青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「路地~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~足音 足音~ ~距離 距離~ ~跡 跡~ 跫音~ ~路 路~ 路傍~
路地~
踊~ ~踊り 踊り~ ~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~ ~身 身~

「路地~」 1876, 20ppm, 5679位

▼ 路地~ (757, 40.4%)

39 中に 34 中へ 31 外へ 24 中で, 入口に 20 外に 18 奥に 15 中を 11 中は 10 外で, 角に 9 中の 8 中から, 口に, 奥へ, 奧で, 奧へ 7 なかに, 中には, 外の, 奥の, 溝板を 6 入口の, 外から, 外を, 闇に 5 外まで, 奥で, 奧に, 突き當り 4 入口へ, 出口に, 口から, 外には, 奧の, 死骸の

3 [16件] どぶ, なかの, ような, 上に, 両側の, 中だ, 入口で, 入口には, 口へ, 口を, 奥から, 奥を, 奧から, 方へ, 木戸を, 角の

2 [48件] ところへ, なかで, なかは, ぬかるみに, 一番奧の, 両側には, 中, 中からは, 中ながら, 中にも, 中ほど, 中ほどに, 中まで, 井戸端に, 先の, 光景が, 光景に, 入口が, 入口まで, 入口一方は, 内に, 内は, 出口へ, 前まで, 前を, 口より, 向う側へ, 壁の, 外は, 奥には, 奥土蔵の, 奧は, 幅だけに, 或場所, 方には, 暗がりに, 最も長く, 有様を, 片側は, 突きあたりに, 突当りに, 背中合せで, 興味である, 裏仕立物などを, 角で, 角まで, 足跡や, 間道を

1 [225件] あいだから, あいだに, あたりそれから, あたりは, あたりを, あちこちを, いひ立て, うちに, おくに, お草履, お蝶殺し, お裁縫屋, かげから, かげに, かさなり合った庇, かどに白い, かどの, くら暗, ぐあいいちいち, ごみ箱の, さらに奥, すぐ向う, そとは, そばでした, そばを, つきあたりは, つき当り, ところから, とっつきに, どうしても干し物, どちらからも, どんづまりで月九十銭の, どん底に, どん底を, なかまで, はいり口, はずれに, まえに, まん中あたりに, やうに, ように, ズッと, ドブ板を, 一つ, 一番奥に, 一番奧に, 一角の, 一軒, 上の空が, 下で, 下を, 世界を, 両側に, 両側は, 中では, 中へも, 中昨夜脅かされた, 中灯りの, 中程に, 中程隱居の, 中途から, 九頭龍求女と, 九頭龍求女の, 九頭龍求女九州浪人で, 二軒目, 二階に, 交互点こわれた, 人々皆家を, 人影を, 住人で, 住人達の, 佗住居も, 側に, 入り口で, 入り口などを, 入り口の, 入口から, 入口さ, 入口です, 入口は, 入口共同井戸の, 兩側の, 八五郎が, 内へと, 内外からど, 内外を, 内外湯屋での, 出しなに, 出はずれまで, 出入口を, 出口で, 出口の, 出口土の, 出窓から, 出逢頭に, 分れる, 別世界を, 口だ, 口まで, 古ぼけた店, 右側の, 向うの, 向うは, 向うへ, 向う入口と, 向こうの, 商品なり, 四方から, 垣根から, 壁だった, 壁は, 外でも, 外にも, 外へは, 外御, 多い, 多い抜道だらけ, 夜だけは, 夜番を, 太平洋に, 奥では, 奥とは, 奥にも, 奥は, 奥何を, 奥深く南無妙法蓮華経, 奥素人家作りの, 奧だ, 奧では, 奧と, 奧には, 奧一帶は, 奧二た, 奧全く, 奧八五郎が, 奧洗ひ張り, 奧町の, 宵, 家に, 家主であり, 小判までは, 小径も, 小待合, 幅を, 庇の, 彌次馬を, 意味が, 方から, 方を, 日陰で, 日陰を, 暗いの, 暗い方, 暗がりで, 暗がりを, 暗の, 月夜どう, 木も, 木を, 木戸から, 木賃では, 板塀に, 楽屋口の, 横町の, 死体の, 死体も, 泰軒先生を, 深まっ, 清元の, 溝板が, 片隅へ, 物干, 瓦から, 番人ぢや, 真ん中, 石段の, 突きあたりの, 突き当りに, 突当りなぞ思い, 突当りの, 突当通, 窓際でも, 繁栄は, 自動車停留場で, 芥箱から, 花道は, 行止りが, 行止りで, 行止りには, 表に, 表まで, 表通で, 裏にな, 裏長屋に, 裏長屋棟割で, 西の, 角, 角から, 角だ, 角なる, 角を, 貧家等は, 貸間に, 足跡が, 跫音が, 跫音を, 路面に, 辻に, 近くに, 通りは, 通路の, 長屋では, 間の, 間へ, 闇, 闇へ, 闇を, 附近に, 陋屋に, 陋屋を, 陋屋一碗の, 陋屋梅花の, 隅およそ, 隅で, 頂點あたりで

▼ 路地~ (329, 17.5%)

18 出て 14 入って 10 抜けて 9 入つて, 入ると 8 出ると 6 はいって 5 入つて來 4 はいると, 出た, 通って 3 ぬけた, ぬけて, 拔けて, 距てて, 隔てて

2 [15件] うろついて, 二つ三つ曲る, 作つたのだ, 出た者, 埋める彌次馬, 埋める野次馬, 平次の, 曲つた, 曲り路地, 歩いて, 行願寺の, 見張らせて, 通り抜ける時試, 通ると, 隔て

1 [193件] あるくおれ, いくつか, うつした作品, うなだれて, うろつく浮浪者, お入んなさい, お勝手の, ぐる, こう行く, こちらに, この街角, さらに細く, すれすれに, たどって, ちょっと曲った, つっ切って, でて, どんどん奥, なぜ雁次郎横丁, なんとなくぶらつい, ぬけながら, ぬける人, ぬければ, ぬけ三条河原町, ぬけ出して, ぬって, のぞいてから, はいったところ, はいり幾つ, はいろうと, ばたばた走っ, ひたした血潮, ぶらぶら歩い, へだてて, まちがえずに, まちがえて, みて, もう一度調べ直す, もどって, ゆくうち, ゆくと, グルリと, ポント町という, 一つ隔てた隣り, 一方の, 二つ三つ覗い, 二三度出, 二三度折れる, 人々は, 作ったの, 先斗町と, 入ったあたり, 入った突当りの, 入つた, 入つたしもた屋, 入つたの, 入つた人間, 入つた奧, 入つた時誰, 入つた者, 入つて三軒目, 入つて三軒長屋, 入つて奧, 入るの, 写したもの, 写した写真, 出たと, 出たところ, 出たらどんな, 出た所, 出た角, 出でしが, 出でたる表通蕎麦屋, 出ながら, 出ました, 出ましたね, 出ようと, 出る時, 出入した, 出這入りする時, 切れて, 占めて, 取りまいて, 叙した, 右へ, 右手に, 吹き抜く風, 国際通りに, 埋めた彌次馬, 埋める人々, 塞いだには, 塞いだの, 夜逃げせんならん, 奥へ, 女房は, 導かれて, 屋敷の, 幾つも, 廻って, 廻ると, 引返して, 弾んで, 彼は, 往来した, 抜けここ, 抜けた, 抜けたところ, 抜けてほど, 抜けましたり, 抜けると, 抜ければ, 抜け出そうと, 抜け切ると, 抜け幾廻り, 抜け裏通, 抜け路地, 拔け, 拔ける, 拾つてあんな, 拾つて輕業小屋の, 指さして, 指した, 指すもの, 曲がって, 曲った, 曲って, 曲つて行く, 曲り曲って, 曲るころ, 曲ると, 曲ろうと, 検べ, 検査した, 歩いた, 歩いたり, 歩く男, 歩む人, 歩行く, 求めて, 流して, 町へ, 畫いたらう, 眺めて, 私通りがかりに, 突きあたつたところ, 突き当ったところ, 突き抜けて, 突つきつて庭口から, 締め切り商人, 縫うよう, 裏へ, 裏手の, 見て, 見上げて, 見下すに, 見下ろして, 見張つたの, 覗いた上, 覗きこんだ, 覗く, 覗くと, 誰と, 走るよう, 越えて, 足ばやに, 足音も, 距てた, 踏む靴, 踏んで, 這, 這入った, 這入ったところ, 這入ると, 通つたと, 通つて横町へ, 通り抜けて, 通る, 通るとき, 通れば, 釣竿を, 鉄砲玉の, 鎌倉河岸の, 鐵砲玉の, 隔てたたつ, 隔てた竹葉, 隔てた隣りの, 飛び出した怪奇, 飛び出した樣子, 飛び出して, 飛んで, 飛出した様子, 飛越し損な, 駆け抜け空家

▼ 路地~ (150, 8.0%)

8 入って 7 はいって 6 出ると 4 出ました, 這入ると 3 入ると, 戻って 2 そつと, はいると, ポイと, 入つて, 入つて來, 抜ける木戸, 行きついてから, 這入って, 飛込んだが

1 [97件] いかにも晩春, お蔦が, かかると, かけこんだ, かけて, さしかかった時, さしこんで, しりぞいて, たちいでた泰軒居士, はいり路地, はいろうと, ふみ出たが, ほうり投げて, また一丁, もう飛出し, もぐり込めさ, やって来て, ウハバミでも, スタスタと, パツと, 一歩はいりこむ, 一瞬に, 乗り入れたその, 何が, 入ったよう, 入った処, 入つた人間, 入つた來, 入つた女, 入つた時, 入りました, 入るまでは, 入込む数, 出て, 出るの, 切れた, 取って返すと, 取つて, 外れて, 大者を, 姿を, 対しては, 射して, 帰って, 帰ると, 廻ると, 引っ返して, 往來へと, 忍び込んで, 戻して, 戻りやっぱり, 投げ出されるよう, 折れる曲りかど, 抛り出して, 抜けて, 放り出された怨み, 曲った, 曲つ, 曲者の, 曳きこんで, 木戸一つで, 消えたか, 潜門を, 片足で, 直ぐ出られる, 眞一文字に, 立戻る, 落ちたの, 走りこんだの, 走り出た, 踏みだそうと, 追ひ込まれた, 追ひ込む, 追ひ込められ, 送りこみ暫らく, 逃げこんだ雑兵, 逃げ込むん, 逃げ込んだ野良犬, 逃込んだ, 這入った, 這入りました, 連れて, 連れ戻した, 進入し, 進入ろうと, 隠れた, 飛び出した, 飛び出して, 飛び込み開けたま, 飛び降りた, 飛出したの, 飛込んだ者, 飛降りたん, 首を, 駈け込みました, 駈け込んだ, 駈け込んだ人

▼ 路地~ (124, 6.6%)

4 立って 3 住んで, 追ひ込んだ 2 あった, なって, 入ると, 足跡を, 這入れば, 面して

1 [102件] あつた, ある, ある富岡紙, ある正宗ホール, いる落語家, うろうろし, かがみ込んで, かくれて, くたくたと, して, しゃがみこんで, なってた, ひらいた三尺縁, ひらかれて, むかった窓, インバネスを, ガヤガヤし, ザクリと, ソロソロと, バタバタと, 一軒向こうの, 両側を, 人立ちが, 俥の, 入って, 入つたこと, 入つた人間, 入つてしまつたの, 入らうと, 入り乱れて, 入り汚れた幟, 入るに, 入る前, 入れて, 入ろうと, 出た, 出て, 出ると, 十四五本ばかりの, 回って, 在ったもの, 宇佐美敬太郎を, 家々は, 小さいおでん, 小さい紙入, 居た人數, 居ますよ, 居据, 居着いて, 平次の, 年中洋服を, 引つ張り込んだ, 彼の, 待たせて, 待って, 待つて, 悠々と, 意外に, 投げ捨てられた野良猫, 折れた, 挟まれた駄菓子屋, 曲りこみギャング, 曲り込んだ, 柳の, 殺しが, 沿った土地, 泥棒を, 流れ込みあ, 消えて, 潜んで, 白い舞踏服姿, 着いて, 突き當つた, 立つた平次, 立つてを, 紅い鹿の子絞, 花嫁の, 若い男, 菊泉とかいふ, 落ちて, 誘ひ入れいろ, 誠吉が, 足を, 身を, 近頃のれん, 追ひ込まれた, 追ひ込まれる, 逃げ込んだこと, 這入って, 這入つて行, 這入ると, 通じ左手, 通って, 隱れ, 隱れた, 集めました, 面した戸袋, 顏を, 飛び出し, 飛び出しました, 飛び降りて, 飛ぶ

▼ 路地~ (68, 3.6%)

3 いかに精密, 公然市政 2 どうかする, また渾然, 一方口, 三尺の, 即ち飽くまで, 折々忍返し, 種々異, 細く短しと

1 [46件] あたかも渡船, いうまでも, この町, ごくごく狭い, その儘, それらの, ひろく長屋, まさに食道, もう暗かっ, ゆれゆれと, よく見える, 一種いい, 一種いひ, 一種云ひ, 二つに, 二人並ん, 云ふまで, 人ひとりやっと, 入口が, 其等の, 出なかったこと, 十文字に, 即ちあくまで, 又渾然, 只裏, 名前から, 夜っぴて喉自慢, 大そう, 奧へ, 娘横丁と, 幌馬車で, 広くなった, 忽ち四方, 恐らくこ, 恰も渡船, 情けないくらい, 所謂第, 明るい筈, 板じんみちの, 歌道が, 水の, 狹いし材木や, 相変らず, 相變ら, 苦学の, 風月堂の

▼ 路地~ (63, 3.4%)

2 には話し, に立っ, のさま, の窓, へ来た, をばこれ

1 [51件] からどぶいた, からトンガリ長屋, から左右, から引っ張った, から怒鳴り込む, から飛び出し, であごひげ, で松田さん, で間抜け, にある, には, には真黒い, に向けられる, に四つ, に大きな, に屋台, に待合せ, に有頂天, に来る, に染物, に比べる, に立つ, に立寄, に立寄っ, に背, に近い, のところ, のへちま, の煙草屋, の石壇, の素人家, の肴屋, の角, の軒下, の野良猫, の際, へ, へついた, へ伸, へ駕籠, まで豆腐屋, より小間物屋彦三郎, より左官屋勘太郎, をじーっと, を往, を押合い, を曳き出る, を物, を眺め, を酔, を雇人

▼ 路地~ (50, 2.7%)

2 彼は

1 [48件] いつもの, うまく人目, お蝶, かすかな, その向う, ふたりの, やるわる, ドタリギャッと, 争ううち, 二三人の, 二階に, 人々が, 今度は, 何を, 使って, 右手は, 御朱印の, 打ち割って, 拝んで, 拾つたんだらう, 捕手の, 捨つたと, 松田さんに, 格闘が, 殺されたん, 殺されたんで, 沢田正二郎渡瀬淳子と, 泣声, 漸く探し, 無頼漢が, 犬を, 競演する, 簾越しに, 絞め殺した, 自分が, 血だらけに, 行なわれて, 表通りは, 話も, 調べを, 赤いハンドバッグ, 転んだこと, 逢つた, 逢つても, 逢引する, 防空演習が, 騒いだので, 高梨小

▼ 路地から~ (49, 2.6%)

4 路地へ, 路地を 2 入つて, 出て, 小手招き, 駈け出して

1 [33件] あふれ出た, かけだして, ひょっこり現れ, みかけたところ, やはり手ぬぐい, アッという間に自分, 七彩の, 三千五百石の, 二人の, 出た者, 千日原まで, 家の, 張り上げます, 忍び出, 最前の, 横門の, 河岸っ, 河岸つ, 犬の, 糶出したそれ, 聞えて, 聲を, 職人たちは, 表へ, 表通りへ, 話して, 貧しい葬儀, 走りだした, 路地へと, 路地部屋から, 通りに, 飛出したか, 飛出したもう

▼ 路地~ (48, 2.6%)

2 から表通, に住む, のいや, の光景, の夜, の家

1 [36件] からゴミ箱, から現在, でこんな, でびっくり, でも若い, にあった, にある, にそろそろ, にてもおの, にはルパン, には今, によく, に二階, に在り, に居ました, に西京汁粉, に送った, のある, のむさくろし, の佗住, の佗住居, の大, の寓居, の待合, の情景, の数, の水道共用栓, の藪, の道具屋, の長屋住い, の長屋住居, の鮓屋, は昨日, へ潜り込ん, も家毎, や空家

▼ 路地~ (36, 1.9%)

6 あって 4 あった 2 あります, 蜘蛛の

1 [22件] あったかと, あったが, あったの, あったり, あつた, ありまた, あり入口, あるからな, あろうとは, いくつか, すぐ眼, ずッ, ただの, 一番入り易く, 好きだった, 押すな, 曲りくねって, 狭いので, 眼の, 縦横に, 走って, 錯綜し

▼ 路地には~ (26, 1.4%)

2 往々江戸時代, 片側に, 白犬が

1 [20件] いったり, いないよう, いままでに, たいてい石地蔵, どんな人間, ぶたが, もう誰, 久しく人, 二階建が, 栞代りに, 済生学舎の, 溝泥の, 紙屑一つ散らばっ, 見当らない風景, 足跡一つある, 逃げ遅れた, 闇が, 電燈も, 震災後も, 風が

▼ 路地~ (15, 0.8%)

1 [15件] では叔母, には時として, に住ん, に殘つたの, に進, に進入つた, の人達, の住人, の者, はあの, へと鍵, へ這入らう, へ這入ろう, へ遁げ, や表通り

▼ 路地一パイ~ (12, 0.6%)

2 に張り上げ, に浸す 1 で町役人, に, に蔓つて, に踊り, に響きます, に馳, の大きな, の騷ぎ

▼ 路地~ (12, 0.6%)

3 にある 1 なんかに居, にはいっ, のあの, のへい, のもちろん, へいっ, へおびき出した, へ急ぎました, へ逃げ込んだ

▼ 路地~ (11, 0.6%)

2 同じよう 1 いう, いわず人家, つづいて, なると, もしやあ, 千日前, 極道女か, 知らずに, 言つた

▼ 路地~ (11, 0.6%)

1 [11件] ありません, ことごとく見ました, どの家, なく第, のぞきこみました, 以前より, 含めて, 塀の, 壁も, 太田道灌で, 鳩羽色に

▼ 路地~ (11, 0.6%)

1 [11件] 共同便所の, 垣根や, 往来は, 拱門路からは, 松屋の, 空地の, 裏長屋には, 路上で, 辻から, 門口を, 飲食店の

▼ 路地にも~ (6, 0.3%)

1 しめった風, シタミの, 七人八人と, 江戸の, 盆踊りが, 銘酒屋楊弓場軒を

▼ 路地まで~ (6, 0.3%)

2 來る 1 参りました, 帰るの, 来ると, 突き抜けて

▼ 路地~ (4, 0.2%)

1 から乾く, から入れ, ねえお前此處, よ

▼ 路地では~ (4, 0.2%)

3 ない 1 大変な

▼ 路地一帯~ (4, 0.2%)

3 が倉庫 1 の光景

▼ 路地うち~ (3, 0.2%)

1 に子供たち, の揉め事, をいくつ

▼ 路地へでも~ (3, 0.2%)

1 横町へでも, 追いつめられて, 駈けこむつもり

▼ 路地よりも~ (3, 0.2%)

2 新富座裏の 1 こういう美しい

▼ 路地いっぱい~ (2, 0.1%)

1 にいばり返っ, の長屋

▼ 路地からも~ (2, 0.1%)

1 火が, 逃げださなければ

▼ 路地~ (2, 0.1%)

1 のでこれ位, ので自分

▼ 路地なんかで~ (2, 0.1%)

1 待たしちゃ, 待たしちや濟

▼ 路地にでも~ (2, 0.1%)

2 川岸にでも

▼ 路地らしく~ (2, 0.1%)

1 法善寺横丁の, 軒並みに

▼ 路地下水~ (2, 0.1%)

2 に半

▼ 路地路地~ (2, 0.1%)

1 には済生学舎, へいかにも

▼1* [55件]

路地あたりらしかった, 路地うらの長屋, 路地からの風も, 路地からもへえれますね, 路地その路地の, 路地それからロア・ド・シシル街の, 路地だったけれどしかし, 路地づたいにやがて表, 路地づたいに今頃戻って, 路地づたいの逃げ路は研究ずみ, 路地づたひに徃きて, 路地であったのか, 路地であるがそこ, 路地でのことだ, 路地でもあったら背負った物, 路地とは今日では, 路地とも庭とも, 路地なかに克巳, 路地なぞを選んで, 路地などは通れませんよう, 路地なんかありゃしなかったが, 路地にかの小間物屋は, 路地について記された件, 路地になつて居ります, 路地にまで漲って, 路地ばかり眺めて, 路地へとあても, 路地へはひり路地, 路地へも寄ッついた, 路地ほどの狭さ, 路地めがけてやって来た, 路地より女どもは, 路地をはいつたところ, 路地一つ間違ひもしなかつたの, 路地一方は板塀, 路地一長屋の祭典, 路地一長屋毎に一つ, 路地にスラリ, 路地今日一度訪ねたお, 路地の二階, 路地まで来, 路地全体がなまめい, 路地内の人だけだらう, 路地向うの二階屋, 路地大通りには銭形, 路地奥住いで帯安あたり, 路地平次を加, 路地の開業, 路地橋詰には洩れなく, 路地に立って, 路地の後景, 路地裏昼の中, 路地裏長屋へ帰っ, 路地部屋から部屋, 路地長屋の爪楊枝