青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「足利~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

趣~ ~趣味 趣味~ ~足 足~ 足もと~ ~足りない 足りない~ ~足る 足る~
足利~
足袋~ ~足跡 足跡~ ~足音 足音~ ~距離 距離~ ~跡 跡~ 跫音~

「足利~」 1602, 17ppm, 6592位

▼ 足利時代~ (246, 15.4%)

5 に於 3 に始まつた, に於ける, の末, をもっ

2 [23件] であ, である, というもの, と桃山時代, において始め, に入り, に始まる, に盛, の, の交通, の京都, の公家, の初期, の文化, の方, の暗黒時代, の末期, の終り, の連歌師, はその, は亂世, は決して, を以て肖像畫

1 [183件] からあった, からすでに, からの繼續, から大, から引き, から徳川時代, から賣, から連歌, が亦, が今, が多く, が抑, が此兩者, といふ一時代, とか鎌倉時代, とし, とする, となり, とは共に, とは時間, とロココ, と海外発展, と特殊, と藤原時代, と鎌倉時代, において始めて, において日本, において認め得べき, における一種, における文明, にかけての習俗, にかけて次第に, にし, にそんな, になつて, になりまし, になる, には一般に, には吾妻鏡, には淋びしげなる, にまで吹針, にもてはやされた, に下総, に作られた, に傾注, に入っ, に入る, に出, に到っ, に又四郎, に問題, に奧州地方, に始まった, に山口, に当たり, に成ったらしい, に接する, に擬する, に時代相当, に有名, に流行, に滅亡, に盛ん, に禅僧, に第, に置き, に耒耜, に至って, に至り, のいわゆる, のお伽草紙, のこと, のごとき, のすべて, のその, のもの, の一般, の下半期, の不安, の中軸, の中頃, の事, の事物, の京都文明, の人, の代表, の作, の傑作, の傳授, の八幡船, の出色, の半分貴族半分武人式, の古典, の名家, の唱門師, の国民, の土一揆, の土佐派, の墨絵, の外交論, の多, の太田, の奧州, の好尚, の寶篋印塔, の当初, の後半, の後期, の意匠, の文学者, の文物, の旅行, の明貿易, の書物, の歐洲, の物語類, の特徴, の特産物, の眞相, の研究, の社会相, の禅坊主, の終わり, の終頃, の絵巻物, の総論, の縉紳, の肖像畫, の能衣裳, の自暴自棄, の芝居, の著作物, の蛭藻金, の記録, の通り, の遠い, の遺風, の酒茶論, の風俗, はその後, はルネッサンス, はロココ, は之, は乱世, は京都, は今, は低き, は全く, は史料, は和歌, は小春, は慥か, は暁, は歐洲, は武人化, は猶, は現世福徳, は義滿以後武家, は藤原時代, は足利時代, は遙, は銀色, は鎌倉時代, までの間, まで伝わるべき, まで其話, もまた, や徳川時代, よりかく, を以て藤原時代, を会得, を東山時代, を終つて, を終る, を設, を論ず, を通して搜, を風靡, 全體, 必ずしも藤原時代, 特に應仁, 特に能楽, 降って

▼ 足利~ (157, 9.8%)

3 田山白雲という 2 下に, 姉は, 宰相, 末の, 武威衰え, 町へ, 絵師田山白雲と

1 [140件] おあね, ことだ, せがれがよ, せがれは, せがれ高氏の, ひきこもりは, むほんと, むほんを, アンマに, 一子と, 三大将は, 与党が, 世この, 世と, 世に, 世の, 世は, 両家は, 両雄白河の, 中葉以後の, 亂世に, 亂世には, 人です, 仁助が, 仁助さ, 仁助さんという, 仁助という, 仲は, 僧が, 兵も, 兵を, 兵力は, 初に, 初めから, 初世, 功として, 勢威日本全国に, 勤王の, 原田定助, 叛旗と, 叛旗も, 叛証が, 合戦を, 名は, 名主だ, 味方に, 味方の, 国元へは, 地でした, 地において, 地にとっては, 城戸では, 士二十人が, 大敵だろう, 大殿という, 大殿の, 大軍いかほど, 大軍を, 天下は, 姉からも, 姓を, 存在と, 定紋, 定紋じゃ, 実業家福田英助氏に, 宰相が, 宰相の, 宰相らしい, 宰相尊氏どので, 家とを, 将軍兄弟を, 屋形へ, 左様かえ, 師匠の, 徒が, 御厨から, 御家風, 御舎弟さま, 態度を, 敵に, 方で, 方でございます, 方の, 族党四千の, 時代が, 時代にも, 暴兵では, 木像の, 木像を, 末世を, 末半分ばかりの, 末年から, 末期から, 末葉で, 末葉戦国の, 末辺にも, 本拠と, 栄町六十三番地に, 武士ども大勢兄の, 毛利田という, 水使の, 水軍が, 江川村で, 江川村などに, 沿岸は, 海陸勢を, 片目清水と, 物な, 生れでなく, 甥原田定助, 田山白雲と, 田舎の, 田舎絵師田山白雲と, 町から, 町屋根から, 眠れる世, 福井は, 第に, 絵師田山白雲でありました, 絵師田山白雲という, 絵師田山白雲に, 織物商人仁助の, 芝居へ, 藩主の, 藩士が, 藩邸へ, 証判を, 貧乏に, 軍隊から, 郡役所に, 部屋住み, 間に, 間も, 陣に, 領下でも, 首においては, 駅頭には, 騎馬武者だ, 高さんと, 鶏足寺で

▼ 足利~ (134, 8.4%)

3 の内, の御, の者, もまた 2 のうち, の北, の支族, の紋

1 [114件] からも弟, から離れる, があまりに, がその, がといつ, が幕府, が手厚く, が本来, だった, では北の方さま, では門松, では高氏, でもいや, で採用, という大きな, という野望, といえ, とお, としてあらわ, とのツリ, とはなんら, とは縁, とも不和, とも通婚, と新田家, においては竹若君, における三河, にこんな, にとってはなに, にはある, にはこんな, にはそれ, には言わずかたらず, にもいや, にもおとらない, にも疵, にも立ち寄っ, による, に入る, に宿意, に御, に武士, に生れた, に男子, に預けおいた, の, のため, の一家臣, の一武士, の下風, の丸, の人間, の侍, の兄弟, の内争, の内訌, の分国, の同族, の名, の名分, の君臣, の命脈, の国家老, の執事, の夜詰, の大事, の大望, の大網, の大蔵邸, の嫡男, の家中, の家士, の家風, の小者溜り, の情, の手, の教書, の方, の日本國王, の曹司, の根拠地, の武臣, の氏寺, の異, の祖, の禁句, の穀倉, の第, の管領斯波氏, の紋幕, の総領, の義子名目, の諜者, の軍旗二引両, の転封, の門, の領家, の飛び, の飛領, の高, はお, はじつに, は新田, は都, へお, へかくべつ, へたいして, へはその後, へもそれぞれ, へも当然, へ嫁いだ, へ養子, も時勢, も源氏

▼ 足利殿~ (88, 5.5%)

6 の御 4 のお 2 といえ, の内, の北, の家来

1 [70件] おそらくその, がいう, がいま, がだ, がの, がわざわざ, こそは王政, そして後醍醐, その人, たりと人, だ, っここ, であろうと, でおわする, です, でも, とのあいだ, ともある, とよく, とわかっ, と子, と楠木殿, と結ぶ, と聞いた, なかったら, にお, にはついぞ, には一夜不慮, にも, にもずいぶん, に仕え, に内々, に加担, のおん曹司, のご, のため, のほか, の人物, の天下, の屋敷, の庶子, の御教書, の御用, の想い女, の持ち場, の旗もと, の曹司, の末党一色村, の留守居, の稚, の縁者, の逆, の釜, の鎌倉, の離叛, はまた, はまだ, は桂川, は測り, へとあと, へはよそながら, へ出仕, へ媚び, へ糺した, へ降参, また後醍醐, も供奉, も天皇領, も山上, をねらっ

▼ 足利~ (81, 5.1%)

2 の陣

1 [79件] からもずいぶん, が直義, だと, では兵馬, では頑として, では顕家, でもかれ, でもこの, でもゆゆし, でも同様, でも精鋭中, でも覚っ, でも重要視, で数千ぞう, で立てた, として矢矧, とは真, と目, におさえられ, にたのまれ, にとってもっと, にはどれ, には大きな, にも楠木方, に対してふた, に裏返っ, に降れ, のあらまし, のさまたげ, の一将, の下, の乱波, の優勢, の先鋒高, の兵, の兵力, の兵庫島, の兵馬, の内, の内訌, の勢力範囲, の千葉大隅守, の占める, の占領区域, の士, の士気, の大将土岐持益, の大将山名時氏, の惨敗, の損害, の本軍, の桃井貞直, の武士, の武将, の武者, の水軍, の洛内入り, の潜兵, の目, の矢かぜ, の糧道遮断, の総勢, の諸, の軍兵, は, はみるみる, は動揺, は弱った, は扇ヶ谷, は数万, は総, は要害七ヵ所七度, へあの, へかけあった, へ加勢, へ加担せい, へ寝返っ, を両断, を刺戟

▼ 足利~ (58, 3.6%)

2 がここ

1 [56件] がいかに, がまたまた, が上洛, が上陸, が弱い, が筑紫, であった, でもこれ, との小, との激戦, との駈, とは比較, に思い知らせ, に捕われた, に横, のうごき, のうち, のお, のき, のごとき, のすべて, の一部, の何, の兇刃, の兵色, の奈良攻め, の情報, の抵抗, の海陸幾万, の細川兵部大輔, の蠢動, の駐屯, はその, はたいした, はまた, はもうつい, は一勝, は一夜, は三島, は六, は夜半, は大手, は寄っ, は敗色, は自滅, は行く, もまた, ももがき出しましょう, も午頃, らしき散兵, をし, を破っ, を粉砕, を美濃垂井, を見た, を通せ

▼ 足利尊氏~ (58, 3.6%)

1 [58件] がこ, がこれ, が一三三六年, が上申, が中央, が九州, が命辛, が奏請, が将軍, が後醍醐天皇, が曲者, が最初, が木像, が赤松, すらもしくは, であつ, である, です, との会戦, と成る, なるもの, にしろ, によって天下, に擁立, の, のおっかさん, のため, のほか, のよう, の人物, の兄弟, の執事, の大軍, の如き, の子孫, の役, の方, の木像, の木像梟首事件, の末孫, の死期, の畜生ッ, の縁者, の館, の首, は一寸八分, は京都, は後醍醐天皇, は洛西等持院, は缺點, は途中近江鏡, も楠木正成, をなだめ, を扶, を狩野河, を発心, を討て, を鎌倉

▼ 足利~ (52, 3.2%)

2 の世, の中世, の代, の時

1 [44件] がそして, が世, が倒れ, が出, が受け, が室町十数代, が百有余年, が衰えれ, が見えられた, では, となる, との対立, と縁故, に亡ぼされた, に対して持ったであろう, に抵抗, に至る, のもと, の中期, の中葉, の初, の圧迫, の定紋, の家系, の幕府, の悪逆, の所領, の曹司, の末世, の末路, の権力, の没落, の縁者, の興起, の芸術的素質, の衰, の関係, は北条氏, は新田氏, は終始, への長い長い, をし, を改めて, を討つ

▼ 足利直義~ (28, 1.7%)

2 の主力, の本軍, の陸上軍

1 [22件] どの以下, なの, のいた, のいる, の主軍, の孤軍, の手配, の東上, の空館, の花押, の街道隊, の軍兵, の進路, の陸, の陸兵, は, はこれ, はささえきれず, は遂に, への鎌倉赴任, もあぶなく, を討ち取っ

▼ 足利将軍~ (26, 1.6%)

2 のお, の執事, の廃立

1 [20件] が京都, が没落, されば, にさえその, に仕え, のため, のとった, の下, の十代義植, の奢侈, の木像, の統, の義昭, の耳, の逃げまわっ, は老, もそう, やあらゆる, より許され, を追って

▼ 足利~ (24, 1.5%)

1 [24件] が騒ぎ出る, などより格段上, のめざす, の一家, の住む, の兵馬, の出迎え, の名折れ, の宗家, の家中みな, の手, の武士, の留守居, の者ども, の耳, の領所, はひとり, は十九家, は天下, は殺気立っ, は真, は西, へ天下平定, もゆゆしき

▼ 足利高氏~ (22, 1.4%)

1 [22件] とは先頃, と佐々木高氏, と新田義貞, のうごき, の一勢, の一軍, の上流軍, の主従一列, の叛立, の叛軍, の妻, の数少ない, の甥, の着陣, はその, へ嫁いだ, もまた, も夜陰, も新田義貞, も願文, を, を訪い

▼ 足利~ (20, 1.2%)

1 [20件] ある, あるべき由謂, いる, いる妻子, してやられては, せよ新田, たいし日ごろ, つぐ名門, 付いて, 叛心なし, 猿田という, 着いて, 移りやがて, 糺すが, 行った, 行つてつい, 行つて居る, 行幸された, 計られて, 達する筈也

▼ 足利義昭~ (20, 1.2%)

1 [20件] がこまごま, などはまだまだ, にいたっ, につい, になやまされた, に密書, に養子, のいた, の信長, の兄, の手先, へも使い, も滅亡, を中央, を匿, を思い出した, を追い, を追っ, を追って, を追放

▼ 足利~ (18, 1.1%)

2 太郎と, 太郎高氏どのの, 太郎高氏に

1 [12件] 太郎お, 太郎に, 太郎は, 太郎忠綱, 太郎高氏, 太郎高氏か, 太郎高氏が, 太郎高氏ご, 太郎高氏と, 太郎高氏とも, 太郎高氏には, 太郎高氏の

▼ 足利どの~ (16, 1.0%)

1 [16件] か, から御, がゆらゆら, じゃ, とておなじ, とは仲, と志, のお, の先, の内, の勢力, の御, の若, は川, も明日, 御一人

▼ 足利幕府~ (14, 0.9%)

1 [14件] ではその, でも領主, にこびへつらい, に一泡, に伝統的, の初期, の力, の専横等, の崩壊, の年寄, の解体過程, は地方, を倒す, を倒すべし

▼ 足利~ (13, 0.8%)

1 [13件] が断然たる, が近江, にゆだね, のまえ, の大将, の配備, は四分五裂, は瀬田, は示威的, は総, は近江, もほぼ, をはるか

▼ 足利~ (12, 0.7%)

1 [12件] お届け, たちましたよ, 参りますの, 寄るか, 帰った, 帰るの, 戻ったの, 立ちましたが, 興行に, 襲せ, 走るツモリ, 連れて

▼ 足利将軍家~ (11, 0.7%)

1 [11件] から遣わされた, が亡んだ, といえ, の執事, の執事氏, の次, の正嫡, ももうぜひ, をたてる, をなす, を擁し

▼ 足利屋敷~ (11, 0.7%)

3 の内 2 の門 1 から質子, ではあの, ではみな, のある, のうち, の門前

▼ 足利~ (10, 0.6%)

2 いえば 1 いい鎌倉, ならんで, ようやく広, 同祖, 喧嘩に, 引き續き, 新田の, 申す客

▼ 足利若御料~ (10, 0.6%)

1 だけの鎌倉, のお, のほう, の周囲, の旗, の礼讃, の紫, の輿, の邸, もおる

▼ 足利~ (9, 0.6%)

1 うまくやっ, そのままに, また外国, 下野の, 今日のす, 何方でございます, 危機目前ひと度, 戦禍を, 隣国だった

▼ 足利~ (9, 0.6%)

1 に語り, のたれかれ, の一之, の中頃, の末頃, の茶道, らしく思われた, を通じ, を通じての五山

▼ 足利義満~ (9, 0.6%)

2 の時代 1 がい, が国辱的, が経, にたいしてまつたく, の保護, の前例, や義持

▼ 足利末期~ (8, 0.5%)

2 の暗黒混濁 1 から徳川初期, の周文, の山名一族, の形式化, の戦国時代, より織

▼ 足利兄弟~ (7, 0.4%)

1 が不和, その有縁, に目, のたま, の和睦, はとり, を征伐

▼ 足利千寿王~ (7, 0.4%)

1 が一軍, とその, のとつぜん, の失踪, の翼下, の逃亡, はいったいどうして

▼ 足利~ (7, 0.4%)

1 に会合, に泊りました, の原田, はその, を経, を西, 及び吾妻

▼ 足利義詮~ (7, 0.4%)

1 となっ, のうえ, の下知状, の奏請, は尊氏, も陣装, を祈殺そう

▼ 足利義輝~ (7, 0.4%)

1 がまだ, に謁見, のあつかい, の天文十八年, の存在, の師範役塚原卜伝, は近江阪田郡国友村

▼ 足利から~ (6, 0.4%)

1 今ごろ着く, 再度の, 呼ばれて, 草心尼さまが, 警固番の, 遠く鎌倉

▼ 足利~ (6, 0.4%)

1 三方から, 出陣な, 取って, 寝返った, 織田に, 鎌倉殿の

▼ 足利公方~ (6, 0.4%)

1 からの名門, との密盟, の亡滅, の光源院殿, の義昭, や越前

▼ 足利~ (5, 0.3%)

1 これでも, 呉服屋を, 生まれ熊谷, 織機の, 聞いた

▼ 足利とは~ (5, 0.3%)

1 あのぶらり, あの高氏, いつかは, ここに, 不倶戴天あくまで

▼ 足利にも~ (5, 0.3%)

1 ある, おくれを, まさる逆, 和談異存は, 帰れぬほど

▼ 足利~ (5, 0.3%)

1 さんざんな, 二代目の, 元々からの, 小藩, 皇軍

▼ 足利~ (5, 0.3%)

1 はじめ織田豊臣徳川なぞの, 出て, 生じ前, 突け, 絶やそうと

▼ 足利一族~ (5, 0.3%)

1 の下知状, の吉良, の棟梁, の運命, を海の

▼ 足利義政~ (5, 0.3%)

1 に愛せられた, の世, の亂脈, の奨励, の守護

▼ 足利~ (5, 0.3%)

2 へ急ぐ 1 からは昨夜, のお, へ引っ返し

▼ 足利では~ (4, 0.2%)

1 これを, ないか, 知らぬ, 私が

▼ 足利まで~ (4, 0.2%)

1 参りますので, 往くの, 往らっしゃる, 連絡した

▼ 足利中期以後~ (4, 0.2%)

1 の物騒, の物騷, の畫, は地方

▼ 足利学校~ (4, 0.2%)

1 にご, の創立者, の書庫, の訪う

▼ 足利時代以前~ (4, 0.2%)

1 に在り, に想像, の歴史小説, の連歌

▼ 足利~ (4, 0.2%)

1 の田崎草雲, の軽輩, へ復帰, を逃げ出した

▼ 足利~ (4, 0.2%)

1 の毛野, の毛野村, の郡吏青木某, を運動

▼ 足利がた~ (3, 0.2%)

1 の浜, の驚愕, へ傾いたら

▼ 足利とんぼ~ (3, 0.2%)

1 が, が血迷う, の一領主

▼ 足利一門~ (3, 0.2%)

1 の滅亡, の致命, は地上

▼ 足利以来~ (3, 0.2%)

2 の趣味 1 の乱世

▼ 足利地方~ (3, 0.2%)

1 では立派, の七日晒し, の史蹟歩き

▼ 足利将軍ら~ (3, 0.2%)

2 の木像 1 が木像

▼ 足利屋形~ (3, 0.2%)

1 の一族, の内外, は空家

▼ 足利~ (3, 0.2%)

1 両家から, 代々の, 名代と

▼ 足利時代殊~ (3, 0.2%)

2 に応仁以後 1 に應仁前後

▼ 足利水墨~ (3, 0.2%)

1 のことに, の絵画, の興り

▼ 足利直冬~ (3, 0.2%)

1 とむすび, の母, は南朝

▼ 足利譜代~ (3, 0.2%)

1 の将, の諸, の郷武者たち

▼ 足利貞氏~ (3, 0.2%)

1 の嫡子, の本拠, は多年

▼ 足利~ (3, 0.2%)

1 の国もと, へ廻っ, も無事

▼ 足利さま~ (2, 0.1%)

1 の小殿, の御

▼ 足利とも~ (2, 0.1%)

1 ならぶ立派, 浅からぬ

▼ 足利などの~ (2, 0.1%)

1 先例をも, 武門の

▼ 足利には~ (2, 0.1%)

1 いくつかの, 天皇領も

▼ 足利へも~ (2, 0.1%)

1 伝えられたか, 早馬で

▼ 足利一類~ (2, 0.1%)

1 と見なさるる, の族党

▼ 足利三代~ (2, 0.1%)

1 の木像, の木像首

▼ 足利~ (2, 0.1%)

1 がひき, の逃げなだれ

▼ 足利十三代~ (2, 0.1%)

1 の間, を通じてわづか

▼ 足利~ (2, 0.1%)

1 の養源寺, 江川村と

▼ 足利家代々~ (2, 0.1%)

1 の苔さびたおくつきに額ずい, の譜代

▼ 足利家時~ (2, 0.1%)

1 が自殺, につかえ

▼ 足利將軍~ (2, 0.1%)

1 が其政廳, の歴代

▼ 足利尊氏以下二将軍~ (2, 0.1%)

2 の木像

▼ 足利尊氏以来~ (2, 0.1%)

2 の名家

▼ 足利~ (2, 0.1%)

1 に東京繊維, の街中

▼ 足利支流~ (2, 0.1%)

1 のそうした, の族党たち

▼ 足利文化~ (2, 0.1%)

1 のにおい, を過去

▼ 足利文物~ (2, 0.1%)

1 の後, の總まくり

▼ 足利新田両家~ (2, 0.1%)

2 の確執

▼ 足利時代の~ (2, 0.1%)

2 もあらん

▼ 足利時代以来~ (2, 0.1%)

2 の名家

▼ 足利時代史~ (2, 0.1%)

1 において珍しい, の眞相

▼ 足利有縁~ (2, 0.1%)

2 の武士

▼ 足利期末~ (2, 0.1%)

1 にも知られ, の文禄年間

▼ 足利~ (2, 0.1%)

1 にできた, の奧州

▼ 足利梁田~ (2, 0.1%)

1 両郡, 両郡下

▼ 足利~ (2, 0.1%)

1 の単物, の摺箔

▼ 足利義尚~ (2, 0.1%)

1 のため, の六角征伐

▼ 足利義持~ (2, 0.1%)

2 の時

▼ 足利義昭公~ (2, 0.1%)

1 をおしのけ, を退け

▼ 足利義栄~ (2, 0.1%)

1 をかかえ, をつれ

▼ 足利軍五千~ (2, 0.1%)

1 は当座, は湖畔

▼ 足利~ (2, 0.1%)

1 では大概これ, の機業家

▼ 足利郡筑波村~ (2, 0.1%)

1 なる或, に於

▼1* [205件]

足利あたりでよほど, 足利あるいは徳川期の, 足利といった方, 足利こそ油断ならぬ, 足利こそは都の, 足利ごとき者を, 足利ごろの俗語, 足利のと, 足利という奴は, 足利といふ織物産地に, 足利とか京都とかに, 足利との交渉また, 足利と共に力を, 足利どの今日の御用, 足利などでも無学な, 足利なら結構アンマ, 足利にかけての和語が, 足利にゃアロクな, 足利ばかりの耻ッかきじゃ, 足利ほかではない, 足利までも来る気, 足利むほんと, 足利佐野更に, 足利な, 足利が罪状, 足利ゴルフ会というだんな, 足利一党だけが西溜り, 足利一勢に宛てがわれた, 足利三代将軍はんのほか, 足利三代義満のころ, 足利三十二党を代表, 足利三管領の一, 足利三賊の首, 足利三郡は北部, 足利源氏の, 足利両国間の絶えないいがみあい, 足利両家の仲, 足利両者の国情, 足利中期までは弔う, 足利二家の関係, 足利五千騎は豹軍, 足利付近の連山, 足利以下とは衆目, 足利以前からこの, 足利党腹心の一人, 足利八代将軍義政は政治, 足利公方以下旧幕府, 足利公方殿にも京, 足利出身の子, 足利世以来の, 足利初期の物, 足利初期以来北宋末から南宋, 足利勢すべてこの日, 足利勢一手で鎌倉入り, 足利勢万余の将士, 足利勢二百余人は殲滅, 足利勢力をその, 足利勢数万は入洛以来, 足利勧請文を向ける, 足利十五代の悪政, 足利十数代のあいだ, 足利南北朝の政談, 足利収税署へ差し出した, 足利史談会の須永弘氏, 足利学林がある, 足利安蘇下都賀郡の方, 足利宗家の御, 足利宰相のあと, 足利家のとよく, 足利家七代の君, 足利家先祖の仮, 足利家六世の男, 足利家内部でもごく, 足利家再興のため, 足利家受難の問題, 足利家当主の跡目, 足利家数世にわたる重職, 足利家没落と共に二度, 足利家累代の木像, 足利将軍幕府の創始, 足利将軍時代に出来た, 足利将軍義持の医師, 足利将軍義輝公伊勢国司北畠具教で後年柳生但馬守, 足利將軍義教の時, 足利尊氏以上でないかと, 足利尊氏像の写し, 足利尊氏反骨を抱い, 足利尊氏名越高家の両, 足利尊氏平清盛源頼朝をも英雄, 足利尊氏新田義貞楠木正成名和長年佐々木道誉らの列, 足利尊氏方なので, 足利尊氏楠木正成とこう, 足利尊氏様に亡ぼされ, 足利尊氏産湯の井戸, 足利尊氏等の顏, 足利尊氏金沢貞冬大佛貞直等を将, 足利左兵衛督国朝で世に, 足利市在の天狗山, 足利帰順のよし, 足利幕府創設に成功, 足利幕府十三代を通じても同じ, 足利幕府時代康正年間と伝へられ, 足利式部大夫家時は弘安十年, 足利弱小化を計っ, 足利後期の京都人, 足利御台所へよう, 足利忠綱などまだまだ, 足利惇氏さんである, 足利惇氏氏に会っ, 足利成氏と上杉房顯, 足利成氏管領上杉憲忠を殺した, 足利政所の転訛, 足利文庫などいずれ, 足利断絶の下状, 足利新田の如く源家嫡流, 足利新田宇都宮など境, 足利方後詰かと誤算, 足利の真ン中, 足利時代あたりから引き, 足利時代中期にまだ, 足利時代以後の奥州人, 足利時代以来五百年に亘っ, 足利時代戦国時代豊臣時代を経過, 足利時代聖フランシスコ・ザビエルが日本, 足利最後の将軍義昭, 足利期あたりの放, 足利期仏像のよう, 足利期的の仏, 足利期禪家の僧, 足利木像事件後における残存, 足利末期以後かの切支丹, 足利栄町に於きまし, 足利桐生両町の総代, 足利桐生等の染色, 足利桐生間栃木小山間の汽車, 足利梁田三郡の漁業家, 足利武士にもてはやされた, 足利歴代の盛儀, 足利殿御兄弟にも思い出し, 足利殿数十代の余光, 足利殿有縁の武士, 足利殿直々ならではとかたく, 足利殿譜代の党人, 足利氏中世頃から敗軍, 足利氏以前の南北朝時代, 足利氏北条氏などの暴政, 足利氏等の九州征略, 足利水墨画の中, 足利江川村の機織屋, 足利清女どのの御, 足利の丸帯, 足利甲州の武田, 足利町五丁目の親類共, 足利直義らの孤軍, 足利直義朝臣を相模守, 足利総氏族, 足利結城いやあんなに, 足利ももの, 足利織では有ります, 足利織物のレッテル, 足利織田豊臣徳川の諸氏, 足利義兼氏のお, 足利義尚将軍の時, 足利義政以後信長だけであった, 足利義政将軍は色々, 足利義政時代の大, 足利義明が主, 足利義昭その他在京の兵, 足利義昭将軍はもう, 足利義晴より諱字, 足利義清が備中, 足利義満将軍の頃, 足利義満等の夢幻, 足利義満義政等が国外, 足利義滿將軍の時代應永年中觀世觀阿, 足利義稙より偏諱, 足利義詮以下は三浦方面, 足利義輝時代にはかなり, 足利自体の内訌, 足利に風靡, 足利藤原の兩時代, 足利藩士の今井弁輔, 足利警察署では署長, 足利赤橋両家の婚礼, 足利を並べ, 足利邑楽両郡, 足利から松坂町, 足利郡久野村の村長稲村與一, 足利郡吾妻村と云, 足利郡吾妻村大字小羽田は関東, 足利郡吾妻村字下羽田なる庭田清四郎, 足利郡吾妻村字羽田の横塚吉五郎, 足利郡地方の村, 足利郡役所に被害民総代, 足利郡稲岡村武井の作方奉公人, 足利郡羽田の庭田, 足利の小, 足利陣地内へ混み入った, 足利のもの, 足利館林の各, 足利高氏さまを宗家, 足利高氏弟直義も見え, 足利高氏新田義貞赤松円心千種忠顕北畠親房等々あまたな公卿武士ら, 足利高氏直義の兄弟, 足利高氏笠置ヘ向