青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「話~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~試みた 試合~ 試験~ ~詩 詩~ ~詩人 詩人~ 詮議~ 詰め~ ~話
話~
~話し 話し~ ~話した 話した~ ~話す 話す~ ~話題 話題~ ~詳しく 詳しく~

「話~」 55475, 574ppm, 163位

▼ 話~ (18669, 33.7%)

2753 して 892 聞いて 711 した 325 きいて 267 すると 214 するの 193 しながら 185 する, 聞くと 145 聴いて 131 したり 126 すること 122 聞いた 118 しました 90 きくと 84 聞きながら 82 したの 79 したこと 77 しようと 73 始めた 67 聞いた時 64 きいた, すれば 62 しても 58 するよう, 聞かせて 57 持って, 聞いたこと 53 進めて 52 やめて 48 する時 46 つけて, 聞かされて 44 はじめた 41 するとき, つづけた, 知って 40 したが, しよう 38 した事, した時, 聽い 36 耳に, 聞いたの 34 私は 33 思い出して 32 する機会, 聞くの 31 しなければ 30 聞きました 29 続けて, 聞けば 28 しては, 交して, 思い出した 27 持つて, 聞いたり, 聞くこと 26 してから, 持ち出して 25 私に, 続けた 24 しに 23 するやう 22 きいたこと, し出した, はじめました, 聞いてから 21 したか, しますと, 聞いたが, 聞こうと, 聽いた 20 お聞き, ききながら, したん, した後, しましょう 19 き, きかせて, させて, しなかった, するん, つづけて, 書いて, 聞いても, 聴くと, 読んで 18 された, するのに, する事, 持ち出した, 聞いたとき 17 きかされて, きく, きくの, したら, します, するもの, 聞かして 16 しかけた, しましたが, するから, するが, せずに, 聽く 15 したあと, したいと, しろと, すすめて, そらして, もって, 聞いた事, 聞きに, 聞くに, 黙って

14 [14件] きいたとき, きいた時, ききました, したと, したもの, しはじめた, するため, するでも, するにも, する気, 始めました, 引き取って, 聞かされた, 聴きながら

13 し始めた, するという, するに, する人, やめた, 止めて, 簡単に, 聞きますと, 聴かされて

12 したとき, するわけ, する前, 変えた, 始めて, 始める, 思ひ出して, 持ち出すの, 聞て, 聽き

11 [12件] かえて, きいたの, きけば, しない, するには, そらした, つ, 始めると, 思ひ出した, 聞いただけでも, 聞く, 聽かう

10 きくこと, きめて, しだした, しながらも, 小耳に, 熱心に, 聞いては, 致して, 進めた

9 [17件] きいたり, されて, しかけて, したって, したという, してやろう, し乍ら, するか, するつもり, するよりも, 伺って, 切上げて, 前に, 続ける, 聞きましたが, 聞くもの, 致しますと

8 [28件] いろいろと, きいたが, したので, した人, しようという, するたび, ほかへ, 交した, 交わして, 切り上げて, 向けて, 思い出しました, 思出した, 打ち切って, 持ちかけて, 持ち出したの, 持ち込んで, 書いた, 申し上げて, 結んだ, 綜合する, 聞いたので, 聞きたいと, 聞き終ると, 聴いた, 語って, 載せて, 途中で

7 [37件] お聴き, きかして, されると, したい, しちゃ, してを, すすめた, するなんて, する間, はじめる, はじめると, まとめて, もとに, よく聞い, 伝へ, 信じて, 元へ, 初めた, 向けた, 始めたが, 思い出したの, 書いたの, 決めて, 私が, 終ると, 綜合し, 續けて, 續ける, 聞いたから, 聞いたもの, 聞かされた時, 聞きながらも, 聞く事, 聴くの, 覚えて, 話して, 進めよう

6 [47件] いたしました, きかされた, さえぎった, させると, しその, したそう, しただけ, したところ, したに, した末, しないで, しないの, しませう, しようじゃ, し出すと, し合って, するうち, するかと, するので, する暇, する機會, そこへ, だまって, つけたもの, つけようと, まじめに, 中途で, 他へ, 僕に, 出す, 切って, 半分聽い, 君に, 始めるの, 少しし, 残して, 終って, 続けるの, 聞いたん, 聞くうち, 聞くたび, 聞くという, 聴きに, 途切らし, 進めようと, 進めること, 運んで

5 [78件] いたします, おきき, きいたので, きいても, ききたいと, ききに, きこうと, きめた, し, しかけたり, しかけると, したかった, したから, したよう, したらいい, した男, しだす, してやる, しまして, しや, しろ, し出して, すすめる, するところ, そのままに, そらそうと, なさるの, はじめたが, ひきとつ, もちだして, もち出し, もどして, 中断した, 交えて, 交すの, 他に, 付けるから, 伝えて, 傍で, 元に, 先に, 切り出した, 受けとめた, 外へ, 外らした, 始めようと, 平気で, 彼の, 彼は, 得意に, 忘れて, 思いだした, 思い出しながら, 思い出すと, 手短かに, 打ち切った, 持ち出すと, 持込んで, 無理にでも, 移して, 聞いただけ, 聞いた後, 聞かされました, 聞かせぬか, 聞かない, 聞きその, 聞くとも, 聞くよう, 聞く度, 聴いたこと, 聴かせて, 聴き終ると, 聽か, 致しました, 転じた, 転じて, 避けて, 黙つて

4 [113件] ある人, いくつも, いたしましょう, かえた, くり返して, ここまで, された事, しあって, しかける, しこの, しそれから, したいから, したいが, したいの, したついで, したまえ, したらどう, した上, してると, しないよう, しましたか, しましょうよ, しようかと, し合, するほどの, するよ, する場合, する必要, する方, する様, する相手, する約束, する者, する訳, そばで, それからそれ, つけようじゃ, つけるから, つづけるの, なさると, はじめたの, もちかけた, もちかけて, もち出した, よく知っ, 交えた, 交しながら, 交すこと, 交は, 交へ, 人に, 他の, 付けて, 伝へて, 切り出して, 半分聞いた, 反らせて, 取って, 取り換, 向けました, 外らして, 始めたの, 始めたので, 宿の, 引き取った, 彼に, 思いだして, 思出し, 急に, 戻して, 持出して, 教えて, 新聞で, 書いたが, 本筋に, 止めた, 知つてゐる, 立ち聽きし, 総合し, 纏めて, 置いて, 聞いただけで, 聞いたばかり, 聞いたよ, 聞いた上, 聞いた私, 聞いてからは, 聞かうと, 聞かされたこと, 聞かされたの, 聞かされたもの, 聞かされたり, 聞かされても, 聞かされると, 聞かずに, 聞き, 聞きたがって, 聞きまして, 聞く時, 聞こう, 聞こうじゃ, 聞こうとして, 聴いた時, 自分の, 致します, 茶に, 訊いて, 記して, 誰かに, 途切らす, 進めます, 進めると, 開いて

3 [233件] あなたに, いろいろ聞い, うかがって, お取り次ぎ, お聞きです, かわして, かわしながら, かわすこと, きいた事, きいた後, きいてから, きいては, きかされた時, きかせた, きかない, きき自分, きくとき, きくに, きめようと, きめる, ここで, させようと, さへ, されたこと, されたの, されるの, しずに, したいため, したかは, したくて, したらその, した処, した所, した折, した方, しだして, しだすと, しつつ, しつづけて, してよ, してるの, してるん, しないこと, しないと, しなかったが, しなかつた, しなくては, しなくなった, しましたところが, しましたので, しますから, しやう, しようとは, し出す, し合った, し合つて, し私, し続けて, するがね, するくらい, するし, するとか, するなり, するより, するわ, する中, する勇気, する声, する女, する奴, する度, する時分, する時間, する決心, する男, する癖, する筈, せねば, つけた, つけたの, つけよう, つけること, つけ加えて, つけ加へ, つづけました, つづける, つづけること, なさいました, ぬすみ聞きして, はじめたもの, はじめて, はじめましたが, はじめるの, まとめた, みんなきい, もちこんで, もちだしたの, もちだすと, もつて, もとへ, やって, やめました, よくし, よくした, よく聞き, よんで, 一つ二つし, 一人で, 一言も, 丁寧に, 交したり, 交わすこと, 交換し, 今まで, 仕掛けた, 仕掛けて, 伝えた, 伺つ, 何度と, 僕が, 出来るだけ, 切った, 初めました, 取り交して, 口に, 向けようと, 吹聴し, 告げた, 喋り散らして, 始めるところ, 始める前, 始め出した, 引っぱって, 引出しました, 引取った, 弟に, 彼女に, 待って, 後に, 得意と, 御存じです, 御耳, 御聞き, 思いだしました, 思い出す, 思い出すの, 思ひ出す, 急いで, 想い出した, 想い出して, 或る, 戻した, 戻そう, 打切って, 承って, 拝聴し, 持ちかけると, 持ちこんで, 持ちだして, 持ち出すこと, 書いたもの, 書くに, 最初に, 最後まで, 材料に, 東京に, 正面から, 洩れ聞いて, 為て, 父から, 相手に, 私から, 空耳に, 立聞きし, 紹介する, 終りました, 結んで, 続けながら, 続けました, 続けよう, 続け出した, 総合する, 繰返した, 翻訳したる, 聞いたあと, 聞いたわ, 聞いた人, 聞いてるうち, 聞いてを, 聞かせられた, 聞かないと, 聞かれて, 聞きたいが, 聞きたがった, 聞きて, 聞きましたか, 聞きましたから, 聞き乍ら, 聞き度, 聞くため, 聞くだけでも, 聞くまでは, 聞くよりも, 聞込んで, 聴いた者, 聴かして, 聴きましたが, 聴くこと, 脇へ, 致しましたが, 致しまして, 致しましょう, 致しますが, 致しますると, 読んだ, 読んだこと, 述べて, 逆に, 途切らした, 進めたが, 進めました, 進める, 進めるの, 進める前, 運んだ, 遮って, 避けた, 避けるため, 避けるよう, 長々と, 集めて, 面白可笑しく, 風の

2 [606件 抜粋] あとに, あとへ, ありのままに, いい加減に, いくつか, いたして, いたしましたが, いたしまして, いろ, いろいろし, いろいろした, うちきった, うまく聞く, おしかけに, おれは, お取次ぎ, お吉, お聞かせ, お聞かせした, お聽, かいて, かくの, かわしたであろう, きいたあと, きいた人々, きいた時分, きかされたの, ききまして, ききまた, きき終って, きき終ると, きくが, きくため, きくだけ, きくまで, きけ, きりあげて, きりだした, きりました, きり出した, くは, くりかえすの, こ, さえぎって, さけて, させては, させながら, させるため, さっきから, されても, されましたが, され最後, しかけたが, しかけたこと, しかけたの, しかけながら, しかけられたこと, しかけること, しかけるの, しそれ, したいこと, したいん, したかい, したかつた, したがるの, したくない, したくなかった, したけれど, したさ, したでしょうか, したのに, したはず, したばかりに, したものの, したら友人, したら宜, したら早速, したら非常, したわけ, した中, した女, した記憶, した訳, しだしました, しつ, してさ, してね, してや, してやるから, してやるが, してる, してるうち, しないうち, しなかつたの, しなくなりみんな, しなさい, しはじめたの, しはじめてから, しはじめると, しましたっけ, しましたね, しましたッ, しましょうね, しますね, しません, しませんでした, しませんでしたか, しゃべって, しやしませんよ, しようか, しようが, しようとしても, しようや, しよう大, しろよ, し出したので, し合うこと, し合つたの, し始めたが, し始めたので, し歌, じっと聞い, すぐ他所, すすめるという, すっからさ, すべきであると, するあの, するきり, するさ, するそう, するだけでも, するといふ, するとは, するどころ, するなんかは, する以上, する仲, する小, する彼, する時期, する為, する番, する私, する積り, する資格, する際, すゝめて, せがんだ, せずには, そこで, そっちへ, その後聞いた, そらしました, そらすな, それくらゐ, それに, たくさん知っ, ついだ, つぎに, つけたらいい, つけに, つけます, つけようぢ, つけるつもり, つけると, つけ足させて, つたえる, つづけたまま, つづけましょう, とって, とり交して, なさる, なさるとき, なにや, にこにこし, はぐらかした, はこんで, はじめたので, はじめてきいた, はじめて聞いた, はじめる者, ひきだすの, ほうぼうで, ほかの, ほんとうだ, ぼんやり思い出し, まとめかけた, みんなは, みんな聞い, むすんだ, もした, もちかけたの, もつと, もとの, やめる, やめ一せい, よく考え, よく聞く, よく聞け, よそに, よそへ, よむと, わきへ, わたしは, 一つ, 一つしよう, 一と, 一寸聞いた, 一生懸命に, 中止し, 久しい以前, 二つ三つし, 二人に, 交えたこと, 交えること, 交し次第に, 交すため, 交へて, 人から, 人伝に, 仕て, 仕懸ける人, 仕掛け腰掛, 他から, 他人に, 付けると, 伝へると, 伸子は, 何だ鼻高, 何度も, 信じないの, 俺は, 傾聴し, 僕は, 八五郎は, 八五郎へ, 其所へ, 出さぬの, 切つた, 切りだして, 切りだすと, 切り上げた, 切り上げようと, 初めから, 初めて聞いた, 初める, 初ん, 別の, 前もつ, 加藤さんから, 半分しか, 半分に, 半分も, 取りあつめて, 取交した, 取交して, 取次いで, 取次ぐなんて, 可なり, 台なし, 合せて, 同乗の, 土産に, 声高に, 変えて, 変へ, 外して, 夫の, 奪って, 女中から, 始めた時, 始めること, 始終聞かし, 娘が, 子供の, 宇野浩二氏から, 実際に, 家の, 導きました, 少しばかり, 少しも, 山名禅高が, 岸本に, 已めさ, 平次は, 幾たびか, 幾度も, 廃し, 引き出すよう, 引き出そうと, 引出すの, 引戻した, 引戻して, 引用し, 引用する, 強ふるなり, 強調し, 彼女から, 思いおこして, 思いだしたの, 思い出させる, 思い出したが, 思い出します, 思い浮かべた, 思ひ出します, 截り離した, 手繰り出しました, 打ちきつ, 打切りに, 折って, 披露する, 拡げて, 持ちかけた, 持ちかける, 持ちだすの, 持ち出されて, 持ち出そうと, 持ち掛けた, 持ち込んだ, 持出すと, 換えて, 換へて, 斎藤彦麿に, 旅僧が, 明かして, 曲亭先生の, 書いたこと, 書かなければ, 書きとめて, 書くの, 書けと, 有耶無耶に, 本気で, 村の, 校長先生の, 極めて家, 楽しそう, 横から, 横道へ, 次から, 次の, 止めたが, 母に, 決めた, 決めました, 沢山知っ, 沢山聞いた, 消して, 源氏は, 漁師の, 漏れ聞いて, 為やう, 為掛け, 無視し, 片づけて, 用談の, 疑って, 盗み聞きし, 真に受け, 着けて, 矢代は, 知つてゐた, 知つてゐます, 知らせて, 知らんの, 短篇に, 種に, 窓の, 立ち聞きし, 立ち聴きして, 立聞きした, 笑いながら, 笑って, 約二時間, 紹介したい, 終った, 終ってから, 終りに, 終ります, 終ること, 結びました, 続けさま, 続けなければ, 続けること, 繋いで, 繰返すの, 續けた, 翻訳し, 聞いたけど, 聞いたし, 聞いたでしょう, 聞いたです, 聞いたと, 聞いたとき彼, 聞いたろうあの, 聞いた当座, 聞いた翌日, 聞いた覚え, 聞いてからと, 聞いてるか, 聞かされたが, 聞かされた私, 聞かされては, 聞かされる度, 聞かせたり, 聞かせた後, 聞かせてよ, 聞かせ給, 聞かないから, 聞かなければ, 聞かれたと, 聞きお, 聞きこんだ, 聞きそこなうよう, 聞きたいという, 聞きたいの, 聞きたが, 聞きひどく, 聞きました当座, 聞きましょう, 聞きます, 聞きますが, 聞きまた, 聞き出した, 聞き出して, 聞き深い, 聞き私, 聞き込んで, 聞くか, 聞くが, 聞くとき, 聞くと共に, 聞くばかり, 聞くや, 聞くよりは, 聞く者, 聞こうとも, 聞込みましたぜ, 聴いたあと, 聴いたとき, 聴いたの, 聴いてからに, 聴かされた時, 聴きまして, 聴きますと, 聴き終って, 聴くため, 聴くに, 聴けば, 聴こうじゃ, 聴取る, 聽かせ, 聽きたい, 聽きました, 肴に, 腹蔵なく, 自分は, 致しました処, 致しますには, 致すが, 花嫁に, 薫は, 親分が, 記憶し, 話し出した, 詳しくし, 詳しく訊いた, 語った, 語つてゐる, 語り合, 読みました, 読むと, 読んだの, 誰かから, 誰にも, 軍司氏の, 転じようと, 載す, 農民が, 途切し, 通じ難し, 進めたいと, 進めたの, 進めに, 進行させ, 進行させる, 運ぶの, 遣り出した時, 選んで, 鉱物学だ, 間接に, 附けて, 附けようと, 集めたもの, 非常な, 非常に, 面白く聞く, 順々に, 願いたいもの, 飯尾さんに

1 [4824件 抜粋] あきも, あっちこっちもっ, あの島, ある友人, あんまり身, いくらでもした, いたしましたり, いたし權六, いつもいつもおとなしく, いよいよする, いろいろ沢山, うしろで, うや, おかわし, おしよ, おもい出した, おわること, お待ちよ, お父さんに, お聞かせください, お聞き下さい, お進めなさい, かけたまま, かわしたり, きいただけ, きいたもの, きいた小, きいてからは, きかさうか, きかした, きかせました, きかないこと, きかぬ雌, ききすまして, ききたがって, ききの, ききわたくし, きき天体図, きき終った霧, きき話して, きくにも, きく演出家, きって, きめたこと, きめるそれ, きりあげ私, きると, くり返した, けろりと忘れ, こしらえ上げぜひとも, この辺, こわさ, さあ, さきへ, させた, させられたこと, さっきの, されそんな, されなかった, される時, しあった時, しいしい表, しかけては, しかけるところ, しきりに横, しそういう, したいばかりに, したがった, したくな, したし, しただろう, したは, したらある, したらそう, したら何, したら彼, したら直に, したろうな, した三田文学派遣, した勿論, した小説家, した御, した深川櫓下, した筈, した良清, しだした中頃, しつかりと, してからに, してなかったかね, してやれと, してるのね, してる観客, しないかね, しない時, しなかつたか, しなくとも, しなさるから, しはじめようと, しましたらお, しましょうから, しませぬが, しゃべりつづけた, しようこの, しよう昔, しクリストフ, し出し, し口, し君, し工場, し掛けた事, し相沢, し続けたり, し返事, し馴染み, すこし変, すたッ, すっぱぬいて, すませてから, するかという, するぐらいの, するその, するつてぼんやり, すると共に, するは, するみ, するチャンス, する代り, する俳優倫理, する好機, する意慾, する有力者, する番兵, する老婆, する間柄, すゝめる, せず父親, せらるる様子, そうおもしろ, そのままお伝え, そのまま聞い, その焼, そらしどんな, そらせ講演, それ以上つづける, たくさん書かれ, ただシャビエル, たまたま隣, だれからか, ちよつ, つぎ合わせた, つけたん, つけようかと, つけるの, つたえたから, つづけだした, つづけ出した, でっちあげたとしか, とびとびに, とり上げて, どうぞまとめ, なきれたので, なさって, なさるので, なす, なほ後長き, ねだりますと, はぐらかすよう, はじめたら最後, はじめながら, はじめ出した, はやくきめ, ひき出して, ひょっとききました, ふれまわって, ぷっつりよし, ほのめかすと, まあだお前等, またその, また蒸し返し, まとめことに, まるまる信じた, みんな本当に, むしろ反証, もう一つ, もう少し具体的, もちかけでも, もちだしたかって, もち出すと, もとへかへ, もの足りなく, やめさせようと, やめ互いに, やり人間, ゆつくりきい, よく受入れる, よく耳, よそで, わきで, わしは, カテリーナから, シサイに, セエラに, ドレゴに, ボカし, レールの, 一つし, 一つ紹介し, 一切そつち, 一度大谷社長, 一時間くらい, 一通りお, 三吉さんに, 上演する, 中断させ, 中絶し, 主人から, 二つに, 二度くり返しました, 云い出しそびれる, 交えてるの, 交したと, 交しはじめた, 交ゆる, 交わせて, 人みしりする, 今年の, 仕合った事, 仕掛けられたり, 付けるか, 以前とは, 伝えさせた不二麿, 伝え二人, 伝へる殿川屋敷, 伺うまでも, 伺つて見る, 低い聲, 何でも, 何氣なし, 作らせるもの, 例の, 信じなかった, 信用し, 側で, 傍聴した, 僕や, 克子に, 其方へ, 冒頭から, 出し居る, 切つて外に, 切り上げながら, 切り出したこと, 切り出すに, 切出さなかった, 初めて聞かされる, 初め聞いた, 前回に, 勇ぼうからも, 区切りうつろ, 半信半疑で, 単純に, 又聞きに, 取りかは, 取り決めそれから, 取極めると, 受け取つて, 口まねする, 合理化した, 向けましたが, 吟味する, 吾, 唐突に, 嗅ぎつけた, 囁き合って, 報道し, 変えようよ, 外らしながら, 多計代, 大井広介に, 大概に, 奪われたり, 妙な, 始めかけようとしては, 始めたもの, 始めながら, 始めるという, 始め様と, 孔子が, 宜い, 家人に, 封じて, 小説に, 少しもと, 少し鹿爪, 島田に, 師匠は, 幼い時, 度々承まわりました, 引きませう, 引っぱり出して, 引出そうとしても, 引継いで, 影から, 待ち受けるの, 御存じでございます, 御隠, 忘れずに, 思いださない訳, 思い出させて, 思い出したらしく母, 思い出すよう, 思ひださずには, 思ひ出したから, 思ひ出す事, 思出す, 想い出す, 意気ご, 懇望し, 戸泉さんから, 手まり唄に, 打ち切った二人, 打ち明けますと, 打切らうと, 批評した, 承りたいと, 承わりますと, 拒もうとは, 持ちかけるという, 持ちだした, 持ち出されました, 持ち出したのよ, 持ち出します, 持ち出す汐, 持ち得ない憐れ, 持ち込みましちゃ, 持出しそう, 持出す人, 持込んだ, 挿入した, 掲げて, 換え急, 散々聞かされた, 斯う, 新聞紙上にも, 早く埒, 時々するでしょう, 更え, 書いた心持, 書きかけたの, 書き取って, 書き綴って, 書くほう, 月の, 本に, 松井は, 椎の木と, 概略する, 横田に, 次に書き抜い, 止めては, 此の間大野から, 歩き歩き岸本, 残らず聞きおったに, 母や, 気にも, 求めても, 決定めたい, 注ぎこまれるという, 洩れ聞いた小糸, 深入りさし, 渠が, 為し続いて, 為出した, 父と, 片付けるが, 物語る老人, 現実よりも, 生んで, 申し上げまた, 申上げる, 発展させる, 盗み聞きする, 相手には, 眼を, 知ってるん, 知らない, 短くする, 確めようと, 私たちお, 移し二十四年, 立ち会ひ, 立聞き, 笑いましたが, 筆者が, 糸を, 紹介し, 終まで, 終わりたいと, 結んだ左膳, 続けずに, 続けます, 綴ってる私自身, 總て, 繰り返してる女, 繰返し聞かされて, 纏めたの, 美しい話, 考えましょう, 耳にでも, 聞いたくらいじゃ, 聞いたなら疑問, 聞いたらあの, 聞いたろう, 聞いた先生, 聞いた帆村荘六, 聞いた根岸刑事, 聞いた積, 聞いてかへ, 聞いてるが, 聞かされたと, 聞かされましたね, 聞かされるの, 聞かせた, 聞かせましよ, 聞かせろよ, 聞かなくては, 聞かれたので, 聞きこんだの, 聞きたいところ, 聞きたまえ, 聞きどうか直に, 聞きましょうさ, 聞き今, 聞き完, 聞き流しながら, 聞き終つた時, 聞き込んだの, 聞くぐらゐ, 聞くの光栄, 聞く一時間, 聞けその, 聞た, 聴いたし, 聴いたらば, 聴いた後, 聴かうと, 聴かせるであろうかを, 聴きたいよろしい, 聴きましてな, 聴き相手, 聴くべく余りに, 聴く楽しみ, 聴取ろうと思った, 肯定し, 脚色する, 自身の, 致しますし, 致す所, 色々漱石先生, 英語の, 著者の, 蘭軒の, 補うため, 見と, 観行院様, 言い出した, 訊いたんで, 証拠立てる何物, 話し出されては, 詳しく見, 語りおわると, 語り出した一人, 説明かたがたこの, 読みながら, 読んでるやう, 諸国に, 資本に, 転じ時, 迎えるの, 述べますと, 途, 連続的に, 進めなかつた時, 進めるについて, 進めれば, 逸らそうと, 遏めて, 遮った気持, 避けそれ, 重ねた挙句, 長い間, 長引かせて, 阿園, 随分ひやかした, 雑誌で, 面白がって, 面白く語った, 頭を, 願ひまする, 高瀬に

▼ 話~ (6876, 12.4%)

392 ある 147 出て 111 あるん, 出た 91 あるの 77 あります 74 あって 59 あるから 57 あるが, 出ると 55 あった 50 あると 37 出る 35 あつた 32 あるもの 27 進んで 25 終ると 24 はずんで 23 伝わって 22 残って 21 して, 書いて 19 多い 17 あったの, 出たとき 16 あつて, ありました, すむと, 出たので 15 しにくい, わかって 14 あったと, ありますが, 出た時, 出來 13 ありますよ, はずんだ, 伝えられて, 出たの, 自分の 12 きまって, 出ました 11 あったが, ありますから, きまった, できるの, 出たが, 途切れて 10 あるという, はじまった, 出れば, 途切れると, 面倒に 9 あるので, あれば, ついて, 始まった

8 [15件] あったよう, あるそう, あるよ, きまつて, したい, それから, できないから, できるよう, でて, 出来て, 多かった, 急に, 済むと, 長くなる, 非常に

7 [15件] あるか, うますぎる, きまると, たくさんある, まとまって, 出たから, 出たついで, 出たり, 出るたび, 出来るよう, 尽きなかった, 横道に, 耳に, 載って, 違う

6 [19件] ありましたが, あるからと, あるもん, いつまでも, ここまで, すんで, とぎれると, はずむ, 出る度, 出来ない, 分って, 合わない, 変って, 始まって, 尽きない, 弾んで, 進むにつれて, 違います, 違って

5 [30件] あったこと, きまりました, きまれば, こ, したいと, したかった, ちがう, ついた, ついたの, つい横道, できる, でた, とだえた, どの村, はじまって, はじまると, 今でも, 出ても, 出来たの, 出来ないから, 出来ると, 合つた, 妙に, 彼の, 循環し, 横道へ, 済んで, 纏まって, 聞えて, 自然に

4 [60件] あったとき, あったので, あった時, あってから, ありそう, ありますか, あるかも, あるン, ある位, したいん, しよい, すすんで, そこまで, つきました, できないの, できるん, できん, でたとき, でると, とぎれた, ない, ほんとうである, ほんとうの, まとまった, わかった, わかる, わき道に, わたしは, 上手で, 二人の, 具体的に, 再また, 出たよう, 出るかと, 出来ません, 出来るの, 出来るん, 分るが, 分れば, 切れた, 合って, 向いて, 外れて, 始まると, 少しでも, 持ち上って, 本筋に, 理に, 私の, 終って, 途切れた, 進みました, 進めば, 進んだ, 違ひます, 違ふ, 長くなっ, 長くなった, 面白かつ, 面白そう

3 [108件] あったか, あったん, あっても, ありましたよ, ありますぜ, あるかい, あるけれど, あること, あるって, あるに, あるんで, いくらも, きまったの, きまってから, ここで, この世に, こんがらかつて, ございました, したくなった, しやすく, すんでから, それて, それに, ちよつと, つ, ついたと, つけば, できそう, できない, できるやう, とだえて, どこへ, どの程度, ないので, のこって, はじまる, はずみましたが, もてて, もとに, よくわかる, よく出る, わかると, わかれば, 一座の, 一段落ついた, 一段落つく, 今の, 何か, 傍路に, 傳は, 元へ, 出ないから, 出るの, 出来た, 出来たと, 出来ないの, 出来ねえ, 出来ん, 別だ, 別になる, 前に, 前後した, 前後する, 前後に, 口から, 合うの, 合うよう, 合った, 合は, 唇の, 多いの, 好きだ, 好きで, 妙な, 始った, 始まります, 岐路に, 幾つも, 後に, 急所に, 或る, 持上った, 日本の, 有る, 有るん, 此の, 決って, 決まった, 沢山ある, 済んだ頃, 無いと, 私と, 筋を, 終っても, 終わると, 落ちて, 賑つてゐた, 起って, 載せて, 進行し, 長くなり, 長くなります, 面白い, 面白かった, 面白くなっ, 面白くなり, 頭に, 馬鹿に

2 [346件] あったばかり, あったよ, あったり, あった由, あってな, あなたの, あまりにも, あまりに大袈裟, あまり暗く, あまり通じすぎる, あまり長く, あらば, ありさ, ありましたので, ありまして, ありまた, あり私, あるがね, あるけれども, あるぜ, あるで, あるでしょう, あるでせうか, あるといふ, あるな, あるはず, あるやう, あるらしいが, あるッ, ある筈, ある訳, あろう, いかにも自然, いつでも, いまどきある, いろ, いろいろ出た, うまく運ぶ, おかしい, おしまいに, おわると, かいて, きまったから, きまつたの, くどくて, こうだ, ここに, ここへ, この町, この私, こんがらかるから, こんなこと, ございます, ございますが, ござりました, ござる, さかんに, したいから, したいという, したかったの, したくな, しにくく, しばしば伝えられ, しばらく続い, すこし横道, すんだので, すんだもん, すんだ時, そこで, そのこと, その人, その晩, それからそれ, それた, それで, たまって, だんだんに, ちがって, ちぐはぐに, ちょっと途絶える, つくと, つたは, つづいた, つづく, できて, できないと, できないという, できないん, できなかった, できねえ, できますけれど, できません, できませんからね, できるじゃ, できるという, できるので, できれば, とぎれたが, とぎれて, どこの, どこまで, ないと, ないん, なかった, はずまないの, はずみました, はずむという, はずむにつれて, はずむの, はずめば, ふと彼, ほうぼうの, ほかに, ほんとうか, ほんとうだ, また前夜其場, まとまったの, まとまった時, まとまり東京, まとまると, もう此所, もっとも事実, もつれて, もとは, ゆきつまって, よくのみこめなかった, よく出た, よく分らない, よく分り, わかったと, わからない, わからないから, わかりそう, わかり相, わかるかも, アベコベだ, ウマすぎる, トルストイの, ドライだ, バタリと, モウ勢んで, モラルを, 一つある, 一つも, 一段落と, 一番後に, 三週間目には, 不調に, 世の, 世間に, 世間へ, 丸う行かぬ, 主に, 事実なら, 亡き母, 交されて, 交わされた, 交わされて, 交換される, 人々に, 人の, 今日では, 今時の, 伝えられた, 伝は, 伝へられて, 伝わった, 何時か, 余り緊張し, 例の, 僻地には, 先年の, 八犬伝は, 八重に, 出たこと, 出たと, 出たん, 出てな, 出とるところ, 出ましたっけ, 出まして, 出ること, 出るたんび, 出るだろうと, 出るとき, 出る時, 出来すぎて, 出来たところ, 出来ないん, 出来ぬ, 出来ます, 出来る, 出来るから, 出来るやう, 分らぬ, 分る, 分ると, 判らなくなるお, 別ぢ, 別で, 別である, 別と, 別の, 前後し, 十一時過ぎまで, 又少々脱線, 取りかわされた, 古くから, 可なり, 合う, 合うから, 合うと, 合ふ, 向くと, 君に, 吾輩の, 堀川の, 堅くなる, 多いから, 多いので, 大分長く, 大工が, 女の, 好きな, 妻の, 始つた, 始まつた, 始まつて, 始まりました, 始まる, 始まるの, 子供の, 宇野氏との, 完る, 寺の, 小さくなっ, 少しずつ, 少し横, 少し脇道, 尽きないの, 尽きると, 嵩じて, 己の, 平気で, 弾んだ, 彼は, 得意で, 心の, 思い出されて, 成り立たぬから, 戻ると, 持ちあがって, 持ち上がって, 持ち上がると, 持ち上つて, 支那の, 数限りなく, 新聞に, 方々に, 早くって, 早くて, 明日は, 有りました, 有るから, 本当なら, 本題に, 果たして受け売り, 極った, 極って, 極まると, 楽に, 横に, 横へ, 次第にとん, 次第に重大さ, 段々込み入る, 気に, 気にか, 決った, 決まりそう, 決まりました, 決まると, 洩れて, 混み入, 濟んだら, 珍しい, 生まれて, 皆な, 盡き, 直ぐ進む, 相前後, 私に, 筋に, 簡単である, 終った時, 終ってからも, 終るの, 絡んで, 絶えた, 絶えて, 継続する, 続いた, 続いたの, 続かなかった, 続きどんな, 続くの, 続けられた, 纏った, 纏って, 纏まりそう, 纏まるよう, 纒まつて, 老爺の, 聞かれた, 聞きたいの, 聞きたければ, 聴きたくなった, 脇路へ, 自然と, 解り易い, 語られるの, 起る, 身に, 逆に, 途切れたとき, 途切れた時, 途絶えた, 途絶えた時, 通じない, 進む, 進むと, 進んだの, 進んだ時, 違うの, 違つて來る, 錯倒し, 長すぎる, 面白いと, 面白くな, 面白くない, 面白くなら, 面白くなりました, 面白くなる, 頭の, 飛ぶと, 飛ぶよう

1 [3139件 抜粋] あうかな, あったから, あったもの, あった位, あっての, あなたから, あの胡見沢, あまり巧, ありあめ, ありまさあ, ありましてね, ありますん, ありませんでしたか, あり九州, あり周, あり明日決定, あり聟, あるさ, あるだらう, あるであらうか, あるとき, あるなどとは, あるなら話して, あるまでは, あるわけ, ある人, ある從來西洋人, ある為, あれこれと, あわなかった, あんまり前, いかに粗末, いささか前後, いっこう緒, いつしか黙々先生, いつも有る, いよいよはずんだ, いり乱れて, うまいの, うまく進まない, うま過ぎる, えらく横丁, おこってから, おますの, おもしろくなった, おれは, お上手ね, お前達に, お絹さん, かうして, かつての, かなり深刻, かわされて, ききて, きつかけ, きまったらしく主膳, きまった頃, きまつたので, きまりその, きまり散歩かたがた, くいちがいました, くわしいが, こうなった, こじれると, この位, この時, この石巻, こびりついて, こればかりは, こんがらからないやう, ございましてね, ごつちや, さもしいこと, しかも思いがけない, したいからと, したうな, したくなくなるわけ, しにく, しまいになったらしい, し好い, すきである, すすまない, すすんでから, すべての, すむまでは, すんだらなるだけ, すんでも, ずんずんと, そこから, そつち, その事, その後実現され, それから一しきり, それましたが, そんなにを, たいへんめんどう, たくさん出る, たちまち拡, たまたま昔話, だいぶはずんだ, だれから, だんだんはずん, だんだん君, だんだん進ん, ちがいまするぞ, ちがった三十人, ちゃんと出, ちょっともと, ちょと, ついたという, ついとんだ, つい長く, つきずに, つきます, つくって, つくり話, つづきます, てっちゃんと, できた, できたよう, できないので, できました, できよう, できるはず, できる知人, でたが, でたら最後, でるたび, とぎれたところ, とても高, とり交, とんでもない, どうして私, どうも合わぬ, どう轉, どの辺, ないそう, ないらしく, なかつたならば, なくなると, なるほど今日, なんぼでも, のるん, はじまったところ, はじまりしかも, はずみだして, はずむだけ, はずんだものぢ, ばらばらに, ひどかった, ぴたりぴたりと, ふと先生, ぷつりと途絶えた, ほんとうであろう, まいりました, ますます誇大, またいろいろ, また一層ややこし, また同じ, また少し戻っ, また輪, まだ続い, まとまったその, まとまってしもてん, まとまりまして, まとまるまでは, まるで嘘, みえて, むずかしいので, むつかしくなり, めちやめちやに, もう別様, もちよられた, もつれる原因, もれないよう, やはり心, ゆきちがいました, よくあった, よく分らないでしょう, よく有ります, よく通じる, わかったら伯父さん, わからない要するに, わからぬから, わかりさ, わかりやすい, わかるでは, わかろうっていう, わずか三分間, アベコベで御座いました, インドにも, クラマールに, スペインに, ディオゲネス・ライルチオスの, ハズんで, パッと, ホントなら, ラジオの, 一くぎりついた, 一つ起っ, 一寸中断, 一席すん, 一旦終っ, 一片の, 一転し, 一部の, 三人の, 上達する, 不得手な, 不調と, 中, 主だつた, 乏しいの, 乳の, 二つとも, 二本の, 交されたこと, 交わされ二十分, 人間といふ, 今までは, 今尚, 今明らか, 仕舞うか, 付いて, 付くでしょう, 伊田の, 伝えられました, 伝はり, 伝わり伝わって, 伴って, 何, 何とかスタイン, 何を, 何日と, 余り突然やった, 佳境に, 信長の, 偲ばれる, 僅に, 先刻飛ん, 入り乱れたが, 全く通じない, 全部ほんとうか, 其である, 内地へ, 出いろいろ, 出そう, 出たけんど, 出たとき佃, 出たもの, 出たらいったいあんなに, 出たら私, 出た後, 出た訳, 出でて, 出ましたから, 出ました父, 出ようもの, 出るまでは, 出彼, 出来たかと, 出来ちょ, 出来ないぢ, 出来ないよう, 出来なかつたの, 出来ねえば, 出来ますか, 出来やしなかった今日, 出来るだらう, 出来るまで, 出来れば, 出来居心地, 分かるでしょう, 分った後, 分らなくなって, 分らん事, 分るよ, 切れた時, 初めっ, 判らないわ, 判るといふ, 到る処, 助丸, 十八世紀の, 単なる座談, 厳粛敬虔な, 又聞きで, 友子さんと, 取れるかも, 可笑しいよりは, 合うか, 合う今日, 合わないと, 合わねえ己, 君たちぁ昔の, 否で, 喰い合つて來, 四人の, 固くなる, 在るかって, 基に, 変な, 外交条約の, 多くあり, 多く伝えられ, 多少ややこしく, 大いに進ん, 大きくて, 大そう, 大切な, 大変大きく, 大戦後の, 天武側に, 奄美大島の, 好きです, 妙です, 始まってから, 始まッ, 子供達の, 宋万や, 定ツ, 実はわたしたち, 客に, 家族の, 寿平次の, 小説の, 少しずつの, 少しわき道, 少し厄介, 少し後, 少し異なっ, 少なかつた, 尤もでことわり切れまい, 局の, 山から, 左様だ, 己に, 平八, 幾分か, 引いて, 彈むと, 彼に, 彼女の, 後へ, 微妙に, 忰や, 思い出せないから, 急だった, 恐怖の, 意外な, 成り立たないと, 或は不謹慎, 手取り早くて, 押せ押せと, 持ちかけられたという, 持ち上った訳, 持ち出されて, 持てましてね, 接吻の, 数学で, 新聞へ, 日本に, 早い, 早く済ん, 早分りじゃろう, 昔から, 時折耳に, 暫くつ, 替って, 有ったトサ, 有らうか, 有れば, 本家の, 本朝武芸小伝とか, 村へ, 来るの, 栄えた時, 椿子の, 極る, 次に出, 止絶れる, 死といふ, 残りて, 段々大きく, 比較的多く, 江戸幕府の, 決つ, 決まったらそろそろ, 決まりこの, 決まるまでは, 沢山あった, 法律は, 活字に, 流行する, 済むまで, 済んでからに, 溶け合, 激しい痛苦, 無いかと, 無数に, 無邪気だった, 片づいてから, 特に相州足柄, 現に今日, 理屈で, 生れたわけ, 田中とか, 痴話喧嘩, 皆無でない, 相手に, 着いてから, 確定した, 私はじめ読者諸君も, 稀に, 突然な, 篦棒に, 純客観式唯物科学, 終ったところ, 終つた時彼は, 終つて椅子に, 終るか, 終わりました, 結局どじょうの, 絶え後, 続きました, 繰り返された, 纏っても, 纏まっても, 纏まらない時, 纏まるもの, 纒まつ, 翌々日の, 聞いて, 聞えましたらさぞ宜, 聞かれるだらう, 聞きたいと, 聞きたくなるの, 聞けるかも, 聢と, 胸に, 自分から, 自然な, 興味の, 色々に, 若しも具体化, 落ちだろう, 落付い, 蚊の, 行われて, 複雑で, 見えて, 解せられずことに, 解るけれど, 触れること, 記紀に, 話だけに, 詳し過ぎた, 誰やらの, 謎の, 豐富な, 起きた月, 起る位, 転がり込んで, 込入って, 近江の, 逆でありまする, 途切れがち, 途切れた後, 途切れます, 途切れ磯田, 這入ったと, 通じないと, 通じぬ, 通じる者, 連句論に, 進まんの, 進むの, 進んだ後, 逸れて, 運びません, 違いますが, 違うね, 違つて降伏開城といふ, 遠いから, 配本の, 金に, 長い, 長うなっ, 長たらしくて, 間違ったの, 附随し, 集団農場組織の, 雲へ, 面白うなりかかっとる, 面白くツイ, 頗る得意, 飛んだところ, 食い違い過ぎると, 餘り, 骨董に

▼ 話~ (5851, 10.5%)

46 ない 45 これで 31 それで 28 聞いて 25 それから 22 して, 別だ 19 前に 15 なか, やめて 14 私の 13 ここで 12 あるが, 妙に, 少しも, 後に, 聞いたこと 11 それつきり, ないの, なかった, 非常に 10 こうである, これだけ, そのままに, それつきりか, よしましょう 9 きいたこと, きいて, ないと, よして, 別です, 聽いた, 途切れた 8 あとで, しない, それきりに, それつ切り, どうでも, 他の, 分るが, 終りました, 聞かない 7 そこで, ちがうが, もつと, 止して, 私が, 終った, 聞いたが, 違うが

6 [26件] あとに, あまりにも, ありません, かうである, これからが, しなかった, それなりに, つきなかった, ないか, なんでも, また別, やめに, 元へ, 出なかった, 別である, 別に, 別になる, 奇つ, 思ひの, 日本の, 昔から, 止しましょう, 自然に, 進んで, 違ふ, 際限も

5 [27件] いつでも, きまった, これからだ, したこと, すぐに, すこし前, せずに, どうなった, どこまで, どれも, よく聞く, よそうじゃ, わかって, 今から, 容易に, 尽きなかった, 彼の, 早い, 明日に, 次の, 止さう, 止そう, 相變ら, 簡単である, 聽い, 誰にも, 面白くない

4 [47件] あつた, おしまいに, こうだ, こうであった, これからです, したが, それからそれ, それだけです, それだけの, それに, できない, またあと, もうすん, もうその, やめましょう, よそほかの, わかる, われわれの, 今の, 出来ない, 前へ, 前後に, 嘘だ, 変るが, 変わるが, 奇っ怪でした, 尽きなかつた, 平次の, 方々に, 止しに, 止せよ, 止そうじゃ, 止めて, 止めに, 殆ん, 無い, 私に, 私は, 私を, 簡単だ, 續きました, 聞きませんよ, 聴いて, 自分の, 違いますが, 長いもの, 面白かった

3 [112件] あった, あったが, あの人, ありましたが, ありませんか, あるもの, いつもの, うそでは, おやめ, お前も, かうで, かなり長い, こうだった, ここでは, この前, この本, この辺, この邊, これからな, これ位に, さう, しないが, しなかったが, しません, しませんでした, すんだ, すんだが, そのとき, その中, その時, それきりで, それだけ, たくさんだ, たくさんに, ちつとも, つづきます, できぬ, とぎれた, とぶが, ないかと, ないが, ないよ, ないん, また, まだそれ, まだ聞かねえ, もうお, もうよそう, もう沢山, もとへ, やめよう, よく筋, よさう, よしに, よしましょうよ, よそう, わたしが, わたしも, トントン拍子に, 一と, 一般に, 三吉の, 之を, 今だに, 今まで, 以上の, 何か, 何かの, 何んだ, 何度も, 余が, 俺が, 僕が, 出来る, 分る, 判って, 別として, 前の, 単純な, 古いが, 大変面白い, 大抵の, 奇っ怪です, 女の, 妙な, 子供の, 少し前後, 少し違う, 岐路に, 忘れて, 急に, 承知し, 斯うでした, 斯んな, 早いが, 早い方, 明の, 明快です, 最初から, 次第に面白く, 止しましょうよ, 残って, 無かつ, 私も, 聞いても, 至極簡単, 西洋にも, 長くて, 面白かつ, 面白そう, 順調に, 飛んで

2 [388件] あちらへと, あったの, あっても, あととして, あとへ, あの時, あまりしませんでした, あまりに予想外, あまり聞かない, ありませんよ, ある, あるまい, あれは, いくらでも, いくらも, いざ知らず, いずれも, いたるところ, いつか古典の, いつまでも, いや, いやだ, いやに, いろいろと, いろいろな, おくびにも, おしまいじゃ, おしまいだ, おしまいまで, およし, およしなさい, おら聞いた, お互いの, お定, お終い, かういふ風, かうな, かなりに, かれが, きまっただ, きまったん, きまって, きまつ, くわしい, こうな, ここに, ことによる, このくらいに, これが, これくらいに, これも, これを, こんなこと, こんなもの, ございますまい, ございません, さきに, さつきそこに, したくないの, しても, しないこと, しないの, しなかったかね, しなかつた, しにくい, しばらく途切れた, すでに紹介, すんだと, すんで, そういうこと, そういう場所, そういう風, そこへ, そのこと, そのまま消え, その先, その大, その春歿, その頃, それが, それぎりで, それぎりに, それたが, それだけか, それだけだ, それだけで, それっ, それっきりでした, それでお, それと, それを, それ位大きく, そんなこと, ただこれ, たちまちひろまった, だんだんに, だんだん熱, ちっとも分らない, ちょっとも, ちょっと眉唾もの, ついぞ聞いた, つい横道, つきない, つけて, できて, できなかった, とかくに, とかく戦争, とぎれて, とん, どうした, どうだった, どうでしょう, どうな, どうなりました, どんな風, ないもの, ない漆喰, なかつたの, なかなかつきなかった, なかなかに, なかなか長い, なかろう, なるべくは, はずんで, ひどく深刻, べつだ, べつです, べつな, べつに, まえにも, ますますわからなくなる, まずこうである, まずこれ, また前, また逆もどり, まだし, まだです, まだ少しも, まだ書肆, まだ聞かない, まっぴらごめん, まんざら嘘, みんなに, みんなを, めずらしくない, もういい, もうこれ, もうそれ, もうたくさん, もうやめ, もうよし, もうよしましょう, もう一つ, もう何, もう止さう, もう止し, やんで, ゆつくりする, よくわかった, よしましょうね, よしませう, よせ, よそうや, わかった, わかってるん, わかるが, わき道に, わたしには, コリンスという, ザラに, ドイツ語の, ハッキリし, 一つの, 一つも, 一二言で, 一個の, 一同を, 一時間も, 一種の, 一篇の, 一言も, 一転し, 不思議に, 中, 中止と, 予の, 人一倍に, 今に, 今は, 今までの, 今日の, 仏蘭西の, 他に, 他にも, 他愛も, 以前に, 仲, 会議の, 何でも, 何も, 何時でも, 何時の間にか美奈子, 余事に, 例の, 依然として少しの, 信用できません, 僕には, 元から, 元に, 兄から, 充分わかる, 先刻から, 先刻聞いた, 全然別, 八五郎から, 六つほど, 冒頭から, 出て, 出なかったかい, 出來, 出来ないけれども, 出来ないと, 出来なかった, 出来ぬ, 出来ません, 切れて, 初耳だ, 別にある, 別の, 前から, 前後する, 勿論話自身, 古いこと, 合うが, 名高い, 呼び寄せた方, 哲学者の, 嘘だった, 変って, 大いに分る, 大きい, 大変面白かっ, 奥さんが, 好く條理, 好加減, 娘の, 嬉しかつ, 子供心に, 孔子が, 宇治拾遺物語から, 実に面白い, 実際に, 実際の, 実際本当, 家常茶飯の, 實に, 小田原征伐の, 少し以前, 少し前, 少し古い, 少し差障り, 少ない, 山の, 左の, 平次には, 平次を, 幾度も, 庚申の, 役立つもの, 彼が, 彼を, 後から, 御免だ, 微に, 思ひも, 怪奇を, 恐ろしく筋, 愈僕, 意外な, 或る, 所詮筆, 承って, 支那に, 故郷の, 文字に, 日本にも, 早いに, 昔の, 是で, 時候の, 普通の, 更に意外, 有名である, 有名な, 未に, 本当だ, 本当の, 村の, 東京の, 某婦人, 横道に, 横道へ, 次第に脱線, 止しませう, 止そうよ, 止めよう, 止んだ, 此処で, 此処には, 死んだ小, 母が, 気を, 決してしない, 沢山ある, 深刻な, 済んだの, 済んで, 源助さんも, 漸く本筋, 無いか, 無からう, 無論後世, 然らざる, 痴川から, 皆想像も, 直ぐに, 相変らず, 真正の, 私と, 私には, 私より, 種々の, 積る, 第二段, 簡単だった, 簡単で, 簡単な, 簡単に, 終つた, 絶対に, 続く, 續く, 翌朝朝飯の, 聞いたよ, 聞いた事, 聞かないが, 聞かないな, 聞かないね, 聞かなかったので, 聞かねえ, 聞きません, 聞くの, 聴いたが, 脱線する, 腰を, 自然いま家族を, 興味が, 色々と, 落ちて, 要領を, 詩語としての, 話と, 話に, 誰に, 誰も, 誰より, 請合えねえだな, 變る, 迅く, 逆に, 途, 途切れて, 途方も, 違ひます, 遠くの, 靜かで, 面白いが, 面白さ, 順平の, 飛びますが, 飛ぶが, 飛んでも, 食物の, 馬鹿, 駄目だ, 鬼の, 黙って

1 [3620件 抜粋] あいつの, あちこちへ, あとあとの, あなたにとって, あの方, あまりに夢, あまり突飛, あります, ありませんでした, ありやしないよ, あるまい一體, あれで, いいです, いかにも傍, いかにも雲, いくらでもある, いささか横路, いそがないほう, いっさい抜きに, いつか前にも, いつしか先刻, いつまで, いつも尤も, いつも院長, いまだに, いやお父つぁん, いよいよ微, いろ, いわば常識論, うまくつきました, うわの空だった, おかしいが, おしまひだ, おそらく出放題, おのずから天地自然, およし下さい, お便, お好き, お止し, お考え下, かういう晩, かつて聴かされた, かなり写実的, かねがね何度, きいた, ききません, きっと解っ, きまつて, きわめて絶望的, こ, こうです, ここでも, こっちが, このほか, この体操, この女, この泰軒, この際, これからいよいよ本筋, これからまだずっとなげえ, これから進ん, これだけに, これに, これ以上には, こんなに順序, ございますよ, さういふ事, させないよう, しかしこの, したくなかつた, しどろもどろです, しない方, しなくなった, しばし途切れつ, しませんでしたか, じつにかわった, すぐとぎれた, すぐ真面目, すこし以前, すこし違います, すごくおもしろい, すっかり彼等, すつかりこんがら, すべてわが家に, すべて遠野の, すらすらと, するの, ずっとさかのぼる, せんだつても, そうで, そこから, そのころ, その上, その場, その後何うなった, その本, その話, それから後, それぎりになつてやがて二人は, それこそ, それであり, それまで, それ位で, そんなことば, たいていいつも食べてる, たいへん詳しい, たしかに面白く, ただクラム, ただ私, たど, たわごとに, だんだんに暗い, だんだん進行, ちゃんとした, ちょっと他, ちょっと面白い, ついて, つきずそれ, つくじゃ, つづかぬ, つまり家庭的, できないに, できぬと, できると, とうとう愚図愚図, とぎれとぎれに, とめども, とんとん拍子に, どうしてん, どうだ, どうなんだい, どうやらレール, どこから, どこの, どの国, どんな筋, ないで, ない筈, なかったです, なかなかすまない, なかなか字, なかなか面白く, なぜか, なんだか自分, にわかに止ん, ねえ漢語ぎらいの大蛇, はずみました, はやく止めたい, ひとことも, ひどく奇, ひどく變つて, べつである, ほとんど出ず, ほんの二言, まあ舟, まことに簡単明瞭, ます, まずその, またこまかい, またむかし, また安之助, また断れた, また第, また違っ, まだきいた, まだはじめた, まだ公式, まだ沢山ある, まだ終らなかった, まちがいである, まつたくわき, まとまり式, まるで小鳥, まる一日, みんなが, みんな本当であった, むしろ金博士, もうあるじ, もうせん, もうよ, もう中止, もう十四五年前, もう少し考えさせ, もう止めよう, もう話す, もちろん話, もっと厄介, もとより王さま, やがて転じ, やはりこうした, やまない, やめませう, ゆっくり後で聞く, よからう, よくわからなかった, よく出た, よく方々, よく聞きとれなかった, よした方, よせよ, よほど古い, わかつたが, わかるがな, わき道へ, わたくしたちに, われわれに, オジャンに, ガラツ八の, コナン, シルヴァーが, ソロバンを, ツクリゴトで, ハッキリしてる, ペトロ院の, メッタに, 一さい知らない, 一切お, 一向スピード, 一層かの, 一応実, 一生いいます, 丁度符合, 三四年前から, 下の, 不完全な, 世間に, 丹塗矢の, 主として關東, 了解し, 事実で, 二つもっ, 二人で, 云ひ出し, 五月十四日の, 人の, 人間社会の, 今向う, 今後の, 今昔物語三一に, 他へ, 伊仏独英の, 伝わって, 伸子にとって, 何だか私, 何んか, 何度聞い, 余りに多く, 余談に, 侍臣の, 信じて, 値切れば, 僕ばかりにしか, 兄さん知らない, 先ずこれ, 先生の, 全くの, 全く違, 全部ほんとうだ, 公けに, 兵野の, 其似た, 其自ら既に, 冷淡な, 出ないので, 出来あがらない, 出来なかつたと, 出来るとして, 刀の, 分りませんが, 切れたん, 初秋に, 別便で, 前後した, 勇吉の, 勿論自分, 十三世紀の, 半七, 半蔵を, 博士に, 却って容易く, 又別, 又面倒, 取り交さなかつた, 古くより, 可笑しかった, 同じ話, 向うの, 否定説の, 和漢諸方に, 商品主義の, 嘉永六年に, 嘘の, 困難に, 土地会社の, 変つて信助は, 外へ, 多くは, 多端に, 大した参考, 大体かう, 大分に, 大名が, 大嫌, 大方そんな, 大概聴いた, 大袈裟すぎる, 天候の, 夫限頓挫し, 奇怪を, 女や, 好まなかった, 姉君として, 威しだ, 子どもが, 存じませんと, 宋の, 実に之, 実は十五世紀, 家の, 寒い冬, 寺田先生が, 小康を, 少しく前, 少し厄介, 少し心配, 少し聲色, 少ないほう, 尽きない枕, 山家ばかり, 川桝と, 帰路の, 年少の, 幾代と, 店の, 建物の, 張を, 当家の, 当節の, 彼方で, 後でも, 後世にも, 御免よ, 微細な, 必要ない, 念入りに, 思い切りよく一元的, 思ふやう, 恐らく本, 悲しかつ, 愚痴混り, 成長し, 我等の, 戰爭の, 手切れに, 打ち切りたいと, 抜きに, 持ち出さなかった, 控え目で, 支那国民の, 故意に, 数え切れぬほど, 文政末期の, 新しい土地, 斷えた, 日本と, 早いかも, 早くから日本, 早判りする, 明快でした, 明白に, 春の, 昭和十七年に, 晩にでも, 更に要領, 書けまい, 最も有名, 有りましたの, 朝鮮鳴鶴里の, 本問題, 本当らしく, 本能的な, 杜絶え, 東西を, 果しなく, 株の, 條理が, 榛野という, 次々に, 次第にもつ, 次第に核心, 止しましょうと, 止めようお前達, 正気だらう, 此所まで, 歩きながら, 殆ど取り, 段々細かく, 毎度あった, 民譚の, 氣樂だつた, 江戸にも, 決して断念, 決まる, 油断の, 流暢な, 淡々と, 清水君から, 済んだと, 滅多に, 火の, 無いよ, 無造作に, 父が, 片付けようと, 狐を, 現代の, 甚だよくわかる, 生活といふ, 男女問題に, 疑ふ餘地, 発端なる, 皆さんから, 皆んな嘘よ, 盗めても, 直ちに用件, 相撲の, 真実である, 眼に, 知つてる, 知らないん, 破れたこと, 祖母らしい, 禁物と, 私たち三人の, 科学的研究方法の, 穂高の, 立消, 簡単じゃ, 純粋に, 終ったとは, 終りましたが, 終結である, 結構である, 絶やさない, 縷々として, 纏らず, 美しい, 老人でなけれ, 聞いで, 聞かせないよう, 聞かなかったし, 聞かねえからな, 聞きましたが, 聞くに, 聴きませんでしたけれど, 能くも知らない, 自分を, 自然私が, 至極明快, 船津の, 若干ある, 著いた, 蛇の, 西国の, 要點, 解りかねます, 記事にも, 話された, 話ぶりが, 読んだこと, 誰の, 諸国において, 豊富でしょう, 起ったの, 軌道に, 近い方, 退ける口調, 途切れ勝, 通らない, 進んだ, 遂に一, 道理以外の, 遠い生れぬ, 遠漕中, 都會の, 金が, 針千本という, 長いけれども, 長谷川伸君から, 閨秀作家月旦に, 難かしゅうござんして, 露骨で, 面白い, 面白か, 順を, 頗る珍, 風が, 飽くまで福引, 駄ボラじゃ, 高瀬を

▼ 話~ (4179, 7.5%)

112 中に 79 種に 66 ついでに 49 うちに, ように 48 腰を 44 間に 37 中で, 序に 32 ような, 筋を 30 続きを 28 末に 27 中には, 最中に, 途中で 26 様子では, 筋は 25 内容は, 種が 23 方が 20 中の, 種を, 筋が 19 やうに, 先を 18 あとで, つづきを, ない小説 17 なかに, 種だ 16 中から 15 緒口を, 途中に 14 ようだ, 前に, 種も 13 あつた, 中へ, 種は 12 中途で, 筋道を 11 中にも, 内容が, 方に, 糸口を, 順序として 10 外だ, 筋も

9 [13件] あいだに, つ, なかで, やうな, ようである, ようです, 中心に, 内容を, 筋道は, 結末を, 緒を, 調子が, 途中から

8 あとを, 口を, 種と, 調子で

7 たねに, 中でも, 仲間に, 様子を, 模様では, 筋に, 筋道が, 花が, 馬鹿

6 [21件] うちには, ほうが, 中途から, 出た時, 外で, 外の, 屑籠の, 意味が, 方は, 方向を, 時に, 本筋に, 様子で, 次手に, 相手に, 種にも, 種の, 調子も, 調子を, 間にも, 順序を

5 [24件] あったこと, あった頃, いとぐち, つきほを, なかから, なかの, ようすで, わかる人, 出るの, 合間に, 外である, 好きな, 後を, 意味は, 持って, 末, 種で, 糸を, 緒が, 要点を, 調子に, 調子は, 運びの, 邪魔に

4 [44件] あったの, あるの, うちで, うちの, きっかけが, ごときは, ために, つぎほ, ほうは, ようで, 一つに, 中途に, 主人公に, 内に, 内容に, 内容には, 冒頭に, 出たついで, 出て, 口が, 声が, 外には, 屑籠, 底を, 折に, 方へ, 方を, 様子じゃあ, 泉, 泉の, 相手を, 真偽は, 筋の, 終りに, 終るの, 続きでも, 續き, 興が, 興に, 要点は, 要領を, 調子, 都合で, 面白い男

3 [74件] あったよう, うちにも, おもしろさ, おりに, かたが, きっかけに, きっかけを, しぶり, しやう, すえに, すむの, ついでです, できるよう, できる人, ときは, どこが, はずみから, ほかに, テムポの, 一つである, 一つとして, 中も, 主人公たる, 全部が, 具合では, 内容と, 出たとき, 出來ない, 効果を, 嘘でない, 外に, 女主人公, 序だ, 後で, 接穂が, 時は, 最初に, 末その, 本題に, 様な, 様子が, 様子じゃ, 様子に, 樣子では, 相手は, 種, 種として, 種にな, 種子は, 穂を, 端にも, 端緒を, 筋から, 筋には, 筋道も, 糸口は, 糸目を, 続きが, 続きに, 続きは, 要點, 辻褄を, 途中を, 途切れに, 途方も, 進行につれて, 邪魔を, 都合が, 重大さに, 間で, 間には, 面白さ, 順序が, 題目を

2 [214件] あいだで, あった人, あった後, あひだ, あらましは, ありさうな, あること, うちから, おしまいに, お相手, お返事, きつかけ, きまりが, ことから, ことさ, ことは, ことを, さきを, しかたを, して, しようが, し具合, すきを, すじは, すべてを, その大根河岸, ためか, ついでから, ついでだ, ついでとして, ついでには, つぎ穂が, つながりが, つながりを, つもりで, できるところ, できるの, できる所, できる相手, でたの, とおりに, ときには, ところで, なかには, はしにも, はじめに, はずみに, ほかだ, ほかです, ほかは, やうで, ようじゃ, ようにも, わかるお, わかるひと, テンポの, ピントが, ロマンティックな, 一つで, 一つと, 一つも, 一つや, 一と, 一節である, 一部を, 上手な, 世界の, 中では, 中にでも, 主人公である, 主人公と, 主人公は, 九分九厘までは, 交換が, 仕方が, 仕方を, 代りに, 仲間へ, 伝わって, 体に, 例として, 先が, 先に, 全部でした, 具合が, 内容から, 内容について, 内容も, 出る度, 出来ないの, 出来るよう, 出来事の, 切れた時, 切れ目に, 切れ目へ, 初めから, 初めの, 原稿を, 口火を, 合い間, 合ふ, 向きを, 嘘らしい, 圏外に, 型が, 埒は, 奇つ, 始まつたの, 容子では, 尻は, 尻を, 工合が, 巧い, 序でだ, 序でに, 序開を, 底が, 弾んで, 形式から, 後に, 性質を, 成行が, 持ちかけ方, 捻を, 数は, 時, 時には, 最中へ, 末我等は, 本なぞ, 本筋とは, 本筋には, 本筋は, 本筋を, 桁が, 様に, 模様から, 模様が, 模様で, 樣子が, 残りが, 比較的少なき, 水を, 泉で, 波が, 為好い, 無駄を, 由, 異態, 発落が, 相手には, 相槌を, 眞つ, 真偽を, 眼目は, 種であった, 種には, 種子に, 端に, 端には, 筆を, 筋だけを, 筋とは, 筋や, 糸口が, 糸口に, 終った時, 終りを, 終わりに, 結末が, 続きか, 続きから, 続きだ, 続きである, 続きらしい, 繼穗を, 續きだ, 聲が, 興を, 興味の, 舞台と, 花を, 行きがかりで, 裏面に, 調子から, 調子まで, 起因で, 趣よく, 辻褄は, 途中では, 途中でも, 途中にも, 途切れた時, 途切れるの, 通りに, 通りの, 進行し, 進行を, 進行中に, 運び方, 都合では, 都合によっては, 重大性を, 間々に, 間から, 間の, 面白い知識, 面白い美術家, 順序で, 題は, 題材を, 題目で, 題目は, 類であろう

1 [1634件 抜粋] あいだじゅう上着を, あいまに, あったとき, あった前後, あった家庭講演, あった折, あった有島農場, あった達雄, あとさきに, あとでは, あと滑っ, あまり良, あらゆる結論, あるあべこべ砲, あるは, あるわけ, ある以上, ある小説, ある留守居, ある養子, あんまり子供, いまだ, うちか, うち一番興味が, うまいこと, うまが, おかしな感銘, おみやげが, お土産, かずかずを, きこえる處, きまったその, きまってからは, きれぎれが, くり返しに, ことからか, ことな, ことね, これは, ごとし, された時, しかたで, しかたは, しように, すえ, すぐれた価値, すじみちを, すっかりすまない, すむのをもじ, すむ大分前, すんだ時分, その宵試合, その話, そもそもは, たねが, ためでも, ちょっととぎれた, ついて, つぎほがなかった, つくまで, つけようだ, つづいて, つづきであろうと, つづきで変, つづきに, つど胸を, つもりである, できないばか, できぬこと, できるやう, できる掛茶屋, できる状態, できる身分, でるたび, とおりローリイは, とおり須田町の, ときに, とき私たちの, とぎれに, ところね, ところまで, どういうところ, どこを, ないでも, なかつたこと, なかばに, なりゆきや, はうを, はじまった時, はずみだつた, はずむの, はづむこともあつた, ひとつに, ひまひまに, ほうには, ほうへ, ほかで, ほかよ, ほぼ纏っ, まちがいであった, ままに, まる写し, もちあ, ものだ, やうである, ゆきさ, ようであった, ようなら, よく出た, よすがと, わかった人間, わからない船主, わからねえ奴, わかる, わかるミミ族, わかる方, カタだけでも, キツカケを, スカン何とか, タッタ一人の, ツボが, テーマな, ハガキが, ヒョウトクと, ペテロに, ムキでは, ラチが, 一つ, 一つ一つを, 一ツも, 一伍一什を, 一割だ, 一本の, 一段落が, 一番デリケートな, 一語をも, 一部分で, 上でばかり, 下手くそな, 与えた印象, 世界です, 世界に, 中つぎを, 中の川堤の, 中味の, 中心だけは, 中心として, 中絶する, 主で, 主人公が, 主人公らを, 主人公河野と, 主題と, 予想外さ, 事を, 二つに, 些中には, 人だ, 仕入れ先が, 仕様を, 代わりに, 仲間からは, 仲間入りしてる, 会話の, 体裁は, 何かを, 余波を, 作者だった, 保存とも, 價値は, 元祖たらしめ, 兎が, 全体にわたって, 全般に, 内半熟の, 内容だつた, 内容なり, 内容まで, 内容自体の, 冒頭にも, 処に, 出たの, 出た農兵, 出べき所, 出ること, 出る山家, 出る毎, 出典は, 出処系統論に, 出来た理由, 出来ないよう, 出来ること, 出来るの, 出来る処, 出来る所, 出来る間, 分った女, 分らぬこと, 分るもの, 切り出しかたで, 切れ目切れ目に, 切目を, 初めは, 前から, 前後が, 前提だった, 前驅, 効果という, 区切りの, 半ばごろから, 半ばも, 半分似た, 単調に, 印象は, 取り柄は, 受け応えと共に, 受賣りである, 口は, 古道具商竹林堂だった, 合う人, 合の手には, 合わない人, 合間には, 告げ口などとも, 味は, 呼吸と, 問題を, 圏外へ, 埒が, 基本は, 場合でも, 塀外も, 声に, 壺で, 外だった, 外側に, 多い爺さん, 大体の, 大半を, 大将の, 大略である, 大要は, 天の, 奇怪さに, 奥の, 好評から, 如き儀, 如く大抵, 如く江戸, 妖怪畫などに, 始まりに, 始まる少し, 始めに, 娘の, 完り, 実説である, 専属でなかった, 小波だけしか, 尻尾を, 局所局所に, 山に, 工合によっては, 巧さには, 幅に, 幾つかが, 序として, 底には, 引き合いに, 当時の, 往々一致, 後先き, 御子神に, 御様子, 必要上一樹, 性質上すべてが, 怪事件という, 意味を, 感動は, 成行きから, 手見世だ, 折柄である, 拙い彼, 持つて, 控え帳に, 插絵の, 支倉と, 断片, 新局面, 斷片を, 方向が, 旨いの, 時そうだった, 時代, 景気といふ, 最中から, 最中でも, 最中も, 最初は, 有る事, 有無に, 末お, 末友子も, 末天竺ぼ, 末或, 末木下は, 末禅の, 本すじ, 本は, 本当の, 本文に, 本来の, 本筋です, 本質は, 本題は, 材料として, 条件などは, 枝葉じゃ, 根原では, 根本らしい, 梗概である, 概略は, 構成は, 様子だ, 様子も, 模様だ, 模様や, 模樣で, 樣に, 樣子は, 横道入りを, 機會からか, 次で, 次第で, 正確な, 残りであろう, 段落が, 気まぐれだ, 気軽さ, 池には, 泉は, 流れには, 海内に, 混合で, 済む前, 済んで, 準備を, 潮時と, 無い生活, 焦点を, 片鱗ぐらいは, 牡丹燈記を, 物語にでも, 特徴で, 玄妙に, 理否条路は, 甲斐も, 畑では, 発する源, 発端に, 白縮緬組南都の, 皮肉を, 目的は, 相手どもを, 相手も, 真偽の, 真実性などは, 真実性は, 真意を, 眼目には, 着いて, 矢来の, 礼と, 稍長い, 種じゃ, 種だらう, 種である, 種という, 種とな, 種にまで, 種子であったろう, 種類も, 穏な, 空間を, 端を, 筆草という, 筋がちが, 筋と, 筋へ, 筋道こそ, 筋道だけを, 節々を, 範圍が, 糸口だけは, 細部は, 終りと, 終りは, 終わりでも, 経緯が, 結びへ, 結末には, 結果として, 結果久兵衛は, 絵に, 絶えける間, 継ぎ穂も, 続きかと, 続きにたいして, 続きらしかった, 続は, 緒に, 緒口の, 縁を, 繼ぎ穗を, 纏まらぬためし, 纔かに, 聞きいい, 聞き相手, 聽き, 脈絡を, 腕前の, 腱を, 興味よりも, 舞台に, 良さ, 若月旅館の, 落ちさ, 落ちて, 蒸し返ししか, 行きがかりだ, 行屆く, 裏に, 要所要所, 要点だった, 要点の, 見切りを, 角度を, 解決に, 記憶を, 話しくらべを, 誇張は, 説明は, 調子と, 調子なども, 論理を, 豫想外さ, 起こった明治十四, 起因と, 趣旨を, 転じて, 辻棲が, 途中いく, 途中だろう, 途中にて, 途中をも, 途中見物人の, 途切れた頃, 途絶えめ, 通じる人物, 通りさ, 通りであった, 通りなり, 通り故郷へ, 通り若, 速記に, 連絡を, 進めやう, 進化に, 進行は, 運びが, 運搬人としての, 選手として, 選手は, 都合上この, 都合上自分は, 重点の, 長い人, 長びくの, 間が, 間だけは, 間も, 間一層, 間姉の, 間矢代は, 関係が, 隙を, 非常に, 面白い年増, 面白みわからず, 頃は, 順でございます, 順序だ, 順序な, 領分が, 題材と, 顛末は, 風向きか, 餘韻を, 馬鹿馬鹿しさ, 骨に, 體操教師の

▼ 話~ (3824, 6.9%)

537 よると 123 よれば 114 なって 110 耳を 101 なると 65 ならない 45 夢中に 38 なった 37 聞いて 36 よりますと 30 出て 27 花が 26 依ると 25 して 23 なるが 22 ならぬ 18 ならん, なるの 17 なる, 気を, 花を 16 依れば, 興味を 15 しても, 乗って, 拠ると 14 身が 13 なりました, なりません, 口を, 耽って 12 移って 11 きいて, なつた, なつて, 聞いたこと, 聞くと 10 なったの, 依りますと, 実が, 聞けば, 身を 9 移った, 興じて 8 ならねえ, 時を, 由ると, 耽った, 耽つて, 聞いただけ, 聞き入って 7 ならないの, 據る, 時間を, 興を 6 まぎれて, 夜を, 戻らう, 熱中し 5 ちがいない, なったが, なった時, ならないと, 余念が, 加わった, 心を, 気が, 興が

4 [23件] きくと, つりこまれて, ならないほどの, なりますが, なるか, なるよう, ふけった, 似て, 出た, 嘘は, 平次も, 彼は, 戻って, 拠れば, 氣を, 油が, 相槌を, 私は, 移る, 耳傾け, 聞き耳を, 興味が, 調子を

3 [44件] あるよう, したところ, しては, すぎない, だつて, つり込まれて, なったから, なったので, ならず, ならないが, ならないもの, ならなかった, ならぬが, ならぬと, なりそう, なります, なりませんよ, ふけって, 何か, 出るの, 出るよう, 力を, 合槌を, 夜が, 夜は, 夢中で, 就いて, 引かれて, 成ると, 時の, 来て, 無中, 熱中した, 移つた, 移ろう, 結末を, 耽ったり, 聞いた通り, 聞きほれて, 聞き入, 聞き入りました, 聞き惚れて, 触れて, 釣られて

2 [130件] あったよう, ある, あるが, あるやう, ある侍, かけると, きいたこと, ききほれて, きく生, この話, こんなの, したの, しよう, しようじゃ, すぎないですよ, するの, その晩, だんだん心, つられて, どこか, なったとき, なったもの, なってから, ならないから, ならないじゃ, ならないという, ならないや, ならない処, ならぬほど, ならねえの, ならんほどに, なりさ, なりましたが, なるがね, なるん, なれば, はずみが, はちよつと, ばつを, びっくりし, よそえて, よそへて, アイヌの, 一段落が, 一種の, 上った, 乗っちゃ, 乗つて, 乗る, 乗るよう, 乗気, 乘る, 來た, 依つて, 出た事, 出ること, 分れて, 勢を, 大事な, 大仰に, 大口を, 好奇心を, 始まって, 実を, 寄せて, 小一時間, 少しも, 就いては, 就ても, 平次は, 彼が, 戻るが, 拠って, 新吉は, 来いと, 注意を, 深い感動, 深い興味, 熱して, 熱中する, 矢田さんが, 私と, 移つたこと, 移らうと, 移ろうと, 種々の, 立ちかえると, 紛らして, 紛れて, 終るだけの, 結びつけて, 耐へ, 耳傾けよう, 耽ける, 聞いたが, 聞いただけでも, 聞いただけの, 聞いたとおり, 聞いたの, 聞いた事, 聞いた銅像, 聞き入った, 聞くばかり, 聞惚れ, 聴き入りながら, 聴き耳, 興じたあげく, 興味も, 落ちて, 行って, 触れようと, 言葉を, 誇張が, 転じて, 退屈し, 過ぎなかった, 酔って, 釣りこまれて, 釣り込まれた, 釣り込まれて, 長男の, 限らず次に, 非常に, 頼みを, 類似の, 飽いて, 飽きて, 驚いたの, 魅せられて, 黒田侯は

1 [1463件 抜粋] あいづち, あたたかさ, あった聖弦寺, あまり意, あらず不, ありました, あるカチカチ山, ある主人, ある寂し, ある様, ある火事, ある閹鶏, あんな風, いたすもの, いらっしゃいと, いわく上帝世界を, うちの, うつ, うつり, うつると, おいで, おちて, おどろいた, おばあさんが, おまけが, お鈴, かかった, かかります, かぎらないが, かなりの, かまけて, きいたあの, きいたとおり役, きいた以上, きいた土匪, きいた蜀, ききとれて, きき入りました, きくし, きこえました, きまって, きりを, くらした次第, けりを, こだはる, このひょうきん者, この女, この頃ショーロホフ, こりゃ本当, ごまかして, さりげなく微笑ん, したつて, してからが, しばしば胆, しようえ, しようや, しろそんな, しろ又, しろ生活, しんみりと, じっと聞き入った, すぎないだらう, すぎない私, すぎなくて, すぐ賛成, すっかりむちゅうになって, すっかり疲れきっ, すつかり興奮, する事, すれば, そこに, そのお, その主人, その奇蹟, その理由, それは, ただいま同氏, たとい僧侶, だんだん熱, ちがいありません, ちょっと前置き, ついやしたの, つかれると, つけて, つづいて, つまされたらしくベカンコー面, つり込まれた平田氏, とくに別, とびついたため, どんなに動かされたであろう, なぞなる, なったらこと, なったら市村氏, なったろう, なっちゃっただなあ, なっても, なつてんだ, ならずひどく, ならないこれから, ならないで, ならないね, ならないよ, ならないわ, ならない増大, ならぬから, ならぬし, ならぬほどの, ならぬバカ, ならぬ旅, ならぬ阿呆, ならねえ縁談, ならんじや, ならんほどの, ならん手, なりかけると, なりただ, なりましたな, なりますけど, なりませんがな, なりませんのに, なりやしないぢ, なり勝, なり彼女, なり胸, なるから, なるだらう, なるて, なるとき, なるまい, なるわけ, なる程, なんと返事, なんの, のってる北川さん, のぼった作品, のぼる, はきつと, はむだが, ひきこまれた, ひきつけられて, ひどく共鳴, びっくりした, ふけったり, ふざけあつ, ふと起き直っ, ふれたら, ふれなかった, ふれること, ふれる者, ぶらさがるよう, ほとんど伴奏, ほんとうの, まぎらした, まして女, まじる時, まだそれほど興, まともに, みずから酔い, むかしむかしこの, もっともよく似居る, もどりましょう, ゃならんですハハハヒヒヒ, やや涼しく, ようやく流れ込ん, よく出る, わくわくし, ウンザリした, カストリ社の, サルと, チベット人の, バタ, ブレーキを, ロチスターさんが, 一人なる, 一向興味, 一日で, 一番感心した, 一行を, 三根夫は, 上った新しい, 下総の, 丹造の, 乗つて行つて, 乗らない, 乗らんとは, 乗り込んで, 乗るはず, 乗易い, 乘つて來て, 乘れない, 二人半食い殺された, 云われて, 些しも, 交え用いなくなって, 今も, 今日病院へ, 今朝も, 伝わり拡がった, 伝わるのみ, 伴うシンミリ, 似つかわしいもの, 佐渡の, 何かの, 何やら重大さ, 余り興味, 余程の, 依って, 信州で, 候はずや, 倦むこと, 倦んだ顔, 偏執し, 傾聴し, 充ちた, 先年日光中禅寺の, 入った, 入らつし, 入りぬ, 入る事, 入ろう, 全然興味, 其後俳句を, 処すべき一応当然, 出かける, 出たの, 出たん, 出た五十鈴川, 出た僕, 出た日, 出た若い, 出なかった, 出ましたら万更貴方, 出るでしょうが, 出來, 切りが, 割っては, 割り込んで, 加はり出した, 加わつて, 加わりました, 加わるの, 動かされて, 北満の, 卓子の, 厭気が, 及ぶ, 及んだ, 友人と, 叔父は, 取り合う落ちつき, 口出しは, 可然, 合図を, 吉田は, 含まれた教訓, 味を, 喰べ, 困つて, 圧倒され, 執着を, 基づくの, 変つて来た, 外れた, 夜も, 夢中だった, 夢中な, 大いに憤慨, 大に, 大変興味を, 大関係, 太刀川は, 好奇心などは, 妖怪物語などを, 安心し, 家に, 寄ると, 少からず, 少し行違い, 少なからず, 尻を, 尾鰭を, 工女に, 巻き込まれて, 常緑木, 幾分まぎらされ, 建築が, 引き入れる, 引き較べて, 引っ張られて, 引替えて, 彈み, 当時雲浜の, 彼よりも, 後日譚が, 従兄は, 徴し, 必ず辻褄, 応答を, 思い迷って, 思はれたが, 悩まされたこと, 感動し, 感心した, 感激した, 成らない, 或る, 戻つて, 戻る, 手形の, 打解けること, 抗議を, 持ち出されました, 掛り目科, 撹き乱され, 敵の, 斯うです, 日が, 明瞭を, 春部と, 時が, 暇を, 曖昧な, 更けて, 最も都合, 来た, 来たエ, 来るだろうと, 杯を, 根ざして, 桑港か, 機かけを, 欧洲の, 止まつて, 止らず安, 正直者の, 残って, 段落でも, 母屋の, 比べても, 気乗りが, 水夫の, 決って, 沈んで, 法螺も, 注意力の, 津軽屋へ, 浴びせかけられた, 深くひきこまれ, 深入りし, 淺間山麓一帶が, 満足する, 溺れる者, 漱石氏は, 無心した, 無関心な, 煮栗焼き栗, 熱する, 熱中しすぎ, 燿子と, 父の, 狩谷, 現われたいろいろ, 現実主義的なる, 甚だ愉快, 生憎こ, 留まる, 當る, 登子は, 百年の, 目下その, 直して, 真剣な, 真実性を, 石と, 神聖なる, 移つたとき, 移りました, 移り帶廣, 移る順序, 穂を, 立ち至るであらうから, 笑い興じて, 笑ひ興じ, 符合し, 答えずしばらく, 精根つき果てた, 紛らしたもの, 終るの, 結んだ当麻物語, 維新前今の, 織り込んだ, 羨望した, 耳傾けた, 耽つたが, 耽り出すと, 耽る彼等, 聞いたお婆さん, 聞いたところ, 聞いたほど, 聞いたよりも, 聞いたキッド, 聞いた上野広小路, 聞いた人面瘡, 聞いた大将, 聞いた娘, 聞いた振袖新造, 聞いた無人島, 聞いた西蔵風景, 聞いた魔もの, 聞いても, 聞きし猶, 聞きましたけれども, 聞き入りながら, 聞き入る自分, 聞き慰問, 聞くが, 聞くだけの, 聞くの, 聞く仙人, 聞く暗やみ, 聞く畜生谷, 聞入っ, 聞惚れた, 聴いた青色, 聴きまするかの, 聴き入つた, 聴き手, 聴く石坂左門次, 聴耳を, 肝を, 胡に, 脱線し, 腹立つ感情, 自分から, 自分に対して, 至りしとき, 興じた, 興じながら, 興じる痴話喧嘩, 興ずる時, 興奮させられ, 芭蕉が, 英米の, 華岡は, 落ちるから, 蘭軒は, 血を, 行こうと, 被入っ, 見て, 触れたがらないよう, 触れるので, 言ひ知れぬ, 許, 話を, 語つてゐた, 誰も, 負けないくらい, 貴重な, 身分の, 近い, 近ごろアイヌが, 返事一つし, 這入らない中, 連れて, 進めかかって, 過ぎないん, 過ぎなかったの, 過ぎぬが, 過すの, 違いない, 違ひなかつた, 遡らなければ, 還りました, 邪魔を, 酔つて居る, 酷く感服, 醉ひ, 野犬の, 釣り込, 釣り込まれたという, 長い間未知, 門に, 間違いない, 関係した, 関聯し, 附け加, 雀ほどの, 難船の, 面白がって, 頗る興味, 顔を, 類するよう, 飽かないの, 飽きたという, 餘念も, 驚いたらしくすぐ, 驚いてたらこの, 高氏は, 魚類の

▼ 話~ (1903, 3.4%)

104 ある 44 出た 34 あった 24 した 22 あるが, 聞いて 21 して 19 あります 16 聞いた 15 せずに 13 あつた, 何も 11 ありました, しないで, なかった 10 ない, 伝わって, 出たが 9 きいた 8 あったが, あって, ありましたが, できない, 残って, 聞いたが 7 出る, 耳に 6 ありますが, あるの, したが, する, 聞いたこと 5 あったの, あれば, きいて, しました, ないが, 出て, 出來, 聞きました

4 [12件] あるし, あるもの, あるん, きいたが, きいたこと, しなかった, なにも, 合はう, 多い, 聞かない, 聞く, 面白かった

3 [26件] ありますがね, ありません, ありませんでした, あるから, あること, きかされて, これで, ございます, したし, したの, しなければ, するが, できないの, ないのに, なくて, よく出ます, わかるが, 出たり, 出来ない, 出来ませんから, 合って, 旅らしい, 書いて, 聴いた, 聴いて, 興が

2 [83件] あったと, あったので, あったもの, あつて, ありそう, ありましょうし, あるけれど, あるそう, あるよう, あれど, いっしょに, いろいろと, きかない, きかなかった, ございません, しずに, したいの, したくない, しなかったが, しなかったと, しにくい, するし, するの, する人, すれば, せず, そのうち, たくさんある, できまいと, ないから, ないこと, ないじゃ, ないで, ない申訳, ない赤, なかつたが, なかつたけれど, なく十二時, なしに, なるめ, はずんで, よく合いました, よく聞いた, 不思議な, 人間離れが, 例の, 出なかつたが, 出ました, 出るの, 出れば, 出勝ち, 出来ず, 出来て, 出来ないから, 出来る, 半分は, 同じこと, 嘘では, 多いが, 多くこの, 多くは, 少しは, 幾つか, 折々は, 時々出た, 案外なんらの, 次第に子供離れ, 濡れながら, 無いん, 盡き, 矢張り僕を, 私が, 私には, 私は, 結局駄目に, 聞いたらう, 聞かずに, 聞かなかつたが, 聞きましたが, 聞き及びませぬ, 興を, 要らぬどれ, 酒の

1 [1060件 抜粋] ああそう, あちこち飛び飛び, あったけれども, あったそう, あったところ, あったよう, あったわ, あつたくら, あのマダム, あらう, ありおそれて, ありさらに, ありただ今, ありましたね, ありますこんな, ありますよ, ありませんですな, ありまた, あり他, あり大坂, あり或いは, あり私, あるくら, あるぜ, あるため, あるという, あるところ, あるな, あるので, あるまい, あるらしいが, ある位, ある社会, あろう, あろうし, あんがいつまらん, いいかけられない, いいけど, いずれそんな, いたしたいが, いたそう程に, いつもの, いま聞く, いよいよばか, いろいろ伝わっ, いろいろ出る, いろいろ聞いた, うちあけて, うまいし, うわさも, おしまいである, おしまひ, おぼえて, おもしろいと, おもしろくない, おりおり聞く, お喋りの, かえる頃, かなりはずんだ, かれには, きいては, きかせて, きかれなかった, ききませんから, きけなかったが, きこえない如くであった, きまったの, くだけてから, こうした私, こうなる, ここまで, このロマンチック, この間にあった, この騒ぎ, これから先, これまで, ございましたので, ござる, ごつごつし, さきからの, された, されるという, しそうして, したいと, したい事, したくて, したくないし, したく思召, したわけ, してやる, しないし, しないと, しないなんて, しなかったわけ, しねえから, しましょう, しませんわ, しようああ, しよう遊び, し凡そ, し本, すこぶる曖昧, すでに, すませ次, すみ一週間, するで, するよう, すんだと, すんで, せいよ, せずそのまま, せずただ, せずにこにこ, せず人, せず君江, せず幸子, せず毎日, せず私, せず飯, せなかったから, せぬうち, そういう傾き, そう云う, そこそこに, そこへ, そのほか, そのまま雍, その天女, その後で, その折, その説, その頃もう, それから, それきりに, それである, それなり打ち切られ, そんなこと, たくさん出来ましたろう, たまには, たんとは, だいぶ進んどる, だんだん好転, ちょうどその, ちょっと有ります, ちよい, ついて, つきて, つけ加へ, つたえられたが, つたわった, つづけられなかった, できずにおったところ, できず休むこと, できないから, できないし, できないと, できない兎, できなかったもん, できぬ, できねえ, できますまい, できやしねえ, できるだろうと, でず平凡, でたのよ, でなかつたが, でる, とぎれて, どういう風, どうも少し可笑しい, どうやら成戸, どこまでが, ないがと, ないし, ないぢ, ないと, ないは, ないもん, ないん, ない事, ない目, なかつた, なかなか面白い, なくただ, なくな, なく三時間, なく冗談口, なく帰, なく毎晩, なく翌日, なく親, ならずそれで, ならぬからと, なりかねる, なるべく聞かない, なんにもできやしない, のこって, はいるが, はじめの, はずまない, はずまなかったが, はずむ, ふっと耳, ふむそう, ほぼつきる, まあそんな, まずそれぎり, またおかしい, またその, また孔子, また画壇政治, まだこれからな, まだ定ら, まちまちで, まとまりそう, まれでない, みなさんの, みな矢代の, みんな方角違いと, むろんその, もう冗談, もしかする, やはり, やはり成り立たず, やはり火山, やはり睡, ゆたかだった, よくできません, よく合うらしく, よく聞い, ろくに出来ない, わからなければ, わかるん, わく, わたしに, わたし残らず, オカカの, ガラツ八は, ダメだ, ヌラリクラリと, ピンヘッド, 一つとして, 一二では, 一切せず, 一向耳, 一時やめてた, 一般の, 一部の, 上手だった, 世には, 中, 久しいこと, 事にこそ, 二つほど, 二人の, 交えない労働者ら, 交えられたこと, 交じえたこと, 交へ, 交換せられた, 亦た, 亦希臘神話, 今では, 仏典の, 伝えられて, 伝って, 伝わらなかったという, 何か, 何となく浮き立たない, 何度と, 何時もの, 信じて, 信ぜられようと, 俺にとっては, 偶然竹取, 元は, 先づ訓詁解釈と, 兎の, 入る筈, 全然嘘, 其だ, 其折宜, 出あちら, 出さなかったし, 出ず, 出たけれど, 出たと, 出たよ, 出てるン, 出なかった, 出まいと, 出ましたん, 出るだろう, 出るわけ, 出来ずそこ, 出来ず煙草, 出来ないが, 出来ないだろうと, 出来ないと, 出来ないので, 出来ないやね, 出来ない位, 出来ない私, 出来ない随分, 出来なかったもの, 出来ぬ, 出来ぬな, 出来ねえか, 出来ませんけん, 出来ませんですから, 出来るという, 出来るよう, 出来んから, 出来兼ねます, 出立地こそ, 分るわけ, 割りに, 勢いその後, 半七, 南の, 又聞きぐらいかも, 双方ともに, 古くから, 合う, 合おうと, 合わないので, 同じであった, 周圍から, 嘘だ, 四つか, 夏の, 多く語った, 夢の, 大いにこんぐらがって, 大分弾ん, 大変お気に, 大抵一致し, 大抵済んだ, 女房相手に, 始まった, 存じて, 宗厳は, 実はこの, 実は蒼蠅い, 專門だ, 少々聞い, 少しずつ, 少なからぬ, 尽きて, 尽きやらず長き, 屡次し, 嵐三左衛門が, 幽かには, 幾度かきいた, 弾み卓, 当分沙汰止みか, 彼には, 彼を, 後に, 徒為に, 得意に, 心に, 必ず二度, 快活に, 思いだした, 思い出された, 思い出す, 思当りました, 愈々名実とも, 愛読し, 憶えて, 戸ごとに, 手紙では, 打消されるわけ, 持ち出すん, 捨てたもん, 改まって, 教えて, 教師らしい, 断片的に, 日頃の, 早くお, 明石は, 時々は, 時折ある, 書いた, 最初は, 有つたの, 有力者の, 有耶無耶に, 朧気に, 松本市から, 根本に, 次第に筋, 止みました, 此う, 此島を, 武蔵の, 残して, 残っては, 段々種, 気さくに, 水ぐるま, 江戸屋の, 決して無駄, 沢山ある, 洩れて, 流布され, 消えるやう, 温和な, 滅多に, 漸く分る, 火山から, 無くて, 無理で, 父に関する, 猥雑に, 現實的, 甚だ曖昧, 用事も, 申し上げたいと, 申上げる, 皆様に, 相手は, 真実である, 真実に, 矢張り単なる, 破れて, 祖母から, 私達の, 種々伺いたい, 突然の, 立消えに, 笑ひ流せる, 符節を, 紅葉の, 結構と, 絶えて, 纏まらない, 纒まろう, 考へて, 耳には, 聞いたに, 聞いたり, 聞いちゃ, 聞えて, 聞かされた, 聞かされるが, 聞かずやつぱり, 聞かせに, 聞かないし, 聞かないの, 聞かないん, 聞かぬ, 聞かんと, 聞きたいと, 聞きたくない気, 聞きなさい, 聞きましたねえ, 聞きませんでした, 聞くの, 聞こうし, 聞こえて, 聴きたい故, 聴きたくおまけ, 聴くが, 聽きません, 能く分らなかった, 自慢には, 自然に, 自然多岐に, 致しました, 致しますが, 興味が, 色々ある, 若干ぞっと, 落ちつく所, 落語の, 衰えて, 要求せず, 詰らないのね, 話中の, 詳しく知ったか振り, 誰は, 起ったの, 身の上話も, 追, 途絶えたまま, 遊びも, 達者な, 遠退い, 遺つて, 長くなった, 長し言葉, 阿部定の, 随分始まる, 面白いけれど, 音楽の, 類なき, 餘り聞かない

▼ 話~ (1508, 2.7%)

967941332520 がこの 18 がね 15 からね, がその, がそれ, が私 14 から, と思う, わ 12 がこれ 109 けれど, と思っ 7 なア, ねえ, のを 6 わね 5 がある, が今, が本当, けど, というの, とは思った, と思った, なあ

4 [12件] から私, がそこ, がそんな, が事実, が何, が俺, が君, が彼, という, といっ, と思ふ, もの

3 [24件] あ, え, からな, かわからない, がお前, がしかし, がそう, がそういう, がとにかく, がなあ, がまた, が僕, が或, が自分, で, ということ, と今日, と僕, と彼, と思, と私, と言っ, の, わねえ

2 [57件] あね, からうそ, からここ, からその, からそれ, からどうか, からどっち, からまア, から一人, から両方共, から出, から外面, から多分, から持っ, から紹介, から誰, があんな, がいったい, がお, がおれ, がかつて, がそして, がつまり, がどうして, がどの, がなるほど, がほんと, がわし, が一体, が其の, が同君, が大, が実は, が氏, が然し, が誰, けれどどう, けれどもこれ, けれども僕, けれども徒然草, し, そうだ, そうです, っけ, っけだ, とあきらめ, というよう, といふ, といふやう, とおもう, とこの, とする, と云う, と思つて私, と思われる, ネ, 誰に対する

1 [753件 抜粋] あした注意し, え飛んだ, お前さえ, お前の, お前は, お百姓さん, か, かさ, かちっとも, かよく, からあっしゃ喜ん, からあまり, からいい, からうちあけ, からおいら, からおそらく, からお寺, からこちら, からことに, からさ用心, からしまいに, からせっかく, からそう, からそちら, からそっち, からそれなら, からそんな, からたいへん, からだ, からという, からと云, からなさけない, からなア, からのこと, からひとまず, からまた, からまちがいだらけ, からもうこ, からやす子, からよく, からわし, からナカナカ焦点, から一つ, から七年, から三男, から云, から何とも, から先生, から分らない, から嘘, から大いに, から好い, から娘, から当, から往, から御, から御両人, から斯ん, から昔, から最初, から本当, から本気, から案外, から決して, から画家風情, から目下, から相手, から碌, から興味, から言っ, から許します, から辻褄, から酒, から頼み, から願, から黙, かわからず, か今, か今私, か知らない, か私, か話, がああ, があまり金, がありゃ, がいい, がいつか, がいろいろ, がおいら, がおっさん, がお祖母さん, がくだらぬ, がここ, がこっち, がこんど, がこんな, がさ, がしから, がそいつ, がそれから, がそれで, がそれでは, がたい, がたしかに, がたとえ, がちょっと, がてんで, がとある, がと断っ, がどう, がどうせ又, がどうも, がなん, がなんとか, がねえ, がねそれで, がねと宮内はな, がね弟, がはッきり何処, がひとつ, がまったく, がまア, がめいしん, がもう, がもと, がやっかい, がよ, がよく, がわれわれ, がアフガニスタン, がアンドレ, がイワン, がトテモ珍妙, がドイツ, がナ, がネ, がモン・ブラン, がラジオ, が一年, が一度, が丁度, が万氏, が三浦半島, が三輪, が下女払底, が世相そのもの, が中心, が中部ルソン, が事, が事情, が五年, が人間, が今年, が仙台藩, が何だ, が何ん, が何年, が余, が併, が信じられない, が偶, が偽名, が元々, が兄, が先代, が先方, が光悦どの, が全く, が全国的, が公平, が其家, が其頃麹町, が内地, が出入, が別所, が加賀, が十九, が同じ, が同情, が君みたい, が呉, が商家, が嘔吐, が土門, が垂れ流し, が多分, が大きな, が大島, が大工, が大阪, が大阪船, が天子さま, が奇怪, が実, が実際, が寺内総督, が寺田さん, が小林秀雄, が小生一個, が少なくとも, が少女, が帝劇, が幽霊, が底, が店, が役所, が彼女, が待ちなせ, が従兄妹, が御苦労ついで, が徳川頼宣, が急, が悲しい, が戦死, が戸倉老人, が手前, が支那, が数少ない, が数日前, が旅行中, が旦那さん, が明治, が昭和戦前, が未開, が本来, が東京, が東大寺, が柿右衛門, が根, が死体, が死刑執行人, が気づいた, が氣, が汽車, が渠, が源雅定, が溜桶, が無理, が無理強い, が特に, が犬, が狩野, が独帝, が現に, が甚内様, が疑, が疾患, が相手次第, が神功皇后, が競争者, が糞尿, が編輯長, が考え, が腹立ちまぎれ, が舟津川, が若い, が茶の間, が萬, が製菓工場, が要するに, が証人, が話, が貴族院, が起こり, が退散, が邪慳, が金, が長い, が関, が露伴, が題詠, が高, が高田文相, が黄門はじめ徳川, けどあの, けどいつか道, けどさ, けどしてる, けどなんだか, けどね, けど医者, けど実あ, けど牧さん, けれどあの, けれどこっち, けれどこれ, けれどその, けれどそれら, けれどとても, けれどともかく一応, けれどほんと, けれどもこ, けれどもその, けれどもだいたい, けれどもひく, けれどもツルゲーネフ, けれども事実, けれども信念, けれども始め, けれども守銭奴, けれども然し, けれども秋葉, けれども酔っ払い, けれども青春永遠, けれどわたし, けれど今日, けれど川手氏自身, けれど由, けれど祖父, けれど神, けれど若し, けれど警官, けれど金, けれど陸地, げつと, ここは, この僕, これから何年, これは, これを, しする, しそれ, しぶつ, しまだ, し危, し私, ぜ和尚様, ぜ皆, そうで, そうである, それで向う三軒両隣, それは, それを, そんな出来ねえ, っけな, つたと, つたな, つたのだらう, つたのです, つてさ, つてほかの, つて本, つて本来なら, てする, でのなんと, と, とあなた, というふう, という事, という声, という知らせ, という評判, といくら, といふ樣, といま, といわれるだろう, とう, とうんざり, とお, とおれ, とお笑い, とか仮, とか何とか, とか昔, とか景気, とか町人, ときいた, とこうつけ, とこれ, とされ, としてもお, とその, とそれ, とどんな, とな, とはどうしても, とはにかん, とは思います, とは思いません, とほっ, とまぜっ返す, とよく, とんでもない, とナオミ, とパパ, とマリヤ・アルコフォラド, とモデル商売, と世の中, と九分九厘, と云っ, と云った, と今度, と伯母, と先生, と兵學校, と大久保, と夫, と存じます, と左門, と思い, と思いつきました, と思います, と思うだろう, と思っちまう, と思ってた, と思つて心, と思はず, と思ふだらう, と思われ, と断言, と早, と最近バカ, と村, と止れ, と気がつき, と留吉, と白昼, と石子刑事, と称し, と笑つて, と職工, と西洋人, と言, と言う, と長崎, と陣場, どもそれ, ども嘘, なあワルワーラさん, なえ, などとそう, などとインテリさん, なんどと, なァ若け, な世界, な今, な本物, な清次郎, によってのち, ねえか, ねお, ねこれ, ねと文学者, ねと芝田さん, ね親分, ので私, のに今ごろ, のに多忙, ぼくは, まあそんな, まさか兵馬, もうあれ, もんお前会社あ, よあれ, よかまわない, よくこちら, よしんば自分, よと仰有る, よ仙太公, よ冗談ぢ, よ此場限り, よ決して, よ誰, よ黙っ, わいと思い込もう, わという噂, アヽありたい, ソンな, 一人や, 万一道庵, 主人の, 二十四五度, 五千疋の, 人気者も, 今日という, 今時そんな, 他の, 何を, 併し, 借金が, 全体何う, 公判記録なんか, 坊主でも, 実に驚いた, 年貢を, 幻に, 彼は, 彼等, 手討に, 散歩の, 橘姫様という, 気に, 畢竟主人, 真実とは, 能勢が, 蛋白質の, 貴様は, 賭博本能が, 長州征伐と, 霊物が

▼ 話~ (1304, 2.4%)

114 あつた 10 私は 8 あつて, あらう 7 私が, 見ると 6 せう, ね, 聞いて 5 ござります, 彼は, 私も 4 はない, 何も, 僕は, 持ちきった, 私の

3 [18件] これは, これも, これを, ごぜえます, さあ, その点, それは, それを, でも, もちきりだった, もちきりでした, 今では, 夢中に, 彼の, 思い出したが, 持ち切った, 聞くと, 金が

2 [65件] あつたの, あらうと, お前を, お定, かれは, きいて, ここへ, この事件, これが, ござって, さう, さア, そのお, そのため, それから, つまり逃亡, な, はある, もしましょう, やはり十七年, われわれには, ツイ今しがたまで, 事件に, 人を, 今日の, 何でも, 何の, 初めて知った, 厶りまする, 吾, 国の, 夢中だった, 娘を, 実際の, 実際は, 小説の, 御座ります, 思い出した, 恐縮だ, 想像する, 憎む理由, 打ち解けようと, 持ちきって, 持ちきつ, 持ちきりであった, 持ち切って, 持切って, 持切りの, 時間を, 最初に, 気を, 涙が, 相手を, 知った, 私には, 立つ時, 自分が, 自分で, 自分の, 自分は, 若い者, 解つた, 近所の, 金を, 門松の

1 [913件 抜粋] あおめ, あてには, あなたが, あなた様こそ, あの方, あまつさえ額面, あらかたのも, あるいはシナ, いいよう, いかにも心もとない, いかにも芸, いけねえ己の, いざと, いずれ段, いっさいの, いったよう, いのちを, いまは, いま食べ, いよいよ話相手, いわくある, うずめること位, うんざりした, おきき, おたより, おほか, おまえには, おみね, おもしれ, おもて, お内儀, お幸, お艶さん, お許し下さい, かういふ馬鹿バナシ, かなり長い, かれこれいう, がすよ, きいたり, げす, こいつは, こういう馬鹿バナシ, ここから, ここに, こちらの, このちよ, この人, この出来事, この多, この実験, この方面, この私, この間赤い, これからどうなる, これこそ, これで, ござえしたよ, ござりました, ごぜえました, さ, さすがに, さんざんに, ざんすな, しかも作り話, しかも私, したくの, しんとなつ, じきに家裡, すぐに, すっかり興, すでに最前, すむでしょうに, すむの, せうが, せう彼, そういうもの, そこが, そのずいぶん, そのほか, その上, その他の, その内, その原因, その場所, その夜, その婦人, その宮古島, その恥, その日, その次第, その武家, その若い, その規則, その謂れ因縁, その静か, その面目, そもそも盆暮, それからその, それくらい, それだけで, それも, それ以上慾を, そんな折, ただ自分, だいぶ田口さん, だんだん好奇心, ちょいと, ついうかうか, つかれも, つまりお祖母さん, つまるところ, できたと, とてもまとも, とても今日, とても汽車, ともかく何, とんと我々, どうなる, どうも最初, どうやら下の句, どうやら要領, どっちみち今夜, どんなこと, なう, なし, なるほどあり得る, なんでも, ねいか, ねこの, はあの, はありません, はござりませぬ, はなはだつまらない, はべつに, ひところの, びつくりさせられた, びツくりした, ほかに, ほとんど各社, ほぼ分った, まことに単純, まして私, また何, また発光器, まだ家ん中, まだ沿岸, まったく何一つ, まはり, まるで店主側, まるで現実, みなさまがたの, みると, みんな判った, みんな大笑いさ, むちゅうだった, もうお母さん, もう一つ今, もう充分, もござりません, もしたかい, もしましょうから, もし出す, もちきったの, もちきりだ, もちきりながら, もちろんわが, もって, やがてわかりました, やつと, ゆこう, よい都合, よくわかる, よく私, よろこぶところ, わかった方, わかるとおり, わかるよう, わざわざ谷崎, わたしには, わたしも, わたしを, われながら, われわれの, カンカン, コスモは, スッカリ神経を, ズーッと, ソコへ, ダイトクモツコの, ツて, バカげた話, ブレシントンに対して, ホボその, マニラを, メーター雑工具支持台硝子器類など, ラバァウルへ, 一つは, 一切の, 一幕捲, 一度ぎりで念仏, 一日遊ばせ, 一杯に, 一番印象に, 一言反駁の, 三十棒と, 三田の, 下高井の, 両人が, 中の, 丸で, 主筆氏の, 九月の, 事情を, 二人ともに, 二度とは, 亜米利加には, 人々は, 人間堕落の, 今さら紹介, 今に耳, 今まで, 今日あたり來る, 今日あたり来る, 今日学校で, 今更それ, 他から, 他愛なく, 伊勢の, 伊藤が, 会津の, 伺いました次第, 佐助は, 何が, 何でも重, 何万弗だ, 余り奇抜, 作品としては, 信じる値打, 倉知の, 傳は, 元は, 先生は, 全く忘れ, 全篇, 兵士が, 其様な, 分かったという, 分った, 分る, 分るやう, 分る秀子, 初日は, 判ること, 別に大, 到底お, 前半が, 前後の, 加行と, 勇吉は, 勧められて, 半蔵らは, 単調な, 博士の, 原稿は, 厶ります, 叔父が, 只今なれ, 台湾の, 吃驚した, 名題は, 周子と, 嘉吉が, 嘘にも, 嘘も, 囲炉裏ばた, 在学中に, 圭子には, 城から, 多分或, 多分知っ, 夜が, 夜半怪我人を, 夢中な, 大さわぎ, 大体父が, 大層便利, 大抵お, 大方は, 大毎にも, 大笑, 大間知さん守随さんの, 大體, 夫の, 女の, 好かつたら僕, 妹の, 始めたの, 婆さん連が, 嬌声を, 安二郎の, 実に私, 実用に, 実直さうな, 実際を, 寝小便や, 将軍家から, 小鳥は, 少いほど, 少しは, 少し長たらしい, 山下だ, 平家方の, 年を, 庫に, 弁護士は, 弟子屈温泉に, 当時この, 当然証拠以上, 彼らは, 彼女を, 彼自身に, 後とは, 徒士町の, 御免を, 復一は, 徳次は, 心配は, 忽ち乗, 思いなおした, 思い出されるの, 思い出す時, 思はず夜, 思ひ止まつたこと, 性という, 恐れ入ります, 恐れ入るが, 恐縮だす, 恐縮です, 悉皆読めた, 想い出すの, 想像し, 意外にも, 意見を, 慚愧の, 成功する, 我邦には, 或る, 所詮分る, 手練の, 承知だった, 拙者は, 持ちきりでございます, 持ちッきり, 持ち切り, 持ち切りでした, 持ち切りで御座います, 持切った, 持切りだった, 持切りです, 指図どおりに, 指紋鑑識など, 推察した, 撮影した, 故右大将家, 数年前に, 敵では, 断固是正, 新焼, 日常の, 日本内地の, 早速それ, 早速沸, 明治政府に, 昔なら, 昨夜の, 時間の, 曖昧な, 最後の, 有ったのに, 有頂天に, 本年の, 本当に内部, 本当はくだらん, 本来は, 来たん, 東京へも, 槍は, 正しくその, 正直な, 此を, 此処に, 殆ど信じ兼ねる, 段々異, 比較には, 気ばらしを, 氷を, 決して大衆小説, 泊りが, 泣いてしも, 浜子は, 海さえ, 済みませんが, 渡りに, 源氏は, 激しく心, 火さえ, 然しミサ子たち, 然れ, 燃料の, 片桐春一は, 特に注目, 狭い一つ, 王滝贄川藪原の, 現に昨夜, 現在は, 甲斐は, 畢竟する, 畢竟戯曲, 百本の, 皮肉な, 監督の, 眺めたくも, 知って, 知られるの, 社会的な, 私たちは, 私どもは, 私共その, 穎川は, 突然まつ, 第一何処, 筋も, 精神上から, 約束が, 約束の, 終ること, 結局これだけからは, 結局は, 線などは, 繰り返し述べた, 美代吉は, 義経の, 而も, 耶蘇會士にも, 聞いたほど, 聞いた土地風俗, 聞いても, 聞くよう, 聴いて, 聽いた, 胸に, 腹一杯に, 自分と, 自慢にも, 芥川に, 若い妓, 若返りは, 英吉利は, 英語は, 落窪まで, 葛の葉の, 表向きの, 要するに比較的収益, 要するに金魚, 見りゃなかなか, 覚えたの, 言ひ残した, 詩を, 話も, 詳しい状景, 説明し, 説明致しましょう, 誰が, 諸君の, 谷干城の, 豐後の, 貨物船は, 賑やかだった, 起った場合, 跛盲に, 路傍の, 近世歐羅巴に, 進んで, 道化に, 酸素吸入を, 銚子から, 鐵梃を, 長い間私, 陸奥国南津軽郡大鰐という, 静雄も, 面白おかしく, 面白く感じた, 頼みに, 風巻の, 馬鹿に, 馬鹿氣ない, 高野聖で, 鳧が, 鳳來寺行きは, 鹿か

▼ 話では~ (896, 1.6%)

78 ない 47 ないか 41 あるが 17 なかった 16 ありませんか, ないが 12 ありません 11 ないの 9 何でも 6 ありますが, あるまいか, なかつた 5 ないかと 4 それは, なくて, 彼は, 豬肥えの 3 ございません, ないから, ないけれども, ないと, ないん, なかつたの, なさそう

2 [30件] あったが, あつた, あなたがたも, あの辺, ありませんが, ある, おまえは, この店, この頃, ございますが, その時, その男, それが, ないこと, ないぞ, ないよ, なかろう, なく彼, なく私, なく膜, なしに, なんでも, まだ整理, 出産後二十六日目に, 奥さんも, 此の, 消えた花嫁, 源助は, 聞いて, 自分は

1 [529件 抜粋] あたしの, あちらの, あった, あったけれども, あったぞ, あっちに, あなたが, あなた泥まみれに, あのすっぽん, あの気, あの犬, あの男, ありますまい乎, ありませんと, ありません曾, あり個人感情, あるまいかと, あろうが, いくらでも, いっこう要領, いつかも, いづれも, おかみさん, おそらく蟹, おなかさんが, おれたちは, お互に, お前の, お妾, お寺の, お尻, お母さんが, お稲荷さん, お米, お藤, かえってその, かねて大浦先生, かれは, きっと語り終わっ, きょうも, ここから, ここでは, ここには, こちらだけが, このサナトリウム, このナイフ, この一世紀, この先, この前, この大, この夫婦, この家, この村, この鐘, この離家, この鬚男, これと, これも, これらの, ころげまわって, こんな村, ございませんが, ございません爺, ござらぬか, さっきよりも, しかしまたその間違, すぐその, すまないこと, せんたく屋, そういう事, そうである, そこの, そのうしろ姿, そのご, そのバー, そのモダン, その三つ, その九官鳥, その名画, その女, その娘, その尊貴族, その手術, その時計, その狼, その猿, その知人, その突撃隊, その結末, その船, その荒物屋, その蛇, その表門, その錺屋, その露西亜人, それでもところどころ, それでもなお平家納経, そんなこと, そんな釣り師, そッち, たしか町名, ただ背中, ちと荷, ちょっと困る, つい其処, とう, とても上手, とても可哀想, どうしてもここ, どうしても男, どうもこの, どうも良く, どこまでも, ないかとも, ないかなど, ないかも, ないさ, ないだけに, ないであろう, ないでしょうか, ないなんて, ないので, ないよう, ないわい, ないわね, ない伊那丸, ない君, ない如何, ない様子, ない江戸, ない私, ない表, なかつたらしく昨夜, なかろうか, なくいろいろ, なくただ, なくまた, なくもうだいぶ, なくもっと, なくやっと, なく仮, なく全, なく外国, なく従って, なく日本, なく朗読, なく無責任, なく私たち, なしずっと, なしただ, なし身請, なにも, ぬりこめた石材, ねえここ, ねえん, ねえ明日, はやりませんから, ふだんは, ふとした酒, ほら穴の, ほんの通り雨, ぼたん, まあ無事, まことに負担, まず本当, また戯曲, まだすっかり籠, まだ割竹, まるでクリーム, めったに町, もうその, もうちゃんと三月, もう三週間, もう下流, もう助かり, もとは, やす子は, やはりかえった, よく分かりません, わずかこの, わたしを, アイヌも, カムチャツカ東海岸の, グランブルヴァールから, コックと, コローボチカとかいう, ジャーナリストらしい, セザールは, チビ公の, トルコ兵は, ハッキリしない, パウロが, フリの, ブッシュが, ブラウンは, ベク助の, ペトゥローの, ユーゲントたちは, ルリさんは, レスパネエ夫人は, レンズだけ, 一中隊くらゐです, 一人の, 一向埒, 丁度佐佐木君, 万年屋は, 三羽ともに, 上伊那郡伊那里村地方では, 下呂以外に, 不思議に, 不正な, 不破という, 事件の, 事業から, 二つで, 二つとも, 二三箇月後には, 二人は, 二十三四から, 二千万とか, 五六十万単位で, 五年の, 五百両の, 人々は, 人でなく, 人間なかなかのんびり, 仇台といふ, 今でも, 今の, 今度の, 今度は, 今日は, 今日も, 仏の, 仏は, 仏様は, 以前には, 仲人中将の, 伊作の, 伯母が, 佐渡ヶ島は, 何食わぬ, 余程酷い, 使いの, 例の, 信州へ, 倫敦の, 元来あすこ, 兄さんは, 充分に, 先方の, 入院し, 八津が, 兵隊から, 内から, 冬中は, 刀試しじゃ, 初めは, 別に気, 別荘へ, 利助という, 前川さんは, 剣術の, 勅使御, 十勝から, 十風の, 千吉と, 千葉あたりの, 午後を, 博士は, 去年あたりから, 去年二月に, 反六円, 古本屋は, 各々の, 名墨, 呼び戻そうと, 和武は, 唄の, 唐代に, 噴煙が, 四五十年前にも, 四五日住ん, 四郎, 土地の, 堀川ひとつ越した, 塾生たちが, 夜芝居へなんか, 夜道怪は, 大したこと, 大将は, 大部分, 大阪中さがし, 天上沢の, 天狗は, 太公望の, 太田さん達の, 奥さまとの, 奥さんが, 女中がは, 奴却, 嫁が, 嫂らしい, 子供は, 子供心にも, 孤児は, 學校通ひ, 室生さんが, 家庭の, 専門の, 射, 小学時代と, 小郷は, 少年が, 山本氏が, 岩は, 巴里で, 市郎が, 平の, 役場へ, 彼が, 彼自身は, 御わかり, 御前さんが, 御夫婦, 御嬢さん, 御嶽の, 御座います, 御維新後, 心持が, 忠一が, 或る, 手掛りを, 手紙の, 支那とか, 支那人と, 支那軍の, 教会で, 教会の, 新雑誌, 日々わずか, 明け方に, 明日の, 昔この, 春琴の, 昨夜倫敦から, 昨夜遅く, 時として帰つて, 時として歸つて來, 更にもう一つ, 月給は, 有りますまい, 有るが, 朝から, 朝倉先生の, 木島君は, 本郷で, 東京は, 東京本郷座の, 東野の, 某県下, 染色の, 柳吉は, 格別おもしろく, 楠木多聞兵衛正成も, 横田が, 檜山は, 正午頃望遠鏡を, 此島を, 此懸崖の, 歸る, 死骸が, 母が, 毎日彼女の, 比較的少数, 気付いて, 水を, 泥で, 津右衛門殿は, 活字に, 深切な, 清川の, 渡辺篤が, 激戦また, 火元は, 灰は, 烏や, 無いか, 無いので, 無いん, 無かった, 無官太夫敦盛の, 父の, 片山夫人が, 牧場は, 独逸の, 王さまという, 生命には, 生徒の, 田鴫よりは, 画の, 疑うの, 病気も, 発動機さえ, 登場人物が, 登子の, 百貨店は, 皇帝は, 目星を, 直治は, 相変らず, 眉目秀麗な, 石の, 石松は, 確かに, 磨鏡党とか, 祖父が, 福沢先生は, 私に, 私の, 私は, 私らしい, 窓の, 童子の, 竹村, 筋向うの, 築地の, 素子が, 結婚の, 給仕女が, 絶頂から, 美沢さんという, 聽衆が, 肉腫が, 胡瓜漬の, 胴まわり一尺も, 脇の, 腹が, 自分に, 船が, 良円寺前で, 花前は, 苔といふ, 英語の, 茜さんの, 薩摩に, 虎狩りが, 蛇つかい, 蛇は, 行き違い, 衣川さんが, 裁判所側は, 裏側の, 複線工事の, 見たところ, 見当が, 親元は, 親鸞上人甲州の, 解らないでしょうけれど, 言切れない, 説明されてない, 誰かが, 誰か人に, 誰ひとりとして, 誰れ, 谷の, 豚の, 農業は, 迚も, 過去五十年間に, 郡視学も, 部隊は, 都は, 金という, 金吾老人が, 銭湯に, 鍬の, 長者の, 門を, 関東も, 隠士たちは, 隣りは, 電気の, 電話局の, 青年会の, 青森で, 青魚の, 餘り, 駒鳥なども, 高級の, 高谷千代子の, 鬼カゲは, 鵙屋の, 鶴さんの, 鶴子は, 鹿が, 黄色の, 黒猫の, 鼠取りの, Oが

▼ 話です~ (573, 1.0%)

564432261714 が私 13 がね 11 がその 9 から 87 からその 6 がこの, ねえ 5 からね, があれ, がお 4 がこれ, けれど, ぜ 3 が実は, けれどもね

2 [22件] からこれ, からわたし, があなた, がお前さんそれ, がそこ, がそれ, がな, がわたし, が僕, が兎, が恥, が支那, が時々, が此日女, が男, が蘆庵, が表, が貴女, けれども私, けれど私, ものねえ, よざくざく

1 [247件] え, かえ, かそれ, かと老人, からあと, からあるいは, からいずれ, からいっ, からいづれ, からこれから, からちよ, からどれ, からどんな, からねえ, からね申します, からもっと, からもとより, からよそ, から多分, から天保初年, から思いつく, から昔, から村, から正直, から無論, から特に, から祖母, から遠慮, から遠慮なく, か本当, か跛足, があす祝言, があの, があぶらや, がある, があんまり, がいくらか, がいつ, がお互い, がお目にかかっ, がお金, がこと, がことに, がこの間, がこれくら, がこんな, がさ, がさしあたっ, がざまア, がじつ, がそのうえ, がそれから, がそれでも, がそれら, がそん, がそんな, がたとい, がちやう, がちょうど, がぢ, がどうぞ, がどうも, がなんせ, がね中でも, がね御, がね真面目, がね裸麦, がほんと, がぼく, がぼく達, がまず, がまるで, がもう一度, がもともと, がよく, がより, がわけても, がアグラフェーナ・アレクサンドロヴナ, がアダ名, がイヤ, がツイ此間, がプロメシュース, がマッチ, がワシントン, が一人, が一片, が一班, が万事, が三人, が上方, が不覚, が世の中, が事実, が人長, が仁賢天皇, が今どこ, が今度翻訳権, が以前, が何故か, が作家, が例, が例えば, が俘虜, が先, が全く, が八十何種, が動く, が動物, が北奉行所, が北條民雄, が十両, が十兩盜むと首, が千万人, が味わっ, が嘘, が変, が大正何年, が大阪, が太陽, が女, が女房, が娘, が子供達, が宰相閣下, が家, が宿屋, が小川町, が小遣銭, が山国兵部, が山王様, が年, が年々一度, が序, が役儀, が彼女, が後, が或, が明治文学, が昔, が昨夜, が昨日あたり, が是, が最後, が最近, が有る, が本当, が机, が松さん, が栖鳳先生, が正, が歯軋り, が然し, が燕車, が特質, が留置所, が真偽, が社長自身, が私昨日庭, が立派, が第, が精神, が素人, が絵, が自分, が自分の, が若々しい, が薄暗く, が裏ン町, が調子, が警部補さん, が足, が跛足, が身の丈, が集まっ, が雪, が魏, けど, けどそっち, けどそんな, けどもう, けどガラトィンスキイ, けど吉川先生, けど私, けれどあの, けれどこないだ兄さん, けれどね, けれどまあ, けれども, けれどもう実に, けれどもその, けれども十五銭程買つたの, けれども十五錢程買つたの, けれども半, けれども実際, けれども小さな, けれども近頃, けれど二人, けれど彼女, けれど百物語, けれど義母, けれど電話, さ, し, しいったい, しいつたい, しこちら, しそれ, し私, って, でおれたち, ですから野良着, というの, と寒中, と尋ね, と戸部, と答, どうかしたら, なあ, なうん, なア, ねあつし, ねェで, ねエ, ね曲者, もうあなた, ものお世話も, もの住所も, もの差向いて, よこいつ, よし一時, よアインスタイン, よ今頃, よ前もって, よ寒月君, わい, わね, ネ, 其頃は, 勿論, 女の, 尤も, 本来自然に, 此に, 神様が, 私は, 親分, 貧乏の

▼ 話~ (486, 0.9%)

105 んだ 90 のである 55 んです 38 のだ 37 のです 17 んで 118 のよ 6 ので, のであらう 5 のであった 4 のか, のだった, ので私 3 のでつい, んでしょう, ンだ, ンです 2 のだろう, のであります, のであろう, のでした, ので応接室, ので筋, んでございます

1 [70件] のかしら, のさ, のじゃ, のだつた, のであの, のであらた, のでありました, のでいまだによく, のでいろいろ, のでお, のでこれ, のでございます, のでさすが, のでそこら, のでその, のでそれきり後日談, のでたいてい, のでぢ, のでどうにも, のでなんと, のでひどく, のでわざと, のでわたし, のでサト子, ので一年配達, ので一時, ので三平, ので主人, ので人なか, ので仕方, ので何, ので何とか, ので分りません, ので半信半疑, ので参禅, ので口, ので可笑しく, ので図書館, ので子供心, ので学長, ので安川, ので平生当面, ので忘れ, ので思わず, ので戸若, ので早速, ので暫く, ので次, ので気, ので王様, ので相手, ので確, ので耳, ので藤原, ので論文, ので食べる, ので馬鹿馬鹿しい, ので高順, のでPCL, のにその, のにどうして, もんか, んじゃ, んだろう, んであります, んでござんす, んでな皆, んでね, んで嘘, 大次郎

▼ 話~ (433, 0.8%)

12 云うの 11 いえば, なると 9 なって 8 いっても 4 いうと, なりました, 云ふ, 似て 3 なった, なつた, なる, 一緒に, 同じこと, 同じよう, 違って

2 [24件] いうよりも, いふと, いふの, いへば, いわねば, して, 云へば, 今の, 同じやう, 同じ様, 同様に, 思って, 思われる, 申しますの, 矛盾する, 知って, 符合し, 縁が, 聞いて, 見て, 言うは, 言えば, 言わねば, 関係が

1 [297件] あって, あなたが, ありまた, あるべきを, いいいろいろ, いいどれ, いいまた, いい世間, いい助, いう, いうでも, いうのに, いうべきだろう, いうべきでした, いうより, いうよりは, いえなかったが, いさみ立って, いったってねえ, いったら外, いって, いっては, いつもの, いつも同じ, いふよりも, うけとられるだろう, うろ覚えを, おっしゃいましたか, おっしゃるそれ, おっしゃるの, おなじよう, お聞取り, かねがねサーシャ, きめてか, この人, したつて, しちゃ, しよう, すすり泣きの, する, すれば, その噂, その金高, それから, それに, ちがうな, ちがうので, ちがったという, ちがって, ちつとも, つけたいが, つづくん, つながって, てらしあわせて, であるが, どうだい, どんな病気, なして, なすは, なったの, なったらまるで, なってしも, なつて, なり, なりそれだけ, なりますと, なり女将さん, なり神, なり進んでは, なるの, なるや, ひとわたりあった, ぴったり一致, ぴったり合った, ぴったり符節, ぴったり継目, ほとんど変わった, まったく辻褄, もう一つ, やらかそう, よく似た, われわれの, カント, ゴロツキ艇の, スキャンダルとは, タクシー会社の, ピクイック先生が, ピッタリ一致, 一括し, 一点一画の, 一脈相通ずる, 一致します, 一致すれ, 下手な, 之を, 事件とに, 事情などを, 云うこと, 云うべきであるが, 云うもの, 云えば, 云ったところ, 云ったの, 云っては, 云つたのは, 云ふも, 云わなければ, 五年後に, 交り合っ, 今日の, 他郷に, 伊達君の, 伝えられて, 伝さんの, 似た話, 似通うたもの, 何の, 余りにも, 來る, 先日高田が, 全く同様, 内證, 分厚い札, 別間題, 前の, 前後し, 前置きし, 千本桜の, 印度の, 又その, 友人と, 取っ組みながら, 取るにも, 可庵, 各自独立に, 同じく倶, 同じく氣, 同じそれ, 同じで, 同じである, 同じもの, 同じ事, 同じ筋, 同じ道理, 同一類である, 同型の, 同様で, 同様であっ, 同様な, 同様明日の, 同等に, 同系な, 同類系の, 吠, 吾儕の, 和歌とが, 唯其の, 嘲られては, 国王の, 土蔵の, 地獄極楽の, 変らない, 変りませんが, 多く相似たるは, 大分変った, 大同小異だった, 好一対なる, 妻の, 学問の, 実際とは, 実際の, 察せられる, 寸法とのみが, 将来の, 山中の, 川合さんの, 川崎の, 工場の, 平松刑事が, 幾分か, 心得まするが, 必然的な, 忠三郎の, 思いここ, 思いますけれど, 思い居る内, 思い比べ, 思うもの, 思えば, 思おうけれど, 思ったから, 思ってちゃ, 思っては, 思っても, 思つたから, 思つてゐた, 思はれるかも, 思ひ合せて, 思ふの, 思ふ者, 思われて, 思われるかも, 思われるよう, 恐い話, 持てた話, 振られた話, 教訓に, 日本童話の, 旦那様の, 昔の, 昔話とを, 最近何かで, 未来の, 本当の, 村中の, 来たらどれ, 来ては, 梨倶吠, 椿の, 極った, 横浜の, 比べて, 比較し, 比較したら, 比較せざる, 気が, 氣が, 浦島説話とを, 混同し, 混同する, 清三と, 狐が, 現場を, 申しますと, 申すはな, 申せば, 異なって, 異なり辛抱, 盗んで, 相成って, 相違せる, 私が, 称するもの, 種類の, 符合する, 符節を, 等しく日本説話, 系統を, 結びついたの, 結びついた例, 結びつく, 結びつけて, 続いて, 聖書に, 自分で, 自分の, 色恋の, 著しい共通, 著しい対照, 蕎麦と, 見えて, 見える, 見える余, 見られるくらい, 親子連で, 言いそれら, 言うの, 言うべし, 言ったよう, 言つた光景で, 言つて了へ, 言ふ, 言ッては, 話との, 話の, 読むン, 謂ふ, 象の, 身振りとを, 輪飾りの, 違うこと, 違うぞ, 違うの, 違ったところ, 違ふ, 都合三つの, 酒に, 酷似し, 重複も, 鈴蘭の, 関係ある, 関係なく, 関係は, 限らずこの, 電燈つけ, 高笑いを, 黒潮

▼ 話である~ (424, 0.8%)

17 がその, が私 12 がこの 116 がある 4 がしかし, がそれ, ことは 3 がこれ, が問題, が然し, ことが, と思う

2 [30件] から, からその, から私, があの, がいま, がかかる, がここ, がそこで, がそれでも, が一方, が人, が今, が何, が双葉山, が同じ, が夕方, が実は, が実際, が彼, が或, が日本, が本当, が此, が私たち, が第, が近頃, けれども彼, し又, のは, 故

1 [274件] お浦, かも知らぬ, からいっそ, からいま, からお, からおそらく, からこういう, からここ, からこの, からこれ, からこれ以上心配, からし, からそのまま, からどうせ, からどれ, からなほさら, からまだ, からもちろん, からわかり, からカンジン, からチルナウエル, からボク, から今日, から何, から初め, から十分信用, から吾, から慎しま, から折, から日本, から此, から略する, から神宮, から継子, から聞い, から自分, から誤解, から諸君, から近郷, から驚ろ, か偽装, か昨夜, か知れない, があちら, があり合せ, がいや, がいろいろ, がお, がかく, がかたはら, がかつて, がこれら, がこんな, がしばらく, がせめて, がその後風雨, がそれ以後, がそんなに, がちょうど, がついで, がつまり, がと切出し, がどんな, がなかなかそう, がなるほど, がなん, がのみならず, がまあ, がまア, がもし, がもちろん, がもともと, がよく, がわが, がわれわれ, がアテネ, がアメリカ, がキリ, がジュノウ, がソ連, がドイツ, がニュートン, がマサチュセッツ州立農科大学, がメロン, が一たん下, が一回, が一度, が一面, が上司氏, が中学五年, が中学時代, が中山氏, が事実, が事実病根, が二十六年, が五円, が京橋, が京都, が以前, が低温研究所, が何ん, が何ヶ月, が佛蘭西, が作りごと, が信長, が修行, が停年制, が元々学, が先ず, が先づ水口園, が先年, が先生, が其の, が其由来, が冬彦先生, が出処不明, が切支丹, が別に, が利根川, が前記河原田平助氏, が勘定, が十一月, が千里眼, が南画, が厳冬, が去年, が四, が土佐, が地方, が壮年時代, が外, が大井広介, が大学, が孝, が孟母, が実生活, が実行, が室戸, が対岸, が巴里あたり, が市内, が常友, が幕下十両, が幸, が弟, が当時, が当面, が念, が戦後, が手紙, が払, が排泄, が撮影所, が支那, が支那兵, が政治, が散歩, が料理人, が斯, が日日子, が日本人, が早く, が昔しの人, が春木座, が時代, が最高, が松茸, が某, が森永, が橋田君, が此問題, が池島君, が決して, が深山, が然, が焼跡, が父, が物, が現在, が生, が生徒, が町, が百貨店, が皇室, が着氷, が私ども, が稗貫郡地方, が稲, が竜, が維新前, が考古学, が而, が肥前平戸, が能, が興味, が若い, が英国, が草鞋掛, が荷物, が著者, が蔡, が薬, が蠅男, が表面, が要するに, が見方, が見物, が言い伝え, が試み, が諸, が越後, が通りがかり, が道鏡, が鉄筋コンクリート, が鏡, が長谷川君, が雪面上すれすれ, が音楽家, が高知, けれども姉, けれども茲, けれどターネフ一味, けれど三月, けれど世に, けれど加工品, ことを, さうし, し, しその, しまた, しもし, し世, し別に, し私さ, し第, そうだ, そして昔, その敷居, ぞ, といっ, ところの, とし, としても足利時代, として是, とだけは言, と云, と女性, と思った, と思つて, と思ひます, と思ふ, と笑っ, と考へる, なんめりで, には相違, にも関ら, のが, のだ, よもやと, 之を, 以上縁談が, 偃松の, 南風氏は, 大隈侯病篤し, 奥田元, 文芸は, 此土木の, 殊に芸術作品, 氏の, 物語を, 譬えば五年, 鈴木と, 青函連絡船の, 頓て

▼ 話~ (397, 0.7%)

17 がし 16 が聞え 13 がする 9 が聞える 7 に耳 4 がきこえる, がした, がぴたり, が聞えた, が聴, を聞いた 3 がきこえ, が起った, が高く, だった, はぴたり, をきい, を耳, を聞きつけ

2 [30件] からし, がにぎやか, がよく, が一時, が洩れた, が私, が聞こえ, だの, ではない, で眼, に目, のよく, の中, はしばらく, は二間, は聞えない, は聞えなかった, もきこえない, もしない, もしなかった, も聞えない, も起り, や物音, や笑声, や騒々しい, をきき, を妨げる, を毒, を聞き, を聞く

1 [227件] かな, が, があんまり, がいつ, がいつの間にか, がきこえた, がきこえない, がしだす, がしない, がしはじめる, がたちまち, がつづい, がどこ, がはい, がふわふわ, がほんとう, がやっと, がボソボソ, が丘, が乱れ, が互, が交っ, が交つて, が伝わっ, が低く, が十一時, が可, が外, が夜更, が夫, が始まつた, が家, が微か, が急, が意地, が手, が木の葉, が棺桶, が止む, が止んだ, が水口, が水面, が永い, が洩れ, が礑, が籠つて, が絶えた, が絶えなかった, が続い, が続いた, が耳, が聞えなくなった, が聞えます, が聞えよう, が聞え出し, が聞え出した, が聞き取れぬ, が聴取, が誰の, が譟然, が走っ, が起つた, が起りかけた, が足音, が転, が近く, が逐一, が途切れ, が途切れる, が途切れ途切れ, が途絶える, が階下, が障子越, が馬鹿らしい, が高まる, が髣髴, さえ妨げられた, さえ聞え, さえ雪, そんなもの, だ, だけ暫く, だけ聞える, だけ高く, でありましたが, ですわね, でないこと, ではある, で分った, で年配, で賑わっ, とかが聞えた, とが聞え, となっ, と三味, と共に耳, と共に近づい, と小鳥, と少し, と歓声, と混, と笑声, と箒, なぞの泄, などが聞え, などはもう, などはもうとう, などもしかと, にうすうす, につ, にはじき出された, にもその, にも一々, に何だか, に入れ交っ, に嗄声, に心づいたらしく, に気, に気がついた, に注意, に混, に混つて, に聞き入っ, に聞き耳, に聞入, に背, に腹, に集中, のもれ, のよう, の上, の主人公, の他, の代り, の外部, の様, の洩れ, の聞えない, の高く, は, はかなり, はしなかった, はそれきり, はそれで, はそれほどよく, はそんなに, はたいへん, はだんだん, はなかっ, はひそひそ, はほとんど, はもう, はもしや, は一筋, は前, は堀, は壁, は宿, は少し, は山々, は復び, は忽ち, は急, は怪人丸木, は手, は支那語, は日本人ぢ, は早, は次第に, は沸騰, は聞かなかった, は雰囲気, ばかりになった, まだ長い, までした, もおだやか, もきこえなかった, もせず, もやや, もガヤガヤ, も一時, も交, も何となく, も帳場, も普段, も洩れ, も漏れず, も立てない, も聞えなかった, も聞えぬ, も聞えやしない, も聞える, も聞取れなくなった, も跫音, も近く, も途絶え, やさけび, やら内職, やヒステリー, や佩剣, や忙しい, や煙草盆, や笑, や笑い声, や賑やか, や足音, や鐸, をきく, をさせ, をじりじり, をふきとばし, をもはや, をやめ, を充満, を悉く, を戸外, を打ち消し, を止め, を洩れ聞いた, を聞い, を聞きとろう, を聞こう, を聴い, を背後, 聞えませんか, 遠い電車, 遠きよう

▼ 話でも~ (391, 0.7%)

42 して 17 するよう 7 ない 5 なかった, 聞いて 4 あるの, しようと 3 あった, するかな, ないし, 何でも, 聞かして

2 [21件] あったの, ある, したの, しなかつたかと, しよう, しようか, しようかね, しようじゃ, する, する時, する調子, ないが, ないな, ないので, まづ日本書紀, 世間では, 仕て, 彼は, 童話でも, 聞かせて, 解った

1 [250件] あったか, あったかい, あったかと, あったが, あったん, あつた, あつたら聞かう, ありましたか, あります, ありませんから, あり且, あり又, あり大事, あるいは聞いた, あるかな, あるかの, あるし, あると, あるまい, あるまいと, あるめ, あるらしく馬, あれを, い, いい, いいから, いいの, いいや, いくらも, いたして, いたします, いたしませうか, お耳, かいたらどう, かつて石谷華堤さん, きいて, きくかの, こういう村, こしらえる, ございましたかと, ございませんよ, ござったか, ござってか, させて, させれば, さらに伊予引揚げ, されて, しいんかいな, しかけようかと, しそう, したあとみたい, したいよう, したかった, したに, したらしく何分, したらそんな, したらどう, したら一番, したん, しちゃ, してるよう, しなくては, しましょうかね, しますか, しませう, しませうか, しませうといふ, しませう実に, しょう, するが, すると, するの, するひま, するらしいの, するん, する折, する方, する様, する気, する老, せんか, その国, その宝石, その席, それでも私, それに対して, それを, たのしみに, ついて, つけて, つまり, できそう, できたし, できるやう, できるわね, できる思慮分別, とにかく沈黙, どんな重大, ないかい, ないけど, ないけれど, ないこ, ないらしい, ないん, なかったらしい, なかつた, なかつたの, なかろうからねエ, なく愚痴, なさいまし, なんどと, ねえからよ, べっぴんで, まとまると, めくらの, もう滑稽, もち出した, やって, ゆっくり聞く, よくその, よしあるいは, わかって, わかりましたが, わかると, わかるとおり, アイマイ女と, ッて, ツイ打ちあける, ヘルンは, 一寸と, 万一ヨオロッパ, 三四年前に, 上田君が, 之を, 二百年三百年たった, 二階で, 交わしたそう, 今日までの, 仕入れようといふ, 仕掛けながら, 仕様か, 伺おうじゃ, 伺つたのに, 位置の, 出た時, 出て, 出るかと, 出來, 出来たかし, 出来ると, 出来るの, 出来る真摯, 分らない, 分るよう, 切り出されたの, 別人な, 名主さんの, 喋ること, 嘘と, 夜が, 大抵わかる, 好くわかる, 始めますかな, 学術の, 學術の, 実現する, 実験室内で, 小さい短篇以上, 少ししませう, 少しも, 彼と, 従順に, 得られるかと, 心に, 思うこと, 恋愛の, 恐ろしい話, 愛に, 我執無慙を, 打ちあけるよう, 打ち明けるごとくに, 承わり鬱積, 持ちあがるか, 持ちかけるよう, 持ち上がったならおそらく, 持って, 持出されたら承諾, 書いて, 書かれたもの, 書きやう, 書きよう, 書き直したもの, 書こうかとも, 最初は, 有ったの, 有るまいと, 本郷あたりは, 毒消しの, 気に, 決してへま, 流言蜚語と, 海の, 漸, 為よう, 無い様, 無い樣, 無からう, 無ささうである, 無したとい, 物語時代の, 特に文学者, 申上げる, 畳三枚敷位の, 目下田舎へ, 知つてゐる, 知れるとおり, 私が, 紅玉緑宝玉だ, 老爺さん, 聞いたこと, 聞かうと, 聞かされるの, 聞かさんか, 聞かずには, 聞かせるの, 聞きたいと, 聞きたいの, 聞きやしめ, 聞き出そうとして, 聞くやう, 聞く様, 聞こう, 聞こうと, 聞こうよ, 自由風流の, 致しましょう, 蔭間の, 袁彦道に, 話し手に, 誰かを, 起ったならば, 述べたよう, 遠慮なく言い出せる, 酒の, 集団掏摸では, 雷の, 非常に, 面白くない, 順を, 飛行機の

▼ 話には~ (334, 0.6%)

18 聞いて 3 きいて, 何か, 違いない

2 [22件] いって, こんなこと, ならぬが, なるが, なるまい, もう倦厭, 何でも, 何の, 何んの, 倦き, 全然重点, 前の, 大した興味, 容易に, 少しも, 相違ない, 稀に, 聞いたが, 興味を, 誇張が, 誰も, 驚かないが

1 [263件] あとで, あの邸, あまりとり合わなかった, あまり関係, あるかないか, ある家, いくらかの, いささかの, いちいちこの, いつたいに, いつも一抹, いつも宇野, いつも此奇談クラブ, いること, いるや, いろいろ残っ, いろいろ聞かされ, おいらんと, おかしなこと, おのずと順序, お乗り, お前が, かうした印象, かならず悪い, きのうまでは, この後, こんなミス, しばしば出, じょうずへ, すこしも曖昧, すっかりあきあきし, すっかりもう度膽, ずいぶん間違い, そのおも, その一角, そんな人達, だんだん乗り気, だんだん敬語, ちがいなかった, ちと適当, ちょっと困った, ちょっと特徴, ちょっと驚いた, ちょッと, ついこれ, つじつまの, できないが, できるがね, どういうの, どうしても送り人形, どうも大師様, どうも怪しい, なかつた御, なくこちら, ならないその, ならないの, ならぬと, ならねえ, なりにくかっ, なりゃしないよ, なりよう, なるまいと, なんだかおかしい, なんでも, なんとなく清涼, なんの, はっきり感じる, はや災害, ひどく濃厚, ひどく驚いたらしかった, ふれたくないの, ふれなかった, べつに新しい, また何, また無駄, まだちょっと云い残した, まだまだ幾ら, まだ一言, まだ後, まだ門人, もう少し続き, もう飽きました, もはや龍, ゆかないとは, よい程, よく, よく出, よく横須賀, わからない, サゲみたいな, ダンセニイの, ハタと, ブッタマゲた, ブランカの, 一も, 上海と, 不思議に, 不適当, 中には, 乗って, 乗つて, 乗らずに, 乗らなかった, 乗ろうと, 乘つてくれ, 今度の, 仏教的迷信種が, 仕方が, 他では, 他面の, 仲間に, 伝わって, 伸子の, 伺うて, 何でもかんでも一切, 何も, 何やら含み, 何んと, 余りに主観的, 余り立入らん, 例によって, 倦く, 兄らしい, 充分周到, 出さないほう, 出て, 初めから, 千代ちゃんと, 取りつくろったところ, 取り合わずに, 取わけ小相さん, 同感です, 喜んで, 嘘が, 埒も, 外国の, 大して乗っ, 大して興味, 大して関係, 大和の, 大変誓詞を, 大賛成, 夫が, 奇抜なる, 妙な, 妙に, 妨げに, 娘たちは, 実感と, 寓意は, 将軍だ, 小原までは, 少々面, 少しづつ誇張, 少し美談, 尚菓物, 尽す事, 屡々聞きたる, 工夫が, 左京之, 年代の, 幽霊は, 彼女は, 後代の, 微塵も, 微笑する, 心から同情, 心を, 思いも, 恋の, 悪侍, 惹きつけられないでも, 感想は, 成らぬ, 我々三人顔を, 戻って, 手眞似, 掌の, 攘夷論が, 更に一段と豊富, 最早耳, 最近まで, 本当に感心, 次第に油, 正香, 此の, 殆ど耳うつつで, 気がつかず鑵肉, 気がつかないらしい, 気を, 水には, 江芸閣も, 河身改良費と, 涙が, 清洲会議を, 満足しなかった, 無関心, 焦点の, 熱心の, 片仮名の, 猪子先生が, 珍らしく, 現代思潮の, 理屈を, 町で, 直接の, 相当乗, 相變ら, 磐司が, 神尾の, 神尾殿は, 秋田市楢山に, 立ち入らないこと, 童児が, 笹村も, 筋も, 素子は, 翠蓮父娘も, 耳も, 耳を, 聞いてるこれ, 聞きたれど, 聞くが, 聽い, 聽いた, 腑に, 腹をか, 臨時工などが, 自分達が, 致しませんつもり, 興味が, 荒唐無稽な, 落ちが, 落語に, 触れないこと, 触れないで, 触れなかったよう, 触れませんでした, 触れようとも, 話を, 誤伝が, 譬喩も, 變り, 身が, 身振りが, 身振り手振りが, 道を, 邪魔に, 酒場の, 野猪と, 金翅鳥竜を, 銀之助も, 間違いないでしょう, 関係なさらなかった, 関係なさらなかつた, 非常に, 面喰っ, 順序という, 頓着なく, 飽き飽きして, 餘程私が, 驚いた, 鳧が

▼ 話じゃ~ (326, 0.6%)

86 ないか 33 ありませんか 17 ない 11 ねえ 8 ねえか 7 ありません, が 6 ありませんよ, ないん 4 ないの, のう 3 ないかね 2 あるまい, があの, がその, ないんで, なかったの, ねえん, よ, アない, アねえか

1 [116件] あちらで, あの婆め, ありませんが, ありゃしない, ありゃしないもの, あるけれど, あるもの, からその, からな, からのうお, から一番, から兄弟, がいくら, がそれ, がでは, がどこ, がほんとう, がまだ, がマサカ, が何, が名, が女, が屋敷じゅう, が拙者, が雪隠, けに成る, けんのう, ここらから, これが, ございません, ございませんか, ございません真, ござんせんか, ござんせんかい, そうじゃ, そうに, そわそわ寝返り, そんつもいで, ぞ, て, で分るじゃろう, どうした, な, なあ, ないお前, ないかと, ないから, ないが, ないさ, ないぞ, ないだろう, ないて, ないですか, ないですと, ないと, ないね, ないよ, ないわ, ないわよ, ない何, なか, なかった, なかったか, なかったとしても, なかろう, なかろうか, なくちゃ, なし, ね, ねえあっし, ねえお前, ねえかい, ねえから, ねえし, ねえですがね, ねえの, ねえ化物退治, ねえ正真正銘, ねえ蜂須賀家, ねえ親分, ねえ証拠, ねエあの, ねエか夢中, の, ひとつ勘定を, ひどいバイ毒, また君, もしそうでなかったら, もっともだいぶ以前, わ, わい, ア三千円ぐらいの, ア有りやせん, シンミリしない, ニュウス・ヴァリュウも, マッカネルの, 中は, 二十三四の, 京都は, 今来た, 何でも, 使いに, 判らない, 御座いませんので, 御座らぬ, 恐ろしく急ぎ, 愚僧は, 新九郎様が, 有りませんぜ, 正勝さんを, 殺されてから, 毎晩の, 無い, 片肺, 禁治産か, 議員さんだ

▼ 話~ (305, 0.5%)

3 不思議な

2 [14件] その他の, そんな話, 何か, 何かが, 四人の, 女の, 手紙は, 日本の, 流川放送局の, 自分の, 衣類の, 雑誌の, 音楽の, 食物の

1 [274件] あいの, あしたの, あるえりぬき, いうよう, いたこや, いま表わした, いろいろの, いわゆる, おかしい話, おのろけ, お化, お化けの, お説教, かいしてたらまた, が, がそう, がそれ, こちらの, このペルー, この絶壁, これからが, さうかと思ふ, さつき眞夜中に, さては幽霊船, し浪華亭はん, ぜ, そうかと, そのため, そのよう, その他最初の, その日, その痴態, その遊び仲間, それから, それらは, たのしかった, ついこの間, ついに北海, つかまえると, とても景気, とぼそん, ないか, なんかを, なア, ねん, ねんけど, ねんけどな, はなはだしいの, ひそかに, またことに, またその後フランス, または, またはその, またほか, また夜川原, また怖し, もはや抱妓, エズクロシイ話は, オーストリアの, ゴシップから, スエコの, ツルゲネーフの, パトリック上人の, パブロワの, ピノチヨの, フロリゼル殿下に, フローレンスの, ボーンズの, マネジャーの, 一つ蚊帳の, 三輪山伝説などが, 上京した, 世上の, 主人の, 久方ぶり母との, 予言に, 京都で, 人攫いの, 今しがたの, 今の, 今も, 他の, 他人にたいする, 他人には, 他人の, 会話は, 何かは, 何処其処の, 作品は, 作物より, 俳諧の, 先々の, 六助, 其の後私, 内務省かの, 凡そお, 初々しい紫, 別れ去った, 前に, 勞働者の, 去つて行つた客, 参ちゃんの, 又は能, 同じくその, 商談など, 嘘つ, 地方に, 地理の, 坂手島の, 堀武三郎などという, 塩鮭の, 変った話, 外面如菩薩内心如夜叉という, 夢に, 大切な, 大学の, 大師に, 大根の, 大洞で, 夫に, 奥さんから, 奥山へ, 妖精が, 子供等の, 学界が, 學問文藝の, 宮本村役場へ, 家庭の, 将棋を, 小さい時, 小さい泉子, 小袋に, 山林局の, 常に平凡, 幼いとき, 広東の, 弁解に, 彼が, 彼にも, 彼らの, 復員後の, 心中実話の, 忠臣義士の, 怒りっぽい, 怖しい, 怪談を, 恋人の, 恐ろしい話, 息子の, 悪魔が, 悲しみの, 惡魔が, 慈覺大師が, 戸の, 挙動は, 接吻に, 故郷の, 文壇人の, 文学上の, 新らしい, 新聞や, 旅の, 昔の, 昔話など, 昔話を, 春季の, 時候の, 時局談議などには, 書いたもの, 書物などで, 最近その, 最近国へ, 本人の, 本院の, 村へ, 東京の, 果物の, 柳の, 桜井が, 森さんや, 森の, 棺を, 植物採集の, 極端な, 横見も, 歌を, 母の, 河南直, 泥棒などでは, 浮浪者の, 海の, 無邪気な, 熊の, 熊は, 父に, 父の, 牧場で, 物語は, 狐と, 狢の, 猪股氏との, 珍しいこの, 珍らしい, 珍奇な, 現代では, 生態が, 田村さん永井荷風さんの, 男からは, 畠の, 癖や, 発作的に, 相談は, 知りも, 知人の, 社会的な, 神戸へ, 秀吉発言の, 秋声の, 笑声に, 笑声も, 笑声を, 第三國人, 素振りに, 経験談などを, 絣の, 縄ばりの, 繃帯の, 聊斎志異が, 胡麻の, 腺病質の, 自分で, 自分らの, 自慢話などを, 舟の, 色々の, 芝居の, 花などに, 苦学し, 茶器の, 草原の, 葦の, 虎狩豹狩の, 處, 蛙の, 行軍の, 西鶴の, 親指太郎の, 記録が, 講談の, 變つた話を, 讚岐からの, 貪り食う頤, 赤頭巾の, 越智と, 身の, 近代の, 逸話を, 遠くに, 鉛の, 錢只取られ, 随分いろいろと, 雑談の, 露西亜独逸あたりの, 露骨な, 預金の, 食事や, 駒之助の, 骨壺の, 高笑いの, 魔法使の, 鮑取りの, 鰹の, 鱧漁の, 鸚鵡返しの

▼ 話から~ (292, 0.5%)

4 私は, 考えると 3 はじまって, 推して, 考えて

2 [12件] お琴, して, できたもの, 主人の, 二人の, 僕は, 始まって, 始めて, 察する, 彼女が, 推測する, 脱線し

1 [251件] あんまり遠ざかっ, いくぶんその, いくらかの, いたしましょう, いつか友達の, いつか懇意に, いよいよむずかしく, いろいろと, いろいろな, いろいろ他愛, おすと, お前は, お民, お綱, お聞きなさい, お訊ねした, かえって誤謬, かたづけて, かなり突っこんだ, かの木馬, きくん, けろりとし, この稲荷, してか, しなければ, しばしば生命, しやう, じゃア, すぐわかります, すこしも発達, すれば, ずっと後で僕, そのエネルギー, その事, その人, その他の, その太刀, その歴史, その父, その面影, それる, だと, だんだんと, だんだん細い, だんだん自分, つい食べ物, てっきり南蛮酒, で, であったか, であつ, である, でしたか, でも, どうも人間, なの, のがれて, はじまる, はじめた, はじめて, はじめておもむろにお雪ちゃん, はっきり知る, ひき出されて, ひどく心, ほぐれて, また仲違い, また古い, また翁, まだ知らぬ, わしが, わたしは, エセックスの, グーセフは, スツカリ除外された, ドサ廻りの, ヒントを, ホテルの, マルクス, ユキ子が, 一つも, 一年か, 一座に, 三味線堀の, 三時頃まで, 不図, 不思議な, 不思議に, 世界各国の, 中には, 人並みの, 今度の, 佐藤春夫氏は, 何か, 何処其処を, 何時とは, 余の, 余談に, 例の, 修善寺の, 偲んだこと, 兄弟の, 先き, 先生が, 六十近い, 兵衛は, 出たの, 出たもの, 分った, 分岐した, 分明と, 初まつ, 初めたの, 判る通り, 判断された, 判斷された, 十吉は, 南洋で, 又仲違, 受けた感激, 台湾の, 各地の, 名所旧蹟の, 向うの, 咄家の, 和歌子の, 啓発される, 喋々と, 土地の, 圭介にも, 城の, 外れるがなあ, 大杉も, 妹が, 始まった不気味さ, 始まつて, 始まる, 始めた, 始めた以上, 始めてゐる, 始めに, 始めませう, 始めようという, 子爵夫人に, 子葉が, 察するところ, 寮の, 導いた琉球宗教, 小説の, 山の, 山へまで, 島村も, 幽霊の, 幾つも, 引き込んで, 引出されて, 得るところ, 思い付いて, 思い出したの, 思い出して, 思い合し, 思ひ付いて, 急に, 恋愛論に, 想像が, 我々の, 手当たり, 打たれたの, 承けた感銘, 推しても, 推せば, 推察する, 放送用の, 新夫婦, 日本に, 日本人は, 旧友の, 旧約全, 明日は, 昔の, 更に古くより, 更に思い出した, 書き直し初めました, 有名な, 来たと, 来週は, 果して正確, 果ては, 樺太馬は, 歌舞伎は, 此だけの, 段々枝, 母が, 浮いて, 海岸水辺の, 渋江村の, 湧出し, 源氏は, 火事の, 父の, 父親が, 猿に, 生じたらしいと, 男の, 町の, 疑心を, 盗んで, 真の, 知事令嬢誘拐の, 碁に, 磔刑の, 神田の, 神経病の, 私に, 第五話, 筋を, 答える術, 糸を, 美しい渭塘奇遇記, 考へて, 考へると, 聞かされた, 聞知って, 自分たちの, 自分の, 自然彼の, 芝居の, 花が, 若しやあ, 苦しい物思い, 蜂谷は, 行き掛かり上若井兼三郎氏の, 観世物の, 話しだした, 話と, 誘導する, 説き出したの, 赤インクの, 転出された, 輪廻思想まで, 農家一般の, 近付いて, 近所の, 逃げるやう, 連想される, 進化論という, 避けて, 都会の, 野郎は, 鎌倉へ, 非常に, 食いものの, 騒ぎが

▼ 話などを~ (259, 0.5%)

69 して 22 した 8 聞いて 4 しながら 3 聞かして

2 [19件] させて, した時思, しはじめた, しました, する, すること, すると, するにも, するよう, する二十五六, 始めた, 始めた父, 始めると, 思い出して, 持出したところ, 私に, 聞いたり, 聞かせて, 聞きながら

1 [115件] あそばしたり, いたしましたが, いつまでも, うわの, うんうんと傾聴, おせき, かいつまんで, かしいと, かれは, きいた, きかされたので, きかせて, きかせるよう, ききました, きくより, されて, しかけた, しきりに平一郎, したが, したそういう, したに, した後, した揚句, した方, した時, しだすので, しつづけて, してから, しても, しなくなつ, しゃべったこと, しんみりと, し一時間, し出した, し出すの, し始めた, し時に, するもの, する勇気, する者, する薫, せられて, その儘, ちょっと回想, なさること, なさるやう, はじめたの, みんなに, もちださなかつたから, よくしてやります, 一時間ばかりも, 二つ三つし, 二つ三つした, 仕て, 仕掛けても, 何かに, 初めると, 半蔵らの, 原稿に, 参ずるに, 双方でした, 取り交す青年, 取り雑, 声高に, 姉妹は, 始めて, 客に, 宮は, 少し持出しました, 引用する, 思いだして, 抄篇した, 持ちだした, 持ち出しかけたが, 持ち出して, 持ち出しては, 持出すには, 挙げて, 掲げて, 擧げて, 書いて, 段々そこ, 流行らせたもの, 滔々と, 父親は, 甲高い調子, 私は, 聞いた, 聞かされてを, 聞かされると, 聞かしそれから, 聞かした, 聞かれた, 聞きました, 聞きます, 聞くと, 聞く娘さん, 聞こうと, 聴いた, 聴くくらい, 自分から, 言葉巧みに, 訊かれるまま, 話して, 詳しくしゃべっ, 語って, 語り合って, 読んで, 讀んだ方々, 軽口に, 述べ立てるの, 選んだの, 院は, 食後の, 高瀬に

▼ 話相手~ (223, 0.4%)

16 になる 14 になっ 6 のない 4 になり, にもしなかつた 3 が欲しく, というもの, とする, に出, もない, をし, を得

2 [21件] ができ, がない, がなく, だつたの, であつ, である, ではない, とし, にし, にする, にせない, になつ, になつて, になりました, になれる, にもなり, に成っ, の女, はない, は自分, を見つけた

1 [116件] から眼, があっ, がありました, がある, がい, がございません, がなくなっ, がふと, がほしい, がほしかっ, がゐない, が一人, が出, が婦人, が少なく, が欲しい, が欲しかっ, が無い, ぐらいにはなるだろう, して, だったこと, だと, であった, でありうる, であり慰藉, であること, ででもあった, では無かっ, でもあり, でもある, で祖母, としてで, としてはどこ, としてまた, として取扱う, として店, として或, として毎晩, として無聊, として輔弼, として頼もし, とてもない, とは出来ず, と云う, と目指す, なく旅人宿, なの, にお, にからまっ, にこんな, にされ, にされる, にしだした, にすぎなかった, にその, になった, になつて一緒, にならぬ, になりし, になツ, には成る, にもしなかった, にもならない, にもならぬ, にもなれない, にも加わりません, にも成りましょう, に三田, に乏しい, に去られ, に対してどの, に成った, に捕まっ, に朝飯, に欲, に興味, に行っ, に違, に違い, に選んだ, に饑ゑてゐるといふ風, のないつまらな, のゆき子, の友だち, の声, の性格, の欲しかっ, の若い, の顔, はおばけ, はなし, は八千代さん, は無し, は裏口, ほしき顏付, もあらで, もござりませんと, もなく, もなし, も出来る, も少い, や希望, や歌, をうしなっ, をお, をさせよう, を勤め, を失っ, を失った, を得た, を持たなかつた, を求め, を見る, を見出した, を選んだ, 欲しそう

▼ 話にも~ (202, 0.4%)

13 何にも 8 ならない, 何も 6 聞いたこと 4 あるよう, なりません, 絵にも 3 ならぬ

2 [11件] きいたこと, くるりくるりと, なにも, ならないが, なるよう, 注意し, 神代から, 聞いて, 興味が, 興味を, 見えて

1 [130件] あきて, あったが, あつた, あらわれて, ありました, あり山茶, あると, ある通り, いつも來, くるり, この日本, この自分, これが, こんど病気で, こんな遊び, そこまでも, その英雄, そんなこと, ちょっとした続, ないやう, なった位, なって, ならないしかも, ならないで, ならないと, ならないなら, ならないの, ならないほど, ならないわけ, ならないん, ならない粗末千万, ならない話, ならなかった筈, ならぬし, ならぬて, ならぬの, ならぬほど, ならぬほんの, ならぬ下手, ならぬ話, ならねえ, ならんがな, ならんじゃ, ならんという, なりませんからね, なり難い, なるからな, なるが, なること, なるの, なるまい, なんねえ, ふれず憂鬱そう, またこの, また色々, むろん酒, よく出た, ファラデーを, 上った, 上ったが, 乗せずに, 乘つ, 二人は, 京の, 人間に, 何んにも, 例にも, 倦きが來た, 僕等二人は, 入れないの, 内蔵助のく, 出たの, 出た古石場, 出て, 出ないので, 出来ねえだ, 割り込もうとは, 力が, 劣らずあの世, 劣らぬ怪奇, 厭きが, 地震の, 大して気乗り, 大抵興味, 妹婿は, 富みたり, 小山の, 少しばかりの, 尾鰭が, 心を, 成らないこと, 故宮, 書た, 最初に, 松井須磨子の, 残って, 気乗が, 気乗りが, 洒落や, 活字にも, 淨瑠璃にも, 混はる, 瀬越さんは, 煩わされず又, 猿や, 珍らし, 理窟にも, 神経質に, 程が, 立到った, 筋は, 耳を, 聞かぬ新, 聞きつらん祖先兵衞, 聞き耳を, 聞き飽きると, 聞くところ, 聞飽き, 言つてありました, 話しかた, 語り伝えましたが, 負けない位, 間の, 阿父, 雌河童といふ, 頂上からは, 飽いて, 飽きが, 飽き昼間, 鳧が

▼ 話ばかり~ (188, 0.3%)

55 して 116 した, である, では 4 であった 3 する, 多い 2 するので, だが, だった, だったが, 出るよう, 多くなった, 多く伝わり, 気に, 聞いて, 聞かされて

1 [74件] ありやしない, おほ, おもしろが, したまま, しててもども, しました, じっと耳, じや, するかと, すると, するの, するのよ, それから苦心慘澹, だつたが, であって, である今年, でございます, です, ですよ, でその, でそれ, でなくいろいろ, でなく古代, でなく堅気, でなく山城, でなく木村, でなく現地, でなく私, でなん, でぼく, でよく, で幕府, で彼女, で恐縮, で懷舊談, で持ち切り, で正確, で気, で相, で赤ン坊, なさるから, なの, なので, まるで勉強, もち込ん, 仕入れて, 出た, 出たので, 出ました, 出るじゃ, 出るので, 出来得るもの, 多いの, 少しく門構, 懐しげ, 持ち出して, 持って, 数えて, 横行し, 殊に愚か, 申上げ, 私は, 続くから, 耳に, 聞かされるの, 聞かせて, 聞かせましたネ, 聞かせられる, 聞かせるので, 聞せられる, 致しますよう, 見聞きしてるだろう, 見附けて, 話し続けて

▼ 話など~ (180, 0.3%)

30 して 5 した, しながら 4 する 3 するの 2 したもの, しました, 出た, 出る, 致しました

1 [123件] あるん, いうこんな, いろ, いろいろあっ, いろいろ僕, おも, お前の, かのインド譚, き, きき女, きく, きくよう, ことに心, ごく一部, されたら此方, される時, しかけるの, しきりにし, したが, したこと, したらまっさきに, したり, した人, してから, しないで, しなかつた頃, しまして, しようもの, す, すぐ返事, するやう, する奴, する気, する理屈っぽ, せられたり, それからそれ, それに, そんな山奥生活, ついうっかり, です, とりとめも, どうしてもできない, どれも, なにも, はじめたくなるので, ひとわたり, ふんだんにあります, ほとんど原論文, まことに他愛, やって, やりだすから, よく聞く, バカバカしいばかり, 一つも, 一つ二つ語り, 七十九の, 二三取り交される, 五人の, 交わして, 仕ちゃ, 伸子に, 先生から, 全く聞かなくなりました, 全部十七篇の, 出て, 出来さうに, 出来たし, 出来なかった, 出来る次第, 初耳だ, 判りません, 却って話し, 取りとめも, 喧伝される, 噂の, 奥様が, 女房は, 始めた女将, 始めるか, 始める気, 少しし, 幾度も, 思い出す, 戸倉老人の, 承わりすこぶる, 持ち出して, 持つて, 数限も, 既に読者諸君, 春木君が, 根こそげ, 母は, 決してしない, 現代文学に, 申立てた, 疾く語らまし, 皆と, 知らないでしょう, 神, 私には, 立ち入, 老婢さんが, 耳も, 聞いては, 聞かされて, 聞かなくても, 聞きたい, 聞きとうも, 聞き夜, 聞くと, 聞けば, 聴いて, 致しまして, 致すが, 色々急, 茲に, 覚えはじめました, 記憶に, 読むよりも, 身ぶるいする, 面白くきく, 面白し, 風と

▼ 話~ (177, 0.3%)

67 やありません 55 やない 7 やねえ 6 やあるまい 5 や, やが 4 やなく 3 やねえか, やは 2 やありますまい, やから, や天井

1 [16件] やありま, やありませ, やありやしない, やある, やて, やどうも, やなから, やねエ, ややら, や一週間以内, や唯, や岸井重三郎, や此処等, や無い, や立つた, や間違ひも

▼ 話という~ (141, 0.3%)

69 のは 17 ものは 13 のを 9 のが 4 ものを 3 のはね 2 のも, 形を

1 [22件] こころもちが, ことの, たら, ものから, もので, ものと, ものについても, ものの, ものはね, やつが, やつは, ような, わけだ, わけで, わけには, 位な, 名を, 工合であった, 話に, 話も, 調子で, 長い講演

▼ 話だった~ (118, 0.2%)

6 のです 4 じゃない 3 がそれ

2 [11件] からね, か私, が, がその, っけな, と思う, ね, の, わ, んだ, んです

1 [83件] か, かい, かと思われる, かも知れぬ, から, からいい, からお, からその, からである, から今, から山嵐, がこう, がこの, がこれ, がする, がその後, がその後平尾賛平さん, がそれにしても, がちょぼッ, がなにか, がね, がほら, がまだ, がもう, がもし, が今ここ, が会っ, が僕, が六万石三千万円, が女相撲, が子供, が島村, が庸三, が弥助, が東野さん, が生憎, が病気, が私, が結局特別, が非道, けれどおじさま, けれども岸本, こいつを, ことなど, し, しまた, し二三日前, ぜ, そうだ, だが命拾い, ということ, というの, とただ, とのこと, と見え, と言う, な, に違い, ねそれから, のか, のかも, のが, のだった, ので, のであらためて, のである, のですっかり, のでとうとう, のでまず, ので御, ので心待ち, ので早速, ので書生, ので父, ので自分, のに, のにオリガ, ものだ, もので, よ, ようだ, ようである, んだろう

▼ 話なら~ (114, 0.2%)

2 いくつも, ここで, とうに探索, ば別に, ば馬鹿, よく知ってる, 俺の, 子供の, 平次を, 私から

1 [94件] あっしは, あつしも, あなたの, あの晩, あらためて宅, いつか寂光庵, おれは, おれも, お前の, こちらも, これまで, こんな筋ちがい, さしずめ神田, すぐ飛びつく, そこでも, つけ易い, どこへ, なほおもしろい, なんど伺っ, はじめから, ばもう, ばわれわれ, ば他, ば全く, ば少し, ば幾ら, ば後日, ば思い, ば私, ば聞き及ん, べつの, ほかから, ほかに, ぼくも, まだこの, みんなが, もうやめい, もう三度, もう止し, もう澤山, もう誰, ゆっくりと, よけいに, わけは, わしが, わたしが, 一丁のっ, 三年でも, 久しぶりに, 二つばかり, 二の足も, 五千円には, 人に, 今さら聞かん, 今の, 何かしら通じない, 何も, 何千年前の, 俺も, 僕が, 兎も, 別だ, 原田三百代言君に, 口外ご, 可いが, 可笑しくも, 塚本に, 奉行所で, 宅の, 安心しろ, 岡っ, 岡つ, 役, 彼は, 往来では, 御免蒙る, 御用にも, 必ず帰っ, 拵え話を, 明日に, 柳子さんに, 源内にも, 澤山よ, 町内で, 町方は, 真平, 知つて居る, 私が, 私の, 簡単に, 道具を, 遠慮する, 部屋に, 面白いけれど

▼ 話する~ (100, 0.2%)

5 ことに, ことを 4 んだ 3 ために, のは, ものも, ように 2 が, ことは, ことも, のが, のである, のも, 事に, 事も

1 [58件] かといふ, から, からと言つて, から談話筆記, があの, が如くなりし, ことの, こと出来, これも, だけで, だけです, つもりです, と, とあんなに, とそれで, と我輩, と気に入らぬ, と皆, と皆氣, と言い, にかぎる, にはあまりに, にも声, にも聲, ので, のです, のはな, のやめる, のを, の用あり, の要, ものが, やうな, ような, よりも分らない, より何, わ, わけに, 事さえ, 事の, 事は, 人であった, 場合でない, 奴あり, 序に, 時なるべき, 暇も, 様に, 機会が, 機会も, 機會も, 相変らず, 程の, 積りでありました, 翁が, 者は, 鑛毒の, 馬籠あたりの

▼ 話なぞ~ (94, 0.2%)

7 をし 3 して 2 もきいた, をした, をする, を残し, を聞かされ, を聞かなけれ

1 [72件] あらう筈, からこんな, があった, がいくら, がそこ, がそれ, がぽつぽつ, がよく, が出た, が夫婦, が自然, が谷中, きかせた, このくらいに, する時, それからそれ, とうの, と云, どうせ人, どうでもよ, には何, に僅か, に気, に耳, に興がっ, の出た, はお, はこの, はまるで, はよく, は一言, は全く, は夢, は思い出し, は止そう, は禁物, は耳, まで出る, もきき, もその, もめずらしく, もよく, もステイヴンソン, も出る, も持出した, も決して, も高瀬, をかつて, をしかけ, をし合っ, をそこ, を一切口, を借り, を始めた, を岸本, を引い, を持ち出す, を持っ, を最初, を求められた, を滔々, を為, を筆記, を聞いた, を聞かっせいたら, を聞き, を聞きました, 全然興味, 然し僕, 聞くとは, 聞く必要, 訊くもの

▼ 話なんか~ (91, 0.2%)

6 して 2 できやしないよ, ないよ, よせ, 一度も, 少しも, 聞きゃしませんよ

1 [73件] ありやしない, あるもの, あるもん, お前に, きいたこと, させて, されるもん, しかけられると, したって, しては, しても, してやってるうち, してる暇, しないでしょう, しまいと, しやが, しやしないよ, すると, するのよ, せえ, つまらん, できないに, できやしないし, どうだ, どうでも, どちらからも, ないさ, なかなか立派, なさらないの, なさるん, みんな嘘です, やめて, やめませう, わたしの, トテも, 一人もしや, 仕やし無え, 仰言って, 何故一度, 僕閉口しちゃう, 全くつまらない, 其処で, 出來, 出来る柄, 出来る筈, 北岸の, 十年前に, 受けつけようと, 持ち出さぬほう, 持込んで, 時折聞い, 書くもん, 有るもの, 止せよ, 止めて, 水くさい, 特別に, 私には, 羨ましくも, 考えちゃ, 考え出せませんよ, 聞いて, 聞いてや, 聞かされて, 聞かない前, 聞きたか, 聞きたくありませんと, 聞きに, 聞くもの, 見向きも, 質問した, 避けるため, 随分する

▼ 話などは~ (75, 0.1%)

2 しないの

1 [73件] あなた方も, あの小さな鼠穴, あれは, いっこうに出ず, いつもなら, うわの空で, お客様に, お得意, きいたこと, これから考える, これで, ございません只, ございまへん, さう, して, しなかつた, しなくても, すご味さえ, そっちのけ, それです, ただ珍しい, だれにも, つい忘れ, できそう, とうてい当て, どう潤色, ないという, ないもの, ほんの座興, また少し, みな黒川の, もうどうで, もう耳, 人間性の, 今でも, 今日の, 仕て, 以つての, 先づない, 全然何事, 凄味さへ, 出來, 初から, 受けつけては, 多分霜月三夜, 夢にも, 少しも, 山国らしい, 心に, 意にも, 早や, 是から, 最も濃厚, 殆ど聞さない, 流暢でない, 無いの, 甚だ怪しから, 相成らず兎角, 眉唾ものだ, 確かに, 笑うだけ, 耳に, 聞いたこと, 聞くこと, 聴かなかったの, 至極恰好, 致しませずすべて父, 興味深いもの, 落語の, 虚構な, 誇張妄誕と, 退屈な, 青木の

▼ 話として~ (72, 0.1%)

2 今でも, 伝えられて, 語られて

1 [66件] あの出火, いつでも, お前にも, かの炭焼き長者, ここに, この事件, この白根村, それを, たずねて, ただ聞き流し, ちよつと, でミス, なっとくしようと, なんだ, ふれた今日, まことに恰好, よく他書, われわれも, ソヴェトには, 云って, 人に, 伝えられたもの, 伝え木葉, 伝わって, 伝わりました, 何時か, 冬の, 出て, 加十は, 受け容れられるという, 存する部分, 広告したい, 彼ドレゴが, 持ち出しても, 持出すこと, 書いても, 書きあげたもの, 書生の, 最も趣味, 最後の, 森田思軒が, 欧羅巴の, 母の, 治安維持法即ち, 演じても, 知られて, 笑って, 笑つて貰つてよい, 聞いた, 聞いて, 聞かされたもの, 聞かせた事実, 聞かせるの, 聞くから, 聴衆の, 茲に, 見れば, 言って, 許すこと, 語られるよう, 語り伝えて, 軽い相槌, 鉄成分の, 長々と, 鴨田さんは, 鶏と

▼ 話とは~ (72, 0.1%)

3 ちがって 2 どんな話, まるで反対, 別な, 違って

1 [61件] いえないの, いえ考えれば, こうした事, ずいぶん質, ずっと異, そこえらい, そのこと, だいぶ違った, ちがう, ちょっと出来すぎてる, なんだ, なんです, なんの, まったく別, まるで別, まるで無, まるで無関係, まるで関係, 一致せぬ, 云つても, 何か, 何だ, 何事だらう, 全く別個, 全然内容, 別です, 別にちやん, 別に思い出した, 別に我々, 別に自分一個, 別に若い, 千マイルも, 反対です, 反対に, 唖の, 多少相違, 大いに異なっ, 少こし, 少しちがった, 少しも, 少し齟齬, 思うけれども, 思つてゐない, 思われないよう, 思われんねエ, 次の, 正反対です, 気がつかないだろうと, 無関係だ, 父上が, 異った, 知りつつも, 筋が, 縁も, 逆に, 違うさかいに, 違うじゃァ, 違つてアワヤと, 違つて自分が, 違ふ, 食いちがうよう

▼ 話なども~ (69, 0.1%)

6 出た 4 ある 3 残って 2 あって, して, 伝わって, 出て

1 [48件] ありそう, お島, かなり種々, かなり諸, ことによる, この議論, した, し合う間柄, するから, するの, そこに, つまりは, とりどりに, なるべく聞くまい, なんべん, ひどく市井, ほんの出鱈目, もうすこしの, もとは, よく知っ, リーダーの, 今少し古く, 伴って, 佐藤六左衛門が, 例の, 出たが, 出来て, 前の, 四五種の, 大分其影響を, 子供心に, 彼が, 彼の, 後に, 日本では, 昔の, 此議論を, 気持よく, 決して単なる, 注意し, 混つて出, 混る, 申し上げること, 知って, 私に, 竈という, 耳に, 蹴られて

▼ 話好き~ (69, 0.1%)

4 な人 3 と見え 2 であります, である, で皆んな, の何日

1 [54件] そうな, だが, だし, だつた, だと, であった, であるのみ, であるらしいこと, でお子さん, でなかなか, では, でもあった, で且つ, で夜, で容易, で得意, で私, で訪ねて, と来, と覚しく, なおもしろい, なこの, なの, なのに, なれば, な伊藤君達, な友, な友達, な奥様, な姉, な姑, な岡, な按摩, な理学士, な画家, な親戚, な辰さん, な面白い, になつ, になり, の一面, の人, の倉さん, の古老, の柳田國男君, の源兵衛さん, の老人, の老婆, の船頭, の記者, の誰彼, の関守氏, らしくいろんな, らしく長々

▼ 話であった~ (67, 0.1%)

32 から私

1 [62件] かも知れない, かも知れぬ, からそれ, からまず, からもう, から止, から突く, か今, か記憶, が, がこの, がすっかり, がとてもまだ, がなん, がなんとか, がまだまだ, がやはり, がアブラ鮠, がインテリの, が世の中, が僕, が八十, が其処, が出かける, が医者, が十万円, が吉田, が夏, が妙, が強度, が当時, が彼, が彼女, が快, が派手, が父, が生じい, が私, が見た, が話, が誰, けれども私, ことは, し自分, そうだ, そうである, そうです, そうな, ために, とかいうよう, との事, と思います, と見え, と記憶, と語っ, な, のが, のである, ので毎日大抵租界, んだ, 彼は, 自分としては

▼ 話~ (61, 0.1%)

53 何か 2 何ん, 先刻あんなに, 女の, 知らないが

1 [45件] お化, このおれ, この句, して, しらぬが, その又弟子, それとも何, それを, てんで遊戯的, どうか, なんかやっ, ふざけて, または事実, わかっては, わからないほど, わしは, 一體誰が, 云わなかったが, 仕事とは, 仕事に, 何かで, 何かの, 何ぞの, 依然疑問, 僻見か, 其処は, 分らない, 切られた毛, 失敗話であった, 妾には, 寵愛かを, 新聞記事の, 旅行の, 猫鳶に, 珍しい話, 知らんが, 知れないが, 祖母が, 神話以来の, 聞いた人, 肴に, 自分の, 英雄譚の, 見当が, 解らないので

▼ 話といふ~ (57, 0.1%)

33 のは 9 ものは 3 のが, のを 1 ことを, のには, のも, ものあり, ものが, ものの, やうな, 原稿の, 器官を通じて

▼ 話だけ~ (55, 0.1%)

15 では 5 して 2 聞くと

1 [33件] しとりゃ天下泰平, だ, だから, ぢや, であった短波長無線電信, でありました, である, であること, でした, でしょう, です, ですましたの, でそれ, で思ひ, で気, ならしてやっても, ならともかく, ならどんな, ならズット以前, なら信用, なら可, なん, わずかに, 二百両で, 伺いましょう, 残って, 聞いたが, 聞いた分, 聞いては, 聞いても, 聞きに, 聞こう, 致しましょうという

▼ 話でした~ (54, 0.1%)

653 がね, ね 2 から, な, ねお, ものね, わ

1 [27件] かと言, からお, からたまりませんでした, からで, から聞く, から良人, があたし, がお, がこれ, がその, がそれ, がどう, がねその, が一先ず, が刀, が勝見さん, が売られた, が引越し, が文学的才分, が沢, が演題, が現在, が私, けれどまさか, けれど何だか, ので私, よどうも

▼ 話~ (49, 0.1%)

3 が聞えた 2 が聞える, が聽, に耳

1 [40件] がきこえ, がし, がする, がせぬ, がのろくさく, がぴつたり止, が傅, が再び, が十一時, が洩れ, が洩れた, が礑, が細々, が聞え, が起りかけた, が途切れ, である, ですぐ, などに耳, には出, に不思議, に觸, の他, はした, はその, はそれ, はよく, は物柔らか, は聞かなかつた, もなに, も聞えない, も聞えません, も高く, や叫喚, や夜明け, や物音, をき, を察し, を打ち消す, を聞いた

▼ 話合っ~ (48, 0.1%)

20 ている 8 ていた 4 てみる 3 てみよう 2 てみたい, て居た 1 たりし, ておりました, てしまっ, てみた, てみましょう, てゆく, てゐた, て大笑い, て見

▼ 話さえ~ (47, 0.1%)

5 ある 2 思い出して, 聞いて

1 [38件] あった, あったが, あったの, あまり誰, あるいは外界, あるじゃ, あるの, させなかったよ, されたの, した, しない様子, しなかった仲, するおり, すれば, せずただ, せぬ, それが, つきゃァ, つたえられて, できれば, まかりならぬという, ろくろく聞こえぬ, 伝わって, 出るよう, 出れば, 出来るなら, 分れば, 喜界島には, 巷間に, 思いださずに, 持ち出した, 持つ独角龍, 決れば, 纏まれば, 聴けば, 舞い込んで, 起って, 食事の

▼ 話などが~ (44, 0.1%)

8 出た 2 幾何と

1 [34件] ある, あるもの, いつもきまって出た, ことに多い, この日, その一例, それである, つぎつぎに, できるはず, とりかわされたそう, 一句切りつく, 一頻り弾んだ, 主に, 事新しく思い出され, 其である, 出た時, 出て, 出ますと, 出る, 出るごと, 出ると, 多かった, 多く出た, 始まった, 幾つも, 引用され, 彼等にと, 案外こういう, 清三の, 湧いて, 空想せられた, 聞こえて, 興味深く語られた, 近世の

▼ 話によって~ (44, 0.1%)

2 想像する, 考えると

1 [40件] あの恐ろしい, ある特別, いちいち想像, この辺, そこまで, そこら界隈, なにもかもすっかり分りました, みると, わかるの, チェックしない, 一層驚かせられた, 与えさせて, 仏は, 僕が, 先代コマ五郎が, 大将が, 孔子の, 小太郎が, 少しずつ, 当時の, 思い出さずには, 我々は, 打壊された, 探検隊の, 推量を, 明白に, 明確に, 本家の, 深く感動, 留守隊の, 知ったの, 磯五の, 私には, 私は, 第一回, 自分に, 自分等の, 色々に, 記憶を, 高一

▼ 話上手~ (44, 0.1%)

2 であること, の, の方

1 [38件] が次, だ, だいろ, であ, であった, であったとも, であつ, である, であるが, です, ですが, ですよ, でどう, でよく, で倶楽部員中, で手まね物まね, で聞上手, で要点, な上, な主人, な人ぢやつ, な姉, な提督, な熟練, な策略家, な薄い, になる, にはあらざれ, に惹きつけられた, に持, に運ん, の潮見博士, の片山君, の秘訣, の面影, の顔, の館, は事実

▼ 話ぶり~ (43, 0.1%)

2 なので, による, をもっ

1 [37件] から伸子, があまり, だが, で, であった, であったと, でありました, でおまけ, できかせた, でしたが, でただ, では松夫, では鎌倉, で穏, で結局, で老, で見, などに愛嬌, などは何, なのよ, には流石, にもどちら, に打たれた, に溢れた, に耳, に興味, に連れ, のため, はいかにも, は一転, は如何にも, よ, をし, を聞い, を聞く, を記し, を高麗橋

▼ 話だけは~ (40, 0.1%)

5 して 3 聞いて 2 やめて

1 [30件] あったの, うかが, おもしろい, ご存じな, しないで, すっかり諳誦, する, つけ加えて, どういうもの, はつきり決め, まず打ち切り, よしたらどう, 三浦の, 今も, 信用しない, 勘弁し, 困って, 妙に, 度々聞い, 止めて, 洗ひざらひし, 源平以前から, 為るが, 確かに, 禁物で, 聞かせて, 色めかしい中, 覚えこんで, 酷く大きくてね, 非常に

▼ 話~ (40, 0.1%)

6 つた 2 ひながら, ひに, ひの

1 [28件] が出, だ今, つたが, つたもの, つたら嘸, つて, であつ, で別に, で山本君, で表向, の上, の末それ, は都, ひが, ひとにかく, ひました, ひを, ひ寧ろ, ひ廣間, ひ自, ふ, ふうち俄, ふて居たらしく自分, ふとして, をし, をする, をつけ, をつけた

▼ 話~ (39, 0.1%)

2 の美し, の青年, の顔

1 [33件] がまじめ, が上手, が何事, が彼, が陰惨酷烈, だった, であった, であると, と定められた, と聞手, と聴手, ならば, に當つた, に逆襲, に選ばれた, の一人, の思想内容, の方, の桃川燕, の為, の牧野健一, の物凄く, の目, の自由, の行為形式, の言葉, の足, は, は云った, は多く, は私, も聴手, を妨げない

▼ 話まで~ (38, 0.1%)

3 した 2 して, 伝わって, 出て, 持ち出して, 進められて

1 [25件] あっさり信じ, あった, ある, あるて, しなくては, しはじめたの, なさるの, まとまって, もち出した, コフマンは, 仄めかして, 出, 出た, 出たり, 出ました, 持ち上つて, 持ち出した時, 添へて, 知って, 聞かされたでは, 聞かせて, 話して, 起って, 起つたこと, 違って

▼ 話よりも~ (38, 0.1%)

1 [38件] いま一段と, この方, さきに, さっきの, さつきの, ずっとずっと多い, ずっと後, なおいっそう, ズツトましである, ダンスだ, 余程子供達, 全く素晴らしい, 切々と, 勇者の, 千代乃から, 古い形, 古くできた, 土門の, 大きくどこ, 娘の, 子供を, 宿屋に, 少年の, 平木中佐の, 彼自身の, 昔の, 極く, 海軍を, 皇帝の, 目で, 美しいもの, 聴衆に, 話を, 講釈の, 遊戯の, 面白か, 面白くない, 面白く聴く

▼ 話であっ~ (36, 0.1%)

2 て面上

1 [34件] てあの, てこの, てすでに, てその, てその後道路, てそれ, てみる, てもその, てもちょっと, てわずか, てド, て一方, て人間, て伊井公侯, て何, て何とも, て個々, て僕, て先生, て初め, て南方, て嘘, て外国, て実, て実際, て小説, て慎むべき, て探偵小説, て日本, て真偽, て私, て素人タンテイたる, て身振り声色, て量的

▼ 話~ (33, 0.1%)

4 にした

1 [29件] がある, がなくなっ, がなくなる, が各自, が聞かれる, だつた, である, でもあり, にありつい, にされる, にし, にしない, にすれ, になつ, になつて, になり, になる, に出, に興奮, に逃げなけれ, の中心, までもさ, もなく, をこし, を乾かす, を得た, を持っ, を旅行用, を示す

▼ 話でございます~ (32, 0.1%)

32 が, が或

1 [25件] か, からそれ, からね, からヘヘヘヘ, がお, がそこ, がその, がなん, がね, がわたし, が多分, が娘, が御, が時, が母, が矢張り淨土宗, が私, けれど, けれども一つ, な, ね, ねえ, の, よきっと, 今と

▼ 話振り~ (31, 0.1%)

4 を聞い

1 [27件] から一種不快, から笑い声, がぎごち, が或は, で, でもすぐ, で俺, で気息, で身の上話, と云, なの, にはちょい, には一種, には何, に金, の底, の感興豊か, は今, は何, は思わず, は眞劍さ, は真剣さ, は私, をし, を夢中, を考へ, を聞き取らう

▼ 話じゃあ~ (29, 0.1%)

3 ない 2 お俊

1 [24件] ありませんか, おとといの, お住, お熊, ここの, ございません浜松, ないか, ないじゃあ, ないの, ないよろず, ない日, なかった, なんでも, なんでも近い, ねえぜ, 万次郎という, 二人の, 何でも, 判らねえ, 四五日前から, 娘は, 正直な, 無いのよ, 色男だ

▼ 話って~ (28, 0.1%)

4 のは 2 あるもん, ものは

1 [20件] あきあきして, ありませんよ, あるかい, いきなり突っ, えな一体, えの, お化けの, ことも, それぎり, どんな話, ない, なにやら籤, のが, のを, 一体ある, 何だい, 何です, 何んの, 聞いたこ, 聞いたこと

▼ 話より~ (28, 0.1%)

1 [28件] あの白梅屋敷, じぶん, たいせつだと, どれだけ, ほかとても, ほかに, ほかには, めしの, もう少し面白い, もっと面白い, ものの, よほどほんとう, ジエンツアノの, 一層御意, 上話に, 何時も, 初めよう, 団子という, 大したもの, 大騒ぎでした, 女の, 始めて, 岡場所の, 旅行の, 此天狗か, 現今家族制の, 私は, 霊魂不滅の

▼ 話らしい~ (26, 0.0%)

6 話も 3 話は 2

1 [15件] から遠慮, がいま, がこの, ことは, ことを, ぜ手前, ぢや, と云った, ので乗る, のに, ものを, 小説が, 御話, 話が, 話を

▼ 話であります~ (24, 0.0%)

3 がこの 2 がそれ

1 [19件] からこっち, からなかなかそう, から尚, から誰, があの, があれ, がお母さん, がこう, が人間, が先づ此人, が其, が凡そ, が東京, が汁物, が異, が真贋, が蒙, が鐵幹與謝野寛, けれども此

▼ 話にな~ (23, 0.0%)

2 つてし, つて居りました, つて来た

1 [17件] つた, つたおほ年増, つてから, つてしまつたきのこの, つては, つてゐた, つて二人が, つて來る, つて例の, つて小出氏は, つて居ります, つて書物の, つて残つてゐる, つて給料も, ほして, ツて, 熊に

▼ 話~ (23, 0.0%)

2 口を, 戻つて

1 [19件] おつかぶせる, はいる事, キリスト教界の, 乗ったの, 乗り換えて, 入ってからは, 加わった, 危険な, 合槌を, 往った, 戻るん, 注意を, 深入りし, 移って, 移りましょう, 移ること, 移る前, 集中させる, 飛んだの

▼ 話かも~ (22, 0.0%)

4 しれない, 知れない, 知れないが 2 知れぬ 1 しれないが, しれないけれど, 知れないと, 知れないね, 知れないわ, 知れぬが, 知れねえが, 知れませぬ假令嘘

▼ 話だけでも~ (22, 0.0%)

2 して, 父の

1 [18件] こうして物語りし, させて, どうも偉く, ひどく美しく齢, よっくわかるべ, アラカタ見当が, ナカナカ凡俗の, 作者の, 信用が, 十分に, 大体は, 拝聴し, 東京が, 東京の, 決めて, 渇に, 無関心, 身の毛が

▼ 話込ん~ (22, 0.0%)

5 でいる, でゐる 3 でいた 2 でゐた 1 でいった, でいました, でくる, でやろう, で居る, で来る, で行きました

▼ 話かと~ (21, 0.0%)

2 思って, 思つてゐたら

1 [17件] うなずかれるだろうが, おもうよう, ヨシツネさんについて, 僕は, 思い赤ん坊, 思えば, 思ったのよ, 思ったよ, 思ったらこれ, 思ったらそんな, 思ったらつまらない, 思ったらみんな自分, 思つた, 戸惑って, 聞くと, 言わるるを, 訝つて

▼ 話しかた~ (21, 0.0%)

2 でした, をした

1 [17件] がじつに, が伸子, が六つ七つ, が横ばい, では長く, で八日, で家計, で書かれ, で話され, で話す, なの, には一種, もあり, をし, をしかける, をする, を不可能

▼ 話でなく~ (21, 0.0%)

5 若人らの 2 過去の

1 [14件] あんなに軽い, こう言う, たいてい満州, たいてい滿洲, ちゃ駄目, てかなり, てなんと, ても嫁入り, とも十里二十里, ひとつわれわれにも, みなで, アフリカ奥地の, アメリカ人一般の, 標本の

▼ 話とか~ (21, 0.0%)

2 交際とかと

1 [19件] いつたもの, そういうこと, つまりマルクス, どん底の, 仲た, 嘘の, 大体題材が, 娘に, 或は又, 気ちがいじみた, 着物の, 荒倉山の, 裏切られて, 買物の, 辟陽が, 長々と, 雑誌新聞の, 雪国の, 魯の

▼ 話やら~ (21, 0.0%)

1 [21件] いねむりやらで夕方に, いろ, その年, その頃, 中風で, 何やら彼, 商売の, 商賣, 喧嘩の, 景氣の, 猥談やら, 町の, 神光との, 私が, 移り移っ, 第二封鎖, 苦心談を, 賭博の, 辯解やらが, 露西亜人に, 鳥

▼ 話合つて~ (21, 0.0%)

3 居た 2 は袂, ゐた, ゐたが, 居て 1 どんなこと, ゐました, ゐるうち, ゐること, ゐるところ, ゐるの, 居る, 見て, 見にや, 見ると

▼ 話であり~ (20, 0.0%)

2 然して政治

1 [18件] いずれも, そうし, その上, それから家, たしかにり, またそれ, 一枚の, 他の, 又春秋社, 新体詩と, 普通の, 特に私たち, 発見せられたる, 目下研究中の, 私は, 籠城軍の, 結婚と, 葛巻の

▼ 話でない~ (20, 0.0%)

4 ことは

1 [16件] か, かも知れぬ, から何とも, から省い, から親類, か其処, が最う, とする, と私, と諦らめ, のだ, ようにも, 時にさえ, 極々些細, 様な, 証拠には

▼ 話~ (20, 0.0%)

3 あれは

1 [17件] あたしすこし, あの白っぽい, あれも, きょうお話した, それから, つまり素人診断, どうしても駄目, ほら受ける, まだ実現, もし見つかったら, やっぱり忘れず, 二人とも, 今晩は, 御存じだった, 決して妙, 興味に, 覚えて

▼ 話をも~ (20, 0.0%)

2 お聞き下さい, して

1 [16件] するよう, ツと, 一つちゃんと, 半蔵の, 否定する, 持って, 楽しみに, 残した, 深い洞察, 精米所の, 考へ, 聞く, 聞知った, 身を, 防ぎただ, 静

▼ 話~ (20, 0.0%)

2 の人

1 [18件] から立っ, だから, だが, ですが, でなかなか, で暫く, につかん, には無い, に出, に出る, に図, に巻き込まれた, に挙げられ, に歸, の八さん熊さん, の毎, の蜈蚣, 出るところ夥多

▼ 話~ (20, 0.0%)

2 を口

1 [18件] から聞え, があった, が見つかった, だ, だった, ではない, という機械, にかじりつい, のおかげ, のたいした, のラッパ, は大変重宝, をかたく, を使っ, を出し, を用い, を耳, を通じて聞えた

▼ 話しあっ~ (19, 0.0%)

5 ていた, ている 2 ていました 1 てい, ていない, ており, てこの, てもっと, て小屋, て居ました

▼ 話だけを~ (19, 0.0%)

2 書いて, 纏めたの, 聞いて

1 [13件] ここに, して, する, ぜひ一つ, なし得る人, 一と, 他の, 又伝え, 書いたの, 書くこと, 聞きたがり自分, 聞こうと, 開た

▼ 話だろう~ (19, 0.0%)

3 と思っ, ね 2 と思う

1 [11件] うまいこと, か, が現に, が私, ぜ, という, とかまう, と悪い, よ, 武家の, 落は

▼ 話だって~ (18, 0.0%)

1 [18件] あたしァ, あてに, あるじゃ, いまに, えとだって, おれたちは, ことは, したいわ, そうだろう, それは, どうだ, まあ待ち給え, まさかそこ, よくわかるだろう, 一度も, 眉唾ものかも, 笑ってたよ, 若宮は

▼ 話だの~ (18, 0.0%)

2 毎日医者に

1 [16件] たちまち長, 人を, 声の, 女流選手の, 子供の, 学校の, 屋根の, 幽霊の, 旅行に, 早発性痴呆の, 海坊主の, 王祥の, 競馬の, 老音楽夫人, 語られて, 雑誌や

▼ 話などに~ (18, 0.0%)

2 興味の

1 [16件] なって, なりめいめいそれぞれ, ひどく傾聴, ふけったが, 一つ, 倦み果てようやく, 彼は, 打ち興じながら, 時を, 注意を, 特別の, 笑の, 耳を, 耽って, 興じて, 花が

▼ 話なんて~ (18, 0.0%)

2 たいていは

1 [16件] あり得ないこと, されては, すが, ちっとも面白, のが, ほかに, ぼくたち子供に, ものは, ものも, 一つも, 出来る, 出来るもん, 嘘に, 聞き飽いちょろう, 野暮な, 面白くない

▼ 話かけ~ (17, 0.0%)

5 ている

1 [12件] たりし, たりした, たりもする, ていた, てくださつた, てそれ, てふと, てみたら, てみました, ても僕, てゆく, て見る

▼ 話それ~ (17, 0.0%)

2 にモ一つ

1 [15件] から五千円, から書いた, から気仙高田, がこの, が三つ, が容易, だけで宇野, につづい, に対する心組, に就い, に興味, に驚く, もこれ, も座付き, を知りたい

▼ 話あり~ (16, 0.0%)

2 て事実

1 [14件] いそいそと, その書, その長, て紙, て部長殿, という事, といふ, どうも弱り, やあら, やとの問い, フワ, 二十三日に, 十一時林寛来る, 鶏に

▼ 話がは~ (16, 0.0%)

4 づむ 3 づんだ 1 すんだ, づみます, づみよく, づみ大いに, づみ尊敬を, づむ鮎の, づんだ句評やら, づんで, づんでゐてもやつと

▼ 話~ (16, 0.0%)

2 へ傳

1 [14件] いやもう, ういつた, うか, うして, それは, たうとう, と野村, などと腹の中, へしなけれ, へ年, へ持ち出した, へ聞いた, まだ居る, 破れるに

▼ 話そのもの~ (16, 0.0%)

2 の中

1 [14件] がその, が女性, が既に, だけを事実, の興味, はかなり, は同情, は味, まで下卑, まで眉, も何等, よりもここ, よりも今, よりも聴衆

▼ 話だけに~ (16, 0.0%)

1 [16件] ぎくりとこたえる, この鼠穴, しよう, すぎんよ, する, とどめて, なって, わしより, 一々少なから, 問題は, 止めて, 油絵から, 耳を, 聞けば, 聴いて, 膝を

▼ 話だつた~ (16, 0.0%)

5

1 [11件] が, がおれ, がさ, がまさか, がまだ, が何時帰つたの, が例, が會つて, が直吉, ので私, よ

▼ 話とも~ (16, 0.0%)

1 [16件] あまり意気込ん, それぞれに, つかない言葉, つかぬもの, どこか, なって, やはり似, トリックの, 思われないの, 思われるもの, 相談とも, 縁が, 連絡を, 違ひます, 関係の, 関聯が

▼ 話とを~ (16, 0.0%)

2 綜合し

1 [14件] お聞かせしました, 中止した, 何が, 対照させる, 対照する, 思い合わせて, 思ひ合せ世界, 感謝する, 書いて, 此に, 比較する, 継ぎたし, 繰返して, 良人に

▼ 話半ば~ (16, 0.0%)

2 にその, のところ

1 [12件] でその, でついと, で久助, にでもなん, にカンラカラカラ, に周馬, に少女, に彼等, に急, に栖方, に眼, に突然

▼ 話しか~ (15, 0.0%)

1 [15件] くるに, くる一言, くる辰弥, しないし, しない金属工, しなくなって, た, たって, できずそう, 何かに, 出来ないよう, 普通に, 書かぬ人間, 書けぬ自分, 話題に

▼ 話について~ (15, 0.0%)

1 [15件] うけた印象, なにか正確, ゆけなくて, 一ことも, 一人一人が, 些と, 何か, 呉秀三氏は, 彼は, 思いあたること, 確めるべき, 行われて, 質問する, 質問を, 述べようこれ

▼ 話下手~ (15, 0.0%)

1 [15件] がいらぬ, だった, だと, であった, でそれ, でた, で自分, ということ, ときてるから, なの, なん, なんで, な口, な彼, な栄蔵

▼ 話合う~ (15, 0.0%)

2 ことに, のを

1 [11件] うちに, つもりであります, ていたらしく, でもなく, と階下, のであった, ように, 侍小屋の, 村人の, 様な, 機会も

▼ 話合った~ (15, 0.0%)

2 ことは, 事が

1 [11件] ことが, ことです, そうです, だけの間柄, っけ, ものだ, ものであった, 上で, 仲間の, 揚句春日は, 末晩餐の

▼ 話ばかりを~ (14, 0.0%)

5 して 1 した, すゝめて, 交わせて, 書いて, 続けるミハイル, 繰り返して, 聞いて, 誰も, 選んで

▼ 話~ (14, 0.0%)

2 から昔, をする 1 からでもたま, から察する, がちと, が陰気, にすっかり, にても分りたる, にどこ, をし, を聞い, を聞く

▼ 話あれ~ (13, 0.0%)

1 [13件] ですよ, で却って, ども事, ど負い去っ, はいろいろ, はお前, はすこし, は大, ば公使館, ば勇士, も事実, を知ってる, 出まかせです

▼ 話としては~ (13, 0.0%)

1 [13件] おそらくありふれた, 国民更生の, 外国から, 学資を, 幾分不作法, 我々は, 新しい部, 日本の, 決して行き届いた, 瓜子姫子の, 私は, 非常に, 鳥の

▼ 話一つ~ (13, 0.0%)

2 する者, に就 1 かわしたこと, きいたって, しても, する人, せずさっさと, できない有様, はある, 聞かせたまえ, 聞かせ玉

▼ 話対手~ (13, 0.0%)

1 [13件] がない, がなくっ, で余程, として御, なく困却, になった, にはなるまい, に不自由, のよう, の年寄達, の顔, はなし, を取り戻した

▼ 話~ (12, 0.0%)

1 [12件] うまく行かなかった, きまりましたか, じきに亡霊, わかって, 別だ, 早え, 極道だ, 聞かねえし, 聞きたくも, 自宅へ, 解るん, 通じない

▼ 話つて~ (12, 0.0%)

2 どんな話 1 あるか, あるかしら, あるもの, いふの, いふやう, えの, ないわ, ない筈, 居さ, 有るもん

▼ 話ながら~ (12, 0.0%)

1 [12件] あの夏草, かかる話, こう見え, ユースタス・ブライトは, 予の, 動物崇拝など, 大阪の, 山働きの, 時おりちらと, 時を, 清さんが, 金鍔次兵衛の

▼ 話ほど~ (12, 0.0%)

3 では 2 人間を 1 お種, でも, よけいに, 僕の, 当てに, 怖いもの, 空虚な

▼ 話~ (11, 0.0%)

1 [11件] ききです, ききに, するくらい, 光の, 国の, 思い出しに, 止しなさいよ, 祖師様の, 聞きでしたか, 聞きに, 通の

▼ 話などの~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある筈, うちに, 中から, 作られて, 出来そう, 出来るよう, 出来る相手, 如き原始的トーテミズム的, 彼に, 方が, 話を

▼ 話全体~ (11, 0.0%)

1 [11件] がいわば, がだいぶ, が一種, が口実, についてまた, のうち, の核心, は僕, は初め, をけ落し, をすっかり

▼ 話からは~ (10, 0.0%)

1 あなたは, そして弟, づれて窓ぎはをぶらぶら歩き, 二十年も, 何にも, 何も, 何んにも, 何んの, 太く自分, 殆ど今

▼ 話それから~ (10, 0.0%)

2 此近所の 1 それへと, スリツスシツピイスロオグの, 以前から, 俊吉と, 奧山の, 恋の, 殊に人, 自分の

▼ 話だけで~ (10, 0.0%)

1 うっかり見込み, まだ定, わからんといふ, 仕舞いでは, 何の, 信用し, 信用しなかった, 帰りました, 想像される, 終るの

▼ 話でし~ (10, 0.0%)

2 て, てね 1 てな, てな堰堤, てねえ, てねとこんな, て一々, やう今では

▼ 話~ (10, 0.0%)

4 の伯母さん 2 に毎晩 1 で遊び, な人, の爺様, ツき

▼ 話~ (10, 0.0%)

2 が出 1 が嫌ひだ, が起っ, だつた, と言, の口, の整理, の話, はぺらぺら

▼ 話~ (10, 0.0%)

1 がその, にはちと, のクレール観, の借金, の創作, の通っ, は知らない, は面白く, もこれ, もその

▼ 話ある~ (9, 0.0%)

1 か, から待て, は虚構, も全く, を聞いた, を見る, んだ, 為そちらに, 男そう

▼ 話しあい~ (9, 0.0%)

1 があった, ができあがった, で予算, になる, に来ました, もむずかしく, をし, をしたい, をする

▼ 話~ (9, 0.0%)

2 いたか 1 いる茂少年自身, どんな話, ゐました, エのは, 下さいな, 居ては, 帰り掛けに

▼ 話であろう~ (9, 0.0%)

31 いくら偉, が今, とはどうしても, と思う, と思っ, と胸

▼ 話なれ~ (9, 0.0%)

2 ども而 1 どもまた, ども定か, ども山形県庄内, ども念, ど是非, ば其の, ば誰人

▼ 話もう~ (9, 0.0%)

2 やめて 1 いいわ, やめましょう, よして, よそう, 止しに, 止めましょう, 準備に

▼ 話よりは~ (9, 0.0%)

1 その娘, もつと, 多少進化, 少しく西, 斯うし, 自分に, 自分の, 興味が, 金歯の

▼ 話~ (9, 0.0%)

1 が出来た, となりました, になりました, に取っ, に取ろう, の席, をたたく, を取っ, 御参

▼ 話その~ (8, 0.0%)

1 ほかは, ま, 晩の, 町の, 節, 話し方が, 話の, 銘は

▼ 話てえ~ (8, 0.0%)

5 のは 2 のを 1 ものはね

▼ 話なんぞ~ (8, 0.0%)

2 すると 1 いろ, されて, しやしない, 氣に, 繰返すよりも, 聴く必要

▼ 話ばかりが~ (8, 0.0%)

1 したいの, なお鮮明, 伝われば, 多い, 專門かと, 残つてゐ, 資金いらず, 面白い

▼ 話みたい~ (8, 0.0%)

1 じゃない, なこと, なの, な心理描写, に, になりました, に今度, に流し

▼ 話これ~ (7, 0.0%)

1 あり候, がまた, だけで, で少なくとも, に次, は今, は賭博

▼ 話たる~ (7, 0.0%)

2 に過ぎず, ものを 1 の形式, や後々, 痕を

▼ 話だけが~ (7, 0.0%)

1 くり返され, しっとりした, 何かの, 彼の, 渦巻または, 目の, 親類で

▼ 話としても~ (7, 0.0%)

1 その表現, まず普通, 我々には, 比較的信用, 田に, 稚気に, 面白い

▼ 話どころ~ (7, 0.0%)

2 では 1 じゃない, でなかった積, でなくあらゆる, でなくいつも, の騒

▼ 話については~ (7, 0.0%)

1 あまりいう, おいおい君, きいたり, 久しい以前, 今日の, 改めて別, 遠慮し

▼ 話にでも~ (7, 0.0%)

1 あるよう, なりそう, 嫌いな, 来たろう, 来て, 興味を, 首を

▼ 話によっては~ (7, 0.0%)

1 そのままには, ただじゃ, ぼくも, やって, 引きうけよう, 示談に, 都合しない

▼ 話やらを~ (7, 0.0%)

1 したり, して, はじめてゐた, めいめいが, やたら沢山聞い, 得意に, 開けっ放した

▼ 話を以て~ (7, 0.0%)

1 かの標準説話, 一個の, 事実そんな, 天地分離の, 想像する, 直ちに天然現象, 私の

▼ 話以上~ (7, 0.0%)

1 である, に何物, に勝れた, に詳しい, に貧しく, のもの, の面白

▼ 話~ (7, 0.0%)

1 についてはこれこれ, にはいや, にはこの, には熱, は無論, も上手, をした

▼ 話~ (7, 0.0%)

1 きく, する, に耳, は皆, をし, をもし, を聞き込む

▼ 話聞い~ (7, 0.0%)

1 ておかしく, てどう, てみましたら, ても愛憎, て寢, て来, て来た

▼ 話~ (7, 0.0%)

1 に立ち至っ, の如何, の活写, は写され, は豊麗, を偲ぶ, を継承

▼ 話かは~ (6, 0.0%)

3 知らぬが 2 知らないが 1 つてその間に

▼ 話ごえ~ (6, 0.0%)

1 が洩れ, が聞え, は茶の間, もみな急, を盗みぎきすることもできるであろうし, を耳

▼ 話しない~ (6, 0.0%)

1 ことに, でかえって, で帰っ, と琵琶法師, わ, 方が

▼ 話しなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならぬ 1 ばちと, ばなりません, ば成りません, ば斯

▼ 話しよう~ (6, 0.0%)

1 で, といい, とする, とハリキ, と努め, と思いました

▼ 話じゃった~ (6, 0.0%)

1 かな, かねそこで, がどう, が俺, が奈良原, が浪どん

▼ 話ずき~ (6, 0.0%)

2 の人 1 があっ, な人, な志賀直哉氏, の女

▼ 話その他~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, なん, まわらないロシア語, をどっさり, を高声, 何と鮮明

▼ 話だらう~ (6, 0.0%)

2 と思ふ 1 が僕, つて居酒屋の, と思ひます, 落は

▼ 話でありまし~ (6, 0.0%)

1 てこの, てこれ, てぜんぜん, てたびたび, てやる気, て天子

▼ 話でしょう~ (6, 0.0%)

1 か, かにィ, か親分, がその, しね, それなら何遍

▼ 話とが~ (6, 0.0%)

1 ある, ちょうど半々, 十分二者を, 各二部, 結びついたの, 辨證法的コントラストの

▼ 話などから~ (6, 0.0%)

1 とう, 一層誘発, 想像する, 手の, 若い人たち, 足の

▼ 話なんぞを~ (6, 0.0%)

2 した事 1 して, しや, 取り上げて, 為ますが

▼ 話にだけ~ (6, 0.0%)

1 あるおばけ, きいて, 余念なく, 割込んで, 笑い興ずるよう, 聞いて

▼ 話にまで~ (6, 0.0%)

1 うつって, なって, 及んだ後, 持って, 持つて, 耳を

▼ 話ばかりに~ (6, 0.0%)

2 なって 1 なりました, なるが, 夜を, 心ゆるめ

▼ 話または~ (6, 0.0%)

1 いろいろの, てんでん, 何度も, 大年の, 海から, 由緒ある

▼ 話までも~ (6, 0.0%)

1 これに, それからそれ, 手に, 私は, 聞かせて, 致しますので

▼ 話をば~ (6, 0.0%)

1 いかにも遠い, きめんと, じっとし, とくとお, ほと, 人づてに

▼ 話~ (6, 0.0%)

1 が多い, す, の初, よりいで, をせんけりゃ, を聽

▼ 話あなた~ (5, 0.0%)

1 あの人, たれから, の言葉, もお気づき, 書きましたか

▼ 話かけられ~ (5, 0.0%)

1 たりし, てす, てねかなり, ても以前, ても無

▼ 話かける~ (5, 0.0%)

2 事なく 1 どころか葉子, ものが, 私の

▼ 話からも~ (5, 0.0%)

1 ほんとうの, また兵部卿, 私は, 窺われる, 脱れ

▼ 話きい~ (5, 0.0%)

1 て, ていつか, ている, てさ, て損し

▼ 話きいた~ (5, 0.0%)

2 ことが 1 ことは, だけでも目先, 村の

▼ 話ぐらい~ (5, 0.0%)

1 なこと, なもの, ふさわしいしゅん, 私の, 聞いて

▼ 話この~ (5, 0.0%)

1 お玉さんの, 子は, 郁太郎殿を, 部屋では, 頃は

▼ 話しした~ (5, 0.0%)

1 お島婆さん, ような, ように, 学問の, 通りである

▼ 話そんな~ (5, 0.0%)

1 ような, 事が, 見苦しい姿, 話お, 話が

▼ 話で御座います~ (5, 0.0%)

1 があの, がそれにしても, がほんの, が娘, が獨乙

▼ 話としか~ (5, 0.0%)

2 思われないだろうが 1 思えない素晴らしい, 考へなかつた, 響かなかったので

▼ 話とても~ (5, 0.0%)

2 この場かぎり 1 なくそれ, 団体の, 真偽の

▼ 話などで~ (5, 0.0%)

1 あの建札, ほんとうの, 暫くは, 暫く時, 炉辺は

▼ 話などと~ (5, 0.0%)

1 云ふ, 同様な, 同様に, 混同し, 相通ずる

▼ 話なる~ (5, 0.0%)

2 ものが 1 ものの, ものを, も而

▼ 話なんかを~ (5, 0.0%)

1 して, よんで, 持ち出した, 持ち出して, 綜合する

▼ 話なんぞは~ (5, 0.0%)

1 てんで耳, ないが, クソ面白く, 忘れたやう, 耳に

▼ 話につれて~ (5, 0.0%)

1 その地, われ知らず高揚し, タッタ今見た, 自然お, 閃く白眼

▼ 話にばかり~ (5, 0.0%)

2 気を 1 だった, ふけり上役, 聞いて

▼ 話によっても~ (5, 0.0%)

1 ぜひぜひこの, 大原君の, 明らかである, 氏は, 読者は

▼ 話により~ (5, 0.0%)

1 てかくいへり, ますると, 多くの, 奇怪なる, 深く心

▼ 話のみ~ (5, 0.0%)

1 であった, であろう, でなく凡て, ならず全体, 致さなければ

▼ 話までが~ (5, 0.0%)

1 そちこち, 却って反対, 景蔵からの, 流言蜚語の, 蝉の

▼ 話~ (5, 0.0%)

2 人を 1 これは, なし, 捕れる時

▼ 話わたし~ (5, 0.0%)

1 にしなく, はそんな, ははげしい, はまた, まだ知らない

▼ 話~ (5, 0.0%)

1 の話, はあなた, はあれ, は幸福, は森絶対擁護

▼ 話~ (5, 0.0%)

1 から生色, に家, に小さな, に急病, に自分たち

▼ 話~ (5, 0.0%)

1 一つあるね, 岳州の, 柳田氏の, 湘譚の, 腿に

▼ 話~ (5, 0.0%)

1 の方, の門柱, はほんとに, は一笑, は恐がってる

▼ 話かわっ~ (4, 0.0%)

1 て, てこちら, て検事, て飯島

▼ 話さえも~ (4, 0.0%)

1 あとかたの, きく, 伝って, 承ったこと

▼ 話しし~ (4, 0.0%)

1 てい, ていました, てみたい, てゆく

▼ 話ししたい~ (4, 0.0%)

4 事が

▼ 話すら~ (4, 0.0%)

1 ある, せずに, 途絶えさして, 遺って

▼ 話すれ~ (4, 0.0%)

1 ばいろ, ば博士, ば生きた, ば随分

▼ 話っぷり~ (4, 0.0%)

1 がやはり, だからネ, は学校, や高笑い

▼ 話ついで~ (4, 0.0%)

1 に, にのびあがっ, に分り, に録

▼ 話でなくかう~ (4, 0.0%)

4 言ふ

▼ 話でへ~ (4, 0.0%)

31

▼ 話と共に~ (4, 0.0%)

1 何かにつけ, 古代醫療の, 嫁の, 支那小説中鬼狐を

▼ 話なぞを~ (4, 0.0%)

2 して 1 なさつた後, 始める

▼ 話などには~ (4, 0.0%)

1 あまり誰, しばしば仕事, 全く無, 耳を

▼ 話なんかは~ (4, 0.0%)

1 きらうという, これは, どうでも, 五度か

▼ 話なんかも~ (4, 0.0%)

1 あるから, 嘘だった, 思い出す, 詳しく聴取

▼ 話についても~ (4, 0.0%)

1 いよいよその, 一つ書い, 神経の, 私は

▼ 話にゃ~ (4, 0.0%)

2 ならない 1 乗らない方, 聞いて

▼ 話にや~ (4, 0.0%)

1 なんねえさ, まって, 口を, 違いない

▼ 話に対して~ (4, 0.0%)

1 作者としての, 反応しない, 新吉の, 部落の

▼ 話はね~ (4, 0.0%)

1 あとで, えと俺ア, またちがう, 誰れで

▼ 話ばかりで~ (4, 0.0%)

1 持ち切って, 持切って, 続くの, 過すこと

▼ 話やめ~ (4, 0.0%)

21 てお父つぁん, てエッ

▼ 話をでも~ (4, 0.0%)

2 して 1 あらうして, するよう

▼ 話をと~ (4, 0.0%)

1 くいに, 云うた, 望みました, 言ふ

▼ 話~ (4, 0.0%)

2 の話 1 は昔, まで聞いた

▼ 話以外~ (4, 0.0%)

1 にはそこ, にも多少, の人事関係, はみんな

▼ 話~ (4, 0.0%)

2 なもの 1 のねうち, はあるでせう

▼ 話~ (4, 0.0%)

1 か聞きません, か門違い, か預かり, のかの

▼ 話~ (4, 0.0%)

1 がある, などにこうした, の元, の口碑

▼ 話変っ~ (4, 0.0%)

1 て, てあの, てこちら, て真物

▼ 話巧者~ (4, 0.0%)

2 で愛想, の何日

▼ 話~ (4, 0.0%)

1 はもう, はよい, は多忙, は幸福人

▼ 話~ (4, 0.0%)

2 外遊中の 1 坐候老人会, 話

▼ 話~ (4, 0.0%)

1 きまりに, の親方, をなす, 真にうまい

▼ 話次第~ (4, 0.0%)

1 じゃあ起きん, ではさ, では宿屋, で出

▼ 話殊に~ (4, 0.0%)

1 もそなたの, 嫁を, 怪奇な, 瓜二つとも

▼ 話~ (4, 0.0%)

1 なこの, な青年, になるし, の徹底

▼ 話~ (4, 0.0%)

1 のない, の主, はつきず, を持っ

▼ 話~ (4, 0.0%)

2 二回参照 1 三回参照, 十一話に

▼ 話芝居~ (4, 0.0%)

4 の話

▼ 話あたり~ (3, 0.0%)

1 からで, が最も, のよう

▼ 話あと~ (3, 0.0%)

1 でいたします, では野上臼川氏, でゆっくり

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 て, てみい, て聞かせました

▼ 話いし~ (3, 0.0%)

1 てお, ておく, て私

▼ 話お前~ (3, 0.0%)

1 から千種, のとこ, はどう

▼ 話かね~ (3, 0.0%)

1 こういう訳, わしは, 助役さん

▼ 話がま~ (3, 0.0%)

2 とまつ 1 づいからね

▼ 話きかせ~ (3, 0.0%)

1 て, てあげる, てくれるでしょう

▼ 話きっと~ (3, 0.0%)

1 かえりぎわ, みんなおもしろ, 座敷牢とでも

▼ 話くらい~ (3, 0.0%)

1 世間に, 巧い話は, 聞いて

▼ 話ここ~ (3, 0.0%)

1 に到つ, に至っ, の写真屋

▼ 話さては~ (3, 0.0%)

1 数多の, 社会経済の, 都の

▼ 話しずき~ (3, 0.0%)

1 な傾向, の丹下船長, の八雲医師

▼ 話しょう~ (3, 0.0%)

1 で, と云うた, 思て

▼ 話じゃァ~ (3, 0.0%)

1 ねえん, もう一つ腑, 明日にも

▼ 話そう~ (3, 0.0%)

1 だったの, だと, ね

▼ 話そして~ (3, 0.0%)

1 この頃, こみあげて, 何里も

▼ 話だったら~ (3, 0.0%)

1 その御, 巡査の, 急に

▼ 話っていう~ (3, 0.0%)

1 のが, のは, のはね

▼ 話つい~ (3, 0.0%)

1 こないだも, ていつ, 釣り込まれて

▼ 話でなけれ~ (3, 0.0%)

1 ばならぬ, ばならん, ば金もうけ

▼ 話というは~ (3, 0.0%)

1 こうな, ただこれ, 供の

▼ 話としての~ (3, 0.0%)

1 ときには, 効果を, 文学の

▼ 話とともに~ (3, 0.0%)

1 上古における, 大正三年比ハワイに, 描いて

▼ 話との~ (3, 0.0%)

1 間に, 間には, 間の

▼ 話どう~ (3, 0.0%)

1 でしょうか, でも, なすった

▼ 話どおり~ (3, 0.0%)

1 だと, に年増, に聞い

▼ 話どころか~ (3, 0.0%)

1 あっしどもの, 不人情話と, 夢だ

▼ 話なあ~ (3, 0.0%)

1 あれかて, 今夜これから, 例の

▼ 話なかば~ (3, 0.0%)

1 からなるほど, から横, だから

▼ 話などという~ (3, 0.0%)

2 ものは 1 ものが

▼ 話なら知っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ています

▼ 話なり~ (3, 0.0%)

1 しに, といえる, と致しましょう

▼ 話なん~ (3, 0.0%)

1 ざア聞きたく, でも来い, の役

▼ 話において~ (3, 0.0%)

1 さへ, 物語ったごとく少し, 自分の

▼ 話にさえ~ (3, 0.0%)

1 なると, 聞いたこと, 身を

▼ 話にて~ (3, 0.0%)

1 この病, 第一隊, 遠近より

▼ 話にては~ (3, 0.0%)

1 ご無心, 一年あまり下役に, 全然計

▼ 話にと~ (3, 0.0%)

2 叮嚀に 1 思ひまして

▼ 話にの~ (3, 0.0%)

2 ぼつた 1 つて目を

▼ 話によつ~ (3, 0.0%)

1 てもう一度, て全く, て得られる

▼ 話ばかりは~ (3, 0.0%)

1 して, まじめに, まだ誰

▼ 話また~ (3, 0.0%)

1 嵯峨野の, 聖武天皇が, 馬鹿気た

▼ 話までは~ (3, 0.0%)

1 しないの, しなかったから, 入りきれないの

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 こりゃやめませう, 大きに芸, 聞いたろう

▼ 話よしましょう~ (3, 0.0%)

1 か, ね, よ

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 か, がンナ, てがん

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 も雄々しい, 了つて顏を, 了る

▼ 話るべき~ (3, 0.0%)

3

▼ 話を通じて~ (3, 0.0%)

1 いつでも, その原則, 小竹さんに

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 ねえ, 済んで, 騒々しくって

▼ 話~ (3, 0.0%)

2 てな何 1 てある

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 持ッテ来タコトハアリマセン, 綜合スルト田中町小學校ニ旋風ガ發シタト云ハレ又, 聞ク

▼ 話世間~ (3, 0.0%)

1 では新, の人, の噂

▼ 話付け~ (3, 0.0%)

2 て來 1 て来たい

▼ 話仲間~ (3, 0.0%)

1 に割りこん, の噂, の妻君

▼ 話~ (3, 0.0%)

3 體に

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 からあった, に戻りまし, の手紙

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 であるから, はこう, をきく

▼ 話同様~ (3, 0.0%)

1 でありましたの, の赤子, 思わぬところ

▼ 話声一つ~ (3, 0.0%)

2 聞えて 1 洩れて

▼ 話多く~ (3, 0.0%)

1 なり申し候ひき, 例せ, 出づ

▼ 話~ (3, 0.0%)

2 が明ける 1 は更け

▼ 話小説~ (3, 0.0%)

1 の材料, の移化, の話

▼ 話平次~ (3, 0.0%)

1 は一向, は先, も漸く

▼ 話戦争~ (3, 0.0%)

3 の話

▼ 話掛け~ (3, 0.0%)

1 たりする, ていた, て来ました

▼ 話文学~ (3, 0.0%)

3 の話

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 でございました, と云, になりました

▼ 話~ (3, 0.0%)

3 の話

▼ 話等し~ (3, 0.0%)

1 てさて, て別れる, て十六日放送

▼ 話聖東~ (3, 0.0%)

1 がボストン, のこと, よりもフランクリン

▼ 話自身~ (3, 0.0%)

2 も薄気味悪い 1 は余りゾッと

▼ 話~ (3, 0.0%)

1 が後戻り, の興味, をさせる

▼ 話述体~ (3, 0.0%)

3 の文章

▼ 話あっ~ (2, 0.0%)

1 ている, て遥

▼ 話あつ~ (2, 0.0%)

2 たり合唱

▼ 話あの~ (2, 0.0%)

1 時は, 話が

▼ 話いした~ (2, 0.0%)

1 とこが, ところが

▼ 話いずれ~ (2, 0.0%)

1 の場合, も失敗者

▼ 話いたしました~ (2, 0.0%)

1 が皆さん, 通り

▼ 話いろいろ~ (2, 0.0%)

1 な登山記, 面白く思いました

▼ 話い聞いた~ (2, 0.0%)

1 それ汝がに, っけ好い

▼ 話おれ~ (2, 0.0%)

1 には何, はおれ独り

▼ 話お母様~ (2, 0.0%)

2 は一体どう

▼ 話かけた~ (2, 0.0%)

1 が朋輩達, 珍太は

▼ 話からでも~ (2, 0.0%)

1 すぐ故郷, 系統を

▼ 話がさ~ (2, 0.0%)

1 あたしが, スの

▼ 話がよ~ (2, 0.0%)

1 チチチンと, 何うし

▼ 話ききはて~ (2, 0.0%)

2 てわれら

▼ 話ぐらいは~ (2, 0.0%)

1 あるでしょうが, おきき

▼ 話ぐらゐできなくては~ (2, 0.0%)

2 困るの

▼ 話こういう~ (2, 0.0%)

1 のは, 伝説を

▼ 話こそ~ (2, 0.0%)

1 どこか, 両親への

▼ 話こっち~ (2, 0.0%)

1 の娘, も整理

▼ 話させる~ (2, 0.0%)

1 と, 外は

▼ 話さ宗之助~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 話さ種~ (2, 0.0%)

2 も仕掛

▼ 話した~ (2, 0.0%)

1 ね, 斎木素子さんだ

▼ 話じゃから~ (2, 0.0%)

1 そこは, わしも

▼ 話じゃが~ (2, 0.0%)

1 切って, 聊か身

▼ 話じょうず~ (2, 0.0%)

1 だ, にひきこまれ

▼ 話すなわち~ (2, 0.0%)

1 二十三夜や, 姨捨山と

▼ 話すべて~ (2, 0.0%)

1 がよかつ, にお母様式

▼ 話すらも~ (2, 0.0%)

1 あるくら, 言外せぬ

▼ 話ずきで~ (2, 0.0%)

1 それからそれ, はなかっ

▼ 話そこ~ (2, 0.0%)

1 に至つて東京府, の馬

▼ 話ただ~ (2, 0.0%)

1 それだけの, 一つである

▼ 話だけしか~ (2, 0.0%)

1 しない, 取り交されなかつた

▼ 話だした~ (2, 0.0%)

1 のである, ものである

▼ 話だす~ (2, 0.0%)

1 さかい道, な

▼ 話だそう~ (2, 0.0%)

2

▼ 話だっ~ (2, 0.0%)

1 けど妹, たり一緒

▼ 話だつ~ (2, 0.0%)

1 てある, て俺達

▼ 話だ行っ~ (2, 0.0%)

2 てみる

▼ 話ってな~ (2, 0.0%)

1 んです, アに

▼ 話であったろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思います

▼ 話でありました~ (2, 0.0%)

1 がいまそれ, がそれ

▼ 話であれ~ (2, 0.0%)

1 ばまだしも, ば空地

▼ 話でございまし~ (2, 0.0%)

1 てアレキサンドル, て大谷先生

▼ 話でございました~ (2, 0.0%)

1 からそれで, が一昨年

▼ 話でござる~ (2, 0.0%)

1 が拙者, よ

▼ 話でござん~ (2, 0.0%)

2 しょうがなっ

▼ 話でさえ~ (2, 0.0%)

1 すぐ涙, 何かしら一種の

▼ 話でねえ~ (2, 0.0%)

2

▼ 話でのみ~ (2, 0.0%)

1 ないといふ, 込めて

▼ 話でやす~ (2, 0.0%)

1 ぜ, で

▼ 話といった~ (2, 0.0%)

1 のは, ような

▼ 話とかいう~ (2, 0.0%)

1 ような, 種類の

▼ 話とかが~ (2, 0.0%)

1 たまたま遺され, 稀

▼ 話とに~ (2, 0.0%)

1 依て, 酔つた

▼ 話どこ~ (2, 0.0%)

1 かでお, を捜し

▼ 話なさる~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 話なされまする~ (2, 0.0%)

1 さうで, ので御

▼ 話などとは~ (2, 0.0%)

1 比べものに, 違ひまし

▼ 話などをも~ (2, 0.0%)

1 おもしろがっ, 聞かされた

▼ 話なら聴く~ (2, 0.0%)

1 だけでも結構, わけには

▼ 話にく~ (2, 0.0%)

1 ッつけた, ツつけた

▼ 話にだけは~ (2, 0.0%)

1 なんとなく触れたくなく, 無条件に

▼ 話にだって~ (2, 0.0%)

1 この様, 暗示は

▼ 話によ~ (2, 0.0%)

1 つては, つて覺えず

▼ 話によりて~ (2, 0.0%)

2 悲哀は

▼ 話に対しては~ (2, 0.0%)

1 私に, 私は

▼ 話に関しては~ (2, 0.0%)

1 まだまだたいせつ, 甚だ議論

▼ 話のみは~ (2, 0.0%)

1 借りもの, 竜之

▼ 話はう~ (2, 0.0%)

2 やむや

▼ 話はも~ (2, 0.0%)

1 うい, うずゐ

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 ッかしらねッか, 持ち出したらど

▼ 話ばかし~ (2, 0.0%)

1 出たのに, 書いて

▼ 話ばっか~ (2, 0.0%)

1 しや, し書いて

▼ 話ばっかり~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 話ひとつ~ (2, 0.0%)

1 するでなくかえって, で女

▼ 話へと~ (2, 0.0%)

1 往つた, 急ぐ

▼ 話ほんとう~ (2, 0.0%)

1 に誰, に違い

▼ 話ほんとに~ (2, 0.0%)

1 儲かると, 実行し

▼ 話ます~ (2, 0.0%)

1 と, とそん

▼ 話まだ~ (2, 0.0%)

1 そちには, 申しませんでしたね

▼ 話みた~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 話みんな~ (2, 0.0%)

1 がみんな嘘, して

▼ 話めい~ (2, 0.0%)

1 てあなた, て居る

▼ 話めく~ (2, 0.0%)

1 が二, のでかいつまん

▼ 話もし~ (2, 0.0%)

1 掛けて, 聞きも

▼ 話もと~ (2, 0.0%)

1 絶えがち, 考へたが

▼ 話もの~ (2, 0.0%)

1 に脅え, は明治

▼ 話やがて~ (2, 0.0%)

2 生れむ子の

▼ 話やと~ (2, 0.0%)

1 そんなこと, 思ふんぢ

▼ 話やらが~ (2, 0.0%)

1 よく私, 続いた

▼ 話やらに~ (2, 0.0%)

1 紛れて, 耳を

▼ 話やを~ (2, 0.0%)

1 書いた文学, 綜合し

▼ 話よう~ (2, 0.0%)

1 ございましたね, では五十銭

▼ 話よりか~ (2, 0.0%)

1 ここに, もっともっとふしぎ

▼ 話わし~ (2, 0.0%)

1 の所, はいつも

▼ 話をかへ~ (2, 0.0%)

2

▼ 話をかへて~ (2, 0.0%)

1 いつた, きいた

▼ 話を通して~ (2, 0.0%)

1 想像される, 見た面影

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 てありゃしない, てない

▼ 話ホント~ (2, 0.0%)

1 にしやしない, に一度

▼ 話一寸~ (2, 0.0%)

1 いたしましたろう, ちがって

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 に一々, に耳

▼ 話下山~ (2, 0.0%)

2 の途中

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 多以為始, 降っては

▼ 話二つ~ (2, 0.0%)

1 に分れまし, を出し

▼ 話五十間~ (2, 0.0%)

2 で地廻り

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 と人, の世

▼ 話人身御供~ (2, 0.0%)

1 の伝説, の傳説

▼ 話俳句~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 話全く~ (2, 0.0%)

1 の事実, 秘密に

▼ 話其儘~ (2, 0.0%)

1 である, を読者

▼ 話分る~ (2, 0.0%)

1 かね, な

▼ 話初耳~ (2, 0.0%)

1 でしょう, やわ

▼ 話半分~ (2, 0.0%)

2 としても暗涙

▼ 話即ち~ (2, 0.0%)

1 前に, 海宮行の

▼ 話合手~ (2, 0.0%)

1 であ, になる

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 か真, ではない

▼ 話土地~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 話声さ~ (2, 0.0%)

1 へ洩れぬ, へ聞え

▼ 話声店~ (2, 0.0%)

2 の片隅

▼ 話大笑い~ (2, 0.0%)

1 ではない, ねでも

▼ 話寄進~ (2, 0.0%)

1 は言, は言うまでもなく

▼ 話対手蕈~ (2, 0.0%)

2 の汁

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 で飛び出した, の話

▼ 話懸け~ (2, 0.0%)

1 て居る, て自分

▼ 話手口~ (2, 0.0%)

2 は井筒屋

▼ 話手桃川燕~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 話振で~ (2, 0.0%)

1 はありません, 知つた

▼ 話掛ける~ (2, 0.0%)

1 とどうも, となか

▼ 話掛られ~ (2, 0.0%)

1 ていい, て思わず

▼ 話教え~ (2, 0.0%)

1 て, て呉れた

▼ 話昌作~ (2, 0.0%)

1 の平生飢ゑてる様, の平生飢ゑてる樣

▼ 話映画~ (2, 0.0%)

1 の話, や演劇

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 は海浜, は能

▼ 話更に~ (2, 0.0%)

1 は又, 人間の

▼ 話最中~ (2, 0.0%)

1 である, にその

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 之候, 之候薗八節新曲

▼ 話本当に~ (2, 0.0%)

1 あの子, 真率で

▼ 話欲し~ (2, 0.0%)

1 さうに屈んでる, さうに曲ん

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 の男まじめ, の頃

▼ 話殺された~ (2, 0.0%)

1 お君さん, 吉三郎は

▼ 話水仙~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 の業, を一転

▼ 話聞かせ~ (2, 0.0%)

1 てやろう, て貰うた

▼ 話聞く~ (2, 0.0%)

1 のも, 間巨勢が

▼ 話~ (2, 0.0%)

2 いて

▼ 話芸術~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 話蟹料理~ (2, 0.0%)

2 の話

▼ 話詳しく~ (2, 0.0%)

1 お聞かせくださいます, お聞き

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 がなんぼ, もすっかり

▼ 話諸国~ (2, 0.0%)

1 のうわさ話, の風俗人情

▼ 話辻斬~ (2, 0.0%)

2 は夏

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 した, 出たさ

▼ 話通り~ (2, 0.0%)

1 には本, の地獄

▼ 話~ (2, 0.0%)

1 の肴, の話

▼ 話雜誌~ (2, 0.0%)

1 が讀み重ねられ, や何

▼ 話面白く~ (2, 0.0%)

1 帰宅が, 聞かせて

▼ 話馬丁~ (2, 0.0%)

2 の黒助

▼1* [1016件]

あいがつき, 話あかなんでんわ, 話あそこの生活, 話あっしにはそれ, 話あった日が, 話あはてたりくさっ, 話ありふれたことを, 話ありますやろか, 話あるいはストライキ・ブレーカア達の, 話あるらしいねんけど, 話いかがでしたろう, 話いかに殺気立ち悪霊, 話いくらしたって, 話いたはずじゃがの, 話いたし度いと, 話いたしし実験は, 話いたしたことも, 話いたしたいと思ふ, 話いたしましたきやのち, 話いたしませんでしたがこれ, 話いたらお手前の, 話いつになく, 話いつか行けるの, 話いつか自分でしたじゃ, 話いづれの場合, 話いま階下で小父さん, 話いやですか, 話い聞けばあの, 話はの空, 話うっかり図にのっ, 話うつかり喋つて, 話うるさくて何, 話うろたへて身, 話うん男鹿かね, 話おそろしい山犬の, 話おっぱじめっちまった訳で, 話おなじく結核の, 話おやじの話, 話おれたちにできる, 話おれ自身にし, 話お前たちは聴きたくない, 話かいそれは, 話かうその話, 話かうした音楽かうした, 話かけたくてもだんだん, 話かけようか, 話かけられたとか, 話かけられると彼, 話かたをした, 話かっていきなりそうな, 話かで時を, 話かといふ質問が, 話かとはどういう意味, 話かとも思われるが, 話かなり言ひたい, 話かなんかで笑い出すまでは, 話かなんかを一席やっ, 話かなんぞのように, 話かみさんがこの, 話がかはると, 話がかはつて王さまの, 話がから分らないの, 話ががしてな, 話がずつと長くて, 話がちがつ, 話がとほつたらしいん, 話がもうちやんと, 話きいてたわね, 話ききました次の, 話きくとぞつと, 話きつぱり断りました, 話きめないことに, 話ぎらいではなかった寧ろ私以上, 話はしくし, 話くだらぬ妄想は, 話くらいのところで, 話くらいは知って, 話ぐらいしか知らないの, 話ぐらいで持ち切って, 話ぐらいに過ぎなかったが, 話ぐらゐつまらぬものはないと云つた, 話ぐらゐ小説としてつまらぬ, 話ぐれえしたっ, 話けれどその切っ掛け, 話だはらず語り合, 話ことごとく閑話ならざる, 話この間の, 話この間こいさんに聞いてん, 話こむかし, 話これから私が, 話これ以上の悲しい, 話こんでくれた, 話ごとに, 話さあれを是非, 話さうなら話は, 話さして戴きます, 話さただの人間, 話さだめしお辛う, 話さとたんば老人, 話さるべき客と, 話される私の, 話さんはとにかく, 話さ二本差しにも強い, 話さ女房子供がある, 話さ私ゃ今夜は落着, 話さ身請をされた, 話ていましたろう, 話しあいいかんによっては拙者, 話しあうてゐた, 話しかしこれと, 話ししますから一寸, 話ししようと思っ, 話しするのが, 話したい事が, 話したう厶ります, 話したげようか, 話しちまったんだ, 話しっこしましょう, 話しなかったんか, 話しなさった由, 話しなはるわ, 話しにすぎないかを示す, 話しもして, 話し致そうではない, 話やない, 話じみた問題を, 話すきなん, 話すぎて少し, 話すげつともなえ, 話すこぶる多い伏蔵, 話すったって, 話すべきことは, 話するだもう少しの, 話ずきだし客, 話ずきらしい女が, 話せっちまいますよ, 話ぜんたいも近さん, 話そこで新著百種と, 話そのままの由, 話その他参考になる, 話その他無邪気でおもしろい, 話その間に運, 話それからまた日本の, 話それくらゐの, 話それぞれの国, 話それでも水の上は, 話それゆえに父, 話いくつな, 話たいこと丈けが矢鱈, 話たちまち近郷近在にまで, 話たった今宮, 話たとえば政治か, 話たまに話題が, 話たりして, 話だから笑つては, 話だかんナ, 話だけがと叔父が, 話だけじゃありません, 話だけには興味が, 話だけのことでしょう, 話だだけれどそうした, 話だったですよ, 話だったらほっといてくれ, 話だってじゃねえか, 話だっても無理に, 話だ困つたことだ, 話だ巡ったに違えねえ, 話だ為る事は, 話だ聴いてくれる, 話ゅうのは之だけ, 話ちう事が, 話ちがいますけど貴方キネマスター, 話ちやらつぽ, 話ったらありゃア, 話ぷりとやるせなく悲し, 話つけて来た, 話つけないことな, 話つけるすぐ帰れ, 話つて云へばどうせ, 話つまり彼は, 話づかれてゆく, 話てもあの方, 話てんで話に, 話であったら改めて自分, 話でありませんけどすこし, 話でがして, 話できないということ, 話できるわ, 話でございましょうそれに, 話でございませうそれに, 話でございませぬか, 話でしかなかった, 話でしたらと断っ, 話でちょっくら此の, 話でっけどなうち, 話でですよ, 話ででもあらうもの, 話でと自身を, 話でないらしいのは, 話でなかったことだけは, 話でなく断れ断れで思想上, 話でにぎわつた, 話でへへツへ, 話でまとまった事も, 話でもといふので, 話でやして, 話で別れた亭主の, 話で御座いまするが, 話で御座んしたよ, 話で無ければ, 話というのはつぎの, 話というも桑門の, 話といふほどの話は, 話といふも桑門の, 話とうてい末始終手頼に, 話とかになって, 話とからなって, 話ときたら呑気な, 話ときどき気が, 話とぎれて一本, 話ところが川口は, 話とさえいえば, 話としてしか想い出せないの, 話とちったア訳が, 話とっくりして, 話とてありよう道理, 話とてもやはり一つの, 話とで暮して, 話とにかく私も, 話とにはなんら直接, 話とはずつとちが, 話とはといふ顔で, 話とばかりは聞けなかった, 話とやらには興味が, 話とやらをポンと, 話と金内の旅, 話ほり別居する, 話どうか嘘を, 話どうせ暇だ, 話どうぞ今日は, 話どすけど, 話どちらも何, 話どもしようや, 話どんな話, 話なかつたね, 話なかなか困難だろう, 話なさなかつたやうに, 話なしに御, 話なじみになる, 話なすつて下さる, 話なすって見, 話なぜ先日そう, 話なぞと申して, 話なぞは知らないと, 話なぞトテモたまらない, 話なぞベチヤクチヤ喋舌り散らして, 話などではない, 話などについて三時間あまりも, 話などにて候ひき, 話などよりは古い姿, 話などよりもあれ程, 話ならあるのだ, 話ならうちきりにしよう, 話ならしようか, 話ならずやと宣給, 話なら乗ってもいい, 話なら乗出さないが三百両, 話なら喜んであたし, 話なら拝んで貰う, 話なら知つてるぜ, 話なら聞かせないほうが, 話なら聞きあきたよ, 話なら誉めなけりゃあ好かっ, 話なら願いさげだ, 話なんかじゃありません, 話なんかに変へや, 話なんざ耳を貸す, 話なんぞが出ると, 話なんぞもかなり修飾, 話なんだかへんね, 話なんだか本当にありそう, 話なんてばかりしてるん, 話にか成行けむ, 話にさえもいろいろ欠陥, 話にしか聞いた事, 話にすら聞かない, 話についてのいろいろの, 話につれ白と, 話にでもなつたのかも, 話にとっては由緒ある, 話になんかだまされるもの, 話になんて驚され, 話にのみそんな事, 話にもなつてを, 話によってのみ承知し, 話によりても明なり, 話によりも下の, 話によるとおきえ, 話によるに枳園は, 話によるよ野草通作は, 話にわづらは, 話に対しても大した興味, 話に対する批難でも, 話に従ってその不思議, 話に関しても天然神話説によりて, 話に関する限り東作爺が, 話ねえ姉妹争いする, 話のさいちゅうへ, 話のせて車まつ, 話のせゐだらうといふ疑, 話のちやんと, 話のと私は, 話のみにあらず未開民族, 話のみにて一日を, 話のみにては解しがたし, 話のみを聞いただけ, 話のんべい, 話はいずくにても, 話はいちに伝へられた, 話はかうだつた, 話はずつと古くなる, 話はずまずに間, 話はでつかい方, 話はともすれば, 話はねききたいっていう, 話ははづむ, 話はよかつた, 話はわかつたがね, 話はをかしいね, 話ばかりかと思うと, 話ばかりと思うて, 話ばかりになつてし, 話ばかりよなし, 話ばっかりのようね, 話ばっかりをき, 話ぶりそれにひき, 話へのより多く, 話へまで移るうち, 話べつにどこと, 話ほかせんようになった, 話ほどの効能は, 話ぼくがつい, 話まあラブシーンかね, 話まず定石どおり, 話まったく出たらめ, 話まとまって散会, 話まる出しな, 話てえだ, 話むかし彼が子供, 話めいたものが, 話めかしたぴったりしない, 話めったにあるもん, 話もうよしたまえお前達, 話もしくは官話の, 話もちゃんちゃんとまとまって行きそう, 話もっとも十分に, 話もてたとかもてなかった, 話ゃちゃんと筋道が通ってる, 話ゃ変だな, 話ゃ後だって出来ら, 話やいてもろう, 話やかましく新聞に, 話やが山ほど, 話やけどなハハハハ, 話やすいと思っ, 話やってん, 話やったけれどあっち, 話やったら云うてほしい, 話やっぱりつまらない, 話やつたが, 話やつぱり句の話, 話やなんか十分語らない, 話やめましょうよ, 話やめるというよう, 話ゆえここでは省こう, 話ゆえ確かであろう, 話ゆっくり聞こ, 話ゆゑ行つて見ると, 話よい別れでも, 話よく聞こえません, 話よすの, 話よそうじゃない, 話よとその雑兵め, 話よりもよつぽ, 話よりゃ今夜は, 話らしかったのです, 話らしかったですがいさかい, 話らしくて小説, 話らしくない調子で, 話らッたが, 話に落ち, 話わかりましたかしら, 話わかるのか, 話わけても関ヶ原の, 話わっしの, 話われわれの仕事, 話をかぎつけようとしてるんだい, 話をかはした, 話をさえすれば, 話をずつと後世へ, 話をぞ聞く, 話をとのことです, 話をなさり始めました, 話をのべつに, 話をばかりして, 話をまで活気づける, 話をわざとこのうえもないばかげた風に, 話をネ全くその, 話なりゃしないん, 話ありゃしません, 話アダリンの話, 話アポローの子, 話アンマをとる, 話ア眞實でご, 話ア真実でご, 話ア話で後で沢山, 話してね, 話イエスの誕生, 話ウソよ, 話エマオの途上, 話オオル讀物モダン日本などの十二月號, 話オペラの話, 話クツみがき少年のお金, 話グッと憂鬱, 話コレラの話, 話サ大小を挟, 話シカケラレルノガウルサイノデ寝タ, 話シカケル気持デコノ日記ヲツケル, 話シカケレバ叱ラレソウナ気ガシタノデ, 話シタラバ肝ヲツブシテ, 話シタラバ先カラ尋ネタラ行クガヨイトイウカラ, 話シテ見マショウ, 話シテイタガ三時過ギニ, 話シテソノ時橋本ト深津ハ後ヘ残ッテ居テ, 話シテ帰リカケル様子ダッタノデ僕ハ下ヘ降, 話シテ思イ出シタカラ逢イニ来タト云ッタラ親子ガ悦ンデマズマズ, 話シ出シタンデツイ, 話シ映画ヲ見, 話ジリーのピアニッシモ, 話スエ子の話, 話スペインから持ち運ん, 話ダンスの話, 話チャン老人殺し, 話ヂヤねいや, 話テキヤとヘンロ, 話なり候所, 話ニジヤガイモサンノオ家ノ入口マデ行ツテハ, 話ニナルノネチット散歩シマショウヨ足ノ運動バカリデナク, 話かゆくなる, 話途中カラ左手ガヒドク痛ムヨウニ感ジ始メタ, 話ノウする事, 話実ニ, 話ハオ婆チャンカラ仰ッシャッテ戴クトシテ, 話ハ伺イマシタアンタナンカイタラ邪魔ダカラ何処カヘ行ッテラッシャイッテ追イ出シタノヨ, 話パアナツサスの山, 話フクロウの話, 話ベートーヴェンの話, 話ボクチンの話, 話ポーの早, 話マムシの話, 話ヨットの話, 話ヨ為てズラ, 話ラヤードの, 話ロバのおかげ, 話ヲシカケルトタチマチ耳ヲ蔽ウテシマウ彼女ノイワユル, 話ヲシテクレルナトテ和ボクヲシタソレカラ酒ガ又出, 話ヲシテ居タガオレノナリヲヤタラニ見テ, 話ヲモウ少シ, 話向支那書, 話一くさりでさよなら, 話一つしんみり為ようともしなかった, 話一つ一つの名前, 話一つ運動して, 話一人で支那料理, 話一席ご披露, 話一度あんたと, 話一月がほしい, 話一派である, 話一看守の語る, 話一言十八に童部, 話一話に分けない, 話一里やそこ, 話丈太郎も完全, 話三人組の強盗, 話三遍聽くよ, 話上陸の時船員, 話下さいましたし玉橋先生, 話下さいませんか, 話下さらないやうに, 話下された私は, 話下らない話, 話不快に思わない, 話世の中が不景気, 話中上場の人物, 話中幾人かの人物, 話中早川はそれ, 話中話が煙り, 話中鳴り物を随所, 話僧の, 話主人の身, 話主人公の建築家, 話久濶の話, 話乞食のベリザリウス, 話了つて到頭ボロボロ, 話二十九日に会った, 話二時ってば三時, 話五つの名前, 話五十や六十, 話五年心の詩, 話五時すぎ林町に行く, 話井戸側の石, 話で聞き, 話人物をつくっ, 話人生問題の話, 話今夜はいや, 話今度はもう, 話今道でシュッシュッ, 話仕事故断, 話仙台のこと, 話以上伝説化した恐怖, 話以来すつかりお, 話以来一つの革命, 話伊藤もちと, 話休みなしに, 話休饒舌廣文庫二册に屠, 話の時, 話会うてからする, 話伝説にも亦, 話位何よりもたのしい, 話何しろ東宝は, 話何だか不思議な, 話何となく生きて, 話何度でもくりかえし, 話余り妙な, 話の良し, 話談が, 話信ずべしと思ふ, 話信州飯田真言宗普門院にしだれ桜六抱半, 話俵町の往来, 話に難事件, 話候えば評し, 話働いてるもの大して, 話元来医者で, 話兄さんや大沢さん, 話兄弟ありません, 話兇徒嘯集と云, 話先年土耳古軍艦, 話先方ではたいへん, 話先祖たちの火花, 話を釣るべき, 話八州が何, 話八重さんの話, 話公園の旧, 話其他によりまた, 話其角宗匠が生き, 話内談秘計その外形, 話円本流行の凋落, 話写真屋も商売, 話になる, 話冬ごもりの炉べり, 話て感心, 話出されたら一応は, 話出した時彼は, 話出てたが, 話出なかつたかと声, 話出前持ちが置い, 話出席簿の順番, 話出来て嬉しかっ, 話出来しませんさかい何処, 話出来ないのです, 話出来へんもん, 話別々なん, 話がいま三人, 話れて, 話勅任官などといふやう, 話勝負事の話, 話勿論佃さんにも, 話化け物の出る, 話北欧神話の基礎本源, 話十両といこう, 話十二人の評議員, 話十分によく, 話千五百円出せの, 話千百円で家, 話千頭家の祖先, 話印度の話, 話厭ひだわ, 話及其事意似譴魯皐, 話の噂, 話友人の中, 話友達の身の上, 話取り止めもなく喋りちらした, 話受信機制定の話, 話古くは源頼光, 話被下候, 話各地に伝わり, 話合える女を, 話合おうとはしなかった, 話合したと云, 話合つた事でしたが, 話合つてそこを離れる, 話合つてみたいと思つて, 話合ひでやつと入手, 話合ひで泉屋の養子, 話合わなければならぬ, 話合ッて娯, 話吉野さんの前, 話吉野様の前, 話同様私には初めて, 話同様野干の, 話同様馬鹿でもチョン, 話同窓生と一処, 話吐夢の顔, 話ふも希望, 話向きを改めて, 話君ひとりが働い, 話呑気な話, 話の姜, 話のスイッチ, 話噴きだしたくらいだ, 話園子さんにした, 話土地處の物語, 話在満軍人慰問金との, 話報酬などは一切何, 話を占有, 話壮大な話, 話声すも, 話声ひとつ聞えなかった, 話声一つ泄れて, 話声犬の啼声, 話声硝子器のチリン, 話声笑声食器のふれ合う, 話売り上げの金, 話変わって雨, 話のこと, 話多い中に, 話多きも尤も, 話の話, 話旦那が, 話大きいどもな, 話大きな熊が, 話大丈夫と引受け, 話大人が珍し, 話大使館の杉下さん, 話大変こころにつたわります, 話大尉の話, 話天孫降臨の地, 話天狗様の夜歩き, 話をなくした, 話察候, 話の話, 話好いのだ, 話好きのをぢさん, 話好奇の眼, 話如何にも李が, 話妖怪変化の話, 話の持参金, 話存外あるもの, 話学校の話, 話学界に於, 話學的の方面, 話安坐する, 話実はイタリーの, 話客千客万来であったが, 話家媚ヲ献ジ気ニ, 話家屋敷の売買, 話宿の話, 話寄宿舎の寂しい, 話密談には極々, 話対手かたがた一緒に縫物, 話対手舞台で分別, 話寿の話, 話尋常の交際, 話對手であつ, 話小児の臀肉, 話小学校の話, 話小林さんに話し, 話小耳に挾みし, 話尽きず二時近く迄, 話山中生活の自由, 話山家で言, 話岩上坂井などの話, 話島崎親分とぐる, 話工合でした, 話市次郎の顔, 話師匠はこれこれ, 話席亭の話, 話帰化人範多銃太郎, 話平岡様から確, 話平野に任せる, 話幸三郎も覗き, 話広く行われ, 話の創作, 話引幕の相談なぞ, 話にならない, 話待ち兼ねて読む, 話で聞こ, 話後代は革令革命, 話御免遊ばせ, 話御存じでしょうか, 話かける, 話心がけが直れ, 話心中の話, 話思いかえしながらすぐ, 話思い出の話, 話思想の話, 話に二三枚畳, 話急いたらあきまへん, 話怪しげな教義, 話恭ちゃんにもいっしょ, 話息子の話, 話悪食の話, 話悲恋の話, 話を明瞭, 話懸ける隙も, 話成った頃の, 話る事業, 話戯曲の話, 話戸川残花がヒヨツコリ, 話房吉は食, 話所謂国際愛の話, 話手品仮声, 話承りたく候, 話承知しました, 話がようやく, 話技術が極めて, 話持ち合せて, 話持ち上ってまし, 話挿花の批評, 話の一人, 話掛けずに夕方, 話掛けられぬうちに, 話掛けられる話を, 話探偵小説は謎ときゲーム, 話控え室での饒舌, 話操觚者流の寓意譚, 話改造の話, 話政府の方針, 話政治の話, 話故郷の食物, 話教えたげよか, 話教科書の話, 話あり, 話数ヶ国の言葉, 話数年前物故した婆さん, 話の多い, 話文壇人の噂等, 話文妾のやう, 話断ってしまいなさい, 話知見を, 話新しいお国, 話新聞社の給仕, 話方等まで想像, 話方舟がアララット, 話旅人にだまされ, 話明日でもいいでしょう, 話明治初年のこと, 話昨日いろいろお, 話昭和の聖代, 話是非したいの, 話時局の話, 話景気の沙汰, 話書付さう, 話替って飯島, 話最も多くあり, 話最初凡人大衆の群, 話月給の多いすく, 話本人次第でOK, 話本当にそうでしょう, 話本所もあの, 話の話, 話村松梢風の或, 話が北海道, 話東京でも盛ん, 話東宝映画のだらし, 話東郷のやや, 話東電社長室で三十分, 話栄え多く学んだ, 話校長は父兄, 話の話, 話棚田のうわさ, 話といふ人, 話楊州の街, 話極楽の蓮華, 話次文湖州の竹, 話次道別余を戒め, 話欧州に多い, 話止めといて, 話止めようやない, 話武道の話, 話死んだ人の, 話死体が神田辺, 話段々具体的に, 話比喩ならば, 話生動物, 話気の毒なは, 話の底, 話永井先生の, 話江戸表へ来, 話汽車の話, 話沙魚は釣れなかつた, 話治民の話, 話波斯人の話, 話泥棒の話, 話活溌と共に野鄙, 話流行の話, 話のライオン, 話深川の石井, 話話した歴史的, 話清元梅吉が, 話湯浅氏の模写, 話洲で, 話源信僧都の母, 話滑稽なる話, 話漠然として取止らぬ, 話火星のボート, 話火焙りの話, 話かけて, 話片手に眼, 話の値段, 話狙いをつけ, 話独特の冗談, 話の話, 話率直に申す, 話が女, 話王子の若い, 話珍しく出る, 話球磨の百万長者, 話甚だ不快で, 話生きた魚を, 話産院休みの家, 話田中良って人, 話甲州侍のなか, 話甲斐があった, 話上げねば, 話申さなくてはなりません, 話申さなければならない, 話申さぬと唯, 話申しておきます, 話申したいと考へました, 話申したく候えども心, 話申しますることは, 話申し上げた通り現世は, 話申上度事あり御, 話申候やわたくし家, 話申度由につき御, 話の話, 話留学生の噂, 話に出る, 話疲れた赤染衞門は, 話が浮彫, 話發句の噂, 話白粉臭い話, 話百分にも千分, 話的怪奇趣味の中, 話びっくり, 話皆さんにも御, 話皆百合子様お姉様, 話盆栽の話, 話目白飯の話, 話かけ候人ニ, 話相さんも聞いたでしょう, 話相成心して進む, 話相手相談相手と云った, 話相手酒の相手, 話県庁の役人, 話つ直に, 話つてる, 話知っている, 話知らないですね, 話碁将棋の話, 話あるべきよし, 話常詔許曾, 話礼話礼常詔許曾, 話神様っていうもの, 話の話, 話私こないだ泣いたり, 話は賛成, 話空襲の話, 話窮鼠かえって猫, 話立聞きしましたね, 話競馬の話, 話等々大凡斯様な数々, 話等それは各, 話筋シーンをまとめやっ, 話米一升を十円, 話糸竹の道, 話細君の汲ん, 話終ると一服煙管, 話結婚の話, 話結局このたび, 話の話, 話続いて隠居願, 話続けるのであった, 話緒亡父のこと, 話繁治さんの知人, 話の仲買い, 話けるので, 話美術の話, 話羨しくなり東宝, 話翻訳についての話, 話へとく, 話考えといて下さい, 話に入り, 話聊齋志異などと云, 話聖東雖生於戎羯其為人有足多者, 話ては急, 話聞いたことも, 話聞いだっけ, 話聞かした所から, 話聞かせなぃが, 話聞かなんだ, 話聞きながらもうこ, 話聞きたがつてる, 話聞きたいものは, 話聞きなさるともう, 話聞きはったいうであて, 話聞くべくアイヌを, 話聞く聞く病める姪の, 話聞こえますか僕, 話聲さへ洩れぬ, 話聲擧動などはこの, 話聴いている, 話聴かしたるさかい涙, 話聴くも耳, 話がたつ, 話の下, 話自体としては面白く, 話自分の返事, 話自分自身について無関心, 話自動車のリスク, 話致し申候, 話致したことでありました, 話致しませうアリストテレースは, 話に入っ, 話船町の堤防, 話に絡ん, 話花柳界の話, 話苅田さん御退屈, 話英兵の弱, 話英国の力, 話英語の話, 話茶屋の話, 話荷物の話, 話華美な夏, 話萱野十吉氏はさ, 話の葉, 話藤葛の衣褌, 話蚤虱の曲芸, 話行われ唐崎まで, 話行先の希望, 話見えインドに兎己, 話見たいな話, 話もあらう, 話覚えていらっしゃっ, 話親父の君, 話親類知己の身の上話, 話ふ通り, 話計りを續, 話訪問記者の話, 話りして, 話の話, 話がさう, 話語学の話, 話説的なり, 話誰かから聞いた, 話會社の, 話謡曲に残る, 話警察の話, 話貴殿諾かず, 話に一杯, 話資本も労力, 話越智さんとした, 話込まれたために, 話込んだことだ, 話近代女性の話, 話近所の話, 話近江屋夫婦も今さら, 話近藤司気太引き退ったが, 話近頃の青年子女, 話迷信やわ, 話迷子を探す, 話途中にし, 話途絶ゆるごと, 話通ぶつた頭, 話進まず写真撮った, 話の開眼, 話遠くの島, 話遠近に伝わり, 話酔ひどれの口説, 話野上さんはギリシア神話, 話を出し, 話の話, 話長塚節の話, 話関係は前, 話關口の太助, 話降参ぶりがずいぶん, 話隠居所の話, 話に濡れ, 話青髭のランドルー, 話非常に僕たち, 話面白し全篇, 話音楽の話, 話願えませんでしょうか, 話願おうとも思っ, 話も本書, 話飛んだ浮世は, 話飢饉や火事, 話飲食店反則の話, 話の話, 話の話, 話の喉, 話鶴千年龜萬年人間常住いつも月夜, 話黒川が島田君, 話黒田謙の話, 話OKする