青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「身~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

路地~ 踊~ ~踊り 踊り~ ~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~ ~身
身~
~身の上 身の上~ ~身体 身体~ ~身分 身分~ 身動き~ 身辺~ ~身體 ~車

「身~」 43317, 468ppm, 209位

▼ 身~ (16416, 37.9%)

229 もって 219 寄せて 207 投げて 194 起して 162 かがめて 127 隠して 119 入れて 100 置いて 96 屈めて 86 起した 81 ひるがえして 79 ひそめて 77 潜めて 71 退いて 65 飜し 63 かわして 62 引いて 61 粉に 58 よせて 57 震わした 51 任せて, 投げ出して 47 挺し, 翻して 46 もつて 45 まかせて 44 引いた, 案じて 43 切るよう, 投げた, 横たえて, 縮めて 42 沈めて, 躍らして, 隠した 41 やつして, 起すと 40 投じて 39 翻え 38 固めて 37 かためて, もがいて, 起こして, 躍らせて 36 かくして, 投げようと 35 かがめた, ふるわせて, 伏せて, 包んで, 反らして, 寄せた 33 切られるよう 32 犠牲に, 震わして 31 落して, 退いた 30 屈して 29 委ねて, 顫は 28 横に 26 投げたの, 置くこと, 起こした 25 すくめて, 悶えて, 捨てて 24 斜めに, 殺して 23 もがいた, 埋めて 22 固くし, 忍ばせて 21 開いて, 飜え 20 投げかけて, 現わし 19 乗り出して, 屈めた, 避けて 18 おこして, なして, 入れた, 動かして, 潜めた, 避けた, 飜す 17 凭せ, 忘れて, 投じた, 揉んで, 跳らし

16 [11件] かくしました, ささげて, ちぢめて, ひいて, 伸ばして, 投げ出した, 持ち崩して, 横たえた, 躱して, 隠すこと, 隱し

15 [14件] ひそめた, ひるが, もたせて, ゆだねて, 任せた, 固くした, 守って, 支へ, 斜に, 浸して, 立てようと, 落した, 転じて, 震は

14 おどらして, くねらせて, すくめた, 売って, 返して

13 ひいた, ひるがえすと, めぐらして, 倚せ, 処して, 動かした, 動かすこと, 托して, 持崩して, 隠したの

12 [15件] かくした, つけて, ふるわして, 乗り出した, 任して, 全うする, 悶えた, 揺って, 横へ, 託して, 起こすと, 起しながら, 躍らせた, 隠すよう, 顫わせて

11 [18件] おいて, かがめながら, かわした, つつんで, ねじって, のばして, ふるわせた, 以って, 伏せた, 捨ててこそ, 窶して, 立てること, 縮めた, 翻すと, 起し, 隠しながら, 隱す, 震わせて

10 [27件] いれて, さらして, そらして, ふるわせながら, よじって, 切られるやう, 切られるより, 切るやう, 堅めて, 変じて, 守ること, 尽して, 引くと, 慄は, 投げるよう, 支えて, 曲げて, 横へて, 没して, 置くよう, 護って, 起そうと, 跳らせ, 跼め, 退けて, 隠そうと, 隱した

9 [19件] かわしながら, かわすこと, して, ふせて, もんで, 亡ぼして, 任せること, 動かさなかった, 堅くし, 委せて, 委ねること, 寄せること, 投げたり, 投げると, 棄てて, 沈めた, 立てて, 置くところ, 養って

8 [30件] かがめると, きるよう, くるんで, ささえて, しずめて, なげて, まかせた, まもること, もたげて, もだえて, よせた, 入れると, 反して, 大事に, 大切に, 委して, 寄する, 寄せたの, 寄せると, 思うて, 投げる, 曝して, 破る悶乱声, 起したが, 起しました, 退くと, 運んで, 隠しました, 隠すに, 震わしながら

7 [34件] おくこと, かわしたので, かわすと, こごめて, すぼめて, ちぢめた, のりだして, のり出して, ひきました, ひそませて, ひねって, まもるため, もがきながら, 亡した, 任した, 休めて, 入れること, 固めた, 寄せかけて, 寄せたが, 寄せました, 引いたが, 引きました, 恥じて, 慄わして, 投げだした, 投げるの, 持って, 躍らした, 隠すの, 震わせた, 震わせながら, 顫わして, 飜へ

6 [47件] かえして, かがめたまま, かわしたが, くねらして, くねらせながら, すすめて, すてて, ち, のせて, ひたして, まかせること, やつす, 乗り出すよう, 亡し, 任せながら, 伸ばした, 僂めて, 入れようと, 前へ, 動かすの, 反らした, 守るため, 守るの, 寄せながら, 慎んで, 投げたもの, 投げ伏して, 投じようと, 投ずること, 持し, 持ちくずして, 持つて, 支へて, 横たへ, 潜めました, 片寄せて, 移して, 置きながら, 落とした, 藻掻いた, 賭して, 起す, 退きました, 離して, 離れて, 顫わした, 顫わせた

5 [75件] うずめて, おどらせて, かがめたなり, さ, すくめながら, すりよせて, すり寄せて, なげかけた, ひこうと, ひるがえすよう, ふるわせる, もだえた, もち崩し, やつす身, よせたが, 乘せ, 亡す, 切らる, 売るの, 容るる, 寄せる, 寄せ合って, 小さくし, 屈ませて, 延ばして, 引きながら, 引くの, 投げかけた, 投げその, 投げたか, 投げた女, 投げだして, 投げても, 投げようかと, 投げること, 捧げて, 捻って, 支えながら, 楯に, 横え, 横えた, 横た, 正して, 沈めたの, 浄めて, 焦す, 焼くよう, 現わす, 竦めた, 終ふる, 終るまで, 置いた, 置いたの, 置くに, 置くの, 置くもの, 苦しめて, 落として, 襲ふ, 責めて, 起しかけたが, 轉じ, 退こうと, 逆に, 逆様に, 進めて, 鎧って, 隠さなければ, 隠すところ, 隠す場所, 震わすよう, 靠せ, 顫わす, 飾って, 餓虎に

4 [127件] いたはり, おいても, おとして, かくしてじっと, かくしながら, かくすやう, かわす, かわすよう, こごめながら, これに, すくめたまま, すりつけて, すりよせた, そむけて, なげ出して, のして, ひきながら, ひそめました, ひっさげて, ひねりて, ふるはせて, ふるわした, まかせたの, まげて, まもって, もちくずして, もてあまして, よじりながら, よせかけて, よせました, ダラリと, 乗せて, 亡ぼしたの, 任せては, 任せる, 伏して, 低めて, 保つを, 修めて, 倚せた, 入れたり, 入れるに, 全うし, 処すること, 刎ね, 前に, 包んだ, 反らせて, 反わせ, 回して, 固めようと, 埋めながら, 堅める, 売るという, 変えて, 変へて, 委ねた, 守ろうと, 寄せたり, 寄せた時, 屈めながら, 引いたの, 引こうと, 後に, 得, 得審, 心配し, 心配する, 恥ぢて, 慄わせて, 打ち込んで, 投げたと, 投げたという, 投げに, 投じたの, 投ずる者, 投ふし, 招き寄せたの, 持ちながら, 持ち崩したあげく, 持てあまして, 掩うてあげたい, 揉んだ, 支えた, 更に救う, 横たえながら, 沈ませて, 沈めては, 沈めながら, 沈めると, 沒し, 浮かして, 浸すこと, 滅した, 滅ぼして, 潜めながら, 無いもの, 焼いて, 移すと, 立てんと, 立る, 縮ませた, 置ける一つ, 考えた, 許して, 護るため, 起こした時, 起したの, 起した時, 躍らせると, 躱した, 載せて, 轉らし, 退きながら, 退くの, 逆ま, 避けようと, 開くと, 隠したが, 隠したり, 隠すと, 隠せ, 離すと, 雲水に, 震はせて, 顫はせ, 顫はせる

3 [258件] おくに, おくの, おどらした, おろして, かがませて, かがめその, かがめたが, かがめたと, かがめたり, かがめ彼, かくしてこの, かくす, かくすこと, かくすに, かくまって, かばいながら, かわしました, かわす余地, かわそうと, きよめた, きる寒, こがす, さか, ささげようと, ささげること, さむくする, さらすこと, しのばせて, しばられて, すくませて, すくめました, すて, そらせて, つめて, どうする, なげかけて, ねじりながら, ねじると, ねじ曲げて, ひきしめて, ひきたいと, ひくと, ひくの, ひそめ, ひるがえした, ひるがえしながら, ひるがえすや, ひれ伏して, ふるはして, ふるはす途端, ふるわしながら, もがいても, もがく, もがくばかり, もたして, もたせつ, もたせながら, もち崩した, もっては, ゆすぶって, ゆする, よせる, 世に殘す, 丸くし, 乗出して, 乞食に, 亡ぼすよう, 交して, 交わした, 交わして, 任かせる, 任すの, 任せなければ, 任せます, 任せる事, 伏せたまま, 伏せながら, 休めた, 低くし, 側めて, 入れても, 入れました, 入れる事, 入れれば, 全うした, 処するに, 凭せかけた, 凭せた, 切られるよりも, 切られる思い, 切られる思ひで, 切られる想い, 切られる程, 切るほど, 切る様, 刺すよう, 動かそうとも, 包む, 匿し, 匿って, 卑下し, 反らしながら, 堅めた, 堕して, 売ったと, 売る時, 委せた, 委せたの, 寄せてから, 寄せても, 寄せるところ, 寄せるよう, 寄せ合, 屈め, 屈めたまま, 引くこと, 引く途端, 引けば, 後へ, 後ろへ, 忍ばせた, 忘るる, 恁せ, 恥れ, 悶える, 悶ゆれ, 惜しんで, 愼んで, 慄はせ, 慄わした, 慄わせた, 慄わせながら, 扶け, 投げかけその, 投げかけながら, 投げたよう, 投げた時, 投げるか, 投げるなんて, 投げるに, 投げる人, 投げ伏せて, 投げ出すこと, 投げ掛けて, 投げ込んで, 投じました, 投掛け, 抜いて, 持する, 持たせて, 持ちくずす, 持ちて, 持て余して, 振って, 捐て, 捧げようと, 捨て, 捨てても, 捨てましても, 捨てんと, 捻じ向けて, 揉みしかば, 揉みますが, 揉むよう, 摺り寄せながら, 擡げて, 擦り寄せて, 放さずに, 曲ね, 案じ顔, 椅子に, 構えて, 横たへる, 殺すこと, 気づかって, 沈めようと, 沈める, 沈めるよう, 洗ひ, 洗ふ, 浸した, 温めて, 滅ぼすこと, 潜めようと, 無事に, 率ゐる, 生んだ天地, 石の, 硬ばらせ, 硬めて, 窄めて, 窘めて, 立て, 立てやう, 竦めて, 終らんと, 緊めた, 縛られて, 置いた時, 置いては, 置きて, 置くと, 置く事, 置く処, 置けば, 翻すよう, 翻へ, 耻ぢて, 脱して, 落したが, 落しても, 落しました, 落しましたが, 落付ける, 處する, 裂くよう, 見て, 見れば, 託した, 託すこと, 護ろうと, 責むる, 起こしたが, 起こしながら, 起こす, 起こそうと, 起したとき, 起すこと, 起せば, 躍らすと, 躱すと, 転し, 転じると, 退いたが, 退かうと, 退きしが, 退きます, 退くこと, 退くに, 退くよう, 退け, 退けながら, 退らせて, 逆さまに, 避けること, 開いた, 開きました, 隠したと, 隠す者, 震わす, 非常に, 顧みて, 顫わ, 顫わしながら, 顫わせながら, 顫わせました, 飜した, 飜しました

2 [772件 抜粋] あげて, いたわりながら, いとちかく我, うからやから, うごかして, うちかけて, うちこんで, うねらせて, おきて, おくよう, おこした, おとしたの, おどらせると, おののかした, お入れ, お厭いなすっ, お移し, かがませた, かがめそれ, かがめたの, かがめつつ, かがめなければ, かがめる, かくしたまま, かくしましたが, かくすと, かくすなんて, かくすよう, かくす必要, かしげて, かすめて, かためては, かためるという, かわされて, かわしたけれども, かわしつつ, かわすにさえも, かわすひま, かわす隙, きよめさむざむ, くねらせた, くの, くるんだ, こがして, ここへ, この同じ谷中, さけて, ささえた, ささえながら, ささぐる, ささげその, さながらや, さへ, さらす, しずめた, しめて, すくませるよう, すさらせ慌てて, すりつけるよう, すりよせるよう, ずらしながら, そそる, そばめて, そむけた, そらす, それに, たてようと, ちぢ, ちぢめながら, ちらと, つ, つつまれて, つつむ, どうしよう, どこに, ない物, なげかける, なげ様, にじらせた, のがれんと, のばしながら, はかなみて, はずしながら, ひくこと, ひそめたり, ひそめながら, ひそめる, ひそめると, ひっさげたまま, ひらいた, ひるがえしたかと, ひるがえし飛ぶよう, ひるがえすに, ふせました, ふせる, ふるはす, ふるはせたり, ふるわせ, ふるわせるの, ほろぼして, まかして, まかするは, まかせては, まかせると, まかせ自分, まもるには, まもろうと, まろば, めぐらせるに, もがいたが, もがくと, もがくの, もがけば, もぎは, もぎ離すよう, もたせかけて, もだえながら, もだえるよう, もてなすよりは, もむよう, やすめて, やつしたの, やつすこと, ゆすぶッ, ゆだねた, ゆるがした, よじった, よじらせて, よせながら, クルリと, 上へ, 下して, 乗り出すな, 乘せつ, 亡ぼすの, 交わしつつ, 仏制に, 任さねば, 任したこと, 任せたいと, 任せたと, 任せようと, 任せると, 任せる人, 任そうと, 伏せる, 伏せろッ, 伸した, 似せて, 低うし, 何と, 佗びつたなきをわびてわぶとこたへんとすれど問ふ, 保って, 保つの, 信じて, 修めたる彼, 倒して, 倒す, 倚たせ, 傷り, 免れぬの, 入れず重体, 入れたの, 入れては, 入れないで, 入れなかつたから, 入れながら, 入れるやう, 入れるよう, 公衆の, 凍らし敷石, 凭らせ, 切らるるより, 切られる思ひが, 切り刻んでも, 刺すやう, 助けると, 助ける不仕合せ, 動かし, 動かしたくないよう, 動かしては, 動かすと, 動かす力, 動かす毎, 動かせば, 勝手次第に, 包まれて, 包む無数, 包もうとして, 化して, 匿まっ, 卑くしたり, 危うする, 反らしたが, 反らせた, 反らせ加減, 向けた, 喰はせ, 固めたいと, 固めたらどう, 固めた方, 固めるが, 埋めたが, 堅くした, 堅めさせたい, 堅めたら, 売った女, 売りたる遊女, 売りましたの, 売る娘, 夕雨に, 夢の, 大事と, 失ふため, 委した, 委すこと, 委せたとき, 委せようと, 委せること, 委せるとき, 委ねるに, 委ねるもの, 守るに, 守るもの, 守れ, 安楽椅子の, 完うし, 宗教上に, 容れる余地, 寄せたとき, 寄せたまま, 寄せてからも, 寄せら, 寄せるに, 寄せんとぞ, 察すれ, 尾け, 屈めた時, 屈める, 屈めるやう, 岩蔭に, 崩した, 左右に, 差しつけて, 平ッ, 庇って, 延して, 廻して, 引いたやう, 引かねば, 引きずって, 引くトタン, 引っ下げて, 彩るでは, 後の, 得と, 徳川家の, 思い比べた, 思うと, 思って, 恨みて, 悶えながら, 惜まず, 愧ぢて, 慄わす, 慄わせ声を, 慕って, 打ちつけて, 托し前者, 托する, 投げかけること, 投げかけると, 投げかけるよう, 投げそう, 投げたあの, 投げた人, 投げた身, 投げようか, 投げようとさえ, 投げるとか, 投げるところ, 投げるより, 投げるん, 投げる氣, 投げろ, 投げ出したの, 投げ出したデカダンス, 投げ込もうと, 投じたが, 投じたと, 投じた紫玉, 投じても, 投じる決心, 投ずる, 投ずるが, 投ずるの, 投て, 折りかがめて, 折りて, 抜けて, 抱いて, 持ち崩した, 持ち崩したの, 持ち扱って, 持崩した道楽, 挙げて, 挺した, 捧げた, 捧げるの, 捨てに, 捨てる藪, 捨てろ, 捲きぬ心, 捻ると, 掩へ, 措くに, 揉ませて, 揉むごと, 揮って, 揺った, 揺られて, 摺りつけるよう, 擁せる, 支へながら, 支へる, 放した, 救い出して, 救って, 救ひ, 教育の, 斬るよう, 新しく活, 映す鏡, 暢ば, 曲げ背, 曲めて, 案じ, 案じた, 案じての, 案じながら, 棄つべき, 横えて, 横ざまに, 横たえたまま, 横たえなければ, 横たえると, 横倒しに, 殺さねば, 殺し, 殺すやう, 殺す恐怖, 沈めたという, 沈めましたが, 沙門に, 没するよう, 治むるをもって本と, 洗へ, 浄める, 浮かしながら, 浮かせて, 浸した時, 浸しながら, 添えて, 清め, 渦中に, 滅ぼすの, 滑らする金縞, 潔めた, 潛めた, 潜ませて, 潜めたが, 潜めた平維盛, 潜めます, 激まして, 濁世に, 焼く, 率ゐ, 現して, 現わ, 畏れて, 畳の, 疑って, 監禁同様に, 目鼻だ, 省みて, 着たの, 示せ, 穢しても, 空に, 立つるに, 立つる世, 立てた, 立てようという, 立てるつもり, 立てるという, 立てろと, 竦て, 竦めながら, 節儉れ, 粉々に, 細かく切っ, 細くし, 絞るの, 縮かめて, 縮めたが, 縮めながら, 縮込ませ, 繞り, 置いた處, 置かねば, 置く, 置くや, 置く人, 置く所, 置く時, 羞じる, 翻が, 考えて, 肥やそうと, 脱しよう, 脱するの, 臥所に, 落したから, 落したの, 落し好き, 落ち着けたの, 落着けた, 落着けて, 藻掻き, 藻掻く, 處し, 蜀に, 衛る, 解放し, 託した患者, 誤って, 警戒し, 護りうる人, 護るよう, 貼りつけた, 貼りつけて, 質子として, 賭けて, 起いて, 起こしつつ, 起こし両手, 起しかけた, 起したもの, 起しつ, 起し先づ南面, 踊らし, 踞め, 蹙めた, 蹲めた, 躍らしたが, 躍らせました, 躍らそう, 躱すやう, 躱すよう, 軽ん, 轉し, 退かして, 退かなければ, 退くより, 退く位, 退けた, 退って, 退りて, 逆しまに, 這わせて, 遁れ, 運んだ, 遠ざけた, 避けながら, 避けると, 重くする, 開きて, 開く, 防ぐよう, 隠さん, 隠しそこ, 隠しても, 隠しは, 隠し様子, 隠す, 隠すため, 隠すつもり, 隠すなんて, 隠すには, 隠すやう, 隠そうとでも, 隱しました, 離れるかと, 離れること, 靠せかけ, 靠たせ, 顧ず, 顧みると, 飾るという, 飾るもの

1 [6619件 抜粋] あきらめては, あたためあちこち, あやまるも, いたは, いとしと, うかれでて, うずかせて, うち込むという, うづめてゐた, おいたもの, おきましても, おく彼等, おこす, おとしたがな, おどらせみごと, お伏せ, お目, かえてまで, かがめさせて, かがめやさしい, かがめ女房, かがめ犬, かきむしって, かくした戯作者風, かくしてチョコチョコ, かくして逃げ腰, かくし目, かくすよ, かくせば, かすった, かためたお店者, かためた五人, かため三叉, かた寄せた, かばったが, かわしざま, かわした機, かわし見え隠れ, かわす手段, きられるよりも, くだく能, くねらせ乍ら, くるんだなり物珍しい, けずられるばかりの, こごめた, この心, さかしまに, ささえようと, ささげたる女性, さしあげます, さらしただけに, さらそうと, しずめ銃身, しめるよう, すくめたと, すくめ込むと, すてた場所, すりつけ声, すり合せて, せき留めつ, そぎそれ, そのまま仆, その脇, そらしました, そろ, たとうれば, ちぢめるやう, つくろいつつ, つつしんで, つつんだ二人, でなく自分, どうして救けよう, なげ, なげた時, ぬいた空駕籠, ねじろうと, のがれる程, のせ掛けて, のりだしました, はかなんで, ばいたはる, ひいたこと, ひきしめながら, ひくべきだと, ひそむ, ひそめたもう, ひそめ候ハ, ひたすと, ひねっては, ひるがえしホール, ふせからだ, ふるは, ふるわし半ば夢心地, ふるわせ夫人, ぶつけると, ほろぼすが, まかすもの, まかせたよう, まかせねば, まかせ切り, まって, まもるの, まるめるよう, むつくり起し, めぐりほめく物の, もがきますが, もがく形, もたせお手の物, もだえつ, もちくずしては, もてあつかって, もむたび, やつされその, やつしひそか, やつす彼, ゆすぶられました, ゆだねられたの, ゆつくり, よこたえ両手, よせかけた, よせた伊勢屋さん, よせ合って, よろひさ, わざわざ甲州, ゴシ, ピッタリ, 一様な, 下げて, 与えた, 主人夫婦に, 乗り出し右手, 乘り出し, 亡きもの, 亡ぼすであろう, 交します, 交わすと, 以つて代る, 任したであろう, 任す貴い, 任せたもの, 任せましたの, 任せる亭主, 任せ夢想, 伏せた武者, 休むべき場所, 休めぬ, 伸したまま口, 伸ばすの, 佐治川に, 佛門に, 保つという, 修め家, 倚せ掛け, 傷つけたの, 僧門において, 入れあなた, 入れたは, 入れなかったこと, 入れるの, 入れ出して, 全うせん, 円くし, 処した, 処する彼, 出すん, 切られる程厭, 切るほどの, 別れたいとは, 刺した, 削るいくばく, 助くるほどの, 励ます, 動かしたとたん, 動かし進まなければ, 包ませて, 包めばぞ, 化した様, 十人前出, 卑下する, 卷きその, 反したと, 反らし男, 反動の, 受けとった, 可憐しい, 向けて, 呑まれて, 喪うた例, 嘉門へ, 噛む竜, 固めいずれ, 固めた一人, 固めた男女十数人, 固めなさい, 固める覚悟, 固め救護材料, 国事に, 地へ, 埋め草, 堕すか, 壁際に, 売った身の代金, 売りて, 売るキッカケ, 変えての, 外して, 大きく巌, 失うべき筈, 妖犬に, 委せ時どき, 委ねた人, 委ねるとき, 委託する, 守らなくちゃ, 守る, 守る正, 安んずるあたわずその, 官府に, 宥わるが, 容れる最後, 寄せかけるの, 寄せたといふ, 寄せた次第, 寄せよう, 寄せる岩陰, 寄せ合ってるさま, 寄せ橘東蔵, 寒うする, 小さく屋根, 居くに, 屈すること, 屈めた瞬間, 屈め手, 山荘に, 左に, 巻かれて, 平めかして, 庇うこと, 延ばした, 引いたこと, 引かれたという, 引きずると共に, 引き娘, 引き裂きたい程切, 引く力, 引て, 弾いた, 待たして, 御す, 忌々しく思い, 忍ばせ水狐部落, 忘れぬ, 念ず, 思うた, 思へば, 恥じた, 悔いば限, 悶えたの, 悶掻いた, 愛しこ, 愛み, 慄わせウーン, 慎むと, 憐れみに, 我と我手, 打ち付けた, 打笑い, 托しわれわれ, 扱いも, 投げかけた美奈子, 投げし霊, 投げたで有ろうか, 投げたるも, 投げた男, 投げつべしやと, 投げましょうか, 投げるという, 投げる気持, 投げ何, 投げ出した彼, 投げ出す融通自在, 投げ落し騎, 投じたく思いながら, 投じた僧院, 投じながら, 投じ僧, 投ずると, 投ぜむ気色, 投出し大地, 抛擲とう, 抱きしめて, 押しつけて, 拔ん, 持たせようと, 持ちくずし一方, 持ち崩した果て, 持ち崩し人, 持ち行けり, 持崩さして, 振は, 振り起し憤慨, 挺し得る, 捧げた若もの, 捨てさい, 捨てむ, 捨て切った精神, 捩るよう, 捻じったの, 捻りて, 掴んだと, 揉む姿, 揺すつて, 揺りながら, 搖動し, 撫でさせたの, 擦り小, 支えなかった, 改めること, 政党に, 救われたる義理, 斜め捩り切り, 新橋の, 昼夜悩め苦しめ, 暖めようと, 曝しそして, 曲げ変る, 木の, 果すくらいは, 案じたの, 案じ暮し, 棄つる何れか, 椅子から, 構えると, 横たえたが, 横たえる途端, 横によけて, 歌われて, 此事業に, 残酷に, 殺してまでも, 殺すもの, 気に, 汚されたもの, 沈めうんと, 沈めた理由, 沈めようとは, 沈め彼女親友, 没するの, 洗いはじめますと, 浄むるを, 浄め笠草鞋などを, 浮かばせて, 浸さないでは, 淨めさせ, 清く保ち得る, 渡したと, 滅す疵, 滅ぼしながらも, 滌ぐに, 潔める, 潜めさせたところ, 潜めると, 潜め四辺, 潜め雀, 炎に, 無自覚に, 焦してぞ, 焼かれるの, 焼く懊悩, 燃やした, 父上の, 狭めざるを, 獲ること, 用いると, 疲らしてること, 痛めて, 盡くす, 真っ直ぐに, 知るが, 砕いても, 破滅させる, 社会の, 移しつつ, 空しく犠牲, 窄めた, 窶し金, 立つる可, 立てた人, 立てるか, 立てる様, 立て名利, 竦ませました, 粉砕しない, 細うしてかけりけり, 終らしめずなお, 結び生, 締めて, 縛られるよりも, 縮めたお, 縮めるばかり, 織田家の, 置いたよりも, 置いてるフランス思想界, 置きうるであろうか, 置き得たこと, 置くべき高き, 置く泰ら, 羞ず, 翻したピグミー, 老しむる, 肥やす, 脱したの, 腐爛し, 自宅で, 船中に, 苦しめつ, 苦める, 落したこと, 落し薪, 落す日, 落ち付けると, 落とすよう, 落着け色気, 蔽へ, 處理し, 表した男, 裂れる, 襲う物狂, 見せまいとして, 観じ, 言って, 託し或は, 詈るごとく, 誤った一事, 誤りそれ, 諦める外, 護りかねて, 護るほどの, 負はせ, 責めるの, 賊寨に, 賭けたの, 起こし, 起こした宅助, 起こし彼, 起こせり, 起しかけた時, 起したこと, 起した若い, 起し之, 起し幽か, 起し眼, 起すこと能はず, 起せる者, 踊らせるので, 躍らせたならば, 躱しざま, 車か, 転ばした, 軽く風, 辱しめて, 返しさ, 退いたさ, 退きかけた, 退くから, 退く汐時, 退ったの, 逆様, 遊女に, 過つの, 遽に, 避けるもの, 部屋の, 金玉視し, 鎧い往来, 開きながら, 院内とも, 隠し, 隠したその, 隠した私自身, 隠し乍ら, 隠し素早く, 隠すばかり, 隠す塀, 隠す筈, 隠そう, 離しては, 電柱の, 震わしその, 震わし昏迷, 震わせたが, 靠せたる, 頭を, 顧みては, 顫わせ四辺を, 食うばかり, 飾った幾十個, 飾るべき宝玉, 養ってる熱病患者, 駒の

▼ 身~ (7164, 16.5%)

424 つけて 279 しみて 200 なって 101 沁みて 73 着けて 71 ついて 60 して 47 染みて 43 覚えの 42 つまされて 38 なると 35 迫って 32 しみた 30 覺え 29 しみる, しみるよう 28 つけること, なつて 27 なれば 26 沁んで 25 ついたもの, 覚えが 24 しむよう, つけた 21 しみじみと 20 つけたもの 19 迫るの 18 なっても, 感じて, 著け 17 こたえて, 取っては, 取つて, 受けて 16 しむこと 15 しむ思い, なった, まとって 14 つけると, なつた, 何か, 泌み 13 つけなければ, 付けて, 感じた 12 しめて, 取って, 沁みる, 浸みて 11 つけるもの, 帯びて 10 しむもの, ついた黒い, まと, 入り諸, 引き受けて, 纏って, 迫る危険 9 しみます, つけたこと, なっては, 代えて, 引きくらべて, 纏ひ, 纒ふ, 附けて

8 [16件] こたえた, こたえる, しみついて, しむ秋, せまって, つくもの, つけるの, なったの, ふりか, ふりかかって, もしもの, 何の, 引受けて, 持って, 沁みた, 浴びて

7 [12件] しあれば, しみました, 万一の, 寸鉄も, 染みる, 比べて, 沁む, 沁むよう, 添えて, 着いて, 迫るよう, 逼る

6 [21件] ありながら, おぼえの, かかって, しては, しても, しみたの, そなえて, つくの, つけようと, とって, とつて, なつたら, 取りまして, 染みた, 沁みます, 沁みるよう, 浸みた, 纏うて, 纒い, 觸る, 附いて

5 [33件] あまること, あまる光栄, うけて, しあらねば, しみては, しみと, すれば, つかない, つけては, つけました, つけるため, つけるやう, なったこと, なったよう, なりながら, なり戻り遊, なること, なるもの, ひき添えて, ふさは, 力を, 危険が, 害を, 寸鉄を, 就いて, 徹して, 戻れ, 染みるよう, 添って, 着けた, 落ちて, 覚えは, 覚えも

4 [49件] あびて, おぼえが, かえても, こたえるの, ござります, しみるの, しみるやう, しむ, しむ気, しむ色, せまつて, つけずに, つけたの, つけたり, つけるよう, つければ, つけ込んで, つまされるよう, とれば, なったと, なりました, まとった, ヒシヒシと, 一糸も, 付いて, 余ること, 余る面目, 入み, 危害を, 即して, 取りては, 取れば, 叶う丈, 合は, 合ふ, 引比べ, 引較べ, 成つても, 戻るか, 沁むの, 浴びながら, 火の, 病が, 覚えた, 触れて, 迫った, 迫つて來る, 迫る, 餘る

3 [122件] あまる, あまる望み, あらむ, うしろ暗い, こたえるよう, さしせまって, しみる事, しみる様, しみわたる, しみ渡りて, しむの, しむ恋, しむ景色, しむ話, しむ風, そは, ついたまっ黒, ついた人, ついた物, ついた黒シャツ, つきての, つくか, つけさえ, つけさせて, つけさせること, つけそれ, つけたよう, つけた人, つけてから, つけてるもの, つけながら, つけなくては, つけます, つける, つけるという, つけるに, つけ頭, つまされるところ, つらき置炬燵, とりて, とると, なったらその, なったらどう, なったらどんなに, ならなければ, なりたいと, なりて, なる, なんの, ひきくらべて, ひきそえて, ひしひしと, もって, 一つの, 一銭の, 代えても, 代へ, 伝えて, 余って, 係らぬ他人, 係累が, 備えて, 備は, 備わって, 入みる, 具えて, 危険の, 及ぶという, 取りて, 合せて, 就て, 巻いて, 帶ぶる, 引き比べて, 徹えた, 徹える, 心に, 応えて, 感じながら, 感じられて, 成つたのさ私は, 暗いところ, 替えて, 有之, 染みます, 染みるもの, 沁みたの, 沁みたもの, 沁みると, 沁んだ, 泌みる, 法如を, 法衣を, 浸みる, 深傷, 添は, 添へて, 火が, 燦爛の, 甲冑を, 着けた品, 着けると, 知って, 示して, 立って, 箔を, 纒ひ, 落まして, 行衣を, 覚えて, 覺えた, 負ひ, 近いもの, 迫つて来, 迫るもの, 迫る死, 過ぎて, 酒を, 附いたもの, 障りも, 響いて, 黄金の

2 [316件] あっても, あてて, あまるこの, あまるその, あまると, あまる冥加, あまる大, あまる果報, ある事, あれば, いかなる新しい, およんで, かなふ, こたえたの, こたえました, これを, ござりますれ, してやるの, しみし事, しみたこと, しみたもの, しみついたもの, しみてと, しみますで, しみるなり, しみるばかり, しみるほど, しみる思い, しみる風, しみ火燵, しむといふ, しむに, しむは, しむばかり, しむほどの, しむ夕方, しむ寒さ, しむ悲しい, しむ戀物語り, しむ節, しむ音, すると, せまった, せまる, そえて, そぐは, そなわった品, そなわって, ちかく, ちかく冬, ちかく山, ついたよう, ついた一切, ついた和服, ついた感情, ついた技法, ついた能, ついた若い, ついた黒, ついた黒ビロード, つかないの, つかないもの, つかぬと, つかねえ, つきて, つきませんね, つくこと, つく道理, つけそれに, つけたいと, つけたその, つけたと, つけたところ, つけたやう, つけた人間, つけた日本婦人, つけた男, つけた習性, つけつつ, つけても, つけてると, つけないの, つけられたもの, つけるには, つけるべきもの, つける事, つける品, つける必要, つける機会, つけ帽子, つけ更に, つまさるる悲哀, つまされたよう, つまされる, つまされるから, つまされること, つまされる様, つらき夜半, とりつけて, どんなこと, なったらさぞ, なった時, なってから, ならねえ, なります, なるな, なれたか, なれる, なろうとは, なんらの, ひきうけて, ひきつけて, ひき比べて, ひき纏, ひし, ふりかかる危険, ふる頭巾着, まとうの, まとう衣服, まとつた小柄, まとつて, まとふ, みて, ツマされ, 万一が, 下って, 不似合, 与えて, 付けたもの, 代って, 伝へて, 何事か, 余りすぎると, 余るお, 余る光栄, 余る大, 余る大役, 余る御, 余る栄誉, 余る野望, 佩びた美玉を, 借りて, 入む, 入むや亡妻, 入ると, 具った, 兼ねて, 副へ, 危険を, 即したもの, 及ぶこと, 及んでは, 取っても, 受けた, 受けなければ, 受けること, 叶うこと, 哀れをか, 回って, 士官の, 変ったこと, 変った事, 変事が, 多くの, 大事が, 妙な, 宿りしより, 寒気を, 帰って, 帶べ, 引き当てて, 強く感ずる, 後ろ暗い, 徹え, 徹えて, 心地快から, 応えた, 応じたるを, 応の, 応へて, 恥ず可, 憶えないが, 應へる, 成って, 成つては, 成ッた, 技術なき, 持つ探照灯, 振りかかって, 換へて, 数カ所の, 数ヵ所の, 施すもの, 服い, 染みると, 染みわたる, 染み胸, 染み込んだ罪業, 染むやう, 染む時, 残して, 残って, 水は, 水を, 汗を, 沁まず, 沁みた腐れた坊主, 沁みること, 沁みるところ, 沁みるの, 沁みるもの, 沁みるやう, 沁みる經驗, 沁み覚えて, 沁み込むよう, 沁むほど, 沁むやう, 沁む寒さ, 浸みるほど, 浸みるよう, 添うて, 添ひ, 添ふ, 添わず, 添わずという, 添わぬ気, 湧いて, 溢れて, 犇, 現はれいでし, 甘んじて, 生ひたる, 生れて, 病の, 相当の, 着くもの, 着けたもの, 着けた物, 着けつ, 着けないの, 着けながら, 着けるよう, 知った, 知らず, 禍いが, 秋は, 秘密が, 積む柴舟, 穢れありと, 穢れありとの, 穢れが, 穿つ, 纏うと, 纏うもの, 纏うよう, 纏ふ, 纒う, 罪は, 罰が, 美が, 羽衣を, 舐めて, 著ける, 著はじめた, 蘿また, 行って, 袈裟を, 襤褸を, 襲いかかって, 覚えたの, 覚えないこと, 覚えました, 覚える, 覺える, 触れること, 言訳が, 變事の, 負うたこの, 負うて, 負って, 起ったこと, 起って, 起つたこと, 近いところ, 近い者, 近づく聖職, 迫ったこと, 迫つてくる, 迫りし大事, 迫りつつ, 迫ると, 迫るやう, 迫るを, 迫る物凄い, 迫ろうと, 過ぎたお, 過ぎた大任, 過ぎた華奢, 適ったこと, 還って, 間違いでも, 関係ある, 附き纏うあり其名, 附けるの, 降りか, 降りかかった疑惑, 降りかかる火, 隙は, 集って, 青銅を, 非ず, 顧みて, 飾って, 飾る黒貂, 餘り, 鱗あり

1 [3177件 抜粋] あうこと, あたらずこれ, あってるの, あつめし其時, あは, あまり國家, あまる不安, あまる励ましを, あまる情慾, あまる煩悶, あまる面目, あらぬを, ありそう, あるまじき曲事, あれかし, いささかも, いまどんな, うけた, うける志摩, うとき事, おこつた変りやう, おのずから戒相, お上の, かえましても, かかるとも, かかわらずつい, かく百舌鳥, かつて, かのうことなら, かまわずどうぞ, きけんなこと, こすりつくこと, こたえたであろう, こたえました本来, こたえること, こたえるもの, こたへる, こひとる事, さしせまりピッタリ, された, したこと, してやったばかり, しまぬわけ, しみじみ感じた, しみたのよ, しみた教訓, しみてか, しみないの, しみましたと, しみませぬと, しみるころ, しみるという, しみるピアノ, しみる呻吟, しみる折, しみる程よく, しみる魂, しみ入るごとく鳴きだした虫, しみ涙, しみ渡り早く, しみ知る者, しみ通って, しむこの, しむのであつたが, しむやうぢ, しむ冷気, しむ夜, しむ尚侍, しむ淋し, しむ追憶, しめむ白雪の, し染むもの, すぎた小判, するか, する楽しみ, せまりやたら, せまるかな, せまる岩, そそがれて, そなえた諸, そなわる威力, それほどの, そわぬ二人, たのしみを, ちかく啼く, ちと訊きたい, ついたであったろう, ついたものの, ついたゴム製, ついた一人前, ついた仮装, ついた可能, ついた想い, ついた新しい, ついた本能, ついた洋服, ついた理, ついた社交辞令, ついた職, ついた芸術, ついた財産, ついた霊魂, ついてるから, つかずといふ, つかないと, つかない夜会服, つかなかったわけ, つかぬ例えの, つきかた, つきたる位, つきませんよ, つき直すと, つくところ, つくまいて, つくる軛, つく着込, つけいい, つけこんで, つけさせるという, つけずとも, つけたいという, つけたとき, つけたる甲冑, つけたヒロシ, つけた三人, つけた前提的, つけた専門的学識, つけた成長, つけた時計, つけた生活色, つけた美少女, つけた藤原一門, つけた趣味, つけだいどころ, つけてる人, つけないとかいふ, つけなかったので, つけば, つけもう, つけられて, つけるかといふ, つけるため入院, つけるツモリ, つける如何なる, つける洋服, つける肌着, つけ一方, つけ占星, つけ希望, つけ心に, つけ日本人相互, つけ維新後, つけ長持, つつがなく戦闘, つまされた, つまされたの, つまされた心持, つまされます, つまされるほど, つまされる歌, つみの, つれただけ, とりては, ながれる, なったかな, なったという, なったらど, なったら大抵想像, なった事, なった案内係, なっちゃあ, ならない気, なりその後, なりたいん, なりながらも, なりゃ年寄り, なり切って, なるだらう, なるまでは, なる鍵, なれは, なれる条件, のこって, はよう判っ, ひきくらべては, ひき沿えて, ひとすじの, ふさわしからぬ, ふりかかる火, ふりかけた, まける紐, まつたく覚え, まといそのうえ, まとい同じ, まとい鼻汁, まとう真似, まとった人, まとった道化役, まとふ衣, もたうと, もはや絶体絶命, やましいこと, よくすべ, シアワセの, ピストルを, 一兵も, 一寸も, 一筋の, 三文の, 不善を, 不要だ, 事ふる, 享くる, 人生の, 付いた巨万, 付きまとった禍い, 付けたラザルス, 付こうと, 代へん, 伝わる感じ, 似合しからぬ, 体せようとは, 何で金, 余った, 余りまして, 余るほどの, 余る借金, 余る福の神, 余暇なき, 佩びた, 例なき, 候ひし, 備はる, 備わらざるなし, 光明に, 入む頃, 八十六ヶ所の, 具わりまして, 兼ねしサルペードーン, 凶変が, 刃を, 切りて, 利すること, 刻んで, 加えよ云々, 加わるよう, 勝利あれとて, 卑怯者の, 危機は, 即したいい, 及ばんこと, 及ぶと, 及ぶやも, 取て, 取り私ども, 受けこたへてを, 受けたる者, 受けた創, 受けてるという, 受けまい, 受け唯, 可う, 合うに, 合って, 合わず吃驚, 同化する, 向けられてるもの, 呼び回して, 喰ひ入り, 在り, 堪えるころ, 報いるの, 塗りさて, 変りの, 大事を, 失せも, 嬉しかった, 安らかに, 宝剣印綬を, 容易に, 寄って, 寓る, 就いての, 左遷された, 巻きつけ素足, 帯びたる試し, 帰る可, 引うけ, 引き受, 引き受けたる職分, 引き比べたの, 引け目が, 引受けたこと, 引受け別に, 強いたの, 当て省みるべきじゃ, 彼れ, 従は, 徹しるもの, 必要の, 応え生絹, 応ぜぬ果報, 忽ち三百両, 思い比べながら, 怪我さえ, 恙が, 恨めしいこと, 悪感を, 惱みなし, 愛想を, 感じたこと, 感じなかった, 感じふと, 感じ吐気, 感ずる強い, 慣れたる学校世界, 懸る二重, 成つてゐる, 成ろうも, 戻って, 手足の, 投影させ, 持し, 持ってなど, 振りか, 掛かる濡衣, 接近せらる, 擬して, 放った, 旅宿し, 暇も, 最初の, 未来の, 染まなかった花柳気分, 染みたら荒鷲, 染みても, 染みません, 染みる小宮山, 染み渡ッ, 染むと, 染むよ, 染む恋, 染む間, 染込んだ, 構え春日新九郎, 武器なぞは, 残ってる一つ, 母衣を, 求めて, 沁ので, 沁みこんで, 沁みたという, 沁みた寒, 沁みてよ, 沁みなかった, 沁みますよう, 沁みるに従い, 沁みる冷た, 沁みる時, 沁みる等, 沁みわたる山, 沁み年頃, 沁み渡りいい, 沁み込む凄絶, 沁むこと, 沁むには, 沁む山, 沁む歎, 沁んだこと, 泌みなれた, 法律上の, 浴せかけられようと, 浴びた血, 浸みたか, 浸みるとか, 浸み込むの, 浸る, 深い打撃, 添うばかり, 添った洋行, 添わず周囲, 添わず逃げ奔, 添わなくなった, 清浄の, 滲ますこと, 滲み渡るよう, 滲む節, 潔白が, 災難が, 燃えて, 犀の, 現れて, 生まれて, 用は, 異変が, 疑う所, 疵が, 痛きこと, 百打の, 直接です, 相成候, 着いたの, 着いた遊芸, 着き始める時, 着けたが, 着けた人影, 着けた細い, 着けては, 着けまして, 着けるとともに, 着け直し殿, 着直した, 知られまし世, 礼服を, 禍津日神を, 称はん程は, 穢あり, 突きさして, 立たない, 立てかけて, 箒木の, 素袍を, 結びて, 絡むの, 綱を, 縛なき, 纏い合掌, 纏うこと, 纏う理由, 纏った濛気, 纏つて頬に, 纏へ, 纏ッて, 罪の, 考へて, 背負って, 腥気, 與へ, 苦しみが, 落ちたの, 薄い外套, 虫が, 行な, 被り畏, 覆いを, 覚えある, 覚えた長い長い, 覚えなき事, 覚えると, 親しいインティメイト, 触らないの, 触れるの, 言つた, 託して, 語るべきこと, 譯が, 負わぬという, 費すもの凡そ一萬五千圓, 起こった一切, 起った不幸, 足の, 身顫ひ, 近いから, 近い栗, 近く共感される, 近く持っ, 近づけたくない品物, 返った, 迫った生活, 迫つてゐる, 迫つて無限の, 迫り身内, 迫る凄, 迫る殺気, 迫害を, 逼り, 過ぎた大金, 過りあればこそ, 適した程, 適ふ, 重しを, 釣服を, 鎧甲を, 関係が, 附いた芸, 附き添った色々, 附くもの, 附けるもの, 附纏った, 降りかかつて, 降り懸かって, 随う如く, 障り真砂, 集まること, 雪に, 鞍負けする, 飛んでも, 首が, 體し, 黒みを

▼ 身~ (4734, 10.9%)

142 まわりの 103 まはり 92 廻りの 76 振り方 73 まわりに, まわりを 34 置きどころ 24 潔白を 23 うえを, こなしが, 危険を, 皮を 22 うえに 21 置き所 20 軽さ 19 こなしで, ためだ, ために, 振方 18 内に 17 周囲に 15 周りの, 廻りを 14 うちに, まわりには, 破滅だ 13 周囲を, 立つよう 12 中に 11 おきどころ, こなしの, つらさ 10 うえが, うえの, 為に, 破滅を 9 こなしに, 不幸を, 処置を, 廻りに, 振り方の, 知る由, 行末を 8 しろ金, ふり方を, 周りを, 破滅と, 置き処, 自由を

7 [13件] こなし, まわりが, まわりは, 入れ方, 内が, 囲り, 安全の, 安全を, 心の, 悲しさ, 知るよし, 破滅に, 素性を

6 [16件] うちを, こなしも, ふりかたを, ような, ように, 位置を, 内の, 処置は, 周りに, 始末を, 幸福を, 廻りには, 為だ, 立つやう, 落着きを, 軽いこと

5 [22件] あかしを, うちが, おき場, こなしを, たけは, ためです, ま, まわりから, まわりで, まわりにも, 不運を, 人間どもには, 力を, 周囲の, 女姪, 如何に, 恥を, 破滅の, 置き場も, 薄命を, 辛さ, 辺に

4 [42件] うえで, うえなどを, うえについて, うえ話を, こなしにも, こなしや, ためであろう, ためにも, ためを, ふたり, 仇, 今の, 働に, 償ひ, 処置に, 危険も, 吾が身, 周囲は, 始末に, 家に, 座を, 廻りは, 心は, 心を, 憂さを, 持ち方, 方を, 果は, 氏では, 病を, 科を, 罪を, 考へ, 考へること, 若さ, 行く末は, 行く末を, 行ひ, 運命を, 重さ, 養生に, 魚を

3 [97件] あかりを, あるところ, あるもの, うえと, うさは, うちで, おき所, おくところ, かなしさ, ことも, ことを, こなしには, こなしは, すくむよう, それ位は, たけが, たけ六尺に, ためじゃ, ためだろう, ためには, とりなしにも, ふりか, ふりかたに, ふり方に, まわり, まわりと, もとへ, ゆゑに, 一徳例に, 不器用不作法を, 不始末, 不幸だ, 不貞腐れを, 不運と, 仇と, 仏陀, 処し方, 刀を, 分を, 分限を, 切っ先を, 切なさ, 周圍に, 周圍を, 因果, 垢は, 大きさ, 姉さんだ, 姿は, 寸燐の, 幸福なれ, 廻りで, 引きしまる, 弟に, 強健に, 心細き事, 憂いの, 戸の, 拙さ, 振舞少し, 明しを, 明りを, 有様を, 有樣, 末が, 果てを, 果を, 潔白が, 為めに, 父の, 父を, 生涯を, 破滅かも, 破滅である, 破滅は, 私は, 秘密を, 終るまで, 緊った, 緊まる, 縮むよう, 置き場の, 自分が, 苦しさ, 行き方, 詰り次第に, 足の, 軽いの, 軽い子ども, 辛棒が, 辺の, 近くに, 運の, 重きを, 鎗を, 面目, 面目に

2 [266件] あさましいこと, あやまち, いたましく伯母, うえです, うえにまで, うえにも, うえも, うえや, うさに, うちの, おき処, おぬひ, おもて, かっこうが, かわしかた, かわしよう, かわりに, こ, ことで, ことに, ことの, ことは, こなしことばの, こなしであった, こなしなど, こなしなどに, こなしまで, こなし一を, こなし商人風とも, こなし物言ひ, さすがに, しまるよう, すべての, そばに, そばには, そを, たけに, たけも, たけよりも, たけ一丈頭の, ためだって, ためでしょう, ためでは, つかれも, つかれを, つたなさ, つとめ區役所, つまりに, とりなし, ならい, なる果, はかなさ, はて危ふくすはと, ひきしまる思い, ほうが, ほかに, ほとりに, ほとり暑き, まはり家, ままの, ままジリジリ, まわりへ, まわりまで, まわりも, まわり品は, ものと, ものを, やうに, をのの, をはり, 一大事とばかり, 不具で, 不幸不相, 不徳, 不徳を, 不遇を, 世に, 中から, 中で, 中には, 中へ, 事お, 事に, 二三度家へ, 仇で, 仇益も, 今日は, 何の, 修行だ, 倖せ, 健かなる, 側に, 兄弟だ, 兄弟である, 内から, 内も, 内より, 再びお, 冥加に, 処置と, 出世に, 分も, 分限に, 分際を, 初心なる, 利と, 前に, 前途に対する, 剣を, 力ためさん, 力で, 動きが, 動作で, 危うさ, 危きに, 危さをも, 危急を, 危険に, 危険をも, 危險を, 友と, 取あやまちても, 取りなしなどに, 取りなしの, 周りが, 周りには, 周囲が, 周圍の, 命は, 垢を, 境涯を, 境遇を, 夜も, 大事と, 大事を, 大敗北, 如何で, 姉妹も, 始末つけたら, 姪の, 媚を, 守り逃げ, 安否を, 定めこそ, 宛然初陣の, 常ならぬ, 幸福が, 幸福さを, 幸福な, 廻りも, 廻り品を, 引き緊る, 弱く心, 影に, 心と, 心ぼ, 急に, 恥だ, 悲しきかな, 悲哀を, 情に, 愛を, 懺悔を, 成の, 手に, 投げ方, 持ち扱い, 持方, 指図を, 振りかたに, 振舞用ある, 措き所, 搾木, 方が, 方向を, 明りは, 暑げ, 暖さは, 有が, 末ぞ, 果ぞ, 果ては, 果と, 果敢なく寂しく頼り, 桂次が, 槍抜き身の, 樂なれ, 歎き, 殉教は, 殊にこのごろ, 毒だ, 浮ぶ瀬, 淋しさ, 温り, 滅亡は, 潔白に, 潔白の, 潔白は, 為, 為にも, 為めには, 爲めに, 父は, 犠牲を, 生きて, 生命を, 生涯やめられぬ, 男は, 疲労と, 病も, 痩せも, 破滅が, 破滅よ, 社にて, 祓を, 禍いと, 禍いに, 秘密が, 秘密に, 空涙こぼし, 立たば, 立つ様, 節の, 素姓を, 終り, 給金を, 緊る, 縮む思い, 罪の, 置き場が, 置処あらずなりぬ, 置場も, 置所に, 老と, 老母は, 老衰を, 胸に, 腕を, 自墮落, 自由も, 落つきを, 處置を, 血が, 行いを, 行末なる, 衣食も, 衰へを, 衰を, 装り, 親である, 言わるる通り, 誰に, 誰を, 蹉跌から, 軽い奴, 軽い彼, 辺を, 過ぎし頃, 過を, 重責を, 鎗や, 鏡にて, 間に, 面を, 顔が, 鬱憂を

1 [2269件 抜粋] あかしが, あたかも晩餐, あはれさぞ, あぶないばかり, あやまり, あらんかぎり, あるか, ある話, いかに危険, いたしゆ, いたづら, いとしさ, いのちを, うえか, うえにでも, うえ一層, うきほどの, うごきにも, うちだ, うつ, おここち, おちど, おのが, お君, か, かた, かたまる瀬戸ぎわまでこぎ, かひ, かりにも, かるさ, きまったよろこびだの, くねりや, ぐるりを, ことが, ことばかり, こなしすべてやはり, こなしだつた, こなしものの, こなし全体が, こなし潤んだ, こなし足の, こは, さが, さばきの, さも馴, しかくこの, しまつ, しみじみと, すえに, すくむまで, すべても, せつぱつまるところ, その古き, た, たけほど, たけ一丈もっとも, たけ一尺ばかりの, たけ二丈余と, たけ六尺ばかり, たけ六尺眼光は, たけ此に, たしなみも, たふと, ためでございます, ためな, ため墓ときめし場に, たれたり, つたない運命, つまりで, つまる時, ところこそ, とりなしが, とりなしを, どこかに, なかの, なほざり, なりゆきに, なる果て, はいらないほう, はては, ひがみから, ひき緊る, ひとみを, びをして金吾の, ふりかた, ふり方お, ふり方まで, ふるへ, ほてりに, まいて, まづしさは酷, まはり草, ままならぬ, まもりとして, まわりだけの, まわりなぞは, まわりへさ, まわり一切の, まわり六尺四方は, まわり心の, みじめさを, むきを, めぐりに, めぐり整, ものじゃ, ものに, やがて必然的, やる瀬, ゆき身の, よしや天地, よみがえり終わりなき, わずらいを, アリバイを, サーベルとが, タクミに, フィレンツェより, 一世, 一命すら, 一大事である, 一手, 一歩一歩若く, 一足のぼり, 丈夫で売盛る, 三分一を, 不仕合せを, 不幸せを, 不幸不運を, 不忠を, 不束をも, 不肖を, 不遇以上に, 不面目と, 両親が, 中心を, 予は, 事などは, 事より, 五種の, 人々が, 人間を, 仇に, 今は, 今日を, 仏像を, 仕合せと, 他人悪人も, 仮令終日書, 休息を, 位と, 何う, 何という, 何とて二人, 何彼と多忙, 余り飛出し過ぎ, 使命であろう, 例し, 修まらぬお, 倖せであった, 側を, 僅かに, 働躍れ, 兄が, 兄は, 光りを, 入った芝居, 全き, 其畫を, 内は, 内心には, 冥加, 冷か, 処しかたと, 処置いたす, 出世だ, 出来事を, 切り加減と, 前味, 剣ばかり, 力及ばず, 力量を, 労苦を, 動きの, 動くの, 化粧だけは, 卑怯とは, 危ない女, 危険であった, 危険には, 及ばざるところ, 取こなし總, 取り方, 口惜しかるべし, 可愛さ, 名とともに, 名誉森垣さんも, 周りへ, 周囲小清潔として, 味方というは, 哀れさを, 唇が, 喜び給ふべき, 因果か, 因果を, 固まつ, 国々に, 在るところ, 地位を, 堅固の, 境遇とともに, 墜ちかた, 変わりよう, 夜を, 夢なりしかと, 大原に, 大難を, 失策に, 女の, 如き病体, 如く詩, 妻と, 姉に対する, 始末でも, 姿に, 娘に, 嬉しさ, 孤独と, 守れようわけ, 安全も, 安泰武運長久文運長久, 定め場所だ, 宣給ふところには, 家なれ, 家族は, 宿世にて, 寂しき時, 寄る辺と, 寒さ, 将来をも, 小なる, 屏風させ, 峰吉には, 左様な, 常なにごとも, 幸いたく, 幸なら, 幸不幸は, 幻影を, 廻りが, 廻りへ, 廻り万端の, 引き渡しを, 引締る, 弱い心, 弱り, 当然にても, 影さえ, 彼にと, 得がたい出世, 微弱なる, 心もち妻の, 心惑はる, 心苦しきも, 忙しくなる, 思いがけなき大, 思ふ男, 性慾を, 恋人と, 恥です, 恥身の, 恰好も, 悩みとして, 悲しい哉, 悶えを, 情火を, 意気地なし, 愚さが, 愛憐のみ, 態度から, 慾情を, 憂は, 成り合, 成り餘, 成行心の, 我は, 戦くこと, 所置を, 手帳を, 才覚には, 投ざまを, 拵え眼ざし, 持方を, 挙動は, 振方位, 捨て処, 措く所, 操は, 改悛すべき, 斬っ尖を, 方は, 日向に, 明は, 是非に, 時の, 暇多く, 暫時ここに, 曲線を, 有様とは, 有難さ, 未熟を, 末期を, 本性, 来む, 果てぞ, 果な, 果報と, 果敢なさ, 栄に, 栄達を, 棄てどころ, 極く, 楽なれ, 構えを, 構へを, 横幅が, 欲する所, 武器は, 死せしを, 死期までの, 毒じゃ, 毒世間の, 気に, 気もちを, 氣に, 江湖の, 治まりも, 洗う蚕籠, 浮かばれるよう, 浮沈と, 深き底, 温情という, 漂泊いに, 潔白も, 災難を, 為でも, 為めだらう, 煮くたらし, 燦として, 爲め好かれとお, 父親あの, 牡丹見ぬ, 物憂げ, 独立と, 猶何所, 生れた下総, 生命とともに, 生滅を, 甲斐な, 男の, 當然すべき, 疲れたるをも, 疲れを, 病でも, 病毒骨がらみの, 痛みを, 痺れるやう, 白刃を, 皮に, 盛なる, 相好が, 眼と, 矜持までも, 知る由なかりき, 破滅, 破滅では, 破滅な, 礼節など, 祓私が, 神楽獅子に, 禍いとも, 禍ひ, 私には, 秘密まで, 移ろい, 穢れて, 窮迫な, 立たねえという, 立つべき瀬, 立て方, 立居, 竦んで, 粧いに, 素姓かたき, 素性人しらね, 終に, 終りを, 結末を, 縁は, 縮む思ひが, 罪に, 置どころも, 置場にも, 置場所を, 置所を, 羅摩すなわち, 美しすぎる, 義心に, 老いし歎, 老齢を, 者達から, 耻語り, 聳えを, 肌を, 脂は, 腐れは, 膏を, 自ら世を, 自由が, 至らなさ, 苛立ちを, 苦しみも, 苦痛など, 荒尾に, 萩原新三郎は, 落ちぶれを, 落目を, 落胤の, 薄くひとり, 薙刀半弓を, 藪の, 蟲, 血を, 行い鄙劣なれ, 行く末も, 行末に, 行末も, 行立つ, 術と, 衣は, 衰へは, 袂も, 装も, 裡に, 覚悟と, 親までも, 角が, 言に, 訴えを, 証も, 話す言葉, 誉れです, 誠, 誰か, 謬り, 護り, 護符とも, 貧困を, 貴きに, 足た, 身内かの, 軽いという, 軽い事鳥, 軽い瀬戸さん, 軽い道夫, 軽輩に, 輩ある, 辺から, 迷惑は, 進退にも, 運は, 運命です, 過りでございますから, 道理千万の, 邊に, 都合で, 重荷おろし, 錆びであり自分, 鎗に, 長さ, 長七八尺, 閑な, 防衛本能から, 際一身より, 隠れ場所及び, 雪子が, 震ひたる, 青春に, 面目で, 面目よの, 音と, 頸飾りが, 顔を, 願も, 食べて, 飾りの, 養生は, 首を, 骨常に, 高を, 鬱憤を, 魚なら

▼ 身~ (1608, 3.7%)

13 を横 11 が弱い, の弱い, を洗 10 だ, を動かす 9 が弱く 8 の何處 7 の中, を拭い 6 が弱, が惡, も心 5 が不自由, が輕, を惡, を支, を有する, を洗つて, を起し

4 [14件] が丈夫, が小さい, との分離, と精神, なん, に力, の具合, の工合, の樣子, の置き, の調子, も丈夫, をし, を揉ん

3 [38件] が少し, が弱る, が顫, だから, ですが, ですもの, になつ, になる, にはまだ, のうち, の一部, の丈夫, の中心, の健康, の加減, の匂い, の恰好, の方, の疲勞, の自由, の輕いも, の部分, は, はその, も神經, も精神, をすりつける, をねぢ, をゆすつた, を動かし, を少し, を平次, を投げ出し, を持つ, を振, を捩, を搖, を隱

2 [108件] から其の, から區別, がだるく, がふるえ, がもう, がよく, が半分, が急, が斑, が明い, が暖まる, が痛く, が紙ツ片, が續, が衰弱, して, だけは立派, であつ, である, でさ, です, で彼, で酒, とは實, と一緒, と心, なしに, なれば, につけ, になつて, には何, に傷, に對, に屬, に惡い, に新しい, に於, に氣, に病氣, に自分, に血, に附いた, のあちらこちら, のこと, のため, のめぐり, の不自由, の傷, の力, の向き, の大きい, の始末, の工合惡, の惡, の此, の歪み, の毀損, の爲, の窶れ, の良い, の衞生, の衰弱, の進み, の重み, の隅, はこの, は丈夫, は今夜, は大きい, は大丈夫, は宙, は小さい, は毬, は相, は眞, は頑丈, もあまり, も手足, や顏, をくつ, をつ, をぶる, をゆすつ, をクルリ, をドシン, をフラ, を丈夫, を包ん, を寢臺, を後, を念入り, を戸口, を拭き, を拭く, を持つた, を据ゑて, を捻つ, を搜, を支え, を斜, を曲げ, を案じ, を汚した, を温め, を絞つ, を自分, を見る, を顫

1 [1072件 抜粋] いつぱい, からかう, からたち, からによろ, から働振, から實際, から急, から沁み出る, から發散, から精力的, から離れよう, がある, がいつも, がお, がきく, がぐらり, がさ, がその, がだ, ができ, がどこ, がのび, がひとり蚊帳, がひ弱く, がふら, がぶよぶよ, がほそ, がまだ, がわるく, がスツ, がダル, が一時間, が三寸, が丸太棒, が二, が他, が何時, が健全, が僕, が利かなくなっちまうだろう, が動い, が匂, が半分戸, が危な, が又, が塞い, が女, が寄る, が崩れ, が引き, が引緊つて, が後ろ, が恐く, が斑ら, が暖まるだらう, が樂, が浮かび, が源吉, が滯, が濡れ, が疲れ, が痺れた, が直, が矢張前, が私, が縁側, が縮ん, が腐, が自由, が芋刺, が華奢, が落ちる, が蛇, が見えない, が言, が身上, が逞しい, が部屋, が鍛, が長く, が非常, が食物, が髮, こそ立派, しばらく餘裕, だけはなか, だけ出しまし, だし, だろう, であけ, であるから, でこの, ですから, でどうして, ではございません, でもう, でもない, でも卯平, でも身内, でトロツコ, で何時, で大事, で寢床, で庇つて, で打, で母, で眼尻, で至つて内氣, で返す, で隱, といふ, とからの合成體, とか財産, とがまさに, とそして, とに事, との構造的統一, との間, とは別, とガッシリ, と共同生活, と名づけた, と弱, と微笑, と恐ろしい, と極めて, と自分, と重い, なき人, ならちよい, なら引窓, に, にうち, にお, にからみつく, にこそ, にさはるだらう, にしつくり, について仰有る, につき纒, になすり附ける, になつて歸つてきたん, になれる, にはそんな, にはどうしても, にはならなく, には人間, には傷, には別に, には四つ, には異状, には苦勞, には藁, には虱, には見た, には隨分, にべつ, にまとも, にもひどい, にも何, にも坐り, にも毒, にも男, にも精神, にも血, にも露, にやわし, によく, にグツ, に似, に何處, に僅, に出, に刺青, に卷きつけた, に合せ, に四ヶ所, に宿る, に徴, に惡戲, に成つた, に手, に持つ, に文身, に斑點, に殘つた所々, に水死人, に湧いた, に漆喰, に熱, に甚だしい, に當つて, に相, に精, に結合, に耻ぢ, に脂, に色氣, に落ち, に表れ, に觸つて, に變態, に間違, に附い, に響い, のあく, のあるべき, のこなし, のすべて, のその他, のたし, のどの, のひ弱, のみでなく, のやう, のよく, の三分の一近く, の下, の不安定, の事, の人, の似, の保存, の備, の内, の利き, の割, の動く, の動ける, の向, の問題, の外, の奧, の容子, の小さい, の少年, の平均, の弱き, の後半, の恢復, の感覺器官, の持つ, の新生, の明いた, の殊, の消滅, の濡れ, の牛, の男, の疲れ, の痛い, の痩せた, の眉, の節々, の置塲, の育ち, の表情, の試驗, の變化, の通る, の運動, の鍼壺, の靖康, の養生, の體操, はいづれ, はがつ, はきれい, はしかし, はそれでも, はちつ, はどうせ, はひきしまり, はまことに, はもう, はよく, はガタガタ顫, はスルリ, は一塊, は一時間, は世の中, は二三尺, は他, は先天的, は其の, は冷たい, は前, は動かなく, は同時に, は夜空, は大, は大川, は崩壞, は庭, は弱い, は思ひ, は或, は斜, は暖か也, は朱, は構, は水, は温, は物, は獵犬, は痣だらけ, は私, は竈, は精神, は自己, は衣, は象徴, は跳ね, は逞まし, は鐵, は顫, は麥, ぶる, へ唇, へ投げ掛ける, へ次第に, へ脇腹, までが實際, まで滅茶, まで自分, もその, もたっしゃで, もまた, も一つ, も共に, も動かせなかつた, も存, も年恰好, も弱, も彼, も恰好, も惡いし, も普通, も氣分, も汚れ, も疲れ, も確り, も膨脹, も萎, も輕, も重さうな, も顏, や感官, や細, や額, よりの分離, より重い, をいけなくした, をうしろ, をうつ, をお, をくねらせ, をぐつたりと横, をこす, をこわしました, をさう, をさらし, をすりつけん, をすり合せ, をずつと前, をだらし, をちよこ, をつり上げる, をどう, をなよ, をのし上げ, をば骨, をひねる, をぴつたりくつつけてゐる, をふつ, をふり立てる, をふんだ, をぶら下げ, をまげ, をみのる, をむしり取る, をもぐ, をもぢつて, をも横, をゆさぶり, をゆすぶり, をゆすり出した, をよろつかせ, をギユウ, をフカ, をユラユラ, を一つ, を一層, を丁寧, を不意, を乘出, を二三度搖つて反動, を亡ぼす, を休め, を伸長, を使つて, を健康, を傳つた, を傳ひつ, を兄, を入る, を入れよう, を具へた人自身, を別々, を前のめり, を割合, を動かさない, を半分, を半分横, を反らし, を受け留め, を叩きつけられる, を固く, を土, を堅め, を外界, を寄り, を小さく, を屈め, を市子, を庇, を廻, を引, を引く, を弱く, を後ろ, を思ふ, を恐縮, を慇懃, を我慢, を投げ, を投げ出した, を抱えこむ, を抱き上げた, を抱き取, を抱き起しました, を押付け, を拭かせ, を持て, を据ゑて煙草, を捻, を掻き分ける, を揉ませる, を摺り寄せつ, を撃ち, を撼, を有, を梁, を楯, を横切, を櫛, を殆, を水槽, を沈めた, を洗つてしまつて, を流し, を海老, を清潔, を温めなけれ, を湮滅, を男, を盾, を眠り, を着物, を碌, を種々, を竦めた, を綿, を縮めた, を羽掻締め, を苛ん, を裏, を覆つ, を見せ, を見られた, を見上げました, を診, を調べ, を買つた女, を賣つた, を起しかける, を足音, を跳ら, を輕, を辛くも, を逆, を造つた, を遠く, を長く, を離しました, を離れなかつた, を風呂, を駕籠, 及び精神, 少し張れつぼつ

▼ 身~ (1468, 3.4%)

6 人身に 5 あの謎, やがて又, 何とも知れぬ, 大浪に, 宋玉や, 次第に高く, 此庵室に, 氏助と, 親の, 近よれぬ 4 どう思ふ, もとの, 是れ, 此處に, 目立つて

3 [17件] あサ, いにしへの, かくれけり, ここに, つらいな, ひとり, まだ知らぬ, われらの, 何故に, 八つ裂きに, 君の, 彼の, 我を, 浮き舟の, 無職業妻子, 畜生の, 疳癪に

2 [84件] いずこ, かいだるし, かくて, かくのみに, ここへ, この身, さながらに, すて物, すべて火炎なり, それを, そを, ただ五彩, たと, たとえ武蔵, つらいもの, どうな, どうなっ, どこへ, どのよう, なきもの, ほそる, よけいに, わしが, われながら, クルクルと, 一反の, 三ツとれる, 世の, 何う, 何に, 何の, 何も, 何尺の, 前へ, 半反, 唯継, 大方もの, 奉行所の, 如何に, 宗教の, 家国に, 小官吏, 常世にも, 急に, 悲しい, 慄え, 戰場に, 朝廷の, 松山に, 柔かき蒲団, 案じて, 此処に, 死して, 水中に, 沈むとも, 河内の, 浮いて, 消えて, 現世に, 理屈づめにやり込る, 甚七に, 生きながら, 痩せて, 矯, 砕くるかと, 私の, 空が, 籠の, 精霊の, 細けれど, 綿の, 肉体の, 腰弱弓の, 自由ならず, 蜀に, 術も, 詩人でなく, 身として, 転々と, 軽いが, 都に, 雪の, 食はずとも, 黒烟り

1 [1173件 抜粋] あき樽, あたかも他人, あの, あの千年杉, あの采女, あはれ響動す, あまりに近く, あらき布かたびらを, いかにし, いかに成れる, いずこのいかなる, いたづら, いったいどこ, いつから, いつか大きな, いつしかに, いつの間にかこの, いつまでも, いつも天下, いと近く, いまだ無病, いま御, いま自分の, いられないの, うき舟, うしろから, うつし世, うつつな, おかれたまま, おとして, おまへに, お前を, お案じ, お身, かたく緊め, かの女, かわしきれないと, きっと立つ, くだけても, こ, こう毛, このまま, この夜更け, この寺, この広, この様, この老人, この間の, これでも, これまで, これ敵国の, こんな粗野, ごろごろと, さきのほど, さながら毛布, さまを, さわやかだ, すぐ断刑, すでになき, すでに座敷, すでに病臥, すべて蛇なりき, そこから, そちの, そのままな, その位, その女子, その恋, その晩, その槍先, そもいかなる, それではこの, それながら, そんなに無事幸福, たいがい見た, たえず生命, ただいまどこ, ただ今, ただ今飯田半兵衛, ただ海蛆, たとい武蔵, たとえ枯野, たとへ, つまさだめする, つらいから, つらいと, つらき木の葉, づかし, ともかくも, どうかしよう, どうしたろう, どうぞ御, どうなりましょう, どうなるであろう, どう致したら, どこへでも, どんなに凌ぎ, ないの, なお具足, なお堺, なかつた, なかなか安定, なかなか辛い, なほ生き, ならうとも, なりぬ玉耀, なんとあろう, ぬれて, のめり魂, はかない食欲, はてぬべし, ひとつ兄の, ひとりで, ひとり住あたら, ひとり岩の, ふるあめりか, ほとんど本能的, まかされぬと, まことに大明, まさか罪人, また夢見ごこち, まだなかなか投げない, まだ一度, まだ此童, まだ清らか, まだ籠中, まよふ, もうさつき, もう心, もちろん紙一枚, もとより因縁, もとより宇津木一家, やうなき, やつて, やはり動かぬ, ゆるに, わか姉さんの, わが日本, わな, コルクの, ジャムに, パリに, ビッショリと, フランチエスカを, 一つさ子供だって, 一つのも, 一ツ一ツの, 一兵卒たるに, 一夜の, 一年でも, 一日が, 一色村へ, 一貫せり, 七万石の, 万年の, 三年にしか, 三界に, 三等船室の, 上口に, 不仁な, 不安だった, 不義に, 世にいれられずし, 世話人の, 中人以上の, 丹波どのの, 乱刀雨下に, 五位, 亡き後さへも, 亡ぶとも, 京都に, 人に, 人間に, 今こそ, 今たしかに, 今や危うかっ, 今大変に, 今度の, 今更引っ返し, 仕方が, 仙波の, 仮令両親, 仰せに, 体が, 何うなる, 何となく物足りない, 何なります, 何不足なき, 何人ぞ, 何故我, 何時の間にか御所, 何者で, 佛蘭西の, 依然として六塵, 信に, 信長公の, 健かなる, 傷だらけよ, 優しき兒, 元より, 先き, 先程あの, 全くその, 全く血戦, 公園の, 其一つぶもの, 内より, 再び怪異, 冷たいけれども, 冷に, 出せない, 出家で, 分解した, 別に, 前後無差別に, 功名の, 動かず病床, 勿論切腹, 化して, 十重二十重黒雲に, 千里の, 半仰, 南蛮寺下の, 危うし, 危ふしとこそ, 却て, 厭は, 反すこと, 只だ, 台なし, 名流であり, 向うの, 君に, 呉の, 呉王の, 和田喜兵衛の, 問ふもうれた, 單なる, 四方大, 囲みを, 国に, 国民の, 土用の, 地下に, 城壁に, 堀川の, 塵臭に, 売りたるも, 夜明けが, 夢ばかり, 大唐, 大徳川の, 天に, 天涯の, 天皇の, 失明者である, 女子なれ, 如何なる事, 如何にも處置, 妾が, 嬉しからまし, 孤獨にて, 学識が, 安らかに, 安心の, 宙ぶらりんに, 客分の, 宰相の, 寄せても, 寒くは, 寢く, 将軍家以外には, 小田原城において, 少しも, 尼さんだ, 山上の, 岩の, 巡礼の, 巨大なる, 帝系を, 帰国したれ, 常住である, 平常外出, 年も, 広く限り, 弱い, 強く心, 強ひ, 彼等が, 待たざる人, 後たのまれず, 御赦免, 微賤, 心ならずも撫で, 必ず学校, 忽ち下界, 忽然見, 恋しい, 恰好な, 悪瘡, 悲しむべきであるが, 悲し雲, 惜しくもない, 慄わせて, 戀と共に, 成田小三郎らの, 我友を, 或は慊, 手を, 打ち顫, 抑も, 抛って, 持つこと, 捕虜と, 損な, 攀づ錦江再生の, 放蕩無頼を, 散所屋敷, 数日来風邪気だ, 敵方なる, 新らし, 既に異郷, 日蔽の, 早く寡, 早朝出仕した, 明日は, 昔にか, 春日新九郎じゃ, 時々自分, 智慧のみ, 暗い百年, 曾て, 最高の, 朝に, 木でも, 未か, 本国柳生, 本當, 朽木に, 東海道を, 果報なり, 枯れても, 柳営の, 栄達し, 桑門と, 楽しいはず, 機微を, 櫻町家に, 歎き, 此方へ, 武男の, 死すとも, 死せざるも, 死罪一等を, 母上にのみ, 気軽く構え, 水の, 水素より, 氷片の, 汚さずとも, 江戸下谷長者町道庵老でござる, 決して不思議, 沈みゆく埴, 河ぞ, 波に, 泥に, 浮きあがる, 浮舟の, 海上に, 海軍大佐である, 涙が, 淨火の, 深山の, 溶け入って, 潔白御, 濡れに, 火の, 火薬炉の, 無事だ, 無事でも, 煙草を, 熱帯の, 燈籠の, 片が, 物に, 物外の, 狂ふ, 猛火に, 猶更, 獄中に, 獅豹に, 玄徳に, 瓶の, 生きながらか, 生まれながらに, 生木を, 田舎の, 申すに, 留守がちは, 疲れきつて, 疲れ小指, 病に, 病蛙に, 痩せ顔, 痿え, 白し, 皆劉家に, 目に, 目立って, 眞の, 真っ白の, 真黒焦, 矢張渺々たる, 知らぬ大, 短小なれ, 破滅いっそ, 確かでござる, 礫家蔵身代は, 神じゃ, 神の, 秀吉の, 穢れたもの, 立たない, 立ちがたし, 立てないもの, 立聞せ, 童貞に, 粉に, 紅塵万丈の, 紙鳶に, 絵かきにも, 緑の, 縁を, 縛られても, 羨し, 翅も, 翔り来, 老衰隠居いたし, 聞かん聞かんぞ, 能く, 腹背に, 自らその, 自ら水に, 自分の, 自由身は, 至って軽く, 舊に, 良人を, 芋の, 芸者と, 蔵の, 藻抜の, 蝉殻蛇蛻劫風の, 行くところ, 街裏に, 裁判官であり, 覆羽, 見つるならめ, 見違えるよう, 親類の, 詩人にて, 詰まるわ, 誰かに, 諾ふかね, 豆腐大根葱里いも, 貧しく義務年限, 賢い, 賤民の, 身で, 身なれ, 身戰ひする, 軽いさ, 軽し駒下駄, 返されない, 途中で, 遁れ, 遙に, 部屋の, 里いも, 重し, 野宿の, 釜中の, 銀の, 錦繍に, 長安に, 陶然として, 離間中傷の, 雪山の, 雲の, 震ふ, 露いとわね, 青銅を, 靜かに, 非業の, 頭の, 顕職に, 飾って, 馬に, 高きに, 鳥にも

▼ 身~ (1141, 2.6%)

46 まえを 19 まえた 17 入って 11 穢れて 9 すくむよう, まえました 8 入らない 6 すくんで 5 まえて, 執心で, 急に, 立たない, 自由に 4 その年, ちぢむよう, ふるえて, 縮む, 軽くなっ, 軽くなった

3 [18件] あるから, あるので, すくんだ, ついて, まえして, まえしながら, まえながら, 何の, 保証する, 入つて, 入らぬ, 嫁入りの, 心配で, 思はれて, 緊った, 軽い, 輕く, 顧みられた

2 [66件] あやうい, あるの, いって, いつか中, いつか中将姫の, いとしくさて, かりそめ, かるいので, きに, くり冬眠る, さうし, ちぢまる思い, とわに, どうなる, どうなろう, どの位, どんなに暗い, はいって, はいらない, はり, はりに, ひきしまるよう, ひけて, ふるえます, まえした, まえで, まえである, まえに, まえの, まえましたが, まえますと, まえも, もとの, ろさの, 不憫で, 二つに, 今は, 保證する, 入らなかった, 入りません, 入り過ぎて, 危い, 危うくなる, 危ない, 危ないから, 友なり, 安全だ, 定まれば, 實家の, 幸福に, 心の, 思はれる, 持てないん, 案じられるせゐで, 浮いた下, 溶けて, 父の, 物語聞くべき, 畜生に, 穢れに, 竦むよう, 粉に, 縮むよう, 頓死する, 馬で, 鳥肌に

1 [781件 抜粋] あったという, あっても, あの老, あぶないいや, あぶないお, あぶないよう, あまりじ, あやうくなれ, ありまた, あると, あろう事, あんな無茶, いいつけたわけ, いじらしくも, いたしたから, いちばんおいしい, いとおしかったら, いま邊鄙な, いよいよ危い, いらずそつ, いらぬといふ, いりだした時, いりませんでした, うかうかと, うかうか寄りつくべき, おさまらずさんざん, お吉, お困り, お目通り, お綱, かえって蜀, かせに, かるい, かるくて, かるくなっ, きょうは, きれいに, けんのんに, こういう女, こうして芸者風情, こうして覆面, こうブル, ここに, こごんで, この事, この人, この先, この場, この娑婆, この態, この百里, これまでに, こわれるという, さういふ風, ささえて, しびれるよう, しまつて, しまらずブヨブヨ, しみじみと, しみ出させた真珠, すくみ天地, すくむほどに, すくんだからと, すまん, そういうこと, そこに, そなた, そのため何, そのつど, その崇拜者, その沖積土, その舳, その鶯, ただ一人, ためした若者たち, ためでしょう, ためには, ためを, ちぢむ, ちぢむからね, ちっとも入らない, ついたまま, つくづくいや, つての, つまるよう, どうあらう, どうありましょう, どうしてあなた, どうしてこうも, どうしても自然, どうして後生, どうなります, どこへ, どの面, どんなに虐げられ, ないの, なおそう, なぜ捕手, なにを, なんの, にくしん, はいらないよう, はいらなくて, はいる, はいるでしよう, はいる頃, はつきりときまつた, はりとして, はりにな, はりの, ひけたと, ひけるだらうと, ひっかけて, ひとりわれ, ぴかぴかと, ふとしたこと, ふるいたつよう, ふるえた, ふるえました, ふるえるよう, ふるえ血, ふるへて, ぶち毀れた, ぶるぶると, まえ, まえが, まえしたとき, まえする, まえその, まえたが, まえたと, まえたなら決して, まえでございましたから, まえと, まえという, まえる, まえると, まえ力, まえ直して, ましてや質子, またし, みじめに, みんごとお, もしやと, もたげられて, もたないから, もたないよ, もてないとか, よだつと, ろく, わがまま言う, わたくしに, ゐるの, ヒクヒクと, 一人救われる, 一天万乗の, 一番詳しく, 一瞬で, 一緒に, 一言を, 一途に, 丈夫であったら, 上を, 不品行であったら, 不安でならない, 不愍であった, 不憫じゃと, 不死身に, 不道徳を, 久々で, 二人ともに, 二十五匁で, 亡びても, 亡びるの, 人魚と, 今お, 今で, 今宵は, 今晩に, 今更他家, 他の, 代って, 伝奏も, 何でこれ以上, 何とか方の, 何故, 何時までも, 何物より, 保てない, 保てねえ, 信心にを, 健やかに, 先刻あちらの, 光って, 入った, 入ったん, 入った時, 入っちゃ, 入っては, 入らずに, 入らず取卷末社, 入らず甚だ, 入らないので, 入らないん, 入らなかつた, 入らなくなって, 入らぬもの, 入らねえや, 入りすぎたという, 入りて, 入りました, 入り過ぎるよ, 入り過ぎ時間, 入るにつれ, 入るもの, 八ツ裂き, 共に冷たく, 冥土から, 冷えて, 冷たくなろ, 凍るの, 凍る思い, 出て, 出ますよ, 分り申さずどうして, 切られたかと, 判るよう, 前世に, 前科者である, 剣呑で, 勤まろうか, 北, 十五億粁の, 十間も, 卑劣な, 危いで, 危ういの, 危うて, 危くなりました, 危ないこの, 危ないの, 危ぶまれて, 危険な, 厭に, 去れば, 取りなして, 取れないよ, 可哀想で, 可愛いから, 台無しだ, 吾が身, 吾身でない, 唐人づれの, 困難に, 固くなつ, 固くなる, 固まったよう, 土と, 城地の, 堅まつた, 堅まる, 多くって, 大きくなれ, 大きく命, 大事, 大事でござる, 大事と, 大事也, 大切に, 大切何程襤褸でも, 大小変化する, 大身代, 夫の, 奇蹟な, 女人に, 嫌に, 子を, 守られるという, 安全かしら, 定まってからも, 定まり田舎, 定らぬ, 定らん, 定るだろう, 実家方預けと, 実雅, 宿場の, 寂しく詰らなくなった, 小堅く, 屋敷の, 屋敷へも, 山伏に, 左の, 師の, 常にきかされた, 幸福であれ, 幽囚でも, 引き入れられるよう, 引き寄せられ夫婦竹, 引き締まり乱れた心, 引導を, 引緊る, 弱くても, 当主じゃぞ, 役にも, 待つ身, 御存じなかっ, 心もとなく思われた, 心を, 忌々しいだけ, 念仏を, 怒濤, 怖いから, 怖ろ, 思えば, 恋しいか, 恋女房と, 恐ろしくな, 恥じられまた, 恥ぢられまた, 恨めしゅう此, 悲くもな, 悲しかろ, 悲しく果敢, 悲しまれたこと, 悲哀と共に, 情なく思はれ, 惜しいという, 慄えた, 慄ふ, 憎み合ったらそりゃ, 我ながら, 戦えるよう, 戦乱の, 手を, 抜けねえ切前, 持たないよ, 持ちこたへようかとの, 持てないから, 持てないで, 持てなかったの, 持てぬ, 持てるだらうよ, 挟まって, 捻られた, 損傷を, 改進党なる, 救われた後, 日増に, 暉, 最初は, 最後だ, 東京に, 枯野の, 柳営に, 案じられて, 案じられますから, 極まらなければ, 極めて貴い, 正しくなる, 此醜態は, 武門にだに, 死後破れスリッパの, 殊更に, 母の, 母は, 気づかわれて, 気づかわれるの, 気の毒に, 気遣われるの, 汚れて, 河原で, 法力で, 泥に, 流れ流れて, 浅間しくなった, 浮ぶやう, 浸つて, 淋しかった, 深い底, 減りて, 滅びた時, 潔白なれ, 激流の, 灯火に, 炬火の, 焦がされて, 焼かれるの, 煙りと, 燃える, 燒け, 片付いて, 牢司として, 物思はし, 物語聞きし, 獣と, 甚しく, 甚だ危く, 疲れて, 疲れ果てて, 痩せると, 痩せるもの, 百姓にまで, 目の, 眞心こめ, 眼を, 知るもの, 磨りへらされた, 祖先の, 穢れたもの, 穢れるよう, 立たず, 立たない思惑, 立たぬと, 立ちは, 立ちま, 立ちません, 立つなら立って, 立つやう, 竜造寺どのでござった, 竦む, 竦むほど, 竦むやう, 竦んだ, 竹童の, 籘を, 粉な, 細り, 細ろ, 絶えず案じられ, 緊まっ, 緊まった, 締まって, 締め附けられる, 縮まりもう, 縮まるよう, 縮む思ひが, 縮んで, 罪を, 羨ましいと, 羽振りが, 考え出された, 聖護院の, 腹を, 自分の, 自重を, 若い時分, 若し三日目, 落胤を, 蒲団の, 裂くるべく覚えた, 見える, 解いて, 許にて, 詰って, 誰に, 豊田郷から, 赤い血, 赤くなり, 起せないよう, 車外に, 軟い, 軽いからと, 軽いそれから, 軽いの, 軽いので, 軽うなった, 軽かった, 軽くそれ, 軽くなり, 軽くなりました, 軽く咄嗟, 軽く天, 軽く日, 輕いから, 辛い, 逆に, 這入らなかった始末, 逢って, 道のみの, 重くて, 釘付けに, 針に, 釣るされて, 長く坐つ, 長浜の, 離れるの, 震えたわ, 震えるの, 非常に, 鞍馬から, 領分の, 顧みられて, 顧みられました, 顫く, 食べ慾, 館でも, 骨を, 魂を, 鰻掻き

▼ 身~ (1027, 2.4%)

245 心も 148 世も 47 魂も 14 蓋も 8 浮くばかりに 7 こころも 6 浮くばかり 5 少し咄, 忘れて, 霊も 4 その田居, 賛成ぢや 3 たな, ふたも, 冽る, 弱りぬきのふ, 心をも, 無事に, 痛からう, 細るよう

2 [26件] がきを, すくむよう, すくむ思い, せきあ, だへ, だへて, 一緒に, 与えて, 世に, 人間道に, 今は, 何か, 倶に, 動かずわれ人, 危い, 名を, 命も, 往先は, 明日や, 暗く, 涙を, 痩せるよう, 自分の, 軽いが, 輕く, 靈も

1 [453件] あっぱれの, あの下郎, あぶない, あぶなかろう, あらに, あらはに, あられん物, ありがたく, いくたび, いたく痩せ, いつか五十四齢, いつしか雲, いつどの, いつ荒土, いとすこやか, いまは, いやに, うかりひよん, うごかさず口, うごかせない重態, うつつか, うれしく切腹, おさないころ, おのずから行雲, おもしろきかな, おろおろと, お側近くに, お君, お幸せに, お豊どの, かうしたユニイク, かため得ずに, かなえて, かろくあたり, かろく午前中三時間, かろく心, かろく歩いた, かわさず左右, がきも, きまったこと, くだけて, こ, こおるほどの, こころもとない, ここ十年の, このまま坐り往生, この世にて, この勝負, この家, この雲, こよひ, これからそこ, これを, こわばって, こんな夜頃, さういふ淨, さうし, しなやかに, しばらくは, しばりつけて, しまり香り, しまるよう, し女, すくんで, すてきである, すでに危うかっ, そうなる, そぞろ, そぞろ生き, そのまますぐここ, その名, その場, その愛, その濁水, その筆, その花隈, その説, そぼつまで, それぞれの, それに, それを, たかどのを, たくましく持たね, たのしみに, たふとし, たまも, たまもを, だきながら, だへの, だへるやう, ちぢみ心, つらく手, どうにかし, ないという, なぐさむは, なせる心, なって, なほ生き, ぬくもらな心ゆくまで, のびのびと, はかないもの, はかなげに, ばらばらに, ひとまず解かれました, ひろ子にとっては, びつくりし, ふるえながらに, ふるえ唇, ふるはさずに, ふるはれぬ其, ふれなくに, ほそる恋情, ほッ, まず固まる, またおかしな, また初老, また夢, また悲惨, また是, また沈みゆく, また破, また穢れる, また舊い, まだ健在, ままならぬ, みな知っ, むかしの, もう二十五, もう娘盛り, もとはと, もはやながく, やがて烟, やせる程, やはり人間, やめい, やや肥え, ゆっくりと, よう無事でも, よき人, よみが, ろくにかめなくなり, わが歌, わすれて, わたくしも, わるかつ, イリオン城に, クタクタだつた, 一たびは, 一同が, 一度に, 一度下り, 一朝折り, 不具者に, 不治の病の, 不肖ながら, 与へて, 二三度手紙を, 亡びるかと, 亡びること, 亦内, 亦書棚本, 亦空想界, 人々の, 人の, 今では, 今日の, 今日は, 伊吹から, 休まらずに, 伴れ, 何うかと, 健固, 健康に, 傾けてという, 僧わらわ, 兄と, 先程から, 入らなければ, 全部アンコウで, 共にここ, 其濁水に, 兼ねて, 冷や冷やする, 凍りけり, 凍り縮みましたなれど, 刑吏の, 初めよりは, 劉備の, 勉強したい, 動かなく成つた, 動作も, 古稀を, 可哀そうだ, 合致合体全く, 同じこと, 同じよう, 同じ事, 同様で, 名も, 吾が想ひも, 吾に, 咀は, 商道も, 団結した, 国の, 埋めら, 堅ま, 塀際に, 塾も, 変わること, 夜の, 夥に, 大かた存じ, 大そう, 大事の, 大事伜も, 大分危ない, 大番頭, 大股に, 天ならずや, 天子様の, 女子を, 妙に, 姫上に, 婦人心も, 嬉しいこと, 嬉しと, 存在しない, 安全なるべし, 安泰に, 定まりやしねえで居ましたが, 家も, 寒くなる, 小太郎の, 小文治, 少し手伝う, 少ないの, 尺八が, 年若き, 幸いわれらも, 引きしまるよう, 引き入れられるよう, 当然お, 後々が, 後から, 後の, 後閣, 心もち, 心もとない, 心配で, 忘れ, 忘れるよう, 快樂, 思うから, 思つてゐる, 悉く忘れ, 愈々耄碌, 愼んで, 慄い, 慄ふ, 慎んでな, 慕わしゅうおののき, 戀には, 成長し, 我知らず, 或は舌, 戦死を, 戰かれ, 手古奈に, 打ち込んで, 承知し, 投げたい気, 投げつべき宿, 拂ひ, 挫けよとばかり, 数ヶ月以前までは, 旅先で, 明日は, 昔ながらに, 時世に, 晴れたる朝, 晴れ足利家, 更なり, 未だ冷えぬ, 末始終碌, 枝うつりし, 案じられたが, 棄てて, 楠木家の, 極まらぬ道理, 極まるシ, 歌に, 此れ, 死して, 死に場所を, 殺して, 気がかりな, 気づかわれたので, 気づかわれて, 氣が, 江戸で, 沁みよとや, 沢山出ます, 沼を, 浮かぶほどの, 浮くばかりの, 浮く様, 浸そうと, 消えしも, 消入る, 溶くるし, 溶けて, 溶けるやう, 溺れる心地, 漢の, 漸く固, 潔く保っ, 潜って, 焦く, 熱くなり, 熱る, 父の, 父上を, 父君と共に, 狂するばかり, 独りぼち, 独立し, 猶且, 生きて, 生命も, 生涯も, 用心しなく, 田園等を, 田居とやらに, 男と, 男子たるを, 疑わずに, 疲れた様子, 疲れ趙雲, 痩せて, 痩せるばかりの, 痩せ夜, 痺れ心, 白骨に, 皮も, 監禁せられる, 知っての, 知らぬ人達, 知らぬ澳門, 知らぬ異国, 砕けたかと, 破滅だ, 神に, 秋の, 穢れて, 空に, 空も, 空中に, 立ちましょうからよ, 立ちます, 立ちますまい夫, 立つよう, 立てて, 立とうという, 竦立つ, 笑ったの, 納まりたれば, 細々と, 細りゆけば, 細るほど, 細るやう, 細るエセックス, 細る思ひで, 緊つて尊い, 縮むよう, 置くところ, 置くの所, 翼に, 考えて, 耐えないほど, 耐らない, 聊かは, 聊か報いまつらん, 肩身が, 胴震いの, 自から, 船も, 花嫁の, 苦しかろう, 萎え萎えと, 融ゆく, 行つて見たい, 行水に, 衣装も, 裂き骨, 裂くるかと, 解けるばかり, 触るばかり, 詞ふるひぬ, 詰められるだけは, 誘はれたといふ, 賛成じゃ, 賭けろ, 越後の, 軍し, 軽々とセエラ, 軽々と丘, 軽々と歓楽, 軽々と踏台, 軽々と辿, 軽いけれども, 軽い白雲師匠, 軽うなる, 軽き学生生活, 軽く, 軽くだ, 軽くなった, 軽くなり, 軽くまた, 軽く一舞, 軽く力, 軽く小松, 軽く少女, 軽く歩い, 軽く渡っ, 軽く足, 軽く門, 軽げに, 軽やかに, 輕い, 輕輕と, 辛いが, 退いて, 運傾け, 重く用い, 金色に, 陸奥へ, 震うよう, 靜むべし, 非常に, 頼みたいし, 頼も, 顧みずひと, 顫う, 顫え, 顫えた, 顫わせて, 食べて, 食われて, 飲み給え, 骨も, 高札と共に, 鶏の

▼ 身~ (583, 1.3%)

66 なって 45 なった 27 なつた 17 なったの 15 なつて 11 なりました 8 なりては 6 なりて, 心とを 5 なったこと, なれり 4 すれば, なったので, 自らを, 言ふ

3 [11件] なったが, ならば, なりぬ, なること, なるに, 御蔑みなさる, 心との, 心を, 自慢させ, 離る, 霊魂とを

2 [25件] なったか, なった今, なってから, なっては, なっても, ならむ, なられたか, なりけり, なりしかば, なりしこそ, なり霊場, なるも, なるよう, なる時, 心とに, 心の, 思しめせ, 成って, 成つた, 成り果てた今, 我とは, 覚悟し, 覺悟し, 魂が, 魂の

1 [273件] あきらめて, あの坊, いい家, いえば, いえる意, いたして, いたします, いふ, おとされぬべき, おとされぬべき我, おなりであろう, おみずから, おれは, お宣り, この城下, この弟め, これあおめ, したら余程, したら再婚, し心, し神, その故国, それが, たゆき手足, なさ, なし事覺はる, なすところ, なったお蔭, なったそして, なったため, なったという, なったについては, なったによって, なったゆえ, なったよう, なったらしい, なったら友松, なったわ, なったわけ, なったわたくし, なった二人, なった人, なった具張氏, なった原因, なった新九郎, なった松岡君, なった結果, なった自分, なった自由, なった身分, なった通子, なった長兵衛, なった鮫島大学, なってからも, なってるシャブラン少佐, ならなければ, なられましたかな, なられましたの, ならん, なり, なりいまだに, なりおります次第, なりければ, なりさがりたる時, なりさるぐつわ, なりしかを, なりしなり, なりしは, なりし以来, なりし時, なりし本末, なりつ, なりつる折, なりながら, なりなば, なりに, なりぬれど, なりぬ譬へば, なりはるばる, なりましたので, なりましたよ, なります, なりまた, なりもう, なり事, なり今, なり例, なり候, なり剰へ, なり同様, なり味岡, なり妹, なり子供, なり彼ジャヴェル, なり得ると, なり急, なり掌侍, なり昔, なり果てつ, なり果てて, なり果てるぞよ, なり果て参らせ候, なり次第に, なり永く, なり波, なり満月, なり空想, なり終った, なり自分自身, なり言論文章, なり貧しい, なる, なるかも, なるだけに, なると, なるとも, なるの, なるべき窃盗氏, なるよしもがな, なる程, なれ, なれば, なれりこれ, なれりといふ, なれる, なろう, なろうが, なんぬ, なんの, はてた, わかっても, わたくしの, わらわとは, われなりに, われらとは, ツンツンで, ペスツムに, 一族を, 一緒に, 七つ違ひ, 不仲の, 不運は, 与に, 両腕, 云いまた, 云うの, 云う訳, 人様に, 今ぞ, 今の, 伊太利の, 会うの, 何か, 何の, 作って, 併せて, 使われる身, 倶に, 傷つける心, 光と, 全くその, 分ちて, 剣の, 化したの, 口と, 口とを, 同じき, 同道は, 呼ばる, 呼ぶ低い, 変つてゐた, 天が, 天上の, 契ったからとて, 女の, 妻の, 家来どもの, 寸分違は, 心で, 心とは, 心に, 応身との, 応身とは, 忠通とは, 思いながら, 思い極めながら, 思い自分, 思うか, 思え, 思えども, 思はずもがな, 思はれるばかり, 思ひけるかな, 思ひつつ, 思比べ, 恋すれば, 成りながらも, 成り果て自信, 成るの, 成果てしを, 我らの, 戦うこと, 折々は, 拙者とは, 持物とを, 断れば, 時だ, 林檎の, 欲との, 欲とを, 歌詠む, 此やうな, 此野道行かん, 死に習い死, 残す, 母子喧嘩を, 海老の, 源三郎とが, 為ったの, 為りたれば, 為りましたから, 煮つけか, 物言ひ交す, 生まれて, 生れても, 甲冑の, 申して, 申しながら, 申しました裸, 畏怖の, 異なるところ, 皆美しかりし, 皇叔とによって, 相成りましたから, 知らば, 知りつつ, 知りながら, 社楽斎の, 称して, 考えると, 考へられて, 肉を, 肉身との, 背肉とは, 臓物の, 芳子とは, 衣服との, 衣類との, 衣類に対して, 袖に, 裸背を, 覚えて, 親と, 観じ徐歩逍遥, 言います, 言うこと, 言つても, 許したべ, 語と, 語との, 誰かは, 身とを, 遊離しない, 違って, 采女との, 靈との, 首と, 首とが, 馬肉屋の, 驢と, 骨が, 魂とを, 魂を

▼ 身~ (438, 1.0%)

13 あつた 6 いながら, ござります 4 あつて, もって, 言ふと 3 あつたれ, このあたり, これが, それを, 今の, 我身を, 知つて居る

2 [14件] このよう, ござりまする, 人に, 四ツ身は, 大金を, 少年少女一夕の, 我身に, 持余す, 此の, 此樣な, 知って, 立派な, 絵の, 自分で

1 [352件] あつたなら, あつたの, あつたら, あとの, あのよう, あやつ, あらうに, あられも, あんな茶店, いきなり六千なにがし, いとも朗らか, いらっしゃったこと, いられたに, いられるん, いるありさま, いるお, いるが, いるとも, いるの, うっかりした, おいでなさる, おざろう, おだし, おつれ, おまけに, お妙, お手伝いも, お気の毒, お詫, お辰, お鞍, かえって多忙, かかる嗜好, くの, くらさなければ, ここへ, このおそろしい, このくらいの, このまま, この大, この大任, この大道芸人, この愛する, この神聖, この辱しめ, こんなさい, こんなところ, こんなにふるえ, こんな事, こんな大きな建築, こんな業体, こんな美しい, こんな話, ござりました, ござりますれ, さ, さう, さうし, しかも子供づれで, しきりに剣, しめ袖, ずっと陣中, そうしたこと, そうした神境, そうそう半蔵, そうやたらな, そう馬籠, そのお, そのくら, その大金, その年下, その狭い, それが, それに, それほどせっぱ詰まった, それ位の, そんなもう, そんなもの, そんな所, ちょいちょい耽溺, ちょっとあり, ついに叶い得られなかった, づうづうしいと思ひ出す, でも, どうしてしばしば足利勢, どうして単独, どうして帰る, どうして復讐, どうして来た, どうして逃げられたらう, どうにも, どう落ちのび, ねえ, はござりませぬか, はずかしくも, はてしなく, はるばる加賀, ひそかに, ひとりで, ふら, ぶつかりたたかいつきぬけかきのけて, まず別荘, まア私, みだらに, むやみに, もう今, もし一度仲見世, もともと社会, やたらに, やっと都, よ, よくまああんな, よく助かった, わが身が, わざわざこの, わずかな, ゐながら, カフェ商売を, ボーシンに, 一たん青眉に, 一人に, 一女子を, 一定の, 一日二日呼ばれ, 一生を, 上天する, 乳飲み子を, 二人一緒に, 五十両の, 亡くなりました, 人を, 今さら名利, 今少し何とか, 今更非, 他家へ, 会っても, 何かに, 何し, 何たる恐し, 何も, 何故にかよう, 何故我, 余り激しく, 使用人の, 供もつれず, 依然その, 元は, 兎も, 全校の, 八貫目の, 公の, 公私の, 再び旅, 再び現役中将, 凌いで, 凡と, 処女時代で, 処置を, 出かけたいにも, 出過ぎたこと, 刀を, 分に, 初恋の, 到底此, 千里の, 半蔵には, 単身諸国を, 又亭主, 古建築, 句を, 可懷い, 叶うこと, 名前や, 吾が身, 吾身が, 吾身を, 味方は, 嘴と, 囚人として, 国技館の, 土下座でも, 土瓶を, 在りませうならば, 城下を, 堅くし, 塾を, 変な, 外人の, 多寡が, 多忙な, 多方面な, 夜気を, 夜道を, 大きな箪笥, 大本営御在所の, 大胆にも, 大胆にもかの, 大道に, 夫を, 始めて, 子供まで, 子供を, 孤獨の, 宝石泥棒に, 実の, 家内の, 宿入の, 将軍家と, 尋ねる, 小さな芸妓屋, 小助六, 小説家に, 少し位, 居る, 屋根から, 川の, 差入物万端世話し, 差当り困るだらう, 常々でも, 平侍や, 庭に, 引込んで, 往復した, 御多忙な, 復讐を, 必要も, 恥も, 悲壮な, 感情を, 我身が, 我身の, 扉を, 押し通ると, 拵えたよう, 拾い物を, 持余ました, 文学博士の, 斬つて, 斯んな, 斯様の, 新聞の, 既に婚約, 暇が, 暮して, 暮す内, 最初の, 有りながら, 有馬の, 朝敵に, 本所から, 東郭の, 極めて, 構えて, 歩るいても, 死にかかって, 死んで, 毎日ほね, 毎日往っ, 気まま勝手は, 法廷から, 泣くの, 流浪の, 無断に, 牛を, 独り世の中に, 独立の, 生きて, 生きる目的, 生命を, 生活に, 生活上からは, 生臭なんぞ, 生還は, 異郷に, 病人を, 病気では, 登る, 皆の, 盗まれたもの, 目を, 目先に, 真夏でも, 眼に, 知れたものぢ, 短気な, 示した証拠, 示しながら, 秀子を, 私が, 竹刀を, 素姓も, 経験し, 経験した, 縁談の, 聴けば, 背を, 腰の, 自ら志願し, 自分から, 自分の, 自分一身の, 自由な, 若い妓, 若しも私, 若松城が, 苦労し抜い, 薫を, 虚無僧姿の, 蝮虎杖花の, 行うが, 行先の, 表面には, 被りものは, 見て, 親戚も, 親父の, 言うと, 言わせて, 読みかつ, 読んで, 貴方は, 躍上り, 迎へに, 迫られて, 逃げおおせるもの, 途中で, 這込みました, 道を, 遠い他郷, 遽に, 郵送する, 酒を, 醜態を, 重い梨子, 金が, 金っ, 金ツけとは, 鉄火の, 鉄道が, 鎌倉に, 長座は, 随分思い切った, 隠し男, 難渋いたす, 青天白日の, 面白く費, 靴造りに, 頭が, 飛び込んで, 首を, 駅路の, 鼻の

▼ 身には~ (417, 1.0%)

6 何の 3 しむ, 襤褸を

2 [20件] あらねども, ある筋, ございますが, そんな事, なんの, ふさは, ぼろを, 不測の, 他事を, 何も, 僅かに, 只わけ, 同じこと, 大変な, 富も, 微傷だ, 操るまでの, 更に痛切, 苦に, 雨が

1 [365件] あたらない処, あはれ小さき, あまり応える, あらずや, あれども, いかでかい, いっそう思慕, いと珍ら, いぶかしいこと, いろいろの, いろいろ用事, いわん方, うれしけれ, おくがた, おなじこと, お雪, かからいで婆, かかり合いの, かないがたき, かりそめ, かわりが, くず屋の, けっして嬉しい, こ, こういう暗い, こうして娘, こけの, ここの, こたえたでしょう, ことなる事なき, このいとしい, このおじいさん, この御, この海岸, これでも, ころもの, こんな晩, さして利害, しなぬ薬, しみに, その効め, その望, それが, それすら, それだけは, それのみの, それは, たしかに変化, たとえ眼, たとへ, つけても, つけまい, つらいこと, とんだ災難, どうしよう, どう返事, どんなこと, なぐさめられるもの, なったが, なっても, なにごとも, なまめかしい姿, ならない, なりました, なるなといふ, なんといふ, はやく, ふさわしいと, ふさわしい身扮, ふたたびうばわれた, ほとんど堪え難い, ぼろぼろの, ぼろをしか, まだ云い聞かす, まだ伝わらなかった, まっかな, まるでくくられ, むかしの, もうさして面白い, もはやあの, もはやうみ, もはや要, やはり甲冑, やや骨, ゆく, より以上, らくるいの, わかりませぬが, われらの, オスマン風の, チラチラと, ホッと, 一入強く, 一剣をも, 一大災難, 一糸を, 一銭の, 一銭も, 丁度幸い, 三十両といふ, 三十円は, 下袴, 不治の病を, 不浄が, 世界第, 世話に, 世間の, 中らなかった, 丸味がかった, 主も, 久しぶりで, 事も, 事実の, 二箇の, 井の, 今や東洋, 付きませんよ, 以上の, 伝わり易い, 似あひたり, 何うにも, 何かと不自由, 何でも, 何となく謎, 何とはなし, 何とも, 何ともない, 何やら深い, 何処へも, 余に, 余り楽々と, 作業用の, 俄に, 偶然も, 僅に, 元より, 元通りな, 先祖から, 光明輝く, 其最も, 凡下の, 凶事の, 出来欲しい, 分らない, 分らぬ, 別に負傷, 刺子の, 勿体の, 十徳を, 半蓑, 協ひ, 危険が, 危険は, 反抗すべき, 取分けて, 只, 可なり, 合羽を, 吹きすさむ風, 味方なく, 唯々うるさく辛き, 四半刻が, 堅固な, 塵も, 墨染の, 声と, 夜中までか, 夢ほども, 大名の, 大唐天子, 大学でも, 大尉の, 夫れ, 好い書物, 好き稟賦あり, 如何ばかり, 安い給料, 安心致し, 宗門役人の, 定めし怪しむ, 実にひどい, 容易に, 實は, 寸鉄も, 将軍家義昭公の, 少しの, 少年の, 山藍色の, 帝に, 常に暗殺, 常用の, 平袖, 幾すじも, 幾ヵ所かの, 庭の, 廻っては, 廻つては, 当りません, 御不審, 復た, 微傷も, 心易く, 心苦しく思われる, 必然の, 忘れかねるみ, 思って, 思ふやう, 急いで, 恁云ふ, 恋にも, 恥かし夢の, 恩賞の, 悪い人, 悲多し, 想像も, 或る, 手も, 打開の, 持たずすべて二夫人, 描きたい思い, 揚心流小太刀の, 換えられぬ, 改築された, 数創を, 数弾を, 日和程, 日常も, 早過ぎます, 時たま浅草川, 時にとって, 曇天の, 最早や, 有りがち, 有り余る, 有難迷惑と, 木の葉などを, 木の葉を, 木綿縞の, 本より, 本懐とも, 染むらむ人妻の, 梳る間, 権叔父の, 死なぬ薬, 殆ど一文も, 殆ど断, 毛も, 気持の, 水色の, 汚い衣服, 汚れきった洋服, 汚れた薄い, 沁むという, 河原で, 法服の, 法衣に, 洒落や, 洗曝の, 浴衣の, 添は, 満身の, 火責めに, 煙たがられる訳, 煙草の, 片布, 物を, 物憂かつ, 狐の, 獣の, 生きながら, 用なき, 甲い, 甲を, 異国風の, 異様な, 疾あり, 白い着物, 白の, 白練の, 盲目縞の, 直垂を, 真に恐ろしい, 眠ること, 知る由, 短い重い鉄鎚, 石段は, 破れた古, 社会的永罰を, 神様よりの, 私の, 窓掛に, 立たなかった, 筒袖さして, 粗い毛衣, 粗服足には, 純白の, 絶えず怖, 絶えず誰, 緊張し続け, 縞目も, 繰り返された, 罪と, 羨ましい, 習ひおぼえし, 翼が, 肩身の, 脈打つよう, 腹巻を, 自発的の, 舊い, 舟の, 花柳病の, 花聟の, 草香流錣正流江戸御免の, 薄色に, 蝙蝠の, 袈裟掛絡, 袖の, 西洋の, 西華門院に, 要なき, 許嫁などは, 詩人や, 詰襟の, 話すこと, 語り易し, 諦め兼ねること, 賽は, 赤い襯衣, 軽い裏木戸, 近づかで, 近づかで修羅, 返ったものの, 途に, 過ぎた相手, 遵奉すべき, 還らぬ夢, 邪熱あり, 都合が, 酒も, 量無き, 金剛の, 銀紙を, 銀襴の, 鋼鉄の, 錢湯の, 鎧を, 長い穀物, 間違いは, 関係が, 附けられぬほどの, 障らぬ, 障る所, 雅典の, 雲の, 静岡へ, 飛んだ災難, 餘り, 饅頭笠と, 骨節が, 高価な, 鱗が, 鱗の, 鶴, 黒ぎぬの

▼ 身~ (280, 0.6%)

39 をし 7 をした 5 を変え 3 を見 2 が悪い, こそ少し, でした, のよい, の人, ひを, もそれ, も拵え, りで, りを

1 [206件] からお, があの, があんまり, がいつのまにか, がまるで, がよごれ, が好, が少し, が恭, が派手, が立派, が見すぼらし, が見すぼらしい, が資本, が顧みられ, くづした態, して, じゃない, だ, だが, だつたが, だの端麗, であつ, である, でお客, でこの, でこれから, ですが, でぜひ, でそもいずこ, でまだ, でも歩けず, でも物腰, で一人, で一歩, で何処, で入, で入棺, で分ら, で別人, で外, で天野源右衛門どの, で履音, で布, で帰っ, で手, で来た, で来られ, で横行, で毎日, で病院, で短く, で紙風船, で細い, で親しく, で近所, で重役, といい, とはまるで, と少し, と自分の, ながらどこ, などが長い, などに一向, などのめっきり, などは関, などは関わない, なども比較的, なども相当, などを崩し, など気づかい, なのよ, なんかは後, なんか何様, にあらわした, になる, によって察, に注意, に無頓着, のあまりに, のいい, のうち, のくづれをなほしてから, のこざっぱり, のこと, のぞろりと, のできた, のほど, のまま, のみすぼらしい, のりう, のテレ, の二十三四, の出来る, の地味, の奴, の婦人, の工合, の年老いた, の彼, の手当, の拵, の拵え, の来訪者, の正しい, の男達, の端麗, の艶, の見, の青年, は, はお粗末, はしたくない, はその, はだんだん, はちょうど, はとみ, はどうやら, は何事, は余り, は全く, は再び, は地味, は小さい, は幾星霜, は思いの外リュウ, は悪い, は悪かっ, は悪く, は旅姿, は構わず, は穢く, は簡素, は至って, は随分, ひに, へ当て, もいい, もかまはず, もきちんと, もきれい, もさせ, もし, もじみだし, も余り, も作っ, も光っ, も出来る, も堅気, も平気, も態度, も立派, も至って, も見すぼらしかった, も軽装, も長い, やもの腰, やイタリー趣味, や何, や動作, や化粧, や摺り切れ, や肌合, や血汐, よりもこうして, りに, をあらためて, をいたしおりました, をいとおう, をさせ, をしかも, をしてる, をすっかり, をする, をつくつ, をつまびらか, をととのえ, をととのえる, をも一度, を上, を凝っ, を凝らし, を前, を変えた, を崩さない, を平常, を恥じる, を拵えた, を指, を改めた, を改めて, を更, を男, を眺め, を競争, を繕ったろう, を見たら, を見やり, を見れ, を見上げ見下し, を見廻し, を見直した, を軽, を遠く, を飾らなかった, 濃艶

▼ 身にも~ (218, 0.5%)

35 なって 9 心にも 4 あはれは, 命にも, 哀れは, 家にも 3 ついて, 皮にも 2 あらず龍華寺, なれば, 世にも替えられぬ, 危険が, 及ぼして, 悲しき追憶, 猶衣食, 露の

1 [136件] あはれはしられけり, あはれはしられけりし, あらず, あらでた, あらぬなど, ありそう, あるかな, いつどの, かかりて, くらべて, こたえ眼, この感じ, さて断ち, しみけむ, しみて, しみるの, それが, それと, それ丈の, たまらない厚み, ちょうどこれ, ついぞ覚えた, つけずに, つつがなきよう, どうしてこの, どうしても一度, どんなこと, なお残っ, ならねば, なるもの, ひきそえて, ひらくる, ふりかかった, ふりかかって, ほかにも, またと, まだ別状, まだ時節, まちがいは, やはりうれしい, わずかの, わるいところ, ツライことで, 一つずつの, 一つの, 一心に, 不愉快を, 世にも命, 世間にも, 丸みが, 人らなかろ, 今を, 代へ, 伝わる様, 似る事, 似合わぬ風流, 似合わんこと, 何が, 何にも, 出で, 出来る丈, 前の, 危険は, 及ぶと, 受けて, 哀れを, 善根の, 堪えられないほど, 塩が, 夢は, 大笑いな, 太刀傷を, 守り子弟, 宝にも, 害が, 寝るの, 幾分か, 心配を, 忍び難き, 快かった, 快よかっ, 思ふぞよ, 急いで, 恋仇にあたる, 恐ろしい犬, 恥しく応じ, 悪いこと, 感ずるや, 成つて少し, 戸外の, 拘らず単身熱海銀座, 拘らず自ら, 換えがたい, 換えられないほどの, 換えられねえと, 易えられぬ, 暇は, 暗い影, 替えまいとまでに, 染まぬ一時恋, 沁む時, 法衣を, 深く心, 湛へて, 犇と, 珍らしく響い, 現今の, 生れず人, 生命の, 痛きはず, 白帷子を, 直ぐに, 相応し, 知るなり, 示し世にも, 禍いが, 絶えず苦痛, 總て, 自分と, 自分は, 自由に, 花世どのにも, 覚えが, 豐富華麗なる, 起りましてね, 起るべし, 近づいて, 迫つて來た, 迫ります, 遙, 遣るかた, 遣る方, 関係の, 駅路の, 骨にも, 魂にも

▼ 身を以て~ (215, 0.5%)

2 これに, 分け入るか, 感ずる事, 此の, 知って, 絶叫し, 親の

1 [201件] あたる所存, いかにし, いずれとも, いま世に, おふさ, お君, お山を, お示し, かかる中間的残滓, かく大原, からみついたから, この主家, この呵, この重, これが, これを, しても, する復活, する復讐, すれば, そして心, その先駆, その実験台上, その渦中, その経験, その衝, その袋, そんな働き, どうして一丈, もとに, より良く, ファッシズムの, ファッショの, ブルツセル市を, ボオドレエルの, ムクの, 一体を, 一念自由の, 与太とか, 世の, 之に, 二つの, 二人の, 仏を, 俄かに, 信ずる所, 俳句する, 俺うた, 健気にも, 健氣にも, 免れしめたり, 免れたと, 免れたもの, 入りつ, 入り込んで, 八月から, 兵を, 其処まで, 処そうと, 危険を, 名譽, 周の, 味ひ, 嘆くこと, 多数の, 多數, 夜中大小を, 大胆なる, 好んで, 娘同様の, 完成した, 実行し, 実行する, 実証研究する, 実験した, 室町将軍の, 寡居は, 尊奉する, 導かれる, 少壯者, 当って, 当らんもの, 当る場合, 彼等の, 御参詣, 徳川の, 心を以て, 忽ち五十二萬二千四百十六石, 悟るやう, 意地を, 愛します, 感じしかも, 感じること, 感ぜしめられた事, 懇願する, 或は墨染, 抒情した, 捕方の, 教えて, 教育する, 文学を, 早苗さんを, 明治二十六年就職以来今日まで, 明治廿六年就職以来今日まで, 書き血, 書く, 東西を, 松樹を, 桂木を, 此行を, 武器を, 殉ぜんと, 民衆の, 江戸向島の, 泣く女, 海蜈蚣の, 淫欲までを, 深窓宮裡花陰の, 溺れること, 燕王を, 物に, 理解する, 生意気に, 産を, 男子に, 當る, 痛感し, 盗賊に, 直接に, 直接行動を, 相許, 知ったの, 知つた, 知らせる心算, 示ししかも, 示して, 示す少数, 祷りつつ, 秘密を, 究めやう, 窓を, 竜之, 範を, 経験した, 経験中です, 考へて, 自ら降り, 舞台の, 艱難を, 苦しみぬいた, 苦しみぬいたという, 苦る, 苦労し, 莫大なる, 虎穴を, 行え, 行って, 行ふ, 裏梯子から, 見れば, 観瀾亭から, 解決し, 解決しなけれ, 解釈しなけれ, 証する時, 証拠立てようという, 証明された, 証明しなけれ, 詩客であった, 説明し, 財界に, 贅沢する, 超自然的, 農民を, 近こう, 迫るよう, 逃れた, 逃れたる事, 逃れて, 逃れるか, 逃れ出た, 逃れ將, 遁るる, 遁れ, 遁れる, 遁れ得たら, 運命を, 道に, 遠く海, 野呂が, 銭の, 防護に, 降りかかる災難, 隕すが, 隠して, 隠者の, 飛びこみながら, 駒井の, 體驗した, 魂を以て, 鱶から

▼ 身~ (177, 0.4%)

8 がよく 7 になった 5 はどう 4 が悪く, の良い 3 が惡, のこと, のよく, の悪い, は, よろしからず

2 [12件] が宜しく, が悪い, が良い, だ, のよい, の堅い, はお, は八百徳, もよく, をよく, を洗, を見定め

1 [107件] から言え, がお, がおさまらず, がおさまらぬ, がおれ, がかたく, がよかっ, がわるい, がわるく, が修まらず, が修ら, が善く, が変った, が変つた事, が大事, が改, が本当, が治り懸けた, が直る, が身の程, が近頃どうも, じゃあ三日, それから殺された, だけれど, だと, であったならどうしても, でしょうか, でせう, では他人, で世間, で夜, で風雅, というの, と店, と店中, と日本橋, と親父, と越後屋, と金, などを考へ, なんかある, について申す, にて或, にでもなった, にでもなつ, になっ, になったら, になつ, によっては加十さん, によっては勘当, に対してひどく, に後ろ指, に悪い, に成つて, に極めて, に気, に氣, のせゐだらう, のよしあし, のよろしく, のわるい, の堅, の女房, の娘, の婦人, の方, の私, の結果, の良, の謹直さ, はあなた様, はあまり, はどんな, は土地者, は堅, は堅固, は極めて, は能, は見掛け, は言語道断, もよう, もよろしく, も一, も修ま, も手一杯, も直り, も知りたかろう, も頽, や人柄, や酒, や金廻り, わけても奉公人達, をこの, をし, を保證, を咎めぬ, を変えない, を改め, を改めます, を為したる, を破らざれ, を見せつけられ, を見守る, を訊きました, を調べ拔, んなっ, 故房雄

▼ 身~ (161, 0.4%)

43 ですが, はひどく, は至つて粗末, も言葉, をし

2 [14件] でせう, ながらこの, の小, の派手, の立派, は地味, は恐ろしく, は案外, もそんなに, もよく, も妙, をした, を改めて, を整

1 [114件] からあわて, からあわてよう, から声, から浅黒い, から身體, がまた, がよく, がキチン, が極り惡, が浪子, が素人, が綺麗, こそ悪い, こそ惡いが, で, でしかも, でしょう, で出ない, で家, で店番, で藁俵, とグロテスク, と愼, と磊落, と違つて, につ, にも拘わらず, にボロ, に似合, に相, に相応, のうち, のくせ, のま, のやかましい, の上, の凝, の好み, の律儀, の整つた瓜實顏, の整つて, の汚な, の物々し, の粗末, の貧し, はありふれた, はいたつ, はさすが, はそんなに, はどう, はキチン, は一向に, は今朝, は大した, は少し, は尻切半纏, は思つた, は思ひ, は晝, は木綿物, は氣, は清潔, は町人風武家風, は綱田屋, は腹, は至って, は至つて平凡, は變, は貧し, は質素, は黒羽二重, まであの, までザッ, までザツ, まで變, もととのえ, もなか, もはつきり, も乞食, も何, も存分, も平常, も思ひ, も惡, も折目, も換えず, も物言ひも, も申分, も町人, も町人風, も痛々しく, も背景, も腰の物, も自, も自堕落, も色, も色っぽい, も隙, も顏, や容貌, や言葉, りが, りの, り紅, を交換, を変え, を改めた, を落す, を見なかつた, を訊いた, を變, 卑しからぬ, 打ちひしがれた哀れ, 長い睫毛

▼ 身~ (156, 0.4%)

16 へた 6 へし, へました, へをし, へをした, へをする 5 をした 4 へてゐた, へる, へると 3 へてゐる, をし 2 へて, へで, へます

1 [81件] が崩れ, が違, し, しが, したる, して, す, たり, でもする, に驚きまし, はたいへん, は南, ひに, へあの, へが既に, へが自分, へしました, へする, へたま, へだ, へだけでなく, へだけはでき, へだのそれら, へつ, へてさ, へてその, へてふと, へて前後左右, へて私, へて見る, へであ, へであつ, へであらう, へである, へでいきなり, へでかう, へでそれ, へでフランス語, へで云, へで好, へで死者ぐる, へで軽々と, へで頬, へといふ意味, へと解せられた, へながらまとも, へながら僕, へながら程なく, へになつ, へになる, へには小娘, へに於, への感じられる, への法, へは菩薩, へまでなし, へるに, へるの, へるやう, へる動作, へる様子, へる樣子, へる間, へをしました, へをたて, へをとつて, へを執り直した, へを変, へを忘れなかつた, へを示し, へを示す, へ息子, へ為, へ見たい, へ龍馬, もこれ, をしました, をする, を崩し, を忘れ, を思ひ浮べる

▼ 身仕度~ (148, 0.3%)

38 をし 13 して 10 をした 8 をする 3 は出来た, をと, をととのえ, をはじめた, を始めた 2 もそこそこ, をととのえた, を整えた

1 [58件] が出来る, が終る, したお, しながら, します, し子供等, するが, せい, だそれ人数, だ具足櫃, である, で握り飯, ととのえた人, とはご, にかかりました, にでかい, にとりかかった, にとりかかり, にとりかかる, に勇み立つ, に取り, に呆れる, に懸かった, に没頭, のすんだ, の手間, の用意, はすっかり, は少しく, もいたしかねます, もせず, もそこ, をしました, をすまし, をすます, をすませる, をそろえ, をつけさせる, をととのえはじめた, をととのえまし, をはじめました, を始め, を小, を抱える, を整, を整え, を済し, を済まし, を済ませ, を直し, を終える, を自分, を解しはじめる, を調, を調え, を遠く, を開始せり, 終えて

▼ 身~ (140, 0.3%)

28 をし 12 をした 9 をする 4 声色を 2 が人, にて, や言葉使, を喜ん, 手真似を

1 [77件] いして, いの, か嘲弄, がごっちゃ, がごつ, がどうも, が優れ, が立派, が読者, だけでも話, でそれ, で一杯, で叫ぶ, とのため, と共にすたらない, については我々, にてずつと膝, には, によりてわが, に消え, に直接関連, のなか, のひどく, の一つ, の伴, の可, の多い, の裏付, の身, は他人, は益々, は目, は舟, は見, までがへん, までするこた, もあった, も見ず, や口真似, や叫び声, や声色, や手真似, や文句, や癖, や習癖, や行為, や言葉遣い, をかしき, をしつ, をし始めた, をなす, をば幽か, をもってある, をやっ, を交, を交え, を始める, を真似, を示し, を示した, を経験, を見る, ヲ晒シテ當選ヲ, 口上を, 声色と, 声色交り, 多き団欒, 彼らの, 手眞, 手真似が, 沢山に, 狂言で, 狂言を, 皆程を, 等にて, 風体までが, 風態までが

▼ 身~ (138, 0.3%)

3 かな 2 がこの, ではない, のこと, の力, はここ, もそろそろ, を袖

1 [121件] かな身共, がこの世, がつむり, がなっ, がもう一度, がもそ, が主, が乗り込ん, が今日, が因縁, が小唄, が帰っ, が折角, が教え, が死んだ, が江戸隠密, が用, が送っ, こそ狼藉者, じゃ, そういう時世, たしかに承った, でござるか, とてもあなた, とて人間, とて滅多, と一緒, と孫, なればこそ, につけ届け, には一番性, にもゆうべ, に一夜, に何ぞ, に取っ, に売った, に届け, に抱かれ, に礼, のこの, の一語ぐッ, の下知, の事, の人相, の先祖, の命, の好物, の妹, の姉上, の姓名, の差図通り, の徳川, の手, の扱いよう, の潔白, の知った, の胸三寸, の顔, の馬, の駕籠, はいっそ, はいよいよ, はこの, はしばらく, はすぐ, はその, はな, はなこの, はなウフフフ, はひとり, はほら, は二階, は京都, は奉行所, は始終, は嫌いじゃ, は尊王, は小屋, は少し, は恐山, は正真正銘, は胆, は虱, は身共, は黒田藩, は黒砂糖, ばかりには色目一つ, ばかりは独り者, ばかりを袖, もいっそ, もうれしい, もお供, もそち, もひとり, もろ共, も一盃馳走, も一緒, も共々, も十五里十八里, も吉原, も奴め, も少々, も少し, も恋, も意地ずく, も未来, も槍, も美人, も胆力, も至って, を三, を何と, を先ず, を差, を早乙女主水, を横紙破り, を英膳, を追っかけ, 御所望, 笑うたの, 近頃殊

▼ 身では~ (132, 0.3%)

15 あるが 11 ないか 10 ない 3 ないの, なけれどもと 2 ありません, ありませんか, あるけれども, ござらぬか, それも, ないらしい, なし, 歩くの

1 [74件] あったが, あつて, ありご, ありますし, ありませんでした, あり出てから, あり思わず, あり我, あり神經性下痢, ある, あるし, あると, あるもの, あるらしい, およびも, おられない気, ございますが, ございませぬとうに, ございませんか, ございませんけれど, ございませんこの大きな, ございませんので, ござらぬが, さう, そう永く, その一々, その考, それだけの, それは, それを, そんな佛壇, そんな遊興費, ないかしら, ないが, ないといふ, ないどこ, ないので, ない弁信さん, ない心, ない是非, なかった, なかつたが, なかつたし, なくして, なく孫みたい, なく肉親, なしあと, なし却って, ねえ喧嘩, ひだすと, 人の, 今の, 仕方が, 何う, 何うにも, 何かの, 何を, 來たいにも, 出来ませぬ, 到底野山, 少々イキ, 帰られませんよ, 心細うて, 思想の, 恐ろしい, 故郷から, 晨には, 有るまいか, 歯が, 無い忽ち, 美代子は種則に, 自分以上の, 迚も, 酒でも

▼ 身として~ (129, 0.3%)

4 這入ること 3 猛悪を 2 口に

1 [120件] あのよう, あまりにも, あらりょうか, あられうか, いかにも当人, おおよそ他, お前み, かかる悪逆, かような, かるはずみ, このよう, この上, この古城, この安藤対馬, これほど, これを, こんな夜, こんな歓迎, こんな目, さすがに, すぐその, そういう覚悟, その手がら, それが, それだけは, それを, たとい, どれほど, はしたないかしら, ひそかに, まして武家, もうすでに帝都隠退興行, もってのほかである, やむを得なかった, 一ツには, 一切触れない, 一度, 一日でも, 一時の, 世を, 世間の, 主人の, 予に, 人間界に, 似寄りの, 何とて不和, 何を, 何故にと, 侍を, 兄さんを, 全財産, 其を, 其様に, 別に, 力も, 口が, 口出しも, 君に対して, 命に, 和歌の, 唯一人で, 堪忍が, 大事に, 大兄の, 大金を, 妄りに, 姉の, 寄留先を, 尊んだ邦子さん, 少しうれしから, 心は, 心痛ひとかたならず, 忘るべからず, 拙者へ, 文学に, 断るわけ, 斯る, 日夕奉侍すれ, 時の, 朝晩それを, 本意にては, 案じて, 此岡へ, 殺したん, 母を, 比教に, 気づかわれて, 無駄であった, 物も, 甚だ聞き捨て, 生活問題を, 申訳の, 男を, 畜生と, 直々の, 私一人が, 秘蔵し, 立派なる, 節子の, 節度なき, 考うれ, 考えても, 考えること, 考へることさ, 聊か憶, 聴くには, 自由に, 見て, 観察し, 許し難し, 誰が, 誰でも, 貰う事, 軽々しく町なか, 迚も, 邪見の, 酒興に, 酔ったまぎれで, 鉄砲で, 骨より

▼ 身うごき~ (128, 0.3%)

17 もしない 12 もできない 10 もできなくなっ 9 もせず 6 もしません 4 もしなかった 3 ができなくなっ, が出来ない, をした, をする 2 ができなくなりました, のつかない, の出来ない, もできなくなりました, もできません

1 [48件] からふと, がつかなかった, ができない, ができなくなった, ができません, ができませんでした, がとれず, が出来ず, さえし, さえしなかった, さえしませんでした, さえできない, だにしない, なくじっと, に不自由, のできなくなった, のとれない, のなら, の重い, はおろか, はもちろん, は出来, は敏速, ひとつしない, もし, もしなくなった, もしねえ, もしませんでした, もせず見つめ, もせぬ, もできなかった, もできなくなった, もできなくなります, もとれぬ, もなさいません, もなさらない, もならず, もならない, もならぬ, もなりません, も出来ず, も出来ねえ, も出来ませんでした, も心, をいましめ, 一つしない, 一つしなかった, 一つ出来ぬ

▼ 身から~ (117, 0.3%)

38 出た錆 5 でた錆 4 離れて 3 でたサビ, 出たさび 2 出たもの, 分けた物

1 [60件] かいて, かかる情け, くる思ひすごし, こんな気, して, すれば, はなしたところ, ほんのりにおっ, スパナーを, 一切の, 二尺ほど, 今日の, 兜率天へ, 出たさ, 出たさびさ, 出たサビ, 出た主税, 出た事, 出た執着, 出た銹, 出た錆ぢ, 出だす麝香, 出世を, 叫べ, 咲いた花, 夢の, 大宗派, 好いよう, 抜け出して, 撒き散らして, 放したこと, 放つ香, 救って, 最後の, 本身に, 根こそぎに, 流れた血, 消え去つて, 申し勧むる, 発して, 肉身をと, 脱して, 血が, 見ると, 詫び言など, 誘惑の, 起ったの, 起った変事, 起った罪, 輝いたの, 銀さん達は, 長い書状, 閃めく, 雄々しい聲, 離さずそれ, 離さなかった, 離さなかった荷物, 離しません, 離すこと, 養って

▼ 身うち~ (114, 0.3%)

7 の者 5 のもの 2 が冷える, といっ, に徹し, に流れ, の誰, ゆるがして, をう

1 [88件] からのらしい, から消える, から溢れる, がしみる, がぞくぞく, がぞつと, がひきつっ, がふるえる, がふるへ, がほんのり, がゾクゾク, がゾツ, が一人, が悪, が慄然, が溶ける, が震っ, だ, だけ連れ, で何もの, で何物, となりました, にかへる, にがんがん, にはっきり, には何, には健康, には年, には薄倖, にひしひし, にひろがった, にめっきり, にもひらめい, によみがえっ, に一種, に何かしらわたくし, に傳, に元気, に充ち満ち, に喰, に射し入るなり, に巣食っ, に抱き, に日に日に, に流るるかり, に流れる, に涌き, に湧い, に湧いた, に漲, に潜め, に潜ん, に熱病やみ, に環, に甲斐, に聞き, に行きわたっ, に覚えた, に躍る, に運び, のこと, のつねに, のひきしまる, の力, の影たち, の悉く, の情熱, の感激, の手足, の方々, の涼しく, の烏賊, の緊きし, の血, の血わく, はこちら, は小さく, へきのう, へ応えます, までひやりと, もあの, ゆるがし我ら遊び, を引きしめられた, を洗, を焼かれ, を突っ, 痩せ細りたるが, 肥えふとりて

▼ 身~ (112, 0.3%)

18 をし 6 を致し 4 の客, の相談, をさせ 3 という, の話, の金, をされ, をする, を為 2 された二代目, されてからも, になる, の, をされた, をされる, をしよう

1 [44件] が出来る, が外れ, が流行, させいで, たって, てえので, でもする, ということ, という事, となる, と云, と云っ, と出, と成った, と来た, なされて, においで, にこない, にする, になりました, になります, に及び, に成るなら, に来ない, に番頭, の処, の時, の為方, はよく, は何, は引け祝, は深川, までした, までにと思った, やら普請, をした, をしたら, をソーレターノーム, を断ります, を為ッ, を致しました, を致します, を致す, を辞つて

▼ 身である~ (109, 0.3%)

13 ことを 2 かのよう, から健康, から彼ら, から自, から貧しく, から離れ, ことは, のを, ものを, 自分が

1 [76件] かぎりやはり, からあながち, からその, からには相当, からは父上, からまま, から人々, から今日, から仏教, から姉, から宣誓, から後, から悠々, から是非, から決して, から羞恥, から自分, から行末, から輪廻, がいずれ, がつい, が充分, が其病, が君江, が四年, が娘, が持っ, が現在, けれども確, けれども遠廻り, こと, しあなた, し愛情関係, だけその, だけにその, だけに中尉, だけに落つかれぬ, だけ一そう, という, という彼女, といふこと, ときは, ところから, との返事, とはいえ, とは映るまい, と心付い, と書いた, と自首, と覚, と言われた, と説明, にかかわらず, にし, にも係, のでご, のと, のに, のにその, ばかりだ, まして今度, やうな, よ, 上に, 事は, 事を, 以上得度式に, 何とももの, 彦根の, 彼女が, 故によく実際, 故に軽, 橘は, 泰親が, 私だけ, 私の

▼ 身~ (101, 0.2%)

43 から, というよう 2 ということ, と思っ

1 [87件] からいつ殺される, からきっと宜, からこうして, からこの, からすぐ, からそういう, からそんな, からです, からという理論, からとてそう, からと云っ, からと自分, からどう, からね, からの, からほか, からまた, からよ, からわざわざ, から一晩, から世の中, から今さら, から其疑い, から又, から多分, から学校, から家督, から手間ヒマ, から時には, から沢山, から涙, から灯, から甘い, から知る, から穢れ, から罪, から自分, から関, が, がいぜん, がすでに, が他, が法然上人, が眼, が衰弱, が頼む, けれど, けれどお, けれども一人, けれども若い, ことは, しつらい, し万一, し余りに, し嫁入り, し庄左衛門, ぜ, そういう云い, その強い, それにお前達二人, ぞ, つて女には, というの, というひがみ, という事, といつ, といふ, と云う, と云った, と信じ, と信じた, と心得, と思え, と書い, と知っ, と自信, なと喞, などと誰, なんて仰っ, のに, のに一度, のの, もの, もの好き放題な, 主家での, 人殺しを, 面相

▼ 身であり~ (85, 0.2%)

4 ながら 3 ながらこの, ながらその, ながら人 2 ながら今, ながら自分, ながら蔭

1 [66件] さえすれ, ながらあまり, ながらあまりに, ながらいかに, ながらいつ, ながらいわば, ながらきっと, ながらこうして, ながらつひ, ながらどういう, ながらどうして, ながらなれない, ながらほとんど, ながらまだ, ながらよく, ながら万億, ながら不自然, ながら中年すぎ, ながら主人, ながら仕える, ながら何, ながら何たる, ながら元来, ながら兄貴, ながら再縁, ながら危地, ながら口, ながら国体, ながら女, ながら妻, ながら宿意, ながら御, ながら悠々, ながら悪人ども, ながら憂愁, ながら戦争, ながら手荒く, ながら既に, ながら柱石, ながら歸朝, ながら泣き, ながら白雲悠々, ながら百三十俵, ながら科学独逸, ながら種々, ながら純潔, ながら義憤, ながら聖書, ながら聴き, ながら自分たち, ながら葷腥, ながら行動, ながら覚えず, ながら那賀, ながら鳥獣, また一見, また自分, まったく弓矢, 乍ら火も, 乍ら盗賊を, 同じ弱年, 恩人であり, 老友シュルツ, 若年だ, 足は, 頭を

▼ 身をも~ (85, 0.2%)

11 心をも 4 持たぬ彼 2 命も, 埋むる許, 家をも, 忘れて, 打ち込む方, 捨て

1 [58件] いのちをも, かえりみず三法師君, かえりみず房枝, せめては, そこに, たらせて, だへた, だゆ, ちくづしたるものなり, どんな大切, なほさすが, やつし心, よく冷水, わすれぬ, 世をも, 人をも, 動かさず位置, 厭わせられず親類, 君憫まず, 嘆くころ, 大切に, 失おうと, 巻き悩ます, 常々案じ, 忘れさせそう, 忘れし自白, 忘れ戸口, 恥ぢず思, 悲しむの, 惜しまじ名, 打ち忘れて, 投げかけて, 持つて, 捨て居り候者, 損い傷つけた, 損ぜぬよう, 搾らるるばかりに, 支配した, 斫らるる, 曲げざりき, 棄て, 沈めつ大声, 滅ぼすこと, 焼いて, 燒くめり, 燬くべき, 矢うなり, 終につくすべき, 耻入りて, 胸に, 表す事, 離れず山ざくら心, 露れたる, 顧みずそこ, 顧みず先刻, 顧みず夜, 顧みず殺生戒, 養い留守居

▼ 身~ (85, 0.2%)

14 の者 6 もない, もなく 3 でも親類, のない, も何, も何ん 2 があり, というもの, はない, も友達, も親類

1 [37件] から頼まれた, か士族さん, か親類, がない, がなく, が有ります, だとかで, である, でございます, でない, ではなく, とか親類, と言, なるポリドロス, につき, のもの, の人, の人たち, の少い, の悲しみ, の方, の漁師, は, は有りません, は音信不通, は駢指, もありません, もあるだろう, もなし, もねえ, も無く, も知合, も知合ひも, も知邊, をもたない, をも持たなかった, を頼っ

▼ 身なれ~ (84, 0.2%)

54 ども 3 ばか, ばとて兄, ば正雄 2 ど, ばこそ, ば只, ば恩愛, ば本, ば此樣, ば結句

1 [52件] どかく, どもその, どもという憂愁, どもまだ, ども叔母, ども我, ども母, ども灸すゑ, ども生き, ども變, ども運命, ど今, ばいよいよ, ばかの, ばか朝, ばここ, ばこそかえって, ばこの, ばこれ, ばこんな, ばとかく, ばとても, ばなり, ばほんの, ばもっと, ばや, ば一日, ば人, ば今, ば何, ば先, ば兎角, ば刃もの, ば初め, ば唯, ば大方, ば始, ば宮, ば従つて嫉妬, ば憚り, ば救われ, ば次第に, ば毫, ば玄関側, ば相, ば置い, ば羽, ば胸, ば著, ば誰, ば遠ざかる, ば食糧

▼ 身~ (83, 0.2%)

18 ひを 8 ひした, をする 7 をし 6 ひして, をした 4 がする 3 ひが 2 して, ひするやう, ひに

1 [17件] がし, が出る, した, する, する方, せしが, ひ, ひしたペンペ, ひしながら, ひするので, ひと一処, ひなどを, ひの, ひわな, をさし, をせず, を催させます

▼ 身でも~ (82, 0.2%)

6 投げて 5 其時は 3 投げたか, 投げたの, 投げるか 2 ありませんが, あるまい, ない, ないので, ないのに, 投げそう, 投げるつもり

1 [48件] あった, あったの, ありかたがた, ありは, あり強味, あり薄着, あること, あるし, あんまり好い, くぐりぬけるすき, この圧迫, じきに, それを, ないが, ないに, ない子供, なかった, なかなか忙しい, なければ, なげたい様, なし, なしかつ, なし笑い, アアいい, 一人旅は, 三両の, 余りな, 切れて, 力を, 固めたの, 屈めて, 御本山, 投ぐる積りか, 投げたくなりは, 投げなきア, 投げるかの, 投げるらしく見えたので, 投げ兼ねない樣子, 斬られたよう, 斯う, 時々思い出します, 痛めると, 皮でも, 真心さえ, 立派に, 行くべき路, 読書随所浄土の, 食いきられるかの

▼ 身じまい~ (77, 0.2%)

25 をし 8 をした 5 をする 3 を整え 2 の姿見, をすました, を済まし

1 [30件] した, した小枝, して, する道具, する間, などをする, にうきみ, にかかろう, に取かかろう, に払った, に注意, の女, の証文, はした, もきちんと, もしません, や御飯, よい胸元, をおわっ, をおわった, をきちんと, をさせ, をすませる, をと, をなおす, をはじめて, を手つだった, を直させ, を直し, を直す

▼ 身について~ (77, 0.2%)

8 いて 4 ゐるの 3 いない 2 ゐないこと, ゐないところ, 來た, 来て

1 [54件] あまり注意, いっこう気, いないこと, いないという, いないの, いないのみか, いない人, いない技術, いなければと, お市の方へ, きたきり, くる, この娘, ご存知なれ, その人柄, どなたが, わかって, ゐて, ゐない, ゐないの, ゐますね, ゐる, ゐるといふ, ゐるので, ゐるはず, ゐるもの, ゐる外, ゐる蘇我, 何年か, 全く魅力, 公卿真似の, 守って, 安全だろう, 少しも, 居ると, 忘れかねたの, 或る, 持つには, 教養と, 来たが, 来たものの, 来たよう, 来たらしくそっち, 来た松下千里, 来た浪, 来ないといった, 来ると, 残ったもの, 無意識的に, 益々醗酵, 見えるの, 起るかも, 道い得べき, 饒舌る

▼ 身~ (74, 0.2%)

11 のだ 6 んだ 4 のである, んです 3 のです, のに 2 ので, のでした, のでな

1 [37件] お芝居, のか, のであった, のでおもわず, のでこの, のでしょう, のでその, のでたとえ, のでつい, のでほとんど, のでよけい, ので不意, ので弓矢, ので服装, ので杖, ので毎日毎晩, ので祖母, ので肩, ので若殿, ので途中, ので養家, のにこの, のにどうして, のにふと, のに屡々, のに旧主, のに癆咳, のに自ら, のに過去, のよ, のを, よ, んざそん, んざねえやよき, んでございます, 温順しい, 眉の

▼ 身~ (72, 0.2%)

3 に起る 2 を圍繞

1 [67件] が危ふく, が氣, ちかくの, なる熔岩, にある, には何, には天, には家來, には生, には美酒珍味, にもち, にも眼, にゐ, にメラメラ, に動い, に君, に吸收, に實行, に帶び來, に引く, に忍び込む, に持つ, に有合せ, に樣, に油斷, に漂つて, に現, に纏, に蝟集, に親炙, に降り注い, に集つて來, に集り, に集る, に飛びめぐれり, に飛ぶ, に鶴, のこと, の事情, の事物, の些事, の人, の人聲, の嘗て, の小さな, の新聞, の柱楹草木, の淋し, の物, の空氣, の者, の良友, の雜用, は平凡, ほの, また寂, より遠ざかる, を去, を取り, を摸し, を整理, を索, を繞, を繞つて, を見廻した, を顧みれ, 忽ち常闇

▼ 身近く~ (71, 0.2%)

3 感じて 2 で何, 迫って

1 [64件] ある, あるよりも, おいて, その尻, にある, にい, にいた, にいる, にころがっ, にはゐなかつた, には油断, による, に何, に寄っ, に寄り添った, に歩きよった, に留め, に聞いた, に誰か, のあて, のこった最後, の空気, の者, はある, ぶらつかれて, へは呼ばなくなった, へ差し, までちかづい, やつて來, より添っ, をそそくさ, を選ん, 仕えて, 使われて, 健在で, 備えられて, 出られる身, 召し寄せて, 囲まれると, 寄せつけないだけの, 寄せるよう, 寄って, 寄り添った, 寄り添ったの, 引きつけて, 引き寄せそう, 引き寄せて, 感じさせると, 感じられて, 打ち融けて, 招いて, 招き寄せた, 据えようと, 毎号聞きわける, 浄らかな, 燃える如く感じたので, 現れて, 秘めて, 立って, 置いた玩具, 迫つてゐない, 迫れる暗き, 進んだが, 鳴り響いて

▼ 身~ (67, 0.2%)

5 なもの 3 るに 2 なところ, な者, な藝, に降り立つた

1 [51件] きかしこの, きに, くば, く車, ければ, だ, だから, です, ですよ, ではある, で元, で氣, で無慈悲, で腕達者, なこと, な三之助, な人間, な勝次, な女房, な奴, な小, な市民, な旅, な漂泊, な藝當, な足, な風, な鳥, にし, にすら, になつ, になつて, になれ, には成つて, にひ, にひらり, にも似ず, に仕度, に入, に八五郎, に出かける, に屋根, に引つ越し, に押入, に旅裝, に越し, に雪, に飛びこさう, の曲馬品々, は足輕相應, るな

▼ 身づく~ (66, 0.2%)

30 ろいを 9 ろひ 5 ろいして 4 ろいする, ろひし 2 ろいし, ろいに, ろひした 1 ろい, ろいが出来上りつつ, ろいした, ろいしながら, ろいしました, ろいすな, ろいの, ろい致しまし

▼ 身~ (65, 0.2%)

11 ひを 8 いした 5 ひが, ひして 4 をし 2 いしたが, が出る, をする

1 [26件] いさせた, いさせ得るだろうか, いしたため, いしたね, いしたロシア婦人, いした時, いするであろうぞ, いするほど, いするほどに, いするよう, いする事, いする林, えさせた, が附い, はまた, ひしそして, ひしたやう, ひしました, ひする, ひするとでも, ひする顔, ひに, ひの, ふ一刹那, をした, を感じた

▼ 身~ (63, 0.1%)

2 も大, を片身, を見

1 [57件] があつ, がゆ, が一つ, が二つ, が何うに, が包まれた, が天井, が惡, が焚き, が痛く, が轉, だ, であるに, でご, です, ではない, ではなかつた, との比較, とは許嫁, にもてあます, にも離れなかつた, に注意, に返, に関する説明, のお, のつ, のつづき, のやう, の保養三昧旦那, の検査, の構成, の毒, の疲, の疲勞, の痛い, の親, の養生, はなかなか, は世界, は八個, は引受け, は忽ちに, は早, は酒, も太く, より天地, を伸, を作る, を動かす, を包み, を卷, を大事, を洗滌, を襲, を蹌踉, を非常, 見ン事お前

▼ 身~ (57, 0.1%)

45 しらえ 3 しらへ 1 しらい, しらいし, しらえと, しらへの, しらへを, 不自由なる, 大切に, 無理は, 自身とも

▼ 身~ (54, 0.1%)

15 いした 6 ひを 4 ひの 2 い, いしたが, いするほど, をした

1 [21件] いして, いしました, いと共にその, いられ申候, い一つ, した, して, す, するとき, せずに, はぬけい, ひ, ひが, ひした, ひして, ひする, ひするほど, ひする梢, ひする程, をし, をする

▼ 身顫い~ (51, 0.1%)

12 をした 9 をし 6 をする 2 が出, の出る, を禁じ得なかった

1 [18件] がする, がとまらない, が出ました, が出よう, が出る, に及び, に夢, の方, をいたしました, をしました, を一つ, を感じた, を感じました, を感じる, を感ずる, を禁じ得ず, を覚え, を覚えた

▼ 身より~ (49, 0.1%)

2 たよりの, タヨリの, 出づ, 流れいで

1 [41件] あくがれ出づる魂, あ人, いづるもの, さながら淨念, たよりは, だそう, であるお, にじみ出で, ひき放ちて, 今日の, 仏身に, 以上に, 便りも, 傷害を, 先に, 光明を, 出たと, 剥がれて, 剥ぎかかる, 十ばかりも, 哀悼の, 奪い去るとは, 奪ひ去られ, 始めて, 子分の, 待つわが身, 待つ身, 後に, 懈怠なく, 放つところ, 武蔵どのに, 生じたること, 生氣, 盾より, 破滅を, 血を, 血染の, 逃れて, 頼よりのね, 頼りの, 飛箭をは

▼ 身がわり~ (47, 0.1%)

10 になっ 5 になった 3 をつとめ 2 にし, にする, の死骸

1 [23件] か, ではない, にころがっ, にした, にたてた, になったでしょう, になったらしく, にならん, にまえもって, に恋, に死ん, に滑稽, に真剣勝負, に舞い落ちました, の焼死体, の犠牲者, の猫, の秘密, の者, をつくり, をつとめさせた, をつとめた, を脚色

▼ 身ども~ (47, 0.1%)

1 [47件] がこう, が不念, が佐, が妻女, が押して, が探す, が萩乃どの, が論判, だ, でござるが, ですか, と一しょ, と孫兵衛, と話, どうも声, にはありがた迷惑, には渡せぬ, に渡す, の国許, の婿, の家内, の得意, の武道, の腰, は, はお, はかよう, はこの, はこれ, はすこし, はその間, は仙術, は国, は大阪表, は宿, は当所, は行かね, は馴れ, まで申, もさらり, も一度, も二三日, も今, も手, を盗人, を相手, を軍罰

▼ 身~ (47, 0.1%)

8 もしない 5 もせず 4 もせぬ 2 が取れない, しないの, もえ, もならぬ, をした, 迂き旅人

1 [18件] がう, がならぬなら, さむとも, したり, し得為, だにせである, だも, にも払われず, もしず, もろくに, も仕無い, も得ならぬ思ひ, も得為ず, をし, をする, をなさる, をもし, を仕たく

▼ 身にな~ (46, 0.1%)

7 つて考へ 5 つては 3 つてゐた, つて恥かしい, つて見 2 つたなら, つてし, つても, ツて

1 [17件] つたのである, つて, つてかう仰る, つてからは, つてその, つてぞ, つてよく, つてを, つて人にも, つて凭れ, つて十七八の, つて御覧なさい, つて生活し, つて産もう, つて織田勢と, つて行つた, つて逃げる

▼ 身をかは~ (46, 0.1%)

13 して 3 したので, す 2 した, したが, しながら, しました

1 [19件] さうと, し, しかけたが, したり, した八五郎, した辰三, しましたが, します, しダニーロ, し遁, すごとに, すため, すの, すはずみ, すひま, すやう, す間に, す間もなく, す鷹

▼ 身~ (46, 0.1%)

4 をする 3 しようと 2 がある, して, でもし

1 [33件] が上った, したこと, した女, じゃねえ, すること, するより, だ, だ助けろ, で, ですぜ, でもありません, でもする, でもはつ, とも弁えず, と間違えられました, と間違えられる, などする, などの場合, などをする, なんて嫌, の上った, の多き, の娘, の婦人, をし, をした, をしよう, をするなら, をやり, を助ける, を思ひ止らせた, を救つて, を致し

▼ 身~ (46, 0.1%)

1 [46件] があれ, と制, には無意味, のさ, の予期, の人屍, の再, の変つた姿, の心持ち, の著しく, の襟, の身, の部屋, の顔, はうつけ, はこれ, はすまぬ, はその, はをり, は一夜, は一語, は住吉, は何処, は傘踊り, は其勢, は其夜一番鶏, は再度, は夜中, は広々, は延び上つて, は息, は板敷き, は板間, は歌, は瓜生野, は立ち上つた, は細面, は起き, は長者, は黙つ, も法師, を出す, を奪う, を居間, を引き出した, を見出した

▼ 身綺麗~ (45, 0.1%)

16 にし 3 にする 2 な服装, にさせ

1 [22件] だった祖母, であると, でお, で何かと, で元, で容色, で小, なだけに, な五十, な内儀, な夫, な若い, な貞淑さ, な躾, にいでたち, にした, にしたがる, にし過ぎ, にはし, にもし, に感ぜられた, らしい女中

▼ 身たち~ (44, 0.1%)

2 か, は, は治部殿

1 [38件] がいかに, がこう, が恋, が治部, が管理, が話し, が調伏, では手, とてその, にならぬ, には洩らされぬ, に化かされ, に取っ, に渡すまい, に聞い, のする, のため, のなす業, のよう, の前, の御, の心添え, の望む, の案じ, の知らぬ, の祈祷, はいかに, はつい, はまず, は何, は出仕, は年, は愚僧, は狩場, は蜘蛛, は誰, も命, も御

▼ 身ひとつ~ (44, 0.1%)

2 で東京, に保ちまつる, を枝葉

1 [38件] その文箱, だけの心配, でやけくそ, で夜陰, で御, で敗軍, で逃げだした, で部下, とし, と思う, なと, なれば, にあつまりき, にそなえ, にただ, にちゃんと, にちやん, につめよる, になった, に何物, に持っ, に文武ふたつ, に栄爵, に限らず, のがれ得た有様, の去就, の命, の寡婦, の故, は如何よう, ばかり助からん, へ蒐, をたより, を守る, を深山, を移した, 引っさげて, 辛くものがれ

▼ 身さま~ (43, 0.1%)

5 にもそんな 4 の魂 3 のお話ぢ 2 が経験ずみぢ, が經驗ずみぢ, を尋ね

1 [25件] が経験ずみ, こそさっき, じゃ, と末, にとってこの, には誰, に由, に禍い, のお, のお話, のこと, のその, の前, の叔父, の猩々緋, の話ぢ, はいま, はむごく, は御, もまだ, も何, も男, 御卑怯, 御案内, 御自身

▼ 身とは~ (42, 0.1%)

4 おなじ貴人ぢ 2 なった

1 [36件] いえ勢至菩薩, いえ死, おなじ貴人, おもえずほんとう, どうです, なって, なってしも, ならず一家, なりけり, なりに, なりぬ, なりも, なり果てけり, なり果てつ知れる人, なるなり, なれるなり, 云ひ, 仇敵同士として, 仏の, 何ぞや, 余りな, 別々として, 夢にも思はれず, 家名の, 差が, 御察し, 思えない, 申せ千里, 知らしたま, 知りながら, 競走出來ない, 覚って, 言えいつ, 言ひ, 請取れず, 違い人生

▼ 身~ (40, 0.1%)

16 ろき 13 まひを 2 まひの, ろきの息の 1 くり出づるを, まひ, まひした, まひでは, まひなども, まひは, や滅多

▼ 身ながら~ (39, 0.1%)

3 我身の 2 元来賄金, 分らぬもう

1 [32件] あの見事, かかるめでたき, なまぐさを, み仏, よく大きな, 一心に, 其ま, 刀を, 分らぬもうもう, 天より, 如何なれ, 妹は, 少し考, 引入れられて, 後鳥羽院に, 快よく, 忰半蔵の, 思いやりの, 恐しく思う処, 恥かしくて, 恥かしや, 悦び身に, 晴れがましく, 神慮を, 突然占い, 粟だつ, 葬り去った身, 訳解らず, 詣でぬべき所, 辛かりし, 隠然として, 麻

▼ 身にとって~ (37, 0.1%)

2 この上

1 [35件] あとを, ありが, この名画, この浦上, じつに危険, そんな静か, では, どんなに苦しい, はなはだ見当ちがい, 一ばんたのしい, 一面に, 三考にも, 不利な, 光栄と, 堪え難いほどの, 大切な, 妻帯の, 子の, 怖るべき, 悪いこと, 愉快な, 最初の, 望み難い, 次々に, 死んで, 決して幸福, 皇子より, 笑いごとでは, 見れば, 近ごろ絶え, 都合が, 閑散で, 青木一家にとって, 音が, 顔から

▼ 身にとっては~ (37, 0.1%)

1 [37件] この国, この食い違い, ずいぶん手痛い, そのらち, それが, どんなにか, なんの, もっともな, 三界一の, 不倶戴天の, 二三日逗留したい, 余り馬鹿らしい, 再びきょう, 単独の, 喉元すぎる, 堪ったもの, 嬉しくも, 家の, 容易でない, 容易ならぬ, 寸刻の, 将来いつかどんな, 恐ろしい人, 母上でござる, 油壺も, 為合者に, 物騒な, 竜之, 紅玉は, 触である, 足利家に, 追懐の, 酒は, 針の, 門之, 非常に, 驚くべき発見

▼ 身にて~ (36, 0.1%)

5 ありながら 3 置いて 2 事なく, 我れ, 望んだ處

1 [22件] かくまでの, とらはれたま, なほ病がちに, なんどやう, 一の, 候, 候えば, 候へば, 候ほどに, 候得者た, 再びうけたまふ, 夜を, 妙行を, 彼の, 御女儀さま, 旅立たんなどとは, 望んだ処, 此板木を, 殊に病中, 終にそまらぬ, 老いても, 霜枯の

▼ 身軽く~ (35, 0.1%)

1 [35件] おどけふるまうたと, くぐり抜けすり抜けて, して, するする流れ, する為, とびのった, とび越え甲板, なるか, はゆかない, めいめいが, ボートを, 事務員風の, 出来て, 塀を, 外の, 天井の, 如何にも自由そう, 小屋の, 岩の, 楽々と, 河の, 浮れ, 滑な, 立ち働き自惚れかも, 立って, 装ふ, 走り寄った, 走り通る者, 跳び上り, 躍りあがって, 鉄条綱の, 飛び乗ろうと, 飛乗って, 馬の, 駆け上って

▼ 身こそ~ (34, 0.1%)

5 安けれ 2 うらやましけれ, たゆまね憂愁, つらけれ, 一家の

1 [21件] あぶない次第, いとひ, うしろ, うれしけれ, うれしけれ浮世, かくしめ, それを, はかへ, 哀しけれ, 大事, 幸福なれ, 悲しけれ, 早う立ち去られい, 気の毒なる, 浮きたれ, 瓜も, 直参風を, 神である, 自由ならざれ, 誰に, 零落たれ

▼ 身~ (32, 0.1%)

3 つらき 2 おもふ, ひとり, らで, 一人, 信深く

1 [19件] かし, かしうつせみ, このま, こよひ, しだらなに, たゆげ, たゆげに, ひとりささやけ, ひとり齋居精進の, やすけ, よく訪, らを, 両親あり, 兩親あり, 姫が, 小野の, 賢かりける, 辛き, 逢ひたし

▼ 身もと~ (32, 0.1%)

1 [32件] がわかった, がわからぬ, がわかる, とおぼしき, の知れない, の膚, はあれ, はもう, はわかった, は知れぬ, は遂に, も判らない, も知れ申さずそうろう, より水, をお, をつつん, をはっきり, を問うた, を尋ねました, を探す, を探り出す, を探る, を明かした, を明かせ, を洗い, を洗っ, を洗つて, を簡単, を覚っ, を詮議, を調べ, を調べる

▼ 身仕舞~ (32, 0.1%)

3 をし 2 がよく, が良い, ひを, をした, をする

1 [19件] がすむ, が終る, して, でもし, なども構つて, なの, に取りかかった, に軽薄, の良い, はいたし, は中, ひして, もものうく, をなおし, をなほし, を正し, を済まし, を直す, を直そう

▼ 身がら~ (31, 0.1%)

3 の相違

1 [28件] お素姓, がとうに, が無為, でも洗いたてる, でも洗っ, についてさまざま, はなお, は一切承知, は土肥次郎, は失われるであろう, は竹中半兵衛, をしらべただろう, をイートン, をロンドン塔, を一つ, を一囚人, を依頼, を吾, を巨細, を引き取っ, を引き受け, を引き継ぐ, を引取り, を当たっ, を柳橋, を歛め, を洗っ, を隱

▼ 身づか~ (30, 0.1%)

2 らさ

1 [28件] ひといふの, らこの, らそれに, らまぎらし, らまぎらせよう, らも, ら保證した, ら信ずる, ら出馬し, ら嘲けらざる, ら如何にも, ら寢褥を, ら少し, ら思ひ, ら思へた, ら感じ, ら投函した, ら病氣を, ら病院の, ら直接に, ら知つてゐる, ら考へた, ら許し, ら警戒し, ら踊り出したい, ら踏み, ら部落民だ, ら靜めようと

▼ 身慄い~ (30, 0.1%)

7 をした 3 の出る 2 が出た, が出る, をし

1 [14件] が出, が感じられた, に襲われた, のする, の催される, をかんじました, をする, を催した, を全身, を感じた, を止める, を覚え, を覚えた, を身体中

▼ 身よりも~ (29, 0.1%)

2 子供を, 男の

1 [25件] あなた様こそ, おくがた, お前の, お前を, かえってかれのうし, この土地, たよりに, だまして, ないし, ない外国, なくただ, なくまた, なんぼう, 今は, 家も, 少なく淋しい人, 待つ身, 心が, 忘る, 深ければ, 無しで, 研究材料を, 罪の, 肉身も, 親しいもの

▼ 身~ (29, 0.1%)

6 乳母の 4 乳母は 3 までが姫, 乳母, 乳母に対する, 乳母も, 刀自自身の 2 の乳母, 乳母では

▼ 身替り~ (28, 0.1%)

3 になっ 2 にし

1 [23件] で御供, と考へられ, なざア, にする, につかまる, になった, になつて寢, にもと云う, に参ります, に牛丸君, に立ちし, に立った, に頼んだ, のため, のやう, の山羊, の者, をつくっ, をね, を勤め, を勤める, を強請, を相手

▼ 身~ (27, 0.1%)

2 受ク, 遁レ菜摘水汲薪採

1 [23件] 一片モ残サズニ猫ガ舐, 以ツテ本船ニ投ゼラレヨ, 以テ伽藍ニ渉登シ高, 以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為御, 以テ敢テ此大業ニ当, 以テ衆議院議員タル尊台ニ対シ不敬ヲモ顧ミズ一書ヲ, 修築シテ其天然ノ, 其業ニ委スル能ハズ此ニ於テカ余ハ日夜其任務, 厳リ, 受クル也サヤウニナリヌレバ十界住不住自在也, 受ケ身体ニ羽翼ヲ, 引キ縛ル騒擾, 愼ミ亦, 持スルコト謹厳恬淡ニシテ芸道ニ精進シテ米塩ヲカヘリミズ, 殺シテ以テ仁, 終ルト雖ドモ後世ニ益アリ是レ書ヲ, 脱ス, 臥ス, 衣食, 証スレバ少分, 農迹ニ隠, 震ハスオレダ, 飾ル男子遮光器ヲ用ウ

▼ 身です~ (26, 0.1%)

2 からね, から逃げる, よ

1 [20件] から, からあなた, からいや, からきょう, からたまたま, からね今日, から妻子, から時には, から父国香, から良馬, から還俗, がどんな, が美味しい, けれどそれでも, このとおり, それだ, もの, もの今度こそは, もの何の, 決して短気

▼ 身體中~ (25, 0.1%)

2 の血

1 [23件] から膿, がぞく, がヂリ, がワク, が刃物, が幾つ, が汗ばん, が痛く, が輕, にかける, についてゐた, にブラ, に力, に廣まつ, に生じた, に繃帶, のあらゆる, の傷, の血管, の軟骨部, をじ, を細かく, を耳

▼ 身としては~ (24, 0.1%)

2 他人の

1 [22件] お世辞, かかる馬鹿らしき, まず健気, まだ幾らかの, むしろ案じる, 丈餘り, 何か, 何が, 初耳でも, 勉強の, 喜ばしく思っ, 夜更けに, 忍びざるほどの, 息の, 懐旧の, 書くの, 気やすかっ, 父と, 甚だ僭越, 監督者の, 言えませんからナ, 重大なる

▼ 身なら~ (24, 0.1%)

53 ば堪へられぬ, 非人でも

1 [13件] で, ばこの, ばともかく, ばなにゆえ, ば新著, ば濁れ, むとは, んその, んと, 何所へ, 地獄の, 尚さらの, 月光に

▼ 身なる~ (24, 0.1%)

3 らん 2 に, を

1 [17件] かな彼我, が情けなく, が故に, その口惜し, にこの, にもかかわらず, に月, もの, ものは, ものをと, わ, をや, を今, を忘れざりしか, 哉, 奴隷が, 御衣の

▼ 身~ (24, 0.1%)

5 お身

1 [19件] あとの, いかに寒, お蝶, こころが, ないか, な水, われ魂や, 候, 同志の, 和子様たちを, 四ツ身を, 家兄に, 履歴には, 幸魂の, 心として, 心の, 心を, 樹皮で, 色合いが

▼ 身~ (24, 0.1%)

5 して 3 をし

1 [16件] されて, しやう, するという, せられた女, せん, せんと, でもしよう, に成っ, の相談相手, の金, も将来奥さん, をいたす, をされ, をする, をするだろう, を為

▼ 身近い~ (24, 0.1%)

2 ここちが, ものと

1 [20件] ところに, ものだけでも, ものとして, ものに, ものの, 人が, 人であれ, 人の, 出来ごとが, 刺激なり, 唯一人だ, 存在とは, 椅子を, 現実として, 種々の, 者が, 者である, 苦痛が, 血縁の, 親戚の

▼ 身ぶるひ~ (23, 0.1%)

6 をする 3 をした 2 がする, をし 1 が出ます, て, のつく, のやう, をさせた, をつづけ, を始めた, を感じさせる, 夜霧の, 胴ぶるひ得堪へ

▼ 身~ (23, 0.1%)

2 りを, をした

1 [19件] で帳場, で普通, などもかま, なども相模屋, のうち, はお, は惡, は氣, は至つて粗末, まで小綺麗, も相, も至つて質素, や住居, りが, りまでを, をし, を見る, を變, を飾る

▼ 身~ (21, 0.0%)

2 それは, へりて, 殿か

1 [15件] ああ情ない恨めしい, あるいはそれ, かがめて, しれぬ拙者, すりの, ずならずして, 否かを, 嗚呼情, 夢の, 夫れ, 履歴等に, 知らないお前, 知らねばこそ, 蒲鉾の, 護ろうと

▼ 身をば~ (20, 0.0%)

1 [20件] こがすなる五人女, まかせて, 中華の, 今一度, 他人の, 咀い尽した, 思はず, 思はず誓, 投入れ, 投懸け, 捨つ, 捨てんと, 支ふれ, 斜めに, 横たへ, 歎かじ, 浮雲にな, 燃し, 裂ける血, 頸に

▼ 身~ (19, 0.0%)

5 して 4 をし 3 へし 1 する, する白い, せるなり, へをした, をした, をする, をやけに

▼ 身にと~ (18, 0.0%)

13 つては 2 つても 1 つての, つて嬉しい, つて掛替

▼ 身そら~ (17, 0.0%)

2 で悟り

1 [15件] であんな, でご, で争い別れ, で二十, で大胆, で女, で心得違, で無理, で禿頭, に御, の内, の役者, をただ, をもってその, 好んで

▼ 身とて~ (17, 0.0%)

2 今は

1 [15件] かくて, しょせんこうして, そぞろ同情, はかない醉生夢死, 一年の, 何も, 充分な, 大蔵へも, 尊い阿闍梨, 平民主義を, 狛の, 生きて, 生きては, 行けぬこと, 遂に全く床

▼ 身まで~ (17, 0.0%)

2 売られた

1 [15件] お救い下さいました, その中, そんなにお, 奪われ去ッ, 引きうける気, 投げたほど, 投げる氣, 来る間, 染まって, 涜された, 祖父の, 荒んで, 賣つた妹, 香わして, 骨までも

▼ 身よりの~ (17, 0.0%)

2 ない娘

1 [15件] ご婦人, ところへ, ないカストローマ, ない瀧子, ない若い妻, ものだ, ものです, ものらしい, 方なら, 者が, 者である, 者という, 者の, 者は, 者を

▼ 身~ (17, 0.0%)

3 に在る 2 から求めます, の万物, の些細 1 に求める, の事物, の水, の美, の身, の遠く, の食餌, を見得る

▼ 身姿~ (17, 0.0%)

3 をし

1 [14件] かね, だ着物, にもならない, にも不, のこの, の立派, をかくした, をした, をながめ, を作らなく, を改めて, を整え, を見, 時々変ぜしなれ

▼ 身~ (17, 0.0%)

2 の事, の計

1 [13件] に伝, に残っ, に誰, のこと, の不名誉, の名, の名声, の境遇, の用意, の誉, は夢幻, を慰むる有り, 句は

▼ 身ぬち~ (16, 0.0%)

4 をめぐる 2 をめぐり 1 しみと, にしみ, にしみいる, にしみわたり, にひろ, へしみ入つた, へポリタミン, をつらぬく, をめぐつてひろがる, 暖き

▼ 身~ (16, 0.0%)

1 [16件] あてがうと, この時, つけたの, 五寸おき位に, 入れて, 刑罰を, 力を, 届くわけ, 御所望, 直かに, 着せた, 絡み合せて, 落ちて, 跳びかかり型, 返って, 飛びついた

▼ 身ゆるぎ~ (16, 0.0%)

8 もせず 2 もしない 1 が声, にキッ, もしず, もせず坐り, もせぬ, もまったく

▼ 身~ (16, 0.0%)

2 しようと, をする

1 [12件] して, です, とは無関係, と同じ, のつもり, の金, は無駄, をさせる, をし, をしたい, を為, を防止

▼ 身まわり~ (15, 0.0%)

2 の物

1 [13件] から乗車, など頼む, にかいがいしい, にもご, に寄り添い, に関する女房役, のこと, の品, の調度, はかもう, ばかりに気, もまるで, をもっと

▼ 身じゃ~ (14, 0.0%)

1 [14件] ありませんか, これが, その美, でな, ないか, ないかも, なんの, ねえが, はっはっは, アない, 今日は, 我儘という, 殺されて, 酩酊は

▼ 身であった~ (14, 0.0%)

2 のだ

1 [12件] からそこ, から末, が, がそれ, がやがて, が刀, さあ故郷, としたら, のが, のは, 古市へ, 故か

▼ 身~ (14, 0.0%)

4 の上 2 よりの療法, より生ずる 1 の一方, の影響, の構造機能, の病, より治, より起こる

▼ 身でございます~ (13, 0.0%)

2 から, もの 1 お察し, からこの, から取廻し, から御, がかねがね, がんぜない小, のこれ, もので, 旅に

▼ 身とを~ (13, 0.0%)

1 [13件] お引取, くれぐれも館, なげ入れて, まだ起き上がる, 一致させた, 全く區別, 取り替える気, 合わせたもの, 多年甚内に, 持った人間, 桜飯へ, 法律や, 温め合いながら

▼ 身どもら~ (13, 0.0%)

1 [13件] おぼつかなくも, お乗組, この日, どれほどそれ, に一人, のうち, のお, はどう, はイシカリ税庫, は武士, は賊, は長, も婿

▼ 身ひとり~ (13, 0.0%)

1 [13件] がこの, が縋る, が苦痛, でこんな, でする, で縋り附く, と決めた, ならず傍, に, にアカイア勢, のため, は斷, 獲ら

▼ 身~ (13, 0.0%)

2 に渦巻いた, をかけ巡る 1 が温まつ, に体感, に感じ, に戰, に泌, に甦っ, に脈, をかけ巡った, を疼く

▼ 身~ (13, 0.0%)

3 みを 2 みの 1 の一ツ, の可, みして, みについても, よくカラア, らしく装った衣, をほどこし, を忘れない

▼ 身~ (12, 0.0%)

1 [12件] へ, へやせ, へ健康, へ定まらぬ, へ富貴, へ忘れけり, へ慄ふよ, へ流れぬ, へ立つたら, へ肥満, へ身, へ退け

▼ 身その~ (12, 0.0%)

4 下が 1 うちに, エライ人と, 分に, 妹が, 物と, 身の, 身も, 身安楽に

▼ 身~ (12, 0.0%)

4 やとて 21 やありません, やが, やと固く, やない, やほどに, やまで

▼ 身であっ~ (12, 0.0%)

2 てみる, てみれ, て見れ 1 ては山田申楽, ても, ても胆, てわたし, て一面, て自分

▼ 身とも~ (12, 0.0%)

1 [12件] あれ娘, なさば, なった, ならば, なりぬれ, なる, 変りの, 存候まま何卒, 思ほえぬ, 知らずや, 考えられて, 考へられて

▼ 身にぞ~ (12, 0.0%)

3 沁む 2 染む, 泌む 1 しむ, ッと, 余る, 染む船, 染む造花

▼ 身~ (12, 0.0%)

1 [12件] がその, がどうしてそう, が捜し, の仇, の努力, の落度, はか, は劉玄徳, は自己, は若い, まことに開拓, を解い

▼ 身をよ~ (12, 0.0%)

3 けると 2 する 1 ける, けるだけ, ける用意, するあした, する所, ぢらし, ぢらしめ

▼ 身一人~ (12, 0.0%)

2 で生活 1 が将門, じゃで, で, でもこの, で引き受けた, となっ, と云う, ならず彼, にておわせし, 出歩こうとは

▼ 身不肖~ (12, 0.0%)

3 にし 1 ながら主人, ながら先君, ながら叛軍, ながら朝夕南洲翁, ながら殿, ながら狩野宗家, ながら見苦しき, なれど, にも小野寺家

▼ 身~ (12, 0.0%)

12

▼ 身狹乳母~ (12, 0.0%)

2 ではあつ, に對, の思ひやり, の計, は郎女, も口

▼ 身~ (12, 0.0%)

2 をこれ 1 ちぎれやぶれむとす, にさ, に食い入っ, のわづら, の一致, の爛れひたぶる, をさえ, を委ね, を施す, を貪り食った

▼ 身體つき~ (12, 0.0%)

2 をし 1 で間もなく, なども以前, などよく, に見おぼえ, の巡査, もつと, もほとんど, も逞まし, や態度, や背

▼ 身という~ (11, 0.0%)

2 ものは 1 ことである, ことを, ふしぎな, ような, 意味から, 文字が, 言葉が, 言葉も, 関係において

▼ 身のみ~ (11, 0.0%)

5 館の 1 だる, ならず社会, 大人に, 姿とを, 秋には, 食うる熟兎

▼ 身もち~ (11, 0.0%)

2 の看護婦 1 と歩い, にさせ, になっ, のナターシャ, の体, の彼女, の真白, むさむさしたる, もいい

▼ 身ゆえ~ (11, 0.0%)

2 に, にだった 1 この三月, にいつ, にと喜ん, に寝覚めがち, に職人ども, 勿論疑い, 危うきに

▼ 身~ (11, 0.0%)

2 になったら, はー安ウ, ふるわして 1 でそんな, に覚えない, の周り, やし, 投げ出したよう

▼ 身廻り~ (11, 0.0%)

3 の物 2 の品, の用 1 についての風俗, のこと, の用具, をする

▼ 身慄いし~ (11, 0.0%)

21 さっそく行動, てはね返っ, て男, て逃げ, て逃げ回った, て飛び退こう, て馬, ながら云った, またとき

▼ 身振で~ (11, 0.0%)

1 [11件] かうい, も何, 両手を, 力が, 巴里の, 我々に, 手に, 物に, 相槌打ち, 讃め上げ, 通行人の

▼ 身~ (11, 0.0%)

1 [11件] が姿, とその, とても安穏, にお, には判っ, のため, はほっと, は何, は子々孫々, は落魄れ, を殺そう

▼ 身體ぢ~ (11, 0.0%)

2 うの 1 うを, やない, やねえ, やまま, や何處, や既, や高飛び, ゆうに油, ゆう汗びつしよりになつて

▼ 身この~ (10, 0.0%)

1 お捕物御免, 体とともに, 兼好に, 城の, 容貌が, 心, 泰親の, 牢獄で, 色に, 酒を

▼ 身~ (10, 0.0%)

2 にふる 1 にやがて, の怱忙, の感, の数奇, もあちら, を営求, を維, 淡々凡て興

▼ 身持放埒~ (10, 0.0%)

2 で行方 1 で今, で勘當, で若い, で身上, とかいうよう, なので, の廉, の科

▼ 身~ (10, 0.0%)

1 にまいる, にも心, に渡し, のお便り, の人間, の方, の落着き先, は卑怯, は永く, も仰せられぬでございましょう

▼ 身請し~ (10, 0.0%)

1 てくれない, てくれる, てどこ, て下さり, て女房, て好いた, て往く, て東京, て松山, て橋場

▼ 身~ (10, 0.0%)

1 があるいは, がすれすれ, によく, の具合, の重み, は次第に, や心, や自分, を前, 之資

▼ 身體全體~ (10, 0.0%)

1 がひどく, がほて, がまるで, がピリン, が何時, に何ん, に卷, の痛み出す, も何ん, も有する

▼ 身さえ~ (9, 0.0%)

2 入相の 1 おける所, 不幸なる, 危うくなった, 富貴なら, 忘れて, 手の, 眼をさえ

▼ 身じん~ (9, 0.0%)

3 まくも, まくを 1 まくだって, まくの, まくは

▼ 身すぎ世すぎ~ (9, 0.0%)

1 からの敗北, である, でい, のため, のみじめさ, の俗, の大地, をし, をもふくめ

▼ 身であれ~ (9, 0.0%)

1 ばそれら, ばなんで, ば事, ば先づ此二人, ば再び, ば商売, ば師匠, ば是非女中, ば残る

▼ 身につけ~ (9, 0.0%)

1 おほせた, まと, 夜着は, 暮して, 父と共に, 眼鷹の, 短剣を, 秀でて, 高める為

▼ 身ぶるひし~ (9, 0.0%)

21 ていや, てその, てゐる, て水, て買物, て馬, 一倍元気の

▼ 身をよけて~ (9, 0.0%)

1 くれそれ, すぐ後, ついに地下室, ジャヴェルが, 兵士らを, 御者と, 此方を, 着物を, 通り道を

▼ 身売防止運動~ (9, 0.0%)

2 の道徳的全貌 1 であり道徳的説教, であること, のこの, の実際, の活動, の道徳的活動, も亦

▼ 身~ (9, 0.0%)

3 ひして, ひを 1 が際立っ, をしました, 名繕

▼ 身體状態~ (9, 0.0%)

1 が精神状態, が良好, に盈虚, の善變, の爲, の變化, は必ら, を一新, を善變

▼ 身い投げ~ (8, 0.0%)

1 ておっ, ておっ死ぬ, ても首, て死ぬ, て死のう, べいと, べえと, ようとして

▼ 身うごきする~ (8, 0.0%)

5 ことも 2 ものも 1 たび梢の

▼ 身~ (8, 0.0%)

1 からだを, くに處なく, めぐみ下すった, 一つに, 二人さまが, 冬さんは, 大事に, 大切に

▼ 身がま~ (8, 0.0%)

2 へする 1 へし, への出来, へると, へをし, へをした, へ致セバ

▼ 身すぼらしい~ (8, 0.0%)

1 ふうを, ほどのあの, ものが, 一老婦が, 小男で, 身装で, 風を, 風体に

▼ 身ぞと~ (8, 0.0%)

2 思へば 1 人目に, 思い極めて, 思はん, 想へば, 知りつる, 除きて

▼ 身だった~ (8, 0.0%)

2 のだ 1 が養父, そうだ, という, といっ, ので, のです

▼ 身でない~ (8, 0.0%)

2 ような 1 か, が女, ことを, ので内証, のを, 彼女が

▼ 身とな~ (8, 0.0%)

2 つては 1 せり梵天帝釈四, つたで, つてからの, つて後ふたたび, ッて, ツた

▼ 身ばかり~ (8, 0.0%)

2 では 1 でなく一般, で神様, 多くって, 安泰に, 思って, 燃やす

▼ 身よりは~ (8, 0.0%)

1 その馬, ないし, なして, もう一人, チリヂリあっちも, 光も, 好く何ぞ, 御所の

▼ 身化粧~ (8, 0.0%)

3 をし 1 ができます, した高島田, なども手間どっ, にもひまどるだろう, をした

▼ 身寄頼り~ (8, 0.0%)

2 の無い, もない, もなく 1 のない, もねえ

▼ 身~ (8, 0.0%)

2 座禅 1 くつちやあけえりませぬ, となっ, にたてくれ, の偽首, の思案, を立てる

▼ 身~ (8, 0.0%)

1 い様子, しい葛岡, らしいとは, らしいもの, らしい姿, らしい洋服, らしい老人, らしく自分

▼ 身~ (8, 0.0%)

1 が優婆塞姿, に及ばず, に對, の仇, の物語, もかしこ, も忍べ, を

▼ 身~ (8, 0.0%)

2 につけ 1 につける, に見る, に迫った, のひき緊, を暖めん, を見せた

▼ 身自ら~ (8, 0.0%)

1 そこなわんこと, その中, その境地, の重量, をもつ, を肩, 推し給, 追い来ましき

▼ 身かと~ (7, 0.0%)

2 思へば 1 それを, 効無く, 思うと, 思われる其の, 改めて思う

▼ 身すぎ~ (7, 0.0%)

2 をする 1 から, といふ奴, の哀れさ, をし, を想像

▼ 身だけ~ (7, 0.0%)

1 だ, でなくよみ, では, まだ食べられます, 使って, 潰して, 逃れるという

▼ 身との~ (7, 0.0%)

1 交渉並びにかげのわづらひの件, 愛情なども, 我側に, 板挟みじゃ, 過労による, 部さへ, 間に

▼ 身ながらに~ (7, 0.0%)

2 眼を 1 吉野の, 独ぼ, 相手と, 笏や, 落ちぶれて

▼ 身については~ (7, 0.0%)

1 いない, いないが, われわれ旧臣も, ゐないやう, 口止めし, 安心した, 見栄を

▼ 身一ツ~ (7, 0.0%)

1 になった, に父, に雨, の, のふり, のみのいくさ, を助かりし

▼ 身~ (7, 0.0%)

3 大切に 1 成人ぶりも, 紋服ヲ, 覚悟が, 陣借

▼ 身振い~ (7, 0.0%)

2 をし, をする 1 と共に眼, をした, を感じ

▼ 身~ (7, 0.0%)

2 に於ける 1 が恵まれ, とは身体, に関するもの, も底, をおこなっ

▼ 身親しく~ (7, 0.0%)

1 お目もじも, この出来事, その地, その編集室, はこの, は識つて, 其土を

▼ 身顫いし~ (7, 0.0%)

2 ながら帰り 1 て引返した, て後退り, て眼, ながらいった, ながら階段

▼ 身うごきし~ (6, 0.0%)

2 て足 1 たり口, ちゃいけない, ている, て呻いた

▼ 身ずまい~ (6, 0.0%)

2 を正し 1 と共に次, を整えた, を正しく, を正した

▼ 身たけ~ (6, 0.0%)

1 では大変, などをいい, に合, に添っ, よりはるか, 衿肩あて等が

▼ 身だけは~ (6, 0.0%)

1 どうやらこうやら, 元の, 永く見, 無事に, 無難に, 病いも犯し

▼ 身だけを~ (6, 0.0%)

1 いま寝, かわいがり生きてるの, くって, もって, 思うて, 救い取り行市山

▼ 身ながらも~ (6, 0.0%)

1 余りに可哀想, 吉野の, 我れ, 木戸木戸を, 涙ぐまるるやうにてよし, 限りとて

▼ 身などの~ (6, 0.0%)

4 考へでは 1 考えでは, 運命は

▼ 身ならず~ (6, 0.0%)

2 又時節, 御機嫌に 1 ば, や何故

▼ 身にこそ~ (6, 0.0%)

2 ありけれ 1 あれ, しみまさりけれ, ついて, 長い年代

▼ 身にとっても~ (6, 0.0%)

1 どうして多少の, 人にとっても, 心を, 性根の, 末懸けた, 自分自身または

▼ 身ぶるひする~ (6, 0.0%)

1 と同時に, のであつ, やうな, やうに, 程いやが, 程いやだ

▼ 身悶える~ (6, 0.0%)

2 やうに 1 かに気色ばんだ, ので壜, 浪路を, 肉体で

▼ 身慄いが~ (6, 0.0%)

2 したこと 1 した, して, し矢張り姉様, 細い螺旋形

▼ 身~ (6, 0.0%)

1 に留まっ, の弥立つ, は竪立, も弥竪, を挙げ, 立つほど

▼ 身~ (6, 0.0%)

1 から, に, に汝, のあまりに, のあまり高, 烈しく候

▼ 身~ (6, 0.0%)

2 存し, 活 1 洒落, 生けるが

▼ 身祝い~ (6, 0.0%)

1 と称し, にと多吉夫婦, にと銚子, の気持, をさせる, をし

▼ 身自身~ (6, 0.0%)

1 が焦熱地獄, にはなぜ, の人間, の口, は意識, もいつ殺られる

▼ 身賣り~ (6, 0.0%)

2 の當時 1 までした, も同, をした, をしませう

▼ 身~ (6, 0.0%)

1 に湧い, に觸, のため, の重み, をこ, を勞

▼ 身體さ~ (6, 0.0%)

1 へ丈夫, へ働かせ, へ大切, へ少, へ治, へ滿足

▼ 身あがき~ (5, 0.0%)

5 をばくり返し

▼ 身かた~ (5, 0.0%)

1 が一人, するからとて, でない男, のすべて, も噂

▼ 身からは~ (5, 0.0%)

1 しつけ, とりつく島, 一種無碍な, 日毎に, 湯気の

▼ 身それ~ (5, 0.0%)

1 が今, すら母, はもう, を口実, を知っ

▼ 身にまで~ (5, 0.0%)

1 およぶかも, とどく一矢, なり眼, 及ぶその, 及んで

▼ 身にもな~ (5, 0.0%)

1 つてわざと, つて上げ, つて見, つて見る, ッて

▼ 身ぶる~ (5, 0.0%)

1 えし, えする, って夜, ひがした, ひなどし

▼ 身ほど~ (5, 0.0%)

1 な人物, 人の, 心を, 物覺好き人は, 骨肉に

▼ 身まま~ (5, 0.0%)

1 だった, でよい, なの, にいと, の寵

▼ 身もだえる~ (5, 0.0%)

3 ように 1 ばかりであった, やうに

▼ 身~ (5, 0.0%)

1 さア兄弟分, 弱草, 朝日影に, 朽尼の, 氷雨降る

▼ 身をかへ~ (5, 0.0%)

3 して 1 し, せし時汝

▼ 身をよけ~ (5, 0.0%)

1 たので, たのに, ました, ましたが, ようと

▼ 身ナリ~ (5, 0.0%)

1 だが, ということ, のよい, のよから, をカンバン

▼ 身~ (5, 0.0%)

1 三人カヨレバ行燈, 安全ヲシテヤッタコト幾人カ数モ知レズソノ後オレガ諸国ヘ, 思案ヲ, 滅亡モ又, 激シイ

▼ 身~ (5, 0.0%)

1 仁也, 仁也の, 文也, 神即, 諸虫

▼ 身~ (5, 0.0%)

1 ぞ明らか, の話, はわが身, は他人, 息を

▼ 身伸び~ (5, 0.0%)

2 して, をし 1 をすれ

▼ 身~ (5, 0.0%)

3 かなしい者 1 なきのみ, は喰

▼ 身~ (5, 0.0%)

1 其中, 此山中, 百花中, 緑烟堆, 閑中不

▼ 身若し~ (5, 0.0%)

1 彼夕もろひとに, 我に, 我言を, 扶け, 能く

▼ 身~ (5, 0.0%)

2 して 1 し色読, する事, せらるるもの

▼ 身輕さ~ (5, 0.0%)

1 であの, です, でちよこちよこ, の非凡, は踊り

▼ 身近き~ (5, 0.0%)

1 婦人の, 現在の, 者が, 者死人に, 者死人の

▼ 身體一つ~ (5, 0.0%)

1 しか持つてない, で燒出, に頭, の外, を持て

▼ 身ある~ (4, 0.0%)

2 を知らず 1 ことを, のみ

▼ 身いと~ (4, 0.0%)

1 しみしくしく, ほしみたま, まなけれ, 重ければ

▼ 身かの~ (4, 0.0%)

1 ように, 女は, 如く, 如く肥ゆ

▼ 身~ (4, 0.0%)

1 てしばしば, ても七里役, て商人, 人と

▼ 身たる~ (4, 0.0%)

1 を忘れざりし, 兄の, 大国主の, 玉葉集などにも

▼ 身だに~ (4, 0.0%)

2 知らざりしを 1 つひに, 人の

▼ 身であろう~ (4, 0.0%)

1 けれども今, といわれなき辱め, ともかりに, 是非御

▼ 身でなく~ (4, 0.0%)

1 てはひびかす, ては不便, ともこんな, 恐らく親

▼ 身でなけれ~ (4, 0.0%)

3 ば種々 1 ばならない

▼ 身とともに~ (4, 0.0%)

1 在して, 山に, 終るもの, 美味しく煮

▼ 身ならね~ (4, 0.0%)

21 ど, ば一日

▼ 身なら諾う~ (4, 0.0%)

3 てくれるだらう 1 てくれるだろう

▼ 身についても~ (4, 0.0%)

1 いちど其許の, きた, 道い得べき, 高氏よりは

▼ 身のうへに~ (4, 0.0%)

1 あつた, かけに, なるかは, 同情した

▼ 身みずから~ (4, 0.0%)

2 その身 1 の荊棘, を怪

▼ 身みづか~ (4, 0.0%)

1 らその, らは, らも, ら追

▼ 身もて~ (4, 0.0%)

1 なほあくが, 地に, 妄りに, 避れ

▼ 身よりに~ (4, 0.0%)

1 たのんで, たよって, 任せれば, 荒されるよりは

▼ 身をこそ~ (4, 0.0%)

1 われ等二人, 受けて, 恨め, 残しけ

▼ 身不相応~ (4, 0.0%)

2 なる大船 1 な大きな, な大尽遊び

▼ 身~ (4, 0.0%)

1 かまわないから, の世の中, ひの, また一倍

▼ 身全く~ (4, 0.0%)

2 青く脇 1 水に, 自由なる

▼ 身寄親類~ (4, 0.0%)

1 ではなし上げる, でもねえ, はなし, もない心細い

▼ 身~ (4, 0.0%)

1 の外, の方, の贄殿, を包ん

▼ 身~ (4, 0.0%)

1 に比し, のもの, の少し, 高く稍

▼ 身投女~ (4, 0.0%)

1 の後ろ, の遺留品, を救, を舷

▼ 身改良~ (4, 0.0%)

1 として國會, をし, をする, を行

▼ 身~ (4, 0.0%)

1 何ぞの, 娘と, 宿せしみづ子, 水に

▼ 身~ (4, 0.0%)

2 の如く 1 の膚, 慥かに

▼ 身~ (4, 0.0%)

1 の人, の高い, は高から, 小さき男

▼ 身清め~ (4, 0.0%)

1 と一献, につい, はこれ, やら衣服

▼ 身粧い~ (4, 0.0%)

1 からすべて, にも細心, に丹念, をし

▼ 身肉手足~ (4, 0.0%)

1 さえも截った, を割い, を割き, 不惜躯命

▼ 身請する~ (4, 0.0%)

1 といつた, といふ, のだ, 前は

▼ 身軽い~ (4, 0.0%)

1 そちの, 動作に, 扮装で, 武装を

▼ 身體日~ (4, 0.0%)

3 に強健 1 に衰

▼ 身あれ~ (3, 0.0%)

1 にこんな, ば一日, ば即ち

▼ 身いや~ (3, 0.0%)

1 とても応, とても應, 榮轉した

▼ 身おも~ (3, 0.0%)

1 である, で耐えられる, な体

▼ 身すら~ (3, 0.0%)

1 おりおり源叔父, 神さま仏さま御, 職の

▼ 身そのまま~ (3, 0.0%)

1 が構え, で自由, 即身実業

▼ 身そのもの~ (3, 0.0%)

1 がすでに, が黴だらけ, は隊

▼ 身だけが~ (3, 0.0%)

1 うしろの, さうし, 金蔵の

▼ 身であります~ (3, 0.0%)

1 からお互い, から暗夜, が

▼ 身であるなら~ (3, 0.0%)

2 ば用 1 ばせめて

▼ 身でござんする~ (3, 0.0%)

3 にと打

▼ 身とか~ (3, 0.0%)

1 はり, 聞いて, 虎頭とかの

▼ 身とが~ (3, 0.0%)

1 恰もひとつ物, 所を, 相当の

▼ 身なき~ (3, 0.0%)

1 ときは, ものだ, 密處に

▼ 身なし~ (3, 0.0%)

1 しかも法身, に腕一つ, 児の

▼ 身など~ (3, 0.0%)

1 かもうて, それより, 持つて

▼ 身などは~ (3, 0.0%)

1 この若, まだ好い, 何うだ

▼ 身において~ (3, 0.0%)

1 まさに然るべき, 無戒名字, 独発に

▼ 身にしも~ (3, 0.0%)

2 逼る 1 望み

▼ 身にだけ~ (3, 0.0%)

1 ひき当てて, 引き当てて, 意中を

▼ 身に関する~ (3, 0.0%)

1 大変な, 故を, 王の

▼ 身のけふ~ (3, 0.0%)

2 我に 1 ひとりもの

▼ 身ばかりか~ (3, 0.0%)

1 女房子は, 生れて, 親にも

▼ 身へは~ (3, 0.0%)

1 つけません, 少しも, 触れなかった

▼ 身までが~ (3, 0.0%)

1 全くきたない, 捕われては, 朕を

▼ 身もと詮議~ (3, 0.0%)

1 が第, でした, をはじめた

▼ 身をね~ (3, 0.0%)

1 ぢつて茶の間の, ぢて, ぢ曲げ

▼ 身をは~ (3, 0.0%)

1 ふらかしあま, ふらかすわざ, ふらかす人々

▼ 身をめぐって~ (3, 0.0%)

1 いた, キチキチ飛ぶ, 飛びあたかも

▼ 身をよけよ~ (3, 0.0%)

3 けして

▼ 身一代~ (3, 0.0%)

1 に二千貫しこ, の名聞欲, の諸

▼ 身一体~ (3, 0.0%)

2 となり 1 のよう

▼ 身一個~ (3, 0.0%)

1 に引, のやりくり, をふり廻し

▼ 身人首~ (3, 0.0%)

1 であ, であつ, の神

▼ 身今日~ (3, 0.0%)

1 はわが身, は何れ, 別れて

▼ 身保存~ (3, 0.0%)

2 について頭 1 について苦労

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 はただ, は冷たい, をみつめ

▼ 身入り~ (3, 0.0%)

1 にもならない, のしない, はよい

▼ 身分ち~ (3, 0.0%)

2 がひ 1 がひだ

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 チ所依, 仏, 仏非

▼ 身~ (3, 0.0%)

2 のいい 1 には頑固

▼ 身~ (3, 0.0%)

3 だなと

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 なるに, 喚言比丘強牽我行欲云々と, 魔術

▼ 身大きく~ (3, 0.0%)

1 おなりでございましょう, おなりでしょう, なって

▼ 身実業~ (3, 0.0%)

3 の人

▼ 身寄便~ (3, 0.0%)

2 もない 1 も無い

▼ 身寄兄弟~ (3, 0.0%)

1 は無し, もなし, も無い

▼ 身~ (3, 0.0%)

2 もなく 1 も無く

▼ 身~ (3, 0.0%)

2 えか 1 へや身構

▼ 身抜け~ (3, 0.0%)

1 が出来, が出来ず, をし

▼ 身~ (3, 0.0%)

2 を丁寧 1 が済む

▼ 身教育~ (3, 0.0%)

3 のない

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 して, しては, するとも

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 であった, の偉力, は小

▼ 身浄め~ (3, 0.0%)

1 のうえ, や衣服, をすまし

▼ 身滅智~ (3, 0.0%)

1 の空寂, を終局, を結局

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 とても同じ, の, はいかに

▼ 身立命~ (3, 0.0%)

1 の地, の法, 出来るという

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 がなえ, がミリミリ, も弛ん

▼ 身~ (3, 0.0%)

2 嫁娶 1 から魔界

▼ 身装置~ (3, 0.0%)

1 が廻っ, の廻折鏡, はその

▼ 身解脱~ (3, 0.0%)

1 の水, の為, を一続き

▼ 身贔負~ (3, 0.0%)

1 でなお, でもなく, に過ぎない

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 から其身, から耳聞目撃, から脱走

▼ 身退く~ (3, 0.0%)

1 ことを, という東洋風, とは古

▼ 身重く~ (3, 0.0%)

1 して, なった妻, 動作緩慢なり

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 なり, を切, を切つて買

▼ 身~ (3, 0.0%)

1 るる, れし宵やみ, れて

▼ 身顫ひがし~ (3, 0.0%)

21 て胸

▼ 身體ごと~ (3, 0.0%)

1 くる, 叩き付けて, 浸りこむべきであらう

▼ 身體一杯~ (3, 0.0%)

1 に叫ん, に拭, に汚し

▼ 身~ (2, 0.0%)

2 投る

▼ 身いかなる~ (2, 0.0%)

1 妖怪か, 科に

▼ 身いとし~ (2, 0.0%)

1 み牛, も鯛

▼ 身うごきした~ (2, 0.0%)

1 かと思う, のみである

▼ 身うごきしない~ (2, 0.0%)

1 ように, 前から

▼ 身うごきすれ~ (2, 0.0%)

1 ばうたれ, ば五体

▼ 身おとろ~ (2, 0.0%)

1 へてしのぶかたがたしげ, へて心気

▼ 身かは~ (2, 0.0%)

1 せば, 御辺

▼ 身がわり人形~ (2, 0.0%)

1 に気, の胴体

▼ 身ここ~ (2, 0.0%)

1 で白状, へ来

▼ 身これ~ (2, 0.0%)

1 がお, なり云云

▼ 身さえも~ (2, 0.0%)

1 危ぶまるる, 棄て去った名

▼ 身さながら~ (2, 0.0%)

1 仙と, 空しき影

▼ 身しばし~ (2, 0.0%)

1 御門前, 打震

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 から守る, から御返事

▼ 身せめて~ (2, 0.0%)

1 ことしの, 肩揉め

▼ 身そこ~ (2, 0.0%)

1 に導き取られた, に惑う

▼ 身たがい~ (2, 0.0%)

1 かならずお力, 弓取り同士の

▼ 身たとえ~ (2, 0.0%)

1 いかよう, 名門良家に

▼ 身だけに~ (2, 0.0%)

1 その巧言令色, なったもの

▼ 身だけよりも~ (2, 0.0%)

2 一層長く

▼ 身だつた~ (2, 0.0%)

1 がその, ので今度

▼ 身ちかく~ (2, 0.0%)

1 この世で, 出ますの

▼ 身ぢろぎ~ (2, 0.0%)

1 もしない, をしない

▼ 身つら~ (2, 0.0%)

2 やはじめ受宿

▼ 身づくり~ (2, 0.0%)

1 はしたれ, を振

▼ 身でござる~ (2, 0.0%)

1 から命, によってただいま打

▼ 身でと~ (2, 0.0%)

1 さう思つて, ほる

▼ 身といふ~ (2, 0.0%)

1 のである, 語も

▼ 身とぞ~ (2, 0.0%)

2 思ふ

▼ 身とまで~ (2, 0.0%)

1 なった当時, 言う程

▼ 身とや~ (2, 0.0%)

1 おも, 思ふ

▼ 身と共に~ (2, 0.0%)

1 暮すこと, 覚悟し

▼ 身どう~ (2, 0.0%)

1 でもここ, でも親たち

▼ 身どす~ (2, 0.0%)

1 さかいどうぞ, さかい何もかも

▼ 身なお~ (2, 0.0%)

1 危ない危ない, 甚だしきは

▼ 身なく~ (2, 0.0%)

1 て此世, 骨肉なく

▼ 身なぞは~ (2, 0.0%)

1 とうに捨て, 露ほども

▼ 身などに~ (2, 0.0%)

1 おなりに, 護りは

▼ 身ならで~ (2, 0.0%)

1 は, は幾世

▼ 身ならぬ~ (2, 0.0%)

1 者は, 貂蝉では

▼ 身なんど~ (2, 0.0%)

2 は夢幻

▼ 身にさえも~ (2, 0.0%)

2 よき作

▼ 身にては~ (2, 0.0%)

1 どの顏, やうやうの

▼ 身にても~ (2, 0.0%)

2 あらば

▼ 身にとっての~ (2, 0.0%)

1 一握, 観世音菩薩と

▼ 身にとりまして~ (2, 0.0%)

1 どのくらい, 堪えられぬ程

▼ 身にまつわる~ (2, 0.0%)

1 ものをば, 女性の

▼ 身にや~ (2, 0.0%)

1 ありし世, 思へば

▼ 身により~ (2, 0.0%)

1 添ひぬ, 頼み奉る

▼ 身に対して~ (2, 0.0%)

1 劉皇叔には, 肉身の

▼ 身ぬけ~ (2, 0.0%)

1 ができましたで, にこうこう

▼ 身のうへ~ (2, 0.0%)

1 くらゐ, 話を

▼ 身のうへを~ (2, 0.0%)

1 思つて涙を, 気づかつて

▼ 身のち~ (2, 0.0%)

1 からにあらず, から試さん

▼ 身のみは~ (2, 0.0%)

1 情なくあざみ笑, 過慮

▼ 身ばかりを~ (2, 0.0%)

1 案じて, 細かく切っ

▼ 身ひと~ (2, 0.0%)

2 の身なんど

▼ 身ふたつ~ (2, 0.0%)

1 におなり, になる

▼ 身ぶるひした~ (2, 0.0%)

1 だけで, のも

▼ 身ぶるふ~ (2, 0.0%)

2 今は

▼ 身ぺん~ (2, 0.0%)

1 にあらわれる, はみな

▼ 身ほとんど~ (2, 0.0%)

1 あきれ申候, 蛇ほど

▼ 身ほどの~ (2, 0.0%)

1 御仁なら, 者で

▼ 身ほろぶ~ (2, 0.0%)

1 まで責苦, 歌と

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 はりの, ゐ向かざる故

▼ 身また~ (2, 0.0%)

1 君を, 如何で

▼ 身までを~ (2, 0.0%)

1 刻むかの, 案じ出して

▼ 身まま気まま~ (2, 0.0%)

1 よ, 思うざま

▼ 身もが~ (2, 0.0%)

1 きするもの, きせんばかりに

▼ 身もて得~ (2, 0.0%)

2 し寂び

▼ 身もと調べ~ (2, 0.0%)

1 から話, をした

▼ 身もん~ (2, 0.0%)

2 でえ

▼ 身ゆゑ~ (2, 0.0%)

1 が嗄れ, に涙

▼ 身よりが~ (2, 0.0%)

1 あって, 少くて

▼ 身をぞ~ (2, 0.0%)

1 恨むる, 過まる

▼ 身をと~ (2, 0.0%)

1 ほつて來, 一聲に

▼ 身をへ~ (2, 0.0%)

1 だつる, 揚り屋の

▼ 身をを~ (2, 0.0%)

1 へし大いなる, 潜めて

▼ 身を以ても~ (2, 0.0%)

1 中, 守らねば

▼ 身を通して~ (2, 0.0%)

1 お前さんの, 現はれ

▼ 身ギレイ~ (2, 0.0%)

1 で戦争中, に世

▼ 身ダシナミ~ (2, 0.0%)

1 が大切, は云う

▼ 身ナリガ~ (2, 0.0%)

1 好キデ, 悪イト融通ガ出来ヌ

▼ 身上り~ (2, 0.0%)

1 しての, をし

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 に積氣, の碧氣

▼ 身乍ら~ (2, 0.0%)

1 あの見事, に獨

▼ 身二人~ (2, 0.0%)

1 がこう, にはわれ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 が背上, といつ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 の代, の衣服

▼ 身以上~ (2, 0.0%)

1 なもの, に美味い

▼ 身住む~ (2, 0.0%)

1 地処は, 地處は

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 うしても, の権威

▼ 身何ぞ~ (2, 0.0%)

1 其暇を, 是を

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 に吹きよせ, に鮮

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 からず, からず心

▼ 身共に~ (2, 0.0%)

1 わるい癖, 新九郎と

▼ 身共ら~ (2, 0.0%)

1 が富士見ヶ原, はこれ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 なども屍体, 各提扶

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 は例, をのんだ

▼ 身動く~ (2, 0.0%)

1 ごとに, 気合が

▼ 身動ぐ毛~ (2, 0.0%)

2 のつや

▼ 身~ (2, 0.0%)

2 しを

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 はその, 隱れ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 しと, ふして

▼ 身即心~ (2, 0.0%)

1 ではあるまい, とする

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 に怒, の不浄

▼ 身口意~ (2, 0.0%)

1 の上, の諸

▼ 身回り~ (2, 0.0%)

1 の品, の荷仕度

▼ 身~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 身坐しき~ (2, 0.0%)

2 皇祖

▼ 身売防止~ (2, 0.0%)

1 の運動, は様々

▼ 身変り~ (2, 0.0%)

1 ではなかっ, の御方

▼ 身大事~ (2, 0.0%)

1 にいそしみ給われ, にし

▼ 身失命~ (2, 0.0%)

1 すとは, を辞

▼ 身寄タヨリ~ (2, 0.0%)

1 が在りませぬ, のない

▼ 身将軍~ (2, 0.0%)

2 の職

▼ 身~ (2, 0.0%)

2 が産

▼ 身悉く~ (2, 0.0%)

1 傷痍を, 媚と

▼ 身悶え~ (2, 0.0%)

1 ていた, ていたらしい

▼ 身成り~ (2, 0.0%)

2 をした

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 に罪障, は飛ばれざりけり

▼ 身戦い~ (2, 0.0%)

1 すると, をしたろう

▼ 身投げ~ (2, 0.0%)

1 て死なまし, て死のう

▼ 身抜き~ (2, 0.0%)

1 して, のできない

▼ 身振ひする~ (2, 0.0%)

1 ほど喜ん, や原

▼ 身揺ぎ~ (2, 0.0%)

1 もせず, もせず下り

▼ 身料金~ (2, 0.0%)

1 を奪っ, を小切手

▼ 身既に~ (2, 0.0%)

1 仙化す, 地獄に

▼ 身明日~ (2, 0.0%)

2 はわが

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 なり五百師子, 在邯鄲

▼ 身是佛~ (2, 0.0%)

1 か, の眞理

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 たゆげ, の

▼ 身死せ~ (2, 0.0%)

1 ばその, ば便

▼ 身毒丸~ (2, 0.0%)

1 の毒, の父親

▼ 身~ (2, 0.0%)

2 の信頼

▼ 身渡世~ (2, 0.0%)

1 も致さず, ノ送

▼ 身漸く~ (2, 0.0%)

1 老いんとして, 衰へ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 慚に, 神社の

▼ 身~ (2, 0.0%)

2 までが姫

▼ 身狹刀自自身~ (2, 0.0%)

2 のうち

▼ 身生き~ (2, 0.0%)

1 ては還りますまい, て心死

▼ 身疲れ~ (2, 0.0%)

1 て今, 心いたみ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 ありと, と心病

▼ 身痩せ~ (2, 0.0%)

1 たりとい, 足に

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 なセンチメント, な不快さ

▼ 身的状態~ (2, 0.0%)

1 を得る, を得度

▼ 身的行爲~ (2, 0.0%)

1 を保つ, を讎的

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 と高き, 触れて

▼ 身相応~ (2, 0.0%)

1 の修行, の働き

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 のま, の儘

▼ 身着戎衣服頭戴烏帽子右方~ (2, 0.0%)

2 執弓矢

▼ 身短く~ (2, 0.0%)

1 手足長く, 毛長く

▼ 身祝ひ~ (2, 0.0%)

1 だ, にまれびと

▼ 身祿さん~ (2, 0.0%)

1 てすごい, にお

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 しには, の気迫

▼ 身空中~ (2, 0.0%)

2 にあり

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 のあたり, の前

▼ 身素姓~ (2, 0.0%)

1 さえ告げぬ, と右馬介

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 ば真に, ひを

▼ 身終っ~ (2, 0.0%)

2 て次

▼ 身続き~ (2, 0.0%)

1 で下宿, にあたるある

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 のもの, を頼り

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 の痛まぬ, は分けず

▼ 身自由~ (2, 0.0%)

1 となりし, なり

▼ 身華冑~ (2, 0.0%)

2 の首班

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 の由っ, の要

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 に暮し, に相成

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 の時, をする

▼ 身躰四肢必らずし~ (2, 0.0%)

2 も人間

▼ 身近く吉野~ (2, 0.0%)

2 と肩

▼ 身近く引~ (2, 0.0%)

2 寄せて

▼ 身近く据ゑて穢禍~ (2, 0.0%)

1 を吸, を吸ひとつ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 して, れは

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 の方便, 世渡下の

▼ 身邊小説~ (2, 0.0%)

1 と想, にかかる

▼ 身邊方寸~ (2, 0.0%)

2 の霧

▼ 身長く~ (2, 0.0%)

1 紛乱の, 脚と

▼ 身限つて~ (2, 0.0%)

2 腥きもの

▼ 身震る~ (2, 0.0%)

1 いして, いしながら

▼ 身静か~ (2, 0.0%)

1 にし, にただ

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 その処, 異處

▼ 身首処~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 身首所~ (2, 0.0%)

2 を異に

▼ 身~ (2, 0.0%)

1 まったく整い, 常積

▼ 身體中眞白~ (2, 0.0%)

1 だつた, に米

▼ 身體取扱方~ (2, 0.0%)

1 に未練, を斷然

▼ 身體檢査~ (2, 0.0%)

1 の際, を受け

▼ 身體的~ (2, 0.0%)

1 な想像, にも眼瞼

▼ 身體精神~ (2, 0.0%)

1 の状態, も漸く

▼ 身體試驗~ (2, 0.0%)

1 に落第, を行

▼1* [1008件]

あがりするほどの縁, 身あすのわが身, 身あたたかに一生, 身あちらへ帰ります, 身あてなど持っ, 身あの賀茂の, 身あべこべに狙う, 身あまり手間ひま取っ, 身あり舌あり, 身いか斗かは, 身いかばかり冷えわが, 身いざいのちの, 身いずれ鎌倉表から, 身いちじるしく肥ゆと, 身いっそう都合が, 身いったい誰の, 身いっぱいに帯び, 身いとしくもぎたて, 身いまだ修らず, 身い投げようとする, 身うごきしたらとびかかってき, 身うごきできないように, 身うごきならぬものを, 身うちあしらいだった, 身うちわな, 身うち岡本坊と共に暗殺, 身うち煖かくなりまさりゆき, 身うち知合いの人々, 身うち震ひて, 身うらめしきつめたきためし, 身うらめしく春は, 身おまかせ願わしゅう存じ, 身おもになつた, 身おん相手となるべけれ, 身おん身に請, 身お礼のかわり, 身かかることを, 身かき鯡の煮付け, 身かげのまた, 身かざり派手派手と毘沙門天, 身かたしてくださっ, 身かたした一人に, 身かたたちの陰謀, 身かためねばダメら, 身かつはうしろめたき, 身かな憂き城, 身かなやはらかに, 身からの感懐が, 身からも光りが, 身かりそめにも, 身かろはずみは, 身かを疑って, 身がかはいいと, 身がたは恋, 身がってなやつめ, 身がっての習慣であった, 身がにはかに, 身がはひりだしました, 身がらいく先などを型, 身がら人がら素姓に関し何, 身がら受収りに, 身がら素姓を先, 身がら調査を行なう, 身がろき翼も, 身がわり仏を使いました, 身ぎよめにお湯殿へ入る, 身くむ手よなよな, 身くるりッと, 身けがれた身では, 身こしらえまで十分, 身こそをかしけれ, 身ことを荒立てとう, 身ことさら芸道大切に, 身こなし嫋かな優美, 身この世に何, 身さかななら肉, 身さそはれしなり此時の, 身さまこれを御, 身さまそれをどう, 身さま一人ゐ残して, 身ざんまいをし, 身しかと頼うだぞ, 身しなければならぬ, 身しばしば自動車の, 身しもこそ涙こぼるれ, 身しろぎもせずものも, 身じまい一つにした, 身じまい薄化粧にまで及ん, 身じゃがあの通子, 身じゃでの仕たい三昧, 身じゃなどとこの場, 身じゃほどに静かに, 身じゃろうが, 身じゃ程に自分に, 身じん幕をまたたく間, 身ぎにいそがわしい, 身すがらとはいへ, 身すぐ鞭を, 身すこやかなれば, 身すでに大納言右大将という, 身すべてそれらのこと, 身すべて涜聖の言葉, 身すぼらしさをさえ, 身すぼらしく何處か, 身すぼらしくぶらつくのであった, 身すぼらしく見えるだらうとちよ, 身する青い器械, 身ずくみして行く, 身せるは之, 身ぜにをきって, 身そう軽々しくては, 身そつくりだ, 身その他一切の日本潜入, 身それほどにも教化, 身それ程も戀, 身がいの, 身たちどころにサバト, 身たち一度に声, 身ために權衡, 身たりとも君, 身だがそこまで, 身だったら彼は, 身だってその人, 身だつたらそれこそ, 身だの二本の, 身だらうな, 身つくろいしたり落ちつかない, 身つねつて人の痛, 身づまりであるといふ容子があり, 身であったならといつも, 身であったろうか, 身でありましてここ, 身である申すに及ばぬ, 身であろに, 身でございまして物, 身でございましたがこの, 身でございましたらあなた様の, 身でございますたどり来ったところも, 身でございます生れたところは, 身でござったか, 身でござれば, 身でさえあるに, 身でしたがこれ, 身でしょうから明日, 身でなさるんです, 身でねえか, 身ではねえと喞, 身でやまびと, 身で御座います斯様な, 身で無いけれどわたし, 身とこそ聞きつる, 身としての深い愛情, 身としてもその産婆役, 身とてさう望ん, 身とてもただ荒野, 身とで計ろうて, 身とにかかわるすべて, 身とより思えぬ人, 身とろけ死して夢, 身どうかそれを, 身どうして思っても, 身どころを噛ろうと, 身どもせんえつ至極ながら敢えて, 身どもら不運にし, 身ども今生の思い出, 身ども土民どもにも脆く, 身ども息のある, 身なげだ身なげだ, 身などと称し控え室, 身などという瑣事は, 身などについてもぽつぽつと, 身などにて聞たら, 身などにはわからない人生, 身などへ寧子を, 身などより美味い, 身なるべくさらずば, 身なんかを考えて, 身なんぞ投げは, 身なんぞを入れても, 身にあたる外へ, 身においての大難なりと, 身にか沁む, 身にかけてやると, 身にかへて思ふと, 身にくふうも, 身にだけはそんな責苦, 身についてのことらしかった, 身につきもするそういう, 身につつと近づいて, 身につれ掠め立った, 身にとってすら忍び得なかったこと, 身にとり此の, 身ににほひけれ, 身にのみ降りかかるもの, 身にもぞッと, 身にもということである, 身にもなんぞ異変が, 身にわづらひあり, 身に対し心尽くしを, 身に対する同情の, 身に従って末後心滅する, 身のうへや自分の, 身のうへがしみじみと, 身のうへににほひを, 身のうへには興味が, 身のうへの一般的な, 身のうへをもそれに, 身のから脛の, 身のさねと言つても, 身のせゐであつ, 身のなど踏み迷, 身のみか三族を, 身のみかは彼等この, 身のみにて罷り出ずべきこと, 身のやむにやまれぬ興味だけ, 身のよろづ物珍らしき, 身のわづらひも, 身のをめを, 身はおつつがありません, 身はかへり見するに, 身はってはかないもん, 身はてまえに, 身はと顧みると, 身はなはだ心苦しい次第, 身はにつと笑顔, 身ははそばの, 身はもぬけがら, 身はり番がつい, 身はをぢ君の, 身ばかりが身もだえされ, 身ばかりで食べる処, 身ばかりにします, 身ばかりの現を, 身ばかりへ色々の, 身ひとしほ他, 身ひとしお他に, 身ひとつ以上な重任, 身ひとつ始末のできん, 身ひとつ家の軒下, 身ひとつ閑地に楽しむ, 身ひとつ馬の口輪, 身ひとり樹蔭に隱, 身ふるへ立つ, 身ぶくれして行った, 身ぶるうほどの不愉快さ, 身ぶるひやまぬ寒さ, 身ぶるひ致し候, 身ぶるまいをさせ, 身ぷりをし, 身への挑戦に, 身へも心は, 身ほそき太刀の, 身ほそく立ちし赤さかな, 身まがえという表現そのもの, 身まさかに此村で, 身まさしく武士の, 身まして疲れた後, 身まず死す, 身まだわずか三千石より, 身までも其人に, 身まねを以て彼等, 身まもっている, 身みずから僧をもっ, 身みずから先手に進み, 身みずから剣心をこころ, 身みずから十手を揮っ, 身みずから孫六のあえいだ, 身みずから政事を行わん, 身みずから教育を受け, 身みずから軍法に明らか, 身めぐし子こひし, 身もかはたれつ, 身もさこそ葛葉, 身もし誤って, 身もち看護婦の勤務, 身もとすゞろに鼻, 身もなかまに, 身もみめぐみを念, 身もよもあらず謙三郎, 身もんだえしやがる, 身やがて好配を, 身やつさば姫ごぜ, 身やらと思われまする, 身ゆえそれが仕合せ, 身ゆえなにを聴い, 身ゆえ同僚に忠告, 身ゆえ姉が保養, 身ゆえ強って弟, 身ゆるび心またた, 身ゆゑ声が嗄れ, 身よきところに, 身よりと云うもの, 身よりというものは, 身よりを探しまわって, 身よんどころなく父より, 身らしい事務員風の, 身らすべての者, 身らわしらも共に, 身ら師友の間, 身びしとおもほえぬかなと, 身われ等を造りましぬ, 身をかはせては, 身をかへてける木, 身をかをらせ, 身をさえ構えて, 身をすら眺める事, 身をな殺したまひそ, 身をのみ思ひ耽りつ, 身をもをしみやは, 身をやつらせ未練がましく, 身をよけもせず当るもの, 身を以ての探究といふ, 身アルコールとなりきれ, 身オブスキュリチーに隠るる, 身ガラリと折れ, 身ギリシャ神話のミノトール, 身クダラナク汚ク壁ニ頭打チツケタキ思イ, 身デアリナガラ寝床ニハイッテモイマダニタダ黙々ト事, 身トシ又煮付ケトスル, 身ナポリにあり, 身ナリヲシテイルカ見タクナッテ, 身ニシムヤウニ聞ユルハ御謀反, 身ニ伴フモノハ唯糞桶唾壺ノ二物ノミ, 身ニ成ッタ者ガ数知レヌガオレハ好運ダト見エテ, 身ニ纏ッテイルモノヲ悉ク剥ギ取リ, 身ニ随ウノ衣食悉ク官ニ仰ゲリ, 身ノイマシメニスルガイイ今ハ書クノモ気恥カシイ, 身ハイカナリトモ苦シカラズ臨終ニ何ナル印ヲ結ブトモ思ハズ, 身ハ不肖ニシテ時マタ利アラズイタズラニ君ノ義胆, 身ハ人身ニ似テ畜身ナリ, 身ハ居ニ常処ナシ, 身っぱい, 身一たび翼を張り, 身一ツ高野を恃, 身一人内裏へかえって, 身一切のことすべて, 身一合と玉葱一つ西洋人参三つジャガ芋三つ, 身一層たのもしく樣, 身一己を思ふ, 身一時に屈し, 身一点に感じられれ, 身一生の利害, 身一箇となれ, 身一身を処決, 身一門の末葉, 身万一の時, 身三年来氷のごとく, 身三手四口五眼を逆, 身三種大過何ら三, 身三魂七魄なるを, 身つつかのため, 身不幸ニシテ父又早, 身不慮のこと, 身不憫とは思し召すまじ, 身不才なればとて, 身不滅の者, 身不養生も勤め, 身世事何事も弁えぬ, 身世怱忙として俄, 身世漂浪の体, 身世話は刻々, 身世齟齬の第, 身丘壟の上, 身丞相の生死, 身主君たる位置, 身しからずして, 身九尾人面虎爪この神天, 身九州菊池の一党, 身也學は誰, 身事家事の私, 身事忙促として空しく, 身二ツになり, 身五民ノ外ニ処シテ, 身せけむ, 身亡びて魂, 身亡びぬれば形体, 身交歡の形見, 身今や一個人の, 身今度は後ろ, 身今彼輩の手, 身今更ら返らぬ世, 身今更何となく申しわけない, 身仕度厳重の草鞋, 身仕舞見事に兩, 身のやつ, 身付きの自, 身以外の者, 身仲裁の煩, 身伏して露, 身伯爵の栄位, 身病蛙不, 身位喪失の刑, 身何で物惜しみなど, 身何事も和し, 身何人に就い, 身の力, 身まさば, 身杖歩林園, 身依るところなく, 身ると, 身健心中平安喜楽其地之事者, 身へ疵口, 身僧侶にあり, 身光り憂流迦, 身入れろいなんだ, 身入れ白に成っ, 身共三日目に一度位, 身共乳なんぞは飲みとうない, 身共先年御成街道を通行, 身共同様同じ八万騎, 身共役目が立ち申さぬ, 身共聞捨てがならねえ, 身共身内を折助呼ばわり, 身共面識がある, 身其の儘で, 身冥府の迎え, 身凶刃に斃, 身出世を祈り, 身出自の一流派, 身切りと称し, 身切羽の上, 身刑罰の一つ, 身健, 身初めて健かに, 身別世界にある, 身力量といい, 身功名の為, 身ひとしくともに, 身動かしもせず, 身動かず長き僧服, 身動ぐとともにこの, 身動ぐいさゝ波砂に消, 身動げり, 身動キヲシタ途端ニ上半身ヲ跳, 身動爲やる, 身包み剥いだ上, 身化身の三種, 身化身捨身を通して貫通, 身影谷中の, 身単山河所過皆亡国, 身即ち親身は, 身取って伏せたい, 身受申しますのに, 身受致夫婦と相成, 身受話が段々, 身を棒, 身司直にもあらざる, 身も由緒, 身合わせていた, 身向うは土地馴染, 身和魂の為, 身同じきもの, 身商売気はなれた, 身嗜計にはあらず, 身器分非器分, 身へ引き去る, 身回り道具を持ち出し, 身である, 身固い涙ぐましい月日が, 身固くして, 身之主宰, 身圖らず花, 身土不二の意, 身を踏みし, 身堅い娘で, 身報土の極楽世界, 身報身化身の三種, 身塩冶の屋敷, 身境寂の心境, 身れて, 身売奉公でもしなけれ, 身売娘が三十人一団, 身売金の代り, 身替, 身変ジテ洪水頻ニ臻リ, 身外みな敵のごとく, 身外満目の醜, 身外無一物ただ我が, 身外皮膚病あらば, 身外非類のもの, 身多く甦, 身多四郎に, 身多忙にし, 身夜な夜な御影, 身夜中にこの, 身夜來八萬四千偈他日如何擧示人, 身のごとし, 身大切に, 身の形, 身女子のわりな, 身如きにこの, 身如何ぞ大金, 身始末だ, 身は婿取り, 身子声聞の事, 身を修めさせまし, 身守って身動き一つ, 身安らかに悠々, 身安楽に妻子, 身安泰にしかも, 身宗治はここ, 身宛ら神の, 身宛然水を浴びし如く, 身実に明日を, 身のもの, 身寂滅地獄が消えた, 身寂語寂寂にし, 身寄一統奉公人も世間, 身寄之者十五歳に成候者愚姪方, 身寄友達家来筋のもの, 身寄親戚がない, 身寄頼はなし, 身とは手, 身密語密意密の三種, 身寝るにもこの, 身封侯の位, 身専一を男, 身小さく形相怪異に, 身小躯な風采, 身少しも動變, 身は万事, 身居丘壟之上採蜃食, 身居立て直しの必要, 身岩石ならず鐵, 身左右の屈線, 身巧者に働いた, 身已に病を, 身已在天涯外遮莫家郷憶遠游, 身が違う, 身の仙人, 身幕臣でありながら, 身山へ, 身にし, 身幸福の中, 身幹數丈なる怪しき, 身のごとし, 身幼いに似ず, 身幼少から酒, 身幾度の秋, 身幾秋をか送る, 身五十由旬両, 身きトロイア領, 身わす, 身廻していた, 身廻り品をどこ, 身廻品とを背負い, 身引いて兵藤, 身ぎ一つすれ, 身弥生の心, 身弦線のごとし, 身さ, 身弱くて恁, 身のごとし, 身の中軍, 身後千載の名, 身後虎鹿豕鰐の体, 身必ず之に, 身忘れ給ふならん, 身忙しそうに, 身応身報身の三つ, 身忠孝信などいふ, 身思いきって彦山, 身思実の姿, 身を思わず, 身恨めしくなりて, 身に傷, 身悶エシママ固クナレル姿アハレニモ珍シ, 身情強きもよも再び, 身惚れてポッ, 身惡行を捨て, 身な話, 身意色聲香味觸法の十二, 身と, 身から好き, 身慄いし気が挫けた, 身は何で, 身態声音はおろか, 身慎莫を調え, 身ふといふ, 身憂きに月日, 身れ心, 身憶えてしまつた, 身或は氣を, 身戦き色失い, 身せられて, 身ひするまで, 身所染法儀七患辭過三辯尚賢上, 身扮八つ口の赤い, 身投男は思ひ, 身投靠と云う, 身折角の招き, 身をさした, 身しても, 身拵厳重に八丁堀, 身持ってあなた, 身持不行儀にし, 身持伜と娘, 身持倅と娘, 身持女が何, 身持律義にし, 身持昨日は誰今日, 身持此の頃, 身持浪人多賀小三郎の懷ろ具合, 身持番頭忠助の評判, 身持貸借の樣子, 身挟桃花坂に葬る, 身振いしながら三名, 身振いするものだ, 身振であらわしながら室, 身振で教え赤子の, 身振で歩き廻った時私は, 身振で話し真似で, 身振によつて自己, 身振まじりに初める, 身振めいて, 身振るいをした, 身捧げん壇あれと, 身捨てたき折々も, 身捨て身だ交叉, 身捨身仏魔の剱, 身揚りするという様子, 身揺ぎ一つさせると, 身へて居る, 身搾らしく歩みたる時と, 身支那に居り, 身改修によりて下, 身改修安井道頓の運河開鑿等, 身改良費と云, 身故に職人共が, 身の聖母, 身文教の首班, 身斑紋あり故に, 身既に世になきが, 身日本に生れ, 身旧主のおん名, 身を得, 身春めき給ふ, 身昨夜は大海, 身時折は鏡, 身く筋張る, 身暫く王事に, 身更に又この病, 身替り精神によつてホロリ, 身をはなれ, 身木作首尾一人裏於其中開弔時列於大門左右及啓霊獅豹先入於霊前舞踏, 身未だ死せず, 身未来がおそろしゅう, 身朽ち滅び神も, 身材貫一よりは低けれ, 身村店の酒, 身東夷東条の安房, 身果して昔年の, 身を飾り, 身になっ, 身極めて爽快なりき, 身極楽へ行ける, 身構いさま, 身構うるとき一輛の, 身構たるに黄金丸, 身構口吻さて急, 身様たちの立ち際, 身様みやこに上られ, 身を持張, 身欧羅巴の土, 身止まる人の, 身正しうして心, 身正眼に付けた, 身の横笛, 身此処ニ埋ムト雖, 身此方は日蔭, 身此身のひとつ魂, 身武器と云っ, 身武臣にあらず, 身武門にそだち, 身死におくれついでに, 身死らば大物主, 身死後その残存論, 身死骨枯名不朽永同日月照乾坤, 身には去年近江屋, 身殊に年の, 身は何時, 身毒ひとりは此年十七, 身毒らの着いた, 身毒一人を可愛, 身毛上に靡く, 身水陣中に休むべく, 身にひたる, 身なすぎるのだつた, 身汚なさを, 身油断があろう, 身のごとし, 身泣かにゃならぬ, 身の如く, 身ち着いて, 身流亡の空, 身めして, 身浮ばざるものなら, 身さから, 身清浄心寂静を感じる, 身源氏でありながら, 身して, 身滅するのみ, 身滅び易く泡沫, 身滅ぶと云, 身滋幹でございます, 身滲めな窮迫, 身漂零としてこの, 身瀧口時頼命とともに受繼, 身火烈々身体を焼き, 身に倚らん, 身のごとく, 身無し児であるよりも, 身無でその墓, 身無み腐し棄, 身無量にし, 身焼かれずにあつ, 身爲仁の高僧, 身爽快を覚えた, 身爾如斯有重荷負事者可堪母, 身のごとく好ん, 身牝虎は今, 身のあいろ, 身のこと, 身犬身魚尾などという怪物ども, 身独りが天皇, 身独立んと思へ, 身りテーバイ, 身は仏性, 身現に北海道に, 身現相を見, 身現象に気がついた, 身生れて文學者, 身生れ効も無く, 身立つべしとは, 身異物となら, 身疲れ力竭き憩息信, 身疲足疵の難等, 身病み色衰ふる, 身病んで久しく, 身を覚えた, 身するなり, 身白色にし, 身的衛生法のほか, 身的遺伝と並行, 身皇国に生れ, 身皇室の御, 身皎玉のごとく, 身相人意を悦ばしむ, 身相当の幸福, 身相手があの, 身など宛て, 身真黒の人間, 身のごとき, 身瞋恚心曲り端大ならずして, 身知らぬ女と, 身かく手足長き, 身矮躯ひとしく無骨者, 身砲弾の的, 身社相馬の北辰社, 身祝い日だけに飽くまで, 身禁門を擁護, 身禊ぎをする, 身悲しいもの, 身より人, 身穢れたり, 身穢れ髮亂れかしこ, 身突こうと切ろう, 身窶さば姫ごぜ, 身竹屋より成り, 身等凡てを甘受, 身等夫婦にて私せ, 身籠ったように, 身籠つた時がきつ, 身籠らせたんです, 身籠る季節まえ, 身とには俄, 身細く怒り立つ蛇, 身細りするにはした, 身綺麗さが想, 身緊張しこまか, 身が何, 身縁りのこの, 身べて是, 身尤忻初挙孫, 身老職にあり, 身も辺土, 身肉五根による, 身肉愛をさ, 身肥え人の助け, 身背丈を見, 身く飛行, 身けの出来ぬ, 身腕力あらざれば, 身でひらり, 身であった, 身自ら嫁娶する, 身自ら幸福と喜悦, 身自ら朽爛するのみ, 身自ら歎き給, 身自体が一つ, 身自分はどう, 身自由平等を主張, 身自由怪力無双なもの, 身自身過去の白業黒業, 身至って重して, 身の薄闇, 身般若外脱の三徳, 身良人に良人, 身花といは, 身花嫁湯にはいり, 身しそを, 身しからぬ恋, 身苦闘に巌丈, 身草葉の蔭, 身らしい, 身の儘, 身蒲柳の質, 身蒸され心塞がれ, 身蒼しとあれ, 身の包み, 身や黍殻, 身を見やった, 身虎杖花の形, 身蝙蝠の翹, 身衆生を教化, 身術機智の七種, 身になった, 身装いをしだし, 身装はさほどよく, 身装りさへ整, 身装姿はまるで, 身装差刀いずれもりゅう, 身装我のみなら, 身装持物穿物に至る, 身装振りなど構わぬ, 身装茶室であるから, 身装顔付応対ぶりそれらが村人, 身のところ, 身見疑戒禁取, 身ある身, 身親類が一人, 身不知忙, 身がはっきり, 身説法の幾分, 身請いたしました尤も, 身請え為すっ, 身請えしてえんだ, 身請えしたと云う, 身請えすると松五郎, 身請したとき場所が, 身請しようと云い, 身請ってえ, 身請致して, 身請騒が起りました, 身識らずの, 身じて, 身象牙彫の, 身貧しくして, 身貴きも卑しき, 身しければ, 身赤文斑というまた, 身赤黒ニシテ毛髪銅針ニ類セン, 身起賤民成碩学応知翁亦一英雄, 身路用があれ, 身身即心とする, 身躯死則靈魂脱離, 身躰ごと横にし, 身躰ごと網を揺れ, 身躰ぢや飯, 身躰僕の存在, 身躰危いと言, 身躰大地たり従って, 身躰真実の独身, 身躰金色の光, 身躱しがすこし, 身躾みの一つであるポケット, 身躾みの化粧もこの, 身躾みの頬紅打って, 身も為ざるなり, 身較べている, 身輕さぢや御座いません, 身られた靖康, 身で手習, 身込んで居る, 身くぱっと, 身近う突いて, 身近くそれ等の声, 身近く事へる人たち, 身近く來て不意, 身近く尾張訛りの聞きつけない, 身近く引寄せようとしてかえって, 身近く相対した, 身近く見聞きした人たち, 身近く音を立てる, 身近く魚を引寄せ, 身近く鳴きせまる何だか, 身近く鼻を鳴らし, 身して, 身迷惑千万避け, 身退ぎも, 身退いて, 身退く振られ客, 身退りし丹下は, 身人に, 身透さずにはおかぬ, 身達虎の威, 身避水火遁の術, 身邊あちこちの知人, 身邊多祥であること, 身邊朋友グループを調べ, 身邊机邊には美女, 身邊渾て是, 身邊雜記的なもの, 身邊雲なく風, 身部屋を取り違えた, 身重き故行く, 身量百五十由旬ありこの, 身金つきで後妻, 身金剛にし, 身へだ, 身鍛心に, 身長きを蜈蚣, 身陀樣に背負, 身の衣類, 身限られて忽然と, 身にある, 身隠しなどとはわけ, 身隠り雲が, 身隠れをし, 身雖老又若, 身離さず所持いたし, 身の降る, 身電気が濡れた, 身震風がその, 身頑是ないこの, 身顫いが傍聴人たちの間, 身顫いし雪を払っ, 身に乗っ, 身風体のさとり, 身風情がとやかく, 身飄然異郷にあっ, 身飢ゑて食を得ざる, 身みが, 身首ところを異に, 身首離ればなれになる, 身騎馬の疲れ, 身體いちめんなり, 身體くらゐは, 身體ぐるみに尾, 身體ごと拳骨を叩き付け, 身體じゅうぶるぶる顫, 身體そのものの保存, 身體それに絡まる, 身體つき聲などに叔母さん心覺, 身體どちらも明眸皓齒, 身體のだか, 身體一ぱいにうけ, 身體一ツ入れるより, 身體一パイに反り, 身體上の處刑, 身體不相應な仕事, 身體中そちこち蚊, 身體中何處か斯, 身體中傷だらけになつて沸, 身體中傷だらけぢやない, 身體中汗みどれ, 身體中紫の斑, 身體付きをし, 身體何ともなく, 身體何んとなく, 身體作用が休止, 身體倦怠の感, 身體健康精心活溌始て日本人, 身體全部で打ち, 身體全部機能の自然的活動, 身體其物も皆變化, 身體半分は温浴, 身體單個弄ばれて, 身體四肢を少し, 身體報告は如何にも, 身體手足も丈夫さ, 身體攝養の事, 身體昔はいくらか, 身體智的では, 身體榮養の不足, 身體模型圖や動物解剖, 身體病で發熱, 身體的傾向性及び他, 身體的外觀を變化, 身體的特徴に於, 身體的疲勞を恢復, 身體的精神的に特に, 身體的精神的勞作であるとは, 身體的自己に對, 身體的行動の學, 身體總ての處, 身體虚弱なる者, 身體詳言すれば, 身體諸機關を偏頗, 身體非常に小, 身體骨肉に直接觸, 身體髮膚を毀傷, 身高四十里衣の長, 身高慢心もて布施, 身魚尾などという怪物ども, 身鴻毛の一命, 身に蒼, 身黄金を山