青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言わず~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~言います ~言う 言う~ ~言え 言え~ ~言っ 言っ~ ~言った 言った~ ~言つて
言わず~
~言わない ~言われ 言われ~ 言われた~ ~言われる 言われる~ ~言葉 言葉~ 言語~ 計~

「言わず~」 1014, 10ppm, 10257位

▼ 言わず~ (531, 52.4%)

7 出て 6 黙って 5 いられなかった, いる 4 いた, いること, おいた, それを 3 死んで, 親分

2 [28件] いられなかったの, いると, いるの, さっさと会社, しまった, じきに, ただ笑っ, ちょいと, 一と, 中は, 例の, 僕の, 姿を, 居るが, 彼の, 次の, 歩いた, 泣いて, 私の, 突き膝で, 笑って, 置いて, 聞いて, 自分の, 花嫁の, 行って, 顔を, 飛出しました

1 [430件] あいた手, あえいで, あたふたと, あった, あったん, あって, あとの, あなたは, ある, あるが, あるところ, あるん, あんなに煽切る, いきなりそれ, いきなりパッと, いきなりルウス, いたが, いたけれど, いたの, いたもの, いた身, いっさん, いて, いても, いましたが, いられないの, いられないもの, いられないん, いられなかつた, いられなくなって, いられようが, いられる筈, いるという, いるには, いるもの, いるよう, いる中, いれば, うっかりし, うっちゃって, おいて, おけば, おこうか, おこうと, おそらくはそれ, おとなしく相合傘, おばさんを, おりますが, おれば, お勢, お庭, お引き渡し, お舟, お芳, お身, お逃げなさい, かげで, きょうは, くるりと, ぐったりと, ぐと申しやす, こうしろ, こっちへ, このお, このおやじ, このこと, このまま, この処子, これは, これ出し, こんどは, こんなこと, さっさと着, しぶしぶ寝, しまったり, しょんべん組, じっとし, じっとわたし, じっと隠れた, すうっと, すぐさまね, すぐ姿勢, すたすた歩き出した, すばやく部屋, すべてカロリーという, すまされよう, すましたいの, すますよう, ずいと上っ, ぜひ頼む, そこの, そこを, そして別に, そのうち, そのまま別れた, そのまま引っ返そう, そのまま財布, そのアパート, その側, その吉祥寺, その場, その後から, その扁平, その銀貨, それから, ただ, ただこの, ただちょっと, ただなんとなく, ただはいはい, ただ一度, ただ伏し, ただ大きく, ただ大切, ただ居士, ただ彼女, ただ感情, ただ現われる, ただ頭, ただ馬乗り, たまには, であった, どこへ, どやどやと, ぬうと, ひき返して, ひれ伏して, ふいと, ぶっきらぼうに, ぶるぶる震い, ぺたりとその, まあ辛抱, まず母親, また彼方, まるでメリケン粉, めしを, もう一丁融通, もう少しあと, ゃいられなくなったのさ, やられたらしいんで, やられた小林, よそを, わしと, わたしたちは, わたしは, オデン屋を, カピの, コソコソと, ゴクリと, ズイと, ツイと, ツツと, ナヂェージダは, ノソノソと, バルブレンの, フラリと, プイと, プランセット袋町の, ランプ室に, レーニの, 一刻一刻いや, 一所懸命に, 一目散に, 三吉の, 上って, 上手な, 上目遣いに, 下さいな, 下田の, 不意に, 並木先生が, 二人を, 人の, 人は, 人を, 今すぐ, 仏と, 仕事場から, 他の, 他人の, 伏目に, 会わして, 佇んで, 何か, 何とかしてやっ, 侮蔑を, 信用しなさい, 俯伏し, 俯向いた, 働いてる, 光る眼, 兎も, 其処に, 出かけて, 出せいっ, 切符を, 列んで, 判事と, 別の, 別れたが, 別れては, 別れるっていう, 加十の, 動かないその, 博士の, 即死し, 即死する, 取っときたまえて, 受け取った, 受取りて, 只泣い, 台所へと, 右手を, 吉の, 向うへ, 向き合って, 吾妻屋の, 味噌松は, 坐って, 堪うること, 外へ, 大師講と, 女と, 女を, 娘の, 娘を, 嫁に, 子供の, 安寿の, 室から, 室を, 家の, 寝て, 寝苦しがっ, 小さな接吻, 居ったチー・リンボチェ, 居ましたが, 居られよう約束, 崖の, 巡査の, 左へ, 左膳が, 差俯向く, 巻煙草を, 帰って, 帰りましたから, 帰るが, 帰れ帰れ, 幽かなふるえ, 廊下の, 廊下へ, 引き揚げて, 彼に, 彼は, 彼らは, 彼を, 彼女の, 往来の, 往生しろ, 怕, 恍惚した, 悪いこと, 惟光は, 我慢し, 戸を, 房枝の, 手代の, 手巾で, 手渡すと, 手真似で, 打ち沈んで, 打解けた様子, 承知するだろう, 折角話した, 拗ねるなんて, 拝むから, 操縦室へ, 教えて, 斬りつける, 斬り付ける, 新聞記者の, 日本アルプスと, 早くも, 早く奥, 早く歩きなさい, 早く歩け, 早速通せ, 時々溜息, 暗い横, 暮すこと, 暮らせたもの, 有ります, 朝子と, 本舞台, 札を, 検眼を, 正味の, 歩きつづけた, 歩き出した, 歩くん, 死ぬよう, 死ぬよりは, 死んだこと, 残って, 残念そうな, 母は, 気むずかしげ, 治安判事の, 泣き入った, 浴場から, 済まそうか, 済んだ, 渡して, 溜息を, 潔く勝負, 無断で, 父の, 片桐の, 特に凡人, 狸寝入りを, 理屈の, 生活し, 甲板の, 男の, 番頭を通して, 白い眼, 白状した, 百五号船室に関して, 皆に, 目を, 直ぐまた, 眠る工夫, 眺め入ったの, 眼を, 知って, 知能とか, 碧い, 禍いを, 秀子より, 私から, 突き出して, 突き放して, 突然, 突然が, 突発的で, 立ち上がって, 立ち去った, 立ち去って, 立ち竦みました, 立去った, 竜神の, 第一着, 箸を, 納めて, 紙包みを, 結婚も, 絵筆でも, 絶えず物, 綺麗に, 緊張した, 置いた, 置きましょうわい, 置く, 置くの, 置こうと, 考えた, 肥後の, 胸を, 腰かけて, 自ら利益の, 自身で, 苦しんだ, 苦笑いし, 苦闘してる, 荒々しくそば, 荷物を, 薄墨華魁を, 蜜柑を, 裏口へ, 裾を, 要心しろ, 見て, 親分さん若旦那を, 親方が, 親方の, 解りあって, 言うとおり, 話しだした安二郎, 話を, 貴方様の, 貸して, 貸間を, 質札を, 起ち上がって, 足を, 踞み, 辛抱し, 近ごろは, 退屈そうな, 送って, 逃げて, 逃出す, 逢わせたとこう, 適度に, 還って, 部屋の, 部屋を, 金を, 金口の, 鉛筆の, 長いことお互い, 長谷川の, 門前に, 隣の, 静かな, 頬とも, 頼むから, 頼むぜ, 頼む十年, 飛びつくと, 飛付いた奥宮鏡太郎, 食べて, 飯田の, 馬の, 駈け出そうと, 駈け歩行, 黄ばんだ女, 黒ん坊が, 黒坂の, 黙して

▼ 言わず~ (41, 4.0%)

3 知れて 2 知れた, 知れたお, 知れたこと

1 [32件] しれたこと, しれた透明人間, はやく帰っ, わかってる, 前へ, 当人罪に, 明である, 最初から, 歌川派の, 知れたその, 知れたそれ, 知れたれい, 知れたシンビールスク県, 知れた亀背, 知れた前, 知れた十吉, 知れた妙義, 知れた妙齢, 知れた子孫, 知れた彼, 知れた恋, 知れた細工, 知れた纏足, 知れた羽織芸者, 知れた藤間チョビ安, 知れた轟, 知れた近藤ツル子, 知れた金, 知れた駒形, 知れた魚心堂大人, 知れた麻薬塩酸ヘロイン, 説くと

▼ 言わずには~ (31, 3.1%)

7 いられなかった 2 いられない, 居られなかった

1 [20件] いって, いなかった, いられないお, いられないという, いられないの, いられなくなった, いられなくなる, いられなくなるよう, いられぬだろう, いられねえ, おかぬから, おられなかったん, おられませんでした, 居られない, 居られないの, 居られないのよ, 居られない八五郎, 居られません, 済ませなかった, 置けん事

▼ 言わずとも~ (27, 2.7%)

3 好い 2 よろしい

1 [22件] かっぽれ, その情景, のこっちゃあねえか, よい, よく計らっ, わかるじゃ, わが身, われわれが, 一歩妥協し, 二十年経つ, 体操の, 分て居る, 可かろう, 好い事, 寂しいとも, 志村の, 現にわれら, 白氏文集, 知れたこと, 知れよう, 私ごとき, 解くであろう

▼ 言わずただ~ (9, 0.9%)

1 いまより, うちふるえ, やさしく手, 一句ありがとう, 宇治で, 挨拶に, 東京まで, 深々と, 静かに

▼ 言わず~ (5, 0.5%)

1 給仕ごとに, 艶様, 行方を, 角さんの, 銀様も

▼ 言わず~ (5, 0.5%)

1 すぐに, の神書, まですごし, 松は, 直ぐ

▼ 言わずいきなり~ (4, 0.4%)

1 こちらへ, ハンドバッグを, 凄い顏, 外へ

▼ 言わずその~ (4, 0.4%)

1 人の, 右と, 呟きも, 地味が

▼ 言わずそれ~ (4, 0.4%)

1 に証拠, はまた, もまた, を人形

▼ 言わずまた~ (4, 0.4%)

1 こっちから, その他には, どこへ, 一杯ついで

▼ 言わず~ (4, 0.4%)

1 あれかれを, あれ大きく, あれ彼, 知れた青海

▼ 言わず~ (4, 0.4%)

1 に背, の背中, の顔, を拝ん

▼ 言わずいずれ~ (3, 0.3%)

1 その辺, もその, も意匠図案

▼ 言わずこれ~ (3, 0.3%)

1 が中心, も眼, を言わば

▼ 言わずそのまま~ (3, 0.3%)

1 クツを, 息を, 素直に

▼ 言わず~ (3, 0.3%)

1 にもまだ, のいう, の多く

▼ 言わず何事~ (3, 0.3%)

1 にも注意, もなく, も書くまい

▼ 言わず~ (3, 0.3%)

1 とも言わず, と言わず, を並べ

▼ 言わず~ (3, 0.3%)

1 と言わず, のわき, をすする

▼ 言わずじまい~ (2, 0.2%)

1 になりました, に兄

▼ 言わずちょっと~ (2, 0.2%)

1 私の, 首を

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

1 朝に, 鶴は

▼ 言わず一人~ (2, 0.2%)

1 で姫君, で東京行き

▼ 言わず仕舞~ (2, 0.2%)

1 に唯, に牧野

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

2 言い得ない

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

1 の中, を出られ

▼ 言わず少く~ (2, 0.2%)

1 とも信頼, 言う文芸

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

1 の思い続け, は自分

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

1 にもの, に気分

▼ 言わず手足~ (2, 0.2%)

1 といわず, と言わず

▼ 言わず突然~ (2, 0.2%)

1 に水司又市一刀, 手を

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

2 と言わず

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

1 を切った, を立てない

▼ 言わず自分~ (2, 0.2%)

1 からすすん, のため

▼ 言わず~ (2, 0.2%)

1 も上げず, 打ちおおい

▼1* [288件]

言わずあっさり詫びて, 言わずあどけなくも彼, 言わずあやふやに過し, 言わずあらかじめ相当世間の, 言わずあれは詰らぬ, 言わずいかなる罪人でも, 言わずいっそ笹子を, 言わずいっぱいの人, 言わずいまよりはるか, 言わずいやな顔一つ, 言わずうす黒く横流れする, 言わずうまい物を, 言わずおおようにし, 言わずお母さんの部屋, 言わずかえって朋輩の, 言わずかつては沖縄文化, 言わずがっしりとした, 言わずくだらない物が, 言わずこういうことは, 言わずこちらへよこせ, 言わずこの橋の, 言わずこまかく厚手なぶ, 言わずこれからは駒井甚三郎, 言わずこんな寒い真暗, 言わずさっさと弥生座の, 言わずさっと来た道, 言わずしおらしく訴える言葉, 言わずしずかに息, 言わずすぐ僕に, 言わずすべて蒲鉾を口, 言わずそして祈りを, 言わずその他の群小出版業者, 言わずそれでいて非常な, 言わずそんな言葉が, 言わずだれをも責めなかった, 言わずついと立ッて, 言わずとかくは板垣伯, 言わずとっとと押しかえして, 言わずともの事であった, 言わずとんとん踏みつけると, 言わずたりどたりと, 言わずなめ回して, 言わず子や, 言わずのこのこ机の, 言わずはなはだしきは心, 言わずひじょうな早さ, 言わずひたすら世界の, 言わずひったくり小さな庄吉, 言わずふかい刀痕が, 言わずぶるぶると慄, 言わずぶん擲ぐられるもんですから中には頭, 言わずへんに紳士ふう, 言わずまして手を, 言わずもう少しテキパキした, 言わずもし君が, 言わずもじもじして, 言わずもとより頼もうと, 言わずものことだ, 言わずよたよたと梯子段, 言わずより近くすり寄っ, 言わずわたくしもその, 言わずわたしとあなた, 言わずカメをける, 言わずジッと目, 言わずスゴスゴ歩んで, 言わずズタズタに斬る, 言わずチラリと若宮, 言わずツイ鼻の先, 言わずツンとし, 言わずニヤニヤして, 言わずフォーシュルヴァン氏となっ, 言わずベンガルでは必ず, 言わずホニホロは単に, 言わずホンの一瞬, 言わずムッシュウボナパルトと言っ, 言わずヨシ話をし, 言わず一度も顔, 言わず一斉に棍棒, 言わず万人に喜び, 言わず三十と言わず, 言わず上り框につっ立った, 言わず上等の方, 言わず機嫌に, 言わず不満も訴えず, 言わずの空箱, 言わず久しく火に, 言わず二つに切っ, 言わず二重廻しを羽織っ, 言わず二階へあがる, 言わず人々の胸, 言わず人間と言わず, 言わず人類の取扱う, 言わず今夕この会, 言わず今夜の内, 言わず今度逢うまでに, 言わず今日のうち, 言わず今晩いささか二三子, 言わず代表的に安雄一人, 言わず伊良湖崎とも言わず, 言わず佐幕と言わず, 言わず体中を繃帯, 言わずでも食べた, 言わず作者も秘, 言わずのジロリ, 言わず俊夫君を見つめました, 言わずは快く, 言わず公卿も武人, 言わず再び渾身の, 言わず再度三度かきくどけ, 言わず写真をとり上げ, 言わず冷然として客舎, 言わず婉な, 言わず剣術使いと自称, 言わず剣術修行を標榜, 言わず加勢とも言わず, 言わず七うっ, 言わず助手と共に撮影, 言わず狂乱の, 言わず卒然雪江さんの部屋, 言わず却って西郷の, 言わずを尖らせ, 言わず吾輩のマント, 言わず味噌摺坊主は飛乗, 言わず咽喉を鳴らし, 言わず哀れとも思わず, 言わず察し玉え, 言わず土壇場に据えられた, 言わず土間も棧敷, 言わず士族屋敷の方, 言わず大きな声で, 言わず大納言を打ちすえた, 言わず失敗が当然, 言わずへ担ぎ込みます, 言わずの人, 言わずをもっ, 言わずを引ッさらッ, 言わず嫌悪の渋面, 言わず孔雀王といい, 言わず客間のこと, 言わずのうち, 言わず家具といわず, 言わず宿内で人足, 言わず手招きする, 言わず小石を一パイ, 言わず小郷はただ, 言わずと言わず, 言わず島々のかはら, 言わず工芸と言わず, 言わず市場の人混み, 言わず馬ほどの, 言わず平吉に挨拶, 言わず平次もまた, 言わず座蒲団このまま, 言わず掴んで, 言わず取潰し, 言わず復員兵に対する月並, 言わず必ずこういうしきたり, 言わずとも言わず, 言わず念願する娘, 言わず悄然として景色, 言わず悲しそうで, 言わず悶絶する千之助, 言わず惜しみなくホータイ, 言わず手当たり次第, 言わず手桶に一ぱいアビ, 言わずがあら, 言わずった瞳, 言わず撞球やピケット, 言わず改めてがんちゃんの, 言わず教室を出, 言わずと言わず, 言わず吉の, 言わず日本橋三丁目の古着屋, 言わず旦那で立て, 言わず早くもなく, 言わず春夏秋冬四時客の絶えぬ, 言わずと言わず, 言わず時々うすら, 言わず暫くは茫然, 言わず書斎の跡, 言わず合わせた朱筆, 言わず有罪無罪を論ぜず, 言わず服装をはじめ, 言わずと云わず, 言わずをはなれ, 言わずにかけた, 言わず桃山城の御殿, 言わずと言わず, 言わず梶棒の鈴, 言わずを呑んだ, 言わず構造は実に, 言わず機嫌取りもせず, 言わず次郎右衛門の手, 言わず武田さんの傍, 言わずの言いつけ, 言わず母親に強請, 言わず毎日無理をし, 言わず活ものがこれ, 言わず火鉢のふち, 言わず灯頃辻の方, 言わず無言に地べた, 言わず照枝がほころびた, 言わず熊野の咄, 言わず片手を煙草盆, 言わず片時もそば, 言わず牢屋同心や牢番, 言わずの精髄, 言わず犬殺しと言わず, 言わずは木曾街道, 言わず猛烈な勢い, 言わず猛然と襲いか, 言わず玄関を出, 言わず現像室へ行った, 言わず田山花袋を以て多摩川開発, 言わずの拳, 言わず百姓と言わず, 言わずばかりぱちぱち, 言わず真白に日, 言わず真直に突切, 言わずをみはり, 言わず着のみ着のままでぶらりと, 言わず知らぬ顔の木ベエ, 言わずの手, 言わずを敬, 言わず科学と言わず, 言わずかに言っ, 言わず突如に起, 言わず立派な進歩, 言わず笑いをやめ, 言わず簡単にこの, 言わずを巻い, 言わず結構な調度, 言わず絵画の学生, 言わず綺麗に別れましょう, 言わずなる部分, 言わず美くしくどんな, 言わず美人を引っ, 言わず老婆に向っ, 言わず肥料が精選, 言わず肩先と言わず, 言わず背向きになった, 言わず胴巻のよう, 言わずといわず, 言わず腫物にでもさわる, 言わずの中, 言わず苦情も言わず, 言わず英国の一学者, 言わず薬袋とも言わず, 言わず蚊帳を脱, 言わずと言わず, 言わずに顔, 言わずと言わず, 言わずの付けた, 言わず親御さんたちが御, 言わず角樽を柳, 言わずを長引かせ, 言わずにも聞かなかった, 言わず貴方は刑務所ゆき, 言わずと言わず, 言わず路地のはずれ, 言わずり出でた三人, 言わず身体と言わず, 言わず身動きもせず, 言わず辛抱して, 言わず近眼らしく眼, 言わず返事も出さなかった, 言わず造船所連は一応, 言わず遠慮深く口, 言わず邦人またも彼ら, 言わず郁之進を召し捕り, 言わず郊外へ出, 言わず部屋の外, 言わず部屋全体に無数, 言わず重蔵の袖, 言わず銘々のこと, 言わず長火鉢の奥, 言わず閑人の魚心堂, 言わず静かに首, 言わず面白いとも言わず, 言わずと言わず, 言わずと言わず, 言わず顔中手拭で拭き廻した, 言わずを小刻み, 言わず駄々をこねる, 言わずからまつ, 言わずの首, 言わず黙々としてグリゴリイ, 言わず黙諾の形