青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「足袋~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~趣味 趣味~ ~足 足~ 足もと~ ~足りない 足りない~ ~足る 足る~ 足利~
足袋~
~足跡 足跡~ ~足音 足音~ ~距離 距離~ ~跡 跡~ 跫音~ ~路

「足袋~」 1445, 16ppm, 7220位

▼ 足袋~ (411, 28.4%)

41 穿いて 38 はいて 9 脱いで 6 ぬいで, 脱いだ 5 はいた 4 汚して 3 はいた足, 履いて, 手に, 無理に, 穿いたり, 編んで

2 [19件] ぬいだ, はいた小さな, はかず夏, はきそれから, はく, 両手に, 二つ揃へて, 出して, 台なし, 壁の, 撫でた, 穿いた足, 穿いては, 穿き代, 縫って, 脱ぎ高, 褒めると, 買って, 赤くな

1 [246件] あげました, あつら, うがちながら, おぬぎ, お脱がせ申す, お脱ぎ, かわかすの, きちんと履い, こしらえて, すらりと, せっせと綴, ついで, つき出して, つまだてた三枚襲, つまんで, とって, とりあげにくい, どこへ, なだめさ, ぬいだ足, ぬいと, ぬぎすてた足, ぬぎすて藍子, ぬぎに, ぬぎ踵, ぬぐ, ぬぐ時, ぬらし生き生き, のぞかせすっきり, はいたかたくるし, はいたこと, はいたと, はいたの, はいたもの, はいたらよそ, はいた伸子, はいた六十, はいた勇士, はいた十六, はいた年増姿, はいた片足, はいた綺麗, はいた足許, はいた透きとおるよう, はいた道江, はいた順平, はいてる義足, はかざるが, はかして, はかせて, はかせるとき, はかせ靴下をは, はかないで, はかなかつたやう, はかなくても, はかぬ, はきかえ帯, はきたい, はきつづけて, はきどちら, はきまるで, はき外食券食堂, はき更, はき替えたり, はき白い, はき秋子, はき紙入, はき脇差, はき茶, はき赤い, はき赤鼻緒, はき足袋, はき霜やけ, はき麻裏草履, はくなど, はくまい, はく人が, はく女, はく姿, はく方, はたいて, ふと見, ぶくぶくには, また風呂敷, もち片手, キチンと, 一抱に, 一纏めに, 一足七十銭に, 一足買い, 一足買う, 一足買っ, 乾いた足袋, 乾しました, 二つ私のと, 二つ重ね, 二足いただいた, 二足も, 二足もつ, 作つてはく事を, 作つて穿かせ, 先き, 其上に, 刺して, 刺すだて, 十足買っ, 取って, 取り入れた, 取上げながら, 妻に, 宙に, 履き紫襴, 履くの, 差上げようとか, 干す畠, 座敷の, 引き上ぐる時, 引き上げ脛を, 引っぱったら私, 張り切るばかりに, 往来へ, 得意げに, 思い切って, 懐に, 懐へ, 持たせて, 振うと, 捨てて, 揃えて, 握って, 擲り付ける, 散々に, 斷たう, 曲つた脛に, 染める, 横すじかいに, 気に, 泥だらけに, 洗い火鉢, 渡しそれから, 温めては, 濡らしたまま, 濡らし着物, 照らして, 爪立てて, 片手に, 片方下へ, 珍らしがっ, 用ゐる, 白の, 着用した, 空に, 穿いた, 穿いたこと, 穿いたの, 穿いたまま, 穿いたまま玄関, 穿いたもの, 穿いた君, 穿いた奴, 穿いた新しい, 穿いた旅, 穿いた有様, 穿いた爪先, 穿いた禿頭, 穿いた跣足, 穿いた鉄色, 穿かされた白い, 穿かしました, 穿かないし, 穿かないだけでも, 穿かないでは, 穿かなかったよう, 穿きも, 穿き古き, 穿き手, 穿き手袋, 穿き換えるの, 穿き身だしなみ, 穿き雪駄, 穿き頸, 穿く, 穿くして, 穿くなんて, 穿く下駄, 穿く大きな, 穿けと, 穿ちしは, 穿ちたり, 穿て裾, 穿替えさせる, 第一今, 紺足袋に, 綴くっ, 編んだり, 縫うて, 縫ったこと, 繕う, 繕って, 繕ふ, 脱いだまま, 脱いだり, 脱いだ彼女, 脱いでしまつた, 脱がして, 脱がし終ると, 脱がせた上, 脱がせた手際, 脱がそうと, 脱ぎたがります, 脱ぎに, 脱ぎ宿, 脱ぎ袴, 脱ぎ足, 脱ぎ跣足, 脱ぐと, 脱ぐには, 脱ぐの, 脱ぐ時, 脱ぐ火燵, 脱げ, 膝で, 自分で, 袂に, 見て, 見ると, 見給, 買つては, 買つて狭い, 買つて狹い, 買わせに, 走らせ熱い, 踏みつけられて, 踏みよごされた拍子, 踏んで, 輕く, 送って, 造るこれ等, 造る数軒, 長く露, 附けて, 隔て, 雨上りの, 静かに, 靴の, 風呂敷に

▼ 足袋~ (297, 20.6%)

15 爪先を 9 足を 8 上に 6 先を 5 裏を 4 裏に 3 コハゼを, 似合いそう, 先に, 埃を, 底を, 指導者は, 紐を, 裏が

2 [14件] ために, ま, 上から, 先が, 底と, 指導者の, 汚なく, 片方を, 白さ, 真結びこれをも, 紐が, 裏へ, 鞐を, 音を

1 [198件] あったこと, うえに, うちだ, うら, くくれの, ことああ, こといろいろ, ことを, こと底が, こと承知しました, さきが, さきまで, さきを, しょぼけた, そそくい長野の, そんなに汚れ, つくろいも, つくろいや, つくろひで, つまさきで, つま先に, つま先を, はきかた, はだしに, まごうかた, ままで, ままです, ままとびおりた, まま土を, まま明るい, まま石井戸の, まま砂だらけの, ものものしき出立, やうな, やぶれから, やぶれが, ような, ように, よごれの, よごれを, コハゼが, コハゼの, バリバリ凍った, 一足も, 一足窃と, 上には, 上の, 上へ, 上まで, 上を, 下って, 下で, 下に, 下の, 中で, 中に, 中にも, 主さ, 主は, 代に, 仲間にも, 伝う時, 似合わないこと, 位置をかへて, 側に, 兄さんちよいと, 先から, 先き, 先で, 先へ, 再製品, 凜と, 切れたの, 向うに, 嗜みは, 四十に, 地面を, 型を, 埃り, 塵を, 塵埃を, 女などに, 始末を, 姿で, 姿を, 専門家は, 尖が, 尖に, 広告は, 広告塔下ビール園支那料理屋附近, 底でも, 底は, 底刺しが, 底刺しで, 影が, 影は, 必要は, 恰好が, 愛嬌ある, 感じが, 感じだけでも, 拇指の, 持つて, 指導者を, 文数の, 旅行を, 旦那, 昔は, 模型を, 汚れた裏, 泥を, 洗濯した, 洗濯までも, 濡れるの, 爪さきを, 爪さき静かに, 爪先が, 爪先で, 爪先に, 爪先の, 爪先はらりと, 爪先も, 爪尖, 片々が, 片一方さえ, 片膝, 片足や, 生い立ち, 甲を, 男なぞ, 白いの, 看守が, 看板が, 真鍮の, 眼ま, 短い足, 穴から, 穴に, 穴へ, 端が, 筋目に, 紐に, 紐の, 紐は, 紐より, 紫色を, 細いつまさき, 継ぎは, 継ぎものを, 綴じ紙を, 繕い, 老人も, 色も, 色新しく, 芯縫ひ, 若様とは, 裏だけが, 裏で, 裏と, 裏にも, 裏まで, 裏冷, 裡に, 褄はずれも, 親指で, 親指の, 話, 話を, 説明者なぞは, 赭土を, 起原は, 足が, 足に, 足にまでも, 足の, 足は, 足もとから, 足先を, 足袋はだしで, 足跡が, 趾尖で, 跣足で, 跣足の, 踵を, 間が, 間に, 雪に, 雪駄穿, 雲斎底には, 静な, 鞐と, 頭を, 類を, 風呂敷包みを, 首相の, 黒き爪先, 鼠色に, 鼻緒ずれに

▼ 足袋~ (89, 6.2%)

3 雪駄を 2 千代田草履を, 日和下駄で, 草履の, 草履を, 藁草履を, 雪駄穿で, 高足駄

1 [72件] かえグシャグシャ, きっかりはまっ, この上, しても, つつまれた足, つつんで, とりかかり周囲, はき換, はき換えようと, はねを, はらはらと, ほんの少し, わらじを, わらじ穿きだし, ゲエトルを, フェルトの, フェルト草履上品な, 中抜, 低い朴歯, 何か, 俎下駄を, 入れて, 卷きゲートル, 大きなスリッパ, 山気を, 扇子を, 掛けて, 新しい藁草履, 日光下駄を, 日和下駄後の, 木裏の, 朴歯の, 派手な, 火熨斗を, 爪皮のか, 福草履こういう, 福草履朱の, 穿かえ, 穿込んだ, 紅緒の, 編上げ靴を, 草履が, 草履がけの, 草履といふ, 草履ば, 草履穿き, 草鞋が, 草鞋で, 草鞋ば, 草鞋ばかり, 草鞋を, 落ちても, 表付きの, 表付下駄銀柄の, 角帯で, 調和する, 蹴り上げられる絹, 蹴立てて, 辷りそう, 雨が, 雪踏を, 雪踏穿き, 雪駄ば, 雪駄穿き, 革紐を, 麻裏と, 麻裏という, 麻裏の, 麻裏草履なども, 麻裏草履を, 黄金の, 鼠緒の

▼ 足袋~ (84, 5.8%)

4 いて, きて 2 殊更白, 犬でも, 穿いて

1 [70件] あと脚絆は, いかがでしょう, いた娘, いた足, かすという, しとどに, すぐ机, すぐ破れ, せかせかと, たしかに傑作, たしかに寺男佐平, たしか御前, だふつ, てんで穿け, どうだ, ないと, ぬれ草鞋, はけないと, びつしよりわ, ほこりで, まだそちら, やはりは, コハゼが, 乾きたるらし動きつ, 今はく, 何文だ, 全国に, 兩方とも, 切れる足, 十一文年齡は, 十一文年齢は, 十三文半甲高鼻へ, 十二文くらゐ穿きます, 友染凄く, 図なし, 地方の, 売れるかしらん, 奢侈品で, 娘に, 室戸岬の, 少し多い, 履かなかつたといふ, 底が, 必ず新, 手製らしく, 拇指が, 有繋, 木綿で, 東京中に, 泥だらけだ, 泥水に, 無いか, 無論の, 無論穿い, 無論穿て居ない, 爪の, 目に, 祖母の, 穿いても, 穿くまいそれから, 紙で, 脱いで, 葉子がくふうし出した, 製作に, 赤い毛糸, 踵が, 雨に, 静かに, 風呂敷に, 黄色く汚れない

▼ 足袋~ (71, 4.9%)

2 流れて, 片っぽ, 片つ

1 [65件] あるく, あると, いるん, こそこそと, この通り, ころがり五郎八茶碗, ございます, すっかり汚れ, ずらりと干し, そばに, ちっとも汚れ, ちょこちょこ動い, つまるとて, ない, なくて, なくなれば, はけないなんて, ほしいつめたさ, まっくろで, ギッシリつまり, 一足, 一足ごとに, 万太郎好みの, 三分一裏返しに, 両方揃った, 二つ重なっ, 二足じいやの, 二足ほど, 出た, 出て, 切れても, 四足來た, 大層好き, 女の, 威勢よく, 小さいので, 山茶花の, 廊下を, 新しいからね, 模様入の, 欲しいなと, 残って, 気にな, 気持悪く, 氣持惡く, 泥だらけに, 濡れた, 無かった, 現れました, 異に見えました, 白い日蔽, 目に, 目立って, 着物の, 硬く見える, 美くしく, 蓮, 裏返しに, 見える, 見え鶯色, 降つて, 降つて來, 露で, 音頭に, 黒っぽく見える

▼ 足袋~ (60, 4.2%)

5 穿いて 4 はいて 3 穿かずに 2 はかずに, はかないで, 穿かぬ小, 草履も

1 [40件] あれば, いつし, じいやの, つくれるし, つけて, とって, とつて, ない, ない素跣足, なしに, ぬぎ散らかして, はかない大きい足, はかぬ跣足, もらった, フラフラし, 一所に, 一足や, 一足落ち, 入れた, 咽ぶと, 図無しを, 手に, 手袋も, 揃いの, 揃へ, 新聞紙に, 氷って, 洗うて, 洗つてやるだらう, 清げに, 穿かず木枯し, 穿かぬ足, 紺の, 纒わ, 脚絆も, 買つて送ろ, 足袋の, 踵に, 雪に, 黒い

▼ 足袋はだし~ (45, 3.1%)

4 のまま 3 になった 2 の両脚, の勇ましく可笑し

1 [34件] か或は, それでもがさがさ, だったので, で, であった, でしたよ, でともかく, でど, で吉原, で吹きつさらし, で土間, で家, で庭, で庭上, で息, で縁側, で駆け廻っ, で駆け降り, と云, などで屋根裏, におなり, になっ, になつ, になり, に泥々, のま, のまま奥田教師たち, のまま庭, のまま息, のまま裏口, の儘, の足跡, は素足, もある

▼ 足袋~ (40, 2.8%)

2 出て

1 [38件] あつて, おや指, お練, こ, これも, どたばたどたばた, ひづめをかくし, ふわりと, ネクタイを, 八幡黒の, 包んだ僕, 困つた結果, 外出し, 帰るの, 広間の, 庭下駄を, 朴歯の, 歩いて, 氈を, 炎天にも, 留まって, 畳を, 石段を, 空地の, 緩く刎, 脱ぎ棄てた雪駄, 腰を, 色の, 茶縞の, 裾を, 踏んで, 部屋の, 隠された足, 隠しなまぞ, 隠すばかり, 青い足, 飛ぶよう, 駕籠から

▼ 足袋~ (33, 2.3%)

2 一緒に, 下駄の

1 [29件] いっしょに, いふと, それからあなた, ちょいと, はきかえ草鞋, ぱいなつぷるの空罐, シャツと, セルの, ワイシャツを, 一そくの, 下着類と, 下駄が, 下駄は, 云へば, 子供に, 寝衣, 悪戦苦闘を, 毛布とが, 白い手袋, 白扇を, 白粉と, 穿もので, 粗末な, 絞り木綿, 脚絆だけを, 脚絆との, 菓子, 袴の, 言った甚だ

▼ 足袋~ (18, 1.2%)

2 マントや, 靴下を

1 [14件] さんが, 一束の, 何か, 味噌どころで, 垢の, 帯の, 忘れけむと, 植村に, 沓下は, 肌着の, 腰紐や, 袂を, 赤い八つ口, 靴下の

▼ 足袋という~ (10, 0.7%)

1 あの恰好, お支度, すっきりした, 恰好で, 打扮, 扮装え, 村長然, 自分の, 衣裳だ, 装で

▼ 足袋まで~ (10, 0.7%)

1 すっかり用意, 新らしくし, 添えて, 白いの, 穿いたもの, 穿かせた上, 綺麗に, 見えて, 身なりが, 雨明りと

▼ 足袋~ (8, 0.6%)

21 か聞かせ, が頭, とか, のは, よ岡浪之進, 日本の

▼ 足袋~ (7, 0.5%)

1 があつ, がある, なども皆縁類, のある, の小僧, は人形町, は専門

▼ 足袋とを~ (6, 0.4%)

1 おつぎ, ぬいで, 取り出した, 届けて, 添えて, 買つたら

▼ 足袋なし~ (6, 0.4%)

2 では 1 で居た事, の下駄, の連中, よ

▼ 足袋裸足~ (6, 0.4%)

1 で歩い, で痛痛しい, となつ, となる, のまま, の跡

▼ 足袋だの~ (5, 0.3%)

1 何だ, 学校道具だ, 手拭だ, 手拭など, 砂糖だ

▼ 足袋~ (5, 0.3%)

1 がこそばゆい, に代用, の泥, を丈夫, を縫つて

▼ 足袋から~ (4, 0.3%)

1 下駄まで, 感じられる貴族的, 湯気が, 親指の

▼ 足袋です~ (4, 0.3%)

21 からツル, がさすが

▼ 足袋といふ~ (4, 0.3%)

1 ものは, 恰好で, 風俗で, 風態で

▼ 足袋には~ (4, 0.3%)

1 しとしと水分, まだぬくもり, フェルト草履の, 小さな脛

▼ 足袋はしたなき~ (4, 0.3%)

4 給仕かな

▼ 足袋一足~ (4, 0.3%)

1 ありゃしません, ありやしません, でも決して, に近い

▼ 足袋雪駄~ (4, 0.3%)

1 というのっぺり, にて黒眼鏡, ばき, 履きの

▼ 足袋との~ (3, 0.2%)

1 間に, 間を, 隙を

▼ 足袋など~ (3, 0.2%)

1 すぐ黒く, 散らかって, 縫ふ

▼ 足袋などが~ (3, 0.2%)

1 ズラリと, 菓子の, 鮮かに

▼ 足袋までも~ (3, 0.2%)

1 ないよう, 用意した, 盗まれたいうの

▼ 足袋~ (3, 0.2%)

1 穿イタ時ニ踝ノ, 穿イテイナカッタ, 穿イテイル

▼ 足袋下駄~ (3, 0.2%)

2 など身 1 まで一切

▼ 足袋添え~ (3, 0.2%)

3

▼ 足袋麻裏草履~ (3, 0.2%)

1 という姿, と云, に蝙蝠傘

▼ 足袋~ (2, 0.1%)

1 何かで, 靴下で

▼ 足袋さながら~ (2, 0.1%)

1 絵に, 繪に

▼ 足袋ずれ~ (2, 0.1%)

1 が次, を畳

▼ 足袋そえ~ (2, 0.1%)

2

▼ 足袋そして~ (2, 0.1%)

2 頭髪の

▼ 足袋だけは~ (2, 0.1%)

1 新らしい, 許して

▼ 足袋~ (2, 0.1%)

2 や厶

▼ 足袋つぐ~ (2, 0.1%)

1 やノラ, 妻の

▼ 足袋では~ (2, 0.1%)

1 アブラつ, 歩けるところ

▼ 足袋でも~ (2, 0.1%)

1 はいただろうか, 穿いて

▼ 足袋などは~ (2, 0.1%)

1 いて, なかつたと

▼ 足袋などを~ (2, 0.1%)

1 穿いて, 繕って

▼ 足袋にも~ (2, 0.1%)

1 小さな雨, 穴が

▼ 足袋~ (2, 0.1%)

1 くっ付けちゃ, したたかかかった

▼ 足袋をは~ (2, 0.1%)

1 かせるよう, こうと

▼ 足袋をも~ (2, 0.1%)

1 はかせなかつた, 添えて

▼ 足袋カバー~ (2, 0.1%)

1 は修繕出来次第, もない

▼ 足袋一つ~ (2, 0.1%)

2 はくの

▼ 足袋~ (2, 0.1%)

1 はハイラ, をお送り

▼ 足袋~ (2, 0.1%)

1 シヤツ古, 股引の

▼ 足袋屋さん~ (2, 0.1%)

2 に聞い

▼ 足袋~ (2, 0.1%)

2 へて

▼ 足袋物語~ (2, 0.1%)

1 つめたいよう, にはあなた

▼ 足袋穿く~ (2, 0.1%)

2 時の

▼ 足袋穿という~ (2, 0.1%)

1 体裁で, 風俗で

▼1* [132件]

足袋あるいは自ら織らぬ, 足袋かかとが少し, 足袋ぐらいのことは, 足袋さえ入れて, 足袋したる両足をば, 足袋じゃない爪先, 足袋ずしッと草, 足袋その脛千鳥菊白が, 足袋その他手厚い取り扱い, 足袋それを見る, 足袋それからボン, 足袋そんな姿で, 足袋だけ新しいの, 足袋だけが黄色い, 足袋だけに大なる, 足袋だつたり浴衣, 足袋つくろいをし, 足袋であったが冬, 足袋であるべきに万太郎, 足袋でさえなければ, 足袋でもはいて, 足袋とか食器類などの, 足袋ときたらうす汚れ, 足袋とも呼ぶあたわざるもの, 足袋とりかえるような, 足袋のである, 足袋なぞに思ひしよりは, 足袋なぞも図無しを, 足袋なぞを穿いて, 足袋なり手袋なり, 足袋なんか穿いて, 足袋なんかもスフ入りは, 足袋なんぞは一文位足より, 足袋なんて区別を, 足袋にでもして, 足袋ぬぎて, 足袋ばかりがちらちら薄, 足袋ばかりはいて, 足袋新しい正, 足袋または大戸が, 足袋までが少し汚れ, 足袋もう入らぬ由, 足袋ようのもの, 足袋よりほかはく, 足袋よりも白足袋が, 足袋をな焼きそ, 足袋をやぐらに, 足袋を通してしつくり, 足袋エップルのよう, 足袋ト一揃イ御新調, 足袋フェルト草履という異, 足袋一足十銭水仙一本弐銭そして酒一升一円也, 足袋一足湯文字一枚も残さぬ, 足袋三角の下駄, 足袋下駄手拭鼻紙にいたる, 足袋二枚はき, 足袋二足つ, 足袋今日じゃなけりゃ, 足袋代りの靴, 足袋以外は履い, 足袋何文顔うす黒い質, 足袋作業用手套を糸, 足袋傘靴たいていな, 足袋全部そろえて, 足袋切り立ての手拭, 足袋切緒の草鞋, 足袋刺してやつ, 足袋の海老屋, 足袋問屋と裏合せ, 足袋四足が百七十二文, 足袋の木綿, 足袋脇差, 足袋太刀金具刺繍染物などの陣用具, 足袋姿の, 足袋小倉袴は硬派, 足袋山高帽を頂い, 足袋などつけ, 足袋干すほどの春日影, 足袋懐紙など細々, 足袋戦争にでも行く, 足袋て, 足袋に一間, 足袋新モス腹巻そういった物, 足袋日勤草履と云う, 足袋明日お送りします, 足袋木綿と申し, 足袋木靴洋装和装裸装あらゆる労働的色彩, 足袋武者わらんじで湖沼, 足袋汗じみた冬中折れ, 足袋玩具甘蔗の茎, 足袋白き冬の, 足袋白米五合マツチぐらゐな物が入, 足袋白緒の草履, 足袋白羽二重下帶白縮緬鉢卷太刀拵熊毛尻鞘かけ短刀, 足袋白足袋が音頭, 足袋相用申度奉願上候, 足袋福草履でお, 足袋こき親玉号, 足袋穿いて行きなさった, 足袋穿いたまま獄門の, 足袋穿顔こそ隠し, 足袋箪笥の抽出, 足袋粗末な鉄鍔, 足袋紅羽二重の褄, 足袋縫いをいたします, 足袋羽織姿で身綺麗, 足袋なども七年位, 足袋股引の支度, 足袋脱がして貰ひま, 足袋脱がしたげたりアルコール, 足袋腰巻きなどを引っ張り出し, 足袋膝ツきり草色よれ, 足袋草履など吟味, 足袋草履ふところでをし, 足袋草鞋脱ぎすてて, 足袋草鞋菅笠は背中, 足袋薄く藤色の, 足袋藁沓などは申す, 足袋藁草履という世にも, 足袋行縢を取り出し, 足袋表打の駒下駄, 足袋広き襦袢, 足袋袴紗の羽織, 足袋を見せ, 足袋裸足麦藁帽という出で立ち, 足袋裾模様と思う, 足袋捲などが, 足袋買って穿かんならん, 足袋雪駄穿でチャラ, 足袋顔形から眉髪, 足袋の釣鐘マント, 足袋黒足袋なんて区別