青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「踊り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

距離~ ~跡 跡~ 跫音~ ~路 路~ 路傍~ 路地~ 踊~ ~踊り
踊り~
~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~ ~身 身~ ~身の上 身の上~ ~身体

「踊り~」 2759, 30ppm, 3926位

▼ 踊り~ (606, 22.0%)

28 師匠の 15 輪を 8 輪の 7 ように, 稽古に 6 中へ, 師匠として, 師匠を, 輪は 5 仲間に, 太鼓が, 晩に, 輪が 4 師匠で, 手を, 方は, 相手を, 輪に

3 [12件] お稽古, ような, 上手な, 中で, 人と, 師匠です, 師匠に, 稽古を, 美しさ, 群が, 話を, 連中が

2 [25件] お師匠さん, ことも, さらひ, ために, ための, つもりらしい, はじまり, やうな, 事を, 会で, 同勢が, 姿に, 師匠だった, 庭を, 手に, 手ぶりの, 方に, 時の, 晩ばかりが, 曲を, 環の, 稽古が, 第三夜, 輪へ, 輪も

1 [391件] あつた, あの快活, あひま, あるという, ある事, ある日, うちでも, うちに, うまいもの, うまい子, おさらい, おの字も, お京, お浚いなどとは, お浚いに, お浚いは, お相手, お藤さん, くみなる, けいこ之を, こつで身體, こつという, ことから, ことが, ことに, ごとく, さざめきが, たぐいでない, ためでは, とこだけ, どよめきに, はてに, ひとかたまり, ふしぎな, ほうへ, ほうも, ほかに, ほんたう, ほんとうの, むれ, むれも, もとは, やうに, やまとに, ようだ, ジャネット手風琴弾き, ステップを, スピード, テンポと, デュエットは, バルセロナの, モデルなる, リズムに, 一つである, 一つも, 一変化した, 一曲が, 一節な, 一行が, 一部を, 一隅朱色の, 一隊は, 上の, 上手, 下地が, 下地がねえと, 中から, 中にも, 中の, 中少女中心の, 中心と, 中心に, 丹前節に, 事は, 二つに, 人々の, 仮舞台, 仮装の, 仲間を, 仲間入りを, 会なども, 会に, 会面白かっ, 個性とが, 假舞臺を, 側の, 傘鉾との, 傘鉾にも, 傘鉾を, 催しなどを, 先生クナアクが, 先達を, 出来た初め, 出来なかつた場所, 出来るもの, 出来る年増芸者, 列に, 列の, 初まる前, 初日に, 前列, 勇壮な, 動作, 千差万別なる, 単調さに, 原始的であり, 古い時代, 古雅なる, 可笑しくて, 合一し, 同勢は, 名が, 名さえ, 名人だ, 名人に, 名人の, 名手でございましょう, 名手と, 名手華麗な, 名跡に, 味を, 囃子が, 囃子は, 囃子も, 団体には, 土台に, 地も, 地を, 地方の, 型の, 型のある部分であっ, 基礎と, 基礎を, 場で, 場を, 場合に, 場合は, 場所へ, 場面に, 声を, 夜は, 夜も, 太鼓の, 太鼓や, 女芸人, 女連の, 如く人, 妙技だけを, 始まりでは, 姿が, 姿は, 姿カッスルの, 姿勢に, 威勢で, 娘とで, 存在も, 守護神たる, 実演は, 家台の, 小屋からか, 小屋で, 屋敷ぼ, 巧い, 巧みな, 師匠, 師匠お, 師匠が, 師匠であった, 師匠でございました, 師匠でも, 師匠という, 師匠にな, 師匠へ, 師匠よ, 師匠上がりで, 師匠坂東久美治ことお, 師匠紀久榮, 帰りは, 帰路を, 幕切れの, 幻想は, 幾むれ, 床へ, 庭と, 庭へ, 引込みも, 律動に, 後見を, 復活を, 心得の, 快楽を, 念仏の, 情景が, 情調を, 意義かくの, 感覚から, 成立の, 所作を, 扇を, 手な, 手の, 手ぶりを, 手ほどきなど, 手ほどきに, 手ほどきを, 手よりは, 手拍子の, 手振りに, 手振りにも, 手振りや, 手振りを, 手眞似, 手附きで, 才能が, 技巧が, 技巧の, 折り返し句が, 拍子を, 指南を, 振に, 振りという, 振りに, 振りや, 振り付けを, 教習を, 文句は, 新しい芸, 方が, 方で, 方へ, 方面だけに, 旋律の, 時などは, 時には, 時分だ, 時半, 時間に, 晩お, 最中だ, 最中相手を, 最後の, 末裔である, 本場と, 根本である, 梅の, 極意に, 楽の, 楽屋は, 様に, 模範を, 歌と, 歌の, 歌声や, 歌詞などを, 歌詞を, 正道な, 毛脛, 気分は, 波が, 波へ, 流だ, 流れを, 流行も, 済んだの, 渦の, 渦まきが, 渦を, 温習かと, 源も, 為に, 特殊な, 狂態を, 環と, 環を, 生活を, 用意にか, 痕の, 発生が, 発達と, 目的でない, 直接の, 相手が, 相手でしたら, 相手と, 相手は, 眞似, 真中を, 真似ごとを, 神と, 祭の, 稽古, 稽古じゃ, 稽古でも, 稽古は, 稽古場に, 稽古所ばいり, 立廻りに, 第一印象, 筋も, 範囲の, 系統に, 約束も, 約束を, 純化に, 素養が, 素養の, 素養も, 組が, 組合, 組踊りと, 絵が, 絵を, 絵屏風を, 練習と, 繰り返しにも, 美は, 群から, 群と, 群に, 群れに, 群れには, 群衆が, 老師匠, 腰付きの, 腹芸とでも, 興が, 舞台に, 舞台まで, 舞台を, 舞臺にね, 良質を, 花柳登美さんなんか, 芸を, 芸能を, 衣裳を, 衰運を, 要素と, 要素を, 見世物が, 見物できる, 見習いを, 詞章は, 語原として, 説の, 調子で, 起原は, 足ぶみ手拍子が, 足拍子が, 足拍子とも, 足拍子を, 足許へ, 足踏みを, 足踏み鳴らし, 足音の, 身ぶりで, 身振りの, 輪から, 輪などは, 退屈さに, 連中だつた, 連中の, 連中は, 連中も, 達人が, 達人である, 適当な, 遺風音楽でも, 部分が, 門づけ, 間いっぱいに, 間に, 間の, 間は, 間を, 陣が, 陣に, 陰惨な, 際中, 面々が, 音に, 音頭を, 音頭取りとして, 頃に, 頃にな, 顎合はせ, 類を, 餘り, 騒ぎに, 麦藁人形を, 黒天使が, 鼓を

▼ 踊り~ (487, 17.7%)

17 見て 15 踊って 12 して 8 おどって 7 一踊り, 見せて 6 やめて, 見ると 5 やって, 見ても, 見に, 見物し, 踊るの 4 踊ったり, 踊つ, 踊る 3 おどり出した, おどる, しながら, みて, やめた, 止めて, 演じた, 眺めて, 踊つた

2 [34件] おどったり, おどつて, おどりながら, おどるん, おも, ご覧に, するの, はじめた, やめろ, やりながら, やるぞ, 始めました, 所望しよう, 所望する, 教えて, 演じて, 知らない, 知らないの, 習ったり, 習は, 見せに, 見せようという, 見た, 見たこと, 見たの, 見たるもの哉, 観に, 踊った, 踊ったという, 踊つて, 踊つてゐました, 踊りました, 踊り出した, 踊るやう

1 [277件] あんなに熱心, いいこと, いい加減, おつ, おつ始めず, おつ始めた, おどった, おどったとさえ, おどつた, おどらせたもの, おどらせたり, おどらせて, おどらせるぞ, おどらせ巴里, おどらないの, おどらねば, おどるが, おどれと, おのおの方に, おぼえて, おめ, お稽古, かぶきと, くり返す, くり返すばかり, これまで, させるぞと, させるの, さも勇猛, さらひせん, しこまれた, しこまれて, したという, したり, してるからと, すすめた左門, する, するが, すると, するよう, するわけ, する中, する者, する若い, する音楽家, ずっと前, その起原, その踊り, だして, ちょっと見たかった, つづけた, どうして今, どらう, なすゆえ, ならいなど, はじめその, はじめた時, はじめて, はじめようって, はじめる, はじめるから, はじめると, はじめるの, はずませようと, ひとを, ぴたりと, ぼんやり見せられる, またかといふ, まだ若い, もつと, やったもの, やった時, やってるの, やつて, やめさせバケツ, やめる, やらうよ, やらして, やらせる, やりでも, やりましょう, やりませんね, やんな, わざわざ見, わしは, クネクネ踊っ, スケッチした, 一節踊つ, 与えた左門, 中に, 二つ三つ踊った, 二三枚撮影した, 仕込まれて, 仕込むため, 仲よく踊りぬい, 何流に, 作ったこと, 催したり, 催す人声足音, 僕は, 写して, 出し物に, 初めて見, 加えた新案, 反省し, 名残に, 命じた, 基礎と, 外れて, 大成した, 好きなら, 始めた, 始めだした, 始めて, 実際見, 差しとめ, 市村座と, 形づくつて行, 待つ間, 得意と, 御見物, 御覧に, 忘れず, 忘れて, 念仏踊りの, 思い出しホール, 感じて, 所望された, 所望します, 手を, 批露すべしだ, 披露に, 押しつけたとき, 持て扱い引込み, 描いたという, 撮影し, 教えたこと, 教え夜中これ, 教へる, 日本で, 春房に, 時には休止, 最後の, 最高の, 樂しみに, 止めバス, 残して, 混へて, 演じはじめる, 演ずべき数人, 演ずる様, 演ぜずには, 照らすこと, 玉の, 生み其, 生気の, 用いまた, 申し込みことわられて, 盆栽に, 真似してる, 眺め歌, 知らないで見て, 知らないといふ, 知らないもの, 知らないノブ子さん, 磨くため, 示す習はし, 私と, 稽古しよう, 立派だ, 統一した, 絶って, 続けて, 繰り返す, 繰出して, 習いましたので, 習い寄席, 習つた, 習つてどう, 習つてバレエ団か, 習ひたいつていふから, 習ひたくなった, 習ひはじめた, 習わせて, 習得した, 職業と, 自ら映しみ, 自然の, 致しました, 舞うの, 舞って, 若い連中, 行うた, 行進の, 見せたり, 見せての, 見せながら, 見せようず, 見せようと, 見せられあげく, 見せられてから, 見せるの, 見せるよ, 見たいと, 見たのち, 見たもの, 見たり, 見た時, 見ながら, 見ま, 見ようと, 見る, 見るに, 見んとして, 見んもの, 見上げて, 見慣れた眼, 見物した, 見物せん, 覗き込みながら, 覚えたいと, 覚えたが, 覚えたと, 覚へて, 覺えて, 訂正する, 詳しく観察, 誇示し, 誰も, 踊ったかと, 踊ったとも, 踊ったのち, 踊ったら後, 踊ってから, 踊ってるだろう, 踊つたつていふ, 踊つた時で, 踊つてくださつた, 踊つてたつた, 踊つても, 踊つてゐる, 踊つてゐれ, 踊つてゲロを, 踊つて見ろ, 踊らせたので, 踊らせたり, 踊らせて, 踊らせました, 踊りつづけた, 踊りはじめたの, 踊りましょう, 踊りますから, 踊り抜いて, 踊り続けるの, 踊り酒, 踊るという, 踊るとき, 踊るな, 踊るなんて, 踊るゆえん, 踊る人, 踊る仕事, 踊る妖精, 踊る時, 踊る晩, 踊る歌, 踊る浅間, 踊る者, 踊る間, 踊ろうと, 踊ろうよ, 躍って, 酔つて独り立つ, 阿良礼走りと, 髣髴させ, 鳴らした, 黙って

▼ 踊り~ (166, 6.0%)

6 すむと 4 ある 3 済むと 2 あるの, こうして何, へんてこな, まだ終らぬ, 始まった, 始まる合図, 始まる拍子木, 済んで, 這入つて

1 [135件] あった, あつて, ありますこの, あり先斗町, あるから, あるだろうという, あると, あるという, あるやう, あるん, ある騒ぎ, あれほど, いいわ, いよいよハネよう, うまいと, うまいね, うまいの, うまいわけ, うめえんだよ, お勢, お絹, きらひなの, ございます, ござるひとつ, しずまると, したいの, すっかり済みます, すむたんび, すんだらこつちへ, すんで, すんでも, その後渡来する, その特有, ただちに獅子踊り, たといあの, だんだん運行, ついに江戸, つづいた, つづくので, とても好き, どんなに下手, ないのに, なされる, はじまりました, はじまる, はじまるから, はじまると, はやり出したの, またすばらしい, また大変, また尋常, まだ交響楽, めだつ嘘, もう進行, よいので, よかった, カチューシャ舞踏と, ダメで, ピッタリ逼塞, ヘタなら, 一とわたり, 一段落と, 七夕や, 上手で, 上手でした, 上手な, 主で, 人数減っ, 伝統し, 余り馬鹿げきった, 作られた時代, 催されようという, 其間切や, 出来なかつたらあの, 出来るので, 出来れば, 初まり, 到底百合子, 噂に, 器用で, 囃子を, 固定した, 大好きだつた, 大層お, 好きだった, 好きと, 好きな, 始った, 始まったとき, 始まって, 始まつた, 始まりなんともはや, 始まりました, 始まりました娘達, 始まり歌, 始まるから, 始まるでしょうからね, 少し悪, 巧い, 巧いという, 弁を, 得意, 得意の, 心配で, 念仏踊りである, 手を, 新しく渡来, 正式優雅な, 流行り出したという, 流行り出したもの, 済めば, 済んだのち, 濟めば, 現れたので, 琉球の, 生まれて, 田楽と, 目だって, 終ったとき, 終って, 終ってからに, 終ると, 終んだ, 組踊りの, 続いて, 自慢で, 自由で, 荒れて, 行き亙つて, 行われて, 起るの, 野蛮民に, 音楽から, 高潮に, 魂送りの

▼ 踊り~ (165, 6.0%)

4 来て, 見とれて 3 なると, 踊って

2 [13件] なって, なるの, 到るまで, 加った, 夢中に, 妙を, 行くの, 行ったこと, 行ったの, 行ったん, 行って, 見恍, 踊り舞

1 [125件] あるらしい, いっては, うたうこの, かこつけて, くらべること, しても, すっかり疲れ, すつかり疲れて, でかけた, とりいれた痛快, なぞらへて, なった, なったの, なつた, なつたらしい, ならないわねえ, ならないん, なる岩井半四郎, まぎらして, まじって, むやみに, ゆく, ゆくこと, 不適当, 中村辰太夫が, 予期し, 任せ一同サロン, 伴って, 似て, 体の, 來る, 入ろうと, 出かけたという, 出かけて, 出かけましょう, 出た連中, 出る日, 出遭った, 加はるごとく, 加わったため, 加わって, 合わせて, 堪えられぬの, 堪能なたしなみのせゐ, 変つ, 夜すがら法楽し, 夢を, 夢中でし, 大きな影響, 奉仕する, 導いたのに, 巻き込まずには, 幸若の, 引摺られ, 心付かなかったほど, 急変する, 惹き込まれて, 慥え, 憧憬の, 捲き込んで, 最も深い, 来たの, 来た若者たち, 来ますか, 来る, 来るほか, 来合せて, 比較し, 気を, 浮かれた気分, 浮かれて, 浮かれ騒いで, 準えるバンド, 熱して, 特別の, 狂う念仏, 狂つてゐ, 狂つてゐた, 目を, 眼を, 移る歌, 立ち出でた, 繁昌しました, 耽らうと, 自信の, 興じて, 色けがなけれ, 行かうでは, 行かうと, 行かんじゃ, 行きたいな, 行きませんか, 行く, 行くお, 行くもの, 行く貴族富豪, 行けやしないもの, 行こうか, 行こうという, 行った, 行った中国人, 行っちまった, 行っちゃって, 被ぐ花笠, 見えるところ, 見えるほど, 見られた踊り, 誘った, 誘ったの, 誘はれて, 踊りぬいた人, 踊るの, 踊る処女, 踊る頃, 身を, 近い行道, 連れ出したこと, 連鎖的脚色を, 過ぎないもの, 酔わせて, 金二両又は, 釣込まれて, 附会した, 随ふと, 鬼瓦の

▼ 踊り~ (142, 5.1%)

2 いつまでも, ない, 一と, 人間を

1 [134件] あの人, あまり陽気, いいねえ, いかに激しい, いつもと, いまし興行, いよいよ盛ん, うまいが, この人, この地方, しなかつた, すぐ近く, すべて死ん, するけれど, そのままで, その辺, その退屈さ, それと, たしかな, たしかに専門家以上, ただ未開アジア, だんだんはげしく, ちつとも, ぢめた, どうかね, なかなかうまい, はじめてだ, はじめは, ほんとうの, ます, ますます活気, またはじめられた, みんなステップを, もう半ば以上, よいもの, わかるよう, アイゼンシュタインの, 一つも, 一層甲板, 一座の, 一日二日と, 一種不思議な, 一種異様なる, 一般観客には, 下手だ, 亡びるの, 今やああし, 以前狂言と, 何だ, 何者よりも, 全く下手, 其代表的の, 其伝襲に, 典雅そのものな, 別々に, 別個の, 勘三郎が, 勘弁し, 勘辨し, 単に好色, 単調であった, 唄から, 四隣にまで, 困るだらう, 土地の, 在来の, 夜半にかけても, 大したもの, 大概三代目歌右衛門か, 好きで, 宗教を, 実に美しい, 実に美しかっ, 少女等が, 崩れた, 彼方である, 御免です, 怖ろ, 急に, 恐らく御, 恐らく祈年祭, 抜群に, 採り入れて, 既に小唄踊り, 月の, 本座, 概してやまと, 次の, 歌舞妓の, 歌謡曲に, 止めた鼓, 此様に, 死んで, 氏族に, 決して愉快, 現れなかったが, 田楽の, 男優に, 白鳥や, 皆こうして, 盆の, 盆踊りに, 益, 益々激しく, 目の, 知らないと, 絵でも, 美しいいろ, 美事であろう, 義理に, 自他共に, 自分も, 芝居と, 著名に, 葬列の, 藩祖伊達秀宗が, 見て, 言葉との, 言葉の, 言語の, 諦めた方, 踊って, 踊れませんよ, 踊れるよう, 近ごろ町の, 退屈だつた, 酷く受け, 金が, 鎮まるという, 間もなく滅茶苦茶, 阿国と, 面白かつ, 飽かず繰り返され人数, 鹿踊り

▼ 踊りながら~ (116, 4.2%)

6 歩いて 2 お京, だんだん林, 入って, 出て, 涙を, 猿股の, 相手の, 鹿は

1 [94件] あの妓, あんな可, いったとき, いよいよ入口, おじぎを, お月様, ぐるぐるま, こちらへ, すぎて, する男女, だんだん二人, でんでん太鼓で, どうして麻酔剤, はいって, はねあがりながら, ひとりごとを, ぶら下がって, へんな, ほんとうに, またもや出羽, ゆくでたらめ, エレン夫人に, タバコを, チンドン屋は, バッカンティンは, ユキ子に, 伸子たちの, 來る, 円柱を, 刈りました, 劇しく, 吹きまわる嵐, 喋りまくって, 土手の, 土蔵の, 塔の, 売歩いたので, 女に, 好色的な, 客を, 客席へ, 家の, 寺へ, 居間に, 帰る, 庭園を, 引くの, 彼の, 彼は, 彼女は, 急いで, 息を, 手招きを, 投げる必要, 放埒に, 新吉と, 時々寒子, 暗い森, 次第に集まっ, 歌いましたが, 歌って, 歌を, 泳いでも, 無邪気な, 燭台を, 申しました, 町から, 砂浜を, 私の, 築山の, 紅白だ, 絶えず桟敷, 練り歩く津軽年中行事, 自分の, 舞台の, 芋を, 表情の, 見て, 見る間, 走り出た, 踊りの, 近づいて, 逃げ廻って, 通りすぎました, 進行し, 過ぎる人, 間断なき深い, 降りて, 青い小, 頻りに此方, 風を, 飛びながら, 駈けて, 黒い両足

▼ 踊り~ (82, 3.0%)

2 おどれば, しないで

1 [78件] あまりにどうも意気込み, あまりにどうも意氣込み, あり得なければ, あれば, いいかげんで切上げる, いけないと, いよいよすすみまし, いよいよ妙, こ, したのに, し歌いもし, すすみまして, するからこそ, するし, ずっといき, それより, ちょっと鳴りやむ, できという, できる芸者, はずみました, ひときわ休息, ひとしきり高潮, ひどく下手, むしろ愛すべき, もうおし, やはり三段, やめて, ゆるッ, 中途半端だ, 今時だめだ, 他所の, 体を, 何も, 優美な, 充分見, 出来ぬ座敷, 出来ます, 動作も, 口説も, 古風で, 同じこと, 名を, 名取に, 唄も, 器量も, 地方で, 大分番数が, 始まります, 宴も, 小娘の, 悉く現在, 或は単に, 日本一金の, 梅にも, 歌も, 止めて, 清洲で, 狂言も, 理屈っぽくなってる, 瑞々して, 神前の, 笑えまい, 筋が, 簡単である, 脂気が, 至って緩やか, 見たいお, 見つくして, 見る機会, 質が, 踊ったろうし, 踊りその, 踊れたの, 踊れまいか, 踊れませぬ, 軽口も, 達者で, 魴

▼ 踊り~ (72, 2.6%)

2 なって, なつた, なれば, 唄は, 歌が, 歌を, 言ふ, 酒と

1 [56件] いい香, いうので, いうべきもの, いえるか, お祭礼, ござい, した様, そのため, なり一座, なる, なると, 七夕と, 云い普通, 云ふ, 云われて, 來たひ, 來る, 同様である, 名前こそ, 名歌手, 呼ばるる一種, 呼ばるる事, 呼ばれる一種, 唄とを, 囃子を, 家族温泉と, 小造りながら, 平行し, 念仏との, 書いた立て札, 来たら祖父, 根本の, 活動では, 海女の, 猿公の, 田の, 田楽系統の, 称したと, 称して, 称するの, 称するへんてつ, 称へて, 称んで, 舞台の, 見えたの, 言うたらしい, 言うても, 言っても, 言はれ, 言ひ, 賑やかな, 踊りの, 野天藝人を, 銘打った梅, 音楽が, 馬鹿笑ひ

▼ 踊り~ (56, 2.0%)

2 の中

1 [54件] お妙, がまるで, がレコード, が其周囲, が円陣, が加わっ, が女, が彼, が皆目, が舞いこんだ, が顔, が黒い, だ, だけを照らしつ, だった, であり演技者, でその, ではなかつた, というの, としての半四郎, とは見えない, と後見, と思ひ, について, には腹, には近所, に伴奏, に逃げられた, のお母さん, のため, の一人, の七人組, の列, の姿, の心持ち, の方, の踵, の騒ぎ, はた, はちょっと, はなほ, は一様, は単調, は妻太郎, は畳, は足袋はだし, もそれで, もまた, も休み無し, も後見, も踊り, をすぐ, を見分ける, を養成

▼ 踊り~ (30, 1.1%)

6 あつた

1 [24件] お燥ぎかい, ござります, その手, つなぐと, ほめて, コロリ除け, スペインで, 一休襌師には, 仕込み抜いたよう, 体を, 厭だ, 口笛を, 叱られるの, 名の, 売って, 妹は, 徳川時代以前から, 手に, 見ること, 語るよう, 鍛えたこの, 鍛えた二十三, 鍛えられたお蔭, 鍛へ

▼ 踊り~ (30, 1.1%)

2 歌を

1 [28件] お茶の, レヴューの, 万歳舞ひ, 三味線の, 三味線を, 何かの, 保津川下りに, 劇や, 唄の, 唱門師風の, 小林, 念仏宗などの, 歌が, 狂言を, 芸その, 茶番の, 見せたくない素肌, 豊橋の, 軽業の, 農村でも, 酒場に, 鉾田地方の, 長唄などの, 長唄の, 長唄を, 音楽などを, 音楽を, 鳴き声を

▼ 踊りでも~ (22, 0.8%)

3 して 2 見せて, 見て

1 [15件] あるかの, おどりそう, するよう, ない西洋, なんでも, はじめさう, 何でもやる, 催して, 祇園は, 見物し, 踊って, 踊つてゐる, 踊つて見よう, 踊れるよう, 音樂でも

▼ 踊り~ (22, 0.8%)

3 をし 2 であった, をした

1 [15件] がある, が余程, といつたら, には違い, にまで指図, にも色々, の名跡, は知らないです, も大きい, も本格, を御存知, を直ちに, を知っ, を知ってる, を見た

▼ 踊り~ (21, 0.8%)

3 つた 2 ふの

1 [16件] つたり, ひて, ひ乍ら, ひ屡々, ひ酒, ふ, ふうち, ふ七人, ふ中, ふ光景, ふ所, ふ最中, ふ魂, へば, へる仙女達, へる六尺ゆたか

▼ 踊り~ (17, 0.6%)

4 はつた 3 はつて 2 はりました 1 はりあたりが, はりき, はりした, はり見, はり遊び戯れ, はる, はるの, へう

▼ 踊り屋台~ (16, 0.6%)

2 を出した, を見物

1 [12件] と順に, にお, に出, に立った, のよう, の伴内, はぬれ, は湿れ, も見合せ, よりも各, を見なかった, 然たる

▼ 踊りつつ~ (15, 0.5%)

2 来る者

1 [13件] あるとき, ある方, それを, 坂を, 夜明に, 往かん, 手に, 攀らざるべからず, 月の, 涙ぐむ炎, 玄関から, 舞台へ, 転ろびつつ

▼ 踊り~ (14, 0.5%)

1 [14件] からなそれ, がそれでも, こと, そうである, そうです, ぢや, とかいうもの, と云う, と思う, と申しました, と言っ, なと思っ, などと出鱈目, のが

▼ 踊り狂っ~ (14, 0.5%)

6 ている 5 ていた 1 ていました, て居た, て行く

▼ 踊り~ (11, 0.4%)

1 [11件] つつ吸, てから帰っ, てそれでもまた, て以来それら, て叫んだ, て来なさい, て来る, て麦うち, ながら歩き廻っ, ながら袋, ながら進む

▼ 踊りなど~ (10, 0.4%)

2 諸芸 1 いうこと, いったいなん, まだ続けられ, 其間の, 皆には, 色々と, 見せて, 見て

▼ 踊り廻っ~ (10, 0.4%)

5 ている 1 たりし, て, てありとあらゆる, ていた, て遊びました

▼ 踊り舞台~ (10, 0.4%)

3 の足場 1 にポツリ, に出る, の女, の後ろ, の楽屋, をどう, を拵える

▼ 踊り舞臺~ (10, 0.4%)

3 の足場 1 が掛け, にポツリポツリ, の女, の後ろ, の樂屋, をどう, を拵

▼ 踊りという~ (9, 0.3%)

1 のが, のである, のは, のも, のを, ものが, ものを, ような, わけにも

▼ 踊りかた~ (8, 0.3%)

2 をし 1 だ, ではちっとも, で彼一人, の想像, は全く, よ

▼ 踊り狂い~ (8, 0.3%)

1 つつ合唱, ながらも私, ながら祝い, のたうちまわるの, 恋い狂う人々, 成仏する, 或時, 説教など

▼ 踊りから~ (7, 0.3%)

1 出た念仏踊り, 出て, 帰つて賑やかな, 発生した, 発達し, 脱け, 言つても

▼ 踊り~ (7, 0.3%)

2 うして 1 うである, うな, でも出はるます, へすれ, わいで

▼ 踊りには~ (7, 0.3%)

2 呆れた, 左程の 1 その自身, ふさわしく美しく見えた, 早いわ

▼ 踊り狂つて~ (7, 0.3%)

1 その霊, ゐた, ゐたといふ, ゐた愚かさ, ゐる, ゐるの, ゐる銀原

▼ 踊り~ (6, 0.2%)

1 で現代舞踏, ふ条, 朝に, 興を, 虚空に, 響くとは

▼ 踊りでは~ (6, 0.2%)

1 ありませんが, やつて, 出来るだけ, 花売の, 花片の, 茉莉顔では

▼ 踊りとも~ (6, 0.2%)

1 しらずカッスル夫人, 云へ, 剣舞とも, 眺められたの, 見えて, 見られるよう

▼ 踊りにも~ (6, 0.2%)

1 まだ連れ, 交接を, 勝つて, 特別な, 疲労れ, 迎へ

▼ 踊り~ (6, 0.2%)

1 よりたやすい, 出かけるという, 出たまま, 案内する, 突きあたる, 行ったと

▼ 踊りよりも~ (6, 0.2%)

1 古い形, 坂口さんの, 奇観と, 片耳の, 集まる人たち, 面白いと

▼ 踊り姿~ (6, 0.2%)

1 が現れ, そっくりであった, に蜘蛛, の写真, を見, を見た

▼ 踊り見物~ (6, 0.2%)

2 を止し 1 でもやる, に現れる, に現われる, の一角

▼ 踊りその~ (5, 0.2%)

2 日の 1 上綱渡り足藝が, 留守中に, 美事さに

▼ 踊りっぷり~ (5, 0.2%)

1 がわからねえ, なんぞは見, のよう, を一つ, を見

▼ 踊りとの~ (5, 0.2%)

1 三要素が, 二方面に, 区別は, 渾融した, 関係に

▼ 踊りとは~ (5, 0.2%)

1 かくも, なんでえ, にん相応, 見えなくなって, 趣きの

▼ 踊りぶり~ (5, 0.2%)

1 が水際立っ, も得手勝手, をみんな, を見せた, を見る

▼ 踊りをを~ (5, 0.2%)

3 どつて 1 どつて集つて, どり空

▼ 踊り~ (5, 0.2%)

1 て彼女達, で, でば, でました, で彼

▼ 踊り疲れた~ (5, 0.2%)

1 二人が, 制, 玉乗女の, 若者たちは, 茂太郎は

▼ 踊り相手~ (5, 0.2%)

1 としては穏当, になった, になる, のこと, を持つ

▼ 踊りあがっ~ (4, 0.1%)

2 ている 1 てしまいました, てしまひました

▼ 踊りである~ (4, 0.1%)

1 ことは, として解せられる, ように, 何故なら

▼ 踊りといふ~ (4, 0.1%)

1 のは, のを, 優雅な, 危い

▼ 踊りとか~ (4, 0.1%)

1 伊那踊りとかいふ, 唐子遊戯の, 独創と, 都踊りの

▼ 踊り~ (4, 0.1%)

1 のである, のです, んです, 穀潰しども

▼ 踊りなどを~ (4, 0.1%)

1 すること, 太鼓を, 思い出して, 習ったぐらい

▼ 踊りにおいて~ (4, 0.1%)

1 あの空色, ツレブラを, 極点に, 肩や

▼ 踊り~ (4, 0.1%)

2 つた 1 がつて, つて

▼ 踊り上がっ~ (4, 0.1%)

2 て喜びました 1 たりわめき立て, てお

▼ 踊り廻り~ (4, 0.1%)

1 その数, その肩, たえずいっせいに叫び声, ながら唄い出した

▼ 踊り廻る~ (4, 0.1%)

1 いわれは, 様子の, 者あり, 間に

▼ 踊り~ (4, 0.1%)

1 として作る, の意味, の文句, の聯毎

▼ 踊り歩い~ (4, 0.1%)

2 たりし 1 て山車, て日頃

▼ 踊りじゃ~ (3, 0.1%)

1 ないぞ, ねえや, 踊りじゃ

▼ 踊りそう~ (3, 0.1%)

1 である, なビリケン頭, な靴

▼ 踊りそして~ (3, 0.1%)

1 ピョコピョコ動いた, 同じよう, 最後に

▼ 踊りての~ (3, 0.1%)

1 上にも, 数が, 良人は

▼ 踊りです~ (3, 0.1%)

1 か, から向う, か伊那節

▼ 踊りなら~ (3, 0.1%)

1 いくらでも踊る, ずいぶん結構, 六七度接吻なら

▼ 踊りなる~ (3, 0.1%)

1 が故に, ものは, ものも

▼ 踊りなんか~ (3, 0.1%)

1 できやしないよ, よしませう, 駄目だ

▼ 踊りなんて~ (3, 0.1%)

2 いふもの 1 さつぱり

▼ 踊りまで~ (3, 0.1%)

1 おどった, やり出して, 踊らされた彼

▼ 踊り上っ~ (3, 0.1%)

1 たり靡い, て喜ぶ, て笑う

▼ 踊り仲間~ (3, 0.1%)

1 に別れ, に加つたことさ, に加つて

▼ 踊り~ (3, 0.1%)

2 を漁る 1 の舞踊

▼ 踊り~ (3, 0.1%)

1 お輝, などにとっては彼, までそう

▼ 踊り~ (3, 0.1%)

3 わって

▼ 踊り或は~ (3, 0.1%)

1 四つ足門の, 念仏踊りなど, 錆声で

▼ 踊り~ (3, 0.1%)

2 いて 1

▼ 踊り狂った~ (3, 0.1%)

1 お座敷から, が眼, のは

▼ 踊り~ (3, 0.1%)

1 けて居た, けながら時時, ける

▼ 踊り自身~ (3, 0.1%)

1 が玉城重朝, すら早くから, の世界

▼ 踊り衣裳~ (3, 0.1%)

1 と思つたの, も一, を見る

▼ 踊り~ (3, 0.1%)

1 でしきりに, は物珍し, をはい

▼ 踊りあがり~ (2, 0.1%)

2 また三度目

▼ 踊りあがる~ (2, 0.1%)

1 やうな, ような

▼ 踊りおどれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 踊り~ (2, 0.1%)

1 さもなく, 何かを

▼ 踊りかと~ (2, 0.1%)

1 見えるその, 言ふ

▼ 踊りくるっ~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 踊りさえ~ (2, 0.1%)

1 すれば, はじまって

▼ 踊りする~ (2, 0.1%)

1 ためた, ので仲

▼ 踊りだけ~ (2, 0.1%)

1 やり五, 受け持てば

▼ 踊りだって~ (2, 0.1%)

1 そうです, なし私東京

▼ 踊りでなく~ (2, 0.1%)

1 それが, ては出せない

▼ 踊りとして~ (2, 0.1%)

1 巧みな, 移されたもの

▼ 踊りとしては~ (2, 0.1%)

1 不純な, 新鮮な

▼ 踊りなども~ (2, 0.1%)

1 一向に見栄え, 見たが

▼ 踊りなんぞは~ (2, 0.1%)

1 いつだっても, 甘えもので

▼ 踊りにくい~ (2, 0.1%)

1 ことは, と思ひます

▼ 踊りについて~ (2, 0.1%)

1 やや詳しい, 考うる

▼ 踊りまでには~ (2, 0.1%)

2 出演者は

▼ 踊りみたい~ (2, 0.1%)

1 な馬鹿騒ぎ, な馬鹿騷ぎ

▼ 踊りよう~ (2, 0.1%)

1 がない, もない

▼ 踊り上らん~ (2, 0.1%)

1 ばかりに食事, ばかりの喜び

▼ 踊り上手~ (2, 0.1%)

1 のそれなら, をじまん

▼ 踊り且つ~ (2, 0.1%)

1 歌う人, 歌ふと

▼ 踊り今様~ (2, 0.1%)

2

▼ 踊り出し~ (2, 0.1%)

1 さうだ, さえし

▼ 踊り~ (2, 0.1%)

1 伊勢踊りが, 組唄踊りが

▼ 踊り家台~ (2, 0.1%)

1 の見物, を見

▼ 踊り寂しげ~ (2, 0.1%)

2 なる村

▼ 踊り小唄琴三味線尺八~ (2, 0.1%)

2 まで軒

▼ 踊り~ (2, 0.1%)

1 いと云う, い君

▼ 踊り手達~ (2, 0.1%)

1 は我々, は華奢

▼ 踊り椅子~ (2, 0.1%)

1 についてはプーシキン, の噂

▼ 踊り歩いた~ (2, 0.1%)

1 ものです, ものらしい

▼ 踊り済む~ (2, 0.1%)

1 とシンデレラ, と女の子

▼ 踊り狂う~ (2, 0.1%)

1 人たちの, 様は

▼ 踊り番組~ (2, 0.1%)

2

▼ 踊り疲れ~ (2, 0.1%)

1 てまことに, てバツタリ森

▼ 踊り~ (2, 0.1%)

1 けていた, けてゐた

▼ 踊り終る~ (2, 0.1%)

1 からなーア, ともう

▼ 踊り~ (2, 0.1%)

2 ひに

▼ 踊り詞章~ (2, 0.1%)

1 の中, の整頓欲

▼ 踊り~ (2, 0.1%)

1 をふり, を踏み出そう

▼ 踊り足らなく~ (2, 0.1%)

2 て雨

▼ 踊り跳ね~ (2, 0.1%)

1 つつ走りまわる, てうれし

▼ 踊り踊り~ (2, 0.1%)

1 のあ, 不意を

▼1* [261件]

踊りがつたやう, 踊りあたしの方, 踊りあはれにやさし, 踊りあるいは舞いさながら, 踊りあるく一団が, 踊りいいね, 踊りいわゆる弥十郎, 踊りつて, 踊りおどるだよ, 踊りかつ歌うという, 踊りかなんかをやって, 踊りがというより, 踊りくらいで他, 踊りくらべて見なけれ, 踊りくるい或る, 踊りこそ天職と, 踊りことに鼓は, 踊りこなして行った, 踊りご苦労ながら一踊り, 踊りさせるやうに, 踊りさわいでいる, 踊りしたい気もちを, 踊りしませんか, 踊りじゃと騒いで, 踊りぎたせゐか体中から, 踊りすませて戻っ, 踊りせんばかりに喜びました, 踊りそこのけにし, 踊りそのものもある, 踊りその道で, 踊りその間をねり歩く, 踊りそれを脱い, 踊りそれからそうだ, 踊りたまえもしピアノ, 踊りたるほどなり, 踊りだけは何の, 踊りだけを見れば, 踊りだの唄などが, 踊りやと思, 踊りづらいに相違, 踊りてとして生誕し得る, 踊りては互の, 踊りでございます花恥かしい, 踊りでしたがあの, 踊りといったような, 踊りとかいふ郷土芸術を, 踊りとかねんぶつ舞とか, 踊りとしての独立が, 踊りとで何とか見せち, 踊りとともに悠久に, 踊りとを稽古し, 踊りとんぼかへり, 踊りどころの段, 踊りなぞも見る機会, 踊りなぞを見ましたが, 踊りなどが染め出して, 踊りなどと申すもの, 踊りなどというふうに, 踊りなどに転化し, 踊りなどのあいだに, 踊りなれのした, 踊りなんかじゃないの, 踊りなんぞを見物する, 踊りにかけては名人と, 踊りについての民衆の, 踊りにつれて変化する, 踊りにとっては不利であろう, 踊りによつて文子は, 踊りによってさらに裏書き, 踊りにをいでな, 踊りに対して羽踊りの, 踊りに関しては門外漢だ, 踊りのさいちゅうに, 踊りのてほどきを, 踊りはじめたりし, 踊りはというよりも, 踊りはねている, 踊りはね飛び走り胸一杯に, 踊りばかりが専門である, 踊りばかりは感心しません, 踊りふけっている, 踊りむかっ腹を立て, 踊りめぐったりする, 踊りめぐり踊り流れ, 踊りめぐれば王, 踊りゃあしめえし手拭をかぶっ, 踊りやがて客間で, 踊りやら乱痴気騒ぎの, 踊りよか僕は, 踊りよくって, 踊りらしい気が, 踊りをはぢめた, 踊りを通じて見られるもの, 踊りエッゲは上下, 踊りカッスルは軍服, 踊りカドリールを踊っ, 踊りカフェーやダンスホール, 踊りッ子を見る, 踊りッ子みたいな恰好, 踊りッ振りをする, 踊りベタベタと吸ひつ, 踊りポルカの踊り, 踊り一人は地, 踊り三人は鳴物, 踊り三味線琴なども一人前以上, 踊り三絃を弾く, 踊り上がったほど喜びました, 踊り上がりそして鍋, 踊り上ったと思う, 踊り上りたいほどの心, 踊り上り物に咋, 踊り上ろうとした, 踊り不意を襲っ, 踊り乍らそして飮, 踊り乍ら両側の花道, 踊り二つも感心, 踊り二階の張出し, 踊りの姿, 踊り人形のよう, 踊り人間と共に, 踊り以来の品格, 踊りは先生, 踊り全体のリズム, 踊り全部に亘つて, 踊り共に戯れる, 踊り其儘花鎮め行事, 踊り其後で家々, 踊り初めてゐたの, 踊り掛が, 踊りと南, 踊りに突然, 踊り及び旧来の, 踊り叫び笑い眠ること, 踊り合手は私, 踊りが思ひ出された, 踊りと悪, 踊り喜び義弟を, 踊り囃子の稽古, 踊り囘つて水戸の大洗節, 踊り四丁目の角, 踊り回つてゐるカロル, 踊り回ると同じ, 踊りの合方, 踊り天人娘夢浮橋を振りつけ, 踊り天界ホテルでは白痴, 踊り太夫は美人, 踊り好きの細君, 踊りが茶番, 踊り専門である以上, 踊り小屋を作, 踊り屋台手古舞山車花火三島の花火, 踊り展開の基礎, 踊り巡るのです, 踊り廻ったらどんなにか, 踊り廻つたのを覚え, 踊り廻つてとうとう白い, 踊り廻つて水口の宿, 踊り廻りたいほどでした, 踊り廻りとっ組み合い千変万化の, 踊り廻り跳ね廻り眼隠し, 踊り弾丸が唸り, 踊りの姿, 踊り歯磨調合人岩井管五郎, 踊り愛子も亦, 踊り成立の当初, 踊り成立案を書い, 踊り或いは八つ鹿踊りと, 踊り戦慄したという, 踊り手たちの出会う, 踊り手らの動き, 踊り手二人の上半身, 踊り振り事の類, 踊り掛かって吠ゆ, 踊り放題の無礼講, 踊り数人の火, 踊り明したの, 踊り明日からの勝負, 踊り時には木戸番も, 踊り時代のもの, 踊り暮している, 踊りと称し, 踊り朋輩といっしょ, 踊り木村重吉は危く徳利, 踊り楽しみその円舞, 踊り楽しむ領民どもに, 踊り楽屋で衣裳, 踊り構えのさす, 踊りも何, 踊りのよう, 踊り次には素ッ裸, 踊り歌い放縦な, 踊り歩き音楽が, 踊り沢山それにた, 踊り活動を見物, 踊り流れきょうの, 踊りまって, 踊り済んで席, 踊り済んだところで, 踊り渡ってゆく, 踊り激しい一夜の, 踊り煙草は漂, 踊りという恰好, 踊りが火の手, 踊り燥ぐと石瓦こそ飛ばない, 踊り特別な衣裳, 踊り狂いましたが, 踊り狂い怖れ伏すの, 踊り狂つて膝小僧を怪我, 踊りをすて, 踊り疲れ飲み疲れて長椅子, 踊り疲労れた, 踊りが切れた, 踊りを着, 踊り知らないわねぇ, 踊り石神の燈籠祭り, 踊り社交すること, 踊りの踊, 踊りと称し, 踊り神中心の神送り, 踊り祭りの中心, 踊りとし, 踊りだから, 踊り終ったその男, 踊り終つてヂェラルドは彼女, 踊り終らぬ女等が, 踊りして, 踊り聖霊の身振り, 踊り能噺をやっ, 踊りを楽, 踊り自動車飛行機飛行船などのもの, 踊りともいう, 踊りでも食った, 踊り菩薩が歌, 踊りって白い, 踊り虚言を吐き, 踊りを追い, 踊りもあり, 踊り行くもの松戸から, 踊り衣装の一式, 踊り見た事あんめ, 踊り観客の頭, 踊り譬へば阿波の, 踊り負けない気に, 踊り走る図三を, 踊りつたら承知, 踊り踊ってみせた, 踊り踊るならマッセナの, 踊り躍りて破れ靴, 踊りの妙, 踊り過去と境遇, 踊り達者で名うて, 踊り遠景の丘陵, 踊り部屋貴女が私, 踊りも飲み, 踊りの処女, 踊り長唄お琴, 踊り雀電信柱に下向き, 踊りのふうふう, 踊り音楽からナギナタ, 踊り風流なること三谷, 踊りのよう