青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「踊~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

足音~ ~距離 距離~ ~跡 跡~ 跫音~ ~路 路~ 路傍~ 路地~
踊~
~踊り 踊り~ ~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~ ~身 身~ ~身の上

「踊~」 1243, 13ppm, 8250位

▼ 踊~ (270, 21.7%)

12 師匠の 7 女の, 輪の 6 師匠を 4 手を, 輪は 3 お師匠さん, ような, 稽古を

2 [17件] 中では, 中へ, 全部を, 場所に, 好きな, 師匠, 師匠だ, 師匠に, 師匠は, 手足, 朋輩, 朋輩だった, 真似を, 群を, 足を, 輪に, 輪を

1 [187件] あったこと, あとの, あらゆる部分, ある間, うまいこと, おけいこ厭, おさらい, お温習, かなしかつ, きりが, ことが, ことは, こと言葉, さらいに, その中央, ため, ために, ため教へに, なかから, ひときり, ひとを, ほかは, ま, ままの, めでたし, ように, ケイコを, ホッビー・ホールスとて, リーダーに, 一, 一團を, 一隊が, 上手で, 上手と, 中で, 中に, 中の, 中へは, 事に, 人々と共に, 人々の, 人々は, 人の, 人を, 人寄せなる, 人寄せの, 人形なぞ, 仲間に, 会場だ, 価が, 俗が, 傘を, 催しと, 優なれ, 光景は, 処は, 出来ない私, 列に, 列は, 前歌, 句には, 名と, 名によって, 名人か, 名人坂東美津江の, 名取りが, 名当時非常に, 名手として, 周圍には, 唄, 唄ざます, 唄である, 囃子を, 地を, 場の, 場所から, 場所は, 場面が, 場面を, 夜, 大鼓, 太鼓が, 女が, 女は, 如きも, 始まるまでの, 季節に, 小夜菊師匠の, 屏風は, 師匠お, 師匠が, 師匠さんが, 師匠だった, 師匠で, 師匠には, 師匠も, 師匠水本賀奈女を, 師匠眉山町家の, 帰りには, 弟子と, 影法師を, 後見役と, 心得の, 怪しい景気, 怪しい景氣, 情熱の, 戻り道で, 所作に, 所作を, 手が, 手さばきよりも, 手ぶりという, 手拭だらう, 手振, 手振りの, 手振りを, 手練が, 手遊じゃねえ, 拝見仕度候, 方が, 方は, 方はいりません, 時に, 時には, 棒に, 楽の, 樽太鼓のみ, 歌が, 歌として, 歌とは, 歌は, 歌や, 歌アフリカの, 歸途, 段取りを, 浚えが, 済むの, 濟むのを機會に, 玄人に, 画く円, 盛な, 相弟子で, 相手と, 眞似, 真似する, 真似などを, 祭歌いま一つは, 稽古が, 稽古にも, 稽古の, 稽古も, 稽古らしい, 端書を, 箔を, 紅提燈が, 終るの, 組子なら, 群, 群と, 群に, 群の, 群れの, 舞人と, 舞台を, 花形として, 華々しさ, 衣裳だろう, 衣裳の, 裾を, 記録は, 變化もの, 起原や, 趣向を, 足くせは, 足取, 輪から, 進化した, 達者で, 錬で身, 間々に, 間じゅうたまに, 隙から, 雄大さには, 露拂ひ, 音楽と, 音樂の, 髪と

▼ 踊~ (167, 13.4%)

10 見に 9 見て 5 おどって 4 して, 踊って 3 ひとを, 踊るの 2 するとか, やって, やめた, 眺めて, 見せて, 見ること, 踊るやう

1 [115件] いつのまにか見よう, おどってるよう, おどらしむる滑稽, おどりはじめる, おどりました, おどり方々, おどる, おどるし, おどる苦痛, おどろうや, おぼえるあたり, さがして, させて, させるの, した, したり, しょぼしょぼした, し表面, すましました, するもん, するコブラ嬢, する三, する事, する前, する奴ら, する癖, する踊子, はじめたの, はじめる, はやらせて, まねて, やったであろうちょっと, やってるわ, やつたであらう, やめて, やめなかった, やるぜ, よく踊りました, モ一つと, モ一つ所望した, 一心にやっ, 一番ものの, 主と, 仕込むという, 仕込むよりも, 休めて, 伴うもの, 伴は, 伴わないもの, 伴わぬ唄等, 入れたもの, 出したこと, 出て, 呼ぶの, 始めた, 始めだした, 始めて, 始めました, 始め女房, 実地に, 崩して, 御目, 御覧に, 所望した, 拝見し, 教へに, 断えず舞, 楽しむの, 浚つて見る, 浚つて遣る, 済まして, 演じたの, 熱中した, 看る度, 眺めました, 知らず琴, 知れる肉, 稽古に, 舞ったこと, 舞ふ, 藤間ふじに, 見た, 見たって, 見つけて, 見ないという, 見ながら, 見ましたが, 見よう, 見ようと, 見る, 見るの, 見物し, 見物に, 覗けるに, 跳り, 跳る, 踊ったあと, 踊っても, 踊つてくたびれた, 踊つてゐ, 踊つてゐる, 踊らう, 踊りさ, 踊りそう, 踊り続ける雄鳥, 踊る, 踊るしゃべくる物, 踊るん, 踊る人, 踊る位, 踊る時, 踊れるに, 踊ろうと, 迎えた, 遣るもの

▼ 踊つて~ (165, 13.3%)

19 ゐた 18 ゐるの 12 ゐる 4 ゐるやう 3 ゐました 2 から思ひき, も猶, ゐたり, ゐるかの, ゐる姿, ゐる最中, ゐる男, 居た事, 歩きました

1 [91件] あの娘, かけ歩いて, から休憩, から明子, くたびれた頃, くださつたの, しまつて, その幾滴, その葡萄酒, たつた今, だだつ子, なげいて, のけて, は下さいません, は惡, ましたから, まで見せた, みました, もい, も如何にも, やらう, やるぢ, るぢ, ゐたが, ゐたところ, ゐたの, ゐたやう, ゐた仲間, ゐた小松葉子, ゐて, ゐても, ゐますと, ゐようが, ゐるお仙, ゐるかづ子, ゐるかも, ゐるだけ, ゐるだけで, ゐるだらう, ゐるつもり, ゐると, ゐる中, ゐる人影, ゐる侏人, ゐる処, ゐる友達, ゐる場所, ゐる女, ゐる女の, ゐる心, ゐる時, ゐる様子, ゐる樣, ゐる舞踏室, ゐる蝶, ゐる野の, ゐる頭, ゐる髪, ゐれば, をりました, をる, 出た, 出るもの, 呉れない, 唄うて, 居たの, 居りました, 居り天満宮, 居る, 居るらしい一團, 廻るの, 慰めたといふ, 来なさい, 来るん, 止まぬ殿堂, 歩いた, 歩きます, 歩くの, 消えて, 行く, 行く踊り, 見えた, 見せようか, 見せる, 見せるので, 見せるよ, 見よう, 見ようか, 見る気, 見ろ, 踊りぬいて

▼ 踊~ (70, 5.6%)

4 始まる 3 ある 2 すむと, すんで, 始まって

1 [57件] あった, あって, あつた, あつたさうです, あり又, あるかと, あるから, あるだ, あるやう, あれじゃあ, あれなりに, うまいん, くる獅子頭, この東国, すめば, それを, はじまったとき, はじまる, はじまると, ほんによか, もう一度あつ, もう始まつた, モウ始まつた, 一つすむ, 一段すむ, 一段落と, 上手い声, 二組あった, 出たという, 出来ずば, 初まつ, 始まつた, 始まつて, 始まるの, 始る, 憑いた, 暁方まで, 最も目覚ましかっ, 最も目覺, 浄瑠璃が, 済むと, 済んだ時, 演ぜられた, 激しくなっ, 濟んだ, 禁ぜられるそう, 立ったの, 終へ, 編成され, 自慢で, 行われた, 行われて, 見たい, 見たいと, 見られなくっても, 達者で, 頗る得意

▼ 踊~ (63, 5.1%)

8 たりし 5 たりした 4 たりする, たり歌, たり跳ね 3 たり唄 2 てみせた, てみた

1 [31件] たらい, たらしい跡形, たり, たりしない, たりしました, たりするなら, たりぺチャクチャ喋つて, たり人, たり政治批評, たり早稲田, たり欠伸, たり男二人, たり矢庭, たり竈, たり舞, たり見物, たり跳躍, たり飜斗, たり騷, ている, てきた, てくれた, てくれました, てくれる, てすぎる, てみせる, てやれ, てる, てるの, てるよ, てる組も

▼ 踊~ (46, 3.7%)

2 生れて

1 [44件] いいよ, おどりたし, つい近頃, ひとり自, まだ劇, まだ好い, まだ始まっ, もうよい, やめても, やめる訳, イタリヤの, ジュリアが, 一時は, 一番勇ましかっ, 一週間の, 一隊一隊と, 中途で, 今日殘つてゐる, 元から, 全く亂, 別にある, 勿論出たら, 勿論当人, 場所が, 大てい山口部落, 天才的だ, 太陽と, 安来節で, 宴會の, 左の, 毎日昼に, 水木, 水木しみったれた, 済んだ, 父とも, 片づいた, 生活に, 相も, 祈祷ぢや, 立って, 綺麗で, 菊五郎なり, 見せて, 見たいが

▼ 踊~ (36, 2.9%)

2 ある, 夜を, 着る浴衣, 行つて留守で

1 [28件] お遣なさい, しくもの, すると, なったが, なると, なるという, まれ, 二人立は, 伴の, 使う衣裳小道具, 出で, 出るため, 加った, 古くより, 合はせ, 少しばかり, 朝顔に, 来ようと, 沒頭し, 現わす, 異常な, 笠を, 精進し, 興じたり, 行くの, 行く時, 這入った, 阿房踊また

▼ 踊つた~ (25, 2.0%)

4 ことが 2 が, ことも, 疲れてへと

1 [15件] かそれ, けれど少し, こと, だけの事, といふ, ときだつた, とさ, と言, ものだ, やうな, よ, らしいのよ, んです, 為で, 美しい

▼ 踊~ (21, 1.7%)

2 云ふ

1 [19件] いうからには, おりんの, なると, 三味線が, 云うの, 云ふも, 唄とに, 唱歌とを, 歌と, 浪花節とを, 獅子舞とが, 獅子舞との, 神楽サイドウ, 素唄とを, 繋がって, 美服, 芝居を, 茶番とに, 音楽が

▼ 踊~ (17, 1.4%)

1 [17件] おどった, おろかだ, ないから, まだ覚え, やる落話, 一人立を, 一段落に, 上手女振りも, 大弓も, 奇抜だ, 始まった, 昔から, 曾て, 浴衣なら, 済み馳走, 芸能だ, 見たこと

▼ 踊屋臺~ (14, 1.1%)

2 の中

1 [12件] があつ, などが造られ, におびき寄せ, に舞扇, の位置, の揚幕, の方, は界隈, へ忍び込む, へ行く, へ行つた, へ行つて

▼ 踊~ (11, 0.9%)

2 の数 1 がそう, が密集, が後, が足, だと, なん, のいる, の野, の顔

▼ 踊~ (10, 0.8%)

3 鍛へ 1 よく喝采, 呼物の, 夜も, 奉公を, 挫い, 歓待しなけれ, 鍛えた褄

▼ 踊屋台~ (10, 0.8%)

2 へ出 1 がくる, がとおり山車, に出た, のまさか, の一件, の上, の引い, を視た

▼ 踊~ (9, 0.7%)

1 がかつて, が現在, である, というの, との関係, にもまた, のうち, の流伝, をこのいわゆる

▼ 踊~ (7, 0.6%)

1 地蔵祭なども, 役者踊は, 歌の, 泥鰌すくい, 流行唄や, 言うで, 音楽は

▼ 踊ッ子~ (7, 0.6%)

1 だから, のいる, のこと, のほう, のむす, の顔, をさらいます

▼ 踊~ (7, 0.6%)

1 し法然, の情, を感じ, を覺, 念仏を, 歓喜した, 歓喜心悦楽し

▼ 踊には~ (6, 0.5%)

2 今の 1 切りが, 感心し, 早くも, 領主の

▼ 踊にも~ (6, 0.5%)

2 唄にも 1 これが, 忘れ難い, 興味の, 高下が

▼ 踊をを~ (6, 0.5%)

4 どつて 2 どる

▼ 踊そのもの~ (5, 0.4%)

1 が遥か, と共にリムセ, の爲, はつまらない, はクラシック

▼ 踊つたの~ (5, 0.4%)

1 が此踊り, だと, である, はこの, は平塚さん

▼ 踊大皷~ (5, 0.4%)

1 がはづむ, がをちこちで鳴る, が聞える, の澄ん, の遠く

▼ 踊舞台~ (5, 0.4%)

2 に納得 1 があっ, だってあんな大きな, の潮汲

▼ 踊から~ (4, 0.3%)

1 上は, 少し離れた, 帰つてから, 歸つてから

▼ 踊つた時~ (4, 0.3%)

2 の腰付 1 であつ, にも脇腹

▼ 踊とは~ (4, 0.3%)

1 おおよそ交通, そいつは, 勿論同じ, 娘ッ子の

▼ 踊らし~ (4, 0.3%)

1 その後から, たりした, たりしたい, たり殴り合わし

▼ 踊りつ~ (4, 0.3%)

1 して, しました, の大, 唄いつ廻り歩く様子

▼ 踊見物~ (4, 0.3%)

3 に出る 1 ぶすが

▼ 踊躍し~ (4, 0.3%)

1 て, てさて, て恩命, て降りた

▼ 踊じゃ~ (3, 0.2%)

1 ないさ, ないよ, 私が

▼ 踊~ (3, 0.2%)

1 とヘルン, よ, 三階が

▼ 踊つたら~ (3, 0.2%)

1 どうだ, 俺達の, 承知しねえ

▼ 踊でも~ (3, 0.2%)

1 下総印旛郡の, 始まりさ, 観に

▼ 踊または~ (3, 0.2%)

1 判じ物見た, 鹿供養鹿踊供養などと, 鹿供養鹿踊供養などの

▼ 踊を以て~ (3, 0.2%)

1 名を, 生業と, 聞えて

▼ 踊~ (3, 0.2%)

1 などを多数専属, も散り, をももっと

▼ 踊出した~ (3, 0.2%)

2 のは 1 頃は

▼ 踊~ (3, 0.2%)

1 といふの, は無論, を夜毎夜毎

▼ 踊~ (3, 0.2%)

2 鼓が 1 鼓も

▼ 踊~ (2, 0.2%)

1 なにか躍っ, 何かの

▼ 踊つた事~ (2, 0.2%)

1 のある, もあつ

▼ 踊つてやつ~ (2, 0.2%)

1 た, ていただきたい

▼ 踊つてる~ (2, 0.2%)

1 ところの, んでしよう

▼ 踊である~ (2, 0.2%)

1 が是, 時に

▼ 踊では~ (2, 0.2%)

1 あまり長く, ない豊年踊

▼ 踊という~ (2, 0.2%)

1 ものは, 踊歌が

▼ 踊といつて~ (2, 0.2%)

2 も元

▼ 踊として~ (2, 0.2%)

1 見れば, 賞翫され

▼ 踊との~ (2, 0.2%)

1 間に, 間には

▼ 踊など~ (2, 0.2%)

1 いろんな催しもの, したり

▼ 踊などには~ (2, 0.2%)

1 出かけないが, 日本在来の

▼ 踊なども~ (2, 0.2%)

1 みなそれで, 矢張り此の

▼ 踊もは~ (2, 0.2%)

1 いつて, づむらしい

▼ 踊より~ (2, 0.2%)

1 お世辭, やさしい筈

▼ 踊カツポレアホダラ經~ (2, 0.2%)

1 だけでも一晩位申, の類

▼ 踊~ (2, 0.2%)

1 ている, て行く

▼ 踊三味線~ (2, 0.2%)

1 とある, のさら

▼ 踊供養~ (2, 0.2%)

1 などと刻, などの文字

▼ 踊友達~ (2, 0.2%)

1 のお, は中指

▼ 踊姿~ (2, 0.2%)

1 となっ, を認めた

▼ 踊手たち~ (2, 0.2%)

1 が来, を顏色

▼ 踊振り~ (2, 0.2%)

1 も柳, を直す

▼ 踊~ (2, 0.2%)

1 の四地区, の道

▼ 踊衣裳~ (2, 0.2%)

1 を持つ, を搜

▼ 踊踊る~ (2, 0.2%)

2 づア今夜俺と

▼ 踊躍した~ (2, 0.2%)

1 が渉ら, が渉ろう

▼ 踊躍する~ (2, 0.2%)

1 競も, 翼徳彼等の

▼1* [136件]

いもやっとご, 踊ここは貸切り, 踊このうち十六足の, 踊これは寛政頃, 踊さえたしか明治, 踊さらひを, 踊さ入場券を貰, 踊て歡び, 踊したる状師あり, 踊するというん, 踊する痩せこけた女の, 踊その気分が, 踊その他の色々, 踊たつて好い, 踊だけが町中を, 踊だけにでも氏を, 踊だけを覺えました, 踊だったし, 踊ってな謡唄ってな, 踊つたおれが, 踊つただまつてひとりでおとなしく, 踊つたつていふこと, 踊つたノンキすぎるけれど, 踊つた乞食も此流れ, 踊つた人が, 踊つた例はない, 踊つた夕の事, 踊つた夜の白む, 踊つた時代をこそ見たい, 踊つた樣なの, 踊つた歌つたそして消滅, 踊つた江森美子さんがもと, 踊つた番組も何, 踊つた美女が毒婦, 踊つた観があり, 踊つた踊つた夜の白む, 踊つた飯島あや子嬢の, 踊つてそこを出る, 踊つてばしやんば, 踊つてオサラバ本当の芸人, 踊つてゲロを吐い, 踊つてヘルマーを引, 踊つて不用に歸, 踊つて今宵の慕, 踊つて今日限り一切踊ること, 踊つて何も彼, 踊つて何処にあります, 踊つて婆ア藝者のお, 踊つて左手から出, 踊つて帰つて来ましたら少し, 踊つて廻つたものであらう, 踊つて廻つてゐますよ, 踊つて廻はるのが型, 踊つて歌つて下手な俳諧, 踊つて歌つて身體を温めなけれ, 踊つて私達を驚かされる, 踊つて綱渡りをやつ, 踊つて興を添, 踊つて行つてそこで一つ, 踊つて貰つた, 踊つて踊つて踊りぬいて, 踊つて踊つて踊り拔いて, 踊つて踊り拔いて, 踊つて養命保身深遠なるもの, 踊というは鹿の, 踊といふ脚本が, 踊とか綱引とかは, 踊とかの類では, 踊とでも名を, 踊とも何とも, 踊んざあ後幾日だ, 踊なぞを見るの, 踊などが印象として, 踊などと一緒に, 踊などはもつての, 踊なんぞのある, 踊についても記したいこと, 踊にでも案内し, 踊にゃないね, 踊はててさがる, 踊見せたので, 踊渡来の, 踊また髑髏踊なんぞの, 踊まで始められました, 踊やらで都, 踊よりか町で, 踊でひとり, 踊らざらしむ, 踊らし輝かしてゐる, 踊らばや, 踊りつ来懸ったの, 踊ろうにも踊られぬ, 踊をやはらかに, 踊ををどつたり, 踊リ場デ休マズ, 踊リ子上リダト云ウ負ケ目ガアルタメニ, 踊リ子上リナンゾッテ云ウケレドキット彼女ハ家政ノ切リ盛リナンカモ上手ニヤッテ行キマスヨ, 踊リ素晴ラシイモノデスワタシ日本デハアンナスバラシイモノ聞イタコトナイデスソレヲ一ツココデ真似テ見ルデス, 踊一つ居合抜き軍歌とこれ, 踊一手の祝儀, 踊上手がお, 踊下市のは御, 踊五月節供の柏餅, 踊人形の色彩, 踊友達親類のやう, 踊向島上野九段神田本郷の寄席, 踊地蔵物いい地蔵, 踊地蔵祭などいう, 踊境のは元気, 踊大佐渡が本家, 踊のやう, 踊屋台練物曳物数さえつばら, 踊という山, 踊師匠となりし, 踊廻っていた, 踊忘れずといふほどで, 踊拍子二番目狂言には, 踊時分の一力, 踊本場仕込みなので, 踊ふ時, 踊狂う時小児等は, 踊発して十力, 踊相手と黒髮, 踊のよう, 踊の状, 踊を見, 踊舞臺を置いた, 踊に出かけた, 踊記者が来, 踊評判の江川, 踊履賤, 踊酒宴に明け暮れした, 踊雀踊りの顎合, 踊が帝政時代, 踊の舞, 踊鹿島の事