青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近代~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~近い 近い~ ~近く 近く~ 近ごろ~ ~近づい 近づい~ ~近づいた ~近づく 近づく~
近代~
近年~ ~近所 近所~ 近江~ ~近頃 近頃~ 返~ ~返し 返し~ ~返す

「近代~」 4544, 49ppm, 2371位

▼ 近代~ (1017, 22.4%)

10 日本の 8 人の 7 画家は 5 認識論は 4 ことに, ものを, 日本は, 物語の, 生の, 青年は

3 [17件] ことで, もので, 人間の, 女性は, 学者は, 心と, 支那の, 政治は, 教養ある, 教養を, 機械的な, 洗礼を, 社会では, 科学は, 芸術は, 認識論の, 資本主義の

2 [69件] それは, ものである, ものとか, ものに, ホテルを, ユウトピアなどは, 主觀主義, 事で, 人格主義は, 作品は, 信仰では, 傾向である, 内容の, 出来事である, 創意に, 名人と, 堺筋は, 大家の, 女の, 小説は, 工藝を, 常識である, 御伽百物語の, 心を, 憂欝, 成功主義者は, 批判精神は, 技法が, 教養と, 文化が, 文化は, 文学に, 文学は, 文明が, 文明は, 新しいそして, 新らしい, 日本, 日本ラインである, 日本人は, 時世装に, 時世裝に, 曙光を, 機械術の, 歴史に, 歴史は, 演劇史を, 演歌調の, 牧羊神も, 物理学の, 物理学は, 生活に, 男は, 発見と, 発見地獄の, 短篇詩は, 社会生活の, 精神の, 絵に, 絵画は, 經驗的自然科學の, 舞台に, 苦悩を, 西洋の, 設計と, 詩に, 語で, 語までも, 非宗教的

1 [774件 抜粋] あらゆるデモクラシイ, ある一時機, ある世態, いちばん想像力に, いわゆる認識論, ことであっ, ことである, それへ, ではウェルズ, はじめである, はじめを, は真理, もっとも寛仁, ものじゃ, ものも, ものよりも, よび名で, わが国の, を用, アイヌの, アカデミー風の, エハガキは, オペラの, キルケーどもから, クリティシズムが, スカンジナヴィアでは, セルヴィアの, ドイツ哲学は, ノルウェイでは, バアン・ジヨオンスや, バッハ, バネが, パリ繁栄の, ファシズムと, フランスを, フランス作家で, ブルジョアジーが, ブルジョアジーの, ブルジョア社會は, ブルジョア自由主義の, プロデガルが, プロメテウスや, プロレタリヤは, ベルギーの, ベルリーンあたりの, ヨーロッパにおいては, ヨーロッパの, ヨーロッパ風の, リアリズムには, リップスの, ロシア文藝から, 一つの, 一番大事な, 一般の, 三味線の, 不信心者共は, 世界である, 世界に, 中国人は, 主義主張を, 主観主義を, 主観的人間にとって, 乱雑なる, 事実であり, 事實としては, 人々に, 人が, 人では, 人は, 人民生活の, 人気作家の, 人間と, 人間に, 人間にとっては, 人間は, 人間らしく彼, 人間観から, 今文學者, 仮面を, 仲間入りは, 佛詩は, 佛詩を, 作に, 作品に, 作品にも, 作家に, 作家ほど, 使は, 例では, 俗説に, 俗謡にも, 俳壇でも, 個人主義が, 倭名抄の, 偉人故, 偶像破壊者は, 偽善と, 傑作が, 儀礼教養を, 優れた真面目, 先達として, 入口を, 兵士は, 兵学家だった, 具足では, 出版企業が, 分化作用が, 初めにおける, 初葉, 創意では, 創意と, 劇場とは, 劇場の, 勞働者プロレタリヤが, 勿来の, 医術が, 印象派其等天才の, 原子説の, 反動的風潮を, 句なら, 合, 名ピアニスト, 名匠高村光雲先生が, 名古屋の, 名女優サラ, 名家の, 否定が, 哲学の, 哲学は, 哲学例えば, 哲学者たちの, 哲学者特に, 哲学者達が, 商人により, 国家に, 国語とは, 国際資本の, 國學者の, 地方の, 堂々と, 変革に, 夏の, 外国文学の, 外國文藝中ロシア文藝ほど, 夜明けである, 大なる, 大不幸, 大学者は, 大心理学者ウイリアム・ゼームス, 大文豪其名海内, 大新聞装置, 大諧謔家, 大阪が, 大阪の, 大陸文学を, 女が, 女たちからの, 女は, 女性なれ, 女性に, 女性化主義の, 女性美が, 婦人を, 婦人問題を, 学問も, 学者たちの, 學術について, 安音楽, 宗教現象の, 官吏を, 実際としては, 宣伝術という, 宴会でも, 家庭状態ことに, 寒けを, 専門的な, 小説が, 小説中に, 少なくも十九世紀末, 屋根が, 展覧会場では, 工業に, 工藝史で, 巨匠の, 巨匠千駄木の, 巨匠達の, 市井学者の, 市民生活の, 平民的な, 幽致, 幾何学に, 建物, 当世風の, 心にも, 心の, 心理学的方法とは, 心理的手法である, 忍術は, 快活と, 思想の, 思想家である, 性格を, 恋愛に, 恋愛の, 恋愛観, 恋愛観という, 息吹を, 悲しみの, 意味で, 意味では, 意味に, 愛書家四名の, 感じ方, 感情に, 感覚が, 憂鬱とを, 懐疑精神は, 我国の, 戦争の, 戦争文学と, 戦術を, 戯曲作家で, 戯曲及俳優を, 戯曲家の, 所謂新しい, 手管を, 技法を, 抒情詩や, 拜金主義の, 拝金主義の, 探偵作家の, 探検船では, 推移から, 支那を, 支那人の, 政治の, 政治家も, 教師たちは, 散文は, 敬語は, 文化である, 文化に, 文化人とは, 文化史上の, 文化的施設余裕多き, 文学において, 文学を, 文学的傾向と, 文学者の, 文学者は, 文学論を以て, 文明人は, 文明生活に, 文王とは, 文章特に, 新しい詩, 新しき抒情詩, 新感情, 新様式, 方法, 日本が, 日本にとって, 日本を, 日本人が, 日本婦人が, 日本文学に, 日本文学は, 日本文藝が, 明君と, 時装に, 曙は, 書物では, 書物も, 曾國藩の, 最も優れた, 最も独創的, 最も秀でた, 最大傑作で, 朝鮮語との, 東洋史は, 果物は, 極早い, 様々な, 様式による, 機械化暗号法も, 機械文明の, 機械的産業文化の, 機能の, 欧化した, 歌舞伎劇に, 此の, 此二句は, 歳神には, 歴史には, 歴史の, 歴史哲学的思想の, 歴史哲学的思想家たちの, 歴史学は, 母親の, 民主的主張を, 民族とくに, 河童から, 河童には, 油絵の, 洋画家は, 浄瑠璃, 混らぬ, 清朝など, 清朝も, 港の, 演劇が, 演劇とは, 演劇は, 演劇美学者乃至, 濃厚な, 照明を, 牧者等は, 物力以上近代人の, 物理学が, 物理学によって, 物理学者が, 物語に, 物質文明は, 猿楽に, 理会からは, 理会によ, 理性或は, 理想は, 理想主義者たちばかり, 生んだ一畫人, 生活が, 生活と, 生活の, 生活は, 生活感覚であった, 生物学が, 生物学は, 生産力が, 生産關係に, 産物だけ, 産物では, 用語例は, 田楽には, 画に, 畫家として, 畫家シャ, 病弊の, 療法くらい, 白と, 百鬼夜行だ, 目で, 目録との, 看板は, 知性は, 知識人だ, 研究において, 研究者たちが, 礼節だ, 社会は, 社会性と, 社会政治の, 社会機構に, 社會では, 神様だ, 神殿神の, 神聖な, 禅僧頌を, 秀歌つまり, 秀歌なれ, 科学が, 科学によって, 科学の, 科学心といふ, 科学性, 科学的な, 科学的天文学の, 科学的研究法の, 科学者らしく, 秩序に, 空気に, 空気の, 立場であっ, 童話作家は, 築造だ, 精神が, 精神も, 紀行は, 経営術の, 経済的社会的条件に, 結婚制度は, 絵画が, 絵画と, 絵画を, 經驗論者によ, 美が, 美では, 美学で, 考えに, 能には, 自然主義的及び, 自然哲学の, 自然科学が, 自然科学の, 自然科學が, 自然美観のうへにも, 自由は, 舞台が, 舞台革命は, 色に, 芝居道では, 芸術に, 芸術には, 芸術家は, 芸術家を, 芸術観の, 芸術運動について, 若い人たち, 若干の, 英文學者中で, 英米文学中妖婆を, 薬物学に, 虚無思想家が, 虚無的傾向である, 街景に, 表現なら, 複雜した, 西洋を, 西洋及日本史家の, 西洋藝術は, 見事な, 親子嫁姑の, 観念と, 解放せられたる, 触覚とを, 言葉を, 言語情調によ, 記録せられた, 訛りが, 試みの, 詩の, 詩は, 詩人は, 詩人らを, 詩壇に, 詩宗海蔵楼詩集の, 詩歌について, 認識論に, 認識論上の, 読書人に対しては, 論理で, 論理人間の, 論理学に, 諸主義, 諸国に, 諸大家, 諸著作, 議会政ないし, 象徴詩などと, 負けとも, 資本主義が, 資本主義的大, 足は, 跡を, 軍国主義さへも, 軍艦が, 農村と, 迷妄の, 造園法は, 進化論が, 進化論は, 進歩に, 遊蕩文学の, 選ばれたる男女, 部だけ, 都会では, 都会の, 都会神経を, 都市を, 都市生活者の, 釣人が, 錬金詐欺師, 間違いばかりを, 陸奥の, 階級社会の, 隣国を, 雙美たるを, 雰囲気に, 霊媒中嶄然一頭地を, 革命の, 音楽が, 音楽中この, 頽廃人には, 風に, 風景と, 首府に, 騷客ともすれば, 高尚な, 魅惑たりしかよ, 黎明が, 黎明である

▼ 近代~ (412, 9.1%)

13 大新聞 11 なもの 8 な, な意味 7 にし 5 な感覚, のもの 4 である, な設備 3 であること, であると, と云う, なお, な大, な小説, な生活, な言葉, な高層建築

2 [30件] でも, とは正確, なそして, なの, なる生産, なケエブル・カア, なショーウィンド, な代, な哲学者, な心理解剖, な感じ, な批判, な政治観念, な教育, な新し, な方法, な明るい, な構造, な発展, な美し, な美しい, な色彩, な要素, な都市, な都市風景, な面白, な頭脳, に新奇, に翻訳, 大新聞紙

1 [260件] だ, だか, だけれども, だとは, だなぞと, で, であったこと, であり一寸, であり前, であり北国的, であり実質的, であるか, であるかも, であるからには, であるわけ, である服装, でしかも, でしょうか, でない, でないまた, でないらしい, でなく又, でスポーツマン, でドビュッシー, で乱暴, で清潔, で繊細複雑, で艶, という点, とさ, とでも言, ともいえ, とも云, と思いこみ, なうそつき, なことあれ, なと, なといった, なはかな, なはなやか, なひらめきは, なまた, なもの哀れ, なりといふ誤認, なるもの, なる一つ, なる科学的方法, なアメリカ, なイギリス風, なジャーナリズム, なスマートさ, なタイプ, なダンディズム, なハイカラ婦人, なブレーク, なプロンプタアBOX, なユーモア作者, な一種, な中, な主観, な二重人格, な享楽, な人造人間, な人間, な人間嚮導, な作品中, な個性, な公園住宅, な公衆便所, な内容, な冒険心, な冒險心, な冥想, な冷たい, な出版史, な劇場, な労働者, な卑俗性, な単純, な博徒, な又は, な合奏, な同胞, な含蓄, な唯物観, な国家統一, な地下室バー, な壓縮, な大砲, な大船建造熱, な女, な好, な姿, な媚, な学問形式, な学問形態, な実用, な容貌, な封建制, な尖端的, な工場, な市民生活, な強い, な形態, な後宮, な思想, な性格, な怪盜, な意義, な感動, な感触, な戯曲, な所謂, な所謂懐疑論, な手紙, な扮装, な教養, な文化性, な文化設備, な施設, な日常生活, な明朗主義, な朗, な材料, な株式会社, な機械, な歌, な歌風, な武装, な歴史哲学, な比較言語学, な気持, な水洗便所, な洗練さ, な流線型, な浪漫的, な炭積機械, な現実探究, な理会, な理解, な理論, な発明, な發明, な白い, な知性, な研究, な確立, な社会そのもの, な社会感覚, な社会要素, な神経, な神道, な科学体系, な科学性, な科学論文, な立て場, な精神, な組合, な美人, な美粧院, な考え, な考えかた, な聖殿, な自然科学, な自由主義的, な興味, な興行, な芸術, な芸術刺繍, な若い, な苦悶, な英雄, な英雄たち, な虚構, な街, な表情, な表現方法, な西洋人風, な要, な見地, な観念, な観賞上, な觀念, な解剖, な調子, な軽快, な速力, な造園家たち, な適用物, な鋪裝, な震動, な青年二人, な顔, な鬱憂, な齋, にある, になってる, になる, には悪, にもわかる, にも喜ばれ, に一大悲劇, に健康, に場, に変化, に尖鋭化, に明晰, に洗練, に無責任, に無頼, に生々しい, に畸形, に立派, に自由主義的形態, に表現, に装備, に覚め, に解放, に解釈, に言, に迫った, に錯綜, のこ, のせい, のバアバリズム, の主義思想, の交通問題, の人, の人間, の俳句, の光沢, の内容, の唯物的, の女性, の宗教, の常識, の悶え, の愛, の感じ, の感興, の憂愁, の毛刻, の活動, の活溌, の活用, の眉はや, の美人, の考え, の要素, の解釈, の言葉, をめざし, 大産業, 大街衢, 好色男, 小劇場, 弱さ, 御便宜, 諸作家, 非国際的

▼ 近代~ (240, 5.3%)

4 の神経 3 の心理, の感覚, はその

2 [16件] が書いた, である, というもの, にはない, のもつ, の心, の持つ, の摸索, の日常性, の疑問, の繊細, の鋭敏, の面目, の頭, はまず, は何

1 [195件] かのやう, がかく, がこの, がその, がつて, がどうして, がどれ, がより, がフーシェはじめポベドノスツェフ, がレモネード, が人生, が原子力時代, が受け取る, が持つ, が最も, が月, が木版, が満足, が私, が自力, さえもまれ, たる自分, だ, だから, だと, だろう, であって, であるかという, であること, であるばかり, でないといふだけ, でない市木さん, といひ, といふの, としてか或は, としてのすぐれた, としての不安感, としての叫び, としての感受性, としての神経, としての自覚, としての飛躍, としての鴎外, とその, となる, とは對蹠的, とは言, などと称する, なの, ならでは, なら誰, にとっては決して, にとって実に, になり切れない, になれ, になれない, にはことに, にはむずかしい, には牛, には起り, には近代人, には鳥渡, にも直ぐ, に一大警告, に一番缺, に何ん, に欠乏, に較べ, のいわゆる, のきわめて, のしかも, のちゃきちゃき, のやう, のよう, のアンニュイ, のタイプ, のドライ, の一種, の世界的表象, の中, の伝統破壊, の作, の俤, の偶然性, の光, の共同体, の努力, の古典画作り, の句, の命, の夢, の大きな, の実行, の得意, の心理問題, の必然, の思想, の恥ずべき, の恥辱, の悪魔的, の悲しみ, の情念, の想像, の感受性, の感覺, の感触, の懐疑, の懐疑的, の持ち得る, の捕え, の敏感さ, の最大, の求め, の満足, の父, の特典, の特徴, の特色, の現実, の生活, の生涯, の病的, の眼, の知性, の知能以上, の社会性, の神秘感, の科学的批判的意識, の精神生活, の絶え, の絶望的, の考へ, の自意識, の自殺, の致命的, の苦悶, の複雑, の視覚, の認識, の誰, の資格, の資質, の趣味, の逆, の道徳, の闘争趣味, の随筆日記, の食いもの, の香水, は, はあの, はいかに, はかえって, はこれ, はじつに, はそれ自体, はたいがい自分, はむなしき, はオスカー, はバルザック, はパッシーブ, は不幸, は何と, は偉大, は兎角, は同感, は娯楽, は娯樂, は思え, は拱手傍観, は故郷, は条件, は條件, は皆そこ, は石英, は自己, は誰, は近代, は近江八景, は霊肉, ばなれ, ほどの深, もともに, よというよう, よりは一層, らしい截断, らしい男, らしい知性, らしい身辺, を動かしつ, を悦ばせ, を惑わし, を陶酔, を魅縛, 特に都会人

▼ 近代~ (196, 4.3%)

25 なって 17 於て 11 至って 6 於ては 5 入って, 至るまで 4 於いては, 特徴的な 3 なると, 及んで 2 あつて, なってから, 入ってから, 於ける新, 於ける最も, 於ても, 至りその

1 [99件] あっては, あるまい, いたるまでは, なってからの, なっては, なっても, なりましてから, なるまで, のこされたただ, ふさわしい処理, もし思ひ, 下って, 伝承せられた, 依つて解釈, 倚つての, 入つて, 入つて異常, 入りフランス, 全く例, 出発した, 初めて起った, 到って, 到ると, 到るまで, 到る史実, 及び維新前, 及んだ, 及んでも, 古典主義の, 向うて, 向う豊富, 向って, 固有な, 垂るる, 始まつた事, 寄せられた信, 復活しよう, 応用すべき, 接近し, 新に, 於ける, 於けるイデオロギー論, 於ける一般的, 於ける世界, 於ける古典韻文, 於ける史學, 於ける多く, 於ける女子, 於ける存在, 於ける常識, 於ける性, 於ける散文, 於ける演劇革命, 於ける照明科学, 於ける眼ざま, 於ける短篇詩, 於ける芸術, 於ける芸術理論, 於ける藝術, 於ける詩, 於ける資本主義文明, 於ける非, 於る, 明史が, 明瞭に, 是非なけれ, 最も光彩, 最も類似, 根を, 比肩し得る, 泥み過ぎるかと, 激しい内攻症, 特有な, 生きながら, 生きる孤高, 生まれた我々, 生れ出た, 砕けて, 稀なる, 続いて, 育てられたところ, 至っても, 至って悲しむべき, 至って衰滅, 至つて, 至つては, 至つてフアアスは, 至つて新井白石の, 至つて益々, 至つて色々な, 至り交通機関, 至ると, 至るほど, 至るまでの, 至る諸, 豊富な, 起った野蛮人, 近づくほど, 這入って

▼ 近代~ (131, 2.9%)

4 の父, の諸相 3 の名, の研究, の舞台, の遺産

2 [13件] が先, といふ名称, とその, の一つ, の中, の女, の流, の源, の特色, の移入, の血統, の誕生, はここ

1 [85件] がそれ, がなるほど, が偶, が如何, が演ぜられ, が甚だしく, その区別, であるとも, といえ, といふもの, とかいふ場合, としても在, として批判, との地盤, とは, と呼ばれ, と演出, についての諸, にも劣らない, によく, に一番親しみ, に到る, に対する批評者, に於, に於ける, の一エポック, の上, の上演, の主題程度, の二明星, の亡霊, の伝統, の内幕, の別名, の古典, の史的研究, の多岐多端, の始祖, の姿, の巨匠, の年老いた, の形式, の影響, の思想, の意義, の或, の日本版, の普及, の最大性格, の最高峰, の本流, の洗礼, の流れ, の発生, の目指した, の相貌, の祖先, の移植, の系図, の翻訳及, の舞台的イメージ, の舞台面, の芸術的純化, の著しい, の行き詰り, の試演, の進化そのもの, の重要, の開拓者アントワアヌ氏, はどうも, はシェイクスピイヤ, は云, は偶然, は先づさういふ意味, は如何なる, は当然, は断じて, は新劇, をや, を有, を紹介上演, を読ん, を貫く, を通じてある, 乃至それ以後

▼ 近代文学~ (95, 2.1%)

3 におけるデカダンス, に於 2 に現れた, のなか, の中, の文人, の自我

1 [79件] がいや, がその, が伝統, が全然, が彼, ではヴォルテール, という奴, といふもの, といふ奴, としての洗礼, としての独自性, として不動, として本質的, とは如何なる, など分る, において散文, において風刺文学, における散文, における旧き, には一種独特, には明, には殆, にも彼, にフランス文学, に於い, に親しん, の, のあたりまえ, のうち, のうみ, のため, のどこ, のテーマ, の一大主題, の世代論, の中軸, の作家たち, の傑作, の共通, の成長, の教養, の方, の最も, の本質, の本質的, の機械性, の歴史, の歴史的考慮, の殆, の洗礼, の理解, の発展, の知性感受性, の確立, の神経中枢, の第, の第一歩, の血脈, の要素, の記念塔, の諸相, の負ふた, の黎明, はつよい, はもっ, はブルジョア文学, は封建的モーラリティー, は新た, は百花, へ渡し, も淋しい, をもう, を以て自任, を昨日, を生ん, を眺めれ, を論ずる, 殊に写実主義文学, 殊に近代小説

▼ 近代~ (75, 1.7%)

6 して 3 されて 2 が先, された姿

1 [62件] がおくれ, が戯曲文学, が西洋文明, されず封建的, された享楽主義, された演劇, された装備, された都会的感覚, されても, されねば, されまして, されるで, され科学化, しきつて, したこと, したの, したやう, したジャーナリズム, した三, した中国, した伝統, した大通り, した日本, した武士道, した禅宗, した都会, しにくい, し科学化, し複雑化, すれば, せず歐米, せられて, せられない側面, だと, であり物理学, である, といふ一つ, といふ一点, といふ旗幟, といふ肝腎, として讃美, と共に消え失せよう, と散文的傾向, に他, のため, の一つ, の方向, の犠牲, の蔭, の過程, はたまたま, は後世, は急テンポ, へ解放, もしくは亜米利加化, もタカ, も遂に, や機械的, を人的条件, を大, を志し, を目指した

▼ 近代科学~ (63, 1.4%)

2 における実証的精神, の方法, の特色, の精

1 [55件] から見放された, が予知, が経験, が進歩, である, で説明, ときりはなす, との或, との相違, との蕪雑, においては物, に向っ, に立脚, に置換, に脅, に関してこの, のあらゆる, のもたらした, の一つ, の使徒, の力, の収穫, の名, の基礎, の実証, の実証性, の客観主義, の尖端, の影響, の成果, の所産, の摂取, の最も, の根柢, の泰斗ヘポメニアス氏, の流れ込んだ, の照明, の理論一点張り, の発達, の科学性, の精萃, の見物, の設備, の諸, の驚くべき, の驚異, の黎明, はわれわれ, は死, は物概念, は知識, への興味, をうまく, を悪用, 乃至近代自然科学

▼ 近代文明~ (58, 1.3%)

5 の欠陥 3 の世界 2 が初, のこの, の不幸, の特徴, の病癖

1 [40件] が歴史, って奴, という感じ, と新, には多く, によってまさに, によって而, に対する劣等感, に絶対, に醸された, のいかなる, のイロハ, の一切, の一般的傾向, の不思議, の中心, の主, の初期, の創設者, の勃興以来, の所産, の持ち得ない, の洗礼, の淵源, の特質, の発達, の薄暮, の許す, の讃美者, の麻痺作用, の黎明期, はルネサンス, は既に, は次第に, への関点, もまた, を取りいれた, を形成, を無上, を病ん

▼ 近代小説~ (57, 1.3%)

4 である, への道 3 といふの, の可能性, の形式, の思想性 2 の一つ, の発達

1 [33件] がはじめて, が爛熟期, というの, という大海, といふ言葉, とか近代劇, として確立, にでも出, にとってはただ, に花道, に近づい, のテーマ, の始源, の実践, の形式的可能性, の方向, の本質, の濫觴, の生成, の異境, の端, の群像中, は, はせいぜい, はやっと, は無限, は生れ得ない, は結局日本, は観念, への手, への発展性, までつまり, や世界

▼ 近代日本~ (56, 1.2%)

5 の婦人作家 4 の文学, の社会 2 というもの, の手, の文化, の日本人, の科学論, の精神, を代表

1 [29件] から一足, がついてようございます, が政治経済, が法治国, とこう, における新興コンツェルン, における複雑独自, にその, にとって先駆的, に於, のこの, のはじめて, のブルジョア文学, の印刷術, の心, の思想, の恋愛観, の支那, の文学意識, の権力, の産業界, の美人, の興行者, の誕生, の諸, の資本主義, の隠然たる, の音楽, を築いた

▼ 近代~ (55, 1.2%)

2 の一つ

1 [53件] があっ, がある, がなかっ, が低い, が即ち, が彼女, が志賀直哉, だ, ではないだろう, という健康, という照明, と合理性, と演劇的文学的, などのある, において高度化, にふさわしい, に対する抑, のなか, の中, の強調等, の欠如, の点, の織り込まれ, はかかる, はすべて, はもちこたえかねる, はラジオ, は二科, は以前, は光風会, は凡そ, は分化, は来年, は飲み込めない, や尖端的, や非, をもたらす, をもつ, をもつた, を与へよう, を創り出した, を帯びた, を強調, を指摘, を早く, を有っ, を発見, を肯定, を裏づける, を覗つて, を認め, を語っ, を頻りに

▼ 近代社会~ (53, 1.2%)

2 の特徴

1 [51件] がその, が法学的訓練, が特に, ではこの, で資本, としての日本, としての朝, としてはまことに, として国際的, として急速, として未曾有, として発展, と民主国家, と近く, における中心的, における市民道徳, にとって豊富, にのこされ, には近代社会, に何とか, に類, のあらゆる, のおくれた, のかく, のこと, のカテゴリー, の何千万人, の内部, の勃興期, の基礎, の大きな, の市民, の形, の征服事実, の必然, の成り立ち, の機構, の民主性, の生活, の病理的研究, の発生, の発達, の経済事情, の経済機構, の経済関係, の辿り着いた, の隅々, の階級, はその間, は封建, を支配

▼ 近代文化~ (41, 0.9%)

2 の精神

1 [39件] からも全く, が乗っ, が多種多様, が甚だしく, が確立, が近代産業, との奇妙, と民族的自滅, については中日両国, に対する自虐的, に押しのけられ, に於, の, のあらゆる, のありがた, のおくれた, のイデー, の一般, の中心, の大, の対立, の建設, の本質, の根本精神, の様相, の歴史, の源, の特色, の総, の裡面, の進歩, の都会性, の領域, は, はすべて他, はどんな, は稀薄, を支配, を特色

▼ 近代~ (39, 0.9%)

2 に解釈, の物

1 [35件] でしかも, で微妙, なささやか, なもの, なアパートメント, なイデエ, なオペラ, なロビー, な人, な図案, な大都市, な家具, な感情, な機械産業, な街, な銀行, に変容, に曾我, に謬, に飜訳, のゴチック様式, のドア, の乞食者, の劇場, の建物, の建築物, の油絵, の洋式客間, の洋装, の解釈, の試み, の詩作品, の語, を加味, を帶びたる上

▼ 近代思想~ (37, 0.8%)

2 に関する講演, の諸相

1 [33件] から云つて, がみずから, が築き上げたる, たる個人主義, ではないでしょう, といえ, などいう, にのみこだわる, にも十分, にカブレ, に眼, のアルファ, の一方, の先, の勇者, の合理主義, の啓蒙家, の基調, の支流, の本体, の理解, の究明, の聡明, の解剖, の誇り, の誤解, は彼等少年, をよめる, を俳句, を十分理解, を理解, を盛り, を縦横

▼ 近代都市~ (37, 0.8%)

2 になっ, の面影

1 [33件] が復興, が見える, である, では事柄, で歴史的, ということ, としての外貌, として好ましい, ならば, にさ, にとっては広島, にとって欠く, にはいくらでも, に溢れ, に生えた, の, の中, の中央, の交通機関内, の勤労大衆, の小売商, の建設過程, の文化的危機, の最も, の観念, の雑音, の風景, は別, は存在, も恐らく, らしい大陸橋, らしい輪郭, を造れ

▼ 近代生活~ (36, 0.8%)

1 [36件] からロマンチツク, から支那, といふもの, とそれ, にあっ, にまでなお, にグッ, に必要, のうみ出した, の一つ, の一地方色, の中, の事相, の太, の感覚, の断片記録, の明る, の混雜, の特色, の犠牲者, の研究, の表現, の詩的表現, の重要, の齷齪, は大, は教, は画家, は雑然, も短歌, をも論理, をよめる, を単に, を唯一, を描き, を読ん

▼ 近代主義~ (33, 0.7%)

2 の一つ, の始, の洗礼, の溌剌, の行き着いた, の運動

1 [21件] からも所謂伝統主義, が過去, と一見, と本質主義, と相, と結び, に打, に走り, の一面, の勃興, の墓地, の小団, の楽天家, の気まぐれ, の立場, の革命的色彩, はこれら, は何れ, を発揮, を証明, 諸傾向

▼ 近代国家~ (29, 0.6%)

3 としての日本 2 がその, としての面目, の形態

1 [20件] が専制国家, が成立, が文芸政策, が種々, としての弱体, としての発展, としての発達, として日本, と演劇政策, における如く, に於ける, の国家活動, の政治形態, の文化水準統一, の演劇政策, の発生, の行政, の面目, はあるまい, はこの

▼ 近代では~ (28, 0.6%)

2 神様や

1 [26件] かういふ崇高, かう云, そのミディアム, どうした, なく時, ほとんど考えられない, また鬼小島靖堂, もう妖精, イギリスだった, エゾは, ゴッホから, ポオル・クロオデルの, 丁度トルストイ, 主に, 前清, 徳川家康の, 歌舞妓芝居より, 洋服が, 淵の, 皆, 織物生産の, 苗を, 著しく美的, 資本主義の, 都会も, 長曾我部元親

▼ 近代精神~ (28, 0.6%)

1 [28件] が人間文化, が生れた, が科学的認識, だけを特色, だと, としての, との入りくんだ, においてヒューマニズム, のこの, の一面, の交渉, の何もの, の働きかけ, の先頭, の典型, の内容, の問題, の後進性, の歴史性, の流れ, の特長, の詩人, の造り出した, の非, は技術的精神, は見られない, を展, を比較

▼ 近代物理学~ (26, 0.6%)

3 に於ける 2 の世界史, の大家

1 [19件] ではこの, ではアマゾン型, では実際, には何, によって設立, に新, に関係, の危機, の所謂危機, の新天地, の最大, の発達, の目標, の諸, の進歩, の領域, は, への重大貢献, を進歩

▼ 近代~ (24, 0.5%)

1 [24件] この社会教育, これらについて, すべからく健全, そういった風習, その歴史, もう何ん, 一国内における, 亀卜で, 二百曲内外を以て, 何時までも, 信濃の, 合理性以外は, 国難内外に, 多くの, 根人腹の中から, 次第に多く, 澆季なりと, 生活を, 純然たる, 終りを, 表現方法の, 間違いばかりを, 関係概念或いは, 關係概念或

▼ 近代劇運動~ (20, 0.4%)

2 の後

1 [18件] がさう, と結びつき, なるもの, につづい, の一現象, の一面, の名, の此, の歴史, の流れ, の消息, の理論的帰結, の目標, の真意, の総, の進んだ, も初め戯曲, を全然

▼ 近代芸術~ (20, 0.4%)

2 の名

1 [18件] が伸び伸び, が生む, が西洋, こそがみずから, たる音楽, という事, において, にまで進化, に与, に心, の中, の画因, の線, の進化途上, はいつ, は単純, は映画, 又は思想

▼ 近代音楽~ (20, 0.4%)

2 の上

1 [18件] とはこの, については日本, に先駆, に至っ, に追随, の, のスタート, の勃興時代, の基礎, の堕落, の巨匠ドビュッシー, の建設者, の形, の最高形式, の発達, の黎明, へのスタート, を弄び

▼ 近代における~ (19, 0.4%)

1 [19件] ある種, それとは, アイヌ生活における, フォーブの, 世界的芸術の, 人間の, 印刷術ならびに, 多摩川風景の, 存在の, 新聞という, 機械の, 画家の, 真の, 自己意識の, 自我の, 自然科学及び, 自然科学的思惟の, 重要な, 鐵砲の

▼ 近代絵画~ (18, 0.4%)

3 の技法 2 の信用

1 [13件] が湧出, に対するこれ, のもつ, の優秀, の大, の性質, の手法, の構成, の生命, の画面, の花, は確実, への最初

▼ 近代~ (17, 0.4%)

1 [17件] この国土, 受け入れるだけの, 席捲した, 思はせるもの, 意味する, 打ち樹, 持たぬ現在, 支配する, 理解する, 示す燈台, 納得させる, 見ること, 認めがち, 謳歌し, 象徴する, 通って, 附加する

▼ 近代作家~ (17, 0.4%)

2 の地べた, の鬼, は狂人

1 [11件] が様々, としてのマイナス, とは限らず, に対するよう, に通じ, のそれぞれ, の影響, の手, の生活, の頭脳, は稀

▼ 近代女性~ (17, 0.4%)

1 [17件] である彼女ら, でないという, というもの, として彼女, とは何, と共にあの, の人間的, の恋愛, の感覚, の母, の肉体美, の脚線美, の自覚, の話, の誇張, の魅力, を示し

▼ 近代まで~ (16, 0.4%)

3 続いて

1 [13件] あつた, その生命, どういふ, 元服として, 存續した, 改作が, 残って, 県社ぐらいの, 穀物或は, 筋を, 美は, 行はれ, 食人肉の

▼ 近代活字~ (16, 0.4%)

1 [16件] が全, が渡來, とは切つて, に關心, の字母製造, の研究, の製法, の誕生, の運命, の重要さ, の重要性, は自分ひとり誕生, は開國, を創造, を工業化, を造りだす

▼ 近代科學~ (16, 0.4%)

1 [16件] が必要, が驚嘆, である, との相違, における實證的精神, のもたらした, の典型, の大宗, の客觀主義, の實證性, の誕生, の黎明期, は吾, は死, や文明, を別

▼ 近代資本主義~ (16, 0.4%)

2 の所産

1 [14件] から数百年, による消費, の一歩前進, の国, の国家, の段階, の生み出した, の生産, の発展, の祝福, はアダム, は日本, は自然科学, は自由競争

▼ 近代において~ (15, 0.3%)

1 [15件] この注文生産, これぐらゐ力強く, すべての, それが, たれひとり, もつとも巧妙, 人々は, 個性の, 前代から, 哲学的思想が, 商品の, 工藝は, 普通に, 演劇は, 精密科学の

▼ 近代~ (14, 0.3%)

1 [14件] が益々, である, で勝利, というもの, における神経中枢, にし, になく, にまき込まれた, に於, に於ける, の上陸地点, の方, はそれ, への必勝態勢

▼ 近代演劇~ (14, 0.3%)

1 [14件] に於ける, の一般性, の主潮, の審美的傾向, の帰着点, の心理的分野, の様々, の芸術的進化, の著しい, の迷宮, の進化, の運動, の過渡期, は脚本作家

▼ 近代産業~ (14, 0.3%)

1 [14件] がもっと, が世界市場, が資本制的, が近代文化, であるか, と云っ, にまだ, によって規定, に於ける, の分業, の初期, の発達, を何, を社会機構そのもの

▼ 近代~ (14, 0.3%)

2 と同じ, の持つ, を並列 1 であると共に, にて古く, に訳した, に通じ, に類似, に飜譯, もほ, よりももっと

▼ 近代感覚~ (13, 0.3%)

2 を以て古語

1 [11件] が消化, であ, であるので, としても先走, なぞというもの, による象徴詩, に富む, に満ち, の漢文調, の素晴らしい, を欠く

▼ 近代的感覚~ (13, 0.3%)

1 [13件] があった, が察知, が探偵小説, とか直線的鋭敏性, によつて, によつて処理調合, のない, の柔軟, をもちました, をもつた, を以てラシイヌ, を喜ばす, を織り込んだ

▼ 近代風景~ (13, 0.3%)

2 ではない

1 [11件] だそして, として印象深く, の一つ, の様, の裏, の裡, はかなり, を世界, を断片的, を聯想, を観賞

▼ 近代~ (12, 0.3%)

2 毒に 1 どういふ, もう一度むかし, 人に, 実存致し, 少いです, 平民發展時代といふ, 来て, 科学者と, 花開きそめたと, 襲って

▼ 近代といふ~ (12, 0.3%)

3 もの 2 ことが 1 ことの, ものが, ものな, ものに, ものを, 今は, 意味が

▼ 近代にな~ (12, 0.3%)

2 つては, つても 1 つてから, つてからは, つてその, つてわれわれの, つて史通を, つて宮廷に, つて東洋殊に, つて突如

▼ 近代~ (12, 0.3%)

1 [12件] であった, なホテル, な炉, にデリケート, に言, のこの, の大, の娘, の建物, の機械, の百米選手, の綺羅びやかな現代式

▼ 近代日本文学~ (11, 0.2%)

2 の異色作家 1 が自ら負はず, にあっ, にとっての暁, に最も, のあらゆる, の伝統, の歴史, の混乱低迷, の黎明

▼ 近代での~ (10, 0.2%)

5 出来事に 2 出来事である 1 不幸な, 人物である, 工藝の

▼ 近代思潮~ (10, 0.2%)

1 が叫ぶ, において彼ら, に接触, のそれ, の一大源泉, の偏向, は昔日, や資本主義, を走らせよう, を追う

▼ 近代戦争~ (10, 0.2%)

2 のこの 1 からみる, というもの, の兵器, の惨劇, の決定的要素, の無制限, は実は, は本質的

▼ 近代~ (9, 0.2%)

1 があり, が無, が稀薄, が這入つ, といふの, に富ん, の誘惑, をもつた, を楽しめ

▼ 近代哲学~ (9, 0.2%)

1 によって知識, に就い, の一つ, の対立物, の最も, の考え方, はイギリス唯物論, は考えた, を代表

▼ 近代~ (9, 0.2%)

1 がまるで, が都会, で遊戯的, になっ, に蝉脱, のタイプ, の典型, は朗らか, を相手

▼ 近代自然科学~ (9, 0.2%)

1 から極めて, に対する唯物論的解釈, に於, に特徴的, の根本的, の特色, の自然観察, の超, は要

▼ 近代フランス~ (8, 0.2%)

1 において起った, に於, の仙骨ジュール, の作曲家中, の尖端的影響, の画家たち, の野蛮人, の頽廃的

▼ 近代企業~ (8, 0.2%)

1 でいやがる, としてのジャーナリズム, としての一印刷工場, としての映画, としてもつ, として様々, として農業, の列

▼ 近代古典~ (8, 0.2%)

2 として有名 1 が自分, となる, と云うべき, の中, の再演, らしく面白かっ

▼ 近代~ (8, 0.2%)

1 にとって忘, の浪曼運動, の薄い, の見直し, は思え, を中心, を本, を知る

▼ 近代~ (8, 0.2%)

4 を受け 1 が纏綿, とも交響, と合, を現

▼ 近代文芸~ (8, 0.2%)

1 のらち外, の一特色, の取材, の将帥, の特質, の研究, の祖, の進化

▼ 近代には~ (7, 0.2%)

1 ないよう, 二つの, 人類精神史の, 垢は, 珍らしい, 生じたので, 色々の

▼ 近代世界~ (7, 0.2%)

1 と古代世界, の中, の多数, の文学, の状態, へはいった, を眺め廻し得る

▼ 近代劇協会~ (7, 0.2%)

1 だの, にいた, にゐた, の, のスター, は第, へ入

▼ 近代~ (7, 0.2%)

1 としても之等, と比較, に比し, の方, はいずれ, は主観, は動的

▼ 近代将棋~ (7, 0.2%)

1 といふ新しい, に二手損, に反抗, に対して坂田, の合理的, の理論, の産みの親

▼ 近代工業~ (7, 0.2%)

2 の基礎 1 が勃興, のおどろくべき, のリズム, の一部, の世界的水準

▼ 近代武器~ (7, 0.2%)

2 の威力 1 が発達, による戦争, に対処, の鋼鉄バネ, や文明品

▼ 近代画家~ (7, 0.2%)

4 の絵 1 の大概, を悦ばしめた, 例えばターナー

▼ 近代説話~ (7, 0.2%)

1 というの, という名, という小説, という方法, として書いた, と自称, の領域

▼ 近代~ (6, 0.1%)

1 いえば, 上人に, 宗教藝術が, 最も先駆的, 最も感服, 見ても

▼ 近代ジャーナリズム~ (6, 0.1%)

1 の抑, の生れ, はその, はブルジョア, は全く, は近代アカデミズム

▼ 近代ヨオロッパ~ (6, 0.1%)

1 では過去, においては過去, において人口, には人, の主要諸国, の政策

▼ 近代新聞紙~ (6, 0.1%)

1 が発生, に限らず, のもつ, の初め, の諸, は新聞社財政経営主体

▼ 近代的女性~ (6, 0.1%)

2 で無い, に特有 1 があるだろう, の標本

▼ 近代~ (5, 0.1%)

1 いえども, 一口に, 呼ばれる音楽, 申しましても, 調和し

▼ 近代写実主義~ (5, 0.1%)

1 が生んだ, の完璧, の洗礼, の精神, の齎した

▼ 近代写生~ (5, 0.1%)

1 が非常, であるところ, の中, の特色, の的確さ

▼ 近代医学~ (5, 0.1%)

1 が発達, の威力, の悪弊, の証明, は健康

▼ 近代女流俳句~ (5, 0.1%)

1 というもの, の塁, の息吹, は写生, は大正七年以降全国的

▼ 近代建築~ (5, 0.1%)

1 が着手, である, でないの, といっ, もまた

▼ 近代戯曲~ (5, 0.1%)

1 とか近代, に含まれる, のいくつ, の一見本, の大部

▼ 近代民主主義~ (5, 0.1%)

1 の先駆者, の基本的人権, の対立, の要素, を確立

▼ 近代的唯物論~ (5, 0.1%)

2 がまた, の名 1 によって物

▼ 近代的教養~ (5, 0.1%)

2 をもつた 1 とは没交渉, と常人以上, を身

▼ 近代的特色~ (5, 0.1%)

1 ある写生句, と云うなら, は或は, を帯び, を見る

▼ 近代的生活~ (5, 0.1%)

2 はその 1 と悦楽, は如何なる, をやつ

▼ 近代的科学~ (5, 0.1%)

1 のこの, の力, の名, の驚異, はこれ

▼ 近代的設備~ (5, 0.1%)

1 に莫大, の全, の場所, の脚下, を施し

▼ 近代青年~ (5, 0.1%)

1 に対するあなた, の, の懐疑思想, よりも貧しく, らしい眉

▼ 近代にも~ (4, 0.1%)

1 似て, 各種の, 少なくなかった, 武家の

▼ 近代までの~ (4, 0.1%)

1 それと, 学者は, 所謂武家なる, 物々交換の

▼ 近代スポーツ~ (4, 0.1%)

1 でも死球, のよう, の内面, の背景

▼ 近代ファルス~ (4, 0.1%)

1 であるため, の形式, の新鮮, の最も

▼ 近代ヨーロッパ~ (4, 0.1%)

1 の懐疑主義, の文学, の文学精神, の芸術

▼ 近代世相~ (4, 0.1%)

1 における人, に於ける, の二方面, は見る

▼ 近代人的~ (4, 0.1%)

1 なもの, な教養, な知識, な過敏

▼ 近代仏蘭西~ (4, 0.1%)

1 に於ける, の小説, の石版画, の音楽

▼ 近代劇全集~ (4, 0.1%)

2 が出る 1 がない, とが読者

▼ 近代~ (4, 0.1%)

1 のヴァルバ, の技術主義, の株式, の賭博心

▼ 近代市民社会~ (4, 0.1%)

1 になっ, の無かっ, の生活史, は狭隘

▼ 近代~ (4, 0.1%)

2 の大 1 でしょう, でせう

▼ 近代文士~ (4, 0.1%)

2 が即, はみんな複雑

▼ 近代新聞~ (4, 0.1%)

1 が表面上ニュース中心主義, の現状, の発祥地, の表向き

▼ 近代~ (4, 0.1%)

4 の精神

▼ 近代演劇運動~ (4, 0.1%)

3 の諸相 1 の決定的

▼ 近代~ (4, 0.1%)

1 の手法, の模写, ばかり買う, を収め

▼ 近代的傾向~ (4, 0.1%)

1 から多少, は商品, は無意味, を自然主義

▼ 近代的情熱~ (4, 0.1%)

2 の燃 1 を持っ, を持つ

▼ 近代美術館~ (4, 0.1%)

1 から扇ヶ谷, ではこの, は, もなく

▼ 近代説話もの~ (4, 0.1%)

1 については聊か, はたいてい, を書くだろう, を止めよう

▼ 近代から~ (3, 0.1%)

1 だん, 現代も, 筆が

▼ 近代でも~ (3, 0.1%)

1 めが, 余りわれわれ, 必しも

▼ 近代とか~ (3, 0.1%)

1 分けましても, 古代とか, 申して

▼ 近代ほど~ (3, 0.1%)

1 官吏の, 罪の, 貴人と

▼ 近代デモクラシー~ (3, 0.1%)

2 は内面的 1 の特色

▼ 近代ドイツ~ (3, 0.1%)

1 がその, の文学史家, の発達

▼ 近代フランス人~ (3, 0.1%)

1 とより, の, のうち

▼ 近代ブルジョアジー~ (3, 0.1%)

1 の最も, の能動的命題, を成長

▼ 近代リアリズム~ (3, 0.1%)

1 という, の初期, の強烈

▼ 近代主義者~ (3, 0.1%)

1 が古典, たるべくあまりに, はこれ

▼ 近代伝説~ (3, 0.1%)

1 とは茲, の試み, はそれ

▼ 近代兵器~ (3, 0.1%)

1 のそれ, の殺戮力, を持たない

▼ 近代初頭~ (3, 0.1%)

1 に於, に於ける, の端手

▼ 近代劇作家~ (3, 0.1%)

1 とされる, としてのあらゆる, の一人

▼ 近代印刷術~ (3, 0.1%)

1 が全, のため, の歴史

▼ 近代名家~ (3, 0.1%)

1 の作家, の彫刻, の揮毫

▼ 近代女流~ (3, 0.1%)

1 によってあます, のもの, の句

▼ 近代恋愛~ (3, 0.1%)

1 なの, の形相, の種々相

▼ 近代技法~ (3, 0.1%)

2 の特質 1 の悪

▼ 近代探偵小説~ (3, 0.1%)

1 に一つ, の流儀, の鼻祖

▼ 近代支那~ (3, 0.1%)

1 で天子, に成り立った, の一享楽主義者

▼ 近代文学史~ (3, 0.1%)

1 に通じ, の上, を通じ

▼ 近代~ (3, 0.1%)

1 声の, 技法の, 聲の

▼ 近代日本人~ (3, 0.1%)

1 でありそれ, であるといふ, の文化意識

▼ 近代日本女性~ (3, 0.1%)

1 であって, の性格, の複雑

▼ 近代様式~ (3, 0.1%)

1 で町, にかかわらず, の数寄

▼ 近代機械~ (3, 0.1%)

1 が国定忠次ばり, によれる, のよう

▼ 近代機械文明~ (3, 0.1%)

1 の最大, を呪つて自然, を建設

▼ 近代民主化~ (3, 0.1%)

1 させて, の遂行者, を完成

▼ 近代無双~ (3, 0.1%)

3 の名僧

▼ 近代~ (3, 0.1%)

1 だそう, なん, の根本性質

▼ 近代的思想~ (3, 0.1%)

1 であり得ない, としての一貫, を持ち過ぎ

▼ 近代的戦争~ (3, 0.1%)

1 が自国, に於, も単に

▼ 近代的範疇~ (3, 0.1%)

1 との間, と同, に当てはめ

▼ 近代的精神~ (3, 0.1%)

1 のやう, のよう, の洗礼

▼ 近代的統一国家~ (3, 0.1%)

1 の概念, へと護り育てよう, への歩み

▼ 近代的色彩~ (3, 0.1%)

2 を与へられた 1 の濃い

▼ 近代知性~ (3, 0.1%)

1 と戦争, にはびこる, の生活感覚

▼ 近代社會~ (3, 0.1%)

1 の發展, の辿り着いた, は專制

▼ 近代~ (3, 0.1%)

1 であると, の特質, は爛熟

▼ 近代美人~ (3, 0.1%)

1 が輩出, を見る, を論ずる

▼ 近代自意識~ (3, 0.1%)

2 に伴う 1 の目ざめ

▼ 近代~ (3, 0.1%)

1 が懐ろ, を帯びる, を欠い

▼ 近代観念論~ (3, 0.1%)

1 とフィロロギー, にも通用, の一つ

▼ 近代設備~ (3, 0.1%)

1 が櫛比, の完備, は昨年

▼ 近代調~ (3, 0.1%)

1 と言, の演劇殿堂, を代表

▼ 近代諸国~ (3, 0.1%)

1 のいずれ, のそれ, の農業

▼ 近代資本主義社会~ (3, 0.1%)

1 の機構, へと人間らしい, への移行

▼ 近代醫學~ (3, 0.1%)

1 が發達, の光, は健康

▼ 近代野蛮人~ (3, 0.1%)

1 といふ語, の功績, の貪婪

▼ 近代風俗~ (3, 0.1%)

1 の一つ, は真似たくない, をよめる

▼ 近代そのもの~ (2, 0.0%)

1 の敗北, の複雑

▼ 近代とは~ (2, 0.0%)

1 替つた昔, 江戸の

▼ 近代とを~ (2, 0.0%)

1 問わず偶像教, 混合する

▼ 近代においては~ (2, 0.0%)

1 ある程度まで, 現実には

▼ 近代への~ (2, 0.0%)

1 扉を, 過渡時代に

▼ 近代までも~ (2, 0.0%)

1 さうせられ, 地方語の

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 またトルストイ, 古代も

▼ 近代インテリ~ (2, 0.0%)

1 でありしかも, のあらゆる

▼ 近代ドイツ文学~ (2, 0.0%)

2 の最高峰

▼ 近代フランス音楽~ (2, 0.0%)

1 の最も, をよい

▼ 近代世紀~ (2, 0.0%)

2 の幸福

▼ 近代主義的~ (2, 0.0%)

1 であり又は, な優位

▼ 近代主義的傾向~ (2, 0.0%)

1 にそれぞれ, に走らず

▼ 近代主義的遍路~ (2, 0.0%)

1 であったから, であつ

▼ 近代乃至~ (2, 0.0%)

1 現代の, 現代自然科学又は

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 をあ, を歴史上

▼ 近代以前~ (2, 0.0%)

1 であり出発点以前, の日本

▼ 近代以降~ (2, 0.0%)

1 の人間, の日本文学

▼ 近代俳優~ (2, 0.0%)

1 の定め, の特色

▼ 近代俳句~ (2, 0.0%)

1 の一つ, の精神

▼ 近代劇中~ (2, 0.0%)

1 の老, わが日本

▼ 近代劇場人~ (2, 0.0%)

1 としての意義, の何人

▼ 近代労働者~ (2, 0.0%)

1 の感覚, の生活

▼ 近代化学~ (2, 0.0%)

1 に対する偏見, に讃辞

▼ 近代原子物理学~ (2, 0.0%)

1 の父ボーア, の素描

▼ 近代唯物論~ (2, 0.0%)

1 の諸, への移行

▼ 近代商業~ (2, 0.0%)

1 のバビロン, の輝き

▼ 近代啓蒙主義~ (2, 0.0%)

2 の倫理

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 新聞の, 新聞紙では

▼ 近代婦人~ (2, 0.0%)

1 の場合, の意志

▼ 近代学者~ (2, 0.0%)

1 が不案内, の冷笑

▼ 近代市民的~ (2, 0.0%)

2 大新聞

▼ 近代常識~ (2, 0.0%)

1 として受け容れられ, の極めて

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 と古典, を古典表現

▼ 近代思想史~ (2, 0.0%)

1 の中, の内

▼ 近代思想界~ (2, 0.0%)

1 の紛糾, の豊富さ

▼ 近代悲劇~ (2, 0.0%)

1 の好, を形

▼ 近代情癡集~ (2, 0.0%)

1 の序, の序詞

▼ 近代或は~ (2, 0.0%)

2 現在の

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 に較べる, は一體相手

▼ 近代技術~ (2, 0.0%)

2 が人間生活

▼ 近代文学研究~ (2, 0.0%)

1 が出たら買っ, は二月号

▼ 近代文學~ (2, 0.0%)

1 に比較, をくま

▼ 近代文明呪詛~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 近代文明国~ (2, 0.0%)

1 の刑法原理, の演劇

▼ 近代文献学~ (2, 0.0%)

1 が主, の始まり

▼ 近代日本印刷術~ (2, 0.0%)

1 の, の始祖

▼ 近代映画~ (2, 0.0%)

1 でもPCL, の俳優

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 にする, の節廻し

▼ 近代機械術~ (2, 0.0%)

2 の歴史

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 にその, に自由劇場以後

▼ 近代民間~ (2, 0.0%)

2 の湯具

▼ 近代洋画家~ (2, 0.0%)

2 の生活断片

▼ 近代活字創成~ (2, 0.0%)

1 のため, の歴史

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 のポンピキはじめパンパン, の彫塑家

▼ 近代牧畜民族~ (2, 0.0%)

2 における人口

▼ 近代病者~ (2, 0.0%)

1 の一例, は

▼ 近代的テンポ~ (2, 0.0%)

1 に乗せ, を与へる

▼ 近代的ヒューマニズム~ (2, 0.0%)

1 とちがっ, の尺度

▼ 近代的ファルス~ (2, 0.0%)

2 の典型

▼ 近代的リアリズム小説作法~ (2, 0.0%)

1 が命じ, の命じ

▼ 近代的リゴリズム~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 近代的個性~ (2, 0.0%)

1 の確立, の自覚

▼ 近代的婦人~ (2, 0.0%)

2 も案外

▼ 近代的学問~ (2, 0.0%)

1 に於ける, の特色

▼ 近代的富豪~ (2, 0.0%)

1 にはり倒される, のハリケエン・ハツチ

▼ 近代的小説~ (2, 0.0%)

1 でない所以, の悧巧

▼ 近代的恋愛~ (2, 0.0%)

1 でしょうね, の一例

▼ 近代的扮装~ (2, 0.0%)

1 に身, をし

▼ 近代的探偵小説~ (2, 0.0%)

1 の名, を日本

▼ 近代的方法~ (2, 0.0%)

1 に依っ, は人間

▼ 近代的漫歩~ (2, 0.0%)

2 のため

▼ 近代的産業~ (2, 0.0%)

1 がない, に従事

▼ 近代的発展~ (2, 0.0%)

1 が如何なる, の発現

▼ 近代的社會主義諸政黨三民主義~ (2, 0.0%)

2 の中國國民黨

▼ 近代的自我~ (2, 0.0%)

1 の確立, を主張

▼ 近代的芸術論~ (2, 0.0%)

1 はどんな, も正しい

▼ 近代的表現~ (2, 0.0%)

1 となつ, を与

▼ 近代的要素~ (2, 0.0%)

1 にも優れ, の存在

▼ 近代的風景~ (2, 0.0%)

2

▼ 近代知識人~ (2, 0.0%)

1 がその, の苦悩

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 に入る, は先づ浅草

▼ 近代経済~ (2, 0.0%)

1 が云われる, の二重

▼ 近代美術~ (2, 0.0%)

1 に鋭い, はほとんど

▼ 近代英語~ (2, 0.0%)

1 に至つて, はこの

▼ 近代~ (2, 0.0%)

2 に映じた

▼ 近代~ (2, 0.0%)

2 に映じた

▼ 近代詩人~ (2, 0.0%)

1 に追, の粋

▼ 近代詩壇~ (2, 0.0%)

1 にエポック, に呼び返した

▼ 近代詩趣~ (2, 0.0%)

2 の一年

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 士伝略, 外國語の

▼ 近代資本~ (2, 0.0%)

1 の力, の方向

▼ 近代~ (2, 0.0%)

1 永く續, 集めて

▼ 近代道徳~ (2, 0.0%)

1 だよ, の原理

▼ 近代道路~ (2, 0.0%)

1 が一番, である

▼ 近代都市風景~ (2, 0.0%)

1 のなか, のもっとも

▼ 近代醫術~ (2, 0.0%)

1 は日本, や太陽暦

▼ 近代青年男女~ (2, 0.0%)

1 の好み, の間

▼1* [582件]

近代СССРの感, 近代その支那, 近代からは其時代に, 近代これに比肩, 近代さ自然への挑戦, 近代ずっと下ざま, 近代ずつと下ざまの, 近代からことごとく, 近代つまり人間を, 近代でありそれが, 近代であるか何年位, 近代でないと知れる, 近代というものには, 近代とに於て, 近代などに見いだされない美しい, 近代ならアルペンストックさては, 近代なるものを, 近代においても必ず感謝, 近代について見ると, 近代へと降つて來, 近代までは富みが, 近代までを一つの, 近代まれに見る, 近代めずらしい武道家, 近代もの以外は, 近代現代の, 近代汝の, 近代よほど世人から, 近代らしい顔つきは, 近代わずかに一期, 近代を以て之を, 近代アカデミイとしての人的統一, 近代アカデミズムに較べ, 近代アカデミックに対し原の, 近代アカデミーを含む, 近代アメリカ娘である, 近代イギリスの三, 近代イソップ物語の原理, 近代インテリゲンチャの自己反省, 近代インテリゲンチャ不安の相貌, 近代エジプトの人口, 近代カトリック系のドイツ哲学, 近代カブキの表現, 近代カラーなどと賣, 近代キリスト教はその, 近代ジヤズに魅力, 近代ジヤーナリズムの外, 近代ドイツ派の好き, 近代ドイツ観念論者は考える, 近代ドイツ風の交響曲作曲家, 近代ニ至テ世界列強ガ戰爭ヲ開始セントスルトキ悉ク自他, 近代ハ江東ニ多ク, 近代ビルディングがそびえ, 近代フアアスの精神, 近代フランス劇の消長, 近代フランス印象派画家マネモネピサロ等の一団, 近代フランス文学を研究, 近代フランス画のウイスタフカ, 近代フランス美術界で名うて, 近代フランス趣味は万人, 近代ブルジョアの観念, 近代ブルジョア哲学上すでに一定, 近代ブルジョア文化は模倣, 近代ブルジョア新聞紙を正直, 近代ブルジョア社会学が社会, 近代プロヴァンス語を文芸, 近代ペルシアをなおす, 近代ボーイにおけるマルキシズム, 近代マキャベリズムの一つ, 近代マニヤ連中の内, 近代ヨオロッパ人のすべて, 近代ヨオロッパ諸国における人口, 近代ヨーロッパ文学はキリスト教, 近代ヨーロッパ社会と全然, 近代ヨーロッパ語をよく, 近代ヨーロッパ諸国とが相違, 近代レアリズムの精神, 近代ロココ趣味やピスカートル, 近代ロシア文藝から影響, 近代ロマンチック精神の育くまれ, 近代ロマンティシズムの初め, 近代一列である, 近代一社会層の解説, 近代世界全体を支配, 近代世界経済の鍵, 近代中国の優秀, 近代中国資本主義の立役者, 近代中産階級劇のトップ, 近代中華より來, 近代主婦と云ひたい細君, 近代主義的舞台の建設, 近代主義的運動の功績, 近代事務性に欠け, 近代交通機関に於ける, 近代人たるに近, 近代人ラフマニノフに残っ, 近代人一般の国家社会, 近代人世の事, 近代人特有のもの, 近代人的態度を持する, 近代人的王と呼んだ, 近代人的神経質さにも微笑, 近代人相応の感覚, 近代人都会人であること, 近代人類の希臘以来, 近代人類史であると, 近代仏蘭西演劇の最も, 近代仏蘭西諷刺劇の登場人物, 近代以後の人間世界, 近代以来であるという, 近代企業銀行会社の創立, 近代い書生, 近代佛蘭西の名, 近代信濃の深山, 近代個人の道徳, 近代倫敦ボーイのある, 近代偶像破壊者の模倣, 近代僧侶気質として私, 近代儒家文人詩文唐山真蹟書画本邦諸国地図唐山蛮方地図草木金石珠玉点介鳥獣古銭古器物, 近代元明以後最も支那, 近代元禄天明の差異, 近代先覚者の名, 近代全く蛇を, 近代六大家の秀歌, 近代写実劇の典型, 近代出来でない様子, 近代出版業者たちと日夜, 近代出版現象の代表的, 近代初期に至る, 近代制度の罪業, 近代劇一面の傾向, 近代劇上演からは, 近代劇史の知識, 近代劇場のいかなる, 近代劇山脈の高, 近代劇文學の尖端人, 近代劇的な額縁, 近代劇研究者の脳裏, 近代劇芸術の本質的進化, 近代劇論科白原論視覚芸術論音楽解説演出研究演技論及び各, 近代勞働者の階級, 近代勤労婦人発生の黎明期, 近代化せばそれだけ, 近代化そうとした, 近代化シ世界化シテ來ルベキ第二, 近代化劇場文化の向上, 近代化誰にも分つ, 近代医術を身, 近代博物館の方, 近代印象派の詩, 近代即ち道光頃から, 近代原子論は原子物理学, 近代厭世思想の上, 近代及び現代の, 近代及現代文学は勉強家, 近代古典作家の生活, 近代史これがどこ, 近代史上に蹴上げ, 近代史原始と新進, 近代史学の学問的方法, 近代史家諸兄の御, 近代哲学的用語の一つ, 近代哲學に至る, 近代商品化それに基く, 近代商業主義のため, 近代商業芸術の創造, 近代啓蒙時代にあった, 近代図書館の装い, 近代国家イギリスを盛, 近代国家建設の夢, 近代国家形成以後と見, 近代国家日本の基盤, 近代国家機構であったの, 近代國家が組織, 近代の娼婦, 近代大家の作品解説, 近代大都市の只中, 近代夫婦生活の新, 近代女性気質というもの, 近代女流歌人として税所敦子女史, 近代好みであった, 近代娘たちが短い, 近代婚礼の座, 近代の髪, 近代學界の一特徴, 近代宗教や科学文明, 近代官吏の常, 近代宿命論のまた, 近代寫實主義の先, 近代封建制の社会, 近代小市民生活の自主性, 近代小説史上最も偉大, 近代小説道を捨てさせ, 近代工場の煙突, 近代工学の素養, 近代工業それ自身が一つ, 近代工業国として持っ, 近代工業的規模の上, 近代工藝のどこ, 近代工藝家として最も, 近代市民の性格, 近代市民社会的ジャーナリズムに就, 近代市民革命にはブルジョア, 近代帝国主義の発展, 近代幾何と一致, 近代庭園の専門家, 近代庭園法の数学, 近代建築ニ作リ直しソコニ今度ハワレ, 近代建築物がのっ, 近代式文化登山は維新前, 近代の韮山頭巾, 近代彫刻を真似た, 近代応用美術におけるルネッサンス, 近代思想社から文芸評論集編纂, 近代性はちよつと他, 近代性フランスのデカダニズム, 近代性時代の尖端的, 近代性確立の問題, 近代性立体性の作品, 近代悲劇数篇を綴つて, 近代といふもの, 近代意識のなか, 近代感覚的な現, 近代感覺からはる, 近代或いは西閉伊郡とも, 近代戦術であ, 近代戯曲史の頂点, 近代戰用の白兵拔刀術, 近代捜査法を知らない, 近代擬装エナメルの色どり, 近代政治を與, 近代政治労働組合アプレ・ゲールの理念, 近代政治学の祖, 近代政治界の第一人者, 近代教養の槍衾, 近代数学がそんな, 近代文化一点張りの新, 近代文化人といふもの, 近代文化全般に対して有っ, 近代文化化された被服, 近代文化面の誇示, 近代文学グループのあやまり, 近代文学十二講や本間久雄, 近代文学同人たちの大, 近代文学思想の移入, 近代文学胎生期としての明治初年, 近代文学6では座談会, 近代文庫の一巻, 近代文明生活に於ける, 近代文章に慣らされた, 近代文章語体かそれとも, 近代方言風にはトリヨル・ユキヨル, 近代日本女子教育に一貫, 近代日本文学史で初めて, 近代日本洋画の古典, 近代日本語も一つ, 近代普通に亥歳, 近代を拭っ, 近代というもの, 近代智識人の姿, 近代盛んな, 近代朝鮮の排外スローガン, 近代の統一国家, 近代未だ此の, 近代本山より各, 近代東京においてもかなり, 近代棋戦の威力, 近代における個性, 近代構成派の喫茶店ナイル, 近代機智の閃き, 近代機械工藝の醜, 近代欧州の知識, 近代欧羅巴に於ける, 近代との間, 近代歐羅巴の伊太利語, 近代母性型黙つて, 近代なる木地屋, 近代民主主義的のもの, 近代民主主義的自由を想定, 近代民族国家としての日本, 近代氷河学の祖, 近代法理思想に及ぼせる, 近代洋画を談, 近代活動は空中, 近代活字發生前の貴重, 近代活版術の始祖, 近代海戦史上空前の大, 近代演劇論の口火, 近代之大, 近代物理化学の始祖, 近代物質文明に破壊, 近代獨逸に於, 近代現代の部, 近代現象学的なの, 近代理論物理学の傾向, 近代生活層の音響, 近代生活思想をよめる, 近代生活思潮に刺戟, 近代生活者としての好奇心, 近代生活面における支配的位置, 近代生産経済にうつる, 近代産業技術の高度, 近代産業発達の精神, 近代産業革命の余波, 近代用兵学を組織化, 近代男女の生活, 近代画家たちから区別, 近代画家ベックリン・ル・バロアはラテン芸術, 近代画家位い書生, 近代畫家中において磯野靈山, 近代妖編, 近代登山の発祥地, 近代發達は都市, 近代白耳義の所謂フアンドシエクル, 近代的お姫さまから生まれた, 近代的めし屋出でよ, 近代的エッセイの鼻祖, 近代的コケツトリイの一形態, 近代的コンプレックスが見られない, 近代的テーマを描く, 近代的デザインになる, 近代的デパートの黎明期, 近代的ノンシャランスの渋味, 近代的ハイカーの颯爽, 近代的バベルの塔は科学, 近代的ブルジョアが起つた, 近代的ブルジョアジーが長い, 近代的ホテルのごとき, 近代的ヤミ世相よりも室町中期, 近代的リアリズムとは言, 近代的リュックスなので, 近代的与件は単に, 近代的事例である, 近代的交通機関とその, 近代的交錯は藤原奈良, 近代的人情であらう, 近代的人物との調和, 近代的会議の技術, 近代的伝説美の創造, 近代的伝説製造業者の造つた架空, 近代的余韻のある, 近代的修養の第, 近代的個人主義ノ要求, 近代的先入見とから, 近代的光輝を放っ, 近代的写生的となる, 近代的包括性を与え, 近代的叙事詩とも言うべきだろう, 近代的合理主義の世界, 近代的合理的な勉強, 近代的合理精神というもん, 近代的唯物主義の最小限度, 近代的唯物論以外の何物, 近代的商品なの, 近代的問題をつけ加へた小説, 近代的営業法を誇る, 近代的器械を扱つた, 近代的國家の壓制, 近代的地方味がある, 近代的外皮に装われた, 近代的大衆的科學的な世界, 近代的大都市であるロオマ, 近代的天才には精神的事業, 近代的奢侈品の売店, 近代的奴隷はかくして, 近代的学問一般にとっての公然, 近代的封建制の整然たる, 近代的封建文化の発達, 近代的小説作家として技法的, 近代的工場経営に特徴的, 近代的工夫にもあります, 近代的市民である, 近代的形態の一つ, 近代的形象として許される, 近代的思惟への推移, 近代的思潮の到らぬ, 近代的悲劇がその, 近代的悲歌劇の筋書, 近代的悲痛が現れなけれ, 近代的情調を日比谷公園裏, 近代的意向を持たなかった, 近代的感受性と一種, 近代的憂苦のかげ, 近代的懐疑とか近代的盗賊, 近代的戦力の影, 近代的所産であるプロレタリア, 近代的技術から全く, 近代的技術学との連関, 近代的探偵小説家として私, 近代的政策力をもつ, 近代的数学であります, 近代的文化のイデー, 近代的文化意識から云っ, 近代的文学を中心, 近代的文章と云, 近代的新聞紙の最初, 近代的施設が農民, 近代的智能を傾け, 近代的更生と歩調, 近代的概念は, 近代的様相としては出版, 近代的武備を完了, 近代的武器をもった, 近代的民主主義の自覚, 近代的民衆常識の利用, 近代的気分に触れ, 近代的洋風の店構え, 近代的洗礼を受けた, 近代的演劇実の構成, 近代的無作法のあらわれ, 近代的無産者的基礎経験のうち, 近代的無産者的基礎經驗のうち, 近代的照明の設備, 近代的特性が現在新劇俳優, 近代的特質を十分調和, 近代的犯罪に適した, 近代的理念は思った, 近代的理性的でつまり, 近代的理解を手堅く, 近代的生活様式に依, 近代的生産諸力, 近代的産業部門の一つ, 近代的用語で云え, 近代的白髪染めとか, 近代的百貨店によって一般商人, 近代的盗賊とか近代的白髪染め, 近代的着色を施した, 近代的知性のヴェール, 近代的知識と情熱, 近代的神経性に駆られ, 近代的科学的な欲望, 近代的経営方法が行われ, 近代的経営者としての貫禄, 近代的織物が貴族的織物, 近代的罪過でした, 近代的美を徐々に, 近代的聡明な猿, 近代的芳香の飲料, 近代的芸術観が悪魔, 近代的術語なる, 近代的表情が生む, 近代的装釘技術の標本, 近代的装飾が勝手, 近代的製造工業のごとき, 近代的複雑さを示し, 近代的観念論は好ん, 近代的詩人の標本, 近代的詩劇の誕生, 近代的論理学が云わ, 近代的資本主義が自分自身, 近代的資格をほとんどまるで, 近代的軍隊も一つ, 近代的速度を備えた, 近代的造営物にはずいぶん, 近代的進化が特に, 近代的進歩の挫折, 近代的都会機械時代集団主義的意識に対して個人, 近代的都會美を輝, 近代的重工業の生産力, 近代的関心から生まれた, 近代的闊達と明朗, 近代的青年であったこと, 近代的顔貌は今日, 近代的風光たるを失はない, 近代的館の客, 近代的騎士性を賞美, 近代的高利貸の重, 近代的魅力とその, 近代眼科学の精髄, 近代知識と同時に, 近代知識人的な自覚, 近代知識層の冷やか, 近代硝子器の持つ, 近代社会中に第, 近代社会建設に向う, 近代社会成立の過程, 近代社会生活の飛躍, 近代社会相の上, 近代社会科学の光, 近代社会革命の精神的準備, 近代の認識, 近代神話に外, 近代科学そのものの力, 近代科学性は航空力, 近代科学的な社会科学, 近代科学的精神の発現, 近代科学的閘門の上, 近代科学者ではなかっ, 近代移住したもの, 近代れな鬼才, 近代空間の出現, 近代三階級, 近代精神そのものの一面, 近代精神のより健やか, 近代精神文化の独立, 近代精神理性へのよび, 近代経営のところ, 近代結婚生活の小説, 近代美学においてカント, 近代自由主義とデモクラシー, 近代自由思想の糧, 近代興業資本と結びついた, 近代航海探檢者, 近代航海術の鼻祖, 近代を打, 近代芸術家型に嵌まった, 近代夫人に, 近代英文学の社会観, 近代英米長篇探偵小説の八割, 近代茶人の無為, 近代茶房ミナトなどという看板, 近代藝術はこの, 近代裝備はなく, 近代西欧科学更にデモクラシー, 近代西洋の詩, 近代西洋式の流し込み, 近代西洋文学の一般的散文化, 近代西洋文學でも直接間接, 近代西洋画が存在, 近代言語学者中の最も, 近代訳することに, 近代に僅か, 近代語的な感覚, 近代語訳がない, 近代説話物であり後, 近代の現代びいき, 近代論理学から区別, 近代諷刺劇の一階梯, 近代警備をもっ, 近代讀みにする, 近代象徴詩の紹介, 近代資本主義世界を円形, 近代資本主義制度の世の中, 近代資本主義勃興期に生きた, 近代資本主義化が進ん, 近代資本主義国の間, 近代資本主義日本の特性, 近代資本主義最初の東廻選手, 近代資本主義生産の条件, 近代資本主義的の経営, 近代資本主義的学校教育ではこの, 近代資本主義的帝国主義の悪質, 近代資本主義的教養はこの, 近代資本主義的文化を持つ, 近代資本主義的生産方法の帰趨, 近代資本主義的発達に伴っ, 近代資本主義経営へ移り, 近代資本主義経済の深奥, 近代資本制後的文化との対立, 近代資本化への社会的混乱, 近代資本家貴族に転身, 近代資本社会の混合, 近代趣味を誇る, 近代軍需工業が最も, 近代邪宗門の徒, 近代都会人らしいデリカシー, 近代都市公園をめぐってつくられ, 近代都市化し得なかったわけ, 近代都市生活者の日常的, 近代都市生活自身が教育, 近代都市的区域も出来, 近代都市経済都市の玄関, 近代都市美の上, 近代都市風の流行ダンス, 近代都會人の嗜好, 近代重工業にもふさわしい, 近代野戦術に一大革命, 近代鉛活字を購入, 近代長門守殿内検地詰存外の上, 近代阪神国道を走る, 近代阿蘭陀の献, 近代電子的物質観への導火線, 近代電車に調和, 近代青年共通の大, 近代音楽全体をねらってる, 近代音楽史の上, 近代音響の中, 近代頓阿を歌聖, 近代頽唐の所産, 近代高速度の妄夢, 近代魔術はタンバリン, 近代魚類体中の飛行機