青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~込んだ 込んだ~ ~迎 迎~ ~迎え 迎え~ 近~ ~近い 近い~ ~近く
近く~
近ごろ~ ~近づい 近づい~ ~近づいた ~近づく 近づく~ 近代~ 近年~ ~近所 近所~

「近く~」 12539, 135ppm, 789位

▼ 近く~ (2269, 18.1%)

73 なって 36 なると, 住んで 25 立って 24 いて 21 あった 17 ある 16 来て 12 あって 11 なってから 10 あつた, なる 9 あること 8 あると, あるの, なった, 家を, 寄って 7 あるもの, いるの, なっても, 一つの, 坐って 6 いること, なつて, なるが, 人の, 出て, 席を, 迫って

5 [11件] ありました, きて, すわって, 一人の, 居て, 彼は, 時としては, 来ると, 氷山が, 聞えて, 誰かが

4 [17件] あったので, あるので, ある小さな, いたため, いる, さへ, なります, 宿を, 寝て, 小さな家, 掘り立てた板屋, 来た, 眼を, 置いて, 腰を, 落ちて, 誰も

3 [28件] あったの, ありて, ありながら, あるん, いた者, いると, いるよう, いる者, おいで, なりました, なるん, 人が, 仕えて, 何か, 倒れて, 停泊し, 出た, 出ては, 坐つて, 寄せて, 帰って, 建って, 見えた, 見えて, 見て, 身を, 進んで, 集まって

2 [109件] あったが, あったり, あった家, あった椅子, あっても, あつて, あり, あるが, あるという, ある井, ある古い, ある山, ある或, ある自, あれば, いた, いたこと, いた人々, いた誰か, いても, います, いるという, いるに, いる人, いれば, うろついて, くると, すんで, せまって, その夜, とどまって, なければ, なったり, なった時, なりましたが, なりますと, ひそんで, やって来て, よりますと, ゐる, ゐるの, ゴーリキイが, 一軒もっ, 下丸子の, 下宿し, 世帯を, 二人の, 住い久しく, 住って, 住む一商人, 住む平岡, 住居し, 住居を, 佐太郎らしい, 侍し, 働いて, 僕は, 別莊, 参りました, 咲いて, 在るの, 坐を, 女の, 家が, 家などを, 家も, 小さい家, 居たと, 店を, 座を, 彼の, 彼等は, 心ぞへをも, 戻って, 持って, 据えられて, 村が, 来たの, 来た時, 浅く坐っ, 火事が, 牧場が, 生えて, 眠って, 私は, 突っ立っ, 置いた, 置いては, 置かれよ, 聞いた, 聞える, 聞え初めた, 聞こえた, 聞こえて, 自分の, 行くと, 行つては, 見える, 見えるところ, 見える低い, 見た, 見濤, 警官が, 達し旅, 達すると, 部屋を, 陣取って, 隠れて, 雷が

1 [1427件 抜粋] あかちゃんを, あったこと, あった不, あった小さな, あった木, あった火吹竹, あった芝居, あの二艘, あらば, ありそれら, ありますから, あり一つ, あるあの, あるいくつ, あるから, あるだけ, あるのに, あるよう, あるらしく表, あるアルプス, あるコロン, あるピセートル救済院, あるヴャアル・ド・グラアス, ある事, ある他, ある僅か, ある古跡, ある営林区署, ある大きな, ある寺, ある小山, ある居酒屋, ある弟, ある教会, ある旅館, ある東山, ある楠, ある水道, ある海辺, ある火山, ある物体, ある田圃, ある病室, ある破れ, ある禅宗, ある稲田, ある羽根布団, ある自家, ある薬種問屋伊吹屋源兵衛, ある軽い, ある郵便局, ある鉄道線路, ある静か, ある高野槇, あろうとは, いけがき, いたし加納, いたならば, いたのにという, いたみんな, いたんだ, いた中, いた人びと, いた傍観者, いた夫, いた支配人, いた樵夫, いた牝牛たち, いた群集, いた蓆, いちゃ, いては, いなかった, いなかった事, いようと, いらっしゃると, いるあらゆる, いるからね, いるふうぉんたがぴたりと声, いるらしい, いる二三, いる傍聴者, いる団員, いる様子, いる隠居, うとうとし, うろうろし, おいである, おいでふたりとも, おびただしい人数, おられます, おりましたの, おり発射, おると, お住いで, お城, お茶屋の, かえって来る, かたまりあい息, かなり立派, がやがや言っ, きた, きちゃ, きれいに, ぐっすり寐, このあばら屋, こまかに, これと, ころがって, こんな変, さえいなされば, さしかかったとき, さすが井戸, したかと, しました, じっと居残っ, すすみよったこと, すわらせた, ずっと見渡せる, せまりましたかな, せまる陰謀, その名, そば屋が, それを, たっしたとき, ぢりよつて, とって, とまりました, どこか, どんなこと, ないので, なったから, なったら土, なってたのよ, なにか丸めた, なりあたり, なりましたので, なりまるで, なるであろうか, なるねえ, なるまで, なる今日やう, なれば, ねる, ひとしきり騷, ふたつの, ぽつんと見える, まねき廊, みずみずしい冴えた, もって, やがて浸, やった手紙, やって来た者, やつと, ようやく寝入ったらしい, よると, わいわい騒い, わたしの, ゐたらしい聞きおぼえの, ゐながら, ゐる一人, ゐる同志, ゐる知人, アトリエを, インキ壺の, オーステルリッツ村の, ガスタンクほどの, コンクリートの, サン・モリッツを, チェックする, ドンドンドンドン, フォーゲルホルンスの, ボートを, ランプが, 一つ転がっ, 一並び宛しか, 一匹の, 一等水準点が, 一軒の, 一重山吹の, 三十分間も, 三年も, 三角点が, 上陸する, 下宿住居する, 並行し, 丸の内迄, 乙女の, 二十日頃の, 二日前の, 二間ある, 互に迫り, 亡くなったの, 人も, 人家も, 仄白く, 今一つある, 仕へて, 仰がれる峠, 休む気, 伺候しよう, 佇んで, 低い椿, 住み交, 住むお, 住むよう, 住む人民, 住む或, 住む竜子, 住む語学, 住われる, 住んでるマブーフ, 住居の, 何やら喧嘩, 作つて毎日きまつ, 來り, 侍ること, 倉庫の, 停車場が, 僧院が, 入湯に, 兵営は, 出来る水道, 出没した, 分家でも, 別荘が, 到着せる, 北岳を, 十郎左の, 卜居した, 及びわずか, 口を, 古い格子戸, 可なり, 名を, 向田という, 呼び寄せて, 呼び戻そうと, 唯だ, 四ツ目屋の, 固体表面が, 在った, 在った新茶, 在り前, 在るから, 在る万大社, 在る発電所, 坐して, 坐る, 垂れて, 塀を, 塚田正夫といふ, 壁に, 外套を, 多くの, 大きな樫, 大勢いる, 大時計, 大谷という, 天童と, 妙な, 姿を, 安っぽいカフェー, 家の, 宿が, 宿屋でも, 寄せ來, 寄つて来た, 寄り添った, 密告いた, 寝そべりながら, 寝る処, 寢て, 小さい料理屋, 小さな書院風, 小倉山という, 小姓として, 小屋師の, 小町湯と, 小鳥の, 居たので, 居た兵士, 居た赤い, 居られるという, 居ること, 居るだろうか, 居る人, 居並んで, 居流れて, 屋台店が, 山の手の, 岩の, 島が, 巣を, 市が, 帰った, 帰つて行かれた, 常に自分, 平田篤胤の, 広々と, 座するもの, 建つて, 引きよせた電燈, 引寄せ, 張込ん, 役人の, 待たして, 従つて僕は, 御帰城, 御者の, 忍び寄って, 怪しい死体, 怪しき男, 感じられた, 成つてお, 手を, 技を, 投錨した, 押しよせた, 拉して, 拳銃の, 持つて, 据えつけた, 接して, 政岡の, 断末魔の, 新しい旅舎, 旅館を, 昇り温度, 昔知合いの, 昨夜海中に, 曲がりかどは, 有力な, 有明荘へ, 木の葉や, 本郷基督教会が, 来か, 来た何, 来ました, 来るまで, 来るよう, 東京と, 松林の, 林の, 格子と, 椅子を, 構えて, 横たわって, 横に, 檜が, 武蔵野を, 死んだ兎, 残して, 母衣蚊帳が, 水田を, 池が, 泉水でも, 浜尾組に, 浮き上がったもの, 海が, 海南島が, 清水が, 済み近, 温泉が, 湯村という, 源氏が, 漂って, 漕ぎ寄せた応援, 潜伏する, 火災が, 点の, 無頼漢の, 爆弾を, 片膝, 牡丹畑が, 猟銃を, 現れたんで, 現われて, 生まれた由縁, 生れ又, 用事が, 用意し, 田荘を, 畏まり緊張, 當つて有る, 発明神社を, 發見せる, 白木蓮の, 皿を, 相当古い, 看護婦は, 真杉静枝女史も, 着いたり, 知らない女房たち, 石手寺という, 石町の, 碇泊し, 私を, 秋安の, 移るつもり, 移転し, 空いて, 窯が, 立ち上った方々, 立った, 立つて, 立現われ, 米兵が, 紛れ込んで, 終り, 網が, 繋ぎし紐, 置いたという, 置きたいから, 置くと, 群れ尻振り踊り, 聞えた, 聞えるの, 聞こえたもの, 肉の, 胸を, 腰掛けた見なれぬ人, 膳具を, 自家が, 至るまでに, 舫つてゐる, 船も, 若いの, 若者達も, 茶店宿屋數軒あり, 落ちたからと, 落ちた火箭, 葦の, 薬師の, 行きたいから, 行くこと, 行ったら花, 装置を, 見えその, 見えても, 見えましたし, 見えらあ, 見えるので, 見える山, 見える畑, 見おろせる精神科, 見た時, 見ます, 見付けた, 見出されない少数, 親しい異性, 親類が, 設けられたらしい, 読み終る, 請負師の, 豊饒な, 貞之助幸子悦子妙子の, 買つてやつたり, 赭い, 起きて, 起こったこと, 起って, 起床る, 越後様という, 踊り場が, 車を, 軒を, 辻山病院と, 近年迄, 迫つて來た, 迫りました, 通ひ, 進み寄り, 進出し, 達したとの, 達しましたから, 達するまでには, 配達された, 野球場が, 金輪内雅と, 銭湯が, 開かれる仏蘭西, 間借を, 陣を, 陸地の, 隣の, 集って, 離れて, 難民区が, 電車の, 靖国神社の, 響いた, 領地を, 食堂が, 馬の, 高い家, 高山豊後守なる, 魔法博士が, 鳩の, 麦畑の

▼ 近く~ (1906, 15.2%)

10 町の 76 村に, 村の, 森の, 町に, 町へ, 金を 5 ところで, ものが, 人たちは, 寺の, 或る, 閑静な

4 [12件] 人々が, 人々は, 人たちへ, 人は, 人間が, 他人, 四五人の, 家の, 山々すら, 海岸に, 者が, 草の

3 [42件] ことで, ところへ, どこかの, クラブで, テーブルの, パンの, 下宿に, 丘の, 交番に, 交番へ, 医者を, 友人の, 家で, 家に, 山に, 山の, 山へ, 岸に, 床の, 昔に, 木で, 木立の, 村では, 村へ, 松の, 林の, 椅子に, 海に, 海を, 海岸へ, 焔が, 町で, 町や, 神社の, 立派な, 藪の, 農家の, 道を, 部屋の, 金が, 金は, 間に

2 [111件] ところに, オタイネ明神といふ, ニースの, バスの, バーへ, ベンチに, レスタウランで, ・名も, 一人へ, 交番から, 人に, 他の, 停留場から, 停留場で, 公園へ, 公衆電話へ, 半分炭化した, 叢で, 叢に, 台地, 喫茶バー, 喫茶店で, 喫茶店に, 国府から, 土手へ, 地面の, 壁に, 大西質店の, 大通りへ, 女の, 室の, 家へ, 宿屋で, 寮に, 寺から, 小公園, 小卓, 小学校の, 小石の, 小駅, 小高い丘, 屋根の, 山は, 山中の, 山林の, 岸へ, 川へ, 広場に, 床屋で, 所で, 故郷へ, 料理屋へ, 方へ, 旅館から, 旅館に, 昔である, 木の, 木下の, 村で, 松林の, 林へ, 枝に, 格子戸が, 森から, 椅子の, 歳月を, 水は, 水面に, 沼で, 波止場の, 海が, 海上を, 海中に, 海岸の, 熱が, 牛滝山へ, 生徒たちの, 田圃に, 田圃を, 田舎に, 男の, 病院に, 百姓で, 百姓の, 百姓家へ, 砂浜の, 社の, 窓の, 者だ, 自動車屋の, 船は, 花屋で, 茶店へ, 草原の, 街の, 親類へ, 警察へ, 警察署から, 踏切に, 農家にでも, 通りまで, 道で, 野原を, 長兄の, 長願寺, 間自分の, 闇の, 雪の, 電話を, 飯屋へ, 高熱を

1 [1427件 抜粋] あいだ外へ, あの横丁, ある土地管理人, ある料理屋, ある街角, ある飲み屋, いつも迷惑, うどん屋なんて, おでん屋で, お作事部屋, お婆さんに, お寺へ, お百姓さん, お金が, かぶら畑, くるみの, ことだ, ことです, このあたり, この苦しい, こんもりと, さる下屋敷, しょうねんたんていだんいんたちが, すべての, その地方, そば屋へ, とある家, ところを, どこを, はんの, ひろい原っぱ, まだ路地奥住い, ものであろう, ものにげる, もの鱸も, ように, わらや, アカシアの, アパートに, アルバノ地方に, イギリス人の, エノケン宅まで, カフェーへ, ガード下まで, グラン・キャフェで, グリル京松へ, コラントと, コーヒー店に, サンクルウの, シャトウや, ストライキ更に, セーヌ川への, タクシーで, タフネルパークに, テエブルの, ニセコの, ハルピンの, バラックの, パン屋へ, ビヤホールへ, ピキニーでございます, フリント市の, プラース・デ・グラン・ドムの, ベンチを, ポストの, マーケットの, モントルグイュ街は, ヤシの, レストランから, レストーランで, 一けん, 一流の, 一軒家, 七階楼上で, 三島へ, 上野桜木町に, 下宿屋に, 丘も, 並木を, 中華料理店に, 九老, 事で, 二三人を, 五ツ下がり, 井の頭公園へ, 交番でした, 京都ニュース映画劇場へ, 人々も, 人たちでした, 人の, 人夫は, 人数だ, 人達の, 人間の, 今市, 仕出し屋が, 他人という, 代書人の, 伊豆山神社には, 会計を, 低い落葉樹, 佐女牛の, 何っ, 例の, 信号所へ, 倉田といふ, 倭文子達の, 停留場へ, 側礼拝堂へ, 僧院の, 入口から, 八幡という, 八瀬の, 公園です, 公園を, 公衆電話まで, 兵船七八隻快速の, 写真材料店まで, 凶作地小湊村を, 刑事どもの, 別の, 利子を, 加茂の, 北方であります, 医者に, 医者まで, 十三港と共に, 十字架の, 半白爺秀哉坊が, 卓で, 南である, 厚さ, 原っぱや, 原信子氏の, 厠の, 反形, 叔母の, 口入屋には, 古池からは, 古馴染で, 合唱が, 同じ百姓同士, 周りに, 唐招提寺とともに, 喫茶店の, 四十九聯隊の, 四谷の, 国分寺の, 圃の, 土を, 土地ば, 土沢でも, 地には, 地名, 地面に, 坐礁は, 堀川や, 塚田村に, 士族の, 夜中の, 夜店では, 大きい料理屋, 大きな山女魚, 大きな池, 大人数, 大塚鈴本の, 大廊下, 大楼の, 大燈寺, 大通から, 大通りまで, 大阪拘置所を, 太鼓は, 女学校が, 姫路へ, 子たちです, 子供を, 宇宙において, 安楽椅子を, 宝泉寺村脇屋に, 室に, 家々から, 家から, 家並や, 宿駅から, 密偵が, 寮へ, 寺へも, 専属人員と, 小さい家, 小さな借家, 小さな温泉宿, 小さな酒場, 小別荘, 小学校迄, 小川に, 小店から, 小料理屋の, 小森に, 小流れ, 小舎から, 小高い山上, 居合抜に, 屈り, 屋敷町の, 屑屋へ, 山々の, 山で, 山僧たちです, 山奥椿山の, 山方では, 山野へ, 山麓から, 岡氏邸迄, 岩石から, 岸の上で, 岸壁まで, 島に, 崖の, 巌間から, 川の, 工場に, 工場街で, 巫女の, 市門の, 席に, 帽子屋に, 年月を, 幹の, 幾つかの, 広い野原, 広沢の, 店から, 店の, 庭石に, 建物を, 彼女の, 待合で, 徳川教氏や, 応募者だった, 患者が, 懸崖から, 或橋, 戸塚の, 所まで, 捨小舟は, 支那そばやへ, 教会が, 散髪屋の, 文房具屋に, 料理屋に, 料理屋の, 新興喫茶に, 旅の, 日が, 日本国で, 日比谷公園は, 日蓮宗の, 旭山城に, 明治神宮外苑の, 映画館の, 時報が, 時間が, 景色も, 暗中を, 書上原という, 最も場末, 月日が, 月輪の, 朋友の, 木には, 木の間から, 木柵に, 木立へ, 木見猫背山多聞寺下の, 木陰の, 本屋へ, 机や, 村からも, 村落に, 村里の, 杭の, 東郡に, 松井理髪店へ, 板の間で, 板塀の, 枝から, 柱に, 栗沢にも, 桃の, 桜が, 棚に, 森では, 森ゆるやかな, 植込の, 様子, 横寺町に, 横町に, 樹, 樹に, 樹陰にも, 機屋に, 此村では, 武州保谷村でも, 死者を, 水の上に, 水差や, 水草の, 水門で, 水音は, 江から, 池であるらしい, 池や, 汽車近くの, 沖へ, 河へ, 河岸に, 河野病院へ, 泉から, 波に, 泥水に, 洞穴に, 派出所へ, 浅草から, 浦まで, 海の, 海中へ, 海軍療養所は, 海面に, 消防署に, 渚では, 温泉にでも, 温泉場へ, 港から, 溝である, 溝川へ, 滞在と, 漁師の, 瀬戸物屋へ, 火事の, 灯を, 煙草屋へ, 片隅には, 牧場から, 物陰まで, 犯行は, 珈琲店で, 瓶の, 生徒が, 生薬屋に, 田口駅を, 甲板の, 男の子の, 男子が, 町でも, 町内に, 畑まで, 畳屋と, 病院へ, 癌研究所へ, 白い灯, 白河郷には, 百姓家で, 百姓達は, 盛り場に, 目屋村の, 相識の, 県では, 真似なら, 真実資本を, 石の, 磯茶屋で, 社に, 神明町の, 神社から, 神社に, 私共の, 空まで, 空気の, 窓ぎわに, 窓際で, 竜泉寺の, 竹藪の, 箪笥の, 米屋から, 紅葉坂の, 絶壁が, 線路を, 縁側に, 羅刹谷から, 群庶軒書店から, 老農に, 者たちは, 聖天山で, 聚楽館といふ, 腰掛けに, 自動で, 自宅に, 舞台に, 色彩高低が, 芦の, 花園の, 若い会社員, 苦艱と, 茂みの, 茶店には, 草ッ原の, 草地で, 草花屋から, 荒物屋へ, 菊田, 華族の, 蓬莱町の, 蕎麦屋には, 薄暗い宿屋, 薄縁を, 薬局で, 藩士達が, 蘆田病院に, 行きやすい, 街灯は, 街角を, 街道筋で, 袋井でも, 裏通りあたりを, 西本願寺様を, 西洋人の, 西洋造りらしい, 見晴らしの, 親しい友人, 角を, 誰も, 警察派出所へ, 谷に, 豐川稲荷まで, 貝墟で, 貸間を, 赤間ガ関, 路地へ, 軍隊へ, 農家と, 農村にも, 農民らしい, 辻公園の, 通りの, 逢坂町に, 道の, 道路に, 那覇は, 邸の, 部屋から, 部落から, 郷に, 酒場に, 酒店兼珈琲店に, 里に, 重量が, 野を, 野原や, 野武士や, 金の, 金鉱区という, 銭湯から, 錺屋の, 長椅子まで, 間, 間他家の, 間海面下において, 間言葉少く, 関の, 防波堤の, 陸を, 隅田川の, 雑木林の, 雪見中学校へ, 電灯線に, 電車通に, 露地で, 青巒亭といふ, 青芒, 面が, 領下へ, 風力と, 風呂場の, 飛行場で, 食堂まで, 飲み屋や, 飾窓から, 馬たちが, 馬酔木の, 駅まで, 駒沢村という, 高さ, 高田本町という, 魂が, 鳥金という, 鶴来町も, 麓に, 麹町辺からも, 黒や

▼ 近くまで~ (624, 5.0%)

35 来ると 32 来て 16 行って 10 来た時 8 行くと 6 来たとき 5 きて, 来た, 歩いて, 起きて 4 やって, 話して, 送って 3 いって, かかって, くると, 下って, 寝て, 帰って, 来ました, 登って, 行つた, 進んで

2 [37件] さしかかって, せまって, たどり着いて, つれて, ですよ, ねた, のばして, また地下電車, やって来たの, やって来て, やる, 上って, 下げて, 出て, 寄せて, 寝床の, 居たといふ, 忍んで, 戻って, 持って, 来たと, 来たの, 来たので, 来ても, 燃えて, 田が, 続いて, 育って, 行く, 走って, 迎へに, 迫って, 連れて, 進み出て, 遊んで, 頻繁に, 馬を

1 [381件] あいつの, あつた, あの堤, あらしまわったが, いく, いちども, いちゃついて, いった, いました, うとうとと, おくれし月, おびき寄せわき, おりて, お伴しましょう, お徒, お運び, お顔, かえって, きたとき, きたの, きたので, ぎつしりと座敷を, くだって, ぐずついて, ぐっすり眠る, ぐったりと, ぐーぐーよく, じっと待っ, すべりおりて, すりよ, すりよって, ずっと低い, ずっと殖え, ずっと湿度, ずっと雨, ずらして, その六人, その山駕, その影, その風, たどりついた, たれ下がって, だった由, ちかづいて, ちょいと, ついて, とどいた, どうにか漕ぎつけ, なってから, なにかしきり, ひろげられて, ふんだんに食べられる, ほとんどどなりちらさん, またいろいろ, むしばまれて, もぐった, もどって, やってきたとき, やってきたもの, やって来たが, やって来た時, やりすきや橋, ゆきその, ゆき暫く, ゆくと, ゆっくり床, ゆっくり歩い, よじのぼって, われわれは, ゐて, ザックリと, スワンで, テニスの, ノソノソやってくる, バスに, ペンを, ホントの, ミス, モルガンは, ロアール地方で, 一しょに, 一人も, 一廻りずつ, 一気に駈けだした, 一里ばかりの, 二人が, 五百頁近くも, 仕事を, 伊代を, 伸びて, 佐渡を, 何か, 何の, 來た, 來て, 來ては, 偃つた, 働いて, 入つて, 冷して, 処女で, 出かけて, 出てを, 出世してる, 出陣し, 切り裂いて, 切れ目も, 切通しの, 刈って, 割れて, 勉強し, 勝負事を, 千島アイヌが, 即ち富士, 厄介に, 参りました, 吊りあげる, 同じこと, 同君の, 吹雪が, 呑みほしては, 咄した, 咲き続いて, 唄を, 啼きあるく鳥, 喋りヴィクター, 喋舌り込んだ, 四人で, 四方から, 国男と, 坐って, 垂らして, 報じて, 外出の, 夜業を, 夜霧が, 夢現の, 大地の, 太く捻っ, 子供を, 存生であった, 学校教育を, 宿に, 宿題を, 寄せられる, 寄せるの, 寄せるよう, 寄って, 寄る, 寄添って, 寝ます, 小六, 居残って, 屆かう, 山道を, 岩層が, 差しかかった時, 市電の, 帰った時, 帰ると, 庭に, 庭木が, 延びて, 延焼し, 弟の, 強引に, 影を, 彼女は, 彼方此方を, 往った, 待たされて, 待つて, 御招き, 御見送り, 御送り, 御難澁なるべし, 忍びよったが, 成りました名, 戻ると, 押しかけ里, 押しよせて, 押しよせ中, 押し上って, 押し移ったこと, 担がれて, 持ち込んで, 持続し, 掘りすすんで, 探しに, 攻め上って, 攻め登って, 散りこんで, 数学を, 早足に, 時々起る, 書いて, 木が, 未練がましく待っ, 本棚に, 来たかと, 来たかも, 来たから, 来たが, 来たその, 来たついで, 来たところ, 来た時分, 来りては, 来るかの, 来るが, 東から, 東京から, 次から, 歩いた, 歩いた頃, 残つた形である, 母親の, 汁粉屋が, 江戸桜田邸に, 泳いで, 浸った, 湖畔に, 湖畔の, 満地すべてこれ羽柴勢, 漕ぎ寄せた, 漕ぎ寄せて, 潜り込ませて, 焼き払, 燃えひろがって, 物見を, 猛襲し, 猟に, 猪牙舟で, 獨身の, 生きながらえたが, 用向きが, 留めて, 畳み上げられて, 病臥し, 登ったもの, 登り噴火口, 皆に, 睡れなかった, 矢を, 磯野丹波の, 禰宜を, 私の, 私は, 私達は, 移って, 積み上げて, 立って, 続けた, 続けて, 聞えて, 聞手が, 聟舅は, 聳え立ちその, 肉迫し, 肉迫した, 脱け, 自分が, 自分で, 自分の, 自来也, 自転車を, 舞いさ, 舞い上がって, 航行し, 航行した, 落ちて, 行かない限り, 行かなければ, 行きながら, 行きました, 行きましたが, 行きましたらいきなり, 行くこと, 行くの, 行く間, 行った, 行ったが, 行ったこと, 行ったころ, 行ったつき当り, 行ったとき, 行ったので, 行ったのに, 行ったら舟, 行った戻り, 行っても, 行つたといふ, 行つた時に, 行つてやつと, 行つて左に, 行われたが, 袖が, 裂いて, 裏の, 裸に, 襲って, 襲つて来る, 見て, 見に, 見守って, 見送つて, 言葉どおりに, 話した, 話したといふ, 話し会つた, 話し込んだ事, 誘き寄せ一歩, 語り合ったさまざま, 読書した, 論じ来り遂い, 諸郡, 赤い広場, 跳ねるよう, 踊ったよう, 轉げ落ち, 辿りますれば, 辿り着きふと, 辿り着く間, 近づいて, 近づくやいな, 迫った, 迫ったが, 迫ったという, 迫った夕立, 追い込まれようと, 追っかけて, 送った, 送つて, 送らせた, 逃げ延び頭巾, 這いつつ, 通し矢の, 通って, 連れ込まないだって, 進み, 進んだ, 進んだとき, 進出した, 遂, 遊び歩いたもん, 遊ぶ, 遊んだ, 運び出すなど, 過ぎて, 達したとき, 達して, 達すると, 遠乗りを, 遠退い, 遡った鮎, 遺つて, 酒を, 長歩き, 長生きを, 閃めい, 降り積って, 雉子が, 雑談し, 離屋に, 雨を, 雪が, 電燈を, 電車で, 飛ばせて, 飛びこんで, 飛び帰ったこと, 飛び廻る子分, 食える, 養って, 馬車で, 駆けつけた, 駈けて, 騒いで, 騰る, 鮎を, 點い

▼ 近く~ (505, 4.0%)

22 あつた 10 見ると 3 何か, 話して

2 [28件] この子供, その音, またそんな, 一人の, 人の, 今度は, 利根川に, 叫んで, 土手を, 家が, 彼は, 我々は, 戸を, 男は, 画いたところ, 私の, 聞えて, 聞きたいね, 聞くも, 若い青年, 茫と, 見たらこれ, 見たらこれくら, 見て, 見ては, 近所の, 遊んで, 雲雀の

1 [411件] あっしを, あつたさうです, あるとき, いい気, いえば, いずれも, いっぱいの, いつまでも, いよいよ風, うすく靄, おいしい水, おれは, お宅, お生まれ, お艶, お逢いする, お願いし, かすれた人聲, がやがやと, きこえた, きこえ乾草, ぎいぎいぎぎいと重い, くすくす笑う, こういうこと, こう呼びかける, この道, この頃, こんなみじめ, さかなを, ささやいた, さすがの, さっきの, さまで高く, しごと, する, するの, せう, そこには, そのよう, その一行, その女, その姿, その淋し, たき火を, だいぶゆすぶられたらしい, ちょっと引っ込んだ, つかまえられそう, つくづく見る, どこか, どた, どなった, どの馬車道, どんと物の, ながめるよう, なりふりなど, ね, はじめて妻, はっきり見届けさせ, はるぜ, ひそひそ話を, ひばりが, ひらひらさせ, ふと足音, ふれ声, ぶつりと, ぼそぼそ話, また叩き始めた, まったくの, みだりに兵, みれば, もうあれ, やりゃあ, ようやく玄徳, よく見, アメリカ人を, アンナ・サモロブナの, ウーッと, カッと, ガヤガヤという, クックックッという, ゴリキイが, サン, チョキンチョキンと, ドイツの, ネコグルマという, ハタキを, バシー海峡に, バスは, パラ, ブラブラし, ベルリンでも, ボンボン時計が, リーロフの, ロケ島耕二が, 一戦は, 一時間も, 一發の, 一軒家を, 三人は, 三四人の, 三日間相勤めた, 不意な, 両親の, 並木の, 中断された, 二つの, 二三度つづけ, 二人に, 二人は, 云ふ, 人々の, 人が, 人間の, 人雪崩の, 今から, 他の, 休んで, 会ったが, 会合した, 低い声, 佐吉という, 何べ, 停りさっと, 働いて, 優しい声, 兄弟の, 全く予期, 全国の, 八時ごろから, 六十歳前後の, 円い島, 写生し, 冴, 冴えたセット, 出会う下り, 初枝, 刺繍台の, 前へ, 前記の, 勉強できる, 医者を, 千歳村だ, 千鳥に, 友達と, 受取った司法主任, 口論格闘し, 叩き放し, 同伴と, 名も, 向うから, 咲かない時分, 唸り雨戸, 喧しい程, 囁いて, 囁くよう, 四国屋の, 回しその, 回廊に, 国府から, 国男に, 土地より, 堪え切れぬよう, 塞耳維戦争の, 塹壕掘りを, 売ります, 夕景と, 夜が, 夜明しと, 夜鳥が, 大きくはっきり, 大きな声, 大きな建築, 大声が, 大森の, 大池の, 大砲や, 大蛇に, 大通りに, 太い首, 女どもが, 妙な, 子どもたちが, 子守唄が, 学生の, 學校さへ, 安直に, 実際的, 宵の口から, 寒い風, 将校が, 將校が, 小さい時計店, 小さい鍬, 小樽に, 屋敷の, 山に, 山の, 山鳩の, 岩村田町相生の, 川の, 左右二つに, 市が, 店の, 店を, 弦なりが, 当時下宿代が, 彼女と, 彼女に, 待つてるつて, 後から, 得られるあて, 得られるもの, 御気付き, 徳島ゆきの, 思い出したよう, 思川が, 怪しいうなり, 怪しげな, 或晩偶然, 戦われそう, 戦車を, 手に, 手の, 打出す半鐘, 拝見などは, 拾ったと, 捕えられた, 捨て歩いて, 採れたもの, 採集した, 接触し, 撃てば, 斬る爲, 旅の, 日が, 昇天する, 昨日渡世人の, 時々聞こえ, 暴れて, 書いたところ, 曾我野幽, 最もいい, 最も高い, 最上川に, 月三百円位で, 末子の, 柱の, 柵で, 柿本は, 栗鼠が, 様々の, 橇を, 櫓を, 止まった, 止まったこと, 殺害の, 母性的な, 毎日敵味方が, 水に, 水蒸気の, 汽車の, 河岸通りに, 泊るという, 法水は, 泣く子供, 泳いだよりは, 漸近的に, 激流から, 火の, 火を, 炸烈し, 焚火を, 無駄な, 爆雷が, 物色する, 犬の, 猛烈に, 猫が, 珈琲の, 男の子や, 画を, 畑には, 畑の, 畫いた, 発しただけに, 発射された, 発見された, 白い指先, 白痴面が, 相当に, 睨み返して, 破裂し, 磯節か, 私たちを, 私と, 秦は, 空には, 空襲警報の, 突然吹雪交, 窓の, 立ちどまって, 立ちながら, 立ち止まって, 競ひ打つ, 約千メートル位, 細君に, 終る, 絶えず微妙, 絶え間なく, 網を, 緑の, 老人と, 聞いた, 聞いて, 聞えた, 聞え出した, 聞きとれるぐらいに, 聞くと, 聞こえつづいて, 聞こえて, 聞こえる読経, 聽いたなら, 胃も, 腰浜の, 腹が, 自動車の, 自動車を, 舵へ, 芝居を, 芸者衆は, 草を, 落ちたの, 蒲田川と, 虫の, 蜜豆を, 蜩の, 血を, 行って, 行は, 行る, 西部電車が, 見たいという, 見たとき, 見たの, 見たらその, 見た外科手術, 見た気難しい, 見た達磨, 見つかったの, 見ようと, 見られようとは, 見るに, 見るの, 見るほど, 見る大きな, 見れば, 見張りを, 見物したい, 見附けた, 観兵式を, 言うと, 言われてるもの, 認められたという, 誰かが, 誰だ, 買つた, 起こること, 足踏みを, 迎えたらしい, 返事が, 迷って, 追いはぎと, 途切れてから, 通信を, 速力を, 進行を, 遊ぶん, 遣るよう, 遭遇した, 部下の, 野性の, 金盥を, 銃声, 銃声が, 鋲打ちでも, 錢湯へ, 開店, 降りると, 雑誌を, 雨に, 雨の, 雨戸を, 電話の, 電話を, 電車の, 静かな, 頂上の, 頻りに山羊, 頻りに野羊, 顎の, 顔を, 飯倉新町の, 馬車の, 駕籠を, 高級食料品店を, 魚では, 鳴くの, 鳴く蟋蟀, 鳴り響き動き, 黒と, 齋藤緑雨の

▼ 近く~ (451, 3.6%)

30 来て 22 寄って 12 持って, 行って 11 来ると 7 出て, 来た, 来た時 6 いって 5 くると 4 呼んで, 寄せて, 行くと 3 もどって, よせて, 下りて, 寄りませんでした, 引き寄せた, 招いて, 持つて, 来たとき, 身を, 飛んで

2 [23件] お呼びに, お寄り, お膳, きて, さしかかって, やって来て, よると, 下って, 出た, 呼んだ, 寄せさせて, 寄せた, 帰って, 座を, 往って, 御召し, 戻って, 行った, 通じて, 連れて, 進んで, 集って, 飄として

1 [244件] あげて, あげると, いつのまにか来, うつす計画, おいで, お出で下さいます, お出ましに, お出ましを, お姿, お招き, お置き, お通しください, かえって来た, かけて, きたらのがすまいと, きやがったはやく, くれば, さしつけた, さし寄せ, ずいともち竿, せまって, その人, その男, つれて, とどきます, のり出します, のれんを, はよう来ない, ひきよせて, ひきよせやがて, まいって, まいりますと, まいるの, まいる役柄, また一度, もう一つ, もって, もつて, やってくると, やって来た, やって来たという, やって来たので, やつて, やらないやう, やり, やるの, よこしても, よって, カラカラカラカラと, ネリを, 一度も, 三度ばかり, 上って, 不浄役人が, 人の, 仮の, 休みに, 伺うこと, 住まって, 何人たり, 何気ない顔, 來た, 來て, 來ます, 供を, 光芒寒き, 入って, 円座を, 出した, 出たの, 出た頃, 出まして, 出ると, 出るの, 出る間際, 出御光遍き, 出掛けて, 出来た, 参りました時, 参る事, 取って, 受け入れ学童の, 口を, 吊りあげて, 吹き送れば, 呼びもどした, 呼び入れさせ効験, 呼び寄せて, 呼び寄せ家, 坐して, 坐った, 坐ったまま伏目, 埋めて, 大きなビラ, 大刀を, 大爆弾, 姿を, 娘を, 家を, 寄せまいとして, 寄せ恋人, 寄った, 寄ったぐらい, 寄ったらどこ, 寄っても, 寄つて来, 寄つて来ない, 寄つて来る, 寄つて首を, 寄らないの, 寄らなければ, 寄りすぎて, 寄りたかって, 寄りたかつて, 寄りつくなと, 寄ること, 寄ると, 寄るよう, 寄れと, 差し伸ばし, 帆前船を, 庵を, 引きつけるだけ, 引き返した, 引き返して, 引っ越して, 引取って, 引越した某邸, 往くと, 往くんださうだ, 往った, 御堂の, 忍び寄りました, 忍び寄ること, 忍んで, 急に, 惹きつけもつと, 戻りそっと, 戻り私, 手を, 投げて, 投錨した, 押し返されて, 拉して, 招き寄せて, 指を, 摺寄っ, 散歩に, 春の, 曳かれて, 曳き出して, 更けて, 来たからって, 来たが, 来たところ, 来たの, 来たので, 来てから, 来ても, 来ました, 来ました時, 来る, 来るな, 来るなどと, 来るにつれて, 来る約束, 椅子を, 止まつた, 歩いて, 歩みよって, 歩み寄ったの, 水柱が, 泳いで, 浮いて, 漁に, 漕ぎつけて, 用達しに, 男の, 登つて行く, 皆椅子を, 石臼を, 礫の, 移した, 移したく思いますよ, 移って, 移転し, 立ち寄らないつもり, 立寄っても, 置かせて, 置け, 耕して, 膝を, 膝行り寄る, 自分の, 芝居小屋が, 草刈りに, 草苅に, 落ちたらしいもし, 落ちて, 落雷が, 落雷した, 血の, 行きたい一心, 行きましたが, 行くこと, 行くにも, 行くまで, 行くまでは, 行ったとしても, 行ったら和一郎, 行っては, 行つ, 行つて観た, 見舞って, 親方から, 訪ねて, 走りよ, 越して, 踊りながら, 辿りつきました, 近くへと, 近づくこと, 迫って, 送り就け殺せと, 這入った仔細, 連れられて, 進みより, 進み出て, 進むこと, 進めない, 達しなければ, 釣りに, 階段を, 集つて来, 集まつて戸口, 集まりました, 集まり砂, 電球を, 電話で, 頻々と, 顔を, 駈け上がって, 駈け戻って, 駈け込むとは

▼ 近く~ (449, 3.6%)

10 前の 7 かかって 5 前に 4 あつた, ある, あろうと, 彼は 3 あって, あろうかと, かかった

2 [23件] あった, あったと, あらう, あるし, あろうか, いた, それを, 住んで, 前から, 年の, 彼の, 後の, 昔に, 昔の, 欧羅巴でしたい, 歩いた, 経過し, 続いたの, 続く, 美奈子は, 話し込んで, 貯めて, 離れて

1 [356件] あったところ, あったの, あったので, あったらしいの, あった軍勢, あの公園, ありそれ, ありどこ, ありましたろうか, ありますから, ありまた, あり室内, あるうえ, あるそう, あるであろう, あるところ, あるまるで, あるん, ある大男, ある奴, ある日本, ある櫟, ある路, ある部, ある長距離, ある青黒い, ある高い, ある鶏, いっしょに, いっぱいに, いて, いるの, おたがいに口, お徳, お百度, お逢いしない, お高, かかる, かかるの, かかる山の手, かけて, くぐって, ここに, こちら井戸ばかり, この村, こんな生活, ごろごろし, さがって, しくしくし, じっと考え込ん, じっと見つめ, そこで, その山径, その振幅, その石段, その自分, その道に, そんな山, た, たった, たったあと, たったころ, たって, たつた明治二十九年五月, たつて, たつと, たれようと, ちがう, ちらばったの, ついて, つきあって, つき立った上, つづいた, つづきました, つづけられて, つもって, とりつかれて, ない西久保, ない郊外, なく纏まっ, なし遠く, なじんで, なった, なって, ならず楊, ならず遠く, ならない, なりは, なりますかな, なり遠く, なるのに, なるよ, ねえが, むなしく奉行, もって, やった船, よう通りまする, よばれれば, ゐた, ゐてからの, ゐるといふ, ズル, ヂグザグに, プラットホームに, ヤットウの, 一人で, 一字も, 一度に, 一緒に, 上った頃, 下ったこと, 下ったであろうあの, 下流の, 並んで, 丹精しました, 乘つたらう, 人を, 人工呼吸を, 人離れの, 以前から, 以前の, 休みに, 会って, 会つてゐなかつた, 会は, 会田藤田の, 低いに, 住み馴れた本郷曙町, 何にも, 余裕が, 余計に, 使つて盛大に, 便りの, 入って, 入るでせう底, 全くお伽噺, 全く眼, 共に棲ん, 其岸を, 刀を, 刊行されたらしい, 削立, 前でなけれ, 勝, 北海道の, 又時に, 収入が, 取られた青, 同じよう, 同宿で, 同棲し, 吸うた上, 囲繞い, 地虫の, 外へ, 多数の, 大事に, 大学の, 大家さんの, 失うた, 失って, 奉公し, 奥に, 子供に, 子供の, 子供を, 学校で, 実地を, 室内散歩を, 寄合ふ, 寝て, 寝間着でばかり, 寢間着でばかり, 寮の, 対座し, 山旅を, 帰って, 常に三, 年上であった, 年齢の, 延びた旦那さん, 延びて, 廻して, 廻し続けること, 引上げて, 強いという, 彼が, 彼らの, 彼方此方し, 待たされたうえ, 待たされたかと, 待たされました, 待たされること, 待ちうけた, 待って, 待合す, 後れて, 忙しそう, 憲兵隊や, 戦地で, 手に, 手伝いに, 打ち續, 押しかけた, 押し黙って, 拒絶し続けた, 掘りさげて, 描き残して, 握って, 揺れるので, 故郷を, 散らばって, 敵の, 新しいという, 旅行に, 日本の, 日本神話に, 早く雪, 朝から, 本なし, 東海道を, 棄てられ続けだつた, 機関士を, 歩いて, 歩かねば, 歩きまわったすえ, 歩くと, 歸らなかつた, 死んで, 毎日続け, 毎朝山下橋の, 気温が, 沈降し, 溜った頃, 滞在し, 滯在した, 漁場に, 演奏した, 激しく言い争った, 無駄話を, 父の, 物凄い廃屋, 生顔を, 用意させ, 町から, 町内を, 留守, 病気を, 病院で, 登って, 白髯を, 皆を, 相見ない, 眠つてゐた, 知り尽くしたの, 神戸桟橋の, 私が, 稼ぎ廻って, 積った, 積って, 突き出た場所, 突き刺されて, 立った, 端座し, 第百四十七銀行, 細かに, 経った今日, 経った頃, 経ってるん, 経つた頃, 経つの, 経過した, 經つて熱で, 続いた, 続いたで, 続き付近, 続けて, 續い, 續いた, 聚楽の, 聞える, 聳えて, 背が, 脱衣場から, 臥る, 荒天の, 落着いた, 蒙古, 行かなければ, 行って, 袷せ, 見えた, 見えるが, 見ない自分, 見なかったあたり, 見なかったもの, 見なかった間, 見る, 覚えて, 詩を, 詰めかけて, 話した, 読んだこと, 論戦は, 負けるって, 走ったが, 走りましたでしょうか, 蹲んで, 身を, 転宅を, 轉が, 辛抱し, 追いかけて, 通読した, 逢わなかったの, 連載した, 進めるよう, 遅れました, 遅れる時計, 過ぎた昔, 過ぎた時, 過ぎてからであつた, 過ぎ去った今朝, 違う姉, 違って, 違ふ, 遠方へ, 釣ったと, 長く阿, 門際に, 間が, 闇の, 陸に, 隆起が, 隔て, 集った, 集ったという, 集った株主達, 集った見送り人, 集って, 離れた上手, 雪が, 雪に, 霞みながらに, 預金の, 顔は, 飛んで, 食って, 食物商売を, 飲みそのまま, 馴染を, 高い山, 高く空中, 默り, 黙して, 齢が

▼ 近くなっ~ (340, 2.7%)

24 て来た 18 ている 16 ていた, てきた 15 て来る 8 て来 7 てくる 5 たりし, て, てやっと 4 たり遠く, てもう, てようやく 3 てしまう, てもまだ

2 [20件] たりする, てい, ていった, ておりました, てから, てから兄弟三人, てから西風, てしまった, てその, てそれ, てとうとう, てまた, てやがて, て人, て引, て急, て根津, て気温, て見ます, て雨

1 [163件] たってお客, たり, たりあれ, たりした, たりする鳴, たり水平, たり途中, たり鉄, てあたり, ていない, てうす暗い, てうとうと, てお, ておさな, てからあがった, てからいつも, てからお, てからでした, てからのこと, てからはげしい, てからはじめて, てからは別に, てからまたまた, てからも筑前, てから二人, てから伸子, てから出所, てから千世子, てから堯, てから帝, てから平次, てから急, てから東洋風, てから父, てから牛乳屋, てから特赦, てから甚五郎爺, てから私, てから考えた, てから苦しみ抜いた, てから草花, てから道路, てから野島, てから霧, てき, てくれる, てこれ, てこんど, てしかも, てしまいに, てしまいました, てしまふ, てちょっとした, てつい, てつい直ぐ, てね, てのろのろ, ての日, ては一々, てふしぎ, てぶつぶつ, てまもなく, てもうまもなく, てもお, てもまた, ても帰らない, ても時々, ても未, ても武蔵, ても水音, ても物音人声, ても茶の間, てやっ, てわたくし, てギャヴァナー橋, て一世紀二世紀, て上段, て中天, て主人, て会社, て作者, て偃松, て元, て出, て到頭, て十手捕縄, て千鶴子, て参りました, て古い, て召集, て向こう, て君たち, て壮, て大将, て大抵一廻り, て大日坂, て天地, て夫, て居る, て山, て山川, て崩壊, て左, て幾人, て庄兵衛, て庭, て彼, て彼女, て後, て復, て怒る, て息子, て或, て戦線, て散会, て敵, て木, て本, て机, て来たら, て来ました, て東, て東南, て横尾, て横山源兵衛, て毎年定例, て永田杢次, て洗った, て涸沢岳, て涼しい, て濠, て無人島, て焼鳥屋, て狭苦しい, て王室, て田舎道, て畑地, て眼液, て矢, て私, て私たち, て突然, て竜池, て笑い, て第, て筋, て聴衆, て色, て荒い, て街, て被害地, て話しあっ, て足, て路, て重大, て野根村, て長雨, て閉じた, て陽, て電灯, て電車, て音楽者, て鶏

▼ 近く~ (251, 2.0%)

2 [12件] あつたらう, ある, あるまいか, あろう, ならないよう, 吉川霊華を, 月に, 来て, 火石の, 父母に, 田舎や, 秩父山から

1 [227件] あなた様が, あなた様も, あらずかつ, ありませんでした, あるが, あると, あるまいという, いそう, いっても, いて, おひろいで, お前喜多川歌麿という, かげろうに, ここのみ, この奥平様, この欧羅巴区域, この白奴交易路, この終戦, その親類, そもじの, たれも, つきりと, とどかなかった, ないかと, ないが, ないので, ないよう, ない薬, なかった, なかつた, なった, なって, ならず途中, ならない, ならなかった, ねえな, ほとんと, またアイルランド, またエドモン, また北上上流, また天明年中, また尾張, まだ山上, もとより江戸, ゆるゆる流れ, わが日本国, わが旧, わが明治天皇, アイヌに, アドルフ・マンジュウの, エネルギー概念, タヌキから, ツイ一二ヶ月前柳原の, トラピストの, ニコライ二世が, パウルを, フッサールが, フランスと, ホートン・ミフリン会社が, マルサス氏によって, モスリンを, ルルウの, レエモン・ラディゲが, 一九の, 三つ四つの, 三十七年の, 三十年前の, 三味線けいこに, 上州北甘楽の, 上総下総遠い, 中山法華経寺事件という, 乃木大将の, 五六間遠く, 井伊直弼の, 人間学的倫理学の, 今この, 他家の, 伊賀局なんどを, 佐野御厨あるいは, 例の, 先月わが, 八王子在の, 内の, 円価の, 別居生活で, 前もって盟約, 前清, 勾玉状に, 勿論下, 北陸地方の, 千人岳とて, 半島を, 南京皿の, 口細の, 吉川靈華の, 吉川靈華を, 同じ米国, 名取川に, 名栗川上流の, 啄木までの, 四箇の, 土地の, 坪内博士に, 壁を, 大森の, 大森品川より, 大正天皇が, 天明の, 天正の, 天草の, 嫩艸三笠遠くは, 安倍首将に, 宗桂の, 宝暦初年西村重長の, 寄せずに, 寄せない, 寄りて, 寶永四年にも, 寺田寅彦氏などを, 小樽の, 小笠原氏の, 小野子子持赤城の, 小鳥飼, 少し嶮, 尾州の, 屁を, 山谷の, 崇徳院の, 巡査の, 市中を, 幸徳秋水等の, 廣瀬中佐が, 徒歩で, 御岳乗鞍岳白峰赤石の, 徳川末期の, 忍月居士折々, 応仁以後から, 急速な, 惠果阿闍梨の, 我々に, 我が徳川政府二百五十余年, 我ながら, 我国の, 戦捷の, 揚げ出し, 文相二枚舌事件の, 斗満, 旅行記や, 日比谷芝浅草の, 日露戦争を, 明治の, 明治三十五年に, 明治初年の, 明治御, 星野菅諸, 春之舍おぼろ嵯峨之, 昭和十二・三年に, 更に宇野円空博士, 朝鮮シナインド遠くは, 朝鮮琉球あたりの, 木版あるいは, 本年一月の, 東に, 桂舟と, 梅毒が, 梵釋寺の, 森閑として, 武州相州または, 武州秩父の, 武蔵の, 歴史学派の, 水がわりに, 江口神崎東海道の, 河竹黙阿弥翁が, 法月弦之, 法華経寺事件, 津軽の, 深沈と, 渭水潼関の, 漱石先生など, 潤一郎の, 澤村田之助が, 濃く青くはるばる, 瀬田の, 火の, 牛島遠くは, 犀川と, 王儉, 略解が, 直隷軍, 石井某が, 碓氷峠で, 窓に, 緑に, 罷免に, 自軍の, 致しおりましたが, 舞踊家ボイロフ飴屋それから, 若槻前, 英國の, 荒木又右衛門どんな, 荒木道子姉の, 藤木さんの, 蝶ヶ岳が, 表町通りの, 西の, 西班牙大使の, 親同胞, 読書丸ともに, 農鳥岳, 近くだ, 近く一昔前は, 送って, 造ったろう, 量子力学による, 鎌倉に, 鎌倉熱海, 防空聴音器などといふ, 雨を, 韓国合併の, 飯田遠くは, 首尾の, 駿州の, 高村光雲の, 魯西亜の, 鳳儀山の, 鳴かず日

▼ 近くなる~ (231, 1.8%)

5 ともう 3 と, とさすが, と提灯

2 [13件] とそれ, とまた, と俺, と調子, にしたがっ, につれて商店, に従って次第に, のである, のに, ほどに温習, ように, らん, 頃には

1 [191件] かし, かそう, かとでも云う, かと思え, かね, かもしれない, からだ, か日本服, がその間, がとち, が今夜, が併, けれど殆, ことである, ころ丈の, さなき, し薄暗い, ぜあれ, とあすこ, という場合, といつも, といふ訣, とくるり, とこう, とこれ, とこんど, とその, とぞろぞろ, とただ, とともに今, とどこ, となんとも, とはる, とま, とみんな, ともっと, とやがて, とカラだらし, と一人, と一年中, と上厠繁数, と不穏, と丹波, と京都, と人間, と今, と今更, と会場築地小劇場, と伝馬役所, と何れ, と何處, と例, と先ず, と八五郎, と出入り, と四圍, と天満, と天狗犬, と女中さん, と始まる, と宏大, と家, と対局者, と屹, と島野, と席, と平次, と彼, と彼女, と彼等, と後で, と徒歩, と思う, と性欲生活, と怪しい, と恐ろしく, と所謂月, と托児所, と攻め, と景色, と本堂正面, と毎日山, と毎晩下, と江戸, と消え, と湾, と漸く, と灣, と無駄, と父, と父親, と王妃, と甘糟三平, と甲板, と町, と皆, と知名, と竹藪, と網野さん, と緊張, と胸, と芸者たち, と茶褐色, と薄, と表, と見えかくれ, と車夫, と進ん, と避難所, と野生, と釜揚饂飩, と長い, と闇, と随分, と雛, と雨, と静か, と頼光たち, と風, と騎馬道, にきまっ, にしたがい, につけ, につれてだんだん, につれて一々, につれて何となく, につれて妙, につれて村人村童, につれて東京, につれて潮, につれて砲声, につれ一層, にも心付, に従, に従っていよいよ, に従ってお客, に従ってその, に従ってだんだん, に従って其の, に従って焦燥, に従って雨, に從, に於, のが, のだ, のだった, のでどこ, ので低い, のに幼い, のに約束, のは, のを, べ, ほど暑, までこの, までの彼, までは, までは容易く, まで何, まで女房, まで寝室, まで洩れる, まで物, まで話し合った, ものであります, ようである, を待ち, んだ, 一方です, 伸子の, 勘定だ, 女の, 小待合, 従つて諏訪湖の, 方が, 時は, 時まで, 時斗満の, 時猟夫虎の子一つを, 時真崎稲荷の, 時節柄お金を, 気持な, 水音の, 程綺麗に, 老女の, 踊りの, 門構の, 頃から, 頃は, 頃まで, 頃此桑畠に

▼ 近く~ (201, 1.6%)

7 歩いて 6 流れて 5 うろついて 4 通って 3 うろうろし, 指して

2 [13件] あても, あの絶妙, ごう, ぶらついた, まわって, 夜遅く, 廻って, 流れる川, 走って, 通りかかると, 通ること, 通過し, 飛んで

1 [147件] いつまでも, いろんな朝, うろうろと, うろつかれると, お帰り, かすめた, かすッ, かなり大きい, きょそきょそと徘徊, ぐるぐる歩い, さして, すぎて, そそくさと, それは, ちよつと, なにを, のそのそと, ひどくぶっつけた, ひょうひょうと雪, ぶらつくだけ, ぶらぶらと, ぶらぶら歩い, ぼんやり歩い, めぐつて, ゆきかえりして, よろよろと, ウロウロし, ジプシィの, スルスルと, 一人の, 上山へ, 人の, 人力車で, 今と, 勤むる身の上で, 勤め三百石頂戴, 右へ, 同じ重病室, 啼いて, 回って, 奥深い上越国境大利根岳, 好み温かく, 小川が, 巡回し, 幾たびか, 廻り渋峠, 廻り澁峠, 強く触診, 彷徨しました, 往きつ戻りつして, 往来する, 待たんとや, 御通行, 思ひ浮べた, 思わせる冷やか, 払ったの, 抜けながら, 支持し, 攻めるという, 散歩し, 散歩した, 散歩する, 散歩なさる, 昔河が, 時々郊外電車, 松林や, 横に, 横切った, 歩いたり, 歩くと, 殺し八百三十余万人, 毎日散歩した, 決して惜, 流れては, 流れる千曲川, 流れる宮川, 流れる白川, 流れる那珂川, 流れる酒匂川, 煙りの, 熊の, 狐が, 算した, 苦しみ抜いて, 行きつ戻りつし, 行き過ぎるのに, 行く汽船, 褐色に, 襲ったかと, 要した, 要して, 要するし, 要するので, 覆い茂った新樹, 見ずただ, 見まわした, 見ると, 見物し, 警戒し, 費した, 費して, 走ったり, 走つて, 走りながら, 走るとき, 走る時, 踊りすぎる伸子, 迷ひ歩き, 通った, 通ったの, 通つて母の, 通りかかりました, 通りかかり候折, 通りかかる船, 通りかけて, 通りたも, 通りました, 通りましたが, 通りますとき, 通ると, 通るの, 通る時, 通る毎, 通過した, 通過する, 進まなければ, 進んで, 過ぎて, 過ぎ伊万里町, 過した, 過した四ツ谷塩町附近, 選んで, 長々と, 除いて, 離れないで, 雲が, 静かに, 音たて, 飛びまはつてゐる時青い, 飛びまわって, 駆け巡って, 駆逐艦の, 駈け乱れる跫音, 駈け込み来今, 騒がさんと, 騒がせやがったか, 驅り走る

▼ 近く~ (195, 1.6%)

17 つてから 8 つてゐた 5 つてゐる, つて来た 4 つてし, つても 3 んです 2 つて來ました, つて居る, つて或, つて来る, つて門口から, つて隣町の, つて霽つた, の, のだ

1 [131件] けりや, つたおいぼれ, つたそこへ, つたぢや, つたといふ, つたのだ, つたのだらう, つたもの, つた時に, つた時プツゼル婆あ, つた時突然, つた空の, つた証拠だ, つた證據で, つた辺で, つた邊で, つた野らへ, つた銀座の, つた頃この, つた頃には, つた頃水月は, つた頃氷峰の, つてあの, つていきなり, つてお, つておのづか, つてからで, つてからの, つてからは, つてさうし, つてしまつた急い, つてそこを, つてその, つてどうやら大して, つてまた, つてやうやく, つてやがて, つてゆく, つてを, つて一羽の, つて丈夫な, つて中, つて今だに, つて來た, つて來る, つて先づ祐二を, つて其家へ, つて兼次は, つて冷たい, つて出る, つて出発途中土々呂を, つて出立櫛ヶ浜行乞それから, つて初めて, つて十手捕, つて双之, つて右車窓に, つて向うの, つて四五人の, つて四人連れで, つて多くの, つて大切に, つて奥地から, つて好い, つて家内が, つて家来共が, つて寢たさうだ, つて居た, つて居りました, つて峡流も, つて差引損益は, つて帰つて来た, つて帰庵大山さんを, つて帰途に, つて帳面の, つて強烈な, つて彼等は, つて快く, つて散会した, つて散会酔ふて戻つ, つて明神下に, つて月の, つて月を, つて来, つて来ます, つて歸つて來た, つて死ん, つて水を, つて江戸の, つて泣いた, つて湯ノ原着また, つて漸と, つて無人島, つて獨りでゐる, つて王室が, つて空気は, つて聞け, つて肉眼に, つて草鞋を, つて薄, つて行く, つて西条着, つて起き, つて起きた, つて送られ, つて配偶に, つて錢形の, つて鎖の, つて闘牛児居を, つて離れない, つて雨が, つて雨戸を, つて電車に, つて駒次郎は, のかい, のであつ, のである, のです, のですぐ, のでその, ので別に, ので喜多村緑郎氏, ので平気, ので朝礼, ので歩い, ので毎夜, ので薄暗かっ, ので鶴子, のに市外通話, はずだった, ものです, ンです

▼ 近くには~ (155, 1.2%)

3 誰も 2 いづれも, 一本の, 古下駄, 土だらけの, 彼女の, 猫犬なども, 細かい砂利, 藤小米花友待の, 陸軍の

1 [134件] ありませんな, いかにもあの, いずれも, いちどに往来, いなかった, おかない, お湯屋, この飯, さう, その鉄繩, それも, それらしい, なって, なると, べつに武蔵, ほとんどみだされない, ほぼ構築, また一軒, まだ灯, もうやってこなかった, やつぱり似た, ろくな宿, ゐなかつたの, アカシヤの, ナツメなど, ヌーシ山または, ヘンクイネスという, ランプも, 一筋の, 丁度建て干した, 三人は, 三本の, 世間から, 二三近習の, 二人の, 二人ばかり, 二人分の, 五六十人が, 人の, 人家の, 人影が, 佐渡ヶ島一つしか, 何かの, 何も, 何度あらし, 何度も, 侍従, 偃松半, 全市で, 全軍, 八幡宮の, 円い黒い点, 半ば葉の, 又芥川さん, 台湾高砂族の, 同じ寺侍, 名に, 善鬼垣内という, 四五軒も, 堰の, 士族地の, 夜でも, 大分倒木が, 寒さ, 小さな寫眞屋, 小林少年と, 小道も, 川口の, 市街と, 幾百といふ, 必ずどこ, 惡い, 手に, 日本で, 日蓮上人などが, 明け放れ, 昔の, 有名な, 木が, 林檎や, 枝垂れ柳, 柳橋あたりの, 槍の, 樹立の, 武田勢の, 氷屋さんが, 氷山が, 河内の, 油断の, 泉の, 流石に, 涼みが, 深山といふ, 渦巻が, 烏と, 焼場の, 熔岩の, 猪垣と, 珈琲店らしい, 疲れきって, 盛んな, 真紅の, 眼も, 矢張同郷の, 神宮川の, 神戸信孝北畠信雄の, 神道の, 秩父屋という, 紅顔の, 緑の, 船が, 若くて, 茶道具が, 行くもの, 見当らない型, 誰ひとりとして, 護國寺の, 豊沢松太郎竹本播磨太夫の, 赤い屋根, 赤い禿山, 赤城山が, 郵船ビルデングの, 都鳥も, 長いの, 顎紐の, 食事の, 馬の, 馬場弓の, 鬱蒼と, 魚が, 黄色く根, 黒い銹, 鼠が, 鼠の

▼ 近くなった~ (133, 1.1%)

3 ところで

2 [11件] ことが, ことは, ことを, ぞ, ときは, のだ, ので半, のを, 時には, 時分に, 頃は

1 [108件] ある夜, ある日, かしらん, かな, からである, からです, からもう, から滅切年, がこの, がぴかり, が急, が芝原, が飯, くせに, けれどもその, ことだろう, ころ, ころから, ころは, ころもう一度, ころ妻が, ころ親子は, ために, だけ頭, という, ということ, という意味, という感じ, という風, ときに, ときソーッと, とき青年は, ところに, とみえ, と思う, と見え, にちがい, ので, のであります, のであろう, のでいそい, のでこれら, のでございましょう, のでしょう, のでハーキュリーズ, のでペガッサス, のでリンデン, ので主筆, ので勝川おばさん, ので団子坂, ので好都合, ので彼, ので怪物, ので早く, ので毎日吉原, ので水, ので水音, ので炭, ので花岡伯爵家, ので踊り, ので頻繁, ので飯, のにはっきり, のにまだずっと, はず, ものだ, ものである, ような, ように, ようには, わけでした, んだろう, 個所窒息の, 夏の, 太平洋船中での, 娘の, 容子で, 彼女は, 所で, 明るい三つ角, 時その, 時それを, 時は, 時一寸した, 時九郎右衛門が, 時今夜断食の, 時全欧の, 時川幅が, 時正成の, 時突然, 時自分の, 時輸送指揮官の, 朝, 田の面に, 空は, 結果重力が, 頃だ, 頃である, 頃でした, 頃でも, 頃どう, 頃には, 頃一間ほどの, 頃僕は, 頃千世子は, 頃向うの, 頗話せる, LP盤を

▼ 近くから~ (99, 0.8%)

5 遠くから 4 遠くへ 2 あがりました, 始まって, 待設けて, 恐しい黄, 見ると

1 [80件] あの怪物, かいて, ぐつすり眠り, この甲府, でなく三間, ながめた, ながめたいと, ながめ謎, のろしが, ひどく生活, ふたりを, よく屋根, セット入り, バッフィン湾を, フォーク形に, 三十度くらいまでの, 上から, 二十分やる, 人骨が, 仰ぐも, 俄かに, 全山, 凍り始めて, 出たので, 出たばら, 十一時半迄, 十五六回も, 参道の, 又麻雀, 呼ばれて, 呼びもどすの, 喨々水の, 四国町を, 国鉄電車に, 外海へ, 夜中過ぎる, 夜籠り, 始まる, 嫩葉曇に, 幹の, 延々長期戦, 弁護士の, 後を, 急に, 惟光が, 截斷し, 撃つたに, 放つた斥候, 新しい熔岩, 日劇舞台けい古, 更に先方, 来たとは, 来た人, 来た生徒, 模様は, 流れて, 深山景象の, 牛乳を, 珍らしい, 疎に, 発射すれ, 眺めるべき山, 破れ綻び, 稽古を, 突然文房具店, 耕地が, 聞こえて, 背を, 脇坂淡路守の, 見ましたが, 買って, 買つて來て, 逃げ去って, 銃弾が, 降り出した雨, 離れなかった, 電波は, 電話を, 青路の, 鳥屋の

▼ 近く~ (88, 0.7%)

3 違ふから見れ 2 便利な, 可い, 彼自身が, 而も, 鳴り高し

1 [75件] い, いい, いいから, いいわ, おりおり行けるよう, お吉, この上, この驛, これは, さいわい戦災, さらに今, そこで, その翌朝, その葉, その願望, それすら, ただ屋根裏, どうでも, どんなに困る, また遠く, もっと広い, ものの, よいと, よかり, サン・トアンの, 一番よく, 一里強北に, 人目に, 人間ぽい, 他の, 低い千歳山, 区別の, 十丁以内には, 卻つて利益も, 天山は, 天狗の, 婢や, 宿屋が, 尚始終, 山椒の, 差別が, 広い公園, 店の, 弱った冷えたの, 御気味が悪う, 明瞭である, 星の, 是非ほしい, 曲折的の, 月が, 月は, 松林を, 桜なども, 汽車の, 波の, 海岸からは, 湯の, 激動を, 火の粉の, 獄吏にとっても, 税が, 絵を, 街は, 設備も, 誰れ, 通うのに, 違うから, 遠いは, 遠い感じ, 遠きもの鞍馬, 酒の, 鐘の, 頬が, 高い, 髪の

▼ 近くにも~ (59, 0.5%)

8 なって 3 なる, なるの, なるん

1 [42件] あって, ありました, ある, いくつか, おりそう, なったころ, なった頃, ならうといふ, なるが, なること, なるし, なるであろうか, なると, なるのに, なるもの, なる古い, なろうと, なろうという, ひんぴんと, アメリカの, 一基の, 人影が, 出た, 取りまわした山々, 呼ばわり山という, 大登山秋葉寺, 天神を, 小僧に, 山ほととぎすが, 材木屋が, 海尊仙人が, 生えて, 穴などは, 立派な, 聞こえくるころ吾, 菊次郎樣の, 葬られて, 見えるだろうが, 賊兵の, 起つたが, 遊ばせて, 遠くの

▼ 近くなり~ (56, 0.4%)

2 ければ, して, たるに, てしばし, 捨身菩薩の

1 [46件] あの快い, あの破鐘, くるり取巻い, すぐ向う, する, するその, それから, ては又, て座頭傍, て慌しく, て歸, て耳底, て西, て見れ, とうとう日, ながら急, ぬるよろこび, また遠く, まつが, ややしばらく聞え, パシパシ火の, マダムを, 世間の, 両側の, 乱視の, 休みが, 低く成つた, 余命いくばく, 割股が, 声も, 大きくなった, 大風が, 富樫の, 強くな, 心易, 暫くし, 机に, 汽車が, 目科も, 真黒い顔, 着陸までは, 第二綴字, 自分の, 荒くなり, 遂に暗, 電車にて

▼ 近くでは~ (53, 0.4%)

2 ないです, もちろん笑っ, 四角な, 相州の

1 [45件] あったが, あまり胡桃, あるいはオヤコウコウバナ, いけないと, ただ落雷, だれも, また新た, まもなく土地, よくこの, わからないの, アヒダキモノまた, メツッパリとも, レエニンの, 一層波, 一面に, 下着の, 中川の, 京王電車の, 今でも, 信州佐久の, 光瑞氏夫人が, 北と, 千葉県の, 大きな展望台, 大岸の, 宮島江田島大阪近くでは, 山腹の, 府中の, 播州の, 日の, 昨年など, 樹や, 武州高雄山からも, 海の, 澤井の, 磯祭関東では, 若旦那でも, 若鮎なら, 西暦一八七二年の, 見るに, 速度が, 鉋の, 頭に, 飯倉の, 駄目だ

▼ 近く~ (47, 0.4%)

2 だるゆづり葉, てその, て猶且つ, て而

1 [39件] あらは, て, てある, ている, ております, てかつ, てかつて, てさながら, てとき, てなお, てほ, てよく, て一種, て今月今日, て又, て婿殿, て嶮しき, て帝政論派, て愚庵, て戦わん, て旨, て時, て最も, て有力, て橋, て波瀾老成, て洲渚漁村, て漸く, て漸進主義, て目前, て眼力, て置い, て自由論派, て見ゆる, て身, て遠い, て間, て雨意, 重いもの

▼ 近く~ (47, 0.4%)

3 寝る 2 ねた, ゐて

1 [40件] いろ, おあづけ, ついて, ねて, ねる, ねるまだ, ぼんやりしてたら, やつて, やり新宿, やり甚だ, よく眠る, テスト二回やり, ベロに, 一人で, 中野, 伸びて, 來る, 充分に, 喋って, 客を, 寝た食事, 引き寄せねば, 待っても, 悪い霊, 撮る, 明日からの, 来た地車, 来ると, 森林が, 熟睡, 真黒な, 行くこと, 話した, 語る, 読書, 迫り合って, 鉄道線路に, 食ひ, 騒いで, 麻雀

▼ 近く寄っ~ (42, 0.3%)

5 て来 4 て見る 2 て, てつくづく, て来た

1 [27件] ている, てきた, てこの, てささやきかわした, てじっと, てその, てそれ, てぺったり, てまず, てみた, てみました, てやや, てわざわざ, てわれ, て上着, て強い, て御覧, て来る, て狭く, て私, て菓子, て行き, て行っ, て行った, て見, て話敵, て馬

▼ 近くなつ~ (40, 0.3%)

166 たので 2 たやう, てくる

1 [14件] たが, たこと, たころ, たらう, たらさぞ, たりあれ, たりし, たりする, たり遠く, たり遠くなつ, たわけ, た或, た頃, てしまふ

▼ 近くその~ (36, 0.3%)

2 地から, 白壁の

1 [32件] 一例を, 一抹の, 上に, 上へ, 人が, 位置を, 例を, 前に, 名も, 声あやまたず聞えぬ, 委曲を, 姿が, 姿を, 実際を, 尻っ, 屋根の, 山門が, 年よりも, 手が, 最も南, 木の, 板廂の, 歌の, 死體を, 汚なさ亂雜さ, 祈念たるや, 終わりを, 胃が, 脚とても, 話なら, 郷土に, 酒屋が

▼ 近く~ (31, 0.2%)

2 から自分の, つたで, な, よ

1 [23件] から, からこれ, からよく, から先, から春はめ, から藪鶯, から見渡す, から野沢君, がその, が僕, し, しがつ, し武蔵野界隈, ぜ, つたと, つたのだ, という, といふ, とにらんだ, と云, と答えた, わあたし達, 奈良公園を

▼ 近く~ (27, 0.2%)

1 [27件] あつた, いえば, その背後, それと, なったらしかった, なり水面, なるにつれて, まつた, もう部屋, トムちやんは, 三人の, 二所に, 云うもの, 云う表情, 仮定し, 展開させ, 岐阜の, 思えば, 想像せられる, 海岸地方とを, 眉香子の, 知りながら, 聞いて, 見えます, 言ふも, 違って, 違つて幾らか

▼ 近くまた~ (24, 0.2%)

1 [24件] ある人たち, 一層ど, 一方では, 一段と祖先, 両家の, 二本ぬけるだらう, 何べ, 便利な, 八郎湖の, 劉, 右大将に, 呼ぶ, 大和へ, 大洋の, 樹明君も, 水資源も, 永いつきあい, 湖東の, 環境の, 生まれさ, 肌ざわりも柔か, 自己に, 足利氏の, 遠く打ちあげる

▼ 近く~ (21, 0.2%)

2 ている

1 [19件] かかると, そうな, そうに, たれるとき, てい, てしまった, ては囀, てゆらりと, てゐた, て住み, て啼きしきる, て啼く, て奥, て帆, て心細, て戸, て見, て言った, て話す

▼ 近く見え~ (20, 0.2%)

2 ていた, て来た

1 [16件] これらの, その先, ている, てなんだかまだ, てまるで, てもあれ, て其後ろ, て如何にも, て来, て来る, て河口湖, て越えよう, て驚く, 初める様, 近き船, 鉛の

▼ 近く来る~ (19, 0.2%)

2 とその

1 [17件] お粂, からその, ことを, たびに, ってさあの, とあり, とそそる, とは, とまた, と打つ, と梅子, と海軍帽, と猶, ので, までかからね, までその, 大掃除

▼ 近く~ (18, 0.1%)

1 [18件] いよさんの, はぐろ溝, はす, もひ, 互には, 仕えしたこと, 仕えする人たち, 伺いする, 使いに, 取潰し, 姿を, 学友を, 対面相い成る, 手もとへ, 目にか, 祝を, 若の, 説教だった

▼ 近くにな~ (17, 0.1%)

3 つてから 2 つて, つてし, つて眼を 1 つたに, つても, つて友人へ, つて彼は, つて花々しく, つて雨が, つて電話の, つて顧みた

▼ 近く立っ~ (17, 0.1%)

10 ている 3 ていた 1 てさて, て眺める, て行った, て話し

▼ 近くある~ (16, 0.1%)

1 [16件] じゃない, という, ということ, という意外さ, といふ, ので最初, のを, ものさえ, よりもただ訳, 今私は, 大な, 室と, 時などは, 書肆から, 町に, 眼と

▼ 近くこの~ (16, 0.1%)

2 山に

1 [14件] ジャンガラ星を, 一間の, 世界に, 地球に, 家に, 家も, 対策について, 峠の, 市の, 愛すべき小鳥, 書の, 白粉の, 臨時研究班は, 道の

▼ 近く迫っ~ (16, 0.1%)

2 ていた, ている, てくる, て来る, て秋 1 てい, てき, て来, て来た, て見え, て見えた

▼ 近く~ (15, 0.1%)

1 [15件] この月, すぎた, よく一節切, 一番気温が, 一等だ, 便利で, 半封建, 吉原の, 多く車, 婦人な, 寢る, 殆ど目に, 経って, 結婚まで, 自然の

▼ 近くこれ~ (15, 0.1%)

1 [15件] で弱, と同質, ばかりは本式, も震災前, をかの, を同じ, を彼, を提供, を楽々, を樂, を示した, を見る, を評, を譬, を賞美

▼ 近くでも~ (15, 0.1%)

1 [15件] あったろう, あるので, ない何処, なければ, ツクツクシまたは, 一二遍札の辻あたりでも, 世田谷の, 何でも, 宇治の, 府中以西の, 昔この, 曲芸を, 構いませんでしたら, 皆笑った, 競り合いが

▼ 近く~ (14, 0.1%)

2 ると, れば 1 しとき, たこと, て, てゐる, て不意, て挨拶, るとは, るべき戰爭, る時, れる時カクス

▼ 近く立つ~ (14, 0.1%)

4 てゐる 3 てゐた 1 て今, て居た, て房, て見る, 処まで, 数軒の, 聰明智謀の

▼ 近く見える~ (14, 0.1%)

1 [14件] がそれ, ことが, じゃない, ところからす, のだ, のでした, ものすら, ノートル・ダムを, 三ツ目の, 村の, 海の, 矢来の, 西洋館から, 頃から

▼ 近くなれ~ (13, 0.1%)

7 ばなる 1 たるに, ばいさ, ば先, ば四郎俄, ば大分, ば硫黄粘土

▼ 近くにまで~ (13, 0.1%)

2 達して

1 [11件] 上つてゐる, 乱れた激しい, 兵馬の, 到れりと, 来た, 波が, 育つの, 追い着いた, 逼って, 達した, 降りて

▼ 近く~ (13, 0.1%)

4 を占め 2 を占めた, を御 1 へかけつける, へ向, をしめ, を占める, を取り替えた

▼ 近く~ (13, 0.1%)

3 はふと 1 の家, の所, の涙袋, はその, はなんだかまだ, は村長, は浮き, は理科, は自分, を守っ

▼ 近く~ (12, 0.1%)

2 て見る 1 ても看, てやろう, て夜, て感じる, て暮します, て母, て石段, て見られる, て陀羅尼経, ながら岸

▼ 近くいる~ (12, 0.1%)

2 のだ 1 うちに, ことを, せいだ, そのこと, のです, を一向, 不寝, 位置の, 女工に, 神官に

▼ 近くです~ (12, 0.1%)

21 かそれとも, かね, から, から半夜, がまだ, が真暗, が頭, しそれ, ね, よ

▼ 近くまでも~ (12, 0.1%)

1 [12件] ひつきりなしに, 寝て, 延しますが, 引っ切り, 忍び寄って, 敗走し, 斜に, 発展させ, 起きて, 送って, 飛行機を, 騒ぐ組

▼ 近く住む~ (12, 0.1%)

1 [12件] こと数年三十三年には, ころとも, だけに方法, ところから, はずと, ような, 乞食たちは, 人の, 家番の, 心地を, 按摩に, 植松菖助の

▼ 近く寄せ~ (12, 0.1%)

2 置く 1 たりし, ていふ, て何, て何やら, て常磐木, て暫く, て朗, て格闘, て精巧, て言った

▼ 近く聞え~ (12, 0.1%)

3 て来た, て来る 2 て車 1 ている, てくる, やがて空地, 歌

▼ 近くだった~ (11, 0.1%)

1 [11件] か, からである, か尾張町一丁目, か終る, そうです, と思う, な, のです, ものでございます, ものと, 由です

▼ 近くなります~ (11, 0.1%)

2 とそれ, よ 1 から, となるほど, と澤山さ, と芥, と雪, な, 小生が

▼ 近く住ん~ (11, 0.1%)

4 でいる 1 でいた, でいらし, でゐ, でゐる, で居たらしく, で居る, で舞台装置

▼ 近く~ (11, 0.1%)

1 [11件] たりあるいは, ていつ, てごらん, てただならぬ, て中泉眼科, て今井氏, て庭, て日劇見物, て東宝ビル, て横たわっ, て見送っ

▼ 近く~ (11, 0.1%)

1 [11件] が遠い, にゐた, に添っ, の姿, の小径, の鞍部, を望む, を背負うた, を越えれ, を距, 浅い

▼ 近く来た~ (11, 0.1%)

1 [11件] ということ, とき村の, と思う, のを, 手紙の, 旅の, 時ふと, 時スクルージは, 時先きの日の, 時分には, 頃には

▼ 近く置い~ (11, 0.1%)

3 てある, て梅 1 てあつ, ており, て使う, て慰め, て自分

▼ 近く膝行~ (11, 0.1%)

5 り出て 2 り寄りながら, り寄りました 1 り寄って, り寄つて

▼ 近く自分~ (11, 0.1%)

2 の顔, を感じる 1 がどこ, の処女, の死ぬ, の直ぐ, の胸, の身, を感じ

▼ 近く進ん~ (11, 0.1%)

2 で自分 1 でいた, でいる, でさあ, で來, で居りました, で日, で書生, で砲撃, で見る

▼ 近くであった~ (10, 0.1%)

1 からその, からまだ, がそれから, が中井, が座敷, し浅井朝倉, と思う, ので孟子, ので学校, 上に

▼ 近く~ (10, 0.1%)

4 寄って 1 ストームを, 寄て, 木曾川治水積年の, 桶は, 維新当時の, 耳にも

▼ 近くへは~ (10, 0.1%)

1 どんなこと, 呼ばなくなった, 寄せつけて, 寄らなかった, 寄らぬこと, 寄れないと, 来ないし, 脚踏み, 落ちず, 降つて

▼ 近く~ (10, 0.1%)

1 わかり易かった, 其をも, 参ります, 夫から, 支那に, 美妙氏の, 自動車で, 行軍縦隊や, 近いよう, 遠く自在

▼ 近く寄り~ (10, 0.1%)

1 さま両, そひ, て, てその, てそれ, て幾許, ながらたがい, 來る, 来りて, 難いあり

▼ 近く~ (10, 0.1%)

1 が公園, が待ち受け, と此, に返信, のあと, のアパアトメント, の君, の顔, は妻, を招き

▼ 近く~ (10, 0.1%)

2 帰国と 1 上覧の, 呼びよせなさりながら今昔の, 当家に, 当家を, 治世に, 結婚なさる, 落胤と, 遜位

▼ 近く行っ~ (10, 0.1%)

2 て見た 1 たりし, ていた, て半蔵, て日暮時, て立っ, て立った, て見る, て高い

▼ 近く起き~ (10, 0.1%)

2 て入浴 1 てきい, て醉ふため, 二時に, 入浴, 女房同道で, 朝は, 母上より, 築地小劇場マチネーに

▼ 近く迫り~ (10, 0.1%)

2 來て 1 つつありし, つつある, てアキリュウス劔, て探らしむ, て敵將, て槍, 寄す斯く, 襲ふも

▼ 近くても~ (9, 0.1%)

1 不便だろう, 京丹波遠くは, 数十年前の, 旅に, 毬酸漿という, 民間の, 濃度も, 肉眼で, 遠くても

▼ 近くである~ (9, 0.1%)

2 ことに 1 から今, し中華, ということ, と云う, にかかわらず, 事の, 同じ谷中

▼ 近くもの~ (9, 0.1%)

1 なりとの, の一二間, もあらざるなり, 増産に, 大昔に, 家族が, 永い歳月, 金を, 間クリスマスの

▼ 近く~ (9, 0.1%)

1 が立つ, にもっとも, に扶, に接し, に迫り, の聲, の足許, の顔, をだまし

▼ 近く~ (9, 0.1%)

1 が妙, が無い, が躍っ, が躍つ, にのぞめり, に接し, の中, の他何, の音

▼ 近く聞える~ (9, 0.1%)

2 のだ, のを 1 ことも, のだった, ように, わ, 藁を

▼ 近くより~ (8, 0.1%)

1 かかられると, そひ, 一時半まで, 夜にかけて, 次第に遠く, 添って, 透間も, 雨ふり始める

▼ 近く仕え~ (8, 0.1%)

4 ている 1 てあの, て人一倍, て千百石余, て来た

▼ 近く~ (8, 0.1%)

2 でありその 1 からさういふ, から東京, の三月十五日, の川, の話, を流る

▼ 近く呼ん~ (8, 0.1%)

2 でその 1 で, でこう, で他愛, で大, で糜芳, で言った

▼ 近く~ (8, 0.1%)

3 を出る 1 にかへる, に遠く, のない, へ帰る, を有

▼ 近く~ (8, 0.1%)

1 につき, の下, の傍, の前, は百錬, をさました, をよせ, を醒した

▼ 近く~ (8, 0.1%)

2 二の 1 一の, 一艦隊が, 二世の, 二次の, 五氷河期の, 十三を

▼ 近く遠く~ (8, 0.1%)

1 かさなり合つて, びゅーん, 一様に, 南の, 去来し, 吹きよこす風, 幽かに, 聞え出したが

▼ 近くしかも~ (7, 0.1%)

2 非常に 1 そつち, 或る, 捜査の, 訝しく眺めた, 遠く相

▼ 近くじゃ~ (7, 0.1%)

1 ありません, ありませんか, あるし, こなた知合い, ごわせんか, もんで, 人目に

▼ 近くそれ~ (7, 0.1%)

2 に近づく 1 から正月一ぱいこれ, がすむ, が訛り, こそ傾きかかった, の花びら

▼ 近くとも~ (7, 0.1%)

1 とても歸つて, 国訓の, 気候が, 自分の, 遠くとも, 遠くは, 遠淺

▼ 近くによって~ (7, 0.1%)

1 いかなければ, くる, ぐるぐる空中戦, しみじみ見られる, 下さい, 月を, 来て

▼ 近く~ (7, 0.1%)

2 味瓜畑から 1 あるいはかなり, そのあたり, つて來た, つて來て, 遠くから

▼ 近く~ (7, 0.1%)

4 へる人たち 1 に成つたの, は出来ん, へまつる

▼ 近く~ (7, 0.1%)

6 を寄せ 1 を寄せた

▼ 近く地球~ (7, 0.1%)

3 の上 2 を離れ 1 のうえ, の人類

▼ 近く大きく~ (7, 0.1%)

2 なりやがて 1 きこえました, なる, 正面に, 眞正面に, 聴えた

▼ 近く大きな~ (7, 0.1%)

1 丸太を, 李の, 棚が, 花を, 落葉樹林が, 蛞蝓を, 鳥籠が

▼ 近く寄る~ (7, 0.1%)

3 に私 1 とあの, とサヤサヤ, ものが, 時書院の

▼ 近く帰っ~ (7, 0.1%)

5 て来た 1 ていた, て行った

▼ 近く日本~ (7, 0.1%)

2 で宣教師 1 に革命, の全, へかえります, へかえる, 少くとも

▼ 近く東京~ (7, 0.1%)

1 にあれ, の南郊, の方, の檜舞台, へ一度, へ帰っ, へ行った

▼ 近く~ (7, 0.1%)

1 似るもの, 接したえて, 接して, 接す, 接する様, 迫り見ゆ, 離れ更に

▼ 近く~ (7, 0.1%)

21 て, ていた, てゐ, て行く, もし又

▼ 近く見た~ (7, 0.1%)

2 のは 1 ことの, ところで, やうに, 或る, 間の

▼ 近くあの~ (6, 0.0%)

1 妖艶極まる, 暗い下水道, 火事だ, 特異な, 離れに, 鳥を

▼ 近く~ (6, 0.0%)

1 かつてゐます, それでなけれ, よいつめ, 小田原か, 若しや, 遠いの

▼ 近くそして~ (6, 0.0%)

1 一ノ, 二人の, 早くまわっ, 暗かった, 書棚の, 楽々と

▼ 近くなら~ (6, 0.0%)

1 ばどこ, ばなに, 兎に, 洪積と, 神田の, 遠くったっ

▼ 近くへと~ (6, 0.0%)

1 出て, 婉曲に, 差し招いたが, 幾筋もの, 漕いだ, 這いまわって

▼ 近く~ (6, 0.0%)

1 なるもの, 床に, 清水の, 菩薩の, 駅を, 鼇の

▼ 近く引き寄せ~ (6, 0.0%)

1 そうし, て九州, て生かそう, て私, て置く, て訊ねず

▼ 近く彼女~ (6, 0.0%)

1 から少し, がにつと, が示そう, の側, の故郷, は大阪ビル新館

▼ 近く歩い~ (6, 0.0%)

1 ていた, ている, てゐた, て居た, て往, て行

▼ 近く流れ~ (6, 0.0%)

1 ていた, ている, て八ヶ岳山麓, て行く, を二つ, 山が

▼ 近く経っ~ (6, 0.0%)

2 ていた, ている 1 てしまった, ても何

▼ 近く~ (6, 0.0%)

2 は珊瑚礁 1 が二艘, で行くなら, の修理, を止めた

▼ 近く~ (6, 0.0%)

2 を寄せ 1 をかがめ, をよせし, を寄せつ, を置く

▼ 近く近く~ (6, 0.0%)

1 して, するこの, となる, と云う, と展開, なつて

▼ 近くあつ~ (5, 0.0%)

31 たの, て其内大使館

▼ 近くかつ~ (5, 0.0%)

1 人々が, 全体的な, 取扱いに, 福の, 長く見つめた

▼ 近くここ~ (5, 0.0%)

1 にご, にその, へ出せ, へ来る, を引

▼ 近くそこ~ (5, 0.0%)

2 には他 1 でもここ, へ訪ね, を防空壕がわり

▼ 近くだつた~ (5, 0.0%)

1 がアパート, けれども出札, ので早速, ので登校, ので翌

▼ 近くでなけれ~ (5, 0.0%)

2 ばならない 1 ばならなかった, ば宮, ば起きない

▼ 近くならない~ (5, 0.0%)

1 うちに, とやっぱり, のかね, 土堤の, 土手の

▼ 近くなりし~ (5, 0.0%)

1 しるしにや, となり, と見え, 今日より, 時

▼ 近くなりました~ (5, 0.0%)

1 から, から早く, がお, が月光, が霜

▼ 近くにでも~ (5, 0.0%)

2 いるよう 1 いたら直径一メートル, なれば, 住んで

▼ 近くまでの~ (5, 0.0%)

1 古本屋を, 娘の, 産物であった, 約四時間, 間に

▼ 近くまでは~ (5, 0.0%)

2 大丈夫だ 1 いやだ, どうか斯, 水滴は

▼ 近く並ん~ (5, 0.0%)

1 でいた, でいる, でもう, でゐた, で居る

▼ 近く実現~ (5, 0.0%)

1 されるであろう, しそう, し得る感想, するか, する変化

▼ 近く寄つて~ (5, 0.0%)

1 かうお尋ね, 嗅ぐ時, 強い香, 来て, 行くの

▼ 近く少し~ (5, 0.0%)

1 にじり寄って, ばかり下品, 位遠く, 小高い処, 痛みから

▼ 近く或は~ (5, 0.0%)

1 作者は, 六十歳を, 無熱でも, 遠くごろ, 遠くへ

▼ 近く~ (5, 0.0%)

1 に入ります, や頬, をつかえる, を延ばせ, を離れる

▼ 近く招い~ (5, 0.0%)

1 て, ていった, てひそか, て堂上, て門出

▼ 近く持っ~ (5, 0.0%)

1 ている, て来た, て来れ, て行こう, て行っ

▼ 近く~ (5, 0.0%)

1 たふ, たへ, に細長い, はり, りて

▼ 近く~ (5, 0.0%)

1 に入る, に流れ込む, のやう, をのぞむ, を見る

▼ 近く聞こえる~ (5, 0.0%)

1 と思う, ものであります, ものでございます, やうな, ような

▼ 近く聳え~ (5, 0.0%)

2 ている 1 ていた, て胆吹山髣髴, 半より

▼ 近く~ (5, 0.0%)

2 をかけ, を降した 1 をおろした

▼ 近く見えた~ (5, 0.0%)

1 が四時間, が非常, けれど一方, ので半町, のも

▼ 近く見る~ (5, 0.0%)

1 とかならずしもそう, と武蔵, には西山峠, 姿は, 御経験

▼ 近く飛ん~ (5, 0.0%)

2 でいる 1 で來, で来, で来る

▼ 近くあった~ (4, 0.0%)

1 がみんな揃い, ことが, せいか, のだろう

▼ 近くきこえる~ (4, 0.0%)

2 ばかりである 1 かと思う, ばかりであった

▼ 近くこと~ (4, 0.0%)

1 が出来た, を得べきなり, を怖, を敢

▼ 近くすわっ~ (4, 0.0%)

1 て, て右手, て寒い白い, て脇息

▼ 近くただ~ (4, 0.0%)

1 その所在, 一方では, 二キロメートルだけ, 秋後に

▼ 近くない~ (4, 0.0%)

1 しちよツ, と好い, 私の, 道です

▼ 近くなりに~ (4, 0.0%)

1 けり, けりあまりに, けり今, けるなるべし隣

▼ 近くやって来た~ (4, 0.0%)

1 ために, ので撮影開始, 所を, 時に

▼ 近くよせ~ (4, 0.0%)

1 て奥, て彼女, て来, て自分

▼ 近くゐた~ (4, 0.0%)

1 が一羽, のだ, 二三人の, 人だ

▼ 近く且つ~ (4, 0.0%)

1 その兩岸, は人界, 便利である, 足利殿数十代の

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 し昼寝, でも村, の老境, まで室

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 の河北省問題, を取り, を探らん, を見れ

▼ 近く侍る~ (4, 0.0%)

4 尊いおん方

▼ 近く同じ~ (4, 0.0%)

1 ように, 向ヶ崎, 拵えの, 町内に

▼ 近く坐っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, ています, ている, て互に

▼ 近く姿~ (4, 0.0%)

1 をあら, をあらわし, を現, を見せ

▼ 近く寄り添っ~ (4, 0.0%)

1 ていた, て天使, て来, て来る

▼ 近く寄れ~ (4, 0.0%)

2 喰さきなむ 1 もっと近く, 手を

▼ 近く富士~ (4, 0.0%)

1 と八ヶ岳, の嶺, の高根, は遠く

▼ 近く居る~ (4, 0.0%)

1 おれは, によっていまだに, 事の, 姉妹の

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 につかしむ, に上る, に沿う, の薄

▼ 近く帰る~ (4, 0.0%)

1 ことも, つもりです, と朝七時すぎ, と電話

▼ 近く~ (4, 0.0%)

2 寄せて 1 寄せたいと, 寄せまして

▼ 近く成つて~ (4, 0.0%)

1 から三人, 居た, 居ながら, 来たとも

▼ 近く接し~ (4, 0.0%)

1 ていた, て交情, て其の, て生え

▼ 近く椅子~ (4, 0.0%)

4 を寄せ

▼ 近く残っ~ (4, 0.0%)

4 ていた

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 が動け, の間, の音, を切っ

▼ 近く漸く~ (4, 0.0%)

1 お帰り, 呼ばれて, 雨風も, 雲が

▼ 近く発表~ (4, 0.0%)

2 する 1 するらしく広告, する心ぐみ

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 の前, も美しく, をさました, を掩

▼ 近く眺め~ (4, 0.0%)

1 たりしました, て男子, て立ちつくし, ながら髪

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 えた, えました, える, くと

▼ 近く~ (4, 0.0%)

1 がそよぎ, に咲いた, ふみて, 噛むとき

▼ 近く見れ~ (4, 0.0%)

2 ば見る 1 どもいと, ばその

▼ 近く辞し~ (4, 0.0%)

1 てホテル, て座, て日暮里, 京極の

▼ 近く迫った~ (4, 0.0%)

1 が奇怪, ときに, 明智の, 死別の

▼ 近く迫る~ (4, 0.0%)

1 のを, ものであるなら, 時, 潮先も

▼ 近く進み~ (4, 0.0%)

1 予が, 來て, 候, 寄つた少年年齡は

▼ 近く青い~ (4, 0.0%)

2 ペンキ塗りの 1 空の, 苔の

▼ 近く静か~ (4, 0.0%)

1 な田舎, な足どり, に動い, に彼女

▼ 近く~ (4, 0.0%)

3 を寄せ 1 を並べ

▼ 近く高い~ (4, 0.0%)

1 が大, だけに其展望, 瀑が, 石磴が

▼ 近くあり~ (3, 0.0%)

1 その水, 其過半は, 段々と

▼ 近くあるいは~ (3, 0.0%)

1 遠くあるいは, 遠く蟠, 遠く警鐘

▼ 近くいつも~ (3, 0.0%)

1 この机, のこと, 目を

▼ 近くおい~ (3, 0.0%)

1 ていた, て何かと, て可愛がり

▼ 近くかかった~ (3, 0.0%)

1 とき枯松葉に, と思う, のだ

▼ 近くからも~ (3, 0.0%)

2 寄って 1 上からも

▼ 近くする~ (3, 0.0%)

1 ことを, この喜, といふ

▼ 近くたった~ (3, 0.0%)

1 この間伸子が, 一八, 頃

▼ 近くたって~ (3, 0.0%)

1 から後, から歩い, 入替りに

▼ 近くでございます~ (3, 0.0%)

21

▼ 近くでした~ (3, 0.0%)

1 ので新宿, のん, ようにも

▼ 近くともし~ (3, 0.0%)

1 ていろいろ, てそれ, て几帳

▼ 近くなりたる~ (3, 0.0%)

1 冬山を, 処に, 此頃窗の

▼ 近くなろう~ (3, 0.0%)

1 がまだ, とした, と云う

▼ 近くにて~ (3, 0.0%)

2 青鼠頭魚といふ 1 はかような

▼ 近くへまで~ (3, 0.0%)

1 行って, 迫って, 鉄砲の

▼ 近くよって~ (3, 0.0%)

1 その大きな岩, 無事に, 見たところ

▼ 近くらしい~ (3, 0.0%)

1 ぬくい朝ぼらけ, 外の, 贅沢で

▼ 近くゐざり出~ (3, 0.0%)

3 て見

▼ 近くフランス~ (3, 0.0%)

2 へ留学 1 が後

▼ 近く一つ~ (3, 0.0%)

1 の堂, の洞窟, の窓

▼ 近く一例~ (3, 0.0%)

1 をあげ, を挙げ, を示さん

▼ 近く一脚~ (3, 0.0%)

3 の机

▼ 近く三人~ (3, 0.0%)

1 ある兄弟, で逢っ, の前

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 に瀑, の細君, 唇が

▼ 近く下っ~ (3, 0.0%)

1 てまた, て右, て金峰山

▼ 近く下り~ (3, 0.0%)

1 て向う岸, て来たら, 一番線から

▼ 近く中津川~ (3, 0.0%)

2 を去っ 1 の家

▼ 近く二人~ (3, 0.0%)

1 の男, は一つ室, は凍死

▼ 近く互に~ (3, 0.0%)

1 相向ひ, 見入りながら, 迫り寄

▼ 近く位置~ (3, 0.0%)

2 して 1 を占める

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 の戦法, へ復, をよせ

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 いて, したり, して

▼ 近く傾い~ (3, 0.0%)

1 ていた, ている, て今にもそのまま

▼ 近く出発~ (3, 0.0%)

2 すること 1 と承っ

▼ 近く召使~ (3, 0.0%)

1 って来た, ひ度, ふが

▼ 近く右手~ (3, 0.0%)

1 に箱根連山, に赤, の沖

▼ 近く咲い~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 の親, は夥しく, を坐らせ

▼ 近く子供~ (3, 0.0%)

2 でもすかす 1 を連れ

▼ 近く学校~ (3, 0.0%)

1 から帰る, は市内, を休ん

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 するを, する時, 来て

▼ 近く寒い~ (3, 0.0%)

2 風が 1 雨の

▼ 近く~ (3, 0.0%)

2 に出た 1 つづきの

▼ 近く帰つて~ (3, 0.0%)

1 ゐた, 来た夫, 来るだらう

▼ 近く引きつけ~ (3, 0.0%)

1 てつめたく, て玉山崩れよう, て離さなかった

▼ 近く待っ~ (3, 0.0%)

1 てい, ていなけれ, てやっ

▼ 近く感じ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て急い

▼ 近く据えた~ (3, 0.0%)

1 一脚の, 紫檀の, 角風呂雨が

▼ 近く接近~ (3, 0.0%)

2 して 1 しありのまま

▼ 近く支那~ (3, 0.0%)

1 から来た, の大学, の苦力

▼ 近く最も~ (3, 0.0%)

2 遙かなと 1 自分の

▼ 近く有名~ (3, 0.0%)

1 なる奇人的, なムッツリ屋, な熊野王子

▼ 近く来り~ (3, 0.0%)

1 ています, て啄む, て眠り

▼ 近く棲ん~ (3, 0.0%)

3 でいる

▼ 近く機会~ (3, 0.0%)

1 がある, を得まし, を求め

▼ 近く此方~ (3, 0.0%)

2 に背 1 は又

▼ 近く歩み寄っ~ (3, 0.0%)

1 て来, て行きます, て見る

▼ 近く死ぬ~ (3, 0.0%)

1 いのちを, のだ, ような

▼ 近く殊に~ (3, 0.0%)

1 一人の, 新劇の, 近代文学の

▼ 近く滯在~ (3, 0.0%)

2 して 1 してから

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 の音, は殆ど, 鳴の

▼ 近く相対~ (3, 0.0%)

1 した, して, する伊豆東海岸

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 の常夜灯, よりも堅き, を立てる

▼ 近く碇泊~ (3, 0.0%)

1 して, する船, せるが

▼ 近く私達~ (3, 0.0%)

1 に取つ, の側, はその

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 にまかれた, をさまよいます, を劃

▼ 近く立てる~ (3, 0.0%)

1 に向, ひとりの, グラッフィアカーネ脂に

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 の一端, の上, を吊る

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 して, もある, も別々

▼ 近く聞えた~ (3, 0.0%)

2 のは 1 声が

▼ 近く聞こえ~ (3, 0.0%)

1 てくる, てふっと, て来

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 に抱かれ, を乗り出し, を進め

▼ 近く落葉松~ (3, 0.0%)

1 など植えた, の木立ち, の林

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 の神棚, はる, はれた

▼ 近く見えます~ (3, 0.0%)

1 ことあの, し町, ねえ旦那

▼ 近く起きる~ (3, 0.0%)

1 づっしりと太い, と麻雀, ボビーと

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 ひせま, ひつかれ, ひ詰めて

▼ 近く通っ~ (3, 0.0%)

1 ている, て来る, て見た

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 ってる鋼色, りぬ, るの

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 とは比較, に変, へ出

▼ 近く酒気~ (3, 0.0%)

3 を帯び

▼ 近く非常~ (3, 0.0%)

1 に太い, に温かい, に精巧

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 して, を立てる, を聞けり

▼ 近く響き~ (3, 0.0%)

2 てさて 1 各人各様の

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 に望ん, の上, を下げた

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 が吹きあれ, が吹け, は薄寒く

▼ 近く~ (3, 0.0%)

1 から下り, に乗らない, に揺られなけれ

▼ 近く鳴く~ (3, 0.0%)

1 ものに, 小鳥の, 鶯は

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 かこを, つて湯ヶ原

▼ 近くあっ~ (2, 0.0%)

1 て上, て立派

▼ 近くあなた~ (2, 0.0%)

1 がすっかり, のため

▼ 近くありたい~ (2, 0.0%)

1 と云う, のだ

▼ 近くあります~ (2, 0.0%)

1 のでその, のよ

▼ 近くいかにも~ (2, 0.0%)

1 見すぼらしい娘, 非情な

▼ 近くいずれ~ (2, 0.0%)

1 は江戸, も寒蝉

▼ 近くいたい~ (2, 0.0%)

1 という人恋し, と思召す心

▼ 近くいつ~ (2, 0.0%)

1 となく, 頃来られた

▼ 近くうつれ~ (2, 0.0%)

1 ば変, ば変る

▼ 近くおいた~ (2, 0.0%)

1 のではじめ, 籐椅子の

▼ 近くおくれ~ (2, 0.0%)

1 てはじめて, て七月

▼ 近くおり~ (2, 0.0%)

1 て居, 供舟は

▼ 近くお世話~ (2, 0.0%)

1 させて, すること

▼ 近くお呼び~ (2, 0.0%)

1 になっ, 被成

▼ 近くかかっ~ (2, 0.0%)

1 てようやく, て育てた

▼ 近くかけ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 近くきき~ (2, 0.0%)

1 ながら寝る, ながら老人

▼ 近くきこえ~ (2, 0.0%)

1 たりした, ている

▼ 近くきれい~ (2, 0.0%)

1 な砂地, な色

▼ 近くくる~ (2, 0.0%)

1 とにわかに, と重箱

▼ 近く~ (2, 0.0%)

2 拝眉の

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 うして, しよつて

▼ 近くさし~ (2, 0.0%)

1 出て, 寄りましたの

▼ 近くしたがって~ (2, 0.0%)

1 小児ばかりが, 長与窯の

▼ 近くすぐ~ (2, 0.0%)

1 に初酉, 猫の

▼ 近くすわる~ (2, 0.0%)

1 と, とその

▼ 近くそういう~ (2, 0.0%)

1 気質の, 状態が

▼ 近くそんな~ (2, 0.0%)

1 ところに, 場所に

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 あちやん, とひ

▼ 近くたつ~ (2, 0.0%)

1 て其處, のに一向

▼ 近くだけに~ (2, 0.0%)

1 急いで, 飛石が

▼ 近くつい~ (2, 0.0%)

1 お隣同士が, て視る

▼ 近くつづい~ (2, 0.0%)

1 ていた, てその

▼ 近くつまり~ (2, 0.0%)

2 観客席に

▼ 近くであっ~ (2, 0.0%)

1 て自分, て農夫たち

▼ 近くであり~ (2, 0.0%)

1 それでも湯, 南京虫の

▼ 近くでありませう~ (2, 0.0%)

2 か非常

▼ 近くであろう~ (2, 0.0%)

1 と想像, にさだめし

▼ 近くでしょう~ (2, 0.0%)

2

▼ 近くで無い~ (2, 0.0%)

2 とこいつ

▼ 近くという~ (2, 0.0%)

1 のは, ものを

▼ 近くといふ~ (2, 0.0%)

1 柄にも, 突離し

▼ 近くとは~ (2, 0.0%)

1 ちが, ちがって

▼ 近くどこ~ (2, 0.0%)

1 かへ連れ, か艶めいてい

▼ 近くなかった~ (2, 0.0%)

1 のである, ネ

▼ 近くなく~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, 遠くない

▼ 近くなったら~ (2, 0.0%)

1 ひさしぶりで, 大変暖かく

▼ 近くなつた~ (2, 0.0%)

1 とき青年は, 頃でした

▼ 近くなに~ (2, 0.0%)

1 かにこれ, か更に

▼ 近くなりぬ~ (2, 0.0%)

1 いまだよ, といふ

▼ 近くなりまし~ (2, 0.0%)

1 ていつも, てもはや

▼ 近くなるで~ (2, 0.0%)

2 はありません

▼ 近くなるみ~ (2, 0.0%)

1 の浜千鳥, の濱ちどり

▼ 近くにさえ~ (2, 0.0%)

1 なる, 居れば

▼ 近くにつれて~ (2, 0.0%)

1 川幅次第に, 汽車の

▼ 近くのぞき込ん~ (2, 0.0%)

1 で, でゐる

▼ 近くふたたび~ (2, 0.0%)

1 めぐり来ようと, 媼が

▼ 近くふと~ (2, 0.0%)

1 気づくと, 目を

▼ 近くへでも~ (2, 0.0%)

1 どこへでも, 行くの

▼ 近くへも~ (2, 0.0%)

1 何処とも, 立ち寄るまいと

▼ 近くほとんど~ (2, 0.0%)

1 相通じたらしく, 相通ずる

▼ 近くほど~ (2, 0.0%)

1 心は, 自分が

▼ 近くまだ~ (2, 0.0%)

1 一つも, 何も

▼ 近く~ (2, 0.0%)

2

▼ 近くむすばれ~ (2, 0.0%)

1 てい, ている

▼ 近くむれ~ (2, 0.0%)

2 集ふ

▼ 近くもう~ (2, 0.0%)

1 その時, ひとつ小さな

▼ 近くもっと~ (2, 0.0%)

1 単純である, 美しい

▼ 近くやう~ (2, 0.0%)

1 に, やく歸つて來

▼ 近くやうやう~ (2, 0.0%)

2 と手

▼ 近くやっと~ (2, 0.0%)

1 アピアに, 正面の

▼ 近くやつ~ (2, 0.0%)

1 たけれど, て来

▼ 近くようやく~ (2, 0.0%)

1 人の, 色を

▼ 近くよっ~ (2, 0.0%)

1 てさわっ, て来る

▼ 近くわが~ (2, 0.0%)

2 導者に

▼ 近くわざと~ (2, 0.0%)

1 あどけなく気取らせた, 色模様の

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 て心靜, て聞く

▼ 近くブラブラ~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 は品川, 大明鏡

▼ 近く一むら~ (2, 0.0%)

2 の樹立

▼ 近く一本~ (2, 0.0%)

1 ずつ立てかけ, 立って

▼ 近く三年~ (2, 0.0%)

2 の間一度

▼ 近く下る~ (2, 0.0%)

1 と左岸, と水

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 三年以前フランスと, 艦隊相並行し

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 に反し, より仕事

▼ 近く~ (2, 0.0%)

2 前脚

▼ 近く二階~ (2, 0.0%)

1 なる東, にばかり住ん

▼ 近く京都~ (2, 0.0%)

1 で病死, へ入った

▼ 近く人口~ (2, 0.0%)

1 に鱠, は五千

▼ 近く人間~ (2, 0.0%)

1 に遠い, の第六感

▼ 近く仕ふる~ (2, 0.0%)

1 人々が, 媼に

▼ 近く以前~ (2, 0.0%)

1 であるから, の話

▼ 近く会う~ (2, 0.0%)

1 ことが, となる

▼ 近く会得~ (2, 0.0%)

1 するやう, するよう

▼ 近く低い~ (2, 0.0%)

1 宙を, 雲に

▼ 近く住み~ (2, 0.0%)

1 て變, 多くの

▼ 近く住みける~ (2, 0.0%)

1 夏, 頃

▼ 近く住みつい~ (2, 0.0%)

1 ています, ている

▼ 近く何ん~ (2, 0.0%)

1 か囁き合っ, となく

▼ 近く使っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ておいた

▼ 近く使われ~ (2, 0.0%)

1 ていたらしい, ている

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 にたち, に來

▼ 近く傾いた~ (2, 0.0%)

1 下弦の, 西日に

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の目, は寝床

▼ 近く入れ~ (2, 0.0%)

1 てくれた, てそれ

▼ 近く全く~ (2, 0.0%)

1 時代の, 破滅に

▼ 近く其の~ (2, 0.0%)

1 人常に, 名も

▼ 近く出た~ (2, 0.0%)

1 少々心配, 者は

▼ 近く出入り~ (2, 0.0%)

1 はし, をする

▼ 近く出版~ (2, 0.0%)

1 する筈, せられて

▼ 近く切れ~ (2, 0.0%)

1 ている, て落ちた

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 雁が, 鴉

▼ 近く利根~ (2, 0.0%)

2 の甚伍左

▼ 近く南国~ (2, 0.0%)

1 とはいい, とは言

▼ 近く参る~ (2, 0.0%)

1 と告げれ, 筈でした

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 りたる覺束, る筈

▼ 近く友人~ (2, 0.0%)

1 と企て, の妻君

▼ 近く古い~ (2, 0.0%)

2 書に

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 からず, なり大

▼ 近く吉野~ (2, 0.0%)

2 と肩

▼ 近く同一~ (2, 0.0%)

2 の問

▼ 近く同時に~ (2, 0.0%)

1 また外見, 彼女が

▼ 近く向う~ (2, 0.0%)

1 を向い, 上りの

▼ 近く呼ばれ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 つて居た, を占め

▼ 近く坐る~ (2, 0.0%)

2 ことが

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 へ向っ, を取り巻い

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 に物音, へ出た

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 が明けた, はやすんだ

▼ 近く奉公~ (2, 0.0%)

1 したまう人々, した人

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の方, は部分的

▼ 近く宿~ (2, 0.0%)

1 を出, を立つ

▼ 近く寄せよう~ (2, 0.0%)

1 と思っ, と思つて纜

▼ 近く寄せられ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てゐた

▼ 近く寄せる~ (2, 0.0%)

1 と言う, ような

▼ 近く寄せ來~ (2, 0.0%)

1 り, る

▼ 近く寄った~ (2, 0.0%)

1 のかい, 時

▼ 近く寄つて來~ (2, 0.0%)

1 た, て泳い

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 地蔵と, 棚の

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 という, といふ

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 槍ヶ岳を, 瀧氏來り

▼ 近く尨大~ (2, 0.0%)

1 な三宝山, な奥仙丈山塊

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 して, て風呂

▼ 近く居た~ (2, 0.0%)

1 のである, 者は

▼ 近く山容~ (2, 0.0%)

2 をあら

▼ 近く山手~ (2, 0.0%)

2 に入った

▼ 近く屹立~ (2, 0.0%)

1 して, せるを

▼ 近く帰国~ (2, 0.0%)

1 するという, の途

▼ 近く帰宅~ (2, 0.0%)

1 して, す

▼ 近く年上~ (2, 0.0%)

1 でしたが, の祖母

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 に二枚, へ入る

▼ 近く座っ~ (2, 0.0%)

1 ていた, ている

▼ 近く引き寄せた~ (2, 0.0%)

1 ことの, 燭台の

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 られた, をかえ

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 である, になり

▼ 近く従って~ (2, 0.0%)

1 海は, 相互衝突の

▼ 近く徳川時代~ (2, 0.0%)

1 までも地方, までも継続

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 に寂しく, に空

▼ 近く感じた~ (2, 0.0%)

1 ことが, ことだったろう

▼ 近く感じられる~ (2, 0.0%)

1 河沿いの, 雰囲気の

▼ 近く成る~ (2, 0.0%)

1 と五疋, 迄も一聲

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 に及ば, を匿

▼ 近く戸外~ (2, 0.0%)

1 の人通, は夕陽

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の方, の音

▼ 近く抱いてる~ (2, 0.0%)

2 うれしさ

▼ 近く挨拶~ (2, 0.0%)

2 に行った

▼ 近く捜査本部~ (2, 0.0%)

1 になっ, の知識

▼ 近く据ゑて穢禍~ (2, 0.0%)

1 を吸, を吸ひとつ

▼ 近く描い~ (2, 0.0%)

1 てあった, てある

▼ 近く政府~ (2, 0.0%)

1 が学生, の手

▼ 近く敷かれ~ (2, 0.0%)

1 てあ, てあっ

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 に伐つた, に坐った

▼ 近く斜め~ (2, 0.0%)

1 に張った, に流れ

▼ 近く新聞~ (2, 0.0%)

1 がくばられた, を見入った

▼ 近く新郎新婦~ (2, 0.0%)

2 が新婚

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 を京都, 挙げ公演

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 がな, を卜

▼ 近く旦那つり~ (2, 0.0%)

1 より恵比須, より惠比須

▼ 近く明るく~ (2, 0.0%)

1 さへ, 白馬は

▼ 近く明瞭~ (2, 0.0%)

1 にあやしく鋭い, に浮ぶ

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 が大きく, 大授章

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の卓子台, の卓子臺

▼ 近く暫く~ (2, 0.0%)

1 して, 休息した

▼ 近く暮し~ (2, 0.0%)

1 ている, て見

▼ 近く曇天~ (2, 0.0%)

1 でオープン, の下

▼ 近く更に~ (2, 0.0%)

1 新しい主義, 演じやう

▼ 近く書い~ (2, 0.0%)

1 てあった, て来た

▼ 近く望まれる~ (2, 0.0%)

1 のが, ように

▼ 近く朝鮮~ (2, 0.0%)

1 から補充, に存する

▼ 近く木造~ (2, 0.0%)

1 の一棟, の二階建て

▼ 近く本社~ (2, 0.0%)

1 へ, へ行く

▼ 近く来るべき~ (2, 0.0%)

1 天下の, 戦争に

▼ 近く東北~ (2, 0.0%)

1 に八千尺, に聳え

▼ 近く板塀~ (2, 0.0%)

2 の裾

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 によった, を背負っ

▼ 近く横浜~ (2, 0.0%)

1 に着く, の海岸通り

▼ 近く次第に~ (2, 0.0%)

1 その北京, よったら甲州筋

▼ 近く此家~ (2, 0.0%)

1 から放り出され, の主人

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 を入るる, を運んだ

▼ 近く歩み~ (2, 0.0%)

1 よつて, 鳩の

▼ 近く歩み寄る~ (2, 0.0%)

1 即ち物そのもの, 跫音続い

▼ 近く歩ん~ (2, 0.0%)

1 で来る, で池田村

▼ 近く水色~ (2, 0.0%)

2 の細い

▼ 近く水面~ (2, 0.0%)

1 に顔, を覗き込む

▼ 近く汽船~ (2, 0.0%)

1 は入り込ん, は断崖

▼ 近く~ (2, 0.0%)

2 の音

▼ 近く流れ込ん~ (2, 0.0%)

2 で来る

▼ 近く浮い~ (2, 0.0%)

1 て居る, て来

▼ 近く浮んだ~ (2, 0.0%)

1 三つの, 微塵物に

▼ 近く海外~ (2, 0.0%)

2 より歸來

▼ 近く深い~ (2, 0.0%)

2 庭の

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 のある, の方

▼ 近く濁流奔放舟~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を以て渡る

▼ 近く炬燵~ (2, 0.0%)

1 に向, の欲しい

▼ 近く無駄~ (2, 0.0%)

1 に歩き, に歩き廻った

▼ 近く燃え~ (2, 0.0%)

1 さが, て来た

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 がとびちがつてゐる, の巣

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の心, の方

▼ 近く現れ~ (2, 0.0%)

1 てくる, て呉れ

▼ 近く瓏銀~ (2, 0.0%)

2 の光

▼ 近く申さ~ (2, 0.0%)

2 ば釈迦

▼ 近く発行~ (2, 0.0%)

1 されると, した研究雑誌

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 で山, 連れて

▼ 近く相成~ (2, 0.0%)

1 候が, 候へば

▼ 近く眼前~ (2, 0.0%)

1 に立て廻され, を過

▼ 近く着服~ (2, 0.0%)

2 したと

▼ 近く石垣~ (2, 0.0%)

1 に沿う, を周ら

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 のPCL, を出

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 った, って居た

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 のある, の小さけれ

▼ 近く立ち~ (2, 0.0%)

1 て即ち, 之を

▼ 近く立った~ (2, 0.0%)

1 なりで, 紅梅の

▼ 近く立つた~ (2, 0.0%)

1 なりで, 其の姿

▼ 近く端居~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 近く紺青~ (2, 0.0%)

2 と紫

▼ 近く終り~ (2, 0.0%)

1 日劇の, 阿部

▼ 近く経った~ (2, 0.0%)

1 今日に, 今日顧れ

▼ 近く経過~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 近く経験~ (2, 0.0%)

1 したり, したること

▼ 近く結婚~ (2, 0.0%)

1 して, するの

▼ 近く続い~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 近く続け~ (2, 0.0%)

1 てやっ, て来た

▼ 近く繋いだ~ (2, 0.0%)

1 ことによって, 船に

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 を休めました, を驚かさぬ

▼ 近く聞いた~ (2, 0.0%)

1 のだった, 時三次は

▼ 近く聞こえた~ (2, 0.0%)

1 と思う, ので己

▼ 近く育っ~ (2, 0.0%)

1 ている, て見慣れ

▼ 近く脚下~ (2, 0.0%)

1 に横たわり, を俯瞰

▼ 近く腰掛け~ (2, 0.0%)

1 ていた, て居た

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 のなか, を寄せ

▼ 近く航海~ (2, 0.0%)

1 し暴風雨, する時

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の邊, を運ん

▼ 近く~ (2, 0.0%)

2 が酷い

▼ 近く行った~ (2, 0.0%)

1 時でも, 時は

▼ 近く行つて~ (2, 0.0%)

1 この昔, 見た時船

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 を移させた, を進めた

▼ 近く見せ~ (2, 0.0%)

2 て御

▼ 近く見ました~ (2, 0.0%)

1 から実によく, 悲しみの

▼ 近く見ゆる~ (2, 0.0%)

1 に頂, 老婆が

▼ 近く視れ~ (2, 0.0%)

1 ば富士, ば皆

▼ 近く親しい~ (2, 0.0%)

1 ために, 友達で

▼ 近く親しむ~ (2, 0.0%)

2 のである

▼ 近く観る~ (2, 0.0%)

1 ことが, 時は

▼ 近く観客~ (2, 0.0%)

2 の方

▼ 近く観察~ (2, 0.0%)

1 して, し注意

▼ 近く説明~ (2, 0.0%)

1 して, し易い

▼ 近く警官~ (2, 0.0%)

1 は膝, や刑事

▼ 近く~ (2, 0.0%)

2 もそれ位

▼ 近く起つた~ (2, 0.0%)

1 場合である, 場合は

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 で来る, に揺られ

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 ひ来り東発, へ来り

▼ 近く近代思想~ (2, 0.0%)

2 に関する講演

▼ 近く迫つて~ (2, 0.0%)

1 ゐないだけの, ゐる山

▼ 近く迫つて四五本~ (2, 0.0%)

2 の木立

▼ 近く迫れる~ (2, 0.0%)

1 暗き死, 痛切なる

▼ 近く通った~ (2, 0.0%)

1 末に, 私は

▼ 近く通る~ (2, 0.0%)

1 のでわかる, 汽車の

▼ 近く進み寄り~ (2, 0.0%)

1 て見れ, とうと

▼ 近く進んだ~ (2, 0.0%)

1 が, のであつ

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の稍狹, は霞み

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 のやう, のよう

▼ 近く長々~ (2, 0.0%)

1 と白い, と身

▼ 近く長火鉢~ (2, 0.0%)

1 が置い, を置い

▼ 近く陣取っ~ (2, 0.0%)

1 て動かない, て隠れるで

▼ 近く陸上~ (2, 0.0%)

1 に揚げ, の人家

▼ 近く集っ~ (2, 0.0%)

1 て一つ, て眺めた

▼ 近く集まった~ (2, 0.0%)

1 小学教師中学教員を, 金は

▼ 近く離れた~ (2, 0.0%)

1 並行線の, 柳田村に

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 の降る, の音

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 かと紛, の縫

▼ 近く響い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て来た

▼ 近く高く~ (2, 0.0%)

1 なる, 飛んで

▼ 近く~ (2, 0.0%)

1 は半白, も髯

▼ 近く鳴い~ (2, 0.0%)

1 て時間, て通る

▼ 近く鳴き~ (2, 0.0%)

1 かわす山鳩, せまる何だか

▼ 近く鳴り響い~ (2, 0.0%)

1 てきた, てくる

▼1* [2082件]

近くあいてをす, 近くあからさまな男女, 近くあがったが損, 近くあけなければならなかった, 近くあざやかに見える, 近くあたりかまわず大声, 近くあったであろうか, 近くあつまった志願者の, 近くあと二日でもう, 近くあまたの人, 近くあまり人通りの, 近くあまりに古い名, 近くあらばもちろん, 近くあらざれば, 近くあらはれてゐる, 近くあらはれ来て桑, 近くあらわれたり, 近くありましたから, 近くあるでしょうね, 近くあれあれです, 近くあわなかったところだった, 近くあわれや片手, 近くいう奴は, 近くいえば鳴海, 近くいざりよって泣き伏し, 近くいざり出て見, 近くいそいそとして自宅, 近くいたものには, 近くいっそう人間的である, 近くいっぺんだって苦情, 近くいる従ってそれら, 近くいろいろにすかし, 近くいわゆる形勝の, 近くうとう阪という, 近くおかれて人一倍, 近くおかれた事を, 近くおなじ家に, 近くお出ましになつ, 近くお初が呻く, 近くお前さんが土蔵, 近くお礼に参上, 近くお茶の水から省線, 近くお送りしましょう, 近くかいたわけです, 近くかいま見ようと互いに, 近くかう口遊んだ, 近くかえっただけで, 近くかかなかったことに, 近くかかるとき富士山や, 近くかがみこんだので, 近くかけつけたわけで, 近くかしずいている, 近くかと思はれる頃, 近くかなり熱心に, 近くかよって行く, 近くからけむつてゐる, 近くからげるのだ, 近くかれ等の, 近くてよい, 近くきくと騒々しい, 近くきこえた時若い, 近くきちんと坐ったらしかった, 近くくたびれ切つて釧路に, 近くくたびれ切って釧路, 近くくっつき過ぎてるからで, 近くくらいまで行った時, 近くくるむように, 近くこそは穏やかであっ, 近くこちらに曳い, 近くこっそりと方来居, 近くこっちで封切り, 近くこと三年此三年の月日, 近くこなたにはエウローパ, 近くこの間自ら花壇を作る, 近くこれこれのところ, 近くこんだけ仲, 近くご馳走しようでは, 近くさえ見えるほどに, 近くさかんに風, 近くさげて左右, 近くさしまねいて何, 近くさし出でたる一枝, 近くさせるべく命令され, 近くさて通ると, 近くさまざまの人, 近くさまよってこの, 近くさむいのよ, 近くさやさやと鳴る, 近くさらめくは, 近くさららめく青, 近くざわざわ騒ぎ立てる底, 近くざーっと捲き返してる, 近くしかし磨き上げた美し, 近くしける大広間に, 近くしけ込んで作藏, 近くしたがりアがる, 近くしっくりと押し包ん, 近くしなければだめ, 近くしばしまどろみしが, 近くしばしば通用せられ, 近くしばらくとまる時, 近くしようと骨, 近くすえられた古藤だけは, 近くすこし弱って, 近くすすめてくれた, 近くすでに四十年の, 近くすなわち一九一七年に, 近くすり寄って来た, 近くすればする, 近くすれすれに行き, 近くずっと昔から, 近くずつあるいて, 近くせられて優しき, 近くせんが爲, 近くそそり立つてゐる, 近くそれから真っ直ぐに, 近くそれでもまだ早く, 近くそれ等の声, 近くそろそろ流氷の, 近く見へに, 近くたいそうな金持ち, 近くたくさん人がいた, 近くたすけ苦難を, 近くたずねて来た, 近くたたずんでいる, 近くただ一台の寝台, 近くただ感投詞風にニーラ, 近くたちまち遠きを, 近くたてて, 近くたとへを我が, 近くたまっている, 近くたれてい, 近くだいたいに榎, 近くだがなるべく近所, 近くだけであるから, 近くだけでももう二人出征, 近くだけはもうこの, 近くだったでしょうか, 近くだったらしいがあやめ館, 近くだろうと云われ, 近くだんだん明瞭に, 近くちっとも保障の, 近くちょうど蓮の, 近くちらついている, 近くやある, 近くってようごぜえましょう, 近くついと来たが, 近くつかめばすぐ, 近くつづくだろうという, 近くつて安宅丸の古跡, 近くつて自然の力, 近くつぶれますという, 近くつるすとチリンチリン, 近くてくだれり, 近くてはいけないが, 近くであったら大海嘯, 近くであったろう恐ろしく混ん, 近くでありましょうが玖倍利湯, 近くできみょうな, 近くできうくつに, 近くでさえ紀伊の, 近くでしたろうがはたして, 近くでっぷりとふとっ, 近くでてッぱ酒売る, 近くででもまた遠く, 近くでなきや戻, 近くとある繩暖簾へ, 近くところどころに点在, 近くとても満々と, 近くとどまっている, 近くとのことで, 近くとびまわってあたかも, 近くとまるときこの小さな, 近くとられてあった, 近くとられるので三十円, 近くとりにゆく, 近くとりかえされて緑, 近くとんだ建礼門院様に, 近くどころでは, 近くどっかと坐る, 近くどっしりと坐っ, 近くなかったならば万事, 近くなかなか手くばり, 近くなかば入口の方, 近くながれて来た, 近くなければならない, 近くなってるから, 近くなつたらどうした, 近くなどで正月を, 近くなどでは二百十日の, 近くなどに立つて, 近くなどには今でも, 近くなどにもある, 近くなにしろ六十マイルばかりも, 近くならなければ家, 近くなられると承る, 近くならんでいる, 近くなら得やすいため, 近くなら行ってもいい, 近くなりけるにぞお, 近くなりたれば急ぎ, 近くなりだしたやうに, 近くなりだすとともに彼女, 近くなりつひに雪, 近くなりゃがるんだ, 近くなり叫ぶが如く, 近くなるたけ人の, 近くなるだろう演説を, 近くなるほど村も, 近くなれり絶えず打ち守る, 近くなれるを喜び, 近くにか手風琴と, 近くにじり出で, 近くにとぐろをまいているにちげえねえ, 近くにまでも押しよせて, 近くにもなつてゐ, 近くにわかに容態が, 近くに従って元気の, 近くぬっと大きな松, 近くねぼけて流れこむ, 近くのがれた處へ, 近くのこった最後の, 近くのぞいた楢の, 近くのぞけば傘, 近くのたうち廻つてゐた, 近くのどかに飛び回る, 近くのばしウキで, 近くのぶなの, 近くのぼりたる熱さむることもなく, 近くのまれたのは, 近くのりまわしそれでやっと, 近くはえた呉竹が, 近くはかのフェリー氏, 近くはじめて新橋演舞場で, 近くはっきりと見え心, 近くばよつて目にも, 近くひくいところに, 近くひしひしと迫っ, 近くひしめいていた, 近くひたひたと感じ, 近くひとりで旅, 近くぴしゃりと脛, 近くぴしやりと脛を叩く, 近くぶらつかれて何, 近くぷいと誰にも, 近くへのみに行ったの, 近くへよつて両手, 近くへ迄行きついた事実丈, 近くべからしめ以て, 近くほとほと個人の, 近くほどなく海霧も, 近くほんのかすかな, 近くぼくはやっとうとうと, 近くぽつりと一つ, 近くまいっていた, 近くまき子の後姿, 近くまことに一脈相通ずる, 近くましなところ, 近くまったがおやじ今日, 近くまったく愚作の, 近くまつたく愚作の, 近くまでがそれであり, 近くまでにその方面, 近くまでにわたる議題は, 近くまでやつて來る, 近くまでを動く道路, 近くまねいて, 近くまねきさて其方, 近くまねき寄て酒宴, 近くまばゆい感じの, 近くみえてをる, 近くむきあっていた, 近くむば寄って, 近くめぐるをみるべし, 近くめでたく終った, 近くもしやべつて, 近くもぞろ, 近くもっとも地理平明である, 近くもつれ添つた亭主の, 近くもとの船室, 近くやがて絵は, 近くやけつくように, 近くやってくるのを, 近くやはり数十の, 近くやや横の, 近くやらないと鴈治郎, 近くやられて三日, 近くやんであたり, 近くゆえそこを探っ, 近くゆき過ぐるの, 近くゆすっている, 近くゆっくりと談合, 近くゆーもあ, 近く彼処まで, 近くように宗吉, 近くようやく遥か前方の, 近くよせ來り, 近くよほど遊戯味の, 近くよりそって来た, 近くば忽ち, 近くろうのよう, 近くろくに何も, 近くわき起って来る, 近くわたしはまもなく, 近くわたしたちはむかし, 近くわびしい民家が, 近くわれを凌駕, 近くわれわれの上, 近くゐたる者を, 近くゐたればなり, 近くゐるあの青, 近くをとほるとき, 近くをめぐって白毫寺へ, 近くもなっ, 近くアイヌとは大分違つた骨, 近くアガり銀座ジャマンベーカリーへ, 近くアパアトを捜す, 近くアメリカから莫大, 近くアングリ口を開いた, 近くアンナ・リヴォーヴナのところ, 近くイギリスに暮し, 近くイギリス艦隊がキャデイズ湾頭, 近くウィーンに滞在, 近くウインから来, 近くウラジボを根拠地, 近くウンウン言って, 近くエーの末弟, 近くオオーイとまた, 近くカントから初めて, 近くガスビルへ昨日, 近くガスビル裏の丸治, 近くガラス板に受ける, 近くコロムビアへ行く, 近くコンテと帰っ, 近くコンドルセを出発, 近くサンの町, 近くシャンデリヤに照らされ, 近くジーキル博士がひどく, 近くストーブの鉄, 近くズリ出して, 近くセットに入る, 近くゼノア湾に臨む, 近くソヴェト同盟侵略戦争を始めよう, 近くタタと鳴っ, 近くダットサン円タクで帰る, 近くチズゴケやハナゴケ, 近くトラック小屋に帰っ, 近くトロイアの軍近く, 近くテラの, 近くドアと閂, 近くドウデエを入れます, 近くドロボー君のアジト, 近くノナン・ディエール街と向き合った, 近く更に群馬, 近くハイカラであったという, 近くハッキリと写った, 近くハネる, 近くハンモックを釣った, 近くババスズメあるいは訛っ, 近くパパが帰っ, 近くパンを買っ, 近くパーロー女史等の来られた, 近くヒタヒタと喃語, 近くヒロインの一代, 近くビクターへ, 近くビューという而, 近くピューンピューンと鳴く, 近くフト目をさまし, 近くブリキの樋, 近くブリッジから大きな, 近くプラタナスの若葉, 近くプロペラーが来る, 近くベルリンに着いた, 近くベンチの上, 近くペンギン鳥のいる, 近くホウゴウ社という蕃社, 近くホウリネス教会の隣り, 近くポッツリ星がはいっ, 近くミネも遠く, 近くモスクワではそう, 近くモンテ・カッシノ山の聳, 近くラッサに潜伏, 近くランプの火影, 近くロシアへ行く, 近くロッジに帰る, 近くロッティは一人, 近くローザンヌ大学に経済学講座, 近く一めんに浅, 近く一代の富廣, 近く一休庵へ普茶料理, 近く一冊の書物, 近く一區域をなし, 近く一台の偵察機, 近く一団となっ, 近く一定の予算, 近く一宵ごとにその, 近く一対の小さな, 近く一昔前は矢張り前, 近く一条の道路, 近く一樹一樹を観る, 近く一段低く造つて, 近く一生懸命に貯金, 近く一羽だか, 近く一致して, 近く一艘の船, 近く一茎の葦笛, 近く一高の学生, 近く七月一日発行の, 近く万物は涼, 近く三伝とともに永らく, 近く三十米位のもの, 近く三十間の距離, 近く三吉は正太, 近く三日にわたって芝居, 近く三日前から急, 近く三月三日を期し, 近く三条西家の荘園, 近く三河の一色, 近く三百年來のこと, 近く三軒の庭, 近く上京せられる由, 近く上樣の御, 近く上樣御脈も拜見, 近く上海で, 近く下げると同時に, 近く下す針を, 近く下った所から, 近く下り立ちて我, 近く下り立てば, 近く下半身は魚, 近く下田の港, 近く下部はわたし, 近く不二を仰ぐ, 近く不思議なる響, 近く不意の襲撃, 近く与惣次を取り巻いた, 近く与次郎は三十, 近く世の中から遮, 近く世界の競爭場, 近く世話になった, 近く世間に発表, 近く両側の家, 近く両名帰京一人で, 近く中国朝鮮南方諸島に通う, 近く中學校を卒業, 近く中山忠光卿のあと, 近く丹塗の塔, 近く主権を占める, 近く久しぶりで外出, 近く久内が善作, 近く乗っていた, 近く乗りつけると左, 近く乗り込んだりする, 近く乗鞍の雄大, 近く乱雑に投げ出され, 近く乾雲を奪還, 近く亀井墓と称する, 近く亀戸町のたんぼ, 近くの試みし, 近く事える人たちから, 近く事務所の出入口, 近く二三の炊事道具, 近く二三ヶ月後に来るべき, 近く二三日以来の二人, 近く二三発の銃声, 近く二人遠く一人小山の裾, 近く二個の頭蓋骨, 近く二十二年前に猛烈, 近く二千八十米の岩峰, 近く二千四百六十八米六の木賊山, 近く二千石ばかり加増, 近く二時間半もあれ, 近く二枝三枝萩の小, 近く二棟ばかりの小屋, 近く二百米程の間, 近く二階建の家屋, 近く云われていれ, 近く五位鷺啼く, 近く五六本立つて, 近く五六艘の小舟, 近く五十年前にあった, 近く五寸と離れず, 近く亡くなつた女学生の, 近くる犬, 近く京畿の宮方, 近く人々のざわめき, 近く人形室に引入れられ, 近く人生を生き, 近く人穴城の真上, 近く人足の一番, 近く人馬は稀, 近く今年の四月, 近く今後彼等青年が自, 近く今日あたりから梅雨明け, 近く今日歐洲の印度學者, 近く今暁以来前線の崩壊, 近く仏国人の住宅地, 近く仏軍首脳部において全線, 近く仏頂寺の傍, 近くへ乍ら, 近く仕える朝方卿や, 近く地方より, 近く他国へ雲遊, 近く仙台堀にかかった, 近く代る代る花弁を, 近く以東ならば, 近く祝言でもと, 近く仮釈放か在宅監視, 近く仰いでいる, 近く仰げば遥か, 近く任地に赴く, 近く任意の単位, 近く伊右衛門が父源四郎, 近く伊賀美濃の國境, 近く伏見の練兵場, 近く伏見鳥羽の要, 近く伐るので底部, 近くふことがなかつた, 近く会津八一博士がこれ, 近く会話一つ一つのこまかい, 近く会議室で大阪, 近く伝へてゐる, 近く伸びた唐松林の, 近くの頭, 近く佇立みながら, 近くして, 近くっていた, 近く住まっていた, 近く住まつてゐる, 近く住まねばならなく, 近く住める者, 近く佐竹家の賣, 近く体操の先生, 近くかの雑誌, 近く何と無く心, 近く何処なるらん琴, 近く何故ともなく, 近く何者かがこの, 近く佗住居して, 近く余りにやさしいその, 近くに近い, 近く作られたものだけに, 近く作りて日ごと, 近く作家の書く, 近く使召ひ度い, 近く例へば咽喉を, 近く侍つた高い御身分, 近く侍従を被害地視察, 近く住んで, 近く保安林の立並んだ, 近く信乃の母, 近く信長が馬上, 近くを止め, 近くの音, 近く修繕を終つた所, 近くしたる宮, 近く俯向いて, 近く俯瞰する眺望, 近くが材木会社, 近く候山々経歴し見候, 近く候間宅へ參, 近くひ松, 近く健在でそれ, 近くに置, 近く傍らの炭壁, 近く備えられてにこやか, 近く僅かにその, 近く働いて居る, 近く働いたものだった, 近くの感ずる, 近くの膝, 近く兄弟以上の親し, 近く先生の御, 近く光ってきました, 近く光つて遊山船の櫓, 近く光輝燦爛たる花火, 近くつて来た, 近く入ってゐたらしい, 近く入り込むことを, 近く入れり故に深く, 近く入学者は十万五千三百九十八人, 近く入江を見, 近く入海を隔て, 近く入港の筈, 近く入院して, 近く塾生は, 近く全くさながらそのよう, 近く全然一見の, 近く八五郎のガラッ, 近く八分出来という石, 近く六七ヶ所の温泉, 近く六十何枚か書き上げた, 近く六階へあがっ, 近く共に暮らす時間, 近く共感されるの, 近く共訳で出す, 近く兵士の身体, 近く兵糧軍需の資, 近く其一證を示さん, 近く其例をとるなら, 近く其動靜を探らしむ, 近くて期定, 近く冀州全土を併呑, 近く内外社から出る, 近く再び興されたの, 近く冠つたでせう, 近くは雪, 近く冷えるにいい, 近く冷氣がひたひた, 近く凝った家具を, 近く凡そ六坪位いの地面, 近くって黙然と, 近く出す拙著, 近く出そうという下心, 近く出でて望め, 近く出られる身に, 近く出るような, 近く出勤しけるにより, 近く出征する身, 近く出来ようとし, 近く出来るなら鼻の, 近く出現したが, 近く出羽ではまた, 近く出這入りをする, 近く分布して, 近く切られている, 近く切り上げて帰宅, 近く切れ切れに少し, 近く列んで居ります, 近く列挙して, 近く初版には, 近く判決をうけよう, 近くの手, 近く別々に生活, 近く別れるのが, 近く別山の頂上あたり, 近く別所退治の軍, 近く到来せんと, 近く前川が友達二人, 近く前方の右, 近く割りこんで来, 近く劒沢の大, 近く力一杯にこの, 近く加藤によばれ, 近く労働者四五人と一緒, 近く労症を煩つた末, 近く勇めるトローエス, 近く動いて行く, 近く動きだすぞ, 近く動くを見, 近く動力室や機関室, 近く動物園のそば, 近く勢揃いも八幡社頭, 近くをする, 近く勤むる侍と奥, 近く勤めた老婢である, 近く勤続して, 近く勤續して, 近く北国勢もくる, 近く北条安房や沢庵, 近く北西はバンベリ, 近く医者が馳, 近く十二年間の京都府下, 近く十本の磔柱, 近く千九百十七年の, 近く千五六百人の兵, 近く千古の伝説, 近く千鶴子といる, 近く半弦の月, 近く半身不随になっ, 近く半鐘が鳴っ, 近く卓子腰掛けなどあっ, 近くに聳え立つ, 近く南アルプスに登る, 近く南アルプス連峯甲府盆地は朝靄, 近く南下する, 近く南向の日あたり, 近く南方の山脚, 近く単身横須賀の山, 近くに出, 近く参られたは其の, 近く参りましたが不意, 近く参上して, 近く参拝したいという, 近く叔母さんの形見, 近く取つたお旗本だ, 近く取られたらしいけどこうして, 近く取りあげて幾度, 近く取り乱しあるは国々, 近く取ればクウルトリイヌ, 近く受けとめた武蔵太郎つづい, 近く叙勲された女流教育家たち, 近く古くは, 近く古家ながら茅葺, 近く古田という駅路, 近く召されるのを, 近く召して以前両度, 近く召し使うておられ, 近く召し寄せて何事, 近く召し寄せられ囲棋の, 近く召仕い度, 近く召集しました, 近く台台へ旅立たれる, 近く台所に出, 近く右側に一羽, 近く右肺の第, 近くひぬ, 近く吉岡の話相手, 近く吊つておいた, 近く会編集の, 近く同じくはわが国, 近く同人が, 近く同君のため, 近く同志の公卿, 近く同情融和会の開催築地本願寺, 近く名前を風間丈六, 近く名古屋に打ち建てる, 近くつて右手の, 近く向方へ低く, 近くに手紙, 近く君命で二人, 近く吠えつつはある, 近く吸入して, 近く吹かれ吹かれて雀, 近く吹き散らさるる群禽の, 近く吹上温泉からは五丁, 近く吾が英国に, 近く吾人の目睹耳, 近くに向っ, 近く呉近所で働こう, 近く呑気な生活, 近くもまた, 近く呷つたらう酔うた久しぶりに, 近く呼ばふのだ, 近く呼びよせた砂の, 近く呼び寄せて留守中万端, 近く呼び寄せなさってこれ新蔵, 近く呼ぶものが, 近くを失ふ, 近く和琴を押し寄せ, 近く和銅四年にも炎上, 近く咲いた紫と, 近く咲く花には, 近く品川の海晏寺, 近くにすすっ, 近く自由を, 近く唯今も走, 近く問題になるべき, 近く啼きかけた鶯が, 近く啼きしきる鶲よ, 近く喩えを取り, 近く嗜んだが最近, 近く嘗て実弾の, 近く噴氣の絶えず, 近く囀るのを, 近く囁くアグネスの, 近く四つ五つ実を持つた, 近く四つ五つ實を持つた, 近く四ツほど吊され, 近く四五日の後, 近く四時迄すっかり, 近く四木の橋, 近く囲まれた豊かな, 近く囲まれると啓吉, 近く囲んで小野さん, 近くつた女連は, 近く国会に提出, 近く国境をめぐる, 近く国宝に編入, 近く国老に任, 近くを原頭, 近く土人部落が立っ, 近く土地の者, 近く土堤の上, 近く土気温暖冬夏菜茹を生ずる, 近く土藏に通, 近くに落ちぬ, 近く地上のすべて, 近く地位の異同, 近く地歩を占めよう, 近く坂道をゆられ, 近く坐していた, 近く坐った呉羽之, 近く坐つてゐる, 近く垂れている, 近く垂れ下がっていく, 近く垢だらけの素袷, 近くの様, 近く埋っている, 近く埋めた時代も, 近く城下町のオープン, 近く城中に大, 近く執行するには, 近く堀辰雄君の作品, 近くにすれ, 近く塩原へもわずか, 近く塩沢村の機織御前, 近く塩田でもあるらしい, 近く塾長以下全員そろって, 近く境内頗る廣治, 近く境遇において相, 近く増して来, 近くの終り, 近く夏目漱石皆それぞれのテムペラメント, 近く夕立雲が渦, 近く夕陽照りそ, 近く外桜田の弁慶堀, 近く外遊するという, 近く多分は朝家, 近く多摩川を見下し, 近く夜ごとに集, 近く夜食を喰っ, 近く夜鴉がかあ, 近く夢みるごとく人の, 近く大いなる丸テーブルあり, 近く大きいのは, 近く大兵を催す, 近く大和の方, 近く大地につき, 近く大坂御番衆, 近く大山一名雨降山が鈍い, 近く大抵の国民, 近く大正の末, 近く大正年間になっ, 近く大津の町, 近く大牟田に着け, 近く大股に開いた, 近く大通りにある, 近く大雪になっ, 近くを摩す, 近く天井の隅, 近く天氣が定, 近く太守大いに驚き, 近く太平の世, 近く太田村の宮間某, 近く太鼓の間, 近くが十冊, 近く失ったばかりの肉親, 近く失つたばかりの肉親, 近く失敗したけれど, 近く失敬したよう, 近く奈良に近く, 近く奉仕する廷臣, 近くの間, 近く奥さまが来, 近く奥さんに接触, 近く奥様を貰う, 近く女王を誘う, 近く女給がいる, 近く好きに改める, 近く如何に高く, 近く妙齢の生娘, 近く姉妹館が建つ, 近く始ろうとする, 近く始終ヌッと, 近く姥桜も散り過ぎた, 近く姨捨山のほとり, 近くが少々, 近く婚礼を, 近くの逝きぬ, 近く嫁ぐことに, 近く子供達は疲れ果て, 近く子午線を通過, 近く子守唄が窓, 近く孟子の師, 近く孟買に栄転, 近く孤城をささえ, 近く学ぶべきですね, 近く学生生活を終った, 近く学窓を飛び立つ, 近く孱顏を現, 近く宇奈月着延対寺別館て宿, 近く安土にお, 近く安坐かくをお, 近く安永七年が最初, 近く安永七年以来のこと, 近く完成するもの, 近く宗助が鎌倉, 近く実利に接する, 近く実際的に, 近くの障子, 近く宮戸あたり墨田の川, 近く宮本さんと重吉, 近く家々の窓, 近く宿屋を初める, 近く宿直して, 近く寄せしめ置きたれど喰, 近く寄せた鉄の, 近く寄せつけないだけの用意, 近く寄ったら悪臭い, 近く寄つてくる, 近く寄つた某家の武士, 近く寄つた母の肩, 近く寄つて女体の人魚, 近く寄つて手に持つ, 近く寄つて物の哀れ, 近く寄つて私の誤謬, 近く寄られては白, 近く寄り來る, 近く寄り合った茶色の, 近く寄り添ったのは, 近く寄進みて, 近く寄附すること, 近く富士男のからだ, 近く富山県の漁婦たち, 近く寛大は浪費, 近く寝台に寄っ, 近く寝床を摺らし, 近くてゐる, 近く寢轉がつ, 近く實利益を期する, 近く対座して, 近く封建時代の例, 近く專門の研究最中, 近く對決か, 近く小さな口を, 近く小倉へ下るだろう, 近く小川のせせらぎ, 近く小春日を選ん, 近く小松原を擁し, 近く小林一三ふらりと, 近く小膝をつく, 近く小高い山が, 近く少年時代から学窓, 近く尖り立てるは高宕山, 近く尾州の御, 近く尾張訛りの聞きつけない, 近く屈曲の度, 近く届いたのである, 近く屋外に聞え, 近く屋根という屋根, 近く屍体に寄添う, 近く者は, 近く屯ろする軍馬, 近く山仕事をし, 近く山奥から人里近くお出まし, 近く山崎さんの伯父上, 近く山本五郎一家のゴロ酒井, 近く山畠の傍, 近く山百合氏の來, 近く岸本は腰掛けた, 近く峰頭を尖らせ, 近く島原で勤め, 近く島子志柿辺まで軍勢, 近く崇大なオーケストラ, 近くぶちの, 近く崖下で釣, 近く崩壊するの, 近くが吹き起こる, 近く嶮要の, 近くも町, 近く巡査が留置場, 近く工藝としては傍系, 近く工藤祐貞などの新手, 近く左膳を頭, 近く左舷にはいま, 近く巨口を開いた, 近く差し出したる時ランスロットと, 近く差し控えを命ぜられ, 近く差出せといふ無法, 近く差寄りて窺, 近く差掛かつて居りました, 近くが建設, 近く布団の中, 近く布團の中, 近く帝国ホテルの窓下, 近く師子王あり五百師子, 近く宿して, 近く帰ったなどは初めて, 近く帰れるように, 近く帰朝の途, 近くは五十三フィート, 近く幕府に仕え, 近く干すという, 近く治乱に, 近く平和が成立, 近く平治の乱, 近く平野に落ち, 近く年産額二千四五百万円といわれます, 近く年齢もまちまち, 近く幸子が教えた, 近くな児, 近く閉めた, 近く幾らでも転がっ, 近く広島へ行つて, 近く広東へ乗込む, 近く広縁のところ, 近く床しき衣摺の, 近く店仕舞をする, 近く座が手持不沙汰, 近く座りながら涼ん, 近く座蒲団を敷いた, 近くを後, 近く庭上少なくとも地上, 近く庭口にあたってただならぬ, 近く庭坂の光, 近く庵室をしつらえさせ, 近くいという, 近くへどん, 近く延長すること, 近く建ててあった, 近く建てられたものと, 近く廻転した, 近く引きずって来る, 近く引きよせながら言いました, 近く引き上げられた事は, 近く引き下げられたペイルソルプの, 近く引き下して針仕事, 近く引き入れさんざんじらしぬいた, 近く引き出して来る, 近く引き寄せるだけの度胸, 近く引くほどの準備, 近く引寄せようとしてかえって, 近く引移って来た, 近く弥陀ヶ原の高原, 近く張る代りに, 近く強羅迄ハイヤ, 近く当日はわが, 近くんで凭, 近く役付になつ, 近く彼家に出入, 近く彼岸を過ぎた, 近く彼方からも此方, 近く彼等は解禁, 近くてみる, 近く往かんとする, 近く往來しました, 近く往来で, 近く待たされたとき廊下に, 近く待たなければならぬ, 近く待った甲斐が, 近く待てど暮らせど, 近く後妻を貰ふつ, 近く後日の再会, 近く後者はフロオベル, 近く従ってまた, 近く徘徊して, 近く從つて海は退潮, 近く御家人の跡目, 近く御座いますわ, 近く御座ろうが, 近く御所に還り, 近く御無沙汰した揚句, 近く復讐を遂げる, 近く微小の水粒, 近く微酔を帯び, 近く徳川太平の世, 近くははなれ, 近く必ず行なわれ人類歴史, 近く忍びよりて一声, 近く忍び寄ると彼, 近く志村は駭然, 近くるるばかりに, 近く快復なさる, 近く念々称名する信徒, 近く念珠ヶ関もなけれ, 近く思うところも, 近く思はれるもので, 近く思ひつのるらし啼く虫の, 近く思わずつかれて, 近く思われて実際, 近く急斜面では転ん, 近く怪異なり, 近く悦びの心, 近く悪い底流が, 近く悪魔の位置, 近く悲しき歌を, 近く感じさせると同時に, 近く感じずにはいられない, 近く感じられてきた, 近く感ずるように, 近く感ぜられて来る, 近く感ぜられるところから, 近く懷紙で卷いた, 近く懸かり港内の, 近く成って来た, 近く成った物に, 近く成つたと思ふ, 近く成つたので酷く, 近く成つて婚姻の多く行, 近く成長する, 近く我々は一晩中航行, 近く我が家の内, 近く我国は支那, 近く我顔を出し, 近くる日, 近く戦争がある, 近く戦争中に広島県, 近くへば, 近く戴いて横, 近くを照せ, 近くつて来た, 近く戻りましたが, 近く戻るのだらう, 近く房州の漁師たち, 近く房州伊豆等に於, 近く所どころに緋鯉, 近く所謂偉大なもの, 近く手もとにおい, 近く手拭被つた, 近く手輕な流し, 近く打たされて来た, 近く打ち止めて又, 近く打ち続く後圃の, 近く打ち融けてお互い, 近く扱われている, 近く投げてやった, 近く投票されて, 近く敷いて, 近く押し出して来る, 近く押し進めたのである, 近く押付けてあった, 近く押寄せて来た, 近く押込められていた, 近く担ぎ出した千両箱それを, 近く拘留した上, 近く招きよせて, 近く招き寄せましたからお雪ちゃん, 近く招ぎ寄せまして, 近く拝んだうえ種々, 近く持ち出して胡坐, 近く持ち越したという話, 近く持つて居た, 近くに当る, 近く捉え得る所以である, 近く捕まったのだ, 近く据えようとする, 近く据つて漸次に沒却, 近く掘っても土, 近く掛つて苦心した作, 近く掠めて行く, 近く探り寄って, 近く接するを得, 近く接見すれば, 近くいかぶさって, 近く掲ぐるに古くさい, 近く提携と一つ, 近く揺らぎつつ金褐, 近く搗いた餅の, 近く寄って, 近くと云った, 近く擦り寄って来る, 近く擬せられてゐる, 近く支店長代理のほう, 近く支那人の著した, 近く支那兵に銃殺, 近く攻撃強く試みむ, 近く放尿するといふ, 近く放送会館へ行く, 近く放送局のおいなりさん, 近く政党内閣には反対, 近く政黨内閣には反, 近く國に, 近く故にその法俗, 近く故人となつ, 近く救いを求める, 近く教授の眼, 近く散らばつて靴, 近く散会それからまた, 近く散歩して, 近く敬君来訪すぐいつしよにならんで, 近く敬治君ひよつこり来, 近く敬虔なる若者, 近く数年禁闕を守護, 近く数歩のところ, 近くに向っ, 近く敷いてその, 近く數日の前, 近く數里の路, 近く文ビルへ, 近く文化三年の事, 近く文吾の顏, 近く文字のとおり暁, 近く文相が訓示, 近く文藝春秋祭の日比谷公会堂, 近く斬入って一気に, 近く断続して, 近くに進出, 近く新たに消火栓, 近く新劇協会がやる, 近く新村博士が, 近く新築に着手, 近く新道の出来た, 近く施すといふ妹, 近く旅路を急ぎ, 近く旅館の三軒料理屋, 近く日あたりよくかなり, 近く日の丸の旗, 近く日光に輝い, 近く日劇へ出る, 近く日暮に間, 近く日暮しが来, 近く日本内にても懸絶, 近く日本古代の神話, 近く日清戰役の頃, 近く日盛りの海, 近く日限も旅程, 近く旧縁を重ねる, 近く旧藩地の隣傍, 近く早いがしかし, 近く旭岳が聳え, 近く昇る時あの, 近くかに見える, 近く明りとりの小さな, 近く明治維新といふもの, 近く明治維新頃に至る, 近く明滅して, 近く明神下は閑寂, 近くの城跡, 近く星月夜の草村, 近く映出される丸箱に, 近く映画面の左手, 近く春子さまとシンミリ, 近く昨夜に確か此, 近く昭和六七年に勃発, 近くをまた, 近く時には遠く渡つ, 近く時政家の不幸, 近く時面を差寄せ, 近く晃らめいた揖斐川, 近く智慧もあり, 近くの露, 近くがある, 近く暗き嘲笑, 近く暗やみから曳きだした, 近く暗夜なるも, 近く暢びやかに聳え立つて, 近く暮した蜂谷良作が, 近く暮しはじめている, 近く曳いて参れ, 近く書いたことが, 近く書きあげたがこれ, 近く書きたいと思っ, 近く書き続けていた, 近く書く事に, 近く書棚を背, 近く最早女でなくなった, 近くはない, 近くの晩, 近く有るのが, 近く有形のもの, 近く有志のもの, 近く朋友共が馬鹿話, 近く朗報の訪れ, 近く望む山々の, 近く望んで来た, 近く望見し得ら, 近くのコーヒー, 近く朝霧の晴間, 近く木小屋を立てた, 近く木津川の奔流, 近く未明に起き出し, 近く基は, 近く本堂の建築, 近く本妻に直し, 近く本式の芸術的鍛錬, 近く本陣をおいた, 近くに染まった, 近くの置い, 近く朽ち折れて空洞, 近く杉本は受け持っ, 近く村ソヴェトの横, 近く来い寒くは, 近く来たる轟きが私の, 近く来ぬらし夕され, 近く来ますので此, 近く来るであろう別荘の, 近く来れば寄らない, 近く来朝すること, 近くを投げだす, 近く下して, 近く東京朝日も時事, 近く東南の松, 近く東大の高木教授, 近く東洋方面にも興行, 近く東西相對峙し相, 近く松杉桜の大樹, 近く松林の上, 近く林中には相, 近く林密にし, 近く果てたる曾良の, 近くをさし延べ, 近く枝葉のしげる, 近く枝頭の春, 近く枯れ伏した, 近く架けられた油絵の, 近く架け渡してある, 近く某氏が満, 近く柳沼の水, 近く桂木の目, 近くの花, 近く桑畠の石垣, 近く梅ヶ香と相, 近くの濶流, 近く梨の木がひよ, 近く棲み野獣よりも, 近く棲むを吉兆, 近く植えたのであります, 近く植つてゐる古い大きい, 近く検眼して, 近く極度に痩せ, 近く楼船にて遊客, 近く榛名は遠く, 近く榜ぐ船に供奉, 近く構成されるべき文法, 近く様々の苦労, 近く様式するの, 近く樋田村に着いた, 近く横ざまに投げ出され, 近く横切ったり, 近くと赤松, 近くを止めたる, 近く櫂行るも, 近く櫓拍子の音, 近くの木立, 近く欧洲を漫遊, 近く欧米各国を視察, 近くへる, 近く止まれる光殊に, 近く正に黄昏の, 近く此処に迫る, 近く此邊は猛, 近く此間結婚して, 近く武蔵と細川家, 近く歩いたのである, 近く歩かなければならない, 近く歩きおほせ, 近く歩きまわって足, 近く歩くのが, 近く歩みよっている, 近く歩み出て今や, 近く歩み寄ったさまが, 近く歳暮の儀, 近く歸つた相です大分醉つて, 近く死んでしまった, 近く残った味噌納屋の, 近くがひと, 近く毎号聞きわける親し, 近く毎年のよう, 近く毎年一冊書く習慣, 近く毎年虫に食われ, 近く毎日眺め暮すこと, 近く毎朝さうして, 近く比喩を以てこれ, 近くあって, 近く毛色は赤味, 近く毫も彫琢を, 近くの長者, 近く民族もおなじ, 近く民衆の心, 近く気持のいい古い, 近く水平に一線, 近く水平流速の垂直分布, 近く水押に水, 近く水源の方, 近く水煙があがった, 近く水窪町へ着く, 近く水陸両軍, 近く氷柱を置い, 近く江戸時代の歌人, 近く池袋の近藤, 近く決定されるでしょう, 近く決戦を強行, 近く汽車のデッキ, 近く沈めらるべし, 近く沖縄本島の実際, 近くや婆, 近く沢渡温泉に着き, 近く河原に沿うた, 近く河瀬の音, 近く沼津の千本濱, 近くあり, 近く泊つて居るの, 近く法廷の裁き, 近く波田小倉西沢と腰, 近く波音のしぐれ, 近くの中, 近く泥川沿いの戸叶, 近く洋物店を開く, 近くの守, 近く津波の勢ひで殺到, 近く活かす手段を, 近く流れよった所を, 近く流れ出でて淵, 近く流れ来たのを, 近く浄らかな童女, 近く浮かみ上がって乗客, 近く浮き出して見えます, 近く浮けてある, 近く浮ぶといふ自信, 近く浮んでいた, 近く浮草にすがり, 近く海上にそばだつ, 近く海中へ丸太, 近く海豹のよう, 近く海軍ナイフが突き, 近く海運の便, 近く涅槃かけたる野寺, 近く消えて行くべき, 近く涼やかな編笠, 近くの長流, 近く淋しい所である, 近く深々と桐, 近く淺間が眺められ, 近く添うて歩き, 近くの雍正帝, 近く済み東宝劇場の, 近く渡満する開拓団, 近く渡米するの, 近く渡辺来り来月, 近くの町, 近く渾河や靉河, 近く湧く湯の, 近くにいれられぬ, 近く湯殿へ行った, 近く満州にいた, 近く源吉の父親達, 近く溯り更に昼なほ, 近く滋賀と浪速, 近く滝村来る, 近く滞在して, 近く漂いゆくを少女, 近く漂着する結果, 近く漕いで通る, 近く漕ぎ寄せたり, 近く漕ぎつけて来た, 近く漕ぎ寄せて来た, 近く漕ぎ寄って来た, 近く漕ぐから稲日野, 近くっと来り, 近く澄める溝あり, 近く澄宮殿下が萩市, 近く澤渡温泉に着き, 近く濃霧にうるむ, 近く濠端に進み過ぎ, 近くのある, 近くに溶けぬ, 近く火山の灰, 近く火葬場に近い, 近くの下書, 近く灰色の毛, 近く炎上する時, 近く何有に, 近く無邪気な面, 近く焼野原になっ, 近く煙草盆を持出し, 近くしかけると, 近く煽いだり裏返し, 近く熱せられ真黒な, 近く熱っぽくあたたかいもの客観性という, 近く熱田へ引, 近く燃える如く感じたのであつ, 近く燭台を立てつらね, 近く燭臺が二つ, 近く父親はことごと, 近く片づきさうなん, 近く片瀬の龍口寺, 近くのよって, 近く牛車の音, 近く牝鹿は立ち, 近く牢屋を自分, 近く物事の道理, 近く物音を聽, 近く狎れ過ぎる感が, 近く独立を守る, 近くばみ合っ, 近く狭き校舎に, 近く狭く限つて来, 近くき校舍, 近く猫柳が四, 近く珠数つなぎにされた, 近くはれたり, 近く現われている, 近く現実に記憶, 近く瓦鱗にあらはれ, 近く生い立った自分には, 近く生えるように, 近く生え居る樹の, 近く生きて来, 近く生きるものの, 近く生むのである, 近く生命力のない, 近く生活すると, 近くのため, 近く用意された船, 近く田子の浦久能山江尻はもとより, 近く田舎の食物, 近く田舎住いをし, 近く田野も甚, 近く甲州筋そこまではちと, 近く甲州路の國師嶽甲武信嶽, 近く甲府御入城, 近く甲板のさき, 近く男三郎君とは一緒, 近くを行く, 近く留つて居た様, 近く留置場にぶち込まれ, 近く畢鉢羅樹下に坐し, 近く疎開先から四谷, 近く疲れて眠った, 近く疲睡を催せし, 近く疾風の速き, 近く病みてまさに, 近く病室はほのぐらく, 近く病褥に就い, 近く病院が移動, 近く発刊せられるはず, 近く発展させたか, 近く登って来, 近く登ったと思う, 近く登り降りも少ない, 近く發刊せられた, 近く發表の豫定, 近く白い泡が, 近く白昼大手をふっ, 近く白水社から出た, 近く白洲に捕縄, 近く白絹に包まれた, 近く白鳥座の一番, 近く百姓はただ, 近く百姓地を前, 近く百年間の歴史, 近く皮膚を切り取っ, 近く益す顫へる, 近く盗み来たりし, 近くを置い, 近く相対峙す, 近く相對して, 近く相成り候間阪兵入京と, 近く相田清祐が正坐, 近くて小, 近く看護婦が見舞客, 近く黄色な, 近く真正面に見えた, 近くれば, 近く眺める嬉しさ, 近く着くことに, 近く着ける時, 近く瞠目したし, 近く石がちに原, 近く石ころレンガ薪をこしかけ, 近く石狩川の清流, 近く砂上に坐せる, 近く砂山の下, 近く砕けて白い, 近く砲丸が落ち, 近く浪の, 近く破裂して, 近く碁石のよう, 近く碩学エリイエリゼオネシムポオル等のルクリユ四兄弟, 近く磯五の女房, 近く磯頭を劃, 近くや貝殻, 近く礼拝の形式, 近くのそば, 近く神楽坂署へ出る, 近く福井に着く, 近く福知山近く始終ヌッ, 近く禿頭の大入道, 近く秀吉の大軍, 近く秀色を送り, 近く私共を引きつけられる, 近く私見を発表, 近くや来ぬ, 近く秋田との県境, 近く秘めてぼく, 近く秩父の山々, 近く移された満鉄経営, 近く移っていた, 近く移つて來たか, 近く移らねばならず, 近く移り住んだ人たちの, 近くも短い, 近く稽古は例年, 近く積みこんでいる, 近くかな仕事, 近く穴居して, 近く空俄にかきくもり, 近く空合はドンヨリ, 近く空気さむし, 近く空車の通る, 近く突き進んで来る, 近く突忽として一隊, 近く窓際に延び, 近くに下駄, 近くいで, 近く立ちはだかって上, 近く立ち寄るは島田, 近く立てかけられた絵絹を, 近く立木が疎, 近くんでゐる, 近くに揺れ居り申し, 近くきる, 近く端坐して, 近く端座して, 近くの林, 近く竹垣を仕組み, 近く竹村のところ, 近く吊岩, 近く吹く男, 近く笹屋に通い, 近く筋骨飽くまで逞しく, 近く筍二本これは竹, 近く筑摩県と長野県, 近く算したる者なる, 近く箱根へつれ, 近く篠井にも近い, 近く篠田さんに御, 近く篠藪の中, 近く籐椅子を持出し, 近くを卸す, 近くは粗悪, 近く米野菜その他若干の食糧, 近く米飯の代り, 近く粗末な犬小屋, 近く精神に於, 近く糸滿の海, 近く紀南の諸山, 近く紅い芍薬の, 近く紅梅が綻び, 近く納めていた, 近く紛々と躍り狂う, 近く紫木蓮の花弁, 近く細い上弦の, 近く細長い島が, 近く終って, 近く終り新宿でおでん立喰, 近く終夜聞えて, 近く絃歌は夜々, 近くている, 近く経っちゃってからつまり, 近く経つ今日まで, 近く結びつけて見, 近く結んだ文が, 近く結局われわれの抱く, 近く結綿姿の葉ちゃん, 近くの前, 近く絶えず電車や, 近くちましたか, 近く經つて因果が, 近く続いた後或, 近くを持っ, 近くに遠く, 近く線路工事の小屋がけ, 近く締め出されていた, 近く縁端に立っ, 近く縄舟を漕ぎ, 近く繁り込んでゐる, 近く繁殖して, 近く纏つた感想を書く, 近くながら幾度, 近く置いた玩具と, 近く置かれていた, 近く置かれるとほんのり, 近く置きすぎたために, 近く置くかの彼, 近く羌人が引き出し, 近く群がるを, 近く義経と静, 近く義貞はまた, 近く羽毛のよう, 近く羽目の透間, 近く羽蟻のやう, 近く羽衣の滝, 近くは垂れ雲, 近くる明治五年以後, 近く翻訳にかかっ, 近く耀く椅子に, 近く考えられるのだった, 近く耳元に響いた, 近く耳朶について来る, 近くゆるによりて, 近く聞えだして陣中, 近く聞えつ燐火は, 近く聞えますこと, 近く聞きつけその村, 近く聞きつける鶏の, 近く聞く時は, 近く聞けば水, 近く聞こゆるから山寺, 近く聞こえますが虫, 近く聟君さえ決まっ, 近く聯想の移動, 近く聳えた杉の, 近く聳え立っていた, 近く聳立し高度, 近く聴くことが, 近く職務のつかれ, 近く職場を変えた, 近く職業の神聖, 近く肉体の方, 近く肉薄して, 近く育ちて水, 近く育てて来た, 近く胆吹の山中, 近く背中を出し, 近く背後から撃っ, 近く胡坐をかいた, 近く打ちて, 近く能率的でも, 近く脂色をした, 近く脅威せられたる, 近く脇屋義助の脇屋, 近く脇息をすすめ, 近くはふさふさ, 近く脚光を浴びることになつてゐるが, 近くは遠慮なく, 近く膳具を運ぶ, 近くてその間, 近く臥し秩父の, 近く自刃して, 近く自分のからだ, 近く自然に近く生活, 近く自由論派とははなはだ, 近くひ舞, 近く舞い下がって来た, 近く舞って来る, 近く舞台は鎌倉, 近く舟木に連れ添っ, 近く舟行し少し, 近くってある, 近く船員を合せる, 近く船夫は横, 近く船宿の白い, 近くを失っ, 近くとなり, 近く芝居を書い, 近く芝生のタンポポ, 近く芭蕉庵なるもの, 近く花園を歩む, 近く花壇や植込, 近く花見の客, 近く芸者末社もそれ, 近く若松と戸畑, 近く英亜諸国はこれ, 近く英国にも友人バサー博士ら, 近く英武のヘクト, 近く英独はドーヴァ海峡, 近く茂っていた, 近く茶器を並べた, 近く茶屋の柱, 近く草原や偃松, 近く荒くなって, 近く荒壁や天井, 近く荷前の初穂, 近くも許す, 近くに紅葉, 近く菊花の弁, 近く華やかなる日, 近く落ちて泥水, 近く落下して, 近く落成の運びであることなぞをもその人, 近く葉子にこう, 近く著しく寒冷な, 近くのまばら, 近く古青年貴族, 近くは浮葉, 近くの海, 近く蔦代の背後, 近くばみ, 近くっている, 近く薄暗い辺に, 近く薬師寺を訪れた, 近く薬草の花畑, 近く虚空を縫っ, 近くがしん, 近く蚊帳の裾, 近く蚕豆の植, 近く蚕豆豌豆など一, 近くの聲, 近く蟋蟀が鳴い, 近くの音, 近くの脳味噌, 近く蠶豆の植つて, 近くにまみれた, 近く血色の斑, 近く衆議院に上程, 近くつたとき, 近く行き交ふ, 近く行きずりの人, 近く行きみれば, 近く行くことを, 近く行けば行く, 近く行ける道の, 近く行つた時にはお, 近く行われるだろうという徴候, 近く行われるらしいがへん, 近くは騒々しく, 近く表現した俳優, 近く袁尚を河北, 近く被り慣れた大黒帽を, 近く裏切られかけているらしく見える, 近くにする, 近くを投げ, 近くひ來, 近く襲来するという, 近く西に黄瀬川, 近く西北に當, 近く西南方で今, 近く西日の影, 近く西暦千八百九十五年の八月, 近く西沢の檜, 近く西礪波郡にはエレンバタ, 近く西部地方に向け, 近く要している, 近く要塞化すべきを, 近く要所々々へ腹心, 近く見えし嶋山の, 近く見えないが身, 近く見おろし遠く見渡す, 近く見せられるのを, 近く見せるのである, 近く見つける小娘などの, 近く見てると眼, 近く見ようぞ, 近く見渡される麦畠の, 近く見物すること, 近く見聞きした人たち, 近く見舞人達の爲, 近く見調べることさえ, 近く覗いてゐる, 近く覚えて香, 近く覚めて句作, 近く覚悟はよい, 近くく観る, 近く親しい馴れ馴れしい言葉を, 近く親しく観ること, 近く観測器械を置い, 近くえられき, 近く觀察し注意深く研究, 近く角柱にもたれ, 近く解散し寺木歯科, 近く解釈しえられるかと, 近くれた, 近く言えば品物, 近くはるる, 近く訪れるこちらの, 近くくるを, 近く設けた小さな水車小屋, 近く設けられてある, 近く設立される工場, 近く訳文は言語, 近く試験台になる, 近く詩人に寄せん, 近くなどをし, 近く話聲はした, 近く誘うような, 近く誘引されて, 近くに遠き, 近く誠にルイ十四世時代の, 近く読み隆ちゃんや, 近く読売新聞に行き, 近くか居った, 近く論ずれば今, 近く猴に, 近く諸国にこの, 近く諸賢に與えられた, 近くり得た, 近く警察の留置場, 近く譬喩を設け, 近く譲位をあそばしたい, 近く護符や修験者, 近く護衛者を伴, 近くを隔て, 近く谷淺きあたり, 近く豊前の小倉, 近く負け込んで, 近く賤群集の, 近く貴重の寶齎, 近く買われた古本などを, 近く費している, 近く賊地に接す, 近く賑やかな街路, 近く赤い広場は, 近く赤ん坊の泣く, 近く赤岸溪といふ河, 近く赫土の小径, 近く走せてくる, 近く走っているらしい, 近く走り行くの, 近く赴いて故国, 近く起こるという, 近く起こるべき戦争にたいする, 近く起りて遙方, 近く起るぞ, 近く起出して蟻, 近く起臥した室, 近くを洗, 近く足もとに寄せ, 近く足音がし, 近く跳び歩くので終い, 近く躙り寄って差置いた, 近くを起し, 近く転任になります, 近く輝いている, 近く輝き渡る大山岳, 近く輝くを見たる, 近くがつて, 近く辞める筈, 近く農鳥山の三角測量標, 近く込合ったそうである, 近く迄やつて來た, 近く迎えた嫁女であった, 近く近くあなたがすっかり, 近く近づき得る場所は, 近く近世的では, 近く迫つた方だけで云, 近く迫つて行つてまばらに立つた, 近く迫りける頃戯に, 近く追い逼って, 近く退院出来るだろう, 近く逃げて来た, 近く逃げまわって忠平, 近く逃げ去って行きかけ, 近く這い上ったのを, 近く通う気に, 近く通りから少し, 近く通り過ぎる人の, 近く造られた林道であろう, 近くはなかつた, 近く週刊に書く, 近く来るをば, 近く進み出てまさに, 近く進み寄って女王, 近く進めり綿糸紡ぐ, 近く進らせんとして時として, 近く進行する, 近く遂げられるが其処, 近く遊びに出, 近く遊ぶことを, 近く遊んどりましたから何もかも, 近く運ばれてゆく, 近く運びながらお, 近く運びたいと思います, 近く運搬しそこ, 近く過ぎていた, 近く過して來, 近く過去の文学的伝統, 近くに逼らん, 近く道子とハムエグス, 近く道子同道出る, 近く道理を講述, 近く達しており, 近く達してるこの老人, 近く違っていた, 近く遠い不思議の, 近く遠山氏は泊らず, 近く遺物は片端, 近く遺言に似たる, 近く邸内の馬車廻, 近く郊外に住む, 近く部屋の壁, 近く都門へ還幸, 近く配置されて, 近く配達夫になった, 近くにほてった, 近く酒井邸前の矢来通り, 近くへ帰っ, 近く重なり合った姿が, 近く重畳する間, 近く重臣諸氏の宿坊, 近く野山の雑草, 近く野生の時, 近く野菜市場があっ, 近く金田夫人の家, 近く釣革にぶら下っ, 近く鈍器による裂傷一個, 近く鉄索工事に取り掛る, 近く銀座へでよう, 近く鎌倉河岸の方, 近く鎮守様の下, 近く鏡台を置い, 近く槍手に, 近く長い二流三流の, 近く長崎路より肥前唐津, 近く長生きして, 近く長等山や比叡山, 近く長髪の男, 近く閃き動くさま名所絵に, 近く閉店の予定, 近く開けつぱなした広い, 近く開封した封筒, 近くの岳, 近く関東に帰る, 近く閻魔王に請う, 近く關東を去る, 近く關東大地震に於, 近く阿修羅王の荒れたる, 近く附きに附い, 近く降りて鳥, 近く陸地の見える, 近く隅々には白い, 近く隅田川辺の工場, 近くい鼻, 近くいて, 近く隔絶された太子内観, 近くを見, 近くの家, 近く隣国の支那, 近くはしめつ, 近く集まっていた, 近く集めたのは, 近く集りましたが師匠格, 近く集合しまた, 近く雑木林まで来, 近く雙方不沙汰, 近く離れてしまった, 近く離山が見える, 近くまだ残る, 近く雪橋から滴り落ちる, 近く雪解けあとの異様, 近く雷鳴も伴っ, 近く電機技術師になっ, 近く電話が鳴る, 近く震源地に近い, 近くまじりの, 近くれ小櫃川, 近くれ間, 近く青木の茂る, 近くなる夏, 近く静母蘭の森林地帯, 近くなる夏, 近く面前に赤城, 近くにはちやう, 近く頭上から押し被せる, 近く頭髪は濃く, 近くと胸, 近く頻りに感慨の, 近く頼母しく且つ, 近くわれる, 近く颯と黄薔薇の, 近く飛びかふのは松明である, 近く飛びかふ鶴も空, 近く飛びかゝり接戰するを, 近く飛行機の飛ん, 近く食うには遠い, 近く食卓を据え, 近く食堂へトマトクリーム, 近く飢えるにきまっ, 近く飲んでそのまま, 近く飲んだものだ, 近く飲口がつい, 近く飾られてある, 近く養蚕広告のペンキ塗, 近く香味とうとぶきも, 近く香煙に飢ゑたる, 近く香貫徳倉の小山, 近くす, 近く駈け寄っていた, 近く駿河の田舎公方, 近くれ, 近く驟雨が時々, 近くさも, 近く高う昇って, 近く高野の叔父來, 近く高騰したもの, 近くに屆, 近く鬱蒼たる木陰, 近くへ帰国, 近くを引寄せ, 近く鮮人放火の流言, 近くの傍, 近く鳴かれるとさすが, 近く鳴りつづけている, 近くのみ立つ, 近くの声, 近く鶴崎町のある, 近くから仰望, 近く麻布の安藤, 近く黄ばんだ夕方ちかい, 近く黄忠の姿, 近く黄色い皮服と, 近く黄金の色, 近く黒い金属で, 近く黒き外套を, 近く黒ずんだ陸稗の, 近く黒岩と対, 近く黙つて孤独, 近く鼓膜をふるわせ, 近く鼠坂という有名, 近くを鳴らし, 近く龍之介は毛糸