青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~込ん 込ん~ ~込んだ 込んだ~ ~迎 迎~ ~迎え 迎え~ 近~ ~近い
近い~
~近く 近く~ 近ごろ~ ~近づい 近づい~ ~近づいた ~近づく 近づく~ 近代~ 近年~

「近い~」 9849, 106ppm, 1013位

▼ 近いところ~ (642, 6.5%)

30 にある 7 にいた 6 である 5 がある, に, にいる, に住ん, へ来 4 だから, であった, では私, で言う, にい, を溯 3 では, にあっ, にその, に在る, へ出, へ出た, まで来, まで来た, まで行っ

2 [36件] から発射, だ, だつた, で, であるから, でご, ですから, ではある, では北岩倉, でやつ, で伸, で渓谷, とは, にあった, にそびえ, にそれ, になめ跡, には低い, にもない, に一つ, に寝, に寢, に小さい, に小さな, に居た, に座, に置い, に行っ, に貸家, の水垢, の石, へき, まで来る, もある, を通っ, を釣る

1 [451件] あの辺, かと思うた, からことに, からこの, からそれ以上要領, からつれ, からときどき, からへし折られた, から中腹, から出た, から吹矢, から土, から声, から始め, から射, から少し, から御, から或いは, から時に, から段々, から漸次同化融合, から片づけ, から私達, から突如, から突然ぱっと, から考へる, から臭気, から見, から見あげ, から車掌, から通, から零下八度, から駕籠, がいい, がきり, が一番賑, が分らない, が天津, が彼等, が私達, が見える, じゃ, じゃ鈴川, すなわち浅い, だけでも掃きよせ, だけれど, だけを巻い, だけ霧, だったから, だったら貸して, だという, ってドコ, であたし, でありました, であります, であること, であろう, でいや, でうち, でえらい, でお話, でけたたましい, でございますし, でした, でしみこませ, でしょう左, ですが, ですけれども, ですます, でその, でそら, でたった, でつまらなく, でできるだけブラブラ, でなければ, での物性, ではしない, ではすでに, ではない, ではなく, ではれい, では二, では二人, では天城山, では星子方面, では民謡, では牧野信一, では神戸, では秀吉, では筬, では袖山富吉さん, では鳥類, では鷄, でひとり, でふと, でまだ, でむりやり, でやはり, でわれわれプロレタリア, でギター, でスキー, でデレンコフ, でバサバサ, でピカッ, でフランケン大使, で一五一一, で一度, で一日ぢ, で一本, で三, で三吉, で三条, で中腰, で二人, で二十キロ, で人間諸君, で今日普通, で仕事, で何時, で佳子, で便利, で外, で大謀網, で女中, で始業, で完全, で寝たい, で小さな, で市電, で店男, で廻っ, で必死, で日, で明治五年初め, で李, で水, で沈ん, で沈んだ, で泊つた, で深谷, で濟め, で父親, で犬, で発見, で磯五, で私, で私達, で聞えた, で荒い, で荒物店, で落ちこんだ, で蓊欝, で表現, で見慣れぬ, で見物, で言つて, で起り, で起りました, で酒場ペチカ, で附属, で降りた, で雪, で駕籠, で鳴り出した, で鶏, とかというよう, とかと云, とみえ, と云っ, などはいよいよ, なので, ならば, なら仕出し, にあつ, にあり, にあれ, にいい, にいくら, にいくらでも, にいたなら, にいたんやし, にいましたなら, にいりゃ, にいろ, にこれ, にこんなに, にすっかり, にそういう, にたくさん雪, にたむろ, にちらつい, にでもな, にと言つて, になけれ, にはおられません, にはたくさん, にはたずね, にはない, にはまだ, にはクリストフ, には人, には合歓木, には大きな, には小料理屋, には屋根, には岩, には湿れた, には町屋, には絞首台, には適当, にめいめい膳, にもっと, にも雪, にゃ古着屋, にタトウ, にピアノ, にプール, にポツポツ, にモザイク, に一人, に一本, に一軒, に下宿生活, に二三医者, に五列, に人, に今, に仮, に位置, に住む, に何ん, に倒れ, に僅か, に六角, に切っ, に切られ, に別, に半身, に呼びかけた, に哲學, に善吉, に国, に土下座, に在, に在っ, に坐っ, に坐る, に坐ろう, に多く, に大きい, に大きな, に客, に家, に宿, に對屋, に少し, に屋敷, に幾ら, に店, に張りわたされ, に惚れるで, に捨てられた, に描い, に新, に新しいおいし, に来, に東福寺, に椅子テーブル, に水, に洋館, に浮ん, に湯田中, に湯西川温泉, に潜ん, に煌々, に現れ, に現れる, に生え, に畏, に白く, に直した, に着物, に知人, に知合い, に空いた, に空襲, に立ち明かし, に立っ, に米, に素人, に聞えた, に背, に花園荘, に血だらけ, に行儀, に西田さん, に見えた, に見覚え, に設け, に貴金属品, に貼っ, に越し, に転任, に鉄, に鋸芝, に降ろされ, に陣取っ, に領土, に食, に鳴つ, のこと, のほか, のよう, のアパート, の人家, の休み茶屋, の侍, の先生, の半ば客観的, の壁, の大名, の大谷風呂, の娘達, の学校, の尾根, の山, の岩間, の悪女, の木, の樋, の水中, の生れ, の田, の白壁, の知恩院, の石定, の紅梅, の落葉枯枝, の趣, の車井戸, の部屋, の酒井, の酒屋, の陣, はお, はお前ぢ, はたいがい, はともかく, はどう, はない, は山毛欅, は徒歩, は歩い, は水, は浅く, は浜町河岸, は浮氷, は物, は薄い, は衡, は長い, へあぐら, へあなた, へお, へかなり, へせり上, へにじり出で, へひっぱっ, へやった, へ二本, へ人, へ余り, へ出ました, へ出る, へ割り込ん, へ呼び寄せ, へ埋め, へ宿, へ席, へ往, へ打たせ, へ押し戻した, へ持ち出し, へ持っ, へ持寄せ, へ最近バラック, へ漕ぎ寄せる, へ移っ, へ立寄り, へ置き, へ置く, へ落ちた, へ行きましょう, へ行く, へ越し, へ蹲まり, へ遊び, へ隠れる, へ飛ん, ほど仕事, まで, までかご, までつい, までひと足, までやった, までやって来ました, まで上り, まで乗り出し, まで削りとっ, まで動い, まで大地, まで彼女, まで日本人, まで漕ぎ付け, まで行く, まで行ったら, まで辿りついた, まで追い卸した, まで追い迫っ, まで駆け戻った, よ, よりも生徒, らしい大胆, をいく, をお, をさして, をまるで, を二度, を凝視, を十日以上, を叩い, を右手, を子, を射る, を廻る, を持っ, を撃たなけれ, を数名, を最も, を板敷き, を楔, を歩い, を流れ, を真っ, を航行中, を走っ, を過ぎる, を飛び過ぎ, を駕籠, 或いはその, 深い竹林

▼ 近いうち~ (583, 5.9%)

22 にお 1614 にこの 13 にまた 9 にその 8 に祝言, に自分 6 にきっと, に私 5 にあの, にある, にここ, に一度, に伊勢屋, に大, に御, に必ず, に結婚 4 に彼, に日本 3 にあなた, にもう, に来る, に東京, に死ぬ, に起る

2 [26件] にお前, にかならず, にこれ, にこんがら, にさ, にそれ, にどこ, にはお, には何とか, にもいちど, にもう一度, に一人, に京, に仲人, に何, に何とか, に僕, に千葉, に君, に姫路, に家, に改めて, に本店, に本郷, に行きましょう, に雪

1 [358件] あの船, いい折, おせい, おたがいに結束, お二人, きっと来る, ぜひ遊び, その日本一, だろう, だわい, でしょう, といふだけで, と思われる, なの, なのよ, にあいつ, にあけ渡さなけれ, にあすこ, にあひるさん, にいちど, にいっしょ, にいづれ, にいよいよ, にいろいろ, にうち, にうまく, におたがいに, におめでた, におれ, にお目にかかり, にお目にかかりましょう, にお金, にかの甲府勝手, にきかし, にきつ, にこ, にこちら, にそう, にただ, にだ, にできるなら, にとの通告, にと云っ, にと申し足す, にと約束, にどうしても, にどっか, にな, にねきっと, にはきっと, にはこの, にはね, にはまた, には便り, には信長, には地獄, には御家内, には折れ, には獄門, には秀吉, には自由, には行われ, には貸す, にほんとう, にぼく, にまとまった, にめでたく, にもひとり, にも跡目相續, にゃチリン, にやってくる, にゆるり, によい, にわたしたち, にキッ, にサナトリウム, にステキ, にセミヨノフ軍, にタキシード, にトム商会, にフランス, にフリーダ, にレンブラント, に一寸大阪, に一座, に一手, に一緒, に一辺タキ, に上京, に不逞, に世の中, に世嗣, に世界, に世間, に丸山町, に主人公, に乗合馬車, に二三日, に五〇万円近く, に亡くなる, に京都, に仕官, に任国, に伊奈子, に伊那, に会, に会い, に会社, に伜郁次郎, に何ん, に何町, に便り, に倒さね, に假面舞踏會, に傷, に僕達, に兎, に入院, に八王子, に八間四面, に公孫康, に共々, に兵隊, に再び, に再会, に出かけ, に出発, に分家, に判る, に別に, に前髪, に北川, に十手捕縄, に千萩, に南, に博士, に又, に叔父, に取り止め, に取り毀し, に取り計らつ, に吉左右, に同じ, に商売, に嘉助, に噴き出さない, に四軒目, に国, に地球上, に坤竜丸, に埋け, に填, に増し, に外科學會, に多く, に夜, に大きな, に大使館, に大工, に大沢治郎左衛門, に大金, に大阪市, に大雨, に天下, に妻, に娘, に婿, に嫁入り, に子供, に子供たち, に学校, に宇津木兵馬, に官僚, に実現, に寿江子さん, に将軍家, に小田原, に小間物屋, に少し, に山, に山木判官, に屹度, に屹度妾, に岩波, に巡, に巡回活動写真, に左内, に帰る, に帰国, に幕, に建築, に廻っ, に弁信さん, に引, に引越さう, に引越そう, に彼女, に御両人, に必至, に忘年会, に恐ろしい, に悲劇, に成しとげられる, に手の内, に拙者, に拝謁, に持っ, に捨てられた, に敬吾, に料つて, に斬罪, に新しい, に新居, に新邸, に旅立つ, に日支関係, に日本国中, に旧作, に是非, に智恵子, に暴れ込む, に暴風雨, に来ます, に植木屋, に欧州, に正式, に此処, に武士時代, に歸ら, に死ぬる, に死ん, に殺され, に殺されます, に殺される, に殿様, に江戸, に江漢, に法月様, に浅野殿, に涼しい, に湖, に湯島, に潰れます, に父, に父さん, に片づくらしい, に獄門, に玉太郎, に生死, に田舎, に甲府, に町内, に発表, に皆さん, に皆んな, に皆様, に皇太后, に相当, に破壊, に磯屋, に祖母さん, に私たち, に私達, に立つ, に競争, に竹中十兵衞, に節ちゃん, に節子, に米, に終り, に縁, に纏まった, に義足, に自殺室, に自由, に自訴, に自身陸, に花々しく, に若い, に若旦那, に英子, に董卓, に蜀, に蜂須賀阿波守, に行かう, に行きたい, に行っ, に表向き, に表向き嫁, に袖, に裏, に見, に見えなくなるでしょう, に見つけ出し, に見付かり, に親類方, に親類達, に解決, に解雇, に記者, に詐欺横領罪, に詩, に読ん, に謁聖, に貴様, に質問, に起きあがれる, に起こっ, に越後, に身, に身請け, に身體, に車, に軍事探偵, に転校先, に追, に追いまくられ, に逃げる, に連絡, に遊び, に道庵先生, に遠く, に郵船鹿島丸, に都, に鄂県, に野郎, に釣り, に錫, に長崎, に阿波, に阿部, に隆中, に随筆集, に雨, に静岡, に革命, に飛出す, に飯, に駒場, に魏王曹操, のこった, のこと, の会飲, はいりますから, また七兵衛, また家, また来る, もう一度出, 一度お, 下阪, 仮に営むらしく, 大火事, 必ず洲崎, 或いは足もと, 戻って, 第二号館, 行って, 請出して

▼ 近いもの~ (582, 5.9%)

31 である 19 を感じ, を感じた 16 だった 13 がある 12 では 11 だつた 9 だと 8 であった, であること 7 ですから, を感じない 6 であると, となった 5 があった, であつ, であらう, となっ, にし 4 であろう, です, なの, になる, のよう, は大きく, は青白く

3 [11件] があつ, だ, だから, であって, でした, とし, にする, になっ, は恐らく, を与え, を浮かべ

2 [30件] かも知れない, から脱, から遠い, がコロムビア, が突然, さえある, すら感じた, だけである, だったという, だったの, だつたの, であ, であったの, であるかも, であるが, ですが, でも, となるであろう, になります, に相違, の外, はなかなか, もある, も少く, を取り囲み, を呼び起し, を持っ, を発見, を示し, を運ん

1 [264件] から, からは凡そ六年半, から列記, か忠雄, があり, がありました, がいくら, がお, がそこ, がひらめい, がビクター, が他, が住ん, が何處, が保存, が僕, が出まし, が出来, が出来た, が加, が加わった, が多い, が大勢, が寧子, が幅, が幾つ, が彼等, が得られる, が感じられ, が感じられた, が望まれる, が毎時お, が気味悪く, が現れる, が生れ, が目ざめ, が私, が籠っ, が自分, が長い, が高尚, さえあります, したしみも, すらある, すら書け, だが, だけしか見えなかった, だけでも故人, だけ濃厚, ださうである, だったかと, だったかも, だったと, だったに, だったので, だったろうと, だつたかといふ, だな, だらうが, だろう, だろうが, であったかと, であったかは, であったこと, であったため, であったり, であったろうかと, であっても, でありただ, でありました, でありましょう, であります, でありますが, であるか, であるかと, であるから, であるかを, であるさ, であるそう, であるため, であるならば, であるに, であるの, であるよう, でいわゆる, でさ, でしかし, でな, でなくては, でなければ, で人間, で前兆, で友吉, で生活, で私, で魔神, という, といわれます, とかは最も, とかまたは, とがあつ, とがある, としてお, としてしか見なさ, としての三曲, としてはかつて, としては個人的, としては卓袋, として役者, として感じない, として感じられる, として感じる, として感じ得, として感ずる, として或, として推察, として残つて, として立証, として認める, として青年, とする, とすれ, となつ, となり, とは考え得ない, とみなし, とを持つ, と信ぜられた, と彼自身, と思はれ, と思われる, と感じがち, と私, と考える, と見るべきである, と遠い, なので, ならこれ, ならし了, にこもっ, にさせた, にしたい, になった, になってる, になつ, になつて, になりました, になるでせう, に仕上げよう, に依っ, に出会った, に味, に対し何, に思う, に思はれ, に慶応三・四年, に改めて, に法師温泉, に福島県石城郡, に純化, に考えさせる, の中, の些細, の如く, の正直さ, の生活, の間, はお, はおそらく, はこの, はこれ, はない, はないだろう, はなく, は一層, は動き, は唯, は得, は旧, は猿類, は着け, は笑い, は肥後, は近い, は飯綱, ばかり取っ, ばかり求め, へ持っ, へ自分, ほど感情, ほど比重, までもかけつらね, もあったでしょう, もまた, も与えた, も亦, も第, や議会, よりも小さな, らしい, らしいですからね, らしかった, を, をきく, をよし, をタガラ, を云, を以て終つて, を会社, を作らう, を作る, を受けた, を含ん, を吾, を味, を尚, を心, を感じさせる, を感じる, を態と, を憎み, を所有, を抱い, を抽出, を拾い出し, を持ち得た, を持つ, を指し, を指す, を挙げれ, を捉え, を捕え, を探せ, を撰んだ, を日本, を書き終り, を書こう, を有っ, を有つて, を求めよう, を求められた, を求める, を求めれ, を浮べた, を漁つて, を演じた, を生じた, を画く, を知る, を立てる, を考える, を自身, を表わす, を西洋, を見いだし得べき, を計算, を認める, を語る, を除い, 寧ろ民謡, 或いは全く, 故だろう, 故人, 故鬼

▼ 近い~ (257, 2.6%)

31 である 13 だ, です 9 だが 8 か, では 5 だから, ですから 4 だと, だろう 3 であって, であらう, であるから, であるが, ですが

2 [14件] かもしれません, かも知れない, が時速十キロ, さ, だか, だそう, だという, であります, でしょう, ですか, と背景, に脅かされなけれ, はゆるぎ, もある

1 [114件] かい, かとも思われる, かと思う, かと首, かな, か堀, か夜明け, か遠い, か頭, がいけない, がどっち, がのっ, がコーフィールド, が九段, が何より, が先んじ, が判る, が十二社, が好い, が居る, が広, が徳みたい, が楽しみ, が気, が知れなかった, が秋月勘三郎, が美女, じゃない, だった, だつた, だよ, だろうか, だろうに, ぢや, であった, であり同じ, であるかも, である海岸, であろうが, であろう厨, であろう蒼茫, でございますか, でございますから, でしょうね, ですってねえ, ですもの, ですよ, です陸, でないと, でも, で帰っ, とから想像, とで手ぬぐい, とで街, と二種類, と喫茶店, と根, と気候, と相手, ならここ, にお, には驚きました, にまだ, にもかかわらず, に事寄せ, に変, に日本, に相違, に迷惑, に頓狂, に驚いた, は, はなかなか, はまし, はアレ, はチエホフ, はフランス, はユダヤ, は上作延, は何, は僅か, は叔父, は城, は基督教, は女王, は妙庵, は山口, は御, は柳田先生, は止む, は浪人小林習之進, は独乙, は空き煙, は結局小学生, は袁天綱, も比較的, をやっと, を差し上げ, を引つ, を思い出す, を思はせる, を思わせた, を感じ, を感じた, を挙げる, を掲出, を搜, を注意, を知っ, を知った, を知る, を近ごろ著, を避け, 問題では

▼ 近い~ (234, 2.4%)

9 にある 6 にいる, へ出 4 であったから 3 であつ

2 [18件] だから, だと, であった, ですから, で水, とにする, なの, にあった, にい, に一つ, に住ん, に出, に来, へは車夫, へ行っ, まで来る, も遠い, をつかん

1 [170件] からその, から始める, から改善, から景色, から株主達, から車掌, か又は, が水, が沢山, じゃありません, そして彼女, だ, だけれども, だとは, で, であり乍ら, である, であるから, でいふ, でうたた寝, でした, でする, ではない, ではなく, では上高井戸, では四谷, では尾張, では常陸, では播磨, では新潟, では現に, では笛吹川, でほのか, でも態, でゆるやか, でヂツクマン谷, でフオスタア, で出来た, で名, で呼んだ, で大きな, で小, で巨, で庭, で念誦, で支那, で時計, で生れた, で男性, で私, で簡単, で聞こえだす, で若い, で行なわれる, で見掛けた, で貴方, で車, で金, で陸奥湾, で顔, と推定, ならお, なら好い, なれば, にあ, にあつ, にあります, にいた, にいたま, にそれ, にたしかに, にちょろちょろ, にて大倉もうけ合, にでも移転, になっ, には材木, にゐた, に三枚, に二人, に住む, に住家, に全力, に別れ別れ, に十戸足らず, に呂, に坐し, に坐っ, に大きい, に宿, に寝, に常に, に幾つ, に店, に暗い, に来た, に棲む, に生れ, に生れた, に畏まっ, に發生, に真白, に眼, に立つ, に立派, に置い, に置かれ, に腰掛け, に自家, に落合, に行っ, に転任, に過, に配置, に金, に雨雲, の五葉, の人, の名, の気温, の異性, の路傍, の部落戦, の都市, はぼーっと, はもう, は二十メートル, は人, は拾四町, は海嘯, は薄, は起きぬけ, へは顔, へまでいっ, へまで出, へも寄る, へゆく, へ与え, へ人, へ出た, へ席, へ座, へ座布団, へ庭, へ私, へ落ち, へ越させたい, ほど念, ほど暑く, までくる, までは出られない, までも力まかせ, までやって来, まで到つ, まで来, まで水田, まで溯っ, まで自分, まで行っ, まで行つた時, よりも交通的, をその, をクモ, を人, を取り, を持つ, を登っ, を選べ, を離れずいる, を食い込ませ, 故ゆ

▼ 近い~ (210, 2.1%)

23 でした 14 であった 10 であつ 8 だった 5 だつた, である 4 まであった 3 です, になっ, のこと, の事, まで行われ

2 [11件] だそう, であったが, であって, にそんな, にようやく, の人, は漸く, まで, までこの, までのこと, まで猿ども

1 [104件] あらためて政職, ありましたお話, からの流行, から無数, から綺麗, から言え, から達雄, から飛ん, さすがに, だから, だったから, だったので, だったろうか, だつたの, であ, であったろうか, であった何分, であろう, でお, でしたで, ですと, でその, でそれ, でもう, で三津子さん, で日盛り, で月, で月番, で私, で西向き, で遠く, で雲切れ, なんと武蔵め, にどこ, になったらしい, になつて, にはぽつぽつ, には大内裏, には太刀, にひとり, にも関白殿, に亀吉ら, に何人, に吉五郎, に女, に嶺松寺, に帰っ, に弥助, に書いた, に病気, に目的地, に私達, に近所, に逐電, に障子, のいやに, のたとえば, のロシア, の作品, の写真, の出来事, の分, の地質学的時代, の多く, の彼, の沈默, の田舎, の記憶, ひとまず祐筆, ふらりと, また痛めつけた, までかく, までそれ, までなお, までにはなかつた, までの事, までの習い, まではあった, まではそれ, までは全く, までは確か, までも夏, までも彼ら, までも神の山, まで一匹, まで乘つて行つて, まで僅か, まで口, まで普通教育, まで村里, まで残っ, まで甚だしく, まで生き, まで生存, まで盛ん, まで神, まで続い, まで総て皆婦人, まで芸者屋, まで行なわれ, まで詩, ゆえ手, 戻つて來, 殊に今夜あたり

▼ 近い~ (184, 1.9%)

8 すれば 5 云ふ 4 いっても, 思う, 私は, 聞いて, 言っても 3 いうので, いうのに, 言ふ

2 [15件] いう, いって, いふので, いふよりも, なると, なれば, 云うこと, 云うので, 云って, 云っても, 思うころ, 思った, 思って, 言って, 言つても

1 [112件] いい果て, いうばかり, いえば, いふに, いふのに, いやがる人, ええがの, ええだ, おもわれた梓川, お手伝, さう申して, すると, どうして想い得よう, どうもこの, ひそかに, みえて, みえ鴎, よいの, よろこび叫びながら, わかると, 云うの, 云う事, 云える, 云へ, 云へる, 仮定し, 使番の, 信ずべき十分の理由, 信ずべき理由, 信ずるチリー, 分るの, 判断し, 叫んだの, 告げた, 報告が, 存じます, 心得て, 思いましたが, 思うが, 思うては, 思うと, 思うの, 思うよう, 思う月, 思えた目, 思ったので, 思った三宝山, 思った星, 思つ, 思つた, 思つてゐた, 思つてゐる, 思はれます, 思はれるが, 思はれる人物, 思はれる半白, 思はれる呪詞, 思はれる老婆, 思ひました, 思ひましたが, 思ふ, 思わるる深度, 思われた, 思われは, 思われるころ, 思われるの, 思われるほどに, 思われるもの, 思われる堂々たる, 思われる巨砲, 思われる時刻, 思われる比率, 思わんけりゃなりません, 想われる大, 教えても, 断定する, 新聞が, 欺き尼, 氣が, 泥棒が, 申したの, 申します, 看做すこと, 知らねば, 知れて, 考えたこと, 考えられても, 考えること, 考え得よう, 聞いたが, 聞いたので, 聞いた多摩川, 聞いた玉川, 聞きまして, 聞き眺め, 聞く, 聞くころ, 聞くと, 聞く新しい, 聴くと, 自覚し, 見て, 観念し, 解する事, 言います, 言う事, 言は, 言われた頃, 赤くほてる, 走り出した, 飛び込んで, 駒井が

▼ 近いので~ (122, 1.2%)

3 あつた, あらうか 2 いっぺんに, 急いで, 曲者が, 東南の

1 [108件] いっそうその, いつまでも, いつも寒かっ, おかみが, かれは, さ, さすがに, さぞ支那, すぐ父, そこまで, その医者, その邊, それ以上聞出し得ず, そんなにし, たえず爆音, だれも, ちょいちょいした, ちよい, なかなか逢う, なほさら暗, はっとした, びっくりした, まことに気安く, ます, もう二三年, ややも, よく心斎橋, わたくしは, わたしは, スガメの, ボッボッボッボと, 一層大きく, 一層寒い, 一帯の, 一時間ばかり, 万一を, 三人とも, 三味や, 上野驛以來の, 不安を, 乗る客, 二人は, 二条の, 五十間も, 何かと世間, 何の, 何処を, 僕は, 午後六時にはか, 南縁に, 危険は, 又牛込, 夕方五時すぎ用が, 夕食後三十分か, 外を, 夜かせぎ, 学校から, 小鳥は, 少しは, 山へ, 山伏町神楽坂などへ, 幸山船長の, 度々お, 庭木には, 彼は, 彼女の, 忙しく指図, 急に, 戸部の, 散歩に, 昼飯を, 時々人, 案外に, 橋上には, 此處は, 歩みを, 母親は, 毎日一度や, 気を, 泰二君は, 海水浴を, 濤声が, 瀧飛沫は, 灯りが, 男衆は, 病気などは, 看病の, 石塀や, 神田猿楽町の, 神聖の, 秀吉が, 私の, 私は, 窓には, 細かい構造, 結城新, 結末の, 義貞は, 花火の, 街は, 話してる者, 身體の, 都合は, 醤油藏が, 階下よりは, 雷鳴は, 顔見知りの, 馴染みであった

▼ 近いこと~ (120, 1.2%)

4 だから, を知った 3 だし, を思はせる, を知っ 2 がわかる, であった, では, は五月, をしや, を思わせた, を想わせる

1 [89件] かは云, がわかつた, がわかり出し, が半蔵, が感ぜられる, が明か, が知れた, が考へられる, だ, だようやく, だろうか, である, であろう, でその, とか云, として読ん, と考え, になっ, になる, に思つて, に気付いただろう, に無理, の証拠, はいう, はすぐ, はそれ, はたしか, はまったく, は分りきっ, は宗旨, は或は, は明かである, は氏自身, は永らく, は疑, は確か, は花, は誰, もあります, も分つ, も美点, も遠い, やどの, をお, をし, をした, をひしと, をまで言っ, をものがたっ, をも祈り期したい, をやつ, を主張, を喜ばしく, を如何, を小説體, を思いたった, を思った, を思わす, を思わせる, を感じる, を感知, を慚, を推定, を教えられた, を明らか, を書け, を本能的, を欣, を現し, を発見, を發見, を知つた千恵, を知らせる, を知らせるけむり, を知り, を知る, を確信, を示し, を祈つ, を老翁, を考へた, を覚り, を言う, を言われ, を証する, を証明, を説いたなら, を説明, を饒舌

▼ 近い~ (117, 1.2%)

14 にある 3 をところ 2 だから, にゐる, に居る

1 [94件] かどちら, からは誰, がお前さん, がそう, が今内, が以前, が男, が西河岸, だが, だけれども, だと, だとは, であった, であるから, であるが, であること, でございますから, では三峰, では宅地, でも医者, で二三羽, で吾, で好い, で躓き倒れた, で隠れ, と言, なら真似ると, にあった, にありました, にお, におる, にこの, にご, にしましょう, にはおそらく, には一個, には人間, には瓦, には道, にもいまい, によい, にビッシェール, に一羽, に一間, に人間, に付い, に伏せ, に住ん, に全身, に只, に名, に固まっ, に在った, に坐っ, に増穂, に小さい, に小さな, に支那風, に椅子, に炉, に立ち止ま, に立つ, に立派, に米, に視線, に遥か, に野根山, に長い, に頼む, の別荘, の動物園, の十三屋, の大, の山里, の方, の縁日, はお互い, はつまらず, は房総地方, は未だ, は黒檀, へ入らっしゃる, へ座蒲団, へ忍び入ったる, へ替えよう, へ来た, へ立, へ立寄る, へ膳, へ落着けない, まで来る, も見廻る, を持っ, を見渡す

▼ 近いから~ (103, 1.0%)

3 である 2 だ, だと, であった, であらう, 山の, 破れて

1 [88件] あそこに, あのお寺, あの佳, あの邊, あんまりやらん, いちばん大きく, いづれ裝束稻荷, いや, うっかり目を, おつきに, この辺, これを, そこへ, その時, その点, それで御, それに, そんな細工, たぶん眠ったろう, であるの, でかけて, どうもこれ, のこる日, ふと内裏, ゆっくり歩い, よく受けるらしい, よく見える, 一ツ出かけ, 一円五十銭の, 一日も, 二階に, 人力車を, 人手を, 伝統感が, 何共, 便利でございます, 先生と, 其名を, 千両箱を, 吾妻橋を, 唄が, 土手じゃ, 地球の, 夕方にでも, 夜中じゃ, 大きく見える, 天帝より, 失礼な, 妙である, 娘さんは, 子供の, 家内中に, 寺の, 小つ, 少しは, 幾らでも, 庭方を, 強制の, 役人たちも, 心配なく, 或いはそこ, 或は音転, 招待され, 旅費が, 来たと, 此邊かも, 毎日泳ぎに, 活き馬, 海岸の, 涼しくって, 無理に, 物音を, 用心なさい, 罠でも, 羨ましいとは, 聲音の, 良いとか, 語り傳への, 誰かが, 調べるもの, 転がして, 通例の, 遠い山, 間違いが, 静かに, 頗るおぼつかない, 風に, 鯨の

▼ 近いよう~ (96, 1.0%)

7 なもの 6 である, でも 3 な気 2 で遠い, な, な錯覚, に思われる

1 [66件] じゃな, じゃない, だが, で, であった, であり改造文庫, です, ですね, ですわね, では, でも容易, で御, で遠く, なうそ寒い, なおっ, なかたむきさえ, なもしくは, なようす, な下等, な味, な喜び, な噂, な地, な地位, な場合, な形, な心もち, な思い, な急斜面, な感情, な時, な様子, な気持, な海, な物, な率, な現実的, な生活力, な観察, な論文, な遠い, な陰, な雨, な霰, にそれ, にも聞えれ, にも見える, にスキー, に作った, に思います, に思う, に思える, に思われ, に思われた, に思われます, に想われる, に感じられます, に感じられる, に漠然と, に美人, に聞きなされます, に製作, に見え, に見える, に貨幣, ね

▼ 近い~ (95, 1.0%)

4 では 3 がいい 2 が便利, だが, だつた, に居る, の一軒, の問題

1 [76件] からお先に, から不破, から二列目, から四五人, から起る, が可, が甘く, だった, であった, であまり, であります, である, でいつも, です, ですよ, でちょッ, でとうてい, でまだ, でも, で中, で割に, で堂助, で夜, で宵, で手, で現場, で色, で芝, と見受けた, なん, にあ, にあった, にし, にはぽつりぽつり, にゐた, に大きく, に戻つ, に点火, に独り, に穴, に酔っぱらい, のその, のボート, の二階, の井戸水, の寝台, の小川, の扉, の星, の水, の田舎, の第, の菓物, の血液, の親柱, の部分, の部屋, の隅っこ, は下, は医王山, は大, へ写真屋, へ寄つて, へ我々, へ持っ, へ腹這い, まで君, まで来, をいう, をしとやか, をと思っ, を宮中, を歩いた, を行く, を行け, 時々は

▼ 近いころ~ (67, 0.7%)

6 であった 4 だった, になっ 3 だと 2 でした, のこと, までこの

1 [44件] からジョン, だ, であったが, であったろう, であつ, である, でございました, です, ですが, ではない, で今夜, で僕, で幾軒, で通る, とみえ, においてはソガ, にようやく, にキューネ, に中将, に作った, に光, に及んだ, に山の下, に彼, に征服, に手, に高輪, のもの, の事, の出来事, の手毬, の昼, は非常, までい, までかかっ, までそれ, までのよう, までもなお, まで山村, まで打ちつづけ, まで有名, まで海尊仙人, まで源氏, まで送り旗

▼ 近い将来~ (67, 0.7%)

11 に於 2 には到底, に彼等, に必ず

1 [50件] がどんな, が心配, にある, においていろいろ, においてなされる, においても彼, において仕事, において実力, において必ずや, において民族的, において革命的危機, における滅亡, にきっと, にこの, についての考え, にできない, にできる, にどの, には天賦, には日本, には解決, にもさして, にもっとずっと, にもますます, に出, に出来, に大, に大変, に学校革新, に幸福, に揚棄, に於ける, に日本文学史, に最終戦争, に歌, に此処, に生じ, に発見, に結婚, に要求, に観念芸術, に関する客観的予見, のこと, の勝利, の変動, の天象, の新しい, の池袋, の紛擾, の諸

▼ 近い~ (60, 0.6%)

52 にお, にどこ, に又, に日, に死ぬ

1 [45件] だらうし, にあと, にいらっしゃい, にお前, にお家, にきっと, にこちら, にその, にちっとも, にちょっとした, になった, にのたれ, には歸參もの, には社会, にわが, にアンバリド, にユツクリ, に一度, に乙姫様, に何, に働き, に再び, に博士, に取り掛かる, に吉日, に埋め, に変わった, に大, に大金, に好い, に家庭, に式, に御, に御覧, に折れ, に探っ, に来る, に東京, に様子, に殺される, に王様, に真実, に自分, に食えなくなっ, 貰うはず

▼ 近い~ (52, 0.5%)

1 [52件] このドア, この坂, その, そのいづれ, それとは, それにしても朝飯, それは, ためな, ために, なかなか時間, ほ, まだ却, まだ目, やがてリント少将, やはり違う, 二十年来, 人は, 何事も, 何人が, 僕の, 元々帝徳, 其處には, 却って不便, 君が, 含味し, 富士よりも, 少し肥った, 屋根から, 左の, 後者の, 悪じゃ, 慈悲は, 故にこれ, 故に遥か, 最も広い, 果してさ, 此処迄, 独身で, 病犬が, 目鼻口, 石川淳は, 結局総てを, 舞踏は, 色艶が, 行燈の, 見のがせない, 誰も, 道なき, 避けて, 闘犬好みは, 雪は, 静かです

▼ 近いこの~ (45, 0.5%)

4 頃の 3 年まで 2 町の, 頃は

1 [34件] あたりで, あたりでも, ときまでに, へんの, 予算総額は, 人里遠い, 公郷村の, 合宿所へ, 土地では, 地から, 地に, 地方が, 家が, 寺の, 年でありません, 年に, 広い湖水, 校長は, 港の, 湖水は, 田舎侍を, 町に, 病身な, 箕輪に, 船が, 蕭々たる, 賀茂川原に, 超非常事件, 辺に, 辺には, 辺は, 長い蘇堤, 隠れ家に, 高原を

▼ 近いほど~ (43, 0.4%)

2 却つ

1 [41件] あらゆる事物, いちじるしかった, こなれて, その効果, その透過力, それだけ厚い, そんなこと, だった, でいかにも, よいとして, よく五センチ, 一般に, 上手だ, 下等な, 亡きその人, 困惑し, 困難な, 多かった, 多くし, 多くの, 大きくみえる, 引力は, 張りつめた生命, 怖いもの知らず, 恐怖は, 我々に, 晴々した, 極めて薄い, 気温は, 氣味わる, 清らかな, 物凄い物音, 病毒が, 羸弱な, 自分は, 虚心した, 酒を, 重力は, 釣って, 陽気だった, 鮮やかである

▼ 近い~ (43, 0.4%)

3 だ, である 2 だと, であろう容貌

1 [33件] がいい, がこの, が川崎辺, が待つ, したがって導き得る, たること, だったから, であった, であれば, ですから, でせう, ではない, でもある, というの, としての求婚法, となっ, となる, とは受取, とは思われず, などはわざわざ, なの, には殺人事件, のなか, のよう, の上, の云い, の口調, の命, の喰, の臨終, の顔, はみんな姿, を自分

▼ 近い~ (42, 0.4%)

5 見ると 3 来た, 来て, 来る 2 來た, 來る, 居る, 来ると, 来るの

1 [18件] くるの, まゐりました, やがて舷, 其と, 向へ, 大勢の, 奈何いふ風に, 崖下の, 来たこの, 来たの, 来る者, 江崎の, 行く性命, 行った, 見れば, 視ると, 言つた, 迫るよう

▼ 近い~ (42, 0.4%)

5 の中, の姿 2 のそば

1 [30件] があった, が聳え, だ, だろうという, でお, では男, でも晩春初夏, で見えない, で雑草荊棘, としては早く, に沿った, に雪, の巓, の木, の松林, の穴, の薄, の鼻, は海抜八一七五フィート, は漆, は緑, は駿河, へ行く, までが濃厚, も町, も遠く, や森, を焼く, 遠い山脈, 高い山

▼ 近い~ (38, 0.4%)

3 それに 2 きれいな, 景色はい

1 [31件] お松さんという, お長屋, しかも夜, すぐうしろ, するから, それ以上には, なにかの, またロシア, もうなくなりかけ, わかりやすい, 三の, 両方とも, 人数も, 北京そのものだ, 同僚は, 唯一の, 地理の, 夜は, 姉夫婦と, 尾張付近は, 己が, 有力な, 気の, 水も, 江戸へ, 炊事道具は, 生さぬ仲でも, 疑られても, 第二, 食事も, 龍吐水が

▼ 近いという~ (37, 0.4%)

5 ことが 2 ことに, ような

1 [28件] ことだけで, ことである, ことでした, ことは, ことも, ことを, ところから, のが, のだ, のである, 事が, 事を, 便利が, 俗説も, 型の, 悲観論に, 政治的判断が, 気さえ, 水牛を, 洒落です, 点が, 理由を以て, 程度に, 評判であった, 話であった, 距離だけから, 非難が, 頃に

▼ 近い~ (35, 0.4%)

6 だから 3 だな, ですよ 2 だぜ, ですから, ですもの

1 [17件] じゃあ布村, だ, だからね, だし, だって, だってね, だね, だねえ, だもの, だよ, だらう, でしょ, です, ですけど, ですね, ですの, ですものネエ

▼ 近い老人~ (35, 0.4%)

3 であった 2 が死んだ, だが, である

1 [26件] がうなづい, が声, が死床, が煙管, が老後, であったが, であること, でした, です, で丈, で兵役, で孫子, で禿げた, で背, で薄い, としてはあまりに, と三十位, と思われない, と見えた, に斯様, に知らせる, のへだてない, の様, は若者, を思はせた, 到底逃げ終せる

▼ 近いある~ (34, 0.3%)

4 日の 2 町の

1 [28件] アパートメントを, アーベントの, カフェを, 夜登勢は, 夜聖徳太子の, 大雪の, 宿屋に, 寂しい場所, 寒い朝, 岩礁を, 年の, 新開田園都市の, 日本人の, 晩古い, 村だ, 村に, 村の, 村落の, 物であった, 町で, 秋この, 老婆の, 臭味を, 興味を, 部分の, 酋長に, 高等小学校の, 麗らかな

▼ 近いやう~ (34, 0.3%)

2 だね, でも, なところ, な気, な氣, に思はれ

1 [22件] だ, だが, で, である, でございます, で一種, なの, な一, な人, な場所, な存在, な心持, な空気, な裏店, な説, な追憶, な遠い, な陰, に思はれます, に考へられ, に見せ, に響い

▼ 近い~ (33, 0.3%)

6 ことを 3 のである 2 からだ, のは, 自分は

1 [18件] からである, がさらり, がやがて, と心, と思ふ, なと思った, なと思つたの, のに気, のに氣, のも, やうに, 時どう, 時に, 時は, 頃に, 頃には, 頃は, 頃忠一は

▼ 近い~ (32, 0.3%)

2 に, にこの, に一度, に家, に遊び

1 [22件] だとかいう, にあなた, にお前, にきっと, にと親切そう, に京鎌倉, に出, に協会, に単行本, に又, に大, に救助破獄, に春雄, に更に, に来る, に湯田中, に無罪放免, に独逸, に病死, に逮捕護送, のベンチ, 御邪魔

▼ 近い~ (32, 0.3%)

2 が一人, が子

1 [28件] がいけなく, がつい, が大きな, が小腰, が来, が突然, だ, だけに彼女, ださうだこれ, である, ではなく, で平, で思い詰めたら, で思ひ詰めたら, と二十四五, と十四五, にかえっ, の人, の人形, の叫び, の姿, の師匠, の患者, の薄, の靴跡, の顔, は自分, を手

▼ 近い~ (32, 0.3%)

2 では

1 [30件] から出おった, から順々, がイギリス, が一処, が代わっ, が出, が汁, じゃがななにか, その汚れ, である, であること, であるだろう, であろうと, でも, で神, となる, の作, はうつ, は引っ返し, は決して, ばかりで, ばかり大, ほど身体, もある, わずか一日, をさえ, をもって相続, を多く, を己, を求め

▼ 近い~ (30, 0.3%)

3 のうち, の光 2 である

1 [22件] があつ, がほ, が流れ, が車窓, だった, でり續, にお, には吉岡清十郎, に現れた, に祭礼, のそ, の午後, の午後五時頃, の庭垣根, の暮れ, の河内平野, まで想念, を何処, を傍目, を浴び, を考える, を過し

▼ 近い状態~ (30, 0.3%)

2 が私, であった

1 [26件] からわたし, じゃしょ, だったので, である, でうとうと, で作業, で焼跡, で鎌, となっ, となり, となる, なの, にあり得たであろう, にいた, において同性, になっ, にゐる, に在る, に腐蝕, に達し, のところ, のまま, は外界, は絶えず, を做, を実演

▼ 近い~ (29, 0.3%)

2 が今

1 [27件] が, が太い, が沓下, が電車, だった, だつた, だと, であって, でかねて, でも永らく, で半, で家, で病苦, で絵, で酒, と結婚, など, などが天井, のこと, の分別ざかり, の声, の好色, の玩具, の頬, や女, をさえ交え, 若い時分

▼ 近い感情~ (27, 0.3%)

5 で居られる 2 であった

1 [20件] がうまれ, が日一日, が湧いた, が禎輔, が私, が鉛, で眺め, とも云, とも言える, に駆られ, はこの, をもっ, を与えた, を以てその, を味, を寄せ, を持たれた, を持っ, を敬遠, を覚えた

▼ 近い~ (27, 0.3%)

3 る日 2 る高原

1 [22件] る僧院, る充実, る夜, る存在, る山の上, る日暮れ時, る時機, る村はずれ, る狭い, る町, る茶屋, る都会, 地点に, 夜父から, 小駅, 日だった, 物が, 物であった, 物に, 種の, 詩人の, 農夫が

▼ 近い親類~ (27, 0.3%)

2 の者

1 [25件] からずつと七八人, か無二, が寄り集まっ, だけが殘, だけは年賀, でありながら, である, であるベエコン, である所, でもない, でも愛子, で遠縁, というもの, といっ, などざつと十七八人, のもの, のよう, の間柄, へ走らせ, まで寄つて, もない, も懇意, も訊いた, らしい二三人, を見渡した

▼ 近い~ (27, 0.3%)

2 が出, を投じ

1 [23件] がある, がなかつたら, がはいる, が何處, が殘つて, が煙, が這入, であった, でなかつたらずつと, で大阪, などがあらう, になる, のある, の問題, をまう, をようやく, を出し, を手離, を拐帯, を掠奪, を既に, を返し, を隱

▼ 近い感じ~ (26, 0.3%)

3 です 2 がする, のする

1 [19件] がせぬで, である, であろう, でした, でむしろ, で何処, で自覚, の貝殻, もする, をあたへる, を与えた, を与えました, を与えます, を受け, を思い出し, を持たせる, を持っ, を覺, を起した

▼ 近い~ (26, 0.3%)

2 の気配, の色, を思わせる, を眺め

1 [18件] が一面, であった, なぞを望む, にかわききった, の一部, の寒々, の月, の見える, の遠く, はいよ, はすみ, は薄, は雪空, を僅か, を映し, を望んだ, を見た, を飛ん

▼ 近いあたり~ (25, 0.3%)

1 [25件] から深い, から野呂川, で悲し, で空襲, で舟, で芭蕉, などは日, にはこれ, にぼんやり, に辻, に黒子, の出鱈目, の堤, の娘さん, の瓜畠, の農村状態, の道筋, の里, はなん, は場末, は米, は菅野, へ姿, まで来たらしい, を送り

▼ 近い時分~ (25, 0.3%)

17 でした 2 だつた 1 で私, になっ, になりました, に二人, のこと, 若い者

▼ 近い~ (24, 0.2%)

2 であつ

1 [22件] がある, がわかるで, が常識, が眞面目, が言える, であり加之, で公方様, と信じ, と思う, なぞを話し, のよう, の様, は疎, をお, を主張, を予期, を予覚, を指示, を申します, を知, を覚悟, を言

▼ 近い刻限~ (24, 0.2%)

11 でした 2 だつた, のこと 1 だと, でありました, でしたが, でしょう, です, では入れ, で塀, ようように, 故湯気

▼ 近いかと~ (23, 0.2%)

2 云ふ, 思えば, 思はれる

1 [17件] 云へば, 尋ねると, 思います, 思う, 思はれ注意, 思ふ, 思へば, 思われた頃, 思われます詰り藻西, 思われるいが栗, 思われる士族, 思われる太陽, 思われる老婆, 思われる負傷者, 思われる髪, 見られました, 言うと

▼ 近い~ (22, 0.2%)

2 それは, それも

1 [18件] あるいはそれ, あるいは海面下, それによって, ちっとも覚え, やっぱり同じ, ァー, 一寸見, 人間の, 又は多少, 土地の, 或はかなり, 次は, 知らんという, 知れない, 知れないの, 織るよう, 遠いかによる, 遠いかの

▼ 近いほう~ (22, 0.2%)

2 がいい

1 [20件] から順序, が明瞭, が良い, だから, とではいろいろ, と先端, にあった, に先生, に夫人, に籍, のまるい, の事, の事がら, の割り竹, の家, の杭, の角, の隅, は美しい, へ出かけ

▼ 近い時刻~ (22, 0.2%)

3 になっ 2 なの

1 [17件] だった, だったが, であった, であったが, であって, であつ, であるので, であろう, でございますから, でした, です, なのに, になつて昼食, になる, に宇乃, の明るい, 淋しい屋敷町

▼ 近い~ (22, 0.2%)

2 の方

1 [20件] ならびである, には家々, には廓, に住ん, に建てられ, に来, に生まれた, のある, のほう, の姻戚, の巷, の民, の角あたり, の道具屋, の顔役, はその, は埼玉県, へ少し, までわが家, を伝六

▼ 近い~ (22, 0.2%)

5 ではありません

1 [17件] であるの, でしたが, と聞い, なので, に金, はマドレーヌ氏, をたどり, をはやく, を散歩, を歩い, を歩く, を物, を薬師寺, を辿, を通っ, を鈍い, を馬の背

▼ 近いほどの~ (21, 0.2%)

1 [21件] ものを, よろこびの, 不逞な, 体形を, 大工事, 姫君な, 嬉しさ, 家の, 崖路, 強い強い愛情, 御傾倒振り, 愛着を, 戦慄と, 気持に, 熱意を, 紫外線が, 薄化粧が, 鈍根で, 長身であった, 雄弁を, 高僧に

▼ 近い~ (21, 0.2%)

2 としては神功紀

1 [19件] かもしれない, がその, が倫敦, が台湾, が女, でこの, でこの間, としてこういう, としては吾, はフランス, は今尾, をあげるなら, をもう, を取れ, を挙, を挙げまし, を挙る, を擧, を擧げようなら

▼ 近い~ (21, 0.2%)

2 だ, だいくらか, よりだつた, をし

1 [13件] であったが, でその, で上品, にし, になっ, になる, に到っ, のせい, の髷, ばえ, までこんなに, を迎えよう, 或る

▼ 近い~ (21, 0.2%)

2 となる, のもの

1 [17件] だと, であります, で一般に, で地上, で彫刻, で暮し, と考へられ, と見, におく, にし, になっ, になった, に依ろう, の喧嘩, をし, を作っ, を現

▼ 近いのに~ (20, 0.2%)

2 さらにこの

1 [18件] こんなに遠い, そんなところ, たった一人, どうした, なぜか, ひどく寒い, まだお, まだ起き, 人の, 吾妻コオトなり, 土地が, 子も, 春めく生, 杖を, 王様に, 腰一つ曲らず, 船足が, 面影を

▼ 近い~ (20, 0.2%)

2 だった, だつた, をあげた, を挙げた

1 [12件] がその, だ, だったので, でさけんだ, で周囲, で家, で母, で茫然, にこう, をあげ, をきいた, を出し

▼ 近い~ (20, 0.2%)

2 をさして

1 [18件] だって三里, でお祖母さん一人, と汽車, にある, には一種, にもこれ, にも水恋鳥, にゐた, に教鞭, に生まれた, の人, の旧慣, の生れ, の百姓家, の通り, の麥畑, へ里子, まで三里

▼ 近い生活~ (20, 0.2%)

4 をする 3 をし

1 [13件] がある, が許される, とその, に入, に戻る, をされ, をした, をなし, を保つ, を営ん, を採りたまえ, を書いた, を楽しん

▼ 近いかも~ (19, 0.2%)

8 知れない 2 知れません 1 しれない, しれなかった, 知れなかった, 知れぬ, 知れぬが, 知れぬという, 知れませんが, 知れん, 知れんな

▼ 近いだけ~ (18, 0.2%)

2 凡ての

1 [16件] い, いくらか場末, それだけほとんど内地的, でなく日本国中, で時々, で越後, ふき子の, オカカは, 一層綺麗, 何だか不自然, 助六狂言, 外人を, 大きく光る, 私は, 裏山よりも, 鮮か

▼ 近いだけに~ (18, 0.2%)

1 [18件] なんとなく競争, ゆるい流, ヱンコウ袖という, 交通の, 古来男の, 外聞かたがた東京へ, 大きく見え, 憎い怨めしい医者坊主め, 春着の, 最も低い, 湿気深い, 紀州から, 自分の, 蚋の, 赤石山より, 髯武者の, 鬼娘の, 黒部本流の

▼ 近い~ (18, 0.2%)

7 あらう 6 せう 1 あらう朧げ, せうか, せうが, な, はない

▼ 近い~ (18, 0.2%)

1 [18件] ものが, ものである, 傷を, 太鼓を, 姐さんに, 年増でした, 年増では, 年増の, 廣間には, 戦車が, 改造を, 束を, 板目で, 池であります, 魚は, 鯛が, 鯛その他何十種の, 鼠が

▼ 近い大きな~ (18, 0.2%)

2 もの陽気は, 月の

1 [14件] 体躯も, 傾斜を, 映画館で, 材木小屋, 松の, 欅並木の, 水の, 白熊の, 石塔の, 窯場とて, 紙漉場な, 老爺です, 腹を, 鮎である

▼ 近い~ (18, 0.2%)

2 に口, に歯跡, の頭, は釣人 1 がぶら下っ, が腐, が腐っ, の上, の蓋, の間, の隣り, を投げ落した, を発見, を置い

▼ 近い~ (17, 0.2%)

5 目に

1 [12件] ばばに, ほざつぱなものである, わら節が, 住居の, 孃さんで, 年寄で, 廊下を, 染に, 染婆さんが, 濠端でございました, 稻荷さまの, 道化も

▼ 近い~ (17, 0.2%)

2 のこと

1 [15件] がたちました, が流れた, だったが, でその, で気がつい, ならば, なん, にそれ, になっ, になった, に忘れ, に降っ, の鐘, は照明, を送った

▼ 近いその~ (16, 0.2%)

1 [16件] ほうが, 分銅の, 家には, 抱負を, 政治生活の, 日さへ, 日暮しを, 木の, 界隈は, 羅宇屋の, 者の, 要求を, 見当に, 農家まで, 通りは, 遊廓の

▼ 近い人間~ (16, 0.2%)

1 [16件] かなと考えた, がいる, がまた, が十分, が集っ, だから, である, でお, で特に, になおかつ, のいる, の価値, の吠え, の魂, をのせた, を見る

▼ 近い~ (16, 0.2%)

1 [16件] であったから, では糸, でも百メートル以上, で何年, で草花位, に声, に決め, のこと, の初夏, の往来, の方, の軒, は涼しい, へ引っ越す, まで裾, をたずね

▼ 近い~ (16, 0.2%)

1 [16件] がこうこう, がすごい, がもうだいぶ, が中天, が涼し, が青白い, でした, と関係, の下, の光, の光り, の白茶けた光り, は冴え, は團, は影, を負っ

▼ 近い~ (16, 0.2%)

3 で飾り付 2 をし

1 [11件] がただよっ, が捺す, が浮ん, でも最も, になつ, の浅黒い, の生っ白い, の蒼白い, を帯びてる, を泛べた, を現

▼ 近い親戚~ (16, 0.2%)

1 [16件] だ, で, ではある, とか出入, として水彦はじめ, とへ午餐, に当る, のもの, のやう, の人, の人々, の人たち, の家, は本所相生町, もなく, を差しおい

▼ 近い部分~ (16, 0.2%)

1 [16件] がそれ, が最も, が独り, すなわちその, では恒星間相互距離, にゐ, に一人, に帰っ, に移し取っ, の壁, の木管, は割合, は張り出した, は極めて, は渋味, 或は現代

▼ 近い関係~ (16, 0.2%)

5 にある

1 [11件] から八丁堀同心ら, から大体, がある, がなけれ, ではなかつた, とはまるで, にあった, のあつ, の作家, をもちつづけ, を説く

▼ 近い位置~ (15, 0.2%)

2 にある

1 [13件] から扉, から次ぎ, にいた, にうつっ, には正司, に四角, に因ん, に居る, に特別誰, をえらん, を保ち, を選ん, を離れられなかった

▼ 近い椅子~ (15, 0.2%)

2 に指, に腰

1 [11件] に, にいつも, には更紗, に余, に凭つて月, に割り込み, に坐らせた, に掛け, の上, の前, を指

▼ 近い距離~ (15, 0.2%)

1 [15件] から聞こえ, だ, だった, ってなん, ではそれ, では米友, なの, なので, にいる, において発見, に席, に構, の運搬, の間, をおい

▼ 近い土地~ (14, 0.1%)

1 [14件] であり往来, であるが, であると, でげす, での, では子供, に入っ, の現象, の田, の砂漠, の置家, は日毎, への航路, へ引っぱる

▼ 近い気持~ (14, 0.1%)

1 [14件] がしました, がまた, が手伝っ, だつた, であった, でこの, でただ, で十六歳, にさそいこん, になじん, に悩まされ, をもっ, を味, を起させる

▼ 近い~ (14, 0.1%)

2 をところ

1 [12件] からのみ仰ぐ, でありますから, で言つて, には大木, に坐つた, に木島, に柳, に視線, は未だ, は表, へは引越し, 即ち河内

▼ 近い~ (14, 0.1%)

2 が大工

1 [12件] が, がな, が伝わっ, が何, が前, が大杉君, が子供, が寺, であるから, などが湧い, は前日八阪丸, は拾え

▼ 近いせい~ (13, 0.1%)

1 [13件] かこれ, かそれとも, か天気, か少しく, か捕手, か東京, か気力, か第, か間, であらう, で地上, もあっ, もあろう

▼ 近い時代~ (13, 0.1%)

1 [13件] がかつて, になっ, にまで本州, にもない, に共同, に出, に文学者, に陸地, のもの, の意義, までも人間, まで使用, を見

▼ 近い~ (13, 0.1%)

1 [13件] がほんのり, が必江口, であろう, では, で有, ながら外見海参, に限っ, の氣配, の薫り, ばかりを掌, や平俗, を作る, 干竿

▼ 近い表情~ (13, 0.1%)

2 をしました, を感じた 1 と動作, になっ, をし, をした, を浮かべ, を浮べ, を示した, を見る, を顔いちめん

▼ 近い言葉~ (13, 0.1%)

2 でも吐く

1 [11件] である, でこう, で制め, で詩, とするなら, に跳ね起きました, の数々, の解り, は, をただ, を受けた

▼ 近い部屋~ (13, 0.1%)

1 [13件] から男, がいづれ, だつたので, である, でズット以前, で夕飯, には主人伊兵衞夫婦, に休ん, に寝, に居, の一隅, は電燈, をあてがった

▼ 近い~ (13, 0.1%)

2 この小さい, の閣下 1 が珍重, このやう, ではない, というもの, にあの, においてかかる, に運動, の宿, の悪

▼ 近い地方~ (12, 0.1%)

1 [12件] から蝦夷, でありながら, でその, では火山, で初めて, との往來, において土葬, には日本國中, にジョヤ, に恐ろしい, の人たち, の近世

▼ 近い場所~ (12, 0.1%)

1 [12件] かな, でなんとも, で彼, にあ, にある, にいた, にも一ヶ所カタクリ, に一卓, に右, に居, や下町, をという

▼ 近い年配~ (12, 0.1%)

1 [12件] だと, ですが, でせう, でただ, でふくよか, で唯もう, で無口, で黒, とは思えない, に見えます, の洋服, よりももっと

▼ 近い田舎~ (12, 0.1%)

2 から出, を感じた 1 でしかるべき, で電燈, に小さな, に行, のある, の事, の淋しい, の生活

▼ 近い~ (12, 0.1%)

2 減少し 1 にお, にも感性的, の愚, の疳性家, はだけて, までに同名, も年數, 多くの, 甲高い声, 長く書かせる

▼ 近い~ (12, 0.1%)

2 を明神下 1 などをあ, に南, に飛出します, の姿, の屋根, の柳, へ出ました, へ平次, を行きました, を過ぎる

▼ 近い~ (11, 0.1%)

2 部屋の 1 区域で, 卓は, 徑を, 机に, 松谷の, 枝から, 部落の, 部落は, 都會である

▼ 近い月日~ (11, 0.1%)

2 をすごした 1 がたった, が異郷, が立つ, が経ち, が経った, はいかに, を只一人心, を如何に, を旅

▼ 近い~ (11, 0.1%)

3 だが 2 ですが 1 であるのに, なのに, のもの, の亡くなった, の椋島技師, よ犬

▼ 近い過去~ (11, 0.1%)

2 の記憶 1 が思い出された, としては里, となった, のこと, はあんまりまざまざ, までのあらゆる, まで婦人一般, も遠いい, をみ

▼ 近い~ (11, 0.1%)

2 を有する 1 が一同, であったため, であるが, であること, で呼ばれ, で呼ん, としてはイ以外, と認められる, までも嫌った

▼ 近い~ (10, 0.1%)

1 じゃ, である, とは負ける, と思われる, になる, に戻った, のこと, の想, の記憶, まで処女

▼ 近い歳月~ (10, 0.1%)

3 が流れ 1 がある, が当時あれ, の間, はその, はもう, を経, を要する

▼ 近い~ (10, 0.1%)

2 の中 1 がうらら, が展望台, が明る, が針葉樹, にぬくもった, に輝く, の目, も此處

▼ 近いといふ~ (9, 0.1%)

2 ことが, ことを 1 ことも, 事を, 事実は, 停車場あたりからは, 顏つきを

▼ 近いとは~ (9, 0.1%)

1 いえなかなか, いえまだ, いえ夜, 云うもの, 共同の, 思いながら, 感じても, 言えるでしょう, 言え暖かい

▼ 近い~ (9, 0.1%)

3 相違ない 1 しては, しても, せよここ, ちがいない, 気が, 越したこと

▼ 近い人々~ (9, 0.1%)

2 の僕, は遉 1 であった, には幾組, に着物, の外, を一人一人全身

▼ 近い姿~ (9, 0.1%)

2 をし 1 でしかも, でね, に見え, を哀しん, を持つ, を真, を眼

▼ 近い~ (9, 0.1%)

2 なの 1 が三百カイリ, すなわちハワイ諸島, でも十八町, にガラス, に行, の影, へ漕ぎつける

▼ 近い~ (9, 0.1%)

1 が若者, にとって女番頭, の体, の性格, の親成先, の財産, の部屋, はその, を吊り下げる

▼ 近い~ (9, 0.1%)

1 人柄に対しては, 同門の, 夫婦かと, 婦人も, 祝儀が, 親戚関係で, 親類も, 話が, 隠殿あたり

▼ 近い未来~ (9, 0.1%)

1 にこの, にもまた, に幸福, に於, に逼, の夫婦, の文化, への希望, への待ち望み

▼ 近い~ (9, 0.1%)

1 から, から杭, でまあ, で以上, とはただ, にまで引き寄せられ, に他, まで山伏, や同じ

▼ 近い空気~ (9, 0.1%)

2 の中 1 がどんどん, に広い, の冷た, も稀薄, をあたため, を凝視, を震動

▼ 近い~ (9, 0.1%)

1 僧が, 僧で, 先生の, 夫人に, 妻と, 文豪コルネエユ迄が, 武者である, 爺さんでし, 畫伯の

▼ 近い~ (9, 0.1%)

3 が身 1 が山腹, が急, であった, に吹かれ, に自ら勝手, のよう

▼ 近いだろう~ (8, 0.1%)

1 が, が若い, し又, ということ, と思います, と思われる, な, 家の

▼ 近いとも~ (8, 0.1%)

1 あえて肯否, いえよう, その志, 云える, 判り難い, 思われません位, 書いて, 見えましたが

▼ 近い人数~ (8, 0.1%)

1 が取巻い, が寝る, である, でした, です, で一人, になった, はちょっと

▼ 近い卓子~ (8, 0.1%)

1 で二組, で唐草模様, で露字新聞, にミツシヱル, に倚, のところ, の一つ, の前

▼ 近い~ (8, 0.1%)

2 の寥, の空 1 だった, の町, の風, は十時

▼ 近い女性~ (8, 0.1%)

1 だけあっ, でいい, といふもの, に有り勝ち, の一人, の肉体, の落, の重み

▼ 近い~ (8, 0.1%)

3 の中 2 の奥 1 で道, のうしろ, や道

▼ 近い~ (8, 0.1%)

1 だ, だと, なところ, な唸り声, な大きな, な女, に, に見え

▼ 近い~ (8, 0.1%)

2 の中 1 にちろちろ, の上, の底, の色, の速力, は森林

▼ 近い~ (8, 0.1%)

1 から六百マイル以上, の上, の夜中, の旅, は少し, は濁っ, を地平線下, を眺めた

▼ 近い海岸~ (8, 0.1%)

2 にある 1 である, にゆく, に沿っ, の倉庫, の温泉, を通りかかる

▼ 近い~ (8, 0.1%)

3 を出し 1 が一日, が往来, にとりつかれ, の為, は僕

▼ 近い~ (8, 0.1%)

2 がお 1 と三十歳過ぎ, には人, のところ, の家, の老, も数日間

▼ 近い肉親~ (8, 0.1%)

1 が集まっ, じゃない, だ, である, であれば, ですよ, にその, の間がら

▼ 近い自分~ (8, 0.1%)

1 である, には眼, に赤面, のまわり, の家, の御, の足もと, の部屋

▼ 近い~ (8, 0.1%)

2 である 1 が, が僅か, で呼ん, は早くから, は認められ, をもっ

▼ 近い郊外~ (8, 0.1%)

1 でした, にある, に住ん, に六畳, の闇, は安全, へまで行つて, を山

▼ 近いくせ~ (7, 0.1%)

1 にいざ, に前後, に女, に寝る, に死んだ, に道楽, に道樂

▼ 近いけれども~ (7, 0.1%)

1 それでは忍ん, やっぱり山, 滅多に, 素子は, 若い頃, 落華生が, 蓋し一理

▼ 近いため~ (7, 0.1%)

1 かとくに, か夜露, か子供, にその, にわたし, に同じ, に貫通創

▼ 近いとこ~ (7, 0.1%)

2 まで歩い 1 にあった, にせ, に居る, へ逃げたら, へ逃げる

▼ 近い~ (7, 0.1%)

2 の魂 1 の一半, の村, の遊星, 人種との, 吉の

▼ 近い太陽~ (7, 0.1%)

1 がベッド, に照りつけられ, に耀く, の下, はグロース・シュレックホルン, は何度, は彼女

▼ 近い山々~ (7, 0.1%)

2 が青く, はみな一面 1 が煙った, に水源, は半分霧

▼ 近い年月~ (7, 0.1%)

1 が経っ, にまあ, をよく, を女一人, を経た, を艱難, を要し

▼ 近い座敷~ (7, 0.1%)

2 の襖子 1 からながめ, で庭, で月, で静, へ通りました

▼ 近い~ (7, 0.1%)

2 には幾つ 1 に仲間, に出, の大, の紅梅, の雪

▼ 近い~ (7, 0.1%)

1 でなす, で書い, になりかかった, の波, の状態, を抱い, を持ち

▼ 近い時間~ (7, 0.1%)

1 がたっ, が空しく, だった, になつて, のうち, のこと, の上

▼ 近い程度~ (7, 0.1%)

1 で敬愛, に於, に洞察, に減る, の大, の豫言, まで進ん

▼ 近い~ (7, 0.1%)

1 に女, のところ, のなか, の下, の幕, の所, の日向

▼ 近い~ (7, 0.1%)

2 をし 1 が目立ち, には能面, には触れ, の沢つや, ばかりだつた

▼ 近いからと~ (6, 0.1%)

1 いうこと, いって, 云うて, 云って, 提燈を, 起されたの

▼ 近いです~ (6, 0.1%)

21 から手当, か爺さん, けれども馬車, よまた

▼ 近いらしい~ (6, 0.1%)

1 し並木道, ね, 九州行が, 満月も, 物みな待ちかまへて, 頁を

▼ 近いわけ~ (6, 0.1%)

1 であります, である, であるが, です, なん, ね

▼ 近い一つ~ (6, 0.1%)

1 の事実, の押入れ, の現象, の窓, の過失, の部屋

▼ 近い一室~ (6, 0.1%)

2 のなか 1 である, に寢, に連絡, は広

▼ 近い人物~ (6, 0.1%)

1 が監禁, だという, であろう, として対蹠的, とにらん, を表現

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 ずっとロオヌ, であつ, でございませうか, のかっぷく, の丸い, の薄い

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 から皮革工場, にいる, のこと, の天幕, の女たち, の雨戸

▼ 近い場合~ (6, 0.1%)

1 が起る, と心持, には縱波, に限る, を仮定, を色々

▼ 近い大男~ (6, 0.1%)

2 であつ 1 がずっと, で左, で此年齡, で眉毛

▼ 近い存在~ (6, 0.1%)

2 である 1 でなければ, としてそれ, となつ, とは思へなかつた

▼ 近い山の上~ (6, 0.1%)

1 で石鏃, には氷, にクリスト, に立て, の問答, を歩い

▼ 近い山中~ (6, 0.1%)

1 で仙台, という, に定着, に日本兵, の一軒家, の横穴

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 からそして, に割り込ん, に薫, へ陣取っ, をすすめ, を占めよう

▼ 近い年輩~ (6, 0.1%)

1 その伜, だつたが, であった, であつ, でありながら, の筈

▼ 近い廊下~ (6, 0.1%)

2 を電光 1 では朝, に落書禁止, の方, の雨戸

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 だった, になる, を占め, を示し, を維持, を重ね

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 らしさ, 世界は, 時代者の, 民府では, 薬師寺ぐらいの, 陸地を

▼ 近い~ (6, 0.1%)

2 と云う 1 区域に, 村の, 県下の, 街を

▼ 近い~ (6, 0.1%)

2 の中 1 が彼, である, で道路, を十円

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 いろをもって, が空, の悪い, をわたし, を向け, を注い

▼ 近い~ (6, 0.1%)

1 明りで, 明るい処, 桃色の, 痘痕後から, 紅の, 陰りの

▼ 近いけれど~ (5, 0.1%)

1 この算盤, なにも, 目方は, 第一, 自分の

▼ 近いじゃ~ (5, 0.1%)

3 ないか 1 ありませんか, ないの

▼ 近いであろう~ (5, 0.1%)

1 からその, と云う, と思われる, 事も, 勿論正確

▼ 近いでしょう~ (5, 0.1%)

1 か私, がといっ, が何様, ね, 私は

▼ 近いとある~ (5, 0.1%)

1 一軒の, 普請場の, 洋品店と, 自動電話の, 街路の

▼ 近いほどに~ (5, 0.1%)

1 低下し, 曲つてゐる, 書くつもり, 見ゆる女, 貧弱である

▼ 近いまでに~ (5, 0.1%)

1 健康を, 増長させ, 山伏の, 驚倒せしめる, 高まったの

▼ 近いまでの~ (5, 0.1%)

1 人の, 仕事を, 位置を, 恐怖を, 胆の

▼ 近いもん~ (5, 0.1%)

2 ですから 1 だから, で, ですか

▼ 近いレコード~ (5, 0.1%)

1 が五, が四種, の旋回, はジョーゼフ・メッツナー, を聴く

▼ 近い一人~ (5, 0.1%)

1 の客, の武士, の死, の老, は十八九

▼ 近い不安~ (5, 0.1%)

1 であったらしく婆さん, を味わっ, を感じ, を感ずる, を感ぜず

▼ 近い今日~ (5, 0.1%)

1 においてをや, までなんと, まで叛服常, 常にこれ, 迄東京

▼ 近い停車場~ (5, 0.1%)

1 で田圃道, に着いた, の構内, へも十数里, まで送る

▼ 近い入り~ (5, 0.1%)

2 である 1 だ, となった, になっ

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 にお, に見た, の事, の方, 畷の

▼ 近い動物~ (5, 0.1%)

1 すなわち猿, だ, であるから, のほう, を選びたい

▼ 近い印象~ (5, 0.1%)

1 をうける, を与へる, を受ける, を否む, を或は

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 すなわち下, であったから, の房州出, の片隅, へ寝させ

▼ 近い宿~ (5, 0.1%)

1 でないと, の主人, の女中達, まで一緒, を出

▼ 近い宿屋~ (5, 0.1%)

1 から船, で私, にいた, に真, の離れ

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 だから, で綱主, に泊った, の鐘, は西永福

▼ 近い小説~ (5, 0.1%)

1 だと, である, に興味, をドシドシ, を愛読

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 で山女魚, のそば, の岸, へ出, を探す

▼ 近い彼女~ (5, 0.1%)

1 には裾, の兄, の席, の沈ん, を驚かす

▼ 近い性質~ (5, 0.1%)

1 がある, のもの, を有, を示し, を示す

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 だと, で鳴き初め, のうえ, のセミ, を彼方此方

▼ 近い松林~ (5, 0.1%)

3 の間 1 の中途, の小蔭

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 から抜いた, には嫩葉, のなか, の中, の底

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 からは可憐, で鳴い, に山鴉, は強い, も梢

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 だ, でも海上, な大きな, な氣持, に思ひました

▼ 近い~ (5, 0.1%)

2 と十歳 1 が今, が夜分厠, を背負っ

▼ 近い~ (5, 0.1%)

4 であった 1 で海苔

▼ 近い水面~ (5, 0.1%)

1 からの斜陽, に落ち, は木立, を睨ん, を空気

▼ 近い~ (5, 0.1%)

2 の上 1 すなわち粗, になっ, のかけら

▼ 近い縁側~ (5, 0.1%)

1 から響い, に足, のあたり, の突き当たり, を好ん

▼ 近い西~ (5, 0.1%)

2 の端 1 の対, の戸, の面

▼ 近い~ (5, 0.1%)

1 が宜いとも, じゃと油断, にまで剣, は平蔵谷, をとぼ

▼ 近い~ (5, 0.1%)

2 で少年少女一夕 1 でこの, の辺, を持ち

▼ 近い農家~ (5, 0.1%)

2 の背戸 1 が相, へ運び込ん, まで行く

▼ 近い運命~ (5, 0.1%)

1 しか感じ, の道, を招いた, を持った, を持つた

▼ 近い静か~ (5, 0.1%)

1 な一本, な二葉町, な書斎, な気持, な田舎

▼ 近い飛鳥~ (5, 0.1%)

3 から新 2 から新渡來

▼ 近いあの~ (4, 0.0%)

1 不破の, 人煙の, 姿と, 樅の

▼ 近いかの~ (4, 0.0%)

1 別は, 女の, 親類と, 赤い灯

▼ 近いこんな~ (4, 0.0%)

1 ところで, 処へ, 梨の木では, 高い所

▼ 近いそれ~ (4, 0.0%)

1 こそ実, でゐ, もうんと, 故に君主国

▼ 近いだらう~ (4, 0.0%)

1 からとある, がそれ, がもつ, ね

▼ 近いとか~ (4, 0.0%)

1 あるいはその, 云います, 少ないとか, 素性を

▼ 近いどこ~ (4, 0.0%)

1 かでよく, かの場所, かの大楼, かの山

▼ 近いにも~ (4, 0.0%)

1 係らず明い, 拘わらず印度洋, 目あてが, 目あてという

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 に古く, に心安い, に木立, の方

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 にあった, の席, の野原, 座敷の

▼ 近い人家~ (4, 0.0%)

1 にまぎれ込ん, はオタツ, は小さい, もなく

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 があ, の地理的考証, 松の, 迄に幾度

▼ 近い他人~ (4, 0.0%)

1 ですわね, のもの, の言う, も一ぺん

▼ 近い仮説~ (4, 0.0%)

2 だったから 1 と認め, を組みあげる

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 とつき出た, に米琉, を山支度, を沈め込む

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 があった, の中, を平, を放っ

▼ 近い努力~ (4, 0.0%)

1 でもあった, で漕ぎ続けた, と滑稽, 先ず自分

▼ 近い地点~ (4, 0.0%)

1 であるラム入江, でそこ, にあっ, に集まっ

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 に十字架, のところ, の一点, の小

▼ 近い大金~ (4, 0.0%)

2 を投じ 1 も彼, を他人

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 があつ, がある, と九歳, の声

▼ 近い婦人~ (4, 0.0%)

2 とが淑 1 が現れた, が白帷子

▼ 近い家々~ (4, 0.0%)

2 から湯 1 の窓, は棟

▼ 近い小さな~ (4, 0.0%)

1 家に, 家の, 町で, 陸橋を

▼ 近い小座敷~ (4, 0.0%)

1 で向き合つて他人, で彼, に立っ, に籠っ

▼ 近い年頃~ (4, 0.0%)

1 で妻, で色, に相当, の紳士

▼ 近い心持~ (4, 0.0%)

1 が起る, で長い, も起つ, を感じた

▼ 近い意味~ (4, 0.0%)

1 でやはり, に於, を表し, 即ち

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 が, と登志子, をしっかり, をもっ

▼ 近い憐憫~ (4, 0.0%)

1 である, を, を彼自身, を見

▼ 近い故郷~ (4, 0.0%)

1 から熊本, に見出した, の小さな, を二十八

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 からその, には槍, の三木城, の野砲

▼ 近い日光~ (4, 0.0%)

1 が照っ, は散り残った, をサッと, を吸っ

▼ 近い日本~ (4, 0.0%)

2 の人たち 1 の小学者, の東京

▼ 近い木立ちの陰~ (4, 0.0%)

4 でも或は

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 の上, の側, の前, の抽斗

▼ 近い機会~ (4, 0.0%)

1 におの, にすっかり, に自然弁証法, に銀行

▼ 近い気分~ (4, 0.0%)

1 になっ, を人, を持つた, を有つて

▼ 近い江戸~ (4, 0.0%)

1 の夜, の大路, の宵, の町

▼ 近い河岸~ (4, 0.0%)

2 の割烹店 1 に上げられた, ぶちに

▼ 近い温泉場~ (4, 0.0%)

1 での三四日, へつれ, まで行き, を征服

▼ 近い~ (4, 0.0%)

2 と五十 1 と一しょ, のため

▼ 近い男女~ (4, 0.0%)

2 の瞳 1 のひと, の群

▼ 近い男性~ (4, 0.0%)

2 が色々, を友人

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 つこに, に据わっ, の方, へ行っ

▼ 近い端山~ (4, 0.0%)

4 の木群

▼ 近い素質~ (4, 0.0%)

2 もあろう 1 をもっ, を持つ

▼ 近い紳士~ (4, 0.0%)

2 が冗談半分 1 が這入っ, であるが

▼ 近い絶壁~ (4, 0.0%)

1 に切り立たれ, の上, の側面, を見る

▼ 近い美し~ (4, 0.0%)

1 い死によって, さだ, さです, さに

▼ 近い考え~ (4, 0.0%)

1 が出来, になる, を持っ, を述べた

▼ 近い~ (4, 0.0%)

2 の立つ 1 のため, は低い

▼ 近い若い~ (4, 0.0%)

1 女である, 女性を, 綺麗な, 麻雀闘士が

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 のなか, の上, の中, の花

▼ 近い街道~ (4, 0.0%)

1 では車, に山, の位置, まで息

▼ 近い身内~ (4, 0.0%)

3 の者 1 らしい老人

▼ 近い身寄~ (4, 0.0%)

1 があり, の人たち, の者, はない

▼ 近い道程~ (4, 0.0%)

2 を山腹 1 があった, ではない

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 だとも, でありかつ, のブロミディア, を常用

▼ 近い~ (4, 0.0%)

2 さの 1 さを, 槍さえ

▼ 近い陽射し~ (4, 0.0%)

1 です, で縁側, なのに, を眺め

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 が墓地, の家, の置屋, は墓場

▼ 近い~ (4, 0.0%)

1 あがりの, が閉し, の降る, もり

▼ 近い驚き~ (4, 0.0%)

1 であった, に撃たれた, をあげ, を感じた

▼ 近いうち洋行~ (3, 0.0%)

2 をする 1 なさると

▼ 近いお婆さん~ (3, 0.0%)

1 が大胆, が私, だから

▼ 近いしかも~ (3, 0.0%)

1 まだミス, 各員が, 遠い生活

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 そりゃ, 眠って, 近いぞ

▼ 近いって~ (3, 0.0%)

1 云うんで, 時兎角, 英信さんが

▼ 近いとき~ (3, 0.0%)

1 かにたくみ, でも, にゃあ

▼ 近いはず~ (3, 0.0%)

1 だから, である, の古人

▼ 近いばかり~ (3, 0.0%)

2 でなくこれ 1 でなく村

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の明り, の明る, むのなごりの固定した

▼ 近いまで~ (3, 0.0%)

1 伸び過ぎた, 常に首, 独身で

▼ 近いゆえ~ (3, 0.0%)

1 か始終, に最も, 恐らくここ

▼ 近いよく~ (3, 0.0%)

1 光る頭, 檢べ, 見ると

▼ 近いらしく~ (3, 0.0%)

1 ことこと踏み鳴らし, 廊下の, 月は

▼ 近いテーブル~ (3, 0.0%)

1 に冒険小説家, のお客, の上

▼ 近い一本~ (3, 0.0%)

1 の中, の柳, の電柱

▼ 近い一種~ (3, 0.0%)

1 の個人主義, の感情, の霊気

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の上, の斜面, を下り

▼ 近い主人~ (3, 0.0%)

1 が言う, に風邪, は頬髯

▼ 近い事実~ (3, 0.0%)

1 に思える, を基点, を次に

▼ 近い事情~ (3, 0.0%)

1 から何, として信じた, に生活

▼ 近い二階~ (3, 0.0%)

1 の北窓, の或, の窓

▼ 近い五月~ (3, 0.0%)

1 の初め, の午後, は横丁

▼ 近い交際~ (3, 0.0%)

1 だからな, で最初, をし

▼ 近い以前~ (3, 0.0%)

1 であらう, の家, は旅籠屋

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 が得られた, で手, となっ

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 がそれ, が数えられた, を擁し

▼ 近い~ (3, 0.0%)

2 の日 1 の空

▼ 近い労働者~ (3, 0.0%)

2 の事 1 は主

▼ 近い~ (3, 0.0%)

2 として理解 1 でありまた

▼ 近い収入~ (3, 0.0%)

1 になる, を持っ, を持つ

▼ 近い台所~ (3, 0.0%)

1 に出, の召使, の方

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の岸, の方, の頬

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 があった, をもった, 技に

▼ 近い名画~ (3, 0.0%)

2 がある 1 が五

▼ 近い周囲~ (3, 0.0%)

1 にあった, に呼びかけ, をあいまい

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 あるカッフェー, ある珈琲店, の老人

▼ 近い土間~ (3, 0.0%)

1 に行っ, の上, の床几

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 では山城, に栽, の人家

▼ 近い場末~ (3, 0.0%)

2 の町 1 の辻

▼ 近い夜ふけ~ (3, 0.0%)

1 ですから, に母親, の楽屋

▼ 近い大きい~ (3, 0.0%)

1 本には, 椅子に, 青魚が

▼ 近い大広間~ (3, 0.0%)

2 に渦巻いた 1 の壁

▼ 近い大物~ (3, 0.0%)

1 であった, ばかりであった, も鈎

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 やさん, やだけは今更, やを恐れる

▼ 近い婆さん~ (3, 0.0%)

1 が隣, であった, である

▼ 近い寂しい~ (3, 0.0%)

2 高原の 1 村に

▼ 近い密林~ (3, 0.0%)

3 の中

▼ 近い小男~ (3, 0.0%)

1 だった, だね, です

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 と岩, の上, は北方

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 へつけ, より遠い, を洗っ

▼ 近い巨大~ (3, 0.0%)

1 なもの, なる復興予算, な鱒

▼ 近い平地~ (3, 0.0%)

1 にゐます, に味方, を沼津

▼ 近い年齢~ (3, 0.0%)

1 であつ, でそれ, になる

▼ 近い座席~ (3, 0.0%)

1 で剽悍, には, を選ぶ

▼ 近い性格~ (3, 0.0%)

1 の人, をもっ, を得

▼ 近い患者~ (3, 0.0%)

1 ともう, の群, を収容

▼ 近い態度~ (3, 0.0%)

1 で接し, にならなく, の文学

▼ 近い打撃~ (3, 0.0%)

1 をうけ, を与えられ, を受けるであろう

▼ 近い敬意~ (3, 0.0%)

2 を感じ 1 を感じた

▼ 近い方法~ (3, 0.0%)

1 だ, で食べた, を無意識的

▼ 近い旅館~ (3, 0.0%)

1 に移っ, へわざ, へわざわざ

▼ 近い明るい~ (3, 0.0%)

1 一線も, 場所に, 外光を

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 からその, だ, で生きもの

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 さ, さで, さの

▼ 近い暮し~ (3, 0.0%)

1 が出来る, をしとる, をしよう

▼ 近い最も~ (3, 0.0%)

1 やさしい道, ヴィヴィッドな, 適する文章

▼ 近い有名~ (3, 0.0%)

1 なアパート, な大, な工房

▼ 近い朝鮮~ (3, 0.0%)

2 と日本 1 や支那

▼ 近い木立~ (3, 0.0%)

1 の蔭, の輪郭, の間

▼ 近い様子~ (3, 0.0%)

1 でわたし, に見える, を作ろう

▼ 近い横町~ (3, 0.0%)

1 にあ, にあった, の暗い

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 で断, のかげ, の梢

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の一家, の伊香保, の演説

▼ 近い民家~ (3, 0.0%)

2 の者 1 を買い上げ

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 がし, がする, をさせる

▼ 近い気持ち~ (3, 0.0%)

1 であつ, で嗅い, で突き進む

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 のおと, の音さら, はしずか

▼ 近い深い~ (3, 0.0%)

1 割れ目が, 睡眠に, 青々した

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 にわたって便船, に船首, の汽船問屋

▼ 近い漁師~ (3, 0.0%)

3 の家

▼ 近い灌木~ (3, 0.0%)

1 の中, の枝, の茂った

▼ 近い炎天~ (3, 0.0%)

2 の風さ 1 を市女笠

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 かも知れなかつた, に一つ, に却つて暗示

▼ 近い現代~ (3, 0.0%)

2 へすべり落ちた 1 とを結合

▼ 近い現実~ (3, 0.0%)

1 として今日, に対し本当に, のなか

▼ 近い田圃~ (3, 0.0%)

1 のなか, の中, へ出る

▼ 近い病人~ (3, 0.0%)

1 の体, の床, の顔

▼ 近い痩せ~ (3, 0.0%)

1 て小柄, て背, 身の

▼ 近い真夜中~ (3, 0.0%)

1 どき, の冷気, の底

▼ 近い祖母~ (3, 0.0%)

1 と六ツ位, と十ウ, も待

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の示現, は五塵, を軽く

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 一の, 一高等学校の, 四弾

▼ 近い範囲~ (3, 0.0%)

1 にある, の将来, の電線

▼ 近い経験~ (3, 0.0%)

1 から来た, では, にあてはめ

▼ 近い老婆~ (3, 0.0%)

1 がおくれまい, が覺束, だったが

▼ 近い腰掛~ (3, 0.0%)

1 には制帽, に腰, へ尻

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 から遠く, のこずえ, の名

▼ 近い血族~ (3, 0.0%)

1 ではありません, のうち, の結婚

▼ 近い親しみ~ (3, 0.0%)

1 の深い, を感じる, を持つた

▼ 近い調子~ (3, 0.0%)

1 だった, でのしかかる, を帯び

▼ 近い路地~ (3, 0.0%)

1 のなか, の奥, の月夜

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の鳥屋, は金, まで引き摺っ

▼ 近い~ (3, 0.0%)

3 へ講

▼ 近い近い~ (3, 0.0%)

1 とよろこび叫び, と走り出した, 自分たち二人の

▼ 近い都会~ (3, 0.0%)

1 であり村人, である, の空

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 を呷った, を浴び, を飮ん

▼ 近い酒場~ (3, 0.0%)

1 で好き, の一隅, の場面

▼ 近い間柄~ (3, 0.0%)

1 であったから, であるだけに, なの

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 の中, も沢山, を融解減退

▼ 近い頑丈~ (3, 0.0%)

1 な君, な老人, な身体

▼ 近い食卓~ (3, 0.0%)

1 の前, の端, を選ん

▼ 近い~ (3, 0.0%)

1 さです, さは, さ三メートルばかりの

▼ 近いあさましい~ (2, 0.0%)

1 有様である, 有樣

▼ 近いあわ~ (2, 0.0%)

2

▼ 近いいろいろ~ (2, 0.0%)

1 の名, の民族

▼ 近いうちここ~ (2, 0.0%)

1 へやって来る, へ来る

▼ 近いうち国老~ (2, 0.0%)

2 になる

▼ 近いうち拙者~ (2, 0.0%)

1 は君たち, も舟

▼ 近いうち東京~ (2, 0.0%)

1 へ出たい, へ勉強

▼ 近いお年~ (2, 0.0%)

1 で初めて, よりです

▼ 近いかとも~ (2, 0.0%)

1 思われます, 思われる白髪

▼ 近いかは~ (2, 0.0%)

1 疑問である, 議論が

▼ 近いからこそ~ (2, 0.0%)

1 ひとしお深くつよく, 細かい用

▼ 近いかを~ (2, 0.0%)

1 注意せよ, 知ること

▼ 近いくらい~ (2, 0.0%)

1 無口な, 自信を

▼ 近いくらいの~ (2, 0.0%)

1 足並で, 驚きを

▼ 近いぐらいの~ (2, 0.0%)

1 カルモチンを, 農であった

▼ 近いここち~ (2, 0.0%)

2 がする

▼ 近いころ雪婆~ (2, 0.0%)

2 んご

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 うだが, アさア

▼ 近いしかめ~ (2, 0.0%)

2 面を

▼ 近いそう~ (2, 0.0%)

1 だが, であるから

▼ 近いそういう~ (2, 0.0%)

1 極度の, 男女の

▼ 近いそこ~ (2, 0.0%)

1 は砂地, を訪れる

▼ 近いそして~ (2, 0.0%)

1 一般の, 船の

▼ 近いためし~ (2, 0.0%)

1 がこの, が今日

▼ 近いだけの~ (2, 0.0%)

1 ことは, ものです

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 近いても~ (2, 0.0%)

1 友は, 臭気紛々たる

▼ 近いでっぷり~ (2, 0.0%)

1 した婦人, 肥った赤ら顔

▼ 近いとさえ~ (2, 0.0%)

1 云える, 思われる困難

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 もう, 八

▼ 近いには~ (2, 0.0%)

1 近いけど, 近いけれど

▼ 近いひとつ~ (2, 0.0%)

1 の人格, の椅子

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 ぼろしを, 昼の

▼ 近いよい~ (2, 0.0%)

1 場所を, 答案を

▼ 近いカルモチン~ (2, 0.0%)

1 をガブガブ, を飲ん

▼ 近いカーブ~ (2, 0.0%)

1 の上り線路上, の鉄道線路

▼ 近いテエブル~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 近いテント~ (2, 0.0%)

1 には邦人婦女子, に出向いた

▼ 近いドア~ (2, 0.0%)

1 のところ, の板

▼ 近いバラック建~ (2, 0.0%)

2 の二階家

▼ 近いピストル~ (2, 0.0%)

1 の音, を遠く

▼ 近いホテル~ (2, 0.0%)

1 のグリル, の机

▼ 近い一切~ (2, 0.0%)

1 に軽蔑, の人

▼ 近い一峰~ (2, 0.0%)

1 に登っ, を上る

▼ 近い一廓~ (2, 0.0%)

1 に住みはじめ, はケンシントン公園

▼ 近い一日~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 近い一時~ (2, 0.0%)

1 である, の忘却

▼ 近い一枚~ (2, 0.0%)

1 へ手, をそうっと

▼ 近い一点~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, を結ん

▼ 近い一隅~ (2, 0.0%)

1 にうす, に黒い

▼ 近い三畳~ (2, 0.0%)

1 で女中, の狭い

▼ 近い上り口~ (2, 0.0%)

1 にあつ, に待っ

▼ 近い下座~ (2, 0.0%)

1 に席, の方

▼ 近い下流~ (2, 0.0%)

1 で釣った, へと流れる

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事

▼ 近い世界~ (2, 0.0%)

1 でのみ始めて, に絶無

▼ 近い丸善~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ 近い事務室~ (2, 0.0%)

1 がある, の傍

▼ 近い二人~ (2, 0.0%)

1 が狭い, の女

▼ 近い五色温泉~ (2, 0.0%)

2 に夏

▼ 近い井戸~ (2, 0.0%)

1 で深, のそば

▼ 近い交渉~ (2, 0.0%)

1 に這入る, を持っ

▼ 近い交番~ (2, 0.0%)

1 へ飛び込ん, までも三丁あまり

▼ 近い交遊~ (2, 0.0%)

1 の範囲内, をもつ

▼ 近い人品~ (2, 0.0%)

1 のよい, の好い

▼ 近い人気~ (2, 0.0%)

1 のない, の絶えた

▼ 近い人種~ (2, 0.0%)

1 がいる, ではない

▼ 近い人里~ (2, 0.0%)

1 と申します, へはどの

▼ 近い仁體~ (2, 0.0%)

1 ですが, 着實さ

▼ 近い今昔~ (2, 0.0%)

2 の感

▼ 近い仕事~ (2, 0.0%)

1 だった, に当ろう

▼ 近い仮名~ (2, 0.0%)

2 はモース

▼ 近い会葬者~ (2, 0.0%)

1 が集まらう, が集まろう

▼ 近い低い~ (2, 0.0%)

1 山であった, 方であった

▼ 近い住吉神社~ (2, 0.0%)

2 へ行つて

▼ 近い佛教~ (2, 0.0%)

1 ですら, の經典

▼ 近い作物~ (2, 0.0%)

1 から互に, であつ

▼ 近い例えば~ (2, 0.0%)

1 親なれ, 零下十分の一度とか

▼ 近い例証~ (2, 0.0%)

1 が十年前, としてその

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 が斎場

▼ 近い俸給~ (2, 0.0%)

1 をとっ, を貰っ

▼ 近い働き~ (2, 0.0%)

1 をいたします, をする

▼ 近い働き者~ (2, 0.0%)

1 で昔, の女

▼ 近い先輩~ (2, 0.0%)

1 としてもっ, の婦人作家

▼ 近い入江~ (2, 0.0%)

1 であり波, の深く

▼ 近い八幡~ (2, 0.0%)

1 の宮, の町

▼ 近い六畳~ (2, 0.0%)

1 の納戸, の間

▼ 近い兵力~ (2, 0.0%)

1 はある, を擁し

▼ 近い内容~ (2, 0.0%)

1 である, を持つ

▼ 近い几帳~ (2, 0.0%)

1 の棹, を引き寄せ

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の吹き荒れ

▼ 近い分別盛り~ (2, 0.0%)

1 の年ごろ, の相州さま

▼ 近い分量~ (2, 0.0%)

1 が一般, を含ん

▼ 近い前山~ (2, 0.0%)

1 の蔭, の頂き

▼ 近い割合~ (2, 0.0%)

1 に前山, に相当

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 でも知れる

▼ 近い千葉県~ (2, 0.0%)

1 の海岸, や神奈川県

▼ 近い午後~ (2, 0.0%)

1 のこと, をぶらぶら

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の浜辺, の端

▼ 近い博徒流~ (2, 0.0%)

2 の攻撃

▼ 近い友人~ (2, 0.0%)

1 に聴かし, の中

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 女房が, 美術品である

▼ 近い古屋敷~ (2, 0.0%)

2 を買い取った

▼ 近い右側~ (2, 0.0%)

1 の壁, の空席

▼ 近い右手~ (2, 0.0%)

1 の山脈, の片隅

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 悲の, 病者達を

▼ 近い同勢~ (2, 0.0%)

1 が鎮撫使, のほとんど

▼ 近い同君~ (2, 0.0%)

1 が二十二歳, は

▼ 近い同情~ (2, 0.0%)

1 をすらささげね, を感じた

▼ 近い同族~ (2, 0.0%)

1 が争う, の老人

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 のある, の良い

▼ 近い唐櫃~ (2, 0.0%)

2 にひしがれ

▼ 近い土藏~ (2, 0.0%)

1 の側, の白壁

▼ 近い地域~ (2, 0.0%)

1 ではおそらくは, では到る

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 近い城中~ (2, 0.0%)

2 にあっ

▼ 近い塩屋崎~ (2, 0.0%)

1 というところ, の方面

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 まで来た, をさま

▼ 近い境遇~ (2, 0.0%)

1 にいない, にゐない

▼ 近い墓石~ (2, 0.0%)

2 にも偲ばれた

▼ 近い壁際~ (2, 0.0%)

1 に鮃, の大

▼ 近い外国人~ (2, 0.0%)

1 でなにか, にフランス語

▼ 近い多摩川~ (2, 0.0%)

1 の河原, の鮎

▼ 近い夜風~ (2, 0.0%)

2 の寒

▼ 近い大刀~ (2, 0.0%)

1 ばかりであった, を新九郎

▼ 近い大幅~ (2, 0.0%)

1 だった, だつた

▼ 近い大木~ (2, 0.0%)

1 である, の幹

▼ 近い大気~ (2, 0.0%)

1 は晴れ, を黒く

▼ 近い大軍~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を十六段

▼ 近い太鼓~ (2, 0.0%)

1 の音, をまるで

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 のほう, の室

▼ 近い女の子~ (2, 0.0%)

1 を多数, を連れ込ん

▼ 近い女中部屋~ (2, 0.0%)

1 に案内, に置い

▼ 近い女神~ (2, 0.0%)

2 として生き

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 と一しょ, と共に家庭

▼ 近い季節~ (2, 0.0%)

1 となつ, の夜

▼ 近い宇治~ (2, 0.0%)

1 で出来た, は今

▼ 近い実際~ (2, 0.0%)

1 について考え, の前線指揮処

▼ 近い家族~ (2, 0.0%)

1 のすべて, を抱え

▼ 近い富士見~ (2, 0.0%)

2 の馬場

▼ 近い寝台~ (2, 0.0%)

1 の上, の下

▼ 近い將來~ (2, 0.0%)

1 についての考, の變動

▼ 近い小さい~ (2, 0.0%)

1 旅館に, 町の

▼ 近い小判~ (2, 0.0%)

1 が入, を揚げた

▼ 近い小川~ (2, 0.0%)

1 のほとり, を渡り

▼ 近い小泉町~ (2, 0.0%)

2 である

▼ 近い小皺~ (2, 0.0%)

1 の寄つた顏, を品格

▼ 近い小遣~ (2, 0.0%)

1 があった, があつ

▼ 近い少し~ (2, 0.0%)

1 心配だ, 高い所

▼ 近い屋敷~ (2, 0.0%)

1 である, でここ

▼ 近い山地~ (2, 0.0%)

1 にあった, にかかる

▼ 近い山村~ (2, 0.0%)

1 ではカッコウ鳥, の国民学校

▼ 近い山間~ (2, 0.0%)

1 の人達, の小

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 近い岩角~ (2, 0.0%)

1 にその, の上

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の岩間, の木立

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の上, を角

▼ 近い巣鴨~ (2, 0.0%)

2 の庚申塚

▼ 近い左右前後~ (2, 0.0%)

2 はいつ

▼ 近い巨費~ (2, 0.0%)

2 を投じ

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 田野といふ

▼ 近い平坦~ (2, 0.0%)

1 な太田, な野原

▼ 近い年代~ (2, 0.0%)

1 に美術的, は一面

▼ 近い年増~ (2, 0.0%)

1 と二十前後, の女中

▼ 近い広場~ (2, 0.0%)

1 にき, のはし

▼ 近い庭先~ (2, 0.0%)

1 で一声, へ三つ指

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 などはどう, の三郎

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 さが, 雨の

▼ 近い形式~ (2, 0.0%)

1 といふもの, を擇ん

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 を帯び, を落し

▼ 近い役場~ (2, 0.0%)

1 と雑貨, と雜貨

▼ 近い往来~ (2, 0.0%)

1 の気勢, は売出し

▼ 近い従兄~ (2, 0.0%)

1 である西村氏, の家

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 であつ, のよう

▼ 近い心もち~ (2, 0.0%)

1 もしばらく, を与えた

▼ 近い心地~ (2, 0.0%)

1 がし, を覚え

▼ 近い性癖~ (2, 0.0%)

2 を持っ

▼ 近い怪しい~ (2, 0.0%)

2 家に

▼ 近い意義~ (2, 0.0%)

1 として古典, を分化

▼ 近い意見~ (2, 0.0%)

1 をまだ, を抱い

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 をすくなくとも, を受けた

▼ 近い憎悪~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を燃やした

▼ 近い或は~ (2, 0.0%)

1 それ以上とも, 海水七八尋の

▼ 近い教育~ (2, 0.0%)

1 が行われ, を受け

▼ 近い文句~ (2, 0.0%)

1 が並べ, のなか

▼ 近い斜面~ (2, 0.0%)

1 の中腹, の叢林

▼ 近い断崖~ (2, 0.0%)

2 が海

▼ 近い新鮮~ (2, 0.0%)

1 な方, な木もれ陽

▼ 近い方の~ (2, 0.0%)

1 を汲み入れ, を汲み入れた

▼ 近い方向~ (2, 0.0%)

1 には青味, に当っ

▼ 近い方角~ (2, 0.0%)

1 である, に黒く

▼ 近い方面~ (2, 0.0%)

1 の誘導, を主として

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 から帰っ, を続ける

▼ 近い旗亭~ (2, 0.0%)

1 に連れ, の露台

▼ 近い日差し~ (2, 0.0%)

1 がガラス窓, を手

▼ 近い日影~ (2, 0.0%)

1 が廣, は林

▼ 近い日数~ (2, 0.0%)

1 があった, が流れた

▼ 近い日本語~ (2, 0.0%)

1 でも話し, を使った

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 伝が, 藩主の

▼ 近い明り~ (2, 0.0%)

1 が僕, を受け

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の日, の陽

▼ 近い時分遠藤~ (2, 0.0%)

2 は独り婆さん

▼ 近い暑い~ (2, 0.0%)

1 日が, 陽が

▼ 近い暗示~ (2, 0.0%)

1 に支配, のよう

▼ 近い書斎~ (2, 0.0%)

1 にこもっ, の隅

▼ 近い月光~ (2, 0.0%)

1 が明, のもと

▼ 近い木立ち~ (2, 0.0%)

1 などは淡く, の中

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 がある, を六七分通り

▼ 近い札束~ (2, 0.0%)

1 が這入, を内

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 が二つ三つ

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の廓, の院

▼ 近い松原~ (2, 0.0%)

1 の辺り, を二三百坪

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 に倚, のかげ

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 近い桟敷~ (2, 0.0%)

1 で人々, を鉄斎翁

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の魔除

▼ 近い植え込み~ (2, 0.0%)

1 の所, の草

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 などは白い, の枯枝

▼ 近い構造~ (2, 0.0%)

1 となり, を空想

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の下枝, の木

▼ 近い止宿人~ (2, 0.0%)

2 の中

▼ 近い武尊山~ (2, 0.0%)

1 は砕けた, も前武尊

▼ 近い武蔵~ (2, 0.0%)

1 の巨, の東京

▼ 近い武蔵野~ (2, 0.0%)

1 の草, はすすき

▼ 近い気圧~ (2, 0.0%)

1 だ, ならせいぜい

▼ 近い気層~ (2, 0.0%)

1 が十分, が日照

▼ 近い氣持~ (2, 0.0%)

1 だつた, になる

▼ 近い水辺~ (2, 0.0%)

1 の夜, を指さし

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の石

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 に雪, は葡萄沢

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の中, の様子

▼ 近い注視~ (2, 0.0%)

2 を投げた

▼ 近い洗面所~ (2, 0.0%)

1 に来る, の鏡

▼ 近い浅い~ (2, 0.0%)

1 ところを, 所で

▼ 近い海辺~ (2, 0.0%)

1 であつ, の小さな

▼ 近い淋しい~ (2, 0.0%)

1 山里, 通りに

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 緑の

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 さまでの, さを

▼ 近い漁村~ (2, 0.0%)

2 の一間

▼ 近い濁った~ (2, 0.0%)

2 湯風呂の

▼ 近い濠端~ (2, 0.0%)

1 のある, をしずか

▼ 近い瀬戸~ (2, 0.0%)

2 の日和山

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 です, の過ち

▼ 近い点数~ (2, 0.0%)

1 をとつて, を刊行

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 か陰鬱, にその

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 盤の, 頬は

▼ 近い片隅~ (2, 0.0%)

1 には万年薬局生, に坐り

▼ 近い牧場~ (2, 0.0%)

1 の中, の牛

▼ 近い狼森~ (2, 0.0%)

2 に行きました

▼ 近い狼狽~ (2, 0.0%)

2 を示し

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 われを

▼ 近い現在~ (2, 0.0%)

1 の記憶, まで未だに

▼ 近い現象~ (2, 0.0%)

1 と思われた, にほかならなかった

▼ 近い現金~ (2, 0.0%)

1 はちょっと, を保有

▼ 近い理想~ (2, 0.0%)

1 を持ち出し, を立てず

▼ 近い生れ~ (2, 0.0%)

2 で竹山

▼ 近い生徒~ (2, 0.0%)

1 はその, を映像

▼ 近い生涯~ (2, 0.0%)

1 の間, を送

▼ 近い生物~ (2, 0.0%)

1 でないと, のいる

▼ 近い田畑~ (2, 0.0%)

1 の中, はすべて

▼ 近い町中~ (2, 0.0%)

1 で七年, の空気

▼ 近い町村~ (2, 0.0%)

1 の荒物屋, の被害

▼ 近い画室~ (2, 0.0%)

1 には岸本, の方

▼ 近い界隈~ (2, 0.0%)

1 だけに夕方, の百姓たち

▼ 近い病室~ (2, 0.0%)

1 では軽病, になお

▼ 近い発音~ (2, 0.0%)

1 をした, を有する

▼ 近い皇胤~ (2, 0.0%)

1 であるという, の身分

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 に会った, の前

▼ 近い知人~ (2, 0.0%)

2 の二階屋

▼ 近い石工~ (2, 0.0%)

1 があつめられた, の槌

▼ 近い砂原~ (2, 0.0%)

1 の糸遊, へ腰

▼ 近い砂地~ (2, 0.0%)

1 に建つ, はぐんぐん

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 近い秩父~ (2, 0.0%)

1 の山, の森林

▼ 近い稀代~ (2, 0.0%)

2 の大

▼ 近い種類~ (2, 0.0%)

1 のもの, の或

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 かな初冬, かな街

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 があい, の底

▼ 近い窄んだ~ (2, 0.0%)

2 顔は

▼ 近い窓際~ (2, 0.0%)

1 のボックス, の長椅子

▼ 近い立派~ (2, 0.0%)

1 な与力, な英雄オッシュ将軍

▼ 近い箇所~ (2, 0.0%)

1 は敍事, まで来た

▼ 近い精神病院~ (2, 0.0%)

2 へ出かける

▼ 近い紅葉坂~ (2, 0.0%)

2 の自宅

▼ 近い結び方~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の前, の端

▼ 近い綜合病院~ (2, 0.0%)

1 に入院, へ運ばれました

▼ 近い羨まし~ (2, 0.0%)

2 さを

▼ 近い老体~ (2, 0.0%)

1 であって, のこと

▼ 近い老爺~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 へをもつ, へを申す

▼ 近い考察~ (2, 0.0%)

1 がある, をする

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 がはたと, の爲

▼ 近い聴衆~ (2, 0.0%)

1 の殆ど, は酔える

▼ 近い背丈~ (2, 0.0%)

1 があった, を少し

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の乘つた血色, 切った肉塊

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 が又, をし

▼ 近い自白~ (2, 0.0%)

1 に違い, をはじめた

▼ 近い舞台~ (2, 0.0%)

1 で, の綜合芸術

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 を呼ぼう

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 があった, ができる

▼ 近い荒天~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 近い荘田~ (2, 0.0%)

2 の巨躯

▼ 近い葉山~ (2, 0.0%)

2 の町

▼ 近い蔬菜栽培~ (2, 0.0%)

1 がどういう, という難

▼ 近い藤棚~ (2, 0.0%)

1 のついた, の下

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 近い血縁~ (2, 0.0%)

1 のなか, の者

▼ 近い衝立~ (2, 0.0%)

1 の蔭, の陰

▼ 近い表現法~ (2, 0.0%)

1 に依ってる, の中

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の四畳半, の四疊半

▼ 近い裏町~ (2, 0.0%)

1 だ, にミツシヱル

▼ 近い裸体~ (2, 0.0%)

2 の女

▼ 近い見解~ (2, 0.0%)

1 を得る, を持っ

▼ 近い親族~ (2, 0.0%)

1 が帰つて, の年長者

▼ 近い親爺~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 近い記憶~ (2, 0.0%)

2 なので

▼ 近い証拠~ (2, 0.0%)

1 だ, である

▼ 近い証書~ (2, 0.0%)

2 の金額

▼ 近い詩人~ (2, 0.0%)

1 の町野柳華, の直覚

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の方, の村

▼ 近い豊か~ (2, 0.0%)

1 なソファ, な肉付き

▼ 近い象徴表現~ (2, 0.0%)

2 の努力

▼ 近い負債~ (2, 0.0%)

2 に対する数多い

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 から向, さを

▼ 近い赤城山~ (2, 0.0%)

1 でも六里, の黒檜

▼ 近い路傍~ (2, 0.0%)

1 に坐った, に白花蛇苺

▼ 近い身寄り~ (2, 0.0%)

1 とはにらん, は悉く

▼ 近い農村~ (2, 0.0%)

1 で育った, のお寺

▼ 近い辺り~ (2, 0.0%)

1 に彼, の森

▼ 近い遊星~ (2, 0.0%)

1 がこれ, の比重

▼ 近い部落~ (2, 0.0%)

1 の児, の天幕

▼ 近い郵便局~ (2, 0.0%)

1 に急いだ, はここ

▼ 近い醜い~ (2, 0.0%)

1 女, 女平次は

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 の事, の祭儀

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 さで

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 で草, は農家

▼ 近い野原~ (2, 0.0%)

1 に一日, の片隅

▼ 近い金額~ (2, 0.0%)

1 が十円札, のまま据置

▼ 近い銭湯~ (2, 0.0%)

1 はすい, へ行

▼ 近い鎌倉~ (2, 0.0%)

1 で荷上げ, に移した

▼ 近い長い~ (2, 0.0%)

1 尋問の, 間の

▼ 近い長寿者~ (2, 0.0%)

2 がありました

▼ 近い長椅子~ (2, 0.0%)

1 に並ん, の上

▼ 近い長浜~ (2, 0.0%)

1 の地, を思い

▼ 近い間父母~ (2, 0.0%)

2 の墓石

▼ 近い陽ざし~ (2, 0.0%)

1 ですが, に小気味よく

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 に佃, のところ

▼ 近い階下~ (2, 0.0%)

1 にあ, の五間

▼ 近い隣り~ (2, 0.0%)

1 にはいない, には一軒

▼ 近い雨戸~ (2, 0.0%)

1 を二三枚, を開けかけた

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 が見える, は去り

▼ 近い電車~ (2, 0.0%)

2 の交叉点

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 でたちまち, の中

▼ 近い青い~ (2, 0.0%)

1 マロック皮の, マロツク皮の

▼ 近い静寂~ (2, 0.0%)

2 を破っ

▼ 近い非人~ (2, 0.0%)

1 がたかっ, が密集

▼ 近い面持~ (2, 0.0%)

1 と関西弁, をし

▼ 近い頃日本~ (2, 0.0%)

2 に来る

▼ 近い順路~ (2, 0.0%)

2 であるの

▼ 近い領地~ (2, 0.0%)

1 の支配, の預かり

▼ 近い餅屋~ (2, 0.0%)

2 へ毎日餅

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 取の

▼ 近い驚愕~ (2, 0.0%)

1 に襲, の色

▼ 近い高い~ (2, 0.0%)

1 壁から, 山の上の

▼ 近い高原~ (2, 0.0%)

1 で偃松, の叢

▼ 近い高台~ (2, 0.0%)

1 に家賃三十五円, のとある

▼ 近い高度~ (2, 0.0%)

1 を保ち, を有し

▼ 近い高空~ (2, 0.0%)

1 においてこの, の気流

▼ 近い鳥羽~ (2, 0.0%)

2 という所

▼ 近い~ (2, 0.0%)

2 の声

▼ 近い黄金~ (2, 0.0%)

1 の山, を持参

▼ 近い黒い~ (2, 0.0%)

1 物体を, 袋に

▼ 近い鼻ヒゲ~ (2, 0.0%)

2 をたてた

▼ 近い~ (2, 0.0%)

1 で八年, を迎

▼1* [2366件]

近いわれな, 近いあいだの防戦ぶり, 近いあたり小坂だの萩原, 近いあつさ, 近いあの大城壁です, 近いあらゆる気候風土を, 近いいい恰幅の, 近いいきなり飛込んで, 近いいちばん後列の席, 近いいちばん端に寝かされた, 近いいつもの椅子, 近いいやしかしまあとにかくやっ, 近いうさん臭い眼つきに, 近いうしろに跫音, 近いうす暗がりの, 近いうちおのおの方はじめ有志のお方, 近いうちお移りになる, 近いうちお送りいたしましょうね, 近いうち三匹ほど増えます, 近いうち三日月村の平田, 近いうち上京しよう, 近いうち下総の小金ヶ原, 近いうち両国でまた, 近いうち九州へ行かね, 近いうち例のをお送り, 近いうち出陣する, 近いうち台湾にいる, 近いうち奥様がおまえ, 近いうち女の子で失敗, 近いうち嫁にする, 近いうち巴里へ行く, 近いうち彼の娶るべき, 近いうち徽典館の青少年, 近いうち手紙を出し, 近いうち捕縛する手筈, 近いうち新潟へ帰郷, 近いうち旅へ出る, 近いうち旅立ちをする, 近いうち日日に出す, 近いうち日本に来る, 近いうち旦那様にお, 近いうち是非尋ねたいが, 近いうち暖簾を分け, 近いうち朝鮮につれて行かれる, 近いうち猪の肉, 近いうち田舎を引払っ, 近いうち甲州へ出かける, 近いうち發表するが, 近いうち自決するつもり, 近いうち行つて, 近いうち貴殿の首, 近いうち野尻へいく, 近いうち関東へ立つ, 近いうち面揃えが, 近いええところじゃ, 近いおだやかな海辺, 近いおどけ男しきりに仲間, 近いおばあさんが陣取っ, 近いおびただしい数でした, 近いおやじが, 近いおりのがくり, 近いおろか者であるとは, 近いお互いの間, 近いお前のお, 近いお客たちは声, 近いお巡りさんが蔵, 近いお座だった, 近いお座敷のほう, 近いお方は前, 近いお昼ごろのこと, 近いお歌が続々, 近いお母さんが子供, 近いお盆の上, 近いかかる如意使者は, 近いかご舁きが, 近いかということを, 近いかなナザレ, 近いかなどとはこの際贅沢, 近いかべにいもりの, 近いからだであった, 近いからという親しみだけ, 近いからな直ぐ帰つて, 近いからの事で, 近いきまり切った店で, 近いくらいに強硬な, 近いくらいにさえ愛しこの, 近いぐらいですよ, 近いぐらいに見えます, 近いえ年, 近いここにきめた, 近いここらの川水, 近いこってあり, 近いことこれで今夜, 近いことそちらのこと, 近いことに風候の, 近いこと山にこだま, 近いこと本来非常に軽微, 近いこと詐欺に等しい, 近いこれは頑固, 近いこれからいまさら役所に, 近いこれらの批評, 近いころへやの外, 近いころれいの遺産, 近いころドイツで出会った, 近いころヒップから拳銃, 近いころ三万からの民間人, 近いころ伶人が召し出された, 近いころ先生から, 近いころ北面の武士, 近いころ急に盛ん, 近いころ探偵事務所の裏庭, 近いころ検屍万端済んで, 近いころ私の隣り, 近いころ遠くでさかん, 近いころ関東の農家, 近いころ髪を洗った, 近いこわさとして, 近いこんだからお, 近い年齢, 近いごぜえました, 近いさびしい屋敷町を, 近いさびれ方であって, 近いさむ風が, 近いしかしながら大脳の, 近いしさわれわれも, 近いしるしだろう, 近いがたを, 近いすじかい見附, 近いすずかけの老木, 近いすなわち低温の, 近いせきついのうぶ毛, 近いその道で腰, 近いそれらの町, 近いそれ等の労働者, 近いそんなにも遠方, 近いたっぷりおそくなり, 近いためそれらの国, 近いため何本も踏切り, 近いため半日しか日, 近いたよりなん, 近いたる夕日の, 近いだいがくのひ, 近いだけでも便利です, 近いだらだら坂の, 近いつきあひで, 近いつぎの女中部屋, 近いつつましやかに, 近いつつじを植え込ん, 近いつつましさの, 近いつていふこと, 近いでき事かもしれない, 近いでしたよ, 近いでつぷり太, 近いでやすな, 近いといった方が, 近いといつても河, 近いとうとい日数を, 近いとかいうのなら, 近いところあたりまで来, 近いところそれはこれから, 近いところぢや寺本山平, 近いところ四五尋から十尋以内, 近いところ大津に宿っ, 近いところ甲州街道筋の生れ, 近いところ砂漠ばかりのところ, 近いところ筋違橋外と和泉橋, 近いところ藤原京あたりから眺めた, 近いところ遠浅のあたり, 近いとしてもうるさく出這入り, 近いとでも申しましょうか, 近いとの事私が, 近いともかく人の, 近いつしり, 近いどころかはやくも, 近いどよめきとが起った, 近いなあその日, 近いなぜなら前者, 近いなと思ふ, 近いなどと評します, 近いなどとは思へない程, 近いならば一八一三年, 近いならうと思つた, 近いなら行ってもいい, 近いなら送って行こう, 近いにゃ近いが, 近いによって阿武沼と, 近いぬけ道を, 近いねというふうに, 近いのみならずその, 近いのよきっと, 近いだか, 近いはずれとでも言うべき, 近いはなしがこれ, 近いばあさんが門口, 近いひどい赤毛の, 近いひどく不粋な, 近いひろい洞窟でした, 近いひろびろとした, 近いふうだった, 近いだたりが, 近いほんたうに信濃, 近いほんの僅かの, 近いまえのこと, 近いまたすぐに, 近いまるまると肥った, 近いみよりといえ, 近いむこうの空, 近いむしろはぜひ, 近い互いに呼びつれ, 近いもう一つの, 近いもうけものをみすみす, 近いもとなん, 近いものさへそこ, 近いものイヤ味の少い, 近いもの恭も人, 近いもの私のひな鳥, 近いもの言ひである, 近いもの身心脱落らしいもの, 近いもみぢの山々, 近いね少し, 近いやりよいところ, 近いゆゑ天竺牡丹と俗称, 近いだが此奴, 近いよって割合に, 近いよりは遠い程, 近いらしかつた, 近いらしく静まり返つた堂内には, 近いりっぱな大男, 近いれいとしてはネルソン, 近いそのつもり, 近いわが家へ急い, 近いわね御免なさい, 近いわりには鄙び, 近い見わけるの, 近いアルファケンタウリと云, 近いアヴェニュー・ジャン・ジョレスの小さな, 近いイスによって一心に, 近いイネ州の人民, 近いイヤ惠施や公孫龍, 近いエジプトにすでに古く, 近いエンマ堂で当然, 近いオオケストラ・ボツクスによりかかつて, 近いオテル・スフロオに移つた, 近いオランダには内部工作, 近いオラン・ウータンを猩々, 近いオルテエズの村, 近いカケ上がりを泳い, 近いカッフェだった, 近いカツフエだつた, 近いカフェ・オソメの前, 近いカンタータのうち, 近いカーテンの傍, 近いカールは北アルプス, 近いガイスベルク街にあっ, 近いキャムプの中, 近いキュウリがでん, 近いクポールにしろ, 近いクラマールの森, 近いクーロアールを登っ, 近いケリをつける, 近いコトエにことづけた, 近いコラントと呼ばるる, 近いサリヴァン島に住む, 近いサン・ステフアノ寺の鐘, 近いサン・メダール会堂によく, 近いザラメのよう, 近いシェーレゼンに滞在, 近いシナ滞在が漢人, 近いシャンデリヤの仄, 近いシュナイダア夫人をマッカアセイ夫人方, 近いシヴィル洞孔を通過, 近いストーヴに片足, 近いスルボン大学の鐘, 近いセイヌ河岸にトウキオ, 近いセゴーリという所, 近いタガンローグに定住, 近いダイヤモンドもまるで, 近いチウメンまでたどりついた, 近いチェーホフと近しく, 近いチャガッサについてブルウス, 近いディレツタントである, 近いデリケートなもの, 近いデル・モンテと云う, 近いトタン張りの塀, 近いトリーシュの叔父ジークフリート・レーヴィー, 近いトレドのむこう, 近いトーキー設備を完了, 近いドイツは主, 近いドルメンを調べた, 近いナイイヴな美し, 近いナポレオンの凱旋門, 近いニッポンに従うべき, 近いネックレブが一番, 近いノーベル研究所にこの, 近いハイキングにはもってこい, 近いハッチの物陰, 近いハワイに集め, 近いパレス街にそこら, 近いパーク旅館に急がせた, 近いヒドコという語, 近いヒンズ詞クムヒル・メールは, 近いビルの一室, 近いピカデリー通りで貴族, 近いフッド岬, 近いフランスは第, 近いフランス語の単語, 近いプラーゲル広場のカフェー, 近いプルコウにある, 近いプロムナードには海水浴着, 近いプロレタリアートを失業, 近いベンチにかけ, 近いベースウオーター街に現在, 近いペンキぬりたて, 近いホロンバイルの達, 近いホール生活ですっかり, 近いボートの蔭, 近いポストへちょっと, 近いマジナイは頭痛, 近いマダカツスル群島へも一千哩以上, 近いミケランジェロの諸, 近いムルチで二年, 近いメンルンツェの氷河, 近いモニュメントを私, 近いモルトナス島のゼッテルベルグ老人, 近いモンパルナッスも, 近いライン河畔ボン市の貧しい, 近いランプの光, 近いリアンクウルと言, 近いルウソウ街の林業部長, 近いルウ・デ・アウブルの一〇八番, 近いレビューだの見る, 近いロシア作家は十九世紀末, 近いロレイン街の自宅, 近いローズンやスタフォードシヤィア, 近いロープによって海面, 近いだから, 近いヴァレェ州にやって来, 近いヴォオジュの森, 近いから槍一筋馬一頭二百石, 近い一つ時だつた, 近い一ツが乞食, 近い一万三千四百フィートのところ, 近い一万四千尺の高地, 近い一二の例, 近い一二三号室に纏め, 近い一凡人である為, 近い一反ばかりの菜の花, 近い一句が私, 近い一坪にも足らぬ, 近い一夜信州岩村田の土豪北山, 近い一寺院のまえ, 近い一小村モンタニーの或, 近い一平地である, 近い一所に大きい, 近い一方の戸, 近い一旅亭の門, 近い一条の横穴, 近い一棟の病室, 近い一標準を有, 近い一歩なの, 近い一番前の席, 近い一番後ろの誰, 近い一箇の肉体, 近い一茶を引合, 近い一行がめいめい勝手, 近い一角だつたの, 近い一軒の茅葺き家根, 近い一隻の船, 近い一高地に立っ, 近い七八尋から十五, 近い七兵衛老爺が手, 近い七時に起される, 近い七月二十五日の事, 近い万年雪であるかによって, 近いに一層, 近い三ッ岳や野口五郎岳, 近い三十万年ないし十万年前, 近い三吉の家, 近い三吋大仰角速射砲, 近い三多摩の地, 近い三島神社との関係, 近い三年許りの, 近い三時ごろである, 近い三本木というかね, 近い三本松消防小屋堀南から中堀橋, 近い三条西家の荘園, 近い三河台の丘, 近い三津の浜, 近い三津浜だろうという, 近い三疊の小女, 近い三等の入口, 近い上大和橋の辺, 近い上大崎に知った, 近い上甲板にしっかり, 近い上着キャップにケーン, 近い上達部の子, 近い上野町に一坪あまり, 近い下僕らしい男, 近い下士たちは足軽組頭矢田, 近い下女のお, 近い下層の一面, 近い下役さへ彼, 近い下手くそな老, 近い下男部屋を覗きました, 近い下総の良, 近い下落合に越した, 近い下請工場も一つ, 近い下駄屋の二階, 近い注意によって, 近い不動瀑とが三, 近い不在証明があった, 近い不破の関, 近い与助を非常, 近い与良町のある, 近い世代までなお, 近い丘陵の頂, 近い唇音, 近い両親への贈り物, 近い並木街の一角, 近い中ヶ岳が三角, 近い中上京する, 近い中作戦が開始, 近い中国で, 近い中央の窓, 近い中島の海岸, 近い中庄の老, 近い中庭に二つ, 近い中廊下の暗がり, 近い中朝鮮に伴, 近い中村にあります, 近い中津川の香蔵, 近い中流家庭の主婦, 近い丸い頭を, 近い丸根鷲津を差置い, 近い丸顏の人間, 近い丸顔の達磨, 近い丹波山という寒村, 近い久慈恵介の胸, 近い久米赤島へも三十里, 近い九つまえで, 近い九月の末, 近い九条堤人通りも絶え, 近い乱刃であった, 近い乱暴なもの, 近い乳母が恐ろしく, 近い乳白色の空気, 近い亀島町の薬種問屋近江屋, 近い事件が, 近い事例はそれほど, 近い事柄は皆, 近い事業であって, 近いの松, 近い二つの語, 近い二十二金ですわ, 近い二十五枚許りを, 近い二尺ばかりの宙, 近い二条の院, 近い二等室に入った, 近い二等車の昇降口, 近い二重星の軌道面, 近い二階建の離れ家, 近いは, 近い五ツ下がり刻限でした, 近い五名の骨肉, 近い五時間を過した, 近い五月中旬に前山, 近い五等親以内の, 近い五階目あたりの端近, 近い井戸端に例, 近いの刻, 近い亥刻過ぎのこと, 近いへ来, 近い人々一馬さん巨勢さんなどはちょッ, 近い人たちのなか, 近い人づての消息, 近い人びとがはるかうしろ, 近い人同士の結婚, 近い人員がうごかされ, 近い人女中とかそれから, 近い人成功率の高い, 近い人柄の紳士, 近い人生はのんびり, 近い人達の中, 近い人馬である, 近い仁王のよう, 近い今夜徹宵で書き上げる, 近い今年になっ, 近い今戦争をやる, 近い仏国公使も待っ, 近い仕切の中, 近い仕方がない, 近い仕来りをそのまま, 近い代物さ柳原から河岸, 近い代赭である, 近い仲間たちは思, 近い伊丹はそこ, 近い伊藤の丈さん, 近い伊豆にある, 近い休み茶屋の床几, 近い休暇をとっ, 近い休茶屋の外, 近いの会員, 近い会員の中, 近い会場の浮立った, 近い会衆は白布, 近い伝説がある, 近い伝馬町は江戸, 近い位困難なこと, 近い位温柔しい女, 近い低地で洪水, 近い低廉なこと, 近い低温即ち十年, 近い低能児になっ, 近い住宅地である, 近い佐野村を通過, 近い体言とみるべき, 近い体躯に貧乏徳利, 近い何とかいふ町の, 近い何ものかを教えたがる, 近い何人かの人々, 近い何所かで, 近い何日かは毎日夜中, 近い何物かが潜ん, 近い作品を思い出すだろう, 近い作者の心, 近い使用人へ臨んだ, 近いを持っ, 近い保存炭柱の仕事場, 近い信仰を捧げ, 近い信濃の国, 近い信西入道も我, 近い修驗者總髮に兜巾, 近い俳画が描かれ, 近いをモデル, 近い個所に丹念, 近い借家の二階, 近い倫理の時間, 近い倫陀病院に担ぎ込んだ, 近い停留場に待っ, 近い健策が大急ぎ, 近い偶然でした, 近い傍聴者とはギッシリ観客席, 近いのせ棚, 近い備中の郷里, 近い傾向の万葉巻八・巻十あたり, 近いが妻, 近い僧院で参詣, 近いでござる実は, 近い優しい口の, 近い優雅を證拠, 近い兄たちよりも先, 近い兄弟だとも, 近い兄弟分という, 近い兄貴が親父, 近い兆しである, 近い兇暴になる, 近いのこと, 近い先代の主人, 近い先祖たちの各, 近い光りが室中一パイ, 近い光景を呈する, 近い光線がクワツ, 近い光芒はあたり, 近い党員を代表, 近い入り妙なもの, 近い入口の柱, 近い入場者があった, 近い八宗論池の側, 近い八幡様の境内, 近い八溝山から遠い, 近い八瀬の里, 近い六刻前の時計, 近い六尺豊かの図体, 近い六疊には若い, 近い六疊其處には書生兼内弟子, 近い兵士さんでした, 近い兵士たちがどよめき, 近い兵部の下屋敷, 近い其處にある, 近い具足の武者, 近い具足町の葉茶屋徳撰, 近い内側の壁, 近い内山下町で騒い, 近い内帝劇へでも御, 近い内庭へ忍び込み, 近い内此二三年の間, 近い内異国とか或いは, 近い内皇后の, 近い内邸を出, 近い内部に液, 近い内陸にある, 近い円い月だ, 近い円廊を廻っ, 近い円本の中, 近い円通寺のお, 近い蝉脱も, 近い冒険に功, 近い写本を見た, 近い写真館に行った, 近い冬子の方, 近い冴えた日ざし, 近い冷たさだ, 近い凄まじい崩壊面を, 近い凡俗は政, 近い処富坂辺に家居, 近い出がらしの梅干しばあさん, 近い出入扉から始まっ, 近い出来ごとがここ, 近い出雲西南の社, 近い函南の中腹, 近いをどんと, 近いの島, 近い分類である, 近い刑務所の構内, 近い列席者は故人, 近い初夏の景色, 近い初恋だつた, 近い初秋の暑い, 近い別れを思う, 近い別所の温泉場, 近い別所温泉なぞは開けた, 近い別荘の前, 近い別館の一室, 近い利根川の舟遊び, 近い利潤を生む, 近い利益であったから, 近い刺激なりお手本, 近い削ったような, 近い前栽らしく所々, 近いにし, 近い劇団であると, 近い劒沢の雪渓, 近い力仕事と緊張, 近い力強い鮎が, 近い加賀のある, 近い効果しかあげない, 近い勝手口の戸障子, 近いを求める, 近い化粧坂の薬師, 近い北九州では日本海, 近い北劍の家, 近い北國の旅, 近い北投といふ温泉場, 近い北条家の館, 近い北穂高よりの尾根, 近い北鮮の羅津あたり, 近い医師は彼, 近い医者だなと, 近い十五年は旅, 近い十字街へ出, 近い十数尾の岩魚, 近い千歳山の邊, 近い千歳村の僅か五百五十町歩, 近い千歳村字粕谷の南耕地, 近い千石町とか云ふところ, 近い千種川で川狩, 近い半白だ, 近い半農半漁の村暮し, 近い半鐘余韻のない, 近い卓見であつ, 近い南二條の西一丁目, 近い南国の風景, 近い南天の木, 近い南朝鮮の邊, 近い南洋杉の鉢植え, 近い南瓜畑では熊蜂, 近い南画人生活のうち, 近い南緯四十度線あたりから向う, 近い南蛮寺へさき, 近い南蛮語がその, 近い博士の血, 近い博多みやげの風雅, 近い博多山といふ家, 近い印度のダージリン, 近い印度人ハラムと称する, 近い印度國コロンボ市の附近, 近い即ち根の, 近いを生む, 近い原始林の中, 近い原稿を俺, 近い原稿紙の長い, 近い原釜海水浴場に滯在中, 近いの前, 近い厳格さがあった, 近い又は文人的骨董に, 近い友人たち何人かが同じ, 近い友人達のそんな, 近い友達たちとの生活感情, 近い収穫をあげ, 近い受動的抵抗者になる, 近い受答えばかりし, 近い叙述をやろう, 近いのなか, 近い口入れ宿の二階, 近い口調である, 近い口鬚なぞ刈込んだ, 近い古い巻物で, 近い古町通りは人, 近い古風なもの, 近いでさえも取っ, 近い只圓翁の崇拝者, 近い叫びを立てました, 近い叫声を立てた, 近い可能性があっ, 近い台地に出る, 近い史料に拠った, 近い右のに行き, 近い右岸から白い, 近い右舷の欄干, 近いには花袋, 近い点に, 近い合羽橋通りのメシ屋, 近い吉井明子夫人になっ, 近い吉田屋という旅籠屋, 近い吉野郡の僻地, 近い同じ隅田川の, 近い同僚感をもてる, 近い同盟者であること, 近い名前だけは野暮, 近い名誉心を傷, 近い向って右手, 近い吹きっ曝らし, 近い呟きをもらし, 近い味方の屍, 近い呼び声に対してなんら, 近い呼吸ひっぱくを洩らし始める, 近いは最大危険, 近い和泉町の通り, 近い和議を容れた, 近い咳き方で, 近い哀しみである, 近いの厚い, 近い唯一人だと, 近い商店街に支那人, 近い商社に行き, 近い啓蒙となった, 近い啼声をする, 近い善光寺と犀川, 近い善政を待ち焦れ, 近い喜びをおぼえた, 近い喜悦を以て英国流, 近い嗄れ声だった, 近い嘔吐を催した, 近いが盛, 近い四ツ角からでも必ず, 近い四五人きりです, 近い四十四五歳の大, 近い四日市場と云う, 近い四時すこし前, 近い四時頃彼の身近, 近い四番町の裏通り, 近い四畳半の部屋, 近い四疊半その外, 近い四角な岩片, 近い四角い顔を, 近い四谷の髮結さん, 近い四阿のそば, 近い困難な方法, 近いが想定, 近いであったらしい, 近い国文学者である, 近い土師郷附近である, 近い土手へさしかかる, 近い土手裏の湿, 近い土橋の上, 近い土蔵の入口, 近い地下鉄道に轢かれ, 近い地中海の空, 近い地味な服装, 近い地所へこのごろ建築, 近い地方一年間の大半, 近い地方財源の失われた, 近い地熱という資源, 近い地球の顔, 近い地肌の色, 近い坂下の齒科醫院, 近い坊主ももう, 近い坑夫が揃っ, 近い垣根の外, 近い埋立地の溝渠, 近いに及ん, 近い基本語を組合せ, 近い堀端にある, 近い堅い雪と, 近い報酬と優遇, 近い場処から運ん, 近い場面転換が行, 近いの傍, 近い墓地に鳴き交わす, 近い墓場の下, 近い壬生寺の前, 近い売上げがあれ, 近い変り種ばかりで, 近い変人なの, 近いの色, 近い夏蠶の臭ひと, 近いだけに四人, 近い夕方息をし, 近い夕日が岡, 近い外人の避暑客, 近い外山などに住み, 近い外氣に白い, 近い外界からだ, 近い外遊中私達が諸国各地, 近い外部の人通り, 近い多くのあわれ, 近い多吉夫婦が家, 近い多年修法の本拠, 近いに地下室, 近い大きさの, 近い大人であった, 近い大佐と君, 近い大入道で鼠色, 近い大兵の峰丹波, 近い大名のうち, 近い大和船は舳, 近い大声を出しあっ, 近い大宝郷堀越の渡し附近, 近い大家であったかも, 近い大小の美妓, 近い大小船舶の碇泊, 近い大川の浪, 近い大弓状の曲線, 近い大柄の女, 近い大森で一人, 近い大気中でこの, 近い大江匡房の頃, 近い大瀑も落ちる, 近い大番所へ出た, 近い大白沢山もススケ峰, 近い大空を月, 近い大衆が狭い, 近い大路はもう, 近い大身となり, 近い大輪の菊, 近い大隈氏の都会邸宅, 近い大頭だよ, 近い大風の吹いた, 近い大鶴村で竹製, 近い天井を見上げる, 近い天候雲の色, 近い天宝十四年に安, 近い天幕を切り裂い, 近い天性を持っ, 近い天才です, 近い天智天皇の頃, 近い天真さで表現, 近い天野と十七, 近い天麩羅屋に天麩羅, 近い太刀と市九郎, 近い太古において既に, 近い太子陵の東, 近い太田は久慈郡太田, 近いを長い, 近い失望に打たれなけれ, 近い夾竹桃は深い, 近い奇人のよう, 近い奇怪事と云わね, 近い奇蹟が有り得るで御座いましょう, 近い奈良の町, 近い奥利根の支流片品川, 近い奥山家へ初春, 近い奥庭まで夜廻り, 近い奥様らしい品, 近いの部屋, 近い女たちの舞踊, 近い女事務員はみんな, 近い女優なぞがし, 近い女学生と小学生, 近い女将は何, 近い女弟子がゐる, 近い女役者が弟子, 近い女房と一人, 近い女王の子供たち, 近い女達にも自分, 近い女部屋から終に, 近い奴らだからな, 近い奴隷がい, 近い好い男小紋の, 近い好評を博した, 近い如何にも華奢な, 近い如鱗の長火鉢, 近い妄執をその, 近いなもの, 近い妙生を身, 近いのため, 近い妻恋坂の西, 近いのため, 近い姑蘇から出発, 近い姥桜とは夢にも, 近い姿勢を崩した, 近い威力である, 近い威望がある, 近い娘達が縫物, 近い婿を諫め, 近い嫉妬よりも寧ろ, 近いの家, 近いが開い, 近い字数を持っ, 近い存在物が彼ら, 近い学問を専門, 近い学校に通う, 近い孫六である, 近い學生の團體客, 近い學舍に寄宿, 近い宇宙空間に浮動, 近い比丘尼だ, 近い安達が原, 近い完璧なもの, 近い官吏なので, 近い定席につく, 近いだつたの, 近い実例の人, 近い実感を得よう, 近い実験用テーブルの端, 近いだった, 近い客席を持つ, 近い客数であつ, 近い宣命が対立, 近い宮廷の巫女達, 近い宮社が多い, 近いらしく下駄, 近い家中の老若, 近い家庭内での交渉, 近い家柄であるという, 近い容易さを, 近い容貌を持つ, 近い寂しく白白と, 近い寂寞たるお, 近い寄附金が集まっ, 近い密接なもの, 近いさに, 近い寛ぎを感じた, 近い寝床で仮, 近い寝間へ寝かせよう, 近い寡兵と不利, 近い寡黙な侍, 近い寫眞器を買つたそれ, 近い寺島村はそれ, 近い寺町を冬, 近い寺院を隠れ家, 近いをこの, 近い将来ヨーロッパから東アジア, 近い将来友達としてもたなけれ, 近い将来外国に設置, 近い将来整理転業救済という問題, 近い小仏峠の城山, 近い小作者が集っ, 近い小判型に打抜い, 近い小吏だった, 近い小堀の路次裏, 近い小屋からのぼる, 近い小屋がけみたいな小, 近い小山の裾, 近い小島と云っ, 近い小崎のほか, 近い小径を登り, 近い小暗い隅で, 近い小柄な舞踏, 近い小舟町にゆかり, 近い小荷駄隊と約, 近い小菅村に沿うた, 近い小谷の落城, 近い小高い赭土山の上に, 近い少女達の中, 近い少年が身, 近いが御, 近いの方, 近い尾羽打枯らした姿, 近い居留地の鋪道, 近い屈斜路湖へ向かつた, 近い屋上庭園にいる, 近い屋久杉があの, 近い屋敷町は東京, 近い屋敷跡には裏手, 近い屋根屋根の波, 近い屍體を解剖, 近いでは深, 近い山あいの自然, 近い山さへまるで, 近い山ぢやもう, 近い山の端から玉, 近い山上に在った, 近い山下の国民学校, 近い山城の国, 近い山奥にこもり, 近い山家では病人, 近い山寄りの地, 近い山小屋へ帰っ, 近い山山は何れ, 近い山川の岸, 近い山径で一人, 近い山林へ入っ, 近い山王台の森, 近い山端にある, 近い山腹に十軒あまり, 近い山芝の広やか, 近い山荘では網代, 近い山藤のにおい, 近い山道乙種は水, 近い山里の郷士, 近い岡崎を退き, 近い岩蔭で弁当, 近い岩鼻の上, 近い岸本の独身, 近い峰吉としてはお, 近い峰向山と人, 近い峰巒が臥牛, 近い島々のあいだ, 近い島田髷の良い, 近い崎浜という部落, 近い崖上に立っ, 近い崩れ家も善美, 近い巌丈な身体, 近い巌乗らしい老爺, 近い巖乘な身體, 近い川中島の小島村, 近い川原湯温泉に泊つて, 近い川底にも兩國近く, 近い川水毎夏漲り色, 近い川添の娘, 近い川越藩へ行っ, 近い川風が冷たく, 近い工場で作業, 近い左下の部分, 近い左側の隅っこ, 近い巨体をちょっと, 近い之松, 近い巴里のキャバレ, 近いの教祖, 近い市小路という町, 近い希望は多賀ちゃん, 近い帝室の後院, 近い師匠の国芳, 近い幇間の世話, 近い干潟の仄, 近い平和が得られ, 近い平地部では夏, 近い平家の下宿, 近い平等王院の内, 近い平面な組立, 近い年かっこうのほか, 近い年上の生徒達, 近い年寄りで商, 近い年恰好の婦人, 近い幸右衞門は恥, 近い幸雄を奥さん, 近い幼稚園の唱歌, 近い幽かな手懸り, 近い幾日かの間, 近い広い庭園の, 近い広告費を投ずる, 近い床几の上, 近い底石に乗っ, 近いをだした, 近い府中にし, 近い度合で輝くでしょう, 近い庭さきへ出た, 近い庭石に水, 近い廃園をのぞいた, 近いの室, 近い廓町の最も, 近いい庭園, 近い建物のこと, 近い廻廊で珈琲, 近い引例が挙げられ, 近いを描いた, 近い弱味からで, 近い弱点がある, 近い強引策を用, 近い強烈な色調, 近い当主の島津斉興, 近い当局及び教育者たち, 近い当時の監獄, 近い形勝を占めた, 近い形容や句切り, 近い役柄のやう, 近い役目をつとめる, 近い往診の帰り, 近い往還とも思われなかった, 近い待合とに互に, 近い後ろ姿で種, 近い後立山山脈はこの, 近い徒刑囚そういう怪物, 近い徒士町辺に閑居, 近い徒渉場たる十二ヶ瀬, 近い従姉たちも多い, 近い従軍からそこ, 近い御作をとっ, 近い御家人崩れの福村, 近い御殿場仁杉村東はみ, 近い御簾の中, 近い微笑を示した, 近いである, 近い徳川時代から段々, 近い徳望県下に鳴る, 近い徳望縣下に鳴る, 近い心持ちを抱く, 近い心理だった, 近いからかつて, 近い志村の町, 近い応募者がある, 近い応接間でたった, 近い快速力で波, 近いさえ起り, 近い怒りをすら帯び, 近いれを, 近い思想なり趣味, 近い思索と理智, 近い斜まで, 近い急湍をなし, 近いがある, 近い性分である, 近い性格的欠点をも多分, 近い性格者であった, 近い恍惚を感ずる, 近い愕に, 近い恐怖である, 近い恨みもある, 近い息子が自分, 近い恰好で全身, 近い悔恨が体中, 近い悠々たる威厳, 近い悩みを悩み, 近い路を, 近い悪場があり, 近い悪銭を掻き集めよう, 近い悪霊のわざと, 近い悲しみをひそめ, 近い悲惨な心, 近い悲痛の有様, 近い情報を受け取っ, 近い情熱で前川, 近い想像の樣, 近いを表した, 近い意識が次第, 近い愚劣な応対ぶり, 近い愛すべきグローリーを, 近い愛仙閤という旅館, 近い愛宕神社まで散歩, 近い愛着でもっ, 近い感動を味, 近い感情家肌の人物, 近い感情発表の形式, 近い感想を発表, 近い感懐を抱かせた, 近い感触と蒸発区域, 近い感謝と忘れじ, 近い感銘であつ, 近い慨嘆を聞かされる, 近い慮りだったの, 近い憂鬱症に陥っ, 近いさを, 近いの日, 近いの森, 近い成績を取った, 近いを保っ, 近い戦傷を負うた, 近い戦死者を出した, 近い戦線を目ざす, 近い戸倉あたりは昔, 近い戸口に往, 近い戸数をもっ, 近い戸棚暗い煤けた, 近い所作が人間, 近い所有地は何処, 近い所謂劇場広場を中心, 近いで上られる, 近い手すりに柄, 近い手不足で甚だ, 近い手前のガラス, 近い手品に合, 近い手法をとったら, 近い手狭な家, 近い手紙を津田, 近い手頃な枝, 近い打撃的な感じ, 近いひを, 近い扱いをうける, 近い抗争があった, 近いにまた, 近い押入れの中, 近い挙止を現ずる, 近い挨拶である, 近い掛り人のお, 近い掛小屋がぎつしりと, 近い採掘場で地下十八フィート, 近い控えの間, 近い描写はまだ, 近い揚州といふ處, 近い支那や朝鮮, 近い放心状態になっ, 近い政策をとり, 近い直ぐ立退き, 近い敏捷な若者, 近い教会の奇妙, 近い教区ではこの, 近い教室の内, 近い教授の住居, 近い敢闘精神と野性そのもの, 近い敬虔の念, 近い数字をもっ, 近い数点に集, 近い数百町歩の土地, 近い数限りもない, 近い敵機の大, 近い敷石の上, 近い文学のこの, 近い文政時代まで伝わっ, 近い文献になる, 近い文章が劇的動作, 近い文芸であらう, 近い文藝春秋で読み, 近いがあります, 近い断末魔のころ, 近い新しい僧院に, 近い新橋の畔, 近い新橋停車場のまばら, 近い新橋文化クラブに知人, 近い新田場へ疎開, 近い新聞を読ん, 近い方便だつた, 近い方式をとつ, 近い方芳男さんは離れ, 近い旅寝の寝台, 近い旅舎で彼女, 近い旗太郎の直下, 近い旗風の下, 近い日和山の裾, 近い日射しでお, 近い日曜と祭日, 近い日本人ばかりでなく, 近い日本海の眺め, 近い日柄を鱸, 近い日比谷の図書館, 近い日比谷公園の花壇, 近い日没の色, 近い日脚が白っぽい, 近い旧暦霜月初旬の行事, 近い早業だった, 近い早見といふ高台, 近い昂ぶりにさせた, 近い明かり取り窓の下, 近い明かるい月だった, 近い明るさで, 近い明日というもの, 近い明月谷に一つ, 近い昔六十マイル離れた富士, 近い星霜を経過, 近い映画の世界, 近い春秋を迎, 近い時代以来の事, 近い時代錯誤や場所錯誤, 近い時候なのに, 近い時分宿を立つらしい, 近い時分浴室へ行っ, 近い時日を費した, 近い時期あること, 近い時神尾主膳の邸, 近い時節になる, 近い時計がカチ, 近い時間満足に睡眠もとつて, 近い時間的配列であると, 近いであつ, 近い晩成軒という喫茶店, 近い普通の雪解, 近い景観を呈し始め, 近い晴れた朝だつた, 近い智慧をやしなふ, 近い智的な美しい, 近いをかぶつ, 近いい日, 近い暖かい太陽の, 近い暗いところで, 近い暗い遠い夜路を, 近い暗礁の上, 近い暮六つ時であった, 近い暴力団が戦闘, 近い曇色ある表情, 近い曙町に住居, 近い曠野は晦, 近い曲節で大祓, 近い曲線とが全体, 近いに就い, 近い書名である, 近い書物が堆積, 近い書生部屋で勉強, 近い書画収集癖でありました, 近い書込みの残っ, 近い書院が彼ら, 近い曹操と争わせなけれ, 近い曹洞の末寺, 近い前列の, 近い最初の日, 近い最後の坂, 近い月ヶ瀬にことし, 近い月世界の探検, 近い月夜の空, 近い有様でエルベ, 近い有馬の湯, 近い朋友と成った, 近い服装に樹, 近いも, 近い朝食のあと, 近い期間にかうした, 近い木の葉をばらばら, 近い木之本まで一条, 近い木戸をあけ, 近い木戸口のあたり, 近い木挽町三丁目のある, 近い木曜日の夜, 近い木曾川や王滝川, 近い木綿布を産出, 近い木蔭まで忍び, 近い木賃宿にぼ, 近い本当の何, 近い本所の町, 近い本所あたりは死, 近い本棚にのせた, 近い本然の艶, 近い本能的な用意, 近い本道であったの, 近い朱塗の橋, 近い朱色な葉ッ葉, 近い机覗きで読ん, 近い朽葉のや, 近いの山, 近い杉切り株の上, 近い村里のみならず, 近い村長が生れ, 近い条件の下, 近い東京をよく, 近い東栄館の二階中, 近い東洋人であった, 近い東裏通りの寄席, 近いの枝, 近い松下禅尼式ないしは青砥藤綱式, 近い松川浦へ船, 近い板の間に胴中, 近い板屋の納屋, 近い板敷に並んだ, 近い板敷きの方, 近い枕もとで父, 近い枕木の上, 近い果物店であつ, 近い枯れた人柄に, 近い柔かい音にしか, 近い柔らかさは, 近い柳生対馬守など赤ん坊, 近い柴垣の処, 近いの傍, 近い柿沼の最後, 近い校友を持つ, 近い根名草山の巓, 近い根岸の姪, 近い桂河原の佐比, 近い桑畑の中, 近い桑畠の向, 近いの田, 近い桜島の爆発, 近い桜木町のある, 近い桟橋を素通り, 近い條件であらう, 近いの葉, 近い棋風だから, 近いの奥, 近い森林まで純美, 近い植木師たちは例, 近い植物園からこの, 近い植込の萩, 近い椎葉の大河内, 近い楕円で大きい, 近いの木の下, 近い業物だつた, 近い極度の落着き, 近い概念である, 近い榎津や粉浜, 近い槍ヶ岳穂高山常念岳の雪, 近い様式と内容, 近いの木立ちの中, 近い標準語を以て学ぶ, 近い権作の家, 近い権威を持っ, 近い横山城の城門, 近い横浜に住ん, 近い横路地へ這入っ, 近い樹木の葉, 近い樹林の中, 近い樹立枝も葉, 近いのたもと, 近い橋石に至る, 近いの木, 近いに近い, 近い欄干へ身, 近い權作の家, 近い欠配になった, 近いが前, 近い歌寿の家, 近い歎息を感じ, 近い此辺の村, 近い此頃の夜, 近い歩みぶりを決して, 近い歩幅には少し, 近い歴史の上, 近い歴史小説は, 近いは懐かしい, 近い死体の臭気, 近い死傷を出し, 近い死傷者が出た, 近い死者を生じた, 近い死骸を捨てた, 近い残月であった, 近い残本芝の何, 近い残雪の為, 近い殿舎で一臣下, 近い母性の慈しみ, 近い比例の場合, 近い比例項を特に, 近い比較は我国, 近いの部屋, 近い気もちのある, 近い気もち十分であった, 近い気丈の主婦, 近い気候すなわち人工風土, 近い気温である, 近い気配を齎, 近い氣丈の主婦, 近い氣候だつた, 近い水タキ屋をきいた, 近い水上温泉の下流二里, 近い水中には小さい, 近い水桶の底, 近い水沢観音の床, 近い水準に騰貴, 近い水神の社, 近い水蒸気の多い, 近い水郷の常, 近い水難から救われた, 近い水鳥だった, 近い氷原に於, 近い永遠不滅の性質, 近い江西に朝鮮, 近い汽車に乗る, 近い沈んだ光が, 近い沈黙の間, 近いまでも海, 近い河原のやう, 近い河原地まで敵, 近い河口に棲む, 近い河岸沿いの宅, 近い河岸通りへ出た, 近い泉州堺では大内義弘, 近い泊り客そこへそれぞれそ, 近い法文科の門, 近い法隆寺などはみな太子, 近い波打際を照らす, 近い波音を月, 近いのなか, 近い洋服になっ, 近い洋館のポーチ, 近い洒落れた処ゆえお, 近い洛東の粟田口, 近い洞ヶ嶺へのぼっ, 近い洞穴の底, 近い洞窟が穿たれ, 近いはまだ, 近いへ下りた, 近い流れにはあまりに, 近い浄土寺石橋町といふところ, 近い浅場へ出, 近い浅間山や富士山, 近い浅間神社のほとり, 近い浜町の待合, 近いの音, 近い浪人が姉さん, 近い浪音が聞こえ, 近い浮洲の上, 近い海ぞいの牧, 近い海上の島, 近い海人の家, 近い海岸線をもっ, 近い海峡の一部分, 近い海水浴場の脱衣小屋, 近い海路の咽喉岡崎, 近い海阪の末, 近い海面に向け, 近い消費量の数字, 近い消防夫は火傷, 近い液体にし, 近い深更まで酒, 近い深林の中, 近い深海の底, 近い混雑された物売, 近い淺瀬の水, 近い清い生活を, 近い清光寺の卵塔場, 近い渓川のほとり, 近い渓谷へ我, 近い渡殿の戸, 近い渡船場際の医者, 近い際から, 近い温容な山侍, 近い温帯の眠た, 近い温度にある, 近い温泉に行つて, 近い温泉町へ出かける, 近い港町タガンローグに居, 近い湊川の渡し, 近い湖岸の一角, 近い湖畔の宿場, 近い湖面の背景, 近い湘南地方の方, 近い湯屋などはこの, 近い湯川の上流, 近い湯村といふ処, 近い湯滝の音, 近い湿度を記録, 近い源泉から採取, 近い溜りの一間, 近い溜池から赤坂見附, 近い滿洲にも旅順, 近い漁場における鰺, 近い漁港まで行こう, 近いとした, 近い漠然とした, 近い漢塞の居延, 近い漢詩の翻訳, 近い潔癖に禍, 近い潜り戸から邸, 近い潮場の下, 近い澄み渡った晴夜に, 近い激しい戦いが, 近いりを, 近い濕つた土が暖かい, 近い濡縁でそこ, 近い濡須の一城, 近いがあり, 近い火の見では激しい, 近い火事は日比谷, 近い火星人と手, 近い火葬場は何処, 近いを剪, 近い灰色をした, 近い烏帽子をつくる, 近い無名のピヤニスト, 近い無気味な支那人, 近い無礼を働いた, 近い焼けた木の根に, 近い焼津から一気に, 近い焼物を熱愛, 近い焼跡のビルディング, 近い餠が, 近い煙草に遠, 近い熊山にいた, 近い熊谷の町, 近いした日光, 近い熟練労働者がいる, 近い熱度を以て駒井, 近い熱心な努力, 近い熱心さで妾, 近い熱意ああやっ, 近い熱気を帯び, 近い熱湯がほとばしり出た, 近い燒物を造る, 近い燕巣山は赤倉岳, 近い燕楽街の十番地, 近い爐ばたへ, 近い父親の懐, 近いが顔, 近い爺さんで母, 近い爺さん婆さんまで, 近い片品川の上流, 近いが大息, 近い牢獄生活を送り, 近い物体でなほ, 近い物置部屋で私, 近い物語に始まった, 近い物音がした, 近い特別手当がある, 近い特殊な区域, 近い犠牲と面目, 近い犯罪家に首, 近い狂燥を村, 近い狩りの名人, 近い猛獣がまじっ, 近い猟人に一通, 近い之松, 近いで歯, 近い猴どもの名, 近い太人の, 近い猿樂町の下宿屋, 近いの毛, 近い獣的な香水, 近いり者, 近い玄関口の方, 近い玉楠の樹, 近い玉目トキに寡婦, 近い玉石底の矢倉石, 近い琉球神道は組織立つた, 近い琵琶湖の淵, 近い瓜畑で穴, 近い瓦町の露地, 近いさが, 近い甘南備の郷, 近い甚内の奉公人三十余名, 近い生き方をし, 近い生き方以上に真摯, 近い生命感をうけとった, 近い生垣の袖, 近い生活教養趣味をもつ, 近い生活費を出し, 近い生麦村に起こった, 近い生麦村香港在留の英国商人リチャアドソン, 近い用語例と, 近いを売っ, 近い田原にある, 近い田圃道へ飛び出し, 近い田地にはこの, 近い田山氏の詩, 近い田島さんの家, 近い田甫道を小川, 近い田畑飯場つらなり重った西国, 近い田畔の中, 近い田舎町の旅舎, 近い田舎者の女, 近い田野と安来, 近いにございます, 近い甲板の上, 近い男ぶりの人, 近い男女優や踊り子たち, 近い男鰥が住ん, 近い町はずれの岡, 近い町家の主婦, 近いのやう, 近い画家の精神, 近い畑同士は呶鳴り合, 近い畑路を横ぎるころには, 近いの槿, 近い留守の毎日毎日, 近い番屋で働く, 近い番頭は見事, 近い畿内のある, 近い疲労を覚え, 近い病床生活でこの, 近い病気だと, 近い病院の方, 近い症状だったの, 近い痛切なところ, 近い痩せた老人であった, 近い痩躯鶴のごとき, 近い発作にとらわれる, 近い発揚のしかた, 近い発熱で心配, 近い発育不全の少年, 近い発達を遂げ, 近い白昼の日, 近い白色のダイヤ, 近い白長鬚鯨の巨体, 近い白馬岳に至る, 近い白骨温泉に, 近い白髪の老爺, 近い白髯の人, 近い百合香はグレイ, 近い百姓家の前, 近い百姓屋などは漬物桶, 近い皮膚のうえ, 近い益満に軽い, 近い盗賊だが, 近い盛り場にあるある, 近い盛況であった, 近い盞形をした, 近い目標であった, 近い目録の函, 近い直情径行が世に, 近い直観を得ね, 近いが, 近い相似たもの, 近い相川町お船手組, 近い相撲取のよう, 近いの里, 近い真実はこ, 近い真昼の日, 近い真昼中朗明であって, 近い真面目さを眉目, 近いで射るよう, 近い眺めである, 近い眼尻の微か, 近い矢口の渡し, 近い知力をもつ, 近い知合ひの, 近い知識階級の日本語, 近いい真黒, 近い石かげへ短い, 近い石垣の上, 近い石榴市と云う, 近い石灰岩で出, 近い石畳の四辻, 近い砂山との堺, 近い研究員を配置, 近い研究問題が存在, 近い研究室へ入った, 近い研究所の事務室, 近い破れ畳の上, 近い破壊と抵抗, 近い確信にすら変つて, 近いだった, 近いはどこ, 近い社会をのぞむ, 近い社会形態であると, 近い社員の解職, 近い祇園御霊会細記などを見, 近い祖先の当世風, 近い祖父が独り, 近い神仙閣である, 近い神奈川宿の出はずれ, 近い神尾方へ送り込んだ, 近い神様を怖がらない, 近い神田の旅籠町, 近い神社の境内, 近い福太郎の納屋, 近い福富って宿, 近い福島の城下, 近い禿頭の老爺, 近い秀才だった, 近い秀抜のお歌, 近いの日, 近い秋篠川の川縁, 近い科学的想像力が科学的認識, 近い移住開墾者群の一団, 近いには峠越, 近い程よきところに, 近い種々の人, 近い稲城の屋敷, 近い稲田の比較的, 近い稲積の呼び名, 近い稽古は有意義, 近い穀物を貯える, 近い積りかたで庭, 近い空別莊のヴェランダ, 近い空地のところ, 近い空模様を横, 近い空氣の中, 近い空白を隔て, 近い空線を描いた, 近い空間を飛ん, 近い空間概念を与える, 近い竪坑に連れ, 近い端部屋である, 近い竹広あたりまで二十余町, 近い笑い顔をした, 近い第一線に防禦陣, 近い笹子山のてまえ, 近い笹藪ばかりが黒い, 近い筋骨隆々たる下男, 近い答案を一日, 近いでつくった, 近い箱根山群すら容易, 近い節倹家であった, 近い節酒を守つて, 近い築山の間, 近い簡単な服装, 近いをそれ, 近い粒子になる, 近い氷に, 近い粗暴な振舞い, 近い粗末な茶店, 近い精神的産物である, 近い精神障礙をひき起した, 近い精霊らの最も, 近い系統のもの, 近い紀ノ川のほとり, 近い紀三井寺のオコナイ, 近い紀伊の平原, 近い紀州慶福を立てる, 近い約定の下, 近い約束と思え, 近い紅梅の色, 近い純潔で正直, 近い素朴な島びと, 近い紫上と光源氏, 近い紫色の島, 近い細川を渡る, 近い細川越中守忠興の邸, 近い細川鍋島の勢, 近い細道を川沿い, 近い細長い肉片を, 近い細面の顔, 近い紳士荘へいこう, 近い経常費がか, 近い結びつきを持っ, 近い結晶質の骨組, 近い結果が生ずるであろう, 近い結論となる, 近い給料を貰っ, 近い絶叫が私, 近い続きのよう, 近い網代で釣果, 近い緊張が流れ, 近いおどし谷, 近い白髪の, 近いの樹, 近いをなし, 近い線路を好摩四時半發, 近い線路ぎわのはたごに落ちついて, 近い緯度であるから, 近い練粉までこしらえ, 近い練達な御用聞, 近い縁族のもの, 近い縁日では有馬邸, 近い縁起や由来記, 近い繋りをもつ, 近い署名をあつめた, 近いを持ち, 近い美しい会堂も, 近い美事な鮒, 近い美人として冴え返っ, 近い美代吉という婆芸者, 近い美作の七宝寺, 近い美的情緒を再現, 近い美術商店に新, 近い群衆が詰めかけ, 近い群馬多野郡の神流川上流上野村, 近いか, 近い羽交の下, 近い羽村附近とは聞い, 近い老人のりちぎ者, 近い老女が主人, 近い老婆エステルの皺だらけ, 近い老媼と懇ろ, 近い老朽がどこぞ, 近い老母と二人暮らし, 近い老母加来の兄雅重, 近い老爺一人で営業, 近い老衰者である, 近い老齢になつて, 近い者らは手, 近い耕地の中, 近い職工のタイム, 近い職業婦人の落着, 近いの一切れ, 近い肉体の持主, 近い肉太のもの, 近いつちよ, 近い肥った女が, 近い肥前大村の士族, 近い肥大漢である, 近い肥後の南端, 近い肥後葦北の水俣, 近い背面の羽色, 近いなしの, 近いの低い, 近いつた石にも, 近い腐った石にも, 近い腕力に対, 近い腕力家の勘弁勘次, 近い腰掛けにロシア女二人, 近い臥室に連れ出し, 近い臥床から這い出し, 近い自信が俺, 近い自分たち二人の男, 近い自動車までと傘, 近い自動車屋のハイヤー, 近い自然界の古い, 近い自身の荘園, 近い至って頑丈な, 近い至芸で上, 近い興奮で, 近い興奮状態にある, 近い舊陸軍病院下あたりだらう, 近い舗道の上, 近い舟形村の長沢, 近い般若坂にかかる, 近いの方, 近いにざあっとあたって, 近いはわたり, 近い船旅では毎日, 近い船着きであったから, 近い船繋場には和船, 近い艦長は若者, 近い良い土地がらご, 近い色々の名称, 近い色彩の発現, 近い色白の垢, 近い色調が陽, 近い色香の薄らぎ, 近い艶沢のある, 近い芝区の果, 近い芝居だと, 近いの中, 近い花崗石の岩盤, 近い芸人として聞き耳, 近い芸人たちが待ち合わせる, 近い芸者が一人, 近い芸者屋の小路, 近い芸術とし, 近い芹菜堡子とかいう所, 近いが特に, 近い苛ら立った気持ち, 近い苛酷な批評, 近い若妻を苦しめ, 近い若年寄遠藤但馬守の辻番所, 近い若者となり, 近い若葉青葉に逞しい, 近い苦しげな, 近い苦しみを感じ, 近い苦境に立っ, 近い苦悩を負っ, 近い苦悶と落胆, 近い苦痛が刻まれ, 近い英国教会の墓地, 近い英彦山参りや, 近い茄子はまだ, 近い茗荷の葉, 近い茶の間には菊龍, 近い茶店まで送つた, 近い草原に来, 近い荒家の中, 近い荒涼たる寒村である, 近い荒物屋の二階, 近い荒物屋兼お休み処といつた, 近い荒野の中, 近い荷物は葛籠, 近い荷駄と源太左衛門, 近い菊判の雑誌, 近い菖蒲河岸の団子屋, 近い菜の花に白い, 近い落ちつきと冷静, 近いの中, 近い物を, 近い葡萄色の軽装, 近い古の, 近い蒼古とした, 近い蒼白い顏で, 近い蓮池に雨, 近い蔦屋という引手茶屋, 近い蔵前には各自, 近い蕎麥畑には蕎麥, 近い薄ら影に包まれた, 近い薄化粧で少し, 近い薄日を映えさせ, 近い薄暗い森陰の, 近い薬院今泉に住ん, 近いで四隅, 近い藍色の水, 近いの根, 近い藤岡という町, 近いの中, 近い藪畳で初夏, 近い虎ヶ窟に移り棲む, 近いの世界, 近いは三春駒, 近いを思わせた, 近いの驚い, 近い蜂谷のところ, 近い蝦夷の西岸オタルナイ, 近いのツナガリ, 近い血気盛りとあっ, 近い血筋だから, 近いを見る, 近い行き方に相違, 近い行事です, 近い行数を占め, 近い行為に報, 近い行程と息詰る, 近い行道や群舞, 近い街女房のお, 近い街燈の丸い, 近い街裏に下宿, 近い街角を曲り切っ, 近い街路へ出, 近い衛星ほど回転速度, 近い衝撃をうけ, 近いの一邑, 近いのほう, 近い表玄関を選んだ, 近い衰滅の色, 近い被告がばら, 近い被布を着, 近い装飾を付け, 近い裏づけをもっ, 近い裏家に此表札, 近い裏山の方, 近い裏木戸が開く, 近い裏道が開け, 近い裏門を出, 近い裾花川にあっ, 近い西口ミサ子の家, 近い西向の校舎, 近い西国の小さい, 近い西日に照らされ, 近い西草深のはずれ, 近い西青沼のはずれ, 近い要素を探し求め, 近い見当である, 近い見物衆をも同じ, 近い視線に遠く, 近い覚悟が出よう, 近い親しさを, 近い親しいものに, 近い親仁で加賀, 近い親類同士でさらに, 近い親類筋なので, 近い観客を前, 近い観想が氏, 近い角体の二辺, 近い角度で上昇, 近い解決として今日, 近い解決法をとる, 近い解釈を与へる, 近い触覚若しくは味覚, 近い言い伝えが常人, 近い言葉づかいを為し得る, 近い言行とによつ, 近い計算が得られるであろう, 近い記録のなか, 近い設備をもつ, 近いでも, 近い訴訟の後, 近いさえもあった, 近い詞章の本義, 近い試煉として遙, 近い話しが人, 近い誇りを抱かせた, 近い語脈を伝え, 近いである, 近い説明を加え, 近い課程を和助, 近い諏訪地方では桜, 近い科学と, 近い諸々の概念, 近い謹慎の日, 近い警察の横, 近い警戒の色, 近い議論でありますが, 近い護國寺にはかの, 近い護摩堂へとかけつけた, 近い護衛艦である警備潜水艦隊, 近い谷中まで送らせ, 近い豊公の家, 近い即ち説卦, 近い貝殻の堆積, 近い貞女ができた, 近い負傷兵の何となく, 近い貧しい町, 近い貧乏所帯であの, 近い貧乏暮しをし, 近い貧弱な男, 近い貧民女子を強制的, 近い貧民窟で, 近い貧農たちの無, 近い貴婦人めいた人, 近い賄賂を納め, 近い資料として今, 近い賑やかな街, 近い賑やかさが脉, 近い質素なアパアトメント, 近い贋物があり得る, 近い赤児の匂, 近い赤土の地肌, 近い赤坂の一丘, 近い赤尾は信者道宗, 近い赤彦君を呼ぶ, 近い赤模様の絨毯, 近い赤魚をサンザン苦労, 近い道美を, 近い越後屋というの, 近い趣味の所有者, 近い休めの, 近い足柄山を越え, 近い足跡を語る, 近い足音なの, 近い路ばたに, 近い踊りにはその, 近い踏切の番人, 近い身上を捨て, 近い身体を窮屈そう, 近い身分の方, 近い身柄ですが, 近い身辺にそういう, 近い軍人的な好, 近い軍勢をた, 近い軍用金を集めた, 近い軍神マルスの影響, 近い軍隊を新た, 近い辛苦で少し, 近い農民の副業, 近い辺土にも, 近い迎え講の, 近い壁の, 近い近代人であるばかり, 近い近代的造営物にはずいぶん, 近い近江の山峡, 近い近親関係を有っ, 近い返答が解答, 近いの曲り角, 近い通りを走っ, 近い通信法となっ, 近い通路だよ, 近い造形美術的効果により結末, 近い連峰を前, 近い週期あるいは擬似的週期, 近い桜が, 近い遊戯は鶏, 近い遍歴の間, 近い過去現代と離れない, 近い道すじであり支那, 近い道のりである, 近い道傍の海岸側, 近い道具屋にあつ, 近い道徳もあった, 近い道灌山の聴音隊, 近い道端に林檎, 近い道路の小石, 近い達成し得ら, 近い遠いなどということ, 近い遠くまで干潟, 近い遠浅の春, 近いに光り, 近い那珂川縁あたりから拾っ, 近い邸外に住む, 近い郊外電車での出來事, 近い部下たちが外, 近い部屋数がある, 近い部類だわい, 近い郵便配達の爺さん, 近いへ行く, 近い都市や地方, 近い鄒七嫂まで人, 近い酸素と化合, 近い重みをもっ, 近い野山はゆ, 近い野積浦の高津家, 近い金ぷらや千種の二階, 近い金峯山という山, 近い金持ちの後家, 近い金棒曳聞いたこと, 近い金髪の頭, 近いを逆, 近いらしいという, 近い針金の上, 近い釣革へつかまる, 近い鈍い白さが, 近い鉄道の踏切, 近い銀之丞が二十五, 近い銀山は足利幕府時代, 近い銀座の雜沓, 近い銀座裏のある, 近いをとっ, 近い銃後に赴い, 近い銘々の部屋, 近い鋒先から迸る, 近い鋭い眼や, 近いが附い, 近い錢湯へ行, 近いを取り出し, 近い鑓ヶ岳の山頂, 近い長めの大小, 近い長屋式の家, 近い長屋門のイヤ, 近い長篇を熱心, 近いの方, 近い門人共は疾く, 近い門付け物貰いの徒, 近い開墾小屋はとても, 近い閑寂な日, 近い閑静なところ, 近い間がらである, 近い間ここに過した, 近い間口二間の古ぼけた, 近い間平次と八五郎, 近い間日の光, 近い間満されない月日, 近い間畿内の諸国, 近い間癩患者を眺め, 近い間耕吉の放埒, 近い間違方だろうとだけは, 近い間隔は乳房, 近い間隙があった, 近い間電車通りの真ん中, 近い間食を孫茶, 近い関係上ひまさえある, 近い関係者以外のだれ, 近い関東の田舎, 近い闇黒の奥, 近い闘志に充ちた, 近い防線の一つ, 近い阿佐ヶ谷村には遠い, 近い阿呆です, 近い阿弥陀ヶ峰の土, 近い附添婦であった, 近い降りやうになつ, 近い陸地である, 近い陸軍の退役将校, 近い陽あしあれに見える, 近い陽光が一面, 近い陽脚を見せ, 近い隅っこに鉄格子, 近い階段まで下りかけた, 近い随分不便な, 近い障子の桟, 近い隣人を駆逐, 近い隣國の影響, 近い隣地にあった, 近い隣家は二十マイル下, 近い隣接国民の語彙, 近い集落というの, 近い集金の天保銭, 近い雑木林の中, 近い雑用宿の二階, 近い雑草が算, 近い雜閙の中, 近い離礁の岸, 近いにあわれました, 近い雪山が沢山, 近い雰囲気のもの, 近い雲水の僧, 近い電動機室で界磁抵抗器, 近い電子と店先, 近い電話口まで行った, 近い電車どおりのむこう, 近い電車通りの氷屋, 近い震えを帯び, 近いの氷り付いた, 近い霞み方である, 近いを認めた, 近い露路のなか, 近い露路裏でちょっと, 近い青年紳士だった, 近い青木阪の不動様, 近い青空の下, 近い青緑色でくっきり, 近い静かさを示し, 近い静けさできい, 近い静岡県下の養魚場, 近い靜けさがその, 近いをあげ, 近い面白みを予測, 近い面積である, 近い革張の椅子, 近い靴跡には周囲, 近い音綴ほど大切, 近いを指し示した, 近い頃そこの塾, 近い頃どこから入った, 近い頃やつと白河, 近い頃わたくしが昼食, 近い頃一ばん大きな祭, 近い頃三人の盗賊, 近い頃三吉は自分, 近い頃三輪明神の境内, 近い頃三間町の菊太郎, 近い頃不幸か何, 近い頃出勤の与里, 近い頃参詣があった, 近い頃吾儕は散歩, 近い頃夏の日, 近い頃大宮人に扮, 近い頃大阪では天満, 近い頃夫が拾っ, 近い頃山から東京, 近い頃平次は紙入, 近い頃幾人の盗賊, 近い頃庭門の方, 近い頃彼は近頃, 近い頃彼岸も過ぎ, 近い頃彼方から来る, 近い頃戯曲にまで作られた, 近い頃敬助はまた, 近い頃新三郎は奉行所, 近い頃新大橋の藩邸, 近い頃朝から午, 近い頃村長と巡査, 近い頃東京からそれ, 近い頃檢屍萬端濟んでしまつて, 近い頃母屋の此方寄り, 近い頃氷川様の祭礼, 近い頃江上遠く水寨, 近い頃涼みは時候, 近い頃渋谷で省線, 近い頃狛家の召使い, 近い頃石原の利助, 近い頃自分は, 近い頃蝋燭のたっ, 近い頃蟹澤の小屋, 近い頃逞ましいドーベルマン, 近い頃長谷川は遠く, 近い頃青年は病的, 近い頑固な鏃, 近いの紅い, 近いの上, 近い頭上に聞こえた, 近い頭数だけ雑誌, 近い頽然たる老人, 近い顏地味な身扮, 近い顔つきになつて, 近い顔立ちの娘, 近い類人猴の内, 近いきの, 近い風光明媚の地, 近い風変わりな性質, 近い風情です, 近い風景で汽車, 近い風趣がある, 近い飛瀑を奔下, 近い飛石の辺, 近い飛鳥神社の木立, 近い食臺を占めた, 近いを口, 近い飴色の陽, 近い餅ここの餅, 近い養家清水屋の舗, 近い養生地と云え, 近い餐會に出席, 近いの築地, 近いが並ん, 近い香取鹿島の大, 近い香蔵に比べる, 近いの真下, 近い馬具師の家, 近い駅前の山陽ホテル, 近い駅路の海港場, 近い駒留橋から左, 近い駿河の海, 近い駿河台に引越し, 近い騰貴で問題, 近い體裁を存, 近い體質をもつ, 近い高みになっ, 近い高値を呼ん, 近い高山の雪渓, 近い高所から眼, 近い高札場の前, 近い高浜へ一晩, 近い高緯度の空気, 近い高輪の通り, 近い高齢なので, 近いとまるで, 近い鬼王丸は謝罪, 近い鮎沢の家, 近い鮮明な緑, 近い鯖江の町, 近いが悠々, 近い鰊倉庫の横, 近い鰮鯨が作業員, 近い鳥居峠までも楽, 近い鳥籠の中, 近い鳥越町に渡辺省亭画伯, 近いの頻りに, 近い鶏肉屋の二階, 近いの頻りに, 近い鷄龍山から窯跡, 近い鷲峯山下の山, 近い鹽山へ一度入浴, 近い鹽津をまだ, 近いまじりに, 近い麦畠の中, 近い麦稈を空, 近いの花びら, 近い黄昏なの, 近い黒人が油布, 近い黒木の茂った, 近い黒装束一度にムクムク, 近い黒谷の寺中, 近い黒部川の河原, 近いやきつい, 近いをし