青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「述べ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

返す~ 返っ~ ~返事 返事~ 返答~ ~返辞 返辞~ ~迫っ 迫っ~ ~述べ
述べ~
~述べた 述べた~ 迷~ ~迷信 迷信~ ~迷惑 迷惑~ ~追う 追う~ 追って~

「述べ~」 2334, 25ppm, 4621位

▼ 述べ~ (1795, 76.9%)

164 いる 53 ある, ゐる 41 いるの 37 おいた 33 居る 24 いるが 20 いた, 見よう 19 みよう 14 いるところ, おいたが, おこう 13 みたいと, 置いた 12 いるよう, おきたい, 来たよう, 見たい 11 おきたいと, ゐるの 10 あった, あるが 9 おく, 置こう, 見たいと 8 いるに, きた, 置く 7 いること, おいた通り, おく必要, ゐるが, 置きます 6 おかなければ, おくこと, おられる, きたよう, みたい, ゐた, 來た, 置かねば, 見ようと 5 いると, みようと, みること, 来たが, 来た処, 来ると, 置いたが, 置きたいと, 行く

4 [19件] いたが, います, いるから, いるもの, いる所, いる通り, おいて, おかねば, おこうと, くると, みたいの, みましょう, みると, 曰く, 来た, 来たこと, 来たの, 見ましょう, 見ること

3 [29件] あつた, いない, いますが, いるそう, いるその, おいたあの, おいたから, おいたよう, おかう, おきます, おくが, おります, きたが, くれるの, みた, みたところ, ゐたの, ゐます, ゐること, ゐるところ, 先生の, 居ります, 居るが, 教を, 来たところ, 置こうと, 行った, 見やう, 見ると

2 [69件] あります, ありますから, ありませんが, あるから, あると, あるとおり, あるの, ある通り, いたの, いふ, いますから, いるだけ, いるとおり, いる如く, いる時, いる暇, おいたとおり, おいたの, おいた筈, おきたいが, おきたいこと, おきたいの, おきました, おきましたから, おきましょう, おくと, おらるる, おられます, きかした, きたこと, きたとおり, きた所, これが, しまうと, それから此処, それを, みたこと, みます, みれば, ゐるので, ゐる通り, 何分よろしくと, 余の, 其家を, 再び本題, 参考に, 夫も, 将来の, 居り更に, 曰ふ, 来たやう, 来た様, 来た社会, 立ち去った, 置いて, 置かないと, 置きたい, 置きたいの, 置くが, 置くこと, 置けば, 聊かその, 自分の, 行かなくては, 見たが, 見たの, 見ませう, 見ようか, 見る

1 [687件 抜粋] あくまでも抗弁, あったが, あって, あつた末, あとは, あなた以外に, あますところ, ありかねて, ありましたが, ありましたそう, あり今, あり練造氏, あるいは故意, あるけれども, あること, あるところ, あるところ以上, あるやう, あるを以て, ある三一分の一, ある中, ある事実, ある処, ある害悪, ある心得, ある所, ある物語, ある私見, ある農業, いいけるは, いいなら, いけないこと, いこうと, いさ, いささか教育学者, いささか風変り, いたこと, いたつもり, いたと, いたり, いた中, いた頃, いったか, いつもより, いて, いないじゃ, いないと, いよ, いよいよ以, いよいよ望み通り, いらしたやう, いらっしゃる, いられる, いるあらゆる, いるうち, いるけだし, いるじゃ, いるそして, いるちょうど, いるつもり, いるでは, いるとしか, いるのに, いるもう, いるらしいほか, いるわけ, いる事実, いる二つ, いる人, いる余地, いる余裕, いる如きかかる土地, いる妨げ, いる学生達, いる意見, いる態度, いる掠奪遠征, いる数字, いる日本主義者, いる様子, いる歴史, いる比率, いる理由, いる考察, いる英蘭, いる間, いわく中世異端を, おいたこの, おいたごとく, おいたと, おいたやう, おいたゆえ, おいたジルノルマン氏, おいた別当神護寺, おいた君, おいた息切れ, おいた所, おいた技術, おいた濫僧, おいた理由, おいても, おかうと, おきたいだけの, おきながら, おきましたが, おきました蕎麦道具, おきました通り, おきますが, おくの, おく義務, おく要, おまえの, おらるるの, おられない, おられるとおり, おられるの, おりまた, おり駒, お分れ, お断わりした, お蔭様で, かう結んで, きただけ, きたとおり子供, きたところ, きた区別, きた心境, きた神話時代, くれ, くれた, くれた人, くれた老中牧野備後, くれました, くれる日, こういった, こっちの, この問題, この家, この禍い, この章, この講話, この順序, これさえ, これも, こんなこと, ごらん, さしつかえないこと, さわぎ立てて, しかる後探偵, しまった, しまったが, しまったの, すぐに, そうし, そこに, そして蕎麦, そして踵, その不動新道, その不思議, その志願, その梯子段, その民, その要, その間に, それから, それから俊夫君, それから終り, それであなた方, それらの, てれ臭, ともかくなにか食べ物, どうか今晩, どこまで, はばからなかった, ひたすら一益, ひた詫び, まいりましたよう, またその, また門, まゐり, みい, みたい理窟, みたが, みたの, みた次第, みてはと, みましょうか, みませう, みよ, みようならば, みよと, みる, みるならば, みるの, みる気, みんなそそくさ, もしその, もっと詳しく, もらいたいが, もらうには, やがて笠置, やがて階下, やらう, やると, ゆくうち, ゆけば, ゆこう, よいか, よくなかつた, よよと泣き伏し, ゐたが, ゐたと, ゐたり, ゐられた筈, ゐられるから, ゐられるの, ゐるあたり, ゐるけれども, ゐるにも, ゐるコクトオ, ゐるシーボルト, ゐる一節, ゐる人, ゐる場合, ゐる暇, ゐる次, ゐる言葉, ゐる間, ゐる雪国, サワアザミが, ドイツ人に, フォイエルバッハは, 一先ず鳧, 一同と, 三上の, 下さい, 下さる, 下された, 下宿へ, 不参加と, 与八に, 世の, 両親の, 両親や, 主人を, 予の, 二時頃から, 云うには, 人から, 人間性の, 今後の, 他の, 他を, 以て, 伏線と, 会いには, 何等かの, 余を, 作らず, 作らぬ方針, 來ました, 俳優養成の, 借りて, 偖そこに, 元の, 先方の, 先覚者の, 其色澤の, 兼ねて, 出て, 切りに, 判官の, 別れた, 別れて, 労を, 半月後の, 単なる部落改善, 去る, 参りました, 参りました鼻, 及川さんの, 双方の, 反対の, 口実に, 各位の, 吾黨の, 呉れました, 呉れましたから, 囃すの, 図書室を, 土間の, 場合によっては, 夜涼の, 大喜び, 大眼玉, 大臣は, 夫の, 夫人の, 失敬し, 学者の, 家を, 小前提と, 小次郎の, 尽したもの, 居たその, 居つたこと, 居つて, 居られる文章, 居りますので, 居るところ, 居るの, 居る中, 居る故, 居る注意, 居る餘裕, 己の, 席に, 帰った, 帰って, 帰りました, 平気で, 序文に, 店まで, 引き揚げると, 引き退がった, 弟子入りを, 彼が, 彼の, 彼女が, 後に, 後世に, 後来訪の, 後編に, 得々とは, 御両親, 御教, 意見の, 慰めつ, 懇望すれ, 手を, 批判を, 投棄てられし名刺, 挨拶の, 授戒を, 救済に, 文庫を, 断りましたが, 斯う言っ, 新しい時代, 早々に, 明かに, 明治文学の, 暫く命, 曰く眞道は, 曰く誰疑, 書物を, 最う一回, 本校を, 本論に, 李を, 来ただけの, 来たとは, 来たので, 来たジャーナリズム, 来た三つ, 来た事, 来た仕方, 来た他, 来た各項, 来た子規, 来た幾つ, 来た戦争ジャーナリスト, 来た批判, 来た日本ファシズム, 来た節供, 来た考察, 来た話, 来た議論, 来た通り, 来た連関, 来た道也, 来て, 来ましたよう, 来ました因果, 東夷の, 樽を, 次ぎに, 次號, 欲しいもの, 歌全体に, 此の, 此方へ, 此迄人の, 此點に, 武門の, 死に方, 死骸に, 汗を, 決して結論, 消え失せた家, 瀬越医院を, 無患子の, 無理に, 爺さんと, 物を, 特定の, 生前亡夫に対する, 申請し, 男らしいところ, 白歯者と, 皆さんが, 盛に, 目的を, 直ぐ振り向い, 相手を, 看護婦室を, 研究し合う, 福松に, 私が, 私は, 科学者に, 穏やかに, 立ちかけるので, 立上った, 立帰り白翁堂に, 竜の, 笑わせながら, 筆者の, 筑前へ, 米や, 終る, 結局, 結論と, 縁ある, 置いたから, 置いたやう, 置いたよう, 置いた事, 置いても, 置かう, 置かぬと, 置きたかつたまで, 置きましたから, 置くの, 置くまでの, 置く併, 置く必要, 置く所存, 置た, 署を, 聴衆に, 自身の, 芋を, 蛇足を, 行くが, 行くつもり, 行く内, 行く半蔵ら, 行く時, 行こうと, 行ったが, 行ったこと, 表面だけの, 見た, 見たいとは, 見たいの, 見たところ, 見た次第, 見ても, 見なさい, 見ようかとも, 見ように, 見る程, 見れば, 見ん, 觀客に, 解散する, 言語学者諸賢の, 許して, 評論の, 論者も, 諸君の, 財産の, 轉任の, 辞去された, 辞退した, 近いうち, 近江屋の, 退去した, 退屈する, 送りに, 道を, 遠くシヨウペンハウエル, 重複を, 電話を, 露国は, 頗る知己, 食を, 餘あり, 麩なんかを

▼ 述べ~ (44, 1.9%)

3 来たの 2 なったお, なって, なつた, なつて, 来た

1 [31件] かかった, かかったので, なった, なったこと, なったに, なりました, なりまして, やって来る親戚, やるばかり, 伺候した, 何某が, 出頭した, 参ったの, 参つたのです, 呼ばれる時, 成つた其等の, 成りました, 来て, 来ました, 来るなど, 来るの, 来る人たち, 来る若い, 相成りました, 真先に, 行かなけりゃならん, 行きし時, 行こうという, 行つたところが, 行つて昭和堂に, 駈けつけたが

▼ 述べたり~ (27, 1.2%)

5 した 2 愁訴する, 親子の

1 [18件] お世辞, ここの, されどその, しが, しはじめた, しましたが, し霊魂不死, すること, する学者, する説経, 何, 手打を, 相図, 聴き糺したり, 英米の, 言い張ったり, 託されて, 貧弱な

▼ 述べながら~ (16, 0.7%)

2 地上の

1 [14件] あるヨーロッパ人, おつた, この無趣味, たち上がった, また二階, まっかに, 之を, 右へ, 巧に, 恋愛を, 此無趣味な, 私は, 門を, 騎士の

▼ 述べても~ (14, 0.6%)

3 それは

1 [11件] いわゆる坂東なまり, しかたが, それで, た, とかく誤解, どうせ話, らはにや, 今さら何, 今日では, 御簾の, 映画界の

▼ 述べまた~ (13, 0.6%)

1 [13件] ある時, この際, ソディ教授は, 万歳元年嵩山に, 三巻の, 同人宛の, 宝永六年, 岩崎灌園の, 当日の, 新鮮なる, 芸術専門の, 蘭山の, 述べるべき実際

▼ 述べてから~ (11, 0.5%)

1 [11件] さきに, それが, 三十一歳にな, 妹は, 室を, 寝台の, 少しく声, 彼は, 直ぐこう云い出した, 自分の, 長い間

▼ 述べその~ (10, 0.4%)

1 中に, 主と, 代表者として, 前月十一月二日の, 地図の, 悦びを, 時の, 案内によって, 蒙を, 記念として

▼ 述べそして~ (9, 0.4%)

3 これを 1 その晩, どうして出版, 人類社会の, 帝国大学の, 武蔵の, 結論を

▼ 述べこの~ (8, 0.3%)

1 オーリャという, 勅書は, 国に, 学期が, 島に, 脚本に, 長い籠城, 難解な

▼ 述べそれ~ (6, 0.3%)

1 が専門的, にはどんな, よりお, を基礎, を科学上, を鎌倉時代

▼ 述べたて~ (6, 0.3%)

1 たり大声, ながら, ながら二つ, ながら確信, ながら竹, にやっ

▼ 述べ~ (6, 0.3%)

2 りし 1 た婚姻, ると, れる所, れる種々

▼ 述べ~ (5, 0.2%)

2 君の 1 世辞を, 君が, 国許の

▼ 述べては~ (5, 0.2%)

1 いる, ならぬという, ゐないダリ, 大昔の, 石を

▼ 述べてを~ (5, 0.2%)

2 ります 1 られた, られたから, られるが

▼ 述べ~ (5, 0.2%)

1 つた, つたこと, はない, ひました, ふことは

▼ 述べ最後~ (5, 0.2%)

1 に, に印度欧羅巴, に声, に法律, に職業

▼ 述べこれ~ (4, 0.2%)

1 で今次, に大きな, に対し大寺警部, を口

▼ 述べそれから~ (4, 0.2%)

1 代官町年寄などの, 噴泉の, 彼に, 観眤を

▼ 述べつつ~ (4, 0.2%)

2 あるこの 1 あること, その善後

▼ 述べなお~ (4, 0.2%)

1 なるべくわかり, 本件が, 言葉を, 金を

▼ 述べやがて~ (4, 0.2%)

1 この仙台医専, 彼の, 退出した, 音楽が

▼ 述べ~ (4, 0.2%)

1 こそ亡父, の問題, また養老年金条例, 一応説明

▼ 述べ~ (4, 0.2%)

1 フアビアニに, 其一つ一つに, 口を, 違った角度

▼ 述べ~ (4, 0.2%)

1 がちと, が他, が完備, であったか

▼ 述べ更に~ (4, 0.2%)

1 交通機關に, 多数党, 我々の, 英人ジェレミー・ベンサムより

▼ 述べ次に~ (4, 0.2%)

1 ある男他行, は工藝, 日本に, 雪華研究の

▼ 述べやう~ (3, 0.1%)

1 ただバルザック, とせず, と存じます

▼ 述べ~ (3, 0.1%)

1 るべきであった, るべきもの, るること

▼ 述べ~ (3, 0.1%)

1 に, にわかるべき, に酒

▼ 述べ~ (3, 0.1%)

1 した, したから, す可ら

▼ 述べ立て~ (3, 0.1%)

1 たり将校いふ, たり工芸, ながら飽くまでも

▼ 述べ終り~ (3, 0.1%)

1 に, に嘆願, に玄徳

▼ 述べ自分~ (3, 0.1%)

1 が外出, でも見すぼらしく思う, の様

▼ 述べあるいは~ (2, 0.1%)

1 不条理な, 人々平生の

▼ 述べかつ~ (2, 0.1%)

1 罪を, 認めて

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 しずを, したもの

▼ 述べさて~ (2, 0.1%)

1 仮髪, 少許

▼ 述べさらに~ (2, 0.1%)

1 アウグスチヌスの, 十一月二日には

▼ 述べそう~ (2, 0.1%)

1 して, な者

▼ 述べそれに~ (2, 0.1%)

1 よつて, 時に不

▼ 述べついで~ (2, 0.1%)

1 七高僧について, 斯の

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 しない, し此書き物以前

▼ 述べ且つ~ (2, 0.1%)

1 今日の, 訪問する

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 に叛, の志

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 の下宿, の半数

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 て其機関雑誌, て其機關雜誌

▼ 述べ大いに~ (2, 0.1%)

1 歓待した, 生徒たちを

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 に向, より具體的施設

▼ 述べ如何なる~ (2, 0.1%)

2 必然と

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 の別, の居所

▼ 述べ彼等~ (2, 0.1%)

1 が集める, の首

▼ 述べ従って~ (2, 0.1%)

1 勘定も, 妊娠分娩等の

▼ 述べ従来~ (2, 0.1%)

2 の末梢的

▼ 述べ或は~ (2, 0.1%)

1 書に, 謡ひ

▼ 述べ次いで~ (2, 0.1%)

1 これを, 公衆に

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 は言, ひ得た時代

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 の健康, は謝辞

▼ 述べ自動車~ (2, 0.1%)

2 をいそがせ

▼ 述べ蕪村~ (2, 0.1%)

2 が芭蕉

▼ 述べ~ (2, 0.1%)

1 に上った, に上つた

▼1* [229件]

述べあつたが, 述べあらためて私が, 述べぬるから別に, 述べかくて生ずる, 述べがたい事をも, 述べけい古に入る, 述べけちな袖の下, 述べさあいかにと, 述べさえすれば, 述べさらに次には利, 述べさんざん能書を, 述べしかし断然たる切り捨て, 述べすでにその大要, 述べすみやかに首, 述べぜひ姫に, 述べは未, 述べそこなった, 述べたてようとした, 述べたりとて異しむ, 述べつまるところこのよう, 述べていうよう, 述べほすこと, 述べともにカキツバタを, 述べとりわけ本当の, 述べとんでもない男, 述べどう云う訳, 述べながらも心の, 述べなどされこの, 述べなにぶんよろしくご診察, 述べにくいのであります, 述べになつてあります, 述べまったく喜びきって, 述べめんめんと宗門, 述べやつと別れた, 述べわが言に, 述べオリエンタルだけを考慮, 述べシナは十八年前, 述べパリーで初めて, 述べホテルの経営, 述べロックの記載, 述べ一人も残らない, 述べ一個の実例, 述べ一同のため, 述べ一方小川女史を, 述べ一晩ゆつくりして, 述べ万事相談したところ, 述べ万年筆を提供, 述べ万葉集の書物, 述べ下宿を代えた, 述べ不明なる點, 述べ不時の人馬賃銭, 述べ丹生川平への道筋, 述べを保存, 述べ乍らせか, 述べ乍ら其口唇で嬉し, 述べ乍ら駄夫がその, 述べったから, 述べが労, 述べ二階へ上つて棺前, 述べ亡き宍戸侯の, 述べ日本に, 述べ京都の方, 述べ人生は畢竟, 述べ人生観をあらわし, 述べ人間の, 述べ今度は明舟町, 述べ今度洋行の次第, 述べ今後とも御, 述べ今日は機械, 述べ何やら衣筥に, 述べ來つた時及び時間性, 述べ俊亮の骨折, 述べ信念と慈愛, 述べも入歯, 述べ候ことは桂月様お許し, 述べ僅かに横, 述べ先覚者の示教, 述べ六条以北窮僻の地, 述べにカキツバタ, 述べに関聯, 述べ其の功業遺徳を, 述べ其言遂に遂げられつ, 述べ出立した, 述べ前途のこと, 述べ北京で先生, 述べ医者を迎える, 述べ十二時過ぎに御, 述べ十分批判して, 述べ印象強く色彩, 述べ原田も紙衣, 述べ只今はさ, 述べ新聞紙から, 述べ合つて居たけれども, 述べ國に, 述べ同じ焼け出された仲間, 述べ名前を尋ねられた, 述べでも応, 述べの要求, 述べ善処を託し, 述べ因果をふくめる, 述べ報知新聞の藤田氏, 述べ墓地まで行こう, 述べ大人の指示, 述べ大島老人は物, 述べ天津教の警戒, 述べ天産の損失, 述べ妻女や女童, 述べ子供たちと一緒, 述べ孟子もまた, 述べ學者としての大, 述べをまた, 述べ家々を訪れ, 述べ家人を戒め, 述べ宿銭持たぬは, 述べ宿駅の疲弊, 述べ屋久島で日本人, 述べ山崎団長に謝辞, 述べ席上にてわが, 述べ帰りにその, 述べ幕府を首班, 述べ平等に行動, 述べきところ, 述べ引越は昨日, 述べ弘法大師の主意, 述べ彼女に感謝, 述べ彼自身の失策, 述べ征夷大将軍の職, 述べ後者は灌仏会, 述べ忠良の臣下, 述べ恐らく其枝, 述べ恭一の決心, 述べし難い, 述べ悪口をのべ, 述べ憎くなつた居酒屋, 述べ懐しき妻子にも, 述べ折角姉上が, 述べ指圖を請うた, 述べ損つてゐる分, 述べ故にかかる契約, 述べ教皇と枢機官, 述べ文明国からの最初, 述べ日吉の身, 述べ日本人の癖, 述べ日本高官の取調べ, 述べ明治維新の大, 述べ春一の弁護人, 述べて私, 述べ曾子も, 述べ最近に森鴎外氏, 述べ本論は私立, 述べ東京浅草左衛門町までの旅先, 述べ根本的な除害方法, 述べ欠陥のある, 述べの四点, 述べき訴えるもの, 述べ殊にかういふ時世, 述べ永年新聞社の探訪係, 述べ江戸城から出, 述べ浄土の教門, 述べ海底都市の発展, 述べ海老蔵が山賊, 述べ源女が芸, 述べ火除地の人混み, 述べ父者人に対して卑怯, 述べ牧師の背後, 述べ特に戦史課長フェルスター中佐の, 述べも同様, 述べ玄徳には礼物, 述べ現在それが如何, 述べ田中代議士荒川県会議員がわざわざ, 述べ申しわけをした, 述べ白峰登山の目的, 述べ白翁堂の家, 述べ本金庫, 述べ知人の家々, 述べ石原表の第, 述べ確信ある調子, 述べ神尾主膳は勝ち誇った, 述べ私一己の考え, 述べ種々の請願, 述べ種族の歴史, 述べ空しく予の, 述べに第, 述べ立つるにぞ客, 述べ立てらるると, 述べ三に, 述べを云々, 述べ終つて海を渡つて來, 述べ終つて田丸は玄関, 述べ終り間際にもお, 述べ結局お引受け申し上げたの, 述べいて, 述べ置候が要するにただ今, 述べ署名入の絵, 述べ臣下の礼, 述べ自らの説明, 述べ自由の本義, 述べ自身大役をひきうけ, 述べ至ってその犯罪, 述べ荷物問屋のこと, 述べ萬有引力論や光, 述べ蔵書の甚だしく, 述べ藤公の一缺點, 述べ複雑で困難, 述べ複雜で困難, 述べが汝, 述べ課長室に戻っ, 述べを著, 述べ藩の, 述べ諸君にも考え, 述べ謝意を表したい, 述べ警告とも揶揄, 述べ貞子の事, 述べ身振りおかしく踊っ, 述べ軈てそこそこに, 述べ軽い冗談なども, 述べ遊藝を演じ, 述べ道子に対する苦しい, 述べれたが, 述べ遺族に対して出来る, 述べ野口春蔵がそれ, 述べ金子借用方をお願い, 述べ長い月日の, 述べ難きものなり, 述べ霊魂不滅の証拠, 述べ露石から託された, 述べ飮食より住居, 述べ鬼頭さんもその, 述べ齊論凡そ二十二篇にし