青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「込んだ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

農民~ ~辺 辺~ 辺り~ 辻~ 込み~ 込む~ ~込ん 込ん~ ~込んだ
込んだ~
~迎 迎~ ~迎え 迎え~ 近~ ~近い 近い~ ~近く 近く~ 近ごろ~

「込んだ~」 1779, 19ppm, 5971位

▼ 込んだ~ (279, 15.7%)

25 です 2119 である 9 であった 6 か, であろう, はそれ 5 だが, だらう, では 3 がある, だから, だそう, だと, ぢや, はその, も無理

2 [20件] かそれとも, かもわかりません, が運, だよ, だろう, であったが, であるから, であるが, でした, でしょう, ですから, ですよ, に乗る, はお前, はどうも, は中, は大黒屋, を見, を見ませんでした, を見る

1 [111件] かえ, かこの, かも知れず, か一人, か二の腕, か何となく, か大, か実に, か投, か自分, か馬車, がこの, が俺達, が十二枚, が大和由松, が流れ, が海神, が源七老爺さん, が脱, が見えた, が間違, が間違ひで, が隣, じゃあありますめえね, じゃありますまい, だか, だがね, だった, だつた, だつて, だという, だとは, だもう, だろうと, だろうという, であって, であります, でありますけれども, でございます, でしょうが, ですね, でなくて, でなければ, なら金高, は, はお, はこの, はさいぜん, はそれから, はたしか, はどう, はどんな, はなんと, はほんの, はよく, はパリー, は三年前, は二三百両, は何, は何より, は佛蘭西, は例外中, は俺ら, は先生金右衛門, は写実時代, は四十三四, は夥しい, は子供, は小歌, は庄太, は弓道自慢, は恐ろしい, は日本, は日本橋馬喰町, は水曜日, は涼み, は番頭, は私, は蟒, は襖, は言, は註文, は誰, は醜態, は金次郎ぢ, は間違ひも, は馥郁, は駿三, もお前, も人間, も先生, も植甚, も無意味, や薄汚い, や薄汚ない, らしい, をいいかげん, をお, をじろりと, を出し, を大勢, を待ちうけ, を此会, を牛飼ども, を男爵, を見すまし, を見て取った, を見懸けた, を認め, を食う, んに

▼ 込んだもの~ (79, 4.4%)

5 に違い 4 である, です 3 がある, だな, と見え 2 が御座います, だ, だった, でした, と分りました, と見えます

1 [45件] かさして, かそれ, かと六つ, から求め得る, か勝手, か安, か或は, がありました, がこし, がございました, がない, が帰っ, だったが, だと, だらう, だわ, であ, であった, であるが, である事, であろう, でしたが, ですから, ですね, でせう, でないこと, で一軒, で上, で射込んだと, で背, といへ, とみえます, とみえる, とも解せられる, と察せられる, と私, と見える, と見られる, にちがいありませんでした, に相違, に間違, のこと, らしく殊, を見た, を貴方披

▼ 込んだ~ (76, 4.3%)

2 列席の, 老人は

1 [72件] ああ後れた, あの通り花車, お駒, ここでは, これを, すぐ一抹, すなわち尋常, そこに, そこにも, そのまた, そのまま立ち去っ, そのまま顔, その時, その時熱, その瞬間, それが, ために, どうしても, どうも興, ふと杉野子爵, また考へ直し, もう足音, もとより大人一人分, やがてその, ジメジメした, 一呼吸し, 一目見る, 三度共路地の, 乱れた髪毛, 二人は, 何も, 其処も, 医者は, 十年前に, 厭に, 君だけは, 多くの, 多過ぎる, 居士は, 届かぬ先, 帰ってから, 御米, 心騷ぐまゝ祈祷せず, 思わずその, 日に, 日和下駄から, 暗くて, 暫くし, 最後どんな, 最後逃れ, 期待に, 東海坊の, 校長は, 梅田の, 母の, 毎度火災あり, 涙が, 湯気から, 無論怪物, 異物は, 磯野は, 私の, 色変りの, 色變り, 草影樹影花影が, 見れば, 買ったもの, 身分が, 遂に目的, 部屋の, 金は, 霎時し

▼ 込んだこと~ (51, 2.9%)

3 だらう, でせう, を訊く 2 がある, はない, は言, を訊きました, を訊ねます

1 [32件] お元, があった, だとか, だらうが, であった, でしょう, でしょうよ, でも, などもあった, になります, に對, はたった, はどこ, はなかっ, はなかつた, はぼく, は何十年經つて, は分っ, は誰, まで言, もあつ, もあります, を, をいふ, をする, を伺ひます, を思ひ出した, を知つて, を聞く, を言, を訊ねました, を説明

▼ 込んだよう~ (41, 2.3%)

3 なもの 2 な気持, な色

1 [34件] じゃから, だった, でございました, で浮出して, なお, なこと, な凹みを, な工合, な形勝, な心持ち, な忘れよう, な清らか, な芝草山, な長閑, な顔, にいはず, にし, にその, になっ, に主膳, に云った, に動い, に小さい, に思いました, に思っ, に痛かっ, に真黒, に見え, に見ゆる, に集, に靄, に青い, に頷きました, に黒ずんだ

▼ 込んだ~ (37, 2.1%)

2 にはそれ, のよう, の神秘的, は既七人許

1 [29件] から二人, であった, と調子, に, にああ, にはえ, には全く, には食卓, にゃア, にレコード, に明け方, に深良一知青年, に臂, に蝋燭, のこと, のせつな, の後ろ姿ぢ, はお腹, はその, はもう, は加納屋, は午刻, は半死半生, は少し, は鎌倉町, 大きな模様, 安禅, 突然私, 粗い縞

▼ 込んだ~ (34, 1.9%)

4 思うと 2 同時にこの

1 [28件] あつて, ある, いうからには, いうよりも, いつた風, いひたいさ, したら何, したら第, したら馬, みえ先刻, 云うこと, 云うの, 云うわけ, 云ふ, 伝えられる井戸, 同じよう, 同じ程度, 呼ぶ方, 思うが, 思ふと, 聞いた事, 見え北辰新報, 見せられないこと, 見られて, 言うん, 言つた方が, 言つてゐた, 言われるほどの

▼ 込んだので~ (33, 1.9%)

7 せう 3 あつた

1 [23件] あらう, あわてながら, その声, その間玄関は, ついその, びっくりし, 世話が, 伊吹屋は, 其信念が, 冗談半分私の, 半日の, 古くは, 向かい合って, 多遅比, 孤芳は, 床の, 廖化が, 彼女も, 早く云え, 無理に, 私は, 紳士として, 袴まくれ

▼ 込んだまま~ (33, 1.9%)

4 になっ 2 だった, 出て

1 [25件] いろいろ考, この唄, しばらく起ち上がらなかった, そっとひとりごと, ぞっと身, であった, でいる, ですから, で押し通した, で直ぐ, で誰, で雨龍太郎, どうする, に年, のそのそ傍, ぶらりと下がった, ズルズルと, 依然として基督, 寝て, 少し開い, 急, 泣き出した, 眠って, 見下して, 黙って

▼ 込んだ~ (23, 1.3%)

63 だよ, だらう, です 2 だろう 1 だから, だといふ, だとばっか, だね, でござんす, やで

▼ 込んだやう~ (22, 1.2%)

2 な心持, にし

1 [18件] だ, なこと, なこの, な事, な岩壁, な形勝, な感じ, な氣, な深い, な異, な顏色, な顔, な飯場, に云, に忽ち, に押し込まれ, に物見高い, に見える

▼ 込んだところ~ (21, 1.2%)

1 [21件] から見始め, がない, だよ, であつ, であらう, ですから, で人, で何, で何うに, で少し, で直ぐ, にある, に木, は大きい, は大した, へ俺, へ訪ね, まことに濃, を背後, を脇差, を誰

▼ 込んだという~ (19, 1.1%)

2 のは

1 [17件] ことで, ことと, ことは, ことも, のであった, のを, ような, わけです, わけな, んです, ロマノフ家の, 俄造りの, 其の方住所姓名, 番屋からの, 風で, 風にも, 麹町一丁目の

▼ 込んだ~ (15, 0.8%)

2 を言

1 [13件] がある, があるだ, が後悔, が露見, なども屡, になった, に気づいた, はいかに, まで知つて, をやっ, を心ひそか, を訊き出す, 第三

▼ 込んだ~ (14, 0.8%)

4 があります 2 がある, の姿 1 があった, があつ, がありました, がおる, はありません, も大分

▼ 込んだから~ (13, 0.7%)

1 [13件] だと, である, で嘔吐, フウという, 今度は, 仕方なし, 何だ, 勝藏は, 夢心地で, 己あウン, 耐りませぬ, 菓子屋では, 飛んでも

▼ 込んだ~ (12, 0.7%)

2 文は 1 すゑの長い, へやさまって, 京は, 君の, 園の, 庄の, 時が, 民の, 絃自分の, 關の

▼ 込んだ~ (11, 0.6%)

2 相違ない 1 しても, ちがいない, 相違ねえ, 違いあるまい, 違いない, 違い無い, 違ひあるまい, 違ひない, 違ひ無い

▼ 込んだ~ (11, 0.6%)

2 の親 1 ですもの, に氣, の批難, の胸, はすこし, はその, は占めた, は手早く, は間もなく

▼ 込んだ~ (9, 0.5%)

2 知らねえが 1 ぎりのものだつた, して, わかりませんが, 丸木の, 知らん, 知れないが, 馬方め馬鹿に

▼ 込んだ~ (9, 0.5%)

1 から喜捨, があります, さえ甚だ, ではない, に向っ, のよう, の後姿, の足音, は誰

▼ 込んだ樣子~ (9, 0.5%)

4 です 2 でした 1 だ, で, を見せなかつた

▼ 込んだその~ (8, 0.4%)

1 南向きの, 常闇を, 日, 時署長の, 物の, 町の, 石造の, 端が

▼ 込んだといふ~ (8, 0.4%)

1 ことが, やうな, 女です, 恐ろしく悧巧, 手紙と, 時分で, 番頭の, 神経的な

▼ 込んだ~ (7, 0.4%)

1 で下女, に勇敢, に宵闇, に漸く, の年, の座, パッと

▼ 込んだ様子~ (7, 0.4%)

1 がある, でかき集め, で懐中, で解る, なので, を見る, 忌々しい畜生

▼ 込んだ~ (7, 0.4%)

1 だから, だが, です, に持っ, のよう, もあります, をしました

▼ 込んだ~ (7, 0.4%)

1 が積り積, は三両, は三兩, は何, もございます, を持つ, を捨てる

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

1 がお, で大人物, で段々, に野営, はロスコー家正面, は情ない

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

1 がある, が他, の姿, はその, 生徒の, 邯鄲師の

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

1 から囚人, が事務員, です, ではない, は大きく, を突き留

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

1 で先刻拱廊, で衣裳, の先, へ無造作, をそのまま, を洗わせ

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

1 があった, が屋敷, なんざ, に自分, の息吹き, は北

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

2 だつて 1 がお金, で人間一人, ならその, は何時

▼ 込んだ~ (6, 0.3%)

2 であること, を覗きます 1 が開く, にはまる

▼ 込んだ~ (5, 0.3%)

1 そう立派, 廊下が, 戸棚の, 雪渓の, 馬鹿野郎

▼ 込んだ~ (5, 0.3%)

2 をし 1 に關, をしげしげと, をせず

▼ 込んだかと~ (4, 0.2%)

3 思うと 1 思われた

▼ 込んだため~ (4, 0.2%)

1 と思っ, に彼, に手当て, に町内

▼ 込んだとき~ (4, 0.2%)

1 そうした終局, には恐ろしく, は隨員, 果してぱっと点灯

▼ 込んだ~ (4, 0.2%)

1 いいが, 偶然にもかの, 半分夢で, 汝了簡が

▼ 込んだばかり~ (4, 0.2%)

1 である, でなく本義, で先, で箸

▼ 込んだ~ (4, 0.2%)

1 で何, に飛び込め, へ折々, を誠に

▼ 込んだ~ (4, 0.2%)

3 がある 1 の御

▼ 込んだ廊下~ (4, 0.2%)

2 には食事 1 に出, は急

▼ 込んだ言葉~ (4, 0.2%)

1 だつた, の意味, を判断, を逆

▼ 込んだ~ (4, 0.2%)

1 がてらてら, をする, を擡げた, を赤らめ

▼ 込んだまで~ (3, 0.2%)

1 でその, でその他, 未だ嘗て一度

▼ 込んだレコード~ (3, 0.2%)

1 を届け, を持っ, を逆

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

1 でたった, でたつた, に家中

▼ 込んだ伊保木金太郎~ (3, 0.2%)

2 の死骸 1 がやられました

▼ 込んだ八五郎~ (3, 0.2%)

1 でした, は引つ, もツイ氣

▼ 込んだ姿~ (3, 0.2%)

1 で出, で宰相, を仔細

▼ 込んだ小さな~ (3, 0.2%)

1 坐布団みたい, 硯が, 袋である

▼ 込んだ平次~ (3, 0.2%)

1 の言葉, の鑑定, は物柔

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

1 がそこ, の眼, は大声

▼ 込んだ批評~ (3, 0.2%)

1 である, でなければ, もまごつかない

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

1 が私, で大島先生, の光

▼ 込んだ日光~ (3, 0.2%)

1 がクラ, のよう, や部屋

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

1 なもの, な時刻, に

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

1 で, な氣, に

▼ 込んだ気持~ (3, 0.2%)

1 です, で過した, なんか起りつこ無い

▼ 込んだ相手~ (3, 0.2%)

1 が判る, が懷中, は判る

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

21 の机

▼ 込んだ細工~ (3, 0.2%)

2 をし 1 は出来

▼ 込んだ調子~ (3, 0.2%)

1 で, に倭文子, を鐵心道人

▼ 込んだ~ (3, 0.2%)

1 がある, だとか, でゐざり

▼ 込んだ途端~ (3, 0.2%)

1 きや, にガタン, に引き抜く

▼ 込んだ部屋~ (3, 0.2%)

2 のなか 1 である

▼ 込んだあと~ (2, 0.1%)

2 をよく

▼ 込んだお前~ (2, 0.1%)

1 が有馬, 決して御

▼ 込んだかの~ (2, 0.1%)

1 ように, 如く厄介視

▼ 込んだかは~ (2, 0.1%)

1 二の次に, 今でも

▼ 込んだかも~ (2, 0.1%)

1 しれませんぜ, 知れなかつた

▼ 込んだからには~ (2, 0.1%)

1 一念遂げず, 屹度どうにか

▼ 込んだきり~ (2, 0.1%)

1 で容易, で稀

▼ 込んだけれど~ (2, 0.1%)

1 どうしても, どこへ

▼ 込んだけれども~ (2, 0.1%)

1 今日は, 槍は

▼ 込んだこの~ (2, 0.1%)

1 五十枚の, 刹那は

▼ 込んだそう~ (2, 0.1%)

1 だが, で

▼ 込んだそれ~ (2, 0.1%)

1 と同時に, は洒落れた

▼ 込んだだけ~ (2, 0.1%)

1 であった, でまた

▼ 込んだだけの~ (2, 0.1%)

1 ことさ, 事を

▼ 込んだとか~ (2, 0.1%)

1 何とか云う, 或は勅命

▼ 込んだとき父~ (2, 0.1%)

2 はそこ

▼ 込んだとき麻油~ (2, 0.1%)

2 も血の気

▼ 込んだとは~ (2, 0.1%)

1 氣が, 言つても

▼ 込んだのに~ (2, 0.1%)

1 しかしお, 嬉しくなっ

▼ 込んだばかりの~ (2, 0.1%)

1 内儀の, 白河内岳の

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 一つの, 同然だ

▼ 込んだものの~ (2, 0.1%)

1 いつ出帆, 今度は

▼ 込んだもん~ (2, 0.1%)

1 だかね, だね

▼ 込んだ二人~ (2, 0.1%)

1 はさぞ, は真っ直ぐ

▼ 込んだ人間~ (2, 0.1%)

1 に現われる, は誰

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 の手, の方

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 こくりこくり, で有る

▼ 込んだ兇器~ (2, 0.1%)

1 が厚, を後で

▼ 込んだ入江~ (2, 0.1%)

2 などは眼

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 が見事, の両端

▼ 込んだ剃刀~ (2, 0.1%)

1 ですね, はお

▼ 込んだ匕首~ (2, 0.1%)

1 を一本, を拔

▼ 込んだ同心羽田庄兵衞~ (2, 0.1%)

2 は只

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 がある, できれ

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 ひに, ひを

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 をどうして, を水

▼ 込んだ坊さん~ (2, 0.1%)

2 だが

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

2 が丁度

▼ 込んだ密林~ (2, 0.1%)

1 となっ, となつ

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 供等の, 冊子を

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 の腕, の足

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 の桜, の面

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 だった, である

▼ 込んだ後姿~ (2, 0.1%)

1 が見, を見せ

▼ 込んだ態度~ (2, 0.1%)

1 に隙, を見た

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

2 がある

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 がこの, のお話

▼ 込んだ時代~ (2, 0.1%)

1 が来る, よりもこう

▼ 込んだ時分~ (2, 0.1%)

1 であった, にはもう余程

▼ 込んだ時彼女~ (2, 0.1%)

1 は又, は枕

▼ 込んだ曲者~ (2, 0.1%)

1 も定吉, を逃す

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 は抱い, 當の

▼ 込んだ板敷~ (2, 0.1%)

1 が向側, が然

▼ 込んだ構え~ (2, 0.1%)

1 の朽ち腐れた, の苔

▼ 込んだ次第~ (2, 0.1%)

1 であったが, ではない

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 が繊毛, が身体

▼ 込んだ水上~ (2, 0.1%)

2 に水煙

▼ 込んだ水甕~ (2, 0.1%)

2 へそれほど

▼ 込んだ深い~ (2, 0.1%)

2 森と

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 でありましょう, の訊き

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 の根, は金剛石

▼ 込んだ番太左~ (2, 0.1%)

2 より走り出

▼ 込んだ當時~ (2, 0.1%)

1 の大阪屋, の道徳

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 と痩けた, を急

▼ 込んだ着物~ (2, 0.1%)

2 のすそ

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 で愛嬌, 彼の

▼ 込んだ細い~ (2, 0.1%)

1 横町が, 眉の

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

2 の底

▼ 込んだ自分~ (2, 0.1%)

1 の声, の隠

▼ 込んだ若者~ (2, 0.1%)

1 が一人, と安

▼ 込んだ藤吉~ (2, 0.1%)

1 の魂胆, は木の下

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 の滲んだ, は綺麗

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

2 りの

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 だね, ですね

▼ 込んだ質問~ (2, 0.1%)

1 は避けるべきである, を試みた

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 にはますます, はますます

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 に孫伍長, に逃げ出さう

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

2 の道具

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 には丹, を無遠慮

▼ 込んだ~ (2, 0.1%)

1 を挾む, を高氏

▼1* [566件]

込んだあといつまでもいつ, 込んだあのちゃちなおどし, 込んだあれが間違い, 込んだあんたこれで舌, 込んだいろいろの教育資料, 込んだおはじきが消化器系, 込んだかという点も, 込んだからわッと, 込んだきらびやかな種類, 込んだきり三月も半歳, 込んだきり吉次は母屋, 込んだくらゐですから, 込んだころから京丸, 込んだ意気地は, 込んださながらの下駄, 込んだしかも場所がらに, 込んだしろものの, 込んだせいか赫, 込んだそこを見た, 込んだそしてはいつも, 込んだそのまま尽く死んで, 込んだ上へ, 込んだだけでも宜い, 込んだつて家のお父さん, 込んだつて打捨つて置いて, 込んだつもりでも, 込んだとき彼はようやく, 込んだとき本堂の内部, 込んだとき浩は自分, 込んだとき犬のよう, 込んだとしか思われない雑多, 込んだとしても事情が, 込んだとの事である, 込んだとんと先刻から, 込んだなと思うと, 込んだなりに棒の, 込んだぬらぬらした池水, 込んだのち中門の柱, 込んだはじめての男, 込んだはずみに私, 込んだふうの矢, 込んだほうがいい, 込んだほども麗しいが, 込んだままそこに山, 込んだままのもある, 込んだままジット私を見下し, 込んだままチエ子の顔, 込んだまま一太刀毎に穢い, 込んだまま一日そこにしゃがん, 込んだまま一時間ばかりと云う, 込んだまま人々の話, 込んだまま他の事, 込んだまま何事か待ち受ける, 込んだまま地に向っ, 込んだまま多くは自分, 込んだまま大急ぎで片付けます, 込んだまま姿を見うしなっ, 込んだまま小僧の無邪気, 込んだまま小刻みに足, 込んだまま廊下へ飛出した, 込んだまま意識を失っ, 込んだまま指先走りに廊下, 込んだまま放置して, 込んだまま様子を見, 込んだまま殆んど, 込んだまま涙で顔中, 込んだまま犬の下, 込んだまま玄蕃を見上げ, 込んだまま私の方, 込んだまま肘を張っ, 込んだまま跫音高く階段, 込んだまま身をこわばらせ, 込んだまんま目の下二十五メートルのところ, 込んだまんま顎をしゃくっ, 込んだもじゃもじゃした胸毛, 込んだもんぢやらうか, 込んだやっちゃ場もあった, 込んだああれ, 込んだりっぱな屋敷, 込んだわけだ, 込んだ幸い貴様, 込んだんぢやなく, 込んだんでせう, 込んだガラツ八は孫三郎, 込んだコルトーのが代表的, 込んだジャスティフィケイションのかげ, 込んだステキな話, 込んだダニなん, 込んだトラカルに手, 込んだバスケットを押, 込んだフットボールのよう, 込んだメスの柄, 込んだリズムをほぐし, 込んだロクを伴, 込んだと間, 込んだ一ぜん飯の婆, 込んだ一人の男, 込んだ一人二人の通行人, 込んだ一冊でどんな, 込んだ一刹那またもや意外, 込んだ一座の或, 込んだ一方は長者園, 込んだ一本気な学生, 込んだ一本氣には驚いた, 込んだ一枚の紙片, 込んだ一構であるから, 込んだ一番原始的な水鐵砲, 込んだ一輛の黒塗車, 込んだ万歳節が次, 込んだ三五兵衛は草鞋, 込んだ三人は瞬間, 込んだ三匹の小熊さん, 込んだ三十男ですが, 込んだ三本の息杖, 込んだ三等客車の混雜, 込んだ上州屋の周太郎, 込んだ上氣休めに石, 込んだ下地は好き, 込んだ下宿はずっと, 込んだ不思議な影, 込んだ不義の財, 込んだ与里はもはや, 込んだ丑蔵は相木熊楠, 込んだ両手で上着, 込んだ中庭は狹, 込んだ主人の寢入, 込んだ主膳の魂, 込んだ主要な原因, 込んだ九兵衛を覗い, 込んだ乞食めが昔, 込んだ事務員達を黙っ, 込んだ事情があつ, 込んだ二人小倉の袴, 込んだ二人立が乗る, 込んだ二回目の矢文, 込んだ五十枚だから, 込んだ人形のよう, 込んだ人影を見, 込んだ人蔭になっ, 込んだ人達がどの人, 込んだ今年七十か八十, 込んだ仕事になるだろう, 込んだ仕方で巧妙, 込んだの百姓, 込んだ代官松は腰, 込んだ以上は何, 込んだ以前の身の毛, 込んだの名, 込んだに思つて, 込んだ何やらの羽蟲, 込んだ作者を覗き, 込んだ使ひ古し, 込んだは二度, 込んだ便所の前, 込んだ俊子の細そり, 込んだ修行の遣り遂げる, 込んだ個人個人特有の極端, 込んだ健一摺剥や瘤, 込んだ健策の眉, 込んだの光, 込んだ儘妙に悄気, 込んだ儘彼は其處, 込んだい微笑, 込んだ優美な品, 込んだ儲けをみんな, 込んだの菊次郎, 込んだ先祖の兄哥, 込んだ光線は藍, 込んだ児等の胸, 込んだ入り口の穴, 込んだ八九人の荒くれ男, 込んだ其形が当時, 込んだ内側が暗, 込んだ内濠と違つて, 込んだ円形の大広間, 込んだ冷凍文化がここ, 込んだ凶悪な瞳, 込んだまでほぐす, 込んだ切口の新, 込んだ列車の窓, 込んだ利三郎がどうして, 込んだ刹那突然青年, 込んだの大, 込んだ前後にもそこ, 込んだ倍比丘尼と, 込んだ勘次生壁の蔭, 込んだ匂いに似, 込んだ包みを持っ, 込んだ化粧窓は蛙股, 込んだ十六七の少年, 込んだ十竿ばかりの繊竹, 込んだ協調やらいたわり, 込んだいガレ, 込んだ危険そして今, 込んだ原因になっ, 込んだ友達や娘, 込んだなん, 込んだ古狸でお, 込んだである, 込んだ台所の戸, 込んだ名札を再び, 込んだ向う鉢巻で, 込んだ君たちの血, 込んだ吾等兩人は一時, 込んだ商店の花自動車, 込んだ商業学者先生達は会社, 込んだ喧嘩かむりという, 込んだ喫茶店から白い, 込んだ四冊の画帖, 込んだを渡る, 込んだ地域には土, 込んだ地方長官はかんさん, 込んだ地質や土性, 込んだ地面をなんぼ, 込んだ堆い巻莨の, 込んだ場所から二, 込んだ塗骨の扇子, 込んだ塵埃が取れ, 込んだに何ん, 込んだが響き渡りました, 込んだ夕暮のささやき, 込んだ多分養父では, 込んだ多四郎さんがねこっち, 込んだなどに時々, 込んだ夜光石は夜, 込んだや熱, 込んだ大きな杉の, 込んだ大名が, 込んだ大小すっきり落し, 込んだ大身の旗本, 込んだ大道の上, 込んだ天狗は二千兩, 込んだ奧方の御, 込んだ妻戸が少し, 込んだが三人, 込んだ婀娜な伊達巻, 込んだ狗に, 込んだ学生を対手, 込んだ宇治の葉, 込んだ安物で鹽, 込んだ実験談によって知った, 込んだ密画で出来, 込んだ寝床の中, 込んだ小さい小窓, 込んだ小高い丘の, 込んだ小鳥の鳴き声, 込んだ少し前の, 込んだ居候の瀧山誠之進, 込んだ屋並みから突き出, 込んだの脚近く, 込んだ山刀の無い, 込んだ山右衞門は無用心さ, 込んだ山犬に似た, 込んだ岩壁の奥, 込んだ川島はただ, 込んだ左手でぐっと, 込んだ布團を取つ, 込んだ布袋腹に褌, 込んだに屋根, 込んだ度胸骨と云, 込んだ建築であった, 込んだ引ッ込んだ, 込んだ引緊めた腕組, 込んだ弾丸の入射角, 込んだ役人と支那, 込んだ彼らの起原, 込んだ彼女等への一つ, 込んだや荒れた, 込んだ後世の句, 込んだ後架があっ, 込んだ後鳥の喉, 込んだ得意想うべくわざと, 込んだ御用聞で智慧, 込んだ微笑であった, 込んだ徳利を拭い, 込んだは何, 込んだが読め, 込んだ忍び足の法, 込んだの話, 込んだ恐ろしさは, 込んだを徐ろ, 込んだでサンドヰツチ, 込んだ恰好で飛び込んで, 込んだ悲劇の担い手, 込んだ惨めな事件, 込んだ意味で端的, 込んだ感じを彼, 込んだらし方, 込んだ懐手婀娜にしょんぼり, 込んだ我々二人の女, 込んだ手紙と同じ, 込んだ明け話を, 込んだ技巧的なもの, 込んだ拍子に蘆, 込んだが電火, 込んだ捕方サッと楽屋, 込んだ捕方サツと樂屋, 込んだ探りの矢, 込んだ揚句の果, 込んだ支柱や板, 込んだ四方へ, 込んだ故脂が乗つ, 込んだ教育は意識, 込んだ文次折よく誰, 込んだ文身ではありません, 込んだ新しい病毒に, 込んだ新顔の妓, 込んだ旅客の一人, 込んだ日和下駄コトコトと, 込んだ春日新九郎の背中, 込んだ昼飯その他の仕度, 込んだ時下女が来る, 込んだ時先が突刺りや, 込んだ時命を賭し, 込んだ時城内の将兵, 込んだ時女の方, 込んだ時手を延した, 込んだ時白衣の看護婦, 込んだ時私はすぐ, 込んだ時筏が岩, 込んだ時籠洋燈の傍, 込んだ時絽の紋附, 込んだ時義雄の知つて, 込んだ時落着いて, 込んだ晩酌の膳, 込んだの直線, 込んだ暗い顏し, 込んだだが, 込んだ曲線の美し, 込んだ最終の帰結点, 込んだの光りで, 込んだ有様である, 込んだ朝食をすませ, 込んだでせう, 込んだ木祠の中, 込んだ本人自らの平素, 込んだ本尊の大黒天, 込んだ本当の原因, 込んだ本道の杏齋, 込んだの樹, 込んだが外せる, 込んだに映っ, 込んだの葉, 込んだの実, 込んだ格子戸に門札, 込んだ梯子の足跡, 込んだ椅子の脚, 込んだ植木が僅か, 込んだ検討が行われた, 込んだ極端な個人主義的思想, 込んだは死人, 込んだ樹木が根づい, 込んだ次の間を覗きました, 込んだ歌留多の絵, 込んだ此方へ上り, 込んだ武士は夫, 込んだ武村兵曹はまだ, 込んだ毛布やメリンス, 込んだを引きたて, 込んだ気色だった, 込んだ気障っぽさでは, 込んだ水色の男装, 込んだ汚らしい家の, 込んだ汽車は何處, 込んだ油断に身体, 込んだの底, 込んだ泥棒でも這入る, 込んだ泥水が底, 込んだ洞窟である, 込んだ淋しい日を, 込んだ渓には, 込んだ滿谷君等の四人, 込んだが容易, 込んだ炭俵の上, 込んだ装飾の, 込んだ無名の手紙, 込んだ煖炉の上, 込んだの皮, 込んだ爆薬を右手, 込んだだつたの, 込んだの最後, 込んだ父親右京が合點, 込んだ特性である, 込んだして, 込んだ状態に耐えられなくなりかけ, 込んだ狂歌に朱, 込んだ独鈷の仁三, 込んだ狭い領域の, 込んだのよう, 込んだ獵犬のやう, 込んだの肯定, 込んだ生活の苦しみ, 込んだ用事がある, 込んだ甲斐もなく, 込んだ男女の恋なか, 込んだではたとえ, 込んだ番号の打っ, 込んだ疲れなど忘れ, 込んだ白い常夏の, 込んだ白箸に引っかけた, 込んだ百姓家風の明り採り窓, 込んだにね帰りがけ, 込んだ監物の刃, 込んだ目的がどこ, 込んだ直覚とから得た, 込んだ眉毛の長い, 込んだ睦田巡査はその, 込んだ瞬間私は思わず, 込んだ矢一筋ではある, 込んだ矢先この間から幾度, 込んだ知合の男, 込んだはいつぞや, 込んだ石滝橋の附近, 込んだ研究を要求, 込んだ硝子に中っ, 込んだ硝子窓がびりびり, 込んだを持つ, 込んだ祝いものがくる, 込んだ神尾喬之助, 込んだ私刑暗殺押込斬合い, 込んだ秋蘭のため, 込んだ穀倉のなか, 込んだ穴ぢやなく, 込んだ穴倉の様, 込んだ空溝の広い, 込んだが出, 込んだ竹槍が盲ら当り, 込んだの中, 込んだをうんと力一杯, 込んだがあるらしく, 込んだのため, 込んだ米友は物凄い, 込んだ米松は側, 込んだ糠味噌なんざ, 込んだは脚, 込んだ紙包が障子, 込んだ素地になつ, 込んだ素晴らしい建物でした, 込んだ細かい埃は, 込んだ細君まで, 込んだ紹介をし, 込んだ結果好んで, 込んだ經緯を知, 込んだの内側, 込んだ縁側まで出, 込んだ縁起を作つて, 込んだ群衆は夜, 込んだ義弟の菊次郎, 込んだ翌年の五月, 込んだ職業婦人の職業, 込んだ胃袋が妙, 込んだの丸み, 込んだの扇, 込んだ脂肪と薬味, 込んだ脇差が徳右衞門, 込んだ膏藥だらけの年明け, 込んだ臭いがぬける, 込んだ船頭が云う, 込んだはちっとも, 込んだ芝居である, 込んだだから, 込んだ花粉の荷物, 込んだ若旦那の丹三郎, 込んだ苦学の小僧, 込んだ荷物を積ん, 込んだ莨入れを取り出し, 込んだ葉巻吸口等は何, 込んだだとか, 込んだの火, 込んだ藝者遊びの味, 込んだ蟋蟀は容易, 込んだ行李を運べ, 込んだ街中に発見, 込んだの格子戸, 込んだ表情にかわっ, 込んだ表通りの人家, 込んだに投げ込んだ, 込んだでつくろう, 込んだ製作を施し, 込んだ見ごとなもの, 込んだ覚悟で居る, 込んだ猿は, 込んだ親分の顏, 込んだ親子の縁, 込んだ親爺はとう, 込んだひ方, 込んだみ方, 込んだ記事を書, 込んだ記者はそのまま, 込んだ調べものがある, 込んだ調査をした, 込んだ論文も實, 込んだ貞女畠の女, 込んだ負債は十万, 込んだ貧苦か逆境, 込んだ貴様の親父, 込んだ質疑や応答, 込んだ足袋で留まっ, 込んだ路地裏は昨日, 込んだ途端ピュッと刎, 込んだ道楽で, 込んだ遺言状で悪人, 込んだ郵便物を配達, 込んだの男女, 込んだ重いルックを, 込んだ野兎のよう, 込んだ金銀珠玉の山, 込んだの銅壺, 込んださ, 込んだ錦葉の一葉, 込んだをまた, 込んだ長屋の薄暗い, 込んだ門構えに注連, 込んだにこれ, 込んだ関守氏は玄関, 込んだをいつ, 込んだ防水布等で保護, 込んだ階子を一段, 込んだ障子もほんのり, 込んだ集約主義の農業, 込んだ難しい曲技を, 込んだがきらきら, 込んだ電気のきわめて, 込んだ霧雨の雫, 込んだはとろ, 込んだ青い斑染が, 込んだ青眼先生は床, 込んだのサック, 込んだ革鞄を提げ, 込んだとをはい, 込んだ靴底に吸, 込んだ音楽は初め, 込んだであつ, 込んだ頃僕は報告, 込んだ頬髯との上, 込んだに薄い, 込んだや首すじ, 込んだ顏つきに變つて, 込んだ顔付で彼, 込んだ顔色をし, 込んだだつたが, 込んだ風来の職工, 込んだ食べものを口, 込んだがある, 込んだ養老のダンジリ, 込んだ餌無しの針, 込んだ饂飩屋の滑稽, 込んだ首領の某, 込んだの群, 込んだ馬上の武士, 込んだ馬春堂と伊兵衛, 込んだ駕籠の一団, 込んだ高価な魚, 込んだ高力左近は恩人, 込んだ高城鉄也じゃない, 込んだ鬼畜の道, 込んだを泄, 込んだも甚だ, 込んだと江の島まわり, 込んだ鰡群を首尾, 込んだの性格, 込んだ鷺太郎は, 込んだ黒っぽい板に, 込んだ鼈甲の留め針, 込んだ鼠小僧女ばかりのところ, 込んだ鼬小僧とやらは幸吉殺し