青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「返~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~近づいた ~近づく 近づく~ 近代~ 近年~ ~近所 近所~ 近江~ ~近頃 近頃~
返~
~返し 返し~ ~返す 返す~ 返っ~ ~返事 返事~ 返答~ ~返辞 返辞~

「返~」 1071, 12ppm, 9427位

▼ 返~ (177, 16.5%)

25 して 21 した 8 されて 64 しに, すこと, そうと 3 します, しを, すと

2 [13件] された, したの, しては, してやった, しや, し坂道, し繰り返, し考え, すが, すの, すよ, せば, そう

1 [70件] さずに, させるよう, さる, されそう, されたので, されないでは, される, されると, されるわけ, される可能性, される外, される失望, される必要, される衝撃, されん, され間もなく, さんためには, さんなら, しが, しそう, したいと, したいという, したから, したが, したって, したらしい, したらわかりっ, しだろうか, してやるが, しながら, しのソギ竹を, しの二十九日も, しの長い長い, しの鬢を, しは, しました, しもせず, しも渋面, し丁寧, し三遍, し今, し何度, し唱える, し大, し幾度, し彼等, し掬, し申したい, し繰返え, し言った, し読まれた, し読み返す, し読ん, し門, すだろう, すとも, すに, すには, すに従って, すまで, すも, すよう, す書に, す筈, す遺憾, そうそして, そうなんと云う, ってボロボロ, って微笑んだ, もせず

▼ 返つて~ (163, 15.2%)

16 ゐた 15 見た 9 見て 6 居ります, 来た 5 しまつ 4 をります, 居りました, 見た時, 見れば 3 ゐて, 見たが, 見ましたが 2 はもう, 居たの, 居りましたが, 考へて

1 [73件] いふ, この感情, その美し, つまらながるでせう, どなりました, は來, は居りません, は見つ, は見なかつた, ばかばかしい話, ひどく頭, もらひたかつた, も人影, も淺間, も見ず, も間違, わめく, ゐたの, ゐた自分, ゐた阿片中毒, ゐてよ, ゐました, ゐましたよ, ゐます, をりました, 仕樣, 仰樣, 傾き始めた, 切ない気, 可愛がられたり, 同じ樣, 困るかも, 坐つて, 嬉しいやう, 嬉しいわ, 居たが, 居たさ, 居た二人, 居ても, 居ました, 居りますぜ, 悪かつ, 慌てながら, 振向くと, 擦違つた舟, 擽られるやう, 来たこと, 来たので, 来た時, 楽しかつ, 楽しく勃然, 歩き出した, 歩き去つたり, 生きて, 空々しく堀田, 立つて, 紅い斑点, 考へた時, 薄寒くさ, 見たいやう, 見たらよろよろ, 見てから, 見ても, 見ますと, 見よう, 見ようといふ, 見ようとも, 親しげ, 訊いた, 赤い顔, 遠慮なしに, 面白いけれど, 飲む日

▼ 返~ (102, 9.5%)

27 して 6 されて 3 した, しに, しの, しは 2 されねば, しが, しても, し繰り返へ, すを, せり

1 [45件] させようとして, された, されたまでにて, された湿つぽい, された窪地, されながら, されなば, されは, される, されること, しいひ居りしが, ししながら, したが, したこと, したつて, したとき, したの, したもの, した兒玉, しだ, しだと, しちや, しつ, してやる, して迄, しでは, しました, しましたが, しましてネ, しも, し丁寧, し下, し分ち植, し忍べる処, し果ては, し秩序, し繰返へ, し置き換, し考へて, すべきなれども, すべき害, つたところ, つてるの, りつ, 行く途中

▼ 返~ (77, 7.2%)

7 をした 6 をし, をする 5 が無い, をしない 3 がない, しなかつた 2 である, をしなかつた

1 [38件] がなかつた, がなく, が一種, が威勢, が無, が聞え, した, したの, してやると, すると共に, するもん, せぬうち, せぬ事, せぬ内, ではなかつた, ともつかぬ, の電報, はきつ, はきはめて, はできなかつた, は單, は淀み, は車中, もしなかつた, もない, をお, をここ, をしろ, をせず, をせぬ, をたび, をも待たず, をやる, をよこせ, を上げよう, を待つ, を持つ, を聞い

▼ 返~ (60, 5.6%)

3 女が, 鬢を 2 中背の, 愛の, 芸者に

1 [48件] かんかんです, が出る, が手, が腰, その背, と二人, ほつれながら, ような, よく似合う, 下に, 休日が, 内の, 報復を, 声が, 夢の, 大柄の, 女に, 女には, 女へ, 娘に, 娘の, 小間使が, 影法師について, 影法師の, 後鬢の, 御周旋, 方が, 方のが, 方は, 日曜も, 時は, 楽寝を, 為方と, 生際, 祝詞が, 紺ヘルだ, 背向に, 若い女, 茶屋の, 誤りか, 談が, 釘に, 針を, 附かないみじめ, 顔が, 顔新吉の, 飾らないの, 黒い頭

▼ 返~ (21, 2.0%)

2 三返, 席を, 腹を

1 [15件] あるん, ぐしや, ないので, やるので, 余計な, 出て, 出来たやう, 御邪魔, 来ないですんで, 死んだと, 相立ち, 繰り返したあと, 羅宇の, 聞いてるじゃ, 聞いてるぢ

▼ 返~ (20, 1.9%)

3 結って

1 [17件] なりとうとう, なり三月, 一返, 吐き出した様, 暗中摸索の, 結った婢, 結った婦人, 結った年増, 結った怪しい, 結つたほつそりした, 結つた面皰の, 結つた髪黒の, 結つてゐた, 結つてゐる, 脇役者ぐらゐにやとり立て, 膝を, 諒会しよう

▼ 返~ (17, 1.6%)

1 [17件] ぐたりと横に, した奴等, して, してやるん, そそげさして, ちょきんと, つけた黒板塀, 受けるほどの, 天皇が, 引約め, 打ちたる石塀, 構はず椅子の, 構わず椅子, 申してや, 結つてゐる, 見するの, 見るたび

▼ 返~ (17, 1.6%)

2 をし

1 [15件] がおれ, がすぐ, が無い, すると, だろうが, である, としては不思議, はと重ね, は入らない, をする, をせず, を与へず, を聞, を聞い, を聞き

▼ 返~ (14, 1.3%)

2 だと, の所為 1 だ, である, には病気, には近所, に半分, に打, に継子, に見物人, の愛嬌, も失敗

▼ 返~ (14, 1.3%)

2 が氣

1 [12件] が多過, として海外, として眞, に上げなく, に贈つ, のつもり, のやう, の盃, は二人分, をし, をした, を果たす

▼ 返~ (13, 1.2%)

2

1 [11件] たが, た深, ている, てみたら, て娘, て見せる, て見る, て視る, て視遣る, て観た, て黙想

▼ 返~ (13, 1.2%)

1 [13件] が呂布, が来た, した, には, の飛脚, は認めた, らしく, をもらっ, を使い, を持っ, を書いた, を袖, を見せる

▼ 返つた~ (12, 1.1%)

2 なりで, 思ひで 1 が今, だけで怪我, だらうと, と云つた処, と思つた瞬間, のぢ, 其の手術, 織匠

▼ 返つて來~ (12, 1.1%)

2 るの 1 た, た小判, ないので, なかつたとも, ましたよ, るかといふ, るだらう, るもの, る定, る見込

▼ 返~ (10, 0.9%)

1 して, でみる, などの記録, によれ, は熱田, を得, を持つ, を渡し, を護し帰らん, を賜わるべく

▼ 返~ (9, 0.8%)

2 なく迷惑 1 なく金盥, 一人ずつ, 云う事, 云う結び髪, 書いて, 言ふ, 言へば

▼ 返~ (8, 0.7%)

1 ちょこなんと乗っかっ, ついて, ふっと消える, 一つの, 乱れて, 恰好よく, 耳許へ, 言ったの

▼ 返~ (7, 0.7%)

1 きっとぶら下がっ, 伝通院辺の, 日本の, 是非都まで, 赤ら顔で, 顔を, 髪も

▼ 返ばかり~ (7, 0.7%)

1 云うと, 出したが, 同じ戸, 声を, 聞えるよう, 軽く中った, 鳴いて

▼ 返~ (7, 0.7%)

32 て, てゐた

▼ 返~ (7, 0.7%)

1 いたし度, して, しないので, すべき前借, すること, に來, をしなけれ

▼ 返えす~ (6, 0.6%)

1 外はと, 様子も, 気にも, 積雲に, 返え, 途上捕縛され

▼ 返つたの~ (6, 0.6%)

2 だ, である 1 か然, を忘れ

▼ 返~ (6, 0.6%)

1 するため, せねば, せば, に及ばず, を求むる, 之儀

▼ 返えさ~ (5, 0.5%)

2 なければ 1 した, なくても, るる朋党

▼ 返~ (5, 0.5%)

1 と称し, のもの, の者, をし掛け, を真

▼ 返えり~ (4, 0.4%)

1 した事, じっと水面, て砂山, の物

▼ 返つて言~ (4, 0.4%)

2 つた 1 ひました, ふ

▼ 返~ (4, 0.4%)

2 の桜 1 の女, の色

▼ 返つて自分~ (3, 0.3%)

1 の来た, の話, はその

▼ 返つて都合~ (3, 0.3%)

2 が好い 1 が悪

▼ 返~ (3, 0.3%)

1 しないとき, せず, で話

▼ 返ある~ (2, 0.2%)

2 位だ

▼ 返えっ~ (2, 0.2%)

1 てたらモウ一度バッグ, て行った

▼ 返ぐらい~ (2, 0.2%)

1 繰り返して, 顔を

▼ 返さむ~ (2, 0.2%)

1 言も, 詞も

▼ 返つた後~ (2, 0.2%)

1 も無愛想, 迄も響い

▼ 返つて不意~ (2, 0.2%)

2 にかう

▼ 返つて了~ (2, 0.2%)

1 ひました, ふ

▼ 返つて二人~ (2, 0.2%)

2 の様子

▼ 返つて腹~ (2, 0.2%)

1 をつん出し, を出し

▼ 返~ (2, 0.2%)

1 お前の, 見ると

▼ 返まで~ (2, 0.2%)

1 通じたので, 電車に

▼ 返シテ~ (2, 0.2%)

1 やる手, 漸クイクラカ冷エ込ミガ減ジル

▼ 返~ (2, 0.2%)

2 に相談

▼ 返~ (2, 0.2%)

2 出に

▼ 返濟相成兼候節~ (2, 0.2%)

2 は如何なる

▼ 返~ (2, 0.2%)

1 がまいっ, して

▼ 返~ (2, 0.2%)

1 は必守護霊献上, を予期

▼ 返~ (2, 0.2%)

1 といっ, を舞おう

▼ 返行つて~ (2, 0.2%)

1 も三, も三千代

▼ 返親父~ (2, 0.2%)

2 を説き付け

▼ 返~ (2, 0.2%)

1 された, して

▼ 返~ (2, 0.2%)

1 するも, せざらん

▼1* [191件]

うちでよく, 返えり何時かそんな, 返えり惑乱気味に嘆息, 返往来した, 返かがッくり根が, 返から甲州街道筋へ, 返ぎり芝居を見なさ過ぎる, 返ことによると, 返この比天下, 返ずつ規則の, 返つたそれら峰々のとがり, 返つたやうだつたが, 返つた一座の空氣, 返つた周圍から何, 返つた夫婦が閨, 返つた帰省は霞亭, 返つた彼ではない, 返つた私は孫, 返つた箱の中, 返つた街をひどく, 返つた訳である, 返つた鍛冶屋は其処, 返つた隅田川の夜氣, 返つてあたりを見, 返つてお湯がぬるい, 返つてさんざんにもてあそばされて目がくらみ, 返つてしまつた是に於, 返つてガラツ八に挨拶, 返つてサメザメと泣く, 返つてテレ臭くな, 返つてノビてゐた, 返つて一寸お辞儀をした, 返つて丘の端, 返つて了つた身體も精神, 返つて云つた, 返つて今更の如く, 返つて仕舞ふで, 返つて仙臺に戻り, 返つて仰がる, 返つて其処から仰いだ, 返つて其行燈を見る, 返つて具合が好い, 返つて口元の笑, 返つて周子が己, 返つて壺のあたり, 返つて奉公人達は彼方此方, 返つて家主の伊八, 返つて寐てゐた, 返つて川へ落ちた, 返つて左右を視, 返つて帰り損つてゐるの, 返つて平吉と馬琴, 返つて店から裏口, 返つて引揚げて, 返つて待合小屋を認め, 返つて後ろを見る, 返つて復た詛, 返つて応戦しようと, 返つて念を押した, 返つて技神に迫つた達人振り, 返つて挑発されて, 返つて數秒が過ぎた, 返つて斯ういふ, 返つて木の葉一枚動かず平素, 返つて林田の行動, 返つて此頃では久保, 返つて歸つて來てお, 返つて母と笑, 返つて気拙さうに苦笑, 返つて気抜けがした, 返つて湖畔のロメオ, 返つて煙草を喫し, 返つて父に親しみ, 返つて物の氣配, 返つて独り好がり, 返つて田舎者だと, 返つて町の伊達者達, 返つて病人だ, 返つて病院の方, 返つて眉を顰めた, 返つて眞理を探し出す, 返つて真顔になつ, 返つて空でも眺め, 返つて端なく自分, 返つて笑ふ口, 返つて紅葉の器量, 返つて細君に何, 返つて線路へ落ち, 返つて締め憎いと, 返つて老婆の顔, 返つて背後を見る, 返つて胸の上, 返つて貢さんを見た, 返つて逆立ちを打ち, 返つて雄二の方, 返つて音もなく, 返つて頭をあげ, 返つて點頭く, 返つて鼓動がたかまる, 返つて鼬に斃, 返つて鼻唄をうたつて, 返てやないの, 返とうに結つてメレンスと, 返ながらただ難, 返なぞいう道具立, 返なぞ云ふ道具立, 返などに関する条項の, 返にても申したること, 返のかげにかくれる, 返の毎に斗, 返ほど読み直した, 返二返で, 返サヌカラオレガ困ッテ, 返サヌカラ男谷デ出会ッテ, 返シあれはどう, 返シそいつでこう一旦, 返シタガソレカラ万事金ノ融通ガ, 返シタヨウデアルカラ当分用心シタ方ガイヽシノミンハ餘リ連用スルト副作用ガアルカラ一回四錠ズツ日ニ三回三日以上ハ続ケナイデ下サイ, 返シテクレロトイイオルカラ地面中ヘ触, 返シテミロト云ッタカラソノ通リニシタラ追, 返シテモ差支エアルマイ颯子ノ好, 返シテヤッタガイチエンソレヲ返サヌカラ, 返シテヨク似セマシタト云ッタラ, 返シテ大音ニ読ンデ兄, 返シニハ少シデモ無尽ヲシテ, 返シニ目ヲ見, 返シマストカスカニ目ヲアキマシタガ, 返シ瞬間を入れず, 返スガ世間人ノ習イダガ, 返スコト四五回ニ及ンダガ佐々木ガシノミンヲ四錠スヽメ尿道ヲ湯タンポデ, 返スト言ッタラソレハ水金デゴザリマスカラ御遣, 返ス者ハナイニオノシ壱人バカリ刃向ウハ不埒ダ, 返ラズというもの, 返万引を働い, 返之處立匠作之鎧草摺之間, 返をさ, 返する, 返に一層, 返光太郎が腕時計, 返吉川の, 返出直して頭, 返前髪が膝, 返取次を頼み直した, 返榎に, 返によん, 返して, 返善く煮たん, 返を陶, 返執行しなければ, 返姉さんの見舞かたがた, 返之大祭可敬, 返六みた, 返だ, 返の, 返といっ, 返の口, 返待ったをした, 返怪しからぬ円髷, 返をふっ, 返掛六百円の中, 返し丹波島, 返最初から読み直し, 返東京へ遊び, 返洗フベシ其脆ク淡味香佳ナリ酢, 返濟しきつて大手を振つ, 返に手紙, 返と手みやげ, 返う, 返の里, 返の名, 返を覚ました, 返禮みたいやない, 返あらゆる舞台装置, 返筋道が付く, 返精読して, 返苦労して, 返へ出, 返を返し, 返西峨寓任有亭翌賦呈宣上人, 返規則正しく往来する, 返を言う, 返詞十通ばかりを持つ, 返の下, 返辨之道も不, 返を企て, 返釈迦の一代教迹, 返の音, 返響地の叫び, 返響運動というの, 返魂招仙に名香, 返魂香とかいう価物