青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「返し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

近づく~ 近代~ 近年~ ~近所 近所~ 近江~ ~近頃 近頃~ 返~ ~返し
返し~
~返す 返す~ 返っ~ ~返事 返事~ 返答~ ~返辞 返辞~ ~迫っ 迫っ~

「返し~」 3464, 37ppm, 3092位

▼ 返し~ (2245, 64.8%)

47 下さい 37 いた 29 くれ 28 くれと 23 やる 22 呉れ 17 見ると 16 いる, 来た 14 みると, やった, やりました 13 おくれ, やれ 12 くれた, しまった, ゐた 11 きた, 呉れと, 見た 10 ください, 来て 9 やって, やると, やろうと, 見て 8 いるの, やるの, よこした, 貰は 7 おくれよ, みた, やるから, やるぞ, 來る 6 いたが, くれるの, くれ給, しまって, 來た, 呉ろ, 来る, 行く

5 [14件] くれという, くれると, しまつ, もらわなければ, やったの, やつた, やりたいと, やるが, やること, やろう, 下さいと, 何か, 扱き上げられた, 行つた

4 [18件] あげる, おいて, おくん, きたの, くだされ, くれたの, くれなければ, しまいました, しまう, それに, ぴち, ほしいと, もらって, やれば, 云った, 今度は, 女の, 自分の

3 [47件] あげて, くださいよ, くると, くるの, くれたまえ, くれとは, くれないの, くれれば, しまうと, しまえば, みたが, みました, もとの, もらいたいと, もらうこと, もらえば, もらはう, やらうと, やらなければ, やらねば, やるよ, やれと, やれよ, ゐたが, ゐる, 上げます, 下さいませ, 下すった, 元の, 居ります, 左の, 来い, 来いと, 来たの, 来ました, 来ると, 笑った, 置いて, 行きました, 見せた, 見ながら, 見ますと, 見れば, 貰って, 貰ひ, 身を, 逃出す

2 [115件] あげるから, あげるけれど, ある, いただいて, いただきとう存じ, いただくなんて, いました, いましたが, いるうち, いるから, いる中, おいた, おくと, おこう, おしまい, おしまいなさい, お目, きて, きました, くださるの, くる, くるよう, くれさ, くれたか, くれって, くれないか, くれなかった, くれは, くれました, くれよ, くれよう, くれるか, くれるだろう, くれるでしょう, くれるよう, くれるん, くれん, しまうまでは, しまえ, しまおうと, しまったの, しまッたんだ, その中, それを, ちょうだい, みせる, みたり, もらいに, もらいましょう, もらう, もらうさ, もらおうと, もらったか, もらったこと, やつて, やらう, やりたい, やりたいん, やりなさい, やるつもり, やるとも, やるん, よこしたの, よこす, よこせと, よこせば, ゐると, サツと, 上げたいと, 上げようと, 下さいな, 下さいなんて, 下さるやう, 了ふし机も, 今来た, 來ない, 其返事を, 又跡, 口許へ, 右手に, 右手へ, 呉れとも, 呉れろと, 喫掛けた, 喬生の, 子供の, 居る, 差出人の, 平次の, 彼の, 彼女の, 彼女は, 来るの, 歩いた始末, 海野は, 眺めて, 神宮を, 華奢な, 行くの, 行った, 見せて, 見たが, 見たり, 見る, 読んで, 貰えないという, 貰おう, 貰ひたい, 貰ひたかつたら, 貰ふ, 貰わなければ, 逃げようと, 酌せし, 長い堤, 頂くつもり

1 [1189件 抜粋] あげたいと, あげたほう, あげましょう, あげよう, あげるよう, あっと, あとは, あの少女, ありましたよ, あるいた, あるの, いいか, いそぎ足に, いたからね, いただきたいと, いただきてえん, いただきましょう, いただくわ, いた中, いないはず, いよいよ立ち上がろう, いらっしゃる, いるのに, いるよ, いる不思議, いる俊寛僧都, いる暇, いる毅, いる薔薇, いろいろと, おいた方, おいでよ, おかう, おきました, おくの, おく故, おこうと, おしまひなさい, おやりなさい, お上り, お了, お前は, お濠, お秋, お菓子だけ, お貰いに, お酒, お高, かからなきゃア, きたあなた, きた龍太郎, ください事情, くださらないもの, くださらなくちゃ, くださるもの, くるかわり, くる師匠, くれあの, くれきつ, くれずに, くれたかね, くれたこと, くれたに, くれた一松斎譲り, くれた事, くれて, くれない, くれないと, くれないん, くれなくても, くれましょう, くれますとさ, くれませぬ, くれら, くれるいや, くれるぞ, くれるだろうという, くれるとでも, くれるならなん, くれるべきに, くれる事, くれろって, くれ実は, くれ海, くんないか, ここの, この一条, ころぶ拍子, さっさとお, さて改めて, さんざんに, しばらくまんじりと一つところ, しまいましたが, しまいましょうかねえ, しまうとかいう, しまうほど, しまう勇気, しまったあの, しまったこと, しまったそう, しまったらしい, しまったん, しまつたのである, しまひ, しまひました, しまふ例さ, しまへ, しまッた, じつと, すぐその, すぐ鳥籠, すっかりから, ずしりと, そっと掘る, そのまますっと消え, そのまま表, その下手人, その全身, その孃子, その敵, その時銚子の, その裏表, その金, それからまたなんと, それから清書, それよりは, たつた一台, ちやうだいよ, ちょうど人, づしんと其處の, とんと魚頭, にっこり笑いました, はらりと落ち, ひらひらと, ふたたび秀吉, ふわりと, ほしいわ, ほんものの, またあと, また借り, また新九郎, また続く, まるで遠い, みせた, みせるその, みせる命, みたくなるの, みた後, みた私, みて, みよ, みる, みるがい, む, もう一つ, もらいたいが, もらいましょうわたし, もらい老母, もらうだけの, もらうに, もらうのに, もらうよりも, もらう目的, もらおうため, もらった, もらったって, もらった義理, もらひに, もらわなくても, やがて四尺, やったが, やったという, やったよ, やったら開墾場, やったん, やった不審, やった御礼, やっては, やっとわかった, やらうか, やらないって, やらないもの, やりたいという, やりたい気持ち, やりたくなった, やりな, やります, やりも, やるか, やるからな, やるぜ, やるそっち, やるばかり, やるまでよ, やるわけ, やれないわけ, やれ本格的, やろうだが, やろうもし, やんなよ, ゆく歩武, ゆるゆる立ち上った, よきほどに, よこした書物三四册, よこすかも, よこすつもり, よこすはず, よこす筈, わが身辺, ゐたの, ゐて, ゐるうち, ゐるところ, ゐるん, ゐる女, ゐる裡, イイエそうじゃ, キエフを, サテと, テニスの, バタバタと, パレットを, ベベベーと, マドロスに, 一寸我身, 一散に, 一時の, 三の, 三造は, 上げて, 上げますから, 下さいって, 下さいました, 下さいませんと, 下さったの, 下さりませ, 下さる, 下さると, 下さるやう頼み, 下さる御礼, 不思議そうに, 世に, 中を, 了えと, 了ひました, 二足三足歩きかかった, 云うと, 亥刻半頃からは, 今年の, 今日二月の, 仕舞いましたと, 仕舞ふ, 休みの, 何げなく, 何思った, 來ず, 俗に, 元右衞門, 充分誘導, 先に, 先鋒の, 八田が, 其穴に, 再びベッド, 再度の, 出すと, 判読した, 力任せに, 助け出さうと, 包みを, 半分に, 原稿紙のうへの, 参ります, 又, 反対の, 反撃に, 受取りながら, 司祭邸の, 君江は, 呉れた, 呉れない, 呉れない男, 呉れる, 呉れるかと, 呉れるだらうと, 呉れ給, 咽喉へ, 喜ばせしまうた, 地について, 型の, 壁の, 夜の, 大名の, 大道の, 天狗の, 女は, 妙な, 始めから, 安全弁の, 家の, 容子を, 寄越したん, 小声に, 小走りに, 少したじろいだ, 尾を, 居ますが, 居りました, 居ると, 左膳の, 差上げよう, 帰る行列, 平次に, 広い桜庭, 座に, 引き揚げて, 引出の, 張, 彼等を, 後から, 後戻りし, 後謀将の, 心に, 思いますのに, 急に, 懐から, 戦った, 戸を, 手を, 手間取るの, 投げ打つ術, 折々白鷺, 指したと, 掬い切り, 支那抜きの, 斜に, 断わる姉, 新し橋, 新宿へ, 日盛りに, 明るい波型, 春に, 更にかの, 書生部屋に, 木の, 机に, 来いという, 来ず友白, 来たが, 来たという, 来たもの, 来た故, 来た虚無僧, 来ては, 来ない, 来ない橋, 来ます, 来や, 来るよ, 来る日光, 東海の, 枕元の, 梢を, 森の, 横丁へ, 横樣に, 次に平, 欲しいとは, 正成は, 此処へ, 歩き出したが, 死に物狂い, 殺し次いで, 母を, 気長に, 江戸へでも, 沸き上る魚, 浩然と, 清葉の, 温かな, 満足そうに, 漢中に, 火の, 焜炉の, 無愛想に, 燈台の, 父に, 片眼, 玩具が, 琵琶は, 田所町へ, 男の, 異境に, 皮肉に, 監視し, 相手の, 着て, 石の, 破れたもと, 私との, 私は, 種え, 突つ込む, 窓を, 立ち去つた, 立上つた, 竜之, 筆を, 精氣が, 綱雄は, 纏つた禮を, 置かなきや, 置くなどといふ, 義経は, 聞せた, 背後を, 腰の, 自分一人娘の, 舟は, 苦しい仕事, 草履の, 落ちて, 葱一株玉葱一株花の, 蓬莱亭の, 薄暗い中, 血に, 行き違ったが, 行く姿, 行けと, 行ったこと, 行手に, 表の, 裏を, 見, 見せてから, 見せる, 見せるの, 見たいやう, 見たの, 見た事, 見ても, 見よう, 見ること, 見るやう, 見る折, 見ろ今度, 見詰め粛然, 言い詰りおった処, 読み直しながら, 調べること, 谷戸の, 貰いたいと, 貰いたいの, 貰い度いなどとは, 貰うもの, 貰えば, 貰おうと, 貰った一円札二枚, 貰つたから, 貰つた上せめて, 貰はう, 貰ひませう, 貰ふわい, 貰わねば, 賜わらぬならば, 足早やに, 車上の, 近所の, 迫つた, 退散する, 逃げ出して, 逃げ走れ, 透したれば, 進む自分, 遁げ行きぬ, 遠ざかった倉地, 遣つて, 遣り請出した恩誼, 遣ると, 遣ろうかと, 適法的行動とか, 野良犬を, 金龍山下の, 鎧通しの, 鐘ヶ淵の, 門を, 除去った, 隠家, 静かに, 頂きたかったですよ, 頂く訣, 頭を, 額髮は, 飛ぶ, 飯村警部に, 香奠を, 馬嘶ふらん, 騒ぎ立てる人々, 高く舞い上がり, 黒幕を

▼ 返し~ (250, 7.2%)

12 来たの 7 して 4 いって 3 來る, 来た, 来て, 行くと, 行った, 行って

2 [14件] くるが, なって, 二つ並べ, 來た, 来たから, 来たが, 来たもの, 来たん, 来ると, 来るの, 行くの, 行け, 行こうと, 遣る

1 [181件] いくこと, いらっしゃるに, うつし取ったもの, お出でに, お隣の, かかりながら, きたこと, きただけ, きたり, きた時, きて, くりかえしながら, くるりと, こたえました, こんな無茶, した, したり, しては, ずどんと, せきこむ啓之助, そういっ, そう云っ, その名, その手荷物中, できるだけ拙く, なった, なったよう, なっちゃって, なつた, ならんよう, なりました, なりますが, なる, なれば, なろうとしても, ひっくりかえった八荒坊, ひつくり返されるかも, ひとつ横あいから, ひびいて, ふと思いつい, まいりましたので, まいると, やった, やった使い, やって来たの, やるか, ゆきました, ゆくと, ゆくには, ゆく積り, わざわざ来, グルッと, ペイルソルプは, 一つ利口な, 一寸した, 一度相手を, 一氣に, 上ったん, 今日は, 仕事を, 來て, 保子を, 信じたり, 入り乱れ大地, 出かけ早春, 参ったの, 参つたのです, 参りました, 受け取って, 口の, 向うからも, 問い返した, 固着し, 地上に, 大きに春, 大音楽家, 女中に, 宙乗り踊り, 帰って, 建て直して, 往きし時, 往きぬ, 往った, 応えて, 意表に, 旨く一本突込ん, 来たと, 来たところ, 来たので, 来たよう, 来たんでね, 来た内田氏, 来た単に, 来た役人, 来た時, 来た晩, 来た曲者, 来た様子, 来た筈, 来た野郎, 来ないので, 来なかった, 来なくても, 来なければ, 来られる恐れ, 来られ面白かっ, 来るあの, 来るか, 来るかしら, 来るから, 来るならかして, 来るなんて, 来る人, 来る債務者, 来んだ, 来礼, 松五郎さんの, 柔かい菜, 栄三郎を, 正木博士の, 源十郎が, 生徒が, 直して, 相成りましたから, 相成り石川家, 相違ない, 眼八の, 私からも, 私が, 私の, 立って, 答えた, 結って, 結び鳴海, 羽団扇で, 自斎, 苦しんで, 苦ん, 苦心しない, 行かうと, 行かねば, 行きました, 行く, 行くこと, 行くつもり, 行くという, 行くなんて, 行くよ, 行くん, 行く時, 行く途中, 行こう, 行こうか, 行ったが, 行ったついで, 行ったという, 行ったの, 行ったもの, 行った時, 行った本, 行った正季, 行った由, 行つた, 行つたさう, 行つたのである, 行つて夷子座の, 覗いて, 角兵衛の, 言いながら, 言って, 訊いた, 謡いたかった, 跡釜が, 踏みこんじゃ, 農家を, 返した, 返した最後, 送りたい不用, 逆に, 陥り一度, 離れへ

▼ 返し~ (105, 3.0%)

5 した 3 して, すること, 受けて, 書いて 2 してやろうと, しなかった, すると, するよう, 恐れながら急い, 致すよう, 見て

1 [74件] されたな, されるよう, さんざんやらされ, しおる, したら彼, した上, した事, しては, してやる, してやること, してよ, しないと, しないので, しなけりゃあ, しに, しようと, すごす, する, するため, するったって, するつもり, するの, するんで, する代筆, する樣, せぬと, なさるおつもり, なさる御, もって, やったり, やって, やつた, やつて, やらにゃ, よこすかのう, よこそうとも, 与えただろうか, 伝えさせて, 使ひ, 兼輔の, 出す, 受けたあたり, 受けないので, 吹いて, 喰し, 喰ったよう, 喰は, 喰わして, 塞がれ多勢, 巧みに, 思はせる蒸し蒸しした空気, 恐れて, 打ち砕き余る太刀, 打ち走り幅飛, 打った, 打ったけれども, 打ったざま, 打った奴, 打って, 打つ, 案じながら, 為せますよ, 申された, 申し上げようとて, 知らぬ者, 聞いた時, 見やりながら, 見るよう, 返しをと, 迫って, 願いたいと, 願ひます, 食ったあと, 食わせた後

▼ 返し~ (90, 2.6%)

3 仕掛けを, 様に 2 つかぬこと, 太刀筋, 樣に, 状だった

1 [76件] あたりを, ある兜, おくに, お杯, お辞儀を, かくれ間, ことも, ためだろう, ための, ため死ん, ついでに, つかないもの, つかない不幸, つかない事, つかない代物, つかない失策, つかない恐ろしい, つかない破局, つかぬもの, つかぬ事実, つかぬ婚約, つかぬ悲劇, つかぬ損失, つかぬ昔, つもりで, てんやわんやの, なかった, なかに, なかを, なきもの, クルリ棒に, ゴタゴタです, 一節に, 上彼の, 世話を, 中へ, 事, 仕様が, 付かない傷, 來て, 利くもの, 原料等ツブシに, 名人と, 喜びを, 大地に, 大神と, 宮居を, 年賀状を, 強い崖下, 心は, 心も, 思いつきが, 怪談が, 悪戯に, 扉が, 技巧を, 有りや無し, 構え, 構えその, 構えという, 構えを, 機会を, 歌は, 歩き方, 淀が, 穽し, 草稿を, 裏には, 言葉が, 詞い, 詞が, 起こる所, 里という, 里な, 音が, 騷ぎとなつた

▼ 返しながら~ (88, 2.5%)

7 言った 2 いかにも感, お兄さん, 云った, 云つた, 折々は, 私は, 部屋へ

1 [67件] あたしが, ある方角, いた, いった, お熊, きらりと, すぐ政職, せき立てました, そっと子爵, そのあと, そのよう, その中, その冷淡, それを, ちょっと会釈, はやその, ふつと, ふと, ふと勘次, ふと開いた, ポウワタン船を, 一日の, 二三度町を, 云うの, 今まで, 今度は, 八五郎の, 初めてじっと彼, 前駒, 勢いよくその, 喚いた, 女へ, 姉の, 山の, 序でに, 彼は, 彼女は, 後に, 思ひの, 急所の, 悠々と, 意外に, 愚劣な, 懐中し, 扉に, 手に, 昂奮した, 灰に, 焙った, 爪尖, 物云いたげ, 真名古は, 秀治は, 答えた, 素つ, 素直に, 美加子は, 群集の, 肩を, 自分は, 舞台の, 荷物を, 行きすぎやう, 言いました, 言つた, 読んで, 驚きの

▼ 返し~ (39, 1.1%)

2 つかないので, 来は

1 [35件] ありそう, あります, あれば, あればとて, きびしかった, つかないし, つかないん, つかなくな, つかなくなって, つかぬという, つかぬ大事, つかぬ気, つかねえ訳, つきません, つくまい, てら行つた時主人, できたつもり, ないの, ひどく珍, まともに, やうやく, わたしの, 付かないて, 余りにも, 先生の, 右側の, 始まります, 小次郎独特の, 彼女の, 更に怖し, 来る, 用いられて, 瞬く間, 蒸れて, 関ヶ原で

▼ 返し~ (28, 0.8%)

3 しなかった, しませぬぞと 2 つかぬ, 何と

1 [18件] あつた, したれ, しない, しないかしらと, しなかつたらうか, しませんか, し無かつ, それ相当に, どういう量, なされまい, 再来年来年は, 別に直接, 夕暮れの, 日に日に悪辣, 日除を, 沢山である, 真っ平だ, 附かないん

▼ 返し~ (28, 0.8%)

4 せずに 3 しないで 2 あったが

1 [19件] しかねないもの, しないうち, しないって, しなかった, しませんでした, しようし, すまい, せざりければ, せずお, せずとられたまま, ないし, なかった, なりません, 一度あの, 出来るであろう, 十分で, 敢へ, 致しませんで優しゅう, 要求しなかった

▼ 返しては~ (26, 0.8%)

1 [26件] いられなかった, かえって好意, くれないだらう, くれますまいが, この淡泊, すみませんが, それこそ, ならぬし, はしゃいだ言葉, また二つ, 又心弱く, 商売に, 如何です, 寄する, 寄せ山, 寄せ次第, 帳面に, 済みませんが, 独りいらいらする, 罵りちらした, 耕した, 裏口へ, 見なかった, 討死した, 遂に往きける, 黙つて

▼ 返しても~ (26, 0.8%)

1 [26件] いいが, いいこと, いいぜ, くれよう, その何倍, その義理, それは, ふり向きも, よろしい, 三百とだけ, 二度つる, 仏像を, 何にも, 使いに, 判らないわねえ, 十年以上かかる, 叔父の, 受け取りなさらんので, 惡い, 揺ぎも, 日本人とは, 相手は, 見たが, 詞ど, 返さなくても, 銃殺された

▼ 返したり~ (25, 0.7%)

5 して 2 した

1 [18件] いたします, おかしいじゃ, おもて, しながら, する, すると, するん, する事さ, 極東日本, 父や, 疲れた薙刀, 皿を, 聽き落し, 舌を, 蟻の, 表に, 蹴上げたり, 障子を

▼ 返し~ (18, 0.5%)

2 あつた, お庭先

1 [14件] 三回やる, 僅かな, 光つてゐる, 地上へ, 大川の, 始まり終る, 室の, 枯蓮の, 無くて, 畳が, 私は, 糊と, 見せる, 誰を

▼ 返してから~ (11, 0.3%)

1 [11件] ひょいと考えこんだ, ふたたび兄, ふと横, もとの, カプセルの, 仲達は, 塔十郎は, 彼は, 注意深く適当, 玄徳に, 蕭照は

▼ 返し~ (11, 0.3%)

1 [11件] いうを, つたん, なって, 云う結髪, 云つて金を, 云ふ, 云ふこ, 呼ぶ非常口, 沙汰された, 申して, 稱する

▼ 返しその~ (10, 0.3%)

1 ため私は, 前へ, 勇士が, 夜は, 復讐に, 手綱を, 燦光で, 織りざま, 贖を, 顏の

▼ 返しそう~ (9, 0.3%)

1 だった, である, です, なもの, な弾力, な様子, にする, に片雲, もない

▼ 返しつつ~ (9, 0.3%)

2 あるの, その夕刊 1 いとど思, からかい気味の, タッタ一言白い, 快い空想, 葉巻の

▼ 返しする~ (8, 0.2%)

2 から 1 から持っ, ことだけは, という答, のは, 浪の, 訳には

▼ 返しちや~ (8, 0.2%)

5 いけません 1 いけないよ, いけませんよ, くれません

▼ 返しでも~ (7, 0.2%)

2 するよう 1 したかの, したの, したら, して, 踵を

▼ 返し~ (5, 0.1%)

4 へすれ 1 ま柱

▼ 返し~ (5, 0.1%)

1 徳之助も, 提灯の, 横ちょに, 氣が, 盆に

▼ 返しよう~ (5, 0.1%)

2 がなかっ 1 がありません, がない, もございません

▼ 返し~ (5, 0.1%)

4 を作つて 1 を作っ

▼ 返し自分~ (5, 0.1%)

1 の心, はその, は其足, は眼開き, は米友

▼ 返し~ (4, 0.1%)

1 から丁度二十両, か分らない, といふ, よ当れ

▼ 返し~ (4, 0.1%)

1 が届いた, と共に唐綾, をうけ取る, をかいた

▼ 返しさえ~ (3, 0.1%)

2 すれば 1 控えたの

▼ 返しそして~ (3, 0.1%)

1 双方が, 幸村へは, 自ら小さな

▼ 返したま~ (3, 0.1%)

1 ひけるに, へるに, までお

▼ 返したる~ (3, 0.1%)

1 にその, 句お, 彼も

▼ 返しちゃ~ (3, 0.1%)

1 アいけない, アもらえない, 山嵐が

▼ 返しである~ (3, 0.1%)

1 かのやう, ことは, 証拠には

▼ 返しという~ (3, 0.1%)

1 からくりに, のは, 別格の

▼ 返しとして~ (3, 0.1%)

1 あの先生, その武器, 良人の

▼ 返しまた~ (3, 0.1%)

1 一同へ, 公衆電話に, 自分の

▼ 返し~ (3, 0.1%)

1 で胸, を送った, を飛ばせる

▼ 返し祝詞~ (3, 0.1%)

1 と言, は宮内省掌典部, 或は覆

▼ 返し~ (3, 0.1%)

1 はね, へ, へば聖顏

▼ 返し~ (3, 0.1%)

1 ではない, へば爲右衞門腹, をする

▼ 返しされ~ (2, 0.1%)

1 て十人, て多少

▼ 返しされる~ (2, 0.1%)

1 と云う, やなんて夢にも

▼ 返しそれ~ (2, 0.1%)

1 をもっ, を読ん

▼ 返しそれから~ (2, 0.1%)

1 もっとおだやか, 改めて卓

▼ 返してさ~ (2, 0.1%)

1 う云つてやつ, つまらねえじゃ

▼ 返してさえ~ (2, 0.1%)

1 下されば, 呉れれば

▼ 返しての~ (2, 0.1%)

1 お招き入れ, 大下手切り

▼ 返しとか~ (2, 0.1%)

1 いうので, 称する余興舞台

▼ 返しとは~ (2, 0.1%)

1 一夜の, 天井へ

▼ 返しとも~ (2, 0.1%)

1 なく口, 言ふべき

▼ 返し~ (2, 0.1%)

2 のだ

▼ 返しにな~ (2, 0.1%)

1 つてゐた, つて煙が

▼ 返しには~ (2, 0.1%)

1 弥生の, 磯子の

▼ 返し~ (2, 0.1%)

1 持って, 通ずる表街道

▼ 返しまたは~ (2, 0.1%)

1 誇りとも, 道づれと

▼ 返しやう~ (2, 0.1%)

1 がない, もない

▼ 返し~ (2, 0.1%)

1 と中, の齢

▼ 返し~ (2, 0.1%)

1 もいわず, も言わず

▼ 返し~ (2, 0.1%)

1 へばこの, へば清さん

▼ 返し~ (2, 0.1%)

1 の寝, の寢姿

▼ 返し更に~ (2, 0.1%)

1 ダナオイ族の, 迂回し

▼ 返し~ (2, 0.1%)

2 に焙つ

▼ 返し~ (2, 0.1%)

1 ますと, 上げた

▼ 返し申す~ (2, 0.1%)

1 しかしそれとこれ, のなら

▼ 返し落日~ (2, 0.1%)

2 と共に塒

▼ 返し身体~ (2, 0.1%)

1 をまっすぐ, を休め

▼ 返し長途~ (2, 0.1%)

2 の重荷

▼1* [297件]

返しあって直々, 返しあの華奢な, 返しあらせられますように, 返しあるいは新たに, 返しいいだろうお前, 返しいんぎんに礼, 返しうち返して, 返しうるさい紛紜から, 返し半の, 返しお母さまのご, 返しかき廻し雪か, 返しかたがた土産ものを持っ, 返しかつ時局の, 返しから髪の毛の, 返しと毒虫, 返しけるにその, 返しければ蝦夷人, 返しここに自, 返しこんな厭な, 返しさり気ない様子, 返しざまに見当, 返しざま身を低め, 返して読ん, 返ししたのも, 返ししゃこ結び世帯おぼこ三ツ葉蝶新蝶大形鹿子, 返しすぐにドッ, 返しせずになんぞゐられる, 返しそうしてもう一度若返った, 返しそこの町口, 返しそこでまた借りた金, 返しそしてまたのべて, 返しそのまま娘たちの, 返しそのままじっと考え込んだ, 返したりと見つこう, 返しだけはもういや, 返しだろうか, 返しつき返し水落の所, 返しつぎの第, 返しつまらぬ朗読劇などで, 返してかぶとの, 返してぞ立たざりける秀郷一, 返してと追うて, 返してね綺麗に, 返してわづか六年, 返してをるの, 返しであるらしいのを, 返しですからこれ, 返しといふ難所の, 返しとござりましては, 返しとしてもその方, 返しとばかり思って, 返しなぞとは思いも, 返しなつたら返しな, 返しなどしては, 返しなんかは彼奴らにとって, 返しにぞある, 返しにゃ来なさるまい, 返しはじめてゐた, 返しはつひしか, 返しひき拔きて, 返しひつくら返し見て, 返しひどい言葉で, 返しふさふさとした, 返しへんけど, 返しまいらせて道, 返しみたいに的, 返しもちろん許, 返しもっとハッキリとその, 返しものかたがたその, 返しもやいを解い, 返しやがてようやくわれに, 返しやっと其場は, 返しやら当主の, 返し放って, 返しようようのこと, 返しすと, 返しわけても照手姫の, 返しわたし達はめい, 返しをと責められるであろうこと, 返しクリ返し味わって, 返しサッと采配を, 返しスイッチをおして, 返しトラック小屋に帰っ, 返しハ後より, 返しバー新羅, 返しヒョイと苦笑, 返しベソをかき, 返し一人しょぼしょぼ濡れ, 返し一冊だけを買っ, 返し一刻ばかり苦しん, 返し一定の線, 返し一番初めに捻った, 返し一行とは離れ, 返し丁度女が, 返し上げますもお家, 返し上方の酒仙たち, 返しさりょう, 返し下されたく明朝第, 返し下され恐れ入候, 返し下さんに若し, 返し下したまひしかば, 返し不自由な規則, 返し与えるのに何, 返し中部を見学, 返し水は, 返し主君駿河守の下屋敷, 返し久し振りの一杯, 返し乍らも幾度, 返し乍らうたげ遊ぶの, 返し乗り物は通行, 返しも荊州, 返し二家に嘱, 返し二箇所の火元, 返し五段返しで見せる, 返し人一人闇の崖, 返し人夫賃を払う, 返し今夜からなじみ, 返しかけ開き, 返しの神, 返し佐太郎の父親, 返し体内に固着, 返し使はしき, 返しるを, 返し候段にては無, 返し本を, 返しの腰掛, 返し傭つた人には手當, 返し其の衣を, 返し其代償として先, 返し其処から自由性, 返し再び入らんとして, 返し出來るん, 返し初めた, 返し北口に廻す, 返し千恵は畳じき, 返し半分は楢井, 返し卷き返し近寄る, 返し彼方から, 返し友軍の間, 返し馬の, 返し反吐の中, 返し反省を促す, 返し反省悔恨の強烈, 返しのポケット, 返し各人を本来, 返し吉原のよ, 返し同時にそちらの, 返し吐息をつい, 返しとともに味わった, 返し味わって行く, 返し命ぜられたまま貝を, 返し和睦をし, 返し土間へ引っ返し, 返しを揚げ, 返しに三千兩, 返し大神宮際の床店, 返し天幕が無数, 返し太刀が足, 返し奮戦して, 返しのお, 返し子供みたいに臆面, 返し安らかな息, 返し実地に対しても自信, 返し返し奮戦, 返し小さい方を, 返し少しくつろげた胸, 返し一同財産不, 返し山崎の一戦, 返しや小石, 返し左岸の崖, 返し左手の一人, 返し左膳ら今宵の策動, 返しか廻り舞台, 返し幾度となく, 返しくとも, 返しの一隅, 返し形見として郷里, 返し待ち攻めむとして軍を聚, 返し待ち攻めようとして兵士, 返し五十両は, 返し忘れて紛失, 返しに何, 返し怪しからんと, 返し体交り, 返し悲鳴とともに遠のき消える, 返しよく南鄭城, 返し慣れぬ手に, 返し或は搖り戻し, 返しえと挑戦, 返し戸棚をしめ, 返しに合わぬ, 返し手ぢかの小松数馬, 返し手近の縄暖簾, 返し挟み撃とうという策略, 返しを合, 返しみ返し幾度, 返し操返し云いきかせた, 返し改めて十手捕, 返しへられし, 返し整理をし, 返しに, 返し昨日友達と約束, 返し昼夜新手を変え, 返し暮しは一層, 返し曹操から借り, 返し木船に乗っ, 返し東海道を追跡, 返し東行して, 返し柄頭で敵, 返し染屋と甲州街道, 返しを励ませ, 返し正一君のゆくえ不明, 返し武蔵太郎血に渇し, 返しの百円, 返しる五千兩, 返しの塗炭, 返し気味で神経質, 返し水落の所, 返し沖すきでウイ, 返しを発見, 返し洗いあげた結果次ぎ, 返し浅草の方, 返し浪人者阿星右太五郎, 返し海津に駐, 返し渓流に渡せる, 返し城陽気藹々であった, 返しの中, 返し片手を高く, 返し物置から小さな, 返しの穴, 返し申したいと念つて, 返し申しますとも何で, 返しを歩く, 返し直ぐ樣怪しい, 返し看護のお, 返しッくらな, 返しを見, 返し矢われならで, 返し祐筆輩と播磨守, 返しのもの, 返しの顔, 返し穩便に取扱, 返しが桃色, 返し空しく閃光の, 返し紙型を眺め, 返し素早く万引した, 返し素直に何処, 返し結構お茶うけ, 返し給い善人は, 返し総ての変化, 返しをする, 返し美艶香や松金油, 返し老人には慰安, 返し胸中に心, 返し脱兎のよう, 返しを前, 返し自らオリュンポスに上る, 返し自分ひとりで神田和泉町, 返し自身は自軍, 返し自軍のみで目ざす, 返し自転車にまたがり, 返し草地を歩い, 返し荷馬車に大, 返し之介, 返しも殺さぬ, 返しを返し, 返しせては, 返して褒め, 返し見るに皆, 返し見事に庭, 返し言えば為右衛門腹, 返し誉めた口から, 返し読人しらず, 返し談判を述べはじめた, 返し諸事おさしずを, 返し責任ある考え, 返し賜わるとは四郎勝頼, 返し贋物の鬼, 返しに味わいしめ, 返し軽き者は, 返し近東のつよい, 返し送りたまひ, 返し途中で買っ, 返し遠く消えゆく, 返し遣りたまひき, 返し重ねて氏政, 返し銀狐の尾, 返し銀貨をつかませ, 返し鋭い大きな二本, 返しを出る, 返し闘争して, 返し離れの密室, 返しでクリストフ, 返し頭巾を車夫, 返し入候, 返しをすすめ, 返し馬上八里の疲れ