青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「越~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~起っ 起っ~ ~起った 起った~ 起つ~ ~起つた 起り~ ~起る 起る~ 超越~
越~
~越え 越え~ ~越し 越し~ 越前~ 越後~ ~趣 趣~ ~趣味 趣味~

「越~」 1579, 17ppm, 6674位

▼ 越~ (295, 18.7%)

4 國に 3 ところへ

2 [25件] ものなれ, ベルトで, 中, 国へ, 國の, 山から, 峠の, 描いた墨絵, 晩に, 晩には, 月の, 根に, 桂川の, 海の, 湯と, 狐疑深い, 睫の, 神事と, 花の, 観を, 道に, 銭を, 錢を, 鐘が, 面影を

1 [238件] あいだに, あかりに, あたりまでが, あの辺, いさめ, いずれに, いま尋ねよう, うえは, けわしい峠, ごとしと, さかいは, さる商人, すぐ下, その後姿, ふたりの, ふたりは, ふたりを, みうらと, ものさっそく, もので, ような, よその, シラヤマと, 一つに, 一時的な, 一段を, 一若, 上に, 下から, 両家ここの, 両軍, 中氣で, 主将上杉輝虎, 二つが, 二同心だった, 二同心も, 二名山である, 人た, 人とは, 人らしくない, 人物が, 人達は, 仁なら, 今日に, 仕業と, 借家は, 借金を, 働き振りが, 兵を, 其方の, 剣も, 南の, 口からは, 古たくあん, 叫び聲を, 同意を, 名が, 名で, 名山である, 国から, 国であろう, 国と, 国なる, 国に, 国には, 国の, 国司阿倍比羅夫出羽方面の, 国斯かる, 國内に, 地に, 地方へ, 境に, 境は, 夜も, 夜食を, 大徳と, 大徳の, 大谷地, 大軍が, 大雪に, 女が, 如き蠻夷, 姿を, 婀娜に, 客ここに, 客に, 宵暁は, 家來盡く, 宿怨ある, 尉佗の, 小春日, 少し下, 少女の, 少年共を, 山いくさ, 山がは, 山ざかいなら眼を, 山の根に, 山境は, 山峰は, 峠道に, 峰に, 嶮路であった, 差を, 平の, 弥治衛門に, 彼方側には, 後姿が, 御山を, 御山永平寺にも, 御病氣, 心は, 忠臣が, 思ひを, 思出が, 怨, 怨を, 恩人と, 故地, 敵越後の, 方から, 方が, 方だ, 方に, 方角を, 旗本と, 日の, 日影薄く, 時刻無, 時滝川方で, 時雨はさも, 晩らしい, 書生で, 月見れ, 月賦が, 本庄安田長尾隊は, 村は, 東海道, 松影月を, 松影長し, 柳の, 根あがり, 森に, 榊などが, 様子では, 此の, 殿軍甘粕近江守は, 殿軍甘粕近江守景持は, 母の, 民衆に, 氣性では, 決戦を, 津田は, 浪人生活に, 海といふ, 海は, 海岸と, 海府の, 深雪の, 渡し場まで, 湯に, 湯まで, 溜飮が, 為に, 熱海検事を, 独活苅, 王は, 用意を, 男が, 男である, 町一つこう, 白山, 白山など, 白山を, 白山立山, 白根なりけり, 真ン中に, 眼に, 眼も, 祭エルサレム宮に, 私達を, 空を, 給金を, 絶頂の, 老訓導, 聖も, 聲は, 脊梁山脈たるや, 船の, 蓮月といへ, 袖を, 裏の, 観音堂の, 話に, 課題については, 諸城, 諸藩, 謡ならぬ, 豆の, 路が, 路に, 路大, 辛棒は, 途中から, 遊が, 遊女の, 道, 道であった, 道を, 酒宴を, 野に, 金を, 金子は, 金持たぬ, 錢さへ, 関東滞陣で, 障子の, 隣室へ, 難所を, 雨の, 雪, 雪が, 雪だ, 雪の, 雪否, 雲助は, 霙, 露, 頂で, 顏には, 顏は, 顏を, 顔で, 顔を, 馴染である, 駄々羅遊びだ, 高い峭壁, 麦酒の

▼ 越~ (226, 14.3%)

4 手を 3 立って

2 [16件] ふと見, チラリと, 代助, 伸上っ, 庭の, 日が, 書留の, 睨みつけた, 窓掛の, 聞いて, 衝と, 見た丈, 訟を, 鈍ること, 隣の, 顔を

1 [187件] ある安部大蔵さん, いえば, いかにせ, お孝, お暇, この大きな色, この面, さしかかると, ずッ, その土間, それも, そんな談話, そッと, なります, なる, なるおつもり, なるか, なる五六日前, のぞくと, はらはらと, ばらばら見えんで, ふらふら釣り, ほのかに, ほほえみました, また颯と, よれば, ト睨って, ニヤリと, パッと, ポンと, ユラユラと, 三人広縁に, 下って, 下座敷, 主人の, 乗出して, 乘だし, 乳母が, 二人が, 代って, 伺う, 低く呼んだ, 何の, 僅かに, 光って, 其の天守, 凄じい鼾, 出会いしは, 勿体らしい澄し, 向う角の, 吹き荒れた庭, 咲いて, 垂れて, 奈良坂の, 女の, 娘の, 婆さんを, 学生は, 富士の, 寒そう, 射し込んで, 山を, 差し出た樹, 差し込んで, 差窺う, 座敷の, 廂へ, 彼を, 彼女の, 彼方から, 往還に, 待合の, 御覧なすった, 思い詰めて, 成る方角, 手が, 打ちながめつ, 打見遣った, 打視め, 抱くよう, 押下り, 按摩を, 振仰いで, 揃えて, 撃つよう, 旨を, 昇の, 映る燈, 時々狐疑, 時々猜疑, 晴れた夏, 本棚を, 枕許, 枝越に, 槍玉に, 様子を, 横切って, 此方から, 気高い顔, 泊ったの, 泊りましたが, 洩れて, 浴びて, 海の, 深々と, 淵を, 濠の, 熟と, 燈籠の, 爪先の, 狸穴から, 球を, 琴の, 田の, 町の, 番場の, 登りました, 白いドローンウォーク, 白くかける, 眉で, 看護婦等を, 眺めると, 瞻らるる, 突つ込ん, 窓の, 窺ひ, 窺われる, 立ったなり, 立はだかる, 紅いや, 紅梅屋敷の, 細君に, 緋鯉の, 縺れるよう, 翼を, 老人は, 耳打ちした, 聞える一節切, 胸を, 腰を, 花を, 茜色の, 薄く光っ, 薄髭, 薬玉が, 血走った, 表を, 裏座敷の, 見えた, 見えましょう, 見えるよそ, 見える横浜港内, 見える直ぐ, 見た時, 見て, 見ゆ, 見る宮城, 見上げた時, 覗きながら, 覗き込むよう, 親仁の, 觸る, 試みに, 話しかける声, 谷間田の, 近くききとれた, 透して, 道也先生を, 遠くちらちら, 遠くで, 遠く我が家, 遠く見ゆる, 遠山の, 長火鉢の, 階子の, 障子の, 雪坊主の, 雲切れが, 電燈の, 青柳の, 額を, 顎で, 顔の, 顕れぬ, 髯面, 魚の, 黒髪の

▼ 越ゆる~ (85, 5.4%)

2 がま, ことの, と片側, 境木峠を

1 [77件] あらしの, ことが, ことそう, ことである, ことに, ことは, こと二日に, こと五つ六つ午後二時二十分最高峰奥穂高, こと叶はず何事にも, こと甚だ, こと能は, こと難し, ごとに, ただち, ときに, ときは, ところを, とてふり, ともその, と云, と今, と否, と女童, と思い, なからん, には昔, に似, に春風暖, に越えられぬ, に難儀, に馴れし, のです, のみにし, の言, は国, は鍛冶屋橋, までに源平島, もの, ものでありたい, ものと, や山桜, ように, ようやく三つ四つ, を見ず, を追う, 上人の, 丘の, 事は, 人まれに, 古街道, 坂路に, 大魚, 子もちの, 尾根の, 岡の, 峠で, 巨大な, 愛発山の, 時汽車の, 時鳥, 暴富を, 杉山, 松風の, 母たち, 波, 浪の, 者は, 者山中にて, 路, 近道常陸内と, 道筋である, 道野を, 間など, 雁がねの, 雁がねは, 頃日は, 馬は

▼ 越~ (52, 3.3%)

1 [52件] あんまり不, いつもの, すぐ目, それに, ちょっと振り返っ, ない, にっこりし, ガラツ八の, ギヨツと, 一文不通です, 不審の, 人を, 全くの, 八里に, 割れるよう, 半面燒痕の, 召されて, 咄嗟の, 大抵風が, 女の, 姓で, 嬉しそう, 少時瞑目した, 彼を, 必死の, 悪絶険絶, 情の, 懐中から, 投げるよう, 拝伏し, 最も著名, 最初から, 柔術家, 満足し, 物を, 登山の, 目で, 目に, 神田川の, 立ち去りました, 答えて, 給金でも, 絹を, 老, 腕に, 腕を, 自分の, 觀念し, 隠して, 飛か, 飛んで, 飛付きました

▼ 越~ (38, 2.4%)

3 経て 2 し熊野本宮, 過ぎると

1 [31件] させた, させたり, した, したの, して, しようと, しようという, すること, するの, するわけ, よび出して, よんで, 下って, 使者として, 取ったので, 叱りとばした, 大年と, 尋ねた偉い, 庇つて居た, 心で, 擧げようかと, 攻めるとは, 登って, 破る, 見くびつて, 越えて, 越して, 通らなくとも, 過ぎて, 領すること, 願います

▼ 越~ (26, 1.6%)

3 べしと 2 べからず

1 [21件] と, とし, と六騎, と打ち出で, なり, なり今, なる, べからざる, べからざる一線, べからざる埓, べからざる太い, べからざる溝渠, べからざる穴, べからざる空隙, べからざる障壁, べかりし, べき山, べき方角, べき船, べしアルプス, べし汝

▼ 越八弥~ (25, 1.6%)

2 であった, のふたり

1 [21件] があと, がはッ, が昔, が死骸, だ, と加山耀蔵, と同じ, と彼, には本石町, に言った, の二同心, の吉左右, の眼, はすぐ, はどこ, はふい, はほとんど, は今や, もかく, を肩, を見下ろし

▼ 越ヶ谷~ (24, 1.5%)

1 [24件] からの電報, から板橋, が第, さして, とかへ行く, と久地, にて下る, にも多摩川畔, の停車場, の在, の官軍, の方, の本宿, の桃, の糯米, の達磨, へ行く, へ行っ, へ訪ね, や, や中山, を経, を過ぎ, 新兵衛新田

▼ 越ゆれ~ (20, 1.3%)

3 ば上野原

1 [17件] ど詩, ば, ばそこ, ばまた, ば一軒, ば伊豆, ば学士, ば惱, ば早, ば有野村, ば木曾三十里, ば松浦川, ば母, ば目的, ば軍国主義, ば關守, ば電光

▼ 越~ (19, 1.2%)

2 と云

1 [17件] から来た, がこんな, が頭, つく, とがある, な, ならば, には処々法華宗, のいたる, の下屋敷, の事, の剣山, の国境, の素裸, は怪談, も一廉, やに来た

▼ 越中守~ (19, 1.2%)

1 [19件] が不覚, が肥後, ただいま卒中, で老中筆頭, というの, と協力, などの諸, などもいた, の中屋敷, の藩中, の邸, はこう, はその, は戦死, は焚火, は蒲生贔負, は青竹, を攻め伏せ, 同将監

▼ 越~ (18, 1.1%)

1 [18件] が川中島, にとってこの, の中, の主力, の名, の名だたる, の大, の敗れ, の最右翼新発田隊, の竜字, の若, の軍隊区分, はひとまず, は先鋒柿崎和泉守, は犀川, は総, も信濃, より小兵

▼ 越~ (17, 1.1%)

2 銘を

1 [15件] いいまた, いう, いうと, おぼえて, 二つの, 云ふ, 云や, 仇と, 否とに, 呼ばれて, 唱えて, 称して, 言います, 言う, 認めて

▼ 越へて~ (17, 1.1%)

1 [17件] あるとき, いともきらびやか, なほ衰へを, ひとりゆけ, ピチ邸の, 上野の, 大陸へ, 娘の, 屡突当り, 憎悪し, 来た小山, 此の, 潜入した, 真向にあたる, 行く夜盗達, 遠く商ひ, 鶴の

▼ 越~ (16, 1.0%)

1 [16件] ざらむ, その儀, たらう, やう, チヤリネの, 三丈に, 出るの, 又当麻路, 左手なる, 我等は, 攻め入らせて, 来て, 渡らせおわしませ, 眼くばせ, 背戸の, 谷を

▼ 越~ (15, 0.9%)

1 [15件] あれに, きょう明日には, まだ戻っ, 世話に, 人波の, 兄弟今まで, 加山も, 助け合うべきこの, 同意する, 御座りません, 横丁から, 番頭の, 細工が, 逃げ道は, 隔てなく口

▼ 越~ (14, 0.9%)

1 [14件] あつたらう, いたの, 一行から, 与茂次郎, 乗合わした, 北国筋へも, 古え, 合宿に, 山路の, 松本へ, 死んだ十二人, 渡って, 直ぐ分りません, 見えて

▼ 越~ (13, 0.8%)

1 [13件] この中, 一散に, 今は, 劉表に, 危険な, 増上寺で, 夕闇の, 岩見銀山を, 改めてくり返され, 普通の, 積年の, 置き場所, 雷を

▼ 越~ (13, 0.8%)

1 [13件] から知らせ, が首, でございますから, と拙者, どのわかれ, なる名詞, に到着, に往き, の名, の地方長官, の壺, はしきりに, は長安

▼ 越~ (12, 0.8%)

4 に付 21 が不逞浪人輩三五, ては同所御用筋差支可申哉, にや, はば駕籠, へ共, を相

▼ 越という~ (11, 0.7%)

1 [11件] ものを, 名の, 国から, 女が, 峠を, 建築の, 柔術取, 柔術家が, 男が, 者が, 難所を

▼ 越中屋~ (11, 0.7%)

2 の店, 新右衛門 1 という, にゐた, に居た, の玄関, の金六, へ戻っ, へ訪ね

▼ 越~ (10, 0.6%)

1 が次第に, であった, の, の両, の名, の言, は今, は近く, を征服, を服し

▼ 越吉元帥~ (10, 0.6%)

1 と宰相, の中軍, の部下, の鉄鎚, はそれ, は二十五万, は味方, は手, もそれ, を馬上一刃

▼ 越より~ (9, 0.6%)

2 飛騨へ 1 して, 平知盛に, 急なる, 此方へ, 河内に, 甥三好秀次中村一氏等を, 秀吉自らは

▼ 越春さん~ (9, 0.6%)

2 の話, は云った 1 がき, が助ちゃん, は助ちゃん, は茶の間, もそれきり話

▼ 越から~ (8, 0.5%)

1 この峠, 幾つかの, 御山谷を, 此処迄は, 福島まで, 聞きましたよ, 頂上までの, 頂上までも

▼ 越~ (8, 0.5%)

1 と秋, にも艱, に至れり, に風雨甚, 山の, 暑さ, 汽車の, 積りだ

▼ 越~ (8, 0.5%)

1 が, が兵, が狭く, であり南端, である, でございます, でございますよ, にはほうぼう

▼ 越~ (7, 0.4%)

1 また大岩岬, 中間に, 十五日に, 南へ, 宮崎県の, 来る雁, 行つた

▼ 越中国~ (7, 0.4%)

1 から帰った, から帰つた当座, でツヅミグサ, に入っ, の神通川, へ逐電, を流れる

▼ 越~ (6, 0.4%)

1 に往き, の人, ほどよい, を生む, を羨み, を記せる

▼ 越苦勞~ (6, 0.4%)

2 をしない 1 からで御座います, ばかりし, もする, をしなかつた

▼ 越ガ谷~ (5, 0.3%)

1 でえらい, で見世物師同士, に居残る, に引返し, の方

▼ 越中屋金六~ (5, 0.3%)

2 の家 1 というの, といふの, のところ

▼ 越太夫~ (5, 0.3%)

1 という, という義太夫, といふ義太夫, の弟子, を我

▼ 越そば~ (4, 0.3%)

1 は蚯蚓, をもしや, を祝つて, を買う

▼ 越といふ~ (4, 0.3%)

1 よし也, 二つの, 人が, 處で

▼ 越には~ (4, 0.3%)

1 それを, 二つ三つの, 何も, 大塚權兵衞小林内匠竹中主膳浦上三郎兵衞菅彌一右衞門黒田半

▼ 越~ (4, 0.3%)

1 さかい山中, 人夫どもへ, 出羽の, 節供の

▼ 越中守忠興~ (4, 0.3%)

1 の夫人, の邸, を会津守護, を頼ん

▼ 越~ (4, 0.3%)

1 とも事, に蚕食, をきりすて, をなぎたおした

▼ 越千造~ (4, 0.3%)

1 が脱獄, だと, でございます, は襟

▼ 越~ (4, 0.3%)

1 だの熱田, という者, と云, を持っ

▼ 越えむ~ (3, 0.2%)

1 とき, に時, 日は

▼ 越~ (3, 0.2%)

2 畢に 1 フトそうらしい

▼ 越~ (3, 0.2%)

1 んだ, 反逆的言辞とも, 考えは

▼ 越にも~ (3, 0.2%)

1 ゆる金星, 日光が, 見えた

▼ 越~ (3, 0.2%)

1 侯から, 軍の, 軍多年の

▼ 越中守忠利~ (3, 0.2%)

1 との道縁, と柳生但馬守宗矩, は地白

▼ 越~ (3, 0.2%)

1 に居候, の一家族, の最後

▼ 越州殿~ (3, 0.2%)

1 にもお願い, はお, は千里見通し

▼ 越憲作~ (3, 0.2%)

1 はやう, を中心, を認め

▼ 越~ (3, 0.2%)

1 に優遇, の呉, は墨子

▼ 越花魁~ (3, 0.2%)

1 に逢っ, の御, も大事

▼ 越~ (3, 0.2%)

1 などへ働かせ, の諸, の高

▼ 越さん~ (2, 0.1%)

1 が見, は綺麗好き

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 他村, 老僧

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 つたのです, よ手紙一本

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 やからと, やない

▼ 越です~ (2, 0.1%)

1 が向う, よ十七年

▼ 越では~ (2, 0.1%)

1 ある, ないかしらと

▼ 越でも~ (2, 0.1%)

1 なさいよ, 合宿に

▼ 越とも~ (2, 0.1%)

1 に興亡浮沈, 針木峠とも

▼ 越どう~ (2, 0.1%)

1 した, したの

▼ 越なる~ (2, 0.1%)

1 紅梅や, 隣室に

▼ 越へた森~ (2, 0.1%)

1 の村, の背後

▼ 越へる~ (2, 0.1%)

1 ために, と隅

▼ 越ゆるも~ (2, 0.1%)

1 のであつ, ので平将門

▼ 越与里野越総江~ (2, 0.1%)

1 の両, の口論

▼ 越中人~ (2, 0.1%)

1 が立山山上, の称呼

▼ 越中守斉護~ (2, 0.1%)

1 の四子寛五郎, の子

▼ 越中守様~ (2, 0.1%)

1 の, のお

▼ 越中様~ (2, 0.1%)

1 だとよ, の海鼠塀

▼ 越中等~ (2, 0.1%)

1 におられた, に於ける

▼ 越中魚崎~ (2, 0.1%)

1 の味方, の陣

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 御草稿, 高田

▼ 越二将~ (2, 0.1%)

1 が手切れ, はもつとも

▼ 越~ (2, 0.1%)

2 して

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 の境内, もまた

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 を発する, を辞し

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 ながら報告, は私

▼ 越王勾践~ (2, 0.1%)

1 の忍苦, は会稽

▼ 越王勾践呉~ (2, 0.1%)

2 を破り

▼ 越王勾踐~ (2, 0.1%)

1 の如き, 破呉歸

▼ 越王妃黄氏~ (2, 0.1%)

2 の建立

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 ともいう, のやう

▼ 越~ (2, 0.1%)

2 容れざるの

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 により分水線, 詣郡

▼ 越総江~ (2, 0.1%)

1 の両, の口論

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 下, 下候樣

▼ 越~ (2, 0.1%)

1 ひ交したお, ひ交した版木屋

▼ 越調呂旋~ (2, 0.1%)

2 であるべきこの

▼ 越軍談~ (2, 0.1%)

1 あの伍子胥, が贔屓

▼ 越雄太郎~ (2, 0.1%)

1 という医師, となっ

▼ 越願度~ (2, 0.1%)

2 くでき得る限り

▼1* [342件]

あそばしました限りは, 越あたりの連山, 越あなたもお早うお, 越あり度, 越あるべく候, 越て顧, 越いずれが治め, 越いたお島, 越いただき候やうくれぐれも願上, 越いたら催促やい, 越便は, 越お前は知つて, 越お小休み木曾福島, 越かでふっとそれ, 越からは正月にかけて, 越ぎた後は漸く, 越くれば一斉, 越この田舎へ, 越これなりと, 越さばや, 越さまあなた様のお洒落, 越しかた行く末を思ひ, 越そうにも越されませぬ, 越そのほかの, 越その他この地名, 越その他萬邦のさきがけ, 越だけお勝手へ, 越だけはあんなに人気, 越といふは山中を, 越とか小松正月とかいう, 越とかを思ツていらツしやる, 越とて小貝川に, 越とは見え隠れに, 越とやら某省傭の, 越どころじゃありません, 越ながら其の鈴, 越なされて, 越などは全く掬, 越なにをおどろく, 越ならぬは明, 越なんか疑つちや, 越なんどの平家方, 越にとつては, 越に当たり今の, 越のぜにア持た, 越ょろ, 越へた先の市, 越へた音無村に父祖, 越への峠の, 越まして御座り, 越まで一里三十町, 越もてまえも, 越ゆけば草津, 越ゆるあたわざるの堅固, 越ゆるたむけの草村, 越ゆるみかげ尾根, 越ゆ可からざる深谷, 越ゆ檳榔の御車, 越ゆ湖畔を傳, 越もしばしば, 越らしい情調に, 越らしく親しい聲, 越ば六里, 越ものあらず, 越エタノデハアルマイカト多少疑, 越エ給ヒ武田四郎勝頼ガ此地ニカカラレ候折ノ持舟, 越サレ宇喜多御赦免, 越シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, 越シニ却テ光ルノガ目立ッタソレト云ウノガソノ手袋ガ恐ラク佛蘭西製, 越シノ槍長柄ニテ大イニ利, 越シ下サルコトヲ望ムガ, 越シ荷物ハ人足ガ越シタガ水上ニ四人並ンデ水ヲヨケテ通シタガ, 越スナッテ云ットイタノニ勝手ニ這入ッテキヤガッテ, 越ソウト思ッテ右京ノ子, 越ソバがない, 越ににがした, 越ッ二人ともおらん, 越ツ執念が過ぎる, 越テハ坂戸山樺沢城ヲ打, 越てよろしき, 越ヲ通リテ当国, 越ヶ谷付近で野宿, 越ヶ谷在の大林, 越ヶ谷産同, 越ヶ谷粕壁を通っ, 越ヶ谷粕壁久喜鷲の宮, 越ヶ谷粕壁幸手でゆうべ, 越ヶ谷辺の地黒, 越ヶ谷附近で利根川, 越一人切りでさ, 越一家など云, 越一盃やれ, 越三ヵ国の境, 越三万八千石の百姓, 越三右衛門が召使, 越三日過其間聞哭聲扣隣人曰少婦因産而死今三日矣, 越三郎殿ヘ加勢也, 越上役が招い, 越上松三留野都合五か宿, 越上松馬籠の三宿, 越上野の花, 越世間に出した, 越両国の本能, 越中さんもここ, 越中めがそう, 越中側の山腹, 越中国トノ界ハ山深ク嶮岨ナル, 越中国守の館, 越中国射水神社の獅子頭, 越中国府の諸, 越中国東礪波郡の増太郎, 越中国松倉の住人右馬介義弘, 越中国氷見郡へ出よう, 越中国氷見郡仏生寺村というの, 越中国玄巣慶祥氏の報ずる, 越中国立山剣ヶ峰の雪, 越中守一分二朱といつた, 越中守上田主水, 越中守以前の十五代, 越中守依願帰国被仰, 越中守信照と生駒八右衛門, 越中守守信が市中町法, 越中守宗孝侯でございました, 越中守宗孝薬用叶わず卒中, 越中守宗教を殺害, 越中守定信の執政, 越中守定永であつ, 越中守富永伯耆守など今川軍, 越中守屋敷の少し, 越中守忠利法名を妙解院台雲五公居士, 越中守忠興入道宗立三斎殿御事松向寺殿を始, 越中守手疵養生不相叶致死, 越中守松平肥後守が連署, 越中守様御免の相撲場, 越中守殿の下屋敷, 越中守稲葉能登守中川佐渡守の領地, 越中守稻葉能登守中川佐渡守の領地, 越中守綱利と黒田右衛門佐光之, 越中守羽仁越中守同将監, 越中守金森法印有馬法印佐竹備後守其他五六人の大名達, 越中島孤島君の郷里, 越中巡回の折, 越中平の平野, 越中弘中三河守等の勇将, 越中新湊町の寺院, 越中方面に爪先, 越中橋から江戸橋, 越中殿して, 越中殿不慮之御事, 越中気でなくなった事, 越中沢を徒渉, 越中沢落合立山の東, 越中米を満載, 越中者で毎日店頭, 越中越後にはほうぼう, 越久保に着く, 越二軍の精兵, 越二重の襖, 越互に思い合って, 越に玄関, 越今夕又一宿, 越以下宿将群臣たちは日々評議, 越てふ, 越佐七が泊つたこと, 越うだえ, 越修善寺越といふ二つ, 越候えども六丸殿, 越候其以来書生の世話, 越候樣長崎奉行え被仰, 越候處是も豪傑, 越候趣も御座候間, 越候間得其意早々下田港, 越入道である事, 越八十里越のけわしい, 越八十里越あたりの連山, 越八弥二人は江戸, 越八弥加山耀蔵のふたり, 越八弥隣室にいる, 越六十里越は最も, 越兼而被仰出候日限, 越内山峠与地峠, 越内証でもの置, 越処女が杖, 越切れなん, 越則茶筅と穢, 越前方の監使榊原飛騨守, 越前田野村からの取立て, 越十九人衆の大, 越十人衆の一人, 越十年も恋しく, 越十月中旬頃迄滞在, 越南国民革命党にしろ, 越即ち針ノ木峠を, 越口説き廻した相, 越只今青森表より申来, 越入込義迚, 越可有候島中に此状, 越可申旨被仰, 越落合へ, 越唐津口生松原, 越の小星, 越喜三郎と云う, 越喜翁千村民部奈良井主水, 越の三侯, 越地帯などを捜しまわったら, 越地方は殊に, 越の無量寺, 越外出も出来ず, 越の種落之, 越多年干戈剣戟の裡, 越に見た, 越太郎重頼江戸太郎重長などの平家勢, 越願上候, 越奉公をした, 越奥州などが皇威, 越の姿, 越女詞にもその, 越女詞五首の第, 越始め町内の衆, 越寵愛した自分, 越対陣的の好敵手たる, 越を迎, 越居た事が, 越州一個の考え, 越州以来久しく圧迫, 越州字が書い, 越州察するところ, 越州山陰家に豕, 越州様思召より手緩く手緩く, 越州附近まで歸來, 越州黒高麗天龍の青磁, 越工藤なども陣, 越幕の内か潜らし, 越幾斯にて雲様, 越建家仕右伜助, 越後口総督として征途, 越後口総督府参謀となつ, 越後口総督府参謀西園寺公望が村松, 越後様の好い, 越厄介に, 越御館ヘ来, 越恭平伝といふの, 越悄々と出る, 越戊寅春余在京会備中人小野梅舎至自江戸, 越戦記のクライマックス, 越提げて買物, 越攻撃の別軍二個大隊半, 越教えてやっ, 越方言集にクヾツ, 越方面へ放浪, 越日本中を遊歴, 越日本画大展覧会, 越日本画展は早晩専門職人以上, 越杉浦琴川幸田親益宿谷空々新楽閑叟, 越来年あたりは高等学校, 越がくれ, 越根中大宮の規模大, 越のところ, 越権兵衛倉橋剣助などの腕きき, 越の袂, 越櫛羅小巨勢, 越櫛羅小巨勢と段々高, 越の瞬間, 越次第いつでも御, 越次郎重時, 越次郎左衛門や秋田加兵衛, 越此家に下宿, 越の講義, 越歴機の夢, 越段々神事致貪着候由相聞得候有来, 越氣勢もしない, 越江戸中を探し廻り, 越沢丑次郎落合美之作小野政吉土井亀吉関口三郎次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 越を教えた, 越渓等があった, 越にし, 越煩った後で, 越王泰阿の, 越王潭には青い, 越甚兵衛しつぱらひを, 越甲府秩父などの諸, 越申候と清水, 越申度段奉願上候所, 越男猫も抱かない, 越町魚屋万蔵の家, 越町魚屋万蔵方まで罷, 越療治仕遣度, 越相三国の戦, 越の祖, 越は忘れ兼ねました, 越種族であつ, 越空家のまま, 越立たぬ腰が, 越立下条黒田なぞの山村, 越をとれ, 越等南蠻の國君, 越等邊裔の國, 越管黔敖高孫子, 越絹擧て計, 越而纔旬日君忽獲病而遂不起, 越といったよう, 越聖絶学無造作裡に上, 越の低い, 越能百万石の威勢, 越は抜ける, 越荷方久保松太先生に御, 越葉末に船頭, 越蕎麦の長かれ, 越薩将に襲い, 越藪原二宿を越した, 越藪原奈良井贄川を上四宿, 越蝦夷の名, 越衆その他尾州家からお, 越は東入, 越行儀作法を仕込ん, 越裳氏が指南車, 越西施を進め, 越見なかった人なり, 越賢藏と申す, 越趣堀副督, 越軍二十万が呉, 越逃がすな, 越通り候得ば, 越通候由申候者在之者, 越連廓連睦連昨今税金の値上げ, 越遅かったじゃ, 越都歴険無糧費, 越重々誤入, 越重頼の娘, 越鉄路の難所, 越鉄道の方, 越がな隙, 越附近で野営, 越に送っ, 越雋郡の高定, 越は龍, 越だとて, 越馬鹿にされ, 越の間, 越騎校尉の伍俘, 越は南枝, 越余りに黒い