青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「身体~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~ ~身 身~ ~身の上 身の上~ ~身体
身体~
~身分 身分~ 身動き~ 身辺~ ~身體 ~車 車~ 車夫~ ~軍 軍~

「身体~」 11605, 125ppm, 839位

▼ 身体~ (3608, 31.1%)

36 横に 31 大切に 24 動かして, 大事に 23 して 18 かがめて, 起して 16 丈夫に, 固くし, 曲げて 15 拭いて, 支えて 14 悪くし 13 まっすぐに, ゆすって, 洗って 11 前に, 持って 9 動かすと, 起すと 8 ずらして, もって, ゆすぶって, ゆすりながら, 動かした, 斜めに, 楽に, 運んで 7 ひねって, 乗り出した, 動かすこと, 埋めて, 押しつけて, 斜に, 縮めて, 見て, 起した

6 [11件] くねらせて, 乗り出して, 二つに, 休めて, 寄せて, 左右に, 延して, 抱えて, 流れて, 自分の, 顫わせて

5 [16件] つけて, のり出して, ふるわせて, もがいて, ブルブルと, 包んで, 反らして, 引いて, 暖めて, 横たえた, 無理に, 自由に, 起こして, 起そうと, 隠して, 顫わせながら

4 [25件] かたくし, こごめて, つけた, のばして, ふるわせながら, もたせて, 傾けて, 出して, 前へ, 動かさずに, 小さくし, 床の, 後へ, 拭いた, 揺って, 支へて, 有つ, 気に, 汚して, 浮かして, 温めて, 硬直させた, 逆さに, 顫は, 飜す

3 [71件] うずめて, お大切, くっつけ合って, くねらして, くねらせながら, こは, こわばらせて, ささえて, しらべて, すりよせて, つつんで, はずませながら, ふるわして, まかせて, ゆすぶった, よせて, グイと, ロープで, 下に, 乗せて, 乗り出すやう, 休めに, 動かしても, 動かしながら, 危険に, 呉, 呑んで, 固めて, 壊して, 壮健に, 売って, 寄せあって, 寄せかけて, 寄せ合って, 廻して, 廻すと, 引いた, 引きずって, 弱くし, 後に, 御大切, 投げ出して, 投げ出すよう, 抱いて, 抵当に, 押しこんだ, 拭いたり, 振った, 捻じ向けて, 支えた, 支へ, 曲げながら, 有すること, 有って, 椅子に, 横た, 横たえて, 気を, 水に, 流して, 深々と, 痛めて, 硬くした, 硬ばらし, 立てて, 粗末に, 縮ませながら, 自分で, 調べて, 震わせて, 顫はせ

2 [238件] うしろへ, お大事, かがめなければ, かたくした, かわした, かわして, くっつけて, くっつける様, くの, くるんで, ぐったりと, こすって, こすりつけて, こわして, ささえた, しながら, しめつけて, しやんと, すぼめて, すりつけて, すりよせるよう, すり合わせて, すり寄せた, その場, ちぎる鳥, ちぢめて, とりかこんで, どこか, ねじって, ねじむけて, ねじ曲げると, のっそりと, ひいた, ひいて, ひたして, ふいて, ふるわせた, まかせた, まげて, もたせかけて, もち上げ, もてあまして, ゆすぶりながら, ゆするよう, ゆっくりと, よくする, グッと, ソッと, ダイヤモンドで, ヤケに, 一人で, 上に, 両腕, 乗出して, 五分試しだ, 任した, 伏せようと, 休めるため, 伸して, 伸ばした, 伸ばしたり, 伸ばして, 伸上らし, 何物かに, 使って, 信一郎の, 倒して, 借りて, 健康に, 入れた, 入れながら, 冒したの, 凭せかけて, 出しながら, 前後に, 前方に, 動かしたり, 動かしては, 動かすの, 動かすよう, 動かせば, 勝平に, 包むよう, 包んだゴム袋, 医者に, 半分出し, 半分起こし, 半抱き起す, 卓子の, 反らせた, 右の, 吊下げて, 君の, 回復する, 固くする, 垂直に, 埋めました, 壁に, 売っても, 安全に, 安楽椅子に, 宙に, 害します, 寄せた, 寝台から, 寝台の, 少しばかり, 屈めて, 巻いて, 平べ, 床に, 延ばしながら, 廻しながら, 廻らして, 弓の, 引きずり起して, 引くと, 引摺って, 弾ませて, 当り前の, 心持起しかけた, 悪くする, 悶えた後, 悶えて, 想像する, 慄わせて, 打って, 投げ出した, 投げ掛けた, 抛げ, 抱えるよう, 抱くよう, 押えて, 押しつけた, 拭きながら, 拭きに, 持たして, 持てあまして, 持て扱って, 振って, 捷く, 捻ぢ, 捻ると, 探って, 掩う, 揺すった, 揺すって, 揺すりながら, 揺った, 揺ぶっ, 揺りながら, 揺り初めた, 損ねて, 摩擦し, 撫で廻した, 撫で廻して, 支えきれなくなって, 支えながら, 支えました, 支えるよう, 支え切れず前, 支持する, 支配し, 曲げた, 曲げたり, 曲げなければ, 椅子の, 検し, 検べ, 楯に, 横へ, 横向きに, 横抱きに, 此の, 気の毒な, 水平に, 汚したこと, 沈ませながら, 洗いながら, 洗うの, 洗った, 洗ったり, 洗ってから, 浮かすと, 浸した, 清めて, 湯の, 火で, 片手で, 独占し, 瓦破, 疲らして, 発見した, 真直ぐに, 真直に, 知らず識ら, 知らないん, 硬ばらせ, 突き返した, 粉に, 縛って, 縛りつけて, 縮めた, 置いて, 考えると, 腐らして, 苦しそう, 落ち着けて, 蝦の, 裸に, 見つめた, 見廻した, 触って, 診て, 調べたが, 貼り付けて, 起こした, 起こす, 起こすと, 起しながら, 踞め, 車に, 軽く左右, 近寄せて, 逆に, 避けられると, 長火鉢の, 開いて, 隠した, 隠すよう, 離れて, 青い絨毯, 顫わ, 顫わせた, 風に, 養う食物, 養って, 鯱硬

1 [2201件 抜粋] あおった, あたためたもの, あてに, あべこべに, いきなりし, いためられて, いたわりながら, いつもする, うごかさないで, うごかすと, うずめた, うちつけ夜卓, うっとりと, うねらせて, おこして, おしやって, およそきちんと起こさせ, お拭き, お豊, かえせ, かがめいかにも, かがめると, かくして息, かすめて, かるく浮かし, がたがた顫わせ, きよめ石段, くねくねさせ, くねらせる, くわえあげる, ぐっとくねらせ, ぐらぐらさせた, ぐんと後, こう捩じ, こごめた, こしらえて, こせこせと, この原理, ころがしたり, こんなこと, ごろんと, さがした, ささえたまま, ささえ広場, さらしては, しすぐ, した女, しっかりと, してるもの, しまって, しや, じっとながめました, じろじろ眺め, すくめました, すぐ後, すこし水, すっかり氷, すべり入らせた, すりつけるよう, すり寄せて, ずっと近づけ, そこねまして, そのなか, その方, そむけ彼, たがいに, だきと, ちぢみ上がらせて, ちょっと動かす, つきさして, つくるには, つつむ, でもそっと, どうされる, どう曲げ, どっしりと, なげかけて, なげ出して, なでると, なめて, ぬうて, ねじらせたまま, ねじ向けながら, ねじ曲げて, ねり運動神経, のしかからせようと, のたうちまわらせて, のばしあくび, のばしながら, のばすこと, のりだした, のり出すよう, はさまれ枝葉, はつた, ひきあげ全霊, ひきづる方, ひそませた, ひっぱたいた, ひねったとき, ひるがえし提灯, ぴくっと動かした, ぴったり寄せ合い, ふき終る, ふったが, ふるう音響, ふるわせ歎, ぶっつけるよう, ぶつけて, ぶらぶらゆすり, へばりつけて, ほとんど包ん, またちくちく, みたとき, めぐらすこと, もがかずには, もぐらせた, もじもじ膝, もたして, もたせかけるよう, もたらして, もった女性, もてあまさねば, やけにかく音, やって, ゆさぶります, ゆすぶったが, ゆすりあげ設け, ゆするの, ゆらゆら左右, ゆるぎ起して, ゆわく皮バンド四本, よく見, よせかけあるいは, よせたまま, よちよちさせ, わしに, アルコールで, カーテンの, クルリと, グングンその, ゴシゴシこすり, サンキス号の, スタニスラウスキイの, スリ寄せた, テラテラ光らせ, ヌックと, ピッタリと, ブラブラと, ブルブル震わせ, モジモジと, ワクワクふるわせ, 一寸揺っ, 一揺りする, 一見窮屈さうに, 丁寧に, 上り端に, 下甲板, 不必要, 丘の, 中腰に, 丸めて, 乗りだした, 乗りだすよう, 乗り出しわたくしたち, 乗り出すよう, 乗出した, 乾かして, 二つ御, 五十円で, 人体模型の, 仔細に, 任しながら, 伏せたから, 休めたいと, 休めなけりゃいけないね, 休める隙, 伴れ, 伸ばしながら, 低くし, 何の, 作って, 侵害されるだろう, 保護する, 倒し小さな, 傷くる, 傷つけも, 元に, 入れ, 入れると, 全く湯, 其儘に, 内閣へ, 冷すため, 冷やした, 冷蔵鞄の, 凭せかけたまま, 刃物に, 切る器械, 刳る, 前の, 力一パイ向うの, 労つ, 動かさないと, 動かしいつも, 動かしたかと, 動かし咳, 動かすとき, 動かすわけ, 動かす必要, 動かす自分, 動かせながら, 動つた, 動揺させぬ, 包み度い, 包むに, 包んだ, 包んだ雪子学士, 十分に, 半分ほど, 半分廂から, 半分起し, 厭いも, 反らしたが, 反り曲げて, 反背け, 取扱つても, 受止めて, 叩きつける音, 合わせるよう, 向うへ, 向き直すつもり, 吸い込もうとして, 喰べ, 固い殻, 固く保ち, 地肌へ, 埋ませるよう, 埋めぬばかりに, 堅く掛け, 墨で, 壊すに, 売りに, 夏の, 大きく膨らせる, 大樹の, 失った人, 奪られ, 妙に, 婆やの, 安らかに, 完成しなかった, 害するであろうと, 家の, 寄りかけたま, 寝かして, 寺島方に, 小淡泊, 少しずらし, 少し乗り出そう, 少し斜, 山里らしく襲い, 岸に, 崩した, 左に, 差し入れて, 庭の, 延すはずみ, 廻し落ちつかな, 引きずった, 引きながら, 引こうとは, 引掻いたり, 引縮めた, 弱らして, 張りやくざ, 強くする, 弾ね, 彼は, 後ろに, 御自愛, 心棒に, 快くし, 思ひ切り扉, 悪くしない, 意味する, 感じつづけて, 慄わす, 懸賞に, 扇風器に, 手頃な, 打ちつけるよう, 打ち血, 打つなり, 投げかけた, 投げた無理, 投げなければ, 投げ出す, 投出して, 折るよう, 抛げつけ, 抱いたの, 抱えたまま, 抱きあげて, 抱きかかえたまま, 抱きすくめて, 抱き下した深山, 抱き起した, 抱へて, 押しきって, 押しつけると, 押してまでも, 押しのけるよう, 押し揉む, 押へる, 括った細引, 拭い上げ美事, 拭かせお, 拭きだした, 拭き取つた, 拭き終, 拾われようとさ, 持ちながら, 持ち扱いかねる, 持ち返った, 持てあました, 振ったはずみ, 振り向けると, 捩じらせ捻じりまわしつつ, 捻つて背中合せ, 探そうとして, 推してまでも, 揉ました事, 揉み消したでは, 揺すぶって, 揺られて, 揺り動かしながら, 損う, 搬んで, 撓わせると, 撫でて, 撫で水, 擦りつけようと, 擦り合わすよう, 支えたの, 支えようとして, 支え得たり, 支へる, 放して, 料理場に, 斬り苛むほど, 晒しながら, 暖めること, 曲げできれば, 曲げ暗黒, 曳き摺って, 有するこの, 有せぬ, 材木の, 枝の, 柱から, 棄ても, 検めた, 横えて, 横たえた時, 横たえ枕, 橋に, 正太の, 殆ど二つ, 毀しては, 毬の, 水から, 氷上に, 沈める時, 泥の, 洗いたいの, 洗うか, 洗う人, 流れめぐって, 浮かしては, 海に, 消して, 清潔に, 温める点, 満足そうに, 滅すること, 激しく捻じ曲げ, 濡らすこと, 灯の, 炬燵で, 烈しく動かした, 無理矢理に, 焦がしつづけて, 焼きて, 煮られるよう, 片隅から, 物蔭に, 犬ぶるひ, 猫脊に, 現すの, 異にし, 疲らせないよう, 痛めた上, 痛めるよう, 白い麻, 直しそして, 真ツ直ぐ, 眺めあった, 瞬間に, 知り過ぎて, 研究する, 磨いたり, 移して, 空に, 突きつけられては, 突き刺しそう, 突走っ, 窮屈そうに, 立てなおしながら, 立派な, 粉微塵に, 細くし, 結びあわしたり, 維持する, 緊縛され, 練った女, 縛ってる鎖, 縛りつけるよう, 縮めながら, 翻え, 肩に, 背後から, 腐らせるほどに, 自ら叩きはげまし, 自分でもて, 自身で, 苦しめ身, 落し込んだ, 薫染した, 蛇体の, 衰えさして, 装置に, 襲った, 見た, 見ては, 見ますと, 見ると, 見ろというの, 見守るよう, 見廻わ, 見詰めて, 解剖し, 許したの, 試し物に, 誰か, 調べられるかも, 谷と, 責めて, 赤裸に, 起こさせると, 起こし考えるまもなく, 起しかけた, 起しにか, 起し胸, 越して, 跳び越えて, 踏み越えて, 躱けて, 転がるよう, 軽々とふきとばした, 軽く抱き, 辛うじて支, 近寄らせるが, 逆さまに, 這ひ込む, 通ると, 造ったにも, 運ぶやう, 道具として, 避けた, 重ねあわせるよう, 金盥に, 錬り精神, 鏡に, 閃かすと, 隠しながら, 隠す所, 離しその, 離れるという, 電燈で, 震わした, 震わせながら, 非力学的, 顫はせる, 顫わしながら, 飾るの, 養うため, 養うよう, 養わずば, 馴らして, 黒ビロードずくめの

▼ 身体~ (1655, 14.3%)

32 中に 23 上に 22 工合が 21 調子が 20 具合が 19 ために 17 方は 15 中の, 中へ 13 中心を 12 中で 10 うちに, どこかに 8 位置を 7 なかに, 一部に, 一部を, 健康を, 向きを, 外に, 大きさ, 工合は, 方も, 調子を 6 平均を, 方が, 重みを

5 [16件] ことを, まわりに, ように, 一部分を, 下に, 中を, 具合でも, 加減が, 各部分, 工合も, 幅が, 自由が, 自由を, 蔭に, 調子の, 重さ

4 [18件] あらゆる部分, ことなんか, ことは, どこかが, どこにも, ような, 一部が, 丈夫な, 上を, 不自由な, 代りに, 向を, 平衡を, 形が, 痛みも, 節々が, 薬に, 血が

3 [29件] くせに, ことも, こなしと, ためにも, なかを, 一部分の, 上へ, 中から, 中でも, 事を, 人が, 健全を, 健康は, 具合は, 各部が, 周囲に, 工合の, 弱いもの, 方々に, 楽に, 毒だ, 痛いの, 発育が, 組織が, 調子は, 調子も, 重心を, 釣合を, 隅々に

2 [97件] あちらこちらを, いろいろな, いろいろの, ことで, こなしが, こなしの, こなしまでも, こなしを, しんまで, ためだ, どこか, どこかへ, どこかを, どの部分, ほうは, まわりを, まんなかを, 一部の, 上には, 上の, 下で, 下の, 中が, 中には, 中にも, 事は, 他の, 何処かが, 何処かに, 健全な, 健康な, 入らない穴, 八方を, 具合を, 内に, 内部が, 割に, 割合に, 加減でも, 各部に, 器官も, 回転を, 埃を, 大きい男の子二人, 大部分, 工合でも, 左右の, 底に, 底の, 弱いと, 弱いの, 弱い女, 弱さ, 強壮な, 悪い者, 方々が, 方から, 方を, 構造が, 構造に, 構造について, 構造は, 構造も, 毛を, 温みが, 熱を, 状態が, 狂いを, 生理は, 病に, 病気を, 痛みを, 立派な, 筋肉が, 節々に, 精力を, 線が, 自由の, 色ばかりが, 蔭から, 薬だ, 衰弱とは, 諸方を, 軽い事, 輪廓を, 退化を, 部分から, 部分において, 部分を, 釣合いを, 関節が, 関節の, 隅々まで, 雪を, 震えが, 頑健な, 養いに

1 [897件 抜粋] あいた日, あきち, あちこちが, あちこちに, あちらこちらに, あらゆる概念, ある個所, うえにおいてさえも, うしろを, うちで, うちの, お毒, かげで, かしぎかた, がつ, きかない時, きたなさ, ぐあいがよろしくなくて中, ぐあいが悪く, こういう状態, こすりついた処, ことだけは, ことでしょう, ことと, ことばかり, こなしにまで, こなしや, こなし等から, この醜悪, さわりに, しまりな, しまる恐怖, しんから, しんに, しん棒で, すっぽりはいる, すべてを, すみずみ, そこここに, それに, ためじゃ, ためには, ためを, だるい状態, ちぢまるよう, つきも, できるサカリ, ところどころを, どうにも持ち, どこと, どこへ, どこへも, どこ探し, どっかに, なかから, なかの, なかへ, ねじれと, は, はば, ひらき, ふしぶし, ふるえる人, ほかに, ほとぼりが, まはり, まますぐ, まま死ぬ, まるっこい黒犬, もどかしさ, ものは, もろもろの, やりば, やり場に, ようには, よろめくの, よろめく毎, わりに, エネルギー浪費の, ガツシリした, コナシを, シンから, タシに, ノルマルな, 一変する, 一局部の, 一箇処にも, 一部です, 一部分だ, 一部分でも, 一部分と, 一部分に, 三倍位の, 上から, 上下の, 上下を, 上半を, 上部へ, 下から, 下には, 下へ, 下半分, 下敷に, 下部は, 不具なる, 不具業病を, 不恰好な, 不浄は, 不潔その, 不自由が, 不自由らしい, 世話を, 中いっぱいに, 中は, 中央部が, 中央部胸から, 中心です, 中心線の, 丸い長谷部大尉, 事しか, 二分一は, 人よりも, 代わりに, 休まる暇, 休養に, 体操と共に, 何処に, 何十倍も, 何千倍も, 余計な, 作用に, 価値を, 修繕斯通りで, 健全と, 健康だけ, 健康については, 傍に, 働きも, 兄さんが, 光りが, 全部に, 全部を以て, 全面に, 八方に, 其の他, 具合や, 内側から, 内外ともに, 内部から, 内部の, 内部へ, 冷えて, 冷えを, 冷く, 凍るよう, 出来が, 切ない苦しいだけは, 利きよう, 利益に関する, 前へ, 割には, 割合には, 力だけが, 力と, 力も, 力を, 加減とかを, 加速度が, 助けで, 労働の, 勇気も, 動かん商売, 動きが, 動きこそ, 動きにも, 動きは, 動き方は, 動けない老人, 動揺から, 勝れたこと, 匂いとが, 半分ほど, 半分以上を, 半面に, 危なかった, 各部ことに, 同じ場所, 向きも, 周囲を, 問題では, 営養を, 器官に, 器官は, 四囲に, 四方を, 四辺を, 固有振動週期だ, 圧で, 均衡や, 垣を, 堪え得る量以上, 塵埃を, 壮健な, 変化である, 変化を, 変調に, 外へも, 外側の, 外部に, 大きいに, 大きい人, 大きい長野, 大きい頑丈そう, 大きなエミリー, 大きなデブちゃん, 大きな体操, 大きな少年, 大きな緑色, 奥に, 奥深いところ, 女房お, 如くに, 始末を, 存在を, 安固を, 安静は, 安静を, 容子が, 容子も, 小さいと, 小さい割, 小さい女蟹, 小さい少年一人, 小さい昆虫, 小さい泣声, 小さい飛行機, 小さな豆太郎, 小さな黒い, 少年が, 局部が, 屈折に, 山, 崩れかかった癩者, 崩れるの, 工合いが面白く, 工合ことに, 工合です, 工合余り良から, 工合致つて宜しく, 左側の, 左右に, 巨大なる如く, 平定を, 幻影という, 康寧を, 廻りに, 引締って, 弱い人, 弱い為, 弱い野良仕事, 弱つて, 強くない, 強健なんかじゃ, 形だ, 形の, 形のみ, 形を, 影が, 律動に, 心棒が, 忙しい人たち, 快い香り, 性さえ, 性質より, 恰好から, 恰好が, 恰好に, 恰好まで, 患部に, 悪いこと, 悪い事, 悪い時, 悪い若林博士, 感じを, 感触が, 慣れが, 或る, 所々に, 拘束は, 持ち主だった, 持ち扱いながらも, 持主だったら, 持主では, 据り, 捻り方, 揺れるの, 擦合うばかり, 支柱が, 斑が, 方々には, 方ばかし, 旋律運動を, 普通ならずし, 暖まるので, 曲線は, 最も弱い, 本当の, 栄養に, 栄養低下も, 根は, 格好が, 棚卸しを, 構えに, 構造と, 構造において, 構造の, 構造上資本を, 構造或いは, 様子なりが, 様子も, 横へ, 機能の, 欠点など, 欠点を, 歪みを, 殊に, 毒である, 毒と, 毒に, 気力が, 汚れさえ, 汚物を, 泥などを, 泥を, 活動と, 活溌を, 浮かない暮し, 消滅から, 消耗を, 深い底, 清らかさについても, 清潔さを, 温かさ, 温みを, 温度な, 溶け消え, 滋養に, 滋養分に, 滑りを, 濡れを, 為めに, 無理な, 熱する, 熱とで, 片側が, 牢獄から, 特徴について, 特徴の, 特長から, 状態から, 狂的な, 生活である, 男が, 男な, 異状は, 疲れが, 疲れて, 疲れと, 疲労が, 疲労も, 疲労尋常ならず, 疲憊とが, 疵を, 疾いもあれ, 病弱との, 病気は, 痍を, 痙攣を, 痛さ, 痛みに, 痺れが, 療養という, 癖と, 発育を, 発達を, 直ぐ近く, 真中を, 真白な, 神髄から, 秘処を, 移動にも, 移動の, 穴から, 空くこと, 立てる波紋, 筋を, 筋皆動きぬ, 節々まで, 節が, 細そりと, 組織を, 組織中より, 続きの, 続くだけは, 綱が, 線に, 線を, 縛めが, 縮むよう, 置き場も, 置場所に, 置所が, 習慣が, 老衰を, 肩の, 肺の, 背部に, 脂を, 膏が, 自由な, 自由に, 臭う骨, 色と, 芯から, 芯を, 苦しい原因, 苦しきよりは, 苦しみが, 苦しみも, 苦痛に, 苦痛を, 落ちつくよう, 蔭で, 虚弱から, 虚弱を, 血の気も, 血を, 衛生である, 表情は, 表皮だけが, 表面に, 衰えた男, 衰へも, 衰弱で, 衰弱の, 衰弱は, 装飾煮物の, 要所要所, 観念は, 訓練といふ, 許す限り勉強, 調子によって, 調子や, 諸部分, 走る事, 軟部を, 軽い子, 輪廓に, 輪郭を, 近くで, 逞しさ, 運動が, 運動に, 運動は, 運動血液の, 違和を, 適当な, 部分が, 部分よりも, 部分的移動によって, 都合は, 酒虫を, 重いガーラター, 重みだけ, 重みや, 重サ, 重心が, 重量で, 重量を, 重量感が, 釣り合いや, 鈍重な, 鍛錬が, 鍛錬に, 間から, 関係は, 防腐剤を, 隅々は, 随意筋が, 雑夫が, 震えて, 震える憤りに, 青さ, 静養に, 顫え, 養生に, 香りが, 馬鹿に, 骨も, 黒き足

▼ 身体~ (1480, 12.8%)

13 弱って 10 宙に 8 衰弱し 7 丈夫に, 急に, 横に, 自由に 6 弱くて, 悪くて 5 丈夫で, 悪いから, 疲れて, 痺れて, 竦んで

4 [12件] あいて, すくんで, ふるえて, 二つあっ, 弱いから, 弱いので, 悪いと, 悪いの, 消えて, 熱くなっ, 震えた, 震えて

3 [20件] ぞくぞくし, ゆれて, ゾーとして, 井戸の, 大きくなった, 崩れて, 弱いの, 弱かった, 弱くって, 弱くなっ, 斜に, 痛くて, 痩せて, 癒って, 穢れて, 縮んで, 自然と, 軽くなった, 静かに, 非常に

2 [90件] あいたから, あんまり好く, おかしくなっ, お悪い, がたがたと, こわばって, しっとり汗ばん, すっかり冷え込ん, ふらふらし, ふらふらと, また透明, もはや何処, わるいとか, ガタガタふるえ, ゾク, フラ, フワリと, ブルブルと, 一つである, 丈夫だ, 丈夫な, 下へ, 二つに, 余計に, 倦怠く, 傾いた, 僅かに, 入って, 内側へ, 冷たくなっ, 凍えて, 出たの, 利かねえから, 動くと, 右の, 地の, 多勢の, 大きくなっ, 大きく力, 大切だ, 女の, 小さいから, 小刻みに, 岩洞の, 底から, 弱いため, 弱い上, 弱ければ, 当り前に, 後に二三歩, 微塵に, 怒の, 恢復する, 悚んだ, 悪い, 悪いとか, 悪いので, 悪かった, 悪くなる, 悲鳴を, 昔より, 木の, 柔かに, 棒の, 椅子から, 楽に, 横たわって, 横倒しに, 気に, 水の, 汚れて, 浮いて, 温まって, 激昂の, 疲れるの, 痛んで, 眼に, 私の, 空気と, 続かない, 綿の, 腐って, 衰えたよう, 軽くなる, 軽く顫, 逆に, 重いの, 鉄に, 錆だらけに, 顫え

1 [1096件 抜粋] あいた, あいてないよ, あがるだろうか, あたたまって, あつくなっ, あつた, あぶない, あまりよくありません, あるいはむしろ, あるとも, あんな細い, いいせい, いきなりは, いくらか, いつぺんに, いやに, おきまり, おののき反抗, お前さま置場の, お苦しい, かるいから, きかなくて, ききますまいからな, きたないと, くずれ相, くたくたに, くっついて, くるっと, ぐたりとなった, ぐったりと, ぐらりと, げつ, こう何処, ことごとく腐敗, このとき, この調餌室, こまかくふるえ, これからどう変化, こわばる思い, こんなに醜, さっぱり動きません, さわっても, しびれて, しゃんとなる, じょうぶで, すうーッ, すこし傾いだ, すっかり好く, すっかり隠れ, すーっと, ずんぐりし, そこの, そのまま結晶, それでは外, それらが, ぞくぞく冷えきっ, たいへん小さく, たちまち気球, たっぷりしてる, だいぶよろしゅう, だらしなくなっ, だるくって, だるくな, だるくなり, だん, ちぢむよう, つくり出す自然, つづくもの, できて, でて, とけ始めました, とても続かぬ, ともすれば滑り落ち, どうしても小刻み, どうして再びあの, どこで, どしん, どんなに変っ, どんよりと, なおったらまた, なかった, なければ, なよなよと, なんとなくだるい, ぬるれば, のびて, はたして手術, はっきりと, ぱっと気味, ひきしまるよう, ひどくだるくて, ひどく揺られた, ひどく違和, ひょっとする, びっくりする, ふら, ふらりと, ふるえだす, ふるえるよう, ふるえ出した, ふわっと宙, ふわふわと, ぶちこまれるん, ぶる, ぶるぶるふるえだした, へなへなに, べたべたし, ほんとうに, ぽかぽかと, ますます痩せ, まだはっきりしない, まだ時々ひりひり, まともに, まるで反抗, まるで海草, まるで綿, まわって, みじめに, むず痒くなった, もういい, もう変, もたないよ, もたんよ, もんどり打っ, やっとはいれる, やはり足下, ゆっくり入る, ゆれはじめ視線, ようやく動きはじめ, よくききません, よくなっ, よく利かない, よほど弱っ, よろよろと, らくだ, わなわなふるえた, わるいとい, わるくなった, わるさ, ウツムケに, ガタガタと, ガラスの, クニャクニャで, グタグタに, ゴトンと, ジクジクと, スルスルと, セメントの, ゾロゾロと, ツーと, ドタリと, ドッと, ハッキリ喋っ, バネ仕掛けで, ヒヤヒヤする, フウワリと, フラフラした, フラリフラリと, ブルンブルンッと, ヤングの, ユラユラと, 一しお痩せ, 一つ真中へ, 一パイに, 一方ならず疲れ, 一際小さく, 丈夫でありません, 丈夫丈夫だ, 上ったもの, 上下し, 不思議に, 不自然に, 不自由であった, 不自由と, 中心を, 乾き自然, 二つない, 二つ入り, 二ツも, 二十円紙幣で, 井戸から, 人の, 他の, 休まるにつれて, 伸び伸びと, 何だか動かなくなり, 何となくするりと女性, 余計疲れる, 俄かに, 保たないので, 保つもの, 倦る, 健康な, 傾いたかと, 元の, 全くむき出し, 全部とけ, 円くなった, 冒険には, 冷えぬよう, 冷えるの, 冷かな, 凄い渦, 凍え痺れる, 凍るよう, 分らなかったん, 利かないもん, 利かねえって, 利かんによって, 利きませんでした, 利きません先ず, 前の, 前方へ, 動いたらどこ, 動いて, 動かないから, 動かない手足, 動けるよう, 勝手に, 包まれたので, 化石する, 半分の, 半分戸の, 半分腐っ, 半焦げ, 危い, 危険に, 又一年, 収縮した, 右に, 同じ気体化, 向うに, 呼吸も, 回復し, 固く縛られた, 地上に, 堅うな, 堪らねえ, 塀を, 壊れそう, 変に, 変調な, 外に, 大きいから, 大きいけれど, 大きいばかり, 大きいん, 大きかった, 大きく一番勉強, 大きな亀, 大事に, 大切であり, 大時化, 奇妙にも, 始末に, 宙へ, 宙返りする, 室一ぱいに, 寒くなった, 寝て, 寝台もろとも, 小き, 小さいおれ, 小さいため, 小さかった, 小さくたっ, 小さくなる, 小さく萎びた, 小柄な, 少しずつ, 少しひやりとした, 少しも, 少し好く, 少し疲れ, 山へ, 崩壊しはじめたら, 常に前, 帽子まで, 平べつ, 床の, 廻転する, 引きしまって, 引きずられて, 引き緊つてムラ, 弱いし, 弱いよって, 弱うちゃ, 弱かったり, 弱くなり, 弱く又, 弱く食, 弱ってるよう, 弱らん, 弱り果てるも, 弱るって, 弱る傷, 張りきった糸, 強いから, 強壮でなけれ, 当り前の, 彼等に, 後ろへ, 復た, 必要である, 思うよう, 怠けるの, 恍惚として, 恐ろしくて, 恢復したせゐだらう, 恥ずかしかった, 悪いくせ, 悪いん, 悪か, 悪くても, 悪くなかったです, 悪く成る, 惡い, 慄えだし, 慄える, 慄へ, 或る, 扉から, 打揚げられ, 抜けられるらしい, 押しつぶされるほどの, 括りつけて, 持ち切れないほどの, 持つまいと, 挟って, 挾って, 据らない, 揺れたとも, 支那人なら, 斜めに, 新しく膨れた, 日増しに悪く, 明いて, 晩年にだけ, 暇な, 曲がるほど, 本調子, 枯木の, 極らねえ, 楽々と, 横ざまに, 橋がかりの, 欄干から, 歪んじゃってる, 段々と, 殺されて, 比較的弱い, 水素の, 汚されるといふ, 汚れる, 沈んで, 泥の, 浮き上って, 浮つきながら, 消えたかも, 消えるという, 清らかな, 温っ, 温まり初めたから, 溶けっちまいます, 溶けやすく, 溶け合い皮膚, 漸, 激しくのめる, 火箸の, 無惨に, 無数のよ, 焼けるよう, 煙と, 熱かった, 熱くなる, 熱ったり, 燃えさかる火, 燃えるよう, 牛だった, 特別に, 独楽みたいに, 玄関に, 甚く, 生れ代ったよう, 生徒の, 疲れたって, 疲れますよ, 疲れるばかり, 疲弊を, 病菌と, 痙攣し, 痛いこと, 痛い癖, 痛くは, 痩せるよう, 癒着し, 発達しまい, 百あっ, 益々闇, 真暗な, 眼の, 石みた, 砕けましょうとも, 硬くなった, 硬直し, 磨滅し, 私かと, 穢いと, 空気より, 突然強く, 竦み上がるよう, 竪に, 箪笥の, 節々から, 粉に, 紙ッ片の, 細くなり, 細長いから, 絶えず飛び歩い, 続かないよと, 続くかと, 線で, 縁側で, 縮こまって, 縮まる思い, 纏ってるもん, 肥って, 胴から, 脇息にも, 腐り出して, 腹まで, 膨れ腫れるほど, 自分を, 自己を, 自由で, 舞いました, 良くなる, 苦しくて, 草臥れるに, 菎蒻の, 萎むよう, 蒼白いセンジユアル, 薩州邸を, 虚弱であった, 蛇の, 蟹の, 衰えて, 衰弱した, 要るの, 見えないよう, 見えなくなったのに, 見えなくなると, 見つからぬとき, 触りました, 触れ合はん, 言うこと, 誰にも, 資本じゃ, 赤城山中の, 足も, 躍るやう, 身長を, 転がった, 転がるの, 軽い者, 軽くなっ, 軽く持ち上げられた, 輝くかと, 近すぎる, 逆立し, 途端に, 通りゃしない, 進めば, 運動によって, 達者と, 遠くに, 邪魔に, 酒を, 重いお, 重くなる, 釣替えに, 鉄道馬車と, 長過ぎ, 附着い, 障りましてん, 隠れる物蔭, 雑木の, 雪の, 電柱に, 震えだす, 震えます, 震えるの, 青い水, 頑健で, 顔と, 飛びちって, 食物あるいは, 馴れて, 麻痺し, 麻痺しました

▼ 身体~ (1062, 9.2%)

16 なって 14 手を 13 つけて 11 ついて 10 気を 8 巻きつけて 6 障ると 5 何の, 力を 4 して, 異状の

3 [13件] なつた, ぴったりと, よくない, 万一の, 力が, 合って, 悪いから, 暇が, 毒です, 異常を, 異状が, 自信が, 障るからと

2 [66件] ある丈, いいと, くっついて, ぐるぐると, こたえて, さわって, ちょっと杖, つかまって, どこと, なったから, なりたい, なるまで, ふれると, やって, ピタリと, 丁子油を, 付いて, 伝えて, 伝わって, 傷を, 冒されたの, 合うよう, 合ったもの, 合わして, 多少の, 害を, 廻って, 必要な, 悪影響を, 愛着の, 感ぜられるので, 手が, 手なんぞ, 打撲を, 指一本でも, 故障が, 残って, 残つてゐる, 毒だ, 流れて, 浸みて, 火が, 火を, 無理を, 犬の, 異状は, 疵を, 痛み所, 着けて, 絡みついて, 絵を, 致命の, 触って, 触ると, 触れその, 触れたこと, 附属した, 附着する, 障ったの, 障って, 障りは, 障りますよ, 障るだろうと, 障るよう, 飛びついて, 魂が

1 [795件 抜粋] あう服, あかつきの, あたるので, あったよう, あまり毛, あります, ある傷, ある多く, ある特殊, ある間黄身, あわく映っ, あんな血, いいし, いいよ, いいわ, いけないわ, いけませんね, いささかの, うけた拷問, うけた病者達, うつりが, うまく合わない, お差障り, お毒, お薬, かかると, かくれた婦, かけて, かなって, かなわないの, からまって, きいて, きせかけた, くっついた虱, くっつけ俯向きがち, くつつけてる, くつ附ける, ぐさりと, ぐつと力を, こすりつけて, こびりつく, こもって, さえぎられたと, ささった, さしこまれて, さはりやしませんでしたか, さへ, さわらなかった, さわりたがるの, さわり自分自身, さわるからと, さわると, さわるよう, さわるよと, しがみついて, したたる水, したの, しつくり, してやる, しなやかな, しばりつけようと, しみとおりわけ, すつかり滲みこんで, すべての, そうした激動, そぐわない洋服, そっくりじゃ, そのとき, そのまま当てる, それぞれの, それだ, たくさんの, たよること, だきつかれた, ちと広, ちゃんとつく, ちょっとぶつかった, ついたらばと, ついた小豆色, ついた雪, ついてるもん, つくほど, つけた, つけたままはたはた, つけたり, つけた者, つけ乞食, つたわって, てんで合わない, とっつこうと, とびついた, とりこむ作法, とりつけると, どうして斯, どうして這入る, どこ一つ故障の, なだれまつわり, なった, なったのでね, なったもん, なってからは, なにか, なにか異, なられますと, なりたいと, なりますよう, なるか, なること, なる前兆, なれたと, なれば, なれると, なんだか触りました, ぬる風習, のぼった連中, のりうつり霊媒, のりうつるの, ひ, ひっかけ宵, ひっつけたままノロリノロリ, ひびっ裂, ひょっと傷, ぴったりとつい, ぴったり横, ぴッたり, ふさわしい病気, ふれたもの, ふれること, ぶち込んだにや, ぶつからぬだけの, ほつこりと, ほぼつい, まきついて, まきつきその, まきつけ広い, ませた愛らし, まだ温か味, まるで似つかわしく, まわって, むちうって, もし生涯人前, やったの, よいと, よい布地, よかった, よくないでしょう, よく合います, よろしいの, わるいが, シックリした, シナを, スッキリと, ゾクッと, ピッタリと, ヘバリつい, ヘバリ付い, ボーンと, ロープを, 一つは, 一本でも, 一本の, 一糸も, 上りかけて, 不似合, 不足し, 不馴れな, 与える感触, 中って, 中るから, 丸い顔, 乗ったり, 二本の, 人工心臓を, 仔細は, 他人に, 付著した, 伝わる響き, 似ない腰, 似合は, 似合わない太い, 似合わぬでかい, 何か, 何かの, 何物かを, 余るほどの, 作り附けたよう, 偉大の, 偶然触れる, 傷一つなかっ, 元気を, 入って, 入るの, 入れるといふ, 具わって, 冷たいもの, 凭りかかった, 別条は, 利する所, 刺青でも, 刺青などと, 刺青を, 刻みつけた事実, 力いっぱいしがみつい, 加えられて, 助太刀し, 勝手に, 勿体を, 医師の, 半礼服, 印されて, 厳しく中った, 及ぼせしこと, 取り付いて, 受けて, 古い傷, 叩き込まれた所, 合うの, 合せて, 合つ, 合つてゐない, 合わず小さい, 合わないで, 合わない日, 同棲し, 向うて, 向けあたり, 吸いついて, 嘴を, 回復しました, 固執する, 地震が, 地震を, 埋めあなた, 埋めて, 塗りつけた香油, 塗るの, 塗る脂, 変りは, 変調を, 大きな異変, 大変さわります, 大急ぎで, 大頭, 天子霊が, 子供の, 宿るといふ, 宿るもの, 寒気が, 寝間着を, 少し借金, 少し恐れ, 届かぬうち, 巣食って, 左までの, 巻いたと, 巻いた老人, 巻きついた, 巻きつけたまま, 巻きつけたまま熊笹藪, 巻き付いて, 巻き付けた異様, 巻き葉巻き虫, 巻附けたい, 帯, 帰ってからの, 帰ること, 幾つ穴が, 延びて, 廻ると, 引き締めて, 引っかけた羊羹色, 引っぱりつけられましたが, 弾丸を, 当って, 当てて, 当らずして, 彫青し, 影響すべき, 心持ちに, 応えたの, 応えるの, 快くあたっ, 怖るべき, 思ひ切つて, 怪我も, 恋を, 悪いこと, 悪いし, 悪いでしょう, 悪いところ, 悪いとて, 悪いわ, 悪からう, 悪寒が, 惚れたの, 感じて, 感じなくなった, 感じられる高低, 感じ出しながら, 感ずる動揺, 感ずる感電刺戟, 慄え, 憑りうつっ, 成れたと, 戦慄を, 抱きついたもの, 抱き縋った元木武夫, 押しつけて, 拍子を, 拘わらずスポーツ, 持つと, 持つという, 指一本たり, 指一本触る, 振りかけて, 挿し入れて, 捲きこまれて, 探捜, 掩ひか, 擦りつけた, 擬せられた瞬間, 故障の, 文身の, 最も酸味, 月の, 楽を, 樹の, 此倭を, 残つて居た, 残るから, 毒の, 毛が, 水の, 水死人らしい, 沁みて, 沁み込んで, 沁み透った, 沢山の, 油の, 泊る必要, 注意しなけれ, 注目の, 活気を, 派手な, 流れるから, 浸みるやう, 浸みるよう, 添うて, 添って, 満々たる, 準じたもの, 激しい慄, 瀟洒と, 火熱を, 焼きついて, 焼けこげだらけの, 熱が, 熱烈な, 燃えるぬめり, 爪尖, 片腕を, 特徴が, 猛獣が, 猶だ, 現われた斑点様, 現われて, 生きずが, 生まれるとは, 生まれ付きましたの, 生れつきくっつい, 生れて, 生気の, 生疵, 異常が, 疵うつけて, 疵でも, 病あれ, 病気なり, 目立たぬよう, 相当の, 相応しい太い濁声, 眼に, 眼を, 着けそして, 着たり, 着るの, 矢張り莫大な, 石鹸を, 秘めた芸, 移って, 穴を, 突き刺します, 突き刺すよう, 立ち上った仲裁, 等しいもの, 籠る, 糊の, 糊付けに, 組立てられたが, 経文を, 結合せられ, 縄が, 縋りつきオイオイ, 縫いあげられる世の中, 繋け, 纏いながら, 纏りつい, 纒って, 罩めた, 羽根が, 肉慾を, 肩の, 脈打つ其等, 腐爛の, 腰を, 致命傷を, 良いくらい, 色気が, 落ちるだけの, 落ちる勢い, 蒼白い面, 薄い白い着物, 薄鼠色, 薬だ, 薬に, 薬りです, 虱が, 融け入って, 血なんか, 血の, 行きあたった, 表現派模様を, 袴を, 補給する, 見えませんでした, 触りさえ, 触りましょう汚させ濡れさせ跣足, 触るぞ, 触るね, 触る事, 触れたか, 触れたと, 触れては, 触れないうち, 触れられて, 触れるもの, 触れるよう, 調子を, 豊かに, 赤外線男の, 起ったギコチ, 起りつつ, 躓いて, 較べて, 追い戻る, 連続し, 酔の, 重さ, 重大な, 釣り合わない女, 釣り合わない神経質, 関係の, 附いてるもの, 附きまとい凶事, 附属て, 附着し, 隆々と, 隙の, 障っちゃ, 障っては, 障つた為め, 障らなかった, 障らんよう, 障りましては, 障りゃしないよ, 障るから, 障るからね, 障るとは, 障るほど, 隠れて, 雪が, 青年の, 静かな, 鞭を, 音も, 響いて, 頭だけ, 頽勢の, 風が, 風船を, 飛びかえって, 飛び込んだという, 飛付く八五郎, 食物の, 香油を, 馴染まなくて, 骨を, 髪毛を, 鳶色の, 麻布の

▼ 身体~ (1003, 8.6%)

8 綿の 4 宙に, 急に 3 だんだんと, ぶるぶると, 丈夫だ, 奈落へ

2 [49件] いいの, かすかに, だらしなく, つ, どうです, どうなっ, どうなる, もとの, もんどり打っ, わなわなと, 丈夫に, 何か, 元の, 冷えて, 利かずとも, 刻一刻人間特有の, 前に, 包まれて, 大きい方, 寒天の, 少しの, 山の, 左へ, 弱って, 微妙な, 心よりも, 思うよう, 悪くなっ, 横に, 欄干の, 氷の, 汚れて, 沢庵色に, 火の, 無事だった, 燃えた, 疲れて, 疲れ果て心, 痩せて, 直ぐ其処, 石の, 肥満し, 自由に, 鉛の, 非常に, 頑丈で, 頭の, 高手小手に, 鸛の

1 [877件 抜粋] あかの, あまりの, いかめしく鎧っ, いきなりぱっと消え失せた, いくら大きく, いずれあの, いっそう忙しく, いつごろから, いつもふらつい, いつ移れる, いま針金で, いよいよ強壮, うつぶしに, ええべ, かっかと燃え, からみあって, がっしりし, きかなくなるし, きっと僕, きゃしゃで, くずれて, ぐるぐる巻, ぐんにやり電気にでも, こういう運動, ここに, こつちのもの, この心, この時, この海底都市, ころころと, ごく軽く, ごく都合, さしてわるい, さッ, しずかに, しなやかで, すき間も, すくんで, すこしも, すこし右, すっかり白装束, すっかり重心, すでに二つ, すとんと, すーっと, そこに, そのままずるずると, そのままで, そのままガラガラガラ, そのまま溝, そのよう, その一本, その儘, その斜め, その暁, その群衆, その際, それが, それほど疲労, そろそろと, たしかに見える, だいたい普通どおり, だるく勉強, だん, だんだん意識, だんだん白っぽく, だんだん長く, ちょうど一本, ついに艇, できない, とつぜん, どういうもの, どうかいう, どうだい, どう透し, どこも, どっと倒れた, どろだらけ, どんどん悪く, なお毫も, なか, なかなか丈夫, なれて, なんという, はや地, ひしとくっつきあっ, ひどく酔い, ひょろ, ひよろ, びーんと, ぴかぴか黄金色, ふとつて, ふらふらし, へとへとに, ぽいと, ぽかぽかと, ぽって, また凍り付く, また次, まだグングン小さく, まだ丈夫, まだ温かかっ, まるでアミーバー, まるで宝石, まるで氷, まるで目, まん, もういらなくなる, もうこっち, もうブツブツ膨れはじめた, もう埃, もう氷, もう玄関, もう落ち, もう駄目, もちろん着物, もって, もつれあったまま, もと通りぴんぴん, もんどりうっ, もんどり打った, やがて落下傘, やせて, やはり氷, やや大柄, ゆらゆらと, ようやく暖かく, よく透け, カッカと, ガタガタ小刻みに, ギリシャローマ時代, コスメチックでも, ゴム毬の, ゴム毯の, サッと椅子, ステッキの, スルスルと, スーッと, セルロイドの, テーブルに, ドンドン小さく, ドンドン膨れ, ネットリと, ヒラヒラと, フランスの, フワリと, ヘタヘタと, ボロっ, 一カ所で, 一ツで, 一寸屈んだ, 一度は, 一旦うつぶせ, 一時間も, 一瞬に, 一瞬水に, 丁度あの, 七八分の, 丈夫であった, 丈夫です, 丈夫には, 三匹の, 三根夫が, 上へ, 不思議に, 不意に, 不死身であっ, 不自由な, 与吉が, 世の中の, 両方別れ, 両親から, 並行しなかった, 中心を, 丸太の, 乗馬服の, 予て写真, 二人の, 云い合したよう, 五臓六腑の, 人形で, 人間だ, 人魚の, 今夜を, 仕立屋と, 他の, 仰向けにな, 伸びないが, 何うなる, 何ともなる, 何も, 何回か, 何時も熊笹, 使いたくない, 使えば, 使わなければ, 例の, 便所の, 俄に, 俵を, 停った, 健康であった, 僅か二, 充分脂, 入れたが, 全く冷え, 全く安定, 全く発育, 全然隙だらけ, 其儘不意に, 内心の, 円くなっ, 再びもつれ合った, 冷え入るばかりに, 冷え切って, 冷たかりき, 冷水を, 凍りついた枯木同様, 別に, 利かでも, 到底助かる, 刻々に, 前のめりに, 前よりも, 動かない, 化粧の, 十一二の, 十二三貫, 十年が, 半分だけ, 半分胸壁の, 即刻手術台の, 古綿, 可愛い女, 台に, 右と, 同僚の, 呆然と石像, 唯歩く, 四肢が, 地火風水の, 地球人よりも, 垢と, 埋葬されず, 壁を, 売っても, 変調だった, 外套で, 大きい, 大きいけれども, 大きくって, 大丈夫です, 大事先方な, 大切の, 大柄で, 太くなっ, 夫の, 好調で, 妹を, 婦女子の, 安楽椅子の, 宙を, 実に楽, 実業家の, 家計簿の, 寝て, 寸断寸断であろう, 小きざみに, 小さいけど, 小さい方, 小さく敏捷, 小さく縮まっ, 小兵な, 少しはげしく, 少し丈夫, 少し乱暴, 尚も傾い, 岩石落とし, 崖の, 崩れるよう, 左側が, 左右へ, 巧く, 巴投げ, 布団の, 帯際まで, 常の, 常日頃, 平気で, 幻に, 床下の, 底無しの, 弱々しくなり, 弱いけれども, 弱くなる, 弱そう, 弱っても, 強い細かい空気, 強健に, 強健人附合い, 弾かれたよう, 弾力を, 形も, 彫青, 影の, 彼女の, 後から, 後の, 御一代毎, 徴発される, 忙しいが, 忽ちその, 忽ち劇, 思わず御, 急な, 恐怖と, 恰で, 悉皆よくなりました, 慇懃に, 我々の, 或る, 所々蚤に, 手に, 手早く家内, 手足を, 投げ出された, 持ち出すこと, 揺られるがま, 撓みながら, 数人の, 整い皮膚, 斬り開かれた腹部, 既に茶店, 春秋の, 暗の, 最早がた, 最早冷, 木っ端微塵です, 本当に疲れ, 板の, 板を, 柔軟で, 桐油の, 梁で, 横っ, 横倒しに, 機外に, 檜造りで, 次第に天然, 正太の, 死んで, 死人の, 殆ど全部湯, 段々と, 段々痩せ, 毎日御, 毛氈苔に, 水母の, 氷上を, 江戸まで, 決してお, 沈みかけた, 洗濯板みたいに, 浜へも, 浴し, 消滅し, 深く下, 清浄で, 温まらなかった, 漸, 濡れた一本, 濡れる, 濡れ殆ん, 烈しくふるえ, 無事で, 無事に, 煙の, 熱い, 爬虫館の, 狩り立てられて, 理知によって, 生れながらに, 甲賀山中に, 異臭を, 疲れきって, 疲れたら睡るし, 疲れる呼吸, 疲れ衰えながら, 疲労の, 病後です, 痛々しく顫, 痩せるし, 痩せ衰えるばかり, 癒った, 皮膚へ, 益々固く, 目に, 目にも, 相変らず, 真っ黒で見る, 眼を, 瞬間金色に, 砂に, 硬直し, 確かで, 磁力砲の, 神聖不可侵である, 私の, 秋三を, 稲荷様の, 穴だらけで, 空っぽとも, 空中で, 空中に, 突然笑, 窓の, 童形で, 端坐した, 精神なし, 純毛五枚で, 終夜の, 経帷子の, 絹糸の, 縁側へ, 繊弱い, 美事でした, 肉体的苦痛に, 肩深く, 背負投げを, 胴から, 脆いよう, 腕から, 臆し, 自から, 自家に, 自然に, 自然的な, 自由さえも, 臭いだろ, 至極健全, 船体もろともに, 花束で, 若き男, 草野さんの, 落雷に対して, 蒸されるやう, 薄いが, 藁蓆の, 虚弱だ, 蛙の, 螺旋状に, 衰えきって, 裸で, 見えなくても, 見えなくなった, 見るかげ, 見る見るうち, 見る見る膨張, 見事に, 解剖台の, 誰の, 買つたが, 起居動作とも, 足の, 身抜け, 軟弱なり, 転がって, 軽々と番町, 軽くなる, 退化し, 逆に, 運ばれて, 道度に, 酒の, 醢けに, 金の, 鉄です, 鎧の, 長い歩行, 長い針, 長椅子の, 闇の, 階段の, 隣の, 雪の, 震えて, 露わにだんだん, 靴を, 頭から, 顫えて, 顫へ, 風呂敷の, 飛びはねる恰好, 飴の, 首の, 骨ぬきの, 鬼の, 鮫肌で, 鶴の, 黒繻子の

▼ 身体~ (328, 2.8%)

19 心も 5 魂も 4 ともに動揺, 精神も 3 生命も, 頭も

2 [23件] それに, よくなった, 丈夫な, 丈夫に, 処女である, 刀も, 小さいし, 弱いし, 弱って, 恥かし, 手も, 拭かずに, 気も, 温まって, 疲れて, 痩せて, 真黒で, 神経も, 軽くなった, 達者だ, 達者に, 頭脳も, 顔も

1 [244件] あのとおり, あの通り, あまりよく, いくらか延び延び, いっぱいに, お丈夫, お杉, かよわい方, がっくりし, がっしりし, きかない, きかなかったが, きかなくなって, ぐったり疲れ, この寒空, この生活, こんなに弱ってる, しびれたよう, しびれて, すっかり快く, すべて感じなくなっ, ずんずん冷え, そうして心, そして私, そして顔, その中, その精神, それ以後めつきり, ぞくぞくし, ぞくぞくする, ただ苛立たし, だらけきって, だんだん凍え, ちぢまるよう, どこへ, どこも, のびのびし, ひきしまる, ふやけさうに, ふやけそう, ふらふらし, ほとんど疲労困憊, ぽっと桜色, またブルブル, また超越的意味, まだすつ, まるで痺れ, めちゃくちゃに, もぐる, もてるだろうと, やすやすと, やせて, やっと辷り込める, よくあたたまらない, よくなっ, よくなり, よく拭き取らね, わるいおっ, わるし, ガッチリし, コンマ以下の, スッポリと, チベット人の, ボロ切れ, 一所に, 一見同じ, 丈夫だ, 丈夫であった, 丈夫です, 下半分, 不安定だつた, 乾漆仏の, 二度とこの世, 亦車上, 人並はずれ, 今じゃ, 今まで, 他人と, 休まる, 余りよくっ, 余程強く, 健全で, 健康で, 元に, 先ず小康, 共に横幅, 冒されて, 冷えて, 冷水装置で, 凍えて, 出来て, 利かず, 力の, 動かすこと, 動かず声, 動かず毛, 動かなかった, 取り扱かって, 同じじゃ, 同じで, 同然だ, 固くなっ, 声も, 変な, 多少疲れた, 夜気に, 大いに好調, 大きいし, 大きいであろう, 大きいにや, 大きかった, 大きくは, 大きくゆったり, 大きく心持, 大事と, 大分に, 大分悪く, 大分温かに, 大切な, 大切に, 大変ね, 妙に, 存しない, 学校帽子を, 実体的に, 寒さ, 小さかった, 小太郎と, 少しずつ, 尾鰭も, 常態では, 度胸も, 延した時, 引き動かすばかりに, 弱いから, 弱かった, 弱く貧乏, 弱く金, 弱し学問, 弱そうゆえ, 弱ったの, 弱りきって, 弱りました, 弱り寝つくほど, 強壮でありました, 強壮な, 役に立たない廃人同様, 彼の, 心もめつ, 心持ちも, 心持も, 快くなりました, 思うよう, 恢復し, 悪いよう, 悪いん, 悪し微, 意識も, 感じなかった, 感覚が, 我れ知らず, 或は心, 手足も, 折れ崩れるやう, 折れ崩れるよう, 拭いて, 拳も, 拵えて, 捧げ尽くそうと, 整い耳, 普通の, 有りは, 服装も, 木葉微塵に, 本当では, 検べたが, 次第に弱, 欲しいので, 氷るこの, 汗と, 泥劣な, 涼しくなる, 満足なら, 為めに, 無いぞ, 無事に, 無気力な, 煖まった, 珍しいほど, 瓢箪型の, 生気に, 疲らした, 疲れるが, 疲れ果て, 疲労し, 痺れ息, 睫毛も, 硬直し, 竦むよう, 紅い腰巻, 紅子の, 絶えず真水, 続かなくなるまで, 続きませぬから, 綿の, 縮こまって, 美紅姫で, 聢りした, 肉も, 肥って, 肥るほど, 脂肪に, 脚も, 膝頭から, 自由が, 自由でなく, 自由に, 至極丈夫, 苦しいの, 苦しくて, 苦痛に, 衰え従っては, 見えない女, 見えなかった, 見苦しくなるだろう, 見違えるほど, 診て, 貴様の, 貸そうよ, 身の, 軽く感ずるだろう, 軽く智恵, 輝くのに, 道庵先生の, 達者気も, 遠くへ, 重かった, 雪と共に, 震え上っ, 顔立も, 顫わせながら, 首も, 髪の毛も, 黒いの

▼ 身体~ (314, 2.7%)

20 の血 9 の筋肉 5 が寒く 3 の毛, の毛穴, を固く

2 [19件] から何, がガタガタ, がゾクゾク, が変, が引締められる, が溶け, が熱く, が猛火, が薄, が震えた, にある, に力, のどこ, の神経, の肉, の血潮, の血管, の骨, を調べました

1 [233件] いたる所, かがられる何だか, からこみ上げ, からじりじり, から噴水, から垢, から夫, から振り絞るべく, から温かく, から火花, がお茶, がぎらぎら, がさつと, がしびれ, がしびれる, がせいせい, がぞっと, がねとねと, がむかむか, がむしゃむしゃ, がやめ, がコンクリートみたい, がズキンズキン, がビッショリ, がブルブル, がポケット, がムズムズ, が冷さ, が冷たく, が凝っ, が変調, が嬉し, が少し, が慄, が日向臭く, が明るく, が水, が汗だらけ, が汗みどろ, が汗ビッショリ, が温まっ, が溶ける, が火照っ, が熱いぽ, が熱っぽい, が物倦, が異様, が疼痛, が痺れ, が痺れた, が痺れる, が痺れ上っ, が空虚, が緊張, が腐っ, が膨れ, が膨れ上っ, が軽く, が辛, が重苦しく, が鉛, が隙だらけ, が骨, くわッ, こづき廻され番兵, さすよう, じめじめし, すっかりたたき直し, すっかり人間, つめたくなった, でたった, でぶつかっ, でトトントントン, でベソ, で冷たく, で出征前, で満足, で笑い, なんとなく具合, にあぶら, にあり, にお, にしみ, にしみた, にどことなく, になん, にねっとり, にのたうち廻っ, にはち切れ, にはむく毛, にまみれ, にまるで, にゾヨゾヨ, にバネ, にヒラヒラ, にビッショリ, に充満, に刃物, に刺, に印せられた, に塗る, に寒, に弾力, に循, に感じられ, に拡大, に数ヶ所, に新, に森, に残った, に残ってる, に残つた精力, に毛, に毛といつて, に沁みわたり, に流れ, に浴び, に溢れ, に滲みうごく, に漲る, に激痛, に無数, に熱く, に痺れ, に痺れる, に神経, に種々, に突き刺さった, に精神, に薔薇, に蝨, に走らせた, に酔い, に銀粉, に附い, に附け, に難, に響き, に鬱積, のある, のエキス分, のエネルギー, のポケット, の内部, の機関, の毛髪, の汗, の汚れた, の活動, の特徴, の瘡蓋, の皮, の皮膚, の筋, の精分, の精気, の脂, の血汐, の血液, の表現, の要, の隅々, の骨節, の黒血, はさぞかし, はれあがり背中, はれ上り背中, は冷汗, は鳥, びっしょり汗, へ噴き上げ, へ浸み渡った, へ縄, まじなうた, もしきりに, や其処ら, を, をしめつけられる, をば血, をめぐり初めた, をゆすっ, をゆすり, をグルグル, をコワ, をスッカリ, をズブズブ, をブルブル, を兎, を刺撃, を吹き廻った, を大きな, を廻っ, を引締め, を怒り, を慄わせ, を所, を拭い上げ, を拭い上げる, を探し, を探した, を掻いてる, を揉み, を汗, を泥だらけ, を濡らし, を焔, を総毛立たせ, を締めつけ, を縛っ, を繃帯, を耳, を脈搏, を蒼白, を走りました, を走る, を逆撫で, を這い廻っ, を震わし, を震わした, を顫わし, を駆け, ゾクゾクし, ベトベトに, 検めて, 汚い泥, 浸る風呂, 焼傷, 痛くて, 痛んだ, 腫れ上ること, 至る所, 震えて, 震え言葉

▼ 身体~ (157, 1.4%)

3 あつた 2 もって, 尼に, 根津から, 私は

1 [146件] あつて, あの中, あの気紛れ, あの目, いたしませう, いつも夕方, いながら, おおいながら, おおい隠しその, おられるの, お前が, お役に立て, か, かくして, ぐるぐると, こいつの, こうし, こうしたみじめ, この大木, ござえして, さめる筈, すら自分, そこへ, その女, その娘, その己, そんなら, つきとめようと, つまらねえ店, とても家, どうしてそんなにこんな, どうして博士, どうして逃げ出した, はござりませぬで一, ぶつかって, またコロコロ, よかったら, よくこれ, よく一つ, よく労働, よまねば, グレゴール, パンを, ピアノを, 一っ飛び, 三代相恩の, 下手な突っ張り, 二人は, 以て, 何が, 何を, 使う武器, 例え所, 働きます事, 充分発育, 入口に, 入口を, 出て, 出来まする事, 出来ます事, 口へ, 埋めようという, 墓詣り, 壁を, 壺を, 夕立を, 夜な夜なの, 夜まで, 大丈夫です, 女の, 嫁ッ子を, 実行する, 実験した, 実験を, 家の, 寒い北国, 少し疲れ, 巴里へ, 庇うが, 御嫁, 御自分お出かけ, 思い知るわけ, 恐ろしい大役, 憶えこまなければ, 憶えたこと, 押し潰しては, 押し階段, 掩いかくす, 掻き分けて, 損害賠償を, 日々鬱々と, 日に, 日中は, 是ほどの, 普通の, 暮して, 書かれた聖典, 最後に, 朝起き, 杖も, 毎日ブラブラ, 渡れぬはず, 漸と, 無理を, 燃えさかる火, 片足を, 独唱会を, 生きる, 相当に, 矢代と, 神田の, 私の, 私を, 稼いで, 稼ぐこと, 稼ぐの, 空中旅行を, 立ち上りタオル, 考える, 脚を, 膝へ, 膨れ上った, 自分の, 血の, 行乞する, 行列の, 補助に, 見て, 見れば, 覚えた, 読んだ人, 調子を, 赤ん坊を, 赭ちゃけた色を, 軽く甚句, 這い起きたの, 長い旅行, 長謙さんが, 開けた, 開けるよう, 間断なく, 頸を, 食って, 食つてゐる, 馬の, 鴻の巣まで

▼ 身体から~ (149, 1.3%)

3 出たもの, 離れた霊魂 2 出て, 区別せられる, 後光が, 手を, 離して, 離れて

1 [131件] あの巨大, あの怖, あらん限り, いいましても, いっても, お杉, くる愛嬌, この方, すい, すうっと, その心, たたき出そうと, どの部分, はずして, ひねり出し鉄, ふるい落して, エレキが, ジキトキシンと, プツリと, 一種の, 三メートル以上は, 三十センチ程, 乳に, 二メートルも, 云うと, 云っても, 体温を, 何か, 何の, 何物かを, 借りたいん, 働振から, 優に, 光を, 全く初めてで, 出して, 出たという, 出た三つ, 出た胎盤, 出た血, 出てるよう, 出るとは, 出る粘液, 分離する, 切り放されて, 切り離されると, 切り離した数名, 切離して, 別の, 刻々に, 力が, 取り外して, 吉川の, 吹き込んで, 姉の, 実際に, 居どころを, 引去りつつ, 引離したまで, 彼女の, 後光でも, 得た唯一, 御光, 思えば, 感覚を, 或る, 抜き取られたよう, 抜けだしたいと, 抜けて, 抜け出して, 抜け出るよう, 抜け切れないうち, 振い落すかの, 振り放されるたびごと, 放れて, 斬り放つだろう, 断ち放した, 服を, 染出します酒, 次第に脂気, 汚ない, 流れだした血, 流れて, 流れ出る血, 消え去らなかった, 湧き出る悪臭, 湯気を, 溢れて, 火の, 火花が, 照り放たれ, 狭霧の, 玉が, 珊瑚の, 生御霊, 発する恥, 発する熱気, 発散する, 発見した, 眼を, 石鹸の, 立ちのぼってるの, 絞るよう, 絢爛たる, 総ての, 自分の, 自由に, 落ちて, 蒸発し, 蛇を, 見れば, 解いた, 言えば, 赫奕と, 起るの, 身の, 身体へ, 迸り出た血潮, 迸る奇怪, 追いだして, 酔が, 釘が, 離さないで, 離せないもの, 離れること, 離れるは, 離れ掛けて, 霊まで, 静かに, 風を, 魂が

▼ 身体~ (126, 1.1%)

6 一緒に 4 心との, 魂との 3 精神との 2 ふてぶてしさ, 一しょに, 精神とを, 身体とが, 魂とを

1 [99件] いいその, いいなんと, いいほんもの, いい気分, いたしましては, いつもいま水, いつも暴れだす, いのちは, いはず汗, いわずすべてバラ, いわずそこら, いわないで, おのれの, お河童さんを, この生命, この身, すれすれに, その手前, その神聖, その精神, つかず離れずの, なったの, なったもの, なつた, アカデミーへの, ピッタリくっつい, 一つの, 一つ衾で, 一所に, 両方の, 乳房の, 二つある, 云うもの, 交ざって, 仕事とに, 僕の, 優れて, 内臓とが, 勇気とは, 合一せる, 同じで, 同じよう, 同じ位, 同じ割合, 同じ高, 名づけたの, 大きな拳, 大きな耳, 大きな頭, 子供の, 小娘らしい, 市場でも, 心, 心とが, 思へば, 思想とが, 思案に, 感情とを, 手兵とを, 極めて密接, 機関車との, 止まろうと, 浜田屋の, 混合する, 白刃とが, 皮肉な, 直接に, 着物とを, 知って, 短いであろう, 神経を, 竹槍との, 精神と, 精神とから, 精神とは, 精神に, 精神の, 結び付いた言葉通り, 考えられる, 考え直して, 脚とで, 艶の, 表現した, 言っても, 言やあ, 言わずぶん擲ぐられるもんですから, 身体が, 身体との, 身体を, 鋭い熱意, 鏡の, 雖も, 頭に, 頭を, 顔を, 顔以外には, 骨ばった痩躯, 黄色い顔, 黒い頭髪

▼ 身体には~ (115, 1.0%)

2 夜の, 異状が, 錦繍を, 障りも

1 [107件] あるが, いっけん外傷, いって, いっぱい虱, かえれないであろう, こたえたでは, これだけの, これ等の, さしたる重大, そして支え, その父, それこそ, それだけ, ぞろりと長く, たくさんだ, どこにも, どこも, どの位, なりは, ぴったりしなかった, まだ少しの, もうほんの, もう変化, もう薄紫, もともと病気, よいだろう, よく紫色, ステージに, フシギに, 一指も, 万宝が, 不治の病が, 久しく眠っ, 亡き源三郎, 代えられないでは, 何の, 何らの, 余程困難, 例の, 凡ての, 初めは, 別になに一つ, 別に怪我, 力が, 単に人間, 危害を, 古めかしい汚れた, 向かないの, 噛傷が, 垢だらけの, 大和の, 大変有難い, 好くない, 如何に, 容易ならぬ, 少しの, 少しも, 少し気, 平均五尺八寸十六貫六百の, 復しませんが, 怪我は, 恰度似おうとる, 戦の, 持って, 損所その, 新らしく, 日増しに皮膚, 暖かみが, 更に隙, 更紗の, 未だ幾分, 梅の, 毒でも, 汗が, 汚れきった花模様, 油の, 注意しなく, 流れ込んで, 浮力が, 火花が, 甚だしい酒精, 生傷が, 病身者らしい, 痙攣の, 盲目縞の, 知らず知らず醤油, 私達の, 稼がないと, 簑を, 糊紅を, 紐や, 細い血管, 縄も, 美しい紫色, 肉が, 自分で, 自分の, 蚤か, 血が, 解けた細紐, 認められない, 贅沢な, 釣合って, 飢えた, 養生が, 魔が, 魔性といふ

▼ 身体全体~ (108, 0.9%)

3 に溢れ

2 [13件] から出る, が, が大きな, が焼ける, が頭, に今, に動いた, に感ぜられた, に痛み, は益々, を嵐, を烈しい, を痙攣

1 [79件] からは重々しい, から雫, があっ, がこわばっ, がどうか, がふうふう, がぶるぶる, がもの憂く, がカッ, がクスグ, がヒョク, がピチピチ, が倦怠, が冷え, が剣, が原稿用紙, が四角い, が固く, が定まらない, が寝床, が彼, が溶ける, が滴れ, が無い, が痛む, が真, が石膏, が笑っ, が舌, が落付, くらいの大き, でぶつ, で前川, で彼女, で愛想, で感じ, で抱, で躊躇, に, にしみとおらせよう, にもある, に充ち渡った, に刺さっ, に力, に加わった, に妙, に汗, に現れ, に移った, の格好, の運動, の重み, はまるで, は依然として, は優しかっ, へかけ, へ満ち満ち, へ滲みだし, へ激しく, も有する, をぐっしょり, をひくひく, をびりびり, をドア, を化粧, を反らし, を吹き抜け, を完全, を急, を抱, を揺っ, を揺り動かし, を照らし, を畳, を直線的, を真黒, を紅く, を踊る, 至るところ

▼ 身体つき~ (96, 0.8%)

5 をし 2 もまた

1 [89件] ういういしい尖った, からし, から初, から様子, から見る, がお, ががっしり, がどうしてそれほど, がゆったり, がよく, が好意, が少年, が彼, が見え, が非常, が髣髴, その頑丈, だから, だが, だけ強, であるよ, でした, でその, で人好き, で女, で服, で浅黒い, と持っ, と顔, などはまだ細々, などをよく, にし, について感じ, になります, にはふしぎ, には何, にも奇妙, にも拘わらず, にも顔つき, によく, に似あわず, に似合わない, に何処, に滲ませる, に関して際限, のぎごち, のとても, のやや, のスラリ, の三十前後, の中年, の久留米絣, の女性, の好い, の小谷, の徳, の物, の男, は, はすらり, はだいぶ, は侍, は大柄, は少女, は神秘, は頑丈, まですべて, までよく, もすらり, も殆, も眼つき, やもううすうす, や動作, や声, や映えない, や服装, や表情, や顔, よくお, をした, をちよ, を変, を想像, を検, を示し, を終わる, を聳, を見, を見ました

▼ 身体検査~ (87, 0.7%)

9 をし 5 をする 4 をした, を受け 3 のとき 2 が済ん, だ, をうけ, をされ, をされる, を行う

1 [50件] があった, がいや, がはじまった, がルーズ, が急, されたの, です, ですから, ではちょうど, ではねられ, で再び, で発見, で落第, で見ごと, などというもの, にその, にひねくりまわされた, にやって来る, に着手, に過ぎない, のしかた, の時, の結果, はしなかった, までされ, もした, もムダ, も男女別, も百二十パーセント, やなどを依頼, や何, や建物中, や身元調べ, をさえ行いました, をさして, をされた, をされよう, をします, をするらしかった, をはじめて, をもっ, をやらせる, をやりとげた, をやります, を厳重, を受けました, を受ける, を始めました, を行, を行い

▼ 身体~ (62, 0.5%)

3 火が 2 付けて

1 [57件] あてがって, ぐるぐると, さわっちゃ, つくよう, つけるいっさい, なまくらが, ぴったりくっつこう, ぶつかったの, まきつけ頭, むしゃぶり, 乗りうつった, 今度は, 伝わって, 伝わる言い難い, 伝播する, 何う, 例の, 傷まで, 入って, 入らんで, 入り得るだろうかね, 匍い込ん, 半纒, 卓子掛けを, 唇の, 塗り付けました, 存分に, 寄り添うよう, 導かれたもの, 帰って, 廻つたと, 当って, 当るたび, 意地悪く, 抑えつけなければ, 押しつけた, 指でも, 掛けて, 杏の, 滲み込むだろうと, 疵が, 空気を, 絡つて肩を, 絵を, 腫物が, 蛇や, 蜂の巣の, 袖が, 触ること, 試験する, 這入るまで, 重なり合って, 附着い, 附着させる, 附纒うので, 障ると, 障るよう

▼ 身体~ (56, 0.5%)

43 からこの 2 から, からいつ, なあ, ッ

1 [41件] からお前, からそう, からそれ, からなに, からね, からむやみ, から云々, から単に, から始め一緒, から時に, から構わず, から構わない, から死ぬ, から毒, から滅多, から私, から遠慮, が吉, が引き緊, が魚, しもったいなく, そうは, その敵討, つて同じ, つて毎日, とあきらめ, という場合, と中江, と忽ち, と思い詰め, と考える, と自称, なア, もの寒に, もの身体で, 十一の, 尤も一旦, 日本に, 親の, 都合で, 飛道具で

▼ 身体じゅう~ (55, 0.5%)

3 の血 2 の力

1 [50件] から力, がくがく顫, がしいんと, がぼう, がむずむず, が又, が松花, が氷, が汗, が濡れた, が火, が熱, が自然, が苦しい, が震えた, ずきずき痛ん, で, で訊き澄ます, に, にはげしい寒, に水, に沁みわたる, に波, のいたる, の本来, の毛穴, の涙, の淋巴腺, の疑い, の皮膚, の脈管, をあらためて, をうち, をくすぐる, をめぐり, をよく, を内部, を容赦, を撫でまわした, を痙攣, を皺くちゃ, を真赤, を調べる, を鉄, を隈, を震わした, を面妖, を顫わし, を顫わせ, 震え上がって

▼ 身体~ (48, 0.4%)

4 に物 3 である, なもの, なるが, に直接 2 であるという, ということ, なる所, に大体

1 [24件] であっても, であるに, でなければ, では, で無いところ, として記号, と考えられる, と考える, なるもの, なる我々, な想像, な能力, な自己, な行為的自己, には物質的, にもごつごつ, にも消失せり, に与えられた, に云う, に云っ, に見る, の刑罰, の原因, 即ち制作的

▼ 身体にも~ (42, 0.4%)

4 心にも 2 愛想の

1 [36件] あてさせぬ定めし, あてずに, いくらかの, かかわらず妙, かかわらず荒らい仕事, さわるほど, すこしく熱, それに, たれるやう, みじめさが, もう一台, よろしいので, よろしかろう, 不具と, 似ず一歩, 似ず至って, 保養という, 共々に, 危険です, 同じ様, 坐りが, 多少の, 大変化が, 少しの, 当節の, 愛想が, 気持にも, 油を, 溢れて, 男っ振りにも, 自身の, 良く疲れた, 見事異状が, 足にも, 足拵えにも, 障るので

▼ 身体では~ (41, 0.4%)

2 ありません, ない, ないん, なかった

1 [33件] ありませんが, あるが, そこまでは, その山一つ, ないから, ないで, ないの, ない半, なし精神, ひどく応える, ましてさうなけれ, 二間三間の, 仕方が, 八方塞がりこちらから, 力も, 力を, 危険だった, 拙者も, 智能発達の, 木に, 此の, 津田も, 温かみを, 無い, 無えから, 無かった, 無理だ, 監督に, 知るだけで, 続かなかつた, 肝腎の, 覚束ない, 頼りに

▼ 身体でも~ (34, 0.3%)

2 お悪い, わるいん, 悪いの, 悪いん, 悪くし

1 [24件] おわるい, お悪かっ, こわして, とけて, ないの, ないん, ない具体的, なか, 丈夫なら, 両刀を, 修繕なし, 俺らの, 刺し貫い, 売れると, 大きくって, 微塵に, 悪くする, 悪くて, 抓って, 拭いて, 洗って, 痛めちゃあ, 神に, 良くない

▼ 身体~ (28, 0.2%)

2 心は, 心を

1 [24件] ちょいと, 両腕, 名声は, 家具などの, 尾の, 意志の, 感官に, 手足の, 手足を, 才能や, 気持が, 洋服について, 牛馬の, 皮膚も, 精神の, 精神を, 脚は, 衣服の, 貴方の, 身振りや, 顔についても, 顔には, 顔の, 魂が

▼ 身体です~ (25, 0.2%)

3 もの 2 が妙, よ

1 [18件] からお出で, からお前さん, からしばらく, からそりゃ, からと万事, からどう, からね, から其の, から盈, から貴方, から随分, がお, がそ, が只, が涙一パイ, な, なだいぶん, ネ

▼ 身体じゃ~ (22, 0.2%)

2 ありませんか, ないか, アない

1 [16件] ありませんぜ, ありませんよ, この隙, そんな事, どうする, どうせ長い, ない, ないじゃ, ないのに, ないん, ない同志会, なしもう, アねえか, アねえと, 仮に四大, 肌さえ

▼ 身体一つ~ (20, 0.2%)

2 になっ

1 [18件] が元手, が立派, さえあれ, であなた, でのこ, でフワフワ, で帰し, で松本さん, で片田舎, に取っ, のおき, の移民生活, は空, を投ずる, を粉, を遠慮, 動かさず破れた壁, 動かせば

▼ 身体~ (16, 0.1%)

3 ゆうを 2 ゆうが, ゆう泥だらけ 1 うの, やがのう, やてのう, やない, や無, や無い, や肌さ, ゆうに油, ゆうの

▼ 身体~ (16, 0.1%)

7 んだ 2 のです 1 のでございます, のでつい, のでどうか, のにお前, のにお母さん, んです, 様だ

▼ 身体まで~ (16, 0.1%)

2 牛馬なみに

1 [14件] あいつに, すっかり巻き込まれ, ちゃんと紡錘形, 俄に, 台なし, 売ろうとして, 後れて, 死の, 氷結し, 泥の, 独り占めに, 猫背な, 縛られて, 震えて

▼ 身体ごと~ (15, 0.1%)

2 ぶっつけて

1 [13件] ぐるりと, この巌殿, その懐中時計, ぶつかって, 包むよう, 向き直ったとき壁, 向直る, 大きくうなずい, 打ちこむよう, 押した, 持つて, 揺った, 縋り付いた花枝

▼ 身体さえ~ (15, 0.1%)

2 大切に

1 [13件] いうこと, おたっしゃなら, お丈夫, そのため, はっきりとは, 丈夫なら, 丈夫に, 手で, 打棄, 支え切れないほど, 竦み出して, 達者なら, 顫え

▼ 身体との~ (14, 0.1%)

2 間に

1 [12件] よく整った, りっぱな, 争いです, 全部を, 力一杯消え行かう, 力一杯消え行こう, 奴隷です, 対照を, 無関係の, 結合と, 軽い即, 間には

▼ 身体こそ~ (13, 0.1%)

1 [13件] いつも病んだ, がっちりと, こんなに貧弱, まだ大人, 六尺十九貫も, 小さかった, 忙しいが, 怪童として, 無造作に, 犬鳴き鶏歌い, 犬鳴き鶏歌ひ, 自由に, 頑丈そうだ

▼ 身体だけ~ (13, 0.1%)

1 [13件] あって, お返し申上げます, そなた, そのままに, だ, であった, である, でなく心, で何物, 滑ったり, 無事に, 纒って, 美人に

▼ 身体とを~ (13, 0.1%)

1 [13件] くるりと, もって, 一つの, 前へ, 打ち忘れ眼, 拾って, 持ちあぐみながら, 持って, 擦りへらして, 暫らくこの, 比較した, 沸, 見た

▼ 身体ばかり~ (13, 0.1%)

2

1 [11件] でなく自分, でなく顔, では, で宙宇, で明, 大きいくせ, 大きゅうございまし, 庇ってちゃあ, 捕えるの, 発育し, 跣足で

▼ 身体より~ (13, 0.1%)

2 ほかに

1 [11件] あの身体, 他にゃ, 右側の, 大きい豹, 御光, 心理的調整社会的訓練物理的機械の, 来る気弱, 流れる油, 煩いに, 遠くの, 遥に

▼ 身体だけは~ (12, 0.1%)

2 大事に 1 このとおり, ちょっと腰, 丈夫そうな, 丈夫に, 大切に, 大振りな, 引上げて, 腐って, 誰にも, 馴らして

▼ 身体だけを~ (11, 0.1%)

1 [11件] ズッて, ヒルミ夫人の, 奪って, 引つこ抜いて, 持って, 故へ, 新しい家, 比較したら, 湯に, 見せた, 運行させた

▼ 身体とは~ (10, 0.1%)

2 実在的に 1 まったく異なっ, 光音言葉の, 別か, 別である, 別の, 大部分, 荒んで, 訳が

▼ 身体よりも~ (10, 0.1%)

1 ずっと大きい, 一層悲痛, 大きい金仏, 大きく中, 大きな包み, 大きな男, 大きな笈, 足の, 頭の, 高く反り返った

▼ 身体からは~ (9, 0.1%)

1 かすかに, その他の, なれて, 平衝の, 日増しに力, 毎晩の, 汗が, 胸が, 食物の

▼ 身体だけが~ (8, 0.1%)

1 大人に, 水に, 永く残りまし, 無事残された, 現実の, 生きて, 睡魔の, 見えない術

▼ 身体だった~ (8, 0.1%)

2 のです 1 から病的, がこのごろ, が彼, ぐらいすぐ, し第, んです

▼ 身体をも~ (8, 0.1%)

1 ぢつて煙草を, 人の, 傾げては, 将来をも, 打ち付けた, 温めさせた, 眺めて, 自己の

▼ 身体~ (8, 0.1%)

1 においてもさうであります, に如何なる, に関すること, の処刑, の微細, の欠点, の特徴, の関係

▼ 身体~ (8, 0.1%)

2 をし 1 だった, でスーツケース, で色, によりて巧, のせい, の癖

▼ 身体各部~ (8, 0.1%)

2 の運動 1 が最初, に於ける, に聴診器, のばらばら, の極, の間

▼ 身体である~ (7, 0.1%)

1 からおじさん, から宿直, が痩せ, ことに, やうに, 少し注意, 為に

▼ 身体という~ (7, 0.1%)

3 ものは 2 ものが 1 のは, ものも

▼ 身体一面~ (7, 0.1%)

1 に味, に恐るべき, に湛, に湛えた, に血, に輝く, に露

▼ 身体そのもの~ (6, 0.1%)

1 がずんずん, の保存, はそれ, は全く, は極めて, もこの

▼ 身体について~ (6, 0.1%)

1 いましたから, 取ること, 神経質な, 落ちて, 見ても, 見るならば

▼ 身体にまで~ (6, 0.1%)

1 しみ通って, 一種異様の, 上って, 上りかけて, 伝は, 豚の

▼ 身体までが~ (6, 0.1%)

1 その微笑, みるみる弾力, 溶けて, 漸くその, 病毒に, 軍服を

▼ 身体一杯~ (6, 0.1%)

1 にうけ, にヒゼン, に溢れ, に現, に詰まつ, の疱瘡

▼ 身体~ (5, 0.0%)

1 冒されて, 役に立たなくなったち, 持つめえ, 梅毒かなんか, 腐っちゃってるでしょう

▼ 身体ぐるみ~ (5, 0.0%)

1 じりじりと, で斬りかかった, で躱, ぶっつかって, 冷たい手

▼ 身体~ (5, 0.0%)

1 へ丈夫, へ人並, へ健康, へ少, へ手

▼ 身体~ (5, 0.0%)

2 てテク 1 ている, てゐる, て居っ

▼ 身体だけで~ (5, 0.0%)

2 事足りる筈 1 たくさんだ, 丸太ン棒の, 空中へ

▼ 身体であった~ (5, 0.0%)

1 から疲労, が中年, が当分, とは考えられません, のである

▼ 身体とが~ (5, 0.0%)

1 まさにその, 困憊しきっ, 打ち合, 打ち合う音, 残って

▼ 身体なんか~ (5, 0.0%)

1 お茶の子サイサイである, もっときたない, 売らなくつたつて, 案外どうにでも, 洗うな

▼ 身体~ (5, 0.0%)

4 大切に 1 大事に

▼ 身体~ (4, 0.0%)

1 そうでない, その真下, 持物か, 眼か

▼ 身体といふ~ (4, 0.0%)

3 事である 1 ものが

▼ 身体とともに~ (4, 0.0%)

1 ぼおっと, ゆすぶられながら, 焼いて, 精神をも

▼ 身体とに~ (4, 0.0%)

1 たまってる雲脂, 不思議な, 区別できない, 烈しく漂わされ

▼ 身体までも~ (4, 0.0%)

1 よく動い, 弱くする, 相類似, 載せて

▼ 身体をば~ (4, 0.0%)

1 なお更に, 水枕か, 猶更に老け, 骨神経筋肉脈官血液及び

▼ 身体一ツ~ (4, 0.0%)

1 で登っ, ないもの, はさまれて, 入れるより

▼ 身体~ (4, 0.0%)

2 けは彼女, は堂々

▼ 身体付き~ (4, 0.0%)

1 とは人種, の癖, も分らない, や手よう

▼ 身体全部~ (4, 0.0%)

1 が神仙, に関係, の表情, 悉皆比例

▼ 身体~ (4, 0.0%)

1 が一種独特, の若者, を見た, 明るい笑い

▼ 身体いっぱい~ (3, 0.0%)

1 にしずか, に日, に豊富

▼ 身体ぜんたい~ (3, 0.0%)

1 がころっと, で感じ, に白粉

▼ 身体その~ (3, 0.0%)

1 ま, 母衣の, 美女そのものを

▼ 身体であり~ (3, 0.0%)

1 ながらかえって, ながらまるで, ながら軽はずみ

▼ 身体でした~ (3, 0.0%)

1 からあえて, から人目, よ

▼ 身体でない~ (3, 0.0%)

1 こと, に, のです

▼ 身体と共に~ (3, 0.0%)

1 後方に, 蒲団から, 陽気の

▼ 身体など~ (3, 0.0%)

1 所嫌わず, 拭いて, 潜り抜けること

▼ 身体なり~ (3, 0.0%)

1 心なりを, 精神なり, 電車は

▼ 身体によって~ (3, 0.0%)

1 作られた闇, 意識から, 知られる

▼ 身体に対して~ (3, 0.0%)

1 少しの, 激しい嫉妬, 適当な

▼ 身体に対する~ (3, 0.0%)

1 危険のみを, 罪との, 罪第

▼ 身体に関する~ (3, 0.0%)

1 恐怖を, 秘密は, 謎は

▼ 身体のみ~ (3, 0.0%)

1 だれを, では, ならず其の

▼ 身体までを~ (3, 0.0%)

2 両断せし 1 大切に

▼ 身体中疵だらけ~ (3, 0.0%)

1 だから, で夜露, の奴

▼ 身体即ち~ (3, 0.0%)

1 いわゆる身体, 暖かい身体, 社会という

▼ 身体及び~ (3, 0.0%)

1 その運動, 人相, 面貌の

▼ 身体構成~ (3, 0.0%)

1 がその, のフンクチオン, の上

▼ 身体疲労~ (3, 0.0%)

1 し二昼夜, すれば, れ言葉

▼ 身体組織~ (3, 0.0%)

1 に変化, の中, の底

▼ 身体自身~ (3, 0.0%)

1 に備わっ, は着物, を迸

▼ 身体~ (2, 0.0%)

2 大切に

▼ 身体しか~ (2, 0.0%)

1 持たない, 持たない人間

▼ 身体それ~ (2, 0.0%)

1 に生れつき, は自分

▼ 身体だけに~ (2, 0.0%)

1 なお, 自分から

▼ 身体だって~ (2, 0.0%)

1 あいた時間, 手に

▼ 身体であっ~ (2, 0.0%)

1 て一人, て別に

▼ 身体でございます~ (2, 0.0%)

1 からどう, その代り金蔵さん

▼ 身体でしか~ (2, 0.0%)

1 あり得ないだろう, 支払いを

▼ 身体とから~ (2, 0.0%)

1 合成せられた, 湧き出る愛

▼ 身体とも~ (2, 0.0%)

1 思えないが, 見えないの

▼ 身体なし~ (2, 0.0%)

1 に存する, に存在

▼ 身体などは~ (2, 0.0%)

1 どうなっ, 殆ど重量の

▼ 身体なら~ (2, 0.0%)

1 存分人間も, 私も

▼ 身体なりを~ (2, 0.0%)

1 消費しよう, 調べたら宜

▼ 身体にな~ (2, 0.0%)

1 つて帰郷した, つて横は

▼ 身体にゃ~ (2, 0.0%)

1 わしが, ア八百八町の

▼ 身体ひとつ~ (2, 0.0%)

1 が資本, でそこ

▼ 身体へも~ (2, 0.0%)

1 あてずに, 取付けば

▼ 身体めがけ~ (2, 0.0%)

1 て, て車

▼ 身体やら~ (2, 0.0%)

2 心やら

▼ 身体を以て~ (2, 0.0%)

1 高御座に, 麓まで

▼ 身体不相応~ (2, 0.0%)

1 です, に大きな

▼ 身体中汗~ (2, 0.0%)

1 になっ, をグッショリ

▼ 身体~ (2, 0.0%)

1 は斯, 追出されては

▼ 身体倒れたる~ (2, 0.0%)

2 あとは

▼ 身体壮健~ (2, 0.0%)

1 であった, であったけれど

▼ 身体容貌~ (2, 0.0%)

1 いと逞しい, を眺め下し

▼ 身体~ (2, 0.0%)

1 こそ弁証法, を媒介

▼ 身体悪し~ (2, 0.0%)

1 とて不機嫌, 手術を

▼ 身体極めて~ (2, 0.0%)

1 軽捷で, 長大に

▼ 身体的形成~ (2, 0.0%)

1 から成立, ではなくし

▼ 身体的生命~ (2, 0.0%)

1 というの, を否定

▼ 身体綿~ (2, 0.0%)

1 のごとくなっ, の如く疲労

▼ 身体若い~ (2, 0.0%)

1 ものを, 内から

▼ 身体裝飾~ (2, 0.0%)

1 として用, の事

▼ 身体軽く~ (2, 0.0%)

1 ゆえに自ら飛沢, 浮かびて

▼1* [349件]

身体あって侯爵, 身体あまり表情の, 身体いかがですか, 身体いずれの部分, 身体いちめんがじつに, 身体および人格の, 身体お前は死ん, 身体からうす冷たい風, 身体からの分泌物の, 身体ががつちり, 身体がくの字, 身体がちつとも, 身体くらいはとめること, 身体ぐち売られやしなかった, 身体ぐるみ奈良崎へ躍りかかった, 身体ここにあっ, 身体こそは温い毛皮, 身体こったらに小, 身体ことに神経の, 身体こなしにもきちんと, 身体この眼この, 身体こんなことで, 身体ごとぐるッと一まわり, 身体ごとさらふやう, 身体ごとぶつかつて弓弦, 身体ごとわきへ廻っ, 身体ごとヴァイオリンに挑み掛っ, 身体ごと師匠夫婦のほう, 身体ごと彼の方, 身体ごと扉の引手, 身体ごと突きをくれる, 身体ごと線路の外, 身体ごと足を踏みこん, 身体してるなあ, 身体ゅを, 身体じゃから商人に, 身体じゅういっぱいに落書き, 身体じゅう一切の感じ, 身体じゅう一面に紅い, 身体じゅう五臓六腑に浸, 身体じゅう毛がはえてる, 身体じゅう火ぶくれに, 身体じゅう真白で髭, 身体じゅう真黒な人, 身体じゅう突傷だの擦傷, 身体じゅう糠味噌の臭い, 身体じゅう罨法の繃帯, 身体じゅう顫わせながら, 身体すぐ悪くなる, 身体すっきりしない鼻, 身体すでに疲憊し, 身体すべて私という名, 身体せい一ぱい動かして, 身体そしてそっくりの, 身体だけしかない, 身体だけでも無事でい, 身体だけの引っ越しに, 身体だけより他には, 身体ださうでお慶, 身体だしねそれ, 身体だすやろ冥途で, 身体だったら思切って, 身体だの人に, 身体だら行かねべ, 身体だるくて起き, 身体だろうが一つ, 身体ぢゅうをちぢこめて身動きもしませんでした, 身体ぢゆうのふき, 身体ぢゆうの何処にも風邪, 身体つきでいますがその, 身体つきギロリとした, 身体つき容貌まで何やら, 身体つき座蒲団にぐったり, 身体つき日に焼けた, 身体つき腰や尻, 身体つき髪なども美しいよい, 身体づきで眼の, 身体でありますから御, 身体でしょう今下らない, 身体でなくなつた, 身体でなくなると煙草, 身体でなければならぬ, 身体でのしか, 身体とからの合成体としての, 身体とだけで一室に, 身体とて重い水桶, 身体とで押分けて, 身体どうなるだね, 身体どうか私が, 身体どおりの影法師, 身体どこへも参り, 身体ながら見違えるほど, 身体なき抽象的自己であった, 身体なども逞しくさえ, 身体ならできそうだ, 身体なら抜けられるくらい古, 身体なら聞きもする, 身体なりに流れたから, 身体なりへ墨を, 身体なれば勤め, 身体においてあるの, 身体における各器官, 身体にかけても呉れない佗, 身体にさえ触らなきゃ, 身体にすら信仰を, 身体についての養生法は, 身体にでも障ると, 身体にとってもし例えば, 身体にとっては壮者には, 身体によつて私への, 身体のちからは今, 身体のみを調べて, 身体はしもり重って, 身体はといったら僕, 身体はぶーんと呻, 身体鰹節み, 身体ばかりが双棲, 身体ばかりじゃない精神, 身体ばかりを見て, 身体ばっかし大きな, 身体ばっかり大きいヘコヒキ, 身体ひそみにき, 身体へとのぼって, 身体へね石を, 身体へは当りそう, 身体ほど不思議な, 身体まだ年が, 身体みたいな気, 身体もがつしり, 身体もろとも引張りこもう, 身体やや元気出ず, 身体やを洗って, 身体ゆえ何うかして, 身体ゆえ客人が其処, 身体ゆえ幸内に任せ, 身体ゆえ赤子が出来た, 身体ゆゑつい打, 身体周囲よ, 身体ようやく動揺に, 身体よろしく候えば, 身体らしい形を, 身体をけだもの, 身体をさえ拘束される, 身体をぞん分に, 身体をと言おうとして, 身体をやはらげ, 身体を通して流れ下るので, 身体を通じて流れるの, 身体して, 身体ケンサして, 身体ツキにも武骨, 身体ニ羽翼ヲ生, 身体ハップこれを父母, 身体作ル, 身体一つぢやあつまらない, 身体一名多宝塔です, 身体一本でトラック, 身体一杯酒臭かった, 身体一般の規則, 身体上精神上社会上に如何なる, 身体上至極宜しいが, 身体不具というわけ, 身体不和ということ, 身体不随に陥っ, 身体中いっぱいになっ, 身体中くまなく経文, 身体中そちこち蚊, 身体中ぞくぞくして, 身体中ところ嫌わず踏みつけるその, 身体中どこと云わず, 身体中ひだだらけで馬鹿, 身体中ひりひりしたり, 身体中まっ白な長い, 身体中グショグショになれ, 身体中ジットリと汗ばん, 身体中プーンといや, 身体中メスで掻き廻し, 身体中一ぱいに生やし, 身体中一杯に拡がっ, 身体中一筋ずつ黒髪, 身体中一面真赤に腫れ, 身体中何処か斯, 身体中傷だらけだ叩かれたり, 身体中処嫌わず打, 身体中創だらけになる, 身体中口ばかりの魚, 身体中宝石で出来, 身体中所嫌わずぴしゃぴしゃ, 身体中掻毟って目, 身体中揺振って, 身体中水でふい, 身体中水だらけの圓朝, 身体中汗まみれになった, 身体中煤だらけになっ, 身体中生傷だらけで何だかしきりに, 身体中瘤だらけになりました, 身体中真っ白にし, 身体中真っ青になりつくし, 身体中真白に米, 身体中真赤になりました, 身体中真黒な鉄, 身体中蜘蛛の巣だらけ, 身体中血だらけになっ, 身体中酒でプンプン, 身体中隙間もなく, 身体主人へ上げる, 身体乃至物質, 身体二つの心, 身体五六ヶ所に擦疵, 身体付き声などに叔母さん心覚え, 身体位訳なく隠れ, 身体のここ, 身体使ひ過ぎて, 身体使こて仕残した, 身体使用法を比較, 身体借りましてお, 身体健全なる学生諸君, 身体健康且つ僅少, 身体優美な動作, 身体先月からた, 身体全体ぼんやりした, 身体全体能く緊張, 身体兵馬殿どうか拙者, 身体其物の上, 身体内外のこと, 身体内景の有様, 身体内部からそらす, 身体切れ目の白刃, 身体初手から離れ, 身体利かねえように, 身体労働をいとった, 身体労働者の階級, 身体動かす世話は, 身体勤柄で真面目, 身体十字架の枝, 身体千丈の堤, 身体半分がぞっと, 身体半身にまとっ, 身体個弄ばれ, 身体即肉体は生死, 身体そんなに悪く, 身体古い袷が, 身体各所の激しい, 身体嗄れた鋭いその, 身体四角な室, 身体壊れずかく久しく, 身体売ったってえ, 身体の諸物, 身体に疲労, 身体大切に, 身体小さい時死に別れた, 身体局部の故障, 身体工合の悪い, 身体強大なるが, 身体形容ことごとく端正, 身体彫ったけど金五郎さん, 身体悪うしては, 身体悪くなさるから, 身体悪臭を放つ, 身体手足が動かぬ, 身体捜査という第, 身体授戒の記憶, 身体摩擦の後, 身体時節がら殊に御, 身体本復しないか, 身体染めた髪の毛愛嬌ある, 身体検査中靴を脱ぎ, 身体検査夜は読書会, 身体検査所持品検査等のあった, 身体検査証を取かわせる, 身体構造の相違, 身体に罰, 身体権侵害の抗告, 身体機能すなわち内的自然, 身体足心性柔, 身体正面を向いた, 身体此邸で生れた, 身体殊に面体に, 身体毛ばだった頭髪, 身体をおつけ, 身体気力共に衰退, 身体にとぢ, 身体のご, 身体流汗毛髪皆立ち居る様子, 身体温まっていがんべから, 身体無闇と殴ち, 身体状況調査簿に万年筆, 身体男子に異なる, 身体痙攣て動く能わず, 身体たくて, 身体痛みて堪えがたく, 身体痩せて枯木, 身体痩せ細った顔髪は, 身体痲痺れ血凍り彼奴, 身体痺れるような, 身体発達の自然, 身体白い靴下の, 身体白浄独り珂雪のごとし, 身体的傾向性及び他, 身体的存在としても我々, 身体的形成たるに過ぎない, 身体的拘束や刑罰, 身体的構成のフンクチオン, 身体的欲望についても知性, 身体的清潔の手本, 身体的疲労神経衰弱わずらわしき世俗的苦労, 身体的発展は自然, 身体的社会は絶対矛盾的自己同一, 身体的自己においては見る, 身体的表情の類似点, 身体と骨, 身体皮膚は外方, 身体相応の大力, 身体は血走っ, 身体知識精神を発達, 身体に及ぼす, 身体精神ともに健全, 身体精神能力性格其の他, 身体組織間の感覚, 身体脳力理性品格等に及ぼす, 身体自ら熱温を生じ, 身体自体が本能的, 身体自由ならず其の, 身体若々しい音声端然たる, 身体萎羸せて, 身体薄弱のため, 身体行末長う添う, 身体衛生の為め, 身体表出をうつし出した, 身体裝飾衣服等の事, 身体見るのも, 身体部混雑し, 身体諸共躍り込み, 身体財産を害する, 身体越しに一人, 身体身寄りといふ, 身体敏です, 身体運動は如何, 身体運動ソレから私, 身体違和の感じ, 身体をつるした, 身体金色で金色, 身体長大容貌端正力能く鼎, 身体長大色白く眼, 身体附きその表情, 身体った事ア, 身体と皮, 身体骨柄痩せてこそ, 身体黒く足赤き