青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

言い~ ~言いました ~言います ~言う 言う~ ~言え 言え~ ~言っ 言っ~ ~言った
言った~
~言つて 言わず~ ~言わない ~言われ 言われ~ 言われた~ ~言われる 言われる~ ~言葉 言葉~

「言った~」 7367, 76ppm, 1475位

▼ 言った~ (1097, 14.9%)

81 である 54 では 52 です 4428 であるが 19 だが 1814 だった, は, はその 12 はこの 10 さ, だそう, だろう 9 だよ 8 であった, はどういう 7 であります, でした, ですが, はそれ 6 かい, であろう, でしょう, でも, は本当, は誰 5 だけれど, だと, だろうと, であったが, は何 4 だか, であろうか, はあれ, はお, はたしかに, は私, を, を聞い, を覚え

3 [14件] かしら, だね, ですよ, と同じ, はすなわち, は大方, は実は, は彼, は梅本, は自分, は言葉, も, を今, を私

2 [45件] かあるいは, かその, かはっきり, かもしれない, かわからなかった, か何, か判らない, か少し, か知らない, か自分, が面白い, じゃ, じゃない, だい, だから, だな, だろうか, だろうが, であるから, であろうが, でしょうが, ですか, はここ, はこれ, はどう, はほんとう, はまさしく, はまだ, はもう, はもとより, はわざと, は今, は僕, は君, は呉用, は嘘, は当然, は必ずしも, は新, は決して, は誰だい, は馬田, もその, をお, を思い出し

1 [435件] あれ芝居, うそじゃ, かいま, かが次第にはっきり, かさえ今, かそれ, かと, かということ, かとただ, かと思った, かなあそんな, かなという印象, かね, かねえ, かまるで, かもしれません, かもその, かも判じられなかった, かも知れない, かも知れぬ, かも知れねえ, かよお, かよく, から想像, かわたくし, かわれ, か何事, か冗談, か冷かし気持, か分りゃしない, か君子, か城介, か当の, か汚, か知らん, か私, か聞きとれなかった, が, がいけなかったらしい, がいつ, がこの, がこれ, がすなわち, がそんなに, がどう, がなお, がなんだか, がひっかかり, がほとんど, がもう, がわし, がわるかっ, がグッ, がペテン, が一時間, が全市, が兵馬, が原因, が叔母, が多い, が始, が始まりで, が子規居士, が幸い, が弟, が急, が悪かっ, が悪けりゃ, が悪けれ, が文三, が朝日, が此女, が浄見原, が満足, が私, が秘密, が縁, が美人連, が耳, が聞え, が聞えた, が胸, が見えた, さえ一人, さその, さまるで, さ博士, じゃありますまい, じゃ無い, だおれ, だきみ, ださあ, ださうだ, だぞ, だったが, だろうかと, だろうとは, だろうね, だろう病気, だわ, であったか, であったから, でありまして, でありまするが, であること, であろうなどと, でございましたが, でございます, でしたが, でしょうけれど, ですから, ですがね, ですだから, ですって, ですね, ですもの, でないか, でなかったらこの, とは殆ど, とほとんど, ともといや, と他, と同様, と比較, ならぼく, なら今日, なら何, なら振り向くもの, なんかはもう, にはいくらか, には一層, には私, に呆れ, に対して, に対して中, に対して大阪, に対して駅員, に対しハリ・ドレゴ, に応じ, に答え, に聴かなかった, はあながち, はあなた, はあの, はあべこべ, はありゃ, はある, はいかに, はいったい, はいつの間に, はいま, はおそらく, はおれ, はきみ, はけっして, はここいら, はじつは, はせい子さん, はそう, はそこ, はそれだけ, はそんな, はただ, はだれ, はつい, はつまり, はとう, はどうも, はどこ, はどの, はなん, はね, はぼく, はまことに, はまごう, はまごうべく, はまだしも, はまるきり, はまるっきり, はもちろん, はもっとも, はやがて, はやっぱり, はやはり, はよく, はよくよく, はわけ, はわたし, はイタリア人, はガスパールおじさん, はコロール, はチーズ, はヘラルド, はロスアンゼルス・タイムス, はワルトン, は一, は一つ, は一年, は一時, は一本, は一種, は三井家, は三輪, は三馬, は下士, は中折, は丸山勇仙, は主として, は二, は二人, は二十七八, は二十五六, は人品骨柄, は人格的, は今度, は低能娘, は何気なく, は例, は俳句, は俳諧師, は俺, は偵察艇, は元, は兄, は全然, は六十三, は其処, は冗談, は出まかせである, は別, は別府, は前, は前例, は勝川春亭, は勝手, は勿体なく, は勿論, は十八九, は千二, は半ば, は単なる, は名言, は君勇, は嘘の皮, は四日目, は四男, は土方, は壁ぎわ, は夏目先生, は多分, は多少, は大勢, は失敬, は女, は妹, は子供, は宗太, は実に, は実家男谷, は少女時代, は岡, は己, は市長, は弁信, は弁護士, は弟, は彼女, は悪う, は意味, は擬, は故意, は日本左衛門, は日頃, は春渓尼, は本当に, は本格, は本気, は果して, は梅市, は此事, は此男, は法王族, は泰軒, は洒落, は海軍省, は清澄, は無礼, は牝鶏, は玄心斎, は現代語, は田子六郎左, は田沼先生, は男, は番頭, は白い, は皆, は皮細工人, は真, は真理, は真面目, は確か, は磯, は秦野屋九兵衛, は稲吉, は竹内, は筆, は精神, は緋鯉, は肯定, は膳所, は自分たち, は苦し, は苦境, は荻原, は菅, は要するに, は親分, は親達, は謙遜的, は質屋, は足, は足利氏以前, は轟さん, は辱, は過, は道庵, は適切, は長屋, は長者町, は関寺小町, は随分, は隣, は集まった, は頭, は飛び立っ, へ私, もある, もおそらくは, もこの, もそれ, もまんざら, ももっとも, もわたくし, も一時, も上の空, も丸木, も主, も人形, も何ひとつ掛値, も先方, も勿論, も同じ, も同様, も変, も大勢, も大方, も川, も庄助, も彼, も悪かっ, も本心, も無理, も然, も皆手隙, も真実, も米友, も解る, も道理, も面白い, も駒三郎, やお侠, をあと, をおれ, をきっかけ, をこの, をしお, をそのまま, をそんな, をたいへん, をはっきり, をひどく, をふと, をみれ, をキッカケ, をメモ, を上の空, を中将, を二十五匁, を他, を信じ, を傍, を厭, を変, を妾, を実際, を寝耳, を小耳, を幸い, を店, を忘れぬ, を思いだし, を思い出した, を恥じた, を悪い, を愧, を憤慨, を手前, を按摩, を料理番, を時々, を朝, を樫, を機会, を特に, を皆んな, を知っ, を美佐子, を聞いた, を聞かず, を聞き, を聞きそこなっ, を聞く, を聴い, を船, を若宮, を見て取った, を隠居, を頼り, を鶴雄, サ名利に, 今ちょい, 手紙は, 父行がね, 男だろう, 私には

▼ 言った~ (767, 10.4%)

18 それは 17 私は 11 これは 9 急に 7 あれは, その声 6 自分は 5 さすがに, それと 4 それを 3 その時, それが, 今は, 女は, 娘の, 彼の, 彼女は, 心の, 私には

2 [32件] かれは, これも, しかしそれ, すぐまた, それよりも, そんなこと, だめだった, なるほどこれ, ふと声, わたしは, わたしも, 三四郎は, 不意に, 主人は, 今こそ, 今度は, 何か, 何を, 僕は, 千二が, 半東洋風, 及びません, 声は, 岸本の, 彼は, 母の, 清岡は, 眼は, 笹村は, 自分でも, 車夫は, 追い付きません

1 [587件 抜粋] あしたに, あそこの, あとが, あとでは, あとは, あなたの, あの世の, あの人, あまり私, あれが, あれだけは, あれっきりだ, あんまりお, あんまり悲し, いいじゃ, いかにも哀れそう, いくらか, いくら倉卒, いったい何, いったい何だ, いつも結論, いやな, いわゆる白痴美, ええ, おそらくただ, おそらくどなった, おどけて, おめでたいとも, おれは, お光自身, お前さんの, お増, お庄, お房, お松は, お神, お福, お糸さん, お雪, かえってその, かく言う, かつて近年, かまわず置いた, かれら, ききとれなかった, きっときっとリーズ, こういうごく, こうして最期, こうたずねないで, ここまで, このとき, この二人, この分, この探偵, この時, この花, この間の, これこそ, これこの, これでは, これまでは, さう, さっきの, さっきまでの, さっき谷径を, しかしあの, しかしちと, しかしもう, しかし夏, しかし大阪弁, しかし妻, しかし明らか, しかし私, しかし考えよう, しかし荷物, しかし部屋, しちりん, しばらくし, じつはだんまり, じつははじめて気がついた, すぐあと, すぐに, すぐにやりと微笑, すぐ丁寧, すぐ大阪弁, すぐ笑顔, すぐ芝居, すては, すでに上着, すると忽ち, そういう弟, そういう眼付, そうじゃ, そう言い, そう言われる, そこで先生, そこで私, そこに, そしてたしかに, その, そのあと, そのかんかん, そのこと, そのとき母, そのままじっと坐った, そのままふい, そのまま何やらジッ, その人, その俊太郎, その俗説, その口調, その女, その実, その度, その当人, その当時, その後ちの法廷は, その日, その無慈悲, その片腕, その紙片, その美保子さん, その舌, その言い, その辞, その途端, その間に, その頬, そりゃほんと, それから阿, それでお, それではあまり, それでは今, それでもわし, それでも元気, それでも有難, それでも疑念, それなら, それに, それによって, それ以上の, ただ一人, ただ身体, たちまちに, たったそれ, たとえそこ, ちょっとあたり, ちょっと声, ついでにこの, ついに彼, ついに物, つまり蟻田老博士, でも牛, ところがその, ところで男, とど助, とにかく彼, どうした, どうする, どうもそうらしく, どこか, どこかから, どこへ, どちらが, なおこの, なおすぐ, なお半信半疑, なお続い, なかなか言う, なぜ名門, なにかの, にわかに長崎奉行, はじめて東京, はて誰, びっくりさす, ふと太い, ふと思い出した, べつだん臭い, べつに怒ってる, ほんとうは, ほんとかね, まさかにマデライン嬢, まずそこら, またこの, まだ二人, まだ失望, まったくそれ, もうかい, もう一度よく聴い, もう一首歌, もう廊下, もう戯談, もう追っつかない, やがてこう付け足した, やがてちと慌し, やがてモゾモゾと, やっぱりこの, やっぱりウン, やっぱり今, やはり動かない, やはり落胆, よその, よほど身, よもやあの, わしが, わたくしが, わたしたちは, わたしだけの, われと, イヴを, ギレルモという, グラメー説には, チチコフの, トラックが, トーマスは, ドサ貫は, ハハアこいつめ確かに, ビールの, ファラデーの, フェーラーが, ベニスで, ムクは, ラザルスの, 一体全体そんな, 一度も, 一方フランツ, 一日位直っ, 一時に, 七ツ半, 七兵衛は, 三人ながら, 三村刑事の, 三馬には, 不安な, 不足だ, 中, 中にも, 主人が, 久し振りで, 二人とも, 二十一か, 亭主の, 今日だけは, 今遺れる, 他ア, 以上の, 以前には, 何うし, 何うも, 何が, 何思った, 使いの, 俊亮が, 俊基は, 信徒の, 俥の, 偶然にも, 僕には, 兄さんは, 先に, 先の, 先生は, 光一は, 全くその, 全く啌, 全く彼, 其処に, 内々は, 内心抉られた, 再三再四問われる, 冬子は, 冷やかな, 出る時, 別に何, 別に否む, 別に重吉, 利左は, 前に, 前髪立ちは, 勝梅さんの, 医師には, 千二は, 半信半疑であった, 単に幾筋, 双方とも, 叔父さんは, 叔父は, 叔父も, 受け取った源氏, 口惜しさ, 古びて, 吉三郎を, 吉野朝では, 同じく悲痛, 同じ節句, 否や, 呼吸も, 和子は, 咎める表情, 喜びに, 四辺に, 四郎馬鹿さんと, 坊やは, 夏目さんは, 多少図星, 多年川上の, 夢中で, 夢之, 大部分, 天野は, 太平記の, 夫の, 夫人は, 夫子自身は, 妹婿は, 妻には, 婆さんは, 媼さんの, 嫁や, 孫恪は, 宋江は, 実はすべて, 実は下人ども, 実は下田, 実は寧ろ, 実際は, 実際九階, 実際彼, 実際私たち, 実雅, 客は, 寇の, 寺では, 尋常ならぬ, 小野田は, 山崎は, 岸本は, 帰らない君, 常蔵という, 平馬は, 年齢で, 幸いに, 庄屋は, 座頭の, 弱々しい親しげ, 張合いの, 当頭俺, 彼も, 後が, 後でよく考え, 御尤, 御維新, 忘れて, 思いなしか, 恥辱が, 悪いか, 惚れぼれと, 惣兵衞も, 戸外に, 打ち解けた様子, 抜き連れた六, 抽斗の, 振り向きも, 振向くと, 捨吉を, 改まった面持ち, 文字面から, 斎藤氏は, 旅から, 早いか, 明の, 曾根は, 最初たよっ, 最後に, 最後タダでは, 最後外の, 最後大概の, 本当に学生生活, 本当の, 本所の, 李一には, 村の, 村役人は, 来客は, 松岡は, 果してしかり, 格式ばかりに, 様子から, 次郎は, 正に, 正直な, 母は, 母親は, 毬子は, 気に入らなきゃ枕, 水を, 江戸より, 池田は, 決してそれ, 治太夫は, 清三の, 源氏の, 火星の, 無愛想な, 然しそこ, 爆撃直後の, 父親は, 牧野も, 狂気の, 狸と, 王九媽は, 生きた虫, 生きてる時, 用人の, 男は, 男も, 画家が, 番頭は, 盛んに, 相当な, 相手は, 真実に, 真実は, 矢張り曲者を, 知らず堂守, 碧い, 磯野は, 社へも, 社会を, 神尾主膳は, 私を, 空疎な, 突然声, 立ちあがりも, 竜之, 笑いも, 笹野新三郎は, 粘土細工じゃ, 終には, 結局, 結局は, 結局時効で, 綾衣は, 羅門には, 羞恥の, 翌日白馬館で, 老夫人, 耳の, 聞えないの, 聞くため, 聞く事ごと, 聞こえぬか, 胸の, 胸は, 胸を, 腋臭が, 腕まくりに, 自ら軽蔑し, 自信より, 自分には, 自分にも, 自分の, 自分も, 興奮し, 舌が, 荒々しく戸, 菊枝には, 落武者の, 藪から, 言う傍, 言葉どおりに, 許されなかった, 話を, 誠にその, 誰か, 讃之, 豹一は, 趙太爺は, 蹠の, 軽く膝, 返辞も, 追っ付きません, 追附, 透き通るよう, 重吉も, 金が, 開いた扉, 間に合わず先, 障子の, 隣の, 雪の, 露骨に, 韃靼人他に, 頭が, 顔には, 風呂敷を, 駆け付けるには, 驚いて, 黙って, Kの

▼ 言ったよう~ (580, 7.9%)

2918 なもの 16 なこと 127 な事, な気, にこの 6 なわけ, な意味, に私 5 にこれ, にその, にそれ, に思う 4 ですが, に彼 3 なそんな, なところ, なの, な妙, な方法, な次第, な考え, にまったく

2 [27件] だった, だったが, で, である, なその, な一種, な事情, な具合, な場合, な始末, な想像, な態度, な気持, な理由, な表情, な言葉, な話, な顔, にいかにも, にそんな, にただ, にまるで, に二人, に四人, に彼女, に腕, に釣竿

1 [360件] す, だから, だが, だけど, だけれど, だぜ, であった, でした, でしたが, でしたし, で作者, で変, ないかにも, ないろいろ, なお, なおせっかい, ながらん, なきわめて, なこんな, なごく, なさもなければ, なそれ, などの, なも, なものの, なもん, なやるせな, なキャッ, なデリケート, なネボケタ抽象的, なモデル, な下地, な世の常, な世間的, な予感, な事実, な事柄, な些末, な人, な人情的, な体裁, な何とも, な余裕, な例, な修行, な優, な具体案, な判然, な動かして, な原因, な古い, な古くさい, な同僚たち, な味覚, な唄, な問題, な噂, な四つ, な声, な多少, な大きい, な大きな, な大体大学教授, な大同小異千遍一律, な奸佞暴慾, な字, な存在, な学士等, な宗蔵, な実用, な小春, な工合, な広義, な弊害, な弟子たち, な形, な彼, な性質, な悟り, な悲しい, な意地悪そう, な意識, な所, な手掛り, な批評, な揃い, な文句, な文章, な新聞, な方向, な昔, な時世, な有様, な根本的, な格, な極, な極めて, な極度, な模様, な気の毒, な気もち, な洋服, な満たされた心, な激浪, な点, な無礼, な無頼漢団, な狂信者, な疑問, な百姓一揆, な直線, な相対的, な眼付, な破目, な祈願, な種々, な種類, な空虚, な筋, な答え, な精神病, な罪名, な習慣, な考え方, な脅迫的, な自分, な自然, な虫, な蛙, な裏通り, な親しい, な言わなかったよう, な記事, な訳, な調子, な貴重, な趣き, な趣味, な踏み心地, な過, な面々, な顔ぶれ, な顔付, な驚天動地, にいくらか, にうなずいた, におなじ, にお前達, にかえって, にかかる, にかなり, にかねて, にきわめて, にくよくよ, にこれから, にこれら, にこんな, にさっさと, にし, にしきりに, にしばらく, にする, にすれっ, にそう, にそれぞれ, にそれぞれ一つ, にたいへん, にたぶんそろそろ, になるべく, にはじめて, にひとつ, にほとんど, にほんの, にまだ, にもう, によく, にわたし, にわれわれ, にアリゾナ州フォニックス駅発, にエスパーニャ人, にカクチ, にグルノウ療養院, にコブ, にショパン, にネルチンスキイ氏, にピストル, にブレント入江, にミミ族, に一, に一時間, に下る, に不幸, に不用心, に世間, に両国, に中村屋, に丸められた, に乗組員百十九名濠洲, に事実, に五人, に人, に人家, に人生, に今日, に今日電気, に体面, に何, に余りに, に俗悪, に倫敦, に僕, に優秀, に元, に先ずかなり, に先生, に創作, に十七日, に友, に取れた, に古く, に古代希臘, に右翼, に各人, に名, に周, に周さん, に和蘭, に四十四年, に坐り直し, に外, に多分, に夜番, に大, に大きな, に大きな大きな, に太田, に失敗, に女房たち, に娼家, に婀娜っぽい, に安房屋, に実際, に実際いかにもちょっぴり, に実験室, に家庭, に容易, に寒気, に寺田先生, に対象, に小兵, に峠, に左脇腹, に帳場, に庭, に引き締める, に弟子たち, に役人連, に従来僧侶, に思った, に思われ, に思われた, に思われませんでした, に情夫, に意地, に感じられました, に或, に掠奪, に敵, に文化, に日月星辰前, に日本海, に明らか, に暗い, に最初, に朝鮮人渡来, に朱符, に杉, に杖, に東洋民族, に核, に椎, に殺された, に母さん, に決して, に沙金, に泉太, に流行, に浅ましかっ, に海, に漸く, に濠洲, に無益, に煙草, に牢屋, に狂者, に王, に現代, に生れ, に田島, に発音, に盆, に盗まれた, に目, に盲目, に睡眠, に知恵, に石段, に私たち, に私ら, に私達, に移転, に突, に窓, に線香, に羊, に羽根, に聞えました, に肥った, に自然, に舷牆, に船客, に芝居, に芭蕉, に芸術, に英語, に袷, に西行, に見返り見返り, に覚え, に記憶, に詩それ自体, に誰, に諸人, に謂わ, に貯金, に赤く, に近代, に迷う, に進ん, に選手, に郁治, に金, に長老職, に門, に間もなく, に霧粒, に非常, に頭領大石, に顔, に願書, に首, に馬鹿囃子, に高原, に高島四郎太夫, に髯, に鯨節, に鳴り, に黙りこくっ, に鼠, ネ

▼ 言ったこと~ (518, 7.0%)

40 がある 15 を思い出した 13 があった 10 もある 9 のない 8 はない 7 がない, である 6 があります, だ, を思い出し 5 です, をよく 4 はなかっ, は本当 3 だが, でした, ですが, はありません, はうそ, はもっとも, もない, をも思い出した

2 [36件] から私, が, がなかっ, がはっきり, がよく, がわからない, が当る, が真実, だった, だろう, では, でも, で私, に気, に間違い, はありました, はお, は決して, は無い, は自分, は道理, もした, もなく, やした, を, をお, をもう, を信じ, を僕, を君, を後悔, を思い出す, を残らず言った, を注意, を聞い, を覚え

1 [277件] ありますか, いいと, おわかり, か, かも覚え, から妙, から思, から野草, がありました, がありません, がうそ, がお, がこれ, がございました, がございます, がまた, がみんな嘘, がわかっ, がわかった, が不安, が事実, が二, が人, が全部, が反射的, が嘘, が土佐, が当たった, が彼, が従姉, が思い出された, が恐ろしく, が悪い, が有る, が本当, が次第に, が正しい, が気がかり, が気恥かしく, が犇, が理解, が癪, が知れる, が聞かれない, が通じた, が違わない, が青年, さ, さえない, したこと, それから僕, だがね, だけはあまり, だけははっきり, だけは覚え, だけは記憶, だったが, であったが, であります, であるか, であるが, であろう, でいっそう, でしょうが, ですよ, でコルネリウス・アグリッパ, で僕, で気, となっ, となる, と同じ, などが思い出された, などが想い出された, などけろりと, などもからっと, などを夢, などを思いあわせ, などを耳, などを話した, なんかないです, なんかなかっ, なんぞ気, にかっと, にすぎない, にすぐさま, にすれ, にそんなに, については何, について取り消し, について著, になっ, にはお雪ちゃん, にはじまるらしい, には決して, にほんとう, にも例, にも少し, に反対, に同意, に対しこっち, に対してとにかく, に対しても何とか, に対して南条力, に対しフランス人氏, に対するいい, に感心, に異論, に軍隊, に過ぎなかった, に非常, のある, のすべて, の一部, の心, の浅まし, は, はあなた, はかならず, はきれ, はこの間, はこれ, はさっき, はすべて, はすべて船長, はそっくり, はただ, はたぶん, はちゃんと, はなかなか, はほんとう, はまったく, はまるで, はみな事実, はみんな出鱈目, はみんな本当, はみんな間違い, はもう, はやっぱり, はケロリ, は不思議, は事実, は今, は何, は僕, は兄, は内密, は冗談, は別に, は君ら, は嘘, は大体承認, は奇矯, は実現, は少し, は後, は明らか, は未だ, は正しい, は残らず, は比佐, は無かっ, は私, は結局ただ二人, は虚言, は言いたい, は言った, は言葉, は鋭かっ, は間違い, は間違っ, ばかりだった, ばかりを覚え, もあった, もありました, もありません, もおまえさん, もそれっきり, もなけれ, もまるで, ももちろん, もよく, もわたし, も一人, も段々, も無い, も確か, も言わない, や, やお, やって, や為した, や隣り, より以外, わかりました, をいっそ, をおもい出した, をきい, をくり返さした, をここ, をこの, をすべて真実, をそこ, をそのまま, をそのままよく, をそんなに, をどこ, をふたたび, をまた, をみな, をもう一度くり返し, をもっとまっすぐ, をやりとおす, をわれわれ, をイギリス語, をストラルドブラグたち, をマチア, を一層, を一概に, を一言, を一語, を万屋, を云う, を伝えました, を何時も, を何気ない, を刎, を十分理解, を取り次ぐ, を問題, を多少, を妹, を実行, を少し, を幸福そのもの, を彼女, を忘れ, を思いだした, を思いだす, を思い出させる, を思い出せる, を思い合せた, を悔いた, を想え, を感ぜず, を撤回, を明らか, を条件書, を根こそぎ, を特に, を理解, を知っ, を知ってる, を笑えなかった, を繰り返, を翌日実行, を考え, を耳, を聞いたろう, を聞きたい, を聞きつけ, を胸, を若い, を薫, を覆し, を言った, を言葉どおり, を記録, を話し, を話した, を認める, を誤解, を読ん, を読者, 想い出したからよ, 考えたこと, 見た物, 解っただろう

▼ 言ったもの~ (240, 3.3%)

3824 である 13 だと 11 だが 10 です 9 がある 8 ですから 4 があった, だった, でも 3 かな, かも知れぬ, だから, であるが, でしょうな, では 2 か, かどう, さ, さね, だそう, だろう, だろうと, で

1 [81件] かいなあ, かそれとも, かそんな, かといいます, かと幾ら, かと考え, から真先, か実は, があり, がありました, が丸屋, が人間, が幾度, が感ぜられた, が自分, が自然私, さねハッハッハッハッ, さね番頭さん, さ藪, じゃ, じゃある, だあの, だけが実験, だけれど, だし, だったが, だとは, だな, だなあ, だね, だよ, だろうか, だ相手, だ藤原家, だ金助, であった, であの, であると, であろう, であろう私, であんまり, でおいらなんざア自慢, でからだ, でげす, でございます, でした, でしょうね, ですかね, ですが, ですけれどね, ですな, ですね, ですねえ, ですよ, でまったく, で江戸, で親分, ととれます, とは思う, とみえます, と後悔, と思われる, と考えられなく, と見える, と見ね, なん, にしない, に心, のなか, のよう, の中, は困った, は存在, は恐らく, ばかりはありませんでした, も有る, らしいという, をナア, を今度, を用達, を見る

▼ 言った~ (223, 3.0%)

3630 です 13 だよ 11 だね, ですか 10 じゃない 9 だろう, ですよ 6 だから, だそう 5 ですが 4 じゃありません, だが, だけれど, だもの, でしょう 3 じゃあない, だな, ですがね 2 かい, じゃねえ, ですけど, ですけれど, ですって, ですとさ, ですね, ですもの

1 [32件] か, かな, じゃあいつ, じゃあねえ, じゃある, じゃあるまい, じゃなく, じゃなし, じゃ無い, じゃ私, だぜ, だそれ, だっ, だっけ, だっけね, だって, だとさ, だど, だのに, だろ, だろうが, だろうね, だわ, だ三輪, でありますが, でしょうよ, ですから, ですの, ですのね, ですわ, でないと, では

▼ 言ったので~ (156, 2.1%)

12 私は 2 一同は, 娘達は, 子は, 彼女は, 彼等は, 皆笑った

1 [132件] あたま, あの大学生, いつかこれも, うかうか三日, うそつきだ, おかしくなっ, お上さんも, お房, お種, お雪ちゃんが, かっぽれ, ここぞとばかり, この方, これも, こんどは, そのため, そのためわたし, そのとき, そのままに, そのまま歩み過ぎ, そのまま部屋, その家, その後べつに, その確証, その言葉, それではこの, それに対し, どちらも, どっと皆, なかろう, なぜだい, なみいる弟子ども, なんだか事件, なんだか竹さん, ぼくは, むっとなった, もう愉快, やっとの, わたしたちは, アマは, サテは, テッジーは, ドッガーの, フョードル・チモフェーイチと, 一体に, 一緒に, 三人とも, 不思議がっ, 与次郎は, 中くらいに, 中将は, 中止ださうだ, 丸木は, 二度目には, 亭主は, 今でも, 他の, 佐佐は, 何故その, 僕は, 僧正理に, 僧都は, 冬子も, 初めて稍同情, 加山耀蔵は, 十四五本位あるであろう, 可笑しかった, 因縁が, 大へん, 大受け, 大声で, 大笑いし, 女中は, 女房は, 女王は, 姫君の, 嬉しさ, 子供心に, 工場主が, 弁は, 彼は, 心寂しかっ, 応挙厚く, 怒ったらしい, 怒る, 思わず豊世, 愈よそ, 慶造は, 新主事, 旅から, 木から, 木之, 未亡人の, 村の, 松田は, 染吉は, 検事は, 正太夫婦は, 池田も, 海神その, 源氏は, 父も, 父宮でなく, 狩人大いに, 王子返答も, 玲子の, 申上げ, 男は, 皆な笑った, 皆は, 直ぐ分った, 直次の, 相対値と, 真の, 石鹸で, 私も, 程は, 笑い出したわけ, 笠井さんは, 節子は, 簡単な, 老母は, 良清は, 衆は, 許宣は, 詩人達の, 貴女としては, 起きて, 道平は, 隣室に, 驚いて, 鴎外も

▼ 言ったところ~ (155, 2.1%)

4 でそれ 3 で, でこれ, でその

2 [11件] でせいぜい, でそこ, でもう, で君, で彼等, で無益, で相手, で私, で誰, で追い付きません, によれ

1 [120件] から母方, が, がなかなか, が一切蔵経, が桃, が荷持, だ, だから, だな, である, でいまごろ, でおのおの, でおれ, でお前, でけだる, でこ, でここ, でこの, でこのごろ, でございましょうか, でしよう, でそう, でそれだけ, でそんなに, でたいてい, でたしかに, でだれ, でどうせ, でどうも, でどだい, でどんな, でな, でなかなか, でなに, でなにしろ, でなん, ではじまらない, でふたり, でべつに, でほんとに, でほんの, でまあ, でまた, でむだ, でわたし, でカラリ, でハイ, で一緒, で万古, で下手人, で世間, で主人, で人, で今時, で仕方, で仮り, で何, で何しろ, で俺, で個人経営, で僅か, で八の, で内儀, で分っ, で力, で単に, で嘘, で国, で墨田川, で多寡, で大した, で大して, で天, で奴, で始まらぬ, で娘二人, で巌丈一方, で平次, で思い, で愛想笑い, で我々日本人, で手, で手近, で普通, で本当, で殺す, で生, で産腹, で碁, で確か, で縁, で罪人, で考え, で聞え, で船暈, で若い, で茶汲女, で荒木又右衛門, で親, で親分, で親密, で貴様風情, で贋金使い, で追っ付きません, で銭, で陳腐, で高, と同じ, による, に作者, に畳, に落ち, に赤湯, に野次馬心理, のそして, へ行っ, をみる, をもっ, を以て見る, を見

▼ 言った言葉~ (135, 1.8%)

4 を思い出し 3 だ, の中, を思い出した 2 である, の意味, の調子, は, もこの, をよく, を忘れ, を私

1 [106件] かも知れなかった, からその, からも明らか, からわたくし, から推察, が, がいつも, がいや, がどうも, がなんだか, がふと, が不知, が今, が奥さん, が岸本, が彼, が案外, が渦, が私, が電光, が頭, その言葉, だが, だけにそれ, だけをそれ, だと, であると, でしょう, です, ですが, で機嫌, とがあらためて, とが変, として諸君, と出, なぞを思い出した, などばかりがお, などをべらべら, にごまかされ, には, には無頓着, にひきずられ, に大, に対して責任, に思わず, に記憶, のあと, のいかん, のうち, のほとんど, のほんとう, のよう, の前後, の懐かし, の横柄さ, の謎, の重み, はさらに, はさらり, はどういう, はべつ, は人間, は人間生活, は出鱈目, は初め, は嘘, は岸本, は必ず, は絶対的, は聞きとれなかった, は覚え, まで来る, もすこし, も思い出せる, も次郎, も決して, も理解, も聴, やその後, を, をいろいろ, をすぐ, をその後, をもう, を信じ, を僕, を僕自身, を夢みる, を宮, を度忘れ, を彼, を後悔, を思い出します, を思い合せました, を思い起こした, を思い起しました, を思っ, を想い出し, を想い起こした, を想い起し, を李陵, を男, を聞, を聞く, を覚え, を飽かず思い起こし

▼ 言った~ (122, 1.7%)

16 いう 14 思うと 5 ある, 同じよう 4 思った 3 いいます, 思います 2 いうが, いうので, すれば, 伝えられて, 思ったの, 書いて, 言って

1 [58件] あった, あって, あの男, いうだけ, いうの, いうより, いわれる, おぼえて, お思い, きいて, したならそれ, したならば, したらその, したらそれ, したら大抵, したら彼ら, すると, せられる天, まことし, 云うこと, 云うので, 伝えて, 伝えます, 同じこと, 同じ事, 同じ品, 同じ理由, 同じ申立て, 同じ調子, 同時に眉, 同様はっきり, 噂した, 弟が, 後悔しました, 思いました, 思う, 思うが, 思ったが, 思ったらしい, 思ったらもう, 思って, 思ふと, 朗らかに, 知れたら兄弟, 聞いて, 聞く, 聞くが, 見えるな, 解したは, 言い少将ら, 言えば, 言っと, 言ふ, 言わなければ, 言われる, 語って, 説かば, 載す

▼ 言ったそう~ (120, 1.6%)

28 です 2218 である 10 だが 8 ですが 5 じゃない, で 4 ですよ 3 だな 2 だけれど, でございます, ですの

1 [11件] じゃありません, じゃないです, だから, ですね, でそれでも, で仕方, で実に, で少将さん, で暗, なネ, ダイスか

▼ 言った~ (97, 1.3%)

22 がいい 10 がよい 7 が適当 5 が適切 4 が宜, が当っ, が正しい 3 がよかっ 2 がよかろ, がよろしい, が一番, が正確, が良い

1 [28件] があなた, がお前, がかえって, がその間, がふさわしい, がよかない, がより, がピタリ, が上司, が似つかわしい, が効果, が却って, が好く, が宜いか, が当たっ, が或は, が手っ取り早い, が晩, が正当, が穏当, が解し, が近い, が適い, が響き, ですよ, のほう, も一時, も戯

▼ 言った~ (92, 1.2%)

5 はもう 3 に, にはもう 2 からだ, だった, です, には彼, のこと, の彼

1 [69件] いつのまにかもう風, いや太宰さん, からいささか, から分っ, から私, がすでに, この校長, じたばたもがき苦しむ, その人, と場所, にがんりき, にその, にちらりと, にはあわて, にはたしかに, にはほっと, にはもうちゃんと, にはもうどう, には一層, には君, には臼, にも, にもその, にも言下, にムク, に人々, に何, に先生, に夫人, に妾, に少し, に憂愁, に深い, に湯沸し, に父, に病人, に目, に突然, に老人, に青年, に面, に黙っ, の, のうるんだ, のその, の人, の佐七, の光景, の美しい, の警戒, の顔, は, はさすが, はしかし, はそこ, はもうこ, は三猿, は二人, は二本目, は修験者, は商家, ほッ, も眼, も私たち, 唸声, 果たして奴, 突然十吉, 突然彼, 若い軽部

▼ 言ったじゃ~ (89, 1.2%)

47 ないか 20 ありませんか 14 ないの 3 ないですか 2 ねえか 1 ありませぬか, ございません, アない

▼ 言った~ (89, 1.2%)

20 がある 43 があった, を思い出し, を思い出す 2 がセンチメンタル, のない, もあった, を忘れ

1 [48件] があっ, があるだろう, がいまさら, がお気, が何となく, が分かった, が大道, が当っ, が無い, が無かっ, が間違い, だが, だそう, でした, でしょう, でも, で叱られ, とは字面, とは正反対, と先刻, と同じ, などもあり, などもすべて, に相違, に誇り, のため, はその, はとうとう本当に, はない, はまったく, はみな, は一つ, は一般, は十分, は忘れ, は穏, ばかりを口真似, もあります, もある, も彼, をおぼえ, を一句一句, を思いだし, を思出, を本気, を繰返し, を考え, を考え合わす

▼ 言った通り~ (84, 1.1%)

87 です 32 であります, ですが, にする

1 [60件] あの女, あの崖, あまり長い, いわゆる重役連, お内, かの, こうした感じ, この席, この極月, この神, その二列, その言語, だが, だった, だったもの, だよ, だろうと, だ馬鹿げきって, ちらちらと, つまらないこと, であった, であるから, であるが, ですよ, で大抵, で甚だ, におり, にし, にその, にネ昨日, に喬, に新しい, に日本詩, に無電, に甚兵衛, に申し, に行っ, に鸚鵡返し, のこと, のもの, の事, の女, の方角, の物, の相, の蛍, の鑑定, の魚, はたして梅毒患者, まさに奇妙, やりました, を信じ, 人恋しい折, 儲かるもん, 古いけれど, 慮らずして, 死んだ, 煮, 皆細字, 言うに

▼ 言ったかと~ (80, 1.1%)

70 思うと 4 おもうと 2 見ると 1 いう, 思いますが, 思う, 聞いて

▼ 言ったとおり~ (75, 1.0%)

86 である 3 ですが 2 じゃない, ではない, にした, のこと

1 [50件] あの客, あまりすり切れ, いやいやながら誤解, おそらくはその, おたがい, このうえ, このタンプル, この婦人, この防寨, ごくりっぱ, じゃねえ, すぐに, ずんぐり肥った, その上, その広間, その賤, たいへん安く, ただ祖父, だった, だろう, であったが, であるか, であるならば, でございましたが, な事実, にし, にしなかった, になさいました, になった, になる, にガーゼ, に作者, に参詣者, に吉川訓導, に扉, に日本橋, に書い, に汽車, に深く, に物欲しそう, に短命, に自ら, まさしく無い無い, また生来, もしも理性, をわし, 厚い地面, 御銘々話, 決して心配, 溜めた金

▼ 言ったという~ (66, 0.9%)

4 のである, 話も 3 ことは, 言葉を, 話が 2 ことだ, ことである, ことを, のは, 事を, 事実を

1 [37件] おとといの, ことが, ことだった, ことな, ことに, ことばの, のです, のに, のも, ふうな, ほこらしい気持, わけで, んだ, んです, 一つ話が, 事である, 事は, 例は, 噂が, 夢は, 新どん, 新聞記事の, 真偽は, 程度の, 笑い噺が, 自責, 言葉, 言葉にも, 記憶が, 証拠は, 話だった, 話である, 話の, 話は, 話を, 説を, 逸話が

▼ 言ったきり~ (57, 0.8%)

5 だった 2 であった, でまた, 答えなかった

1 [46件] あんまり近頃, うつむいて, おずおずし, がっくり崩, くるりと, さ, すぐ新, すぐ話, すこしもつべこべした, そこそこに, だ, だったが, である, でお, でお婆さん, でございます, です, ですぐ, でそれから, でもう, でシャッシャッ, で何, で倒れ, で明るい, で自分, で草鞋, で話, で陳謝, で電話, どうして県知事, にこりとも, ばたばた反対, ふいと, べつに委しい, ほうほう, またすぐ, また草, まるでとりあっ, むっつりし, 不合格, 別れて, 暫くは, 相変らず, 立ちすくみに, 薄い私, 黙って

▼ 言っただけ~ (57, 0.8%)

9 では 5 だった, です 4 なん 3 でした, なの 2 だ, であった, であと, である, でこの

1 [18件] だが, だと, だわ, で, でこういう, でじたばた, でその, でほか, でまた, でやましい, で今度, で別段, で取り合わなかった, で坂本, で怒った様, で梅, で私, 初対面の

▼ 言ったその~ (50, 0.7%)

3 声が

1 [47件] かわいそうな, ことが, ことばに, こと自身の, ごく並外れた, 上眼つかい, 世間一般の, 事は, 二度添い, 二階が, 人に, 信濃の, 僕の, 午後が, 口の, 唇を, 四畳半, 壮容は, 声は, 夜空襲警報と, 女は, 子供は, 実勝千代丸が, 後添いの, 心持に, 意見は, 慇懃を, 日に, 時の, 時九十歳の, 気魄の, 理解さえ, 白い皮膚, 盆ゴザという, 矢先に, 角の, 言葉が, 言葉だけは, 言葉で, 言葉に, 言葉は, 言葉を, 訴訟事件という, 話という, 話とは, 運転手台へ, 頃の

▼ 言ったから~ (49, 0.7%)

9 である 2 ついでに, 米友は

1 [36件] あんぽ, おいら, お役人方, この子供, この往来なか, それで竜, だろう, つけ加えて, で, であった, であろうが, ですの, で母, まアゆっくり, やって来たよ, わたくしは, 今の, 兵馬は, 初めからの, 否やは, 因に, 実はこれこれ, 市五郎納まらない, 本当にいなくなる, 死なないと, 江戸へ, 神尾がはは, 米高がかった, 約束を, 行って, 言いませんでしたがね, 話も, 買って, 錺職さんです, 電流に, 頼母木は

▼ 言った~ (49, 0.7%)

11 もある 10 がある 3 があった, もあった 2 があります

1 [20件] がいる, が芳浜, であるから, に, により判断, に与えたい, に対する意地, のあまり特長, のむしゃくしゃ, の育っ, は, はそこ, はそれでも, は日本, もおおよそ, もかなり, もまた, もみんな, も有りました, をその

▼ 言った~ (46, 0.6%)

2 え, それは, 知らないが, 言わぬに

1 [38件] おぼえて, その言った, それを, とにかく本郷, どういう風, どうか, どうかは, どうか分らない, どんなこと, またどんな, みんな, わたしには, わたしも, オイル焼と, ッていう, 一つの, 不味いと, 人びとがかれになにをたずねたかわたしは, 何地区と, 否かの, 少しも, 手っ取り早く言え, 書いたか, 生れ故郷の, 知らねえが, 知らんが, 知らんけど, 知りは, 知れたもの, 知れません, 自分では, 自分の, 覚えて, 言わないか, 言わなかったか, 言われたかも, 誰も, 長等寺と

▼ 言ったわけ~ (38, 0.5%)

11 では 6 でも 4 じゃない, じゃねえ

1 [13件] か, がわかりました, が分りました, じゃありません, じゃある, じゃないです, だ, だが, でしょうそんな, ですね, で女, は, も無い

▼ 言ったものの~ (34, 0.5%)

1 [34件] あまり淋し, いまここへ, お千代, ここへ, こりゃお母さま, しかしそれ, そのあととっさ, その日, それでももう, ふと顔, また思いかえし, ゆうべ自分の, わたしの, チチコフは, 一応千浪, 不思議と, 偶然にも, 内心は, 勘さんの, 君も, 変な, 姫を, 小平太には, 少年の, 岡の, 弟が, 彼の, 彼は, 息子の, 早く帰りたく, 未だ真実, 栽き, 殺風景の, 蛸めつづけ

▼ 言ったけれど~ (33, 0.4%)

1 [33件] あなたは, あんなこと, これは, そのうち都合, その態度, その狼狽ぶり, それでもやはりはじめて, それは, そんな愛し, まったく二人, もう居ないでしょう, もう読めた, やっぱり首, よく眠った, 信用し, 僕にも, 別段私, 実際悪魔, 旅川から, 本当ね, 母親の, 江漢が, 田舎者の, 着物が, 私の, 私一々, 竜之, 縁遠いもの, 考えて, 行がけに, 誰も, 道を, 駒井は

▼ 言ったばかり~ (28, 0.4%)

5 では 2 である, で彼

1 [19件] こっちは, だ, だった, ちょいと, つんとして, であった, でいきなり, でおなじく, でさすが, です, でわたくし, で世間, で僕, で外, で折角, で澄し, で金蔵, 不愛想, 嫗の

▼ 言ったほう~ (26, 0.4%)

10 がいい 3 が適当 2 が当っ

1 [11件] がいくら, がぴったり, がまだしも, がもっとも, がよりよく, がよろし, が人物, が妥当, が早く, が早わかり, が穏当

▼ 言ったまま~ (25, 0.3%)

2 おしおは

1 [23件] この二人, しかし万能, じっとし, すっくと立ち上った, ずんずん先, そわそわと, ですっと, で僕, で垂, で室, で次, ぴょんと野原, ぷかぷか煙草, やっぱりずんずんと, ガックリ首, 吃って, 急いで, 振り向きも, 消えて, 立ちすくんで, 答えない, 長い間畳, 高い空

▼ 言ったあと~ (24, 0.3%)

7

1 [17件] でおま, でおまえ, でさらに, でそのまま, ではいつも, でまた, でもお, でようやく, で二人, で後悔, で急, で源氏, で薫, に大臣, に言い合わした, べつにベンゲット, また眼

▼ 言ったあの~ (24, 0.3%)

2 時の

1 [22件] いまわしいことば, おどかしの, お雪, ひとの, 争論を, 人の, 佐久間象山を, 女らしい人達, 娘は, 子か, 寒い夕風, 怪美人の, 悲しい言葉, 教授の, 時計だ, 暮田正香の, 石かい, 言葉が, 言葉の, 言葉を, 調子が, 輝子の

▼ 言ったけれども~ (24, 0.3%)

2 それは, 返事が

1 [20件] あれこれ無数の, かなわなかった, さりとてどこ, そのうち自ら和, その飛び込ん, どこへ, なにも, まだ覚め, もう手足, われわれは, イヤ今晩, ジョンは, 一種の, 実は宇治山田, 少年は, 幸いに, 梓は, 生きて, 神尾は, 納得した

▼ 言ったふう~ (24, 0.3%)

2

1 [22件] で, なリンピイ一流, な型, な意味, な顔つき, にねいまお話, に乗船近く, に大急ぎ, に思う, に抗議, の, のこと, のまぎらわしい, のもの, のシマリ, の人, の作品, の好み, の形, の極端, の気持, の評論

▼ 言ったつもり~ (23, 0.3%)

4 なの 3 だが 2 では, なん

1 [12件] だけど, だった, であった, であったが, である, でいるらしい, です, ですが, で誘い出し, なのに, なんで, は少し

▼ 言ったとき~ (23, 0.3%)

1 [23件] あの人, からひと言, こういう考え, そうすれ, その人, だった, でした, とつぜんかなり隔たった, にこの, にはもう, には中原, には僕, には妻, には窓, に彼女, に樋口さん, に私, の綾子, ほとんど商人, まず第, も, 始めて, 笑ってたん

▼ 言ったもん~ (21, 0.3%)

83 だから, です 1 だこれ, だなあ, でさ, でしょうなあ, ですそれ, ですなあ, でどこ

▼ 言った~ (21, 0.3%)

9 がある 2 があった 1 がありました, があります, が今度, さえもあった, でも, には覚え, はなかっ, もある, も向う, をいまここ

▼ 言った~ (20, 0.3%)

3 違いない 2 ちがいない

1 [15件] かかわらずお松, かかわらず入って, しても, しろただ, せよ半面, 一つしか, 拘らず与八, 無理は, 相違ない, 相違なかっ, 過ぎないの, 過ぎなかった, 過ぎぬ, 違いないです, 違いなかった

▼ 言った~ (20, 0.3%)

1 [20件] あいつ, あれは, い, お前と, お駒奴, さア, その功, それくらいの, それで越前守, それに, 三輪の, 俺は, 去年の, 君は, 政ちゃん, 智恵ちゃん, 番頭さん, 神妙に, 竹乗りは, 覚えて

▼ 言った~ (19, 0.3%)

3 銀様の 2 言葉が

1 [14件] ことばの, 人形やら, 前方と, 手軽な, 気持が, 物越しで, 若は, 言葉であった, 言葉でございます, 言葉を, 銀様は, 銀様も, 関所という, 鶴の

▼ 言ったなり~ (19, 0.3%)

2 不機嫌そうに

1 [17件] それなり自分, どれに, ひどく甲羅, もうわたくし, ヨタヨタ七三の, 兄妹二人は, 別に自分, 学園の, 平気で, 弟が, 煙草を, 竹箒を, 箒の, 頭を, 飯を, 黒を, 黙って

▼ 言ったのに~ (19, 0.3%)

1 [19件] あの人, そっくりの, それじゃあ, それにまた, どうしてお前, まだこの, 五十鈴河は, 今度は, 何だって, 妙に, 新高だけ, 気が, 無理は, 現に飛行機, 眼を, 過ぎないという, 違いない, 頭ごなしに, 驚いて

▼ 言った調子~ (19, 0.3%)

2 だ, で, です

1 [13件] だった, であったらしい, である, でした, でプレリュード, で一人, で唾, で始めました, で室, で聞き入れません, で頼む, で風儀, は三輪

▼ 言ったことば~ (18, 0.2%)

1 [18件] がわかったであろう, だが, であった, でその, でもある, になにか, に何ぞ, に何一つ, に変り, に陶器, の下, はよく, も思い出され, をもいちど, をよく, をよも, を先, を思い

▼ 言ったかも~ (17, 0.2%)

7 知れない 4 知れないが 1 しらんが, しれない, しれないの, しれません, 知れないけど, 知れません

▼ 言ったくらい~ (16, 0.2%)

32 である

1 [11件] だもの, であった, であったが, でありました, でした, でしたが, でそんな, でねずみ, で施米, 故これ, 立居の

▼ 言った意味~ (16, 0.2%)

1 [16件] がすぐ, がわかった, が判らなかった, が解らなかった, です, での元素, の, の断片的, の社交的, はなんだかよく, はもう, はよく, は誰, も実に, を何と, を徹底

▼ 言った~ (15, 0.2%)

1 [15件] がきかれました, がし, が低い, が油地獄, が物語, が長年, と一緒, にぎょっと, は前, は少し, は広い, は手, は羅門塔十郎, も殆, をきき流し

▼ 言った~ (15, 0.2%)

1 [15件] たちまち軽率, で, でお父さん, できれい, ではいよいよ, でセリファン, で主婦, で何, で妙, で此, で民助, で苦笑い, について, まだ余憤, 忽ちピン

▼ 言った~ (15, 0.2%)

2

1 [13件] だ, で, な, ないかにも, なこと, な態度, な文学的, に感じた, に考え, に自分, の, のしごく, の処

▼ 言った~ (14, 0.2%)

1 [14件] お三輪, もっともだ, もっともで, もはや宿場全盛, カレイが, 三吉の, 交通不便の, 今だ, 今もかの, 只今英語で, 学芸を, 心細い, 水の, 貴様等か

▼ 言ったからとて~ (12, 0.2%)

3 私は 1 あえて賤, べつだん恩, 今急に, 僕は, 分るまいとは, 別に幽霊, 日本の, 正しいとは, 社会の

▼ 言った~ (12, 0.2%)

41 けな, けなあちょっと, て, てかい, てほか, て伝言ろ, て御免, て言っ

▼ 言った~ (12, 0.2%)

1 [12件] して, で八五郎, で眼, で頷い, で首, になり, には遣り場, は新しい, をし, をしました, を振り向けました, を訝し

▼ 言ったため~ (11, 0.1%)

1 [11件] たいそう燕路さん, に, にもう, に一人俄拵え, に二人, に侍従, に司法当局, に夫人, に文殊, に重ねがさね, に非人風情

▼ 言ったところが~ (11, 0.1%)

1 [11件] おもしろいこと, お君, その先輩, それだけの, やはり裂地, 内儀は, 売場の, 彼は, 案外快く, 治りますかと, 突然長島

▼ 言ったとて~ (11, 0.1%)

1 [11件] それは, どれが, へえそんな, 今更どうなる, 困りやすよ, 定基の, 感心しいる, 決して決して夢, 決して眉, 聴きも, 行かりょか佐渡

▼ 言った~ (11, 0.1%)

1 [11件] あちらさんの, お前の, くずれだか, とんだ手数, オンム・アルメ街で, 何か, 前へ, 朝霧, 気鬱の, 盛光なら, 腰紐の

▼ 言ったこの~ (10, 0.1%)

2 娘は 1 テイラア課長の, 厭世的な, 後拙者から, 歌に, 言葉は, 辺りに, 辺家の, 際そういう

▼ 言っただけで~ (10, 0.1%)

1 いると, がすよ, その時, また眠っ, 一気に突き抜ける, 一番目が, 口を, 帰って, 次の, 沢山じゃ

▼ 言った~ (10, 0.1%)

1 ぉな, これ見てくれと, 伊豆へ, 六さんは, 声も, 待ったなし, 湖西に, 美佐子さんが, 頓馬と, 鶴次郎を

▼ 言った~ (10, 0.1%)

3 の貧弱 1 のことば, の従姉, の眼, の顔, は又, は粗野, は頤

▼ 言った~ (9, 0.1%)

1 であったが, で何, なもの, な次第, に, にその, にススキ, に思った, に謡

▼ 言ったまで~ (8, 0.1%)

51 であると, でございますよ, では

▼ 言った~ (8, 0.1%)

3 の声 1 だ, にはおかしく, の言葉, はその, はズカズカ

▼ 言った~ (8, 0.1%)

4 がある 1 があった, の顔, をね, をもう少し

▼ 言った~ (8, 0.1%)

1 ですから, で三方, で摺餌, で谷, で頬摺り, になった, のもの, を取っ

▼ 言った覚え~ (8, 0.1%)

2 はありません, はねえ 1 がある, はない, もある, もない

▼ 言ったくせ~ (7, 0.1%)

1 に, にベッド, に今夜, に今度, に半年, に文次, に自分

▼ 言ったこれ~ (7, 0.1%)

1 だけの言葉, は夢, は明瞭, は私, まで毎夜村, も団丸, も真実

▼ 言ったとしても~ (7, 0.1%)

1 それは, だよ, どういう意味, やはり許容, 三元が, 彼は, 現実に

▼ 言った~ (7, 0.1%)

1 が詰まらない, で人情, で仕様, で始まらない, で雑樹一株, に小, は青竹二本

▼ 言った彼女~ (7, 0.1%)

3 の眼 1 の手紙, の方, の笑顔, はテーブル

▼ 言った途端~ (7, 0.1%)

1 にトラック, に二匹, に吃, に後ろ, に芳子, に馬車, ふと渡辺橋

▼ 言ったかは~ (6, 0.1%)

1 とうとう分からず, はっきりしない, もう考えない, わかりかねるが, 判らぬ, 幸いな

▼ 言ったとか~ (6, 0.1%)

1 であと, でお, でどなり始めて, 一葉も, 茶代は, 言って

▼ 言ったとは~ (6, 0.1%)

1 おっしゃらないよう, この方, 夢にも, 思えませんよ, 思わなかったこと, 珍譚じゃ

▼ 言った~ (6, 0.1%)

1 が悪い, との知友, の声, の声色, の言葉, は少々

▼ 言った~ (6, 0.1%)

1 だ, で, でそれ, に水辺, は尋常一様, へ行く

▼ 言った様子~ (6, 0.1%)

2 でした 1 です, で眺め, で膝, はひどく

▼ 言った~ (6, 0.1%)

1 がいた, の姿, は外, は腰, もあった, 少し青瓢箪

▼ 言った~ (6, 0.1%)

2 の言葉 1 と彼女, のもどかしい, の暗い, は抱き取る

▼ 言った自分~ (6, 0.1%)

2 の声 1 のことば, の語, は急, は有害

▼ 言ったからって~ (5, 0.1%)

1 あの婆さん, お年寄, そんな生々しい, ただ漠然と, 出して

▼ 言ったけど~ (5, 0.1%)

1 ここなら, そう言った, 新高さんが, 精進期には, 赤い糸

▼ 言った~ (5, 0.1%)

1 その上支那服, 他の, 吉良兵曹長も, 大町あたりの, 我々案内で

▼ 言ったそれ~ (5, 0.1%)

1 が全, が垂, はがんりき, らしい窓, をお嬢さん

▼ 言ったそんな~ (5, 0.1%)

3 言葉が 1 ような, 戦争じゃ

▼ 言っただけの~ (5, 0.1%)

1 ことさ, ことで, ことであった, もので, ものである

▼ 言ったっけ~ (5, 0.1%)

1 あれで, この家, どうもつい独り身, 葡萄色の, 金

▼ 言ったなあ~ (5, 0.1%)

1 うまくいった, たしかにここいら, わしの, 口から, 聞き捨てに

▼ 言ったには~ (5, 0.1%)

2 相違ない 1 ふくみが, 三四郎も, 違いない

▼ 言ったにも~ (5, 0.1%)

1 かかわらず, かかわらず彼女, 拘らずそれでも, 拘らず彼, 拘らず風体

▼ 言ったまま小平太~ (5, 0.1%)

1 にはやっぱり, はちょっと, はもう一度, は何とも, は自分

▼ 言った~ (5, 0.1%)

1 あたい下車する, お舟, 姉さんはね, 昨日, 銚子無線の

▼ 言ったんで~ (5, 0.1%)

1 その声, どうもあの, びっくりした, 島野さんも, 森村だ

▼ 言った具合~ (5, 0.1%)

1 である, にとても, に愚痴, に自分, に随分

▼ 言った平次~ (5, 0.1%)

2 の言葉 1 です, の予言, はお

▼ 言った~ (5, 0.1%)

1 に自分, のこと, のもの, の東洋風, の観念的

▼ 言った感じ~ (5, 0.1%)

1 がみなぎっ, つまり人間味, である, でした, です

▼ 言った~ (5, 0.1%)

1 などもある, にはまた, にゃこの, にゃ甲子太郎, の翌日

▼ 言った程度~ (5, 0.1%)

1 だったん, に置い, のもの, のシミッタレ, の頗る

▼ 言った~ (5, 0.1%)

21 だが, だった, なの

▼ 言った~ (5, 0.1%)

1 がほんとう, だろう, は解らん, も後世, を憶

▼ 言った~ (5, 0.1%)

1 です智者, に対しても行わね, に若い, はみんな私, を思い出された

▼ 言ったすべて~ (4, 0.1%)

1 であった, に権威, のもの, の条件

▼ 言った以上~ (4, 0.1%)

1 どうしても明日子, の責任, はもう, 恐らく背

▼ 言った先生~ (4, 0.1%)

2 の言葉 1 の弁護, の意味

▼ 言った~ (4, 0.1%)

1 かたじけないとて, その通り, またまたひっくり返し, 厚く礼

▼ 言った~ (4, 0.1%)

2 の人 1 は歴代, は西

▼ 言った時代~ (4, 0.1%)

1 であったから, と左, のこと, の景気

▼ 言った時彼~ (4, 0.1%)

1 が感じた, はごく, はほとんど, は思わずほっと

▼ 言った源氏~ (4, 0.1%)

1 がはじめて, であったが, と同様, も

▼ 言った~ (4, 0.1%)

2 の言葉 1 でも誘惑, は母

▼ 言った積り~ (4, 0.1%)

2 なの 1 でした, ですが

▼ 言った肌合~ (4, 0.1%)

1 の人達, の人間, の男, らしく見えます

▼ 言った面持~ (4, 0.1%)

1 でいろいろ, でただ, で振り向き, で黙っ

▼ 言ったかな~ (3, 0.0%)

1 あいつの, そういう人間, そうそう朝霧

▼ 言ったからと~ (3, 0.0%)

3 いって

▼ 言ったけな~ (3, 0.0%)

1 その胡麻, それを, 机竜之

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 どうも御, 兄哥, 同じこと

▼ 言ったそして~ (3, 0.0%)

1 つけ加えた, ケリルに, 太陽の

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 がす, がすよ, 王は

▼ 言ったとおりそれ~ (3, 0.0%)

1 は三びき, は彼女, まで私

▼ 言ったとおり彼~ (3, 0.0%)

1 が時々, にとっては必要, の全身

▼ 言ったとたん~ (3, 0.0%)

1 かねがね連中, に玄蕃, ばたばたと

▼ 言ったのみ~ (3, 0.0%)

1 であった, であります, である

▼ 言ったはず~ (3, 0.0%)

21 がない

▼ 言ったまでの~ (3, 0.0%)

1 ことであった, ことである, ことです

▼ 言ったままそこ~ (3, 0.0%)

1 へすわっ, へすわった, へ倒れ

▼ 言ったよりも~ (3, 0.0%)

1 一日でも, 以上の, 大分極度に

▼ 言った一言~ (3, 0.0%)

1 でわたくし, は今, を思い返そう

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 の口上, 松の, 松は

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 しもない, の山小屋, の私

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 の子供, の心持, の顔

▼ 言った友人~ (3, 0.0%)

1 がありました, の顔, もあった

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 で今夜私, のまだ, の手前

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 あわての, 奴であります, 猿が

▼ 言った形容~ (3, 0.0%)

1 がお母様, でこの, は全然

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 奉行様の, 布令でも, 様子が

▼ 言った恐ろしい~ (3, 0.0%)

1 事件が, 言葉を, 話を

▼ 言った手前~ (3, 0.0%)

1 もある, 覚える, 食べぬ訳

▼ 言った文句~ (3, 0.0%)

1 が少し, が気に入らない, をくり返し

▼ 言った時私~ (3, 0.0%)

1 はぞっと, はつけ加え, もツイ

▼ 言った~ (3, 0.0%)

3 の言葉

▼ 言った気持~ (3, 0.0%)

1 で言った, のため, はわかる

▼ 言った物語~ (3, 0.0%)

1 がいくつ, も現世, を読んだ

▼ 言った皮肉~ (3, 0.0%)

1 が皮肉, のため, の意味

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 の端, をそのまま, を考え出す

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 だ, でも, は

▼ 言った~ (3, 0.0%)

1 だったかも, のよう, はそんな

▼ 言った通り私~ (3, 0.0%)

1 の内心, はすぐ, は夏目さん

▼ 言ったある~ (2, 0.0%)

1 一人の, 場合を

▼ 言ったうち~ (2, 0.0%)

1 では比較的, で今

▼ 言ったおかげ~ (2, 0.0%)

1 でせっかく, で訓戒

▼ 言ったからには~ (2, 0.0%)

1 相当に, 誰に

▼ 言ったかわいそう~ (2, 0.0%)

1 なちっちぇえ黄金虫, な奥さん

▼ 言ったがんりき~ (2, 0.0%)

1 の百, の百蔵

▼ 言ったきり次郎~ (2, 0.0%)

1 の皿, はなんだか

▼ 言ったくらいの~ (2, 0.0%)

1 事であった, 外交的言辞に

▼ 言ったことすべて~ (2, 0.0%)

1 が本当, を真相

▼ 言ったころ~ (2, 0.0%)

1 からの知り合い, から一方

▼ 言ったしかし~ (2, 0.0%)

2 それは

▼ 言ったそこ~ (2, 0.0%)

1 のところ, の所

▼ 言っただけじゃ~ (2, 0.0%)

1 お前に, 此処まで

▼ 言っただけでも~ (2, 0.0%)

1 うその, すでに何物

▼ 言ったついで~ (2, 0.0%)

1 にそれぞれ, に冷泉院

▼ 言ったとおりおれ~ (2, 0.0%)

1 が預かった, はすばやく

▼ 言ったとおりコゼット~ (2, 0.0%)

1 はこわがらなかった, は病気

▼ 言ったとおり彼女~ (2, 0.0%)

1 はかつて, は目

▼ 言ったとこ~ (2, 0.0%)

1 でした, もモダンガール

▼ 言ったばかりの~ (2, 0.0%)

1 その人, 業物を

▼ 言ったふたつ~ (2, 0.0%)

1 の事件, の窓硝子

▼ 言ったほど~ (2, 0.0%)

1 必要な, 悪くは

▼ 言ったほどに~ (2, 0.0%)

1 暴君に, 菓子屋の

▼ 言ったほどの~ (2, 0.0%)

1 大猟では, 所だった

▼ 言ったまま娘~ (2, 0.0%)

1 に構わず, はきゅう

▼ 言ったまま男~ (2, 0.0%)

1 の顔, は鏡

▼ 言ったみたい~ (2, 0.0%)

1 だわね, に恥

▼ 言ったやつ~ (2, 0.0%)

1 さ, は殺す

▼ 言ったわし~ (2, 0.0%)

1 に話したい, の言葉

▼ 言ったわたし~ (2, 0.0%)

1 の様子, は既に

▼ 言ったわよ~ (2, 0.0%)

1 きゅうに, その会

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 生命がけ, 誤解し

▼ 言ったガラッ~ (2, 0.0%)

1 八は, 八自身は

▼ 言った一つ~ (2, 0.0%)

1 くらいの芸, の時代

▼ 言った一人~ (2, 0.0%)

1 の阿闍梨, 居た茶

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 に, はそう

▼ 言った二つ~ (2, 0.0%)

1 の系統, の話題

▼ 言った人間~ (2, 0.0%)

1 の心霊, の顔

▼ 言った以前~ (2, 0.0%)

1 はほとんど, は眠る

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 であったから, 古く売り込んだ

▼ 言った作者~ (2, 0.0%)

1 の人生観, の学生時代

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 だけをここ, には人

▼ 言った切り~ (2, 0.0%)

1 で発っ, で黙っ

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 病人や, 馬鹿半

▼ 言った卑怯~ (2, 0.0%)

1 だという, な言葉

▼ 言った占い者~ (2, 0.0%)

2 の予言

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 であるが, の通り

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 に陶酔, をほんとう

▼ 言った地方~ (2, 0.0%)

2 の暖かい

▼ 言った塩梅~ (2, 0.0%)

1 なの, にどこ

▼ 言った~ (2, 0.0%)

2 のよう

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 適例である, 青年で

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 に力, に魅惑的

▼ 言った姿~ (2, 0.0%)

1 だ, をし

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 は張り詰めた, もやはり

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 主観の, 鮫は

▼ 言った市川~ (2, 0.0%)

1 と保土ヶ谷, の内

▼ 言った康雄~ (2, 0.0%)

1 の声, はポケット

▼ 言った弁信法師~ (2, 0.0%)

1 の言葉, はあれ

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 の言葉, は不自由

▼ 言った当人~ (2, 0.0%)

1 がそれ, も一度

▼ 言った心持~ (2, 0.0%)

1 になる, は尾沢

▼ 言った恰好~ (2, 0.0%)

1 でたしなみ深く, なの

▼ 言った想像~ (2, 0.0%)

1 なりあるいは, も彼ら

▼ 言った感情~ (2, 0.0%)

1 のなか, をその

▼ 言った拍子~ (2, 0.0%)

1 にあの, に急

▼ 言った方向~ (2, 0.0%)

1 さえわからん, に流れ去る

▼ 言った時それ~ (2, 0.0%)

1 は彼, を不純

▼ 言った時三四郎~ (2, 0.0%)

1 はしゃがみ, は自分

▼ 言った時分~ (2, 0.0%)

1 にお前, に私

▼ 言った時孔子~ (2, 0.0%)

1 は即座, は子路

▼ 言った時宮~ (2, 0.0%)

1 のお, はただ

▼ 言った時彼女~ (2, 0.0%)

1 の頭, は彼

▼ 言った有様~ (2, 0.0%)

1 だが, なんで

▼ 言った校長先生~ (2, 0.0%)

1 のお, の演説

▼ 言った残酷~ (2, 0.0%)

1 な労働, な言葉

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 がし, がする

▼ 言った江戸~ (2, 0.0%)

1 の下町, の嵐山

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 である, で酒

▼ 言った看護婦~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 のぎょろりと, 付して

▼ 言った瞬間~ (2, 0.0%)

1 にマリユス, に彼女

▼ 言った神尾~ (2, 0.0%)

1 の家, の権幕

▼ 言った~ (2, 0.0%)

2 之助

▼ 言った米友~ (2, 0.0%)

1 の思い入れ, は腕

▼ 言った約束~ (2, 0.0%)

1 は嘘, は残っ

▼ 言った老人~ (2, 0.0%)

1 はいつ, は死ん

▼ 言った藤村~ (2, 0.0%)

1 の, の気持ち

▼ 言った調子の~ (2, 0.0%)

2 が始まります

▼ 言った~ (2, 0.0%)

1 の女, の少女

▼ 言った通りお前~ (2, 0.0%)

1 はこれから, も男

▼ 言った通り彼女~ (2, 0.0%)

1 はわたし達, はバティスティーヌ嬢

▼ 言った通り日本~ (2, 0.0%)

1 のメーデー, の会話

▼ 言った関係~ (2, 0.0%)

1 がわかった, の一般的

▼ 言った類い~ (2, 0.0%)

1 だろうな, の最

▼ 言った風情~ (2, 0.0%)

1 である, でニコリ

▼ 言った高価~ (2, 0.0%)

1 な女性的, な無益

▼1* [942件]

言ったあくまで謙遜であるべきである, 言ったあげく片腕をまくりあげ, 言ったあと滓が残っ, 言ったあと葛岡の肩, 言ったあなたは, 言ったあまりゾッとしない眼, 言ったあら煮が, 言ったありがたいことには, 言ったあんたのお, 言ったいずれも深々, 言ったいやらしい年寄りの, 言ったいろいろの場所, 言ったぬ等, 言ったうす紅色の, 言ったうわごとは, 言ったおそろしいことばが, 言ったおれのさっき, 言ったお前の返事, 言ったお前たちのその, 言ったお方にお目にかかった, 言ったお松の舌, 言ったお父さんという言葉, 言ったお祖父さんの言葉, 言ったお話はあまり, 言ったお雪ちゃんその人, 言ったかいがあった, 言ったかしら忘れたわ, 言ったかたなの, 言ったかということは, 言ったかとも覚えて, 言ったかなり呑気な, 言ったかにはじめて気がつい, 言ったかねほんとうに, 言ったかを彼は, 言ったがなどうしても銀座, 言ったがね忘れたよ, 言ったがも一つその, 言ったがんりき自身もまた, 言ったきりあとの句, 言ったきりお辞儀をする, 言ったきりみんな脚気のよう, 言ったきりわき芽をさがす, 言ったきりフイと師匠, 言ったきり一ことも口, 言ったきり一しょについて行っ, 言ったきり亭主は隅, 言ったきり何も説明, 言ったきり僕は次, 言ったきり加多の方, 言ったきり千二はまるで, 言ったきり口をモゴモゴ, 言ったきり向うから電話, 言ったきり咽喉がひきつりました, 言ったきり後にはなんにも, 言ったきり恐怖と失策, 言ったきり手出しのできない, 言ったきり掌中の玉, 言ったきり棒だちに, 言ったきり気をうしなっ, 言ったきり洋服のまま炬燵, 言ったきり相手になっ, 言ったきり私の手, 言ったきり米友には口, 言ったきり絶句して, 言ったきり腰のまわり, 言ったきり葉書を父, 言ったきり蒼ざめた真剣な顔, 言ったきり藤吉は気, 言ったきり表口をあけ放し, 言ったきり誰にもわからなかった, 言ったきり長左衛門は何とも後, 言ったきり首を俛, 言ったぎりだった, 言ったぐあいにどれもこれ, 言ったぐあいに前列が終わる, 言ったえ, 言ったこいつ成程, 言ったことすべて女に不快, 言ったことばどおりを寸言, 言ったこと丸木に捕えられ, 言ったこと他の誰, 言ったこと気にさわった, 言ったこと為たこと, 言ったこと著者と書名, 言ったこれ風の動く, 言っただけど考え, 言ったさっきのが, 言ったさて人の, 言ったしまはそれでも, 言ったじいさんが非道, 言ったじゃあありませんか, 言ったせいかこれ, 言ったせつなの父, 言ったそうして戸口まで, 言ったそこで王は, 言ったそれでもこんな大, 言ったそれらのもの, 言ったなし, 言ったただ一言, 言ったたちの女らしく, 言ったたびごとに彼, 言ったためしはなく, 言っただがそれは, 言っただけしか知りませんよ, 言ったっけなんん, 言ったっけねあの人妻, 言ったつぎの警句, 言ったつまり勝負師が, 言った馬の, 言ったてんで女の子部屋, 言ったといふことは, 言ったとおりいつまで待っ, 言ったとおりこれを直ぐ, 言ったとおりすべては君, 言ったとおりなかば形になった, 言ったとおりひとりの市民, 言ったとおりもとの方向, 言ったとおりコラント亭はクールフェーラック, 言ったとおりサン・タントアーヌ郭外からきた, 言ったとおりジャン・ヴァルジャンとフォーシュルヴァン, 言ったとおりジルノルマン氏のむら気, 言ったとおりドロア・ムュール街とピクプュス小路, 言ったとおりフランス以外の諸, 言ったとおりブドリの家, 言ったとおりブュルゴンという名, 言ったとおりブーロンネー産の小さな, 言ったとおりマリユスは何, 言ったとおり一階と二階, 言ったとおり三十まではこうして, 言ったとおり世界で何番目, 言ったとおり主人夫婦とレム, 言ったとおり二人の人間, 言ったとおり二度妻を持った, 言ったとおり人が牧師, 言ったとおり人生の外, 言ったとおり今では家賃, 言ったとおり佐吉を縛れ, 言ったとおり何を小さく, 言ったとおり光の方, 言ったとおり君らの気持, 言ったとおり外部には少し, 言ったとおり多くの室, 言ったとおり夜になる, 言ったとおり婚礼の行列, 言ったとおり子供らしいもの, 言ったとおり学校などへ行っ, 言ったとおり客間の中, 言ったとおり家には法院長, 言ったとおり平地は非常, 言ったとおり後に文字, 言ったとおり怪物のす, 言ったとおり恥かしがりで孤独, 言ったとおり文公はどうにもこう, 言ったとおり晩餐は既に, 言ったとおり暗夜の中, 言ったとおり最近四半世紀ばかりの間, 言ったとおり未亡人は我, 言ったとおり本来ジルノルマン氏はマリユス, 言ったとおり死刑台はもろもろ, 言ったとおり水の垂れる, 言ったとおり江戸の大空, 言ったとおり生物には変化性, 言ったとおり男はだれ, 言ったとおり皆おとなしい奴ら, 言ったとおり眼前に起こった, 言ったとおり私はこの, 言ったとおり臆病にできた, 言ったとおり自分のもの, 言ったとおり苫舟の中, 言ったとおり言葉と声音, 言ったとおり象の腹, 言ったとおり軍隊の撤退, 言ったとおり遺書と投書, 言ったとおり闘牛は炎天下, 言ったとおり阿Qは見識, 言ったとおり静かにそして, 言ったとかいう類いの, 言ったときガチャーンとガラス, 言ったときラニョンは自分, 言ったとき一片の雲, 言ったとき井戸の底, 言ったとき喬にひょっと, 言ったとき奥方がたいそう, 言ったとき女はにわかに, 言ったとき平一郎はさすが, 言ったとき廊下に多勢, 言ったとき彼は苦々し, 言ったとき彼らは一滴, 言ったとき彼女も初めて, 言ったとき彼方の隊, 言ったとき私の近く, 言ったとき紺野老人はかけ, 言ったとき足音烈しく庭門, 言ったところ三本しか見えない, 言ったところ白布の外, 言ったとたんがらんとした, 言ったとてもさらに不思議の, 言ったとの返事, 言ったとやらひかれ者の, 言ったどうも前から, 言ったどこまでも呑気, 言ったなかに間違い, 言ったなとわたくしも, 言ったなどの例は, 言ったなまめかしさな, 言ったなんて話は, 言ったなんとか一つ資金をさ, 言ったなん刻に氷振舞, 言ったにゃあ言いました, 言ったねえハハハハ, 言ったのちのその, 言ったのち僕がじゃ, 言ったのち源氏は高官, 言ったばかしで決して, 言ったばかりに今日一日を, 言ったばか者がいる, 言ったひとたちのほう, 言ったひどい姿で, 言ったふくれっ面でおかみ, 言ったふしぎな言葉, 言ったほかになにか, 言ったほとんど全額が, 言ったほんとうの意味, 言ったまあ腹を, 言ったまず町へ, 言ったまた幾枚も, 言ったまたは彼は, 言ったまだ杢若に, 言ったまでじゃありませんか, 言ったままお寺の前, 言ったままぼう立ちになっ, 言ったままテーブルの上, 言ったままプリューシキンはじっと, 言ったまま三四郎に, 言ったまま元のよう, 言ったまま内蔵助はまた, 言ったまま千二はその, 言ったまま口がふさがらない, 言ったまま外に残され, 言ったまま多くを語らず, 言ったまま徹馬は敷き, 言ったまま新九郎はしばらく, 言ったまま桃やら桜, 言ったまま桑は息, 言ったまま森の精, 言ったまま火のある, 言ったまま相手にならない, 言ったまま良心の呵責, 言ったまま部屋を出, 言ったまま野槍を小脇, 言ったまま金吾も色, 言ったまま頸筋を垂れ, 言ったまま顔を部屋, 言ったまるでわかり切ったそれでいて, 言ったみや子は紛らす, 言った思い当る, 言ったものかいなアお富坊, 言ったもの凄い暗い夜も, 言ったやさしい一言クリストフの, 言ったようすもありません, 言ったよう音楽院のよう, 言ったよしやろうこれ, 言ったよほど不思議な似, 言ったより一層恩義, 言ったわずかに十七字, 言ったわたくしに対する話, 言ったわよとシイカが, 言ったわりに顔, 言ったわネ強請である, 言ったアストン・クリントンの故, 言ったアムステルダム大会一つくらいのもの, 言ったアヤフヤなこと, 言ったエイゼンシュテインがどう, 言ったガラクタ用心棒の富山七之助, 言ったクラーヴヂヤ・ペトローヴナが今度, 言ったクリストフはジョルジュ, 言ったクールフェーラックの言葉, 言ったグルネ・ビョルゲ氏邸の盗難事件, 言ったシイカの笑顔, 言ったシチュエイションという英語, 言ったジュピターのばかげた, 言ったスイス人がいろいろ, 言ったセリフが気, 言ったソフィヤの眼, 言ったタキツスは一つ, 言ったダーシャの感じとり, 言ったツラだ, 言ったトタンに春子, 言ったドイツ語の本, 言ったドストエフスキイのベルリン, 言ったナイロンの脚, 言ったナポレオンは死んだ, 言ったなんかの, 言ったネロと言った, 言ったハイドンの言葉, 言ったパスカルの言葉, 言ったフォン・コーレンの顔, 言ったフランス人の言葉, 言ったフランツの言葉, 言ったフリント君の頭, 言ったフリードリヒ大王は一七八六年この世, 言ったブロッスの教授, 言ったプラトーという人, 言ったマクスウェルの言葉, 言ったミチ子嬢が本当に, 言ったムシャクシャ腹世の中をハスッカイ, 言ったリアリズムとは, 言ったルクレチウスの言葉, 言った一ト言をいつ, 言った一度ガックリと落胆, 言った一白人の言葉, 言った一策について協議, 言った一言以外にまだ, 言った一語一語をくり返し, 言った七万両の金, 言ったけだった, 言った三つの書物, 言った三人だけが苦しみ出し, 言った三人組の泥棒, 言った三分の二でも二分の一, 言った三度の食事, 言った三郎兵衛かごに引ッ, 言った上村の顔, 言ったから, 言った下心だったの, 言った下級の役所, 言った不吉な予言, 言った不思議な客, 言った不正な侮辱的, 言った不破の関, 言った世にも他愛の, 言った世間の噂, 言ったの袂, 言った中気の三次郎, 言った水之, 言った主人の少女, 言った主張を裏切る, 言った九時頃よりは遅く, 言った九月八日ハンベリイ街のアニイ・チャプマン, 言った乳母の言葉, 言った事実だけはどう, 言った事情で犬, 言った事柄の腹癒せ, 言った二十八番の部屋, 言った五両賭でも十両賭, 言った交通不便のため, 言った京子の声, 言った人たちは喜ん, 言った人声がする, 言った人格は尊い, 言った人物がある, 言った人相や身扮, 言った人道主義的な温味, 言った人道論を言い出し, 言った人達ばかり煙草, 言ったでさ, 言った今度は道具方, 言った今日は少年社員, 言った今朝ほどのあの, 言った仕事には年季, 言った仕事以外には当分, 言った代官の方, 言った以上二時という時刻, 言った伯父の声, 言った佐々の言葉, 言った佐柄木の貌, 言った余分の三組み, 言った作品が無数, 言った作家連のごとき, 言った作物となっ, 言った俊亮の言葉, 言ったはこんな, 言ったでいいかね, 言ったの句, 言った優しい風情が, 言った先入観と言った, 言ったは父, 言った八五郎の調子, 言った兵部の声, 言った其眼元には心, 言った其言葉は少ない, 言ったでは景気, 言った内大臣の言葉, 言った処女らしい恐怖, 言った出羽への復讐, 言った切りコトキレたって言う, 言った切りステキなスピード, 言った切り博士は口, 言った切迫した気持, 言った別れしなの獄内, 言った利休はどこ, 言った制服姿で入口近く, 言った刹那その馬, 言ったや毒, 言った前者の例, 言った割竹で指, 言った劇団ズーッとやってる, 言ったのない, 言った加世は嫁, 言った加納副部長, 言った加賀田の隠者, 言った助手が西洋料理, 言った医師の言葉, 言った医者の言葉, 言った十九時過ぎのこと, 言った破矢, 言った千浪の声, 言った厄年十九の娘, 言った原因が継母, 言ったらしい祈願, 言った反抗的な色, 言った叔父の言葉, 言った口上に対しまた, 言った口吻には妻, 言った口裏でもその, 言った口調です, 言った小路は, 言った古人の言葉, 言った同じ湖水の, 言った同然忌詞だが, 言った名実相叶うて, 言った名目の手前, 言ったは知らないらしい, 言った命題がすぐ, 言った哲人の言葉, 言った哲学者があった, 言った唯美派や芸術至上主義, 言ったでも悪, 言った喜助だけが気に入りであった, 言ったも佐太郎, 言った囁きを聞く, 言った四分の一くらいを聞い, 言った四字の秘訣, 言った圓馬夫人斡旋の家庭, 言った土塀の上, 言った地上の事柄, 言った地下の召し, 言った地位につかれる, 言った地名だけに引っかかった, 言った地水火風というよう, 言った地面の坪数, 言った場所にいとも, 言った壮士はおたがいに, 言った声音は女, 言ったな気, 言ったの薄衣, 言ったのこと, 言ったを見た, 言った大きな神々しいお, 言った大刀釣瓶落しを下段, 言った大次郎はまず, 言った大阪御城内, 言った天丼にした, 言った天使が中, 言ったに向, 言った女中さんに引っぱられ, 言った女房の顔色, 言った女房娘もやれ, 言った女王に貴女, 言った好みのせい, 言った如くに, 言った妄覚を持っ, 言ったとの約束, 言ったの母, 言ったである, 言った娘さんにまだ, 言った婦人の名, 言ったもかわいい, 言った子供はぶるぶる, 言った子供達ははち切れる, 言った字数が十七字, 言った学士が危く一命, 言った学者がある, 言った宇治稚彦皇子, 言った安堵の色, 言った安宅先生退職の話, 言った実話はまだ, 言った実質的なこと, 言ったはひとり, 言った客観的だという, 言った家々をたおし, 言った家橘松之助菊四郎などに沢村源之助, 言った宿屋数軒外湯一棟と言う, 言った寝言のよう, 言った寵姫の首, 言った対馬守だが, 言った尊氏だが, 言った小春とぎょっと, 言った少尉殿はまず, 言った少年と話し, 言った少年たちのうち, 言った居士は何人, 言った履物だけで言っ, 言った之助さん, 言った山の神さえいた, 言った山内という山出し看護婦, 言った岡沢先生のお, 言った工合にこの, 言った差配の言葉, 言ったの詞, 言った市平の眼, 言った帆村は銃, 言ったの言葉, 言った平兵衛はご, 言った広い意味での, 言った広大な人, 言ったで, 言った庫裡の奥, 言った弁信が杖, 言った強いのが, 言った当時の道中記, 言った役所の手, 言った彼らの任侠, 言った彼丸木もついに, 言った後テーブルの上, 言った後二三日した探梅日和, 言った後先方の様子, 言った後夫人は, 言った後気軽にまた, 言った従者と奩妝, 言った御礼詣りに, 言った微かな自覚, 言ったは穴, 言った心持ちを解し得た, 言った応唱一声であと, 言った忠告が効, 言った怜悧で清純, 言った思惟するもの, 言った思想的な内容, 言った怪しからぬ奴, 言った恋しい人の, 言った恐しい言葉, 言った恐ろしく洒落た建物, 言ったがつまる, 言った悩みのため, 言った悪戯が大好き, 言った悪戯盛りの繁, 言った悪魔的な遊び心, 言った悲劇という話, 言った情死をはかっ, 言ったの言葉, 言った慈愛と安心, 言ったで首, 言った態度でよく, 言った慶娘の声, 言った手前お雪ちゃんは無条件, 言った手前腹を立てる, 言った手形という言葉, 言った手段で逃げ出る, 言った手足顔そのままで, 言った手軽なこと, 言った手順どおりにな, 言った才子の棟蔵, 言った才次の言葉, 言った投書が全く, 言ったが有れ, 言った折紙すらもが今, 言った挙句人の肘, 言った捨てぜりふの意味, 言った捨台詞と思った, 言った揚句一つ差上げ度, 言った放恣さとしてよりも出版資本, 言った故おれも呼び, 言った故事で, 言った故利平も菖蒲, 言った故夜みんながその, 言った故帰りがけに入口, 言った数馬の眉間, 言った文字にすれ, 言った文芸百科全書もこの, 言った文造の心, 言った料理の暖めなおした, 言った料理人が今日, 言った古今あたりに, 言った方丈だと, 言った方法で写真, 言った方面を宜しく, 言った施設などちょっと, 言ったができよう, 言った旅情というもの, 言った日本の三絃, 言った日本左衛門の隠れ家, 言った道徳は, 言った明治十年司法省出版の, 言った時あんたはなぜ, 言った時この間の松公, 言った時まつは始め, 言った時わたしは内々, 言った時アパートの階段, 言った時クリストフは高い, 言った時ファニーの唇, 言った時代巣鴨や大塚, 言った時伝吉はもう, 言った時六樹園は誰, 言った時兵馬がすかさず, 言った時冴子はびっくり, 言った時卯の花垣をなどと少々, 言った時君はまた, 言った時四方を見廻しました, 言った時多鶴子ははじめて, 言った時夫はくるり, 言った時女は顔, 言った時宇治は直ぐ, 言った時家の古い, 言った時岡本は凝然, 言った時左右へ敷物, 言った時後のドア, 言った時本人は一向, 言った時植木屋だけにちょっと, 言った時機体が急, 言った時次郎ははっと, 言った時正太が首, 言った時演壇近くにいた, 言った時瞿多弥釈女が自撰, 言った時老女はまして, 言った時聖テレサは答えた, 言った時藤吉は, 言った時蝶吉は床, 言った時豹一の車, 言った時間がちょッ, 言った最初の人, 言った朝野を私, 言った期間があと二週間, 言った発達の, 言った末吉氏は純粋, 言ったは同, 言った本人が一番先, 言った本当の名, 言った本能が一般, 言った本質の諸, 言った李家の四ツ辻, 言った来迎の山, 言った東洋人には遥か, 言った松波資之氏の語, 言ったの言葉, 言った栄一の語勢, 言った校長さんには子弟, 言ったがこれ, 言った構図で尤も, 言った権田原先生の眼, 言った横蔵の唇, 言ったの真下, 言ったに廉子, 言った機会とはどんな, 言った次第さ, 言った次郎の心, 言った欣七郎が地蔵, 言った正札つきなる真新しい, 言った正義党のお伽噺, 言った死刑の執行, 言った死者には死別, 言ったのことば, 言った毎年毎年辞令の出る, 言った比いばかり貧乏人, 言った毛虫もいます, 言った気儘気随の療養生活, 言った気分で別段, 言った気性だから, 言った気持ちから訊い, 言ったに油, 言った水兵どもはみんな, 言った水島はそれ, 言った氷上ホッケイ, 言った江漢老人の鑑定, 言った池内に対して署長, 言った法海禅師の詞, 言ったと糠, 言った泥棒が二度目, 言った注意を守っ, 言った泰平の気分, 言った浜町の鳥料理, 言った淋しい気持で, 言った清葉が優しい, 言った滑らかな調子, 言った激しい言葉も, 言った濠洲からダアバン, 言った火箸のよう, 言った焚付同様の代物, 言った無法な心持, 言った無造作なだが, 言ったらしい, 言ったじゃ, 言った状態から脱せない, 言った独語のプファールト, 言った獅奇怪な申し条, 言った獅虎にかかる, 言った現代日本が置かれたる, 言った理学者がある, 言った理想屋でてんで, 言った理由で私, 言った理論に於ける, 言った瓢箪形のビデ, 言った甚だ身軽な, 言った生月駿三の為, 言った生活という言葉, 言った生物線のこと, 言った田山先生をこの, 言った田舎のある, 言った由新聞に菊池寛以下蒲田, 言った甲州にいる, 言ったの名, 言った町人の許し, 言った異人氏には失望, 言った異存のある, 言った異様な一言, 言ったに, 言った発明がその後, 言った白いタネの, 言った百人一首の歌留多, 言った監視人のウィレム, 言った目黒から出, 言った直ぐそのあと, 言った相談はあの, 言った眉間三寸三日月形のあの, 言った真青と言う, 言った瞬間地を蹴っ, 言った短所がある, 言った短歌の内部的有機律, 言ったのまわり, 言った磔刑の話, 言った磯野の言, 言ったの神使, 言った神尾主膳はじっと, 言った神田帯屋小路の, 言った福助の意味, 言った私たちはどやどや, 言った私達四人の他, 言った秋茄子を嫁, 言った秘事を暗示, 言った来らず森氏, 言った嬉戯し, 言った種類の物, 言った穂高や槍ヶ岳, 言ったでいう, 言ったの石, 言ったは内, 言った笑顔に, 言ったのこと, 言った紙きれを受取った, 言った素晴らしい男を, 言ったと白, 言った組合わせこそ次郎, 言った結果であるの, 言った絵かきは酒飲み, 言った絶句と同工異曲, 言ったかと思ふ, 言った義母の言葉, 言った義雄兄の口吻, 言ったるに従って, 言った老人チョコチョコと隅, 言った老女がまた, 言った老母は焚木, 言った職業とは違う, 言った肥満の与力, 言ったのあらわ, 言ったの上, 言った自信という言葉, 言った自己矛盾におちいり, 言った自慢話も出る, 言った自棄な気持, 言ったより先, 言ったがその, 言った色盲である, 言った芳子の言葉, 言った若い安南人, 言った若年寄であろう, 言った若者の一人, 言った苦労をしず, 言った茂公の言葉, 言ったはよほど, 言った荻生さんの頬, 言った菊之丞自分も限り, 言った華魁の隠し子, 言ったまた椿, 言った蓮池や松林, 言った蓮香のこと, 言った薄暗い長屋の, 言ったもみな内国製, 言った藤沢や高田, 言った蘇峰か誰, 言った蜂谷重吉という男, 言った蜚語流説が早耳, 言った行き方を自ら, 言った行先に安心, 言ったは自分, 言った表情をし, 言った覆面の侍, 言った見当は外れませんでした, 言った覚念坊というの, 言った親分の心意気, 言った親子の情愛, 言った角力上りの奴, 言った言葉そのものの音, 言った言葉どおりだった, 言った言葉ほんとうよりも控え目, 言った言葉ゆえそれほど信頼, 言った言葉尻をとらまえ, 言った言葉岸本が旅仕度, 言った計画が実行, 言った記憶がある, 言った記述を含ん, 言った証言をのぞけ, 言った詐りごとを真に, 言った詩人達の手垢, 言った誘惑に打ち負かされた, 言ったを誇張, 言った説明に感服, 言った諧謔調にさえたれ, 言った諸行は無常, 言った豊作の言葉, 言った豪快無双の高笑い, 言った貧人にも与え, 言った買い値でなら, 言った資産になる, 言った賞め方大家の方, 言った赤い鼠, 言った赤ん坊の頭, 言ったでこちら, 言った躑躅ヶ崎の出鼻, 言った格は, 言った辛い聯想を, 言ったが母親, 言った返事がやっぱり, 言った途端京吉はおやっ, 言った途端喫茶店の入口, 言っただわ, 言った通りあまり立ち入らんよう, 言った通りことしの梅雨, 言った通りこの世では身, 言った通りこれ等の文学, 言った通りそこへぱたり, 言った通りふたりを夫婦, 言った通りスクーネル型の三本柱, 言った通りセルビアで名誉, 言った通りトオマス・スティヴンの怪奇, 言った通りペルシアは暖国, 言った通り一ぺんの形容詞, 言った通り一尺ほどの下, 言った通り七時前に晩餐, 言った通り三輪町の金座, 言った通り世の中が悪く, 言った通り丸木に伝える, 言った通り二三日は寝, 言った通り二人の人, 言った通り二本立てが三本立て, 言った通り人に事え, 言った通り今まで調練, 言った通り今一つ竜なる想像動物, 言った通り今夜は遊ん, 言った通り仮名として区別, 言った通り何にも知らない, 言った通り僕知らないん, 言った通り全体の劇, 言った通り南向きにどっかと, 言った通り右の脚, 言った通り吉祥と知れた, 言った通り君たちが不幸, 言った通り四つにし, 言った通り四十七文字の中, 言った通り城下から海岸, 言った通り大根畑のよう, 言った通り如何に文学, 言った通り山上に一泊, 言った通り形色性行のやや, 言った通り彼処へ竹, 言った通り我輩が人, 言った通り戦後の而, 言った通り敷居の溝, 言った通り朝早くから雪, 言った通り本殿のほう, 言った通り村の人, 言った通り東国語においては例外, 言った通り母に教えられ, 言った通り母統を重んずる, 言った通り気軽に唄い, 言った通り江戸へ帰り, 言った通り浮気な女, 言った通り源之助は若い, 言った通り父の手, 言った通り牡馬が牝驢, 言った通り画家や文士, 言った通り畑あらしが無, 言った通り登山の紀行, 言った通り確かに俺, 言った通り素敵なもの, 言った通り緑色の太陽, 言った通り胴体が二つ, 言った通り自由党の最初, 言った通り良人に持つべき, 言った通り芥川に顔, 言った通り芳町は近い, 言った通り茶色の紙包, 言った通り荷造りを頼む, 言った通り菊之助が養父, 言った通り蛇の腹, 言った通り蛙をば後脚, 言った通り蜥蜴の足弱小, 言った通り蝦や小, 言った通り血の痕一つ, 言った通り言語の意味, 言った通り跣足です, 言った通り酒屋の男, 言った通り電気のメートル, 言った通り非常な沈黙, 言った通俗の解説, 言った過失というの, 言った遠慮もあるだろう, 言った部落の傍, 言った野々宮君は椽側, 言った金吾というの, 言った鉄砲を荷, 言ったさ一メートル余りの, 言った長い刀を, 言った長浜の町, 言った長閑さ八五郎の哲学, 言った関東などの例, 言った隔てのない, 言った雑誌が出せるなら, 言ったの美し, 言った電車で女, 言ったで米友, 言ったはお, 言ったに四年, 言った顔色でチチッ, 言った顔面の不思議, 言ったの詞章, 言った風景がもし, 言ったひ気, 言った飯炊きのお, 言った館柳湾の句, 言った馬血人血淋漓たるところが, 言った駅路の一部, 言った骨董屋の飾窓, 言った高大之進をはじめ, 言った高橋さんたちのはたらき, 言った高氏のその, 言った髭武者の山男, 言った鬼韻というよう, 言ったしからば, 言った鹿島磐城の海岸, 言った黄昏になる, 言ったの画き