青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「訪ね~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

記念~ ~記憶 記憶~ 記者~ 記述~ ~記録 記録~ ~訣 訣~ ~訪ね
訪ね~
訪れ~ ~訪問 訪問~ 設け~ 設備~ ~許 許~ ~許し 許し~ ~訳

「訪ね~」 3924, 41ppm, 2854位

▼ 訪ね~ (3528, 89.9%)

249 来た, 来て 81 来たの 76 來た 71 きて 52 きた 51 行った 45 行くと 42 行って 40 来たこと 34 來て 29 行つた 28 きたの, 来ました 26 来るの 24 來る 21 ゆくと, 来た時, 来ると 20 いった, 行くこと 18 来る, 来ること 16 來ました, 来たという 15 くれた, みると 14 来たと, 来ても 13 行ったの, 行った時, 見た 12 みた, 来る人, 行ったが, 行っても 11 いた, みようと, 来たので, 来たもの, 来たり, 来た人 10 くる, くると, 来たとき, 来たん 9 おいで, おいでに, きました, 来た者, 行きました 8 きたが, 来たが, 来られた, 来るよう, 行こうと 7 きたとき, くるの, 来るもの, 行くの, 行ったこと, 見ようと, 見ると

6 [11件] いって, きたこと, くる人, みよう, 参りました, 往つた, 来ては, 来なかった, 来られて, 来る客, 来る者

5 [11件] いつた, くるもの, みやう, みること, ゆくこと, 来たといふ, 来たわけ, 来た事, 行ったとき, 行つ, 行つても

4 [33件] いくと, きたと, きた時, きては, くるよう, くれたの, くれた時, くれました, くれること, みたが, 一緒に, 下さい, 今度の, 呉れた, 往った, 御馳走に, 新聞を, 来まして, 来ます, 来るたび, 来る人たち, 来れば, 聞いて, 行く, 行くから, 行くという, 行くところ, 行く事, 行ったり, 行つた時は, 見たいと, 見たが, 見ました

3 [24件] いったの, くれたが, くれたのに, くれた人, くれるの, ここへ, みたこと, みたところ, ゆけば, 教えを, 来たお, 来たか, 来たのに, 来たよう, 来た男, 来てから, 来られたので, 来るが, 歩いた, 行くもの, 行くん, 行つたら, 見よう, 訊いて

2 [141件] いたの, いったが, いったり, いっても, いらつし, いる, きたという, きたので, きたり, きた女, きての, くだすった, くるかも, くるが, くること, くるとは, くる者, くれたこと, くれたと, くれたん, くれなかったの, くれば, くれると, くれるなり, くれるよう, こい金もうけ, こういうわけ, その意見, まいりました, まわって, みたの, みました, みましたが, みましょうか, みようという, みよう私, みる気, やって, やって来ました, やろうと, ゆきました, ゆく, ゐた, インド総督からの, ワッと, 三日ばかり, 下さったの, 下さるなら二重, 下さる方, 下すった, 下すつた石本俊吉君, 事件の, 事情を, 以来ただの, 何か, 來たんだ, 來ても, 例の, 参ったの, 参られた, 参り, 参りましたので, 参りますが, 参るでも, 君の, 四目置い, 居りました, 彼の, 往って, 往つた男が, 念仏の, 慰められるどころか, 旅し, 暇乞旁礼を, 来い, 来ず誰, 来たって, 来たに, 来たろう, 来た人たち, 来た兄, 来た友人, 来た友達, 来た女, 来た新聞記者, 来た旧知, 来た母, 来た用向, 来た私, 来た自分, 来た訪客, 来た長吉, 来ての, 来ないこと, 来ないもの, 来ましてね, 来ようと, 来ようとは, 来られたの, 来られました, 来られる, 来られると, 来られるの, 来るところ, 来るなんて, 来るに, 来るので, 来るん, 来る約束, 来給, 歩いたが, 氏の, 沼田へ, 泊った, 浦粕町の, 相談した, 相談を, 童話原稿の, 自分の, 荒正人と, 行かうと, 行きさえ, 行きは, 行きましたが, 行き出先, 行くお, 行くよう, 行く気, 行けば, 行こう, 行ったところ, 行ったん, 行つたが, 行つたのは, 見たの, 見る気, 訊くと, 詳しい仔細, 謁見の, 近日中に, 酒を

1 [1240件 抜粋] あきらかな, あげましょう, あの人, ありのままを, いきました, いくところ, いこうかと, いただきたい, いたろうと, いったこと, いったところ, いったら, いった僕, いった時, いつたとき, いつたのに, いないので, いましてね, いら, いらしたの, いらっしゃいましたよ, いられるし, いるの, いろいろな, うまい水, えっても, おいでよ, おなじやう, おりました, お出でに, お勝手口, お梶さん, お礼を, きたか, きたそう, きたてい, きたに, きたはず, きたらしかった, きたら実は, きたカ氏, きた七, きた人, きた兄, きた友人たち, きた宣賛, きた彼, きた父兄, きた社, きた翌日, きた自分, きた訳, きなさいわし, きませんでした, くるうち, くるからと, くるたびごと, くるので, くるよ, くる一足前, くる人々, くる友人連, くる子供, くる客, くる日, くる様子, くる青柳, くれい, くれたけれども, くれたつ, くれたま, くれた友達, くれた最初, くれた水産試験所, くれと, くれなかったか, くれようとは, くれるには, くれる人, くれる余裕, くれる志, くれる源氏, くれる者, ここから, こないけれども, こなかった, こなかったと, このこと, この次第, こられたか, こられたの, こられた日, こられ井伏, こんな事, ござること, さて帰り, さらに怯えさせ, しばらく話, しまふと, そういう不安, そこに, そっとその, その一隅, その了解, その地, その寡婦暮し, その日, その王, その節あなた, その適当, それとなく彼, そんなこと, ついに先生, どうして俊夫君, なにげなく実験室, ふたたび都, まいったよう, まいられたか, まいりましたこと, まいります, まいれるもの, まずきのう一日, また甘やかされた, また飲んだ, みえたが, みたいと, みたく思召, みたのよ, みたら病気, みた卒中, みては, みねば, みましょう, みようか, みようかなどと, みようでは, みるつもり, みれば, や, やっても, やって来ます, やる知人, やろうという, ゆかなかつたも, ゆきながら, ゆき傷, ゆき来あわせたアナーキスト仲間, ゆくでしょう, ゆくところ, ゆくよ, ゆく人, ゆく家, ゆく自分, ゆく途中, ゆつくり, わざわざおい, ゐたので, ゐなかつたの, アパルトマンも, オーリャを, テクテクと, ヒサが, フランス語の, ペンキ消し液を, メーデーの, 一切を, 一応渡り, 一泊翌日遠藤と, 三十分か, 三度玄関払いを, 上げよう, 下さいます, 下さつて, 下さるそう, 下すって, 下女の, 不意打ちを, 主人が, 久々で, 事務所の, 二三日そこに, 二句, 二度目であった, 二時間ほど, 五人の, 京都居住の, 今一度妹と, 仕事を, 以来まだ, 会うこと, 会ふ, 佐世保の, 余り急ぎ, 來さへ, 來たけは, 來ては, 來まして, 傷める小川さん, 働いて, 先夜の, 入院費用を, 共に最上川, 出かけたもの, 初音の, 勢の, 北門新聞社へ, 十時過, 午餐の, 参ったお前, 参ったら泊め置け, 参られた浪人衆, 参られましたが, 参られるが, 参り一泊, 参るつもり, 参るよう, 参れという, 參り, 叡山に, 句集代を, 呉れその, 呉れと, 呉れること, 呉れるもの, 和尚は, 問答を, 喬之, 土佐守に, 坐り込むよう, 多分病氣と, 夜に, 大山さん歓迎の, 奈良土産を, 女史に, 奴にも, 学校へ, 宗教事業にでも, 将門の, 少しばかり, 居りません, 岡田館長の, 帰りに, 帰る宇津木兵馬, 庭を, 廻ったん, 廻らなければ, 弟子入りを, 強訴した, 彼を, 往き自分, 往ったら, 往つたある, 往つた事が, 往つた政治家達が, 往つても, 往つて弟子入りを, 御覧なさい, 志賀重昂への, 怒鳴られながらも, 悲慘な, 慰め心弱き, 慶長版の, 探索の, 携えて, 文芸九月号を, 斯う, 旧情を, 昌造についての, 是非それ, 昼飯の, 晩秋の, 晩餐を, 暇乞ひ, 暫時閑談雪舟庭の, 書きもの, 有利な, 未亡人の, 来, 来お, 来さしたいばっかりに, 来そう, 来たいもの, 来たお松, 来たからって, 来たがんりき, 来たそうじゃが, 来たそなたが, 来たでしょう, 来たとか, 来たとしても, 来たなと, 来たやう, 来たら, 来たらしい, 来たらすぐ, 来たら否, 来たら起して, 来たヘンリイ卿, 来た一部始終, 来た上郷村人足寄場, 来た事情, 来た人々, 来た医者, 来た同僚, 来た夜, 来た奴, 来た嫌, 来た客, 来た小学時代, 来た御, 来た意味, 来た愛人達, 来た折, 来た時はる子, 来た晩, 来た景子, 来た母親, 来た深山, 来た爺さん, 来た町, 来た神様, 来た細川氏, 来た若い, 来た要, 来た陣場夫人, 来た雑誌記者, 来た顛末, 来ないかと, 来ないだろうか, 来ないなんて, 来ないやう, 来ない僕, 来なかったこと, 来なかったの, 来なかつた, 来なくなつ, 来は, 来ましたとき, 来ました女給, 来ませんから, 来また, 来やしないだろうかと, 来よう, 来られたそう, 来られたらしくその, 来られない道, 来られましたとき, 来られ船岡どの, 来るお客, 来るきつ, 来るごと, 来るぜ, 来るでも, 来るといふ, 来るどころか, 来るはず, 来るほどの, 来るよ, 来るフウイヌム, 来る仲間, 来る前, 来る参観者, 来る友達, 来る学生, 来る家族, 来る度, 来る村, 来る気色, 来る祖母, 来る素子, 来る親戚, 来る途中, 来る都, 来ツイ雪見酒, 来庵, 来池田勝入, 松島から, 様子を, 欲しいもの, 武蔵の, 歩きましょう, 死の, 殊勝らしく, 水分の, 江戸へ, 深くつき, 澁谷へ, 無限の, 熱帯の, 現はれる, 理研の, 用を, 留守に, 発見した, 百貨店対個人店の, 短夜の, 確かめねば, 私が, 私たちの, 秘かに, 種々議論, 第二版, 素朴の, 結婚しましょう, 練り上げたもの, 耳もとで, 胡瓜と, 色々と, 芋を, 菓子を, 蜀臣全体の, 行かっしゃるより, 行かない橋, 行かなかつた今朝, 行かれたならば, 行き, 行きたいこころもち, 行きなさい, 行きましたね, 行きます, 行きますと, 行きや, 行くかも, 行くけれど, 行くだらう, 行くなどという, 行くなんて, 行くのに, 行くよい, 行く客, 行く度, 行く熱心さ, 行く私達, 行く足どり, 行けないじゃ, 行こうかと, 行こうとして, 行ったお雪婆さん, 行ったさ, 行ったもの, 行ったらどう, 行ったら面倒, 行った二人, 行った印刷屋, 行った古き, 行った市来, 行った熊吉, 行った親戚, 行ってから, 行つたさうで, 行つたのだ, 行つたのです, 行つた事が, 行つた四谷の, 行つた家で, 行つた日が, 行つた時の, 行つた時校長は, 行つて, 行つてその, 行つて存分に, 行つて教へを, 行つて随分, 行て, 要るだけの, 見えたぞよ, 見えた者, 見えましてね, 見せに, 見たい同門, 見たく山陰, 見た日, 見ては, 見ましたよ, 見ようかしらなどと, 見ようじゃ, 見ようぢ, 見ようなどと, 見れば, 觀音樣へ, 診察を, 詫を, 話した, 話し込んで, 話すビール, 詳しい説明, 誘ひ出し豪徳寺, 賜もった, 近藤勇を, 逢へ, 郵便物を, 酒食を, 鉄胤から, 長いその, 門口から, 陸軍大学への, 雨坊主が, 顔を, 飲まして, 馳走に

▼ 訪ね~ (42, 1.1%)

3 なったの, 行って 2 出ました

1 [34件] あずかった訳, こなくては, なった, なった大, なった宮の所, なって, なつてこ, なりました, なりましては, なること, なると, なるの, なる八官町, なろうと, ゆきしは, 上ったわけ, 兄たちは, 出かけた, 出かけて, 寄った, 戻る例, 来たの, 来たり, 来て, 来ること, 来るついで, 来ると, 無情く, 行くの, 行こうと, 行った, 行ったこと, 行つた時の, 預かつ

▼ 訪ねても~ (25, 0.6%)

2 不在である

1 [23件] いる, きっと足袋, くれましよう, すべてを, ちつとも, みたが, ゆかず訪ねて, 下さりや為, 何にも, 刺すこと, 周二居は, 来ないよう, 来なかったよう, 来ませんし, 来ませんでした, 私に対する, 老婦人, 行きませんでしたが, 行けず病院, 見なかったそう, 逢わなかった, 部屋に, 関は

▼ 訪ねたり~ (22, 0.6%)

3 して, 訪ねられたり 2 すること, するよう

1 [12件] するの, また海岸, カフェで, 亡くなつた人, 旧い友だち, 時には平田家, 松島の, 渡しを, 私と, 老農について, 花見遊山に, 農夫に

▼ 訪ねては~ (19, 0.5%)

2 ゆかなかった

1 [17件] いけないの, くださらないの, その詩, 下さらなかったの, 來ず, 來なかつた, 御馳走に, 慰めて, 持前の, 来ない, 来ないという, 籠の, 行かないでも, 行かなかつた, 行ったが, 酒に, 金を

▼ 訪ね~ (16, 0.4%)

2 して

1 [14件] いたしたが, うけた, うけて, うけては, したからとて, したわけ, しない前, しようと, すると, たまわっては, 断った, 機に, 給わって, 致さねば

▼ 訪ねその~ (10, 0.3%)

21 不敵を, 人の, 家に, 気持を, 氣持を, 翌日二人は, 調子の, 貧しい着物

▼ 訪ね~ (10, 0.3%)

1 しないなんて, しなかったこと, しなかつた, しません, しませんが, せずお, せんので, できないの, ならぬ, 行かじ二本

▼ 訪ねそれ~ (6, 0.2%)

2 から常盤橋 1 からまた, から三田君, こそほん, と同じ

▼ 訪ねそれから~ (6, 0.2%)

1 上野の, 停車場に, 天女が, 学校に, 局の, 巡査とともに

▼ 訪ねながら~ (5, 0.1%)

1 この総代仲間, 一遊した, 帰って, 日本全, 東京へ

▼ 訪ね~ (5, 0.1%)

1 ご用の, ときも, 家でございます, 文を, 約を

▼ 訪ね~ (5, 0.1%)

1 から部屋, の伝記, の寝室, の申し立て, を取巻く

▼ 訪ねそこ~ (4, 0.1%)

1 に一泊, に先ず, に定住, に成人

▼ 訪ねてから~ (4, 0.1%)

1 それが, で, 暫くの, 都合二回の

▼ 訪ねての~ (4, 0.1%)

1 帰途に, 歸り, 歸途鎌倉驛で, 話に

▼ 訪ね~ (4, 0.1%)

1 すったが, すったこと, すったの, すっても

▼ 訪ね~ (4, 0.1%)

1 て悲しき, て見れ, りし, ること

▼ 訪ねそして~ (3, 0.1%)

1 キャバレー歌舞伎まで, 宋江の, 水も

▼ 訪ね~ (3, 0.1%)

1 しないの, しないはず, 何御用です

▼ 訪ね~ (3, 0.1%)

1 がわかる, きに, だけ聞く

▼ 訪ね同道~ (3, 0.1%)

3 して

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 したが, れるの

▼ 訪ねさえ~ (2, 0.1%)

2 すれば

▼ 訪ねさらに~ (2, 0.1%)

1 久芳さんを, 田村右京から

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 あれば, いうので

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 はつて, はる

▼ 訪ねトルレス~ (2, 0.1%)

1 の名, の書簡

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 しよに, 宿したしと

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 そこに, 客にも

▼ 訪ね楽屋~ (2, 0.1%)

2 をぶちまけ

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 かと思っ, かと思つて

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 から次, で臼杵

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

2 上げます

▼ 訪ね自分~ (2, 0.1%)

1 の生命, を投げ出し

▼ 訪ね~ (2, 0.1%)

1 が映る, を直し

▼1* [165件]

訪ねあのボロボロの, 訪ねある人が, 訪ねいつしよに, 訪ねいつも授業を, 訪ねいやその前, 訪ねこころざしも, 訪ねおそくまで話し興じた, 訪ねお互いに仕事, 訪ねお詫びいたしたが, 訪ねかねて註文し, 訪ねてら旅, 訪ねくだすったという, 訪ねここに一渡り, 訪ねそこで所要の, 訪ねたりもした, 訪ねだの尼御前には, 訪ねちっぽけな十八歳, 訪ねついでニキーチナ夫人を, 訪ねてぞとふ, 訪ねてなんか行って, 訪ねてよかつた, 訪ねではなく実は, 訪ねとも覚えずつい, 訪ね見当らず佐渡, 訪ねなどした, 訪ねなどもした, 訪ねには行った, 訪ねまた九条の, 訪ねもう一度食事にでも, 訪ねようにも彼女, 訪ねるまさに, 訪ねわけを話し, 訪ねわざと深更まで, 訪ねキリシタンの神父, 訪ねキリスト教の真理, 訪ねブハーリンの父, 訪ね一千百餘人の入園患者, 訪ね一徳に会い, 訪ね一曲の鎮魂曲, 訪ね一番酔っぱらって, 訪ね一緒に赤倉, 訪ね万事手筈をきめ, 訪ね三人打連れて, 訪ね下宿を世話, 訪ね主人に会っ, 訪ね主治医に事情, 訪ね九通の書簡, 訪ね事情を明かし, 訪ね二三日泊りこみそれから, 訪ね二人の侍女, 訪ねまでのこと, 訪ね今度総代として来た, 訪ね今後のこと, 訪ね今日はこれ, 訪ねの訪客, 訪ね埋葬の, 訪ね伊藤忠太博士が撮影, 訪ねふ機会, 訪ね会堂の敷地, 訪ね信長に対して免許取消し, 訪ね信長側近の大身, 訪ねは奥方, 訪ね先達殿の御, 訪ね八人の女たち, 訪ね其周旋によって匿名, 訪ね出発前に宣教師, 訪ね利助の娘, 訪ね加十さんの勘当中, 訪ね北千住に行く, 訪ね十一時すぎに帰っ, 訪ね博士に之, 訪ねの中程, 訪ね原稿のこと, 訪ね叔父が美貌, 訪ねはし, 訪ね告解のため, 訪ね品物を受取り, 訪ね国事を論じよう, 訪ね大鵬すなわち飛行機, 訪ね天上沢の路, 訪ね天下の山川, 訪ね夫人の手, 訪ね夫婦のあた, 訪ねを表, 訪ね学校を訪ねた, 訪ね學校を訪ねた, 訪ね宇太八に文句, 訪ね小生もその, 訪ね少々借りるありがたう, 訪ね市庁へゆき, 訪ね帰りに播州, 訪ね帰路木挽町に寄った, 訪ね幼い時代の, 訪ね庄司主事に面会, 訪ねくは, 訪ね廻つてお金を借り, 訪ね廻つて日を過ごした, 訪ね廻つて重傷者の顔, 訪ね弥兵衛に連れられ, 訪ね彼らの計画, 訪ね彼女から祝い, 訪ね必ず夫君スパルミエント氏の, 訪ね思い出のある, 訪ね意外なこと, 訪ね慰めいたわり更生後, 訪ね新香漬を予, 訪ねが唐突, 訪ね時には立ち話を, 訪ね晩食を共に, 訪ね村長校長をはじめ主, 訪ねたった例, 訪ね松永久秀から叛, 訪ね案内されて, 訪ね次に富塚内蔵允を, 訪ね次第に作家同盟の, 訪ね正香と旧い, 訪ね泉石の遺品, 訪ね法名を乞うた, 訪ね法均という尼, 訪ね法王へ謁, 訪ね洋次郎の企み, 訪ね海老塚の生家, 訪ね済寧館の下見, 訪ね澄太居に落ちつく, 訪ね用向きを果し, 訪ね申さんが予, 訪ね男山の八幡, 訪ね留守中の礼, 訪ね留守番をされた, 訪ねてたの, 訪ね石井信次を訪ねる, 訪ねを打つ, 訪ね神父を平戸, 訪ね筑紫亭でみつ, 訪ねを貰, 訪ね細君からいろんな, 訪ねひ我が, 訪ね縁起録の内容, 訪ねのない, 訪ね翌日は氏, 訪ね胡座の膝, 訪ねを探り, 訪ねはいくらでも, 訪ね被害地視察のこと, 訪ね親類へも挨拶, 訪ね誓書を入れ, 訪ね誠意と情熱, 訪ね調教授を問い, 訪ね謝罪すべき点, 訪ね谷文晁の画塾, 訪ね貴方の意見, 訪ねの振り, 訪ね近頃名人の, 訪ね通詞らの門, 訪ね過日のよう, 訪ね部屋でも探し, 訪ねをのん, 訪ね野州に入り, 訪ねを借りた, 訪ね鑑眞和尚の像, 訪ね院主の老, 訪ね雅楽頭と面会, 訪ねを踏ん, 訪ね館長の, 訪ね鳥井さんが老い