青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「蟹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~蛙 蛙~ 蛾~ 蜂~ 蜘蛛~ 蝉~ ~蝋燭 蝋燭~ ~蝶 蝶~
蟹~
蟻~ 蠅~ ~血 血~ ~衆 衆~ ~行 行~ ~行う 行う~

「蟹~」 1676, 17ppm, 6849位

▼ 蟹~ (508, 30.3%)

34 ように 21 やうに 12 ような 8 お角, やうな 7 子が 5 鋏の 4 子供らは, 歌, 甲羅の, 甲羅は, 甲羅を, 脚を

3 [11件] うた, 図を, 如くに, 泡の, 猿を, 甲には, 甲らだ, 甲を, 甲羅に, 話を, 足を

2 [38件] いるの, ことを, ごとうごく, すがた, ために, 乗って, 仇打ちは, 化石一枚を, 卵を, 味を, 場合は, 大漁で, 大爪, 姿が, 子供らが, 子供らも, 山を, 形は, 様に, 殻の, 為めに, 爪の, 生ッ, 甲殻の, 穴が, 穴を, 缶詰で, 缶詰めを, 缶詰を, 肉の, 脚の, 脳味噌の, 述懐歌らしい, 鋏は, 鑵詰めを, 鑵詰製造家と, 音かき立つる竹の, 顔を

1 [280件] あがる時期, あしを, あわてぶり, うつくしさ, お化け, お祭り, かたきは, かたちなどを, きて, こと特に, ごとき心, ごとくものさわがしき, ごとく赤黒かっ, しろきむく, たぐいには, たぐいを, ため盛んに, とこや, とれたこと, なかに, はさみに, はさみの, はなしでなく, ほりものを, ほり物を, もてなしも, やがてさらさらと, やついよいよ, ゆくえを, ようか, ようだった, ゐない事, ゐる小さい, ゐる小川, をこめいた, アブクが, アブク自体である, ウケに, コキールとを, マッチは, ライスカレーも, 一件を, 一生を, 両眼八足, 中へ, 事の, 事を, 事業を, 仇打ちには, 仇打ちを, 仇打ち以来某, 仕業だろう, 仕業と, 伝説が, 住居落ちる, 値段が, 催促を, 傷口に, 先生だ, 全部鮫エイ, 写真を, 出たの, 出て, 力は, 匂ひ, 化物には, 化石みたいに, 卵は, 叔父さんが, 叔父さんだ, 叔父さんの, 叔父さんは, 名さえ, 名は, 名産地さ, 呟きを, 味など, 味は, 味も, 味噌強く, 呼吸の, 四つ這親, 図は, 在所は, 塩茹と, 塩茹の, 塩茹を, 夢, 大きなゆで, 大なる, 大群の, 如く犬牙, 妖精ゆえ一度に, 妻は, 始末も, 姿に, 姿を, 子, 子な, 字を, 孤独, 宣言が, 宰八が, 宰八と, 家庭は, 屍体が, 屍体とは, 屍体発見に, 巣が, 巣の, 巣を, 左足です, 左足の, 弁護に, 形の, 形を, 形相に, 彫りものは, 彫りものを, 彫り物の, 後を, 御飯炊き, 怪奇な, 手, 手に, 手懸りなどが, 手懸りに, 手足には, 捕れるよう, 握り飯を, 放った銃丸, 数ほど, 新たに, 方が, 方ぢや, 方です, 方は, 昔話より, 本来の, 棲家であろう, 横匍いの, 横歩き, 横行せる, 横這い, 横這いとか, 横這いに, 歌の, 歩み余りに, 死は, 死を, 死んだの, 死んだ後, 死体は, 死骸は, 死骸を, 残骸が, 殻が, 殻は, 殻ばかりを, 殻や, 殻并びに手の, 毒に, 気球が, 汁で, 沫吹く, 泡を, 洋服の, 渡る處, 濡色あかき, 爪を, 爪抔の, 王である, 王です, 理想を, 生命は, 由来な, 由来を, 甲らだの, 甲らの, 甲羅, 甲羅くらい, 甲羅などが, 甲羅には, 痣, 痩せて, 登って, 皮を, 目に, 目を, 真赤に, 真髄である, 眼, 眼の, 祟りであるかも, 私が, 秘蔵の, 穂末に, 穴うたかたの, 穴か, 穴からや, 穴だらけな, 穴でない, 穴に, 穴の, 穴ふせ, 穴へ, 穴までも, 穴みたいな, 空中葬, 空中葬であったろう, 穿つたらしい, 第二指, 糸である, 糸を, 絵である, 絵を, 絵絹の, 緋縅こそ, 缶詰と, 群れて, 群納涼の, 考えとしては, 肉なり, 肉は, 肉や, 背かの, 背中は, 背後から, 背後に, 腹の, 臓腑を, 虜と, 螫の, 裂けた洋服, 視線を, 詞にて, 話しを, 話も, 足には, 足の, 足みたいに, 足音せぬ, 身を, 身体は, 軽機関銃, 述懷の, 逃げこんだ, 逃げ路が, 運命に, 遺留した, 鋏が, 鋏で, 鋏であった, 鋏びっくり仰天尻餅つけ, 鋏を, 鋏動かす様が, 鋏形の, 鑵詰, 鑵詰とかは, 鑵詰とかを, 鑵詰とを, 鑵詰に, 鑵詰の, 鑵詰は, 鑵詰めなどに, 鑵詰を, 鑵詰事業を, 鑵詰製造の, 鑵詰製造家に, 長い鋏, 長男は, 雌であっ, 面だ, 頬ゲタで, 頭や, 額などの, 類, 飛ぶの, 高は, 黒い姿

▼ 蟹~ (236, 14.1%)

3 一匹も, 大きな鋏

2 [13件] ここに, その右側, 三疋自分等の, 口から, 夜中に, 慌てて, 珍しい, 眼を, 穴の, 遠めがね, 長刀を, 頸を, 驚いて

1 [204件] あざ笑って, あとは, あの恐ろしい, あの通り, あへ, あるが, ある時自分, いかに縦, いずこ, いつの間にか, うまいもん, おぼつかない, お日様に, お日様の, かえって隣り, かなしめり, こうして箱, このコプラ, この期, ごくおとなしい, さう, しづかに, じぶん, すぐそこ, すっかり弱っ, そこで山, そこに, そこらに, そのマッチ, その中, その大きな鋏, その時, その時下, その足もと, それには, それを, そんな下, そんな夜, たこの, だしぬけに, だまされて, とうとう瓶, とうとう逃げ, どうしませう, どこの, どこへ, なかなか傑作, なるほど, なんという, のそのそ逃げ出し, はっきりと, はつきりと, ぱッぱッと, ひと日その, ふしぎそうに, ほんとうに, ほんとうは, また蟹, まだこの, まだそんなに遠く, みなとこやに, めんくらいました, もう一生, やせて, よびかけました, ろばろと, わしが, わずかばかり, われわれに, ゐないで, アメリカに, ギリシアに, ジリジリと, ニッコリと, ピストルを, ブツブツ泡, ヘイケ, 一体どうしたろう, 一歩巣から, 一般には, 七人の, 七匹しか, 三匹な, 不思議に, 二た, 二本の, 人知れずこの, 今いくら, 今度は, 仏慈悲を, 仕かた, 俗に, 元気よく, 再び柳, 前の, 割合に, 又難儀, 双つ, 取り盡, 台所の, 吃驚する, 吸血な, 唯反抗, 土まみれの, 坂の, 夥間の, 大声で, 大悦び, 如何にも日本的, 始めて自分, 実にばか, 小市長, 小蟹, 小説家に, 巨大な, 徐に穴, 必ず天下, 怒って, 思いました, 急いで, 急に, 怪我を, 恐ろしく泡, 悲しそう, 愚物だった, 手を, 持ち前の, 日本から, 日本です, 日本とだけ, 日本人です, 早う放し, 明らかに, 昼間は, 時々立ち停っ, 暗褐色, 月に, 本多の, 東京などにも, 果たして発見, 柿とか, 横柄な, 正面から, 武装し, 歩いて, 死刑に, 毎日五疋から, 毛布を, 水辺の, 決して店, 泡を, 泣きさうに, 泣きそう, 消ゆ, 涙を, 澄んだ眼, 澤に, 片爪, 片輪, 猿との, 猿を, 生きながらに, 生まれながらに, 田舎者の, 甲に, 甲らに, 甲羅に, 甲羅の, 痛いとも, 白熱した, 皆隠れ, 眼尻を, 石の, 穴に, 穴を, 竜宮劇場の, 箱の, 縁の, 肉が, 脚の, 脚も, 脚を, 自分の, 臼蜂卵と共に, 落ちつき払っ, 藻の, 螯脚が, 蟹自身の, 誰からも, 警官隊と, 赤い卵, 赤き甲, 跪いて, 踏みとどめた, 逃げ路, 途中木の根に, 遁れる, 青いカンシャク面, 静止し, 非常に, 顔半面に, 餅を, 馬鹿じゃ, 鹿と共に

▼ 蟹~ (215, 12.8%)

8 出て 6 這って 3 入って, 好きな, 自分の 2 人の, 出た, 敷居の, 無数に, 縁の, 逃げた, 鋏を

1 [178件] あがる日, あっても, あの美しい, あるいは縁, あるよ, いいました, いいますと, いかめしい鋏, いひました, いま北方の, いる, いるとは, いる筈, いろいろ考えた, いんにく, うまいのに, うまいん, おりました, おります, かかる, きたから, ここまで, こそこそと, ざわざわと, じょうずな, そこへ, ぞろぞろ這っ, とれる, どこからかは, どんなに嫌がった, ない, なければ, はいり込んだこと, はって, ふたたび這い戻っ, ぼろぼろ打つでし, ぽたりと, またうまく, また出たろう, また這い込みました, まぶしさうに眼, まぶしそう, むれつど, もし不, よく鋏, よこぎる, ゐた, ゐたの, モリモリと, ロシアの, 一つひつかかり, 一つひょっこり, 一匹ずつ, 一匹悠々, 一番だ, 並べて, 人間様に, 住んで, 何所へ, 何者かに, 來た, 倉皇として, 充分に, 入れて, 六ツも, 内地へ, 出たお祖父さん, 出た蟹, 出る, 出るはず, 力まかせに, 匍い, 匍い出した, 匍ひ出した, 取れるとも, 取れ出すので, 吸血鬼だ, 吸血鬼なら, 品切れに, 多い, 多く取れた, 大きい皿, 大の, 大好きで, 大好きである, 大騒ぎで, 好きで, 嬉しがり, 実はまだ, 居るよ, 届いたん, 屍体を, 岩から, 岩の, 岩へ, 庭の, 庭先へ, 彭の, 応じたので, 怒つた時, 怒つて, 戦争でも, 手足處を, 扶け, 持って, 採れない時, 摘み持ち注意, 文阿, 日清戦争で, 映って, 有ったら二三バイ, 木の, 来たかしら, 横走りに, 横這いを, 歩きさ, 歩きそう, 歩くよう, 歩行け, 死んだ人間, 死んで, 殆ん, 気球の, 氾濫する, 沢山に, 沢山ゐ, 沢山居た, 泡を, 海の, 海松房を, 深更に, 澤山捕れます, 無數, 爪を, 現れたの, 現れるだろう, 甘んじて, 用意し, 田宮の, 甲板に, 登って, 目を, 眼を, 石垣を, 石崖の, 突然に, 竜宮の, 竜宮劇場の, 籠の, 網に, 群がったよう, 腹の, 芦の, 茎へ, 薄暮方, 見える何時, 覗いて, 言うには, 赤い鋏, 足もとに, 逃げこんだの, 途中で, 這い出した飛石, 這い廻る岩の上, 這うて, 這つ, 這つてゐた, 通る, 運河の, 金を, 釣れるシヤコ, 間に合わないという, 附いて, 集つてゐる, 集るの, 電車に, 青竜王, 非常に

▼ 蟹~ (174, 10.4%)

4 伴れ 2 あぶらげ, たたきつけたよう, 捕ること, 百疋, 百疋捕っ, 見て, 食わせて

1 [156件] あさつ, いぢめ, うでるなら, かいて, からかったり, きらう人, くれ, さは, すすめ酒, つかまえたの, つかまえて, つかまえ怒らせて, つかまへたいの, つかまへては, つかんだ, つっついたならば, つっつき槍蝦, つついた, つぶした汚れた手の甲, つまみ出しながら, つまんで, とらえて, どこから, ながめて, なぜ平家, はじめイカカレヒサバイワシ鱈アンカウさまざまの, ひどく高く評価, みすみす見逃がした, みんなおまえに, みんな食っ, むいて, もって, ゆでたの, わざわざもっ, 一つ貰つてトンネルを, 一ぴき原形の, 一匹ずつ, 一匹ひきずり出す, 一匹描いた, 七十匹ぺろり, 下げるよう, 下駄の, 両手で, 中において, 二匹捕った, 他の, 代表に, 何匹か, 入れる籠, 包み与えると, 取って, 取りて, 召しあがれば, 商いに, 啖う, 啖わんが, 噛る, 器用に, 売って, 売り, 売りに, 大君召す, 天下の, 始め同志の, 客車便で, 封じられて, 専食する, 小山の, 少しお, 平らげて, 幾つも, 引き揚げて, 引張りだせ, 彫って, 彼は, 御馳走いたします, 御馳走する, 思いついたの, 恐がつたので, 恐れるもの, 所有し, 手捕, 投げて, 拾う子供, 拾ひ上げられ, 拾ひ集め, 持って, 持出して, 振り飛ばした様子, 捕えては, 捕ったり, 捕って, 捕つて, 捕るため, 捕るとて, 掘って, 採り食うに, 採り食う由, 掴み少時, 掴んで, 搗き蕃椒, 料理せしめ, 早く押え, 材料と, 標本に, 水の, 浅く砂, 海へ, 海岸で, 潰した渋柿, 無理に, 煙草入の, 煮たあと, 牽制する, 生けるま, 発見し得ない, 百匹ばかり, 眺めて, 石に, 砂の, 積んで, 篝火は, 糸に, 繩で, 肴に, 自分が, 茹ではじめました, 製造力不相, 見せる, 見たこと, 見た事なき, 見つけた, 見つけたが, 見つめたが, 見ると, 解したり, 貰ったら辛塩, 買う, 踏みつけそう, 追い貝, 送って, 逃がして, 釣りある, 防いで, 青竜王とは, 面白がる, 食いに, 食うなと, 食べたもの, 食べた事, 食べて, 食べなん, 食ります, 食わされて, 食わないばかりか, 鹽漬に

▼ 蟹~ (57, 3.4%)

2 乗って, 似て, 毒が

1 [51件] あやまって, きんたま, さめし, して, そっくりな, ちなんだよう, ちんぽ, なったと, なって, なりそう, はさまれたぐらい, ひもを, ぶつけたの, むかって, やって, 一杯喰わされた, 一片の, 仇を, 似た痣, 何かの, 傷害を, 化けて, 及かざる, 同情を, 啖われた, 喰はれ, 変じたという, 変って, 夢中に, 子細が, 宿って, 小便かけ, 延焼し, 手を, 扮した, 指を, 握飯を, 救われた人間, 服従を, 比較すれ, 湯気を, 痘痕の, 知らせて, 組み敷かれて, 脅された当時, 見えるところ, 見惚れて, 見惚れてさえ, 違いない, 違いなかった, 飛びかかって

▼ 蟹~ (49, 2.9%)

32 やみ夜の

1 [44件] あそぶこと, いいまして, いいますよ, おなじよう, くらべたらたぬき, さらに変り, たは, たわむる, たわむれ, とりかえること, どっちが, なった, ひき蛙とは, ほとんど同じ, アダ名が, シヤコが, 亀だけが, 亀とを, 云うの, 兎とは, 全長七寸程度の, 呼ばれて, 喧嘩し, 小判鮫の, 小蝦, 居て, 干椎茸, 引合せて, 海老の, 海鼠, 烏鷺を, 生薑と, 田宮と, 称ぶ, 腹を, 芥子つぶほどの, 蚯蚓とが, 蝸牛の, 跋扈か, 遊んで, 酒を, 雁とを, 鶉の, 鹿とは

▼ 蟹~ (28, 1.7%)

2 入江に

1 [26件] あったもん, いた, こっちへは, その他の, その味, それと, たまたまこの, なか, むずむずあと, ゐますね, 上がりそう, 云いました, 云ひました, 出で, 北陸の, 同類を, 平氏を, 我慢出来ず, 択ぶ処, 欲しゅう思わんでございまし, 穴籠を, 蟹川蟹に, 遊ばせる, 遊んで, 飛べるの, 鮑も

▼ 蟹~ (22, 1.3%)

1 [22件] ヒトデや, 亀が, 大粒の, 大蟹, 寄生貝は, 小海老, 帆立貝, 正覚坊の, 海老の, 獅子や, 芝海老や, 蛙の, 蜻蛉も, 蝦の, 蝦や, 蝦蛄さもこそ, 蝸牛の, 貝の, 高足蟹が, 鰌の, 鹿の, 鼠を

▼ 蟹~ (21, 1.3%)

2 はこの, は突然

1 [17件] がどうしても, がグーグー, が故意, が汗, が眼, とは正反対, のトラック, の処, の助手, の家, の留守宅, の頑固, は好人物, は植木物, は淀橋, も自, を深く

▼ 蟹~ (16, 1.0%)

2 握りめしの

1 [14件] あつた, しかも品切れ, それには, でも, もつかま, わかるかい, 市の, 汚した指, 珊瑚岩の, 肉がねえ, 胴体の, 苦しまぎれに, 賑は, 電車などは

▼ 蟹合戦~ (14, 0.8%)

1 [14件] か舌切り雀, だ, では子, でもたった, になぞらえ, に因ん, のお伽噺, のはなし, の柿, の猿, の類, または浦島太郎, やお伽噺, より忠臣蔵

▼ 蟹仙斎~ (12, 0.7%)

1 [12件] か, が始めた, が空中葬, が隠れ柱, だったの, であると, という男, のあの, のこと, の出現, の屍体, の服装

▼ 蟹合戰~ (11, 0.7%)

31 に仕立て, に敗け, のお, の段, の猿, の筋書通り, や桃太郎, をやつ

▼ 蟹には~ (8, 0.5%)

1 かなわないと, どなたも, 大の, 害を, 寒いという, 寒いとき, 甲の, 穴あり

▼ 蟹みたい~ (8, 0.5%)

2 な男 1 なもん, なゴソニック文字, な顔, にこの, に大きな, に横歩き

▼ 蟹口さん~ (8, 0.5%)

1 がこの, がそう, だけです, の怨み, の近所, は一口, は私, 死んだん

▼ 蟹~ (6, 0.4%)

1 か蛸, か訊い, そうである, というの, のと, よ

▼ 蟹でも~ (5, 0.3%)

1 そんな高空, 捕まえて, 矢張飛ぶ, 踏みつけたの, 食べに

▼ 蟹という~ (5, 0.3%)

1 のは, ものは, 名が, 蟹が, 風に

▼ 蟹~ (5, 0.3%)

2 のである 1 のであらう, んざいらねえよ, んです

▼ 蟹口運転手~ (5, 0.3%)

1 が思い切り, のメチャメチャ, はそれ以来スッカリ自棄気味, は私, を頼っ

▼ 蟹ども~ (4, 0.2%)

1 がこの, がすばやく, が一斉, の逃走

▼ 蟹~ (4, 0.2%)

2 の小屋 1 のお, の一座

▼ 蟹足腫~ (4, 0.2%)

3 を形成 1 を見うけるであろう

▼ 蟹釣ろ~ (4, 0.2%)

31 か蓮

▼ 蟹から~ (3, 0.2%)

1 とりあげ小さい, 無傷害主義, 電話でも

▼ 蟹だった~ (3, 0.2%)

1 ことは, ということ, のだ

▼ 蟹だの~ (3, 0.2%)

1 その他いろんな, ふぐだ, 錦蟹だ

▼ 蟹では~ (3, 0.2%)

1 これが, ない別, 無いが

▼ 蟹とが~ (3, 0.2%)

1 いのちかけ, どちらが, 自己の

▼ 蟹とを~ (3, 0.2%)

1 ならべて, 結び付けて, 配合し

▼ 蟹に対する~ (3, 0.2%)

1 呪言及び, 執心の, 食欲を

▼ 蟹~ (3, 0.2%)

1 安らけ, 蝦蛄よ, 見なさい

▼ 蟹~ (3, 0.2%)

1 が一齊, が此, の逃走

▼ 蟹味噌~ (3, 0.2%)

1 の蟹, の辛き, 噛みつぶし

▼ 蟹~ (3, 0.2%)

2 までノコノコ 1 を突破

▼ 蟹罐詰~ (3, 0.2%)

1 の, ばかりでなく, やビール瓶

▼ 蟹~ (3, 0.2%)

2 はひ上る 1 の足取り

▼ 蟹これ~ (2, 0.1%)

2 を見

▼ 蟹さん~ (2, 0.1%)

2 御飯炊き

▼ 蟹じゃ~ (2, 0.1%)

1 ないよ, のうて

▼ 蟹だって~ (2, 0.1%)

1 立葵だって, 金持の

▼ 蟹つり~ (2, 0.1%)

1 に懸命, のスタヂアム

▼ 蟹である~ (2, 0.1%)

1 という誤, と思った

▼ 蟹といふ~ (2, 0.1%)

1 ものは, 奴は

▼ 蟹とか~ (2, 0.1%)

1 立葵とかは, 雲丹などを

▼ 蟹として~ (2, 0.1%)

1 一流の, 完成し

▼ 蟹どの~ (2, 0.1%)

1 か, がこの

▼ 蟹なども~ (2, 0.1%)

2 捕れるが

▼ 蟹なら~ (2, 0.1%)

2 横に

▼ 蟹なら到る~ (2, 0.1%)

2 所に

▼ 蟹のう~ (2, 0.1%)

1 ざうざいる砂道を, でを

▼ 蟹ばかり~ (2, 0.1%)

1 である, 多くなった

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

2 どふ

▼ 蟹わな~ (2, 0.1%)

1 の編み, を買

▼ 蟹シャボ~ (2, 0.1%)

2 の花

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 と云った, と書いた

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 かッ, の浅

▼ 蟹弥兵衛~ (2, 0.1%)

1 といっ, の天下

▼ 蟹料理~ (2, 0.1%)

2 の話

▼ 蟹本さん~ (2, 0.1%)

1 には心から, は私

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 が出来る, が忙

▼ 蟹澤一座~ (2, 0.1%)

1 といふの, のお

▼ 蟹甲良~ (2, 0.1%)

2 が黄色

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 のところ, のゆるんだ

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 に行け, は抜歯

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 にはあんた, をする

▼ 蟹~ (2, 0.1%)

1 に近い, のよう

▼1* [148件]

あるじあわてふためきあれ, 蟹いかの刺身, 蟹いらんかねえこう, 蟹かうした苦い経験, 蟹がのぼつて, 蟹がはひつて, 蟹きませんか, 蟹くらいの大きさ, 蟹ゆる, 蟹こそそこには, 蟹ささと音, 蟹さんそれは私, 蟹し噛まずば慰まずけり, 蟹そっくりである, 蟹その他が入っ, 蟹つぶやく, 蟹たたきでもさ, 蟹だけには除外例を, 蟹だけをはぶいたらどう, 蟹だつてもう少し, 蟹だらうがかま, 蟹だろうがかまわないらしく, 蟹ちり走る鋏立て, 蟹やある, 蟹っていう題で, 蟹つぶしをし, 蟹何, 蟹であっても自分, 蟹でありますな, 蟹であろうと狡猾, 蟹でございますよ, 蟹でさえもちゃんとはさみ, 蟹でした全く, 蟹ですあのすくすくと, 蟹との空間的説明が, 蟹とも田螺とも, 蟹など捕えて, 蟹などで何でも, 蟹などのそのおかしな園, 蟹などを肴に, 蟹なることを, 蟹については井野格三郎老人の, 蟹にでも出会すと, 蟹にとってどちらでも, 蟹にとっては一月でも, 蟹にも似て, 蟹なにを, 蟹のみづから, 蟹はかひなき手, 蟹はがさご, 蟹ひしと寄る, 蟹ふるえ上って, 蟹までへろへろし, 蟹てえ, 蟹が, 蟹め泡を噴き, 蟹もう観念しろ, 蟹やるから酒, 蟹よりほかの, 蟹らしい男が, 蟹をまで食べなければ, 蟹カタツツと蚯蚓ウラズ, 蟹似タリ, 蟹ラシキ人物ノ徘徊セル, 蟹一疋に附き, 蟹一疋出で来り, 蟹上人と改めて, 蟹二つ三つ籠から出し, 蟹五郎すかりすかりと, 蟹円い蟹, 蟹出づるに仰天, 蟹前途に立顕, 蟹ひのぼる竹, 蟹十郎の吾太夫, 蟹口夫婦の間, 蟹合戦といつた類ひの, 蟹合戦猿への刑罰, 蟹喰いの沢鰻, 蟹外しをし, 蟹から承りまし, 蟹持って, 蟹多し, 蟹就縛に大, 蟹屋比丘ゲイシャの線, 蟹屋蟹屋と云った, 蟹とかいう所, 蟹島江口と云う, 蟹島神崎あたりへも陸, 蟹島等ノ地アリ, 蟹川蟹にそっくり, 蟹とも名づけ, 蟹幽霊シャコアミ昆虫類のハヘ, 蟹のおぼろ, 蟹座が隣の栗, 蟹に纏, 蟹数量が少い, 蟹旛寺の縁起, 蟹本さんぐらゐ自由の天地, 蟹本さん頬ぺたに墨, 蟹根性とでも名, 蟹の物, 蟹殻如人面きものありと, 蟹殻青という名, 蟹殿がどんな, 蟹沫塗之とかまたは, 蟹法師海老などむずかしき, 蟹にとつて, 蟹清水の開帳日, 蟹清水北外山宇田津のあたり, 蟹湯豆腐鮪のぶつ切り, 蟹寺の, 蟹のいずれ, 蟹牡蠣ウニユウ磯巾着海藻人手などその, 蟹的めならぶるなと, 蟹眼釘にも喩えつべし, 蟹穴あけたるを一つ一つ, 蟹穴狸穴狐穴穴さがしと, 蟹糞色のよう, 蟹に突き入れた, 蟹缶詰を作ります, 蟹に辛い, 蟹自らいふ, 蟹自身の言, 蟹臭い節立った, 蟹にも及ばない, 蟹などという生き物, 蟹蛙水鶏の声, 蟹蝙蝠草の桃色, 蟹しや, 蟹蝦等の殻, 蟹行本を抱え, 蟹に載する, 蟹豆蟹幽霊シャコアミ昆虫類のハヘ, 蟹貝ひろひ食, 蟹買っとくなあ, 蟹走らず歩行遅緩なれ, 蟹這い上る簀の子縁, 蟹醤一桶を実隆, 蟹釣りに来, 蟹釣船に乗っ, 蟹類蝦類に最も, 蟹類車蝦芝蝦赤蝦藻蝦甲殻類の鯖蟹, 蟹食べたいなあ, 蟹食鰻も上等, 蟹鮑蠣次々と, 蟹鰌蜻蛉の幼虫, 蟹鱗それにも真行草, 蟹黄調塗とか蟹沫塗