青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「距離~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

足りない~ ~足る 足る~ 足利~ 足袋~ ~足跡 足跡~ ~足音 足音~ ~距離
距離~
~跡 跡~ 跫音~ ~路 路~ 路傍~ 路地~ 踊~ ~踊り 踊り~

「距離~」 2427, 26ppm, 4445位

▼ 距離~ (531, 21.9%)

49 おいて 39 置いて 11 保って, 縮めて 10 隔てて 9 もって 5 へだてて, 保ちながら, 取って 4 ごまかすため 3 とって, 越えて

2 [27件] ごまかす苦悩, ちぢめて, つくって, はかって, はかり見るかな, 一と, 初めて自動車, 取る, 大きくした, 必要と, 急速に, 感じた, 残して, 測定し, 測定する, 生じて, 異にし, 算定する, 自覚し, 落下する, 計算し, 詰めて, 距てて, 近づけるに, 進んで, 隔て, 離れて

1 [323件] あけること, あっちへ, あまり問題, いうこと, いうの, いそがず一人, うしろへ, おいたまま, おきそれ, お離れ, かえさせる, かねて地勢, きまった時間, こしらえて, この儘, こまかく感じ当てる, ころげて, さらに一躍また, して, しや, そう手軽, その八尺, それなりに, それを, たもちながら, だしたり, だんだんつめ, ちぢめその, ちぢめただけの, ちぢめつつ, つくった第一歩, つくること, つくるばかりの, つめあって, つめた, つめて, つめる必要, つめる時間, できるだけ, できるだけのろく, でも逃亡, とおって, とりまた, どうしても詰められない, なくなさして, なしくずしに, なして, なるたけ大きく, なるだけ, はかりそれから, はかり朕, はかるよう, ひらいて, ひろげて, へだてたこちら, へだてたる革命派, へだてた人家, へだてた夢, へだてた所, へだてた泉水, へだててる二人, ほぼ正しく地球半径, まだ註し, もったよう, もつたやう, もつて, グンと, ジャンプする, ボールが, ボールがと, 一層広めた, 一度も, 一息の, 一間半乃至, 七昼夜にて, 三つほど, 三十分ほども, 上手に, 争うゲーム, 二十キロとして, 五キロに, 五千五百万キロとして, 五寸に, 人間の, 伸縮した, 作って, 作り印象, 作り逃げ腰, 作ること, 作るには, 保たしめて, 保たねば, 保ちあたかも, 保ちて, 保ち一人, 保ち紙帳, 保ったまま, 保つため, 保つて, 保つ必要, 保留し, 光線は, 克明に, 出来るだけ, 力説し, 動くすべて, 動くの, 動く自分, 十メートルほどに, 半分それから, 半径に, 単位に, 危険の, 取りかえすこと, 取りながら, 取り戻しそして, 取り返した, 取るため, 取失い形式, 味いたい, 四十一節の, 四回往復する, 埋めるよう, 外的事件の, 多くし得る, 大きくする, 大に, 大袈裟に, 定める事, 実測した, 実測より, 対較すべき, 少くしよう, 少し大きく, 工夫し, 広くした, 庸三との, 延ばしたくどちら, 引離して, 彼は, 得るだけの, 忘れる事, 思い出す事, 思はせるの, 急に, 悟った時, 悟って, 意味し, 感じそれ, 感じたの, 感じて, 感じるしかし, 感じるの, 感じる方, 感じ出した眼, 感じ歴史, 感ずること, 投擲する, 持ち得なかったらどんな, 持ち正面, 持ち紙帳, 持った表現, 持った言葉, 持って, 持つ, 持つた表現, 持つて, 持つ虫眼鏡, 持堪え, 指定しなけれ, 措いて, 措く必要, 描き出し形態, 放して, 數ふる, 既に当時, 明かに, 時間的に, 暗記し, 曳きずられながら, 更に徹底的, 更新しはじめる, 最初は, 有して, 有しなかった, 有するに, 有たぬ, 有って, 槌が, 横に, 橋石まで, 歩いた, 歩いて, 歩かなければ, 歩みゆくこと, 殆ん, 残すどころか, 段々と, 決定する, 泳ぎきること, 泳げるといふのみ, 浮べて, 海浜に, 測ってるの, 測つて, 測り明日, 測り給え, 測ると, 測るなどの, 測るには, 測るにも, 測量した, 無意識に, 無視し, 狭ば, 狭めつつ, 狭めて, 生じ政治的, 異にする, 疾走する, 発見した, 登るの, 目分量で, 目測した, 眼で, 短縮し, 短縮した, 示したのみの, 示して, 示せるもの, 礼節で, 穿って, 窄めて, 簡単な, 粍まで, 絶えず縮め, 絶し, 縮めたよう, 縮めた主, 縮めると, 縮める爲, 縮め殆ど, 置いたのみ, 置いたまま, 置いたん, 置いた台, 置かない惨めさ, 置きその, 置く, 翔飛, 考えて, 考え合わせると, 考慮せざりし, 胸に, 胸算にとって, 胸算用で, 脱して, 自分に, 舟に, 色々に, 萬二千餘里と, 蜿り, 行くの, 行く時, 行く間, 表わすの, 要する対陣, 見つける, 見つめて, 見る, 見出さざるを, 見積り損ねたもの, 観念論で, 言って, 計ったり, 計って, 計りながら, 計れば, 詰めようとも, 詳しく調べ, 認めて, 調子取っ, 調節する, 論ずるの, 走った時間, 走つて, 走らしめしかる後, 走る, 走るには, 走るのに, 超えまるで, 超えれば, 距てた, 踰え, 転落し, 較べれば, 近くさせるべく, 近くせんが, 近づけること, 追い立てて, 途中二回短時間休んだ, 通過した, 逼ふも, 運び得るが, 遠くし, 遠くした, 遠くへ, 遠く感ずる, 量った杭, 開けた, 限界し, 隔たって, 隔てても, 電子望遠鏡の, 頭の, 颯々と, 飛び越して, 飛び退いて, 飛んで, 餘り, 馳せ下, 駆けて, 駱駝を

▼ 距離~ (431, 17.8%)

27 ある 15 あった 10 あるので 8 あつた 7 遠いので, 遠くなる 6 あるの 5 あって, 非常に 4 あります, あるという 3 あるから, あるが, あること, へだたって, 一メートルの, 出来て

2 [29件] あったに, あつて, ありましたが, あるもの, あるやう, あるよ, あるらしい, あるん, せばまって, つまって, ひどすぎる, へだって, まだ遠, 以前より, 分らぬばかり, 大きいほど, 感じられいくら話, 有る, 生じたので, 縮まって, 近ければ, 近過ぎる, 遠いため, 遠いと, 遠いの, 遠かった, 遠くな, 遠ざかって, 隔る

1 [257件] あったとおり, あったの, あったので, あったもの, あった水, あってか, あまりに大き, あまりに遠, あまりに長, あまり近, あまり遠, あらう, あらわれて, ありこの, ありすぎた, ありすぎて, ありすぎるからばかり, ありすぎるし, ありすぎるため, ありそう, ありそして, ありました, ありますし, ありギャップ, あり大衆性そのもの, あり真偽, あり身体, あり過ぎたから, あり過ぎたの, あり過ぎる, あり過ぎるハンディキャップ, あるうえ, あるからね, あるし, あるため, あるといふ, あるとは, あるなど, あるに, あるのに, あるよう, あるらしかった, ある上, ある事, ある所, ある様, あろうとも, いたって近い, いっこうに縮まらない, うんと遠く, おそろしく短く, おもな, およそ二間, かなり近, ことごとく等しい, じりじりと, それを, たった五六間, だいぶん詰ってる, だいぶん遠く, だいぶ差, だんだん拡がっ, だんだん縮まっ, だんだん近づいた, だんだん遠ざかる, ちがうと, ちぢまった, ちぢまって, ついて, つまる間, できたの, できたのに, できて, できると, とりのぞかれると, どのくらい, ないいわば, ないと, ないみたい, ないよう, なかった, なかつたが, なくて, なくなる, なければ, のびて, はたで, はっきりしない, はなれたり, はなれて, ひろがると, ほとんどちょうど二十キロメートル, まだ少し遠, まるでつまり, みじかくなります, もたらして, もっと近く船, やうやく, やがて二三段, やつらの, やや遠き, ようやく隔たっ, わかって, わからない片目, 一〇光年で, 一メートルなら, 一円二十銭かかる, 一千三百餘里なる, 一尺と, 一気に迫った, 一間ぐらゐになつた, 一間に, 一間余りに, 三メートルなら, 三メートルに, 三十里以上にも, 三者の, 三間足らずに, 二メートルなら, 二倍に, 二億五千万光年, 二尺で, 五マイルに, 五六町に, 五千メートルに, 余りに接近, 余りに遠い, 余り大きい, 其時ズッと, 其時ズツと, 凡そ十里に, 分からぬため, 分れば, 前後から, 加は, 動きはじめる時, 十二ヤードぐらいしか, 十五億キロメートルそれから, 十米で, 半町ぐらい, 却って翻訳, 同じで, 地球大, 基線と, 増大し従っ, 変化する, 変化を, 多くなる, 大きい, 大きいこと, 大きくなる, 大分かけ離れ, 大分遠かっ, 失われて, 失われ私, 妙に, 存在する, 定め難い, 少しくへだたっ, 少し遠い, 尚遠く, 彼女と, 心の, 心態の, 必然的に, 急に, 感じられるので, 感ぜられて, 感ぜられるという, 感ぜられる世界, 手に, 挾まって, 日本語に, 明瞭でない, 昔は, 極めて大, 極めて短く, 次第に短縮, 次第に近づく, 次第に遠のい, 殆ん, 残されて, 段々縮まっ, 比較に, 漸次遠ざかった, 物差を, 特別に, 現実に, 甚だしくなる, 生じた, 生じた時, 生じて, 生れて, 百分の一に, 百里も, 益々大きく, 直径二里乃至, 相当に, 相近づい, 短いん, 短くな, 短縮される, 示して, 空間を, 約一里, 約四間, 約百度, 縮まつて, 縮まります, 縮まる時間, 縮み世界中, 置かれて, 自分たちの, 莫大である, 解るの, 計算せられざる, 計算せられる, 設けられて, 詳しく知られる, 距たっ, 距離の, 近い, 近いため, 近いので, 近いのに, 近いほど, 近い割合, 近かった, 近くても, 近くなっ, 近づくに, 近よって, 逼り近づい, 遂に千五百メートル, 遠いから, 遠いし, 遠いせい, 遠いせゐ, 遠いん, 遠い所為, 遠きに, 遠くさらに, 遠くし, 遠くなっ, 遠くなった, 遠くなり, 遠く思われる, 遠ければ, 遠過ぎる, 遠過ぎるです, 長いため誘惑, 長いのに, 開いたとき, 隔って, 離れて, 鼻の, 1と

▼ 距離~ (296, 12.2%)

3 わずかに, 僅かに, 遠ざかって 2 あつた, あるが, そう遠く, だんだん遠く, ないが, ひどく短い, ますます遠く, 一間余りある, 又元, 直径に

1 [267件] あったが, あと六百キロ敵の, あらう其の, あり馬吉, あるいは五〇〇〇, あるけれども, あるの, あるん, あんがい近い, いいかげん大きい, いかに大きく, いくらも, いくら速力, いずれこの, いつの間にか二丁, いつも五間余り, いまは, いよいよ縮まる, いよいよ近く, いよいよ遠く, おおよその, かくばかり, かなりあった, かなり遠い, かれこれ一町近く, ぐんぐんと, この三区, この観測所, さっきより, しだいに近づい, すこし遠かっ, ずっと近づきます, そのいずれ, その位, その旦那どの, たしかに一里以上, たった五千六百万キロ, だいたい七千万キロ, だいぶある, だんだんと, だんだんに, だんだん増し, だんだん大きく, だんだん縮まり, だんだん迫っ, ちぢめられません, ちょうど射, ちッ, ついには, どこから, どっちに, どのくらい, どの家, どんどん遠く, なお計算, なかった, はなはだ近, はるかに, ひらいて, ほとんど電馳一突, ほんのそこ, ほんの二三十間, ますます著しく, ますます迫る, またたくま, まだずいぶん遠く, まだ五万メートル, まだ五百メートル, みるみる非常, もうその, もう一息, もう六七間, もう絶対的, もちろん乗った, もっと接近, もと通りで, わが目, わすか, わずか三十町, 一二メートル宛は, 一千五百メートル, 一哩も, 一哩半三歳馬二十三頭出場, 一層批評方法, 一気に, 一里を, 一間ぐらいしか, 一間しか, 丁度八百キロメートルの, 七マイルと, 七里半に, 三十八万四千四百キロメートルという, 三十八万粁ばかり, 三尺ばかりに, 三尺許に, 三尺許り, 三歩, 三間から, 三間近く, 九ぐらいに, 九万里と, 二万キロ爆薬は, 二三百メートルあった, 二三米が, 二分の一インチ位に, 二十メートルほどに, 二十間に, 二千キロである, 二百米ぐらゐしかない, 二里ほど, 二里近くであった, 二間か, 二間足らずである, 五リーグぐらい, 五丁ばかり, 五六ヤードで, 五千六百万キロほどに, 五尺, 五日前から, 五通りに, 五間とは, 今までの, 何だった, 何でも, 余りに大き, 余りに大きい, 余りに遠く, 余り懸隔し, 作者の, 偶然の, 僅, 僅か一哩半位, 僅か五六間, 充分に, 先づないといつていい例が, 全く吾人現在, 全く地理, 八乃至, 八百メートルと, 六十間とは, 凡そ三尺でした, 凡そ二十メートルで, 凡そ十里, 出来たわいと, 出来なければ, 分りませんけれども, 到底我々, 前述の, 勘定に, 勿論後, 勿論支那里數, 十五マイルであった, 十間も, 千五百キロ東京との, 千六百里ある, 半マイル, 半分であった, 半分に, 単に山, 可なり, 同じぐらい, 周圍が, 啻に空間, 四五間に, 四千メートル, 四千哩に, 土星までの, 地上に, 地図より, 地球から, 大きいもの, 大ならず, 大ぶある, 大約三十里を, 大約二百餘里なる, 大約我が, 天と, 天平時代から, 姿も, 存外短, 容易に, 實際の, 小田原の, 少なくも六七間以上, 幾何ぞ, 広島の, 延びそう, 弓に, 当時若人の, 彼等に, 急速に, 恒同でなく, 意外の, 我が九十里, 投槍の, 折角一すじ, 数十歩である, 敵と, 旭岳が, 明らかな, 映画の, 是非とも, 最も大きい, 最前から, 最早一千米突, 最早二百キロメートル, 有るだらう何, 東廻航路を, 格の, 案外短い, 権之, 次第に短縮, 次第に遠く, 殆ど同じ, 殆ん, 河原を, 無きが, 現在約, 百米あまりも, 益遠く, 直接に, 直線に, 短いが, 短縮かと, 短縮され, 短縮されない, 私たちが, 竟に, 精, 精確には, 約三十尺, 約九十度, 約二尺, 約六, 約十メートル, 約千六百六十, 約百メートル, 約經度八度, 經度約, 縮まった, 聖都と, 自動車を, 自転車で, 見えず, 見る, 見るみるうち, 見る見る内, 見る見る縮まって, 見当が, 近い, 近いが, 近いに, 近いわ, 近くなる, 近しま, 近づいたと, 迫ったけれど, 迫って, 遠かった, 遠くない, 遠く遠く隔, 間宮海峡の, 陸上水泳に, 離れて, 霧の, 非常に, 騎馬なら

▼ 距離~ (280, 11.5%)

16 自乗に 6 間に 5 あること 4 あるもの, ところに, 土地で 3 ために, 差が, 遠さ, 間で, 関係に

2 [19件] あるところ, あるの, ある事, ことを, ところまで, ところを, 二乗に, 外に, 大きさ, 尺度と, 彼方に, 感じが, 空白を, 空虚が, 辺りに, 近いもの, 遠近に, 遠近によって, 関係で

1 [188件] あいだ潜行し, あるびん, ある人, ある今日, ある仕事場, ある又は, ある大通り, ある心持, ある敵, ある方面, ある海辺, ある眉, ある硝子屋, ある細かい, ある継母, ある考えよう, ある草葺, ある言, ある関係, ある高級, いかに大きい, うちで, うちに, おおよその, ことだった, ことは, しかも自乗, しもたや, しれない敷物, せいよ, ため花の, ちょうど真中, つもりで, できるまで, ないこと, ない事, なかで, ひらきが, へだたりが, ように, わかったものの, オンフルール海岸は, カイリ数を, 一つかも, 一方の, 丁度中頃に, 三万倍も, 三乗, 三乗に, 上だけ, 上で, 上に, 不安の, 不自然さが, 中に, 乾州, 二乘に, 二倍に, 五倍か, 人間学的構造に, 位置に, 何十倍ぐらいかの, 六三〇〇〇倍に, 六分の五まで, 凡その, 処に, 出来て, 出現として, 前途の, 割に, 力戦である, 力戰である, 加減で, 助けで, 厠でも, 問題は, 増大を, 変化は, 外, 外へ, 大きい, 大なるほど大, 大分遠く, 大小は, 奥に, 定数箭放ち, 導函数と, 差である, 差に, 平均に, 平均は, 平方に, 平方根に, 幻想は, 庭が, 廊下の, 建物の, 後側の, 循環線に, 心得によ, 念が, 情熱, 情熱から, 感じ, 感ぜられるの, 感激, 感覚が, 感覚を, 感覺を, 懸隔の, 所ちょうど, 所で, 所まで, 接近に, 接近を, 推測に, 推量に, 方は, 時間に, 曖昧さが, 有る生活状態, 板取に, 概念を, 歩行を, 水上に, 混乱が, 測定が, 測定と共に, 測定についても, 測定は, 測量に, 点から, 点にのみ, 物は, 狭い所, 率です, 生じて, 略ぼ, 目標に, 相乗積で, 短いところ, 短い場合, 短かさ, 程度によって, 空中まで, 空間を, 範囲内で, 約二倍, 終端に, 絶対感が, 自乗, 茂手木よりも, 莫大な, 親しさ, 観念に, 観念を, 觀念失くなり, 計測には, 計算に, 調節によって, 距たりが, 近い点, 近さ, 運搬に, 過大な, 遠い上層, 遠い内陸地, 遠い感想, 遠し近しによって, 遠方という, 遠近とか, 遠近の, 遠近は, 遠近も, 適不適まで, 長いほどに, 長い田舎路, 長い顕微鏡, 間を, 間隔が, 間隔は, 関係および, 関係から, 関係を, 隔つてゐる, 隔絶を, 青森市に, 2乘に

▼ 距離~ (268, 11.0%)

6 ある 5 あって 4 あった, あるの, すれば, 反比例する 3 しても, 於て, 於ては, 立って

2 [13件] あったと, あるから, あると, しては, すると, 伴れ, 応じて, 於いて, 比例し, 等し, 置き今, 近寄せて, 迫って

1 [203件] あったから, あったが, あらざる事, ありその, あります, ありシリウス, あり最, あるあたり, あるかと, あるこれ, あるとも, あるのに, ある一つ, ある五丈石, ある人鬼ジャック, ある同様, ある大阪弁, ある家, ある小屋, ある平面, ある恒星, ある故郷枕香, ある敵, ある沈設水雷, ある物体, ある直径百四十万キロメートル, ある相生橋, ある豊国丸, ある赤道, ある阿弥陀, ある隣接三角点, いたせば, いたっては, いつも透明, いて, います, いる女, おく簡単, かかわらず手, かかわらず追加, かなひでという, かなりの, かわるがわる続きたる, したら三寸, したら五六間, したら約, して, せまった郷里, そのビール会社, ちらばって, なった, なったら一, なったら四倍, なって, なる, なると, なるの, はいったら射撃開始, はなして, ひつそりと, ひろがった, よらず同一, ガサガサと, 丈余の, 亘って, 亘つて正しく, 亙って, 仰ぐ群峰, 似る, 作用する, 依つて, 停泊し, 入ったと, 入るやいな, 及ばじされど, 反比例し, 同率の, 吹きやられてるよう, 在って, 在る, 在るもの, 在るらしい三河新城町, 在る分署, 在る小屋, 在る桜台, 坐り直らされた, 外ならぬ, 外の, 對し, 對する, 就いての, 就きて, 居る男女, 席を, 延長すれ, 引き伸して, 引き寄せて, 当るの, 從つて濃淡を, 思われても, 感じて, 我が顔, 打ちかつ, 押し離され輕蔑, 拡げて, 持って, 按排され, 接近し, 接近した, 接近する, 描き出した, 散らばって, 於ける左右上下, 於ける視野, 旬日を, 星雲物質が, 有限な, 望まれるだけ, 望み得るであろう, 本篝, 来た, 来た時, 来ること, 構へ, 横たわって, 橋と, 正比例し, 正比例する, 殆ど三時間近くを, 母家は, 比しては, 比例する, 汽船の, 泛んで, 注意が, 淡い筋, 無関係で, 無関係である, 無関係な, 無関係に, 片膝, 猛威を, 画した非常線, 直径四尺程の, 相対峙, 相違が, 着々と, 立ちの, 立ち止まったから, 立つ者, 立戻り, 等しかる, 置かれ境内, 置くこと, 置こうと, 置変えた, 聳えて, 至れりとの, 苛立つの, 虎は, 見えるの, 見つけるまで, 記載され, 誤ま, 負けない長, 超越すれ, 身を, 近きぬ, 近づいたところ, 近づいたの, 近づいた頃, 近づいて, 近づき柱, 近づくと, 近づくまで, 近づく者, 近づけて, 近寄ったところ, 近寄った時, 迫ったとき, 迫りて, 迫れば, 追って, 退いた, 退いて, 逃げて, 進みよって, 進んで, 逼った, 逼つてゐた, 過ぎず, 達したとき, 達したの, 達して, 達する, 遠退い, 適は, 避雷針から, 釣られると, 関係し, 關係し, 霞んで, 面するの

▼ 距離~ (57, 2.3%)

2 あつた, 見る青年

1 [53件] あつて, いって, いっても, この村, この程度, すけん, そのため, その間は, とまった, とまる, はっきりと, ぴたりと, ほとんど円形, もちこたえて, やって, リュクサンブール公国が, 三十二哩と, 三点あるいは, 上野と, 二つの, 二人とも, 二人は, 云えば, 作業の, 八つの, 其処は, 出させると, 加速度が, 十数町蓮池から, 四十尺も, 国が, 地形が, 定めるの, 実際上, 小沢岳から, 引火の, 敵を, 更らに, 決る, 汽車など, 流れ落ちるの, 湯の, 濃くなっ, 発射された, 相正眼, 眺めたもの, 眺められる, 私たちに, 立ち止って, 見眼, 計ること, 通話自在であった, 進行する

▼ 距離~ (45, 1.9%)

2 ない, 距離だ, 近い

1 [39件] あった, あり余裕, あると, いろいろに, かなりある, そのくらいの, だんだん近く, ちょうど同じ, ないらしい, なにも, ますます精密, まったく間近, よく分らない, 可也遠, 変ったであろう, 大して離れ, 少し遠く, 普通の, 殆ど影響しない, 白昼の, 相当に, 短く泳ぎ, 短縮され, 程よくほとんど, 見ごろ, 超越し, 近くし, 近くその, 近く登り降りも, 近く高, 遂にここ, 長く五十メートル, 長く又, 間近くなった, 間隔も, 随分遠く, 離れたが, 零距離から, 非常に

▼ 距離~ (42, 1.7%)

2 照明においても

1 [40件] いい的場, いって, こ, これらの, さして違わない, その凸凹率, その取付け, その移行, その風当り, びすさって肘で, パナマ経由ニューヨークへの, ワクが, 不便さが, 位置と, 力の, 印象からの, 同じほど, 対立とが, 対立とを, 彼自身の, 敦煌から, 方角に, 方面を, 日数に, 時間とを, 時間の, 案内において, 歩数と, 歩数とが, 歩数とは, 無連絡, 硝子戸などで, 範囲の, 範囲を, 自動車の, 自由の, 角度で, 距離が, 連絡を, 高度とが

▼ 距離から~ (38, 1.6%)

2 こちら側へ, 三寸の, 描くこと

1 [32件] いえば, いって, いっても, いつても, うつるん, そしていろいろ, 二つに, 云うと, 云って, 云つても, 五百キロメートルの, 任意な, 入口の, 内へ, 内へは, 出るのに, 寺の, 悲喜を, 撮るべきである, 撮影した, 来る煤煙, 相互に, 縁側に, 考えても, 聞こえて, 船橋の, 見えます, 見ると, 見るとんび, 見れば, 静止せる, 飛んで

▼ 距離まで~ (34, 1.4%)

3 来て 2 延びて, 来ると, 近寄って

1 [25件] すゝんで, のばした, のばして, ベンチに, 來る, 広がって, 急投, 戦いの, 投げ出されるという, 攻めて, 旅人に, 来るや, 見えますから, 近づいて, 近づけない, 近よります, 近付くと, 近守っ, 近寄ると, 退いた, 退いて, 進むと, 遠のきますと, 適用されるだろう, 集まった

▼ 距離~ (20, 0.8%)

2 に基く

1 [18件] から来る, がなくなり, が不足, が何となく, が喪失, とまた, と時間的観念, に戻っ, に発する, の上, の中, はそこ, は立場, は縮められ, を外れ, を失った, を暫く, を表現

▼ 距離しか~ (19, 0.8%)

4 ない 2 あるまい, ないので, なかった 1 あるまいが, ないあの, ないうち, ないとっつき, ないの, ない三角点, ない片桐松川, 見えなかったから, 近づきかねて

▼ 距離では~ (16, 0.7%)

2 ないの

1 [14件] ありさき, ありません, あるが, それを, ない, ないので, ない時間, なかった, なし馬車, 今は, 弾は, 惜しげも, 意見の, 米友の

▼ 距離でも~ (13, 0.5%)

1 [13件] あったので, ありません, とどくん, ない, ないので, ないのに, ないはず, ないらしい, なかった, まるで指, 時間でも, 空を, 耳に

▼ 距離である~ (12, 0.5%)

1 [12件] からなるほど, がこの, が生れ, が電車, ことを, し他, し移轉後, にもめげず, にも拘らず, 大湯温泉は, 幹の, 本流との

▼ 距離~ (10, 0.4%)

1 からであろう, から往復, から此処, が灰色, し一峰一峰絶縁, し暗く, という気, とかがちがいます, と思います, と思った

▼ 距離において~ (9, 0.4%)

1 ある人, ずっと長かっ, どうする, 一尺の, 三分の一以上は, 地上一メートルの, 明らかに, 明白な, 発見した

▼ 距離にまで~ (9, 0.4%)

1 吹き飛ばし小諸, 噴出する, 延長した, 引寄せられ, 敵の, 紳士淑女を, 迫ったとき, 追い詰めると, 追ッ

▼ 距離とを~ (8, 0.3%)

1 ほぼ正当, シッカリ見定め, 大袈裟に, 持った諸, 比べて, 眼で, 短縮する, 計ってから

▼ 距離という~ (7, 0.3%)

2 ものが 1 ことも, のは, ものについては, ものは, ものを

▼ 距離~ (7, 0.3%)

1 のだ, のだった, のだろう, のであった, のである, ので葬列, んていう

▼ 距離とか~ (6, 0.2%)

1 あるいは十間二十間, さまざまな, なんかいう, 両者の, 二間の, 均衡とか

▼ 距離にわたって~ (6, 0.2%)

1 ただ一面, 修繕中で, 倒れた家々, 散在した, 歌を, 西洋風に

▼ 距離~ (6, 0.2%)

1 すえながら, ケシ飛ばされ, 成るべくカツチリ, 来ても, 絶えず目, 近づいたらもう

▼ 距離自体~ (6, 0.2%)

2 がこれ, が思考 1 が語っ, が語つて

▼ 距離としては~ (5, 0.2%)

1 まだ一丁, 日満, 最小限度の, 東京を, 短かい

▼ 距離とは~ (5, 0.2%)

2 人間と 1 あまり違わないであろう, 同一だった, 違い時

▼ 距離~ (5, 0.2%)

1 人が, 哩数は, 方角の, 観察面や, 遠さ

▼ 距離だけ~ (4, 0.2%)

1 下がった所, 移動した, 行くと, 走って

▼ 距離です~ (4, 0.2%)

1 からみるみる, から十時二十五分頃, が相手, ナ

▼ 距離との~ (4, 0.2%)

1 宜しきが, 間の, 関係を, 関係都会と

▼ 距離~ (4, 0.2%)

1 と云, にある, に出, を注意

▼ 距離であった~ (3, 0.1%)

1 が, が春琴, が町

▼ 距離とに~ (3, 0.1%)

1 あっても, へだてられつつ, 相当に

▼ 距離などは~ (3, 0.1%)

2 分らず当人自身 1 全然見えなくなっ

▼ 距離によって~ (3, 0.1%)

1 作家は, 左右されるであろう, 赤赤白青の

▼ 距離までも~ (3, 0.1%)

1 寄せて, 豌豆大の, 逃げて

▼ 距離よりも~ (3, 0.1%)

1 もっと吾, ニヒリズムと, 遠いから

▼ 距離~ (3, 0.1%)

1 な哀感, にもものすごい, にも百米

▼ 距離あるいは~ (2, 0.1%)

1 別の, 高さ

▼ 距離からは~ (2, 0.1%)

1 すぐ脱しえた, 容易に

▼ 距離すなわち~ (2, 0.1%)

1 波長は, 軌道の

▼ 距離だけを~ (2, 0.1%)

1 さきへ, 別に船

▼ 距離だらけ~ (2, 0.1%)

2 で距離

▼ 距離であり~ (2, 0.1%)

1 ながら, ましてえらい

▼ 距離でしか~ (2, 0.1%)

1 ない, ない足利

▼ 距離といふ~ (2, 0.1%)

1 ことは, ものを

▼ 距離とから~ (2, 0.1%)

1 判断し, 計算し

▼ 距離においても~ (2, 0.1%)

1 同様であろう, 音量においても

▼ 距離における~ (2, 0.1%)

1 引斥力の, 重力の

▼ 距離にな~ (2, 0.1%)

1 つても, つて女は

▼ 距離には~ (2, 0.1%)

1 ただ透明, 近づき得ても

▼ 距離にも~ (2, 0.1%)

1 大きな運命, 等ししかれ

▼ 距離によ~ (2, 0.1%)

1 つて二つに, つて作家は

▼ 距離ほどに~ (2, 0.1%)

1 他を, 先んじて

▼ 距離より~ (2, 0.1%)

1 一尺遠く, 糸を

▼ 距離よりは~ (2, 0.1%)

1 ずっと遠く, 近い

▼ 距離を以て~ (2, 0.1%)

1 之を, 進んで

▼ 距離~ (2, 0.1%)

1 縮メ一間手前マデ追, 行ケルノダロウト思ウ

▼ 距離不明~ (2, 0.1%)

1 なれども, の辺

▼ 距離五六尺~ (2, 0.1%)

2 ばかりのところ

▼ 距離以内~ (2, 0.1%)

1 に来ない, のもの

▼ 距離以外~ (2, 0.1%)

1 に及ばぬ, に大きい

▼ 距離位置範囲~ (2, 0.1%)

1 が決定, を決定

▼ 距離~ (2, 0.1%)

1 に近づける, の水面

▼ 距離又は~ (2, 0.1%)

1 間隔, 間隔の

▼ 距離唯一~ (2, 0.1%)

2 の照明

▼ 距離~ (2, 0.1%)

1 ならねば, なれば

▼ 距離最も~ (2, 0.1%)

1 早いという, 遠きも

▼ 距離遠から~ (2, 0.1%)

1 ざるに, ぬ其部衆

▼ 距離間隔~ (2, 0.1%)

1 もだんだん, を保っ

▼1* [135件]

距離あって始め, 距離ある言葉否, 距離あるはそれより, 距離いかなる角度いかなる, 距離いくばくぞ, 距離およそ三十間, 距離からでも聞きとれる程, 距離からも起こって, 距離へ出, 距離さらに羽黒から, 距離した物品である, 距離じゃないん, 距離そのもので比較, 距離その他の関係, 距離だけからいえば, 距離だけが見えた, 距離だけの隔りを, 距離だったがクリストフ, 距離だつたが今度, 距離だろうと考えた, 距離ってなんの, 距離であっても一日彼, 距離であろうか, 距離でしたが振り返っ, 距離でなくても十五分, 距離でなくって平面, 距離とが要る, 距離として與へ, 距離とも言つて見たい, 距離と共に感ずる物理的方則, 距離なお五六百マイル西方に, 距離ながら時間を, 距離なく完たく, 距離なら本当に申し分, 距離なるに, 距離においては吾人は, 距離にかはるが, 距離にしかない, 距離についてまだ考へ, 距離にて狙撃すれ, 距離にまでは近づいて, 距離に関するらしい計算, 距離はといえば, 距離はわづかに, 距離ばかりでは, 距離への侵入作戦は, 距離ほかなかった, 距離ほどおくれメネラオス, 距離ほどもちがって, 距離までを家界と, 距離もさほどなく, 距離やを人間の, 距離ようやく縮まりて, 距離をはかつてゐる, 距離をば焦れて, 距離をも結合する, 距離を通して宙に, 距離自乗ニ反比例スル, 距離ハソノ二点ヲ結ブ線分ナリ, 距離メーターをかけ, 距離近イシ, 距離一つです, 距離一メートルのところ, 距離一千四百三十一キロメートルにし, 距離一千百六十マイルあり, 距離一杯にうろつい, 距離一百二十マイルあり, 距離一里というの, 距離七八マイル全部登りである, 距離七十二マイルその間数千フィートの峻坂, 距離七千万キロを飛ばなく, 距離三メートルになる, 距離三十度以内にあった, 距離並んでいた, 距離九万里となる, 距離九百四十マイルにし, 距離二メートルの場合, 距離二万メートルの声, 距離二万海里と云ったら, 距離二十マイルの山陰, 距離二百二十度に對比, 距離二百五十キロの所, 距離二百五十マイル余夜暗くし, 距離五十マイル地面より平均七百五十フィート, 距離より多き, 距離位置度數速力配合組立等の持つ, 距離何ぞや, 距離に一間, 距離僅かに数間, 距離六キロの間, 距離六千二百万哩の向, 距離六尺深さ八十尺, 距離十円の切符, 距離千メートル以後は一日, 距離千尋なるべく覺, 距離南北に遠く, 距離即ち畝幅が, 距離四千二百万キロメートルの往復, 距離四千百キロ飛行時間七十一時間その長い, 距離大きさこことの, 距離であらう, 距離幾許ぞや, 距離に遠く, 距離押してやった, 距離方向を判断, 距離方向範囲を決定, 距離最初は二インチ後, 距離東京なら百円, 距離の長, 距離殊に新宅の, 距離海岸に沿う, 距離に近く, 距離甚だ遠きに, 距離的四十マイルで私, 距離目分量で十町余り, 距離知的な好奇心, 距離積算計というメーター, 距離空気の抵抗等, 距離竪川小名木川に比し, 距離と云う, 距離二千碼と, 距離絶大なるを, 距離背反を問題, 距離胸中はっきり引かれた, 距離自身に比例, 距離角円と楕円, 距離角度鮮鋭度などの機能それぞれ, 距離とだけである, 距離調整用のクランク, 距離押出し其幅員約, 距離遥かな処, 距離遺物ヲ覆, 距離長く難コース, 距離間隔六百メートルを間, 距離関係がなくなり