青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「趣味~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

越~ ~越え 越え~ ~越し 越し~ 越前~ 越後~ ~趣 趣~ ~趣味
趣味~
~足 足~ 足もと~ ~足りない 足りない~ ~足る 足る~ 足利~ 足袋~ ~足跡

「趣味~」 4653, 50ppm, 2305位

▼ 趣味~ (876, 18.8%)

13 上から 12 ために 9 上に 7 中に 6 あるもの, 問題に 5 もので, よさ, 上の, 高さ 4 い, ない人, ものと, 世界に, 問題である, 歌に, 相違から, 遺伝

3 [18件] ある紀代子, ものだった, ような, 上で, 人であった, 人である, 人として, 伝説, 句は, 洗練された, 点で, 相異, 相違, 相違が, 相違に, 程度に, 詩を, 豊かな

2 [64件] ある人, いいこと, いいそして, うちの, ことは, ないの, ないもの, ないやう, ない事, ない男, ものだ, ものに, やうに, ように, 一つの, 上からは, 上にも, 世界を, 享樂に, 人だった, 人では, 人の, 会, 会が, 会で, 会合として, 低いため, 低い人, 低下を, 何か, 前には, 古代論者多忙の, 問題であった, 問題では, 問題として, 問題も, 問題を, 奴に, 如き耽溺ぶり, 如何に, 定義や, 少き物, 広さ, 廣く深い, 建築である, 悪い技巧, 惡い, 慾が, 方は, 普及された, 普及に, 根柢に, 浮きあ, 深いもの, 深かった, 点から, 為の, 犠牲に, 生活, 発達した, 相違だ, 良さ, 表現である, 遺伝と

1 [589件 抜粋] あつた, ありかた本質, ありよう, あること, あるだけ, あるの, あるもの四人, あるもの尠, あるよう, ある夫人, ある娘, ある家, ある小物, ある彼女, ある描写, ある物, ある生活, ある私, ある者, ある言葉, あれこれを, いいの, いいステッキ, いい単純, いい家具, いい建てかた, いい縞, いい鉄金具, いかにも別荘, いかにも確実, いかに低下, うちでは, おかげだ, おかげで, おかげでも, おもしろいこと, お嬢様とばかり, お話の, きびしさ, きものである, きわめて悪い, こった良い, こと各自の, これも, ごときは, さまざまな, すこぶる広かっ, すべてが, その不思議, その耳飾り, ただの, ためであった, ためであるなら, ためでは, ため御, ちがった多数, ないところ, ないむつかしい事, ないフラム・フリスタ・スパシーチェリヤ, ない奴, ない宗助, ない実利主義者, ない書斎, ない音楽, なお滅びざる, なかの, なき者, はっきりした, は知らない, ひところの, ひとつだった, ほうから, まちまちな, ままの, まるでない, もの, ものが, ものその他さまざまで, ものであった, ものでなけれ, ものは, ものを, よいアフタヌーン, よい品物, よい珍しい品, よくない, わからぬ者, わかる人間, わるさ, アポロウなんて, エロ商売で, オマケが, サルトルも, スパークが, チャーレス・レイの, ドダイが, ナポレオンと, バチルスとしての, バツコである, 一つで, 一つであった, 一つです, 一つと, 一つとして, 一なり, 一の, 一分たり, 一切を, 一番新しい, 一致を, 一面な, 三十六歳の, 上での, 上において, 下劣な, 不健全や, 世界からは, 世界これが, 世界であり, 世界においては, 世界へ, 中で, 中には, 中にも, 中へ, 主張と, 事にかけては, 享楽物が, 人々聞き伝え, 人たちは, 人で, 人であっ, 人です, 人とか, 人に, 人にとって, 人には, 人は, 人ッて, 人生観が, 人過ぎる, 人間である, 人間では, 代るところ, 会へ, 会先日の, 会合が, 伝統は, 低いの, 低い品物, 低い彼女たち, 低下, 低俗さを, 低劣さ, 何物たるをも, 供給のみを, 修養が, 修養を, 偏狭に, 偏食でありまし, 側から, 優れた作品, 優雅な, 先駆である, 光明と, 全部を, 公卿などへ, 共通から, 内容を, 凝り固まりである事, 初めだった, 判断として, 劇と, 加味せられたる, 劣等な, 勃興の, 勃興を, 勝った女, 匂いを, 医師が, 医師の, 十分に, 卑き, 厳ましい, 友, 友だちに, 友でございます, 友として, 反対な, 取り入れて, 古金の, 合って, 合つた話相手な, 同化から, 名によって, 名前で, 名所では, 向上だ, 向上と, 品や, 唯一の, 唱合戦と, 唱合戦は, 問題から, 問題が, 問題たる, 問題で, 問題でさえ, 問題です, 問題と, 問題よ, 喰い物店, 嗜好者であり, 嗜慾は, 国において, 圏外に, 埋合せ, 変りたる, 変遷した, 変遷は, 変遷や, 外皮を, 多い問題, 多い言葉, 多分に, 多様なる, 多過ぎる, 夢遊病者と, 大掛りな, 大規模, 天才であり, 天才である, 天才を, 夫人に対しては, 女と, 女の, 女を, 女性に, 好個な, 好悪個人としての, 如何などは, 如何を, 娘である, 娯楽これも, 定義は, 室である, 室内装飾品などが, 家庭に, 家庭談を, 対立教養の, 対象が, 対象としては, 尊ばれる所, 對象として, 小天地に, 小説や, 差別などは, 巷に, 常用燈と, 平均を, 幽玄を, 幾分か, 広い点, 広きとにおいて, 廣い, 建築家である, 形を, 彼では, 後継者に, 徒と, 復古的傾向であります, 復活に, 微妙な, 必要を, 応用で, 恍惚のみに, 悪いけ, 悪い品, 悪い薄, 情操を, 意味が, 愚劣さや, 愛好者である, 感じで, 或はげ, 或る, 所有者が, 所有者であった, 技芸なら, 抒情詩に, 持ち主だ, 持主であった, 持主でも, 持主は, 指南役テヱエル大, 教育の, 教育を, 教養の, 文学では, 新古は, 新耽美派, 方が, 方で, 方に, 方も, 方向を, 方面では, 方面においては, 日本人の, 是非を, 時間を, 普及によって, 普及を, 普及をとて, 書として, 最も発達, 最低水準に, 最後の, 本家たる, 材料には, 杖にて, 束縛の, 根元を, 植物採集, 極端, 標準で, 模倣に, 横溢した, 横道に, 欠乏に, 欠如と, 歌の, 正しい伝統, 残る限り, 残滓に, 氾濫である, 江戸ッ児には, 江戸ッ児は, 法則を, 洗煉といふ, 洗練を, 活動である, 流れが, 流行した, 流行につれて, 浮模様を, 浮浪人は, 深いこと, 深い一節, 深い事, 深い目きき, 深さ, 満足といふ, 満足の, 満足を, 滅絶を, 滲み出て, 澁い, 瀟洒な, 点においても, 点より, 無いそして, 無いやつ, 燃え屑, 爭ひ, 片影に, 物で, 物でなく, 特質を, 犠牲では, 独立し, 独立を, 珍らしがられた, 現状は, 生々しさ, 生活である, 生活に, 産物な, 田舎へ, 男で, 男の, 男は, 男ゆえそれを, 異なるという, 発現と, 発露であり, 発露に, 登山であっ, 百姓で, 盛んな, 目で, 相違である, 相違です, 相違と, 相違といふ, 相違なり, 相違のみ, 相違を, 着物に, 移動であり, 程度が, 種類が, 立場から, 管弦楽から, 箱に, 粗大なる, 粗悪という, 精髄を, 素養は, 紳士には, 経験に, 結婚は, 綜合から, 繋ぎ提灯を, 缺乏について, 美しい女, 美女が, 美文めいた, 老夫婦, 背景と, 脂っこい卑俗さ, 舞台装飾を, 舶来模造品です, 船は, 良いもの, 良い寫眞, 色彩が, 芝居から, 芝居で, 芝居と, 芸術に, 芸術は, 芽生えを, 茶室としか, 茶漬けで, 荒っぽい演技, 虜たらしめ, 衝突に, 表現, 表現であり, 表現では, 表現でも, 装飾も, 裡に, 要求が, 視野を, 観念を, 許多に, 話に, 誇りが, 誇張は, 調ふ, 調和に, 豊富さと, 豐かな, 豪華さに, 貪欲性をも, 賊と, 赴く処, 転換が, 軽はずみから, 追及者たるに, 退化, 連中が, 進歩に, 遊びから, 過剰が, 過剰で, 道伴れ, 道具の, 違いからとか, 違う見物, 違った人間, 選択に, 邦と, 金紗の, 錯誤である, 青年であった, 音楽として, 領域から, 領域を, 顋髯を, 養成に, 饗宴は, 骨董談の, 高いそして, 高いよう, 高い児, 高い女, 高い完全, 高い家庭, 高い後宮, 高下が, 高価な, 高卑, 高尚は, 高尚を, 高尚癖に, 鼓吹者と, 鼻緒の

▼ 趣味~ (822, 17.7%)

40 持って 33 もって 14 持つて 6 もつて, 有って 5 感じて, 軽蔑する 4 満足させる, 理解し, 発揮する, 解するの

3 [16件] お持ち, 代表する, 反映し, 味う, 持つやう, 持つよう, 有して, 有する者, 有つ, 有つてゐた, 現わし, 理解する, 発揮した, 見るに, 解しない, 離れて

2 [61件] あらは, なるべく善く, もたない, もったり, もった人, 了解せざる, 俳句に, 備へ, 充分に, 加えて, 動かして, 含ましむる, 味は, 味わって, 唆る, 喚び起さるるは, 喚起し, 学ばずして, 強ひん, 感じずには, 感ずる事, 持ってる男, 持つたの, 持つた人達, 排撃せよ, 教えて, 教える方, 有す, 有する人, 東京に, 楽しむこと, 標準に, 欠きたり, 欠ける和歌, 気に, 没す, 涵養する, 深くする, 添ふべけれ, 発揮せり, 知って, 知らんの, 示して, 私は, 絵画に, 翫味し, 考へたい, 自分の, 自然に, 行うという, 覚えて, 解するのみ, 解するもの, 解する人, 解する者, 解する能, 解せざるもの, 養成する, 養成せね, 髣髴と, 鼓吹する

1 [527件 抜粋] あおぎ立てるもの, あさつた, あたま, あまり持ち, あらわして, ある作物, いえば, いつも極度, いろいろと, うたがった, お世辞, お持, お持ちあそばし, きはめて, こ, この爺さん, こらした調度, これから後, しのばせるよう, そそったの, そそるよう, そなえて, そなえてる人, そのまま伝承, そのまま実地, その怪しき, たたえた渡辺与平, たれよりも, とりあげ反映, なくしたくないもの, なくして, ねらった雑誌, はっきり批判, ひけらかして, ひどく軽蔑, ひねりたがるよう, ひッ, ふきこまれたかれは, ふみにじるか, まったくもたない, みとめませ説かじ紫, もたず何, もたないの, もたなかった, もたなかったばかり, もちだした, もちアアアヽブルブル, もち観察, もち高尚, もったおばけ, もったこと, もったサビタ, もった仲間, もっては, もってる, もってる男, もっと優しく, もつてるやう, もつといふ, もつ女, もつ者, もてる浪子, よくあらわし, よくし, よろこぶ人, われと, われわれは, サラケ出し, ズケズケと, 一つは, 一応吟味, 一掃したい, 一方蕪村, 一般に気, 与えて, 与えること, 主と, 主張する, 享樂そのものと, 人々と共に, 人に, 今日も, 代表し, 代表した, 伝えしもの, 伝へ森枳園等, 伝染せね, 伴う, 低下させ, 体し, 偲ばせる記念, 先ず第, 全くどうする, 全然失い, 共にしよう, 具体し得た, 具有し, 凌駕し, 出して, 判断し, 刺戟する, 刺激する, 加えたもの, 加えた方, 加ふる, 加へ, 加へる, 加味した, 加味せられ, 助長させる, 助長し, 匂は, 千年の, 反映させる, 受けついで, 受けついでいなかったから, 史上の, 合点した, 同じくし, 同じゅう, 同一の, 向上させる, 含まざるは, 含むこと, 味ふ, 味わう精神, 味わった者, 啓発する, 喋るだけ, 喚起す, 喚起する, 喚起せられ, 喜ぶよう, 嗜好の, 噛み出して, 圓覺寺の, 培って, 培つたもの, 基礎と, 変更させる, 多く持っ, 多分に, 多量に, 大納言は, 失うよう, 失ふ, 好む多, 妻が, 娘らに, 嫌ひ避ける, 嫌ふ, 学ぶか, 学んだもの, 学んで, 守ること, 寸分だ, 対立させ, 専らに, 尊敬し合う, 導いた, 小供, 峻拒す, 崩すもの, 布くの媒, 帯びた美観, 帯びて, 帶び居る, 常にもちつづけ, 弥が, 強いて, 形容し, 得た, 得たならば, 御存じでしょう, 御理解, 復活させ, 念入りに, 念頭に, 思いきって, 思い出した, 悉く味, 悉く味つた所, 愛したけれども, 愛し自然, 愛する, 愛する心, 愛好した, 感じ, 感じたから, 感じたこと, 感じての, 感じなお, 感じ且つ, 感じ庭, 感じ果して, 感ずるに, 感ずるやう, 感ずる様, 感ずる研究, 感ずる神経, 感ぜさせること, 感ぜしめる, 感ぜられ且つ, 感受する, 感得したい, 懐くこと, 成るべく善く, 成功させ, 拒否し, 拘泥なく, 持たざるに, 持たず時々, 持たないため, 持たない何気, 持たない彼, 持たない限り, 持たなかった, 持たなかったが, 持たぬ父, 持たん人間, 持たん者, 持ちそして, 持ちもうずっと, 持ち出した盆栽いじり, 持ち出すと, 持ち卓二, 持ち又, 持ち古人, 持ち年, 持ち活動好き, 持ち續, 持ち苦心, 持った世の中, 持った姫, 持った婦人, 持った職業, 持ってるなら私, 持つからには, 持つこと, 持つたミミ夫人, 持つた人, 持つてを, 持つという, 持つなど, 持つほどの, 持つ一人一人, 持つ人々, 持つ僕, 持つ医学士, 持つ専門家, 持つ民族, 持つ程, 持つ者, 持てば, 持とうが, 持続し, 指導しよう, 指摘し, 振興し, 捉えしこと, 捜ね, 捨てずそんな, 捨てて, 捨てない義昭, 捨て去り純, 捨て去る時, 排除したかった, 掘り出さんとして, 探ぬべくすなわち, 推し進めようと, 描き出して, 描くため, 支配し, 改造しなけれ, 攻撃する, 教えられどれほど, 教えるよりも, 教える親, 教ゆるが如き, 教育すべく, 教育する, 日本人に, 最もよく与える, 最も善く, 有しいたる人, 有しよく, 有し味, 有し眼, 有すること, 有するに, 有するもの, 有するや, 有する極めて, 有せられて, 有た, 有たず, 有ち, 有つこ, 有つよう, 机の, 東京市中に, 枯淡とか, 根と, 棄てて, 極めたもの, 極端に, 欠いて, 欠ぎたるを恨み, 欧洲人に, 歌うこと, 歌舞伎芝居なり, 比べて, 求むる心, 求めて, 求めるもの, 決定する, 没却する, 注ぎ込んで, 洞察する, 流行させた, 流行らせて, 涜された, 涵養し, 深くし, 深く感ぜず, 添うべけれど, 添え得たるは, 清掃しよう, 減退させ, 満たすに, 満潮の, 満足させ, 満足し, 満足する, 満足せしめ, 満足せしめたくなる, 滅ぼしゆかんこと, 滅多に, 漁るなどと, 漂わせたもの, 漲らすの, 無視し, 無視する, 物語って, 犠牲に, 犧牲に, 狙った点, 狙つた点に, 獲得せしめ, 現す能, 現わす, 現わす能わ, 現実せん事を, 理解せられた, 生じそうして, 田舍へ, 発揮させよう, 発揮し, 発揮するであろう, 発育し来れり, 発見し, 発見する, 發揮し, 目ざました, 真に共に楽, 真似たの, 知ったらきっとカンカン, 知った人, 知らざるもの, 知らしめ脚力, 知らずに, 知らなく, 知りたる者, 知り習うこと, 示さんと, 示す前, 示す大きな, 移植し, 精しく研究, 綜合し, 罵倒し, 翻訳の, 育成し, 能く, 脱して, 脱却し, 脱却した, 自殺せしめ, 興ふかく, 表現したい, 表白する, 要求し過ぎる, 見せて, 見せるよう, 見ること, 見出した, 見出したが, 見出し時として, 見出すべくすなわち, 覚え, 覚えさせぬよう, 覚えさせねば, 覚えたの, 覚えてから, 覚えるやう, 覚らせること, 覺えさせぬ, 覺えさせね, 覺つた文學者の, 覺らせる, 解し, 解したりや, 解したるもの, 解した人, 解した積り, 解した者, 解して, 解しながら, 解しわけても, 解し上方唄, 解し得て, 解し得るだろうが, 解し時偶, 解し段々, 解し語句, 解する, 解すること, 解するもの一人, 解するよう, 解する如く見えて, 解せざるが, 解せざるの, 解せざる事, 解せざる傾向, 解せざる者, 解せずして, 解せないから, 解せぬの, 解せぬ所, 解せぬ者, 解せん, 解せん者, 訊ねに, 訓練し, 記者は, 証するもの, 詠じ毫も, 詰めこむこと, 誇る生活, 認めること, 語り合いそれ, 語るに, 語れといふ, 説いた本, 談じ, 談ずるに, 談ぜざれば, 豊かに, 貫かんが, 貼し得たならば, 超えて, 趣味と, 転じて, 軽快に, 軽蔑し, 軽蔑した, 軽蔑せん, 軽視する, 辿ること, 迎えたこと, 述べしのみ, 逆に, 透して, 適切に, 邪道視し, 重んずるわれら, 野枝さんに, 金銭に, 鋭敏に, 開発し, 附帯し, 限定し, 除くこと, 集中した, 離れては, 露骨に, 非難した, 風靡し, 養い立てること, 養うため, 養うところ, 養つたなら, 養ひ, 養われた, 養成せられる, 高きへ, 高尚に, 高調した, 鼓吹いたし, 鼓吹した

▼ 趣味~ (359, 7.7%)

12 あって, ある 5 なかった 4 あった, あると, あるの, あるん 3 あったから, 淡泊とか, 高じて

2 [23件] あったからに, あつて, ありました, あるから, あるよう, ない, ないから, ないの, なければ, 中流婦人乃至, 其処まで, 出るもの, 劣等だ, 合は, 多いか, 当時の, 流行し, 無い, 現われて, 異ふ, 純文学と, 見えて, 隅から

1 [259件] あったが, あってね, あつて魅惑的, あまりない, あまりに低級, あまりに鼻持ち, あらうと, あらわれて, あらわれる訳, ありが, ありその, ありましたな, ありません, ありまた, ありゃしないか, あり一種, あり和歌, あり時間, あり純粋, あり素質, あるか, あるじゃ, あるせゐでも, あるだけ, あるとしか, あると共に, あるなど, あるので, あるはず, あるばかり, あるもの, あるもん, あるらしい, あるらしく書斎, あるわい, ある所, ある面白い, あれば, あろうと, いい, いいと, いかに劣ってる, いつまでも, いわゆる人格, うける, おあり, おありらしい, かなり浸透, くまなく, けばけばしく悪くなれ, こういう景色, この点, しきりに我々, すでに普及, そういつ, その美, それに, それを, たいていネクタイ, たまたま自分, ちらばって, つきまといつづけた, どういふ, どうしても許さなかった, どうして捨て得られましょう, どうであろう, どうの, どこにも, どしどし変る, どれ位高い, どんな趣味, ないこと, ないこれ, ないと, ないとも, ないので, ないもの, ない証拠, なかったら, なくて, なくても, なくなつ, なく恐らく, のこって, はやりでね, ほのかに, もっと他, もてなかった, やがて, やはり殘つて, よく洗練, よく解る, わかって, わかると, わるい, コンナ, ゴルフと, バタくさかった, モダンでなく, 一々現, 一々現われ, 一層急, 一方で, 一方に, 一番いい, 一端を, 一般的である, 上品で, 下劣で, 世俗的で, 主に, 人の, 人格を, 人間に, 人間の, 伸子に, 低いのね, 低下しない, 低下する, 低劣だ, 余り高く, 作り上げた最も, 例えば, 保たれて, 僕の, 充満し, 光って, 光つてゐた, 八五郎には, 共通し, 出たな, 出た樣, 出來, 出来て, 加わって, 勃興した, 取り入れられ甚だしき, 古風である, 合いました, 同じで, 同時に存在, 問題です, 堕落してる, 増加すれ, 変った, 変つて青馬などとも, 多方面であり, 大阪に, 失われて, 如何に, 存在する, 孤立し, 容易に, 寄人の, 實際に, 少ければ, 幾分支那, 廣く, 廣まつ, 強くなつ, 彼の, 彼等が, 彼等の, 復活し, 必要と, 思想と, 急劇, 悪いね, 悪いよ, 悪くなった, 意気でない, 感じられさ, 感じられるが, 所謂虚栄という, 既に文學, 日本人と, 普及し, 普通の, 最も多数者, 最も高い, 最上の, 有る, 本当に彼女, 松園氏の, 果して美し, 枯れて, 概ね日々, 欠けて, 欠如し, 殆ど分らなかった, 氏の, 氾濫し, 決して単なる, 没却される, 波動的に, 洗煉され, 浸潤し, 淡かった, 淡泊だ, 深くつて, 深くなっ, 深まって, 深刻化し, 深厚博大であれ, 混じって, 減じたと, 満足される, 無いしたがって, 無いで, 無いの, 現われ内容, 現今の, 現代に, 現代の, 生れたの, 生れるん, 発揮された, 発達し, 相異, 矢張り悪と, 私に, 私の, 私自身の, 突然一変, 端緒と, 粗雑だ, 精練され, 絵画に, 習慣が, 自分と, 興味の, 茶器の, 蔓り始めた, 行き詰まり初めたよう, 裏に, 要求する, 見られるが, 解って, 解らなかつたの, 解らんのは, 許さないだろうと, 許し又は, 評価に際して, 説いて, 謎ときゲームの, 遍く客, 違い体格能力が, 違うところ, 違ってること, 違ふ, 那邊に, 隠されて, 露文学に, 露骨に, 頭を, 高くなりまし, 高く芸術的天分, 高尚に, 鮮明に

▼ 趣味~ (355, 7.6%)

4 なって, 富んで, 於て 3 合は, 合わなかったから, 適って

2 [37件] おもねつて, かなって, かぶれて, して, しても, なること, なるの, よりて, 一致する, 優る, 兄も, 合致する, 囚はれ, 堕して, 堕し盲, 寂しい愛着, 富み字句, 富んだお話, 就いても, 属して, 属するもの, 感ずること, 感謝す, 於いても, 於ても, 毒され, 浴し, 浸って, 照し, 生くる, 迎合する, 適せざる, 陥って, 随喜する, 隨順し, 隨順する, 魅惑された

1 [260件] あつた, あふ樣, あわないこと, いくらか目, おいて, おちこんで, かないメグ, かない委細, かなうよう, かなったこと, かなった相手, かなった突飛, かなった者, かなつた様子で, かなつた者では, かなつてゐた, かなつてゐる, かわり主として, こびて, してからが, しろ娯楽, すぎないの, すぎなかった, すっかり溺れこみ, そぐは, つかう金, とどまらず作家的内容, なかなか面白い, なった, なってるとは, なつて, なりましたもの, なるだろう, なると, のぞましくない, ひきつけられた, ぴったりする, ふけると, ふさは, ほかならなかったと, まかせて, まさるとも, まとまつて, めらめらと, よく調和, よって, よりては, ピタリと, ピッタリと, ピッタリ当はまる, 一層の, 上塗りを, 乏しいとある, 乏しきこと等, 交る, 他ならない, 伴える一つ, 似たもの, 似た面白, 似合わしからぬ言辞, 低徊せん, 余り尊敬を, 偏向が, 傷ついたもの, 傾き過ぎて, 優ること数等, 凝り固まった人間, 出発した, 反する, 反するであらうとは, 反する出題, 反対だ, 取って, 叶うと, 叶ふ, 合いません, 合うよう, 合う点, 合ったとは, 合ったもの, 合った働き手, 合った家, 合わない, 合わないからと, 合わないため, 合わないでも, 合わないので, 合わないらしいの, 合わない限り, 合わなかった, 合格する, 合致した, 同感した, 同感する, 向って, 和らげられた気分感情, 嗜好に, 囚われないこと, 囚われるよう, 四角張ったる点, 固執し, 圧倒され, 執し過ぎるに, 基いて, 基くの, 基づく暗示的舞台装飾, 堕しやすく, 堕すること, 堕す傾向, 堕ちたり, 墮し, 墮した, 夢中に, 奉仕し, 媚びたり, 媚びた江戸末期的, 媚びること, 富みたる人民, 富んだ富豪, 富んだ無, 富んだ生殖器, 富んだ秀才, 富んだ詩人, 対すれば, 導きつつ, 小鳥飼, 少しかぶれ, 巧みに, 帰着させる, 干渉し, 引きつけられるが, 引込もうとして, 強要せられ, 従属させられ, 從つて造られ, 御惑溺, 徹した人, 心を, 応えた, 応じた, 忠実な, 愛着する, 感染し, 感染せりと, 憧れるよう, 投じたもの, 投じたアンリ・バタイユ, 投じようとして, 投じること, 投じ一, 投ずる優雅さ, 投ずる売笑的演劇, 拘泥すべき, 捉はれ, 接しよう, 描くの, 新しい形, 於いて, 於ける貴族主義, 於ては, 最も近い, 根を, 次いで大切, 止まる, 殉じたの, 没入し, 没頭し, 洒落たの, 活きる芸術修道者, 浮いて, 浸つたり, 淫したこと, 淫し色彩, 深入りしてやろう, 添わないこと, 渇した人, 溺れたる者, 溺れて, 溺れる張り, 激成され, 照らして, 片寄りすぎて, 特に気がついた, 甘んぜざるを, 生きたもの, 生きて, 生きようと, 生きるには, 生きる者, 生きる若者, 生き理想, 生活する, 由て, 疎いが, 盲目なる, 相当する, 相違ない, 睦み山の上, 禅宗の, 移つて行く, 移り一転, 移り厳格, 立脚した, 絶対の, 縛られると, 缺如する, 耽ること, 耽るよう, 自信が, 裏づけられた話術, 触れると, 誇張し, 誘い去りたる時, 贅沢を, 走った点, 趨る, 身震いせん, 迎合しない, 近づいた理由, 追從, 追随した, 逃げて, 通じさ, 通じて, 造詣が, 遊ぼうと, 過ぎないの, 過ぎないもの, 達すると, 違ひない, 適うよう, 適う模細工, 適さず気, 適したお伽, 適しなかった, 適するもの, 適するよう, 適するん, 適ったよう, 適は, 適ふ, 適わない不得要領, 還元し, 閉じこもつて, 阿りきれない絶大, 附帯し, 陥らず滑稽, 陥るの, 陥入, 陶酔する, 隨順せずし, 非ざるもの, 類した一種, 飢ゑ爛れた, 飽いて, 飽きると, 饒な, 驚かされる恐れ, 驚くべきもの, 魅惑される

▼ 趣味~ (257, 5.5%)

3 洗煉され, 誰しも 2 ありません, お好きぢ, ない, 今の, 必らず, 恐らくは彼, 或る, 道楽のみ

1 [235件] あげつらふべきもの, あだ, あったの, あっても, あまりなく, あると, いいとは, いかなる書物, いずれ誰, いったいどちら, いつしか消え, いつと, いつに, いつもそれほど凡庸, いつもながらの, おかしなこと, かかる強固, かくして養われた, きわめて微々たる, この人, これからも, これらには, さうい, さすがに, すぐすたっ, すぐれたもの, すこぶる東洋的, すてきただ, その人, その反抗性, その後別段, それほど軽視, そんなに長い, たとえば銀座, だんだんひろがっ, ちょっとも, とらないが, どうしても偏頗, どんなである, ないが, ないこと, ないしかし, ないの, ないはず, なお存, なかった, なかつた, なく私, なんだ, なんとし, はたして多大, ひとりひとりちがっ, ひとりひとりの, ほかに, まず我慢, またいわゆる, また卑俗, また高い, まだ無く, まんざらで, もって, もっとも広い, もはやこの, もはや行く, ややもすればウェルテリズム, よくわかっ, わたしを, ハイ・アライに, モロモロある, モードとして, ロマンティックである, 一つでなけれ, 一中清元などに, 一体な, 一個の, 一切商業劇場の, 一面地方を, 万事天明ぶりありがたし, 万人に, 三重吉趣味として, 両々相対立し, 主として芸術, 主張しよう, 乃ちこの, 久しいもの, 人に, 人並に, 人間に, 今でも, 今も, 今や流行, 低くなかった, 低下し, 低級であろう, 何, 何か, 何処まで, 俗悪その, 元来芸術を, 全くない, 全く主観的, 全く臭く, 全然反対, 全然彼女, 全然持っ, 全然無, 凡て, 出来て, 分からぬ, 勤勉の, 千差万別だ, 取りも, 固より, 地方的趣味な, 地方色を, 増して, 変って, 多くの, 多方面にわたり, 多角的である, 大して必要, 大変な, 大抵日比谷公園, 天地開闢以来ある, 失われるもの, 女主人の, 実に広く, 実朝, 将棋長唄観劇などという, 小児の, 尤も古臭い, 屋根を, 差向きここに, 常に変遷転々, 常に存在, 平安朝末の, 年を, 廃ったよう, 弄齋の, 彼等に, 彼等の, 悪趣味, 感じられても, 戦前からの, 持たないこの, 捨て, 捨てても, 断乎として, 日増に, 日本でも, 日本人元来の, 明らかに, 時と, 時の, 時代遅れである, 時間的乃至, 根本的に, 格別で, 植民地発見熱の, 極めて低い, 欠けて, 正しいイデー, 此人によ, 此閑文字の, 歴史的事実として, 殆ん, 氣を, 江戸ッ児に, 決して東京, 洋装の, 浅草程度で, 浸みわ, 消えて, 淡泊である, 混乱した, 満点どんな, 濃艶, 炉辺に, 狩猟撞球, 独逸と, 獨り, 理解出来ず, 生ずる, 生命がけ, 生来解し, 生活の, 疑われて, 皆無であり, 直に民族主義, 短日月の, 確かに, 確実に, 社会の, 私だけが, 穉い, 第一, 米国好事家の, 純な, 素肌に, 絵を, 絵画に, 絵画的である, 網野さんから, 縁日の, 翁には, 老若男女貴, 育ちが, 自らこの, 自分だけで, 自分でも, 自然にも, 茶の湯より, 葉子の, 蝸牛角上の, 観世の, 解らしない, 解らんだらう, 解らんの, 解剖よりも, 詩歌的である, 誰憚らず, 貧弱で, 近代の, 遂に彼, 遠く釣り, 遥に, 避けるやう, 野蛮で, 難解だ, 頗る貧弱, 頭腦の, 飮ん, 飲んでる時, 驚くほど, 鵞鳥の

▼ 趣味~ (202, 4.3%)

3 いうべきもの, 教養の, 知識とを 2 いうよりは, いえば, いふよりも, 変化に, 教養を, 段違ひ, 殺風景から, 生活に, 能力とが

1 [175件] あの未知, あんまり違っ, いい余技, いうほどの, いうより, いうよりも, いえるの, いっては, いふべきであるが, いふよりは, いわれる着物, いわんければ, かなり力強く, こころだけが, された点, して, しわれわれ, し殺風景, する人々, する女王, する泥棒氏, する管絃楽, その富, その方法, なった時代, なって, なりまた, なり彼, なるの, によつて, ぴったり合わなくなっ, また思想, よい器物, よく一致, ピッタリした, フィクションに, モリスの, 一致せぬ, 一致せね, 並んで, 云うの, 云うより, 云ったよう, 云っても, 云ひ, 云ふべきであらう, 人生観の, 信条に, 修養の, 個性を, 兩方から, 共有な, 共通である, 冒険趣味とを, 力との, 効果に, 又別に, 合わぬから, 同じと, 同じもの, 同じやう, 同じよう, 同じ性行, 名づけ得られない事, 名づけ得られるもの, 名の, 和漢洋の, 嗜好とにだけ, 嗜性との, 堅固さ, 多少の, 天体の, 学識の, 実力を, 実益とを, 対照する, 巧妙さとを, 平坦さによ, 幼稚さが, 彼の, 後天的趣味と, 心を, 心得て, 思うなどは, 思想との, 思想によって, 思想的な, 性向とを, 性格の, 性欲との, 悪趣味, 情愛の, 情調との, 感性による, 懐疑の, 戯作趣味とは, 才能とに, 技巧とで, 技巧とにおいて, 技芸とが, 技術とを, 新しい形, 新しい感覚, 新マイエルベール式, 日本人の, 明治開化の, 時代の, 晦冥で, 智能を, 欧州の, 比較する, 気品に, 法医学的研究趣味とが, 混同され, 混淆し, 演劇自体の, 無法な, 特質が, 現実模倣の, 理想に, 理科に対する, 生活とに対する, 生活とは, 申しますか, 申すよう, 異国情趣を, 病的な, 盛唐の, 盲目的な, 相容れず, 知識の, 研究と, 研究心を, 称すべきもの, 称する芸妓, 称する通人, 称する魔力, 粋な, 精神状態自尊心円熟そして, 経験を, 結び合うこと, 美とが, 習慣を, 背馳する, 能力, 能力を, 自力で, 興味とを, 茶の湯の, 華麗で, 虚栄心とから, 複雑な, 西洋人の, 見える陶器, 見え他の, 見られるよう, 見る方, 見立てて, 見解とを, 見識とは, 言いますか, 言えるか, 言つた程度の, 該博な, 諒解が, 迎合しなけれ, 近代機智の, 遠慮から, 鋭い西洋趣味, 鑑識とは, 鑑識とを, 風流とが, 風習に, 駄法螺と, 魂とを

▼ 趣味~ (129, 2.8%)

2 うかがわれる, この作者, そこから, ない, なかった, 加わって, 持って, 決して固定

1 [113件] あった, あったもの, あの頃, あり実際, ある, あるから, あるし, あるという, ある喜兵衛, ある宮廷俳優, ある有閑人種, いいけれど, うかがわれるもの, くそも, これからの, その精神, その経済上, たまには, ないし, ないの, ない嫂, ない男, なくスポーツ, なく何, なく造られた同じ, なければ, また日々, もうなく, もたなかった, ようやく濁みた, よく学, よく解つて, わかるけど, 一致しなけれ, 万更捨てた, 久しいもの, 亦いくら, 亦従つて公衆的, 亦從つて公衆的, 人と, 低いナポレオン三世時代, 何も, 元来好き, 其処に, 其処には, 利益も, 加つてゐるらしく見うけられる, 合わない気質, 同時に胸裏, 君の, 困るが, 堕落した, 多くの, 好く人, 好尚も, 嫌ひだア, 子供心に, 実はブルジョア, 広かった, 当時の, 心得たの, 性格も, 悪くは, 情熱も, 意味も, 感じいたので, 感じが, 感じて, 手伝ったの, 技倆も, 持たない人, 捨て難い, 支那人と, 斯う, 最初は, 有ち得ない, 服装も, 決して見, 深いとは, 深く思慮綿密, 渾然として, 滲透し, 漢学者が, 漸く廃れゆく, 無かった, 無くて, 無く全く, 無し家, 無之候, 現はれ, 理屈も, 理想も, 理解も, 甚しい, 生じたの, 発達し, 相当に, 知ったこと, 知識も, 神秘感覚も, 結構である, 自分は, 至って平凡, 表はれ, 詩想も, 豊かに, 起って, 身体も, 逆な, 道楽も, 鑑識は, 非常に, 食道楽も

▼ 趣味~ (116, 2.5%)

8 あつた 2 あらう, こしら, 人を, 執拗なる, 小説を, 翻訳した

1 [96件] あっちこっちへ, あつて, あの座敷, あまり上品, あらうか, あらゆる物, あんな恰好, いうならば, いらっしゃいましてね, うたを, お作りに, かざって, かざつてゐるのだ, ここの, この傾向, ござりました, それが, でも, なかなか悪く, なしに, ねあたし, まざまざと, もって, やったもの, やってる変り者, キリストごっこなんかに, ピッケルなどを, ヨットの, リボンも, ロマンティックな, 三日飯を, 云うと, 云わせて, 人形とか, 人生を, 作られた後代, 使つてゐる, 僕を, 兄貴へ, 光って, 光つてゐる, 出来て, 化粧品類が, 古い人形, 塩原の, 好きで, 好きと, 家具を, 小ざつぱりとした髮被ひと胸飾, 工風せられた, 左右される, 広い式台, 張りかえ壁紙や, 彩飾された, 悪臭が, 惹き付けられたの, 意志で, 態, 戦争といふ, 扱う腕, 探偵味では, 整えて, 日記を, 桃色の, 母親は, 浅草を, 清浄に, 溢れさせて, 煩雜な, 片っぱしから, 片づけるだけの, 特色され, 男を, 白細紐の, 相容れぬ, 着物を, 紫がかった, 統一し, 綺麗な, 聖い, 自分に, 藤尾その他は, 製作させる, 誇張し, 読まされたの, 読書も, 調子が, 買って, 赤城や, 選び身, 選択批判し, 面白く飾っ, 飾られた気高い, 飾られ大きな, 髪なぞも, 髪も

▼ 趣味から~ (81, 1.7%)

4 云えば 3 いえば 2 いっても, 作り出されたもの, 作り出した技巧, 見ると

1 [66件] いうと, いつて, いつても, いへば, くるの, これを, じゃ, そう言っ, それを, つくられたの, であろう, では, なのね, またあまりに, また好都合, わざと傷, わり出して, バラック趣味が, 主人思いは, 云うと, 云つてかなりマアテルリンクとか, 云ふと, 京都あたりの, 出たので, 出て, 出來, 割りだしたおしゃれ, 割り出した意見, 割出した演技, 勉学する, 受ける興味, 巣箱に, 巨人の, 愉快に, 所謂改良を, 探偵趣味へ, 推しても, 放任し, 新しい日本舞踊, 新たな, 来たもの, 来て, 来るので, 来る豪華, 来る風情, 柔かい趣味, 沙翁の, 源氏は, 狂気的民族主義へ, 生じる差別, 生れた建築, 私を, 罵つて, 胚胎された, 脱して, 行けば, 見た海藻, 見離されて, 解放されなけれ, 解放し, 言うと, 言えば, 言っても, 言へば, 軽快な, 道楽から

▼ 趣味~ (76, 1.6%)

4 思想の 3 知識の

1 [69件] あこがれは, それから所謂批判主義, なんかから, イデオロギーから, ケーアによって, ピスカートルの, 一時的な, 上品さや, 中央公論などが, 仕事から, 何かの, 信仰や, 口実や, 向島沿革について, 嗜好が, 型と, 好尚は, 娯楽や, 山師的の, 平面だけしか, 御神灯趣味とは, 徳操などについて, 快楽が, 快樂, 思う通り, 思想や, 性格が, 性質も, 情感が, 感興に, 感覚以上に, 慈善の, 慣習だけに, 才芸も, 教養に, 教養も, 文学趣味に, 文芸趣味に, 新しい道楽, 早稻田文學の, 案内の, 気分が, 気分を, 気質から, 無教養, 無謀な, 煩瑣な, 物の, 生活状態によって, 目的を, 知力が, 社交性と, 科学報恩の, 習慣さえが, 習慣によっては, 脆弱さが, 芭蕉俳句の, 華やかさを, 表現の, 要求や, 見識を, 言葉の, 評価は, 道楽の, 道楽を, 部分的には, 間違った音, 雅致ある, 風俗を

▼ 趣味~ (65, 1.4%)

2 からお, が長, であつ, とは不思議, に係る, の好奇心

1 [53件] から手, が動い, が満足, だと, ですべて, といひます, としての民主化, とその, とを文学的ヂレツタンチズム, にのみ関すべきで, にはザックバラン, には合わない, には必ず, によるの, に優美化, に匂, に富み, に富ん, に富んだ, に止まっ, に澄み渡る, に私, のみを抽象的, の上, の享楽, の向上, の嗜好, の大いに, の好事, の差異, の差違, の手, の早熟, の欠け, の発達, の発達如何, の相反, の遊離, の道楽, はかかる, は九州, は全く, は私, または芸術性, や気質, より発する, を与える, を充たす, を唆, を害, を満足, を表象, を養われ

▼ 趣味~ (56, 1.2%)

962 ぜ, ぞ, と思, と思う

1 [33件] かいや, かが一定, から一層, から今, か呉服屋趣味, か知らない, が, という口つき, といっ, といつた, といふ, とかいふすべて, とか古代マニヤ, とより, と仰, と作物, と女, と宿, と思います, と思おう, と思わせた, と考える, と言, と言っ, と面罵, な, のって, よ失敬, 下劣な, 愛人の, 手近な, 楽しみだ, 身心の

▼ 趣味~ (56, 1.2%)

2 な幻想, な文人墨客的気質, に愛し, のもの

1 [48件] であつ, であり親和的, でたくさん, で意義, で興, で高慢, ということ, といふ要素, とは伝統, なこと, なエッセンス, な仕事, な作品, な凝りよう, な圏境, な影響, な性格, な本, な気分, な茶の湯, な贅沢本, な面, にこの, になる, には漱石, にも気質的, に云つて色とりどり, に以下, に俳句, に取り扱っ, に向上, に建て, に彼, に應用, に整頓, に極端, に現われ, に発達, に習慣的, に色々, に西洋, に観念, に観照, に言つてこれら, に過ぎ, の娯楽, の洗煉, の珍

▼ 趣味ある~ (50, 1.1%)

4 面白き歌 3 趣向は 2 ことだろう, 不忍, 者を

1 [37件] ことであります, ことを, に如かざる, もので, ものである, ものに, ものを, やうに, ようにも, ミッション, 事, 事だらう, 事で, 事を, 人々は, 会話や, 出來事の, 古話, 問題で, 問題でも, 問題なるべく, 変化に, 家庭を, 家業家ヨウさんの, 差別を, 意匠を, 日常の, 會話や, 材料の, 樣に, 滑稽を, 特状を, 生活を, 発議に, 行爲を, 言を, 談話を

▼ 趣味~ (48, 1.0%)

5 んです 3 んだ 2 の, のが, のでしょう, のね, 讃辞である

1 [30件] おしゃれを, ことは, この宣言, それ自身俗物的な, ところは, のか, のかも, のだ, のである, のです, のも, ものが, ものも, ゆがみが, ような, わけである, んだろう, 五月が, 写真だった, 小唄を, 生活を, 男で, 石塔だった, 色々の, 芝居気も, 變人が, 部屋靴が, 雑誌が, 音楽について, 額縁に

▼ 趣味として~ (47, 1.0%)

3 これを 2 部屋では

1 [42件] この先生, これ一つくらい, せめて化粧品, そこに, たのしむこと, では, むかしフランスに, むかへば, やったもの, ゐる人士, ハイカラを, フリーメーソンリイの, 不賛成だ, 以外に, 何も, 僕に, 入り込んだそういう, 商売の, 外の, 夜寒の, 好まなかった, 孤独の, 小説本を, 或いは尊重, 或は個人的傾向, 手の, 日本の, 正しい誇り, 滅亡の, 現代は, 理解する, 目すべき者, 看逃がせないこと, 私が, 篆刻を, 細君が, 習ふ, 考えて, 読書が, 買物慈善事業詩人画家の, 身に, 酒類の

▼ 趣味という~ (46, 1.0%)

9 ものが 6 ものは 5 ものを 3 ような 2 のは, ものの

1 [19件] ことが, ときその, ところで, のが, のであろう, ほうが, ものそういう, ものであろう, ものです, ものと, ものに, ものも, 事は, 以外に, 点から, 社会学的な, 観念を, 言葉を, 語は

▼ 趣味には~ (28, 0.6%)

2 合は, 高下も

1 [24件] あながち消極, あまり人に, いまだ原義, なんらの, むしろ活き活き, 一番ピッタリ, 全く合いません, 勿論合, 叶ふ, 合うの, 合わないでしょうけれど, 合わなかった, 家じゅうが, 容れられないもの, 感ぜられないで, 木彫が, 欠けて, 殆ど適せぬ, 殊に向かない, 殊に富ん, 水彩画が, 相違といふ, 縁遠い少年, 謡曲は

▼ 趣味では~ (27, 0.6%)

7 ない 4 なかった 2 あるが, ないの

1 [12件] ありません, ありませんの, あるけれども, ないか, ないから, ないが, ないと, なくても, なささうな, なさそう, なしに, よさ

▼ 趣味~ (25, 0.5%)

2 です

1 [23件] がいる, がその, だけがふみこむ, だと, であ, であった, であって, でありすぎた, であること, でこの, でなければ, ではあるまい, ではない, で失われた, で指環, なの, の一人, の存在, はどんな, はむしろ, ばっかり集っ, を大事, を泣かす

▼ 趣味とは~ (23, 0.5%)

1 [23件] かくて, ちが, ちがった, どんなもの, もうされませんが, 主として古, 人によ, 人によって, 今の, 似て, 全く反対, 全然合わない, 共に西洋趣味, 其程度の, 大に, 大分違う, 心ゆくまで, 没交渉であるべき, 眺めて, 縁の, 自ずから区別, 違うさ, 違ふ

▼ 趣味といふ~ (20, 0.4%)

2 ことを, ものは

1 [16件] ことに, ことも, のは, ものが, ものも, ものを, やうな, より他, 事を, 意味での, 点で, 物を, 範囲に, 見出しの, 言葉は, 語は

▼ 趣味である~ (18, 0.4%)

2 と信じ

1 [16件] かといふこと, かも知れない, か知らない, ことからも, という事, といわれるであろう, とさえ考えられ, とし, と思う, と見なす, と言っ, 三銭の, 信仰である, 古今東西の, 疲労を, 配合調和変化等悉く

▼ 趣味とか~ (18, 0.4%)

1 [18件] おもしろい才気, せめてそこ, 云ふも, 余技の, 八釜しく云う, 処世の, 品位とかいう, 嗜好とか, 愛読書入, 探偵趣味なぞ, 文学とか, 東京趣味とかいふ, 精練された, 自分の, 詩とか, 趣向とかいう, 遊戯によって, 道徳とか

▼ 趣味生活~ (18, 0.4%)

2 の享楽

1 [16件] がいかに, と文質的便利, なり芸術生活, に対する心構え, のこと, のよき, の一要素, の上, の中, の入費, の第一歩, の素材, は合理的社会生活, への要求, を深める, を重んじ

▼ 趣味とを~ (17, 0.4%)

1 [17件] からみあわせて, そなえては, もって, もつて, 一身に, 保ち得るだけ, 兼ねた一挙三得, 嗣いで, 彼女は, 応用し, 感じて, 持って, 欠いて, 混同する, 考慮し, 語る室内, 鼓吹した

▼ 趣味~ (17, 0.4%)

1 [17件] がこの, たる諸氏, でありかつまた, である老公, とか風流人, とはいえまい, とは云い, なの, にキザ, に語り, のよう, の眼, の証拠, の間, はとかく, は直ちに, をもっ

▼ 趣味をも~ (15, 0.3%)

2 知り言葉

1 [13件] つてを, わきま, 了解する, 尽く苅, 彼に, 感じない, 指定し, 棄てさせられた位ひで, 次第に体得, 知り合った, 覚ゆる, 解するもの, 養うもの

▼ 趣味でも~ (13, 0.3%)

1 [13件] ありまた, あり生活, ないし教養, ないやう, なかつたところ, なく性格, なく特別, なく私, 不健全な, 徳義でも, 技術より, 田舎者らしい, 覚えさせたらよい

▼ 趣味とが~ (13, 0.3%)

1 [13件] あまりに権衡, あり剰って, あるのみ, かえって禍, もどって, 力を, 卑しくない, 大分違っ, 忽然と又, 文芸に, 暗々裏に, 相俟, 隠されて

▼ 趣味好尚~ (13, 0.3%)

1 [13件] がこの, が墮落, が波及, であ, であるとして, に一致, に至る, の代表, の視野, は次第に, を味わっ, を広く, を映じ出し

▼ 趣味であり~ (12, 0.3%)

2 信条だ 1 また単に, ホドラー流の, 人に, 冗談ごとで, 又趣味, 屋根裏へ, 殊に蹴鞠, 潜在性慾と, 簡素な, 道楽である

▼ 趣味との~ (12, 0.3%)

2 ため人々は 1 変遷を, 惨憺たる, 根深い習慣, 洗練されてない, 点で, 特殊な, 相剋の, 解らない女, 議論が, 間に

▼ 趣味~ (12, 0.3%)

1 [12件] からの感想, のこと, のリベラリスト, の不安, の不良与太, の与太, の友人, の問題, の理由, の直接, の興, の貴族

▼ 趣味嗜好~ (12, 0.3%)

1 [12件] から言っ, が時代, に影響, に徹する, に徹底, に投じ, の異, の相違, を喚起, を有し, を理解, を豊か

▼ 趣味にも~ (11, 0.2%)

2 心を 1 あきあきしたなどと, いろいろあっ, たしなみにも, 合は, 墮せぬ, 富んで, 未だに或, 柄にも, 興味を

▼ 趣味あり~ (10, 0.2%)

3 て句法 1 げに, と謂, また感化力, 形而上の, 無限の, 禮讓ある, 観察あり

▼ 趣味じゃ~ (10, 0.2%)

1 ない, ないか, ないと, ないね, ないの, ないよ, ないわよ, ねえや, ねえよ, 家庭の

▼ 趣味傾向~ (10, 0.2%)

1 がかくして, がグングン, が遂に, となっ, に人類, の堕落, の王座, は科学, もしくはモット, を日本人

▼ 趣味判断~ (10, 0.2%)

1 であり印象, にその, に於, に止まっ, の上, の様式, の特色, ばかり下し, をかかる, を一歩

▼ 趣味です~ (9, 0.2%)

2 か, ね 1 か西洋, けど, ね人, よ, わねえ

▼ 趣味によ~ (9, 0.2%)

1 つた, つて, つてと, つてのみ, つて劇場を, つて政治的生命の, つて絵筆を, つて象徴し, つて選定される

▼ 趣味なる~ (8, 0.2%)

2 ものは, ものを 1 いたずらである, ものに, 海と, 語に

▼ 趣味によって~ (8, 0.2%)

1 それ相応の, 工夫され, 情操を, 汚される, 決定する, 罰せられた野卑, 虐殺されなけれ, 食事の

▼ 趣味としての~ (7, 0.2%)

1 反青春的風貌, 声明科学としての, 田園生活は, 若さ, 諸芸, 選択に, 風雅が

▼ 趣味において~ (7, 0.2%)

1 むしろ連歌, 一般に, 作られた器, 品格において, 専門の, 専門教師と, 貴族形は

▼ 趣味及び~ (7, 0.2%)

2 性格は 1 図書利用法を, 完全な, 江戸ッ児気質の, 空想の, 資力によって

▼ 趣味~ (7, 0.2%)

1 において互いに, において互いに最も, につき詳, の社會的事情, は果して, を基礎, を寄せつける

▼ 趣味としては~ (6, 0.1%)

1 かような, ことごとく在来, そうだ, 俊頼に, 兎の, 義太夫節などに

▼ 趣味とも~ (6, 0.1%)

2 いうべきもの 1 いえる燻んだ墨, まつたく異なる獨得, 信仰とも, 娯楽とも

▼ 趣味なり~ (6, 0.1%)

1 または物, 嗜好なりに, 心得なりが, 快味, 批判なりが, 私は

▼ 趣味以上~ (6, 0.1%)

1 ではないだろう, につきすすんだ, にでなかつた, にでる, のくろうと, の友情

▼ 趣味そのもの~ (5, 0.1%)

2 を見出し 1 だけを樂, とも言いたい, のやう

▼ 趣味だけの~ (5, 0.1%)

1 ことで, ことでしょう, ものだ, ものである, 仕事では

▼ 趣味だけは~ (5, 0.1%)

2 持つやう 1 よく磨かれた, 今もっ, 合ふんだ

▼ 趣味など~ (5, 0.1%)

1 いうもの, ほとんど持っ, 介在せず, 何う, 嬉しがる

▼ 趣味なら~ (5, 0.1%)

1 ばすくなくとも, ば余り, ば少く, んかと, 駄目です

▼ 趣味より~ (5, 0.1%)

2 して, 推して 1 視れば

▼ 趣味らしい~ (5, 0.1%)

2 がそれにしても 1 んです, 趣味が, 趣味に

▼ 趣味低き~ (5, 0.1%)

1 を要す, ミユーヂカルコメデーを, 旅館経営者は, 歌は, 者なら

▼ 趣味多き~ (5, 0.1%)

1 事なれ, 人には, 物と, 談を, 韻文とは

▼ 趣味深く~ (5, 0.1%)

1 できて, 塩梅し, 思つた, 自分は, 陳列し

▼ 趣味~ (4, 0.1%)

1 どうかしら, どこにでも, 何かの, 知らないが

▼ 趣味~ (4, 0.1%)

4 やない

▼ 趣味であった~ (4, 0.1%)

2 のだ 1 がその, ことは

▼ 趣味とでも~ (4, 0.1%)

1 いうの, いうべきもの, 言うん, 言ったほう

▼ 趣味とに~ (4, 0.1%)

2 接すると, 於て

▼ 趣味などは~ (4, 0.1%)

1 どうでも, ないところ, 全然ここ, 最もさう

▼ 趣味にまで~ (4, 0.1%)

1 ズット以前から, 投影し, 自由詩の, 進んで

▼ 趣味による~ (4, 0.1%)

1 のだ, ほか批評家ボアロオを, 文藝に, 装飾が

▼ 趣味に対して~ (4, 0.1%)

2 心から敬慕 1 無益であり, 痛ましい程

▼ 趣味のみに~ (4, 0.1%)

1 止まって, 生きる事, 生き得る孫四郎, 生き自分

▼ 趣味を以て~ (4, 0.1%)

1 これに, 実社会を, 考案され, 贅沢に

▼ 趣味如何~ (4, 0.1%)

1 においては自ら, にか, を問う, を見よ

▼ 趣味教養~ (4, 0.1%)

1 が高まらね, によるもの, の点, の然

▼ 趣味からの~ (3, 0.1%)

1 ことで, 出来心で, 要求が

▼ 趣味からは~ (3, 0.1%)

1 かなり縁遠い, コルトーの, 言文一致の

▼ 趣味さえ~ (3, 0.1%)

1 帯びた贅沢, 損われ, 示して

▼ 趣味だけに~ (3, 0.1%)

2 停滞しない 1 繋が

▼ 趣味だけを~ (3, 0.1%)

1 引き離すこと, 満足させる, 眺めて

▼ 趣味だの~ (3, 0.1%)

2 進歩的な 1 またスポート

▼ 趣味であろう~ (3, 0.1%)

1 がここ, とは夢にも, と新子

▼ 趣味でない~ (3, 0.1%)

1 から, 国際的関係と, 性格の

▼ 趣味といった~ (3, 0.1%)

2 ような 1 のである

▼ 趣味とかいう~ (3, 0.1%)

1 ものを, 人造香料をも, 問題では

▼ 趣味としても~ (3, 0.1%)

1 ほめたもの, また教養, 好ましくなかつた

▼ 趣味とで~ (3, 0.1%)

1 いつも一人ぽっち, でき上がって, 滝が

▼ 趣味ない~ (3, 0.1%)

1 な, 名刺を, 方やの

▼ 趣味なき~ (3, 0.1%)

1 人に, 武士達は, 点は

▼ 趣味などが~ (3, 0.1%)

1 吐気を, 自分と, 言葉を

▼ 趣味などに~ (3, 0.1%)

1 囚われたら本当, 沿うて, 義理にも

▼ 趣味などを~ (3, 0.1%)

1 もって, 挙げるで, 読み耽った私

▼ 趣味に関する~ (3, 0.1%)

2 妹の 1 書物である

▼ 趣味ばかり~ (3, 0.1%)

1 である, でないこと, では

▼ 趣味までも~ (3, 0.1%)

1 単に浪漫, 含んだ社会, 極めて消極的

▼ 趣味を通じて~ (3, 0.1%)

1 その子女, より進んだ, 異性の

▼ 趣味一般~ (3, 0.1%)

2 の趨勢 1 は若い

▼ 趣味乃至~ (3, 0.1%)

1 民族的努力を, 異常な, 道楽の

▼ 趣味以外~ (3, 0.1%)

1 になにもの, のもの, の作物

▼ 趣味図書館趣味~ (3, 0.1%)

1 の必要, の素養, の養成

▼ 趣味~ (3, 0.1%)

1 教養と, 筆力の, 趣向なる

▼ 趣味理想~ (3, 0.1%)

1 と煩悩, の脳力, は依然として

▼ 趣味~ (3, 0.1%)

1 がある, に至っ, の心

▼ 趣味いづれ~ (2, 0.0%)

2 深しと

▼ 趣味からのみ~ (2, 0.0%)

1 これを, 之を

▼ 趣味からも~ (2, 0.0%)

1 來て, 相当精神

▼ 趣味こそは~ (2, 0.0%)

1 教養なき, 精神と

▼ 趣味すなわち~ (2, 0.0%)

1 人が, 好悪すなわち

▼ 趣味その~ (2, 0.0%)

1 感情その, 次が

▼ 趣味だけ~ (2, 0.0%)

1 である, では

▼ 趣味だった~ (2, 0.0%)

1 そうで, のでしょう

▼ 趣味でしょう~ (2, 0.0%)

1 か, か大変粋

▼ 趣味でなく~ (2, 0.0%)

1 むしろその, 食べものは

▼ 趣味でなけれ~ (2, 0.0%)

1 ばならぬ, ば満足

▼ 趣味とかいふ~ (2, 0.0%)

1 ことにも, 事は

▼ 趣味なから~ (2, 0.0%)

2 んや

▼ 趣味なども~ (2, 0.0%)

1 あって, 此処で

▼ 趣味なりの~ (2, 0.0%)

1 大抵同, 程度の

▼ 趣味なんか~ (2, 0.0%)

1 でも, 解らないぜ

▼ 趣味について~ (2, 0.0%)

1 ドオデエの, 彼れ

▼ 趣味についても~ (2, 0.0%)

1 同様でした, 自分は

▼ 趣味にとっては~ (2, 0.0%)

1 まさしくバイキン以上, やや理知的

▼ 趣味に対する~ (2, 0.0%)

1 それである, アンチトード

▼ 趣味に従って~ (2, 0.0%)

1 七八年前に, 変遷する

▼ 趣味への~ (2, 0.0%)

1 反逆でも, 閉じこもりを

▼ 趣味または~ (2, 0.0%)

1 その人, 生活の

▼ 趣味まで~ (2, 0.0%)

1 低まらない限り, 満足させ

▼ 趣味らしく~ (2, 0.0%)

1 清潔で, 自分で

▼ 趣味をば~ (2, 0.0%)

1 全く度外視, 捨てられるもの

▼ 趣味~ (2, 0.0%)

1 ていうん, てわけ

▼ 趣味~ (2, 0.0%)

1 イツカラ彼女ハ覚エタノデアルカ, 覚エソレヲ自慢ニスルヨウニナッタ

▼ 趣味又は~ (2, 0.0%)

1 亜米利加風, 私の

▼ 趣味専門~ (2, 0.0%)

1 の方向, の男

▼ 趣味少き~ (2, 0.0%)

1 と変化, にや

▼ 趣味并びにもろもろの好悪~ (2, 0.0%)

2 に依つ

▼ 趣味性す~ (2, 0.0%)

2 なは

▼ 趣味~ (2, 0.0%)

1 から成立った, から成立つた

▼ 趣味感情~ (2, 0.0%)

1 がまた再び, が同じ

▼ 趣味感情理想~ (2, 0.0%)

2 それから亨一

▼ 趣味感覚~ (2, 0.0%)

1 の洗煉, は何

▼ 趣味極まる~ (2, 0.0%)

1 人な, 欺瞞は

▼ 趣味殊に~ (2, 0.0%)

1 気どりと, 近代的な

▼ 趣味流行~ (2, 0.0%)

1 でもあろう, とも名

▼ 趣味深い~ (2, 0.0%)

1 に違, 時刻に

▼ 趣味深き~ (2, 0.0%)

1 事であろう, 珍らしき

▼ 趣味的文学~ (2, 0.0%)

2 を否定

▼ 趣味講座~ (2, 0.0%)

1 と英語, を聴く

▼ 趣味~ (2, 0.0%)

1 かな手拭, かな浴衣

▼ 趣味道楽~ (2, 0.0%)

1 がひどく, なしには

▼ 趣味高き~ (2, 0.0%)

1 人々の, 歌はかへ

▼1* [282件]

趣味あつめてほのか, 趣味いい服に, 趣味いかんにおいては自ら, 趣味かに於いて, 趣味かもしれず, 趣味からが黄金を, 趣味からさえ云って, 趣味からであらう, 趣味からばかり相手を, 趣味がちつとも, 趣味がとはなさけなくなる, 趣味がるのよ, 趣味ことごとくショパンと, 趣味この理想に, 趣味このまない男の, 趣味へも原始的, 趣味さて問ふ, 趣味さては化粧の, 趣味すらもない男, 趣味そういう方面の, 趣味それが即, 趣味それから道徳, 趣味だけがあり感情, 趣味だけで意匠される, 趣味だったりする, 趣味だったらたいした絵, 趣味だろうか, 趣味ぢゃないかと云ったら君, 趣味ってことは, 趣味つて先生どんな趣味, 趣味であって純粋, 趣味でありましたよ, 趣味であるべき筈の, 趣味でいらっしゃるか判りません, 趣味でさえもありうるの, 趣味でして, 趣味でしかないかも, 趣味でした同情でありませんでした, 趣味でねえこんな髪, 趣味とかに通じるし, 趣味とかについて自己の, 趣味とかは単に随意, 趣味とかを説き他人, 趣味とげてもの, 趣味とさえなって, 趣味とてあるはず, 趣味とともに無限の, 趣味とによって独語と, 趣味とまで解釈され, 趣味どころかかえって福沢諭吉先生, 趣味どれだけの希望, 趣味ないしはあらゆる改革, 趣味なぞいうもの, 趣味なぞというものが, 趣味なぞを想像し, 趣味などから出発した, 趣味などという臭いが, 趣味などといふのも, 趣味などにも地方的に, 趣味などに対するさまざまな, 趣味なら吊下げられる豚も, 趣味なりがあるので, 趣味なりに反映し, 趣味なんかは念頭に, 趣味なんぞ半欠けら, 趣味なんぞが解るもん, 趣味なんてものには, 趣味なんてものの全くない, 趣味においては枳園に, 趣味においてもいくらか, 趣味にさえもあわなかった, 趣味については暫く擱, 趣味にて侯, 趣味にとってニイチェの, 趣味にのみ阿ねるもの, 趣味にばかり媚びる訳, 趣味に対してはある程度の, 趣味に関して人に, 趣味万葉集の, 趣味のほどを考えまれ, 趣味のみを将来に, 趣味のやきもの陶磁器は, 趣味ばかりのために, 趣味ばかりを上品として, 趣味びたりで住ん, 趣味へばかりずんずん深く, 趣味また相似たる, 趣味みたいなもの, 趣味やらわからずとわれながら, 趣味やをふりまわす世界, 趣味よく悪くいえば, 趣味よりか持たぬと, 趣味よりもむしろウィリアム, 趣味よろしく胸の, 趣味らしきものが, 趣味われわれの文学中, 趣味ステッキやハンドバック, 趣味デハナカッタノデタッタ一遍好奇心ヲ満足サセタヾケデ, 趣味ノンセンス味神秘趣味なぞというもの, 趣味ハナイノダガ最近不思議ニ歌舞伎俳優ノ若, 趣味バラック的なぞといろんな, 趣味レスビアンの趣味, 趣味致す, 趣味一つにも思想, 趣味一遍で鑑賞, 趣味上保存すべき郷土的人形, 趣味下品なるもの, 趣味並びに古典的趣味の, 趣味に含まるる, 趣味主張を一切胸, 趣味主義と呼んだ, 趣味を此, 趣味乏しく候, 趣味予期せられた通念, 趣味云々だなど, 趣味人文筆家や美文家, 趣味人格は現れる, 趣味はけだし, 趣味に相手, 趣味低く素行修まらざる, 趣味余技などというなまやさしい, 趣味余裕ある心持等, 趣味信仰といふ遊び, 趣味傾向句風等及び俳句, 趣味六号に佐々木嘯虎君, 趣味写実的無理想, 趣味勿論そうじぁないだろう, 趣味された技巧, 趣味半可通趣味から罵つ, 趣味く取る, 趣味卑しき者なれ, 趣味南画趣味でなし, 趣味仕事と, 趣味じゃない, 趣味叔茂には狂歌趣味, 趣味同年輩の者, 趣味同然になっ, 趣味品位美真理貞操道徳などがしきりに, 趣味品性の備わった, 趣味哲学の高, 趣味唯貴族の間, 趣味問題としていう, 趣味嗜好朋友関係月経の来, 趣味因襲の命ずる, 趣味国民の日常生活, 趣味声音の趣味相俟, 趣味多い生活を, 趣味多く感じた一話, 趣味多し教訓的の, 趣味多少の魅力, 趣味多面の欧羅巴学界, 趣味好尚そのものが大体, 趣味好尚如何と見る, 趣味好尚等随分よく似た, 趣味好尚習慣反感等生前死後を通じて毫も, 趣味娯楽は私, 趣味娯楽みな中庸を得てる, 趣味せず, 趣味宗教臭と近代科学, 趣味家族の年齢, 趣味少いから, 趣味少く鑑武よりも, 趣味少しといふ説, 趣味尤津々たれども, 趣味希望等親展書にて申込, 趣味形成の社会学, 趣味思想によつて, 趣味思想年齢一言にし, 趣味性格によつて, 趣味性癖資産家族職業その他種々雜多, 趣味性行よりもむしろ, 趣味怪奇趣味の芝居, 趣味恍惚悲しみ悦びの感激, 趣味意識に即ち, 趣味態度と云った, 趣味態度言語技能についてはどことなく, 趣味でありましたが, 趣味才能によつて, 趣味抒情趣味が謎ときゲーム, 趣味拝聴って時間, 趣味き紳士, 趣味持ってます, 趣味教養貴族的気位カトリック教の神秘, 趣味数え立てればいくら, 趣味文体すべてアンリ・ベイルの面影, 趣味文化を象徴, 趣味文学青年趣味の芝居, 趣味新しき雰囲気新しい, 趣味方面には相撲, 趣味日々の物質的活動, 趣味智識の内容, 趣味最も陰惨に, 趣味有ルモノヲ擧グレバ次ノ如シ, 趣味松竹その他の象徴的材料, 趣味極まったがそれ, 趣味概ね泛として, 趣味標準は常に, 趣味横行の大きな, 趣味と云ふところ, 趣味欲研究心道徳心宗教心英雄崇拝心なぞいずれ, 趣味の味, 趣味此四つを経, 趣味の女らしい優し, 趣味民藝嗅味となっ, 趣味気分いづれも, 趣味活動の基調, 趣味浪花節趣味舞台の全盛, 趣味深くうれしく感ぜられるもの, 趣味滴る如き文章に, 趣味漢文調国語調を調和, 趣味無作法卑俗で話, 趣味版的に出す, 趣味独りよがり貧乏臭等を清算, 趣味猟奇趣味色情表現探偵趣味ノンセンス味神秘趣味なぞというもの, 趣味生活一つとして一致, 趣味的デザインを創作, 趣味的ボヘミヤンの典型, 趣味的仕事としては正に, 趣味的傾向が生れる, 趣味的形式品格的形式を具備, 趣味的教養の問題, 趣味的文化的修養さえもやった, 趣味的機械的冷たいホテル式, 趣味的流行だぐらゐに思つて, 趣味的滿足では到底, 趣味的美的陶磁器生産もまた, 趣味的芸術的に取り扱っ, 趣味的芸術的生活は生活上, 趣味的蒐集である, 趣味的要求を満たした, 趣味的見栄にさ, 趣味的鑑賞はよろしく, 趣味目的は放心的, 趣味相俟って品格, 趣味知識とは余りに, 趣味礼儀作法延いては, 趣味の人々, 趣味社竹内氏の令兄, 趣味神経が手堅い, 趣味普遍的な, 趣味程度を見よ, 趣味空想に生き, 趣味一実用第, 趣味筆力にも合致, 趣味等々のもの, 趣味粉飾となり始めた, 趣味な西洋趣味, 趣味統一はやすやす, 趣味繃帯趣味などといふの, 趣味習性に大きな, 趣味考え方がどうしても, 趣味者レッドが鼠, 趣味さを, 趣味興味以上でも以外, 趣味興味感情思想等を標準, 趣味舞台の全盛, 趣味色情表現探偵趣味ノンセンス味神秘趣味なぞというもの, 趣味茶室風のしるこ屋, 趣味薄くして, 趣味見識が息づい, 趣味を衒う, 趣味詩風の相違, 趣味読書旅行観劇其他新時代, 趣味講演の速記, 趣味の經驗事實, 趣味貧乏臭独りよがりを清算, 趣味趣向からその, 趣味趣味に没入, 趣味軽音楽サローヤンの軽い, 趣味透徹して, 趣味通俗趣味文学青年趣味の芝居, 趣味道理と屁理屈, 趣味鑑識を備, 趣味陶酔気分を解消, 趣味雑誌の耽読者, 趣味雑誌式編輯はしない, 趣味雑駁な俗語, 趣味露店趣味は江戸ッ児, 趣味露悪症告白狂等々一連の中毒症状, 趣味風流の人, 趣味養成の必要, 趣味き文章