青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「訪れ~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~記憶 記憶~ 記者~ 記述~ ~記録 記録~ ~訣 訣~ ~訪ね 訪ね~
訪れ~
~訪問 訪問~ 設け~ 設備~ ~許 許~ ~許し 許し~ ~訳 訳~

「訪れ~」 1191, 12ppm, 8883位

▼ 訪れ~ (721, 60.5%)

47 来た 27 きた 24 いた 21 来て 17 来たの 10 きて, みると 9 みた, ゐた 8 来ました 7 いる, 來た, 来たもの 6 きたの, くる 5 ゐる, 来る 4 きた時, 来た時, 来るよう 3 きたこと, きても, くること, くるの, くる者, 彼の, 来たので, 来ると, 見ると

2 [29件] いたの, いました, いるの, いろいろと, くると, くれば, みたこと, みたの, みようという, みれば, ゆくと, ゐたが, ゐて, テツさんの, 今年の, 何か, 來る, 彼女の, 来たか, 来たのに, 来ても, 来ぬ, 来ること, 来るの, 疎開の, 私に, 行くの, 見よう, 金を

1 [399件] あの素晴らしい, いくらか, いたが, いたので, いたもの, いた例, いった, いったところ, いったの, いって, いつたとき, いなければ, いは, いよう, いるうち, いるが, いること, いると, いるという, いるところ, いるに, いる夏, いる最中, いる者, いろいろの, お, おいて, おけば, おったもの, おりは, お話を, お雪ちゃんにでも, きたため, きたと, きたという, きたなと, きたもの, きたよう, きた仄, きた前日, きた婦人, きた幇間阿波太夫, きた彼, きた日, きた理由, きた男, きた雑誌記者, きっと韓暹, きてからは, きました, きます, きますと, き彼, くつろいだが, くるあの, くるだけの, くるだろうと, くるであろうあの, くるであろうか, くるであろう幸運, くるとき一, くるほか, くるよう, くるコト, くるコトコト, くる女たち, くる学究, くる時分, くる激変, くる男, くる知人, くる筈, くる老, くれ, くれた方, くれた時, くれて, くれないの, くれまいか, くれるから, くれるの, くれるらしいと, くれる者, ここに, こない, こない家, この苦難, こようとは, こられた, これを, ござる, さらりと, じかに話しなさる, そこで亡き, そしていつもすこし, そしてそれ, その仲間, その出島, その前, その報告, その家, その帰り, その秘密, その第, その草原, その謦咳, つい二三日前, つい話しこん, とび去った, なぐさめた, はるばる神, ふと口ずさむ, ほしいと, まいりました, まいりまして, また小松方, まだ在世中, まわって, みたが, みたくなって, みたらと, みない, みないかと, みないかという, みました, みますから, みますと, みよう, みようかと, みようと, みようといふ, みるつもり, やがて禿げあ, やるの, ゆく, ゆく地蔵堂町, われらどもの, ゐた時, ゐます, ゐること, ゐるさ, ゐるし, ゐる山羊髯, ゐる私, ゐる蜜蜂, キチンと, サイソクする, シャトオ・ド・レエザックに, ノルマを, ハッキリと, バッハや, ピンカートンから, プチジャン神父に, ベエコンと, ユックリ滞在し, ロマンティストは, 一つしよ, 一二日ノンビリし, 一切を, 一夕を, 一宿を, 一年間の, 一応将棋記者, 一方は, 一日半枚一枚で, 一晩じゅう語り明かした, 一本の, 事務員や, 事情を, 二三時間ねむらせ, 二晩泊りで, 亡主信長の, 仇の, 仔細を, 以来めっきり, 伊織殿と, 何が, 例の, 俗に, 僕は, 元康にも, 兄さんの, 先祖の, 共に苦茗, 其処を, 其家人の, 凡ての, 利根の, 剣を, 助右衛門が, 午過ぎまで, 原稿料の, 厭がる, 参りました, 参り二度目, 取次に, 叩くと, 同じくその, 同じ態度, 呉れお蔭, 呉れた, 商品を, 営巣に, 声も, 多少の, 夜更けまで, 大西少佐の, 大遊蕩, 好かつた, 姿を, 子供たちに, 學んだもの, 家人を, 家屋賃借の, 尋ね廻った, 峠の, 帰宅した, 常盤興行並に, 度肝を, 廻って, 引返し三度目, 彼に, 彼女に, 往つた事が, 御無沙汰を, 御隠, 悪たい, 意外な, 慰めて, 憂きこと, 應接所を, 我が誠, 或は舌, 戸を, 戸田の, 所信のほどを, 投書を, 折角私, 政子に, 教師が, 日本への, 旧時を, 昔語りを, 是非一度で, 晩くまで, 曰く彼等は, 書斎の, 本を, 村を, 来, 来そうな, 来それ, 来たあきれたぼう, 来たおり彼女, 来たかの, 来たが, 来たきり, 来たこと, 来たとしても, 来たどうも, 来たばかりの, 来たよう, 来たイメージ, 来たシイン, 来たマルセル・プルウスト, 来た一人, 来た主膳, 来た事, 来た事業, 来た人, 来た兄様, 来た客, 来た客人, 来た数人, 来た樽野, 来た田舎, 来た者, 来た若い, 来た覚え, 来た阿弗利加, 来た頃, 来ては, 来でも, 来ないこと, 来ないの, 来なかったこと, 来なかった代り, 来なかつた, 来ましたが, 来ました時, 来ませんでした, 来よう, 来られたが, 来られた方, 来られ褒美, 来るかも, 来るしんみり, 来るだらうか, 来るだろうか, 来るという, 来るに, 来るので, 来るのら猫, 来るひと, 来るほどの, 来るもの, 来る俳友, 来る友人, 来る友人たち, 来る客, 来る小さな, 来る日, 来る時, 来る暁, 来る様, 来る継母, 来る者, 来る舅, 来る身, 来る遠来, 来る鶲, 来志村, 来意を, 松蔭大藏様という, 枕頭に, 框に, 條約, 次官と, 欲しい, 歩きます, 歩くには, 死人の, 毒消し部落の, 永禄以来日本に, 滞留中の, 無骨な, 狂女お, 王たちの, 生物を, 田中三郎と, 男の, 相談した, 真実を, 着物の, 破風の, 碁を, 磁気に関する, 礼拝する, 私と, 私の, 私は, 管楽に関する, 結婚し, 良固ら, 若干の, 草々語らい, 荷を, 行くたび, 行く資格, 行った, 行ったが, 行ったの, 行った時, 行って, 見えましたが, 見たいと, 見たの, 見ましたが, 見ましても, 見ましょうわい, 見やい, 見ようぢ, 見知り合ひ, 試合を, 試合応諾を, 詩を, 話しこむこと, 誘い出しては, 語るは, 講演会に, 議論し, 貞世の, 貰った, 貴女がたは, 軍医部長に, 遭難談を, 還つて後, 那覇の, 鉱毒談から, 門に, 関羽に, 関靖先生に, 音物を, 頗る緊張, 頼んで, 風情に, 食事を, 食物の, 飲み歩かう

▼ 訪れ~ (81, 6.8%)

3 待って, 待つこと 2 告げて, 妨げること, 待つ藝術, 果さずに, 見て

1 [65件] いつもあた, うけた思い, うけた時, きかないうち, しおに, したの, すでに卓一, それと, まっ先に知らせ, まつ喜び, みると, やめること, よろこんで, 予期し, 享けて, 促すの, 再びした, 受けたで, 受けたよう, 受けてるの, 受けるには, 受ける村, 受ける者, 受け同氏, 受け法悦, 口に, 告げた声, 告げるので, 固くお, 彼に, 待ちうけて, 待ちかねて, 待ちわびて, 待つ, 待つため, 待つまでの, 待つより, 待つ気持, 心ひそかに, 心待ちに, 怖れ, 思わせるよう, 感じられるよう, 持つて, 早くも, 映したこと, 最も早く, 死の, 烈しく祈った, 由子の, 知った時, 知って, 知らしたかった, 知らせるよう, 知らなければ, 知る, 立証する, 終日心ひそかに, 聞くの, 見たこと, 見なくなったと, 見る例, 豫期し, 通じ箒, 階下に

▼ 訪れ~ (30, 2.5%)

2 まぎれも, 大喜び, 飢えて

1 [24件] その応接, つれて, どぎまぎし, 仰天した, 会いたるごとく人, 会うと, 会ったよう, 吹かれて, 好機逸すべからず, 始まって, 意外な, 接した, 木賃の, 来向, 格子の, 歓んで, 気がついて, 気がつくよう, 甘寧, 胸騒ぎの, 行くだけの, 行くの, 通つた, 銀五郎の

▼ 訪れ~ (28, 2.4%)

2 あつた, 早い

1 [24件] あつて, あるかと, あるでしょうと, この雪, して, する, とどかない気, ない, 一夜の, 人間の, 伸子を, 左門の, 早かつ, 杜絶えた, 来た, 正しく受け取られた, 白んで, 絶えたならあまりに, 絶えてから, 聞えて, 萌えかけて, 見えだしたところ, 見える, 遅い

▼ 訪れ~ (27, 2.3%)

2 せぬつもり

1 [25件] あまりに残酷, あまりに短い, さし控え, したであろう, しないぞといふ, しなかった, せず恋, せまりくる死, そも何事, なかった, なかつた, なかつたらしい, めったに有る, 人の, 却って落付き, 同じ意外, 唐突で, 大方どの, 奥へ, 小生の, 早すぎた, 決して憎く, 絶えたの, 関東地方よりも, 頻々と

▼ 訪れ~ (18, 1.5%)

2 センチメンタルな, 場所である

1 [14件] あわただしい日, きざしが, やうに, ダミ声を, 主は, 代りに, 前ぶれな, 声が, 声を, 如くイソイソ, 当然さ, 数が, 観念と, 近い古町通り

▼ 訪れても~ (16, 1.3%)

1 [16件] かつて険相, すぐに, そこには, その大きい, まるでアンナ・セルゲーヴナ, グリツプの, 会おうとは, 会わないから, 何の, 彼は, 手持無沙汰な, 木枯が, 決つた机を, 私は, 返辞が, 面白く刺戟

▼ 訪れ~ (12, 1.0%)

1 [12件] ありません, したで, してやらなかったが, ないの, 交さねど, 同様何ごとも, 国の, 実に無造作, 早い, 欠いて, 澄江の, 絶えて

▼ 訪れその~ (10, 0.8%)

2 序でに 1 ぼんやりと, 寶物の, 時長兄は, 朝正一郎の, 穏やかな, 舗石の, 足で, 隠棲の

▼ 訪れよう~ (10, 0.8%)

2 としてゐる 1 としてゐた, として偶然, として光, として前, として春, として突然, なんて, もない

▼ 訪れてから~ (8, 0.7%)

1 もう二十年以上, 一月の, 今迄の, 叔母に, 数日後ある, 数日後の, 東京の, 間も

▼ 訪れては~ (8, 0.7%)

1 いけないという, くれまいかと, 住人の, 例に, 問題を, 来なかった, 立ち去りまた, 近所の

▼ 訪れたり~ (7, 0.6%)

2 甥と 1 した時, して, その母, 岡崎先生の, 焼け跡を

▼ 訪れ~ (7, 0.6%)

1 いって, 同じやう, 同様に, 変るところ, 聞いて, 聞くなど, 違って

▼ 訪れあの~ (3, 0.3%)

1 一組の, 壮大な, 毒蛇を

▼ 訪れ~ (3, 0.3%)

1 あつた, 何か, 長い冬

▼ 訪れでも~ (3, 0.3%)

1 したよう, なかった, よかった

▼ 訪れにも~ (3, 0.3%)

1 ここ二三回, 以前ほどの, 胸を

▼ 訪れある~ (2, 0.2%)

1 家には, 席上に

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 城の, 艶とともに

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

2 うして

▼ 訪れそれ~ (2, 0.2%)

1 からすぐ, に対して日本

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 と言, と言う

▼ 訪れての~ (2, 0.2%)

1 会話が, 帰りがけに

▼ 訪れである~ (2, 0.2%)

1 かがわからないらしい, といふだけで

▼ 訪れと共に~ (2, 0.2%)

1 梁山泊に, 狹隘しい

▼ 訪れなど~ (2, 0.2%)

1 して, すると

▼ 訪れまた~ (2, 0.2%)

1 この國, 廃兵院にも

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 かの実相, かの話

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 た, ぬるなり

▼ 訪れ呆気~ (2, 0.2%)

2 にとられ

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 がこの, が取締り

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 と一致, の眠れなく

▼ 訪れ~ (2, 0.2%)

1 ふ事, へる御身

▼1* [164件]

訪れあたら動坂三郎を, 訪れいつも雪に, 訪れいまだ人界に, 訪れお話をし, 訪れから分化した, 訪れきょう朔日の午頃, 訪れここに四年ぶり, 訪れこそしないが, 訪れこの老先生, 訪れこれまで日本人, 訪れ挨拶を, 訪れしかも捕えがたい, 訪れしも是れ, 訪れそうな所, 訪れそこの番人, 訪れそこで法月弦之, 訪れそして放浪に, 訪れその後からは小使, 訪れその間の事情, 訪れたりなどした, 訪れだったのでふと, 訪れといったような, 訪れとともに谷村の, 訪れとはこのこと, 訪れどうかして, 訪れなどは真実藤吉郎の, 訪れなんて有りがたく, 訪れにくいといった状態, 訪れほとんど寝食も, 訪れまたは初花躄勝五郎, 訪れまでを待つ思ひが, 訪れもう一箇年お金ください, 訪れものをよみし, 訪れ早馬の, 訪れやうとする, 訪れふべは, 訪れよりも待ちえられないに, 訪れる, 訪れカブラルの説教, 訪れシャン・ゼリゼエ劇場の大, 訪れハルミの叔父, 訪れパーラーで話す, 訪れランプの光, 訪れ一升桝を出させ, 訪れ一寸立話, 訪れ二ヵ月の滞在後, 訪れ二人で大, 訪れ二時間にわたって生徒たち, 訪れ二階の階段, 訪れが中門, 訪れ以外に昼, 訪れ伯爵邸に一泊, 訪れ住職鷲峰師の好意, 訪れ体質の遺伝, 訪れ信長は即日京都, 訪れてよりは食膳, 訪れ僅かにその, 訪れ先刻義平太に申しつけた, 訪れ先年討たれた矢作治部太夫, 訪れ先日の特賞, 訪れ先生も時折, 訪れ光秀と同道, 訪れ共に銀座で, 訪れ其処に後見, 訪れ其生活を祝福, 訪れ到着の挨拶, 訪れ同様獅を, 訪れ十二時が打つ, 訪れ十日放送分について話す, 訪れ千六百五十八年にはスタンフォド, 訪れ印税の残り, 訪れ故寛先生, 訪れ古刀のよい, 訪れ和尚の弟子, 訪れ因幡守もかれ, 訪れは来った, 訪れ夢殿に詣でたい, 訪れ大市から取っ, 訪れ天国の剣, 訪れ夫人の身辺, 訪れを口説く, 訪れ宝物を見せ, 訪れへ帰る, 訪れ家族の中, 訪れ富士屋ホテル行きをすゝめ, 訪れ対抗試合を申し入れた, 訪れ専務に会つて直接談判, 訪れ将軍のお, 訪れ小さい声で, 訪れ小林一三氏と話す, 訪れ山口では大内義隆, 訪れ山野をPCL, 訪れ川上未亡人に会った, 訪れ帳簿の提出, 訪れ幕府への御, 訪れ彼女が幼, 訪れ相談申上げたく, 訪れ復来むまでの祝福, 訪れ心痛して, 訪れる時, 訪れ手紙を見せ, 訪れ打合せはちょい, 訪れ挨拶して, 訪れ推古から鎌倉, 訪れつた, 訪れ撮影のこと, 訪れ支店に立寄っ, 訪れだった, 訪れ日本一の豆腐, 訪れ時政が常, 訪れ暫く話し込み常盤座, 訪れの餅, 訪れ来様とも俺, 訪れ果物や菓子, 訪れ校舎新築の件, 訪れ様々の陶器, 訪れ權六もまた, 訪れ歌会に誘う, 訪れ正月に一緒, 訪れを祝福, 訪れ毛里記者に会っ, 訪れ渡つて居る中, 訪れ無口な金助, 訪れ現下有用の逸材, 訪れ痛切にそれ, 訪れ相手の顔色, 訪れ眉目よい女房, 訪れ社長田沢に面会, 訪れ祕密渡航を企て, 訪れ秀秋を毛利, 訪れなれば, 訪れは次第に, 訪れの冴え, 訪れ一に, 訪れ一時間話す, 訪れ老いを養う, 訪れ老女の傍, 訪れく夕飯, 訪れ自分自身のため, 訪れ自著一冊貰って, 訪れ芸術方面の一切, 訪れ若宮は大分健康, 訪れ苦心談を夕方, 訪れ荒海を乗り切っ, 訪れを貰っ, 訪れを吸い, 訪れ行法と武力, 訪れ裁判を起こし, 訪れ親しくその人物, 訪れに報いよう, 訪れ警視庁から頼まれた, 訪れかな北國, 訪れ遺品を見せ, 訪れ野山の霞梅, 訪れがなくなれ, 訪れ鎌倉へ帰れ, 訪れ長崎滞在中の思い出, 訪れの開かれる, 訪れ門前の白雲庵, 訪れ間もなく私達の, 訪れ難い折に, 訪れ雪江が屡, 訪れ須子の温かい, 訪れ養蚕をし