青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「足る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~趣 趣~ ~趣味 趣味~ ~足 足~ 足もと~ ~足りない 足りない~ ~足る
足る~
足利~ 足袋~ ~足跡 足跡~ ~足音 足音~ ~距離 距離~ ~跡 跡~

「足る~」 1324, 14ppm, 7799位

▼ 足るもの~ (291, 22.0%)

27 である 13 がある 12 があった 11 では 7 がない, なし 6 あり, だ, だった 5 であった, であること 4 であつ, であるが 3 か, だと, です, なきに, なり, には相違

2 [21件] あらずと, か便所, があつ, があろう, が得ら, が無い, だつた, であったか, であらう, でありました, であると, でなくては, でなければ, となす, と信ずる, なかりき, なきを, なくし, なしと, なりき, はない

1 [118件] あらず, ありき, ありぢ, ありとも, あり余, あり旅, あるなり, あるの, あるのみ, あるべきを, あるを, あれば, かと推せられる, があり, がありましょう, があります, があるらしい, がすこしも, がどこ, がなかつた, がなく, が乏しい, が其, が出来た, が古い, が存在, が尠, が尠い, が果して, が極めて, が生まれ, が莫い, じゃない, すなわちこれ, すらほとんど, だとは, だろう, であったこと, であって, でありこの, でありそして, でありそれ, でありましても, であります, であり関東, であるか, であるただ, であるという, であるといふ, であるに, であろう, であろうと, でない, で伝馬所, で岩見, で私, とし, とした, としてつくっ, とせ, とせん, となる, とは思われぬ, とは考えられぬ, とは考え得ない, とひそか, と容れ得ぬ, と榛軒柏軒二人, と発表, と確信, と考へる, なきは, なくかつ, なくん, なく日本画, なの, ならずとて, ならずや, なりけれ, なりと, なるべし, なれど, に候, に到達, のない, の中, は, はあった, はありません, はほとんど, は一つ, は以前, は南ア戦争当時, は彼, は有名, は法燈國師, は疑ひ, は自我, は至る, は輝い, は鉄道, は露国, もあるまい, も存外, を, をとは云, をもち, を世界, を作らねばらん, を多く, を持っ, を支那人, を見出す, 再三ならず, 固より, 多々あり, 多くこれ, 少なきはなんぞ

▼ 足るだけの~ (82, 6.2%)

5 ものを 2 骨董を

1 [75件] おどろくべき力, ことを, もので, ものである, エスキスを, エネルギーを, バラックである, ヒントが, ボウトしか, 三畳の, 仮御所, 住居と, 供給を, 価値ある, 備えが, 價値ある, 利益の, 効力は, 十分な, 反応を, 反証を, 司法と, 哀れなる, 場所のみ, 夜具衛生に, 天幕を, 定收入, 容貌を, 対象物に, 少量を, 尤もらし, 帽子ながら, 幸福とも, 廣さの, 心を, 愛の, 技倆を, 技術方向を, 政治的同類感を, 教科書に, 本は, 条件すなわち, 条件は, 栽培を, 法律であった, 熱意が, 物を, 物質を, 理由とは, 生活の, 生活保証を, 生活情調を, 素晴らしく均斉, 者を, 職業を, 腐敗を, 自我の, 舞台が, 蕎麦馬鈴薯南瓜などを, 衣食さえ, 要素を, 言葉を, 語学の, 誠意でない, 説明が, 財力が, 貫禄が, 資力を, 資本が, 資本は, 金さえ, 金銭を, 霰が, 食物と, 食糧の

▼ 足る~ (75, 5.7%)

39 である 3 です 2 であります, 人なりと, 力なき, 忠僕なりと

1 [25件] だ, だから, であった, でありそれ以上, であるが, であると, であるらしい, でござる, は生, 一致なり, 力が, 勝地である, 口実なかるべからず, 地は, 学問と, 度に, 材料を, 来らんと, 猛勢, 現実ぞ, 琵琶湖で, 確乎不, 確乎不抜なる, 道を, 養分を

▼ 足る~ (70, 5.3%)

6 思う 5 思ふ 3 いえども, 云ふ, 思って 2 いう

1 [48件] ある, いうべきだが, いえり, いはれても, いわれて, して, しなければ, すれば, せず, せず汝らヂュウス・クロニオーン, せば, せんか, なすまで, なり, まあ思召, 云うこと, 云うならば, 云うほど, 云つた風に, 信じたから, 信じたの, 信ずる, 小桜ぼかし, 思います, 思い試みて, 思い詰め陪審員, 思うから, 思うくらいまで, 思うと, 思う様, 思った, 思ひたりけり, 思ふだけ, 思わるる部分, 思込み, 稱へ, 考えかく, 考えたから, 自ら信じた, 見えて, 見た人, 言ったら叱られるであろうか, 言っても, 認識すべきだ, 諦らめる, 足らざるとにより, 退けて, 雖も

▼ 足ること~ (58, 4.4%)

6 を知る 4 である

2 [11件] がある, がない, では, の影, を欲, を欲する, を知っ, を知つて, を知らず, を知らない, を知り

1 [26件] かも知れない, がわかるであろう, が分る, が必要, が書かれ, が起っ, だと, であったと, であります, であるだろうか, であるやう, ですから, と思われる, なの, は何人, は時にいささか, もや, も亦, を, を云い, を学びたれ, を希望, を心得なけれ, を知つておの, を知らなく, 疑ふべからず

▼ 足るほど~ (34, 2.6%)

2 な者

1 [32件] その數, であったが, である, なつかしかった, なもの, な事件, な仮屋, な処, な史料, な好い, な念入れ, な愛撫, な特徴, な言葉, 一歩踏みこむ, 低くある, 十分には, 増加し, 増加した, 大きかった, 大では, 欠乏と, 正確な, 精確なる, 芸術的に, 複雜で, 重要な, 鋭く輝かしく美しいなら, 食いぬけさせ輝きだすよう, 騰貴する, 高いという, 高い程度

▼ 足るほどの~ (34, 2.6%)

2 期間変動する, 資本を, 面積を

1 [28件] ことで, もので, 不利な, 事も, 作品は, 個性を, 利潤を, 夥しさ, 天然の, 巧妙を, 強い状況証拠, 彼等の, 意中の, 戯曲的出来事だ, 手数でも, 文学税を, 景色だった, 物が, 畚を, 蜜湯でも, 話だった, 豊富な, 財が, 財布を, 追加量が, 過度の, 頭数は, 頼りに

▼ 足るよう~ (33, 2.5%)

2 なもの, な安らか

1 [29件] この頃, なさまざま, なそう, なそれ, な事, な事情, な人, な具体的, な多く, な彼, な愛情, な手がかり, な武士, な気, な熟練, な物, な珍しい, な茶碗, な荒淫, な蔭, な赤い, な銘刀, な雑作, な驕り, にと裏, になった, になる, に出来, に思われる

▼ 足る~ (24, 1.8%)

92 きを, き乎

1 [11件] からず, からん, きものは, きものを, きもの若しくは, き四つ, き女, き死を以て, き資料, く室見川, けむ

▼ 足る~ (22, 1.7%)

3 のもの 2 の事, の理由

1 [15件] な者, に文學, の, の内面的成熟, の実験, の實, の少量, の数, の湯舟, の能弁, の莫大, の金, の高, の高貴, 眺めたれば

▼ 足る~ (19, 1.4%)

3 あり

1 [16件] ありしと, あるべし, が島, である時, で有, と信ぜし, どもです, なし, に非, はおらん, は他, を余計, を捜し, 多きも, 少なきは, 無からん

▼ 足る~ (14, 1.1%)

2 知ること, 見れば 1 知らぬ不, 知り分, 知ると, 知るとは, 知るを, 知る幸福, 知る心, 知れと, 認めたから, 驗し得たれ

▼ 足る~ (13, 1.0%)

2 またはそれ以上, 否かを 1 お前, どうか, どうかは, どうだ, または両方, 何うかと, 否かは, 足らずであった, 足らぬかと

▼ 足る~ (10, 0.8%)

1 かとおもった, がない, すでに同志, ではない, と信じられ, と見込ん, に会い, のごと, のみこの, はいない

▼ 足るという~ (9, 0.7%)

2 ような 1 ことの, ことを, わけ, 勢いは, 印象を, 場合には, 程度の

▼ 足る~ (8, 0.6%)

1 まかせて, 任すれ, 曇って, 過ぎず従って, 過ぎないため, 過ぎないであろう, 過ぎなくなること, 過ぎぬよう

▼ 足る人物~ (8, 0.6%)

1 だつた, である, であろうと, でないとして, でなければ, と思わせず, のよう, はといえ

▼ 足る~ (7, 0.5%)

2 をもつ 1 であること, はある, もあった, を持つ, を有

▼ 足る~ (6, 0.5%)

3 否やを 1 はたまた信ずべからざる, 否やといふ, 足らずさ

▼ 足るやう~ (6, 0.5%)

1 な少し, な才能, な本尊, な現代文化, な罪, な要素

▼ 足る以上~ (6, 0.5%)

1 ではない, には何, には出ない, のもの, の量, はこれ

▼ 足るのみ~ (5, 0.4%)

1 であったならば, であるため, ならずまた, ならず簡易美食, なり何程

▼ 足る食物~ (5, 0.4%)

2 を輸入 1 や衣服, を生産, 第三

▼ 足るかと~ (4, 0.3%)

4 思う

▼ 足るから~ (4, 0.3%)

2 である 1 どうか私, 煩を

▼ 足る~ (4, 0.3%)

1 ゆゑに, 如し, 故なり, 物価の

▼ 足るので~ (4, 0.3%)

2 あつた, あつて

▼ 足る~ (4, 0.3%)

2 言ふ 1 唯竹園, 実業における

▼ 足るほどに~ (4, 0.3%)

1 受けた, 靡いたなら, 頂戴しました, 食べ人声

▼ 足る~ (4, 0.3%)

1 事業である, 學者, 政治家の, 石火矢

▼ 足る程度~ (4, 0.3%)

1 である, の中途半端, の肥沃土, よりもより

▼ 足る能力~ (4, 0.3%)

2 のある 1 ある偉人, を有し

▼ 足るくらいの~ (3, 0.2%)

1 エネルギーを, 説明は, 野菜を

▼ 足るといふ~ (3, 0.2%)

2 やうな 1 宿屋が

▼ 足るばかり~ (3, 0.2%)

1 でなく相応, でなく非常, では

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 いまだ人心, 以て, 衣服なかるべからず

▼ 足るよりも~ (3, 0.2%)

1 より多い, より多量, 著しく多い時

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 である, の心, の血潮

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 である, なしと, のない

▼ 足る事実~ (3, 0.2%)

1 が後, ではない, の描写

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 であるが, に使える, の権力家

▼ 足る分量~ (3, 0.2%)

1 ですよ, の穀物, を産出

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 の御, の新, の星星

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 だし, の交換価値, の新しい

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 が経過, は人児, は名

▼ 足る材料~ (3, 0.2%)

1 であろう, を持っ, を果し

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 が蔵, なきまで, なりとの

▼ 足る~ (3, 0.2%)

1 がいなかった, だ, であって

▼ 足るけれども~ (2, 0.2%)

1 再三読む, 見よう

▼ 足るとか~ (2, 0.2%)

2 足らないとか

▼ 足るところ~ (2, 0.2%)

1 の農業, の霊妙

▼ 足るなど~ (2, 0.2%)

1 信じた, 評せられる作品

▼ 足るなり~ (2, 0.2%)

1 これ已に, 何ぞ諛言

▼ 足るの一手段~ (2, 0.2%)

2 たりし

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 じい, じいみ

▼ 足るものの~ (2, 0.2%)

1 なお極めて, 如し

▼ 足るより~ (2, 0.2%)

1 力強いいくつ, 力強い幾つ

▼ 足る一人~ (2, 0.2%)

1 のムッソリニ, のムツソリニ

▼ 足る人々~ (2, 0.2%)

1 だった, である

▼ 足る人間~ (2, 0.2%)

1 とは思わんでしょう, の死力

▼ 足る何もの~ (2, 0.2%)

1 かである, かになっ

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 である, で此詩

▼ 足る傑作~ (2, 0.2%)

1 である, なり

▼ 足る刺戟~ (2, 0.2%)

1 の強い, はなく

▼ 足る土地~ (2, 0.2%)

1 を受け, を定める

▼ 足る対手~ (2, 0.2%)

1 である最小限進歩線, としての最小限

▼ 足る弾力~ (2, 0.2%)

2 は私

▼ 足る情人~ (2, 0.2%)

1 と云つたの, を我所有

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 る一つ, る恐るべき

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 事実が, 事実であった

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 な穴, な適当

▼ 足る正しい~ (2, 0.2%)

1 ことだけ, 純潔な

▼ 足る演劇的~ (2, 0.2%)

1 の事実, の事實

▼ 足る真実~ (2, 0.2%)

1 なもの, の稀

▼ 足る知識~ (2, 0.2%)

1 もあり, も有

▼ 足る結論~ (2, 0.2%)

1 が出た, を得る

▼ 足る舞台~ (2, 0.2%)

1 の一形式, を見せはじめた

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 である, なの

▼ 足る言葉~ (2, 0.2%)

2 でありました

▼ 足る証拠~ (2, 0.2%)

1 に基い, を提出

▼ 足る詩的天才~ (2, 0.2%)

2 に信頼

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 数学国である, 特急探偵小説だろう

▼ 足る都合~ (2, 0.2%)

2 になっ

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 だから, を与え

▼ 足る~ (2, 0.2%)

1 だけ騰貴, を越える

▼1* [327件]

足るあの彼女からの, 足るあらゆるものを, 足るいと凄まじき物躰, 足るいろいろの感情, 足る小遣を, 足るお方であらね, 足るかということを, 足るかは容易には, 足るかも知れない, 足るくらいだ, 足るくらいな狭さ, 足るくらいに思うであろう, 足るこれは蚊取線香, 足るこんなはなしが, 足るまた酒, 足るすこし盛りを, 足るそれは決して, 足るたしかの言句今日, 足るだけ偉大で, 足るだけよりもなお多く, 足るだけを生産せしめられ得る, 足るというも雲煙の, 足るとしてもこの小額, 足るとしまして第一, 足るとて三十二頁の, 足るとでも思ったの, 足るとのことまた, 足るとのみ思い込んで, 足るとはいふべからず, 足るとも云えぬ, 足るなし子を, 足るばかりか今日の, 足るばかりの陰惨と, 足るもう年長の, 足るもし暴君暗, 足るもの殆んど, 足るりっぱな本能, 足るわけはない, 足るかね, 足るインテリゲンツィアのタイプ, 足るテーマだと, 足るの奇, 足る一つの有力, 足る一例であって, 足る一挿話がある, 足る一軒の巣, 足る上分別は浮ばなかった, 足る上等の鮎, 足る不世出の博多ッ子, 足る不可解な行動, 足る中川勘右衛門とし, 足る中心人物が今, 足る事以外に何物, 足る事件ではない, 足る事例を吾, 足る事業のよう, 足る事績がある, 足る二人の勇士, 足る人口を自国, 足る人民ということ, 足る人間情熱の総量, 足るの記述, 足る伝統を持っ, 足るかの評価, 足る何ぞ故ら, 足る若し罪人, 足る作物を一つ, 足るは聞かず, 足る価値を有, 足る価格である, 足る偉観をこれ, 足るをする, 足る優良な新, 足る充分なもの, 足る光景を脳裡, 足る兵員を得る, 足る其理由を一々, 足る其當時下層の風, 足る具体性だと, 足る具体的方法が発見, 足る内容や品性, 足る内面的緊張をさ, 足るらしい, 足る出来事があった, 足る分子が夫, 足る剰余生産物が残されなくなるであろう, 足る劇場の一つ, 足る効果がない, 足る勇将といえ, 足る動機は存在, 足る十篇の短篇, 足るであるよう, 足る収入を生ずる, 足る叙景があった, 足る玩たるに, 足る史実であるが, 足る史料は少なく, 足る名前である, 足るの思想, 足る問題である, 足る喜びは, 足るです, 足るでなければ, 足る器量人を京都守備, 足る国禁事件が降っ, 足る土仕事をあの, 足る均斉の正しい, 足る城壁と金力, 足る堅塁ではない, 足る報告を得, 足る場合でも十五疋, 足る場所がありました, 足る増加である, 足るを筆, 足る変化は今, 足るを以て貫かれ, 足る大きさだった, 足る大木もない, 足る大発見と思っ, 足る大臣を得られない, 足る大量な食糧, 足る天才の発揮, 足る天晴な豪, 足る天来の妙案, 足る奇論も吐く, 足る奨励金は多く, 足るなら太宰, 足る女性がひとり, 足るは一人, 足る好漢だと, 足る好餌がない, 足る妖麗な彼, 足る姿を現, 足る媒酌人や神仏, 足る孔穴を氷, 足る安心出来る熱, 足る完璧な遂行作業, 足る官名が書い, 足るならば, 足る容積のトランク, 足る対立ではあるまい, 足る対象を求め, 足る専門的技術の指導機関, 足る将帥としてはわずか, 足る小判の山, 足る小気味のいい, 足る小籠抔も有りしならん, 足る小説が生れなけれ, 足る尻切れ草履をはい, 足る山容を備え, 足る山岳宗教が新, 足る山水は美, 足る山頭火は山頭火, 足るの東北, 足る巨大なる磁石, 足る師匠としてこの, 足る師父として日本, 足る幇間のひとり, 足る年金を受ける, 足る広い平面を, 足るの痛快無比, 足る体として, 足る彼等に彼, 足るを開く, 足るでしたならこんな, 足る思想だ, 足る思慮のある, 足る性質を有し, 足る恐るべき組織を, 足る意識があっ, 足るがある, 足る手がかりは衣服, 足る手柄を土産, 足る手段とはなっ, 足るの力, 足る才能である, 足る技倆からいっ, 足る抄訳本と云, 足る指導者を見出し, 足る挿話がゴーリキイ, 足る政党と人材, 足る故人の痛快, 足る教育を施し, 足る教養がある, 足る文化史の源泉, 足る文暦二年及寛元二年, 足る文書があらう, 足る料理となる, 足る新しさが, 足る新たな文化力, 足る新兵器が出現, 足る方法はもはや, 足ると信濃, 足る日本一のツバキ園, 足る日記が無い, 足る明々白々な証拠, 足る明るい澄んだそして, 足る昭和維新原動力の有力, 足る暖衣と食糧, 足る書物があらわれ, 足る最も有効な, 足る木材を伐採, 足る条件をすべて, 足る柔肌のかいな, 足る校訂によって手, 足る根拠の無い, 足るの下, 足る業績の一つ, 足る武将でもなけれ, 足るのフィンランド湾, 足る流石は一代, 足る傷であった, 足る深い美しいものである, 足る清水でも湧い, 足る源因なかるべからず, 足るだ, 足るまで下落, 足る物影は悉く, 足る物質的必要を満たそう, 足る狭い所へ, 足るい所, 足る将利三が, 足る珍しい桜を, 足る珍しく特異な, 足る珍事でありまして, 足る珍記録でありチャップリン, 足る現実的な動機, 足る理由のある, 足る瑞々しさが, 足る生活の交流, 足る生活資料を得た, 足る畜群を容易, 足る発見である, 足るの大, 足る目勇しき働きをなす, 足る相当の技術, 足る相手が稀, 足る確かさを持っ, 足る示唆だ, 足る社会をつくり出し, 足る社会的な事業, 足る神明命じ我, 足る私自身の実演, 足る秘密材料の一つ, 足る程有力なもの, 足る程語つて今夜の御, 足る程重大性のある, 足る空間があった, 足る立派な作品, 足る竜川守膳が顔, 足るなり, 足る範囲に亙る, 足る精神異状さ, 足る精進料理屋が何軒, 足る紅葉を賞し, 足る芸術的劇場の, 足る素晴らしさも, 足る素材のいる, 足る紳士淑女たちだ, 足る経験や観察, 足る絶大の海面, 足る絶好な新聞種, 足る綿密な説明, 足る縁談があった, 足る織り物有り土偶, 足る罪悪と考え得よう, 足るである, 足る美くしい逸事, 足る者どもでございます, 足る者ゆえいよいよ重く, 足る者等をみ, 足る耕地を得る, 足るならず併せて, 足る職場として考へられなけれ, 足る職工の一団, 足る脊椎とを授けなかった, 足る自分などよりははるか, 足る興味ある象形文字, 足る艦隊を付属, 足る良書だと, 足るだつた, 足る若者は江戸, 足る英雄か, 足る莫迦ばかしい, 足る衣類だけしか着る, 足る表現法がここ, 足る西郷と木戸, 足る要件を備え, 足る要害である, 足る親戚でもあれ, 足る解釈を出し, 足る言説も出, 足る記事があった, 足る記述はない, 足る記録がある, 足るである, 足る詩趣の方, 足る詳細な説明, 足るとして, 足る誠実漢であり健全, 足るを知らない, 足る説明の材料, 足る調子の高い, 足る變化も若し, 足るのある, 足る資料が得ら, 足る資本を提供, 足る資格をそなえ, 足るではありません, 足る足場の一部分, 足るを作る, 足るには, 足る身支度をととのえよ, 足る重みを有, 足る重要文書たること, 足るの貯蔵, 足る金額だから, 足るの球, 足る鉱物量が通常, 足る鋭い爪と, 足るはついに, 足る附加食物量を生産, 足る隠れたる偉人高士, 足る雄将である事, 足る霊妙な智能, 足る鬼策が蔵, 足る魔力を具備