青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「跡~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

足る~ 足利~ 足袋~ ~足跡 足跡~ ~足音 足音~ ~距離 距離~ ~跡
跡~
跫音~ ~路 路~ 路傍~ 路地~ 踊~ ~踊り 踊り~ ~踏ん 踏ん~

「跡~」 6524, 70ppm, 1608位

▼ 跡~ (1724, 26.4%)

68 つけて 23 見て 21 追った 13 尋ねて, 慕って, 絶って, 絶つて, 追って 12 つけた, 残して 11 絶つに, 追うて 10 留めて, 継いで, 追つて 9 絶った 8 とどめて, 尾けて, 附けて 7 たどって, 見ると, 追いかけて 6 付けて, 見せて, 見るに, 辿って, 追いながら, 追うよう, 追ひました 5 つけたの, 引いて, 断った, 断つに, 示して, 貽し, 踏んだ, 踏んで, 追ひま, 追掛けて

4 [17件] つけるの, 弔ふ, 慕うて, 消して, 発見する, 絶たない, 絶ったが, 絶ったの, 絶つ, 繼いだ, 見に, 見れば, 訪ねて, 追かけ, 追ふ, 逐うて, 遺して

3 [25件] したって, つけたり, つけながら, のこして, 伝う, 尋ぬる, 探して, 明らかに, 止めて, 歩いて, 殘し, 眺めて, 絶ち角町, 絶つよう, 繼が, 見ても, 見ること, 見送りながら, 語って, 跟けて, 追うこと, 追って行った, 追ふて, 逐ふ, 遺したる人民

2 [82件] あるきました, あるくん, くらまして, さがしにと, たしかめるつもり, たずねて, たずねると, ついて, つぎ文吉, つぐこと, つけてるん, つけられて, つけられては, つける, つけること, つけるには, つけ廻して, とどめなかった, 三つも, 借りたの, 偲ばせて, 取らせようと, 嗣いで, 尾い, 弔って, 引き受けて, 指さしました, 指摘しました, 振り返っても, 斂めて, 断ちました, 断って, 杭州に, 残さない場合, 残したの, 残すばかりと, 残すよう, 水垢に, 相続した, 石に, 立て, 立てました, 絶ちぬ, 絶ち今, 絶ったわけ, 絶った訳, 絶つかも, 継いだ, 継ぐ故, 継ぐ者, 考えその, 襲いで, 見る, 見るが, 見送って, 見送つて, 視察し, 読んで, 跟け, 跟ける, 躡けて, 辿つて, 辿り始めた, 辿ろうと, 追いかけたが, 追いかけました, 追いました, 追う, 追うた, 追うの, 追う者, 追おうと, 追っかけて, 追っ掛けて, 追つかけた, 追つた, 追つて行, 追ひ, 追ふも, 通って, 閉めて, 附けた

1 [1018件 抜粋] あちこちと, あらためた日, いくら掘っ, いって, いめぐりて, うけて, うめて, おっかけて, おとりに, おも, お慕い申し, お貞, かえりみれば, かくさんとには, きれいに, くらまそうと, この中, さがして, さして, さすって, ざっとかいつまん, したふ死出の旅, しのばせる水たまり, しめして, しらせねば, すぎ定, すさまじい勢, そっと締めた, そのままに, そのままらしい, そのまま賜わった, たずぬべきよう, たずねての, たずね海牙, たたぬよう, たづねられないが, たどりつ, たどる余力, ちよつと, ついて行くと, ついで下さるなら, ついで医者, つがせたい親心, つぎ博士, つぐべき子供, つけたか, つけたもの, つけた晩, つけだした, つけては, つけてるの, つけてる男, つけないよう, つけねらいそれでも, つけはじめると, つけられたあの, つけられてること, つけられるん, つけるため, つけるとか, つけるん, つけ初めた, つけ廻した人間, つけ跡を, ところどころに, とどめたいと, とどめない, とどめないの, とどめるもの, とる子, なおいっそう, なくすため, ぬぐいとるの, のこす, はらった, ひきし廿三, ぴつしやりさし覗く, ぼち, またいだ, みかえりやがて, みつめて, みると, もつと, よくみろ, ピッタリ締め, ベタンベタンと, 一掃し, 丁寧に, 下さるの, 不器用に, 与えるか, 世に絶つ, 九段の, 二つ柔かい, 人形の, 仔細に, 付け行きこの, 伝って, 何處とも, 例に, 修理した, 修繕し, 借りて, 偲ぶばかり, 偲ぼうと, 優秀なる, 全く止めない, 冷い, 刻みつけ多く, 刻む, 加えたよう, 動かすと, 務めて, 匿した, 印したもの, 印しないであろうこの, 印するに, 印せるを, 参拝したい, 取して, 取ってから, 取つて, 取らせたいばかりに, 取らせるわけ, 取り収める人, 取ると, 取る安楽, 取繕い, 叙した, 右往左往し, 君が, 嗅ぎ嗅ぎお迎え, 嗅ぎ廻るといった, 噛み碎きて, 回向し, 埋めて, 埋めまた, 埋んで往来, 塗り消して, 大きい松, 失えり, 失ったので, 奉慕候, 女が, 存し, 学校が, 守る関守, 家康は, 察し知り, 尋ぬれ, 尋ねたいと, 尋ねに, 尋ねみて, 尋ねるに, 尋ねるよう, 尋ね劉子, 尋ね来て, 尋ね箭, 尾う, 尾けさせ, 尾行しはじめた, 巡拝し, 巡拝する, 左右交互に, 庭下駄だ, 弔いそう, 弔い歩む感慨, 弔うて, 弔った時, 弔ふべく, 引いた民間, 弟に, 後肢が, 御別荘, 御覧の, 微笑み, 心地好さそう, 忘れて, 忠実に, 思ふの, 慕いこれ, 慕うこと, 慕った者, 慕つて来, 慕ッて, 懐中電燈で, 承け継いで, 押えようとも, 持ってるかと, 指した, 指しました, 指の, 捜し回ること, 掘り残して, 探した, 探しましょう, 探すため, 探って, 探らせまた, 探り当てて, 探るやう, 描き尽したかの, 支那の, 散して, 数へ, 敵の, 断たなかった, 断ち水, 断ったからとて, 斷ち, 斷や, 明るい軒燈, 明瞭に, 星岡窯の, 晝間でも, 晦ますにも, 暗ましたの, 曝して, 望見し, 案内しましょう, 検すれば, 検めて, 検査し, 標示する, 次いで, 止むるの, 止めそれ, 止めたという, 止めた死顔, 止めなくな, 止めるでありましょう, 正確踏ん, 武州府中の, 歴然と残し, 残さないという, 残さない身, 残したいと, 残したやり方, 残しちゃ, 残し偽筆, 残すこと, 残そうと, 殘す, 気に, 求めては, 汲みとること, 没すべき運命, 注意し, 活かして, 消さなかったの, 消した雪, 消すと, 消す為, 消な, 涜さんと, 滅し, 濁さないといふ, 濁しつ, 灰燼に, 無言の, 煮て, 片付けられたお, 片附けさせ, 物語るもの, 牽くの, 畑に, 留むる墓の, 留めざらん, 留めず自己性, 留めたるもの, 留めないところ, 留め候, 発掘し, 発見しました, 発見せず, 登って, 發見し, 白日の, 目に, 目送り, 直かに, 直清, 相続せし, 眺めた時, 眺めやった, 眺め廻して, 示さざるに, 示しながら, 示すこと, 示すも, 示す斑痕, 究めて, 窺ふ, 立ち止つて, 立てたと, 経て, 絶たず, 絶たず公然, 絶たないという, 絶たない人たち, 絶たなかったもの, 絶たぬであらう, 絶たんと, 絶ちその後, 絶ちつつ, 絶ちました, 絶ち實, 絶ち武人一斉, 絶ち芝神明境内, 絶ったそう, 絶ったに, 絶ったよう, 絶った多く, 絶った思想, 絶ってしも, 絶つこと, 絶つた, 絶つた訳, 絶つと, 絶つべしと, 絶つ譯, 絶やして, 継いだこと, 継いだ子, 継がせとうご, 継がせるつもり, 継がせるん, 継がれる道理, 継ぎ名, 継ごうと, 続いだら葛根湯, 綺麗に, 繋いで, 繼いで, 繼ぎ八五郎には, 繼ぐのが, 繼ぐべき御身なる, 繼ぐ者も, 續いだ, 考えこの, 聞いて, 至る所, 蔽はんが, 装いもう, 襲いだの, 襲いだ周禎, 襲いでこんな, 襲ぐようになった彼は, 襲つてこの, 襲踏する, 見いだした, 見ざるは, 見ず, 見ず不幸, 見せそれ, 見せた十五世紀ヴェネチア, 見た, 見たといふ, 見たも, 見たり, 見たるも, 見つけようとして, 見てから, 見ぬかな, 見ましたけれど, 見ません, 見ようと, 見るだらう, 見るのみ, 見るべきである, 見るも, 見るより, 見る時, 見ろったら, 見んとて, 見出した, 見出そうと, 見失って, 見守つて, 見得ないの, 見捨てて, 見物させる, 見直したいと, 見給え, 見詰めつづけて, 見送った, 見送つた, 見送りて, 見送ると, 視察する, 観て, 言ひさう, 記しつけたもの, 記して, 訪うて, 訪う者, 訪ねた, 訪ね原, 訪ふ, 話さないかね, 話したくなくなつたかと, 話す事, 認む, 認めること, 語ります, 説きその, 読まぬうち, 調べること, 論ずる莫, 譲って, 豊国に, 貴殿は, 買ひ, 貸して, 踏まない様, 踏みはずさなければ, 踏み或いは, 踏むこと, 踏んだだけ, 蹤け, 躍起に, 躡られ, 辿りつつ, 辿り味わいつつ, 辿ること, 辿る力, 追いかけましたが, 追いかける, 追いかけるにも, 追いかけるよう, 追いかけろと, 追いに, 追いはじめて, 追いますから, 追い廻して, 追い掛ければ, 追い海, 追い貴殿, 追い高橋, 追うですから, 追うに, 追うまいと, 追う方, 追う気, 追おうとして, 追かけた, 追っかけまわし, 追っかけると, 追ったが, 追ってこの, 追ってその, 追ってやって来た, 追って伝研, 追って参る, 追って家, 追って彼世, 追って日, 追って易簀, 追って来, 追って死のう, 追って穴, 追って行きました, 追って見た, 追って走り出した, 追って駈けだそう, 追つかけ, 追つて渡欧せん, 追つて自分, 追はま, 追はれ, 追ひ掛けた, 追ひ走り, 追ふた, 追わせた, 追わねば, 追われぬ, 追ツ, 追懐した, 追掛けたが, 追駆ける, 追駈ける, 逆樣, 逐いました, 逐い或は, 逐ひ行き, 通り乗鞍大滝を, 遠くの, 重い牛乳缶, 附いて, 除いては, 随行また, 隠させる, 隠すこと, 隱す, 離れたから, 預かつ, 顧み, 顧みると, 飛んで, 養子として

▼ 跡~ (854, 13.1%)

35 ある 30 残って 26 ついて 14 あった 12 見える 11 あって, 見えて 10 あります 8 ない 7 印されて 6 あるが, あるの, あるん, 付いて 5 あつた, ないの, 残されて, 殘つてゐる, 縦横に 4 あつて, ありました, あるから, あるだらう, あるので

3 [14件] あつたり, ありありと, あるぢ, ある筈, こは, なかった, 判然と, 少しも, 歴然として, 殘つて居る, 殘る, 点々として, 穴に, 絶えて

2 [44件] あったので, ありますね, ありますよ, あり義経, あるか, あること, あるという, あれば, うかがわれる, これで, ないから, ないん, なければ, ねえん, はっきりつい, はっきりと, はつきり附い, まざまざと, まだ残っ, まばらの, よく見えた, 一つの, 二本走っ, 今でも, 入り乱れて, 四十男の, 幾つも, 後には, 明らかに, 汀の, 涙に, 澤山ある, 無くて, 直に白く, 短かく, 窺はれる, 見えた, 見えるの, 見られる, 遠方まで, 部屋一面に, 附いて, 青々として, 鮎の

1 [491件] あたたかいので, あたらしい回想, あちらと, あったし, あっただけ, あっただけに, あったよ, あったら其処, あったり, あったん, あつたなら, あつたら, あらうといふ, ありさ, ありしかも, ありそこ, ありそこで, ありその, ありまして, ありますから, ありますが, ありませんなあ, ありませんね, あり中, あり二〇〇〇, あり先刻加納屋, あり再び, あり印籠, あり墨, あり庭, あり死骸, あり滑り留つた, あり牧野, あり短刀, あり線路, あり縮緬, あり耳, あり背, あり脊, あり自負, あり草, あり閾, あるかと, あるこれ, あるじゃ, あるぜ, あるそれ, あるだろう, あるっきり, あるであろう, あるでせう, あるに, あるばかり, あるばかりじゃ, あるよう, あるわけ, ある由, ある私達, ある野塚原野, あろう, あろうと, いくつも, いずれも, いたましい, いまでも, いまは, おそろしいと, かすかに, かわいて, くせものだ, くっきりと, くっきり附いてる, ここに, こちらの, こはい, こめかみの, こんなところ, ございますが, しわに, すけて, すこしもつい, すこしも見, すさのをの, ずーっと一筋, そこに, そこの, その儘残つて, その線, それぞれ違った, それである, それを, たくさん残っ, ちくりと痛んだ, ちゃんとある, ちゃんとつい, ちょっとの, ちようど蒲公英の, ついたか, ついたの, ついたまでは, ついた弾丸, ついてるだろう, つかないの, つかないほど, つきました, つく, つくこと位, つくの, つく位, つく訳, てらてらと, できた, どうなっ, どうなつ, どこに, どんな満足, ないが, ないと, なおさら痛々しく, なお残ってる, なかつたから, なかつたら平次, ながく見え, なくその, なくては, なく一歩, なく地境, なく掘りかけた, なく曼陀羅, なく残っ, なく起久子, なにを, なまなましく紫色, なんとなく残っ, なんと競輪場, はげしくほとんど, はっきり付い, はっきり見える, はっきり附い, はつきり判る, はつきり遺つ, はね上がって, はるかに, ひときわ目立っ, ほとんどない, ほのみ, ほぼ原型, ほんの少し, まざまざつい, まだこの, まだ少ない, まるで広い, まるで焼き, みえて, みえるので, みえ掘り返された庭, みとめられると, みられない, みられるとか, みんな無くなっ, むき出しに, やりっぱなし, よく現われた, わかる, わかるそう, わずかに, わずか後頭部, キリストが, グッと, ハッキリし, ボツボツと, ボンヤリと, ポタリ, ポタリポタリ, マザマザと, ミジンも, ローリングによって, 一々その, 一めんに, 一パイ, 一ヶ所はつきり見える, 一丈余の, 一人一人つい, 一列に, 一尺以上めりこん, 一層寒気, 一本河の, 一目で, 一瞬の, 一筋目に, 丁度二片の, 七百両する, 三つで, 三つ四つ紫が, 上に, 上へ, 世界の, 乱れて, 乾からび, 乾ききらずに, 二つ, 二つつい, 二つ三つ附い, 二つ並ん, 二つ少し, 二に, 二カ所あった, 二ヶ所, 二三ヶ所ある, 二叉に, 二本, 交錯し, 人形の, 仄見えた, 今では, 今の, 今は, 今や天下, 今度は, 今日の, 仕様が, 付いてるじゃ, 付きません, 付く, 住持の, 佐竹の, 何と博士邸, 何よりおのずからの, 何を, 依然として残つて, 偃松の, 先入主に, 光って, 入り亂, 入乱れながら, 公卿衆の, 内部に, 写真の, 凄まじい黒血, 凸凹に, 出ない, 切り刻みを, 初夏の, 判然し, 判然した, 到る処, 刺青の, 刻まれてるの, 劫火にも, 匂うばかり, 匂うよう, 匂ふ, 千体仏と, 印されその, 印されたの, 取り潰し, 取れないぢ, 口を, 可愛らしく嬌態, 合ひます, 合流し, 国々の, 圍の, 増して, 夕陽を, 多分に, 夜眼にも, 大きな空洞, 大戸の, 少しずつ, 少しづつ展望, 少しでも, 少なくない, 尚更痛々しく, 居坐った二つ, 屍体を, 布目に, 平次の, 幾すじも, 幾カ所か, 幾分か, 幾度にも, 幾本も, 幾種類と, 幾種類足駄の, 幾種類靴の, 広い町, 床に, 強く残され, 彼れ, 往復は, 後まで, 得られようと, 思ひ出される, 恐ろしい溝, 恰度前方から, 悲惨な, 所々に, 押されて, 揃って, 散在し, 数かぎりなくつい, 断層を, 斯く諸, 斯ん, 旨く締, 明らかでない, 普通に, 曲者の, 最も有名, 有るから, 有るという, 朝顔の, 村まで, 柔かい土, 格別まばら, 梅干を, 次第に破れ, 歴々であります, 歴々として, 歴然たるもの, 歴然と残つて, 歴然と表示, 歴然と認められる, 殆ん, 残ったもの, 残ってる小さな, 残ってる柔和, 残つ, 残つてひどい, 残つて居る, 残つて彼は, 残りやがて, 残るほど, 残る危険, 残る筈, 殘つ, 殘つて同じ, 殘つて居た, 殘つて居りました, 段に, 殺された場所, 池の, 浅ましくも, 浮き出ると, 海岸附近に, 消えたの, 消えて, 消える筈, 消える筈ぢ, 消されたの, 深々と, 深くいくつ, 深く印した, 深く喰い入っ, 深く掘り込まれ, 深く泥濘, 清楚に, 滅多無性に, 滲み込んで, 潮に, 点々と, 無い, 無いよう, 無ければ, 物を, 狼藉と, 現われて, 現われ出たの, 現在見る, 現存す, 琵琶湖に, 生き生きと, 用心の, 痛々しく人, 痛み出すよう, 痛切に, 瘢痕に, 發掘された, 發掘される, 白くみえた, 白く毛ば, 白く生々しかった, 目に, 目立たぬほどに, 目立ちました, 目立つその, 真白く残っ, 眼に, 眼の, 眼立たない, 着いてるだらう文句, 確かまる, 確に, 示されて, 社会を, 移り動き, 穴だらけに, 空地に, 窓の, 立たない, 箒で, 箒目の, 粘着りつい, 絶えたかと, 絶えたもの, 絶えたわけ, 絶えなかつた, 絶えれば, 続かなくなつ, 網代の, 緑色の, 美しい, 背中に, 胸に, 自分の, 若葉の, 草間に, 著しかつ, 蒼白く残っ, 薄いやう, 薄か, 薄らいだよう, 薄明り, 蛙の, 行儀よく, 表はれ, 表通りを, 見いだされた, 見えすぎ如実, 見えず独立, 見えたやう, 見えないで, 見えないの, 見えなかった, 見えぬ, 見えぬでは, 見えは, 見えました, 見えるよう, 見える山芋, 見えれば, 見え心, 見え理想的, 見え美しい若い, 見え興味が, 見たくて, 見つかっただけ, 見ゆるのみ, 見られる其処, 見られ外側, 覚束ない, 詳しく分ったら, 認められた, 認められぬが, 認められる, 譲りとうない子供, 豊かに, 赤く押され, 赤く殘つて, 走りまわって, 転た荒涼たる, 辿られる, 通りから, 道に, 道の, 遠くかすか, 遠く見える, 醜く窪み, 重なり合って, 重なるよう, 野州に, 鈍く光っ, 銀の, 鋳て, 閑地の, 附いた下駄, 附くなあ, 附くに, 雑草に, 雨に, 雪へ, 青々し, 青くて, 頸から, 頸筋に, 顕わに, 飛ぶ火と, 食べたくなって, 黒, 黒く殘つて

▼ 跡~ (491, 7.5%)

19 ように 17 ような 12 青々と 8 あるの 6 やうに 5 始末を 3 やうな, 上を, 二人は, 空地に

2 [28件] あの日, ここは, ないこと, ないの, なかつたの, なんとない醜, はてしなくつづく, ようだ, 上に, 事は, 人々から, 偽らざる表れ, 光沢や, 六発の, 外に, 多いの, 始末は, 方に, 樣に, 水の, 深く刻まれた, 灰は, 田が, 白い空地, 道を, 長さ, 集りは, 青さ

1 [356件] あたり芝原に, あつた, あまりに荒涼たる, あるそんな, あると, あるとだけ, ある四十前後, ある方, ある横, ある男, ある着物, ある茶色, いずれにも, うしろへ, おびただしいの, お家のは, お心持, お祭で, かおりであって, ことだ, ことなど, ことは, ことや, ことを, ごとく, じくじくした, すぐ隣, すさまじい形相, その硬い, たつた一軒, ついた本屋, ついた西瓜, つかないやう, つやつやし, ところがこちら側, ところに, どぎつい顔, どこかに, ないもの, ないパイプ, ない事, ない所, ない點, ねえの, のこる草叢, はげたる, はるかの, ほかに, まだ材木, めいりこんだ, めりこんだ荒涼, もの, よう, ようじゃ, ようすを, ようで, ようであった, ようでなく, ような荒れたる, よう顔は, わずかに, アパートメントが, 一人も, 一句は, 一輪の, 一部, 七月小金原の, 三千の, 上にばかり, 下戸塚通りでも, 下敷に, 丘に, 丘陵に, 中から, 中に, 丸いくぼ, 主人達は, 乾いて, 事に, 事を, 事心附て, 二人が, 二人も, 二枚は, 人に, 仏の, 他實地に, 付近には, 位置が, 位置に, 侘しさ, 個有の, 兄弟自然と, 入日, 全てが, 内の, 写真絵はがき, 凄まじいこんな, 処より, 凸凹そんな, 凹凸も, 分室の, 分譲地で, 前に, 前の, 前を, 半分の, 半分は, 印されて, 収公の, 取片付けを, 古家, 古家から, 古家なら, 古建物, 名残だ, 向きを, 向屋敷朝岡の, 四方屋を, 四角な, 土つかず, 土を, 土地を, 地を, 地底に, 垣穂の, 塚が, 変化した, 外での, 外には, 外壁の, 大きさ, 大杉の, 大磐石, 夫婦の, 女では, 奴原も, 如き狼藉, 如くでは, 如くに, 如し, 始末も, 子らが, 字を, 家である, 家を, 寂しさ, 寸法と, 小屋へ, 小川の, 少しも, 少ないもの, 屯所の, 山見え, 岡田三郎助の, 崩れ垣の, 工合と, 左右に, 市中を, 幽霊, 広い場所, 広場だけは, 広場へ, 広場を, 床に, 庭で, 廃墟に, 延長線上に, 弔いを, 形とから, 形まで, 役は, 心当りを, 心持は, 心淋しい, 思ひが, 急斜面に, 戸を, 戸締りを, 扉を, 拡大写真を, 捨石に, 探査と, 教と, 教の, 数ヤードの, 数人猟犬と, 敷地で, 斷える, 方の, 方へ, 方へと, 方角から, 景は, 景色か, 暖かくな, 月を, 木の, 木の根っ, 未だ明, 東町奉行所へ, 松坂町を, 松山を, 松林の, 案内を, 桐木田やら, 桑畠から, 棒切れだの, 植林を, 検討という, 様で, 様な, 様子でございました, 様子は, 横町が, 欠刻を, 歌を, 歌をば, 武蔵野の, 歴々と, 残って, 残ってる鋼鉄, 殘る, 毳立ちだけが, 気の, 氣持の, 水を, 汐あかり見つ, 汚点だらけだ, 河原かとも, 河原で, 河岸に, 河床の, 泉沢やら, 消える間, 温泉旅館は, 湿ったかと, 溝を, 濃い腮, 火皿が, 灰を, 焼死者が, 焼野には, 燒野には, 片付が, 田の, 畑に, 留守番を, 発掘が, 白, 目じる, 目も, 石つ, 石に, 石の, 石垣の, 石垣を, 破片な, 碑の, 礎と, 神で, 神林, 祭さ, 祭と, 祭り槍を, 稍著しきを, 穴から, 穴とを, 穴の, 穴は, 穴を, 空地を, 空気までが, 空虚ばかりが, 窪だ, 立帰っ, 簷の, 納骨堂の, 細工などは, 終点まで, 絶えぬ証拠, 絶壁の, 肥立ちが, 背戸口に, 脹れぼったい眼, 舟なんぞは, 船を, 芋畑の, 芝生の, 英傑を, 茶汁へ, 草を, 草庵に, 荒涼が, 荒野に, 蓋が, 蓮池は, 薬である, 薬に, 行動を, 街路には, 複写を, 見えるの, 見えるもの, 見える所, 見える朧月夜, 見える街道, 見られると, 見るべきもの, 計測を, 証拠を, 詞を, 説に, 説や, 調査を, 赤土から, 越前屋の, 踵の, 辿らるるよう, 辿られぬまでに, 近くまで, 近さ, 造型を, 遊歩場に, 道には, 遺るの, 遺骸は, 邸が, 醤油を, 野原が, 銀座も, 鍋へ, 間から, 附近には, 陣屋を, 隠見し, 雑草の, 雑草を, 離れを, 雪に, 霞を, 露店街において, 青々し, 青い, 青いくにゃくにゃとした, 青い大人, 青い奇怪, 青い眉毛, 青い背, 青い襟付き, 青い顋, 青い顏, 青葉は, 静けさは, 駿河屋に, 黒い深い場所

▼ 跡~ (473, 7.3%)

16 附いて 8 残って 7 なって 6 残して 5 見て 4 して, 眼を 3 くっついて, ついて行った, 付いて, 従いて, 跟い, 附きて

2 [22件] あった村岡, いつまでも, ついて行きながら, やって, よく似, 佇みあの, 佇んで, 入って, 入れて, 合ふ, 埋まつて, 彼の, 数軒の, 木を, 残した, 殘る, 相違ない, 立つて, 符合する, 蹤い, 鑑みて, 雪の

1 [361件] あらぬもの, あらは, ある中学校, ある家, いる間, お園, お恵み, かつて躊躇い, くつつい, ぐらつく安, こんなかよわい, さしそれ, ざらざらの, したと, しても, しようかしら, しるされた人間, すがれと, すぐ殿, すべりおちるところ, する, すわらせた, そのまま動かず, その鎖繩, たたずむうち, たたんずんだ, ただ二本の, たった一人, たどり着いたの, ちがいない, ぢつと, ついた, ついて行くと, つきながら, つく, つつましや, つづこうと, つとめて何気な, つまづきよろめき, できて, どっかと, どんなジグザグ, なして, なし穿きて, なったり, なりましたから, なると, なるわけ, なれば, なんにも, なんにも殘ら, のこって, のこり若木, のこるもの, はまって, はやほろほろし, ばさばさと, ぶしつけ, ぶつかったので, ぶらりと垂れた, また新築中, まだ妙了尼, めぐらせば, もどりて, やつて, ようよう普請, わずかに, トタン板を, バラック住いを, バラツクが, バンソウコウを, ポカリと, 一人残った, 一人残りたい, 一塊の, 一杯に, 一輪の, 三騎の, 上って, 不気味な, 並んで, 丹治は, 久しいこと救世軍, 亂れたる, 二軒家を, 五十本の, 井戸だけが, 人魚は, 今し, 付いてたん, 付きてぞ, 代って, 代りの, 似たり, 佇ずん, 佇みつつ, 佇める白き, 佇んだ, 何やら小さい, 何一つ己, 來て, 依然何, 倣うて, 僕は, 先ず白樺, 八九寸深く, 出た, 出たが, 出る, 出る其下手, 出来た砂原, 切餅, 初めは, 別荘を, 到る, 到るところ空洞, 創設した, 即して, 卵を, 参詣する, 参詣致しました, 又今の, 反証を, 取って, 取り殘, 合わせた, 向いて, 向きあって, 向って, 向つて研究, 君の, 咲き殘, 品物は, 土筆が, 堂母から, 壊れた壁, 多少の, 大きい空虚, 大きな天幕, 大きな子持ち鮎, 大きな穴, 大助は, 大小が, 天探, 妻は, 娘の, 娘は, 娘三人殘つた, 嫁を, 存在する, 学ぶところ, 學則風の, 実るもの, 対照する, 小さい金属板, 小さい鍵穴, 小さい馬場, 小さな兄さん, 小屋を, 少しで, 就いて, 履物が, 川崎の, 建ったの, 建つたので, 建てた発企者, 建てられた, 建てられたる銅像, 建てられて, 建築される, 建設せる, 弁護士殿は, 引き添って, 張りつけましたが, 従った, 從い, 徴し, 忍藻は, 快く冷えた, 思い出したよう, 思わず惑乱気味, 情熱が, 感じ次に, 成ると, 我我のみ, 手ぬるき星, 手帳の, 手筥が, 拠って, 据えるかと, 据ゑました, 改築せられぬ, 新しく建てる, 新たなる, 新に, 新吉, 新築する, 新聞紙を, 於て, 日本人でなけれ, 早くも, 時代な, 時代の, 月光が, 未亡人敬が, 杉菜生ひ, 村の, 来て, 松風の, 板で, 柔かき蓬, 柳生ぜり, 案内します, 様々な, 櫓かけ, 正体も, 歸り, 残さぬ冷酷, 残さるべき, 残された身, 残った, 残ったの, 残ったタッタ一人, 残った一人, 残った吾輩等, 残った巨万, 残った新, 残った方, 残った母, 残った美濃部家, 残った驢, 残つた人々は, 残つた新聞紙の, 残つてゐた, 残つて奮闘し, 残つて責め殺される, 残らんも, 残りしこと, 残るに, 残るは, 残るもの, 残る一つ, 残ッた, 殘つた人達の, 殘つた子供達に, 殘つた教員が, 殘つた美濃部家の, 殘らんも, 殘り, 殘りし, 殘りぬ, 殘れる, 母と, 母御が, 決定された, 治まり返る, 深く杭, 添って, 清き泉, 溜まった水, 漆喰で, 灌木は, 無数の, 狐の, 現われ俗物, 生姜の, 留めし獅子, 疲労を, 病気な, 登って, 白く引く, 目を, 直ぐ松本, 直してと, 直ちに町, 直るの, 直る五百, 相違なかつた, 眞矢を, 石垣の, 碁会所を, 礼拝黙祷し, 禍いの, 移し前, 移るを, 穴が, 空也餅が, 空虚が, 立ちました, 立ち竹藪, 立ったり, 立った煙筒, 立って, 符合した, 給料を, 続いた, 続いて, 続く, 続けば, 縦横に, 續き, 群が, 聽き, 脇差を, 膠の, 自分のみは, 自我ばかりを, 自我を, 自由と, 自製の, 色の, 萌え出づる, 葉に, 蝋が, 血筋を, 行って, 衣と, 西國へ, 見はれたるもの, 観音が, 記念碑の, 訪ねて, 護国神社が, 貽った, 赤ん坊の, 赴くと, 踏みしだかれて, 踏みつけられた一枚, 踏みつけられた広告ビラ, 踏みつけられて, 近いところ, 近い空地, 近い雑木林, 近くて, 退つて, 逃げるの, 過ぎない, 過ぎないでは, 過ぎないの, 違いなかった, 違ひございません, 遣ったの, 遺るは, 遺る婦人, 遺漏の, 還しそれから, 郷里へと, 鋲を, 間に合せの, 附き行く, 附き随, 附くと, 随った, 隠れ外務省機密局, 集った, 面して, 類したる汚点, 香りたかく, 馬場要は, 鳥のに, 黒い影

▼ 跡~ (464, 7.1%)

12 なかった 10 ない 6 あるが 5 一つも 4 今も 3 野と

2 [23件] あっても, あつて, そこに, そこにも, なくなって, みつからない, ミジンも, 一ま, 一面に, 三人が, 何処にも, 商舗または, 少しも, 急に, 打身の, 斜に, 欷歔の, 歴々として, 泣き入りて, 渇水期に, 田野に, 見えて, 見えなかった

1 [378件] あき屋敷, あたかも政談, あまりに歴然, あまり新奇, ありませんが, ありませんでしょうか, あるから, あるけれども, あるもの, いったいどうなる, いつしか白雲, いまだに岩, うつせても, おかめ, お前が, お定まり, お客さんの, お常, からりと, きつくつけられ, こうして永久人, ここから, ここで, ここにも, ここの, ことごとく落ち葉, これまでに, ござったが, さう, しばらくの, すっかり町, すでに湮滅, すべてまた, すべて彼女としては, そこか, そこから, そぞろに, そのままであっ, そのよう, その形, その数字, その畸形, それを, たくさんに, たくさん数へ, ただ何事, ただ前後左右, ただ古ぼけた, ただ大仏川, たちまち吹き消され, ちいさかった, ちょうど墓場, つかない, つかなかったでしょう, つげぬぞ, つねに意外, つむ雪早しこちご, ともすると爺, どうあしらっ, どういうこと, どうか早く, どうで, どうでございませう, どうです, どうでも, どこにも, どこまでも, どこも, どちらも, どなたが, どんな個性, ないが, ないぢ, ないの, ないわ, ないん, なくそれどころか, なくただ, なくとも, なく世に, なく少く, なけれども, なにも, なんにも言わない, はつきりし, ひっそりし, ひつそりした, ひとつも, ひどく亂暴, ひどく薄く, ほとんどない, まさしく子ども, まずよろしき, またひっそり, また常闇, まだ攻究, まったくなく, まぶしい光, むなしく南, もう少しも, やっぱり締, よいやう, よくも見分けられない, よく整理, わからなかったそう, わけが, わずかに, わたしの, タタリを, ハッキリし, ヒメの, 一と, 一人でした, 一度見た, 一里こなた, 一間置い, 三つ背が, 三法師様こそ, 三角点より, 両側の, 中央に, 主従さし向, 之を, 乗合自動車の, 二人の, 人殺, 人民これを, 今いづ, 今で, 今では, 今でも, 今や坂川牛乳店, 今や阪川牛乳店, 今度は, 今日の, 他人の, 他愛の, 仮名文字の, 住宅地域にな, 何を, 何んだ, 何處も, 例もの, 依然として在り, 先代の, 先生です, 光りも, 入つたの, 全く壊, 全く湮滅, 全然無い, 兼吉つ, 冬に, 冷たい, 化物屋敷に, 千切れ, 単純であり, 却て, 原ッぱを, 又元, 又家, 又折, 取壞, 只黒い, 可なり, 右掌だけ, 吉弥の, 同音の, 咲いたよう, 善いだ, 四本の, 地震計の, 坊つ, 坊主頭と, 変って, 多い, 多そう, 多少見い出された, 大なりと, 大半取り崩され, 大変速く, 大樹が, 大袈裟過ぎた, 太い細引, 如何又我が, 妻君の, 子光寿が, 実に, 寂然と, 密生した, 察する, 小さい本, 小じわの, 小屋も, 小笹や, 小聲, 山林家蔵椽の, 崖に, 左足で, 市内の, 平一面, 平地滑走であり, 幾筋も, 度々来馴れた, 弟に, 徒に過去, 御家督, 思はるれど, 悉く官, 愚か守り刀の, 愚か死体が, 成行きに, 或は強く, 戦争の, 戸を, 戸長役場へという, 房楊枝の, 打潰れ, 持ちこたえて, 数多くたいてい, 文化九年生で, 文学の, 新しいもん, 新宮が, 方々に, 既に冷たく, 明らかであります, 明日まで, 明日持っ, 明晩, 昔よりも, 本当に端折る, 本當, 本通りへ, 松が枝に, 板屋家の, 果して大, 柱に, 案外寥々, 桑園茶園に, 梅迫から, 森と, 楚石の, 極めてはつきり, 次女の, 歯と, 歴々と, 歴々存すれ, 殆どなかっ, 殆どなく, 殆ん, 残すばかり, 残っちゃ, 残らないが, 残らぬし, 殘りました, 段々述べ, 殺人者ので, 気分が, 永く神聖, 決して容易, 決して深く, 泥と, 泥水が, 注目に, 消えて, 消されなければ, 淨土や, 深くない, 火の, 火を, 無い, 無いん, 無かつ, 無し夫, 無言で, 無造作に, 爰だ, 片時も, 片附けなくっ, 現代の, 現在何万坪という, 甚だ美, 疑ふべくも, 発明工風に, 白くな, 白浪ばかり, 百合の, 皆な帰った, 皆質に, 皺の, 盛岡に, 目下路普請最中にて, 直き, 直介, 真っ暗な, 真っ直ぐに, 真白に, 真直ぐに, 眼下に, 矢張隣家の, 知れ難い, 石山から, 石段が, 確かに, 示されて, 神仏同居を, 私が, 私の, 種々に, 種々の, 穴にて, 空き地と, 空虚に, 窮らず, 端折って, 竹藪に, 笑声に, 箱根町と, 納戸の, 綺麗な, 綺麗に, 義弟の, 老人と, 聞いて, 聞えなかったが, 職人が, 自分の, 良い男, 花に, 茫々として, 草に, 草の, 草茫々山を, 見いだされなかった, 見えない, 見えながらも, 見ぬ, 見られないよう, 見る眼, 見当らない, 親しい近親, 親戚ばかり, 言ひ, 言わず, 訳も, 認められず今, 誰が, 誰に, 誰をか, 貫一さんに, 質素な, 追及しない, 道に, 遠からなく, 遺憾なく, 野原で, 長沢亀之助等が, 間違ひもなく, 闇, 降ッ, 降雨の, 隔日に, 隱し, 雪に, 霊樹の, 青き苔, 静かに, 靜かに, 非常に, 頼んだぜ, 風だけが, 首を, 馬耕し, 黙つて, 黙つて薪, 黙り込んで, 點

▼ 跡~ (262, 4.0%)

9 ない, なかった 8 ありません 6 ある 4 ないの, ないので, なければ, 見える 3 なし, 形も, 無し

2 [15件] あった, ありますが, ありませんが, なかつた, なく, なく顏, 十分には, 残って, 無いの, 留めず傷, 素足の, 見えない, 見ずに, 見られない, 青々と

1 [175件] あざやかじゃ, あり, ありまた, ありゃしないに, あり父母, あるが, いつか覚束なくなり, いつまでも, いま現に, かくやと, くらべると, この山, すくない, そこらに, そして心, その前, その臼, たずねましょう, つかない, とどめない, とぼしい被害地, ないから, ないぜ, ないぢ, ないで, ないと, ないところ, ないのに, ないよう, ないん, ない地, ない表情, なかつたの, なき, なき一の森, なき東岱前後, なき風, なくいわんや, なくその, なくなりました, なくほんとに, なく不気味, なく人, なく今日現存, なく兩手, なく到る, なく即死, なく寢卷, なく後, なく成る, なく撒き散し, なく書かれ, なく枯れ, なく毒, なく洗つた跡, なく消え, なく消え失せ, なく炉縁, なく爛酔, なく猛火, なく真新しい札, なく窓, なく紅, なく綿, なく自然, なく誰, なく遠い所, なく開けた, なく頼もしく見られる, なく食事, なしこれ南極, なしという, なし弥生, なし死人, なつかしく試み, なにも, ばりばりと, ひどく荒れました, もうそれ, やと, よじのぼったあと, タミル族の, チャンと, トロイアの, ハッキリ残っ, 五六米置き, 今では, 付いては, 何も, 保存され, 光悦寺から, 六甲の, 刀槍の, 切目に, 匂うよう, 原っぱで, 又大, 古図に, 同じ帳面, 夢の, 大したこと, 大阪銀行の, 定かならぬ, 尋ねにくい, 小波のみ, 掃かぬ程, 新しい次, 新免氏の, 新鮮な, 時々絶え, 有らん, 有るべけれど, 殆どない, 残さず犬吠埼, 残つてゐる, 残らなかったろう, 残らぬよう, 残りますまい, 殘つては, 殘つてゐません, 殘つて居る, 殘らず, 洗ひ清められ, 消え深い, 濃い, 無いぜ, 無いそして, 無いばかり, 無かつ, 無き, 無く涼しげ, 無しさ, 無し先, 無し張板, 狼藉に, 生々しいところ, 留めず語りて, 示さない斯, 私でなく, 私は, 秘められて, 端折らないで, 紐の, 結構だ, 肥沃な, 自然に, 苔の, 若々しく書い, 薄いヒゲ, 見えた, 見えたが, 見えたの, 見えないの, 見えないやう, 見えない庭, 見えなかった, 見えぬ山峽, 見えません, 見ずじまい, 見ずじまひ, 見ない故, 見ましたが, 見られませんので, 見ること, 見当たらない, 見当らない, 見当らなかった, 見當ら, 証明し, 通って, 閉めないで, 青々しい, 青さ, 風に, 鮮やかに

▼ 跡~ (240, 3.7%)

4 あつた 3 せう, 若草は 2 いい, でも, 二人は, 何んの, 俗に, 思つて見ます, 文三は, 明治の, 気が

1 [212件] いまだに物凄い, いろ, うまい事, おじゃろうが, お代先生が, お勢, お医者, お愛想, お政, お母様を, お気味, お玉は, お袋みずからの, お題目, お鳥, こつそり, この菌, これから僕ら, こんどは, ござります, ごぜえます, さア, ざっと拭く, せうね, そこには, そこへ, その寺, その席, それが, それだけ, それとは, それは, それらの, たずねよう, ちびりちびり飲ん, できあがって, どうなるだろう, どこへ, どんなにか, どんなにでも, なここいら, な此処等, のちのちそれを, はなはだしく体躯, はね上がったの, ふと気, ほじくりかえされて, ほんのから, また吹雪, また進ん, やっと気, わたくし共は, ゐざり寄つて, イツまでも, クリスチャンの, チョイと, デコボコし, ブランは, メルリン曰く今, ワシリは, 一しょに, 一石橋の, 一鞍乗っ, 上へ, 下手人は, 世間体が, 丹三郎を, 主婦は, 久右衛門の, 久右衞門の, 事の, 今は, 今まで, 今も, 他の, 何ん, 何んな, 何年も, 余計な, 佛作つた顏は, 価を, 借地な, 僕は, 先ずホッと, 八幡山という, 凹んで, 出る疲, 加減の, 十二時間吐き続けました, 双方に, 只嬉しい, 可哀, 名刺も, 喉の, 嚢の, 墓場から, 声いろ, 奉天攻撃は, 奥さんが, 好く分かっ, 妻の, 子爵と, 宇平は, 宮廷の, 家が, 寄宿舎の, 山峡の, 山平は, 崩れかかった石段, 師匠が, 庭に, 彼の, 従者等は, 御新造様の, 必ず茄子, 忍藻は, 思つて見れ, 恐らくは剃刀, 恐ろしく智慧, 恥かし, 恥を, 憶出し, 戸棚の, 手に, 押入から, 拳骨で, 持病の, 改まった口上, 故人三右衛門の, 文春記者に, 料理て, 暫く待つ, 暫く腕組, 更に酒, 木戸から, 本問題, 杉の, 村の, 枕を, 機嫌を, 歸り, 殆ど同時にどしん, 民子が, 氣が, 沢山な, 注意し, 深い企らみ, 漢書を, 灰色な, 炉の, 独り考え, 独言を, 玉子を, 生梅, 癰が, 直ぐに, 直ぐ飼, 磯五に, 社員と共に, 私の, 私は, 稲田大蛇を, 空気の, 窓は, 米の, 粂之助が, 緩くり, 美しくは, 義雄は, 義雄等は, 聞いたら妹脊山, 聞けば, 肉が, 肝膿瘍, 胃病を, 腸窒扶斯が, 腹ごなしに, 薄茶を, 薩摩から, 表の, 袈裟に, 裏漉しに, 見たら往來, 見た夢, 見れば, 言い足した, 証人に, 誰も, 起った火焔, 跡部堀の, 身長などが, 返せそれ, 道が, 道は, 道化方が, 鈴木君は, 鍋の, 長火鉢の, 門口の, 間もなく天下, 關東大震災の, 隔てが, 非常に, 非道く, 面白い事, 頻に, 顧みると, 飛石に, 飯も, 飲まれる, 骨董屋は, 黒くくすぶ

▼ 跡から~ (191, 2.9%)

7 附いて 5 付いて, 跡から 4 ついて, 続いて 3 跡からと 2 お上さんも, 判断する, 化膿し, 參り, 取調べたり, 大分荷物が, 尾い

1 [149件] あがった, あの界隈, お登和, こづいて, しとしとと歩いた, そっと見え隠れ, それを, そんな返事, ぞろぞろ出, ただ一人, だんだん追いつめ, ついて行った, どこまでも, はいって, また五首作つて二十首, また女, めっきり様子, やって来て, カラカラに, ドンドン遣っ, バラ, パラ, ピタ, ヨタヨタ俥を, 一体どんな, 一體どんな, 七十に, 三倍にも, 上野へ, 下女が, 二筋の, 二階に, 互に深く, 五分とは, 仁右衛門が, 侍が, 供の, 俥が, 兄さんの, 入れた昆布, 入れて, 内埒, 出て, 出來, 出続いたので, 判定する, 十三人がどや, 参りまするとて, 同じく車, 同じよう, 吹きこんで, 吹き払って, 四五十人の, 土に, 地上に, 填合, 大きな盥, 大勢の, 太田道灌の, 女の, 子供を, 小形の, 山を, 帰つて来た, 底も, 式部小路へ, 弾手に, 彼は, 従いて, 思いついて, 思うと, 思ふと, 手の, 拾って, 持たせて, 探足, 攻めかけて, 放火道具を, 救いだした人人, 新しくより, 旦那鎌なら, 早足に, 是非お, 書くので, 来た人, 来た兵卒, 来るが, 来る人, 来る足音, 機織女が, 檀ちる, 気の, 涸ききった, 滋幹は, 牽強の, 現れた忍男, 男は, 発掘せられた, 白い煙, 直き, 直ぐお代, 直に別荘, 知れた, 続く, 脊髄的の, 芳蔵の, 芸者か, 芽ばえるため, 茶わんなどを, 菅笠を, 薄い銅板, 行く, 行くと, 行くという, 行ったの, 西洋へ, 見え隠れし, 見て, 見ても, 見ると, 見出すこと, 豐臣秀吉の, 追いかける, 追い掛ける, 追ひ掛けられる, 追ひ駈け, 追手も, 追掛けて, 追掛けるの, 追駈け, 逃げた出口, 這入つた若い, 這入つて, 進行さす, 遣って, 銀座横丁へ, 開けるでやいの, 附けて, 陰気な, 離れて, 霽れ, 飛びだして, 飛んで, 飛出して, 食っ附いて, 飯を, 飲むと, 駆けて, 龕灯を

▼ 跡~ (163, 2.5%)

5 帰って 4 引き返して 3 戻って, 跡へと 2 引く, 新らしい, 残って

1 [142件] おり立って, かけて, かけよった, かけ付けて, くっついて, すぎひのき等, すぐ蕎麦, その夜大雪, ついて, はいって, はるばる遅ればせ, またいつも, やはり同期, ガタガタと, バターを, ボーイが, ラム酒を, 一同続い, 下げて, 下りて, 下ろうと, 並びに西風大明神, 今度来た, 他の, 付いて, 仮小屋, 來て, 偶然行き合はせ, 偶然行き合わせ, 入って, 入りこんだ警官隊, 入ると, 入れ替える, 入違っ, 内弟子の, 出た, 出て, 出る, 出来ようという, 原丹治親子が, 参詣に, 取って返して, 取つて, 吉原へ, 吉弥は, 同地方, 唐辛子の, 城代太田備中守資晴が, 太田の, 妹の, 始て, 姿を, 娘が, 孫三郎という, 定吉に, 寄添って, 少々戻り, 尾を, 届いた, 山内が, 山内氏五百が, 帰り来りたる, 帰ると, 幾つも, 幾人かの, 建たの, 廻して, 引き返さうと, 引き返しつつ, 引き返す相談, 往って, 御守護職, 我等参合せき, 戻して, 戻った, 戻った時, 戻り登り船, 戻ると, 戻る事数百ヤード, 揺かける, 政友会内閣が, 新しいの, 新富町という, 新聞を, 新規に, 方五尺程の, 村方の, 来った山羊, 来て, 松を, 横浜館と, 此の, 歩を, 残さぬよう, 残るの, 残る人, 残れ可愛相, 注意深い視線, 洞窟の, 焼けトタン, 犬の, 由井の, 登って, 白髪首を, 目を, 直ぐに植, 直つて, 直りまする, 直り煙管, 眼を, 瞳を, 私が, 穴が, 突立せ, 素早く馬, 綺麗な, 緑翹と, 聟として, 臥す, 自分を, 花の, 若旦那と, 薄の, 薄ら寒そう, 行って, 行つた, 行つて引つ返す, 行つて見よう, 親戚で, 跟い, 踏みこんだ, 追やり, 退る, 退ると, 逃げろと, 遙, 野宿する, 集り来っ, 面倒を, 飛退っ, 駈けつけたの, 黒く出る

▼ 跡には~ (160, 2.5%)

2 今言った, 何も, 唯骸骨, 希臘か, 校長らしい, 砂の, 草原の, 荒寥たる, 血が

1 [142件] いつまでも, お糸叔父, お艶, かなり大きな, かみしも, からくり仕掛けの, この地, これらの, こんなに良く, すぐに, その夕方, その時二歳, ただ杉, ただ長い, ちがいない, どうかし, なんにも残りません, また草, まだじいさん, まだ動かさない, もう一方, もう夾竹桃, もう新しい, もちろん町奉行, やがて新しい, ゆすら, ウィルヘルム一世の, シーッと, シーツと, スミレが, ドロンを, 一すじ何かが, 一つの, 両人の, 九子二女を, 享和三年に, 人怖, 今ほかの, 今も, 代官屋敷の, 停車場が, 僅に, 再度鎖国日本, 別の, 十歳の, 又きっと, 古い空井戸, 古生層の, 只黒い, 台所の, 名高い猫騒動, 周囲の, 周馬が, 唯暗い, 唯杉, 唯火の, 啻に火山灰, 四十三歳の, 堂を, 夕靄が, 大きな蒸氣孔, 大審院の, 大木や, 天瓜粉が, 女小, 子供を, 小さな艙蓋, 小さな草, 少しも, 岳蕨が, 平八郎父子と, 彼の, 復と, 心に, 必ず代り, 必ず残されたる, 必ず鳩, 所々に, 打ち捨てて, 散らかって, 新しい都, 日に, 早くも, 春の, 本多蒲生の, 果してなんにもない, 此地のか, 母と, 汚い泥, 泣聲を, 泰勝院殿幽, 深く篠笹, 燈の, 異族に対する, 登勢が, 白い波, 白山小, 眞つ, 石油を, 秋の, 秋深く, 穴が, 笹が, 細かいカンナ屑, 継室麻田氏が, 美しい壁画, 肉の, 胸黒らしい, 草の, 草も, 莫然一物の, 落葉松の, 葉巻の, 蓋を, 薄暗いベンチ, 薄紫を, 裏手の, 見るも, 見晴らしの, 触れないこと, 赭茶けた山の, 踏み蹂, 轟が, 返らずまして, 道, 道綱だけが, 遠いもの, 鉋屑と, 銀行の, 闇と, 陸と, 雌の, 雜草が, 雪が, 青い蓬, 青草いかに, 養子孫三郎と, 館の, 馬糞の, 高さ僅, 魚が, 麝香と

▼ 跡~ (134, 2.1%)

49 もなく 19 もない 12 もなくなっ 4 のない 3 もなくなった, も無い, も無く 2 なく埋めつくされた, もなくなり

1 [37件] が残っ, が残らない, が無くならう, なくなった, なく取り払われ百本杭, なく成りまし玉, なく消え, なく消えるであろう, なく消え去って, なく飛び散って, なしに, のねえ, の事, の始末, の無い, の知れる, はございません, は惣吉, は潰れ, は焼失, もありません, もなかっ, もなき, もなくなりました, もなく伐開かれ, もなく削り取り, もなく散つ, もなく散り失せた, もなく消え去, もなく消え去った, もなく破, もなく飛び散っ, もなし, も残っ, も残らない, も殘つて, をとどめ

▼ 跡~ (82, 1.3%)

5 にする 4 にし, になる 3 の男の子 2 といふ, になるだらう, になれる, の勇太郎, はお

1 [56件] かお, がお, がこう, がこんな, がない, が助十郎, が決つて安心, が無い, でせう, ということ, なんかどう, にした, にしよう, になつ, にならう, には相違, にもなれる, に十二, に直されました, に直される, のこと, の人, の倅, の初太郎, の子供, の御, の數馬樣, の萬次郎, の藤吉, の謙之進樣, の貫祿, の鐵三郎樣, は召出され, は定吉, は歳, は無く, は當然問題, も年上, をさがし出した, をねらひ, を亡くし, を定め, を狙つて, を立てなけれ, ガ二歳故本家, 助十郎樣と, 娘お, 娘でした, 娘といふ, 娘に, 娘の, 娘を, 息子だった, 息子の, 時之, 釆女樣を

▼ 跡~ (79, 1.2%)

4 見えて 2 区別する, 思しきあたり, 聞いて, 誤認し

1 [67件] ある, いうので, いえるが, いっても, いつたら何一つ, いみじくも正邪, いわれる石垣, おぼしいところ, おぼしき箇所, おぼしく草, お別れ, されて, しインド教徒, それから靴, それに対して, ちがって, てかけ候を, なす, なって, ピッタリ一致, モヨ子の, 中指食指等によって, 云ふ, 云ふも, 云われるもの, 交叉し, 仲が, 内部の, 判断するであろう, 半分消えた, 呼ばれて, 呼んで, 女の, 尋ね廻ったけれども, 広場まで, 思い違いし, 思はる, 思われる型, 思われる様, 手型が, 推定される, 新しい紅跡, 柱で, 歩幅の, 波や, 環境との, 申し伝えて, 白っぽい, 石垣の, 聞いたので, 聞く, 聞く鹿野, 英語で, 茫々と, 見える, 見せた右側, 見たの, 見るの, 見受申候, 見立てたらしい英国ニューフォレスト, 覚しきあたり, 解せられぬこと, 言い伝えなかなか, 言うか, 言ひつたへられ, 電車通りとを, 麻屑を

▼ 跡かた~ (67, 1.0%)

29 もなく 10 もない 4 もなくなっ 3 もなくなる 2 は空, 無くなって

1 [17件] ないの, なくとん, なくなった, なくなって, なく吹きとん, なく埋められ, なく失, なく焼け失せ, もそこ, もなかっ, もなかつた, もなくなった, も残さず, も残さねえで, も無い, も見えなかった, を留めず

▼ 跡~ (67, 1.0%)

6 という 3 そうです, といふ, よ 2 という大きな, といふ深い, と云う

1 [46件] からといっ, からねえ僕, から人別, から実, から立, から間違, か二千坪, か煙突, が今, が当時, つたから, つたといふ, といいました, ということ, というところ, という冷たく, という春徳寺, という萱原, という話, という黒い, といっ, といつ, とか, とかいうはなし, とかいう石, とかいふはなし, とかまたは, ときい, とわかった, と判りました, と判断, と後, と思っ, と思われ, と気が付いた, と考へ, と見え, などと立証, ね, ねこんなに, の, のという, もなし, よもう, わ, 内儀の

▼ 跡らしい~ (36, 0.6%)

4 ものが 2 ものだけを, ものの, ものは, ものを, もの井戸の

1 [22件] あたりで, ところに, のが, のです, ものでした, 上の, 丸い形, 処に, 四角な, 大きな石崖, 建物の, 形跡が, 汚点を, 湿地は, 煉瓦の, 礎などを, 礎も, 穴の, 空地を, 背の, 雑草と, 黒い庭土

▼ 跡~ (31, 0.5%)

4 残るらむ

1 [27件] あの変, こ, なからん, はては撥形鶴嘴, ものを, フェルト草履の, 何かの, 先, 口中眼睫の, 名勝に対しても, 廓の, 手型は, 擦り傷を, 時代の, 枯れ桑, 査何号と, 水鳥遊ぶ, 泥が, 粉を, 縄の, 繩の, 置いた跡, 草鞋の, 車の, 辺りに, 遺品に, 馬糞やら

▼ 跡より~ (25, 0.4%)

1 [25件] おかく, 一座の, 一本の, 來て, 出かけしに, 出で, 出る夥しい, 召捕の, 噴泉出で, 大路の, 小僧を, 恋の, 推さば, 更に上流, 来て, 来り捨, 来るもの, 来るよう, 生出る, 秣の, 続いて, 續い, 跡より, 追い来るの, 追ひつ

▼ 跡~ (24, 0.4%)

6 んだ 3 のだ, のです 2 のである 1 けれど根岸, のかと, のだろう, のでした, のでしょう, ので決戰, ので血, ので道, んだろう, んです

▼ 跡でも~ (21, 0.3%)

3 懇に 2 あるかも

1 [16件] あらうかと, あり夜, あるかの, あるらしくただ, あろう沼, ごぜえます, ない, なければ, 今度は, 依然として宇宙間, 僕は, 困るだろう, 好い, 日が, 窺いに, 聞かふから

▼ 跡である~ (19, 0.3%)

2 ことは

1 [17件] かということ, かといふこと, がその, ことが, ことに, ことを, し後者, という, ということ, といふやう, とか, との専ら, と信じ切っ, と教, 地域の, 小橡の, 神の谷の

▼ 跡にも~ (18, 0.3%)

2 先にも

1 [16件] きりぎりすの, ちゃんとその, なお多く, にじんで, ふれて, 一々わずかながらも, 万, 代官の, 別當, 参詣する, 同じ雜草, 残つてゐます, 猶心, 美しい艶, 草は, 血し

▼ 跡では~ (17, 0.3%)

2 なくて

1 [15件] あるが, あるまいかと, この事件, ない, ないこと, ないね, なく全, なく唯, まつたく契合, 倅を, 此の, 猶更身寄頼り, 直ぐ何事, 真赤に, 誰も

▼ 跡なく~ (17, 0.3%)

2 剥げて, 外道に, 崩れて, 消えて, 融けた或 1 かき消される姿, ただ一年半ば以前, 拭ひ去られたれ, 消えうせて, 消えはてん, 絶えて, 雲の

▼ 跡へは~ (16, 0.2%)

2 万屋という

1 [14件] まるで以前, めったに栽, 二十二歳に, 味噌を, 大きな革鞄, 弟の, 新しい足, 枝ぶりの, 残らなかった, 稲を, 道程から, 還らん事, 闇が, 餘所より

▼ 跡まで~ (16, 0.2%)

1 [16件] あり, ある, はっきり読める, やって来て, イタズラは, 付けた, 庭に, 待って, 掻き浚つた樣, 来ると, 残って, 殘つて居る, 着いて, 繼が, 行くと, 行って

▼ 跡という~ (15, 0.2%)

1 [15件] ことも, ところが, のが, ので, のに, のは, のを, ものは, もの無けれ, 名が, 名を, 所から, 所例の, 草むらをも, 類の

▼ 跡をも~ (15, 0.2%)

6 見ずに 2 見た 1 とどめない, 今日は, 止めなくなりました, 見ずし, 見ず飛ぶが, 閉めずして, 閉めずに

▼ 跡なき~ (14, 0.2%)

2 ごとし

1 [12件] が如, にただ, に至りし, に非, もので, や, 二人です, 夢の, 水の, 船ニて, 身こそ, 金の

▼ 跡などは~ (13, 0.2%)

1 [13件] ちょうど灰, ない中庭, なかつたの, ポンペイの, 一つも, 一間半の, 夢にもありません, 少しも, 微塵も, 殘つてゐず, 絵の具と, 見えなかったの, 見られないが

▼ 跡にて~ (13, 0.2%)

2 少女は

1 [11件] その乗り, その灰, 一同は, 人の, 侍と, 口善惡なき, 家族の, 小山の, 小憩往時の, 帳面を, 黙考する

▼ 跡らしく~ (12, 0.2%)

2 点々と 1 かすかな, ざらざらの, はなかつた, 三囲神社の, 亀甲形の, 榮子の, 点々として, 金物の, 饅頭形に, 黒く草

▼ 跡さえ~ (11, 0.2%)

1 [11件] あったこと, そのままであった, つきませんでした, なかった, 判らない, 所々に, 止めて, 殆どみあたらぬ, 肉痩せ, 見られない, 辿れば

▼ 跡などが~ (11, 0.2%)

2 ある 1 あって, あるだらう, あるだろう, あるの, ある浪拝, つくわけ, 明に, 残って, 見え思はずから

▼ 跡について~ (11, 0.2%)

2 行つた 1 來て, 冷たい反省, 前後を, 戸の, 来て, 歩いた, 起つ, 逆さ水の, 這入って

▼ 跡~ (11, 0.2%)

2 絶ツベシ 1 妄リニ毀チ去, 學バントシ政權軍權財權ヲ, 引イタノダト思ウ, 湖上ニ寄ス, 絶タズ, 絶チ經過シタル支那亦, 絶ツベキハ論ナシ, 追ウコトニ決メ, 追フ者ナラザルハナシ

▼ 跡~ (10, 0.2%)

1 そこが, どうかは, 一寸解し兼ねる, 上は, 夫とも, 白昼も, 白晝も, 知らんなどと, 短い五六寸, 肩の

▼ 跡です~ (9, 0.1%)

41 か, かな, ね, ね屹度, よ叔母

▼ 跡かと~ (8, 0.1%)

1 おそろしい, 思うであろう, 思うばかり, 思えば, 思はれ一入, 想われる平, 歩き回った, 見えて

▼ 跡だけ~ (8, 0.1%)

1 だ, で外, 一筋赤く, 寢白粉の, 残ったの, 穴の, 窪んで, 軽く踏みにじられ

▼ 跡とり~ (8, 0.1%)

1 がなかっ, が出来た, にさせられた, にした, の歌川先生, の話, は父, を失うた

▼ 跡なども~ (8, 0.1%)

1 あった, あろうと, ない, はっきり眼, もうたしかに其処, よい例, 平気で, 諸所に

▼ 跡~ (8, 0.1%)

6 もなく 1 もなくなっ, も無き

▼ 跡~ (8, 0.1%)

3 もなく 2 もなくなった 1 なく消え失せ, もない, 附けを

▼ 跡あり~ (7, 0.1%)

1 これは, そこに, て校宋本, と, と案内者, 孔子廟あり, 恍として

▼ 跡ある~ (7, 0.1%)

1 が後日検査, に乗じ, のみにて道路, は人目, は即ち, ものは, 洞に

▼ 跡片付~ (7, 0.1%)

1 に出, もす, やらなんと, をあらかた, をし, をする, を済ます

▼ 跡かも~ (6, 0.1%)

1 知れないし, 知れなかった, 知れぬ, 知れません, 知れませんがね, 知れんじゃ

▼ 跡だけが~ (6, 0.1%)

2 残って 1 まるでマグネシウム, 少しずつ, 幾つか, 泥に

▼ 跡などを~ (6, 0.1%)

2 念入りに 1 付けて, 数えて, 発見した, 見いだすの

▼ 跡なる~ (6, 0.1%)

1 かのやう, ことを, ヴェルサイユの, 丸の内の, 夏草の, 水族館に

▼ 跡なんか~ (6, 0.1%)

1 ありませんし, すぐ踏ん, つきやしないよ, どこにだって, ないぜ, 一つも

▼ 跡~ (5, 0.1%)

4 やない 1 やある

▼ 跡といふ~ (5, 0.1%)

1 ことでした, のが, 山襞を, 氣の, 芋畑

▼ 跡とか~ (5, 0.1%)

1 であらゆる, 塵とか, 庭園とかいう, 折れた個所, 近郊の

▼ 跡として~ (5, 0.1%)

1 そこに, ならば, 尊崇し, 居る, 立派な

▼ 跡とは~ (5, 0.1%)

1 日本の, 申せあまり, 異っ, 異つて, 言つても

▼ 跡とも~ (5, 0.1%)

1 呼ばれて, 山窩が, 形容すべき, 見える, 見える淡い

▼ 跡ばかり~ (5, 0.1%)

1 でなくなにか, で外, 悲しいもの, 追っかけて, 追って

▼ 跡~ (5, 0.1%)

1 をついで, を継い, を継いだ, を譲っ, を譲ろう

▼ 跡もどり~ (5, 0.1%)

2 になる 1 になり, をし, をした

▼ 跡取で~ (5, 0.1%)

1 はない, 乘込め, 伊予守忠弘と, 生活の, 金之進樣といふ

▼ 跡~ (5, 0.1%)

3 の判官 1 と書いた, の主神

▼ 跡戻り~ (5, 0.1%)

4 をし 1 大路に

▼ 跡片づけ~ (5, 0.1%)

1 それも, にごたごた, に隣組, の煩雑さ, も済ん

▼ 跡隠し~ (5, 0.1%)

3 の雪 1 とか擂, の伝説

▼ 跡青々~ (5, 0.1%)

2 と妙, と紅 1 とした

▼ 跡からと~ (4, 0.1%)

1 ぼとぼとついて行った, 煩悶を, 籠上る, 逐ひまはる

▼ 跡からは~ (4, 0.1%)

1 いると, 一しょに, 盛んに, 若い男

▼ 跡けて~ (4, 0.1%)

2 来た, 行きました

▼ 跡~ (4, 0.1%)

1 へもはつきり殘つて, へ滞りぬ, へ糸, 継いだと

▼ 跡じゃ~ (4, 0.1%)

2 ない 1 ありませんか, 見霽

▼ 跡すら~ (4, 0.1%)

2 既にかく 1 ないこと, なくなって

▼ 跡つぎ~ (4, 0.1%)

2 の乞食め 1 になる, は鎮台

▼ 跡とて~ (4, 0.1%)

1 ときどき妖怪出没, はたごやは, 石垣残れり, 運動競技場に

▼ 跡など~ (4, 0.1%)

1 原型に, 称うる, 見える, 認めるよし

▼ 跡までが~ (4, 0.1%)

2 愛嬌に 1 分明で, 同じである

▼ 跡~ (4, 0.1%)

1 なしさ, ぽつと, 見えぬ出来心, 見ずに

▼ 跡切れ~ (4, 0.1%)

1 すぐに, ながらなおも, ながらも呼びやめない, に

▼ 跡~ (4, 0.1%)

1 は二人, は秋月喜一郎, へ藤吉郎, を命ぜられ

▼ 跡片附~ (4, 0.1%)

1 の手伝い, をし, をしはじめた, を致しました

▼ 跡~ (4, 0.1%)

3 の病めない 1 の病める

▼ 跡~ (4, 0.1%)

1 ひて, ふ, ふてと, 掛て

▼ 跡あたり~ (3, 0.0%)

1 から片側町, にわらび, の見当

▼ 跡かとも~ (3, 0.0%)

1 思われるの, 見え或は, 見え雪崩

▼ 跡からも~ (3, 0.0%)

1 止め度, 跡からも, 鉦鼓打ち来る

▼ 跡だけは~ (3, 0.0%)

1 人間の, 伝わったの, 残って

▼ 跡でない~ (3, 0.0%)

1 ことは, とどうして, ものは

▼ 跡などに~ (3, 0.0%)

1 古いベニヤ板, 興味を, 連れて

▼ 跡なれ~ (3, 0.0%)

1 ば亡霊, ば昭ら, ば更に

▼ 跡によって~ (3, 0.0%)

1 それが, 与えられる, 嫌疑の

▼ 跡のみ~ (3, 0.0%)

1 であること, 其の庭園, 多かった

▼ 跡へと~ (3, 0.0%)

1 引いた, 汲んで, 趁って

▼ 跡よりは~ (3, 0.0%)

1 でかいで, でっかいでしょう, 幾分長く

▼ 跡らしき~ (3, 0.0%)

2 ものを 1 池が

▼ 跡~ (3, 0.0%)

1 は希臘派, は用水堀, 山頂の

▼ 跡~ (3, 0.0%)

2 ひて 1 もせざりけり

▼ 跡~ (3, 0.0%)

1 ひわが, ふべき日, ふを

▼ 跡~ (3, 0.0%)

3 にと親

▼ 跡無き~ (3, 0.0%)

1 不知火の, 浪も, 跡を

▼ 跡~ (3, 0.0%)

1 じゃ半蔵殿, は松井須磨子, よ

▼ 跡~ (3, 0.0%)

1 が出来た, へ新た, を引き

▼ 跡かの~ (2, 0.0%)

1 ような, 明暦三年丁酉正月の

▼ 跡こそ~ (2, 0.0%)

1 付いて, 替れ替り

▼ 跡しか~ (2, 0.0%)

1 ない, 残って

▼ 跡それ~ (2, 0.0%)

1 から淡い, に薬物室

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 なき, 暗き

▼ 跡たえ~ (2, 0.0%)

1 て古里, て心す

▼ 跡たえし~ (2, 0.0%)

2 は問

▼ 跡たる~ (2, 0.0%)

1 イギリス領各州の, 竪穴數多存在する

▼ 跡だった~ (2, 0.0%)

1 そうに, のです

▼ 跡だって~ (2, 0.0%)

1 いうんで, 威張ってた

▼ 跡だの~ (2, 0.0%)

1 単調さだ, 朱だの

▼ 跡だろう~ (2, 0.0%)

1 か, と思われる

▼ 跡であっ~ (2, 0.0%)

1 てその, て岩壁

▼ 跡であり~ (2, 0.0%)

1 更にその, 風光明媚四季常に

▼ 跡であります~ (2, 0.0%)

1 からその, どんなもの

▼ 跡であろう~ (2, 0.0%)

1 かが全く, と思った

▼ 跡でした~ (2, 0.0%)

1 からいよいよ, やうな

▼ 跡とが~ (2, 0.0%)

1 ハッキリと, 殘つた

▼ 跡としか~ (2, 0.0%)

1 見えません今, 見られない

▼ 跡とり娘~ (2, 0.0%)

1 と二人, に捨てられた

▼ 跡とを~ (2, 0.0%)

1 残して, 眼で

▼ 跡ながら~ (2, 0.0%)

1 一郎を, 昔の

▼ 跡なし~ (2, 0.0%)

1 といえ, 浜の

▼ 跡などへ~ (2, 0.0%)

1 手風琴鳴し, 行くの

▼ 跡なんぞは~ (2, 0.0%)

1 どうにか誤, なく唯

▼ 跡にな~ (2, 0.0%)

1 つてゐ, つて付い

▼ 跡に対して~ (2, 0.0%)

1 殊にあかんべえ, 無関心

▼ 跡のみか~ (2, 0.0%)

2 へり見ればぞ

▼ 跡ふり~ (2, 0.0%)

2 て神

▼ 跡をと~ (2, 0.0%)

1 ふ人, ぶらひて

▼ 跡を以て~ (2, 0.0%)

1 下総の, 見れば

▼ 跡一つ~ (2, 0.0%)

1 だつてつけ, なく首筋

▼ 跡仕舞い~ (2, 0.0%)

1 しねきゃなんねえ, をし

▼ 跡切れた~ (2, 0.0%)

1 かと思う, 時を

▼ 跡参り~ (2, 0.0%)

1 と称し, の乗り物

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 の代, の時代

▼ 跡多く~ (2, 0.0%)

1 エバルの, 北條氏の

▼ 跡廻し~ (2, 0.0%)

1 にし, になり

▼ 跡方さ~ (2, 0.0%)

1 へもない, へもなし

▼ 跡歴々~ (2, 0.0%)

1 として尋, として見受け

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 となり, となる

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 三と, 二は

▼ 跡~ (2, 0.0%)

2 の走り

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 があつ, をくわしく

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 の決まる, は自分

▼ 跡~ (2, 0.0%)

1 の儀, を得取らずし

▼ 跡見送り~ (2, 0.0%)

1 て瀧口, て門前

▼ 跡追い~ (2, 0.0%)

1 てゆか, をなす

▼1* [297件]

あしの砂, 跡あちらこちらと遊び歩きし, 跡あの笛の, 跡あまり繁からざる, 跡あるいは庭園もしくは, 跡て行きました, 跡いづれも雪, 跡いまの有楽町駅あたり, 跡うるはしき一片, 跡うるわしき玉章っていう, 跡はむその, 跡かたちもなく, 跡かたづけの方, 跡かたづけしている, 跡きわめて明白なり, 跡ぐらいにしか見えない, 跡これは間違い, 跡さえも見えません, 跡さては英雄殿も, 跡しざりをした, 跡したいて我, 跡じみないが日本橋, 跡すらも片づいて, 跡ずさりして眺め, 跡そこに落ち, 跡そのま, 跡たえずして, 跡だけで右足の, 跡だに得還さぬ人, 跡つけてとはぬ, 跡つけた彼の, 跡であったがただ, 跡であったろうとは誰, 跡でございまして閑静, 跡でさえなお雪, 跡でしかなかった, 跡ででもあって, 跡でなければならぬ, 跡といったのである, 跡といふは城崎から, 跡とかで見晴らしの, 跡とかをたどること, 跡ところが斜陽を, 跡ところどころにあり, 跡としてのかたである, 跡としては今吾川郡浦戸村の, 跡としても差支ない, 跡とては赤土と, 跡とてもない, 跡とで顔を, 跡とでもいう地名, 跡とによって文夫さんは, 跡との丁度中間ほどに, 跡とやらこの上, 跡とり息子だ, 跡とり殿が何, 跡どころその水, 跡どころ小夜ふけて, 跡どころ松蝉が啼き, 跡どころ楓あかれり青蛙鳴き, 跡どころ谷沢越えて, 跡どもをお, 跡ないような, 跡なくなりし所所あり, 跡なくなりぬべき伊豆こそ, 跡なぞということが, 跡などと云って, 跡などといふものは, 跡などにはあらでいつか, 跡などの眼に, 跡などまで顕われ, 跡なほ存し唱歌, 跡ならむ蓬が, 跡なりと云ひ, 跡なりとて林道春の, 跡なりとの傳説に, 跡なりに凍った街道, 跡なるべしと云, 跡なんかに寝泊りしなく, 跡なんかは彼女の, 跡なんぞに附いて, 跡なんぞよりもずっと合理的, 跡なんどいふの, 跡におけるように, 跡にすら漸, 跡にてのお歎きいかなり, 跡にでも立退, 跡にどつかと, 跡にはどつと大, 跡によつて書の, 跡に対しても別段に, 跡に対する或る, 跡のけしからず物騒, 跡ばかりが残って, 跡ひきつった皮膚や, 跡ひとつも容赦, 跡ぴッしゃり, 跡ふりむかず一里あるいた, 跡ふりむきて今, 跡への路を, 跡はしに, 跡まだ暖かな, 跡まつたく無し, 跡まばらにもなかりけり, 跡まわしにし, 跡みたような, 跡みたいに掻き廻され, 跡もどりした樣に, 跡もどりする時お, 跡やらむ縄にて, 跡ゆええく, 跡ゆえ向でも容易, 跡ゆく尨犬の, 跡よりぞ来る, 跡らしかったのでした, 跡らしく削ぎ立った夥しい切株, 跡らしく見せかけてその, 跡をでも追ってるよう, 跡をのみ残して, 跡をやつけ給ひし, 跡アルハ單ニ是等ノ地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事, 跡ガアイテイル故ニ, 跡踊リヲ催シテ神イサメヲシタイトテ頼ムカラ先ズ講中, 跡ト云アリ又原中ニ水田, 跡ナク消エル喝采, 跡ナル事是等ノ中, 跡プラットフォームには急, 跡入レテ刀, 跡ローマの人夫ら, 跡一つ御座候得共小屋木等朽居候故年限難, 跡一発限りとなり, 跡不足には明年度銅横浜先, 跡にたちし, 跡中一番古い大萱窯, 跡也今この両家, 跡也常磐は萬梅, 跡二日の余波, 跡二跡と, 跡五十両の才覚, 跡五十兩の才覺, 跡亡影せざらん, 跡仕舞をし, 跡伊達跡と尋ね廻った, 跡の凹み, 跡何所似, 跡入替に昨日花屋, 跡公園裏に二階, 跡其他と同様, 跡其許を妻女, 跡凄まじい中年の, 跡切れると又, 跡切れ跡切れに, 跡匂う梅桜花弁一片も, 跡けぬ, 跡印す駅路の, 跡茫茫濠陽今日再, 跡及びその結局, 跡及街道より散, 跡取たつた一粒種の, 跡取だか何だか, 跡取ってから一度, 跡取ですもの, 跡取なら少々陽, 跡を翻訳, 跡右岸にあり, 跡同じうして, 跡同前也然, 跡吹きはがしたるおぼろ月, 跡喉佛の皮下出血, 跡四人はかなり, 跡地獄の遍歴, 跡の如く, 跡大智禅師墓碑そしてキリシタン墓碑, 跡奈良婆此篋開勿勤常曾已良久爾堅目師事乎墨吉爾還来, 跡奔放であり雅致, 跡女達はそのまま, 跡如何を問え, 跡宅毛見金手里見跡里毛跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 跡の跡, 跡家老職を仰付けられ, 跡少なくなかつたの, 跡から廻っ, 跡尾花屋からかかりし, 跡屋敷御用にも無, 跡引き上戸の言葉, 跡引上戸となつ, 跡忍ばれて哀れ, 跡悲しい反逆の, 跡ふべし, 跡懇切にぞ弔, 跡し, 跡の浜, 跡をする, 跡戻りし難い大勢, 跡押付きの俥で駈付けた, 跡拝領の輩, 跡改めの徒士目付, 跡新開町より失火, 跡新開町焼亡すと, 跡日の丸の提灯, 跡旧物を破壊, 跡村伏見村あたりで長, 跡松風の音颯々, 跡枯れていた, 跡此筥乎開而見手歯如本来家者将有, 跡歴然たり, 跡のほか, 跡残ったり, 跡残霊樹下塔聳宝林中堪喜千年後, 跡気温瀞か瀬, 跡淋漓というはりきり, 跡深々と付さし, 跡清吉鋭次に, 跡の畔, 跡滅す可から, 跡疎, 跡瀝然として蜂の巣, 跡無からん, 跡無く消ゆる, 跡瑞甕山根本寺では兆殿司, 跡甚憐むべきものあり吾妻鏡, 跡留めぬに, 跡白河を行く, 跡白波となっ, 跡百六十坪の権利, 跡相互の時間的関係, 跡相続之儀者書面之者, 跡真に痛むべし, 跡瞭然見る可, 跡石累々たるを見つ, 跡禍福の運, 跡はながい, 跡大勢焼け死んだ, 跡程が有るから, 跡空しきも之, 跡立派なり某, 跡等今日被仰, 跡等道形の儀, 跡が多く, 跡細々と油, 跡継夫婦への気兼ね心, 跡ぎ見た, 跡縦横無尽に砂, 跡膿口など白く赤く, 跡自ずから現わる, 跡自分の近く, 跡りし東路, 跡荒しに来る, 跡菊人形見世物塲より失火, 跡が咲きみだれ, 跡ふ可, 跡のついた, 跡行つた跡へ新聞, 跡襲ぎ息子それはたった, 跡見ず三次, 跡見たいものが, 跡見るに足る, 跡見る如く勇將の, 跡見れば我が, 跡見分として甲斐野半, 跡見物に出掛けた, 跡見返らず飛ぶ如く汝逃足速か, 跡見返れどかひぞなき, 跡見送つて張詰めし, 跡見送らんともせず, 跡訪わんと少し, 跡読みさして身の毛, 跡に一朝一夕, 跡の漢字, 跡赤い肉が, 跡でバタ, 跡皆仮名ニテフクチト記タルハ, 跡迄も斯ぞ, 跡追い廻すように, 跡追おう思いましてん, 跡追ってゆきたい, 跡追っかけ両人の, 跡追掛け我が仇, 跡駈ると, 跡部長坂の小人, 跡里毛跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 跡野分の名残, 跡金峯国師甲武信三国の山々, 跡金手恠常所許爾念久従家出而三歳之間爾墻毛無家滅目八跡, 跡釜云々とある, 跡より入る, 跡開発のこと, 跡附けた内容は, 跡隠し雪という名, 跡難風に逢, 跡青き立派な, 跡の美しい, 跡顕著なるにも, 跡にした, 跡食べた跡も, 跡は節々, 跡鮮やかに走り書