青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「路~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~足跡 足跡~ ~足音 足音~ ~距離 距離~ ~跡 跡~ 跫音~ ~路
路~
路傍~ 路地~ 踊~ ~踊り 踊り~ ~踏ん 踏ん~ 踵~ ~躊躇 躊躇~

「路~」 10321, 111ppm, 957位

▼ 路~ (2394, 23.2%)

112 歩いて 28 通って 19 急いで 17 急いだ 16 して 15 たどって 12 経て 10 歩いた 9 上って 8 登って, 行けば 7 右に, 教えて, 走って, 開いて 6 取って, 辿って, 逆に, 降りて

5 [12件] あるいて, おりて, こちらへ, 塞いで, 帰って, 歩きながら, 行くと, 行く人, 行って, 見た, 踏んで, 進んで

4 [18件] つけて, とって, ふさいで, わが越え来れ, 一散に, 左に, 往復する, 得て, 挟んで, 歩いても, 歩きつづけた, 照し, 照らして, 眺めて, 行くに, 辿りながら, 通る人, 選んで

3 [45件] しても, しようと, ぬけて, ひとり歩い, へだてて, まちが, まっすぐに, まはつ, 一方へ, 人力車で, 何の, 出て, 北へ, 取らずに, 取ること, 変えて, 失って, 失ひて, 川に, 左へ, 帰るの, 廻って, 往って, 教へ, 教へて, 曲ると, 歩くにも, 残して, 発見し, 縫って, 聞いて, 肩を, 行かねば, 西へ, 見つけた, 譲って, 走りだした, 通りながら, 通ると, 通るもの, 通る旅人, 進んだ, 遮断し, 離れて, 静かに

2 [145件] あけて, あふぎ, あゆんで, いそぎながら, お通り, かえて, かけて, きく, すこし歩い, せばめられて, たど, たどったの, だんだんのぼっ, つくって, とつた, とると, とる一般旅行者, どこまでも, ならんで, のぼりて, はいって, ひらいて, へて, まつすぐ, まわって, もう一度足, もとめる以外, やって来るの, ゆき抜けると, わが行け, わたしの, ドライヴ, ーて, 一つの, 一ぱいに, 一人の, 下って, 下りて, 下るの, 両足が, 二人は, 人の, 今日も, 保叔塔の, 俥に, 先に, 入って, 入ると, 出ると, 別々に, 南へ, 反省させる, 取つて, 取りて, 取れば, 向ふから先刻, 問はんとて, 坂と, 塞ぎたる原野, 大股に, 女は, 容赦なく, 尋ねて, 帰途に, 幾度か, 引っ返して, 引上げて, 引返して, 彼の, 彼は, 往っ, 往復した, 急いだが, 急ぎつつ, 急ぐと, 扼して, 抜けて, 拓いて, 挾んで, 撰んで, 曲つ, 村の, 案内し, 横町路次と, 歩いたり, 歩き出した, 歩く時, 歩ませる力, 歩んで, 求めつつ, 求めて, 求めようと, 発見した, 登りつくすと, 真っ直ぐに, 眺めここ, 示すもの, 私に, 私は, 終始並足, 翔けさる, 自棄に, 蔽うて, 行く, 行く時, 行ったり, 行つた, 見つけて, 見て, 見る, 見出し悪い, 訊いて, 訊くと, 貪って, 赤毛の, 距てて, 辿つたので, 辿りて, 辿るもの, 辿るよう, 辿る人, 迷ったもの, 迷って, 通つて自分の, 通り抜けて, 通ること, 通る時, 通る諸, 通過した, 逸れて, 運んで, 遮って, 遮られて, 避けて, 還らずに, 開いた, 開いたの, 開きて, 開く, 開くは, 降って, 隔てて, 顧みた, 馬車は, 駈け通して

1 [1531件 抜粋] あがき求めて, あけるばかり, あとから, あやまりまたは, ありとあらゆる類型, あるきき, あるくという, あるこう, いうもの, いそぎたまえ, いつまでも, いよいよ暗く, うごかし広, うろ付い, えて登り尖, えらんで, おおかたは, おとりに, お送りだ, かぎりて, かなり不機嫌そう, きかかりますと, くぐったり, くぐりに, くだり彼, こういうよう, ここまで, ことごとくよく記憶, こんな売声, さえぎる立木, さがしたり, さがしましょう, さし挾んだ篠懸, させて, さまよ, さらさら厭い, したもの, した内神田, しばし歩いた, しりかつ, すぎて, すすんで, すること, すれ違って, せかせか上つて行, そのと, そのまま郷里, その材料, そんな事, ぞろぞろ歩い, たずねたり, たづね, たどらねば, たどりぬ, たッ, ついに垂井, つくると, つけようという, つたって, つつんで, でると, ときどき踏みそこなっ, とっとと歩きだした, とめると, とられますか, とりアフリカ, とる, とる場合, どうにかし, どこへ, どんなよう, ながめる, にぎれるソ連, のぼるの, はいあがって, はさみて, はてしも, ひたすら急ぎ往く, ひとりの, ひよろ高い, ひらく手始め, ぴょんぴょんと, ふさぎ野草, ふむ, ぶらぶらし, へだてた二階家, まいって, まがると, また走った, まっしぐらに, みつけるの, みれば, めざして, もと來た, もどらなければ, やすくし, やっと登り切ったら, ゆきこ, ゆくの, ゆく群れ, よく一人, よろめく跣足, わが越えくれ, わすれてな, ウェッシントン夫人と, グングン登っ, ビルディングの, ボンヤリあるきました, 一つ裏道に, 一二町ほど, 一巡し, 一時間ばかりも, 一生懸命に, 一瞬の, 一轉囘する, 七たび曲り, 三人引つ添う, 三窓に, 上つて一つ家に, 上りきると, 上り下りする, 下り堰口, 下るほどに, 下町へ, 与えて, 中庭において, 乗越して, 二三度曲った, 二人が, 二千二百四十九米四の, 二里ばかりも, 云へ, 京阪に, 人で, 今は, 仙台まで, 任じて, 伝つてゐた, 何度も, 作った私, 作りかく, 作り林泉, 作るの, 俥で, 傳ひ, 元来た, 入つて, 六日間かかっ, 再び湯本, 出てから, 出は, 出はずれると, 出来る丈, 分って, 切り拓かんと, 刻みて, 前進し, 勇ましく, 十町ほど, 半町ばかり, 南下がりに, 去る十二三町, 取つたの, 取りぬ, 取り宝永山, 取るか, 取るの, 台ヶ原まで, 右手に, 同じよう, 向う両国, 吸殻を, 哂う, 問う可, 問ふ, 喘ぎ, 單獨で, 地勢に, 埋み, 埋めて, 城趾へ, 塞いだ, 塞がれた心持, 塞ぎその, 塞ぎ人家, 塞ぎ業作, 塞げるを, 墓地の, 変じて, 外れずに, 夜に, 夜遅く, 天羽さんの, 失い水, 失う虞, 失ったの, 失つた旅人に, 失つて斃れ, 失ひたる時, 失へる, 女中と, 子等は, 宮田に, 寄り添ひ, 尋ぬる, 尋ね向き, 小舎の, 尾根に, 岡の, 川沿いの, 左右に, 巧みに, 帰へらう, 帰ると, 平一郎は, 幾度も, 廻つて, 引きかえして, 引っぱって, 引返しながら, 引返す予定, 影法師の, 往きも, 往くこと, 往復し, 往来する, 後へ, 徒歩し, 心あてに, 忍びつつ, 思うて, 急がれました, 急ぎだした, 急ぎぬ, 急ぎ給う, 急ぐの, 急げと, 急角度, 想像致します, 愛すること, 憶ひ出す, 成すを, 我々が, 打って, 扼する武士, 抜けと, 択ばずに, 拔けて, 持って, 指さして, 捜したが, 捜索に, 掘つて, 採る代り, 探究し尽され, 推し進まなければ, 掻きわけて, 搖られ, 撰びて, 擁し彼, 教えたの, 散歩し, 数えること, 断ちぬ, 新設し, 旅人が, 旅行し, 日本の, 春風に, 暗示し, 曲がって, 曲った, 曲つて畠へ, 曲りまわって, 更に北, 月の, 本船の, 村はずれまで, 来ましたので, 東に, 某寺, 案内する, 横ぎった, 横ぎって行く, 横ぎりて直ちに, 横ぎるころには夕日が, 横切った, 横切らうと, 横切る, 横断って, 歩いたが, 歩いた六人, 歩かうか, 歩かなければ, 歩きつづけるの, 歩きなすった, 歩きまして, 歩き出したが, 歩く, 歩く度数, 歩けば, 歩こう, 歩まねば, 歩みて, 歩み顔, 歩むの, 歩もうと, 歩るき, 歩んだ心理的原因, 歸つて來る, 母と, 気楽に, 求めざる可ら, 求めたが, 求めるもの, 汽車が, 洗馬まで, 浜辺まで, 清淨に, 渡し場の, 渡御なされる, 漸, 濶歩する, 無視し過ぎる, 照すの, 照らし山, 照らすの, 熱い息, 牛馬の, 独り静かに, 猿ヶ京の, 甚太郎は, 産み出した, 用意し, 由と, 畳に, 登つて山上の, 登りながら, 登り始める人, 登ること, 發見すべく, 百五十マイルも, 真正面から, 眺めたの, 知ってるかい, 知らずやる方, 知る, 示さんため我, 神着村の, 私の, 空沢の, 突っ切って, 窄めて, 竹宇へ, 終えましたので, 経来れる, 絶たれた自分, 綾なしほとんど, 縫い入って, 罹災以来何度ゆききした, 考えて, 考えるよう, 聞いた上, 聞きながら, 聞くに, 聞こうと, 背に, 胸騒がし, 自分は, 與ふる, 良く知る, 荷を, 落葉を, 蔽いて, 蝙蝠傘催合ひ, 行かずこ, 行きいづれも, 行きつ, 行きぬけて, 行くが, 行くにも, 行くのに, 行くよう, 行く旅客, 行ったこと, 街へ, 裏へ, 西行を, 見いだしうるか, 見ずして, 見つくろって, 見つけるよりも, 見とおされて, 見んとて, 見付けて, 見出すのに, 見張って, 見送る, 計れば, 訊ねた, 設けざる可ら, 誘拐し, 誤らずや, 説明する, 調らべて, 譲つた私達に, 譲らぬ牛, 讓らせた, 貶して, 走った, 走らんこと, 走りはじめた, 走り石橋, 走るやう, 走る電車, 足探りに, 距て, 践めば, 踏まねば, 踏みて, 踏み外して, 踏み誤つて陰府, 踏み迷い今, 踏み違えて, 踏む靴, 車の, 転ぜんと, 轉じつ, 辿ったかは, 辿ったの, 辿りつ, 辿り行かんと, 辿るやう, 辿れる間, 近み徒歩, 迷いやすい, 迷つたらう, 迷わずに, 追跡し, 透かして, 途中花屋に, 這入つて, 通うよう, 通った, 通つたのである, 通らして, 通りかかった江戸弁, 通りすぎたが, 通り合せの, 通り抜ける間, 通るが, 通るとき, 通るひと, 通る往来, 通る者, 通行された, 通過する, 造り, 進ましめよという, 進み行く, 違へて, 遠くゆき, 遠まわり, 遮ったので, 遮り過, 遮る他, 遮斷威嚇, 選んだ, 避けしめよ, 避ける, 避け裏, 部落の, 開かむ, 開き初めて, 開くの, 開く心得, 開けば, 開拓し得なかつた, 間違えたので, 間違へて, 阿賀妻は, 除けあうのに, 随え, 隔てた真, 隣りへでも, 離れた時, 青笹村まで, 音ずれた, 顔を, 顧る, 飛び跳ねて, 飛騨地に, 馬車に, 馳けて, 駅に, 駆け出した, 駆り立てて, 駒下駄を, 鳴らして, 黄金沢の

▼ 路~ (1722, 16.7%)

38 上に 3219 両側に 17 方へ 16 上を, 両側には 14 奥に 13 ような, 傍に 12 中へ, 方を, 真中に 11 上へ 10 ことを, ほとりに 9 上には 8 まん中に 7 ために, 中で, 傍の, 奥の, 方が, 西の 6 上で, 中に, 中央に, 方から, 脇に, 角で, 角に

5 [15件] なかに, なかは, なかへ, ほうへ, ように, 中には, 右側に, 奥から, 奥へ, 左側に, 扉を, 方に, 旅は, 辺の, 顔を

4 [12件] やうな, 上から, 上は, 両側から, 中から, 修覆, 口から, 右側は, 右手に, 左側の, 左右に, 辺に

3 [34件] かたわらに, ことである, ところに, ないところ, ほうに, まんなかに, ゆくてに, 一つへ, 一方には, 一角に, 上の, 両側は, 入口に, 兩側に, 右側には, 向うから, 坂を, 外へ, 大軍を, 奥には, 妻の, 家に, 岐れ, 底に, 悪いの, 悪い所, 方は, 片側に, 真中を, 端に, 跡が, 長さ, 関, 闇の

2 [97件] あること, あるの, ある所, うえに, ことで, ことは, この言葉, そばの, つきるところ, なかで, ものなら, わきの, 一方の, 上が, 上にも, 下には, 両側の, 両側を, 中では, 中は, 中を, 中程に, 二丁も, 入口と, 入口の, 入口は, 入口へ, 入口を, 兵を, 処まで, 分れる, 口まで, 右側の, 右左躑躅の, 向うの, 地図を, 堤に, 堤の, 墓は, 声が, 外に, 奥では, 奥を, 姿が, 宿の, 小石を, 左に, 左右には, 幅も, 彼方に, 急な, 急変について, 悪いこと, 悪いところ, 悪いのに, 所々に, 所へ, 方で, 曲り角の, 最初の, 末に, 果てに, 様子を, 歌, 歌極めて, 泥濘の, 涯に, 溝板を, 片側には, 片側は, 真ん中に, 眼には, 眼の, 突先へ, 突当りの, 絶える, 花の, 行手に, 行方を, 角から, 角には, 角の, 記, 足惱み, 軍馬を, 近所を, 途中で, 途中まで, 邊の, 間に, 間を, 闇に, 關, 霜, 霜柱が, 面に, 面影を

1 [957件 抜粋] あいだに, あちこちの, あなたに, あやの, あるところ, あるよう, ある低い, ある場処, いいところ, いうこと, いった言葉, いと粗く, いばらなどに, うえ雪崩の, うすやみ, かくれ家, かすれた声, かたばかり, かたわらで, かたわらの, かつこう, からだを, くさ群, くま, くまみ, こと, ことだけを, ことなれ, この感情, ごとく山腹, ごとく思われヒヤヒヤ, さわやかな, さわりとやらに, しおれた風情, しっとりした, しるべ, すがた, そこここに, その山づたい, その長屋, それらと, たいへんな, ため歩けど, ちょうど逆, ついた心持, つい足もと, つきあたりは, つづいて, ところどころに, とっつきに, どこかで, どんづまりまで来た, ない二階, ない処, ない文句, ない谷, なかを, ぬかりが, はしには, はたに, はづれ, はるか上方で, ひとすぢ, ひろ, ふさわしい一対, ふちには, へに, ほうを, ほとりの, まわりを, まんなかの, まん中で, まん中の, むこうに, ものと, もろ側に, ゆく手, ようである, ろうばいは, わたしの, ゐる場所, アスファルトの, ドッチかより, 一つ, 一つである, 一とこに, 一ツな, 一件が, 一件は, 一所に, 一所を, 一本気を, 一番最初の, 一部が, 一隅で, 七軍は, 万歳館という, 三つ股野を, 三瀬川の, 上いっぱいに, 上だけでも, 上の空を, 上や, 上其目に, 両かわ, 両わき, 両側へ, 並木の, 中の, 中ほど, 中央の, 中央を, 中程なりき, 中途で, 二三丁も, 二人を, 亡きがら, 人仲, 人形操は, 人態を, 人込みの, 仕事は, 住心房に, 住民らしく, 余り米, 作戦も, 便から, 信と, 修繕を, 側の, 傍で, 傍なる, 傍へ, 傍まで, 傍や, 傍家の, 傍散らばれる, 傾斜の, 元気な, 先から, 光景から, 入り口から, 入り口の, 入口から, 入口には, 全身は, 兩側しばらく, 六里が, 内そとには, 内側を, 処々に, 凹処には, 出入に, 出来栄えは, 切れたの, 切符を, 前に, 前名, 前方の, 剛勇を, 勝手は, 北枕の, 千曲川に, 半ばに, 単調さに, 友を, 口, 口に, 口を, 口元が, 可なり, 右は, 右左に, 右手は, 司令部を, 各百貨店, 合戦は, 名は, 向うに, 向う側を, 向こうを, 向ひ, 向側の, 周囲や, 問いが, 四つ辻の, 国が, 土が, 土気いろ, 垂井へ, 埃を, 堤防から, 堤防が, 場, 塵に, 声で, 声を, 変わり方, 夕闇に, 外まで, 多い山, 夜ふけて, 大名を, 大家が, 大日越え, 大通りだ, 失踪の, 奏でる音, 奥で, 奥にまで, 奥まったダンスホール, 奧ぶ, 奴等に, 如き三年, 如く横, 妨げを, 妻とは, 季節は, 孤屋の, 安からぬ, 完成の, 宝登神社贄川の, 家と, 宿から, 宿へ, 寂しい処, 寺社は, 導くまま, 小半町とも, 小流れ, 少女らが, 居間へと, 山々さばかり, 山が, 山と, 山の根を, 山中で, 山脈または, 山越えを, 山道から, 岐も, 岐れる, 岳辺の, 嶮岨けれど, 川向うの, 工事中と, 左側, 左側へ, 左右と, 左右も, 左手を, 左手寄りの, 巻, 帯を, 幅一杯に, 広い所, 建設を, 強情が, 形相が, 役目を, 彼等が, 往来では, 征服と, 後瀬の, 御通過, 心ぼ, 心配も, 忠実な, 思い人霧島京弥です, 性格的欠点が, 息ざし, 悪い時, 悪くなっ, 我が人生, 戦況が, 所々には, 所までは, 手前を, 手引と, 手管なかなか, 挙動は, 振袖姿が, 探しもの, 探檢, 推薦によって, 提供だの, 散歩楽しい, 敵地も, 新開町は, 方には, 方の, 方へは, 方まで, 方角にあたって, 旁に, 旅でも, 旅の, 旅らしい, 旅人の, 旅行記であり, 日蔭の, 明星の, 春は, 景は, 暗示を, 曲がりには, 曲りたる角, 曲り目または, 曲り角には, 曲り角へ, 曲り角廻廊の, 曲角, 最期の, 有樣, 服装を, 末まで, 杉に, 杉垣の, 村も, 東に, 東の, 松並木では, 林まで, 果てまでも, 果本, 柿の, 栞と, 案内を, 棚の, 楢, 様で, 樂しい, 模様を, 横顔に, 橋も, 欠点を, 正しき, 正面は, 気持では, 気質などとは, 水が, 水に, 水へ, 水量を, 水面を, 沖津波, 沙漠の, 泣いたの, 流れは, 海岸伝ひ, 涼台で, 淘綾の, 溝板へ, 濃い色彩, 火の, 灯が, 無い雪, 無くなって, 無作法な, 照明である, 片側を, 片端によって, 片隅から, 物靜かな, 狂熱は, 率直で, 生籬に, 田舎家に, 畑の, 畔に, 異なるを, 病が秘密な, 病間に, 白々しげ, 白い咽喉, 盡頭から, 目ざしたこと, 目と顔が, 目の, 直ぐ上の, 真ん中には, 真ん中まで, 真上の, 真中へと, 真昼往来の, 眺望が, 瞳が, 短い慾望, 石も, 砂にも, 砂の, 研究も, 碓氷妙義などは, 確保には, 神その他怖, 秋田は, 秦の, 積りで, 空まで, 空間を, 突きあたりの, 竝木に, 端から, 箱庭式より, 紆曲する, 細い細い手, 終点から, 総軍, 繰返しに, 義兄に, 者である, 背中に, 胸の, 胸中であったろう, 自分の, 興も, 舌, 艀は, 花より, 花屋の, 芽張柳の, 草原の, 荊棘なれ, 葎と, 蓼生に, 處, 行き塞, 行く手に, 行手には, 行軍の, 街頭を, 裏の, 襟に, 要所に, 覓む可き, 角が, 角は, 角角で, 言葉は, 言語の, 記号という, 設定が, 話が, 話なら, 話を, 誤れること, 説明や, 變遷を, 谷で, 贄川ここの, 路普請だった, 身の上を, 身持を, 辺を, 辻などに, 辻の, 近いほう, 近くへ, 途中に, 途絶えも, 通った話, 通行は, 道に, 道祖の, 遠くには, 遠方に, 遠近を, 邊を, 部屋に, 長かった, 長しみじかし, 長屋の, 開発が, 開通と共に, 間でも, 間も, 関門は, 防ぎに対しては, 附け方, 隅々にまで, 隅田河の, 随所に, 障だ, 障りでございました, 集まったところ, 雑沓が, 雑沓は, 難は, 雪を, 青葉が, 頭に, 顔には, 風景の, 飾窓に, 骨董屋と, 高い山脈, 高低少し, 魏軍は, 鳥も, 黄な

▼ 路~ (1113, 10.8%)

7 一す 5 だんだんに, 山の, 眼を 4 孔子の 3 ここで, だらだらと, ない, ないの, 今は, 彼の, 急に, 林の, 続いて, 自分の

2 [49件] あるの, いよいよ暗く, うすぐらく地下道, お互に, きまって, この時, しかし孔子, それを, どうだ, ないかと, ないから, またさき, また狭い暗い, まだ処々, やはり六月, やや沿岸, よくありません, 一つしか, 一面渺々と, 仕方なし, 先師に, 反て, 右手に, 変っても, 変らぬ河岸, 娘の, 少し低く, 崖の, 急な, 悪かった, 手を, 日毎に, 来た折, 極めて平坦, 正確に, 此処で, 殆ん, 無いの, 爪さきあがり, 爪先上りに, 玉敷きならし, 相変らず, 行つても, 谷に, 遠かった, 遠くとも, 長かった, 青麦の, 非常に

1 [959件 抜粋] あせりに, あって, あらめ, ありゃしない, ある, あるまいか, あれども, あわれ鬼, いくつか, いくらかわれ, いくらも, いずれも, いった, いつしかはかどっ, いつの間にやら, いつも決まっ, いよいよ危うく, いよいよ難儀, うねうねと, うらめしそう, おどろきやすし, おばあさんの, おらぬか, かえって朝, かごの, かなりの, かまわず走ろうと, きれいな, ぎくりとした, ぐしよ, ぐっと杯, ぐっと身, ここに, こっちだ, このごろ県道に, この事, この山, この言葉, この頃, この高い, これとは, これも, さきに, さすがに, さばかり狭い, しかし彼等, しだかじな, しても, しばらくする, すこし体, すこぶる難, すっかり感心, すっかり開け, すなわち隣好, すべて山の, すべて杉の, ずっと楽, そういっ, そうした苦しい, そちを, その年齢, その時, その裏道, その雑木, それだけです, それに, それ以上に, たしかに正気, ただ一筋, ただ異説争論, たった一つ, だんだん上り, だんだん暗く, だんだん険しく, ちゃんと決っ, ちょうど手, ついて, つけて, とかく雪, ときめく胸, とぎれがち, とっさに, とり立てて, どうせこの, どう取っ, どこまでも, どれくらいの, どんなに安全さ, ないが, ないぜ, ないよ, なおも焼け付く, なお奥, なかつた, なくなって, なされますな, ぬかって, ぬかるみ水溜, はや敵, はるか上手, ひつそりとして, ひどく荒れ, ひらけ初め, へびか, べったりと, ほとんどない, ぼくらにさえ, ますます固く, まず土地, また単調, また土手, また峡谷, また改めて, また登り, まだそんな, まだはるか私, まだグシャグシャ, まだ七八間, まだ芽ぶかぬ, まつ暗, まひるにも, まるで親友, みんなから, もうセメント, もう二度と, もう呆然, もう強く強く, もう消え, もう薄暗く, もだえ狂ったが, もとは, もとより絵葉書, もはや埃, やがて下り, やがて穉樹, やはり昔ながらの, ゆくところみな難所折所, ゆるやかな, よかった, わかりましたか, わけは, わずか四尺, わめこうと, アカシヤの, ウーンと, コンクリートの, ツイ五六歩手前に, トーチュア・トレイル, パッチリ, 一つ, 一つです, 一とおり話を, 一方下り, 一時衛から, 一本の, 一杯である, 一生を, 一瞬耳を, 一筋退路を, 一面に, 丁度夏草盛り, 三つに, 三また, 三峰神社から, 上って, 上りに, 丘と, 中山道を, 事実身分も, 二つの, 二人が, 二十七里支川を, 二条あっ, 二筋に, 二階の, 五対一に, 人を, 人間も, 仄暗く, 今まで, 今や砂浜, 今夏不遇裡に, 今迄とは, 伊井谷川の, 何が, 何によって, 何んの, 何処だつ, 何方だつたらう, 作られて, 例の, 倏忽黒山の, 停った, 傾斜の, 元より, 先ず山城, 先年中村君が, 全く一変, 全く暗く, 全く荒廃, 八方から, 其処から, 其処で, 再びが, 再び法律, 冬の, 凸凹が, 分らず日, 分りません, 分れて, 初めてです, 判って, 別の, 前にも, 前橋道に, 前面の, 勇ましい男性的, 北国の, 千岳万渓の, 半ば感心した, 半年ばかり, 単純で, 原始林の, 古い悲しい昔, 可なりの, 右に, 右を, 各三十間, 合宿裏の, 吹きさらしの, 呆気に, 唯一つ, 商店街に, 四つの, 固よりつい, 地面を, 埋む台湾藻, 堤防と, 塀の, 塵芥籠が, 変ったらしい, 夏以来すべて遮断した, 多く御, 夢を, 大きな谷間, 大分高い, 大変ひどく, 大略右に, 天井に, 奈良時代にな, 奥拡がりに, 始めてで, 娘に, 嬉しげ, 孔子に, 存外平ら, 存外明るい, 家々の, 容易ならぬ, 小い, 小さな峠, 小むす, 小山に, 小流を, 小菅中仙道口は, 少しも, 少し小腰, 少し気短, 尽きなく, 尾根を, 尾花で, 屋敷に, 山形二十万石の, 山笹の, 山越しに, 山陰に, 峰の, 崎嶇たる, 崖を, 巖端に, 川端下川の, 左を, 左右に, 師の, 帯の, 常に右, 常日頃, 幅二間の, 平らである, 平ら也, 平次仕込みの, 平蔵谷の, 幾筋も, 広い野原, 広くなり, 広く街路樹, 廣し, 廻り, 彼方に, 彼自身も, 後者にか, 微笑した, 心からの, 必ずしも沽ろうと, 思いのほかの, 思い入った調子, 思った, 思つたよりも, 思わず顔, 怪訝な, 恋人に, 恨みを, 恰度手に, 悪か, 悪し灯, 意味あり, 感傷の, 感激で, 懐剣にぎりしめ, 手綱を, 抜け裏か, 抱き締められながら, 振り放そうと, 推したい気持, 放して, 文芸協会が, 断ち消えて, 日本六十余州を, 早や, 明らかに, 明るかった, 明るし, 明治四十三年の, 昔, 星明りに, 昨日終日とおく, 昼間小, 時時馬車, 暗いただ, 暗き大野, 暗くとざされ, 暗く塞がり, 暗剣, 曲りくねっては, 曲線を, 東京灣の, 松風の, 果てしも, 柔い, 案外はかどり, 楽である, 樺林を, 次第にかれ, 次第に下っ, 次第に険しく, 歓喜に, 此処から, 此方だ, 此辺で, 歩かなくっても, 歩きつくしたろうね, 歩きよい, 歩行かれましょう, 歯の, 死んで, 段々になつ, 氷りて, 汝の, 決して無意義, 河に, 河近く下り, 泥深く牛, 泥濘って, 泥濘と, 浄土山の, 海に, 海岸の, 淨土僧と, 渓川に, 湖の, 湯の沢の, 漸次に, 濁流が, 無い, 無いので, 無かった, 煙りの, 爾の, 物蔭の, 独特な, 狭い幽霊, 狭く急, 狭く溝, 狼籍を, 現代の, 甚太郎の, 生返事を, 田圃の, 甲武信岳及金峰山の, 略探り尽された, 痘瘡の, 白くぼう, 白雲に, 盡き, 相手が, 相手を, 真暗な, 知らず深更, 石ころだらけの, 石像の, 研究ずみだ, 碁盤の, 禿山に, 稲妻形に, 空気を, 突然何, 竹の, 答える, 精力的に, 素敵に, 細い, 細く之, 細く落ち, 結局無数の, 絶え切っては, 総てコンクリイトで, 縦に, 美しい口唇, 美しい顔, 群衆の, 老人の, 聞いたの, 聞いて, 背後から, 膝を, 自ずと神経的, 自動車の, 至って勇, 色々と, 花園に, 茫洋として, 草だらけで, 草津の, 荒々しく頭, 荒れては, 菖蒲の, 落つる, 葭の, 薄黒い, 虹の, 行き究, 衞の, 見えなくなる, 見たこと, 観つつ, 訴えた, 誰も, 赤道を, 路では, 踏みかためられて, 近さうに, 近路, 通じて, 通つてゐた, 通れないほどの, 遊楽地へ, 遙けし, 遠いのに, 遠からず, 遠くて, 遠く寂しく険しい上, 遠し大儀, 遥かだ, 避けて, 野から, 錐の, 長春を, 開かざるべからず人, 開ける, 間もなく下り, 隣りの, 雨も, 雪と, 雪の, 雲取山若く, 露で, 静かな, 面倒臭そう, 面白かった, 顔を, 顔淵の, 顔色を, 飛びのいて, 馬車が, 馬鹿, 驚いて, 高い崖, 高原から, 鶏冠山の, 黄金の

▼ 路~ (853, 8.3%)

9 なって 8 迷って 7 して, 当って 6 沿うて 5 さしか, 合する, 墓を, 沿って 4 なった, 出た, 出て, 出ると, 迷った旅人

3 [13件] いわれた, はいった, よりて, 入ると, 出る, 向って, 埃を, 立って, 落ちて, 足を, 蹈み入る, 迷うて, 迷える旅

2 [60件] あるもの, かかる, かくれて, ころがしたやう, ころがって, さしかかると, そって, なりました, はだら雪積み, ひとりさまよへば, ふてくされて, まよ, よぎりて, 云った, 付いて, 似たるかな, 佇みぬ, 住んで, 倒れて, 入って, 入る, 入れば, 出で, 出るの, 匂ふも, 咲いて, 堆い落葉, 就て, 帰り来りて, 当たって, 待つて, 従いて, 投げて, 散れる栗, 植木屋の, 横り, 比べると, 沿うた家, 沿ひたる, 添って, 熱かい, 物を, 目を, 秋の, 立つて, 美し涙, 落ちた緋, 虎渓橋の, 詳しい者, 近づくので, 迷うと, 迷ったかしらん, 這入った, 這入って, 進んで, 錦斑の, 陥り可, 面して, 養殖真珠の, 鳴つて

1 [617件 抜粋] あたる, あったの, あった証拠, あらず, あらず山頭, あり, ありこれから, あるき疲れて, あること, あるま, あるもの皆, ある何, ある小さな, ある店, ある踏切, あれば, いた人間ども, いった, いつぱい, いつも狼, うずくまって, うたはる, うちの, おちいった, お廻り, かうも, かかった, かかったとき, かかると, かかる供ぞろい, かがむも, かけめぐり, かたまって, ぐッと, ここまで, この下宿屋, この十年方前, さからは, さしかかったの, さしかかる, さした電気, さすら, しては, しても, しみる日暮がた, すぎません, すすむが, すれちがうすべて, すれば, すゝみ, そい戦闘機, そこを, そつて, そつてる, その粉薬, その都人士, そひ, そへる, たくたくと, たしか眺め, たずねた, ただよはば, ちがいない, ちと急, ちょっと寄っ, ちょっと牡蠣船, ついた, ついて, ついて行けは, つかざるを, つかれて, つくかと, つけるかという, つこうと, つづく狭い, とある民家, ところどころの, とびこんですーイ, とび下りた, どうあっ, なった路, なってるね, なつて, なりましたからには, なり向う, なり峠, なる, なるが, なる道, なんらの, ぬぎ捨てある下駄, ねらうもの, はいでず路, ふと立ち停まっ, ふみ入らねば, ふみ入り教護院や, また声, みしとき, みちびかれけん, みちびくもの, むかふよ, もう一度引きかえし, ゆくえ不明と, わかれて, わかれ一道, エキステルに, エンコし, シンガポールまで, スキーで, ヒヨロ, ブッ倒れ, リアリズムの, 一人で, 一個の, 一団空地に, 一杯に, 一足やっ, 三分間ほど, 三河島の, 上りぬ, 上りました, 上方に, 下駄を, 与えただけの, 並んで, 乾して, 亀岡氏の, 二条の, 五人居ました, 五日を, 五時間も, 人の, 今しも, 今まで, 今一つ野中村の, 仙台で, 伊藤グリルが, 伏せし魂, 似て, 依る人, 俤描く, 倍するを以て, 倒れた私, 倒れぬ, 候一日も, 入った, 入ったところ, 入った時, 入らずすぐ, 入らずに, 入らぬもの, 入らんこと, 入りて, 入りては, 入りましたが, 入りやがて, 入り更に, 入り翌, 入り行きたり, 入り込んだが, 入ること, 入る野辺山風景, 入る頃, 入ろうという, 八九時間正午といふ, 再び両国, 再び還らしめ, 冬の, 冷汗の, 出たが, 出たとき, 出づ, 出づれば, 出でたが, 出るおかしい, 出るところ, 出合ふと, 出掛け, 分れ左, 制限され, 前行, 勝たんと, 半七, 厚い朝霧, 原の, 参謀長の, 取った別, 古い磨いた, 右に, 合つて稍広く, 合つて稍廣く, 名づけた名, 名高い例, 向いたの, 向います, 向かった, 向かって, 向けて, 向っての, 呉れて, 命じて, 咲いたコスモス, 咲き乱れて, 四谷へ, 困つて, 国民を, 土煙を, 在り, 坂井へ, 埋伏し, 塵も, 変化する, 夕方の, 外れた, 多い栗, 多く通る, 大捷を, 太郎稻荷あり, 夫婦は, 女の, 姿を, 安東寺の, 宜道, 寄する, 寄り来る勿, 寄宿舍の, 寝て, 小供, 小兒, 少し危く, 就いた, 就いて, 就かせし汝, 就きます, 就きウェルギリウス自身, 就く, 就くに, 就くべし, 就けり, 就こうと, 居ると, 属する方, 屬し, 屬した, 山坂が, 山茶花の, 岡引の, 巡りいでまし諏訪, 巣を, 差しか, 帰る一休み, 平然と姿, 庭に, 引返して, 当つて, 当る, 彳んで, 往来なかで, 待たま, 待ち受けて, 徘徊する, 御座れの, 復る, 成つて居る, 成功した, 我を, 戻しながら, 所々に, 折れて, 接した農家, 描かれて, 揺れて, 放り出して, 数十歩を, 敷いた花崗岩, 敷いて, 斯う, 方り, 於いて, 旅する, 日が, 日本橋の, 曲り角で, 曲折の, 有名な, 来た三年前, 来て, 杭州明州は, 松の, 架かった堀切橋, 架けた堀切橋, 架せられた江北橋, 架せられた長橋, 梭の, 棟梁の, 横た, 横たわること, 横たわるという, 横たわる若葉, 横はれる, 横道から, 此の, 死なんや, 残った冬, 殘る, 殘れり, 気がつかんなんて, 気を, 水を, 河上徹太郎が, 沿うた山, 沿うた竹藪, 沿った長い汚, 沿ひ, 沿ふ, 洋食屋へ, 洲崎の, 消えるまで, 深入りし, 添つた畑の, 添つた街道を, 渡した, 満つの, 滴って, 漂うて, 漂ようて, 漫々の, 澄める水無し, 灘は, 灯を, 熟れ連, 爪上りなる向う, 狐火の, 琴でも, 當り, 當る, 白くさ, 直ぐ倦, 相触れ, 相違ない, 着いたの, 着けた封印, 石多し, 砂金しかせ, 私は, 突き殺された横山, 突立つてゐた, 立ちどまつたまま涙, 立ち塞がる, 立った, 立ったまま, 立った裸足, 立つ事, 立てて, 立並ぶ宏壮, 竜胆の, 粘著し, 縁側の, 縫はれ, 老い朽ち果てに, 聞こえはじめた, 聳る, 腹這いながら, 自らの, 自分と, 自己を, 至り吉原, 至るまでも, 船宿に, 若尾輿石両君から, 落して, 落ちた, 落ちた寶石, 落ちてさえ, 藁屋根に, 虹を, 螽斯ほどの, 行き悩んで, 行き詰, 行列する, 行暮れて, 袂を, 被さったとこ, 要し彼等, 要す, 見えた, 見えるの, 見て, 見てと, 見入って, 視神経を, 言わせれば, 謂いて, 走った為政者, 走つたの, 走り異地, 越え梅ヶ島, 趨る, 足進まず, 足運び城壁遠く, 踏みまどうた相, 踏み乱れた足音, 踏み入ること, 踏み入るよう, 踏み迷い且此, 踏入つてしまふ, 踏迷う, 蹲みこん, 身を, 轢死し, 農士学校という, 迎えねば, 近い大きな, 近く冬は, 近けれど, 近づいて, 近づくと, 返して, 迫つて來て, 迫る寄手, 迷いて, 迷いも, 迷い女, 迷い流れ, 迷い谷間, 迷い長く, 迷うが, 迷える者, 迷った, 迷ったと, 迷ったの, 迷った夢, 迷った条, 迷った者, 迷つたのだ, 迷つた母親が, 迷つても, 迷つてゐる, 迷つて大変困, 迷ひし, 迷ひやせ, 迷ふこ, 迷わされた, 迷わぬよう, 追いやったの, 逃げ延びて, 這入ったが, 這入りこんだり, 這入るけれども, 通ずる休み場所, 逢ふ, 進まうといふ, 進まんと, 進みぬ, 進むをねがひ今はたと, 進出し, 遊び疲れた, 遊んだ帰り, 遍き金風, 違いない, 選ばれること, 遺棄された, 都大路を, 銃身を, 錦江の, 門あり, 開始せられた, 開闢以来の, 降りるよりは, 降り積って, 限って, 陥らしめを, 陥りたるか, 隆夫の, 隠れて, 隣った麦畑, 雄飛しなけれ, 雑然として, 雨の, 雪が, 雪踏を, 霧が, 靄の, 面したところ, 面した劇場, 面した町角, 頭を, 顕はれた, 風船玉を, 飛び降りて, 餘り, 香港で, 馬車を, 馳せ返らんと, 駆け出して, 駈け込み騒ぎ, 高幡の, 鳥が, 黒船の, 龍然

▼ 路~ (767, 7.4%)

14 ある 12 あって 8 二つに 7 あつた, 通じて 6 いった, ついて, 悪い, 続いて 5 ない, 真直に 4 あった, こたえた, 尽きて, 残って, 開けて 3 あるの, たずねた, できて, なかった, 俄に, 急に, 無い

2 [41件] あつて, あり川, あり露路, ある訳, いよいよ狭く, つづいて, ないの, なか, なだらかに, わからなくなった, わるい, アラスカの, 上って, 下田路に, 不意に, 何を, 分ったな, 分らなければ, 判らなくて, 右と, 右に, 君を, 孔子を, 完成した, 対岸に, 左へ, 左右の, 悪いので, 暗いから, 林の, 淋しう, 漸く緩く, 濡れて, 眞直に, 細い, 絶えますと, 蛇の, 見えた, 走って, 開けました, 鬼神に

1 [562件 抜粋] あいにく見つからない, あおあおと, あったが, あったって, あったでしょう, あったらね, あっちこっちに, あまり広く, ありいずれ, ありそこ, あります, ありますよ, ありますわ, あり其, あり其道, あり南北, あり孔中, あり後者, あり葉, あるか, あるかしらと, あるかも, あるから, あるが, あるだろうその, あるでは, あると, あるとしても, あるに, あるん, ある果てしなく, ある許, あろうとは, あわれむよう, いいぞ, いいので, いかにばかばかしい, いかにも迫, いかにも遠い, いかに文型, いきなりこたえた, いささか色, いじらしいほど, いったが, いつもその, いまは, いよいよ間違い無し, うっすらと, うつむいて, うね, うねうねと, うねって, かさねてたずねた, きたない, くすぼつ, ぐんぐん迫っ, こういう人物, こう二つ, こう急, この上, この問題, こよい, こんなに野原続き, ごくらく, ございますよ, しばしば異, すがすがしく思はれた, すがた, すぐいった, そのこと, その主路, その雉, それである, たくさんでき, たまりかねて, だらだら坂, だん, だんだん泥濘, だんだん淋しく, だんだん登り, ちょろちょろとつい, ついたよう, つきるやうす, つくられた時, つけられるの, できても, できるについて, とうとう分りました, どうなってるだ, どう曲っ, どんな顔, ないから, ないそういう, ないと, ないん, ない様, なかつたぢ, なかろう, ながく, なくなった, ねえだな, はかどらなかった, はたから, はっきりと, はつきりしなく, ばらばらに, ひつこむ, ひとうねり, ひとりで, ふた筋, ぼつと, ぼんやりと, またえらい淋しい, またひょっくり, また街, まだ古河橋, まっすぐに, まん中を, みえ出しました, みだりがわしくしなだれかかる, みつかるよ, みつめる, むかえた, むら消えの, もう私, やってきて, やっと通ずる, やはりほぼ四十余歳, よいと, よかった, よくわからなかった, よく踏まれ, より平坦, ろくで, わかつたといふ, わからない, わからないうえ, わからないから, わからないだろうと, わからないので, わからなかったもの, わからなかつたらステツキ, わからなくなって, わからなければ, わかる, わかるかね, わかると, わるいです, わるい上, わるかった, シヤノン河に, ハッキリし, ハッキリと, バス路から, 一に, 一ばん似, 一二丁先で, 一冊の, 一本うねっ, 一本破裂し, 一条胡粉で, 一杯です, 一生懸命な, 一畝り, 一番だ, 一番好だって, 一目見, 一筋あつ, 一筋ある, 一筋どこまでも, 一筋の, 一緒でした, 一草の, 一軒の, 丁字に, 丁字形を, 三つに, 三叉に, 三日も, 三本分れ, 上つ, 下って, 不安に, 不規則に, 両側の, 中を, 之に, 予想外に, 二股に, 云った, 交錯する, 京弥と, 人が, 今までに, 今日は, 仕えること, 他の, 付いて, 何だか凸凹, 何といおう, 何の, 何處に, 作って, 作られて, 偃松の, 先師に, 全く斷, 全く欠け, 全く絶え, 全く豫期, 公方の, 其上を, 其処から, 再び衛, 出来たの, 出来たら裏表, 出来て, 出来ますくらい, 出来ます位, 出来るけれど, 出来上りました, 分からないから, 分らなくなったり, 分らなくなると, 分るだろうかと, 分るよ, 判らず東信, 判らないで, 判らないよう, 判らなくなった, 別間で, 前に, 劃然と, 勝って, 勿論中心, 匐って, 北方から, 十九にな, 南の, 去ると, 又ひょっくり, 反対側へ, 古いもの, 古道, 右へ, 君に, 呼ばれて, 唯一筋, 国道に, 土手と, 地図でも, 坂に, 城中から, 城内へ, 壊れやしないかね, 変って, 変つて旅人も, 外れて, 多くかつ, 大分面白, 大変悪かっ, 大奥に, 大奥まで, 失踪し, 好きで, 好んで, 如何に, 子羔, 孔子より, 宜いとも, 宜くなっ, 容易な, 容易に, 導かれて, 少しを, 少し遠, 岐れ, 崖の, 嶮くっ, 嶮しうござんす, 嶮岨に, 左に, 左の, 左右に, 帰ったあと, 平で, 平坦に, 幾つも, 幾条か, 幾筋かに, 広い範囲, 広い野原, 彼らの, 彼等の, 往来から, 微かに, 心に, 怒鳴った, 思いがけぬ瞬間, 思い出されるの, 恁う, 恐うご, 悪いから, 悪いと, 悪いな, 悪いの, 悪いん, 悪いんで, 悪い悪いと, 悪い時, 悪い途中, 悪うございまし, 悪かった, 悪くって, 憤慨し, 懐しい, 折々見せつける, 拒もうと, 拓けたもの, 探究され, 控へて, 描かれて, 描かれては, 支那に, 政治について, 文字通りくつを, 方々こわれ, 日に, 是であり, 暗い, 暗いうえ, 暗いんで, 暗い絵の具, 暗くつて, 暗くなり, 暮れそめ, 曲って, 更に広い, 更に思ひ, 書き入れて, 替って, 最期の, 有りは, 本村からの, 来た, 来る, 杯を, 東西南北から, 松の, 松林の, 植林した, 横たわって, 横わっ, 横わり, 横堀に, 此處に, 歯を, 殊更長く, 気を, 水の, 沢山沢, 泥濘で, 泥濘に, 海岸に, 海陸ともに, 消えて, 淋しいと, 深林の, 清潔に, 渠の, 滅茶, 漸く急, 火の, 灰色の, 無いと, 無くなって, 無限の, 物欲に, 独り孔子の, 狭いうえ, 狭いの, 狭いので, 狭くて, 狭くなっ, 狭く岩, 現れ, 現れ落ちついて, 生憎見つからない, 畝って, 略ぼ, 病みつきに, 病気平癒の, 発見されず, 白く茫, 盡き, 相手に, 真直ぐに, 知つていや, 短すぎる, 石門から, 示して, 私には, 突きあたりの, 笑顔を, 答えた, 答えなかったという, 答える, 紆余曲折し, 細々と, 細かった, 細く横, 細く綺麗, 細細と, 絶え且つ, 網状を, 緩く入替, 縦横上下に, 縫ふ, 繋ったらしくなると, 續い, 羊の, 美しい緑, 脱線する, 苔の, 苦い顔, 苦に, 草むらの, 荒廃し, 落葉に, 藪の, 行き詰, 行って, 街を, 衞の, 衞國の, 見えたかと, 見えて, 見えない位, 見える, 見えるん, 見すぼらしく空っぽ, 見付かるかも, 見当らない, 観音浄正の, 解らなかった, 言いも, 言う, 言うの, 記入され, 記入し, 記入してない, 訪れるところ, 誂えても, 認められまた, 谷の, 走つて, 辛かった, 近いでしょう, 近うなっ, 近くなった, 近くなる, 述べた理想, 途切れて, 通じたならば, 違うよう, 違ったよう, 遠いの, 遠いやう, 遠いよう, 遠くっても, 酷くくずれ, 野原や, 鋭く遮る, 長かった, 長かつ, 長くつづく, 長く揺れ動く, 長く続く, 長く長く馬車, 開かれここ, 開かれたの, 開かれるかも, 開かれるならば, 開けた, 開ける, 間違ったの, 険しくとも, 隔たり過ぎて, 難渋でございまし, 露店を, 露骨に, 非常に, 面倒だ, 順つて奇妙な, 頼るの, 顔淵とともに, 駈けつける頃, 高い, 高手, 魯に

▼ 路~ (327, 3.2%)

14 出て 8 出た 7 入って 5 向って, 峰に, 落ちて, 馳け 4 かかって, はいって, 出ると 3 出るには, 引き返した, 折れて, 曲って, 逃げこんだやう, 這入って

2 [21件] あがって, かけて, さしか, さしかかった, それて, はいった, はいると, むかって, わたる舟人, 下って, 出たの, 出られるよう, 反れました, 向った, 奔る, 散歩に, 来る事, 歩いて, 行った, 行って, 足を

1 [206件] おきなぐさ, おりて, おり夕陽, お出, お遁, かかったこと, かかると, かかるは, かかる旅籠, かかれば, かかッ, かけても, かけ美濃路, さしかかった頃, さしかかって, さしかかると, さして行った, さして行ったらしい, それたもの, ぞろぞろと, たまるの, でて, でる, どうしてあなた, のがれやがて, はいってからは, はいっては, はいりながら, はいること, ひとす, ふみ出して, まがったの, まぎれこんで, また逃げ込もう, むかいまする, やりました井上, ゆくと, ゆくには, ゆこうと, ズルズルと, 一歩入る, 上るの, 下りて, 下り美濃, 下る旅人, 之が, 人が, 人力車にの, 來る, 僕も, 入った, 入った人, 入ってからでも, 入らうと, 入りその, 入りました, 入りようやく, 入り松山, 入ると, 入る頃, 入ろうと, 入込んで, 冷たい雨, 出これ, 出しますと, 出は, 出やう, 出ようという, 出ようとして, 出られる, 出られる切り戸口, 出る, 出ること, 出るの, 出る角, 出る道, 出張し, 出張した, 出立したく, 分け入りました, 北京路へ, 南京路へと, 参りました, 合し雁坂峠, 向いた御旅所, 向いました, 向かない瓜畠, 向けて, 向ったな, 向ったもの, 向った斯波高経, 向った軍馬, 外らされた, 外れて, 夢の, 大変な, 奔つた平八郎父子には, 姿を, 客が, 宮を, 差しかかる, 帰りドノバン, 帰る向う, 幾すじと, 廻れ, 引き込まれて, 引き返して, 引き返す勇気, 引き返す時, 引っ返して, 引返した, 引返します, 影が, 彼らの, 後戻りを, 急いだの, 急がせて, 急ぎ出した, 戻つて, 戻るは, 打って出られましたけれども, 折れた, 抜け出すと, 抜け月輪, 指して, 捨吉が, 掛ったの, 掛って, 掛っても, 掛るにゃ, 旅興行に, 曝すこと, 曲がった丈, 曲っても, 曲ろうと, 来たので, 来ては, 来ても, 来る人, 橋に, 次男朝長を, 歩き富山市, 歩み出させようという, 歩むもの, 歩を, 水が, 消える, 渡つたり, 用達に, 発足仙台の, 相移り, 着陸する, 移り, 突っ立った, 立ち止まったが, 立って, 立退くよう, 紛れ込むよう, 置いた, 若布舟を, 萌え出ぬ, 落ちたという, 落とすつまり, 落とすの, 行かずに, 行く時, 行こうと, 衝と, 被った水, 走り込まざるを, 走り込んだ, 踏みはだかるよう, 辿りつくの, 近江路から, 返し自身, 迷いこむ通行人, 迷いこんだよう, 迷い入って, 追いかけて, 追い立てる, 追い詰めて, 追はれる, 逃げこんだ, 逃げこんだよう, 逃げて, 逃げ越えて, 逃げ込みは, 逃げ込むかの, 逃げ込むや, 逃げ込んだの, 逃げ込んだ私, 這入った群衆, 這入つて行, 這入りこんで, 這入りました, 這入ると, 進もうと, 遁げ出した, 降りて, 集って, 集まって, 飛び込むと, 飛び降りて, 飛ぼうと, 駈け込んで, 駈け降りたの

▼ 路~ (235, 2.3%)

102 たの 92 たに 10 たには 4 たを 3 たは 2 たから, たにも, たへ

1 [18件] た, たであそんで, たでささやくには, たでどう, たでも, たでリユツク, たで声, たで待って, たで拾つて私, たで死ぬ, たで見掛けたの, たで遊ばして, たで醜い, たなぞ, たなどで, たなどに, たにが, たのすぎ

▼ 路~ (202, 2.0%)

6 あつた

2 [11件] あつて, ある店, その両端, 会った時, 田の, 發掘された, 茫然として, 誰に, 逢っても, 逢ふ, 雲雀を

1 [174件] あふと, あまり急がなく, あまり林などは, あんまり甘, いろいろな, うけた御, おまけに, お安, お目にかからぬわけ, がんす, きわめて緩徐, くるくるに, これを, さへ, しばしば命, しばらく前, すれちがう男女, せうか, そなた, その奥, そらあの, たるんで, ちょうど国境, ちりぢり, つなぐという, どうして非, ね, ばったりと, ぱつたりと彼に, ふと何だかわからない, へたな, また人通り, また由良, まるでへえ, むれるよう, もう疾くに, よく空, オフィリヤは, カランコロンと, カリフォルニアン・クリッパーは, コレラに, ジャズ, スモークを, 一人の, 一生懸命ヴァイオリンを, 三四日友人等と, 不意に, 且つ千五, 両側とも, 両側に, 中田への, 丹治に, 二人は, 二十六銭であった, 二度の, 人は, 人力車が, 人気なく, 仕度を, 会うた時, 会えば, 何が, 何世紀にも, 何処其処の, 何者とも, 何者にか, 俗に, 僕の, 兼という, 出会った出来事, 出合う老幼, 出合が, 出合ふ, 出逢うた, 出逢ったそう, 初めて迎える, 動力によって, 区切られた草原, 半七, 南蛮ぎせる, 友達に, 句作の, 同じよう, 向うは, 和歌子に, 四時間程で, 地境の, 売って, 多少の, 夜店から, 大雷雨, 妾宅めいた, 始めは, 嫂が, 小さい蛇, 屡々命, 山に, 帝駕は, 平一郎が, 年とった, 幽霊の, 彼は, 彼女らの, 悦子に, 戦って, 手捕り, 手毬歌を, 打ちつ打たれつして, 拾ったもの, 拾って, 捕えて, 摺れちがわなければ, 改造の, 敵に, 時々炭売, 時間も, 有ろうと, 有名な, 格闘を, 橇の, 歩いて, 殺された男, 気を, 決して最高点, 決心した, 清冽なる, 滑らうし, 澄まして, 無いところ, 父や, 片耳の, 發掘した, 眞面目に, 私たちを, 私等を, 積雪三寸の, 立場茶屋に, 立木の, 第二学期, 精進料理を, 続いて, 聞いたから, 聞きましたよ, 背中は, 胡服を, 自分が, 自分でも, 苦労した, 草履を, 草鞋の, 菅笠冠つた人でも, 蕨を, 行き会つた山羊, 行き合っても, 行き合つて, 行き逢っても, 裏口という, 見かけたとでも, 見かけて, 見た時, 見失って, 買って, 足を, 追越される筈, 逃げて, 通る人, 逢うても, 逢う人, 逢えば, 逢った若い衆, 金銀の, 頻りに時鳥, 食べもの飲みもの, 鳴る丘

▼ 路~ (185, 1.8%)

2 ない, ないし, なつかし, 三日路も, 暗かった, 横へ, 漸く細く, 見分かで, 解るまい

1 [167件] あの通り, あり林, あるから, あるが, あるけない, あるけないと, あるめえな, あれば, いくぶん面映ゆく, いくらか気, いっしょか, いつ頃, おおかた乾い, おぼつかなきまで, お山な, けっして安心, この堤防, この奥深い, この様子, こわいとは, さして悪く, しかし年, すべての, すべて掌の, せに, その休憩場所, その甲斐, それからその, たえだえ, たやすく通過, どうやら広い, ないた, ないただ, ないまったく, ないらしく, ない処, ない刀, ない所, ない磯づたひを, ない谷, ない雲, なかった, なき天下, なくなって, なければ, なし, のぞきこみました, ひかえい, ひとすぢ, ひらかれないだらう橋本氏, またさういふぐあひで, また孔子, また白い, また薄, もはや五十歳, もはや全く以前, やがて爛漫, ようやく本物, ようやく終っ, よくなり, よほど歩行, わからなければ, わが子を, ホーッと, ムジナと, 一しよ, 一歩から, 一筋城ヶ沼の, 三日目鏡, 二人で, 亦白い, 人の, 人影が, 今日は, 仕方なし, 作って, 修繕が, 先刻よりは, 六日路も, 共同経営を, 分らずなりしが, 分らなかった, 分り従って, 分難し, 切り拓い, 判りませんし, 危から, 即日の, 口も, 右に, 坂に, 外遠き, 大へん, 大分上りに, 大月あたりの, 奧に, 寺も, 小さな路, 小走りに, 平坦と, 彩ったの, 彼の, 思い当ること, 思わず来た, 悪く勾配, 救援の, 數へ, 旅の, 旅行被, 明いかと, 明瞭である, 暗くは, 末遠く, 村落をも, 根を, 楊柳の, 標野あたりを, 権威ある, 樹も, 歩いたし, 沼も, 滑かに, 火光と, 烏の, 無いの, 無いやう, 無い処, 無き処, 無数に, 焼けぼっくいの, 狭く細かった, 狭に, 田も, 畢竟其檜材, 登らなけりゃ駄目, 直だろう, 砂丘も, 確に, 私の, 立派に, 笑ったの, 絶壑を, 縦横に, 纔に, 考へられる, 草が, 衞の, 見えねば, 覗いた経験, 誰にも, 赤い眼, 蹈み, 迷はず夜に, 途中からは, 道ノリの, 遠うございます, 遠くお, 遠し瑞巌寺, 遠し瑞巖寺, 重なる, 長かった, 開けて, 離れた二千六百米, 馬も, 鳥の, 黙って, 黙つて針

▼ 路から~ (162, 1.6%)

3 少し下, 往来へ 2 中仙道へ, 出て, 尾張へ, 左の, 流れて, 見えたら下りるだけ, 長野の, 降りその, 露路へ, 露路を

1 [136件] あふれて, おはいりください, お江戸, くる善光寺帰り, ここまで, こっちへと, ちらりと光る, のがれましょう, はいって, はずれて, クインス・スタチウの, ショボショボ出, ノソノソ出, フラフラと, ユダは, 一ノ谷の, 一寸離れた, 一町とは, 三国峠を, 上京の, 上州へ, 下りて, 不意に, 中津川辺へ, 中脊, 二人の, 京大阪の, 京都の, 京都へ, 今や滾, 他の, 佐太郎の, 來た, 侵入し, 信州甲州を, 信州路に, 信州路へ, 信濃路へ, 借りて, 八王子の, 出た, 出なければ, 出雲路にかけて, 半丁ほど, 南下する, 去ったと, 右に, 呉を, 声を, 外へ, 外れた, 多少の, 大坂へ, 奈良へ, 奥大和を, 小天街道に, 小松橋を, 山坂を, 岐れ, 差された盃, 帝国を, 帰って, 常磐母子を, 庭や, 廻って, 弓矢に, 徳間峠へ, 急いで, 戻つた, 手拭を, 抜けようと, 押し出そうと, 提灯の, 攻め進み, 救ひ出し, 敵の, 木之本まで, 木曽路越後の, 木曾へ, 木曾路は, 来た一人, 来て, 東京へ, 東方に, 東海道筋へと, 此路へ, 水越峠を, 江州その他へ, 江戸の, 泉州の, 流漂, 湯坂を, 溢れて, 火の, 無事に, 現われいでここ, 畷へ, 眺める重なり合った峯, 眼を, 瞳を, 石瀬踏み求め, 秀吉が, 空身で, 笠置を, 紀州高野へ, 美濃へ, 美濃へと, 美濃地方にまで, 背の, 茶亭の, 草原の, 落ちて, 裏へ, 見上げると, 諏訪へ, 走っただが, 走り出したの, 越えて, 跳り出よう, 辻に, 近江へ, 迸る明い, 退こうと, 這入りますと, 這入りドン底, 連れて, 連れ戻されて, 金沢富山などを, 長屋の, 関ヶ原を, 離れて, 静安寺路へ, 響く, 飛出して, 飯山あたりへ, 高輪へ

▼ 路~ (140, 1.4%)

9 は自分 7 はその 4 は或 3 はそれ 2 はいつ, はいつも, はさも, はもう, は何とも, 第十四世

1 [105件] があわて, がす, がそんな, が氣, てえ, と入れ, にとつて, にはその, にはそれ, にはひどく, には何となく, に早く, に言, のとなり, のまだ, のやう, の中, の何とか, の刈り, の博覧会, の場合, の市立病院, の心臟, の手, の支那料理屋, の方, の毛髮, の町, の町中, の變, の走り, の驚きやう, は, はいきなり, はいつか自分, はお, はおも, はさ, はすぐ, はすれち, はずつと年上, はそ, はそのまま, はそんな, はただ, はため, はぢ, はつぶやいた, はときどき, はともかく, はなんだか, はひとりごちた, はびつくり, はふい, はふと, はぶらさがる, はまた, はまだ, はまるで, はやつ, はオレンヂエエド, は二十一, は以前, は何, は何だか, は俄, は其處, は再び, は十九, は去年, は又, は向う, は地下室, は夢中, は大, は妙, は小説, は崖, は嵬, は彼女, は彼等, は微笑, は數人, は數年, は早速, は昔, は母, は生涯, は眠れなかつた, は眼鏡店, は言, は詩, は途方, は運轉手, は默つて, へ乗込ん, へ着く, も嵬, をおびやかし, をまごまご, をカツフエ, 切っての, 朝に, 朝ふうの, 朝末期の

▼ 路~ (129, 1.2%)

4 昇り立つて 2 いうと, いわれて, す, なって, 名の, 川との

1 [113件] あれから, あわせて, いえるでしょう, いって, いっては, いっても, いつたもの, いへば, きのふの, この川筋, さかずきを, し決して, する中津川方面, せむ, そうして大, そうして菊路, その暗い, であった, なし, なった, なつて, なり, なりて, なり二時間, なり其道, なり家, なるほと, なれば, なれり, なろう, はっきり違う, ほかの, よく似, わく鬼神, 一つに, 一緒に, 一面識の, 両神山との, 並んで, 並行し, 丹波は, 二つに, 二人ぎりになってからも眼を, 云うても, 云うべきもの, 云う男, 云った方, 云はば, 云ふ, 交叉し, 京弥なる, 以前の, 入口と, 冉有とは, 別れて, 合したこと, 合して, 合す, 同じくら, 同じく水田, 同じです, 同じやう, 同じよう, 呼んで, 唱えて, 四明ヶ嶽へ, 大津の, 娘の, 子貢とを, 宇治の, 家から, 密会した, 密通いたし, 密通致し, 小姓京弥と, 山岳続きで, 岐れ, 川越通りを, 平行した, 幸, 幸とを, 徒歩旅行を, 心を, 思われる路, 憂ひの, 承りましたそれに, 昇り立っ, 曾皙と, 木曾路の, 松井須磨子とだけに, 林との, 森を, 海岸の, 灰色の, 為して, 用人右内と, 申しまして, 申す程, 目を, 確認され, 称する資格, 稱し, 稱する, 競争させたら, 考へられる処, 聞いたから, 英船の, 路傍とを, 連関し, 違って, 閔子騫とは, 離れて, 静脈動脈にも

▼ 路には~ (87, 0.8%)

4 霜が 2 いって, それが, 時折人通りも, 煙草の

1 [75件] あかるい光り, あらじ岩, あればかりが, いってから, いつもつまらない, いみじき実, いるけれども, おまえに, これ等の, ご一族, せめてもと, そう思えた, ただところどころ, ちょっとよそ, どうしても頷けない, ほとんど口, また八幡山, やはり死人, よく日, 一ぱいの, 三芳川と, 上部八風斎の, 二藩主の, 五人いた, 仲間の, 住宅地組合で, 何か, 作り物の, 兄に, 処々葉の, 凸凹が, 古生層の, 商店の, 堆く落葉, 夏草が, 夕立に, 多い, 大きい石ころ, 大体の, 大抵は, 奇兵を, 家来の, 寛斎らは, 幾多の, 御馬印捨候, 慣れたれば, 手配を, 新しい未来, 新しい筵, 明りが, 時どき過ぎる, 枝道が, 榛の, 櫨の, 水溜りが, 牛と, 獣類の, 田畑が, 白い天幕, 石塊も, 礎らしい, 種種の, 細い石, 考えられない, 藤の, 身体が, 輜重の, 野武士や, 野苺の, 長い蔓, 降参の, 霜柱が, 露が, 高い石, 鮮かな

▼ 路~ (47, 0.5%)

9 助の 7 助が 5 助は 3 助はんの, 助も, 助を 2

1 [15件] に共, を聞き, 助から, 助と, 助として, 助に, 助はんが, 助バリバリ, 助一件, 助丈, 助待っ, 助扮, 助早く, 助許, 助青年の

▼ 路~ (43, 0.4%)

2 あ, から仕方, な, よ

1 [35件] かどう, からこれ, から草, から行く, から遺跡, か分らなく成りまし, がきゅう, が一里ごと, が今, けれども私, この坂, し馴れ, ぜ, そうです, と, といっ, とか云う, と予想, と云った, と思う, と思っ, と気がつく, と考えれ, と聞いた, と連れ, なと君, なと思, なと思わざる, なんて言, ね, のという, もの, わ, ママよと, 理由は

▼ 路では~ (39, 0.4%)

7 ない 2 なかった

1 [30件] あったが, ありませんが, あるが, あるまいかという, こういう風, すでにその, たいへん好かっ, ないか, ないかと, ないかなどとも, ないであろう, ないと, ないの, ないのに, ないよう, ない只管, なかつた, もとよりない, 二人だつた, 二頭の, 今も, 同じよう, 御座りませぬ, 思の, 汗を, 牛臥靜浦が, 生れて, 西浦内浦が, 近く淺間が, 鹿の

▼ 路~ (38, 0.4%)

4 東風吹き送る 2 通りを

1 [32件] だらしない, ぬかる路, 吊り橋や, 壺坂の, 家島見むはいつの日に, 寂しい停車場前, 小春の, 小路から, 小路が, 小路へ, 山が, 山の, 山肌では, 山頂の, 抜け路, 東海道で, 東海道への, 柳枝の, 横丁を, 汚した滝壺, 河岸や, 浦路, 生活の, 空気孔の, 立木の, 絶へ, 花橘も, 裏手や, 裏通りで, 谷の, 越後路は, 雪崩の

▼ 路~ (37, 0.4%)

5 ばかりが白 2 である, を田, を通っ

1 [26件] がおぼろげ, がちがっ, がわかっ, が今, さえも一向に, さえ御存じ, で心, などにはまったく, なの, には四川路, によってそれぞれ, の模様, はかなり, はほ, はやはり, もほぼ, を全く, を利用, を廻歴, を明, を来, を示した, を示す, を考え, を考えられぬ, を辿る

▼ 路でも~ (35, 0.3%)

2 ある, いけるん, 歩いて

1 [29件] あるくから, あろうか, ずっと東寄り, ついぞその, ない処, なかった, なき歸宅がけ, なし第, なんでも, ふとする, みかどへ, 一等値段が, 友人と, 噴水でも, 平気で, 彼れ, 昔と, 時代及び, 林でも, 歩き続けて, 深い森林, 無いので, 登って, 神中が, 船なら, 行くの他, 足の, 踏まねば, 迷ったの

▼ 路より~ (35, 0.3%)

2 少し左, 或は久留米路, 或は佐賀, 無漏

1 [27件] いっそうちがっ, ここを, する松雲, つ, なるを, わが身の上, わずか九歳, 一個の, 一里も, 乱入する, 二十二歳も, 余の, 俯瞰すれ, 初登山, 去る, 夫婦と, 少し高い, 引けりおよそ我と, 御帰りなさるべし, 更に険しく, 来る, 来る東軍, 秋の, 米友後陣より, 肥前唐津に, 蜀に, 越可入

▼ 路~ (34, 0.3%)

2 に立っ

1 [32件] でめぐり逢った, で一人, で出逢った, とはちがっ, などに咲い, などを我, にヤク, に乗合自動車, に二時間, に倒れ, に傍若無人, に小さい, に御嶽, に死ん, に涼ん, に百姓家, に石地蔵, に立ち, に落ち, に蛆, に近い, の交番, の人, の僅か, の古い, の混雑, の清水, の石, の石ころ, の竹の子, の芋大根, の草

▼ 路さん~ (31, 0.3%)

2 を, を殺した

1 [27件] お妾腹, か, がいつの間にか, がそんな, が二年前, が泣き泣き, だね, とうまく, とか冉有さん, とは口, と潮子さん, なんかとしばらく, に感心, に英文, に間違, に願いなさい, のお, のやっぱり, の刺繍, の姿, の手技, の糸塚, の部屋, は県立病院, へ, も獨, や冉有さん

▼ 路加病院~ (29, 0.3%)

1 [29件] でお, ですか, で死んだ, で盲腸, で逝去, ならいつ迄, にて, に入院中, のおそ, の前, の医者, の十時, の堂々たる, の大きな, の河岸, の畑先生, の白い, の看護婦, の近く, の近所, の遅, の鐘, は子供達, は病室, へ徳山, へ渡辺はま子, へ病人, へ送られる, よりの手紙

▼ 路らしい~ (27, 0.3%)

9 ものが 3 ものは 2 ものの, ものを

1 [11件] から永く, がそれでも, ごみ, ところを, むらさきいろ, ものに, ものには, 処を, 路では, 路の, 路も

▼ 路という~ (26, 0.3%)

3 のは 2 路は

1 [21件] げな, ところに, のが, のでした, ものは, ような, んだろう, 処です, 名が, 奴が, 娘の, 感じだ, 特殊な, 男は, 看護婦は, 者が, 芸者だった, 路右に, 道標が, 露路を, 露路小路という

▼ 路にも~ (25, 0.2%)

2 下りず夜, 薔薇の

1 [21件] あらわれて, いくつとも, しかし師, そのときわれわれ, たくさんの, ちらちら日傘, どんな深い, また追分, 係らず泥, 冬は, 同じよう, 困ったもの, 如来は, 実に良く, 手伝うて, 火の, 病める友, 蔭日向で, 透間の, 非常な, 餓を

▼ 路まで~ (25, 0.2%)

2 来ると

1 [23件] きた, して, その月, 出て, 出ると, 判らなくなる, 帰って, 幾金で, 急いで, 戻って, 来たとき, 来たの, 来た権, 来て, 来ました, 歩きましょう, 狭迷いまし, 突ッきっ, 行くという, 踏み込んだ, 送って, 進んで, 達するの

▼ 路~ (24, 0.2%)

3 の方

1 [21件] が十年前, が言葉尻, づくめ, とか伝九郎, に似てる, に引っ掛り, に生, のお, のそば, の手, の色文, の門弟, の養子, はすぐ, は伝兵衛, は何で, は怯える, は淑やか, は茶, は首, を贔屓

▼ 路太夫~ (23, 0.2%)

4 というの 3 をこ 2 を袋叩き

1 [14件] が出, が生憎, という名, という名前, と云う, と申す, の名, の小坂さん, の身, はたしかに, はわたし, は夜, は手前, を出せ

▼ 路~ (22, 0.2%)

4 んだ 3 んです 2 のだ

1 [13件] のか, のだつた, のだろう, ので, のであった, のである, のであろう, のです, ので歩き, ので砲兵隊, のとで, のに彼ら, んでございます

▼ 路である~ (21, 0.2%)

1 [21件] か, から不思議, から勇, から女房, から平気, から汽車, から自転車, から轍, か否, が妙椿, さ, ということ, と思ひ, と言い切る, に違い, ように, 事が, 代りに, 可く思われた, 嶮岨だ, 雲が

▼ 路とは~ (21, 0.2%)

2 また違った, 反対の

1 [17件] いうものの, いかなる戦法, いへ寧ろ, いわれないよう, その性質上永久的, 他なし, 反対に, 大へん, 実はその, 方位異なり, 方角を, 直角に, 藪一つ隔た, 藪一つ隔たっ, 言っても, 違いここ, 違って

▼ 路~ (20, 0.2%)

3 に立っ

1 [17件] からここ, から現われた, でかすか, で立ち止まった, で間抜け, で騒い, にあっ, に土木請負, に現れ, に総, の壁, の方, の石段, の街灯, は這い込む, まで出, まで来た

▼ 路さま~ (19, 0.2%)

2 の御

1 [17件] お一つ, から何度呼び出し, がお, がもし, こそ口, しっかりあそばし, とかのお, と京弥さま, はあっし, は今夜, またお, も堪忍, より身, をお, を大奥, を現在, 御気分

▼ 路ゆく~ (19, 0.2%)

4 人の 3 車を 2 とこころ, 人は 1 人から, 人に, 人を, 人影を, 声を, 女の, 小市民, 百姓の

▼ 路~ (19, 0.2%)

3 の狭い 2 の広い

1 [14件] およそ二間半, が広く, が狭く, と比隣, の所, の濶, はあり, はほとんど, は広く, は廣, は殆ど, は狹, も在来, も広く

▼ 路どの~ (18, 0.2%)

1 [18件] あでやかな, お留守, そなた, でも, とやらはあまりに, に何, に頼まれ, のこと, の口入, の失踪, の御, の父, の行方, ばかりで, もとうとう, 子供だ, 悪しゅうは, 拙者洒落に

▼ 路行く~ (18, 0.2%)

3 人の, 人は 2 人を 1 人々の, 人に, 人も, 人や, 人足を, 君たちよ, 女の, 我らを, 汽車の, 貴人に

▼ 路~ (17, 0.2%)

1 [17件] だった, でちょっと, でカフェー, で密造, に男役者, のその, のひととき, のドンヅマリ, の横町, の洋服屋, の質店, の黒, へ行く, や遊廓, を出, 見の, 見へ

▼ 路なれ~ (13, 0.1%)

3 ば茂 1 からつと, どふと, ばその, ばと云つて, ば五ツ六ツ袂, ば人力車, ば引返し, ば橋, ば汝獨, ば誤るべく

▼ 路~ (13, 0.1%)

1 [13件] が悪かっ, であるので, でこちら, で下谷, で途中, なら直に, にもほぼ, も好い, をこしらえる, をさとられない, をたずねた, を考へた, を顛倒

▼ 路との~ (12, 0.1%)

1 [12件] うれしい恋, ちがうところ, 分れ目の, 反目を, 場合をもって, 岐れ, 散文的な, 逢瀬を, 間ある, 間に, 間を, 顔を

▼ 路として~ (11, 0.1%)

1 [11件] 三つに, 三文の, 厳密に, 拵えたもの, 最も興味, 活溌な, 知られた木曾, 行くの, 表現法を, 言論統制の, 選んで

▼ 路とも~ (11, 0.1%)

2 お別れ 1 ちがい馬籠峠, なく夜, わき難し, 云えない細い, 分らなくなるの, 別れて, 嶮隘で, 木曾街道とも, 知らず横山五助

▼ 路なき~ (11, 0.1%)

1 [11件] がため, が如き, のみならず, ものと, を憂い, 処を, 山を, 所を, 路と, 路に, 道に

▼ 路~ (11, 0.1%)

1 [11件] で始め, で生き, という名, と有翼犢, に入院, の書, はその, はミルク, へ入院, へ明日退院, へ通っ

▼ 路です~ (10, 0.1%)

2 からねわたくし, よ 1 から岐路, から東, が, がね橋, けれども足許, なんて恩

▼ 路へと~ (10, 0.1%)

1 伸ばしたので, 入つて行, 急いで, 折れて, 立ち去って, 追いまくし京, 退屈男の, 逃げ出した, 逆戻りを, 進んで

▼ 路~ (10, 0.1%)

1 が苦にがし, が超然と, とは言葉, と一緒, と脇坂山城守, に, の浪人兵, はそこ, は斬られ, も同じ

▼ 路~ (10, 0.1%)

3 を食っ 1 くふこ, に置く, に隠れ, を喰ひたい, を喰わず, を食い, を食う

▼ 路すがら~ (9, 0.1%)

1 いかなるもの, かたみにうつれる, そうやっ, その大, の事々物々, の田, の風景, 考えた, 話した眇目

▼ 路にて~ (9, 0.1%)

1 おろかにも, その二人, その過し, とらへんと, ペイシストラトスの, 会へる, 何某という, 待ちあ, 知らざる人々

▼ 路ほど~ (9, 0.1%)

1 はござりますれば, 全身的に, 孔夫子の, 孔子に, 悪い路, 早く見切, 欣然として, 辛いの, 遠慮なく師

▼ 路をも~ (9, 0.1%)

2 そろ這 1 たどつた, 包んで, 天下晴れ, 広義の, 急がなければ, 滞りなく, 遠しと

▼ 路加伝~ (9, 0.1%)

2 も亦 1 が来世, に依る, に就, の左, の此一節, の此所, 第十五章

▼ 路~ (8, 0.1%)

1 すべての, て寺院, て居た, て山番小屋, て来た, て歩きとうござんすねえ, て歸らむとて, て裏

▼ 路のり~ (8, 0.1%)

2 を思う 1 である, はある, は三里, も近, を不自由, を子供三人

▼ 路~ (8, 0.1%)

2 れに 1 なきに, れが, れの, れは, れもがなと, れ世

▼ 路普請~ (8, 0.1%)

2 なども何分 1 か分からぬ, だった, にかかつて, の日, や建て増し, をし

▼ 路とが~ (7, 0.1%)

1 先師に, 先師の, 向い合って, 向ひ, 残った, 貫いて, 門人たちに

▼ 路なら~ (7, 0.1%)

2 ばお母さん 1 しをし, どこへでも, ば栃本, 何も, 何んな

▼ 路について~ (7, 0.1%)

2 暫らく歩きました 1 その細い, たえず深い, ゐたり, 勝手口へ, 忍び込んで

▼ 路ぶち~ (7, 0.1%)

2 に立っ 1 には蛍, にも一面, に立った, の巌, へ寄っ

▼ 路~ (7, 0.1%)

1 がいる, がひそん, が武器, とともに, と交戦, の本当, の総

▼ 路あり~ (6, 0.1%)

1 あな嬉し, こは, そを, てこの, てそこ, 車も

▼ 路しる~ (6, 0.1%)

1 べせよ, べせん, べとした, べとして此処, べの石, べをした

▼ 路としては~ (6, 0.1%)

1 この深い, まず己, 孔子が, 幅三尺にも, 最良の, 無理も

▼ 路などを~ (6, 0.1%)

1 いまの, 歩くこと, 行く時, 見ると, 還る者, 降りて

▼ 路なる~ (6, 0.1%)

1 ほどと思った, ものが, 大瀧恐しかりき, 砂利うつくしく, 秘密工業が, 者も

▼ 路にとって~ (6, 0.1%)

1 こうした遁世哲学, この世に, こればかりは, それは, わたりに, 正しく初めて見る

▼ 路へは~ (6, 0.1%)

1 いつて, 全くはじめてです, 向わないで, 大っぴらに, 着かない, 行き着きますまい

▼ 路案内~ (6, 0.1%)

1 でもする, で峠, の灯, をさし, をし, を雇

▼ 路~ (6, 0.1%)

1 に躄り出, の大, の家, の彼, まで走つ, を曲つた時

▼ 路駒下駄~ (6, 0.1%)

6

▼ 路この~ (5, 0.0%)

1 人は, 家の, 泥路を, 街道つづき, 路を

▼ 路それ~ (5, 0.0%)

2 を東 1 から一里, に木やり, を桐油

▼ 路ばかり~ (5, 0.0%)

2 では 1 あかあかと, あわたしゃ, 辿って

▼ 路への~ (5, 0.0%)

1 して, 徳間峠で, 旅へ, 案内を, 遊歴に

▼ 路よりも~ (5, 0.0%)

1 すこし小高く, 室蘭へは, 火元の, 短距離と, 長そう

▼ 路~ (5, 0.0%)

1 いたる所, に克巳, に道, のある, 泣いて

▼ 路博徳~ (5, 0.0%)

1 が詔, という男, にこれ, の軍, はその

▼ 路考茶~ (5, 0.0%)

3 の着物 1 だとか, などが流行りまし

▼ 路~ (5, 0.0%)

1 として夜半寝巻, の出来, を与え, を少し, 乏少

▼ 路~ (5, 0.0%)

1 のよう, の乞食吟, の句, の方, や井月

▼ 路遠く~ (5, 0.0%)

2 して 1 とも, 徃診しか, 道程艱し

▼ 路~ (5, 0.0%)

1 が尽きた, しかない, の工面, を少々, 撲つ

▼ 路だの~ (4, 0.0%)

1 広西路だ, 河南路だの, 淅江路だの, 福建路だの

▼ 路であった~ (4, 0.0%)

1 か久しぶり, か其処, し直江津, 故に教える

▼ 路などは~ (4, 0.0%)

1 その点, 分けて, 季節の, 気にも

▼ 路のべ~ (4, 0.0%)

1 に, に小石, に尿, に遊ぶ

▼ 路へでも~ (4, 0.0%)

1 いって, 入ってから, 逃げ込んだの, 逃げ退くこと

▼ 路~ (4, 0.0%)

2 ありし世 1 けつる報あり, 今は

▼ 路~ (4, 0.0%)

1 ガラ, 我コエクレバ伊豆, 歩イテ行ク二人ヲ, 歴テ此

▼ 路一筋~ (4, 0.0%)

1 の違い, の隔て, を辿りつめる, 白くし

▼ 路~ (4, 0.0%)

2 の沼 1 の方, の洞穴

▼ 路~ (4, 0.0%)

2 東蒙 1 濠洲最, 緑揚間

▼ 路即ち~ (4, 0.0%)

1 テーヴェレの, 上り下りの, 淨火, 罪の

▼ 路~ (4, 0.0%)

1 になっ, の喫茶店, の母, の浪人もの

▼ 路無き~ (4, 0.0%)

2 原を 1 断崖に, 沼に

▼ 路考髷~ (4, 0.0%)

1 に結い, を結い, を結っ, を雪

▼ 路~ (4, 0.0%)

1 がある, がつい, が殆, を辿っ

▼ 路連れ~ (4, 0.0%)

2 のある 1 が出来た, になった

▼ 路~ (4, 0.0%)

31 み来じとは

▼ 路~ (3, 0.0%)

2 へて 1 けむ

▼ 路あたり~ (3, 0.0%)

1 で見, とは比較, に見る

▼ 路あまり~ (3, 0.0%)

1 といわれ, に嶮, に捗らず

▼ 路ある~ (3, 0.0%)

1 ことを, を知りき, ベーカアの

▼ 路いっぱい~ (3, 0.0%)

1 にふらりふらり, に枝, に河

▼ 路お力~ (3, 0.0%)

2 も何處 1 も何処

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 どうかは, 何かで, 小路へ

▼ 路からは~ (3, 0.0%)

1 それだけの, 備中美作伯耆出雲ほとんど, 畝傍山が

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 すらふ, へ歩く, へ考へる

▼ 路さえ~ (3, 0.0%)

1 その保証, 岐れ, 通った事

▼ 路すじ~ (3, 0.0%)

1 はそのもの, をどこ, を調べ

▼ 路する~ (3, 0.0%)

1 かそんな, ために, つもりで

▼ 路その~ (3, 0.0%)

1 あいだに, 往還を, 用意を

▼ 路その他~ (3, 0.0%)

1 いろいろの, について慎太郎さん, にて

▼ 路だけが~ (3, 0.0%)

1 それでも白く, どうにか路, 白く光つて

▼ 路だって~ (3, 0.0%)

1 そう大した, 及ぶところ, 無意味に

▼ 路って~ (3, 0.0%)

1 これから四, 何処だ, 都へ

▼ 路であろう~ (3, 0.0%)

1 と判断, と思われます, ゆえ其方の

▼ 路でない~ (3, 0.0%)

2 ところへ 1 と知っ

▼ 路といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, ものに, 感じが

▼ 路なく~ (3, 0.0%)

1 ただその, てかなはじ, ぶる

▼ 路などの~ (3, 0.0%)

1 あらう筈, 繁華雑沓は, 解る野原

▼ 路にあたる~ (3, 0.0%)

1 仮粧坂, 江北の, 鬱蒼と

▼ 路において~ (3, 0.0%)

1 いちじるしかった, 経て, 葛花の

▼ 路にまで~ (3, 0.0%)

1 なって, 剣なす, 聞こえた家

▼ 路により~ (3, 0.0%)

1 ほかの, アジアの, 我を

▼ 路ほどの~ (3, 0.0%)

1 剛健さと, 女が, 深窓珠を

▼ 路ゆき~ (3, 0.0%)

2 別れ径ゆき 1 に反対

▼ 路をと~ (3, 0.0%)

2 ほつて 1 つとと

▼ 路一帯~ (3, 0.0%)

1 には丹波, には蔡仲, の雪

▼ 路一杯~ (3, 0.0%)

1 になつ, にひろ, にひろがった

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 のよう, の如く, の関係

▼ 路以上~ (3, 0.0%)

1 ちが, の不平, もある

▼ 路伝い~ (3, 0.0%)

1 に吉野橋, に急い, に隣

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 に現れ, をよぎられた, を切っ

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 には人影, に売家, の市

▼ 路向う~ (3, 0.0%)

1 から怪美人, の二階屋, の軒先

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 羔を, 貢冉求, 貢閔子騫など

▼ 路寄り~ (3, 0.0%)

1 すると, でもし, に李

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 し, しく牛馬, にし

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 もなく, を迫っ, を追って

▼ 路~ (3, 0.0%)

2 の心 1 の風景

▼ 路歴程~ (3, 0.0%)

1 と云, と翻訳, の読者

▼ 路~ (3, 0.0%)

1 という荒, や大竹丸, を征討

▼ 路考さん~ (3, 0.0%)

1 が十年前, の話, 突然で

▼ 路自身~ (3, 0.0%)

1 で考え, もこの, も孔子

▼ 路花墻柳~ (3, 0.0%)

1 の美, の芸妓, の間

▼ 路近い~ (3, 0.0%)

2 農家の 1 処には

▼ 路通り~ (3, 0.0%)

1 から己, なら己, をさし

▼ 路進攻~ (3, 0.0%)

1 にたいして確然, による国難, の大計

▼ 路~ (3, 0.0%)

3 が降る

▼ 路いつ~ (2, 0.0%)

2 ぱいに

▼ 路~ (2, 0.0%)

2 地蔵様へ

▼ 路お前~ (2, 0.0%)

1 は一体, は何

▼ 路かよ~ (2, 0.0%)

2 ふ崖

▼ 路からの~ (2, 0.0%)

1 密書である, 方が

▼ 路からも~ (2, 0.0%)

1 二階の, 枯草の

▼ 路こそ~ (2, 0.0%)

1 公方に, 大方は

▼ 路これ~ (2, 0.0%)

1 とも更に, はほとんど

▼ 路さし~ (2, 0.0%)

2 いよよ尽きせ

▼ 路さまたげ~ (2, 0.0%)

1 も多かろ, をや超えぬべき

▼ 路しば~ (2, 0.0%)

2

▼ 路じゃ~ (2, 0.0%)

1 ありませんぜ, ないか

▼ 路すがら奈何~ (2, 0.0%)

2 しても

▼ 路すこし~ (2, 0.0%)

1 ずつその, 行けば

▼ 路そのもの~ (2, 0.0%)

1 だった, までが彼

▼ 路だけに~ (2, 0.0%)

1 ものを, 人の

▼ 路だった~ (2, 0.0%)

1 そうです, 溝板の

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 やない, や崖

▼ 路であり~ (2, 0.0%)

1 その向こう側, また有効

▼ 路でございます~ (2, 0.0%)

1 が両人, が目かい

▼ 路でなく~ (2, 0.0%)

1 とも好き, 他に

▼ 路とて~ (2, 0.0%)

1 同じこと, 嶺の

▼ 路とては~ (2, 0.0%)

1 なかつたらしいの, なく沢

▼ 路とともに~ (2, 0.0%)

1 尽きて, 山に

▼ 路とを~ (2, 0.0%)

1 われらは, 求る

▼ 路など~ (2, 0.0%)

1 あろう筈, 比較的落

▼ 路などが~ (2, 0.0%)

1 一々丹念, 見える

▼ 路ならぬ~ (2, 0.0%)

1 河床に, 路を

▼ 路なんて~ (2, 0.0%)

1 いうの, いふこと

▼ 路にあたり~ (2, 0.0%)

1 ていと, 反射し

▼ 路にと~ (2, 0.0%)

1 うまく言っ, 降りた

▼ 路にや~ (2, 0.0%)

1 迷ひ, 迷ふたる

▼ 路によって~ (2, 0.0%)

1 ありふれた見聞, 蜘蛛手の

▼ 路によつた~ (2, 0.0%)

1 ものである, ものと

▼ 路に対しては~ (2, 0.0%)

1 そうは, 特に徹底

▼ 路のべの~ (2, 0.0%)

1 柳ただ見, 赤馬の

▼ 路はずつと~ (2, 0.0%)

1 あとに, 片品川の

▼ 路はと~ (2, 0.0%)

1 いえば, 見ると

▼ 路ばかりが~ (2, 0.0%)

1 どこまでも, 他の

▼ 路へも~ (2, 0.0%)

1 行つて見た, 近い一夜

▼ 路ほか~ (2, 0.0%)

1 に, にあらざりき

▼ 路までも~ (2, 0.0%)

1 旅行を, 遙に

▼ 路までもが~ (2, 0.0%)

2 夜更まで

▼ 路みたい~ (2, 0.0%)

1 なもの, な中

▼ 路やら~ (2, 0.0%)

1 それすら, 河やら

▼ 路らしく~ (2, 0.0%)

1 てよかつ, 庇が

▼ 路~ (2, 0.0%)

2 が急ぐ

▼ 路われ~ (2, 0.0%)

2 はゆかじ

▼ 路をの~ (2, 0.0%)

1 そりと, つそり

▼ 路をば~ (2, 0.0%)

1 手繰りよせ, 笹に

▼ 路をを~ (2, 0.0%)

1 しへよ, りを

▼ 路一帶~ (2, 0.0%)

1 から登つて來, にかけて穀價暴騰

▼ 路一線~ (2, 0.0%)

2 に長く

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 の仕返し, や万里

▼ 路~ (2, 0.0%)

2 という長唄

▼ 路久さん~ (2, 0.0%)

2 もつづい

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 は夏, までさのみで

▼ 路何とか~ (2, 0.0%)

2 里という

▼ 路劉寧~ (2, 0.0%)

1 のふたり, の輩

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 にめぐり, に轉

▼ 路同じ~ (2, 0.0%)

1 高粱の, 龕の

▼ 路四辻~ (2, 0.0%)

1 の方, の真中

▼ 路堤防~ (2, 0.0%)

1 の草, の道

▼ 路守備隊~ (2, 0.0%)

1 からやつ, のゐる

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 えず, えて曰く

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 に入, に入っ

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 を, を阻

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 がひろく, は狭く

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 から通っ, を控

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 の上, へ入

▼ 路~ (2, 0.0%)

2 り見えて

▼ 路或いは~ (2, 0.0%)

1 動き或いは, 宇治と

▼ 路或は~ (2, 0.0%)

1 小学校の, 白根の

▼ 路易十五世~ (2, 0.0%)

1 の勅諚, の嬖幸マダーム・ポンパドール

▼ 路易大王~ (2, 0.0%)

1 が覇業, はなほ

▼ 路最も~ (2, 0.0%)

1 大に, 小也

▼ 路沿い~ (2, 0.0%)

1 に歩い, の馬肉屋

▼ 路看護婦~ (2, 0.0%)

1 の白状, を拷問

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 二の, 十三

▼ 路管制局~ (2, 0.0%)

1 に飛行計画, へ通報

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 にもそこここ, にも其所此所

▼ 路考結~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 路考贔屓~ (2, 0.0%)

1 とみえる, の娘

▼ 路設定~ (2, 0.0%)

1 がパナマ地峡連絡, はニューヨーク

▼ 路~ (2, 0.0%)

2 り走つて

▼ 路~ (2, 0.0%)

1 の, の濃霧

▼ 路近く~ (2, 0.0%)

2 の木下

▼ 路連合会~ (2, 0.0%)

2 では緊急会議

▼ 路長き~ (2, 0.0%)

1 ぬかるみに, 折は

▼ 路髪結さん~ (2, 0.0%)

2 の二階

▼ 路鬼神~ (2, 0.0%)

1 につかうる, に事えん

▼1* [536件]

あしからねば車も, 路あの滑らかな, 路ありしものの, 路あるならし歩みゐる, 路あわれじゃありません, 路いずこといえ, 路いそぎゆく旅の, 路いづくにか, 路いやしき民の, 路うらにびっしり, 路おのもおの, 路おもふべし, 路かけての遠山, 路がわづか一町, 路ききて, 路きよめて花, 路くらゐは, 路くるまして清, 路ぐらいまで行きましたかて, 路けれどもここにこそ, 路ここよりし, 路ここかしこに壊れたる, 路こそは御台所, 路こちごちに, 路さえもはびこるの, 路さして行く程, 路さしてさまよいこんで, 路さまおからだ本復, 路さま雪之丞, 路さやかにも聞き, 路さん年枝さん鶴枝さんたちはみんな, 路さん感心はしなかったでしょう, 路さん次女の名, 路さん窮屈だろうが, 路しかないだろう, 路しるべしてくれました, 路じゃあねえん, 路じゃと油断し, 路すがらそれまで歌, 路すがら人に問, 路すがら手も足, 路すがら箱根を越し, 路すがら米友は世間, 路すがら自分もいつかお父さん, 路すがら菊川の西岸, 路すがら雲立ちたる空, 路すがら麺麭と冷し, 路すてて, 路すでに蒙古, 路すら歩く勇気, 路そちにもいい, 路そちこちの村で営まれ, 路それ等の路, 路それ自身が白く, 路そろそろ参ろうかい, 路や, 路づたづし月待ち, 路たちふたりはおびえつづけ, 路たとい困難なる, 路たどりて闇夜, 路たらずの道, 路だけで好いん, 路だけでも好いから, 路だけには敵の, 路だらけでまた, 路だろうかな, 路ちょいと見, 路ついた最後は, 路つづら折わが松, 路づたいにしずかに歩いた, 路づたひに尋ね入りて, 路づたひに上流へ歩み乍ら市街, 路づたひに町裏を流れ, 路づたひに私が心細い, 路づれは三人臨風となし, 路てらせ死出の, 路であって登り囗, 路であるならば容易く, 路であればこそ却って, 路でござったよ, 路ででもございましょうよ, 路での水に, 路で御座いませうか, 路というくらいのところだ, 路といつてもどうか, 路とおいちゃい, 路とかを通り抜けなければ, 路としてもらくでは, 路とやらであったなら, 路とやらを巧言を, 路めも, 路どうじゃ, 路どのどんな暮しを, 路なかに立ちどま, 路ながら人界との, 路なぞに見られるよう, 路などから突然飛び出し, 路などで何う, 路などでも澤山に, 路などに頭を, 路などには軍隊はへと, 路などにもすこぶる多い, 路などへ眼を, 路なども最も遠かる, 路ならしや溝掘り, 路なりしこと推測らる, 路なんかわかるだろうと, 路なんかを何の, 路なんぞ無えから, 路なんぞとお太鼓を, 路における何物をも, 路にかけて御巡遊中, 路にこそ迷え, 路にだって負けないだけの, 路にては遠くも, 路にというのよりは, 路にとっての難事業, 路にとってはそれは, 路になつて野邊山が, 路によつてアジアの, 路によるときは, 路に対してどのよう, 路に対してだけはおりおりこうした, 路に対してよりもいわば塾頭格, 路に対するこの見方, 路に当たって響き渡った, 路に従って柔順に, 路に関する多くの, 路のうへ祈れば, 路のうへに湛へて, 路のきはまるところの, 路のともすれば, 路のなどしも遠き, 路のべよしとしとと血, 路のほど覚束なし, 路のむこうには, 路はかへつて徒歩より, 路はほどたたぬま, 路はもいや遠, 路ばかりはどんな先輩, 路ばかりもいったところ, 路ばかりを擇ぶ, 路ひとすぢ, 路ひろくしてや, 路びらきに関する限り, 路ふみゆけば, 路へかかつて御覧, 路がらかに, 路ほども歩かねば, 路ますます危うく寒気, 路また枝線を, 路または中仙道方面へ, 路までがよく踏み, 路までは一緒に, 路みちを通る, 路の不幸, 路やや移るらし昨夜, 路ゆえ二人が避ける, 路ゆえ子供のはしゃぐ, 路ゆきぶりに遠, 路よきお致さん, 路よく帰れたもん, 路よりは歩きよかっ, 路らしく見せていた, 路らしく踏みにじられてある, 路をかへりゆきその, 路をかへつて来る, 路をさえぎつたり, 路をすら失うた, 路をずつと行くと, 路をてくつたり, 路をなをす人が, 路をはなる, 路をよけ通しやりぬ, 路をよけて笑いたいの, 路をわしり, 路を通してでは, 路アカシヤの路, 路アルプス銀座通りといい, 路ガラツ八は平次, 路ナキカト疑フ, 路ニ率ヒ由ラザルハナシ矣其ノ俗天下ニ女色, 路浜の, 路バタの熱帯, 路入ルアタリ, 路マルモのあかり, 路駆すれば, 路一ぱいに遮, 路一山の麓, 路一帯くるぶしほどの深, 路一帶美濃の一部, 路一本を間もなく, 路一条東雲のあけ, 路一筋町をはなれる, 路一色村とか幡豆, 路三つにわかる, 路三千とある, 路三叉中に捷径, 路三四町にし, 路三宝ヶ辻に彳, 路三寶ヶ辻に彳, 路三郎兵衛が来た, 路不覚到君家, 路世田が谷村, 路ナガラ何ゾ憑ラン百歳ハ風前短, 路の茅葺屋根, 路中行装を観, 路乃ち時黒なる娑婆世界, 路九江路漢口路福州路広東路, 路二つにわかる, 路五十万という攻め口, 路京弥の三人, 路人だかりがする, 路今日行きて, 路て告ぐ, 路以外を通っ, 路に, 路会館の扉, 路ひに, 路伺ひて, 路の道, 路佐太郎は途中, 路に誘われた, 路何となく陰氣也, 路何とも云えない, 路何れも綾さん, 路が輩, 路作りの奥, 路侘しき佐渡が, 路にぬくき, 路信濃路の山, 路の旅, 路ひに, 路をそば, 路より一刻半, 路先生のタイマン, 路入れば, 路入口アウトフィッチング・デパートメントの一部, 路八五郎はたまり兼ね, 路八号の皆川, 路其處でかれ, 路冉有公西華の特性づけ, 路冉求らに対する孔子, 路再拝して, 路凡そ十里安房の最北端, 路凡て其等偉人の足跡, 路出づれば穂麦かな, 路出会わねばならん, 路出土とあ, 路分る唯だ見, 路晞杖, 路の人出, 路加伝冒頭の此一言, 路加入院やれ, 路加少年は早く, 路加病院近くへ, 路十余町この間盛に護衛, 路半ばに沈みぬ, 路南京路九江路漢口路福州路広東路, 路を載せた, 路を成す, 路口井阪さんが丁字髷, 路琴の, 路右折して, 路名所圖會をあけ, 路名約西, 路とわかれ, 路吟行暖似, 路商会聯合会納税華人会総商会, 路ふほどの, 路善光寺平も過ぎました, 路嘸や御疲, 路四五町も来る, 路四馬路などの繁華雑沓, 路回りで三日目, 路垣根路崖上の路, 路の兩側, 路壅蔽にたいする外夷跳梁, 路壅蔽困苦告る無し, 路壊しか路普請, 路変更が要求, 路多くして, 路夜露悪寒確かに持病, 路夢中行と道元禅師, 路眞名子小, 路大分長いのに, 路大船から戸塚街道, 路大里矢田小泉これらの手合い, 路天外伝訃涙潸潸生前不逢音容絶, 路に蝙蝠傘, 路失踪についてその, 路失踪以来何度か母親, 路くない, 路安き人なれバ, 路定かならざるため, 路寂寞と古今, 路に召し, 路小路という小路, 路少しく下れば, 路尽き河床を, 路屋台店のならんだ, 路山嶮ももの, 路山谷堀へ緒牙船, 路山越えして, 路山路のきらい, 路山間路高低曲折の八里, 路山陰道を通過, 路多く狹, 路崖上の路, 路には渡し場, 路巡りをまず, 路左衞門尉のため, 路市舶司と稱, 路幅一っぱい, 路幅一杯を舞台, 路幅十間を超え, 路幅広き町に, 路平らかにし, 路過疎放身, 路に水疾, 路東路などの, 路にある, 路建物の窓, 路引違へて駒下駄, 路弥勒に着いた, 路れを, 路後者は麓, 路御台さま付きの腰元, 路心配して, 路ぬを, 路乾きて, 路にフッ, 路悉く同じである, 路悦ばずという点, 路しを, 路るけれど, 路憶似聞蝉第一声と, 路戰場ヶ原から山王峠, 路所々をさまよい歩い, 路手前で雪峰チーセ, 路打越古琴, 路抜け裏から人家, 路拾得の箒, 路の, 路に地図, 路控弦百萬義聲感激方欲大擧, 路撒水した煉瓦道, 路教授その他の諸氏, 路数マイルを歩, 路文学に長, 路その夫人, 路方面のけわしい, 路の暮れぬ, 路日本一といつてはいひすぎるだらう, 路日本国の古風残り, 路早梅時は放, 路明るけれど西郊, 路明日倖い所期, 路易たちのまだ, 路易十五世及十六世の治世, 路易十五世式の装, 路易十五世時代の花籠, 路易十六世におけるが如き, 路易十六世朝の財政, 路易朝風の桃花木作り, 路易王朝好みロダン, 路易王朝好みのお, 路易王朝式というの, 路易自身は彼, 路時として流滑, 路時には京, 路普請最中にて以前, 路暖炉の大き, 路路, 路程のなか, 路曰く子三軍, 路曰く民人あり社稷, 路曲徑に入る, 路の清々しい, 路朝顔のやう, 路木曾街道の山家, 路木石器具態度等総てそれ自身の総て, 路札うちて都, 路まで大臣, 路は出羽奥州, 路林木の際, 路柳原土手でガラツ八, 路柳昇などという人, 路桟道高い処, 路梁津の川原, 路に花, 路横井敬蔵に逢, 路満昼陰陰, 路橋蘇州橋等の橋上, 路次第に嶮岨く, 路の談話, 路も上擦っ, 路水戸の那珂川等幾本, 路水車おほし, 路永く塞り, 路池袋停車場へ廻つて其処, 路洞開を令, 路活栓を蹴飛ばし, 路活栓排水弁の操作法, 路に走る, 路湯本の奧, 路に近づき, 路漁網の刺地, 路漢口路福州路広東路, 路漫々たりイ, 路漫漫農田随処寛又知工業盛, 路烏路して, 路之, 路思はずあら, 路狭くて一時, 路ければ, 路看皇国山, 路猶且つ車に, 路玄関から二部屋, 路王大竹丸の退治, 路甚勝景なり, 路甚太郎だ, 路田舎の状, 路甲州方面の国境, 路甲州筋諸国の深山幽谷, 路の女, 路というの, 路町奉行手附では十日, 路をまがれ, 路番町に急ぎました, 路く岩, 路ひらき中土, 路眞くだりに, 路知ってるいうのん, 路知つてゐるだで, 路短しとす, 路石ころ路を歩い, 路候節は, 路の上, 路礼讃の頗る, 路祷らんことを, 路福州路広東路, 路秋来暑未, 路かに頓, 路して, 路窮まり山聳えて, 路立楽すなる伶人, 路竹藪のそば, 路の一流文士, 路筋斗の海賊船, 路に乗る, 路の, 路索め廻る巌洞, 路終宵風雨暗船窓, 路経由で東京, 路へず, 路絶えたり, 路続きではない, 路總司令官の張懷芝, 路美しいお杉, 路美濃路とあれ, 路考さんあっしはいつか一度, 路考さんそれは本当, 路考ッて奴, 路考半分すけ也, 路です, 路の三君, 路聞けることあり, 路背後へ声, 路によるに山間, 路自分の下士たる, 路自白雲深処, 路茄子畠の畝, 路はなかなか, 路白き路, 路の茂み, 路虚しくして, 路蜜豆をおごり, 路の影, 路看草色新, 路行軍の途中, 路衛霊公陽貨の諸, 路角百貨店泰興公司の女, 路ばず, 路赤く極まり尽きて, 路越しでもアパート, 路越後のほう, 路路人だかりがする, 路路心配して, 路踏む都とて, 路や搬夫, 路軌道を投げ, 路転ず青き入江, 路来ると, 路近江路美濃路とあれ, 路迷法洲風颯颯麻峡雨凄凄三舎巷雲宿, 路逃れるにも逃れる, 路透電報局の通信員, 路通る人が, 路通インタナショナル理髪館で変装, 路通過の正香, 路逢かた見渡たして, 路連中出語りの有名, 路連半町此方ぐらいには同感, 路遠きを感じ, 路へ落ちた, 路部滿十郎はさ, 路鉄車趨忽入南阿第, 路を給, 路録事何某と書こう, 路長く正法を, 路開山にし, 路開路のかけ声, 路開鑿の大, 路の辻, 路間若干の陸行, 路閔子騫冉伯牛といったよう, 路陋巷といった細小路, 路に労し, 路險悪近時僅に車馬, 路難き沖の, 路雨上がりの湿った, 路之丞, 路電光形に上り, 路電線の風, 路電車縦又横, 路降へ, 路露路をくぐっ, 路順日取りを立て, 路頗る難險, 路に率直, 路風景は私, 路ければ, 路馳せゆくとき, 路高低曲折の八里, 路も鬢