青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「輩~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~軽く 軽く~ ~軽蔑 軽蔑~ ~載せ 載せ~ 輕~ ~輝い 輝い~ 輝き~
輩~
~輪 輪~ 輸入~ 轉~ 辛~ 辛い~ ~辛抱 辛抱~ 辰~ 農~

「輩~」 1883, 20ppm, 5652位

▼ 輩~ (408, 21.7%)

4 今の 3 これを, それらの, 口を

2 [12件] いまだアイヌ, かくの, むしろこれ, 冥加も, 右の, 大抵酒飲み, 彼等が, 是れ, 本復する, 此等の, 茲に, 高級骨董の

1 [371件] あいみたが, あきれたという, あたかもそれ, あたかももっ, あまりにも, いかにも面白い, いかに泉下, いくらでもそこら, いずれも, いつ早く, いまは, いよいよ我説, いわゆる朝恩, いわゆる東人, いわゆる牛馬捨場, おぬし, おのずから足, おりおりは, かえってこれ, かかる例證, かかる崇高, かかる時期, かかる見地, かく叱, かつてこれ, かねて, きたれども, ぎょッ, ここで, ここに, ことごとく一, この一例, この世に, この両君, この仮面, この図, この外来思想, この岳珂, この方面, この権現, この点, この碑, この空想的理論, この缺陷, この蒲壽庚, この論文, この論者, この足, この車, この頃, この點, これに, これまた, これらを, こんな潰滅状態, さすがに, さらにこれ, さらに他, しばらくの, すくなく, すぐ険しい, すでに, すべていら立ち, そういうこと, そういう点, そういわれ, そのこと, その人, その位官高下, その余命, その内外, その収入, その声, その方略, その覚悟, その財産, その足もと, その鉤意, それを, そんなこと, そんな問題, ただその, ただちに国事, ただ世, ただ今後, だが, どうした, どうであった, どうなる, どれほど, どんなに頼まれ, どんな気持, どんな特権階級, ないと, なにが, なんぴとの, はじめから, はじめて我神典中, はたして国民中, ほっとみな色, まず次にオシラ神, また, まだ一滴, みな乳くさい, みな伴れ, みな例外なし, みな宮の, みな若人な, むしろこの, もう妖怪, もう少し年貢, もう敵, もちろんエタ, もっぱら物理学, もともと山野, もとより友邦, もとより強迫法, もとより無官, もと文才, もはや公民, よくこの, よろしく幽閉, わが社会, わけても茫然, オシナサマと, リチャルド, 一事に, 一人も, 一口に, 一味の, 一斉に, 一躍し, 一騎当千の, 不埒な, 主人が, 之に, 之を, 乱暴は, 亂雲の, 事前に, 二三の, 云ったそれ, 人の, 人を, 人事の, 人殺しの, 人肉が, 今しばらく, 今以, 今支那, 今日の, 今日を, 以上三個の, 仲間だけ, 何の, 何時の, 余儀なく党, 例によって, 例の, 例外と, 信ぜぬの, 債ある, 元より, 元亀天正, 元気に, 全くこれ, 全く人, 公家という, 其所有の, 其理由を, 出來, 出社しない, 利益の, 前々号以来俗法師の, 前号において, 前節において, 勇において, 動とも, 勝者の, 卑怯と, 南支那人に, 単にこれ, 単に筋, 博士の, 却て, 又孔明, 古代の, 可惜舟, 吾邦人の, 和泉守に, 唯の, 喋々しく, 困ったもの, 固より, 地に, 地租改正の, 多いが, 多いけれども, 多くは, 多く日本を, 夜の, 大ドゥニー, 大御神の, 大抵先づ美術骨董へ, 大正の, 大正十二年七月五日に, 大言のみ, 天下後日の, 夫が, 好んで, 始終の, 姑らく置き, 婦女子になど, 学問の, 学問は, 宇宙間唯一の, 実際その, 容赦なく, 寛大の, 小川を, 小雨や, 尚お, 屹度地獄に, 岡焼き半分に, 崇拝者を, 左に, 左母二郎を, 已に主題, 帝が, 帝大において, 席に, 常にその, 常に之, 幕の, 幕府の, 幕府内に, 幾度か, 度を, 当時世, 当時日本第, 当路者なり, 彼らに対して, 彼らを, 彼を, 従来かつて, 心身ともに, 必ずしも然か, 怨恨の, 恥でもか, 悦んで, 慄悍なる, 憂ひ又, 我が君, 我らが, 戦々恐々として, 戸の, 所謂藩の, 手づるを, 手に, 手勢を, 支那人最近の, 支那人覺醒の, 政府は, 政府依, 政治上において, 敢て, 文覚を, 料理の, 斯うい, 日本國中の, 早くも, 早く誅伐, 早稲田鶴巻町の, 早速困る, 明治二十六年の, 昔日の, 昨年の, 時日の, 更に彼, 更に進ん, 本國, 本郷の, 東京へ, 極めて簡單, 横浜から, 正月に, 正直に, 此外國の, 此時俄かに, 歴史家としての, 残らず異, 決して左樣, 決して市民, 河流を, 涙脆い女, 深く責むるにも足らず, 満腹常に, 滅多に, 演劇という, 漸く産, 無聊に, 狗奴國の, 玄徳の, 現存の, 甘言と, 甚だ以, 申すに, 男女で, 疲れて, 皆かくの, 皆中, 皆彼が, 皆玄関に, 皆遠く, 皆馬鹿者だ, 直ちに答えた, 直接その, 真の, 眼を, 眼中に, 知らぬこと, 神社に, 秩序の, 第四説, 結局その, 綿々たる, 総立ちの, 羞恥という, 考古学者, 耶蘇が, 聖書も, 胆を, 自ら称し, 自分が, 自分には, 自存の, 自然に, 自由なり, 芸者を, 英国に, 莽の, 處女膜の, 蜩の, 血眼に, 行くべき道, 袁紹と共に, 見に, 誑死に, 誰と, 論者の, 謂ふも, 警察吏として, 財布を, 貧き, 近年喧傳され, 通行を, 都新聞を, 長野君が, 隼人等が, 難なく花嫁, 雪の, 雲の, 青竹で, 非常に, 顔淵に対する, 風を, 養子に, 馬にさえ, 駿河国で, 高尾山に, 高氏が

▼ 輩~ (334, 17.7%)

4 中に, 手に 3 如きは, 研究を, 考ふる

2 [23件] ごときは, ために, なかに, 中にも, 児戯, 出入は, 夢寐にも, 心事は, 意を, 所見にては, 所見は, 所見を, 所詮は, 所論を, 持論は, 目から, 研究の, 祈るところ, 粟を, 素顔を, 胸には, 臆説が, 顔を

1 [271件] あずかり知るところ, いかで賤業, いわゆる俗法師, いわゆる分, いわゆる平安, いわゆる遠ざかる, うごきについて, うごめきは, うちには, うちより, かねて, かの無鉄砲, ここに, ことで, この挙, この研究, この臆説, この論文, ごときも, ごとき同窓, さかんな, さきに, すぐ口, すること, ため, ためを, たわ言だった, とても及ばぬ, なすところ, はなはだ怪しむ, ひとりだった, みじめさとい, もっとも賛誉, ものとは, やり口を, より特, 一生は, 丈艸を, 上に, 下宿屋に, 不平を, 世事話に, 中からも, 中へ, 中使なり, 乘ずる處と, 事に, 事は, 事業は, 五十歳を, 人に, 仕業と, 仮託する, 仲間でも, 仲間にも, 企てなど, 健康とは, 僕が, 僻んだ根性, 全然同感, 処へ, 前で, 功績は, 勢が, 勧むる学問の, 勧むる学問も, 勧めにより, 北支那滯在中屡, 及ばないところ, 及ぶ所, 取らざる所, 口に, 口端に, 味方では, 嘗ての, 嘲りて, 回顧を, 固より, 多い今, 多い時, 多年企望する, 失策だった, 奏楽に, 如きいかに, 如き史實調査, 如き理想家, 如き策士, 如く野盗掠奪, 如く騒々しから, 威し文句に, 子が, 孔子に, 学者と, 安ん, 実験にては, 寄合だけに, 寓言に, 寝返りは, 小屋を, 常に使用, 幇間とは, 年に, 年来の, 幾人を, 強梁跋扈, 当時の, 影見えぬ, 徘徊も, 徳心を, 心傷れ, 必ず諸王, 忰じゃ, 思想なら, 想像し得る, 意見に, 意見の, 意見を, 憎さ, 懇, 所業その, 所為だ, 所行微笑の, 所見では, 所見とて, 所見においては, 所見の, 所説と, 所論すでに, 所論は, 所謂再建論の, 所謂消極の, 所領美作淡路等の, 手さきに, 手な, 手より, 手を, 持論なり, 指導教訓に, 操る妖術, 支えに, 支那人氣質に, 支那留學中殊に, 故郷中津に, 教化は, 数名が, 文章の, 断じて為す, 方が, 旧説, 是非論を, 時に, 書生空論によって, 最も是認, 最も服する, 有する余暇, 望むところ, 机の, 村田翁の, 極めて辛辣, 機能が, 欲するところ, 死こそ, 気が, 氣に, 河南旅行の, 法隆寺問題に関する, 注意すべき, 注意する, 深く感謝, 為さんと, 為すところ, 為すべき事, 為に, 為めに, 無勘弁, 無気力なる, 爲めに, 狼藉は, 猿知慧に, 生れた明治十八年, 生活が, 申すには, 疋夫を, 疑ふ所, 発明に, 発表した, 発表は, 発願そのまま, 目に, 目的と, 眞似, 真似を, 眼を, 着眼皇漢洋三学の, 矢を, 知らざるところ, 知る所, 知れる範圍, 研究に, 研究は, 研究また, 研究上裨益する, 禿筆を以て, 秘かな, 空理空論を, 立ち入る所, 立場を, 立論としては, 立論に対して, 端にまで, 紋で, 紛々擾, 細君を, 続出なし, 罪なり, 考えたところ, 考にては, 考には, 考は, 聞くところ, 能事終れり, 腐れ合いでいくら, 腹を, 膝下に, 臆測は, 臓腑を, 自信は, 自己満足的な, 自由に, 芸術史について, 蛮勇を, 行末を, 裂帛の, 見せしめと, 見るところ, 見る所, 見解と, 親しく經驗, 観劇眼を, 言を, 言葉は, 話とが, 論とは, 諸論, 議論を, 讒言などに, 讒訴だの, 讒謗の, 賭場防ぎ, 身を, 身分を, 迷信である, 通弊の, 連中の, 遊戯同様の, 選評を, 開陳する, 間には, 陝西直, 霊魂論は, 非義我慾, 頭に, 頭を, 頭脳には, 頭腦には, 顔つきや, 願う所, 驚きは, 鼓舞煽動に, 鼻を, 鼻向眉間真向を

▼ 輩~ (251, 13.3%)

3 さきに 2 あるやう, かくも, この句, さかんに, 多いから, 少くない, 往々に, 現れて, 跋扈し, 闇黒に

1 [228件] あっては, あまた虎視, ありますとやら, ありますので, あり前, ある, あるもの, あろうか, いかなる権理, いかに千言万語, いた時代, いち早く驕り, いよいよ跳梁, いわゆる河原者, うへに, うんと居る, おりますか, かえって国家, かくまでにも, かなりある, きれいな, ここに, こそこそし始める, この出屋敷, この大, この期, これに, さながら岸, ずいぶんある, その内容, その分離, その肉, その馬, それぞれ何千騎も, ぞろぞろ集つて, たが, たがいに, ただ社会, つかまると, とくにここ, どうして教育, どんな士風, なした企みでしょう, なんの, はや相剋内紛, ひとりの, みなそれな, みな理想と, みな腰を, もう待ち, もし果して鳥類前生, もっとも平等世界, やたらに, ややもすれば経世, わずかな, われも, フィリップの, マテリーと, 一二では, 一匹ずつ, 一度に, 一日でも, 上來紹介し, 上士に対して, 不文野蛮と, 世を, 予が, 争って, 事に, 二人で, 云い合わせたよう, 井伊大老を, 人家に, 今ここに, 今より, 今回さらに, 今日戦冠を, 仕りまする悪戯, 他事ながら, 伊原氏から, 伝来の, 住んで, 便利する, 先生に, 六歳に, 兵を, 内変, 処を, 処世の, 出世の, 出入りする, 前項に, 北条の, 千年の, 厳父を, 古人を, 名づけたの, 君の, 図らずも, 土着し, 地に, 堂々たる国学, 塀を, 増長し, 声をも, 多い, 多いが, 多かった, 多くいる, 多くなった, 多く周期的, 多く従って, 多少慄, 多数に, 天下の, 女々しく肉, 嬌姿荘厳し来っ, 孔子に, 孟子に, 学者の, 守護, 小判で, 小学校時代自由党の, 少いという, 居ないとも, 居る, 居ろうとは, 希望中の, 帝大, 幾人も, 形を, 徒歩または, 御右筆, 御車を, 微力を, 思い上がった誤算, 悉く斉彬公, 惜しくもない, 感服する, 我に, 所謂オオミタカラなる, 所謂悪書と, 才覺にて, 承知する, 承知せぬ, 折に, 押しかけて, 押しかけては, 揃って, 政子を, 政治上において, 数年以来教育に, 既に説いた如く, 日を, 日本學會に, 明治三十八年五月を以て, 昨年胆振の, 是に, 時を, 書いたらしく思はれるが, 書いた黒谷夜話, 本編起稿当初の, 本誌を, 材木小麦椰子の, 杓子貝を, 杖を, 束に, 来ては, 来ると, 東西の, 極めて匆卒, 横行しました, 横行する, 次第に立身, 武者修業の, 殿をめぐって, 毎に, 洟たれ, 浜松城の, 特に班超, 特殊部落の, 白骨と, 皇国の, 相当の, 示した不誠実, 精兵を, 糊口の, 続出する, 織田の, 群がり住むが, 老成の, 聞き付けて, 自から, 自ら鄙陋を, 興に, 舟よりは, 藩の, 蜂起し, 衣裳を, 試みに, 詩歌を, 詰らぬ事さ, 赤山靱負殿を, 越前を, 車夫に, 軽賤, 遊芸者や, 過日親しく, 遠近より, 那珂氏の, 邪馬臺國を, 酒を, 重金説, 野に, 金満家の, 長く根絶, 関野, 陣前に, 非を, 非難する, 預かって, 頻りに資金, 飛び道具を, 食物に, 馬上身の毛を, 驚き怖, 鬱憤ばらし, 黒羽二重の

▼ 輩~ (125, 6.6%)

4 して, 至っては 3 至るまで 2 とりて, 向て, 向ひ, 對し, 自ら王位に, 至りては

1 [102件] あらざるなり, あるまじき事, いたっては, いたりても, いたるまで, いちいち付かれ, いよいよ郷居, おわせられましょうか, お任せなされ, くっついて, ございます, さも, それを, そんなの, なると, はやらして, まじって, むしゃむしゃ食べさせ, ろくな腕, ケシかけられ, トルストイを, 一人だ, 一応の, 下って, 世辞は, 乗ぜられるの, 仰ぎたれば, 仰せら, 伍し, 会う必要, 似るもの, 何で本心, 侍し, 供餉す, 依怙, 侮辱された, 健康と, 勧めたるも, 十分の, 及ばぬと, 取巻かれて, 取扱ふ, 同じかった, 向い太子汝ら, 向うては, 向かって, 向っては, 向つて, 告ぐるもの, 堕すること, 多いが, 多しと, 奪ひ取られる, 委任し, 宛てて, 寄せられた多く, 密かに, 密事を, 尻を, 引幕を, 成果てる, 手を, 打ち明けるべき性質, 托して, 投票なんか, 担ぎ上げられて, 拠るの, 挺特せ, 擁立せられ, 教えて, 新しき秩序, 欺かれ了ら, 欺され, 比すれば, 比べれば, 法師姿の, 深く憎悪, 灸を, 物窮すれ, 理解せらるべく, 用いられるよう, 男を, 盆踊り位を, 相違あるまじ, 睨まれて, 突転ばされ, 笑われんいかに, 納れる, 素読を, 致されたる有益, 與ふる, 語らわれて, 譲つたらどんな, 過ぎないもの, 遠慮を, 遭つては, 長たる, 限つて万一, 限つて真新しい, 限つて自分から, 非ず, 驚かないやう

▼ 輩~ (98, 5.2%)

10 して 2 罵りき, 鏖殺し, 駆って

1 [82件] いうの, いかにはるか, いつまで, お使い, してさえ, してすら, すべて人間の, そのまま重用, たすけて, つかわしまする, ひき連れて, まったく射すくめ, よい気, エタと, 一ばん重要に, 一匹残らず殺し, 下風に, 仰天させた, 使えば, 使役し, 俟た, 入れても, 凹ますの, 出入せし, 去勢する, 召して, 呼んで, 嗤った, 嘲ること, 器と, 夜鷹と, 天に, 奔流の, 守って, 定めら, 導く可, 左様に, 延ひ, 引いて, 引取り, 引照する, 弟子に, 強いて味方, 従えそこ, 御成敗, 徳川時代には, 心から軽蔑, 忌避した, 思惟する, 恨んで, 所々に, 拾ったの, 捕らえようという, 撰びて, 教化した, 料理し, 斬って, 斬る太刀, 束縛し, 殺したところ, 法師と, 焼く炬火, 煩わさずとも, 率きつ, 用いて, 相語らひ, 自由自在に, 見ても, 見ると, 詛うて, 誅し豊臣秀吉, 謝し, 護身卒に, 迎ふる, 追いちらして, 追い出せ, 運動せし, 選りすぐって, 鏖殺に, 門に, 附けて, 除いても

▼ 輩~ (84, 4.5%)

2 あつた, ある, あるが, これを

1 [76件] あった, あったに, あって, あると, あるに, あるよう, あろうこと, いっせいに手拭, いつか年には, いつしか適当, いないはず, おりましてなあ, この国, さすがは, したがって増し, し胆, すぐ出かける, すべて獄に, そう観, その仲間, その怪, それぞれ五千一万と, それに, ぞろぞろ彼, たえなかった, たくさんに, ないで, ないよう, なべて過去, はなはだもっ, また同君, また或, また敢えて, みな土中の, めいめい手痛い, ようやく都, われ汝を, 一人も, 人に, 伊藤の, 例外なし, 八方へ, 出て, 勢い自然, 和熟親睦せし, 多かった, 多からう, 多くかかえ, 多くは, 大戦士, 好まざるところ, 孫文氏と, 容易に, 少くない, 尠なく, 弁当を, 心附か, 所謂支那の, 折々あらぬ, 新派の, 日に, 日本國中の, 月に, 無論日支, 皆, 皆動揺, 結局は, 考えた今や, 聞き入れ他日, 船出の, 足軽など, 遠ざけて, 長陣に, 革足袋武者わらんじで, 風俗壊乱の, 驚いて

▼ 輩~ (58, 3.1%)

5 いえども 2 なりて

1 [51件] いいわし, いへども, いわれて, なって, むかし度々, キケロとは, 一大決戦を, 一緒に, 並べて考へ, 争論と, 交り, 交わりて, 人と, 伍を, 会った, 侮って, 共通な, 別たんと, 卑めたる, 同じく社会, 同じく虹, 同じよう, 同一視し, 同時代, 同樣, 同腹の, 同視し, 呼んで, 四十前後の, 団結し, 婦人と, 引ッつるん, 思し給え, 思わるるが, 思われたり, 感を, 播磨守へ, 直属の, 相往来, 結託し, 見えた, 見えましたゆえ, 見えまする, 話は, 認めざるを, 軒輊なかりし, 軽々に, 違ふ, 酒を, 類を, 飽くなき

▼ 輩~ (34, 1.8%)

4 の者

1 [30件] から乱暴者, が何十人, たる間部詮勝, だけだった, でござるという, ですから, では土佐八, という天狗, となった, にあたる同心, に命じ, のごとく追い使われ, の五六十名, の全員, の命知らず, の土佐八, の大工, の希望者, の私服刑事, の者ども, の者共, の舎人部, の若い, の若者たち, の部落, をつかう, をよび集め, を手玉, を探し出し, を討っ

▼ 輩には~ (21, 1.1%)

4 通じよう筈

1 [17件] それが, また少しく, ゑとりのやうにさげしまるる天主の, 不憫ながら, 何の, 参考と, 夢も, 彼の, 文に, 断じてその, 本当の, 歌会硯に, 決して渡らん, 用なし, 腹を, 自分の, 調理に

▼ 輩とは~ (12, 0.6%)

2 交際せず 1 ちと質, やや離れ, よく浴槽, 世間の, 日を, 為し難い, 考えられない, 誰々か, 誰の, 違った意味

▼ 輩から~ (10, 0.5%)

1 して, その家族, 出たもの, 危害を, 工業家商業家などが, 昔の, 種々の, 見ると, 親しく聞いた, 身を

▼ 輩にも~ (10, 0.5%)

2 如才なく 1 この言葉, よるん, よろこばせたい, 何かと賞, 法師の, 神秘の, 種々の, 負けずに

▼ 輩~ (9, 0.5%)

1 あつた, あらな, おざる, でも, 大事が, 横行見る, 知合ってる糸的, 福を, 話に

▼ 輩では~ (8, 0.4%)

2 ない 1 ある, あるし, なかった, なかろうか, なし, 男に

▼ 輩~ (8, 0.4%)

3 のである 1 からし, のだ, のでめったに, ので兵, んです

▼ 輩ばかり~ (8, 0.4%)

2 その荒々しい 1 だ, だった, であったろうか, でなく尊氏, で他人, で数人

▼ 輩自然論者~ (7, 0.4%)

2 は決して 1 から見る, との宇宙觀, の最も, は人間, は凡そ

▼ 輩ここ~ (6, 0.3%)

2 に至り 1 に上下, に在る, に疑い, を無人

▼ 輩これ~ (6, 0.3%)

1 あるに, を保証, を政談家, を著けた, を見, を誚

▼ 輩~ (6, 0.3%)

1 から見, し妻, たんまり土産, つたから, つたに, とある

▼ 輩である~ (6, 0.3%)

2 から何れ 1 から民事責任, といっ, のゆえ, 随って

▼ 輩でも~ (6, 0.3%)

1 その野謀, ない, みな衣冠を, 地震が, 妖女の, 阿弥陀如来は

▼ 輩まで~ (6, 0.3%)

1 ことごとく義貞, すべて複雑怪奇を, たいへんな, 命も, 嬉々として, 彼に

▼ 輩この~ (5, 0.3%)

1 ように, 人に, 忠告の, 怪物の, 風に

▼ 輩その~ (5, 0.3%)

1 人に, 人を, 意を, 法廷に, 船虫みたいな

▼ 輩など~ (5, 0.3%)

1 いくら斬っ, 仮借なく, 夜行の, 寒々しいばかり, 狩り催し二万余の

▼ 輩ほど~ (4, 0.2%)

1 主を, 坊主にも, 実人生, 最も

▼ 輩もと~ (4, 0.2%)

1 よりこの, より今, より和漢, より市学校

▼ 輩~ (4, 0.2%)

1 その亜流, 詞を, 軽薄な, 陣中僧の

▼ 輩多き~ (4, 0.2%)

1 のみならず, も而, をや, 世に

▼ 輩あり~ (3, 0.2%)

1 て我が国, もしこれ, 国家権威の

▼ 輩いまだ~ (3, 0.2%)

1 その人, その確証, 浅学寡聞この

▼ 輩であろう~ (3, 0.2%)

1 が一方, と存じます, と生涯

▼ 輩という~ (3, 0.2%)

1 のは, 中にも, 人物さ

▼ 輩と共に~ (3, 0.2%)

1 すべて一掃しなけれ, 市中を, 深川に

▼ 輩ども~ (3, 0.2%)

1 が, にまでうけ, は一人

▼ 輩なれ~ (3, 0.2%)

1 ばこそたのもしい, ば何十万, ば固

▼ 輩においてを~ (3, 0.2%)

2 やだ 1 やである

▼ 輩にとっては~ (3, 0.2%)

1 もっとも都合, 一つの, 寔に

▼ 輩に対しては~ (3, 0.2%)

2 傲慢である 1 東京なる

▼ 輩のみ~ (3, 0.2%)

2 ならんや 1 多いが

▼ 輩までが~ (3, 0.2%)

1 しいんと一とき耳, 毎日の, 鎌倉に

▼ 輩より~ (3, 0.2%)

1 以下皆諸王を, 瓶を, 租税を

▼ 輩を以て~ (3, 0.2%)

1 之を, 日本の, 法隆寺再建論者の

▼ 輩感心~ (3, 0.2%)

2 仕候 1 して

▼ 輩あえて~ (2, 0.1%)

1 守銭奴の, 政府に

▼ 輩いずれ~ (2, 0.1%)

1 も合祀, 優劣あるべきでない

▼ 輩かく~ (2, 0.1%)

1 ては県庁, 申す某

▼ 輩かつて~ (2, 0.1%)

1 いえること, 本誌上

▼ 輩かも~ (2, 0.1%)

1 知れない, 知れぬでは

▼ 輩こそ~ (2, 0.1%)

1 そういう, 我には

▼ 輩じゃ~ (2, 0.1%)

1 たれひとり信長公, ないん

▼ 輩だった~ (2, 0.1%)

1 からである, ので民

▼ 輩であった~ (2, 0.1%)

1 が得体, に相違

▼ 輩なら~ (2, 0.1%)

1 ばいざ, ば固

▼ 輩にとって~ (2, 0.1%)

1 むしろ余技, 滑稽なる

▼ 輩に対して~ (2, 0.1%)

1 はなはだ気の毒, 詫びを

▼ 輩のみが~ (2, 0.1%)

1 彼を, 目標では

▼ 輩のみは~ (2, 0.1%)

1 その殺生, 穢れの

▼ 輩また~ (2, 0.1%)

1 かつては, この法

▼ 輩までも~ (2, 0.1%)

1 喜んで, 為に

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 早く此処, 水に

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 中ニハ, 弁論ヲ

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 子孫可差進之旨被, 由巷説相交幕府並相州御第

▼ 輩二人三人淡紅~ (2, 0.1%)

2 の梅花

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 が怖い, の力

▼ 輩其の~ (2, 0.1%)

2 可なる

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 国の, 藩の

▼ 輩政治家~ (2, 0.1%)

1 と青年学生, と青年學生

▼ 輩断じて~ (2, 0.1%)

1 いわん家, その然

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 争うて, 忠に

▼ 輩~ (2, 0.1%)

1 が自分, は同じ

▼ 輩鳴り~ (2, 0.1%)

2 を歇め

▼1* [230件]

ばら組と, 輩あにこれより, 輩あらば心行く, 輩あるは教育, 輩あるいは田楽, 輩いかでこれを, 輩いったい汝は, 輩およびかの偉大, 輩下等の, 輩かつていえらく, 輩かと思われる, 輩からもお師, 輩ことごとく馘る, 輩これみな心正しからず, 輩さえあるほど, 輩そのまま家へ, 輩それゆえ斬って, 輩ただただ合掌感じ敬ひ申し, 輩ただちに新野へ, 輩たりといえ, 輩だつたら神経衰弱にも, 輩や, 輩つねに民権を, 輩づゝ朝夕書林も参候所, 輩であって心, 輩であったであろうがもちろん, 輩でありこっちが, 輩でございますな, 輩でさえが貞操や, 輩でさえも噂を, 輩でしかない, 輩でしたからあと, 輩ですが折, 輩でないと見え, 輩でなかろうか, 輩として居た, 輩としてはもはやこれ, 輩とてももとより同憂なりと, 輩となんぞ選ばん, 輩との縁は, 輩とのみ言わんや, 輩とばかり交際って, 輩などに兜を, 輩などにはなにか因縁事, 輩などもあって, 輩などよりも遊び相手として, 輩なる事を, 輩なるべきを辯證せり, 輩においては今世, 輩にたいしては相当つね日頃, 輩にて試むる方効験あり, 輩にとつては, 輩にばかり横領され, 輩にまでも円悟徹底せし, 輩によって代表される, 輩にをかしき其わけ, 輩に対する直接の, 輩のなせし所, 輩はなはだ少なからず, 輩はぶくりと沈ん, 輩ばかりに委任せず, 輩ひとたびこの怪事, 輩ひとりとして賊名, 輩ひと通りの考, 輩いった, 輩ほんとの武者修行, 輩または星先生の, 輩までに力を, 輩みな勝ちに酔っ, 輩むつかしき作法は, 輩め国家を辱める, 輩もっともハヌマン神を, 輩もとより諸王の, 輩もと学術の何たる, 輩よりは数等立派であり, 輩よりもアマい, 輩に味方, 輩ら不公平にし, 輩わが日本に, 輩をばなんとか始末, 輩をまでも済度された, 輩アダム輩およびかの, 輩アラバ一銭切リト御定有ツテ, 輩キリスト昇天日の前, 輩タリトモ忠節ノ実, 輩ニハ準ズベカラズ, 輩与セズ, 輩ハ徒ラニ古クモ有ラヌ玉瓶瑶盃ニ千金ヲ費ヤシ, 輩無キニ, 輩ローマに至り, 輩ヲ用ヒテ内外蒙古, 輩一人の幸福, 輩一切夜分は居らぬ, 輩一名のこらず今暁寅, 輩一学究もと自己, 輩三五警固の体, 輩上京の趣意, 輩下一同の技, 輩下筆頭の土佐八, 輩不敏そのしかる, 輩不自由意思論者は右, 輩の一異色, 輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 輩乍ら末期の引導, 輩五人のみしかない, 輩五六人に稽古, 輩においてなお, 輩今更軽々しく妖言, 輩以前は徒歩, 輩以外は皆, 輩何びとぞ, 輩に賄賂, 輩の内部, 輩ヲ手下ニ附ケタカラ, 輩共一切渡海の事, 輩其他の十数氏, 輩其箭註姓名古郡左衞門尉保忠郎從兩三輩中此箭保忠大瞋兮取件箭, 輩にては乱髪壊形, 輩凍死すべければ, 輩判官に賄賂, 輩到底共に詩を, 輩剣山に封じおく, 輩もすれ, 輩十人余り相伴い鉄砲, 輩及び知己親族より, 輩反抗もっとも烈しかっ, 輩受持の, 輩同人の経営, 輩同心協力して, 輩喜死蒙斬罪是非平生人心之所致所以浸, 輩四五名集うて, 輩四方より集り, 輩困却して, 輩を切った怒, 輩士分の者, 輩かりしと, 輩多く馬を, 輩多忙で自分, 輩大いに怒りて, 輩駆の, 輩天道ノ扶助, 輩失業難を憂ひ, 輩奢侈に耽り, 輩女優がそこ, 輩姦謀露われた時蛇責め, 輩子孫に及ぶ, 輩学問の法, 輩学業頗進故詩中及之, 輩孺子をし, 輩輩いったい, 輩御臺所, 輩川口にて蜈蚣船, 輩常に思うに, 輩平生其身に不足有, 輩を積ん, 輩幾人かの弟子ども, 輩幾個白骨に化し, 輩当りがたしと, 輩役人役者芝居者を取卷い, 輩後学を勉めしむ, 輩首の, 輩御しにくい猛者, 輩徳川家を怨ん, 輩急いで汲み出せ, 輩怪しみ何事ぞと, 輩悉くは之, 輩悉皆商工に, 輩愚俗の妖怪, 輩成湯の徳, 輩大威徳神力, 輩手槍を持った, 輩払うことならず, 輩技一時に秀づと雖, 輩敢えて人の, 輩を知らず, 輩数名をその, 輩明治文学を思ふ, 輩も却, 輩曹操ごときに, 輩有るかの由, 輩有謀反之企云, 輩未だ英国に, 輩て木, 輩果して高士の, 輩柿色の袖, 輩決してこれを, 輩泣き叫ぶ爾時小童小船一艘を, 輩スルニ暇アラズ, 輩浪華堺などの商賈, 輩浮宕の類, 輩新恩, 輩城奔波如湧, 輩無事に食い, 輩を山の神, 輩甚これを知る, 輩白昼良民の娘, 輩百々之橋よりお, 輩知友の段々, 輩研究博達し知らざる所, 輩積年の宿志, 輩立てこの機, 輩終に險を, 輩経若狭入丹後, 輩綾瀬以上に遡らずし, 輩肥えた人から, 輩臺從數百人設儀仗鳴鼓角來迎, 輩衣食のため, 輩西海に廻る, 輩見る眼も, 輩ヲ卑フシ謹テ願訴シタレドモ嘗テ, 輩評議して, 輩謂う学は, 輩謹守之, 輩賤雲霞, 輩起りて古, 輩に法衣, 輩身心發育の時代, 輩近く數里の路, 輩進化學者は決して, 輩野伏半農, 輩野卑なる無頼漢, 輩さえあれ, 輩鏖殺しに, 輩関白殿下の重量, 輩靡然として其の, 輩馬殊に牝馬, 輩騒動するを, 輩高価に求め服し, 輩長き児, 輩長き兒