青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近づい~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

迎~ ~迎え 迎え~ 近~ ~近い 近い~ ~近く 近く~ 近ごろ~ ~近づい
近づい~
~近づいた ~近づく 近づく~ 近代~ 近年~ ~近所 近所~ 近江~ ~近頃 近頃~

「近づい~」 3958, 43ppm, 2720位

▼ 近づい~ (3847, 97.2%)

285 来た 141 来る 125 来て 106 行った 101 きた 85 来るの 82 見ると 81 くる 75 いった 69 くるの 65 きました 63 いた 53 みると 49 行くと 47 来ると 46 きて 41 来たの 37 いきました, 行って 36 来ました, 行く 34 來た, 行つた 29 いるの 27 きます 25 來る 21 いる, 行くの 19 ゆくと 18 ゆく 17 きたの, くると 16 来たので 15 くるよう, 来ます 14 いって, いること, ゐた 12 來て, 行きました, 見れば 11 来るよう 10 いました, 来た時, 行ったの 9 いくの, ゐる, 来たと

8 [11件] いきます, いたの, くるでは, それを, みますと, ゆくの, 何か, 来たよう, 来ない, 来る人, 行きながら

7 ゐるの, 来たが, 来ながら

6 いきますと, いるん, きたが, くる様子, ゐること, 声を, 来たかと, 行こうと

5 いくと, いたが, いるよう, きたとき, くる跫音, 参りました, 来たとき, 来るもの, 来る足音, 見た

4 [21件] いく, いたので, いったの, いつて, いながら, きたかと, くるにつれ, くるので, くる男, まいりました, 来たこと, 来ること, 来るでは, 来るに, 来るので, 来る様子, 来る気配, 来る者, 来る音, 行きます, 行くに

3 [54件] いつた, います, いると, いるもの, おいでに, きたから, きたこと, きながら, くるから, くること, くるもの, くるらしい, くる人, くる人影, そこを, それに, まいります, みた, みて, みました, みれば, みろ, よく見る, ゐるやう, ゐる事, ソッと, 中を, 仔細に, 來ました, 外を, 居る, 居ること, 彼は, 往った, 来それ, 来たから, 来たもの, 来たやう, 来るに従って, 来るやう, 来るらしい, 来る人々, 来る列車, 来る女, 来る提灯, 来る時, 来る男, 来る跫音, 耳を, 行きますと, 行ったが, 行っても, 見ること, 言った

2 [99件] いきましたが, いけば, いたには, いったが, いったところ, いった私, いて, いるという, いるとは, いるに, いるので, いる者, いる鼻, おります, おりますが, きたので, き彼, くるが, くるに, くるに従って, くるのに, くる小笠原, くる気配, くる者, くる足音, くる音, くれば, こようと, しずかに, そこの, その上, その中, その墓地, たずねた, ゆきそれ, ゆくにつれて, ゆこうと, ゐたが, ゐたの, ゐるので, ゐれば, 下を, 右の, 家の, 小声で, 居るの, 彼の, 往つた, 急に, 戸を, 握手し, 来そう, 来たり, 来たわけ, 来た事, 来た今日, 来た女中, 来た様子, 来た気配, 来た者, 来つつ, 来られるの, 来るし, 来るなり, 来るにつれ, 来るにつれて, 来るのに, 来る人声, 来る声, 来る奴, 来る機械, 来る汽車, 来る船, 来る騎馬, 来る騒ぎ, 来る鼠色, 様子を, 眉に, 背鰭が, 苔の, 行き, 行きたいと, 行きつつ, 行きましたが, 行くこと, 行くもの, 行く事, 行く心持, 行く時, 行けば, 行ける会話, 行つたのは, 行つて見る, 襖を, 見たいと, 見て, 見ては, 障子の, 顔を

1 [1082件 抜粋] あきらかに, あっちこっちから, あのよう, いいか, いきたいの, いきなりそれ, いきなりポケット, いきなり棒, いきスッ, いき彼, いく喜び, いたこと, いたため, いたよう, いたら父上, いたわり助ける者, いた人たち, いた同, いた彼, いた松蔵, いた田舎町, いた賈, いた頃, いっしょに, いったとき, いつか初めて, いつも必ず丹念, いますね, いやと, いよいよ完全, いらっしゃると, いるあいだ, いるかも, いるけしき, いるだろうという, いるとき, いるな, いるには, いるのに, いるはず, いるよ, いるらしく見える, いるスパイ, いる人, いる兆, いる場合ゆえ, いる気, いる私たち, うしろから, おそろしいめ, おりながら, おり客, お才, かえって悲しませた, かず枝, きたそして, きたそれ, きたまち, きた前, きた大吉, きた数点, きた気動, きた物音, きた頃, きては, きましたが, きますます, き扉, くるあいだ, くるけは, くるじゃ, くるとは, くるに従い, くるひびき, くるやいな, くるらしく光, くるトラクター, くる一つ, くる二つ, くる仮面, くる兵士達, くる嘉吉, くる坑夫, くる小野さん, くる巡邏, くる有様, くる殺気, くる男女, くる相手, くる羅門塔十郎, くる船員, くる車, くる金吾, くる風, くる鶏たち, くれるから, くれるなと, ぐっと手, こ, こないうち, こなかつた, この交番, この揉苦茶, こられて, これ, さしまねかれた笛, さて言った, ざくりと, しまいまして, しまう, しまふ, すでに敵, すばやく文, そこから, そして言った, そつと, そのふた, そのドア, その体, その姿, その手, その横, その片隅, その白紙, その窓, その胸, その輝きぐあい, その青白い, その顔, それでどうも, そろそろ稲, たるの, ついその, つぎの, とざされた雨戸, どこかに, なにかの, なんの, のぞき込むと, はじめてその, ひざまずくこと, ひと眼, ほんのりと, まいりましたから, まいるよう, ますますひろく, またパチリ, まわりを, みたいよう, みても, みよう, みようという, みんな立派な, もし負傷, もどって, やがてサミユル博士, ゆかないの, ゆかれると, ゆきました, ゆき彼女, ゆき私, ゆき身, ゆくこと, ゆくその, ゆくので, ゆく一種, ゆく伸子, ゆく場合, ゆく機会, ゆく過程, ゆけば, ようすを, よくよく, よく見, よほど安定, ゐたので, ゐた妻, ゐて, ゐるけしき, ゐるもの, ゐる春, イキナリ塵箱の, ガラス越しに, グーッと, シキイを, ソーッと, バラリと, ピンセツトや, ホノルル号から, ヨッコラショと, 一つに, 一番下の, 一騎打の, 上まで, 下に, 下駄や, 不思議そうな, 不用意に, 中に, 之に, 九十年の, 二三枚手に, 云つた, 交渉を, 京都へ, 人命救助に, 仕事を, 仲よしで, 低い真面目, 何の, 余から, 來ない, 來ませう, 候うと, 傍らの, 優しい口, 先ずその, 入口から, 八五郎の, 其處に, 切ない恋, 初めて自分, 刺すの, 十合とも, 千二百石の, 南山溝と, 博士の, 危険に, 却って怯, 参りましたので, 参ります選挙, 双方が, 只それだけ云, 名刺を, 向ふ, 呟やいた, 味方へ, 呼びました, 咳払いを, 唇が, 嗅ぎたいという, 執拗に, 塩を, 声の, 夜の, 大きなドア, 大川の, 奏上した, 妻として, 孟宗藪の, 家族へも, 寺の, 尋ねた, 小さな声, 小林君の, 少し上り坂, 居たの, 居りそしてまた, 居るし, 居る帝王, 左近の, 差違えるつもり, 常に不平, 帽子を, 幾艘かの, 店番の, 廟に, 彼が, 彼女が, 彼女へ, 往かねば, 後ろから, 思わず, 息子の, 慇懃に, 懐中電灯で, 或る, 房中を, 手さぐりで, 手と, 手を, 手突矢を, 投げると, 抜きとりながら, 指で, 挨拶し, 捉えて, 探ると, 揃ひも揃つて大粒な, 擦れ違, 日当の, 昨夜の, 暗夜に, 暮しながら, 更に懐し, 最後の, 村の, 来かかって, 来たお前, 来たがりでも, 来たその, 来たため, 来たといふ, 来たなと, 来たまだ, 来たらしい気, 来たらしく人々, 来たん, 来た三人組, 来た二人, 来た人相, 来た件, 来た叡山, 来た塾生, 来た小さな, 来た影, 来た敵, 来た時彼女, 来た此辺, 来た相手, 来た給仕, 来た老婆, 来た自動車, 来た足音, 来た蹄, 来た靴音, 来た鳥打, 来できるだけ, 来ないうち, 来ないので, 来なかったが, 来なくなったばかり, 来ましたが, 来ますと, 来られたの, 来られないよう, 来るか, 来るかの, 来るが, 来るその, 来るだろうかって, 来るという, 来るふう, 来るやいな, 来るらしいので, 来るエキゾス, 来る一つ, 来る一大氷山, 来る与吉, 来る人影, 来る休暇, 来る六月二日, 来る勝敗, 来る四日市, 来る女性, 来る庚申講, 来る彼, 来る御, 来る心持, 来る房一, 来る敵, 来る景色, 来る槍ヶ岳洞窟, 来る気ぶり, 来る火の玉, 来る男たち, 来る白衣, 来る目的地, 来る看護婦, 来る自転車, 来る討手, 来る賊, 来る速度, 来る過去, 来る隔離, 来る顔, 来れば, 来月が, 板戸が, 棟の, 標札を, 正確に, 段々と, 水煙を, 法然の, 深雪に, 源治は, 火という, 火鉢の, 燃えて, 爪立ち氣味, 父や, 物蔭へ, 献策した, 男は, 画面を, 登ると, 白骨島爆破の, 目のあたりその, 目盛盤を, 相手だけに, 真を, 瞳の, 硝子戸の, 神の, 私たちは, 秋に, 空は, 窓から, 窓ガラスを, 立ち止りぼんやり, 立った, 笑顔を, 築山の, 紋之, 終に旧道, 継母の, 線路の, 耳に, 聞き耳を, 肥つた胸に, 胸の, 腕を, 自分が, 舵を, 花束を, 若い男, 著者コフマンは, 行かなければ, 行きかけたとき, 行きますもの, 行きスキー, 行き忙しく, 行くその後, 行くであろうと, 行くにつれて, 行くほど, 行くらしい, 行く一つ, 行く六月, 行く商用, 行く彼, 行く様子, 行く留守宅, 行く貞世, 行く間, 行けさえ, 行ける事, 行こうとも, 行ったこと, 行ったとき, 行ったら反対, 行った吾輩, 行った次兄, 行った者, 行つ, 行つたのか, 行つたのだ, 行つて, 行つてその, 行つてそれを, 行つて覗かう, 衝突する, 衰えて, 見える, 見たい, 見たらその, 見ました, 見ようと, 見るさ, 見るよう, 視どこ, 覗き込む, 言ふ, 訊いた, 説教しました, 調べて, 調査を, 議長の, 蹴殺されるな, 這入りでも, 遠くの, 酒の, 醜声外聞, 釣し, 錠前に, 長良川博士一行を, 陣門に, 隣りの, 雨が, 露路の, 頬かむりを, 額へ, 飲もうと, 首を, 駒足を, 髪の, 鮮血を, 麓の, 黒の

▼ 近づいては~ (38, 1.0%)

3 来ないの 2 いけないと, ならぬぞ

1 [31件] いかず近づくには, いけないって, いけないね, いけない事, いけない場所, いけない小説, いけませんという, いけませんよ, いない, いないらしい, いなかった, いなくても, いる, ためつすがめつしたのち, ならない, ならないという, ならぬ, ならん, なりませぬが, 居なかったの, 居なかつたの, 巧みに, 成りませぬが, 押しもどされて, 押しもどされ近づいては, 来なかった, 来ませんでした, 油断を, 空模様ばかり, 詩集は, 遠のき一応

▼ 近づいても~ (35, 0.9%)

2 たと, 逃げようとも

1 [31件] いつも同じ, けっして衝突, これを, その暗, その青, どうしても書けなかつた, どうもかぎあてられない, なにごとも, まだぢろぢろ, よい, 一年の, 作者が, 其処に, 其實彼等を, 別に晴雨, 前の, 動きも, 危い, 必ず小, 放さず熱く, 来ず彼方, 栄蔵の, 死ねないと, 気が付かなかった, 気障, 犬は, 狎れて, 脚が, 自分に, 藍色だ, 贄川は

▼ 近づいたり~ (18, 0.5%)

3 遠のいたり 2 して, 離れたり

1 [11件] しながら, はなれたり, また唐梅紋, また遠のい, やや遠のい, 指さしたりなど, 消えたり, 秘密の, 遠ざかったり, 遠退い, 鉄胤門下として

▼ 近づいてから~ (12, 0.3%)

1 [12件] それは, なお眺めれ, ピストルを, 彼女の, 御容態, 思想を, 手を, 民衆本来の, 笑って, 舟橋聖一などによって, 街の, 見ると

▼ 近づいちゃ~ (3, 0.1%)

1 いかんという, いけないという, いけないよ

▼ 近づいてを~ (2, 0.1%)

1 ります, り客

▼1*

近づいてからの二人の, 近づいてからは顔の, 近づいてのこの家