青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「記憶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

訓~ 訓練~ 記~ ~記し 記し~ ~記事 記事~ ~記念 記念~ ~記憶
記憶~
記者~ 記述~ ~記録 記録~ ~訣 訣~ ~訪ね 訪ね~ 訪れ~ ~訪問

「記憶~」 7983, 83ppm, 1344位

▼ 記憶~ (1329, 16.6%)

494 ている 140 てゐる 85 ていた 80 ていない 54 て居る 41 ています 26 てい 21 ております 19 てゐた 16 て居ります 13 ているだろう, ておい 12 ているであろう 11 ておく, てゐない, てゐます 10 ていなかった, ていません, ておる 8 てゐ 7 ておられる, て置い 6 ておらぬ, て居た 5 ておかなけれ, ておられるであろう, ておりません 4 ていました, ておられた, ており, てます, て居, て居ない, て居らぬ, て置く 3 たりする, ていよう, てゐるだらう, て下さい, て居ます, て居るだろう

2 [17件] ていたら, ているでしょう, ていれ, ておられません, てしまった, てそれ, てはいなかった, てはゐない, てもらいたい, てゐなかつた, て其解紛按排, て嘖々是, て居りました, て居りません, て次に, て貰いたい, 以て

1 [119件] うわさし, かつ注意, その多く, たりちょっと, てある, ていただきたい, ていたであろう, ていたなら, ていないだろう, ていないらしかった, ていなけれ, ていぬ, ていらっしゃいましょう, ていられる, ていられるだろう, ていられるであろう, ているで, ておいた, ておいで, ておかう, ておかなけりゃならん, ておかね, ておくべき, ておこう, ておった, ておられましょう, ておられるだろう, ておられるでしょう, ておらん, ておりましょう, ておれ, てからは現在, てき, てくれい, てくれただろう, てこれ, てずっと, てその, てその他, てはいない, てはいませんでした, てはおらぬ, てはゐなかつた, ては居ない, てません, てまちがっ, てもくれぬ, てもらわなけれ, てもらわね, てゆかね, てゐぬ, てゐません, てゐよう, てゐられ, てゐられた, てゐるであらう, てをら, てをる, てシテ, て了, て他人, て何, て地獄, て居なかった, て居ませんでした, て居らね, て居られ, て居らん, て居り, て居るであらう, て居るでしょう, て居れ, て後に, て忘れず, て忘れない, て忘れなかった, て忘れぬ, て戴きたい, て抜け目, て欲しい, て置いた, て置かう, て置かなく, て置かなけれ, て置かね, て置きたい, て脳中, て良い, て行かれた, て話し聞かした, て貰える, て貰っ, て遺恨骨髄, て頂い, ふさわしい儀式, または格別, やすいコトワザ, やすくし, ようにも, 三四年間に, 其を, 初めた, 善事は, 場合によ, 夢中に, 大切に, 尊敬し, 易いから, 易いが, 易い数字, 易き傾向, 易く一定, 本邦でも, 注意し, 甲の, 自在に, 観察し, 難きに, 難く不利有害

▼ 記憶~ (1109, 13.9%)

214 残って 28 ない 23 残つてゐる 17 よると, よれば 15 ないが, のこって 12 存し, 殘つてゐる 11 浮んで, 誤りが 10 して, とどめて 9 なって, 新しい 8 ある, 浮かんで 7 甦って 6 ないの, 殘る 5 あるの, あるもの, とどまって, よみがえって, 間違いが 4 つながれて, なかつた, 刻まれて, 新しいこと, 新たなる, 残して, 残っては, 留めて, 蘇って

3 [14件] あった, あること, ないから, なかった, はっきり残っ, よみがえった, 刻みつけられて, 新らしい, 止まって, 止めて, 残ったの, 残つてゐない, 残らぬ, 結びついて

2 [53件] あつた, あるが, あるとおり, あるなつかしい, あるはず, あるよう, ある彼, ある程, ある警察署, ある限り, いつまでも, すぎない, すぎないが, のこつて, まだ新しい, もしあやまり, 上るばかり, 便利である, 再現する, 刻印せられた, 存したる事実, 存するもの, 悩まされた, 散在し, 新しく甦る, 新ただ, 新たである, 新たな, 新なる, 止めた, 残った, 残ってるの, 残つ, 残つた, 残らぬけれども, 残るの, 残るよう, 残る程, 殘って, 比べて, 浮かんだの, 深く刻んだ, 灼きつけられて, 照し, 生々しい, 甦った, 留って, 発見した, 私の, 繋がれて, 誤りなく, 重苦しい嫉妬, 間違ひ

1 [452件] あざやかであった, あたらしい事実, あった為, あって, あつて, あつまって, あらたなる, ありは, あります, ありません, ありませんか, あるお, あるお玉, あるかぎり, あるだろうかと, あるところ, あるはじめ, あるよい, あるらしかった, ある伯母, ある例, ある処, ある名前, ある女, ある懐しい, ある所以, ある支那ソバ屋, ある本当, ある朱実, ある読者, ある謡曲指南, ある道条, うかびすこしく, うかんで, うとうと心, かわり熱心, きざみつけようと, きざみつけられたのみか, くらべれば, こびりついて, こびり附いて, ございます人, ござらぬが, さかのぼりますと, したくないと, しっかりと, しても, しみついて, しみて, すぎないの, そそのかされて, その名前, たすけられながら, たよ, つながって, つながりなつかし, とどまった, とどまつ, とどまるよう, とどめかつて, とどめられたい, とどめるよう, とどめ合うなどとは, とどめ賛同, とめて, ないかも, ないくらい, ないこと, ないという, ないところ, ない事, ない位珍, ない庄次郎, ない新しい名前, ない母, ない知らない, ない程, ない頃, なく最後, なった, なったであろうもの, なったならば, なった様子, なつたであらう, なほ新たな, なまなましい, なまなましく残っ, ならんとも, なりますよう, なるかも, なると, なるもの, なる思ひ出, のこした, のこった, のこること, のこるその, のこるべき滑稽, のこる銀座夏, のぼって, のぼりはじめた彼, のぼりました, のぼること, のぼる経験, はっきりし, はっきりと, はっきり印象, はっきり残った, はまるでないの, ひたされながら, ひっかかって, ふかくのこっ, ふけり始めました, ぶつかつ, ほかならなくなった, まいもどって, まざまざと, まだ新しく, まちがいが, みとれながら, もう可, もしやあやまり, もとづいて, もどって, よびさまされて, よび醒さないこと, よみがえったが, よみがえった愛情, よみがえらせました, よみがえるところ, よみがへ, よみ返って, よりますと, よる, わたくしが, アナクロニスムを, 一種の, 上せた事相, 上った, 上つて來た, 上つて來る, 上つて来た, 上らない人事不省, 上る勝子, 不便な, 不便なり, 些かの, 任せて, 伴う滑稽, 伴は, 依ると, 便ぜんが, 俟つ, 値いする, 僅かに, 入って, 入り易く, 全然殘, 再燃した, 刹那の, 刻まれた, 刻まれるの, 刻まれるやう, 刻まれるよう, 刻まれる一事, 刻みこまれて, 刻みつけようと, 刻み付けられた, 刻み込むよう, 刻んで, 取って, 取つて斯, 取り込むの, 合図した, 合図する, 呼びおこして, 呼びだされて, 呼びもどしました, 呼びもどし書き表わしあらゆる, 呼び戻されて, 呼び起こしたの, 呼返された, 喚び醒されて, 囲まる, 在るだけでも, 基くの, 失して, 妙に, 存した, 存しない, 存じたるアヌンチヤタ, 存じて, 存するのみにて, 存する事情, 存する可能性, 存する所, 存する時代, 存する範囲, 存する者, 存する讀者, 存せざる, 存せぬ, 存せる, 存る, 定かでなし, 富んだ庭, 尋ねて, 少しも, 尚新, 属する潜在意識, 常住する, 幕が, 強きも, 彫って, 彫られて, 役立ったこと, 彼の, 従つて筆を, 従へば, 徴し, 心を, 心臓を, 応えの, 忽ちはっきり浮び出した, 忽ちはつきり, 怨恨が, 悲哀は, 感嘆した, 抱茗荷が, 抱茗荷の, 拠って, 支配され, 支配された, 新しいであろう, 新しいのに, 新しい事実, 新しかった, 新た也, 新鮮であった, 日に, 明かでは, 明かなこと, 明かに, 明らかである, 明り得るであらう, 明り得るであろう, 時々動いた, 時間の, 暗黒な, 更に助長, 本づい, 植物園らしかった, 次々と, 止つてゐない, 止つてゐる, 止まつて, 止まらない, 止まらぬ文章, 止まりたるもの, 止めおれる重大, 止めてから, 止めること, 止めると, 止め置いた四個, 殆無い, 残させようと, 残さなかったの, 残された, 残されて, 残す機会, 残ったそう, 残ったという, 残った全部, 残った第, 残ってること, 残ってる訳, 残つた句を, 残つた名優の, 残つては, 残つてゐ, 残つてゐた, 残つてゐなかつた, 残つてゐるらしい, 残つて居た, 残つて居る, 残らずまた, 残らないこと, 残らないのに, 残らないよう, 残らなかつた, 残らぬ筈, 残りそれ, 残りて, 残りぬ, 残る, 残るきれぎれな話, 残るであろう西南戦争, 残るに, 残るので, 残るべき道理, 残るほどの, 残るもの, 残る会話, 残る其時分, 残る古人, 残る地区, 残る大, 残る床屋, 残る時代, 残る最初, 残る母, 残れること, 残れるもの, 残れるよ, 殘った, 殘つたのである, 殘つてゐない, 殘つてゐます, 殘つて讀下の, 殘らん憂は, 殘れる, 殘れるなるべし, 比ぶれ, 比べれば, 求むるのみ, 沁みて, 沁み残って, 浮かびそう, 浮かび上がって, 浮かべて, 浮び上つて, 浮び出るもの, 浮び揚つて來, 浮び私, 浮ぶの, 浮ぶ事, 浮むで來る, 浮んだが, 浮上がって, 浸つて, 浸り出した, 消すこと, 深い断層, 深くきざまれた, 深くと, 深く残っ, 深く残った, 深く残ってる, 深く留めない, 渦く, 満たされて, 溜った歴史, 溢れて, 溯りて, 溯る能, 漏れたるもの, 潜在する, 濁されて, 灼きついて, 烙きつい, 無いが, 無いけれども, 無いこと, 無い或いは, 無い長いゆるい斜面, 無かつ, 無用な, 焼きついて, 焼きつけられたの, 焼きつけられて, 焼き付いて, 焼き付けられて, 焼つい, 照らし出される夢, 燒きつく, 父は, 狂いが, 現れて, 生々しかった, 生きて, 生なましく殊に, 甦えったから, 甦えったくらい, 甦つた, 甦つて來, 甦らすと, 留まった事, 留まつて, 留めたい画, 留めたが, 留めただけ, 留めたという, 留めなかったかを, 留めるほどの, 留り後, 留るのみ, 留るもの殆無きが, 相当浸み透る, 確つかり, 秘藏めしか, 立帰っ, 符合し, 等しいもの, 簡便に, 終生ぬぐひ, 結びつけて, 繰り返され蘇って, 群がりながら, 考えて, 脅えて, 腹を, 苦しいほど, 苦しいほどは, 苦むということも無い, 薦めよわれ, 藏めよ, 蘇生えった, 蘇生る, 蘇返つた, 親しいあの, 親切な, 触れずに, 触れて, 觸れじ, 訴ふる, 誤まり, 誤りありき, 誤りは, 負ふ, 辿りつくと, 近づくに従って, 返すであろうと, 追っかけられ通し, 違いない, 遠い話, 遠くな, 遺って, 遺つて, 酔って, 重苦しくのしかかっ, 銘せらる, 錯誤が, 間違いの, 関係が, 関係した, 關し, 霞を, 面を, 頼るほか, 鮮かに, 鮮やかに, 鮮明に

▼ 記憶~ (1055, 13.2%)

120 ある 44 ない 26 あった 14 なかった 13 あるが 12 ないの, 残って 9 よみがえって 8 あります, ないが 7 あつた, 無い, 蘇って 6 あるので, まざまざと, 甦って 5 あるばかり, うすれて, する, よみが

4 [11件] ありありと, ありません, とりあげられて, ないと, ぼんやりし, 夢の, 少しも, 彼の, 復た, 私を, 薄れて

3 [13件] あるから, あるだけ, あると, あるの, ないから, なかつた, 一度に, 一時に, 浮かんで, 私に, 私の, 薄らいで, 電光の

2 [52件] あったから, あつて, あまりに鮮明, ありました, ありますが, あるか, あるでしょう, あるよう, かすかに, それに, つぎつぎと, ないこと, ないよう, ない彼, なくて, なくなって, のこつて, はっきりし, はっきりと, また胸, まだそこ, まちが, よみがへ, マザ, 不思議に, 不意に, 不確かで, 二度ばかり, 今度は, 僕には, 全くない, 君の, 呼びさまされた, 夢中に, 彼れ, 彼女の, 急に, 惡く, 明瞭に, 次々と, 正しいと, 殺されそこ, 消えて, 無いの, 無くなって, 異常に, 羽子板の, 蘇つた, 表現する, 闇を, 頭に, 鮮かに

1 [543件 抜粋] あたかも美しい, あだ, あったと, あったよう, あって, あっての, あつたであらう, あの仏国汽船, あの時, あの鼻梁, あやしくなる, あらうが, あらすか, あらたに, ありますか, ありますので, ありませぬ, ありませんか, ありませんの, ありませんので, あり而, あるからか, あるけれど, あるけれども, あるせい, あるせゐも, あるだけでも, あるだろう, あるであろうが, あるという, あるわけ, あるん, ある格段, ある為, ある限り可能, あれいちず, あろうとも, あんまり判然, いい, いいこと, いいといふ, いいん, いくらかその, いくらかはつきり, いくら薄らごう, いつのまにか頭, いつの間にか蘇生, いつまでも, いと, いまに, いまひらく, いままた, いまも, うかんで, うすいが, うすくなっ, うすれたと, え, おげん, おぼろで, おぼろに, およろしい, お在り, お銀様, かすんで, かつての, かなり鮮明, かれら, きれて, こうした場合, この上, この動物, この坂, この炎天, この谷窪, この際あざやか, これによって, こんなにまで, こんなに鮮明, ございます, ごよごよと, さうである如く僕, さうなつて, さだかでない, さながらに, しだいに剥げ, しだいに明らか, しました, すぐ口, すぐ甦り, すこしもない, すっかり一空さま, すっかり甦, そういう風, そうである, そこに, そこを, その人, その他に, その後の, その時, その暗示, それから, それこそ, それらの, た, たしかなら, ただわけ, ただ固定, ちらと, ついうかうか, つきまとって, つぎつぎに, とぎれるの, とたんに鮮, とつぜん結びついた, どういうもの, どういう訳, どうして今彼, ないそう, ないでしょう, ないという, ないはず, ないん, ない限り, なかつたが, なかつたけれども, なかつたこと, なかつたし, なかつたと, なかつたの, なかつたり, なく, なくそれ, なくな, なくなほ, なく昔, なんといつ, のり出して, はっきりしなくなる, はっきり平次, はっきり焼き付けられた, はっきり致しません, はつきりし, はつきりと, はつきり平次の, ひしひしと, ふいと, ふっと断れ, ふとよみ, ふと全く思いがけなく, ふと浮ん, ふと目さき, ふと私, ふと蘇った, ふと蘇つ, ふと頭, ほんの二三日前, ぼけて, ぼんやりする, ぼんやりと, ぼんやり残っ, まいもどって, またし, またたどられた, またぼんやり, また元, また眼前, まだある, まだ世人, まだ去らぬ, まだ影, まだ新た, まだ残っ, まだ残つて, まだ消えきらない, まだ生々しい, まだ私, まだ脳裏, まちがって, まとめて, まるでなかっ, むらがって, むらむらと, もう残っ, もつれて, やつと, よいか, よいので, よかったり, よくて, よくスペイン人, よびさまされて, よび返される, よみがえったらしくいきなり, よみがえりはじめた, わたしの, アヤフヤに, アリアリと, イヤに, キット残っ, スッカリ遊離し, タタキ付けられ, タッタ今副, ハッキリし, ハッキリしない, ハッキリしません, ピタリと, プツンと, モウロウと, 一々頭, 一つの, 一つ一つ浮き上がっ, 一つ一つ胎児の, 一人の, 一分一厘でも, 一番は, 一番堪えがたかっ, 一番鮮かな, 一瞬の, 七十四歳の, 下手な, 不可解な, 不明確, 不確, 不確かだ, 中断され, 乱れようと, 乱れ切って, 乱雑に, 二人の, 人一倍無い, 人間の, 人首だの, 今, 今かなりはっきり, 今でも, 今なお, 今に, 今の, 今日では, 今更の, 今歴々, 今自分が, 付き纏って, 伴つた, 何かの, 何回と, 余りに幼い, 來た, 例の, 保存され, 働きだして, 僕よりも, 先に, 全く朦朧, 全く空白, 全然ない, 全然空白, 内に, 再び呼び返され, 再び頭, 再現し, 再現した, 冷たい忘却, 出て, 十分でない, 又呼び起された, 取りも, 可成りある, 同じよう, 味気ない思ひ, 呼びさまされました, 呼び出されて, 呼び返された, 喚び起されたか, 喚び起されて, 喚び起されるの, 喚び返された, 喚返され, 回復いたしました, 回復された, 回復される, 図らずも, 土門の, 多少特別, 夢みたいに, 大きくな, 大きくなっ, 大部分, 失われて, 奏鳴する, 好いので, 始まった時, 始まって, 存し, 存在し, 定かでない, 実にきれい, 家に, 寺の, 少しは, 少しぼんやり, 少し覚, 少なからず, 山国に, 島々への, 平次の, 年を, 幻の, 幾年と, 底に, 度々通り過ぎる, 引き出されたやう, 引っかかって, 強い, 強いため, 役だって, 役立ったこと, 彼に, 彼女を, 彼等の, 彼等を, 後から, 徐かに, 復た帰っ, 微かに, 心に, 心の, 忘れがたい, 忘れて, 忽然とよみがえっ, 思い浮べられるに, 思ひだせないほど, 怪しいの, 怪しくなる, 恢復しない, 悉く言葉, 悦びよりは, 悪い点, 悪くって, 悪しくなり, 悲劇の, 惡いと, 懐旧の, 戦慄とともに, 戻った, 払拭せられ, 折々怪しく, 拳固で, 指先に, 散乱し, 文字として, 新しいだろう, 新しかった, 旅に, 日に, 時々兇暴, 時々彼, 曖昧である, 曖昧な, 曖昧模糊と, 有ります, 有るもの, 朧に, 朧気である, 本當, 棒切れという, 楽しく甦っ, 欠けて, 次つぎ憶い出され, 次第にその, 次第に整っ, 次第に浮ん, 正確なら, 残つてゐた, 残らないで, 残らないといふ, 残ると, 殘つてゐ, 殘つてゐる, 油然と, 泣かむばかりに芽, 流る, 浮いて, 浮かめ, 浮び揚った, 浮び揚って, 浮み, 浮んだ場合, 消えないうち, 消えよと, 消え失せてから, 混乱し, 混同し, 混雑し, 漏電する, 激しい情緒, 点を, 無いでも, 無いばかり, 爪を, 現存し, 現識, 甚だぼんやり, 生々しいし, 生々しいの, 生き返つて來, 生んだ虚像, 生存の, 甦えるの, 甦った, 眼に, 眼前に, 眼前の, 瞬間に, 瞼の, 矢杉の, 確かでない, 神話化し, 私には, 稀に, 稍おぼろげに, 突如と, 突然まざまざと, 突然頭, 節子の, 精確で, 絵草紙を, 絶えて, 絶対的中絶の, 続々湧い, 繰り返される, 美しく想い起こされ, 群がって, 背景と, 背負いきれないよう, 自分には, 自然に, 良いと, 色あせて, 芽を, 若草の, 落葉の, 薄くなっ, 薄らいだどころか, 薄らぐこと, 薄れかけて, 蘇える, 蘇ったの, 蘇ったもの, 蘇ってからの, 蘇つて, 蘇つてきた, 蘇つてきたから, 蘇つて來ました, 蘇つて来, 蘇つて来た, 蘇生って, 蘇生ります, 表象される, 複雑に, 見て, 視覚型に, 視覺型, 話題と, 誠にはっきりし, 誤って, 誤つて, 誤らないならば, 誤りでなく, 跡かたも, 身も, 返つたの, 逆に, 過ちを, 過去の, 遠い昔, 遠ざかりすぎて, 遺伝しうる, 野村には, 鈍ったの, 錯乱した, 長く印象, 長く止まっ, 閃いて, 間違って, 陽光の, 離れ過ぎて, 電の, 電気メッキの, 非常な, 非常に, 革つた, 頭の, 飛び飛びに, 香の, 駿介に, 鮮やかに, 鮮明である

▼ 記憶~ (949, 11.9%)

86 中に 29 底に 26 なかに 22 中から 20 中で 15 うちに 12 底から 11 糸を 10 中の, 裡に 8 中を 7 ように 6 ために, 中には 5 なかから, よい読者, 中では, 全部を, 裏から

4 [12件] ままに, やうな, やうに, 上に, 世界に, 中でも, 中にも, 中へ, 外に, 断片が, 舞台に, 鏡に

3 [18件] あるところ, ことと, なかで, なかでは, なかの, よいかたがた, よければ, 一つとして, 助けを, 底の, 底を, 数々が, 確かな, 糸は, 良い読者, 誤りが, 連鎖を, 鏡

2 [51件] あるこの, あるの, ある土地, い, うちから, かげで, かなたから, かなたに, ないこと, ないの, なくなること, よい人々, 一つ, 一つで, 一つである, 下積, 乾板に, 作用を, 内側に, 内側にしか, 内容と, 再現に, 前には, 及ぶあたは, 名人, 地平線の, 奥を, 底深く, 影を, 彼岸に, 復活に, 数々を, 断片を, 方が, 方も, 方便と, 灰を, 片隅に, 絲を, 裡から, 誤りで, 誤りなら, 誤りは, 負擔, 跡すら, 連絡が, 連絡は, 重荷に, 鏡を, 間から, 鮮かな

1 [452件] あちこちを, あてに, あやまりも, あらゆる粒, あるあの, あるうち, あるじゃ, あるはず, ある下女, ある名, ある場所, ある声, ある女, ある富士裾野佐野, ある小癪, ある式台, ある掘割岸, ある東京, ある殺生関白秀次, ある男, ある町, ある百日紅, ある矢さき, ある私, ある美しい, ある草木, ある調度, ある部屋, ある鏡, ある限り, ある顔, いいやつら, いい上田, いい人, いい写真, いい奴, いい爺さん, いい男, いい読者諸君, うえを, うすら寒さ, おぼろけ, おぼろげに, かぎり大根や, かすれた想い出, きざしについて, ことでありましょう, ことであろう, ことも, こんがらかつた, ごとくうすれて, さすら, さまよう部屋, しだいに沈ん, しみ込む時代, しるしさ, せいであった, それとは, ためかと, だいたいは, つながりは, どこを, ないときザンキ, ないほか, ない七人, ない人, ない仁, ない僕, ない封筒, ない恐しい, ない種類, なかからも, なかには, なくなったこと, なくなるまでは, なほ白き, においを, にほひ, はたらきで, はてに, ひとつだった, ふかい戦争, ふかい蓮台野, ほかそれ以来の, ほかに, ほのめきは, ぼけて, ま, まだ新しい, まだ消えない, まだ生々しい, まだ鮮, まにまにのべた, まぼろし, ままここに, ままだった, ままで, ままの, ままを, まま書き置いた, ものが, もので, ものと, やうにと, やり切れなさ, よいこと, よいところ, よいには, よいもの, よい人間, よい男, よい皆さん, ようである, ような, よさ, わるさ, アベレーションを, インデックス, カートン, ヒキダシが, ページの, ページを, ページ翻え, 一つだ, 一つであった, 一片が, 一片さえも, 一片だ, 一片に, 一番古い, 一部を, 一部分を, 一頁果して, 上で, 上の, 上を, 下づみになつた, 下積みが, 下積みに, 不思議な, 不正確を, 不確かな, 世界から, 世界だけが, 中にとって, 主座, 主要な, 久しく残っ, 乱費は, 人と, 仕方だ, 代用に, 仲介として, 何処かに, 作用が, 修飾に, 値打ちが, 傷口を, 全部でした, 再現か, 再現である, 再現によって, 再現は, 再現作用を, 再起に, 凝りが, 出現について, 切れ目であった, 利を, 刺の, 前に, 前へ, 力が, 力でなけれ, 力を, 印象だけに, 印象を, 印銘される, 及ぶかぎり, 及ぶ限り昔, 反芻と, 古傷は, 可い処, 台に, 合図を, 合理的な, 名残を, 向ふ, 向方に, 呼び返されること, 命を, 善い男, 喚起が, 喪失から, 喪失が, 喪失で, 喪失という, 喪失や, 喪失を, 回復と共に, 図の, 図を, 圏外に, 圖の, 埒内に, 基礎に, 堆積だ, 境まで, 多少は, 夢を, 大洋に, 夾雑が, 奥さんに, 奥に, 好い, 好いお前, 好い人, 好い性質, 好い本人良平, 如く三度に, 如く前身, 始まりは, 存する部分, 実情として, 実演を, 対流, 島が, 工風凝らし, 帰還で, 常に, 底には, 強き者と, 強くなる, 強弱と, 強弱は, 影, 影から, 影が, 影の, 影像が, 影消える, 役目しか, 彼方に, 彼方の, 彼方へ, 復活した, 復習を, 必要なる, 恢復が, 悪い人, 悪い兵, 悪い方, 悪い自分, 悪くない, 押花として, 探照燈, 描写に, 斑点だ, 断層の, 断片, 断片だけが, 断片だった, 断片である, 断片と, 断片に, 断片には, 断片の, 断片や, 新しいうち, 新しい亡き, 新たなる, 新らしい, 斷片が, 方々も, 方は, 方法は, 旗が, 既に消え失せた, 明らかな, 明確は, 映像に, 映画には, 曖昧さを, 書, 最もどん底, 最も古い, 最も期し, 最初から, 最高度は, 有無に, 有無は, 朦朧と, 枉つて伝つてゐる, 森の, 極めて悪い, 楽しみまでを, 樹木, 次第に沈ん, 歳月に, 残った東京, 残って, 残りである, 残り火を, 残る場所, 比較対照より, 比較対照を, 水準面に, 泡と, 波が, 洞穴の, 活用だ, 流れこれを, 流れを, 海を, 消えない限り, 消え残って, 消滅の, 深浅大小濃淡から, 混乱が, 源さんの, 漠と, 濃度の, 炎の, 点と, 為, 為に, 無いよう, 無い場合, 無い実子, 焼点に, 燒點に, 爲めに, 片影すらも, 狂乱である, 現実性が, 生々しかつ, 生きたる所, 畫廊の, 疼きといった, 疾患, 痕も, 痕跡であった, 痕跡を, 百味箪笥の, 百色箪笥の, 真つ, 眼に, 破片が, 破片なら, 確たるに, 神秘な, 端々を, 筋を, 簾の, 粗漏, 純粹持續, 紙に, 細かいの, 細片, 絵の, 絵巻を, 綯を, 綱の, 綱は, 繋がりは, 纒綿から, 罪で, 耳には, 背景と, 能力あり, 能力とは, 能力の, 腦中に, 良いの, 花模様を, 蔓を, 薄い自分, 薄さ, 薄れたこと, 薄れた後, 薄れた方, 薄れて, 薬味箪笥に, 藤棚の, 蘇って, 蛇形池の, 蠢く過去, 表面に, 衰退率が, 裡の, 裡へ, 裡を, 見当が, 視覺, 覚え書き, 覚醒が, 角度は, 訓練の, 誤が, 誤である, 誤りか, 誤りだらう, 誤りだろう隠す, 誤りであっ, 誤りでなかった, 誤りでなけれ, 誤りの, 誤りや, 誤りを, 誤等, 誤若く, 諸君には, 跡が, 通りだった, 通り鷲津から, 連想から, 連絡の, 連続は, 連續が, 連續を, 連鎖, 道順を, 遠い谺, 遠くに, 遺傳, 鋭い婦人, 錯亂も, 錯覚が, 錯覚によって, 間違いかも, 間違いに, 間違だったら, 間違ひ, 闇に, 闇の, 限りでは, 隅々までも, 隅々までを, 隅に, 隅までを, 隈々を, 集中と, 集中の, 霞の, 霧霞の, 靄の, 頁は, 領分に, 風景と, 風景もちや, 養成を, 香箱が

▼ 記憶~ (822, 10.3%)

22 辿って 14 持って 11 たどって 9 呼び起して 8 新たに, 新に, 辿つて 6 もって, 呼び起した, 失って 5 たどりながら, まざまざと, 回復されました 4 たどると, 呼びおこした, 喚び起して

3 [17件] たど, もつて, 信ずると, 呼び起そうと, 喚び起した, 喚起し, 喪失し, 回復し, 忘れること, 抱いて, 残して, 私の, 私は, 胸に, 辿るやう, 辿れば, 頭の

2 [42件] たぐりだそうと, たどるよう, たよ, たよりに, よびおこした, よび起こした, よび起した, 再現し, 刺戟する, 助けたの, 去らぬの, 呼びさ, 呼び戻すため, 呼び起し, 呼び起すと, 呼び返す, 喚び起させた, 喚び起すの, 回復させよう, 回復されまし, 回復した, 回復しよう, 失くし, 好加減, 悉く忘れ, 意味する, 手繰つて, 持つて, 更に弾力, 更に彈力, 有して, 有って, 止めて, 深からしめざる, 綜合し, 表象し, 要求も, 辿りながら, 集めて, 離る, 頼りに, 願います

1 [562件 抜粋] ああだった, あの時, あらたに, あれは, いとおしみながら, おしのけて, おぼろげに, お持ち, かすかながらでも, きょう忘れつくす, くりかえす事実, ここへ, ことごとく胸先, こんらん, さがす時, さぐって, さぐりさぐり言った, さました, しいた一連, しかと胸, して, そのまま写した, そのまま大事, その細胞, その網膜, それからそれ, それほど信頼, そろそろと, たくさん貯へる, たと, たどっては, たどつたが, たどつた方, たどつて, たどらば, たどりかつ, たどりはじめる, たどり始めた, たどり横浜, たどるまでも, たどるより, たどる人, たどれば, だんだん多く, だんだん恢復, つかむ努力, つかれて, つついて, つづけること, つとめて, できるだけしばしば呼び起させる, とどめて, とらえるもの, どうしてコンナ, どうにか寄せ集めよう, どのよう, なるべく純白, のこして, のりこして, はなはだしく混迷, はなれぬ句, ひろひ出して, ふり替へて, ほとんど持ち合せ, ぼんやり辿り, まさぐらうと, また新, まだ忘れず, まるできのふ, もつ, もつてこ, もどかしく手さぐり, もみ消すよう, ゆすぶった, よくする, よびおこして, よびおこそうと, よびさました, よびさましましたので, よびもどしたり, よび起こされる, よび起こすよう, よび起こそうと, よび起したの, よび起しながら, よび起せなかったが, よび起そうと, よみがえらされたの, よみがえらせた容子, よみがえらせるため, わざと彼, わしに, わずかに, スッカリ喪っ, タイプライターで, ノートの, ハッキリさせ, ピーンと, 一々ならべ立て, 一々頭, 一つ, 一つ一つ辿っ, 一ペンに, 一切忘却し, 一切捨て, 一度も, 一時に, 一生けんめいに, 一生懸命に, 一瞬に, 下積, 与へて, 二返, 人に, 今一度シンシン, 今一度頭の, 今代表する, 今日呼び, 今見, 伝えて, 何一つとして, 信じるとして, 偏に諸君, 傳へる, 傷けた, 働かして, 全部忘れる, 其の儘反覆, 再び新, 再び繰り返し, 再現さし, 再現する, 再起した, 出來, 別様に, 刺戟した, 刻まなかった場合, 刻み付けられて, 刻んで, 前提として, 加えるつもり, 加へる, 助けて, 助けるため, 助ける諺, 労するまでも, 動顛させ, 印して, 去らざるこの, 去らずに, 去らないもの, 去らぬ書幅, 反射交感する, 反射交感致し, 反復し, 反覆し, 取り上げても, 取り戻した, 取り戻し得たか, 取り戻そうと, 取り返しました, 取出して, 受取るばかり, 叩きこわして, 可なり, 可愛が, 含んで, 呼びおこすもの, 呼びもどして, 呼び出しながら, 呼び戻さうと, 呼び戻した, 呼び戻して, 呼び戻し廻り, 呼び戻そうと, 呼び覚して, 呼び覚そうと, 呼び覚まさうと, 呼び覚まして, 呼び覺, 呼び起こさせた, 呼び起こさせるもの, 呼び起こすこと, 呼び起こすであろう, 呼び起こすよう, 呼び起こせば, 呼び起こそうとでも, 呼び起さうと, 呼び起さしめるため, 呼び起さずには, 呼び起さないでは, 呼び起さなければ, 呼び起されたこと, 呼び起されついに, 呼び起したかの, 呼び起したには, 呼び起したり, 呼び起した上, 呼び起しながら, 呼び起すこと, 呼び起すごと, 呼び起すしるし, 呼び起すのに, 呼び起すよう, 呼び起すわけ, 呼び起す様, 呼び返させ得る唯一無二, 呼び返された, 呼び返しましたので, 呼び返す折々, 呼び返そうと, 呼び醒した, 呼び醒すに, 呼び醒そうと, 呼起し, 呼起す, 呼返した, 唯一の, 問ひ知れる, 喚びさ, 喚びさまさせようと, 喚び起こして, 喚び起こそうと, 喚び起さうとしても, 喚び起されたり, 喚び起し, 喚び起したから, 喚び起したが, 喚び起したので, 喚び起したのみ, 喚び起すには, 喚び起すべき記念物, 喚び起すべく死物狂い, 喚び起す最初, 喚び起す為, 喚び起そうと, 喚び醒すこと, 喚起さう, 喚起し成るべく, 喚起そうと, 喪って, 嗅ぐやう, 嘲笑し去らん, 回復さし, 回復させ, 回復させた, 回復され, 回復される, 回復されるであろう, 回復しない, 回復すべく, 回復する, 埋める必要, 塗りつぶし失はしめそして, 塗込めた, 失ったこと, 失っただけの, 失ったり, 失った当時, 失った時, 失った男, 失はないで, 失はなかつた証拠, 失わぬ限り故人, 奈良原到, 奪ふ, 奪ふも, 女の, 妨くる, 妨げて, 嬉しく思い, 容易に, 寄せ集めて, 寛大に, 専らと, 尋ねて, 小池も, 小説体の, 引きぬいて, 引出されるよう, 引出して, 引出す術, 弱めるのに, 強くし, 強く思い起した, 強化した, 形成せる, 彷彿と, 彼は, 彼女の, 彼等に, 彼等の, 復活させた, 心の, 忘れなかつたの, 忘れ果てるよう, 忠実に, 思いだして, 思い出さずに, 思い出さないの, 思い出さなければ, 思い出されませずとも, 思い出した時, 思い出すか, 思い出すとも, 思い出そうと, 思い描きだした, 思い浮かべるかの, 思い浮べたの, 思い起こさせるので, 思い起して, 思い起そうと, 思ひなつかしい, 思ひ起す, 思ひ起せば, 恃んで, 恐れたに, 恢復した, 恢復する, 情熱を, 想い浮かべるたび, 想い浮べながら, 想ひ浮べ, 想起した, 慥かに, 慰めよ, 憎悪や, 手さぐりし, 打ち消すわけ, 打消して, 打消すよう, 投影し, 押し進むれば, 拭き消されたよう, 拭って, 持たないが, 持たないつい, 持ちたい感情, 持ち出して, 持ち出しては, 持った人々, 持った間柄, 持つたの, 捉へ, 捕える方法, 捧げたもの, 捨てる, 掘り出すこと, 掠めて, 探した, 探し出す目的, 探って, 探り出す一つ, 探ろうと, 掻きおこし, 掻き探した, 掻き起す為め, 揺り動かします, 揺り動かせば, 整へ, 新しくした, 新しく彩っ, 新たなら, 新たにも, 明瞭に, 暈すだけ, 有し恥, 未だに私, 次郎の, 歪めたり, 歴史に, 残さなかった出来事, 残したくないという, 残すほどの, 残すもの, 残らず御, 残りなく, 殘すのみ, 毎晩繰り返す, 水いまだ, 求めさせ自分, 求めて, 汚す例, 浄化するであろう, 消すに, 混乱させた, 混同し, 清めたいため, 無意識界へ, 燃やし我, 燒きつけ, 物語って, 玩味する, 甘美な, 生かし反戦論, 生んで, 生命と, 生長の, 留めしめたかも, 留め時, 疑わずに, 白紙に, 確めて, 確めようと, 私に, 秘蔵し, 空しく手探り, 空想で, 笑う事, 筋立てれ, 箇条書に, 紛らして, 細君に, 絞り出すやう, 繰り出す間, 繰り返して, 繰り返すの, 繰返しくり返し, 繰返しつつ, 繰返し見ば, 纏めて, 脳裡から, 脳髄に, 腦膸中より, 自分もろとも, 舌で, 茲に, 荒れたる折衷主義, 葬り去って, 蓄へて, 蔵した, 薄らいで, 蘇らす, 蘇らすの, 蘇らせて, 蘇らせるから, 蘇生せし, 蘇生らせよう, 襲った, 見いださぬでは, 見渡すと, 言ふ, 訊ねるので, 記憶の, 話して, 誌しはじめた, 語った, 語ったり, 語るもの, 語る言葉, 説明し, 請んと, 讃えること, 軽く拭き消し, 辱か, 辿つて書き, 辿りつつ, 辿りはじめた, 辿りまた, 辿り主として, 辿り乍ら, 辿り富岡, 辿り自分, 辿り辿りあれ, 辿り辿り其の, 辿るという, 辿るとか, 辿るばかり, 辿るまでの, 述べた, 述べて, 述べては, 追加する, 逆さに, 逆に, 逆ま, 進むること能, 進むるには, 過っても, 過去に, 遠慮せず, 遺伝し, 郷土に, 酒に, 銘々に, 長い間, 階下から, 障害する, 離れずに, 離れて, 離れない, 電光の, 願いたいの, 願って, 願は, 願ひたい三十七年です, 願ひます, 願ふ, 飾る徳, 鮮やかに

▼ 記憶~ (532, 6.7%)

26 ない 18 ないが 9 なかった 7 あるが 4 ありません, ある, 今も, 少しも 3 して, 不思議に, 全くない, 思ひ起し, 私の

2 [32件] あまり無い, ありませんか, いつまでも, いまでも, こ, ここで, こぼれ墜ち, その時, それから, それが, ないけれども, ないの, はっきりしない, まざまざと, 何も, 元来悪く, 別にこれ, 妙に, 彼が, 彼の, 後に, 心の, 断片的な, 普通の, 曖昧に, 次第に薄れ, 殆ん, 残って, 無い, 自ら範囲を, 自ら範圍を, 雪の

1 [377件] あきれる程残つて, あった, あっても, あつて, あとかたも, あまりにも, あまり残っ, あまり違, あやふやである, ありと, ありませぬ, ありませんが, ありませんね, あるけれども, あるし, あるに, あるの, あるので, いかにも混乱, いつも太陽, いつわらない, いつ思いだしても, いまだに忘れられません, いまだに或, いまなほわが, いよいよ鋭く, いろいろな, うすくなっ, おそろしいよう, おのずから異なる, おぼろで, かしの, かすかに, かなり信憑性, かなり消え去っ, かれの, きみが, この位, この大きな店, この姉, この學課全部, この父, この瞬間, この間も, これほどに, これも, これより, これらの, これ一度きりしか, これ以上には, ございますまいが, ございませぬか, ございません, ございませんでしょうか, ござらぬか, ごたごたに, さっぱりない, しては, すこぶる朦朧, そこい, そこで, その一瞬, その大学, それで, それな, それは, それらの, そんな思ひ, た, たくさんに, たしかだろう, たしかでした, ただこの, ただ外形, ただ暗, たったそれ一つきり, たどれなかつた, だいぶ違, だんだんと, とかくはっきりし, とだえる, ともかくも, ともすれば彼, どうしても呼び起せなかった, どうもいったいに, どこにも, ないかしら, ないかと, ないし, ないぞ, ないでしょう, ないと, ないな, ないに, ないよ, ないらしい, ないらしかった, ないらしく, なお胸, なかつた, なかつたが, なくただ, なくとも, なくやはり, なく幾, なつかしい, なほ子にとって, なるべく早く, はっきり残っ, はつきりと, はつきり残つてゐた, はなはだ心細い, ひどく曖昧, ふしぎな, ほとんどありません, ほとんどこの, ほとんど喪失, ほの, ぽたりぽたりと, また新しく, また東京銀座, また遠い, まだいくらでも有る, まだお蔦, まだどうしても思ひ起せない, まだまざまざと, まだまだ二三年後, まだ何, まだ新しかっ, まだ真新しく, まだ確か, まったくない, まつたく色褪せて, まるで夢, まるで急, まるで老いぼれた, まれに, みな持っ, もうほとんど消えかかっ, もう一つ少年, もう二度, もう何, もう十三年前, もう痕迹, もう雑然, もっと別, もつと, よほど幽か, よみが, わが心, イクラ考え直し, ウオタアヒアシンスの, カリガリ博士の, チットも, ドン, ハッキリ致し, モウ疾っ, 一度も, 一日中とれなかった, 一生涯私を, 丁度今, 三十七八年を, 不快だった, 不思議な, 不死であるらしい, 中世の, 九つの, 二つの, 五十日の, 今さら思いだす, 今に, 今にな, 今丑松, 今後終生, 今思い出された, 今日も, 今頭, 仕合せと, 以上で, 似たり, 何うし, 何か, 何である, 何でございます, 健三に, 僕の, 元の, 先づ昨夜以來胸に, 先生の, 全く意志, 全く消え失せ, 全く淡い, 全く空白, 其で, 分身の, 刻まれても, 勿論の, 勿論消え失せ, 去らないの, 叔母の, 古い映, 可なり後, 向うに, 向に, 咄嗟に, 哀しくなつかしいもの, 唯吾人, 唯幾多, 喪われて, 嘗て体, 多い, 多くの, 多く象徴的, 夢の, 大ぶん, 大正十一年の, 失われたが, 奇蹟的事件に, 子供の, 完全に, 実にわが, 実に綺麗, 実に美しい, 實に, 實感的で, 尋常よりも, 少年の, 帯から, 常に東京, 年を, 幸ひ, 強烈に, 彼女の, 彼方に, 後から, 徐々に返っ, 復た, 復讐す, 微塵も, 心内の, 思い起しそう, 思つたより, 思ひの, 思ひ出しても, 思ひ出すさ, 思考の, 恐らく岸本, 悉く拭, 悪強い, 悲哀を, 惣じてこういう, 意外な, 慥かに, 払つても, 持って, 採訪記録に, 数名の, 断ちきられその, 断絶し, 新しい蔵屋敷, 新聞を, 旅行中当面の, 既に生存, 早くも, 時が, 曖昧で, 更にない, 最初の, 最前から, 最早二度, 朦朧たら, 朦朧と, 朦朧として, 未だによく殘つて, 未だに彼, 未だ生々しく, 本当にたったそれ一つ, 村人の, 極めて断片的, 橋詰の, 次から, 次第に喚び, 次第に怪しく, 次第に蘇ります, 正確そのものであった, 正確な, 此所で, 歪み表現は, 殆ど無, 殊にその, 残つてゐる, 残るであろう, 比較的大きい, 気の毒な, 永遠に, 沢山ある, 津田にとっても, 浮かび, 浮ばなかった, 海綿ででも, 消えがち, 消え失せて, 深い天水桶, 深く成人, 混濁し, 渾沌と, 滿洲の, 濃厚であり, 無いが, 無いの, 猶ほ, 甑の, 甚だ心細い, 甚だ覚束, 甚だ覺束, 生き生きし, 産土には, 甦ったそう, 相変らず, 相当に, 確かだった, 確でない, 磅, 秀れ, 私が, 私たちを, 私には, 私以上に, 穴だらけで, 空気の, 突ッつく, 素晴しい, 綿々として, 縁日の, 聯想の, 肺病院である, 背戸に, 腕から, 自分が, 自分には, 自分の, 自分ひとりでの, 自然に, 至つて朧気である, 茫洋に, 茫漠として, 落莫と, 著しく悪るく, 蕪村にとって, 薄ぼけた, 薄らぎましたが, 薄れて, 薄弱である, 蘇った, 蘇生する, 蘇生って, 見知らぬ波止場, 覚束ない, 記憶を, 話す人, 誤つて, 誰も, 跡方も, 躑躅ヶ崎の, 遠い昔, 遠く郷里, 酷く曖昧, 錦の, 鑁阿寺の, 長く与え, 長く忘れ得なかった, 霧散し去り, 非常な, 頗るぼんやり, 餘り, 髪の, 鮮やかに

▼ 記憶する~ (225, 2.8%)

6 ことが, のは 4 がその, 所では 3 が, がこの, が私, ところであろう, のみ, 事が, 人が, 所の, 限りでは

2 [15件] がしかし, が今, ことは, ために, といふ, とおり彼は, ところに, ところの, のである, ように, 一話とを, 上に, 必要が, 所なり, 者も

1 [148件] かぎりでは, かぎりナポレオンを, かと云った, かも知れません, からヴォー, があるいは, がいい, がおそらく, がこちら, がこれ, がこれらいずれ, がそう, がその後川床, がそれ, がそれで, がたまたま, がなん, がぼく, がまま, がもう世に, がよい, がわれわれ, が中国, が九階, が先生, が家, が左, が御, が故に, が文壇, が果して, が此, が私の, が胡桃澤勘内君, が自分, が飛雲, が騒音, こといたっ, ことであっ, ことによって, ことを, こと能はず, さしも九五, そこを, ため, だけそれ, だけで, だけである, つまり松岡君, つもりで, でせう, というの, といっ, とおり, とおりいつも, とおりその, とおりそれは, とおりである, とおりまず, とおりグランテールは, とおりジャン, とおりジャヴェルが, とおりテナルディエは, とおりファンニコの, とおりマドレーヌ氏は, とおり一八一八年の, とおり廊下の, とおり弁護士たる者は, とおり弾を, とおり彼が, とおり彼の, とおり彼女は, とおり登攀の, とおり野戦病院と, ところだけでも, ところである, ところでは, ところならん, ところなり, と云, と共に右, と同時に, に止まれ, のだ, のであろう, のに, のにその, のにまことに, のみにて余, は星亨, ばかりか大きい, ものに, ものも, やうに, ゆえに, ようにも, よりは出来る, よりほか, わけも, 上にも, 之は, 事実に, 事實に, 二つ三つを, 人では, 人は, 人も, 代りに, 但し茲, 位で, 位であった, 作法や, 傍から, 処, 処である, 処に, 処の, 力の, 受持の, 徳二郎という, 徳二郎といふ, 所である, 所なら, 所を, 所を以て, 方の, 時の, 暇が, 材料では, 様に, 殊に, 母は, 池の, 爲めに, 瞬間が, 者あり, 者が, 者なき, 者には, 而も, 能力が, 責任を, 間が, 限りに, 限りまるで, 限り最初の, 雀燕の, 頁

▼ 記憶~ (179, 2.2%)

10 ある 9 ない 6 なかった 5 薄れて 4 ないの, 今は 2 あった, あれば, ないが, なかつた, やがて意識, よく時間, 持って, 漸く遠のい

1 [125件] あつた, あやふやな, あらかた死んでしまつ, あります, ありまた, あるが, あるし, あるよう, ある筈, いいし, いつか薄らい, うすらぎかけたところ, きれいに, この伝通院, これと, ございます, すこぶる稀薄, すっかり振り落し, それらが, それらの, たしかにその, ただちに消滅, ついには, つづかなかった, ないけれど, ないし, ないに, ないやう, ない家畜, なかつたが, ながい年月, なく, なくただ, なくまた, なく只冠木門, なく死ん, なしに, はっきりしない, はっきりせず, はっきり致しません, ふっ飛ぶ, まいもどって, まざまざと, また或, まだなまなましい, もう散逸, もたない, もたない彼女, もって, やがてわたし, やはり彼, よく分り, よく話, よほど形, ヒリヒリと, マチマチで, 亦忘れられない, 亦然, 今では, 今と, 他の, 伴なっ, 何も, 全く薄らい, 其頃の, 判断も, 前後し, 単に何, 去るに, 同様に, 呼び覚まされずには, 執拗な, 変化し, 夢野の, 失念し, 常陸山, 幻想も, 彼には, 恐らくさだか, 意識も, 持ち得ないし, 持合せ, 散漫である, 文献も, 新しいから, 有りません, 朧げであった, 朧ろに, 次第に彼, 次第に薄らぎ行っ, 此時の, 此邊は, 残して, 残って, 残らなければ, 残りませんでした, 残れば, 段々に, 浮び出て, 湧き出して, 漸く薄らがん, 濃かに, 無いが, 無いという, 無し又, 甦った, 直ちに消滅, 矢張この, 矢張り一生に, 知識も, 確かな, 私から, 結ばれて, 脳裡に, 自分には, 荒廢した, 薄くな, 薄らいで, 薄らぎはじめた母親, 衰へ, 読んだ覚え, 貴下の, 遠くある, 遺さず死んだとて, 長いあいだ忘

▼ 記憶~ (171, 2.1%)

4 をもっ 3 がよく, が減退, に富み, の強い, の鈍い, を回復 2 に乏しき, のよい, の中, の弱い, はなくなる, も隨, をもつ

1 [135件] ありて, から一般, があったら, がいい, がここ, がその, がだめ, がなかっ, がなく, がひどく, がよい, がゼロ, がマイナス, が並外れ, が伴, が弱く, が強い, が強かっ, が悪い, が甚だしく, が盛ん, が肝腎, が薄弱, が蘇っ, が衰え, が鈍った, しか有, だけで, だけで芝居, である, でもっ, と, というの, というもの, といつた, とそれ, とにおいて勝っ, との発達, とを全部, とを持っ, と巧み, と思想力, と想像力, と意思, と推理力, と放胆, と理解力, と総合力, と道理力, なぞが非常, なるもの, なんか少し, にもかけ, にも強弱, によるの, によるもの, に乏し, に定, に富める, に少々, に感心, に自信, に過重, に長, に非, のいい, のいかに, のすぐれた, のなか, のにぶい, のみを発育, のスバラシサ, の乏しき, の凄まじ, の悪い, の旺盛, の欠乏, の気まぐれ, の減退, の点, の素晴, の絶倫, の負, の足らぬ, の馬鹿, はいい, はかなり, はここ, はじつに, はすっかり, はなみなみ, はゼロ, は人間, は四番目, は強かっ, は抜群, は日本橋本銀町, は最も, は決して, は法律的方面, は絶倫, は衰, までも消滅, もたしか, もない, も多少, も強い, も練習, も臨終, も至っ, も衰えた, も麻痺, や解釈的思索力, をすっかり, をもたしかめ, を備え, を共通, を喪失, を基礎, を完全, を強から, を持っ, を有し, を有す, を有せし, を有つて, を殺し, を發達, を絞つ, を進むる, を進長, を養成, 乏しきより, 及び考慮, 或は普通以上

▼ 記憶から~ (140, 1.8%)

7 消えて 3 薄らいで 2 だん, 掻き消されるやう, 消えぬもの, 消え去つて, 消え失せて, 編み出されたもの, 跡形も, 逃れる為, 遠ざかって

1 [112件] あの面影, うすれて, おそろしいほどに, きたの, きっとその, くるもの, くる不審, このたび, さがし出すと, さっぱりと, しめ出され, ずり落ちて, その太古, その靴, それが, のがれること, はじまつて, はっきりと, ふと汽車, また一部分, 一生離れ去る, 一瞬に, 亡びた事, 人間の, 処々の, 出たこと, 出た話, 出て, 出来た文句, 初めて少しずつ, 取り出します話, 受ける脅迫観念, 吐息と, 呼びもどされた, 呼びもどして, 呼び出すこと, 呼び覚した, 呼び起こされるの, 呼び起こして, 呼び起こしました, 呼び起されて, 呼び起しては, 呼び起しました, 喚び出して, 喚び起されたので, 喚び返す, 喚起した, 喪失する, 夢の, 失せて, 失われその, 失われて, 始まる, 存外脇方, 完全に, 引離したく思つて, 彼の, 彼は, 忘れられたもの, 忘れられぬもの, 手頃な, 打消そう打消したい, 抹殺し, 拭ひ去る, 捜し出さうと, 捨てて, 探して, 探り出して, 欠落し, 洗ひ流し, 消えうせて, 消えかかって, 消えさったかに, 消えさらぬ場面, 消えた, 消えないもの, 消えようと, 消え去つて了つた事実, 消え去らず夢, 消え去り現在, 消え去ること, 消される時, 消し去りたい, 消し去ろう, 消すこと, 消失せない, 私を, 竹本雛吉の, 絶えず心, 絶縁され, 繰り返されて, 脱落した, 自分を, 色々な, 薄れようとして, 表象し, 記憶と, 記憶を, 趣味としての, 跡方も, 辿り直さねば, 逃れるため, 逸し得ざるの, 逸し易く, 逸せられようとして, 遁れる, 遠ざかること, 除く事, 離せないもの, 離れさせたい自分, 離れないと, 飛び出したもの

▼ 記憶~ (114, 1.4%)

11 なって 3 いえば, なつて, 云うもの 2 いうと, いへば, 云うの, 想像と, 沈默, 称するもの, 鼻

1 [80件] あのかぐわしい, いっては, いっても, いつし, いふと, おぼろげに, この結び目, その男, その血統中, そんなに違はず, だいぶちがう, なりて, なるであろう一夜, なるでしょう, なると, なるの, ひき離し, ほとんど同格, まるで違つて, むすび合せて, セラピオン師の, 一緒に, 中央公論とは, 予感の, 二度とは, 二重に, 云っては, 云ふも, 云へば, 交錯した, 今度行っ, 今目の, 似かよ, 体験の, 先に, 入り混つて了つた, 其運用の, 切っても, 同様の, 同樣, 囘想とを, 変化し, 婦人としての, 対照を, 山への, 常識が, 引きは, 思考とによって, 情緒が, 想像との, 想像の, 想像力の, 意識とによって, 意識とを, 感覚とは, 推定とに, 期待とが, 次第に募る, 殆ど同じ, 比較する, 現在との, 現在の, 生前枕べでの, 異つて, 眼前の, 結びついては, 群がり来って, 老年の, 良心, 虚栄に, 見えて, 解釈が, 言い伝えむしろ, 言つていい, 言へば, 記憶との, 連想によ, 道理と, 違つてゐた, 重複し

▼ 記憶には~ (104, 1.3%)

9 残って 4 ないが 3 ない, 何も 2 この首, ないの, なくなって, 夕顔の, 大きな意味, 父の

1 [73件] あとも, ありありと, ありませんが, いつか見かけた, いつまでも, かの瞬時, このデヴィルド・クラブ, この雨, こんな失策, さういふ, すっかりぼやけ, そういう姓名, そのとき, その細部, そんな疑問, ただそれ, ただ入, だから理性, つきり殘つて, とても残らず, ないから, ないこと, ないワケ, なかった, なかつた, なかつたの, なんにも残っ, のこらないの, ふれたくないの, ほとんど残っ, まざ, まざまざと, また一つもと, まだ新しい, まだ新た, もうない, もう何処, よく残っ, 一つの, 二三日前に, 何時か, 余程あの, 全然なかっ, 十分残っ, 印象の, 只幼, 在りませんが, 大分黴が, 娘の, 存在せざる, 実に些末, 幼時の, 志賀直哉氏の, 数限りも, 新しくて, 有りません, 殆ん, 無いよ, 焼き付けられて, 牛に, 特に道徳的, 狂気が, 生憎本, 産土の, 用は, 祖父の, 美しい小川, 色の, 血なまぐさかった, 覚束ない, 限りあれ, 限りが, 骨の

▼ 記憶にも~ (54, 0.7%)

8 残って 2 彼の, 残らない程

1 [42件] あったが, あります, ある, あるが, いまは, この真土山, そう遠く, それが, ない頃, なくおまけ, なくなって, なければ, はっきりのこっ, ぼんやり浮ぶ, まだ殘つて, まだ生々しい, 何やら気, 存せざりし, 定かで, 川が, 庭先き, 新しいこと, 新たなるべき, 明けても, 有効である, 止まって, 止まっては, 残つてゐるであらう, 残つて居なかつた, 残らないが, 残らないの, 残らぬ程, 浅からぬ, 甚だ便利, 画壇の, 留らなかつた, 直ぐ蘇つ, 相当色濃く, 確かに, 確り印象, 親しいもの, 間違い無しとは

▼ 記憶~ (51, 0.6%)

17 ている 5 ております 4 ています 3 てい, ていた, ていない

1 [16件] ていなさる, ていまい, ていやす, ていらっしゃいましょう, ていらっしゃるでしょう, ているだろう, ているでしょう, ておりまする, ておりませぬ, てしまった, もない, 切れない, 切れないと, 切れぬ位, 込む積り, 込んで

▼ 記憶すべき~ (46, 0.6%)

2 事が, 事実である, 重要の

1 [40件] ことである, ことは, すなわち新, その日, どうぞだ, は伏姫, は如何なる, は実に, は当時警察, は道教, は陸地, 一八三二年の, 人名のみを, 作家であろう, 出来事が, 出来事は, 十日の, 叫び声を, 夜から, 夜の, 大きな出来事, 対話が, 年だった, 年で, 感情を, 日である, 日の, 日常である, 日本の, 時代は, 時期と, 月であった, 月な, 月日が, 朝瀝青の, 画家を, 研究を, 記念碑の, 諸労作, 重大の

▼ 記憶~ (40, 0.5%)

3 あつた 2 まだありありと, まだ見る, もって

1 [31件] あなたを, いらっしゃいましょう, いろどられたもの, いろどられた無始無終, かいて, こしらえ上げた音楽劇, ござりましょう, しかも馬場さん, せう譬へば, とらえようと, なんでしたら, 一番はっきり, 云えば, 伝わり採録, 何処からが, 傳つた結果種々, 分つて, 取り押さえること, 夜に, 彼に, 思い出せるが, 悪くした, 最も驚いた, 極めてセンチメンタル, 申上げる, 確かめたもの, 自分の, 落ちついて, 補ひ, 言つ, 身に

▼ 記憶され~ (38, 0.5%)

14 ている 4 ていた 3 てよい, てゐる 2 ていい

1 [12件] あるもの, ていたらしい, ているであろう, てゆく, てゐるだらう, て居ります, て居る, て居るで有ろ, 今度たとえば, 尊敬さるべき, 易いこと, 時としては

▼ 記憶では~ (34, 0.4%)

2 おおかたこれ

1 [32件] あの家族, この小犬, そのがん鍋, それが, ちょうど月, とうてい餓えた, ない, ないが, ないでしょうか, なかった, なかつたか, なかつたの, なんでも, のりまちがえ, まだ竹刀, もうその, もつと, わが家に, 二三十年前頃では, 以前は, 何でも, 十七ぐらいと, 十二月の, 十年ばかり, 多分パンテレイ聖人, 川ぶち, 彼等は, 旅行先などで, 桜田門の, 社は, 秋の, 蜜柑の

▼ 記憶~ (34, 0.4%)

2 すでに誤謬, 記録の

1 [30件] あるいは闇黒, いろいろな, その細胞, 一身や, 事件を, 使用に, 判断に, 名簿を, 報告資料を, 学力なぞ, 実感, 実用が, 希望の, 当推量は, 思想を, 悲しからう, 意識が, 懐しさ, 控帳に, 描写や, 欲望などの, 特に教育, 生活の, 経験から, 経験は, 習慣を, 聯想との, 英邁な, 買いこんで, 連想によって

▼ 記憶せられ~ (31, 0.4%)

14 ている 4 ていた 32 てゐる 1 おまけに, その方式, たりといえ, て居た, また伝説, 且つ明治, 尊奉せられ, 惜ま

▼ 記憶えて~ (27, 0.3%)

4 ゐる, 居る 2 居て, 居る人, 置いて, 置こうと

1 [11件] おいでに, おられるん, おれば, お出でに, ゐなかつた, ゐる人, ゐる所, 居るだが, 置いた, 置くこと, 置くよう

▼ 記憶として~ (22, 0.3%)

2 彼の, 残つてゐる

1 [18件] その頭, 余の, 保存され, 全く余, 喚び起し得るもの, 固定し, 岸本の, 彼に, 後まで, 残って, 残つた幾代の, 残るだけの, 永く幾つ, 生々しいという, 読まれた, 遺ったこと, 遺つて, 遺伝せられ

▼ 記憶される~ (21, 0.3%)

1 [21件] からである, ことである, し上司小剣, だけだ, ところ, について, に足る, ので, のであった, のです, はずは, ような, ように, 人とも, 人は, 年である, 故郷の, 方であろう, 日が, 通りである, 限り残るであろう

▼ 記憶しない~ (21, 0.3%)

1 [21件] がいずれ, がかなり, がともあれ, が下曲, が京都, が何, が日本, が相当, が途方, ぐらい飲みすぎ, けれども, という, ということ, のであります, のである, ので困っ, のは, まま又, まま突立っ, ような, 新世代

▼ 記憶という~ (21, 0.3%)

5 ものは 3 ものが 2 のは

1 [11件] ことから, ことは, たよりない, のと, のも, ものに, ものの, ものも, ものを, 事は, 以外に

▼ 記憶~ (20, 0.3%)

3 可き 2 と雖, 可し

1 [13件] かの平和主義, と, と云, へきことを, やわれら, や数限り, 人間は, 凡そ夢, 寔に, 当時嘲, 時来星霜を, 民友子は, 而し

▼ 記憶しなけれ~ (17, 0.2%)

13 ばならない 1 ばならなかった, ばならぬ, ばならぬだろう, ばなるまい

▼ 記憶~ (17, 0.2%)

2 より一層

1 [15件] として講習, なるもの, に對, の一問題起り其功能, の何たる, の利, の利益効驗, の如何, の正反, の秘訣, は世人, よりは寧ろ, より寧ろ, を發明, を進むる

▼ 記憶さえ~ (14, 0.2%)

2 あれば, 有って, 残って, 確かなら 1 あるのに, ほんとうは, 再び呼び戻す, 既にもう念頭, 日に, 皆消え失せ

▼ 記憶ちがい~ (14, 0.2%)

2 や自分勝手

1 [12件] かもしれない, じゃない, だったかも, でございました, でしょう, でなければ, ではありません, ではない, で別, と思われる, は許せ, 末代までの

▼ 記憶といふ~ (13, 0.2%)

6 ものは 2 のは 1 ものを, やうな, やつが, 水が, 程には

▼ 記憶~ (12, 0.2%)

21 からその, から思いちがい, か何だか, がいずれ, がちやん, が私, つたのです, とそう, と知り, と答

▼ 記憶した~ (11, 0.1%)

1 [11件] つもりの, という, にちがい, のが, のだろう, のは, はじめての, まえ, イロハ骨牌か, 兩國川開きの, 第一

▼ 記憶よりも~ (11, 0.1%)

5 更に深い 1 あのとき, ずっと小さく, ずっと鮮やか, なお貴い, 強く印銘, 遙かに

▼ 記憶より~ (10, 0.1%)

2 去りたるに, 遠ざかりて 1 冷えゆくさま, 出でずして, 去らねども, 喚起される, 奪へる, 逃げ易く

▼ 記憶~ (10, 0.1%)

2 にあり 1 には十歳以前, には必要, には無, に存する, に往来, に有すれ, に顔, のもの

▼ 記憶しか~ (9, 0.1%)

2 ないが 1 ない, なかった, なかったり, 持って, 有た, 残って, 残らなかった

▼ 記憶せね~ (9, 0.1%)

7 ばならぬ 1 ばならない, ばならん

▼ 記憶だけ~ (9, 0.1%)

1 しかも鼻, だった, であと, である, であるが, でここ, で見事, ないの, 霞んだりという

▼ 記憶だけが~ (9, 0.1%)

1 あった, なんだか特別, 失われて, 妙に, 残って, 残存蓄積する, 浮んで, 私には, 蓄積され

▼ 記憶違い~ (9, 0.1%)

1 かも知れない, か然, だろう, だろうと, であろうか, であろうと, ということ, のため, もあろう

▼ 記憶してる~ (8, 0.1%)

1 からである, ことを, だけで, のが, 人々は, 方面の, 最も代表的, 限りの

▼ 記憶します~ (8, 0.1%)

2 が私 1 いまこれに, から随分, がつまり, がまア, がやがて, 今日の

▼ 記憶せられる~ (8, 0.1%)

1 ことと, と後, にちがい, のか, 戦前戦後における, 様に, 言葉といふ, 遠い神代

▼ 記憶せる~ (8, 0.1%)

1 にもかかわらず, ものを, 事あり, 事柄である, 処なら, 女性に, 種々の, 過去の

▼ 記憶などは~ (8, 0.1%)

1 あの匂, ない, まるでこれ, 人間一生の, 何の, 光輝ある, 全然不要, 残りようが

▼ 記憶によって~ (8, 0.1%)

1 一同に, 世の, 描き直そうと, 昔の, 書いて, 結び附けられない, 語られたもの, 連絡される

▼ 記憶いたし~ (7, 0.1%)

1 ている, ておりまし, ております, てござる, てはおりません, て居ります, 候

▼ 記憶だけは~ (7, 0.1%)

1 いまだ一度, 割り合に, 大事に, 止めて, 死ぬまで, 永久に, 温泉の

▼ 記憶~ (7, 0.1%)

1 のか, のだ, のであろう, のでだが, ので却つて, ので却つて全体, んだ

▼ 記憶~ (6, 0.1%)

1 へある, へない, へなかつた, へも年毎, へ自分, へ薄弱

▼ 記憶されね~ (6, 0.1%)

4 ばならぬ 1 ばなりません, ばなるまい

▼ 記憶しません~ (6, 0.1%)

1 がそれ, がもし, が以上, が父, が藤波金三郎, が訪ね

▼ 記憶せし~ (6, 0.1%)

2 むるの, むるを 1 ところの, むる川にて

▼ 記憶せよ~ (6, 0.1%)

1 今日は, 僕が, 国民は, 宇宙の, 此有味なる, 玄徳は

▼ 記憶でも~ (6, 0.1%)

1 その叔父, 余の, 去年の, 記憶は, 追うよう, 那須は

▼ 記憶とを~ (6, 0.1%)

1 その全身, ソックリそのまま, 呼べり卷頭に, 持つこと, 挙げた, 離したこと

▼ 記憶なぞ~ (6, 0.1%)

1 いうもの, がハッキリ, は一刻, も話し, よりも先, をかうした

▼ 記憶をも~ (6, 0.1%)

1 また非常, 去らないで, 呼び起すこと, 忘れること, 意味し, 排出した

▼ 記憶作用~ (6, 0.1%)

1 が完成, そんな方面, としての図書館, とならん, は何もの, も腦膸中

▼ 記憶ある~ (5, 0.1%)

1 がため, ことを, ものは, 二階へ, 限り私は

▼ 記憶された~ (5, 0.1%)

2 事と 1 のであらう, のは, 語數の

▼ 記憶しよう~ (5, 0.1%)

2 とした 1 とする, とはしなかった, と努力

▼ 記憶せざる~ (5, 0.1%)

3 可から 1 ことを, ものには

▼ 記憶せん~ (5, 0.1%)

1 か予, と努力, と欲せ, なんぞ情, のに脳髄

▼ 記憶~ (5, 0.1%)

2 がひ 1 がひで, がひでなけれ, がひらしい

▼ 記憶であり~ (5, 0.1%)

2 女が 1 ながらまるで, 幼い者, 結婚後にも

▼ 記憶です~ (5, 0.1%)

1 か, がその, が三四ヶ月, な, スティヴンは

▼ 記憶とは~ (5, 0.1%)

1 いへ, その六個, なつかしく美しきもの, 大体そういう, 言えないかも

▼ 記憶ばかり~ (5, 0.1%)

2 残して 1 だ, 残って, 残つて事実は

▼ 記憶以外~ (5, 0.1%)

1 にない, には一度, に何, に何もの, の記憶

▼ 記憶喪失~ (5, 0.1%)

1 とともに子供, となっ, どころか博覧強記, は一種, は分裂病

▼ 記憶~ (4, 0.1%)

1 さだかでない, そんな事, 何かの, 知らないが

▼ 記憶さるべき~ (4, 0.1%)

2 ものは 1 ところでは, 人物だ

▼ 記憶されるべき~ (4, 0.1%)

1 これらの, 事実であった, 出来ごとである, 大勢な

▼ 記憶せざれ~ (4, 0.1%)

1 どたしか, ど神楽坂, ばここ, ばこれ

▼ 記憶だけで~ (4, 0.1%)

1 他に, 地上から, 正誤した, 蚕の

▼ 記憶である~ (4, 0.1%)

1 か, からあの, がさすが, やうな

▼ 記憶とも~ (4, 0.1%)

1 判断出来なく, 経験とも, 言えないが, 重なり合って

▼ 記憶~ (4, 0.1%)

2 入って 1 念を, 鮮に

▼ 記憶及び~ (4, 0.1%)

2 悟性を 1 意志あり, 記憶の

▼ 記憶表象~ (4, 0.1%)

1 が非常, には必ず, 或いは想像表象, 或ひ

▼ 記憶これら~ (3, 0.0%)

1 の光景, の出来事, の心

▼ 記憶さえも~ (3, 0.0%)

1 失ってるシャルロ街, 年毎に, 後にまた

▼ 記憶させる~ (3, 0.0%)

1 ことの, という, という医学上

▼ 記憶せぬ~ (3, 0.0%)

1 が月, と仰, 衝動が

▼ 記憶だけでも~ (3, 0.0%)

1 大事に, 残そうという, 殘さう

▼ 記憶~ (3, 0.0%)

1 いなかったが, いますけれど, いやがって

▼ 記憶でございました~ (3, 0.0%)

3

▼ 記憶でしょう~ (3, 0.0%)

1 か, 千代という, 私どもの

▼ 記憶とに~ (3, 0.0%)

1 基いて, 拠つて此に, 由つて書いた

▼ 記憶ない~ (3, 0.0%)

1 かも知れません, のです, のんで

▼ 記憶など~ (3, 0.0%)

1 ほとんどなかっ, ペットは, 果してお

▼ 記憶ほど~ (3, 0.0%)

1 かすれて, 不思議な, 漠然した

▼ 記憶~ (3, 0.0%)

1 かりし人, そんなもの, 汝の

▼ 記憶~ (3, 0.0%)

1 が頭, さ, の如き

▼ 記憶~ (3, 0.0%)

1 でありますが, のやう, も執った

▼ 記憶~ (3, 0.0%)

1 ひかも, ひが, へから併合

▼ 記憶いたします~ (2, 0.0%)

1 がこの, がこれ

▼ 記憶えと~ (2, 0.0%)

1 けよ勘, け深川

▼ 記憶えられぬ~ (2, 0.0%)

1 と思う, 方が

▼ 記憶かと~ (2, 0.0%)

1 存じますが, 思いますが

▼ 記憶かも~ (2, 0.0%)

1 知れない, 知れませんが

▼ 記憶からは~ (2, 0.0%)

1 とうの, まったく質

▼ 記憶からも~ (2, 0.0%)

1 煩らは, 薄れて

▼ 記憶させた~ (2, 0.0%)

1 位だ, 新興の

▼ 記憶しきれない~ (2, 0.0%)

1 ほど有る, 程やった

▼ 記憶しとります~ (2, 0.0%)

1 が, ので

▼ 記憶すべきである~ (2, 0.0%)

1 が, が耕作地

▼ 記憶するごとく~ (2, 0.0%)

1 インケルマンの, モントルイュ・スュール・メールの

▼ 記憶するであらう~ (2, 0.0%)

1 か, 可哀想に

▼ 記憶するであろう~ (2, 0.0%)

1 か, その子

▼ 記憶すれ~ (2, 0.0%)

1 どその後, ばいい

▼ 記憶せざるべからず~ (2, 0.0%)

1 出世間の, 道に

▼ 記憶せず~ (2, 0.0%)

1 予は, 念の

▼ 記憶せなけれ~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 記憶せらる~ (2, 0.0%)

2 可き

▼ 記憶せられん~ (2, 0.0%)

2 ことを

▼ 記憶その~ (2, 0.0%)

1 ま, 一瞬間から

▼ 記憶だった~ (2, 0.0%)

2 のです

▼ 記憶であっ~ (2, 0.0%)

1 てただ, て今

▼ 記憶であろう~ (2, 0.0%)

2

▼ 記憶でした~ (2, 0.0%)

1 か, か自分

▼ 記憶でない~ (2, 0.0%)

1 とも言われない, 意味と

▼ 記憶といった~ (2, 0.0%)

1 ような, 方が

▼ 記憶といつて~ (2, 0.0%)

1 も何, も僕

▼ 記憶とか~ (2, 0.0%)

1 思考とか, 性格とかいう

▼ 記憶とが~ (2, 0.0%)

1 犇, 私に

▼ 記憶とて~ (2, 0.0%)

1 さらに存する, 永劫きゆべく

▼ 記憶とともに~ (2, 0.0%)

1 いくどか, 自然それも

▼ 記憶との~ (2, 0.0%)

2 間に

▼ 記憶と共に~ (2, 0.0%)

1 はっきりした, 何年たつ

▼ 記憶などを~ (2, 0.0%)

1 思いうかべて, 漱石は

▼ 記憶なる~ (2, 0.0%)

1 ものを, 者は

▼ 記憶なんかと~ (2, 0.0%)

2 一緒に

▼ 記憶なんて~ (2, 0.0%)

1 そうそう貴方がた, 実にたより

▼ 記憶にさえ~ (2, 0.0%)

1 影を, 残って

▼ 記憶にしか~ (2, 0.0%)

2 残って

▼ 記憶にすら~ (2, 0.0%)

1 捉われ, 残らないやう

▼ 記憶について~ (2, 0.0%)

1 歌へ, 言ふ

▼ 記憶については~ (2, 0.0%)

1 何も, 忘れて

▼ 記憶にな~ (2, 0.0%)

1 つてし, つてしまつ

▼ 記憶によ~ (2, 0.0%)

1 つて書く, つて結び附けられない

▼ 記憶によっても~ (2, 0.0%)

1 つい何心, 彼が

▼ 記憶による~ (2, 0.0%)

1 のだ, 特殊の

▼ 記憶に対し~ (2, 0.0%)

1 この感動的, 一片憐憫の

▼ 記憶に対する~ (2, 0.0%)

1 気の, 鼻の

▼ 記憶のみ~ (2, 0.0%)

1 である, 醒覚し

▼ 記憶への~ (2, 0.0%)

1 把持を, 郷愁だ

▼ 記憶までは~ (2, 0.0%)

1 あるが, 残ろうはず

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

1 今ニ及ン, 戻ッテ

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

1 残留セルモノアリヤ否ヤ甚ダ疑問トスベキモノアリ調査上甚シキ困難ニ遭遇スベキ事予想ニ難カラザレバナリ, 誤ガアルカモ知レナイ

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

1 拭イ去, 持ツ人ニチガイナイ

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

1 に消失, に覚え

▼ 記憶其物~ (2, 0.0%)

1 の功用, を進むる

▼ 記憶出来た~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものは

▼ 記憶喪失症~ (2, 0.0%)

1 になっ, になった

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

2 注意なさる

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

1 息し, 息する

▼ 記憶~ (2, 0.0%)

2 でありまた

▼ 記憶致し~ (2, 0.0%)

1 候, 居候得共何時御立帰りに

▼1* [217件]

記憶あってお, 記憶あらばむかし, 記憶あらせられよ, 記憶あらゆる感じそれら, 記憶ありといふ如き, 記憶ありて後に, 記憶ありませんか, 記憶あるいは本能が, 記憶あるべき男女を, 記憶えたがつて, 記憶えるといふ, 記憶おぼろになつて, 記憶およびその長短, 記憶からか私に, 記憶からばかりでなく一杯, 記憶がま新らしい, 記憶くだされい裏切り者とな, 記憶これ無く不, 記憶させられていた, 記憶さるべきであつた, 記憶されず災疫を, 記憶されたらしくそれから又憐れまれたらしく, 記憶されてる経験でも, 記憶されない画家で, 記憶されなくてはならない, 記憶されはじめたのは, 記憶されましたがクレオパトラ, 記憶されるだろうがそれ, 記憶されるべき云わば画期的, 記憶され伝へられてもされ, 記憶しうるまとまった印象も, 記憶しおることは, 記憶したいのである, 記憶したきことは, 記憶したまい毎年決して, 記憶しちがったよび方を, 記憶してるだろうがブーラトリュエル, 記憶しなかったであろうがその間, 記憶し切れないと思った, 記憶し居るかしらと惟, 記憶し得ないほどの年数, 記憶し得るわけです, 記憶し直し常に新しい, 記憶し直すといふこと, 記憶じゃないでしょうか, 記憶すなわち復讐の, 記憶すべきだがその, 記憶すべく余儀なくされた, 記憶すべく坐魚礁研究所を, 記憶すらないの, 記憶すらも目前に, 記憶するあたわざる上古より, 記憶するですな, 記憶するならそれは, 記憶さるへから, 記憶せざるべからざることあり, 記憶せざるべきは当然, 記憶せしめむが, 記憶せしめる程深刻な, 記憶せずして専ら, 記憶せないと言, 記憶せぬでは無かっ, 記憶せらるべき重大な, 記憶せらるべきだと思います, 記憶せらるる処なら, 記憶せられざる歴史は, 記憶せられず又書く, 記憶せられなかつたらうか, 記憶せられなければならぬ, 記憶せり既に測量部, 記憶そのままがすんなり, 記憶そのものも時に, 記憶それも今後, 記憶だけしか残って, 記憶だけを止めて, 記憶だったら御話, 記憶だってすぐ消えるだろう, 記憶だにあとに, 記憶だろうか, 記憶ってへんな, 記憶つまり前述の, 記憶であったがその, 記憶であればある, 記憶できないほどだった, 記憶できぬほど曲折, 記憶でございますか, 記憶とかいうものの, 記憶とから消えて, 記憶としては何という, 記憶とでもいうよう, 記憶なされ気の毒な, 記憶なしておけ, 記憶なすって下さいまし, 記憶などが雑然と浮かん, 記憶などと言つたら, 記憶などに信憑を, 記憶などもあつて, 記憶なり回想が, 記憶なれば泰然, 記憶なんかミジンも, 記憶において錯綜し, 記憶にたいする感じ方, 記憶につれて新たなる, 記憶にのぼつて, 記憶にのみ重点を, 記憶にばかり縋つて, 記憶にまで留って, 記憶によりまた或, 記憶によりて思ひ出づれば, 記憶に対するのすたるじや, 記憶に関する新説を, 記憶ねがいますと言葉, 記憶ねがっておく, 記憶のずつと奥の, 記憶のもやの中, 記憶はかあいらしい白熊, 記憶ばかりか私の, 記憶へたな, 記憶へとすみやかに, 記憶へは残り易い, 記憶ぼけて分らない, 記憶また運動場の, 記憶またはその技, 記憶までが微細に, 記憶までも一緒に, 記憶めいたものを, 記憶らしい記憶は, 記憶をすら妨げて, 記憶をにほは, 記憶チガイして, 記憶ニアル最モ美シイ, 記憶一つを彼自身, 記憶一条を補記, 記憶より他, 記憶上父が女, 記憶下されて前後三回小川女史, 記憶中重要ならさる, 記憶主張者と雖, 記憶敷性来にて, 記憶了知及び意志, 記憶はば鳥羽家, 記憶亡失の障害, 記憶亡失前に持っ, 記憶の心, 記憶以前の捲, 記憶伝聞が多い, 記憶何等かの豫想, 記憶係り惚れ係りなぞ, 記憶偏重ということ, 記憶廢説を, 記憶全体がぼーっと, 記憶内心の深き, 記憶出来ないように, 記憶出来なかつた忘却を, 記憶出来るし記憶, 記憶判断信念なぞいう, 記憶力これは上, 記憶力そのものがまだ, 記憶力何れも一長一短, 記憶力判断力習慣性なぞの残骸, 記憶力強きの差, 記憶力最初はなかなか, 記憶力比較力を交, 記憶力礼儀正しさ, 記憶力紛乱せる思考力, 記憶力聯想観念注意力判断力感情興奮性等に関していろいろ, 記憶勝れたる事アビシニアの, 記憶區別比較結合命名抽象等のもの, 記憶區別比較結合等のもの, 記憶即ち吾人の, 記憶喪失ガ襲ッテ来ハシナイカトイウ恐怖ガチラト脳裡ヲカスメタ, 記憶喪失トイッテモ思イ出セナイノハ主トシテ人名ヤ地名デアッテ事柄ヲ忘レテイルノデハナイ, 記憶喪失ニ似タ忘レカタデアッタ, 記憶喪失中の気の毒, 記憶喪失病でない限り, 記憶回復後の陳述, 記憶圈内に入, 記憶多く腦中に, 記憶夢中にあり, 記憶を取り出し, 記憶幻覚聯想の群れ, 記憶幼い快感が, 記憶の一念, 記憶彼女が大きく, 記憶忍耐思慮活溌精細等の妨, 記憶思考の問題, 記憶恢復後において身近, 記憶と云う, 記憶感情豫想追念, 記憶或は経験によ, 記憶に勝つ, 記憶新しいと思ふ, 記憶既に多く腦中, 記憶智慮意識等が不完全, 記憶材料に一定, 記憶比較の類, 記憶消しがたきかな, 記憶理智の記憶, 記憶の真白, 記憶経験とは似, 記憶習慣が孝之進, 記憶聯想によって結合, 記憶肋骨や膝, 記憶をり, 記憶致しますが, 記憶薄れた大正昭和に, 記憶術其物より一層, 記憶術講義と題する, 記憶観念がその, 記憶はば我々, 記憶近隣の噂等, 記憶通りの状態, 記憶遊ばしていらっしゃるだろう, 記憶違ひで三重吉が, 記憶遺棄された古い, 記憶醒覚して, 記憶つて