青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「辰~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

輝き~ 輩~ ~輪 輪~ 輸入~ 轉~ 辛~ 辛い~ ~辛抱 辛抱~
辰~
農~ 農家~ 農村~ 農業~ 農民~ ~辺 辺~ 辺り~ 辻~ 込み~

「辰~」 1731, 19ppm, 6136位

▼ 辰~ (293, 16.9%)

7 刻に 65 家を 4 下刻, 刻から, 年に 3 ところへ, 両名, 娘お, 手に

2 [27件] うしろに, 上刻, 二階に, 代りに, 像に, 刻お, 刻です, 刻頃より, 嫁入り支度と, 家で, 家では, 年には, 年の, 座敷を, 役には, 戸口で, 方から, 日の, 歳に, 歳の, 着て, 胸を, 親爺は, 討たれ, 野郎が, 際に, 顎を

1 [197件] あいだに, うちの, おそいの, おやじを, かたきである, かたきを, かはり, からめとって, がひとつ, こころを, ことだけ, ことを, さう云つた自信, ために, ところに, とっつあん, なき立つ, は, はこの, ふた七日, ほうが, ほうは, むすめ, やつア走り, 一子豊麻呂に, 三人も, 三月で, 上刻までに, 上刻前に, 上刻少し, 下刻に, 下刻には, 下刻まで, 下刻より, 下刻鳥見役の, 両人を, 両配下, 久安四年には, 仇が, 今朝の, 仕事ぶりについて, 仕合せな, 使だ, 像元より, 再来では, 冬に, 出る席, 出入り先下谷長者町の, 刀には, 初夏来, 初春さきに, 刻が, 刻ころより, 刻ごろに, 刻ごろまでに, 刻すぎまで, 刻だった, 刻で, 刻であった, 刻の, 刻は, 刻までは, 刻より, 刻を, 刻生れまで, 刻過, 刻頃までに, 前と, 前の, 前六番お, 十一月のみ, 十手から, 十手だ, 十手と, 十手を, 叔父ぶんなげ, 取廻しが, 周囲の, 唖然と, 喉を, 国元の, 変に, 変は, 大変動, 大改革は, 奉公人を, 女房が, 奴何か, 姿やれまて, 姿眉付媚かしく生々として, 姿首さし出し, 娘が, 子石川豊麻呂も, 家でも, 家とは, 家に, 家の, 家へ, 寮を, 干支を, 年, 年じゃ, 年であります, 年など, 年のみ, 年三月三日南畝は, 年四月六日崩り, 年長州兵が, 役に, 役目, 得物には, 思い出話は, 息の根を, 悲鳴を, 愚痴の, 戦いの, 手もとで, 手より, 手を, 手勢だった, 手首に, 新板, 新盆が, 方にも, 日で, 日と, 日には, 日にゃ, 日時刻は, 本家を, 材木置場が, 材木置場の, 東席順に, 様子に, 正月と, 歳じゃ, 歳諸, 氣焔は, 洪水が, 溜堀の, 父娘の, 物真似であったろう, 物語を, 病床を, 痘を, 盤台を, 目ぢょうちんは伊豆守様が, 目にも, 秋は, 答は, 筮仕は, 節を, 義戦も, 肩は, 肩へ, 肩口を, 胸底を, 脇腹を, 脚に, 芸じゃ, 若いもん, 若い者, 襟首に, 親方さんでございます, 親方の, 親方を, 親爺それから, 親爺たちが, 親爺だけ, 記に, 許に, 許へ, 詩に, 詩引に, 話聞ては, 越後戦争の, 身振, 軒下に, 輩を, 辰字が, 遠征, 配下たちが, 野郎と, 野郎めご, 野郎めどうやら, 野郎を, 陣を, 難を, 霊前に, 面影あり, 革命以後の, 頃杞憂道人鵜飼徹定の, 領下な, 頭に, 頭脳を, 驚にも, 鳴き呼ばわっ

▼ 辰~ (160, 9.2%)

2 [11件] いうまでも, こんな事, 主人の, 例の, 十手を, 夕方から, 妙な, 娘の, 手を, 里方の, 顔を

1 [138件] あっといった, あの後, あれでは, いい負け, いかさま眼, おどおどし, およね, おれが, お妙, がらり調子, ぎよッ, ぐっと詰っ, けろりとし, こういっ, こうお, ここだ, さきへ, すかさず, すぐさま頭, すぐに, すぐ鋸, すこしむっとなった, すこぶる恐縮, そこに, その時, それこそ, それとなく夫, それみた, ちょろ, とっくに死ん, どうで, どこかで, どちらにも, にっこりした, にっこり掴み取っ, ぬうと, ほっとした, また大きな, また小, まだ寝ない, みずから大, もう一人, もう二度とここ, もちまえ, もちろんの, もちろん先棒, もとの, よりどころ, より以上, わざと右近, セルロイド人形の, ヘタヘタと, 一こう, 一も, 三月小四月大五月小で, 世間体を, 両国米沢町の, 両手を, 何に, 俄に, 兄妹ぢや, 別に気, 加えても, 勘次に, 勿体ぶって, 勿論おやじ, 半死半生に, 叔父さえ, 叔父にさえ, 右の, 唯さめ, 固唾を, 土間に, 多寡を, 夢でも, 大きな掌, 子を, 存分に, 家で, 家来を, 寄手の, 岡っ引きでも, 左右太, 左官が, 平次の, 平氣, 幼馴染という, 後ろから, 御用も, 忌々しそう, 思いついたよう, 思わずゾッ, 怪訝な, 悪夢を, 我身の, 手の甲で, 手酌で, 折るの, 旅へ, 柳吉の, 此時そつと, 気がついて, 気持も, 水でも, 派手な, 海苔の, 涙の, 無言だった, 猿臂を, 病める太夫, 相手に, 眼に, 知らないと, 私の, 立ちあがりながら, 笑い出して, 美しいが, 肥った体, 自信の, 自信を, 自分の, 自身陣幕の, 英語を, 茶の間の, 茶を, 薄着の, 裏へ, 謹ましやかに, 貰い子で, 近所に, 返事を, 途上で, 部屋の, 長羅竿, 雌豹の, 飛上がりました, 黙ったまま, 龍威勢の

▼ 辰~ (143, 8.3%)

5 と澄子 4 はそれ, は云った, は澄子 3 の方, はその 2 はすぐ, は一寸, は口, は呆気, は怪訝, は自分, は驚い, も澄子

1 [104件] から云われた, がいくら, がその, がそれ, がはね起き, がまた, がバケツ, が今井, が以外, が台所, が喫驚, が夜, が手, が昼間洗い, が本気, が格子戸, が次, が水, が漸う, が澄子, が耳, が貸し, と中村, と今井, と火鉢, にとっては助け, に云った, の前, の手, の拵え, の断り, の決心, の癪, の眼, の視線, の言葉, はいきなり, はうとうと, はきょとん, はじっと, はたしなめた, はつけつけ, はなお, はふと, はぶるぶる, はぷいと, はほっと, はまじろぎ, はまだ, はまだつくねんと, はわざと, は不, は不安げ, は中村, は人馴れ, は今井, は仕方, は何, は別に, は呆れ返っ, は呆れ返った, は喫驚, は夕方, は少し, は幾度, は彼, は心, は心配, は思った, は恐る恐る, は慌て, は憤慨, は押入, は本気, は気, は水枕, は氷, は漠然と, は狼狽, は眼, は素直, は考えた, は聞き咎めた, は聞き返した, は肺病, は胸勘定, は自分一人, は薄暗い, は蚊帳, は表, は襖, は言葉尻, は話, は語, は説き勧めた, は間もなく, は階段, は面, もしまいに, も勧め, も同じく, も我慢, も本当に, や澄子

▼ 辰さん~ (94, 5.4%)

3 が事, の家 2 と一緒, の娘さん, の弟, はこちら, は年貢, は弟

1 [76件] からいろいろ, がせっせと, がふい, がやって来, が可哀相, が呼んだ, が提灯, が早く, が板敷, が父親, が矗立, が肌, が言っ, が言った, が飛び込ん, こそ一人, で一人, というの, にあげる, には長谷川さん, に一任, に会いたい, に宜しく, に船長, に言われ, に話す, に頼まれまし, に頼ん, のよう, の力, の声, の小娘, の方, の父親, の袖, の言う, の話, は, はあ, はあなた方, はいません, はこの, はずけずけ, はそれ, はテーブル, は不平, は二階, は今年, は俵, は制動機, は叔父さん, は呟い, は地主, は奢っ, は家, は小声, は庭, は戸, は時々, は桟俵, は毎日, は田, は繰り返しました, は言い置い, は身体, は電車, ばかりはちっとも, ばかりは一生, へ頼ん, もしい, もそれ, や何, よか年, を宥める, を解放, 一度聞いた

▼ 辰~ (88, 5.1%)

2 主人を, 家を, 悲鳴を, 死んで

1 [80件] いつの間にはいっ, いつまで, いねえぞ, いふ嬰兒さま, いまぞ, およね, お気に入りでござんしょう, これも, こんな災禍, しゃがみ込んで, すっかり酔, その土地, ぞろぞろと, どうした, ふたりし, ぽうっと眼, まめまめしい顔, むづかつて居る, やつた, ウワアアと, 一人で, 一枚わき役に, 二三日前の, 人目を, 代つて, 会津屋へ, 利かないから, 呼ばれたん, 命は, 喜ぶに, 喬之, 四五日まえ, 声を, 大きな声, 大の, 天婦羅を, 天岳院前の, 子供を, 孫右衛門の, 寝呆け眼, 寸の, 帰りの, 帰宅って, 弾んで, 御前に, 御用十手を, 怪しいと, 息杖を, 戸を, 手紙を, 推挙を, 摺り餌, 放心待っ, 杖を, 泣くよ, 溶け消えて, 直助, 眠るとも, 禮經通論の, 肩から, 背負うて, 落ちつき払っ, 虫の息で, 言った, 話しの, 誘いの, 起って, 近頃お前, 金絲銀絲で, 門下に, 間夫でも, 阿呆い, 難に, 雲の, 靜かに, 頼まれた役, 顫え, 風船玉の, 餌を, 饂飩屋なぞと

▼ 辰~ (70, 4.0%)

5 喬之 2 その弟子, なるまでも, ふたりで, 三吉の, 間違えられるお

1 [55件] あかり看板の, いっしょに, いって, いつて, およそ古今, お妙, お村, お花は, その子石川豊麻呂, それに, ちがって, ふたりし, ふたりの, 云う大, 云った, 云ふ, 会話仕度なっ, 佳き会, 千吉が, 半次との, 同年で, 同盟し, 名のった, 名付られし, 呼ばれた沖仲士, 呼ばれた男, 呼ばれて, 婚姻を, 嫁合せ, 客分に, 徳力屋の, 心安くなつた, 恩顧ある, 明石元和を, 楽屋番の, 樺太と, 樺太の, 樺太は, 浪人の, 父親の, 牛づれのできた伝六でした, 申しますんで, 申す左官, 申す者, 署長を, 聞くと, 聽くまで, 若い船頭三人, 若い駕籠かき, 見れば, 見込んで, 言われる立派, 話を, 豆腐屋の, 關係が

▼ 辰~ (60, 3.5%)

4 なり 2 と善平

1 [54件] が拾っ, とて売出し, とはようやく, にかく, に送れり, のこの, の声, の往復, の目, の耳, の髯黒, はいつも, はこのごろ妻, はさまざま, はしばし, はその, はひとしお, はまた, は一言, は上ずり, は例, は俯向, は出, は好ん, は布袋, は微笑み, は思う, は急, は意気揚々, は打ち笑み, は早く, は椅子, は浴室, は独り, は生得馴, は病後, は盃, は直ちに, は突き入り, は笑まし, は胸, は見て取り, は親しき, は言下, は迂遠, は重ね, もついに, もついにまた, も今, も偉い, も挨拶, も気, よりの使い, を得たる

▼ 辰~ (54, 3.1%)

2 十二支を

1 [52件] お尻, たたいて, つづいて, ガラガラと, 一人の, 三円種吉に, 上総の, 与えたもの, 二円かえしとい, 二円返しとい, 前記以外に, 及ぶべし, 及ぶまで, 向つて云, 向なり, 吹き込んだに, 命じたの, 命令けられ, 命令一下, 声を, 夢中に, 始て, 富岡に, 尋ねました, 平次は, 心を, 怪猫と, 惚た, 持参せい, 指一本差そう, 渋江抽斎と共に, 狩谷氏で, 生れ文化十二年乙亥, 生物を, 甥の, 相違ない, 立石選銘の, 終り序文, 至りて, 至り二百三十六年, 著した文, 蘭軒医談の, 表を, 見張らせ駈け付けた近所, 訊ねました, 話した通り, 逢つてお, 運海に, 遭いて, 限りて, 頼んで, 飜すは

▼ 辰~ (52, 3.0%)

2 がいった

1 [50件] が, がおとした, がそっと, がにじり寄っ, がぼんやり, が十三, が吉良家, が妻, が引っ, が悪い, が膝, が荒あらしく, とこのごろ, に会っ, に誘われ, のうえ, の住い, の声, の奴, の尊敬, の後, の急, の手, の持っ, の毒牙, の申す, の許, の顔, は, はひとり合点, はやっと, は変名, は夜, は宮岡警部, は屋敷侍, は岡部美濃守, は待っ, は御家人, は微笑, は態わざ頼み, は扇, は江戸ふう, は焦立っ, は目, は眼, は笑った, は考え, は頬被り, は鼻, を見た

▼ 辰~ (46, 2.7%)

3 嫁に 2 つれて

1 [41件] あわれみ助け葬式, こう踏んだ, して, ひっぱって, わざわざ使者, 不憫に, 仰ぎ得たる, 促して, 促すと, 先頭に, 分家さし, 切ったは, 可愛し, 呼びおこし, 呼びに, 呼び招くと, 囮に, 女房に, 女菩薩と, 嫁にと, 定めたの, 引き従えて, 引立てて, 待って, 後棒に, 従えて, 思わる, 愛しは, 拐帯した, 捉え立, 東屋氏は, 殺したつもり, 殺すとは, 渡して, 膝の, 訪ねても, 訪れて, 詮議の, 跟けさせた, 迷惑とは, 連れて

▼ 辰~ (42, 2.4%)

1 [42件] いかに薄馬鹿, がうしろ, がことづけやがった, がそっと, がそんな, が居ます, が屋根, が訊問, が飛出し, じゃあない, だ, ですから, と彼, に云い聞かせた, に堅く, に覚られ, に言え, のズウフラ一件, の参考人, の商売, の好意, の存在理由, の家, の見た, の親たち, の鼻, はおもしろ, はその, はラジオ, は勿論, は左内, は常, は物識り, は逃げ, ばかりでなく, もよく, も吟味中, も承知, も長助, よくやって来ただ, をおだて, を残し

▼ 辰~ (30, 1.7%)

2 の家

1 [28件] からそれ, がヌツ, が何時, が來, が向, ですよ, といふ, とお, と同じ, と申します, などもその, にちがい, に對, に預か, のおと, の七人きり, の外, の左, の惡賢, の教, の正, の獨, の言葉, の變裝, の足, も小首, や半次, を誘つて來

▼ 辰~ (27, 1.6%)

2 樺太も

1 [25件] お村, すまして, ふところ手の, またそれ, また小, ニコ, ニコニコし, 二三の, 出て, 力を, 半身不随の, 呼びませうか, 太夫元も, 幸兵衛に, 時の, 松も, 楽屋番の, 此の, 無言喬之, 男だ, 當然疑ひ, 白い切ッ先, 買わずに, 閉口し, 顏を

▼ 辰伊勢~ (27, 1.6%)

13 の寮 2 の店, の息子 1 という女郎屋, という家, という店, に引き合い, のおふくろ, の一件, の帳場, の暖簾, の若旦那, は江戸町

▼ 辰~ (26, 1.5%)

10 アんは 3 アん, アんが 2 アんと 1 ぁんどう, ぁんやがうちも, アんだ, アんな, アんなどは, アんなんかに, アんにも, アんへ

▼ 辰爺さん~ (22, 1.3%)

1 [22件] が, がこぼす, が大声, が言い出した, が酔う, が音頭, が顋, に売り, に尋ね, の家, の曰く, の眼, はやおら, はガン, は冬至, は呟く, は声, は斯, は浅草, は煙管, は美的百姓, は重ね

▼ 辰~ (17, 1.0%)

2 の十一月十三日, の生れ

1 [13件] じゃったなあ, じゃな, だ, だろう, であった, で例, には火事, にも同様, に生まれたる, のこんな, の五月十五日, の冬, らしく思われた

▼ 辰という~ (16, 0.9%)

4 のは

1 [12件] ちょうほうな, んだ, 人物には, 人物を, 六尺近くも, 女です, 女は, 左官屋の, 御用十手の, 忘れて, 異名を, 遊び人の

▼ 辰~ (14, 0.8%)

1 [14件] お辰め, がうらやましく, がさらに, がどこ, が一生, が今, とても其, と呼捨, に一鼻, に逢わぬ, の繩, はそんな, を思い切せましょう, を思い切れ

▼ 辰~ (13, 0.8%)

2

1 [11件] だぜ, になっ, になる, に登館, の出生, までの間, を打つた, を過ぎ, 少し過ぎ, 近い頃, 過ぎぢやないの

▼ 辰~ (10, 0.6%)

51 一新ハ実, 刻ここを, 刻発向だ, 変ニ愛ヲ, 変旧家覆滅

▼ 辰馬久~ (10, 0.6%)

1 が, がふい, が捕った, が捕われない, という者, と負傷, は目隠し, は篠, は身辺, を取巻い

▼ 辰ちゃん~ (9, 0.5%)

1 かして, すげえ, だって行く, に一つ, の一つ, は自分, べい, もうすこしあそん, を呼ぼう

▼ 辰~ (9, 0.5%)

1 が, が抽斎五世, の生年, は享保十四年九月十九日, は兄重光, は奥州, は宝永三年, は通称, を召し抱えた

▼ 辰~ (8, 0.5%)

1 おおかたふたり, おめ, そのま, もうあっさりと, もうつまらねえ, わかったか, 出かけようぜ, 投げな

▼ 辰~ (8, 0.5%)

1 が再度, にと手紙, には大, の情交, も今, をいとしい, を売せたくなけれ, を賺し申し

▼ 辰~ (8, 0.5%)

1 などいつ, のみで絵, の方陣, の水差, の窯跡, の粉, の跡, は朱砂

▼ 辰九郎~ (7, 0.4%)

1 が, というん, にいどみかかるべき, に争うべき, のなき, の両, の両人

▼ 辰~ (6, 0.3%)

1 たのんで, 乗りこみました, 聞えて, 舞い込んで, 行って, 行つて聞い

▼ 辰~ (6, 0.3%)

3 お花 1 あい, な, 他の

▼ 辰~ (6, 0.3%)

2 は吊 1 が宰領, が頸, です, のでも

▼ 辰~ (5, 0.3%)

1 いづれ親類, 勘次かお村の, 彫定, 淀屋か, 竹町の

▼ 辰とは~ (5, 0.3%)

2 似も 1 城下で, 從兄妹同士で, 意氣の

▼ 辰一座~ (5, 0.3%)

1 から特別待遇, には及ばなかった, にネタ, に二つ, は日本

▼ 辰千代~ (5, 0.3%)

1 が自分, という女, といった義顕, はむしろ, を膝

▼ 辰~ (5, 0.3%)

1 の家訓, の父, の祖父, はこの, は尼子氏

▼ 辰です~ (4, 0.2%)

21 から迂, 辰三です

▼ 辰~ (4, 0.2%)

1 にてはその, の, の調整, まさに七時

▼ 辰~ (4, 0.2%)

1 が, という, の仕えた, の嫡子重光

▼ 辰馬銀行~ (4, 0.2%)

1 に出かける, に勤め, に着く, の金庫

▼ 辰~ (3, 0.2%)

1 きのうきょうの, まだほやほや, まだ江戸

▼ 辰じゃ~ (3, 0.2%)

2 ないか 1 あるめえな

▼ 辰~ (3, 0.2%)

1 つてふとした, な, のと

▼ 辰には~ (3, 0.2%)

1 七律二首を, 源之助二十四歳矩之十四歳で, 話しましたが

▼ 辰にも~ (3, 0.2%)

1 そむいて, てつだわせて, 増して

▼ 辰より~ (3, 0.2%)

1 丁亥に, 未に, 算せざること

▼ 辰~ (3, 0.2%)

1 と云, の町子, の足袋

▼ 辰席順~ (3, 0.2%)

21 の年齢

▼ 辰材木置場~ (3, 0.2%)

2 の丸太 1 の附近

▼ 辰稲弁楼~ (3, 0.2%)

1 で幼, にいた, のひきつけ

▼ 辰親分~ (3, 0.2%)

1 である, のまえだ, の内

▼ 辰閏十一月二十五日~ (3, 0.2%)

2 に頼山陽 1 に作られた

▼ 辰かと~ (2, 0.1%)

1 抱き付かれたる御方, 珠運も

▼ 辰から~ (2, 0.1%)

1 受け継いで, 若い者

▼ 辰さん兄弟~ (2, 0.1%)

1 がし, の用意

▼ 辰~ (2, 0.1%)

1 ござりませぬ, たらふく飲んだ

▼ 辰では~ (2, 0.1%)

1 ないかと, 蟲一匹潰す

▼ 辰でも~ (2, 0.1%)

1 ないとな, なけりゃありゃしねえ

▼ 辰といふ~ (2, 0.1%)

1 のに, のは

▼ 辰と共に~ (2, 0.1%)

1 そう言っ, 手を

▼ 辰なる~ (2, 0.1%)

1 者こそ, 配下が

▼ 辰~ (2, 0.1%)

1 ていな, てえ

▼ 辰以来~ (2, 0.1%)

2 の政府内部

▼ 辰六月十二日~ (2, 0.1%)

1 に始, より喀血

▼ 辰内乱~ (2, 0.1%)

1 に敗れた, の火事場

▼ 辰去る~ (2, 0.1%)

1 元年五月亡卒せる, 八日の

▼ 辰可愛く~ (2, 0.1%)

1 おれが, 囲炉裏の

▼ 辰同じ~ (2, 0.1%)

2 神田鍋町の

▼ 辰~ (2, 0.1%)

1 か北條, を引ツ

▼ 辰巳午~ (2, 0.1%)

2 の七つ

▼ 辰当時~ (2, 0.1%)

1 の京都, の戦功兵

▼ 辰殿~ (2, 0.1%)

1 に出御, の許

▼ 辰~ (2, 0.1%)

1 の, は彼

▼ 辰素性~ (2, 0.1%)

1 のあらまし岩沼子爵, のあらまし慄

▼ 辰~ (2, 0.1%)

1 といふの, は秦人

▼ 辰馬さん~ (2, 0.1%)

1 の顔, はお

▼ 辰馬増~ (2, 0.1%)

2 之助氏

▼1* [223件]

あの女は, 辰あわただしく其男に, 辰いう歯医者を, 辰いとしと思う, 辰発見た, 辰村と, 辰おっかねえだんな, 辰がはだ身, 辰こと辰九郎のなき, 辰のみ田原, 辰さまが何時も, 辰さんあれで気, 辰さんお前音頭をとる, 辰さんだつて近頃, 辰さんぢやない, 辰さんやつてるのね, 辰さん一人火の気のない, 辰さん家の婆さん, 辰さん親子は麦畠, 辰だけあとは, 辰だったとする, 辰だって浮かばれるに, 辰ってえ職人, 辰つくる巧みに, 辰エ者でございます, 辰であり下足番の, 辰でさえ筆屋幸兵衛方の, 辰としては喬之, 辰とても御用十手を, 辰どしの春, 辰どのどうだ, 辰どのその上で, 辰どんすまないが, 辰どん裏の盥, 辰などと一流どころの, 辰ならまだ出, 辰にあたる悪日です, 辰における薩長人の, 辰にかけて同藩現役, 辰にとっては白河夜船の, 辰のう瀬川さま人は, 辰はもいちど一室に, 辰は種吉とは大分, 辰ばかりをおほめなすった, 辰へのご用な, 辰ほど同業に, 辰まがいの勘亭流, 辰まだ十二三なれ, 辰までがのっぺりと, 辰までに目ざす奴, 辰めまごまごしや, 辰め汝も浮世, 辰やらはつきりした, 辰やんという名, 辰よりもかえって掴んだ, 辰らしいじゃござんせん, 辰をも切りすてかく, 辰ウコウいやに長く, 辰ッおまえもひざくりげ, 辰ッこれ辰よ, 辰ッさっきだんながいっしょ, 辰ッそこらに見えねえ, 辰ッ一刻千金だは, 辰ッ何をまごまご, 辰ッ相手は四人, 辰ッ遠慮しねえで, 辰と改めて, 辰一人が二階, 辰一郎兩人下田詰合通詞の下田奉行, 辰七月廿四日地震宮殿舍屋を破る, 辰三はさうは, 辰三月の柏軒, 辰三月三十日限り元金百両に付銀六十皿, 辰三月二十五日に伝聞, 辰下刻までの事, 辰九月二十一日に福山, 辰九月二十三日夕酉刻に歿, 辰九月廿三日に頼山陽物故, 辰九郎ことも御前, 辰二月二十八日に夭, 辰二月時分より三井寺, 辰五月に頼山陽, 辰以後の進退, 辰住居たる家, 辰かホシ, 辰何とてさもしき心, 辰亦与, 辰いそいぢ, 辰兄哥を怨ん, 辰兄哥畳屋を廃, 辰八十歳若しくは丁巳八十一歳, 辰八月九日に吉津村, 辰八月十四日の書, 辰公お前にそれ, 辰公ぢやない, 辰公なんどに畑仕事, 辰公はじめ四五人は麦, 辰公手を貸し, 辰六月七日死生年不詳家説を以て考, 辰兵衛を頼んだ, 辰刻前磯屋の主人貫兵衞, 辰刻半浪花屋の内外, 辰刻将軍家並びに尼御台所, 辰剋将軍家法花堂より東御所, 辰に洋行, 辰前史と比べ, 辰前後の国事, 辰十一月に記し, 辰十二月三日に本姓, 辰十二月十一日に歿, 辰十二月十六日を以て前, 辰千代さんに松葉さん, 辰千吉のす, 辰午剋鶴岳上宮の宝前, 辰南斗北斗等百餘廟もあ, 辰叔父なればとて, 辰吉兵衛も共に, 辰和田左衛門尉義盛上総の国司, 辰を船燈, 辰四月廿一日なり, 辰城邊陌上啼鶯新といふ句, 辰夢中の人, 辰一座と, 辰天二月十四日という文字, 辰太夫が勧進元, 辰夫婦の家, 辰奥羽諸藩, 辰婆さんの詰めっきり, 辰婚姻取結ばせられ候由驚, 辰が点, 辰季秋十四日与諸子, 辰宛て少許, 辰の筆, 辰将軍家貞観政要の談議, 辰尋ね来り様々の, 辰尋常小学校で六年生, 辰小通詞となり, 辰小雨降る古郡左衛門尉兄弟, 辰居るか, 辰川為次郎氏これは皆松山人, 辰刻々に, 辰の辺, 辰の御所, 辰幕府に於, 辰年三月療治為修行別宅為致度段奉願候処願之通, 辰年二月まで三か年間五割増し, 辰年六月に日本橋通一丁目, 辰年辰月辰日辰刻の出生, 辰をたち, 辰引き取って玉, 辰弥等があつ, 辰当世風にいえ, 辰といふもの, 辰に客舎, 辰従軍の日記, 辰を殺し, 辰忠上野介藤原厚載武蔵守高向利春, 辰憎くなるに, 辰の方, 辰手前は生さぬ仲, 辰敬自身は青年時代以来諸国, 辰文七友吉六助夫妻, 辰板柳亭種彦作歌川国貞画, 辰日辰刻の出生, 辰迄に其日, 辰晴将軍家二所より御, 辰晴晩に及び, 辰晴辰刻将軍家並びに尼御台所, 辰月辰日辰刻の出生, 辰来らばどの, 辰東役高に, 辰松八郎兵衛吉田三郎兵衛などが盛名, 辰松座の櫓, 辰桜家蔦家浜の家杉和泉徳の家, 辰様儀婚姻には私方故障御座候, 辰様心底により, 辰様身の上につき御, 辰が扇, 辰の如し, 辰正月と彫っ, 辰正月五日同渋江六柳, 辰正月鳥羽伏見の戦, 辰殿拙者はかほど, 辰が少, 辰気高き計りか, 辰永福寺に始め, 辰に言え, 辰浮世の悲, 辰父娘のはなし, 辰爺さん仁左衛門さん与右衛門さん武太さん田圃向うの信心家, 辰爺さん宅の岩公, 辰爺さん家のは大きく, 辰爺さん躍起となった, 辰田原など, 辰田原どのに車, 辰の日, 辰町役人は井艸屋惣左衞門, 辰白き肌浮出る如く, 辰相州年来の郎従, 辰眞面目に眞言, 辰砂岩緑青を産, 辰贈石川藤陰, 辰秋鈴木実の三氏, 辰のお, 辰笑いかけて身, 辰ながら櫛, 辰興福寺の大, 辰花漬売に百倍, 辰藏一人になつた, 辰見ざりし前に, 辰もなく, 辰りは, 辰門口に来り, 辰霽伊豆国の飛, 辰霽相模次郎朝時主駿河国より参上, 辰韓等は漸く, 辰いろを, 辰馬丸に乗込ん, 辰馬君新聞に出, 辰馬銀行頭取の息子, 辰馬銀行黒猫トミーに襲わる, 辰魘われてアッ, 辰鷹狩を禁断