青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「表象~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~衣服 衣服~ ~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情 表情~ ~表現 表現~
表象~
~表面 表面~ 衰弱~ ~袂 袂~ ~袋 袋~ ~袖 袖~ 被告~

「表象~」 1027, 10ppm, 10515位

▼ 表象~ (133, 13.0%)

8 発生を 3 多様を, 根源性を 2 内に, 合理的核心と, 根源性は, 発生の, 系列を, 純粹綜合, 結合である

1 [105件] あらゆる方面, うちでは, うちに, ことで, ことなら, この合理的核心, この根源性, この構成, この空想, この範疇性, この約束, この遊離性, それである, まわりを, もつ文学的価値, やうな, ように, アプリオリテートなどとは, アプリオリテートの, システムが, 一般的な, 上で, 上においても, 世界にまで, 世界を, 両面性という, 主要と, 云わば, 仕方が, 仕方である, 他の, 代表者に, 作用を, 価値だ, 偏愛は, 偏愛癖が, 像でしか, 全體的, 内容を, 副心理現象, 力に, 区劃を, 単なる形式, 原因と, 同じ繼起, 同化異化作用に, 唯一の, 問題に, 場面である, 外有せざる, 多樣, 客觀的である, 形式だ, 影が, 心理的性質を, 思想でなけれ, 性質そのものに, 感覚内容は, 方が, 方は, 方法が, 普遍妥当的な, 普遍的で, 最も発達, 有つ, 本質には, 束である, 核心が, 根源性, 根源性と, 根源性の, 構成と, 機能の, 特殊の, 発生, 発生が, 発生そのものを, 発生は, 発達した, 直接性でも, 空間は, 結合で, 結合では, 結合と, 結合との, 結合にのみ, 統一そのものである, 統一の, 統一は, 統一を, 羅列である, 羽搏き, 翼を, 表象内容が, 表象内容は, 複合であり, 規範である, 譬喩性では, 譬喩性は, 象徴性と, 貴重な, 跡を, 近似値的な, 連続にあたって, 遊離性から

▼ 表象~ (101, 9.8%)

4 もつて 3 持って 2 して, 説明した

1 [90件] さすの, すべてに, するといふ, そのまま原語, つかんで, つなぐ, つなぐには, つなぐ合理的核心, では, でも外, ともなう, なげ入れるの, なして, なほ宗教そのものの, ば, もって, アナロジーや, ウッカリ誤用する, 与えられたもの, 与えること, 予想し, 予想した, 人間に, 他に, 代表する, 仮定し, 伴う文学的, 伴ひ, 使嗾し, 借りて, 借りなければ, 借りるからと, 全く途, 全然捨て去っ, 全部抜き去った, 加えると, 動員しよう, 区別する, 又ある, 含む処, 喚び起すこの, 喚び起すといふか, 基けそれ, 基礎と, 外に, 外的直観と, 媒介と, 客観と, 客観的と, 意味した, 愛するという, 愛する動物, 手頼りに, 持たない物理学者, 持ち得るの, 持つならば, 描こうとは, 日常語による, 明かに, 本質的な欠くべからざる, 根源的な, 概念にまで, 歓迎する, 漢字交じりで, 無条件に, 特に選ん, 用いるという, 用いる代り, 省略する, 知覚から, 空間知覚として, 範疇と, 純粋と, 結びつける手段, 結合する, 翳して, 見なければ, 見のがして, 見るので, 解消する, 説明しよう, 説明する, 超越し, 近ごろに, 追求する, 追跡する, 遠ざけ主, 配列し, 除き去った客観的, 駆使する

▼ 表象~ (71, 6.9%)

3 他の 2 このよう, ないの, 根源的である, 確かに

1 [60件] この世ながらの, この場合空間知覚, この意味, すでに譬喩性, そこで, それぞれ一つずつの, ただちに意志, ただちに黒板, どういう客観, どうである, どうやっ, どのよう, ほとんど絶無, むしろ精神, もはや哲学的, われらの, 一つの, 一種の, 世界形像から, 主観的である, 之を, 之等の, 云わば, 人物と, 任意の, 分析によ, 前に, 四次元を, 夫が, 始めから, 存在しない, 客観的で, 客観的である, 弱い, 性格によって, 悉く言語形式, 意味の, 感覚的内容を, 成立つの, 我々が, 我の, 文学的具体性を, 普通意識に, 根源的でなく, 根源的でなけれ, 特有な, 生具する, 科学的範疇に, 空間感覚又は, 空間直観として, 第一, 純粋直観である, 経験によって, 絶対的な, 美しい完全, 視覚や, 解かれたプロメテウス, 銀行に, 除外され, 靈魂の

▼ 表象~ (68, 6.6%)

4 相互に 3 他の, 根源的である

1 [58件] ある, あること, いくら色の, こうやっ, この自分一身, すべて明晰に, その働, それ自身として, それ自身に, もつだろう合理的核心, シュトゥンプフの, 中心と, 何等固定, 全体の, 凡ゆる, 唯一の, 外界に, 女の, 実在の, 客観という, 客観的である, 導き出されること, 心に, 怒らせるの, 感覚である, 感覚的内容を, 感覚的諸, 明晰に, 春夏秋冬に, 時間的にしか, 最も強く, 本来は, 極めてはなはだしく, 極めて甚だしく, 浮かんで, 浮んで, 消えたこと, 点々として, 無くなったこと, 特別に, 独力で, 独自の, 理論的表現の, 生じるという, 発生する, 目的と, 神聖性を, 私の, 聴覚に, 著しく有っ, 表象である, 表象内容として, 視覚とか, 説明され, 部分的な, 除外され, 非常に, 頭に

▼ 表象する~ (66, 6.4%)

9 ことは 3 ことが, ことも, のも, ような 2 ところの, 性質は

1 [41件] あの浪漫的, かのよう, からであっ, が故に, ことしか, ことで, ことに, ことによって, ことの, この耳飾り, ために, という実に, といふ, とは思惟, に当, に或, ので, のであ, のである, のは, ものだ, ものであり, ものでなけれ, ものとも, ように, より外, シニックな, 代りに, 力で, 場合には, 場合は, 心像假名づかひ, 朝日に, 気分の, 無際限, 私の, 聯想性を, 裏表を, 言葉の, 言語である, 音と

▼ 表象~ (64, 6.2%)

2 一致すべきである, 實在との, 文学に, 概念とが, 概念とを, 表象との, 表象を

1 [50件] いつも連絡, さへ, されて, しそれに, すること, なしこれ, なす異説多し, なりましたが, なるであろう, なるの, なる物, 云い慣わして, 云った処, 云っても, 何か, 判断との, 区別された, 同じく時間表象, 同様に, 呼ばれて, 呼ばれるこの, 呼んで, 客語表象との, 形象との, 思惟といふ, 思惟とは, 概念との, 正當, 決して同じ, 無數, 物そのものとの, 物そのものとを, 物との, 物の, 科学的カテゴリーとの, 空間表象とは, 考えたり, 考えられるという, 考えられるもの, 考えられるよう, 考えられる処, 考える, 行動とは, 表象とを, 見る思想, 見做, 記憶表象或, 記憶表象或いは, 關聯し, 雖も

▼ 表象~ (57, 5.6%)

4 於ては 3 就いて 2 して, 就いては, 於ける性格, 於て, 来るかを

1 [40件] あったこと, あらざるか, したもの, すぎない経験, すぎなかったかも, なぞらえられてしか, 他ならない, 伴うと, 伴うという, 偏向あらせられる, 働きかけこれ, 利用した, 化する, 即ち信仰, 外ならない, 存するから, 對し, 就いての, 就いても, 当て嵌めれば, 形象化し, 感覚という, 於けると, 於ける感覚, 於ける示唆, 止まるだろう, 浮び上つて, 現はれた, 相違なかつた, 結び付けて, 統一する, 翻訳し得る, 著しい心理, 譬喩的表現以上の, 這入つて, 連関させ, 過ぎなかつたおしら神, 還元, 限って, 頼らずして

▼ 表象~ (42, 4.1%)

14 ている 7 てゐる 2 ていた, 期待する

1 [17件] そして, そして表象, それによ, ておられる, ており, てそこ, て人, て祝福, て見る, ながら人々, 之を, 思惟し, 思惟する, 感情し, 承認し, 水を, 理解する

▼ 表象される~ (32, 3.1%)

3 のである 2 といふ, のも, 処の, 迷信的な

1 [21件] が決して, ことが, ため無は, ということ, という意味, とすれ, と死ぬ, のでなけれ, のは, やうな, ように, より來, 内容表象作用並びに, 即ちこの, 外は, 客觀的時間より, 新年, 時, 時間の, 現わなもの, 球面は

▼ 表象として~ (22, 2.1%)

1 [22件] あらゆる人々, する仕方話, 之は, 受け容れられるよう, 吐いた言葉, 含まれて, 問うこと, 国際的矜恃を, 展開する, 性格づけられる, 掛けて, 機能する, 此等の, 残るでは, 獅子の, 現れて, 用いるもの, 知覚として, 維新時代の, 自覚として, 説明しなけれ, 貧弱極まる

▼ 表象という~ (19, 1.9%)

4 特別な 2 概念が

1 [13件] ことに, ことは, ものも, 何か, 影と, 意識である, 文字が, 概念では, 概念内容では, 概念内容と, 概念内容に, 状態を以て, 表象の

▼ 表象である~ (17, 1.7%)

2 ということ

1 [15件] かの如く, ことを, といい, という, というの, として言語, とはアリストテレス, と云う, と思われ, と考える, に違い, ので, 以上は, 処の, 永遠不滅なる

▼ 表象した~ (15, 1.5%)

2 もので

1 [13件] だけで, といふこと, までである, ものであり, ものである, ものでした, ものでない, ものと, ものとして, ものな, 二つの, 構図だ, 語意に

▼ 表象~ (13, 1.3%)

2 感情や

1 [11件] 又はある, 又空想, 思惟の, 情緒との, 概念は, 概念を, 知覚の, 観念が, 観念では, 観念の, 観念や

▼ 表象内容~ (13, 1.3%)

1 [13件] が主観的, が客観的, であって, として有っ, との区別, について行, に於ける, の主観性, の因果的結合, はこの, は主観的, をも含む, を客観

▼ 表象され~ (11, 1.1%)

5 ている 2 てゐる 1 てもよい, 判斷においては, 易い, 評價され

▼ 表象された~ (11, 1.1%)

1 [11件] のに対して, のに對, もので, ものである, ものという, ものを, 空間は, 関係を, 關係しか, 關係を, 音に

▼ 表象との~ (11, 1.1%)

3 区別は 2 一致が 1 区別を, 区別を通じて, 合理的連関を, 最後の, 結合である, 連絡が

▼ 表象とを~ (10, 1.0%)

3 比較し 2 比較する 1 一緒くたに, 人々が, 区別しよう, 区別する, 區別し

▼ 表象~ (10, 1.0%)

2 なもの 1 な主, な意味, な要素, な限定性, に伝へ, に描いた, に概念, に見え

▼ 表象から~ (9, 0.9%)

1 どう区別, 全く自由, 判斷を, 区別された, 始めて, 忘れて, 明晰に, 独立し, 離れて

▼ 表象そのもの~ (9, 0.9%)

2 の内 1 とはならぬであろう, に固有, に結び付けられ, の内容, を予想, を仮定, を更に

▼ 表象では~ (8, 0.8%)

4 なくて 1 この理論, ない, なかった, なかつたか

▼ 表象~ (7, 0.7%)

1 いずれも, その空想, 亦単純感覚, 亦直接的, 存在する, 或る, 生具

▼ 表象~ (6, 0.6%)

2 でも 1 あつた, もって, 以て, 科学的結論を

▼ 表象とは~ (5, 0.5%)

1 すべての, その個々, どうやっ, 愛が, 異る

▼ 表象によって~ (5, 0.5%)

1 まとめられた愛, 分析を, 描き出される具体性, 現実そのものを, 駆使する

▼ 表象による~ (5, 0.5%)

1 性格づけ, 探究も, 示唆や, 芸術であり, 芸術である

▼ 表象しよう~ (4, 0.4%)

3 とする 1 といふ

▼ 表象し得る~ (4, 0.4%)

1 ということ, という点, のである, のでなけれ

▼ 表象であり~ (4, 0.4%)

1 いは, すべてに, 反省は, 左手に

▼ 表象でも~ (4, 0.4%)

1 ありそう, ありまた, なからう, なく又

▼ 表象としての~ (4, 0.4%)

2 世界 1 イデー, 松の木は

▼ 表象~ (4, 0.4%)

1 に食, の効果, の直接的, の連絡

▼ 表象乃至~ (4, 0.4%)

2 イメージを 1 思惟としての, 概念を

▼ 表象能力~ (4, 0.4%)

1 として直接的, に及ぼす, を備, を超える

▼ 表象自身~ (4, 0.4%)

1 が感覚, の仮定, を想定, を説明

▼ 表象させ~ (3, 0.3%)

1 ている, 全体に, 聯想心理に

▼ 表象されたる~ (3, 0.3%)

1 ものを, 机は, 空間

▼ 表象であっ~ (3, 0.3%)

1 てもいつも, てわれわれ, て現実

▼ 表象でなく~ (3, 0.3%)

1 おそらく人類, 判断である, 表象の

▼ 表象でなけれ~ (3, 0.3%)

1 ばならない, ばならないであろう, ばならぬ

▼ 表象なる~ (3, 0.3%)

1 ことを, ものが, ものを

▼ 表象にまで~ (3, 0.3%)

1 モーラライズ出来る, 具象化する, 高めて

▼ 表象主義~ (3, 0.3%)

1 に入り, に照り, を矯正

▼ 表象作用~ (3, 0.3%)

1 とは精神, に依る, 並びに表象成立

▼ 表象又は~ (3, 0.3%)

2 概念を 1 思考に関する

▼ 表象散漫~ (3, 0.3%)

1 によって同一, の症状, の結果

▼ 表象し得た~ (2, 0.2%)

1 と考え, 限り彼の

▼ 表象し得ない~ (2, 0.2%)

1 というの, といふの

▼ 表象~ (2, 0.2%)

1 とも見立て得べく, などと口走り

▼ 表象であろう~ (2, 0.2%)

1 しさらに, ということ

▼ 表象でしか~ (2, 0.2%)

2 ない

▼ 表象といふ~ (2, 0.2%)

1 ことを, のは

▼ 表象とか~ (2, 0.2%)

1 云は, 直観とかは

▼ 表象としては~ (2, 0.2%)

1 働かないと, 夫は

▼ 表象ならぬ~ (2, 0.2%)

2 ものに

▼ 表象への~ (2, 0.2%)

1 發展に, 統一を

▼ 表象をば~ (2, 0.2%)

1 無条件に, 表象又は

▼ 表象出来る~ (2, 0.2%)

1 ような, ように

▼ 表象意識~ (2, 0.2%)

1 でもなく, に止まっ

▼ 表象感情意志~ (2, 0.2%)

1 などの単に, の作用

▼ 表象感情意欲~ (2, 0.2%)

2 が果し

▼ 表象成立~ (2, 0.2%)

1 の単なる, の条件

▼ 表象相互~ (2, 0.2%)

2 の一致

▼1* [84件]

表象させたものである, 表象させるような, 表象されねばならぬ, 表象されるだろうことは, 表象され得ないばかりでなく, 表象され得ることは, 表象し得ぬものである, 表象し祝ったものである, 表象すべき建築物を, 表象するならば恐らく, 表象それ自身とその, 表象だったのだ, 表象であったことを, 表象であり下がった目じりは, 表象であり併せて文学的エスプリ, 表象であり描かれた机の, 表象でない限り不可能であらう, 表象とが同一である, 表象としてすら心理学の, 表象とも言うべきであった, 表象ので, 表象なくば自己意識, 表象などを必要と, 表象なりと, 表象においてもともとその, 表象においては或る, 表象においてよりも音が, 表象における意識の, 表象について行はれる, 表象についても語られると, 表象にとっては認識とか, 表象には必ずあの, 表象に対しては論理学的に, 表象に関する論争は, 表象のみであ, 表象話しを, 表象へか又は人々, 表象まで行かなくても, 表象より根源的體驗において, 表象をも除き去って, 表象を以てせられること, 表象を通して掘り当てる他, 表象一定の思想, 表象乃ちシムボルとか云, 表象以外に存在, 表象体そのものとしての絶間, 表象内容そのものにおいては基礎, 表象出来又そう, 表象出来ないというの, 表象出来るであろうが形一般, 表象に相応, 表象した概, 表象即ち具體的の, 表象変化を観, 表象対象に対する尊敬, 表象形式でありそして, 表象必ずしも概念では, 表象を濫用, 表象情緒の重なり, 表象感覚を有し, 表象ひは, 表象或いは想像表象とを, 表象效果を重視, 表象日常的観念の碇, 表象概念等は後者, 表象機能を以て登場, 表象汽車や汽船, 表象によって始めて, 表象活動が屬, 表象無くんば, 表象的思惟的活動のうち, 表象的気分の混入, 表象的画題に対して斯ん, 表象的自己ではなく, 表象的要素の肯定, 表象知覺感情或ひ, 表象を有, 表象範則ができてる, 表象結合である, 表象能力所有者モナドもカント, 表象自体なるもの, 表象複合に過ぎず, 表象でありましょうけれども, 表象過程が思惟過程