青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「身辺~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

躊躇~ ~身 身~ ~身の上 身の上~ ~身体 身体~ ~身分 身分~ 身動き~
身辺~
~身體 ~車 車~ 車夫~ ~軍 軍~ 軍人~ 軍艦~ 軍隊~ ~軒

「身辺~」 1088, 12ppm, 9302位

▼ 身辺~ (356, 32.7%)

8 迫って 5 何か 4 つきまとって 3 近づいて, 集まって

2 [17件] あって, いたの, いつと, おらせて, リリスムは, 一人の, 仕へること, 奉仕し, 持って, 注がれた, 漂わして, 置いて, 置くこと, 落ちて, 認識した, 誰か, 集めて

1 [299件] あいつが, あった, あったか, あったが, あったと, あったらどんなに, あふれて, あらわしはじめて, ありふれた事柄, ある, あるからは, あるが, あるに, あるのに, ある可動性, ある色々, あれば, あれ狂っ, いささかで, いつもただよわせる, いて, いよいよ疑問, いるの, いる者, うろうろし始めた, おいしげって, おいたもの, おこす波瀾, おそいかかりました, おられたの, おりました, お仲間, お通, からまるまいと, からみつくこと, こういう人, このよう, さまよって, ざわついて, しきりにただよう, すこしの, せまって, せまると, せまる危険, そういう外交上, そういう女, そくそくと, そして彼, そそいで, そなえたり, その名誉, その当人, それらし, たぎり立ったとき, ちっとも感動, ちょっと面倒, ついてまわって, つきまとうて, つきまとった, つっ立つ, どのよう, ない洛陽感傷, なにごとか, なにごとも, のこしたのみ, ひとつの, ふかく注意, まきちらされて, まきちらしたバット, またもや意外, まだどこ, まつはつ, まつはる事情, まつわって, まつわり附いて, まといついて, まんいちが, みなぎる常識, むらがって, もって, よくない, わずかに, フワフワと, プロが, 一つの, 一大事が, 一抹の, 一本の, 一番大事な, 一種の, 一種言うべからざる, 不幸が, 不幸な, 世にも恐ろしい, 世俗の, 乏しい, 乏しかつ, 事あらざる, 事故が, 京大の, 人の, 人数は, 今まで, 仕えて, 他人の, 付きまつわるよう, 付き添, 伴いかの, 何となく気がかり, 何ともいえぬ, 使はれ, 侍し, 侍つてあらゆる, 侍べ, 侍らせて, 侍らせ奴僕, 保管し, 偽善的でなく, 傷害の, 光って, 入りこんで, 全然あたらしい, 内戚, 円を, 冷たい風, 凄まじい銃声, 凝集附着し, 動いて, 危い, 危害が, 危害なき, 危険が, 危険の, 危険を, 又我々自身, 及ぼして, 取材しない, 召されて, 名人独特の, 吹きよせたり, 吹き荒んで, 味方の, 四五人の, 在りて, 垂れこめて, 変事でもが, 夕ぐれとは, 大した異状, 大小種々の, 妄動する, 嫌疑の, 子供を, 存在し, 寄り添おうと, 寄ると, 少しかわった, 就いて, 局限され, 居て, 居合わす人々, 居残って, 帯びて, 引き寄せる手段, 引き添って, 影の, 心に, 必ず二三誰か, 怠らずに, 恐れながら直言, 悪魔の, 感じつ, 感じること, 感じ何, 感じ始めたと, 感じ度, 感じ得るよう, 感受した, 成熟し, 或る, 才俊を, 押寄せつつ, 招致しよう, 持つたこと, 接しも, 接近した, 敏感な, 新しいかわった, 於いて, 於いても, 施したり, 日本刀が, 春水の, 時々妙, 最も不自由, 来ると, 来る一人, 案じられる節, 歩みよると, 歩寄り, 残れる火, 毒薬か, 気を, 求めて, 求めること, 油断の, 注意し, 浸潤する, 渦巻く妖気, 湧かしめたり, 湿気といふ, 溢るる, 漂うて, 漂う疑惑, 漂って, 漂わせて, 漲らして, 熱い音, 燃えあがって, 物々しい鉄砲組, 現れたの, 甚だ型破り, 生じた紛糾, 疑惑の, 発見した, 積みあげ端, 突如と, 立ちまわるよう, 立ち迷って, 立つ秋風, 篤厚, 細い気くばり, 絡纏り, 縮められて, 纏ひ, 纒いつく, 置かないの, 置きそば, 置きたいという, 群って, 脅迫が, 膿の, 若者の, 落下する, 行われて, 見た田舎, 触れて, 詰めて, 詰め寄せ, 謎の, 起こって, 起こるあらゆる, 起こる自然現象, 起ったこと, 起ったの, 起って, 起つたこと, 起りました変化, 起り得たか, 起り得るもの, 起る些細, 起る波瀾成行, 転がって, 輪を, 近い人物, 近い存在, 近い者, 近く侍い, 近く飛ん, 近づかしめ三歳, 近づき難い, 近づく道, 近づけて, 近づこうと, 近侍し, 迫ったから, 迫った一つ, 迫りその, 迫りつ, 迫りました, 酒が, 重畳せる, 鋭くそそがれ, 間断なく, 附いて, 附する約束, 附添っ, 降って, 降り注いで, 随分あった, 隠したこと, 集まりそれ, 集注した, 雲さんで, 風を, 飛び散る砕けた石, 馳する, 鳴いて, 鶴と, 黒い石

▼ 身辺~ (185, 17.0%)

6 世話を 3 ことに, ことを, 世話は, 危険を 2 ことは, ものを, 人に, 平凡の, 清潔を, 者との, 者に, 者を, 雑事に, 雑事を

1 [147件] あらゆるもの, うそ寒き気, うちに, ことごとと, ことについて, ことについても, こと以外に, すべての, たれそれ, とんがり長屋, どこにでも, なんとなく不安, ほかには, ほんのちょっとした出来事, ものから, ものでなけれ, ものに, ものには, ものは, やや差し, 一人物に, 一切を, 不安を, 世の, 世界が, 世界は, 世界を, 世相風習の, 世話まで, 事は, 事を, 事実が, 事実のみ, 事情, 事情から, 事情が, 事情に, 事情は, 事情を, 事情容貌風采ことごとく, 事象を, 二三人には, 些事に関する, 些末な, 人々も, 人の, 人物を, 何事から, 何十米かの, 全部に関する, 出来事とか, 出来事を, 危急を, 危惧であろう, 危惧によるばかり, 危険, 危険ことに, 危険をまでも, 危険区域まで, 反対力に, 反故が, 品が, 問題で, 問題と, 問題の, 器具とか, 地上で, 変が, 変化という, 変化を, 変遷でも, 多くの, 多少の, 大事を, 奇巌いはな, 女肉, 安全感を, 実際の, 客観的には, 家財も, 寒さ, 封建的な, 帷幕の, 平和を, 平穏を, 必死のみ, 悶着を, 情恨を, 整理が, 敵と, 日常経験のみを, 書物の, 消息とか, 消息を, 淋しさ, 火熱とに, 無関心, 燈火は, 物理的現象には, 犠牲は, 状況と, 現実で, 現実のみを, 現実を, 現象について, 現象の, 用も, 用を, 百般の, 知性に, 秘密が, 空気と, 累を, 経験事実を, 美女と, 者から, 者たちは, 者どもが, 者にすら, 者にも, 者は, 者や, 自我や, 自然を, 自由は, 良友の, 若い人たち, 茶飯事から, 荒蕪を, 蕭条を, 記事より, 警固を, 警戒を, 警護を, 護衛は, 貧弱な, 費用に, 賑やかさに, 道具までは, 間口から, 随筆などを, 雑事で, 雑事の, 雰囲気の, 面倒まで, 面倒を, ABCから

▼ 身辺~ (148, 13.6%)

5 包んで 4 整理する 3 整理した, 洗って, 護って 2 とりまいた, まもって, 整理せよ

1 [124件] かえりみると, かすめて, かすめながらも, かたづけた昨日, かたづける, ごらんなさい, さがす, しきりに警戒, すこし洗っ, そう始終鼠, それとなく護衛, つけ廻しつめったに, つつみ出した, つつみ生み, つつんで, とり囲む, どうしても離れない, ねらうもの, ねらって, はなれないの, はなれなかった, ひそかに, ふりかえったが, みせたに, むらがり守る騎馬, 不思議な, 中心と, 仄めかしながら, 保護すべく頼まれた, 保護する, 凝視した, 包む空気, 占領し, 去来し, 取りまいた, 取りまかれ鉄砲, 取り囲んで, 取り巻きましたので, 取巻いて, 取捲いて, 取捲いてる様, 囲みて, 囲繞し, 囲繞する, 圧へ, 守って, 幻影しきりに, 廻って, 彷徨し, 御探偵, 御用心, 探して, 探って, 探らせて, 探れと, 描き私, 揣摩し, 擁護する, 放れない, 整理しはじめた, 敵から, 晦まして, 検査した, 気遣いわが身, 油断なく, 注視した, 洗わせましょう, 清掃し, 漂ひ, 狙うよう, 猟犬の, 用心する, 益々清爽, 眺め廻し乍ら言, 窺った, 窺って, 立ち去らないの, 立ち去ること, 絶えず探っ, 繞つてゐる, 繞る, 纒へる, 考える, 脅かすとは, 舞いつ, 華やかな, 見まわした時, 見まわして, 見ると, 見廻して, 見廻しても, 見廻しながら, 見廻し机, 見廻すこと, 見廻すところ, 見廻す眼, 見廻りし頃, 見廻わすと, 見渡したが, 見調べました, 視て, 覘う, 警固し, 警戒し, 警戒しろ, 警戒する, 警戒せよ, 警戒なさい, 開くよう, 離さなかったこと, 離さぬところ, 離さぬ探偵七つ道具, 離さぬ絹糸製, 離れず而, 離れた, 離れた将士, 離れようと, 離れること, 離れ得なかった魂, 題材と, 顧みて, 飛び廻り鼻, 飾り宮廷社会, 飾るそれぞれ

▼ 身辺には~ (47, 4.3%)

2 釜鍋茶碗箸皿それに

1 [45件] いやでも, いろいろ懊悩, お家の, それからひとしお, そんなこと, ただ洋杖, ちょッと, とかく病身, とかく複雑, なるべく蚊, なんとなく一種神秘, もうひそか, もうろうと, 一抹の, 一時に, 不思議に, 二三十名の, 二人の, 二人妻どころか, 今三人の, 依然として平穏, 光が, 再び戦争, 夥多の, 天なく, 家名の, 幾多の, 心を, 心配された, 敵も, 明智や, 昼夜の, 有らゆる社会, 江戸近郷遠くは, 深栖三郎光重, 無数に, 特に厳重, 病人が, 紛擾ますます, 絶えず何, 美酒珍味が, 蜂須賀家の, 詩以上に, 門人や, 飯島の

▼ 身辺から~ (39, 3.6%)

2 マザ, 離さないで

1 [35件] だいぶ人, ものすごい雲, アラを, 何とも名状, 危険分子を, 去ったと, 収集した, 取り上げて, 大気圏外までの, 失ふこと, 或る, 放さなかったこと, 新しい材料, 来て, 次第に遠ざかり, 歴然たる証拠, 浮き上る, 消えて, 消滅する, 無茶苦茶に, 発見された, 監視の, 眼を, 秘密を, 身を, 追はれた, 遠い所, 遠くは, 遠ざけて, 遠ざけました, 遠ざける工夫, 遠ざける理由, 遠のいて, 離れて, 離れること

▼ 身辺小説~ (26, 2.4%)

1 [26件] からより, がただ, が何, だとは, であるといふ, であるまいと, であろうと, でないという, でなければ, という私小説, といわれ, とか客観的観念論, などがそれ, に止まらず, に限る, のこと, のよう, の中, の歴史的, の狭, はかきたくない, は書きたくない, も困難, やその, を掲棄, を揚棄

▼ 身辺~ (24, 2.2%)

1 [24件] あらゆる紅紫絢爛, いっそう濃厚, いつも神様, かれの, きっとお守り, この数日, その後は, たびたび危険, なにやら急, ますます危険, オモチャ箱を, 云ふまで, 只今隊員を, 大分とり込んだ, 暗かつ, 最も深く, 比較的静安, 無事であっ, 石炭酸の, 素裸に, 絶えずそれら, 自分が, 酒と, 雑木踈らに

▼ 身辺整理~ (21, 1.9%)

2 といふ

1 [19件] いや身心整理, がなか, が片付かない, する, する心内, その一つ, だん, まづ, まづ書信, むしろ心内整理, むしろ身心整理, をつ, をはじめる, 何もかもかたづけ, 出すべき手紙, 捨て, 捨てられるだけ, 洗え洗え捨てろ捨てろ, 落ちついて

▼ 身辺~ (17, 1.6%)

1 [17件] あやうくなった, いっそうわからなくなった, おそらくそのままに, とりこんで, ゆっくりし, 何だか寂し, 危い, 危かしく気遣われ, 危険に, 心配だ, 心配で, 段々危うく, 爽やかで, 疑問と, 落ちつきなごんで, 音を, 頗る危うく

▼ 身辺~ (17, 1.6%)

1 [17件] あまり近寄らない, そそがれました, にじり迫りました, 伸びて, 寄せること, 延した機会, 引きつけて, 忍び寄らうとして, 投げだして, 捨てて, 気を, 立寄らうと, 躍りかかって, 近づける者, 配置し, 集中せしめる, 雨の

▼ 身辺~ (15, 1.4%)

6 なもの 1 な作品, な多く, な形, な男女問題, な私小説的, な素材, な限られた別荘村疎開生活者, な随筆自身, 小事件

▼ 身辺~ (14, 1.3%)

1 [14件] いらい仰せ, この家庭, この際, ともにアマゾン, また大, ようやく落寞, 二人から, 危険であった, 危険に, 多事な, 多忙に, 安心です, 少し華やい, 忙しくなっ

▼ 身辺にも~ (11, 1.0%)

1 [11件] あったが, いろ, いろいろ煩, 一つの, 幾分の, 暗い翳, 暴力的な, 様々の, 目に, 落ちて, 近づく機会

▼ 身辺雑記~ (7, 0.6%)

1 が誰, だの落穂集的, と云った, に沈湎, のやう, や印象, や折々

▼ 身辺整理整理~ (6, 0.6%)

5 しても 1 せよ整理

▼ 身辺~ (5, 0.5%)

1 幾つかの, 狂号する, 破裂した, 荒々しい所業, 遊ばせ夜

▼ 身辺について~ (5, 0.5%)

2 居るもの 1 出来るだけ, 廻らないで, 観察する

▼ 身辺近く~ (5, 0.5%)

1 にある, に棲息, に殺到, 仕えて, 見た或

▼ 身辺雑事~ (5, 0.5%)

1 なども勝手, に対するあきらめ, をあれ, を描いた, を観察鑑賞

▼ 身辺にまで~ (4, 0.4%)

1 まつわるかの, 及ぶかも, 叛軍の, 腐心の

▼ 身辺~ (4, 0.4%)

1 妻子の, 小さい私, 心境を, 源氏の

▼ 身辺からは~ (3, 0.3%)

1 正に一道, 決して発見, 縁遠いもの

▼ 身辺~ (3, 0.3%)

1 いささかの, 心境とを, 手の

▼ 身辺描写~ (3, 0.3%)

1 とその, に狭, に追い込まれ

▼ 身辺整理いつ~ (3, 0.3%)

2 でも死ねる 1 死んでも

▼ 身辺いっさい~ (2, 0.2%)

1 のこと, のもの

▼ 身辺では~ (2, 0.2%)

1 さらに激烈, それが

▼ 身辺において~ (2, 0.2%)

1 しかも研究, 発し少女

▼ 身辺へも~ (2, 0.2%)

1 六波羅の, 矢弾が

▼ 身辺以外~ (2, 0.2%)

2 の人間

▼ 身辺多事~ (2, 0.2%)

1 となった, のため

▼ 身辺小説私小説~ (2, 0.2%)

1 からの蝉脱, に対する社会

▼ 身辺整理やう~ (2, 0.2%)

1 やくに, やく文債書債

▼ 身辺整理やつ~ (2, 0.2%)

1 とかたづいた, と片付いた

▼ 身辺整理文債書債~ (2, 0.2%)

1 など, を果し

▼ 身辺整理私~ (2, 0.2%)

1 には私, の変質的発作

▼ 身辺瑣事~ (2, 0.2%)

2 の記録

▼ 身辺生活~ (2, 0.2%)

1 に資材, の描写

▼1* [89件]

身辺からも多くの, 身辺へ危く, 身辺すら単騎の, 身辺だけが薄墨を, 身辺だけのことでしょう, 身辺だけを描いて, 身辺ちかくにいつも, 身辺でも紛ふこ, 身辺とみに蕭々たるを, 身辺にだってそういうタライ回し, 身辺につき纒って, 身辺にとっても大多数, 身辺に関して近隣の, 身辺のほど何とも危, 身辺への盲目的な, 身辺へは家の, 身辺のあたたかく, 身辺よりむしろここ, 身辺わずか十数騎に, 身辺をめぐって容易ならぬ, 身辺エッセイストのこと, 身辺少ナクナイノデアル, 身辺若干ノ, 身辺ラクバクたるもの, 身辺一切を呉服屋, 身辺一間毎にいや, 身辺不穏かとにかく, 身辺を空しく, 身辺事情にはいろいろ, 身辺事情中には全然, 身辺些事の描写, 身辺に春, 身辺処々燦たる照, 身辺半町ほどは敵一人, 身辺多彩の喜劇俳優, 身辺に落莫寂寥, 身辺密着性に於, 身辺小記などを某々誌, 身辺小説主観的な私小説, 身辺小説何か愛人, 身辺小説作家は一時, 身辺小説心境小説に転落, 身辺小説心境小説私小説の類, 身辺小説的なアナロジー, 身辺小説的伝統には新しい, 身辺小説的精神がそのまま, 身辺心境小説やその, 身辺ばかりを以てし, 身辺整理きれいさつぱり, 身辺整理しづかに読書, 身辺整理アメリカへ東京, 身辺整理アメリカ行の小包, 身辺整理久しぶりに身心明朗, 身辺整理心内整理が第, 身辺整理心境平安澄んで, 身辺整理必要な物以外, 身辺整理悪筆を揮ふたの, 身辺整理手紙を書きつづける, 身辺整理掃除したり, 身辺整理日記も書き改める, 身辺整理机の上, 身辺整理毎日少しづつやつてゐるが, 身辺整理畑仕事もその, 身辺整理発熱の気味, 身辺整理身心や, 身辺整理遺書も書き, 身辺に寂寞, 身辺洋々として春, 身辺現実を整理, 身辺生活以外にいかなる, 身辺的記録の類, 身辺にふれる, 身辺私小説の持つ, 身辺秋風を読ん, 身辺索漠たるなか, 身辺経歴等を知りたい, 身辺華やかな, 身辺観察の中, 身辺記事やを題材, 身辺記録などを書き, 身辺調査の命令, 身辺護衛の任, 身辺近く護衛者を伴, 身辺道徳が社会道徳, 身辺随筆の名残り, 身辺雑感あり過去, 身辺雑記的な心境小説, 身辺雑記風に, 身辺風景をうた