青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「転~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~車 車~ 車夫~ ~軍 軍~ 軍人~ 軍艦~ 軍隊~ ~軒 軒~
転~
~軽い 軽い~ ~軽く 軽く~ ~軽蔑 軽蔑~ ~載せ 載せ~ 輕~ ~輝い

「転~」 1015, 11ppm, 9864位

▼ 転~ (132, 13.0%)

61 つてゐる 17 つてゐた 5 つた 4 つて, つて居る 3 ッて 2 つたり, つてゆく, つて来る, つて行く

1 [30件] さって, そう転がそう, つたことも, つたまま, つたままトルストイの, つた無頼漢は, つた間に, つていつた, つてきた, つてし, つてとう, つても, つてるん, つてゐ, つてゐない, つてゐました, つてゐます, つて勝手な, つて各々, つて向側へ, つて教則本を, つて枕もとには, つて気に, つて溢れる, つて笑ひつ, つて行つてすぐ, ないだけずつと, ひなで, ッた, 何にか

▼ 転って~ (129, 12.7%)

22 いた 5 いる 3 いて 2 いたの, いました, いること, いるの, いるもの, 行った

1 [87件] ある傍, いそう, いたって, いたと, いたのに, いたり, いたクーペ, いた奇妙, いた石塊, いた私, いた雪, いった, いったほど, いって, いてか, いても, いないの, いようし, いるが, いるごろた石, いるだろう, いると, いるという, いるばかり, いるよう, いるサイダア, いる一つ, いる一人, いる一個, いる一疋, いる不恰好, いる人々, いる凄惨, いる処, いる実験室, いる岩石, いる方, いる本, いる桶類, いる死体, いる玩具, いる私, いる空地, いる者, いる自分, いる茄子, いる酒盃, いる鉋屑, いる険岨, きたの, きたり, しまうとたんに, しまった, しまって, すきと, すぼまって, そのまま昏, た椿, ひいひいいい, ますね, ゆきました, ゆく, ゆけ, ゆこうと, る侘しい, る古, バタリと, 世の中は, 二つに, 口から, 口を, 味気ない, 天井を, 居て, 居ました, 居ります, 居坐りに, 抱き合いながら, 星尾の, 来た方向, 池田さんの, 行く, 行く黒人, 見せるよ, 見たり, 遊んだ, 飛ぶの

▼ 転~ (57, 5.6%)

2 て, ている, て了, て行く, て見る, て遂に

1 [45件] たりする, てあった, てあつた, てあまねく, てある, ています, ておい, てこの, てさかのぼる, てその, ては一女流作家, てまた, てゆく, てサネカズラ, てノーマ号, て一生, て三好氏, て今, て何, て信玄, て再び, て利腕, て呼ぶ, て太息, て小次郎, て居る, て悪, て新しい, て来れ, て横町, て津幡, て焼かれる, て生活, て穂, て草野, て行き, て見なけれ, て追剥, て黒綾, でもした, 危く初太刀を, 射的だの, 手も, 柱の, 私たちは

▼ 転~ (31, 3.1%)

9 うちを 5 内を

1 [17件] せがれが, ための, ひら, 夢に, 大労作, 女郎の, 字の, 宇宙実在とが, 形跡も, 瞬時の, 身の, 運動の, 過程を, 違いか, 間も, 類でも, 骨頂だ

▼ 転~ (27, 2.7%)

2 されて

1 [25件] されそのまま, されたの, された南部藩士, された後, されるかも, され嘉明, され百万石, したおりその, したさい, したを, して, し後, だけさせよう, であったの, となり, と云う, に相成り, のお, のなかっ, の二条件, の経過, の経験, を拒絶, を時, を約した

▼ 転~ (18, 1.8%)

2 と横

1 [16件] そうに, その上, その転, つつ抑えられ, て彼, て跳ね退き, とお前さん, ながら先刻, ながら叫ぶ, ながら横道, にあらずや, を打ち, 出さんと, 方を, 磨石と, 込で

▼ 転~ (16, 1.6%)

3 して, する 1 えって, がはじまった, した, し呻吟, し論語, すること, する身, の日夜, の果死亡, わが胸

▼ 転つて~ (14, 1.4%)

2 ゐる

1 [12件] ゆく白い, ゐた, ゐた地金, ゐた鉄鉢, ゐると, ゐるなど, ゐる二つ, ゐる筈, 居るから, 来て, 来ました, 聞いて

▼ 転ってる~ (12, 1.2%)

1 [12件] がらくたの, ものと, 一本の, 友人を, 向うに, 木の, 気が, 灰皿の, 美だった, 轢断された, 野菜について, 髪を

▼ 転法輪寺~ (12, 1.2%)

2 の内 1 から伝令, では公卿, には松尾刑部, の内門, の前, の大, の方, の鐘, の門前, へお

▼ 転轍器~ (12, 1.2%)

1 [12件] が切換えられる, が非常, に依っ, のところ, の側, の動揺, の故障, の聯動装置, の西, の西方, を切換えた, を装置

▼ 転~ (10, 1.0%)

1 と, とかっと, とまた, ともう, のを, の旧慣, ロールについて, 如くに, 運動を, 銚子は

▼ 転~ (10, 1.0%)

1 うた, じっと待つ, 処理し終っ, 利導せ, 妨げるもの, 宣長は, 有仰らなく, 自ら抑える, 計らむとせり, 鮮かに

▼ 転一歩~ (10, 1.0%)

2 しなければ 1 したいと, したさらに, しようしなければ, すること, するの, それから歩, でありそして, のたしか

▼ 転する~ (9, 0.9%)

1 ことを, に至っ, のが, もの数次遂に, をみ, 峠の, 白い鴎, 過程です, 間に

▼ 転~ (9, 0.9%)

1 がって, がつて, がる, がるより, んでただ, んで天井, んで新聞, んで見る, んで鏡

▼ 転~ (9, 0.9%)

1 だ, で転ずる, とでもいった, に注目, に至っ, の, のところ, の牡牛関, は頼千秋

▼ 転った~ (8, 0.8%)

1 がしかし, が寒い, のだった, のも, ように, 中に, 末部屋の, 美少女に対して

▼ 転~ (8, 0.8%)

1 あらう, さあ, すなわちハシヒト, わけと, マムトは, 太陽神の, 早くから此地方, 狐だの

▼ 転~ (8, 0.8%)

2 だと 1 だという, だといふばかり, と言わね, などもまた, ならむ, に宛てた

▼ 転~ (7, 0.7%)

1 いいますが, いうよりも, したならば, すれば, のみも, 急転し, 来て

▼ 転~ (7, 0.7%)

4 して 1 させて, したと, しながら

▼ 転~ (7, 0.7%)

1 すると, は相継い, よりも還俗, を一度, を叫んだ, を怪しまず, を拒絶

▼ 転~ (7, 0.7%)

2 して 1 した, した当初, した日, した日以来, してから

▼ 転~ (7, 0.7%)

1 が感ぜられる, となる, のうち, の時代, をし, を意味, を見る

▼ 転である~ (6, 0.6%)

1 かともお, という事, という説, といふ説, と大島博士, と説明

▼ 転~ (6, 0.6%)

1 あたるやう, あたるよう, よりて, ウタヽと, 捲き込まれて, 移る所

▼ 転り落ち~ (6, 0.6%)

3 て来る 1 そうな, そうに, て微塵

▼ 転~ (6, 0.6%)

1 で夏, な事, な点, の馬鹿, は嫌, を屈伏

▼ 転~ (6, 0.6%)

1 させて, して, を命じられ, を機会, を歓ばなかった, 仰せつけられた

▼ 転~ (6, 0.6%)

3 して 2 する玉石 1 である

▼ 転~ (6, 0.6%)

1 されて, した貨車, に使う, のハンドル, の技能, の音

▼ 転轍手~ (6, 0.6%)

1 と遊ん, の顔, はいそい, は子供, は男の子, は笑い

▼ 転迷開悟~ (6, 0.6%)

1 というはすなわち, の教, の方法, の要路, を勧めるで, を唱道

▼ 転たる~ (5, 0.5%)

1 ことは, 唄を, 嬌声を, 嬌音を, 鶯の

▼ 転ろげ~ (5, 0.5%)

1 こんで, てねむりました, る, るよう, 出て

▼ 転害門~ (5, 0.5%)

2 を見過ごし 1 からまず, と三月堂, をくぐりました

▼ 転~ (5, 0.5%)

1 である, としていわゆる, の来る, への準備, を劃

▼ 転り込む~ (4, 0.4%)

2 と何 1 のも, ように

▼ 転~ (4, 0.4%)

1 から目, だったと, に, をし

▼ 転廻し~ (4, 0.4%)

1 てこつち, てゆく, て行った, 彼は

▼ 転~ (4, 0.4%)

1 させ俄, した新, の一句, を憂へる

▼ 転~ (4, 0.4%)

3 の間 1 の客気

▼ 転覆る~ (4, 0.4%)

2 ような 1 ほど根太, 事が

▼ 転~ (4, 0.4%)

2 の先 1 のところ, を策し

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 しより, て二度と, て夢

▼ 転~ (3, 0.3%)

2 ばし 1 ばしましたら

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 ことは, とやら東洋, ように

▼ 転てつ機~ (3, 0.3%)

3 の前

▼ 転といふ~ (3, 0.3%)

1 ことも, ことをば, 字を

▼ 転り出る~ (3, 0.3%)

1 とひろい上げ, のを, をいまいましい

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 じまうよ, だらなぜ, デ大

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 した, す, すること

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 に於, の必然そのもの, を示す

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 でわざわざ, を捲き上げる, を締める

▼ 転手古舞~ (3, 0.3%)

1 で材料, の忙し, を演じ

▼ 転手古舞い~ (3, 0.3%)

1 だわ, をし, をやっ

▼ 転~ (3, 0.3%)

2 の上げ 1 が上がっ

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 からその, も有り, を知んが

▼ 転~ (3, 0.3%)

2 に耐 1 にサッサ

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 とも飛蓬, の意味, ヲ観

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 が是非, によって自ら自ら, を下し

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 する気力, とである, の苦しい

▼ 転輪聖王~ (3, 0.3%)

1 の家, の馬宝, よりも貴い

▼ 転~ (3, 0.3%)

1 して, することそれ自体, によって解決

▼ 転こん~ (2, 0.2%)

1 でその, で行く

▼ 転した~ (2, 0.2%)

1 栄三郎神変夢想で, 泰軒藤堂粂三郎と

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 たりする, ている

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 思すらむ, 糞を

▼ 転では~ (2, 0.2%)

1 ないかと, ない様

▼ 転として~ (2, 0.2%)

1 成り立ちさ, 満野

▼ 転どこ~ (2, 0.2%)

2 にどう

▼ 転なら~ (2, 0.2%)

2 少しは

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 宇多弖も, 為ざるなり

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 ざりけれど, ず頭

▼ 転りこ~ (2, 0.2%)

1 みました, んできた

▼ 転り出し~ (2, 0.2%)

1 ていく, て留置場入口

▼ 転り込ん~ (2, 0.2%)

1 で来, で行った

▼ 転ジ壮者ハ~ (2, 0.2%)

2 去テ他国ニ流離セリ

▼ 転三転~ (2, 0.2%)

1 そして, と急転

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 すれば, によってこの

▼ 転下し~ (2, 0.2%)

1 てたちまち, て岩の上

▼ 転倒せる~ (2, 0.2%)

1 図の, 帝国主義者の

▼ 転八苦め~ (2, 0.2%)

2 もあてられぬ仕

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 がいくつ, が長

▼ 転封問題~ (2, 0.2%)

1 である, はあった

▼ 転廻し捲騰~ (2, 0.2%)

2 し擾乱

▼ 転~ (2, 0.2%)

2 して

▼ 転法輪三条殿~ (2, 0.2%)

2 をはじめ

▼ 転生り~ (2, 0.2%)

1 は請合, 所を

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 の自由, を希望

▼ 転~ (2, 0.2%)

2 をする

▼ 転覆えし~ (2, 0.2%)

1 てすっかり, て茶碗

▼ 転覆えした~ (2, 0.2%)

1 と云う, のか

▼ 転~ (2, 0.2%)

2 に掛る

▼ 転載せられた~ (2, 0.2%)

2 ものである

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 の疾, の車

▼ 転輪聖王世~ (2, 0.2%)

1 に出, に出で

▼ 転輾反側~ (2, 0.2%)

1 して, の気

▼ 転退~ (2, 0.2%)

1 は一人一人, を欲する

▼ 転逆転~ (2, 0.2%)

2 の運動

▼ 転錯症~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, のこと

▼ 転~ (2, 0.2%)

1 ということ, は行われた

▼1* [201件]

笑靨を, 転えると石突き, 転および等位の, 転から左転に, 転くそこここと写真に, 転ころりと倒れる, 転なくては, 転させたのか, 転された亀の, 転される音は, 転しつ節々空を, 転し下っていた, 転ずらんやうに, 転ば鋭く, 転せる風は, 転そうでなくなるであろうが, 転たちまち周囲に, 転だの卓子談だ, 転ったでさ, 転ったらぽんと, 転ってたり竹皮包みの, 転たり帯, 転つて昼寝をし, 転つて書物を読みはじめる, 転てこ舞です, 転てつ器を落とす, 転であって今これ, 転であったと思われる, 転ともいえる, 転などなら誰, 転などという解は, 転などといふ解は, 転なるマウト, 転なんというの, 転ばかしたりける間, 転ばっている, 転ばったままで, 転ばり落つこ, 転ばり落ッこちる, 転ばり落ッこッたら, 転ばり落ッこッタラ如何ヅラァ, 転びになつたまゝ物尺を持つ, 転へて夢の, 転へとさしもの, 転また五転剣体一個に, 転むだ儘白い障子, 転むだ儘うつとりとその, 転むだ儘退屈を紛らす, 転むでしまふことのみを欲して, 転むでゐた状態を安座, 転めけば和尚, 転めらせたのに, 転らすごとに薄く, 転りおちるもの, 転りこむんだ, 転りだしたのは, 転り住んで暫く, 転り出したのが, 転り合っている, 転り落ちたのだろう, 転り落ちぬものとは, 転り落ちました龍馬は, 転り落つる石については, 転り踏みつけあいくらがりの, 転り込み身を, 転り込んだような, 転り返されて, 転り陥ちて怪我, 転ろばぬ様, 転ろびつつ日はし, 転されて, 転わんばかりの激動, 転ジタ是レハ全ク中村先生ガ学術ニ忠実ニ情誼ニ, 転ジテ十一年ヲココニ送リタリキ, 転ジテ真ノ沢山, 転ズレバ業縛ノ依, 転ビソウニナリ居合セタ人ノ肩エ掴マッテ, 転ビ落チ落チ重ナツテ死スル者, 転ンデカラ以後勤メナイノデ颯子カ女中ガ勤メルノデアルガ佐々木ノヨウニ上手ニ親切ニハ助ケテクレナイ, 転・倍共にイヨヽヽ, 転一払するが, 転一転毎に其度, 転下すともいい, 転乱し仕損ふたら浮世は, 転を越える, 転付しこの膏血, 転任せられもう大分前, 転なされたと, 転して, 転倒せられてゐる, 転せしなり, 転光景の凄, 転入学させて, 転八苦の物質的生活, 転剣体一個に化し, 転もまま, 転印されたのが, 転反側とはこれ, 転右転を鮮, 転合しなはんな, 転がば, 転した人, 転四変して, 転四通の左膳, 転憐, 転太石でも敷, 転失業問題が喧, 転婆娘が, 転宗者で無害, 転封ごとに腰巾着, 転封さるる時随行, 転小一郎は飛び交った, 転左衛門尉のふたり, 転左転して, 転の余地, 転を出願, 転廻させその対象, 転廻すると右手, 転廻せしめ巧みに, 転廻って揉消, 転廻私は明らか, 転廻窮まりなく身, 転形期の人々, 転役シタガソノ月水心子秀世ガ云イ人デ虎ノ門外桜田町, 転心することを, 転性みたいにお, 転悠揚としてわたし, 転感涙に咽び, 転慨歎に堪へ, 転だ急いで, 転手児舞をしなけれ, 転して, 転は榛軒, 転旋シ直達スル者ニ非ザルナリ, 転春夏秋冬夢裏過看, 転時難を憂, 転的である, 転来した事実とは, 転に障碍, 転桁索との間, 転横一文字に払った斬, 転歳月の思い, 転殺到して, 転沛逆手行聞いても, 転致す, 転法輪というの, 転法輪院の本堂, 転の日, 転派するものに, 転思の, 転滑脱となり, 転して, 転き川音, 転甚だ鈍しまた, 転生る中梵授王の, 転す, 転疎遠にし, 転益花になぞ, 転せらるると, 転の世の中, 転科するのは, 転突起発動せんと, 転などといっ, 転経唱礼は規矩, 転縹渺の間, 転臥して編み, 転しそこで, 転わずかに, 転芸者を馬鹿, 転落ちたに相違, 転落莫の感, 転して, 転行き疲れたる船子の, 転覆せしめ然る, 転覚葷羶非, 転遊ばさる, 転語彼は好き, 転課手段を編み出せる, 転の猪飼弁三, 転を致しました, 転走して来る, 転車台でクルリ, 転と来, 転軫橋寄りの空地, 転載せられている, 転輪廻の車, 転輾反則しました, 転輾増大して, 転輾懊悩に堪えず, 転輾附益非一, 転輾鞭影キミヲ尅シ, 転轍台のよう, 転込んで胸, 転運万里全功, 転の大勢, 転して, 転さして, 転関係の悩み, 転食するから心配, 転餅屋に似た差掛, 転のため