青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「追う~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~述べ 述べ~ ~述べた 述べた~ 迷~ ~迷信 迷信~ ~迷惑 迷惑~ ~追う
追う~
追って~ ~退屈 退屈~ ~送っ 送っ~ ~送った 送り~ ~送る 送る~ ~逃げ

「追う~」 1211, 13ppm, 8424位

▼ 追う~ (464, 38.3%)

9 ゐた 5 来たの, 行く 4 あくがれ歩く, いる, いるの, 居るばかり, 歩いた人たち, 海中に, 行った, 行って 3 いった, くる, ゐても, 出て, 来た, 来て, 来るの, 行こうと

2 [22件] いた, いるでは, いると, くる心配, ここまで, やがて斃, 出で, 別府へ, 君自身を, 大空を, 帰って, 書いたもの, 来る人, 止まないだらう, 発達する, 直ぐ其処, 若い百姓, 行きたいと, 行きました, 行けば, 行ったの, 走り出した

1 [345件] あこがれるとともに, あとへ, あるくに, あわて, いくさる, いたが, いたつもり, いたの, いたよう, いた七, いた二人, いた奴, いって, いても, いるあゝ, いるうち, いるが, いるだけの, いるよう, いるらしい向い山, いるらしい子爵, いるん, いる事, いる卑しい, いる時代, いる母, いる間, いろいろの, おりまして, きたの, くたびれて, くるの, くれる, こちらに, ことごとくこれ, このコーカサス, この出迎え, これを, さまようなどとは, したいので, せめては, そうでない, そこ, それを, たたきのめして, ただいま湯, ただすら, たちまち, まいったので, まいった次第, まさるとも, ますます増加, ますます大, ますます瘠せ衰え, まもなくその, みじめに, みたところ, みようか, やまない子, やまぬ者, やるの, ゆくだけの, ゆくと, ゆく狂乱, よそで, ゐたの, ゐました, ゐようと, ゐる, ゐるあの, ゐるあゝ, ゐるらしい子爵, ゐる母, アイルランドに, アピアの, エルサレムを, オレの, カリフォルニア迄, デブー行の, トボトボ出, パリーの, 一と, 一二等室の, 一兎を, 一本の, 一気に上下, 上野街道忽ち, 下さるだろう, 下りて, 下る, 九十歳まで, 二人は, 五六人で, 人を, 今朝出, 仔細に, 仲店の, 余白が, 來た, 來て, 健なる, 僅かづつ発達, 僕等の, 入つた夫, 其のため播磨, 冴え澄める, 出かけようと, 出た宇治山田, 出るは, 出掛ける, 出来るもの, 刈り過ぎた理髪, 前川の, 北国の, 去る姿, 参ったところ, 参りまして, 反映される, 口説かれたが, 右に, 各地に, 吉野の, 同じよう, 同じ方向, 君自身本然の, 喜びに, 嘲弄する, 四十四町十八町十二町である, 回るという, 増すばかり, 増加され, 増加し, 増店され, 変ずるもの, 夢の, 大きく拡がっ, 大理, 大西洋を, 大阪に, 大阪へ, 天国へ, 失敗する, 女房輿で, 孤立と, 宇治山田の, 安らげる自分, 完全な, 宛然自ら愉んで, 家の, 實感は, 尋ねて, 小野さんの, 居た, 居たばかり, 居を, 展開せず, 山に, 山の, 山奥に, 山野を, 川を, 帯を, 幾た, 廻りながら, 弓矢の, 引つ捕へると, 彷徨う, 往年の, 往来を, 忙しくなる, 思想の, 急いだ, 急ぎ下る, 恍惚と, 我国にも, 戸袋へ, 抜け出した後, 拙ら, 拡がって, 持戒破戒無, 挑んで, 描かれて, 敵の, 文芸の, 料理番の, 日夜懊悩し, 昨夜の, 暮した男, 暮して, 書いて, 書かれたもの, 材を, 来おったか, 来たお, 来たかと, 来たが, 来たと, 来たところ, 来たもの, 来た二人, 来た僅か, 来た小郡, 来た御, 来た者, 来ないよう戸締, 来なかつた, 来なければ, 来や, 来る, 来るじゃろう, 来るもの, 来る途中, 東下りを, 東京へ, 梯子の, 森の, 横飛び, 次第に士風, 次第に近づきおるなり, 次第次第に, 欧洲へ, 歐洲へ, 此処へ, 此墓の, 此家に, 歸つて來る, 死に急いだ, 死ぬ積り, 死を, 死んだほう, 死んで, 殖て, 汽車の, 注意を, 津浪が, 活きて, 流れた方向, 浜近く来る, 浮動する, 海に, 浸み, 減ずるであろうと, 減少し, 減弱し, 減退し, 満州へ, 漂浪した, 漂浪する, 漸く一, 漸く消えかかる, 激しくなっ, 狂奔する, 玉穂の, 生きて, 生涯を, 生長する, 産土八幡から, 申しましょう, 申し上げること, 疲れ雲ひと, 発砲した, 発達し, 盛んに, 省線電車に, 眺めたが, 知らず知らず遠く, 研究を, 私は, 移って, 移動した, 空を, 突き上る, 窒息する, 竹藪に, 続本朝往生伝, 線路伝いに, 自ら軋る, 自分の, 自殺しよう, 苦闘また, 落ちて, 落合迄, 行かうとして, 行きゃという, 行くうち, 行くと, 行くに, 行くの, 行く思想, 行く村娘, 行く気, 行く買い方, 行ったが, 西に, 西上し義貞正成長年等と, 西上する, 見え隠れに, 見たが, 見渡しました, 観察し, 記されて, 記して, 語ること, 説く事, 説明いたしました, 読むよう, 讀むとき, 谷間へ, 貴方の, 走った, 走った独自力, 走り出す, 走る人, 走る犬, 走る途上, 趣を, 身投げする, 辿つて行つて, 述べて, 通読した, 進みしかも, 進むべき道, 進んで, 進級し, 過現未の, 道を, 遡れば, 都市に, 鄭州に, 鐘を, 長岡修善寺と, 降りて, 随い, 雪之, 雲霧の, 霙と, 飛び出して, 飛ぶ, 飛べり, 駅まで, 駈けだした, 駈け出した, 駈込む本陣, 高峻岳に, 黄色を

▼ 追うよう~ (146, 12.1%)

20 にし 2 なこと, な様子, にお, にその, にまた, に一つ, に出, に近づい

1 [110件] たちどころに坊主, だと, であった, なあの, なの, なもったいない, なもの, なイヤ, な仕掛, な儚い, な利己主義者, な動き, な勢, な心持, な恰好, な慌ただし, な気, な気持, な真似, な舞いの, な身ぶり, な醒めやらぬ気持, な野暮, に, にあるい, にあわて, にいきなり, にきょう, にこちら, にこれ, にそ, にそれ, になっ, になる, にのぞき込む, にまつわりついた, にやって来た, にゆっくり, にわたくし, にサ, にスーイスーイ, にスーッ, にズカリ, に上洛, に云いつけました, に云った, に井戸, に人物, に今日, に付い, に伸子たち, に其の, に前, に去った, に去れ, に取計られたい, に口, に叱り退けよう, に同じく, に呶, に呼び止めた, に命じ, に啄木, に大声, に天井, に姿, に帝, に庭, に彼, に彼方, に御, に意識, に我が, に手, に手足, に搦手, に数万, に昇っ, に歩い, に死に, に江戸, に洞窟, に海, に深井少年, に清川, に灯, に甚八, に町, に秋草, に立ちさっ, に米友, に自分たち, に良人, に荒薦, に袂, に見せ, に訊きました, に討死, に足早, に路, に身体, に追い立てる, に追う, に附い, に隣家, に飼いならし, に首, に駈けあるい, に鼻, 見る間

▼ 追う~ (67, 5.5%)

5 である 4 です 3 であるが, は愚 2 じゃ, だ, だが, であった, でした, ですから, をやめ

1 [38件] かね, がおかしく, がとくいなの, が僧侶, が恋, が正当, が正道, だから, だそう, だと, だろうくらいに, でありました, であるか, であろう天井, でなくかれら, では, でも, とちがっ, には慣れ, に気付い, は, はあたりまえ, はぜひ, はそれ, はどういう, はアーサ, は人心, は夏, は戦場, は知識人, は私, も愚か, を中止, を思い停り, を思い止った, を断念, 美点は, 陋態なく

▼ 追うこと~ (64, 5.3%)

3 になった, はできない, も忘れ 2 が困難, にした, になる, も出来ません

1 [47件] から免れられない, ができなくなった, ができませんでした, が出来なくなる, が出来る, が出来るだろう, しかできない, すらできる, でも, ならぬ慈悲, にかなり, にしよう, になりました, になるでしょう, にのみ忙しかっ, によって無限, によって発生, によって自然, によつて, に他, に手伝っ, に打ちこむ, に決め, に関与, のみを専ら, の今ひとつ, の危険, の外, はござらぬ, はないでしょう, はならぬ, はまた, はやめ, は彼, もかなうまい, もかなわぬ, もできないで, もならなかった, も出来なかった, よりも彼女, をあきらめ, を忘れない, を忘れなかった, を拒絶, 余りに急, 出来ようかな, 暫くし

▼ 追う~ (26, 2.1%)

2 と追われる, の眼, は一兎

1 [20件] がご, がなくなった, が出, しばしば狼, と待つ, にあらざれ, に競争, のない, の正体, は帰陣, は美, は追い, また道, もあっけ, もどちら, もない, も姿, も宙, も追われる, 追われる者

▼ 追う~ (25, 2.1%)

3 見せて

1 [22件] ある, いうからには, お杉隠居, でも言, ほかの, サテハと, ヤ居る, 二三尺ひきさがっ, 伝えられて, 同じこと, 同時に他, 彼の, 武蔵も, 犬巻物を, 皆気が, 称して, 線路の, 自動車が, 芸人達の, 隅で, 雉と, 魚も

▼ 追う~ (19, 1.6%)

3 しても

1 [16件] あらず馬, あわてるほど, ふさわしいもの, よき降り, 二人ながら, 忙しかった, 忙しかりき, 急だ, 急で, 急であっ, 暇の, 止り自身, 相応しいもの, 至ったとき, 至った時尋常, 足りる意味

▼ 追うもの~ (19, 1.6%)

1 [19件] ありての, さえいなかった, だと, であるという, ですから, でなければ, でも, で自分, との影, と追われる, の様, は一兎, は常に, は撰, は正面, もあれ, も忽ち, も浸る, も追われる

▼ 追うため~ (10, 0.8%)

1 ぐっと下げかじ, だと, つづいて, にカーク, にフッ, に団扇, に肩, に自分, に車内, に駆け出しました

▼ 追うのに~ (10, 0.8%)

1 いそがしくモロー彗星, これ急であった, みんな片岸へばかり, 大汗, 心を, 忙しかった, 忙しく私たち, 急だった, 急で, 急であっ

▼ 追う~ (9, 0.7%)

4 追うな 1 また討つ, ッ, ッ追う, 退き鉦, 長追いする

▼ 追う~ (9, 0.7%)

1 では, でぴしゃり, で自殺, と見える, になれず, にはなれなかった, はしなかった, もしない, もなく

▼ 追うには~ (8, 0.7%)

2 及ばぬ 1 いささか便り, この通り骨, まずその, 用意が, 私で, 聊か便り

▼ 追うほど~ (8, 0.7%)

1 いずれに, いよいよ先, その作品, な手, わんわんふえ, 兎種々に, 敵兵の, 由々しい大物

▼ 追う~ (7, 0.6%)

1 ごとく, ごとくしたがって, ごとくに, よい, 何か, 利根の, 聞えつ

▼ 追う~ (7, 0.6%)

1 あり残るも, イギリス人を, 共におのれ, 旧に, 益は, 迅し逃げる, 追われるも

▼ 追うよりも~ (7, 0.6%)

1 まず堀口, まず書くべき, まず親分, 俊一君の, 声を, 既に捕えた, 盗み心を

▼ 追うても~ (6, 0.5%)

1 常に底, 悲しむもの, 払うても, 捨て, 見た, 逃げない虫

▼ 追う~ (6, 0.5%)

1 がある, の姿, の羽織, はなし, は極めて, も少い

▼ 追う~ (6, 0.5%)

1 いさましく, がし, で起ち上がった, なり, のよう, は日本左衛門

▼ 追うところ~ (5, 0.4%)

1 でしたが, などあっ, の分裂, の狂人, の降魔

▼ 追うとも~ (5, 0.4%)

1 なくゆっくり, なく橋, なく話し声, 易く討ち取るべき, 追い着いた時

▼ 追う~ (5, 0.4%)

1 が出来なくなりました, になる, の他, の出来ない, をあきらめ

▼ 追う~ (5, 0.4%)

2 にし 1 にうす暗い, に耳, に西

▼ 追う~ (5, 0.4%)

1 があっ, が一人, で女, は時々, も御坊日本一

▼ 追うから~ (4, 0.3%)

1 だと, である, 先へ, 都合し

▼ 追う~ (4, 0.3%)

2 田沼勢府中は 1 殆ど旬日前よりに, 礼なり

▼ 追うばかり~ (4, 0.3%)

1 だ, であろう, です, でどう

▼ 追う~ (4, 0.3%)

1 が正しい, にも気, も血眼, も追う

▼ 追う猟師~ (4, 0.3%)

2 は山 1 のよう, の山

▼ 追うかと~ (3, 0.2%)

1 思いました, 思われた, 見るま

▼ 追うかの~ (3, 0.2%)

3 ように

▼ 追うだけ~ (3, 0.2%)

1 でその, でただ, でもはや

▼ 追うつもり~ (3, 0.2%)

1 で廊下, で石, なら最初

▼ 追うという~ (3, 0.2%)

1 ように, 愚かな, 趣向も

▼ 追うとき~ (3, 0.2%)

1 のピッチ, の焦, まるだし

▼ 追うにも~ (3, 0.2%)

1 はるばると, 及ばずするする, 追えず泣きベソ

▼ 追うほう~ (3, 0.2%)

2 もよく 1 だったが

▼ 追う~ (3, 0.2%)

2 だっ 1 です

▼ 追う人々~ (3, 0.2%)

1 のむれ, の洋傘, はマン幕

▼ 追う~ (3, 0.2%)

2 が急 1 がガラス棚

▼ 追う~ (3, 0.2%)

1 にいつか四年, に時々, に番太郎

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 するに, 二つに

▼ 追うこころ~ (2, 0.2%)

1 にあふれ, を歌

▼ 追うこと急~ (2, 0.2%)

1 だった, にし

▼ 追うごと~ (2, 0.2%)

1 にその, に馬車

▼ 追うだけの~ (2, 0.2%)

1 自分を, 速力が

▼ 追うてでも~ (2, 0.2%)

2 行くらしい甚伍左

▼ 追うどころ~ (2, 0.2%)

1 でなく左, では

▼ 追うなと~ (2, 0.2%)

1 止めるか, 申すに

▼ 追うに従って~ (2, 0.2%)

1 いよいよ急, 俗化する

▼ 追うものの~ (2, 0.2%)

1 ごとくその, 如く思われまた

▼ 追うよりは~ (2, 0.2%)

1 むしろこれ, 手に

▼ 追うわけ~ (2, 0.2%)

1 にはいかず, にも行かず

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 に彼, に戦争利得

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 の白い, は馬

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 がある, のご

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 が厳し, ではない

▼ 追う探偵~ (2, 0.2%)

1 になりきっ, も逃げる

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 に農家, の眼

▼ 追う様子~ (2, 0.2%)

1 が妙, もなく

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 か渋団扇, に頸

▼ 追う牡犬~ (2, 0.2%)

2 のよう

▼ 追う真似~ (2, 0.2%)

1 ばかりし, をし

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 その数, 舟は

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 もありません, もな

▼ 追う~ (2, 0.2%)

1 の早く, も伊織

▼1* [157件]

追うあたかも今の, 追うあまりに戦争挑発の, 追ううちには千人, 追うかも知れない, 追うくだりと石山寺, 追うことこれである, 追うことそれは最も, 追うさまも見ゆる, 追うじゃ無エ, 追う避けたら踏んで, 追うため空鉄砲を放つ, 追うてからは彼は, 追うては述べませんが, 追うとき小柄でも投げる, 追うとき私は茫然, 追うとの俗説も, 追うどころかこうして飛ん, 追うなきものを, 追うなつかしい栄三郎さまの, 追うにつれて仔細に, 追うのでしばらく紐, 追うのみにして, 追うばかりの浮世絵巻として, 追うふたりがつづい, 追うほかに為す, 追うまた取り組む, 追うままに船, 追うもの一兎を得ず, 追ういかに, 追うやうに体, 追うやら櫛で, 追うより難いぞ, 追う悟り寝静まりたる家家, 追うガラッ八の, 追うジャーナリズムと出版, 追うフュリーのごとく, 追うヤンを加え, 追うだ, 追う一手ですよ, 追う七人すさまじい追っ駈け, 追う三つ目の怪物, 追う三つ目玉の潜航艇, 追う主役の座, 追う主従ふたりはその, 追う二人の武士, 追う人これを怪しむ, 追う人間本来の求め, 追うの時世, 追う仕草をした, 追う住民も後, 追うでも社会的生活, 追う傾きがあるで, 追う傾向が生れます, 追う元気はなかっ, 追う兄主水に追い付こう, 追う先住の土民, 追う光明の諸, 追うに梯子段, 追う勢子か猟犬, 追うを見, 追う右近も一人, 追う和人が出没, 追う圓生の目, 追うはもう, 追う城太郎の一, 追う場合にはいつも, 追う多四郎を乞食ども, 追う大膳正だったの, 追う姿を眺め, 追う嫌悪すべき壮年期, 追う子供たちにも怪しまれない, 追う子供らの姿, 追う安っぽい身形よりも, 追う客間だとか, 追う岩太郎も気, 追う平次少し着膨れ, 追う平面毒竜の形, 追う年頃だ, 追うとか偶然, 追うの心, 追う性向の者, 追う怪しの心, 追う息吹きの音, 追う情熱は少し, 追うであろう彼, 追うを思い止まっ, 追う愚劣無残の彼, 追う愚行を敢, 追う戦陣の道案内, 追うまで追いつめ, 追う描写になる, 追う散歩者の行進曲, 追う文学でありそれ, 追う方法もいろいろ, 追う時鳥さしが鳥, 追う書估の誅求, 追う果てしなく家の, 追う格好で部屋, 追う武士と追わるる, 追う気風がある, 追う水夫船頭らもまた, 追う火先きを, 追うでは, 追う為私が馳, 追う焦慮と妻子, 追う熱情だった, 追うでもよう口, 追う飼いも, 追う牧童の胸, 追うのよう, 追う猟師山を見ず, 追う猟犬のごとく, 追うの群, 追う王子の馬跳び, 追う田庄平の眼, 追う男性が蠅, 追う町人や百姓, 追う痴漢になり切っ, 追う白い影が, 追うの田, 追う種々なる言い現しである, 追う稼業であればこそ, 追う積りだったが, 追うをことさら, 追う素子の一つ一つ, 追う終焉の旅立ち, 追うを思い出した, 追う美術ではなく, 追う者王を斬る, 追う舌打ちのよう, 追う舟中の人, 追うも追われる, 追うその廬, 追うのよう, 追うのよう, 追う表現法と極度, 追う要はない, 追う言葉の端, 追うを唱える, 追うは南画, 追う連中にすぎなかった, 追う進歩主義と直ぐ, 追う野次馬もいなかった, 追う金十郎こいつは非凡, 追う鉄砲に実弾, 追うは縦網, 追うかは知らぬ, 追う青江機の上, 追うですよ, 追う響木の橋, 追う颯と追われる, 追う騎虎の勢い, 追う高倉祐吉は半分, 追うのよう, 追うのよう, 追うの姿, 追うを突いた