青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「軒~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~身體 ~車 車~ 車夫~ ~軍 軍~ 軍人~ 軍艦~ 軍隊~ ~軒
軒~
転~ ~軽い 軽い~ ~軽く 軽く~ ~軽蔑 軽蔑~ ~載せ 載せ~ 輕~

「軒~」 10010, 108ppm, 998位

▼ 軒~ (2515, 25.1%)

77 家の 73 家を 51 家に 49 家が 28 下に 12 家で, 家は, 家も, 茶店が 10 家へ 9 家から, 家には, 茶店の, 農家が 8 下から, 人家が, 家では 7 上に, 下には, 下の, 前に, 家と, 店で, 店を, 茶屋が, 高さ 6 下で, 下を, 主人は, 低い家, 歿した, 花屋の, 農家の, 長屋の, 門に 5 ために, 二階に, 人家も, 外へ, 宿屋が, 屋敷が, 屋敷の, 店へ, 書には

4 [17件] 下へ, 下や, 娘お, 宿屋の, 小さな家, 小屋に, 山家の, 料理屋が, 方へ, 書は, 立派な, 茶店に, 貸家も, 酒屋が, 長屋が, 門人の, 間から

3 [45件] うちで, かげに, 中には, 主人の, 前で, 古道具屋が, 声, 大きな家, 女柏, 妻勇は, 妻志保の, 妻狩谷氏俊の, 子鉄三郎, 家だけ, 家まで, 家屋を, 宿屋に, 宿屋へ, 寺が, 小家が, 小屋が, 小屋の, 居酒屋が, 店が, 店の, 所に, 掛茶屋が, 料理屋へ, 方に, 日記は, 松, 格子を, 湯宿に, 漁師の, 百姓家が, 百姓家の, 端に, 端の, 舞踏場へ, 褄なる, 農家を, 酒場が, 長屋を, 障子が, 風鈴が

2 [172件] あき家, うしろを, うちの, うちへ, おやじが, お得意, お長屋, かしわ屋の, しのぶを, しもたやの, ぢ, つまと, ところは, なかに, ひくい家, りっぱな, カフェの, バラックの, ホテルへ, 上へ, 下などに, 下は, 下まで, 下下水の, 世に, 中でも, 中に, 丸山の, 主人に, 事を, 二階の, 二階家が, 人となりを, 人家すら, 人家の, 休み茶屋が, 低い家並, 低い平家建, 何屋が, 使ひ, 兄弟は, 先に, 出の, 出入りを, 前身は, 古い大きな, 古家が, 古風な, 唇が, 商店の, 嗣子磐の, 土間に, 城など, 城に, 城の, 城は, 声は, 大戸も, 女か, 女は, 女柏の, 妻は, 妻勇の, 妻志保に, 妻志保は, 妾春は, 姿を, 学術を, 家, 家である, 家でも, 家をも, 家作が, 家作を, 家屋が, 家屋の, 家庭の, 家持ちの, 宿を, 宿屋にも, 宿屋も, 小さい家, 小さな宿屋, 小さな茶店, 小屋も, 小屋を, 小川家の, 居酒屋を, 屋台では, 屋敷を, 屋根の, 屋根を, 山小屋と, 平屋が, 床屋に, 廃屋に, 待合が, 得意場を, 戸が, 掛提燈は, 支那専門の, 料理屋の, 旅籠屋へ, 旅館の, 日記に, 日記を, 旧家が, 書が, 月は, 木賃宿が, 未亡人志保は, 板庇を, 柳に, 格子戸の, 桶屋で, 楼屋が, 横の, 歿後に, 汚ない, 治を, 海から, 深い藁家, 温泉宿が, 湯屋の, 灯を, 燈籠の, 玉水, 玉水の, 瓦が, 田舎家の, 留守に, 病を, 百姓家に, 破屋が, 空家を, 空屋を, 端や, 端を, 線の, 芝居茶屋が, 茅葺屋根が, 荒れ果てた家, 葭簀の, 藁屋根の, 藁葺の, 藁葺屋根が, 蘭方を, 西洋造りの, 言葉に, 許に, 詩を, 近くを, 逸事は, 酒場の, 酒場へ, 酒屋の, 鍛冶屋が, 長女洲が, 長屋は, 門を, 門人と, 門口が, 間の, 隣家を, 雀が, 雨戸を, 雨滴の, 雫に, 露店が, 風鈴の, 飲食店を, 鳩ぽ

1 [1410件 抜粋] あいだに, あたりに, あべ, ある, あわいを, いる首尾, うちでも, うちを, うわさ, おくに, おやじに, お喋りに, お家へ, お店, かけひ, かたむいた納屋, きたないお, こじんまりした, ことである, この家, ごみごみした, しずくは, しもた屋が, そこに, そばの, たるひ, つくり桜, ところに, においも, ひくい入口, へりに, ほうへ, ぼろ姿に, まわりにも, ものさびた, ものを, やや大きな, よその, わらぶき, わんたん, ウチを, カツレツとか, カツレツを, カフェーと, キタナイお, シュウマイ食ひたくなり, テントが, ニッパ小屋部落の, ハラワタを, バーが, ホテルに, ムネを, レストランすら, ワンタンに, 一品料理店の, 一大特色は, 一種特殊なる, 上書が, 下とも, 下も, 下宿屋さえ, 下艸, 世には, 世帯を, 並んだ町, 中へ, 中華料理店は, 丸太ん棒, 主だ, 主人いろいろ, 主人だ, 主人も, 主正弘, 乳母の, 事蹟を, 二人を, 二子は, 二階めざし, 亜流である, 人々は, 人は, 人家で, 人家まで, 人形が, 他は, 仮店, 休憩所であった, 会社員ピアノを, 位牌の, 低いそば, 低いトタン, 低い其, 低い呉服屋, 低い油障子, 低い百姓家, 住宅に, 住民を, 作を, 使いじゃな, 借家を, 備忘録に, 傾いた一軒家, 傾いた現代文学, 傾いた貧乏士族, 傾きかけたよう, 僕等が, 兄弟である, 光景に, 入口を, 八つ手の, 公儀御用を, 内七百二十九軒の, 冢子鉄三郎が, 凶宅が, 出入り先を, 出現と, 刀鋩が, 初に, 別荘が, 前の, 前まで, 前床几一脚宛出し, 割合にも, 勢力で, 医院が, 半常連, 又分家, 友及榛軒時代に, 古い洋館, 古い長屋, 古び果てた, 古めかしい素朴, 古本屋で, 古道具を, 号を, 名が, 名の, 名も, 呉服屋さんが, 和蘭物を, 商売を, 問屋場が, 喪に, 喫茶店が, 嗣子棠軒は, 噂に, 固い直線, 土間へ, 地主である, 城を, 埴生の, 墓が, 墓參の, 士族の, 声に, 多紀, 大きい桜, 大きな別荘, 大きな本屋, 大きな運送店, 大仕立屋, 大展望観, 大黒屋といふ, 奥医師に, 女が, 女主人カスミ女史, 女婿と, 女将が, 女琴, 女給の, 女郎屋と, 妻とは, 妻俊の, 妻子を, 妻狩谷氏俊が, 妾と, 妾宅が, 妾春二十六蘭軒の, 妾春四十三で, 妾春四十六, 婚姻は, 婿に, 子孫祐が, 子徳安十五, 学を, 安っぽい赤, 宝石商の, 家あらん, 家あれ, 家しか, 家でした, 家とは, 家ばかり, 家並を, 家居の, 家庭が, 家搜し, 宿あり, 宿屋ある, 宿屋二木屋と, 寂しき辺, 寄席に, 富農の, 寺, 小あきん, 小さい貸家, 小さなあき, 小さなペンキ屋, 小さな床屋, 小さな洋食店, 小ぢんまりした, 小売店から, 小家は, 小屋ほども, 小屋敷まず, 小料理屋なども, 小舎が, 小門の, 尖刀, 居酒屋で, 居酒屋である, 居酒屋も, 屋台店の, 屋敷に, 山家から, 巣に, 工場で, 平屋に, 広い庭, 庇の, 床屋の, 店さきに, 店なぞ, 店も, 店屋は, 廂合で, 建物に, 建物を, 弟柏軒通称磐安は, 影に, 後事を, 得意を, 御傳馬役, 御座敷, 忍ぶこと能, 応に, 怪しい空家, 愛する所, 懇意な, 所作として, 手から, 手の内が, 技が, 指す方, 掛茶屋に, 支店が, 支那の, 救助を, 敬吉は, 文房具屋の, 料亭でも, 料亭を, 料理人から, 新しい草葺き, 新婦飯田氏志保の, 方の, 旅宿を, 旅籠だった, 旅籠兼居酒屋の, 旅籠屋の, 旅館あり, 旅館に, 旅館兼料理屋らしかった, 旗亭へ, 日影が, 日覆は, 明かり窓の, 易断所へ, 星期が, 暗い家, 曲線とは, 書を, 書斎には, 月, 月の, 木戸へ, 木賃宿へ, 木陰を, 本屋で, 本陣は, 村じゅうの, 来るを, 東遊雑記と, 板前に, 板葺屋には, 柏屋という, 某料理店, 柱にも, 柳を, 格子戸を, 桶屋が, 梅桜, 棠助が, 森家惚太郎という, 榎樹に, 樋を, 横に, 機智の, 正妻狩谷氏俊の, 此紀行は, 武家屋敷が, 死に関して, 母屋と, 民家には, 民家を, 気合いに, 水役との, 水車小屋が, 氷柱が, 汚い旅人宿, 治病法は, 洋品店を, 洋館の, 津なり, 浅い割合, 消息は, 深い菓物屋, 温泉宿は, 湯宿, 湯屋が, 湯屋も, 瀟洒な, 炉べりに, 焼そば, 煎じた藥湯, 燃え落ちるらしい音, 牀几に, 物置と, 独立性が, 玄関先で, 玉水などと, 玩具屋へ, 理髪床が, 瓦屋根が, 生涯は, 田舍家に, 田舎家壁には, 由緒正しい, 町家を, 番小舎あり, 疎開後の, 病家で, 癸亥七月十九日淹京中の, 白屋が, 百姓家についても, 皿と, 直情径行礼法に, 真綿屋へ, 眼に, 瞳にも, 知合の, 石田民三の, 破屋の, 祖父信階の, 神を, 穢ない, 空家と, 窮状を, 立場茶屋だった, 端ご, 端高く, 笑い声が, 第五女琴, 筋向うあたり今, 簾を, 糸瓜の, 紙漉小屋と, 紺暖簾が, 絵双紙屋が, 継室春五十で, 継室飯田氏志保の, 綱倉が, 繩きれ, 者が, 耶蘇信者の, 肩書を, 胸元ふかく, 腰障子に, 舞踏場で, 船が, 芝居小屋と, 花を, 花屋は, 若夫婦, 茅ら屋を, 茅屋その, 茅舎の, 茶室の, 茶屋から, 茶屋は, 茶店から, 茶店にも, 茶見世本, 草屋の, 草葺屋根を, 荒れた屋敷, 荒物屋が, 荵草で, 菖蒲に, 萱葺が, 葱を, 蓮生が, 蕎麦屋が, 薪は, 薬屋さんを, 藁屋が, 藁屋根を, 藤棚から, 虫売り, 蜘蛛の, 表に, 袂へ, 西洋風の, 覗きから, 親戚からは, 親睦会が, 角屋敷の, 言として, 言葉, 記した, 設計によって, 説が, 請負経営には, 講釈じゃ, 貧しげ, 貸家が, 資性に関して, 賜だ, 質屋へ, 足袋屋の, 車宿が, 農場の, 農家には, 農家山の, 辺を, 造作小屋が, 逸事中医治に関する, 道具屋は, 適と, 遺愛品として, 邸宅であった, 部屋を, 酒倉の, 酒場でありました, 酒場に, 酒売店が, 酒屋へ, 金を, 釣具屋の, 釣舟屋の, 鉄三郎五歳で, 鍛冶小屋が, 長い列, 長くつき出た, 長女れんが夭した, 門も, 門人は, 門人塩田良三は, 門口に, 閉め残った硝子器具店, 間脇階級有之, 障子に対しても, 隣組を, 雀を, 雑貨や, 離れ村が, 雨だれ前, 雨垂れを, 雪, 雫という, 雲呑と, 電燈が, 非難は, 頭を, 顔色からは, 風体にだけは, 風鐸や, 食べ物屋へ, 飲食代も, 飲食店に, 飲饌の, 養女である, 養子棠軒は, 饂飩屋は, 駄菓子ものを, 駕籠屋が, 高い窓, 鮨屋が, 鰻屋だった, 鹵簿中に

▼ 軒~ (615, 6.1%)

5 これを 3 あった, 云つた, 家に, 除け物

2 [25件] いずれも, お艶, これに, すぐ眼, それを, 上に, 人を, 塞がって, 弟の, 後に, 忠相の, 抽斎の, 持つて, 明いて, 気が, 注文の, 父の, 狩谷, 病家を, 福山の, 空いたまんま, 詮議中に, 造作を, 酒を, 関帝を

1 [548件 抜粋] あずかって, あったろう, あったん, あつた, あとは, あります, ありますよ, ある, あるだらう, いい気もち, いかなる手段, いかに, いかにも狸囃子, いきり立ちます, いささか失望, いったいどこ, いつもこれ, いまさらの, いま白を, ううむとうなって忠相, うごかない, うまくバツ, おぼえが, おやとばかりで, お玉が, お美夜ちゃん, かう云, くずれ柱, ぐっと欄干, こうして思い出した, こう考える, この場, この日, これで, これは, しくじったからね, しずかに, すぐさま真顔, すぐその, すぐに, すぐ門前, すこしも感じない, すまして, すわったまま, そこへ, その災難, その自信, その鎖国攘夷論者, その面前, それで, たしかに無双, ただのっそり, だしぬけに, ちょっと食, ちらと, ついと軍, つくだに屋, つづける, どこか, どんな心持, なおも影芝居, なかった, なだめるよう, なれた家, にこにこし, にっこりし, はや歩き出し, ひたすらに, ひと言も, ひょッ, ぴたッと, まくらもとに, またその, まためんどう, また眼顔, また驚いた, まだいや, まだかかる, まだしも, まるで雑品室, むこうで, むりに, もう竹刀, もっと掘り下げ, やおら形, やにわに, やにわにそれ, わざと大声, わたくしは, イマイマし, ガラリと, キチンと, キッと, グッと, ソバ屋で, チョビ安の, トンカツ屋で, トンガリ長屋の, ニコニコし, 一声なかの, 一時京師鷹司殿に, 一樣に, 一歩すすみ出た, 一法の, 一面多紀氏累世の, 七十歳の, 三つで, 三名の, 三月四日より, 不在で, 中川に, 九つ常三郎は, 二人を, 二十の, 二十二日に, 二十六歳を以て, 二歳で, 二百軒以下と, 五月二十八日森枳園は, 京都の, 今では, 代地河岸一軒は, 伊勢安斎と, 低く奥, 低頭し, 何か, 何かに, 何ごとか, 何ごとも, 何んだ, 何故か急, 例によって, 例の, 俳人岡野知十氏の, 側に, 偶然取忘れ, 傍より, 傾き壁, 傾き文字どおり, 傾き柱, 傾き蛇腹, 兄を, 先づ桂川桂嶼と, 先代夫婦の, 全部燃えました, 八五郎の, 八歳常三郎は, 六つ長は, 六年に, 其子の, 其師, 其日に, 其韻を, 其頃から, 内容豊富が, 内景, 再び率, 切実に, 初て, 初めその, 初め慊堂を, 初め横田氏を, 初め轎丁四人と, 初謁, 前に, 前年二月の, 動かない, 勝頼の, 十七日に, 十二常三郎は, 十月に, 十月七日に, 十月十六日の, 午餐若しくは, 半眼を, 厚朴を, 又人, 又門人黒川雲岱, 又随, 友として, 友人門弟等を, 叔父の, 口を, 叱って, 右の, 吉蔵を, 同じく出, 同時にすくなから, 同朋町の, 含み笑い, 呆れ顔, 命によって, 命を, 唯の, 啻に一知半解, 啻に関帝等, 喫烟した, 嘉永五年十一月十七日に, 四十三歳に, 四十歳で, 困ったよう, 困りきつ, 囲の, 固辞し, 土地で, 塾生の, 壊れて, 壬戌に, 壺を, 壽阿, 外台秘要を, 多忙であった, 夜盗が, 大丈夫だ, 大岡さまへ, 大工に, 大瓦盆数十, 奥詰医師に, 女ボーイが, 如何にも狸囃子, 妻の, 娘さんが, 官事に, 客を, 家中の, 家人を, 容易に, 宿屋の, 宿屋を, 寝衣, 寿宴の, 将来を, 将軍に, 小学校の, 少しく抽斎, 少時少しく, 屋敷を, 屡, 屡々此藤兵衛, 屡問うた, 屡神, 山中に, 山手に, 岸の, 巌を, 左右の, 己の, 己れ, 己未の, 市川の, 帰途に, 幕府に, 平家の, 平気の, 平然とかれ, 平然とそば, 幸に, 幸平の, 幼より, 幼時好学を以て, 幾も, 庚寅の, 座を, 廉潔で, 建具屋の, 張りだした円室, 役を, 彼女を, 往々書, 待望の, 後屡, 後狩谷氏俊, 御徒町の, 御本宅, 微笑の, 徳利と, 必ずしも病家, 念流の, 忽ち遽, 思いの外の, 思ふ所, 恐ろしく仲, 恬として, 悉くこれ, 愚か牛小屋も, 慊堂を, 或日友, 手枕ゴロリと, 折簡し, 抱の, 抽斎より, 抽斎玄亭椿庭の, 持てそう, 按摩さんの, 振り返りました, 推重する, 提燈電気燈いつも, 散々アジッて, 数日来感冒の, 数王子の, 料理人上原全八郎と共に, 斯う云っ, 新に, 新町の, 方纔篋を, 既に云つた如く四十歳, 既に傾き, 既に前妻, 日の, 日本館の, 早晩致仕し, 昔し, 昔ふうの, 是より, 時に年甫, 晩餐後市中を, 暇を, 書斎と, 月末に, 有りました, 木刀の, 未だ曾, 未だ考へない, 本所の, 本郷丸山の, 本郷界隈の, 本郷駒込です, 朽ち柱, 東と, 栄え一軒, 栄三郎とともに, 校庭の, 横を, 歌を, 正にそうした, 正寧, 正月のには, 此が, 此の, 此中川の, 此年天保丙申の, 此年文政五年十月二十九日に, 此日鎌倉雪下に, 此等の, 此語より, 此賀筵を, 此頃心身の, 武家社交界の, 歩調を, 死を, 歿し, 殆ど知らざる, 殆ん, 残って, 残り続き, 母五百を, 毎日の, 毎旦女柏, 毎月一六の, 毫も心, 江戸市中の, 油の, 泰軒で, 泰軒として, 流行医で, 浩然と, 浪人の, 涎衣を, 混外を, 火が, 無言, 熟, 燃え狂ういわし屋, 父よりの, 父蘭軒が, 父蘭軒の, 犢鼻褌を, 猶福山, 王子権現の, 瓦町の, 生涯著述する, 痘瘡を以て, 癰を, 癸亥の, 盤の, 盤面を, 目見の, 真に何, 瞬間真剣な, 知って, 知らん顔そのまま, 石巻左陣の, 確だ, 祖父隆升軒信階筮仕の, 神を, 神山守の, 福山に, 秋雨あがり, 種痘を, 空いて, 空を, 空僧院である, 空家で, 空家に, 空家一家は, 空店で, 突如煙, 童子が, 端なく, 竹刀を, 答えない, 糞落着きに, 細君の, 絶て往訪, 絶て辺幅, 絶息した, 經師屋, 美濃に, 美術書専門で, 翌年お玉が, 聞いて, 聴いて, 腰抜け彌, 自ら不, 自ら照し, 自ら白布を, 自信に, 自分は, 色を, 花笠を, 荒らされて, 菊を, 落ちぶれて, 蔵書を, 藩主の, 蘭医方そのものをも, 蘭医方の, 蘭方の, 蘭方医, 蘭方医を, 蘭軒の, 蜘蛛の, 血筆帳の, 裕福な, 西洋料理店である, 西洋諸国を以て, 見えぬを, 解剖する, 言葉を, 試して, 説諭放免と, 誰が, 誰を, 諫を, 讃美の, 變だ, 豚を, 貞白の, 貧乏徳利と, 赤坂豊川稲荷横手裏に, 起首の, 足を, 路地奥の, 転々として, 輒ち, 辛巳中例の, 辺幅を, 近代的洋風の, 近江に, 近視で, 退出した, 退出する, 進んで, 遂に五十四歳, 過ぎ去つた話, 酒肆妓館に, 酒色を, 重そう, 野邊山が, 金を, 金助町の, 門人に, 門人を, 阿部侯正寧に, 阿部正寧の, 隋書を, 随行を, 難波橋の, 非常に, 面白そう, 頗る昌盈, 頭を, 首すじを, 首を, 駅に, 驚くべき経済学者, 高く国旗, 髯を, 鰻の, 黒く根強く低く家

▼ 軒~ (601, 6.0%)

6 嫁した, 飲む 5 立って 4 かけて, つるして, 住んで 3 くるまで, 与へた書, 元旦の, 御神燈, 懸けて, 来て, 私は, 立てかけて

2 [31件] あまり明るい, かかって, して, たたずんで, つり忍艸これは, よき得意場, 一つ位の, 下つて, 低くし, 先つて, 吊した提灯, 吊して, 告げて, 土の, 巣を, 干して, 懸つて, 於て, 火を, 突然物, 立つて, 聴いたと, 聴いたの, 至つては, 請うて, 貼って, 近づいて, 迫って, 過ぎない, 遮られて, 高き二本柳

1 [486件] あたると, あつた, あつて, あづま屋といふ, あてて, あとを, あふれて, あやめや, あらずして, ある間, いかにも三文菓子屋, いきなりこう老婆, いるのよ, いる尼, いる美惠比丘尼, うずくまって, おとづれた, おとづれて, おとづれて朝顏の, かえって食事, かかった大きな, かかった新茶屋, かかった杉, かかる旦那, かけた, かけたの, かけた菖蒲, かけられた国旗, かけられた時, かざって, かぶさる厚朴, きまつて, ぎつしりと高張提灯が, さして, しても, すぎないから, すぎなかったので, すべてを, そのおどろ, その才, そひ, たくさん並ん, たどりつくまでに, たのんだ, ちょっとした装飾, つづいて, つづけて, つづめたので, つりて干したる, つるした丹塗り, とどまって, とぼされて, なったぞ, なったの, なる, なるのみ, はいった, はさまれて, はじめさんの, はたはたと, はね返った弾丸, はりめぐらされた鮮やか, はり出されて, ひとりで, ひらひらと, ひらひらとある, ひろがって, ふえる, ぶらさがって, ぶら下げた売春宿, ぶら下げブリキ, まかせ泰軒, または板塀, また人, やられた時, やれ左きき, よく龍眼肉, よせて, わかれて, わけたの, わたした, わりこんだの, ゐたん, ゐるから, スッカリほれちまっ, チラチラ見える, ロシア文字の, 一つか, 一つずつ, 一つの, 一つ五軒に, 一人ずつは, 一匹の, 一晩ずつ, 一石五斗の, 一軒いた, 一軒の, 一軒一朱の, 一軒十人に, 三人ずつの, 三石半軒に, 上洛の, 下げた葵, 下げて, 下った瓢箪, 与ふる, 与へた, 与へたこと, 与へた一通, 並んで, 乾した煙草, 乾して, 事へ, 二軒の, 五分づゝ休む, 五十キロ焼夷弾その他あつ, 人目を, 仕へたの, 仕切ったらしく下, 仰ぎ依りつつ, 会っては, 佇み居たる小, 住まって, 住むと, 住む四人, 住んでる大工職, 何か, 余って, 便る心, 信頼し, 倒れて, 僅か三名きり, 僅ずつ, 光つて降り始めた, 入りて, 入り中食, 入れ忘れた風鈴, 八つ手の, 六十四五の, 其影を, 出された風露草, 出した時, 出して, 出せし国旗, 出て, 出会する, 出逢い姫路, 刑部という, 別れて, 削り掛け座敷, 匂しく, 匍い込む, 匍ひ込む, 医科大学の, 取り戻された金子, 取り次いだ, 口を, 古金が, 吊されて, 吊した日当り, 吊した籠, 吊ったしゃれたサラセン風円屋根つき, 吊った白い, 吊った色硝子, 吊って, 吊つた, 吊つた色硝子, 吊られたヴァイオリン, 吊り下, 吊るして, 吊るす中作りかた, 向い何人, 向って, 吹き寄せて, 呼ばれて, 咲いては, 問うたさうである, 嘱し, 囲まれた広い, 図ったこと, 国旗が, 土地の, 土細工の, 坐し居たり, 垂れた黄ろ, 垂れて, 垂れる剣, 増加した, 墜下した, 夕方近くまで, 大威張, 女が, 妙な, 嫁し, 嫁する, 嫁せざる, 学び後, 学んだ人, 学んで, 守られて, 定まつ, 宛て, 客と, 寄せた, 寄せた前日, 寄つて郵便切手を, 寄り雀, 尋ねて, 對し, 小憩観月庵にて, 少くとも, 居つた, 居る馴染, 届くほどの, 山駕籠と, 師事し, 干したり, 干したる日, 廂を, 張り渡された注連縄, 当つた松, 彩聯を, 彫つけた獅子, 待合料理屋カタギの, 後る, 従学し, 従遊した, 御手軽, 愛せられて, 憩ふ, 懸けたる提灯, 懸けた古めかしい, 懸けつらねられ観客, 懸け渡されて, 懸け行燈, 懸って, 戯れて, 戸板を, 手配を, 打たれる場所, 押し並んで, 押入つて居る, 押込められる人数, 招飲す, 挟まれて, 挨拶が, 挨拶に, 振ら下, 掛かって, 掛けた滝, 掛けた蜘蛛, 掛けて, 掛行燈が, 推薦した, 掲げる, 掲げること, 提げた提灯, 提灯を, 支れ, 放火を, 散りかかるの, 散れるなるべし, 整備される, 於ける義雄, 於る, 旅館以外の, 旗の, 易者の, 映した新月, 暫く滞在, 暫く滯在, 杖を, 来つて, 松の, 松茸を, 某検閲官, 柿の, 桃の, 案内した, 梯子さして, 棄てられたの, 檻が, 止まりて, 此詩を, 歩いて, 比するに, 水を, 江戸町いづみや, 沈み棟, 治を, 沿うて, 流して, 流れ樹, 添えた割箸, 減って, 渡した時, 渡つた二階建て長屋だ, 滝を, 灘の, 火が, 火でも, 灯りを, 煙る浅春, 物を, 現われるレコード, 瑕瑾が, 生々しい熊, 生れて, 用の, 留まること一旬, 畜はれ, 番頭板場が, 登って, 白い耳, 白樺の, 目を, 目礼を, 看板を, 真紅な, 真赤な, 着きました, 祖父の, 神燈を, 神道研究の, 祭りの, 私と, 移つた, 窮を, 窺いた紅梅, 立たれ誦経, 立ちくらし, 立ち入って, 立ち真昼, 立ったが, 立つた, 立つと, 立つの, 立つ靜, 立てかけた梯子, 立てて, 立向う, 立寄り夜, 竹す, 簾を, 籠ります, 籠城する, 糸で, 紫檀を, 絵の, 絶大な, 続いて, 縄を, 纏繞し, 置きつぱなしにして仕事場, 置き老, 置け, 聴いたもの, 聴いて, 背戸に, 自分の, 至つて愈, 至りて, 至る, 至るかと, 艶ある, 花田が, 苔持つ, 若葉が, 英漢数教授という, 茶の, 草鞋を, 葺きあました葺草, 藤の, 藤棚が, 虫眼鏡で, 蚊が, 蚊の, 蚊柱を, 蛍程, 蛍籠を, 螢程の, 行きささやか, 褐腐を, 西洋づくりの, 見えて, 見るが, 見馴れしと, 触りそう, 言われた縁下, 託し死, 詞を, 話して, 請うた病家中, 諫めらるる, 豚を, 負うところ, 貼り付けること, 貼り紙を, 貼付ける, 贈つた, 赤, 赤い旗, 起伏し, 足場に, 跨つて三人, 躍り始めた, 身を, 軒を, 辛くも, 込み入って, 辿りついたやう, 辿り着いた, 近い, 近いため, 近い小屋がけみたい, 近い枝, 近い橘, 近い花, 近く毎年虫に, 近く立った, 近く紅梅が, 近ごろ立ち上がった, 近づいた, 近づくと, 迫ったが, 迫つた桜は, 迫る木立, 追われるよう, 這い下りそり返った下見板, 這は, 這わした家, 連れられて, 逼れ, 過ぎず, 過ぎないが, 過ぎ氷水売, 達しその, 達したので, 違いありません, 違ひありません, 避けたれば, 配布すべし, 釜を, 釣した, 釣った鳥籠, 釣り古し, 釣るされた, 釣るした農家, 釣忍が, 釣荵が, 釣鐘大の, 鉤下げられ, 銀行の, 門松を, 閃きて, 降りそ, 限って, 随行すべき, 隠れて, 雀が, 雀の, 集つて来る, 集まりました, 集合, 電力会社工夫詰所と, 電燈が, 霧の, 青い暖簾, 音あり, 音を, 響くと, 頼まれた大事, 顔を, 飾った紅, 養はれ, 香を, 馳せ入りぬ, 駆けつけた, 駈け込んで, 高く掲げられる, 高く置かれた, 高張提灯の, 鬼の, 鳴る風鈴, 黒い雲, 黒色の

▼ 軒~ (576, 5.8%)

83 並べて 18 ならべて 12 つらねて 10 連ねて 8 して 7 掠めて 6 離れて 5 出て 4 指して, 見た, 見て

3 [11件] 並べた狭苦しい, 事と, 仰ぐと, 借りて, 出た, 出ると, 列ねて, 打つ音, 持って, 指さして, 見やった

2 [31件] うづみてし白雲木, およいで, くぐって, そろえて, つたって, のぞきながら, ひらって, みつめて, もって, 並べその間, 並べたところ, 並べたの, 並べた水茶屋, 並べた江戸伝来, 並べ客, 伝う猫, 伝って, 師と, 幕府に, 打つ雨, 掠める小鳥, 接して, 潜つて入, 発見する, 竝べて, 繞る, 見上げて, 見上げながら, 越えるほど, 離れた, 離れると

1 [320件] あらしあるいた, あるきまは, いちいち調べ, うつ, うつ小雨, うつ雨, うながして, うろつく嘉吉奴, えらび部屋, おいて, おつる, かいて, かすめた, かすめて, かりて, きいて, く, くつつけ, こえその, こえて, しのぐ程斜かい, すぐその, すまして, それ火が, たづねた, たどれば, ちょうだいし, ちらちらと, つらねたる商家, つらねたれど, つらねた温泉宿, つらね往来, つらね運河, でて, とりまく, ながして, ながめて, ならべた小路へま, ならべた露店, ならべた静か, ならべるに, ならべる所, ならべ余り, ならべ信長, ならべ剥げちょろ, ならべ各々, ならべ市民, ならべ店, ならべ木場, ならべ裏町, ならべ遊覧地, のぞいても, のんで, はしった, はじめ穴山梅雪仁科信盛山県三郎兵衛昌景内藤修理昌豊小幡信定小山田備中守などの, はじめ長坂長閑穴山伊豆飯富兵部山県三郎兵衛内藤修理原隼人山本勘介入道道, ひきだしまた, ひろつて, ふりたたい, まじえて, まわりこの, みつけて, めぐる松, めぐる雨滴, めぐる音, めざし進退去就, もう洗っ, もらって, やって, ゆすって, ゆびさした, よく知っ, よんで, わざと避け, わたる音, 一々調べ, 一つかは, 一つかわし, 一つ廻った, 一に, 一間ほど, 三番町に, 下ろし道, 並ぶる今橋筋, 並ぶる小, 並べしかも, 並べその, 並べその後, 並べたその, 並べたもう, 並べたやう, 並べたるガエタ, 並べたパチンコ屋, 並べた両側, 並べた人家, 並べた兩國廣小路, 並べた古めかしい, 並べた商家, 並べた四谷, 並べた場所, 並べた大きな, 並べた家々, 並べた居附, 並べた待合, 並べた明るい, 並べた本屋町, 並べた本町, 並べた横町, 並べた武家屋敷, 並べた町, 並べた裏通り, 並べた見世物小屋, 並べた雨戸, 並べだるま, 並べて居り, 並べどこ, 並べました, 並べるあたり, 並べるの, 並べるばかり, 並べる茶屋, 並べる茶店, 並べる飲食店, 並べドンチャンドンチャン, 並べ件, 並べ半襟, 並べ合って, 並べ壕, 並べ始めて, 並べ家名, 並べ市場, 並べ息, 並べ膝, 並べ街路整斉, 並べ西方, 並べ酒店, 並ベあっちからも, 丸焼けに, 乞食坊主と, 事実に, 伝い羽目, 伝うて, 伝う雨, 伝う頃, 伝わる雨垂れ, 伴ひ往かしめた, 借りお袋, 借りること, 借切りに, 傾けやがて, 僅か上方, 先生と, 入れば, 全部荒し, 出たの, 出た二人, 出た目明し, 切り盛りし, 列するも, 列ねたり, 列ねた水樓, 列ね遊芸, 列ぶる殷盛, 列べて, 千代田の, 半燒, 南へ, 占めること, 占領し, 口に, 叩いて, 召した, 吊し上げるという, 同じう, 吹き廂, 吹くの, 呼びその, 呼び返し, 喰付けた, 回って, 囲んで, 境に, 大目附格に, 失つた時二十七歳で, 失つて転じ, 始として, 富士見町に, 尋ねて, 左右に, 平らに, 店へ, 廻ったと, 廻り火野葦平, 引つ括りさうに, 張るの, 徴すに, 忍びやかに, 急いで, 愚楽は, 愛したこと, 愛して, 打つほど, 打つ夜, 払って, 払つた葉うら, 招請し, 指さしました, 指した, 挨拶し, 捨てて, 掠めが, 接しあいもうもうと, 揃えた両側, 揃えて, 揺がし大粒, 揺りじりじり, 数えて, 数ふ, 数ふる, 斜に, 時どきに, 望んで, 格子を, 残して, 比べて, 没するよう, 泄れる, 泳いで, 流れて, 浸して, 浸す時分, 渡って, 渡る浜風, 滑りおちるの, 潜った, 潜つて入る, 無理に, 焼いて, 爭ひし, 物色し, 獲た次年丁巳, 疎んじ柏軒, 疑は, 発見した, 目附格に, 相手に, 福住に, 窺ったり, 立てて, 立て並べその間, 竝べ, 競って, 筆に, 算す, 経営し, 背に, 自分で, 舁が, 荒して, 落ちる雨だれ, 葬つた日, 蔽い苔, 蔽う椎, 虫ケラの, 見すえた, 見ますと, 見まわした, 見る, 見れども, 見上げた, 見廻り歩くの, 見残して, 見返りがちに, 訊き歩いても, 訊問した, 訪うて, 訪れた, 訪れたが, 訪れると, 設けて, 諫めた, 譲り与へて, 貸して, 走ったからと, 走る怪しき, 越えて, 踏み潰し一気に, 逃げて, 透して, 連ぬ, 連ぬる, 連ねた出逢茶屋, 連ねた藥問屋, 連ねてるの, 連ね規矩整然, 連らね, 連れ出し高橋, 道へ, 遮つたり, 遶る, 選んで, 重ねあわせて, 除いては, 隔てた私, 隔てて, 離れそう, 離れたが, 離れたそこで, 離れた其処, 離れてから, 離れる時, 頃を, 題として, 顧みた忠相, 顧客に, 飛びだすなり俊夫君, 食は, 飾った短冊, 高くふんだ, 鳴らして

▼ 軒~ (377, 3.8%)

4 歿し 3 これに, 始て

2 [19件] あって, ある, お玉が, ためには, 並んで, 付いて, 傾いて, 壽阿, 多紀, 奥医師に, 家にも, 弟を, 徳安に, 松の, 正寧, 浄書し, 生れた, 躋寿館の, 金を

1 [329件] あけて, あつた, あつて, あなたの, あぶない, あまり大を, あるのみ, いうと, いった, いま江戸で, いる, おさえて, おゆき, お入用, お神酒を, かすかに, がたぴしと, きしめく, きて, くずれ掛ったよう, こう横あい, このとおり, この事件, この径, この書, こんなこと, さも鬱陶しく, しほに, すなわち峡間, すべてを, そばから, それである, たのもしくなる, ために, ちら, つき出して, つくって, つづける, とうとう正直, とぐろを, とれるこれ, どこかに, どれも, ひさしぶりに, ひそかに, ひどく逞しいよう, まくらに, また, まだ何ん, みな売笑婦の, もどって, よろしくと, わけて, わずかの, ズルズルベッタリに, 一喝した, 一斉に, 一時に, 一流です, 一軒は, 七代目市川団十郎所蔵の, 三十四歳弘化二年生の, 三寸するする, 三月十六日に, 三軒共七年前に, 上洛する, 上直した, 不透明な, 両側に, 中橋に, 中橋の, 主として世話, 主水正, 予後を, 事あ, 事に, 二人に, 二十妹長が, 二月二十三日に, 二条の, 二片程, 二百軒に, 云ふ, 五番地だ, 京水の, 京都に, 京都の, 今も, 仔細あり, 他日再会する, 代つて往, 代表的な, 仲が, 低かつ, 低く突きだし, 低く重なり, 何人を, 何処にも, 何歳を以て, 作阿弥へ, 例の, 倒れよう, 傍で, 傾くという, 兄に, 兄を, 兄榛軒を, 入府後幾ならずし, 全く他, 全安, 全部八百膳も, 其家に, 出来たため, 出来たの, 函嶺宮下奈良屋に, 初て, 初の, 前から, 前年間文学, 前後に, 劇を, 加は, 労せずし, 勧進帳を, 十日十五日に, 十重二十重に, 半斤ずつ, 去つた直後, 友として, 口を, 古きを, 古文孝経を, 古泉を, 古着屋の, 古銭を, 同じく八銭, 同じく拾銭, 同時に左右, 向いあいに, 味噌を, 呼びに, 問い返すと, 嘆声を, 四十一歳榮壽軒が, 四十九歳で, 団結し, 図星を, 圧倒的だった, 垂れ間口, 塀について, 塩田良三を, 声を, 変った商売, 夏が, 多勢を, 大声を, 大岡様の, 大津を, 大笑, 大雪の, 奥医師の, 女子を, 女柏, 妾佐藤氏春を, 娘と, 娶ったの, 安くすれ, 家では, 家に, 家を, 家業の, 容易に, 寄寓し, 対座し, 専門家で, 将軍に, 将軍家定に, 将軍徳川家茂に, 小路を, 岡崎を, 崖に, 左膳の, 已に娶り, 帯を, 常に追, 幕府の, 底く, 引き受けた以上, 引く所, 引越しの, 弟に, 張り出してあつ, 彼を, 待ちかまえて, 後に重用, 志保を, 思い出したよう, 悪いよう, 慊堂, 慊堂を, 戸を, 所感を, 承知せん, 抽斎の, 接して, 控えて, 揃って, 数多の, 断れると, 新婦を, 既に二十八歳, 既に云つた如く二十六, 既に大坂蔵屋敷, 日光山に, 春を, 普通の, 暇を, 暗くなっ, 書した, 書牘に, 最も多く, 最も間近, 村尾さんの, 来り集, 柏軒に, 栄三郎に, 根継ぎを, 案内した, 橋の, 此人を, 此年文政十年正月中に, 此年甲寅に, 此秋問津館に, 死所を, 残って, 江戸を, 沖繩名物の, 法眼に, 泣いたため, 浪花節だの, 深く陰気, 淹京中宿舎を, 清川玄道の, 渋江抽斎等と共に, 激, 火を, 灰屋紹由の, 燃え出すまでの, 父に, 父の, 父蘭軒兄榛軒と, 狩谷, 生ける餓鬼草紙, 生れたから, 生前に, 田中淳昌の, 異議を, 病に, 病革で, 癸亥の, 白木の, 皆行き, 皆跣足で, 目見を, 相対する, 眠りから, 眼を, 福山に, 私交の, 稲刈りを, 空いて, 突, 突如助川いわし屋, 突然捜し求め, 立ち去ったのち, 笑うと, 簿冊を, 終始この, 経学の, 羨ましい, 聴者中に, 背を, 腕を, 腰を, 臨終に, 自らこれを, 自ら達磨を, 致死の, 船を, 船宿の, 艪に, 苦笑し, 苦笑する, 萎縮腎より, 蓋し公園, 藩の, 蘭軒手沢本の, 蘭軒遺愛の, 見える, 見たの, 解剖重んずる, 言うと, 言った, 設計した, 診療した, 評したことば, 講師を, 谷文晃に, 起ちあがると, 躋寿館に, 辛巳七月二十八日に, 近しい親類, 迫り合って, 連れだって, 遅かった, 遮るの, 避けむと欲, 邀へ, 郷に, 鈴川の, 長く出, 門人等を, 阿部侯の, 阿部家に, 阿部正精に, 隠さねば, 隣合せに, 隱れる, 餅を

▼ 軒~ (342, 3.4%)

16 ない 9 なかった 5 あった, ないの 4 あって, なかつた, 並んで, 四軒も, 無い 3 ある, 三軒も, 残って, 見当らなかった

2 [30件] あったよう, あつて, ありますか, ありません, あるという, あるとは, できて, ないのに, ないよう, なくそれ, なくなって, なく成りぬされど, なし, 人が, 六軒も, 出来て, 増えた, 店を, 建てて, 懸け持, 持ちて, 柱も, 無かった, 続いて, 襲つて大きな, 見はぐりました此金, 見当たらなかった, 角家の, 起きて, 軒を

1 [215件] あったし, あったり, あつた, あらうかと, あらう百軒足らず, ありました, ありまして, あります, ありますが, ありませんから, ありゃしない, ありゃア, ありやあ, あるが, あるだらう, あるの, あるのぞみ手, あるまい, あるよう, ある処, ある寺侍, ある木賃宿, ある温泉宿, あろうか, あろう百軒足らず, うっとり思い出, お医者さま, ございますが, さきの, ずっと並ん, そこに, そのままに, それに, それについては, とれます, ないから, ないからね, ないが, ないし, ないだろうという, ないという, ないところ, ないので, ないばかりか, ないほどの, ないよ, ない寂寞, ない時分, ない泥田, なかつたと, なかなか広い, なく, なくその, なくちろちろ, なくて, なくなったとて, なくなつ, なくなる譯, なしと, なしまた, ならんで, のこさず毎日御用伺い, のぞいて, ばかばかしいながら, ひさしも, ほぼ同じ, また小, また黙った, まはつ, やはり同様, らいが, らいと, りよに, サンパン屋が, チョビ安も, ツン燃やしました, 七軒もの, 乗りだすよう, 二〇〇軒もが, 二階建の, 亦中橋, 亦同じ, 亦枳園等, 亦正弘, 亦此挨拶, 人家は, 代々の, 何か, 傾いたまんま, 傾いたよう, 傾いた陋屋, 入って, 出してあつ, 出すよう, 出て, 出ない, 出店が, 出来てるで, 列んで, 十軒も, 同意し, 同樣, 含めて, 唐橋門の, 売れないと, 大体飯富兵部の, 大持てに, 婦人帽を, 客を, 家が, 宿屋が, 尋ね廻らせたら彼笛, 少し収入, 山陽が, 常友も, 床屋が, 店や, 廂も, 建ち何, 建つほどの, 建つ程, 廻って, 引き廻, 当って, 往った, 得意は, 御座いませうか, 御座いませんが, 成功を, 成立つもの, 戸が, 扉も, 押し流されたとの, 押入ってること, 押入つてる, 持った男, 持って, 持ってたもの, 掛床を, 探し當, 散在し, 暗むまでに, 来り外弟子, 来援し, 栄三郎も, 梯子で, 正司も, 歩いた, 歩かなければ, 残つ, 残らず焼きはらわれて, 残らず顔, 民家を, 水も, 流失した, 海に, 潜れまい, 点在したろう, 無い処, 無い此寺, 無くって, 無くな, 無く唯, 無之候, 焼いたとか, 燒く, 狭い山荘作り, 珍しく芸者家, 発見し得なかった, 白に, 破れかたむいたの, 立ち並んだ一構え, 聞いたぞ, 腐るかと, 荒したこと, 荒した曲者, 荒して, 荒し人間, 荒し廻り泥棒, 荒らした曲者, 行くの, 行乞すれ, 表を, 見えない, 見えなかった, 見えなかつたし, 見えねえ, 見えません, 見える, 見ず人間, 見た中, 見て, 見なかつた, 見出すこと, 見当たらずはるか, 見当らなかったの, 見当らぬ処, 話そうとは, 赤屋根の, 起きてる家, 越して, 転がして, 逃げた, 逍遥軒だ, 通り過ぎたかと, 連つてゐる, 過不足なく, 酒屋が, 障子も, 霧の, 頓挫し, 食い逃げした, 騒がしたうえ, 高張提灯を, 高級である

▼ 軒~ (175, 1.7%)

5 栄三郎が 3 すれすれに, なく並ん, 号した, 栄三郎の, 軒とを

2 [13件] いって, いっても, お艶, なくつづい, なく立ちならん, なく立ち並ん, なりの, チョビ安は, ヒサゴ屋だけが, 云ふ, 栄三郎は, 申す処, 軒との

1 [129件] あと両方に, あはれな, あるであろう, あるに, いうほどに, いえども, いえば, いずれも, いっしょに, いったって, いわず続いて, いわれたところ, いわれて, したらどう, しめし, それから広, つれだって, であったと, ない小箱, ない立派, なかつたで, なくあった, なく桜田本郷町, なく立ち, なく見渡す, なりて, よい地位, アパアト風の, チョビ安の, チョビ安兄哥と, チョビ安大小二人の, ヒサゴ屋は, フライを, 一しょに, 二カ所ある, 云うよう, 云うカフェ, 云う写真屋, 云う茶式料理屋, 云ひ, 云ふも, 云われた豪家, 云われて, 五歳の, 亜鉛屋根の, 交つた, 人家が, 人家の, 仕舞屋が, 代官松は, 会し二十四日, 作阿弥が, 倶に, 八丁堀の, 其家族との, 号し医, 同じく近視, 同庚, 名乗る洋食屋, 名乘, 名付け東, 呼び毎日デロレン, 圧しつぶされたやう, 妾春とは, 常友は, 年を, 幸平であった, 廻つてあるい, 廻る先々, 心覚えに, 志す所, 忠相, 念入りに, 思って, 慊堂とは, 指を, 数えて, 數へ, 數へて, 曰つたのも, 月輪軍之, 木の間とを, 来たらだいぶん, 松島に, 柏軒との, 栄三郎この, 栄三郎を, 栄三郎左膳の, 栄三郎思わず, 栄三郎明るい, 栄三郎期せずし, 残って, 江戸に, 洒落た住宅, 津軽家との, 消えて, 深川一軒とを, 無く又, 父楊庵と, 現れて, 瑞光寺とに, 申される法師武者, 申す, 申すもの, 相若く, 真野冬旭との, 私の, 称ぶ, 絶えず行動, 緩慢に, 自ら白状し, 茶山の, 葦塚忠右衛門とが, 號し, 言って, 言つて詩も, 言ふと, 訊けば, 記しありて, 踊りまわらねば, 軒と, 軒とが, 選り出して, 重たい豚吉, 銘を, 限られ三十幾組, 離れて, 飛び, 飛び飛びに

▼ 軒~ (157, 1.6%)

7 あつた 3 はなく 2 橋場の, 逢って, 食事を

1 [141件] あらう, あれは, いずれも, いつも窓ぐち, お客に, お茶を, かけて, かこまれた三四十坪許, きたる始末, きりぎりすの, ここには, これは, ござります, さらった勢い, すむはず, すらあの, ずっと軒, そこの, それも, とうとうここ, なさった, ねたり, はありません, はある, はおさまらない, はきかなかろう, はござりませぬが, はない, はアガサ・クリスチイ, はエラリイ・クイイン, は丁度葬, は主人, は往来, は父, は自然, は長い, は鹿皮, また胸, まッ, もう畷, やつてる, ようやく蛇毒, ウイスキー, カツめし食っ, カツレツと, カツレツを, スープと, ハヤシライスなど, ハヤシライス食っ, ブラ, ライスカレーを, 一升券六枚しか, 一度暗く, 与次郎から, 二棟ある, 二百両近くに, 五升宛買え, 今造っ, 会食する, 伸子は, 何を, 使うもん, 使ふ, 兎に, 六畳四畳半三畳の, 其一は, 写真を, 冠木門の, 分担し, 千百円, 半裸体, 友人五六人の, 口上だ, 呼ばれたの, 啼く雲雀, 喧嘩の, 囀って, 四杯ち, 土間には, 埒が, 塩と, 塩田楊庵当時の, 夕暮の, 夕食, 夕食する, 夕食わりに, 夕食を, 夕食三皿ばかり, 奥の, 女郎が, 客が, 寝かして, 寝てばかり, 小売商約, 小手調べに, 山木元吉と, 山男の, 川俣踏絵と, 市十郎兄弟の, 御飯, 思い出したが, 斬罪牢番の, 暫く隙, 条桑育に, 桂さんだの, 歌合や, 歳暮の, 氏が, 沢山な, 洋食を, 淋しく不, 済むらしい, 濟みました, 無理に, 狂言為組は, 独占する, 玉子入りの, 理髪有, 男とも, 白米二千俵の, 知つたのだ, 知合に, 舟庵は, 芥川龍之介の, 芸術三昧に, 薪を, 被害者と, 西瓜を, 言ふ, 話そう, 講主を, 買物を, 道子と, 開かれた, 食べたの, 食事, 食事し, 食事何う, 食事新宿の, 騒いだ, 高囀りする

▼ 軒~ (144, 1.4%)

15 の下 7 の光, の光り 6 の硝子 3 の前

2 [13件] がつい, がついてる, が点い, が空しく, には酒屋, のすぐ, のついた, のみ淋しく遠く, の火, の灯, の点いた, の間, を出した

1 [80件] があった, がちらほら, がともり, が一つ, が二つ三つ, が二階造, が出, が徐々雨, が押合, が暗い, が漏れ, が点り, が照らし, が石垣, が蒼白い, さえ点い, さてはまた, だった, だの白木, であった, で物凄かっ, につられた, には, にはきまった, には山崎, には黒字, に桐花家, に清葉, に眼, に謠曲指南, に輝らされた, に霧, の, のため, のない, のまわり, の一つ, の中, の丸い, の光っ, の光りで, の光りで見た, の出, の出た, の名前, の外, の影, の掛った, の文字, の混, の点い, の点火, の燈, の薄, の薄暗い, の陰, の隠れた, の點火, はあっ, はあまり, は少く, は消え, は脱い, ばかり明らか, もつい, もとぎれた, もない, もなかっ, もぽつり, や子ども, りの, をうしろ, をたより, をぼんやり, を幾つ, を掲げ, を点, を見た, 明るい眞砂町, 明るい真砂町

▼ 軒~ (142, 1.4%)

12 の家 3 のお, のところ 2 がダメ, だ, で番場町, に小さな, に着いた, のあの, のうち, の南側

1 [108件] おもて, か, かえ, かの廂, かの梯子酒, からもう, がさうである, がそれ, が桔梗屋喜兵衛, が魚八, さう, だからね, だよ, だろう, で, であった, でお, でございますがねえ, です, ですぜ, ですよ, でとまりました, では, でわけ, で一番, で二階, で其処, で杜氏, で色, で鍵屋, で間口, で隣り, とはっきり, なん, にくる, にげほう, にここ, についた, にとまりたれ, には人, には蹄鉄屋, にみょう, にツイ二十年前, に伊勢虎, に住ん, に卜す, に小布施, に御宿, に明家, に木, に永寿庵, に火, に狭苦しく, に現れたでしょう, に目的, に篠田, に緑屋, に美吉屋, に至ったら, に表二階, の, のいろは, のぼんやり, のカフェ, のカフェ・オソメ, のタクシー屋, のテント, のバー, の一番地, の二階, の同じ, の大願成就, の小さい, の小家, の小屋, の席, の店, の後家, の明家, の格子戸作り, の格子造り, の楽屋, の渋紙屋, の狭い, の玄関, の窓, の立派, の綱, の見事, の軒燈, の酒屋, の門内, の隣, の骨董店, は, はどう, はどなた, は唐辛子屋, は夜鷹そば的屋, は大工, は學者, は御徒町, は晩飯, へ放ける, へ這入った, まで来た, を尋ね, を燒

▼ 軒先生~ (135, 1.3%)

2 だ, とチョビ安, のよう, は, も

1 [125件] あっての, いつしかほんとにねむっ, うす眼, おちつきはらったもの, お美夜ちゃん, から伺っ, がいま眼, がこわい, がさき, がわたくし, がヌッ, が一つ腰, が一升徳利, が一日じゅう蒲団, が各, が幾分, が来あわせ, が無言, が眉, が箒, が見まわす, が言いやした, が近づく, このとおり, このとんがり, じゃない, であった, と, となり, との友達づきあい, とは知らない, と栄三郎, に, におす, にお金, にさ, につぐ, にはつきもの, には一度, にまぎれ, に今夜, に助太刀, に叱られた, に就い, に引き取られ, に接近, に斬りつけ, に申しあげ, に置い, に連れられ, のあと, のあの, のお, のおかげ, のかくし芸, のこと, のところ, のまえ, の一升徳利, の一声, の丸太ン棒, の人気, の便利, の先見, の勝つ, の口まね, の哄笑, の問い, の大声, の姿, の學問, の宅, の家, の御, の徳風, の意外, の手, の腰, の言いつけだし, の鬚面, はあいかわらず, はいまだに, はおれたち, はこの, はこれ, はしっかと, はすでに, はどう, はどんなに, はガブガブ酒, はニッコリ, は丸太, は大きな, は委細御存じ, は振りむき, は星, は栄三郎, は根, は江戸, は笑い声, は腕っ節, へ向かっ, までが今夜, までこれ, もここ, もちょっと, もついに, も手, も神輿, やにわに寝, わっし, をうながし, をこの, をたくみ, を助けろ, を呼ん, を思い出し, を見つけた, を見やった, 奉復, 実は自, 思い出しては, 極めて無邪気正直, 濁み, 自源流

▼ 軒長屋~ (133, 1.3%)

4 の一軒 3 があり, と言つて, の一方, の路地 2 のうち, のよう, の一つ, の住人, の取, の奧, の者

1 [103件] か, から挙げられた, から飛び出す, があつ, が一, が三軒, が並ん, が二, が二つ, が二棟, が存在, その眞ん中, だね, である, でこちら, でした, でまた, で一軒, で壁一重向, で天井, で子供, で灯り, で留吉, で突き當, とかえ, と町, と称えた, になっ, になった, には誰, には馬鹿, に居ます, に廻つた, に引返しました, に按摩夫婦, に母親, に落着, に隣合つて, に魚屋, のこっち, のせまい, のとつつき, のまん中, のケチ兵衞ぢ, の一区画, の一番はじ, の中, の中央, の二軒目, の住人達, の出入り, の取つ, の右, の合長屋, の土竈, の境, の壁, の壁隣, の大川寄, の奥, の家搜, の屋根, の平屋, の方, の最, の格子窓, の殺し, の汚, の江柄三七郎, の浪人, の浪人者, の狂言, の申松, の直ぐ外, の真ん中, の真暗, の空家, の端, の衆, の裏, の西側, の谷五郎, の間々, の隣家, はこいつ, はわけ, は出世長屋, は右隣, は庇, は榎路地, は近い, へ帰る, へ行っ, もあった, も内外, を不思議そう, を伊八, を全部, を四棟, を廻つて來, を覗きました, を調べる, 最合

▼ 軒~ (128, 1.3%)

2 入り込んで, 寄って, 立てる高張

1 [122件] あやめぐさ, いざなって, かかって, すばやい一瞥, ずかずかと, ずかずかはいっ, ずッ, だたつた他家, つかつかと, つけては, つるさせたの, はいり込んだの, ぴたりと, ぶつつけがき, ぶらぶら釣り下げ, ぶら下げて, カツと, 一簾を, 万兵衛, 不細工に, 主従ふたりを, 以上三移である, 伊勢の, 伊藤隆三郎氏に, 伝えて, 住み三好, 入った, 入って, 入つた, 出かけた, 吊るして, 向いて, 向きなおって, 向けると, 吸いだされて, 吸われるよう, 問合した, 声も, 声を, 大声し, 寄りのむ, 寄りカツレツ, 寄りビフテキ, 寄り一杯, 寄り公会堂, 寄り夕食, 寄り食事, 寄ると, 届かないらしく, 差配として, 帰るらしい中空, 幔幕を, 廻って, 引きずり込まれさうな, 引っ張り込もうと, 引っ返します, 引込んだの, 後ろ向きに, 忍び込んで, 忙しげ, 忽然とし, 持って, 持つて, 据わりこんだ助五郎, 掛けだして, 掛けて, 揚りゆく, 杉の, 来た時, 来て, 母上, 消えて, 渡して, 火が, 瓦斯燈でも, 白刃を, 目を, 移りかけたの, 移りましたので, 移り住まねば, 立てかけた米友, 筋交ひ, 背のびを, 蚊柱の, 行きたっぷり, 行きのみ食, 行き中華丼, 行き帰り, 行き服部良一, 行き清子, 行き理髪, 行き色々, 行くと, 行くのに, 行く五円の, 行けば, 行こう, 行こうって, 行ったとき, 行ったわけ, 行った記念日, 行って, 行つて玉突を, 行つて見よう, 走つて, 踞むとはいわないけれど, 躡けて, 辿りついた, 追いついた, 這入つて行, 通って, 通りすぎて, 進み寄った, 進み寄つた, 陽除け, 階子を, 隠れて, 額でも, 飯を, 駆けつけました, 駆け込んで, 鶏が

▼ 軒から~ (122, 1.2%)

6 軒へ 3 家根へ, 軒へと 2 出て, 垂れる雫, 外の, 底無しの, 氷柱が, 火の手が, 軒を

1 [96件] あちらの, いろ, うつとりと, おっぽ, ぐっと前, さらに西北, とび下りた狐, ひろがって, ぶらりと蓑虫, みぞれ, カ, パーマネントに, ポタポタポタポタ雪解水が, 一つの, 一万円を, 一萬兩盜む大願は, 一軒へ, 一軒へと, 三方に, 上の, 上を, 下って, 下と, 下には, 二足三足立ちかけた, 人影が, 何時か, 八万七百軒に, 八九軒立である, 其処に, 切一ツづゝ集め, 十二軒ずつ, 呶鳴った, 垂下る, 外へ, 夜に, 大小長短幾つもの, 導かれて, 小屋には, 差し出して, 座敷一ぱいに, 引いた翌, 引っきりなし, 彼女を, 必ず一人, 投げた飛礫, 持つて, 指を, 掛けて, 故郷を, 明方の, 松の, 棒の, 水滴が, 池の, 河鹿の, 滝の, 滴り落ちる雨垂れ, 煙を, 爪下りに, 瓦へと, 画の, 白十字, 白雲の, 直ぐに, 直ぐ下, 真黒な, 砂の, 立つ気, 筧を, 粛々と進み出た, 続いて, 艶かしい, 落ちるあまだれ, 落ちる雨だれ, 落ちる雨滴, 落ちる雫, 見て, 解けた雪, 訓し, 起き出して, 軒と, 軒に, 軒にかけ, 軒の, 近いの, 離れるほど, 雨だれが, 雪融け, 電話で, 預かって, 飛び去って, 食物の, 首だけ, 首を, 駈けて

▼ 軒には~ (80, 0.8%)

4 御神燈 2 俳優の, 提灯が, 笹竜胆の, 笹龍胆の, 花車に, 赤ぐろいゆで章魚が

1 [64件] あつしが, いずれも, くちば, この辺, こんどは, こんな恐し, できやしないよ, どう思う, どこも, はや宵, ひつて, みな肺を, もう灯, パチンコの, 一太刀も, 一面の, 丁度朝日, 七五三飾り賽銭箱を, 上品な, 下總屋, 亀戸の, 些かの, 亡者の, 人が, 全ての, 具足師柳斎の, 厚さ三フィート, 叔母さんを, 和泉屋と, 嘉永五年十月二十一日より, 大いなる切子燈籠, 大きい切子燈籠, 大きな石, 大倉喜八郎氏の, 太い丸竹, 小鳥の, 干魚, 年造という, 怪し氣, 怪気な, 斜めに, 新い, 新しい花暖簾, 日章旗が, 昨年の, 桑籠が, 桶を, 氷柱が, 燕の, 田舎らしく, 目も, 糸瓜なども, 紅屋に, 花樹が, 茶の, 草鞋を, 菱形の, 藁で, 親分を, 赤い葉, 郷愁を, 雀が, 青や, 風鈴が

▼ 軒ある~ (70, 0.7%)

4 んです 2 きりで, だけで, ばかりである, んだ, 日本宿の

1 [56件] あの瓦屋, え, かまるで, か位, か判らない, か知らねえ, がむやみ, が兎, が参右衛門, が日本人, が鉱泉宿, きりだ, きりでした, きりなんて, くらいだった, こと, さうです, しもた, だけであった, という噂, ときい, と解し, どちらの, にはあっ, にはあった, のだ, ので一杯づゝ, のに気, のは, のみ, のみにて外船到来後, の覚え, ばかり, ばかりだ, ばかり池, よ, わけで, カフェの, 一升買っ, 借家の, 其の裏, 其処の, 出版業が, 古風な, 外は, 安宿を, 家の, 宿屋の, 小村を, 断崖の, 斷崖の, 旧い御, 煙草店を, 茶店で, 親戚も, 計りだ

▼ 軒しか~ (70, 0.7%)

9 なかった 7 ない 3 ないから, ないと, ないの 2 ありません, ないそう, ない宿屋, 家が, 廻り切れないよう, 無い僥倖

1 [33件] ありませんが, ないが, ないこと, ないさ, ないらしかった, ない上手, ない医者, ない古い湯宿, ない家, ない小さい旅館, ない小屋, ない平野屋, ない怪しげ, ない日本人, ない村, ない玉ころ, ない眞, ない程, ない筏流し, ない芝居小屋, ない貸座敷, ない銭湯, なかったで, なかつた, なかつたの, なく下, へだたらない所, 旅籠屋らしい, 残って, 無いと, 無いので, 無かった, 酒が

▼ 軒一軒~ (65, 0.6%)

3 の家, 廻って, 歩いて, 見て 2 をのぞき, 訊いて

1 [49件] お詑びして, お長屋, がわけ, がわずか, が彼, が生ける, さがして, たたきおこして, たたき起して, で口上, と消え, と踊りまわらね, についてたずね, に口, に目, に立ち入っ, のき伝い, の家庭, の寄り集り, の戸口, の玄関先, の細君, は平家, は石卷左陣, は石巻左陣, ぶっこわし, へ声, まで豊田, まわって, を, を物色, を頃, 回って, 寄って, 尋ねたって, 尋ねても, 廻ったが, 廻っては, 当って, 探ねて, 立ち寄り一本五厘, 素見して, 聞いて, 覗いて, 覗きながら, 違った品, 離れて, 食べ歩くなら半生, 飲み歩いて

▼ 軒~ (55, 0.5%)

3 の簾, の苔 2 に晴れ, に月, に高き, のウメ, の松

1 [39件] から, からは海水浴場, たに, ち有るか, にたかっ, につるした, には門立ち, に味, に坐っ, に手招き, に来り, に止まり, に白い, に立て, に風, に風鈴, の夜露, の御厨, の日除け棚, の月, の木々, の杭, の桜, の梅, の櫻, の瓦, の荻, まで低く, をさまよい歩い, をはなれ, を伝, を傳, を出, を接しあった, を浄め, を見, を見れ, を離れ, 近くにも

▼ 軒ばかり~ (51, 0.5%)

2 家が, 焼けて

1 [47件] あったから, あったが, あっただけ, あったので, あつた, あるきり, あるだけ, この流儀, さきの, ちょっと繁昌, できいたが, でござんす, です, でなく勾欄, でなく沢山, では, で熄ん, どこの, ならんだ家, ならんだ長屋, ならんでるだけ, なりしが, 並んで, 人家が, 休み茶屋みたいな, 借家に, 先が, 先方の, 別荘風の, 在る, 宿屋の, 小ぢんまりした, 小烏瀬川の, 店の, 店屋に, 手前から, 揃つてまだ, 數へ, 明りが, 歩いた頃, 焼け残ったところ, 石造の, 空地と, 菊人形の, 見せて, 親戚は, 飲み歩きました

▼ 軒~ (51, 0.5%)

4 がある 2 を持たす

1 [45件] から広尾, か高麗橋, があります, が事件, が何となく, が建っ, だか, ちゅうもんを, で弁当, で盃, と云, なんで, にはモ一箇, に上る, に泊り込んだです, に着い, に着きました, に閉じ籠っ, のある, のあるじ, の中, の同じ, の方, の梟林, の森, の真っ暗, の者, の茶店, の藪岸, の軒, の通り, まで連れ, も同然, や, やこの, やで, や四貫島, をたて, をもつ, を借り, を借りた, を借りる, を建て, を持っ, を貸

▼ 軒だけ~ (50, 0.5%)

3 です 2 だ, 人家が, 遣手婆が

1 [41件] あかりの, あるの, ある茅屋, この萱, そしてたった, だが, だった, つきあって, でありうち, ですよ, でその他, で其他, で昔, で県, で高等小学, レールの, 並んで, 二階屋, 塞がって, 変な, 大きな棟, 天然うなぎを, 屋敷が, 川に, 建って, 建てたという, 当てがっ, 挨拶を, 数町は, 木賃宿が, 殊に面倒, 残して, 湯を, 燈火を, 瓦葺きの, 立って, 立派で, 荒物屋に, 門松を, 離れて, 餅を

▼ 軒~ (49, 0.5%)

4 の八百徳, の徳次郎, の徳次郎親分 2 から神田, の治郎公, の親分

1 [31件] から本, があそこ, です, で近頃, にも治郎公, に大形, のお, のおでん屋, のウーロン茶, の五月人形, の五月人形屋, の人形屋, の人形市, の人形店, の商売, の御, の或, の方, の時, の治郎さん, の通り, の雛市, はここ, もただ, や人形町, や街頭賭博屋, を, をあけ, をもつ, を左, を開けさし

▼ 軒という~ (45, 0.4%)

2 尼寺が, 風に

1 [41件] この町, たいへんもの, のが, のは, のへ, ふうで, ものその, ように, ミルク, レストランな, 一箇の, 乞食先生がね, 喫茶店, 室蘭一の, 家が, 寄席の, 小さい西洋料理屋, 常套的な, 快侠, 思わぬ助け, 所に, 所は, 数だった, 料理屋が, 料理店です, 有様だ, 札が, 洋食屋だった, 洋食屋で, 洋食屋に, 洋食屋へ, 洋食屋も, 相場そこで, 稀な, 繁昌で, 苦しい厄介, 茶料理が, 西洋料理屋は, 雅号なども, 飛び切りの, 鬼に

▼ 軒さき~ (44, 0.4%)

2 の家

1 [42件] から廊下, から繁った, でございます, でもよく, で棟上げ, にその, には大きい, にまで立った, に下げ, に住ん, に出, に出し, に吊し, に吊るした吊, に大きな, に大岩, に小料理屋, に牛乳, に白服, に突, に荷物, に踊り, に鳥居清満, に黐竿, のうす暗い, の大樹, の小さい, の御飾り, の柳, の横町, の櫛, の煙草屋, の質屋, の酒屋, の高い, の魚屋, をくぐる, を何, を借り, を借りる, を出, を掠め

▼ 軒~ (43, 0.4%)

3 の荒物屋 2 の合宿, の瓦斯燈, の軒下, の革屋

1 [32件] がボウボウ, き千日前通, で支那人, にあります, にある, には日本橋辺, に小さい, に荒井真画堂, に行く, のお, のおかみさん, のくすんだ, の付木屋, の出羽屋, の勝手口, の向い側, の権作, の横町, の權作, の法衣屋, の煙草屋, の男, の町裏, の硯造り, の茅葺屋根, の豆腐屋, の鍛冶屋, の露次, の麺麭屋, へ出迎え, へ辿りついて, を行く

▼ 軒~ (40, 0.4%)

5 あった 2 三軒しか, 二軒で, 二軒煙草屋酒類屋鑵詰屋さては

1 [29件] あったが, あって, あります, ありますが, ある, あるいはパラダイス, あるの, あるので, ある別棟, かけもちに, して, よしよし, チェーンストアーが, フフフフ, 三軒ぐらい, 二軒, 島金飛上つて常磐, 建って, 廻って, 月輪団か, 炬燵亭とでも, 焼けたという, 盜つた金は, 立続いた, 船板塀に, 見え附近には, 貧しい親類, 長く並ん, 集って

▼ 軒ごと~ (40, 0.4%)

2 にさそっ, に見, の格子

1 [34件] におなじ, にお家, にたえず, に一業二業, に万燈, に並ん, に入っ, に兵隊一人, に各自勝手, に吊りほせる, に店舗, に廻る, に捜し, に樹, に歩きまし, に火, に百姓家, に眺めつ迷いつし, に突き破った, に立てられ, に紅燈, に紙製, に薄暗い, に西瓜, に見過す, に覗き込ん, に覗く, に趣, に門松, に香, の燈火, の緋, の行乞, を見舞い

▼ 軒ずつ~ (35, 0.3%)

1 [35件] ある都合五軒, かたまりその, たずねまわりましたが, ところどころに, なの, のぞきながら, はっきり見わけられる, まわって, チョークで, 丹念に, 人が, 仕切って, 向いあって, 寺が, 尋ね廻って, 庭あり, 廻って, 当って, 念を, 挨拶廻りを, 暇乞いに, 歩いたん, 灯を, 細々と, 菓子屋を, 表札を, 要図つきの, 訊いて, 調べて, 軒づたいに門附け, 長屋に, 門前に, 集まって, 面通しを, 順々に

▼ 軒なみ~ (33, 0.3%)

2 に並ん

1 [31件] なので, に, にそろい, につづい, にカフェー, に建ち続い, に旗, に暗い, に汚, に溢れたっ, に灯, に積ん, に竝, に紅白, に荒してる, に覗い, に訪問, に輝い, に長屋, に門戸, のスイトン屋牛めし屋さん, の女たち, の店, の提灯, の甍, は一つ, もあ, を見, を駈け, 同じよう, 焼け亡

▼ 軒置い~ (33, 0.3%)

13 て隣 8 て隣り 3 てお隣 2 て上 1 て, てお, て先, て返事, て錆, て隣家, て隣邸

▼ 軒茶屋~ (33, 0.3%)

3 で手 2 の名

1 [28件] あり, からこんな, から人, から帰る, から拾, があります, がある, が立つ, だって三軒茶屋, ての, でミッちゃん, というの, とて料理, と云った, と称し, などあゆ, に駄ちん馬, のおやじ, のほう, の人, の傍, の前, の家, の手前, の間, は大きな, よりもうすこし, を名

▼ 軒より~ (31, 0.3%)

2 下の, 少きこと七歳, 少きこと僅

1 [25件] ないと, ない宿屋, なかつた網代, ほかには, 一す, 十軒くらいの, 外に, 外へは, 多いの, 少きこと三歳, 少きこと九歳, 少きこと二歳, 屋根より, 成りその, 直下する, 軒へ, 軒へと, 長じ, 長ずること六歳, 長ずること四歳, 高い競売, 高い笹, 高くとさか, 高くなる, 高く突

▼ 軒とも~ (29, 0.3%)

2 知れぬ家作持

1 [27件] この邊, たすかりましたそう, はからい手付き, まことに神妙, ギフト, 人の, 全く同じ, 別れて, 医院だったらしい, 名題の, 大きい家, 子供が, 小さくて, 引き崩し, 御相談可, 揃って, 明いて, 明きが, 気味の, 灯が, 物持ちの, 相当の, 知んねえ家, 藁屋根の, 角兵衛獅子の, 連日の, 隠宅という

▼ 軒にも~ (29, 0.3%)

2 流れて, 灯が, 牡丹の

1 [23件] この頃, ヌカリは, 上るであらうと, 作つたもの, 分かれて, 分かれてるいかめしい, 及びたり, 同じ手口, 大きな変り, 庇にも, 往来にも, 怪しいお札, 戸にも, 日米の, 昨夜の, 殖えたの, 決して表札, 花を, 見られるの, 足りない漁村, 路にも, 造花の, 鎮守の

▼ 軒~ (29, 0.3%)

2 横に, 破風に

1 [25件] そこらは, 三軒ぢや, 三軒で, 三軒の, 三軒知らねえ, 二十軒で, 二軒で, 二軒の, 二軒は, 二軒屋台骨を, 八軒の, 勾欄や, 十五軒くらいの, 十軒で, 周囲の, 四ん軒はぶッ潰れる, 屋根に, 常友を, 庇が, 戸や, 戸口では, 樹木に, 石屋の, 羽目板に, 電信柱は

▼ 軒~ (29, 0.3%)

2 と一つ, の前, の縁

1 [23件] からは人, からは死人, からケリッヒ家, から一条, から二階, から落ち, から落ちる, があり, がちょうど, が一つ, で十分, とが残っ, ともいうべき, ともなり, と向かい合っ, には妙, には殺された, に光, のガラス, の半ば, の所, の近く, は外部

▼ 軒ほど~ (26, 0.3%)

1 [26件] あって, ある, あるに, ある山村, ある新保村, おなじ二人連, そこここと, のこった古く, ゆくと, 丸焼けの, 北に, 固まつて, 建って, 手前の, 持って, 持つて, 散らばつて, 焼けたが, 焼けて, 焼け残つて, 用達を, 素見し廻りたる末, 続くと, 製作せし, 貸し渡して, 養魚場の

▼ 軒あった~ (23, 0.2%)

2 ばかりで

1 [21件] かわかりません, がその, が一度, が中, が今, が折しも, が故郷, が私, が立ち木, ししまっ, その一軒, って一軒, という昔, という説, のが, ので其上り, のを, よ, んです, 掛け持ちは, 附属茶屋を

▼ 軒並ん~ (22, 0.2%)

9 でいる 4 でいた 2 でゐた, でゐる 1 である, で名誉, で赤毛氈, で開かれ, で隣

▼ 軒借り~ (22, 0.2%)

1 [22件] て, てある, ていた, ておられます, てくれない, てこれ, てもいい, て世帯, て二人, て二階, て井筒屋, て京都, て仕事, て光秀, て半, て女中, て婆, て小女, て焼, て移っ, て酒類, はじめて世帯

▼ 軒居士~ (22, 0.2%)

1 [22件] いきなり腰, がじっと, がドッカ, であった, でした, とこの, の二人, の前, の言葉, はいつ, はそれ, はポカン, はムンズ, は口, は寝, は悠々閑々, は身動き, へ交互, ほんとに愚楽老人, もついぞ, も一刻, を取りまい

▼ 軒提灯~ (21, 0.2%)

2 に火

1 [19件] が門並, ぐらいのこと, にあかあか, に花山車, のあと始末, のつらなった, の下, の涼しい, の華やか, の蔭, は秋風, は蝋燭, も祭禮, やらそこ, や飾り花, をかけ, をみる, を吊し, を懸け

▼ 軒あっ~ (20, 0.2%)

2 てそこ, てその

1 [16件] てこれ, てそこで, てそれ, てそれからまた, てどこ, てわれわれ, てスエータ, て一軒, て何, て夕方, て後, て抱え車夫, て葭簀, て蔵書, て蕎麦, て麹町

▼ 軒~ (20, 0.2%)

2 からと思つて

1 [18件] か三軒, か並ん, がいったい, がその, が二階建, が大きな, ちの寺で, ちの尖端で, ちの樣な, つて有りやしない, つて見あたらない, という宿屋, といえよう, とかいふ筆匠, とか窓, と思っ, な, のに沢山

▼ 軒ばかりの~ (19, 0.2%)

2 人家が, 家が

1 [15件] 同じ形, 土蔵が, 家々が, 家は, 小作人の, 山あいの, 店が, 文房具屋の, 木羽屋根の, 村が, 村だ, 民家を, 泥土の, 温泉宿, 百姓を

▼ 軒行燈~ (19, 0.2%)

4 の下

1 [15件] がばッ, がふと, が見える, では浅葱, にちょうど, に影, に新しい, に灯, に白い, に記し, の影, の灯, の燈火, の白い, を掲げた

▼ 軒あり~ (18, 0.2%)

2 て真黒, 俥も

1 [14件] いわゆる山上, その他上流や, その店, それにつれて, それも, てほんの, て夜, て夫婦, て山下海岸, といわるる, 大学教授の, 影は, 彼は, 自動車が

▼ 軒まで~ (18, 0.2%)

2 ならんで, 運ぶに

1 [14件] だかんなあ, 作らうと, 勘定した, 埋まって, 減じ居りし妓樓, 田舎者に, 積上げた山の芋, 空家に, 行って, 調べて, 豊田の, 這い上らせて, 達すること, 食事し

▼ 軒でも~ (17, 0.2%)

1 [17件] あったろうか, ある, あるでしょうか, あるには, あるまい, ある矢来, いいから, お顧客, それを, まわる, 余計に, 十軒でも, 建てて, 新築せられる, 普請を, 来なかったという, 燒け

▼ 軒詩存~ (17, 0.2%)

71 にあ, には尚, に七絶五首, に五, に唱和, に就い, の或は, はわたくし, を富士川游さん, を検する

▼ 軒かの~ (16, 0.2%)

2 家の

1 [14件] グループで, 名門が, 大きな別莊, 家そのものすら, 家に, 屋敷の, 建物へ, 掘立小屋, 日本建築の, 映画館, 汽船会社の, 箱屋が, 貴族の, 長屋が

▼ 軒きり~ (16, 0.2%)

1 [16件] きゃねえその玉ころ, ございません, しかなかっ, しか商売, だ, であった, であつ, でございますからね, ですか, で隣り, ないので, のあきない, の燈影, まだ灯影, 古ぼけた二階家, 開いて

▼ 軒両隣~ (16, 0.2%)

3 りの

1 [13件] がお, が尽く, が空家, と申しました, にノラ, の人々, の窓, の縁, はある, へ八犬伝, へ蕎麦, りと, を問はず

▼ 軒~ (16, 0.2%)

2 あるの, しか人家, のもの, ゐは 1 あるだらう, しかない, しか家, ずつちょっとした, でしょう, の割, の店, は欲し

▼ 軒~ (16, 0.2%)

1 [16件] にある, に一名, に一間, に下げ渡し, に報捨, に店先, に皆, に立つ, に立つる, に見, に見知らぬ, に覗き込ん, に雪, に青, に食, の行燈

▼ 軒どの~ (14, 0.1%)

2

1 [12件] がその, が小豆飯, じゃろ, にいつか, はそこ, はそんな, はまっさきに, は敵方, もあんな, もひさしく, 何やかやと, 初め一条右衛門大夫どの

▼ 軒~ (14, 0.1%)

1 [14件] から淀, から淀川, から蒸汽船, ぐらいの一つ, そしてこの, でもソレ, と共に九州, に居住, に着き, に至り, に至る, の宿屋, の岸, の立場茶屋

▼ 軒あつ~ (13, 0.1%)

52 たが 1 たけれども, たと, たので, たり, たり三軒, た同業

▼ 軒おい~ (13, 0.1%)

3 て隣 2 て隣家 1 て, ておあ, てとなり, てまた, て亀甲屋, て京染屋, て先きの, て隣り

▼ 軒とは~ (13, 0.1%)

2 なかった

1 [11件] そも何者, そんな奴, ない, ないの, なかつたでが, ねえずら, ほとんど没交渉, よく附けた, 初対面から, 妙な, 離れちや

▼ 軒~ (12, 0.1%)

4 の家 1 でした, のお, のしもた屋, の京屋, の前, の奥, の小田家, の茶店

▼ 軒~ (12, 0.1%)

1 [12件] で壓死, には駄菓子店, に不精, に懸かり, に燈火, に白い, に置い, の池, へ人魂, へ転げ込んだ, へ駆込んだ, 旭旗と

▼ 軒手前~ (12, 0.1%)

2 の私 1 で交番, にあった, にある, に夏目書房, に待たせ, に駕籠屋, の左, の荒物屋, の鑄掛屋, まで行く

▼ 軒柏軒~ (12, 0.1%)

3 の兄弟 1 がこれ, の二子, の二子及渋江抽斎, の伯母正宗院, の手, は上, を左右, を筆, 将何者

▼ 軒栄三郎~ (12, 0.1%)

1 [12件] いわず語らずの, がお, がこの, が力抜け, と腹, にささやい, のあいだ, の出, の身辺, をつけ, を促し, を顧みた

▼ 軒~ (12, 0.1%)

1 [12件] から, が大変興味, などもバックル, に会う, の, のお, のため, の感想, の談, は世界美術全集, は五七日, は率直

▼ 軒蛇腹~ (12, 0.1%)

1 [12件] と軒縁, には幼児, に橙色, のところ, の下, の影, の突出, の間, をつたっ, を底辺, を越え, 更にその

▼ 軒あまり~ (11, 0.1%)

1 [11件] から集った, がまばら, でどの, のお, の中, の十里木, の家, の店屋, の板壁造作, の部落, の飲食店

▼ 軒~ (11, 0.1%)

2 にのがれる 1 にビバーク, に乗りつけた, に張り出した, に近し, の桶, の梅, の行燈, へ歩み, も荒れた

▼ 軒小父ちゃん~ (11, 0.1%)

2 とチョビ安兄ちゃん 1 すぐ発足, であろう, とあの, にお願い, に言いつかっ, のお, の一升徳利, の待っ, もいっしょ

▼ 軒~ (11, 0.1%)

1 [11件] だと, であったが, である, であるが, でもと, で八谷, になつて, の家, の店, の温泉宿, の長屋

▼ 軒廻っ~ (11, 0.1%)

2 て来る 1 ている, ては携帯用地震計, てみ, ても一滴, て一軒, て吸物, て帰る, て来た, て歩い

▼ 軒近く~ (11, 0.1%)

1 [11件] ならんで, にあった, のところ, へ, へ寄りたかつ, まで夜霧, まで庭木, 囀るの, 看て, 立った, 鳴く小鳥

▼ 軒門人録~ (11, 0.1%)

42 に見え 1 には, には四十五人, には此人, に岡西玄庵, は良子刀自所蔵

▼ 軒その~ (10, 0.1%)

1 お医者さん, かげに, 一軒には, 並びに芸者屋, 以前に, 名前までが, 名残りを, 当座時, 海草の, 趾に

▼ 軒なら~ (10, 0.1%)

2 びを 1 ば何故, びにあつた, んだ, んである, んでい, んでいる, んで立つ, 一天俄に

▼ 軒焼け~ (10, 0.1%)

2 か二軒焼け, ぐらいで皆 1 で済んだ, で終った, で近所, で鎮まった, で鎮まりました, 肴町の

▼ 軒老師~ (10, 0.1%)

2 の訓 1 から新しく, がこの, が予言, にはからず, に邂逅, のおしえ, は恒, をもたずね

▼ 軒つづき~ (9, 0.1%)

1 の家, の小さい, の平家, の狭い, の藁葺, の銀行, の陶器師, 新宿の, 桃も

▼ 軒ランプ~ (9, 0.1%)

2 なども無論 1 がぼんやり, が看板, にはもう, の下, はもう, もつかない, を出し

▼ 軒残らず~ (9, 0.1%)

1 この二つ, の葬式, 商売を, 家の, 家捜しを, 屋根に, 戸を, 手を, 煙止めと

▼ 軒~ (9, 0.1%)

1 が七代目団十郎, が両国, に分れ, の別, の吉原, の序文, の諸氏, は後説, は茶山

▼ 軒~ (9, 0.1%)

8 いて 1 っていた

▼ 軒さん~ (8, 0.1%)

1 である, にきかせる, に就い, に頼ん, のうち, の蔵幅, もその, もチラホラ

▼ 軒それ~ (8, 0.1%)

2 を見る 1 がやられる, には団扇, に死傷者, に近い, も入口, も茫然

▼ 軒といふ~ (8, 0.1%)

2 村が 1 分限だ, 古い料理屋, 忠節の, 支那料理で, 洋食屋へ, 相場其処で

▼ 軒もの~ (8, 0.1%)

1 共同の, 家に, 寺へ, 小患家, 店, 新聞に, 新聞屋を, 茶屋が

▼ 軒三軒~ (8, 0.1%)

1 とあはれ, といわれた, と人家, と仕舞屋, と廻つて, と心覚え, と飛び, と飛び飛び

▼ 軒並んだ~ (8, 0.1%)

1 中央の, 二階建ての, 右端の, 新建ち, 武家の, 武家屋敷を, 花屋の, 黒焼屋の

▼ 軒寄っ~ (8, 0.1%)

2 て行く 1 てきた, てすぐ, てすこし, て一つ, て飲み直し, て黒門町

▼ 軒小屋~ (8, 0.1%)

1 が開いてる, の発電所, の集落, への路, へ行ける, までどの, をのぞい, を発った

▼ 軒持っ~ (8, 0.1%)

2 ている 1 てい, ていた, ていれ, ております, て両親, て見る

▼ 軒続き~ (8, 0.1%)

2 の長屋 1 さ, には私自身, に心臓形, に覗く, の新築貸家, を歩

▼ 軒~ (8, 0.1%)

2 て歩い 1 てまわっ, て廻った, て廻つた, て廻る, て往く, て行く

▼ 軒隣り~ (8, 0.1%)

1 にそこ, に二台, に起つた, に駈け付け, の, の煙草屋, の豪傑, は中

▼ 軒~ (7, 0.1%)

1 たつて, つたしかし, つたのが, つたのを, つてこの, つてなりの, つて駕の

▼ 軒~ (7, 0.1%)

1 やめに, 寄り申す, 蓮様お, 詑びして歩いた, 長家が, 長屋の, 駒の

▼ 軒からは~ (7, 0.1%)

1 三味線か, 何か, 居ながらに, 微かに, 殆ん, 私達を, 隣家の

▼ 軒だった~ (7, 0.1%)

1 とは町, にすぎない, ね, のでしょう, のです, ので五軒茶屋, 森田部落も

▼ 軒との~ (7, 0.1%)

3 間に 1 あいだに, 親交から, 距離は, 間の

▼ 軒もっ~ (7, 0.1%)

3 ている 1 てい, ていた, てその, て暮し

▼ 軒もつ~ (7, 0.1%)

3 ことに 1 ことが, ことは, ように, 年齢に

▼ 軒二軒~ (7, 0.1%)

1 と代官松, と圧しつぶされた, と思っ, と残っ, と現れ, のうち, 見えるほか

▼ 軒~ (7, 0.1%)

1 というの, はここ, もほどなく, もようやく, も少々, も相当, 文の

▼ 軒~ (7, 0.1%)

1 から明星, が退く, に海原, の影, の雪, を叩き, を渡る

▼ 軒建て~ (7, 0.1%)

1 て住ん, て四軒, であったが, になっ, の小, の小屋, 兼ねたの

▼ 軒歩い~ (7, 0.1%)

2 てみる 1 てからそれ, て二十兩, て夜半, て眠, て行く

▼ 軒父子~ (7, 0.1%)

1 から聞い, が地雷火, とその, の坦率, はその, は信忠, もそれ

▼ 軒~ (7, 0.1%)

1 では人品骨柄, に丸十, に焼, のアラビヤ式, の芋屋, の餅菓子屋, は按摩

▼ 軒かたまっ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 てい, ていた, ていたらしい, て並ん

▼ 軒ぐらい~ (6, 0.1%)

1 あった方, そう云う, そんな別荘, オサキを, 潰すの, 門前払いを

▼ 軒~ (6, 0.1%)

2 え乞食野郎 1 エ親爺かい, 云う人, 何が, 洋食屋へ

▼ 軒ならび~ (6, 0.1%)

2 素人の 1 の格子, の隣家, 三軒目, 問屋といつてもよ

▼ 軒以上~ (6, 0.1%)

2 を水 1 あること, ぐるりと, となれり, の農家

▼ 軒傾いた~ (6, 0.1%)

1 いぶせき藁屋, 家々の, 屋並びに, 木賃宿が, 母屋の, 清洲の

▼ 軒~ (6, 0.1%)

3 に家 1 にあてがっ, にでもし, の借家

▼ 軒~ (6, 0.1%)

1 から見る, に吊, に立っ, の敷居, までさし込ん, ヘ飛ん

▼ 軒向う~ (6, 0.1%)

2 にある 1 に煙草屋, の八里半丸焼き, は黒山署, 隣りの

▼ 軒殘ら~ (6, 0.1%)

1 ず手, ず歩きましたよ, ず歩くと, ず洗つて, ず當つて, ず知つて

▼ 軒~ (6, 0.1%)

1 から團子坂, の形, の曲り角, の裏店, へ家, まで用達し

▼ 軒~ (6, 0.1%)

31 に點つて, の行燈, みに

▼ 軒離れ~ (6, 0.1%)

2 ている 1 てゐた, て一軒, て向, て建っ

▼ 軒あります~ (5, 0.0%)

1 からすぐ, がいずれ, が悉く, し村, よ

▼ 軒おき~ (5, 0.0%)

1 にあき, によそ, の軒行燈, の隣, 二軒おきの

▼ 軒だけは~ (5, 0.0%)

1 なれて, 一人ぽっちの, 地震にも, 素読の, 開いて

▼ 軒とが~ (5, 0.0%)

1 ある, いあわせて, ぶらりぶらりと野中, 妙な, 挟み合って

▼ 軒のこらず~ (5, 0.0%)

1 にきい, ドアを, 下ッ引, 寝しずまって, 臨検を

▼ 軒のみ~ (5, 0.0%)

2 ならず温泉場 1 だつた, だと, 也

▼ 軒へと~ (5, 0.0%)

1 たなびき小川, 歩いた, 漂うて, 熱心に, 続いて

▼ 軒もる~ (5, 0.0%)

32 月の

▼ 軒ムラクモ~ (5, 0.0%)

1 が女房子供, であろう, というその道, と号, の少年時代

▼ 軒ラムプ~ (5, 0.0%)

1 が電燈, の並び, の時代, の照, は既に

▼ 軒伝い~ (5, 0.0%)

1 に冷たい, に包ましく, に夕暮, に小さく, に行き

▼ 軒信階~ (5, 0.0%)

1 が猶, が膝下, の友, の妻伊沢氏曾能, は此年五月二十八日

▼ 軒兩隣~ (5, 0.0%)

1 しか實際, の二三人, を當, を當つて, を荒し

▼ 軒~ (5, 0.0%)

2 の住居 1 だけ払下げ, で二千四百円, もあり

▼ 軒持つ~ (5, 0.0%)

4 てゐる 1 てみた

▼ 軒残っ~ (5, 0.0%)

5 ている

▼ 軒燈籠~ (5, 0.0%)

1 が水, に鳥, の影, の白い, 懸け列ねて

▼ 軒立ち~ (5, 0.0%)

1 ではある, のさして, の家, の観, の門構

▼ 軒立つ~ (5, 0.0%)

2 てゐる 1 て居ります, とその, と其陰

▼ 軒置いた~ (5, 0.0%)

1 先に, 先の, 隣が, 隣に, 隣同士で

▼ 軒足らず~ (5, 0.0%)

2 でその 1 のこの, の一寒村, の此

▼ 軒おいた~ (4, 0.0%)

1 お隣り, その次, となり, 隣家の

▼ 軒ずつの~ (4, 0.0%)

1 家が, 小屋が, 瀟洒な, 部落が

▼ 軒だけが~ (4, 0.0%)

1 あかあかと, 二階建に, 富有な, 微かに

▼ 軒だけで~ (4, 0.0%)

1 あつた, その山上, 作つてゐる, 食いとめたの

▼ 軒づつ~ (4, 0.0%)

1 の部落, 低い藁家, 増えるたび, 歩いたん

▼ 軒です~ (4, 0.0%)

1 か, から月, が外, よ

▼ 軒とか~ (4, 0.0%)

1 申す乞食, 福良千軒とか, 許されて, 謂って

▼ 軒とともに~ (4, 0.0%)

1 栄三郎の, 煙りつつ, 苦境に, 露地を

▼ 軒とを~ (4, 0.0%)

1 くっつけて, 押し分けるよう, 調べあげて, 重ね合せて

▼ 軒などに~ (4, 0.0%)

1 入染ん, 凌ぎつつ, 江戸家とか, 真赤な

▼ 軒ならず~ (4, 0.0%)

2 二軒ならず, 朝日に

▼ 軒について~ (4, 0.0%)

1 たずねて, 歩くから, 窓は, 聞き合わせると

▼ 軒一軒虱潰し~ (4, 0.0%)

1 に出所, に当っ, に捜す, に調べろ

▼ 軒~ (4, 0.0%)

1 お隣りや, どなり, 鄰り, 隣りに

▼ 軒主人~ (4, 0.0%)

2 またおばあさん 1 はこれ, もまた

▼ 軒~ (4, 0.0%)

1 か珍奇, をする, を思い出した, を思った

▼ 軒~ (4, 0.0%)

1 隣り, 隣りへ, 隣りを, 隣り天井裏

▼ 軒~ (4, 0.0%)

2 ていた 1 ていました, て居

▼ 軒寺町~ (4, 0.0%)

2 の東陽寺 1 と呼ばれ, に曹洞宗

▼ 軒建ち~ (4, 0.0%)

1 がそれ, で向側, になっ, の一寸

▼ 軒建っ~ (4, 0.0%)

2 ていた, ている

▼ 軒当っ~ (4, 0.0%)

1 ていっ, てみましょう, て琢堂, て神田

▼ 軒~ (4, 0.0%)

1 だつた, である, ではない, の控室

▼ 軒立っ~ (4, 0.0%)

2 ていた, ている

▼ 軒~ (4, 0.0%)

1 と比較的, には一つ, の巨石, も恐らく

▼ 軒置いた隣り~ (4, 0.0%)

1 にあっ, に住ん, の撞球場, の紙屑屋

▼ 軒虱潰し~ (4, 0.0%)

1 に出所, に当っ, に捜す, に調べろ

▼ 軒行く~ (4, 0.0%)

1 ところが, と古道具屋, と左側, と細い

▼ 軒起き~ (4, 0.0%)

2 て居た 1 ていた, ている

▼ 軒離れた~ (4, 0.0%)

1 ところから, ところに, 横町へ, 近所の

▼ 軒飾り~ (4, 0.0%)

1 なども単純, のよう, をし, 祭りの

▼ 軒ありし~ (3, 0.0%)

1 が其中, が暫時, ように

▼ 軒かは~ (3, 0.0%)

1 テンコツさんの, 便乗景気の, 影も

▼ 軒きい~ (3, 0.0%)

1 てみた, て暗記, て来た

▼ 軒くら~ (3, 0.0%)

1 ゐ, ゐあつ, ゐありました

▼ 軒ここ~ (3, 0.0%)

1 という金, に二軒, まで聞い

▼ 軒~ (3, 0.0%)

2 しに 1 周旋しよう

▼ 軒じゃ~ (3, 0.0%)

1 ねえん, 飯が, 鳥渡さがす

▼ 軒そこ~ (3, 0.0%)

1 に家, に残っ, へもっ

▼ 軒だって~ (3, 0.0%)

1 こけ猿, ないだろうと, 立っちゃ

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 やあるまい, やない, や飯

▼ 軒つづい~ (3, 0.0%)

2 ている 1 ていた

▼ 軒つづいた~ (3, 0.0%)

1 家間取りわるくなし, 赤瓦屋根を, 長屋の

▼ 軒であった~ (3, 0.0%)

1 が本日, と思う, のを

▼ 軒であろう~ (3, 0.0%)

1 そこに, と木幹, な

▼ 軒では~ (3, 0.0%)

1 ないか, 一方の, 少し手

▼ 軒として~ (3, 0.0%)

1 一人前の, 自分と, 蚕を

▼ 軒ならびに~ (3, 0.0%)

1 あった, 建ち続いて, 比びなき

▼ 軒へでも~ (3, 0.0%)

1 それこそ, はいって, 行きましょう父さん

▼ 軒ほどの~ (3, 0.0%)

1 人家が, 地所を, 家を

▼ 軒まわっ~ (3, 0.0%)

1 て来た, て歩い, て途中

▼ 軒よりも~ (3, 0.0%)

1 すすきや, 高くなった, 高く成る

▼ 軒をめぐって~ (3, 0.0%)

1 姿を, 心耳を, 消えて

▼ 軒をも~ (3, 0.0%)

1 お調べ, 忘れて, 目標に

▼ 軒トコトン~ (3, 0.0%)

1 さんの, ですよ, の真情

▼ 軒一人~ (3, 0.0%)

1 であ, でも持てあまし, のよう

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 ばかりの高, ほどの高, よりも高く

▼ 軒世帯~ (3, 0.0%)

1 の世話, をもちたて, を作っ

▼ 軒京水瑞英居士~ (3, 0.0%)

1 である, という, と歿年月日

▼ 軒低く~ (3, 0.0%)

1 天井暗, 水の, 町並暗い

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 ありと, であったが, は大抵五六十戸

▼ 軒信厚~ (3, 0.0%)

1 が伊沢分家, は六つ, は長女

▼ 軒借りる~ (3, 0.0%)

1 ことを, のも, よりこの

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 に己, 同じ奴, 大きい家

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 の姿, の謂, 誘う能わず鼎

▼ 軒出し~ (3, 0.0%)

1 てい, てみたら, て新規

▼ 軒力水~ (3, 0.0%)

1 とその, なんていう, なんて講釈師

▼ 軒師匠~ (3, 0.0%)

1 がニヤリニヤリ, が禁酒, が酒

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 から負傷者, から黒い, しを

▼ 軒当り~ (3, 0.0%)

1 に五, の収穫配当量, の配給費

▼ 軒彼方~ (3, 0.0%)

1 の加藤医院, の加藤醫院, の屋根

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 ったところ, った処, ってたしかめる

▼ 軒心当り~ (3, 0.0%)

1 がある, のところ, の家

▼ 軒持ちたい~ (3, 0.0%)

1 と思った, と思ってる, んです

▼ 軒燈火~ (3, 0.0%)

2 のついた 1 の外

▼ 軒看板~ (3, 0.0%)

1 が見え, に, を並べ

▼ 軒行灯~ (3, 0.0%)

1 が目, に, のおぼろ

▼ 軒西~ (3, 0.0%)

1 の家, へ寄った, へ行く

▼ 軒覗き~ (3, 0.0%)

1 こんだ, ながら正面, もしなかった

▼ 軒訊い~ (3, 0.0%)

2 て歩い 1 てみた

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 で天神山, り焼けた火事跡, り燒けた火事跡

▼ 軒詩存中~ (3, 0.0%)

1 に, に尚, より

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 には草鞋, をつらね, をならべ

▼ 軒~ (3, 0.0%)

1 の扉, の松田道夫さん, をたたい

▼ 軒隔てし~ (3, 0.0%)

3 溝板の

▼ 軒飛ん~ (3, 0.0%)

1 で, で按摩, で清元

▼ 軒あたり~ (2, 0.0%)

1 から得, でさ

▼ 軒ありまし~ (2, 0.0%)

1 てその, てね

▼ 軒あるでしょう~ (2, 0.0%)

1 あの右, よ

▼ 軒いずれ~ (2, 0.0%)

1 も同じ, も親戚関係

▼ 軒いっしょ~ (2, 0.0%)

1 にお互い, になっ

▼ 軒いっぱい~ (2, 0.0%)

1 に吊るした, に布片地

▼ 軒かが~ (2, 0.0%)

1 両側に, 数えられるに

▼ 軒かげ~ (2, 0.0%)

1 にて, に斜

▼ 軒かたむいた~ (2, 0.0%)

1 戸ごとから, 板屋葺の

▼ 軒かで~ (2, 0.0%)

1 分け合って, 見られたもの

▼ 軒かと~ (2, 0.0%)

1 思ったら登るに従って, 聞いたら案内

▼ 軒かり~ (2, 0.0%)

1 てでもおくなら, てノンキ坊

▼ 軒かを~ (2, 0.0%)

1 写生しよう, 眺めやって

▼ 軒くらい~ (2, 0.0%)

1 共同し, 掛け持ちを

▼ 軒くらいの~ (2, 0.0%)

1 多きに, 小さな村

▼ 軒くらいは~ (2, 0.0%)

1 するよう, 行き立て込んで

▼ 軒ぐらいの~ (2, 0.0%)

1 家が, 高いところ

▼ 軒げ手~ (2, 0.0%)

1 を揺がし, を搖

▼ 軒この~ (2, 0.0%)

1 処三軒の, 文庫を

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 くまといふ, へ潜る

▼ 軒した~ (2, 0.0%)

1 の廻り燈籠, 一間ばかり

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 だれも, つかり見て

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 かの夫婦, かの華燭

▼ 軒たん~ (2, 0.0%)

2 ねんに呑ん

▼ 軒だけの~ (2, 0.0%)

1 つく, 壕舎の

▼ 軒だけを~ (2, 0.0%)

1 呼び戻しいそぎ二階, 飛ばして

▼ 軒だて~ (2, 0.0%)

1 がいくつ, の一階

▼ 軒だの~ (2, 0.0%)

2 榎だ

▼ 軒ちかき~ (2, 0.0%)

1 御座よ, 松に

▼ 軒ちかく~ (2, 0.0%)

1 ででも, 縫いものを

▼ 軒づゝ~ (2, 0.0%)

1 焼けました, 這入つて行

▼ 軒である~ (2, 0.0%)

1 と思う, 来る途中

▼ 軒とで~ (2, 0.0%)

1 常三郎は, 泣きなすったその

▼ 軒と共に~ (2, 0.0%)

1 一の, 奥の

▼ 軒どこ~ (2, 0.0%)

1 にい, へか立寄っ

▼ 軒どれ~ (2, 0.0%)

1 も片側, も相当

▼ 軒~ (2, 0.0%)

2 んです

▼ 軒ながら~ (2, 0.0%)

1 明き店に, 私に

▼ 軒などの~ (2, 0.0%)

1 三百騎であった, 書物が

▼ 軒ならんだ~ (2, 0.0%)

1 人家を, 家の

▼ 軒なり~ (2, 0.0%)

1 と開かせいただか, 空なり

▼ 軒なる~ (2, 0.0%)

1 ものが, ものの

▼ 軒にかけて~ (2, 0.0%)

1 新しい正月, 木曾路を

▼ 軒につき~ (2, 0.0%)

1 一人ずつは, 三乃至

▼ 軒にまで~ (2, 0.0%)

1 モクモクと, 迫って

▼ 軒のぞい~ (2, 0.0%)

1 てみた, てみたい

▼ 軒はさん~ (2, 0.0%)

1 で, で凵

▼ 軒ばかりが~ (2, 0.0%)

1 一握りに, 使うだけは

▼ 軒ばかりも~ (2, 0.0%)

1 あった, 離れて

▼ 軒への~ (2, 0.0%)

1 そりと, よしみとから

▼ 軒へは~ (2, 0.0%)

1 まあ兄, 足を

▼ 軒ほども~ (2, 0.0%)

1 並んで, 焼けた

▼ 軒ぽつり~ (2, 0.0%)

2 と家

▼ 軒ぽつんと~ (2, 0.0%)

1 小さな家, 樹かげに

▼ 軒また~ (2, 0.0%)

1 二三軒, 傾斜の

▼ 軒までも~ (2, 0.0%)

1 埋めて, 焼落ち

▼ 軒まばら~ (2, 0.0%)

1 に並んでる, に隅

▼ 軒みんな~ (2, 0.0%)

1 大間口, 欲しいという

▼ 軒もう~ (2, 0.0%)

1 一杯と, 一軒と

▼ 軒一円五十銭~ (2, 0.0%)

2 ぐらいの家賃

▼ 軒一萬兩~ (2, 0.0%)

1 の仕事, の大願

▼ 軒一軒たん~ (2, 0.0%)

2 ねんに呑ん

▼ 軒一軒時ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の住み込み

▼ 軒一軒裏口~ (2, 0.0%)

1 から, へまわっ

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 にはさん, に宿

▼ 軒二人~ (2, 0.0%)

1 で説い, の講余

▼ 軒二階~ (2, 0.0%)

1 で貸間, の窓

▼ 軒五十がらみ~ (2, 0.0%)

1 の総髪, の總髮

▼ 軒京橋~ (2, 0.0%)

1 で一軒, の方

▼ 軒京水瑞英居士五十一歳初代瑞仙長男~ (2, 0.0%)

2 実玄俊信卿男

▼ 軒今戸焼~ (2, 0.0%)

2 を売る

▼ 軒何とか~ (2, 0.0%)

1 いう同じ, 思へる詞

▼ 軒余り~ (2, 0.0%)

1 の店, の西洋館

▼ 軒借りう~ (2, 0.0%)

1 けそこで, け槍だこ

▼ 軒傾き~ (2, 0.0%)

1 て古雅, 瓦辷り

▼ 軒円玉~ (2, 0.0%)

1 の講談, はまた

▼ 軒切り~ (2, 0.0%)

1 ないの, の田舎

▼ 軒十八~ (2, 0.0%)

1 になる, 長十四

▼ 軒十軒~ (2, 0.0%)

1 と數, を荒し

▼ 軒十里~ (2, 0.0%)

2 に五軒

▼ 軒博士~ (2, 0.0%)

1 となり, も舌

▼ 軒右側~ (2, 0.0%)

1 に三軒, の二軒

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 によぢ, ひばかりを

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 の出た, は古く

▼ 軒向こう~ (2, 0.0%)

1 の屋敷, の横町

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 に家, も一昨年越後

▼ 軒回っ~ (2, 0.0%)

1 て歩いた, て見る

▼ 軒回り~ (2, 0.0%)

1 の細部, の組み物

▼ 軒在世~ (2, 0.0%)

2 の時

▼ 軒坊主~ (2, 0.0%)

1 ではない, とトンガリ長屋

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 にのがれる, を尋ね

▼ 軒夫婦~ (2, 0.0%)

1 で網糸, のみで

▼ 軒妾腹~ (2, 0.0%)

1 之女, 之男也

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 あると, 並んで

▼ 軒宿~ (2, 0.0%)

1 ですから, で一カ月

▼ 軒宿屋~ (2, 0.0%)

1 がある, を叩い

▼ 軒寄り~ (2, 0.0%)

1 京極を, 南ずしへ

▼ 軒小さい~ (2, 0.0%)

1 家でも, 家を

▼ 軒小さな~ (2, 0.0%)

1 家が, 長屋でございます

▼ 軒屋敷~ (2, 0.0%)

1 で生れた, の中

▼ 軒山蔭~ (2, 0.0%)

2 の孤家

▼ 軒常磐津~ (2, 0.0%)

2 の師匠

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 に喧しかっ, へ布

▼ 軒廂屋根~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 軒建ち並ん~ (2, 0.0%)

1 でおります, で居ります

▼ 軒建つ~ (2, 0.0%)

1 て居た, て居ります

▼ 軒建つた~ (2, 0.0%)

1 だけで以前, ばかりで

▼ 軒建てよう~ (2, 0.0%)

1 ということ, という人々

▼ 軒建てられ~ (2, 0.0%)

2 て其家

▼ 軒当たっ~ (2, 0.0%)

2 てみた

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 が庭, や軒燈

▼ 軒待合~ (2, 0.0%)

1 を知ってる, を知つて

▼ 軒~ (2, 0.0%)

2 に無い

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 が開い, のあい

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 に入れた, を合わせ

▼ 軒手頃~ (2, 0.0%)

1 な家, な貸

▼ 軒持たし~ (2, 0.0%)

1 てやった, て幸吉

▼ 軒探し~ (2, 0.0%)

1 ておいた, まはつ

▼ 軒提燈~ (2, 0.0%)

1 と同じ, は云う

▼ 軒料理屋~ (2, 0.0%)

1 が大小五軒, を兼ねた

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 らしく家, 粉の

▼ 軒新た~ (2, 0.0%)

1 に修繕, に建てまし

▼ 軒時ちゃん~ (2, 0.0%)

2 の住み込み

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 へそれ, を盾

▼ 軒構え~ (2, 0.0%)

1 てヤトナ, 阿母

▼ 軒歩き~ (2, 0.0%)

1 京都へ, 廻つた上一番廉い

▼ 軒残った~ (2, 0.0%)

1 のは, 古本屋である

▼ 軒残つて~ (2, 0.0%)

1 ゐましたが, ゐるかも

▼ 軒水際~ (2, 0.0%)

1 に立っ, に立つ

▼ 軒浴場荒物屋~ (2, 0.0%)

2 など一廓

▼ 軒深川~ (2, 0.0%)

1 で一軒, に一軒

▼ 軒漁師~ (2, 0.0%)

1 の小家, の網小屋

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 のかんかん, の見える

▼ 軒煙草屋酒類屋鑵詰屋~ (2, 0.0%)

2 さては紙屋

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 と瓦, を並べ

▼ 軒當つて~ (2, 0.0%)

1 見たが, 見ると

▼ 軒發見~ (2, 0.0%)

1 といへ, の由來

▼ 軒~ (2, 0.0%)

2 じら

▼ 軒盗んだ~ (2, 0.0%)

2 金が

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 についた, に入らない

▼ 軒知っ~ (2, 0.0%)

2 ている

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 のはなし, をそっちのけ

▼ 軒神田~ (2, 0.0%)

1 で一軒, に一軒

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 あるな, 片付いたが

▼ 軒立て~ (2, 0.0%)

1 の洋品屋, の藁家

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 二回は, 二女生

▼ 軒続い~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て庭

▼ 軒老人~ (2, 0.0%)

1 が, もいくら

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 安信恬居士と, 敬曾祖楊庵祖父秀三父楊庵である

▼ 軒自身~ (2, 0.0%)

1 であつ, 大日本精神

▼ 軒茶屋旅籠~ (2, 0.0%)

1 に雑貨荒物屋, のございました

▼ 軒荒物屋~ (2, 0.0%)

1 が一軒, らしいの

▼ 軒莊左衞門~ (2, 0.0%)

1 か, と名

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 の彩色, を飾る

▼ 軒裏口~ (2, 0.0%)

1 から, へまわっ

▼ 軒見える~ (2, 0.0%)

1 な, ほかには

▼ 軒覗い~ (2, 0.0%)

1 て歩いた, て行った

▼ 軒訪ね~ (2, 0.0%)

1 て上總屋, て強烈

▼ 軒豆腐屋~ (2, 0.0%)

1 があっ, が一軒

▼ 軒農家~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 に吊し, に真白

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 と隔つた処, と隔つた處

▼ 軒~ (2, 0.0%)

2 や音

▼ 軒~ (2, 0.0%)

2 や商

▼ 軒長安~ (2, 0.0%)

1 の地位, の歿後五年

▼ 軒長屋二十軒長~ (2, 0.0%)

2 や商

▼ 軒門口~ (2, 0.0%)

1 から呼び歩きました, の往来

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 から燕, に

▼ 軒隠者~ (2, 0.0%)

1 なんぞとはち, なんぞとはちがう

▼ 軒雑司ヶ谷~ (2, 0.0%)

1 で一軒, に一軒

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 からは色色, に掲げる

▼ 軒顔出し~ (2, 0.0%)

1 せねば, をする

▼ 軒飲み歩い~ (2, 0.0%)

1 て七, て見せる

▼ 軒~ (2, 0.0%)

1 をひっこめ, を振っ

▼ 軒鳥屋~ (2, 0.0%)

2 がある

▼1* [1119件]

あいてます, 軒あけさして母親, 軒あたり七十円に無代進呈, 軒あたり五千以下ではテコ, 軒あちこちのカッフェー, 軒あっちの桜並木通り, 軒あの丘の, 軒あまさずっていう形恰, 軒あまり人家の密集, 軒ありましたよ, 軒ありやしてね, 軒あり登り切って小渋川, 軒あるだろうか, 軒あるであろうか, 軒あるで無い西本願寺派の, 軒ある切り前は, 軒あれば物持, 軒いい家が, 軒いかがいたす, 軒いつた所に, 軒いづれも夫, 軒いとま乞, 軒うむ, 軒うしろざまに飛びすさる, 軒うす汚ない雑貨店みたい, 軒うちらしいもの, 軒おいた隣りの自分, 軒おくればせながら左膳の, 軒おそくまで灯り, 軒おぼろげに見えた, 軒おるかい, 軒お寺があ, 軒かえてくれた, 軒かけ離れてあすこ, 軒かしこに一軒, 軒かたまった相川という, 軒かたむき縁朽ちたる破ら, 軒かでは表戸, 軒かようにひとつ, 軒からの申込が, 軒からも嬰ン坊の, 軒かわり番こに養っ, 軒がちから強く, 軒きょうも垣, 軒きりつていふん, 軒きり谷地にぽつんと, 軒きれいに掃き清め, 軒くらいずつはあったよう, 軒くわえたと見え, 軒ぐらいしかできて, 軒ぐらいはどこかに, 軒ぐらいもそうやっ, 軒ぐらひの間隔で至つてまばら, 軒ぐらゐの農家がその, 軒ぐらゐは歩かなきや, 軒ぐらゐはあるのだが全国に汽車, 軒ぐらゐ門前払ひを, 軒て奈落, 軒こういう家が, 軒こうしてないしょに, 軒こそ亡兄信玄の, 軒こそは勘当を, 軒こっちに二, 軒ことわられたそうです, 軒この世に生, 軒これこれの事, 軒ございますので, 軒ごときで一銚子といった, 軒ごと家ごと向三軒両隣, 軒さがしていや, 軒さきでかわりばんこに, 軒さっきお美夜ちゃん, 軒さっそく庭へ, 軒さて帰りの, 軒さまといえ, 軒さる席へ, 軒しかも大, 軒しかるべき旅館も, 軒しきゃ無かったもんで, 軒しくじるような, 軒しずくの音, 軒しずれの雪, 軒しばし恵ませ給え, 軒しもたやが, 軒しもたやがある, 軒すっかり見て, 軒すましてから弁当, 軒すました翌る, 軒すら伊那郡の, 軒すらも立ち入ること, 軒すれすれに日, 軒ずつか散在し, 軒ずつを眺めまた, 軒なたが, 軒そういう家が, 軒そこかしこに三味線, 軒そこそこの小村, 軒そつちこつちと, 軒そのうち怪我人が, 軒その他の水菓子, 軒そば屋が一軒, 軒それから廓を, 軒それだけの七軒, 軒それに菊之丞を, 軒たずねて歩いた, 軒たたきおこして庭, 軒たたき起してここ, 軒ただこの磯, 軒たちまち四五人に, 軒たっている, 軒たつてゐる, 軒たてて商売, 軒たてられた景色の, 軒たとえ一時に, 軒たびやがあった, 軒たらずでのこった数百軒数千軒の, 軒だけから返事が, 軒だけしか対岸に, 軒だけじゃないよそさま, 軒だけという事が, 軒だけに押し入, 軒だけや言うて, 軒ちやんと店, 軒ちょっとした小屋が, 軒ちよつと寄つ, 軒ついに壁を, 軒つきものの貧乏徳利, 軒つごう三軒が, 軒つたいに雨, 軒つぶしただけのこと, 軒づたいに歩きだした, 軒づたいにそこまで逃げのびたお, 軒づたいに土壁を匍, 軒づたいに裏へ飛びおり, 軒づたいに門附けを, 軒づたひに工事場のやう, 軒づつある家が大方, 軒づつの家を建て, 軒づつ別にさせ, 軒づつ大屋が在っ, 軒づつ戸口に立つ, 軒づもりポカリと抜けた, 軒づゝお家が建て, 軒づゝ二十軒ほど散らば, 軒づゝ店を開き, 軒づゝ軒並みに蒲鉾小屋, 軒ていうなあ汁粉屋か, 軒でありましたうちは, 軒できたことは, 軒ですだで村開闢以来, 軒とある家が, 軒とかの割合で, 軒としても思いがけないこの, 軒ともとあまり親しく, 軒ともにあんどんの, 軒とやら申す乞食, 軒どうかすると, 軒ないし四軒に, 軒ないしは竹中半兵衛の, 軒なぞのまだそのままに, 軒なぞもこの大, 軒などが利用され, 軒などと呼ぶ人, 軒などという一代の, 軒などにもこの花, 軒なども遠見の, 軒なみ問屋でサイ, 軒なみ闘犬を養っ, 軒ならず冷かして廻つた, 軒ならびしもたやと見る, 軒ならび似よりの店, 軒ならんでいた, 軒なりしと旧, 軒なりへそれを, 軒にかぎろふ, 軒にかけ渡した紅提燈, 軒にかけてこそ置け, 軒にこそなほさらいた, 軒にて食事を, 軒にとだんだんあとびっしゃりをしていくのはひどすぎる, 軒にとっては朝めしまえ, 軒ににほへり, 軒にわかに上半身を, 軒にわたりたるわが, 軒に関する事蹟に, 軒ねずにおき, 軒のき伝いに, 軒のけんどん屋で, 軒のこらず当たって例, 軒のこらず聞いてまわりました, 軒のこらず訊いて廻った, 軒のみにして, 軒のみ並みに小屋, 軒はしごをかけ, 軒はずれに衝, 軒はぶつきらぼうに彼女, 軒はぶッ潰れるぞ, 軒ばかしある, 軒ばねが出来る, 軒ひさしぶりじゃ, 軒ひっそりと暁, 軒ひとりでは心もとない, 軒ひと塊りに, 軒ひどい破屋が, 軒ひろがつて, 軒ふえることと, 軒ふきとばされたり山林火事, 軒ふとあがり口, 軒ふところをさぐっ, 軒ぶっこわして, 軒ぶつ倒れた狩野川, 軒ぶりもある, 軒ほかへ廻っ, 軒ぽつりぽつりと森, 軒はつて, 軒まじりそのうちちよ, 軒まだ決つてゐない, 軒までの区別が, 軒まわらなくっちゃ, 軒まわりの大胆, 軒まわりゃア用はねえと, 軒まわる処が, 軒みすぼらしいオランダ船の, 軒むき合っている, 軒むねにかつお木, 軒めがけて邁進, 軒めづらしいの, 軒もが一緒に, 軒もござりませぬよってこの, 軒もたして子供, 軒もたせてもらっ, 軒もったような, 軒もらって嫁, 軒やって九時五十九分の汽車, 軒やにわに大声を, 軒やはり貧乏徳利を, 軒やられましたね, 軒やればあくる日, 軒ゆくさきざきで祭りの, 軒よその家, 軒よりはないと, 軒の率先, 軒りこんで, 軒わたくしの知っ, 軒われからすすん, 軒アイルランド人の経営, 軒アベードの列, 軒カーキー色の日覆, 軒キモノ, 軒コンクリートになり, 軒サアッと敵, 軒シナ人の薬店, 軒ストーブ前から中継放送, 軒チャチな寄席, 軒テントの張っ, 軒ト号ケ或ハ局ト呼ブ者, 軒ドクトル・ヤ・ポクレの雨谷狐馬, 軒ニッと忠相, 軒ネオンのついた, 軒反リガ厚ク, 軒ハシゴするうち, 軒ホテルにゆく, 軒ポッツリ立って, 軒ポツンと離れ, 軒マッチ箱を並べた, 軒モデルを周旋, 軒ランプ競争に火花, 軒レストランへ寄っ, 軒一つの境, 軒一万二千五百七十八戸が災, 軒一分か二朱, 軒一叢のうち, 軒一名大花園と云う, 軒一朱の割, 軒一枚の門札, 軒一樣の造り, 軒一目に見渡される, 軒一策を定め, 軒一軒かわり番こに養っ, 軒一軒ごとに入っ, 軒一軒のみ並みに小屋, 軒一軒ひろがつて, 軒一軒よその家, 軒一軒二人で説い, 軒一軒何処でもおなじ, 軒一軒年始まわりをした, 軒一軒引札を配らせる, 軒一軒当り二千円宛出し合うて, 軒一軒心配げな物, 軒一軒木で鼻, 軒一軒根気よくかつて, 軒一軒用事を拵え, 軒一軒自分で聞い, 軒一軒覗きこんだ, 軒一軒賠償金を徴発, 軒一軒門をたたい, 軒一軒飾窓を覗きまわった, 軒一道円了居士と云, 軒七味温泉と呼ん, 軒七歳長三歳, 軒七百八十九人は百九十三年後, 軒三十一柏軒二十五長二十一, 軒三十七回忌に営まれた, 軒三十七妻志保四十一女柏六つ柏軒と妻俊, 軒三十三妻志保三十七長女柏二つ柏軒二十七妻俊も同じく, 軒三十九妻志保四十三女柏八つ柏軒と妻俊, 軒三十二妻志保三十六柏軒二十六長二十二, 軒三十五妻志保三十九女柏四つ同久利二つ, 軒三十八妻志保四十二女柏七つ柏軒と妻俊, 軒三十六妻四十女柏五つ柏軒と妻俊, 軒三十四妻志保三十八女柏三つ女久利一つ柏軒と妻俊, 軒三十柏軒廿四長二十, 軒三軒四軒目のところ, 軒の問屋, 軒上身をのめらせ, 軒下手の考え, 軒下鴨と鹿ヶ谷, 軒不思議な建物, 軒不景気で分散, 軒両側の長屋, 軒両隣的人情でつながっ, 軒両隣近所の人, 軒並べて, 軒並んでる部落に, 軒中等物の約束, 軒丸屋というの, 軒乃至六七軒大小あわせ, 軒久藏は昔, 軒乗合の三十石船, 軒九石九斗以下七石五斗以上を七歩五朱軒, 軒二代の事跡, 軒二十一歳長十七歳, 軒二十一歳常三郎二十歳柏軒十五歳長十一歳, 軒二十七妻俊も同じく, 軒二十七歳柏軒二十一歳長十七歳, 軒二十三十無之, 軒二十三常三郎二十二柏軒十七長十三, 軒二十三歳長十九歳, 軒二十九歳妻志保三十三歳柏軒二十三歳長十九歳, 軒二十二長十八, 軒二十二柏軒十六長十二, 軒二十五長二十一, 軒二十五常三郎二十四柏軒十九長十五, 軒二十八柏軒二十二長十八, 軒二十六長二十二, 軒二十四常三郎二十三柏軒十八長十四, 軒二十常三郎十九柏軒十四長十, 軒二千六十四人が明治四十年, 軒二百五十ポンドを支払い, 軒二百円の収入, 軒二軒三軒といわれた, 軒二軒三軒四軒目のところ, 軒二軒昔と変わらない, 軒二階建の家, 軒五六円の商売, 軒五十一子鉄三郎十二女洲二十国十七安九つ, 軒五十三子鉄三郎十四平三郎二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 軒五十二子鉄三郎十三平三郎一つ女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 軒五十子鉄三郎十一女洲十九国十六安八つ, 軒五日に二軒, 軒五歳長一歳, 軒五軒と廻る, 軒五軒六軒目の家, 軒五軒手持ちの材木, 軒井筒屋の一軒, 軒に家, 軒京都の花街, 軒の住んでる, 軒人家のある, 軒人形町に一軒, 軒仕事に行った, 軒仕切ったというよう, 軒の家, 軒付属のホテル, 軒以上盛業して, 軒以下となる, 軒以下四半軒までの区別, 軒以來西村氏の後, 軒以外は新規開業, 軒伝う雫絶間なく白い, 軒伯母の家, 軒伸び上がり闇を, 軒低い貧しげな, 軒低き鄙の, 軒佐藤子文及霞亭, 軒何ごころなくみやると, 軒何処でもおなじ, 軒しい山間, 軒余り人数にし, 軒例外の家, 軒信厚盤安は柏軒信重, 軒信玄の首, 軒信階筮仕の記念会, 軒倒壊して, 軒借りきりで気兼ねが, 軒借りようという処, 軒ひに, 軒傾斜の角度, 軒兄弟は蘭門, 軒先きのタバコ屋に行く, 軒先きの下宿屋の軒燈, 軒先きの石屋のかみさん, 軒先きの路地のなか, 軒先きの食料品問屋を教え, 軒先だつたかも, 軒先月末に空いちまった, 軒先生いまお兼婆さん, 軒先生さかんに与, 軒先生さっき左京の言った, 軒先生それを聞い, 軒先生ひとりで大はしゃぎ, 軒先生わたしは屹度, 軒先生不動のごとく, 軒先生今は余儀なく, 軒先生十七回忌に付, 軒先生喜色満面のてい, 軒先生屋根屋の銅義さん, 軒先生後生ですから, 軒先生心得がお, 軒先生急にこの, 軒先生怪物の上, 軒先生愛用の一升徳利, 軒先生手をたたい, 軒先生最初にぶんどった, 軒先生死人の血, 軒先生片っぱしから道, 軒先生通行妨害という, 軒智恵の, 軒入って様子, 軒入らぬもあり, 軒入口の硝子, 軒全焼と電光ニュース, 軒八九軒凡そ十軒ほど素見し廻りたる, 軒八百勘湖月帝国ホテル精養軒抔といふ所, 軒八百屋駄菓子屋の店, 軒六十円という値, 軒六軒目の家, 軒共七年前に祿, 軒共不都合もなき, 軒共余りよく似, 軒共呉服太物が本業, 軒共夜中過ぎの放け, 軒共女ばかり叩き起した, 軒共薪と炭, 軒共違ひなく行つて, 軒兵隊さんになら, 軒其所は大急ぎ, 軒具足師すべてがみな家蔵, 軒内外はあった, 軒娶の, 軒写生した丈, 軒冷たい綿屑を, 軒凡そ十軒ほど素見し廻りたる, 軒出されてあ, 軒出せさう, 軒出来て口臙脂, 軒切りありませんがね, 軒別棟の家, 軒利貞が並存, 軒前一分か二朱, 軒前折詰にし, 軒を棄て, 軒力水先生が再び, 軒之小, 軒加藤といううち, 軒助けの石, 軒勝太郎左衛門小吉の回想録, 軒なる大, 軒十一歳柏軒五歳長一歳, 軒十七長十三, 軒十三歳常三郎十二歳柏軒七歳長三歳, 軒十九長十五, 軒十九常三郎十八長九つ, 軒十二長八つ, 軒十五常三郎十四柏軒九つ長五つ, 軒十五歳長十一歳, 軒十人に一人ぐらゐしか, 軒十八常三郎十七柏軒十二長八つ, 軒十六長十二, 軒十六歳常三郎十五歳柏軒十歳長六歳, 軒十四長十, 軒十四常三郎十三柏軒八つ長四つ, 軒十歳長六歳, 軒十歳常三郎九歳柏軒四歳であつ, 軒十色とも云うべき, 軒千日前に一軒, 軒へはいった, 軒南部草寿の後, 軒南食堂の結局西洋料理, 軒占領して, 軒即座に思い起こした, 軒厚柏軒重を除く, 軒及び滝氏ら蔵六も, 軒取り決めて荷物, 軒古び煤けた屋根, 軒古びた大和障子に, 軒古びた煤けた屋根の, 軒古ぼけたなりで, 軒古本やへまわっ, 軒古沢某という悪人, 軒古道具の主人, 軒叩ッ斬る人間, 軒なり緑屋, 軒合いを立派, 軒合せて七軒, 軒柏軒渋江抽斎森枳園小島成斎石塚豊芥子の, 軒同じ構の, 軒名ばかりの机, 軒に軼ぎ, 軒向い合っていた, 軒吹出すと離れ, 軒呑み歩いたといふ, 軒呼ばれている, 軒唐傘屋があっ, 軒唯譽深廣連海居士と法諡, 軒商売をし, 軒商店向きの家, 軒四十一妻志保四十五女柏十柏軒及妻俊三十五女洲四つ国一つ長三十一, 軒四十七妻志保五十一女柏十六孫女梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 軒四十三妻志保四十七女柏十二柏軒及妻俊三十七女洲六つ国三つ其他長は三十三, 軒四十九子鉄三郎十女洲十八国十五安七つ, 軒四十二妻志保四十六女柏十一柏軒及妻俊三十六女洲五つ国二つ蘭軒の女長三十二, 軒四十五妻志保四十九女柏十四柏軒と妻俊, 軒四十八妻志保五十二女柏十七全安, 軒四十八子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 軒四十六妻志保五十女柏十五柏軒並妻俊四十女洲九つ国六つ男鉄三郎一つ蘭軒の女長三十六, 軒四十四妻志保四十八女柏十三柏軒と妻俊, 軒四歳であつ, 軒四石九斗九升より弐石五斗, 軒四軒の女, 軒四軒二十三十無之, 軒四軒五軒六軒目の家, 軒四軒目のところ, 軒回った新聞社が, 軒った小さな, 軒固まった所へ, 軒圓清と號, 軒のはげた, 軒土民の家, 軒在ると云, 軒在家の村, 軒のちと, 軒坂下の山田, 軒坊主めすぐ出かけよう, 軒の川岸, 軒堤燈がすうっ, 軒場下とも云うべき, 軒場軒場の行燈, 軒墨屋が三軒, 軒売物に出, 軒な家, 軒に家, 軒外湯一棟と言う, 軒夜学校を掛持ち, 軒門松を, 軒大の字なりに寝そべっ, 軒大人いくら心を洗う, 軒大塚坂下町九〇にある, 軒大寺家に起った, 軒大小あわせて, 軒大川屋の裏塀, 軒天渓瑞長居士である, 軒天満天神裏に一軒, 軒天竜の断崖, 軒失う悲しさ, 軒の方, 軒女中奉公をし, 軒女郎屋があっ, 軒婆さんと十四五, 軒婢奉公をし, 軒が鎌吉, 軒孫六伊奈四郎勝頼武田上野介などいう, 軒宇治の視野, 軒宛位の割合, 軒家唐人竹本翁と子孫, 軒家田や畑, 軒家立場へは休まず, 軒家高麗橋から出た, 軒が二つ三つ, 軒という, 軒射的場も一軒, 軒尋ねても関, 軒尋ねたって, 軒小字は門次郎, 軒小屋そこには人, 軒小林の近所, 軒小火を起した, 軒小父ちゃんおいらも相談, 軒小父ちゃんこれはいったい, 軒小石川に一軒, 軒小綺麗な家, 軒少い所でも, 軒軒芋二庵の, 軒尼寺があつ, 軒居士いたずららしい笑み, 軒居士いつになくかたく, 軒居士一歩さがって, 軒居士例によって敵, 軒居士身の軽い, 軒居士長屋じゅうへひびきわたる, 軒居室より見おろす谷ま, 軒屋台の灯, 軒屋台骨を揺り潰すぐれいな, 軒の流れ, 軒山口で三軒, 軒山口屋という味噌屋, 軒岩だらけの山, 軒崩れた壁の, 軒に二軒, 軒巻添えになる, 軒常三郎柏軒女子が天津長順, 軒常友がうなずく, 軒常友正司幸平ならびに久吉, 軒年始まわりをした, 軒広小路で一軒, 軒店あたりに残っ, 軒店屋が三軒, 軒店近くで同伴, 軒庚戌の遊, 軒廂すべて目に入る, 軒に千僧, 軒建ちならぶ江戸名物お, 軒建ちの住宅と殆ど, 軒建ちました位で, 軒建ったわけである, 軒建てそれだけで一郷, 軒建てたいと申します, 軒建てましたのを, 軒建てられた西洋人の, 軒建て千本格子に磨き, 軒建て裏の空地, 軒建物が建っ, 軒建築中であ, 軒廻ったがどこ, 軒廻つた後で平次, 軒廻つて參りましたへ, 軒廻らなければなりません, 軒廻り四軒目は, 軒廻船問屋を郡上平八, 軒引手茶屋の売物, 軒引札を配らせる, 軒弘化丁未杪冬の詩, 軒当り二千円宛出し合うて, 軒当時の境界, 軒影障子にさす, 軒は自, 軒往つて来ます, 軒馳せの, 軒徳利に頭, 軒徳山居士と云, 軒徳川などは天下, 軒心當りが, 軒心配げな物, 軒忠相急遽手, 軒のため, 軒に明いた, 軒急造の日の丸, 軒息集軒明星庵無孔笛, 軒恰好なの, 軒意味なく酔っ, 軒愚楽の三人会議, 軒愛蔵の殺生道中血筆帳, 軒持の, 軒懸持ちの多数, 軒るもの, 軒戯曲一軒の割合, 軒戴くんです, 軒所有するという, 軒所著の書, 軒手もとの白石, 軒手持ちの材木, 軒打つ雨は, 軒拾つて安全な場所, 軒持たした時彼の, 軒持たせてこの, 軒持ち竈を, 軒持った後までも, 軒持ってるじゃない, 軒挑灯を連ねし, 軒挙ってポンボ族, 軒挨拶に行かなけれ, 軒挾んだ軒並で, 軒捨てて行っ, 軒に藤沢志摩守, 軒掛け持ちがついた, 軒探さうぢや, 軒探し回つたが普段, 軒探す事だ, 軒探ったんです, 軒探ねて歩い, 軒探偵となり, 軒揃って空家, 軒揃つて酒屋は變ぢ, 軒教わって帰りがけ, 軒数千軒の家, 軒新しい同じよう, 軒旅籠の峰, 軒日本人が経営, 軒日本橋に一軒, 軒日録文正元年二月八日条には有馬温泉場, 軒旦那場が殖えた, 軒早くから店, 軒旭旗の風, 軒明いたばかりの, 軒明りが暗い広い, 軒明星庵無孔笛, 軒と変わらない, 軒時代に伊沢氏, 軒智利村南米人文何処遍田家猶未, 軒暗いなかで, 軒暗く小さき月に, 軒書中に所謂, 軒月光の射さない, 軒月夜に灯, 軒有ったが本当, 軒で鼻, 軒木屋町の一養軒, 軒木立のなか, 軒未亡人志保五十七であつ, 軒未亡人志保五十九であつ, 軒未亡人志保五十八であつ, 軒未亡人志保六十であつ, 軒未亡人志保六十一であつ, 軒未亡人志保六十三であつ, 軒未亡人志保六十二であつ, 軒未亡人志保六十四であつ, 軒未亡人飯田氏志保が歿, 軒本屋を歩いたらう, 軒には虎杖村, 軒朱書は柏軒, 軒の森, 軒村井長門守父子とその, 軒来た時と, 軒の佐々木, 軒東京に借り, 軒の根, 軒松右衛門善右衛門源右衛門源左衛門でいづれも, 軒板垣駿河長坂釣閑真田弾正同じく昌幸, 軒柏軒二人の講余, 軒柏軒兄弟の研鑽, 軒柏軒山室士彦石坂白卿であつ, 軒柏軒磐津山碧山長門の人矢島屯, 軒柳原大納言前光公, 軒根気よくかつて, 軒根津の塚窪, 軒格子先を練, 軒格子戸を綺麗, 軒格式のやかましかっ, 軒を仰ぐ, 軒梵譽利貞至道居士と法諡, 軒棠助常三郎柏軒鉄三郎は長, 軒森ヤ林ヤ田ヤ畑後ヘ, 軒植木屋の地内, 軒楽屋口うらに, 軒構えたいのれんを, 軒構えるという程, 軒を大事, 軒権利を買わせる, 軒の言問団子, 軒機屋の調布町, 軒機織工七分に農民, 軒檐下のごく, 軒欠けてい, 軒は粕谷, 軒欲しいのか, 軒正司幸平常友のところ, 軒正座して, 軒此処に一軒, 軒武家の端くれみたい, 軒武田勝頼一条右衛門武田兵庫穴山梅雪以下十一人の親類衆, 軒歩いたがどこ, 軒歩いたら二軒が, 軒歩かないと気, 軒歿後には渋江抽斎, 軒歿後四年丙辰の歳, 軒つた, 軒残らず歩くとしよう, 軒残らず流れ去っている, 軒残らず知っていました, 軒残らず訊いて歩く, 軒殖え私も, 軒殖えりゃそいつが, 軒殘つてそこで力餅, 軒殿聞いて, 軒と彼, 軒毎役にや立たねえだ, 軒水役何軒と記しあり, 軒水煙とともに川, 軒河べりに七, 軒泊めて呉れた, 軒泥棒に入られました, 軒洗湯があっ, 軒ではこれ, 軒浄土宗関東十八檀林中の随一, 軒浅草の田原町, 軒浅見安太郎さんは渡辺さん, 軒浪人大澤傳右衞門の家, 軒涼しそうな, 軒淋しく一人きり, 軒廣十歳の, 軒深い暖簾から, 軒深くみずからの, 軒く殊に, 軒淺見安太郎さんは渡邊さん, 軒済ますとまた, 軒温泉宿が有ります, 軒湖岸に散在, 軒湯屋が一軒, 軒源十郎その他を抱きこん, 軒溝石へ立, 軒漏るにつけ, 軒潰れるぜ, 軒瀟洒なスレート屋根, 軒灯りの洩れ, 軒炊事用の清水, 軒点けた家さへ, 軒無言録の問答記事, 軒で近所, 軒焼いたかなり大きな, 軒焼きこがして食いとめた, 軒焼け残っていた, 軒煎餅や絵葉書, 軒を立て, 軒煙出しの口, 軒煮染屋の前, 軒熊笹と玉蜀黍, 軒燈屋が縦横, 軒燈明の寝静まった, 軒いた罪, 軒燭台の灯かげ, 軒父娘が地雷火, 軒父子燭はすず, 軒父子等に寄せた, 軒爽対山望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 軒着けたり, 軒片側を照らした, 軒片島にも四五軒, 軒物的証拠を残し, 軒犀川の橋, 軒も居らぬ, 軒犬山に一軒, 軒狐馬師がしずしず, 軒独立に構え, 軒ってそこ, 軒理髪床の硝子戸, 軒理髮床の硝子戸, 軒琳公幼少喝食の時, 軒に, 軒用事を拵え, 軒用達をし, 軒用達しをし, 軒田畝の土手上, 軒男の子のあり, 軒疎開手続をした, 軒疎開者を置い, 軒痘瘡の説, 軒白鵝遊び鸚鵡唄ふや, 軒百姓本百姓, 軒百歩離れて, 軒百貨店と自称, 軒な戸, 軒皆二階建にて上口, 軒目ごとぐらいに画房, 軒目そこが阿久, 軒目ブリキの看板, 軒目三軒目とはっきり, 軒目二軒目がダメ, 軒目二軒目三軒目とはっきり, 軒目位の所, 軒目佐竹の富本, 軒目出窓の格子, 軒目心易うし, 軒目深草という灯, 軒目溝板の外れし, 軒目立っていました, 軒目路地の角, 軒隣り壁, 軒の楽, 軒矢張りあの位, 軒知らねえでどう, 軒知り合いの手づる, 軒知多に一軒, 軒石部の宿, 軒硝子戸を入れ, 軒確かに私, 軒に寄らなけれ, 軒を貰つて, 軒神社仏閣三百余橋梁六十坊街八百を焼失, 軒秋水と注し, 軒程に分れて, 軒程の先へ, 軒程は荒増覚居候由此事限り無, 軒稲葉家の隣家, 軒稼げば阿, 軒穢げな藁家, 軒空いている, 軒空堀に一軒, 軒突如戸口へ, 軒窓ぎわの一ト間, 軒窓墓穴のよう, 軒窓庇庭一面に雀, 軒に一眼, 軒立ち並んで一, 軒立ち寄つてゐる, 軒立ち寄り一本五厘の, 軒立ち退かせそこで小綺麗, 軒立場茶屋もござりますが, 軒立慶河岸の水, 軒竜門寺黒坂備中守等大将分多く討死した, 軒竹簾を垂, 軒筆録に記され, 軒くれ立った指, 軒筋違の向う側, 軒筒拔けに聽, 軒節くれだった腕を, 軒簷先には, 軒粉川様内おすみどの, 軒な料理屋, 軒素見して宗教物, 軒続いた板塀からは, 軒締めて十軒探った, 軒縁彫刻帯軒蛇腹更にその, 軒縄暖簾を漁る, 軒に悟つ, 軒た隣家, 軒置き残されたままだった, 軒美人なきにし, 軒之冷泉家, 軒杉の, 軒老爺と老婆, 軒考えこんでいる, 軒聞いて歩いた, 軒聞きあわせた後に, 軒聞き込んで來, 軒職工用の青服, 軒をかがめ, 軒自分で聞い, 軒自己をし, 軒興安信階居士と云, 軒舍屋處臺巣堂洞龕館莊室齋閣樓などがある, 軒船宿を當つて見てくれ, 軒船長の花村, 軒の黒い, 軒芋二庵の諸, 軒若い松の, 軒茅葺の家, 軒茅葺家があつ, 軒茅葺屋根の棟, 軒茶屋町から永峰町, 軒茶店の娘, 軒の深み, 軒菓子屋がある, 軒葦塚忠右衛門同じく忠太夫, 軒の玉, 軒蒲生先生の出現, 軒蒼白きこの夜, 軒蔦屋といつた, 軒蔵屋鍵屋と名ばかり, 軒蕎麥屋が二軒, 軒蕎麦屋が二軒, 軒薄暗くなる頃, 軒藁葺の庇, 軒藤堂粂三郎とパチッ, 軒の中, 軒蛇腹道とも別称, 軒つたところ, 軒行き過ぎたところで, 軒行き過ぎると井戸, 軒行って見ました, 軒行った処に, 軒行つた向う側に幅, 軒行徳に心安い, 軒行燈川には屋形, 軒行過ぎたる威勢の, 軒衛生薬具販売店があった, 軒表二階の欄干, 軒裏通りは五人, 軒西条軍之助, 軒の下, 軒見え呼売商人が, 軒見えた茶店へ, 軒見しょう一所に, 軒見せて貰, 軒見たあとは, 軒見つかったころには, 軒見つけて仕度旁, 軒見つけた時は, 軒見つけ出して怪しい, 軒見とどけますし海老, 軒見世物小屋をこしらえ, 軒見付かったから大体それ, 軒見付けて泊った, 軒見受けたが下, 軒見廻りにで, 軒見当ったよ, 軒見当らないのです, 軒見附けたのが, 軒親しくして, 軒観光ホテルのグリル, 軒訊ねてそれ, 軒訪問したら今日, 軒許手前なる家, 軒試し度いところがある, 軒詩存中年号干支ある作, 軒詩存巻首の詩, 軒語等に至る, 軒誠に気楽な, 軒調べてみた, 軒講釈場があった, 軒警察電話で白布, 軒貧しげなる, 軒貧乏徳利を平手, 軒貰つて居る, 軒買い田舎から, 軒買いつぶしてまたたく間, 軒買って通り, 軒貸しが二三十両, 軒貸家がありまし, 軒賠償金を徴発, 軒赤い煉瓦の, 軒越しに眼, 軒つたお涌, 軒のほとり, 軒蹄斎それから雅邦, 軒を低め, 軒軼事中飲饌の事, 軒轅氏の時, 軒辞世の句, 軒を隔て, 軒に桶屋, 軒近いところに, 軒近く掲ぐるに古くさい, 軒近く縁端に立っ, 軒近く青木の茂る, 軒近ければつま木, 軒近所にたいへん, 軒近頃砂利を, 軒通いに小川通り, 軒通って見た, 軒通りをへだてた, 軒通りがかりの貴金属屋, 軒通称は長安, 軒造りかけになっ, 軒のほとり, 軒道人と署, 軒道頓堀に中座, 軒違った品を, 軒遣って来よう, 軒遺言の一部, 軒郡屋と毛馬屋, 軒部屋を見, 軒都合三軒いずれも親戚関係, 軒都合五カ所の仕事, 軒都合唯だ七軒, 軒鄙びて居ります, 軒酒屋が燒, 軒の畠, 軒釣道具屋があっ, 軒鉄路のほとり, 軒鍛冶屋よりほか, 軒長夜の宴を張った, 軒長屋二た棟, 軒長屋新築の格子造り, 軒長屋端の流元, 軒長者の者, 軒門人の一人, 軒門人中或は孫, 軒門人中清川安策孫の事, 軒門人渡辺昌盈が死んだ, 軒門構えの家, 軒門燈がつい, 軒門田朴斎等と往来, 軒開業しましたよ, 軒を置い, 軒間口の塀, 軒附いていた, 軒隔たった所に, 軒隔てては近頃, 軒隣り合い石山氏の, 軒もあの, 軒雑居屋共遊軒, 軒雑誌を素見, 軒に埋もれ, 軒雲月と対談, 軒電灯の集まっ, 軒電話を持った, 軒露地の入口, 軒静かな旅館, 軒順々に廻つて, 軒頼んでみた, 軒を見せ, 軒を見合っ, 軒飛び飛びにある, 軒飛ぶ歳の, 軒飛離れて海苔粗朶, 軒食べ歩くなら半生かかっ, 軒食堂二三軒そこかしこに三味線, 軒み廻つて, 軒飯屋兼帯の泊まり宿, 軒飲み歩き待合らしき, 軒飲んで歩こう, 軒飾窓を覗きまわった, 軒もある, 軒餞別を集め, 軒香車の後, 軒骨董商を見, 軒高いところは, 軒高く仰いで, 軒高聳し白日, 軒魚住左衛門尉を先頭, 軒魚屋の店, 軒の酢, 軒麦藁葺が一軒, 軒の暖簾, 軒には黒, 軒黒く建って, 軒黒坂備中守などの錚, 軒黙然と二間つづき, 軒鼎立の姿