青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「言~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

解決~ ~解釈 解釈~ ~触れ 触れ~ ~触れた ~触れる 触れる~ 觸~ ~言
言~
~言い 言い~ ~言いました ~言います ~言う 言う~ ~言え 言え~ ~言っ 言っ~

「言~」 54358, 563ppm, 169位

▼ 言~ (11370, 20.9%)

499 のは 400 のです 223 のが 211 風に 209 のである 194 ことが 189 のだ 178 ことを 140 のでした 132 やうに 127 事は 121 事が 119 のであつ 118 のも 116 のか 115 やうな 113 ことに 110 事に, 事を 93 ので, のを 8987 迄もなく 86 迄もありません 74 ぢや 63 様な 60 語は 59 に言 53 様に 47 事も, 語が, 語の 42 ことである 36 言葉は 35 迄もない 33 のと 32 ことで, の 30 言葉を 29 人が, 通りに 28 のに, 気が, 風な 27 人も, 方が 26 ことだ, わけだ 25 言葉が 24 のよ, 事である, 所に, 者が, 語で 23 のぢ 22 ことです, 間に, 風の 2120 には, わけで, 者も 19 のだらう, 事で 18 が宜, だけで, 事の, 平次の 17 うちにも, ぜ, なよ, のだつた, のでせう, ばかりで, 人は, 外は, 形を 16 だけの事, 人の, 語も 15 だけのこと, のであらう, を俟, 名は, 所は, 考へを 14 に及ばず, のさ, 位の, 程の 13 うちに, のかい, 事です, 可き, 所の, 時に, 者は

12 [12件] がい, でせう, 事にな, 人だ, 八五郎です, 名で, 名に, 時には, 点に, 考へから, 考へに, 間も

11 [11件] ことにな, ぞかし, のなら, 噂が, 形が, 形に, 意味である, 所を, 筈は, 考へは, 語を

10 [14件] ことには, ことにや, 事だ, 勿れ, 奴が, 意味で, 時は, 考へが, 言葉と, 言葉の, 許り, 話を, 説が, 通りだ

9 が, がま, やうにも, 処に, 可から, 形の, 必要は, 意味の, 物が, 風にな

8 [13件] が此, ぞ, に足らざる, ね, 代りに, 場合には, 心が, 感じを, 点で, 種類の, 話が, 語に, 風にも

7 [22件] が儘, が如き, ことと, のかね, のであ, のであります, よりも寧ろ, 伝へが, 内容を, 処から, 声が, 形は, 必要も, 意味に, 意味を, 所から, 時の, 樣な, 癖に, 義を, 考へも, 語と

6 [25件] がいい, つもりだらう, ので私, ばかりなく, を待たず, を得べき, 事と, 問題は, 噂も, 字の, 平次は, 必要が, 様だ, 氣が, 義で, 聲が, 能は, 處に, 言葉も, 訣か, 話です, 話も, 語である, 語には, 通りでした

5 [44件] がその, が如く, ことであります, ことなら, ことの, それは, だけである, に, にきまつ, にそれ, に夫, ほどのこと, やうだ, やうで, よりは寧ろ, わけです, わけには, を須, 不思議な, 事な, 事には, 人で, 信仰が, 信仰の, 名も, 平次も, 形で, 意味が, 意味は, 方も, 時が, 樣に, 歌が, 毎に, 物は, 物も, 男は, 積りで, 考への, 言葉に, 訣で, 訳で, 語, 迄も無く

4 [85件] があの, がいよ, がこの, がよい, が一人, が太宰府, げな, ことでした, ことにも, だけの姿, なつ, な俺, にし, に及ばぬ, に過ぎない, のには, は易く, ほどのもの, やうである, よりは九柱, よりは壁代, よりは身, よりも天竺風, よりも寧, を待たない, 事だけは, 人と, 人に, 今日は, 伝へも, 八五郎の, 処が, 処を, 副詞, 動作を, 口かね, 名が, 名を, 命の, 大寺, 女が, 女の, 奴は, 奴を, 妻覓ぎ人が, 定めで, 宮廷に, 度に, 形式が, 御諚で, 意である, 意に, 意を, 意義が, 意識が, 感じが, 所だ, 文句が, 日, 時に使, 有樣, 村の, 歌を, 法は, 点である, 生活の, 用語例に, 畏れ多い風聞, 義の, 考へで, 聲も, 腹を, 若人を, 言ひ, 言葉で, 訣では, 訣な, 評判で, 語だ, 調子が, 道を, 類の, 風で, 風には, 風を

3 [166件] がお前, がどうも, がひない, がまだ, がもの, がや, が何故, が僕, が実は, が私, が表面, ことだつた, ことな, さうし, だけのもの, だけ野暮, つもりで, であらう, なあ, なそれ, なといふ, なりになつ, にあなた, にかたから, にはあらず, には言, にや及ぶ, に何故, に何故どうして, に吉, に当, に朝之助, に極, に正太, に此方, に至つて, に足らず, に足らぬ, に過ぎぬ, のかな, のかも, のでございます, のでその, のでない, のでなく, ので其, のとは, のにも, のらしい, の外, の要, は用事, は解らぬで, ばかりなし, ほどの事, ほどの動機, まで, やうです, よりはもつ, わけにも, を, を得べし, を消し, リズムは, 下から, 世事に, 事なれ, 事実が, 二つの, 人を, 以外に, 伝へは, 伝説の, 位です, 例も, 信仰から, 信仰である, 信仰は, 信仰を, 信念の, 側の, 傾向が, 八五郎は, 前に, 口の, 可からず, 可し, 名の, 名前を, 場合に, 声も, 声を, 外に, 女だ, 女どもの, 女を, 姿を, 字が, 宗教心を, 家々では, 家に, 家は, 川一つ隔て, 平次, 廓内だらう, 形も, 形式の, 彼の, 性分が, 情ない朝目, 想像は, 意が, 意味では, 意味も, 意義を, 意識を, 我れ, 所が, 所と, 手は, 方へ, 時, 時でした, 書物に, 極めて甘美, 歌の, 歌は, 母は, 気持は, 浪人者に, 物で, 用語例は, 男だ, 積りだ, 空想の, 義が, 義である, 義に, 考へと, 考へなどは, 者すら, 聲を, 自信を, 處で, 處は, 處を, 行の, 表題だ, 観念が, 言葉とは, 言葉にも, 話の, 話は, 誇りは, 語から, 語及び, 説は, 調子は, 資格が, 通りの, 通り私は, 過程を, 鑑賞上の, 間にも, 隙に, 風では

2 [347件] あなたこそ, あの娘, お前さん其お, がお, がそれ, がね, が今, が何, が可, が君, が本, が此場合, ことより, ことよりも, さう, ぜお, ぞよき, だけ, だけであつ, だけの内容, だけの親しみ, つもりだつた, なこの, なりの, な八, な物, な馬鹿野郎, な默つて, にあらざるなり, にええ, につけ, にふさ, にも及ぶまい, にも足らぬ, にや, に任せ, に傾い, に到つた, に忍び, に忍びざる, に本, に止まる, に足らざるなり, に足らん, に足る, に近い, に違, に非, のかと, のかねえ, のだい, のだけが, のでそれで, のでつい, ので一騒ぎ, ので一騷, ので又, ので昔, ので色々, ので行く, ので誰, のに少し, のはね, のはを, のへ, の傾向, の遑あらむや, は, は目, は誰, ばかりぢ, ばかりである, ひとも, べす, ほどで, ほどにし, や二人, や彼, よりはす, よりも遙, わけだらう, わけで御座います, をい, をえ, を休めよ, を得, を得ざれ, を得ず, ケチな, ンだ, 一つの, 一節だつた, 一節を, 世間予の, 中に, 中年者の, 也, 事さ, 事ぢや, 事よ, 事よりも, 事らしい, 事知らぬ, 事行る, 事長し, 二体の, 人でした, 人達が, 人間は, 人間も, 人間を, 仮説を, 件, 伊藤侯は, 伝説が, 伝説を, 位だ, 位に, 位置に, 作品とか, 作品を, 例が, 例に, 例を, 信仰と, 信仰には, 信念を, 健の, 側から, 傳へが, 傾向から, 傾向に, 僕の, 八五郎を, 其微妙な, 其樣な, 内に, 処だ, 処へ, 助六, 動詞は, 単純な, 口を, 句, 句は, 句を, 可く, 可くし, 名物が, 吾人は, 問ひ, 問題を, 固定した, 地方が, 地方の, 型の, 場合と, 場處は, 大事な, 大晦日の, 奥様の, 女で, 女に, 女は, 奴か, 奴だ, 始末で, 姿で, 姿に, 娘と, 子も, 字を, 宅の, 客が, 家の, 富江の, 寧ろ抱腹絶倒, 小世界, 山脈を, 島に, 島の, 島は, 左樣かなあ, 左樣わかれ, 帶まきつけ, 平安朝以後の, 平次だ, 建て物の, 形だ, 形をと, 復讐を, 徴である, 心算で, 性だ, 意で, 意の, 意味から, 意味での, 意圖を, 意義から, 意識なく, 意識の, 我々の, 所, 所だらう, 所である, 所では, 所なく, 手前だ, 手順で, 推定を, 散文とは, 文句は, 文句も, 文句を, 方に, 方は, 方面に, 方面を, 日で, 日は, 日本の, 日本語で, 時でも, 時代では, 時代に, 時代は, 書に, 村, 条件が, 校長の, 様で, 様である, 様な考へ, 様にも, 欠点は, 武家の, 民譚は, 気にも, 気の, 気も, 気分を, 気持も, 氣に, 氣遣ひ, 河童の, 洞穴が, 点から, 点が, 点だけ, 点には, 点も, 点を, 為に, 為事を, 物の, 現象は, 理由で, 甲斐なく浅まし, 男が, 男も, 男を, 番頭の, 癖が, 目の, 目は, 眼が, 私の, 私は, 程で, 程度の, 積りか, 第一, 筈の, 答へ, 簡単な, 簡單な, 約束だ, 約束を, 細部の, 結論は, 義から, 考へ, 者あら, 者だ, 者で, 聲理由あり, 聽き, 自然の, 自覚を, 行きずり人の, 行き方が, 行き方は, 見方が, 見方を, 観念の, 観念を, 言は, 言ひます, 言葉から, 言葉です, 言葉學校と, 訣だ, 訣には, 訣は, 許可が, 評判が, 評判の, 詩を, 話, 話ぢや, 話で, 話である, 語にも, 語を以て, 語尾の, 説も, 説を, 調子で, 謎では, 資格は, 足どりで, 輪廓の, 辞を, 迄もなけれ, 通りかも, 通りで, 遊び人で, 部分が, 部落が, 野郎だ, 野郎は, 野郎を, 量見, 間もなく横, 間もなく踵, 階級の, 隙も, 雌鴨かなし, 音に, 顏を, 類も, 風が, 鳥だ, 點から, 點では, 點に

1 [3042件 抜粋] あたり, あの茶話, うちも, お前さんその, お定, がいや, がさ, がなるほど, がまさか, が中心, が人出, が個, が其決心, が原稿, が大, が如くなりき, が實現, が形, が文学, が来い, が物質文明, が石臼, が聞, が詩人, が鶏, ことでし, ことをば, こんな二人, ぜそんな, そのため昼, それが, それも, ぞな, だが例, だけで全て, だけに止る, だけの組踊り成立案, だけ無駄, で今日, なあおま, なそんな, なと口, なやい, なりにこの, なり放題に, なり襖, な何, な心, な末期の水, な身祝ひ, にあれ, にさては真に, にはあまりに, には丑松, には当らぬ, には未だ, には美緒, には非, にも先頃, にも默す, に串戯, に入り, に勝ゆ可, に外, に彌, に我々, に止まつ, に由, に謂れ, に限る, のこれ, のでいくら, のでききづらい, のでた, のではま, のでマーブル, ので上つて, ので二者, ので儒, ので出した, ので千駄ヶ谷, ので名詞, ので妻, ので山脈, ので引き受け, ので成る, ので時々, ので柳, ので此歌, ので海龜, ので皆, ので社會進化, ので美保, ので行, ので逢, ので隔離病舎, ので頭, のどす, のにた, のにびっこひいてやって, のに危, のに殆ど二人, のに違, のみである, のみ宇宙, のをも, の御, はよし, は古来, は愈, は當, は評家, ばかりだ, ばかり野宿, ふしを, ほかには, ほどである, ほどの因縁, ほどの自慢, ほど枝葉, ほど非, までの段取り, もののこの, ものの平次, やうなる, やお, やつは, や女, よりはつい, よりは一時的, よりは叙事詩, よりは教権, よりは象徴, よりもおの, よりも中門, よりも初め, よりも句, よりも寿詞, よりも感情的, よりも清野, よりも精神病, よりも藤原氏特有, わけか, われは, をも俟, を侯, を得ざる, を止め, を読む, アンチャンぢや, シヤナアンよ, ヘイ, 一事だけ, 一年より, 一語に, 丁寧な, 丈の, 三四百トンばかりの, 上潮から, 不整形, 世間の, 中間人物なら, 主格脱落の, 乞食者は, 予期を以て, 事がさつぱり判らん, 事だけ, 事でなく, 事や, 事実は, 事情をも, 事自体は, 二樣の, 人々に, 人この, 人である, 人形と, 人覚える, 仇名を, 今日に, 他國, 以上には, 仮定に, 件は, 伝へを, 位で, 低脳児, 余裕も, 例の, 信仰で, 信念から, 俺ぢや, 側に, 傳統的説明は, 僕若し, 元気は, 先生な, 全体と, 八五郎も, 其で, 其屋敷の, 内儀には, 冷たい調子, 処は, 分別すら, 前栽の, 力強い下足番, 動詞との, 区別は, 卑屈な, 印象分解説は, 原則を, 参寥の, 反対意識を, 叙事風な, 口実が, 古い考へ, 古代生活の, 古語で, 可らざるの, 史書に, 吉三郎が, 同教諭, 名だ, 名人の, 名称で, 名義を, 君が, 呂律が, 品吉は, 問答に, 嘗て張文潜, 器具を, 因幡薬師の, 困難を, 地から, 地名の, 坊さんが, 場処は, 場合も, 境では, 声理由あり, 夏目先生の, 外貌を, 大きな一類, 大名の, 大歌, 天下稀覯の, 太え, 失礼な, 女中の, 女房名の, 奴とは, 好みとは, 妾で, 娘が, 嫁の, 字面の, 安い床, 定まりにな, 実悪役, 家筋が, 寄席の, 対句が, 小説の, 居候の, 山か, 山城紀伊郡真幡寸神社などが, 工合だつた, 差別が, 常世を, 平常の, 平次料理屋の, 幽艶, 度毎に, 弟さんが, 強談ぢや, 形である, 形勢を, 形式も, 役は, 役者の, 彼等は, 後来の, 御子様や, 心から, 心持ちの, 必要に, 思想が, 怪物は, 恐ろしい誘惑, 情ない朝日, 惱まし, 意でなく, 意味です, 意味をも, 意義としても, 感じだ, 感想と, 態度も, 慾望なんか, 成語位無意味を, 戦国時代で, 所あらざる, 所によるも, 所以なり, 所自ら守り, 手数を, 手練だ, 批評家の, 掛り人は, 推定から, 支那風の, 敬意を, 数行を, 文字の, 文章を, 新羅王風の, 方でし, 方式の, 方面も, 日本語である, 早業で, 昨夜ぢや, 時と, 時代人間が, 時志賀氏は, 時油地獄の, 曲節は, 書物さへ, 會の, 朝覲行幸, 未來の, 本文の, 村落が, 東京の, 柔軟で, 楊弓の, 様です, 標を, 樣子は, 機会も, 歌なども, 歡喜天の, 武家初期と, 残虐な, 母の, 民間語原説を, 気味で, 気持ちで, 気風を, 氣品は, 汝は, 法と, 洒落あり, 流水の, 浪之進は, 浮む瀬の, 清水操が, 滑稽も, 潮時に, 点において, 無造作さガラツ八は, 爲に, 牛は, 物までも, 物語を, 特殊部落の, 狼の, 現象の, 理由に, 理論を, 生活様式が, 用語例と, 田部嘉七も, 男で, 画も, 異形の, 発生点を, 皆川半之丞の, 目で, 盲人だ, 相手も, 真立役, 知識を, 石田帶刀樣で, 社会が, 祝詞の, 神も, 神職又は, 私だつた, 秋津の, 程に, 程撲り付ける, 積りだらう, 立ち場においてのみ, 童謡, 筈ぢや, 筋合は, 紅庵は, 細かい事, 絶対観でなく, 美しい春, 義も, 習慣の, 老番頭, 者あり, 者まで, 聞得大君御殿の, 肌合ひ, 腕に, 自分で, 至つてお人好しの, 良い若い者, 芥川で, 芸能の, 若々しい女, 若樣, 草が, 菊五郎に対して, 著しき由緒, 處まで, 蝮の, 行ひであつ, 術だらう, 表現は, 裂隙なんて, 見方も, 覚悟を, 親分は, 觀念が, 解釈を, 言有り, 言葉であります, 言葉については, 言葉国つ, 計画な, 記憶から, 訣に, 訳に, 註文ぢや, 評定ぢや, 詩人が, 話など, 話更に, 語だけに, 語とも, 語前に, 語感を, 説だ, 誰か, 論文で, 諢名の, 謡ひ, 譬喩を, 議論も, 變態な, 貴殿は, 質問も, 身の, 辭の, 迄もありませんでした, 迄梃, 追分には, 通りその, 通りヒロシは, 通り今の, 通り出す, 通り悪縁には, 通り福松と, 通り隆法の, 逸物一類が, 過程の, 遠縁の, 部曲, 醜い黒ん坊, 野犬を, 金漆が, 長篇の, 間もなく外, 間もなく板敷, 関係から, 限りない, 際一等宗教から, 露地らしい, 非難を, 音楽上の, 順序で, 頼みな, 顏に, 顔を, 類に, 顰み, 風までも, 風神との, 食道癌の, 馬場要の, 騷ぎをいたしましたが俵屋の, 鬼では, 鳥を

▼ 言つて~ (5556, 10.2%)

219 ゐる 180 ゐた 147 ゐるの 82 ゐたが 59 居ります 45 ゐるが 41 ゐました, 居る 37 よい 34 ゐるやう 33 もよい 31 もまだ 28 ゐるん 27 しまつ 26 もい, 見れば 25 居りました 24 居た 22 も, も宜, ゐたこと 21 見た 20 ある, 出て, 居るが, 置いて 19 もいい, もそれ, ゐたの 18 るぢ, ゐるうち, ゐること 16 をります, 聞かせて 15 いい, も可, ゐると, 居ました, 居りますが, 居るの 14 も好い, やがる, 居たさ, 聞かせた 13 よからう, ゐます, ゐる事, ゐる間, 居たが, 居ましたよ, 置くが, 見ろ 12 たよ, ゐたさ, をりました 11 はいけない, もその, ゐたよ, ゐましたが, 来た, 見るが 10 た, はならぬ, やらう, よかつ 9 もお, も差支 8 いらつし, くれさ, しまつて, ね, もこの, ゐますが, カラカラと, 宜い, 見て, 見ると

7 [14件] いいかも, そのま, はならない, もあの, もこれ, も私, ゐたつけ, ゐたと, ゐて, ゐない, ゐるところ, ゐるのに, ゐるんぢ, 呉れた

6 [23件] いいくら, いました, おくれ, お利代, お文, もよかつ, も少し, も此方, やつて, やると, るやう, ゐたから, ゐたその, ゐたもの, ゐましたよ, ゐるさ, ゐるので, 好いか, 居たの, 居たよ, 居ましたが, 置く, 見ても

5 [36件] あるの, おきたい, お光, お出, お呉れ, さつ, たぢ, はいけません, もほんの, も多く, も大した, も平次, も決して, も過言, やしない, やつたの, よ, ゐたし, ゐても, ゐますよ, ゐやがる, ゐるのよ, をられる, ニヤリと, 呉れました, 居ますよ, 居るやう, 慰めて, 持つて, 来たの, 来て, 聞かせました, 見せました, 見な, 見ること, 退けた

4 [47件] おどかして, お八重, お志保, すまして, その儘, その男, な, のけて, ました, ましたよ, もよろしい, も今, も先生, も前, も女, も宜しい, も彼, も見る, も誰, やらうか, やるが, るよ, ゐたやう, ゐるか, ゐるかと, ゐるだけ, ゐる者, んぢ, 下さる, 下さるの, 呉れ, 好い, 宜しい, 宜しいの, 居ますが, 居らあ, 居ると, 居る人々, 本當, 淋しく笑, 置いた, 置きたい, 聞いて, 話したの, 退けました, 還され長老一人, 長ん

3 [95件] あるん, いいか, いいだらう, いいの, から, かれは, ください, さう, その人, たぜ, たつて, たの, たやう, ないで, は, はこん, はゐる, は困ります, は困るで, は私, は置いた, ましたが, もあまり, もお前, もさ, もた, もよから, も中, も何, も何ん, も俺, も僕, も又, も同じ, も善い, も大, も實, も新しい, も本, も無駄, も義理, も言, も返す, も金戒光明寺の, やれば, よいかも, よいほど, るか, るのに, る癖, ゐたけれど, ゐたそれ, ゐたところ, ゐたので, ゐたわ, ゐたん, ゐた事, ゐた男, ゐた頃, ゐら, ゐられない, ゐるよ, ゐる人, ゐる所, をつた, をられた, 出たさ, 分つた人, 呉れる人, 大喧嘩, 宜いか惡, 少しなり, 少しも, 居ます, 居られます, 居るよ, 断つた, 泣きました, 澄まして, 立ち上つた, 立つて, 置かう, 置けば, 老僧, 聞かせても, 見たつて, 見たの, 見やう, 見る, 見るがい, 退けるの, 遣つた, 降りて, 面白さうに笑, 飛んで

2 [286件] あの人, あるから, ある人, いいもの, いいやう, いい位, おきたいと, おくみ, おくれでない, お先に, お在, お定, お柳, お由, お秀, お粂, お鈴さん, お霜婆さん, お駒, かへつて, からしばらく, から二度目, から私, がみ, きかせた, くす, くれ給, こくり, ことさらに, このお爺さん, ござるん, ごまかさうたつて, ごまかさうと, ごまかした, ごまかせるけれども, さすがに, さも可, じつと, すぐに, すますとは, そして二人, そのころ肩揚, その場, たこと, たじや, たな, たね, たわ, たわよ, た話, ついて, ない, ないん, なかつた, はない, はまだ, はやつ, はゐない, はゐなかつた, はゐません, はをかしい, は何, は先づ, は可笑しい, は唯, は困る, は悪い, は惡いが, は惡るい事, は校長, は濟, は甚, は自分, は語弊, は變, ほ, ましたから, ましたがね, またし, また態とらしく, まだ何, みたり, みて, みても, み給, もあつし, もいづれ, もかの, もききません, もしらじらしく, もただ, もたつた, もちつ, もどう, もどうせ, もどうも, もほとんど, ももう, ももちろん, ももと, もわからん, もチャン, もハッキリ, も一, も主人, も二, も仕方, も信吾, も八五郎, も出鱈目, も別に, も取, も君, も唯, も商, も四五日, も困る, も大きな, も女狂, も年, も御, も徳川時代, も情ない, も斯, も日, も智惠, も構, も此, も段々, も母屋, も毎日, も氣, も無理, も相手, も第, も聞かない, も聽, も若旦那, も誤り, も身, も遠い, やがらア, やたらに, やつた, やつたのさ, やらうかと, やります, やるがい, やるの, やんだい, やんや, よいくら, よこしたの, よこして, ゐたくら, ゐたで, ゐたほどの, ゐた時代, ゐた言葉, ゐないで, ゐなかつた, ゐながら, ゐましたから, ゐられなくなる, ゐるお, ゐるから, ゐるくせ, ゐるぜ, ゐるその, ゐるでは, ゐるほど, ゐるまで, ゐるものの, ゐるらしいの, ゐるらしかつ, ゐる様, ゐる母, ゐる癖, ゐる芥川, ゐる言葉, をられます, をり, 上げた方, 下さると, 下すつたつて可, 下りて, 下唇, 代る, 入つて來, 其の男, 出たの, 出掛けて, 別れた, 又俯臥, 同じやう, 呉れたが, 呉れたの, 呉れるな, 呟いて, 喜ぶの, 噴き出し, 大笑, 好かつ, 威張つて, 嬉しさ, 宜いでせう, 宜いの, 宜いのかえ, 宜しいが, 寄越した, 尋ねて, 小さい方, 小供, 少し笑つた眼, 居たか, 居たつけ, 居たと, 居たやう, 居たん, 居た所, 居つたが, 居られました, 居られるの, 居るうち, 居るくら, 居るのに, 居るもの, 居るん, 御覽, 怒つて, 急いで, 恥づるでも, 慰めたかつたが, 断ると, 来たから, 欲しかつ, 止めて, 歩いて, 泣いた, 泣いたと, 泣いて, 漸と, 潤みを, 澄ます事, 無い, 生れて, 相變ら, 突然羽織, 立ち上り大きい, 立ち去る, 置いたぢ, 置いたのに, 置きたいこと, 置きたい事, 置きませう, 置くがな, 置くこと, 置くのに, 翌る, 聞かして, 聞かせよう, 聞かせるだけ, 聞せて, 色濃く染めた, 若い血, 行きましたが, 見せた, 見せて, 見たいの, 見たかつたの, 見たが, 見たくなつ, 見たん, 見ては, 話した, 調べて, 軽くお辞儀, 追ひ, 追ひ返した, 退けます, 送つて, 連れて, 遂に札, 遣つたよ, 遣つたん, 驚いて

1 [2190件 抜粋] あいて, あのころ, あの形, あまり持て, ありましたつけ, あり當時男, あること, ある實證, あわて, いいほどの, いかにもうれし, いきなり掴み, いきなり飛出した, いつも泣い, いらあ, うなだれて, うれしさうに笑, おかうか, おきたいこと, おくんな, おすゑ, おどかしたり, おふさ, おれば, お仕事, お呉れよ, お払, お泣き, お筆, お菊, お辭儀, お願, かうした今, かち, からいた, からに素直, から今度, から悔いた, かれも, きかせました, きかせるやう, きかぬので, くすつと, くださるの, くびかざりや金, けふも, こつこつと, この休み, この家, この男, この身, さうだ, さも嬉し, さわいで, しかし学校, しつッ, しまつたらどう, しよげ, じろりと私, すぐ戻つ, すこし気, すたすた帰つて, すれ違つて行, そして出懸けた, そのあくる晩, そのかこ, そのニツケル, その下相談, その儘口, その写真, その小僧, その方面, その白廻し, その細い, その船, その言葉, その鰐, それから又, それから蓮太郎, それで済む, たいてい贊成, たぞ, たなあ, たれかれの, た言葉, つか, とうと, とり上げませんでした, どうしても町湯, どうなる, どなりました, ないのに, なげいて, ならない言葉, な天井, にやにやし, ね五十年輩, ね隣り, はあまりしげしげ, はこまる, はそれだけ, はなん, はら, はゐました, はヤツパリ広目屋, は主人夫婦, は今日, は北側, は厨, は大, は居ました, は岸, は房, は来ません, は汚い, は玉, は笑, は肉, は言いすぎ, は鋭き, ひたとそれ, ひどく硬, ふかいため息, ぶる, ほしい人物, ほめられて, ぼつぼつ裾, ぽんと, またさめ, またちらりと, また峠, また横, また男, まだ恐怖, まだ若い, まぶい, みせて, もあながち, もいろ, もうれしい, もう一度櫛, もう行き, もお前達, もかま, もことがら, もご存じ, もしもた, もそれ以来, もつれ添, もとろ, もなんで, もはじまらない, もほか, もみんな妄想, もやつぱり内證, もよろこばしい, もらひませうか, もゐられない, もコザツク, もヌラリクラリ, も一寸先, も一番, も万葉集, も三浦さま, も不動谷, も久六, も二十五六, も五十, も人生, も伜, も何代, も信じ, も優しい, も入, も六十そこ, も典謨中皐陶謨, も内輪, も出かけねえ, も前の, も十八, も半, も參考, も叔父, も名古屋, も哲学的, も固定以前, も変, も大家, も夫, も奴隷, も娘, も學校, も宣命, も寢卷, も居られない, も差し, も帰りません, も店續きの, も形而上的原理, も後ろ, も恐らく, も恥かしく, も感受, も手廣, も放さう, も文章, も日本, も時々, も本人, も松の内, も森川屋, も次の間付き, も殆ど, も水帳, も泊つたこと, も源治, も無, も父さん, も現, も生一本, も田舎, も畫僧, も百二三十米ぐらゐしかないのだが, も直ぐ, も眞, も研屋五兵衞, も立つ, も箱根, も結局好文堂, も緡, も聴い, も自分, も芝口, も蓬, も裏木戸, も親, も解らない, も貴族, も赤塚樣, も辰巳, も通る, も道綱, も醉, も長い, も隣り, も雪子, も鴈治郎, やあがる, やがら, やたらと, やりたいくら, やりたかつたが, やるん, やれと, よいところ, よい村, よく丁子屋善兵衞, よく立居, よく革, よこしたので, よびました, よろしい物, らしたつけ, るわ, る樣, わかる人間, わざと文, わるいん, ゐたあの, ゐたけれども, ゐたな, ゐたらう, ゐた五十兩, ゐた唯物論, ゐた布佐行, ゐた日, ゐた白い, ゐた者, ゐないそこ, ゐないん, ゐましたからねえ, ゐますやう, ゐられた, ゐられなかつたの, ゐられるが, ゐられる如く彼, ゐるからと, ゐること以外, ゐるぢ, ゐるとのみ, ゐるに対し, ゐるまでさ, ゐるらしい事, ゐるんで, ゐる事さ, ゐる処, ゐる学者, ゐる方, ゐる様子, ゐる自分, ゐる訣, ゐる麻素子さん, ケロリと, ニヤリニヤリと, ホッと, 一寸蛙, 万一叔父, 下さつたので, 下さる程, 下すつて, 主殺し, 今更慌て, 何だか変, 何と言つて, 倒れると, 元鳥越, 全くの, 其の小, 円い滑, 冷めた酒, 出かけたので, 出たつきり歸つて來, 出過ぎましたやう, 別に何, 別段笑, 前觸, 動かない, 危ない梯子, 又二杯目, 又急がし, 又笑, 取つて二十歳, 取直して, 叫んで, 叱られたりね, 叱りつけても, 同じ樣, 呆れつ了, 呉れたので, 呉れといふ, 呉れなかつた, 呉れるので, 呉れ私たち, 呼びとめた, 呼んでるの, 喜んだ, 嘲つて, 囁いて, 困らせて, 在りますが, 堅くお, 売つて, 大きなの, 大きな掌面, 大して忙し, 大變叮嚀, 好い位, 嬉しさうに声, 宜いか迷つた樣子, 宜しからう, 寂しさうに貌, 射抜くやう, 小父さん, 少し凹ん, 少し照れる, 居たこと, 居た五十男, 居つたさうでございます, 居ましたがね, 居ますから, 居られぬ, 居られる事, 居りました綱, 居り大乗仏教, 居るから, 居るぜ, 居るわけ, 居る八五郎, 居る浪人者, 居る隙, 居合せた三人, 常右衞門, 幾らかの, 引下がるほか, 待つて, 御父樣, 心から感心, 忙しさうに, 怒る奴, 思ひ出したやう, 恰も小, 悲しむべきこと, 慌てて, 慰める外, 手早く窕子, 抛つて置かないで, 拒んで, 捨て去ること, 探る樣, 断つたが, 旨く交渉, 早一つ乙, 晴れて, 暫くは, 書くやう, 来いよ, 来たもの, 来ないの, 来ましたの, 来るから, 極く広い, 歌いました歌, 歩かないん, 歩き出した, 死んだ伜, 決して好き, 治める意味, 泣いたので, 泣きながら, 泣き喚かずには, 泣くん, 混ぜつ返しなさんなよ, 渋渋駒, 濁して, 無いやう, 生きて, 痩せた筋だらけ, 白い手, 直ぐお茶, 直ぐ次, 眠さ, 突き出された幾通, 立ちすくみました, 立てたん, 笑うこと, 紅いばら, 細い指, 縛る譯, 置いたの, 置かうよ, 置かなければ, 置きましたら大抵, 置くがネ, 置くと, 美しいおもかげ, 老主婦, 聞いたの, 聞かすと, 聞かせたの, 聞かせた言葉, 聞かせるそれから, 聞かせるのに, 聞かせる言葉, 聞き違, 聴かせる言葉, 脅かされたやう, 良い位, 若主人, 萎れて, 蟠か, 行く氣, 見せたとか, 見せる油とうや, 見たいとか, 見たくなりました, 見た日, 見なきや, 見ましたよ, 見よう, 見よ何, 見るまでも, 見ろ八, 見得, 解らなければ, 訊ねた, 話し出した, 誤魔化して, 貰う理由, 赤くなる, 起きた, 起ち上つた, 軈て復, 軽い咳, 追ひかけ, 退けようか, 逃げるつもり, 通された処, 遣らうか, 重兵衛, 長い廊下, 間もなく空, 青い木の葉, 面白くない, 頂くと, 頻りにとめ, 頼んだが, 飛び出しちやつた, 飛出しちや, 食べた, 驚くほど

▼ 言~ (3902, 7.2%)

140 換へれ 68 方を 66 表は 56 換へる 53 乍らも 52 やうの 39 やうも 35 方が 32 方は 22 合は 20 立て 19 言ひし 18 わけを 17 やうを, 分を, 方で, 言ひ 16 にくさう 15 ながら, ながら彼, になる, 方に 14 さへ, ながらその, ながら私, やうが, 度い, 方, 方も 13 分は, 合つた, 合ひ, 草ぢや 12 添へて, 草だ 11 あらは, つけを, ながら平次, 度く, 殘し, 現は, 言ひした 10 てえ, 張つた, 聽かせる, 訳を 9 つけに, ながらお, ながらも平次, に來, に来た, 合つてゐる, 合ふ

8 [11件] かたを, が, ながら自分, わけは, 傳へ, 分が, 方だ, 現はす, 續けて, 草が, 譯が

7 たまへ, て, ながら八五郎, はしない, はしなかつた, 傳へられ, 換れ, 方である, 當てた, 難い

6 [15件] ながら又, のがれ, やうは, わけが, わけの, をする, 乍ら二人は, 乍ら平次は, 分も, 合つてゐた, 方と, 添へ, 立てに, 給へ, 草を

5 [25件] がたい, がたし, ながらまた, ながら二人, ながら先, ながら彼女, ながら目, にくいこと, は言, をる, 乍ら自分の, 分に, 又御, 憎さ, 掛りを, 方では, 方の, 澁る, 畢り, 習し, 草では, 觸し, 觸らし, 觸らした, 難い恐怖

4 [30件] さうし, たり, ながらそれでも, ながらもう一度, ながら出, の男, をし, 乍らお, 乍ら吉野は, 伝へに, 做し, 分な, 女は, 度さ, 慣は, 換ふれ, 換へ, 樣の, 添へる, 爭ひ, 當てる, 立ての, 立てを, 給ふ, 草で, 草です, 草は, 譯は, 譯を, 過ぎに

3 [71件] あるひ, かたである, がかりを, がたく仕方, がたしとや, さま, すぎかも, て利金, て又, ながらあちこち, ながらお力, ながらそつ, ながらも八五郎, ながら三人, ながら仕立かけ, ながら健, ながら其処, ながら奥, ながら急遽, ながら手, ながら男, ながら相, ながら眼, ながら頭, ながら額, ながら顏, にくい, になつて, にならない, に行く, はしません, ぶり腹も, わけに, 乍ら同時に, 乍ら少し, 乍ら平次の, 乍ら智恵子は, 乍ら智惠子は, 争ひ, 争ふ, 交は, 今日も, 伝へ, 伝へが, 値で, 傳へは, 分で, 合つ, 合つて居る, 度かつ, 張つてゐる, 憎いこと, 振りを, 方かも, 方だつた, 方ばかり, 様も, 樣を, 爭つてゐる, 現はし, 現はし方, 當て, 終へ, 續け, 聽かせた, 自分の, 訳け, 譯の, 難いこと, 難ければ, 難さうに

2 [199件] あるもの, かただ, かたも, がかりに, がハキハキ, が一人, けれども別段, このやう, これと, これを, さが, すぐ眼, それからおもむろに, それが, てし, ては, てます, てみる, ても世間, て其聲信如, て君, て困らせける, て降らしめし, て降らせたる, ながらうろうろ, ながらかなた, ながらこんど, ながらさつき, ながらしきりに, ながらた, ながらまだ, ながらもう, ながらやつ, ながら一掴み, ながら上手, ながら下り, ながら下駄, ながら今, ながら信吾, ながら傍, ながら入, ながら夫, ながら夫人, ながら女中, ながら娘, ながら富江, ながら幸徳, ながら庭下駄, ながら懷中, ながら我等, ながら提灯, ながら時々, ながら来る, ながら東川, ながら照子, ながら直ぐ, ながら立ち上つ, ながら笑つて, ながら耐ら, ながら脚, ながら蒲團, ながら表, ながら車, ながら近づいた, ながら雨戸, ながら顔, なほも, にくい事情, にくからう, にくきを, にくければ, にけり, にける, に取, に寄る, の一寸法師, の珍, はせぬ, はなしたる, ひどく露骨, ぶりと, またお婆さん, また打ち始めた, やうです, を不愉快, 乍ら, 乍らせつせ, 乍らそつと, 乍らそれでも, 乍らまだ, 乍らもう一度, 乍らガラツ八は, 乍らガラツ八を, 乍らニヤリニヤリ, 乍ら三人は, 乍ら信吾が, 乍ら八五郎は, 乍ら出, 乍ら加藤は, 乍ら室の, 乍ら家の, 乍ら平次と, 乍ら思ひ, 乍ら恐ろしく, 乍ら懷から, 乍ら手を, 乍ら握つた, 乍ら橄欖色の, 乍ら渠は, 乍ら火の, 乍ら父の, 乍ら立つ, 乍ら羞む色も, 乍ら袴も, 乍ら赤い, 乍ら遠慮なく, 了る, 争つた, 争つてゐた, 二三の, 人柄と, 付かつ, 付けで, 付けは, 付けを, 値通りに, 做す, 做すに, 傳へて, 傳へも, 僕は, 出しける, 出しの, 出づべき詞の, 出で, 分です, 分では, 分なし, 分には, 古された, 古した, 合つてる, 合へる, 告げやら, 寄つた男が, 寄つた男は, 寄つた者は, 度いだけの, 度え, 廻しで, 張つて居た, 悪さうに, 憎いが, 我れ, 或もの, 振りにな, 掛りで, 換へて, 換へても, 換へるなら, 方から, 方です, 方には, 方や, 昨夜は, 次には, 此話は, 殘した, 渡しを, 澁りました, 男は, 男を, 當てられ, 白映, 盡す, 眼を, 私は, 種です, 終つて彼は, 終へて, 續けながら, 聽かせ, 自分も, 芥川が, 草である, 草に, 表はせる, 觸した, 觸らされ, 觸らす, 譯する, 遁れ, 難い冷氣, 難かつ, 難きに, 難き不安, 難き物, 難し, 青竹の

1 [1680件 抜粋] あしと, あれだけの, いきなり急, お店, かく考へる, かたばかり, がかりでも, がたいが, がたい圓みと, がたき理想, がひ, が些, が少し, が白扇, が舞台語, ぐさがあんな, ぐさと, けむ, ここの, この程度, こを, さま抱き締め, しかも, しか明かならず, すぎは, すべての, そしていきなり, その人, その時窓, その聲, それでもすこし, だてと, つけにな, つけ通り間もなく, つつも後, つつ手鞄, つつ線香花火, づらく答, てその, ては下, てめでたし, て一つ, て今, て初湯, て北海, て地, て尚, て斉, て次, て示す, て笑ひき, て聞きいれる, て軽く, て露けき, どうにかそれ, ながらあわて, ながらいきなり, ながらいつぞや, ながらかつい, ながらさすが, ながらしげ, ながらすると, ながらせつ, ながらそれ, ながらつい, ながらなか, ながらなんど, ながらひとり, ながらもあの, ながらも二人, ながらも夫人, ながらも彼, ながらも手, ながらも氷柱, ながらも猶, ながらも萬七, ながらも金六, ながらやる, ながらイナリずし, ながらクスリ, ながらコップ, ながらチラ, ながらフォーク, ながらリユツクサツク, ながら一人, ながら一緒, ながら不思議, ながら両手, ながら二三本, ながら二階, ながら井田, ながら仕度, ながら但馬守, ながら信州路, ながら僕ら, ながら先づ自分, ながら其の, ながら再び, ながら割りこん, ながら労働者, ながら半永久的, ながら厭, ながら古い, ながら台所, ながら向, ながら四十五六, ながら塵紙, ながら外景, ながら大, ながら女, ながら子分, ながら定吉, ながら宮部, ながら寒い, ながら小鳥, ながら尚も, ながら山田, ながら川縁, ながら帰る, ながら幾らか, ながら座, ながら弟子達, ながら彌次馬, ながら待合, ながら志緒乃, ながら態とらしく, ながら手拭, ながら抱, ながら指した, ながら新し, ながら昇つて, ながら暫く, ながら木, ながら松原, ながら模樣, ながら欄干, ながら歌子, ながら歩いた, ながら毎日毎日, ながら油染みた, ながら泣きだし, ながら濡手拭, ながら然し, ながら父さん, ながら物置, ながら畳, ながら白痴もの, ながら益々, ながら県境, ながら石臼, ながら禎子, ながら窓, ながら立ち去つた, ながら縞, ながら羽紅夫婦, ながら考へ, ながら肩, ながら胡麻塩頭, ながら自分達, ながら若者, ながら蒲団, ながら行, ながら表向き, ながら誠に, ながら赤い, ながら足袋, ながら迚, ながら通りすがり, ながら酌器, ながら金助, ながら阪井, ながら集ま, ながら青い, ながら靜, ながら風呂, ながら飛ん, ながら食べた, ながら鬢, ながら鼻, にう, にくいだらう, にくい何, にくい處, にくく共, にけり兵, にならなかつた, に俺, に来たで, に行, に馴れ, のだ, のは, の何處, の声, の柔か, の確り, の間, はした, はせで, はハキハキ, は爲, は言つて外, ふところに, ぶりの, ぶんで, また或, また雪, やうだ, やうに, やう喩は, や子供, や表情, ようも, わけには, わたしたらい, をさせた, をつける, をはつて崩, を咎める, アンテナといふ, コーヒーを, トンカツ屋の, ベルグソンは, 一つは, 七十三刻とは, 上着の, 不意に, 丘傍を, 中てたりなど, 乃至は, 乍らうなづく, 乍らしよんぼり, 乍らゐざり, 乍らチラリ, 乍らフラリフラリと, 乍ら一刀を, 乍ら一番最後の, 乍ら三千兩の, 乍ら丑松は, 乍ら二人の, 乍ら京都へ, 乍ら何やら深々, 乍ら使ひ, 乍ら僕の, 乍ら入口に, 乍ら冗談らしく, 乍ら半分くらゐ, 乍ら名人らしく, 乍ら喜八は, 乍ら夜更けの, 乍ら奈何し, 乍ら家路を, 乍ら尚も, 乍ら川を, 乍ら平次が, 乍ら店へ, 乍ら引返し, 乍ら往來の, 乍ら念の, 乍ら愕然と, 乍ら懷中煙草入れを, 乍ら日頃にも, 乍ら有, 乍ら板敷の, 乍ら根掘り, 乍ら横の, 乍ら歩く, 乍ら殊に, 乍ら氣を, 乍ら江戸川縁を, 乍ら泳ぐ, 乍ら準, 乍ら瀧三郎は, 乍ら物の, 乍ら用意したらしい, 乍ら留吉を, 乍ら痩せ, 乍ら神樂坂に, 乍ら窓際に, 乍ら笑ひ出し, 乍ら繼娘の, 乍ら膝の, 乍ら船橋で, 乍ら茶人帽を, 乍ら藤助は, 乍ら袈裟治は, 乍ら財布から, 乍ら踏臺の, 乍ら遂ひ, 乍ら錢形平次は, 乍ら陽の, 乍ら飛び込まう, 乍ら食べる, 了つてそつと, 争そひ, 争つてはては, 争ふごとき, 二度言ひする, 五周年の, 人に, 今の, 他に, 付けだ, 付けに, 付け句には, 付け通り損料で, 伝ひでは, 佐吉は, 何れも, 何處へ, 做しけれ, 傅へを, 傳ふ, 傳へには, 僕の, 元気に, 其中宗家の, 其子孫を, 其義から, 其配景と, 内部の, 出しにな, 出づ, 出でぬ, 分と, 初めけん, 別になに, 加した, 動み, 又それとも, 又意思, 又浦人, 及す, 古して, 合つたのである, 合つた樣子でした, 合つてゐなす, 合つてを, 合つて居ります, 合つて門口を, 合ひといふ, 吉右衛門と, 吾は, 囘は, 場所と, 外宿を, 大倭から, 大嘗, 失敗は, 妹を, 姓は, 嬌える, 寄つたに, 寄つた男や, 寄つてひどく, 寄つて手ひどく, 寄りたま, 寿司なんか, 小首を, 尚もせつ, 山人と, 岡彦と, 平家物語には, 度いがあれよりも, 度いが今日は, 度いが相, 度がる, 度くなけれ, 度さうでした, 度氣に, 廻しでは, 廻しは, 弛緩した, 張つたので, 張つた連中も, 張つてその, 張つて孫と共に, 張つて聽か, 彌太, 彼女は, 得可し, 御着想, 怪しからず, 悪い, 惡いこ, 惡さうです, 慣らは, 憎さうに, 或は光, 或は平, 或人, 批評家は, 拔けは, 拵へて, 振りは, 掛りと, 損って, 放題を, 文藝春秋の, 方それ何や, 方でも, 方ながら, 方示し, 旅行中の, 早速知合, 易いの, 時には愚痴, 更に又, 朝賀と, 本當, 条下宿住ひもし, 条高の, 棒の, 様に, 様を, 樣仔細あり, 歌にも, 此袋の, 殊には, 水鳥, 海の, 添へるなら, 渡し, 渡しによ, 為たい, 爭つた當分だつた, 爭つて口惜し, 爭ひもし, 牛車の, 猪之, 田舎で, 甲斐の, 男泣きに, 畢つて架上の, 當てられたらう, 皆盛年の, 盡くされませぬ, 目下東映で, 眼が, 知らずめでたき, 祈祷の, 稍北に, 種ぢや, 立てである, 立て又は, 系図は, 終つてやつぱりきよとんとして居られました, 終つて源太郎は, 終つて老, 給ふべき, 続くれ, 續いだ, 習しも, 而し, 聽か, 脇方の, 自分は, 若い者達, 草から, 草とばかりも, 葡萄糖と, 見事な, 觸らされる, 觸れさせ, 言ひなさいます, 言語とは, 訳けも, 訳などを, 訳は, 訳致しませぬ, 誠大と, 譯そいつを, 譯などは, 貉を, 賓客の, 身を, 近所近辺は, 造化の, 過ぎであつたらうか, 道と, 鉤を, 鎌と, 開きの, 開きを, 陵墓に, 難いけれど, 難いので, 難い悲しみ, 難かるべし, 難きや, 難き事情, 難き暗愁, 難く罪深き部類, 難さうに幾度, 雪を, 音にまで, 風呂場の, 馴らはせ, 高句麗地方の, 魚族の

▼ 言~ (2579, 4.7%)

114 ないで 98 なければ 97 ねば 96 うと 82 なかつた 72 ない 56 れるの 49 うか 35 なきや 32 して 31 なかつたの 3026 う, ぬばかりに 24 ないが 23 ないから, ないの 18 せれば 17 ざるを, れること 16 ないこつ, なかつたが 15 ないこと 14 ないと, なくても 13 ない方, ぬばかり, れるもの 11 ぬばかりの 10 なくたつて, ぬか, れるは 9 ぬが 8 ざるべからず, なくに 7 ないので, ないもの, ないやう, ないん, なくな, れる事, れる度 6 うとは, しむれば, ないよ, なかつたん, なくて, なくなつ, ぬと, れるん, れる人, れる位 5 さずに, せながら, ないばかり, なかつたで, なくとも, ぬを, ねばなりません, れず, れる時

4 [27件] うとも, ざりしが, ざる, せた, せたが, せたの, せないやう, ないまでも, ない事ぢ, なかつたか, なかつたやう, なかつたらう, なくつて, なくなりました, ぬので, ぬまなざし, ぬやう, ぬ事, まし, れずに, れなかつた, れるくら, れるところ, れるま, れる方, れる男たち, れる程

3 [43件] さぬ相手, ざりき, ざりき唇, ざりき黄八丈, ざる可から, ざれば, しむ, しめば, しめよ, じ, せずに, せぬ, せますと, せませう此方, せ度, ないか, ないし, ないといふ, ないね, ないわ, ない筈, なかつたけれども, なかつたこと, なかつたに, なかつたんで, なからう, なくともい, ぬかう言, ぬこと, ぬ許, ねえから, ねえよ, ねばなるまい, ねば胸, れずとも, れなかつたの, れねども, れるお, れる儘, れる者, れる菜畠, れる言葉, れる通り

2 [85件] あまりあてに, いや年寄り, かけざりしと, さない, さぬぞ, ざるかな, ざるべく特に, ざるべし, ざる大智者, ざれども, しとくな, しめてゐる, しめて居る, しめるもの, せず平次, せたり, せない, せない女, せなかつた, せなきや, せねえ, せは, せまいと, せませんでした, でも, で打, ないお, ないけれども, ないことぢ, ないさ, ないだらう, ないつもり, ないでね, ないでも, ないに, ないわけ, ない事, ない時代, なかつたけれど, なかつたさ, なかつたり, なかつた筈, なくてもよ, なけりや, なして, なんだ, ぬけれども, ぬぞ, ぬほど, ぬもの, ぬ人, ぬ性, ぬ方, ぬ筈, ぬ脚気患者, ねえもの, ねば満足, ばゆゆし, むかたなし, むすべせむすべ知ら, れき, れず其, れず常々, れる, れる一種, れる大, れる御身分, れる点, れる筈, れる道理, れる韻律, れ度, キリも, 一度位では, 人の, 仲, 彼の, 意を, 我に, 戯言である, 正しい, 無いお前さん, 白銀の, 確かに, 耳に

1 [872件 抜粋] あくまで主体的, あたかも学舎, あたった, あとに, あまり重き, いかにも誇大, いさちなる, いたずらに, いはねども, いわなかった, いわぬ, うかと思つて, うか止さうか, うし又, うそれ, うといふ, うよ, う母さま, おのずから理, おわび言だけの, かくご, けだし孫家, ここで, この時愛吉, これからはじまつた, さすがに, さずお, さず取つて, さず喝采, さず接吻, さず此處, さず縛り上げる外, さず袖, させる處女, さなき, さねえよ, されて, さん, ざらば, ざらんかを, ざりけれど, ざりし, ざりしなり, ざりしもの, ざるが, ざると, ざるのみ, ざるべから, ざるものを, ざるや, ざる三猿主義, ざる刹那との, ざる口は, ざる可けん, ざる者ぞ, したやう, しつけが, しつたぞ, しむるところ, しむる勿, しめしに, しめしも, しめたほど, しめた神, しめまた, しめると, しめん, しめ給ふ, しやるもの, しやる当分, じな, すなわちキリスト者, する外, すれば, せしか, せずポン, せず僕, せず六平太, せず引き取つて, せず引つ括つて, せず永, せず没収, せず眞, せず経師屋, せず縛つて, せず繩, せず苦い, せず輕, せたいと, せたかつたの, せたこと, せたところ, せたとしか, せたらその, せたら価値, せたら此処, せたる, せたる巣林子, せた分つて, せといて, せないだけの, せない嚴, せない工夫, せない程, せなかつたさ, せぬこと, せぬぞ, せぬ決意, せねえ心算, せますから, せませう, せも, せるため, せる今度, せる唯, せ次に, せ箸, その精神, たしかに曹操, ただしい, たちまちに, ついに偽り, つて下す, であるべき事, でさし置給, でたんと, では已, でも善, で一人, で已, で止むごときこと, で此, で逃, で過ぎ, とこひ, とまらぬかも, ないあんまり, ないお前さん, ないからと, ないからな, ないけれど, ないこツちや, ないぜ, ないその, ないそんな, ないぢ, ないでしまつた, ないでもと, ないとか, ないとしても, ないどころ, ないなら, ないのよ, ないばかりに, ないやうぢ, ないブッ, ない人, ない代り, ない先, ない先づ二三年, ない内, ない十日經, ない師匠, ない平次, ない心中, ない新しいこと, ない有, ない東宝グリル, ない此工夫, ない物, ない玉江, ない私, ない言葉, ない輕少, ない間, ない露西亜, なかった, なかつたかい, なかつたかしら, なかつたかな, なかつたし, なかつただらう, なかつたほど, なかつたらどう, なかつたセリフ, なかつた利休, なかつた無駄, なかつた迄の, なくつたつて, なくてもさ, なくともよ, なくなり殆ど, なければよ, ぬうち, ぬおも, ぬかい, ぬかと, ぬから, ぬからだと, ぬぐらゐ米, ぬさき, ぬたつた一年, ぬだけ, ぬといふ, ぬとして, ぬなり, ぬなんて, ぬの, ぬはうが, ぬまでも, ぬらしい, ぬ中, ぬ伝, ぬ作中人物, ぬ冷, ぬ因縁, ぬ夜長, ぬ女, ぬ媾曳, ぬ子, ぬ情景, ぬ憂愁, ぬ時期, ぬ浮世, ぬ狂亂, ぬ玉葱, ぬ男性, ぬ神話, ぬ童子村, ぬ素性, ぬ自然物, ぬ言葉, ぬ訣, ぬ諷刺, ぬ身, ぬ金無垢, ぬ顏, ねえ, ねえか, ねえけれど, ねえこと, ねえだつて, ねえところ, ねえん, ねえ方, ねえ樣子, ねばすまず, ねばわからない, ねば成らない, ねば成りません, ねば濟, ねば腹ふく, ねば良く言, はつた, はりますさかいな, はること, はるし, はるんどしたな, ばの, ば一枚の, ば一種の, ば婚約の, ば転身だつた, ふた, ふとし, ふと存じたれ, ほぼ通じ, ぼくに, まくの, まくも, まことに神妙, ましいと, まだあった, まったく信長, まるで平時, みな偽りでない, むがために発行せし, むとするところは略解る, むや連想は, もっとも信頼, やめて, よい, るるに, るるのも, るるは, るるやう, るる人, るる処, るる如き, るれば, れざりし不平, れずそのまま, れずと, れず家庭, れず苦し, れつ, れなかつた事, れもしや, れるうち, れるお前さん, れるこの, れるそれほど, れるとき, れるなんとなく, れるやどり木, れるガラツ八, れるフョウドル・ドストイェフスキイはか, れるロバート, れる一般, れる中世末対話, れる乎, れる二十七八, れる人々, れる今, れる伊達者, れる作, れる俺, れる兩替屋, れる君達, れる大した, れる大徳屋徳兵衞, れる女, れる宝船, れる家柄, れる尾張町, れる年増, れる彼女, れる徒党, れる捕物, れる教育者, れる期間, れる本所名物, れる松, れる正月, れる歴史的, れる海鳥, れる為, れる物, れる王, れる眼, れる神達, れる私, れる私娼街, れる筋合, れる菊屋, れる處, れる行状, れる豪勢, れる跡, れる通, れる連中四五人, れる錢形, れる限り, れる鳥, れる鳥名子舞, れる點, れんし, れんね, れんも, れ大いに, んさ, んので, んわ, ア看板に, ハニシであった, ビールの, ヨブに対する, 一々履行, 一切容れず, 一度あつ, 一流の, 三位の, 乃ち死ぬ, 事実であった, 二つの, 云えなくなる羞かしく, 云わぬよ, 云わん, 些と, 人人の, 他の, 仰しゃらなかったが, 何となく所帯染み, 何ひとつ私には, 余りにも, 余りに述懐的, 俗僧の, 信長個人の, 優に, 元神, 免れて, 公の, 凡べて, 凶くなれ, 出でず抱き緊め, 切々として, 力づよくひびいた一同は, 勿論である, 即ち子, 取るに, 取捨せざるべからざる, 受け取れない, 古くよごと, 吐かない, 吐かぬ, 吐くが, 嘘では, 固より, 士君子の, 壮気凛々だった, 大いによい, 大寺一郎が, 太初に, 奇警なれ, 孔明の, 宝である, 宮廷では, 富士男の, 審判の, 少しも, 屡々わし, 帯より, 平生面と, 当つて, 当然しか, 彼自身の, 徹底したる, 必ずしも謙遜, 必ず信じなけれ, 必其對象たる, 恐らく将軍, 悉皆信ずべき, 慥に, 或る, 拙けれども, 文化七年八月十一日に, 明徹用いる, 是に, 未だ少し下手, 村長に対して, 果てしが, 次の, 正しかつ, 正に是, 正当に, 歸する, 決して内, 決して空言, 滴々の, 烈しく掻巻, 父正成が, 犬か, 猶解すべき, 瓊, 用られん, 申すまでも, 痛快すぎる, 皆真実を, 真に呉, 真実からの, 真実に, 真理の, 磐谷の, 神と, 神託の, 秘密を, 筆者の, 筆者自身の, 簡なれ, 粗暴と, 終りましたから, 絶えずて, 継母に対する, 耳にも, 聞いたけれど, 聞えたの, 聞き流して, 聴かれず自分, 自信に, 自己を, 苦い, 薬の, 要するにそれ丈, 親が, 詩篇八篇より, 諸子の, 警察の, 變へたのよ, 費やさないよう, 途切れ途切れ汚点だらけ, 過ぎざるべし, 過れりと, 過度に, 違へ, 鄙し, 銀の, 長く心中, 陳腐なれ, 雄の, 頗る明快

▼ 言~ (1849, 3.4%)

30 聞いて 29 左右に 14 俟た, 信じて 13 して, 弄し 12 いって 11 唱へる, 換えて, 聞きて 10 言ひ 9 吐いて, 聞くと, 言って 7 いいながら, いった, またない, 吐いた, 容れて, 聞けば 6 いつて, き, なして, なすの, 云って, 聴いて 5 つ, 並べて, 唱へ, 唱へて, 換へて, 耳に, 言いながら, 頂戴した

4 [13件] すると, またず, 云ふ, 俟たず, 俟たぬ, 借りて, 借りると, 切って, 弄した, 爲し, 発して, 聞くに, 言ったり

3 [40件] いう, いひながら, いふ, いへば, こ, なした, なすもの, なす者, もって, もつて, 云いながら, 云えば, 云ひ, 以ち, 俟つまでも, 吐くか, 呟きながら, 大に, 弄する, 引いて, 待たずして, 挟んで, 換えれば, 放たねば, 放つて, 爲した, 用いたの, 用いて, 用ゐ, 疑って, 立つと, 立つるもの, 竢たず, 聞く, 聴け, 聽き, 見ると, 記して, 述べて, 須た

2 [114件] いいました, いう時, いったこと, いひ乍ら, いふそれ, いわれて, おかけである, かけた, きくに, ここに, した, したの, する, するから, する事, そのまま信じる, とりあげざりし, なしたという, なしたもの, 三三調に, 二三に, 云うの, 云つた, 云つてゐた, 人に, 伝えて, 伝へたもの, 伝達する, 作し, 使つた, 信ぜずば, 借用すれ, 加へ, 去り至射, 反らすこと, 口に, 口実として, 吐くと, 吐くを, 吐く勿, 否定し, 呟いだ, 唱えて, 孔孟に, 宣んするや, 引用し, 彼は, 待たず, 待たない, 御切り, 御止め, 承諾し, 持つて, 換へれ, 支持した, 放って, 曰ふ, 構へて, 正しいと, 永くする, 浴せます, 添える, 添へ, 為して, 爲す, 用いずして, 申して, 申すの, 疑うこと, 発しては, 発するに, 發し, 立つ, 納るれ, 納れ, 絶対に, 継ぎ, 続けたり, 繰返して, 聞いた時, 聞きその, 聞け, 聞こう, 聞こうと, 聴かば, 聴きて, 聴くが, 聴くと, 肯うて, 藉り, 褒む, 言う, 言うて, 言うの, 言った, 言つた, 言つて, 言つてを, 言つて泣いた, 言ふ, 費した, 費したの, 費すに, 費す必要, 身に, 載せて, 述ぶる, 述べ以, 進めよう, 遮って, 重ねて, 集めたもの, 食ふ, 飾るとは

1 [1136件 抜粋] あきらかに, あしゅう思い, あびせかけて, あやぶんだ樣, いいあれ, いいに, いうこと, いうでなかった, いうの, いう役, いったあと, いったものの, いったり, いってるなんざ, いつた, いはるるやう, いひ死にに, いふわげぢ, いれずただ, いわせるよう, いわない処, いわれないの, いわれ面目, うつかり, おかしがりて, おしゃるよ, おっしゃる, おっしゃる時, お交わし下さる, お吐き, お忘れです, お聞せ下さいまし, お食いで, かえて, かけて, かけら, かけること, かっとばした, かまえて, きいた, きかないので, ききたがって, きくので, くった, くりかえしその, くれる位, ここでも, さえぎった, さえぎってから, さしはさむ余地, さとらじ, さとらば, さとりなば, さまざまに, されました, しげみ言痛みおのが, したもの, しては, しばしば出す, します, しりぞけて, すぐ信じ, すっかりきい, するの, する由良, そうまで, そのま, そのままわが, そのまま信ずる, そのまま引用, そのまま胸, その間に, ついた, ついだ, つかみ得たこと, つく實例, つつしんで聞き, つづけて, つらねて, とどむるなかれ, どうしても信ずる, なさん余, なしたところ, なしたもって, なした毎, なし得んか, なす, なすも, なす所以, なせる彼, ならべて, のべに, はいて, はさみ自家, ひるがえした, ひるがえすはず, ふかくあやし, ぶつぶつしゃべっ, またずして, またないところ, まつまでも, むしろ恨めしく, もちて, もてあそんでは, もて宣れ, もらした, やつて, やめないの, よくきい, よこしました, よそに, よろこんで, わめき散らして, ヨブに, 一つ引い, 一種の, 不満と, 与え秩序, 並べた, 中臣, 二人ともに, 云いちらしそこ, 云いますので, 云い中頃, 云い今後注意, 云うが, 云うばかり, 云う癖, 云おうと, 云ったこと, 云ったとき, 云ったよう, 云つたと, 云つてひよろ, 云つて搜し, 云ひ出した, 云われる位, 交えた客, 交した後, 交すと, 交へる, 交わしたが, 人として, 人間に対して, 付け加えた, 付嘱する, 仰っしゃったのじゃございませんか, 伝え嘘言, 伝へて, 余の, 作つたとい, 使って, 促しますと, 信じた, 信じたくなかった, 信じないわけ, 信じない理由, 信じましょう, 信じられず玄徳, 信じるだろうと, 信じ人, 信じ切って, 信ずべきでしょうか, 信ずること, 信ずる限り, 信ぜず人, 信ぜぬというは, 信と, 借り来れば, 借用する, 倣す, 傳へ, 傳へぬ, 僞なりとも, 入れ奸臣, 再びせしめつ, 写せるもの, 出さざりしは, 出さむに, 出すに, 出す時, 出せり, 初めて言, 制して, 刻んだの, 十分に, 反覆熟読せ, 取らずと, 取扱ふ, 受くるであろう, 受けなかった, 受けると, 受け継がれる為, 受売りした, 吐いたから, 吐いたさ, 吐いたもの, 吐いてから, 吐かせて, 吐かないよう, 吐かるるこそ, 吐きちらしながら, 吐きつづけた時, 吐き乍ら帰つて, 吐き悪行, 吐く, 吐くという, 吐くはず, 吐く事, 吐く老人, 吐けない者, 吐こうとも, 含んで, 呈したこと, 呈するこれ, 呟いた, 味い, 味わうと, 和親に, 唱へたからの, 喰した, 喰ったり, 嗤い, 囁きしを, 墨痕に, 大絡, 太く怖れた, 奏したてまつろうなどとは, 奏するのに, 好い加減に, 学びて, 學ぶ者, 守り, 完全なる, 宣り伝へて, 宣んしいふ, 宣んすれば, 容れざるを, 容れなかった, 容れるの, 容れ張, 尊んだ, 小耳に, 少し貧血, 尽さず古今, 尽しても, 巧に, 幕府の, 平気で, 幾たびも, 弄さるる, 弄し得ない, 弄する人, 弄ぶ, 弄ぶの, 引きての, 引く, 引用させ, 彼に, 彼も, 待たぬ, 待たぬところ, 待つ, 待つ状, 得た人, 御聞き, 忘るる, 忘れて, 思いその, 思い出した, 思い出すが, 怪しんで, 恐れて, 悟られぬ様, 惜しむなかれ, 愛吉が, 憶い出した, 憶えたもう, 懼れ, 我等の, 戴きましたが, 打ち捨てて, 承認しよう, 承認すれ, 抑へ, 拒けて, 持誦する, 挙げた, 挟みましたが, 振りまいたといふ, 捨てずという, 掛けかねたろう, 掛けて, 掛合ふ, 換うれ, 換は, 携へ, 擧げて, 改むるに, 改めて, 放たしめたるは, 放ち一指, 放つ, 放つもの, 文り, 新婦が, 明かならしめよと, 曲解する, 書いた宝石, 未だ知らず, 根本と, 極めて予, 極めて行つて, 横へ, 次々の, 歓ぶよう, 止めて, 此にも, 殿き, 汝は, 法螺と, 洩らしたある, 浴せかけますが, 浴せ曰, 浴びせたり, 浴びせ乍ら, 添えた, 添へる, 漏らしたが, 為さず放逸曠達, 為すに, 為せる者也, 無批判, 爲さうなら, 爲せ, 独りで, 甘受し, 用いず敵地, 用いた, 用いなかったため, 用いる, 用い玉, 用い長, 用ゐる, 申さず歩けッ, 申しに, 申しましての, 申し上げると, 町の, 略するに, 疑は, 疑ふもの, 疾く聞かん, 発したという, 発したらその, 発するにも, 発する外, 発する者, 発せさせ申す為, 発せられたと, 発せられる際, 発表し, 發する, 盲信し, 省く様, 眞の, 真実だ, 知らずしばし, 神意審問会の, 移して, 立つると, 立つ其の, 立て, 立てば, 立て教, 立て道, 節度も, 納る, 累ねたも, 絶ちて, 継いで, 綜合し, 編輯する, 繰り返さないで, 繰り返した, 繰返した, 罵って, 考うる, 考へると, 耳へ, 聞いたせつな, 聞いたの, 聞いた後, 聞いちゃあ, 聞かされては, 聞かじ大穴牟遲, 聞かなかッ, 聞かむことを, 聞かれよ, 聞きあるいは, 聞きこれ, 聞きながら, 聞きまた, 聞き取りて, 聞き容れずなお, 聞き給, 聞き違, 聞くくらい, 聞くとは, 聞くの, 聞くや, 聞く時, 聞く者, 聞けり願はく, 聞けフイイー, 聞せて, 聴いたの, 聴きその, 聴き君, 聴く, 聴くの, 聽い, 聽く, 聽け, 肯定せざる, 自分の, 自比量, 舌より, 苦い微笑, 表すこと, 表わしては, 裏切るもの, 裏書する, 見よ地下, 規正めんと, 覚えませんただしかし, 解し又, 言いおったまだ, 言いは, 言い広く, 言うこと, 言うな, 言うわけ, 言う首尾, 言つたのである, 言つてやりたい, 言つてゐられ, 言つて泣く, 言はれた, 言ひました, 言ひ出した, 言わないわけ, 言われたそう, 言われない先, 言わん其時汝等, 記し居りて, 記臆せよ, 評して, 試みたい, 語りあは, 誤解し, 誦する人々, 読むに, 調べて, 譫妄の, 責め彼, 費さんとも, 費しても, 費すの, 貽られし, 賞めあげた, 軽蔑する, 返しただけ, 返すばかり, 述べざるべからずこの, 述べたならば, 述べるので, 逆に, 途切らしつ, 逞しくすれ, 連発する, 進めた, 進める前, 遊ばされる為, 遮りながら, 重んじすこしも, 重んじ伯者, 録した, 闘わしマーシャル島人, 附け加えて, 陳じ, 難しては, 非へ, 頭から, 頼まざるのみ, 頼んで, 顧みるに, 食う筋, 食わねば, 首肯し

▼ 言つた~ (1779, 3.3%)

106 やうな 82 やうに 75 ところで 6240 ことが 37 ことを 3433 んだ 31 ことは 20 ものだ, ような, んです 18 もので 17 でせう 15 筈だ 13 がそれ, ものである 12 がその, やうだ 11 ものです, よ 10 もの 9 ぜ, といふ, といふ事, とほり 8 かと思ふ, ことに, ものが 7 ことの, ことも, だけで, といふこと, と言, ものか

6 [11件] か, があれ, がこれ, が何, が私, ことで, のであつ, ので私, ものかな, わけで, んだらう

5 きりで, では, やうで, んでせう

4 [13件] かも知れない, からつて, からである, が女, こと, ことだ, と同じ, と思ふ, に相違, ばかりで, もんだ, やうです, 考へ方

3 [40件] から, か知らない, がこの, がしかし, がそれでも, が今, が今度, が実際, が彼, が急, が日本, が智恵子, が智惠子, が相手, が自分, きりだつた, くせに, けれど抱い, ことです, その時, だけぢ, であらう, といふの, といふ話, とさ己ら, とする, とたんに, と思, のぢ, のでお, は可笑しい, までだ, ものさ, ものだらう, ものぢ, ものを, らしい, わけだ, んで, ネ

2 [74件] かしら, かな, かも知れません, があの, があり, がお, がさ, がしかも, がすぐ, がそこで, がどきんと, がな, がふと, がまだ, がイエ, が一寸目, が不, が別に, が又, が実は, が平三, が息子, が日本風, が松太郎, が機, が母, が狂人, が男, が窕子, が追, が重, が野尻氏, が金, ことかも, ことさへ, ことだらう, ことである, この家, じや, そして卓子, その言葉, ために, だけです, だけで格別, とお, とか, とかで, ところです, ところに, とすれ, とて別に, とて動き, と云, と云つて, と思う, なんか言, ねあれ, ね昨夜, のかい, ので, のではツ, ので源太郎, ので笑つて, ものかも, ものだつた, ものと, ものも, ものらしい, もんぢや, んじ, んださうだ, 古い言葉, 如くである, 如く些

1 [579件 抜粋] あの, あのたち, あの娘, あの時代, あり様, あんべ, お品, お手輕, かあんた, かといふの, かに覚え, かの如く曲解, かは僕自身, かまさか, かもしれない, からすぐ, からそれ, からで, からとてどう, からとて何, からな, から僕, から少年, から誰, から金, から開けた, かわけ, か一言, か八, か思ひ出し, か知, か知らぬ, か知らねえ, か知り, か知りたい, か覺, か警官, か長い, があと, があゝ, がいきなり, がうち, がおれ, がお前, がかう, がくるり, がけふ, がここ, がそいつア嘘, がそれで, がそんな, がそんなに, がたしかに, がため, がつい, がつまり, がとう, がどうも, がなに三成, がほん, がまことに, がもう, がもう一度よく, がやつぱり, がよ, がをばさん, がオコウちやん, がズツ, がハツ, が一〇, が一人勸め, が一向, が一等室, が上田博士, が与里, が世の中, が両, が乗つた, が二つ, が二十一日, が亭主, が人, が今日, が他, が何と, が何処, が余り, が例, が侯, が僕, が其の, が其後手, が内心, が勤め, が千日, が南部, が卯女子, が印度人, が厚眉隆鼻ハイカラ, が古い, が吉三郎, が君, が吾, が命, が圭一郎, が多吉, が天文学者, が夫人, が奥さん, が子供, が學者, が実に, が宮, が富子, が實, が巡査, が帰らない, が平七, が彼女, が彼等二百九十九人, が悪い, が惡, が意気, が成, が捨吉, が昭和十二年早春, が普通, が更に, が最後, が本所, が格別, が此, が此鹽梅, が母親, が母親はちよ, が毛, が気, が水, が治太夫, が洗濯, が浅子夫人, が涙, が無礼討御免, が物, が田中君, が由子, が男爵, が百合, が直ぐ, が竹松, が笑, が笹野新三郎, が細君, が絶念, が続い, が考へ, が自分等, が萬七親分, が蒼求, が見物人, が見知らぬ, が誰, が軈て, が返事, が追付きません, が逃げ, が逃げ様, が門跡前, が青木さん, が顏, が饅頭, が驅, が骨折つて, きりあとの, きりこの小さな, きり他に, きり何んにも, きり光政はじつ, きり大きな, きり直ぐ, きり私も, きり自分も, きり藥の, きり誰一人返事を, きり醫者は, きり默つて眼で, きり黙, けそれ, けど, けどどう, けど阪井さん, けな, けれどしかし, けれどもそれ, けれどもどうしても, けれどもにこにこ, けれども内心, けれども容易, けれど事務官, けれど京子, けれど彼, けれど矢張り, けれど私, けれど若い, ことから, ことかネ, ことと, ことなど, ことなんか, ことにも, ことねえ, ことはね, こと且つ, こと明かで, こと爲した, こと鶏小屋を, この上, この味噌摺用人, さう, すこしの, せめてその, ぜ兄哥, そのこと, その子, その座談會, その日, その杉籬, その眼, その途端, その馬, そんな事, そんな言葉, だけだ, だけだつた, だけであつ, だけでフン, だけで兼家, だけで忽ち, だけな, だけに合乘, だけに棕隠, だけの事, だねえか, つもりで, つもりの, でいい, です, でないか, で誤つて傳, と, といふくら, といふのだい, といふやう, といふ一事, といふ其の, といふ大きな, といふ洒落, とう, とおりを, とかどんな, とか云, とか言, とき, ときだが, ときに, とき不思議な, とき坊主は, とき満場は, ところ, ところが彼, ところが応, ところが突然, ところだ, ところでは, ところの, ところは, とし, とします, とそれ, とてお前, とて妹共, とて小, とほりいや, とほり三国, とほり五合, とほり塗りたて, とみえる, ともなく, とわかる, と一撃, と人, と伝へ, と子, と彼女, と彼方, と憶え, と気がつい, と気がつく, と物語, と白状, と知れたら, と納戸, と聞い, と聞きます, どの要素, なあ, なあお, なら浦島, なら長兄, なり久保, なり女, なり驚い, にしろ, にすぎない, にもせよ, に不, に対しゾラ, に少し, に過ぎまい, に違, ねお前, ねさ, ね三輪, ね亡び, ね今, ね宜, ね昨夜戸締り, ね番頭さん, ね神妙, ね竹乘, ね良い, ね運, のでお母様, のでさ, のでせう, のでその, のでそのまま, のでみんな, のでみんな笑, ので亭主, ので今, ので何心, ので其, ので天南, ので女, ので小女, ので小池, ので幼い, ので旅, ので未亡人, ので村人, ので楢雄, ので牀, ので生徒, ので申, ので穴熊, ので聞い, ので自分, ので車中, のみ, の言, はあやまち, はうが, はこの, ばかしの口, ばかりでした, ばかりにその, ばかりに人樣, ばかりの所, ひがみに, べし, ほどの御, まことに俗臭紛々, まことに厄介, まことに手輕, まことに結構, まことに都合, までぢ, までです, までの事, までの話し, までは覚え, まま宇津の, むごたらしい目, めかしやう, もぎ立て, ものかいなア, ものかと, ものでした, ものな, ものに対して, もののお, もののさて, ものの何, ものの又, ものの彼, ものの照子, ものの眼前, ものの静子, ものは, ものよ, ものらしく, やうである, やうなごた, やうな取, よあの, よこの, よ待, よ私, わけでございます, んださう, んださうです, んで何, んで其處, ンだ, 世にもた, 世にも厄介, 世にも得難い, 世にも情けない, 世にも惠まれ, 世にも氣樂, 世にも目出度い, 主水, 事だらう, 事です, 以上それは, 以上は, 以上自然の, 全く詭計, 其のお, 其の嘘, 冒し難い美し, 凄いほどの, 凄じいこと, 反對効果的, 古川柳, 古言, 可愛らしい娘, 向ひ, 大あわて, 大惡黨, 如くすべて, 如く何等, 如く内面, 如く原因, 如く同じ, 如く大, 如く是, 如く演劇, 如く無事, 如く獨歩, 小さいが, 小意氣, 御生命, 御縁談, 心細い女, 心細さ, 恐しい, 恐るべく愛すべくして, 恐ろしい毒舌, 恐ろしい話, 恐ろしく氣, 情けない役人, 愛らしい子供, 手堅い風俗, 振れ込み, 新室, 暮し方, 極めてものたりない, 極めて些細, 極めて呑氣, 正序, 滅法野暮, 激しい言葉, 激しい語氣, 無智, 無氣味, 無禮, 疑ひが, 疑ひに, 痩せた子, 程お天道様, 突き詰めた計, 第一句, 素晴らしい家柄, 美しい一面, 脅かしだけ, 若い嚊, 若い男, 若い美しい女, 行き方, 見當, 覚えありませんよ, 辛い聯想, 迄さ, 途端文吾の, 逞しいイブセン, 長いの, 阿里山, 飛んでも

▼ 言へば~ (1514, 2.8%)

19 私は 10 それは 9 馬鹿を 8 さう 7 彼の, 彼は, 言ふ, 言へる 6 これは, それが, 自分の 5 えに, 何の, 彼等の, 彼等は, 言へ 4 いい, それまで, 僕は, 其まで, 宜い, 山田寺は, 彼女の, 我々の, 私の

3 [27件] あの方, あれほど, いいの, いつでも, すべての, それまでの, それを, よほど易い, 何が, 困つたねと, 増しが, 少くとも, 己は, 店先に, 御親切, 正さんお前好い, 此奴めがと, 田中の, 睨まれ笑, 確かに, 第一, 聞える筈, 自分は, 表通りの, 言ひえに, 變です, 變な

2 [73件] あゝかの, あゝ夫, あゝ明日, おれは, お互, さうし, その人, その時, その通り, それに違, それらの, そんなもの, なか, まあさうだ, まあそんな, まさにその, もつと, わたしは, アポロンを, 不思議な, 事に, 人間の, 今はた, 伯は, 信吾は, 健が, 僕等の, 匂も, 厭や, 叢立つ, 同じ正教員, 唯うなづい, 大卷さん, 夫れ, 夫れで, 妙な, 妹ども怕がり, 嫌な, 子供の, 宇宙の, 寐たつ, 寢間着の, 左樣しましたら, 左樣だらう, 後飛鳥期, 應, 斯うで, 日本の, 此は, 此等の, 氣になんぞ, 無慾といふ, 無論容易, 理窟に, 町内の, 直ぐに, 知つて居まする, 秋野は, 素直に, 美登利はくす, 脣寒し, 苦しい現, 苦しい現実, 蛸は, 行方知れず, 見事に, 言つても, 言葉の, 諸君は, 非常に, 風流, 鬼たち得意さうにわ, 魂を

1 [1134件 抜粋] ああそれ, ああ明日, あなたは, あのそれ, あの婆, あの日, あの肉塊, あの角, あはれな, あること, ある人間, あゝ水, いいと, いえる程度, いつも母, いやどうも, いよ, え言, おとづれを, おほ, お人好しで, お利巧, お前は, お君殺し, お才, お百合, お肴屋さん, お茶屋へ, かう見て, かの女, きつとお時, きまつて, ぎりしや, こちらの, この, このヒステリツク, この怖, この文章, この時, この物質, この種, この調子, この間から, これが, これはを, これまた, こんな人物, さうに違, さつきこ, さらば今一つ, しかつめらしいが, すぐさま陰惨, すぐに, すぐ木魂, すぐ潮來, すこしばかり, すでに四児, せい, そうだらう, その上位, その持つ, その時代, その湯滝, その辺一帯, その顔, それで, それで一先句切, それに相違, それ位の, それ迄, そんな事, たいていの, ただ友達, ちやうど, どうしてゐる, どん, どんな詭辯, なるほど, なる程, なんだか元気さうに, ねこぶく, ひとつごとを, ひどいけち, ぼんやりした, まあ所謂投書家気質とでも, まさに暑い, まだどちら, まつたく誰, まるで沼, みよの, みんな彼の, もう一人前, もし爆弾, やつぱり未練が, よいところ, よい処, わたくしも, われも, アッハッハさ, イデオロギイは, ガラツ八の, クリスチャンは, シヨオペンハウエルの, スウェーデン切つての, ツイ今しがた, ハイ情夫に, バテレンの, フツクラとして, モオパツサンが, ラスキンとか, ルネツサンスいや, 一そう直接に, 一つは, 一も, 一体人間, 一切事物の, 一應歸す外は, 一方は, 一瞬間ほんの, 一般の, 一風変りたる, 七・八・九の, 三つ鱗の, 三千三百八十九軒一万二千五百七十八戸が, 三月の, 三枚目式な, 上月と, 下から, 下手人の, 不必要, 不思議です, 不自然と, 不謹愼, 世問で, 世紀末的文学の, 丘の, 丸で, 久保山喜十郎樣膽を, 九月十日を, 二三束叩きの, 互に提灯, 五月田植ゑの, 井上伯爵邸の, 亭主は, 人生に, 人間が, 人間は, 人麻呂から, 今は, 今宮が, 今度は, 今日世界共通の, 今朝方, 今秦さん, 他の, 伴蒿蹊門から, 住職が, 佐久間町三丁目の, 佐藤は, 何か, 何となく丑松, 何も, 何よりも, 何一つ好い, 何度も, 何時まで, 作品が, 例へば最近, 修吉は, 俳句精神といふ, 僕の, 先づ関東附近で, 先刻から, 先方は, 先生は, 先祖代, 兜蟲は, 全的に, 其つ, 其中にも, 其奴は, 其所謂結果と, 其程長い, 其近接地伏見を, 内容にも, 凡骨だ, 出現の, 刄で, 切支丹は, 判然たる, 別居の, 前の, 前年の, 力松に, 勝に, 北原白秋氏の, 十分である, 千恵は, 半ばは, 南方の, 単に宗教学的, 単調と, 即ち僕, 即ち活動, 厭だ, 又例, 又反対党, 反逆的な, 叙事詩である, 叙述語に, 口語古典式又は, 古代邑落の, 句法において, 右に, 司馬遷の, 吉, 君の, 吾が打, 哀調を, 唇痛し, 唯一つ, 唯禊ぎ祓, 唯面白く, 商買がらを, 喜劇要素に, 器用に, 國, 園山家の, 土地が, 土地の, 地球上の, 垣の, 堅氣の, 壮年の, 夏の, 外国に, 外来威力の, 多少病的, 夜風の, 大きに失望, 大女, 大抵の, 大男が, 大祓詞の, 大道博奕に, 天に, 天基督教で, 天罰だ, 奇怪な, 奥村土牛は, 女が, 女に, 女敵に, 妹の, 姉さまは, 子すら, 子孫へ, 孟子の, 宇宙は, 安政以後には, 宜いん, 実盛, 客は, 宣詞の, 家の, 富士山すらも, 寝間着の, 寸法長い, 小さい時, 小柄な, 少しは, 少し山氣, 少し聞える, 少し逆上, 少年の, 山は, 山嶮しからず, 山木様の, 巡査まで, 左と, 巫女といふ, 巽斎は, 常識的の, 幼年の, 店中の, 廊下の, 弘化三年或は, 強過ぎる, 当然現代語, 役場へ, 彼等には, 後世の, 御倉前の, 御県, 御自分, 微温い, 心持野暮つたい, 必ず子供, 忽ち煙管, 思ひ當, 恋の, 恐らく默つて私, 悪僧この, 惡い, 意地が, 戌刻頃までは, 我々人間は, 我が面影, 或民族, 手紙の, 手落ちだ, 折詰を, 提灯は, 支那の, 教壇の, 數限りも, 文藝其物の, 斯うです, 新作に, 日のみ, 日本人は, 日本固有の, 日本画的な, 早く其歌, 明日にも, 昔から, 昨日は, 時間観念を, 暖かいから, 更に幾筋, 書画骨董の, 最早見頃, 朝闇の, 未だ以, 末, 本島全部の, 本郷一丁目の, 村, 東洋の, 板屋八十郎の, 柳吉の, 根本が, 植込みの, 極めて穩, 概ね夜, 樂しか, 歌舞伎座の, 止すよ, 正に爾, 此だけで, 此人の, 此時, 此詞などは, 歩きも, 歸ります, 死んで, 殆ど病人では, 毆り, 氏神と, 気ばかり, 水にて, 水勢急に, 汚れた家, 決して自分, 流されたので, 浄瑠璃は, 海千山千の, 淋し氣, 温泉としての, 満足すべき, 滿更の, 濟む, 火消しの, 無法な, 無論ホイツトマン, 煙草が, 熱で, 爲替の, 父親似, 物の, 物理的の, 独立した, 狹く, 玄人も, 現に丑松, 現在七百万円が, 環境個人文化的全, 生存競爭の, 生活を, 田地を, 男を, 留吉あ, 當時私は, 疳の, 皆さ, 皆に, 皆んな怪しく, 皆ンな, 皆當らない, 皐陶謨の, 目下の, 直ぐ須田町, 直ちに俗氣, 直ちに輸入, 直に疑深い, 直喩法は, 相當以上, 眼を, 矢張書銘の, 磯屋には, 祝言には, 祝部を, 神で, 神経衰弱的とも, 福助, 私たちの, 私共は, 秋子が, 稍や, 空の, 立派な, 答へ, 精進落ちとも, 紅筆で, 結婚する, 結核に対する, 美しさ, 美登利は, 義太夫は, 老茶山, 聴者は, 肩が, 腹立の, 臨時祭りで, 自分に, 自己催眠といふ, 自然に対する, 自然主義が, 自然界には, 苟くも娑婆界に, 若旦那が, 茂索愈, 華奢な, 葉叢高茎百重なす, 著述批評の, 蔵前の, 蛇足に, 蠅の, 血潮は, 街が, 見たこと, 親分は, 親鸞蓮如の, 言はれ, 言ひ過ぎだらう, 詩の, 詩想それ自身の, 語根よし, 誰も, 諸国, 譬へば海山幸, 象徴主義の, 財産といふ, 買物の, 越前屋の, 足るだらうと, 身の, 身外の, 農民愛撫主義である, 近代文芸の, 近隣の, 近頃は, 近頃一向御作, 逡巡は, 進藤孫三郎の, 道樂, 釈尊が, 野良犬の, 金太の, 鎌倉室町時代の, 長い梯子, 長篇の, 長谷川君初め篠田如き, 間違ひもなく, 随分一肌, 雑木の, 難波, 青木さんには, 音松の, 頬の, 顔は, 飮むこ, 養軒も, 首と, 馬鹿な, 駈出すばかりに, 魁偉な, 鮒カンタを, 鯉や, 黙つて封筒

▼ 言~ (1364, 2.5%)

96 ない 5446 ないの 42 よう 36 ません 35 なかつた 29 ないが 2322 ないこと 2119 ばその 16 ないもの, ないやう, ぬ 12 ばさうです, ませんが 10 ぬが, ねえが, ばい, まい 9 ませんよ 8 ないまでも, ないん, なかつたの 7 ないで, ないと, ないほど, ないよ 6 ないだらう, ない事 5 たもの, ないぢ, ないので, なくな, ますか, らく

4 [11件] さうだ, ないかも, ないけれど, ないけれども, ない筈, ぬこと, ねえよ, ばよ, ませんでした, んがの, 語部の

3 [29件] ずただ, ず平次, た, たもん, たもんぢ, た義理, ど亥之, ないさびしさ, ないし, ないぜ, ないといふ, ないもん, ないわけ, ない可愛らしさ, なかつたが, なかつたん, ぬと, ぬの, ばそれつ, ばそんな, ばとて, ばを, ば醜い, ます, ますが, ませう, ませぬ, めえ, 言へ

2 [62件] あれは, ず, ずに, ずは, ずや, ず不愉快, せこそ, それは, どいまだ, ないから, ないところ, ないな, ないばかり, ないまた, ないまでにも, ないらしい, ないわ, ない不, ない人, ない様, ない程, なかつたとは, なかつたので, なかつたり, なかつたわけ, なかつた事, なくたつ, なくて, なくなつた, なくなるので, なくは, なければ, ぬけれども, ぬに, ぬまでも, ぬ様, ぬ羞, ぬ艶, ぬ譯, ばさうだ, ばしろく, ば一と, ば一口言ふ, ば人も, ば何んの, ば大した, ば好い, ば日ましに, ば知らない, ますまい, ませんでしたが, ませんわ, やう, ようが, りけり, ツ小僧, 何も, 厭だ, 夫れ, 日本の, 私たちが, 関東の

1 [471件] あの泥水, あまりに不細工, あれだけ, い, お神樂堂, かういふ言葉, くそ垂れめ, この, このも, この企画, これが, こんなこと, さうな, さうな人, さうな心, ずい, ずいや, ずお, ずこれ, ずさ, ずしくしく, ずそれ, ずだんだん, ずとも, ずなつかしい, ずば, ずまことに, ずハンカチ, ず不快, ず不気味, ず出かける, ず別, ず女, ず心地, ず快い, ず気持, ず私, ず細かく, ず美しい, ず美しく神々しく, ず見覚え, ず貴く, ず馬鹿野郎, せ, その, その会社, その御, それが, それには, それよりは, そんなに多勢, たかも, たが, たの, たので, たる嘘に, た筈, た義理ぢ, とかく世智, ど亡き後, ど心, ど攫みかかり, ど敢, ど知り, ないうつくしい女, ないうらめしさ, ないか, ないかと, ないかね, ないこの, ないたち, ないだけ, ないどうしても, ないはでやか, ないや, ないらし, ないキノドラマ, ないモヤモヤ, ない一種, ない不安, ない不思議, ない不気味さ, ない世の中, ない何等, ない光景, ない光線, ない全く, ない凄い表情, ない凄慘, ない厭, ない古代, ない可愛らしいところ, ない哀れ, ない場合, ない場所, ない大波, ない女, ない嬉しさ, ない寂しい氣持, ない影, ない彼, ない心持, ない快さ, ない思ひ, ない思出, ない性質, ない情愛, ない惡臭, ない感動, ない所, ない新鮮さ, ない楽しみ, ない樣, ない気, ない気持, ない淋しさ, ない無, ない爽快, ない爽快さ, ない物, ない甘い媚, ない痛々しさ, ない癖, ない秘密, ない節, ない細かい心持, ない美しい光り, ない美しい女, ない美しい歌, ない習慣, ない興味, ない良いところ, ない良いポーズ, ない良い娘, ない艶, ない苦しみ, ない苦労, ない苦悶, ない蒼ざめた君, ない言, ない譯, ない迄も, ない連歌, ない連衆, ない香, ない騒がしさ, ない鴎, なかった, なかつたかも, なかつたから, なかつたし, なかつたに, なかつたやう, なかつたら貴様, なかつた時分, なかつた樣, なかつた為, なかなかただ, なからうで, なくつて, なくなった, なくなって, なくなつ, なくなりこの, なくなります, なくなる, なくなるたち, なくなるだらう, なさ, なら言, なんだ, ぬかも, ぬがち, ぬが所謂, ぬが驚いた, ぬけれど, ぬこ, ぬし, ぬほど, ぬ一種, ぬ下品, ぬ不快, ぬ二十一歳, ぬ伸びやか, ぬ何と, ぬ取るに, ぬ寂しい, ぬ寂漠, ぬ寂莫, ぬ川島先生, ぬ愛嬌, ぬ春, ぬ深い, ぬ深い寂し, ぬ甘い, ぬ笑, ぬ緊迫, ぬ良人, ぬ苦笑, ぬ風, ぬ風采, ぬ魅力, ねえから, ねえけれど, ねえな, ねえもん, ねえ筈, ばあつし, ばあの, ばあらゆる, ばいへる, ばうるさい, ばおもしろい, ばお仙は, ばかう, ばこんな, ばさう, ばさうで, ばさうである, ばさうらしい, ばつひ, ばといふ, ばな, ばなり, ばね, ばも, ばよかろ, ば一万二千両です, ば一人の, ば一應尤も, ば一足汚れた, ば三十二十歳と, ば三十年代の, ば三千歳の, ば三者共に, ば下の, ば久吉どんが, ば二三日前から, ば二人三人と, ば二番目の, ば二間位の, ば五千萬圓にも, ば交際上手で, ば人は, ば伏生が, ば伏見人形それに, ば佐久間町三丁目寄りで, ば佐久間町四丁目の, ば体の, ば何處か, ば何處かしら, ば余り莫迦げた長閑さすぎる, ば僻み, ば先づ一と, ば八五郎の, ば六朝時代は, ば内幸町と, ば出來る, ば分業といふ, ば十九日の, ば十四担ぎ, ば十四擔ぎあつたと申す, ば十間ばかり, ば友吉は, ば口が, ば可い, ば叱られる, ば同じ, ば君ほど, ば君非常な, ば商売がらを, ば啼き, ば国の, ば土耳格人めきたれ, ば在り, ば地で, ば地の, ば大言壮語する, ば天満組四十二町北組五十九町南組十一町家数竈数で, ば實直さう, ば尊い, ば小さい, ば小である, ば帰り著い, ば座と, ば後は, ば悪く, ば情ない, ば成程, ば所謂新, ば承知した, ば抽象的なる, ば札幌農学校から, ば村の, ば楽観的な, ば欠伸でも, ば正視に, ば水の, ば求婚である, ば江戸に, ば江戸中で, ば沢山で, ば泣い, ば淋しく, ば為ない, ば無し, ば煮切らない, ば熱を, ば物好きな, ば狭い, ば町の, ば益うたて, ば眞夜中である, ば知らぬ, ば石と, ば神この, ば科學的に, ば窕子は, ば笑ひつ, ば總ての, ば腐りかかつた, ば航海中船の, ば芝口で, ば薄い, ば薩摩者, ば蘭軒の, ば角が, ば諾き, ば費誓で, ば込み入, ば道, ば金之助の, ば長い, ば間違ひ, ば闘争欝屈不平短気迷想剛直高踏逆, ば離屋の, ば難波に, ば靜かな, ば音の, ば頓着しない, まいから, まいけれども, まいと, まして元, ますし, ますね, ますよ, ませうね, ませぬが, ませんか, ませんがね, ませんけれど, ませんけれども, ませんでございますね, ませんでしたよ, ませんな, ませんね, まへん, もしわけ, やあしない, やはり実験, ようか, ようと, よう今年一ヶ年は, らくこは, らくみまし, らく大, らんやうの, りとか, るこつちやない, れ蒲団, んからね, んが, んと, んの, ツこの, ツ女言は, 一つは, 一旦此, 不思議に, 主人を, 主動者は, 主殺し, 二人で, 二月の, 人が, 人の, 人間の, 今だに, 今に未だ遺され, 今の, 今更我, 他に, 他愛なく, 何か, 何が, 何んで, 僕ら, 先づ何が, 全く丑松, 凡てが, 勘の, 十二サンチ砲を, 南部家には, 即座に, 又倹約家, 又儉約家, 取引先で, 古き槻, 吉野の, 啄木は, 地の, 多勢の, 大人と, 大部分, 女子と, 奴隷と, 妻戀町の, 少しは, 山田を, 己と, 彼が, 往來の, 御用を, 心は, 恁う, 情深く優, 意識が, 愛護浄瑠璃の, 感歎に, 或る秘せられた, 敬服せざる, 昨日今日二世かけ, 木偶が, 本当は人口二百三十六名, 此を, 此歌少し, 此頃は, 水面は, 汝は, 決してその間ぢ, 流石は, 深く丑松, 滅多に, 無いの, 熨斗を, 父さんは, 父は, 理智の, 男性らしい, 町方の, 祓への, 私たちには, 私には, 私の, 私は, 等分に, 罪の, 西欧文学の, 言つて見ろ, 言ふ, 記憶に, 誰が, 遊んでるみたい, 野中の, 長く継, 長く続かなかつた, 食って, 飮ます, 馬琴の, 高が

▼ 言~ (965, 1.8%)

67 てくれ 57 ている 56 て下さい 41 てい 38 てくれた 34 てくれる 33 ておく 29 てよい 26 てみた 21 てしまふ, てしまへ 17 たりした, ちやいけません 16 ていた, てみる 14 てくれない, てみれ 13 たんぢや, ちやいけない, ちやなら, てのける 12 たま, たりする, てしまひました 10 たりし, てやりました 9 ておい, てくれました, てます 8 てしまひます 7 たらい, ちやいけ, ちや濟ま, てきた, てくれません, てるのよ 6 たかと, ております 5 ておいた, てるの 4 ちや何です, ちや濟みません, ちや濟むめえ, てくれぬ, てくれるだらう, てみたく, てみろ, てる所へ

3 [13件] たり, ちや居られません, ちや惡い, ています, てくれなかつた, てくれます, てくれれ, てしまう, てしまはう, てしまひ, てしまひませう, てのけた, てやる

2 [21件] たらしかつ, たり又, ちや, ちやあ, ちやいや, ちやどう, ちやな, ちやゐられない, ちや何だ, ちや可, ちや可け, ちや済まない, ちや濟まねえ, ていく, ておきます, てください, てくれなけれ, てのけます, てみなさい, てゆく, て下され

1 [128件] たかい, たつていう, たらしく猿, たりお前, たりくすん, たりこう, たりしてる, たりしまし, たりします, たりせず, たりせられた, たりなどした, たりぼんやり, たりまた, たりもつ, たり仕, たり先生, たり口先, たり妙, たり子供, たり小説, たり少々, たり強, たり悪態, たり憎らしい, たり檢温, たり為, たり為る, たり焼香, たり神学, たり笑, たり考へ, たり聞い, たり行動, たり表情, たり装甲, たり親爺, たり身じろぎし, たんサ, ちやあなんだ, ちやあなんです, ちやいかん事に, ちやお, ちやお上に, ちやしくじる, ちやたいへん, ちやだめよ, ちやなほいけ, ちやならん, ちやまずい, ちやを, ちやア神罰たちどころに, ちや不可よ, ちや來ません, ちや厭だ, ちや厭よ, ちや可哀想だ, ちや啼いた, ちや嘘に, ちや失敬だ, ちや失禮だ, ちや岡つ, ちや悪い, ちや惡いかも, ちや惡いがほんの, ちや惡いが後口の, ちや惡いが町内の, ちや惡いが自分の, ちや惡いが親, ちや惡いが鍛冶町の, ちや惡いでせう, ちや惡うございます, ちや拙い, ちや濟まんがあの, ちや脱け, ちや言ひたいと, ちや變です, ちや金を, ちや飛出し, てあげ, ていられなくなる, ておいたら, ておけ, てき, てくれつ, てくれなき, てくれりやい, てくれるなら, てけ, てしまいたくなる, てしまいます, てしまおう, てしまはない, てしまはないだらう, てしまひたい, てなりません, てのけよう, てはりました, てみず, てみせる, てみます, てみよう, てもらおうじ, てやれ, てる, てるが, てるで, てるに, てるのさ, てる人も, てる位で, てる内に, てる様な, てる相だ, てる者が, てる通り武家の, てる通り路地の, てる間に, て下さいまし, て下さいました, て欲しい, て良い, て頂い, とく, とくが, とくがね, とく必要, ぱ山伏なり

▼ 言はれ~ (806, 1.5%)

155 てゐる 56 て居る 27 て居ります 21 て見る 20 てゐた 16 て私 14 てゐます 12 てをります 11 てみる 8 てみれ, て居た 5 さう, て來, て居りました, て見れ 4 て, てお, てその, ても仕方, ても私, て何だか, 乍らも

3 [15件] てお前, てそれ, てゐ, てゑツ, て何, て刀自, て又, て名のり, て居ました, て己, て我ら, て来た, て犬張子, て知らぬ, もする

2 [36件] たりし, ちや我慢が, てさては, てどう, てもさだめし, てもそれ, ても一言, ても可, ても文句, てゐました, てをりました, てガラツ八, てツイ, て丑松, て仕舞, て何時, て八五郎, て初めて, て夫, て居ます, て平次, て幾万, て急, て早速, て本, て気, て氣, て浦島, て父さん, て目出度, て省吾, て腹, て自分, はしまい, りや, 某省に

1 [293件] あるひ, お園, がちだ, ここから, これに, さうだ, さうである, さうなの, さうな気, その上, その半分, その神出鬼沒さ, その美しい, その金, たり, たりした, たり夢想家, たり当たられ, たり書かれ, ちゃ全く, ちやあつし, ちやお前ばかりの, ちやそれまでの, ちや一言も, ちや世話アねえ, ちや出世の, ちや十手の, ちや却つて恐縮だ, ちや御用が, ちや私の, ちや私は, ちや耻だ, ちや親方, てあ, てある, てあれ, てうれし, てからもう, てから古賀, てから筆, てきた, てこ, てこっち, てこの, てこれ, てさあげく, てしかも, てしぶ, てしまう, てす, てすぐ, てすこし, てそこで, てだまつてそれ, てぢ, てなる, てはい, てはじめて, てはず, てはその, てはつきり不思議, てはと友人, てはない, てはにかむだ, てはレヴコー, ては他, ては佐藤春夫, ては何だか, ては何とも, ては所詮, ては新, ては是, ては死んだ, ては神様, ては第, ては錢形平次, てひ, てふさいでる, てみ, てみます, てみるみる, ても, てもいくらか, てもいけない, てもいたし方, てもお, てもこれ, てもしかた, てもそれで, てもそれに, てもた, てもたしかに, てもトヨ, ても一向, ても上り, ても不思議, ても困る, ても大して, ても当時, ても彼, ても挨拶, ても暇, ても構, ても止む, ても江戸兒, ても為方, ても矢張女, ても笑つて, ても美しい, ても腹, ても遠慮, ても青年, てよく, てゐない, てゐるらしい, てをり, てアーサア, てトゥロット, てハツ, てムクレ, て一二度, て一般, て三人, て三年, て下女, て不平, て不意, て主人, て主婦さん, て了, て二軒長屋, て今年, て以来, て何だか暗に, て僅か, て内室, て冷やツ, て十九, て叔父, て受話器, て台所中, て呉葉, て喜ん, て困, て困っ, て地主, て大変, て夫婦, て好い, て好色, て始めて, て娘さん, て嬉し, て安心, て宗次郎, て宿, て居, て居り, て帰っ, て庄司三郎兵衞, て庚申塚, て引込ん, て彦六, て彼女, て徳三郎, て念, て息子, て憂鬱, て或, て折角, て振り向く, て文句, て暇潰し, て本当に, て来, て来たらしい, て權藏, て此二三年, て此間, て母, て汝女房, て浜, て済む, て源氏, て濱, て目, て級長, て考へた, て臺所中, て舞臺, て良い, て行, て表, て見, て親, て親類, て詩人, て誘ひ出された, て諸国, て近頃, て逆さ屏風, て途, て遊藝三昧, て郡視学, て門戸, て閉口, て隣, て雲飛, て非常, て飛ん, て馬鹿丁寧, て髭, て默つて, でもする, で涙, とにかく人気, ながらこの, ながらわたくし共, ながら今日, ながら半日油, ながら命がけ, ながら彼, ながら滅多, ながら貧乏搖ぎもさせずに商, ながら骨, ね, ねまり, はしません, はその, ひところはずゐ, まだツギ, まだ自分, もしない, もせず, やうか, やがては, やつと, りや世話は, りや何にでも, カツラを, センチに, ヅラを, ホッと, 乍ら一代に, 乍ら働く, 乍ら多くの, 乍ら寢ました, 乍ら尻を, 乍ら年中, 乍ら溜めた, 今の, 今日に, 仕方なく引受ける, 元手が, 又さ, 又多く, 又稀, 吉原第, 名高い詩人, 大くさり, 大クサリ, 大膳坊立ち, 嬉しい, 守つて居らなかつた, 寿詞系統の, 強ひ, 当人も, 当惑した, 後の, 慈悲善根が, 憂鬱に, 憤然として, 或は汚, 支那に, 改訂し, 東電本社へ, 林の, 此人は, 母との, 泥まみれの, 爪弾きを, 牛乳の, 私も, 義理堅いと, 腹が, 腹を, 軍事探偵である, 近頃の, 遺言状にも, 長二郎も, 隔年に, 非常に, 麻井大

▼ 言ふと~ (673, 1.2%)

11 私は 8 もなく 6 彼女は 4 さかしがり, それは, も, 女は

3 [15件] お光, すれば, それが, ほり昔びと, もつかず, 主人の, 僕は, 叔母は, 平次は, 彼は, 朋輩の, 父が, 私が, 親父さんに, 金戒光明寺の

2 [30件] あれは, いふ事, お茶菓子, これは, もなし, イヤそれ, 世間の, 云ふ, 今日は, 何か, 俳優の, 俺は, 僕の, 厚い封書, 問ひ, 少年は, 日本の, 殿様は, 母さんに, 河合寸翁は, 私の, 聞えるよ, 自分で, 言ふ, 語弊が, 近所の, 雖も, 雨が, 香雲は, 齊しく

1 [527件 抜粋] ああ姉, あたしは, あつしは, あつと, あなたなどには, あの人, あの女, あの砂利詰, あるいはなが, あるの, い, いとしいとも, いふこと, いふやう, いふ言葉, いや, うなづいて, ええその, えほれ, えろう早, おおと, おかみさん, おすゑはひとのよささうに, おばあさんは, おもふ, お前が, お前の, お品, お客様に対し, お玉の, お糸, お袖さん, お關, かうです, こ, こさ, この伝道師, この右寄り, この娘, この平次, この心理, この心理描写, この時代, この歌, この男, こは, これらの, すると, そいつは, その中, その二三日前, その作者, その儘, その女性, その娘, その席, その瞼, その諺, そは, それだけで, それつきり, それに, それを, そんぢよ, そんな事, だんまりで, ちよつと, つ, つまり今, てきめんに, でも貧乏, どしん, どんなサク, なくその, なく大, なく学校, なく彼女, なく戀塚, なく村, なく買出電車, なく鼬小僧, なにひとつとして, なよそさん, なんか非常, な此, な結構, ね姉さん, ね怒つ, の意, はひどい, はもっての外, は思, は馬鹿, ばら, ひどい眼, ふぢ子は, ふふと, べこん, ほ, ほり, ほりこれ, ほりだ, ほりを, ほり一口, ほり彼, ほり死んぢまつちやア何, ほり長生き, ほんの一, まう想像, また, また喧嘩, みんなが, むつかしくなります, もなく低く, もやまと, もよし, も一向に, も同じ, も宝, も汝, も祝圓, も誤り, も諸君, やつぱり安価なる, ろくな挨拶, わけも, わたしは, わたしも, わりあ, アヤは, ウムところが, ウン娘, カイア, ギルドは, コッペ先生は, コード, シル, スタンダールも, ソオルの, ツカツカと, ネ古着屋, ヒステリーに, ブロック, マダムはさへ, マリヤンが, ミッションスクールの, ムネ・シユリイは, リアリズムの, ワッと, 一つには, 一を, 一人は, 一番エライカラと, 一番奧, 一種の, 万葉集の, 三宅君も, 三日も, 上流社会を, 下が, 不安だつた, 中から, 中学時代からの, 中村氏が, 主に, 主人を, 久我は, 九鬼は, 二人とも, 二人の, 二人は, 亭主は, 人に, 人事の, 人間の, 今から, 今まで, 今も, 今度は, 今日の, 今直ぐ, 仙臺樣が, 伊豆は, 伜の, 佐野松が, 何うも, 何んにも, 余り好きません, 例へば以前, 信ぜられて, 修一は, 俺が, 俺に, 俺にも, 傅次郎は, 僕どう, 僕には, 僕も, 優れた教養, 元旦を, 元来, 兄貴は, 先入主に, 先島, 八丁堀の, 八五郎は, 其の夏頃, 其ほど, 其を, 其儘御前に, 其儘門の, 其頃相応な, 兼ねて, 刈り上げ祭りと, 十月から, 千代松は, 千恵の, 半日か, 印象の, 却つて分らぬ, 却つて善く, 又ひよろ, 又娘, 又過労, 反動が, 叔父さんは, 取返しが, 可笑しく聞える, 叱られるから, 右禪門の, 吃驚し, 同志の, 和尚は, 咎めると, 咲子は, 咽喉が, 唯の, 喜んで, 器用な, 回顧趣味だ, 国々の, 国家が, 国郡制定以後の, 地祇, 坊さんは, 坪内君の, 堺邊り, 夏の, 夜は, 夢中だ, 大袈裟だ, 大金だ, 天子が, 夫は, 夫人は, 夫婦口を, 夷神の, 奈良朝以前の, 奥さんへの, 奥様は, 女の子に, 女はが, 女中は, 女房が, 女房は, 如水は, 姉は, 姥さんは, 娘と, 子供の, 字義と, 存在する, 學校で, 學校を, 學者らしい, 宇和島騒動の, 宇津の, 安官吏, 宗方有峰兩人共さる, 実は動詞, 客席でも, 寂しまず, 富子の, 寿枝は, 寿詞である, 小僧は, 小出氏は, 小意氣, 局員が, 山下の, 差当り手当なんぞ, 常談の, 平安朝のは, 広岡浅子林歌子と, 座の, 当時大砲といふ, 彼には, 彼等は, 待て暫し, 後の, 御冗談, 怒られますぜ, 思うて, 思つてわたくしは, 思はれるが, 思ふわ, 急に, 恒産あり, 悪いので, 意味が, 愚者の, 感じの, 成程, 我国現在総べての, 我慢が, 戰場の, 戰爭を, 所謂漢學派, 手前が, 承知しねえ, 拔け, 持つて, 播磨の, 支配人は, 文壇を, 新古今, 方言を, 旅行中に, 日出雄少年は, 日本人全体が, 日本古代の, 日置部日祀, 旦那は, 旧弊や, 明日お前の, 明治二十年以後の, 明白に, 是が, 是も, 普通の, 曰ふ, 曰ふと, 有仰つたら, 朝廷へ, 本因坊も, 本當, 机の, 村川菊内中間勝造それに, 来世だ, 来年の, 東儀氏は, 枯死の, 校長先生や, 桜井君は, 槍でなき, 横尾の, 歌は, 正直の, 此の, 此は, 此際小才は, 歳窮つた, 死は, 殿様が, 母は, 毎年宮中で, 毒害された, 民俗学的の, 気障, 氣安い, 水準に, 水溜りを, 江戸の, 汽車を, 河竹黙阿弥の, 泣きさうな, 淳二は, 清ちやんは, 澤庵石が, 激しい眸, 無く革命, 熱病でございます, 特許せられたる, 犬ぐわあ, 犬も, 犬養氏は, 狂人と, 現代文明の, 畚を, 畫いた, 白子は, 皆, 皆は, 皆座の, 眉を, 真帆子は, 知んねえよ, 確かに, 祝詞は, 神今, 神体を, 神社は, 神農樣の, 祭司の, 禿げ上つた頭, 稜威である, 種々喧しい, 端席, 笑はれる, 第一, 第一先, 節約は, 精, 素人衆から, 細君は, 組唄の, 経済を, 繰返しです, 罪せられる, 罰が, 翁は, 考へ, 肝臓癌を, 背を, 胸が, 自分が, 自分と, 自分の, 自分は, 船頭は, 芸術が, 若い僧, 若い夫人, 若主人, 草臥れたから, 落付い, 蒲原氏も, 藁屋根の, 藤紫を, 蘇民将来を, 袖を, 見つとも, 見ないと, 見識に, 角が, 解して, 言つた用語例が, 言つて先生に, 言は, 言ひすぎだ, 訣つた語源に, 訣らぬ, 許さんぞ, 誘拐は, 説明し, 誰でも, 誰も, 謀反人ぢや, 謂つた所も, 變です, 豊子は, 買ひ被りだ, 身體を, 車夫に, 軍治は, 軍治を, 輪鍵に, 辞書から, 近頃の, 逆に, 途中で, 途切れて, 逢坂は, 都に, 酒に, 金の, 金之丞といふ, 金座銀座と, 鍛冶屋は, 長ちやんは, 隱居の, 青六は, 青木さんは, 青草の, 非常に, 面倒に, 面白くない, 靴を, 領土蚕食主義者な, 顏役の, 風間さんは, 餅屋に, 馬吉は, 馬鹿を, 駕籠を, 驚くかも, 高橋は, 鹿児島とは, 黙れ, 鼎軒先生の

▼ 言ふも~ (625, 1.1%)

162 のは 96 のが 45 のを 3836 のも 26 のだ 16 のか, ので 14 のぢ 11 のです 9 のと, のの 8 更なり 7 のである 5 のに 4 のだらう, のであらう, んでア 3 のをば, 名ばかり何が

2 [14件] のあり, のぞ, のであつ, のであります, のでない, のなら, のなり, のになつて, のには, のに対しても, のらしい, 元より, 口の, 矢張原田さんの

1 [81件] さらなり, のあら, のお昼頃, のかな, のから, のからは, のさ, のそれ, のだけ, のぢやあ, のでせう, のでその, ので掻き切り, ので無い, ので絶対, のとを, のなけれ, のなどは, のなども, のなん, のになつ, のにも, のに何, のに変つて, のに対する, のに憧憬, のに支配, のに書い, のに権威, のに深い, のに相当, のに立脚, のに精霊, のに能舞台, のはな, のばかり, のよりは, のよりも, のをも, の亦, の今に, の多し, の夜, の夢, の狸汁, の知らず, の程, の路易, の隠し言葉, むやくし, やつぱり原田さんの, 不可なき, 事實とは, 亦た, 人伝てにては, 何かの, 切なる, 力よく, 可い, 可疎し, 同じこと, 吾人未だ, 変だ, 学校友だちの, 宜し, 強いて他界, 従来考へ, 愚かで, 愚かです, 愚なり, 愚ろかなり, 憂き唇, 我がうつつ, 是れ, 晩し, 煩くて, 益無けれ, 益無しと, 真正に, 肖像畫の, 言は

▼ 言~ (612, 1.1%)

31 よると, よれば 17 よりて 10 して, 依れば, 從ひ 8 曰く 7 従えば 6 拠るに, 耳を 5 いはく, 従へば 4 いへ, 從へば, 拠ると, 背きて, 非ず 3 あらず, いでて, うごかされて, しろかういふ身, 依ると, 嘘は

2 [37件] いふ, うずまった人間, うちあげず月, さへ, したが, しては, つきて, つれて, なって, イワンデミトリチは, 伴ふ, 似たれども, 依て, 信を, 出にしか, 動かされて, 反対した, 四人呆れかえり, 因れば, 小心に, 彼は, 従いて, 従うこと, 従った, 従ひ, 応じて, 感じて, 拠れば, 注意を, 疑を, 瞞着され, 答へて, 背いて, 過ぎない, 違は, 随い, 類有り

1 [354件] あの鐘, あやされて, あらはれぬ命, あらわれたと, ありますこの, ありますね, あるごとく, あるとおり, あるべからずと, いくぶんなり, いって, いふ氣息, いふ釣, いへば, いやしくも虚妄, いわく近来我が国の, うなずいて, おどすこと, お峯, くらぶれ, くり返すよう, こすきといふ, こめて, こらえて, これも, さそはれわれ口, されて, したがい間諜, したがえば, したがって, しても, しろ姿, しろ態度, すぎないの, すぎなかつた, すっかり乗った, そ, その心, それと, ちょっとお, つ, つく願望, つづめて, つらふが, とどめて, とらわれて, なったが, なります, なれば, ねぎらへ, はげまされ我, ひいて, ひっかかる者, ひとしい妄念, まさる思い, また説明, まとめること, まどわされず顔色, まどわされて, まを, みな水を, み仏, むッと, もとづいて, もろ, わが近く, わが都, わざと喜ん, われと, アルテミス矢を, クロニオーンを, テーブルの, 一任し, 一方の, 一理あり, 一理の, 一番掘二番掘と, 万感を, 不仁を以て, 世有り, 云った, 云は, 云ふ, 人の, 人を, 人有り, 今の, 今は, 他の, 代へ, 伴うて, 似たもの, 似て, 似通, 依って, 依っても, 依つて, 依りたまわば, 依りますと, 信頼し, 信頼し過ぎ, 信頼する, 倣うて, 偽られて, 偽りあらば, 偽りが, 偽りは, 傾けき, 僞り, 儂は, 元気づいた, 元氣, 八五郎の, 其誘因として, 出さず些, 出しかねつただ, 出し其声, 出し後, 出ずる火柱, 出づるか, 分けて, 劇神仙話の, 力を, 力をも, 努めたり, 動いた, 動かされこの, 動かされぬわけ, 動され, 勝る怒り, 却つて立腹した, 又今一つ, 及びその, 反く, 反対は, 取り合, 合の手を, 同じて, 否と, 含まれた神, 吾は, 呟いて, 嘘が, 噛みくだいて, 基づくもの, 基づけりとは, 報ふ, 多くの, 夢の, 大過が, 天は, 威力ある, 孔子以前無, 存せりと, 孝は, 学ぶべきこと, 家内安全を, 対照した, 對し, 少しの, 少女の, 尽きて, 尽し難し, 屈服する, 師直も, 幾許の, 座中の, 張魯も, 形容詞接尾語し, 彼の, 彼らは, 後年明治の, 従う, 従うので, 従うよう, 従う訳, 従って, 従つてわが家の, 従はず故, 従ふ, 従わざるを, 従わしめようと, 従わず打ち寄せて, 従わないから, 従わなかったので, 従われて, 從つた, 從つて私は, 從は, 從はずや, 從はず之を, 從ふ, 從へと, 微笑を, 徴し, 徴すれば, 心ひかる, 応じ気合い, 忠実で, 忠臣は, 思わず感涙, 怯に, 息子の, 惑わされたもの, 惑酔し, 意外な, 感じああ, 感じたよう, 感動した, 感謝する, 憤りも, 應用し, 成つて私の, 戻らずして, 手は, 手を, 打たれると共に, 打ち出でて, 托せて, 拠つて江木の, 拠らざること, 拠りて, 挑まれて, 据ゑて居る, 掘揚, 接したの, 接して, 摂すること, 據つて此姪を, 據り, 據れ, 攻守二霊の, 敵軍の, 新たなる, 於ても, 明らかである, 曰く予始め難に, 曰く君たるに, 曰く在野政党員たる, 曰く在野政黨員たる, 曰く我が, 曰く日本国中には, 曰く災害な, 曰く眞の, 曰ふ, 曰人皆自然に, 最近いもので, 服さなかったとき, 服した, 服するの, 服するもの, 服する如く服せざるが, 本づい, 欺かれて, 歌うよう, 歌ふ, 歯を, 汝ら聞き, 注を, 深怒し, 湖底を, 滞らんや, 滿ち, 激しくも, 熊城は, 父アブラハムよ, 爾雅, 犇と, 猿は, 理が, 由ると, 男子の, 異議を, 異邦人の, 発したの, 発し書, 発するも, 發し, 發する, 白蓮花は, 百万の, 直ちに讃, 眞僞の, 眞面目に, 移されたとき, 稜あらん, 符合する, 等しいもの, 答ふべく, 絶対の, 老祭司, 耳傾け, 耻か, 聞えければ, 聞きかしたもの, 聞きたること, 聞きに, 聞き北山王, 聞こゆる, 聽き, 聽く, 背かざるやう, 背きこの, 背き火, 背くこと勿, 背くや, 自然ハッ, 至っては, 興味を, 色を, 衆人耳を, 西洋の, 言つた, 言つて居る, 言れぬ, 訥きはいつか退けられ, 誤りが, 誤りは, 誰も, 論者は, 負かざるなり, 賛成する, 近きもの, 近きを, 近けれども, 述べ得ぬ憂愁, 迷は, 迷わされ俳句, 追われて, 逆らはず二日三日は, 逆説を, 連れて, 連れられた春, 連体の, 過ぎないと, 過ぎなかったこと, 過られたもの, 過られ給わぬよう, 遵いて, 邪げられ, 釣りこまれて, 関係した, 附会の, 附入, 降りて, 限らず総て, 雪掘, 雷同せざる, 霹靂を, 面喰った, 順へば, 饗膳方の, 驚き, 驚倒した

▼ 言~ (605, 1.1%)

73 ように 54 やうに 13 中に 4 ような, よろしさ, 下に, 神が, 非なる 3 やうな, 中にも, 効果を, 如く, 如くで, 如くに, 書き留められんこと, 樣に, 端にも, 非ならざる

2 [28件] うちには, おほ, かけやう, ごとく, ごとくせば, ごとし, 上に, 副演, 如きは, 如くなら, 如く千古, 威力は, 密教を, 帯びて, 当否を, 形に, 形式で, 後には, 意義を, 我に, 方が, 様に, 眞なる, 神の, 美を, 花は, 途切れざるに, 適中した

1 [359件] あつた, あとさきは, あるの, ある発達, うちで, うちに, うちにも, うちの, うち芸者たちという, おことづけだった, かけあひが, かずかず, かみなりが, ぐちも, このごろ痛し, ごとくし, ごとくどう, ごとくなったこと, ごとくならば, ごとくなるべきや, ごとくはたして, ごとくぶつぶつ, ごとくよく, ごとくん, ごとく世界, ごとく人生途上, ごとく作者, ごとく妙光女, ごとく富, ごとく恐らく, ごとく書きあったなら見る人予, ごとく死後, ごとく殆ど, ごとく煙管, ごとく窓, ごとく紳士的, ごとく自己, ごとく迎えの, しげきこのごろ, すくなさ, それその, ために, つぎ穂さへ, つもりで, とおり二天記や, ときでも, なほよく, はずみだ, はの矢質, ほかに, ほを, ほんたうである, ま, まきかえしに, ままあの, ままその, ままに, やうだ, やうで, やうにも, やりとりの, ようで御座います, よう口ずさみ, をかし, リと, 一ツも, 一番神秘な, 一種々, 一種を, 一語も, 一部を, 七十三が, 中か, 中とりわけ, 中なる, 中の, 中れる, 中宗教儀礼, 中真に, 中第, 主意は, 乞求むるものをなさんことを請ふ, 事と, 事を, 事始めを, 二字を以て, 二宗亦出羽奧州に, 云い争い, 交じること, 人を, 代に, 代りとは, 代りに, 代表者を, 伝達者即, 余りに猛烈, 余地は, 例より, 信不信も, 傳ふる, 僞なる, 僞りならぬ, 僻事しからず, 光汝の, 全部が, 全部を通じて, 内に, 内容を, 出づる所を, 出で, 出でし, 分らぬ男, 別れの, 前に, 副演出, 創始者は, 創製者と, 力を, 効力が, 効果が, 効果に, 効果の, 勇気と, 千古の, 原書が, 受けて, 叙事詩化し, 古意, 句の, 同じきまま, 名詞法である, 名詞法を, 吾が意, 和名に, 品たかく, 善きを, 嘘許りでない, 器伝話の, 囁きが, 型の, 外形を, 多きに, 多く用ゐられた, 夢想ならざる, 夢想に, 奇なる, 契は, 好な, 如ある, 如き, 如きには, 如きも, 如きを, 如き理, 如き生彩, 如き簡単, 如くあゝ, 如くかれ, 如くである, 如くならん, 如くなりき, 如く同, 如く四年, 如く壽, 如く嫡孫, 如く實効, 如く徳川公, 如く思召, 如く我言, 如く文学者, 如く日本海軍, 如く暫し, 如く暴行云々と, 如く無謀, 如く甦りたれば, 如く美, 如く行, 如く重ね, 如く雄, 如し, 如その, 威力によ, 威力の, 威力を, 威霊を, 婦人に, 存在した, 學問は, 守護神だ, 実現を, 対象と, 尊いの, 尊から, 尾を, 展開, 展開に, 展開の, 希望が, 平凡を, 幼稚なる, 底に, 弓を, 引用を, 強迫的な, 形式を, 形式化, 役使する, 彼に, 後で, 後架上の, 御諚をと, 必ず勅語, 必要を, 性質の, 性質上氏, 恐れられる理由, 恩愛には, 意に, 意味が, 意味は, 愛想も, 我等に, 投合ひ, 投書も, 挨拶の, 挨拶は, 挨拶を, 掛軸が, 揚句養母は, 故を以て, 教義には, 教義は, 数々を, 文から, 文には, 文体が, 断篇の, 方を, 旧慣に, 暗きを, 暗誦を, 書籍に, 最初だ, 最初の, 最小限度の, 有無を以て, 木石をも, 本なり, 本来の, 本縁, 本質として, 果てが, 栄えて, 根源と, 次には, 欺かざるを, 正確な, 歴々落, 気焔と, 決して譌, 注まで, 淺略である, 無価値, 爲めに, 用いら, 用語例に, 申立てを, 畏こけれ桜花, 略でも, 発せられた場合, 発言法で, 百も, 百万遍くりかえし, 盡さ, 眉毛をも, 真なる, 真実なる, 真最中である, 確實なる, 確的なる, 神, 神で, 神であり, 神でも, 神な, 神は, 神を, 神聖な, 禍を, 秘密で, 秘策を, 種には, 種は, 空望に, 立ち話を, 端々に, 端に, 端察する, 第一章, 筆者は, 答えを, 範囲を, 系統なる, 綜合の, 綾も, 総名, 繁きを, 繰りかえしで, 美まことに, 考えそれ, 聯想が, 聽く, 至れるなり, 芳香を, 芻狗に, 蔭の, 虚ならざる, 虚実を, 裏を, 補足, 裡にも, 言いづめ, 言を, 言葉も, 計と, 訖わらざる, 訛なり, 語な, 誤らざると, 誤らぬしるし, 説明で, 説明であります, 調和と, 調和を, 諸王衆を, 證者たれ, 足らず弱き, 載つて, 輩僧に, 通りに, 通りを, 通り法螺の, 通り蝦夷と, 速度に, 連りだった, 適切なる, 適確さに, 部分が, 鋩を, 闘争判断方面の, 限りなく, 随筆にも, 隙間も, 雄辯, 雑談を, 高く飛び, 鬱積物を, 鳥を, 鼓うちひ

▼ 言ふこ~ (477, 0.9%)

109 とはない, とは出 8 とは一々 6 となし, とは, ともある 5 とはありません, とは出来ない, とも出来る, と能はず

4 [11件] となぞ, とはできない, とはなか, とは出来なかつた, とは出来る, とは察せられる, とは時たま, ともしどろもどろ, とも出, とも言, と能

3 とさ, とぢ, となどは當, となんか, とは何, とは勿論, とは多し, とは必, とは考へられない, ともなし

2 [30件] ころは, となどには耳, となどは耳, となんか当て, との少き, との眞, とはこの, とはどんな, とはね, とはよく, とはハキハキ, とはフロオベル, とは亂暴, とは僕, とは其, とは可, とは好く, とは少し, とは日本, とは明らか, とは昔, とは無い, とは説明, とは釋迦三尊, ともあつ, ともわかる, とも出来よう, と勿, と少しく, と為す

1 [269件] とあ, とあり, とあれ, とかそれ, とかと頓着, とか裏, とか近頃, とが解つて, とが解つて貰, ときい, ときか, ときけ, ときけない, とすら出来ない, とする, とそれ, とだけが教師, とだけだ, とだけで, とだけは故人, とだけは確かめました, とだけは訣, とだけを拠り, とだけを言, とつまり, とない, となかりき, とながら萎れ, となく, となけれ, となどは取り, となどは念頭, となどをお, となどを眞, となどを耳, となどを聽, となど相手, となん, となんか取りあげない, となんぞある, となんぞは聴かない, となんぞマ, となんぞ真に, とによつ, とのあつ, とのあり, とのおろそか, との一, との不可, との思はれない, との推定, との注意, との謹める, とはあり, とはあんまり, とはいけない, とはきい, とはきかない, とはきらひです, とはこれ, とはさ, とはさかい, とはす, とはその, とはそのもの, とはそれ, とはつまり, とはできません, とはできるであらう, とはないだらう, とはなかつた, とはなし, とはなにひとつ, とはならぬ, とはねえ, とはひどく, とはまことに, とはまちまち, とはみんな, とはむしろ, とはもとより, とはやはり, とはやめられない, とはやり, とはゆとり, とはよし, とはシドロ, とはピタリ, とは一, とは一つ, とは一向, とは一應筋, とは一方, とは不可能, とは不当, とは了, とは二十, とは二句位, とは人間業, とは今, とは今日, とは他, とは伝説, とは何ん, とは信仰, とは信用, とは先づ間違, とは兎角, とは全, とは内臓, とは出来, とは出来ません, とは出来るらしい, とは分つ, とは判る, とは十手, とは卑いか, とは嘘, とは坪井博士, とは多言, とは大分變つて, とは大概理解, とは大概變, とは如何にも, とは宋玉一派, とは実際, とは實, とは小説修業者, とは少く, とは尤も, とは年来, とは当時, とは彼, とは彼女, とは後, とは忘, とは忘れ, とは思ひ, とは思ひ浮びます, とは悉く, とは或, とは支那風, とは既に, とは日本宮廷, とは早, とは早口, とは易い, とは本, とは本当, とは柱, とは楽, とは此, とは此上, とは殊更, とは汝, とは珍しく, とは理窟, とは理路整然, とは當然, とは疑, とは疑ひ, とは皆聴, とは相, とは相手, とは眞, とは真理, とは知れる, とは確り, とは私, とは競争, とは第, とは結局, とは考へ, とは考へられぬ, とは考へられる, とは耳, とは聞かない, とは聴きたくない, とは自信, とは舞踊家自ら源, とは良く, とは芸能人, とは芸道, とは蒲団, とは薩張り, とは解つて, とは訣, とは誤り, とは誰, とは變, とは賢, とは賤, とは近代, とは通じないらしい, とは釈迦三尊, とは間違つて, とは青年時代, とは馬耳, とは驚くべき, ともありました, ともあるべき, ともいたしません, ともおなじ, ともきかない, ともきかへんで, ともこの, ともこれ, ともございません, ともさ, ともすこし, ともする, ともでき, ともできた, ともない, ともなかつた, ともやはり, ともよく, ともわからぬで, とも一つ, とも三輪, とも出来ない, とも出来ぬ, とも出来ます, とも分らない, とも同時に, とも容易, とも後世, とも慎, とも拵, とも書く, とも有, とも極端, とも用語, とも痴人, とも皆んな法螺, とも知らなけれ, とも神, とも稀, とも考へない, とも考へられる, とも耳, とも聞い, とも聽くもの, とも能, とも解りませう, とや爲, とよ, とわかつ, と一々, と信仰, と其方, と嘘, と少, と常に, と昔年, と武士, と無く, と無けれ, と無し, と珍, と稀, と聞い, と聞かない, と聽, と肯きよらん, と能はず候, と自身不愉快, と莫, と行

▼ 言はれた~ (463, 0.9%)

11 のを 9 捕物の 8 ことが 6 とほり, やうに 5 のが, 時には, 通りに 4 ことを, のか, のである, のではつきり, のは, ものだ, 好い男, 錢形の 3 きりやうで, のだ, ものである, 事が, 事を, 娘の, 物か, 物先方は

2 [27件] お定, がこれ, が実際, きりやうだ, くらゐ, ことも, しまた, その時, ので私, のに私, のも, もの, もので, ものは, もんや, 名御用聞, 小判形の, 御用聞錢形平次は, 時に, 時は, 程の, 美しさ, 美乃屋の, 許り, 通りお, 金貸の, 鬱憤を

1 [298件] お北自慢, お品, お竹, お菊さん, お角, お駒, お駒さん, かてそんな, かて辛抱, かよう, からといつ, からビクビク, から無論, か少し, か理解, がこの, が不思議, が僕, が先代, が先島語法, が吾等, が天, が奈良朝頃, が子供達, が後, が恐らく, が懷爐ぐらゐで治, が成, が早くから, が私, が私たち, が竹刀だこ, くらゐださうです, けれども汽車, けれど私, ことの, ことは, これなどは, さうだ, さうで, さうである, さうです, さし物の, し新町, それは, ためである, ための, だけにいろんな, だけの事, つてか, つてチツとも, つて構は, つて構や, つて驚きやしません, つまらない三下野郎, であらう, でせう, ときに, ときには, とき一度は, とき私は, ところです, ところへ, とて分る, との速記録, とはり, とも, とも思へなかつた, と思はれる, と書い, と言つて, なああんた, なんて間違つて, に拘らず, に違, のだらう, ので, のであつ, のでかれ, ので今, ので仕方, ので僕, ので咄嗟, ので安心, ので家, ので御船, ので手, ので春, ので満足, ので豊国, ので赤面, ので軍治はか, のと, のには, のに激, のに符合, のに答, のに見られる, ほどこの, ほどの大, ほど結構人, ものが, ものです, ものも, ものらしい, やうな, やくざで, んだらう, んです, ノツポです, ビイチヤアが, ボードレールの, 三吉を, 上お, 上總屋音次郎が, 下男の, 井戸の, 井筒屋重, 人々が, 人が, 人だつた, 人である, 人です, 人には, 人の, 人も, 人入, 人夫れ, 人氣でした, 人間だ, 人間です, 人間の, 伊勢屋總兵衞から, 位, 佐原屋の, 信頼の, 俵屋の, 俵屋孫右衞門が, 俺だ, 全部が, 兩國の, 兩國橋の, 処で, 刀の, 初代一刀齋勘兵衞師匠さ, 利け者で, 十九に, 十九の, 十八に, 名で, 名家だ, 名馬が, 吾妻村下羽田の, 呉服屋鳴海屋の, 品の, 喜三郎が, 四枚程度では, 団体の, 地獄の, 夏の, 大したきりやう, 大分限の, 大地主, 大徳屋の, 大泥棒, 大變, 大黒屋が, 天下の, 天皇方は, 女です, 女は, 好い娘, 娘で, 娘は, 娘を, 嫁を, 子は, 安やくざ, 宗吉は, 宮内卿の, 家柄で, 小僧は, 小梅の, 小森屋の, 小艶, 小言は, 山だ, 山の神人として, 岡崎屋を, 市ヶ谷の, 市谷の, 平次です, 平次の, 平次も, 彦徳の, 彼れ, 後家の, 御用聞私の, 怪しからん, 怪盜珊五郎は, 愛國説などにも, 拔け, 文学や, 方が, 方は, 日には, 日本堤で, 日琉同言の, 明日早速, 昔の, 時そいつは, 時だけ, 時わたしは, 時代でも, 時松子は, 時飛び上っ, 材木屋の, 村, 植木屋松五郎の, 構へだけに, 様に, 權三郎それに, 歌群と, 武村兵曹で, 殿樣だ, 母の, 永遠の, 江戸の, 江戸一番の, 河内屋又, 油屋で, 油屋の, 浪人秋山佐仲の, 海の, 涙は, 火事は, 為に, 由樋口の, 男だ, 男で, 男です, 男の, 男は, 画描き, 相だ, 相です, 瞬間の, 瞬間私は, 砒石劑を, 祈祷でした, 私で御座います, 程画風, 窕子の, 筈ぢや, 約束に, 綱田屋五郎次, 綺麗な, 美しい娘, 美人です, 美男の, 美男無理も, 義理ぢアない, 義理では, 者が, 若旦那です, 草花に, 蒔繪の, 藤屋の, 親分だ, 言葉で, 言葉の, 言葉を, 評判の, 詞章の, 詩の, 誇りを, 警戒の, 軾を, 輕業師の, 辰巳藝者の, 通りの, 通り又, 通り本所へ, 通り燒跡の, 通り神樂坂の, 通り見物人の, 通り運びました, 通り鉾と, 郷士苗字帶刀も, 酷薄無, 錢形平次に, 錢形平次は, 鍵屋の, 青木繁が, 頃から, 飯田町の, 魅力の, 魏の

▼ 言ふまで~ (457, 0.8%)

231 もなく 108 もない 69 もありません 7 も無い, も無く 5 もなし 4 もあるまい, もなから 3 は無けれ, もなき, もなけれ, もねえ 1 はいつかな動かない, はねちねち, もあらじ, もあり, もなかっ, もなく知りすぎる, も御座いません, も無くよい, も無く新しい, も無し

▼ 言~ (457, 0.8%)

70 がる 32 しません 16 がるん 15 しない, アがる 12 あがる 10 がると, しませんよ 7 しないよ 6 がるんで, がる手前 5 がるから, がれ, しねえ 4 がって, はつた, はる 3 あしない, いいん, がった, がるその, がるぢ, しまいし, 宜い, 言うもん

2 [25件] あがった, あがると, あがるん, あしません, い, がるじゃ, がる皮肉, がる邪魔, しないか, しないから, しないわ, しないん, しませんわ, しません頭, はりました, はりますの, はるけど, はるな, 今度だけは, 俺の, 善し, 善し是, 板倉屋の, 知らない者, 親分近頃

1 [157件] あい, あがって, あがらあ, あがるの, あがるんさ, あがるんで, あがる悪党め, あがる手前, あこちと, あしねえ, あせも, あちと, あどう, あの人, あまた此処い, あ嬉し, あ提灯屋, あ秋口, あ贅沢さ, いい, いいのに, いいんだい, いつかこの, がったからよ, がったさかい, がったな, がったばか, がったん, がったんだい, がったんで, がった雷蔵はじめ, がらん, がるいや, がるお前, がるこいつ, がるそれ, がるそんな, がるとばかり, がるなあ, がるの, がるッ, がる人, がる俺, がる女房, がる手, がる旅, がる昨夜隅田川, がる此方, がる父さん父さん, がる痛, がる癖, がる質, がる身銭, がる身錢, がる頼まねえよ, がれ出, がんだつ, がんで, こちらの, さうだす, しないかと, しないが, しないじゃ, しないのにさ, しない言わないかわり, しなかったかね, しなかったよ, しねえよ, しねえん, しませんから, しませんが, しませんがね, しませんや, しませんわい, しません私, しまん, しめえ, すぐ別, すぐ思い出すだろう, すむだらう, せんに, そうだ, それね, たとへ, ね, はったは, はりましたや, はりましたん, はりますが, はりますので, はるけどなあ, はるよつて, はるん, はんねん, はんのは, まだ年, わたしも, んでえ, ァ江戸ッ児, アあの, アいい, アが, アがった, アしねえや, アわしアお前達が, ア二人で, ア可笑しい, ア吉里さん, ア大勢の, ア大層の, ア失敬の, ア帰る帰る, ア御, ア思ひ出す, ア船頭を, マアさ, 一体蚊も, 三輪の, 今に, 仕樣, 俺が, 俺達の, 先生八犬伝は, 其等の, 分って, 分つて, 勇気づけの, 古典から, 呪言の, 唐茄子が, 大した身上, 奴の, 孟子の, 宜いん, 宜いんやせう, 尺八の, 己ぁあれからってものはあの唄を, 後の, 所爲を, 投出して, 折檻で, 日本橋で, 昔ばなしに, 森戸の, 此邊で, 此頃あ, 殺して, 物語を, 田舎ものの, 病院で, 納得が, 終止言から, 草の, 身勝手だ, 金さん今日私の, 青だけしか, 風刺や

▼ 言つたの~ (414, 0.8%)

59 である 21 では 16 です 13 だが 11109 も無理 7 であるが 6 はその 54 であらう, はこの, を聞いた 3 が, であります

2 [23件] かも知れない, が始まり, が惡, が襖越し, だと, だな, でございます, ですが, ですね, でも, と殆, に態, に理由, はあの, はさう, はたつた, はどう, は嘘, は大, は誰, を, を私, を覚え

1 [193件] あ誰だい, かお前, かそれとも, かとあと, かといふ質問, かと思, かどちら, かね, かは忘れた, かは知らぬ, かひそか, かわからない, か僕, か分らない, か國, か溷濁, か現, がかね, がこと, がひどく, が二度目, が伊東伴作, が始, が少し, が愚, が極り惡, が滿更出鱈目, が精, が親分, が面白い, が飛鳥朝, ださうだ, ださうである, だつた, だつたけれど, だとは, だよ, だらう, だらうが, でありますが, であるとでも, である事, でした, でしたが, ですか, ですがね, ですそれで, ですもの, でないと, でもなかつた, で可笑し, で良く, で驚いた, とはち, と同じ, と殆ど, に, にとう, にどうして, にはいろ, にはつ, には取次ぎ, には返事, にろくに, に下さらなかつた, に事實, に對, に業, に私, に聽, に自分, に豊吉, に豐吉, はあれ, はお前, はお前さん, はかういふ, はこれ, はこんな, はじつは, はそれ, はたしかに, はひよつ, はまる, はよく, はわけ, はタゴール, はツイ一昨日, はハーバード出身, はロオマ, は三輪, は下手, は二十七八, は二十五六, は京子, は今日, は何, は何時, は例, は俺, は先, は全く, は六十三, は分, は前, は前の, は劍持, は勿論, は嘘ぢ, は多分, は子供, は実は, は平次, は年, は当然, は恰も, は文平, は明らか, は時代, は普通, は本, は杉田, は染子, は検定試験, は極, は此, は死に際, は氏, は気, は無, は現実, は疑ひない, は皆んな, は矢ツ張り眞個, は石, は紫琴女, は老いた, は至言, は舅, は若, は被害者, は覚え, は親分, は親達, は誰だい, は軽卒, は近代文学史, は逆, は適切, は錆び, は錢形平次, は間違ひだ, は面白い, もあの, もあまり, もある, もいま, もお, もまんざら, もみんな覺, もやはり, も単に, も大方, も好い, も必, も理, も理由, も細工, も道理, よ, よりも荘厳, をい, をお, をおぼえ, をたしか, をひどく, をよく, をプラトン, を今, を変, を學者, を小耳, を彼, を後悔, を忘れ, を忘れた, を忘れなかつた, を思ひだしました, を手前覺, を折節眼, を知, を聞い, を聽

▼ 言はず~ (386, 0.7%)

157 にゐた, 語らずの 5 に今 4 とも寂しい, と知れし, にお, にさ, にその

3 [14件] ともの事, とも善い, に了つた, に女, に早く, に死んだ, に濟, に置い, に置いた, に自分, に親分, もあれ, もがな名前, 行けば

2 [31件] けり, じまひ, ただ微笑, と知れた, にし, にた, にちよい, にはゐられない, にはゐられなかつた, にゐられない, にゐられなかつた, にゐられぬ, にゐる, に何とか, に出, に別れる, に唯, に四人, に居られない, に引, に歸, に死ぬ, に源太郎, に突然, に置かう, に置く, に茫然, に足, に頼む, に飛出しました, もの事

1 [228件] からめ取つて來, きちんと正座, くる, されど鋭き, しかしならぬ, しかれども, すつと, その右, ただど, ただフラフラ, て, とか, とこの, とする, とつと, とも, ともいつ, ともよい, とも噂, とも幕, とも志村, とも恨言, とも種々, とも著, とよりはこの, と出ろ, と早く, なだめるやう, なりし, にあの, にある, にいきなり, にいろんな, においてお, におさまっ, にこれから直ぐ, にさし上げる, にしまひました, にしまへ, にすぐ, にせつせ, にそつ, にともかく, にどうか, にに皆んな, にのそり, にはゐられません, にはをれない, には居られない, には居られなかつた, にひどく, にぶらつ, にまア, にもう少し, にやがて, にやられたらしい, にやり, にゐ, にゐられた, にゐれ, にをりました, にゴアンス, にフラリ, に一, に一刻, に一寸, に一生, に中, に二人, に二百円, に何ん, に信用, に僕, に兄哥, に先, に光ちやん, に入, に八五郎, に出し, に出勤, に別れ, に勝手, に取次い, に向, に吾妻屋, に国, に多, に如何にも, に客, に宵闇, に寂しい, に寢, に小手招ぎ, に少し, に少年, に居りました, に居る, に川口, に差し, に帰つて, に平, に床, に引つ込み, に強引, に彼, に彼女, に後, に後ろ, に御津, に急ぎました, に戸棚, に手代, に擧げ, に改札口, に文庫, に昨日, に普通牌, に東京, に横, に正味, に此方, に此風景, に歩く, に歸つて, に歸つて行, に死ん, に死んだらしい, に母親, に氣味, に泣い, に海女, に涙, に深々, に清う, に無法千万, に猛然と, に直ちに, に眺め, に空き腹, に突, に突立つて, に精進潔齋, に細い, に緊張, に聽, に肯い, に芝居, に葬式, に薄墨華魁, に行, に行き過ぎ, に要心, に見えなく, に話, に辛抱, に近, に逃げる, に通りすぎ, に通過, に金, に金口, に長年, に隣, に雪駄, に風呂, に飛出さう, に飯田町, に駆けぬけた, に駈け付けた, に黙, ねえ助ける, の沈黙家, ぶらぶら歩い, もがな, もがなで, もがな四条坊門, もがな随筆, も父母, も読み読み, や, や不二, わざと子供, 且つ杖, 光る戸口, 再度三度, 凄婉, 出來, 出来るだけ, 別に論, 助七うつ, 去つて, 又取調, 叩きつけ頬邊, 同じ姿, 呆れて, 如何にも不機嫌さうに, 将た, 御取, 必ずかう, 必ず斯, 拗ねも, 揺り起こした, 敗れて, 止むなくば, 猛然と平次, 直ちに遁げ, 相變ら, 睨め合, 立ちあがりて, 立ち去る気配, 聴かずの, 若くて, 苦い顔, 見いれで, 語らずから, 語らずであれば, 語らず一国, 語らず二人, 語らず諭された上人様, 語らぬ蝶ふたつ, 諸聖徒, 赤い袂, 追立歩, 逃げ去つて, 通り過ぎたが, 長い舌, 飛び退くやう, 飛込んだ乾分

▼ 言はれる~ (314, 0.6%)

11 やうに 10 と平次 9 と私, やうな 7 と一言, 様に 6 かも知れない, 迄もなく 5 と面目次第 4 とお, までもなく 3 と, とそれ, と人聞き, と困る, と死期, と頭痛

2 [22件] かも知れぬ, といかにも, といよ, とこの, とさすが, とその, となほ, とほり, とまさに, と一, と一句, と二人共, と八五郎, と又, と圭一郎, と奈何, と彼, と心苦しい, と極り, と泣きたくなる, と直ぐ, にし

1 [174件] かもしれない, からお上, からネ, か一々, か拙者, がうぬぼれ, がおそらく, がとにかく, が一部分, が何, が当時, が決して, が私, が羅馬以前, が芸術, が食, けれどたしなみ, けれどもゲーテ, しまた, し音松爺さん, だけあ, だけにその, だけに脊, だけの金額, でせう, とあつし, といつぞや, といつも, とお勝手, とお家騷動, とかうした, とからかはれ, とこんな, とさ, とそれつ, とそれ丈, とそんな, とでは, とどうも, となに, とひとり手, とびつくり, とぷつとふくれて, とまるで, とむやみ, ともう, ともう一度, ともはや, とやつ, とわざと, とガラツ八, とグニャ, とシヤン, とスツト, とゾツ, とツイそれ以上せんさく, とツイ涙, とツイ請合つて歸つたの, とプルウスト, とローズ物, と一寸, と三輪, と下, と下手人, と不思議, と不承不承, と事件, と二の句, と何, と何だか, と何ん, と余り, と余計, と俺, と六助, と勢, と千代松, と却つてそれ, と却つて困却, と又次郎, と叔父, と口, と周三, と地上, と始めて, と威張つて肴町あたり, と嬉しく, と守袋, と家, と寅吉, と小, と少々, と少し, と岡田, と左吉松, と幾松, と弱い, と強, と後ろ, と御, と御府内, と必ず, と思ひ切つ, と思ひ定めた, と思ふ, と押し, と押して, と敷居際, と暫く, と梯子段, と棒, と気, と氣, と温かい, と滿更惡, と無, と狂人, と甚だ, と畫伯, と痛み入ります, と矢, と細君, と結構, と義理, と耻, と聞いた, と腹, と自分, と落膽, と行つて, と路易, と身, と金五郎, と降参, と青い, と面倒臭, と頬冠, と默つて, にきまつ, につけ, に不思議, のが, ので, ので上山雅輔, ので僕, ので我が国, ので断り切れないで, ので気, のに私, のに腹, ほどになつて, ほどの人物, ほどの娘, ほどの謹直さ, ほどの酒豪, ほど義雄, ほど良い, までに其旅行器, までもある, やうぢや, 位大事に, 位後には, 場合の, 好い人間, 孫三郎が, 安東氏一族は, 様にも, 横井小楠の, 程物覚え, 程話題に, 西行には, 覺え, 迄には必ず, 迄夢にも

▼ 言へる~ (296, 0.5%)

14 と思ふ, のである 7 のだ, やうな 6 かも知れない, ことは, でせう, やうに, んだ 5 ことあり, のです 4 のは 3 が如く, のであります, ものが, 時間も

2 [20件] か, かと言, がらぢや, が其, が如き, が如し, ことが, ことです, な, の, は聞, ものか, ものの三日交際, わけは, を聞き咎め, 事あり, 光に, 八五郎です, 様である, 程の

1 [158件] かと反問, かと思ひます, かと思ふ, かどう, かは現在, かもしれない, かも知れん, からね, か言, が, がかわら, がこっち, がこれ, がしかし, がその, がそれ, がならう, がまま, がドストイェフスキー, が併, が兼ねる, が単純, が又, が必, が成立, が物語, が私自身, けど, けどそんな, けれど, けれどあと, けれどもかよ, けれどもこれ, けれどもしかし, けれども徒然草, こと, ことで, これにも, し信じ, し元手, し日本, だい考へる, だけだ, ぢや, といふ, ところである, ところの, としたら, とすれ, と思, と思ひます, なり, にし, にて之, にて若し, にはあらざる, に対して節, に對, に相違, のかな, のかも, ので, のでありませう, のであるまい, のでいつ, のでした, のでせう, のね, のみなりし, はずは, はふさはず, は筒袖, は聞分, ばかりに増加, ほどにはお, ほどの伎倆, ほどの者, までに元, もの, ものである, ものでない, ものと, ものなら, ものの, もんだ, も穴勝無理, も道理, やうだ, やうです, やうなら, や彭祖, よ, よお, を我, を捉ら, を看, を觀, ベアトリーチェの, 一軒家よりの, 一面が, 也, 事である, 五體の, 人々も, 人の, 人は, 人物其物と, 人間が, 人間な, 位の, 光いよ, 光景が, 内容の, 十銭の, 協同主義みたいな, 可能性を, 唇だ, 妹の, 対話は, 左門では, 己れ, 弁護士の, 悔みは, 或る, 所だ, 所は, 振舞ひである, 數分間だけでも, 日本人なら, 日本画の, 時代で, 様に, 気分に, 氣持でした, 洒落たる, 男です, 真実の, 程度な, 筈である, 筈は, 義理は, 老人ヤヲら振り返りつ, 自分の, 華麗な, 處なし, 言葉でない, 訣が, 詞だ, 貴女を, 身分でも, 道理は, 郷倉氏は, 門弟にも, 隠れ家を, 雑誌記者の, 類なり, 養生法は, 魂他の

▼ 言ふべき~ (288, 0.5%)

16 もので 14 ものが 10 ものを 9 ことを, ものである 6 もの 4 か, ものは, 言葉を 3 ことが, ことでない, ことも, ものに, 藕絲の, 言葉も

2 [18件] こと, ことで, ことの, ことは, ところで, ところを, はた, ものであります, ものと, ものな, ものの, 事で, 事は, 程の, 端嚴微妙な, 言葉が, 言葉は, 語で

1 [158件] あまみきょ, うたを, か或は, ことあり, ことぢやと, ことなく, こと多けれ, この種, さばき役, ぞ, ところの, にや鼻筋, のが, のろふ, は修験道, は先, は八房, は離宮行幸, ほどの希望, ものかも, ものだ, ものでした, ものでなく, ものとして, ものによ, ものや, よごと部, を省略, を間違, 一皮か, 一類の, 三つの, 事あれ, 事さは, 事であり, 事でない, 事とかく, 事も, 事記すべき, 二紀の, 人々も, 人である, 人柄なれ, 伝来の, 伝記を, 余裕を, 優秀な, 内容を, 処を, 分までも, 前提を, 勢頭を, 口上ぢや, 古代の, 古手屋八郎兵衛, 吉原町を, 同じとりもの, 名幅, 名畫, 呪言の, 土地であり, 土地を, 場合では, 大忌人, 大金で, 女役の, 宮廷の, 家が, 家の, 家橘の, 小さな動作, 希望と, 平安時代を通じて, 平安朝の, 広場には, 廣場には, 延政門に, 形を, 役柄の, 心理を, 心理的雰囲気を, 念仏の, 性質を, 情感を, 愈益, 感情的の, 感覚の, 感覚を, 成田屋, 成語は, 所である, 所に, 所には, 所を, 折が, 文學を, 新作である, 新嘗祭り, 旅への, 日本の, 星の, 曲節を, 曲舞, 欽定の, 歟, 此結末を, 永い時間, 物である, 物語や, 狐を, 理なき, 生活より, 用語と, 男か, 異人が, 発想法を, 盛りの, 短篇に, 程なれ, 空想である, 立派な, 端厳微妙な, 竹田の, 筈だ, 筈の, 筋合では, 筋合の, 紫御殿に, 美しい娘, 聞得大君御殿並びに, 職業詩人が, 自性も, 自敍傳體, 花の, 若主人, 藕糸の, 虎松の, 處に, 蟻通し明神, 行事ゆゑ此地方の, 街道筋に, 見物でした, 視覺的描寫など, 言ひ, 言葉さへ, 言葉ぢや, 言葉にも, 話が, 語は, 語法の, 身の上では, 運動の, 適当な, 部分が, 部分の, 鎌倉期にも, 関係を, 限りでは

▼ 言ひます~ (277, 0.5%)

3317128 から, がね 65 が私, ね 4 からの, がこれ, が平次 3 よ私, よ親分 2 か, から私, があなた, がねえ, が仕事, けれども, し, とも, とマカール, のに

1 [145件] かこんな, からその, からなけなし, からね, からネ彼様松島様, からネ私, から一度, から七夕, から主人, から今日, から出し, から數寄屋河岸, から正, から王様, から邸内, か三年目, か大した, か透し, があの, がいかにも, がお, がこの, がさ, がそれ, がそんな, がねあの, がね何ん, がね天地紅, がね盆踊り, がね自分, がもう, がわたくし, がわたし, がサア, がツイ近所, が事件, が二三年前, が人樣, が今, が伴三郎, が何處, が併, が先刻, が全く, が十五, が同氏, が君, が外, が如何, が妹, が子供等, が宇古木兵馬, が富士山, が實, が庭, が引取手, が握りつ, が日本, が昔, が本当に, が氣, が源吉, が眞當, が矢取り, が確か, が神様, が突, が素より, が若い, が茂丸, が西洋, が誰, が議會制度, が金, が飛ん, が食物, が駿府, けど見, けれど, けれどもあんなに, けれども文章, けれども鄙びた, けれど歸, けれど私, しお上, しそれ, し一旦, ぞ, で, とお, とその, とつまり, とどんぐりども, とね五十嵐, とね古宮, とまあ, とオレ・リユク・ウイ, とシャボン玉, とチユウチユウさん, とレク, と井戸屋, と光源氏, と四百年, と外國, と巡査, と悪魔, と戯曲, と批評, と樒, と此中, と燕, と猟人, と獨逸, と男, と當時, と白い, と目, と神道家みたい, と農民達, と馬, と鸚鵡, にそれぎり私, には, には今, に其, ね昨年, のが, ので勝手, ので吉ちやん, ので私, ので私たち, ので耳長さん, のや, のを, もんか, よあんな, よいづれ惚れた, よ皆んな申, よ私共, よ言つて了, 事は, 人に対して, 内にも, 自分が, 農家の

▼ 言~ (271, 0.5%)

41 んです 20 の, のです 10 のは 8 のよ 7 ように 6 のでしょう, んでしょう 5 ことは 4 ことが, のね, んで 3 ので, ような, んだ, 通りに 2 から, と, のが, のを, もので, わね, んじゃ, 事は, 方が

1 [106件] お声, お方が, お方も, か, かしら, かしらこんな, かも知れません, からあり, からには, か分んない, が, がその, がそれ, がそれでは, きりです, くせに, けどそう, けに, けれどつい, けれども眠らせた, けれど人間, けれど子供, ことだ, ことでしたら, ことわたしにも, し, しイタリア人, じゃありません, じゃねえ, そうじゃ, そのワケ, だけです, つもりな, とおりに, とおりよ, とおり陰気な, とつまり, とほり, とまた, とわたくし, と可哀そう, な, なあなた, にし, のかと, のだ, のでお前, のでした, のでね, のでボツボツ, ので何だか, ので易介, ので私, ので背筋, のと, のなら, のに君, のに度胸, のもう, のよすぐ, のよその, のよ人, の御, の私, ままに, ものぢや, もんじゃ, もんだ, もんぢや, よ, ようです, わ, わけな, わけは, んでございます, んで今日あたり, んならぶちまけます, ブルジョアジーを, 事を, 勿, 半分の, 声を, 実物創作の, 意味の, 方で, 方です, 方と, 方ほら, 方蛭の, 相手は, 真実の, 貴郎様, 資本主義末期の, 通りあの, 通りかも, 通りじっと, 通りたとえ, 通りだ, 通りで, 通りでしょう, 通りです, 通りどの, 通り如何にもそう, 通り案の, 通り街道の, 通り議論よりか

▼ 言ふん~ (211, 0.4%)

49 です 2019 だらう 14 でせう 13 ですよ 11 だが, ですもの 4 だけど, ですか 3 だけれど, ですかい, ですから, ですがね, やない 2 さ, ですつて, やな

1 [45件] だがね, だらうけれど, だらうなあ, だらうねえ, だらう二等待合室, だらう良い, だろ, でいかん, でお, でこうして, でしたね, でしよ, ですかね, ですからね, ですが, ですぜ, ですっかり, ですわねエ, です姉さん, です梅子さん, です親分, でそい, でな, でね万やむを得ず, ではその, ではない, ではよく, でもソツポ, でグングン, で伯母御様, で何, で借りた, で先生達, で御座いますがね, で御座いますよ, で思ひ切, で手傳, で湯島, で熊吉, で眞砂町, で逃げ出し, で金, なら行っても, なら言ふさ, や

▼ 言~ (209, 0.4%)

1712 たッ 9 たの 6 てお, てしまおう 54 たが, て文三 3 た事, ちゃア, て私 2 たって, たね, ていた, てくれる, てその, てまた, てるぜ, てるん, て自分

1 [119件] たか, たから, たかろうじて, たこと, たじゃ, たせぐりくる涙, たその, たと, たところ, たところが, たのみ, たばかりふり向き, たまま文三, たもん, たよ, たよう, たら厭だい, たら尚, たん, たア, た今, た位, た厭味, た吉里, た名山, た善吉, た声, た後, た時, た様, た言葉, た通り, ちまいますがね, ちまえ, ちまったのよ, ちゃあ, ちゃあ嫌, ちゃ困る, つけた, つけるよ, つべく顕, ていろいろ, ておく, ておくれ, ておくんなさい, ておる, てお前さん, てこれ, てそれからまた, てたっ, てたッ, てち, てな, ては唯, ては睨, ては蕨採り, ては藩中, ては課長殿, てましたろう, てます, てまず, てみた, てもお, てもこれ, てもとても, てもまさかに, ても他人, ても口, ても強情張ッ, ても無駄, ても自分, ても解らない, ても遠ざける, てや, てやがった, てやがる, てやれ, てやろう, てやアしな, てよこしました, てらッ, てるもの, てるよ, てベソ, て一目散, て中背, て二番, て今度, て他人, て余り, て先, て出, て叔母, て大変乃公, て宛, て得々, て心変り, て忘れ, て忙, て櫓柄, て此方, て母親さん, て白い, て眉, て置く, て聞, て聞かせ, て腹, て見た, て見給え, て言いまく, て言ッ, て評判, て責, て遣りゃ, て静岡県, て面, て騒い, ときますがネ

▼ 言~ (205, 0.4%)

10 口を 8 なし

2 [11件] ある, いわなかった, われに, 口が, 口に, 吐かない, 呟いた, 彼れ, 触れて, 言えずに, 言は

1 [165件] あしたの, あつた, あながちわらうべきで, あらうと, あらざるに, あらため縁, あります, あること, あるまい, いいなさらん, いうこと, いささか安間了, いとこの, いま戻っ, いわずに, いわずまた, いわずむしろ, いわない, いわないで, いわなければ, うなずけるが, おもはる, かれの, きょうは, これを, しどろで, しばらく途絶えた, しりぞけたところ, する人哉, それぞれに, た, ちとお, ないけれど, なき修道女, なく, なくこれ, なく候, なく其人, なく天, なく学士, なく平凡, なく東天, なく私, また一理, また君達, また対馬, まだ話した, ものを, やや打解け, よく孔明, わが兵法, 一向にお気, 一応聞いた, 上の空で, 不人情も, 不徹底であった, 乱れて, 云つたと, 云はずに, 云はず唯, 云ふも, 云わずに, 云わず黙って, 云わなかった, 交へで, 交わさないで, 亦罵り得, 亦適切, 人とは, 仮名で, 俗語に, 保証は, 信ずるに, 信用し, 全く想像, 共に的中, 凄し一足棟, 出さ, 出さず, 出さなかった, 出たと, 出て, 出でず息, 出でず漸く, 出でず私ども儀, 出でず顏, 出なかった, 出ぬのに, 出來, 切に声, 初めは, 到底後, 単に一場, 參考に, 及ばざるなる, 口は, 口答えを, 叱言ぶり, 同様で, 含まれて, 告げなむ, 咎むな, 喋らなかった, 喋らなかつた, 地震の, 多いといふ, 娘に, 娘の, 市役所の, 平凡, 弄し, 当つて, 彼には, 忘れ顔, 思えば, 悲しく陣歿, 慎重厳戒せざる, 慰さめ, 我耳に, 拠あり, 掛けず, 掛けないで, 掛けられて, 救いを, 文字そのまま, 新室, 有るが, 有之, 本田の, 極って, 樂箴も, 正しいかも, 母堂の, 決して否認, 無けれど, 無理なら, 甘えたやう, 申します, 申しません, 病のよ, 発せずくるり, 発せられた, 粗末に, 義昭の, 耳に, 耳にも, 聞かぬでは, 聞かれなかったの, 聞きません, 聞き得ないで, 聞けよ, 聴き寛容, 自から, 自らその, 致さず無, 言, 言わないし, 言わないの, 言わなかったそう, 誇張では, 起原は, 軽く視られる, 近頃は, 通ぜず慰めた人, 道理では

▼ 言~ (176, 0.3%)

3 ある, 耳に, 誤れりと, 途絶えた 2 あつた, あるが, 体言と, 思い出された, 胸に, 迸り出る, 途絶えると

1 [150件] あたって, あって, あつて, ありますが, ありますひとり, あり鹿, あるという, あるとか, あるならば, あるに, あるばかり, いかに繁く, うそか, うの韻でを, うわべにこそ, おまえに, ききたいん, こう優しかっ, この附近, こんども, ございますので, ささやかれた, すつかり, その出番, それを, でた, なければ, なは, のりとの, ひどく冷笑的, ましく, まちまちで, むく, やがて俚言, やがて雅言, 一等古い, 一致し, 不幸にも, 世に, 事ごとに, 事実と, 人を, 今でも, 今日でも, 体言的に, 何とは, 信長の, 偽りでなければ, 兄の, 充分な, 兎に, 其型に, 円満具足し, 出て, 出ます, 出ると, 出るに, 出るの, 切れたので, 刹那の, 募って, 卑位から, 却ってその, 又現れ, 叙景詩を, 口から, 可い, 合法的である, 合理的に, 名詞法を, 和らいで, 国家以前の, 壁に, 多いから, 多いからと, 多いやう, 多くあ, 大嫌いで, 天つのりとだ, 如何に, 始まる, 家長の, 専門家の, 少し不, 巧妙に, 廂髪の, 引立って, 彼を, 彼等を, 必ず信ぜられる, 悉く家長, 愚劣と, 接尾語を, 断, 新聞に, 早く芸能化, 最初から, 有効であった, 有勢だつたら, 来るかも, 来るので, 歌謡化した, 段々向上, 気に, 清女の, 清武一郷に, 渠を, 激しかった, 濫用せられた, 無限の, 的中いたしました, 的中した, 皆一致, 盛んだつた, 眞實なら, 真実か, 真実なりと, 紋切型である, 終っても, 終らない中, 終るか, 終ると共に, 終るの, 終止言と, 耳にも, 胆に, 自然に, 行われて, 表現した, 記録せられる, 警告し, 譬喩表現を, 逃げた, 逆だ, 途切れた, 途絶えたが, 途絶え膝, 連ねられて, 連体法から, 過ぎるから, 過ぎるでは, 過って, 酒の, 鑿を以て, 闘は, 集められて, 非難の, 風に, 風や, 骨身から

▼ 言つたら~ (169, 0.3%)

4 好からう 3 いいの, どうする, 此方も, 親父さんに 2 あなたたち風流人は, いいんだい, その口惜し, 人も, 先生は, 怎う, 自分の

1 [139件] あなたどう, あなたは, あれから, いいか, いいかしら, いいかなあ, いいじ, いいで, いいであらう, いいん, うちの, ええか, お前にも, お妾, お婆さんに, お婆さんは, お富さん殺し, この小説家, この男, この碌, さつ, その筋, そりや, それで, それを, そんなもの, そんならまるめろ, たいへんでした, たいへんです, たいへんな, と彼, どうします, どうな, どんなにいい, どんな草, なあ婆さん, ない, ばああ, ばルボン, ば人類, ば他, ば情, まさかと, また君等, まるで眞白, むしろ蓮如, やつぱり病気し, よかん, よせ, ライオンは, ワツと, 一枚も, 三人一緒につれて, 世にも無慙, 中, 五つに, 亭主の, 人の, 以後の, 何うし, 何んとか, 例の, 兄は, 先づ巻煙草位の, 先刻あつし, 先生がたは, 八丁堀まで, 六錢くれ, 力づくで引張り込む, 十二頭の, 十円で, 博士の, 又腹, 可いのです, 吉右衛門は, 向ふ, 君も, 善からう, 嘘に, 大切に, 女である, 女学校の, 好いぢ, 如何でございませう, 平次は, 後で又来る, 後で遊輔, 悲しい顔, 憤慨なす, 旦那だ, 時計は, 曲者は, 最もよくこの, 最後五人とも, 最後容易に, 槇を, 此北畠親房を, 母さまは, 氏などは, 油の, 無い, 無事通過した, 爆裂彈の, 玄人に, 生命保険に, 生徒の, 皆さんは, 監獄の, 直ぐそれ, 眼に, 矢張り京都へ, 私が, 私もよ, 縄暖簾といふ, 義家は, 若旦那樣が, 言つたで, 言つたと, 誰が, 誰でもが, 貴公は, 貴方が, 貴方とは, 貴様の, 近いかも, 迷惑な, 醫者が, 金輪際笑, 間もなく客死, 際限もねえ, 静かに, 飮ます, 餘つ, 首つ, 首根つこ, 馬場は, 馬鹿め, 駄目だ, 骨董で

▼ 言ひたい~ (169, 0.3%)

15 ことが 14 ことは 13 のは 12 ことを 7 やうな 6 のだ 5 だけのこと, ところだ, のである 4 が實, ことも 3 こと, のでせう, のを, んだらう 2 おかめ, こと言っ, ところで, ので, のです, 程な

1 [55件] かといふ事, がそいつ, がその, がそれ, がま, がやはり, が実は, が番頭さん, が節電, けれど實, ことだけを, ことで, ことである, ことなどを, ことや, こと以外の, こと言は, こと言ふし一寸, こと訊きたい, しそれ, ためにばかり, だけの事, だけ言つて, だらう, ところだらう, ところである, ところです, ところの, と云, と念, と思, と思つた, と思つて, と思ふ, のかもしれない, のであ, のであらう, のであります, のに然, ばかりにです, ほどあくどく, ほどの心持, ほどの極, ほど何とも, ままの, もので, やうである, やうです, わね, んでせう, 思ひが, 暑さ, 為めな, 程でした, 阿爺

▼ 言つてる~ (158, 0.3%)

32 んだ 8 んです 6 ぜ, ので, んぢや 5 の, のです, のは 4 んじ 3 のさ

2 [16件] うちに, がそれ, が何, ことが, ことだ, さう, ところを, のが, のだ, のだらう, のを, もの, わけぢや, 場合ぢや, 時思ひ, 時門口に

1 [46件] からきらい, から曲者, がこの, がその, がそんな, がどこ, がどんな, がまさか, が男の子, くせに, けどうち, けどね, けれど, けれども何となく, けれど丹波屋, ことと, ことも, さうです, ぜ三十日, ぜ默つて, だけであつ, だけである, ところへ, ね, ね七福神, のかも, のでございます, のでせう, までだ, ものは, もんです, んけど, んだい, んだい先生に, んだい君の, んでえ, 其の糸車, 場合じ, 奴も, 時ぢや, 時でした, 時では, 時は, 智恵子が, 筈な, 迄だ

▼ 言ひました~ (152, 0.3%)

33125 が, ぜ 3 がお, がね 2 がその, がそれ, が下女, が女, が私, と子細, んや

1 [77件] か, かしらあの, かね, から, から私, か雅文体, がこの, がせめて, がそれほど, がそんな, がでも, がまた, がガラツ八, が一つ, が伊勢屋, が兄, が全く, が可愛らしい, が單, が嘘, が土竈くら, が奈良朝, が女の子, が實際敷居, が彦太郎, が悲しい, が斯様馬鹿, が月, が正確, が湯, が自分, が自然, が雪, けれどもリボン, し又, し奧山, するとイソクソキ, ぜあの, そこで秋刀魚, そして陽気, それで烏, それは, つけ, つけね, とも, とも相手, ねあの, ねそれ, ので, のでひ, のでみんな, ので市長, ので手品師, ので玉ねぎさん, ので豆和尚さん, ので魚, のは, のや, ふと何心, やうに, よあつし, よせめて, よ八さん, よ八五郎兄哥, んで, ネ, ネあの, 女の子も, 左様です, 所が, 所の, 石嚢へ, 臨時祭りを, 若い雌鶏達, 通り一向, 通り祖先傳來の, 魚は

▼ 言はせる~ (142, 0.3%)

124 のも, やうに 3 と彼 2 とあまり, とあんな, とこの, とこれ, とそんな, と何, のに, のは, やうな, んだ

1 [99件] からあつし, ことが, ことすら, ことに, ぞ, つもりだ, つもりで, つもりでした, とあの, といつも, といふ, といよ, とおそらく, とさ, とそれ, とた, とたと, とちと, と一, と一體, と三河町, と三郎兵衞, と丑松, と世の中, と主人, と云, と五兩, と今, と今や, と仲基, と佛法, と傅次郎, と僕たち, と其演説, と内々, と冬, と医者, と十七八, と午吉夫婦, と右, と吉原, と名譽, と墓, と夜, と大した, と大庭常子, と奈何, と奧さん, と女, と娘, と宇田川町小町, と守りつ, と師匠, と思ひ, と投網, と掃除, と教育, と斯, と斯ん, と日本人ぐらゐ笑, と東京, と殺された, と水商, と浴場, と滅法, と犬, と當主菊三郎, と空想家, と自分, と自分等, と芥川, と蓮太郎, と言, と證據, と貧乏, と買, と選挙, と黒式, なんて最上先生, ので, のである, までもなく, もんか, よ, わけぢや, 事の, 場面です, 外はねえ, 手も, 方で, 望みも, 様な, 横暴振りも, 理由にも, 相手も, 積りだらう, 筈だ, 細工で, 腕にかけては

▼ 言ひ出した~ (124, 0.2%)

16 のは 10 のです 4 のか, んだ, 築土垣 3 のが, のである, のも, んで, んです, 語では 2 がお, ものか, ものが, 声は, 聲は

1 [58件] か, かあの, かと思はれる, かは尠, からにはの, からにや誰, がそれ, ことかは, ことから, ことだ, ことで, ことは, さうに, ぜ, つて何が, といふ話, ところに, とはその, ともなく, のかも, のだ, のだつた, のだらう, ので, のであつ, のであらう, のであります, のでせう, のでそれッ, のでなく, のでジッド夫人, ので皆, ので私, ので輪講, のを, んださうだ, んだつた, んであつし, んで私, 事とて, 事は, 人が, 人も, 佛教の, 八五郎の, 夫を, 彼の, 所も, 所詮アテ, 時から, 時には, 時代は, 時入口の, 當時の, 癖に, 神と, 第四首, 話など

▼ 言ふんだ~ (121, 0.2%)

18117 から嘘ぢ 6 から, な, もの 4 から間違 3 からこれ 2 から確か, から誰, そんなこと言, つてね, わ, 馬鹿

1 [48件] え, えお前, お前, お前は, お勢, お時, お篠さん, お舟さん, かは, からあつし, からこいつ, からね, からよく, からウソ, からウソぢ, から会社, から何ん, から俺, から命, から大丈夫, から太, から心得た, から恐い, かサツパリ, かビール, か僕, か知つて, ぜ, そいつは, それから, そんな事, ぞ, つけ, ねえ, ねその, ねぢ, ねエ, ね絵本, ものな, もの文句を, よ俺, 君あ, 娘の, 婆や, 師匠俵屋の, 成程, 男の, 親の

▼ 言~ (120, 0.2%)

3 称するもの, 言ふ 2 いわねば, するに, 並べたの, 爲と

1 [106件] あらゆる悪徳, あわせお, いうべし, いうほどの, いえないの, いっては, いふに, いわず即死, おそらく反対, おなじ形, がめなんぞ, がめを, この項, これに, さげすまる, さげすまるること, さげすまるる事, し無, せしを, せむ, その上涙, その意, たそがれかかる, なしすべて巻中, なしたの, なすは, なつた, なつて, なれば, のたまう是, はず, はむ, ひし岩根, ほかひ, よりこれ, わが纏, グイードの, グレンディニングの, 一者の, 一致する, 争論と, 云ひ得ない, 云ふ, 何ぞ択, 作家が, 其に, 其上涙を, 分かったが, 刑罰の, 劇的舞踊は, 取れば, 叙事詩との, 右岸の, 同じ, 同じよう, 同じ形, 同一に, 同一形式を, 同義だ, 呪力とを, 呪術とを, 命令言とは, 失笑が, 差別なく, 彼に, 思いなさんな, 思う, 思とに, 思われたが, 意と, 意味同じ, 成り再び, 手と, 敍事詩とを, 書に, 毛利元, 珍寶の, 甚しく, 相反す, 称して, 称すべきもの, 称する名称, 称せられたるふその他, 空耳に, 符節を, 素直に, 終止言とが, 終止言とを, 聞いたか, 能との, 行と, 行とにより, 行との, 見ずして, 見て, 言う可, 言語遊戯と, 謂ふべし, 識るべし, 軽んぜられ二の足, 較べて, 連体言とは, 連体言とを, 違うと, 関聯し, 雖も

▼ 言はん~ (119, 0.2%)

18 とする 6 と欲 5 と欲する 3 ければ, や, やである 2 か, か我, と欲す, ならん事, ばかりの顏, も甲斐

1 [69件] おしなべて寝なく, かそれ, かつてあれ, かて, かてあやまり, かて分つてるがな, からかうなさい, か仮令, か国家, か言, か謂ふところ国民, が如く, が為め, けれど宮さん, こつちや, て, ですよ, では, でも, でもいい, で勝手, で少し, とした, としてゐる, として顧, とす, とせし, とせめて, とせる, とてほどよく, となら, とには墨, とにもあらず, とはせざる, とまあ, と一尾, と云, と困る, と幾ら, と思い煩う, と思ひ, と思ひつ, と矢張私, と私, と試みた, ならん日, に, にトンチ, に余, に其土器, に古昔此地, に石製烟管, のじ, のや, のやろ, は悪, は猶, ばかりに喉, ばかりに片手, ばかりに相, ばかりに私, ばかりのツラ, ばかりの調子, ばかりまさか, も畏けれ, や本書, より寧ろ, より疾く, 即ち余

▼ 言ひ出す~ (110, 0.2%)

10 のです 5 かわかりません 4 のを 3 かと胸, かと苦め, から困り切る, に馬鹿, のでした, わけには 2 ぢや, と此木田, のも, もんだ, 者も, 自分の

1 [61件] お伽話に, お方も, かそれ, かと云, かもわからなかつた, かも知れない, からさ, から嘘, か分らない, か危なく, か暫く, が宜, きつかけ, ことが, ことによ, ことも, と, といふこと, ともはや, と一, と子供ら, と怪訝, と父, と矢庭, と芥川, と象山, には矢張り其, に適當, のかと, のだ, ので, のであらう, のである, ので暑, のなら, のは, のやら, まで皆, やうな, やうに, やも斗, やら訳, わけは, を聞け, んだ, 事が, 人が, 何えと, 何ゑと受け, 女も, 奴が, 家来は, 樣にな, 氣に, 氣にも, 科が, 程, 筈は, 詞を, 隙も, 餘地も

▼ 言はれぬ~ (103, 0.2%)

4 のである 3 といふまあ, に愁ら, 事を, 厭や, 可懐し, 好い方, 義理あり 2 くせに, 不思議な, 妄想を, 姿の, 恐怖と, 愉快を, 深い, 美しさ

1 [62件] が当時, が某, けれどもマア今, ことで, ことも, つもりに, といふ, とすれ, と之, のです, ので二人, ので凝, までもその, 一種の, 不安の, 不快な, 世帯の, 会話の, 其の餅, 労苦を, 可愛らしさ, 可憐な, 哀傷が, 嚴し, 好い陽氣, 妖しさ, 媚かしい, 容姿を, 心を, 心配な, 快さ, 性質の, 恐怖は, 恐怖を, 悲しい心地, 愚物などにて, 愛嬌を, 感じを, 感激を, 懐かしい心地, 或る, 景色なり, 楽しさ, 様に, 様にも, 樂しい, 歡喜で, 深い感じ, 深い感情, 物を, 痛々しさ, 祈りなど, 程古い, 苦勞を, 苦痛を, 語である, 震動を, 面白い皮肉, 魅力, 魅力です, 魅力を, 點を

▼ 言ひかけ~ (103, 0.2%)

7 て口 3 て, て口ごもり, て思ひ, て我が 2 てあたり, てふと, ても返事, て急, て止した, て這

1 [72件] ご自身ひとり, てあと, てお, てか, てから口籠, てきた, てぎゆつと唇, てぐつとつまると, てここ, てしばらく, てたまらず, てたまらなく悲しく, てなぜ, ては後, てひとり, てふつ, てまた, てもう, てもの, ても窕子, てやめた, てよし, てゐる, てハズミ, てハツ, て与里, て伊豆, て何, て八五郎, て叔父さん, て名題, て噴きだし, て固唾, て執念深い, て大佐, て居る, て岡浪之進, て左右, て常, て平次, て彼女, て徳太郎, て急ぎ艦尾, て恥しく, て愈々, て村長, て櫻木大佐, て止す, て止めた, て水, て涙, て登子, て私, て窕子, て笑, て絶頂, て置いた, て罷めた, て考へる, て耳, て自分, て苦笑, て言葉, て身, て軈て, ながら, ながらちよ, ながら傍, ながら変, は第, 或は求婚手段, 言ひまはしをのみ

▼ 言はう~ (102, 0.2%)

7 としてゐる, と思つて 6 ものなら 4 として居る, やうの 3 とおも, やうない畏し 2 とお, としても言, として口, として言, と唇, と思, と構, と腹

1 [52件] がイ, が一向, が世間, が君, が病気, が稍, が聴きやしません, けれど, と, とあんな, として, としてお, としてさすが, としては巍, としては躊躇, としてふと, としても唇, としてよし, としてゐるらし, としてフト口, として二言三言, として僅, として微笑み, として思ひ返した, として言はず, として言ひ現せ, として頻りに, とそんな, とどう, となさつ, とも實, と一切頓着, と云, と今, と伜, と口, と思つたの, と思つたのさ, と思つて私, と思つて言つたの, と思ひ立つた, と戀人, と断じて, と笹野, と細君, と自分, と面, も知れない, やうなく長い, 様なく懐し, 様の, 言はう

▼ 言ふところ~ (95, 0.2%)

4 による 2 が最も, だが, にある, によれ, に由る, の, のアイデア, は眞理, まで話

1 [73件] あらむか, から演奏番組, から見る, があつ, がある, がない, が慣し, が本場, だ, だからネ, だらう, である, であるが, でお, でして, ではその, では別に, では彼女, でヒヨイ, で御座いませう, で菊五郎, とノート, なからむか, なし, など父親, なり, にし, につき, には達しなかつた, により, によります, に古人, に尋常一様, に據, に正, に注意, に点頭, に目標, に落ついた, のもの, の品, の境, の意, の沖合, の無関心, の臆測, はお金, はきかぬ, はなか, はドン, は人情, は何, は實録, は彼, は昔, は空漠, は聞知, へこの, へわり込み, へ何となく, へ田中三郎, へ當人, まで行つて, も有る, も言, をはし, を後ろ, を樂, を知らず, を聞く, を見, を見る, 聞き終り

▼ 言~ (95, 0.2%)

6 が好い, ではない 4 である 3 だ, では無い 2 が癪, であるが, でないので, ではある, は皆ロシヤ

1 [63件] か, かも知れん, がある, がいかにも, がさ, が仰山, が何だか, が却, が可, が私, が胸, が自分, が面白, が面白い, じゃあない, たあ, だけにおいそれと, だなんぞと, でありましたが, ではありません, ではなかっ, でも頭, で歓楽, で飛ん, といい, とは違, ながらおそろしく, なんか誰, にしたがえ, には使, にも厳粛, による, に兼吉気の毒, に従, に真実性, に籠る, に興, のよう, の種, の這入った, は, はそう, はねえ, は倹約, は出来ない, は唯, は廃, は廃め, は止め, は百円, もあるまい, もちょっと, も気, も結局, をお, をまだ, を借用, を又, を思い出し, を耳, を聞いた, を聞きつるなるべし, 悔しそう

▼ 言ひだ~ (94, 0.2%)

27 した 16 したの 7 して 5 しました 3 けれど私, しさ, したので 2 したり, した約束, してから, と勵

1 [22件] がた, が態度, けど, けれどあの, けれど自分, された時, されても, しさうに, したか, したかも, したこと, したもの, したらあと, した以上, した勿論, した時, した言葉, した詞, とへん, と励ませ, ね自分, よ

▼ 言出した~ (94, 0.2%)

9 のは 4 時は 3 ものが 2 がお, ことが, と思, ので到頭, ので思わず, のを, よ, んだ, 時に, 頃は

1 [58件] かそれ, かという事, かは彼女, からである, から私, か一ツ祇園, か其, か其訳, が, がその, が今年, が智恵子清子静子, が智惠子清子靜子, が蓮太郎, が軈て, ことな, ことは, ことも, ことを, せっかくここ, ぞや, ためしの, ため彼女が, ときに, とした, ともなく, と云ッ, な, に似合わず, のが, ので, のでそれ, ので一同, ので三吉, ので主人, ので先生, ので噴飯そう, ので娘達, ので実際, ので復, ので老人, ので計画, ので警視庁, のに対して, ものという, もののその, んだらう, んです, 串談には, 事で, 事は, 処で, 時いつもよく, 時には, 時ほど, 時入口の, 時節子は, 言葉が

▼ 言はば~ (92, 0.2%)

2 その高い, 室生は, 親の, 雪割の

1 [84件] あれだ, おのづか, お客樣見たい, お素人, お葉, これらは, これ等の, さし掛け, すぐに, そこらの, その明暗, それらが, つまらぬ歌, ニイチェは, ロツクを, 一分の理窟あれ, 一生の, 中産階級の, 之と, 事件の, 今夜は, 今日の, 作者の, 刃の, 利の, 勝ちたいと, 勤王論愛國思想ほど, 厳めしい, 叔父の, 命がけの, 多数素人への, 大島守には, 天日豈, 宗教的な, 家庭の, 小宮山氏は, 山国からの, 山間都市に対する, 市役所の, 平次は, 座興だ, 張三李四の, 彼女は, 彼等は, 御奉公, 性格も, 恋ひつつやあらむ, 愛すべき一, 我々の, 我が方, 我等は, 戯曲の, 敵みたいな, 新戯曲時代, 春の, 曲者と, 最近の, 未解決, 東洋の, 此隠謀は, 消極的美は, 涙ながれむこ, 演奏者と, 潜りの, 澄みきつた, 理想主義者で, 生命の, 生物学中或, 皆ぼんやり, 真珠色の, 私は, 符牒であります, 第二, 肉感的な, 花片と, 芸術的食慾を, 賣物買物, 轉身だつた, 闇を, 陸奧に, 非常に, 頭脳の, 香味を, 麻布善福寺の

▼ 言ひし~ (89, 0.2%)

14 てゐる 3 をも何, を心頼み, を道引違 2 が如く, てゐた, にあらず, をエリス, 一種の

1 [56件] が文章, こと, ことは, その人, つもりなれ, てはゐる, てます, て上つて, とか酷, ときに, につく, に予, に因り, のみ, のみにて彼, はかかる, はこれ, は何, は夫, は常識哲學, は当然, は慥, は或は, は畫, は真に, は覚え, は覺, は誤謬, は逍遙子, ひと言もか, ものか, も詐, よりも鹿爪, を以て誤解, を姉樣, を明日, クーリオも, 一こと, 一言, 一言あはれ千万無量の, 事は, 事も, 人ありし, 児ろはも, 子ろ, 山里の, 故あるいは, 文学の, 文章の, 時も, 用談に, 者良工苦心の, 言の葉こそ, 言葉は, 詞一言半句も, 難問にて

▼ 言~ (84, 0.2%)

2 あつた, あつて, あらう, いふと, 済んで, 申せば, 結んだ, 高木は

1 [68件] あとは, あなたの, あらうと, あらうとお, あれだけの, いうに, いかよう, いきさつは, いへば, おとなひ, がらっと変っちまう, しきりにお, すらある, すら性格描写, その危険, それを, つまり大磯, はたと打った, へこますぐらゐの機略, ようやく答える, よ黒田さん, わたしは, クリストフを, 一向話, 一応いい, 一時は, 一生を, 亀屋を, 二人を, 云う, 今問注所の, 以て, 何, 個人に, 充分であった, 全体の, 半ば呟く, 天台は, 孔墨の, 実はそれほど, 後年の, 後者が, 必ず行き, 恐入るがね, 押しつぶされて, 本當, 果してさようなら, 止むを, 止めを, 満ちて, 烏勧請は, 當時梵學の, 病気も, 痛み入る, 白々しく言つた, 直接に, 矢張私の, 結び置く, 罪状を, 聞くとさ, 荘重な, 詞は, 話すので, 説明し, 謂つたら, 閉じられいるから, 頗る事實, 鳧が

▼ 言つたつ~ (82, 0.2%)

4 てお 3 てあんな, てもう 2 てあの, てお前, てそんな, て何, て君

1 [62件] ぐなひをちやんと, て, てあたし, てあと, てあまり, てあれ, てあれぢ, ていや, てお玉さん, てこれ, てすぐ, てその, てそれ, てでは, てどう, てはじまらん, てぼろッ, てまだ, てやつぱり田舎, てわからん, てわかりやしない, て一日せい, て中, て二十円, て二本差, て俺, て入れた, て冬, て口, て右手, て女, て実は, て居る, て床, て彼奴, て御用聞, て所詮, て承知, て新しい, て普通, て本当は, て正, て無論, て物, て玉, て用, て男, て盲, て真実, て私, て羅生門河岸, て蛙, て蟹田, て解釈, て言, て誰, て途中, て運慶, て金, て鎧兜, て驚きやしない, て高

▼ 言ひ出し~ (82, 0.2%)

5 さうに 42 ては後, て散々, て置いた, 鬼たち互ひ

1 [65件] これには, さうだつ, さうで, さうです, たりし, たりする, てきかなかつた, てくれた, てし, てしきりに, てしまつたの, てすぐ, てな, ては泣きます, てみた, てみる, てをかしい, てリュックサック, て三人, て主人, て互, て今, て仲間割れ, て來, て到頭, て困, て大して, て大論爭, て大雨, て平七, て庭, て来た, て浜田山, て狂言, て猿, て皆んな, て皆様, て私, て置い, て自分, て諏訪明神裏, にくかつ, 一緒に, 今更ら理窟を, 今朝にな, 何時まで, 十三屋へは, 器用で, 外へ, 宵から, 弱気の, 後々の, 悪い, 憎い, 月極めの, 父が, 當時の, 皆で, 相手の, 相當むづかる主人, 親類の, 長くし, 隨分困らせられました, 離室の, 離屋の

▼ 言ふよ~ (81, 0.1%)

11 り外 7 り早く 6 りほか 4 り他 3 りさ, り其 2 り寧, り寧ろ

1 [43件] しを, つまらねえ持句, りことほぎの, りしたくないから, りその, りとり残されたやう, りま, りむしろ, りやはり, り一方, り世間, り仕方, り其儘, り前, り副詞, り句, り同化性能, り団十郎, り外致し方, り奇抜, り姿, り家族向き, り寛, り敬称, り整理, り新しい, り日本, り暗い, り此やす子, り此處, り殆, り洋食, り無いと, り瓠, り目まぐるしい, り石, り蕃神渡来, り語根, り謎, り通称, り醜, り陰陽道, 打たれるの

▼ 言つて來~ (80, 0.1%)

15 たの 5 た, ました 3 ること, ると 2 い, たけれど, たもの, た時, てゐる, ましたが, ましたよ, るが, るほどの

1 [31件] たお, たかと, たから, たが, たこと, たので, たもん, たよ, たら其時, たんで, た事, た使, た俊西入道, た汚, てもお, ても娘, てゐました, て下さい, て呉れた, て居つた, なかつた, なかつたから, ましたから, ます, ますよ, る, るとは, るなんて, るに, るの, る筈

▼ 言ふなら~ (71, 0.1%)

3 ば, まだ聞き 2 何故田中正造

1 [63件] あつしが, あつしは, お上に, お上にも, お小夜, この祕曲, すべての, ばその, ばそれ, ば一層, ば何時しか, ば作者, ば元, ば兎, ば其最, ば切籠燈籠, ば古事記, ば君, ば太田, ば小説家, ば彼, ば後者, ば忽ち, ば戸, ば眞面目, もう一つ, もう一人, もう少しあつ, んと, サア來て, モツト本当の, 一人の, 一應錢形の, 下手人は, 久離きつ, 五兵衞の, 仕方が, 他を, 其演出の, 可哀想にも, 女房を, 憚り乍ら眞砂町の, 時計は, 暫く措く, 構ふ, 構ま, 此一番に, 淺五郎の, 猿楽は, 療養所文芸など, 神事舞踊の, 私が, 私は, 算術は, 結納の, 腕づく, 腰繩くらゐ, 萬, 行つてやらう, 行つて見よう, 行つて見る, 隨分縛つても, 默つてこの

▼ 言ふか~ (70, 0.1%)

13 も知れない 11 と思ふ 5 と思へ 3 な, も知れぬ, 知れやしないと 2

1 [30件] お辭儀, すれば, そんな感情, といふ, と思, と思はれる, と思ひましたら, なあどう, ないと, なんか関心, ねえ, ねそんな, ねとからかふと, のやう, ひなきは, まあそんな, もしれない, もわからない, や, わからないから, 光りと, 全く内的, 分る, 勿論今, 囁くか, 御苦勞, 或は又, 知れない, 知れませんが, 解りませんが

▼ 言出し~ (68, 0.1%)

3 てそれ, て見た, て見る 2 て, ていた, て東京, て置き, を手ぐつて自分

1 [49件] そうに, たりと急, たりなぞ, ちゃチト, ちゃ面倒臭い, てから急, てつづけ, ては面白く, てまだ, てみようみよう, てヤレ, て三人, て三造, て何だか, て兄, て別れる, て取着かれぬ, て可, て合長屋, て啜泣きし, て嘆息, て噂, て復, て恥, て来る, て正太, て母, て気, て気味が悪い, て疑ひ, て皆, て私, て笑った, て笑つた, て見, て負けず劣らず, て長い, て馬鹿, て鸚鵡, などし, にくい, にくいからね, にくいので, にくさう, はしませんでした, もした, やがっ, を思わない, 兼ねて

▼ 言はれない~ (66, 0.1%)

4 やうな 2 のである

1 [60件] かなしさ, かも知れない, からいい, がもう, が一目, が上田氏, が世の中, が世間ぢ, が夜中, が戸籍整理, が目賀田さん, が自分, けれど, けれども, けれども此財政, さびしい悲しい心持, ぢや, での義, でも, でもすべて, でもない, とあの, といふやう, と噂, と思ふ, にしろ, のを, ほどあはれ, までも考, までも近代, ものが, やうだ, やうに, わ, わけだつた, ハメの, 一人である, 上に, 他の, 周圍五十三里の, 壯嚴さを, 大きなもの, 好い味, 媚が, 寂しさ, 悲哀に, 愛情が, 感謝の, 感謝を, 新鮮な, 歡喜を, 温かさ, 甘美な, 異な, 筈だ, 義理にな, 艱難を, 苦労を, 苦痛である, 苦痛です

▼ 言~ (65, 0.1%)

5 はむ 3 だん, の近く 2 は, はぬ, ひ, へども, へよ今

1 [44件] から上, から橋場, から浅草, から渡し, から竹屋, すれば, です, ですよ, では団子, とこと, と判じた, など隅田川, のあたり, のほう, のほとり, の前, の団子, の岡, の岡あたり, の手前, の方, の曲角, の桟橋, の水上, の渡し, の渡船場あたり, の艇庫, の近所, はば赤ゑり赭熊, はまし, はむウインネツケ, ひて, ひぬ, ひ来なむ, ひ止み, ふと言, ふ姿面影, へ来い, までは渡し, まで戻っ, まで戻つ, まで行く, や三囲, を三囲神社

▼ 言つた事~ (64, 0.1%)

7 があつ 6 がある 4 を思出 3 をとツこ 2 だが, などを語, もある, を凡て, を松太郎

1 [34件] が真理, が細々, が違, だと, である, でせう, では無, で一々, なぞは殊に, にも格, に對, に就, に注意, に責任, のない, の事實, の手前, はいま, はこれ, はその, はそれだけ, はない, はなかつた, は無, は皆嘘, は筒, もあつ, や爲, を委しく, を或, を繰返し, を腹の中, を言つて, を非常

▼ 言つて私~ (64, 0.1%)

3 の方 2 にも同行, の前, の宿命, の手, は, はその, は別に, は空

1 [45件] がゐる, が文学作品, が木曜會, が連れ, と同年, にいろ, にもち, に微笑みかけた, のあらゆる, のため, のところ, の子供, の宿, の巻煙草, の持つ, の父, の眼, の羽織, の耳, の背, の襟, はお前, はまた, は今, は先, は其処, は呉, は微笑, は心, は技巧論者, は自分, は襟, は鉄砲玉, は食事, は食後, をい, をだます, を嘲弄, を慰める, を町中, を自分達, を訪ねた, を遊び, を釧路, を驚かせた

▼ 言出す~ (62, 0.1%)

2 かと思う, ことが, のは, のを

1 [54件] かそれ, かとだまっ, かと三吉, かと思ふ, かと黙, からよ, か言, ことの, ことも, ことを, つもりも, とお, とお代さん, とこの, とその, ともう, ともなく, とヤレ君, と両親たち, と久佐賀, と仇, と可, と太く, と小, と座が曝, と必, と毎日, と皆, と肯きません, によき, に違い, のじゃ, のだろう, のであつ, ので三吉, のにほか, のに池上, はずの, ほど気, までにはどの, までには離縁, ものだ, やうに, ようじゃ, ようで, ように, んだ, 事は, 人が, 勇気を, 場合が, 機会は, 潮が, 祖母さんは

▼ 言つた調子~ (61, 0.1%)

26 です 7 でした 42 で松太郎, で話

1 [20件] いかにも八五郎, こんなの, であの, である, でおちよぼ, でこんな, ですが, で何時も, で四方, で平次, で張飛巡査, で話し, で謡, の三十, の女, の殿樣, の滑らか, の男, も續, 荒い浴衣

▼ 言ふて~ (60, 0.1%)

6 はならぬ 3 それが, な遠慮, も宜, 下さります, 世間の, 宜さそう 2 お城, は居りまする, は惡

1 [30件] くらはるよつてに, な色, には全体, にをはすら古く, はをりまする, は出張, は悪い, は現在, も, もあきまへん, もあて, もあんたら, もうまく, も口さき, も駆けた, 來て, 其れ, 別居も, 勿体を, 奥さんと, 奧へばかり, 拜みましたやろ, 早や, 歸られる, 町内が, 益なき, 私を, 給は, 羨しが, 魚を

▼ 言つた方~ (59, 0.1%)

8 が宜 5 がい 4 が適当 3 がいい, がよい, が当, が適切 2 がよかつ, がよから, がよく, が適當

1 [22件] がある, がこの, がもつ, がよかん, が一層, が好い, が妥当, が姿, が後腐れ, が手, が本道, が正しい, が無事, が物事, が當, が相応し, が穩當, が精確, が素直, が至当, で御座いました, のこと

▼ 言~ (58, 0.1%)

5 がある 3 だが 2 がない, が無い, であった, であつ, の無い, を聞い

1 [38件] あるまい, かな所詮, から内輪, があります, があるなら, があれ, が正しい, が立ちませぬ, だけを聞け, である, では取り消されなかつた, というの, なの, なので, なるが, によれ, のある, のやう, はあらう, はある, はどう, はない, は先方, は有らう, は無から, は立たない, は通ります, らしく, をじっと, をする, をもっ, を刎, を採用, を立てる, を聞け, を聴い, を通した, 立ち難し

▼ 言はせ~ (57, 0.1%)

5 てゐる 3 てもちよ, て居る 2 てしまふ, てみ, て下さ, て置く

1 [38件] て, ていただくなら, ておく, ておけ, てくれ, てこの, てし, てしまつ, てしまひました, てそれ, てどんな, てみせる, てもら, ても言, てやらう, てやりたく, てやる, て下, て下さい, て八五郎, て取次ぎます, て吾等孤島, て喜んだ, て手真似, て拙者, て果し, て横車, て滑る, て猛り, て眞, て立たう, て置いたら, て置け, て衝立, て貧乏人, て道行く, て食つて, て默つて

▼ 言では~ (53, 0.1%)

6 ない 4 あるが 3 なからう 2 ありません, あるまい, ございますが, ないか, ないが, なくて

1 [28件] ありは, ありませんか, ありませんが, ある, あるし, あるまいか, あるまいと, この家屋, すまして, ないよう, ない千言万語, ない能, ない衒い, なかった, なかつた, なかなかご, なくそうした, なくその後二世紀, なく多少, なく後人, 六波羅の, 吽といふ, 急に, 悉し得ない, 新詞章, 有るまいが, 無いから, 説きつくせない

▼ 言やあ~ (52, 0.1%)

2 しない, 今の

1 [48件] あっしあ, あなたに, あなたより, あの島, いい, いいじ, いいん, お前は, がつて, しかたが, しないか, しないかい, しないけど, しないだろうね, しないわ, しないん, しねえよ, しますまいと, そうだ, そうな, その兩方, とにかくアケッピロゲ, どうして奴, どうも何でえ, むかしあばれ, 一刻, 五年の, 人が, 俺あ, 初子が, 口が, 右にも, 大きな会社, 引廻しの, 此処も, 痔の, 直ぐ泣く, 蔵の, 行くけど, 言える, 豚です, 金太が, 金銀は, 食うよ, 香代ちやん, 馬鹿野郎驚く, 駄目さ, 騒々しい音

▼ 言には~ (50, 0.1%)

1 [50件] あらず, いつも一応の, いつも途中, だいぶ心, とまどいした, どこか, どんな賢い, なおさら胸, はじめから, 一層の, 不服である, 五郎と, 他愛なく動かされる, 似るが, 出で, 出でず, 友を, 古くから, 哭かされて, 国を, 宗右衛門が, 小次郎も, 峻烈な, 形が, 思い当るふし, 戦いの, 揺らねただに, 搖らねただに, 政宗今日夕刻より, 曹操も, 熱意を, 父の, 異存も, 疑うべき余地, 直ちに結果, 相違ない, 答えも, 終始一貫, 耳も, 耳を, 自信も, 表裏が, 身に, 逆ふべからず, 重量が, 間違ひ, 陸中遠野地方でも, 頑として応ぜず, 風流なる, 験ありけれ

▼ 言つて自分~ (49, 0.1%)

2 の手, の部屋

1 [45件] がこの, が眞実, だけは病人, でさき, で持出した, で立つ, にも意外, に孫一, のしめて, の二の腕, の仕事, の住家, の兩手, の口切り, の名, の夜具, の子, の家, の少し, の帶, の座蒲團, の張つた紅絹裏, の懷ろ, の懷中, の手紙, の栽培, の欲望, の父親, の細君, の署名, の考, の胸, の脚, の自転車, の衣服, の身體, の雷鳴嫌, は友, は尚, は父, も十字, も頭, をせびらかした, を教壇, を責めたつ

▼ 言つた言葉~ (48, 0.1%)

3 をふと 2 も思ひ出された, を思ひ出し

1 [41件] あの二人, がわれ, が彼, が染, が誤り, が面白い, だつた, であ, であつ, でせう, ではない, で直ぐ, として, などをも思ひ出さず, に, に意味, の中, の裏, の調子, ははつきり, は伊達, は医者, は文吾, は有名, は杉村, は覚え, もあつ, もあれ, も決して, も院長, や濱島, をその, をガラツ八, を僕, を医者, を引証, を思ひ出す, を想, を憶, を窕子, を覚え

▼ 言ひつけ~ (48, 0.1%)

3 てお 2 て下さい, て疊

1 [41件] たりする, たり瀬戸物, てあつ, てそれから, てめい, てゐた, てゐる, てイワン, て一時, て二, て何彼と, て何番目, て其名, て取出させ, て囚人, て塞がせたさうだ, て懐中電燈, て書かせた, て松, て毛染め薬, て洗, て猫, て畳, て置いた, て置きました, て置く, て表, て訪ね, て走らせました, て追, て金之助, て隣り, て頂きませう, でもする, と薬, 奥さんは, 家の, 島吉と, 振りは, 漁師町を, 畠山重忠は

▼ 言ふお~ (45, 0.1%)

4 名は 3 方は 2 八重の, 前の, 客樣もござります

1 [32件] かまは, けさの, ぢいさん, 人は, 仲の, 兼です, 前が, 前こそ, 前ぢ, 前は, 前も, 勢の, 孃さんである, 安です, 客様もござります, 寺の, 崎は, 常の, 徳の, 方だ, 朝といふ, 母樣の, 為向けを, 粂です, 考への, 若は, 菊でした, 話で, 話も, 金を, 靜も, 鳥です

▼ 言ひきる~ (44, 0.1%)

11 のです 5 のでした 4 ことが 2 ことも, のが

1 [20件] かきらない, ことによ, ことの, ことは, ことほど, だけの気持, だけの自信, とあと, と総, と鍛冶屋, のは, やうに, 事も, 勇気が, 勇氣は, 小森屋彌, 甚三は, 用意が, 男です, 資格は

▼ 言ふから~ (43, 0.1%)

32 な, にはこれ

1 [36件] あつしと, あるひ, あわてて, お銀, ことによれ, こんなこと, さ, すでる, その代り五十兩, そんな仕事, である, どうしてゐる, なあ, なう, には蛍, ね, の名, は水, もう少し判る, もう鶯, やはりあの, やはり町奴, やはり頭, をかしい, 休ませて, 大體, 少し位, 少し癪, 待ってたの, 或は又, 抱き起した上, 見つかつ, 誘ふこと, 諦めとるが, 近頃青島, 騙して

▼ 言ひな~ (42, 0.1%)

5 さるん 3 さるの, されお, されたは, し可笑しく, すつたね 2 がし, はるな, らして

1 [16件] されだが, されて, したり, しはては, じつて, せしは, せし事, せる擬音, づけ娘, なえ, はる, はるから, やいか, んな, 斬られたの, 近頃少し評判

▼ 言つた風~ (40, 0.1%)

2 だ, にし, の言

1 [34件] が宮廷詩人, だつた, です, で笑つて, な, なの, なもの, な言, にお, にしか受けとれない, になつ, に天子, に歩いた, に油, に片岡山, に相槌, に聞えれ, に胸, に言, に返事, に重くるしい, のおちついた, のところ, のもの, のヘナヘナ, の事, の伝, の伝統, の固定, の姿, の悲観論, の感じ, の書き, の譬喩表現

▼ 言ひ捨て~ (39, 0.1%)

4 て平次 3 に出, に立

1 [29件] てあきらめた, てあたふた, てお, てお前, てお勝手, てその, てスタスタ, てヴエランダ, て丸屋, て二階, て元, て八五郎, て博士, て家, て庭, て引返す, て明神下, て王宮, て疾風, て若い, て襖立切り, て走り去る, て足音, て路地, て飛び出しました, て馬, ながら涙, にし, 立んと

▼ 言~ (39, 0.1%)

8 ないで, なかった 5 ずに 4 ないの 3 ないでしょう 2 ないよう 1 うと, ずまた, ないから, ないが, ないし, ないでよ, ないわ, なかつたか, ぬでしょう

▼ 言つてやつ~ (38, 0.1%)

124 たん 3 たよ 2 たが, たこと, たもの

1 [13件] たか, たところ, たのに, たらゴソゴソ, たら苦笑, たら錢形, たりなどした, たわけぢ, たんで, てき, て下さい, て來, と諦めた

▼ 言~ (36, 0.1%)

3 見る通り 2 居る

1 [31件] いる, おくん, おしまい隠, お出でなさる, お握飯, くれる, しまいます, しまいますとも, それは, より, ゐましたわ, 人を, 吾子と, 居ましたが, 居ました爾, 居る往来, 居る通り, 岡本の, 御用紙, 御覧なさい, 息を, 持て来て, 斥けたらん, 来たの, 矢の, 笑った, 聞かせた跡, 見たが, 語り出した, 貰いたか, 首肯いたばかり

▼ 言ひ得る~ (35, 0.1%)

4 のである 2 といふ事

1 [29件] かならば, が人格, ことあげである, ことな, ことは, ことも, ことを, だけ言, といふの, ところである, と思ふ, にし, に違, ので, のは, のみである, のも, ほどそれほど, までに落ち付き, ものぞ, ものと, ものには, ものの認識, ものも, 温泉は, 立派な, 言葉なり, 語ぞ, 限りの

▼ 言ふけれ~ (35, 0.1%)

3 ど, ど己 2 どしかし

1 [27件] どあの, どあんな, どいざ, どこの, どこれ, どその, どそれ, どもが, どもその, どもどうも, どもハテナ, ども之, ども僕, ども其, ども実際, ども日本, ども武士, ども畳, ども私, ども誰, ども馬酔木, ど単に, ど君, ど女, ど悪縁, ど私, 共ダ

▼ 言~ (34, 0.1%)

2 たでは, とて何一言, も無い, を持つ

1 [26件] がある, だけでも用事, だつたので, だとて, て, てさせる, てなどし, てはありません, ては聽, てを傳, です, によつて, に往昔鐵器, は無, へがこんな, へが氣, へける, へたる者, へて船頭, への殘つた一株, へらる, へをそのまま, もあります, をしなく, を朴氏, を頼まれました

▼ 言~ (34, 0.1%)

5 をし 3 がない 2 しながら, には及ばない, は後

1 [20件] があるなら, が何, が立たない, きく耳, した, して, しなくても, すべき程, だが, の理由, は, は聞かない, らしい事, らしい言譯, らしい返事, をお, をした, をする, をなしける, を半分

▼ 言つたぢ~ (33, 0.1%)

26 やない 6 やありません 1 やなあ

▼ 言つた通り~ (33, 0.1%)

3 ですよ 2

1 [28件] あの女, あの晩, たつた一, だが, である, であるから, であるが, でした, でしたから, でしよ, です, で唯, で問題, で宜, なので, に, にやつ, に來, に言います, に詳しく, の弱々しい, の忙しい, の金, の雲, まだ犬, 同時に埋殺された, 大嫌ひなん, 必ず夫婦

▼ 言として~ (33, 0.1%)

2 これを

1 [31件] こんな事, たしかに貴き, ふさは, ポウが, 一笑に, 傳える, 先ず神, 君にまで, 峻烈を, 左の, 強いても, 感謝の, 故馬琴, 染, 滿腹の, 用いたるが, 用ゐたる, 申しあげようと, 竊に, 素人は, 葬り去るべきもの, 行なわれて, 見ても, 見ら, 見れば, 覺ゆる, 記されて, 記しある, 読むべきもの, 読者も, 頗る有名

▼ 言つた時~ (32, 0.1%)

1 [32件] あの繼母, お菊, からこいつ, からだ, から變, この大きな室, である, です, にはおそらく, にはおれ, にはもうこそこそ, には兼家, には幾, には正夫, には気, にやだから, に思ひ出した, に言つた言葉, のあの, の佐七, の兒玉, の耕二, はあつし, はさすが, は二本目, は我, は私, は與力ども, 今言つた人々, 同じ記者, 吾が心, 聞いてた私

▼ 言つてそれ~ (32, 0.1%)

2 を私

1 [30件] からいろ, から三藏, から幾度, が女性, が當, が蔵相, が薄情, が足利時代, だからと, で済ん, に携はるの, は, は困つた, をうめ, をそつ, をわり, をわるう, を不作法, を二人, を大, を恐れ, を放つたらかし, を疑り, を糸, を落す, を話す, を貴, を買, を風呂敷, 故それ

▼ 言つて彼~ (32, 0.1%)

2 の兀頭, の方, はその

1 [26件] が節くれだつた, の前, の場合, の生涯, の頭, はあらためて, はさも, はしやん, はそこ, はひたと, は二人, は咲きかけた, は彼女, は悪魔, は手, は抜身, は拳銃, は枕もと, は欄干, は突然, は自分, は自転車, は賞品, は靜, は驛, を使役

▼ 言つて貰~ (32, 0.1%)

5 はう 4 ひ度い 3 はなき, ひ度 2 ひたかつた, ひたくねえ, ひ度いが

1 [11件] つた, つたら代り, つちや, ひたいの, ひたか, ひたくな, ひたくないね, ふまい, ふめエ, ふ筋合, へるところ

▼ 言ふで~ (32, 0.1%)

8 は無い 7 はない 3 はなけれ, もなく

1 [11件] な俺, ねえ, はございませぬ, はなく, は有りません, もあらう, もありません, もなき, もなし, 種油提げ, 肘鐵砲でも

▼ 言つて了~ (31, 0.1%)

4 ひました 2 ひたくなる, ひましたの, ひます, ふと, へ

1 [17件] つちや, つて, はない, ひたく無いね, ひますが, ひますよ, ひますわ, ひませう, ふと云, へない, へば何, へば何でも, へば其, へば旦那樣, へるかも, へ何, へ菓子

▼ 言ひだす~ (31, 0.1%)

2 ともなく, のは, やうに, 人が

1 [23件] ことだ, ことにも, ことの, たびに, ときの, と墨染, なんてまるで, のだ, のだつた, のだらう, のであつ, のである, のでした, ので彼, のも, のやら, ほどになつ, までてんで, までのこと, まではその, ものだ, 声が, 筈が

▼ 言ひ交した~ (31, 0.1%)

3 男が 2 お駒, 女が, 女でも

1 [22件] お袖, ことには, といふ勝太郎, といふ若い, のが, 仲さ, 仲だ, 女だ, 女と, 女には, 女の, 女を, 奴, 好い男, 娘が, 娘手品の, 版木屋の, 男だ, 男でも, 男といふ, 相手は, 證據は

▼ 言~ (31, 0.1%)

2 もこの

1 [29件] が, がどう, がなお, がよ, が何とも, が変, が横柄, が気に入ったい, が江戸, が癪, が自棄, が言種, じゃあねえ, だが, だと, でね, ではない, な上, にしたがえ, に事, は, はない, は何, は前, は映画, は活動写真, は貴下, もあろう, をした

▼ 言である~ (30, 0.1%)

3 ことを 2 からであるまい, が, のか

1 [21件] か, からすこぶる, から忽ち, から新進, から異見, か何人, がこの, がさらに, が予, が燈火, ことも, し万一, という, という聖書, としても変, とはいう, と共に猿楽, ばかりでなく, 場合が, 彼は, 氏の

▼ 言ひた~ (30, 0.1%)

6 いま 5 いくらゐ 3 まふ 2 がつて

1 [14件] かあ, かありません, かない, がつたの, きまま取り集め, くつて, けれど實, げに笑, さうに口, て, まひける, やすかり, 氣です, 氣な

▼ 言~ (30, 0.1%)

1 [30件] がおも, である, ではこれ, では權田雷斧大僧正, では碩學長谷寶秀大僧正等, で住職, なるが, にも新, に就い, に獨得, の一派, の二大寺也, の信者, の坊主上り, の大, の宗徒, の庵室, の御方, の方, の方々, の檀徒, の煩惱即菩提, の碩學, の規則, の青年僧侶, やらが興, を傳, を傳授さ, 大學, 新義派

▼ 言~ (29, 0.1%)

4 ながらぢ 3 ていた 2 て曰く

1 [20件] て, てあらゆる, ている, てえ, てこれ, てすぐ, てその, てどう, て三度, て下さいまし, て天, て屈せず, て歩いた, て漫, て造つた殿, ながらじっと, ながら前, 人を, 所は, 試み申すべし

▼ 言つと~ (29, 0.1%)

7 いて 3 いてね 2 きます, くけど

1 [15件] いた, いたからね, いたけど, いた方, いてよ, かんと, くからな, くけれど, くぞ, くにや, くわ, つた, つたが, つたぜ, つたのは

▼ 言ひなり~ (29, 0.1%)

7 放題に 3 になつ, 放題で 2 になつて, になる, 放題だ 1 にこつち, になり, になりよるやろ, にはなるまい, に空茶店, 次第に, 通りお金を, 通りさくらんぼを, 通り二つ購は, 通り夜の

▼ 言はむ~ (28, 0.1%)

6 と欲する 42 ことを, 此の

1 [14件] として物言はず, と思ほし, と欲し, に柏軒, に茶山, に近郊, の彼は, もし世路, やうなし, われ語を, 人も, 哉, 彼等は, 方なし

▼ 言ひ付け~ (28, 0.1%)

1 [28件] てあ, てあつ, てお, てそれから, てやる, てゐた, てゐる, て先刻, て兩國, て八五郎, て出した, て外科, て奉公人, て少年二人, て居なすつた, て己, て手ぐすね, て文次, て横山町一圓, て漸く, て無理, て父さん, て用意, て空井戸, て細工, て置い, て船, て雨戸

▼ 言~ (28, 0.1%)

2 を費やす

1 [26件] が卯平, が自然, でも掛け, でも掛けられつ, と云, に少し, に麻痺, のやう, の上, の尻, はいつ, は彼等, は悉皆, は支那, は荒く, は軟か, も掛け, をなした, を主として, を惜, を挾んだ, を用, を續けた, を送る, 悉く, 掛けつと

▼ 言つて笑~ (27, 0.0%)

2 はれたが, ひました, ふ

1 [21件] つたり, はせて, はせる, はれ森, ひ, ひこけた, ひながら, ひを, ひ乍ら, ひ出した, ひ合, ひ笑, ひ興じました, ふが, ふと娘さん, ふの, ふので, ふもの, ふ声, ふ聲, を含ん

▼ 言ひかけた~ (27, 0.0%)

2 が何

1 [25件] があと, がその, が急, が是, が私, が議論, であらう, とき船橋の, ので, のは, のを, ものの自分乍ら, んです, 事を, 但馬守は, 婆さんは, 客人に, 小幡氏の, 時に, 時突然, 歌で, 窕子を, 言葉の, 言葉を, 途端です

▼ 言~ (26, 0.0%)

2 か強がりだ

1 [24件] からこの, から聞い, から茶, が一種, が一行, が其後, が控え目, これら実在の, ごもっとも, という, とは決して, と云った, と私, と称する, と笑う, な, なとすぐ, もしその, よ, わねこの, マクグレゴル注に, 上村君に, 世迷言だ, 君こそ

▼ 言ひたる~ (26, 0.0%)

2 が理窟, にても知れ, 言葉の

1 [20件] いとらうたし, ところに, と同じ, にはあらで, に過ぎず, は, は不可, ものならん, ものに, もの之に, もの即ち, よ, をまことに, 事ありし, 事あれ, 例も, 巣林子を, 義実の, 蟹の, 記者こそ

▼ 言ひ放つ~ (26, 0.0%)

1 [26件] て, てゐる, て二階, て何, て卓上, て四, て女, て妹, て梯子, て機, て母屋, て片手, て立ちしな, て老女, て見せ物場, て見返り, て道, て顏, て顔, とお, とおかみ, と両, と自分, と隣, のだつた, のである

▼ 言すれ~ (25, 0.0%)

1 [25件] ばこの, ばそれ, ばそれ以前, ば一国, ば予防的妨げ, ば今, ば基督, ば季冬, ば左, ば彼ら, ば情緒, ば我国, ば敢, ば日本国民, ば日本種族, ば東京専門学校, ば松陰, ば次, ば社会, ば秋風, ば精神的革命, ば芸術家, ば資本, ば鎌倉武士, ば革命

▼ 言つた様~ (25, 0.0%)

2 な点, な顔

1 [21件] だ, であつ, である, でよく, な噂, な失望, な意, な朦乎, な気, な無益, な芸, な詩, な諺, に, に市村羽左衛門, に敬語, に曇, に見える, に言つて, に長吉, に馬

▼ 言を以て~ (25, 0.0%)

2 して

1 [23件] これに, しては, すれば, なぐさめて, ほかひ, 不合理な, 之を, 予が, 人を, 命じて, 喞たれし, 地を, 外来の, 守者を, 愛人の, 慰めたが, 神怪の, 緑翹を, 自分の, 自己の, 表面的なる, 言へば, 警められ隆三

▼ 言話し~ (25, 0.0%)

7 ている 4 てゐる 3 ていた, てゐた 1 ていました, てすぐ, て戻っ, て見る, をした, 合つた, 合つた結果急い, 合ひました

▼ 言ひたい事~ (24, 0.0%)

7 がある 3 は此方 2 を言

1 [12件] があつ, があるであらう, が分かり, が沢山, だけは言, は呪言, は沢山, は河, もあつ, も頗る, をも申すべし, を言うた

▼ 言ひつ~ (24, 0.0%)

4 づけて 3 かつた 2 たへられて

1 [15件] かつてかの, かつてゐる, かつて天, かつて独逸軍, かつて西洞院蛸薬師, かりは, かるの, くされたこと, けなさつたけれども, けなすつたこと, づけました, づけられてて, のるばかり, べし, 立つて

▼ 言ひ切る~ (24, 0.0%)

7 のです 2 ことの, と急

1 [13件] ことが, ことも, とあなた, とそれ, と三輪, と又, のでした, のは, 事は, 事も, 勇氣を, 自信が, 馬鹿鄭寧な

▼ 言ふた~ (24, 0.0%)

3 と他, ので御 2 では無い

1 [16件] かて今, が人, が其, が其の, が実は, てあかん, ではない, では余, ところで, とて, とて関所, はみんな私, びごとに手に, びにたゞエヘヘと, るん, 河中の島でも

▼ 言から~ (23, 0.0%)

3 出たの 2 出たもの

1 [18件] ありを, いふと, かいかけると, 出た行事, 出て, 分化した, 十年を, 叙事詩, 叙事詩の, 寿詞へ, 数年に, 現はれ, 生れ出た, 略, 真実の, 続いたコソ, 見ると, 變つたものがたりの

▼ 言~ (23, 0.0%)

2 やうが

1 [21件] たり軍人, てばかりゐる, ても仕方, て見る, ば, ばあたし, ばいい, ばそれ, ばなりたうございます, ばもう, ばよかっ, ばボウイ, ば今, ば僕, ば柿沼, ば私, ば結果, りや俺だ, 不審ながらも, 勝の, 右の

▼ 言つて僕~ (22, 0.0%)

1 [22件] がウン, が呑み屋, が將來文科系統, だつて, といつ, と坂本君, に笑, に説教, に読ませた, のわきの下, の下宿, の不足, の名, の肩, の身體, の額, の顏, はこの, は君, は菊石, を勵げ, を睨みつけ

▼ 言でも~ (22, 0.0%)

1 [22件] ある, いうこと, おまえの, したい気持, たった一, ない, なかつた, なぐさめて, のりたべ, ふれると, よいから, わかるやう, 事実から, 云ったよう, 云われる方, 時ならぬ, 正直に, 申しあげたい, 皆紫, 聞くお, 訊いて, 謹んでその

▼ 言ひかへれ~ (22, 0.0%)

2 ば, ば彼

1 [18件] ばこれ, ばほとんど, ば一種, ば不老不死, ば処女, ば劇作, ば受ける, ば君, ば国語, ば坂本氏, ば嫌, ば富士川, ば日常, ば無神経, ば私, ば絵かき, ば逃婚, ば霖雨期

▼ 言ふべからざる~ (22, 0.0%)

2 不愉快な思ひ, 情は

1 [18件] 不快の, 入神の, 凄切, 厭悪の, 厭惡の, 寂しさ, 恐怖の, 悲哀の, 愉快を, 憂愁の, 森厳の, 森嚴な, 疲労の, 疲勞の, 空虚を, 羞と, 羞慚の, 苦痛で

▼ 言ふ如く~ (22, 0.0%)

2 過去にも

1 [20件] さらに手, にし, に謝罪, カントの, ゼーロンに, 中坂に, 之を, 人生の, 北朝の, 周禮の, 性慾の, 憐れなる, 時代だ, 本來, 無意味な, 直接に, 眞實である, 詩人に, 遇は, 齊國で

▼ 言~ (22, 0.0%)

2 を見る, を買う

1 [18件] あやまりあるべからむこと, でも辞林, とつけられし, などもこれ, に, にはカガシ, には文典, には見えたれ, にも国語, による, の, の語源, の體例, はこりゃ, はモスク, は命ぜられぬ, を引い, を探した

▼ 言とは~ (21, 0.0%)

2 呼ばれも

1 [19件] いえ, いえない, いえないであろう, いくらか違つて, ぬ木, ぬ草木, もと, 他人が, 別として, 少しく通ずる, 幾代かの, 形容詞に, 我を, 日に, 申されませぬ, 考えられぬ, 聞えない, 言うこと, 違ふ

▼ 言はれし~ (21, 0.0%)

3 が悲しき, ばかり小言, 嘘なら 2 を思ふ, 通り頗る 1 いと恥, が世, は狭義, もので, ものなり, 人なる, 大力士で, 高蹈派

▼ 言ひかける~ (21, 0.0%)

2 と, のを

1 [17件] ことも, といふ考, ところで, と二九太, と二人, と叔父, と咄嗟, と女, と杜子春, と此, と起き, のが, のにすら, よその, 文句を, 素振で, 言葉に

▼ 言ひません~ (21, 0.0%)

3

1 [18件] からうるさく, から御, がこんな, がね, がね親分, が不思議, が小屋, が思ひ, が甚, が相手, が祭り, が美しい, が腹の中ぢ, が襟, が身, の, よよし, 私の

▼ 言ひも~ (21, 0.0%)

3 する家

1 [18件] あへぬ, かね, した様, し行ひも, すまい, すまじ他人, する, せず何と, てそこら, てゆけ, まじへた, ハキハキし, 同じやう, 思はせ振り, 未だ果てなかつた, 知らぬ祕密, 終らず皿一杯, 終わらないうち

▼ 言ふまい~ (21, 0.0%)

2

1 [19件] かと良い, かまだ, から, か迷つた, がお前, が当事, し記者, そして何, としてゐる, とする, とは始終, と思つた平次, と思つて, と決心, と消極的, と自分, と高, 此の, 糸七に

▼ 言三言~ (21, 0.0%)

3 話して 2 交すうち

1 [16件] いい合って, かけて, からかいかける, すぐ木蔭, それから双方, のやりとり, の云い, の挨拶, の立ち話, の雑談, やり合, やり合う間もなく, 云い合って, 烈しく云い合った, 聞いて, 話した後

▼ 言つて何~ (20, 0.0%)

2 うする, を思つて

1 [16件] うか, うとも, かにつけ, か喰, か思出, か探す, か書類, か考, が不足, が何やら, でもひとり, でも春三郎, の苗, も知らねえ, も須磨子, をも食べよう

▼ 言ひさう~ (20, 0.0%)

4 な事 2 な気, にし

1 [12件] な口前, な月並, な眼, な言葉, な誠に, な類型思想, に, にした, になかつた, になりました, に咲子, もない

▼ 言ひま~ (20, 0.0%)

4 はし 3 するし, するまあ 2 するあの 1 かされ, くるこの, すると, するに, するには, たは, どひ, はした

▼ 言ひ合せた~ (20, 0.0%)

16 やうに 1 やうである, やうな, 様な, 様に

▼ 言ひ含め~ (20, 0.0%)

1 [20件] あつしは, お膳立, そのま, てあつ, てそれ, て一人, て上總屋, て八方, て医師, て多良井家, て御用聞, て絶えず, て置いた, て置きました, て置く, て腕, て藥研堀, て身代り, て醉ひつ, ながら何處

▼ 言ひ知れぬ~ (20, 0.0%)

4 愛著を

1 [16件] ちからの, 人間の, 力が, 嫉妬を, 寂しさ, 微妙な, 忿怒が, 悲哀を, 感に, 感慨を, 歡びに, 滿足を, 濃情, 苦しい吐息, 親しみを, 鋭さにおいて

▼ 言ひける~ (19, 0.0%)

5

1 [14件] が他, ことなど, ことを, に, にぞ, に驚い, はかかる, は傳, は緋, は苟くも侍, やう御, をなぐ, 程に, 麻布は

▼ 言ひ張る~ (19, 0.0%)

5 のです 2 んです

1 [12件] かも知れぬ, ことです, のが, のさ, のだ, のも, ばかりで, 人も, 友を, 声を, 相です, 者に

▼ 言つた形~ (18, 0.0%)

2 をとつ

1 [16件] であつ, で名家, で正, で此, と結びついた, になつ, になつて来, になり, に近い, のもの, の石橋様式, らしく思はれる, を作つたの, を取, を截, を採つ

▼ 言つて彼女~ (18, 0.0%)

2 はまた

1 [16件] の不, はそこ, はちよ, はゆく, はヤニングス, は何, は兄, は包みきれない, は安らか, は振り, は果物, は縋りついた, は茶棚, は言葉, は顏, も私

▼ 言はれたら~ (18, 0.0%)

2 それつ, 浮氣者でござんせう

1 [14件] ごめんだ, しかつたの, どうしませう, どうしよう, どうする, どんなに肩身, まあさしづめ, やはり遠慮, ギヤフンと, 却つてな, 心棒は, 浮気者でござんせう, 直ぐ返事, 私は

▼ 言ひたかつた~ (18, 0.0%)

2 ことは, のです

1 [14件] がさ, が何, が相手, に相違, のかも, のさ, のだ, のである, のに相違, のは, やうな, よ, んだ, 事の

▼ 言ひなさる~ (18, 0.0%)

3 を無理 2 のかい

1 [13件] から, からはきつ, が実に, が親分, けれど聞される, けれど試, けれど雅さん, し, それから町處, だね, な, な俺, 其れ

▼ 言ふだらう~ (18, 0.0%)

3 と思つて 2 しね

1 [13件] あれは, かと云, かと思ふらしく問うた, がそれ, けれど一文, し栖鳳氏, て, といふ風, と云, と思ふ, なあ, よ, 懷の

▼ 言問橋~ (18, 0.0%)

3 の方 2 の袂

1 [13件] から遊び仲間, が出来, が架けられ, にせよ, の上, の横, の灯, の際, や吾妻橋, をぬけ, を初め, を渡る, を自動車

▼ 言~ (18, 0.0%)

2 には, には此

1 [14件] にはこう, にはこの, にはそれ, にはそんな, には一喝, には品性, には喧嘩, には喧嘩腰, には寺社, には怒らし, には相手, には科學的, には自分, も心

▼ 言つた感じ~ (17, 0.0%)

6 です 2 の男 1 がしました, がない, であたり, でした, で腰, のお, のする, の亂暴, の几帳面

▼ 言つた顏~ (17, 0.0%)

4 をする 2 です

1 [11件] だ, でガラツ八, で平次, で抗議, で輪飾り, になります, の良い, は心持赧, をお, をし, を振り向けました

▼ 言つて頭~ (17, 0.0%)

7 を下げた 1 へ手, をさげた, をふつ, を一つ, を下げました, を下げる, を低, を抱, を振つ, を撫で

▼ 言はずし~ (17, 0.0%)

3 て, て自 2 て懷疑的傾向 1 て何ぞ, て可, て想像, て既に, て時に, て流派, て知る, て第, て頷く

▼ 言はつ~ (17, 0.0%)

3 しやる 2 しやるだ, しやるな 1 しやつ, しやりますか, しやりますの, しやりますやう, しやるが, しやるし, しやるだ後, しやるなら祖父殿, しやる事, しやる狼

▼ 言はれました~ (17, 0.0%)

2 ので

1 [15件] から隨分妙, がこれ, がそれにしても, がそんな, が一体, が到頭, が喜三郎, が多, が御, が間もなく, しこの, し丁度, やうに, よ, よでも

▼ 言ひきつ~ (17, 0.0%)

3 てゐる 2 てしまふ, て美しい 1 たりする, ちや可, ていい, てしまへ, てそつ, てそれ, て何ん, て尚, て心, て苦々しく

▼ 言ひまし~ (17, 0.0%)

1 [17件] て, てあの, てもすぐさま, てもまつ, ても少, ても普通文章, ても木曾, ても輸出, て別, て北支那, て半分土, て少年, て村, て翁, て行列, て軍服, やうけれど

▼ 言ふもん~ (17, 0.0%)

11 ぢや 1 かといふ冷たい, かなあ人, の何ひとつ, はお, やあらへん, 荒物の

▼ 言ふわ~ (17, 0.0%)

13 けぢ 1 けだか俺, けぢやあ, け合, よ

▼ 言ふんぢ~ (17, 0.0%)

7 やない 3 や無い 2 やありません, やねえ 1 や, やある, やね

▼ 言ふ考へ~ (17, 0.0%)

4 方が 3 方は 2 方も 1 さへ, 方から, 方からは, 方である, 方と, 方に, 方の, 方を

▼ 言~ (17, 0.0%)

12 れば 2 ふれば, へれば 1 へさせる

▼ 言~ (17, 0.0%)

2 があっ, を受けた

1 [13件] があった, がありました, が公開, でもあっ, と同時に, に移つた, のある, より五日, をする, を受け, を附せられたい, ヲ受ケタル事件ハ, ヲ相

▼ 言づけ~ (16, 0.0%)

2 て初穂

1 [14件] があった, がありました, てゐました, は, はなかっ, をした, を忘れまい, を為, を申さう, を老人達, を誰, を頼まう, を頼もう, を頼ん

▼ 言にも~ (16, 0.0%)

1 [16件] ありますしかし, ある, かくあら, かなり耳, せよ彼, なんの, 兼ね備つて, 出たもの, 劣る, 決して腹立て申すまじき, 盡されぬ, 矛盾の, 神の, 符号すれ, 耳を, 返すことば

▼ 言ひ伝へ~ (16, 0.0%)

4 てゐる 2 て居る 1 たり, てあります, てきた, てゐた, て今に, て居た, て居ない, て怪異, て斯, て無事

▼ 言ひ聞かせ~ (16, 0.0%)

2 てある, ながら

1 [12件] てくれ, てとめ, てみた, てゐた, てゐる, て呉れる, て居る, て泣き, て軈て, よ, 人に, 喜び勇む

▼ 言ふため~ (16, 0.0%)

2 に戯曲, に生れ

1 [12件] に, にいろ, にかうし, にここ, に宮森氏, に必ずや, に数日, に文楽, に書いた, に物, に芝居, に言

▼ 言ふつ~ (16, 0.0%)

3 もりは 2 もり, もりぢ, もりであつ, もりである 1 て文句, もりであ, もりでは, もりで山, もりなの

▼ 言懸け~ (16, 0.0%)

3 てお

1 [13件] て, てうつむく, てじ, ても返答, てフト, て北叟笑み, て島野, て文三, て昇, て衣兜, て身, て頬, て頷く

▼ 言つたさう~ (15, 0.0%)

5 ぢや 43 な, な聞い

▼ 言つた所~ (15, 0.0%)

2 で別に辛くも, で問題

1 [11件] か, から介抱, でこれ程, でさう, で何, で恥ぢ, で悲しい, で決して, で鎌田氏, による, までには行つて

▼ 言つて笑つて~ (15, 0.0%)

3 ゐた 2 ゐたが, ゐる 1 いました, すました, すませて, も冷然, ゐるの, をられた, 居たつけ, 居ました

▼ 言ひ切~ (15, 0.0%)

2 つてお婆さんは

1 [13件] つた, つたと, つたに, つたのさ, つたのだ, つたのは, つてしまつては, つてホツと, つて了ふ, つて仕舞ふと, つて來た, つて在る, つて置い

▼ 言ふべきで~ (15, 0.0%)

4 あつた 3 はない, はなかつた 1 あつたらう, はなから, カフエ・プランタンで, 敬語式に, 町の

▼ 言へと~ (15, 0.0%)

2 云ふ, 言ふ

1 [11件] いふ, いふん, 仰しやれば, 命じた, 私を, 言って, 言つたぢや, 言はれたら, 言ふなら, 誰が, 責めたが

▼ 言いっこ~ (14, 0.0%)

5 なし 2 なしに 1 なしありゃ, なしいい年, なしだ, なしよ, なし兇状, なし私, はない

▼ 言~ (14, 0.0%)

2 通りに

1 [12件] がその, がネ腹立た, とひ, のに阿, のは, ような, ッけよ, 事も, 事を, 時に, 物の, 物やらと

▼ 言つて口~ (14, 0.0%)

2 を噤んだ, を極めて, を窄め 1 が酸, をきく, をつぐんだ, をムクムク, を尖らせ, を拭い, を緘, を緘ん

▼ 言ひたく~ (14, 0.0%)

3 はない 2 なつて 1 つてたまらない, てし, てもそれ, て來たん, て口, て待ち, て来, はありません, 思つてけれども

▼ 言ひつける~ (14, 0.0%)

1 [14件] がよい, ことが, ことを, といつた, とか命令, と書院, と湯島, と眞奈, と鬼ども, には氣, のだ, のである, のです, のを

▼ 言ひ残し~ (14, 0.0%)

1 [14件] がある, てあの, てさて, てすぐ, て僕達, て出掛ける, て帰る, て庄吉, て往, て慌ただしく, て死んだ, て男, て行方, 候事今少し

▼ 言ふなり~ (14, 0.0%)

3 私は

1 [11件] そのハーモニカ, その花, 怖ろ, 文吾は, 末路に対する, 母はむ, 清子の, 直ぐ洗面所, 直ぐ表, 而し, 袂を

▼ 言へども~ (14, 0.0%)

3 詞は 2 嫌々とて 1 あながち万葉, いや, まださながらにて, 単純な, 承引せず, 未ださながらにて, 禽獣を, 科を, 飛鳥を

▼ 言~ (14, 0.0%)

2 をお, を聴い 1 がさらさら, が可笑しい, が解らない, なら些, は, は能, は高橋, やあの, を取上げなく, を用いる

▼ 言~ (14, 0.0%)

1 [14件] かいいました, かいっ, かいった, かささやく, かつぶやき, か乱暴そう, か云った, か云つて, か仰っし, か囁いた, か心中, か言った, か諜, の益

▼ 言淀ん~ (14, 0.0%)

111 で見えた, で見れ, で面

▼ 言つて家~ (13, 0.0%)

2 の中, を出る 1 にゐ, に居る, に帰つた妹娘, のもの, の人, の人たち, へ帰, を出かける, を出た

▼ 言つて首~ (13, 0.0%)

2 を擡げた

1 [11件] をかしげ, を傾けつ, を垂れた, を垂れます, を振つ, を振つた, を振りました, を振る, を捻る, を縊め, を縮めた

▼ 言に従って~ (13, 0.0%)

1 [13件] 九郎次郎穂三尺の, 人に, 信長に, 善照寺には, 孝を, 己を, 敵の, 早速諸, 曹操は, 素肌を以て, 脱獄する, 行動し, 辞表を

▼ 言はれます~ (13, 0.0%)

1 [13件] かね, から, からには其大島小學校, が, がそれ, がアレ, が旦那樣, が読んだ, が錢形平次, けれども彼, のでどうも, のや, よ

▼ 言ばかり~ (13, 0.0%)

1 [13件] いただいて, いったと, でどんなに, でなく近頃, では, で別れ, で活きます, なさるマダアム・プレシウズ, 云って, 云つてゐる, 聞せました, 言って, 話しかけただけ

▼ 言ひす~ (13, 0.0%)

71 ぎたであらうか, ぎであらうかさ, ぎではあるまいしかし, てつ, てなけれ, て野禽

▼ 言ひたくない~ (13, 0.0%)

1 [13件] ある想, が私, が細工, けれど人殺し, ことだ, ことは, のか, のである, のです, のよそれだけ, やうでした, 事は, 樣子でも

▼ 言ひつけられた~ (13, 0.0%)

2 とほり

1 [11件] ことは, のを, やうに, 下男の, 仕事の, 仕事は, 時間が, 通りお, 通りに, 通り床の, 通り皆んなの

▼ 言ひ出したら~ (13, 0.0%)

2 後へ

1 [11件] いくら口ご, お母さんに, こちと, もうき, 何う, 侯爵は, 土地の, 是が, 有無を, 火の, 聽か

▼ 言ひ出せ~ (13, 0.0%)

2 ばそれ繪, ば一同 1 ばきつ, ばそれ絵, ばどつと, ば一同顏, ば俺, ば忽ちに, ば恥, ば泣く, ば自分

▼ 言ひ寄る~ (13, 0.0%)

3 のを 2 男を 1 が娘, ことは, といふこと, 人一人二人ならず, 段に, 男が, 男とか, 者で

▼ 言ひ得ない~ (13, 0.0%)

2 のである

1 [11件] で他, で時々, で深い, といふ風, のであつ, のは, ものである, やうな, 事を, 窕子の, 迄も聽者

▼ 言ひ棄て~ (13, 0.0%)

1 [13件] ていきなり, て埓, て廊下, て横手, て独り, て立去つた, て茶の間, て起ち, て起ち上らん, て足, て道臣, ながら下駄, になる

▼ 言へり~ (13, 0.0%)

3 心なき 1 げにや, されど奧, アンチは, 人この, 当代主君と, 或は身長一寸位, 汝も, 現内閣総理大臣伊藤博文伯, 現内閣總理大臣伊藤博文伯, 胡曹抄に

▼ 言する~ (12, 0.0%)

2 其聲は 1 ことを, と云, までもない, までもなかろう, を心得ず, 作家を, 客人, 愛他主義者としては, 所を, 老人に

▼ 言つたお~ (12, 0.0%)

2 光の, 八重の 1 くみには, とわ池の, ど, 咲です, 桑の, 瀧だ, 秀は, 芳の

▼ 言つた八五郎~ (12, 0.0%)

9 です 1 の甘, の途方, らしい激怒

▼ 言つた心持~ (12, 0.0%)

1 [12件] がはた, が藤左衞門, でいとも, です, でね, でもう一度, で八五郎, で氣輕, で煙草, で禿茶瓶, になる, のある

▼ 言つた肌合~ (12, 0.0%)

2 の女, ひの 1 でした, です, の人, の人達, の人間, の娘, らしく見えます, らしく見えるの

▼ 言つてこれ~ (12, 0.0%)

1 [12件] だと, には根氣, はすぐれた, は寺侍, は氣, は猥, ほどの大事, も其の, も江戸中, を取る, を見せる, を返し

▼ 言つて女~ (12, 0.0%)

1 [12件] が四邊, の手, の方, の瞳, の神人, はまた, はむづかしい問題, は併, は巧み, は手, は遂に, を迎

▼ 言づて~ (12, 0.0%)

2 を頼んだ 1 でございました, のほか, をした, を伺った, を受け, を告げた, を聞いた, を話し, を頼む, 致して

▼ 言ひかね~ (12, 0.0%)

3 て信如, て口 21 て唇, て妹, て居る, て心

▼ 言ひき~ (12, 0.0%)

3 かした 2 かせる 1 かし, かす, かすこと, かする, かすん, かせるので, かせる父

▼ 言ひそびれ~ (12, 0.0%)

3 て御馳走 2 てゐた 1 てしまひ, てゐる, てポリ, て了つた, て居た, て居る, 默つて女の

▼ 言ひで~ (12, 0.0%)

2 もする, 無い人 1 せうが, なくても, ふ仏門, ふ其所在, ふ源氏物語, ふ苫, 或は古事記筆録当時, 無い

▼ 言ひふらし~ (12, 0.0%)

2 てゐる, て歩い 1 てゐた, てゐるだらう, て上方, て大学生, て歩きましたさうで, て私, もした, 果ては太閤殿下

▼ 言ひませう~ (12, 0.0%)

81 か三度, か私, さしたる儀, 親分耻も

▼ 言~ (12, 0.0%)

3 はさむ 1 はさしめ, はさず, はさば, はし, はすこ, はすべし, はせり, はせるならむ, はせるもの

▼ 言~ (12, 0.0%)

1 [12件] がなんとなく, が思い出された, としては決して, となっ, の意味, より強い, をもて, を出さ, を吐き出し, を用意, を繰返した, を纂集

▼ 言おうよう~ (11, 0.0%)

3 のない 2 の無い 1 ない悽惨, ない畏しさ, ない香り, なき悲壮, もない, もなく

▼ 言だけ~ (11, 0.0%)

2 云いたいこと, 云って, 怒鳴って 1 おたずねします, でなくべつ, で一つ, 普通の, 申上げます

▼ 言つたふう~ (11, 0.0%)

1 [11件] だつた, に, にいつ, にこうして, になつて, になるべく, に輕蔑, の世界, の功利的, の慾望, の矛盾

▼ 言つた人~ (11, 0.0%)

2 がある 1 が却つて世間, だつたの, と同じ, に対する意地, の善, の心, はどんなに, は僕, 困らせの

▼ 言つた樣~ (11, 0.0%)

2 な點 1 であつ, な失望, な小説, な次第, な詩, な顏, に恰度それ, に曇, に言つて

▼ 言つた樣子~ (11, 0.0%)

5 です 2 でした 1 があります, でその, で物珍, の男

▼ 言つて今~ (11, 0.0%)

3 では勤め 2 は村長 1 の主人, の五十銭昔, の冬, の文壇, の旦那, 迄止め

▼ 言つて外~ (11, 0.0%)

1 [11件] に結構, の幾人, の方法, へも出ず, へ出, へ出た, へ出ました, へ出よう, へ置く, へ踏出した, へ飛び出しました

▼ 言つて苦笑~ (11, 0.0%)

3 した, ひを 2 ひするの 1 した次第, して, をされた

▼ 言はせよう~ (11, 0.0%)

3 とする 2 美登利さん夫れ 1 といふアク, といふ魂胆, とした, と思, と手, 美登利さんそれに

▼ 言はでもの~ (11, 0.0%)

3 ことを, こと銘々に 1 事はじめは, 事を, 弁護を, 言ひ, 言訳を

▼ 言ひさし~ (11, 0.0%)

1 [11件] てさめ, てぢ, て丑松, て口, て慈悲, て慌て, て浜子, て涙, て秋濤, て血, て身体

▼ 言ひたげ~ (11, 0.0%)

2 にし 1 にこつち, にした, に今四辺, に咽喉, に唇, に綻ばせた, に野村, の口, の顔

▼ 言ひ切つ~ (11, 0.0%)

2 てゐる 1 てお, てさ, てしまひました, てしまふ, てしまふだらう, て安心, て成, て暇乞, て相手

▼ 言ふし~ (11, 0.0%)

1 [11件] あるもの, お銀, つい墮落, どんな事, な山, また或, やれが, りから, 一寸負け, 彌之助, 行かないに

▼ 言へど~ (11, 0.0%)

3 汽車の 2 顏を 1 つれなき涙, 春宮は, 案内の, 甲斐なし, 茂索中中承知せず, 顔を

▼ 言よりも~ (11, 0.0%)

1 [11件] かの女, すぐ兵, そのほう, なほ足らじ, はるか勝る, もっと力強い, 世上の, 古い形, 大いなる釘, 早く, 深い意味

▼ 言~ (11, 0.0%)

2 そうと 1 そうも, たり晩餐, でざる時, でし, でし宮, でし詞, でたり, でつ, でんも

▼ 言~ (11, 0.0%)

1 [11件] が出, として支持, の仕方, の根本的, の類型, はさう, はし, はす, や認識, を一定, 或いは命題

▼ 言たる~ (10, 0.0%)

1 いかなる場合, なお祥, に過ぎず, に過ぎない, やわが, や吾が, や本, を言い表わした, パウロの, 証拠であろう

▼ 言つたさうだ~ (10, 0.0%)

21 が, がその, が僕, が本, けど, ね, ね女房, よ

▼ 言つて二人~ (10, 0.0%)

1 が争っ, して, でよく, の位置, の写真師, の死骸, はどこ, はわかれた, は別れた, 居られる身

▼ 言つて平次~ (10, 0.0%)

1 に睨まれます, のため, の宅, の袖, はスタスタ, は両国, は佐野松, は奧, は引, を見上げる

▼ 言つて手~ (10, 0.0%)

1 にもつた, をつかん, をのばし, を入れさせなかつた, を其処, を合し, を合せ, を引籠め, を打ちなら, を裏

▼ 言つて歸~ (10, 0.0%)

2 りましたが 1 して, せ, つた, つたきり, つて, りかけ, りましたの, んなすつた

▼ 言つて男~ (10, 0.0%)

2 の首, はクスクス笑 1 からやつ, とも見えなかつた, のやう, の横顏, の横顔, はてれた

▼ 言つて眼~ (10, 0.0%)

1 のやり場, の前, の色, は伏せない, を, をつぶつて, をぱちくり, を細く, を閉ぢ, 配せを

▼ 言とも~ (10, 0.0%)

2 なく言 1 つかず, なくそんな, なく言つた平次, なるの, 思はれんなア, 署した, 聞き做, 遊び合う

▼ 言~ (10, 0.0%)

4 のだ 1 からしめたる, のか, のである, ので何, んだ, 露宣ひそ

▼ 言はじ~ (10, 0.0%)

1 かくて, すべて世の, ただ世に, ただ思ひい, と覚悟, と誓, 只, 思はじ仰せられても, 父は, 言はじ

▼ 言はるべき~ (10, 0.0%)

3 身なり諸縁これより 1 ものが, ものには, アナキサゴラスが, 形の, 程の, 言葉, 際涯の

▼ 言ひたげな~ (10, 0.0%)

3 顏を 2 母の 1 唇の, 姿は, 樣子を, 顏が, 風でした

▼ 言ひ聞かせる~ (10, 0.0%)

3 やうな 1 すると精霊, と詞, なり繩, のだつた, やうに, 妥協を, 者が

▼ 言ひ過ぎた~ (10, 0.0%)

3 ことに 2 事に 1 かも知れない, ときたしなめ, と言, な, やうだ

▼ 言やる~ (10, 0.0%)

2 のか 1 があの, そうな, ではあの, とおりに, には, のも, はあの, はどうも

▼ 言るなら~ (10, 0.0%)

1 あたしとこも, あたしにだって, いつでも, それでも構いません, ば, ば引, 暁け, 私が, 綺麗に, 裸体で

▼ 言出される~ (10, 0.0%)

2 のを 1 かという様子, かという顔付, かと宛然, かと宛然自分, とお, と折角, と時々ぽろぽろ, と苦笑

▼ 言~ (10, 0.0%)

2 をきいた 1 もきいたであろう, をきき交わし, をきく, をすべらした, をはさんだ, を利い, を利いた, を利く

▼ 言合せた~ (10, 0.0%)

6 ように 3 やうに 1 様に

▼ 言問団子~ (10, 0.0%)

2 を売る 1 が隅田川, に休ん, に小豆, の主人, の前, の製餅場, はいま西洋料理屋, をたべ

▼ 言~ (10, 0.0%)

1 かつて彼, くる那, て置, でわし達, になった, に消され, の, は犬, られし役目, を守らない

▼ 言附け~ (10, 0.0%)

1 ておま, てさせた, て置い, て置いた, でいやいや, になつた通り, に捩込ん, は八百, も背かなけれ, 上さんに

▼ 言いまわし~ (9, 0.0%)

2 をし 1 が変, で, で何ごと, で解釈, はし, も歯ぎれ, 方が

▼ 言~ (9, 0.0%)

1 そうでなけれ, それとも奥方, はる, らくを, 二た, 二十言話した, 人の, 分らないが, 叔父上の

▼ 言~ (9, 0.0%)

1 う言, がなく, へいはず, へぐ何, へな, へ何, へ思ひ, へ至つて, やぐけだし寒けし匂

▼ 言した~ (9, 0.0%)

2 のは 1 ことは, のだ, ので判官大, のを, まはく, 余煌が, 證でも

▼ 言つた女~ (9, 0.0%)

41 が少し, で, でした, の氣持, はまた

▼ 言つた平次~ (9, 0.0%)

2 の言葉 1 です, と八五郎, の弱, の潔癖さ, の豫言, はお, ほどの者

▼ 言つた意味~ (9, 0.0%)

1 から出た, がある, での現, なの, に使う, の方, は坂本氏, もない, をこ

▼ 言つて急~ (9, 0.0%)

2 しく札 1 がしく, に低, に例, に口, に此, に言葉, に高柳

▼ 言つて誰~ (9, 0.0%)

4 が否まう 1 にも手, もその, も楽しみ, も鋤, を疑ひ

▼ 言つて銀之助~ (9, 0.0%)

1 はすこし, は丑松, は今更, は弁護士, は恰も心から, は振返, は敬之進, は気, は熱心

▼ 言なる~ (9, 0.0%)

1 かな, がゆえに, が恨む, が故に, ことを, つぎを, なからん, ものが, 寿詞には

▼ 言はれよう~ (9, 0.0%)

2 が瞼 1 か, がさ, がジャアナリズム, といふやう, とは夢にも, ともいま僕, と小生

▼ 言ひか~ (9, 0.0%)

5 けしが 1 はすわ, へした, へしました, へた

▼ 言ひきれない~ (9, 0.0%)

4 ものが 1 であらう, ものだ, やうに, よ, 證據も

▼ 言ひざ~ (9, 0.0%)

1 ま, まとめてる, まひつ, まや, まパツ, ま山, ま彼, ま斧, ま村長

▼ 言ひつけた~ (9, 0.0%)

3 のは 1 が教師, とき彼は, のだ, わけぢや, 譯では, 遠くの

▼ 言ひませぬ~ (9, 0.0%)

3 代りの 2 關は 1 が其頃, けれども暗黙, けれど心, 関は

▼ 言ひ出さう~ (9, 0.0%)

2 とする 1 かと思つて, として居た, として居る, としなかつた, となされた, とはしなかつた, ものなら

▼ 言ひ立てる~ (9, 0.0%)

2 ほどの證據 1 ことに, に違, 事だけは, 事に, 事の, 様に, 王羲之は

▼ 言ひ置い~ (9, 0.0%)

1 てさ, てねた, てまた, てツイ先刻歸つた, て一生, て学校, て帰つて行, て私, て鄭重

▼ 言ひ解く~ (9, 0.0%)

2 術も 1 ことの, すべも, のです, わけにも, 術の, 道が, 道も

▼ 言ふもんだ~ (9, 0.0%)

1 からいただきたい, からかうし, からまあ, からみんな, からもつ, から主婦, から心配, ねえ, よ

▼ 言ふもんです~ (9, 0.0%)

32 から, から困 1 から私, か親分さん

▼ 言~ (9, 0.0%)

5 た言 1 た言ことば, た言云, た言口, た言甲子太郎

▼ 言出さず~ (9, 0.0%)

3 にいられなかった 1 じまいに, にた, にただ, にはいられなかった, に帰っ, 表向きは

▼ 言~ (9, 0.0%)

2 はせた 1 つた, でサ, ひが, ひ乍ら其末, ふので, をする, を鎮め

▼ 言廻し~ (9, 0.0%)

1 があります, だらう, と違つた表現, に却って, も二様, を両, を平気, を絶対, 更にそれ

▼ 言~ (9, 0.0%)

3 かへつて 2 をし, をする 1 が面白く, は何処

▼ 言~ (9, 0.0%)

1 があなた, がない, が些し烈, が有る, が気, である, なく愉快ッ, のないさびし, をした

▼ 言つたつて~ (8, 0.0%)

1 しやう, わからん, 仕樣, 始まらねえ, 始まらねえよ, 始まらん, 見窄, 通じやしない

▼ 言つたな~ (8, 0.0%)

1 あの小僧め, 俺は, 小僧, 山師坊主, 岡つ, 腰紐の, 野郎, 飛んだ手

▼ 言つた自分~ (8, 0.0%)

4 の語 3 の言葉 1 のたて

▼ 言つて人~ (8, 0.0%)

2 に笑 1 が勸め, に反抗, に顏, のよささう, の惡, を馬鹿

▼ 言つて其~ (8, 0.0%)

1 が全然, が此歌, が穢多, ま, を捨て, を此方, を省吾, を買

▼ 言つて吉野~ (8, 0.0%)

4 は強く 2 は縁 1 は近い, は近づい

▼ 言つて差支~ (8, 0.0%)

2 へない 1 ないと, ない譯, なからう, へありません, へなから, へはあるまい

▼ 言つて教~ (8, 0.0%)

2 へてくれた, へて呉れた 1 へてくれました, へてやれ, へてゐる, へて呉れなかつた

▼ 言つて涙~ (8, 0.0%)

1 が頬, の流れる, をこぼし, をこぼしました, をホロホロ, を呑みます, を流した, を湛

▼ 言ながら~ (8, 0.0%)

2 萎れて 1 さっそく牛舎, ひと時いかにも, ひばりは, 出て, 奥様の, 維盛が

▼ 言に対して~ (8, 0.0%)

1 しかも国政, しばらく耐忍, 宮殿の, 容喙された, 精霊が, 罪悪を, 訓えた, 関心を

▼ 言はで~ (8, 0.0%)

2 少し眞實 1 ゐたり, 去りに, 少し真実, 引立てつ, 忍びし無念, 忍びたり

▼ 言ひした~ (8, 0.0%)

3 ものだ 1 といふ程, のである, ものださう, ものだつた, もので

▼ 言ひたくなる~ (8, 0.0%)

1 が実際, ことである, ぢや, のかな, のであらう, ので手紙, 位です, 気持が

▼ 言ひつけられ~ (8, 0.0%)

1 さへ, て何處, て佛樣, て居りました, て梯子, て深川, て飛び出しました, ケチで

▼ 言ひでない~ (8, 0.0%)

3 お前が 21 うちの, な, 人の

▼ 言ひ交し~ (8, 0.0%)

3 て居た 1 すぐ朝, てゐた, てゐる, て寂然, 四十八本も

▼ 言ひ合した~ (8, 0.0%)

6 やうに 2 様に

▼ 言ひ含められ~ (8, 0.0%)

3 て吉 1 てゐる, て歸つた, て父親, て行, 四郎が

▼ 言ひ得べき~ (8, 0.0%)

2 か, を 1 にもあらね, に似たれ, や否や, 道理であり

▼ 言ひ忘れた~ (8, 0.0%)

1 がこの, がその, が大杉氏, が宋代, が小説, が成斎, が零余子, とかいちいち

▼ 言ひ終る~ (8, 0.0%)

1 と, と変, と嬉し, と恐らくは, と私, と老いた, や堰, 山之

▼ 言ふだ~ (8, 0.0%)

1 から話, けれど改つて, つたに, で随分, ね, よ, よ斯様老人, 喃

▼ 言ふとき~ (8, 0.0%)

1 そのものが, それに, ぢや, は女性, は氣一字, は臣, 何を, 彼女の

▼ 言へん~ (8, 0.0%)

2 けど, けど僕, ね 1 な, のか

▼ 言やが~ (8, 0.0%)

2 つて, つて人を 1 つたな, つたな小僧, つて一體何奴だ, つて到頭

▼ 言~ (8, 0.0%)

1 たまはく, ながら御, ながら私, ようが, ようね, 乍らお召し, 少々古ぼけ, 方が

▼ 言をも~ (8, 0.0%)

1 亦毀, 唱へ, 待たず, 排して, 発せずに, 聞いた気, 表示をも, 顧みず信ずる所

▼ 言出しかね~ (8, 0.0%)

1 ていた, てそのまま, て一日, て外国, て尾張町邊, て立つた, て話, て話頭

▼ 言~ (8, 0.0%)

1 せず, せず取りて, せず妹, せぬ国, せられず, はせしか, はせん, まつぶさに

▼ 言挨拶~ (8, 0.0%)

2 して 1 が済む, したの, の言葉, らしいこと云つて, をし, を交わしたらしかった

▼ 言~ (8, 0.0%)

2 をし 1 が有り, だらう, ではある, に旨い, をした, 即ち忠告

▼ 言~ (8, 0.0%)

1 がシャルル, で述言, とせらる, の, の意思, の面, を犯罪, 之不可思議奚以異

▼ 言~ (8, 0.0%)

3 をする 1 しあって, のみでなく, をし, を交え, を交し

▼ 言つたさうです~ (7, 0.0%)

51 が嘘ぢ, が如何にも

▼ 言つた男~ (7, 0.0%)

2 だつたの 1 がある, でした, はない, は地獄, 少し青瓢箪

▼ 言つち~ (7, 0.0%)

2 まふ 1 まは, まはう, まふんだから, まへ, まや

▼ 言つてあと~ (7, 0.0%)

1 はち, は何, は無心, は知らん, は言, を何, を殘

▼ 言つて可~ (7, 0.0%)

2 いか解らなく 1 いか, いかしない, い位, かつた, からう

▼ 言つて夫人~ (7, 0.0%)

1 と顔, に感謝, はいかにも, はすつ, はそのまま, は彼, は自分

▼ 言つて子供~ (7, 0.0%)

3 のやう 2 に教 1 の兩足, の頭

▼ 言つて気~ (7, 0.0%)

4 を変 1 にされた, にし, に障へ

▼ 言つて皆~ (7, 0.0%)

2 を驚かした 1 な其方, の前, の食事, は鑑定家, 持つて

▼ 言つて眤~ (7, 0.0%)

2 と眼, と眼鏡, と瞳 1 と静子

▼ 言つて窕子~ (7, 0.0%)

1 はこつち, はその, はまた, は傍, は呉葉, は慌, は莞爾笑つて

▼ 言つて言~ (7, 0.0%)

1 はね, ひわけ, ひ交した男, ひ寄つた私, ひ甲斐, ひ馴れて, ふこと

▼ 言としては~ (7, 0.0%)

1 そうである, 一応耳, 別に反, 当然でも, 怪むに, 穏やかでない, 行はれなくなり

▼ 言など~ (7, 0.0%)

1 あてに, あてには, 取上げられん, 懸けら, 持つて, 書いて, 言いは

▼ 言により~ (7, 0.0%)

1 ていたく我等, てかの, てこの, わが心, トロイア勢は, 度々調子, 衆の

▼ 言はれませぬ~ (7, 0.0%)

3 といふお母さん, といふ平民 1 が大

▼ 言はれれ~ (7, 0.0%)

2 ば私 1 ば明日, ば爭, ば畏まりまし, ば相, ば黙

▼ 言はん方~ (7, 0.0%)

3 なし 1 がい, が可, なき愚息, なく

▼ 言ひえ~ (7, 0.0%)

7

▼ 言ひきつて~ (7, 0.0%)

1 しまつ, は当らぬ, もいい, も了, も何ん, ゐた, ゐたの

▼ 言ひたさう~ (7, 0.0%)

1 な顏つき, な顔, な顔付, に, にしばらく, にする, に笑つた

▼ 言ひませんでした~ (7, 0.0%)

1 が, がやはり, がネ昨日, が段々, が高木銀次郎, けれど勇三郎さん, よ妾

▼ 言ひや~ (7, 0.0%)

4 がつて 2 がつた 1 なすべき

▼ 言ひ付けた~ (7, 0.0%)

2 んです 1 ことを, に違, のだけは, 事を, 用事を

▼ 言ひ兼ねた~ (7, 0.0%)

2 樣子で 1 さうだ, ものか, わけは, んだらう, 樣子です

▼ 言ひ切つた~ (7, 0.0%)

1 が最後, この論断, のでさすが, ものだ, ものである, ものの暫く, 言葉は

▼ 言ひ切れない~ (7, 0.0%)

1 が刻々, が心, ところも, のが, ものが, 何物かが, 有様である

▼ 言ひ得~ (7, 0.0%)

5 て妙 1 ざらんか, てゐない

▼ 言ふけ~ (7, 0.0%)

1 どの我々, ど好い, ど少し, ど田舎, ど財, はひでない, はひも

▼ 言へりし如く~ (7, 0.0%)

1 二個の, 佐太夫の, 恋愛は, 我が彼女, 我は, 板挾の, 畢竟彼

▼ 言~ (7, 0.0%)

2 さし築かしし 1 さし, さしたまへ, さしまつりし, さし賜へ, ほとほといとへ

▼ 言れた~ (7, 0.0%)

21 が梵語, ぞ狂人, 日には, 時, 通り足薪翁記に

▼ 言わく~ (7, 0.0%)

1 かの比丘八種, 吾が法, 寒からず, 小蛇, 波羅夷, 舎利弗の, 舎利弗は

▼ 言~ (7, 0.0%)

1 か, だ, だから, でしょうねえ, として泣声, とす, 爲に

▼ 言交す~ (7, 0.0%)

1 うちに, うち一刀抜き討ち, うち一刀拔き討ち, ついでに, ひまも, 五分間が, 間に

▼ 言~ (7, 0.0%)

1 があった, ください, だけを伝えます, で豊世, に従, に消され, を条理

▼ 言~ (7, 0.0%)

1 か彼, ざりしかど, たりとて不運, でも大概, にも此事件, やげに, を聞き

▼ 言いっ~ (6, 0.0%)

2 ている 1 ていた, てから帰っ, てそのまま, ては大きな

▼ 言いやがる~ (6, 0.0%)

2 な, んだ 1 なあ先生, んでお前

▼ 言~ (6, 0.0%)

21 やである, 我が, 籠れる, 隠れるお

▼ 言だった~ (6, 0.0%)

2 のです 1 というの, のである, のでそれ, ように

▼ 言つたつけ~ (6, 0.0%)

1 が, がまあ, がまた, な, なあさ, 然うな

▼ 言つた不思議~ (6, 0.0%)

1 な個人主義, な効果, な好み, な娘, な焦躁, な種類

▼ 言つた具合~ (6, 0.0%)

1 でした, でそれ, に, にそつくり, に江戸, に行く

▼ 言つた性~ (6, 0.0%)

2 なので 1 でせう, の女, の娘, の惡

▼ 言つた私~ (6, 0.0%)

1 にさ, には五十, の氣持, の眼, の言葉, は紅葉

▼ 言つた聲~ (6, 0.0%)

1 と, は例, は文吾, は激情, は藤野さん, を張り上げました

▼ 言つてそつ~ (6, 0.0%)

1 とお, と側, と八五郎, と壓, と抱く, と筆

▼ 言つて丑松~ (6, 0.0%)

1 が別れ, は一緒, は制, は少, は自分, も見送り乍ら随

▼ 言つて何處~ (6, 0.0%)

2 か爺さん 1 かへ行, かへ飛び出し, の藩中, までもあの

▼ 言つて例~ (6, 0.0%)

2 のやう 1 の媚びる, の無, の貧しい, もの滴る

▼ 言つて先~ (6, 0.0%)

2 きに, に立つ, に立つた

▼ 言つて娘~ (6, 0.0%)

1 つ子, と呼ぶ, は手, は蓮葉, は金糸雀, を椅子

▼ 言つて安藤~ (6, 0.0%)

2 は密, は手持無沙汰, は目

▼ 言つて後~ (6, 0.0%)

1 がへり, に殘, に蹤, はお, は語らない, を見い

▼ 言つて後ろ~ (6, 0.0%)

2 を振り向く 1 から覗いた, にぼんやり, に愼まし, に立つた

▼ 言つて御覧~ (6, 0.0%)

4 なさい 2 なさいよ

▼ 言つて感心~ (6, 0.0%)

3 したやう 1 した事, して, するやらう

▼ 言つて校長~ (6, 0.0%)

1 は一寸, は一段声, は嘆息, は嘲つた, は校舎, は郡視学

▼ 言つて横~ (6, 0.0%)

2 を向いた, を向く 1 になつ, になる

▼ 言つて母親~ (6, 0.0%)

1 が閾際, の顏, はおぼろ月夜, はその, は娘, は鍬

▼ 言つて目~ (6, 0.0%)

1 くばせを, の前, も當, をすえた, を茶棚, を見合

▼ 言つて立~ (6, 0.0%)

2 あがり沓, 上る 1 あがり沓ぬき, 上ると

▼ 言つて肩~ (6, 0.0%)

2 に捉つた手 1 で小突いた, を叩いた, を聳やかし, を聳やかした

▼ 言つて腰~ (6, 0.0%)

1 に下げた, の煙草入, をあげない, をかがめ, をのばした, を屈めた

▼ 言つて自慢~ (6, 0.0%)

2 さうに 1 して, してを, にし, の東京土産

▼ 言つて詩~ (6, 0.0%)

4 に唄 1 ではない, も作り

▼ 言つて返事~ (6, 0.0%)

2 もきかず 1 するかと, をしなかつたら, をしました, をする

▼ 言つて額~ (6, 0.0%)

3 の汗 1 を叩い, を叩く, を撫でた

▼ 言つて顔~ (6, 0.0%)

1 をかくした, をだした, を伏せ, を出した, を赤く, を赧

▼ 言にて~ (6, 0.0%)

2 かかること, 濟ませ 1 欺けるも, 済ませど

▼ 言によって~ (6, 0.0%)

1 おのれを, よく考へ, 判明した, 始まったこと, 差止められたこと, 幽界を

▼ 言はれなく~ (6, 0.0%)

1 てさ, ても作品, ても自覚, とも今, とも済む, とも靜

▼ 言はれません~ (6, 0.0%)

1 かつた, がネ, もの, よ, よ半襟一, 言つたら

▼ 言ひかへ~ (6, 0.0%)

2 て見る 1 てさし支, てみ, ても元, ても誤り

▼ 言ひかへる~ (6, 0.0%)

1 ことには, と幼, と新聞小説, と赤道, 事も, 必要が

▼ 言ひきれる~ (6, 0.0%)

1 かといふかんさん, でせう, もので, ものなら, 程徹底した, 立場に

▼ 言ひすてた~ (6, 0.0%)

1 あとは, が, が暫く, なりさ, まま年つ, もので

▼ 言ひたがる~ (6, 0.0%)

1 といふ事, のでもつとも, ものだ, ものである, 教訓嗜き, 私の

▼ 言ひなさい~ (6, 0.0%)

2 な, よ 1 とすゝめ, 私は

▼ 言ひ付けられた~ (6, 0.0%)

1 だけだつた, やうな, やうに, 場所で, 通りそつと, 通り兎にも

▼ 言ひ得なかつた~ (6, 0.0%)

4 のである 1 のです, 周囲の

▼ 言ひ得ぬ~ (6, 0.0%)

2 ことも 1 けれど昨日今日, ほど緊密, 好い味, 意味を

▼ 言ひ残した~ (6, 0.0%)

3 事が 1 のを, もの, 部分の

▼ 言ひ渡された~ (6, 0.0%)

1 ことが, とたん以前の, のである, ばかりで, 時, 時銅錢二百文を

▼ 言ひ表し~ (6, 0.0%)

2 方を 1 がたい細か, が含まれ, てあります, 方品の

▼ 言ひ表す~ (6, 0.0%)

1 ことが, ことの, ためには, と次, 様に, 語である

▼ 言ひ過ぎ~ (6, 0.0%)

1 かも知れぬ, かも知れませぬ, てはゐない, といへ, はしない, はせぬ

▼ 言ひ過ぎで~ (6, 0.0%)

3 はない 1 はあるまい, 御ところ, 火事に

▼ 言ふた事~ (6, 0.0%)

3 はなし, は御

▼ 言ふとい~ (6, 0.0%)

1 つた様な, つた樣な, つた風な, てあげまつ, で今に, はなく

▼ 言ふべからず~ (6, 0.0%)

1 さりとてこの, 候, 優しき姿, 即ち北原君, 誠に大国, 諸人水に

▼ 言へは~ (6, 0.0%)

1 お前の, しまいか, バイロンから, 厭ふ, 為るし, 諦らめる

▼ 言へる如く~ (6, 0.0%)

1 その大, 偽はり, 厳格なる, 大著述家, 美術は, 釋詁も

▼ 言~ (6, 0.0%)

2 ぎに 1 ぎによつて新室と, ぎの, ぎの風を, ぎや祓への

▼ 言られる~ (6, 0.0%)

1 となんだかこう, のでしょう, のでときおり, までいっこう, 名前でした, 訣だ

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 おのずから政治, に述べた, のえきす, の眞言, の真言, の重要個処

▼ 言~ (6, 0.0%)

2 ひ合 1 つたが, ひ争, ふとそれ, ふと涙

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 にし, は思い出せない, は正しく, もまた, 歳歓遊好, 空し

▼ 言向け~ (6, 0.0%)

1 がたき司, て尾張, て覆奏しき, また山河, やはし, 和せ

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 けてやる, けて内輪揉め, けて遣らなくっ, けると, ますよ, るたって

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 が守る, に噛まる, に昔, を欺く, を潤し, 尊しの

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 は此, をする, を為, を頼まう, を頼まれ, を頼まれた

▼ 言掛ける~ (6, 0.0%)

1 と仲善, と婦人, と母, にはもし, のは, 事は

▼ 言~ (6, 0.0%)

2 のみあり 1 て誤, へたま, へ給ひき, へ覺

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 がまったく, であった, と罵倒, ばかり通さう, を一種, を立て

▼ 言棄て~ (6, 0.0%)

1 てコート, て例, て座, て槍, て疾風土, に身

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 が精霊, に反抗, の群行, の資格, の零落, は産霊神

▼ 言聞き~ (6, 0.0%)

1 ていき, てアキリュウス悲憤, てアルゴス, てヘクトール, て人間, て胸中

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 しながら, でもしたい, のよう, は一寸, ばかりの赤い, をいうた

▼ 言話した~ (6, 0.0%)

1 かと思う, が召使, きりで, っきりで, 後に, 後は

▼ 言~ (6, 0.0%)

1 がヨウロッパ, にもまた, に及んだ, に覆面, の餘地, を試みる

▼ 言過ぎ~ (6, 0.0%)

2 て嘖 1 だったし, て何, て私, に気が付いた

▼ 言あり~ (5, 0.0%)

1 と思, と斷つて, 本紀言あり, 梁の, 鬼は

▼ 言ことば~ (5, 0.0%)

1 をかけた, をかわした, を交, を交え, を交した

▼ 言ずつ~ (5, 0.0%)

2 句切って 1 いった, 区切って, 挨拶したい

▼ 言~ (5, 0.0%)

2 ば伯 1 て居ります, ばパウロ, 委しくは

▼ 言つたそれ~ (5, 0.0%)

2 は不思議, は前日 1

▼ 言つたつて駄目~ (5, 0.0%)

2 である, よ 1 な人間

▼ 言つたや~ (5, 0.0%)

2 うでした 1 うでしたが, うでしたでも, うな

▼ 言つたよう~ (5, 0.0%)

2 に人間 1 だ, に全, に日本女性的

▼ 言つたツ~ (5, 0.0%)

21 けねえ, けナア, てもう

▼ 言つた人柄~ (5, 0.0%)

3 でした 2 です

▼ 言つた態度~ (5, 0.0%)

1 です, で平次, で快, のもの, の文学

▼ 言つた昔~ (5, 0.0%)

4 の人 1 に道中記

▼ 言つた時代~ (5, 0.0%)

1 から能樂, の俤, の差料, もあつ, もある

▼ 言つた用語例~ (5, 0.0%)

1 が出来, が助け, にはい, の外, の語

▼ 言つた相~ (5, 0.0%)

1 だ, だから, だが, だな, です

▼ 言つた程度~ (5, 0.0%)

2 です 1 のあてつけ, のもの, の考

▼ 言つてお爺さん~ (5, 0.0%)

2 は書物 1 は本, は本当に, は財布

▼ 言つてごらん~ (5, 0.0%)

3 なさい 1 と言, よ

▼ 言つてちよ~ (5, 0.0%)

1 つと口, つと威張つ, つと考へ, つと言葉, つと首肯いた

▼ 言つてん~ (5, 0.0%)

3 だよ 1 だ, のさケチ

▼ 言つて一同~ (5, 0.0%)

2 がまた, と一緒 1 を見廻した

▼ 言つて仕舞~ (5, 0.0%)

1 つたが, などを教, ふの, ふべきもの, ませう

▼ 言つて千代松~ (5, 0.0%)

1 の背後, はヂツ, は兩手, は靜, を後に

▼ 言つて太政官~ (5, 0.0%)

1 はツカ, は歸りさうに杖, は高らか, も笑つた, を毀

▼ 言つて夫~ (5, 0.0%)

2 れどころ 1 に顏, の心, の馬場要

▼ 言つて女房~ (5, 0.0%)

1 と口, にそれ, に約束, は茶, へ札

▼ 言つて妙~ (5, 0.0%)

3 な笑 1 な声, に毛嫌

▼ 言つて姉~ (5, 0.0%)

1 に代れ, のお, は涙, は默, を笑

▼ 言つて帶~ (5, 0.0%)

3 の間 2 を解く

▼ 言つて微笑~ (5, 0.0%)

4 した 1 する

▼ 言つて指~ (5, 0.0%)

2 の先 1 さきで二三度, でこつ, を折つて

▼ 言つて挨拶~ (5, 0.0%)

2 をする 1 した, して, すること

▼ 言つて智恵子~ (5, 0.0%)

1 は嫣乎笑つた, は意味有気, は暗, は足早, も立つた

▼ 言つて智惠子~ (5, 0.0%)

1 は意味, は暗, は莞爾笑つた, は足早, も立つた

▼ 言つて東京~ (5, 0.0%)

2 が好 1 から一緒, でいへ, へ出る

▼ 言つて母~ (5, 0.0%)

2 をだまらせ 1 に酒, の膝, はもく

▼ 言つて父~ (5, 0.0%)

2 はペン 1 が郷里, と私, はそれ

▼ 言つて靜~ (5, 0.0%)

1 かな調子, かに眉, かに私, かに粉煙草, かに顏

▼ 言つとる~ (5, 0.0%)

1 し, のか, んだ, 娘つ, 筈で

▼ 言であった~ (5, 0.0%)

1 から秀吉, がこれ, が備中高松, ことに, のです

▼ 言でない~ (5, 0.0%)

1 からし, ことを, と信ずる, 唐代の, 義淨三藏の

▼ 言という~ (5, 0.0%)

2 ものを 1 ことは, のが, 感銘を

▼ 言としての~ (5, 0.0%)

1 利用尠く, 国生みの詞章農業に, 威力が, 威力発揮の, 条件としての

▼ 言なき~ (5, 0.0%)

1 ときは, はまたく, やお前, を見よ, 世の

▼ 言なく~ (5, 0.0%)

1 して, たつて, 伴侶なく, 手を, 目を

▼ 言に従い~ (5, 0.0%)

1 われわれと, 人の, 再び裏口, 家内ことごとく, 試みると

▼ 言はい~ (5, 0.0%)

1 でもえ, でもかま, でもさ, でものこと, でもの事

▼ 言はね~ (5, 0.0%)

1 ではやく, ど手切れ, ど父君, 四つの, 鶯を

▼ 言はれたい~ (5, 0.0%)

3 か太郎 1 ばかりの端唄, もんだ

▼ 言はれたる~ (5, 0.0%)

1 かな, を見れ, 人生の, 時には, 民友子の

▼ 言はれまし~ (5, 0.0%)

2 てな 1 てし, ても父さん, やうなら

▼ 言はれ得る~ (5, 0.0%)

1 であらう, と私, ものは, 理由が, 義理か

▼ 言ひあ~ (5, 0.0%)

1 つても, つて呵々大, はされた, はした, はしつ

▼ 言ひきかせ~ (5, 0.0%)

2 てゐた 1 たりした, てみる, ても帰りたがる

▼ 言ひさうな~ (5, 0.0%)

3 事である 1 ことである, ので

▼ 言ひそ~ (5, 0.0%)

1 と, へてまた, わが夫, 死をば, 里長らが

▼ 言ひたり~ (5, 0.0%)

1 けむやう, しも又, どの樣, 吾助は, 我国の

▼ 言ひふらす~ (5, 0.0%)

1 が全然, ことが, のが, のは, ものさへ

▼ 言ひましたら~ (5, 0.0%)

1 ウンなんて, 山ねこは, 是非連れ, 貴方だ, 青い柿

▼ 言ひ伝へられ~ (5, 0.0%)

3 てゐる 1 て居ります, て居る

▼ 言ひ伝へられた~ (5, 0.0%)

1 ことである, ものと, 地方へ, 当時広, 美しい水

▼ 言ひ兼ね~ (5, 0.0%)

1 て, てか口, てヒヨコヒヨコ, て少し, て居る

▼ 言ひ出される~ (5, 0.0%)

2 のが 1 かその, と困る, までそんな

▼ 言ひ得た~ (5, 0.0%)

2 であらう 1 ことさへ, のも, やうに

▼ 言ひ忘れ~ (5, 0.0%)

2 てはならない, てゐた 1

▼ 言ひ放ち~ (5, 0.0%)

1 お柳, て貫一, て顎, ながら急, 相手の

▼ 言ひ直し~ (5, 0.0%)

1 たりまごつい, てもいい, ても差支, て居る, 娘を

▼ 言ひ知らぬ~ (5, 0.0%)

2 胸騒ぎ, 胸騷ぎ 1 嬉しさ

▼ 言ひ立て~ (5, 0.0%)

1 その爲, てどうか, て呉れる, て多良井家, 其長き

▼ 言ひ過ぎだ~ (5, 0.0%)

1 からかんべん, が世間, とする, と思ふ, 勘辨し

▼ 言ふから私~ (5, 0.0%)

1 のヒロポン, はもう, は情, は雨戸, も暫く

▼ 言ふさ~ (5, 0.0%)

2 まは 1 しぬき, へある, へに力

▼ 言ふと同時に~ (5, 0.0%)

1 これまで, ダニーロは, 土間に, 曾て, 見物に

▼ 言ふべきであらう~ (5, 0.0%)

41 かあんじ

▼ 言ふま~ (5, 0.0%)

3 でもなかつた 1 に杉, に海

▼ 言ふ如き~ (5, 0.0%)

1 は中, ものが, 感なき, 無價値, 説に

▼ 言~ (5, 0.0%)

2 には 1 にはすぐ, には権力, には武士

▼ 言らしい~ (5, 0.0%)

2 ことを 1 のが, ものも, 低調が

▼ 言れる~ (5, 0.0%)

1 から私, と慄然, と私, のは, 事だ

▼ 言をば~ (5, 0.0%)

1 しばし控, わが口, 信ぜざる者, 奪ふ, 山の

▼ 言~ (5, 0.0%)

1 卑フシ謹テ願訴シタレドモ嘗テ之, 左右ニ托シテ之, 左右ニ托シテ之ガ適当ノ, 聴クト聴カザルトハ吾ガ敢テ問フ所ロニ非, 記シテ以テ之ヲ

▼ 言~ (5, 0.0%)

1 ひが, ひしが, ひつつ, ひの, ひを

▼ 言云っ~ (5, 0.0%)

2 ては低く 1 て口惜し, て客間, て頤

▼ 言交し~ (5, 0.0%)

2 の御 1 ていた, ておい, てゐる

▼ 言依さし~ (5, 0.0%)

2 たまひき 1 たまひ, たまへる, て賜ひき

▼ 言依さす~ (5, 0.0%)

2 もの 1 中つ, 国は, 國は

▼ 言~ (5, 0.0%)

1 で乗っ, で買, で買った, のま, は一つ

▼ 言別れ~ (5, 0.0%)

2 の言葉, の詞 1 がしたい

▼ 言利口~ (5, 0.0%)

2 など 1 にも, の練習, も其根本

▼ 言~ (5, 0.0%)

1 が揃っ, だったに, だと, なの, の証拠

▼ 言慰め~ (5, 0.0%)

2 て見ました 1 たり帰省, て中, の言葉

▼ 言掛け~ (5, 0.0%)

1 て余, て此, て涙, て私, て見る

▼ 言換えれ~ (5, 0.0%)

1 ば勇者, ば学徒, ば実否, ば椿岳, ば研究活動

▼ 言甲斐~ (5, 0.0%)

3 のない 1 がな, なき下

▼ 言絶え~ (5, 0.0%)

2 にける 1 て嘆きた, て斯く, 嘆息し

▼ 言置い~ (5, 0.0%)

1 て丸木, て出, て行っ, て行った, て遣りましたら

▼ 言~ (5, 0.0%)

3 を塞ぎ 1 は開かざるべからず, を開く

▼ 言いった~ (4, 0.0%)

1 かと思う, が小, きりで, という

▼ 言うま~ (4, 0.0%)

1 もずきずき, もなし, も剣, も悲しみ喜び

▼ 言かと~ (4, 0.0%)

3 被怪候 1 覚悟し

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 却後七日天土を, 安く臥せ, 是は, 是れ

▼ 言こそ~ (4, 0.0%)

3 待たるれ 1 うたて世の中

▼ 言それ~ (4, 0.0%)

1 が随分, に答えたらしかった, もあわせ, も尤

▼ 言つき~ (4, 0.0%)

1 あたかも口上, で, で軍人, は慇懃

▼ 言つたぎり~ (4, 0.0%)

1 さつ, 女と共に, 彼は, 感泣し

▼ 言つたらう~ (4, 0.0%)

1 がお前, と思つたの, と思はれる, な

▼ 言つた人間~ (4, 0.0%)

1 だ, にあんまり, に慇懃, ばかりです

▼ 言つた位~ (4, 0.0%)

1 だが, だつた, のこと, の極めて

▼ 言つた地下~ (4, 0.0%)

4 の召し

▼ 言つた後~ (4, 0.0%)

1 だけにひどく, で思はずも, で無邪気, の世

▼ 言つた恰好~ (4, 0.0%)

3 です 1 で平次

▼ 言つた癖~ (4, 0.0%)

2 に, にひどく

▼ 言つた處~ (4, 0.0%)

1 でさう, で何, で四十二三, で年

▼ 言つた覚え~ (4, 0.0%)

2 はない 1 がない, もなし

▼ 言つた話~ (4, 0.0%)

1 がある, が全部, で昔, はしてなかつた

▼ 言つた類~ (4, 0.0%)

3 ひの 1 の作品

▼ 言つておれ~ (4, 0.0%)

1 の罪障, は將棋, もまた, を勵

▼ 言つてしまつたの~ (4, 0.0%)

3 でした 1 はたぶん

▼ 言つてしまつて~ (4, 0.0%)

2 はどう 1 から言, は駄目

▼ 言つてそこ~ (4, 0.0%)

1 に取出された, の柱, を出た, を高調

▼ 言つてどこ~ (4, 0.0%)

1 がどう, へかへる, までもこちら, までも砂糖

▼ 言つて一~ (4, 0.0%)

1 と握り, と晩飮, と間, も二

▼ 言つて一人~ (4, 0.0%)

1 でホクホク, の下女, の子供, の小僧

▼ 言つて了つて~ (4, 0.0%)

1 から私, は或, 少し経つ, 少し經つて

▼ 言つて他~ (4, 0.0%)

1 に吹聴, に疑ひ, の事, の童

▼ 言つて來たん~ (4, 0.0%)

1 だ, だから, だよ, でせう

▼ 言つて信吾~ (4, 0.0%)

2 は強, は未だ

▼ 言つて健~ (4, 0.0%)

2 は莞爾 1 は軽く, は輕

▼ 言つて先生~ (4, 0.0%)

1 に喰つて, に残された, に殘, は大きな

▼ 言つて八五郎~ (4, 0.0%)

1 と共に此處, のうさん, の好奇心, はそつ

▼ 言つて別~ (4, 0.0%)

2 に自分 1 に仲臣, に思い出す

▼ 言つて十九~ (4, 0.0%)

1 と十七, になつ, の厄, の娘

▼ 言つて叔父さん~ (4, 0.0%)

1 と一緒, は半ば独語, は熱心, は頭

▼ 言つて多吉~ (4, 0.0%)

1 と松子, は巻煙草, は無邪気, は聞耳

▼ 言つて嫌~ (4, 0.0%)

1 がるやつ, がる私, はれものの, ふの

▼ 言つて寄~ (4, 0.0%)

1 か, した, しました, す手紙

▼ 言つて後藤君~ (4, 0.0%)

2 の話した, は急

▼ 言つて惡~ (4, 0.0%)

1 いこと, いわね, きや, きア

▼ 言つて懷中~ (4, 0.0%)

1 から二つ折り, から出した, から黒, を押さへ

▼ 言つて敬之進~ (4, 0.0%)

1 は一口, は一寸, は一段声, は笑つた

▼ 言つて文太郎~ (4, 0.0%)

1 の心, は彼, は枕頭, も床

▼ 言つて暫らく息~ (4, 0.0%)

4 を詰める

▼ 言つて此處~ (4, 0.0%)

1 で斯, に投, へ來, へ嫁

▼ 言つて清子~ (4, 0.0%)

1 は漸, は漸く, は静子, は靜子

▼ 言つて源太郎~ (4, 0.0%)

2 も七十一 1 は身体, は身體

▼ 言つて濟~ (4, 0.0%)

1 まない, まなかつた, まねえ, みません

▼ 言つて相手~ (4, 0.0%)

1 が健康体, にし, にもせず, は身分

▼ 言つて眉~ (4, 0.0%)

1 をし, をひそめた, を垂れる, を落す

▼ 言つて私達~ (4, 0.0%)

1 はそこ, は入, は斯, も食

▼ 言つて窓~ (4, 0.0%)

2 から首 1 の外, を飛

▼ 言つて笑つた~ (4, 0.0%)

2 といふ談話 1 がす, がその

▼ 言つて細君~ (4, 0.0%)

1 は三藏, は又, は疑ひ, を上

▼ 言つて翁~ (4, 0.0%)

1 は真面目, は笑, は自, は顔

▼ 言つて聽~ (4, 0.0%)

1 いて, かせました, かせること, かなかつた

▼ 言つて苑~ (4, 0.0%)

4 の池

▼ 言つて袂~ (4, 0.0%)

2 の中 1 から半紙, の下

▼ 言つて辻~ (4, 0.0%)

2 を西 1 はまた, は時計

▼ 言つて部屋~ (4, 0.0%)

1 の奥, へ入りかけ, を出, を出掛けた

▼ 言つて静子~ (4, 0.0%)

1 の方, はガバ, は少し, は思ひ

▼ 言つて靜子~ (4, 0.0%)

1 の方, はガバ, は少し, は思ひあり

▼ 言つて頬~ (4, 0.0%)

2 を凹ませ 1 を染めた, 笑んだり

▼ 言つて馬~ (4, 0.0%)

1 が慈善家, のやう, は猫, 之助

▼ 言つて騷~ (4, 0.0%)

1 いだ, いだ娘, いでて, いでるうち

▼ 言つて高橋~ (4, 0.0%)

1 の河岸, は無遠慮, は苦笑, は顏

▼ 言つて鼻~ (4, 0.0%)

1 で笑, の上, の良い, を蠢

▼ 言ては~ (4, 0.0%)

3 自分の 1 何です

▼ 言であり~ (4, 0.0%)

1 それに, どれが, 明日子は, 郷党は

▼ 言です~ (4, 0.0%)

1 が, がお前, が町内, 濡れ衣です

▼ 言との~ (4, 0.0%)

1 たまえる, 那の, 関係, 魅力を

▼ 言などは~ (4, 0.0%)

1 七つ八つの, 何ら人間同士, 新作を以て, 言は

▼ 言などを~ (4, 0.0%)

1 いって, つつしんで聞い, 書いて, 綜合し

▼ 言なれ~ (4, 0.0%)

1 ども全く, ども前, ど此度, ど神職多く

▼ 言はうなら~ (4, 0.0%)

1 ば大, ば既に, もどき役から, 否万葉びと

▼ 言はれたつ~ (4, 0.0%)

1 て仕方, て俺, て岩野氏, て有

▼ 言~ (4, 0.0%)

2 の句切り 1 つかりおんなじ, のはし

▼ 言ひかねる~ (4, 0.0%)

1 が彼女, といふ様子, ほど同じ, 程何

▼ 言ひけん~ (4, 0.0%)

1 こは, も道理, 悉くは, 毛詩の

▼ 言ひし如く~ (4, 0.0%)

1 ぽつ, 到底主観, 是非真偽は, 維新の

▼ 言ひすぎた~ (4, 0.0%)

1 かも知れません, ね, やうだ, 部分が

▼ 言ひすて~ (4, 0.0%)

1 て去つた, て神田, て自分, て袖

▼ 言ひたい傍題~ (4, 0.0%)

4 な事

▼ 言ひたい放題~ (4, 0.0%)

2 なこと 1 に言つて, の事

▼ 言ひたれ~ (4, 0.0%)

1 ども其寛濶, ばここ, ば今更, ば此卷紙

▼ 言ひつくし~ (4, 0.0%)

1 がたい甚深, てある, てゐた, て居る

▼ 言ひながら~ (4, 0.0%)

3 ずつと這入る 1 や諦めきれない

▼ 言ひやがる~ (4, 0.0%)

2 からいや 1 と一同感心, 出来そくない

▼ 言ひやす~ (4, 0.0%)

21 かつた, からさ

▼ 言ひ付けられ~ (4, 0.0%)

1 ても文句, てゐる, て參, て直ぐ

▼ 言ひ出さない~ (4, 0.0%)

1 なぜなら, にも限らない, もので, わけにも

▼ 言ひ出せない~ (4, 0.0%)

2 でひとり色々 1 といつた, などと思ひ返し

▼ 言ひ募る~ (4, 0.0%)

1 ことが, のを, 二人, 言葉に

▼ 言ひ尽し~ (4, 0.0%)

1 てゐる, 難いが, 難き情趣, 難し

▼ 言ひ得ず~ (4, 0.0%)

1 そのま, 彼女は, 灰色の, 鳶に

▼ 言ひ掛け~ (4, 0.0%)

1 てサンタ, て友達, て少年, て老女

▼ 言ひ放つた~ (4, 0.0%)

1 とき最後に, なり部屋, ものの本田傳右衞門, 彼女は

▼ 言ひ渡した~ (4, 0.0%)

2 のです 1 のでした, 三成特に

▼ 言ひ続け~ (4, 0.0%)

2 てゐる 1 てゐた, て居る

▼ 言ひ聞かし~ (4, 0.0%)

3 て下さる 1 て呉れました

▼ 言ひ返す~ (4, 0.0%)

3 ものも 1 とい

▼ 言ひ遺した~ (4, 0.0%)

2 利休は 1 やうに, 言葉は

▼ 言ふくら~ (4, 0.0%)

1 ゐだから, ゐならいつそ悪魔, ゐなら何ん, ゐなら私

▼ 言ふところぢ~ (4, 0.0%)

4 やが

▼ 言ふとすぐ~ (4, 0.0%)

1 に大, 傍の, 劇場音楽としての, 聲を

▼ 言ふなる~ (4, 0.0%)

3 心細さ 1 ベーコンが

▼ 言ふべく~ (4, 0.0%)

1 もあらず, もない, も無し, 盆の

▼ 言ふべし~ (4, 0.0%)

1 それが, と, 但だ, 言ふべし

▼ 言ふ疑ひ~ (4, 0.0%)

1 がある, がチラツ, が起る, は先哲以来宿題

▼ 言へるあり~ (4, 0.0%)

2 曰く, 曰く要するに

▼ 言へるだらう~ (4, 0.0%)

21 な, ね

▼ 言やせぬ~ (4, 0.0%)

1 かと気, かと氣, が何, ぞこれ

▼ 言られた~ (4, 0.0%)

1 あの四月六日日付, という, のだ, 女が

▼ 言りたい~ (4, 0.0%)

1 ことは, のでしょう, のです, んです

▼ 言わい~ (4, 0.0%)

1 でもいい, でもよろしき, でもわかっ, でも大抵

▼ 言わっ~ (4, 0.0%)

1 せいて, せえて, せる, せるが

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 たりする, てました, ても駄目, 振が

▼ 言争い~ (4, 0.0%)

1 が募っ, でも仕た, になった, をした

▼ 言云い~ (4, 0.0%)

1 ながらサッサ, ながら威厳, わけを, 争いを

▼ 言云う~ (4, 0.0%)

1 かと思う, ことに, たびに, 中にも

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 はした, はした如く, へて居る, へる音

▼ 言伝え~ (4, 0.0%)

1 て, ている, てその, て申す

▼ 言出せ~ (4, 0.0%)

1 そうな, ばその, ば先生, ば反

▼ 言及び~ (4, 0.0%)

1 其に, 其副演の, 叙事詩の, 叙事詩を

▼ 言囃し~ (4, 0.0%)

2 て歩いた 1 ていた, てゐた

▼ 言大語~ (4, 0.0%)

2 すれども 1 すること, する架空

▼ 言奇行~ (4, 0.0%)

1 に研き, のみであります, を巧, を弄

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 について見た, をつかまえ, を引く, を攫

▼ 言憎い~ (4, 0.0%)

1 から先, が甲羅酒, ことだ, と宮浜

▼ 言掛り~ (4, 0.0%)

2 も附けよう 1 じゃすまねえ, に怒らされる

▼ 言~ (4, 0.0%)

2 を立て 1 なり, は何所

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 はよく, をずいぶんよく, を嗤, を聞いた

▼ 言甚だ~ (4, 0.0%)

1 幼稚なり, 快しと, 謔に, 過ぎたるものあるが

▼ 言~ (4, 0.0%)

2 明けて 1 の旅行, はようやっと

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 かなり実際的, にて写しおきたれ, に動かされ, を数える

▼ 言聞かし~ (4, 0.0%)

1 ておい, てやん, て涙一滴, ながら小宮山

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 の限り, も猶, も甚だ, を以て尽し

▼ 言~ (4, 0.0%)

2 だが 1 を愛想尽かし, 云わずと

▼ 言言葉~ (4, 0.0%)

2 を換す 1 を交へた, を返す

▼ 言~ (4, 0.0%)

2 を絶 1 のほか, の繁

▼ 言話す~ (4, 0.0%)

1 ことも, と私, 中に, 内に

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 いの, いらしかった, に顏, に顔

▼ 言過ぎた~ (4, 0.0%)

2 と思 1 と心付き, と心付き狼狽え

▼ 言~ (4, 0.0%)

2 の幸 1 の助くる, の搖

▼ 言~ (4, 0.0%)

1 はすべき, はす事, はせし, はせまい

▼ 言あげ~ (3, 0.0%)

1 て雖称, の過, を戒める

▼ 言ある~ (3, 0.0%)

1 ことなし, のは, は又

▼ 言あるいは~ (3, 0.0%)

1 お戯, 是なる, 然らん

▼ 言いう~ (3, 0.0%)

1 うちに, とお, 遑なく

▼ 言いたもう~ (3, 0.0%)

21 なと言った

▼ 言かけ~ (3, 0.0%)

1 て下りかける, て去る, て後

▼ 言かも~ (3, 0.0%)

1 しれないが, 知れず夫, 知れないが

▼ 言がかり~ (3, 0.0%)

1 じゃありません, を云う, を捏造

▼ 言ぐらい~ (3, 0.0%)

1 いっては, 言うす, 言ッた

▼ 言ぐらいは~ (3, 0.0%)

1 そよ風とも, 喋舌ったろう, 意に

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 に, 夜の, 天守櫓の

▼ 言その~ (3, 0.0%)

1 よりどころ, 下問に, 礼を

▼ 言そのまま~ (3, 0.0%)

1 を以てすれ, を献言, を直義

▼ 言だけは~ (3, 0.0%)

2 尊重し 1 絶対に

▼ 言つけ~ (3, 0.0%)

1 て持つ, にて附近の, を忘れ

▼ 言つたさうで~ (3, 0.0%)

1 はない, 名前は, 暗討

▼ 言つたつもり~ (3, 0.0%)

1 でゐる, もない, よ

▼ 言つたわけぢ~ (3, 0.0%)

1 やありません, やある, やあるまい

▼ 言つた丈~ (3, 0.0%)

1 けぢ, で二人, で其意味

▼ 言つた例~ (3, 0.0%)

1 になる, も少なく, を平次

▼ 言つた処~ (3, 0.0%)

1 から母方, であるが, で多く

▼ 言つた型~ (3, 0.0%)

1 に入る, の如き, の消極的

▼ 言つた奴~ (3, 0.0%)

1 がある, が昔, は採つ

▼ 言つた妙~ (3, 0.0%)

1 な癖, な階級意識, に拔

▼ 言つた容易~ (3, 0.0%)

2 ならぬもの 1 ならぬ表情

▼ 言つた時彼~ (3, 0.0%)

1 の顔, はさすが, は思はずほつ

▼ 言つた父~ (3, 0.0%)

2 の言葉 1 は急

▼ 言つた窕子~ (3, 0.0%)

1 の眼, の言葉, の頭

▼ 言つた考~ (3, 0.0%)

1 へから更に, へから飼う, へで執行

▼ 言つた者~ (3, 0.0%)

1 が有, もありません, を平戸物産局配下

▼ 言つた訳~ (3, 0.0%)

2 では無い 1 では有るまい

▼ 言つた質~ (3, 0.0%)

2 の女 1 の人間

▼ 言つた途方~ (3, 0.0%)

1 もな, もない, も無い

▼ 言つた通り上等~ (3, 0.0%)

3 の運

▼ 言つた金~ (3, 0.0%)

2 の實 1 を隱

▼ 言つた頃~ (3, 0.0%)

1 である, に役に立つた, の三組町

▼ 言つた顔~ (3, 0.0%)

1 は如何にも, は心持赧, をした

▼ 言つた風情~ (3, 0.0%)

1 がある, でした, です

▼ 言つてお前~ (3, 0.0%)

1 がお, は子供, は懇意

▼ 言つてお婆さん~ (3, 0.0%)

1 に成つて, は意地悪さうに, は意地惡さうに

▼ 言つてお母さん~ (3, 0.0%)

1 と伯母さん, は買, は黒ちやん

▼ 言つてお辞儀~ (3, 0.0%)

2 をした 1 をする

▼ 言つてくん~ (3, 0.0%)

21 ねえか

▼ 言つてら~ (3, 0.0%)

1 あと, つし, つしやら

▼ 言つてスツ~ (3, 0.0%)

1 とし, と廊下, と闇

▼ 言つてヒヨイ~ (3, 0.0%)

1 とお, と暖簾, と顎

▼ 言つてルリ~ (3, 0.0%)

1 の顏, は例, は片手

▼ 言つて一行~ (3, 0.0%)

2 はゾロ 1 は其の

▼ 言つて三藏~ (3, 0.0%)

1 が懷, は心, は手紙

▼ 言つて久保~ (3, 0.0%)

1 が立ちどまつた, の室, の方

▼ 言つて二階~ (3, 0.0%)

1 から降り, にあ, へあ

▼ 言つて人橋~ (3, 0.0%)

3 かけて

▼ 言つて兼家~ (3, 0.0%)

1 は全く, は却つてそれ, も笑つた

▼ 言つて前~ (3, 0.0%)

1 に立つた, の男, よりも力

▼ 言つて勝手~ (3, 0.0%)

1 に作る, に取り上げ, へ沸いた

▼ 言つて叔母~ (3, 0.0%)

1 は一ぺん, は丑松, は駈

▼ 言つて呉葉~ (3, 0.0%)

1 の手, はまた, は丁寧

▼ 言つて坊ちやん~ (3, 0.0%)

1 に附い, の着物, の襟元

▼ 言つて声~ (3, 0.0%)

2 を立て 1 をかけた

▼ 言つて女中~ (3, 0.0%)

1 が駈け, はハリー, を呼び入れ

▼ 言つて妻~ (3, 0.0%)

1 に脅かされた, に逃げ出され, は眸子

▼ 言つて学生~ (3, 0.0%)

1 に別れた, はその, は嘆息

▼ 言つて客~ (3, 0.0%)

1 の顔, は大きな, は気持

▼ 言つて宵~ (3, 0.0%)

3 のうち

▼ 言つて家内~ (3, 0.0%)

2 は自分 1 が責める

▼ 言つて寺領~ (3, 0.0%)

3 の一部

▼ 言つて屹~ (3, 0.0%)

1 と口, と時雨女史, と睨めた

▼ 言つて帯~ (3, 0.0%)

2 の間 1 を解く

▼ 言つて帰~ (3, 0.0%)

1 つたけれども, へし, へるが

▼ 言つて帰つて~ (3, 0.0%)

1 来た, 来ましたが, 行くの

▼ 言つて平気~ (3, 0.0%)

1 でか, でそれ, な顔

▼ 言つて年~ (3, 0.0%)

1 の入, の暮, は二十一

▼ 言つて幾村里~ (3, 0.0%)

3 かけて

▼ 言つて座敷~ (3, 0.0%)

1 に上り, の中, へ座布団

▼ 言つて庭~ (3, 0.0%)

1 から入, の物置, へ降りました

▼ 言つて引~ (3, 0.0%)

1 とめた, 揚げた後, 揚げる途中

▼ 言つて強~ (3, 0.0%)

1 がつて, ひて, ふる

▼ 言つて彼等~ (3, 0.0%)

1 の眼付, の絞首索, は樂

▼ 言つて押入~ (3, 0.0%)

1 から不断, から座布團, から盆

▼ 言つて斷~ (3, 0.0%)

2 つた 1 られたと

▼ 言つて明日~ (3, 0.0%)

1 からうた, から街道筋, にも決心

▼ 言つて春三郎~ (3, 0.0%)

1 が其鞄, に目, は自分

▼ 言つて普通~ (3, 0.0%)

1 に下山, の家, の文学者

▼ 言つて机~ (3, 0.0%)

1 にかじりつく, の前, の抽出

▼ 言つて柱際~ (3, 0.0%)

3 に立つ

▼ 言つて案内~ (3, 0.0%)

2 して 1 を通じる

▼ 言つて桶~ (3, 0.0%)

2 を地面 1 と線香

▼ 言つて次~ (3, 0.0%)

1 の問ひも, の手紙, を促しました

▼ 言つて死骸~ (3, 0.0%)

1 にお, の唇, の首

▼ 言つて渠~ (3, 0.0%)

2 は足駄 1 のどんな

▼ 言つて溜息~ (3, 0.0%)

1 をついた, をつく, をもらした

▼ 言つて火鉢~ (3, 0.0%)

1 に顏, の中, へ行

▼ 言つて煙草~ (3, 0.0%)

1 の煙, をくゆらし, をふかし

▼ 言つて祖父~ (3, 0.0%)

1 は壺, は眼, は腹立ちまぎれ

▼ 言つて老人~ (3, 0.0%)

1 は冷たく, は慰めた, は横

▼ 言つて芥川~ (3, 0.0%)

1 は二度目の, は降り, を貰

▼ 言つて草履~ (3, 0.0%)

2 を突 1 の表

▼ 言つて莞爾~ (3, 0.0%)

2 と笑つた 1 して

▼ 言つて菜の花桃~ (3, 0.0%)

3 の花

▼ 言つて薬~ (3, 0.0%)

1 の効力, の小, を飲まされる

▼ 言つて逆~ (3, 0.0%)

1 に卷い, に巻い, ねぢ

▼ 言つて酒~ (3, 0.0%)

1 に混ぜ, の馳走, を勧める

▼ 言つて金~ (3, 0.0%)

1 を目的, を私, を貰ひな

▼ 言つて長火鉢~ (3, 0.0%)

1 に炭, の向う, へ坐

▼ 言つて隣~ (3, 0.0%)

2 の部屋 1 の人

▼ 言つて顎~ (3, 0.0%)

1 のあたり, をし, を撫で

▼ 言つて駄夫~ (3, 0.0%)

1 が立ち上る, にすすめ, は老婆

▼ 言つて高柳~ (3, 0.0%)

1 は一段声, は嘆息, は熱心

▼ 言つて魚~ (3, 0.0%)

1 のやう, は崖, を野原

▼ 言つぶやき~ (3, 0.0%)

2 教壇の 1 ながら廊下

▼ 言ても~ (3, 0.0%)

1 まだ幼少, 之には, 良い

▼ 言であっ~ (3, 0.0%)

1 てもいい, て其後, て夢

▼ 言であろう~ (3, 0.0%)

1 か, が厘毛, とひそか

▼ 言でした~ (3, 0.0%)

1 から少年, がこれ, のでつい

▼ 言とか~ (3, 0.0%)

2 天台とかいふ 1 呪詞とか

▼ 言とが~ (3, 0.0%)

1 おの, 気の, 眞理において

▼ 言とに~ (3, 0.0%)

1 ぴったりしない, 楽しく肩, 責められて

▼ 言とを~ (3, 0.0%)

1 ば混同しよう, わけるの, 指す

▼ 言なども~ (3, 0.0%)

1 おもしろい, 多くは, 顧みれば

▼ 言なら~ (3, 0.0%)

1 ば, ば当然, んや

▼ 言によ~ (3, 0.0%)

1 つて兄なる, つて現れる, つて諸処を

▼ 言に対する~ (3, 0.0%)

1 信仰として, 思いきった嘲罵, 東溜の

▼ 言はさん~ (3, 0.0%)

3

▼ 言はず今日~ (3, 0.0%)

1 のうち, の今, の暮れ

▼ 言はず壁~ (3, 0.0%)

3 に向

▼ 言はず立~ (3, 0.0%)

2 止まりしま 1 止まりしまま例

▼ 言はず肩~ (3, 0.0%)

2 をき 1 と言はず雪

▼ 言はず辛棒~ (3, 0.0%)

2 して 1 してを

▼ 言はる~ (3, 0.0%)

2 可き 1 ものから

▼ 言はんぢ~ (3, 0.0%)

3 やない

▼ 言ひあてる~ (3, 0.0%)

1 ことが, さうです, とてもふしぎ

▼ 言ひかけたら~ (3, 0.0%)

1 すぐに, 客が, 相州さまは

▼ 言ひかけました~ (3, 0.0%)

1 が, がその, が聞い

▼ 言ひきれぬ~ (3, 0.0%)

1 ことである, ことを, ものが

▼ 言ひく~ (3, 0.0%)

2 らがりの 1 さるが

▼ 言ひけれ~ (3, 0.0%)

1 ば其, ば其處, ば我

▼ 言ひしか~ (3, 0.0%)

1 ど彼, ど誼, ば欺かえ

▼ 言ひたい位~ (3, 0.0%)

1 であります, であるが, の正午

▼ 言ひつる如く~ (3, 0.0%)

3 初々しき大

▼ 言ひなの~ (3, 0.0%)

1 だえ, です, は手

▼ 言ひなり振~ (3, 0.0%)

3 向ひ

▼ 言ひぬ~ (3, 0.0%)

3 お倉

▼ 言ひはじめた~ (3, 0.0%)

1 ことが, のである, 子供の

▼ 言ひはやす~ (3, 0.0%)

1 んだらう, 幽霊の, 裏側で

▼ 言ひはる~ (3, 0.0%)

1 ことが, のだ, のは

▼ 言ひふくめ~ (3, 0.0%)

1 ておかう, て女, て猫

▼ 言ひませず~ (3, 0.0%)

2 蔭の 1 陰の

▼ 言ひまはし~ (3, 0.0%)

1 であつ, をのみつとめ, を教

▼ 言ひもまじ~ (3, 0.0%)

3 へる

▼ 言ひよる~ (3, 0.0%)

1 ことを, な, 大事な

▼ 言ひわけした~ (3, 0.0%)

1 が勿論, こと, のである

▼ 言ひ下し~ (3, 0.0%)

2 て拙き 1 て置い

▼ 言ひ付ける~ (3, 0.0%)

1 だけの事, と三人共, 習慣が

▼ 言ひ出かね~ (3, 0.0%)

3 て烟

▼ 言ひ出された~ (3, 0.0%)

1 ためしが, 興味は, 言葉で

▼ 言ひ切られぬ~ (3, 0.0%)

3 温順し

▼ 言ひ募り~ (3, 0.0%)

1 さうにする, て少時, て捕

▼ 言ひ含められた~ (3, 0.0%)

1 のでせう, んでせう, 囃子を

▼ 言ひ張り~ (3, 0.0%)

1 とうとうここ, 相手も, 自分の

▼ 言ひ慰め~ (3, 0.0%)

1 て, て居る, て見た

▼ 言ひ暮し~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 て終に

▼ 言ひ淀み淀みし~ (3, 0.0%)

3 て言

▼ 言ひ渋る~ (3, 0.0%)

2 のを 1 やうな

▼ 言ひ渡し~ (3, 0.0%)

1 てこんな, てやりました, 燕車の

▼ 言ひ澱ん~ (3, 0.0%)

21 でゐた

▼ 言ひ直した~ (3, 0.0%)

1 あの女, のが, ので悪落ち

▼ 言ひ直したら~ (3, 0.0%)

2 どうで 1 いい

▼ 言ひ置いた~ (3, 0.0%)

1 妻の, 浦野一族の, 筈です

▼ 言ひ聴かせ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て楢雄, ながら自分

▼ 言ひ落し~ (3, 0.0%)

2 てゐる 1 て居る

▼ 言ひ落しました~ (3, 0.0%)

1 が二番目, が五, が朝

▼ 言ひ表した~ (3, 0.0%)

1 だけであつ, ものである, らい

▼ 言ひ負かされ~ (3, 0.0%)

1 てさすが, て了, て顏見

▼ 言ひ足りない~ (3, 0.0%)

1 ほどに今年, 気が, 聽き足りない

▼ 言ひ過ぎる~ (3, 0.0%)

1 といふ訳, と詰られる, ほど表現

▼ 言ひ遺し~ (3, 0.0%)

1 て振りきる, て死んだ, て身

▼ 言ひ附けた~ (3, 0.0%)

1 ともなく, のだ, のに何故

▼ 言ひ馴れ~ (3, 0.0%)

1 てゐる, て当時, て来た

▼ 言ふくせ~ (3, 0.0%)

1 にお, にこぼれる, に宗太郎

▼ 言ふさう~ (3, 0.0%)

21 ぢや

▼ 言ふさうです~ (3, 0.0%)

1 があの, ね, よ

▼ 言ふし十五夜~ (3, 0.0%)

3 にあげな

▼ 言ふすて~ (3, 0.0%)

3 筆ながく

▼ 言ふそ~ (3, 0.0%)

1 の喜び, の心根, の最後

▼ 言ふてやる~ (3, 0.0%)

2 に夫 1 にそれで

▼ 言ふてる~ (3, 0.0%)

2 んや 1 のだ

▼ 言ふて下さる~ (3, 0.0%)

3 方も

▼ 言ふて下され~ (3, 0.0%)

1 さてさて御, さてさて御苦労, よう姉樣よう姉樣お

▼ 言ふて下されたら~ (3, 0.0%)

2 何うでござんしよ 1 どうでござんしよ

▼ 言ふて聞かれぬ~ (3, 0.0%)

2 物ぞと 1 ものぞと

▼ 言ふて見ろ~ (3, 0.0%)

3 と言

▼ 言ふであらう~ (3, 0.0%)

3

▼ 言ふでふ~ (3, 0.0%)

1 元日本民族, 寧正史の, 曙覧の

▼ 言ふと直に~ (3, 0.0%)

1 今の, 口答へ, 逢ひかたらふ

▼ 言ふべきでせう~ (3, 0.0%)

3

▼ 言ふべくし~ (3, 0.0%)

3 て行

▼ 言ふめれ~ (3, 0.0%)

3 どさり

▼ 言ふもあり~ (3, 0.0%)

3 源さんが

▼ 言ふよつて~ (3, 0.0%)

1 な, な妾お断り, やがな

▼ 言ふんださう~ (3, 0.0%)

3

▼ 言ふ思ひ~ (3, 0.0%)

1 が, つきらしい, 斷つ

▼ 言ふ物語り~ (3, 0.0%)

3 はあ

▼ 言ふ節~ (3, 0.0%)

1 に合せ, の名, はない

▼ 言へるなら~ (3, 0.0%)

1 ば, んと, ロシアの

▼ 言または~ (3, 0.0%)

1 動作に, 啓示なる, 経典の

▼ 言まで~ (3, 0.0%)

1 ちよいちよい言ふ, 云ッて, 引き合いに

▼ 言やさしい~ (3, 0.0%)

2 言葉を 1 言葉は

▼ 言より~ (3, 0.0%)

1 して, 信を, 重しと

▼ 言られ~ (3, 0.0%)

1 ちゃ身, ても一言, て居ました

▼ 言るる~ (3, 0.0%)

1 んぢや, 事は, 善しあの

▼ 言一つ~ (3, 0.0%)

1 いわず, いわないよう, さえ聴きませんでした

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 に次ぎ, に次ぐ, 返事も

▼ 言争っ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 て出た

▼ 言云い合っ~ (3, 0.0%)

1 ていた, ています, ている

▼ 言云った~ (3, 0.0%)

1 が生憎, と思う, なり一人で

▼ 言以外~ (3, 0.0%)

1 に附加, の寿詞, の目的

▼ 言会話~ (3, 0.0%)

1 があった, を交, を投げ

▼ 言伝えられ~ (3, 0.0%)

2 ている 1 たるにも

▼ 言八十禍津日~ (3, 0.0%)

2 の前 1 の埼

▼ 言出さう~ (3, 0.0%)

2 ものなら 1 とする

▼ 言出しかねる~ (3, 0.0%)

1 もので, 様で, 樣で

▼ 言博士~ (3, 0.0%)

1 にラシイヌ閣下, のマハラヤナ老, はそれ

▼ 言合した~ (3, 0.0%)

2 ように 1 やうに

▼ 言合せ~ (3, 0.0%)

1 てあった, のため, はせぬ

▼ 言囁いた~ (3, 0.0%)

1 かと思う, と思う, 後渋々

▼ 言宗全體~ (3, 0.0%)

1 の上, の碩學, の青年諸子

▼ 言実に~ (3, 0.0%)

1 彼が, 至れり尽く, 過ぎたり

▼ 言密教~ (3, 0.0%)

1 となり, は完全, を金剛智三藏

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 なくて, なる男, に気

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 に云います, は又, を吐きゃ

▼ 言~ (3, 0.0%)

2 湖底家珍還 1 湖底

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 したま, して, せず

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 に依, へてゐた, へよう

▼ 言~ (3, 0.0%)

2 を用意シテ 1 を立て

▼ 言~ (3, 0.0%)

2 をもっ 1 のある

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 な云い表わしを, になり, の歌

▼ 言立て~ (3, 0.0%)

1 なんぞ芝居の, の単純さ, はすっかり

▼ 言系統~ (3, 0.0%)

1 の文藝, の物, の詞章

▼ 言継卿~ (3, 0.0%)

2 の日記 1 の頃

▼ 言続け~ (3, 0.0%)

3 ていた

▼ 言老人~ (3, 0.0%)

1 にもの, に返事, の耳

▼ 言聞ける~ (3, 0.0%)

1 ヘクトール悲哀の, ヘクトール直ちに, 兩將は

▼ 言調~ (3, 0.0%)

1 で云った, で言いました, を選ん

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 には忽花, の趣き, 過る故

▼ 言~ (3, 0.0%)

1 ねがはく, は出来まい, をする

▼ 言開き~ (3, 0.0%)

1 ができず, には余, をした

▼ 言難い~ (3, 0.0%)

1 ナ, 事ばかり, 苟も男児たる者

▼ 言いはぬ~ (2, 0.0%)

1 獣忍びかに, 獣忍びやかに

▼ 言いやがっ~ (2, 0.0%)

1 て, てちょっと

▼ 言いやがった~ (2, 0.0%)

1 と思う, 奴は

▼ 言うかっ~ (2, 0.0%)

1 俺が, 女

▼ 言うち~ (2, 0.0%)

1 挙げむよはまのあたり今日, 擧げむよはまのあたり今日

▼ 言かく~ (2, 0.0%)

1 その意, のごとく違わじ

▼ 言かの~ (2, 0.0%)

1 ごと坐す, 美しき目

▼ 言かは~ (2, 0.0%)

1 せ置きて, りて

▼ 言かを~ (2, 0.0%)

1 洩らしたとき, 言つて默り

▼ 言ぐさ~ (2, 0.0%)

1 が荒っぽう, をこの

▼ 言この~ (2, 0.0%)

1 細君から, 返答には

▼ 言ささやいた~ (2, 0.0%)

1 が明智, にちがいありません

▼ 言しか~ (2, 0.0%)

1 覚えて, 話が

▼ 言したる~ (2, 0.0%)

1 を以て知るべし, 大皇帝

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 可き, 吾人人類が

▼ 言すらも~ (2, 0.0%)

1 冬来に, 無し

▼ 言ぞと~ (2, 0.0%)

2 荷田大人の

▼ 言たつ~ (2, 0.0%)

1 けな, て勝藏

▼ 言だに~ (2, 0.0%)

1 あらざらん, なく汚れし

▼ 言だの~ (2, 0.0%)

1 方言だ, 於福の

▼ 言つたあと~ (2, 0.0%)

1 でいかに, で非常

▼ 言つたつて聽~ (2, 0.0%)

1 きやしません, きやしませんあの

▼ 言つたやうに~ (2, 0.0%)

1 なつて, もうそ

▼ 言つたらなかつた~ (2, 0.0%)

1 ので眞奈, よ

▼ 言つたわ~ (2, 0.0%)

1 ね, よ

▼ 言つたわけ~ (2, 0.0%)

1 さ, で

▼ 言つた上~ (2, 0.0%)

1 に更に, まるで下女

▼ 言つた事さ~ (2, 0.0%)

2 へある

▼ 言つた人生~ (2, 0.0%)

1 に対するい, の深

▼ 言つた人達~ (2, 0.0%)

1 の嫡々, の胸

▼ 言つた伯父~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 言つた來迎~ (2, 0.0%)

2 の山

▼ 言つた信吾~ (2, 0.0%)

2 の態度

▼ 言つた健~ (2, 0.0%)

1 の顏, の顔

▼ 言つた儘~ (2, 0.0%)

1 この美しい, 泣き出しさうな

▼ 言つた儘中~ (2, 0.0%)

2 に入

▼ 言つた其人~ (2, 0.0%)

2 の言葉

▼ 言つた勢~ (2, 0.0%)

1 にはこれ, ひでしたよ

▼ 言つた原因~ (2, 0.0%)

1 が繼母, で同名

▼ 言つた嚴~ (2, 0.0%)

1 しいこと, しい考

▼ 言つた囁き~ (2, 0.0%)

1 が彼方, を聞く

▼ 言つた場合~ (2, 0.0%)

1 には京都在住作家, は勿論

▼ 言つた大袈裟~ (2, 0.0%)

1 なこと, な身振り

▼ 言つた天下泰平~ (2, 0.0%)

1 な夏, の姿

▼ 言つた夫~ (2, 0.0%)

1 から彼, の言葉

▼ 言つた奇縁~ (2, 0.0%)

2 で一つ

▼ 言つた如才~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ 言つた姿~ (2, 0.0%)

1 です, で沓

▼ 言つた娘さん~ (2, 0.0%)

2 の家

▼ 言つた川柳~ (2, 0.0%)

1 が連想, の情景詩

▼ 言つた彼~ (2, 0.0%)

1 の女, の眼

▼ 言つた彼女~ (2, 0.0%)

1 の記憶, は茫然

▼ 言つた忠太~ (2, 0.0%)

1 の声, の聲

▼ 言つた意~ (2, 0.0%)

1 で従つて上, を持つ

▼ 言つた意識~ (2, 0.0%)

1 のある, を持つた

▼ 言つた態~ (2, 0.0%)

2 に頬擦り

▼ 言つた方法~ (2, 0.0%)

1 で自ら憐, をさけさせ

▼ 言つた春三郎~ (2, 0.0%)

1 の言葉, の顏

▼ 言つた時僕~ (2, 0.0%)

1 にも気, はもう

▼ 言つた時四方~ (2, 0.0%)

1 を見廻しました, を開け放ち

▼ 言つた書~ (2, 0.0%)

2 を貸し

▼ 言つた歌~ (2, 0.0%)

1 だか, はわりに

▼ 言つた気~ (2, 0.0%)

1 がした, 易さ

▼ 言つた氣~ (2, 0.0%)

1 でせう, になつ

▼ 言つた江戸~ (2, 0.0%)

1 の女, の郊外

▼ 言つた物~ (2, 0.0%)

1 の考, の考へ

▼ 言つた町人~ (2, 0.0%)

1 には珍, らしい卑屈

▼ 言つた皮肉~ (2, 0.0%)

1 な觀察, の爲

▼ 言つた相ぢ~ (2, 0.0%)

2 やない

▼ 言つた相手~ (2, 0.0%)

1 が相手ゆゑお前, は三十万ぐらゐなきやダメ

▼ 言つた積り~ (2, 0.0%)

1 だつた, である

▼ 言つた笑~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 言つた自由~ (2, 0.0%)

1 な分裂, な観客席

▼ 言つた表現~ (2, 0.0%)

1 は実は, を詞

▼ 言つた親分~ (2, 0.0%)

1 の心意氣, の見

▼ 言つた言~ (2, 0.0%)

1 ひ方, ふに

▼ 言つた詞~ (2, 0.0%)

1 と二つ, を取り消し

▼ 言つた語~ (2, 0.0%)

1 が敬語, です智者

▼ 言つた譯~ (2, 0.0%)

1 で, ではありませぬ

▼ 言つた豫感~ (2, 0.0%)

1 が平次, めいた不安

▼ 言つた輕井澤~ (2, 0.0%)

1 のお, の店

▼ 言つた通~ (2, 0.0%)

2 にし

▼ 言つた通り一ぺん~ (2, 0.0%)

1 のこと, の形容詞

▼ 言つた通り私~ (2, 0.0%)

1 が劇場側, の十歳

▼ 言つた連中~ (2, 0.0%)

1 が自分, でどれ

▼ 言つた遠慮~ (2, 0.0%)

1 であわて, のない

▼ 言つた限~ (2, 0.0%)

2 で荷馬車

▼ 言つた面~ (2, 0.0%)

1 で桶, をした

▼ 言つちまつ~ (2, 0.0%)

2 たらい

▼ 言つちまつた~ (2, 0.0%)

1 よ, わ

▼ 言つてあたり~ (2, 0.0%)

1 の人々, を見まわした

▼ 言つてあちこち~ (2, 0.0%)

1 と持ち, の石

▼ 言つてあなた~ (2, 0.0%)

2 をからかつて

▼ 言つてあんこ~ (2, 0.0%)

2 はあの

▼ 言つておいのり~ (2, 0.0%)

2 をする

▼ 言つてお出で~ (2, 0.0%)

1 だつた, になつ

▼ 言つてお客~ (2, 0.0%)

1 の有無, は桃太郎

▼ 言つてお里~ (2, 0.0%)

1 はまた, は彈

▼ 言つてかすか~ (2, 0.0%)

1 な微笑, に首肯き

▼ 言つてぐつたり泥舟~ (2, 0.0%)

2 の底

▼ 言つてぐつと~ (2, 0.0%)

2 沈んで

▼ 言つてしま~ (2, 0.0%)

1 はうかと, へない

▼ 言つてそこら~ (2, 0.0%)

1 に呀, の柱

▼ 言つてたん~ (2, 0.0%)

1 だが, だろ

▼ 言つてなに~ (2, 0.0%)

1 がなんだか, になる

▼ 言つての~ (2, 0.0%)

1 つそり, つそり引下つた

▼ 言つてひつくり~ (2, 0.0%)

1 かへつて, かへつて降参

▼ 言つてみんな~ (2, 0.0%)

1 をよぶ, を眺めた

▼ 言つてもの~ (2, 0.0%)

1 も言, 怖ぢ

▼ 言つてわたくし~ (2, 0.0%)

1 の顔, は恥づ

▼ 言つてわたし~ (2, 0.0%)

1 が田舎, のもと

▼ 言つてカテリーナ~ (2, 0.0%)

1 は扉, は背ら

▼ 言つてガツクリ首~ (2, 0.0%)

2 を垂れる

▼ 言つてガラツ八~ (2, 0.0%)

1 は挨拶, を追

▼ 言つてクルリ~ (2, 0.0%)

1 と振向い, と踵

▼ 言つてグタリ~ (2, 0.0%)

2 と頤

▼ 言つてソオル~ (2, 0.0%)

1 はその, は突然

▼ 言つてハボンス~ (2, 0.0%)

1 はむしろ, は残り

▼ 言つてプイ~ (2, 0.0%)

1 と奥, と座

▼ 言つてペツペツ~ (2, 0.0%)

2 と唾

▼ 言つてホツ~ (2, 0.0%)

1 と安心, と胸

▼ 言つてムクリ~ (2, 0.0%)

2 と身

▼ 言つて一時~ (2, 0.0%)

1 は随分, をごまかした

▼ 言つて一生~ (2, 0.0%)

2 立つても

▼ 言つて一礼~ (2, 0.0%)

1 した, して

▼ 言つて一間~ (2, 0.0%)

2 も此方

▼ 言つて三和土~ (2, 0.0%)

2 になつた流場

▼ 言つて三越~ (2, 0.0%)

1 に話され, のどの

▼ 言つて下女~ (2, 0.0%)

1 はハツ, を嘲弄つて

▼ 言つて不思議相~ (2, 0.0%)

2 に二人

▼ 言つて主人~ (2, 0.0%)

1 の戸棚, はにこ

▼ 言つて之~ (2, 0.0%)

1 を以て日本文学, を卑し

▼ 言つて乗客~ (2, 0.0%)

1 があたり, と言つて

▼ 言つて了ふか~ (2, 0.0%)

1 どうだ, ね

▼ 言つて二三日~ (2, 0.0%)

1 の暇, はもと

▼ 言つて二度許~ (2, 0.0%)

2 り歔欷

▼ 言つて五十嵐~ (2, 0.0%)

1 は三藏, は強

▼ 言つて些~ (2, 0.0%)

2 と校長

▼ 言つて人人~ (2, 0.0%)

1 が舌, は哄笑

▼ 言つて人民~ (2, 0.0%)

1 は何一つ, を小鳥

▼ 言つて人間~ (2, 0.0%)

1 が各々, には自然

▼ 言つて仕方~ (2, 0.0%)

1 がありません, なくハーモニカ

▼ 言つて伊香保~ (2, 0.0%)

2 がどことなく

▼ 言つて会~ (2, 0.0%)

1 の進行, ふ度

▼ 言つて何ん~ (2, 0.0%)

1 としても父親, の蟠り

▼ 言つて何一つ家計~ (2, 0.0%)

2 の補助

▼ 言つて何処~ (2, 0.0%)

1 からともなく, までもあの

▼ 言つて侯爵~ (2, 0.0%)

1 の顔, は其処

▼ 言つて僅か~ (2, 0.0%)

1 に枕, に頬

▼ 言つて兎~ (2, 0.0%)

1 にも角, もすれ

▼ 言つて入口~ (2, 0.0%)

1 のはう, の戸

▼ 言つて兩手~ (2, 0.0%)

1 で叩い, を突く

▼ 言つて其日~ (2, 0.0%)

2 の午後

▼ 言つて其時兄~ (2, 0.0%)

2

▼ 言つて加藤~ (2, 0.0%)

1 は腹一帯, は腹一帶

▼ 言つて助役~ (2, 0.0%)

1 は方々, は貧乏徳利

▼ 言つて十八~ (2, 0.0%)

1 ですが, の良い

▼ 言つて十六~ (2, 0.0%)

1 から十九, になります

▼ 言つて十六歳~ (2, 0.0%)

1 の美しい, の頃

▼ 言つて十時頃~ (2, 0.0%)

1 に三四発, に三四發續

▼ 言つて卓~ (2, 0.0%)

2 の上

▼ 言つて去年~ (2, 0.0%)

1 の秋, も歸ら

▼ 言つて友~ (2, 0.0%)

2 の手

▼ 言つて反身~ (2, 0.0%)

1 になつ, になる

▼ 言つて古賀さん~ (2, 0.0%)

1 が戸, はズカズカ

▼ 言つて吃驚~ (2, 0.0%)

1 した様, する娘

▼ 言つて否定~ (2, 0.0%)

1 した人達, するの

▼ 言つて吹聴~ (2, 0.0%)

1 した, する積り

▼ 言つて和尚様~ (2, 0.0%)

1 の言, は腹

▼ 言つて唯~ (2, 0.0%)

1 で喰つて, のお

▼ 言つて喰~ (2, 0.0%)

1 つつけと, ふや

▼ 言つて嘆息~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 言つて嘘泣き~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 言つて國木田君~ (2, 0.0%)

1 は勝手, は戻

▼ 言つて圓~ (2, 0.0%)

1 い顎, とはいはなかつた

▼ 言つて圭一郎~ (2, 0.0%)

1 は即座, を再

▼ 言つて垂涎~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 言つて執念くも自分等~ (2, 0.0%)

2 の新

▼ 言つて夜中~ (2, 0.0%)

1 に私, に自分

▼ 言つて大阪屋~ (2, 0.0%)

1 の例, はニタ

▼ 言つて太田~ (2, 0.0%)

1 はふと, は監房

▼ 言つて奈何~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 言つて奥~ (2, 0.0%)

1 から立つ, に眼

▼ 言つて奥方~ (2, 0.0%)

1 の難産, を手打

▼ 言つて奥様~ (2, 0.0%)

1 は嘆息, は考

▼ 言つて女將~ (2, 0.0%)

1 は二人, は直ぐ

▼ 言つて妹~ (2, 0.0%)

1 の肩, を連れ

▼ 言つて学校~ (2, 0.0%)

1 の廊下, へ行きました

▼ 言つて學校~ (2, 0.0%)

1 でも評判, の方

▼ 言つて安心~ (2, 0.0%)

1 させた, して

▼ 言つて定次郎~ (2, 0.0%)

2 は腹掛

▼ 言つて宿~ (2, 0.0%)

1 の若, を脱出

▼ 言つて富江~ (2, 0.0%)

2 は皮肉

▼ 言つて小刀~ (2, 0.0%)

1 でその, を床

▼ 言つて小池~ (2, 0.0%)

1 は力一杯, は自分

▼ 言つて小粒~ (2, 0.0%)

1 で十兩, を一つ

▼ 言つて少年~ (2, 0.0%)

1 は縁先, を寝床

▼ 言つて居~ (2, 0.0%)

1 なすつたやう, なすつたよ

▼ 言つて山~ (2, 0.0%)

1 の宿, の歴史

▼ 言つて山内~ (2, 0.0%)

2 は其狡

▼ 言つて席~ (2, 0.0%)

1 に腰, をはづして

▼ 言つて帰つて往~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 言つて帰つて行~ (2, 0.0%)

2 つた

▼ 言つて常~ (2, 0.0%)

1 と呼ばれた, は立上

▼ 言つて平三~ (2, 0.0%)

1 は尚, を起し

▼ 言つて平安朝~ (2, 0.0%)

1 で使, まで残つて

▼ 言つて床~ (2, 0.0%)

1 をしいた, を疊

▼ 言つて店~ (2, 0.0%)

1 のほう, を出る

▼ 言つて座~ (2, 0.0%)

1 をたつた, を起つた

▼ 言つて康子~ (2, 0.0%)

1 はじ, はなぜ

▼ 言つて廊下~ (2, 0.0%)

1 から家, に葛卷

▼ 言つて弁解~ (2, 0.0%)

1 した, するの

▼ 言つて弁護士~ (2, 0.0%)

1 の家, は笑つた

▼ 言つて御供水~ (2, 0.0%)

2 を貰

▼ 言つて心~ (2, 0.0%)

1 がきまる, の臓

▼ 言つて快弁~ (2, 0.0%)

2 を弄する

▼ 言つて懐中~ (2, 0.0%)

1 から大事, から巻紙

▼ 言つて懷~ (2, 0.0%)

1 に呑んだ, の中

▼ 言つて我々~ (2, 0.0%)

1 が純潔さ, と彼

▼ 言つて手紙~ (2, 0.0%)

1 が來, をよこされた

▼ 言つて承知~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 言つて拒絶~ (2, 0.0%)

1 した, し毎日食物

▼ 言つて拜~ (2, 0.0%)

2 みに

▼ 言つて拜ん~ (2, 0.0%)

2 だの

▼ 言つて掃除監督~ (2, 0.0%)

2 の生徒

▼ 言つて支配人~ (2, 0.0%)

1 は二人, は誰

▼ 言つて教父~ (2, 0.0%)

1 は肩, も同じ

▼ 言つて敷居際~ (2, 0.0%)

2 に腰

▼ 言つて旅~ (2, 0.0%)

1 の人達, の仕度

▼ 言つて日本~ (2, 0.0%)

1 のファルス, の田舎言葉

▼ 言つて昔~ (2, 0.0%)

1 の侍, の山

▼ 言つて晩~ (2, 0.0%)

1 になる, の支度

▼ 言つて暇さ~ (2, 0.0%)

2 へあれ

▼ 言つて暫らく~ (2, 0.0%)

1 の暇乞, 出たやう

▼ 言つて書物~ (2, 0.0%)

1 の頁, を投げつけ

▼ 言つて月~ (2, 0.0%)

1 に振り仰いだ, の五日

▼ 言つて村~ (2, 0.0%)

1 でもきたない, に居

▼ 言つて束~ (2, 0.0%)

2 になつ

▼ 言つて楢雄~ (2, 0.0%)

1 はバタバタ, を香櫨園

▼ 言つて楽天家~ (2, 0.0%)

2 も死後

▼ 言つて構~ (2, 0.0%)

2 へ込む

▼ 言つて欄干~ (2, 0.0%)

2 から離れた

▼ 言つて此~ (2, 0.0%)

1 から滔々, の此木田父爺

▼ 言つて歸つて~ (2, 0.0%)

1 行きます, 行くの

▼ 言つて歸つて來~ (2, 0.0%)

1 た, たの

▼ 言つて水~ (2, 0.0%)

1 に添, を浴び

▼ 言つて汽車~ (2, 0.0%)

1 に乗るべき, の出る

▼ 言つて油~ (2, 0.0%)

1 もつけね, をかけ

▼ 言つて泣出~ (2, 0.0%)

2 されで

▼ 言つて源助~ (2, 0.0%)

2 の一人息子

▼ 言つて無作法~ (2, 0.0%)

2 に乙姫

▼ 言つて熱心~ (2, 0.0%)

1 に智恵子, に智惠子

▼ 言つて父さん~ (2, 0.0%)

1 の田舍, は人

▼ 言つて父親~ (2, 0.0%)

1 と仲違, の峰太郎

▼ 言つて片手~ (2, 0.0%)

1 で竹丸, を畳

▼ 言つて牧師~ (2, 0.0%)

1 のやう, は書棚

▼ 言つて物~ (2, 0.0%)

1 の一時間, 干の

▼ 言つて狹~ (2, 0.0%)

1 い放ち出, い路地

▼ 言つて猾~ (2, 0.0%)

2 さうな臆病

▼ 言つて玄關~ (2, 0.0%)

1 の扉, へ飛び出す

▼ 言つて生徒~ (2, 0.0%)

1 の方, の机

▼ 言つて画家~ (2, 0.0%)

1 の人柄, の杉浦氏

▼ 言つて登子~ (2, 0.0%)

1 の方, は自分

▼ 言つて盃~ (2, 0.0%)

1 をかへす, をさす

▼ 言つて目賀田~ (2, 0.0%)

1 は目, は蝙蝠傘

▼ 言つて相原夫人~ (2, 0.0%)

1 はつと, は六時

▼ 言つて省吾~ (2, 0.0%)

1 は何, は小首

▼ 言つて看病人~ (2, 0.0%)

1 に扶けられつ, を困り

▼ 言つて眞白~ (2, 0.0%)

1 な眼, な頭

▼ 言つて磯五郎~ (2, 0.0%)

1 が曲者, の宿

▼ 言つて祖母さん~ (2, 0.0%)

1 が呉れ, の教

▼ 言つて神~ (2, 0.0%)

1 がもし, に祈つた

▼ 言つて私たち~ (2, 0.0%)

1 のはう, をののしつた

▼ 言つて空~ (2, 0.0%)

1 からもつ, で指環

▼ 言つて窮屈~ (2, 0.0%)

2 な階子段

▼ 言つて箸~ (2, 0.0%)

1 のあげおろし, を投げ

▼ 言つて籠~ (2, 0.0%)

1 の赤い, をお嬢さん

▼ 言つて納戸~ (2, 0.0%)

1 の二階, の方

▼ 言つて紙~ (2, 0.0%)

1 のま, を展げ

▼ 言つて終~ (2, 0.0%)

1 に行かなかつた, へば生命力

▼ 言つて結婚~ (2, 0.0%)

1 といふもの, なさいました

▼ 言つて給仕~ (2, 0.0%)

1 に劍突, を虐め

▼ 言つて絶句~ (2, 0.0%)

1 して, しました

▼ 言つて縁側~ (2, 0.0%)

1 に手, に近い

▼ 言つて美奈子~ (2, 0.0%)

1 は口籠, は帯

▼ 言つて耳~ (2, 0.0%)

1 を列べる, を澄まし

▼ 言つて聲~ (2, 0.0%)

1 をかけた, を呑む

▼ 言つて自分自身~ (2, 0.0%)

1 で新しい, を悲しん

▼ 言つて臺所~ (2, 0.0%)

1 の方, を指圖

▼ 言つて花簪~ (2, 0.0%)

2 を弄

▼ 言つて若もの~ (2, 0.0%)

1 をおくら, をさそひました

▼ 言つて蓮太郎~ (2, 0.0%)

1 はすこし, は考

▼ 言つて蜜柑~ (2, 0.0%)

1 や林檎, を送つ

▼ 言つて蟠り~ (2, 0.0%)

2 もなく

▼ 言つて袋~ (2, 0.0%)

1 に入れた, の中

▼ 言つて見物~ (2, 0.0%)

2 は明日

▼ 言つて親分~ (2, 0.0%)

1 に頼んだ, の利助

▼ 言つて解職願~ (2, 0.0%)

2 を健

▼ 言つて評判~ (2, 0.0%)

1 のよく, の良い

▼ 言つて調子~ (2, 0.0%)

1 を合した, を合せた

▼ 言つて貰ひたい~ (2, 0.0%)

2

▼ 言つて買ひとり海~ (2, 0.0%)

2 へ放し

▼ 言つて賞め~ (2, 0.0%)

1 ちぎつてゐまさあ, 立てたが

▼ 言つて足~ (2, 0.0%)

1 は矢張り宿, は矢張宿

▼ 言つて路地~ (2, 0.0%)

2 の外

▼ 言つて身~ (2, 0.0%)

1 の潔白, ぶるひを

▼ 言つて軽蔑~ (2, 0.0%)

2 し持つて

▼ 言つて農夫~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ 言つて迎~ (2, 0.0%)

1 へてくれます, へるので

▼ 言つて遊び~ (2, 0.0%)

1 に出, 戯れて

▼ 言つて道綱~ (2, 0.0%)

1 は遠く, をなだめた

▼ 言つて道臣~ (2, 0.0%)

1 に嫁, は盃

▼ 言つて醫者~ (2, 0.0%)

1 に見せよう, は椅子

▼ 言つて鈴~ (2, 0.0%)

1 を鳴した, を鳴らさせ

▼ 言つて鍵~ (2, 0.0%)

1 のたば, をあけさせ

▼ 言つて鏡~ (2, 0.0%)

1 をもつ, を取りあげる

▼ 言つて陽子~ (2, 0.0%)

1 の手, もお

▼ 言つて隅~ (2, 0.0%)

1 つこに, の小さな

▼ 言つて障子~ (2, 0.0%)

1 を引明け, を開ける

▼ 言つて静か~ (2, 0.0%)

1 にお母さま, に帰つて行

▼ 言つて顏~ (2, 0.0%)

1 を伏せる, を反

▼ 言つて駄々~ (2, 0.0%)

1 をこね, をこねる

▼ 言つて駒下駄~ (2, 0.0%)

2 を沓脱石

▼ 言つて鳥~ (2, 0.0%)

1 の肉, や獣

▼ 言つぶやいた~ (2, 0.0%)

1 かと思う, だけだった

▼ 言でなく~ (2, 0.0%)

1 先生と, 負け惜しみでなく

▼ 言といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものが

▼ 言としても~ (2, 0.0%)

1 吐雲斎の, 記されて

▼ 言とともに~ (2, 0.0%)

1 唐草の, 汝の

▼ 言と共に~ (2, 0.0%)

1 亡びて, 肩を

▼ 言ない~ (2, 0.0%)

1 でも宜, までも聞く

▼ 言なさる~ (2, 0.0%)

1 の, ものじゃ

▼ 言なし~ (2, 0.0%)

1 に済む, 矣であった

▼ 言などに~ (2, 0.0%)

1 晦んで, 詞霊の

▼ 言なに~ (2, 0.0%)

1 かしら囁いた, かの様子

▼ 言ならぬ~ (2, 0.0%)

2 語を

▼ 言にこそ~ (2, 0.0%)

2 出ね

▼ 言について~ (2, 0.0%)

1 今日すぐ, 考ふべき

▼ 言については~ (2, 0.0%)

1 わが師, 使で

▼ 言につれ~ (2, 0.0%)

1 件の, 声につれ

▼ 言にても~ (2, 0.0%)

1 知らるるごとくコックリ, 糺されしこと

▼ 言にな~ (2, 0.0%)

2 つて居た

▼ 言にまで~ (2, 0.0%)

1 お前の, 見張りの

▼ 言に対しては~ (2, 0.0%)

1 わたくしは, 其反覆讃歎を

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 にはい, よ事

▼ 言のて~ (2, 0.0%)

1 まえ拝跪, まえ門

▼ 言のみ~ (2, 0.0%)

1 ならん, 吐いたミュラー

▼ 言はじ父~ (2, 0.0%)

2 は長柄

▼ 言はず一撃~ (2, 0.0%)

1 した, を加

▼ 言はず中~ (2, 0.0%)

2 に入

▼ 言はず人~ (2, 0.0%)

1 とも言はず, をし

▼ 言はず今夜~ (2, 0.0%)

1 のうち, の内

▼ 言はず唯二枚~ (2, 0.0%)

2 にて伯父

▼ 言はず庭~ (2, 0.0%)

2 を走り流れる

▼ 言はず手~ (2, 0.0%)

1 と言はず投錢, を握られた

▼ 言はな~ (2, 0.0%)

2 がつけえ

▼ 言はるべきで~ (2, 0.0%)

2 はなく

▼ 言はるべきである~ (2, 0.0%)

1 から, からである

▼ 言はれつけ~ (2, 0.0%)

2 てゐる

▼ 言はれてた~ (2, 0.0%)

2 うとう私

▼ 言はれてる~ (2, 0.0%)

1 だけに上方の, やうな

▼ 言はれな~ (2, 0.0%)

2 ば家

▼ 言はれぬ仕~ (2, 0.0%)

2 義を

▼ 言はれまい~ (2, 0.0%)

1 と思ひます, と思ふ

▼ 言はれるだらう~ (2, 0.0%)

1 と, 氏の

▼ 言はれ得ない~ (2, 0.0%)

1 が他方それ, 或る

▼ 言はんかた~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ 言はんくら~ (2, 0.0%)

1 ゐなら私, ゐ小さ

▼ 言はん先生~ (2, 0.0%)

2 は然

▼ 言ばと~ (2, 0.0%)

2 後の

▼ 言ひあはせた~ (2, 0.0%)

1 やうな, やうに

▼ 言ひあらはせない~ (2, 0.0%)

1 でゐる, 筈も

▼ 言ひいで~ (2, 0.0%)

1 て, む

▼ 言ひおい~ (2, 0.0%)

1 て私, て行つた変

▼ 言ひおほせ~ (2, 0.0%)

1 たりとてこの, たりとて此種

▼ 言ひかけよう~ (2, 0.0%)

1 かと思ふ, とする

▼ 言ひきかせた~ (2, 0.0%)

1 といふ言葉, 時やはり

▼ 言ひきつたの~ (2, 0.0%)

1 が少し, でした

▼ 言ひくるめる~ (2, 0.0%)

2 ことも

▼ 言ひけり~ (2, 0.0%)

1 さても, 由縁あれ

▼ 言ひご~ (2, 0.0%)

1 と, とただ

▼ 言ひさうで~ (2, 0.0%)

1 江島屋鹿右衞門少なから, 照覧あれは

▼ 言ひしが~ (2, 0.0%)

1 ごと來つ, そは

▼ 言ひたい気持ち~ (2, 0.0%)

2 を代作

▼ 言ひたい氣持ち~ (2, 0.0%)

2 を代作

▼ 言ひたい言ひたい事~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 言ひたかつたら~ (2, 0.0%)

1 せめて伜, 處刑臺の

▼ 言ひたけれ~ (2, 0.0%)

1 ば言, ば言ふし

▼ 言ひたげなる~ (2, 0.0%)

1 この幻境, 面を

▼ 言ひつぎ~ (2, 0.0%)

1 ぬ, 来る澄江

▼ 言ひつけられる~ (2, 0.0%)

1 とほり, のが

▼ 言ひつたへ~ (2, 0.0%)

1 かもしれない, を信じる

▼ 言ひつる~ (2, 0.0%)

1 ごと状を, 事は

▼ 言ひと~ (2, 0.0%)

1 かむ, なり結局預り

▼ 言ひとつ~ (2, 0.0%)

2 申さぬもの

▼ 言ひなす~ (2, 0.0%)

1 に荒き, は言葉

▼ 言ひなら~ (2, 0.0%)

2 はし

▼ 言ひなん~ (2, 0.0%)

1 か女の子, だえ

▼ 言ひのこし~ (2, 0.0%)

1 て呼吸, て自分

▼ 言ひは~ (2, 0.0%)

2 為まい

▼ 言ひふらした~ (2, 0.0%)

1 が言葉, 上町の

▼ 言ひましたさうだ~ (2, 0.0%)

2 ツせ

▼ 言ひますだ~ (2, 0.0%)

1 よ金之助どん, 誰にも

▼ 言ひまツ~ (2, 0.0%)

1 さ, せ

▼ 言ひやし~ (2, 0.0%)

1 ても私, ねいか

▼ 言ひやしない~ (2, 0.0%)

2 ぢや

▼ 言ひよられ~ (2, 0.0%)

1 て縺れ, 待合へ

▼ 言ひわけし~ (2, 0.0%)

1 て二人, て見よう

▼ 言ひわける~ (2, 0.0%)

1 事が, 事は

▼ 言ひ交す~ (2, 0.0%)

1 だに影, 地方が

▼ 言ひ光り~ (2, 0.0%)

1 と言, の伴

▼ 言ひ兼ねる~ (2, 0.0%)

1 のでした, 事だらう

▼ 言ひ出さず~ (2, 0.0%)

2 にゐた

▼ 言ひ出しました~ (2, 0.0%)

1 がそれ, が不思議

▼ 言ひ出し兼ね~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 言ひ出し居る~ (2, 0.0%)

2 多少教育

▼ 言ひ出でた~ (2, 0.0%)

1 がこれ, 戀を

▼ 言ひ出る~ (2, 0.0%)

2 に何

▼ 言ひ分け~ (2, 0.0%)

1 がたく殊, たり

▼ 言ひ切られる~ (2, 0.0%)

1 とそれつ, と女將

▼ 言ひ切れ~ (2, 0.0%)

1 ばたしかに, ば大概

▼ 言ひ切れぬ~ (2, 0.0%)

1 妙な, 様な

▼ 言ひ及び~ (2, 0.0%)

1 ては切り, て身

▼ 言ひ合せ~ (2, 0.0%)

1 てこつ, てまかり出で

▼ 言ひ含めた~ (2, 0.0%)

1 のは, ものか

▼ 言ひ囃し~ (2, 0.0%)

1 てくれる, て居つた

▼ 言ひ囃した~ (2, 0.0%)

1 といふ話, のは

▼ 言ひ囃す~ (2, 0.0%)

1 に人, やうに

▼ 言ひ寄つた~ (2, 0.0%)

1 ことか, ことだらう

▼ 言ひ強めた~ (2, 0.0%)

1 のも, 心理の

▼ 言ひ当て~ (2, 0.0%)

1 てゐた, て戴きたい

▼ 言ひ当てた~ (2, 0.0%)

1 人には, 修吉は

▼ 言ひ当てられた~ (2, 0.0%)

1 もので, やうな

▼ 言ひ得ざる~ (2, 0.0%)

1 にはあらね, 場合

▼ 言ひ得るなら~ (2, 0.0%)

1 ば, ば新しい

▼ 言ひ抜け~ (2, 0.0%)

1 をする, んは

▼ 言ひ振~ (2, 0.0%)

1 あれほどまでに, であつ

▼ 言ひ捨てた~ (2, 0.0%)

1 平次, 平次八五郎を

▼ 言ひ放す~ (2, 0.0%)

1 ことさへ, 人が

▼ 言ひ替~ (2, 0.0%)

1 へたに, へねば

▼ 言ひ替へ~ (2, 0.0%)

2 てもよい

▼ 言ひ替へれ~ (2, 0.0%)

1 ば, ばそんな

▼ 言ひ棄てる~ (2, 0.0%)

1 習慣の, 言草に

▼ 言ひ残す~ (2, 0.0%)

1 と歩く, 事は

▼ 言ひ流し~ (2, 0.0%)

1 てゐる, 最後に

▼ 言ひ消す~ (2, 0.0%)

1 ことが, だけの勇気

▼ 言ひ淀む~ (2, 0.0%)

1 のです, 言葉には

▼ 言ひ渡す~ (2, 0.0%)

1 ものなど, 爲に

▼ 言ひ知れない~ (2, 0.0%)

1 不思議な, 心地よさ

▼ 言ひ立てられる~ (2, 0.0%)

1 と小松屋, のを

▼ 言ひ続ける~ (2, 0.0%)

2 つもりな

▼ 言ひ罵りたる~ (2, 0.0%)

2 ことある

▼ 言ひ聞かされた~ (2, 0.0%)

1 時, 髪の

▼ 言ひ落した~ (2, 0.0%)

1 といふ奴, やうな

▼ 言ひ解き~ (2, 0.0%)

1 がたい謎, やうが

▼ 言ひ触らし~ (2, 0.0%)

1 て先生, て歩

▼ 言ひ訳し~ (2, 0.0%)

1 てぱたぱたと袖口, やうと

▼ 言ひ足し~ (2, 0.0%)

1 てフランス人, て行かれた

▼ 言ひ足らぬ~ (2, 0.0%)

1 ことは, 顏です

▼ 言ひ足り~ (2, 0.0%)

2 なさ

▼ 言ひ返し~ (2, 0.0%)

1 てし, てやれ

▼ 言ひ送る~ (2, 0.0%)

1 のです, 合圖だ

▼ 言ひ過ぎだらう~ (2, 0.0%)

2

▼ 言ひ過ぎました~ (2, 0.0%)

1 か, かな

▼ 言ひ附け~ (2, 0.0%)

1 て部屋, でもう

▼ 言ひ附けられ~ (2, 0.0%)

1 て今, て雨戸

▼ 言ひ附けられた~ (2, 0.0%)

1 用を, 通り客の

▼ 言ひ附ける~ (2, 0.0%)

1 かと疑ふ, と釜屋

▼ 言ふい~ (2, 0.0%)

1 けは井戸, さか

▼ 言ふからおれ~ (2, 0.0%)

2 もつい

▼ 言ふから今~ (2, 0.0%)

2 に上等

▼ 言ふから腹~ (2, 0.0%)

1 を据ゑ, を立て

▼ 言ふか平次~ (2, 0.0%)

1 には見, は試したかつた

▼ 言ふか言~ (2, 0.0%)

1 はない, はぬ

▼ 言ふが~ (2, 0.0%)

2 ままに

▼ 言ふが如き~ (2, 0.0%)

1 冷かな, 没理想的消極的理窟的の

▼ 言ふけど~ (2, 0.0%)

1 そんな気持, ね

▼ 言ふさうだ~ (2, 0.0%)

1 がその, けれど私

▼ 言ふし楽毅論~ (2, 0.0%)

2 から兄

▼ 言ふし樂毅論~ (2, 0.0%)

2 から兄

▼ 言ふじ~ (2, 0.0%)

1 やない, やア

▼ 言ふすべ~ (2, 0.0%)

2 なし

▼ 言ふたの~ (2, 0.0%)

1 である, をチヤツ

▼ 言ふたら~ (2, 0.0%)

1 あきまへんえ, 実に我子

▼ 言ふてのけ~ (2, 0.0%)

2 術も

▼ 言ふて呉れ~ (2, 0.0%)

1 ても私, やうと

▼ 言ふて呉れる~ (2, 0.0%)

2 人の

▼ 言ふて居た~ (2, 0.0%)

2 つけ瓦落

▼ 言ふて居る~ (2, 0.0%)

1 が其鑛業, ことは

▼ 言ふて聞かされ~ (2, 0.0%)

2 てさて

▼ 言ふて除ける~ (2, 0.0%)

2 事が

▼ 言ふでせ~ (2, 0.0%)

2

▼ 言ふとさ~ (2, 0.0%)

1 うでも, うばかり

▼ 言ふとし~ (2, 0.0%)

1 たらひな, てゐる

▼ 言ふとそのまま~ (2, 0.0%)

1 彼は, 歸つていつた

▼ 言ふと共に~ (2, 0.0%)

1 かりもがり, なるこ神

▼ 言ふと同じく~ (2, 0.0%)

1 御神幸, 性質の

▼ 言ふべから~ (2, 0.0%)

1 ざるも, ざる感の

▼ 言ふべきである~ (2, 0.0%)

1 が兄, といふ一つ

▼ 言ふべきでない~ (2, 0.0%)

2 事まで

▼ 言ふべくん~ (2, 0.0%)

2 ば真実

▼ 言ふまじき~ (2, 0.0%)

1 筈と, 筈其袖の

▼ 言ふまれ~ (2, 0.0%)

1 びとを, びと迎への

▼ 言ふよ言~ (2, 0.0%)

2 ひますよ

▼ 言ふらしい~ (2, 0.0%)

1 わね, 聲が

▼ 言ふ如く亡びた~ (2, 0.0%)

1 と思う, と思ふ

▼ 言ふ恐~ (2, 0.0%)

2 赫し

▼ 言ふ聴き~ (2, 0.0%)

1 てを見あてた, てを見当てた

▼ 言ふ頭脳~ (2, 0.0%)

2 の持ち主

▼ 言へても~ (2, 0.0%)

1 それから先, 中脊

▼ 言へなあ~ (2, 0.0%)

2 たまには

▼ 言へも~ (2, 0.0%)

1 かたむけさせて, しますまいが

▼ 言へや~ (2, 0.0%)

1 しない, しないぢ

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 かりける, るやつ

▼ 言まことに~ (2, 0.0%)

2 是なり

▼ 言ます~ (2, 0.0%)

1 が夫, と馬

▼ 言また~ (2, 0.0%)

1 以て, 何か

▼ 言もて~ (2, 0.0%)

1 かかる財, 慰むべき

▼ 言もの~ (2, 0.0%)

1 ハ短気し, 木偶を

▼ 言やや~ (2, 0.0%)

2 あらかりき

▼ 言よし~ (2, 0.0%)

1 という, の

▼ 言よせ~ (2, 0.0%)

1 て, て永訣

▼ 言りや~ (2, 0.0%)

1 しなかったわ, など問

▼ 言れぬ~ (2, 0.0%)

1 事も, 果敢ないこと

▼ 言ろうと~ (2, 0.0%)

1 いいじゃ, 焦れば

▼ 言わるべき~ (2, 0.0%)

1 人々が, 暗号通信操作の

▼ 言をと~ (2, 0.0%)

1 思う頬辺, 思ったが

▼ 言んで~ (2, 0.0%)

1 それからは, 自分を

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 ぬ, 古器

▼ 言一句~ (2, 0.0%)

1 といえ, を置く

▼ 言三言何~ (2, 0.0%)

1 かいっ, かささやく

▼ 言三言挨拶~ (2, 0.0%)

1 したの, して

▼ 言争つて~ (2, 0.0%)

2 居る

▼ 言云つて~ (2, 0.0%)

1 直ぐ教會, 置いて

▼ 言亡慮絶~ (2, 0.0%)

1 の妙趣, の点

▼ 言交した~ (2, 0.0%)

1 人が, 女故

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 人人異, 在亦

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 の語るまじき, を欺かざる

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 て一場, て他山の石

▼ 言以来~ (2, 0.0%)

1 とは言, の呪力

▼ 言伊織~ (2, 0.0%)

1 と言, と言い合っ

▼ 言伝えた~ (2, 0.0%)

1 のは, ほどであった

▼ 言伝えられた~ (2, 0.0%)

1 ものである, 堅固な

▼ 言何とか~ (2, 0.0%)

1 おっしゃって, 仰しやつ

▼ 言佳句~ (2, 0.0%)

1 が何, に興ずるごとき

▼ 言依させ~ (2, 0.0%)

2 吾は

▼ 言信長~ (2, 0.0%)

2 の大軍

▼ 言兼ね~ (2, 0.0%)

1 て文三, て私

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 と外, に付け加え

▼ 言出さなかつた~ (2, 0.0%)

1 し東京, のである

▼ 言出さん~ (2, 0.0%)

1 とする如く, と思え

▼ 言出したら~ (2, 0.0%)

1 どういうこと, どんな我儘

▼ 言出します~ (2, 0.0%)

1 が, のは

▼ 言出すべき~ (2, 0.0%)

1 最初の, 言葉なく

▼ 言切れない~ (2, 0.0%)

1 あなた方の, 胸が

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 に二人, に依る

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 で云った, となるべし

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 と書いた, の方式

▼ 言合つて~ (2, 0.0%)

1 お互に, は晴やか

▼ 言向け和~ (2, 0.0%)

1 さしめまた, したま

▼ 言問答~ (2, 0.0%)

1 はあ, をし

▼ 言問通り~ (2, 0.0%)

1 にある, の間

▼ 言囃す~ (2, 0.0%)

1 のは, 黄禍の

▼ 言~ (2, 0.0%)

2 言お愛想

▼ 言四言~ (2, 0.0%)

1 いった, 話し合つた結果

▼ 言多く~ (2, 0.0%)

1 して, 相通せり

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 に力, に開發

▼ 言~ (2, 0.0%)

2 だ倨傲

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 へまつら, へまつらく

▼ 言尋常~ (2, 0.0%)

2 な口

▼ 言小声~ (2, 0.0%)

1 に口, に語合

▼ 言弁解~ (2, 0.0%)

1 して, をする

▼ 言彼等~ (2, 0.0%)

1 に話しかけ, の労

▼ 言得ない~ (2, 0.0%)

1 で深い, のでした

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 指摘実に, 挨拶が

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 しも全然, しも欺かず

▼ 言愛嬌~ (2, 0.0%)

1 を云った, を云つた後

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 けて居る, はされる

▼ 言懸ける~ (2, 0.0%)

1 のを, 折しも

▼ 言振取~ (2, 0.0%)

1 做なんど如何にも, 成なんどいかにも

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 て目科, をつけられ

▼ 言換える~ (2, 0.0%)

1 と, と二葉亭

▼ 言暮し~ (2, 0.0%)

1 ている, てゐる

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 が着いてた, に記されん

▼ 言書自在~ (2, 0.0%)

1 の権, の権利

▼ 言止め~ (2, 0.0%)

1 て, 難くや

▼ 言~ (2, 0.0%)

2 に止まる

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 でも稍, を贈らる

▼ 言深い~ (2, 0.0%)

2 長靴此等は

▼ 言~ (2, 0.0%)

2 やに訊ねた

▼ 言現された~ (2, 0.0%)

1 叙事よりも, 様な

▼ 言瑠璃子~ (2, 0.0%)

2 に言葉

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 りて, る時

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 という症状, を聴かせぬ

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 かりとも, しくれなゐの

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 なれば, 隠名

▼ 言知れぬ~ (2, 0.0%)

1 さびしさ, 興味を

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 ぎて白さく, ぎ白し

▼ 言立ち話~ (2, 0.0%)

1 をし, をし合っ

▼ 言終らぬ~ (2, 0.0%)

1 中から, 内に

▼ 言終る~ (2, 0.0%)

1 と共に原稿一綴, や諸

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 へ, へる全能者

▼ 言続い~ (2, 0.0%)

1 て花やか, で

▼ 言置いた~ (2, 0.0%)

1 ことを, のは

▼ 言罵つ~ (2, 0.0%)

1 て豊吉, て豐吉

▼ 言聞い~ (2, 0.0%)

1 ていた, て頂きたい

▼ 言聞いた~ (2, 0.0%)

1 だけで, だけでもう

▼ 言聞かせ~ (2, 0.0%)

1 ている, て置いた

▼ 言聞け~ (2, 0.0%)

1 て置きました, ばすぐ

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 を, を夢心地

▼ 言表する~ (2, 0.0%)

1 たびごとに, たび毎に

▼ 言解き~ (2, 0.0%)

1 たり斯く, に掛った

▼ 言触れ~ (2, 0.0%)

1 も春, をする

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 らしたが, れ

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 は, を耳

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 を言つて, を言わし

▼ 言話しかけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, てはまた

▼ 言話しかけた~ (2, 0.0%)

1 が話し, やうだつ

▼ 言話しかけられた~ (2, 0.0%)

2 がそれ

▼ 言話し合った~ (2, 0.0%)

2 のは

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 けなむ, け平

▼ 言返事~ (2, 0.0%)

1 をし, を与へ

▼ 言途絶え~ (2, 0.0%)

1 たり, 内を

▼ 言通り~ (2, 0.0%)

1 の事, の家督爭ひと

▼ 言~ (2, 0.0%)

2

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 那迩夜志愛袁登古, 那迩夜志愛袁登賣

▼ 言附けた~ (2, 0.0%)

1 あとで, んです

▼ 言雑談~ (2, 0.0%)

1 して, を交換

▼ 言~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 言~ (2, 0.0%)

1 なるか, 思料の

▼ 言~ (2, 0.0%)

2 けき

▼1* [3643件]

ざやけき人間の, 言あかめがし, 言あげせぬ国民, 言あづさ今言, 言あらはせないらしく, 言あらそって見た, 言あらぬ姿の, 言あらんやである, 言あり進んで十二月, 言あんた御自身, 言いいわけをした, 言いいわたす機会だ, 言いい合ってかれ, 言いい合ったと思う, 言いえばいつも, 言いおうとした, 言いくらやら申訳, 言いっそう権柄に, 言いとおしになり, 言いひ争ふ, 言いひあふうちに, 言いひ交した後女は, 言いひ試みしが胸, 言いふと勇ましき, 言いふべき事も, 言いふ俺でねえだ, 言いぶりこちらが, 言いやがらねえんです, 言いやがるとぶッ叩く, 言いやしめえし急, 言いわけなさそうに, 言いわせてもやっぱ, 言いわねば気, 言いわゆるその君を, 言いわれたりする, 言うかれらの, 言うこたあ通ぜず, 言うたに嘘, 言うた通り少しも, 言うとくなはれ, 言うまいなんぞは甚だ, 言えっこは, 言念仏を, 言おっしゃいましたら二尺ばかりの, 言おのずから詩と, 言おばさんやおばあさん, 言および黒住氏の, 言おわりて地, 言お尋ねになりました, 言お座なりに主人夫婦, 言お話をし, 言かきつばたといふ花, 言かけたときお, 言かねて, 言からでも推定する, 言からも直ぐ続けた, 言がのみ込めかねます, 言きいたので, 言きかす神の, 言ききて城内, 言きびしく咎めて, 言きやがッ, 言きり云うべき言葉, 言くらい云いに, 言くら闇ぐらつきなどと, 言ぐさにして不品行だからって, 言ぐらいにしか用いなかったが, 言ぐれエしか, 言らく汝せんは, 言けっ首が, 言けて其夜の, 言けるゆへ, 言けれども数年地の, 言こう浴びせて, 言ここに至っ, 言ことがでも, 言こと祥なし, 言これと連なる, 言ごとに我胸, 言さくそれ混元既に凝りしか, 言ささやいてから, 言ささやきあっていた, 言ささやくといったい, 言さもなきは, 言さらに妙, 言され流石の, 言されし者死し, 言しかも素通りを, 言しけるを聞, 言しげき里に, 言しげし汝を, 言したる如くたとひ, 言しぼり出すことも, 言しゃべってしまった, 言しゃべったようです, 言しゃべったらここの, 言しゃべるために, 言しようとはせず, 言し如く此犯罪の, 言し如く泣沈める体に, 言し始めるそうだ, 言し来ずとも, 言ていやしません, 言じみた事ばかり, 言じゃと思うたお方, 言すぐ木蔭の, 言すべきところを, 言すべくもあらじ, 言すべて眞なり然るに, 言するならば青年, 言する如く吾邦にも, 言ずつに野本くんの, 言ず来にて今, 言せずともなどといささか, 言せぬあり様を, 言せられずただ言葉尠, 言せられたようでしたら, 言そう言ったまま, 言そのものを生活, 言それから双方で, 言それとなく問を, 言そんな談話を, 言たい放題をも言わし, 言たった一と, 言たてる母親を, 言たのみ入院に, 言たる所を考え見れ, 言だけのもの, 言だけも貴女方の, 言だすと警部, 言だらけという季節, 言だろう錠が, 言やありません, 言ったらしく一高の, 言ついでにあ, 言つけられたのでかれ, 言つける人も, 言つけ加えておこう, 言つけ足さずにはゐられなくなり, 言つげし友をぞ, 言つこなしよ, 言つたあげくが失敗, 言つたあと久米のこと, 言つたあなたの美しい寂しい, 言つたあれをちよい, 言つたお歌をみる, 言つたからかい氣味の微笑, 言つたきり取り合はない, 言つたきり顔を見合せ, 言つたぐあひに書きあげて, 言つたけが真箇, 言つたけが眞箇かな, 言つたさうであるが私, 言つたしやう懲り, 言つたすべてのもの, 言つたそうである, 言つたそりや良い, 言つたためしはない, 言つたつけあたしに聞きたい, 言つたつけそれ忠吉さんとか忠次郎さん, 言つたつけ気胸療法とかも駄目, 言つたつけ董は艸冠, 言つたつてしようがないですよ, 言つたつて仕方がない, 言つたつて仕様がない, 言つたつて仲間つぱづれと言, 言つたつて先生にや解らねえだらう, 言つたつて分りはしない, 言つたつて別にない, 言つたつて取りかへせない, 言つたつて外国人だからね, 言つたつて手遲れだよ, 言つたつて構はない, 言つたつて此方にもありやしない, 言つたつて無益でせう, 言つたつて行く先もありません, 言つたつて親分ほんのちよい, 言つたつて親分外からぢ, 言つたなんです, 言つたのあんたなんと言, 言つたのさへ一人, 言つたまま下を向いた, 言つたやうだつた, 言つたやうに人は麺麭, 言つたやうに十五六歳の時, 言つたやつは殺す, 言つたやり方でせう, 言つたらいはれないでも帰ります, 言つたらたまりが, 言つたらよして了, 言つたら居ないのよ, 言つたら帰らんか, 言つたら怒られるがそれ, 言つたら黙らないの, 言つたれば, 言つたわけ隔てのない, 言つたわねえ, 言つたオルニイのま, 言つたカーペンターなどは皆, 言つたガラクタ用心棒の富山七之助, 言つたガラツ八の不平, 言つたゴリキイは自慢, 言つたサバサバした坊主, 言つたザラの毒, 言つたソノ時智恵子はア, 言つたタイプの女, 言つたテイタラクさ, 言つたハリ切り方である, 言つたヒステリー性の潔癖, 言つたプラノ・カルピニとかルブルック, 言つたホームス牧師の手, 言つたボドレエルの言葉, 言つたボールをポツタポツタ言, 言つたムツとした, 言つたロッス少佐やリード氏, 言つたワイルドとかゴーチエ, 言つた一人は仲間, 言つた一時の噂, 言つた一瞥を與, 言つた一種の舞台, 言つた一種變つた風物が特色, 言つた一縷の望み, 言つた一般道徳と同じ, 言つた一語である, 言つた一部の企て, 言つた丁寧語の意識, 言つた七郎の瞳, 言つた三人組の泥棒, 言つた三日の眞夜中, 言つた上こちらでどうにか, 言つた上品な道具立, 言つた上等の智慧, 言つた上納戸から自分, 言つた下女の顏, 言つた下女代りの女, 言つた下手人は何所, 言つた不敵さと言, 言つた不見識なまね, 言つた世にいふ, 言つた中途半端な姿, 言つた主婦を思出, 言つた事情の者, 言つた二十七八の滑らか, 言つた二階は大きな, 言つた五千円とかは, 言つた人々を籠め, 言つた今の連中, 言つた仏体だ, 言つた仏家の言, 言つた仏法式の姿, 言つた仏蘭西人に贈られた, 言つた他愛もない, 言つた以来これほど真実, 言つた低俗な道歌, 言つた何時別れて, 言つた佛法僧もえらく, 言つた作風をよい, 言つた俗縁で, 言つた側の職分, 言つた傍若無人の言葉, 言つた傲慢さが獅子, 言つた僕の新しい, 言つた僞百姓に心當, 言つた儘暫時私の顏, 言つた儘暫時言葉もなかつた, 言つた儘気絶したやう, 言つた儘突立つて, 言つた元服をした, 言つた光景で法, 言つた八千代さんが來, 言つた其後年老つて毛, 言つた典型的な娼婦型, 言つた内容を持つ, 言つた冗談だと, 言つた分で糸, 言つた切りでございます, 言つた切りヂツと老, 言つた切り何も云わない, 言つた初心さがたまらない, 言つた判じ物だらう, 言つた刻薄な人間, 言つた力になつ, 言つた加世は嫁, 言つた区劃が出来た, 言つた医者があ, 言つた千兩箱を杉, 言つた南条のいつか, 言つた厚情なので, 言つた叔父の声, 言つた口は私, 言つた口八丁の才女, 言つた口吻です, 言つた口調で顫, 言つた古風な患, 言つた句法まで出来, 言つた君の最後, 言つた含みもあるだらう, 言つた呪術を鎮魂法, 言つた和尚さんの言葉, 言つた和文臭の所, 言つた和泉屋皆吉だけ平次, 言つた問ひに, 言つた問題がある, 言つた噂も佐太郎, 言つた器用貧乏の見本, 言つた土蜘蛛の如く, 言つた地には此, 言つた埒も無い, 言つた場合人は聯想, 言つた場所にあり, 言つた声は藤野さん, 言つた変名も起り, 言つた外には何ん, 言つた多寡を括つた, 言つた天平十年説なの, 言つた天麩羅屋があつ, 言つた太平無事なこと, 言つた夫婦生活は平次, 言つた女杢阿彌, 言つた如くに思へる, 言つた如何にも愚者, 言つた妻の母, 言つた妻君の言葉, 言つた娘は張り詰めた, 言つた婆やの事, 言つた媼がしよぼ, 言つた子供がいつたい, 言つた子規がこの, 言つた孤島を出ない, 言つた學生はその, 言つた安手に賭事, 言つた安気になりきれない, 言つた宮廷と里方, 言つた家族の出払つて, 言つた家来の手, 言つた寶搜し根性, 言つた寸法だらうよ, 言つた寺の経営, 言つた屑のやう, 言つた山之助さん, 言つた嵩高なもの, 言つた巫女などの唱導, 言つた市太郎は言, 言つた師の言葉, 言つた庄吉の言葉, 言つた弱きが故, 言つた強靱な性格, 言つた形容でこの, 言つた役から端, 言つた役方の発生, 言つた役柄さう, 言つた役者の舞台, 言つた後父も加つて三人, 言つた後生氣を出し, 言つた御用聞の責任感, 言つた心やりはあります, 言つた心持ちを湛, 言つた心構へを忘れない, 言つた必須なる項, 言つた思惟するもの, 言つた思想的な内容, 言つた思慕渇仰に燃えた, 言つた恋の執着, 言つた恰幅です, 言つた惡戯氣だつた, 言つた想像と事実, 言つた意氣が顯, 言つた意氣込がほ, 言つた意義がまつ, 言つた愚にもつかぬ, 言つた感傷で恋, 言つた愼しみ深い姿, 言つた慾望が十分, 言つた戰鬪的なところ, 言つた所謂男勝りの肌合, 言つた手まへ, 言つた手代や凡, 言つた手合もある, 言つた才能はあつ, 言つた扮裝の人間, 言つた批評の事, 言つた押込みまだつかまらない, 言つた拍子にふい, 言つた拵へ事, 言つた挙動が目, 言つた挙句に, 言つた捨鉢な氣持, 言つた敬之進の言葉, 言つた文句をその, 言つた斯うした, 言つた新橋の若菜, 言つた方々四五人でございました, 言つた方式によらない, 言つた方法さへあ, 言つた日本の若い, 言つた日本楽舞部の台本, 言つた日頃にもない, 言つた旦那の今, 言つた早耳と井戸端會議, 言つた昨夜のお, 言つた時あたしは死んだ, 言つた時あなたがどんな, 言つた時たて物ががたがた, 言つた時ハツと思, 言つた時二人の眼, 言つた時代巣鴨や大塚, 言つた時多勢は一度, 言つた時奧方が大層, 言つた時室の動搖, 言つた時小林氏の阿部氏, 言つた時己はそれ, 言つた時彼女は, 言つた時手附か何, 言つた時文太郎はくわつ, 言つた時本人は一向, 言つた時母屋の窓, 言つた時番頭の庄兵衞, 言つた時石之助, 言つた時私もツイポンポン斷, 言つた時蒸溜人の両, 言つた晩に一, 言つた曖昧茶屋などは確, 言つた曠野は大野原, 言つた書き入れ系図の自由, 言つた書き方も見える, 言つた有徳人の中, 言つた本質的な行詰りと, 言つた村長は相手, 言つた来迎の山, 言つた林の奧, 言つた柄です, 言つた梯子を用, 言つた樟腦臭い綺麗首, 言つた欅の用箪笥, 言つた歴史の進歩, 言つた殊勝な心掛, 言つた比ひの, 言つた気味あひ, 言つた気持になら, 言つた気持ちが我々, 言つた気質の彼女, 言つた氣構へです, 言つた氣樂さでガラツ八相手, 言つた水の神女, 言つた永年そのよう, 言つた汪士鐘は黄丕烈, 言つた治太夫の人柄, 言つた泰平無事な日, 言つた洋行がへり, 言つた洒落に感心, 言つた洞窟に隠れ, 言つた浮世離れのした, 言つた源右衞門の言葉, 言つた滑らかな調子, 言つた火箸のやう, 言つた無知のため, 言つた無精者でした, 言つた無造作なこと, 言つた無駄口までつひ, 言つた爺さんはもうかなり, 言つた特殊の環境, 言つた独坐深夜の幽, 言つた王蒙が, 言つた理会の外, 言つた理窟もあるでせう, 言つた生一本の良い, 言つた用例を残し, 言つた由無論さう, 言つた由井正雪的な下心, 言つた申し分なく融通, 言つた男二本差のくせ, 言つた番頭の言葉, 言つた當り前, 言つた発想をとる, 言つた目つきが取り交される, 言つた目賀田の顔, 言つた直後でもあつ, 言つた直感らしいもの, 言つた相談はあの, 言つた看板でも出した, 言つた眼付で雙方顏, 言つた眼付きだね, 言つた眼鼻立のチグハグ, 言つた瞬間にもう, 言つた短章の呪術, 言つた石油を器, 言つた社會に多い, 言つた神と精霊, 言つた神話が出来, 言つた種々の問題, 言つた種類の人間, 言つた立敵或はその, 言つた筋のこと, 言つた範疇に編入, 言つた簡素そのものの小, 言つた紙一重を自分, 言つた紙片が添, 言つた素質さへあれ, 言つた細君の聲, 言つた結婚法がやはり段々, 言つた結構な身分, 言つた綺麗な女, 言つた線に踏留つて, 言つた繃帯巻きがその, 言つた纒りの, 言つた習慣に固定, 言つた老人です, 言つた老婦の眼, 言つた耶蘇の言葉, 言つた聖書の言葉, 言つた聯合七箇国は東西, 言つた職業とは違, 言つた肉なしコロツケ, 言つた肌の男, 言つた自他の自然, 言つた自動車がもう, 言つた自己の, 言つた自己宣傳見たいにも, 言つた自己紹介の好き, 言つた自覚に尻ごみ, 言つた舌を捲き上げ, 言つた色つぽ, 言つた芭蕉が伊賀, 言つた花と酒, 言つた莟は, 言つた華魁の隱, 言つた落ちで, 言つた藤村の, 言つた處女らしい恐怖, 言つた蜚語流説が早耳, 言つた蜜柑だの大きな, 言つた蟇蛙の娘, 言つた血はこの, 言つた表情で田部, 言つた裝束で手槍, 言つた西洋人の理解, 言つた要望が三人五人, 言つた見事な歌, 言つた覚へはない, 言つた親切な男, 言つた親鸞上人の言葉, 言つた覺えは, 言つた言葉あれを聞く, 言つた言葉其言葉を堅く, 言つた詠歎だけで, 言つた誇りに充ちた, 言つた語原観を意識, 言つた語氣が妙, 言つた語法は其以前, 言つた誤解は出ない, 言つた説明をつけた, 言つた読者よりも気違ひじ, 言つた諷誦様式を立てさせた, 言つた諸物價の安い, 言つた諺で赤坂, 言つた謎めいた意味, 言つた警戒心が素早く, 言つた議論であつ, 言つた谷崎氏に対する答, 言つた越前屋を調べ, 言つた趣きです, 言つた足袋屋のある, 言つた輕い態度, 言つた近江屋七兵衞の番頭佐太郎, 言つた通りこちらからは一寸見, 言つた通りヤガミ姫は大勢, 言つた通り下馬先のあたり, 言つた通り人形を荒された, 言つた通り伊香保は中庸的, 言つた通り佐吉を縛れ, 言つた通り作家の名前, 言つた通り傷はまことに, 言つた通り勇次郎の望み, 言つた通り半年やそこ, 言つた通り半年越ぎた後は漸く, 言つた通り右の脚, 言つた通り君に嘘, 言つた通り唐木に空洞, 言つた通り單に天子, 言つた通り四つにし, 言つた通り塀は一丈あまり, 言つた通り墨子は講明, 言つた通り外で待つ, 言つた通り家中の者, 言つた通り干瓢も湯皮, 言つた通り批評的精神の本性, 言つた通り朱子でも, 言つた通り村中一番の建築物, 言つた通り死に神がとりつい, 言つた通り氣が散らね, 言つた通り登志子さんは来年, 言つた通り相貌は肖, 言つた通り糸底が少し, 言つた通り肝腎の鼬小僧, 言つた通り表面はただ, 言つた通り見事に擔, 言つた通り記事には今, 言つた通り退職金としてだいたい, 言つた通り非常に熱心, 言つた通り須磨子は島村抱月氏, 言つた通人の面目, 言つた通人達の噂, 言つた逞ましい神經, 言つた遊び事は大, 言つた過渡期の姿, 言つた道理が世界, 言つた道筋を通つて, 言つた達觀した氣持, 言つた遠縁に當, 言つた遺書を書く, 言つた酒の上, 言つた野望に燃え, 言つた鋸引でもする, 言つた錢形平次でした, 言つた鐵之助です, 言つた長閑さ八五郎の哲學, 言つた閉塞症みたいになる, 言つた間柄か, 言つた関係にあつ, 言つた關係で前夜, 言つた限智恵子は真面目, 言つた限智惠子は眞面目, 言つた隔ての無い, 言つた雜務で五千兩, 言つた離縁を目, 言つた難題には二, 言つた青年やその, 言つた静的のもの, 言つた非凡の素質, 言つた靴磨きの言葉, 言つた音のする, 言つた響きがある, 言つた順序でつまり人, 言つた顏色といつた, 言つた顏色舅にいや, 言つた顏觸れでそんな, 言つた顧廣圻も士禮居祭書, 言つた食へない, 言つた飯炊きのお, 言つた馬鹿な味, 言つた騷ぎは聽, 言つた骨を削り取られる, 言つた髪なりでゐた, 言つた魂膽もあつ, 言つた鮮やかな彼, 言つた鼻の隆, 言つちまうと新, 言つちまわれるとこつち, 言つづけて妻, 言つてあきらめ兼ねて, 言つてあたしもす, 言つてあたふたと影, 言つてあちらの市の, 言つてあと一ヵ月分の費用, 言つてあなた貴島さんじや, 言つてあひるさんは鶴さん, 言つてあれでちつ, 言つてあれこれ少しづゝ, 言つてあわた, 言つていつかな鹿児島行, 言つていも虫のやう, 言つてうしろ向きにお, 言つてうちの人から三兩, 言つてうりあるいて, 言つておいでなん, 言つておいでぢやない, 言つておかみさんは話, 言つておこつてゐた, 言つておごち走を, 言つておしまいにする, 言つておじぎをしました, 言つておとうふやさ, 言つておのれの生活, 言つてお上の御用, 言つてお節は妹, 言つてお茶を濁し, 言つてお銭を呉れた, 言つてかなりの金, 言つてくろうととも取れない, 言つてぐつと帽子を目, 言つてこいつは親, 言つてこころもち頭をさげた, 言つてこれさへ守れ, 言つてこれらの人たち, 言つてこんどは酷く, 言つてさうして, 言つてさし支へのない, 言つてしとやかに挨拶, 言つてしまつて身悶えした, 言つてすき手の女, 言つてすんでゐた, 言つてせんべい一枚をヒユウ, 言つてその後姿を此方, 言つてそばを出しました, 言つてそれきり考へこんだ, 言つてそれどころでは, 言つてそれ以上答へたがらぬ, 言つてそれ以外になに, 言つてたけの小屋, 言つてただ蝉ばかりで, 言つてちびは存外, 言つてちや困まる, 言つてちやうどこの燈火節, 言つてちんぷんかんぷん言葉, 言つてぢつとそれ, 言つてつれ込んだもの, 言つててれ隠しにお辞儀, 言つてなぶり殺しにされ, 言つてなほ厳しく叱つた, 言つてなんべん, 言つてにこにことかぶり, 言つてねえやと二人, 言つてぱつと裾をさばい, 言つてぴつしやりと頬打を食, 言つてぷうと煙草を吹いた, 言つてぷつッと噴出, 言つてへへへとあざ笑つた, 言つてへんに親し, 言つてほかのどんな, 言つてほのかに顏, 言つてほんたうに, 言つてほんとうに胃, 言つてみかどがお, 言つてみたいのかね, 言つてむしつては捨て, 言つてやうやく立ち上つたの, 言つてやつぱり同じ所, 言つてやつぱり団体自身が自分たち, 言つてらア御らん, 言つてるじやありません, 言つてわつといふ, 言つてわが国独特の分け, 言つてアザ笑つてゐた, 言つてアシールとパトロークル, 言つてアタフタとお勝手, 言つてアヤは悲し, 言つてオクサーナが笑ひだ, 言つてカタンと扉, 言つてガランとした, 言つてキャツキャツ笑ひ出すなり, 言つてグイと長, 言つてグラウンドになつ, 言つてコタツ越しに小萩, 言つてゴクリと固唾, 言つてゴロツキになつ, 言つてゴロリと横, 言つてサチを離れさせる, 言つてサメザメと泣く, 言つてザブトンを示し, 言つてスケツチブツクをぱちんと閉ぢ, 言つてスッパダカになつて寢, 言つてスペシアリテ以下にまで作者, 言つてズボンのバンド, 言つてセットの方, 言つてタバコの煙, 言つてタフト氏は解, 言つてチャラピタといつ, 言つてチヤツクにあやまる, 言つてチヤホヤもてなして, 言つてチヨツト分が悪い, 言つてチリチリンと電話, 言つてツケツケと平次, 言つてディーゼル・エンヂンに就, 言つてデスクリプションよりも進んだ, 言つてデピユウ氏は演説, 言つてドアを開い, 言つてドツと溢れる, 言つてニツコリした顏, 言つてネクタイ屋の前, 言つてノメノメと村, 言つてハンケチで眼鏡, 言つてバタバタと入, 言つてパパママに宣言, 言つてヒステリーを起し, 言つてフト口を緘, 言つてフロオベルは慨嘆, 言つてブルリバーシュは自分, 言つてプツリと口, 言つてペッとツバキ, 言つてホームスさんはたん, 言つてボウトのそば, 言つてボオイは空皿, 言つてボンボンの皿, 言つてポケットからハンカチ, 言つてポケツトに押し込んだ, 言つてマカールの手, 言つてマリマリ夫人は笑, 言つてマリマリ嬢は部屋, 言つてミルさんをけしかける, 言つてミルクの茶碗, 言つてムダな苦労, 言つてモノがモノ, 言つてモルモツトの群, 言つてユキを顧み, 言つてリカはし, 言つてルリさんにさされた, 言つてレヴコーは館, 言つてロイド・ジヨウジ氏は自慢, 言つてロベエル・コンシャアルの方, 言つて一つの舟, 言つて一兩二分の金を取出します, 言つて一國一城にも替え, 言つて一寸お辞儀をした, 言つて一寸ハンケチで五十嵐, 言つて一寸襟をいなす, 言つて一寸言葉を切る, 言つて一度はお, 言つて一度僕に紹介, 言つて一應引揚げました, 言つて一應斷つたさうですが, 言つて一日中私は何, 言つて一日中部屋に閉ぢ, 言つて一服を立て, 言つて一本づつはそれを持つて, 言つて一本一本引つこ抜いて, 言つて一杯つけさして, 言つて一梃の鉈, 言つて一片の紙片, 言つて一生經つても此身長, 言つて一番信用さるべきであらうが, 言つて一番端つこの, 言つて一篇の不思議, 言つて一緒に夜, 言つて一聯四音格であるが, 言つて一週間ばかりも社, 言つて一部落を成した, 言つて一針よく生命, 言つて一陣の薫風, 言つて丁寧にお, 言つて七色の虹猫, 言つて万葉式ではない, 言つて三つに切らなく, 言つて三十五六の少し, 言つて三十前後商賣人上がり, 言つて三十四五の働き, 言つて三十四歳槍の名人, 言つて三千兩といふ大金, 言つて三年の生徒, 言つて三度乞われたけれども, 言つて三成らを慰めた, 言つて三拝九拝懇願に及んだ, 言つて三河町の家, 言つて三輪の親分, 言つて上に述べた, 言つて上さんは話した, 言つて上り口へ出, 言つて上り花を入れ替へ, 言つて上半身をグラ, 言つて上衣を脱ぎ, 言つて下の方, 言つて下り口に膝, 言つて下島を欺かし, 言つて下駄をつつかけ, 言つて不思議さうに見て, 言つて不思議さうに卓子の向側, 言つて不意に井伏君, 言つて不機嫌な顔, 言つて不満を訴, 言つて不謹慎な言説, 言つて不賛成を唱, 言つて世の中に稀, 言つて世話ばかり焼かせる, 言つて丘と谷, 言つて両手を突く, 言つて両方共別に異同, 言つて並木の松, 言つて中也は常に, 言つて中沢氏は禿げた, 言つて中葢を取つた, 言つて中蓋を取つた, 言つて丸屋の掛り人, 言つて主人公はもう, 言つて主人公自身我等の借りてる, 言つて主食の足し, 言つて乃木大将のやう, 言つて久米氏は件, 言つて乗つた, 言つて乘り込んで, 言つて乘客と言つて, 言つて乾燥ぎ切つた状で前庭, 言つて亀縮むだ掌面, 言つて了つたがあの, 言つて了つたのです, 言つて了つた方が宜, 言つて了つた頃にひよく, 言つて了つて口を噤む, 言つて予の兩眼, 言つて事務机の上, 言つて二つの十兩包み, 言つて二つ共其處に擲, 言つて二つ返事で買, 言つて二兩の口留料, 言つて二匹をとりち, 言つて二十だつた, 言つて二十七八一人はお, 言つて二十七歳これは劍術, 言つて二十三四二人とも恐ろしく, 言つて二十三妹をお, 言つて二十三親父の萬兵衞, 言つて二十九になる, 言つて二十五これは總兵衞, 言つて二十五御家人の子, 言つて二十八これは平次, 言つて二十八主人萬藏の身, 言つて二十年以上も奉公, 言つて二十歳くらゐこれ, 言つて二十歳妹はお, 言つて二度三度お辞儀をした, 言つて二度目の氷, 言つて互ひに, 言つて五兩の金, 言つて五十になつ, 言つて五十円くれたこと, 言つて五層も六層, 言つて五月蠅い車夫, 言つて五歳に成る, 言つて五百円と三百円, 言つて井戸を覗く, 言つて交渉に行, 言つて京内はドン, 言つて京遊云々の語, 言つて京都生れの生徒, 言つて亭主は考へ, 言つて人々は猪, 言つて人並みはづれて, 言つて人形のやう, 言つて人達は其方, 言つて仄暗い中, 言つて今年六つになる, 言つて今度は念入り, 言つて今朝も威張, 言つて今自分へみつぐ, 言つて仕事の隙, 言つて他所事のやう, 言つて仮説を与, 言つて伊藤は私, 言つて伊豆は掌, 言つて伊賀屋の女房, 言つて伯母にそれ, 言つて伯母姪同士が奉公, 言つて伯父は寂し, 言つて伴れて, 言つて但馬守は持つ, 言つて住所と姓名, 言つて佐々と久保, 言つて佐吉を向う, 言つて佐太郎の家, 言つて佐次兵衛は京内, 言つて佐野はひどく, 言つて体裁好く哀れ, 言つて何事も語らなかつた, 言つて何時まで生, 言つて何枚かの紙幣, 言つて余所行のちよい, 言つて佛樣の懷, 言つて作家の作品, 言つて侍臣達も家康, 言つて俊坊の手, 言つて信者の男女, 言つて信長を笑, 言つて俯向加減に莞爾, 言つて俳優のやう, 言つて俳優達ほど独天下, 言つて俺同樣, 言つて偶像破壞者, 言つて傍につつ立つ, 言つて傘を受取, 言つて傲慢な姿勢, 言つて傳七郎をあの, 言つて僕らを戰爭, 言つて僕等が理性的, 言つて元の笑顏, 言つて元日に庭, 言つて兄の彦太郎, 言つて兄さんが威張, 言つて先づ奏任官のやう, 言つて先代の旦那, 言つて先刻から来, 言つて先刻平七の家内, 言つて先刻明神樣へお, 言つて光花の少し, 言つて八つ手の葉, 言つて八釜しく叱りつけたり, 言つて六十近い仁體, 言つて六時に奧さん, 言つて六歳の悪戯盛り, 言つて其儘歸らうと, 言つて其児はピヨコリ, 言つて其兒はピョコリ, 言つて其友人は聲, 言つて其子供を店, 言つて其客の一人, 言つて其岸に来る, 言つて其度些と頭, 言つて其方の印刷物, 言つて其方言を使, 言つて其時は文字通り暗涙, 言つて其留守居の霞亭, 言つて其處の柱, 言つて其頃長野へ出, 言つて内にお, 言つて再会を約し, 言つて冷かに笑つた, 言つて凭かかりし柱, 言つて出方に厚く, 言つて出雲らしい空, 言つて刀の柄, 言つて刃物を棺, 言つて刄物を離さなかつた, 言つて分家や別家, 言つて初めは彼, 言つて別れを告げた, 言つて別離の酒, 言つて制止した, 言つて剃刀を取り出し, 言つて前方の西郷隆盛, 言つて力無く笑つた, 言つて功績のあつ, 言つて助けを乞う, 言つて勘兵衞と一緒, 言つて勢ひ込んで, 言つて勤めさきを休ん, 言つて勳功のため, 言つて勸めたけれど, 言つて匆々に腰, 言つて北原ミユキは店, 言つて北湖先生はその, 言つて北澤は鑛山, 言つて十七錢形の親分, 言つて十三ちよいと可愛らしい, 言つて十九房州から行儀見習, 言つて十二時を打つた, 言つて十何年も前, 言つて十八これは世にも, 言つて十六花の莟, 言つて半ばは調弄つて, 言つて半日路地に立つた, 言つて南向の雨戸, 言つて南国のピカピカ, 言つて南蠻鐵の兜, 言つて占つた, 言つて却つてそれを喜ん, 言つて原告だの被告, 言つて原稿紙を机, 言つて厭がる夫人, 言つて厳べらしく語り出す, 言つて参謀に褒められました, 言つて參りました, 言つて友だちは嘲笑, 言つて友人の方, 言つて友人たちを驚かせた, 言つて友達附合ひを, 言つて反撃して, 言つて反駁したが, 言つて叔母ちやんとお話, 言つて受取つてそれを突然, 言つて受合つた, 言つて口々に利一郎, 言つて口上言ひの, 言つて口喧嘩一つやつたこと, 言つて口許には微笑, 言つて叮嚀にお辞儀, 言つて叮寧に頭, 言つて可ろしい而, 言つて可厭に澄まし, 言つて台所へ立っ, 言つて各々太閤を諫め, 言つて吉井勇さんが一所, 言つて吉兵衛氏を促, 言つて吉原へ冷かし, 言つて同僚らしい同じく, 言つて同心長谷部彌三郎, 言つて名乗つたつて, 言つて名乘つて出た二人, 言つて名残を惜む生徒, 言つて向うを向い, 言つて吸ひ懸けた烟草, 言つて吾家近くまで子供, 言つて呆然たる人々, 言つて周囲の子供等, 言つて周圍の子供等, 言つて呪てやる, 言つて命令を聞き取る, 言つて和助は敷居, 言つて和尚さんの視線, 言つて和蘭の銀貨, 言つて哲學者氣取りでゐます, 言つて唇を顫, 言つて唐棕櫚の葉, 言つて唖娘を泣かした, 言つて唱歌室へつれ, 言つて商売人は絵筆, 言つて喉がつまつ, 言つて喜び合つた, 言つて喝采を送る, 言つて喧嘩をするで, 言つて嘲笑した, 言つて噂した, 言つて嚇かし, 言つて囃子の音, 言つて四下を見, 言つて四十三まだなか, 言つて四十五六の水, 言つて四十前後の確り, 言つて四十四五これは年齡, 言つて四枚のお, 言つて国学以前から伝習, 言つて土のくつ, 言つて土藏の方, 言つて地に領伏, 言つて地團太を踏ん, 言つて坐りもやらず, 言つて坪庭のドウダン, 言つて執拗く昔, 言つて堀川の殿, 言つて増田の出した, 言つて墨のはひつ, 言つて変つた様子もみせず, 言つて夏の夜店, 言つて夏蜜柑のやう, 言つて夕方から飛出す, 言つて夕日の明るい, 言つて外套を着, 言つて多くのお客, 言つて多勢の女達, 言つて多喜子のむづかつて, 言つて多田君はこの, 言つて夜の眼, 言つて夜半前には歸, 言つて夜半近くなつて, 言つて夜遲くおふさ, 言つて夜風の冷たい, 言つて夢の跡, 言つて大事に蔵, 言つて大事さうにフツと一息, 言つて大刀の柄, 言つて大切にし, 言つて大勢の人達, 言つて大変づるい奴だつた, 言つて大学生は名前, 言つて大将はぐるぐる, 言つて大急ぎで芋, 言つて大根の乾葉, 言つて大概の小僧, 言つて大王にお辞儀, 言つて大空からもつ, 言つて大金を持出した, 言つて大金のか, 言つて大麓さんも口, 言つて天井を向い, 言つて天人の話, 言つて天命ばかりは何うに, 言つて太吉が手拭, 言つて夫新三郎の決意, 言つて失望したか, 言つて失礼しました, 言つて奉公人の部屋, 言つて奉行の出席, 言つて奥田氏はにや, 言つて奧を窺, 言つて女史は態, 言つて女房伝来の為事, 言つて女王樣は少時薔薇, 言つて好奇心に充ちた, 言つて如水のため, 言つて妖女は彼, 言つて始めは本, 言つて姦夫姦婦の子, 言つて姫子沢の組合, 言つて婆やがこ, 言つて婆さんは起ち, 言つて嫁さんは相手, 言つて嫉妬と恚, 言つて嫌ひであつた, 言つて子供等は提灯, 言つて字音で讀む, 言つて學生は嘆息, 言つて宇古木兵馬は見えぬ, 言つて宇津の前, 言つて宗仙は知らぬ, 言つて宗吉はさすが, 言つて宗教においては創造, 言つて定吉は二服目, 言つて客室へ連れこみ, 言つて客火鉢に附いた, 言つて室の隅, 言つて宮内大臣を訴, 言つて家付の娘, 言つて家庭用の上下, 言つて家族がお, 言つて容易に承知, 言つて寄席へ出る, 言つて寄進して, 言つて寅藏はニヤリ, 言つて富士山の模様, 言つて寐床へ帰つて打, 言つて寝床に入, 言つて寝返りをした, 言つて寢卷の上, 言つて寢床を離れた, 言つて實は砂糖, 言つて實相を書いた, 言つて寫眞をながめた, 言つて寺子は皆, 言つて寺田の一部, 言つて寿枝の要求, 言つて将棋盤を真中, 言つて將軍はハリー, 言つて小つ酷く, 言つて小僧に茶, 言つて小切手を窓口, 言つて小女に聞かう, 言つて小屋の外, 言つて小木のそ, 言つて小松敏喬は或, 言つて小母さんは唖娘, 言つて小舎の横木, 言つて小萩の唇, 言つて小野小町の住ん, 言つて小麦の皮, 言つて小鼻をふくらませる, 言つて尻餅を搗く, 言つて居ちやあつしは, 言つて居升た私, 言つて居合はす, 言つて属官を振, 言つて山ふところの方, 言つて山城の國, 言つて山田の手, 言つて屹度そこらに居る, 言つて屹度附人を一人当て, 言つて峠の茶屋, 言つて島原城へ駈けこみ, 言つて島村氏の健康, 言つて左の方, 言つて左右からのびる, 言つて左孝の手當, 言つて差向ひでは居られなかつた, 言つて布団をかぶつ, 言つて布團の中, 言つて帝にも誰, 言つて師匠の春太夫, 言つて師範校時代からの同窓, 言つて帰つた後だつた, 言つて帰つてしまつたのである, 言つて帰りをいそぐ, 言つて帰りしなに十銭玉, 言つて帰京して, 言つて帳場へ預けた, 言つて帳面から手前, 言つて平七は前, 言つて平公は常, 言つて平常着のま, 言つて平野謙に叱られた, 言つて年増の別嬪, 言つて年少の子供, 言つて年齢頃には頓着, 言つて幸吉を疑はせる, 言つて幸坊はじ, 言つて幾度か常春藤, 言つて広告を出す, 言つて庄吉は隣り, 言つて庭續きの, 言つて引下つたが分らない, 言つて引手繰るやう, 言つて引込み思案のうちの人, 言つて弟をたしなめる, 言つて弟子に教訓, 言つて彈んだやう, 言つて彦三郎はカラカラ, 言つて彼らも死物狂, 言つて彼様いふ人を捨てる, 言つて征地の任務, 言つて待合遊びとちが, 言つて後れ毛を撫であげた, 言つて後ろ手に詰め寄る, 言つて徐かに蒲團, 言つて徒らに空虚, 言つて得意さうに, 言つて從いて, 言つて御所のお, 言つて御願ひしたもの, 言つて徳二郎は唄, 言つて心配する主婦, 言つて心配そうに考えこん, 言つて志村は其儘, 言つて志村鈴江が起ち, 言つて応用させて, 言つて念の爲町内, 言つて怎うしても, 言つて思出したやう, 言つて思案した, 言つて恥かしくはない, 言つて恰かも獨, 言つて悪口をつきあう, 言つて悵然として仰い, 言つて惑ひ歩かれた奥さん, 言つて惡戯好きな人達, 言つて愚劣なこと, 言つて愚助はぢ, 言つて愛撫するやう, 言つて感心して居ります, 言つて慨歎して, 言つて慰めや勵まし, 言つて慾が深, 言つて懐の上, 言つて戀人の顏, 言つて成金は女房, 言つて戒しめたといふ, 言つて戸口へ戻りました, 言つて扉の外, 言つて手の甲でぽん, 言つて手伝つては呉れる, 言つて手土産を押し返した, 言つて手弄みをする, 言つて手拭だけはブラ, 言つて手捌きよく裾, 言つて手當をし, 言つて手討にし, 言つて手足に取りすが, 言つて打伏いた, 言つて扱帶にく, 言つて抗議した, 言つて押へ乍ら, 言つて押込隱居をさせ, 言つて拍子拔けのした, 言つて拜むんだなえ, 言つて指頭で器用, 言つて振り仰いだお, 言つて掌で額, 言つて排斥するの, 言つて揉手をする, 言つて支那の使節, 言つて政治の事, 言つて敏雄を連れ, 言つて教員仲間に其様, 言つて敢て圖, 言つて散々賽錢と祈祷料, 言つて散歩のお伴, 言つて数枝はしづか, 言つて文三郎に絡み付いた, 言つて文学者としては余りに, 言つて文学論を持つ, 言つて文學には嘘, 言つて文學者としての素質, 言つて料理をはじめた, 言つて斯の洋食屋, 言つて斯んな贅澤, 言つて方々へ話し, 言つて方針をかへてあちこち, 言つて旅宿を出ました, 言つて日暮頃に門, 言つて日本中の平民, 言つて日本紀神代卷の注, 言つて日本語成立の一つ, 言つて旦那はお, 言つて明神下へ歸, 言つて昔話なぞを始める, 言つて星島氏は孝行者, 言つて春名塾へ入, 言つて昨日は晝, 言つて昵と靜子, 言つて暗然と眼, 言つて更らに劇, 言つて書類をさつ, 言つて曾て東洋, 言つて會いたいと, 言つて會うのをことわらせた, 言つて有合せの小柄, 言つて朝から森, 言つて朝日靴などもつ, 言つて朝晩にそれ, 言つて朝飯の時盃, 言つて朧ろげではある, 言つて木の事, 言つて木更津まで出かけ, 言つて木村名人立つ, 言つて本人がことわり, 言つて本式のお茶, 言つて杉田がキチン, 言つて村方の人さん, 言つて東京市中数ヶ所の芸者, 言つて東国人が茶器, 言つて東洋一の美貌, 言つて松助の後, 言つて松子は苦, 言つて板屋家に乘, 言つて枕の下, 言つて枕元に用意, 言つて果物を置いた, 言つて染子は乳房, 言つて柴戸口を出, 言つて柿の木を打ちませう, 言つて根も葉, 言つて格別仲が好い, 言つて格別酔つた風もなく, 言つて格別醉つた風もなく, 言つて格子のそ, 言つて格子戸の栓, 言つて格段の價値, 言つて桂川の土手, 言つて案山子のやう, 言つて梯子段の手, 言つて森村氏の禿頭, 言つて楯彦氏は首, 言つて極り惡さうに頬を叩く, 言つて榻をなで, 言つて樂屋の中, 言つて樣子を見, 言つて横道にまごついてる, 言つて檻のそば, 言つて次席訓導がたち上る, 言つて歌まで下すつた, 言つて歎して, 言つて歎息して, 言つて止めを刺す, 言つて正直さうなお, 言つて此の間から旦那, 言つて此奴色男と共稼ぎ, 言つて此態も捨て兼ね, 言つて此方を向き, 言つて此木田父爺を取絞め, 言つて此部屋に籠, 言つて歸つた相で, 言つて歸らうとも, 言つて死の世界, 言つて死顏を見, 言つて死體に近づく, 言つて残念さうに舌打をした, 言つて母娘二人相坂の方, 言つて毎年陰暦七月二十八日より八月一日, 言つて毎日試験管洗ひばかし, 言つて毎晩拔け出し, 言つて氏は机, 言つて気絶しかけました, 言つて氣がさした, 言つて氣輕に立つ, 言つて水槽の左右, 言つて池の岬, 言つて沈黙した, 言つて沼岸のしげみ, 言つて泣きに来た, 言つて泣言だけは止し, 言つて洋罫紙五六枚にこまごま, 言つて洗ひ髮, 言つて洗ひざらひ楽屋, 言つて流行歌曲の種属, 言つて流連などする, 言つて浮世絵が滅んでしまつ, 言つて海苔のやう, 言つて深刻な顏, 言つて淺黄の手拭, 言つて清松の肩, 言つて清正と二人, 言つて済みません, 言つて渋つた, 言つて渡船は中流, 言つて温しく頭, 言つて湖水の水, 言つて湯桶に漬, 言つて満々たる不平, 言つて溺愛を続ける, 言つて滅多に外, 言つて演技そのものはどこ, 言つて澁つた, 言つて澤山な鳥仲間, 言つて激勵するの, 言つて激賞して, 言つて濠端の方, 言つて濱邊へ出, 言つて瀬川君ばかり大騒ぎ, 言つて瀬戸がオコウちやん, 言つて火を掻きおこした, 言つて炭団のやう, 言つて焚えても, 言つて無事に峠, 言つて無代の画, 言つて無心を言, 言つて無理に笑, 言つて無造作に其処, 言つて無遠慮に安井, 言つて無頓着に頁, 言つて焼跡の草むら, 言つて煙管から煙草, 言つて煙脂焼のした, 言つて煙草入れを腰, 言つて煙草盆を持つ, 言つて照ちやんは俯いた, 言つて照子を笑, 言つて燈火管制のため, 言つて燒芋でも喰, 言つて燗徳利を取上げ, 言つて爐に火, 言つて爭つて居るうち, 言つて爲方がない, 言つて爺さんの顔, 言つて片方の肩, 言つて牛肉を食, 言つて物見臺から庭, 言つて特色の有る, 言つて犬の名, 言つて狐のやう, 言つて狩屋さんが腐, 言つて独りでくす, 言つて猪に似, 言つて獄門の首, 言つて獣のやう, 言つて獨りで, 言つて玄竹は剃り, 言つて玄関の戸, 言つて王莽に當, 言つて現代の創造的, 言つて理想論が多い, 言つて瓢箪をブラ, 言つて瓦を庭, 言つて甚く気, 言つて生前に茶器, 言つて生徒一同の顔, 言つて用があれ, 言つて用人はさつと, 言つて田島屋のお母さん, 言つて田舎娘をたぶらかし, 言つて甲斐なきこと, 言つて申松の呑む, 言つて申譯をし, 言つて町へ行, 言つて町会議員は今更, 言つて画は巧, 言つて画絹をさつ, 言つて畑へ出, 言つて留守にし, 言つて畠山御一族討伐, 言つて番人のお, 言つて番地ををし, 言つて番茶を汲ん, 言つて當今大した評判, 言つて疲労を休める, 言つて病人を勵, 言つて病床のお, 言つて痛快がる気持, 言つて癖のやう, 言つて癩菌は肺結核菌, 言つて發たうといふ, 言つて白布の覆け, 言つて白拍子の舞, 言つて白昼午睡して, 言つて白石を慰めた, 言つて白粉刷毛で鼻先, 言つて白羽二重の産衣, 言つて白衣に紫地五郎丸, 言つて百五六中枚も有る, 言つて百合の花籠, 言つて百畳ばかりの部屋, 言つて皆さんの前, 言つて皮のま, 言つて皿のなか, 言つて盤に向か, 言つて目礼し傍, 言つて目黒から川崎, 言つて相合傘の竹, 言つて相川から金北山, 言つて相變らず貧乏, 言つて眇目の老爺, 言つて看護よりも手, 言つて看護婦に笑, 言つて眞ツ先きに, 言つて眞珠太夫を引つ張り出し, 言つて眞鍮の火鉢, 言つて眞面目な顏, 言つて眼鏡をかけた, 言つて着物の襟, 言つて督促てるので, 言つて瞳を轉, 言つて瞼をひつくり返す, 言つて矢張あまり飲まなかつた, 言つて知事に禮状, 言つて石一つ投げつけるもの, 言つて石川は僕, 言つて破談にした, 言つて硯箱を疊, 言つて磊落らしくカラカラ, 言つて礼を言, 言つて祖父はちよつと休んだ, 言つて祝ひを述べさせた, 言つて祝言を伸ばし, 言つて祭司の息子, 言つて福松を殺した, 言つて秀吉を喜ばせ, 言つて私有しなくては, 言つて秋ちやんに安心, 言つて秋水をつきつけられた, 言つて稍後輩なる片岡我童, 言つて種々な細い, 言つて稲を一束づゝ, 言つて穏しく頭, 言つて空目を使つて三藏, 言つて竊に小船, 言つて立ち廻つた相ですが, 言つて立上つてしまつ, 言つて立上つて甲板へ出た, 言つて立会ひに, 言つて立留つた袖子の顔, 言つて立留つて喘いで, 言つて立騷ぐのを見よう, 言つて端居に出, 言つて端書を寄こした, 言つて竹丸はほ, 言つて笑つたきり答へるやう, 言つて笑つたことがある, 言つて笑つたさうだ, 言つて笑つたのである, 言つて笑つたものだ, 言つて笑つた時は思はず, 言つて笑つて僅かに鬱憤, 言つて笑つて話は済む, 言つて笑顔を見せた, 言つて笹屋の主人源助, 言つて筆を手渡し, 言つて筋ばつた拳骨でもつ, 言つて筋違見附の方, 言つて筒口を向け, 言つて箒で一つ定吉, 言つて篁村氏も箸, 言つて築山の彼方, 言つて粛ましやかに, 言つて粹な着流し, 言つて精も根, 言つて精進物を作る, 言つて糊を附け, 言つて系図屋が気, 言つて約束した, 言つて紅のハンカチーフ, 言つて紅葉先生はその, 言つて純粋な言葉, 言つて素人らしくないといふ, 言つて紳士は下女, 言つて紹介してから, 言つて終つたから論, 言つて経文を重く, 言つて結び目のところ, 言つて給金もくれなかつた, 言つて統一の出來, 言つて絲蒟蒻の上, 言つて絵の作家, 言つて絶望したやう, 言つて網に着く, 言つて綾錦の粧, 言つて締つた口を尖らかす, 言つて縁談を斷, 言つて縛つた縄を噛切, 言つて繃帶をし, 言つて織田正信君を介し, 言つて繪島の事蹟, 言つて罵倒するけれども, 言つて羊三の間, 言つて美迦野さんはあま, 言つて義兄へ詫, 言つて義智に命じた, 言つて翌日は躑躅, 言つて習之進はニツ, 言つて老婦はその, 言つて老年になつて鷹ヶ峰, 言つて考へ込ん, 言つて而も電話, 言つて耳長さんの洋服, 言つて耻を掻かせるで, 言つて肌が紫色, 言つて肥つた男は一服喫, 言つて肩肘を張る, 言つて肯定すべきもの, 言つて胃の腑と愛国心, 言つて胃病患者につき物, 言つて背中をゆすぶり, 言つて背後に竦ん, 言つて胡散さうな顔, 言つて胡麻白の頭, 言つて胸の辺, 言つて腕を出す, 言つて腰繩のま, 言つて腰骨を左右, 言つて腹のなか, 言つて腺病質のなま, 言つて膝で押した, 言つて臥轉んでゐる, 言つて自ら狂句まで作つた, 言つて自ら顔をそむけた, 言つて自分たちだけで高笑, 言つて自分達の国, 言つて自殺しようという, 言つて自然な事, 言つて臺所口に突, 言つて與力の役宅, 言つて舌打をし, 言つて舟を出させます, 言つて般若湯で気焔, 言つて船へも乘ら, 言つて船長は大きな, 言つて良人の方, 言つて良民を迷, 言つて色々な世間話, 言つて艶な眼附, 言つて芝居の色子, 言つて芥川夫人が廊下, 言つて花をきり始めた, 言つて花時に出, 言つて若ものたちに一さい湖水, 言つて若旦那が何ん, 言つて苦悶の百兵衛, 言つて英吉利生れの婦人, 言つて茂作はむつくり, 言つて茫然窓越しに向う, 言つて茶をいれ, 言つて茶の間の障子, 言つて茶匙は道具箱, 言つて茶器を運ん, 言つて茶碗を置き, 言つて茶道具をが, 言つて茸のやう, 言つて荒縄でぐるぐる, 言つて莊太郎を促し, 言つて菅茶山の書牘, 言つて菓子などやつて, 言つて菓子鉢にする, 言つて華香氏は蟷螂, 言つて萩原君の考, 言つて萬一そんなこと, 言つて落ち入らなかつたと, 言つて落着いて, 言つて葉つ葉, 言つて蒲団をすつかり取り除けます, 言つて蒼ざめた瓜實顏をあげ, 言つて蓋をした, 言つて蓙のうへに一緒くた, 言つて蓬亭は出, 言つて蕎麥を出された, 言つて薬罐の蓋, 言つて藏から出, 言つて藥を吐月峰, 言つて藥屋にはいつ, 言つて藥用に用, 言つて藥鑵の葢, 言つて藪の下, 言つて虚構を征服, 言つて虞美人草の花, 言つて虹猫は大胆, 言つて蚊帳を飛び出したさうである, 言つて蛇にいろ, 言つて蜘蛛の糸, 言つて蟲唾の走る, 言つて蠱術のやう, 言つて血潮の中, 言つて行つた, 言つて行きでもした, 言つて行つたのはつい, 言つて行つた人もあつ, 言つて行つた後は家, 言つて行つた言葉を考へ出し, 言つて行儀見習に下田, 言つて行長を励ました, 言つて街道筋にあ, 言つて衝立ち上り, 言つて表へ出た, 言つて表面だけは非常, 言つて袖の中, 言つて裁縫師は御, 言つて裏の物, 言つて裏口へ廻り, 言つて裏木戸から顏, 言つて裏門から出よう, 言つて襖をあけ, 言つて襟をかき合せる, 言つて襯衣は決して, 言つて西郷に直談判, 言つて覗き込む, 言つて親分トボケて居る, 言つて親切な白い, 言つて親旦那の御, 言つて觀念の兩手, 言つて言葉を呑みます, 言つて記念の置時計, 言つて訴へた, 言つて訴へた一人の百姓, 言つて詩人が死ぬ, 言つて詭弁を吐いた, 言つて語尾におかれる, 言つて調弄ふと給仕, 言つて諸人を騙す, 言つて謎の結び文, 言つて講習に頼んださうです, 言つて謝つたもの, 言つて警察の人, 言つて護摩化して, 言つて譽めた, 言つて讀者の前, 言つて豆小僧の手, 言つて豊かにガラツ八, 言つて豊田の, 言つて豪雨の最中おでん屋, 言つて負をしみ, 言つて財布を元, 言つて貯へも路用, 言つて貰つた嫁が死骸, 言つて貰ひたい位のもの, 言つて貴島の身體, 言つて貴殿が総理大臣, 言つて買つて, 言つて賃金を人, 言つて賛成した, 言つて賞讃した, 言つて赤ん坊をつれ, 言つて赤羽橋の友吉, 言つて足並揃へてズン, 言つて足調揃へてズン, 言つて跣足で露地, 言つて路の真ん中, 言つて踏臺から下りる, 言つて蹈付けられるにも, 言つて身の程も知らぬ, 言つて身近におびき寄せた, 言つて車夫や案内人, 言つて車掌は貴婦人, 言つて軍を集めました, 言つて輕い皮肉, 言つて輕蔑して, 言つて近代的な材料, 言つて近所の子供, 言つて近頃は大きな, 言つて迫害を樂觀, 言つて退出なさいましたが, 言つて退院いたしました, 言つて逐返して, 言つて途中から歸, 言つて通つて行く, 言つて通夜の人數, 言つて逢つてもくれません, 言つて遂ひ又, 言つて運動する, 言つて道を通る, 言つて道具箱を浪人者, 言つて道筋をたずねる, 言つて遲い月, 言つて邪まの, 言つて邪魔でも寐, 言つて郡視学は気, 言つて郷關を出た, 言つて都度に預け, 言つて醫員はさ, 言つて重兵衞が遣, 言つて重箱につめ, 言つて野村を覗き, 言つて野良犬の通り道, 言つて金之丞と名, 言つて金持の鈴虫, 言つて金森家重役に莫大, 言つて金目なもの, 言つて針箱などを私, 言つて釣瓶に水, 言つて釣竿を差出し, 言つて鈴川主水はチラリ, 言つて鉛筆を取り直し, 言つて銀貨を小僧, 言つて銚子を取上げました, 言つて錢形平次を誘ひ出させた, 言つて鍛冶屋は立ちあがつた, 言つて鐵道も汽車, 言つて鑿と金槌, 言つて長んがい, 言つて門を閉めさせ, 言つて門前のお, 言つて門口まで送, 言つて間違ひの, 言つて閭は二足三足, 言つて附足した, 言つて陰氣な曇りの, 言つて隙間の無い, 言つて隣近所へ赤飯, 言つて隨分斷りましたがね, 言つて隱居の私, 言つて雀部ももう, 言つて雄弁家に喧嘩, 言つて雙方に便宜, 言つて雛を箱, 言つて離屋へやらない, 言つて難解であるからと, 言つて雨戸をた, 言つて雲や霧, 言つて雲の上でつづけ, 言つて雲行の早い, 言つて露程も旦那風, 言つて非難すべきところ, 言つて面師に相談, 言つて鞄のなか, 言つて音作は愚, 言つて音楽家はポケツト, 言つて頤で視, 言つて頼りにし, 言つて願はんとね近頃, 言つて風呂場へ行, 言つて風呂敷包の中, 言つて風呂敷包みを持つ, 言つて飛沫の吹き散る, 言つて飛騨をけむ, 言つて食はせ, 言つて食糧の不足分, 言つて飯をたのんだ, 言つて餅の木坂, 言つて餞別のしるし, 言つて首尾よく送り還されたさうで御座います, 言つて首筋を掻く, 言つて馬糞臭い抹香, 言つて馬鹿にする, 言つて馬鹿七が森, 言つて駄目をおして, 言つて駕籠を覗いた, 言つて騷いだが, 言つて騷ぎ出したの, 言つて騷ぐのだつたらもう私, 言つて體を起しかけた, 言つて體中を手早く, 言つて高慢な身, 言つて高木銀次郎大澤幸吉の一味, 言つて鱈腹飲んだり, 言つて鱗の様, 言つて鳥羽繪に描いた, 言つて鵙のやう, 言つて鵠沼で前年, 言つて鶏はす, 言つて麦酒を半打, 言つて麺麭をお, 言つて麻袋を烏帽子入れたま, 言つて黄泉の國, 言つて黒をだきあげ, 言つて默り又, 言つて默つてしまつ, 言つて龍の口, 言つでお煽て, 言つぶやいていた, 言つべき魔道文学者好し, 言つべく峰の, 言つまらないことを, 言づかったの, 言づけあってお, 言づけして死ん, 言づけた訳です, 言づてするばかりか小泉さんのところ, 言づてってどんなことだい, 言づてて誘いかけるの, 言づてぬ南の海, 言づてのあったおりわたくしは何とも, 言づてはよほど重大なこと, 言づてもせずに帰って, 言づてをすることもやめて翌朝早く帰っ, 言づて一つする便宜, 言づて給へなど云, 言づゝを言, 言てやしなくってよ, 言でしょうか, 言といったような, 言とうない, 言とがめせぬ夢にだにや, 言とのみ思ひて, 言どものありける, 言なじるような, 言なぞに耳を, 言などよりも平民的なる, 言なにか言いましたが, 言ならべずただおりおり, 言ならんよ, 言なら戯れとも聞き流しましょう, 言なら用いてくれない, 言なり千人し, 言なりき我乃ち彼に, 言なりというべき就中小説, 言なるべきを何, 言なんか何の, 言なんぞ謬妄なる, 言においてなぜ再びその, 言にかへかね候, 言にくそうに, 言にてものいふ能は, 言にともなふ奇蹟, 言にのみ基づいて, 言にまでも繰り返して, 言によつたものと, 言によりしか否かは, 言によるなれば, 言にるがそはつ, 言に対するかを見て, 言ばならん, 言ねば分らぬ此闘い, 言のみを伝へるもの, 言はいでもう一杯飮, 言はかむろぎ, 言はく吾と汝, 言はじ山吹の色, 言はじ選りもせじ, 言はずうしろも向かず, 言はずうち伏しゐる女三, 言はずここにはただ, 言はずただ一枚の短冊, 言はずつと起ちしが, 言はずどこまでも或, 言はずのつそり, 言はずばつたり倒れた, 言はずひつたくり小さな, 言はずぴしやりと私の頬, 言はずツイ鼻の先, 言はず一嘴引咬へて撥ね, 言はず一様に青黒い, 言はず一筆寄せて, 言はず上目遣ひに, 言はず下を向い, 言はず両手で自分, 言はず二人が殺された, 言はず五六杯お酒, 言はず件の手形, 言はず何れ若氣, 言はず例をこの, 言はず先に立つ, 言はず先々の宿, 言はず先俳諧と狂歌, 言はず先祖代々よりの齋藤一家, 言はず其處を去らず, 言はず切籠燈籠の如き, 言はず前にも言, 言はず労れたる彼, 言はず午からの御馳走, 言はず去来は最も, 言はず口と言はず, 言はず只だ奥州, 言はず君の一族同胞, 言はず吾死は一, 言はず和尚のあと, 言はず唯だ読者, 言はず土壇場に据ゑられたやうな陰氣, 言はず声の無い, 言はず外套にあた, 言はず天神様だとして, 言はず奧へ擔ぎ, 言はず女中のすゝめ, 言はず女太夫が間近, 言はず如何に支那人, 言はず妹を連れ立つ, 言はず実用と言はず快楽, 言はず小林さんて人, 言はず屋敷を出で, 言はず川と言はず, 言はず年を取, 言はず年内いや來月, 言はず幾千年の過去, 言はず快楽と言はず, 言はず急にもの, 言はず悶絶する千之助, 言はず情とも謂はず, 言はず惜しみなくホータイ, 言はず惡戯もなすまじけれ, 言はず所謂足取手, 言はず投錢をした, 言はず掻口説きしに, 言はず放縦と言はず, 言はず敢て友等, 言はず敷居ともいはず, 言はず日本人のあの, 言はず曉とも言はず, 言はず最後の目的, 言はず板敷川と呼ん, 言はず横とも言はず, 言はず歌はざる, 言はず此儘歸り給, 言はず母親の玉江, 言はず毎日のやう, 言はず泣のみ成りし, 言はず泣伏したり, 言はず注文もない, 言はず満枝は早く, 言はず炎に搦, 言はず無事にしばらく, 言はず片足を立て, 言はず物を喰, 言はず狐につま, 言はず獨り酒飮, 言はず玉を轉, 言はず生れかはら, 言はず田と言はず, 言はず疊みて, 言はず皆ぼぶら, 言はず目を斜, 言はず相手の攻勢, 言はず真裸で慌て, 言はず研究室の休養, 言はず稀に盃, 言はず立どころに三椀, 言はず笑はず雉を射取つ, 言はず結局承諾するくせ, 言はず縫はり仕事よみ書の外, 言はず聲なきも, 言はず腮と言はず, 言はず色男搖るやう, 言はず芥川家のこと, 言はず芭蕉の爾, 言はず蓮根とばかり稱, 言はず行つて來るが, 言はず言ふもの, 言はず調布の仁兵衞, 言はず足のはこび, 言はず路を横ぎりて山, 言はず里人も亦, 言はず銘々のこと, 言はず長火鉢の奥, 言はず難癖をつけずやれ, 言はず雪が降り掛かる, 言はず静に思, 言はず面も背けたる, 言はず頬と言はず, 言はず頭をペコリ, 言はず駄洒落を飛ばさない, 言はず體とも言はず玉, 言はず髮剃りの, 言はず默つて居ました, 言はず默つてフイと消失, 言はず鼻と言はず, 言はせてるやうだ, 言はたして信なら, 言はてなき呻ひき, 言はとほうも, 言はなしかけて来た, 言はなはだ是なり, 言はねばてにをはが違, 言はねエこつちや, 言はばもう自分の, 言はれざる眺望なる, 言はれしたがつて, 言はれし如く所々に, 言はれたくないゆゑま, 言はれたくなければね, 言はれたせゐか思ひ, 言はれたならば恐らく, 言はれたらなる気か, 言はれた優れたきりやうは, 言はれた如くこのもの, 言はれた繁りに繁つた松, 言はれちやあ大, 言はれとるが, 言はれない冴えて澄んだ, 言はれない冷めたさと嚴そかさ, 言はれない引つ掛りのが, 言はれなくたつて人身御供, 言はれぬ解けるやうな, 言はれねえ其の女, 言はれはりましたんや, 言はれるべきではない, 言はれる宣り言の, 言はれんな, 言はれ助かったわけ, 言はれ老けてゐる, 言はれ虐められて泣い, 言はれ通しからかはれ, 言はんものはない, 言はん不思議とや言はん, 言はん事ぢや, 言はん人なきこそ, 言はん今は姑, 言はん俺は今夜, 言はん彼等相連れ, 言はん春の夜, 言はん樣なき不所存者, 言はん気色もなく, 言ばかりは御免下さい, 言ばっかし, 言ばっかりでみちみちて, 言ひあつたりし, 言ひあてたところで, 言ひあはせて一, 言ひあひをする, 言ひあへず纔に, 言ひあらはさむすべもがな, 言ひあらはすための, 言ひあらはせるからである, 言ひいづるゆと言うた, 言ひいでられつる事も, 言ひうるものぞ, 言ひうるたぐひのひとつの物すら, 言ひえないで, 言ひおいたすぐに, 言ひおこせられたり, 言ひかくると自身, 言ひかけずに居られない, 言ひかけたい氣にも, 言ひかけたくなつて, 言ひかけるでありたづぬはさぐるを原義として, 言ひかたかも知れない, 言ひかつ名文と, 言ひかぬる事である, 言ひかねない間柄な, 言ひかねまいほどの意気込み, 言ひかはすほどに折しも, 言ひかへる慣しが出来, 言ひがしやべ, 言ひきかせたきこと多く, 言ひきつたのだ, 言ひきつて了ふと臆病, 言ひきつて寶雲齋坊は怪しく, 言ひきつて差支へない, 言ひきつて膝に手, 言ひきつて自棄に吐月峰, 言ひきらせないもの, 言ひきりましたがそれでも, 言ひきりませんが遠慮勝ち, 言ひきればさ, 言ひきれずなるほど表面, 言ひきれたら彼の, 言ひくたびれするかし, 言ひくるめて砂, 言ひくるめた積りで, 言ひくるめられてぼんやり, 言ひくろめて老婆, 言ひけたれたまふ, 言ひけん如く伊洛を, 言ひこころみたるのみ, 言ひこなして聞かせる, 言ひこめられて斯, 言ひしが如く本邦石噐時代の, 言ひしとか, 言ひしぶるであらうと思つて, 言ひしれぬ寂しさ, 言ひしろひけるをなほ, 言ひすぎてはいけない, 言ひすぎだよ, 言ひすぎるかも知れません, 言ひすることは, 言ひそびれたが少し, 言ひそびれるか脅える, 言ひそびれ黙つて女の, 言ひそやされる反動で, 言ひそやしてゐた, 言ひたい世のさま, 言ひたい位今の世の中, 言ひたい場合ではある, 言ひたい女中がはいつ, 言ひたい如水であるが, 言ひたい子供のため, 言ひたい容赦のない, 言ひたい役場の書記, 言ひたい我儘な人, 言ひたい手法の生々し, 言ひたい文句で一杯, 言ひたい様に底力, 言ひたい熱を吹い, 言ひたい爲ばかりに一所懸命, 言ひたい疲労感が全体, 言ひたい穏当な名答, 言ひたい言葉もない, 言ひたい許りに, 言ひたい風俗の士, 言ひたうはない, 言ひたがらない由子で, 言ひたがり教授といふ, 言ひたがりますが私, 言ひたき儘取り集め, 言ひたくありませんな, 言ひたくなかつたのであらう, 言ひたくなきや菊屋, 言ひたくならあな, 言ひたくねえ品なら, 言ひたく成るのが, 言ひたげでもあります, 言ひたして腹立しげ, 言ひたてるほどの望み, 言ひたらばそ, 言ひたり勝てば僕, 言ひたり負けては口惜しけれ, 言ひださうとたつた, 言ひださなかつた頃彼が, 言ひださなければ恐らく, 言ひだすか知れませぬが, 言ひだすしこんな話, 言ひだつてそれぢやどう, 言ひちがひ, 言ひちだと略称, 言ひつぎ行かむ富士, 言ひつくし思ふことを, 言ひつくすべくもあらず, 言ひつくらはうと, 言ひつくろつて逃げ, 言ひつけずに下手, 言ひつけですもの誰の, 言ひつけないの, 言ひつけましたところこいつまた, 言ひつけ下さいつて, 言ひつこなしにしよう, 言ひつこ無しにしよう, 言ひつぷりはひどく砕けたところ, 言ひつめるので今, 言ひですとやつぱり, 言ひとこと長く伸ばし, 言ひと木戸番だつた男, 言ひと相俟つて男性の好奇心, 言ひと言ふ事, 言ひながち酔つ払, 言ひながら戦つて居る, 言ひながら杯の酒, 言ひながら立上つて爐の方, 言ひなくたしそ, 言ひなさいましよ, 言ひなさいますの, 言ひなさらなきや, 言ひなさらなかつたけれど青木さん, 言ひなさんなよ, 言ひなだめに來, 言ひなだめられてお, 言ひなはんなや, 言ひなわけを, 言ひぬけたに違, 言ひねえな確か, 言ひのけられない複雜な, 言ひのばしなば殺風景, 言ひはじめたら次第に興奮, 言ひはじめるとその, 言ひはなす方よろしかるべく, 言ひはれといふなるほど, 言ひひらきは, 言ひふらしますので誰, 言ひふれてゐる, 言ひまぎらした口まめに, 言ひまくつてやれ, 言ひまくり遣込めやうと, 言ひました曳き物も, 言ひますやろがそれ, 言ひむすんで飛騨, 言ひも上品に確り, 言ひも出でつれ, 言ひも堅氣の者, 言ひも尋常親方の萬兵衞, 言ひも敢へず, 言ひも書きもします, 言ひも言つたり, 言ひも訖らぬ顔, 言ひやしたから, 言ひやしねえだア貴様の, 言ひやらば, 言ひやられたのであらう, 言ひよによつて, 言ひよつては離れ, 言ひよらんけどさ, 言ひよ泥棒や人殺し, 言ひわけとばかりも思へない, 言ひわたされるのだ, 言ひわたすと互に, 言ひゐたりし, 言ひ下された言葉によ, 言ひ交さばや, 言ひ交さなくとも大きく, 言ひ交せし事だに, 言ひ付けますよ, 言ひ付けられると早速, 言ひ伏せる様な, 言ひ伝へた出世の, 言ひ伝へられるこの芍薬, 言ひ入れて振舞, 言ひ入れしことも, 言ひ入れた一人の, 言ひ兼ねたれば, 言ひ兼ねましたが仙, 言ひ出さなかつたが七百萬圓, 言ひ出されても驚くまい, 言ひ出されまして他, 言ひ出されましたので私たち, 言ひ出したいやうに, 言ひ出したこつちやない, 言ひ出したさうでさうでなかつたら, 言ひ出したなら金挺でも, 言ひ出したら聞かぬ奴だ, 言ひ出しましてな男, 言ひ出しませんやう白く, 言ひ出し兼ねた程海圖, 言ひ出し兼ねないが交際, 言ひ出すべき言葉をも, 言ひ出すべしさては五月蠅, 言ひ分ける必要を, 言ひ切らねば私, 言ひ切りうる事柄である, 言ひ切りうるであらうか, 言ひ切りましたが八五郎, 言ひ切れるやうに, 言ひ別けたともとれる, 言ひ勝つ事が, 言ひ勝つたものの, 言ひ募つたつて御, 言ひ及ばれなかつたやうである, 言ひ及びし人唯一人あり, 言ひ及ぼしたからである, 言ひ古るした哲理の, 言ひ合して敗戦後, 言ひ合せた如く等しく手古奈, 言ひ含めるやうに, 言ひ囃されるやうに, 言ひ囃しましたがあれぢ, 言ひ執れか能, 言ひ始めて来た, 言ひ始めたのである, 言ひ始めると厭, 言ひ宥めたり皆なに, 言ひ宥められ乍ら事情を, 言ひ寄つたり宇田川町, 言ひ寄られたことは, 言ひ寄られたらどうな, 言ひ寄られる苦しさ, 言ひ寄りて語らひけれ, 言ひ寄るらしいがお, 言ひ尽されて寸分, 言ひ尽したやうな, 言ひ尽せば徳岡神泉氏, 言ひ尽せないからで, 言ひ尽せる様に, 言ひ延ばして容易, 言ひ廻して美しい, 言ひ廻るのでした, 言ひ張らなければいけない, 言ひ張りたいのである, 言ひ張りましたが秋葉, 言ひ張りますが誰, 言ひ張れないことは, 言ひ強めたりする, 言ひ強めるやうな, 言ひ当てられてみる, 言ひ当てるやうに, 言ひ後れたやうに, 言ひ得ないですね, 言ひ得べく候へど, 言ひ得るたぐひのひとつを残し, 言ひ得るよろこびよ, 言ひ忘れましたが若し, 言ひ慣して来た, 言ひ慣したわけだ, 言ひ慣らしたのでせう, 言ひ慣れた言ひ, 言ひ憐れみの心, 言ひ懸けてゐる, 言ひ抜ける積りさ, 言ひ振らして遂に, 言ひ振らしたので気早, 言ひ振らすとははなはだ, 言ひ捨てしが忽ち, 言ひ捨てる語に, 言ひ捲られて役人小者, 言ひ捲られたやうな, 言ひ掛くるを大, 言ひ掛くれば聞き, 言ひ掛ければ驚いた, 言ひ換えると彼, 言ひ改められるのは, 言ひ放しにしたる, 言ひ放したる者にて, 言ひ放せばそれ, 言ひ来たつてゐた, 言ひ来つた理由も, 言ひ来りたるもそれ, 言ひ来る人たち, 言ひ棄てたが軈て, 言ひ棄てたるま, 言ひ棄てられぬことが, 言ひ止めてかう, 言ひ残された所が, 言ひ残したる語なる, 言ひ洩らしたが叔父, 言ひ消してゐる, 言ひ消すべきお近, 言ひ淀みたる吾妻は, 言ひ淀んで, 言ひ淀んだが稍面, 言ひ渡されてゐた, 言ひ渡されると高瀬舟, 言ひ渡たされぬ堺兄は, 言ひ漏らさしめたまひき, 言ひ漏らしてはならぬ, 言ひ澱みましたが他, 言ひ澱んだ男は, 言ひ濁したやうだつ, 言ひ略してあるじ, 言ひ直すべきかも知れない, 言ひ知らすらん, 言ひ知らず楽しげ, 言ひ知らない涙つ, 言ひ知れず穏に, 言ひ立てたところで, 言ひ立てようといふ勇氣, 言ひ立てられては小堀家, 言ひ納めて一座, 言ひ紛らさうとする, 言ひ紛らせども細君, 言ひ終つたとき私は, 言ひ終らぬうちに, 言ひ終りてお, 言ひ続けようとする, 言ひ置かれただけのもの, 言ひ置くことあれ, 言ひ罵りながらふい, 言ひ罵りいづれも多少, 言ひ聞かされて忽ち, 言ひ聞かした言葉は, 言ひ聞かせたのは, 言ひ聞かせたがるもので, 言ひ聞された父の, 言ひ聞せることばで, 言ひ聴かすといつた, 言ひ聴かせる人が, 言ひ腐すべきにもあらず, 言ひ著せばい, 言ひ表されてゐる, 言ひ表したいのです, 言ひ表しでなく神と, 言ひ表せば宜しい, 言ひ解いて恩, 言ひ解かうともしません, 言ひ解かん術も, 言ひ解けなかつたらおいらも, 言ひ触らされるんです, 言ひ触らしたと思はれ, 言ひ訳するやうな, 言ひ誇りたりし, 言ひ負かされた後で, 言ひ負かすために, 言ひ賺されて鹿児島, 言ひ賺しましてそれから, 言ひ起ちあがりながら片手, 言ひ越して汝, 言ひ足らなんだら, 言ひ足らないよりもよく, 言ひ足らなかつた爲め物足らない, 言ひ足りなかつたところ意味の, 言ひ足りませんが端書回答, 言ひ込みしをお, 言ひ込んで来, 言ひ返さうと身構, 言ひ返したよ, 言ひ送つて來た, 言ひ送らうとする, 言ひ通されたのも, 言ひ通して了, 言ひ通るにけおされ, 言ひ進むのです, 言ひ進める中に, 言ひ遅れましたが私, 言ひ遊ばしたので, 言ひ遺したさうだが音楽家, 言ひ遺すことが, 言ひ附けで御座いますよ, 言ひ頼る細やかなる, 言ひ馴らしてゐる, 言ひ騒がれて居る, 言ひ黒めた処も, 言ふあらば亦, 言ふあり任重, 言ふあわて者も, 言ふいたはりの, 言ふいちこの類, 言ふうづの何, 言ふえらいひとが存外, 言ふおつぴらいた胸が, 言ふかう言ふ, 言ふかけまくも畏き, 言ふかしらん, 言ふかそれは分らない, 言ふかなんかそい, 言ふかひなさをどれ, 言ふからあそこにある, 言ふからあたしも附い, 言ふからあたし姐さんの分, 言ふからうつかり無心, 言ふからおれはかへつて, 言ふからお松が珠, 言ふからこれとても下手人, 言ふからさのみ陋屋, 言ふからしようがなし, 言ふからそつと開け, 言ふからそれを許し, 言ふからそれぢやあ, 言ふからだんじりを聯想, 言ふからどれほどの男, 言ふからやつてみた, 言ふからアトラクションはごめん, 言ふからコチトラの筆ぢ, 言ふから一刻ばかり此處, 言ふから一度逢って, 言ふから不可んよ, 言ふから世間が変つて, 言ふから人の門口, 言ふから今日は止せ, 言ふから何んなもの, 言ふから何時までせ, 言ふから何糞と思つて, 言ふから先づ泥棒には珍, 言ふから其時私が, 言ふから其諷誦の動作, 言ふから其間を長く, 言ふから冷吉は可笑し, 言ふから勘辨して, 言ふから却つてこの野郎, 言ふから唐崎の松, 言ふから地方の人民, 言ふから大変な喧嘩, 言ふから安心して, 言ふから島一つ一つ趣のかはるの, 言ふから市中出火の折, 言ふから昨夜あたりは店屋物, 言ふから栄三郎の花子, 言ふから橋場の渡し, 言ふから此方面も有望, 言ふから気を付け, 言ふから無理もありません, 言ふから皆んな物眞似を, 言ふから知つてるだらうが, 言ふから編笠茶屋や空茶店, 言ふから與七見たいな, 言ふから船に乗, 言ふから行つたが, 言ふから裏の埃溜, 言ふから變ぢやありません, 言ふから跟いて, 言ふから間違ひは, 言ふから鮟鱇を持つ, 言ふから默つててやりました, 言ふか伜はどんな, 言ふか何かしらその要領, 言ふか信用と言ふか, 言ふか僕は, 言ふか名は知らねえ, 言ふか声を伝へる, 言ふか恋愛と言ふか, 言ふか情緒が濃厚, 言ふか憧憬と言ふか, 言ふか此話の本, 言ふか現実離れがした, 言ふか病院生活だね, 言ふか祠と言ふか, 言ふか私は名, 言ふか興味をもつ, 言ふか贓物と言ふか, 言ふか通風口のやう, 言ふか野球手袋なあれお, 言ふか電光のやう, 言ふか驚歎で声, 言ふきはまではかく, 言ふこたあねえ, 言ふこつちやありません, 言ふこつたよ, 言ふごときも東北地方, 言ふごとく死人は, 言ふさかいは大阪の, 言ふしやつと一月八十銭, 言ふしケチ兵衞などはお, 言ふし下女のお, 言ふし処によつて, 言ふし叔父や甥, 言ふし土台の脚本, 言ふし女の子がトチ, 言ふし平安朝になつて, 言ふし御存じないん, 言ふし日本でも花合せ, 言ふし番頭の徳松, 言ふし礼義節度といふもの, 言ふし那奴は何, 言ふし食ひたければ, 言ふそんな自分勝手, 言ふたことが皆, 言ふため京から江戸, 言ふたら形容し盡くせ, 言ふたら罰が当り, 言ふたり女を悦ばせよう, 言ふたり笑つたり, 言ふた語の中, 言ふちやつたい, 言ふてあひがある, 言ふていたがあの, 言ふてくれる人の, 言ふてしまうたでさ, 言ふてたんや, 言ふてますのや, 言ふてやらぬか何, 言ふてよつたやない, 言ふてゐたつけ瓦落, 言ふてゐられない状態な, 言ふてゐる位, 言ふて帰られる物で, 言ふて棄てなければならない, 言ふて止めはるのを, 言ふて置いたを誰, 言ふて脅かす又た撲, 言ふて見せる事凡そ, 言ふて退ける事が, 言ふでがすよ, 言ふですがそのうち, 言ふでなく笑顔さへ, 言ふでふかうした役には, 言ふといとはしい, 言ふところ人をし, 言ふとさすがの伊三郎, 言ふとしたならば, 言ふとたまはる, 言ふとだいぶ水氣立つたとよりは, 言ふとつい人にも, 言ふとともかくなんだか一度見, 言ふとともに道臣は, 言ふとなかなか同化力に, 言ふとなまじひに, 言ふとまあそんなこと, 言ふとまた赤くな, 言ふとまだたつぷり三刻, 言ふとまだなかなか癩から, 言ふともう一月も, 言ふともうさう言, 言ふともはや堪らなくなつ, 言ふとよく眠る方, 言ふとりあげ方は, 言ふとりましたから, 言ふとるだけのことぢ, 言ふとイヤイヤ殿下是非も, 言ふとニヤニヤニヤニヤして, 言ふと一寸漢語が, 言ふと何だか露骨で, 言ふと何故地上の, 言ふと全然なかつたとは, 言ふと初めて合點が, 言ふと勿論深くなり, 言ふと存外微力な, 言ふと尚高く縄, 言ふと後で俺が, 言ふと忽ち天に, 言ふと早速案内し, 言ふと更に色々に, 言ふと極く新しい, 言ふと極めて静かに, 言ふと決して望ましいこと, 言ふと漠然とした処, 言ふと無論費すところ, 言ふと甚だ物足らない, 言ふと直ぐ判りさ, 言ふと直ぐに巡警, 言ふと近頃評判の, 言ふなて, 言ふない僕が, 言ふなきと我, 言ふならしよつ引いて來, 言ふなら助けてやらう, 言ふなら寝ずにも行く, 言ふなら打つて遣, 言ふなら調べ直してやらう, 言ふなり走つて足を, 言ふなれ無理とは, 言ふな黙つてゐろ, 言ふのりとごと, 言ふべきしぬびごと, 言ふべきだあんな詰まらない, 言ふべきでかういふ観点から, 言ふべく起つて行, 言ふべけれ人來れ, 言ふまい語るまい一人にて, 言ふまじは奈良朝, 言ふまじければ行義, 言ふませた併し, 言ふみすまるのたま, 言ふみつも其動詞化, 言ふめなしちご, 言ふもいはぬも眼, 言ふもうたてき, 言ふも異なもので, 言ふゆき方, 言ふゆとりがある, 言ふよお前には熨斗, 言ふよみの精霊が現れる, 言ふよ皆んなブチまけるよ, 言ふよ言ふよ打たれるの, 言ふらくただに, 言ふらちもない, 言ふらんと唯, 言ふれど明日, 言ふわいの, 言ふわだかまり, 言ふんだい彦兄イ, 言ふんだい全体えより, 言ふんださうで御墨附, 言ふんださうですよ, 言ふんだつたらこれからお前, 言ふ上ずりの記述者, 言ふ与へられた問題が, 言ふ信ずべき仮説の, 言ふ借りものの, 言ふ僻みも起つた, 言ふ出たらめを, 言ふ力もないやうに, 言ふ化石の澤山, 言ふ呆れ返って物, 言ふ呼び方を, 言ふ困ったものだ, 言ふ執著を, 言ふ報告があ, 言ふ如くであるとせね, 言ふ如くなれど基詞, 言ふ如く成らしめよ, 言ふ嫉みの女性, 言ふ弱りクサる, 言ふ強めて言, 言ふ懸け詞でも, 言ふ折りに細説, 言ふ放ってもおけない, 言ふ活き物としての, 言ふ無からんと, 言ふ煮え切らないことを, 言ふ申し合せであつ, 言ふ立ち寄り場が, 言ふ節用集流の宛て字, 言ふ続き合ひ, 言ふ聴けば春昼, 言ふ育ちかた, 言ふ荒ぶる神は, 言ふ表し方は, 言ふ覆奏が, 言ふ見當違ひでせう, 言ふ見きはめが, 言ふ見すぼらしさよりも, 言ふ観方も, 言ふ話さ何と言つたつて, 言ふ話しがある, 言ふ調子づいた原文の, 言ふ走り方は, 言ふ透き通るやうな, 言ふ頭でなつたんぢ, 言ふ頭分を考へなかつた, 言ぶりさ, 言へけだものめ, 言へこそすれゴリラ, 言へたなら彼, 言へた訳のもんぢ, 言へといふ注文な, 言へとのことである, 言へねえ何しろ巣鴨, 言へばけにであ, 言へばさうに違ひ無い, 言へばといふほどの, 言へばなよあはれ五十年の, 言へよかし, 言へりしアウガスチンの, 言へるではない, 言へるなれど折衷, 言へるべきもので, 言へる取合とは, 言へる如き思想が, 言へる如くなるが魏略, 言べきであらうなど非常, 言べたくせに, 言ほうやうもない, 言ほぎして占うた, 言ほど口を, 言ほんたうの, 言まうさむ酒祝, 言まことに然り, 言ました検査官が, 言まじりに伝へん, 言まるで意味の, 言言ささやきあっ, 言みこと挨拶, 言みたいにいふ, 言みな表裏ありで本当, 言むよりもっとも魔たる, 言むよりはたまた狂と言むより, 言めいて, 言めき候へども, 言めく嫌は, 言もしくは数百言を, 言もちて白す事, 言ゃあバタヤの合ヤド, 言ゃって下さいませ, 言やあお神さん油断を, 言やあまどの辺, 言やしまいし僕, 言やすんやもん, 言やせんよ, 言やへつらいを, 言やり合ふ, 言やり合う間もなく足, 言やんでとんちきメ, 言ゆえ信ずるに, 言ゆめゆめおろそかに, 言ようもあろう, 言よけでは, 言よせられて公主, 言よりは少いけれども, 言らしい叱言を, 言りつづけた, 言りましたら何で否や, 言りまするか, 言り張りますか, 言るならあっしゃあ役者, 言るなら断ってしまっ, 言るまいと思います, 言るんでしたら私と, 言る言葉が判然, 言る退引きならぬお話, 言れけるは女房, 言れただよ, 言れつづけでそれだ, 言れない事ばかり, 言れないでしょうね, 言れなくて何と, 言れなけりやならない, 言れますし狭山, 言ろうものならわたし, 言わが言と, 言わけて申し継げ, 言わけ知らずの言葉, 言われの喜ぶ, 言をかはしたと, 言をこそもちゐ, 言をさえ遵奉せ, 言をすらもてあそんだ, 言をはきはじめた, 言アーンチロコス愕然と, 言イマスアレハアレダケノモノデホカニ言イ様ゴザイマセヌ以後ボクノ文章読マナイデ下サイ, 言イマスイスパニヤハ果物タイヘンオイシイデス唄モナカナカ面白イデスオ婆サンモ若イ娘サンモ, 言イ作ッテ之ヲ行ウヲ士大夫ト謂ウ, 言イ出シタヨウニ思ワレルカモシレナイガ少シ落着イテ考エテミルナラ, 言イ得ズ高円寺ウロウロコーヒー飲ン, 言イ様ゴザイマセヌ以後ボクノ文章読マナイデ下サイ, 言暗イ水, 言ウテ深ク苦慮シテ居マシタ, 言ウ所ヲ知ラズ, 言エルコトナラ一言デ言イマス, 言クリストフのこと, 言ッこ無し黒の羽織, 言ッたんだよ, 言ッぱ天狗なり, 言ッタラコンドハ向ウガマイッチャテネエ, 言ッタラソレハ水金デゴザリマスカラ御遣, 言ッタラ一人カケ出シテ行キオッタガ程ナク中村親子ガ迎エニ来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ出, 言ッチャッタワヨアハハバカネ, 言ッチャテネエマイッチャテネエオレノ妾宅ハ丸ビルダト言ッタラ, 言ッテ叩キチラシテソノ晩カラ水ヲ浴ビテ, 言ツタリ俺ノ生活, 言ツテ二人デ一シヨニ, 言ニ耳ヲ貸, 言ニ背カズ前ニモ二三度杖, 言常ニ婦人, 言ハれんぞよ, 言ハズ人ノ是非, 言ハデ連れダ夫婦だネ, 言ハバ一事ヲ行フモ哲學上, 言ハント欲スル所ロ有ル耶, 言バ慎蔵曰然時ハ, 言又行方知ラズトモ聞ヘケレバ, 言ヒシコトナレド本邦ヲ始メ支那泰西ニ至ル, 言ヒテンケレバ少童二人召具シテ住狎タル玉, 言ヒナサレ覚醒又ハ警世, 言ヒ難キモ命ヨク之ヲ守リテ, 言ビックリしながら, 言迄モ, 言フガ如ク人事ニテ言ヘバ家屋ノ美麗ナルハ其家富ムト云フ源因ニ由リ, 言フコヽロハ其功ノ補スルコト人参, 言フニハ非レドモ, 言フニ於テ孰カ能ク之ヲ爭ハン, 言フニ甲斐ナク我ヲ残シ置給フ事恨ミテモ由ゾナキ, 言フノ要ナシ, 言フランス語で女家庭教師, 言フ可キ限リニ非ザル也, 言フ己等ノ先祖ハ, 言フ所ノ木蘭舟ハ, 言フ者必先ヅ指ヲ小西湖ニ屈スルハ其山水, 言フ魯斑ガ木蘭舟ヲ刻ミ七里洲中ニ, 言プールと言葉, 言ヘバ家屋ノ美麗ナルハ其家富ムト云フ源因ニ由リ, 言ヘバ此義尤可然トテ其ヨリ境, 言モ我耳ニ新シキコトアリテ, 言ワレテカエス言葉ナシ素直ニ首肯ソット爪サキ立チ夕焼ノ雲, 言ヲヌカスハ兵庫ガ行届カザルカラダ甥ガ手向ウカラハ云イ合ワセタニチガイナイカラ望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 言と言ビックリ, 言一たび口より発し, 言一つ言はれず, 言一ト言何とか, 言一個の修辞的附加言たる, 言一切に関してある, 言一室若引緒抽繭, 言一時の戯, 言一言を交, 言丁寧な挨拶, 言七祖像の中, 言七言などそれぞれ, 言言いい募った後, 言三十首を作り, 言三言いいわけをした, 言三言お座なりに主人夫婦, 言三言お話をし, 言三言ことばをかけた, 言三言使い先の様子, 言三言小言を言う, 言三言弁解をする, 言三言悪罵を戦わせ, 言三言押し問答して, 言三言暗号のよう, 言三言激越な問答, 言三言立ち話をし, 言三言藤夜叉が口走りつづける, 言三言言ひかは, 言三言言葉を交へた, 言三言訊問した, 言三言門番は何, 言三言雑談して, 言上餅は早く固く, 言分明に, 言不幸にし, 言不心得を諭す, 言不機嫌に答えた, 言の笑い草たる, 言世計営々客, 言九言の交じる, 言也道君經を序す, 言了せしを喜べる, 言争う声が, 言争はんは愚, 言二タ言話して, 言云いやってねえ, 言云い交わしながらその, 言云い棄ててドーブレク代議士, 言云い残すが早い, 言云おうとして口, 言云つた後その愛兒, 言云ひつのつた, 言云わなくてもよかん, 言互に念を, 言五祖像によりても想像, 言五言いう, 言亡國禪天魔を叫んだ, 言亡父が寺, 言交えてからいっ, 言交わすと両手, 言人智の的, 言人死虫亦死, 言人者必是其人嘗占得此卦といひ, 言付通りここにこうして, 言以魔字爲體即是大空, 言仰っしゃったきりだった, 言伏せはした, 言伝いによってフランクリン, 言は言わせます, 言佐々と話し, 言何ぞそれしかく, 言何やら袈裟太郎へ, 言何事をか残員, 言へて賺し, 言作者の創作物, 言使い先の様子, 言侏離たらん歟, 言依させる國を, 言便次をし, 言保ちかねて折ら, 言あれば, 言信じ玲瓏の, 言信號兵は命, 言倭王以天爲兄以日爲弟天未明時出聽政跏趺坐, 言して, 言偶政事に及び, 言偶発の語, 言をお, 言を欺かざるなり, 言優しく靜かに, 言先生の故郷, 言入れん戸, 言入れたものであった, 言入れるに違いますまい, 言體が, 言八十禍津日前で探湯, 言八言九言の交じる, 言の論, 言公務の報告, 言六蔽とか六官, 言其他の諸宗, 言其処で弁解, 言兼ねた事で, 言兼ねるところも, 言冷やかな言葉, 言冷淡に尋ねた, 言出けむも実に, 言出させて大概, 言出さないとも限らぬ, 言出さなかったし東京, 言出されたりする, 言出されたが一時, 言出しそびれて今日, 言出したら引かない丸木だった, 言出しぬ歳月心を, 言出しまして毎日, 言出し得ないでもじ, 言出し得ることは, 言出すべく余りに感動, 言出すまいとは思った, 言出せなかったのであろう, 言出せますか, 言出せり余は目科, 言出ただけで, 言出だしき, 言出だしたさに, 言出つるかも, 言出づるを取次ぐ, 言出でて自分, 言出でた恋を, 言出るよう, 言分ぢや, 言分承知したれど, 言列べても要領, 言を主, 言別給ひ, 言前府君女不幸早亡, 言ふ, 言なしとや, 言動飲食等に至る, 言十二句を書し, 言十方一坏の濁れる, 言半ば信ならん, 言博士マハラヤナ老が, 言占領軍の家族, 言天つ, 言即ち聖書に, 言即座に発する, 言却って実に切なり, 言又は五言の, 言及帰留托友人石子道以佗日郵致越戊寅春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 言反覆す, 言取り換わした後, 言叙事詩の変態, 言叙事詩以来の古代詞章式, 言口ごもつたが, 言口ごもりながら哀願, 言口授の最初, 言口眞似の, 言義として, 言被下候, 言つて見, 言合えるも道理, 言合せたごとく人影が, 言合つた程で, 言合わしたごとく同時に塚, 言字同, 言吐き得たり, 言吐くを神靈彼, 言向けつる國なり, 言向け平しし状をま, 言吠えるやうに, 言吾子篇に, 言呉亮の死, 言告ぐるでも無く, 言告げて立去った, 言告げよ願は, 言告口を聞き, 言呪文を唱へた, 言呪詞の伝誦数, 言呻いたようだった, 言咎められている, 言唄いながら仲間同士, 言唱和の注意, 言問あたりにもみやこ鳥, 言問いでこの, 言問うという上代, 言問えという開放性, 言問はん都鳥わが思ふ, 言問ひもしつ幽界, 言問ヶ岡と称し, 言問橋左の方, 言問通りそこにいかにも, 言善き謙遜を, 言善く我病に, 言善しと雖, 言し合つて, 言喋ってさっさと, 言喋ったらうか, 言喋り返してやらう, 言す, 言デアル, 言われも, 言囁きあったあと肩車に, 言囁き合ひました, 言囁くことも, 言囃されるように, 言囃したのも, 言囃しましたけれども一向に, 言四言ことばを交え, 言四言話をする, 言報告じみた言葉, 言場所柄をわきまえぬ, 言の主, 言声高に叫んだ, 言多くトマス・アクイナスの, 言大いに好しわれ, 言大義から觀察, 言天皇の語, 言太玄經の如し天台, 言となく, 言をだ, 言好し昔は, 言て家, 言姜爲伯夷之後許爲大岳之胤, 言は有, 言学士が此, 言學的研究とは違, 言宗と見えて, 言宗中學林の校舎, 言宗各派の管長, 言宗豐山派の豐山, 言といふ, 言実に然り, 言家礼婆妹之宮答久, 言寄せて東京, 言密語中の密語, 言實船路なれど, 言寿か, 言寿ぎにつつ, 言寿ぎしづめまつれることの, 言寿ぎ鎮め申さくこの, 言寿宣たまひ, 言小言を言う, 言少しも用いられず, 言少しく漠然たるが, 言少なきを希, 言ほ央, 言居つたかお, 言居らる由を, 言巧みに彼ら, 言巧語のあり, 言帰故郷故郷早有, 言なる杲, 言度げに立ち上りました, 言延して御座いました, 言延べて歸, 言廻し秩序の無い, 言廻し脚色の摸様, 言廻わせば鷺, 言当てた男は, 言彼女を叱つた, 言往々激烈, 言待つ吾を, 言で魚, 言律宗の僧, 言従海外遊鐙明孤塔遠風圧片帆遒, 言得ず両国までと, 言得んのじ, 言必ず後成ら, 言必ずしも不当で, 言の形, 言志集といっ, 言忘れたのに, 言応答した, 言応酬して, 言忠孝の人, 言念以精誠所宜欽重, 言怒りの節, 言怒鳴っている, 言思はたとえその, 言を知れ, 言さうに答へる, 言悪い事じゃがの, 言悪口を吐いた, 言悪戯でも, 言悪気に膝, 言悪罵を戦わせ, 言惜しみつつ今, 言で云う, 言意味のある, 言意見を述べあひ, 言からいへ, 言感謝の言葉, 言慮外の慮, 言という老人, 言に訴, 言懇ろに求むべし, 言懸くればそれ, 言懸けける正に其時, 言懸けたのが, 言懸けなかったお雪, 言懸けました声に, 言懸けられもしまい, 言懸けられた時は, 言懸ければ聞えぬ, 言懸ると何と, 言次第にオイソレ, 言成之賀婆加吉結常代爾至海若神, 言或いは一笑にでも, 言或は唸り聲を, 言戦い無用なりと, 言承けのみよく, 言押し問答して, 言拠ろありと惟, 言拵えて空しく, 言挙ぐと泣きいさ, 言挙ぐと胸ぞ迫り, 言振で屠手の, 言振らしてゐる, 言振らすものぞ, 言振りをする, 言捨んには情, 言掛けたが俄, 言掛けたる時僅に, 言掛けましたが是, 言掛けまするが最う, 言掛けられたやうで, 言掛長といふ事, 言揚々としてむかし, 言換えて見れ, 言損じがなけれ, 言撓めて堪へ堪へ, 言擧ぐと泣きいさ, 言擧げて我が, 言支那語で何, 言改めて羽織の, 言ッて, 言放した音の, 言放すのが, 言政事に及び, 言政府何ぞ信用, 言られた気味, 言教えて使う, 言散らして矢鱈, 言散らすかさもなければ, 言散見するありて, 言敦厚を欠き, 言を尽す, 言断って来ました, 言斯んなこと, 言新しき道を, 言方位祈祷物の怪転生邪魅因果怪異動物の超, 言方言王充の論衡, 言既に長く真正面, 言旦那さまからお, 言明察にし, 言とが例, 言春秋は記事, 言なりと, 言普通の挨拶, 言暗号のよう, 言書ニ国躰を一定, 言最も実に切なり, 言最初君に向き, 言有世言有類と申し, 言有人言有世言有類と申し, 言有類と申し, 言未だ畢らず, 言条は愈々出, 言来りて老女, 言来りけん大原は, 言にもない優しい, 言が交された, 言かに話, 言棄てたが恐, 言の中, 言極めて懇款たり, 言様ジレッタそうな顔色, 言の血筋, 言たること勿, 言機嫌を取った, 言シクスベテノ言嘘デ, 言正しく名順, 言此細君から話しかけられた, 言此返答には源太, 言武惡事爾相麻自許理云々, 言を歩言, 言残した事が, 言せる誠, 言殿には二万五千石, 言不往来, 言のない, 言毒語その無情冷酷, 言氏人に宣る, 言気軽な立ちばなし, 言汝今こそ充たすべく, 言洩らさず聴いて帰らう, 言流して余, 言浮世話をし, 言消えて, 言淀んだが, 言淌牌黒幕等なるべし, 言添えながら, 言渋って, 言渋ったが, 言渋りながら, 言渡シ多分オレバカリシタガ, 言渡書が紛失, 言もとんでも, 言すべし, 言激励の言葉, 言激越な問答, 言りに, 言烈しく云い合ったと, 言無からん乃ち曰く, 言無き二人が, 言無し言を假, 言無言の注文はと, 言の為, 言爭つて出たいま, 言に用, 言物語をし, 言狂気のやう, 言独りごとをいう, 言現してよい, 言現したのであろう, 言現すために, 言現象を起す, 言瑣語の姿, 言甚だしく主家に, 言ゐられずして, 言用いられず事遂に, 言甲子太郎と話した, 言上げたいこと, 言申さずて今, 言申し上げますがお前さん, 言畢つて肩に手, 言疏證を著, 言痛みおのが世にいまだ, 言発しても声, 言白々しい言葉を, 言的共生を契機, 言的威力を考へ, 言悉く理, 言し彼ら, 言目今御か, 言直し心直しもよ五つき六, 言直すことが, 言通ず, 言なり, 言真に然り而, 言眠り足らない自分, 言着けてくらつせえまし, 言知らずもの凄まじ, 言知れずなつかしく思返, 言ッて, 言破することが, 言破ってしまった, 言破るべき事辱むべ, 言を言う, 言祕密の靈跡, 言をなす, 言秀句に心, 言私淑良寛上人堂宇宏壯不似, 言といふ, 言秦始皇遣方士徐福, 言立ちながら話した, 言立話をし, 言竹永は我が, 言二の, 言ばかりのよく, 言等九百九十三篇が擧げ, 言へるばかり, 言答え返した, 言答える切りで, 言に據, 言を潔癖, 言紆餘曲折に宣んし, 言じや, 言終って叢中, 言終つた時怒濤, 言終つて叢中から慟哭, 言終わらざるに一種, 言終わると先生, 言給うな, 言絶句でもここ, 言の日記, 言継いで, 言継卿記に見える, 言続いたら僕は, 言によつて約束, 言言我尊し, 言で宜しい, 言置きをし, 言置くことも, 言罵りてワヤ, 言罵り合っている, 言罵詈を逞, 言を論ぜず, 言において韓語, 言考えてみる, 言考証ニ供スベキモノ甚ダ多シ則チ名, 言者宮崎虎之助君も來, 言者文運改革の指導者, 言者身之文也, 言耳打ちした, 言聞えけるに彼, 言聞かされて頷い, 言聞かされたと云う, 言聞かせますと先生幾分, 言聞かせ置きしが矢張浮き, 言聞き取っていた, 言聞けられて貞之進, 言聞せたが身上, 言した, 言聴衆に大, 言きて, 言となり, 言れの, 言自ずからまたその, 言自体の持つ, 言自分の考案, 言自身の神, 言與其鉤故自尓以後, 言に然, 言若し我筆を, 言草ぢやない, 言を聞い, 言でお家万歳, 言を素直, 言落着かない, 言蒸気船ニて長州, 言蓋し故無くし, 言はつじつま, 言下卷參照, 言藤夜叉が口走りつづける, 言しからずば, 言虚謬なれば, 言衆人等しく善しと, 言表された本質から, 言表わした言葉であろう, 言表わす媒介物または, 言表わそうとした, 言表現して, 言には, 言西門慶が彼, 言親切な言葉, 言解かば如何, 言解かん術さへ, 言解く者の, 言解様の我, 言触しうしたれ, 言触したのでうとまれ, 言触す事の, 言言い争ったと思う, 言言い出すのが, 言言えば事, 言言ったと思う, 言言われたかとおもう, 言訊きさえすれ, 言訊問した, 言訖ツて輕, 言託けただけで帰ろう, 言記憶には限り, 言記者の問, 言して, 言り聞くよう, 言許すと書いた, 言して, 言も伯父, 言詞章の数, 言詞習得するを, 言の中, 言詫びを言, 言話し出したが全く, 言話し出すや否, 言話せばかえって, 言話合いあゝそう, 言話声さえ聞え, 言話声さへ聞え, 言話學的の方面, 言誘ってみた, 言語った事, 言語り合いながら舞台近く, 言誦しながらその, 言として道理, 言諄諄たり, 言談つてゐるうち, 言論理に合す, 言し合つて, 言は比較, 言謹行卑言低声, 言となり, 言へさて, 言警句に古今, 言譯これに引かる, 言議スラク一衆ミナ安シ, 言讒謗の毒筆, 言讚評に亘る, 言ヨク信ナランヤ, 言費やしてみましょう, 言しうべな, 言起つもものうし, 言越したれば徃, 言をした, 言足しをし, 言足らざること屡, 言足らぬ所あり, 言路壅蔽にたいする外夷跳梁, 言路壅蔽困苦告る無し, 言路洞開を令, 言躁妄なりけれ, 言を脱し, 言軽い言葉を, 言輝録の三公達, 言辛辣彼の部下, 言辭如何に妙, 言辺りへも聞える, 言有りし貸付, 言込みしを老媼, 言込めばと云っ, 言込んで来, 言う, 言近くして, 言述べたる所は, 言述べると左, 言述べん敵人之に, 言途絶えたる時先刻より, 言通せばこの, 言過ぎるかも知らぬ, 言過しを恥じたる, 言過て病に, 言違わず果して富山, 言かない, 言遺いて行き, 言遺した事が, 言へるに, 言釈くべきか如何, 言釜貞は仏前, 言長ければ手近く一例, 言長語二卷を贈らる, 言門番は何, 言開く細君は, 言附けますよ, 言附けられたと云っ, 言附ける時に, 言附け加えておきたい, 言じて, 言って沸騰, 言隻句でも外, 言りの, 言難しで精神的, 言靈さきはふ, 言ぞ, 言頂戴その翌日要件相済帰東, 言頗繁に渉, 言顕わし得る者, 言顯法の慣用, 言顯説一般の士君子, 言風月元無價, 言飛騨一円に伝わり, 言馴れてもうすっかり, 言騒いでおります, 言鬼者人之影也, 言麗しくやはら, 言黒めたる邪魔立を, 言默しをり子らぞたた, 言黙しをり, 言黙止し難く