青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「起った~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

起こる~ ~起し 起し~ ~起した 起した~ ~起す 起す~ ~起っ 起っ~ ~起った
起った~
起つ~ ~起つた 起り~ ~起る 起る~ 超越~ 越~ ~越え 越え~ ~越し

「起った~」 2588, 28ppm, 4176位

▼ 起った~ (614, 23.7%)

67 である 57 です 403430 では 15 だろう 11 であった, ですか 9 だと, であろう, であろうか 8 だった 7 であります, でしょう 65 だが, だろうと, でございます, でした 4 かも知れない, だという, ですが, はこの, はその 3 だそう, であるか, であるから, はつい, は実に

2 [18件] かということ, かと吃驚, か知ら, か知らん, か私, じゃ, だから, だよ, だろうか, であったが, であったならば, であるが, でございました, でしょうが, ですから, でも, も無理, を不思議

1 [203件] かあと, かい, かきい, かこれ, かしばらく, かしら, かその, かそのまま, かとあたり, かという大切, かという根本, かとおもっ, かとたずねた, かとびっくり, かとわたくし, かと一同, かと動揺, かと思い, かと思う, かと思っ, かと思われた, かと思われる, かと怪しむ, かと慄然, かと振り向く, かと町, かと睡, かと胸, かと自問, かと足, かと運転手, かと顔, かどうもはっきり, かなふりむい, かなんにも, かね, かねえそれとも, かはいくら, かほとんど, かまた, かまるで, かもしれない, かもしれん, かも知れなかった, かも知れぬ, かも知れません, かわからず, かわからなかった, かを知ろう, かエ, かポコちゃん, か一分間, か了解, か僕, か凄まじい, か分りません, か喫驚, か大勢, か少し, か尻, か想像, か或いは, か柱, か考える, か見る見る, か解っ, か訊きたい, か詳しい, か誰, か頭, がお前, がそして, が例, が劉備玄徳, が原因, が小学校, が少く, が戦争, が最後, が東京, が維新史, が露西亜遠征, が香畝生君, さ, だけれども, だとも, だなと, だなどと, だろうという, であったか, であったと, でありました, でありまして, でありますが, であり最初, であるかを, であると, であるとしか, であろうが, であろうと, であろう佐々木小次郎, でしょうか, ですからな, ですからね, ですて, ですな, ですよ, です午後, でないこと, でないの, ではかい, と, と前後, と升屋, と彼女, と殆, ならその, なら決して, には因縁, はいう, はいつごろ, はお, はすなわち, はどうやら, はふしぎ, はもっと, はガラッ, はトーテム崇拝, はバッハオーフェン, は丁度, は三十そこそこ, は下, は不幸中, は云う, は京都, は今, は今年, は何, は何しろ, は何故, は元, は勿論, は即ち, は去年, は喜太郎様, は四月, は夏, は多分, は女, は妙光坊, は実業家, は平安朝, は当年, は当然, は思わぬ, は明応九年, は昨夜茉莉, は時, は枳園, は正午頃, は申す, は相続人, は石崎守, は神社, は神聖, は花嫁, は誤れる, は起るべき, は鉄砲, は陰暦, は非常, は革命, は馬超, は齢七十, もあるいはただ, もいわば, もこれ, もその, もそれ, も不思議, も少し, も時, も畢竟, も知らぬ, やらなぜ, らしくた, を仕合わせ, を少し, を悟った, を悲しく, を我慢, を殆, を注意, を男, を知っ, を知る, を考えれ, を見, を見た, を覚え, んです, 加奈子さん私どう, 朝鮮陣の

▼ 起ったこと~ (177, 6.8%)

85 だと, である, なの 3 がある, がない, だった, であった, なん, はすべて, を想像, を考え 2 があっ, ですから, のない, はない, はほとんど, は当然, を告げた, を知っ

1 [114件] かと, から見る, が, があった, があります, があろう, がすぐ, がそれ, がわかります, がわかるであろう, が今ごろ, が今や, が多かっ, が直ぐ, が知られた, が私, が重なり, さ, だけを朧ろげ, だったらそいつ, だという, だよ, だろう, だろうと, でありました, であります, であり又, であるかは, であるが, であるので, であろう, でお, でございましょうが, でしょうか, ですからね, ですが, ですもの, でその, では, でほんま, でも, でもう, で丈部, で今更なんと, で当日, で本国, で社会的, といえ, としか思えませんでした, とすれ, なので, について日本帝国主義, について誰一人, になります, にはまず, には他, によって幻怪味, に対しては片言, に対して若い, に比べれ, に相違, のなか, のよう, の締め括り, は, はあまり, はお雪ちゃん, はございません, はたしか, はなかっ, はまったく, はみな, はみなクラム, はみんな間違い, はキャプテン・ヴァンクウヴァ, は前, は容易, は明かな, は明らか, は格別, は町方, は疑い, は誰, は起った, は非常, まだやる, もある, も一九三二年, も疑問, をそれから, をまだ, を仄かそう, を原稿, を思う, を感じ, を感じた, を慧眼, を捨てる, を最も, を父親, を知った, を示した, を芳江姫, を袋探偵, を見よう, を観察, を言った, を言わせ, を記憶, を証明, を話し, を誇っ, を認めた, を語っ

▼ 起ったもの~ (120, 4.6%)

9 である 76 ですから 5 であった, に相違 4 であると, では, らしい 3 であるが, であろう, であろうと 2 だそう, だった, だと, であります, でこれ, と見え

1 [55件] かそれとも, が日まし, さ, じゃない, だから, だとの, であった事, であって, でありますから, であり環境, であること, であるという, であるとを, でいわゆる, でこの, でござる, ですからね, ですよ, でそう, でなく, でなく充分, で今, で元禄十六年, で古く, で小六, で彼, で段別, で語頭音, で鎌倉幕府以来, といえ, といえる, とされ, として解釈, とみえ, とみえる, とようやく, とわかっ, と判断, と思われる, と承知, と考え, と考え得よう, と見るべきであろう, なの, にせよ, のよう, は世の中, は何処, は屹度, は異数, は自然主義, またはこれ, らしかったが, を, をいまさら

▼ 起った~ (73, 2.8%)

6 すれば 3 思うと 2 いう, いうよりも, したらどう, する, 云って, 思う間もなく, 申しますの

1 [50件] いいある, いいます, いうだけ, いうにも, いうので, きいて, きけば, きめる方, したなら決して, したらどんな, する旧, みえて, 云いきっては, 云います, 云うので, 云う事, 云えるだろう, 云われます, 仮定した, 合点し, 奉公人らが, 怒りの, 思いあまり, 思いましたから, 思いますか, 思いますと, 思いますね, 思うが, 思った, 思ったの, 思ったので, 思って, 思われます, 思われる苛酷, 想われぬそもそも, 感じると, 決定する, 知られて, 知りましたが, 知ると, 考えるべき理由, 見えて, 見えまして, 見ると, 見る間, 触れ出されて, 言うこと, 認められて, 講談などで, 途中から

▼ 起った~ (73, 2.8%)

1 [73件] いつもその, からどれ位時間, が一, が科学的認識, この生活, さけ難い, そしてその, そのよう, だけ急, でもそう, で然, とか危急存亡, と同じ, なぞはどうか, にいつ, にこれ, にたまたま, には, にはいつ, にはおれ, にはお互い様, にはすこし, にはその, にはもう, にはガス, には全然, には山岳党, には平然, には彼, には徹頭徹尾, には忍耐, には或いは, には此, には男, には自身, には領主, にもお, にも本当, にやり, によき, に事務所, に唇, に彼, に後世, に悲鳴, に焼け残った, に生徒, に私, に若し, に警察署長, に貧民, に賊兵, に開け, に限る, に頼み, のため, のよう, の用意, はこの, はその, は冬, は別に, は同じ, は嫉妬腹, は悲しい, またかと, も連珠, わざわざそんな, 取り乱さないくらいの, 尊い薬, 御承知, 果して自分等, 第五大隊

▼ 起ったので~ (71, 2.7%)

2 それを, わたしは, 仕方なく, 私は

1 [63件] あの青桐, あるもの, かえって米友, この一件, ごぜえます, そのシナ人, その前兆, その時当人, その腰, それなりに, それは, それへ, それまでは, はござりますまいか, はじめは, よびさまされる, 一緒に, 上を, 下から, 両親に, 何事かと, 僕は, 先ず小説, 八住と, 其次の, 兼て, 再び三階, 医者よ, 単純な, 夜中では, 家人が, 居風呂という, 山刀を, 市松も, 平生の, 当時の, 彼の, 彼は, 彼女は, 忽ちクロス, 戦地へ, 振り返ると, 新一郎と, 朝早く, 次第に凄惨, 氏郷は, 法然の, 無い刑事, 熱田の, 皆ビックリ, 眼を, 福太郎は, 私の, 老尼, 船は, 蛇を, 見上げると, 親の, 賤民として, 跡を, 長次郎は, 駒井能登守は, 鳥は

▼ 起ったよう~ (62, 2.4%)

4 なもの 3 です 2 なこと, な大, な感じ, な気, に思われました

1 [45件] だが, だけれど, であります, でございますが, なすべて, なの, ならば, な一面, な乗組員, な予感, な事件, な人, な優しい, な叫び声, な有様, な気持, な水煙, な絹, な顰めっ面, な風, にいきなり, にも思えた, にも思われない, にも考えられた, にガタガタ, にバサバサ, にバルナバス, に今, に仰山, に吉岡, に大, に小さな, に思われる, に感ぜられた, に推測, に書いた, に突然, に立った, に竜, に調子, に起った, に跡, に顔, に首, に騒ぎ出す

▼ 起った~ (52, 2.0%)

10 です 84 ですか 3 ですな 2 だか, だから, だな, だろう, だろうと, ですけれど

1 [15件] か, じゃああるまい, じゃない, だってね, だなという, だね, だろうねえ, だ話して, でしょう, でしょうねえ, ですから, ですの, ですよ, ですわ, ならば

▼ 起った~ (50, 1.9%)

3 です 2 がある, だ, だから, である, の凡て

1 [37件] かと疑った, かも知れない, からし, か夫, か知らん, がない, が書い, が権威者, が無かっ, であったか, であったら果してどう, であるが, であるという, でございます私, でしょうまだ, でない上, で後の, という, と思え, と日々それ, と膚, なの, によって人間, に引付け, はかつて, はまだ, はまるで, は何時, は凡て, は既に, は自分, もあった, もまた, をさとりました, を手短, を旧, を知った

▼ 起ったという~ (48, 1.9%)

6 ことは, のは 3 のであろう 2 のか, のである, ような

1 [27件] ことで, ことである, ことなど, ことについて, ことには, ことまた, ことも, そのこと, のじゃ, ので, のも, わけで, わけです, んだ, ムカデの, 一口話が, 事も, 事実が, 噂も, 場合も, 大変事, 怪談めいた, 時は, 程大げさな, 証拠は, 話, 説は

▼ 起った事件~ (47, 1.8%)

3 ですから 2 である, なん

1 [40件] だから, だったが, であちこち, であるが, でございまして, です, ですよ, ではない, で少し, で御座います, という, というの, というもの, として放棄, と見, なりとの間, にヒント, に感情, のショック, の一切, の不思議, の中, の影響, の疲労, の真相, はその, はまあ, はもう, は一八二七年, は民事的, は言うまでもなく, もとりいれ, やら本位田家, をあつかわなけりゃならん, をかいつまん, をふりかえっ, を差支えない, を昼間, を書く, 乃至は

▼ 起った~ (40, 1.5%)

2 ために, 一軒焼けか, 今度は

1 [34件] ある時多量, お鶴, このとき, これも, しかしそれ, しかしわずか, しかし直ぐ, しばらくする, すぐ障子, その烏, その詳しい, その音, それは, それを, ついに鉱毒問題, どの人も, 乱髪を, 人々が, 何一つ梶, 別に何とも答えない, 勿論五時間, 半紙の, 古老たちの, 大抵は, 彼のみは, 彼らの, 書く場所, 楽屋落ちだ, 正造は, 母の, 玄徳は, 知事の, 聖者は, 要するに話

▼ 起った出来事~ (35, 1.4%)

2 じゃない, であった

1 [31件] が彼女たち, だったらどうして, だという, であって, である, でけっして, ですから, でもあり, で今, で実際, としてはこの, として物語, なの, なん, によって助かった, の事, の報道, の詩趣, はわたし, は何, をありのまま, をお, をのべた, を今一度, を取り上げ, を告げた, を回想, を年代順, を思い出さず, を映写器械, を順序

▼ 起ったかと~ (34, 1.3%)

7 思うと 6 いうと

1 [21件] いうに, おどろいた, お徳, 云いますと, 各, 思ううち, 思う位, 思う烈しい, 思えるし, 思った, 怪しんで, 泉水の, 申しますと, 申すと, 眼を, 聞くと, 胸に, 自分の, 言ったよう, 車掌の, 非常に

▼ 起った~ (31, 1.2%)

3 わからないが 2 それを, 素速く

1 [24件] あだには, あなたに, いろいろ考え, けんとう, こう云う, これは, それは, でなければ仲間同士, どうか, またどういう, また如何なる, まだはっきり呑みこめない, 公の, 分らない, 分らない好奇心, 分るから, 如何なる文献, 存じませんが, 少しも, 或は何, 浪と, 知らないが, 知りたく思い扉, 私は

▼ 起った~ (26, 1.0%)

8 違いない 4 相違ない 2 したところ, ちがいない, 違ない 1 かかわらずこの, したところが, しても, しろその, せよ右, ほかならず同じく, 異いないと, 違いあるまい

▼ 起ったから~ (21, 0.8%)

4 である 3

1 [14件] この問題, じゃ, すぐ帰れ, であった, であると, でございます, です, どんな難儀, 今その, 何を, 帰れぬとの, 振り返って, 私も, 髪が

▼ 起った場合~ (20, 0.8%)

1 [20件] あの方, で取り, には, にはちゃんと, には知らせ, には私, には脳髄, には蔭, にフガ, に余波, に僕等, に怪我, に自己, の心細, の用心, はすぐ, は運命, もそれら, 御番所, 若先生

▼ 起ったこの~ (19, 0.7%)

1 [19件] ふしぎな, ワニの, 三味線の, 事件は, 事柄の, 二つの, 問答を, 場の, 大危機事件, 奇蹟には, 心の, 文学上の, 文学的潮流に, 文学運動は, 物語が, 猫の, 瞬間の, 経験は, 遅刻は

▼ 起ったところ~ (16, 0.6%)

1 [16件] がどうせ, です, でその, でもう, でもっと, でニュース, でフランス, で今, で少し, で結婚, と人, のお雪ちゃん, のもの, の化身, はクラブ館, を明らか

▼ 起ったため~ (13, 0.5%)

1 [13件] こうしてまちがっ, で女, なん, にここ, にその, にマリー, に中止, に又, に表面, に高岳親王, よくその, 再び実家, 間に合わなかったと

▼ 起ったとき~ (13, 0.5%)

1 [13件] すなわち年号, その意味, とりもったとの, にどの, にはすでに, にはそこ, には僕, には年, に左翼, に殺人, 先ず彼, 怒って, 無暗に

▼ 起った~ (12, 0.5%)

1 [12件] なる破産, 不作は, 乱闘, 事件の, 動乱でした, 地震, 地震だ, 変化の, 海嘯は, 異変に, 紛擾売り上げ強奪事件は, 雷鳴の

▼ 起ったある~ (10, 0.4%)

2 事に 1 一つの, 偶然な, 危険の, 夜明け方と, 恐しい, 悲劇の, 感じに, 日の

▼ 起ったかを~ (10, 0.4%)

1 他に, 取調べようとも, 尋ねて, 思わせる, 感づいて, 知って, 知る必要, 考えなければ, 考える時, 見るため

▼ 起ったとしても~ (9, 0.3%)

1 あいつの, いったいだれ, それでも, それで万事, それは, それも, ふたり揃っ, 噴出時間は, 階級の

▼ 起ったわけ~ (9, 0.3%)

1 じゃない, だった, である, でした, です, ですから, では, でも, は何

▼ 起った変化~ (9, 0.3%)

1 が如何, が此, である, でもなかっ, は細君, は関係, ほど完全, もまた, を懼

▼ 起ったその~ (8, 0.3%)

1 せいであろう, そもそもを, パチ, 勇気は, 声音に, 年の, 日まで, 生産費の

▼ 起ったとは~ (7, 0.3%)

1 つまりこの, 受取れない, 夢にも, 察しられたが, 思われん, 殆ど想像の, 知るはず

▼ 起ったのに~ (7, 0.3%)

1 ちがいない, なぜか, 今もっ, 他方他の, 相違ない, 過ぎないの, 違いなかった

▼ 起った一つ~ (7, 0.3%)

2 の大きな 1 の事件, の出来事, の異常, の試み, の迷妄

▼ 起った事柄~ (7, 0.3%)

1 から何かしら今後, が細大, だけである, であります, で面白い, とをしっくり, のどれ

▼ 起った問題~ (7, 0.3%)

1 だという, であります, でなくずっと, に対してはあの, は劇道革進, をずっと, を子供等

▼ 起った~ (7, 0.3%)

1 から瑠璃子, でそういう, には老父, にゃあまた, に極, は丁度, は風守

▼ 起ったかという~ (6, 0.2%)

1 ことについては, ことは, ことも, ことを, 事が, 根本の

▼ 起ったかも~ (6, 0.2%)

1 しれない, しれぬが, 分らない間, 知らないで, 知れない, 知れぬ

▼ 起った悲劇~ (6, 0.2%)

2 であった 1 があれ, なの, に因り, はかなり

▼ 起った殺人事件~ (6, 0.2%)

1 と祖先, には絶対関係, に証拠材料, の証拠物件, の顛末, を吟味

▼ 起ったいろいろ~ (5, 0.2%)

2 のこと 1 な実例, の不思議, の怪事件

▼ 起った時分~ (5, 0.2%)

1 にはその, には大学, に洋館, に非常, のこと

▼ 起った現象~ (5, 0.2%)

1 として無我, なの, の一つ, は主として, をももう

▼ 起った自分~ (5, 0.2%)

1 の中, の方, の犯行, の耳朶, の行為

▼ 起った~ (5, 0.2%)

1 なので, になっ, に間違い, はない, をし

▼ 起ったあの~ (4, 0.2%)

1 ピストルの, 兇変の, 猛烈な, 研究所だ

▼ 起ったかは~ (4, 0.2%)

1 主膳で, 分らないけれど, 前後の, 改めて説明

▼ 起ったそう~ (4, 0.2%)

1 だが, です, ですが, な

▼ 起った一種~ (4, 0.2%)

1 の同情, の好奇心, の武者, の田楽的舞踊

▼ 起った以上~ (4, 0.2%)

1 この露路, の思想, は仕方, 再び元通り

▼ 起った~ (4, 0.2%)

1 かと思われる, であります, である, でタカ

▼ 起った怪事件~ (4, 0.2%)

1 についてはあくる, について述べる, の真相, を取調べる

▼ 起った~ (4, 0.2%)

1 の特定, の銀価, へ戻りかけた, を見る

▼ 起った波瀾~ (4, 0.2%)

1 がああ, が大した, の消長, の結果

▼ 起った理由~ (4, 0.2%)

1 はこの, までが丸, をよく, を根本

▼ 起った~ (4, 0.2%)

1 に, にはあつらえ, にはあの, の心得

▼ 起った~ (4, 0.2%)

1 からである, から世間, から大少, である

▼ 起ったあと~ (3, 0.1%)

1 で彼, は空席, を見る

▼ 起ったけれども~ (3, 0.1%)

1 僕は, 宮本の, 武田信玄の

▼ 起ったさまざま~ (3, 0.1%)

1 な事物, な出来事, の恋愛錯雑

▼ 起ったじゃ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 ないかと

▼ 起っただけ~ (3, 0.1%)

1 だった, だという, なんじゃ

▼ 起ったとか~ (3, 0.1%)

1 いうので, 云うそう, 何とか方便

▼ 起ったとも~ (3, 0.1%)

1 云える, 言いますが, 野蛮人の

▼ 起ったほど~ (3, 0.1%)

1 それにも, だから, 不幸な

▼ 起ったまま~ (3, 0.1%)

1 であった, でいさせれ, をあらまし

▼ 起ったもん~ (3, 0.1%)

1 だから, ですから, で大臣

▼ 起ったんで~ (3, 0.1%)

1 万事解決さ, 強いて形容, 知らせに

▼ 起った不幸~ (3, 0.1%)

1 な出来事, な行き違, の程度

▼ 起った不意~ (3, 0.1%)

2 の出来事 1 の椿事

▼ 起った世にも~ (3, 0.1%)

1 不思議な, 凄惨な, 恐ろしいシーン

▼ 起った事実~ (3, 0.1%)

1 が幾分, の推歩, を脚色

▼ 起った今度~ (3, 0.1%)

1 の事件, の喝采, の騒動

▼ 起った場所~ (3, 0.1%)

1 であった, には直接, はいま

▼ 起った~ (3, 0.1%)

1 である, で世の中, の夏

▼ 起った当時~ (3, 0.1%)

1 からこの, に出版, の日本

▼ 起った~ (3, 0.1%)

1 に穀物, 直ちに地球軌道, 追

▼ 起った時代~ (3, 0.1%)

1 はまだ, は実に, ひきつづく事変

▼ 起った時彼~ (3, 0.1%)

1 はわずか, は一旦, は眼

▼ 起った最初~ (3, 0.1%)

1 のこの, の不運, の歓喜

▼ 起った~ (3, 0.1%)

1 が四方, が海, の環

▼ 起った火事~ (3, 0.1%)

1 が翌日, というの, について語りだした

▼ 起った瞬間~ (3, 0.1%)

2 に私 1 を治める

▼ 起った種々~ (3, 0.1%)

1 なる死亡, な奇怪, の不祥事件

▼ 起った~ (3, 0.1%)

2 がある 1 に与え

▼ 起った自然主義~ (3, 0.1%)

1 がいくら, がおよそ, の移入

▼ 起った銃声~ (3, 0.1%)

1 と硝煙, に近所, のすさまじさ

▼ 起ったいわゆる~ (2, 0.1%)

1 全体主義, 振袖火事で

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 島の, 疑いな

▼ 起ったかについては~ (2, 0.1%)

1 何も, 初めから

▼ 起ったすべて~ (2, 0.1%)

2 のこと

▼ 起ったそんな~ (2, 0.1%)

1 出来事なぞ, 思いがけない死

▼ 起ったできごと~ (2, 0.1%)

1 とは思われず, をその

▼ 起ったといった~ (2, 0.1%)

1 ような, 瞬間から

▼ 起ったなと~ (2, 0.1%)

1 びくん, 思った

▼ 起ったはず~ (2, 0.1%)

1 だが, である

▼ 起ったばかり~ (2, 0.1%)

1 でなくそれ, でなく哲学一般

▼ 起ったひとつ~ (2, 0.1%)

1 のオモチャ, の出来事

▼ 起ったもう~ (2, 0.1%)

2 一つの

▼ 起ったわざわい~ (2, 0.1%)

1 である以上, をもと

▼ 起った一事件~ (2, 0.1%)

1 に着想, はその後政府

▼ 起った一揆~ (2, 0.1%)

1 の為, は少し

▼ 起った不思議~ (2, 0.1%)

1 な事件, は噂

▼ 起った事情~ (2, 0.1%)

1 によって自分, を明白

▼ 起った今日~ (2, 0.1%)

1 の出来ごと, の日本

▼ 起った仕事~ (2, 0.1%)

1 であるが, の手違い

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 か上げたい, の拠り

▼ 起った原因~ (2, 0.1%)

1 と丁度, の中

▼ 起った名称~ (2, 0.1%)

1 でありましょうが, であること

▼ 起った問答~ (2, 0.1%)

1 であった, の結果

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 においてのみならず, の産業

▼ 起った地震~ (2, 0.1%)

1 の余震, は余震

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 が経, は以前

▼ 起った大きな~ (2, 0.1%)

1 変化の, 物音に

▼ 起った奇妙~ (2, 0.1%)

1 な出来事, な殺人事件

▼ 起った奇怪~ (2, 0.1%)

1 の出来事, 極まる殺人事件

▼ 起った実際~ (2, 0.1%)

2 の出来事

▼ 起った少し~ (2, 0.1%)

1 あと三島駅を, 前に

▼ 起った当然~ (2, 0.1%)

1 な現象, の帰趨

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 の予感, の顔

▼ 起った怪奇~ (2, 0.1%)

1 とも不思議, については今

▼ 起った惨劇~ (2, 0.1%)

1 のため, は高等

▼ 起った想像~ (2, 0.1%)

2 の中

▼ 起った戦争~ (2, 0.1%)

1 によるもの, に原子爆弾

▼ 起った拍手~ (2, 0.1%)

1 に部屋, のたまらない

▼ 起った教区~ (2, 0.1%)

2 はいずれ

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 らしい経験, 世紀の

▼ 起った方面~ (2, 0.1%)

1 とには裏, を見ない

▼ 起った時刻~ (2, 0.1%)

1 なの, の直後

▼ 起った時彼女~ (2, 0.1%)

1 はある, は手早く

▼ 起った時私~ (2, 0.1%)

1 の言った, もそこ

▼ 起った最後~ (2, 0.1%)

1 の幕, の晩

▼ 起った極めて~ (2, 0.1%)

2 異常な

▼ 起った様々~ (2, 0.1%)

1 な事柄, の出来事

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 の不安, の争乱

▼ 起った激しい~ (2, 0.1%)

1 反射運動が, 感動や

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 の上, は三日

▼ 起った火災~ (2, 0.1%)

1 の損害, はこの

▼ 起った火鉢~ (2, 0.1%)

1 の上, を抱え

▼ 起った異常~ (2, 0.1%)

1 な事件, な購買力

▼ 起った疑問~ (2, 0.1%)

1 だが, をひとり口

▼ 起った社会~ (2, 0.1%)

1 の圧迫, の変化

▼ 起った~ (2, 0.1%)

2 のふりむき

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 一の, 二次世界大戦を

▼ 起った筋道~ (2, 0.1%)

2 を詮議

▼ 起った結果~ (2, 0.1%)

1 であります, として飢饉

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 だ, をわたくし

▼ 起った考え~ (2, 0.1%)

1 でありました, であります

▼ 起った自然派~ (2, 0.1%)

1 というもの, や浪漫派

▼ 起った著しい~ (2, 0.1%)

1 変化でありました, 変化を

▼ 起った言葉~ (2, 0.1%)

1 か知らない, が思いき

▼ 起った~ (2, 0.1%)

2 ですね

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 であるが, で小早川隆景

▼ 起った過去~ (2, 0.1%)

1 の夜, の形

▼ 起った錯覚~ (2, 0.1%)

1 だ, であっただろうと

▼ 起った間違い~ (2, 0.1%)

1 でしたが, ではない

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 が四山, にはあの

▼ 起った~ (2, 0.1%)

1 の中, の痛み

▼ 起った騒ぎ~ (2, 0.1%)

1 だ, に拠所

▼1* [493件]

起ったああ云うこと, 起ったあたりの騒擾, 起ったあなたについての幻想, 起ったあらゆる出来事を, 起ったあるいは起こりそう, 起ったいかがわしい出来事は, 起ったいっさいのこと, 起ったうちに入る, 起ったおそろしい出来事だ, 起ったお伽噺のよう, 起ったかかる習慣は, 起ったかが第一義的の, 起ったからってそれが, 起ったきわめて少数の, 起ったけれど事実誰も, 起ったことこれをこの, 起ったことばでしょうか, 起ったこれらの出来事, 起ったこんな交渉の, 起ったうだと, 起ったしかし今までのとは, 起ったすぐあとでない, 起ったそして私は, 起ったそれよりは劇烈, 起ったそれらの事ども, 起った喧嘩だ, 起ったためしはなかっ, 起ったため良人の元成どの, 起ったでき事について意見, 起ったでもあろう, 起ったとき事務員であったサエ, 起ったとき人々の心中, 起ったとき北条徳川の間, 起ったとき向井湯の直ぐ, 起ったとき文学の玄人, 起ったとき未亡人のりりしい, 起ったとき欧米は日本, 起ったとき水を浴びる, 起ったとき自分はちょうど, 起ったところ彼らの出生地, 起ったとたんに突きのめされ, 起ったとて予ても, 起ったとでも云いたいよう, 起ったとばかり思ったから, 起ったとやらで社, 起ったどことなく親しい, 起ったなどといいましたが, 起ったなどとは私は, 起ったなりに飲んで, 起ったについては普通でない, 起ったには違いない, 起ったにもかかわらず島幾太郎, 起ったはげしいつむじ風の, 起ったばかりに彼は, 起ったばかりの惨事の, 起ったばっかりに舟が, 起ったべつな敵, 起ったほうがよい, 起ったほどの節子に, 起ったまま喬之助, 起ったまま回復しなかったの, 起ったみたいに頬, 起った起らんも, 起ったやうなこと, 起ったやら分りませぬが, 起ったやり場なき不平, 起ったゆえである, 起った兎に, 起ったよくそれに, 起ったわいと思ったが, 起ったわれらを見, 起ったイタリアのルネッサンス, 起ったエピソードであった, 起ったガスの漏出, 起ったギコチのな, 起ったクロンシュタットの赤色海軍兵, 起ったコムソモール悲劇をみせた, 起ったザヴィニーティボーの法典争議, 起ったストライキ拡大して, 起ったタメシはない, 起ったチャンチャンコまがいの袖, 起ったチョットした事件, 起ったトラ十事件のさわぎ, 起ったナンセンス悲劇という事, 起ったバサバサという音, 起ったフランク大尉の暴挙, 起ったムウネイ事件をあっさり, 起ったモダンガールの特殊病, 起ったルネッサンス時代の経済的, 起ったやろか, 起った一九二八年一月十二日に先だって, 起った一二の事件, 起った一人はさらに, 起った一団の作家達, 起った一場の問答, 起った一大悲劇でありました, 起った一彪の軍, 起った一族同様のいわゆる, 起った一時の変態的現象, 起った一条を物語り, 起った一棟の右手, 起った一般的の凶作, 起った三つの変死事件, 起った三児の後影, 起った上流子女の淫事, 起った下諏訪の悲劇, 起った不可思議な恐ろしい, 起った不慮な事件, 起った不測の災難, 起った不祥事は不思議, 起った不祥事件を知っ, 起った不良性の嵩じた, 起った不運のこと, 起った丑之助が出合い, 起ったにいう, 起った世界一の不思議, 起ったに学校, 起った中条流の富田一族, 起ったなる心霊, 起った主人又左衛門, 起った主要な事件, 起った乱賊を誅伐, 起った事例が記述, 起った事変なども手相, 起った事情関係です, 起った事象の如く, 起った二つの出来事, 起った二件の幼児殺し, 起った二十五年の民法商法延期戦, 起った五十八分における変化, 起った些細な出来事, 起った交渉それを雄吉, 起った交際には多少, 起った人々の顔, 起った人口減退の無数, 起った人間の勝手, 起った人類の文明, 起った仁治寛元よりも三十余年前, 起った黄色い水蒸気, 起ったまでの不思議, 起った仏教が支那, 起った以上被告人は社会的, 起った会話にふと, 起った伝説だのそんな, 起ったに最初, 起った位空が真, 起った何らかの異常な, 起った何派もしくは何主義, 起った作家が再び, 起った俗伝であろうが, 起った俳句の団体, 起った俳句団体の古い, 起った停電である, 起った偶然の出来事, 起った僅かな変化, 起った僻見であったに, 起った先刻の悲劇, 起った光景であった, 起った全ての心理, 起った共感もこれ, 起った具体的の事件, 起った内緒事だ, 起った写し違いというよう, 起ったの印象派以後, 起った凶作の事例, 起った出征ということ, 起ったの閃き, 起った刃傷事件からどこ, 起った初志をみずから, 起ったの晩, 起った前夜の不思議, 起った動揺に対して行われた, 起った北日本の大, 起った北清事変はいよいよ, 起った区別であったこと, 起った十月十九日は, 起った半鐘の音, 起った南北戦争に手, 起った博多合戦とその, 起った危険な誤解, 起った原因不明の出来事, 起った反射運動に他, 起った源氏の, 起った叫喚でないこと, 起った台十能を片手, 起った同じ毒殺では, 起った同一のこと, 起った呼び声であった, 起った咄喊の反響, 起った唸りがちょうど, 起った問いはそれ, 起った喀血で死, 起った嗚咽の為, 起った囚人同士の口論, 起った困難な心魂, 起った土地は清き, 起った土左衛門騒ぎの詳細, 起った地上の大, 起った地名だが, 起った地方的の勢力, 起った地方的勢力も一度時, 起った場合傍につい, 起った場合夫や親, 起った場面を憶, 起った変事ではない, 起った変動は非常, 起った変遷の重なる, 起った外務大臣暗殺事件の記憶, 起った多少病的の, 起った多忙さにハンカチ, 起った大乗の教え, 起った大和飛鳥の争奪戦, 起った大川竜太郎の自殺事件, 起った大御所気分に増長, 起った大雪田は霧, 起った大震火災がもし, 起った大震災の騒ぎ, 起った天罰に恐怖, 起った失敗らしく太郎坊あたり, 起った失神状態と云う, 起った失策だ, 起った奇々怪々の事件, 起った妙齢の婦人, 起った始終の話, 起った婦人が運動場, 起った宏子は拍手, 起った宝蔵院流の槍, 起った実に微妙な, 起った実例でございましょう, 起った実相を描き出す, 起った室内へまた, 起ったではそうした, 起った家名らしく今, 起った寛政一揆の民間記述, 起った寛永十四年から五人組制度, 起った封建国家はこの, 起った射殺事件のこと, 起った小さな波瀾, 起った小田原の老臣, 起った局面の急, 起った山道の衰微, 起った岩形圭吾氏こと志村浩太郎氏の変死事件, 起った崩壊の光景, 起った布団を少時, 起ったを見る, 起った平和への呼び声, 起っただった, 起った幾つもの叫び声, 起った度毎に新しい, 起った当夜の秘密, 起った当夜江戸橋の自身番, 起った当日彼ら二人が郊外, 起った当時有名な事件, 起っただという, 起った病気だろう, 起った徳政一揆などの徒, 起ったをよそ, 起った心内の愛欲苦悶, 起った心持ちである, 起った心理上の影響, 起った思いを読みとった, 起った怪しい事が, 起った怪奇事件であるが, 起った恋愛戦で煙火師, 起った恐ろしい出来事が, 起った悲しい出来事の, 起った悲劇それらに関してロープ, 起った悲鳴でありました, 起った情痴殺人事件からである, 起った惨事だった, 起った惨害事件であると, 起った想像説ではなく, 起った意味もまったく, 起った意趣遺恨じゃない, 起った感情の行掛り上, 起った憂いとはつまり, 起った懸命に自己, 起ったる同じ, 起ったである, 起った戦いの公言, 起った所以である, 起った所作だったので, 起ったから萌しはじめた, 起った政治上社会上の大, 起った故金子を少々, 起った故障であったならば, 起った敗北はすべて敗北, 起った新しい考えに, 起った新たなる霊, 起った新人のす, 起った新興仏教の法然, 起った方向へ進, 起った日本の人道主義文学運動, 起った日私にとっても重大, 起った昂奮の記憶, 起った時ジャコバン党の支部, 起った時三造は始め, 起った時人間が人間, 起った時会津から京, 起った時作家は決して, 起った時坂口は思, 起った時宮廷が人民, 起った時島田はそういう, 起った時水夫たちの膝, 起った時結構な一首, 起った時重吉は会社, 起った時間を決定, 起ったにあつまった, 起った暗殺の報, 起った暗示ではあるまい, 起った最初裏の広場, 起った有名な場所, 起った朝駐在所を出, 起った木美子の, 起った本国の革命騒ぎ, 起ったの名, 起った東交がやはり, 起った根拠のあり, 起った格闘にドタンバタン, 起ったとらしい, 起った様子である, 起った模擬戦とは言い条, 起った欠如ではない, 起ったの声, 起った歌舞伎やさまざま, 起った歎息の渦巻き, 起った正月の下旬, 起った正木作左衛門の変, 起った殆ど我れ知らず, 起った殺人に使用, 起った殺傷でない限り, 起った毒ずし事件のこと, 起った毛利元就の軍, 起った気分をどうにもこう, 起ったの音, 起った水害の後, 起った治部太夫は身, 起った法典実施延期戦はあたかも, 起った法然上人の浄土宗, 起った泰山鳴動して, 起った活版職工その他の幾多, 起った流派とを結びつけられれ, 起った流血は彼, 起った浮気性の気迷い, 起った海底の大, 起った混乱の時期, 起った激変に呆然, 起った火事場まで行った, 起った火焔の渦巻, 起った災難を体, 起ったの豊富, 起った炭火へ灰, 起ったにとうとう, 起った烈しい事件に, 起った烈風のため, 起った一は, 起った無関係な事実, 起った熱烈難渋な芸術, 起った爆発のこと, 起った物価騰貴で儲ける, 起った物価騰貴労働条件の悪化, 起った物凄じい激動とともに, 起った物取り主義という批判そのもの, 起った物語である, 起った物音がこれら歓楽, 起った狂風にぼんやり, 起った狙撃事件とを詳細, 起った独特な社会的変化, 起った狼狽もほんの, 起ったのよう, 起ったには遥か, 起った珍事件については何, 起った現実の大, 起った畑柳家の怪事, 起った異変の一伍一什, 起った異様な事件, 起った異聞奇譚を老耄, 起った疾風のおかげ, 起った病気の手当, 起った痙攣的な動作, 起った白峰の雪, 起ったに見える, 起った直後のこと, 起った直後血まみれの現場, 起った直方事件に移る, 起った相思の恋愛事件, 起った真空に吸いよせられ, 起った矛盾に愕然, 起った矢叫びを聞く, 起った磁力が短剣, 起った磯上伴作は全く, 起った社会主義の騒然たる, 起った社会的根拠は第, 起ったの矢殺人事件, 起った神経細胞の動揺, 起った神聖な精神的運動, 起ったも皆, 起った種々雑多の新しい, 起った穀物価格の下落, 起った空っ風が巷, 起った突然の動作, 起った窮説を主張, 起った節子の縁談, 起った簡単な問答, 起った簸川郡出西村の窯, 起った経済恐慌のため, 起った経済的諸組織, 起った経過を研究, 起った綴方の流行, 起った緊張した相互作用, 起った緑内障は交換性眼炎, 起った署長室で平服, 起った罵倒の言葉, 起った美少女殺人事件の下手人, 起った美濃守が小腰, 起った美術界のいろいろ, 起った義軍であると, 起った翌月のこと, 起った耽美派文学がまた, 起った聯想らしい, 起った職場のみんな, 起った職業婦人美とともに大正期, 起った肉体上精神上の経過, 起った自滅の第, 起った船員や仲仕, 起った良心の苛責, 起った色々の災害レビュー, 起った芝居がかりの動作, 起った若狭の武田元明, 起った苦しみで夢中, 起った英雄的な喜び, 起った明な, 起った蒋介石が孫逸仙, 起った薄板工場の雑音, 起った虎列剌事件を, 起った虐待事件があかるみ, 起った蝶々さんの悲壮, 起った衰弱とのため, 起った親切じゃあるまい, 起った解党派新労農党結成, 起った証拠なん, 起ったはいまだかつて, 起った話空襲の話, 起った誘拐事件それは英国, 起ったであろう, 起った談話の遣取, 起った論争においてはプライス博士, 起った謀士良将の一群, 起った謀殺事件である, 起ったりでは, 起った警察沙汰は再開後, 起った貧窮組浅ましいよう, 起った足利勢に横, 起った跫音なの, 起った蹄鉄の地面, 起った身分上の区別, 起った車内では風説とりどり, 起った軽い痛みを, 起った轟音にすわ, 起った農村の窮乏, 起った農村人の都会化, 起った逸話を代, 起った運命です, 起った遠島御用船, 起った郊外の談話, 起った部分は屍冷, 起った部屋に案内, 起った重大な変動, 起った野蛮人は何世紀, 起った見違い, 起った銀行ギャングの犯人, 起った銀行襲撃事件っての, 起ったか瓶割, 起った長大な雪渓, 起った長篇小説への要求, 起った陣鼓鑼声は完全, 起った陰惨な死, 起ったに爰, 起った際どい瞬間に, 起った難儀です, 起ったはべっとり, 起った雷鳴は夕方, 起った電波の嵐, 起ったを単純, 起った露軍の奇跡, 起った面白そうな, 起った音変化の結果, 起った音響の猛烈, 起った須坂の瀬戸物一揆, 起った風聞というもの, 起った食肉禁忌の思想, 起った騒動によってそれ, 起った黎明の人頼朝