青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「農家~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~輪 輪~ 輸入~ 轉~ 辛~ 辛い~ ~辛抱 辛抱~ 辰~ 農~
農家~
農村~ 農業~ 農民~ ~辺 辺~ 辺り~ 辻~ 込み~ 込む~ ~込ん

「農家~」 1387, 15ppm, 7479位

▼ 農家~ (626, 45.1%)

17 前に 8 人たちは, 庭に 6 娘で 5 娘に, 家内の 4 主人が, 人々は, 娘の

3 [12件] ものの, 人達は, 娘が, 娘は, 屋根が, 屋根も, 常とて, 庭を, 生活が, 者が, 間を, 離れを

2 [48件] ある, うちに, ささやかな, ものが, ように, 中井さんが, 主婦は, 二階で, 井戸端に, 人々が, 人々の, 人ばかり, 人達が, 人達の, 仕事は, 前には, 副業と, 副業として, 垣に, 垣根だ, 垣根の, 基本収入の, 夫婦が, 女の, 娘さんが, 娘だった, 子で, 子弟が, 子弟である, 常の, 座敷を, 庭では, 庭などの, 庭には, 庭の, 朝飯は, 横へ, 次男で, 灯が, 男女も, 納屋の, 経済を, 背戸に, 軒下に, 離れに, 離家を, 馬小屋の, 鶏を

1 [433件] ある近く, うちだけで, おかみに, おぢ, おとめの, おやつ, かあさんたちは, ことです, こととて, ごとし, ご出身, さまだった, しきい, せがれだった, せがれ元, そばに, たたずまいと, ために, ところで, ところまで, とびとびに, ならいであった, ならぶ往還, ならんで, ひとつが, ひとり子で, ふところには, ほうへと, まひるは, まわりを, まんなかに, もうけが, もので, ものや, ものらは, ものらも, やうで, やうに, やぶを, ようで, ような, ペーチカの, 一つ一つを, 一主婦としての, 一人子息で, 一人息子であり, 一夜は, 一大事は, 一大事月の, 一室を, 一少年として, 一日の, 一軒一軒まで, 一銭とを, 一間に, 七割が, 下男だった, 中で, 中に, 中には, 中へ, 中二階とも, 中井さんなどは, 中井さんに, 中井さんの, 中庭では, 中庭を, 主が, 主人き, 主人で, 主婦が, 主婦たちに, 主婦であった, 主婦として, 主要なる, 九人目の子として, 事であろう, 二三が, 二三戸を, 二階づくりの, 二階に, 二階を, 二階二間を, 五〇パーセントが, 五月だ, 井戸から, 井戸や, 亭主會徳が, 人々から, 人々に, 人々も, 人が, 人たちが, 人たちに, 人たちも, 人たちや, 人だけに, 人である, 人は, 人らしい, 人達にも, 今は, 仕事の, 仕事を, 代りに, 伜である, 伝統的な, 低い屋根, 余裕ある, 作りにて, 信ずる山神, 先を, 児には, 入り口を, 六畳の, 具に, 具漁家の, 兼ねた蕎麦屋, 内で, 内部を, 内部位な, 冬は, 冬待ち顏に, 処女アンと, 出だ, 出である, 出らしいが, 出身だけに, 出身で, 利益は, 前では, 前なる, 前庭, 前庭へ, 副業に, 力で, 力では, 努力に対して, 労働に, 労働力は, 労働方法は, 勘助の, 十六の, 厄月二百十日二百二十日を, 厨まで, 厩の, 厩屋で, 友である, 収穫を, 古い座敷, 古い茅屋根, 古漬を, 台所の, 周囲に, 周囲には, 命と, 喰料は, 営みの, 困りかた, 困窮は, 土倉から, 土地もちという, 土間から, 土間に, 土間へ, 土間や, 土間を, 坐職に, 垣には, 垣外を, 堆肥の, 墓地から, 壁は, 声を, 夏の, 夕食の, 多忙しい時, 大きな藁葺屋根, 大ささ, 奉公に, 奥から, 女が, 女たちが, 女では, 女中とは, 女子供, 女性が, 女房に, 女房の, 姉娘の, 娘さんで, 娘さんに, 娘さんを, 娘たちは, 娘と, 娘とは, 娘を, 娘呉モヨ子の, 娘旅姿にて, 娘栗を, 娘物に, 婦に, 婦人と, 婦人の, 子, 子であった, 子では, 子なれ, 子供でしょう, 子供と, 子女たちを, 子女などは, 子弟から, 子弟だ, 子弟に, 子弟は, 子弟や, 子犬が, 宵の, 家の, 家庭に, 家根が, 家畜番を, 家鴨を, 小さい庭, 小児で, 小屋を, 小窓, 少女あり, 少女は, 屋内生活に, 屋根うら, 屋根それから, 屋根だけが, 屋根の, 屋根を, 屋根桑の, 工事が, 帶びたる樹木には, 年中行事の, 広い縁側, 広場に, 庖廚に, 庭が, 庭さきに, 庭で, 庭などに, 庭は, 庭へ, 庭先あるいは, 庭先き, 庭先に, 庭前に, 建て方, 建物で, 建築は, 彼らに, 後からは, 忙しい時, 息子で, 息子の, 慣わしである, 戦争で, 戸が, 戸ごとへまで, 戸内から, 戸別訪問を, 手が, 手に, 手業でなくなった, 数が, 新嘗, 方で, 方は, 方へ, 方へと, 方も, 暇な, 暮しは, 最も心, 有り様は, 本分たり, 柴垣には, 根柢から, 桑摘みや, 楽隠居に, 構えでは, 構造は, 様子を, 横手に, 横手には, 歓喜が, 正面に, 母屋を, 水汲み, 瀬戸に, 火では, 灯火が, 炉端の, 炉端を, 炊ぎの, 煙筒の, 爐部屋では, 爺さんが, 爺さんと, 爺さん婆さんが, 爺さん達に, 片隅などの, 物置だった, 物置は, 特色だ, 状態から, 状態を, 玄関なし, 玄関に, 甚兵衛方で, 生まれでは, 生れであった, 生垣が, 生垣を, 生活それだ, 生活という, 生活といふ, 生産が, 田畠の, 男女, 畑であっ, 畑へも, 畑地である, 畑地でした, 畫それから, 病である, 白壁や, 白日に, 百軒あまりが, 石垣は, 破墻, 神さんや, 祭月大事な, 税とは, 空いて, 空地とでも, 竈には, 籬などに, 約半数, 納屋で, 納屋へ, 納戸の, 経済が, 縁さきに, 羊番娘に, 群れ等が, 習ひとし, 習慣が, 習慣で, 老人が, 老人は, 老人を, 老婆が, 者にも, 者ゆえあなたが, 者を, 聖き, 背戸などを, 背戸の, 背戸や, 若いもの, 若い嫁, 若い息子, 若い男女, 若者, 茅の, 茅葺の, 荒壁は, 葬式で, 藁小屋らしい, 藁屋根や, 蚤に, 街道に, 裏口に, 裏山へ, 裏庭, 裏手へ, 裏畑では, 親仁が, 親切に対し, 親爺さんが, 親爺さんの, 誇りの, 議論は, 負担である, 負擔, 貧しい人, 身上が, 車に, 車や, 軒から, 軒に, 軒には, 軒の, 軒下へ, 軒先き, 軒先などには, 辺りにも, 造りは, 部落も, 酒ぶるまい, 長いわびしい繋がり, 門を, 門口で, 門口へ, 間が, 間で, 間には, 防風林で, 附属物たる, 隠居家などに, 雇人らしい, 雇娘で, 離れの, 離れへ, 離家に, 青年だ, 青年である, 食事は, 餅でも, 馬小屋よりも, 馳走ぐらいな, 駄馬で, 鳴戸の, 鶏などを, 鶏小屋などを, 鼻タレたちである

▼ 農家~ (125, 9.0%)

5 あった, ある 4 立って 3 あつた 2 あって, あるばかり, 一軒ある, 散在し, 最後の, 武器を, 点在し

1 [94件] あったり, あまり沢山ある, ありそれ, ありながら, あります, あるきり, あるの, かえって第, しばらく続いた, せっせと汗水, そうである, その辺, その間に, そろって, そんなもの, たくさん並ん, たったこれ, つまって, なければの, はるかに, ぽつんと建っ, まだ三四戸, まだ四五軒, まばらに, めいめいの, めらめら燃え, チラホラと, パラパラと, 一二軒處, 一軒天竜の, 三月梅花の, 並んで, 二つ三つある, 二三軒, 二三軒ある, 二軒おぼろげに, 五六軒ずつ, 五六軒も, 今勝誇る, 今熾に, 他国の, 仙臺邊の, 何で嫁, 入乱れて, 其処此処に, 冬の, 収穫どき, 各自の, 四つ五つ見えます, 四五軒いずれも, 埋まったが, 幾らも, 店やに, 忙しくて, 忙しく手廻り, 恩威並び示し, 悉く二人, 摺臼を, 散在する, 散財し, 数軒かたまっ, 有利な, 東北の, 樹の, 殆どない, 浮んで, 点在する, 燃えて, 現れて, 申合せ, 目立つので, 直ぐ眼, 相変らず立ち, 相当に, 立ち並んで, 立並び堤, 肥料を, 自作農に, 自家用の, 茄子を, 荒壁の, 見いだされた, 見えた, 見えたり, 見えます, 見える, 見つかったら薬, 貧乏だ, 農事を, 逃げた, 閑に, 雑木の, 青物組合の, 高価に

▼ 農家~ (109, 7.9%)

4 雇われて 3 入って, 生れて 2 よくある, 遠き縁者, 避難した, 避難する, 隠匿い, 頼んで

1 [87件] しても, すぎなくなって, たのんで, ひそみ居ること, ふさは, ふさわしくない, ウス馬鹿で, エドナという, チョン髷の, 一人で, 一夜の, 一軒に, 三人の, 下った, 乳牛を, 住んで, 住んでは, 働くが, 出來, 出稼ぎさせる, 分宿し, 分配し, 劣らないあるいは, 多くの, 嫁いて, 嫁いで, 嫁せしめた, 宿りました, 少しも, 尠ない, 帰り著, 平原に, 幾晩か, 彈丸で, 往った, 手造りの, 損は, 於ける年中行事, 於て, 来りて, 柿の木が, 楔でも, 泊つてい, 泊めて, 泊ること, 流行らせても, 渡される, 渡す, 滞在させられる, 灯がと, 為らうとは, 生まれた, 生れたの, 生れたもの, 生れたるが, 生れたる由, 生れ固, 種々の, 立ちよ, 翁と, 至るまで, 落ちついて, 行わせること, 行われて, 見て, 見当らないであろうかと, 貰ひ, 貸渡し, 身を, 転出し, 送りて, 送る父さん, 逃げ込んだ, 遺つて, 醸して, 金が, 間借りし, 関係の, 附きもの, 隠し馬小屋, 雨やどりし, 預けた当時, 頒つ, 頼み火, 頼み込みしばらく, 飛んで, 養子に

▼ 農家~ (79, 5.7%)

2 堕落し, 更に賢い, 直に間近, 草と

1 [71件] いずれも, いそがしくなる, こうしてまた急, この数年間, この灌漑畑作, こんなに小さい, さすがに, しだいに少なく, せっせとほし, それに, どこも, どれも, ないから, ないもの, なかは, ほとんど家, みな何処へか, やがて乳牛, よい迷惑, ザラだ, ユイ組と, 一応生活, 七漁家は, 不毛を, 二十三万七千戸あった, 互に諸事, 今が, 今の, 今頃よ, 伊沢の, 何と小さい, 円い形, 出盛り期, 四面に, 困るでしょうそう, 壁が, 完全に, 寝しずまって, 小ざっぱりと, 小踊り, 少くないであろう, 屋根に, 屋根の, 屋根裏部屋も, 年々借金が, 忙しいが, 忙しい時季, 普通一戸分を, 暗さ, 有るが, 枌板を, 概してそう小さく, 母屋と, 毎夜風呂を, 活氣が, 灰色の, 真っ暗な, 秋田県にも, 稲に, 米は, 繭を, 蕎麦が, 裏から, 西方に, 諸穀, 農作を, 適度の, 青物組合へ, 非常に, 飛騨の, 高い欅

▼ 農家~ (49, 3.5%)

2 借財と

1 [47件] おかみさんが, おぼえたの, お時, お茶を, この凶事, さえ電燈, たちのいいの, とまった, 一夜を, 一週に, 今も, 今景気, 似たよう, 作られます, 使うところ, 供養を, 健やかに, 働いて, 元より, 同じ製紙業者, 品物を, 好んで, 娘を, 婚禮の, 尋ねて, 散歩の, 数学を, 旅籠屋を, 橇と, 泊った晩, 漁業家で, 牛の, 犬が, 用いる品, 男も, 相当の, 育って, 若い頃, 茶碗を, 見た障子, 遂に病床, 金右衛門は, 門の, 雨宿りさせ, 食った余り, 飼って, 馬にも

▼ 農家~ (45, 3.2%)

1 [45件] かけずり廻った, けちんぼだと, ささえるには, たたき起して, たづね, ながめながら, みるの, めぐる密柑, 一面の, 借りうけ, 借りて, 借り受け患者六名, 借家し, 助けながら, 叩いて, 太郎の, 屋敷構えに, 思えば, 愚鈍と, 手伝ったの, 持つよう, 改造した, 望むに, 独立させたかった, 移し力行自ら持, 維持する, 蔽うばかり, 見て, 見に, 見ると, 見る事, 見慣れた眼, 訪えば, 訪ねたい旨, 訪ねたり, 訪ねて, 訪ねました, 訪ねる事, 訪れたこと, 訪れたもの, 訪れること, 訪問した, 訪問する, 造り直して, 選んで

▼ 農家では~ (41, 3.0%)

2 あるが

1 [39件] あつた, あまり生じない, いよいよ一年, これを, その所置, その朝仕事, その飼馬, できぬ治水, とてもその, もうそれ, もう寝よう, ウィンドミルを, 主僕, 今も, 全く想像, 冬は, 副業としての, 單に, 夕飯が, 夜も, 女と, 家の, 床几などを, 当然やる, 急いで, 戸を, 旧正月, 母親が, 生活出来ません, 田植ご, 種々なる, 線香一本の, 羨望され, 胡瓜を, 英世少年が, 草刈りや, 近頃の, 郷里の, 鼻の

▼ 農家から~ (33, 2.4%)

1 [33件] しぼり立て, すっかり蔽い尽し, でその, ときどき長閑, なにか外, 一俵盗みだし, 一輛の, 上流四五丁の, 便宜上その, 俵を, 借りて, 出発今や, 別れねば, 取られる若者, 同行を, 大切な, 太い竹, 小豆餅や, 庄原の, 手の, 持って, 牛が, 狙われて, 生みたての, 盗まれて, 盗んで, 聞えて, 草薙社に, 貧乏の, 農家へ, 野菜を, 闇で, 頒けて

▼ 農家~ (32, 2.3%)

2 立ち寄って, 行って

1 [28件] あきないに, いわば一個, はいって, ハガキを, 争って, 侵入その, 入りこんで, 勤労奉仕に, 嫁いで, 帰って, 戻って, 敵の, 泊まりに, 炎天を, 相談に, 答え合って, 米と, 紹介状を, 縁づいて, 貰われたが, 追いやられるとかの, 送りかたがた舟, 通じる小径, 運び込んで, 避難させる, 電燈が, 養子と, 養子として

▼ 農家~ (27, 1.9%)

2 儲かること

1 [25件] あり, あれば, あろう, くすねたかも, しだいに沈黙, どんよりとして, ますます米, みな持っ, 人が, 今は, 何も, 俵の, 傾いで, 古くは, 同じこと, 多く旅舎, 折々は, 斯様な, 概して清素, 死んだ虫籠みたい, 稀であった, 稲の, 空き家です, 追, 雨で

▼ 農家~ (18, 1.3%)

1 [18件] その周囲, どこも, なったが, なつて, なると, 一つでは, 原野に, 同じく玄関, 商工業界との, 変わりの, 田畑のみ, 異って, 石炭殻の, 見分けが, 農家との, 近頃建てたらしい, 隣りし農具, 麻布

▼ 農家~ (17, 1.2%)

1 [17件] その裾, 商家が, 商家の, 安旅籠, 小商人, 小規模な, 平野や, 旅籠屋で, 栴檀の, 漁師町が, 片田舎の, 牛や, 牛飼町の, 生垣の, 田圃は, 町中の, 町家などでは

▼ 農家には~ (9, 0.6%)

1 いってから, なお人, まだ祖父, 何かしら喰べ, 同居人が, 向かずなか, 梅櫻李一時に, 重要な, 関西で

▼ 農家らしい~ (9, 0.6%)

3 様子が 2 樣子が 1 のが, 古家では, 家に, 構えに

▼ 農家でも~ (8, 0.6%)

1 あろうこと, こんな抜け道, 井戸を, 女学校を, 小屋でも, 往来へ, 関わない早く, 頗る評判

▼ 農家~ (6, 0.4%)

1 かに部屋, から, がこれ, とかが仄, とかが自分, と足

▼ 農家である~ (5, 0.4%)

1 おかめ, から燈火管制, が店, という, ところから

▼ 農家まで~ (5, 0.4%)

1 たどりつき一片, 戻りて, 知らせに, 行くのに, 行って

▼ 農家~ (5, 0.4%)

1 のしっかり, の入り口, の土間, の草屋, の邸宅

▼ 農家にとって~ (4, 0.3%)

1 一年中の, 有益な, 金銭は, 非常に

▼ 農家にも~ (4, 0.3%)

1 おいおい年季, 充分耐えられる, 幸福なる, 拡がった

▼ 農家~ (4, 0.3%)

1 で一書生, の生徒, らしいがっしり, らしい太い

▼ 農家という~ (3, 0.2%)

1 のを, ものは, 構えで

▼ 農家などで~ (3, 0.2%)

1 よくつかっ, 愛された, 致しますの

▼ 農家一般~ (3, 0.2%)

1 に流行らせたい, の困窮, の山

▼ 農家からは~ (2, 0.1%)

1 四季折々, 水車の

▼ 農家であっ~ (2, 0.1%)

1 て他, て地主

▼ 農家であった~ (2, 0.1%)

1 がいろいろ, ことは

▼ 農家であるらしい~ (2, 0.1%)

2 ので今夜

▼ 農家でございましょう~ (2, 0.1%)

2 やら

▼ 農家でした~ (2, 0.1%)

1 が今, が何かしら一種

▼ 農家といふ~ (2, 0.1%)

1 やうな, 農家は

▼ 農家としては~ (2, 0.1%)

1 かなり広, 大きな家

▼ 農家との~ (2, 0.1%)

1 間には, 間の

▼ 農家とは~ (2, 0.1%)

1 あまり違っ, どんなもの

▼ 農家とも~ (2, 0.1%)

1 町家とも, 見えぬ土塀

▼ 農家など~ (2, 0.1%)

1 見つ, 見つつ

▼ 農家などを~ (2, 0.1%)

1 私どもが, 見ると

▼ 農家にでも~ (2, 0.1%)

1 参らば, 預け置いて

▼ 農家ばかり~ (2, 0.1%)

1 であつ, で野菜

▼ 農家戸数~ (2, 0.1%)

1 からみれ, が減った

▼1* [86件]

農家リ, 農家あり農家の, 農家ある處を, 農家いずれも農家, 農家武家屋敷の, 農家かたくない農家, 農家ぐらいなもの, 農家これらの間, 農家しか見えない辺り, 農家すらなくまったく, 農家そっくりのもの, 農家だけに節穴だらけだから, 農家だろうと思います, 農家であったらしいものが, 農家であるらしかったがきょう, 農家であろう長い声, 農家でさえも春に, 農家といった感じである, 農家とから成り立つ, 農家として模範たるべき, 農家としての不文律であり, 農家とまでは行かないが, 農家ながらも我が故郷, 農家なくなりて始めて, 農家なぞに思い比べて, 農家なぞにとっては朔日だ, 農家なぞは見当らない, 農家などから訊いた所, 農家などにあつて, 農家などには何の, 農家などはすでにその, 農家などばかり見える田舎, 農家などへやって来たの, 農家における便宜と, 農家について購ふ, 農家にて雪舟用ゐ, 農家にとつて水の, 農家にとっては灌漑による, 農家のみならず瓦葺, 農家のよこ道を, 農家ばかりの村では, 農家ふうの家, 農家へでも一時あずけ, 農家へは自作百姓の, 農家へばかり委托する, 農家ほどに野菜を, 農家までが競って, 農家まででも運ぼうと, 農家みな冬の閾, 農家より小兒, 農家よりも今一かさ偉大な, 農家らしき家の, 農家らしくてよい, 農家らしく立つてゐた, 農家らしく見えないのだ, 農家並みの完全, 農家主として自作農ばかりの, 農家五七子供四〇五人で一家族当り, 農家仕事で指, 農家作りの貸家, 農家修道院城楼万国博覧会の層楼, 農家全般へ布令, 農家兼武家の型, 農家にする, 農家副業としては先ず, 農家取着きのに先ず, 農家商家其の外, 農家商家それぞれの献立, 農家増産の一方法, 農家小説家の十種, 農家の麓, 農家建築とは比すべく, 農家戸数十一万戸で割っ, 農家散在す, 農家の減少, 農家日用の新しい, 農家りの, 農家用品にはこういう, 農家と松林, 農家病人等ありて, 農家経済として間違った, 農家耕田ヲ荒ス者ハ, 農家育ちの香, 農家自体が牛乳, 農家ゆ, 農家鷄犬の聲