青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「許~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~訣 訣~ ~訪ね 訪ね~ 訪れ~ ~訪問 訪問~ 設け~ 設備~ ~許
許~
~許し 許し~ ~訳 訳~ 訴~ 訴え~ 診察~ ~証拠 証拠~ ~証明

「許~」 5964, 62ppm, 1858位

▼ 許~ (1268, 21.3%)

21 の間 20 前に 11 にし 10 ぢや 8 の時 76 の所 5 の, のやう, の板敷, 前の 4 で, の小, の新しい, 後の, 思つてゐる, 經つと

3 [23件] になっ, になった, になる, に興奮, のもの, の事, の地, の女, の子供, の幅, の後, の瀑, の穴, の空地, の自分, 上の, 前を, 外に, 彼方に, 後から, 思つてゐた, 考へ, 西に

2 [168件] あるところ, お尻, しか無, しか知らなかつた, してる, じゃア, それからそれ, であらう, でせう, でも選手, で有った, で返す, といふところで, と見える, と連立つ, なき不安, なき感謝, なく動悸, なつて口寡, な此荒磯, にある, にする, になつ, に劫初, に延び, に彼, に心, に急, に打, に涵, に頭, のお礼, のノオルド・エキスプレス, の二十日許, の借りた, の停車場所在地, の傾斜, の口調, の喝采, の坑夫, の夏, の大, の娘共, の戸外, の文明的, の新築, の明るい, の星, の月, の月影, の朝日, の村, の様, の歌, の水, の濡れた, の片割月, の田植, の男, の男女, の眼, の石塊, の硝子, の社, の米搗男, の級, の職人, の船, の薄, の評論, の酒, の醜女, の野川, の野菜畑, の金, の頃, は寄る, べたりと横, もあらう, もあろう, も上, も不問語, も何, も唯一人, も唯九ヶ月, も坑道, も密, も明瞭, も構内, も物, も貯金, も身動き, も過, も隔つた, も青森, よ私姉さん, を描い, を考へ, を見, を走つ, ニタ, 一緒に, 丁寧に, 三藏は, 下の, 不快な, 云つてさ, 以前に, 休憩した, 俊吉の, 信吾は, 元吉は, 入つて, 其旅館の, 前ださうです, 前にも, 前方を, 前朝草刈の, 力が, 右の, 喊の, 喫んで, 大きく見える, 家に, 弄つてゐた, 御迷惑, 心を, 心懸け, 思つたのかも, 思つてました, 愕いた, 手を, 振舞つて居た, 攻撃してる, 明るい月光, 札幌に, 格子が, 歔欷あげた, 烈しかつ, 然も, 生々と, 田を, 盈, 目懸ける, 神寂びた, 秣が, 立派な, 竹山を, 笑つたが, 紅くなつた, 細かいの, 胸を, 脹切れ, 自分の, 草が, 襟から, 話は, 誰にも, 警固に, 議論を, 買つて遣, 閉ぢこもつ, 隔つた或, 集つて居た, 飯を, 高い渠, 高い黒塗, 鮮かに

1 [736件 抜粋] あつて, あること, ある為, い, おやまの, お休み, か憧憬, か私, がますます, がむさくるしく, がギッシリ, がギツシリ, が今めかしく輝き渡つた, が何処, が切り, が動い, が少し, が心配, が文學者, が歌, が殖え, が物, が猫, が騷ぐやうに手古奈, この三味線堀, ごろごろし, さ, しか出ませんでした, しか眠らなかつた, しか經, したら出来, するとその, その附近, たったある, たってから, だけれ, づゝ修正し, づゝ水が, てから此, ですぐ, でも亭主, でも寂しい, で一向, で住ん, で余り, で再び, で帰つて来, で描い, で有ったろう, で未だ, で現に, で行く, で追払う, で随分, といふ, とが土間, とならざる, とも見ゆる, と云, と見え, ない心, なき怒, なき怒気, なき満足, なき滿足, なつて行, なり, な樣, な田舍少女, な蟲, な語気, にさ, にたかぶった, につけ, にて浅間, になつて, によく, に丁寧, に両手, に五百間, に人夫, に人工呼吸, に余, に充ち亘った, に其処, に其處, に切, に切った, に喜ん, に地上, に坊さん, に士人, に大言激語, に射た, に少, に幾多, に幾度, に引, に恐ろし, に悲泣, に悶え, に戦がまけ, に戰, に押, に掻, に日本, に旧友, に智恵, に期待, に根, に河原, に泣き崩れた, に火うち石, に焼けた, に熱し, に狐猿, に私, に私共, に紅血, に細き, に行かせ, に見えた, に走り出, に近く明瞭, に長, に離れ, に頼みました, に黄, のありし, のお, のかわいた, のそこら, のその, のど, ののんきさ, のステイシヨン, のステーション, のムシムシ, の一大草原, の不定, の二階, の人数, の仄, の仕事, の余で, の余裕, の先, の先生, の光君, の六月頃主人, の内, の円い, の処, の別宴, の前, の匂, の十七八, の原稿, の古生層, の同じ, の名, の品, の唯一條, の四角, の土間, の地面, の堅い, の夜, の大入道, の奇麗さ, の女の子, の奴ら, の姪, の婦人, の宛然, の室, の家, の小遣銭, の少年, の尖峰, の山奥, の山奧, の峰, の崖, の席, の平地, の庭, の患ひで, の悲しみ, の愛情, の手拭い, の放胆さ嶄新さ, の斜面, の新参, の日, の日本画壇, の杭, の楽, の様々, の武装, の歳月, の段, の水量, の汚い, の沼池, の清い, の渡板, の滝, の灯, の爺, の独居, の町, の畑, の畳建具, の疊建具, の目, の硫酸, の突起, の細君, の絶壁, の群, の自己紹介, の色気, の色紙代, の花, の若い美しい, の茎, の落葉, の蓄, の薄汚, の處, の蚕室, の衣裳, の表情, の裏, の覺束, の訊問, の警衛仕度, の豪屁, の距離, の迫力, の連山, の道, の都, の釘, の鉄, の長, の陥穽, の隙間, の雪だるま, の霜, の青大将の, の青白い, の顔色, の騒擾, の騷擾, の高慢さ, の髪の毛, の鬨の声, の魚, は, はし, はす, はつきりと, は一人旅, は云, は他, は助け, は可笑しく, は変らない, は夢, は居られない, は居るまい, は思はれない, は残, は殘, は母, は経っ, は自然, は誰一人微傷, は顔, は默つて, ほか無い, ほのかに, まへん, もひた, も仮寝, も來, も前, も勤續, も女, も待っ, も来, も眞砂町, も真砂町, も真黒, も睨みつけ, も続き, も行, も行き, も静か, も麥煎餅, も麹町, やさしくも, をたのしみ, をらん, をジユラン・リユイル, を二人, を以て出来, を叱, を寢, を思い浮べ, を意識, を捨てる, を描き, を書いた, を根気, を残し, を求め, を湯元, を用, を真直, を經, を考へる, を見なれ, を見得る, を見詰め, を読ん, を費した, を輪形, を附けよう, を雑然と, コップの, ザラ, パチクリ, パチパチさしてゐ, ポーター先生や, ロチスター氏の, 上気し, 上氣し, 下から, 世間話を, 二人は, 云はれ, 今の, 仙臺に, 以前の, 仲違ひ, 休学し, 位置を, 何の, 使あんだつ, 來た, 來ねえ, 來る, 借金を, 僕は, 全く一群, 公園の, 其の頃, 初め十五分間運動し, 前から, 前であった, 前は, 前借し, 前占者, 前私は, 加つた, 加へ, 北の方に, 即死怪我人数人有之, 又も, 只一つ, 吉野さんを, 同じ下宿屋, 同じ題材, 向ひ, 命令て, 唯, 国府越より, 外を, 大熱演, 女中として, 嬉しがっ, 嬉しき時, 字間を, 存した, 寐て, 対向つてゐ, 小さい峰, 小さな峰, 小遣を, 岸辺の, 峰頭を, 布団を, 幅は, 当に, 影の, 後には, 心掛た, 思つてる, 愛国詩人キヨルネルが, 手違, 手鍵, 批評家が, 捕縛られた, 支那語を, 改訂を, 斯う, 日本語が, 早く私服, 早く親, 明るい日光, 晩年放送局で, 暗くし, 来るもの, 東の, 東側と, 東國に, 極めて純, 橋本目がけ, 此方に, 残つた肉を, 残虐を, 殘る, 池の, 沢山あつ, 沢山使ふから見る, 河身を, 波で, 波を, 注射を, 涌出す, 滝を, 澤山に, 澤山使ふから見る, 激情の, 烈しい悲鳴, 熱が, 燒けた火事跡に, 版を, 牛乳二合ほど, 物思ふ, 現はれ居る, 田原さんの, 画面に, 疾走し, 疾駆し, 盜んで, 眞面目な, 真倒, 研究を, 神泉氏が, 私が, 空しく過した, 紙に, 経ける, 經つて, 經つてお, 經つて加藤は, 經つて暇乞を, 經つて遂, 經つと少し, 署長が, 良い作家, 苦しい事, 英語を, 落葉した, 蟄し, 血が, 解つた風に, 言つてものも, 話を, 説明を, 貰ひました, 買つて帰つて来た, 質を, 起草し, 距離の, 踏手繰, 辛いと, 透明に, 逐次上映, 遠くな, 遥々と, 重そう, 金が, 金泥の, 長く書い, 閉籠つて居る, 隔て棒杭を, 雪渓が, 非常に, 頭に, 頭脳に, 高くなつ, 髭面が, 鬨を, 鮮やかに, 黒木の

▼ 許~ (848, 14.2%)

18 来て, 行って 15 帰って 10 通って 8 持って 7 往って, 手紙を, 訪ねて 6 やつて, 往った, 行くの, 身を 5 持つて, 行った, 逃げて 4 使いを, 送って, 連れて, 遊びに

3 [14件] いって, やって, 來て, 出入りする, 出掛けて, 参って, 尋ねて, 帰ると, 忍んで, 来た, 知らせて, 行くと, 送つて, 飛んで

2 [57件] いつて, かけつけて, それを, であろう, やって来た, やって来て, 一通の, 会いに, 何か, 使いに, 使を, 使者に, 向けて, 嫁いて, 嫁に, 届いた, 帰ったの, 帰つて行つた, 帰ること, 帰るの, 引上げる, 引取られ, 彼は, 往こうと, 往た, 徒弟として, 忍ぶと, 持たせて, 書いて, 来たの, 来ないか, 歸つて來る, 歸る, 泊めて, 男が, 白娘子が, 相談に, 着いて, 行かねば, 行けと, 行こうと, 行つ, 行つた, 行つて二人前の, 行つて何うし, 言って, 走った, 走って, 走らせた, 返して, 送った, 通うよう, 通った, 遣った, 馳け, 駈けつけた, 駈けつけて

1 [547件 抜粋] あずけたの, あずけられ百城月丸, いきやつ, いったほう, いつたの, いつたら參考, うかがって, うつること, おいで, お出でなさい, お参りを, お取り寄せ, お召状, お君, お嬢さんの, お嬢さんを, お届け下さる, お帰りなさい, お弟子入り, お文, お礼に, お詣り, お詫びにと, お通い, お通いなさる, お邪魔, お願, かえって結婚, かえる決心, かくかくと, かたみ, かの媒婆, きて, きまりの, ござれと, さしだそうと, さし送られた, しかと届け, しばらく身, しゃがんで, そうだ, そっと上書, その報告, その夏子, その後廻っ, その朝, その誕生祝, それも, ちょっと暇乞, ちょっと行ってる, つかわした今川, つかわそうと, つひに, つらあて, つれこめば, つれて, です, とどいたもの, とどけて, とどけると, なされた, なぞ行く, なにを, なんか遊び, のこして, ひそかに, ふみおくりし, まいる, まことふた, みえて, やっても, やって来たので, やって来るの, やって来る患者, やられた, やりたる中, やり長益, ゆうべさる, ゆかなくなった, ゆき, よう通っ, よく出掛け, よこしたの, わざわざ手紙, わしの, アヌンチヤタの, カタミの, コツプを, シューマンの, マタ, モデルに, 一つ送っ, 一寸暇乞に, 一寸行っ, 一度に, 一本は, 一枚の, 三好三党の, 下りて, 下男に, 不得要領な, 主人の, 五つ六つの, 五百の, 令夫人を, 伊勢の, 伏して, 伴は, 伴れ, 伺って, 佇んで, 何よりの, 作品の, 使いした石川数, 使が, 使者が, 使者として, 來た, 來なかつた, 依頼畫などを, 便を, 信長の, 健気にも, 公然と, 其の様, 出かけたの, 出かけて, 出して, 出しました, 出すを, 出て, 出入りし, 出掛けた, 出掛け友達, 出頭しよう, 到着した, 剣術の, 助けて, 勅使が, 勉強する, 勢至丸を, 半切の, 去った晋太郎, 去らうと, 参りましたか, 参りました私, 参り告げると, 参拝を, 參つて碁を, 取つて, 口を, 口上で, 叩き付けるが, 只今別に, 吾輩の, 呶鳴りこんだ, 呼ばれたお, 呼び出しが, 問行きしなり, 嘆願に, 国中から, 土地を, 報され, 報告せい, 報告を, 壻入, 夕食の, 夜さり畦道を, 夜来の, 夢中で駆けつけた, 天神様の, 奇妙な, 奈樣な, 奉公に, 奔って, 奔らせた, 嫁がせた, 嫁ぐこと, 嫁入, 嫁入に, 安子を, 宛てたという, 宛てて, 宣教師を, 宿望の, 寄ったところが, 寄り道します, 密報し, 密訴に, 将来の, 導いて, 導か, 小森蓮蔵が, 小笠原金三郎の, 屆け, 届けて, 届けに, 届けられなかった, 山高帽を, 差し出します, 差し向けた一条, 差出人の, 帰した, 帰したの, 帰して, 帰った, 帰った上, 帰つて居る, 帰つて行きます, 帰らねば, 帰らんと, 帰り, 帰りたいと, 帰りたくなつ, 帰り寝直そうと, 帰る, 帰るが, 帰るこころ, 帰る事, 帰れるはず, 帰参した, 帰宅し, 度度来た, 廻つて行つた, 引き取られて, 引き返した全体権田, 引っ返して, 引とられ, 引取られる, 引移った, 引立てて, 引越して, 引返さうといふ, 彼の, 彼女から, 彼女を, 往かないよう, 往くと, 往くところ, 往くよう, 徒らに, 御とどけ, 御一所, 復命する, 徳川家の, 忍び寄った二人, 忍び込みお, 忍び込み明日中川, 忍ぼうと, 忍んだなる程鈴, 急いだこと, 急ぎました, 急報した, 急状が, 悲しい報ら, 或人, 戻して, 戻って, 戻ること, 手伝いに, 手習に, 投降し, 抗議を, 担いで, 拉し去られたと, 招かれて, 持ち帰れ, 持ち行くこと, 掛けたの, 提げ込んで, 提出される, 教えを, 敦盛の, 文を, 斜交いに, 早速相談, 早馬で, 早馬を, 暴れ込んだ, 書くという, 朝した, 来い美味い, 来たと, 来たに, 来た消息, 来た節ちゃん, 来てさえも, 来とうて, 来なかった, 来なかったの, 来ませんもの, 来ようという, 来るまでの, 来る事, 来る客, 来る手紙, 来れば, 来何かと, 某日精悍な, 根岸の, 案内し, 案内した, 楢雄を, 款を通じて, 歩み寄つた, 歸つ, 歸つて來ました, 歸らね, 残りました其の, 母親に, 毎日朝から, 毎週に, 毬投げ, 汝も, 泊っちゃ, 泣き乍ら歸つて, 泣き込みました, 注進される, 注進した, 注進致候由を, 洋琴を, 派遣した, 火急に, 無心の, 然うだ, 片づいて, 物を, 珍客が, 琵琶の, 用を, 申し出たとか, 皈つて今頃は, 相談し, 相談にでも, 着いた, 着て, 知らせ来る故, 知事の, 示談に, 神戸に, 私ア今も, 秋の, 稲葉の, 突如と, 突然に, 突進し, 立ち寄りやがて, 立ち廻らない, 立寄った時, 箪笥を, 米友は, 続々と, 縁づいて, 縁づくの, 縁に, 縁付き児, 縛り附けられて, 臆面も, 自分は, 自炊の, 若江から, 苦い時, 茶を, 荻原高三郎と, 菓子料一とつ送つた, 落ち合つた島, 葉書を, 葡萄酒の, 行かせた, 行かないの, 行かるべし余, 行きついた者, 行きつけてから, 行き出したの, 行き大いに, 行き犬, 行く, 行くからには, 行くつもり, 行くとて, 行くに, 行くまいと, 行く事, 行けば, 行ければ, 行こう麗子, 行ったの, 行ったら二度と, 行ったら大黒柱, 行ったッ, 行った余, 行った時, 行った時分, 行った若者, 行っても, 行つて初めて, 行つて水道の, 行つて酒の, 被行, 見せに, 見舞いに, 親しく聞き, 親類の, 言ひ込ん, 訪れましたので, 訴えさ, 話しに, 話に, 貂蝉は, 貴娘出入り, 贈りもの, 走つた, 走らせる, 走り候こと, 走り往きつひたすら, 走り戻った, 走る, 走るであろうという, 走る前, 赴いたこと, 赴いて, 赴くの, 赴くべき用件, 赴けり, 趁らず, 足の, 足を, 足踏みを, 軍服を, 輿入れを, 辞表を, 近づき下, 近づくよう, 近よらぬ, 返しに, 返やせ, 返り己, 返送されなかった, 送ったが, 送った事, 送つて來, 送られた方, 送りつけるよう, 送りました, 送り届けて, 送り申そう, 送り返して, 送るです, 送るという, 送ろうと, 這い込んだこの, 通いつづけたころ, 通いはじめたの, 通うまでは, 通つ, 通つてる, 通つて居た, 通ひつ, 通ふと, 通わして, 通わせること, 連れ帰って, 運んで, 遣されたるもの, 遣つた, 遣らうかと, 遣わし野心, 郵税先払いで, 重要秘密書類を, 金を, 金剛経の, 鎧櫃を, 長い手紙, 隠れて, 集まって, 集るの, 電報で, 電話を, 鞍馬の, 頃日に, 預けられた後, 預けられること, 預って, 頗る厄介, 頻々と, 頼んで, 顔を, 颯と冷, 飛脚を, 養子に, 馬を, 馳せつけたの, 駆けつけた, 駆けつけて, 駆けて, 駈けつける, 駈けつけ簡単, 駈けて, 駈出して, 齎して

▼ 許~ (794, 13.3%)

15 身を 14 して 7 帰って, 来て 6 世話に 5 ある, 來れり, 來れる, 送って 4 來る, 届いた, 通って, 遊びに

3 [16件] あって, いた, いたれるに, いて, なった, 伴れ, 使者を, 嫁した, 引き取られた, 引き取られて, 往きて, 来た, 流れる水, 稽古に, 行きて, 遣つた

2 [49件] あつた, あはや, いたり, いる, なったもの, ゐた, ゐて, 一泊し, 使いを, 報じつ, 嫁いで, 宿を, 寄宿し, 寄寓した, 屆いた, 引取られ, 彩り軈て, 彼等を, 戻って, 手紙が, 招かれて, 持って, 来る前, 歸りました, 歸る, 留めるの, 置いて, 腰を, 至る, 舞い込んで, 落ちて, 行かれた際, 行かんと, 行けるかと, 行った, 行って, 行つた, 訪れて, 赴いて, 跪いて, 送った, 送つた, 通うこと, 遁げ去ら, 運んで, 遣は, 集まって, 預けられること, 飛んで

1 [563件 抜粋] あずけるから, あった方, あった時, あつて裁, あまり栄え, あるそれ, あるを, ある未熟, あんな化物屋敷, いそいで, いたの, いたらんこと, いたれるとき, いた同門, いた岸本, いた時分, いた連中, いた鉄, いませば, いらっしゃいましたが, いるが, いること, いるそう, いるよう, いる夜, いろいろの, おいで, おき臥しする令嬢, おって, おとづれてそを, おられたそう, おりますから, おる於福, お出で下さるなら, お盆に, お送りせん, かえして, かえった頃, かくれた頼朝主従, かくれ南朝, かけて, かねて昵懇, こっちの, ござります, さしあげて, しばらくは, すがって, その蝙蝠傘, それを, つかは, とどく筈, とどめて, なったので, なったよう, なって, なにか訊い, なるよう, なる小僧, はじめて逢う, はなされざる何もの, ひと目でも, ぶつかるの, ぽつんと弾丸, もれなく贈ったらしい, やった, やったの, やってきた, やつて, やるべし, ゆかなくては, ゆかば, ゆきて, ゆき埋葬, よぶに, ろく, ゐたこと, ゐようか, イルマンの, カアルは, ヘンリイ・ウイリアムズが, 一切を, 一夜を, 一文の, 一晩泊つたが, 一本二本咲きおくれた, 一身を, 一際黒く, 上げたい土産ひとつ, 下りたれば, 下れる, 不思議な, 主婦暗い, 二十日ほど, 二年ほども, 云って, 五十嵐の, 人質と, 今ごろ殿は, 今の, 今後の, 会合を, 伝は, 伺候し, 伺候した, 住めり, 何も, 作った, 作製された, 使に, 來つて赤の, 來べき, 來らせ, 來らんと, 來り, 來れ, 來給へ, 保存し, 保管され, 保護され, 保護を, 信州浪人とやら, 候, 候恩田杢と, 僵れふし, 入室させた, 入浸りに, 出して, 出て, 出入した, 出入する, 出入りし, 出向いて, 出掛けた, 出掛けて, 出来つつ, 出精簿の, 分って, 到つた, 到りしとき, 到り嗟歎, 刺を通じて, 剣を, 助手を, 勤めて, 匿名の, 十人の, 十幾枚秘蔵され, 参って, 參りました, 取り扱かはれて, 取り返しの, 取交した会話, 召集し, 合力を, 吊したの, 向けられた, 呼ばれた, 在らしむるや, 在りしとき, 在りしクラウイヨ, 在るや, 在る泉岳, 地方の, 報じたの, 報じて, 報ず稻妻幸, 報ぜんが, 奉公し, 奔った, 奔れる, 妾を, 嫁いだ, 嫁ぎたい希望, 嫁ぎ夫婦仲, 嫁ぎ新婚, 嫁ぐ, 嫁しずけられた, 嫁つがれる, 嫁入った, 学僕として, 寄せたり, 寄せた手紙, 寄せて, 寄りは, 寄り合って, 寄宿する, 寄寓し, 寄越した, 寄食した, 密書が, 寓した, 導かむ, 導き給, 小生が, 少し険, 居て, 居てよ, 居らるる時分, 居ります, 居ると, 居るや, 居るん, 居る中, 居続, 届いたの, 届いたばかり, 届いたバルヂピエロ, 届けられ中, 届け次, 届らなかつた, 工藝の, 差立る, 帰した, 帰して, 帰った, 帰ったと, 帰った因縁つき, 帰つてゐた, 帰らうと, 帰りまた, 帰り候, 帰る, 帰参しよう, 帰省詩嚢と, 帰郷し, 幾月でもと, 廃された, 引かへ, 引きさがらざるを, 引きたれば, 引きとめられて, 引きとられた少女, 引く, 引くその, 引く物一だに, 引返し, 引返しその, 彼は, 彼を, 往かしむ, 往かん, 往かんかしこ, 往かんと, 往くにあたり, 往くの, 往った, 往って, 往復し, 待たせたが, 従うて, 御足労を, 忍びしを, 急いだ, 急ぎ行き, 急ぎ足に, 急を, 恩賞の, 悪る, 感じて, 懸って, 我を, 或夜, 戻さうとして, 戻つて, 戻るの, 投寄し, 持ち帰らせそれ, 持つて, 挨拶に, 振袖詰袖揃っ, 掴み去って, 昨日約束せし, 是如く, 時々顔, 暇乞に, 暫時いた, 曳かれ銜, 更に善き, 書き送って, 曽ての, 有ませう, 有るもの, 来さしめよ, 来たが, 来たと, 来た時, 来た電報, 来って, 来ては, 来ようとは, 来り無言, 来るならば, 来るよう, 検事局に, 機械生産に, 次の, 歡び迎ふ, 止まらざるを, 此頃足繁く, 歩み寄つた, 歸さう, 歸つて一緒に, 歸つて開業する, 歸らう, 歸りたかつた, 死を, 残しながら, 残し乳飲子, 残し同, 残った, 残って, 殿仕し, 永年仕へ, 沼津の, 泊つてし, 泊つて覚えず, 泣付いて, 派し親, 流連した, 海の, 湛へて, 溢れて, 滞在し, 潜んで, 無いツ, 無事暮し, 然るべき曾, 父が, 片附けられるらしい, 現はれた, 理想の, 甘じ, 生れたの, 生産された, 留つてゐなく, 留まった, 留まつた, 留まりいろいろ, 留めて, 留め置きぬ, 発き出された恥し, 直参し, 着いたの, 着きやがって, 着くだろう, 砲術修業に, 私は, 移して, 移った, 竅て, 立ちかえって, 立ち帰りこれ, 立ち帰り盗人, 立って, 立戻り一伍一什を, 笑って, 管せらる, 結ばせられた二箇, 織機の, 置かれた, 置かれる先生, 置き銀器, 義太夫の, 義太夫を, 聞いた, 聳立し, 背後に, 脱ぎ捨てられて, 腰掛けながら, 膝行り寄った, 至りて, 至りぬ, 至り懇願, 至り襲撃, 致さしむ彼, 與吉を, 船を, 落ちついて, 落合つてその, 蘇我氏を, 行かなくては, 行かれたので, 行かれて, 行き, 行きける, 行きました, 行き今にも, 行き其傍, 行き己, 行き悪魔, 行き未だ, 行き給, 行くべく決心, 行つてロチスターさんは, 行つて云つた, 行つて長い, 行て, 西洋から, 見えた, 見む, 覚悟を, 訪れた時, 詩人の, 詳細の, 誰が, 財産の, 贈つた書翰, 贈与される, 走せた誤謬, 走せ参じ, 走った, 走つた, 走つたか, 走つたから, 走つたので, 走つた理由, 走らせられた, 走り其弟子, 赴きし時, 赴き其処, 赴き其處, 赴き弓箭, 赴き自ら赦免, 赴く妻, 足を, 転寓した, 較し, 較したる, 返さずして, 返しすぐさま, 返して, 返し直ぐ, 追い遣った, 送らずば, 送られて, 送られぬ, 送られました, 送られる, 送られるから, 送りて, 送りとどけるの, 送ろうとして, 送達された, 送金した, 逃げこんで, 逃げ出す決心, 逗留させ, 逗留し, 通い夜半, 通じられて, 通ずる路, 通は, 通はれた, 通ひつめた, 通ふ, 通ろうと, 通学せしめた, 連れて, 連れ戻されましたが, 連行し, 進むに, 運びました, 運んだ, 遠くつ, 遣つて, 遣わしたところ, 還したそう, 還り居て, 里に, 鉄窓に, 錫を, 鎌磨ぐ, 閃き下り後, 隙間なく, 集まつて, 集まり研究, 集まるわれら木曜会, 集るに, 電報を, 電話を, 震へて, 預けて, 預けられて, 預けられる, 頼つて来た, 頼みに, 頼むわけ, 食客を, 養はれし, 馳せつける, 馳せて, 馳せ参じついに, 馳せ参じて, 馳せ来, 馳った, 駆けつけた, 駆けつけて, 駈けつけようと, 駈け込んだ時, 齎さんが

▼ 許~ (423, 7.1%)

13 はそこ 10 はその 8 はそれ, はびっくり, は白娘子 7 はきまり 6 の顔, はしかた, はもう 5 はそう, は気, は王主人 4 と白娘子, の室, の眼, の置い, はすぐ, は女, は急い, は法海禅師, は金山寺, を追っかけ 3 がその, の後, はそうして, は不思議

2 [126件] から白娘子, がなおも, が寺, が捕, が杭州, が配, といっしょ, と擦れ違おう, にはまだ, にやった, に何, に渡した, に話したい, に金, に面会, のあがっ, のきまり, のその, の一行, の傍, の前, の声, の姐, の帰っ, の引返そう, の往く, の扇子, の手, の挨拶, の白娘子, の袖, の許, の詞, の頭, はあわて, はうれしく, はおや, はがたがた, はここ, はこんな大きな, はしおしお, はとりすまし, はどぎまぎ, はどの, はなんだかもう, はなんぼ, ははじめて, はふらふら, はむっと, はもどかしかっ, は一生懸命, は三橋巷, は二三人, は二人, は体, は何事, は保叔塔寺, は力, は動きたく, は卓, は参詣人, は受け, は周将, は呼吸, は喜び, は喜ん, は四聖観, は声, は夜, は夢, は姐, は嬉しく, は家, は小, は左, は強い, は後で, は心当り, は恐ろしく, は戴先生, は手, は承, は李克用, は李幕事夫婦, は気もち, は水際, は涙, は独り, は盃, は監寺, は眩しい, は碼頭, は神業, は禅師, は翌日李克用, は腰, は腹, は舗, は袖, は許される, は護送人, は遅く, は邵大尉庫中, は銭塘門, は鎮江, は非常, は顔, は驚き, は驚く, もその, もその後, もそれ, ものこり, も人, も本堂, をはじめ傍, を伴, を呼び, を家, を盗賊, を置く, を見, を見た, を見つけた, を見る, を道案内

1 [32件] が不思議, が四聖観, が王主人, が興, が門前, という壮, という若い, に門前, の云う, の体, の後ろ, の言う, はいつも, はこれからどうして, はまだ, は伴, は入り, は場処, は場所, は己, は平生, は未だ, は気の毒, は湖縁, は笘, は自分, は興, は苫, を引き立て, を引き立てさせ, を捉えさし, を捉えさせ

▼ 許~ (253, 4.2%)

3 距離に, 間は, 間を

2 [12件] ことを, ような, 半紙の, 品の, 小堂, 店で, 方へ, 智識を, 氷を, 池が, 田と, 高さ

1 [220件] あの刺青, いくらか, いわゆる毒, うございます, お婆さんは, お客様を, お客樣を, お腹の, お運び, お雪さんが, かのお, ことだ, ことで, ことばなんぼ, ことば遣いも, ごとき悪逆, ところに, ところにては, ところを, なくては, なんざあの, は, はたらきまた, ほかは, ものとの, ものに, も同一, やつも, よし御, を一本, を買っ, 一曲を, 上框の, 不渡手形で, 世評は, 中条流は, 事に, 二階は, 井ノ岡村の, 人なる, 人数が, 仁右衛門の, 仰しゃる事, 傳心寺に, 傳説論衡に, 元気と, 兄に, 内陣の, 処にて, 出金を, 力寿という, 印に, 危さに, 叔母さんに, 口を, 古生層の, 土は, 地面と, 坂を, 奥様は, 女が, 妹たちは, 姉さんは, 姓名は, 姿も, 娘もね, 娘を, 婦人眉ある, 子で, 子供だ, 子供を, 子供連を, 客人と, 家を, 寺なれ, 小さな突起, 小供, 小児, 小峰, 小雪田を, 岩片と, 岩魚を, 岩魚十数尾が, 峠を, 峰頭を, 巻紙と, 布にて, 平地が, 平地に, 平地を, 平坦地である, 影が, 後夫婦ともす, 御先祖, 御都合, 徴証を, 心底の, 思いの, 性にも, 恥辱にてや, 恩を, 息子かは, 息子金あり, 想像に, 戸が, 所しかも, 所で, 所である, 所に, 所也, 手桶や, 抜かりよ, 新竹也, 方から, 方で, 日の, 旦那様と, 暗い室, 暗を, 書院らしい, 林檎様の, 柄が, 棚の, 橋を, 此家の, 残雪ある, 残雪が, 殿樣御參府を, 母の, 気性では, 氣の, 氷は, 沙汰無く, 治政で, 浴衣が, 海上に, 消息は, 深さ, 準備と, 滝と, 瀑が, 灰に, 無名魚や, 父からは, 父を, 父勝頼が, 爺さんが, 特権とのみを以て, 狂女がな, 生命は, 男と, 畑の, 疵じゃよ, 病身の, 白き虫, 真心は, 眼元を, 石の, 石塊を, 稚いもの, 空席を, 童まで, 童児の, 笹である, 笹の, 細君が, 美しい女, 老臣どもが, 耄碌こそ, 者一人參り, 自然石に, 船が, 茎が, 草の, 草生地を, 葉脈が, 蓮池の, 薄い洋書, 藪が, 處に, 虫干で, 説教が, 警戒を, 資本の, 距離は, 距離を, 路を, 身に, 身分そこは, 輩, 道具で, 道具を, 遺篇断片, 部屋に, 金ことしは, 金と, 金は, 金を, 銀杏返, 間, 間が, 間に, 間宗助は, 間沢は, 闊葉樹が, 防寒具に, 雄獅子, 集りは, 雑誌を, 雛児を, 青年である, 頭に, 頭を, 顔を, 顔見, 風流雄なり, 食器棚の, 黄ラシャの, 黄色を, 黄葉を

▼ 許~ (239, 4.0%)

20 得て 11 辞して 9 訪ねて 5 離れて 3 はなれて, 去って, 受けて, 訪ずれ

2 [15件] 乞うた, 去った, 受けしは, 受けようとして, 受けると, 尋ねて, 得たり, 立ち去つた, 訪うて, 訪ねた, 訪ひ, 訪れた, 訪れたの, 辭し, 退轉

1 [152件] あおって, えたる嬉し, えて火車, えんが, えんとて, えん爲, おとずれて, かかり合, くれました, さがる時, そっと黒田, たよ, だましたの, つかわされたとか, つたって, なぜ訪ね, はなれる機会, ば目にて, ひく数日前, もつて, ギュウギュウを, フランチェスコに, 乞う可, 乞ふた, 使つて居た, 供に, 働く者, 去ったの, 去つた, 去つたの, 去らねば, 去りたがって, 去りぬ, 去ること, 去るこの, 去るに, 去るの, 去る而, 去れ, 去れり, 受けたも, 受け長保四年, 味噌と共に, 呷る神識, 問いしは, 嘉賞し, 嬉しく苦しく掻きみだ, 宿の, 尋ねたが, 尋ねない事, 屡々訪れる, 巣立って, 左に, 廻るの, 得, 得ざれば, 得たという, 得たの, 得たるは, 得たる光栄, 得つるならんとお, 得てから, 得るも, 得んまでは, 戴いて, 手頼つていつた, 指さした, 掠って, 採取し, 措いて, 擦って, 擽るの, 書いて, 染めて, 求めた, 法王インノケンティウス三世に, 浪人, 発って, 相初候時ハ, 突き貫かれた槍, 立ち去った, 立ち去らなくては, 立ち去りましたが, 立ち去るとき, 立ち去ろうと, 立って, 立つ時, 經る, 與へ, 蒙つて菓子師, 蔵し, 見くびったか, 見つめた, 見て, 視ると, 訊いて, 訪い, 訪い彼, 訪うた, 訪ねあの, 訪ねたこと, 訪ねたの, 訪ねようとして, 訪ねる, 訪ねると, 訪ねる気, 訪ね啼き方, 訪ひぬ, 訪ふ, 訪ふさま, 訪ふたといふ, 訪れしは, 訪れたが, 訪れたその, 訪れたり, 訪れて, 訪れよう, 訪れるよう, 訪れるより, 訪れる日, 訪れ歌会, 訪問し, 請うて, 請へる, 貰えますし, 費やした, 走らうと, 走り上がっ, 踏崩し, 辞した, 辞したが, 辞したの, 辞してから, 辞しれい, 辞し去る, 逃げ出して, 逃れて, 逃出した, 逐電する, 通らなければ, 阿部家に, 離れます, 離れるこの, 離れるわけ, 離れ自己, 離れ芸者, 願います主家改易, 願うこと, 願出ようと, 飛び出した門倉, 飛び去つたあと, 首に

▼ 許りで~ (194, 3.3%)

27 はない 20 あつた 11 はなく 3 はある

2 [14件] あつて, はあるまい, トある, 二人の, 其中に, 別に話し, 四角に, 大字川崎の, 本郷館の, 此の, 源助は, 社に, 脹ぼつたく, 詳しく住所

1 [105件] あつたらう, あれ程, いい工合, ござりました, そこに, その意味, ちっとも周章てた, ね, はありませぬ, はありません, はございません, はなかつたらう, はなかろう, はなし, はや頂上, はゆくまい, は仕様, は居られなかった, は御座いませんでした, は無く, は自分, は行けぬ, は詰らぬ, は読者, ひらりと, まだ一昼夜, まだ一晝夜, まだ頭, もう店賃, もございませぬ, もない, も無い, 一向自分, 不思議に, 他は, 何物も, 俳優も, 八百四十三萬六千圓と, 其上絶えず, 其木版独特の, 其間に, 刀脇差の, 初めは, 力には, 勿論刑事, 十五円も, 危険は, 危險は, 壮観と, 声は, 夕暮の, 外から, 奥の, 如何とも, 子供を, 将来庭と, 少しも, 御存知の, 御輿と, 徳宗の, 心にも, 或は流れ, 手の, 挙動から, 敵は, 新しい事実, 新居を, 新道も, 普通学の, 最高点は, 有名な, 此児, 此兒, 此方へ, 歳出の, 水が, 水と共に, 水は, 汽車の, 注文した, 炭焼の, 無くいろんな, 無く一般人, 無く事, 無く春, 無く芸術以外, 特色ある, 生垣に, 白い幕, 私は, 空には, 終に期待, 終末まで, 絢爛として, 聲は, 肩なども, 能く, 自分に, 自動車は, 葬式を, 赤湯山の, 門標にも, 青雲の, 飯を, 飽足らなく

▼ 許~ (158, 2.6%)

5 の曹操 4 の府, へさして, へ帰っ 3 を中心

2 [11件] の朝廷, の留守, の空, の辻, へ帰る, へ行っ, へ還っ, を去っ, を発し, を発した, を立っ

1 [116件] から, からいそぎ下っ, からつい, からの報ら, からの急報, からの長途, から大軍, から脱, から逃げ落ち, でも評判, と荊州, にありし, にある, にいた, にお, にとどまっ, にはなく, にはなくなっ, には皇帝, に上っ, に入らず, に凱旋, に卜, に囚われ, に囚われた, に在りし, に帰っ, に帰りついた, に帰る, に来, に残っ, に留まっ, に留守届, に着い, に還り給わん, のほう, のみやげ, の上下, の丞相曹操, の中府, の中興, の乱, の事情, の令, の使い, の内, の内情, の内殿, の危機, の地, の大路, の大軍, の天子, の常識, の府外, の強大, の援軍, の旺, の昼, の曹賊, の相, の精猛, の街, の軍勢, の軍政, の邸館, の郊外, の面目, の風向き, の魏兵三十万, はうるわしい, は一時, は今, は真赤, は軍事経済, へ, へお, へさし立てられた, へたち還る, へつく, へのぼった, への使い, へひきあげた, へひっ返した, へまいる, へやる, へ上っ, へ上ろう, へ凱旋, へ向う, へ向っ, へ向った, へ奉迎, へ帰った, へ帰り, へ帰りたがっ, へ帰ろう, へ志した, へ攻めのぼろう, へ来, へ来た, へ走り, へ返させた, へ退かない, へ逃げ帰った, へ還った, より急ぎ, をさして, を手薄, を発する, を発せ, を立った, を立つ, を脱出, を衝かん, を襲い

▼ 許~ (90, 1.5%)

9 あつた 2 何か, 天神山に, 莨を

1 [75件] あんまり神経質, あんまり神經質, その黒髪, それを, なあ博勞等, ふた夜, ふっくりと, リユイル氏の, 一晩泊っ, 三日間を, 二年あまり学校へも, 二年半拘束の, 亡くなったの, 今は, 修行する, 傘を, 共に起居, 其書を, 剃髪し, 勉強し, 厄介に, 名も, 四十六歳の, 夜を, 夜更しし, 妻まで, 嫁を, 宿の, 少しも, 年は, 幸福であらう, 御話し, 徹夜を, 手洗を, 撲りに, 此方の, 此等景教の, 母親が, 沙汰の, 河原が, 泊って, 泳がせるぞ, 洗い落したところ, 無く行, 用います, 用を, 用意し, 用意した, 癖の, 盆が, 研究を, 私を, 絶えず電気療法, 聞いて, 育つた, 育てられて, 育てられ左兵衛義高, 能く, 腹の中の, 自身野ばなしに, 裁判を, 見聞した, 試験を, 調えた, 遊んだ, 邂逅した, 針を, 鍋を, 長い尻尾, 閲した古書, 雨を, 青葉落ち枝裂け, 鞍部に, 養女なみに, 鶏を

▼ 許りでなく~ (78, 1.3%)

2 また我が, 他の, 全道, 其詩に, 猫が, 葬式に

1 [66件] かえって現代科学, この三月, また海, もっと深い, わざわざ桶川, ステキに, ドイツ本国でも, メリンスの, 一人の, 一人一人の, 下宿人一同も, 今の, 今挙げた, 今日農村の, 何故かそれ, 例の, 光は, 其容貌が, 其死体が, 却つて其覺悟を, 國民としても, 夫人自身が, 妙義も, 妹にも, 家までも, 專任の, 少しく気味, 尚幾分, 岩の, 崩壞せる, 度量を, 彼等の, 後世にな, 恐らく最早や, 我々の, 手古奈の, 政治思想史上にも, 故意に, 数十億の, 既に死, 日本の, 日本人でも, 昔に, 時として護送中, 時に証人等, 月も, 李如松は, 李白だの, 東京で, 東山道に, 牢を, 白妙岩の上からは, 眞に, 研究の, 科學的研究の, 第一物, 總ての, 美術を, 自分には, 舞台の, 芸道万般みな然, 若い獅子手, 西洋人も, 連想を, 遍在でも, 長大に

▼ 許から~ (76, 1.3%)

3 帰って, 手紙が 2 そこそこに

1 [68件] して, グサと, 低い含み声, 使いが, 來てから, 便りが, 優しい鬢毛, 切断された, 午後二時半頃茫として, 去った, 夜の, 大に, 安着の, 届いた, 差送られた, 己が, 帰った水木, 帰るので, 帰る時, 招聘し, 数々の, 新たに, 晝だけ, 来た, 来た端書, 来る十四日, 来る手紙, 桜草菫山吹植木屋の, 氷を, 汚れた襟巻, 津村家へ, 消息が, 父の, 片目で, 白いエプロン, 稲野谷という, 稼ぎに, 突然冬, 立去ること, 約束の, 絶えて, 續い, 聞いて, 胸の, 荷車に, 葉へと, 豊後に, 貰って, 貰つた, 迎を, 返されたの, 返事が, 逃げだしたの, 逃げ出して, 通学し, 通学する, 遠のいて, 金が, 離して, 離れさしては, 離れそうして, 離れては, 頸部の, 頼まれたと, 顔形を, 飛んで, 駈着けて, 駕籠に

▼ 許~ (54, 0.9%)

2 これからまた

1 [52件] おそらくさっさと立ち去っ, お許, その折, それを, ただ爽やか, どう思う, どの方角, どの顔, ない, なし難きに, なれて, また伊豆山, ゐないと, ポセードーンの, 一体どうする, 中国へ, 乱と, 二階が, 今に金持, 他国に, 佐殿を, 何処, 出ても, 出んかい, 勅使の, 反対に, 可いんです, 右馬允に, 土屋殿の, 奥州人と, 察して, 平生御, 後で秀勝, 後に, 憤ろしい, 斯う, 日夜非常の, 極く, 構わねえお前, 母が, 減つて軽く, 無理な, 父の, 由緒ある, 稚子, 聞きご, 貸付も, 都に, 院の, 隣の, 風呂敷にも, 養家の

▼ 許~ (48, 0.8%)

2 涼しい, 積りたりき

1 [44件] あり枝梗, ある遠野町, うけずに, お睡, きつすぎる, すこし怠慢, なき御覧, なき有, なくして, なくて, なく魂, はや十六, よき人来候, ゐて, 久々であろう, 人を, 倖せな, 其様な, 動かされた樣子, 十餘萬株を, 口に, 女ぐらし又, 帰りたかろうでの, 後学の, 得ないで, 御ぞん, 御心配, 必らず, 日毎に, 植える様, 無之, 甚だ至り, 睡たかろ, 知らなかつたねえ, 破談に, 稀れ, 綺麗に, 聞きやしねえ, 興味が, 見えなかつた, 身体を, 関つて呉れん, 風の, 高氏それが

▼ 許まで~ (44, 0.7%)

1 [44件] お前に, お届け下され, お知らせ下さる, お連れ, きこえた, その日, まさか知らせる, よく歩い, 一走り行っ, 今朝お答え申しあげよう, 使を, 参りまする, 呼び寄せ濠, 届けさせる, 届ける責任, 往って, 忍んで, 急がねば, 持たせて, 持って, 提出されたい, 来たが, 注進を, 知らせに, 端唄ならひ, 簡単な, 腹這いながら, 行くと, 行くには, 行くの, 行こう, 行こうかと, 行って, 行つて来る, 見えるよう, 誰方かお使を, 辿りついて, 送って, 送り出, 送り込んだという, 連れて, 運ぶ者, 頼みに, 食付い

▼ 許りし~ (34, 0.6%)

3 てゐた, てゐる 2 て千早先生, て居た, て或

1 [22件] てとうとう, てまだ, ても人間, て京都在, て僕, て六個月以前, て其下宿屋, て又, て失望, て居たら, て居る, て彼, て思い切っ, て旦那様, て暮し, て来, て来た, て根賀地, て歩く, て歸つた後, て辞書, て飽か

▼ 許りだ~ (34, 0.6%)

2 と云う

1 [32件] から丁度, から余り, から證據, から随分, から隨分, がどうにか, が停車場, が小学科, が食事, けれど, これらの, つたから, つた半生を, というかの, といふ烏賊, と云, と内藤, と思っ, と思った, のに護衛, のに金, 何でも, 余は, 其のうち, 別に迷う, 十時に, 叔父, 塔の, 最早見, 未だ半時間, 此の, 秀子は

▼ 許さるべき~ (33, 0.6%)

4 もので 2 ことで, こととして, ものだ, 事でない

1 [21件] かどう, ことである, ことと, ことを, しかも許されなかった, としても生, ものであり, ものであろう, ものとして, ものなり, 事で, 事柄では, 以上に, 何事も, 天真爛漫の, 年は, 母の, 生活法では, 筋合いの, 自然の, 言葉でない

▼ 許~ (33, 0.6%)

1 [33件] が, がいきなり, がいなかったら, がそこ, が不遇, が偶然, が味方, が曹操, が袁紹, が黄河, という一将校, といえ, などの良将, に向っ, の上, の智謀, の言, の首, はあと, はいよいよ, はここ, はふところ, はまた, はむっと, は初めて, は地, は憤然, は自分, は面, は鼻, もその後, を参軍, を見やっ

▼ 許~ (31, 0.5%)

1 [31件] あちらへ, この若者, これへ, それを, ないのに, はっきり目, ましいやう, まだ光秀, むづかしいと思つたから, ゆっくり準備, 上野介殿に, 中, 僧正ヶ谷で, 内匠頭殿で, 出たの, 出てからと, 出ると, 刳って, 助けにて, 多年眼を, 娘の, 寒かつ, 情に, 最も好適, 果たして正義名分, 無ければ, 蒲生鉄斎たつ, 説いたの, 講座を, 踊る, 都に

▼ 許へも~ (30, 0.5%)

1 [30件] ありました, いろいろ物資, ちょいちょい遊び, ぶらりとよく顔, 一朝吉野, 伺いたいと, 伺った, 分けるつもり, 前述の, 問い合わせが, 婚約を, 尋ねて, 彼を, 急使が, 懇願の, 手紙を, 某紙から, 武松の, 立ち寄った訳, 立ち寄らず大阪, 立入るやう, 結婚の, 自身二度も, 行かず仕事, 行って, 行つた, 身に, 送金しなけれ, 長い手紙, 高時の

▼ 許には~ (28, 0.5%)

1 [28件] あらぬ衛, いつかお目にかかった, いま私の, これを, すぎるほどの, ぜひこの, どうして後, どこから, ひとりの, ほのかな, もうたくさん, もっと綺麗, わりあ, 七城の, 來ざりし, 参らないの, 客が, 居られぬに, 常に数人, 弟が, 御座らつし, 持明院統の, 未だ嫁, 死亡の, 老婆が, 興味も, 血の気の, 鉄血鋤奸団などという

▼ 許へは~ (28, 0.5%)

1 [28件] うっかり返事, さすがに, さる波蘭人, その間いちども, たくさんの, ダルメイダが, 一日何通と, 三河, 何ぞと, 取り替へ, 吉井七之, 在京中にも, 帰っても, 幾通と, 御相談, 手紙を, 早馬を, 朝から, 歸つて來なかつた, 母の, 求めても, 沢山尋ね, 種々な, 米沢町の, 色々の, 誰れ, 返されまい, 還さじと

▼ 許りである~ (17, 0.3%)

1 [17件] からまた, から給料, がそこ, が今, が向い側, が嬉し, が彼, が更に, といふこと, との諜報, ので其の, のも, 予等二人が, 今度は, 千歳の, 唯燦々, 此の

▼ 許~ (17, 0.3%)

4 の都 2 の府

1 [11件] から早馬, と三度, にあっ, に帰っ, に都, の官府, の方位, の都門, は地味豊饒, へ遷都, を都

▼ 許~ (16, 0.3%)

1 [16件] あきらめて, あと二三軒しかも, いふ, ぶらひて, ろ, 云う姓, 云つても, 信じたから, 剣の, 同一の, 官兵衛とは, 目星を, 相成ります, 筑前とは, 粕谷の, 見ゆる一人

▼ 許りな~ (16, 0.3%)

5 のだ 2 のである, ので私, ので聞く, のに誠に 1 のでお, のです, のを

▼ 許より~ (15, 0.3%)

1 [15件] いかにぞとと, いとあざやか, しなの, 來れるなり, 去らしめよ, 地上の, 外に, 帰る処, 帰途森の, 手紙届き, 昆布佃煮を, 明日村に, 美麗の, 起りて, 雫が

▼ 許り経つ~ (14, 0.2%)

1 [14件] て, てお, て信吾兄妹, て加藤, て奥方, て帰つて行, て暇乞, て私, て遂, とイフヒム, と丑之助, と同じ, と少し, と打つ

▼ 許りです~ (13, 0.2%)

3 もの, よ 2 から 1 が, がもう, し誰, とも, 金銭ででも

▼ 許~ (12, 0.2%)

2 から, ばある 1 からとすまし, から極り, から甘んじ, つてあの, とは代, と云う, と云つて, 局待に

▼ 許では~ (12, 0.2%)

4 ない 2 一度廃れる 1 だん, ないで, ない人, ない返す返さない, 修験者を, 大きな佛壇

▼ 許にて~ (12, 0.2%)

2 夜に 1 人となり今源九郎義経と, 何かの, 保養した, 別れ候得念, 味は, 幸福なら, 聞きし事ども委敷, 見きといふ, 養われぬ, 首と

▼ 許~ (12, 0.2%)

8 の命 1 という神, と云う, の大神, の神

▼ 許でも~ (10, 0.2%)

2 御一人位 1 ある, お休み下, なかつたん, なく遊ん, 会って, 可哀そうで, 皆健康か, 真似事の

▼ 許へと~ (10, 0.2%)

2 云つて家を 1 いえば, つれ出して, 嫁し, 実を, 帰ったの, 書き送るなり, 言って, 預けられること

▼ 許りか~ (9, 0.2%)

2 好んで敗けず劣らず 1 かの大, と思, どうかする, は人, 四角い玉, 時には大, 訊かれても

▼ 許り考へ~ (9, 0.2%)

3 てゐる 2 てゐた, て居た 1 てゐるだ, て居る

▼ 許り離れた~ (9, 0.2%)

2 某町 1 まつたく, 場所に, 左の, 平地に, 木立の, 波間に, 溝へ

▼ 許~ (9, 0.2%)

2 さない 1 さなかつた, ししかも, しの出で, し或は, すと, すなら, すの

▼ 許~ (9, 0.2%)

4 の句 2 という人 1 と師翁, の, よりする

▼ 許にも~ (8, 0.1%)

2 届いて 1 いたこと, そういうかかり, わしという, 帰ったという, 留めた, 飯浦坂の

▼ 許~ (8, 0.1%)

41 とは若干, の紙, の解説, の説文

▼ 許さるべきで~ (7, 0.1%)

4 はない 1 はありません, はないだろう, 主観なき

▼ 許りゐる~ (7, 0.1%)

2 ので店 1 のである, のでせう, 事で, 平次に, 役人の

▼ 許り行く~ (7, 0.1%)

2 と傾き合つた 1 ととある, と右, と岩魚留, と左, と河床

▼ 許行く~ (7, 0.1%)

1 とまた, と亭主, と大沢河原, と大澤河原, と広い, と本郷, と殆

▼ 許さる~ (6, 0.1%)

3 可き 1 可きであろう, 可きもの, 可く

▼ 許なる~ (6, 0.1%)

1 お妙, ところより, にその, に至つて, 据置の, 籘の

▼ 許りでございます~ (6, 0.1%)

1 から江戸表, から貴方後, から関取, がお蔭, けれども毎度, し江戸

▼ 許~ (6, 0.1%)

2 はぶくぶく, は家, は禿げた

▼ 許~ (6, 0.1%)

1 が, がかみし, がかもした, が世に, のこしらえた, 大御酒

▼ 許~ (6, 0.1%)

1 がある, のやう, の故事, は, は悦ん, もその

▼ 許~ (6, 0.1%)

1 が再三, などという魏臣, はかまわず語りつづけ, は倉皇, は曹操, は語りだした

▼ 許~ (5, 0.1%)

1 しおつし, へる, 信秀どのの, 心臓麻痺まで, 空想の

▼ 許~ (5, 0.1%)

1 お年玉, 便所まで, 前垂も, 数知れず, 近所の

▼ 許~ (5, 0.1%)

1 にはまず, の心, はちょうど, は若い, も見

▼ 許り居た~ (5, 0.1%)

2 んです, 所で 1 光君は

▼ 許り思っ~ (5, 0.1%)

2 ていた 1 て居ました, て居らっしゃっ, て居る

▼ 許るされ~ (5, 0.1%)

1 てし, てゐた, てゐません, てゐる, て我家

▼ 許るされた~ (5, 0.1%)

1 のみでなく, わづか, 初代梅ヶ谷藤太郎までは, 心で, 章とは

▼ 許~ (5, 0.1%)

3 の臣 2 の小柄

▼ 許~ (5, 0.1%)

1 という者, の仇, の居館, の恩, をはじめ妻子眷族

▼ 許~ (5, 0.1%)

5 の命

▼ 許~ (5, 0.1%)

2 はその 1 らが, を, 初殺

▼ 許~ (5, 0.1%)

1 が彼方, は早口, までが城, や光禄大夫, をその

▼ 許さるべきである~ (4, 0.1%)

1 かこれ, と, と信ずる, と勝手

▼ 許である~ (4, 0.1%)

1 から従って, が夫丈, のに実物, のは

▼ 許とか~ (4, 0.1%)

1 准之とか, 四尺許とか, 或は單, 話しぶりで

▼ 許~ (4, 0.1%)

1 ので三千代, のよ, んだ, んで吾知らず大変

▼ 許りであった~ (4, 0.1%)

1 かくして居よう, から作者, がこれから, し外

▼ 許りなる~ (4, 0.1%)

2 上中の 1 は春, 烏蛇の

▼ 許り休ん~ (4, 0.1%)

1 でから峠, で出, で十一時十分西破風, で愈々

▼ 許り居る~ (4, 0.1%)

2 同僚も 1 ので日本語, 訳には

▼ 許り歩い~ (4, 0.1%)

2 てだ 1 てその, て帰つて

▼ 許り見~ (4, 0.1%)

1 てゐる, て今日, て居つ, て暮らし

▼ 許をも~ (4, 0.1%)

1 受けで, 尋ねて, 彼女は, 訪ねた

▼ 許~ (3, 0.1%)

2 てくれい 1 てはならぬ

▼ 許かと~ (3, 0.1%)

2 思つて伺つた 1 又其の

▼ 許さむ~ (3, 0.1%)

2 ことを 1

▼ 許さるべく~ (3, 0.1%)

1 もありません, もなかっ, 努力しなけれ

▼ 許し合っ~ (3, 0.1%)

1 ている, てこの, てです

▼ 許し合った~ (3, 0.1%)

1 仲に, 心持ちが, 情人と

▼ 許する~ (3, 0.1%)

1 と行手, のは, のみで

▼ 許という~ (3, 0.1%)

1 のは, 姓で, 子の

▼ 許りある~ (3, 0.1%)

1 から是, この崩れかけた, 眞言の

▼ 許りいる~ (3, 0.1%)

1 けれどもこれ, のだ, ような

▼ 許りか自分~ (3, 0.1%)

1 の使い, は欧洲, は歐洲

▼ 許りす~ (3, 0.1%)

1 いて, すんだので, る自分

▼ 許りだつた~ (3, 0.1%)

1 あのころ, が, けれど私

▼ 許り下る~ (3, 0.1%)

1 と七, と水, と雪

▼ 許り云っ~ (3, 0.1%)

1 てやがる, て居る, て真面目

▼ 許り信じ~ (3, 0.1%)

2 てゐた 1 ていた

▼ 許り聞い~ (3, 0.1%)

1 てゐた, て來, て来た

▼ 許り通っ~ (3, 0.1%)

1 て居た, て来たら, て草

▼ 許~ (3, 0.1%)

1 ちや毒だ, てたんと, て一向

▼ 許~ (3, 0.1%)

2 の果 1 之意嶼子答曰更無

▼ 許~ (3, 0.1%)

1 爾等里波伎安佐麻毛利, 詞, 詞と

▼ 許~ (3, 0.1%)

1 し, せられなば, を求めず

▼ 許呂母~ (3, 0.1%)

3 の別

▼ 許婆夜和氣~ (3, 0.1%)

2 の王 1 の命

▼ 許~ (3, 0.1%)

2 の趙季和 1 より洛陽

▼ 許待つ~ (3, 0.1%)

1 てから持出さう, てみる, には長き

▼ 許~ (3, 0.1%)

1 の縁起, の誤り, を許布許曾

▼ 許~ (3, 0.1%)

1 かむ, がその, が君民並耕

▼ 許西~ (3, 0.1%)

1 で一点, に行く, へ行っ

▼ 許過ぎ~ (3, 0.1%)

1 ていた, てから今度, ての事

▼ 許~ (3, 0.1%)

3 の學

▼ 許離れた~ (3, 0.1%)

1 岩の, 森の, 高みに

▼ 許~ (3, 0.1%)

3 を紅く

▼ 許からの~ (2, 0.0%)

1 相識だった, 解放を

▼ 許~ (2, 0.0%)

2 で置こう

▼ 許さん~ (2, 0.0%)

1 に相違, は文章

▼ 許その~ (2, 0.0%)

1 一瀉し, 上が

▼ 許たち~ (2, 0.0%)

1 に害意, の御

▼ 許づつ~ (2, 0.0%)

2 少許づつ退歩

▼ 許づつ退歩~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 許でした~ (2, 0.0%)

1 が念, の私

▼ 許です~ (2, 0.0%)

1 から, けれどもお腹

▼ 許でなく~ (2, 0.0%)

1 依然として夏休み前, 彼の

▼ 許にでも~ (2, 0.0%)

1 なったの, 行つて話が

▼ 許へか~ (2, 0.0%)

2 さらずば

▼ 許へでも~ (2, 0.0%)

1 その人, 遊びに

▼ 許りあい~ (2, 0.0%)

1 てい, ていた

▼ 許りか級友~ (2, 0.0%)

2 を手

▼ 許りする~ (2, 0.0%)

1 うちに, のだ

▼ 許りたつ~ (2, 0.0%)

1 て五十前後, て修一

▼ 許りでない~ (2, 0.0%)

1 ことを, 涙の

▼ 許りで罷め~ (2, 0.0%)

2 て了つた

▼ 許りで見えなく~ (2, 0.0%)

2 なつた

▼ 許りなら~ (2, 0.0%)

1 子供の, 未だ何

▼ 許りやった~ (2, 0.0%)

1 ことが, ときの

▼ 許りゆくだらう~ (2, 0.0%)

2 と考へる

▼ 許りゐ~ (2, 0.0%)

1 ていくらか, て一言

▼ 許り下った~ (2, 0.0%)

1 所に, 東側な

▼ 許り休んだ~ (2, 0.0%)

2 筈だ

▼ 許り倒れ~ (2, 0.0%)

2 て居た

▼ 許り向い~ (2, 0.0%)

1 て, て行った

▼ 許り奢つた~ (2, 0.0%)

2 もので

▼ 許り居~ (2, 0.0%)

1 ては氣, て飽きやしない

▼ 許り居よう~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 許り延び~ (2, 0.0%)

2 てカラ

▼ 許り彷徨い~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 許り待つ~ (2, 0.0%)

2 て呉れるなら

▼ 許り投げられた~ (2, 0.0%)

1 美しい光栄, 美しい光榮

▼ 許り暮し~ (2, 0.0%)

1 て來, て来ました

▼ 許り曳かれる~ (2, 0.0%)

2 と窓

▼ 許り登る~ (2, 0.0%)

1 と少し, と渓

▼ 許り経っ~ (2, 0.0%)

1 て十一月, て壜

▼ 許り繰返し~ (2, 0.0%)

2 ていふ

▼ 許り考え~ (2, 0.0%)

1 ている, て仕事

▼ 許り聞えず~ (2, 0.0%)

2 なつたの

▼ 許り見た~ (2, 0.0%)

2 ものだ

▼ 許り見る~ (2, 0.0%)

1 ことが, と益々

▼ 許り詰らないや~ (2, 0.0%)

2 ね態

▼ 許り詰りません~ (2, 0.0%)

2 もの

▼ 許り読ん~ (2, 0.0%)

1 でこの, で御覧

▼ 許り買っ~ (2, 0.0%)

1 てから店先, て置く

▼ 許り走つ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 許り過ぎ~ (2, 0.0%)

2 て誰

▼ 許り集る~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 許り響かせ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 許るし~ (2, 0.0%)

1 ては置かぬ, て居た

▼ 許をば~ (2, 0.0%)

2 得たり

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 処ニアリ高野山独案内ニ, 小兒ハ英

▼ 許不如意~ (2, 0.0%)

1 につき, の時

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 て坂, ると

▼ 許入口~ (2, 0.0%)

2 の扉

▼ 許入山門~ (2, 0.0%)

1 とした, と石

▼ 許士別~ (2, 0.0%)

2 の命

▼ 許多く~ (2, 0.0%)

1 たたきつけたり, もしげき

▼ 許宣さん~ (2, 0.0%)

2 だっていつ

▼ 許宣夫婦~ (2, 0.0%)

2 も進物

▼ 許家差有田地耕田~ (2, 0.0%)

2 猶不足食

▼ 許広平女史~ (2, 0.0%)

1 と遂に, は魯迅夫人

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 持ちなさらんか, 母上様御

▼ 許持つ~ (2, 0.0%)

2 てつて貰

▼ 許捩向け~ (2, 0.0%)

2 てそして

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 亦数尺者, 無クシテ梢ニ葉アリテ松

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 には何角, もつつがなく

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 の, の上書

▼ 許狼狽~ (2, 0.0%)

1 へた, へて諄々初対面

▼ 許碁登~ (2, 0.0%)

2 の臣

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 という寵臣, は宮門

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 の状, 似側栢蔵篋笥中

▼ 許葷酒入山門~ (2, 0.0%)

1 といふ石標, と云う

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 ひ來, ふは

▼ 許調査物~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 行かうかと, 食付い

▼ 許~ (2, 0.0%)

1 っている, に後れた

▼ 許都郊外~ (2, 0.0%)

1 から田舎道, の南原

▼ 許~ (2, 0.0%)

2 が有

▼ 許離れ~ (2, 0.0%)

1 て写す, て鋼線

▼1* [470件]

ある其縁を, 許いた者は, 許えようとした, 許願ひ, 許おんにょごおんにょごと行, 許かいて居ります, 許かの金に, 許かも知れない斯, 許からは一人親戚の, 許かり云つてゐ, 許がぞく, 許きん大なり, 許き下さるわけには, 許かに更に, 許この所を, 許ころがつて, 許さっせえ, 許さば杖つきて, 許さば願は今一, 許さるべからざるは, 許さるべきであらうか, 許さるべきでなかったし問わない, 許さ背戸口から御新, 許すずしくいかにもいい, 許すれば, 許ずつ取っては, 許それからいかにも新, 許たち家庭の者, 許たった風の, 許だけへは家出を, 許ださうですと看護婦, 許だったのです, 許だってあの広い, 許かりに親, 許づいた自由主義が, 許づつ籾を振ひ落し, 許づゝ観た, 許であったか, 許であれば速, 許で無く欧洲各派の, 許との試合の, 許とも殺されたさうである, 許なさるならすぐに, 許なさればすぐ, 許など買いかぶられて, 許などに冬ぢゆう, 許などにも行った, 許ならまだしも時による, 許ならぬ我が家へと, 許なりしと, 許なりしぞかし, 許なんぞもやっぱりこうかねえ, 許なんて言葉は, 許においては正しい民藝品, 許における五年間の, 許にかけ真紅な, 許にかけて見覚えの, 許にと帰って, 許にとっては親の, 許にのみ暮して, 許にまでいて, 許のう存じおる, 許はさほどに思わず, 許はな兵を, 許ばかりだから, 許ばかりへ行ってられないで, 許へとては一銭も, 許への密書の, 許へばかり繁, 許へまで遣したの, 許へるのです, 許ぽかんとしてゐた, 許までといっては, 許までは内々報せ, 許みしに一魚, 許やと拍子木にも, 許ゆきて大山峠, 許よりか寂しくは, 許ら兄妹とは幼少, 許ら父子一族の住居, 許りいちゃあたまらない, 許りいって苦情, 許りいないで茶, 許りおっしゃるとききました, 許りかねて小生, 許りかレンバツハシユインドフオオエバツハベツクリン等独逸近代の大家, 許りか下女のお, 許りか予期以上の景観, 許りか作者のもつ, 許りか優つてゐても, 許りか其思想が彼等軍人政治家, 許りか反て夫, 許りか圧迫感をもつ, 許りか天変まで起つ, 許りか感慨無量たらざる, 許りか日頃不思議な法術, 許りか明治十二年の, 許りか格子先にはさや, 許りか此処から百二, 許りか氣が利い, 許りか画題上の相貌, 許りか自分流なかき方, 許りか試みに頭上, 許りか鏡にうつし, 許りか陰気にさ, 許りか風呂場へ這入った, 許りきいて, 許りさせられて居, 許りじやいかん, 許りすぎると湯村, 許りたつた雪の, 許りたった頃いきなりバタバタ, 許りたれてその, 許りだったがそれでも, 許りつれて, 許りついて行ってくれた, 許りであり次の, 許りでなくってたんと, 許りでねえ心に, 許りでまとまったことは, 許りで入れるものも, 許りで無い素人即ち, 許りで登れそうにも, 許りで見上げると此上, 許りで言いたいことが, 許りで詰らない一つ此でも, 許りで返辭を, 許りで通り過ぎられてしまいますでしょう, 許りで騒いでいる, 許りなぐったのだ, 許りなさうだが自分, 許りはなつては居られない, 許りもて傘に, 許りやつて来て, 許りやつて來て厭き, 許りゐたつてと眠, 許りゐたら高田の, 許り上ずったような, 許り上ってから下り, 許り並べた真中に, 許り並んでゐる, 許り云い切れないほど順平, 許り云ったのであった, 許り儲けさせるのも, 許り入って居たけれ, 許り入ると屋根, 許り出て, 許り出して, 許り出まして唇, 許り分けて貰いてえ, 許り刈り殘し, 許り刈り残してある, 許り刺さっていた, 許り参ると大きな, 許り取りたがって居る, 許り取れましたそれから蕎麥, 許り叱られたってそれ, 許り吹き雨が, 許り嘲つてみる, 許り坐つて下さい, 許り威張つても, 許り居らっしゃって夜, 許り居りますから長屋, 許り居るだろうとのみ思われ, 許り弱っていた, 許り当って一厘, 許り往くと, 許り待たなければならぬ, 許り心づけをやる, 許り思った大寺の, 許り思ひは走つ, 許り戻りしを愚, 許り押し寄せて来る, 許り持出した金を, 許り挙げる事が, 許り探って, 許り描いてゐ, 許り揚げてど, 許り攀じ登り狭い峰頂, 許り書いてある, 許り有りますが間, 許り来て雨余, 許り来た時村端れ, 許り来ねえでたのを, 許り来ると智恵子, 許り焼けた火事跡に, 許り照らしてゐた, 許り生えています, 許り疑はれて, 許り病気をし, 許り病氣をし, 許り盗んで来, 許り知らせて来る, 許り知り合に, 許り破る事で, 許り破れたのだ, 許り積みたるにかと世にも, 許り立って行った, 許り立並んでゐる, 許り経った昼頃紋附を, 許り続いて居ます, 許り続きまして遂に, 許り置き其の上, 許り習ったことも, 許り考えてる人間は, 許り考えようとした, 許り考へないでたま, 許り聞き合わせて見る, 許り聞くような, 許り育った丈で, 許り行きたがる隙さえ, 許り行ってどうにか, 許り裂けたるま, 許り要ったそうで, 許り見えたよ, 許り見くびり過ぎていた, 許り見たいだけど成園さん, 許り見られるだけで物足りない, 許り見懸けた外余り, 許り見馴れてゐる, 許り覚えたりなにか, 許り言い切れないほど順平, 許り読みまして, 許り讀んで勞働, 許り負けたこと, 許り貶して了, 許り貸してい, 許り起してゐる, 許り越えた時目の, 許り越して倒木, 許り踏んでい, 許り転がされてゐる, 許り載せてあ, 許り載つて居る, 許り辿つてゆく, 許り這入つてゐた, 許り這入つてゐる, 許り這入りまして, 許り進むと三尺, 許り遊んで四, 許り遣つても, 許り重ねましたが其の, 許り閉じこもっている, 許り開いた所で, 許り開くと寒い, 許り降るけはひ, 許り離れて前肢, 許り頼まれて来た, 許り飲まれた様で, 許り馴れたるものと, 許り駆けて来る, 許るされざりし仁を, 許るされし文句中, 許るされますが破, 許るされる前には, 許るされるであらうと好み, 許れんとの望, 許エ差遣シ船手之モノ共爲習練, 許サザルガ故ニ, 許サズということ, 許サレタモ同然デアルト考エルニ至ルカモ知レナイ, 許サレテイタダケデコノ素晴ラシイ肉体ヲ眼, 許サレテモイヽサ年ヲ取, 許無ク縄解クベカラズ, 許シオ静ニ用事ヲ云イ付ケテ予ト巧ク打ツカルヨウニ豫メ仕組ンダノカモ知レナイ, 許シコノ事ヲ為シテ差構ナシト云フコトナリ, 許シタガ何シロソレホド出来様ト思ウナラ直グニ寄加持ヲシテ, 許シテ之ヲ興ス, 許シテヤッタラ大竹ト和ボクシテクレト云イオルカラ大竹ガ不礼ノコトヲトガメタシ, 許シテヤレト種々イウカラソンナラ以来ハ御旗本様, 許シテ貰イソノ代償ニ三百萬圓ヲ投ジテ猫眼石ヲ買ッテヤルナンテ事件ガアッタラ, 許シハシタモノヽドウセ長クハ続クマイト思ッテイタ, 許シ下サイ船ヘ戻, 許シ公用終リ役所ヨリ退キテモヨシト, 許シ覧閲料ヲ収メス, 許一度ダケヨ, 許スコトニシタガ若イ二人ヲアパートナドニ別居サセテオクノハ不安デアルカラ, 許スソノ度数ハ二カ月ゴトニ一回トス賞表ヲ有, 許スヘカラス大義ヲ四海ニ布クコトハ, 許スベキ年齡ニ非ルト共ニ, 許ス可カラザル大錯誤ヲナシテ彼, 許ス積リデハナインデショウカドウモアタシハ浄吉ツァンハ浄吉ツァンデ颯チャン以外ニ誰カアルノダト思イマス無論ソレハ颯チャンモ春久サンモ暗黙ノウチニ, 許ダンテは約, 許ニシテ其本ニ倒卵形乃至匙形, 許ニシテ利根川ニ入ル, 許ニ止マル者アリテ下半特ニ枝葉ナク, 許ハ先幕か蘭, 許モアル出ヅル頃土人, 許存ス, 許一松許二楠許三棟許四梓などの日本人, 許の方, 許上ると三角点, 許上流の生越, 許向いた其顔, 許下さるやうにと, 許下った後再び, 許下りた所に, 許下ると枝沢, 許不二の裾野, 許両人の自, 許ければ, 許などさまざま, 許を容, 許今に在せり, 許以前のこと, 許休む事に, 許休んで出発, 許は持合せ, 許目の, 許を云う, 許俯向いて, 許候上者劇道の秘事楽屋一切, 許六云一とせ江戸にて何, 許其の人種もと蝦夷人種に, 許其下は二丈あまり, 許其節ハ下極メテ密ニシテ上, 許其間九尺ほどづゝ三里, 許てゐれ, 許に離れ, 許り候, 許の濫, 許ありと, 許口許を覗かせ, 許呂別押別命押勝忍の海, 許呂安可志能宇良爾, 許困つて, 許土塀に映, 許つて呉れ, 許を遣し, 許な言葉, 許天増陰り墨雲弥堅迅雷驟雨, 許女史は初め先生, 許になっ, 許娘者との初夜, 許が讀め, 許存許曾を許布許曾, 許し給, 許宿を出, 許寶藏に什襲, 許に前後, 許らしく撮れては, 許居室などの火, 許少くおもむろに, 許が抉れ込ん, 許州附近に受禪碑, 許己乎之母安夜爾多, 許布許曾の誤り, 許のごとき, 許年長でしたらう, 許廣げられて, 許ノ本, 許水神不, 許しくて, 許急がうぢや, 許へて居る, 許をおも, 許成命了之大塔, 許手前なる家, 許開けて, 許打明けて話したら, 許払った位で, 許投じては奈何, 許提げてゐた, 許斯御酒ぞ, 許枝ハ浮毛ヲ, 許昌地方もこの, 許曾我那勢之命為如此登詔雖直, 許来むと言ふ, 許東京の様, 許だの穴彦, 許根囲八寸許の新, 許根禿鷹などへかたく, 許楷法厳正なり, 許様御舟にて船島, 許歪んで私達, 許残つた所に夕方, 許気味の悪い, 許気息を抜い, 許水晶が根, 許活溌だと, 許はまじ, 許清らに見え, 許の尾, 許焉先生時猶在, 許熟視すれば, 許爲大岳之胤, 許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 許の弟子, 許犯索盧があり, 許理云々と有る, 許理度売命玉祖命の五人, 許理等まゐ渡り, 許生えかかつて來た, 許由以来の支那, 許男大神を以て斎く, 許町海岸絶危し人家, 許登ると偃松, 許登能佐吉乎聞者多布刀美, 許白く褄端折りした, 許相公の孫娘, 許相願候を約し申せ, 許真摯に考へ, 許知識が多い, 許知邇の神, 許石川によろしく, 許秩父の山中, 許穏当で無いだらう, 許立っている, 許等太弖大夫乃伎欲吉彼名乎伊爾之敝欲伊麻乃乎追通爾, 許等能御代可佐禰, 許等能都可佐曾, 許へた, 許細く緊り過ぎた, 許細葉多く簇生, 許置いてからも又, 許振が, 許翠陰濃映, 許考えてみる, 許に浴びた, 許肩附褄はづれ, 許を掛け, 許色ばんで鈍い, 許萎れておい, 許蒼く見えるの, 許蒼味がかった茶, 許蘇生の思, 許行った処は, 許行つて振返つて, 許街上を歩い, 許淀んで, 許言わなくちゃ狡猾, 許許知邇の神, 許話し合つてゐた, 許話すことが, 許し女ふたり, 許調子を変, 許やの談, 許負って町, 許距つた海上に當つて一個, 許えたろう, 許には丸味, 許近いそうである, 許近く進み寄つた少年, 許はむ, 許進みて海岸, 許進んで河身, 許進んだ所である, 許の右, 許ふぢ, 許遣るもんだ, 許といふ道士, 許都政府の旗, 許都百万の軍勢, 許都襄陽呉市などから較べれ, 許都逗留中の関羽, 許都随一の勇名, 許鋼鐵の鋭き, 許開いた唇からは, 許開けた扉が, 許険しい皺が, 許隔たつてゐる, 許集りて開く, 許離れたる日當り, 許震えて穴, 許青森より進撃艦八艘出帆, 許靖安漢将軍糜竺青衣侯尚挙, 許頂かせて下さい, 許れた, 許食べましたばかり, 許饗応役ではござらぬ