青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「衣服~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

街道~ 衛門~ ~衝動 衝動~ ~衝突 衝突~ 衞~ ~衣 衣~ ~衣服
衣服~
~衣裳 衣裳~ ~表 表~ ~表情 表情~ ~表現 表現~ 表象~ ~表面

「衣服~」 1960, 19ppm, 5873位

▼ 衣服~ (694, 35.4%)

66 着て 22 脱いで 11 着けて, 着た者 8 つけて, 身に 5 着かえて 4 かえて, もって, 着更 3 つけた, ぬいで, 更めて, 正して, 着かえ, 着た女, 着換, 着替えて, 着替へて, 著て

2 [46件] あらためて行く, あらため今日, あらため感応寺, いた, うつくしく着, かけて, つかんで, つけた姿, ぬいだ, ひるが, まとって, 作って, 出して, 剥いで, 剥ぎき, 取り出して, 天窓から, 引かけて, 持って, 持つて, 改め旅, 改め輿, 更えて, 染ること, 着が, 着け白, 着し, 着せられ半幅, 着た, 着たお, 着た時, 着た物, 着た藤野さん, 着換えると, 着直すと, 空に, 縫ふ, 胸まで, 脱がしめて, 脱すて, 脱了, 裁縫へて, 買う事, 買って, 返して, 送って

1 [429件] あらためここ, あらためた剣精軍, あらためて主人, あらためて出迎え, あらためて挨拶, あらためて門前, あらため塩垢離, あらため小姓, あらため礼, あらため神使, あれまで, うしろに, お着, お脱ぎなさっ, お買いなすっ, かえたり, かえ使者, かえ帯剣, かえ顔, かさねてゐた, かざり美妾, かざる必要, かなぐり捨て顔, かりて, かわかした, きせられる, くずしたこと, くれた, こうしてと, こしらえた, させたり, すてるの, するっと, ずぶ濡れに, そっくり裏返し, そなえさせ夜, たたみ持物, たたんで, つくるため, つくる為, つけしさま, つけたお, つけた執事, つけた少女, つけた男, つけながら, つけようとは, つけるが, つけると, つける者, つけ帯, つけ掌, つけ絹製, できるだけうまく, とって, ととのえて, ととのえてから, どうするだ, なおしたキミ子, なす, なでまわした, ぬがせようと, ぬがせられシヅ子, ぬがせ代り, ぬがば, ぬがんの, ぬぎすてて, ぬぎ与えられた死装束, ぬぎ捨て, ぬぎ捨てて, ぬふ料理, のせた三方, はいで彼女, はぎだして, はぎ血, ひっぱって, ふん奪, ほした, まといかけるの, まといながら, まとい帯, まとい自動的, まとった毛だらけ, もらって, ゆずり身の丈, ゆり動かして, よこせ, ビリビリ破き, 一つに, 一枚脱いだ, 一番費消する, 三重に, 与えた, 与えて, 与えられる等, 与えわれわれ, 与え救貧院, 与え直ぐ, 与え領地, 与へようと, 与へられた, 二つに, 五枚ばかり, 享楽し, 仕立て家計, 代えると, 代えれば, 伊右衛門の, 作らせて, 作りし事, 作るには, 作る必要, 借着し, 入る, 入れて, 全部改めて, 全部開け, 再び後, 出されれば, 出しかけた, 切って, 前なる, 剥いでも, 剥がれたので, 剥がれるまでは, 剥がれ直ぐ, 剥がれ若き, 剥ぎて, 剥ぎとり皇女たち, 剥ぎ取った雑色男, 剥ぎ取ること, 剥ぎ姫, 剥ぐこと, 剥取り, 動し, 取って, 取りかえた, 取りて, 取りに, 取りはずした, 取りまとめスズメ, 取り去って, 取り繕う暇, 受けたそう, 受けたと, 受けると, 各, 合せて, 吹き通さないよう, 嚢に, 固守する, 執って, 売り払って, 変えること, 夜具として, 姉様と, 始めとして, 寛げて, 寝衣一着, 左前に, 己の, 引き裂いて, 引っぱっているとどうしたってしがない雑報記者, 得るも, 恥しく思わぬ, 意地惡さうに見, 手早く胡蓙, 抓んで, 投げ打ち靴, 持てっ, 持てる者, 捜して, 掛けたげな, 掴んで, 改めた多, 改めて, 改めてこれ, 改めてマンネリング家, 改めて今日退出, 改めて大膳正, 改めて小日向台, 改めて悦ぶ, 改めて林佐渡, 改めて案内, 改めて殿, 改めて母, 改めて登城, 改めて真に武士, 改めて秋月九十郎, 改めて編笠, 改めて遠慮なく, 改めながら, 改めなど, 改める隙, 改めわななくよう, 改め上下, 改め使者, 改め武運, 改め身, 改め辻馬車, 改め髪, 改め髮, 放棄しよう, 教え衣服, 整えて, 整え薬籠, 整頓する, 斉整し, 新調させ, 新調し, 日陰へ, 時には裏返し, 更え, 更えさせられた, 更えた, 更へる, 更め五時半に, 更め女中には, 更め櫛髮を, 替え藤十郎, 有すれど, 欲するごと, 正し白髯黒髯, 正し髪, 残せしため, 母なる, 求めて, 求めないであろう, 汚し人々不快, 泥だらけに, 注文し, 洋服屋に, 洗濯する, 浜納屋へ, 渡したり, 湿らせて, 溝泥だらけに, 澤山着, 濡らしたりとて, 濡らしたるため, 濡らしたる時, 濡らして, 焚火に, 生産し得るなら, 生産する, 畳み直して, 畳んで, 疊み直し, 疊んで, 白の, 盗まれたり, 直しかけた, 直して, 眺めるけれども, 着かえた, 着かえると, 着かたく, 着けそして, 着けただけで, 着けたるが, 着けた人々, 着けた時, 着けない人間, 着けながら, 着けふたたび, 着けやや, 着け自分, 着こなして, 着こむ, 着ざる者, 着す, 着する, 着せしとの, 着せしめず, 着せたの, 着せますと, 着せますよ, 着せようと, 着せられ教養, 着せること, 着せるだが, 着せると, 着せる才覚, 着せ寒暑, 着せ御馳走, 着せ無害, 着せ髪, 着たり, 着たる者, 着た人間, 着た優し, 着た兄貴, 着た小柄, 着た居竝ん, 着た怪しい, 着た老人, 着た襟元, 着た赤ん坊, 着た道士, 着た選手たち, 着た頬, 着た顔, 着てか, 着ないで, 着なければ, 着ました其上, 着る, 着るさえ, 着ると, 着るの, 着るのに, 着る如此, 着る結局, 着一人, 着二マイル, 着大小, 着尽したれど, 着帯, 着換え, 着換えさせよう, 着換えよう, 着換えようと, 着替えんと, 着用した, 着肩, 着袴, 着鞋, 着飮食, 着飾り幾百人, 知りあいの, 示して, 穢しも, 穿つは, 粗末に, 紺背廣だ, 結んだり, 給はる, 緩めて, 縫い直した羽織, 縫ったり, 織らせて, 織り草, 織る例, 繕ったり, 纏うて, 纏って, 纏ふ, 纏へ, 纒う, 纒って, 纒へども, 美に, 肩から, 胡蝶の, 脱いだ, 脱いだり, 脱がせた奴, 脱がせ新しき, 脱がせ浴衣, 脱がない, 脱ぎかえた, 脱ぎそう, 脱ぎ捨てて, 脱ぎ捨て肌襦袢, 脱ぎ棄てて, 脱ぎ風呂場, 脱ぎ飛沫, 脱ぎ首, 脱ぎ髪, 脱ぐと, 脱ぐ態, 脱ごうとして, 脱しうるさき, 脱て, 膝に, 與へ, 與へて, 色々と, 華奢に, 著け, 著せて, 著た, 著ながら, 著る, 著上方風の, 著片手に, 血だらけに, 衣紋架に, 袒ぎながら関羽は, 被かえ, 被け彫像, 被せられるかも, 被て, 裁ちきれど, 裁ち男の子, 裁つ技術, 製するが, 製る, 見せるため, 見て, 見ても, 見ると, 見れば, 見貧困, 視て, 解きほぐした, 解き身, 調へ, 調製する, 變えて, 貰つた, 買い整えなければ, 買うたな, 買うとき, 貸申さん其衣類, 賜ひ, 質に, 購いある, 軽くし, 返すと, 透して, 通した出血, 造って, 造るには, 隠すこと, 雨らす, 非難する, 食って, 骨肉の

▼ 衣服~ (336, 17.1%)

7 上から, 裾を 4 裾が 3 ように, 上に, 粗末なる, 類が

2 [23件] ために, ままで, 中に, 事まで, 事自分を, 人工的色彩は, 制に, 原料として, 垢穢き, 女の, 如くに, 始末を, 改良といふ, 柄の, 模様器具の, 法外な, 泥を, 片褄, 皺を, 紋様に対して, 色も, 襟に, 配給所でも

1 [260件] あの弟, あぶり籠, ある分量, かえに, かえは, ことであっ, ことであった, ことである, ことまで, ことまでは, ごときは, さっぱりと, さわつく, すそで, すべてと, たしなみも, ためか, ための, たもとを, つかれたる線, つくりかた, つけ方などが, でき上がって, なお大人, なれの, はしが, ひだから, ふくらみの, ほうも, ままでは, まま頭部を, まま飄々乎として, エフェクト光ひどく, ヒラヒラする, 一切睫毛までも, 上へ, 上品さと, 下から, 下で, 下に, 下や, 世話に, 世話や, 中から, 乏しさ, 乱れを, 乾燥の, 事, 事で, 事など, 事について, 亡霊たるの, 仕度も, 何所へか, 使用などが, 価百二十目親, 修繕の, 入つて, 内これを, 写生が, 制限を, 前が, 前を, 力学を, 匂いが, 包みに, 卑しからぬ, 厚さ, 原料, 原料であった, 収入も, 取扱いまでを, 取更, 古ぎれ, 名残には, 品質縞柄さえ, 唐風化が, 問題である, 嗜好は, 地合や, 埃を, 場合など, 塵を, 塵埃や, 変遷についても, 奢は, 女が, 好みが, 好みは, 好みも, 如きは, 存在も, 少年は, 屑片と共に, 山に, 左ポケットに, 左前な, 布が, 布の, 形も, 影, 心配は, 或る, 所々を, 手を, 持つ薫物, 摺れ合う音, 改善が, 改良案などが, 改良混食代用食の, 数が, 料たる, 料また, 方が, 方で, 方の, 時が, 最低の, 有様から, 有無を, 木に, 材料としては, 材料に, 柄ほども, 染色模様まで, 様な, 様式は, 模様が, 歴史である, 汚れも, 汚れる事, 汚穢毀損せる, 波の, 洗い張りや, 流行など, 流行俗謡の, 流行家屋庭園の, 濡れるも, 焼け穴を, 片などから, 物すべてその, 状態の, 現れたの, 生産者と, 生産者とは, 用意は, 用法を, 目利はい, 目的は, 着が, 着こなし, 着こなしと, 着こなし方に, 着せ方, 着代えを, 着様は, 着様を, 破れは, 破片が, 禁制も, 端が, 端で, 節倹なりと, 簡素家庭の, 粧飾品や, 紅い裏, 紋様にも, 紋樣も, 綴りを, 綺羅と, 綻びさ, 綻び血, 縞柄とを, 縞柄の, 縞柄も, 繊維など, 繊維の, 繊維らしい, 美の, 美を, 老人は, 肌ざわりのすがすがしい頃と, 肩を, 胸の, 胸や, 胸を, 腰から, 腰の, 自然価格を, 色が, 色に, 色の, 色は, 色合だけも, 色彩なども, 色彩に対する, 色彩の, 色彩は, 花の, 芳香を, 華美さを, 華美の, 表に, 袂には, 袖, 袖に, 袖の, 袖や, 袖を, 袖口には, 袖口または, 袵が, 裁ち方, 裝飾は, 裳を, 製作を, 裾で, 裾に, 裾まで, 褄や, 褄を, 褄先を, 襞すべてそれらの, 襞を, 襟, 襟の, 襟を, 襟元が, 襤褸を, 見せっこきりょうのくらべっこ, 触る音, 調節を, 調色ある, 諸方に, 資料であった, 賦香に, 質感は, 赤や, 赤勝ちな, 趣味さては, 近世甚だしく厚くるしく, 選擇などを, 部には, 附属品の, 面白さ, 類にも, 類は, 類を, 顧みるに, 風や, 飾りつけと, 香が, 香などから, 香の, 香も, 驕奢楼に, 鮮人が, 黄色を, 黒い裾裏, 點に

▼ 衣服~ (162, 8.3%)

2 おそらく途中, 其儘に, 垢づき破れたる見る, 新鮮であり, 洗晒しだつた

1 [152件] あのだぶだぶ, いつも潮, おそらく二年以内, おろか骨も, お前あの, お岩, かくの, きっと絹, ぐっしょりと, こちらに, ことごとくこれ, この御堂, これで, さけて, しっとりと, すでに甲板, すべて人夫が, そこに, そまつな, それが, それまで, それを, つづれ腕, とうてい脱ぐ, どういう物, どうじゃい, どう変っ, どれも, どんな物, なくては, なんぼする, はじめから, ひどく裂け, びしょぬれになるこれは, びしょ湿れ, ほころぶも, ぼろぼろに, まだ無料, みな他国人の, もとより煙草入, もとより質, よくない, れいの, われわれの, アフリカ固有の, シナ風なる, ベットリ鮮血に, ポケットを, ヤクツク人と, 一枚も, 不十分と, 不十分という, 乏しかった, 二度と着たくない, 人間にとって, 何か, 何でも, 何時の間にか凍り, 何時も汐臭, 何枚要る, 依然として純, 全く東京, 全く水漬, 再びびつしよりと, 出て, 出来合いで, 分らず何, 前妻が, 勿論余滴, 区役所の, 南部で, 国の, 在来の, 埃ひとつつかぬ, 夏は, 外へ, 天鵞絨の, 女の, 寒くなる, 少しく長く, 常に農業, 年上の, 当時藩から, 彼が, 後でも, 思うざま, 手早く畳ん, 手早く疊, 手織木綿の, 手術後現場に, 掛けて, 新調せぬ, 日本服で, 普通の, 有形の, 服地こそ, 朝の, 木綿でも, 正直に, 武蔵が, 汚れて, 汚れること, 油で, 泥まみれに, 浅黄木綿の, 海藻の, 湯氣を, 濡れずに, 男女共に, 男女同, 白無垢に, 皆この, 相当な, 真珠貝を, 着けたまま, 着たきりの, 着て, 着古した, 破れたり, 破れよごれて, 破れ汚れて, 第一流, 筒袖, 粗末な, 精神を, 純収入, 絞るが, 絹で, 絹物を, 縞銘仙の, 縮まった手足, 美術館に, 美麗な, 肉体を, 自分で, 薄お納戸, 血しぶきを, 血だらけだ, 血を, 裁縫を, 裁縫師が, 裂け面, 襤褸の, 見るも, 規定によって, 言う, 貧しく屋敷, 貴族的な, 違ってても, 限りも, 餘り, 黄金で

▼ 衣服~ (98, 5.0%)

3 着かえて 2 して, 到るまで, 紅にて, 身を

1 [87件] あらかじめ焔硝, あらためてかれ, ありと, いろいろの, お世辞, かくれて, かすかに, きかえて, こういう変化, これこれかかる, さへも, さわったり, したところ, しても, しろ家屋, そ, そそけ髪, たきしめる衣, つ, ついた所持品, ついた豪州, とまり実に, なり袴, なると, よく似合う, ハイ, ハヤ手を, ブラシを, 三つおだまきの, 丸くて, 仕立てて, 仕立てること, 仕立て京都, 付きては, 似て, 作って, 備わるが, 充満ける, 光る扣鈕, 包まれた白骨, 四季別, 実現し, 就て, 山吹の, 役立つ動植物, 心を, 指を, 染み入って, 棒切れを, 沁みて, 注意と, 注意を, 海老茶の, 火が, 猶お, 着いて, 着かえまた, 着くと, 着ふくれた子供達, 着換えた上, 細紐の, 絹の, 綺羅を, 綿の, 育てられし者, 茶博多の, 落ちたり, 著更, 血が, 血を, 血液は, 血痕が, 袴を, 要する物, 費される所, 費すとしても, 赤い馬, 輝かせて, 重ねて, 關し, 關する, 非ざること, 香を, 鬼ある, 黒い小倉帯, 黒い帯, 黒絽の

▼ 衣服~ (86, 4.4%)

2 披かつ, 持って, 改めずに, 着更, 食物も

1 [76件] あらため嗽水, あらわに, かえて, かえられ席, かえ洗顔, こうして発生, ここらの, こっちから, こんなに湿う, さほど古び, しどけなくひきずり, すべて剥ぎとられた, すべて悉く, その中, とりかえて, また晴, やぶれ諸縁, よくなり, よけい着くずし, わざと同, 一寸見, 乾いたので, 亂れた, 今様を, 住居も, 余ほど, 侍従も, 冠も, 剥いで, 在来の, 垢染み汚れた, 多くは, 多少は, 天保時代に, 季節によって, 実用に, 家屋も, 弓矢も, 成たけ美い, 手廻しが, 持たないあわれな身の上, 換えずに, 改まるわけ, 新しく更, 新らしく, 日本と, 更え, 満足な, 濡れては, 生きて, 用いては, 皆悪く, 相当なる, 相當, 着かへて, 着代えて, 着換, 着換えさせますよ, 着飾るよう, 破らぬよう, 粗末垢じみ, 素直に, 肌着も, 脱いで, 脱がぬ着たま, 脱がぬ着たまま, 血みどろで, 要らなければ, 諸道具, 贈られたの, 道具も, 金目の, 靴も, 顔も, 食事も, 飾り飲食も

▼ 衣服~ (71, 3.6%)

2 あった, さけて, 丸めて, 寝間着に, 濡れますよ, 脱いで

1 [59件] あらば, うごいて, したおびまで, すってんてんに, それだけ地上, ちぎれて, どれも, どんな悲惨, なつかしい程度, ぬれて, ほしい, やがてどういふ風, よく描け, よごれては, ビリビリさける, ポッポッと, 一枚一枚脱がされた, 一枚二枚と, 世界に, 人心に, 人格を, 人間かと, 人間に, 作り出す女たち, 出来る, 周囲の, 売れて, 変だ, 変わると, 届けられた, 左前に, 惜いや, 本当で, 機械の, 次第に改ま, 次第に立派, 泥だらけに, 活動に, 浸けて, 濡れて, 無いから, 用いられ彫刻, 百フランシャツが, 皆んな失くなった, 着せて, 破れ鼻血, 簡便である如く, 肌に, 肩先から, 脱ぎ放しに, 花やら, 英国において, 血まみれという, 血み, 血を, 見えた, 足りても, 近来著るしく, 風に

▼ 衣服~ (62, 3.2%)

4 馬車や 2 土産を, 身の, 道具には, 高価な, 髪飾りを

1 [48件] あたりの, かねを, その附属品, シャツや, 万般の, 下駄は, 乗物が, 住居の, 住居や, 住居を, 何か, 冠も, 冠を, 化粧を, 外套を, 大小を, 宝石などよりも, 家や, 容貌に, 居住を, 帯などを, 帷帳を, 手足毛髪などの, 新しい鍋, 旅の, 書物や, 玩具や, 珍しい物, 畳に, 皮膚の, 砂糖や, 筋肉は, 縄ぎれが, 行為の, 袴が, 装飾品の, 身かざり派手派手と, 道具を, 酒や, 酒を, 酒食を, 風俗に, 食物に対する, 食物や, 食物を, 飾物に, 駝鳥の, 髪を

▼ 衣服~ (40, 2.0%)

4 扇子は 2 なし黒, 扇子が, 皮膚との

1 [30件] いい本人, するに, する操作, その脇, ほぼ同型, 一すじの, 一緒に, 乗物を, 云いどう, 同じもの, 呼ぶに, 奢侈品の, 家屋の, 容貌に, 寝台を, 帽子とを, 扇子懐紙などまで, 料理した, 時計とを, 杖頭を, 燃料とを, 白い二の腕, 荘大なる, 著しい対照, 薄暗い紙張り, 解き卸したる兵器, 身の, 違って, 頭髪とから, 髷とに

▼ 衣服~ (28, 1.4%)

1 [28件] おいで着物を, お拭きなさい, この二つ, しかも袖, それを, ついてる血液, 人を, 侍婢がわりに, 入って, 刀の, 刺青の, 包んだ, 包んだ胎児, 小柄な, 岸に, 打つ, 拭いた, 掩わんと, 敲いたが, 町中引きずり, 眼垢を, 紛々と, 脱出した, 補うよう, 連れて, 銀縁眼鏡で, 飾りたてた女, 驚かし馬鹿

▼ 衣服から~ (12, 0.6%)

1 [12件] そうしてあの, 一切私の, 大小から, 女房たちのまで, 引き裂かれた布片, 散ったにおい, 散る香, 煙草入れに, 立つ高い, 考えて, 風采から, 髪まで

▼ 衣服などを~ (11, 0.6%)

2 取纒め 1 かじるもの, だれにも, 与えた, 与えられた海人たち, 売ったり, 持たせて, 持ち運んで, 納れ, 調えた

▼ 衣服にも~ (11, 0.6%)

1 [11件] こまかな, なれば, はねた泥, やはり無頓着, 単衣, 手拭にも, 死体にも, 沁み透る, 泌み透る, 窮し, 血などは

▼ 衣服には~ (10, 0.5%)

1 あくまで対照, どうも見覚え, なんらの, はなはだ具合, よく覚え, ボタンも, 一つ不便な, 供しなかったよう, 少しも, 必ず赤い

▼ 衣服大小~ (9, 0.5%)

2 のつくり 1 があら, の類, も立派, やかっぷく, をりっぱ, を櫺子外, を身

▼ 衣服~ (9, 0.5%)

1 につき候紋, に夥多, の事, の何ら, は中央アジア, もみ, も日本化, も汚れれ, を持っ

▼ 衣服~ (7, 0.4%)

1 その模様古代, とに過ぎなかつた, に洗練, の製作, は花, や無数, を宮

▼ 衣服その他~ (6, 0.3%)

1 で頭, の便宜品, の必要品, の粧飾, を周到, を送っ

▼ 衣服でも~ (6, 0.3%)

1 使う言葉, 全財産, 友人でも, 同じだ, 寒気を, 有ませんから

▼ 衣服など~ (6, 0.3%)

1 さる可, 持たせて, 揃えて, 改めて出直す, 改め来り参拾銭, 車に

▼ 衣服まで~ (6, 0.3%)

1 お熊, 売却なし, 悉く男生, 皆白い, 自分の, 藍丸王そっくり

▼ 衣服~ (5, 0.3%)

1 か鰭, がのう, のが, よ, よう

▼ 衣服として~ (5, 0.3%)

1 宮の, 平常服, 毎年チセイコロカムイに, 着て, 胸に

▼ 衣服及び~ (5, 0.3%)

1 時折の, 粗生, 結髪の, 頭飾の, 食料品は

▼ 衣服~ (5, 0.3%)

1 が一つ, などがごたごた, などに添え, を検査, を開ける

▼ 衣服飲食~ (5, 0.3%)

1 なども身, などを論じ, の事, の品類, を調え

▼ 衣服~ (4, 0.2%)

1 何かの, 嬉いのう, 嬉しいのうと, 衣服が

▼ 衣服だの~ (4, 0.2%)

2 何包ん 1 書物だの, 草木の

▼ 衣服とは~ (4, 0.2%)

1 全で, 女性が, 渾然一つの, 関係が

▼ 衣服などは~ (4, 0.2%)

1 垢じみ, 持って, 無地か, 自分で

▼ 衣服調度~ (4, 0.2%)

1 ことごとく金銀錦繍, だけでも人, の美, を調え

▼ 衣服こそ~ (3, 0.2%)

1 どこまでが, 卑しいが, 粗末でものの

▼ 衣服なぞを~ (3, 0.2%)

1 取り出させそこそこ, 取纏めいささか, 持ち逃げする

▼ 衣服をも~ (3, 0.2%)

1 剥ぎ取った, 見覚えて, 貰う権利

▼ 衣服原料~ (3, 0.2%)

1 が存在, の條, よりは更に

▼ 衣服~ (3, 0.2%)

1 なの, にやってき, を持っ

▼ 衣服じゃが~ (2, 0.1%)

1 い, 買わんかね

▼ 衣服その~ (2, 0.1%)

1 中で, 袖その

▼ 衣服である~ (2, 0.1%)

1 から期日, が全部和装

▼ 衣服でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ば着られない, ば身

▼ 衣服では~ (2, 0.1%)

1 ない, 人の

▼ 衣服といつて~ (2, 0.1%)

2 も唯六七枚

▼ 衣服とか~ (2, 0.1%)

1 外形上の, 持物とかに

▼ 衣服とを~ (2, 0.1%)

1 女の, 持って

▼ 衣服と共に~ (2, 0.1%)

1 手廻りの, 須賀の

▼ 衣服などの~ (2, 0.1%)

1 なよなよとして, 付属品は

▼ 衣服なども~ (2, 0.1%)

1 ひどく垢, ぼろ

▼ 衣服なり~ (2, 0.1%)

1 はた穿物, 習慣なり

▼ 衣服について~ (2, 0.1%)

1 もつ希望, 始めて価

▼ 衣服にて~ (2, 0.1%)

1 育てられし者, 華美を

▼ 衣服または~ (2, 0.1%)

1 生前使用した, 銀子等の

▼ 衣服やら~ (2, 0.1%)

1 小児の, 毛布やら

▼ 衣服よりは~ (2, 0.1%)

1 お銭で, お錢

▼ 衣服よりも~ (2, 0.1%)

1 労働者の, 夏涼しい

▼ 衣服一つ~ (2, 0.1%)

1 だけについて見, として追求

▼ 衣服一切~ (2, 0.1%)

1 が襲, を説明

▼ 衣服一枚~ (2, 0.1%)

1 くれるでなし, 買って

▼ 衣服~ (2, 0.1%)

2 んせ

▼ 衣服住居~ (2, 0.1%)

1 などに一切頓着, を清潔

▼ 衣服其の~ (2, 0.1%)

2 他の

▼ 衣服~ (2, 0.1%)

1 のいろいろ, や外国人向き

▼ 衣服~ (2, 0.1%)

1 汚, 汚不

▼ 衣服煤ばん~ (2, 0.1%)

2 で雨

▼ 衣服等失礼~ (2, 0.1%)

1 なきやう, なきよう

▼ 衣服美しい~ (2, 0.1%)

1 夏の, 礼服長靴や

▼ 衣服蕩楽~ (2, 0.1%)

1 で藻西太郎さん, とか聞き

▼ 衣服越し~ (2, 0.1%)

2 に彼

▼ 衣服道具~ (2, 0.1%)

1 などはいつしか, など多く

▼ 衣服部屋~ (2, 0.1%)

1 に外, の衣桁

▼ 衣服頭戴烏帽子右方~ (2, 0.1%)

2 執弓矢

▼1* [162件]

衣服ありと假定, 衣服および帽子を, 衣服て手車, 衣服ぐるみそのなか, 衣服へ充分, 衣服さえも冷やかな, 衣服流行の, 衣服じゃろがな, 衣服すでに備われば, 衣服すべて真新, 衣服ぜんたいに隙間, 衣服その他贅沢を尽くした, 衣服ために色, 衣服だけが美しく重なっ, 衣服だけは全部が, 衣服だけを取りかえること, 衣服だったのです, 衣服でありますがこれ, 衣服でさえも彼等特有の, 衣服というただけ, 衣服とても糸織の, 衣服とに満足し, 衣服とによってわれわれは, 衣服との穢ずして, 衣服ともなつて, 衣服なかるべからず住居なかるべからず, 衣服などがだらしなく掛かっ, 衣服などには構い申さずと, 衣服などにも祈りの, 衣服ならいいじゃ, 衣服なれば万事本場, 衣服なんか台なし, 衣服においては殊に顕著, 衣服についての再吟味, 衣服についてもいろいろな, 衣服にとて帷三を, 衣服にまで火の, 衣服によってメリーだ, 衣服に対する執着を, 衣服に関しては日本固有の, 衣服のみに限らず一家, 衣服ばかりふわふわと, 衣服ひとつ下には敷くまい, 衣服ひと揃えを, 衣服までを毎日の, 衣服もしくは食物に, 衣服もて身を, 衣服ようのもの一つ, 衣服らしいのを, 衣服をのみ着用せよ, 衣服をはおれる後, 衣服をまで剥がれたこと, 衣服を通して冷い, 衣服を通しての姿態を, 衣服ア善人だから, 衣服ガ敏子ガ洋服ヲ吊, 衣服シヤツ等がある, 衣服ト袴ト白足袋ト一揃イ御新調, 衣服ブラシステッキには金物, 衣服モ出来ルナラ勝手ニシロオレハイカイコト手前ニハイリ上ゲタ故今度ハ構ワヌトイッタ, 衣服登校ニ用ユルヲ得ザル大々的不便ヲ, 衣服一枚拵へたい, 衣服万端の調度, 衣服下駄その他パアジャマは丸善, 衣服の糸一本, 衣服事情は今日, 衣服二三枚を徃年欧米漫遊中購, 衣服二枚を買取る, 衣服云々は従来請願人中, 衣服交換等の時間表, 衣服住屋に色彩, 衣服佩刀をそっくり, 衣服の所, 衣服僞善の花, 衣服全体が甚だしく, 衣服全部その他を含む, 衣服其他の材料, 衣服り物覆面, 衣服分限に従うべし, 衣服前垂の汚, 衣服印綬旗幟などを槍, 衣服ハ髪形マデ下谷本所ハオレノ通リニシタガ奇妙ノコトダト思ッテ居ルヨ, 衣服反物に対して単に, 衣服合羽など買, 衣服器具の選択, 衣服夜具のごとき, 衣服女房たちの服, 衣服子女の料, 衣服家具食器文房具等皆この中, 衣服容色が異, 衣服寝道具を支給, 衣服少なき諸生, 衣服履襪など入っ, 衣服帯下着履の類, 衣服に省, 衣服店女や子供, 衣服悉く霑ふ, 衣服掛けの棹, 衣服改良論を称, 衣服教区の家具, 衣服旅装のたぐい, 衣服旗兵甲などの縫工, 衣服書画彫刻諸車, 衣服書類等々に支出, 衣服有つて其水に潤, 衣服服装の問題, 衣服杖履日用諸雑品, 衣服の箱, 衣服毛布など, 衣服毛布索帆布などを日, 衣服流行の結髪, 衣服煙草の類, 衣服玩好遊戯一も彼, 衣服生計の至極, 衣服甲冑に身, 衣服相談新宿十二社何家と云う, 衣服一足の, 衣服等々の細か, 衣服等何かその, 衣服箱二荷であった, 衣服箱四つを置い, 衣服羽織を着ず, 衣服羽織袴等一組新調の物同封, 衣服芸術品は消耗, 衣服蕩楽持物蕩楽なる金満家, 衣服を正す, 衣服裁縫の法, 衣服裁縫所製のココア色レイン・コート, 衣服装身具皮類の店, 衣服装飾等の材料, 衣服裝飾より飮食, 衣服解いてある, 衣服調度類でございますか, 衣服財産その他何でも, 衣服は大体三十割, 衣服かな交際, 衣服贈答の風, 衣服路銀を与えた, 衣服道具抔多く与へ, 衣服銀子などの餞別, 衣服青い化粧した, 衣服鞍馬を拝領, 衣服頭巾をめぐまれ, 衣服頭飾粲然華麗, 衣服頭髪を左右, 衣服だちなどを, 衣服類一般の人, 衣服類主賓の大臣, 衣服風体なども目, 衣服ふべき料理, 衣服食品などに依っ, 衣服食品住居の類, 衣服食物の好み, 衣服食物その他の必要品, 衣服食物習慣等に関しての伝記的書物, 衣服食糧等を給, 衣服飲食引っ越し家作に時日, 衣服飲食抔も身, 衣服飲食百般の事, 衣服飲食種々の物, 衣服髪垢だらけの頭, 衣服の巣