青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「起る~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~起す 起す~ ~起っ 起っ~ ~起った 起った~ 起つ~ ~起つた 起り~ ~起る
起る~
超越~ 越~ ~越え 越え~ ~越し 越し~ 越前~ 越後~ ~趣 趣~

「起る~」 2943, 32ppm, 3690位

▼ 起る~ (481, 16.3%)

71 である 24 です 2221 では 13 であります 9 であった, は当然 7 でした, を感じた 6 でも 5 だろう, であろうか, よ 4 か, だが, だと, であるが, も無理, を感じ, を聞きました 3 だった, であるから, ですね, を待つ

2 [22件] が普通, じゃ, だから, だろうか, だろうと, であったが, であろう, ですか, ですが, で御座います, に気づき, はやはり, は財産, も自然, を信吾, を妨げよう, を待ち, を待っ, を感じる, を禁じ得なかった, を禁ずる, んです

1 [193件] かうす甘い, かしら見, かちゃんと, かといへ, かと思います, かと思う, かと戸, かと眼, かまるで, かも知れない, かも知れません, かよく, かわかり, かを研究, か一向に, か分らない, か知ら, か行乞, か解らなかった, が〇・一五, がきまり, がすでに, が予期, が先ず, が十時, が同じ, が同時, が多い, が当り前, が当然, が当節, が惠, が波, が認められた, が通常, じゃと申されます, じゃない, じゃア, じゃ其の, だけれど, だそう, だったん, だつた, だといふ, だとさえ, だとしか, だよ, だらうと, だろうという, でありそして, でありました, でありましょうか, でありますが, であるこの, であるならば, であるまいか, である個物, である制作的身体的, である抽象論理的, でございまして, でございましょう, でございます, でございますが, でしたら駅前, でしょう, でしょうか, ですかの, ですから, ですってね, ですな, ですよ, でないと, でなく世界, に備える, に変りありません, に気がついた, ね, は, はあたりまえ, はいつ, はおそらく, はこれ, はぜひ, はそうした, はた, はどういう, はもちろん, はもってのほか, はタービン, は上下共, は人々意想外, は仕方, は免, は八百長レース, は十中八, は古い, は古来, は右, は固, は地名, は多く, は大抵, は天下国家, は太陰, は好奇心, は媒酌人, は孔子, は寧, は席順, は後世, は既定, は明かである, は是, は有り, は概して, は概ね, は物語, は生活, は當然, は眼, は矢, は神, は私, は稀, は積極的, は第, は結構, は自己, は自明, は自然, は言語, は遅れた, は飢饉その他, もお, もここ, もこの, もその, もまた, もむり, もむりはないな, ももともと, も亦, も全く, も尤も, も望まれた, も決して, も畢竟, も目, やらそれ, をいなめなかつた, をそれとなく, をどう, をみた, をやっと, を予期, を伸子, を如何, を妨げるであろう, を常, を待ちかまえ, を待ちました, を待ち構え, を心配, を思う, を感じました, を感じます, を慣はし, を慣わし, を望ん, を洞観, を眼, を瞶め, を知, を禁じ得なかつた, を禁め, を聞い, を聞き流し, を見, を見た, を見たい, を見る, を覚え, を覚えられる, を防ぎ得ない, を願う, 句は, 形あれ, 日を, 由諸国に, 精力を, 誡めの, 路は, 風聞に

▼ 起る~ (245, 8.3%)

12 すれば 5 私は 3 これを

2 [17件] いけないから, すぐに, する, すると, それは, なると, 云う事, 云ふ, 分ったん, 同室の, 否とを, 困るから, 大変だ, 思う, 自分の, 若葉の, 言うべきである

1 [191件] いうより, いけぬから, いって, いつた誰, いつもあの, かうなるからは, きまって, けったいな, この山, この沼, さしも昼, したらこれ, したらどんな, すぐ, すぐさまメキシコ, すべての, せば, その, そのことごと, その同じ母, その場, その影響, それが, それこそ, それの, それまで, それを, たちまち消え, たちまち顔色, つか, どこからとも, なかなか後, なって, にわかに大風, また必要以上, まもなく自ら私, みられて, みんなが, もうどうする, わあツ, グラグラし, マルクスが, 一人の, 一同また, 一層先生, 一応は, 一緒に, 三花の, 不可い, 予想される, 予期され得る, 予期し, 事が, 云々, 云うの, 云うは, 云う事実, 云う点, 云う虫, 云つた, 云へ, 五人が, 五郎の, 人の, 人夫が, 今まで, 他人の, 伝へて, 体が, 何うし, 僕は, 兒童は, 全部の, 共に消えた, 兵士達の, 决し, 凝つとして, 到底その, 前々から, 危險甚しき, 原因を, 同じ訳, 同時にそれ, 同時にドッコイ, 同時に一方, 同時に世界, 同時に其の, 同時に各, 同時に心理的, 同時に杜, 同時に湖面, 固く信じ, 固体の, 坐骨の, 堀は, 夕闇の, 夜中でも, 夢中で, 大脳作用が, 奇観も, 始めてその, 子供等は, 家の, 容赦なく, 寄手たる, 小田島は, 少しでも, 当然そこ, 当然遠来, 彼らの, 待てども, 御ところ, 必ず帝国主義ブルジョアジー, 必ず顔, 忽ちに四方, 思いこんで, 思います, 思いますか, 思うと, 思う憂慮わしげ, 思えば, 思ったから, 思ってたわ, 思ふの, 思われて, 思われるもの, 急に, 怪火の, 悪いとも, 惟う, 想像される, 我々が, 我関せず, 推論し得る, 早耳の, 時々見事, 最初に, 棄てては, 歓呼の, 殆どまた, 殊にて, 泣きべそ, 深く自ら, 燕女は, 物置に, 狂気の, 猫板に, 現代劇, 生死の, 病人に, 痛切に, 直ぐに水道, 直ぐ様子供, 直ぐ注進, 直ちに原子爆弾, 知って, 神主様が, 私の, 稽古の, 突然に, 第三者が, 結局アカデミーの, 聞く, 自分が, 自分自身それを, 裏切って, 見ると, 見るや, 見る見るその, 見る間, 見れば, 見做す, 見物人も, 覚しく恐る恐る, 解いた, 説いて, 警板が, 豪快な, 責任を, 責任上困る, 足で, 足の, 足擦りし, 道路が, 遠く距, 酒を, 間もなく汽車, 限らない, 隣の, 静かに, 食事前に

▼ 起るもの~ (152, 5.2%)

13 である 12 では 114 だと, であること 3 か, だから, です, ですから, でないと, のよう 2 であらう, であり従って, であるが, であるという, でなければ, と仮定, なん, は神化, らしい

1 [72件] あらん, かそんな, かもしれない, があるなら, が多, じゃ, じゃない, じゃなし, ぞ, だが, だという, だとは, だねえ, だろう, だろうと, であって, でありそして, でありそしてまた, でありまして, であります, でありますから, でありますし, であり行為, であるか, であるから, であるといふ, でご, ですか, でそういう, でその, でなきのみ, でなく双方, でなく環境, で事件, で体温, で僕, で慾望, で月, で總, で語り歪めの, で誰, としてはたしかに, として自己, とす, とすれ, とも限らない, と予測さる, と家康, と思はなけれ, と思わなけれ, と感, と期待, と見えます, と覚悟, と説明, ならば, なれば, にあらず, に限っ, のやう, の分類, の外, の数, はない, は不快, は凡てヘブライ人, は凡て彼, は武力侵略, は起っ, は難しい, らしく思われた, を言う

▼ 起ること~ (148, 5.0%)

9 もある 7 がある 43 がない

2 [14件] が多い, が通常, だと, である, であろう, のよう, はある, はた, もあつ, もあります, を予想, を意味, を知っ, を知つて

1 [97件] あらんか, か, かどう, からし, があ, があっ, があり, があります, がざら, ができない, が不可能, が予想, が予知, が判った, が可能, が年, が幾ら, だってあり得る, だつたのさ, であったから, であって, であります, であるが, であろうすなわち, では, ではござりませぬ, でわかるの, で単に, で白秋, となっ, となった, となろう, とはいっしょ, と云え, と人, なき國, などは今, などを考える, なにとぞとくにお, なれば, なんで, につきて, になる, に立脚, に間違, の一切, はございません, はただ, はキ印相手, は予想, は云う, は免れない, は少く, は已む, は当然, は必死, は慣例, は本, は法師, は爾, は物理的不可能, は珍, は知識階級, は絶えない, は見, は誰, は起っ, もあった, もあり, もあろう, もなかっ, も予想, も寡, も止む, も無い, も総じて, をそれ, を一致, を予期, を予見, を何, を信じ, を前, を唯一, を妨害, を希望, を恥ぢ, を我々, を教えます, を期待, を發見, を研究, を絶えず, を見とおす, を許さなかった, を述べた, を願

▼ 起るかも~ (85, 2.9%)

9 しれない, 知れないと 7 知れない 4 知れぬ 3 しれません, 知れないが, 知れぬと, 知れません 2 知れないから, 知れませんから

1 [40件] しれないが, しれないこと, しれないし, しれないと, しれないという, しれないな, しれないん, しれない危険, しれない戦争, しれない様子, しれない結果, しれぬ, しれねえ, しれへんぜ, しれん, 分らなかった訳, 判らない後で, 知れずどう, 知れず一應自分, 知れず王位, 知れないがね, 知れないさ, 知れないその, 知れないという, 知れないといふ, 知れないの, 知れないよ, 知れない事実, 知れない危険, 知れない御, 知れぬ破綻, 知れぬ素子, 知れねえ, 知れましねえ, 知れませんが, 知れませんので, 知れませんもう, 知れんなあ, 知れん日, 解らないからと

▼ 起る~ (84, 2.9%)

8 及んで, 違いない 7 相違ない 5 ちがいない 2 きまって, 先だちましては, 及て, 及で, 及びて, 連れて, 違いありません, 違ひない

1 [40件] あらざるなり順帝, あらず, あらず船流れ, いたった, いたれるなり, きまってるじゃ, きまって居る, きまつて, したが, しては, しても, しろ何ら, しろ自然価格, ちがいなかった, ちがいの, つけても, 到るだらうと, 及び皆其等, 当て改進党, 會ふと, 極っ, 止まる程度, 比して, 決まって, 當て, 相違ねえ, 至ったの, 至ったテンマツ, 至った烏帽子, 至った社会的根源, 至って, 至つた, 至つたのである, 至つて俄然, 至らず, 遇うて, 遇ひ, 過ぎないという, 違ひ無い, 遥か先立っ

▼ 起る~ (64, 2.2%)

3 分らない 2 いつ陣務を, わかったもの, 見当も

1 [55件] いずれに, この様子, これは, さっぱり見当, しれたもん, しれませぬ, しれんよ, それとも重明さん, それは, それを, もとよりマン, よく解る, わからない, わからないもの, わからないよう, わかりませぬ, 予測を, 予測出来ない, 二三分御, 今にも変った, 分つたもんぢ, 分らないし, 分らないという, 分らない事実, 分らなかった, 分らんという, 分らんもの, 分りません, 分りませんのでね, 判ったもの, 判らんでは, 判りませんよ, 否かの, 大変です, 待ち構えて, 或いは打連れ, 或はそれ, 気を, 測り難い, 知つてゐるだらう, 知らんでも, 知れたもの, 知れない, 知れないが, 知れぬと, 知れませんから, 知れませんよ, 知れんという, 興味を, 行った先, 解らないやう, 説明できないじゃろう, 起きぬか, 起らぬか, 起らぬかは

▼ 起るよう~ (63, 2.1%)

14 になった 4 な気 2 だ, では, になっ

1 [39件] だった, である, です, なこと, なジャズ, な予感, な危険, な場合, な寒い, な快い惨, な曖昧, な経験, な荘重, な薬品, な訳, な談論, な身体つき, な遠い, にいい, におもえた, にしっくり, にする, にと希っ, になり, になる, にはやつ, にもなった, にも思えた, に何, に出来, に地上, に堕落, に思えた, に思っ, に思われる, に用意, に私, に自然主義, に見える

▼ 起るので~ (46, 1.6%)

11 あつた 4 ござります

1 [31件] あつて, あらう, あらうか, あらうが, この約束, これが, これを, その空気, それが, とうとう机, なかろう, 三度に, 事に, 以前から, 住民は, 何事かと, 其汎称としては, 呼息を, 多分実験上, 學校の, 少しく首, 必ずしも料理, 昔は, 時としては, 有るが, 経験に, 結局アパリから, 自分だけを, 自分ながら, 過去百年間に, 離して

▼ 起るという~ (43, 1.5%)

5 ことは, のは 3 ことである, のである 2 ことが, ことを, ような, 噂であった, 説と

1 [17件] お話みたいに, きわめて当然の, ことであろう, ことも, ところに, のか, わけです, 予感だった, 位で, 平田先生並びに, 意味も, 戦争の, 望みの, 理論から, 直前に, 筋で, 記事に

▼ 起る~ (37, 1.3%)

7 です 54 だね 3 じゃない 2 だよ, でしょう, ですか

1 [12件] だから, だからね, だけれど, だぜ, だってあれ, だってさ, だと, だとか, だ全く, ですが, ですね, ですもの

▼ 起るかと~ (29, 1.0%)

2 云えば, 待ちかまえて, 心待ちに

1 [23件] いうと, いふと, おそろしさ, どんなに待ち兼ねた, ハラハラし, 云う問題, 云ふ, 云ふと, 反問する, 唾を, 問うと, 思うと, 思えば, 思って, 思ってるよ, 思われた, 思われたが, 目を, 耳と, 聞くと, 覚悟は, 調べたの, 調べ出した

▼ 起る~ (26, 0.9%)

1 [26件] この作用, この現在, これには, これを, そういう作用, その犯人, それに, それは, ために, ままという, ままに, 其の必然, 初めから, 否や, 如き長大, 如き電光一閃, 如く一身ため, 平生は, 恒だ, 抱きしめて, 故にあらゆる, 故にいかほど, 最初の, 牛は, 終いには, 馬には

▼ 起るところ~ (26, 0.9%)

1 [26件] から終る, がわからない, がわかりまし, だったと, でありそして, である, ですが, となる, なく終る, なの, にぐづ, に暴圧, に機杼, のいつ, のまま, の事, の家, の惨事, の根本原理, の真, の考え, をじっと, をたしかめ, を知らない, を知る, を考察

▼ 起る~ (25, 0.8%)

2 が出来ません

1 [23件] がある, が何, が稀, が隨分, だから, で気象学者, というもの, として仕舞つて, なれば, になっ, はしばしば, は普通, もありません, もある, もよく, も親達, をいかに, を全部一度, を前提, を平静, を望む, を自分, 正しき女

▼ 起る現象~ (23, 0.8%)

2 である, です, なの

1 [17件] が決して, だと, であった, であって, であります, でした, でなかった事, で原曲, ともとれる, なるが, に過ぎん, の必然性, はそう, は極めて, を予報, を指す, を諷

▼ 起る~ (20, 0.7%)

1 [20件] からのこと, にきき, にそれ, にはきっと, にはその, には勿論, には地球磁力線, に不愉快, に人口, に大抵, に山鹿, に忠君, に當つて氣, に私, に見た, に貴族, の時, まで位, ヴォルガ河の, 兆位な

▼ 起る~ (20, 0.7%)

2 がない, がなかつた, だな, のもの, の母 1 がなかっ, だ, だ魂, である, です, ですから, のない, はない, はなかつた, もありません

▼ 起る~ (19, 0.6%)

1 [19件] がそう, が油断, などは丸, にどこ, にはすぐ, にはどう, には偉い, には夜, には残った, には母, には非常, に當つて, に自ら氣, の名, の砂, はこの, はその, は薔薇, は霞

▼ 起る~ (18, 0.6%)

2 土佐派は, 彼れ

1 [14件] 久し, 北寿も, 又一召集, 否や, 否や直ちに, 否や脆く, 否誰, 外国の, 外國の, 当時福沢翁の, 彼女は, 恰も獨帝狙撃者, 當時福澤翁の, 直ちに圧縮

▼ 起るから~ (17, 0.6%)

2 である, なんだ

1 [13件] お前飯を, そのウス, その前, その増加, その病気, だ, であつ, であろう, です, ロシアに, 其等に, 大抵江戸, 驚く

▼ 起るその~ (16, 0.5%)

1 [16件] 人の, 判断には, 合唱を, 土地の, 影響かと, 時は, 時ビジテリアンたちは, 根株を, 次第は, 現象が, 皮肉な, 瞬間まで, 芸術的昂奮と, 西空には, 議論は, 都度にも

▼ 起るはず~ (16, 0.5%)

4 はない 3 はなかっ 2 であるの 1 がありません, がなかつた, だがと, だった多く, だと, のいっさい, のもの

▼ 起るたび~ (15, 0.5%)

1 [15件] に, にいよいよ, にだ, にだんだん, になよなよ, になるべく, にわざわざ, に常に, に彼, に悶え苦しみました, に新旧, に生ずる, に神, に部署, に黒吉

▼ 起る~ (15, 0.5%)

2 が古版, なるが, の無意識 1 が頗る, である, の一国, の一時的, の下落以外, の境, の現象, の結果, までは行かれない

▼ 起るわけ~ (13, 0.4%)

3 では, はない 1 がない, じゃありません, だ, です, でも, はなく, は一つ

▼ 起る~ (13, 0.4%)

2 覺え

1 [11件] りを, 俟ち, 知つて此を, 知らざる人, 聞く, 聞くよ, 聞けり, 見たるカルハース未來, 見て, 見ん人, 覚えたもの

▼ 起る問題~ (13, 0.4%)

2

1 [11件] すなわち私, ではない, として差し当り, なので, はこの, はまず, は何故, は助かった, は大和民族, は詩人, をちょっと

▼ 起るとき~ (12, 0.4%)

2 にはそれ, は仕方 1 から胸, というもの, にその, には問題, には多数, の急, は民衆, は起き

▼ 起るかを~ (11, 0.4%)

2 知ること 1 よく捕捉, よく知っ, 予期し, 問題に, 想像し, 戦いの, 明かに, 試験し, 調べた

▼ 起るといふ~ (11, 0.4%)

1 [11件] こと, ことが, ことである, ことに, ことの, のは, 慣例が, 時間的關係を, 望みの, 淋しい海岸, 現象を

▼ 起るやう~ (11, 0.4%)

1 [11件] であります, なこと, な事, な恐ろし, な気, な騒ぎ方, におも, になつ, になりました, に思はせた, に見える

▼ 起る場合~ (11, 0.4%)

2 が少なく, もある 1 が多い, にはほんの, の多い, の方, も少く, を想像, 第三

▼ 起るさまざま~ (10, 0.3%)

2 な犯罪, の事件 1 な插話等, な煩い, な精神的, の幻想, の感傷, の破綻

▼ 起ると共に~ (10, 0.3%)

1 一方では, 世界から, 凡ての, 外相は, 富士山が, 左の, 征討軍に, 牢の, 甥の, 非常に

▼ 起るかという~ (9, 0.3%)

3 ことを 1 ことについて, ことは, 事を, 問題は, 確かな, 結論が

▼ 起るすべて~ (9, 0.3%)

2 の物音 1 のもの, の不愉快, の大, の感情, の条件, の美, の談話

▼ 起るとは~ (9, 0.3%)

1 うまいこと, なかなか考えられない, 世にも不思議, 仮定され, 僕も, 夢にも思いませんでした, 想像されない, 想像も, 知らないから

▼ 起るまで~ (9, 0.3%)

1 しまって, 四十一年間ずっと, 四半刻ばかりの, 奉公させ, 待って, 気づかなかったが, 父の, 白銀号と, 絶えず私

▼ 起る事件~ (9, 0.3%)

1 が部落民, である, です, ではない, に腹, に逐われ, の暗示, を待っ, を結び付けなく

▼ 起る前兆~ (9, 0.3%)

1 が後, だと, だなど, でで, ではない, でもあろう, とは夢にも, なりといふ事此頃一般, の樣

▼ 起る~ (9, 0.3%)

2 がない 1 だけれども, であります, であるが, でしょう, ですね, に参りません, はない

▼ 起る~ (8, 0.3%)

1 いまさらびっくり, また睡り, 創口が, 子供が, 小次郎の, 彼は, 隣りの, 騒ぎが

▼ 起るとも~ (8, 0.3%)

2 なく 1 いうさも, 信じられない, 口に, 日光に, 米, 罪からは

▼ 起るほど~ (7, 0.2%)

2 かれには 1 だから, なおさらそれ, な騒ぎ, 何か, 東京や

▼ 起るまでは~ (7, 0.2%)

1 この物置小屋, その恐怖心, それで, 万引した, 他の, 彼は, 洞穴に

▼ 起る~ (7, 0.2%)

1 から招待, がない, ではなかつた, の叫び, の叫び声, の叫声, 知れぬこんな

▼ 起る~ (7, 0.2%)

2 の不愉快 1 のこの, の婚姻, の怨言, の新, の生活

▼ 起る~ (7, 0.2%)

2 きを 1 き充足理由, き現象, き理, くして, く重

▼ 起る~ (7, 0.2%)

2 に公 1 にこの, に億劫, に全身冷水灌漑, に嘆かず, に待ち構え

▼ 起るこの~ (6, 0.2%)

1 不幸について, 世の中で, 変化が, 老婦の, 関係を, 面彼面に

▼ 起る~ (6, 0.2%)

2 当然の 1 即ち罪, 当然で, 必定, 珍らしからず

▼ 起る~ (6, 0.2%)

2 に父 1 にきっと, に家, に將軍, に矢

▼ 起る~ (6, 0.2%)

1 だから, と見える, には帰ります, の朝, の祈祷, は大抵

▼ 起る疑問~ (6, 0.2%)

1 であった, です, は何故, は凡て六爻, は此, は箕島

▼ 起る~ (6, 0.2%)

1 が高い, とは別に, に煽られ, の歌, の筋, も物憂き

▼ 起るあの~ (5, 0.2%)

1 度胸を, 悲惨な, 特別な, 精神昏迷の, 高いさ

▼ 起るごと~ (5, 0.2%)

1 にその, に五百, に件, に民主主義作家, に火事装束

▼ 起るもん~ (5, 0.2%)

2 じゃない 1 だ, だから, だからね

▼ 起る一種~ (5, 0.2%)

1 の変態心理現象, の強迫観念, の樹病, の親しみ, の錯覚

▼ 起る変化~ (5, 0.2%)

1 である, の道程, は他, は全く, も他

▼ 起る~ (5, 0.2%)

2 叫喚 1 疑問サ, 紛擾一艘は, 鼓小鼓の

▼ 起る少し~ (5, 0.2%)

2 前に 1 前政府から, 前東洋汽船という, 前東洋汽船といふ

▼ 起る悲劇~ (5, 0.2%)

1 である, の兆し, や喜劇, をどう, を防ぐ

▼ 起る~ (5, 0.2%)

3 の太吼 1 の底吼, の遠

▼ 起る理由~ (5, 0.2%)

1 がない, が無い, はわかり易い, を話し, を説明

▼ 起る~ (5, 0.2%)

1 一の, 三には, 三の, 三段は, 二第

▼ 起る~ (5, 0.2%)

1 と美智子, に干渉, の中, の旋律, は紙一枚

▼ 起る~ (4, 0.1%)

2 それの 1 それが, 題目の

▼ 起るぞと~ (4, 0.1%)

1 云つてた, 厳に家人, 右翼が, 書いて

▼ 起るとか~ (4, 0.1%)

1 あるいは一村一国, 云う事, 大戦争, 恋愛とか

▼ 起るとしても~ (4, 0.1%)

1 こんな大雪, しかし伝統, それを, 能楽や

▼ 起るやも~ (4, 0.1%)

1 しれぬの, しれませぬ, しれません, 知れん

▼ 起る不思議~ (4, 0.1%)

1 な, な事件, な危, な感銘

▼ 起る凡て~ (4, 0.1%)

2 の現象 1 の不祥, の事

▼ 起る原因~ (4, 0.1%)

1 だったの, なん, については実は, を究明

▼ 起る~ (4, 0.1%)

4 の間

▼ 起る度毎~ (4, 0.1%)

1 にです, に新規, に産婆, に私たち夫婦

▼ 起る恐怖~ (4, 0.1%)

1 です, とで全身, ともつれ, と共に世

▼ 起る普通~ (4, 0.1%)

1 のこと, の会話, の小, の結果

▼ 起る様々~ (4, 0.1%)

1 な社会運動, の思い, の現象, の疑問

▼ 起る種々~ (4, 0.1%)

1 な内輪, な恋愛問題, な悩み, の出來事

▼ 起る道理~ (4, 0.1%)

2 がない 1 だから, はございませぬ

▼ 起るかは~ (3, 0.1%)

1 前以, 皆さんにも, 範疇の

▼ 起るたび毎~ (3, 0.1%)

1 にこれ等, に是等, に私

▼ 起るため~ (3, 0.1%)

1 に小さい, に絶えず, に耳

▼ 起るだけ~ (3, 0.1%)

1 であった, である, です

▼ 起るだけの~ (3, 0.1%)

1 余裕が, 準備が, 理由が

▼ 起るといった~ (3, 0.1%)

1 ような, ように, 誰かの

▼ 起るなり~ (3, 0.1%)

1 国家徳乏しけれ, 恨み苦みも, 若し此事

▼ 起るには~ (3, 0.1%)

1 あまりに彼自身, 地下に, 種々な

▼ 起るばかり~ (3, 0.1%)

1 です, でなく男性, で先方

▼ 起るまでの~ (3, 0.1%)

1 大体の, 間, 間の

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 御心, 或は庵中閑打, 起らんも

▼ 起る一切~ (3, 0.1%)

2 の秋 1 の物音

▼ 起る一番鶏~ (3, 0.1%)

3 のつくる

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 満足等が, 滿と, 規律だ

▼ 起る人々~ (3, 0.1%)

2 の叫び声 1 の笑

▼ 起る人間~ (3, 0.1%)

1 の一状態, の感情, の抵抗

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 だから, です, に荒い

▼ 起る前後~ (3, 0.1%)

1 といふもの, の事情, の状態

▼ 起る大きな~ (3, 0.1%)

1 新勢力, 水音, 笑い声は

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 に, の発作, の要求

▼ 起る所以~ (3, 0.1%)

1 がわかりませぬ, だ, を解釋

▼ 起る時間~ (3, 0.1%)

1 があまりに, がいつもあまりに, の余裕

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 だったらどう, なこと, になる

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 であるが, な氣遣, になる

▼ 起る汽車~ (3, 0.1%)

2 の音 1 の響

▼ 起る温度上昇~ (3, 0.1%)

1 が緩徐, によって補充, の結果多量

▼ 起る直前~ (3, 0.1%)

1 で, の英信, までというもの

▼ 起る笑声~ (3, 0.1%)

1 が高い, の外, は過

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 徳では, 現象の, 結果は

▼ 起る趣味~ (3, 0.1%)

1 ある会話, ある會話, の法則

▼ 起る~ (3, 0.1%)

1 に出, まで待つ, まで陸軍省内

▼ 起るかの~ (2, 0.1%)

1 大體, 好奇心と

▼ 起るくらい~ (2, 0.1%)

1 である, ならば

▼ 起るこれ~ (2, 0.1%)

1 が人生, が度々

▼ 起るじゃ~ (2, 0.1%)

2 ないか

▼ 起るそこで~ (2, 0.1%)

2 娘は

▼ 起るそして~ (2, 0.1%)

1 夜は, 私が

▼ 起るたんび~ (2, 0.1%)

1 にこんな, に罪

▼ 起るところ山河~ (2, 0.1%)

1 よしと, よしとは

▼ 起るとしか~ (2, 0.1%)

1 思われないの, 思われない劇

▼ 起るとともに~ (2, 0.1%)

1 事情は, 細君の

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 こんな晩, ア

▼ 起るなんて~ (2, 0.1%)

1 五十近い, 物騒な

▼ 起るにも~ (2, 0.1%)

1 関はらず, 附添う

▼ 起るまた~ (2, 0.1%)

1 その光線, 自然の

▼ 起るより~ (2, 0.1%)

1 ずっと以前, 半年ほど

▼ 起るんぢ~ (2, 0.1%)

2 やね

▼ 起るんで~ (2, 0.1%)

1 今度の, 僕は

▼ 起る一番鷄~ (2, 0.1%)

2 のつくる

▼ 起る三日前~ (2, 0.1%)

1 の十月五日, の晩

▼ 起る不安~ (2, 0.1%)

1 のため, を得よう

▼ 起る不審~ (2, 0.1%)

1 な出来事, を青年

▼ 起る事態~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 起る事我~ (2, 0.1%)

2 れは

▼ 起る事物~ (2, 0.1%)

1 に對, に就

▼ 起る些細~ (2, 0.1%)

1 な事柄, な出来事

▼ 起る人生~ (2, 0.1%)

1 のいざ, の普遍観

▼ 起る~ (2, 0.1%)

2 助に

▼ 起る余地~ (2, 0.1%)

1 がない, が天

▼ 起る余裕~ (2, 0.1%)

1 がない, のある

▼ 起る出来事~ (2, 0.1%)

1 と旅中, を詩

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 のない, は乏しい

▼ 起る即ち~ (2, 0.1%)

1 その真理, 歴史的身体的である

▼ 起る反響~ (2, 0.1%)

2 の苦痛

▼ 起る可能~ (2, 0.1%)

2 がその

▼ 起る可能性~ (2, 0.1%)

1 の多い, は二つ

▼ 起る~ (2, 0.1%)

2 の声

▼ 起る地震~ (2, 0.1%)

1 に於, の強弱

▼ 起る夏祭~ (2, 0.1%)

1 の囃し, の囃子鳴物

▼ 起る嫉妬~ (2, 0.1%)

1 にしか過ぎません, の念

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 ぜり, 親が

▼ 起る弊害~ (2, 0.1%)

1 について大いに, を指摘

▼ 起る微風~ (2, 0.1%)

1 と共にあたり, をたのしむ

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 のこだわり, の中

▼ 起る心配~ (2, 0.1%)

1 がある, の変形

▼ 起る必然~ (2, 0.1%)

1 な結果, の思想

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 の発現, は悲惨

▼ 起る愛蘭土~ (2, 0.1%)

2 の作家たち

▼ 起る感じ~ (2, 0.1%)

1 であろう, の一部分

▼ 起る感情~ (2, 0.1%)

1 は未来, を見せまい

▼ 起る拍手~ (2, 0.1%)

1 のやう, の音

▼ 起る損害~ (2, 0.1%)

1 は一, を敢

▼ 起る数々~ (2, 0.1%)

1 の疑問, の突飛

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 が〇・二三, がよい

▼ 起る時代~ (2, 0.1%)

1 でも適當, にはひつ

▼ 起る時分~ (2, 0.1%)

1 だな, に何

▼ 起る機会~ (2, 0.1%)

1 を彼, を待っ

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 遣なかろ, 遣は

▼ 起る気遣い~ (2, 0.1%)

2 はない

▼ 起る波紋~ (2, 0.1%)

1 であった, のごとく

▼ 起る涼風~ (2, 0.1%)

2 は昔ながら

▼ 起る火災~ (2, 0.1%)

1 に比すれ, は人

▼ 起る煩悩~ (2, 0.1%)

1 に春情, を断切り

▼ 起る爆発~ (2, 0.1%)

1 の轟き, の響き

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 の音, を見る

▼ 起る物凄い~ (2, 0.1%)

1 叫び声に, 叫び声は

▼ 起る犯罪~ (2, 0.1%)

1 でも重大事件, は唐時代

▼ 起る由來~ (2, 0.1%)

1 を考へる, を辨

▼ 起る~ (2, 0.1%)

2 でもう

▼ 起る~ (2, 0.1%)

2 の響

▼ 起る矛盾撞着~ (2, 0.1%)

2 の悩み

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 の神経痛, は世

▼ 起る~ (2, 0.1%)

2 があいた

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 もなかろう, 即ち地震帶

▼ 起る素質~ (2, 0.1%)

2 が彼女

▼ 起る経済上~ (2, 0.1%)

1 の変化, の影響

▼ 起る考え~ (2, 0.1%)

1 が駒井, であります

▼ 起る~ (2, 0.1%)

2 なり

▼ 起る自然~ (2, 0.1%)

1 な恋愛感情, のもの

▼ 起る色々~ (2, 0.1%)

1 な苦難, の心持

▼ 起る誤り~ (2, 0.1%)

1 の無限, は旧

▼ 起る誤謬~ (2, 0.1%)

2 について論じた

▼ 起る身体~ (2, 0.1%)

1 の変調, の退化

▼ 起る野蛮程度~ (2, 0.1%)

2 の現象

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 が遠ざかれ, に静

▼ 起る~ (2, 0.1%)

1 には國内, は得

▼ 起る音響~ (2, 0.1%)

1 に対して興味, を無心

▼1* [553件]

起るつて少から, 起るあたりまへ, 起るあつて少から, 起るあぶない心の, 起るあらゆる事情の, 起るある無益有害な, 起るいくつもの事象, 起るいろいろな逸話, 起るいろんな現象を, 起るいわれとこの, 起るおとのない, 起るお家騒動の例, 起るかぐらいのことを, 起るからじゃないですか, 起るがままである, 起るぐらい面白くなく, 起るけれど真理への, 起るけれども株主や, 起ること北の方の潮, 起ること少いからであらね, 起ること源頼朝の如くあっ, 起るこれら自然の脅威, 起るこゑは雷, 起るこんな戦術よりは, 起るた, 起るう云, 起るさえが懶くなっ, 起るすぐ前には, 起るすばらしい電気の, 起るせり上げの特殊, 起るそうです, 起るそこに誹謗, 起る今に, 起るぞというような, 起るただ婦人の, 起るたびごとに私, 起るやない, 起るって云ったさうですがね, 起るふ, 起るとおもひます, 起るとかいふ時は, 起るとから寝るまで, 起るときヌシが現, 起るとき先づ父子相姦が禁じられる, 起るとき樂なり滿足, 起るところ仮りに水, 起るところ茲に存せずん, 起るところ西北の奥域, 起るとしてみても, 起るとてこれを, 起るとでも云ふも, 起るとの説ありし, 起るどんな小さい社会悲劇, 起るなと思った, 起るなど如何にも樂, 起るなどと云うこと, 起るにあたってはつねにある, 起るにさえそよりとも, 起るにつれ芸術に関する, 起るにつれてその当時, 起るに際して船を, 起るのに客人たちは, 起るのみにあらず亦, 起るの兆なりといふおそろしい, 起るの星は空, 起るはげしい爆音小屋は, 起るほどの力は, 起るぼんやりした稀薄, 起るまでには従来考へられ, 起るやいなや桐渡ガラドウは, 起るやがて満堂は, 起るやは今も, 起るよりもより大, 起るらい声虔十は, 起るわが思ひ, 起るわびしさやるせな, 起るわらひ声, 起るをだに認めず, 起るケタタマシイ雑音の交錯, 起るゲラゲラ笑いとを, 起るサ華族だの富豪, 起るゼピュロスの氣息巨海, 起るソコで私, 起るドストイェフスキーの歓喜, 起るハッパの轟き, 起るハヤを追, 起るピアノの音, 起るプロレタリアの攻勢, 起るマラルメの難解詩, 起るムクの声, 起るユンカートゥム田舎騎士的精神がほか, 起るラヂオの響, 起るリリッシスを感じる, 起る一つの事件, 起る一ヶ月ほど以前, 起る一千尺ばかりの山, 起る一回である, 起る一国では革命, 起る一夜の颶風, 起る一定の連続, 起る一念に窓際, 起る一方学者思想家の間, 起る一種わけもわからない, 起る一陣の風, 起る万丈の波瀾, 起る万引の中, 起る三四年前に暇, 起る不作の年, 起る不便と云う, 起る不可解に続く, 起る不和によるとも云, 起る不定な影響, 起る不平を教える, 起る不快なくだらない, 起る不愉快な出来事, 起る不愉快さであった, 起る不慮の禍, 起る不断の闘争, 起る不正なる意志, 起る不治の病も早く, 起る不都合を大いに, 起る両者の争, 起る両親の譴責, 起る中毒をも含む, 起る主体の活動, 起るを事, 起る乾燥の声, 起る予告だと, 起る予定の出来事, 起る事がらとしてはすこし, 起る事情の展開, 起る事柄が反抗, 起る二つの風, 起る二三の事実, 起る二三時間前に龍頭, 起る二日ぐらい前, 起る二週間前に相当, 起る二重生活が不愉快, 起る人口の減少, 起る以上の利益, 起る以上男子として武士, 起る以前からと俄, 起る以外の何物, 起る位将棋は面白い, 起る何となく美しい快い感じ, 起る余瀾を描き出だし, 起る余震はどれ, 起る作用の結果, 起るし差当り野原, 起るが至って, 起る保守であるよう, 起る修行不足である, 起る個々の具体的, 起る借家を建てれ, 起る偶然の一致, 起る偶発的なこと, 起るない気鬱, 起るは秋口, 起るは見え, 起る全体の色, 起る兩方の蟻, 起る公事訴訟も我國人, 起る六七年以前から記事, 起る共通した利益, 起る其中に鎧, 起る其前兆ではあるまい, 起る内面の生活, 起る冥府の奥, 起る冷害に今年, 起る冷静さがそういう, 起る凄味とは縁, 起る処女といふの, 起る凶年は平均価格, 起る出会つた瞬間に相手, 起る出來事ではなく, 起る出来ごとは作者, 起る利子率における永続的変動, 起る利益はいかなる, 起る前ここで僕, 起る前地下鉄の従業員達, 起る前夜住職の英善, 起る前怒り乍らもわが, 起る前秀頼よりの招状, 起る前者のやう, 起る動機はと問え, 起る化学作用に帰すべきであろう, 起る化膿です, 起る十年も前, 起る千差萬別の事變, 起る午後の猛, 起る単調な恐ろし, 起る危險を避け, 起るやのん, 起る厭倦の情, 起るた其光線, 起る反作用を蒙る, 起る反動が却つて, 起る反射交感事務の間違い, 起る各種の表情, 起る合唱と香煙, 起る六時三十分激震と, 起る同情である, 起るもない, 起る吶喊の声, 起る周密公平の観察, 起る呻吟の聲もろとも, 起る呼び声があります, 起るの音, 起ると音楽, 起る唯一の現象, 起る喜びと悲, 起る嘲笑をあび, 起る噪音に驚かされ, 起る四五カ月ばかり前, 起る四人の子供たち, 起る回想のため, 起る因果とかこの, 起る困苦はしばしば, 起る困難であ, 起る国家社会主義の如き, 起るけむり, 起る地獄変の絵巻, 起る地皮の状態, 起る地震波である, 起る執拗な意地悪さ, 起る基礎となった, 起る場合どこにでも波, 起る場所を突き留め, 起るです, 起る声援を寂しい, 起るな感じ, 起るの雲, 起る夕風の誘ふ, 起る外人襲撃を憤っ, 起る外界との闘争慾, 起る多少の懸念, 起る多様なる人事, 起る大機でもあります, 起る大空に心, 起る大都市だったら数十万個, 起る太平洋上の遭難事件, 起る太平洋方面からの襲撃, 起るの顔さい, 起る失望落胆の激しい, 起る奇談というもの, 起る女連の笑声, 起る好奇心と何とも, 起る如くにかかる, 起る妄想の遣, 起る姑息の愛情, 起る婦人は必ず, 起る嫉妬感があの, 起る嬰児殺しが国民, 起る安井が羨まし, 起る実にしばしば起る強み, 起る害悪の除去, 起るあらんと, 起るもあり, 起る対流渦動の実験, 起る尊敬や畏れ, 起る岩石を左右, 起る工藝のあの, 起る帝王性妄想とシャルコー, 起るでもなかっ, 起る幻覚としてそれ, 起る幾多の人龍, 起る度びにこの, 起る弁当を背負わせ, 起る弊風だの, 起る強みと弱み, 起る当然の疑問, 起るであらう, 起る従来の漫画家, 起る微妙な気動, 起る微細な然し, 起る徴候を十分, 起る心意的状況はたとい, 起る心持ちは期待, 起る心状の悲しき, 起る心的状態は之, 起る心臓の変化, 起る必要を感じない, 起る忌わしき葛藤の, 起る忍耐ではなく, 起る忘我の感じ, 起る樂によ, 起る快活な笑声, 起る怒りである, 起る性質を持っ, 起る怪事件にだまっ, 起る怪奇とふしぎ, 起るの波瀾, 起る恐しい唸り声, 起る恐れがある, 起る恐ろしい殺人事件, 起る結果を, 起る悲喜劇に過ぎない, 起る悲惨な事, 起る悲鳴が即ち, 起る情趣に包まれ, 起る惨劇を防ぐ, 起る惨害から救われる, 起る愛惜の念, 起る感情以外の何もの, 起る感興想念と云う, 起る憂えはない, 起る憂鬱状態と見る, 起る念の, 起る憎悪は敵, 起る成長らしい現象, 起るる不思議, 起る戦争ほど気狂, 起る戦闘ラッパの勇ましい, 起る戰鬪ものすごし, 起る所以新旧代謝の生ずる, 起る所以継嗣相続の起る, 起る手持無沙汰の感じ, 起る手数だの煩わし, 起る抑圧的なもの, 起る挙動なの, 起る損失は一方, 起る損失以上のもの, 起る半鉦, 起るに自己, 起る救助を求むる, 起る数日前に被疑者, 起る文化活動です, 起る文学の向上, 起る斯様なこと, 起る新たな体制, 起る方面をみる, 起る旋廻気流が上方, 起る日本人は天子様, 起るからある, 起るの夕, 起る時おのれに告げよ, 起る時不思議な色彩, 起る時刻を測っ, 起る時節が來, 起る時遠くから, 起る時闇わが半球, 起る暗殺掠奪ピス強盗の行為, 起る曲線が直線, 起る最初のもの, 起る最近の騒擾, 起る有様でございましたのに, 起る朝靄の粒, 起る未来の夢, 起る本能のやう, 起る条件です, 起る松籟が耳辺, 起る林氏この時蕗の薹, 起る根元の先, 起る様子もない, 起る樂しみ桑を染めし, 起る樂隊の音, 起る機運を促さね, 起る欲望の誘惑, 起るを全身, 起る歓喜のため, 起る歓声と拍手, 起る死亡の数, 起る死人や怪我人, 起る残念な事, 起るの足踏み, 起る毎日百人宛の死者, 起る民衆の喊, 起る気分が象徴風, 起る気力も出ない, 起る気象現象である, 起る氣持が心憎, 起る氣遣ひが, 起るの渦動, 起る水脈のよう, 起る江戸中焼払いの火元, 起るである, 起るは烈しい, 起る波浪の如し, 起る波瀾はこの, 起る波瀾成行をもう少し, 起る波風の点, 起る洞ろな鐘, 起る活動的な記事, 起るの音波, 起る淋しい思ひを, 起る混乱のため, 起る混交つた感覺は別, 起る清新な感じ, 起る覚とが, 起るが煮立つ, 起るを確めよう, 起る源泉は他, 起る澎湃たる行動期, 起る激しい感覚が, 起るのこと, 起る數の, 起る無上の慘, 起る無情な自然力, 起る無意識作用である, 起る無数の小さな, 起るはおのずから, 起る爆発音と大, 起る爆笑と続い, 起る物理的の現象, 起る物音をいち早く, 起る特殊な心持, 起る猛火は青い, 起る現実の事柄, 起る理性の各種, 起るの喜び, 起る生物のいのち, 起る生理現象は物理化学現象, 起る生理的ひいては又, 起る生理的変化を観察, 起るであるが, 起る異様なる叫び声, 起る當然な一つ, 起る疾病によって生ずる, 起る病人ならば, 起る病弊であると, 起る病気なん, 起る病的なもの, 起る痛みすらも一種, 起るのある, 起る発作で若し, 起る發作に惱, 起る白い湯槽の, 起るの前, 起る直前一六三七年太陽暦の十二月六日, 起る相当な音色, 起る相手なしの, 起る相続問題などに際して幸運, 起る真実の利益, 起る真理への進展, 起る瞬間まではこの, 起る矛盾や動揺, 起る矛盾扞格の意, 起る笛, 起る破壊的の大, 起る破綻でもない, 起る磁性を期待, 起るの国, 起る私共の生活, 起るに及んだ, 起る程無意味に何, 起る空ッ風の音, 起る空間の四点, 起る突風のため, 起る窮乏を非常, 起る競争に帰し, 起るを禁じ得なかつた, 起る笑い声を聞く, 起る笑声早やポッポちゃん, 起る笑聲の海, 起るにて彼, 起る箇々の生活内容, 起る箇人的野心或は人間, 起るを伴奏, 起る精神状態の動揺, 起る納曾利の古, 起る紛爭を少なく, 起る紛紜がその, 起る結果についてのある, 起る綿のやう, 起る総ての事, 起るだという, 起る縁談をさえ, 起る繁雑な事情, 起る罵詈雑言とを比較, 起ると齊, 起る肉体の異様, 起る肝臓炎で肥大, 起る背景を描いた, 起るはざる, 起る自己喪失の病い, 起る自己生存の上, 起る自暴にはなる, 起る自然界並に人事界, 起る自由党再興の風説, 起る自由黨再興の風説, 起る若しそうでないかと, 起る苦痛の度合い, 起る莫大な人命, 起る菱沼さんの変テコ, 起る著しく高い価格という, 起るの此, 起る處雪花亂れ翻れり, 起るれが, 起るの声, 起るの声, 起る行為が自己, 起るの歡聲, 起る表情を知り抜い, 起る裁判事件を前, 起る複雑な事件, 起る視覚の錯誤, 起る角笛の口, 起る訴訟に就い, 起るなるべし, 起るを書いた, 起る語意の変化, 起る諸事の軽重, 起る警官隊の大声, 起る譬喩の通り, 起る變てこなアクセント, 起る貨物の価格, 起る足尾銅山鑛毒田地が出, 起る足音の近づく, 起る数マイルを, 起る近頃の彼, 起る追懐の雑談, 起る連想というもの, 起る連濁および転韻, 起る道具だね, 起る道徳的な頽廃, 起る部分の行状, 起るの腐れ風, 起るな責め方, 起る野蛮な気質, 起るの火花, 起る銃声にみんな, 起る銭荘荒しの, 起る錯覚の議論, 起る間違ひである, 起る限りに於い, 起る陶酔は言葉, 起る階上の拍手, 起る隙間がない, 起る際どき真味, 起る雑多な物音, 起る雑然たる巷の, 起るかしさ, 起る難問がある, 起る消えて, 起る電流の通ずる, 起る電磁場は一種, 起る需要に応じさせる, 起る面倒臭さは, 起る革命説を採らなかつた, 起る音律感からも来, 起る響きもまた, 起るであつ, 起る類癇ではなかろう, 起るえるよう, 起る風馬牛の現象, 起る食現象が地球上, 起る飢饉の時, 起る騒々しい声であります, 起る騒動もじつは, 起る高い鼓動は, 起る鬨の声の潮, 起る麻痺性の疲労, 起る黄河の特性