青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「近~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

込み~ 込む~ ~込ん 込ん~ ~込んだ 込んだ~ ~迎 迎~ ~迎え 迎え~
近~
~近い 近い~ ~近く 近く~ 近ごろ~ ~近づい 近づい~ ~近づいた ~近づく 近づく~

「近~」 1429, 15ppm, 7298位

▼ 近よって~ (216, 15.1%)

14 来た 10 来ると, 行った 7 見ると 6 いきました, きた, 来て, 行きました 4 ゆくと 3 よく見る, 声を, 来ました, 行くこと, 行くと 2 くる, 来ます, 来る, 来るの, 耳を, 自分の, 頸を

1 [118件] いきます, いた, いたから, いたが, いたの, いた七, いました, かがんで, からうち, からかったり, から耳元, きたが, きたこと, きただけ, きたところ, きたの, きたばかり, きたアメリカ, きた白い, くるもの, ここだけは, この男, しげしげと二人, しらばくれながら, じっとみる, じっと店, じっと見つめました, すれ違おうと, そのようす, そのモーニング, その二三, その手, その美しい, それを, とっくりみい, ながめても, のぞきますと, ぱらりその手首を, まるで自分, みたい, みたが, みても, みろ俺, もあ, もただ, も二人, も遁げ, ゆきますと, ゆき賽銭, よくよく見る, パッと, 云った, 交渉を, 人が, 伝馬船一隻と, 佃が, 來る, 出羽の, 別れを, 大いにくつろげ, 大きく見出した, 大きな声, 女の, 子細に, 客と, 尋ねた, 左手の, 庸三の, 彼は, 怪魚の, 感激の, 手を, 拾いあげて, 来たとき話, 来たもの, 来たボーイ, 来た時, 来た盲人たち, 来ぬの, 来ること, 来るやう, 来るんで, 来る人声, 来突然, 段々いや, 燃えるよう, 物云いた, 狐が, 独りで, 用紙を, 男の, 眺めると, 石の, 砂の, 穴の, 突然口, 立聴き, 節穴から, 米友が, 細かく検すれ, 細かに, 肩を, 自分も, 行かれる, 行く習慣, 行けない故, 行って, 見すまして, 見た, 見たい, 見ないこと, 見るほどの, 見る価値, 見ろ汝, 覗いて, 話を, 象牙の, 貰いたく

▼ 近~ (111, 7.8%)

4 なって, 迫って 2 見えて, 見える, 頼んで

1 [97件] あった高松城, あつた, あり, いえば, いる, きこえるの, きたな, こめて, さく裂する, さし迫ってる死, しかも幽, して, しても, せまって, それを, そんな面, たれやら, ちがいない, つないで, ながめたの, ながめた厭うべきできごと, なった或, なった顔, なると, ぼんやりと, みるにつれ, やる約束, やれって, ゐた私, ゐること, オリオンの, 一軒茶店の, 切りそいだ樣, 吹き寄せられながら, 坐って, 大きく聳え, 大武の, 姿ばかりの, 廻るホソ, 張りかえた, 彼は, 征清の, 微笑んで, 思召し, 感じた, 感じられて, 感じ得た翻訳者関根秀雄氏, 戦争現地の, 持って, 持つて, 控えて, 攻められ自, 来た, 来たもの, 案内させ, 桶屋が, 梅雨が, 浮上って, 湧出る, 溢るる, 白い山々, 白く波打つ, 目と, 目撃した, 真の, 矢代の, 秀子を, 筏が, 置きながら, 聞こえたが, 脅迫され, 腰繩を, 致し先々代以来無二, 行って, 覇を, 見いだしたの, 見える千鶴子, 見え右手, 見え白い, 見た岸田, 見て, 見ながら, 見ること, 見ると, 見下された, 見下して, 観察したがっ, 言ひつけ, 迫つてゐる, 迫り清閑荘, 銀桂の, 響いて, 響きつ, 頼んだ方, 顔を, 鬢の, A子を

▼ 近さん~ (98, 6.9%)

2 ともう, と云う, の話, はお, はその, はもう, は自分

1 [84件] いろ, がわざ, がカンカンカンカン, が丹精, が唐蜀黍, が毒藥, が聽, が藥戸棚, が言いました, こそ好い, だけが皆んな, だけ寝かす, であること, でした, ですか, で着換え二三枚, という娘, という老人, とのおかしな, と云っ, と仲, と來, などは宿下り, には手, に嫌, に惚れ, に用, に知れた, に締め, に聞いた, に聞きました, に逢った, に違, に限らず, のお父さん, の世話, の写本, の宝, の想像, の扱帶, の方, の死骸, の癇, の秘密, の紅い, の細腕, の見幕, の識, の身, の長湯, はおとなしく, はさ, はさがらせ, はひどく懐し, は下手人ぢ, は何ん, は内証, は出, は堅く, は家出, は強情, は手筋, は殺される, は町内, は留守, は縁側, は聞きもらし, は變, は貸し, は離屋, までが狂訓亭主人, もお, も何とか, も十七, も新, も返事, をそつ, をはじめ, を好きぢ, を宥め, を疑つ, を縛つて, を詮議, を課長

▼ 近~ (92, 6.4%)

4 なの 2 が感じられた, が感ぜられる, であった, である, にあった, の感情, も, や運動

1 [72件] うな, からくる, から婦人作家, がいわれた, がハッキリ, が覚えられ, じゃ, だ, だった, で, であ, であったから, でありながら, でおそろしい, でおたがいに, でお話, できらめき, でした, です, ではうずめられない, でむかいあいました, でもある, でヒシヒシ, で映画, で書い, で相手, で聞えた, で葉子, といふこと, とが織りまぜられ, としてみんな, とをそれ, にあつ, にありました, にせまっ, につれて二つ, になった, になりつ, になりました, になる, ににこにこ, には別に, に同じ, に寄っ, に寄った, に寄り, に引, に意識, に應, に押し迫った, に異様, に盛りあがっ, に眺められた, に肌, に迫っ, に進ん, はカント, は以前, ふれ工合, までは物, まで寄りついた, をおもわせる, を唯何となく, を嘆, を思わせた, を感じ, を感じる, を感ずる, を持つ, を示し, を飯尾さん, ァを

▼ 近かつ~ (87, 6.1%)

2513 たと 4 たので 3 たかも, たでせう, たの 2 たこと, たであらう, たでございませう, たらう, た雅典

1 [26件] たか, たかな, たが, たしこの, たそれから, たため以後, たため前, たでせう叔母さん, たといふよ, たやう, たら, たらうその, たらとしみ, たらの, たらもうそろそろ, たわ, たわけで, たんです, たスタンダアル, た待つより, た濁酒一杯, た石地蔵尊, た筈, た行程五里, た部分, た門派

▼ 近~ (84, 5.9%)

3 方は, 阿爺 2 字は, 字を, 御叔父, 方が, 父は, 言は, 諸國民

1 [64件] お袋の, この話, こんな所, ために, ひとりを, ふたりが, もとまで, ような, テーブルには, モラルは, 世道観処世哲学という, 仕業である, 仲間は, 取次ぐの, 國の, 國語に, 地に, 声で, 夜の, 大男で, 太刀棉五百把銀五百枚を, 威嚇を, 家を, 家庭に, 川は, 心は, 愛情は, 態度に, 所に, 方便なりとの, 時初めて, 村, 様な, 死骸は, 浜, 海べ, 父さんが, 父さんは, 男の, 発明に, 私塾へ, 種族が, 穀倉や, 空で, 窪地だ, 答であった, 紙入を, 老木を, 聲が, 胸の, 腹の, 臍の, 菜園から, 襟髮から, 襟髮に, 言語動作は, 諸國, 賤しい, 軍勢を, 道芝に, 阿父さん, 阿魔, 隊, 雑木の

▼ 近より~ (73, 5.1%)

3 來る 2 ざまに, ぬ, 難いよう

1 [64件] いきなり猿臂, かけて, がたいよう, ざま呼びかけました, ざま振り上げた, しに, そうに, そしてその, そのあ, その上, その下, その頸, それも, とうとうそこ, にくい, にくいひと, にせの, はじめる, ふいに, ふうふういっ, またそれ, もう荷揚げ, やっと一つ影像, ドアの, 一封の, 乍ら訊いた, 乍ら額の, 互の, 五代目に, 來り, 其悲恋に, 其首を, 名刺の, 坐を, 家の, 床柱の, 強い山訛り, 彼の, 懐しく何, 懐中電灯で, 新たに, 易いもの, 来たり, 板に, 森々として, 極く, 無言の, 男の, 白衣の, 真白な, 籠の, 膝を, 行くと, 見れば, 見んと, 近より, 迫った相手, 遠のき飽きず眺める日下部, 遠のく風情, 鍵穴から, 難い天台禅, 難い威厳, 音の, 顔の

▼ 近~ (72, 5.0%)

6 つた 5 つて来る 4 つて, つて行つた 3 つたかと, つて來る, つて居る, つて見る 2 つたが, つて来た, つて行きました, つて行く

1 [33件] つたしかし, つたと, つたという, つたときの, つたもの, つた時急に, つちや, つていつ, つてくる, つてこれを, つてた, つてま, つてゆける, つてわざと, つてゐました, つて事情を, つて互の, つて地べたに, つて声を, つて夜着の, つて妖女と, つて手を, つて来, つて来田野山林から, つて此の, つて父の, つて行きたい, つて行つたと, つて行つてその, つて行つてたづねた, つて見, つて見れ, つて馬を

▼ 近~ (54, 3.8%)

2 そのあと

1 [52件] あの家, いけないん, お勝手の, かう云つて久吉, これで, さすがに, さらに一策, さらに彼女, その冷かし, その秘密, つ, なか, なぜそんな, びくッ, べたりととんび脚, また桑, もと, わたくしに, 一と, 主殺し, 云ひました, 前名を, 喜三郎に, 大の, 大学出の, 女らしい恥ら, 姿は, 寛文四年三月廿九日に, 山羊, 心ならずも柳島, 恋人が, 恥も, 手に, 承知し, 承知しない, 末子の, 柳島へ, 江戸へ, 泣いて, 深川に, 深川の, 濃州, 玄人あがりらしく, 瑞雲の, 社交の, 自分の, 茶の間の, 袖口を, 言ひました, 遂に金田, 離屋に, 頼まれ物

▼ 近よる~ (44, 3.1%)

2 ことも, と, 者も, 者を

1 [36件] ことが, ことを, とあご, とたじたじ, とまず, と双方, と揶揄, と石川, と私, と蓑吉, と袋小路, と釣り, と錆, と騒ぐ, どころか少し, なとわたくし, に従ってこの, は危険千万, ほど愛らしい, ものが, ようすが, ように, 一人の, 人さえ, 人の, 敵機あら, 時, 時に, 林助手の, 気が, 火星人たちを, 者が, 者の, 者もねえ, 足音に, 迄其

▼ 近よっ~ (37, 2.6%)

9 てみる 4 てくる 3 ている, て来る 2 ていく, てきた, てきました

1 [12件] たりした, ちゃいけ, ちゃいけない, ていっ, ていった, てき, てくるらしい, てこない, てしまっ, てまいりました, てみます, て下さい

▼ 近~ (32, 2.2%)

20 淡海の 4 代の 21 代であった, 代である, 代は, 代を, 淡海, 淡海に

▼ 近~ (26, 1.8%)

1 [26件] あり一方, ごとし, びつくりし, 一葉の, 何を, 來て, 喜びより, 天正十六年に, 妙な, 念慮の, 憤然と, 最期の, 末は, 横から, 殺される日, 涙ながらに, 深川に, 火の番の, 罵ると, 羨ましい, 胸には, 與之, 行つて佛樣の, 談義は, 離屋の, 願ひ

▼ 近~ (18, 1.3%)

3 寄った 2 かつた, 寄って, 近かと 1 からむ, そうな, づかう近, づかせて, 囲り, 寄つたとき急に, 寄るに従って, 寄れないと, 彼は

▼ 近~ (18, 1.3%)

2 云えば

1 [16件] いって, お新, し近, ふたりで, 云うの, 云う男, 云ふ, 同じ腹, 名を, 寸分も, 幸之助が, 徳山則秀の, 殘された, 自分とは, 見當, 親しくな

▼ 近よりながら~ (16, 1.1%)

2 どんな小鳥

1 [14件] その形, のぞいて, まず穏やか, やるあの同じ, 互いに用心深く, 伸子は, 例の, 先ず鉄扇, 問い返した, 血色も, 言つた, 訊ねた, 邸内の, 首を

▼ 近~ (16, 1.1%)

2 になつ

1 [14件] てみます, て見, になっ, になりたい, になりました, になる, にもなりませんで, に参る, に従って大勢, に成りたい, に連, はある, ば必ず, べからず

▼ 近過ぎる~ (16, 1.1%)

1 [16件] から華厳, くらいの位地, ためあまりに, ためか, といかん, と思, と思ったら, と慰藉, と皆, ので茂左衛門, のと, ほど顔, やうだ, やうに, ようだ, 感が

▼ 近~ (14, 1.0%)

3 うちに

1 [11件] かな, から, から些, から夏, から引かれ, から此奴, ぞ, 処じゃ, 処では, 奥庭へ, 子の

▼ 近~ (14, 1.0%)

2 ざるの

1 [12件] え, え内, たるまま, ていた, て居る, て差, ば, ば忽陥つて復救, ば木蔭, ば貫一, ば近く, ば飛ぶ

▼ 近~ (13, 0.9%)

2 またたく間に, 助けて 1 押へ, 救つた少年孝吉で, 案内に, 群れつつ, 誘ひ出しました, 追ひ出さう, 連れて, 遠と, 釈きて

▼ 近~ (12, 0.8%)

1 [12件] せいであろう, 一朶の, 二つの, 低い処, 声に, 汁粉屋その, 洲へ, 片田舎に, 町の, 相手の, 空に, 聲に

▼ 近~ (12, 0.8%)

1 [12件] ですら, にある, に置く, のことば, の二, の大将, の徒輩, の旗本, の若手, の諸, の重臣たち, へ仰せ

▼ 近すぎ~ (11, 0.8%)

1 [11件] しかももうはっきり, てリク, て人, て咄嗟, て悲しい, て暑苦しい, て足元, て音, て駄目, 姿が, 日本人を

▼ 近そう~ (11, 0.8%)

2 である 1 だ, だぞ, だな, で幾度, なこと, なもの, な男, に思えた, に見える

▼ 近かに~ (10, 0.7%)

1 して, なると, 吹き寄せて, 来たと, 現れたとき, 見えた, 見えた途端, 見える烏帽子型, 見たもの, 見る昔

▼ 近という~ (10, 0.7%)

2 女と, 女は 1 五十女が, 女から, 女だろう, 女の, 奴は, 老人などは

▼ 近~ (8, 0.6%)

1 いつの間にか垢, お北, 一旦は, 床へ, 自然に, 詫らせなけれ, 金王も, 長崎へ

▼ 近よった~ (8, 0.6%)

1 かと思われました, つながりが, ときの, ときやっと, ところで, 人は, 森と, 様子が

▼ 近よりて~ (8, 0.6%)

1 やに, デーイピロスの, 互に向, 其籤を, 懐中に, 救ひ得じ, 見るに, 見んと

▼ 近~ (8, 0.6%)

1 この村, どうだって, にない, はめっきり, は御, は御酒, は浪人, まで私

▼ 近すぎる~ (7, 0.5%)

1 かな, し突然, せいか, ということ, ので善かれ悪しかれ, のを, よりは身

▼ 近~ (7, 0.5%)

1 にある, にかくれた, の寺, はりで, はりに, はりの, はり近在を

▼ 近よっては~ (7, 0.5%)

3 いけない 1 いけないと, いけないという, ならぬぞと, 平伏を

▼ 近~ (6, 0.4%)

2 かつ遠 1 あへぬ, には無かっ, をり, 静こころなし

▼ 近~ (6, 0.4%)

1 ま暗く遠, 幸之助と, 幸之助の, 菅屋九右衛門尉河尻肥前守なども, 親友の, 金王丸を

▼ 近~ (5, 0.3%)

1 來て, 舳が, 行く気, 行ったらね, 行ったん

▼ 近まで~ (5, 0.3%)

1 きて, その色, 参りましょう, 燃えて, 迫ったとき

▼ 近よるまい~ (5, 0.3%)

4 ぞよ 1 ぞよは

▼ 近過ぎ~ (5, 0.3%)

1 たり遠ざかり過ぎ, て, て反っ, て知らなかった, もせず

▼ 近かの~ (4, 0.3%)

1 これ等の, 極低い, 火見, 鎮守の

▼ 近~ (4, 0.3%)

1 向うの, 笛吹きのごとき, 聖人の, 聞きますと

▼ 近よれない~ (4, 0.3%)

1 あなたは, んだ, 程嫌, 黒い森

▼ 近附い~ (4, 0.3%)

1 てゐる, て最初, て来, て来た

▼ 近附く~ (4, 0.3%)

1 ままに, や玄竜, 後進者に対しては, 者も

▼ 近~ (3, 0.2%)

1 ょにいません, よの人たち, よ近

▼ 近なる~ (3, 0.2%)

1 かも, を十五束二伏, 実利的論派に

▼ 近には~ (3, 0.2%)

1 丸と, 内証の, 罪は

▼ 近よらない~ (3, 0.2%)

1 こともう, でください, ので平常

▼ 近よりつつ~ (3, 0.2%)

1 ありと, あるとき, 間合い二間ほどに

▼ 近~ (3, 0.2%)

1 である, の大きな, の掌

▼ 近~ (3, 0.2%)

1 だったが, に階, を見

▼ 近えと~ (2, 0.1%)

1 ころを, 思ったらすぐ

▼ 近かで~ (2, 0.1%)

1 ぼうっとした, 視張つて

▼ 近かと~ (2, 0.1%)

1 背に, 見えるの

▼ 近でも~ (2, 0.1%)

1 ない, 兼公でも

▼ 近といふ~ (2, 0.1%)

1 中年女, 女で

▼ 近ぺん~ (2, 0.1%)

1 にいた, の田畠

▼ 近よせる~ (2, 0.1%)

1 いい仲立, とかの

▼ 近よらなかった~ (2, 0.1%)

1 と申します, 子供たちが

▼ 近よらぬ~ (2, 0.1%)

1 ように, 洞窟の

▼ 近よるべきでない~ (2, 0.1%)

1 と云, と云っ

▼ 近よろう~ (2, 0.1%)

2 とする

▼1* [64件]

うちに干上っ, 近えお庭を, 近冬お, 近かく仰ぎ上げる頂上, 近かしめずその第, 近かでは私は, 近かぬよう, 近かねば岩燕, 近かよりつと走りで, 近かるべし, 近かるべきや知るべき, 近けたと云う, 近ける運動は, 近さうに見えて, 近さときもある, 近さんくらゐは, 近さん源三さんに託け, 近さ交誼の平安, 近さ神もある, 近さ等を連想, 近すぎず遠すぎず, 近ね, 近だけが残った, 近だけに足の, 近だった懐紙を, 近だろうな, 近づけ両手で, 近ではなかった, 近とか下女の, 近とが一種の, 近とはああ云う, 近などいったよう, 近などが加わって, 近などの一座で, 近ならばそれまで, 近によってもっとむき出し, 近へでもどこへでも, 近まってまいりました, 近よせないでおく, 近よせようとなさらない, 近よったら箱の, 近よらしめずに殿, 近よらせないために, 近よらんとすれ, 近よるべくもあらざりけり, 近よれば果たして, 近に対して幾たび, 近らしい夕景に, 近の侍者たち, 近付猥に祈べからず, 近佐久間三左右衛門勝重原彦治郎不破彦三総勢八千五百雪の山路, 近原彦次郎房親拝郷五郎左衛門家嘉長九郎左衛門連龍安井左近太夫家清など, 近にもっとも, 近地併わせて十二万石, 近りの, 近方箱の岬, 近の御, 近不下宋代, 近の戦雲, 近者北米オークランド湖畔の一友遙かに書, 近蜂屋頼隆ぐらいな, 近過ぎたのと, 近附いた時に, 近附けないための