青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「輕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

軒~ 転~ ~軽い 軽い~ ~軽く 軽く~ ~軽蔑 軽蔑~ ~載せ 載せ~
輕~
~輝い 輝い~ 輝き~ 輩~ ~輪 輪~ 輸入~ 轉~ 辛~ 辛い~

「輕~」 1265, 14ppm, 8120位

▼ 輕~ (394, 31.1%)

14 なつた 9 なつて 6 なるの 5 受けて, 會釋し, 笑つた, 首を 4 するの 3 なつたの, 會釋を, 答へ, 肩を, 頭を

2 [19件] あしらはれ, つぐんだ脣, てお, て閉門, なつた氣, なる, なるといふ, なるに, なれば, 叩いた, 叩いて, 挨拶し, 挨拶した, 答へて, 縱に, 見て, 言つた, 風に, 點頭く

1 [288件] あしらつてを, あしらひます, あしらふつもり, いふが, かはしました, かんで, こ, さつ, しびれるやう, する, するため, すると, すると云, てお化け, ても失望, て丈夫, て單, て少年, て改易, て斬, て減地轉封, て秩祿, て踵, て追放, とめて, とも, ない, ない病人, なつた爲, なつた籃, なつた自分, なつた頬, なつて云, なつて來, なりかうし, なりて, なりは, なり金なほ餘, なるから, なること, なると, なるとかいふ, なるもの, なるん, なツ, のせてから, はあらざりし, はさんだ, はしない, は答, ばこの, ぱら, ひそめながら, ひつぱりました, ひといき, ふつと, ふり向いて, やはら, ゆゑにといふくらゐの意味にも, イナスように, グラ, ゴツン, パスし, マレツチイ博士の, 一つトンと, 一揖し, 一杯呑ん, 一禮し, 一領の, 上下に, 下るに, 云つて少し, 交ふる, 他人の, 個人的利害個人的感情に, 八五郎に, 其力到底, 冷笑し返す, 出た樣, 動か, 動搖し, 勘次を, 包んだもの, 半幅帶を, 卑幼が, 反らせようと, 取り扱つてあるらしい, 受けたが, 受け流しました, 受て, 口が, 叩いたもの, 叩き, 叩きて, 叩きながら, 叩きます, 叩く, 叩くもの, 叩けば, 叱つて, 右手の, 吐息し, 咳き入つた, 嗅いだ, 嘔吐を, 噛みながら, 執着なく, 填めて, 壓へて, 外づした, 外へ, 外らしました, 大した苦勞, 夫の, 寢卷に, 尻餅を, 崩れる, 巷の, 平次と, 廊下を, 引いて, 引き上げた, 後へ, 後ろの, 思ひなして, 應じ, 應へて, 戀は, 成つたことを, 成つた掛蒲團を, 成つてた, 成つてよ, 我手背を, 我押さる, 或ひ, 戸を, 手ご, 手に, 手を, 打ちつけるやう, 打ちながら, 打ち更に, 打つこと, 打つ時, 扱つた意味の, 扱はれ, 投出すやう, 投卑する, 折つてお, 押すと, 押へ, 押へる, 拂つてやつた, 拂つて其の, 拳で, 指端で, 挨拶を, 振つて, 振ツ, 振動に, 撓柔, 撫で, 擦りながら, 故意とらしからぬ, 昇つて來ます, 時を, 晩飯を, 智惠子の, 智慧も, 會釋する, 机を, 材木の, 柔かに, 棹さして, 横合から, 次第に明るく, 止め難き, 歩いて, 毛の, 氣分も, 水の上を, 水田の, 波に, 浮ぶ僕自身, 淡く重く, 滑にな, 濟んだ, 片づけられるもの, 片付けて, 留めて, 疊を, 痺れたやう, 目禮した, 目禮を, 眉根を, 眞面目に, 眼が, 禮を, 稀薄と, 突いても, 突くと, 窓さきに, 窓に, 窓の, 窘める樣, 立つ, 立上つた, 笑つたが, 笑つて, 笑つて私は, 笑つて貞子に, 笑ひ, 素性を, 結び付け最初, 義雄の, 翡翠の, 考へて, 聞く, 聲を, 聽い, 聽き流し, 聽き流しました, 肩張りなんぞ, 胸に, 胸を, 胸頭を, 自分を, 自由に, 興奮し, 艷なる, 茶漬を, 落して, 藁で, 藍に, 處分する, 蜿つて伸びざまに, 行き亙る, 行くところ, 行はれる, 襲つて裾頭を, 見すぎようと, 見たがるたち, 見たやう, 見たりき, 見る, 見迎へて, 見過ぎる弊, 觸つた, 言つて, 言つてあとは, 言つてそして, 言ふ, 詠みすて, 調子を, 謂ツて, 貴下を, 起りて, 足踏みし, 跳りあがる, 蹴か, 躍るの, 躍れば, 身分も, 車に, 轉じました, 辭み, 逃げられた, 途惑つた, 都合の, 醫者から, 長煙管を, 降り立ち何ん, 響いて, 頤を, 頭に, 頷いて, 頷きて, 頷くのみ, 顏見知りの, 飛び退いて, 騰つた, 驚いたよう, 驚かした, 高廊下, 默禮し, 默頭い, 點頭き, 鼻を

▼ 輕~ (223, 17.6%)

5 のは, 氣持で, 調子で 3 中氣, 中風で, 咳を, 心持で, 方で 2 失望の, 失望を, 心持ちが, 意味の, 熱度を以て, 足音が, 雨の, 靴を

1 [177件] からあの, からこれ, からよい, から弱く, から波羅夷罪, から物, けれども夜氣, ぢや, ときに, ときは, に拘らず, のが, ので, のであつ, のであります, ので二等, ので造作, やつに, ゲンコツで, コントといふ, セルの, タツチの, チブスの, 上等の, 不安が, 不安に, 不快と, 不快を, 世間話しよう, 中風とは, 中風に, 中風の, 中風のせゐだ, 事を, 人の, 人間が, 併し, 傷が, 傾斜の, 元素からは, 八五郎は, 冗談言へる, 出で, 初秋の, 反感から, 反感を, 反省が, 反響を, 叔母の, 口を, 召使に, 同情の, 咳と共に, 咳をも, 咳拂を, 咳音も, 喘息の, 喘息發作に, 嘘を, 困惑の, 塵埃の, 塵除の, 壓力とは, 夜着に, 娘で, 嫉妬の, 子を, 子供である, 小さな落葉, 川添の, 幌馬車は, 微笑を, 心で, 快い響, 怒りなどは, 恐れが, 悲哀を, 意味に, 感動が, 態度で, 憂鬱さを, 戲れる, 所の, 手の, 打撲の, 抑揚の, 抑揚を, 接觸點に, 文吾は, 旅裝束片瀬江の島へ, 昏迷性の, 會釋を, 朝食を, 本, 柔しい, 極めて無, 樣で, 毛布で, 氣もちで, 氣もちにな, 氣分に, 氣分を, 氣持ちに, 氣持での, 氣持は, 洋裝で, 浮雲を, 淡々しい, 滑かな, 滑稽は, 熱度を, 熱情の, 瓦を, 男で, 疲れを, 痙攣を, 百日咳にな, 皮肉めいた, 目まい, 目まいの, 眠りを, 眩暈すら, 眩暈を, 程度の, 空腹と, 紙に, 紙幣が, 絶望の, 緑の, 罪で, 罰を, 羅を, 美しい音, 群青の, 者なら出, 者なんか, 者は, 聲で, 胸の, 腦鬱血を, 興奮の, 花を, 苦惱に, 草履の, 華やかな, 落葉の, 裁きを, 裳づれの, 裾の, 規則は, 解釋で, 調子でした, 譬へば身體, 讀物は, 責任を, 足では, 足取で, 跫音が, 身分でございました, 身體は, 身體的働作, 軟かな, 酸醤が, 重量ばかり, 陽氣な, 雲の, 靴の, 音だ, 響と共に, 響を, 頭痛と, 食事を, 駄洒落を, 鳥の, 麥藁帽が, 鼾を, 齒ブラシと

▼ 輕~ (82, 6.5%)

2 して, 支度を, 片付けちや, 片付けて

1 [74件] いきさつを, お辭儀, きめちや, きめて, きめては, そんな事, つけるわけ, なつた, なれば, はね飛ばしました, ひよい, ひらりと, わかるもの, ゐた時, 一月ほど, 下手人の, 乘り出す, 仕度を, 仰つし, 入つて了つた, 入れて, 八五郎の, 出かける, 出來, 判るわけ, 割れ目を, 受取り兼ねるが, 埒が, 姿を, 屋根に, 川蒸汽でも, 平次を, 引つ越してばかり, 扱へて, 押入の, 拔け, 拵へ, 掴まりました, 旅裝を, 檢屍が, 歸されない, 歸し, 死ぬもの, 殺されて, 治りさ, 溺れる筈, 片付けるぢ, 狼の, 申されければ, 申譯が, 疎開中黒石町に, 白状しなお茶を, 知ること, 神秘を, 立ち上つて, 考へました, 解答の, 言つてゐる, 言ひ, 言ふ, 言ふけれ, 請け合つたの, 讀める隱, 越して, 足で, 運ぶの, 開けられます, 開けられる, 開けられること, 防ぎも, 降り立つた, 降り立つたの, 雪の, 飛びこさう

▼ 輕井澤~ (74, 5.8%)

4 の別 2 に行つて, のこと, の店

1 [64件] から中山道, から戻つ, から追分, で, でする, での不, では喫茶店, では用件, でふたり揃つて, で一人, で九鬼, で二月, で例, で出, で思ひつき, で自殺, で見, で逢, と共に昔, にいつ, にいつた, にいらし, にでかけた, にでも行つて, にはある, には堂助, には美しい, にゆかなけれ, にゐ, にゐた, に出張, に到り, に定めた, に建てる, に引返し, に招ん, に行かれる, に行つて滯在費, に見物, のお, のつる, のやう, のプラットフォーム, のホテル, のマンペイ・ホテル, の如く, の方, の歸, の町, の私, の蕎麥屋, の西, の高原, へいつ, へいらつ, へは數日, へ引返さう, へ行, へ行きたい, へ行く, へ避暑, まで出掛け, をさして, を午後

▼ 輕~ (62, 4.9%)

7 ものぢや 4 もので 3 ものなら 2 ところを, ものに, 藝は

1 [42件] ことぢや, ことの, ことは, ところで, どつか, もの, ものでなかつた, ものは, ものらしく見える, ものを, もんぢや, わけに, わけにも, 三之助は, 人間は, 勝次は, 女房であれ, 女房に, 奴でも, 小意氣, 市民に, 愛の, 推量人殺しの, 方で, 旅と, 構へ, 母も, 洋食屋に, 流しも, 漂泊ずき, 者でなき, 者なら, 藝當を, 見世物や, 解釋に, 足取, 道具が, 銀杏返しに, 顏を, 風を, 食事に, 鳥は

▼ 輕~ (53, 4.2%)

4 大郎女, 太子 3 堺原の, 酒折の 2 孃子

1 [37件] ためだ, はて迄も, 一矢に, 三地方には, 亂妨が, 事を, 六尺棒の, 凶作地帶ゆゑ冷害に, 口語で, 國境に, 地方が, 境岡の宮, 境岡の宮に, 大自然, 太子に, 太子の, 太子を, 太子をば, 太子日繼知らしめす, 太子畏, 娘が, 娘ぢや, 娘で, 山が, 山地地方の, 所行でありました, 方で, 方は, 時計師九戸藤吉は, 曲馬品々の, 池, 池に, 海を, 王, 王次に, 開拓は, 鼻から

▼ 輕~ (46, 3.6%)

2 に從, を覺

1 [42件] いぶきに, に曲二つ, に過, は, もうれし, やをあらはしゐたる, やを見る, をおぼえ, を喞, を恨む, を感じ, を覺ゆ, 作業, 名にて, 姿かな, 小甕, 小蝶, 平野の, 徒罪を, 拍子毎に, 掌上の, 服裝せる, 木葉の, 焔に, 物も, 物體, 物體を, 空氣は, 羽あれ, 者こ, 舞ぎぬ, 舟は, 船より, 薄刃は, 詩句と, 語を, 譯で, 身なれ, 身に, 重き種々, 霧を, 風かり

▼ 輕~ (37, 2.9%)

5 じて 3 ずるの 2 ずると, ずる勿

1 [25件] じかつ, じた結果, じられること, じられるに, じ形相的, じ玉, じ笑, じ若く, じ財産, じ難き, ずべし, ずるから, ずること彼, ずるとか, ずるに, ずるにより, ずるやう, ずる人間, ずる向きが, ずる實際家者流, ずる所以, ずる氣, ず我等, ぜられ, ぜられた

▼ 輕くし~ (20, 1.6%)

2 て居ります

1 [18件] つ, て, ていと, てその, てはどう, てゐる, て且つ, て少し, て居つ, て居り, て處, て處分, て頂く, ないで, 再び余, 卑幼より, 嘗て光, 國家的社會的の

▼ 輕~ (14, 1.1%)

2 にまごつく

1 [12件] が, が問題, であの, です, でちよこちよこ, で日本人, にいやに, に風雅, の非凡, は踊り, をいつ, 重さ

▼ 輕~ (13, 1.0%)

1 [13件] あつた, お扶持, さへ, その上, 人間が, 元氣, 實用的な, 歿した, 氣が, 無慈悲で, 結構ぢ, 腕達者な, 間違ひ

▼ 輕~ (11, 0.9%)

1 [11件] かな夏の, かな快活, かな愉快, かな數羽の, かな昂奮が, かな昂奮に, かな絹の, かに應答する, かに或は, かに樂しく呼びかけた, かに飛び交し

▼ 輕~ (10, 0.8%)

2 になる 1 く走り, さうな包, さを, な風, に外れる, に山, に提灯, 過ぎるぐらゐが

▼ 輕~ (9, 0.7%)

1 である, なる寢衣, なる少女子さ, な裝, にとくる, に快く, に歩み, に背負子, に踊つて

▼ 輕かつ~ (8, 0.6%)

32 たので 1 たか, たぐらゐのものであらう, たらそれ

▼ 輕には~ (8, 0.6%)

1 動かせません, 成つて居らぬ, 締められまい, 行かない, 行きません, 行きませんよ, 行くまい, 言はれた

▼ 輕いと~ (7, 0.6%)

1 いふ人, いふ弊, かすると, 一と, 又ひよ, 思つた, 氣が

▼ 輕いも~ (7, 0.6%)

1 の, のがい, のだが, のぢ, のつまり, ので, のな

▼ 輕から~ (6, 0.5%)

1 しめたるは, ぬ, ぬほど, ぬ火傷, ぬ病氣, ぬ罪

▼ 輕くす~ (5, 0.4%)

1 が, るばかり, るまでの, る併, ゑぬ

▼ 輕いお~ (4, 0.3%)

1 とがめ, 互同士の, 處刑ぢや, 裁きで

▼ 輕くう~ (4, 0.3%)

1 なづいた, なづきました, なづく, な垂れた

▼ 輕といふ~ (4, 0.3%)

1 ことは, ものは, 者長く, 階級が

▼ 輕~ (4, 0.3%)

1 その頃, 今林檎王國, 廣, 足輕相應くる

▼ 輕はずみ~ (4, 0.3%)

2 な咒術 1 なこと, な行動

▼ 輕地方~ (4, 0.3%)

1 にもいま, のインテリゲンチヤたち, の生活, の農村

▼ 輕いもの~ (3, 0.2%)

1 が空, は大, を感じ

▼ 輕~ (3, 0.2%)

1 亂妨し, 數が, 跋扈し

▼ 輕くお~ (3, 0.2%)

1 さへ, 光の, 叩頭を

▼ 輕くさ~ (3, 0.2%)

1 せり, せると, ゆらぐや

▼ 輕くせ~ (3, 0.2%)

1 きを, し者, られます

▼ 輕くなる~ (3, 0.2%)

2 やうに 1 の弊有

▼ 輕~ (3, 0.2%)

1 き優しき, く投げやる, やかに翼

▼ 輕井澤ホテル~ (3, 0.2%)

2 で賣 1 に陣取つ

▼ 輕いこ~ (2, 0.2%)

1 と, ツちやおますまい

▼ 輕かれ~ (2, 0.2%)

1 と云, ど

▼ 輕くいな~ (2, 0.2%)

2 しました

▼ 輕さうに~ (2, 0.2%)

1 はらりと開きます, 引つかけて

▼ 輕しめ~ (2, 0.2%)

2 に似た

▼ 輕~ (2, 0.2%)

1 から板塀, 葡萄豆と

▼ 輕にな~ (2, 0.2%)

1 つていままで, つても

▼ 輕~ (2, 0.2%)

1 かに優しき, かに廊

▼ 輕~ (2, 0.2%)

1 知らない人, 許さざるもの

▼ 輕井澤あたり~ (2, 0.2%)

1 のやう, の南

▼ 輕井澤附近~ (2, 0.2%)

1 と同じ, は外國人

▼ 輕禁錮~ (2, 0.2%)

1 であつ, で勞役

▼ 輕~ (2, 0.2%)

2 されて

▼1* [102件]

いおりかは直ぐ, 輕いが妻から夫, 輕いつてね, 輕いもつたいを, 輕いやつやなア, 輕いんでもない, 輕いんださうですけれどずゐ, 輕い悶えさへ, 輕い死罪者は杖, 輕するに, 輕うて言葉も, 輕つたのと, 輕からむこの便, 輕かるに, 輕かるべきも重き, 輕きかしこの民, 輕きことそよ吹く, 輕くいへばそれでも, 輕くうめいてゆ, 輕くおどけた風に, 輕くからり, 輕くさう思つてゐる, 輕くさし引く波, 輕くさせてくれた, 輕くされる事だ, 輕くしつとりと, 輕くしようと思ひついた, 輕くしよう爲めに例年, 輕くし位を低く, 輕くすます言葉も, 輕くそつと置かれ, 輕くちよつと酸, 輕くつぶつて, 輕くつぶつたり短い, 輕くも見る, 輕く動かされて居る, 輕く好い音を, 輕く快くして, 輕く明るくあまり考へない, 輕く暑さ寒, 輕く深く落葉枯葉等を, 輕く白き靄騎者の, 輕く細く美しい音樂とが, 輕く脆く動き易い, 輕く言うのです, 輕く軟かに止, 輕ければ疲勞, 輕さうな鬘下で, 輕さぢや御座いません, 輕さ其處から畑, 輕と喞, 輕しめる樣な, 輕られて, 輕やない, 輕ですよ踊, 輕ではあるが, 輕とは昔し, 輕な巫山戯もの三月釀造極上麥酒の, 輕な舐め物を, 輕にも似ず痛々しく, 輕びとの性格, 輕べつした, 輕まで屆い, 輕雲雀は, 輕むずるの一美徳あるに, 輕むることを得ん, 輕むるものにわが近きを, 輕られん事, 輕めようと思つた方, 輕るい乳母と一緒, 輕るく都會の, 輕キ國家ノ制裁, 輕キ物質ヲ以テ造レル舟, 輕クシテ荷ヒ易キ舟ヲ有, 輕三百人を募つた, 輕二百人に徒歩衆, 輕井澤ぢやよう, 輕井澤といつても沓掛, 輕井澤ステエシヨンの表口, 輕井澤舊宿驛に來, 輕井澤間の汽車, 輕井澤驛に着く, 輕井澤驛前の日本旅館, 輕十騎を從, 輕半島を圍む陸奧連山, 輕即ち武士以下に, 輕及び北海道の, 輕地方語には濁音, 輕太子と輕大郎女, 輕女性の地方性上, 輕な警句, 輕平原を北, 輕平賀郷に關, 輕平野で去年, 輕減せられる望が, 輕減せられるだらうと思つた, 輕牛頭鬼のため, 輕荷積入不申候, 輕輕輩のやう, 輕過ぎてチト變ぢ, 輕過ぎるんです, 輕部屋を一つ