青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「花~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~艶 艶~ 芋~ 芝~ ~芝居 芝居~ 芝生~ 芥川~ 芭蕉~ ~花
花~
花嫁~ 花火~ 芳~ ~芸 芸~ 芸人~ 芸妓~ ~芸者 芸者~ ~芸術

「花~」 33624, 323ppm, 301位

▼ 花~ (7420, 22.1%)

274 ように 212 ような 115 咲いて 92 やうに 63 中に 62 上に 54 やうな 49 下に 39 香が 37 美しさ 36 香を 34 色は 28 下で 27 色を 26 中へ, 匂いが, 名を 24 香に 23 中で, 中を 21 色が 20 ことを 19 中から, 咲く頃, 間に, 香の 18 下を, 様な, 色も 17 上を, 匂いを, 匂ひ 16 中の, 形に, 色の 15 にほひ, 冠を, 姿を, 枝を, 香は 14 前に, 咲くの, 方が, 盛りの 13 都の 12 散るの, 色に, 蕾が 11 かげ, 上へ, 名は, 影が, 枝に, 様に, 盛りに, 雨 10 中には, 咲いたよう, 咲く時分, 形を, 束を, 盛りは, 蕾の, 間から 9 匂の, 形が, 盛りを, 色, 間を, 香りを

8 [11件] あいだに, さいて, すがた, 下の, 下へ, 姿に, 姿は, 宴の, 白さ, 鉢を, 頃に

7 [19件] お江戸, つぼみの, においが, ようだ, 匂いの, 咲くこと, 姿が, 慰問隊の, 模様の, 環を, 種子を, 色と, 蔭から, 蔭に, 蜜を, 鎖を, 顔を, 香りが, 香りの

6 [23件] き村, ごとく, なかに, やうだ, やうで, ようで, 上にも, 代りに, 咲くや, 咲く木, 小枝, 影を, 散るよう, 方へ, 盛りで, 盛りである, 絵の, 蕾を, 都に, 都を, 雲を, 香と, 香りに

5 [45件] いろ, かげから, さかりを, ために, ところへ, にほふ, ようだった, 一つ一つが, 傍へ, 匂, 名が, 名前を, 命を, 咲いたの, 咲く, 咲く季節, 如くに, 字を, 季節に, 定座, 山, 影に, 御所の, 心が, 心を, 慰問隊, 手を, 数が, 数は, 日の, 木の間に, 白いの, 石楠花が, 種類は, 絵を, 花粉を, 茎を, 萼は, 話を, 都へ, 鎖の, 間で, 露を, 頃の, 香か

4 [75件] ありかを, かげに, かげを, さかりである, ない桜, においを, ひらく音, ものを, ようであった, よな, トンネルを, 一つだ, 一つを, 上の, 下には, 下は, 世話を, 中でも, 中央に, 匂いに, 匂いも, 匂が, 名の, 咲いた野原, 咲き出す, 咲き満ちた, 咲く前, 咲く時, 咲く木の下, 咲く野原, 唇を, 如く美しい, 宗匠の, 宴に, 家に, 小さくし, 巴里の, 巷に, 師匠の, 底から, 形は, 影の, 意である, 方に, 方を, 春, 春の, 枝が, 根に, 梢に, 梢の, 様子を, 樣な, 波が, 灯籠を, 為めに, 盛りが, 盛りも, 種を, 精が, 結晶の, 絵が, 群れが, 莟を, 蕊の, 趣は, 開くを, 露, 青蓮華, 面, 頭の, 風情を, 香で, 香も, 香りは

3 [141件] あたりを, あひだ, あるところ, あるの, ある庭, いうこと, うちで, お茶の, かたちと, かたまりの, そばへ, ちら, ちるを, なかった, なかで, ほうが, ほかに, ほとりに, ほの, ほろほろと, まはり, めでたさ, ものが, やうなる, ゆめ, よさ, 一つが, 一つで, 一枝が, 一枝を, 上で, 下, 下から, 下にて, 下蔭, 中心に, 傍に, 冠, 冠が, 匂いと, 匂で, 匂ふ, 匂り, 匂を, 名でも, 名も, 名所の, 向うに, 吹雪が, 命は, 咲いた家, 咲いた藪, 咲かない, 咲かないもの, 咲かむ, 咲きそう, 咲き乱れて, 咲くころ, 咲く春, 咲く時節, 咲く野山, 塵, 好きな, 如きもの, 如き少女, 姿の, 宴, 家の, 山が, 帽子を, 形ある, 形の, 影, 影は, 影も, 影女の, 後に, 後には, 御宴, 慰問隊を, 散つて, 散る頃, 數, 方で, 日に, 時分に, 曠野へ, 木かげの, 本の, 柱頭に, 梢には, 梢は, 生命が, 画看板を, 盃を, 盛りだ, 真盛りの, 簪が, 簪を, 精の, 紅なる, 紫は, 絵など, 美しいの, 群が, 腕を, 自然の, 色で, 色や, 色彩も, 色盛者必衰の, 茎の, 茶入れを, 茶屋へ, 莖の, 莟の, 蔭の, 薫ふ, 行事, 話が, 赤さ, 身の, 都, 鉢が, 錦を, 開くよう, 間の, 雨に, 雲, 雲の, 霞に, 露に, 露の, 面影は, 頃は, 頃を, 顔が, 飾が, 飾を, 香気は, 香漂う

2 [447件] あいだを, あかきは, あたりの, あつた, あること, ある事, ある待遇, ある時, いい香り, いのちの, いろいろに, いろは, うちでも, うちに, うち最も, うつくしさ, えご香の, えんの, おもて, お師匠, お師匠さん, お稽古, かおりに, かおりは, かおりを, かげかは, かすかな, かたちの, かをり, かをりも, くさつたやうに, くれな, ことは, こぼれて, ころは, ごと, ごとき妙齢, ごとく美しく, ごと見, さいた梅, さかりだけは, さかりで, さかりなり, さかりには, さかりの, さかりは, さかりも, さかりをを, さやかに, しとど濡れたる, すだれ, すべての, そばに, たえま, たよりに, たよりも, たよりを, ちりて, ちる, ちるころ, ちるばかり, ちる日, ついたガーター, つぼみは, ところまで, どれを, ないもの, ない庭, なか, なかを, ながめに, なきがら, においと, においに, においの, ひとつ紅き, ひと木立臈, ひらいては, ふ, ふさが, ほかにも, ほかの, ほのかに, まわりには, まん中に, もとに, もとにて, ものも, やすら, ようです, ようなおも, ようには, よごれたの, よろしさ, わがめぐし, わが丈, をとめ, アントは, コップが, トンネルに, ワルツ, 一つに, 一つも, 一つ一つに, 一つ一つを, 一ぱいに, 一ぱい咲い, 一夜落ちつつ, 一時に, 一束を, 一片が, 一輪に, 一輪附いた, 上なる, 上には, 上は, 上や, 上る時, 上をも, 下あたりで, 下かげに, 下では, 世界の, 中なる, 中明るみづみづし燈の, 乏しも, 乙女の, 乾したの, 事は, 二の, 人を, 今を, 佐久夜毘賣, 佐久夜毘賣を, 佐久夜賣, 便りが, 側に, 光を, 児を, 冠の, 前で, 匂いだけが, 匂いは, 匂いや, 匂うが, 匂ひがした, 匂も, 包みが, 占ひ, 印象と, 口を, 句を, 名と, 名などを, 名所で, 吹雪と, 吹雪に, 吹雪の, 周囲を, 咲いたもの, 咲いたよりも, 咲いた時分, 咲いた木, 咲いた木の下, 咲いた池, 咲いた窓, 咲いた高原, 咲かないこと, 咲き乱れた四月, 咲き乱れた野原, 咲き出す頃, 咲くところ, 咲くまで, 咲くもの, 咲くサクラ, 咲く丘, 咲く余地, 咲く入江, 咲く南, 咲く南方, 咲く圃, 咲く日, 咲く村, 咲く植物, 咲く樹, 咲く比, 咲く池, 咲く草, 哀れを, 哀亮を, 品ばかり, 唱文, 喜びと, 噂に, 園, 垂れさ, 夜は, 大きく凛と, 大事な, 大輪が, 失せぬところ, 奥に, 奥の, 女の, 女を, 女王に, 如きを, 如くな, 如く春殿, 如く美しく, 姿である, 姿と, 姿も, 字が, 季節と, 季節は, 宴が, 家, 家だ, 寂しさ, 密生した, 富籤, 寺, 寺の, 小説に, 少し大きい, 山です, 山に, 山を, 島田を, 差入れは, 師匠か, 幕兼好を, 底に, 廣い, 弁が, 強烈な, 形から, 形だけは, 形と, 形や, 径を, 後ろに, 御幸, 御手玉, 徴に, 心に, 慰問隊は, 房を, 手から, 手に, 手袋の, 手足を, 持味は, 教, 散ったあと, 散ったこと, 散ったの, 散ったパリ, 散った梢, 散って, 散つたあと, 散つた後, 散りすぎたころ, 散るかな, 散ること, 散る下, 数を, 敷物を, 日々に, 明るさ, 時, 時には, 時の, 時は, 時代を, 暮陰に, 書, 最も艶麗, 月, 木の間の, 木の間を, 木蔭に, 末を, 村を, 杖を, 束が, 束や, 枕花の, 林の, 林を, 枝, 枝の, 根には, 栽培を, 梢も, 梢を, 植物生理的機能を, 構造を, 様だ, 樣に, 歌の, 歌を, 死骸を, 汁が, 汁を, 活けて, 淡い匂, 淡紫色, 淫蕩粗雑な, 清楚な, 済んだ後, 滝と, 濡色あかし蟹の, 燃ゆる, 燈の, 特徴を, 甘い臭, 生け方, 番を, 番号を, 白きを, 白くちる, 白く咲いた, 白と, 白妙は, 盛に, 盛の, 盛りには, 盛り殊, 直径は, 眺めも, 眼の, 着物を, 磔刑柱の, 種の, 種は, 種類が, 窟の, 立枝の, 端の, 笑ひもながめ, 粒が, 精か, 糸口, 紅さ, 紐とく, 紫が, 紫の, 紫色に, 絵, 絵に, 綿が, 美が, 美に, 美は, 美を, 群の, 群は, 群れは, 群れを, 腹部を, 臥床だ, 色いつぞや, 色彩の, 色香に, 色香を, 花綵を, 若え, 茎に, 茎は, 茶屋, 萼の, 落ちて, 落ちるの, 落ち方, 蔭を, 蕋を, 蕾は, 薺, 蜜に, 袋を, 裡に, 見事に, 見物人が, 言ひ, 言葉は, 許へ, 証言で, 証言の, 象徴である, 象徴と, 豪華さに, 赤いの, 趣が, 跡に, 身に, 身の上を, 輪が, 送り主を, 逞まし, 道の, 部屋に, 都には, 都も, 野は, 野を, 鉢, 錦や, 鎖が, 鎖に, 開く毎, 陰に, 雨との, 雨の, 雨を, 雪は, 雫に, 雫の, 雫を, 雲鐘は, 霞の, 露にも, 面影を, 音, 頸は, 顏を, 顔, 類を, 顫ふ, 風, 風が, 風情に, 飾るらむ, 首を, 香, 香おくる, 香しきを, 香であろう, 香のみ, 香ふかき, 香りでも, 香りと, 馬の, 骸骨, 麗は, 黄の

1 [3277件 抜粋] あいだから, あしたを, あちこちに, あはれさが, あまりあざやか, あるじに, ある時分, いい香い, いっぱいさいた, いのちに, いるの, い照りか, うしろ姿を, うつらう水, うら, えまし, おつ, おめかしを, おりに, お茶碗, かおり子供, かげうつしたり, かざりが, かたまりは, かはり, かゆれ, かんばせ星の, くも, こずえが, ことだけしか, ことよりも, こぼるる, こぼれる南国, ころを, ごときは, ごとき芳香, ごとくなつかしい, ごとく土, ごとく玉, ごとく輝く天津乙女, ごと掻練好むや, さいた田舎, さかないかれた, さかりなれ, さかんに, さくころ, さく野原を, さみしいこと, しげって, したに, しなって, しぼむ日, しらべを, しろきを, じく, すさまじき, そのかんばしい, そばで, それの, たくさん開いた, たは, たより, ちらちらする, ちる夜はけ, ついたの, ついた白い, ついた頭, つぼみが, つゆう, とこなど, ともしき深, どっさり飾られ, ない時, ない道, なかへ, なだれ下った, においだろう, にほへる, はいつた支那, は折々, ひとつひとつが, ひらく, ぺんぺん草に, ほこらしげ, ぼうしか, ましろく, まなじり, まわり鉢の, むらがりの, もつて, もの珍らし, やうな生きた, やはり実, ゆらぐ中, ような潜んだ, よそおいを, わきで, クキの, サンタマリア寺, ヅクノキ科に, トンネルは, パリも, ベコニヤは, マユミの, 一だれ, 一つ一つは, 一を, 一房, 一枝も, 一盛り, 一茎も, 一輪の, 三字を以て, 三月浮きうき, 上にく, 上下前後を, 下すなわち, 下ゆく, 下町娘と, 下風吹き, 両人が, 中ならず, 中央には, 中道の, 乏しい天竺葵, 乱るる, 亂れたる, 事の, 京に, 仄めいたり, 仕掛けは, 仲間や, 佐久夜毘賣ま, 使者を, 係りの, 候よ, 傍を, 先端が, 児でございます, 全体を, 内部である, 写真の, 冴えた紫色, 凋落この, 出来は, 切手も, 刺繍ある, 前にも, 動悸が, 匂いであろう, 匂うカトリーナ, 匂ひと, 区別が, 印を, 友染で, 取持ちで, 叢から, 叫び, 合間から, 名ぐらい, 名や, 名古屋の, 吐息, 向きを, 吹き溜まりが, 味を, 命永, 咲いたばけもの, 咲いた並木道, 咲いた小さな, 咲いた時, 咲いた橘, 咲いた田, 咲いた胡麻畑, 咲いた薔薇等, 咲いてる小さな, 咲かないコスモス, 咲かない樹, 咲かなくなった蓮, 咲きそめに, 咲きに, 咲きみだれた三田村, 咲き乱れた園, 咲き乱れた葵, 咲き後れたるを, 咲き盛った, 咲き軟か, 咲くがまずみ, 咲くは, 咲くショウキラン, 咲く候, 咲く寄宿舎, 咲く時期, 咲く秋, 咲く話題, 咲ける, 哀れな, 品評会の, 問いを, 噂かな, 四片は, 図解剖諸事は, 国へ, 土鉢を, 坊ある, 垣た, 場合でさえ, 塊が, 塵も, 売り上げで, 夕が, 夕暮ミチミは, 多いと, 多い田舎道, 夜あけぬ, 夢いまいづこぞや, 大きいゆれ, 大きな文様, 大慰問, 大群生, 天然の, 奴しげしげと, 如き刺青, 如き女形, 如くおのずから, 如く云々, 如く夕月, 如く玉, 如く赤い, 如けんか, 妖なる, 姨捨山, 姿までが, 姿対照は, 嫌いな, 季節などには, 実にいる, 宮, 家だらう, 家瓢六といふ, 富貴なる, 寺と, 封じ込まれたお, 小土佐, 小車, 尖端は, 屏風や, 山うっとり, 山新緑鬱茂し, 崇拝者だ, 差入れうれしみ, 巴里にも, 師匠などは, 常夏, 幻の, 幾つかおも, 序を, 座があたかも, 庭に, 弁で, 弁当箱は, 強い匂い, 形で, 形状も, 影こそ, 影見え, 後ろの, 御所, 微笑が, 心から, 思ったよう, 怨み, 恰好まで, 惜ま, 愛らしい形, 感じは, 慰問隊一同こんな, 成長に, 房幹の, 手を通して, 打ち乱れて, 折れたよう, 持って, 挿したの, 描いた茶碗, 揺れるよう, 撫子の, 散った後, 散らないうち, 散りかけた萩, 散りどころ, 散り候, 散るな, 散るを, 散る朧夜, 数群るる, 文身が, 新鮮な, 既に散っ, 日よりも, 早咲きであった, 春も, 昼ふかい, 時ミカンの, 時分には, 時過ぎ, 暖地に, 月夜です, 朝酒を, 木の下に, 木陰など, 本当の, 束ねは, 林は, 枯れたの, 根の, 根強い力, 梢と, 植物学上の, 榮える, 様子も, 模樣の, 樹木が, 歌で, 歌花の, 母親が, 氈を, 水か, 江戸へ, 沢山咲いた, 泡が, 流れて, 浮かしを, 消息にさえ, 渦の, 満開位は, 濃い色, 炭釜に, 無限の, 燈籠を, 状ほとんど全く, 玉の, 王者と, 甘い匂い, 生垣だらう, 生籬の, 畑が, 番地を, 発らくエゴノキ科の, 白い梢, 白き畑, 白く咲ける, 白玉に, 白馬黄耆や, 盛であった, 盛りであり, 盛りにも, 盛況を, 目印でも, 真っ盛り, 真盛りと, 眺めは, 瞳子は, 知識も, 研究書の, 神経が, 秘密は, 種である, 稽古に, 穂の, 穗に, 窟に, 立去る気勢, 笑み咲く, 節において, 籠には, 精, 精達だ, 紅が, 紅潮を, 純粋にも, 紫と, 組織及び, 絡んだ鉄柵, 絵は, 絶えぬよう, 絶頂であり, 緋紫にも, 縫ひつぶし, 美しい池, 美なる, 美麗な, 群れ紅, 群落みたいに, 者が, 肌にも, 背から, 腐つて, 自慢の, 色した, 色どりの, 色までが, 色実に, 色緑葉の, 艶麗は, 芯の, 花びらででも, 花壇の, 花柱それは, 花穂の, 花自身は, 芽は, 若い衆作蔵百松高太郎小僧樽つくりの, 茎だの, 茶入れだけは, 茶屋も, 莚月の, 菫を, 萎れた朝顔, 落たる祥, 落ちる落ちぬについては, 葉は, 蓮華に, 蔭かな, 蔭には, 蕋より, 蕾です, 薄り, 薫あらん, 薫りとで, 蘂の, 螺鈿, 行幸が, 街の, 表紙と, 裂目の, 褪せた色, 見える雪, 視像, 解剖, 評判で, 話すこと, 象, 貴族と, 赤白ピンク淡い, 趣致に, 踊りには, 輝きて, 輪廓だけが, 近接した, 透き徹る, 遅いここら, 運送の, 邊より, 都が, 都なりける, 都今何ぞ, 酒杯を, 重心の, 野山に, 鉄線か, 錦が, 門なら, 開ききるまで, 開く工合, 開けるにや, 開落にも, 間違いじゃ, 陰の, 集まつた, 雨なやましく, 雪とを, 雫衝と, 雲は, 霊に, 露も, 青春に, 面の, 音なる, 頃には, 頭などは, 顏, 顔ばせ耳の, 願を, 風乍らこの, 飛びちって, 飾りが, 香いに, 香しるき, 香などで, 香ひと油の, 香りある, 香をを, 香氣で, 馨は, 高いの, 鬼され, 鮮かな, 黄染を, 黄金色こそ

▼ 花~ (5358, 15.9%)

104 つけて 98 咲かせて 91 見て 50 持って 39 摘んで 29 買って 28 眺めて 26 もって 24 開いて 22 手に 21 見ると 20 持つて 17 咲かして, 売って, 引いて, 折って, 着けて 16 見に 14 咲かせた, 活けて, 見れば 13 ながめて 12 取って, 咲かせたり, 持たせて, 挿して 11 さして, 咲かせるの, 生けて, 著け, 見た 10 つけた, 咲かせること, 見つけて, 見ても, 見るの, 集めて 9 採って, 開いた, 開く, 飾って 8 かざして, 咲かせる, 植えて, 眺めながら, 綴って, 胸に, 見せて, 見ながら, 見る 7 咲かせたの, 投げて, 描いて, 摘んだり, 見ること, 開くの

6 [15件] さかせて, つけたり, つけた森, つんで, ひらいて, むしつて, もつて, 取つて, 引いたり, 摘みに, 摘んでは, 私の, 見つめて, 見るやう, 開きました

5 [22件] さがして, つける, つむと, とって, ひらく, 入れて, 分けて, 咲かせました, 咲かせ実, 手折って, 折った, 抱えて, 持たせようと, 指差した, 探して, 散らしたよう, 散らして, 眺めたり, 示さん, 簇がらせ, 見ようと, 見る毎

4 [53件] いくつも, ごらんに, つけたの, とつて, ながめながら, ながめました, のせて, ぼんやり眺め, みて, むしって, 一ぱいに, 一面に, 付けて, 作って, 供えて, 冠に, 分け, 剪って, 取りに, 咲かす, 咲かすの, 咲かせながら, 咲かせようと, 嗅いで, 尋ねて, 愛して, 手向けて, 折りに, 抜いて, 持つ, 指して, 捧げて, 提げて, 摘み序, 摘んだ, 活けたり, 添えて, 眺めた, 着けた, 私は, 簪に, 置いて, 自分で, 自分の, 袖に, 見たいと, 見ては, 見よ, 見るよう, 詰めて, 踏みながら, 頭に, 髪に

3 [79件] あつめて, いざ受け, かえたり, くわえて, さす, つけたこと, つけた桐, つけた草, つけた雑草, つけました, ながめたり, ひいて, もつ, やって, 一杯に, 上から, 二つに, 作るの, 供えたり, 切つた, 友として, 叩き落して, 咲かせたと, 咲かせたもの, 咲かせるもの, 咲かせ喧嘩, 唇に, 売つて, 売る店, 愛するの, 投げた, 折ろうと, 抱いて, 持たして, 持てる女, 挿け, 描くこと, 插し, 摘みて, 摘む, 撒いて, 束に, 残して, 求めて, 沢山に, 添へて, 点々と, 生けるの, 眺めました, 着ける, 瞶めて, 私に, 空に, 立てて, 簇らせ, 背景に, 衣に, 見ず, 見たこと, 見つけた, 見るかな, 見るたび, 見るため, 見るつもり, 見る事, 見る人, 見上げて, 見上げながら, 買った, 買ひ, 踏みて, 踏んで, 送って, 連れて, 選んで, 開かうと, 開き実, 開くもの, 髮に

2 [307件] あげたん, あげて, あしらったもの, いきなり, いくつか, いけた壺, いじって, いじりながら, いっぱいつけ, いままで, うしなった寂し, おも, お前に, お呉んなさい, お渡し, かえせ, かかえて, かきわけて, きって, くださいな, くは, ぐさ, こぼして, ごらん, さがしました, ささげて, さした女, しながら, しらざる幽, し見れば, すりつけて, せせって, そえて, そこへ, たくましい腕, たずねて, たっぷりいけ, たづねざる, たべて, たべる, たわわに, つかんで, つく, つくること, つけ, つけず, つけたおそ, つけたまま, つけた大きな, つけた屋根, つけた山茶花, つけた春, つけた枝, つけた椿, つけた灌木, つけた生, つけた百日紅, つけた茂み, つけた薔薇, つけながら, つけます, つけること, つけるの, つける南, つける頃, つけ実, つまみ豆梨, つみながら, つむこと, とりに, ならべる, ぬいて, ひらいた, ひらきました, ふさふさと, みつめて, むしっては, むしりとって, むしり取って, もった草, もつた椿, テーブルの, バラバラと, 一つ取っ, 一ぱいつけ, 一めんに, 一りん, 一束と, 一束宛別に, 一輪ずつ, 上げて, 下界に, 不見, 付けるあの, 仰いで, 仰ぎながら, 作り大神宮歳徳, 作ること, 供えた, 供し, 保護する, 借りて, 出して, 出すこと, 出すと, 出すの, 分つ名づけて, 分配し, 刺繍し, 刺繍した, 前に, 剪り, 十人は, 取ろうと, 取出した, 右手に, 吟詠し, 吹いて, 周囲に, 呼ぶ, 咬んで, 咲いて, 咲かした, 咲かしたよう, 咲かせたこと, 咲かせた灌木, 咲かせるには, 咲かせるよう, 咲かせる事, 咲かせる木, 咲きかけて, 唯愛すべき, 啣んで, 地に, 地べたに, 売りながら, 売りに, 夏季と, 大きく染め出した, 少しばかり, 差して, 帶びたり, 帶ぶ, 弄するもの, 引かうと, 引きに, 引く, 御存じ, 恋した, 恐れざる可, 悲しむ心, 愛した, 愛するは, 愛するもの, 愛玩した, 手折る, 把り出し, 抜きゲエル, 抱く, 拵へて, 拾い上げて, 拾って, 持たせる手拭, 持ちて, 持った, 持ったまま, 持つた, 指さします, 挿す, 挿入れた, 捜しに, 採つて, 描いたと, 描く, 描けば, 插した, 携えて, 摘み取つて, 摘み取りそれ, 散らす, 散らすまいと, 散らす風, 散らせて, 敷いて, 敷くばかりの, 早速に, 替えに, 有し毎日一花, 有ち, 木の下の, 机に, 机の, 枝葉に, 染めた派手, 根の, 根もとから, 格子門の, 梢の, 植えたり, 植えると, 楽しみ蓮, 次から, 毟ったり, 水に, 沢山買っ, 浴びて, 添へ, 照す, 燕に, 瓶に, 生けた, 生けるため, 生けるよう, 生ける方法, 白雲と, 盛って, 盛らなければ, 盛り上げたコップ, 盛り上げて, 目あてに, 相手に, 看る, 眺めたとき, 眺める, 眺めること, 眺めるの, 眼に, 着くるに, 知る人, 示す, 神棚へ, 突つい, 絶やしたこと, 編む, 繍つたのは, 置いた, 置きに, 置くこと, 聯想させる, 背に, 自分に, 草枕, 落すの, 蕾として, 被かぬ枝, 襟に, 見すてて, 見せる日, 見たいだけ, 見たいの, 見たが, 見たくなると, 見ただけ, 見たよう, 見たり, 見た事, 見つけると, 見ないこと, 見ないで, 見るが, 見るだけ, 見るに, 見五月, 見出すで, 見捨てて, 見暮らした, 視るなり, 観て, 観んと, 観難き, 訪ねて, 調べて, 貰う, 貰って, 貰つて来, 貰ふ, 貶したこと, 買いに, 買うと, 買ふと, 賞するの, 賞せん, 賞でる, 賞めて, 踏まないやう, 踏み, 蹈み, 載せて, 透かして, 造って, 連想させる, 運んで, 開ある, 開いたが, 開いたの, 開いたもの, 開かせるの, 開きかけて, 開き豊か, 開くが, 開くこと, 頭へ, 顫はせ, 飾ったり, 飾ること, 飾るの, 馳け

1 [3074件 抜粋] あきなって, あげましょ, あさるを, あしらつた月桂冠を, あはれよと, あらわすを, いい頃合, いけ茶, いた, いぢ, いっぱいにつけます, いまぽっかり, いろ, うけて, うち巴, うらやましく思っ, おつけ下さい, おもい出させる, お供えする, お土産, お目, かいたおばあさん, かきえたほどの, かざって, かしき見れば, きらりと, くだち降らし, くれたよう, けがすよう, こつそり簇, ごたごた植えこんだ, さかせたが, さかせるよろこびに, さがしたが, さげたる十, さしあげます, さした勝美夫人, さしつけ, さし箒, さまざまな, して, しぼりたる, じっと抱きしめ, じつと, すて線香, そえた白ジェリイ, その, その彫刻, たき込んだ飯, たくさん挿した, たたかわせつつ, たづねてゆきしまま, たのみました, たむける風, ちぎる事, ちよい, ちらっと見, つかませる始末, つくらば, つくるの, つけこれから, つけたさつき, つけたぼたん, つけたタクシード, つけた大樹, つけた杏, つけた独逸人, つけた矮樹, つけた草庭, つけた蠶豆, つけた雪の下, つけてるの, つけるかも, つけるまでには, つける桜, つける躑躅, つけ他, つけ枝垂れた海棠, つけ風に, つないだ艸, つまんでは, つみとりました, つもうと, つん抜かして, とどめず, とりながら, どうする, どんな気持ち, ながめる, ならべました, ぬすむとは, のぞかせて, はじめて見る, ひいたり, ひつたくる, ひとり摘む, ひらかうとして, ひらきはじめた萩, ひらくま, ひろげ物思い, ふむこと, へだて, ほめたきり, ぼつぼつつけ始め, ぽたぽた落す, まき散らす, まつるさえ, みた, みなへ, みること, みんな花瓶から, むしつたの, むやみに, めでた維納, もぎ取り天ぷら, もたせる覚悟, もっただけ, もつ手, もて門, もんで, やり出したとき, ゆるがせて, よこしなさい, りて, ケイセバナ島根県の, ハトロン紙で, ビイル壜に, ホテルの, リリーオフゼ, 一つだけ, 一つ何気なく, 一つ沢山に, 一二輪机の, 一握り採った, 一束貰ったでしょう, 一枝と, 一茎右手に, 一輪描いた, 三つ四つつけ, 三本莟なる, 上げようと, 下げたまま, 不憫に, 世話し, 中国人は, 乾して, 二三輪摘ん, 二輪と, 五六本バケツの, 交えた実り, 今まで, 仔細に, 仰いだり, 何か, 何度見た, 作っては, 作り外, 使う帳本人, 供えた後, 供げる, 僅かばかり, 入れた物, 入れる子, 具う, 写生し, 凋ませて, 出し満, 出す植物, 切つて高崎へでも, 別に, 刺繍する, 剪つて來た, 助け出します筈, 包みて, 千倍に, 収め子, 取らせた, 取り来って, 取落しました, 口に, 同性の, 吸って, 吹くからに, 咲いたり, 咲かしたり, 咲かすこと, 咲かす事, 咲かす癖, 咲かせある, 咲かせたそう, 咲かせたのに, 咲かせた後, 咲かせないうち, 咲かせましたの, 咲かせられたから, 咲かせるだろう, 咲かせるはず, 咲かせる優し, 咲かせる程, 咲かせ古風, 咲かせ枯れる時, 咲かせ綾なす霞, 咲かせ鳥獣, 咲きます, 咲くの, 啄み, 喜ばせたの, 嗅げば, 噴き, 圧すと, 垂れるミヤマオダマキ, 墓に, 売つて米塩, 売り支那, 売る一角, 変に, 多く作らせ, 夢想し, 大好きな, 失ひて, 女精の, 好む女, 妻からの, 媒介に, 子供達が, 守れかし, 家を, 尋ねたり, 小さくさせない, 少し持て来, 岩かげに, 差し上げたいの, 差入れて, 幾度も, 店前に, 弄ぶも, 引いても, 引き出しながら, 引く音, 当時小石川植物園事務所の, 彩ったその, 待たせて, 待つ心, 得ようとしても, 徳利に, 忘れまい, 思い出しながら, 思ひ出し, 思わせるもの, 悩ましく咲かせ, 惜げも, 惜むこ, 想像する, 愛しあらゆる, 愛し初め, 愛すべし, 愛するなららん, 愛する心理, 愛づる癖あり, 愛撫してる, 成し枯, 扇で, 手向けたい樣, 手向けるの, 手折て, 打ちだした贅沢, 打出して, 扱入れ, 投げること, 投げ男, 折つたら, 折りかざす行事, 折り取る, 折る者, 抱いたパヴロア, 抱へて, 担わせたら大津絵, 拾った, 拾ひ競うた, 持たすやう, 持たせた先輩, 持たせられたらこう, 持たせる外仕方, 持たないし, 持ちながら, 持ち扱って, 持ったと, 持った松虫草, 持つた儘畑, 持つよう, 持ッては, 指したもの, 指折りかき数ふれ, 挿けた, 挿したらいい, 挿し腰, 捜して, 捨てかねる, 掃き寄せながら, 採つて手帖, 採る若い, 探し索めん, 掻潜った, 描いた團扇, 描いても, 描き出した, 提げ自分, 握らせるなんて, 携えては, 摘まず知性, 摘みたい, 摘みながら, 摘み初めた, 摘み夕餐, 摘み水, 摘む一佳人, 摘んだらさげすみの, 撒いたよう, 撫でながら, 擒に, 教えたり, 散らした, 散らした原因, 散らしながら, 散らすなよ, 散らせり, 新しくさして, 日本へ, 映して, 暫し躊躇, 有難う何, 末濃, 枕に, 枝も, 染交ぜ, 棺に, 植えるため, 植ゑます, 植ゑ水を, 楽しむ, 横から, 欲せば, 歌つた, 毎年春から, 気ぜわしく拾い上げた, 求むるは, 汚されあまつさえ, 沢山つけ, 法水が, 洩れ枝, 活けたもう, 活けた水盤, 活けようか, 活けるに, 活け三味, 活け換えようと, 浮かした派出, 浮び揚らせるが, 深く思ひ, 添えるべきもの, 渡して, 満した, 澤山咲かせ, 点した, 無数に, 煙らせて, 燃え立つばかり, 献じようと, 現ぜしむることができそうのものであるのに, 生けたむらさき色, 生けるにも, 生じた, 生活に, 用ひ, 発きいよいよ, 白で, 盗むの, 盛つた杏の, 盛る器, 相手なら, 眺むるが如し, 眺めたいとは, 眺めると, 着くる様, 着けたれ, 着け夕陽, 知って, 知らないので, 砕いて, 神に, 移してこ, 突き落して, 立てたり, 竹筒に, 箪笥の, 精細に, 結わえて, 絶世の, 緑の, 織り合せた縮緬, 美くしく, 群着する, 聚めた, 育てながら, 自分たちで, 舞扇, 花圃には, 苞の, 落さざりけり, 葉を, 蒔くの, 虫に, 袖の, 裏と, 見えぬ者, 見ざるの, 見ずに, 見せた後, 見たいって, 見たの, 見た人, 見つけたとき, 見な, 見なくも, 見ましょうねえ, 見ようとしても, 見るその, 見るにつけ, 見るやら, 見る如き一味, 見る閑地, 見ん時, 見入った, 見出すと, 見時間, 見直して, 見飲んで, 覚え込ませるの, 観ること, 觀つつ, 訪れた若い, 詠ずる空前絶後, 認めたと, 読み了, 論じ, 象眼し, 貰いました, 貰ひ, 買い来て, 買うべきか, 買おう私たち, 買つて來て, 買ひ来, 賞し楽しむと, 賞美しなけれ, 贈ったこと, 趁うて, 踏みつぶさないでは, 踏み踏み幾十羽, 蹂躙する, 蹴つて足もと, 軽く包ん, 辞し去って, 透しての, 造りながら, 進ぜますの, 選ぶ者, 配したもの, 鈴なりに, 鋏で, 閉ぢ午後二時頃定, 開いたり, 開いた老年, 開かしむ, 開かせたよう, 開きつ, 開き一万年, 開き果, 開き雄花穂軸, 開くに, 開くハス, 開く木, 開く葛, 附けた時, 降らせる大, 隠さず枝, 雪の, 面妖がる, 頭飾に, 飛ばして, 食べようと, 飲めば, 飾った食卓, 飾つて樓上に, 飾りたる天蓋, 飾るに, 飾る場所, 養つて目を, 髣髴し, 麓から

▼ 花~ (4355, 13.0%)

456 咲いて 66 咲く 52 咲いた 42 さいて 32 咲くの 27 咲いたよう 26 咲きました 25 一面に, 散って 22 咲くと 21 咲き乱れて 20 活けて 17 落ちて 15 咲いたの 13 一時に, 散る 12 ある, ついて 11 開いて 10 あった, あって, 咲くよう, 散ると, 風に 9 たみ, 咲いたと, 好きだ 8 こぼれて, 一杯に, 咲いたり, 咲いても, 咲きみだれて, 咲き実, 咲くから, 夢の, 日に, 雨に 7 匂って, 咲き, 咲き秋, 好きな, 散つて, 点々と, 開くよう, 雪の 6 あるの, いまを, お好き, 出て, 咲きかけて, 咲きそれ, 咲き出したの, 白く咲い, 目に, 見える

5 [25件] あつた, いちめんに, いっぱいに, いっぱい咲い, すむと, たくさん咲い, なければ, はらはらと, ぽつ, 今を, 咲いては, 咲きだして, 咲くか, 咲くこと, 咲くやう, 咲く頃, 好きで, 挿して, 月の, 流れて, 着いて, 私の, 見えて, 車輪の, 飾って

4 [43件] あちこち咲い, あっても, いつぱい, こぼれる, こんもりと, さきました, さしてある, そこらいちめん, たくさんに, ない, ひらいて, ひらくよう, ほのかに, め, 一ぱいに, 一度に, 供えて, 入って, 咲いたが, 咲きその, 咲き出した, 咲き出て, 咲くころ, 咲くという, 咲くゆえがまん, 咲けば, 咲こうと, 咲て, 垂れて, 好きに, 彼の, 残って, 沢山咲い, 浮いて, 無数に, 白, 眼に, 紫に, 見えた, 開いたよう, 開く, 露を, 顔を

3 [73件] あったり, ありました, あれば, いくつも, おいて, ここに, こぼれたよう, こんなところ, さいたの, さく, ちらちらと, ところどころに, ないの, ふって, ほ, ほろほろと, ぼんやりと, ぽっかりと, みごとに, みんな散っ, ゆらゆらと, 一つずつ, 一番好きだ, 出る, 可憐な, 咲いたか, 咲いたこと, 咲いたという, 咲いたもの, 咲いたやう, 咲きこぼれて, 咲きそして, 咲きます, 咲き出して, 咲き出しました, 咲き出す, 咲き揃って, 咲き桜, 咲き誇って, 咲くが, 咲くって, 咲くので, 咲くん, 咲く時分, 好きであった, 妍を, 川の, 庭に, 揺れて, 散るよ, 散る花, 散る頃, 方々に, 済むと, 満開し, 満開で, 満開である, 火の, 盛りに, 真盛りで, 窓の, 美しく咲い, 葉に, 薄暮の, 血の, 見えました, 見られるよう, 長い茎, 開いた, 降って, 露に, 飾られて, 鮮かに

2 [220件] あっちにも, あつて, ありましたね, あります, あると, あるという, あるん, あんなにも, いけて, いっぱいです, いっぱい咲いた, いまどこぞの, うす闇, うつくしい, おわると, かすかに, かたまって, からみ付いて, きらいで, くつきりと, くるくると, こちらの, こぼれた, こぼれるこぼれる, さいた, さきます, さきみだれて, さくの, さけば, しおらしく咲い, しずかに, しづかに, しなしなと, すみ, すんだあと, すんで, そこらの, その名前, その時々, それから, それこそ, それである, たがいに, たくさんある, たくさんさい, ちぎれて, ちって, ちらほらと, ちります, ついた, つぼみかかり船大工, つみかつ, つみまじり, どうの, におって, はつきりと, ひたあかき, ひらく, ひらひらとちりました, ひイら, びっくりする, ほの, ほのかな, ぽたりと, ぽたりぽたりと, まだ早, みえる, みな湯の, もう咲く, やったという, らんまんと, 一せいに, 一つに, 一ぱい咲い, 一めんに, 一杯咲い, 一輪, 一輪咲い, 不意に, 並んで, 了る, 二つ三つ, 二つ三つ微かな, 他の, 代りに, 何といふ, 依然として洋卓, 僕の, 写真の, 凋まぬ間, 凋れ, 匂う頃, 匂ふ, 口を, 可愛いと, 含まれては, 咲いたよ, 咲いたらそれ, 咲いた後, 咲いた時分, 咲いてから, 咲いてね, 咲いてるの, 咲かないの, 咲かないもの, 咲きからしの, 咲きさ, 咲きそう, 咲きだしたよう, 咲きつ, 咲きますよ, 咲きませんでした, 咲き乱れそして, 咲き乱れました, 咲き又, 咲き次, 咲き満ちて, 咲き稗, 咲き続いて, 咲き花, 咲き薄, 咲き雑草, 咲くし, 咲くだろう, 咲くに, 咲くのぢ, 咲く時, 垂下った, 垣根に, 夕闇の, 多く咲き, 多数を, 夜目にも, 大きくて, 好きだった, 好きと, 子供の, 寝衣, 小さくて, 少しあくどく, 少しの, 幾度か, 微風に, 急に, 散つた後, 数を, 日光を, 明るい昼, 明るく咲い, 星の, 春から, 時にふれ, 暗いなか, 月に, 月光を, 机の, 枝上に, 枯れて, 植えられて, 次第に夢, 死落ち, 水の, 水面に, 池の, 活かって, 流れるの, 満開だ, 満開であった, 濃い模様, 炎の, 点綴し, 燃えて, 生けて, 疎に, 白い, 白い花むら, 白くて, 白く咲いた, 白く点々, 盛に, 盛りでした, 盛りの, 盛りを, 盛んに, 眞白に, 真っ紅, 眼の, 秋の, 簇, 絵の, 続々と, 美しいので, 美しく咲き乱れ, 美しく飾りつけ, 美麗だ, 群れて, 群生し, 自分の, 若葉に, 若葉の, 草の, 草を, 落ちた, 葉が, 虹の, 虻を, 見えるでしょう, 見え出して, 見られる, 見事に, 覗いて, 路傍に, 酒の, 開いたり, 開きました, 開くと, 開くとは, 隠れて, 零れる, 頻りに散り始めた

1 [2219件 抜粋] あいだに, あざやかに, あったと, あったらその, あの通り一遍, ありそれ, ありましょうか, あり片手, あるし, あるよう, ある溝, あわれ, いいだろう, いかにも田舎, いたいけない, いちめん白く, いっぱいさい, いっぱいにそこにうかんでゐる, いつの間にやら, いつも挿され, いまや満開, いま眞つ, うごく, うす黒い岩山, うつくしい絵, うれしくて, おそく芒, お城, かかって, かれの, がた, きんきんと, くつつい, ここまで, この土地, この朝, この頃, こぼれたの, これも, ございませんの, さいても, さかないのう, さが, さきみだれてる中, さき美しい, さくので, さして, さもここ, ざわざわと, しかも春, しくしく泣い, しどろもどろに, しめつた岩, しを, すくなく, すぐ開いた, すこし赤茶気, すつかり倒れ, すんだ後, そこい, そこの, そなえて, そのまま隠れ, その洗濯物, その華奢, それからその, それへ, たえずさい, たくさん供え, たくさん咲く, たくさん次々, たつた一つ, たわわに, だんだん大きく, ちょうど粉, ちらばって, ちらほら咲きそめる, ちる, ちる朝空, つく, つぼんだため, とても濶達, どこに, どつさり咲い, どんな匂, ないまま, なかなか帰っ, なくては, なつかしいの, なびくの, なんぼでも, ぬっと地面, のぞいた草, はじまると, はらはらとちりました, ぱっと咲い, ぱつと開い, ひそやか, ひとつ残らず, ひよろひよろ, ひらきはじめると, ひらくので, ふくらんだとやら, ふっと綿, ふるえた, べた一面に, ほころびそめた明るい, ほほ笑むという, ほんのりと, ぼろぼろこぼれ落ち, ぽっちりと, まかれないで, まじって, またほのめく, まだ二つ三つ葉, まだ幾つ, まっさかり, まぶしい, みえかくれして, みなその, みわたす限り海, みんな人間な, みんな木の, めざましかつ, もう先刻, もう萎れかかっ, もっともっとここ, やがてしぼん, やつと, ゆさ, ゆらゆら首, ゆれるので, よくうつる, よく咲い, よく開かない, イタリーを, セゼッション式の, チラホラ目, ニッコリ微笑ん, ヒルガオの, プーンと, ポツ, ポツンと, 一っかたまり, 一つの, 一つ二つ咲きはじめた, 一つ路上に, 一どに, 一ぱい蒔散らし, 一もと二もと咲い, 一位の, 一抱え分も, 一本売れた, 一杯咲き亂, 一片の, 一番目に, 一見ぱらぱらに, 一輪咲いてる, 一輪高彫, 三つ, 三りん, 三輪青木に, 上に, 上流に, 不動の, 不思議にも, 乱れた儘, 乱れ散った, 二つ三つ床の, 二つ開いた, 二三本さして, 二三輪淋しく, 二十日間も, 二輪さし, 云い出した, 五六本立ちあが, 人間の, 今も, 今年は, 今日丁度にも, 仰向きに, 低い, 何を, 何遍か, 侘しげ, 供せられるの, 俤立つ, 僕には, 光つた, 入れて, 六つほど, 写った, 凋衰する, 出ます一番初め, 出来たからよ, 出来るという, 初夏から, 刺繍の, 勝負事には, 匂つ, 十二さい, 十数本の, 半分枯れ, 厚手の, 取れますから, 口紅の, 可愛いばかりに, 同じ様, 吹雪の, 咲いたごと, 咲いただけで, 咲いたといふ, 咲いたのに, 咲いたらどう, 咲いたわ, 咲いた如く我国文明, 咲いた躑躅, 咲いてや, 咲いてるとも, 咲いてれば, 咲かうずる, 咲かないな, 咲かなかったり, 咲かぬ春, 咲きいま, 咲きかおって, 咲きかける時, 咲きさえ, 咲きそろいました, 咲きたるは, 咲きとうとう, 咲きはじめました, 咲きへと, 咲きましたら何, 咲きますまでは, 咲きまるで, 咲きみだれ真赤, 咲き乱れいました, 咲き乱れる初秋, 咲き乱れ田, 咲き元気, 咲き出したよう, 咲き出すころ, 咲き出でると, 咲き初めたという, 咲き印度人, 咲き夏, 咲き始めたの, 咲き実は, 咲き岩肌, 咲き揃ふとき, 咲き最も, 咲き果実, 咲き毎年毎年これ, 咲き白雲, 咲き花後, 咲き誇ります, 咲き連, 咲き麥畑, 咲くかも, 咲くすなわち, 咲くでしょう朝顔, 咲くどころ, 咲くには, 咲くまでは, 咲くスミレ, 咲く様, 咲く細い, 咲く陽気, 咲乱れて, 咲揃つた, 品高く, 四つ五つ咲い, 団子の, 土に, 地に, 垂れ下って, 塩を, 声低く, 夏の, 夕方に, 多い, 多くなっ, 多く群ってる, 夜露を, 夥多しい, 大きく咲い, 大地に, 大群落, 太陽に, 好きさ, 好きです, 始まった, 安閑と, 実際に, 家を, 小さくか, 小便桶に, 小聲, 少い, 少し咲きかけた, 少なくなったじ, 就中一番強く, 屋根の, 山坂一つ越える, 屹と, 巧將新月添眉黛と, 帰るの, 年々少なく, 幾つも, 座敷の, 引きづらかっ, 彫って, 後れて, 微暗い, 思いがけない樅, 思ひがけ, 惜し気, 或は黄ろ, 扉を, 手拭の, 招いても, 挿けて, 捨て土, 掴めないので, 插さっ, 揺れた, 散々に, 散ってからは, 散つた頃, 散らない事, 散りかけた頃, 散りしいて, 散りはじめて, 散りアカシア, 散り厨司, 散り木の葉, 散り落ちる頃, 散るころ, 散ろうと, 敷居の, 新しい曙, 日ごとに, 日光の, 早く散つたら, 早朝開く, 春風に, 時を, 暗示の, 有り一方, 朝日の, 村, 松の, 枝も, 枯れ萎びて, 柔かい青葉, 梢一ぱいに, 棚の, 植えられるか, 植ゑてあつたり遠くには, 楊貴妃にな, 横向い, 欧洲の, 欲しかった, 此れ, 残らず咲き尽くすまで, 気にいったと, 水引きの, 沢山あつ, 波頭の, 活けたり, 浮かびあがり躑躅, 浮動する, 消え狂うよう, 淋しい秋, 淡く絞り出された, 清々しく見え, 済んで, 満ちみちて, 満開に, 漂って, 潮に, 濟むとたんぽぽきんぽう, 点々たる煙り, 無理に, 煙の, 熊笹の, 燃え立つばかりに, 牧場に, 狂うよう, 瓶に, 生きて, 生動する, 用意され, 畝の, 白いばかり, 白い花, 白く, 白くぼんやり, 白く浮い, 白く覗い, 白だの, 白らんだ, 皆傷ん, 皆眼, 盛られて, 盛りであつ, 盛りなの, 目ざわりで, 目撃した, 目醒しく, 眞白である, 真っ赤だ, 真盛りだ, 真紅な, 眺められる, 着く, 破れても, 礼拝し, 私たちに, 秋から, 空から, 窓いっぱいに, 笑い笠, 米粒でも, 紅く濡れ, 純白な, 累々と, 終わって, 絶えない, 綻ばうと, 緑に, 縁側の, 罪を, 美しいから, 美しくひらい, 美しく咲きみだれ, 美しく挿し並べ, 群を, 肉高な, 腰を, 舞いこむ市場風景, 色あせると, 芬と, 花へ, 若い女, 草に, 萎れて, 落ちるとき, 葉と共に, 蕚の, 薄紅, 薄赤く, 薫しく咲き誇, 蝶に, 血赤い, 褪せかかった時, 見えるだけ, 見たくば, 見られなくなるかも, 見られるやう, 覗きその, 評したという, 買えるもの, 赤いの, 赤くて, 路に, 近くに, 通常一重咲きで, 過ぎてからにしてもよさそうな気, 郊外で, 酣な, 金で, 長いぎごち, 開いたという, 開いても, 開ききると, 開き得ようか, 開くの, 閨に, 降ったり, 陽に, 際立って, 雨の, 零すの, 霞を, 青い絨毯, 青に, 青空や, 非常に, 顏を, 飛び散って, 飛ぶよう, 首だけ, 香りを, 高いところ, 高く高く咲き, 麥や, 黄白く, 黒いと

▼ 花~ (2555, 7.6%)

12 咲いて 11 咲けども 9 散って, 自分の 8 いいました 7 咲くの, 散りても 6 一つも, 夏の, 枯れて, 頭を 5 いつまでも, これを, そこに, どれも, みつばち, 急に, 私の, 答えました, 顔を, 黙って

4 [15件] しぼんで, ないが, なかった, ほのかに, 今を, 何の, 咲かない, 小さくて, 彼の, 散れども, 目を, 落ちて, 薫じて, 静かに, 非常に

3 [32件] いのちの, これに, その間に, それらの, それを, ちょうに, ちる, ない, ひらいて, ほんとうに, 今も, 何か, 咲いても, 咲く, 図上に, 広い萼, 散り, 桜木人は, 梅の, 爛漫と, 白と, 白色で, 皮薄の, 盛りにと, 紅に, 紅の, 紺屋の, 美麗な, 花の, 虫媒花である, 風に, 香炉に

2 [186件] あてに, あのまま, あらざりき, あり影, ある, いずれも, お松の, かすかに, くれなゐ, ここに, この紫, こぼれるよう, さけども, さぞかし薀憤, さびしい, しかしいくら, しづかに, じきに, そのころ, その美しい, その花冠, その花形, それに, そんなこと, ちよいと, ちらちらと, ちり, ちり泛き, ぢぢむさく, つけけり, つづかず, どうしたろう, どうする, どこで, ないの, なくとも, なんだろう, ほかの, ほの, まだ, まだあはれ, まだつぼみ, みな力いっぱい, もうその, もう一つ, もう駄目, やつれて, ゆらゆらと, ら, われわれの, 一時に, 上向きに, 二つひらき, 二人の, 人に, 人の, 人間の, 何が, 何という, 例の, 俳諧の, 側方に, 僕の, 兵隊の, 出ない, 勁し, 十まで, 十二月餅搗の, 厭ふべし, 吾, 咲き, 咲きけり, 咲きに, 咲きません, 咲き切って, 咲き鳥は, 噴き出る, 固より, 土の, 夏ごとに, 夢の, 女の, 実を, 家々の, 小さく灰色, 小形で, 小蜘蛛, 小蝶, 小鳥に, 廣い, 後住む, 思い出したよう, 手を, 折り取るもの, 挿して, 提燈の, 散つて, 散りしぼみ, 散りに, 散りはて, 散時, 既に散り, 日の, 日本で, 昔の, 春なり, 昼間は, 普通の, 最もうるわしく, 月の, 朝の, 林の, 根に, 此の, 氏の, 沢山ある, 泣いて, 活けてない, 消えるもの, 清しよ, 滑岩に, 漂ひ, 火の, 無きに, 無論に, 牛が, 猛獣に, 田を, 畳に, 病床に, 白, 白い, 白くて, 盆の, 盛りで, 盛りに, 眞つ盛り, 真紅の, 眼に, 眼を, 知らぬ顔を, 種子を, 稲の, 空に, 紅, 紅で, 紅と, 紅なり, 純白で, 終わりに, 絵の, 綺麗だ, 美しかった, 美しさ, 翳してを, 胸に, 腐れて, 花である, 花なり, 花弁の, 茎頂に, 萎れて, 萩でしょう, 葉の, 薄紅, 薔薇よりも, 虫に, 蝶鳥の, 見えなかった, 見つからない, 見て, 見られなかったが, 誰が, 野芹げんげん, 開いたの, 雨に, 雨ふかき, 雪の, 露あり, 露を, 音も, 順を, 頬を, 高く蓮, 高原に, 高嶺の

1 [1890件 抜粋] あかくベル, あたかもこの, あたりの, あっても, あの子, あの青淵, あまり強く, あらし山, ありますから, あるかしら, あわただしくも, いいつけられた用事, いかが, いきいきと, いたって, いつくしき, いつしか涙ぐましい, いつの間にか実になつ, いつもより, いつ咲いた, いまが, いまだ了ら, いやでない, いろいろに, うす暗いランプ, うつくしい, うなされながらも, うらがれ香, おくつき, おどろく, おひめ, おもしろいかな, おろか一茎の, お年よりの, お花, かう呟きながら, かくも, かじか, かなりに, かれの, きりりとし, くきの, けっして, こころに, こちょうを, このたくさん, この光, この天国, この時, この老木, この間に, こぼれかかって, これくらいの, こんなふう, ござんしたか, さきなむ, さくので, さして美しく, さち子の, しおれける, しずかに, しばしば空想, しばらく立ち縮んだ, しぼみて, しら梅の, すがれて, すこぶる多く, すっかりなくなり, すつかり, すべて散り尽し, ずっと貧弱, そう寿命, そつちのけ, そのままに, その不, その元, その師匠, その愛, その板, その紅, その色, その都度あちら, それぞれ蜂の巣の, そんな恰好, たいていすき, たいへん緋牡丹姫, たださえ, たち葵, だいすきです, だんだん枯れ, ちがうが, ちょうどその, ちょうを, ちらほら, ちり行く春, ついて, つんと澄まし, とにかく供え物, とりどり, どうした, どうしても雨, どうせ世の中, どうでも, どう咲い, どこかへ, どこまでも, どれを, どんなくみたて, どんなにびっくり, どんな光景, どんな風, ないでしょう, ないもの, なかなか風情, なぐさめて, なつかしみ見つ, なるほどもう, なんでも, なんとなく胸騒ぎ, ぬけ, のこらず地面, はじめは, ばかだ, ひとつとる, びっくりいたしました, ふさふさと, ふらふらうすぐろく, ほかにも, ほの暗い五月闇, ぼやける, まがき, またたちまち, また根, まだかすか, まだ三四輪, まだ季節, まだ挿, まだ盛りで, まだ露, まったく平凡, まもなく凋もう, まるで障子紙, みつばちのさげすむ, みなその, みな散り, みな美しく, みんなこの, みんなどこから, みんな折れ, みんな鳶いろ, むだに, もうすがれた, もうとっくに活け上げ, もう二, もう散り, もう散ろう, もう終っ, もう見られまい, もっともっと大きく, もとの, もろく枝, やがて衰, やはり紅, やらなかったん, よいかな, ようやく穏やか, よくいいつかった, りんりん, わがもの, わるくない, われらの, ガアゼで, クマザサと, ステルンブルウメと, ツァリンと, ピッタリ身, マシン油の, ランプの, 一つの, 一ぱいに, 一体チベット, 一度だ, 一杯である, 一輪いくらします, 一重ぞ, 丁ど, 万朶の, 三面, 上野から, 下位子房が, 不思議に, 世阿弥の, 之なり, 予未だ, 二十四日ね, 云ふまで, 五厘なんて, 五月に, 五銭で, 人から, 人物家屋に, 今が, 今咲いた, 今年は, 仏に, 低い垣, 何だろう, 何といったね, 何と云つたつけ, 何も, 何時もかう, 俯きて, 優しい, 先刻から, 光れども, 全くみあたらない, 八村の, 其の曲り角, 其父の, 円卓の, 冬を, 冷たい霧, 出來, 切り落されて, 到る所, 前記の, 剪り, 動物の, 匂い失せずの, 十一月らしい, 千に, 千鳥か, 南北設楽の, 単弁花冠といふ, 却って二十倍, 友次郎に, 叔父を, 古人は, 可愛いので, 名残なく, 命がけ癪だ, 咲いてるかも, 咲かないうち, 咲かねえちゅうこんだ, 咲きそして, 咲きたり, 咲きほころびた若菜, 咲き匂ふらし, 咲き虻, 咲くし, 咲くまいと, 唇を, 問題に, 嗟, 四月頃に, 土から, 地面に, 塵と, 声なき, 変化に, 夏橙や, 外に, 多くふくよか, 夜あけとともに, 夢中に, 大に, 大方散り尽し, 天下の, 天風に, 奇麗だ, 妻女と, 始めて, 子と, 室内の, 容顏麗しけれ, 寧ろ夏, 小さく少なく色, 小山田邸の, 小梗, 小鳥の, 少しづつ滲染, 少し萎れかかっ, 尺度で, 山に, 岸を, 已に二輪, 常に見る, 年ごとに, 幾重も, 庭よりも, 建築場に, 弱くっても, 当惑した, 彼も, 彼女の, 待たれん, 従弟の, 御釈迦様, 心から恨みました, 心も, 必ずこれ, 忽ち顔色蒼白, 思想以前の, 怪み, 恥かしがって, 息苦しい光, 悲しそう, 愚かそれらの, 成長し, 我れ, 所詮思い出草, 投ぐるとも, 折りたし, 持つまい, 揺れ微か, 摘む主, 散った, 散つた, 散りけりと, 散りその, 散りぬべし我, 散り時, 散る, 散ッ, 既にしぼんだ, 既に散つ, 既に萎れ, 日光の, 日本人に, 早くからある, 早春に, 旭日と, 明け來れ, 昔から, 春を, 是非紹介し, 普通濃い, 暫く咲いた, 朝ばかりの, 木ごとに, 本当に冴えざえしく, 東に, 枕元に, 枝の, 枝上地上に, 枯れてからも, 根の, 桜である, 梅を, 植物に, 樹の, 櫻櫻は, 此国では, 歪んで, 死人花地獄花とも, 毒液を, 気違いの, 水の上に, 決してクツクツ, 決して美しく, 泉の, 洲崎の, 流石に, 海の, 淋しい情景, 淡紅色の, 深い美, 渡り鳥から, 満開でした, 溜息を, 滿身の, 濃紅, 濡れて, 無い頃, 無条件に, 無節操である, 焼かなくって, 燃えるよう, 父上蕾ながら, 狂い死に方, 独り壁に, 率直に, 甜瓜であります, 生涯家に, 町を, 疎らに, 痙攣った, 白い日傘, 白く満開, 白では, 白紫絞, 白金だ, 皆その, 皆破壊者に, 益, 盛りだし天気, 盛りにのみ, 相当に, 眞二ツと, 真夏の, 眠りが, 眺められ仏壇, 矢を, 石らしく, 磧撫子蛍袋擬宝珠姫百合, 神の, 秋の, 空も, 空色に, 笑い鳥, 第十六図, 簡單に, 紅く雁, 紅を, 紅白淡紅の, 紫かきつばた, 紫檀の, 終日濛々として, 綺麗と, 緑さんの, 縫模様の, 羊歯や, 美しく咲い, 老いて, 聖徒に, 脆いと, 膝を, 自らも, 自分で, 舞う, 色が, 花で, 花なれ, 花下に, 花弁が, 花瓶に, 苦しい中, 茎梢に, 菊罌粟解脱母の, 萎れしなり, 萼と, 葉と共に, 蒼白く輝き, 蕾を, 薄紅く, 薔薇や, 蘆屋の, 蚊の, 蜀葵の, 血の気を, 西洋くさい, 見えて, 見じ, 見たこと, 見ぬ里, 見る人, 見事です, 角間川の, 詩を, 誰にも, 課長村山の, 谷間の, 赤い方, 赤く見える, 足を, 踏みにじられ蹴散らされて, 身体を, 途方も, 遠くから, 遠慮なく散, 酒好きださうである, 重ねて, 鍵を, 長い間, 閉ぢられた, 開ききって, 開きぬ, 間もなく幸田, 陽の, 雄蕊の, 雨さそふ, 雪の下という, 霜枯れた其茎, 青い花, 青ぞ, 面倒だ, 頬杖を, 頻に, 風も, 風流な, 食事も, 香を, 驚かなかった, 高く匂います, 高く揺れた, 髯だらけな, 鮮妍を, 黄いろに, 黄色な, 黒朱子ででも

▼ 花~ (1327, 3.9%)

17 似て 15 して 9 なって, 向かって 7 心を 5 入る, 埋まって, 埋もれて, 戻る, 水を, 浮かれて, 目を, 眼を, 顔を 4 かくれて, とまって, なぞへて, 對する, 見とれて, 過ぎない, 醉ひ

3 [23件] うかれて, しても, なったの, なつて, なりたい, ふる雨, ほひを, ほふ花, 候, 取って, 寄せて, 寝て, 対すれば, 對し, 嵐の, 日の, 映じて, 止まって, 涙を, 花が, 葉に, 見惚れて, 譬へ

2 [85件] あらず, あらずといふ, あり, いって, うずもれて, うつろふ, かこまれて, かんなの, そ, そを, たは, ちがいなかった, ついて, なった, なにとは, なりゆく, なる, なるの, ほひ, ほふ南, ほふ雨間, よりそ, キスを, 一種早く, 乗って, 似たり, 何か, 俯し, 包まれて, 占領され, 向って, 唇を, 圍まれて, 埋められた谷, 夕日が, 大小が, 天鵞絨めいた, 寂しい頬笑み, 富んで, 寝も, 對ひ, 少くとも, 就いては, 心が, 我は, 接し得たこと, 暗うなりに, 暮れし, 来て, 歎き, 比べては, 浮れ, 涙ぐむこと, 添うて, 滿ちた, 照らされて, 照り添, 生活の, 百日の, 目が, 相違ない, 真田が, 耽って, 舞は, 色なく, 若かなかつた, 蝶と, 見ませ王, 見入って, 視線を, 諭へ, 辞し去りたり, 遊ぶ虻, 違ひない, 適して, 酔ふ, 降る, 降る春, 陽が, 隠れて, 集まる蛾, 露が, 頬を, 飾られて, 鼻を

1 [958件 抜粋] あきし世, あくがれおもい, あこがる, あそぶ虻, あてないよう, あふるる凉, あふれすがすがしい, あらざるはなし, あらしも, あらずして, あらはれに, いきなり潜り込まう, いそぐや, いとこそ, いとよくにて, いろいろある, うかれ柳, うそぶけば, うちこむ愛情, うっかり誘い出され, うつつなく, うつろひぬ, うづまり, うもれた郵便局, おいしいにおい, おきかえなければ, おく露, かかって, かぎりて, かくれんぼの, かけて, かける水, かこまれ香, かたく, からまる, かわるところ, くちづけする, ぐづ, こころ澄みゆく, この香, ころがりつるか, さき莢, さくもの, さしきて, さは, さわった, しその, した代り, しつとり, しづまる, しどれ, しやう, しようと, じっと見入った, じっと見入り, すぎな, すぎないの, すつかり打ち込ん, すれば, そっくりだった, そつと, その茎, そむきダビデ, そむ心, それだけの, そんな癖, たずねました, たとえて, たなびかす, たまりて, だかれたよう, ちがいありません, ちょっと手, ちり, ついてでも, つぎて, つけたり, つける飾り団子, つけ月, つつまれて, つれて, できて, とまりおいしい, とらわれて, とりまかれた御, なくて, なぞらえて, なったと, なったらいい, なっても, なつた, なめくじの, なり, なりき, なりたや, なりに, なりましょうか, なりまた, なり新鮮, なるし, なるだろうと, なるまで, なる進歩, なろうと, ねぬこれ, はかの, はれわたる空, ひきつけられて, ひとき, ひま, ふさわしい名称, ふりそそぐ雨, ぶらさがった, ほおずりし, ほひ實, ほふ, ほふ草生, まが, まじって, またも, まつはりてけぬ, まみれた椿, むかつて, むせび, むらがる夏, むれとびて, めぐり合ったという, もしツマグラ, もつれて, やあらむ折に, やよ, ゆく老, よう似た, よく似る, ダリヤあり, ドブドブと, ヒラヒラと, ラインの, 一杯の, 並べて, 二三円合計二十円も, 交って, 人の, 今さら胸, 今朝は, 代らせ又, 休めて, 会った, 会ふ, 会釈し廻る, 伴われてかの, 似し人, 似たうす, 似たもの, 似たる睫毛, 似た感じ, 似た模様, 似た甘草, 似た車軸草, 似た香, 似通って, 住みかえる毒蛾, 住む鶯, 佳香が, 依つて, 修行の, 僕は, 入るっていう, 入るのに, 入る会, 内道場, 冷淡な, 凝つた鮫島理學士, 凝る奴, 出しひつ, 刈萱が, 別れを, 刺あらじ, 前後も, 剪つてお, 加へる, 劣らぬ君, 勝っただけ, 勧めて, 匂いが, 匂いも, 匂へる, 包まれたローヌ, 包まれた欄干, 包まれますよう, 化けた, 化したヒヤシンス, 化身が, 千鳥の, 半埋れ, 単葉も, 及ばないという, 及べるもの, 取り囲まれて, 取り縋る, 台石を, 向いて, 向ふ, 吟詠し, 吹かぬ風, 吹き渡る, 吹く嵐, 味噌を, 咲かわっ, 咲きさす手, 咲き埋められたよう, 咲く八つ手, 問へ, 喰わせたの, 嘘など, 噪いでいる, 囁いても, 囲まれたランビァン高原, 囲まれ益々, 圍まれたり, 在ては, 在り, 均衡つてゐる, 埋った一室, 埋めら, 埋もれたお, 埋もれた妻, 埋もれやう, 基いて, 声を, 変えるいのち, 変る事, 夕日させる, 多くの, 夢の, 夢中よ, 奇しき祕文, 如かない, 妄想を, 婿を, 宜しと, 実が, 宿りて, 富める頃, 対せば, 射か, 小雨ふる, 就いて, 履せ, 嵐は, 差し込む, 巷を, 幕うち, 幾夜の, 廓の, 引きつけられて, 引つか, 影, 影を, 彼女を, 往った, 後ろから, 御詠歌あげ, 忍ばるる, 応じて, 思わず旅, 悲歌し, 情は, 想われて, 感謝こそ, 慈なる, 慰まず転益, 憧れて, 成つた, 戯むるる蝶の, 戯れて, 戯れ枝, 手を, 打突かる, 投げかけて, 拉いて, 持つ恐怖, 挨拶し, 接して, 接吻しました, 接吻を, 換え四時, 散りよう, 於けるが, 於ての, 明ける春, 明るい陽光, 映った太陽, 映ゆ, 春からの, 昼顔の, 暈ある如くなり, 暫く見惚れ, 暴風の, 曇って, 更に揃つて, 書いて, 最もよく似た, 月どこから, 月に, 木づたふうぐひすの声さへに, 末は, 来ないで, 来る昆虫, 来る蝶, 枕団子旧弊だ, 根の, 梅の, 棲めるわけ, 極刑が, 模擬つた, 樽, 次いでの, 歌を, 止まったこちょう, 止まりてこそ, 止まろうと, 此名が, 殊更ダリヤ, 毒が, 比し優れた美, 比べると, 比較される, 毬遊びの, 気づかないあの, 氣が, 水生の, 求むるところはただ美に対する, 法事かな, 泣く人, 注がれて, 注ぐ, 洛外の, 浪たちわたる, 浮き立つ陽春四月, 浮べる状, 深い関心, 添って, 渡し此脇指, 湯気の, 満ちたクリスト教, 満ちた高原, 満つ春, 灑いで, 灑ぎ尽したる, 焦点を, 独特さを, 率先し, 現れ, 甘粘い蜜, 産地の, 疲れた一同, 白毛が, 相対し, 眠りて, 眠る誰, 眼の, 石竹が, 祭る, 私が, 秋は, 移し柳, 移るて, 立たせて, 立派な, 笑み, 等しい名, 籠り居て, 粉は, 紅き否, 紅き否む, 紅を, 紅葉の, 結びつけた消息, 綿の, 縁遠い日, 縋ったよう, 纏る, 置くこまかい, 置炬燵を, 群がる蜜蜂, 翁草が, 習うて, 耽りて, 聞いて, 聯結され, 背を, 臨んで, 興味を, 舞つてゐる, 色そふ, 色香なき, 芒が, 花持たせ, 花桔梗を, 華やかに, 落ちたぎつ滝, 蕾に, 薄り, 虻の, 蜘蛛の, 蜜蜂野には, 蝶々まで, 蝶が, 行きその, 衣類の, 裏門遠き, 襟かきあ, 覆われた林, 見えたの, 見えるが, 見え隠れと, 見るあんな, 見入った, 見入らずには, 見入ります, 見入る時, 見恍, 見惚れるが, 触れたの, 言わすれば, 詠じ秋月, 誘い出されたが, 誘い出されて, 誘惑され, 調の緒の, 諸手を, 譬えた人, 譬えて, 譬える創意的, 變ずるあの, 貢がれた口, 趣ある, 足らへる奧津城, 蹴落されて, 転用した, 近いナイイヴ, 近づき, 近づくと, 近づけました, 近寄ること, 追いつき妙, 送られて, 逃げられる悲し, 逢う気, 逢って, 逢ひ, 逢着し, 連翹の, 遊び月に, 遊ぶ風, 遊行酒に, 過ぎぬの, 道灌草は, 違いない, 酌を, 醉つた, 重きを, 間に合ったよう, 降り注ぐ雨, 限つてさうでない, 陽炎が, 隠れけり, 隱る, 隱れけり, 集まって, 集まり蝶, 離れては, 雨ふる, 雨月に, 雲は, 電燈を, 霜ふりて, 露はか, 面した時, 類したこと, 風, 風と, 風とやら, 飛ばずんば, 飛んで, 飽かない虻, 飾られその, 飾られた日射し, 飾られた若い, 飾り得るの, 首実験させ, 香の, 香を, 馴れぬる春, 驚かされて, 髪が, 鳥, 鶯が, 黄色い日光

▼ 花~ (951, 2.8%)

27 実も 26 葉も 20 咲いて 13 紅葉も 6 ある, 散って 5 ようの, 實も 4 これに, なくて, もみじも, 恥ぢら, 緑も, 草も

3 [13件] あった, ありは, あれば, ない, なかった, なし, 今は, 咲きたり, 咲きて, 待つて, 木も, 無い, 蕾も

2 [60件] あちこちに, あつた, あらむあはれ, ありけり, あり人, おおかた散っ, このお嬢さん, さき, さきたり, ないと, ないん, なければ, はな白み, ふけに, ほのぼのと, ますますその, むら, ゆれました, わが身も, サンパチックな, 一しょに, 二三輪しか, 人も, 今年の, 古き祝事, 咲かず実, 咲かず鳥, 咲かせて, 咲かないの, 咲きました, 咲きません, 咲く, 咲くには, 咲くよう, 咲こう実, 啓次も, 地に, 声を, 好いだらう, 始めて, 實と, 恥じらわしげ, 摺り寄っ, 散つて, 止りて, 無く地下一尺, 無く色, 現れに, 白い花, 白く咲き出る, 目を, 眼に, 群れたる, 茎も, 萎みたる流罪, 見ず, 見ずに, 見ること, 這ひ寄る, 黒ずんで

1 [660件 抜粋] あったが, あまり咲かない, あらう, あらうかと, あらなくに, あり, ありました, ありましたが, ありませんでした, ありまた, ありやとて, あるが, あるけれど, あるしよんぼりと絶え入つて, あるその, あるもうすこし, ある筈, ある道祖神, あわれ曇り日, あんまりこってりと, いいけれど, いかなる花ひとつ, いくつか, いけて, いっこう問題, いっしょに, いっせいにリンリン, いつか腐, いつしか實, いつしか散り, いつの間にかこっち, いつの間にか散, いとよろし, いろいろの, うごく, うせんが, うつろふ, うなづく浪, うれひあり, おくれるこったろう, おそいでしょう, おなじこと, おもひす, お君, お好き, お気に, お若, かおりは, かからずそれ, かすかに, かすめる春, かをるなり, きらい, くだくる, けむるなり, ここを, ここ二三日が, こっち向きに, ことしの, このひとたち, この言葉, こぼれて, こぼれぬ箒先, これというは, これより, こんな花, ございませんのに, さいて, さかずや, さきに, さき出しました, さくヨイサ, ささずベス, さびしいし, しおしおと, しっかりと, しっくりと, しぼませる, しぼんで, しを, すがれて, すっかり東京っ子, すっかり枯れ, すでに朽ち, すでに花弁, すべてが, その半分位, その夜, その弁, その葉, それなり紅い, それ自体が, そろそろ咲きかけ, たくさん作っ, ただ今でこそ, たふとし, ちっ共, ちょっと活け, ちらひそめたる, ちらほらと, ついた, ついでに憎い, つけさせたい, つけずに, つけず実, つけながら, つけ蔓も, とび散る籬, とらない, とんで, どうしてそのままに, どの花, ないが, ないこと, ないだらうと, ない今日等, ない冬, ない大きい強い胃袋, ない時, ない荒野, ない青銅, ながめること, なきに, なき菊, なくつひ, なくな, なくなっても, なくひい, なくまた, なくむく, なく目, なく終り給, なしに, ぬすまむ, ねばる執拗, はじぬべし, はや無用, はるかの, はるも, ひそかに, ひとめぐりしぬ, ひどく, ひらき葉, ふっくらと, ふふみたらしも, べつだんかがやい, ほつ, ほのめきぬ, ぼそぼそ暗く, ぼんやりと, ぽつぽつ交じっ, まじらうといふ, またいろいろ, また小鳥, また東叡山, また沖縄, また狂った, また男児, まだきなる, まれに, みごとに, みつ, みなこの, みな生き生き, みな腐れ落ちた, みんないつしよ, みんなから, みんな心あっ, むらがって, めずらしいと, めっちゃめちゃ, もうどうだ, もう二三日, もう今, もう見られない, ももの, やがて咲, やはり五つ, やはり紅, ゆらぐ, ようやく蕾, よく四五株, よく見えた, よそ目の, わたしたちの, アラビア風の, カイの, ゲッソリと, ピアノも, マンの, 一代前に, 一切薔薇の, 一時と, 一杯咲い, 一緒に, 一面に, 上げて, 下冷え, 不運にも, 丸い丘, 乾燥地に, 了へに, 交って, 交つてゐる, 亦, 京都の, 人の, 今の, 今日明日ばかりの, 今朝は, 仕舞いには, 似合わないよう, 何となく見返らず, 何も, 何もかもこぢんまりした, 何時か, 俗世の, 倖せ, 充分に, 入用の, 凋落の, 出しまた, 別々な, 刻下の, 前日に, 加十も, 加茂の, 匂いも, 匂った, 匂は, 半兵衛も, 卓布も, 去って, 取って, 叢の, 可憐な, 同じこと, 同じつぼみ, 同属の, 同様に, 周圍の, 咲いた, 咲いてた月見草, 咲かうかと, 咲かざる雜草, 咲かすべきその, 咲かずに, 咲かず冷たい, 咲かず枯木, 咲かせずしっとり, 咲かせやう, 咲かない, 咲かないひょろひょろ, 咲かなくなったから, 咲かなくなりしばらく, 咲かむ, 咲かんとして, 咲きそめぬらむ, 咲きはじめて, 咲きましたし, 咲きましたもの, 咲きます, 咲き初めて, 咲き損い, 咲き満ちて, 咲き竜胆, 咲き鳥, 咲き鳥も, 咲くし, 咲くだらう, 咲くでございましょう, 咲くわけ, 咲く本当, 咲く色, 咲けば, 咲けれど, 咲こうという, 嗅いで, 嘘を, 土足に, 墓石も, 売せぬ襤褸, 売れなかったに, 夏に, 多様で, 多肉性と, 大いにふさわし, 大きくなる, 大に, 大分置い, 太陽も, 夫の, 失くさ, 失するなり, 奥行きの, 好き, 好きであった, 好きです, 好きな, 子供が, 実と, 実にこの, 小さき實, 小さくな, 小さくなっ, 少く房, 少しは, 常無き, 引きゃあ, 彼の, 彼女は, 御披露, 微甘, 心して歩け, 心よ, 恥ずらん色, 恥づべき哉, 情けなくばかり, 成程と, 払底な, 持たないで, 挿頭す若, 捧げたであろう, 捧げられて, 捨て思い思い, 掌中の, 採り実, 摘んで, 支那水仙も, 教へてを, 散ったまま, 散つたかしらと, 散らされて, 散りか, 散りつくして, 散りに, 散りはて柿, 散り牡丹畑, 散り盡, 散り草, 散ること, 既に散尽した, 既に萎れた, 春も, 春雨一夜だしぬけ, 景色も, 月もと數へ, 木の根にか, 木ぶりも, 木石も, 木葉も, 朽ちて, 果も, 果実も, 果實も, 枯れしぼんで, 枯れたまま, 桃の, 桔梗も, 桜並木の, 梢に, 植えられた, 権勢も, 樹も, 此といふは, 武蔵さまが, 武蔵には, 武骨者の, 残らず散ったこと, 残り葉も, 比較に, 気持よ, 水も, 江戸の, 河も, 活けて, 活けてない青銅, 活って, 流れようと, 消えて, 淡紅色で, 深い空, 湿れた頭, 澤山に, 火も, 灰色に, 点頭し, 焔の, 無いよう, 無い広い野, 無数に, 照らしました, 熱海や, 牧師の, 玉盤の, 現れる, 生けたいし, 生ぜず大いに, 生花も, 白い埃, 白か, 白地の, 白魚も, 盛りかな, 盛りだつた, 盛りの, 盛りを, 盛り過ぎたり, 目立たぬ程, 相応に, 真っ赤だ, 真紅に, 矢車草で, 石も, 私の, 移し植ゑてん, 空も, 空色の, 簇がっ, 紅く蔓草, 紅に, 終えて, 終りと, 終わりに, 綾も, 線香まで, 線香も, 美しく咲い, 美に, 羞恥を, 胡蝶も, 胸毛も, 脱ぎ捨て, 色が, 色とりどりの, 色香が, 花かは, 花だ, 芽を, 若葉も, 莟も, 莢に, 萎まず西向, 萎れるころ, 落ち始める頃, 落ち葉, 蕎麥屋が, 蕾の, 薔薇も, 薫陸も, 薬の, 虫の, 蝶を, 街の, 衣に, 見えた, 見えたの, 見えて, 見かねて, 見き今, 見ず現, 見た, 見なかった朝, 見なくなったと, 見ぬ蕾, 見られましょう, 見るに, 見るべく, 見月, 訪い来ず眼, 詳に, 貧しいの, 買えないうち, 赤い花, 転が, 追, 透いては, 遂に散, 過葉, 道, 遥か下に, 里ちかい, 銅製の, 開くもの, 降らずな, 隅田の, 雨に, 雪も, 霞の, 霞もその, 青い花, 青ぞ, 青草も, 風が, 飾りにっこり, 飾りにつこりと, 駄目に, 鳥も, 黄昏時は, 黒く散りしい

▼ 花~ (827, 2.5%)

2712 なって 9 一緒に 7 いえば 6 いっしょに, いへば, 花との, 葉と, 見て 5 云ふ, 花とを, 言ふ 4 カステラ, 花と, 花とに

3 [12件] いうと, いって, いふを, なる, カステラの, 兵隊, 水を, 線香を, 薔薇の, 見き, 酒とに, 香とを

2 [53件] いうて, いうよりも, いおうか, さくその, した茶人, すれば, それを, ちりに, ちる身, なつて, ならん, なりたり, なりて, なりました, ふざけて, 云うの, 云う花, 云って, 做すは, 同じよう, 咲いて, 咲きも, 咲く, 大氣, 太陽の, 実とを, 実を, 思って, 散ったの, 散って, 散る, 星, 映發, 某の, 校歌を, 申して, 眺めたいの, 石に, 秋の, 置いては, 花, 花の, 茉莉花の, 草とに, 葉の, 蛾とにまつわる, 見る見る, 誇って, 辺鄙の, 雌蕋だけの, 雌蕋の, 青い葉っぱ, 駄馬

1 [573件 抜粋] あすこに, あやめの, あり, ある, あるもの, あるイチシ, いい更に, いい総て, いい葉, いう, いうか, いうだけ, いうなどは, いうので, いうべく詳しく, いうよりは, いっても, いつくしんだ娘, いひたい矜持, いひて, いふ, いふと, いふよりも, いま匂ふも, いわれて, いわれると, うぐいすの, うたがう, うち違ひ, うれしさうに, おかあさんの, おもえないみすぼらしい, おもっても, おもへば, おんなじ事, お供餅, お幾, お茶を, お香典, かおって, かがやくであろう, かきつばたの, かやつり草と, かわいいオレンジ, きめて, くりすます, くる, こしへの, この花, こぼれて, さうび, さく, しおらしく愛らしくまた, したいと, したいの, しつくり合, しないでも, しまた, し始めた動機, すれすれの, せんという, その前, その家, その横, その苞, それから散, それと, それに, それらが, たまの, だ, ちがうのに, つい話, でよい, どちらが, なしたり, なったが, なったの, なった故, ならんで, なり, なりけむ, なりしかど, なりぬかな, なりぬ曙, なりふるさと, なり切って, なり又, なり反乱, なり実, なり目, なり給, なり芽, なり解けば, なり零, なり香, なるあかし, なるであらう, なる憂い, なる譯, なる雑草, なれの, においが, のだ, はじめて香, ひそやかな, ひらき, ほこりと, まがうサルノオガセ, まがう一羽, まじって, まだ青い小さい, まったく同じ, むかしの, よく似合います, わたくしと, ガラスの, コスモスを, シャク, シャクヤクの, チェッコ公使の, ナイチンゲールを, プロマイドを, ペタコとが, リボンで, レエスで, 一しよ, 一の, 一所に, 一服の, 一本の, 一致しなけれ, 丈長き, 並んで, 乾草の, 二人の, 二百円, 二種の, 二花から, 二花とが, 云う, 云うよりは, 云うよりも, 云う人, 云う内, 云う男, 云う色, 云う青柳, 云ったので, 云っても, 云つて貧しい, 云は, 云ひ, 云ふなら, 云ふも, 云へば, 交り, 交配され, 人と, 人とも, 人に, 人間との, 以外に, 仲よしでした, 伊右衛門様を, 似て, 何という, 余念なく, 供に, 俊寛の, 俥で, 倶に, 優美を, 光が, 入交ぜ, 六本の, 兵隊の, 兵隊も, 其に, 内輪の, 写真でも, 凋んで, 判ったが, 別たぬ, 別れたらおそらく, 割なき, 匂った, 化しその, 化したりと, 句とを, 合点すれ, 同じ, 同じこと, 同じやう, 同じ形の, 同じ様, 同じ血脈, 同じ趣, 同時に武器武術, 同様に, 同状貌, 同病相楽しん, 同罪せられ, 名づけたと, 名乗りて, 向いあって, 向かい合い夕焼, 向き合って, 呼ばれし香山家, 呼ばれたればこそ, 呼ばれた娘義太夫, 呼ばれる下品, 呼ばれ互に, 呼ばれ翁草, 呼ぶ, 呼ぶは, 咲いた子どもたち, 咲かせて, 咲かせる態, 咲かめ, 咲きにたり, 咲きまた, 咲き出でた, 咲くため, 咲くなり, 咲け, 咲けども, 咲誇った, 咽せる, 唱え醫法學上, 土の, 変りない, 夕顏の, 夜寒とが, 天とを, 天使の, 天女の, 姉妹で, 娘とは, 娘の, 嫩芽との, 存じ申す, 安らふ, 定めて, 実との, 実入りの, 家ばかり, 實, 實が, 實とを, 寶石と, 対丈に, 対照し, 将棋, 小さい貝, 小女の, 小母さまの, 小鳥に, 小鳥は, 少女の, 崩れるの, 平家蟹の, 幼時より, 幼稚園と, 彼の, 彼女に, 待わたりけるなれ, 後から, 思うは, 思へと, 思へや, 愛しみながら, 愛で, 我とは, 手紙を, 手際とに, 打水に, 投げた, 擬さねば, 擬ふかな, 放射型の, 散ったが, 散った勇士, 散った特攻隊員, 散らん, 散りまがい, 散りゆきはかな, 散るの, 散るものぢ, 散る波, 新しき草, 新しき葉, 日光の, 日章旗で, 早合点する, 昆虫或いは, 景物に, 月とが, 月を, 望みし峯, 朝枝の, 木々の, 木とを, 木の芽が, 末梢に, 松の, 果実から, 果実とを, 果物の, 枝を, 栄えしかども, 根, 梅干とを, 楡と, 欲しき日, 歌はれし, 此の, 母親の, 水の, 水茶屋の, 法印花とで, 泡沫の, 深潭の, 深緑の, 清しかるべし, 満開の, 源造に, 漸次に, 濃霧の, 火の, 灯とを, 照り合ふ, 牛を, 現れる世, 瓶とが, 生花の, 申しますの, 申すは, 申す少女, 申す賤, 申者豫て, 白い花, 白い鳥, 白と, 白の, 百合の, 相応いたし, 真実の, 真黒い枝, 眺めて, 眺めるかも, 眺め外, 瞬く小石, 知られて, 石版絵が, 砂埃とを, 神農様の, 私, 称して, 称する軽石, 空に, 立花, 童, 競う女, 竿とを, 笑って, 箒の, 約束した, 紊し, 紗と, 紛れさうな良い, 紛れそう, 紫がかった, 紫の, 絹布とは, 緑で, 緑に, 緑の, 緑を, 線香が, 線香の, 美人の, 老いたる母, 而し, 聯ね, 肩を, 色の, 花とが, 花に, 花器との, 芽との, 若芽と, 若葉の, 若葉を, 茎と, 茎の, 莖と, 莟を, 菓子を, 菫の, 落日と, 葉で, 葉とが, 葉とにて, 葉との, 葉とのみが, 葉とを, 葉を, 蔓の, 蕾とを, 虚空の, 虫とへ, 蛾, 蜂の, 蝶々と, 見, 見えこの, 見えし, 見えた, 見えますが, 見える血沫, 見え水, 見しかども, 見た方, 見てと, 見なせば, 見ぬ雪, 見はや, 見まがう, 見るは, 見るばかり, 見るまで, 見る時, 見れば, 見捨てて, 見鳥, 覗き出した柔, 言いました, 言うん, 言えば, 言おう, 言おうか, 言つてゐます, 言ひました, 言へば, 言われたが, 言われるくらい, 許り, 詠めさせん, 認めたの, 語るの, 誤るの, 調和を, 謳われたもの, 謳われて, 變な, 赤い夏菊, 輝く二本, 轟々たる機械, 違い紅い, 違って, 遠ざけたそのどの, 酒と, 酒筒を, 野バラの, 野草の, 鉛筆と, 長屋門の, 閉じこめられた処女, 開き又新, 関係が, 陶器とが, 陽の, 雌蕋だけを, 雌蕋を, 雨とを, 雪これを, 霞の, 青葉で, 青葉ばかり, 青葉を, 音楽, 飛ぶ, 飲むん, 香しい涙, 香と, 香の, 香を, 香花を, 馬齢薯の, 高い鈴, 鰯の, 鳥とに, 鶏頭以外の, 鶴彦とを, 鹿とは, 麦の, 黒い葉, 黒緑色の, 龍余聞

▼ 花~ (477, 1.4%)

11 葉を 10 葉の 6 実を, 木の 5 木が, 鳥や 4 とんぼの, 枝を, 紅葉を, 線香が, 野菜の, 青い花, 鳥の, 鳥を 3 お線香, お茶の, 実の, 小鳥や, 竹の, 草の, 葉が, 葉は, 虫や, 香を

2 [34件] ゆかしき母屋, トマトの, 供物に, 供物を, 善き酒蔵, 夜は, 小鳥の, 果が, 果物を, 桃色の, 桜の, 歌を, 水の, 流れ去る, 白い花, 盛物を, 石を, 紅葉の, 線香を, 能酒蔵す, 花の, 草を, 葉に, 葉や, 蕾を, 赤い花, 赤の, 身に, 野菜を, 雪の, 香りの, 鳥も, 黄色い花, 黄色の

1 [304件] あか桶を, あまりりす, あやめの, いい匂い, いろいろの, お幾, お正月の, お湯をと, お花, お若, お茶を, お菓子などが, お菓子や, お辰, お香, くだものと, けさの, けしの, さらに異, さるすべりの, さわやかな, さんび歌の, しきちゅう, そのにおい, そのほか, その他いじらしい, その孤独, それに, だな, ちょうに, ちょうや, ちよつと, つつじの, つやの, で, でなかったから, では, で見送るとき, という女中, はじめに, ひなげし, ひるが, ふさを, ぼうっと黄, ぽか, またうす, また木の葉, また津軽, また真青, まっかなお, みだれさ, もつれしま, もみじの, やつでの, よ, わ, イワレンゲが, カボチャの, カンナの, サイン入りの, シクラメンの, チューリップダアリアなぞの, ナイチンゲールの, ピアノの, メーデーの, リボンで, リボンを, レモネードの, 一木の, 上野とつは, 亞米利加撫子櫻草三色菫などが, 人たちを, 人の, 人生三万六千日, 伸びる木の葉, 何かを, 何という, 供物が, 候今を, 八汐の, 公園や, 円い葉, 匂いの, 化け物や, 南京玉が, 南京玉の, 又, 又到来, 和歌の, 咲くらん, 咲く花, 四花の, 城の, 夏水仙の, 夕明り, 大きな湖, 大きな茂み, 大天狗, 天女花の, 女子の, 女性に, 婦人や, 宝石の, 実が, 小さなカイ, 小さな水仙, 小石にたいして, 小鳥を, 少女を, 山茶花の, 山草が, 巌石を, 年とった, 幹や, 彼岸の, 急に, 手の, 捨んと, 掛け物と, 採るべく月, 散らむとて, 散りくると, 散り來, 散るらん, 旗を, 日の, 日の出を, 日を, 日本から, 星なぞ, 春寒し, 景色を, 暗い林, 月その他いっさいの, 月に, 木に, 木の下影に, 木の葉や, 杏の, 束の, 林に, 林檎や, 果や, 果実が, 果実などの, 果実に, 果実の, 果実や, 果実やを, 果実を, 果物の, 果物や, 果肉の, 枯蓬の, 柴木を, 栞を, 根岸たづぬる, 桃の, 桃も, 桐の, 梅が, 梅雨あがり, 梯梧の, 棕櫚樹などが, 森や, 植木なども, 椎の, 楽器を, 樅の, 樹の, 橋普請, 歌の, 歡びと共に, 母娘が, 水など, 水を, 水茶屋の, 水菓子が, 流れも, 灌木の, 焔の, 焼きざま, 犬などと, 犬や, 玩具の, 珍しい寒帯, 珍らしい, 珍器に, 生籬が, 男の, 男や, 畚の, 白いいい香い, 白いエゴ, 白い山百合, 白く縮れた, 白桃の, 百合の, 真珠の, 眼に, 矢車の, 知る雨, 石や, 石造の, 碧梧や, 私の, 穂が, 窓外の, 紅い花, 紫の, 紫苑の, 緋鯉や, 緑色の, 線で, 線香は, 線香や, 縣を, 羊歯に, 羽子板ゴム鞠運動具おもちゃの, 自然そのまま, 自然に, 芒の, 花崗岩や, 花弁の, 芽に, 芽は, 苔や, 若干の, 若葉が, 草が, 草で, 草などを, 草に, 草は, 草木の, 莟を, 菓子や, 菱形の, 萩が, 落ちた葉, 落葉の, 葉っぱを, 葉で, 葉と, 葉並みに, 葉動物や, 葡萄酒や, 蒼ざめた廢道や, 蓼の, 蕾に, 薄曇, 薄紅, 薔薇が, 薔薇花などが, 薫の, 虫の, 虹や, 蜂が, 蝋燭の, 蝶々が, 蝶に, 蝶や, 行儀作法の, 裸体の, 西郷どんは, 詩や, 豆の, 象牙の, 赤いサクラソウ, 赤い伏牛花, 赤い貝がら, 遊びに, 都会は, 野菜は, 野菜物を, 鋭い棘, 鎌倉右大臣, 陶器の, 雨や, 雲や, 青い麦, 青葉の, 音楽で, 風景には, 風景の, 風景を, 飾物が, 香の, 香料や, 鬼の, 魚や, 鳥いまを, 鳥が, 鳥だ, 鳥と, 鳥など, 鳥などを, 鳥に, 鳥は, 鳥又は, 鶯が, 麦の, 麻雀が, 龜の

▼ 花~ (261, 0.8%)

24 あつた 6 せう 4 飾られて 3 飾って

2 [16件] あらう, いっぱいに, これは, つめるという, もって, 仄かな, 埋まつて, 埋もれて, 富貴の, 平次は, 描き度, 暮す事, 言はば, 飾った馬車, 飾つた陶器の, 飾られる

1 [192件] あつたの, あつたらしい, あつて, あの紫, あらねば, あるいはやや, いいじゃ, いうならば, いっぱいです, いっぱいの, いつぱい, いつぱいだ, いへば, うごめいて, うずめられて, うなだれて, うまって, え, おおわれたあずまや, おかざり, おまけに, お座敷も, か, かきつばた, かざったばら色, かざった壁, かざられて, かつ始め, きっとある, こさ, ござりました, ござります, さへ, しばらく蔽われ, そのあたりいちめん雪, そのおのおの, そのビロード, その中, その名, その着物, それで何, それらの, ちょっと燃え, つまった煙突, できた鐙, でも, とにかくその, とりまかせても, とりまかれた糸杉, なかよく, まるで白い, まわりを, みごとに, むずかしいの, めまいが, やがてまた, クララの, コチラが, ロココを, 一ぱいかしらなぞと, 一ぱい飾られ, 一パイに, 一向に色, 一杯でございます, 一杯に, 一番綺麗な, 上から, 不言実行と, 世間に, 二上屋の, 体中を, 作られた種々, 作られた花, 佳くない, 僕の, 先づ咲き出す, 円卓の, 匂いも, 卓子を, 取り圍まれ, 名高い, 味の, 呼吸を, 囲まれた農家, 埋ずまって, 埋まった, 埋まったと, 埋まった空, 埋まって, 埋めて, 埋められた, 埋めるの, 埋る, 埋れて, 夜更しを, 太陽の, 如何にも女性的, 姉妹の, 学者は, 居心地よく, 彼女の, 慰め度い, 或坊さん, 押しけ, 描いた絵, 断じて中国, 明るくな, 暮らさせるは, 朝から, 机の, 桃樹の, 梅は, 武蔵野の, 毎年いまじ, 池の, 波系は, 満ちて, 満足し, 溢れた庭園, 滑べっこそうな, 濛つと, 無くイベット, 燃えるよう, 現地に, 生籬に, 目が, 眞白で, 眞白に, 真白でした, 祝はれた, 私は, 稲の, 粉飾され, 紅の, 紫他の, 細かく飾られ, 終るの, 結えた, 絨毯を, 綴って, 綴つて其中に, 編んで, 縁を, 織った羅, 羞恥も, 胸の, 花た, 花中に, 花環を, 蔽った, 蔽われた林檎, 蘆や, 装飾を, 見た時, 見てを, 言えば, 謂つたら, 賦香する, 路の, 辛抱しなけれ, 通って, 隠れ栖む庭の, 食卓が, 飯事を, 飾った, 飾った凱旋門, 飾った帽子, 飾った揺籠, 飾った柩, 飾った満寿子さん, 飾った緑, 飾った舟, 飾つたボンネツトを, 飾つた底抜屋台が, 飾られた, 飾られたこの, 飾られたひつぎ, 飾られたテーブル, 飾られた低い, 飾られた坦々, 飾られた自転車, 飾られた赤い, 飾られた部屋, 飾られた長い, 飾られた高い, 飾られるよう, 飾りたてた車, 飾り石造, 飾るには, 鳥居もとに, 黄金色に, 點

▼ 花~ (184, 0.5%)

147 なあ 54 という, な 3 から, ということ, のの, のを

2 [13件] から誰, か知らない, つた, で, といふ, とさげすみ, とも云われる, と云う, と思っ, と思つて, と泣いた, なも, んの

1 [112件] か, かすもも, からいま, からこれ, からであった, からであろう, からです, からな, からわすれ, から少し, か土, か白く, か葉, か蕾, か見当, か赤, か遠目, か鷺, が, がこんな, がそう, がそれ, がどんな, がなかなか, がはらりと, がひっそり, がひつそり, がサフラン, が古, が暴風, が東京近郊, が此, が私, が美しい, が芒, が黄昏時, ぐらいな, けど何となく, けれど捨て, こと, ことない, こと私の, さっきの, さつ, ぞ, ぞこれ, ぞ器用, つたから, つたよい, つてこれぢや, つてもうとう, て, と, とあっ, という土地, といっ, といふやう, といふ説, とか手近, とか鳥, とします, とする, とちょう, とも美しい, と云, と云つて, と今, と問うたら, と思, と思い, と思いました, と思います, と思う, と思ひます, と思ひ定め, と思わせ, と教え, と気勢, と私, と聞い, と聞け, と見た, と言, なあ力め, なんてそんな, なァ, な湯, の, のと, のという, のといふ, のに, のは, はて蓬, べ, むずかしい事, もの, ものほしい, もの誰が, よう桃の, わい, んと, カーネシヨン菜の花マーガレツトフリジアあの, コスモスが, 一目何, 僞善の, 其程人を, 匂ひ, 歩, 満目の, 縞西瓜だ, 雪だ

▼ 花模様~ (173, 0.5%)

13 のある 5 の壁紙 4 のついた 3 の上, の着物, を織り出した 2 のつい, のプラトーク, の帯, の服, の蒲団, の銘仙, の青い, を描く, を染め出した

1 [124件] あるいは縞模様物, あるオール, ある毛, からきっと, か何, があっ, があります, がある, がその, がペルシャ, が入口, が大きく, が描かれ, が歩く, が毒々しく, が涙, が結晶, が置かれ, が青紫色, だが, でおかしな, で時には, という工合, などは何, などをあしらった, など大変大変ゆたか, にじっと, に凍てつき, に刹那, に成っ, に敷かれ, に眼, に編んだ, の, のあんばい, のお, のなごやかな様子, のふり袖, のイブニング, のカアテン, のカーテン, のキャラコ, のショール, のジョウゼット, のズボン, のネガチブ, のヒフ, のフンワリ, のレエス, のワンピース, の一つ, の七珍, の上衣, の上酒甕, の中, の丸ボヤ, の伊達巻, の便箋, の入った, の南京繻子, の単, の単衣物, の厚い, の名刺, の向, の壁, の小浜, の布, の帷, の振袖, の描い, の提灯, の日記帳, の書割, の洋服布地, の浴衣, の真岡, の短い, の笛, の粗末, の結び目, の絨段, の縞, の置かれ, の羊毛段通, の羽織, の肱掛椅子, の膝, の茶壺, の華やか, の衣裳, の袂, の袋, の赤, の赤い, の赤前垂, の透し, の部屋着, の部屋靴, の酒甕の, の重, の金巾, の長襦袢姿, の陶器, の青, やこまかい, や欄間, や種々, をおい, をおいた, をかい, を一つ, を入れ, を全身, を出し, を咲かせ, を唐草風, を埃, を彼女, を映し, を浮かした, を浮立たせ, を胴, 美しいお

▼ 花でも~ (135, 0.4%)

7 見て 3 なし剃り, 植えて, 葉でも 2 がまんする, つけて, どっちでも, 何でも, 作って, 咲いて, 引いて, 彼處の, 手向けて

1 [101件] あげて, ありなので, あります, あり又, あり陰鬱, ある, あると, あるまいと, あるもの, あれば, あろうか, いわゆる真っ盛り, お送りなさい, くらべもの, この通り奇麗, こんなにかるがるとした, さいたやう, して, そこから, そのおとめ, ちらちら飛び交わし, ついて, ないが, ない生え, ながく見, ながめ音楽, なく, なくて, まちがえたの, やりたいな, やれば, ナオミは, 一枝, 一輪一輪おそろしい, 何方でも, 作つて暮す, 作り余裕, 供げて, 出来て, 出来るの, 前後の, 十二分に, 取り合わせて, 咲いた様, 咲かせられては, 咲きそう, 咲き出したよう, 唖娘が, 堅い石, 妖女が, 実でも, 実に悦ばし, 引かなくッ, 引こうという, 後手に, 所謂真つ, 投げ入れとか, 持って, 描いて, 摘まうと, 摘みに, 摘もうと, 早く散つ, 月でも, 望むやう, 机の, 枝ぶりが, 染め出したよう, 桃李の, 植ゑる花でも, 楊の, 殆ど皆, 温室の, 皆活きてるで, 眺めたり, 知って, 習うそれ, 芽でも, 草でも, 草棉の, 蕗の薹の, 蕗臺の, 虫でも, 見たり, 見てるよう, 見ながら, 見ねば, 見るよう, 見るより, 見る様, 見る樣, 見れば, 見乍ら, 観て, 贈りたいと, 贈り物に, 足りない, 開きさうな温い, 降つて來, 食べるつもり, 鳥でも

▼ 花~ (135, 0.4%)

5 を持っ 4 のこと 2 が, がおい, がかかつて, に申訳, の中, を, を買

1 [112件] か, から一本白百合, があった, がついに, がどこ, がのっ, が一転, が吊つ, が氣, が白薔薇, が贈られた, が赤薔薇, が飾られ, だ, だこと, だった, だったのよ, である, ではなかっ, でもっ, で飾られる, とが乗り, とが其傍, とは少女たち, と並べ, と共に沼, と称する, と言, なども其, ならたいへん, なるもの, に, にさえ, にでも応用, にはあたし, には水, には菊, に二つ毬, に充ち, に挿す, に摘ん, に活け, に熊蜂, に盛った, に目, に黄, のうえ, のかげ, のこと等, のやう, のよう, の一つ, の向う, の四分の一廻転, の如き, の意味, の手, の新, の方, の水, の鸚鵡, は, はあと二, はすぐ, はどこ, はなくなっ, はやがて, は一たい, は先, は卓子, は又, は招魂, は盗まれ, は美しく, も二つ, も運びこまれ, や果物籠, や花束, よ, をうごかし, をうごかす, をかざし, をこさへ, をつかん, をにらん, をのせた, をト伏目, をブチ, をリザベッタ, を下された, を下ろし, を卓子, を宙, を御簾, を手, を抱, を抱い, を抱え, を此方, を置い, を背負い, を腕, を見た, を見つける, を賜わった, を贈つ, を贈る, を贈呈, を軽く, を都下, を頂きました, 小さな犬

▼ 花~ (133, 0.4%)

3 のよう 2 といっ, になる, のこと, の上, の花前, はそれ, はときどき, は保証人, もここ, を気味

1 [110件] がいかにもきちんと, がおこった, がき, がきた, が人間, が例, が去った, が近来, が食事, たること, たるところ, という男, との差別, との身ぶり, とは有, とをくらべ, と大悟徹底, と懇意, にし, にぜひ, にそう, にはなにか, にはひとかたならず, にひととおり, によりつけない, に会った, に勝っ, に学ぶ, に気, に笑わせた, に蝶舞, に酔, のあらし, のため, のところ, の一身, の一身上, の不幸, の両手, の乳, の働きぶり, の友, の友人, の変人, の家, の容貌風采, の恋女房, の新, の毅然, の気ちがいぶり, の評判, の身分, の顔色, はいささか, はいま, はかえって, はかならず, はけさ民子, はけっして, はさだめて, はしぼり, はしぼる, はすこし, はそういう, はその, はそのまま, はちょっと, はついに, はなん, はなんだか, ははい, はほとんど, はもう, はややもすれば, はよどみ, はよほど, は一面, は主人, は二か月あまり, は二頭三頭, は兼吉がらんぼう, は口, は問題, は大悟徹底, は安藤, は平然たる, は死んだ, は病院, は相手, は絶対, は耳, は色, は近ごろ元気, は追われる, は非常, は麻布某所, もつづい, もふしぎ, もタアちゃん, も気, も漸次, やってくれや, をよばせる, をよん, を主人, を引きたて, を見おろした, を見る, を青山, ニ弄シ琵琶ヲ

▼ 花には~ (125, 0.4%)

4 香気が 3 何の 2 あまり多く, 何か, 捨てがたい, 緑色の, 雄蕋

1 [108件] あちらの, あらず, あらず七重八重, あらで, あらねど, あれど, いいかおり, いつて, いづれも, およばなかった, かなりの, こんなの, こんな短歌, さびしいおもいで, そう思え, そばを, それが, たえられないこと, ただ憐れ, ちっとも香い, とりわけて, どうしてそんなに空想, どれも, なんの, ひとつの, まだちょっと間, まだ早い, みつばち, みつも, みな小, もうかまわなくなりました, もうだいぶ給金, もう青い, やらんよう, よくも, 一々表題, 一番下に, 二様の, 今も, 健康な, 優しい一種, 出来ぬ役目, 単調な, 原始日本的情趣が, 喜び月には, 四枚の, 好意が, 小さい白い蝶々, 小梗, 少しはやい, 少し気の毒, 届くが, 往々多少は, 意識的な, 日を, 早い雨ざらし, 朝から, 朝早くから, 未だ早い, 根が, 歌を, 此の, 此処から, 気がつかないらしいかも, 気の毒だ, 気の毒なれ, 気品が, 永い昼過ぎ, 泥む知恩院, 涙の, 無いと, 特別の, 珍しい事, 男の, 目の, 目立つて, 直ぐに, 相違なかつた, 石竹朝顔遊蝶花萩女郎花などが, 秋の, 紅月には, 紫色の, 縁が, 艶めかし, 芒が, 花に, 花冠が, 花弁が, 苧環遊蝶花, 萼花弁雄蕊雌蕊が, 薔薇に, 蘂ぞ, 蝶蝶が, 見るもの, 誂へ, 豹の, 遅いが, 醜い四人, 銀の, 降りずに, 雄性と, 雄花と, 雌蕋だけ, 露の, 顔の, 風邪に, 香いが, 騒ぐ

▼ 花咲く~ (120, 0.4%)

3 頃は 2 ここの, さかりの, 日, 椿かな, 頃, 頃か, 頃や

1 [103件] あなかしこ何の, ことあり, ことなかりき, ことは, ことわりを, ころ, ころなれ, ころ迄, さかり, しずかな, たとえの, ために, ちゃなあ, といわれる, ときに, ときを, ところと, とも聞けり, と詠み, のだ, のであります, のを, はここ, は幸, みちのくの, もので, ものを, ゆえヒガンバナと, ようきらきら, ような, ように, を其色, クカイ草蘭に, 下で, 丘へ, 事も, 人の, 人生, 六月半ばの, 初夏の, 千草の, 南の, 原に, 名所とて, 四月を, 園に, 大島の, 妹が, 学問の, 家は, 家族, 宿を, 小田の, 山寺の, 庭の, 影に, 春あり, 春であった, 春の, 春は, 春を, 春秋の, 時, 時期は, 景色なり, 月, 望みが, 木と, 木には, 林に, 林檎の, 梅の, 椿島, 機会を, 池の, 深秋, 牧場であり, 盃で, 砂原の, 私の, 緑の, 美しき園, 自然に, 芝生の, 草地に, 草木かな, 荒唐な, 蓼や, 蔓草の, 道を, 里に, 野に, 野の, 野べの, 陸奥から, 陸奥の, 霧に, 青山へんに, 青山辺で, 青山辺のか, 頃と, 頃に, 頃を

▼ 花から~ (119, 0.4%)

16 花へ 8 花へと 3 花を 2 出る香, 取った香水, 湧く高い, 目を

1 [84件] あらゆること, かすかな, こうした脅迫, この家, して, その低, その眼, たんねんに, だった, ちりこぼれた, でした, とった香水, また噴水, まだ誰, やって来るの, スーと, 一しほ, 一尺先二尺先あるいは, 一時に, 二間ほど, 云えば, 人の, 伸子は, 兜虫の, 出て, 出る火花, 匙を, 取つた物, 口紅が, 同じお, 唇を, 夏の, 外らした, 始めやう, 密を, 實に, 影響された, 後の, 後ろの, 成って, 抜ける捌いた裳, 抜出た, 採取した, 放つ匂い, 最初の, 月の, 梨の, 汁を, 淡い朝霧, 火でも, 甘い香, 発する匂い, 真ッ先, 眼を, 立ち昇る, 立ち登る, 立つかおり, 絶好の, 耳に, 聞いた北海, 花に, 花の, 花梢から, 花粉まみれに, 花粉まみれにな, 花粉を, 菖蒲団子と, 蕾と, 藤娘の, 見て, 覘い, 説き出して, 踊りを, 違うって, 遠くの, 遠のいて, 関宿栗橋の, 防暑用の, 離れなかった, 離れること, 雪を, 青葉へ, 頭へ, 黄色の

▼ 花にも~ (109, 0.3%)

4 葉にも 3 似て 2 つる, なかなか止まり, 増して, 枝ぶりにも, 興味を, 迷ひ

1 [90件] あいたか, あらで夏, ある美し, あんな命, いたくなれぬれば, お見飽き, けっして劣らない, しそが, せよ庭, その一つひとつ, ただ悲しみ, つい心, つかぬ夕蜻蛉, てふてふ, なぞらえて, ならましもの, なんだか生気, なんの, ひとりでに目, まさりて, ましてうつくしく, よく理解, 一家楽しまず, 人の, 人間にも, 会うこと, 似たり, 似たるかな, 似た姉, 似た強烈, 似た片手, 似ない菜葉, 似る, 佛にも, 使命が, 優る香, 劣らぬ麗わし, 勝る身, 匂いが, 厭きて, 台にも, 同じやう, 吐けなかった, 増り, 大きな雨, 大抵杖, 存在の, 宜しという, 少年の, 待ちぬ松, 心惹かれる, 必ずいくつ, 恥じよ, 恵みを, 戯る, 戲る, 手際にも, 早かった, 月にも, 朝露が, 松の木の, 染めよ野邊, 根に, 梅だの, 比ぶべき, 水を, 滿ち足らひ, 甘い香, 皆それぞれに, 皆魂, 私は, 秋の, 耳を, 自然の, 花托が, 茎にも, 草にも, 落花みじんの, 葉子は, 見えるよう, 見飽いても, 觸れずし, 譬うべきであろう, 負けない人間, 負けない美麗さ, 近いと, 野趣横溢静かに, 野趣横溢静に, 露が, 鼻薬を

▼ 花~ (108, 0.3%)

60 無言の 20 むかしの 2 葉よ

1 [26件] あなたなし, いつかの, お前たちは, お蝶, お開き, たまひし, ぢや, みんな蝶々にでも, もし御門, 人われも, 今日こそ, 僞善の, 園に, 夢ばかり, 媚ぶ, 学校に, 曽て, 木よ, 榛の, 汝等は, 火の, 灼鉄の, 百合の, 花が, 菓子を, 黄の

▼ 花という~ (99, 0.3%)

8 ものは 6 花は 5 のは 4 ものが, 美しい縫子, 花が 2 のよ, ものの, 名も, 名を, 縫子が, 者が

1 [56件] お花, ことです, ことに, そうじゃ, ところです, ところに, ところの, のも, のを, ものさ, ものだ, わけでしたろう, シーンに, 代理が, 以上は, 件の, 処も, 十三四の, 古歌, 吉原の, 名に, 名は, 名前は, 土地も, 地名が, 地名の, 女の, 女は, 娘が, 娘の, 娘は, 字が, 字に, 季題は, 小字が, 小間使の, 意味である, 感じが, 感じでありましょう, 政教明察竜馭乗に, 文字も, 村が, 気持で, 珍品です, 紋の, 縫子, 縫子である, 縫子に, 縫子は, 者も, 花を, 花魁と, 言葉が, 連の, 連想が, 題が

▼ 花さん~ (96, 0.3%)

2 が言った, という名, と云う, の許, は十九年頃, もいなかった

1 [84件] いどころ, からの句集代, が, がお父さん, がげらげら, がその, が下り, が先, が呼付けられた, が山, が帰っ, が栄養不良, が消費組合, が甲斐, が遊び, が鋭い, だ, だけは何, と, というの, という女, とやらに老女さん, と一緒, と仰し, と清水さん, に, にあつ, にまず幾らか, によく, に会う, に会釈, に叱られた, に怒られた, に着せる, のお, のお客, のちい坊, のところ, のフィルム, の厭, の友達, の性質, の意見, の手, の時, の気持, の裾, の言う, の鏡, の阿, は, は不在, は何, は出勤, は到底, は夜, は大切, は太郎さん, は庭, は恋, は日記帳, は歌さん, は海, は清水さん, は無頓着, は私, は立った, は自分, は誰, は顔, ほどの別嬪, もなかなか, もよほど, も又, も苦し, やお, や専属, よ, よく来た, よりは丈, を御, を思っ, 何時の間に貴女, 既に御

▼ 花ざかり~ (81, 0.2%)

3 だつた, なる軒

2 [11件] だった, である, でした, のなか, の下, の木, の林檎, の森, の生籬, もきれい, を見よう

1 [53件] かな, かも, かも白雲, そしていろいろ, だし, だぜんまい, だった頃, だ一人, であつ, であると, である杏, である途上数句, ですからね, ですよ, で上野, で人, で春, で草原, というふう, といった春さき, とでも言うべき, なり河鹿, なるその, なる林檎園, なる茨, に玉邨江雪, に駒, のその, のの林檎, のまんなか, の世界, の二十歳, の別荘, の大きな, の年, の景色, の林, の柘榴, の灌木, の緋桃, の蕎麥畑, の頃, は遅, も近い, よ, をすぎ, をみ, をゆく, を忘れ, を描いた, を逍遥, を野ッ原, 毒々しい花

▼ 花~ (81, 0.2%)

62 である, は, を読ん

1 [69件] からうけついだ, からすぐ, から貰っ, が, がこの, がそこ, がね女, がまだ, がむくれ, が明治三十九年, が紀行文家, が編輯主任, が自然, が読めた, って人, でさえ僅か, では分らず, でも小波, で一向に, で山崎氏, と桂月, と相対, と言, については花袋全集, になり, にも藤村, に念, のいふ, の代表作, の周旋, の場合, の文章, の方, の月, の碑, の言葉, の記述, の近作, の面目, の面目躍如, の顔, はあれ, はこの, はその, はその後, はそれ, はもうすこし, はもっ, はもっとよく, はやはり, は人生, は単純, は大, は戦争, は旅, は明治二十七年四月六日, は独歩, は生, は耽溺, は肥っ, は自家, は花袋, は英語, への好意, もきみ, も何, を戒め, を読み返し, を通じて

▼ 花よりも~ (74, 0.2%)

3 おまへたち 2 さらに花, なお, もつと, 紅い, 紅い血, 鼻に

1 [59件] あたたかし, あの花菖蒲, いつそう, お美しい, かえってちょうちょ, きらびやかで, きれいで, きれいに, そちらを, なおさわやか, もっとみずみずしい赤い, もっと変, やわらかな, 仰向きに, 何よりも, 優って, 先に, 却て, 口に, 團子風景よりも, 大輪で, 好ござんす, 実が, 寧ろ一夕, 寧ろ梅花, 床しき君, 惜しむ子, 早く葉, 星よりも, 更に水蒸気, 更に見栄え, 桃でなけれ, 桜の, 涼しい微妙, 清い美しい坊や, 濃き青, 熱心に, 珍らかなり, 田圃路に, 畑一面に, 白くて, 目に, 穢れて, 紅に, 美く, 美くし, 美しいあの, 美しいし, 美しいと, 美しい此宿, 美しい若緑, 美しく装われ, 美なり, 膝の, 舞鶴千代の, 葉が, 見ご, 諸州から, 豪華な

▼ 花たち~ (70, 0.2%)

3 にむかっ, はすぐ 2 がみんな, にキス, のこと, の中, は, を栽培

1 [52件] があと, がいっし, がうなずい, がかわっ, がくき, がそれ, がどこ, がゆうべ, が寝, が王さま, が病気, ただ自分, とあそびました, どうしてこんなに元気, に, にいくら, におしゃべり, にきい, にはできません, のだれ, のほう, の仲間, の生活, の言葉, の身ぶり, はからだ, はその, はたっぷり, はつつましく, はどうして, はどこ, はね気持, ははいっ, はまだ, はみんな, はもう, はソフィーちゃん, は心一杯, は王さま, は親切, は言いました, は身ぶり, は頭, ばた, までがかんし, もそれぞれ, もほんとに, もみんなそば, も行ける, をお, を入れ, を入れました

▼ 花咲き~ (70, 0.2%)

64 にけり, 散る頃 2 てより, て匂, 実を, 湿る山

1 [48件] うまき実, きつた, しかも何処, そむる山方, そめること, たりと見し, たりと話す, ちれば, つらなり鷺草, てその, てわが, て百年, て見る, どんより水, にけらしなあしひき, にける, に咲き, みちた十五世紀, も咲かず, も遲, や, ゐたり, 出でるであろう, 夏は, 夏みかんが, 孤桑樹は, 実つて, 実をも, 我が居ら, 散る苑, 根から澱粉, 消えた, 消え失せるの, 満ち見渡すかぎり, 潺湲たる, 煙る夕月夜, 畦道には, 私は, 秋に, 秋は, 老衰し, 足らひいとどしき, 足らひいとどしき揺れ, 輝かしかつ, 輝くもの, 雑草生ゆ, 風は, 鳥歌い

▼ 花より~ (67, 0.2%)

5 団子 2 おぼろにて, 団子で, 団子の, 外に, 朧にて, 紅い, 花に

1 [48件] おぼろなる, さきに, しぼり, すべる, ずっとずっと綺麗, ずっと大きく, ただ落葉, だん, なって, ひくき夏, ものいう花, 一層ほんのりと, 刺多き, 咲き初めるの, 団子が, 団子と, 団子という, 団子を, 団子式の, 団子菓子より, 團子否, 實に, 少しは, 帰り三日四日, 成って, 成りその, 成る, 放つ佳香, 更に真白, 朧ろにてと, 果が, 清く身, 白いその, 白かった, 白く縁, 秋の, 紅淡き, 美しい, 花へ, 花を, 葉の, 血の気の, 赤く蜜柑, 雨ふりぬ, 雪が, 高く, 高し罌粟坊主, 鳥より

▼ 花廼屋~ (67, 0.2%)

10 と虎 3 が虎, も虎 2 に虎, は, はよろこん

1 [45件] がうなった, がこう, がつめかけ, がとり押えた, がニヤリ, が尤も, が慰めた, が笑っ, が苦, と鹿蔵, にたのみこん, にまで毒づい, にピン, に声援, に言った, に鼻先, のマドンナ, の玄関先, の言葉, はいぶかし, はうれし, はしばし, はアゴ, はウッ, はカラカラ, はニヤッ, はブッ, は喜色満面, は大, は女子供, は新, は自分, は薩摩ッポウ, は訝し, は遠慮なく, は野, もあてられ, もいる, も同様, も当節, や虎, をこづい, を尻目, を睨みつけた, 珍しや

▼ 花~ (66, 0.2%)

7 の中 4 に花 2 にし, のうしろ

1 [51件] から花, がどうか, が一つ, が載っ, が飾っ, が飾つて, く, さ, だのゴテ, でもひっかかっ, と燭台, に, にいけましょう, にづツぷりぬれし水色, になげこめ, にはどこ, には何處, にピストル, に一寸, に入れる, に投げこまる, に投げこまるる, に活けられ, に浅ましく, に燈火, に軽い, に造り, に遊ばしまし, に隠さなかった, のある, のその, のそば, のところ, のまわり, の下, の前, の周囲, の水, の花, の薊, は手, は秀真, へ水, もついで, も何, を取っ, を床, を持っ, を持った, を逆さ, 然り

▼ 花~ (65, 0.2%)

6 のやう 4 のよう 3 の上 2 が通る

1 [50件] から蕊, がただ一片, がひらひら, が丁度万花鏡, が下波, が思ふ, が点々, が飛ん, が驟雨, であつ, でも見, にあたる, に流れた, に纏わりついた, に觸, の夢, の形, の恰好, の撮影, の斑, の様, の海, の爲, の紫, の肉甚, の薄, の裏, の風情, はクッキリ, は徒に, は空中, は脹れる, は裂け, も手の甲, や一莖, をちらした, をひと, をダラリ, を全身, を掻き分け, を散らす如くなるなれ, を汚す, を浮べ, を盛つた樣, を眺め, を自分, を落す, を閉ぢ, 亦雨, 重く傾き

▼ 花~ (64, 0.2%)

3 の顔 2 のそば, の里方, はその

1 [55件] ありまた, がスラリ, が一人, が年上, っ, というの, という遊君, と持彦, どの誰, にあった, にこれから, には愚昧, には測量, に攻めかけた, の下がり, の体内, の屋敷, の心, の朋輩ら, の答え, の考え, の衣裳, の香, はきっぱり, はきょう陰陽師, はそういう, はふしぎ, は一切, は半ば, は小首, は島君, は引きずられる, は心, は或, は殿中, は涙, は淡い, は深く, は知った, は笑っ, は紙きれ, は里下がり, は顔, もう我々, もまた, も殿中, も自分, や重ね伏せ, を側, を失う, を権高, を第, を見る, を説き伏せ, を長い

▼ 花~ (63, 0.2%)

12 里の 6 里は, 里を, 里夫人は 5 里夫人の 4 里夫人が 3 里と 2 里が, 里に, 里も

1 [15件] らくを, 里, 里からも, 里その, 里などという, 里などへも, 里へも, 里夫人から, 里夫人と, 里夫人に, 里夫人には, 里夫人や, 里夫人明石夫人なども, 里明石など, 里西北は

▼ 花~ (58, 0.2%)

3 なんか手 2 あらしも, 何か, 何かを, 知って

1 [47件] お梅, ぐはしく, さても, しらん, そこら辺り, その薫, それではハンノキ, たいへん匂い, づら, であった, ないかと, へるも, 何かについて, 何かの, 何ぞと, 何だ何だ, 光か, 六角の, 六角形の, 厭は, 咲いさがりたり, 咲きたる, 子供の, 巻葉か, 底光りが, 散らざらむ, 木の芽か, 果物の, 淡い絵具, 源氏の, 白狐みたいだ, 知らないが, 知らぬの, 秋を, 糠の, 芙蓉の, 草びら, 葉か, 葉を, 蔦か, 薔薇か, 虫かを, 蟲かを, 躑躅を, 迂闊な, 雲かと, 鹿の

▼ 花~ (57, 0.2%)

9 のだ 8 のである 43 のであった, のよ, んだ, んです 2 けれどもむつまじき, ので, のです, んざ小汚

1 [16件] けれども, つめ軍帽紅き, づな見, と, のか, のさ, のだろう, のであろう, のでほほ笑まれ, のね, ものです, もんか, んざ引くまい, んだろう, ん殊に, 所と

▼ 花では~ (54, 0.2%)

7 ない 4 あるが 3 ないか, なかった 2 ありません, ありませんか, なくて

1 [31件] あつて, あまりに淋しい, ありますが, この薬, どんなに綺麗, ないかと, ないが, ないし, ないそう, ないの, ない海, なかつた, なかつたかと, なくって, なく古い, なく寧ろ, なく榊, なく樒, なにが, 今の, 何が, 共通し, 合歓の, 子房が, 扱くこと, 無い, 無いあれ, 無くて, 紫苑, 衣を, 雄蕋

▼ 花売り~ (54, 0.2%)

3 の声, の婆さん 2 をし

1 [46件] から花束, かアコーデオン, が一人, が何度, が通る, だって因業, というの, なんかし, なんかに化けた, にかったい, についてはどうも, にで, にでた, にでない, にでる, になっ, になった, になろう, に私, のこと, のよう, の乙女, の呼び声, の女, の女たち, の子, の床店, の店, の恰好, の手車, の方, の触れ声, をする, を私, を見かける, 共が, 女, 娘かい, 娘が, 娘だった, 娘も, 娘燐寸売子いかさま, 小屋に, 新聞売り, 男が, 百姓の

▼ 花和尚~ (53, 0.2%)

6 の魯智 2 と九紋龍, の名

1 [43件] ありと, いずれまた会おう, からもこッぴどい目, がいねえ, がこう, がその, がただし, がどうして, が即座, が彼, が瓦灌寺雪, が赤松林, この時, さながらの, だけは渋ッたい顔, ではない, といわず, となった, と共に舌, と史進, と語っ, にこけ脅しなん, にそれ, にも一言, に知らん顔, のあと, のころ, のほほんと生き, の前, の大きな, の改まった, の身, はその, はもう, は涙, は腹, は逆, また青面獣, もこう, もその, も近来, を連れ, 召捕れ

▼ 花です~ (50, 0.1%)

14543 もの 2 からね, けど葉, こと

1 [18件] かあの, から, からこちら, からねエ, から葉, がこうして, がその, が紫陽花, けれど, この紫, しあちら, ぜ, って, ともさ, な, ねえ, わ, 公園の

▼ 花なら~ (49, 0.1%)

42 ば蕾, 自然に

1 [41件] お母さんは, その歌中, それでもよい, でまた, と思いまし, なくに, ばこれから, ばまだ, ばわれら, ば一杯, ば今, ば何, ば咲き, ば心, ば戯, ば手, ば明日, ば昼, ば梅桜あやめ, ば海棠, ば色々, ば花, ば莟, ば饐え腐った, む, む海の, んしゃんと, 一目千本と, 今四五分開き, 何でも, 何んで, 半開という, 夏の, 少なくもそういう, 牡丹が, 私にも, 花が, 花の, 花を, 蕾という, 蘭麝でも

▼ 花~ (48, 0.1%)

1 [48件] が, が一人, が此, が証人, です, でせう, という若い, との顔暫, と云, と申されました, と申す, と異名, にはネ兼さん, に注ぎ, に熱中, の凄腕, の変形, の影, の横顔, の芝居, の行衛, はがツくり島田, はこの, はすぐ, はヤガ, は上眼, は吐息, は団扇, は小, は打ち消す, は是非, は目, は瞑目, は窃, は笑い, は答, は絹巾, は見やりつ, は頓狂, は顧み, は養母, は黙, も口, を一瞥, を妾, を相, を篠田, を誘拐

▼ 花~ (47, 0.1%)

134 けり 2 へある, へ照り

1 [26件] ういふ, かばふたりかざし, かまし, かむ, かむとは, けりみ, けりわが, けり春雨, へあり, へも, へもがいつの間に, へもとても, へもよし, へ余栄, へ否, へ咲く, へ絹帽, へ腐らせ, へ色, へ色見えてこ, へ草いきれ, へ葉さ, へ見れ, へ酒, へ食つて, ゆれつつ

▼ 花など~ (46, 0.1%)

2 そのさま人, ゑがく, 咲いて, 持って

1 [38件] いふ名詞, かざしけるわが, どこにも, はた, モスク, 一度も, 一緒くたに, 供え生前, 入れて, 写生する, 咲いた野外, 咲いてを, 引いたが, 引いたこと, 引いて, 引きに, 彼を, 愛でるの, 手がけたこと, 手向けられて, 持つて, 挿し, 摘んで, 植ゑおけるが夕毎に, 生ひ上りたる, 眺めたこと, 眼に, 籬落とし, 縫いしたる立派, 色とりどりに, 見たこと, 覗くもかは, 議論し, 買は, 贈る, 道の, 雨に, 飾つてあり

▼ 花などを~ (46, 0.1%)

3 見つくれば 2 ささげて, 引いて, 手に, 見ること

1 [35件] ところどころに, ながめて, ぼんやり見入っ, もって, やつて, やらせて, 一面に, 並べて, 作って, 供えた, 写生します, 咲かせようと, 咲かせ玄関, 垂下せし, 売りつけようと, 引いた, 拵えるの, 持った参詣者, 持って, 捧げ少し, 掠めて, 描いたもの, 描いたり, 棄て, 眺めて, 眺めながら, 眺めました, 立ち留って, 簪に, 習ふ, 耽読した, 胸に, 見ながら, 見る, 見ると

▼ 花~ (46, 0.1%)

2 唇を, 移って, 花粉を, 顔を, 飛んで

1 [36件] きて, くるの, しづくし, つけたの, てふてふ腕へ, とびまわって, やってきます, ピタリと, 下りた, 他の, 傘の, 大庭, 尻を, 強い毒薬, 必死に, 持って, 持つて, 掛ける, 来た小, 渡って, 眼を, 脚絆の, 舞って, 舞ひ移る, 蜜を, 行く, 遊び歩き春, 降ったよう, 頭を, 飛びあるいた時, 飛びまはつてゐました, 飛びまはつて取り入れを, 飛びまはる事は, 飛び廻る美しい, 飛び廻わる, 香を

▼ 花である~ (44, 0.1%)

4 ことを

1 [40件] からこそいきいき, からで, からである, から身, かわかりませんでした, かをいはなけれ, か名, があまりに, がしかし, がその, がどう, がゆえに, が大形, が風情, ことが, ことは, という, というよう, というシルシ, といえる, といふ, とも思えません, と共に他, と初めて, と夕明り, と考えられた, と聞い, と見られる, と言, と言った, と評価, のに文字, やうな, 事は, 事を, 彼女らの, 日本的だ, 白い花, 美しい情熱, 葡萄の

▼ 花とを~ (44, 0.1%)

2 みなの, 一緒に, 同じくは

1 [38件] あげましょうね, いっしょくたに引き, おつつけ, お送りする, さ, つないで, とどけて, ぬふ糸, ぬふ絲, マリイに, 五つに, 分けてかの, 合わせて, 同じくば, 含み動きて, 咲けど, 尊むがゆえにその, 手向けた, 手向ける, 手折って, 捧げ終って, 書き添えた, 比較し, 無心に, 眺めて, 眺めながら, 積んだ豪奢, 簪の, 結びつける気, 考へること, 見た, 見つけた, 見廻したが, 識別する, 買つた, 越えて, 遮らうとして, 隔てずば

▼ 花~ (43, 0.1%)

3 にし, の満, は 2 に, の原

1 [30件] かくて, が生えた, が神人, が虫, であって, であるガンピ, でてふてふ, でどんな, で早くから, で草体センジュギク, としてよく, として栽, として能, となっ, となった, とについてこれ以上おしゃべり, の, のうち, のもう, のやう, のよう, の美, の類, はうつくしい, は今, は俗, は絵, もなお, や, をうえ

▼ 花とも~ (42, 0.1%)

2 いうが, いふべく玉, おもはず

1 [36件] あるべき処, いうべき動作, いひ切れない香り, いふべきまで, たとえられる手入らず, つかず葉, つかない実に, つかない植物, つかぬ眞紅, なれその, みえるベッド, よんで, 云って, 云は, 云はず刈り, 判らない強い, 同一平面内に, 実とも, 思はざりき, 思へるし, 思われぬまでの, 教会の, 日輪花とも, 本望とも, 桜の, 知らない草花, 秋霜の, 称えるが, 考えられぬが, 見えるの, 見て, 見られる優れて, 言うべきかかる, 言うべき花, 錦とも, 頼りなく

▼ 花~ (42, 0.1%)

4 があっ, の花 2 が立っ, のもと, の末端, の柱頭

1 [26件] ある一子房, があり, がある, が一本, が上, とを有す, と訳した, ならびに子房, に白毛, に長短, のうへへと振りかける, のハコベ, の下部, の中, の先端, の反り, の本, の毛, の端, は大きく, は短い, は花托, は長く, を取り巻いた, を立て, を頂き

▼ 花とは~ (41, 0.1%)

2 呼ぶの, 塵埃の

1 [37件] お若, した, それいかなる, たがいに, ちょっと云い, どうだの, どれかと, どんなもの, なんだい, まったくちがっ, まるで質, 一は, 一度これ, 二年前からの, 余り仲, 凡ての, 前の, 名の, 少しちがう, 思えども, 思つては, 思わず恐怖, 思われない, 思われないの, 最初の, 案内知った, 知りながら, 縁が, 色の, 虞美人草の, 蝋燭台を, 違ったな, 違ったよう, 違って, 違つてゐる, 限らないが, 際立って

▼ 花ばかり~ (40, 0.1%)

4 では 3 である

1 [33件] ある花梗, さいて, だ, だった, つづけて, でありました, であります, でいっぱい, でした, でしたね, ですが, ですけど, ですね, でなくいろいろ, でなくこんど, でなくそれぞれ, でなく幹, でなし, で名, で社会栄養, なの, なので, なる空, よい心持, 咲く草木, 大きくりっぱ, 撒いて, 撒き散して, 森の, 眺めて, 美麗しう見えた, 考へて, 見て

▼ 花~ (39, 0.1%)

6 の娘 2 の女, の縁

1 [29件] がカンテラ, が処, が曲角, が薔薇, だか, と, とはいう, なん, なんぞが口, に市, のよ, の乙女二人, の乙女達, の別嬪, の子, の少女, の真似, の籠, は声, は山賤, は後姿, は未曾有, は籠, は袂, は軽く, や野菜物, をした, を見し, を追

▼ 花よめ~ (34, 0.1%)

4 花むこ

1 [30件] がじ, さんが, さんでしょう, さんです, となる, にくちびる, にはもうこれから, のこと, のながい, のひたい, のよう, の右, の名, の持つ, の美しかっ, の顔, は, はあの, はひとこと, はまっさお, は息, は王子, もいます, もその, をしっかり, をじ, をそこ, をだきおこし, をひきとめ, 御です

▼ 花みたい~ (32, 0.1%)

3 なもの 2 な奴, に白かっ

1 [25件] だとね, だね, な印象, な模様, な皮膚, な耳たぶ, な肌, な顔, にいた, にきびしい, にそこ, にぼっと, によい, にわなわな, に仄, に嗚咽, に大きく, に廻った, に弱, に御幣, に白い, に真っ赤, に蒼白く, に褪せ, に香

▼ 花だの~ (31, 0.1%)

2 昆虫などを

1 [29件] いろいろな, おもちゃだ, それから戸, はるかに, キレイな, クリーム色を, フクちゃん人形だ, モスク, 人形だ, 壁に, 意匠色の, 手細工物だの, 旅籠屋の, 春の, 本だ, 林檎だの, 果物だ, 水彩画だの, 琴だ, 真青な, 筆だ, 線香だの, 菜の花だ, 蛙だの, 香木だ, 香気の, 鳥だ, 鳳凰の, 麺麭だの

▼ 花として~ (31, 0.1%)

2 開き

1 [29件] かこって, その両者間, はさまで, クウフリンに, サクラソウの, 三の丸の, 仏前に, 娘たちに, 役目を, 彼の, 捧げねば, 掬めども, 携へ, 新しい文学, 暮らすの, 最も重要, 桜は, 満点, 満点である, 無数の, 眺めると, 素直に, 美しく開く, 自分を, 花は, 葉は, 鉢植えに, 露西亜趣味の, 頭に

▼ 花なんか~ (31, 0.1%)

2 持って

1 [29件] いっぱいで, いらないと, お活け, しきゃ描かないつもり, つまらないや, みても, やっぱりある, わたしに, 一つも, 今年は, 付けて, 作っちゃ, 供げて, 勝手に, 可笑しくって, 咲いて, 咲かせて, 咲きゃしませんよ, 売って, 売れるもん, 抱えて, 植えて, 無意味です, 習って, 育たないのね, 見るよりも, 誰も, 買うひと, 赤い頬

▼ 花市君~ (31, 0.1%)

8 の耳

1 [23件] が, がいつも, が学校, であると, では, に十七人, のこと, のそば, のまんま, のやう, のやり方, の二つ, の口, の態度, はあんな, はいつも, はいま, はきつ, はにこにこ, はふつう, は前, より上級, を見れ

▼ 花~ (31, 0.1%)

1 [31件] からなった, からのもの, から離れ, があり, がある, が存在, が放, が日, すなわち花梗, すなわち茎, だから, である, であると, でも何ん, で取り巻き, とは花梗, とみ, と果実, なの, についてこれ, に合着, の下, の方, の白地, の硬, の表面, の頂, は内部, は茎, をカヤ, 硬変部

▼ 花さき~ (30, 0.1%)

11 にけり

1 [19件] しかばおもしろ, しかば土, て, てうつろ, て匂, て白, て蔓, て音, にけりきけ, にける, の盛り, ひさ, 匂う青春, 実るに, 年々に, 教育は, 朽ちる草草, 畠に, 秋は

▼ 花などが~ (30, 0.1%)

3 咲いて

1 [27件] いけて, いっぱいに, すきです, そのかたち, その間に, たくさんに, ちらちらした, はいつて, まつられて, カンテラの, 今日は, 咲いた, 咲き出した, 咲乱れて, 寝て, 所々に, 次々に, 殊にも, 盛られて, 目に, 眼の, 秋の, 絨氈の, 背高く, 落ち散って, 見事な, 高い崖

▼ 花~ (30, 0.1%)

3 の書牘 2 の三名

1 [25件] が二人, が書, が記し, だけで, ではない, という若い, と名, などより安い, に二人, に詩, の名物男, の如き, の姿, の尺牘, の文, の紹介, の語, の霞亭, はただ, は壬午九月四日, は彼女ら, は生国不明, は解褐, は霞亭, も来た

▼ 花~ (28, 0.1%)

4 のの 3 のに 2 のを, 内ら見せたる

1 [17件] あやなく疎まるる, いろそ, お前さまは, かがやきぬ, ちらふ, ちりける, のこれる, ので, のと, のへ, 咲きけるだの, 咲くなる一集, 日に, 知るらむ, 行衞も, 香に, 黒き五尺

▼ 花ちゃん~ (28, 0.1%)

1 [28件] おめでとう, お国, がピョン, が嬉し, が飛びあがった, すまないが, そう恐がらん, だまって, どうも有難う, に今度, のお, のこと, の二人, の欲しい, の母様, の目, の笑顔, は余り, は喜ん, は家, は悪い, は悲し, は手毬, は首肯いた, まんまと一杯, もここ, も手, やア

▼ 花~ (28, 0.1%)

2 すなわち花托, の上

1 [24件] があっ, が作られ, が尽き, すなわち蓮房, でなければ, として見, と手入れ, にはず, には紅白黄紫, にもまた, に植, に正, のほう, の中, の花ども, は昼, は無い, は無かっ, は美しかっ, へ行ら, よ, よりもなお, を見まわり, を跨ぐ

▼ 花~ (28, 0.1%)

3 の袖, の香 2 の枝, の花

1 [18件] がある, だけだろう, ではない, などがその, にあ, に思ひ, に風, の, の木, の樹, の珠, の蔭, は, は今, も茶, や梅, をしのばせる, を地

▼ 花さく~ (27, 0.1%)

4 ころほひ 2 ころ街の, ときに, ものが, も花やか

1 [15件] ことはりを, ころと, という陸奥, ときぞ, ときは, とても, の頃, もあはれ, ものなる, や姫, わが森, 戦ひて, 見むと, 見れば, 頃や

▼ 花との~ (27, 0.1%)

2 間に

1 [25件] あひだ, ついた女, ながしめ, 上を, 中を, 二つに, 二つの, 仕切りの, 寂滅世界が, 対立融合によって, 恋は, 手を, 明るさ, 本質的な, 森の, 相違が, 私語, 組み合わせによって, 美しき情趣, 花が, 融和でなけれ, 親密を, 関係でなく, 関係に, 隙間を

▼ 花~ (27, 0.1%)

4 のあたり 2 でわたくし, のあの, の火, の炎上, はその, は寝殿, へ上りました, も中御門 1 がお, が新, じゃねえ, と健二, のお, のところ, の号

▼ 花といふ~ (26, 0.1%)

4 花が 3 ものを 2 のは, ものは, 花は, 言ぞと

1 [11件] のも, ものが, 事, 今年十六の, 偶然の, 切前の, 美しき材料, 色が, 花みな深紅の, 金色星の, 雪の

▼ 花とが~ (26, 0.1%)

2 のぞいて, 私の

1 [22件] あります, ある, おもしろく入り交じっ, こんなに一つ, もつれもつれ, 一致する, 出来るはず, 別々な, 別々の, 利益の, 加わると, 同じ一本, 同じ木, 咲くの, 崖から, 往々具体的, 持つて, 捧げて, 映り合って, 櫟林の, 気味の, 雨に

▼ 花夜叉~ (26, 0.1%)

1 [26件] か, が人買い, が告げた, が彼方, だ, という芸名, とかいう田楽役者, と会っ, などはお抱え, にも黙っ, のあれ, のお, の一座, の新座, の知らせ, の組, の許, はこの, はたれ, は地, は彼女, は親, は語り, もむす, も憂き目, や仲間

▼ 花散る~ (26, 0.1%)

6 たびに 4 里を 2

1 [14件] あたりなるらし, や仕官, や誰, や鈍, ウベニア丘の, 処まで, 姫と, 容子を, 庭でも, 庭を, 江頭の, 蔭に, 里と, 頃は

▼ 花~ (25, 0.1%)

2 にある, に緑色, の若草

1 [19件] で楽む事, で花, に三つ, に五片, に五裂, に余, に在る開いた, に席, に笑む, に緑萼, に開き, の土, の子房, の毛, の睡, の細道, の肘枕, の銀鞍, べよりちり

▼ 花~ (25, 0.1%)

2

1 [23件] おもくし, がすき, が前髪, が気, が落ちる, です, で思いついた, という事, には血, のきれい首, の似合う, の摘み細工, ばかりを見せ, も, もいつも, をさしこん, をさす, をその, をひろっ, を懐, を拾い取っ, を挿し, を添

▼ 花とか~ (24, 0.1%)

2 言ふさうで御座います

1 [22件] いって, いろいろの, かかる自然美, せめて水仙, その中, また海, 兎に, 景色なども, 月とか, 桜の, 植木の, 水辺の, 注意を, 申したな, 耳とか, 船とか, 蝶とか, 離落の, 風とかいう, 風流がかった, 鳥とか, 鳥とかを

▼ 花~ (24, 0.1%)

2 に六雄蕊

1 [22件] にある, にいくつ, には四雄蕊, には雄蕊, には雌雄蕊, に三雄蕊, に五本, に五雄蕊, に十雄蕋, に四長二短, に在る, に多, に潜む, に眠る, に立っ, に黄色, の, の子房, の底, の花柱, の蜜, の黄色花冕

▼ 花~ (24, 0.1%)

1 [24件] が一つ, が乗っかっ, が二, が置い, とおでこ, に接触, に盛られた, に近づい, のそば, のやう, の下敷き, の花, の蔭, は皆, や張る, をだいじ, をのぞき込ん, を三つ, を五ツ六ツ, を室外, を寝台, を眺め, を色々, 白い布

▼ 花おま~ (23, 0.1%)

2 への眼

1 [21件] へに血, へのお腹, への上衣, への僞, への刺, への城塞, への愛, への死, への瞼, への矜, への葉陰, への驕慢, へはいかにも, へはわたしたち, へは寂し, へは帶, へは愛人, へは極, へは雪, へは香, へを見る

▼ 花~ (23, 0.1%)

10 たけの 3 たけを 2 たけで, たけに 1 たけ, たけしゃくなぎ, たけな, たけは, なを, 見て

▼ 花むら~ (23, 0.1%)

3 の中, をながめ 2 のうえ, も久, を眼

1 [11件] であった, なだり, に頭, のなか, のよう, の花, の重, は, も暮れ, をあやし, を見

▼ 花~ (23, 0.1%)

2 折ッテ門前

1 [21件] 作シ花穂長サ二三寸其色粉紅形チ蓼花, 作ス花穂長サ三四寸水紅色ニシテ蓼花, 加ル者蓋亦, 奠シ遠, 持ッテ東京ヘ, 持ツテ待ツ汝ノ, 採ツテ摘ミ, 歴覧シキ, 発見シ土産ヲ, 看ツ月ニ対シ窮マリ, 看ル, 看還花, 薫トイフ, 蘭トイヒ一幹数花ヲ, 踏ンデ, 開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル皆, 開クコト豆花, 開ク一茎一両花其花大ニシテ皆, 開ク或, 開ク毎, 験視スルノ法

▼ 花~ (23, 0.1%)

2 に聞い

1 [21件] から遠のい, から預かってる, が知らぬ, が胸, だけしか知らない, だけは愛し, に息, に手渡した, に見せ, のあがい, のいささか, のぶん, の些, の思ふ, の描いた, の方, の踊る, ばかりで, へ絶交, をあがめまつり, を美しく

▼ 花~ (23, 0.1%)

2 に出る, に小さい, に果実

1 [17件] この子房, にはその, にはよく, には宿存花冠, に乾いた, に円実, に大きく, に子房, に実, に成熟, に散落する, に残り, に細毛, の果実, の樗, も逢, 遂に枯死

▼ 花一輪~ (22, 0.1%)

1 [22件] がはめられる, が映った, こしら, さしてない, すらなかっ, つみとった, とは変っ, とをくれる, にさえほっと, に託し, のほう, の信頼, の牡丹, の贈り, も中, をさえ, を強く, を摘み取った, 削り二輪, 咲いたが, 挿してない, 無き荒磯

▼ 花~ (22, 0.1%)

2 の中, を見る

1 [18件] がほのか, が散点, が風, なり, にある, のうち, の美しい, はかく, はそこ, はむらむら, は疎, は短く, は竹, よりその, を成した, を拔, を見せた, を馬酔木

▼ 花好き~ (22, 0.1%)

2 な, な老, の僕

1 [16件] だったん, だの園芸好き, でも, で池, というの, とみえ, と見え, な姪, な彼女, な民子, な沢庵, の兄, の妻, の愛, の母親, らしいこと

▼ 花さえ~ (21, 0.1%)

2 笑って, 見れば

1 [17件] きらいな, しらじらと, ちらほら見えた, つけて, みあたらない, ゆさり, 君が, 咲いて, 咲かさないの, 咲くん, 早や, 明かである, 無ければ, 綺麗で, 美しいのに, 見る事, 賞めて

▼ 花なれ~ (21, 0.1%)

53

1 [13件] ども梅, ども題詠, ど捨, ばこそ些, ばひなびたれどもいと, ば今日, ば吸, ば惜む人, ば手折るべく, ば散り行く, ば負, や匂, や色

▼ 花和尚魯智~ (21, 0.1%)

5 深と 2 深の, 深は

1 [12件] 深が, 深だろう, 深である, 深であろう, 深という, 深との, 深な, 深また, 深も, 深や, 深青面獣, 深馬上

▼ 花~ (21, 0.1%)

2 の匂, の梢

1 [17件] が生え, が茂り, に満つ, のごとく, の妍, の苗, の茂る如き勝れたる, はときいろ, は言, や果樹, をひさぐ, をわり, を培養, を指さした, を植, 多くまた, 多し

▼ 花紅葉~ (21, 0.1%)

3 うるは 2 によく, のうる

1 [14件] お手, が撒かれた, が散り過ぎ, などの宴, につけ, につけ好奇心, にやたとへん, のほか, の盛り, の色, ゆかしの, よりも, を箱, を軒

▼ 花飾り~ (21, 0.1%)

2 のよう

1 [19件] がつい, がつけられた, が想われます, した神壇, して, で幾分, として情熱的, なんかつけ, のある, のついた, までを加えまし, まで添え, を, をつけた, を吊っ, を編み, を胸, カサカサし, 飾り櫛ピン

▼ 花あり~ (20, 0.1%)

2 路の

1 [18件] これ汝の, しかして高き, しこうし, てこそ吾人, て蝶, という時節, とやここ, 実あり, 帽を, 庭の, 書院茶室の, 樹の, 此万年草花なし, 田に, 胡蝶あるごとく, 衣桁あり, 雲雀鶯の, 黄弁大

▼ 花ある~ (20, 0.1%)

2 君と, 時は, 氷河

1 [14件] ことを, ところを, 人生です, 壁紙, 所さんざめく, 方に, 方よ, 方を, 木を, 村, 梅桃桜, 沙羅も, 胸, 邦に

▼ 花こそ~ (20, 0.1%)

2 ひらけ觀法, 軒の

1 [16件] い, うつれ常磐樹の, こぼれ來ね, こもれ, つつましいが, ときは, なけれ菊, はかの, ピオの, 今は, 先づはしたはるれ思ひ捨て, 咲け, 変ったれ樹木, 実は百花, 散らめ根さ, 花後に

▼ 花~ (20, 0.1%)

2 の主人甚十郎兵衛, の初

1 [16件] てんで食事, でも乃至, でやき, で上海一, で中食, とて旅店, と云, と異, に対するお, のお, の大, の太夫, の太夫職, の楼主, も取, を繞

▼ 花であり~ (19, 0.1%)

1 [19件] これに対して, そこを, ながらこんな, ながら培養, またオンドリ花, 匂ひである, 国語の, 実である, 後者は, 日本の, 最高峰だ, 樹樹も, 混沌たる, 炎であり, 祭壇に, 私の, 紅きは, 草草も, 黄なる

▼ 花などの~ (19, 0.1%)

2 小説を, 結晶も, 部分は

1 [13件] ごとく見えて, 仄に, 作が, 佳作を, 印象が, 咲いた岩, 咲いて, 形においても, 結晶, 結晶の, 花畑や, 順順に, 高く竿頭

▼ 花咲い~ (19, 0.1%)

8 ている 3 ていた 2 てゐる 1 たりする, て, てさ, てゐただらう, て下枝, て居りましょう

▼ 花~ (19, 0.1%)

3 をひい, をひく

1 [13件] が並ん, だ, など落ち散る, の坊主, の方, の道楽, をひき, をひきはじめ, を取りあげ, を合せ, を弄ん, を引く, を忍ばせ

▼ 花~ (19, 0.1%)

2 に菊

1 [17件] でなくたけ, というもの, とかが併, なら花生, にし, にする, に似た, に使用, に生ける, の不如帰, の形, の鉢, は日々, は舟, へ山茶花, を舟, ズ

▼ 花~ (18, 0.1%)

5 ばを 3 ばが 2 ばに 1 が爲め, ばでした, ばとまるまる, ばと見ゆる, ばのほとり, ばのよう, ばの数, ばやら花びん

▼ 花むこ~ (18, 0.1%)

2 がいいました, さんは

1 [14件] がそこ, が騎馬, さまは, さんの, の勇ましい, の浦田君, の雄々しかっ, はひらべったい, はもう, は三人め, は手, は船, もこんな, 自ら担当の

▼ 花らしい~ (18, 0.1%)

3 ものを 2 ものの, 花の

1 [11件] うそを, という, と結論, にほひ, のである, ものが, ものの咲い, ものは, 小さな純白, 花を, 黄蜀葵の

▼ 花売娘~ (18, 0.1%)

1 [18件] からパラピン, がすみれ, が倒れ, が廻っ, が持っ, が独唱なかば, が立っ, であった, であったり, にはあらず, に見向き, のよう, のピピアス, の一隊, の唄, の姿, の手, を見たい

▼ 花~ (18, 0.1%)

1 [18件] が多い, が知らず, だけによく, だし, だった, である, でなくなった, として蠅, にし, になっ, にはなる, に事, のほか, は常に, へ寄っ, をぐるり, を廻り, を見おろす

▼ 花散り~ (18, 0.1%)

62 て世, 月落ち 1 か, てこそ見る, て一片, て籾, て葉かげ, にける, にちる, をり

▼ 花~ (18, 0.1%)

2 よりも一段下

1 [16件] が出来る, である, と高城鉄也, に咲く, の根元, の電話, はあまり, は犇, をかつい, をたずさえ, をはなれ, をまじえ, を剪ろうと身, を折らせた, を折ろう, を横たえた

▼ 花瓦斯~ (18, 0.1%)

6 のやう

1 [12件] がつい, がチロチロ, が店, が燃え, が青白く, で昼, といっ, とその, のほそき, の光り, の灯, の點

▼ 花~ (18, 0.1%)

2 の中

1 [16件] がみごと, という曲, と菜圃, に, になっ, には四季, には宇宙, には微か, に何者, に導き, に新, の, の奥, の奧, は日, を縦横

▼ 花かと~ (17, 0.1%)

1 [17件] 吹く風, 問われると, 思う, 思ったらそう, 思ったらつまらない, 思って, 思つた, 思ふやう, 思われるベッド, 手に, 摘まれむとき, 散り頬, 映り蜘蛛, 聞くので, 聞けば, 見ゆる房ほたほた, 見紛うまでに

▼ 花ちやん~ (17, 0.1%)

2 か誰

1 [15件] がいくらでも, がいつ, では, と結婚, にお, にケチ, に御, に放鳥, のところ, の済度, の為, は遊び, は随分, も何, を救

▼ 花~ (17, 0.1%)

2 の中, は壁, を

1 [11件] が主たる, が流行, であった, と壁, に手, の平, の高, は石, は落ちない, は要するに, を壁

▼ 花嫁御~ (17, 0.1%)

2 のお, を

1 [13件] お奈美殿, がこの, と太鼓判, のこと, のオモヨさん, の分, の姿, の顔, はどう, はどこ, はシッカリあんた, ばかりじゃない, も娘

▼ 花心木~ (17, 0.1%)

4 の小さい 2 の卓, の卓子 1 と臙膩色, のテエブル, の円卓, の戸棚, の書机, の柵, の椅子, の色, やチーク

▼ 花かげ~ (16, 0.0%)

42 にゆき 1 がさした, で, なる小, にゐる, に投げひろげた, に置かれた, に足さ, の俥, は, はまだ

▼ 花ちり~ (16, 0.0%)

3 て青葉 2 がたとなりぬれ, て 1 か, かかる, てこそ見る, てすさぶ, てはや, て主, て梅, ぬこれ, ぬ里

▼ 花とに~ (16, 0.0%)

3 雨が 2 あらねども

1 [11件] さ, ほひ咲く, まが, 及ばざることなほ小, 囲まれた, 埋れたなか, 戯れて, 注いで, 表現させる, 象徴した, 飾られた棺

▼ 花なる~ (16, 0.0%)

2 人の

1 [14件] かな, ことは, ひとり一陣の, ものを, 人にともな, 卯の花は, 君が, 妻を, 我かの, 星この世の, 瀧である, 白き影, 者が, 袖に

▼ 花~ (16, 0.0%)

3 なしとて 2 にし

1 [11件] だなぞと, で紋床, という, に相, のため, の方, の知事, の門, はたんと, を無くする, を逃さずた

▼ 花咲いた~ (16, 0.0%)

2 灌木の

1 [14件] かのやう, のだ, ま, やうで, トマトの, 十本の, 明るい燈光, 月桂樹で, 様だつた, 水藻湖水は, 男性の, 目出度さ, 第一期, 菊を

▼ 花~ (16, 0.0%)

2 があっ, もあれ

1 [12件] がふつう, が同, が普通, とがあっ, と紫花品, の良い, はベニバナヤマシャクヤク, はヤマシャクヤク, へロシア, をある, をつくっ, を窺う

▼ 花~ (16, 0.0%)

4 の上 2 を敷い 1 さすがに, だけは前, などを持ち出し, にくるまっ, の半, の隅, をおき, を敷, を敷かせ, 敷き連ねたるそ

▼ 花だった~ (15, 0.0%)

3 んです 2 のか, のである 1 か, かも知れません, から, からであった, が花, なと私, のです, んだ

▼ 花なき~ (15, 0.0%)

3 里の

1 [12件] は無し, も何, 今も, 村, 桜の, 色は, 芝生, 花は, 邦に, 里に, 里にも, 野邊も

▼ 花よと~ (15, 0.0%)

3 育てられと 2 育てた愛女 1 お乳母日傘, 云って, 小さいとき, 慈しみ育, 楽しみありしとき, 父母の, 私は, 育てけるに, 見て, 讃えずには

▼ 花をば~ (15, 0.0%)

3 去歳も

1 [12件] かざした, つけざりき, ロラに, 古びたる花瓶, 恨めども, 探る身, 揺する風, 散したる心地, 殘らず眺め, 継母は, 萎ませたらうか, 見上げたる夫人

▼ 花模樣~ (15, 0.0%)

4 のある

1 [11件] がまだいくらか, で飾られ, と異形, のぎらぎら, の振袖, の方, の更紗, の派手, の着物, の透し, の青い

▼ 花~ (15, 0.0%)

2 に開く, の中

1 [11件] じゃ散らす, そら米, となしたる, なり, なり蘭, にひらく, に御座候而驚目申候, に開ける, の浮繪, は綺麗, を幻燈

▼ 花石楠花~ (15, 0.0%)

3 の間

1 [12件] がここ, が岩角, が焔, である, と高根薔薇, に交っ, の弁, は日本, は白花石楠花, や白山一華, を愛する, を蒸し

▼ 花~ (15, 0.0%)

2 に長い

1 [13件] からもる, から幻, ではお話, では大伴, に, に傾いた, に坐りこん, に天, に女郎蜘蛛, に寄り添っ, に掛けつらねた, のなか, の淀

▼ 花見る~ (15, 0.0%)

5 人の 2 人を 1 人からや, 人は, 人も, 我を, 春の, 毎に, 毎にを, 面色九分九厘に

▼ 花~ (14, 0.0%)

2 ほきからに, 附けて 1 きらいです, そげなる年, のしは, はぐろつけたて, マンさんな, 咲かせに, 好き, 手折り遊ばされお, 燗が, 買いなさいあなた

▼ 花その~ (14, 0.0%)

2 中に, 枝に, 榧に 1 匂ひ, 古は, 周囲を, 大さ桃花, 底に, 白いの, 花からも, 金色の

▼ 花だけは~ (14, 0.0%)

2 花御堂に

1 [12件] かえってなかなかハッキリ見えた, どこの, ふみにじられずどこ, ほのかに, よく似, 咲いた, 咲かせたろう, 奇体に, 御覧の, 消すの, 綺麗に, 花だけは

▼ 花ちる~ (14, 0.0%)

2 里の

1 [12件] うららかさ, ころ, の趣き, 井の, 夕あかりかな, 夕風に, 庭の, 後の, 日, 日市を, 春の, 蔭に

▼ 花をも~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつくしむ心, 剪ろうと, 楽しく謳っ, 欺く麗容, 此川の, 自分の, 茨の, 見つ, 見に, 見るなれさては, 誘い出した, 賞すること, 開いた, 開くこの

▼ 花~ (14, 0.0%)

2 のやう, の中, へ貯め 1 が悉く, なん, に見せかけ, のねむり, の影, の木いちご, をいくらか, を買

▼ 花だけ~ (13, 0.0%)

1 [13件] でしょう教養, では, にたりと笑っ, ぱっと華やか, 仄めいたり, 出て, 咲かせるよ, 残したな, 求めたの, 眼の, 見て, 買って, 鶏頭だけを

▼ 花だって~ (13, 0.0%)

1 [13件] あるじゃあ, かってにゃ, ことよ, これじゃ, これより, そうだ, 咲いた最初, 啓次だって, 捨てたもん, 犬だって, 石板に, 貧弱な, 鳥だって

▼ 花などに~ (13, 0.0%)

1 [13件] あてて, うかうかした, つけて, 一向気, 不満を, 忘れても, 念の, 比べて, 気がつくこと, 気がつく事, 至つては, 託けて, 趣味を

▼ 花なり~ (13, 0.0%)

1 [13件] いずれか, そして風, 之を, 何か, 偶像なりの, 実なり, 御前とても, 果なり, 自然の, 薪なりが, 造化の, 鳥なりが, 鳥なりを

▼ 花ばかりが~ (13, 0.0%)

2 この世で

1 [11件] ある, いくん日, いたずらに, ほの, めちゃめちゃに, 咲くところ, 抽け, 梢に, 燃えさかる生, 見えて, 開くやう

▼ 花咲かせ~ (13, 0.0%)

1 [13件] たくさんの, てきた, てみない, て実る, て次, ながらいる, むも, 作家の, 古典文化の, 実を, 巨かく, 爺, 羊を

▼ 花姉さん~ (13, 0.0%)

1 [13件] が澄まし, に好かれる, の外套, の始終, の日記, は富田さん, は最早余程, は清水さん, は身, は近い, もお, もお歌姉さん, よりも少し

▼ 花宵先生~ (13, 0.0%)

1 [13件] がはじめて, が作った, が十年, である事, です, とあっさり, に向っ, のほう, の一番弟子, の傑作, はタオル, は僕, は急

▼ 花~ (13, 0.0%)

1 [13件] が寝返, が尻ッ尾, ではない, という奴, のほう, の妹, へ告げた, や頭目たち, を先陣, を入れなかった, を呼びつけ, を惜しみ, を訪ね

▼ 花~ (13, 0.0%)

3 の紅葉 2 の草 1 の七草, の夕日, の月, の楓葉, の花, はもみじ, は月, は瑟

▼ 花~ (13, 0.0%)

2 の中

1 [11件] でめざましい, のあた, の乘合船, の畑, の空, の雛, は眩い, を水仙, を褄, 摘み来な, 活けて

▼ 花~ (13, 0.0%)

2 が宿, が戸, と三人, は手, は此家, を訪ね 1 があつ

▼ 花~ (13, 0.0%)

3 のよう 2 の透彫り 1 といふ形, のごとく, の感じ, の様, の色彩, の花園, を一転, を覗く如く

▼ 花だけを~ (12, 0.0%)

1 [12件] うえました, かいても, そろえて, 持て来この, 描いて, 摘んで, 模造しよう, 残して, 眺め何, 繰り返して, 見つめた, 馳走に

▼ 花などは~ (12, 0.0%)

1 [12件] お顧み, こうして構造, どうで, どんなもの, 一年を通じて, 今に想像, 咲きそう, 寺方からのみ, 少しうる, 溶解し, 詠みません, 踏んで

▼ 花なんて~ (12, 0.0%)

1 [12件] お前ぐらいの, どこにも, ないし, ものは, ものを, 作るの, 出て, 名が, 咲いてないわ, 置きませんです, 誰が, 食べられやしないわ

▼ 花のみ~ (12, 0.0%)

2 咲く五月 1 だれに, づみづしい間にと, ならず枝, ならで, なり, ひとり厭は, よく花, 今を, 咲かせようと, 白き春

▼ 花天月地中~ (12, 0.0%)

6 に収められ 2 に収め 1 にある, に存する, に得, より討め来つた婪尾

▼ 花敷温泉~ (12, 0.0%)

2 というの, といふの, とも異, には, に就い 1 から日帰り, がある

▼ 花暖簾~ (12, 0.0%)

2 をかけ 1 と役者, に掛行灯, に甘酒, に青, のかけ, の色, も提燈, や軒提灯, をかけた, を軽く

▼ 花~ (12, 0.0%)

1 [12件] が咲き出す, が咲く, そして女, だ満目, と蕾, のその, のよう, の受精, の李, は, をみんな, を咲かせる

▼ 花~ (12, 0.0%)

1 [12件] では兎, にお, に息, に灯火, の小径, の文字, の水閣, の蝴蝶, をすりぬけ, を仰見, を蒼面痩躯, 暗断腸

▼ 花~ (11, 0.0%)

8 もり 1 ざの, しに相, もりつつ

▼ 花それ~ (11, 0.0%)

1 [11件] が自分, さえも影, さえ涙, で分る, にはまことに, により多く, はサルピヤ, は朝日, を私, を軒先, を野原

▼ 花だけが~ (11, 0.0%)

1 [11件] きれいで, しおらしい色, その辺, ほんのり紅, 一歩遅れ, 本当の, 白くうい, 白くだが, 薄白く, 薫, 静かに

▼ 花って~ (11, 0.0%)

2 真白でしょう 1 いつ頃, いる阿呆陀羅経, どんなもの, ないわ, ものは, 何です, 本当にある, 本当に美しい, 白だ

▼ 花~ (11, 0.0%)

4 んが, んの 1 んとを, んに, んは

▼ 花までが~ (11, 0.0%)

1 [11件] かじかみさ, その血紫色, なくなって, 一つ一つひそかに, 一時に, 人間の, 今度は, 彼を, 彼女の, 悲調な, 支那の

▼ 花もて~ (11, 0.0%)

2 來て 1 作りたり, 填めたり, 掩ひ, 現したるにぞ, 被はれたれ, 飾った矢, 飾れり, 飾れる棺, 馬を

▼ 花カスミ~ (11, 0.0%)

2 の声 1 だ, との同性愛, の, の如き, の弟子, の悪声, の身, はミス銀座, を助け

▼ 花~ (11, 0.0%)

2 にしあらね, に就い 1 いやこれ, から, からそして, から枇杷二部, に, は水筒二つ, みむ道

▼ 花四天~ (11, 0.0%)

1 [11件] がからみまし, がつづいた, が大勢, が旋風, になっ, に不足, のよう, の下, の剽軽, の扮装, もまた

▼ 花~ (11, 0.0%)

4 の社 1 といったの, などを借り, に, に御, の名, の行わるる, りに

▼ 花摘み~ (11, 0.0%)

1 [11件] つつ在りし, て, ながら, などは数え切れまい, に, にでも来た, に出かけ, に出掛けた, に行かれた, に行った, の会

▼ 花石膏~ (11, 0.0%)

2 の像, の板 1 の台座, の彫像, の水盤, の洞穴, の甕, の白, の艶麗花

▼ 花~ (11, 0.0%)

2 の作中 1 あらゆる桜花, がある, が自己, が行方, にあらはれ, に行つたの, の方言, は自ら, もみな相当

▼ 花蓮港~ (11, 0.0%)

1 [11件] というの, に碇泊, に私, に至る, に転勤, の付近, の大浪, の町, の荒浪, へと出る, へと越え

▼ 花開く~ (11, 0.0%)

1 [11件] かと思いめぐらす, こと今朝一時に, こと遅し, ものを, を見る, 刹那茎が, 声では, 夜の, 寺院の, 時紅, 時聲ある

▼ 花~ (11, 0.0%)

1 [11件] では三, で夢想, にかくれ, にすわってる, にドローレス, に座, に語り, の夢, へ隠れ去る, や泉, 停小車

▼ 花かも~ (10, 0.0%)

1 しれぬ, なりに, 久方の, 君は, 咲けるひはつ女, 知れない, 知れないなんて, 知れない癪, 知れぬ, 胸の

▼ 花ちや~ (10, 0.0%)

1 んたま, ん一つ松島君, ん丁度, ん何で, ん其様, ん左様, ん来つ, ん私, ん篠田先生, ん頭

▼ 花~ (10, 0.0%)

2 やない, やもの, やよ 1 やあ御座いません, やなあ, やねえかな, や無い

▼ 花つけ~ (10, 0.0%)

2 そめし上, て 1 ている, てくれた, てけり, てほ, てゐた, て淡い

▼ 花でなく~ (10, 0.0%)

1 ちゃならねえ, てはお似合い, てはなりますまい, ても尠, て萩, ともいい, ともなに, 山吹に, 赤い花, 造花である

▼ 花とで~ (10, 0.0%)

1 できたがいせん門, 充たした不規則, 刺繍せられた, 囲んだ墓, 満され, 賑に, 違ふ, 飾られた汚, 飾られて, 駆ける身体

▼ 花に対して~ (10, 0.0%)

2 何と 1 ものなつかしい, よい背地, 不正である, 持つて, 既にめざめ, 私の, 遥に, 魂魄既に

▼ 花まで~ (10, 0.0%)

1 いち早く身うち, さして, しぶといと, たべる気の毒, ベッドの, 今真盛り, 可愛く見えない, 同じ淡紅色, 提げて, 飾って

▼ 花よりは~ (10, 0.0%)

1 これの, むしろ鳥類, サラダでも, 先に, 団子と, 大空を, 寧ろ紫式部, 少なかった, 花を, 長い多く

▼ 花一つ~ (10, 0.0%)

1 おいてない, にふくまれ, に種, のこと, を今, を旧蹟, を見, 取る者, 咲かぬロータリー, 散り居たり

▼ 花合戦~ (10, 0.0%)

1 に一夜千両, に加わり, に恋人同志, のため, の幕, の日, の駆引き, もいや, よりも蕾合戦, をしばらく

▼ 花~ (10, 0.0%)

21 がまた, である, でないから, で鹿, と, と言, なれば, なれや

▼ 花~ (10, 0.0%)

1 ですよ, で勿忘草, という, というの, につき, には色とりどり, の飾窓つゆ, は十一階, へ切り花, へ運ぶ

▼ 花~ (10, 0.0%)

3 の中 2 の水 1 が並べ, に眼, に突っこん, をさげ, 入れて

▼ 花甚平~ (10, 0.0%)

1 こそは丁度, という男, に向っ, に懸け, に逢っ, のところ, の眠, はとうとう, は外, は現在

▼ 花~ (10, 0.0%)

1 が眼, などを眺めてる, に平打, の小歌, の片々, の盛装, も艶, や笛, を夢みた, を挿し

▼ 花落ち~ (10, 0.0%)

2 の時 1 てただ, て三週間, て啼鳥, て姑, て愁腸, て春, て樹, の実

▼ 花見れ~ (10, 0.0%)

2 ば立秋 1 ば, ばこもらぬ, ばさかり, ばその, ば大宮, ば春の日, ば深山, ば花

▼ 花~ (10, 0.0%)

2 も打ち 1 が, に, に扮したる, の風情, われは, 佐々木を, 娘とは, 娘名は

▼ 花陵島~ (10, 0.0%)

1 なんてあんな, にある, におろす, にたてこもり, の荒涼たる, の観測, はおよそ, へいらっしゃる, へといそぐ, へ上陸

▼ 花いろ~ (9, 0.0%)

2 のなに 1 に匂つて, に染めた, の道行, の遠い, ふかき沼波, 卵いろ, 衣を

▼ 花がるた~ (9, 0.0%)

3 の内職 1 などをします, のもう少し, やマージャン, をし, を散らし, を買い

▼ 花さん狐~ (9, 0.0%)

1 がちょっと, がまた, が覆面, が野良狐, の化け, の変化, の散歩区域, は今日, もここ

▼ 花しろき~ (9, 0.0%)

4 梅の 2 鵞鳥の 1 えごの, その小, をつた

▼ 花じゃ~ (9, 0.0%)

2 ないか 1 ないかなど, ないの, ないよ, ないん, ない実, ない枯草, ない赤い

▼ 花そのもの~ (9, 0.0%)

1 が日本的, には不用, には開落, にまで信仰, のよう, の形, の美, の美少女, を感じる

▼ 花であった~ (9, 0.0%)

1 から差し上げ, がこの, が十日, ことを, としても唯, と私, のか, のは, 都の

▼ 花なぞ~ (9, 0.0%)

1 すべて自分で, とりどり様々の, ない方, の入っ, の咲い, の咲いた, の咲く, 咲いて, 描くわけ

▼ 花なぞを~ (9, 0.0%)

2 持って, 植えて 1 家から, 投げて, 持つて, 植木屋から, 見て

▼ 花なども~ (9, 0.0%)

1 あるだらうし, さっぱり見所, その一種, めづらしい, 売って, 摘みそえて, 新の, 添えて, 相見え

▼ 花に対する~ (9, 0.0%)

1 ような, 優しい情緒, 彼女等の, 情熱と, 愛と, 投票者を, 権利を, 無垢の, 註解に

▼ 花ひとつ~ (9, 0.0%)

1 は田舎娘, ひらけば, 作ること, 咲かぬ哀しい, 咲きいでずまるで, 得つと, 残れり, 片枝, 見ても

▼ 花へと~ (9, 0.0%)

1 歩みを, 気ち, 移しはじめた, 移る中途, 美しい姿, 風の, 飛ぶの, 飛んで, 馳け

▼ 花むしろ~ (9, 0.0%)

3 を敷かせ 2 のうえ, を一つところ 1 の上, を敷き

▼ 花宝玉~ (9, 0.0%)

1 がちょい, がでっぷり, がもう, と云う, は, はそれでも, は成, は蕩児, を見

▼ 花~ (9, 0.0%)

1 じゃ, といつも, には仇, へ向い, へ行ける, をながめ, をながめた, を指し, を罩め

▼ 花~ (9, 0.0%)

1 が上, が何, が気, が踊り, とやらか先, に奪われた, の蔭口, の調子, は酒

▼ 花~ (9, 0.0%)

2 ふりおとす栗, もなき 1 かざれる海, から蒼白い, が萌出, を芟, を飾り持っ

▼ 花蓋片~ (9, 0.0%)

1 が反, が白く, のもと, の中央紅色, の中央部, の前, は元来, は六数, もナンバンカンゾウ

▼ 花電燈~ (9, 0.0%)

2 が点いた, の光 1 がある, がほっ, が二つ, の青, を照り返し

▼ 花~ (9, 0.0%)

1 から離しえなかった, が闇, に一顧万金, のこの, の人, むなしく虚空, をめちゃめちゃ, を横, を袂

▼ 花~ (9, 0.0%)

1 が渡った, にゼブラ, に同じ, に類す, の諸種, は十五, は少なくとも, は馬, を見聞

▼ 花~ (9, 0.0%)

2 なる彼方 1 なる庭さき, なる洋燈, なる花, な花, になげく, に立ちそろふ, の花

▼ 花さける~ (8, 0.0%)

3 少女の 1 したかげ, ねむの, やまと撫子, 枝に, 藪と

▼ 花だらけ~ (8, 0.0%)

1 だ, だつた, だよ, であったこの, になつて, の梅村医師, の額縁, の高原

▼ 花また~ (8, 0.0%)

1 すこし散り, インキグサという, ドブリ草ダンブリ草, 二ツ咲きぬ, 散りて, 花を, 襞ごとに, 開くの

▼ 花~ (8, 0.0%)

1 という詩文, といふ跡見, にはいっ, の主, の古式, の式, の手拭, をつくっ

▼ 花作り~ (8, 0.0%)

1 がすき, じゃああるめえし, ですいつも, とし, にし, の家, の老翁, を職業

▼ 花咲け~ (8, 0.0%)

1 と, といさ, といはぬ, ば, ばさだめし, ば涙, ば行く, よと祝し

▼ 花~ (8, 0.0%)

1 かしいカルロ・ナイン殿下, かしい乙女, かしい乙女たち, かしい処女, かしい娘, かしい少女, かしい美女, かしげに

▼ 花折り~ (8, 0.0%)

31 てかざせる, て贈ら, に行くまい, に飄然, 阪などの

▼ 花~ (8, 0.0%)

1 がそこ, のそこ, の一つ, の氈, の象, もある, も目, を夕

▼ 花~ (8, 0.0%)

1 のお, の小袖, の暖簾提灯軒, の熨斗目, の袖, の袷, の襷, の香

▼ 花楼馬楽~ (8, 0.0%)

1 が引き抜き, が現, が谷中浄名院, なぞはこの, になっ, の会, の名声, や大庭

▼ 花~ (8, 0.0%)

2 を売り 1 なけれど, などがある, などを売る, などを賣る, めせと, 売りなりと

▼ 花~ (8, 0.0%)

3 の花 2 なり喜悦 1 と黄, の札の辻, を染め出せり

▼ 花~ (8, 0.0%)

1 と底, のつる, の植ゑてあるのが, の赤い, はもう, は胚葉, を植ゑて, を這わせる

▼ 花~ (8, 0.0%)

1 がおま, になびき, に従つて, に裳, のなか, の小説, の紙花, 吹けば

▼ 花かとも~ (7, 0.0%)

2 あはれ, 見ゆ 1 おどろきて, 見える弁財天, 見ま

▼ 花だろう~ (7, 0.0%)

1 か, が何, この白, と誰, ね車掌さん, 前垂に, 桃の

▼ 花であっ~ (7, 0.0%)

1 てその, てまた, ても純白, ても高地, てハン, て先ず, て氷雪

▼ 花でない~ (7, 0.0%)

1 かえ, ことは, ということ, ともいわれぬ, のは, 所は, 証拠には

▼ 花とでも~ (7, 0.0%)

2 思うの 1 いいたい美しい, 云ひたい美しい, 塵とでも, 思つた, 言いましょうか

▼ 花と共に~ (7, 0.0%)

1 このころ此處, 一日も, 一瞬あらゆる, 何となく深山, 寝床に, 縁の, 香りを

▼ 花ども~ (7, 0.0%)

2 がいちどに 1 がいよいよ, が細々, さき一, にとってもダイナ颱風, は雨

▼ 花にでも~ (7, 0.0%)

1 いいから, さわるよう, 南瓜を, 生れかわって, 行くの, 見えて, 触れるやう

▼ 花ビラ~ (7, 0.0%)

1 が散っ, が浮上, のよう, の大群, の散りかけた老いぼれです, の斑, をくれる

▼ 花~ (7, 0.0%)

2 なもん 1 うだ, でも嗜み, という名前, という色, よりも初秋

▼ 花合わせ~ (7, 0.0%)

1 だの, でもし, などし, などをし, や小, をし, を箱

▼ 花太夫~ (7, 0.0%)

1 が振り乱したる, が稲佐, は全盛, は母御, は磔刑, ふと茶番気, を残したる

▼ 花~ (7, 0.0%)

2 は樫 1 が過ぎた, になる, には黄色, の戦火, は短い

▼ 花~ (7, 0.0%)

2 の日 1 が開かれた, に行っ, の晩, へ出す, を駆け

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 と一緒, の名前, の精査, は一膝, は土焼, は態と, を訪ね

▼ 花漬売~ (7, 0.0%)

1 が心づかず, としてこそあなた, と果, にならる, に百倍, の時, は心

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 では二十年頃, の鉢, は神田, を二鉢, を二鉢買つて, を植えつけ, を置く

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 が一目, が展開, が現出, だった, なので, の間, は

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 と称し, なり, にし, はその, は図中, は孰, を廓大

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 というの, ならびに葯, によってその, に連なれり, の先, は皆糸状, は糸状

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 が茶碗, のある, のなか, の浮彫, の飾瓦, を印した, を添

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 で飾られ, を巻い, を戴いた, を拵え, を池, を結ん, を象った

▼ 花~ (7, 0.0%)

1 でありました, という若衆, に三つ, のお, の身の上話, は主人, は山中

▼ 花過ぎ~ (7, 0.0%)

2 にける 1 て啼く, て緑, にけり帰り, までの間, 方の

▼ 花馬車~ (7, 0.0%)

1 がございませんでしたら, が二台, などは蘭, には欧米, の一等賞, の中, はすなわち

▼ 花うり~ (6, 0.0%)

1 なり, にも似ず, の子, の忍び, の目, を見

▼ 花からは~ (6, 0.0%)

2 いましがた 1 よい香り, 紫色の, 終日長く, 花が

▼ 花この~ (6, 0.0%)

1 お座敷あるいは, 咲いて, 土に, 春雨に, 為めに, 風変りに

▼ 花ごろ~ (6, 0.0%)

41 も狐, も色

▼ 花さい~ (6, 0.0%)

1 て, ている, てここ, てしかも, てゐ, て萩

▼ 花さいた~ (6, 0.0%)

2 木々は, 木が 1 もののやうだつ, 朴の木を

▼ 花つくり~ (6, 0.0%)

2 の翁 1 のアンチャン, の美し, の要領, をした

▼ 花ながら~ (6, 0.0%)

1 エルムにとっては, 傾けて, 嫉ましくなるよ, 新陳代謝早く, 胡瓜の, 花の

▼ 花について~ (6, 0.0%)

1 妙な, 彼の, 格別批評も, 試みてること, 語りはじめて, 論争し

▼ 花ひらく~ (6, 0.0%)

1 ぽてれん, 恰好を, 感動の, 時には, 時節が, 要素も

▼ 花ほど~ (6, 0.0%)

1 だったが, でも, 偉大なる, 大きかつ, 美しくは, 血を

▼ 花~ (6, 0.0%)

2 がきすべく 1 そでにかけて, づ碎け, ぼしけれどもや, 袖にかけて

▼ 花または~ (6, 0.0%)

1 シンダモンバナ, ペンペン草と, ヤシオという, 正月の, 茱萸の, 高花

▼ 花~ (6, 0.0%)

3 うが 1 うがが, が惡, しける時

▼ 花やで~ (6, 0.0%)

2 買って 1 珍しくバラ, 菊の, 買いました, 買った由

▼ 花を以て~ (6, 0.0%)

1 し夜来, 祝福し, 祭り鼓吹, 稲の, 衣を, 飾られたり

▼ 花キャベツ~ (6, 0.0%)

3 のスープ 1 とはカリフローワ, に似た, を食う

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 ならば, の心, の皆, を叙, を棹, を蔽

▼ 花八裂~ (6, 0.0%)

1 である, となる, とも紛飛繚乱, の惨状, の粉砕, をなし

▼ 花咲かぬ~ (6, 0.0%)

1 が代, ことであろう, 山椒の, 忍冬を, 水蓮も, 老い木の

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 が咲いた, と放射型, に織り出した, のもの, の或, の雪

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 がそこら, が狂ッ, のよう, やら人間, や萼, を取あげ

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 に流れた, に流れる, に滑, に潜めるなり, の蕊, の蜜

▼ 花白く~ (6, 0.0%)

2 むらがる夜明がた 1 ほころび養母の, 叢を, 葉の, 見どころが

▼ 花盗人~ (6, 0.0%)

1 がそれ, が来た, でも珍しい, の一種, は, を真似

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 の作者, の模様, の段, の脚色, や大阪本, をく

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 がアンポンタン, といった自分, は無理我慢, ももうたいへん, りんだう, を無理

▼ 花越し~ (6, 0.0%)

1 にすらすら, に大きな, に技師, に空, に空地続き, に見えました

▼ 花開耶姫~ (6, 0.0%)

1 が御子達, が火, の美貌, を献じ, を祭神, を聯想

▼ 花降り~ (6, 0.0%)

1 そめに, て, 下り大地震動, 敷かむ, 樂きこえ, 音楽きこえ

▼ 花~ (6, 0.0%)

2 を刺繍 1 で飾られた, の下った, も完全無欠, をした

▼ 花~ (6, 0.0%)

1 しづくや, ともし, の壺, を, をその, をつけた

▼ 花鰹節~ (6, 0.0%)

2 の御飯, をふりかけた 1 が入っ, を二皿

▼ 花あやめ~ (5, 0.0%)

1 あはれに, あわれ, かも, は楽しい, もあでやか

▼ 花いけ~ (5, 0.0%)

1 てひとりぐらし, など届いた, に, に入れ, 香を

▼ 花さけ~ (5, 0.0%)

41 ば雨ふり

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 どみ, なべての, べ, べに, をらし

▼ 花だけに~ (5, 0.0%)

1 あどけなく可愛らしい花, いやな, なんとなく哀れ, 花の, 観念が

▼ 花ちゃんと~ (5, 0.0%)

1 そうしてネロちゃん, 云う女中, 喫茶部の, 狂い出した, 藪地の

▼ 花つみ~ (5, 0.0%)

2 て一荷 1 て織り, な玉, をし

▼ 花でなけれ~ (5, 0.0%)

3 ばならない 1 ばならぬ, ば見た

▼ 花とともに~ (5, 0.0%)

1 ものは, 咽ぶよう, 堅くなっ, 女童の, 飲み共に

▼ 花なぞが~ (5, 0.0%)

1 さいて, 剌され, 匂って, 咲いてるぢ, 盛んに

▼ 花のみは~ (5, 0.0%)

3 しるく持 1 ながい三春, 春は

▼ 花ばかりは~ (5, 0.0%)

1 供へ, 殆ん, 町中を, 雪霜にも, 黙って

▼ 花ひらいた~ (5, 0.0%)

3 と無心 1 もので, をやつ

▼ 花ぶさ~ (5, 0.0%)

1 の距離, みじかければ, 一ふさは, 花垂れ, 黄に

▼ 花めいた~ (5, 0.0%)

5 心を

▼ 花やら~ (5, 0.0%)

1 お酒, む, 人間の, 体が, 鳥やら

▼ 花ビン~ (5, 0.0%)

1 がある, だなと, にいれ, につまずい, を買おう

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 いずれも, にしろ, の耳, の霜菊, は松

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 にやや, に此里, に疲れてた, は皆イヅコ, を打ち

▼ 花咲かせる~ (5, 0.0%)

1 ために, ところに, とともにその, ものでない, 努力と

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 などを歌っ, の一齣, の中, はまた, を思わせる

▼ 花坊主~ (5, 0.0%)

1 が口いっぱい, が降り, だが, の唄う, の声

▼ 花天月地~ (5, 0.0%)

1 に小島成斎, に榛軒, の同, を見なかつた, を閲する

▼ 花客先~ (5, 0.0%)

1 に廻っ, のうわさ, のお, の注文, は上方

▼ 花廼屋因果~ (5, 0.0%)

1 といえ, と云っ, と泉山虎, と身, に一泡

▼ 花攀柳~ (5, 0.0%)

1 の遊宴, の醜聞, の韻事, の風流, をやった

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 おうぎ, ならべて, を経れ, を經, 並べて

▼ 花~ (5, 0.0%)

2 の卓 1 のごとく, の下, を照

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 とやらには駕籠, にては無き, には如何, には屹度, も嘸かし

▼ 花無き~ (5, 0.0%)

1 を待つ, 清純の, 草ども生茂り, 里は, 頃の

▼ 花~ (5, 0.0%)

21 咲き殘れる, 盛に, 記昔遊曾酒楼旧

▼ 花白い~ (5, 0.0%)

1 もだ, 花が, 花紫の, 花赤と, 花雪などに対する

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 などの名, の絵, は如何, は必ずや, も汲まるべくや

▼ 花~ (5, 0.0%)

2 のなか 1 が持ち込まれ, を担ぎました, を揺直し

▼ 花~ (5, 0.0%)

4 の花 1 のイリス

▼ 花~ (5, 0.0%)

2 かしい 1 かしき, かしき乙女, かしさ

▼ 花育て~ (5, 0.0%)

1 が中心, にあつ, の方, の行事, の行儀

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 となる, のシベ, はまだ, や向日葵, をつつん

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 にアイ, の裡, を摘み, を摘み採り, を雪

▼ 花~ (5, 0.0%)

4 の句 1 ばみ枯れかかった

▼ 花~ (5, 0.0%)

1 てこえぬ, ても知れ, て叫ぶ, て居る, て花

▼ 花試合~ (5, 0.0%)

1 がはじまったら, ってどんな, というの, に出す, を見たら

▼ 花長官~ (5, 0.0%)

1 のお, の使い, の友人, の客, をおや

▼ 花頂山~ (5, 0.0%)

1 から東山一帯, から落ち, の寺, の花見宴, や如意ヶ岳

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 ぢさゐ, つまれる浮草, をじ, 咲かねえちゅうこんだ

▼ 花あかき~ (4, 0.0%)

2 百日紅の 1 夕日の, 窓に

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 ぐひすと人は, つぎ, つぎの, づ

▼ 花うけ~ (4, 0.0%)

2 て緑酒 1 てとうたっ, て思ふ

▼ 花からも~ (4, 0.0%)

1 スーと, 伸子は, 実からも, 秋の

▼ 花がど~ (4, 0.0%)

4 つと怒

▼ 花ぐし~ (4, 0.0%)

1 とすり足, の揺らぐ, を, を一

▼ 花ぐらい~ (4, 0.0%)

1 いつでも, ならまだ, 引きに, 貰わなくちゃ

▼ 花これ~ (4, 0.0%)

1 はいい, は麓, も十七歳, を掩

▼ 花さがし~ (4, 0.0%)

4

▼ 花しか~ (4, 0.0%)

1 つけて, 咲かない楡, 見えず遠く, 見せて

▼ 花すて~ (4, 0.0%)

2 どころ目に, どころ霜ふかし

▼ 花すゝ~ (4, 0.0%)

21 きますほの, き風

▼ 花ぞと~ (4, 0.0%)

1 いとせめて愛であへりし, 問ふと, 心着い, 思ひけらしな

▼ 花ただ~ (4, 0.0%)

2 紅の 1 かばかりに移り, かばかりも匂

▼ 花だけの~ (4, 0.0%)

1 ことで, ために, 知って, 総体重

▼ 花でございます~ (4, 0.0%)

1 か, が紫, ねと素人, わ

▼ 花でした~ (4, 0.0%)

1 けれども, けれどももう, けれども最う, よ

▼ 花とかいう~ (4, 0.0%)

1 いわゆる季, んで, 名を, 小さな可愛らしい

▼ 花としての~ (4, 0.0%)

1 使命を, 印象は, 姿を, 為事との

▼ 花ない~ (4, 0.0%)

4 から

▼ 花なく~ (4, 0.0%)

1 てどうして, 変化なき, 文に, 香なき

▼ 花なし~ (4, 0.0%)

1 ただ秋花, では, という可, にし

▼ 花などと~ (4, 0.0%)

1 いって, 同じからぬ, 同じ趣, 称して

▼ 花などという~ (4, 0.0%)

1 あまり好ましく, ものが, 物に対しては, 腕利きの

▼ 花ならず~ (4, 0.0%)

2 夕かげに 1 とも, ばこれ

▼ 花なんぞを~ (4, 0.0%)

2 摘んで 1 上げて, 飾りつけて

▼ 花にな~ (4, 0.0%)

2 つて來る 1 つて咲く, つて樽野の

▼ 花によって~ (4, 0.0%)

1 町で, 荘厳され, 語られて, 飾られは

▼ 花のな~ (4, 0.0%)

2 づなを 1 なつ, やめるごとき

▼ 花はと~ (4, 0.0%)

1 こしへ, ほくて, もしか, 訊ねると

▼ 花ばかりの~ (4, 0.0%)

1 あの祭壇, ために, 世界の, 生存を

▼ 花ほのか~ (4, 0.0%)

2 に君 1 に紅く, に過ぎし

▼ 花まだ~ (4, 0.0%)

1 おまへには, みゆる山吹, 世心の, 咲かぬ山櫻

▼ 花まつり~ (4, 0.0%)

1 にはお, の日, は一口, を行

▼ 花もの~ (4, 0.0%)

1 いふ如く, が五つ六つ, の草木, を枝

▼ 花やの~ (4, 0.0%)

1 ん, 店は, 花と, 親戚の

▼ 花やは~ (4, 0.0%)

1 天理教の, 小父さんに, 若しも私, 隣り近所

▼ 花よの~ (4, 0.0%)

3 言ひなし 1 佳句

▼ 花をのみ~ (4, 0.0%)

2 待らん人に 1 まつら, 美しい花

▼ 花~ (4, 0.0%)

2 の店 1 が混雑, の二階

▼ 花二つ~ (4, 0.0%)

1 が重った, に分離, は其中, 見つけた

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 ぞ日光, の死駅, をさかり, を盛り

▼ 花前さん~ (4, 0.0%)

1 ちょっとこれこれ, のお, はえい人, を笑わせる

▼ 花四花~ (4, 0.0%)

4 などの結晶

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 にそ, はわれら, を編まん, を造り

▼ 花多き~ (4, 0.0%)

1 国とは, 国に, 宮椿, 顔つと

▼ 花~ (4, 0.0%)

2 にし 1 ならず紫, に色

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 かい綺麗, が夜風, だまだずっと, の露

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 てふ, とかいた, とかと往來, の京葉

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 とはいっこうに, とは一向に, はその間, も囀

▼ 花小さい~ (4, 0.0%)

2 花石竹と 1 人形の, 花いくつも

▼ 花山車~ (4, 0.0%)

1 ぐらいにとどまっ, なども大小いろいろ, も各, を織り出したる

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 とかいう主人, などの名, のかみさん, のマダム

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 ふえて, もすく, も少く, 知れず

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 放, 放が, 放でも, 放も

▼ 花月夜~ (4, 0.0%)

21 です, なので

▼ 花木の間~ (4, 0.0%)

1 だを, には苔, に設けられ, を大

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 が敷い, の半, ばかりで, もこせつかない

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 地と, 城, 湖, 玉瑩

▼ 花満開~ (4, 0.0%)

2 なり 1 となれり, の姿

▼ 花物語~ (4, 0.0%)

2 という小説 1 に傳, は尽きない

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 と呼ばれた, と命じた, の伝, の目鬘

▼ 花白き~ (4, 0.0%)

1 ゆふぐれ, をか, 片山かげ, 秋の

▼ 花竿~ (4, 0.0%)

1 が傘, の観念化, を竪, 持ち盆踊り

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 あえかに, ひ鳥歌, ふ時, 見むとて門

▼ 花~ (4, 0.0%)

2 は深大寺出 1 すなわち花叢, に蝿

▼ 花茗荷~ (4, 0.0%)

1 が咲いた, が咲きだした, をふと, を持つ

▼ 花薔薇~ (4, 0.0%)

1 いとしの, と鈴, の花, はそのまま

▼ 花蘭蜜~ (4, 0.0%)

2 といふ, と舎

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 などより妙, ならば, の翅, 総縫

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 こそ最も, の裏, を一枚一枚, 着けながら

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 して, し人踪, せん, ちし

▼ 花赤い~ (4, 0.0%)

2 花紫の 1 花, 花が

▼ 花造り~ (4, 0.0%)

1 の様, はかなり, をする, を職

▼ 花遊小路~ (4, 0.0%)

1 で買っ, の中, の方, を通り抜ける

▼ 花~ (4, 0.0%)

2 に夜 1 はきち, は緋牡丹姫

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 が更に, との二つ, と顕花部, ヲ欠キシ

▼ 花鎮め~ (4, 0.0%)

2 の祭り 1 と言, 行事を

▼ 花~ (4, 0.0%)

2 の玉英一合 1 に斎藤越後守, に殺到

▼ 花~ (4, 0.0%)

1 が歿, などに対する親, の色, は狂歌合

▼ 花馬車競技~ (4, 0.0%)

1 がある, でございます, の会長たる, ももはや

▼ 花あかり~ (3, 0.0%)

1 からほのぼの, に消え, も朦朧

▼ 花いち~ (3, 0.0%)

1 じにあたりを, りん, りん風

▼ 花いばら~ (3, 0.0%)

2 散つて 1 を茶

▼ 花いばらここ~ (3, 0.0%)

3 の土

▼ 花かつ~ (3, 0.0%)

3

▼ 花かづら~ (3, 0.0%)

1 の事, の色, をする

▼ 花かの~ (3, 0.0%)

2 ように 1 ような

▼ 花がは~ (3, 0.0%)

1 いつたから, いつて, びこつたりしてゐたのが子供が

▼ 花くらいの~ (3, 0.0%)

1 あわれ, 大きさ, 小さい誇り

▼ 花ぐらいは~ (3, 0.0%)

1 あるかも, 咲きそう, 絶やさないよう

▼ 花ぐる~ (3, 0.0%)

21 ひなど

▼ 花~ (3, 0.0%)

21 ふあはれ

▼ 花こぼれ~ (3, 0.0%)

1 て掃く, 居り, 散り

▼ 花さかり~ (3, 0.0%)

1 とても美しい, となる, 久しみ

▼ 花さく春~ (3, 0.0%)

1 だ, になり, のふた

▼ 花さし~ (3, 0.0%)

1 て, のよう, 出す娘

▼ 花すすき~ (3, 0.0%)

1 が銀, は黄金, ほに

▼ 花すでに~ (3, 0.0%)

1 散じて, 散りぬる, 盛夏を

▼ 花ずつ~ (3, 0.0%)

2 開く 1 相伴われて

▼ 花そして~ (3, 0.0%)

1 なつかしい花, 女女女, 黄色な

▼ 花そのまま~ (3, 0.0%)

1 だった, な乙女たち, な顔

▼ 花それら~ (3, 0.0%)

1 が車窓, のもの, の前

▼ 花だけでも~ (3, 0.0%)

1 つかまえ得たこと, よろしいけれど, 先生私の

▼ 花だつた~ (3, 0.0%)

1 か, かを買つて円タク, わ

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 え女 1 ふ魚すき

▼ 花であろう~ (3, 0.0%)

1 が月, が黄蜀葵, とも現

▼ 花とて~ (3, 0.0%)

1 悟らない訳, 正月には, 無く名

▼ 花とや~ (3, 0.0%)

1 いはんうち, 申し候, 言はむ

▼ 花とりどり~ (3, 0.0%)

2 人ちりぢり 1 なる七草

▼ 花とを以て~ (3, 0.0%)

1 するなれど, 描き出そうと, 花御堂の

▼ 花どころ~ (3, 0.0%)

2 では 1 じゃない

▼ 花なぞは~ (3, 0.0%)

2 一つも 1 毎日の

▼ 花などで~ (3, 0.0%)

1 あつた, あつたらしく山, 飾つて幾台も

▼ 花なんぞ~ (3, 0.0%)

1 あげて, 誰が, 買いこんで

▼ 花にか~ (3, 0.0%)

2 君が 1 触れし首

▼ 花については~ (3, 0.0%)

1 万葉の, 彼は, 私は

▼ 花にとって~ (3, 0.0%)

1 このうえ, このくも, またこの

▼ 花に対し~ (3, 0.0%)

1 実によい, 牽強の, 詩を

▼ 花に対しては~ (3, 0.0%)

1 その花色, なんとも, 幸子ほどに

▼ 花のみを~ (3, 0.0%)

1 心がけて, 愛でた, 賞むべ

▼ 花のれん~ (3, 0.0%)

1 がさがり, の方, をかけた

▼ 花ばかりを~ (3, 0.0%)

1 咲かせました, 挙げて, 気に

▼ 花ひらい~ (3, 0.0%)

1 ていく, ていた, て深

▼ 花ひらき~ (3, 0.0%)

1 たりなよ竹, 唐もろこし既に, 種を

▼ 花ふかき~ (3, 0.0%)

2 椿は 1 林なりけり

▼ 花みな~ (3, 0.0%)

1 動く中, 小さし咲き乱れ, 違う

▼ 花もつ~ (3, 0.0%)

1 と眞劍, 梢の, 秋草は

▼ 花もろ~ (3, 0.0%)

1 ともに古い, とも墜落, とも常磐木

▼ 花もを~ (3, 0.0%)

2 はりぬ 1 はり

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 にも, ぬ恋, を

▼ 花らしく~ (3, 0.0%)

1 と, 茎の, 顔を

▼ 花をね~ (3, 0.0%)

3 私は

▼ 花を通して~ (3, 0.0%)

1 感じられて, 見た彼女, 記憶し

▼ 花ガス~ (3, 0.0%)

1 と称し, は花, を点じ

▼ 花チャン~ (3, 0.0%)

1 と云う, の招待, は今

▼ 花一枝~ (3, 0.0%)

1 に千年, の手向, を

▼ 花一枝革緒~ (3, 0.0%)

3 の雪駄おと

▼ 花九郎~ (3, 0.0%)

1 が飛びかかる, だ, の声

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 へし, りけり真砂, りたるとき

▼ 花人間~ (3, 0.0%)

1 の夢, の弱い, の歡

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 なもの, に思ふ, の事

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 が五月, が吹く, となつ

▼ 花剌子模~ (3, 0.0%)

21 といふ國

▼ 花加留多~ (3, 0.0%)

1 といふもの, の箱, を懐中

▼ 花及び~ (3, 0.0%)

1 えだに, 其處に, 稔りの

▼ 花合歓~ (3, 0.0%)

1 に蛾眉, の花, の葉

▼ 花咲き亂~ (3, 0.0%)

2 れて 1 れた花園

▼ 花咲き鳥~ (3, 0.0%)

1 の鳴く, 歌う春, 鳴く

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 に葬る, の弘法池, の茶屋某方

▼ 花坊氏~ (3, 0.0%)

1 あの和尚, のお, はそれら

▼ 花坊翁~ (3, 0.0%)

1 の作品, は大正七年, へ移らう

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 がザラザラ, りだ, をつけ

▼ 花墻柳~ (3, 0.0%)

1 の美, の芸妓, の間

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 に垂れ, に超, より到る

▼ 花多く~ (3, 0.0%)

1 咲きたり, 簇めて, 薊その

▼ 花夜叉一座~ (3, 0.0%)

1 の田楽役者, の田楽見物, を鎌倉

▼ 花夫婦~ (3, 0.0%)

1 に問, に打, も當地

▼ 花嫁ご~ (3, 0.0%)

1 に少から, に私, は小さく

▼ 花岳院~ (3, 0.0%)

21 てとこの

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 に出来, の文学分子, みたよう

▼ 花托面~ (3, 0.0%)

1 に散布, に載っ, を覆い埋め

▼ 花撫子~ (3, 0.0%)

1 の俤, の包, の花

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 ではきかない, と云, の爺さん

▼ 花散らす~ (3, 0.0%)

1 に惜しき, 雨気を, 風は

▼ 花散らまく~ (3, 0.0%)

1 惜しみ出で, 惜しみ吾が, 惜しみ我園の

▼ 花散りこぼれ~ (3, 0.0%)

3 て前

▼ 花散れ~ (3, 0.0%)

1 ば, ばま, 駕籠飛ばせ

▼ 花既に~ (3, 0.0%)

1 凋謝した, 少なくし, 散り初

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 と号, の里, をかこむ

▼ 花木槿~ (3, 0.0%)

1 いよいよ深し, に似たる, の花

▼ 花村方~ (3, 0.0%)

1 からは家臣, の陣, へ送り

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 などを得意, を採る, 皆七宝

▼ 花桐さん~ (3, 0.0%)

1 そんな所, には好き, 浮かない顔

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 にし 1 の色

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 に椿, のかほり, のかをり

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 の下 1 から見事

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 の香 1 に月

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 にのぞみ, の柳川左太夫, の熊本方

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 じろ 1 黄花絞り

▼ 花深く~ (3, 0.0%)

1 咲き花散り, 煤の, 路幽

▼ 花清宮裡~ (3, 0.0%)

3 の双

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 ゆる日, ゆる薔薇, るが

▼ 花燈籠~ (3, 0.0%)

1 に魔女, の千燈, を軒

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 が万葉歌, の結晶, はマダケ

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 の江島屋, の海老屋, の角

▼ 花盆栽~ (3, 0.0%)

1 の樹, の檸檬樹, の紅葉

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 というもの, などにたわむれた, のチロシ

▼ 花石南花~ (3, 0.0%)

1 がすがれる, で実に, の連中

▼ 花石竹~ (3, 0.0%)

1 と釣鐘艸, と釣鐘草, の花

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 すべくも, と南瓜畑, に落つ

▼ 花紅き~ (3, 0.0%)

1 子も, 穏し, 籬の

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 すこし持たせ, に包んだ, や布

▼ 花罌粟~ (3, 0.0%)

2 の花 1

▼ 花美しい~ (3, 0.0%)

1 でしょう, でせう, 歌を

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 の網目, をうき立たせ, を浮き立たせ

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 ひてぞ, ひなどを, ひ蝶

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 が芳しく, の白く, の花

▼ 花茨故郷~ (3, 0.0%)

2 の路 1 の道

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 として仰がれ, とも仰が, を開かせ給うた

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 から葉, に, の花

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 の定紋幕, の紋, の蒔繪紋

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 と呼ん 1 のもと

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 が紅し, に, を

▼ 花薄荷~ (3, 0.0%)

1 の花, 双鸞菊, 燃えたつ草叢

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 など沢山, の葉, の長い

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 が蜂, と花粉, の事

▼ 花見え~ (3, 0.0%)

1 てゐ, て我が, て足踏み

▼ 花見幕~ (3, 0.0%)

1 から体, やら軒飾り, をめぐらした

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 ひに 1 ふ猛烈

▼ 花買っ~ (3, 0.0%)

1 ていそい, てそこで, て来

▼ 花~ (3, 0.0%)

2 じろ 1 みいたも

▼ 花酔境~ (3, 0.0%)

1 とはすなわち, と訳される, の裾

▼ 花降る~ (3, 0.0%)

1 景色を, 朝ぼらけを, 留南奇の

▼ 花陵王~ (3, 0.0%)

1 がやって来た, とはかつて, はどう

▼ 花青い~ (3, 0.0%)

1 とんぼの, 花そして, 葉

▼ 花~ (3, 0.0%)

1 の背, をせかせ, を逸せり

▼ 花高く~ (3, 0.0%)

1 匂う花, 咲く, 聳ゆる

▼ 花ああ~ (2, 0.0%)

1 まだ口, 海の

▼ 花あかく~ (2, 0.0%)

1 咲きに, 根は

▼ 花あかし~ (2, 0.0%)

2 やの木影

▼ 花あかる~ (2, 0.0%)

2 日竝を

▼ 花あまり~ (2, 0.0%)

1 にここだ, の潔白

▼ 花ありき~ (2, 0.0%)

1 われらが, 赤き小さき花

▼ 花ありし~ (2, 0.0%)

2 日の

▼ 花あるいは~ (2, 0.0%)

1 人の, 草あるいは

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 ぢり, づるわかうど一人

▼ 花いきなり~ (2, 0.0%)

1 ワッと, 赧く

▼ 花いじり~ (2, 0.0%)

1 などはしない, は手先

▼ 花いつか姉ちやん~ (2, 0.0%)

1 も画いた, も畫いた事

▼ 花いろいろ~ (2, 0.0%)

1 のつば, の立姿

▼ 花うち~ (2, 0.0%)

1 まもりつつ, ゆるが

▼ 花うばら~ (2, 0.0%)

2 出つは

▼ 花うる~ (2, 0.0%)

1 し, しのき

▼ 花おどし~ (2, 0.0%)

1 の背, の鎧

▼ 花および~ (2, 0.0%)

1 稔りの, 花譚

▼ 花かけ~ (2, 0.0%)

1 にさした, にみる

▼ 花かざす~ (2, 0.0%)

2 藝の

▼ 花かざり~ (2, 0.0%)

1 が張り渡され, をつけ

▼ 花かす~ (2, 0.0%)

2 ていら

▼ 花かすか~ (2, 0.0%)

1 に, に見

▼ 花かとばかり~ (2, 0.0%)

1 泣きくずれた女, 美しく思われ

▼ 花かは~ (2, 0.0%)

1 な草, わからないの

▼ 花がけ~ (2, 0.0%)

1 にし, にした

▼ 花がた~ (2, 0.0%)

1 ですが, になつて

▼ 花くれぐれ~ (2, 0.0%)

2 までもあり

▼ 花ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 ことを, もので

▼ 花こう~ (2, 0.0%)

1 岩が, 岩の

▼ 花こそばゆい~ (2, 0.0%)

2 毒消しだ

▼ 花この世~ (2, 0.0%)

1 にあるまじき, の物

▼ 花ごと~ (2, 0.0%)

1 に, に仕える

▼ 花さかしめよ~ (2, 0.0%)

2 地獄に

▼ 花さかせたのしむ~ (2, 0.0%)

2 ことの

▼ 花さきし~ (2, 0.0%)

1 すみれ摘む, 菖蒲多く

▼ 花さきぬ~ (2, 0.0%)

1 秋風をか, 花あやめ

▼ 花さき出~ (2, 0.0%)

1 でたり, でつやり水

▼ 花さき谷~ (2, 0.0%)

2 にちり

▼ 花さく日~ (2, 0.0%)

1 とはなりける, にも吹きやまず

▼ 花さく梨~ (2, 0.0%)

1 の二たび, の潔く

▼ 花さく頃~ (2, 0.0%)

1 の悩ましく, の暖か

▼ 花さげ~ (2, 0.0%)

2 てくる

▼ 花さそふ~ (2, 0.0%)

2 比良の

▼ 花した照る~ (2, 0.0%)

2 道に

▼ 花じや~ (2, 0.0%)

2 がいも

▼ 花すなわち~ (2, 0.0%)

1 日輪花である, 赤色の

▼ 花すみれ~ (2, 0.0%)

1 が拉がれ, 乏しくは

▼ 花ずき~ (2, 0.0%)

1 の保, の連中

▼ 花そういう~ (2, 0.0%)

1 のが, ような

▼ 花そうして~ (2, 0.0%)

1 お月様, 栂桜の

▼ 花そこ~ (2, 0.0%)

1 が北島, に互に

▼ 花そっくり~ (2, 0.0%)

1 だ彼, の妙

▼ 花その他~ (2, 0.0%)

1 は力強く, 買って

▼ 花それから~ (2, 0.0%)

1 多摩の, 日本の

▼ 花たて~ (2, 0.0%)

2 に差す

▼ 花たる~ (2, 0.0%)

1 戦国武士に対し, 飾りを

▼ 花だに~ (2, 0.0%)

1 あらば, すゑなく

▼ 花ちりし~ (2, 0.0%)

1 のち, 日の

▼ 花ちりしける~ (2, 0.0%)

2 白土に

▼ 花ちれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ば日

▼ 花つぎつぎ~ (2, 0.0%)

2 に秋

▼ 花つけた~ (2, 0.0%)

1 梅の, 稲へ

▼ 花づくり~ (2, 0.0%)

1 のアンチャン, の屋敷もち

▼ 花づつ~ (2, 0.0%)

2 を朝ごと

▼ 花づな~ (2, 0.0%)

1 のよう, を白エゾマツ

▼ 花であるなら~ (2, 0.0%)

1 それは, ばいかなる

▼ 花で御座います~ (2, 0.0%)

1 か, から

▼ 花とい~ (2, 0.0%)

2

▼ 花といった~ (2, 0.0%)

1 のは, ものやさし

▼ 花とかを~ (2, 0.0%)

1 らむ思あり, 子供の

▼ 花とく~ (2, 0.0%)

1 だけ散っ, ゆりて

▼ 花としても~ (2, 0.0%)

1 また庭, 賞美する

▼ 花どくだみ~ (2, 0.0%)

1 の鋭さ, や統譜

▼ 花どこ~ (2, 0.0%)

1 といつ, をまたいだ

▼ 花どんなに~ (2, 0.0%)

1 利れる, 嫖緻の

▼ 花ないし~ (2, 0.0%)

2 三花が

▼ 花なげき~ (2, 0.0%)

2 こまかに

▼ 花なつかしみ~ (2, 0.0%)

1 引き攀ぢて, 引よ

▼ 花なでしこ~ (2, 0.0%)

1 の女郎花, は紅し

▼ 花なりし~ (2, 0.0%)

1 怪異を, 菽の

▼ 花にこそ~ (2, 0.0%)

1 あれ, 四季あれ

▼ 花にて~ (2, 0.0%)

1 やさしきお, 家數も

▼ 花にと~ (2, 0.0%)

1 つては, まつて

▼ 花にばかり~ (2, 0.0%)

1 夢中で, 捧げると

▼ 花によ~ (2, 0.0%)

1 つては, つて僅に

▼ 花に関する~ (2, 0.0%)

1 歌, 論文を

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 すびと, すびと同様

▼ 花のうへに~ (2, 0.0%)

1 しばしうつろ, しみじみと

▼ 花のみが~ (2, 0.0%)

1 いたずらに, 踏むよう

▼ 花のみぞ~ (2, 0.0%)

1 咲く, 忍びし人

▼ 花のみに~ (2, 0.0%)

1 かぎつたこと, 捉はれ

▼ 花のみの~ (2, 0.0%)

1 世界として, 世界は

▼ 花はし~ (2, 0.0%)

2 をれぬ

▼ 花はぜ~ (2, 0.0%)

2 そめて

▼ 花はつはつ咲~ (2, 0.0%)

2 けるきさらぎはものぞおちゐぬわれのこころに

▼ 花はに~ (2, 0.0%)

1 おえる谷, ほへる谷

▼ 花はね~ (2, 0.0%)

1 ものを, 私が

▼ 花はや~ (2, 0.0%)

1 さかりなり, 兩三枝開きそめ

▼ 花ばなの~ (2, 0.0%)

2 見事さを

▼ 花ひとつ血~ (2, 0.0%)

1 のいろ, の波

▼ 花ひと木~ (2, 0.0%)

2 しきりにさびし

▼ 花ふかむ桐~ (2, 0.0%)

2 の木群の

▼ 花ふたつ薄~ (2, 0.0%)

2 とりそ

▼ 花ふふむこなた~ (2, 0.0%)

2 の日

▼ 花ふみ~ (2, 0.0%)

2

▼ 花ふむ~ (2, 0.0%)

1 も, 木曾の

▼ 花ふり~ (2, 0.0%)

1 落す大川楊, 落す月

▼ 花ぶさ返り咲き~ (2, 0.0%)

2 日光室に

▼ 花への~ (2, 0.0%)

1 傾倒は, 発展と

▼ 花へは~ (2, 0.0%)

1 蜂が, 長い嘴

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 のに, の白

▼ 花ほどの~ (2, 0.0%)

1 ことも, 大きさ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 てえだ, てえな真紅

▼ 花みち~ (2, 0.0%)

2 は雪

▼ 花みれ~ (2, 0.0%)

2 ばその

▼ 花むつ~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 花むらさき~ (2, 0.0%)

1 に燃え, 深く咲き出

▼ 花もう~ (2, 0.0%)

1 てふてふき, 一年たつた

▼ 花もが~ (2, 0.0%)

1 しらじらと, 笑ひかからう

▼ 花もこそ~ (2, 0.0%)

2 咲け

▼ 花もしくは~ (2, 0.0%)

1 果実を, 鳥を

▼ 花もぞ~ (2, 0.0%)

2 咲くと

▼ 花もち~ (2, 0.0%)

1 ひさ, やんと

▼ 花もに~ (2, 0.0%)

1 ほはず, ほひも夕月

▼ 花やを~ (2, 0.0%)

1 促して, 見る

▼ 花ゆらゆら~ (2, 0.0%)

1 と枝, と胸

▼ 花らしくない~ (2, 0.0%)

1 ものそれをこそ, 花が

▼ 花われ~ (2, 0.0%)

1 もかう, もまた

▼ 花をけ~ (2, 0.0%)

1 ふしも, ふ見つけたり

▼ 花をなど~ (2, 0.0%)

1 よそに, 家には

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 上げて, 見たこと

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 そんな訳

▼ 花タデ~ (2, 0.0%)

2 の名

▼ 花ニシテ~ (2, 0.0%)

2 全ク燕子ニ類シ藤ニ生ズ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 皆雌花ナリ, 直チニ上ニ朝ヒ

▼ 花マル~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 花ランプさ~ (2, 0.0%)

2 へ幻

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 りんが, 堆雪

▼ 花一つ一つ~ (2, 0.0%)

1 を見れ, 皆乳房

▼ 花一個~ (2, 0.0%)

1 とが出, の梨

▼ 花一叢~ (2, 0.0%)

2 にしき

▼ 花一座~ (2, 0.0%)

1 には一つ, を観る

▼ 花一時~ (2, 0.0%)

1 に咲ききそっ, に開きました

▼ 花一枝づゝ神棚~ (2, 0.0%)

2 へさ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 けは残っ, を力づよく

▼ 花三島~ (2, 0.0%)

1 とかいろ, と言い伝えられ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 君子者也とか, 艶秋山千葉之彩時額田王以歌判之歌

▼ 花乏しく~ (2, 0.0%)

2 咲ける窓辺

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 る, るる荒漠千里

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 は一旦, は豫

▼ 花二つ三つ~ (2, 0.0%)

1 削落せし如き巖, 散る

▼ 花二枝三枝~ (2, 0.0%)

2 剪んで

▼ 花五月~ (2, 0.0%)

1 の匂い, の空

▼ 花仄見~ (2, 0.0%)

2 ゆる春

▼ 花以上~ (2, 0.0%)

1 です, に愛しあっ

▼ 花以外~ (2, 0.0%)

1 のまだ, の形象

▼ 花伊勢~ (2, 0.0%)

2 のなでしこ

▼ 花何ぞ~ (2, 0.0%)

1 多きや, 美なるや

▼ 花信心~ (2, 0.0%)

1 の諸人みなこれ, 深い柔

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 におくれざりし, の一日わたくし

▼ 花公方~ (2, 0.0%)

1 ももう, も咲い

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 を小皿, を据え

▼ 花冷めたき~ (2, 0.0%)

2 風に

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 を爲

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 まで刷っ, をいただいたら

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 五更, 日午猶

▼ 花剌子模国~ (2, 0.0%)

1 の回, より蒙

▼ 花前花前~ (2, 0.0%)

2 といっ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 り切れないほど, る今日

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 と三人

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 保婆奈可

▼ 花右方~ (2, 0.0%)

1 の力士, は瓠花

▼ 花吉さん~ (2, 0.0%)

1 が遅い, へ宜しく

▼ 花吹き入れ~ (2, 0.0%)

2 て鳰

▼ 花吾等~ (2, 0.0%)

1 の心臟, の齒

▼ 花咲かし~ (2, 0.0%)

1 ている, てみせる

▼ 花咲かす~ (2, 0.0%)

1 か仇, 時は

▼ 花咲きみだれたる~ (2, 0.0%)

2 奥に

▼ 花咲き出~ (2, 0.0%)

1 で一条, で落葉

▼ 花咲き匂う~ (2, 0.0%)

1 ような, 自身の

▼ 花咲き実~ (2, 0.0%)

1 の結ぶ, 成る

▼ 花唐黍~ (2, 0.0%)

1 のあかい, の毛

▼ 花噛む~ (2, 0.0%)

2 猫や

▼ 花堤夜色~ (2, 0.0%)

2 淡生

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 をさ

▼ 花売女~ (2, 0.0%)

1 がわざと, に盗まれない

▼ 花売娘たち~ (2, 0.0%)

1 が一か所, の上

▼ 花売娘ら~ (2, 0.0%)

1 の笑い声, は花

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 にし, に老木

▼ 花多から~ (2, 0.0%)

2

▼ 花多し~ (2, 0.0%)

1 て玉, と申す

▼ 花大き~ (2, 0.0%)

1 夕顏の, 夕顔の

▼ 花大根~ (2, 0.0%)

1 に蝶漆黒, の句

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 など問われない, 狼藉風流放縦大言大酒すべての

▼ 花女郎花~ (2, 0.0%)

1 とそれ, もしくは秋草野花

▼ 花姿~ (2, 0.0%)

1 の可憐, もまた

▼ 花姿柳腰~ (2, 0.0%)

2 の美人等わらじ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 という有名, の姫百合

▼ 花寂しい~ (2, 0.0%)

2 者には

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 のならぬ, を十二分

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 に開か

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 く咲き, 政小

▼ 花小さう~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 花小さき~ (2, 0.0%)

1 石竹, 花目に

▼ 花小さな~ (2, 0.0%)

1 めだかの, 額ぶちに

▼ 花小紋上~ (2, 0.0%)

1 には縮, には縮緬

▼ 花少し~ (2, 0.0%)

1 散つて, 曲るも

▼ 花少なく~ (2, 0.0%)

1 朝顔もか, 窮し

▼ 花山文~ (2, 0.0%)

1 の二代目万橘, を一緒

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 で見聞, の洲崎移転以後八幡屋

▼ 花市場~ (2, 0.0%)

1 の花, へ連れ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 などは早速, の君

▼ 花帽子~ (2, 0.0%)

1 の帶, をかぶり

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 といふ別業, を訪ねる

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 が川水, を無言

▼ 花役者~ (2, 0.0%)

1 だ, に仕上げ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 およそ二〇センチメートル, はおよそ

▼ 花御子~ (2, 0.0%)

1 である, の行列

▼ 花御子祭~ (2, 0.0%)

1 ださうな, にて賑

▼ 花御覧~ (2, 0.0%)

2 この時

▼ 花恥ずかしき~ (2, 0.0%)

1 美女に, 美婦人においてをや

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の疲, の衰

▼ 花或は~ (2, 0.0%)

1 又そこ, 植木を

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 とも往復, のかげ

▼ 花押し~ (2, 0.0%)

1 てそれ, てまた

▼ 花押し分け~ (2, 0.0%)

2 て流れけり

▼ 花持ち~ (2, 0.0%)

1 数行あり, 活動の

▼ 花持つ~ (2, 0.0%)

1 てき, て行く

▼ 花挿し~ (2, 0.0%)

1 から薔薇, に立てた

▼ 花挿頭~ (2, 0.0%)

1 を, を挿し

▼ 花掻頭~ (2, 0.0%)

1 でネ, を挿し

▼ 花摘み袋~ (2, 0.0%)

1 と言, の習慣

▼ 花摘む~ (2, 0.0%)

2 日と

▼ 花摘社~ (2, 0.0%)

1 が仏誕生, に詣

▼ 花撒き~ (2, 0.0%)

2 の少女

▼ 花敷温泉道是~ (2, 0.0%)

2 より二里半

▼ 花文庫~ (2, 0.0%)

2 も滅んだ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 あつかひ障子, のひま

▼ 花日本~ (2, 0.0%)

2 でも初夏

▼ 花早く~ (2, 0.0%)

1 も二三輪, も散り

▼ 花明る~ (2, 0.0%)

1 なり, 桐の

▼ 花昨夜~ (2, 0.0%)

1 の雨, の風

▼ 花時代~ (2, 0.0%)

1 と義仲, のやう

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の日, 老尼

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の皮, の花

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 全開月未, 酔

▼ 花未だ~ (2, 0.0%)

1 全開せず, 発せざる重陽

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 し, を流す

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の喬木

▼ 花朴の木~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の被い

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は今年

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の下

▼ 花果物椅子テーブル~ (2, 0.0%)

1 といったところ, と云った

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 は一寸, を伸した

▼ 花染メリンス~ (2, 0.0%)

1 の女, の女帯

▼ 花柘榴~ (2, 0.0%)

1 の大木, の木

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の口, や猛毒

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 花栽培~ (2, 0.0%)

1 に熱中, の方面

▼ 花桔梗~ (2, 0.0%)

1 の根締め, を混ぜた

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 から梢, が見え

▼ 花植物~ (2, 0.0%)

1 と呼ん, を己

▼ 花模様それら~ (2, 0.0%)

2 が全く

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 で随分, の亀甲組白絹張り

▼ 花櫚糖売~ (2, 0.0%)

1 の女, はいつの時侯

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 をうた, を泪

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 などを売る, をやはり

▼ 花殿~ (2, 0.0%)

1 などは長く, に力

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 と名, の駿馬

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 を敷く, 敷く間

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 があれ, を賜

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 をもっ, を借り

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 にあ, に漂

▼ 花洛女郎衆~ (2, 0.0%)

2 も桑

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 とを区別, の受け持ち

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の色, をとかした

▼ 花深く紅き~ (2, 0.0%)

2 椿や

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 のあじろ車, をかけた

▼ 花漬賣~ (2, 0.0%)

2 の少女

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の下, の光り

▼ 花灼然~ (2, 0.0%)

2 たり

▼ 花炎木~ (2, 0.0%)

1 の花盛り, やカンナ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の映え, をとぼし

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の掌

▼ 花珊瑚~ (2, 0.0%)

2 の屑

▼ 花現身~ (2, 0.0%)

1 にうつつ, に正眼

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 なんぞは物, は血

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 きと, きも

▼ 花百合~ (2, 0.0%)

1 のなか, の花

▼ 花百日紅~ (2, 0.0%)

2 のちら

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 うつくしとのみ, が

▼ 花皆何年~ (2, 0.0%)

2 か前

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 のかたち, を高く

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 があり, を太陽

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 乱れて, 映紅

▼ 花真紅~ (2, 0.0%)

1 なり, にぞ石

▼ 花知流比~ (2, 0.0%)

1 賣, 賣に

▼ 花石楠~ (2, 0.0%)

1 の清楚, の高雅

▼ 花神前~ (2, 0.0%)

2 に挿供

▼ 花秋月~ (2, 0.0%)

1 はもちろん, を愛賞

▼ 花種々~ (2, 0.0%)

2 の旗

▼ 花立ち~ (2, 0.0%)

2 ひらく春日

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の腰, 幽窓

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 に詩, を貼っ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 と, の側

▼ 花紅柳緑~ (2, 0.0%)

2 と太陽

▼ 花紅脂~ (2, 0.0%)

2 のいろ

▼ 花紅葉探勝~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 花紺青~ (2, 0.0%)

1 の地面, を添えた

▼ 花結び~ (2, 0.0%)

1 にちょっと, にタラリ

▼ 花結晶~ (2, 0.0%)

1 はこの, を底面

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 で飾り, を首

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 なる梢, の葉っぱ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 だの, を乾し

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 などをせぬなら, までおよそ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の事, を尽し

▼ 花美しく~ (2, 0.0%)

1 薫の, 見えた

▼ 花翁君~ (2, 0.0%)

1 のでは, は今日

▼ 花肩衝~ (2, 0.0%)

1 そのほか肩衝, もよもや

▼ 花自ら~ (2, 0.0%)

1 が生命, 開く

▼ 花自ら教~ (2, 0.0%)

2 あり

▼ 花自体~ (2, 0.0%)

1 が犯罪, の物体色

▼ 花自分~ (2, 0.0%)

1 で自分, も人

▼ 花自動車~ (2, 0.0%)

1 が予行, の行方

▼ 花自身~ (2, 0.0%)

1 の重, は知らぬ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 は日向, も香り

▼ 花花花~ (2, 0.0%)

1 そして女, だ満目

▼ 花花魁~ (2, 0.0%)

1 が此, を買っ

▼ 花若く~ (2, 0.0%)

1 は葉, 我胸踴る

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 はもう, も唐胡麻

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の簪, を抜い

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 が敷い, を敷いた

▼ 花蓮港庁~ (2, 0.0%)

1 にはそれぞれ警察官応援, や台東庁

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 というもの, の紅

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の一瞬, の八重桜

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の穂, の葉

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 と火山塊, にちかい

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 のうかぶ, のふさ

▼ 花蘇枋~ (2, 0.0%)

1 いつしか褪せ, や粉米桜

▼ 花處女~ (2, 0.0%)

1 に見せかけ, の夜

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 と花

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の楊春

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 に扱

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 になっ, に相当

▼ 花製本見本~ (2, 0.0%)

1 を示さる, を示す

▼ 花観る~ (2, 0.0%)

1 人が, 人をのみ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 が袖, ぞや野風呂

▼ 花貌花容花~ (2, 0.0%)

2 可保婆奈

▼ 花赤き~ (2, 0.0%)

1 からに弟, 路ばた

▼ 花赤く~ (2, 0.0%)

1 てまた, 根は

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 から背, の兩側

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 があつ, をする

▼ 花踊り~ (2, 0.0%)

1 が始まった, 北と

▼ 花軒ば~ (2, 0.0%)

2 の苔

▼ 花輔君~ (2, 0.0%)

1 などにとにかく, ようるさい

▼ 花輪形パン~ (2, 0.0%)

1 をお腹, をもっ

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 か, の中

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 に, に低徊

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 と申す, を頭

▼ 花過て~ (2, 0.0%)

1 も匂, 山吹咲る

▼ 花遠き~ (2, 0.0%)

2 方は

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 にひたし

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 には撫子, の花

▼ 花金盞花~ (2, 0.0%)

1 どんなに明るい, などいきいき

▼ 花金鼠~ (2, 0.0%)

1 が非常, に幾度

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 かと心, きらめけりクリスチアン・モラリチー

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 から私, まで逃げ転ん

▼ 花開い~ (2, 0.0%)

1 ては天, て風卻

▼ 花開き~ (2, 0.0%)

1 て菊花, 一氣千轉し

▼ 花陰亭~ (2, 0.0%)

1 でもよおされた, へ行きゃ

▼ 花陰光富不思議~ (2, 0.0%)

2 及ぶべしやは

▼ 花陵島付近~ (2, 0.0%)

1 の海底, の異常

▼ 花露草~ (2, 0.0%)

1 などが薄日, などは枝

▼ 花頂若王子~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 花頂青蓮院北~ (2, 0.0%)

2 は岡崎

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 から菊, には近年なか

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 があっ, をもたげ

▼ 花顔柳腰~ (2, 0.0%)

1 の人, の婦女子

▼ 花顔玉容~ (2, 0.0%)

1 に無残, は依然として

▼ 花飛び飛び~ (2, 0.0%)

2 に咲き

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 と云, の滝宮明神

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 の煙, も無き

▼ 花~ (2, 0.0%)

2 の爪

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 が冬子, はお

▼ 花鬘酒~ (2, 0.0%)

2 の栓

▼ 花~ (2, 0.0%)

1 な月夜, の壮士

▼ 花麻豆美~ (2, 0.0%)

2 の神

▼1* [1910件]

あかあかと咲く, 花あかぬ色香も, 花あげて下さい, 花あげようか, 花あせつつさき, 花あたらしき朝, 花あちこち菜の花こぼれ咲く, 花あとの疲れ, 花あの件は, 花あはれ寂しゑわ, 花あめに濡れ, 花あやしい媚藥を, 花あやめしみ咲きにほふ, 花あやめ鋏にたらぬ, 花あらば, 花あらぬ日の, 花あるやどにとめられ, 花あれど色, 花いいえお止山の, 花いうてもわからん, 花いかにも狡さ, 花いきいきとした, 花いくつも, 花いざ見にごんせ東山, 花いじめを繰り返す, 花いつ採って, 花いつかなし, 花いつしかと散りぬれ, 花いつも嫋々と, 花いづこゆか, 花いづれか我, 花いと愛くるしく桜桃, 花いといと小さくちらちら, 花いまはつぶさに, 花いまさかりなり思ふ, 花いまだ開かざるが, 花いま盛りなり, 花いやに矜つて物隱, 花いよいよ澄まして, 花うかびたる小川の, 花うつうつとある空中戦, 花うつくしよしと啼く, 花うつろふまでに, 花うばら我は色, 花うばわれたる男女と共に, 花うやうやし散るとして, 花うるさく何処の, 花おいらに羽織, 花おく金錆の, 花おどりの噂, 花おなじく背嚢を, 花おばさま御自身, 花おぼろな春, 花おもひでが, 花おろしでも, 花お前はロテイ, 花お客には親切, 花お茶お香, 花お蔭で目的, 花かかるあたり月夜吹き, 花かくは咲きしなれ, 花かぐわしく咲きて, 花かざしをする, 花かたるらく, 花かつていふこと, 花かつみの歌, 花かでこの物語, 花かという歌を, 花かなんぞだらうと, 花かなんぞのような, 花かに映り三絃, 花かもさかむ水, 花かや紫に, 花からにう木, 花からの手紙が, 花からばかりでなく葉, 花からみつきたるが時得顔, 花かるたなら致そうが, 花かろく哀しみ君と, 花かをる籬の蔭, 花かをる菅野は實, 花かんばしく星てり, 花かんむりをひい, 花かんむりなんかどんなにほうりだしたかったでしょう, 花か月のよう, 花がかあいらしく咲い, 花がかべにかがやいて, 花がたんと咲いた, 花がてふちよがて, 花がと何処迄, 花がにほつて, 花がねかわいそうに, 花がへへ花が, 花がやはらかな, 花がるたしたまいたりとて警察, 花がをり, 花きのこ昆虫その他類似の物, 花きり雨かかかる, 花きるや水仙, 花ふ馬, 花くすんで赭, 花くだけちる短夜を, 花くもりのさざなみ, 花くらい何でも, 花くれなゐ, 花くんじ, 花ぐしおちしまへ, 花ぐつたりした手に接吻, 花ぐはし桜のめ, 花ぐはし葦垣越しにただ一目相, 花ぐもりいういうとして一機また一機, 花ぐもりのいちにち石をきざむ, 花ぐらいにうすく白粉, 花ぐらゐは飾らねば, 花ぐるみ揺られて, 花けだしアケディセリルの, 花こうがい櫛かんざしあげ帽子, 花こえてその, 花ここの月, 花こそはかういふ中, 花こちらの花, 花ことにかはゆき半玉, 花こぼれ居にけり, 花ごく近しい檀家, 花ごとそれを伏せた, 花さえも私が, 花さかしめミノリ豊かならしめる, 花さかず實らず, 花さかせた者の, 花さかせる所だ, 花さきぬべしとて人, 花さき夕影に, 花さき実のれるこの, 花さき山みづにさくらいざよふ清滝, 花さき滿ちて, 花さき花はうつろい, 花さくいまは秋, 花さくかげに, 花さくじつ迄はつぼみ, 花さくなべにわさ田刈り, 花さくみちの静, 花さく傍を通, 花さく古井に, 花さく君はいづ, 花さく大和路に茫漠, 花さく季節の如く, 花さく宿根草である, 花さく山の雨雲, 花さく山畠輕便鐵道の歩みのろし, 花さく山茶花は椿, 花さく岩にせかれ, 花さく旅のある, 花さく時音を出す, 花さく杉のしげ, 花さく村を教えた, 花さく枝にとまりたる, 花さく比叡山我は, 花さく池の月, 花さく河岸の眺め, 花さく溝の草むら, 花さく濱の七浦, 花さく熱帯の故国, 花さく牧に放たれ, 花さく畑の桃一樹, 花さく胸を歌嘆, 花さく臼の上, 花さく草村に夕さり毎, 花さく荻むらは残暑, 花さく蔭の草むしろ, 花さく蕗の薹を見いで, 花さく薊かな, 花さく覇王樹の琉球びともすべなかるらし, 花さく谷の淺川, 花さく野の小道いそぎたまふな小傘, 花さく野邊は吾衾, 花さぐる鼠和上は, 花さけ地にみのれ, 花さす客の, 花させりけるを詠ませ, 花さては薄紫の, 花さながらに仰向い, 花さびさびたれど石切る村, 花さも丈夫らしい, 花さるすべりおほ, 花さんあなたのお, 花さんお花さんと連呼, 花さんじさんぜぬ人の, 花さん一家は大阪, 花さん屈辱を言, 花さん破風を五合, 花さん程度になる, 花さん親子を東京駅, 花ざかりあまたの人, 花ざかりお茶屋の姐さんちよい, 花ざかりそこらを歩く, 花ざかり中空の雲一ぱい, 花ざかり同勢集めて, 花ざかり春のやまべ, 花ざかり晴れあがった春空, 花ざかり枇杷の花ざかり, 花ざかり楓の若葉, 花ざかり浮気な蝶, 花ざかり豆腐屋で豆腐, 花ざかり香わしい接骨木, 花ざくら眺むれば, 花ざくろを活ける, 花しかしこれは, 花しずくは仄か, 花したも同じ, 花したてる路を, 花しだいにこぼれ, 花しづかなる宿, 花しばらくは, 花しひらきなば, 花しぼまばつぎてをしね, 花しゃんは, 花しらじらと咲, 花しろく九十九湾縹渺として, 花しろし埋むかに, 花し散るなと茱萸, 花やない, 花じゃあ無い, 花じゃがいも赤いもだ, 花じゃと皆も, 花じゃものまだまだ花, 花じるしばかりで, 花だれに, 花すきとおるような, 花すこしちやうだい, 花すすきの間から雉子, 花すっかり一夜の, 花すら美しき遠つ, 花すれ葉ずれ菜種に, 花ずいの奥, 花ずりうつろへば, 花が指, 花そうしたものが, 花そこここに散りこぼれ, 花それからまた銀の, 花それならなくに, 花それ等に交, 花それ自身考え及ぶ能力, 花ぞいチクとこの, 花ぞかをれる, 花ぞといふ蝦夷菊は, 花ぞのでことしも, 花ぞも久方の, 花たいへん好きだった, 花たき火によばれ, 花たそがれ時のたどたどしく, 花たとへば木芙蓉の, 花たむけしゆ負へる, 花だけでもとひそかに, 花だったり鼻, 花だったら三白草だって, 花だまり椿の, 花だらうが木, 花だらけ水だらけ花がうつくしい, 花だ活けてもすぐ, 花だ訊かぬがまし, 花つて, 花ちかからし昨日, 花ちゃんお詫びをし, 花ちゃんどちらへ, 花ちゃんひとりでお, 花ちゃん今朝は大変, 花ちゃん何時頃だったっけね, 花ちゃん新年お目出度う, 花ちゃん晩になっ, 花ちゃん花ちゃんだまって, 花ちゃん花ちゃん顎紐をかけた, 花ちゃん豆蔵のこと, 花ちゃん顎紐をかけた, 花ちゃん鶴子さんが死んだ, 花ちらふ卯月, 花ちらさぬほどの春風, 花ちらす吹雪の, 花ちらちらと噎ぶ, 花ちらぬほど前, 花ちりちりと, 花ちりみだり, 花ちり小馬嘶く農家, 花ってねきれいな, 花つかぬ間を, 花つきの悪い, 花つけしアカシヤの, 花つけたる街路樹の, 花つけてこちごちに, 花つけぬ皆, 花つけねばならぬ, 花つける堤に, 花つつじとしら藤, 花つづる新桑細枝, 花つばき香油, 花つまり沖縄の, 花つむじが幾つ, 花つよい香は, 花つんでござれ, 花づな形にたるませ, 花てるふみなど常に, 花であらばあれ, 花でありたいと言, 花でありましてあれ, 花でありましたから, 花であればこれ, 花でございましてどれ, 花でございましょうねエ奥様, 花でござるな, 花でござろうよ, 花でござんすか, 花でござんすよ, 花でしかない, 花でしょうか, 花でなどなかった, 花ではからだ触り, 花でやすがね, 花といつては漁師達, 花とかが並べたてられて, 花とかは暴風に, 花とげとげとしてやはらかく, 花とこそ見れ, 花ところどころ咲きほころべり, 花としいはばなほ, 花としか見えなくなる, 花とすらしようと, 花とぞ散りぬべき, 花とってらっしゃる, 花となつてみめよき, 花となりに咲く, 花とのみ思ひゐたり, 花とばかり語り合って, 花ともいはず刈り干しぬ, 花ともなさむ本, 花とりに池, 花とりあてて, 花どいてろう, 花どうやどうん, 花どうにも俺には, 花どころか葉も, 花どころ藜しげりて, 花ども一時にひらく, 花どれもこれ, 花なかに戀, 花なかなか香が, 花ながす墓参かな, 花ながめ居りこのあかつき, 花なき淋しさを, 花なく白き空穂を, 花なければ吾, 花なぞで墓の, 花なぞといふゆめばかりも, 花なぞもさかりに, 花などとは其處は, 花などにおける有りとあらゆる, 花などについてどんなにかぎり, 花などにて風に, 花などには無関心, 花などにもそれからたぶん, 花などよりも更に遥か, 花なほ枝に在り, 花ならざるなく花終, 花ならにじみでる高貴な, 花ならば胡蝶に, 花なら散らぬまでに屹度, 花なら知らず西瓜が, 花なりき少しく離れし, 花なりに散ったこと, 花なりの色彩形襞陰影等事物の, 花なんかと云い出して, 花なんかとは比べものに, 花なんかのことを, 花なんかよりずっとおもしろい, 花なんかを詰めて, 花なんぞでままごとを, 花なんぞとはお前が, 花なんぞは嫌ひだ, 花なんぞも私は, 花なんだか知って, 花なんといふもの, 花にかけていつも浮きます, 花にかも似た感情, 花にからだが, 花にくツついてた, 花にげてゆく, 花にしか見えません, 花にすら生殖器類似の, 花にぞこころひかるる, 花についての事情と, 花についても同じこと, 花にてはその散り, 花にてをかしからず候, 花にとってもこの調和, 花ににぎはひにけり, 花にのみはかうして, 花にはかへつて思ひ, 花にもかへてうれしきは, 花にもがもや草枕旅は, 花にもぜにあふひと, 花にもの思ふ春, 花にや雨の, 花によっての果実が, 花によっては死を, 花により來し, 花によりも室咲の, 花に関しては花の, 花ぬける白玉ともし, 花ぬひたらばと思はる, 花綺麗だろ, 花のうへなる橋, 花のうへであつた, 花のくづるる夕べ, 花のしをらしき, 花のしもに合うよう, 花のせ綱ひく, 花のちひさき, 花のどかなりうつら飛びめぐる, 花のむこうに, 花はかない花だ, 花はかるかやわれ, 花はじけつつ, 花はじめ腕利きに離れ, 花はた楓の, 花はっと俤に, 花はとのみに問ひもかねたる, 花はわづかなる陽, 花はんにはあなた, 花ばかりなしじまに, 花ばかりになつた, 花ばっかり論じるよう, 花ばらか, 花ぱつちりした眼の罠, 花ひきてやらじ, 花ひくく匂ひ, 花ひたすらめづる片心せち, 花ひっそりしてる人家, 花ひとつ枝にとどめぬ, 花ひとつ武蔵のあなた十里, 花ひとつ花弁もあざやか, 花ひとり見つつや, 花ひとりみつつや春日くらさむ, 花ひと時の香, 花ひと花とつみ, 花ひまはりを食む, 花ひらきそめたり, 花ひらきたる朝顔の, 花びし草朝鮮朝顔などの種子, 花びっくりなさるでしょうまるで, 花びよりであつたが藁店の路地, 花だの響, 花ふきちらす風, 花ふさ手折り吾, 花ふさふさと満, 花ふとのは, 花ふとらかに咲き出で, 花ふみにじりわか芽つ, 花ふらしめよ, 花ふり音楽聞へ霊香四方, 花ふる瑞かけに, 花ふれしかば仰ぎ見る, 花さを, 花ぶりにふさわしい, 花へとて贈りたる金二百兩, 花へもてふてふ, 花ほつたりと石, 花ほどに濡れそこ, 花ほどにもめずらしく何卒, 花ほろり零れけり, 花ほんに月がよか, 花ほんのりとある, 花まごうみやびとに, 花まじり十幾つ朝顔競ふ, 花まじる深田の, 花ますます重く傾, 花ますらをのかの, 花まず開いて, 花まち得たるここち, 花まつより過ぎ, 花まばら小笹原なる風, 花みし峰に, 花みずからの身の上話, 花みだれゆく庭に, 花みだれ咲く森の, 花みな了へて西日, 花みな友にゆづりそむきて, 花みな深紅のもの, 花みゆきひとのみに傾け捧げ, 花みんなよろしい, 花むかしの香, 花むしってすてられた, 花むれ咲きたり, 花むろに, 花めかしき枯木ならぬ, 花めかした似非幸福から, 花めぐる父の, 花めでたくも, 花もえならぬ名をや, 花もしや本當, 花もてはやす人も, 花もて来り候, 花もて飾る墳墓の, 花もみもある, 花もみぢにつけ, 花もみぢのをり, 花もも色薄う, 花もよひして, 花もらひたり爽やか, 花もらひさん電気や, 花もろともに滅, 花やがて笑みを, 花やけき感じで, 花やさしく訴えるよう, 花やすらひと花, 花やっぱりだめだ, 花やはり男髷の, 花やもすっかり焼けちまった, 花やや寒き榛の木, 花やゆふすげに, 花やらが咲いて, 花やらなどの事が, 花ゆくりなくぱつと真紅に, 花ゆすり動かして, 花ゆたかな宋, 花ゆゑに人, 花ゆゑにかからぬ山ぞなかりける, 花ゆゑにみぎはの人のさそはれし, 花ゆゑにわづかに堪へて, 花ゆゑに一輪草とは申す, 花ゆゑ紙はぬれ, 花ようやく開き緑葉, 花よっていうところよ, 花よという調子で, 花よとか美しい背の君, 花よは愚かな, 花よみがへり咲く, 花よりもなほや白う, 花よりやはらかに, 花よわりなの, 花よわれ病みし生やしなふ, 花らしかつた, 花らしかったから入れた, 花らんまんまさに史, 花ぎへの, 花わかき髮に, 花わが初夏の, 花わざと魔の, 花わたしはおま, 花ゑびみるわりさん, 花をか求むる, 花をかへて行つた, 花をしか着けないの, 花をでも取り上げようと, 花をといって, 花をめぐって流れ動い, 花を通じて自然に, 花アカデエモスの庭, 花アカノツカサクラの赤い, 花アネモネ薔薇そして枝, 花アヤメといった, 花アヤメカキツバタなどの花, 花アラーニアに入り, 花アヴォンの河, 花イスラエルからひと, 花オカタが古い, 花カイドウを用, 花カスミさんなどの女連, 花ガツミはマコモ, 花ガヒョットスルト枕花ニナルカモ知レナイト考エテ特ニ念ヲ入, 花ガルタの遊び, 花キチガイのオジイサン, 花キャベジの葉っぱ, 花キャベツみたいよ, 花キヤベツに似た, 花コノ花ビラハ煮テモ食エナイ, 花ゴザでもなん, 花サカ爺イのよう, 花サクモノモアリ故ニ三春柳, 花サク之レヲ食ヘバ人, 花サスペンダーロシヤパン万能大根刻み玉子, 花シヤウブトリカブトは水溜, 花ショウブは元来, 花ショウブ会ができ, 花ショウブ園を設計, 花ダイというよう, 花ト云ヒ重葉, 花ナシの花, 花ナリ穂亦黄白色, 花ニナルカモ知レナイト考エテ特ニ念ヲ入, 花ノギ流シともいっ, 花ノートル・ダーム寺院からもぎ取られた, 花ハ東ニ朝ヒ日ガ天ニ中スレバ則チ花ハ直チニ上ニ朝ヒ, 花ハ水ヲ逐フテ流ル, 花バタヲ, 花パイプステッキリューマチズムカバ色の上っぱり, 花パトロンと愛人, 花ヒガンバナの花, 花ビラハ煮テモ食エナイ, 花ビラ一つ動かさずに, 花ピンクに咲き, 花フダでもダイス, 花フダ遊び道具を取り, 花ベコニアダリアカーネーションそれにつつじ, 花ムコ花ヨメ志願者がいる, 花メダケよりは大, 花モコウヲウソウノ如ニシテ大サ一寸半許色紅黄単葉モ千葉モアリ葩長ク蔕ハツハノヘタノ如ク, 花モ美クシクシテ人ノ注意, 花ヤギ給へる, 花ヨカラズ最下品ナリ只日ニツキテマハルヲ賞スルノミ, 花ヨメにも全然, 花ヨメ志願者がいる, 花ヨリ小也花, 花ラシキ者モナキ寄生品ヲ見, 花ランプが天井, 花ラン類の花, 花リーフの大, 花ワサビ水竹蘭延命竹などとも称される, 花ヴィヴォンヌ河の睡蓮, 花一つごとにそれ, 花一つ飾つてない, 花一はじめお前らチンピラ記者どもオレの社長, 花一ぱいにたまる, 花一むら植ゑ終りて, 花一ツ採りて懐, 花一丈青の扈三娘, 花一人は相原健二, 花一孤村流水数間屋にし, 花一孤村流水数間屋夕陽不見, 花一山紫衣の僧, 花一座これも二, 花一房の風情, 花一日満園春, 花一本供げず寺, 花一朶つぼみふくらかに枝, 花一枝水一杯ささげる者, 花一樹の花, 花一片一片の藤, 花一片手を辷った, 花一瓣のひら, 花一輪その他とても此の世, 花一輪仇に散らし, 花一輪狼に散る, 花一輪白砂の清き, 花一輪紅の珊瑚, 花一輪革色の洋傘右手, 花一重咲のもの, 花一鉢を購い, 花一面に咲き, 花七面鳥はよそよそし, 花万灯や樽神輿, 花万灯独楽が欄干づたいにその中, 花三四本を取り, 花三月の花, 花三花四花などの結晶, 花上げて拝ん, 花上下三四里の間, 花下摺とある, 花下繩雙雙去作雲間戯とある, 花下舟に棹, 花下野ではチチコ, 花語の, 花不思議といふ事, 花且養神又有, 花世心づいた花, 花世界を祝福, 花世界各地からきた, 花並べた朝顔売り, 花の模様, 花丹楓に映ずる, 花主場だあんまり, 花主義で会員一同, 花乃阿要奴蟹, 花九郎猩々の酒兵衛, 花載驚異, 花乱れ咲く春それも, 花乱墜するが, 花乳色で無, 花れ翻れり, 花亂心地の少女, 花争いに暮らし, 花事件のとき, 花二ツ咲出でたり, 花二三種譲り受けて, 花二十の夏, 花二十三年とでたらめ, 花二度は月夜, 花二本ゆかりの色, 花二箇に分離, 花二龍白虎の三山, 花云云の語, 花互に相接近, 花五十五品の内, 花五弁ニシテ厚シ内黄ニシテ外赤シ故ニ紅黄草ト云紅黄草二種アル, 花五百号をことほぎ, 花りに, 花香, 花京せつ子みつ子啄木の五人, 花京君の主唱, 花亭以来いつも分け, 花亭八丁堀の聞楽, 花亭月堂等が江戸, 花亭田内月堂の二人, 花亭醒翁の号, 花亭醒翁詩癡又括, 花人太夫芸妓の数, 花人帰りて夜, 花今一つは何ピー, 花今日は忘れず, 花今日通りすがりに男, 花今朝見れば, 花仏さまの花, 花とかいうもう, 花仙堂の栗饅頭, 花て彼等, 花仰山に植木, 花会式である, 花る, 花体危しと, 花何と男性的で, 花何となく悄然として, 花何ものぞと云いたい, 花何やら升麻車百合などの, 花何れを人, 花余計ならぬもの, 花作ったね, 花作り我は傷, 花作事本名張学霖は, 花使野を馳, 花供えてあげよう, 花旧笑春風, 花信頼心の足りない, 花候ニ当テハ輪蹄陸続トシテ文士雅流俗子婦女, 花に開く, 花傾く涼しさ, 花のもつ, 花僞善の花, 花優しくも色, 花光り輝くおまへの, 花光麦色已残春壮游未脱風流癖, 花免許の快, 花の刺繍, 花も居る, 花児王からは銭三万貫, 花入台に入っ, 花全体として淡紅色, 花兩國川の夕涼み, 花八百歳の妖女, 花八裂狼藉を極めた, 花八重垣姫の花かんざし, 花八陳の美文, 花早い早いゆっくり, 花公園のむこうです, 花公花公早い早いゆっくり, 花結ぶ實, 花其の膚の, 花具足し最上, 花に多, 花写生しよう, 花と上, 花冷たくふれぬめづら, 花冷や夕影の中渡し舟, 花出来たからは彼奴それ, 花判黒印をペタペタ, 花別名打碗花等がある, 花前おまえのうわさ, 花前おまえ保証人はある, 花加藤唖蝉田中稲月玉井一二郎国木田独歩永井定太郎山田桂華桃中軒雲右衛門渡辺亮輔など多く, 花勇壮できれい, 花勝ち誇つた唇の, 花勝手に咲く, 花へり, 花匂うモナコの, 花とでもいう, 花包みある牡丹かな, 花十八花などはこうして, 花十薬の花, 花半ばは落ち, 花半七とかお, 花半七掛合今より楽しみ, 花の上, 花卓玉盞をととのえ, 花をする, 花つ木, 花即ちきのこに, 花却つて情あり昨, 花去りて, 花組に, 花又は嫩芽に, 花及ばぬ枝に, 花などに綾之助, 花友次郎忠八等の三人, 花取次に開く, 花叢藜に茅萱, 花をつけ, 花古りて懸りけり, 花可笑しな罪, 花台箱であるが, 花史宋元嘉六年, 花で三百六十五日札, 花合戦花馬車競技ももはや, 花合歓日々艸なぞを大層, 花合歓紅をぼかし居り, 花合歡の下, 花吉お前何するツ, 花吉ツ耳が無い, 花吉ベラ棒に手間, 花吉大明神の御, 花吉此の生命, 花吉殿ならずや, 花吉祥の君, 花同じ小鳥同じ, 花名前はなんと, 花名木は常に, 花吐息かすけき, 花君あなたのご, 花吸鳥は水, 花吹く天, 花吾助の二人, 花のお, 花和尚さまだの花羅漢さまの, 花和尚さんのお, 花和尚たち三名は何, 花和尚ふたりまでの災厄, 花和尚以後はあんた, 花和尚片目をつぶされた, 花和尚虎退治のこと, 花和尚青面獣の二人, 花和幸一が梅田重朝, 花咲いたでしょうか, 花咲いてる月桂樹と, 花咲かしたるよって, 花咲かしめることに, 花咲かずといひ, 花咲かせたい願いを, 花咲きうるという希望, 花咲きかけたる人の, 花咲きこぼれたる庭なり, 花咲きしづかなり飛び, 花咲きたらん如き, 花咲きたるをよろこぶ, 花咲きほこり早や, 花咲きみち東北のみやこ日, 花咲き乱れ秋酣の, 花咲き乱れる花園に, 花咲き出した資本主義搾取の, 花咲き出ようとする, 花咲き匂ふピューラソス, 花咲き埋むばかり満ち, 花咲き實るといふ, 花咲き得る筈の, 花咲き時は経ぬ, 花咲き水の流るる, 花咲き溢るる女らし, 花咲き滿つ, 花咲き穂麦あからみぬあ, 花咲き競ふ春, 花咲き笑ふ南, 花咲き群るる, 花咲き花散りて, 花咲き身さへ肥満, 花咲き錆び果てた鐘は, 花咲くだろうという明, 花咲くであらうこれが, 花咲くであろうかと危ぶみおそれ, 花咲くべき才能をも, 花咲乱れたる八橋に, 花品白花紅心品紅紫八重咲品白八重咲品等種々な変わり品, 花唯一ツのみ葉, 花唯一輪紅なりけり月, 花ひたが, 花喰い鳥の, 花喰鳥の図模様, 花噛まれて莞爾, 花噴けば, 花といい, 花囚人看守曽て見ず, 花四五本を折り, 花四十路過ぎたる髪結, 花四天さっきから地, 花四天ども中を駈け, 花四天十数人に周囲, 花四天姿の自分, 花四幅の山水, 花四条の石橋, 花団模様の散らし, 花図説に在る, 花国体明徴運動についてわれわれ, 花国従り賦, 花圈といへる如く圓, 花圈百合にあらずし, 花園丁よりは寧ろ, 花土手に喰, 花地楡沙参野菊秋葵の諸, 花地獄花とも云っ, 花坊高番句中の優, 花垂れて病, 花なれば, 花垣根の端, 花堂裏の七本, 花堆うして, 花の上, 花場裏一夕の遊戯, 花に設け, 花がたいがい, 花塩さざれ梅また別, 花又は日本製, 花の中, 花壓谷高臺望處柳, 花壜録音器を濡, 花売ることを, 花売るくるま門に, 花売二名合計六十九名だったの, 花売娘こいつは詩的, 花売月の朔日十五日, 花売爺の笠, 花売爺さんが来, 花売竜宮入りだけは婿入, 花売竜神などと呼ばれる, 花売紫のすみれ, 花売老人が来, 花売辻占売門附などと話, 花売野菜売の女群, 花になりたくない, 花な模様, 花は青葉, 花淡きこの, 花夕かたまけて, 花多分牡丹かと, 花多恨な杜樊川, 花となれ, 花夜叉鷺夜叉桐夜叉などの田楽輩, 花夥しく咲くと, 花大きくて乏しけれ, 花大きければ仰, 花大好きさこの花, 花大形花小形花奇形花がある, 花大根畑に霜, 花大根黒猫鈴をもてあそぶ, 花大江千里月という対句通り, 花大蒜の花, 花天日に乾いた, 花天狗の錫杖, 花天香国色花神などの名, 花太きたば, 花太夫一人の為め, 花太夫人形は吉田国五郎, 花夫人の愛, 花夫婦并に吾助, 花失愛の花, 花夾竹桃の花, 花奇形花がある, 花奢だな右馬介, 花女ざかりの姿, 花女郎も親, 花女郎花黄菊白菊の派手模様, 花好みますか, 花好むこころうれし, 花如風等々の同人, 花妻名誉の一本, 花姉さんのには什, 花始めて尽く, 花の中, 花姫なほ足らずば, 花姿天人の, 花娘尤も品は無い, 花娵御は夫, 花を呈し, 花子どもよ子ども, 花孔雀歯朶盗棒萩犬虱しほん, 花の通り, 花季節による色彩, 花中原市そこの, 花宗教的な花, 花在早朝清, 花宝鑑の谿十一, 花宝鑑意外縁殺子報, 花実葉という順序, 花客すじにも心当り, 花宮城を曲女城, 花が其処, 花家さんの, 花家京葉の名, 花家福井トキ同桝徳, 花容花色すこぶる多様, 花容花色種々多様で何十種, 花密柑の蕾, 花密蔵難見, 花密藏難見, 花寢室でもつ, 花寫生なさつたら最, 花に聖画殿, 花寿羨八等, 花寿美八錦糸などの顔, 花寿陽公主の面上, 花對屋を照せる, 花小児その中, 花小形花奇形花がある, 花小木蓮欝金香その他種々の花, 花小草よ, 花小鳥椰子の葉, 花少くある年, 花少なに淺黄色, 花少女は驚嘆, 花葉露, 花就中メーフラワーの紅白, 花尾花葛花なでしこの女郎花, 花へよばれ, 花届いて, 花屋崖等々あらゆる取材, 花屋根の草相交, 花屍體から出た, 花山吹の花粉, 花山子に伝へ, 花山家からし, 花山寺にて終生, 花山桃林さびれつつ, 花山椒の佃煮, 花に竹, 花左仲とやらを是, 花入し, 花差しの花, 花已に古びや, 花に乱れ, 花巴旦杏の枝, 花巷同様見るかげ, 花市君のだと, 花市君一人である, 花と丸み, 花帰時日景猶午, 花が眼, 花常夏の花, 花をいただいた, 花幔地ヲ蔽ヒ恍トシテ路ナキカト, 花幔幕と所々, 花魚を, 花干からびて手, 花にまれ, 花年上なるは, 花幽霊花の方言, 花幽霊花狐花などというあまり, 花幽霊花等の方言, 花幾星霜加賀衆のお, 花幾点かなめの樹, 花床の間を走り回り, 花床や珠飾りを見, 花をきらう, 花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 花とか難解, 花廼屋らの見, 花廼屋虎之介, 花式図をつくりあげ, 花引いてるようだった, 花強情な肉, 花当時は色とりどり, 花という飲みもの, 花付て, 花彫りかけて永き, 花彫り等種々なるもの, 花彼自身の花, 花待月思依然明知花月無情物若使多情更可憐, 花後実ヲ結ブ形卵, 花後宮の香烟, 花後直ぐにその, 花徒らに美人, 花嫌な, 花御所と里人, 花御殿という離れ, 花復活祭をあと, 花心木色の半, 花忘れられてゆく, 花忠八も甚, 花忠八諸共押重り十分止めを刺貫, 花忠茂が密, 花忽ち敷き藍碧万顆, 花怪獸の眼, 花に身分, 花恋慕流しの唄声, 花恥かしく藤棚の, 花恥ずかしい花嫁さま, 花悉く金覆輪, 花悪いに付け, 花情深さう, 花に半, 花慈悲の女神, 花憲兵隊事件のむしかえし, 花程秋, 花成上の姫たち, 花成實したもの, 花成金となり, 花戦いの象徴, 花扇千思萬考すれども, 花扇是ト馴染ンデ党中トナリ, 花扇箸三種の護摩木, 花に載せ, 花手帳の中, 花手折とて流れ, 花手拭で目隠し, 花手水鉢に柄杓, 花沈めたやう, 花打つあな憎し, 花托壁に包まれた, 花托筒に囲まれ, 花托軸が膨らん, 花托部を食, 花投ぐる事許りして, 花折って, 花折り来たりコップ, 花折るべからずの標札, 花折坂など云う, 花折昆布などが目, 花けり, 花の弛んだ, 花拾銭シオン五銭買って, 花出る女中, 花持たせてお詫び, 花持ちし夾竹桃塀外より, 花持添へて風情, 花振り別けし春の, 花になっ, 花挿すことを, 花捧げてくれれ, 花捨てちゃいなさい, 花掃けるが如し, 花授精をさせ, 花採集の旅, 花描いたる母衣とを以て, 花描くとて描きゐ, 花提げて先生, 花提灯をつるされた, 花して, 花揺ぐよう, 花揺る馬ぐるま, 花摘んで以, 花摺ニハ最適当ナル者ナレバ土針ハイヨイヨれんげさ, 花のその, 花支那人腕くらべ等何れも三讀三, 花故に人は, 花故実を結ぶ, 花教師の注視, 花散りし胸の, 花散りちるなかに, 花散りて後に, 花散りなばと人, 花散りはてし夕空を, 花散りひろごれり, 花散りひろがりぬ掃かぬま, 花散漫せずして, 花数株其先人所栽与山室士彦, 花ほど感じ, 花敷きてみめよき, 花ふえて, 花數十株喬松の間, 花文うつしけき百円紙幣, 花文人を驚かし, 花文學界等の諸, 花新たなる朝顔, 花方一尺なるに, 花於篠池帰路訪余余時臥病喜而賦一絶昔年余亦従二君, 花旋風にさらわれる, 花旋風両面の夜叉, 花はすでに, 花日光黄菅が非常, 花日本語で何と, 花では緑牡丹, 花旦座散茶, 花徽章, 花に映ず, 花明らかに鳥何, 花明らけしおのづから, 花明庵とかいう茶屋, 花明柳暗の, 花易散人易老君亦須及, 花のお, 花の雨, 花春風江上路不覚到君家, 花は仔犬, 花を得, 花時にぽつりんと, 花時分たア, 花は仔犬, 花晨亭といっ, 花晨月夕の興, 花普通の山, 花景色静物で人間, 花には塵芥, 花に薫りし, 花暗く人病み, 花るるに, 花暮れて二条, 花暴風で吹きち切れた, 花曇りさ, 花曇る四月の, 花曉方の星, 花曲けた小娘の淑やかさ, 花曲輪の芸妓衆, 花曲輪町というの, 花曲輪町あたりから買い, 花へて本積み, 花書生の大和, 花最も必要なる, 花の人々, 花の二字, 花有り酒有り, 花有り折るに堪へな, 花朝前一夕雷雨めづらしく, 花朝涼だから, 花朝顔の花, 花朝顔のちひさ, 花木の下にあらぬ, 花木中でも第, 花木犀のかをる瑞垣, 花は變心, 花本名は雪割草, 花朽ちざらむ, 花村石川の鶴彬, 花束の間からあたしたち, 花松本錦糸市川寿美八沢村紀久八などという顔触れ, 花枇杷に色, 花枕草枕旅枕皮枕縱に横, 花林曲池は戸, 花林檎の花, 花果実種子をも害す, 花果実舟等を力強い, 花果草樹異類の禽獸一, 花果飯餌を以て老, 花枯れにけり, 花枯れた草木の, 花やそうして, 花柏こだちの, 花柑子咲く野, 花染めの色, 花染ーの, 花くなり, 花柘榴梅夾竹桃いろいろな種類, 花柱それはちょうど, 花柱三個ありて, 花柱枝の下, 花柱頂の柱頭, 花栄劉高の身, 花栄知寨秦明総監鎮三山の黄信, 花栄閣下のおすまいでございます, 花校正刷を置き, 花もつい, 花根内に灌ぎ, 花の冠, 花が咲いた, 花桃色の花, 花桃花を見る, 花桐さん何処へ, 花桐太夫であったなど, 花桐逢痴がぬう, 花桶片手に念珠, 花の耳朶, 花棒ふりふりおどって, 花の精, 花森泉恋白鳥王子妖精が眼前, 花うるなるおくつき, 花植ゑて日曜は来る, 花植時だから, 花植物類等にも發光, 花椿寒紅梅ガラントウスところどころに, 花楚々たる菊や, 花楠君から來, 花極めて愛す可, 花楸樹よジタナ少女, 花楸樹小鳥が毎年當, 花は, 花の模様, 花が出来, 花模様ノアルスリッパヲ穿イテイルガ佐々木ノ寝, 花模様的な取り扱い方, 花模様絨毯がしかれ, 花模様絨氈の床上, 花模様絹ゼノアやアランソン製, 花樣御夫婦の彼處, 花横向きに開き, 花樹墻何となく内密さ, 花樹花草の美, 花樹草類を集め, 花橘十七八の小娘, 花橘撫子薔薇木丹などの草木, 花橘日松信士である, 花橘枯淡な円枝, 花の菊, 花櫚糖を入れ, 花のやう, 花櫻香山家ときこえし, 花欄干に溢れ, 花次さんが参ります, 花次第に爛漫たら, 花欧風化された女, 花歌留多はその後どこ, 花正月というの, 花死にかかっている, 花死人花幽霊花狐花などというあまり, 花にうる, 花殊に螢袋の, 花残んの芳香, 花段通を敷き, 花にその, 花毒人参鋸草じきたりす, 花の高, 花毯作身木作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 花気味悪いわ, 花氣人を襲, 花氣濕人面東風吹冷輕羅衣などといふ句, 花水さんやせなに, 花水仙の気高, 花水仙花金盞花どんなに明るい, 花水桶なぞ持った, 花水葵芙蓉の花, 花水音小鳥の歌, 花江見ゆ楡の蔭, 花決着の惡い藤色, 花にまじる, 花油菜の花, 花けりと, 花となり, 花泥棒に出し抜かれた, 花洋燈のやう, 花洗馬山は往時土人, 花に帰り来たれ, 花洩る微かな, 花活けるには厄介, 花活盆鬱金の切, 花活香炉湯呑等色々, 花ち, 花流しの式, 花流水杳然トシテ去ル, 花流水沓然去, 花流水門前に到れ, 花浪路と云, 花浮けし胸に, 花浮動する清香, 花ののち, 花淋しく顔を, 花淡紅色なり小児アカノマンマ, 花深き夕を, 花清淨な金雀花, 花清淨無垢の腕, 花清香閣の秋風, 花渓最初の観光場所, 花渡しの場, 花湧くは温泉, 花の池, 花満ち溢れた牧場の, 花満目です, 花の記, 花漆浪華では曾根崎, 花漬け芹の味噌漬け, 花漬それを湯呑み, 花漬アヽ是を見れ, 花漬二箱を購, 花漬今年の夏, 花漬売帰途は一日, 花漬衣脱ぎかえて, 花漬閉れば, 花澆季皇帝の愛玩, 花濁りなき世, 花紅色の, 花濡れて素直, 花の音, 花灣上到る處, 花灣畔にさ, 花点頭して, 花の花, 花無く葉枯れた, 花のやう, 花煙草葉を掻く, 花照りかへる, 花煩惱の地獄, 花熊笹の中, 花燃えにけり, 花燎乱たる十誡, 花燎爛の盛観, 花の樂しみ, 花燭台と銀, 花爛漫の節, 花爪紅の花, 花物ことこそは何時, 花物品すべてのもの, 花物河岸は香り, 花ひの, 花狂氣の亞爾箇保兒, 花狐花などというあまり, 花独りのこころ, 花狭斜の風俗かく, 花玉子に鮹, 花玉川の流れ, 花玉菜をつける, 花玉菜林檎の砂糖, 花珍敷新枕御羨, 花がこぼれる, 花理想の寶函, 花などと一列, 花瑟瑟の秋, 花を持っ, 花瓣薄紅に乳, 花を藏, 花瓦昼を欺き, 花甘き匂ひす, 花甘藍とあと, 花甘藍クリーム入りのまんじゅう, 花甘藍形の噴煙, 花生活は根, 花生薑タオルかかぶり, 花田境の榛の木, 花町三つ目通りに江島屋, 花町宮といわれ, 花町辺の木賃宿, 花画きたれば, 花の人たち, 花畑仕事の邪魔, 花が建物, 花とかに當, 花草が, 花疲れなどいう, 花疲れたうべともなき, 花疲れ卓に肱, 花疲れ等の句, 花の如き, 花発いて再び, 花け, 花白しそのいぶせき, 花白山小桜, 花白樺石楠花のほか, 花白花淡黄花, 花白菊の花, 花的謳歌の門, 花を捧げ, 花の方, 花盗人来襲彼等は物, 花盛りあがった土の, 花盛り過ぎて時鳥, 花盛る山の, 花盛んなりし, 花盛リーイ行きす, 花盛夏の花, 花盛学校の運動会, 花盛砂埃を浴び, 花盛装天使これらの長篇制作, 花盛開乃折数枝贈菅先生, 花盛開云是先人竹亭先生遺愛之種, 花盛開遂攀樹折花誤墜園中, 花盜む心なりやおのれくせ, 花盤上にある, 花盤面にある, 花に痛き, 花目白臺の暮靄, 花直ちに上に, 花直義の見る, 花真赤に咲いた, 花に見えたれ, 花瞿麦の花, 花をはねのけ, 花石坂君キミハ鶴見祐輔ヲ笑エナイ, 花石楠姫石楠の外, 花石楠姫菅など岩間, 花石楠花チングルマアオノツガサクラ浦島ツツジ四葉シオガマ白山一華偃松などが西, 花石楠花小岩鏡チングルマ岩梅などが疎ら, 花石楠黒百合色丹草など素人目, 花石榴とて花, 花之掃除, 花砌とうたひ同じく, 花硫黄に晒され, 花をひい, 花磁盞を前, 花磔刑柱の上, 花磨き立てた銅盥の, 花礼法のこと, 花神ラフワエルの自画像, 花神代もきかぬ, 花福壽草など栽ゑん, 花禽鳥虫を浮彫, 花は鶏, 花秋月なほ瓦礫に均し, 花秋月四時の風光, 花秋月夏山の葱, 花秋月山あり水, 花秋瑟瑟などと云う, 花秋草に風流, 花秋葉ともに目, 花に属し, 花科植物の一種, 花移ろふ見れば夏川, 花なる田舎, 花気立ての, 花程の容貌の, 花稜鏡の生硬, 花も取寄せ, 花空しく落ち, 花空想的仮象はなく, 花空色の, 花には小鳥縁先, 花と酒室, 花競べ歌競べ, 花競馬も行, 花競馬場の白い, 花笄今宵の縁女, 花笄当分は島田, 花笄櫛ばかりで, 花笑い鳥歌う, 花筆様のもの, 花筏巌流島というの, 花箋紙を取っ, 花箕笠花はぬるれ, 花箪草はもう, 花にこんがらかった, 花などを奏した, 花篋肘にかけ花摘み, 花ひけり墓, 花籠やうの意味, 花籠事件のこと, 花籠二つ鞠の曲, 花籠脚に脚絆, 花やも人形町, 花糖屋更に夏, 花紅くまた淡紅, 花紅し草に, 花紅心品紅紫八重咲品白八重咲品等種々な変わり品, 花紅柳緑水碧山青に至る, 花紅玉のやう, 花紅白數株ありて, 花紅白粧点す, 花紅碑を尋, 花紅粉の粧, 花紅紫赤又濃き淡き, 花紅羅の莟, 花紅草朱唇緑眉いずれが花, 花紅葉あはれと見, 花紅葉今は見, 花紅葉吉原八景だの小稲半兵衛唐崎心中, 花紅葉對にし, 花紅葉時鳥等のありふれたる, 花紅葉月雪ながめて, 花紋様が刺繍, 花紋賞というの, 花が掛け, 花純白の野菊, 花紙屑めきて, 花紛々たり, 花紫羅欄花や亞米利加撫子, 花紫色をした, 花紫花赤花一々草花, 花紫蘇の花, 花紫陽花色の薔薇, 花紫雲英一株方五尺に蔓, 花細品評始知佳麗也虚名従今不作繁華夢消領茶煙一縷清, 花の花, 花てその, 花終らば根, 花に漆山文子, 花絞り花大形花小形花奇形花が, 花にまとめ, 花絶間無い撫さ, 花絹頸飾りの琥珀, 花綴衣麗しく引纏, 花綵飾りが弛ん, 花綺麗に顏, 花綿紗の袍, 花緋桃の花, 花と云, 花緑青のふく古銭, 花緒らんちゅう, 花線香羊の丸, 花緞子の窓掛, 花縅しは, 花はまだ, 花總地に垂れ, 花繚乱たる花園, 花繽紛トシテ紅靄崖ヲ擁シ, 花罌粟色の薔薇, 花が僕, 花置くは雑貨, 花作, 花羅漢さまのと遠く, 花羅馬公教會の血, 花羅馬法皇のやう, 花守る娘, 花美麗からん, 花義詮が見る, 花といふ尤も, 花翁塀和山僧といふ人, 花翁派雪荷派本心派道怡派の六派, 花習字そっちの方角, 花老耄した黨員, 花とか言っ, 花聖書にのせ, 花聞楽の二軒, 花を出し, 花を食, 花肉色の薔薇, 花の低い, 花胡粉の俤, 花胡蝶その他日本の神話, 花の下, 花をたべ, 花も仮面, 花自動車アルプス猟騎兵第二十四連隊, 花自身水自身には素より, 花興行部之印, 花の前, 花は明方, 花船ひとつ歌のせて, 花色とりどりな茨, 花色白の金雀花, 花色青白の茉莉花, 花色香鮮麗にし, 花なる姿, 花はいつか風, 花芒葛敗醤花蘭草牽牛花及瞿麦である, 花の渚, 花芥子紅白除虫菊皆存分に咲い, 花花そこが北島, 花花としいはばなほ, 花花弁松の葉, 花花盛装天使これらの長篇制作, 花花花そこが北島, 花芳草欝乎として開き, 花苑花を踏み, 花の斜面, 花苔路は雪, 花に達せ, 花若々してゐ, 花若しくは薔薇の, 花若葉くもる空, 花茘枝鷹の爪, 花茨こぼるる畦路, 花を一摘み入れ, 花草なんぼでもある, 花草匂ふが, 花草日にとくる, 花草船を流れすぎ, 花草讃めたたへ, 花草間に迸る, 花の書斎, 花はいまだ甚だ, 花を一つ, 花莟一つを口中, 花を附けた, 花菊さんは働きもの, 花菊夫人におとらぬ, 花菊花斑入りのもの, 花のよう, 花菓子烏賊の脳, 花菓子贈り物などでそれ, 花菖蒲沢の紫, 花菜の花ののどか, 花菜の花朧夜の微吟, 花菜山椒の芽, 花菜摘み來な, 花菜漬こういった, 花菜田長い長い汽車, 花菜田それを点綴, 花菩提樹の落葉, 花菫野山に満ちたる, 花華車な撫肩, 花へ引っ返した, 花るる籬, 花萎みて鬢, 花萎み行く吾が匂, 花萎むから英國, 花萎ればななら, 花の花女郎花, 花萩女郎花などがあった, 花の花, 花落す朱欒一木が, 花落ちた雨ふる, 花落ちる頃に, 花落ち花咲く春秋, 花落盡晩風吹雨濕鞦韆と云, 花葉根までスッカリ, 花葛花瞿麦の花, 花も枯れた, 花葱科などの様, 花蓋六片の中央, 花蓋面に暗, 花蓮港付近の部落, 花蓮港岸を離れ, 花蔑まれた女の, 花を短, 花蔓酒の雫, 花蔭此処の樹下, 花に金入, 花のところ, 花蕪村が歌うた, 花の軟, 花薊鬼百合の猛くん, 花薫ずと云, 花薫り月霞む宵, 花薫り草いろひ, 花藤袴また我, 花藥局の花, 花の事, 花藺笠を被, 花蘭草牽牛花及瞿麦である, 花として解し, 花處女袴に眼, 花虚無に向, 花虫取菫の紫, 花の道行, 花虹色の薔薇, 花蛇イチゴコケモモゴゼンタチバナヤマオダマキなどが陰森, 花蛇楊春は蒲州解良, 花蛇楊春らの車座, 花蛇烏蛇樟脳虎胆の七種, 花蛇苺の群叢, 花蛍袋や虎の尾, 花などにとじこもっ, 花のやう, 花蜻蛉蛍何でも田圃, 花蝋燭の火, 花蝶雙上雙下亂晴野之虹, 花蟹蝙蝠草の桃色, 花衣脱するだけ, 花衣裳をつけ, 花袋一派の党, 花袋両君の作物, 花袋先生が近頃, 花袋和尚と呼ん, 花袋自身はおそらく, 花袋門下として生まれでた, 花被皆かくの, 花するいたみて, 花を手内職, 花西瓜の色, 花見たし, 花見やれ海見やれ, 花見幕綾瀬の月見, 花覚えていらっしゃるでしょう, 花角力同様と見, 花言巧語のあり, 花言葉のない, 花集りて, 花語るらく, 花墜園中有, 花調を凝らし, 花調文学で押し通す, 花に出, 花の句, 花讃女のとりすました, 花谷地にさき, 花貌雪膚の仙子, 花でも拾, 花買いに四目, 花買う心持これは, 花はり, 花賢明はフロンド黨, 花賣むすめ, 花賣りの籠, 花としぼり, 花赤ければ命, 花赤紫の女, 花赤花一々草花, 花赫耀として然, 花の花, 花とかを思ツていらツ, 花踏みちらす苔の, 花踏む里乙女六部商人, 花躄勝五郎の由緒, 花に纏, 花車方好評続きの宗十郎, 花車百合の斑点, 花に匂, 花転転と来, 花で練, 花迄が仏蘭西の, 花迎喜気皆知笑, 花迎春花の紫, 花造り盆栽碁将棋など色々, 花遂に我がため, 花遅く御室尼達の, 花遊その他狂言は, 花遊びをし, 花遊び主客と細君妹, 花遊女の心, 花が好い, 花で無い花, 花還看花春風江上路不覚到, 花の諸, 花郷二兄と共に写し, 花郷臥城など親し, 花の産, 花酔境白光を発する, 花酢漿も京都, 花醒散となっ, 花醒雲睡万壑寂, 花重きから縁, 花野原をかきわけ, 花野田流山市川行徳を經, 花野菊や花薄, 花野菜かぶきゅうり, 花金髮の金雀花, 花金髮のをとめ, 花の沸音, 花鈴五鈷三鈷独鈷金剛盤輪棒羯麿馨架雲板魚板木魚など余, 花を額, 花銅版画は司馬江漢, 花鋏み手に, 花鍬形といふの, 花鎮祭に続き, 花の大, 花右衛門の, 花長く列を, 花長命菊金盞花縁日名代の豪, 花閉ぢか, 花送遠, 花開いた白い森, 花開かむとし錦木花を, 花開かしたいものだ, 花開き鳥下る処, 花開ク民俗飯ニ加ヘ蒸食, 花開テ黄金色繋テ且ツ久シ性極テ肥, 花開万国春とある, 花間ニ氈席ヲ展ベ酒ヲ煖メ盃, 花間金次郎の, 花間集は皆, 花という村, 花附けぬはなく, 花降しは警察, 花陰鬱な桃花心木, 花隠る杪, 花隠れ呪文きこゆる, 花る杪, 花雁来紅の葉, 花集り着き黄色花粉, 花雌鶏一隻を買い来らしめ, 花雛形娘の飾紐, 花雛白と緋, 花に浮き, 花雨中に媚び, 花雪三回忌の影画合, 花雪交山は死し, 花雪吹といひ, 花雪福島隣春四方梅彦がある, 花雪落覆白蘋青鳥飛去銜赤巾, 花雪間の枯れ, 花を超え, 花せしか, 花電気のさし, 花電気太鼓かね笛, 花電球も吊るされ, 花非霧, 花になる, 花を傷ん, 花青しといふ, 花青み人は訪, 花青白いともし, 花青素の粟, 花青豆片栗粉などを調味, 花静かな日, 花花霧非, 花非常に白き, 花は五片, 花面五裂し輻状, 花革藤縅やさては, 花の音, 花音楽の香り, 花頂堂にお, 花頂戴頂戴と襲われた, 花項虎の, 花額たくさんの笑顔, 花の黒ずんだ, 花顔世界の巷ちまた, 花顔柳腰明眸皓歯とかといふ美人, 花顔雪膚に化したる, 花顔零落空しく地, 花風流の道, 花風病の体温, 花風間に澄み, 花颯と流るる, 花飄飄たり, 花飛ビ来リ飛ビ去リテ誰ガ家ニカ落ツ, 花飾った菊の, 花飾り付きのページ数, 花飾美と瑰奇美, 花飾自動車が十数台整列, 花館万歳や庄内, 花香しき出窓の, 花香しく桃花灼然たり, 花香水酒気煙草が作る, 花香能く人心, 花香花鬘等を一日, 花馬事の一等賞, 花馬朱毛虎山水豹とともに朱沙鼠, 花馬車品評会とは謝肉祭中, 花馬車宝石にも紛う, 花馬鹿者どもの手, 花駒爪姫鍬形などの高山植物, 花驚きて見れ, 花驢一疋をバダヴィア総督, 花驢甚多かった, 花の形, 花鬚一きわ装って, 花となり, 花とかおでん, 花鮮人の白衣, 花などが私, 花鳥子君は答えた, 花鳥山と稱, 花鳥類の細微, 花鳥馬家目じるしの画, 花鶏頭も日本, 花鶯蜀魂来って, 花鸚鵡尾長の鳥軍, 花鹿児島でチンチロリングサ, 花麝香のよう, 花に, 花麻色に曇つた眼, 花黄弁大心, 花黄白両種, 花黙々として千古