青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「越し~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

起つ~ ~起つた 起り~ ~起る 起る~ 超越~ 越~ ~越え 越え~ ~越し
越し~
越前~ 越後~ ~趣 趣~ ~趣味 趣味~ ~足 足~ 足もと~ ~足りない

「越し~」 3590, 39ppm, 2994位

▼ 越し~ (1497, 41.7%)

27 来て 24 いた 19 いる 14 来た 13 来たの, 来てから 11 來た, 行った 10 きて 7 いたが 6 きた, しまった, 向うの, 行って 5 いるの, いるのに, しまえば, 女部屋まで, 春に, 来た時, 流れる浪, 行くの

4 [11件] いながら, いると, きたの, しまつ, ゐた, ゐて, ゐるが, 内相の, 向うに, 来た当座, 表現せられた

3 [16件] いったの, いって, いて, いるから, いるわけ, やつて, ゐる, 云った, 來て, 来た女, 来た頃, 来るの, 行く, 行くと, 行つた, 間も

2 [93件] いたの, いたので, いたよう, いた彼女, いらっしゃいました, いるが, いること, いるであろう, いるという, いるとは, いるので, いるはず, いるん, お園, きてから, しまいました, しまったの, しまふの, その向う, のがれて, ゆくこと, ゐたが, ゐるかも, ゐる筈, 亀井戸村の, 二人の, 今出川の, 來し, 來てから, 向うには, 向うへ, 向う側の, 向こう側の, 四月の, 土手を, 場末の, 外に, 外へ, 奥へ, 居た, 居る, 屋敷の, 山を, 川へ, 己斐の, 幾つでも, 庭へ, 復た, 拡って, 本月, 来たから, 来たこの, 来たという, 来たので, 来たばかし, 来たばかりの, 来たよう, 来たん, 来た人, 来た家, 来た日, 来た時分, 来た某, 来てからも, 来ては, 来ようとは, 来ると, 来る人, 来る日, 次の, 波浮へ, 浦見町が, 滑稽に, 猿橋の, 瓜井戸の, 田圃の, 町の, 町を, 矢張五年前と, 空へ, 竹藪交り, 綱を, 行きました, 行きましたよ, 行くのに, 行けば, 行ったが, 行つたと, 逃げたこと, 野原の, 間の, 高々と, 鼻を

1 [1006件 抜粋] あすこは, あどけなく眠っ, あの坂, あゝ降つたる, いきました, いく道, いたかと, いたこと, いたとき, いた刻限, いった, いったらいい, いないかっぷく, いないだろう, いないの, いない筈, いまいと, いましたが, いますが, いまては, いよいよ湯島, いよう, いようという, いらっしゃいましたわ, いるお婆さん, いるかと, いるだろう, いるであろう腕, いるよ, いるらしいん, いるらしい年配, いるらしかったが, いる乞食, いる取締り, いる巨額, いる父, おいでで, おいでよ, おられるよう, おりしたがって, おりると, お出で, お触れ当て, かげろふの, か弱い足, きたあくる, きたこと, きたところ, きたのよ, きたん, きた方, きた父, くださるならその, くるつもり, くるとき, くるので, こう訊い, こっそり四阿, このうえ, この手紙, この青白い, これから次第に衰える, ごらんなさい, さへ, しまいたいねえ, しまいに遠く, しまい今朝, しまうと, しまうまでの, しまおうと, しまったら金, しまった女, しまって, しまはなければ, しまふほど, しまわなければ, すぐさま丘, すた, すっかり大人, すらりと, そこに, そのころ, その棒, その端, その裏, それからまた新, それも, たそがれの, だんだん輝き出し, ちょっと降っ, とらえられた囚徒, どうのこうのする, なおも鈴江, はいって, はじめから, ひけめ, ひとりの, ひろびろと, ふだんは, ほほほ, ますます目, また何処, まだ間, まるで地球, みねば, みようという, もういつ, もうやがてこの, もう是, もっと広い, ものを, やがて行列, ゆかれること, ゆきました, ゆくだけの, ゆたかに, よく見えた, ゐさ, ゐないかも, ゐないと, ゐなかつたので, ゐませうよ, ゐら, ゐるで, ゐるの, ゐる巨額, ガラツ八は, サッと流れ, トロカデロ宮殿の, ナースチャの, ピストルを, ホツと, モン・サン・エロアを, ンだ, 一ヶ月する, 一人で, 一時間と, 一種異状な, 一製糸場に, 一面の, 三島の, 上州の, 上高地まで, 下へ, 下肥汲の, 下野の, 不意の, 丘の, 中の, 中風で, 九段の, 了い給え, 了ひ, 了ふんです, 二三十歩行く, 二人が, 二十町余りも, 二哩ばかり, 二日も, 云われようもの, 交番に, 人氣が, 今年の, 今曉の, 仕舞ひました, 以前の, 以来連日旅客らしい, 伊豆屋に, 伜宗次郎と, 体も, 何うなっ, 何とかいった, 何んとか, 作家生活に, 來てよ, 來る, 信濃に, 倒木の, 先に, 兎岳へ, 入った上高地, 入込んで, 八ヶ岳の, 公会堂の, 其突当りの, 再びお, 冷やかなる, 出ると, 出羽三山羽黒湯殿月山が, 初めてほ, 前に, 前崎, 剣に, 動かして, 北の, 十一月に, 十日あまり, 千住まで, 卓の, 南岸に, 双子山の, 反対側へ, 可畏し, 右の, 同時に宿屋, 向うから, 向うを, 向う側へ, 向ふ, 吹いて, 吹く度, 呉れましたから, 命じられた馬印, 四ツ目の, 四十歳以上に, 四月には, 四里高山の, 国光と, 国道へ, 城の, 堺筋では, 境内の, 墺太利の, 夕日に, 外神田あたりまで, 多那川の, 大五郎, 大宮へ, 大川へ, 天井裏へ, 奈良井まで, 奥座敷に, 奥様子供すでに, 姉の, 嫁さるなんぞ, 子が, 安穏に, 宮之, 家督を, 富士山が, 寺院の, 対岸の, 小一郎が, 小路の, 小高い丘, 少し下り, 尚ほ, 尚もさ迷っ, 居なかつたこと, 居られまして, 居りますが, 居り深謀遠慮, 居るその, 居るの, 居る癖, 屋根傳ひ, 山科まで, 岩壁の, 峠向うの, 島へ, 川端へ, 左側の, 市木さんの, 帰りに, 平原の, 広い洲, 庭を, 弓弦を, 弟に, 彼は, 彼方へ, 往き来し, 往って, 後は, 御挨拶, 忍び込むの, 忍び込んだ浜川殺し, 忘れ難い暑い, 忽ち六十, 急な, 或る, 扇ノ山が, 手当てを, 按摩の, 文學第, 斜め真直ぐに, 新たに, 新宿泊りと, 方丈の, 日一日も, 日影から, 旦那取りでも, 明るい海岸, 春の, 春最もよく, 昭和二十年の, 時々結滞, 更らに, 望月の, 木の, 村は, 来し者, 来たその, 来たのよ, 来たもの, 来たらまた, 来たアイノ, 来た中, 来た伸子, 来た危険, 来た川, 来た当時, 来た日本, 来た末造, 来た松山君, 来た男, 来た翌朝, 来た請地, 来ての, 来ました, 来ますよ, 来られたん, 来ること, 来るとき, 来るに, 来るよう, 来る前, 来る外光, 来る涼風, 来る鳥, 来春身体と共に, 東海道の, 松井田から, 林が, 柔かな, 柳橋の, 桜や, 森の, 森を, 檜皮葺き, 次第に小諸, 此処に, 此羽目へ, 武生へ, 武藤大将邸な, 歩きだした, 歩み寄った, 母屋の, 気味が悪いと, 水の, 水際に, 江戸の, 沈みかかった太陽, 河や, 河原へ, 泥中に, 流れるほど, 流れ込んだり, 浅草の, 浮草の, 海の, 海岸に, 消防署の, 深い谿谷, 清姫の, 湖水に, 湯が, 溢れ込んだ前, 漫々たる, 潮來へ, 瀑布の, 炭坑の, 無花果の, 熊本を, 燃え上がる炎, 牛込の, 玄関へ, 瑞, 田圃が, 甲府へ, 男瀧に, 町奉行朝倉石見守の, 畑に, 痛ましや, 痰が, 白梅軒の, 皺が, 直ちに閻魔, 眺められる町, 短くても, 祖母さんが, 祖父は, 私が, 私は, 秋に, 程なく時々遊び, 穏かに, 空家の, 窓の, 立ち迷う夕霞, 立山へ, 縁側より, 美人を, 耳も, 背後の, 腰が, 臣は, 自分を, 臼の, 良いの, 花壇の, 茅野雄を, 草原を, 荷船が, 落ちかけた夕陽, 落ち付く方, 蔵前橋の, 薬師岳が, 藤八猿は, 蜀へ, 行きてえなあ, 行きます, 行くこと, 行くので, 行く先から, 行く家, 行く手, 行く氣分, 行く馬, 行く鳥達, 行こうよ, 行った宇治山田, 行っても, 行つた翌年即ち, 行方不明だった, 表の, 裸体の, 西の, 西片町本郷森川町帝国大学へと, 見えなくなった, 見えるの, 見える数寄, 見える藤原威夫, 見た家, 見舞いに, 視野は, 言葉にも, 誰か五六人一緒に, 谷中の, 賑かに, 越せないこと, 越後境いへ, 車は, 軟らかな, 軽井沢と, 追善供養を, 逃げる術, 逃げ上り行しつ, 逃げ出す工夫, 通路の, 進んで, 遊んで, 道の, 遙かに, 遙に, 遠く嵐山の, 遠く熱帯の, 遠慮なんか, 遥かな, 遥に, 野呂川小屋へ, 金持ちで, 鉱泉宿まで, 鑛泉宿まで, 間もなく徴候, 間もなく美代子, 関所を, 階前の, 隠岐, 隣りの, 集会所の, 雨に, 雪山の, 電車の, 霞ヶ関日比谷丸の内を, 青々と, 面倒臭くなる, 響いて, 須原という, 風ばかりが, 飛騨の, 馬籠峠の, 馳落ちしよう, 駕籠にでも, 髄まで, 高いお, 高台に, 髪も, 魚を, 麓へ

▼ 越し~ (1379, 38.4%)

12 外を, 見ると, 覗いて 9 彼の, 眺めて, 見えた, 見て 8 声を, 手を 7 見える 6 隣の 5 それを, 庭を, 彼女の, 私の, 私を, 聞いて, 聞えて, 隣りの 4 ちらと, 中を, 眼を, 空を, 見えて, 見た, 顔を

3 [18件] お浜, こちらを, 二人の, 人の, 人を, 何か, 家の, 富士を, 庭の, 往来の, 往来を, 果物を, 相手の, 相手を, 空の, 見上げて, 見詰めて, 部屋の

2 [84件] うち見る, お隣の, きこえる, こちらの, さして, じっとこっち, すかして, すぐ前, ずっと下, そよそよと, たしなめました, ぢつと, どんより水, のぞくと, ぼんやりと, むこうを, よその, ジロリと, 一つの, 一わたり見える, 七兵衛の, 三人の, 上目を, 下の, 下駄の, 主人の, 伝わって, 僕を, 向いの, 向うの, 向う側の, 外から, 外で, 外の, 外へ, 女性の, 小声で, 山を, 庭へ, 廊下の, 弟の, 弟子の, 彼と, 彼を, 彼女を, 戸外の, 時計を, 朝の, 水中の, 浪の, 海を, 深夜の, 白く見えた, 目を, 眺めた, 眼に, 睨んで, 私が, 私と, 突き透して, 竹竿を, 細君の, 聞える, 聞こえた, 聲を, 芋畑が, 若い女, 薄青く, 表の, 見えました, 見えるゆがんだ影法師, 見える人影, 見られた, 見ること, 覗くと, 言葉を, 話を, 赤い日, 透かして, 鉄砲を, 闇の, 離屋の, 雨の, 青空の

1 [988件 抜粋] あかい柑子, あざやかに, あたりを, あちこちの, あわてて, いかめしい高い壁, いつもぷんと鼻, うかがって, うごく白樺, うすく霞んだ, うちの, うっとりと, おばあさんの, おれの, お勢, お清, お蓮, お話も, お駒さん, かう僕, かう言, かき出して, かぶつた, かわうそ, きくと, ぎろりと睨ん, ぐっと身, こう云っ, こう見上げました, ここらに, こっちの, この傷だらけ, この状, こぼれて, ごつごつした, さつと, さわり胴体, しおしおと, した, じっとこれ, じっと窓, じっと顔, じろじろあたり, じろじろ見回っ, じろりと画, じろりと見, すがすがしい三和土, すぐ隣家, すらすらと, ずうと, そこい, そちらを, そっと室内, そとを, その刑場, その岸姫町, その計画, それが, たれさがって, ちょっと見た, ちらりとお, ぢろり, つくづくと, では, どう, どなって, ながめて, ながめられるの, ながめるばかり, なったかも, なっても, なりました, なりますか, なる借金, のぞいて, のぞき込むと, はじめの, ひたすら窓, ひろい地壇, ほの, ほんのり隣家, ぼんやり眺め, ぽつりと, まだ寢, みとめた忠相, もう一方, やがて叔父, やはり字, よく見えました, よつん, わたくしの, イタリア人の, ウインク, カッとばかりに, ガラツ八の, ギロリと, コスモスの, ゴンクール氏の, サヤサヤ揺れてる, シャールマーニュの, ジッと, ジャックリーヌと, ズブリと, ソフト帽の, タクマ少年の, ダラリと, チラと, チラチラ光る, デュパンに, ナースチャの, バラックの, パリーに, ピシリ, ブランコ乗りの, ホカ, ホームの, マブーフ老人は, マロニエの, ルミの, 一人が, 一個の, 一刻も, 一度声を, 一条の, 一種味気なく, 一面に, 三右衛門が, 三藏を, 上半身を, 下座敷, 下落合の, 両人の, 両肌, 並木道の, 中庭の, 中殿の, 乱射され, 事務所風の, 二人が, 云つた, 五つ並んだ, 人目を, 今まで, 仔細に, 仰ぎ見た, 仰ぐ青空, 伊勢湾の, 伏見の, 会わされる, 伝へて, 伸び上る様, 伸子は, 佃の, 低声, 何を, 例の, 信州の, 傅次郎を, 僅かに, 光る視線, 全く同じ, 内部を, 凱旋門の, 出来たので, 初冬の, 別荘の, 刺されたに, 刺した曲者, 前へ, 助川の, 十一月の, 半ば閉じたる, 半月形の, 南天の, 卯平を, 反吐を, 受け取る, 叫んで, 同じ運命, 向い側の, 向い合わせの, 向う側でも, 向ひ, 吹きおろす風, 吹く風, 呼びかけたり, 呼びかけようと, 和やかな, 和尚の, 品川の, 喬木の, 四ツ本を, 困惑した, 坐せる美人, 埋めて, 塀が, 声高に, 夜空の, 大きな海水帽, 大川の, 大通りの, 大里貢が, 天井を, 太陽が, 夫人の, 好奇な, 娘の, 子息の, 客間で, 宮の, 寐て, 寝乱れ姿, 察せられた, 射して, 射す朝日, 射撃され, 小刀を, 小女の, 小春の, 小萩の, 少し翳んで見え, 尾沢を, 屋敷の, 山々の, 屹と, 嶽の, 川向うを, 工場ばかり, 左手の, 差し入り白い, 差し出された一つ, 差出すこと, 己の, 布団を, 幄舎の, 幾度か, 広場を, 座敷の, 庭さきへ, 庭先を, 廣介の, 延びたこの, 役宅の, 彼へ, 彼女が, 後から, 微笑し, 忍びこみ僕, 怒鳴り合って, 恭, 愛くるしい眼, 感じられる厚ぼったい, 我々を, 戸外は, 手渡したところ, 技師ばっかりを, 投げ込まれた帽子, 投げ込んだ, 抛り出すぞと, 持って, 挨拶を, 振り上げ振り上げしては, 挿絵の, 接触し, 撃ち砕いた, 放送室を, 文三の, 新樹の, 日吉の, 明るい燈, 春の, 是方を, 時々音, 晴れ渡った空, 暗い街, 暫く雲行, 月おし照り, 有らん限り, 望まれる海, 望みたり, 朝夕その, 本国の, 机の, 東京の, 枕もとへ, 枝を, 柔かい陽ざし, 栄蔵と, 桟橋を, 梯子の, 植込みの, 検事代理の, 楽屋を, 模糊と, 横目とは, 正純の, 武蔵を, 死骸を, 毎日透し見た, 気を, 氷の, 汚い空地, 泡立つ海面, 波静かな, 洩れて, 流れよるよう, 海の, 海面を, 淡墨, 湯の, 溢れるほど, 潮が, 火の, 火影が, 灯影の, 炬燵から, 煙害騒ぎの, 熱心に, 片膝, 物声を, 犬の, 狭い空, 甚だ不明瞭, 申しました, 畏き辺り, 番頭手代たちが, 畷の, 白い犬, 白く眺められた, 目の下の, 省作の, 看護婦の, 真後から, 眩しそう, 眺めた時, 眺めるとも, 睨まへると, 睨みながら, 睨む真似, 睨んだ貌, 矢倉の, 短銃が, 礫を, 神田から, 私から, 秋晴れの, 空が, 空地続きに, 空間を, 突いたの, 突いた一, 突かれた槍, 突き落したやう, 突けば, 突然僕, 突立った, 突込みに, 窓を, 窺うと, 窺って, 立って, 笑いかける, 箪笥の, 築土, 紅入, 紫色の, 絵を, 緑の, 縁側が, 縁側の, 群れの, 聞いた七瀬, 聞えたの, 聞き尤も, 聞く遠い, 聞ゆる, 聴く心持, 肉を, 肩当越しに, 背中を, 脇差で, 脈々たる, 自分の, 舞台の, 船長の, 芝居小屋の, 苦笑せざる, 英本土を, 菊人形の, 菜園の, 薄暗く曇っ, 薫の, 血が, 行進し, 街の, 裏の, 裏崖の, 西洋小間ものを, 見えた男, 見えましてね, 見えるよう, 見えるイタリー製, 見える丘, 見える向い島, 見える小, 見える店主, 見える庭木, 見える松, 見える校舎, 見える死体室, 見える水辺, 見える秋晴れ, 見える芝生, 見える若葉, 見える遠見, 見え室, 見かけること, 見たそ, 見た七兵衛, 見た未, 見つけると, 見つめ, 見ました, 見られる, 見るという, 見るもの, 見る事, 見る癖, 見る街路, 見上げつつ, 見下ろすと, 見晴らす筑紫野, 見送った時, 見透かして, 視線を, 覗かして, 覗きでも, 覗き込まれた, 覗き込まれて, 覗き込んで, 覚一の, 観察し始めた, 言われたの, 訊ねると, 話が, 話す男女, 読み取り得るには, 談判が, 貞世を, 赤さびを, 跨ぎながら, 躑躅の, 軽快な, 近々と何事, 返事した, 逃げようと, 逆巻く潮流, 透かした, 通う鹿笛, 造花を, 運転手を, 遙かに, 遠くから, 遠く海, 遠慮ない声, 遠浦, 遮られて, 重蔵の, 金色の, 鉄道馬車の, 錦子を, 門から, 防火壁の, 隅田川が, 障子の, 隣家の, 離家の, 雪子の, 雲の, 青い海, 青い空, 青く射した, 青白い月光, 静かに, 響いて, 頤を, 頭髪が, 頼母の, 顔と, 颯々と, 飛び付いて, 首筋を, 馬籠へも, 高く持ち上げ, 高倉の, 鵙の, 麦の, 黒い三角刃, 黒馬が, 鼻へ

▼ 越し~ (183, 5.1%)

2 不安定の, 夏の, 岡惚れだ, 火事が, 監禁に, 私の, 謎を, 顔を

1 [167件] あかりに, お仕込み, お侍さま, お近付き, お顔, くるしさ, このごろ英国に, この艱難, そこも, ついそこ, ほど願, まだ夕明り, やくざでない, やさしき声, やりとりよ, エッフェル塔も, パースペクティブで, ホームラン, ポプラの, 三日月様を, 三畳には, 上目で, 中風だ, 事件だ, 交際の, 仕事だ, 何千里か, 冬の, 冷い, 出入口と, 刀折れ, 刑事も, 勁風に, 危険を, 右手に, 商店街を, 埃を, 大空が, 女の, 女世帯, 家々の, 宿望であった, 宿望を, 寒い暗い光景, 対談を, 小生が, 山籠り, 岡惚れ, 岡惚れの, 岡惚れ女と, 峠という, 廊下に, 弟子ばかり, 当時は, 彼女は, 彼方に, 御様子, 御馴染, 応答を, 恋が, 恋では, 恋人と, 悪戯は, 惡戯は, 戦場焦, 手伝ひ, 打続く戦陣生活, 敷布の, 日ざし, 日光が, 日光を, 春の, 時前の, 時古本の, 晴れやらぬ心, 曲芸なんぞを, 最中に, 月の, 月明と, 木々の, 本村まで, 松の, 枝折戸の, 柔和な, 橋番の, 次の, 歩廊の, 気ま, 気配に, 水に, 決心を, 流浪にて, 淡い光り, 深い仲, 深い影響, 深間だ, 溜飲に, 火事騒ぎに, 火事騷ぎに, 炭屋の, 牧場, 用意を, 田樂刺だ, 疑惑に, 病の, 病人が, 白い人影, 眺めに, 笹原から, 節の, 篠山の, 紆余曲折の, 細君を, 結果は, 老人仲間が, 脣づけ, 苦も, 草原に, 荷物を, 蒼暗い, 蚊帳まで, 蛍光灯が, 蝋燭の, 裁判も, 裁断機や, 裸体の, 西比利亜麦とか, 要項は, 親友です, 話が, 話を, 誤解を, 読経の, 謎が, 警官が, 讀經の, 起居不自由だ, 身投げ狂言だ, 近眼の, 返事が, 返事は, 連中で, 遊びを, 遊蕩に, 遺伝を, 部屋から, 重荷を, 金を, 金魚と, 鉄道公債法案と, 長の, 間柄な, 関係が, 関係です, 雨を, 雨空が, 雪見に, 雲の, 青, 青草が, 顔が, 風を, 風景が, 食物を, 餌を, 鰯子の, 麗らかな

▼ 越しても~ (45, 1.3%)

5 まだ三十代 2 まだ人様, まだ落ちない

1 [36件] あやまちは, いること, ともかくぴんぴんとして, まだ壮健, まだ水, まるつ, やはり一寸法師, よいと, ゐようが, ソルボンヌ大学教授としての, 一ツさきに, 一俵の, 三四十代の, 二三度という, 住みにくい, 充分若く, 努力すれ, 効果は, 同様の, 大抵は, 女は, 子供の, 安穏に, 廿五を, 未だに独身, 歩けず物云, 水, 水極だって, 源之助は, 真理を, 硫黄の, 素晴らしい體力, 良い身體, 苦情が, 落ちずに, 見に

▼ 越してから~ (33, 0.9%)

2 始めた煙草, 後に, 急に

1 [27件] いく, さすがに, すぐ札, だという, である, でした, なお働き続けね, また使い, まだ一ぺん, やっと一, やっと福運, わざわざ彼, 久佐賀は, 初て, 十四五年に, 又再発, 合, 塗ること, 女房に, 妻を, 支那奥地に, 日本へ, 栄達し, 絵を, 荒物屋を, 運が, 間もなくでした

▼ 越し~ (27, 0.8%)

3 お話を

1 [24件] あいさつを, いいの, いろいろと, お話しし, お逢いする, くぐもったひくい, その日, やっと逢っ, 七里で, 大いに器量, 従兄妹たちと, 従兄妹達と, 玉の, 相手の, 私の, 縁側に, 縁側続きな, 腰から, 話しかけて, 話して, 話すこと, 逢うだけに, 開拓し, 騒いで

▼ 越しては~ (18, 0.5%)

1 [18件] いたが, いなかった, いなかったし, いまい, いまいが, いられないじゃ, ならない圏限, ならぬぞ, 助郷, 困りますが, 居ても, 居ないでしょう, 居なかつたが, 川沿の, 廟の, 直ぐ香貫山, 豚小屋の, 逃れられない

▼ 越し~ (16, 0.4%)

5 して

1 [11件] いたして, おさせするの, した, した家, しようと, しようという, するには, するわけ, もう少し催促, 待ったの, 特色に

▼ 越したり~ (13, 0.4%)

1 [13件] した, したが, したらまた, して, すること, また暫く, カステラ一箱持っ, 一坪か, 夜夜中歩い, 峡間を, 海だった, 生垣を, 駒除の

▼ 越しにも~ (10, 0.3%)

3 聴聞は 2 空は, 聽聞は 1 一つ出, 感じられる, 感ぜられる気

▼ 越し~ (10, 0.3%)

1 いやが, したが, しなくなるであろう, すぐ又松平誰, なす秋, 如何, 嫌ひなのである, 巧い, 物の, 至ってしとやか

▼ 越しての~ (7, 0.2%)

1 お泊, その対岸, 伊豆の山の, 初産で, 旅おいぼれ, 肩縫あげ, 被恋妄想

▼ 越し~ (7, 0.2%)

1 きびしい鹿垣, つづいて, なるまい, よいが, 付け狙って, 睦じ, 行く末も

▼ 越してからは~ (6, 0.2%)

1 すつかり諦めた, もうその, 一層猛威, 一層猛烈, 仕事は, 少し氣

▼ 越しには~ (6, 0.2%)

1 これも, はや雪, 何一つ見え, 何里と, 例の, 裏が

▼ 越しながら~ (5, 0.1%)

1 このあたり, こんな絶好, アンナ・リヴォーヴナは, 息子を, 斯う

▼ 越し~ (4, 0.1%)

1 妙に, 床に, 狩場の, 目に

▼ 越し~ (4, 0.1%)

2 へすれ 1 うで, へすり

▼ 越しその~ (4, 0.1%)

1 ま, 土手に, 奥の, 山麓の

▼ 越しちゃ~ (4, 0.1%)

1 いや, つまらないわね, 大変だ, 行かれねえから

▼ 越しでは~ (4, 0.1%)

1 あったが, ありますが, あるが, 隔てが

▼ 越しでも~ (4, 0.1%)

1 お話しくださいません, したの, やって, アパートの

▼ 越し世話~ (4, 0.1%)

2 になつ 1 をし, をした

▼ 越し~ (4, 0.1%)

1 てこの, て受納, と人間, もの

▼ 越し向う~ (4, 0.1%)

1 が見えず, の山, へ廻っ, へ廻つて

▼ 越し江戸中~ (4, 0.1%)

2 に火 1 の岡, を人

▼ 越し~ (4, 0.1%)

2 を口説き廻し 1 のところ, 共に居ります

▼ 越してでも~ (3, 0.1%)

1 いれば, 出張せんで, 行くやう

▼ 越しにでも~ (3, 0.1%)

1 お逢い申し, 見るよう, 見覚えて

▼ 越し~ (3, 0.1%)

1 におちつきえない, には心づかざりし, の家

▼ 越し~ (3, 0.1%)

1 の斜面, の裾, を越し

▼ 越し自分~ (3, 0.1%)

1 の居間, の部屋, を捜し

▼ 越しかた~ (2, 0.1%)

1 に, を見る

▼ 越しこの~ (2, 0.1%)

1 町内に, 部屋に

▼ 越しそう~ (2, 0.1%)

1 で越さない, にした

▼ 越しそこ~ (2, 0.1%)

1 に睡, より馬車

▼ 越したて~ (2, 0.1%)

1 に云, の屋根

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 から何, ね

▼ 越しちや~ (2, 0.1%)

1 つたらいい, つまらないわね

▼ 越してからの~ (2, 0.1%)

1 業務の, 紅庵の

▼ 越してを~ (2, 0.1%)

1 りましたから, ります

▼ 越しです~ (2, 0.1%)

1 からよく, もの

▼ 越しにて~ (2, 0.1%)

1 参りましたる江戸, 最初内金五両お下げ渡しありたる

▼ 越しにより~ (2, 0.1%)

1 聞かれないほのか, 過去帳取調候処左之

▼ 越し世の中~ (2, 0.1%)

1 を騒がす, を騷

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 に片付けたい, 岳へ

▼ 越し喘息~ (2, 0.1%)

1 で今にも, に悩みこん

▼ 越し尻尾~ (2, 0.1%)

2 をつかませない

▼ 越し~ (2, 0.1%)

2 を越し

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 に勤めた, を手伝っ

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 いと言, い越し度

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 のよう, も形

▼ 越し渡り~ (2, 0.1%)

1 あが, あがった向う

▼ 越し~ (2, 0.1%)

2 をかけ

▼ 越し翌年~ (2, 0.1%)

1 になれ, の三月ごろ

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 主人鐵三郎の, 樣を

▼ 越し~ (2, 0.1%)

2 を渡り

▼ 越し~ (2, 0.1%)

1 を削る, を振はせ

▼ 越し~ (2, 0.1%)

2 を越し

▼1* [215件]

越しいまだにお前さんを, 越しいろいろ怪しいこと, 越しうるかといふ心やり, 越しおぼろ気な電光, 越しお側に居る, 越しお前を探し, 越しお化けの真似, 越しから黄色い夕月, 越し顧慮され去り, 越しくらいのことで, 越しければ返し, 越しけんざんに入, 越しここに奉公, 越しさえすれば, 越してもさもさ, 越しじゃありませんか, 越しすぐ取付いた, 越しすべて背水の陣, 越しする者らしい, 越しすーっと迫っ, 越しその間毎日觀測結果をモスコー, 越しそれからまだ大分, 越したったが, 越したりとは見ゆれど, 越しちゃあ別に騒動, 越しっぷりがいい, 越しついぞホッとした, 越しておもての通り, 越してからが期待される, 越してさ艦が, 越してずつと美しいもの, 越してつつぬけに, 越してばかりゐたので, 越してまで不破の, 越しでありますが, 越しであるが来る, 越しでしかお逢い, 越しででも何か, 越しで御座いますか, 越し書いて, 越しというものは, 越しといふ失敗を, 越しとかのやかましい沙汰, 越しとは言つても, 越しどちらへもちょっと, 越しのである, 越しなどでなく直接, 越しなどでお話しに, 越しなどに紫や, 越しなどに関する連句的制約を, 越しにかの机の, 越しにでもはいる手段, 越しになつてから, 越しにまで聞えた, 越しにらみ合っていた, 越しのうすら明りだの, 越しひとりずつ綱, 越しふり冷えゆく雨, 越しほとんど身を, 越しまで唯の, 越しみたいなもの, 越しむずがゆく乳の, 越しなし, 越しクリストフは柵, 越しリュックを背, 越し一刻あまりも走りつづけた, 越し一杯の陽光, 越し一生懸命に研究, 越し三伏峠より十町, 越し三百といふ, 越し上手によく, 越し上旬も暮れ, 越しの往来, 越し世帶持同樣, 越しを越し, 越し並木ごしに, 越し中風で廃人, 越し丹波川に添い, 越し乾いている, 越し乾物屋のお, 越し二階の欄干, 越し五町田の宿, 越し五龍大黒唐松を参り, 越し今朝九時三十分の汽車でついた, 越し仕送りもしませんでした, 越しのある, 越し以來ま, 越ししの, 越し信州松本に出まし, 越し俺達の一座, 越し候えども一旦, 越し候処修理主人真田信濃守応接所警衛仰付けられ修理儀, 越し値打ちあるもの, 越し元日一日置いて, 越し六十ちかくなっ, 越し取付いた尾根, 越しもきいた, 越し同棲に成っ, 越し向う側の広瀬, 越しで奉公, 越し喬木があれ, 越しひ物, 越し坐禅川を打, 越し塚前村にか, 越し夜マドリィに着いた, 越し大き店さき, 越し大庭まで行かなけれ, 越し太平洋の水域, 越し好きだね, 越しのお, 越し実は手前に, 越しと桟橋, 越したつきり, 越し小川という川, 越し小松の生えた, 越し小説に書こう, 越し少し迷いて, 越し馴染んだ建長寺内, 越し岡惚れして, 越しなど言, 越し巡礼に成っ, 越し市木さんの庭, 越し広い大通りを, 越しを踏み折り, 越し引き続いた事柄の, 越し往來を突, 越し往来を突っ切っ, 越し心細さも, 越し忽ち之を, 越し患っている, 越し患った六十近い, 越し患つた六十近い老人, 越し患つて居る私, 越し態度何処となく, 越しひ焦れて, 越しを狙った, 越しはされ, 越し新花町へ逃げこんだ, 越しも行く手, 越しも通り, 越し晴々と明るい, 越し更科の郡姨捨山, 越し木更津の親類, 越し本意ない夜盗押込, 越し東京に帰っ, 越しをぬけ, 越し桑畑を越した, 越し棒小屋沢を下っ, 越し横堀という処, 越し越し並木, 越しの沼田, 越し此屋敷の掛り人, 越し此所へ勤め, 越し水戸という小, 越し汽車に乗っ, 越し浴衣一枚買つたこと, 越し淋しい初春を, 越し湯川の谷, 越し潮來に島流し, 越し灌木の多い, 越し点燈頃に小田原, 越し狭い浪宅に, 越しふもある, 越しの裏, 越し異人上陸を見受け, 越し白山の奥, 越しになる, 越し硝子越しに有馬, 越し祕めた戀, 越し祝ひの心, 越し祭りである, 越し私達は随分, 越しを迎え, 越しの橋, 越し竹藪の中, 越し細工をした, 越し結婚後十年を経, 越しの下, 越し苦労をさっし, 越し苦勞ほどつまらない, 越し融通して, 越しを出し, 越しの口, 越しから袖, 越し觀測を完了, 越し豊世もやがて, 越しの過半, 越し走って行っ, 越しの乞食, 越し辛棒に辛棒, 越し近くまで行った, 越し退屈しきって, 越し連れ添ってなん, 越し道楽ばかり為, 越し道路に横たわる, 越しか彼方, 越し遠く山と, 越し部屋借りの, 越しには宿っ, 越し金子才覚いたし度候, 越し銃剣の上, 越し添いの, 越しに飛び上っ, 越しの目, 越しに住ん, 越し離室を覗いた, 越し難い二人と, 越し面談仕候, 越し鞍馬は見ぬ, 越し音信不通でこの, 越し飛べる長槍, 越し養つて貰つた宗次郎殿を殺し, 越し馴染を重ねた, 越し鬱々と木立, 越し鮮血高く迸る