くのに~ (7, 0.4%)

1 あまり多く, 外国の, 心の, 最初に, 深く増上慢, 瓜や, 都合は

▼ 説く~ (7, 0.4%)

1 その偏りたる, われこれを, 一面は, 亦唯, 到底城見物, 時に発し, 高く向上

▼ 説くとき~ (6, 0.4%)

1 にぜひ, にはこそばゆい, にほとばしる, は平生, は餘, 常に彼自身

▼ 説くよりも~ (6, 0.4%)

1 むしろリアリスト, やはり公羊學派, 他の, 正しい政治, 汝の, 詞章の

▼ 説く~ (6, 0.4%)

1 に従え, に従って塩, のその, の観念論, の道理, は詳細

▼ 説く物語~ (6, 0.4%)

2 がさ 1 とがちぐはぐ, は固, を申し上げる, 更に魂戦

▼ 説くので~ (5, 0.3%)

3 あつた 1 これは, 家老達の

▼ 説くの必要~ (5, 0.3%)

1 がありましょう, がない, なしただ, を見ず, を認めぬ

▼ 説くほど~ (5, 0.3%)

1 やすいこと, 家老たちの, 疎ぜ, 自分に, 鋭くなる

▼ 説く慈悲~ (5, 0.3%)

1 と矛盾, の前, はかく, は人, は身心

▼ 説くけれども~ (4, 0.3%)

1 これは, それは, 実際政策, 此方は

▼ 説くとして~ (4, 0.3%)

1 さてある, 先ず尼, 先島の, 此時眠っ

▼ 説く~ (4, 0.3%)

1 との間, にそれ, のよう, の顔つき

▼ 説く~ (4, 0.3%)

21 でも同様, など平凡

▼ 説く~ (4, 0.3%)

3 になつ 1 では

▼ 説く~ (4, 0.3%)

2 になる 1 があっ, があつ

▼ 説く~ (4, 0.3%)

1 には今一つ, には言語, に発足点, の計画

▼ 説く~ (3, 0.2%)

1 はなはだしきは, 欲情生活の, 頗る取り留めなき

▼ 説くつもり~ (3, 0.2%)

1 である, で修身, で居る

▼ 説くとは~ (3, 0.2%)

1 なんという, 即ちこの, 片腹痛い

▼ 説く~ (3, 0.2%)

1 その朝かぜ, 友よ, 聞いて

▼ 説くやう~ (3, 0.2%)

1 なもの, な性愛談, になつ

▼ 説く人々~ (3, 0.2%)

1 である, の眼, は戦争

▼ 説く~ (3, 0.2%)

21 れ己

▼ 説く呪詞~ (3, 0.2%)

1 だったの, だつたの, の叙事詩化

▼ 説く所以~ (3, 0.2%)

1 の一つ, の二つ, も亦

▼ 説く~ (3, 0.2%)

1 がい, がすらり, がより

▼ 説く通り~ (3, 0.2%)

1 であるが, で特に, に信ぜしめよう

▼ 説くあたり~ (2, 0.1%)

1 はやや, は僕

▼ 説くかと~ (2, 0.1%)

1 聞いた, 言ふ

▼ 説くこと能~ (2, 0.1%)

1 はざら, はざりし

▼ 説くそれ~ (2, 0.1%)

2 もよい

▼ 説くだけ~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 説くとも~ (2, 0.1%)

1 仏も, 学校内の

▼ 説くと共に~ (2, 0.1%)

1 島徳七氏について, 故人の

▼ 説くなき~ (2, 0.1%)

2 説法が

▼ 説くのみにては~ (2, 0.1%)

1 持法者ならず, 智者に

▼ 説くほどに~ (2, 0.1%)

1 なった, 言々ようやく

▼ 説くほどの~ (2, 0.1%)

2 強烈な

▼ 説くわけ~ (2, 0.1%)

1 だろうか, にゆかぬ

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 だ, ですね

▼ 説くキリスト~ (2, 0.1%)

1 の教え, の神聖

▼ 説く何と~ (2, 0.1%)

2 なれば

▼ 説く僧侶~ (2, 0.1%)

1 もまた, より大

▼ 説く利害~ (2, 0.1%)

1 には彼, は信長一個

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 がない, は持ちません

▼ 説く~ (2, 0.1%)

2 の口述

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 からざること, き場合

▼ 説く咢堂~ (2, 0.1%)

2 の眼

▼ 説く大臣~ (2, 0.1%)

2 もあります

▼ 説く~ (2, 0.1%)

2 坐孔雀

▼ 説く懐疑者~ (2, 0.1%)

2 の迷

▼ 説く方法~ (2, 0.1%)

1 がない, に比べれ

▼ 説く機会~ (2, 0.1%)

1 に達した, は多かっ

▼ 説く機械的唯物論~ (2, 0.1%)

2 の立場

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 だが, としての

▼ 説く永遠~ (2, 0.1%)

1 なる観念, なる觀念

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 に従って好まざる, に抗しきれず

▼ 説く~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 説く立場~ (2, 0.1%)

1 に立っ, へ進む

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 が多い, または大年

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 においてをや, わが日本

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 はたった, を行っ

▼ 説く道理~ (2, 0.1%)

1 なことば, にもいくら

▼ 説く限り~ (2, 0.1%)

1 に於, は説き

▼ 説く~ (2, 0.1%)

1 である, にかかる

▼1* [280件]

説くあたり流石に欧羅巴的教養, 説くかぎり食品そのものの持つ, 説くかくてダンテ, 説くかたわら維摩勝鬘の二経, 説くから危険思想だ, 説くかを観察せん, 説くくせに酒, 説くくだりで藤原氏一族, 説くくらいでは, 説くくらいのことは, 説くけれどその解脱, 説くこういう理由と, 説くことそれだったの, 説くことばをさえぎる, 説くこと一たびである, 説くこと一番して, 説くこと三たびである, 説くこと下の如く, 説くこと二たびである, 説くこと四たびである, 説くこと墓誌に比すれ, 説くこと常陸坊海尊同様, 説くこと幾度かしれない, 説くこと益明細なるに, 説くこと詳で且つ, 説くこと頗精細である, 説くこの子ならず, 説くこれ道徳修身の上, 説くさとり不必要論, 説くされど夢を, 説く国々のは, 説くじゃありませんか, 説くすべがなかっ, 説くそもそも何ぞや, 説く説きますという, 説くだけの自信と, 説くといふ方面に, 説くとかそは, 説くときそれは真, 説くところ何のやくに, 説くところ如何をば詳らか, 説くところ形式は説話的, 説くところ必しも悉く, 説くところ指導するところ, 説くところ汝の饑, 説くところ理義如何に高く, 説くところ衛生の規則, 説くところ詳細に皆, 説くところ間違いなきを, 説くとともにそれが, 説くなかれナマクサ坊主は, 説くなど木に, 説くなどは實に, 説くなんてをかしな, 説くにあたってそれは, 説くにおいては一層深遠, 説くに対し多くの, 説くに当たっていわば恩, 説くに当たってはある考え, 説くに際して寡聞の, 説くのみに止めず今後, 説くのみにて分離の, 説くの要なし, 説くの講義にあらず, 説くの資格なかるべし, 説くの途を備, 説くの道なかりしなりプラトー, 説くけんや, 説くほどもなく広く紹介, 説くまでは再び論ずる, 説くものこれ仏教なり, 説くものの事に, 説くものみずからが現代, 説くものナタナヱルの黙, 説くもの古来の記録, 説くもの多くこれに材料, 説くもの独り日本神話猶太神話, 説くもの神話的皮装を去り, 説くもの稀也況んや其の, 説くもの等は人, 説くもの誰ぞ何れ, 説くやら意見を, 説くゆえんなり, 説くゆえん六道輪廻を談ずる, 説くよりは感動に, 説くアジ演説をさえやった, 説くカギは甚八, 説くキリスト教は吉利支丹宗, 説くコクトオの研究家, 説くシバ神崇拝に類し, 説くショウペンハウァーや万人, 説くショーペンハウエルの哲学, 説くソコで私, 説くダンテまたさらに, 説くニイチェの此岸哲学, 説くハルトマンの如き, 説くブハーリンの文章, 説くベルグソン的思想と一致, 説くマルクス主義がレーニン, 説くメチニコフの人生観, 説く一場の物語, 説く一念三千の妙理, 説く一派である, 説くから詞章, 説く不破の古関, 説く世界の平和, 説く主張をさまざま私, 説くが家庭, 説く予言者の言, 説く二童敵討その他の仇討物, 説く人達の頭, 説く人間に親和, 説く人類の進歩, 説く仏教を奉じた, 説く仏者の言, 説く仕方を見, 説く他人に対する寛大さ, 説くて学者たる, 説く以上は地獄極楽, 説くへが令集解, 説く余裕もない, 説く使徒の苛酷さ, 説く使者はそんな, 説く修行の方法, 説く修行法もまた, 説く傍山野の間, 説くの, 説く元気もなかつた, 説く先生あれば, 説く其怒を言わない, 説く其熱心に至り, 説く典拠は, 説く処洵にその, 説く分析が思ひあたらぬ, 説く切支丹宗門の本義, 説く力量の無い, 説く十七条憲法の精神, 説く千言万語の多き, 説く千言萬語の多き, 説く叫ぶ句, 説くのイエス, 説く哲學者たちにおいても身體, 説く唯心論者ではない, 説く商業道徳の講師, 説くつ罪, 説く土地の間, 説く地獄極樂, 説くに持ちこまれた, 説く場合此をみのる, 説くぞと聞き, 説くさめて, 説く熱弁, 説くつ罪, 説く天窟戸の詞章, 説く奇怪な超人, 説く奈落の底, 説く如くに, 説く妙諦がまだ, 説くありなば, 説く學派を生じた, 説く學者もある, 説く安全というもの, 説く官僚があつ, 説く客觀的なる生, 説く家伝の詞章, 説くの祖神, 説く山田某お俊, 説く崇高な教え, 説くの性質, 説く廓清を説く, 説く当世男殆んど, 説く往生極楽の門, 説く従来の説, 説くが我々, 説く心得で茲, 説く心持は理解, 説く心理の足跡, 説く必勝法には同感, 説く思想の根柢, 説く思想個人主義を排斥, 説く思想家ではない, 説く悉有仏性をかく, 説く愛国を説く, 説く慈善を説く, 説く態度のなか, 説く懸河の弁, 説く所人によりて同じ, 説く所慇懃われ之を多, 説く所理あり, 説く所賢善にし, 説く所高遠にし, 説くもあろう, 説く採集者の採集, 説く插入説話である, 説く政治家の態度, 説くの意義, 説く教えは他, 説く教訓小説や特に, 説くに洩れぬ, 説く文句である, 説く文学士の先生, 説く文芸もまた, 説くの如し, 説く方便として何処, 説く日本人が支那, 説く日本神話の説明, 説く昔話を語り伝え, 説く時分には不平, 説く時政治的精神は驚い, 説くに骨, 説く権利が自分, 説く次に行, 説くつ欠け婆, 説く治国の道, 説くのうち, 説く津田氏の著書, 説く浄土門は断えず云う, 説く浴衣かな, 説く源ちゃんは町中, 説く無抵抗主義のため, 説くれども, 説くの自, 説くと神事, 説く甲野さんはいつも, 説くが, 説く相手による, 説く相撲は, 説く真理であり万人, 説く社交を説く, 説く神父たちのこの, 説く神話が前, 説く禅僧すら次, 説く私達共同で出, 説く空論が庶民, 説く米国総領事タオンセント・ハリスは神奈川条約, 説く結果になる, 説く美学者もある, 説く習わしがあった, 説くへがほんとう, 説く考えがほんとう, 説く者かくの如くなる, 説く者少数といえ, 説く者必しも信仰, 説く者西洋に少なから, 説く聖者が今, 説く自ら基督を負, 説く自力門と自, 説く自然主義者との心境, 説く舌先もこういう, 説く芳年隣の庭, 説くを知らざる, 説く衛門督であった, 説く要はない, 説く見方は従つて第二義, 説く言語学的比較神話学説に就, 説く詞章とがあつ, 説くもある, 説く説教者である, 説く論理もなり立ち, 説く資格がない, 説く趣向を妙案, 説く身分ではない, 説く農民自治会が盛ん, 説くは文, 説く迄に進んで, 説く迄もあるまい, 説く近代の立体派, 説くがあります, 説く通人考証家の多, 説くはない, 説く道元において熱烈, 説く道徳や政治, 説く部分は天, 説く隆景の常道論, 説く青年というもの, 説くなささやきである, 説く預言者なるべし, 説く顔つきのまじめさ, 説く飜訳種とはかたづけ, 説く鷲郎は今朝