青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「記述~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

記~ ~記し 記し~ ~記事 記事~ ~記念 記念~ ~記憶 記憶~ 記者~
記述~
~記録 記録~ ~訣 訣~ ~訪ね 訪ね~ 訪れ~ ~訪問 訪問~ 設け~

「記述~」 1017, 11ppm, 10225位

▼ 記述~ (113, 11.1%)

23 ている 6 てある 4 ておく 3 てみよう, てゐる 2 て, ていた, て別に, 説明する

1 [66件] これに対する, それより, たり, たり定義, たり考証, たるに, つつ情象, てあった, てあつた, てい, ていい, ていない, ておられる, ております, てきた, てしかも, ては大部, てみた, てみたい, てもそこ, てもそれ, ても大した, てやや, てゆき, てゆく, てわけ, てわれわれ, て一夫多妻, て中外日報紙上, て何, て余す, て円本流行, て居る, て平凡日常, て後代, て本年, て来た, て精細, て置きたい, て置きたかつた, て置く, て自分, て行きたい, て見たい, て見よう, て載せ, て雑誌, て面白い, ながらナザレ, ながら決して, また写生図, 且つ描出, 何から, 分析し, 命名しない, 度いと, 必要なる, 或いは説明, 批評したる, 普ね, 最後に, 次に之, 漸次制作, 解釈しよう, 説明し, 関係人物の

▼ 記述~ (105, 10.3%)

3 中には, 方法を 2 この区画, ために, ための, 中から, 中で, 中に, 問題に, 第一

1 [83件] あるの, うえの, うち人類の, この現実的, この美し, ごとく, ごとくあくまで, なかに, なかには, ほうに, 一文が, 一節である, 上には, 下手さ加減でたらめに, 不完全な, 中でも, 中にも, 中心から, 今の, 仕事は, 仕方も, 仕方を, 価値を, 便宜の, 個所が, 先廻り, 冒頭だけは, 労を, 問題である, 大様に, 大部分, 如きは, 如く完成後, 少ないこと, 序言を, 座標軸として, 形式で, 性格づけ, 拙劣さの, 文章を, 断片を, 新種という, 方が, 方式は, 方法と, 方法として, 方法は, 方法をも, 明晰に, 最後に, 材料と, 根本と, 様式の, 正当性に対する, 正確な, 正確厳密を, 準備である, 特色は, 現実的な, 目標と, 目的と, 目的に, 直ぐ次の, 真味, 真実性とは, 示すところ, 立脚点の, 範囲を, 素材が, 終点だ, 美しさ, 自由を, 表面に, 解明であるであろう, 解明として, 誤は, 途中だ, 通りでは, 通り針を, 部分は, 間に, 関する範囲, 顕著な

▼ 記述~ (105, 10.3%)

2 つねに何等, ないの, 万葉人の, 前に, 前後する, 或いは寧ろ, 社会の

1 [91件] ある程度まで, いうまでも, いつさい, いま眼の, おそらくどれ, かうである, この十倍あまり, この巻, この材料, これまでの, したが, すべて宇野君の, そのなか, そのままに, その目的, たいしたもの, たくさん有っ, どちらかと, どの著書, どれも, ない, ないけれども, ほとんど何一つなされ, まったく役に立たない, やはり得る, ジャーナリズムから, スウェデンボルク時代の, デュアルドや, フロイトが, ロウマ帝国の, 一八一五年一八一六年及び, 上から, 不十分である, 云ふ, 低い貨幣価値, 何も, 何時も, 個別化という, 個物の, 先生にと, 全く史的, 全く残っ, 出來, 分析では, 削除され, 前の, 半ば創作である, 単につけ足し, 即ち説明, 及ばずながらも, 可なり, 可なりの, 多少演劇, 客観的で, 山口の, 常の, 幾分信長, 広い劣等地, 往々その, 従って, 文治五六年の, 日本人が, 時代と共に, 最高の, 月並な, 本来原始民の, 極めて僅か, 極めて驚くべき, 次の, 歴史に関する, 残念ながら, 殺児, 民間に, 混乱を, 省く, 省くが, 確かに, 示されて, 第二版以後, 精確無比で, 精細さで, 終る, 維新以後において, 見事である, 記紀いづれ, 誇張であろう, 誤である, 読むもの, 避けよう過去, 長くなる, 静かだ

▼ 記述~ (98, 9.6%)

3 して 2 するため, もって, 含んで, 必要と, 確証する, 私は, 見ても, 試みた, 試むるをさへ敢て, 読んで

1 [75件] おこなって, かかげて, かりると, ここに, さけて, さける, されて, した, しなければ, しようと, すすめうること, する筈, できるだけ多く, とおして, とったもの, なしそして, なして, なし得るかの, なすと, なすの, なすべきかを, なすべき機会, なすべき機會, コピイし, 与えて, 中心として, 仕事と, 信じて, 具えて, 切上げよう, 加えて, 吟味する, 差控へるべきである, 引用し, 待って, 得て, 急ぎこの, 成し得たの, 排し現実暴露的, 敢て, 最寄りの, 有って, 残して, 現実的に, 省いたところ, 省きます, 省略し, 確証し, 確認し, 経たもの, 続けること, 綜合し, 自然科学的研究法と, 蔑ろに, 行うこと, 行った後, 行って, 裏切ると共に, 見その, 見て, 見ると, 見出した, 試みること, 試みる事, 試むべし, 読むと, 論難し, 辿ろう, 述べて, 逆用しよう, 進めて, 避けて, 避け一定, 随分廻り, 飛び

▼ 記述する~ (93, 9.1%)

6 ことを 4 ことは 3 ことである, ことも 2 ことが, ことで, ことに, のが, のは

1 [67件] ことから, ことな, ことには, という事, という点, といっ, とお, ときには, ところが, ところの, としよう, と云う, と共に他面, にいと, に当たって意識的, に当っ, に役立つ, に止まらず, に止まり, に止まる, に煎薬, に當, に途方, に過ぎない, ので, のである, のとは, のに今, のみである, のみで説明, のも, のを, の機, ほどに記憶, ものである, ものと, もの箕作秋坪の, ような, ベースボールは, 上に, 上において, 予定であった, 事が, 事によって, 事は, 事を以て, 事実は, 人が, 価値の, 収集家は, 外は, 外マダ幾許, 学問は, 必要が, 必要は, 必要も, 意味が, 所あり, 所に, 方法による, 方法は, 時そこに, 理由を, 筆づかひ, 興味も, 言葉も, 間緩こい

▼ 記述~ (75, 7.4%)

3 ある 2 あるの, 出て, 歴史の

1 [66件] あった, あったばかり, あって, あつた, あまりに簡略, ありそれ, あるいはコフマン, あるから, あるからね, あるが, あるので, あるのに, かえって役に立ち, このよう, それだけ, どうある, どういう意味, なかった, ほ, ほぼ時間的進行, まるでない, やがては, わき道へ, わずらわしいので, セントジョンの, 一種特別な, 不足で, 不足である, 与えられて, 両面神話の, 他の, 余程曖昧, 作者に, 先生最後の, 出づる, 出來, 加わって, 医師の, 半ば以上を, 在りうるもの, 多くの, 多く退屈, 当時普通の, 徒らに, 得られない恋愛, 必要である, 思い出された, 戦闘飛行機に, 政治外交また, 文集の, 最も広大, 棒大の, 極めて鮮明, 正しいこと, 正しいなら, 残って, 残り一方, 流行り出した頃, 現れたの, 現われたの, 現代の, 現実に, 発見された, 真に近い, 行われて, 要る

▼ 記述~ (74, 7.3%)

7 よると 4 よれば 2 代ふる, 入ること, 於ける性格, 於て

1 [55件] ある, ある如く彼, ある若干, いわく, うつらねば, したがいそれ, して, とったが, どうか気, なければ, なるであらう事, ふさわしい, ふさわしいもの, よったもの, 一部訂正を, 与ったこと, 他ならない, 他ならぬ, 代って, 伊弉那岐伊弉那美二尊の, 何物かを, 依つて発見, 依ると, 価するほど, 係って, 具体性が, 出逢うと, 及ぼし人間, 及んで, 変わって, 大乗教が, 就いて, 左の, 帰する, 帰着する, 待つこと, 惹き付けられた, 接しても, 接すわれ敢, 於ても, 注意を, 混乱し, 満ちて, 相当する, 移らんと, 立脚し, 続いて, 至つては, 至るまで, 詳しい, 近い, 過ぎない, 過ぎなくなる, 關する, 髣髴たる

▼ 記述した~ (46, 4.5%)

2 ことが, のである, ものである

1 [40件] あとには, から自分, が今やさらに, ことである, だけで, とおりである, とだいたい, に止まる, のかと, のでここ, ので人気, のに過ぎない, までであっ, ものが, もので, ものと, ものを, ように, スミス博士の, パスクヮル・デ・アンダゴーヤ後に, ページであった, 事が, 事件を, 何行かで, 哲学書と, 因縁であったろう, 後曰く, 態度が, 戦記軍談の, 文には, 時快活な, 次第である, 為で, 筆者も, 著書は, 詩文に, 詩文雑著の, 論文や, 論文を, 随筆の

▼ 記述~ (20, 2.0%)

1 [20件] いうよりも, なり遺憾, ほとんどそのままである, ビュフォンが, 似て, 別伝数十ページことごとく, 取られる虞, 思われるぶん, 政府から, 本質的に, 比較する, 相まちて, 絵画とを, 見るよりも, 見做, 解説の, 言つても, 説明とは, 違つて神宴御遊果て, 重複する

▼ 記述され~ (19, 1.9%)

4 ている 2 てゐる, 定義される

1 [11件] そのもたらす, たりする, てあった, ていた, ていない, ていなけれ, ております, てはいない, てゐた, 分析され得る, 又説明

▼ 記述から~ (15, 1.5%)

3 すれば 2 して 1 そう推測, タンテイ作業によって, 云えば, 判じて, 推せば, 書き写されたもの, 知ること, 見ても, 見るに, 離れて

▼ 記述~ (15, 1.5%)

1 [15件] あながち誇張, ある, あるが, それに, どこまでが, なかった, やはりその, アルタイ人が, 不完全である, 亦精密, 実はその, 広汎な, 怠らなかったので, 研究も, 議論も

▼ 記述では~ (12, 1.2%)

3 ない 1 あるかも, その極めて, ない現実, なく唯, わなさ翁は, 出来ない, 和本仕立の, 知られない, 詳細精密であり

▼ 記述によって~ (11, 1.1%)

2 跡づけられるの 1 もう御, ルクレチウスの, 今日では, 伝えられて, 大統領選挙予測で, 定めし目, 日本に, 明瞭に, 生じる満足

▼ 記述~ (10, 1.0%)

1 あるいは象徴的, であると, であるの, でなく説明的, では, で且つ, なるもの, な歴史科学, な科学, には止らぬ

▼ 記述された~ (8, 0.8%)

2 物質は 1 ものである, ウニコール捕獲法という, 一篇の, 又されるべき, 地理書である, 文が

▼ 記述である~ (7, 0.7%)

1 かが驚かれる, ことは, ことを, ためには, という意味, といっ, といわれる

▼ 記述される~ (6, 0.6%)

2 ものは 1 という事実, と言っ, のである, のほか

▼ 記述~ (6, 0.6%)

1 あつて, ならべるならそれら, 中断され, 感銘ふかい, 計らず自身, 読まれてさえ

▼ 記述よりも~ (6, 0.6%)

1 よりよく, 信頼し得る, 数年前に, 私の, 自然の, 被告が

▼ 記述~ (6, 0.6%)

2 が犯人 1 であるとも, の記憶, はどんな, は隱者階級

▼ 記述しよう~ (5, 0.5%)

3 とする 1 とおも, と思う

▼ 記述せし~ (4, 0.4%)

1 めんか, ものに, もの多けれ, 一節あり

▼ 記述せられ~ (4, 0.4%)

1 ている, てはいれ, てゐる, て居る

▼ 記述には~ (4, 0.4%)

1 ならぬという, なんらか, 今の, 次の

▼ 記述~ (4, 0.4%)

1 衆人が, 説明が, 説明に, 諸方の

▼ 記述すべき~ (3, 0.3%)

1 は柱絵, 動静なし, 歴史的事件は

▼ 記述せられた~ (3, 0.3%)

1 とおりで, のである, 時代には

▼ 記述せる~ (3, 0.3%)

1 はただ, ものにて, 事實に

▼ 記述そのもの~ (3, 0.3%)

1 になっ, は必ずしも, は構想力

▼ 記述という~ (3, 0.3%)

1 ことに, 事は, 特別な

▼ 記述とは~ (3, 0.3%)

1 おそらく異なる, なんら著しい, 或る

▼ 記述において~ (3, 0.3%)

1 古くから, 私が, 穀物の

▼ 記述にも~ (3, 0.3%)

1 まさる知識, 筆に, 膨大な

▼ 記述による~ (3, 0.3%)

1 とこの, 事實を, 諸学問

▼ 記述を以て~ (3, 0.3%)

1 思想の, 歴史記述の, 終る

▼ 記述又は~ (3, 0.3%)

1 歴史哲学の, 歴史的要約である, 説明しよう

▼ 記述方法~ (3, 0.3%)

1 が発見, に幾分, を例

▼ 記述しなけれ~ (2, 0.2%)

1 ばならない, ばならぬ

▼ 記述し得る~ (2, 0.2%)

1 かと疑う, や

▼ 記述であっ~ (2, 0.2%)

1 てはつまらない, て言うべき

▼ 記述として~ (2, 0.2%)

1 待遇される, 次の

▼ 記述としての~ (2, 0.2%)

1 意味を, 立前で

▼ 記述との~ (2, 0.2%)

1 相違は, 間に

▼ 記述とを~ (2, 0.2%)

1 冒頭に, 読みくらべて

▼ 記述~ (2, 0.2%)

1 のである, んだ

▼ 記述などは~ (2, 0.2%)

1 あまりにも, 能知と

▼ 記述ばかり~ (2, 0.2%)

1 だった, で舞

▼ 記述よりは~ (2, 0.2%)

1 幾分後に, 活きた実状

▼ 記述~ (2, 0.2%)

1 の体裁, の能力

▼ 記述批判~ (2, 0.2%)

1 すること, でなければ

▼ 記述~ (2, 0.2%)

1 が新聞記事, を取つ

▼1* [82件]

記述くらゐの, 記述こそ歴史記述の, 記述さえポオの, 記述さえも以上の, 記述させ説明させる, 記述させようと試みる, 記述さては各人の, 記述さるべきであり理論は, 記述され得又されね, 記述しあれば重, 記述しおわりさらに余談, 記述しかしない, 記述したいのである, 記述したらどういうこと, 記述したるは本書, 記述し併せてこの, 記述し置くべき必要あらん, 記述し行く事に, 記述すべきであるが民俗学専門, 記述すらが現代を, 記述すればそれ, 記述せざれども投馬, 記述せられなかった色々の, 記述せる如く孝道維持の, 記述せんことは, 記述ただの説話, 記述と解釈, 記述だけである, 記述であったのだ, 記述であり何時でも, 記述でありますが詩文, 記述でなく文学的作品と, 記述でなければならぬ, 記述といふものの, 記述とかいうものの, 記述とかということは, 記述としか思はれぬの, 記述とでしかあり得ない, 記述などがあらう筈, 記述などにも怖しい, 記述ならば予, 記述における一見矛盾と, 記述について機械的に, 記述についてはもう一息, 記述にのみ役立つ, 記述によっても当時の, 記述により信用する, 記述にわたることは, 記述に対して実際上, 記述に関する引用書目を, 記述のせゐに外, 記述のみにて筆が, 記述ばかりが出て, 記述よりして, 記述を通して表わされるその, 記述を通じて円満完全なる, 記述リアリズムでは一人, 記述謝スル, 記述一般の課題, 記述にて殊に, 記述以外に丹氏, 記述の文章, 記述出來ないの, 記述出来ないと考えられる, 記述出来んが色合, 記述及びそれに, 記述やディルタイ・ハイデガァ, 記述ではなく, 記述当時の理会, 記述或は叙述に, 記述にも一向に, 記述方法自身の変遷, 記述時代に既に, 記述に鶏, 記述的学問と変化, 記述的竝びに分析的心理學, 記述科学と説明科学, 記述稗海第三函等, 記述この傾向, 記述組織したもの, 記述詳細を極め, 記述のもの