青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「輪~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~軽蔑 軽蔑~ ~載せ 載せ~ 輕~ ~輝い 輝い~ 輝き~ 輩~ ~輪
輪~
輸入~ 轉~ 辛~ 辛い~ ~辛抱 辛抱~ 辰~ 農~ 農家~ 農村~

「輪~」 5521, 60ppm, 1925位

▼ 輪~ (1513, 27.4%)

70 萬七は 42 親分が 37 萬七の 36 中に 27 万七は 26 ように, 萬七と 25 萬七親分が, 親分の 23 萬七が 22 親分に 20 中へ 18 ような, 親分, 親分は 15 萬七に 12 万七の, 花を 11 萬七も 10 花の, 萬七親分に 9 花が 8 やうに, 上に, 兄哥が, 火を, 萬七親分は 7 なかに, 万七に, 万七も, 上を, 兄哥 6 お絹, やうな, 万七親分が, 下を, 萬七親分の, 親分も, 音が 5 万七が, 万七と, 中から, 外に, 萬七を

4 [13件] あとが, 万七, 中で, 側へ, 兄哥の, 形に, 柱の, 火が, 町の, 社の, 薔薇の, 跡が, 音

3 [20件] あとは, そばに, ところに, ところへ, 万七親分に, 上で, 中心に, 兄哥に, 外へ, 大明神, 影が, 方へ, 柱, 柱が, 柱も, 胸に, 親分お, 親分には, 車に, 里の

2 [79件] あいだに, うえに, うま酒の, かすれた月, ごとき, ごときもの, そとへ, たぐいを, ついて, なかの, なかへ, ほとりには, 一人ぐらい, 七色ふかき, 万七お, 万七でした, 万七です, 万七兄哥の, 中には, 伝説, 兄哥は, 兄哥も, 光, 内外には, 前に, 前を, 周囲に, 塔の, 外を, 外側に, 子どもが, 子ほど, 子分が, 山の, 山もと, 山もと道も, 拡がり嵐, 新世界, 方を, 朝顔の, 様な, 炭火の, 白い花, 神杉の, 耳飾りを, 腰高な, 花は, 菊の, 萬七お, 萬七で, 萬七でした, 萬七にも, 萬七はさう, 萬七續い, 萬七親分だ, 萬七親分です, 薔薇は, 薔薇を, 藍玉屋の, 親分さんが, 親分と, 親分を, 赤い裏, 跡です, 車は, 車を, 軸受けあなへ, 邊に, 酒は, 金座, 金座な, 間に, 音の, 響, 頂を, 顔を, 馬車に, 鳴る音, 鷹の

1 [589件 抜粋] あいだから, あさぼら, あたりに, あとの, あとを, あるの, あるもの, ある事, ある大きな, いう小伝馬町, いったとおり, うしろから, うしろを, うす赤い花, うちに, おばこに, お吉, お山で, お累, お鍋を, か, かげ, かげが, がらがらと, が出しゃ張っ, きめた善悪, きめること, ぎいぎいまわる音を, くせに, くるまにの, こしきの, ことなら, ことは, ことばかり, こまかい一本一本, ごときは, ごとく星, さびしさが, しぼりは, すき焼を, すぐそとの, せまく苦しい主観的, そう言っ, それである, ために, ついたへん, ついた手垂げ袋, ついた棒みたい, ついた重い, ついた長い, つぎめも, でたよう, ところ, ところある, ところを, とどろきは, とばくちに, とを買っ, と白, どの部分, どれからか, ない時分, なかから, なかへは, にし, はまって, ひだから, ひろご, ふれあう音, ほうを, ほかを, ほめき, ま, まひたちたるに, まわりに, まわりにも, まわるの, まん中へ, まん中を, みずらを, むこうから, めぐりつ, ものは, ものを, も精一杯, も腹, やしろに, やすむよう, ようにも, アミを, オホモノヌシの, カンカン起った, タイヤに, バラの, フロントガラスが, ヘリオトロープの, リヤカア貸し, 一くさりと, 一つとしての, 一人です, 一大乱舞或は, 一室に, 一族らしく, 一端を, 一轉又一轉右舷左舷より, 一轉又一轉敵艦右舷に, 七つの, 七杉の, 万七だ, 万七という, 万七一言も, 万七兄哥などに, 万七親分の, 万七親分は, 万七親分大, 三分くらい, 上では, 上には, 上品な, 下つた耳, 下で, 両方へ, 中である, 中でさえ, 中では, 中において, 中の, 中心で, 丸が, 乾分衆の, 事です, 事を, 二廻りも, 人力車が, 人力車と, 人力車に, 仮屋敷, 会であっ, 何に, 何處から, 信頼が, 信頼を, 俺に, 個所には, 側の, 側を, 傍に, 像, 兄哥か, 兄哥にも, 兄哥を, 兄哥俺は, 兄哥八の, 兄哥母屋へ, 兄哥氣の, 兄量一郎は, 光の, 光焔だけは, 八の, 具合で, 内は, 内側に, 内側は, 内側を, 円座居ず, 冬の, 出て, 前で, 前へ, 努力かも, 十倍も, 半開の, 口で, 台が, 各部の, 各部相調和し, 名花だった, 周囲は, 周圍に, 周圍の, 器具の, 回転に, 回転周期から, 土がまで, 土地に, 土鍋を, 垂で, 場合の, 場合は, 外から, 外での, 外ならず, 大きい大八車, 大きい目, 大きなの, 大きなコスモス, 大きな白薔薇, 奇麗な, 如き紋, 如くはや, 如く自分, 妻と, 姿を, 子分なんかに, 子孫を, 安定性に, 家から, 家で, 家に, 家は, 寄席の, 小さな赤い, 小な, 小型自動車を, 小夜のを, 小軋, 少きを, 山に, 山もと恋しく, 山もと杉たてる, 山吹と, 山青丹よし奈良の, 席を, 底には, 廻るの, 当てものなども, 形で, 形を, 後を, 御姿, 御山を, 御幣使に, 御心, 御社の, 心的現象とは, 忠死を, 忠誠に, 感じで, 慈姑が, 所へ, 所置について, 手へ, 手を, 手絡が, 抱え俥が, 揺れ着物の, 撫子の, 故にそんな, 新花亭以来, 方が, 方に, 旗が, 旦那とは, 明月が, 明月を, 時と, 最内側, 月が, 月に, 月は, 月よし, 月を, 朝顔を, 朝顔水色の, 木履を, 木魚が, 杉では, 東に, 染め出された瞳, 根もとから, 桔梗が, 梅は, 植田丹後守, 椿とを, 椿の, 椿は, 様に, 横へ, 檜原に, 檜原初瀬の, 欠けたよう, 次第に見えずなれる, 死骸を, 殿戸, 母親が, 母親も, 気が, 水仙の, 水勢に, 法則と, 浄閑寺と, 海上は, 海上へ, 深山鈴蘭の, 火から, 火へ, 灯台と, 灯台へ, 炭を, 炭火だけが, 炭火に, 無垢な, 煙に, 片はじ, 牛車には, 牡丹かな, 牡丹の, 珍花よりも, 生ずる状, 生成については, 生成に関する, 生木が, 町で, 町に, 町を, 疾き, 疾く軋る, 痕から, 白芙蓉が, 白蓮の, 百合の, 目ざして, 真中に, 真中の, 真紅な, 真言を, 眼には, 眼の, 知人在宿にて, 石型や, 石垣工事に, 石炭が, 砂塵もうもうと, 磐井の, 社を, 祝の, 神と, 神に, 神における, 神の, 神を, 神事の, 神人が, 神奈備に, 神杉には, 神杉へも, 神様に, 神様の, 神樣であります, 神話と, 神霊は, 祭りには, 空に, 突がねも, 端が, 端の, 第三番目, 紅であった, 紅の, 紅椿, 紅薔薇に, 紋, 紋織や, 結び目を, 絵とでも, 緒環の, 線を, 繩張を, 美しさ, 老人は, 耳に, 聖なる光, 肉は, 肩ごしに, 芙蓉が, 花さえ, 花でした, 花に, 花も, 花弁に, 花忽ち, 茶屋なんかと, 茶屋も, 草花を, 荒物屋へ, 荷車を, 菅笠を, 菊古流しおらしく, 萬七です, 萬七といつた意地の, 萬七といふ, 萬七なら, 萬七には, 萬七はう, 萬七まで, 萬七や, 萬七兄哥が, 萬七兄哥も, 萬七大, 萬七懸命の, 萬七最も, 萬七萎れき, 萬七親分こちと, 萬七親分でも, 萬七親分と, 萬七親分にも, 萬七親分も, 蓮花を, 薄紅い, 薔薇が, 薔薇わが, 薬罐が, 虫が, 蜘蛛が, 行く手を, 街道という, 表に, 西阿, 見て, 親分がね, 親分この, 親分さん, 親分さんと, 親分さんは, 親分さん白旗直八を, 親分だ, 親分でした, 親分でも, 親分とやらに, 親分な, 親分へ, 親分ほどの, 親分一寸, 親分假病を, 親分八の, 親分外から, 親分待っ, 親分待つた, 親分御, 親分御苦労様で, 親分留守に, 親分當り, 角で, 触れ合う音, 論ね, 豆菊を, 豪奢な, 踊るオリンピック, 蹂躙に, 身の, 車, 車で, 車の, 車曳き, 車輪だ, 車轍は, 車通ず, 軋むが, 軋りが, 載せて, 追分の, 速度が, 運動を, 道場本堂宏大に, 郵便局の, 酒を, 里なる, 里に, 里には, 里へなんぞ, 里大明神の, 重さ, 重ね咲きも, 金座という, 金座とは, 針仕事する, 銀杏返しに, 鍋から, 鍋下の, 間から, 間の, 非常に, 音とが, 音に, 音を, 響きが, 頭を, 顔の, 類を, 飢民たちに, 飾りが, 馬車が, 馬車の, 馳せ去れば, 駒なる, 驢車に, 骨と, 高い響き, 黄がかった, 鼻に

▼ 輪~ (1071, 19.4%)

78 描いて 58 かけて 34 作って 27 かいて 20 つくって 12 取って 11 かけたよう, つかんで, なして 10 とって 9 えがいて 8 描きながら, 画いて 7 はめて, まわして 6 もって, 把って 5 こしらえて 4 ちぢめて, ひろげて, 作つて居た, 吹いて, 巻いて, 描いた, 狭めて, 造って

3 [20件] かけたもの, かけての, かけること, こわして, つくつて, 卷いて, 取らせて, 吹いた, 把らせ, 持って, 掛けて, 描くと, 握って, 書いて, 殺したの, 煽いで, 煽ぐ音, 畫い, 造りて, 鳴らして

2 [55件] えがいた, かきながら, かくよう, かけた, かけたやう, かけた大, くうわ, すらりと, だんだんと, つかみながら, つくった, つくりて, つくり輪, とりまく見物人, ぬめら, はめろと, ぶら下げ首, まわしながら, まわす少年, キラキラさして遙, 付けて, 作し, 作った, 作つて踊が, 作ッて, 入れて, 吐いた, 吐いて, 吹きながら, 大きくし, 大きく提灯, 天井に, 廻して, 成す雀, 投げた輪, 抜けて, 拔け, 指で, 描いたと, 描いたの, 描いた憎悪, 描く, 描くの, 描くよう, 描く子供, 渡して, 潜って, 画きて, 眺めて, 置いたん, 見なかったから, 見に, 見返したそれから, 解いて, 造った

1 [541件 抜粋] あけた村, あずかる老臣, あはれが, あべこべに, いくつも, いくらか渦巻, いよいよ濃く, うけとって, うたが, うつした, えがいたかと, えがいたり, えがいては, えがきしだいに, えがきそう, えがきながら, えがきましたが, えがくごとく飛び舞って, えがくまた, えがけ, おこさなければ, おしの, おろして, お守りある, かいた, かいたが, かがやかして, かきました, かく, かくは, かくやう, かけたお変りよう, かけたかとも, かけたこと, かけただまりや, かけたつむじ, かけたと, かけたところ, かけたの, かけたはにかみやであった, かけたほど, かけたほどの, かけたり, かけたケレン, かけたデイスイリユウジヨンそれ自身, かけたプロ, かけたマニア, かけた乱暴者, かけた傍若無人ぶり, かけた傲慢者, かけた凄腕, かけた刺青キチガイ, かけた呑気, かけた商法, かけた困難, かけた好き者, かけた富豪, かけた引き, かけた弱虫, かけた形, かけた惡黨, かけた惰弱悠長, かけた愛慕, かけた武家嫌, かけた気, かけた汗かき, かけた混乱, かけた渇望, かけた物騒, かけた狂人, かけた狼狽ぶり, かけた社会面記事, かけた程, かけた綺麗事, かけた能, かけた脱俗振り, かけた臺帳, かけた芸者, かけた迷説, かけた速, かけた醜男, かけた騒ぎ, かけながら, かけます, かけられたよう, かけられて, かける, かけるという, かけるの, かけるべし, かけるん, かける事蹟, かさねあわせて, かすめて, かぶった黄色, からから, からから廻し, がちゃがちゃいわせ, くぐつたら, くぐりぬけたり, くぐりぬけること, くぐり抜ける騎手, くぐるの, くずして, くづしてはせゆきぬ, ぐっと風上, こかそうと, こさえようと, こしら, こしらえそれ, こしらえては, こしらえ頭目, こわされて, さえほど, さきに, さげて, さへ, ざくざくと, しかして知るべし, しかと握っ, しっかりつかん, して, しめぐらし, しめた観, せばめて, たくさんはめ, だんだん縮め, ち, ちぢめた, ちょうどその, つかひわける者, つかませて, つかみ反り身, つかみ止めて, つかみ河原, つかみ門, つかんだ, つかんだが, つかんだ男, つくったとき, つくったまま, つくっては, つくつて耳, つくりその, つくりました, つくりまた, つくり三, つくり口, つくり抱くよう, つくるこの, つくると, つくる剣, つくれり, つけて, つけわすれ, つっきるん, つとめ左団次, つないで, つぼめて, つまんで, とおした蕃人, とおして, とおり挙母, とつて, とどむるだけ, とらせて, とらせ彼, とりつけ天幕, とるもの, なげて, なした毛髪, なした毛髮, なした白い, なした腸綿, なし聖歌, にぎる, のぞき下ろした, はなれて, はめこれ, はめられて, はめられるよう, はめろという, はめんか, ばたばた煽ぎ, ひっかけて, ひろげるやう, ひッ, ふうっと, ふみこえ本丸, ふり仰ぎ泣きたてる声, ほうりあげて, ほぐした, ぼんやり膨らまし, まいて, まわした, まわし繩, むりに, もった星, ゑがいてくだりその, ゑがいて城市の, ゑがいて響き出した, ガラ, パタパタ煽い, パチン, ボルトの, ポンポン順, 一つおっことし, 一つわけ, 一つ一つかけ, 一つ作っ, 一つ分け, 一つ受けそこなっ, 一つ結びつけ, 一ツ運んだで, 一轉する, 両手に, 二重に, 云ふべく, 五つ持ち出し, 交す大塔, 体の, 何とかおさまる, 作った紐, 作ってる, 作ってる聴講者, 作つて, 作つて一斉に, 作つて行く, 作つて踊りました, 作つて踊る, 作りその, 作りて, 作りながら, 作ります, 作り五色, 作り外, 作り水筒, 作り葉, 作る, 作るそれ, 作ると, 作ツて, 供の, 信じて, 入れる音, 入れ空気, 具ふ, 写した, 凝っと, 出して, 動かしはじめました, 動かすため, 勘定するらしかった, 十本も, 十重二十重に, 卷くを, 去ろうと, 取った, 取ったが, 取ったまま, 取つて, 取られた赭岩, 取りだしそれ, 取りに, 取りましょうかな, 取りますれば, 取り囲んで, 取り女装, 取り連れ, 取除, 叩く音, 吐きながら, 吹いた自分, 吹きかけて, 吹き上げて, 咬んで, 噛ませ紫, 囘し, 回して, 圏外の, 垂らした, 夕餉の, 外して, 大きく腕いっぱい, 大スピード, 天井へ, 失った以上, 守る, 導こうと, 小さくし, 小型自動車の, 小枝の, 少しずつ, 崩したり, 嵌めたやう, 嵌めたるさ, 嵌めたるさえ, 嵌めた小さい, 嵌めて, 巻いた黒緑色, 巻きながら, 幾つも, 幾重にも描い, 広げたり, 廻しつ, 廻しながら, 廻しエンジナー, 廻す一方, 廻す事, 廻らして, 引きよせこんど, 引ッぱって戛, 強く大事, 強く引き, 形成し, 形造る, 思い出した, 怨んで, 恨むな, 懸け枝, 成して, 我目の, 戴いて, 手繰って, 承知で, 把った, 把られ, 投げて, 投げるの, 投付けたけれども, 投付けた其罪, 抜け出して, 抱き輪, 押えて, 拡げて, 拵えて, 拵へ, 拵へて, 持たせ都, 持ちかえなど, 持ちまして, 持ち出して, 持ち合った, 持つ新蔵, 持つ粗末, 持て, 指して, 指しながら, 挟んで, 据えて, 据ゑてあつたわけだな, 掛けた新聞, 掛けた昔, 掛け彼, 掛け手, 掛け進入, 掛し身, 掛た, 掛る, 掻巻の, 描いたる扇, 描いた後, 描いてから, 描いては, 描かせて, 描きしが, 描き光, 描くので, 描く外燈, 描く水色, 描く若者, 描く霙, 描け, 握りながら, 握る気力, 揺り廻るので, 摘み取った, 操って, 操ること, 攻める, 放さないこと, 放さなかった, 救うという, 教へしも, 曳いて, 木釘に, 染める, 染め抜いて, 構成せね, 横に, 止めさせた, 段々せばめ, 段々ひろげ, 殺させた, 殺すの, 殺す筈, 水つくる, 治そうと, 洗い牛, 洗い轅, 洗ったり, 活けるよい, 淡い色, 滑らせながら, 潜り抜けたり, 潜る, 為せる綸, 無暗に, 煽いだ, 片手に, 現出し, 甘い様, 甚介に, 生み乙吉, 画いた後, 画き太くたくましい, 画くの, 画くもの, 画く澪, 留めた, 畫く, 白く抜いた, 目がけて, 眺めながら, 破り後ろ, 破り本丸, 破るだろうか, 破るには, 破る文, 示します, 社会に, 私も, 積み上げそれ, 突き抜けようと, 突切つてその, 箝めて, 結びつけて, 結んだ上, 結んで, 締めあげるん, 締めるやう, 編んだ, 縮めつつ, 繋いで, 置いたよう, 置いた板の間, 腕に, 腰に, 膳の, 薄い耳, 表わすもの, 見つけたとき, 見て, 見ベアトリーチェ, 見上げると, 見出でた時, 見守った, 見降ろした, 設けて, 設計させ, 誘ひ出し踊屋臺, 買うかと, 買うにも, 買ひ, 足に, 足許へ, 蹴倒して, 蹴飛ばした, 車體にぞ, 軋らせるほど, 送って, 通しこの, 造ったの, 造ったもの, 造っては, 造るやう, 造る土, 造れる聖徒, 造れる聖徒達, 運轉する, 重ぬる, 重ねた風, 重ね鳩, 量るに, 鉄管の, 開いた, 闇の, 離さぬならば, 離れご, 離れて, 預けられて, 頭に, 頭の, 飛ばして, 餌物の, 首から, 首に, 駆けぬけた時, 鳴らせば, 鼻に

▼ 輪~ (593, 10.7%)

79 なって 49 して 19 吹いて 17 輪を 14 火を 9 吹きながら 5 手を 4 なった, なつて 3 なったの, なつた, ふいて, 吹き乍ら, 吹くの, 敬服する, 歩行いた

2 [28件] されて, したの, すると, なったり, なりました, なるの, なるほか, なるほど, ひとしほ, ふいた, ふき私, もう一つ宙, よりて, 両足を, 入りて, 加つたので, 取って, 吹いた, 吹く, 折り屑, 掛けて, 結って, 結つて總の, 結んで, 舞ふ, 蕾が, 薪を, 首を

1 [316件] ある老母, あんで, いたるを, いたれば, いた水夫たち, うしろの, おこしますとき私, おなりに, お纏, かかった鍋, かがって, かけた, かけたのに, かけた鉄瓶, かけた鍋, かこまれて, かこんで, からんで, きかれて, きちんと形, くくりつけた, くべたり, くべて, ささえられて, させずに, させないから, されたかわいそう, されたところ, された上手術料, されちまったの, されちまったん, されても, される, されるの, され生彩, したくらいの, したと, したもの, したよう, したら承知, したり, したる帯, した小, した左手, した様, した童形, した綱, した長い, しては, してやる, してやるから, してやろうこう, しながら, しなければ, しました, し雪五郎, すがって, すがってさえ, する, するかわり, すること, するという, するとか, する位, そ, たてこもって, ちるは, ぢつと, ついた通い索, つかうなどは, つかまつて, つかまり先生, つくって, つぐと, つつこんだ, つつまれる, つないだ古い, つなげ日本, とおした五箇, とまった貝, とりついて, なしぼんやり, なったそれ, なったたば, なっただけしか, なったところ, なったので, なったもの, なったよ, なったベルト, なった個所, なった女子供, なった帯, なった海水着, なった皮, なった穴, なった縄, なった蛇, なった行列, なった部分, なってから, なつてる, ならずに, ならなかった者, なりおった, なりかかって, なりそれから, なりたいん, なりに, なりひとつ手振り, なりやがって, なり棹, なり歌, なる, なるかも, なるが, なるため, なると, なるという, なるに, なる者, なる間, なれ, なれその, なれと, はいった, はいったかと, はねとばされて, はまったかぎたば, はめて, ひかれた小さな, ひたと吸, ひとしほ映, ふきながら, ふく煙草, ぶら下がって, へばりついて, みえたが, やられるし, 三年の, 下って, 両手下の, 中って, 中つて, 乙吉か, 五つづ, 五六の, 交じって, 人を, 似た固い, 似て, 入った, 入って, 入つて, 入らぬ泣きつら, 凭れかかりそっと, 出し木村隼人佑, 出来たとは, 分裂し, 切つて用ゐる, 刎ね, 別の, 力が, 加つて默つて踊りに, 加はりて, 加はる頃より, 加わらせようと, 加わらないで, 加わる頃, 包まれた清江, 包囲され, 卷いて, 卷かる, 及んだが, 取りすがった, 吐いたり, 吐くけれども, 吹いたり, 吹いた時, 吹いては, 吹き, 吹きつつ, 吹きました, 吹きもう, 吹き吹き吸うて, 吹き山, 吹くばかり, 吹くもの, 吹く姿, 吹く煙草, 吹く紳士, 吹く藝當, 吹し, 喉笛を, 囲まれて, 囲んだの, 囲んだ剣陣, 圍まれて, 墨が, 孑孑虫が, 孑孑蟲が, 寄航する, 居残って, 左膳は, 巻いた, 巻いて, 巻き谷底, 巻けた長, 幽囚された, 廻って, 廻りまた, 引とった, 彼女が, 從ひ, 思われた, 悪いと, 感激し, 感激する, 成つた繩から, 成つて畷を, 成る頃, 我は, 截った帯, 手繰って, 投げ込んだ, 抱茗荷の, 挟まれて, 挟まれながら, 振って, 掌を, 摺り寄った, 散らしたの, 時々小, 晩の, 曲げましたが, 最年少者の, 枯枝を, 棒を, 植えた曲げ釘, 横に, 此すれ, 残して, 残った堅炭, 残った火, 水で, 水を, 決してしっくりはまる, 沸ぎる鉄瓶の, 沸って, 沿うて, 泡を, 注意し, 添って, 炬燵の, 炭を, 炭火は, 点ち, 生まれついたもん, 生れたばっかりに, 登らした, 私たち婦人の, 移して, 移りゆくたびごと, 積みこんで, 競って, 競つて飛んだ, 第二, 紛れて, 組んで, 結い朱胴朱, 結った髪, 結つて総の, 結びその, 絡みつけ右手, 絡む, 編んだ, 縛られて, 繩を, 纏かれ, 耳が, 聞いたから, 肘を, 腰かけて, 舞う処, 舞って, 行き午後, 見える, 見るごとき次第, 視線を, 覗き蝶車の, 言って, 訊ねた, 託して, 話し聞かせた, 貫ぬき, 起こしますにも, 踊る, 身を, 輪が, 迫られて, 透いて, 通した鍵, 通して, 通ずる八丁, 運んで, 過ぎないので, 違いない, 適ふ, 鍋を, 關はる, 附隨し, 障らぬまでに, 集って, 飛びついて, 飛んで, 黒い眼

▼ 輪~ (299, 5.4%)

6 ある 4 元の 3 ついて, 一つの, 出来た, 幾つも, 言うと

2 [13件] かかって, はまって, はめて, またそれ, クルクルと, 光って, 出來, 出来る, 回る度, 大きくなり, 急に, 描かれた, 自分の

1 [248件] あげる軽, あって, あどけない姿, ありそれ, あるからね, いくつも, いつもこめかみ, いろんな場面, うつって, うまく伯爵, お妃, お盆の, かいて, かかったよう, かかれて, かけました, かけられて, かなりの, かぶさつた, からまりあって, きら, こつぜんと, ことしは, この遊星, これまで, しっかり持ってるらしい, そのま, そろそろ廻りはじめた, そんなに狭く小さく, たくさんに, たくさんもたせかけ, たちの, だんだんはやく, ちょうどそうやっ, つきむかしパリ, できその, できて, できる, できると, でき上がると, とどろいて, とめて, ない, ないの, なわて, にじみだして, のろくゆるく廻っ, はいって, はずれ, はずれたの, はたと静止, はっきり残っ, はまり込みさうに, はめてないの, はめられると, はる子と, ひつつき合つて出来, ひと廻り, ひろがった, ひろがって, ひろがつて, ぶっつかった, へって, ほぐれて, まわって, まわるすき間, めぐるの, ゆつくり, ゆれて, ギッシリ左膳を, ギーッと, クルクル廻る, グルグル渦, サーッと, ドツと, パッと, ヒョイと, プッ, 一つちょうど, 一ツクルクルと, 一人ずつ, 一廻転する, 三つありゃ, 三つつい, 上京した, 下女を, 不具の, 両親の, 丸くつながる, 二つとも, 二つ三つの, 二つ入, 二つ重なり, 五六度回転する, 交錯し合った, 仰せあつた, 何かの, 何だ, 何十と, 入って, 全速力で, 内からの, 凍った轍, 出て, 出来て, 出来るだらうと, 出来ると, 出来上って, 切れた時, 前よりも, 前方に, 動いて, 午さがり, 喰い込んで, 四つくっつい, 回りはじめたと, 団々閃, 多量の, 大きくなる, 大事だ, 大切に, 大変沈ん, 天井に, 女の, 威勢の, 娘時分に, 室町の, 小竹の, 少し後ろ, 岩を, 崎, 崎に, 崩れたの, 嵌めて, 嵩じて, 巡って, 巻いて, 広場の, 床に, 廻って, 廻つてゐる, 強く喉, 念を, 思いがけない高い香り, 思わずうしろ, 恰度蓄音器の, 折れた, 折れたり, 折れました, 拡がって, 掛りました, 揃ひ, 擦寄って, 擴がる, 新七, 方々に, 映ったという, 時々職工, 時速六百キロ次は, 暁の, 暈の, 暗い電灯, 書いて, 本当に書ける, 東京の, 欠けて, 次第に色, 歴史の, 歴然と残っ, 残るのみ, 気味わる, 泥の, 浦和から, 浮いて, 渦く, 湯を, 滑り始める, 灌木の間を, 烈しく廻り出した, 無慮無数, 無残五体に, 燃えて, 牛か, 狭くなった, 狭まって, 猿十郎という, 生れ山中猿山中猿, 画いて, 盛んに, 目金でも, 真中よりは, 砂まじり, 砂利の, 砂利を, 磨滅した, 稲の, 空の, 空中に, 笑ひ, 笑止そうに, 箝って, 結びつけられて, 結晶の, 緩, 縮まるやう, 肉に, 脱れ, 落ちて, 蒲団の, 薄く紅, 薄化粧の, 衣裳箪笥の, 見えた, 見えだした, 見えますが, 見え蛾眉門, 解けて, 言った, 評判と, 話した照吉, 調子高に, 踊りながら, 踊屋臺の, 蹙まつ, 車を, 車形に, 通る, 造られて, 造れる自信, 道の, 部屋に, 重いの, 重って, 金切り声を, 針金細工で, 鋭い音, 開く, 雪崩を, 震災に, 静かに, 静止した, 靴の, 高く廻った, 高時を, 鳴るの, 黄いろい, 黒く冷めたく, 黒墨を

▼ 輪~ (209, 3.8%)

4 それを, 金色に 3 新七 2 二つで, 動ぎ頂上の, 思い出したよう, 淀んで, 自分の, 長く

1 [186件] あった, あの母, ある食卓, いつもの, いつも一筋, うなりを, お力に, きっぱり聞返す, くるくると, くれられるだけ, こういう日, こう繋がる, この母, ごっと, さか, しずかに, しっかりと, じっと空中, すっぽん仕立の, ずれたの, せまく集う, そういう質問, そこにも, その刳り, その威, その家, その火鉢, その紙, その藤棚, その音, その黄色い, それ自身佐伯部に, そろって, ただ一つ, たびたび道, だんだん大きく, ちぢまり音, ついに一輪, どうしよう, どこまでも, なかった, はるか前方に, ひろがり熱狂, ひッそり閑, ほんの一時, まためずらしい, また旋, まっ黒に, もう隠居, よろし白い馬, わが目, わざわざ浦和, わらで, ガラガラと, ケルビーニの, サソクに, サッと散ります, サツと, シクシクしゃくりあげ, セラフィニと, テーブルの, 一せいに, 一つの, 一直線に, 両方下の, 中断され, 中門から, 中間の, 九度も, 云はずも, 京を, 今は, 今日中に, 今陸, 伜の, 伸子の, 何も, 信玄の, 元の, 全然黒い, 兵庫が, 半蔵が, 厚く丈夫, 又活, 口惜しそう, 叫ぶ, 同じ食卓, 唯の, 問い返した, 回るに, 回るに従って, 地球上を, 外泊であった, 多吉や, 天球, 女にとって, 女中を, 妖しくも, 姉を, 姫嬪の, 婦人何, 子守娘を, 安心しなかった, 実に後世, 宵の, 小さくしぼられ, 小竹の, 小路へ, 少しも, 市の, 布で, 年の, 影法師と, 彼人の, 念仏と, 急に, 急速力, 情ない声, 我に, 打ち消すよう, 數多の, 料理場の, 旅人の, 旧い馴染, 最も外部, 枕の, 柔かい桃色, 格段と, 椅子を, 業の, 極めて丈夫, 次第, 次第に一点, 気軽に, 永い間, 流に, 浦和の, 濃い都会, 点と, 無白, 片輪, 物憂気, 率直に, 珍らしい, 生めよ殖えよと, 疲れて, 皇子の, 直るもの, 眼に, 破れて, 硫黄の, 私に, 窓から, 索道を, 結いたて, 綻び始めて, 胴体の, 膝を, 自分で, 舵が, 船の, 良人の, 芝公園の, 芝生から, 苦渋な, 茫然と, 見当らなかったと, 言って, 詩でも, 走り, 走るなり, 足に, 車上の, 迎えに, 進んでも, 道場側の, 采女の, 野菜畑へ, 鉢卷を, 隅から, 電車通りばかり, 震災後の, 颯と美しい, 飴色に, 驚きも, 黄色の

▼ 輪~ (93, 1.7%)

5 なって, 乙吉は, 輪との 4 乙吉, 乙吉の 3 乙吉が, 乙吉を 2 ズボンや

1 [62件] いって, お鉢が, さち子さんの, その中, なしきその, なし一家, なった, なったこの, なったという, なつて, なりその, なり起重機, なる, なるの, べつの, クロロホルムの, チンノレイヤという, ペン, 一しよ, 一所に, 並んで, 久保田万太郎の, 乙吉であった, 乙吉と, 乙吉に, 乙吉にも, 云うの, 云つてゐる, 切った稀代, 切禿にて, 同じよう, 同じ様, 同じ色, 名づけられる中, 呼んで, 四五人の, 固く心, 影が, 捲ける太綱, 接して, 散り出した, 東曲輪との, 枯れた樣, 消して, 称されて, 竝んで, 箸と, 納屋の, 綻びかけて, 綻びるころ, 綻び初めるところ, 罵られて, 自転車の, 葉が, 解す, 言うの, 足もとの, 輪の, 開いて, 顔を, 馬の, 黒漆の

▼ 輪~ (79, 1.4%)

7 が掛つて 6 をかけ 4 を外し 3 の右, を掛け 2 にく, まで掛け, も掛つて, も無事, をかける, を掛ける

1 [44件] がか, がかけ, がゆるん, が受, が受け, が外れません, が掛け, が掛っ, が掛り, だけだつた, と小, と閂, には釘, に紐, に細く, に釘, のあたり, の傍の, の具合, の受け, の外せる, の根, の横, の輪, の釘, はちやん, はビク, は先刻, は夜, は宵, は念入り, は掛けてなかつた, は掛つて, は確か, は薄, は間違ひも, まで掛つて, も外れ, も桟, も棧, を外せる, を抜き, を掛けた, を見詰め

▼ 輪~ (78, 1.4%)

3 のよう 2 になっ, のくせ, らしいところ

1 [69件] おお人類, が, がだいぶ, が二人, が同じ, が同居, が洞口, が臍, じゃわ, だから, だそう, だらうなどと, であり化け物, でご, でございますの, です, ですから, ですっ, でね, ではあるまい, でも宿, で女, で滅多, ということ, とした, となっ, とはいい, と癩人, なぞを泊める, などと住ん, に, にされ, にする, にせられ, になり, になる, に打, に生れついた, の, のヒガミ根性, の事, の住む, の半病監獄, の国, の建物, の数, の母, の泪, の癖, の親, の連中, の集まりゆえ, は, はやはり, は両手, は恐ろしく, は情, ばかりが手, ばかりで, ばかりと断言, や化け物, や半, や老人, らしいひがみが, らしいヒガミ根性, を一人, を馬鹿, 待て, 故小学校

▼ 輪~ (66, 1.2%)

5 の上 2 に乗り, のうえ, の怪談, はたちまち, を押し

1 [51件] がある, が埃, が押され, が此方, が置き忘れられた, が自然, が金鎧鉄甲, すら煙, でし, ではなりますまい, という物, と同じ, と敷物, にお, にむかい, にドリアン, に乗っ, に押され, のこと, のついた, の一柱, の前, の友禅, の変化, の大き, の機械力, の行方, の馬, は前部, は推され, は逃げだした, へ向っ, へ拝, もなし, よりはこの, をすすめ, をつつん, を倒れん, を囲ん, を守りかため, を押し出し, を押し進め, を操り, を浮世ら, を用, を真っ先, を護っ, を進ませ, を駆っ, 軋らす光道, 軋るはためき

▼ 輪田夏子~ (54, 1.0%)

8 だと 3 と云う, の墓 2 では

1 [38件] が何, が牢死, が第, が裁判, だという, だとは, です, ですが, でも, で有ると, で有るのに, とは縦し多少, とは誰, ならば, にはお, に悉く, に相違, に違い, の事, の件, の儘, の容貌, の様, の死刑, の清浄潔白, の真, の罪, の罪案, の顔形, は大層, は殺人, は無実, は牢死, へ一切, へ掛け, を熱心, 之墓, 実は春子

▼ 輪~ (52, 0.9%)

2 乙吉も

1 [50件] あらず爾, あれば, お力の, すこし疲れ, ちり参詣, できる, ない, はらりとこっち, また大, もううつくしい, もの影も, やや安心, よく知っ, シャクリあげ, 三穂太郎も, 三輪も, 中, 中の, 今では, 内容も, 内砦, 別れがたく, 十七か, 十餘輪も, 同様な, 咲いて, 墜ちて, 夜が, 大きく類, 居ないから, 巧かった, 廻らぬほど, 廻るの, 思わず焼, 恐いには, 所まだ, 沢山積ん, 混つてゐた, 物影も, 皆の, 目に, 緩やかに, 胸が, 自分の, 落とす, 負けない気, 近い, 開花する, 面白いね, 食堂の

▼ 輪~ (45, 0.8%)

2 女中が

1 [43件] あたためそれ, いた方, いながら, いるよりも, お上品, これは, しめつけて, しめつけられるよう, つながれるの, できた石, どんな事, はタコ, ぺしやんこに轢かれ, やらなかったこと, よかった, 一輪と, 仕切つて塔の, 剥き出すん, 又ほか, 囲まれた星, 守護し, 尻こそばゆく, 幾度も, 思い出すの, 悟空が, 指が, 捺しました, 支えられて, 未完成, 束ね白衣, 滑かに, 火を, 煮ると, 片輪, 米を, 貧乏でも, 蹴られた悍馬, 連結させた, 隈取られ, 颯と言, 飯を, 鰺の, 鼻に

▼ 輪太郎~ (44, 0.8%)

2 から預っ, のところ, の高

1 [38件] からことづかった, から聞いたら, から聞き覚えた, から輸入, が, がお, がつと, がわざわざ, が住ん, が帰っ, が疲れ切った, だ, と一緒, と呑んだくれ, にもお, にも会えなかった, に渡した, に聞きたい, のやる, の住ん, の居る, の幻, の心配, の怪塔, の黄色, はあの, はどう, は僕, は大きな, は急, は深く, は腕, は要心深く, は黄色い, も黄金, をとっちめ, を恋人, を訪問

▼ 輪馬車~ (40, 0.7%)

2 に乗っ, に乗った

1 [36件] から敏捷, がおい, がとほる, がゆききし, がカラカラ, が全速力, が必要, が手綱, が眼, が着い, が着いた, が私, だった, で二頭, で何度, で編まれてる, とを一台, と軽快, などが警察, にはサモイレンコ, に変りました, に張つたの, に身, に馭者, の一つ, の上, の中, は初老, より他, を乗りまわす, を以, を拾う, を要し, を認めた, を走らす, を駆っ

▼ 輪から~ (33, 0.6%)

1 [33件] おろして, おろしヤカン, からだを, こぼれた火, ぬけだした, ぬけ出す瞬間, はずれて, ほどいて, ようようぬけた, 二輪であり, 出して, 北への, 変じて, 大手の, 小さいほそい蘆, 山の, 引き抜かれた娘, 成る道具, 抜き取るの, 抜けて, 振り飛ばそうと, 撥ね出して, 日本堤をて, 来たの, 火の粉が, 爪を, 石炭の, 腕を, 輪に, 輪まで, 迷れない, 遁走しよう, 離れ朽木

▼ 輪~ (29, 0.5%)

2 鍋は

1 [27件] テンピさえ, テンピの, テンピを, 久我之, 乙吉にも, 乙吉の, 乙吉や, 使便などが, 影は, 徳利や, 房総半島の, 新七, 櫛の, 死骸に, 汽鑵が, 沢庵石や, 炉火の, 炭の, 炭俵や, 花形で, 花形の, 配給の, 金具が, 鍋なんぞ, 鍋薬鑵庖丁俎板茶碗などが, 靴の, 馬穴や

▼ 輪~ (27, 0.5%)

14 の美

1 [13件] と幾多, の美人目, の美今更, の華麗, の輝, ははや, は兵火, は寺院, もそれ, をきづき, を極める, を聚, を醜悪

▼ 輪ざし~ (26, 0.5%)

2 に入れ, に挿し, に活け, の花, の花瓶, の草花

1 [14件] か, で私, と水晶, に, にさす, にはまっ, には桃, に梨, に温室咲き, に生け, に菊, の名, みたいな, を床

▼ 輪~ (26, 0.5%)

2 来たの, 行って

1 [22件] かけつけ唖然, かけて, しがみついた, たどりついた時, つかまって, とりま, はいった, ひびいて, やや凭れ, 両手を, 出た, 廻つて, 急に, 抛り出されたよう, 来なければ, 突っ込む, 紛れ入って, 薬の, 行くつもり, 走り寄った, 顔を, 駈け集まる

▼ 輪~ (25, 0.5%)

2 や吾

1 [23件] かざつて, が, があなた, がし, が後, が戴かせ, が束ねられ, が軒, だの, とを持つ, になつ, に髪, の一葉, の下, の低う, の大, はめんどうくさい, をいくつ, をくくりつけたる, をした, をつけた, を裏返し, を部屋

▼ 輪~ (21, 0.4%)

8 にし, にした 1 がえら, にしたら, にします, の正, を混ぜる

▼ 輪王寺~ (21, 0.4%)

7 の宮 2 の執, の門跡 1 に次ぐ, に納めある, の執事, の宮の内事, の寺侍, の重役, の錦, へはいった, を背負っ, 御所蔵

▼ 輪~ (19, 0.3%)

7 お夏, お紺 2 の姓 1 お紺婆, の中, 阿夏

▼ 輪~ (18, 0.3%)

2 のである

1 [16件] と, ところが, ので, のでございます, ままの, もの, ものに, んです, 人間では, 人間に, 出来損いの, 品物ばかりを, 幅を, 性情については, 指だけ, 状態云いかえる

▼ 輪には~ (18, 0.3%)

1 [18件] おなじよう, そう若い, なつかしかった, よく釘, 一度も, 人の, 信じられも, 寄せる白波, 小綺麗な, 己の, 巽小, 抑えがたく, 政治や, 新らしい, 薄墨に, 表の, 見詰めて, 閉口な

▼ 輪にな~ (17, 0.3%)

3 つて廻れ

1 [14件] つたのが, つたのも, つたのを, つて, つてそれが, つてゐ, つてゐた, つてゐます, つてをど, つて凡そ二十人餘女が, つて指を, つて涯なき, つて踊つ, ッて

▼ 輪~ (17, 0.3%)

1 [17件] が出来る, ではその, で笑う, なんか無論, にし, の名, の文句, の本領, の材料, の花, の軽妙さ, の連鎖, は歌舞伎劇, をけしかけた, を云う, を初める, を警察

▼ 輪~ (15, 0.3%)

2 に投げ入れた, の花瓶

1 [11件] があつ, にマーガレツト, に活, に活けた, の花, もそのまま, も眺めよう, をぱっと, を取つ, を弄, を引っ繰り返した

▼ 輪~ (14, 0.3%)

2 そうだ

1 [12件] あな, からってにべ, が美しい, これは, つてさう, ということ, とすれ, と思ったら, のという, もんで, よ, 片輪

▼ 輪~ (12, 0.2%)

2 です 1 がなに, にかかる, に掛っ, に掛つて, に陥没, に陷沒つて了つたの, のよう, をかけ, をはめ, を作る

▼ 輪もの~ (11, 0.2%)

2 眼の 1 ですけに, では, といふもの, とさげすむ, なんで浮世, にそんな, のよう, をいじめれ, を感じさせる

▼ 輪~ (11, 0.2%)

3 の壁 2 の扉 1 にも詣っ, に行く, のはるか, の僧, の内, の方

▼ 輪でも~ (10, 0.2%)

2 落ちて 1 あばたでも, いい, この国, はずすよう, また悪人, 外したか, 廻しながら, 變人でも

▼ 輪との~ (10, 0.2%)

5 境の 1 往来さえ, 舞踏, 距離, 間に, 関係を

▼ 輪にも~ (10, 0.2%)

1 ぢつた言葉の, ない不思議, ならずどう, ならずに, 姿を, 思われた, 火鉢にも, 秘したそう, 頭に, 駕さんとは

▼ 輪だけ~ (9, 0.2%)

1 すべらせるの, でした, 光らせて, 咲いたよう, 咲かせた, 咲かせて, 摘んで, 款冬の, 花の

▼ 輪麺麭~ (9, 0.2%)

1 が二つ, といつた, と腸詰, の形, やその他, を売つ, を押し潰し, を飽く, 売りの

▼ 輪ずつ~ (8, 0.1%)

1 とって, 一ヤードずつ, 一輪ずつ, 枝を, 着け大きな, 綻び出でようという, 薔薇の, 金粉煙草の

▼ 輪二輪~ (8, 0.1%)

2 綻びかけて 1 と散り出した, と綻びる, と葉, の少き, を見出でた, 散ってるよう

▼ 輪王寺宮~ (8, 0.1%)

2 に仕え 1 が巨然, に仕へ, に奉った, に奉つた, に附属, 御所蔵

▼ 輪神社~ (8, 0.1%)

1 から曲りこんだ, がある, の横手, の裏, の裏手, へでかけた, へでる, までの往復

▼ 輪咲い~ (7, 0.1%)

2 ている 1 て一輪, て丈, て大分, て居た, て枝

▼ 輪~ (7, 0.1%)

2 の船体 1 がはじめて, の起点, はすでに, は港口近く, を用いる

▼ 輪~ (6, 0.1%)

1 どうかは, なんにもいわず, 三輪の, 何かを, 照り宿るらし, 長い長い深夜

▼ 輪という~ (6, 0.1%)

1 ところを, ものが, 事を, 人が, 処へ, 地名を

▼ 輪カンジキ~ (6, 0.1%)

1 では辷り, で下る, と金カンジキ, にした, をはき, を穿い

▼ 輪~ (6, 0.1%)

1 が歿前三年即八十一歳, の校刻, は幕府, までは歩い, を神田明神下, 蔵する選択集

▼ 輪~ (6, 0.1%)

1 の尊, の御, はそれ, は大臣葛城円, を焼き殺した, 無價

▼ 輪かく~ (5, 0.1%)

1 だけはわかっ, のはっきり, を一息, を浮かせ, を表わす

▼ 輪じる~ (5, 0.1%)

1 しがある, しだった, しのつい, しを見つめた, しを記念

▼ 輪では~ (5, 0.1%)

1 ありませんか, ないの, なく真, なしに, 星雲物質の

▼ 輪なら~ (5, 0.1%)

1 ば相当, 何故片, 嘘やへ, 片輪, 誰れ

▼ 輪にかけて~ (5, 0.1%)

1 あの下司, ありますから, ふんばり右手, 沸かさなければ, 生温いお湯

▼ 輪ばかり~ (5, 0.1%)

2 満開した 1 テーブルの, 冠った, 描いて

▼ 輪~ (5, 0.1%)

1 したの, して, せられたもの, であっ, の初期

▼ 輪~ (5, 0.1%)

1 に描き残された, に駈けまわらせ, の中, の向う疵, 固麺麭

▼ 輪~ (5, 0.1%)

1 である, といふの, の前面, の尖端, をす

▼ 輪轉機~ (5, 0.1%)

1 とかめ, とか高速度朝日式輪轉機, なり, は時速二萬枚, や動力式ロール

▼ 輪さえ~ (4, 0.1%)

1 うかんで, 出現すれ, 声に, 描く隙

▼ 輪ずつの~ (4, 0.1%)

1 あたたかさ, 小さい白花, 暖かさ, 花を

▼ 輪である~ (4, 0.1%)

1 ことから, ということ, と云う, と言う

▼ 輪などを~ (4, 0.1%)

1 かたわらへ, こしらえて, つつむ樹林, 拵えて

▼ 輪にすら~ (4, 0.1%)

3 明盲ひ 1 明盲いの

▼ 輪ほど~ (4, 0.1%)

1 不思議な, 大きく綻び, 封じ込みます, 憐れなり

▼ 輪また~ (4, 0.1%)

1 つぶしに, 五六輪と, 火風, 然り

▼ 輪まで~ (4, 0.1%)

1 持って, 行つて来る, 逆戻りを, 進んで

▼ 輪~ (4, 0.1%)

1 丞という, 丞は, 丞以下の, 丞以下は

▼ 輪大明神~ (4, 0.1%)

1 に, の社家, の社家植田丹後守, を拝み

▼ 輪太郎氏~ (4, 0.1%)

1 に届ける, に渡し, に違い, はやおら

▼ 輪数珠~ (4, 0.1%)

2 を掛けた 1 も掛け, を外す

▼ 輪明神~ (4, 0.1%)

2 の境内 1 と同じく, の社家植田丹後守

▼ 輪~ (4, 0.1%)

1 が取り外された, が車輪, の鎖, をかけ

▼ 輪活け~ (4, 0.1%)

1 てこれ, てその, て幸, て見る

▼ 輪生し~ (4, 0.1%)

3 ている 1 その頂上

▼ 輪~ (4, 0.1%)

1 となさん, につける, の破片, 造るべく鋭き

▼ 輪違い~ (4, 0.1%)

1 に紙, の定紋, の紋, の紋服

▼ 輪~ (4, 0.1%)

1 がボロボロ, のよう, より, を誰

▼ 輪~ (4, 0.1%)

1 がはめられ, が引っかかっ, の音, をすっかり

▼ 輪かの~ (3, 0.1%)

2 花が 1 點の

▼ 輪さして~ (3, 0.1%)

1 ある, ないため, 載せて

▼ 輪しか~ (3, 0.1%)

3 咲いて

▼ 輪です~ (3, 0.1%)

21

▼ 輪といふ~ (3, 0.1%)

1 のは, 程目立たなく, 言葉も

▼ 輪とは~ (3, 0.1%)

1 これまでに, 変って, 違つた意味の

▼ 輪とも~ (3, 0.1%)

1 に最低, 呼ばれて, 絶縁された

▼ 輪なる~ (3, 0.1%)

1 が故に, らん, 世界を

▼ 輪によって~ (3, 0.1%)

1 一緒に, 桶の, 縦に

▼ 輪より~ (3, 0.1%)

1 垂れさ, 成る高き, 見る之図

▼ 輪をも~ (3, 0.1%)

1 ぐってかこみの外へ, 取り失わないよう, 驚かした

▼ 輪~ (3, 0.1%)

2 にきしる 1 鞍し

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 が描い, は肉體, を顕

▼ 輪切に~ (3, 0.1%)

2 なったの 1 なって

▼ 輪切る~ (3, 0.1%)

2 のであった 1 か真っ向

▼ 輪即ち~ (3, 0.1%)

1 ワなる, 今の, 神に

▼ 輪取っ~ (3, 0.1%)

1 ている, て双, て舐廻っ

▼ 輪咲いた~ (3, 0.1%)

1 が一輪草, と思え, 紫色の

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 がよく, が何とも, が見える

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 がのぼっ, のすがりし, の輪袈裟

▼ 輪殺し~ (3, 0.1%)

1 の下手人, の罪, を思ひ付いた

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 がある, が消え, は描かなく

▼ 輪綻びかけ~ (3, 0.1%)

2 ていた 1 ています

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 をその, を外し, を手

▼ 輪聖王~ (3, 0.1%)

1 の家, の馬宝, よりも貴い

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 して, する波, である

▼ 輪~ (3, 0.1%)

1 の内側, を半分, を置い

▼ 輪あたり~ (2, 0.0%)

1 に住まいし, を志す

▼ 輪ある~ (2, 0.0%)

1 一の, 淡黒き沼

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 三輪, 袖と

▼ 輪がは~ (2, 0.0%)

1 づれたとてグニヤリと, まつた

▼ 輪くぐり~ (2, 0.0%)

1 と言, は呼び物

▼ 輪これ~ (2, 0.0%)

1 がま, に續

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 いた事から, へも完全

▼ 輪さし~ (2, 0.0%)

1 てあっ, てあった

▼ 輪さん~ (2, 0.0%)

1 と呼ぶ, と心

▼ 輪じみた~ (2, 0.0%)

1 卑怯な, 大きな姿

▼ 輪じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんわ, ないかい

▼ 輪その~ (2, 0.0%)

1 一家に, 水堀から

▼ 輪たち~ (2, 0.0%)

1 に取りすがられ, の前

▼ 輪だけは~ (2, 0.0%)

1 この藤吉郎, 下に

▼ 輪だけを~ (2, 0.0%)

1 攻め陥し, 除けば

▼ 輪だの~ (2, 0.0%)

1 牛の, 茶碗だの

▼ 輪ちがい~ (2, 0.0%)

1 になった, の模様

▼ 輪であり~ (2, 0.0%)

1 そして一部, 声帯よりも

▼ 輪など~ (2, 0.0%)

1 とっくにすまし, 把って

▼ 輪などは~ (2, 0.0%)

1 たいていの, 見向きも

▼ 輪にでも~ (2, 0.0%)

1 されてから, 触れたこと

▼ 輪ぬけ~ (2, 0.0%)

1 のよう, の芸当

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 はし, はしに

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 こが, 滅亡は

▼ 輪らしい~ (2, 0.0%)

1 ね, 情ない気もち

▼ 輪をが~ (2, 0.0%)

1 きっと抑えた, ちゃりと

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 中ニハイルヨウナ位置ニ据エタ, 相ガアッテソレガ地ニ

▼ 輪パン~ (2, 0.0%)

1 がある, や巻きパン

▼ 輪一つ~ (2, 0.0%)

1 の木理, 買っても

▼ 輪一輪~ (2, 0.0%)

1 おそろしいくらいの, ずつの暖か

▼ 輪三輪~ (2, 0.0%)

1 あまた花, の重ね咲き

▼ 輪中空~ (2, 0.0%)

1 にそびえ, に聳え

▼ 輪交い~ (2, 0.0%)

1 が染め出され, の家紋

▼ 輪会館~ (2, 0.0%)

1 に行く, に行っ

▼ 輪削り~ (2, 0.0%)

1 二輪削り, 自己が

▼ 輪同志~ (2, 0.0%)

1 で仲, で濡れ

▼ 輪咲き出した~ (2, 0.0%)

1 よ, 白沈丁花の

▼ 輪咲く~ (2, 0.0%)

2 のが

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 のため, を近似的

▼ 輪回し~ (2, 0.0%)

1 ている, の遊び

▼ 輪回応報~ (2, 0.0%)

1 して, という事

▼ 輪太さん~ (2, 0.0%)

1 から手紙, ともあろう

▼ 輪奐美~ (2, 0.0%)

1 とをびざんてん風, にうるわしい

▼ 輪寒椿~ (2, 0.0%)

1 が投げ, の花

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 には名高い, に杉本樗園

▼ 輪寿壮~ (2, 0.0%)

1 などの諸君, の諸氏

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 は一部分, 半股引

▼ 輪平次~ (2, 0.0%)

1 はその, や

▼ 輪~ (2, 0.0%)

2

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 や連結桿, を蕩かす

▼ 輪~ (2, 0.0%)

2 の木

▼ 輪投遊び~ (2, 0.0%)

1 の棒, を貧

▼ 輪持っ~ (2, 0.0%)

1 てたえず, て来

▼ 輪掛金~ (2, 0.0%)

1 にきつい, をつけ

▼ 輪~ (2, 0.0%)

2 など之等

▼ 輪根性~ (2, 0.0%)

1 みたよう, や北欧

▼ 輪武士~ (2, 0.0%)

1 こそ陣十郎, とともども

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 をおしどり, を大きく

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 やが眼, や蝋燭立

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 を掛くる, を貫く

▼ 輪田岬~ (2, 0.0%)

1 から一ノ谷, の西方

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 とのほか, を半

▼ 輪~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 輪真赤~ (2, 0.0%)

1 な薔薇, に咲い

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 のよう, の中芯

▼ 輪聖王世~ (2, 0.0%)

1 に出, に出で

▼ 輪花瓶~ (2, 0.0%)

1 に, に挿した

▼ 輪草まこと~ (2, 0.0%)

2 の花

▼ 輪草二輪~ (2, 0.0%)

2 咲くの

▼ 輪落ち~ (2, 0.0%)

2 ていた

▼ 輪街道~ (2, 0.0%)

1 のあたり, は往く

▼ 輪見た~ (2, 0.0%)

2 ような

▼ 輪踊り~ (2, 0.0%)

1 になっ, の中

▼ 輪連中~ (2, 0.0%)

1 が手, を五六人

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 の糸里, ひ

▼ 輪附いた~ (2, 0.0%)

1 広い帽, 廣い

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 を作っ, を左右

▼ 輪~ (2, 0.0%)

1 に送り付けた, の千両箱

▼1* [434件]

あかき色の, 輪あって一つ, 輪あとに残っ, 輪あはれとめたり, 輪あまた花, 輪いくらしますか, 輪いたずら悪気のない, 輪いつさしすて, 輪ゑて人まつ, 輪うち波をつた, 輪おそろしいくらいの個性, 輪おどり大すき, 輪おどりしてい, 輪お前はそれ, 輪かぎがかかる, 輪かざりを軒, 輪かすかにほのめく, 輪かと訊くと, 輪かなんかで, 輪からも轅からも, 輪がたにならんだ, 輪がね輾りおち, 輪がをどる, 輪ぎりにした朝漬の胡瓜, 輪ぐらい買ったって, 輪ぐらいずつ大切に, 輪ぐらいにして, 輪ぐらゐにぐるりと, 輪にかく, 輪こしらへて, 輪こそかれが, 輪づまりて終りの, 輪すらなかった, 輪ずつしか咲かない, 輪そうして襦袢は, 輪そえてある, 輪その他とても此の世, 輪それと並べて, 輪ただ初々しく咲いた, 輪たてかけてあった, 輪たばこ差し紙切り砂糖挟み時計枠, 輪だけが泥の, 輪だけに情が, 輪だって云い歩いたん, 輪ちゃんや乙坊, 輪ちゃん紙をやる, 輪こに, 輪って戌に, 輪つけていた, 輪つまみ取つて船へ, 輪づつ花を插, 輪づゝ言交はした, 輪であったことは, 輪であるべきはずは, 輪であろうと疑, 輪でがすがね, 輪でなきあ溜らん, 輪でん何でん, 輪とかの者には, 輪とが入って, 輪として友人が, 輪とって手, 輪とをくれる, 輪どうの小さい, 輪どっている, 輪なき紋八ツ藤その, 輪なくして, 輪なぞに古今無類の, 輪なぞを取添, 輪なでしこを封じ込めた, 輪などがきめるの, 輪などではないの, 輪などと言ふ, 輪などとは氏が, 輪などにも其は, 輪などの宏大な, 輪なまじ活きて, 輪なまめかしく浮いて, 輪なんかとうにもっと大きい, 輪なんて云ふんです, 輪にさえほっと救い, 輪にしか見えませんでした, 輪にだに全樹草, 輪について一緒に, 輪についても同様な, 輪にまでして, 輪にゃなりたくない, 輪に対する同情は, 輪はかの一點, 輪ばかりに押し籠め, 輪ぱっと花弁を, 輪ひとつは右, 輪ひよわい花を, 輪びくとも動かす, 輪ふく髷かけ下し, 輪へだけ廻ると, 輪へと沈潜し, 輪への路を, 輪ほころびかけている, 輪までは一足だ, 輪みたいにヨボヨボ, 輪むこうに交っ, 輪めいた反り腕の, 輪もっている, 輪もつて行く, 輪もろとも一枚, 輪やら鍋釜の, 輪よりも難物だ, 輪よろいの草, 輪り下るは, 輪を虎, 輪をば鍔の, 輪を以て幾重にもからげ, 輪ん中から誰, 輪ガ下ノ方デ細, 輪コップに差し, 輪トラックをたのんだ, 輪バケツ茶椀箸そして米, 輪バスなんでも利用, 輪ブレークという輪, 輪一つ枕一つの生活, 輪一区切りずつ動い, 輪一輪一輪二輪空に蒔絵, 輪一輪二輪空に蒔絵, 輪三分の一が曝涼, 輪三巻を記し, 輪下げたる青衣も, 輪並んで插, 輪に深雪, 輪はなん, 輪して, 輪に至る, 輪がその, 輪二つそれにかま, 輪二十四輪の駒, 輪二輪かすかにほのめく, 輪二輪三輪あまた花, 輪二輪空に蒔絵, 輪五徳や吉原五徳, 輪五瀬立つところ, 輪五銭の蕾, 輪亭南店に牛鍋, 輪に散らし, 輪今日は三輪, 輪今朝咲きました, 輪付けている, 輪がたまっ, 輪以上も花, 輪こそは遠泳, 輪の大き, 輪作りて今, 輪作りし人数は, 輪をそこ, 輪光輪後光籤の光明, 輪入らずの鷹, 輪円く顕ち明るめり, 輪くて, 輪出して国, 輪切って活けた, 輪切二三片とその, 輪切大根と菜葉, 輪切袈裟掛はて我, 輪して, 輪初瀬の月, 輪加なぞと根本的, 輪加万歳喜劇などを随分, 輪加女浄るり女相撲手品師ろくろ首の種, 輪加師落語家の死, 輪加精神の権化, 輪きを, 輪匂って散った, 輪匝筋は豊か, 輪十二輪二十四輪の駒, 輪十六を嵌めたる, 輪十六門のうち南町口, 輪に行っ, 輪博士であったが, 輪及び轅も, 輪取ったその目, 輪取つて瘡, 輪は博士, 輪もない, 輪向日葵の, 輪や原始的, 輪咲いてるからお前さん, 輪咲きやら懸崖, 輪咲き残りたる風情更に, 輪咲揃へる葩, 輪咲残つて居る, 輪善兵衛と云, 輪の美, 輪したり, 輪四遍往復して, 輪回八回が金星, 輪回轉生や因果應報, 輪型陣をつくっ, 輪夕暮の秋, 輪か, 輪大きい白い花を, 輪大きく咲いたという, 輪大型トラックが二輛, 輪太郎さんのところ, 輪には亭主, 輪と染め出した, 輪の見世物, 輪宝象宝馬宝主兵宝, 輪宵毎に咲い, 輪そうに, 輪のすがりし, 輪寸毫を違, 輪小さき花咲く, 輪山中ブナの密林, 輪山神婚説話型に当る, 輪といふの, 輪峠水輪峠空輪峠といふの, 輪峠空輪峠といふの, 輪左団次の鱶七, 輪差しを眺め, 輪巻葉は二つ, 輪であり後部の, 輪になっ, 輪で動力, 輪式伝説やあるいは, 輪式口碑その他の蛇族, 輪式神話の残影, 輪の嵐, 輪後光は即ち, 輪後光籤の光明, 輪金の, 輪扱いにされる, 輪り込んだやう, 輪投げて墨江, 輪押して入れた, 輪挿したり, 輪挿一つで江戸, 輪挿蝋石の飾玉, 輪挿部屋の隅, 輪揺曳して, 輪摘みそを, 輪摘んでそれ, 輪散ってるようだ, 輪文屋君の進言, 輪斬りにその, 輪斯くて落ち行け, 輪というもの, 輪方面へ逸走, 輪旋曲を踊った, 輪にも露, 輪明う立ちに, 輪明神始め熊野辺に古来老樹大木, 輪ねて, 輪朝顏の小, 輪だ, 輪未だ長く, 輪の上, 輪机上に活け, 輪東陵に御, 輪を有する, 輪染めた様に, 輪の絲, 輪に沿つて, 輪もはっきり, 輪桜井八木へ出, 輪棒挿に活けたる, 輪棒羯麿馨架雲板魚板木魚など余, 輪椿の櫛, 輪に据え列ね, 輪模様に竹, 輪次而舞或全, 輪殘つたのによつて其處, 輪水瓶竈その傍, 輪水輪また火風, 輪沈み去り暗き, 輪沈丁の花, 輪法宿曜秘法等に達し, 輪を拡がらせる, 輪波耳うちひ, 輪流石に夕空, 輪浮いて来ます, 輪浮んでいる, 輪液体がしたたる, 輪淋しく咲いて, 輪淡紅の蕾, 輪の白糸, 輪と云っ, 輪のよう, 輪火花を放ち, 輪炭胴炭点炭と重ね, 輪無き荒磯を, 輪無為の天, 輪無造作に活けこんだ, 輪父親はまた, 輪牡丹に鍔, 輪牡丹金の目貫, 輪に散る, 輪王位高けれども七寶終, 輪王寺公澄法親王の座所, 輪王寺宮使僧総督四条隆謌の下, 輪王寺門跡のおわす, 輪王等とともに雄略天皇, 輪珠数などが落ちた, 輪環的な関係, 輪に挿し, 輪生した緑の, 輪生子葉を有し, 輪田夏子さん綽名松谷秀子嬢貴女を茲, 輪田夏子死刑終身刑の宣告, 輪田長三と云った, 輪画きたるかた興深く, 輪留めてあった, 輪留守居顔にさされ, 輪ばかりが幽か, 輪白い花を, 輪白砂の清き, 輪白菊の大, 輪の融通, 輪盛られてあった, 輪にうかん, 輪眞紫の菖蒲, 輪真黒な牙, 輪着き側方に, 輪石上を経, 輪石竹の花, 輪神社その他諸国に数々, 輪神社裏でとなっ, 輪に蒔絵, 輪空寂になりたい, 輪竹花入れに移し, 輪一書房である, 輪にし, 輪箱馬車は騒がしい, 輪系統のあ, 輪なりけり月, 輪紅色をした, 輪を呈した, 輪に笑ん, 輪細工を乾いた, 輪の中, 輪にこの, 輪結びにした, 輪の単, 輪継ぎの褞袍, 輪綻びかけたのも, 輪の面影, 輪締めに喉首, 輪をはずし, 輪置いたようであった, 輪者それに昆虫館土着, 輪者達が館, 輪胸先に飾つて演壇, 輪自動車が一台, 輪自転車であるが, 輪舞いのよう, 輪船一夜辞舎港轟轟遥向太平洋, 輪船火車を乗り代え, 輪芝翫の求女, 輪花器に活けられ, 輪芳子と心中未遂, 輪とは申す, 輪荷車や四輪馬車, 輪たる老樹, 輪菖蒲が咲, 輪菩薩観門義注秘訳, 輪蔵水屋厩御共所, 輪蔵池泉橋そのほか, 輪を添, 輪の御, 輪螺環の髪, 輪の滴, 輪を觀, 輪西洋鍋に至る, 輪見えたのが, 輪見つかつた, 輪見つけて活ける, 輪見ゆる燕子花, 輪觀音も穗井田忠友, 輪が私, 輪貫きに光背, 輪貴様の女房, 輪つた, 輪買うて来, 輪買って来た, 輪路傍の叢, 輪だけを覺, 輪蹄陸続トシテ文士雅流俗子婦女ノ別, 輪車掃溜の破, 輪車整へ其上, 輪車靜かにきしり行く, 輪車駛り石油, 輪の一大乱舞, 輪輪輪の一大乱舞, 輪輪輪輪の一大乱舞, 輪輪輪輪輪の一大乱舞, 輪して, 輪輾リ去ル者ハ華族ナリ, 輪轉器がば, 輪の知辺, 輪という三輪, 輪途中へ棄てた, 輪遊びをし, 輪遊び場で一勝負, 輪違その他の一部, 輪違十文字に攻め, 輪遠くここに, 輪を片手, 輪鉦形に肱, 輪鍵位は外せます, 輪して, 輪開いた日本水仙は, 輪開きそめたり, 輪の南光坊, 輪院清芳光桂大姉である, 輪に紫, 輪霞む朧夜の, 輪青木におされ, 輪革色の洋傘右手, 輪に気づく, 輪頭形の冑, 輪風情の迷, 輪飛ぶと見ゆるごとく, 輪食卓の花瓶, 輪飾掛くる少き, 輪香りもなく曲った, 輪馬車みたいに幌, 輪馬車代とや, 輪馬車代駅馬車代及び教区巡回, 輪馬車四輪馬車を走らす, 輪駆動でないと, 輪のはい, 輪に結う, 輪鰭みたいに思われる, 輪が二三羽, 輪黄色い奇麗な, 輪鼓手鞠等を興行