青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「身の上~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~踊り 踊り~ ~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~ ~身 身~ ~身の上
身の上~
~身体 身体~ ~身分 身分~ 身動き~ 身辺~ ~身體 ~車 車~ 車夫~

「身の上~」 2885, 31ppm, 3752位

▼ 身の上~ (643, 22.3%)

23 案じて 22 心配し 9 思って 7 知って, 考えて 6 聞いて 5 心配する, 気遣って 4 思うと, 考えると, 話して

3 [12件] あんじて, 哀れに, 心配した, 心配しました, 思えば, 悲しんだ, 打明けて, 案じたの, 案じながら, 話した, 語った, 顧みれば

2 [37件] あなた様に, あの説, お聞き申す, して, わが身の上, 尋ねました, 引き受けて, 思うて, 思った, 恥じて, 打ち明けて, 探って, 明かした, 明して, 更に痛切, 書いて, 案じた, 案じ合って, 極めて無頓着, 歎くに左樣さ馬車の, 気の毒に, 気遣ひ, 気遣ふ, 知ってる者, 知るよう, 祈って, 羨んだ, 考えた, 考へた, 考へると, 聞きながら, 自分の, 話したら嬢様, 語って, 語り出した, 語り合, 非常に

1 [437件] あかせし, あかせし後ダンテ, あたしが, あなたの, ありのままに, いろいろと, いろいろに, いろいろ尋ね, うちあけました, うらやましがった, うらやましく思っ, うらやみました, うらやんだの, おもって, お察し, お忘れ, お打ち明け申します, お案じ, お話しくださる, お話し申し上げ, お話し致しましょう, お銀様, かちんと, かなしんだ, かりそめ, かれこれ心配, かわいそうにも, きいたうえ, きいたり, きいて, きかれて, くらまして, ことごとく知り, ことさらに, この内, これまで, さぐり出し書物, さっぱりと, しばし忘れ, しみじみと, しゃべられでもしたらと, しらべて, しんぱいしました, すっかり聞かされ, すっかり話し, そしてまた, その一々, それぞれ思っ, それとなく気づい, たずねた, たずねられて, たのんだ, だれかに, ちと伺いましょう, つ, つつんで, つぶさに聞け, とやかくと, どうしてあ, どれだけ, どれほど, どんなに小, なんにも御存じ, はじめ彼女が, はなした, ば精しく, ば聞き知れるなりけり, ひしひしと, ひどく案じ, ふびんに, ほぼ知りました, まもりたまえ, ゆっくり承っ, ようご存知らしい, よく与八, よく知らない, ダンテに, 一から, 一二銭で, 一番悉く, 不仕合せな, 不便と, 不憫にも, 中の, 云う時, 他人同様きき流す, 何で雲め, 何とか始末, 何やかやと, 余人に, 侘ちぬ, 保護し, 出来るだけ, 判断したくなる, 労い自ら合掌, 匂はせる, 匂わせた, 匂わせるよう, 卜う, 占いに, 占ふ, 又し, 反省し, 哀つ, 唄った, 唯し, 問いますこれ, 問い訊, 喜ぶよう, 喜ぶらしかつ, 喜べば, 嗅ぎ付けて, 嘆いて, 嘆願いたした, 嘘みたいな, 囁いた, 夜も, 夢では, 大切に, 大変心配し, 守って, 守りたまえと, 守ります, 守るとも, 守るん, 安じ, 宜しくお, 尋ねしに, 尋ねた, 尋ねたり, 尋ねて, 尋ねる, 尋ねるつもり, 少しく説明, 少しは, 少しばかり, 少しも, 帆村は, 平凡な, 幾度と, 幾度叱られた, 幾重にもお, 引受けて, 引受けてから, 引受け二十八歳, 強く意識, 当家の, 彼女自身潜在意識的に, 徐ろに, 御存じなれ, 御承知, 御案じ, 御覧です, 御覧なさるなれ, 御覧を, 御頬, 微かに, 心から気, 心に, 心の, 心細がっ, 心配しいしい帰っ, 心配しつづけた, 忘れた, 忘れて, 忘れること, 念入りに, 思いあわれに, 思いうかばせた, 思いきり泣こう, 思いそれ, 思いだした, 思いつめながら, 思いやって, 思いやらざるを, 思いやり泣く女, 思いやるみたい, 思いわずらうもの, 思い出したと, 思い出して, 思い合せて, 思い屈して, 思い折々, 思い煩らうの, 思い続けて, 思い黯然, 思うその, 思うばかり, 思うばっかりに, 思うよう, 思う余り, 思う心, 思っては, 思つ, 思つて居た, 思ひや, 思ひ続けつ, 思ひ続けて, 思ふと, 思わない事, 思わぬわけ, 恐ろしきもの, 恥らひ, 悪くとりはからわない, 悲しく思いました, 悲しく感ずる, 悲しみました, 悲しんだの, 悲しんで, 悲観し, 想い繋ぎます, 想う電気, 想って, 想ふて, 想像し, 想像した, 感付く, 慨き, 慮ふこと, 憂ひて, 憂慮て, 憐むのであつた, 憐れんで, 憐れ不便と, 憐んだ, 憶ふ, 懇, 懐って, 懺悔しない, 我が身の上, 我に, 打あけた, 打ちあけて, 打ち明けた, 打ち明けると, 打ち開けて, 打明けしに, 打明けた, 打明けた時, 承わり, 投げかけて, 持って, 推測る, 推量する, 政七や, 日記に, 旦那に, 早く明かせ, 明かさずに, 明かしそして, 明かしたこと, 明かした後, 明かして, 明かしました, 明した, 明し親, 明白に, 書き連ねて, 書こうと, 東京弁を, 果敢なみに, 根ほり葉掘り聞く, 案じこれ, 案じつつ, 案じての, 案じどうにも, 案じながらも, 案じられ助け, 案じるか, 案じる外, 案じる形, 案じわびて, 案じわびられたそう, 案じ合つて, 案じ寝も, 案じ御, 案じ暮らした, 案じ顔, 案ずること, 案ずるの, 案ずる場合, 楠が, 歎き, 歎き暮らし, 歎くにさ, 正直に, 残らず御存じ, 母親の, 気づかい三月二十日, 気づかうもの, 気づかう恰好, 気の毒がり, 気遣うので, 気遣う余り, 気遣う口振り, 気遣った, 気遣ったから, 氣づか, 氣づかつた, 氣づかへる, 氣の, 氣遣ひ, 氣遣ふ, 氣遣へ, 決して疎か, 波田に, 深く批判, 物語って, 物語りますと, 物語ると, 申しやせんでしたが, 申せば, 男に, 相談され, 相談し, 省みつつ, 省みて, 知ったの, 知らずが, 知らずといふ, 知らないに, 知らぬ, 知らぬの, 知らば, 知りたかった, 知り一度, 知り盡, 知ること, 知ると, 知るに, 知る事, 神君に, 私は, 空想し, 笑止がっ, 筆に, 羨まう, 羨ましがる, 羨むと, 羨やむ, 羨望し, 考えさせありも, 考えさせられるの, 考えました, 考えるとき, 考えるとも, 考えれば, 考へて, 考へれば, 聖母マリヤに, 聞いたので, 聞いた上, 聞かれたり, 聞きおるうち, 聞きたいと, 聞きました, 聞きましたらあなた, 聞きもし, 聞き合わせると, 聞き知りてか, 聞く, 聞くと, 聞く機会, 聞こうと, 聴くと, 職務上こ, 聽い, 聽きました, 自分で, 自分に, 艶子は, 苦に, 蔭ながら, 見守って, 見定めてからの, 言い当てて, 訊いて, 訊き溜めようと, 訊き糺した, 訊こうと, 託した, 訴えて, 訴えるもの, 訴ふる, 話したら是, 話しました, 話しますと, 話しゃあこういうわけさ, 話し出した, 話し出したが, 詳細に, 語ったという, 語ったの, 語りだすこと, 語りました, 語り合う, 語り合った, 語り合って, 語り定めたる後, 語り終り, 語る, 語ること, 語るの, 語る時分, 説明し, 誰か, 誰にも, 誰も, 調べさせて, 調べて, 調べなければ, 調べること, 調べ抜き百年目, 警固させ, 較べて, 運命にとのみ, 酷く心配, 開かしたり, 隠さずに, 隠したまま, 隠すか, 隠そうが, 離れて, 青空の, 頼まれたは, 頼みます, 頼む, 頼り合ふ, 頼んだ, 頼んだこと, 頼んだ女房, 頼んでからと, 願ひ, 願ひし, 顧みた, 顧みて, 驚異を

▼ 身の上~ (497, 17.2%)

38 なって 13 何か 8 なったの 6 同情した, 就いて, 就て 5 なること, ふりかかって 4 なつた, もしもの, 変ったこと, 変った事

3 [13件] かかって, なった, なったから, なるの, 不慮の, 取って, 同情し, 変事が, 就いては, 引き比べて, 起って, 関係した, 降りかかって

2 [31件] して, そんな変事, とりついて, どんな事, なったこと, なつて, なりました, なりましたが, なろうと, ひきくらべて, 一つの, 似て, 同情を, 心を, 悲劇が, 成ったから, 成ったは, 成った者, 疑いを, 神のみ業が, 移して, 絡んで, 襲いかかって, 話が, 起こったの, 起こって, 起った, 起った事, 起つた事, 起つた事件, 重大な

1 [293件] あって, あてはまる, あて嵌まって, あらわれる, ありし事, ありそう, あるよう, いたく同情, いたし又, いつかおなじ, いつもいつもつい一度, いよいよ沈ん, いろいろの, うけ入れにくく, おおよそどんな, おこったこと, おこった場合, おこった悲劇, おこって, おこるまじめ, おこる起伏, おそろしい危難, おなりあそばした, おなりあそばしました, おなり遊ばした, お怪我, かえると, かかはる事, かかる事, かかる追手, かかわる事柄, かけて, きっと危険, この土地, この禍い, こんな気がかり, ご用心, さしせまっただいじの, させて, さる深き, しんぱいな, それほどまずい, そんなこと, そんなとんでも, ただこれこれ, たのもしい効果, ちがいなかった, ついて, つきその, つまされ役, どういう子細, どうも嫌疑, どのくらいの, どんなあやまち, どんなこと, どんな不幸, どんな係り合い, どんな災難, どんな秘密, なったからと, なったが, なったと, なったら何, なったわけ, なった以上, なっては, なにか困った, なにくれ, ならずとも, ならずに, ならなくて, なられいや, なりたく思う, なりながら, なりぬると, なりましたこと, なりました事, なりまして, なりますの, なりますもの, なりまするよう, なり下り, なり世の中, なり心細く, なり殊に, なるばかり, なるん, なれたの, なれたら何, なれば, なれるん, ひどく気の毒, ひょんなこと, ぴったり合った, ふって, まがつひあらんと, まちがいが, めぐって, もしや何, もどろう, やさしかった, やってくるもの, やわらげようと, わいて, ツイ話が, ロクな, 一体何事が, 一大事が, 一大秘密の, 万一の, 不利益が, 不吉きわまる, 不吉な, 不幸が, 不幸の, 不義は, 事が, 今何事, 付いて, 似通う点, 何の, 何も, 何んと, 何事か, 何事の, 何等かの, 係る衝突, 候, 候されど, 全くの, 具体的には, 凶い, 凶事あらせじ, 凶事が, 切実な, 別状なき, 到ると共に, 加へ, 十七年の, 危うき事, 危害の, 危険が, 危難が, 及ぶ, 及ぶと, 及ぶやう, 及んで, 取り返しの, 口を, 同情せず, 同情の, 向け更, 吹き募つて, 善くない, 喩へ, 四度まで, 在るとは, 執っては, 変つた, 変わりが, 変事でも, 大危険, 好い結果, 宿りたまえ, 寄せたから, 寄せて, 就き父母たる者, 就ては, 幸あれ, 引きくらべて, 引きくらべての, 引きつけて, 引き受け智者, 引き直して, 引き較べて, 引受け人々, 当て篏め, 心の, 応用し, 応用の, 怖ろ, 思いが, 思いがけない災難, 思いも, 思い及び無用, 怪我は, 恐ろしい災難, 悪いこと, 悲運が, 惡い, 想いを, 想ひ及び, 懸けられて, 成ったの, 成ったらその, 成ったるも, 成って, 成つた者でなけれ, 成りましたも, 成り下って, 成り果てまして, 戻して, 手出しが, 投げかけて, 拘わること, 振りかかった危難, 振りかかって, 授けられた夢物語, 掛かつ, 敏感な, 新に, 於いても, 早くも, 映って, 有ったこと, 望んだ事, 来て, 来ないうち, 来ない中, 来よう, 来るとは, 来れば, 歸著する, 比べて, 気が付くと, 氣が, 法冷かに, 波瀾の, 泣きて, 涙を, 深くも, 湧いて, 満足し, 潜める物語り, 生れ異, 疑わしき点, 目撃される, 相成候, 神仏の, 祟りが, 移すこと, 種々な, 種類の, 突き當つた, 窮めし楽, 立ちいること, 結びつけられた, 置かれた人形時計, 能く, 落した奴等, 落ちか, 落ちかかって, 落ちて, 落ち込んで, 落て行, 蒙った生活破壊, 見られて, 触るるも, 話頭を, 走るとき, 起こった, 起こったかという, 起こったらどうか, 起ったこと, 起った世界一, 起った事件, 起った今, 起った出来事, 起った問題, 起つた, 起りし奇蹟的現象, 跳ね返って, 蹴落したから, 返る, 通じて, 通じるもの, 違いない, 違えねえから, 間違いでも, 関る, 関係し, 関係の, 降りかかる大, 降りて, 降るとも, 障るから, 隠すべき点, 集めた, 集注し, 零落れ果てたと, 非常な, 馳せて, 馳せながら

▼ 身の上~ (216, 7.5%)

15 をし 10 をした 7 をする 6 を聞い 4 をきかせ, を始める 3 をきい, をはじめた, をはじめました, を始めた, を聞いた

2 [11件] がある, といっ, もし, をきいた, をさせ, を一通り, を始め, を少し, を聞かせ, を聞き, を聞く

1 [133件] いて, から始めよう, から真, があり, がしたかった, がたちまち, がはじまった, がはじまろう, が人々, が口, が終る, が聞きたい, が訊きたい, が雑誌, さえされた, だけだ, だと, であるには, でございましょう, でございますよ, ですって, でその, では, でもする, で美代吉, というの, というもの, といふもの, とおっしゃいました, とその, と見られる, などが出た, などが空想, などした, などする, などにて候ひき, なども混, なの, なんぞ聴く, なんて野暮, にし, になっ, になった, になりました, になる, には少し, にまかせた, に及ん, に大事, に幾頁, に聴き入り, に話, に類似, のつまらな, のほう, の一部, の九分九厘, の断片, の終, の続き, はここ, はつまらん, はほとんど, は一篇, は小説, は然し, は終った, またはてん, もする, もない, も出る, やお, や雑誌, や食事, らしいもの, らしくない調子, を, をあなた, をあまり, をお, をお許し, をお話, をきく, をさせる, をしだした, をしない, をしました, をします, をしみじみ, をそのまま, をでございます, をでも, をはじめ, をばかばかしい, をシンカラ同情, をフランク・ブレイスブリッジ, を一ツ, を一応, を並べた, を冷静, を初め, を初めた, を初める, を始めました, を引き出さなけれ, を御, を手繰り出す, を打ち明ける, を承りましょう, を持っ, を持つ, を書い, を物語った, を申し上げる, を終る, を結んだ, を繰り返し繰り返し聞きたがりました, を聞いたなら, を聞かされ, を聞かされよう, を聞かし, を聞きたがらぬ, を聞きてえ, を聞きます, を聞け, を聴い, を致しました, を茶, を話し出され, を語った, を語りたがる, を談, を買い

▼ 身の上~ (203, 7.0%)

16 ことを 5 ことは, ことも, 事と 3 ことなど, ことに, ように, 事で, 物語を

2 [11件] こと, ことである, ことなどを, 事に, 事は, 人だつた, 女と, 相談を, 者が, 話を, 説明を

1 [135件] あぶないこと, あらましを, ある事件, ある方, ある時期, おおよそを, おしまいに, お方さまを, お方だ, お方と, お話が, お願いを, かいな, ことが, ことすらも, ことだ, ことでした, ことと, ことなんかは, ことについて, ために, ためらし, たよりない, ままに, ものです, やうに, ようだ, ようで, ような, ようにしか, ワシリでは, 一つの, 一大事と, 一大事とは, 一端を, 不安を, 不幸な, 不幸を, 予言では, 事, 事から, 事です, 事なんか, 事について, 事については, 事まで, 事を, 事実は, 事実譚らしく, 事情は, 人が, 人だった, 人だろう, 人で, 人な, 人に, 人間から, 人間な, 今宵如何に, 今晩の, 保護を, 儀は, 公約数を, 判断は, 判断を, 危険を, 吉凶を, 君の, 哀れが, 噂は, 変化には, 変化の, 多幸ならむこ, 大事を, 大略を, 女が, 女であろう, 女な, 女性が, 如き全たく其, 妬ましく感ぜられぬ, 始末などは, 姫君たちに, 娘の, 孤独寂寥に, 安全と, 安房の, 寒さ, 小利害, 少女が, 幸福は, 幸福を, 後家さんだった, 御沙汰を, 思うに, 恋愛といった, 恐ろしさ, 恐怖でない, 恥かしく長く, 慾望とのみ, 憂きを, 方が, 方は, 日毎輝き勝る, 旧歓今悲, 概略を, 気散じは, 氣づかはれ, 激しいうつり, 現実とも, 男に, 疑惑を, 百姓と, 秘密よ, 秘密を, 秘密所謂, 移り変りを, 程を, 精算に, 素姓を, 素性を, 者でございます, 者は, 苦しさ, 複雑な, 解剖を, 話と, 話なぞまで, 話も, 話や, 負担, 述懐で, 長物語は, 青年たちだつた, 面倒を

▼ 身の上~ (117, 4.1%)

6 有りながら 4 あつた 2 ござります, とてもそんな, ゐて, 勝手に, 彼女が

1 [97件] いる場合, おいで, おのずと閾, お前は, お在, お屋敷, お庭, お父さんの, お閑暇, がす, がんすから, げすな, こうなる, このお, この際おもて向き, これという, これも, ござりました, ござりましょう, ごぜえ, そいで, そう云う, そして今, そのまま出発, それが, そんな事, そんな贅沢遊び, でも, どうか願いたい, どのみち道関, なんだ, ね, みだりに門外, わたくしを, ナア剣の, ランプの, 万一その, 不満足など, 主人も, 今度の, 介抱の, 会おうと, 位など, 体力において, 何が, 何の, 何処へ, 何卒し, 併し, 僕には, 兄の, 公然たる, 其の日, 其の様, 其様な, 内妾, 十両などと, 可愛そう, 唯た, 喰い方, 好い女, 婦人と, 家内の, 居る者, 店の, 彼様な, 揚代金を, 旅慣れぬ, 昨年九月頃から, 晴れが, 有りますからね, 有る事, 歌が, 此の, 此奴は, 此者が, 泥水に, 炭屋の, 生涯の, 皆さんの, 磐代まで, 私が, 緩くり, 縮緬の, 老年に, 虎の子の, 血族結婚の, 行動の, 要も, 見れば, 負債も, 賭博を, 近年甚く, 道の, 金助さん頼みます, 離婚の, 馘首に

▼ 身の上~ (101, 3.5%)

3 気に 2 分ると, 変って, 心配で, 案じられて, 物語の, 顧みられて

1 [86件] あぶないで, あぶないと, あぶないので, あまりに哀れ, いやに, お便りの, こういうよう, これで, しみじみと, ただちに自分, ただ奇蹟, だいたい分った, どうなっ, どんなに特別, なんだか不安, なんだか不憫, なんとなく危ぶまれる, にわかに案じられ出し, ばれるなんと, まだ世間, もうすつかり分つたか, やや詳細, わかつたの, わびしくて, 不満であった, 不滿, 人も, 今は, 似て, 何だか哀れ, 何とも言えず, 何よりも, 信じられなかった, 儚なく思われた, 分からないこと, 危ないと, 女であっ, 妾の, 安定する, 定まらんでは, 定まれば, 将軍家の, 幸福に, 心に, 心配だつた, 心配と, 心配に, 心配の, 怖いから, 思い出され私, 思はれ眼瞼, 急に, 恐しくなり, 想像し, 打ち明けたくないの, 改めてかえりみられる, 数奇を, 本当か, 案じら, 案じられた, 案じられますから, 案じられますどうぞ, 極まったの, 次第にわかっ, 気がかりでございます, 気づかわれて, 気の毒であり, 気の毒でも, 気の毒に, 気遣われて, 気遣われるから, 淋しく心細く成っ, 痛々しく思われた, 知りたければ, 知れた, 祟って, 羨ましいもの, 羨ましくなり, 聞きたい以前, 聞きてえの, 覚束無え, 説明された, 金で, 関心では, 露れた, 餘に

▼ 身の上~ (89, 3.1%)

2 どうなる, なかなかお, 伯父に, 日本の

1 [81件] ありませんね, いつどう, いつも何, この刹那, これ, これまでより, すっかり謎, その夜, ちがうだろうと, とにかくこう云う, どうかと, どうだろう, どうなっ, どうなった, どうなったであろう, どう変わった, どこからが, どれほどか, もとより, わが上, わたしが, ボーヴェーの, 一体まあどうなる, 一変しました, 一層夜露, 一時変った, 予て申し上げます, 二人と, 云おう様, 今に, 今まで, 何う, 何うなっ, 何にも, 何処へ, 何分頼む, 余り幸福, 分らぬもの, 別に御, 剣の, 危うい事, 又と, 可哀相と, 同情に, 君も, 多事多端です, 如何だ, 妾の, 安心したれ, 実にこの, 察しられて, 小説の, 師匠も, 幸福でなけれ, 後醍醐に, 心から可哀相, 思わじと, 打明けないの, 推して, 故郷に, 暫く措い, 最前張飛どのから, 格別変った, 気の毒だ, 決して欠け目, 無えって, 無事で, 申迄も, 町人と, 益満が, 知って, 知りませんでした, 私には, 私の, 羨ましくなく, 考えて, 考へて, 自分の, 自業自得の, 解りかねる, 長屋の

▼ 身の上~ (71, 2.5%)

6 なった 3 なりました 2 なったの, なって, なつた, 相成りました

1 [54件] あれば, いいとりわけ, いうて, いそいそと, お察し, お知り, てんで違う, どうして自分, どんな関係, なったかと, なったから, なったが, なったであろう, なったのに, なったもの, なっては, なつて, ならなければ, なりしは, なりましたから, なりましょう, なり仕方, なり妻, なるじゃ, なるため, なるもの, なる今, ソックリの, 一所に, 仰しゃいましたが, 伺って, 兄が, 切なき胸, 切なる, 変わりが, 妻は, 密旨並びに, 思います, 思ひ比べた, 成りました栄枯盛衰, 最前までの, 汝を, 涙ながらの, 申しまするの, 目的を, 相成ったの, 知らないの, 種々心配, 符合し, 聞きました, 見えた, 言いただいま, 言って, 逆境に

▼ 身の上~ (70, 2.4%)

3 気に 2 聞いて

1 [65件] あったもの, あやういもの, あるおのれ, およそ, お前の, お聞き申さね, お話し申し上げね, こうでしょう, こちらの, このすね法師, ご生死, そろそろ考え, ただでは, ちがうが, まずは似, みんな承知で, もとはと, わたしには, われらの, 事情も, 些は, 人形の, 他人の, 低能児の, 何う, 何うなる, 何もかも当りは, 信乃に, 全く私, 同じこと, 固めると, 変わって, 大分明, 安心し, 察して, 少からず, 少なからず, 引き受けなければ, 彼に, 心がかりな, 心配し, 心配だ, 心配なし, 思い合わさるる, 思ったより, 思わなければ, 急転しました, 悲しい, 更に可哀そう, 案じられますから, 案じられる, 棄てては, 益々不安, 省られ, 知って, 知つてゐる, 知れよう, 私が, 考えた, 考慮に, 言って, 話しました, 郁太郎さんの, 随分不思議, 隠して

▼ 身の上~ (68, 2.4%)

2 ということ

1 [66件] あれで, からうかうか, からそれ, からと宇乃, からまだ, からやがて, から三十両, から些, から仕方, から何事, から何処, から余, から先, から出来る, から別に, から勘弁, から奥州, から己, から早い, から是, から楽屋, から然, から自由, から若い, から蓮っ葉, から言葉, から誠に, から辛抱次第, がどう, がね, がねえ, がまさか, がまア, が丹治殿, が彼, が急い, が昔, が渋川, が甲府城下, が突然, が運, けれど一生けんめい, し心, し自由, ぜ, つたのです, で御, という, というの, とお, とは一見, と云, と君方, と思う, と感ずる, と申しました, と知っ, な手前これ, まごまごし, むかし春秋戦国の, もの, よろしいよろしい, 斯う, 殊に一人, 浪人者で, 私は

▼ 身の上では~ (56, 1.9%)

2 ありません, ない, ないの, なかった

1 [48件] あの可愛らしい, ありますが, ありませんか, ありません只今, ありません無礼, あるが, あるまいか, あるまいかと, ございません貴方, ごぜえ, それを, ちょっとこちら, とてもそんな, とても表向き, どうする, ないおそくももう, ないか, ないかと, ない形, ない服従, なかったろうが, なかつたが, なかつたで, なかつたらしい, なくて, なし私, 三文も, 二貫文の, 仔細有っ, 余りに間隔, 全くもつ, 八橋を, 兵部卿の, 困る, 夜中よりも, 天子の, 巨く, 感心な, 才覚の, 斯様な, 有りません, 有りませんが, 火星探険と, 無いが, 百両の, 薄氷を, 貴方方, 迚も

▼ 身の上にも~ (49, 1.7%)

2 また普通以上, 何か, 変化が, 知られまするとて

1 [41件] ある大きな, いつかは, かかわること, かんじた, さまざまな, しあわせの, その運命, それこそ, それと, はじまらなければ, みるよう, やがてこういう, やってくるであろう永い, 一変化起る, 世間の, 似て, 何かの, 係るべしとの, 及ぶとともに, 及んだ, 反射し, 困苦窮乏の, 多少の, 大きな使命, 実現する, 展開し, 御同情, 拘わるだろうと, 昔の, 最近不愉快な, 来るべき不如意, 様々の, 深い秘密, 知れまするとて, 私相当の, 立てられて, 蔽いかかって, 見受けられるの, 起こった, 転変甚だしかっ, 魔法使いの

▼ 身の上ばなし~ (44, 1.5%)

3 をした 2 をきく, を始めた

1 [37件] からひとつ, か相談, せしとき, せし時, でしたが, などその, になります, に守時, に故郷元, に母様ホ, に耳, に釣りこまれ, の出来る, はおれ, は恐怖, も出来る, も前後辻褄, も委細, や芸談, より先づ秋風, をし, をしだした, をしましょう, をする, を始めました, を持っ, を申しあげます, を申し上げた, を知った, を結ん, を續けた, を聞かされ, を聞かされた, を聴き, を話しだし, を語っ, を語り合った

▼ 身の上である~ (36, 1.2%)

3 ことが, ことを 2 からまだ, から当人, のを

1 [24件] からか家, からこうして, からゆったり, から恐々, から明日, から株式, から表向き, か私, がこれ, が今, が致し方, が若気, けれどもお, ことに, ことは, ことをも, と思う, と考へ, に相違, のか, ので其交, ような, 以上は, 老母が

▼ 身の上について~ (33, 1.1%)

1 [33件] おそるべき相談, お松に, かれこれいう, こんなこと, さらに逆転, しばらく問答, やや精しい, わたくしも, 予備知識を, 伊太夫へ, 何か, 俄に, 多少の, 少しく説明, 御話, 心配しました, 心配する, 感じたの, 描写の, 昨日も, 村田から, 此間から, 特に御, 知りたいと, 知りたいまた, 秀吉から, 細かいこと, 経験し, 考えた, 考えて, 見通しの, 言わるること, 調べを

▼ 身の上相談~ (25, 0.9%)

2 の先生

1 [23件] がどうして, ではわが, で牛込, というところ, として実際, なので, にしろ, にのっ, にはならん, にも応じる, に当っ, に来ち, に行きます, に訴え, のよう, の手紙, の答え, の解答, の解答者, はプロレタリア, もあっ, よきっと, を聴い

▼ 身の上~ (24, 0.8%)

4 んです 3 のだ, のである, のです 2 のでございます, んだ 1 のであった, のであろう, のでた, ので佐吉さん, ので憲房, のよそう, んで

▼ 身の上には~ (24, 0.8%)

2 格別の, 種々な

1 [20件] あまり興味, まだ何事, 万に, 今に大変, 何かと胸, 何の, 危い, 実に容易, 幾多の, 憎くし, 成れんが, 来べきこと, 死の, 甚だ適切, 痛切に, 直接あてはまらない, 私の, 絶対に, 複雑な, 非常な

▼ 身の上でございます~ (23, 0.8%)

2 から, から何分

1 [19件] からいつ, からくれぐれも, からな此の度, からもし, から又, から此, から遠慮, から雪, がそれ, がまったく, が疾, と云, と云う, のね, もんです, ゆえ, ゆえ今年から, よ, 琵琶も

▼ 身の上です~ (15, 0.5%)

2 から自分, もの

1 [11件] からいつ, からお, からその, からそれだけ, からね, からむしろ, から新蔵, から隠れる, がしかし, のに, へえ何

▼ 身の上判断~ (15, 0.5%)

2 を頼み

1 [13件] だの, と割書, などし, などに使うべき, なんてもの, は思っ, もした, やなに, をし, をする, をやる, を依頼, を請う

▼ 身の上でも~ (14, 0.5%)

1 [14件] ある, おあり, お前たちの, ございましょうが, ございませんから, ない, ないから, なかつた, ひとの, やがては, やはり感ずる, 中根善之進何者とも, 心配する, 話して

▼ 身の上だった~ (11, 0.4%)

2 のです 1 が二十歳, しこの, とはいえ, と知れた, な, のか, のである, のでしょう, んだ

▼ 身の上という~ (11, 0.4%)

5 ものは 2 ことに 1 ことが, ことだ, ことなどが, ので

▼ 身の上とは~ (11, 0.4%)

2 なった 1 いえ久兵衛, とりも, どっちが, なりぬ, なりも, 思わぬ, 最初から, 知らないで, 知らなかった

▼ 身の上~ (11, 0.4%)

2 月に 1 お品, この国, 一藩の, 心の, 悲しい事柄, 昔の, 生地を, 考へに, 馴初めの

▼ 身の上なれ~ (10, 0.3%)

1 ども仲間大勢, ど文, ばこそ俺, ばともかく, ば免, ば定め, ば御, ば此, ば甚だ, ば篤と

▼ 身の上については~ (10, 0.3%)

1 きわめて敏感, さらにいう, たま, だれも, 何も, 叔父ほどに, 多く語る, 多く語ろう, 実際よく知っ, 触れて

▼ 身の上から~ (9, 0.3%)

1 お話しする, お話し申さなけれ, この店, である, 申しませんと, 種々心配し, 聞き初めた, 腕一本で, 自分の

▼ 身の上じゃ~ (9, 0.3%)

1 ない, ないか, ないから, ないの, ないよ, アない, アに, ア有りません, 誰と

▼ 身の上であった~ (9, 0.3%)

1 か, からそれだけにまた, からです, がかれ, がただ, けれども誠実, こと少し, のです, ものを

▼ 身の上に関する~ (9, 0.3%)

1 ことだ, ことでなかったなら, ことは, ことを, すべての, 不審だけは, 場合には, 最も不名誉, 種々なる

▼ 身の上であり~ (8, 0.3%)

1 いつでも, ながら何ん, ながら何故, ながら出家, ながら密夫, ながら御, またすべて, 物質的には

▼ 身の上をも~ (8, 0.3%)

2 考えさせられた 1 善きに, 変えて, 彼は, 懸念し, 深く案じ顔, 聞き知った

▼ 身の上話し~ (8, 0.3%)

2 を聞かし 1 さへ, にお, に移っ, は申し, やら何, を

▼ 身の上などを~ (7, 0.2%)

2 空想する 1 いろいろに, 例えに, 少しばかり, 探りを, 探り取ろうという

▼ 身の上~ (6, 0.2%)

1 や, やありません, やが, やない, やよ, や出来る

▼ 身の上なら~ (6, 0.2%)

1 いっそ早い, いよいよもっ, ばはじめ, ば無論, ば的, 御心配

▼ 身の上なり~ (6, 0.2%)

2 ければ 1 ける, しさ, 宜なり, 芥川あはれに

▼ 身の上とて~ (5, 0.2%)

1 この上, 京都の, 伯母に, 摂津国安倍野といふ, 諸芸

▼ 身の上など~ (5, 0.2%)

1 うちあけた, おそらく口, 思ひつつ, 聞いて, 詳しく打ち明けた

▼ 身の上までも~ (5, 0.2%)

1 いろいろ思い悩ん, お咄申上げ, 忘れ果てし, 案じて, 汚れるよう

▼ 身の上であります~ (4, 0.1%)

1 から, からお, が案山子同様, けれど春

▼ 身の上でない~ (4, 0.1%)

1 から行, ので仕, 其の方, 女房らは

▼ 身の上として~ (4, 0.1%)

1 その精神, 今斬られる, 天にも, 首に

▼ 身の上にな~ (4, 0.1%)

1 つてからは, つてゐ, つて唯, ッた

▼ 身の上ばかり~ (4, 0.1%)

2 では 1 でなく川それ自身, 案じて

▼ 身の上~ (4, 0.1%)

2 落ちて 1 押しかかるもの, 落ちた晩

▼ 身の上やら~ (4, 0.1%)

1 想像やら, 愚痴やら, 生口やらを, 驚くやう

▼ 身の上~ (4, 0.1%)

1 しが, しを, をし, を訴え

▼ 身の上~ (4, 0.1%)

1 がはずん, などし, などを例, に及んだ

▼ 身の上お話し~ (3, 0.1%)

3 にも成りませぬ

▼ 身の上~ (3, 0.1%)

1 え, よく御存知, 知れんが

▼ 身の上こそ~ (3, 0.1%)

1 この上, 悲しけれ, 案ぜられる

▼ 身の上であっ~ (3, 0.1%)

1 てみれ, ても城太郎の, て道

▼ 身の上どう~ (3, 0.1%)

1 かその後, なるもの, 云う理由

▼ 身の上ながら~ (3, 0.1%)

1 思ひあがれる心, 芳江殿の, 親が

▼ 身の上なぞを~ (3, 0.1%)

1 様々な, 聞き出す因縁, 話すもの

▼ 身の上についての~ (3, 0.1%)

1 さまざまな, 事項を, 詮議が

▼ 身の上についても~ (3, 0.1%)

1 なんらの, 力に, 考えさせるだけ

▼ 身の上にて~ (3, 0.1%)

1 たと, 斯様な, 言えば

▼ 身の上にとっては~ (3, 0.1%)

1 このうえないなぐさめであった, まさしく悪鬼, 喜んで

▼ 身の上ほど~ (3, 0.1%)

1 わからないもの, 変化極りない, 解らないもの

▼ 身の上~ (3, 0.1%)

1 じゃ小説, というもの, よりもその

▼ 身の上貴君~ (3, 0.1%)

3 は立派

▼ 身の上~ (2, 0.1%)

1 累が, 見送り致さぬ

▼ 身の上その~ (2, 0.1%)

1 御遠慮, 時々の

▼ 身の上ぞと~ (2, 0.1%)

2 見る眼危き

▼ 身の上だけに~ (2, 0.1%)

1 何処か, 貧乏に

▼ 身の上だけは~ (2, 0.1%)

1 お母様に, どうぞ御

▼ 身の上でございまし~ (2, 0.1%)

1 て, て老体

▼ 身の上でした~ (2, 0.1%)

1 から仕方, の

▼ 身の上とも~ (2, 0.1%)

1 思ひ合せふつ, 知らず欺

▼ 身の上なども~ (2, 0.1%)

1 思い迷うた, 訊いたり

▼ 身の上なる~ (2, 0.1%)

1 を匂, 哉と

▼ 身の上にぞ~ (2, 0.1%)

1 ありける, 止めける

▼ 身の上につき~ (2, 0.1%)

1 御厚情相, 申しあ

▼ 身の上にのみ~ (2, 0.1%)

1 目を, 集注され

▼ 身の上にゃ~ (2, 0.1%)

1 アならなかった, ア往かない

▼ 身の上のみ~ (2, 0.1%)

1 かかる翁, ならず見廻す家

▼ 身の上まで~ (2, 0.1%)

1 思いやるよう, 思ひやるやう

▼ 身の上までを~ (2, 0.1%)

1 彼自身宮の, 簡単で

▼ 身の上ゆえ~ (2, 0.1%)

1 たとえ年, 怖い恐ろしいも

▼ 身の上をば~ (2, 0.1%)

1 妹の, 独り様々に

▼ 身の上悲しく~ (2, 0.1%)

1 ああ甲斐, いかで父様

▼ 身の上相談欄~ (2, 0.1%)

1 というもの, にでた

▼ 身の上知らず~ (2, 0.1%)

1 とはこれ, とはよく

▼ 身の上談話~ (2, 0.1%)

2 をなす

▼1* [164件]

身の上あらまし聞て失礼, 身の上あり春の, 身の上あゝ案じられる国家老, 身の上いかに嫁に, 身の上いまや自分たちも, 身の上かいつまんで回向がわり, 身の上かもしれない, 身の上かわいそうだと, 身の上きゆうくつな, 身の上こころもとなしと戻っ, 身の上この度帰国いたしました, 身の上これが寧そ, 身の上へ話した, 身の上さえわかっちゃ, 身の上さだめしおつらかろ, 身の上さりとはまた, 身の上ぞやこれも, 身の上だったらそれこそ, 身の上だってこうだ, 身の上だろうが同じ, 身の上つてどんな事, 身の上であったならと悲観, 身の上でこそあれ無礼, 身の上でございましたからそう, 身の上でござるもの, 身の上でござればいつ, 身の上でござんして良人, 身の上でしたら私の, 身の上でなくてあの, 身の上でねえ事は, 身の上で御座いまして, 身の上で御座いますからそれ, 身の上で無いを御存じ, 身の上といへるでしよ, 身の上とが二人に, 身の上ところが己が, 身の上としても野呂だけは, 身の上とぞ思はれける, 身の上どうぞ力に, 身の上などからこの一篇, 身の上などが案じられたの, 身の上などにもしもの, 身の上などは問題に, 身の上ならねば出来得る, 身の上なら帰りたい位でした, 身の上なら落ちかかって来, 身の上なるべきをお, 身の上なんぞは世間並みに, 身の上なんとしても, 身の上にかとにかくそうした, 身の上にたいする心配と, 身の上にでも災難が, 身の上にと其の時分, 身の上にとってただごとに, 身の上にまでその事, 身の上にや思ひ比べけんと, 身の上に対して同情は, 身の上に対する同情から, 身の上はてこれは, 身の上ばかりの寄り集まりだ, 身の上ばかりを気遣って, 身の上へはいつも物騒, 身の上また五郎三郎殿も, 身の上までが不安でならなかった, 身の上までの露見を, 身の上むしろ旅を, 身の上やろもうもう止め, 身の上ゆえ乞食も同じ, 身の上ゆえ敢て淋しい, 身の上ゆえ本郷春木町の指物屋岩吉方, 身の上ゆえ頓と其の, 身の上よく分った, 身の上よしんば大夫が, 身の上より云ふ, 身の上よりは自分たちの, 身の上らしい小学校長で, 身の上らしくさすれ, 身の上を以て来たの, 身の上一つのうば車, 身の上万一間違でもあっ, 身の上三八などは前, 身の上不幸にし, 身の上の身の上, 身の上互に逢いたいと, 身の上五十を過ぎし, 身の上は浪人, 身の上今日はわが, 身の上他人ごとにし, 身の上仮令悪人でも, 身の上何と御内儀, 身の上何卒死なして, 身の上依頼状などを認め, 身の上來孱弱の, 身の上先程露月よりうけたまわりました, 身の上八九寸四五十匁から百匁近く, 身の上切取強盗は, 身の上判断文銭占ないという, 身の上しと, 身の上お前という, 身の上同志でした, 身の上向うは二男, 身の上と漫, 身の上うかうかとして, 身の上因果な恋, 身の上大事がるが, 身の上奧州屋新助, 身の上如何相成りますか, 身の上はあの, 身の上安否について抱い, 身の上実においとしい, 身の上家の上村の上, 身の上家付の娘, 身の上家康の恩顧, 身の上寧そ一思いに死にとうございます, 身の上ぬれば, 身の上小児の上, 身の上のこと, 身の上強いてながらえて, 身の上迷惑でも, 身の上御新造様からも五十金才覚, 身の上心元のう存ぜられます, 身の上心痛に堪えない, 身の上思い遣られたりと得, 身の上思ひ出でて泣く, 身の上性格等の判断, 身の上悲しく浅ましく情過ぎたる, 身の上いに, 身の上成るべしあはれなる, 身の上或は重吉, 身の上文字友の家, 身の上早く云うと, 身の上よりぷッつり悪事, 身の上最愛と思ひつめ, 身の上の歌, 身の上には女房, 身の上殊に大事を, 身の上殿様のお, 身の上江戸へ帰る, 身の上決して御心配, 身の上治部殿をお, 身の上猶さらに氣づか, 身の上現在の御, 身の上相対ずくだから, 身の上相談的なこと, 身の上知らず来ぬ待ち人を, 身の上亡き後, 身の上納所坊主とは違う, 身の上聞きたいのは, 身の上若し此の, 身の上しからずは, 身の上見るに忍びざるものございまするに, 身の上もなく, 身の上話しならばどんな, 身の上話的になるし, 身の上話酒の肴, 身の上語りをし, 身の上調べは恐れ入ります, 身の上は洗っ, 身の上路銀も乏しい, 身の上考へながら, 身の上運勢を判斷, 身の上酒色に費す, 身の上風聞についてずいぶん, 身の上の上