青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「腕~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

脚~ 脚本~ 脛~ ~脱 脱~ ~脱い 脱い~ 脳~ 腑~ ~腕
腕~
~腰 腰~ ~腰かけ 腰かけ~ 腸~ ~腹 腹~ 腹の中~ ~膝 膝~

「腕~」 13909, 134ppm, 801位

▼ 腕~ (5581, 40.1%)

380 組んで 72 つかんで 71 組んだ 70 くんで 69 拱いて 46 とって, のばして 45 持って 42 つかんだ 40 伸ばして 38 掴んで 37 組んだまま 32 取って, 拱きました 30 拱んで 28 伸して 26 胸に 25 もって 24 さすって 22 まくって 21 掴んだ 20 拡げて 19 あげて, 組みながら 18 こまねいて 17 自分の 16 ひろげて, 見せて, 解いて 15 とらえた, 出して, 振って, 捉えた, 揮って, 枕に 14 こまぬいて, とらえて 13 扼して, 胸の, 貸して 12 握って, 曲げて, 組みました 11 まくりあげて, 押えて, 組み合わせて, 組んだり 10 かけて, くんだ, だらりと, とった, 突き出して 9 拱いた, 捉えて, 頭の

8 [11件] つかまえて, とつて, 上げて, 取った, 延して, 抑えて, 拱きます, 挙げて, 磨いて, 見て, 逆に

7 [12件] かかえて, のせて, ふるって, まくつて, もつて, 差し出した, 持ちながら, 掴むと, 支えて, 組むと, 膝に, 離して

6 [19件] あらわに, かして, つかみながら, とられて, まわして, 伸ばすと, 動かして, 叩いて, 左右に, 延ばして, 引いた, 彼女の, 拱くばかり, 拱んだ, 捲って, 捲り上げて, 組み合って, 腰に, 高くあげ

5 [34件] さすつて, さすりながら, しっかりと, つかまえた, つかむと, とられながら, はなして, ひっぱった, ふるつて, まきつけて, まくり上げて, みがいて, もう一本, グッと, 前に, 執って, 宙に, 小脇に, 廻して, 後に, 抱えて, 振り上げて, 捲った, 握った, 撫して, 斬って, 私の, 組み, 組んだが, 肩の, 見ると, 解いた, 通しながら, 高く上げ

4 [45件] うしろから, うしろに, おさえた, さしのべて, たたいて, つかまれて, とつた, のばした, ひろげながら, ふって, ふりまわして, ほどいて, 切って, 十字に, 左右から, 差し伸べて, 差出した, 差出して, 巻いて, 張って, 彼の, 後ろに, 拱いたまま, 拱くの, 拱み, 振つて, 振りながら, 掴まれた, 掴んだまま, 握りしめた, 支えた, 放した, 椅子の, 水平に, 組みそして, 組み合はせ, 組み合わして, 組み眼を, 組む, 見た, 解くと, 載せて, 開いて, 離すと, 首に

3 [85件] お目, お貸し, くみ眼, ささえて, さすった, さすッ, して, しなやかに, するすると, だして, つかまへて, つかみました, といて, ねじあげた, ねじ合わして, のせた, のばすと, ほどくと, まいて, まは, ゆすぶった, ウンと, グイと, ムズと, 上げたり, 上げる, 伸すと, 伸ばしその, 伸ばした, 伸べて, 使って, 僕の, 出す, 前方へ, 取りながら, 叩いた, 叩いたり, 執つたま, 執つて, 差し上げて, 広げて, 延ばすと, 引っ掴んだ, 後手に, 打つ, 払ひのけ, 扼しながら, 投げかけて, 折ったの, 折られて, 押えた, 押へ, 押へて, 拡げた, 拡げながら, 拱く, 拱ぬい, 拱む, 持つて, 振る, 捲いて, 撃たれて, 現わし, 磨くこと, 空に, 組まれて, 組みあって, 組みて, 組み合せて, 組み合せながら, 組み唇, 組み眼, 組み首, 組むよう, 組んだま, 翼の, 肘の, 胸へ, 自由に, 見るもの, 貸そうと, 闇の, 離れて, 頸に, 高々と

2 [277件] いっぱいに, いよいよ強く, うごかして, うしろへ, おさえて, おさへた, お出し, かかえると, かまえながら, からんで, きたえて, くみグイ, くむと, くんだまま, こすって, こまぬくの, さげたなり, さし交しに, さし伸して, さし伸べて, さすったり, さすつたり, さすりますが, しごくと, しつかりと, そろそろと, たくし上げて, たたいた, たのんで, つかまえたの, つかまれた, つかまれたまま, つかみ, つかむ, つきあげて, つっこんで, とおしながら, とり, とり上げても, とり合, とると, とるの, なでて, のばし襖, のばせば, はなれて, ばたばたし, ひっぱって, ひっ掴んだ, ひらきて, ひろげる, ひろげると, ひろげ片足, ふりあげて, ふりはなし男, ふりほどいた, ふるいました, ふるった, ふるったが, ふるったもの, ふるつた, ほぐしました, ほどきます, ぽり, まくった, まくらに, まくると, みて, みとめて, むきだして, むずとつかんだ, もいで, もぎ取られた人形, もち上げ, もて我, シッカリと, スラリと, スルリと, ソッと, ダラリと, ニュッと, ニューと, ムキ出しに, 一打ちに, 上げるの, 下げないで, 両手で, 両方から, 仕込んで, 伝って, 伝わって, 伸したり, 伸ばしたが, 伸ばしたり, 伸ばせば, 信じて, 充分に, 入れると, 切られて, 切り落す外, 前へ, 前方に, 力一杯に, 力委せ, 動かしても, 十手で, 危ぶんだ, 取られて, 取ると, 囚へて, 回して, 圧し耳, 執られながら, 執ると, 大きく拡げ, 屈伸させ, 差しだして, 差しのべて, 差し出して, 差し延して, 差し延べて, 巻きつけて, 延すと, 延せば, 延べて, 廻しました, 引いて, 引っ張った, 引っ張って, 引っ掴むと, 引張った, 彼は, 急に, 感じて, 払いのけて, 払って, 扼し歯, 扼せば, 扼って, 把った, 抓った, 折ったん, 折られたの, 抜いた, 抜いて, 抜けて, 抱きこむよう, 抱へ, 拡げた時, 拱いだ, 拱きて, 拱きながら, 拱きましたが, 拱き差俯向, 拱くと, 持たれて, 持った仲, 持つた人, 挫いた, 振うに, 振りあげて, 振りほどくと, 振りもぎっ, 振わ, 捉えながら, 捉まえ, 捕えて, 捨てて, 捲くって, 捲りあげて, 捻ぢ, 掛け全身, 掴みました, 掴む, 掴むよう, 揃えて, 揉みながら, 握つた, 揮うこと, 揮わせて, 揺すぶった, 携へて, 摩りながら, 摩擦し始めました, 撫でて, 撫でながら, 撫り, 攫んで, 支へ, 放して, 放そうと, 斜に, 斬ったの, 斬ったらしい, 斬ったん, 斬られたの, 斬られて, 曲げると, 有ち, 有って, 机の, 比べたいと, 深く組み, 深く組ん, 渡つて行つ, 片手で, 目に, 目の, 眼の, 知って, 空へ, 突いた, 競って, 筬の, 納めて, 組ませて, 組まんばかりに, 組みあわせて, 組みじっと, 組みその, 組みキリキリ, 組み合せ唇, 組み合は, 組み直した, 組み直して, 組み肩を, 組み軽く, 組むこと, 組むの, 組んだこの, 組んだやう, 組んだよう, 組んだ一寸, 組んだ儘, 組んだ平次, 組んでの, 組んでは, 組合せて, 組違え, 縛られて, 肩から, 肩まで, 背に, 背中に, 背後へ, 脇の下へ, 脱け, 落として, 血で, 血まみれに, 袖口から, 褒めて, 見せようと, 解こうとも, 認めて, 跳ねのけて, 身体の, 載せた, 辷って, 這わせ肩, 通し始めた, 降ろして, 露出した, 露出すれ, 露呈に, 青竹で, 静かに, 頭上に, 頼りに, 顔に, 食卓の, 高くまくっ, 高く挙げた, 高く組みました, 高や, 鳴して, 鳴らして

1 [2485件 抜粋] あげたそして, あげようといふ, あげ神田, あばら骨の, あわれ嬰児, いざ仕事, いふの, うたれて, うち落し給, おきその, おさえ付けようと, おしのけるよう, おも, おろすと, かかえこみながら, かけた, かけ肩, かすこと, かならず上, からませて, かわりがわり引きあげた, きつく振り, ぎゅっとつねっ, ぎゅッと, くねらせて, くみながら, くみ合わせた男女たち, くみ身体, くむクセ, くるみこんで, ぐいぐい引いた, ぐいと背中, ぐっとひっぱった, ぐっと握る, ぐるぐる廻し, ぐんぐんひっぱる, こすつた, こつこつと, こまぬいたもの, こまぬきかみさん, こまねくと, ささえた, さしのばしたと, さし出す動作, さする, しきりに動かし, した痩せた老人, しっかりつかまえ, しっかり膝, しばり上げながら, すぐって, すりむくの, そっと引, そのまま活用, その横, そろへ, たたいたので, たれて, だきしめる, ちがえた上, ちらりと思い, つかまえる, つかまへたの, つかみしめた, つかみ取られた途端, つかみ胸, つかんだとき, つきだした, つき立て後, つって, つついて, つねったり, つまんだ, つッ, ときながら, とらえ, とらえました, とらえ力いっぱい, とらえ重い, とられたまま, とりかは, とりつけるとは, とり頭, なくして, なでた, ぬくと, ねじあげられヤッ, ねじって, ねじ上げるよりも, ねじ捕った, のばしあやまたず私, のばしカラン, のばし指, のばし装置, はげしく三度振り卸ろ, はなしたところ, ひかれたの, ひき裂きやがった, ひっぱると, ひつかけ, ひと目見たら, ひろげおい, ひろげた栗, ひろげ顔, ぴしりと打つ, ふったり, ふりあげます, ふりはらい一人ノッシノッシ, ふりまわしたり, ふり怒号, ふるい得る者, ふるうこと, ふるったおいしい, ふるってつくり上げた, ふるって貰わね, ふるので, ふるわせ顔, ぶら下げ足, ぶんまわしの, へし折ろう, ほめるの, まきつけちからいっぱい, まくし, まくらせて, まくりあげ近衛, まくり上げた, まくり出した女達, まくり立てる, まげて, まるで木, まわし胸, みがきに, みせて, みては, むき出して, むねに, もぎは, もぎ離すと, もたなくては, もてかの, もらったその, やや張り, ゆすぶって, ゆるめずに, よこせ, わし掴みに, イウロペは, ガツシリ組み合せ, グイグイ引ッ, シヤツの, ズシンと, トニオのと, ハイケンしたい, ビスカイヤン銃弾に, ヘシ折る, マクリ上げかけた, 一つ二つ大きく, 一層ふりたくり, 一本なくし, 一生懸命に, 上げたと, 上げたテイルデン, 上げますと, 上げ心, 上下し, 上達させ, 下げ蒼白, 不自然に, 九輪に, 二人が, 交互に, 今度は, 仰向けに, 伸さうと, 伸したかと, 伸す毎, 伸ばしても, 伸ばし息, 伸ばし肘, 伸べ, 体の, 使うに, 信じろ, 借す, 傳つて私の, 傷つけ倒れるひょう, 先生に, 入れ薬品, 再び捉えよう, 凭せかけて, 出したは, 出し顔, 出そうとも, 切らなければ, 切られに, 切りはらいました, 切り落したよう, 切り落とさなければ, 切断され, 切落す, 前垂れで, 剥出しに, 動かさなかったらば, 動かすこと, 包むどこ, 十の, 半狂乱, 又掴ん, 取ったまま, 取らない限り, 取らんばかりに, 取りて, 取り合つて, 取るの, 取押さえて, 叩き拳, 各自が, 吊るよう, 呻と, 喰い切らせて, 四方に, 垂れた儘, 垂れ遊ばせたまま, 執られて, 執り口笛, 壁越しに, 大きくひらい, 大きく振っ, 大人が, 天井の, 失ひそれから, 奮つて鐘を, 妙に, 客商売とて, 小突いて, 少し吸っ, 岩倉家の, 左右へ, 差しのばすと, 差し伸した, 差し伸ばそうと, 差し入れたの, 差し出したら手先, 差し出す, 差上げて, 差込ん, 巻きつけると, 広げた, 延し胸, 延ばし乞食, 延ばし脚, 廻した, 廻すと, 引きもどしたから, 引き抜かれて, 引くと, 引っぱった, 引っ張りました, 引っ組ん, 引つ張り合, 引寄せ, 引担い, 張つて巨人の, 張る, 強く振る, 当惑し, 後に張つて, 得つ日々工事, 忍ばすよう, 怪我しました, 悠々と, 愛情こまやかに, 懐へ, 戞, 打たれて, 打ち折るという, 打ち振り目玉, 打った, 打落すに, 払い退けながら, 払ふ, 扼してかの, 扼し義憤, 把るなり, 抑えられ阿Q, 抓られた, 投げだししなやか, 投出して, 折ったり, 折られある, 折られた人, 折られるとか, 折ると, 折ッぴしょッたり, 抜き簪, 抱い込んだり, 抱きこんで, 押えてさ, 押えられなかったら即座, 押して, 押し放そうと, 拡げた西山, 拡げ首, 拱いた儘, 拱き, 拱き端然と, 拱けり, 拱むと旅籠の, 持たせようと, 持ち乍ら, 持った人, 持ってるが, 持つ各種, 持て扱, 挙げたり, 挙げ熱い, 挫く, 振い競争者, 振うところ, 振ったつもり, 振つた珍しい, 振へるも, 振りほどいて, 振りもいだ拍子, 振り上げると, 振り動かしひざまずき手摺, 振り咽喉, 振り払って, 振り脚, 振るおうか, 振上げて, 挾んで, 捉え俺, 捉り引きずり引きずり, 捕へて, 捩り上げたので, 捲きつけた, 捲くったもん, 捲くッ, 捻じあげた, 捻って, 掛けると, 控えた, 掴まれたの, 掴まれ頬, 掴み体量二十貫, 掴れ, 掻いたり, 揃へて, 握られたまま, 握り折るに, 揮いましょう, 揮うべき犯罪, 揮ったこと, 揮ったん, 揮つてみ, 揮はんことを, 揮わせるの, 揺ったの, 搦み合っ, 撫しいつ夜襲, 撫す気持ち, 撫で撫で, 撲った, 擦りしが, 擧げた, 支え, 放しました, 斜めに, 斬られたという, 斬られてまでと, 斬り落した, 斬る, 断つ, 暗闇の, 曲げゴリラ, 曲げ鼻, 有する三上, 架し, 検べて, 横に, 欄干に, 死の, 比べたり, 求めること, 洗って, 深々と, 漬さなけれ, 火鉢の, 爪捻る, 犇と, 現して, 生んだと, 當てた, 痛めたれば, 発揮する, 皮癬病み, 真っ直ぐに, 矢代に, 砂について, 確りとお, 磨かねば, 磨きねえよ, 磨くべきは, 示しながら, 空ざまに, 突き伸した, 突き払った, 突つ, 突張つて我ながら, 窄める, 立て幅跳び, 競り叫びながら, 組まないで, 組みあらあらしい, 組みからかうよう, 組みしきり, 組みつ, 組みまじめ, 組みサウカ, 組み何やらじっと, 組み凝然, 組み合つてしかし, 組み合わせた上, 組み合わせ足, 組み大工, 組み少し, 組み月, 組み泥だらけ, 組み直し笠, 組み肩, 組み言葉を, 組み面を, 組み顔を, 組むで, 組む種彦, 組んだなり, 組んだまま横, 組んだもの, 組んだ喜三郎, 組んだ広, 組んだ鬼小僧, 組合せつ, 組合わせた, 絡みつけた, 緊めて, 締めつけて, 縛められて, 縮めて, 繞り, 羽が, 肩にかけて, 胸を, 腐らせて, 膝下に, 自己を, 舒べ, 荒々しく突き上げ, 落した者, 蔽って, 虚空を, 衝突させる, 要求せらるれ, 見せたお, 見せたらその, 見せましょうと, 見せる絶好, 見たん, 見る, 見物しろ, 解いたり, 解き凄い, 解く, 試すつもり, 誇るの, 負傷し, 貸しその, 貸してるジルノルマン氏, 蹴った, 軽く刺し, 軽く胸, 逃れようと, 通した時, 通し名ばかり, 遊ばせて, 部厚, 銘仙の, 長々と, 長く張っ, 降ろした, 離しとも, 雪の, 露出せし, 頤で, 頭上で, 食い切る深い, 首へ, 高く天, 高く組みあげた, 鳴しても

▼ 腕~ (1716, 12.3%)

50 覚えの 47 力を 36 手を 33 よりを 32 抱かれて 24 覚えが 19 すがって 15 抱いて, 自信が 12 抱えて 11 つかまって, 身を 10 かかえて, 縋りついた, 覺え, 顔を 9 撚を 8 おぼえの, かけて, こめて 7 はめて, 力が, 縒を 6 まかせて, 撚りを, 籠を 5 しがみついて, して, すがりついた, なって, ヨリを, 君が, 巻いて, 怪我を, 縋って, 頭を

4 [18件] さわった, しっかりと, すがった, すがりついて, だかれて, つかまった, よりかかって, 慢じ, 抱かれた, 抱きかかえて, 抱きしめた, 注射を, 縋った, 縋りついて, 縒りを, 繃帯を, 覚えは, 覚えも

3 [24件] かかって, しがみついた, すが, つかまりながら, まいて, キラキラ光る, 両手を, 凭れて, 喪章を, 抱いた, 抱えられて, 抱かれながら, 抱き取った, 抱へ, 抱へて, 桜の, 火の, 私の, 自信の, 自信を, 覚が, 覚の, 触った, 載せて

2 [86件] あつめて, ある, いだきまた, おぼえが, かい抱きそれ, かけ面, かすり傷, さは, さわって, しが, すがりながら, だいて, つかまつて, つけて, なれを, ぶらさがって, ぶらさげて, ものを, よって, シッカリと, ムズと, 下げて, 二つの, 任せて, 何か, 依って, 全身の, 力の, 力は, 力一ぱいしがみつい, 取り縋った, 噛みついた, 堀きりの, 外套を, 寝て, 射した, 巻いたり, 年は, 幼帝を, 引ずり退けると, 心から推服, 感じながら, 打って, 抱かれたまま, 抱かれたらあはれ, 抱きしめて, 押しつけて, 指痕の, 捲く腕輪, 捻を, 掛けて, 支えられながら, 支へ, 於ては, 書いて, 期待を, 歌を, 沿って, 添つて動かし, 牛と, 犇と, 献げられ, 獅噛みついた, 畏服する, 白, 相違ない, 籠めて, 綯り, 縋つた, 縋りながら, 置いて, 職を, 肩を, 腕を, 自分の, 蟹を, 触れると, 赤いきれ, 赤い痣, 躍動し, 返り血, 針を, 頬を, 頭に, 顎を, 飛び付いた

1 [933件 抜粋] あたしを, あつめながら, あふれるやう, あらずしばし, あり鈍き, あるとか, ある傷, ある文字, あろうとは, いだかれて, いっぱい枯れ草, いつ戻れる, うえたの, うごめいて, うまくはまる, おそろしい力, おとなしくよりかかっ, おぼえも, かいとりつ, かかえこんで, かかえた日本, かかえ支店長代理, かかえ込んで, かかった花弁, かかへて, かかれば, かき抱くよう, かき擁, かけた, かけたら貴様, かけた中国人, かけた女連, かけた籠, かけた給仕, かけた花籠, かけた軒燈屋, かけつつ, かけもの憂い, かけわざと, かけ四辺, かけ帽子, かけ撃鐵, かけ泥, かけ高氏たち, かなわねえで穴, からませること, からまって, からみついたその, からみて, からめて, かるく手先, きつく抱かれ, くるくると, ぐさと刺し, ぐったり頭, こすられるの, こたえて, こたへて, この書類, こめた力, これまた, こんなに安心, さげた珠数, さはつ, さらわれたん, さわる, さわるもの, しこりさえ, しっかりお, しっかりだかれ, しっかり抱かれ, しっかり抱きかかえられ, しばし不, しようか, じしん, すがったり, すがった叔父, すがりつかないでは, すがりつきますと, すがりつき丙, すがりつき深, すがりつくやう, すがり付いた, すがると, すがるよう, すっかり惚れこんだ, するかと, せよ対手, そっと手, そのトタン, その像, その度胸, その細, ぞっとする, たいへん立派, たよ, たよるほか, たわむれて, だきしめました, だくこと, ちよいと, ついたらうか, ついて, つかまりまだ, つかまれて, つかまれると, つかんで, つけ剣, つらまっ, では, とびついて, とまりつまんだジャガイモ, とり, とりすがりて, とり縋つて, なすりつけたけれども, なった, なったなあ, なにかいや, なりました, なりやした, なりやす, なるん, なんども, ねむれる間, のせたま, のっけた, はまった腕輪, はめようと, はめる風俗, はめ込むでので, ひきうけて, ひしと縋りつきました, ひっかけて, ひどくしっかり, ぴたりと, ふくらは, ふれて, ぶらさ, ぶらさがられて, ぶら下, ぶら下り彼, へばりつく, ほとんど靠れかかっ, まかせ心, まきついて, まきつければ, また胸, まつはりつい, みがきを, みみずの, もたれかかると, もてば, もろ手から, やや差, よらずに, よりかかり彼, わが兜, ウンと, キッスでも, グイと, グウと, グングン引っぱられ, シッカと, ゼスス様を, チクリと, ドストエフスキーは, ナプキンを, ビタミン, ホーソーの, マリユスが, ヤキが, 一つ通し, 一人前の, 一寸恐れながら, 一度小さな, 一杯洗物を, 一段と力, 三つの, 上り龍と, 上下から, 不安を, 与えた痛撃, 両手で, 丸太ン棒を, 乗つたのに, 乳飲児を, 二人の, 二筋の, 仕掛けて, 付くれば, 代るもの, 任して, 伝わる, 似たり, 似合ぬ, 体重を, 何とも云えず, 余る猫, 佳人を, 依るもの, 依頼する, 信頼しきっ, 信頼し切っ, 倒れかけました, 倒れるの, 倒れるよう, 倚り, 偶然に, 傷を, 入れて, 全力を, 写つ, 処理された, 凭つて, 凭りかかつて, 切創の, 刺青でも, 力いっぱいふんづける, 力と, 力一ぱい金花を, 力抜けて, 劣りは, 十数カ所首の, 半分ぶら下りよ, 協い, 卷きつくの, 卷くか, 取りすがった, 取りすがりました, 取り付いて, 取り縋ったり, 受け取った, 合ふ, 君を, 呼び下したり, 唐獅子の, 唾を, 喰いつくこと, 喰ひついた, 噛みつかれるだろう思ってたん, 噛み付いて, 器量は, 垂れた個処, 埋めて, 執られて, 堅く寄り添った, 多津吉, 大勢の, 奪うよう, 奮いて, 女浪の, 委して, 娘は, 子供の, 字を, 安五郎二世と, 寝台の, 射あて, 小さい繃帯, 小次郎の, 少しばかり, 嵌めた釧, 工場を, 差が, 差の, 巻いた新しい, 巻かれるの, 巻きついたが, 巻きつけた長い, 巻きつける, 巻き付いて, 平次の, 幼子を, 引かれて, 引く一線, 引っ掻きを, 弟の, 強心剤の, 弾丸を, 彫って, 彫物が, 彼を, 彼女を, 後毛, 微傷を, 恐れて, 悪戦苦闘し, 惚れたから, 愛撫された, 感じたので, 感じようと, 感ぜられた, 懸って, 成りましたから, 成る積り, 手かごを, 打たれる注射, 打つ力, 抱いたまま, 抱いた小, 抱えられにっこり, 抱え彼, 抱かる, 抱かれたかつた, 抱かれた少女, 抱かれてる身, 抱かれに, 抱かれるまま, 抱かれる事, 抱かれカイヤール, 抱きあげ膝, 抱きかかえられて, 抱きしめやさしく, 抱きしめられた彼, 抱きしめるそれら, 抱きしめ彼, 抱きとった, 抱きとって, 抱きました, 抱き上げ, 抱き上げたが, 抱き去った, 抱き取りこわれやしないか, 抱き取り接吻, 抱き取れば, 抱き抑えた, 抱き締めて, 抱く, 抱れ, 押しつけた, 拱まれた, 拱んで, 拳を, 持たした, 持った, 指を, 捉まった, 捕えられようとしても, 据えよ, 捲いた髪, 捻じ捕えたいと, 掛けた島さん, 掛けられた, 掛る, 掬ひあげた, 掴まった, 掴らし, 握られると, 搦ませ, 摂め, 擦り傷が, 支えられて, 支え止められた, 救われなかったら朕, 数匹の, 文身など, 日の丸の, 書きつけ侍りける, 書き記し, 最初の, 朝夕二回ずつの, 未練を, 東京通信社と, 染むが, 栄養剤を, 機銃に, 止まって, 正法な鍛え, 武術の, 死せる, 死んで, 残った最後, 比ぶる, 毛を, 氷刀一時に, 油の, 泡立つ浪, 泣いて, 注射し, 注射針の, 浪の, 消毒も, 深い切疵, 添え眩しく, 渡されるの, 満身の, 溶けこんで, 激しい力, 灼熱した, 無法に, 爪を, 特別な, 狂ほしく, 獅噛み付いた, 生えて, 生ひき, 生毛, 疔を, 発射し, 発泡膏を, 盛りあがって, 目を, 真理子は, 眠つてゐる, 着け一言, 瞬く間, 石塔を, 神女を, 私と, 私を, 種えた, 突当たって, 筋金が, 精一杯の, 組み合せて, 結びつけられ他, 絡ませて, 絡まれながらも, 絡んだ, 綟を, 縄を, 縋つて, 縋りそれ, 縋りたるは, 縋りつかうと, 縋り乍らフラフラ, 縋り付くやう, 縋り半巾, 縋れとばかり, 縒否襷を, 繃帶を, 纒繞つてゐる, 美味な, 耐えるよう, 耳環を, 職の, 胸に, 脚が, 腕環みたいな, 膝の, 自信も, 至り毛脛, 至る筆法, 花籠を, 苦痛を, 落した前髪, 虫みたいに, 蛭子の, 蟹に, 血管が, 表情が, 袖が, 見えたが, 見どころの, 視線を, 親分の, 解くと, 触り二人, 触る, 触れた, 触れた瞬間, 負けた, 負傷した, 貫けば, 買物籠を, 貼つとけば, 貼付けたらどんなに, 赤ん坊を, 足が, 軽々と彼女, 辛うじて支, 通し片方, 遠慮がちに, 重いこの, 重かった, 重みを, 金筋を, 針が, 錐を, 鎖の, 鏤つけなど, 長け春秋二季, 附いて, 電撃の, 青い遊戯室係り, 非ず, 鞆の, 預け手提, 頼りて, 顏を, 飛ばせました, 飛び上る程, 飛び込んで, 食いついた血, 餘る, 鴉髻の, 麻薬を, 黒い布, 黒布を

▼ 腕~ (1517, 10.9%)

116 中に 62 中で 25 上に 23 中へ 21 なかに 18 ように 17 力が 15 下に, 力を 14 中から 13 下を 9 なかで 8 い, ような, 冴えを, 力で, 太さ 7 なかへ, やうに, 先に, 力は 6 強さ, 方は, 時計を, 間に 5 ある人, やうな, 下から, 出來る, 力と, 確かな, 達者な, 附け根

4 [15件] あたりに, あるところ, つけ根に, ほうは, 中の, 主は, 冴えは, 利いた辻斬, 力も, 立つの, 立つ奴, 長さ, 間から, 間へ, 静脈から

3 [28件] あたりを, あるなし, ある男, ある職人, いい船頭, うえに, うちに, して, なかの, 上で, 上へ, 下で, 中でもが, 中には, 傷を, 先は, 冴えたところ, 冴えに, 凄い女, 凄さ, 出来て, 力に, 力の, 彫青, 振いどころ, 肉を, 鈍さ, 骨を

2 [89件] あいだから, あいだに, あたりから, あること, あるの, あるもの, ある冷酷, ある寢臺, ある料理人, いいところ, いいの, しこりを, たつ武士, たつ者, できるもの, ところの, ところを, ないこと, ない奴, なまりを, ふうわりと, ボタンの, 一本や, 一部分に, 上には, 不自由さも, 人でも, 付け根から, 付根に, 付根を, 傷は, 先き, 先を, 光を, 冴え, 冴えが, 冴えた人間, 冴えた料理人, 冴えて, 凄いこと, 出来る奴, 切り放されて, 利いた人, 利いた浪人者, 力には, 半分も, 台に, 形に, 形を, 影が, 所で, 敏なる, 方へと, 未熟を, 根が, 汗が, 痛くなる, 痛みにも, 白さ, 白過ぎる, 皮を, 皮膚を, 相違という, 秘密を, 立ちそう, 立つと, 立つ人, 立つ人間, 立つ連中, 筋が, 肉が, 肘の, 肩の, 良い人, 良い按摩, 血を, 血管を, 袖を, 袖口を, 見せ場所で, 話を, 赤い痣, 重み, 鈍い良助, 関節が, 関節の, 露出の, 鳴るの, 鳴る面

1 [715件 抜粋] あがったこと, あたりで, あとは, あひだ, ありたけ, ありて, あるべき位置, あるやつ, ある人物, ある医者, ある博勞, ある女, ある奴, ある探偵さん, ある料理番, ある本気, ある武家, ある熱心, ある画家, ある組織者, ある芸人さん, ある芸者, ある華やか, ある話, いいこと, いい刷毛作り, いい大工, いい指物師, いい料理人, いい旋盤工, いい機械技師, いい潜水夫, いい職工, いい鋳物師, うえで, うずきを, うちを, おそろしいつかみあいです, お弟子, お方進取開放の, お立ちなさる, かぎり櫓を, からみついた感じ, がんりきの, きく仲間, きく小, ぐりぐり筋肉の, ことか, ごとく愛し, さえた沢田, さえの, さえを, さきに, さむらい, しっかりした, すぐれた人, すぐれた工匠, すぐれた職人, すぐれた若, すぐれて, すごいゴマ, すごい野郎, そこや, ぞうっと, たしかな, たたねえもの, たっぷり二倍は, たつ大人, たつ怖, たつ高弟十数名, ためにも, ついて, つかれを, つけねに, つけねや, つけもと, つけ根から, つけ根が, つけ根や, つづくかぎり, つづくかぎり根, つやを, つよい男, できものは, できる吉住求馬, ところが, ところだけを, ところで, とれた彫刻, どこに, ないという, ないの, ない石膏, ない親方, なかから, なかには, なさ, にぶい師匠, にぶい者, のびるところ, は子供, ふくらみの, ふるいどころ, ふろ敷包みなんて, ほうへ, ほどが, まる出し, まわりに, みがきどきだここ, むっちりした, めぐりは, もつて, もろくも, やり場も, ゆらぎに, ゆるみを, よいところ, よいの, よい図案工, よい女, よい織り, よい釣り師, ようだ, ようであり, ようでした, よさ, わき乳や, カサカサした, キラキラ光る, スジを, ヌアラ鳥の, ヘーレーの, ヘーレー彼にもの, ヘーレー聞き, ムヅ痒, ヤキが, 一かきと, 一つも, 一件だ, 一本くらいに, 一本ぐらいは, 一本ない, 一本も, 一本を, 一部をさえ, 一部分と, 上でのみ, 上において, 上の, 上を, 上手な振り, 上部に, 下とを, 下の, 下へ, 不自由な, 中にが, 中途迄, 丸みと, 主とは, 五本ぶりおれの, 人だ, 人と, 人としては, 人は, 人物を, 仕業の, 付け根だ, 付け根へ, 伴わない自分, 伸びとに, 位置に, 位置の, 位置を, 何処かに, 作家に, 健康は, 傍に, 傷の, 傷コッソリ光子さんに, 傷口も, 働きを, 働き方, 優れた奴, 優れて, 先が, 先では, 先には, 入墨の, 兵の, 内側の, 円い美しさ, 冴えかたに, 冴えた奴, 冴えた悪党, 冴えた町人, 冴えた縄張, 冴えとから, 冴えないの, 冴えならぬあの, 冴えには, 冴えばかり, 冴えようは, 冴え島田の, 冴であった, 冴恋も, 冷ゆる, 凄いの, 凄きやを, 処よりも, 出る寝間着, 出来た野郎, 出来るご, 出来るの, 出来るもの, 出来る人, 出来る浪人者, 出来る者, 分かれめて, 切られたの, 切り口には, 切口に, 切断に, 利いた同志, 利いた奴, 利かない敵, 利きたる博奕打, 利く奴, 利く男, 刷毛職人な, 刺青を, 力ありと, 力だけ, 力とても, 力もて, 力一ぱい漕い, 力筋肉的な, 動かしかた, 動きかただけ, 動きだけ, 動きに, 動作に, 動脈の, 動脈を, 勝れた左門, 勝れた所, 包囲の, 化物に, 十字架に, 半分まで, 卷鬚ぞ, 取れた者, 古疵を, 問題では, 喜三郎の, 喜三郎親分, 圧迫や, 垢を, 外には, 外見一瞥し, 夜光時計は, 夜光時計を, 大きい動かし, 大の, 天才に, 太いところ, 太さ比べ, 女, 女に, 好い人, 好い仕立職人, 好い釣手, 如くぬツ, 子供を, 小形である, 小指に, 工合で, 工夫が, 巧拙の, 巧拙は, 差が, 帆柱に, 廻転を, 張り方や, 強い武士, 彌造, 役に立つ時, 後側や, 急所を, 怪物, 恩愛の, 恰好に, 感覚も, 感触時々, 慥かさを, 或る, 所が, 手当を, 扱きに, 折れた小さな, 折れる迄, 抜き具合呼吸の, 押し競べ, 持ち主も, 持主で, 持主であった, 持主でない, 持主を, 指, 指を, 指先を, 振える幸福さ, 振り動かし, 振り方, 振るいよう, 掌の, 揃って, 揮いどころ, 揮えるところ, 斜向に, 方が, 方がちつ, 方につつ, 方も, 方を, 時計は, 曲折を, 曲線頸の, 条項が, 枕の, 根元に, 格好で, 歌だ, 比が, 毛が, 毛だらけな, 毛の, 毛を, 汗を, 浪人が, 浪人者に, 温度を, 満身の, 漠然たる感触, 火傷を, 無いの, 熟練さを, 熟練を, 父の, 片一方ない, 狂い方, 環と, 男が, 男など, 画人で, 疵は, 疼きぬいて, 痕など, 痛さ, 痛みだ, 痛みは, 痛みも, 痛むのみ, 痛む留置場, 痺を, 癪に, 発明の, 白い女子たち, 皮肉に, 相当出来る, 相応に, 相違が, 眞白なる, 知れた男, 研師は, 確な, 礼を, 神女ヘーレーかたはらに, 移殖が, 空ざまな, 空振りを, 立った忠義者, 立つお, 立つた浪人者, 立つところ, 立つやつ, 立つわかい, 立つゴロツキ, 立つ曲者, 立つ武士, 立つ猛者, 立つ男らしかっ, 立つ近江, 端より, 競いどころと, 筋へ, 筋も, 筋一つちがっ, 筋肉が, 筋肉の, 筋肉は, 筋肉までが, 筒切りに, 筒袖に, 細い奴ら, 組まれて, 絵を, 続くかぎり, 線へ, 縄を, 縒を, 續く, 缺けた彫刻や, 者が, 者はござりませぬ, 聰明さに, 肉と, 肉の, 肌を, 肘を, 肩まで, 肱の, 胡麻の, 脱け, 脱けた, 脱落した, 腫れに, 腹を, 膂力はまん, 臂を, 自分に, 自慢は, 良いこと, 良いの, 良い武家, 良い野師, 良い錺屋, 色ながら, 苦痛を, 血との, 血管に, 行末は, 表側には, 裏の, 製図を, 要旨を, 見せどころと, 見せどころは, 見せ場だ, 見せ場では, 見せ場といふ, 見せ場は, 見事な, 触覚を, 記念碑である, 詩, 話だ, 話は, 誇りを, 譬喩, 躍動の, 軟かな, 輪を, 辺に, 辺りで, 逞しいところ, 逞まし, 運動が, 運動も, 運動神経だけ, 運動神経は, 部分が, 重さ, 釣合も, 鈍いの, 鈍な, 銀緑色の, 鋭いばかり, 長い格好, 長さ二三寸位, 長すぎる, 関節などが, 関節にかけて, 附根から, 限りを, 限度を, 陰に, 陰影が, 雪を, 雪白脛も, 青白い肌, 静脈からだって, 面を, 頭文字を, 顕れて, 骨が, 骨さへ, 骨も, 骨一つ入, 龍が

▼ 腕~ (967, 7.0%)

10 鳴って 7 ある, 冴えて, 出て, 出來 6 あるの, あれば, 利いて, 彼の, 彼女の, 痺れて 5 ニューッと 4 あった, あるか, あるん, できて, ないの, なければ, 出来て, 男の, 鈍くて

3 [19件] あいたので, あるから, いいの, なかった, むずむずし, ニュッと, ムズムズし, 一本しか, 伸びて, 優れて, 劣って, 彼女を, 折れて, 現われて, 痛い, 立って, 肘の, 自分の, 落ちたの

2 [66件] あったが, あったん, あって, あっても, あの女, あるという, うしろから, うしろへ, この調子, こんな所, しっかりと, じりじりと, だるくなっちまった, ちぎれる, ない, ないので, ないよう, なきや, ぬけそう, のびた, のびて, ひしひしと, よかった, よくッ, グッと, ヌッと, ピクピクし, 上がらないん, 上つた, 何となく頼もしい, 凄いん, 出来そう, 判りませんが, 利いたので, 利かない, 動いて, 唸って, 強いか, 強いん, 必要である, 急に, 折れるばかりに, 抜けそう, 新九郎の, 無かった, 理智を, 疲れて, 痛いと, 痛いので, 痛くて, 私の, 立つと, 肩の, 脱ける, 逞しく出, 進んで, 達者だ, 違うの, 鈍いの, 鈍って, 鈍るばかり, 長そう, 震えて, 頭文字の, 頸に, 鳴るね

1 [663件 抜粋] あがったら自分, あがり眼, あたかも唖, あたくし, あったため, あったらこんな, あったらしく一方, あっては, あつたつ, あつたら, あなたを, あまり白, あらわに, あらわれたん, あらわれるの, ありお茶, ありしかも, ありほんとによく, ありますか, あります地, あり口吻, あり江戸市中, あるからと, あるからには, あるだけ, あるだらうと, あるつもり, あるとか, あるとは, あるなら見せて, あるもの, あるらしくその, ある一方, ある要するに, あれに, あろうとは, いいので, いきなりグッと, いきなり夜鷹, いきなり非常, いくつも, いつまでも, いりましょう, いるの, うす緑の, うずうずする, おありだし, おちないよう, お前, お江戸自慢, お雪, からむ白い, からんで, がたがたふるえる, くたびれたとき急, ぐったりと, ぐったり垂れる, ぐらっと力なく, ぐらっと垂れ, ここへ, この間の, これを, こんなにひびだらけ, ござりましょう, ごろりと横たわっ, さえて, さしのべられて, さっとうごいた, しきりに活躍, しばらくトコロテン, しびれても, しびれもげそう, しびれるほど, すっかり冷え, するっと, そうそう続く, そのままうごかなくなった, その先, その封筒, その柄手, その相手, その眼, その見知らぬ人, それに, それ自身一つの, たくさんぶら, たくさんぶら下っ, たくし上げた縞, たっしゃじゃ, たって, たつと, だめだ, だらしなく解け, だらりと, だんだん冷たく, だんだん硬, ちがうと, ちがうん, ちぎれるかと, ちぎれるやう, ちょいと, ついて, つかまれた肩, つよく人, つれたり, づきづきと, でた, でたでは, でて, とりしばられる, どうも鈍い, どこまで, どんなによくとも, どんなに顫, ないかの, ないから, ないくせ, ないため, ないと, ないね, なおも一本一本, なかつたので, なきゃ人間, なくて, なくても, なくなって, なくなっても, なくッ, なぜかぶるぶる, なって, なまくらぢや, なまって, なまつ, にぶい, にぶられた, にぶる, にぶるという, ぬっと出る, ぬっと前, ぬつと, のぞいて, のび, はみ出て, びくり, ぴくっと動いた, ぴくぴくしました, ふと不憫, ふるえて, ふるわれた, ぶらにな, ぶら下る時, ぶら下る足, ぶるぶると, ぶるぶるふるえた, ぶーん, ほぐれた, まくりあげられたの, まくれて, まず彼, またその, まるでつい今, まるで爬虫類, むずと背後, むずむずする, むずむずと, むず痒いよう, むず痒くて, むづ, むんずとかれ, むんずと伸び, もうそろそろくたびれ, もう折れ, もぎれて, もげたら腕, もげる様, ものを, ももが, やぶりでも, ゆき子の, ゆるむと, よいとか, ようても, よくても, よくなつ, よけいに, よすぎる, れいの, わかるの, わかる筈, わきへ, わしを, わなわな震え, カジカンで, ギュッと, ゴチャゴチャ台の下, スッポリと, スツ込ん, ストンと, ニョイと, ニョキニョキと, ヒトデの, ピーンと, ブウン, ブランコに, ムキ出しに, ムズムズする, ムズムズと, リュウ, 一勢に, 一尺にも, 一斉に, 一本取れ, 一本足が, 三本あれ, 上がって, 上がるだろう, 上がるだろうと, 上がるもの, 上がる筈, 上だらう, 上ったと, 上ったな, 上ったのう, 上へ, 上膊の, 上達し, 下りた, 不均斉, 並んだ, 乗客の, 二の腕まで, 二度も, 二本出る, 二間以上も, 互角な, 交錯し, 人の, 人並みより, 仏の, 仰向けに, 仲, 伸びた, 伸びようと, 伸びる何より, 何時お, 何本も, 使えないの, 傍から, 先天的だつた, 全く動かなくなっ, 六本ある, 内から, 内側に, 内匠頭の, 冴えれば, 冷い, 凄いから, 出た, 出ました, 出来たらもう, 出来ませぬ, 出来るの, 出来武芸者, 刑事さんの, 初めて世間, 判るもの, 利いてるから, 利いてるよ, 利いとりますからな, 利かないの, 利き過ぎて, 利くか, 劇しい, 力なく, 力を, 動き其顔, 勝れ仕事, 十次郎の, 千鈞の, 却って邪間, 取り去りいつの間にか, 同じ彎曲線, 咽喉に, 咽喉輪を, 器用だ, 器用と, 四本ばかり, 堅くな, 壁を, 外記の, 太くて, 太くとも, 太く手先, 太股な, 夫の, 如何に, 妖しい程, 実に三本, 小林君の, 少々鈍く, 少しは, 少しゆるんだ, 少し短い, 左右に, 年を, 延ばされて, 延び過ぎて, 引き弔, 引払った, 強ばり呼吸, 弾いて, 役に立って, 彼女に, 往来に, 後ろへ, 思わず渋った, 怪しいと, 怪物の, 恋しかつ, 恰度両極に, 悲しみに, 憎いと, 懐の, 扉の, 手応えの, 折れそう, 折れたか, 折れますア, 折れます一寸, 折れようとも, 折れると, 折れ左, 抜き手を, 抜ける, 抜けるか, 抜けるッ, 拔けさう, 拔ける, 拔群である, 指す一番, 指を, 振はれるでありませう, 振り上がり, 揮へ, 撥と, 日本の, 時と, 曲って, 曲つた林の, 月に, 木の, 机に, 柔かに, 栄三郎の, 栄蔵の, 根を, 根元から, 格ガラスの, 樫の, 次第に痩せ, 殖えれば, 段ちが, 毎日野良を, 気の, 泣いてよ, 浴室の, 溶けるよう, 烈しく動悸, 無うなっとった, 無かつ, 熱し仕様, 片方なくっ, 片方は, 犬を, 現れて, 現われた, 生えたり, 生えて, 生き物の, 生白くニュッ, 疲れた時, 疲れても, 疲れると, 疲労れ, 疼いて, 痙攣する, 痛いくら, 痛くなった, 痛く心, 痛んだり, 痛んで, 痩せて, 痺れるの, 発見された, 白く光っ, 相手の, 眞黒で, 真っすぐ空を, 矢庭に, 短いの, 短いので, 確かだ, 確かで, 確かな, 私を, 空を, 空気を, 突き出て, 突出てる, 立たなくちゃ, 立つか, 立つかな, 立つとも, 立つらしい, 立てばとて, 立派な, 笠を, 素早くかかった, 細かつたのである, 細過ぎる, 緋牡丹みたいに, 締め付けたの, 罪人の, 美しい曲線, 翼に, 肘ちかく, 肩から, 肩が, 肩も, 肱の, 背後から, 腰に, 膨れて, 自分で, 自分を, 良いから, 良いさ, 良かった, 良過ぎました, 荒んで, 萎えるよう, 落ちてたん, 虹に, 蝋石みたいに, 袖から, 袖の, 袖を, 要る, 見えた, 見えましたから, 見られぬばかり, 見抜けるよう, 覗いて, 語り続けた, 谷村の, 象牙の, 足りないと, 足りないので, 身体に, 辷つた, 過労の, 達者でなく, 違う胆, 違えば, 違って, 金屏風や, 鈍いって, 鈍い為め, 鈍くば, 鈍ったの, 鈍つても, 鈍り戦士, 鋭く空, 鋳物の, 長い, 長くない, 長く何, 長く延び, 降る訳, 陽の, 隣り部屋, 雲の, 震えたが, 震えると, 静に, 頭の, 頸部へ, 顫へ, 飛び剣, 飛ぶ拳, 驚くべき大胆さ, 骨に, 高くあがった, 鳴らずに, 鳴らア, 鳴り, 鳴るぞ, 鳴ると, 鳴るなあ, 黙って

▼ 腕~ (580, 4.2%)

5 彼の, 彼女の 4 まだその, 優れて, 相当に 3 だらりと, ない, なまくらでも, 大したもの, 女の, 肩の, 胸の, 鈍いが, 鉄の, 非常に

2 [27件] あっても, お前の, しびれて, すべての, その時, たしかだ, できても, できないが, ないと, ひどく化膿, びくとも, まさに脱, わが背, グイと, 伸べて, 俺の, 動物や, 少々鈍く, 急に, 樽の, 武士も, 相當, 肱の, 腹立紛れに, 逃げ腰に, 静かに, 鳴るの

1 [474件] あきらかに, あげたものの, あっけに, あった, あなたの, あの野郎, あべこべの, あらわにて, ありながら, あるあいつ, あるが, あるとも, あるの, あるのに, あるらしいが, あるん, あるんぢ, ある人間, ある行儀作法, あんなに細い, いいしおまえさん, いかにもぎごち, いきなり彼, いきなり後ろ, いずれも, いつしかマスミ, いつもの, いつも異様, いでたれども, いまは, いよいよ上がっ, うしろ手に, うなる肉, うまく口, えもん竹, おのずとおろされ, お客さんに, お父さんよりも, お通, かなりに, からみ合って, かれの, きかないが, ぎゅっと握りこぶし, けっしてでたらめ, こうして置く, こうやりゃ, こう云っ, これを, こんなに細い, こんなもん, さし上げられる, さのみ, さらに堅く, さらに語り続けた, しずかに, しっかりと, しばらく花瓶, しびれる, しびれるよう, すぐ己, すこし楽, すでに荒縄, すばらしく冴え, すり抜ける嚊衆, そう速く, そのままだらりと, そのまんま, その儘, その大きな解釈能力, その大石軍曹, その当時, その後, その瞬間限り, そも幾, それじゃ, それや, たいしたこと, たいそうな, たいへんに, たえず彼, たくましいけれども, たしかで, たしかでも, たしかに出来る, たしかに抜群, たしかに満足, たしかに自慢, ただ肘, たった二本, たつ, たつたこれ, ちがわないが, ちゃんとしばられた, ちゃんと満足, ついて, つけ元から, つけ元まで, ときめきに, ともかく客あしらい, ともかく鉄砲, どうあらう, どうあろう, どうした, どうしてもはなす, どうだ, どうにか元, どれほどか, どんなに新, ないけど, ないけれ, ないで, ないの, ないん, なか, なかなかしっかりし, なかなかに, なかなか有ました, なかなか隠せる, なしそのうえ, なし頭, なまくらで, なんの, にぶくも, にぶらないねえ, にぶらなかったね, ぬけそう, ぬけるほど, ぬつと, のびて, はっきりとは, ひとりで, ふたかかえ, ぶらぶら打ち振られ, へし折られて, ほとんどムキ出し, ほんとうに, ぼろぼろに, ますます鍛, またぐったり, まだわたし, まだ傷そう, まったく見えざりき, まなざしは, まるで鉄, まるまると, みなくとも, みんな日本一と, むきだされて, むき出しである, むき出しの, むなしく相手, もういち, もう一度郷太郎, もう先生以上, もう冷たく, もう外記, もう折れ, もう晩食, もう私, もう花, もぎとられ石, もちろんの, もって, もつて, もとより白い, もはやかなた, やっと大隅, やはり麻痺, ゆるめなければ, よいが, よいの, よかった, よく出来ます, よく見えなかった, よれて, わかる, ゑらいですね, ナイフと, ナエた, ニキーチナ夫人の, ハラリと, ヒジから, ブチ落される, ブラリと, マテイスの, ミヽズ腫れが, ワナワナと, 一尺も, 一度掌, 一流の, 一閑の, 一面に, 七日の, 上らしいです, 上るまいて, 上下に, 上膊部の, 両方とも, 二度とも, 人一倍長い, 今から, 今にも抜け, 今一本の, 他に, 付け根から, 伝え聞いて, 伸びて, 何うし, 何一つ分け, 余りた, 余程冴え, 余程宜いに, 依然として不動, 俄かに, 信子の, 傷が, 元より, 兄の, 充分に, 光るほど, 全く硬, 全然感覚, 六十呎の, 冴えて, 冴え刃物は, 凄い, 凄いもん, 凝り身心, 出来る人, 切り離しても, 別に独立, 利いて, 利くぞ, 利く手, 刻一刻その, 前のと, 力が, 動いた, 動かず脂汗, 十分と, 十分知っ, 十字形に, 千代子の, 千斤も, 半七, 即ち馬琴, 又手函, 叔父も, 君には, 否定できない, 唸って, 堅くなりました, 外套の, 多少あっ, 夜ごとに, 大きい鹿, 大したものぢ, 大したもの也, 大したもん, 大丈夫だ, 大層確か, 大蛇が, 太いだろう, 太かった, 女を, 姉で, 学者の, 完全に, 定められた一人分, 寝衣, 小田島の, 左右の, 庄之, 引金を, 弛んで, 弱いが, 弱りはて倦怠, 強くて, 強く引止められた, 強そう, 後ろへ, 微かな, 心持痩せ, 恐ろしい悪事, 恰も其筋肉, 惜しい, 愈々冴え, 愛人の, 憚りながら柔道三段, 憤怒に, 憲兵によって, 打ち折られて, 払っても, 折れそう, 抜けか, 抜けるほど, 抜群でした, 抵抗せず, 拔群でした, 持たぬ, 持って, 持ってるが, 持つべきもの, 持つまい, 指ほどに, 捩れたよう, 捻じ上げて, 掏ろうと, 揮へるだらう, 撥条が, 擂粉木の, 放さなかった, 放れない, 文之, 斧や, 斯う延し, 既に一ぱい, 既に出来, 既に無用, 既に血, 早くも, 昔から, 昔の, 暗やみに, 曲がり脚, 更に筋張, 有つて, 期せずして, 未だ我が, 本を, 柔和である, 棒の, 橋の, 次第に下, 死んでも, 段違いたちまち, 比叡の, 泥棒の, 渡辺の, 温く我頸筋, 源太親方さえ, 源太親方さへ, 激しく震え, 激怒の, 火の, 無い長唄, 無かし, 無意識に, 焼け落ちた, 爺いさん, 片一方だ, 片一方でさえ, 片方しか, 狂わず五人, 狼の, 猶わし, 現場で, 生きてるうち, 異常な, 痺れて, 白象牙で, 百人力と, 百本も, 皮膚が, 盗みを, 盤石の, 目を, 相当たしか, 相当な, 相当の, 相当自慢, 真の, 真珠の, 真陰流, 矢口家の, 知れたもの, 短く手, 確かだ, 確かだろう, 確だ, 確りし, 私の, 空へ, 空を, 突き出された儘少, 立つからねえ, 立つそう, 立つものの, 立憲機関の, 立憲機關の, 立派である, 立派でも, 立物を, 竜之, 第二関節, 筋肉の, 節くれだち脛, 紋太夫の, 紛れも, 細いが, 細いわね, 細かつ, 結かれ頭, 絡められない, 絶えず働き, 縛られて, 羅生門の, 職業初段に, 肘から, 肩から, 肩を, 背に, 胴に, 胴は, 脱け, 腋の下まで, 腕に, 臂を, 船乗り独特の, 良い, 良いが, 良いさ, 良いの, 良く月給, 芸術的に, 荒繩の, 萎えたる如く往来, 蔓草の, 藩中並ぶ, 血糊を, 要るまい, 見えなかった, 見えなかったはず, 見るも, 見事じゃ, 認めて, 誰か, 諦めて, 諸王位の, 警官の, 豪いもの, 赤さびの, 赤味を, 超人的, 超人的怪力, 身幹に, 追い掛けて, 逆に, 逞しく隆々, 逮ば, 達者だ, 釘付に, 鈍って, 鈍らないつもり, 鉛の, 開き伸び, 電光の, 露はに, 頭の, 頭を, 風に, 風を, 餘つ, 驚くべきもの, 驚嘆に, 高く宙, 高く挙げられたれ, 鳥が, 鳩が, 鳴った, 鳴っても, 鳴り刀は, 麦の

▼ 腕~ (393, 2.8%)

10 顔を 6 頭を 5 来い 3 女を, 抱いた, 抱いて, 眼を, 胸を, 額の

2 [26件] うしろから, こい, しっかりと, グッと, 一家を, 今まで, 充分調べ, 刺し殺した猶, 受留める, 売れば, 彼を, 抱きしめて, 掻抱い, 暮して, 相手の, 私を, 空気を, 胸に, 胸の, 自分で, 自分の, 補って, 隠して, 面を, 額を, 首を

1 [302件] あしらって, あたま, あなたの, あの息づまる, あの競馬, あらん限り楢夫, あんまり旅, いおうという, いっても, いながら, うけとめたが, おこして, おれを, お宝を, お絹, か, かかえこむと, かき分けて, かくの, かたき討ち, かたく犬, かなわずこの, がっしりと, ぎゅうッと, ぎゅっとしめつけ, ぎりぎりつかまえ, くなく, ぐっと首, ぐつと抱き締めた, ぐんぐん引立て, こすると, このジャケット, この事件, この二十面相, ござりまする, さか, ささえ彼, しがみついて, しっかり自分, しめつけ腕, じりじり緊め, すること, ずると, せうね, そいつを, その刀, その幼児, その悪癖, その暖かく広い, その母, その箇所, それを, ただもう, たとえ少しなりとも, だき緊められろ, ちょいと, つぎの, できるだけマリユス, できる稼業, ところ構わず, とめると, どの一つ, どんつく, どんな仕事, なぐりやがった, のどを, はござりまするが, ひっぱりあげる, ひつぱりあげる, ぶたれたん, ぶち落とし, べたりと天井, まるでミミズ, むずと鷲掴み, もって, もつと, ものを, やっつけなければ, やって, やらなくちゃ, やられて, やる事, やる遊び, ゆうべは, ゆく, ゆっくりと, わきを, わたしの, アダムス青年の, オルガの, サト子の, ジョン少年を, セルギウスの, テーブルの, トッパアの, ヘコ帯の, ヤッペの, 一人を, 一刺してえ, 一生懸命に, 一貫目の, 一間ばかり, 七人の, 三人は, 三人も, 三十石や, 上手に, 世界の, 乳房の, 乳房を, 争ひ, 二人の, 五分五分の, 今年一年かかっ, 今見た, 仕終わせるのぞみ, 体を, 何でも, 何処までも, 作ったの, 使うた牝牡, 倚りかかり, 働いて, 働き小僧さん, 兄さんを, 出來, 出来ようか, 出来ること, 出来るだけの, 刀を, 切りぬけなけれ, 切り抜けるより, 切り拔ける, 力一杯下腹, 劣ったチェリニ, 動けない伸子, 勢よく, 原稿を, 取り返しな, 取るから, 取るの, 取れと, 口の, 叩きつける猛烈, 名代の, 圧えた, 塞がれて, 壁を, 壓す, 大きく半円, 大きな籠, 奪り, 女の, 妻を, 娘を, 家一軒を, 尻の, 屏風を, 左の, 巻いたり, 幾多遊冶郎, 庇って, 引き上げられた, 引き裂いて, 当てた, 彫ま, 彼に, 彼は, 彼女たちは, 彼女の, 御飯を, 思いきり一ふりする, 懐中電灯を, 扉を, 抑えて, 投げられるはず, 折る, 抱えて, 抱えられたとたん, 抱え切れないほど, 抱きしめずに, 抱きしめた, 抱きしめられた, 抱きしめられたらもう, 抱きながら, 抱き合うよう, 抱き締める, 抱くという, 抱くよう, 抱た, 抱へながら, 抵抗を, 押えた時, 押えつつ, 拭いながら, 拭き, 拭き拭き新家, 持ちあげる槌, 指さしを, 捲いて, 推し手, 搏つ, 撲れますが, 擲り, 支えたり, 支えて, 支えようとも, 支えるだけ, 支えるよう, 敬之進の, 敵を, 斬り付けたので, 斬るの, 新吉の, 書いて, 書類を, 朝飯前よ, 木を, 木刀を, 本の, 来い適者生存, 来や, 来る奴, 果してお, 横なぐり, 横掬い, 正一君を, 気持よ, 海水を, 涙を, 滞りなく, 無くって, 無器用に, 無造作に, 熱烈に, 父を, 片ッ端, 牛でも, 犇と, 猛獣を, 猫を, 猶予らう, 琴を, 生活を, 畳も, 病父と, 目を, 真佐子に, 眼の, 着物の, 短刀を, 私の, 稼がなければ, 稼ぐが, 穴は, 空を, 空中曲芸でも, 突飛ばしながら, 立てた片, 立てて, 立派な, 立派に, 絞ったらまだずいぶん, 絞めて, 締めた, 羽二重で, 老母と, 背を, 膝を, 自分を, 芸術が, 若宮の, 虚空を, 行くの, 行ける, 試して, 貴さまに, 造り上げ, 遣りそこ, 邪魔立てする, 釣つた土産は, 鉄砲を, 鉱車を, 錠前を, 鍬を, 門の, 開いて, 雨を, 顏を, 飛び石を, 食おう, 食べようと, 食わせて, 食わせる覚悟, 養って, 養つて来た, 首の, 馬車の, 體に, 髪の毛を, 鰻を, 黒田さまの

▼ 腕~ (255, 1.8%)

7 脚も 5 胸も, 脛も 4 出来て, 足も 3 あらはに

2 [18件] あらわに, たいしたもの, ないし, なし, ゆるみたれば, よく男振り, 上達する, 人間も, 出來, 器量も, 少しは, 度胸も, 指も, 申分の, 確かに, 肩も, 金も, 頭も

1 [191件] あがるに, あったが, あったらしく万更, あの怪獣たち, ありも, あり信用, あり勉強, あり度胸, あり足, ある, あるお方, あるし, あるの, あるん, いくらか太つて, うなれば, おできなさるじゃろう, おとろへ, およそは, おれが, かかえルクサンブール, かせと, かなり達者, きっと人, こうやっ, この人物, さること, しっかりし, すごうございましょう, そこが, それだ, たしかわざ, たちよく, たわわに, ちがう水際立ったいい, ちょっとにぶった, ちょっと真似手, ちらりと透き, できて, とまる, ない, ないと, ないのに, ないよう, なかった, なくしょう, なく演芸, なし資本, なまくら刀も, なんにもない, ふるつて, また相当, また鳴る, まん, むずむずする, むなしゅう鳴る, めきめき上がっ, めっきり上達, よい, ようなった, よくひと, よく一, よく胆, ステイジ用の, トンと, ヘタだった, ボロボロだ, 一だ, 一段すぐれ, 一流だ, 一緒に, 丈夫の, 上がったわけ, 上半身は, 上達した, 両足も, 亦同じ, 人並すぐれ, 人並みすぐれ, 今宵此仇を, 今申す, 伸, 何も, 借ろうが, 健に, 働き合掌, 充分冴え, 充実し, 其変形で, 冴えた, 冷たかった, 凄いの, 出来ないのに, 利き万事, 力もない筈, 勇気も, 動かさずに, 動かせないくらい, 千切れよとばかり, 及ばず剣, 口も, 右の, 大したもん, 大してよくは, 太く顔, 嬌娜ながら, 学問も, 定まるの, 宜く, 家柄も, 左右に, 幸太に, 弁も, 弁天お, 弁舌も, 強い, 強かった, 彼に, 待たずパッタリ床, 恐ろしい速度, 悪いが, 惡智慧も, 手も, 手伝って, 才智も, 才覚も, 才覺も, 投げる脚, 折れよと, 折れるばかりに, 抜群です, 拔群です, 指さきも, 振うという, 捨て見知らぬ, 捲り上げ手拭, 有るあれ, 未熟つまりは, 未熟です, 汗に, 汗ばみたる袖引き結, 灼けるよう, 男も, 畢に, 疲れ切つて, 痩せたれば, 発見された, 相当だ, 相当に, 相当らしい, 相当進歩は, 知恵も, 砕けやう, 砕ける奮撃突戦, 確かだ, 確りし, 磨かれて, 立たず障子一枚, 立ち男, 立つが, 立つし, 端麗な, 素足も, 細るだけ, 緊く, 緊と, 繃帯に, 纖細な, 股も, 肱も, 胆力も, 腐って, 腰も, 袂も, 袖が, 袖も, 見えないで, 貸さないで, 身体も, 進んで, 鈍くな, 鈍ったな, 鈍りたらん, 露わに襷懸け, 露出に, 面も, 顏も, 顔までも, 顔も, 首も, 馬鹿には

▼ 腕~ (212, 1.5%)

8 腕との 4 胸に 3 肩とを, 脚とを, 脚を, 腕とが, 腕とを, 腕を, 足とを 2 両脚とを, 並んで, 手とを, 気味の, 肩を, 脚が, 脚と, 腕が, 腰の

1 [161件] いいまた, いうものの, いうより, いうよりは, いうよりも, いくらでも腕, いっしょに, いっても, いわず股, いわず足, おれの, お絹さん, お金次第, したがって, して, そして頭脳, その上, その態度, その眼, その腕, それよりも, たのまれたデモ倉, ちがいわりあい, である, なり槍, なり脚, なる, なると, なるに, みえるが, ももを, やせた手, アバラの, ウインチが, ランプとを, 一本足, 一緒に, 三宝の, 両手とで, 両脚は, 両膝, 両膝関節, 丸めた拳, 二本の, 云い気立, 云い頭, 云っては, 云ひ, 云わず肩, 云われて, 人と, 人の, 他人の, 俯向けに, 健やかな, 全く同じ, 前身と, 力とさえ, 力とを, 力を, 右の, 同じやう, 同じよう, 同じ水平的, 唇を, 堪能なる, 太腿の, 妙子の, 実意を, 島田に, 左の, 巴旦杏の, 平行に, 年毎に, 度胸が, 弾丸と, 心に, 心持とが, 心掛が, 思う, 思うぞ, 息との, 戻橋, 手の, 手は, 手堅い人柄, 才略の, 才覚のね, 技とに, 拳と, 拳とで, 拳とにかけて, 拳とを, 指とを, 据えた眼, 智恵だけ, 最後には, 根性ッ骨を, 殆ど伯仲, 気前とが, 火焔を, 片頬, 異常な, 眼が, 眼の, 知りながらも, 組もうと, 股は, 股を, 肩から, 肩で, 肩と, 肺活量が, 背の, 胴とで, 胴体の, 胴衣の, 胸が, 胸とは, 脚とだけで, 腕, 腕と, 腕とは, 腕剣と, 腰から, 腹と, 腹とが, 腹ふたつながら, 膝とで, 膝との, 血刀を, 見えて, 觸れる, 言はれた, 言われた小梅, 言われる大友少年, 赤い脚, 足が, 足と, 足とに, 足とは, 足の, 足は, 足を, 踏み出して, 身体を, 身體を, 金とが, 金は, 鏡の, 長いしなやか, 順次に, 頬のうへに, 頭で, 頭とだけ, 頭とを, 頭髻を, 顔から, 首だけは, 首筋とを, 魂は

▼ 腕から~ (163, 1.2%)

7 脱け, 身を 5 手を, 胸胸から 3 肩へ 2 ぬけだすと, のがれようと, 出て, 太い戦慄, 肩の, 背へ, 逃れようと, 顔を

1 [120件] お前を, かけて, ころがりでた珠緒, ころげ落ちて, すらりと, すりぬけ忍び笑い, すり抜けようと, すり脱け, するすると, するっと, そっとシャツ, そっと自分, とって, どうしてあんな, どのくらいの, ぬけた, のがれ, のがれ枯木, はずして, ぶらさげた伸子, まくり返して, ステッキが, スポンと, ヤシの, ワイシャツを, 一ヴァース, 九種の, 二百両取れたら, 傳わ, 出るもの, 卑弥呼を, 取上げて, 喉へ, 垂れ下つてゐた, 外れて, 奪い取った我が, 娘の, 娘を, 婚礼の, 左の, 彼を, 微かな, 急に, 戦慄を, 手が, 手の甲へと, 手への, 手套を, 手首までも, 抜け出そうと, 拳銃を, 指にかけて, 指の, 振り捨てられ大地, 放れようと, 書類だけを, 村瀬を, 櫓を, 溢れる花, 滑って, 滑り落ちて, 火の, 爆け, 現場に, 生あたたかい体温, 神経中枢へ, 籠を, 細そりした, 聞こえるよう, 股や, 肩へと, 肩胸から, 肩腕から, 背を, 背中へ, 背中一面にかけて, 胸の, 胸まで, 脛脛から, 脱して, 脱れ, 脱れよう, 腋の下から, 腋の下まで, 腕へと, 腕を, 膿を, 自然な, 萩の, 落ちかかるよう, 血が, 血を, 血液を, 裾へ, 見て, 見れば, 訶和郎を, 赤ちゃんを, 足に, 踏み放すと, 身体の, 躯を, 辷って, 辷り落ちるの, 近所に, 迸つて, 逃げられるもの, 逃れる工夫, 逃れ唐紙, 重いドレゴ, 鉄砲を, 降ろして, 離れて, 離れない犬, 離れようと, 離れるとき, 頭にかけての, 頭の, 頭を, 頸筋から

▼ 腕~ (136, 1.0%)

8 肩を, 脚を 4 脚が, 足を 3 肩に, 脚は, 足は

2 [14件] ふさふさと, 人柄に, 手を, 火の, 股に, 胸は, 胸を, 脚の, 脚一面に, 脛が, 腰を, 腹や, 腿の, 腿を

1 [75件] いかにと, があれ, だらりと, はらかに, ぷりぷりしてる, 全身にわたってさえ, 内股の, 周到なる, 唇が, 喉や, 執拗な, 広い肩, 広い胸, 怒った肩, 手が, 手の, 手の甲に, 手や, 指は, 掌が, 敏捷に, 智恵に, 智慧に, 東北の, 楚々として, 死狂う, 死狂ふ, 汗に, 注意力が, 洗濯物でなく, 特に下隅, 生殖器や, 瘢痕だらけの, 皿を, 縄の, 美しい顔, 股なんかは, 肩が, 背や, 背中に, 背中の, 背中を, 胴などの, 胴は, 胴や, 胴を, 胸が, 胸の, 脚には, 脚にも, 脚や, 脛から, 脛には, 脛や, 腰に, 腰の, 腰や, 膝などの, 膨らッ脛や, 袖を, 襟が, 貪食や, 足が, 足という, 足に, 足の, 足丈けを, 足呼吸の, 足船底に, 頭に, 頸の, 首すじの, 首の, 鳥の, 黒い手先

▼ 腕~ (125, 0.9%)

4 や頸飾り 3 を眺め 2 の止金, を見せられた

1 [114件] か, が, がかがやい, がそのまま, がとれ, がはいってる, が入っ, が出, が当然, が洗, が細い, が飾られ, こそはあなた, だけにする, だってももうちゃんと, だの, であつ, でしょう之, ですこと, でその, でなくて, と三箇, なぞも高利, などから見, などどこ, などもあつ, なの, なのよ, なんかつっ返された, なんぞはめ, なんぞ篏め, にはめられ, には鑞付け, にも胸, に入れ, に頸飾り, ね, のかがやく, のみえる, のみは燦爛, のよう, のケース, の函, の気爽, の爽, の盗難事件, の箱, の行方, の貰えぬ, の贈呈式, の贈物, の輝き, の金玉, はそういう, はほとんど, は一個, は侯爵家, は取りだされ, は彼女, は所有主, は揺れ, は玉村侯爵家, は黄金, もまだ, も忘れぬ, も柔らかく, やガラス環, やブローチ, や指環, や真珠, や紫, や耳環, や耳飾, や髪飾, をあの, をし, をする, をなくした, をなし, をはめ, をはめた, をまき, をみた, を三つ, を信じ, を再び, を取っ, を取出した, を啣, を外し, を嵌め, を差し上げます, を彼女, を得し, を得た, を得べき, を拜見, を掛け, を盗まれ損ねた, を眺めはじめた, を組み, を見, を見せ, を見つめ, を買っ, を買った, を贈, を贈っ, を返さ, を返さなく, を返し, を釣りあげましょう, を預かる, 投げ頸飾り

▼ 腕~ (121, 0.9%)

8 かけて 4 手を 2 ぶら下がるよう, 倒れ掛った, 縋りついた, 脛から, 身を, 頬を, 頭を

1 [95件] お縋り成さ, かい込もうと, かけたところ, かけたまんま, かけての, からめて, ぎりぎりと, こめて, こめ尾張宗春, こめ広, こわごわロンパン, しがみついた, しっかりし, しや, すがるように, すくい込んだ, すつかり, つかまること, つかみかかった, とりついたまま, とんぼがと, ぬぎかけるの, ねばりついて, ひやりひやりと, まるで犬ころ, まわされた, まわされ両手, むしゃぶりついた, グザと, プスリ, プスリと, ルミナールを, 三重に, 上り龍下り龍の, 両手で, 伝わったか, 來る, 入りそう, 切っ先鋭く, 刺したり, 刺青を, 力を, 力瘤を, 口を, 台に, 噛み附いたの, 塗り附け胸, 子供を, 小さな手, 小山の, 小鳥が, 巻いたり, 巻つけた, 引着け, 感じて, 我からも, 持ちあげて, 捲きこんで, 捲きついた, 文字を, 時計を, 晒木綿が, 桃の, 歌を, 歯形が, 気違いの, 氣違ひ, 注射した, 流るる血汐, 片手を, 獅噛附く, 留めて, 砕かれた大輪, 確り喰い付い, 突いて, 組みとって, 縋った, 縋ったが, 縋り, 縋ろうと, 肩から, 胸から, 腕から, 腰へ, 腰を, 負傷し, 転げ込むやう, 辷って, 重みが, 錨の, 雪が, 静脈注射が, 響いた, 響いて, 食いついた

▼ 腕ぐみ~ (110, 0.8%)

43 をし 22 して 15 をした 4 したまま, の中 2 のまま, を解いた

1 [18件] から顔, したま, したり, しながら, でぐんにゃりとよりかかっている, となっ, に顔, のまね, は半日, も解かなけれ, を, をかたく, をしてじ, をし合っ, をする, を共に, を結んだ, を解い

▼ 腕には~ (99, 0.7%)

2 何の, 力が, 及びも, 敵せない, 職あり, 貴や, 赤い巾, 驚きましたよ

1 [83件] あいませんわい, あらで, かからないの, かないっこない, こういう歯形, こうもりが, さすがに, すぐ傍, そうした簡単, そこに, その通り, ただ柔かく, だんだんと, でっかい妙, とてもかなは, なにか大きな, ぴかぴかに, らんらんと, シコリが, 三枝子さんに, 何か, 倶利伽羅紋, 充分と, 光と, 内心怖, 刺青眼には, 力を, 十字架左の, 双枕に, 呂宋文字の, 地獄までも, 大きな花束, 太平の, 夫人を, 女の, 宝石を, 尊敬を, 小さい犬, 小さな法螺貝, 少し重げ, 帝國軍人の, 強い力, 彼女の, 徑一寸ほどの, 御先祖, 思ひの, 恐怖王と, 悪魔の, 手も, 手首から, 抵抗力が, 数箇処に, 斧を, 早くも, 果物の, 槍を, 涼味が, 澄江の, 牡丹の, 異常な, 竹箒を, 筋金が, 筒袖が, 紺の, 肉瘤の, 腕環指には, 自分の, 覚えが, 誇りを, 誰が, 諸羽流, 過ぎた技倆, 重たげな, 金側の, 金無垢の, 針の, 鉄の, 銀の, 銅鑼を, 隆々たる, 青筋が, 驚くの外, 魚に

▼ 腕~ (87, 0.6%)

8 めしを 53 そうだ, ね, めしに, よ, 巨人の 2 からさぞ, ぜ八, なあ, のが

1 [51件] うしろ袈裟に, かは知らない, からね, からのう世の中, からナ, から家作, から腕, から見えなかった, か分からなかった, が惜しい, けれどもこの, けれども此業, し刀, すきも, そうな, それで小遣, それで甲府, ぞ, て, てじ, てと思い侮っ, ての始末むづかしく, て見, でこの, という, とお, とか胸, とたしなめた, とは十分, とよ, と問題, と思う, と思へ, と知る, と自慢, と見えます, なんて言います, ね馬道さん, の, のにきりきり, のにすがりつかう, のを, めしか, めしが, めしって, めしは, めしゆるす, よ見上げた, 莫迦, 袈裟に, 身に

▼ 腕にも~ (74, 0.5%)

6 たれて 2 乳ぶさ, 分別にも, 膝にも, 覚えが

1 [60件] あらわに, お傷, かかわらず千五百噸, こんな時, したたか覚え, せよたった, そうして妾, た, たれか, たれかかつて, たれ小, たれ込んだ, よるが, スカートにも, ホータイを, 一本しか, 似たモナコ, 何か, 何の, 余りこたえ, 刄物の, 刺された銀, 力が, 劣らぬくらいに, 反古の, 叶うこと, 名聲, 和尚の, 安定が, 智惠にも, 智慧にも, 注射し, 注射を, 激しくひびい, 火が, 生命にも, 痕が, 知恵にも, 立たせて, 竜と, 筋金が, 精神的にも, 縄を, 股にも, 肩にも, 背中にも, 胸にも, 脇の下から, 脈搏と, 脳にも, 腿にも, 自づと力, 著ける, 血足にも, 袖にも, 足にも, 躍って, 重かった, 金色の, 頭にも

▼ 腕~ (53, 0.4%)

24 びを 2 びから, びに, びの

1 [23件] びが固く, びそれを, びなどを, びに魚眼や, びへ, びをしめて卜斎, びをつかまえそうな顔を, びをつかみ, びをつかみあげて, びをつかみながら, びをつかみ取っ, びをつかむ抱きつい, びをつかんだかと思う, びをつかんで, びをつかんできたので一角は, びをつかんで叱りつけた, びをつかんで置きました, びをつかんで離さない, びをつよく握った, びをとらえて脅しつけた, びをとり, びをねじおさえ, びを把った

▼ 腕一本~ (53, 0.4%)

2 あれば, は惜しく

1 [49件] ありゃ食いっぱぐれ, あるひ, から丹精, が通る, すね一本, たたきあげた人物, であれまでに, でもおまえ, でもこれ, でもそれ, でもってその, でやっ, でやる, でやれる, で事業, で叩きあげた, で叩き上げた, で大坂, で大留, で巨万, で得た, で戦いあえる, で支え, で済んだ, で無造作, で独立商, で貧, で身上, で食べ, で養わね, とかいふ嚴, と左眼, と胎児, と豪傑流, なくして, のおかげ, の出たとこ勝負, の男, は今, は安い, を失っ, を斬ったら, 切って, 取られたの, 失った時, 斬られた敵同志, 断り落そうという, 眺めても, 落して

▼ 腕自慢~ (49, 0.4%)

4 の御家人 2 が嵩じた, が高じ, なの, のお, の力自慢, の若, ばかりし

1 [31件] あれあの声, かそんな, から喜ん, が百人, するといった, するやつ, だし, だつた, であります, でしたから, でも原料, で人, で智慧自慢, のアンマ, のガラッ, の人々, の侍, の勘十郎, の弁馬, の田山白雲, の男, の目明し, の話, の輩, ばかりを事, らしい, らしい大男, を一人, を叩きふせ, を遊ばす, を鼻

▼ 腕では~ (43, 0.3%)

3 ない, ないか 2 ないと

1 [35件] あがって, ありただ, ありませんが, あるが, おれに, かなわぬと, ここまで, これ以上写し, だ, つかまるまい, とてもできない, ないが, ないこっち, ないで, ないの, なかつたが, なくて, なくどちら, なく不覚, なく実は, ねじ伏せきれないもの, もう立派, 及びも, 叩き出せねえから, 将門の, 庇ふ, 征服できない, 掴んだ手, 母と, 第一流, 舟が, 茂索氏が, 藤田さんを, 赤穂の, 退治が

▼ 腕~ (42, 0.3%)

15 節の 5 節が, 節も 3 節は 2 ぷしが, ぷしの, 節に 1 ぷしである, ぷりをみせたものだ, 節だけは, 節ぢや, 節です, 節には, 節はずつと, 節を

▼ 腕まえ~ (39, 0.3%)

1 [39件] からもその, がある, があろう, がおまえ, がわかった, だってね, で, でパッ, とは知りませんでした, においてある, にかぶと, には深く, によって調理, のよう, は, はこんな, はすばらしい, はどうして, はどんな, はまあ, はよく, はわたし, はザッ, は見あげた, までいずれ, まともに, をごらん, をちょっと, をほめました, をよく, を信じ, を感傷的, を拝見, を持ち, を持っ, を知った, を見せ, を認めない, を貸し

▼ 腕達者~ (38, 0.3%)

2 だ, だったの, だという, なこと, な俳優一座

1 [28件] がいた, がひき, がひそか, が一人, が控え, が闇, ぞろひで, だから, だつたの, である, できこえ, でしかも, でなけりゃだめ, でなけりゃできねえ, で稽古, で若年, で鐵, なところ, な二三流どこ, な年増芸者, な曲者, な烈しい, にならなけれ, の者, の聞え, の若, を揃え, 到底尋常

▼ 腕ッ節~ (32, 0.2%)

5 の強い 4 が強く, の強 2 になる

1 [17件] があった, が強, だけよ, であるから, でもとても, でもキッピイ, と度胸, にブラリ, に物, のせい, のつよい, は弱く, は強い, もたしかにもっと, も全然, も強い, も強く

▼ 腕次第~ (30, 0.2%)

3 だと 2 です

1 [25件] さ, さと, じゃ, だな, だよ, である, でいくらでも, でこれ, でしょう, ですよ, でどう, ではございませぬ, でドンナ出世, でムコ, でモウケ, で何うに, で勝手, で少なから, とある, といふこと, なり, のもうけ, のもの, や, 働き次第

▼ 腕~ (28, 0.2%)

9 みを 8 みして 3 みて 2 みした儘 1 みしたまま, みしながら, みながら, みに, みの, み合せ

▼ 腕にかけて~ (27, 0.2%)

2 外へ

1 [25件] この娘, だんだんに, ふたりの, またと, また両足とも, もつれて, もと悲憤に, ゐた被布, 云わして, 十幾つかの, 取って, 奪ってこそ, 奪還する, 引き上げて, 彼女は, 持ち歩くため, 捻じ伏せ様, 昇り龍の, 歩くつもり, 牛へ, 畑や, 私を, 立ち上がった, 蟇の, 非常に

▼ 腕椅子~ (26, 0.2%)

2 が五六脚, に身, に身体, の上, の直ぐ, の裡

1 [14件] にお, にもたれ, にゆ, にゆったり, によりかかっ, に崩れる, に沈, に腰, に腰かけた, に靠れ込み, の揺り, は, へ凭, を指さした

▼ 腕とを~ (25, 0.2%)

2 もって

1 [23件] ありありと, お信さん, ずっと遠く, その上, のばそうと, もちながら, 下で, 互の, 信じ過ぎたの, 借り度, 大きな田舎箪笥, 寝台の, 打ち落とし歌手, 持って, 有する巨人, 欠けり, 照し, 現象的に, 知って, 組み合せながら, 組み合はせ, 見れば, 露わにし

▼ 腕~ (25, 0.2%)

4 の錘 2 の根もと

1 [19件] が横, が門, だけ縦, にはとうてい, には筋金, には逞しい, に手, に閊え, の方, は端, をすっかり, をとる, をはずせ, を上げる, を探った, を横, を監禁室, を見る, を起こす

▼ 腕でも~ (22, 0.2%)

1 [22件] ありませんよ, この巨石, その傷, それは, たれかかり腕, たれながら, ついこのごろ, どこでも, のびそう, まだ心細い, 切って, 太股でも, 折ると, 抱えきれないよう, 持ちあ, 持って, 挫いた, 挫いたら, 捲つたらしい, 斬って, 笑顔でも, 載せて

▼ 腕まで~ (21, 0.2%)

2 血だらけに

1 [19件] ある長い, つけて, まくり上げた兄ら, まみれさせ彼, マクリ上げた, 一心に, 写実する, 包む様, 支えあれ, 斬り落して, 日やけした, 立派な, 紫色に, 絡まって, 腫れて, 覗いて, 酔いは, 鈴成り, 露われ

▼ 腕足類~ (21, 0.2%)

2 に関した, を日本

1 [17件] があった, で見た, と称する, なんぞは溝, に関して私, に関するいくた, のサミセンガイ, の一, の各種, の研究, の破片, の観察, は棄て, やさまざま, や藤壺, を捕えよう, を沢山

▼ 腕一杯~ (19, 0.1%)

2 の物

1 [17件] でもあった, にぐるぐる, にた, に丹念, に作っ, に抱, に抱え, に漕ぎます, に糸, に花盞, のところ, の仕事, の大きな, の素晴らしい, の経験修錬, やれるだけ, 踏んで

▼ 腕押し~ (19, 0.1%)

2 をし, 脛押と

1 [15件] そういうの, だといふ, であった, であるとは, では竜一, でも所望, で夜, といふところ, と学問, に骨牌, の力負け, をする, をはじめた, をやろう, 枕引き足角力も

▼ 腕白き~ (17, 0.1%)

4 ヘーレーの, ヘーレーは 2 端嚴の 1 は神, ヘレネーを, ヘーレーを, ヘーレー我を, ヘーレー聞き, 妻は, 神女ヘーレーかしこみ

▼ 腕なら~ (16, 0.1%)

1 [16件] おらにだって, この広い, しをし, だんなここに, どうにでも, ばおそらく, ばそち, わざなら, 北京軍十万の, 千葉や, 大丈夫だ, 棧の, 潜航艇も, 舞台から, 赤シャツの, 頼もしいな

▼ 腕一つ~ (16, 0.1%)

1 [16件] だけ殘, である事, でどう, では遣切れません, でやり通す, で一旗揚げよう, で働い, で動い, で女給, で家族, で手, で柳吉, で男の子, で相当, で見事自分, に頼る

▼ 腕だけ~ (14, 0.1%)

2 では

1 [12件] だった, だったかも, つかって, でからだ, でこんな, でない人望, でなくその, 差出すマダム, 焼け残って, 腹だけ, 見たの, 貸して

▼ 腕との~ (14, 0.1%)

2 間隔は

1 [12件] やうに, ように, 割合に, 抱擁に, 抱擁を, 接触や, 筋肉が, 結合も, 釣合ひ, 間が, 間に, 骨は

▼ 腕ぶし~ (14, 0.1%)

2 の強い

1 [12件] が強い, が老人, でも磨かない, には一種, には敵, のつよい, の強, の達者, はすぐれ, ばかり強く, をまくりあげ, をグイ

▼ 腕捲り~ (14, 0.1%)

7 をした 6 をし 1 を收め

▼ 腕~ (13, 0.1%)

1 [13件] だ, だという, であるため, でまた, で新, として相応, として知られ, と名, と思う, の四人, の技師, の警官, を選抜

▼ 腕じゃ~ (12, 0.1%)

2 ないか 1 なかった, ねえか, まず難しい, ア不足な, ゴーンと, 三河町の, 俺を, 四郎次には, 坑夫には, 御座んせんか

▼ 腕だけが~ (12, 0.1%)

2 たった一つ, ぬツ 1 くつきりと, ショーウインドウの, 八五郎の, 宙を, 投げこんで, 漁の, 膨大に, 見える

▼ 腕づく~ (11, 0.1%)

2 で来い 1 でかかつて, で一人, で争わなけりゃ, にては叶, にもお, のほかは, の勝負と, の教育が, や金

▼ 腕という~ (11, 0.1%)

2 もの, ものは 1 のが, のを, ものが, やつを, 処だ, 取合せが, 工合に

▼ 腕とが~ (10, 0.1%)

1 ねじれ足, ふれ合うほど, もつれなめらか, 互いにからみあう, 妙に, 新しければ, 殆ん, 見えて, 財産な, 鎖を

▼ 腕とは~ (10, 0.1%)

1 いえない誰, ちがいましょう, つかみ合った, どう高く, どこから, まだきまらぬ, 信じられない, 格段な, 違って, 露出す

▼ 腕をも~ (10, 0.1%)

1 ぎとつて喰べ, じ, つかみに, みがきつづけて, 張りあげかねない祖父, 感じました, 手首をも, 持つて, 申し受ける機, 足をも

▼ 腕~ (10, 0.1%)

2 をつかんだ 1 とあらゆる, に淡い, に結びつけた, の下, をぐっと, を抱えた, を掴んだ, を握りしめた

▼ 腕~ (9, 0.1%)

1 かぎり試みた, ききだけが, ききばかりでの, ききばかりの, ききばかりを, コキで, コキでございます, 扱きである, 比べを

▼ 腕づくで~ (9, 0.1%)

2 も取る 1 は叶, は彌, もかすめる, も叔父さん, も追っぱらう, 目的を, 自分を

▼ 腕より~ (9, 0.1%)

2 度胸より 1 四五寸先に, 奪ひ去り, 度胸だ, 放たれつ, 臂を, 血液を, 黒き血

▼ 腕拱き~ (9, 0.1%)

2 て茫然 1 じっと唄声, つつうかうか, つつ下り, て彳, て深, て首, 小首かたげ

▼ 腕貸し~ (9, 0.1%)

3 をする 2 して, をし 1 の約束, 申して

▼ 腕いっぱい~ (8, 0.1%)

2 の仕事 1 にのびない, にやれる, に占める, に書類, の芸, 運んで

▼ 腕である~ (8, 0.1%)

1 かのよう, が当人, が自分, ことが, ことを, と, と信じ, にも係

▼ 腕などを~ (8, 0.1%)

2 拱くの, 組んで 1 さすって, とって, 拱いて, 拱きましたが

▼ 腕にかけても~ (8, 0.1%)

1 だ, ひっくくって, やわか許すまじ, 伊兵衛が, 取るぞ, 嫌た, 山岡屋の, 搦めとって

▼ 腕~ (8, 0.1%)

2 腕関節ノ 1 保有操作シ得ルコトヲ特徴トスル多, 保有操作シ得ル云々ノ, 引ッ込メル, 引ッ込メル早, 添架スルニ在, 腕関節ニ添架セザルコトヲ特徴トスルモノニシテ本願特許請求範囲主文ニモ明記セル如ク

▼ 腕~ (8, 0.1%)

5 から胸 1 から手の甲, から頭, がご

▼ 腕角力~ (8, 0.1%)

1 するん, など取っ, の最中, をいどむ, をした, をしよう, をとっち, を取っ

▼ 腕~ (7, 0.1%)

1 どッちか, まるで知らない, 何ぞの, 侍女の, 手へ, 肩か, 足きられた

▼ 腕からは~ (7, 0.1%)

1 かかえた白鷺, 傷口が, 強くはげしく海上, 網が, 血が, 赤が, 頑固な

▼ 腕だけを~ (7, 0.1%)

1 のこして, モガモガと, 使って, 動かすやう, 持って, 静かに, 頂戴し

▼ 腕です~ (7, 0.1%)

21 かい, からどんな, からねもう, から本来, なア

▼ 腕とに~ (7, 0.1%)

2 箸が 1 八尺の, 小さな斑点, 掛けながら, 沿って, 金や

▼ 腕~ (7, 0.1%)

3 んだ 2 のだ 1 のであった, のです

▼ 腕にかけては~ (7, 0.1%)

1 その当時, とても太刀打ち, まことに頼り, 仕負, 天稟の, 確乎した, 素晴らしいとの

▼ 腕によって~ (7, 0.1%)

1 なされた, 一刻も, 出来たもの, 成し遂げられた偉業, 私の, 被害者が, 賃銀を

▼ 腕ばかり~ (7, 0.1%)

4 では 1 さすって, でなく両方, 組んで

▼ 腕~ (7, 0.1%)

1 と來, などいう詰らぬ, は, をし, をした, をやった, 坐相撲

▼ 腕~ (7, 0.1%)

2 をかっ 1 で寝, にころり, をさして, をさせ, をし

▼ 腕さえ~ (6, 0.0%)

4 あれば 1 確なら, 要らざること

▼ 腕だけは~ (6, 0.0%)

1 あの時, すこぶる強い, どう説き解し, 大したもの, 油断を, 貰った

▼ 腕だる~ (6, 0.0%)

4 げに 1 そうに, に

▼ 腕など~ (6, 0.0%)

1 こすると, まるまると, 借りたくは, 怪我し, 隆々たる, 髪を

▼ 腕にと~ (6, 0.0%)

2 まつて 1 つては, ほして, りすが, 思うほどの

▼ 腕ひとつ~ (6, 0.0%)

1 で働い, で容易, で立派, などといい, を頼り, 抱きしめたま

▼ 腕を以て~ (6, 0.0%)

1 あの向う傷, ライコルガスの, 徒らに, 我に, 敵に, 詳密に

▼ 腕拱い~ (6, 0.0%)

1 ている, て一心に, て立ちすくみ, て面, て鬱ぎこん, て默

▼ 腕~ (6, 0.0%)

3 の光 1 も細い, も透きとおった, をあらわした

▼ 腕~ (6, 0.0%)

1 の落ちた, も出た, を取つ, を膚, を自分, を見知

▼ 腕飾り~ (6, 0.0%)

1 がつい, にお, に至る, はまったく, をぬすん, を得意

▼ 腕~ (5, 0.0%)

1 などと受太刀, へできれ, へ延ばせ, へ揮, へ許せ

▼ 腕とで~ (5, 0.0%)

1 ただそれ, 幹も, 蟒の, 表現し, 身動きも

▼ 腕とも~ (5, 0.0%)

1 たのむ二人, ならなければ, なる, 運動神経が, 頼んで

▼ 腕ながら~ (5, 0.0%)

1 その振り上げた, まるで動かなかった, やにっこい斬り, 一生懸命切捲れ, 艪を

▼ 腕にて~ (5, 0.0%)

1 余の, 刺止め申す, 彼を, 筒袖口を, 蔽ふ

▼ 腕ほども~ (5, 0.0%)

2 あるの, ある鎌首 1 ある胡瓜

▼ 腕までも~ (5, 0.0%)

1 夢を, 差出したが, 見せるやう, 見せるよう, 露出された

▼ 腕をと~ (5, 0.0%)

1 つて二三尺自分の, つて外へ, つて散歩に, つて道を, ほし菊花

▼ 腕捲りし~ (5, 0.0%)

1 て三人, て煽, て薔薇, て院長, 乍ら談し

▼ 腕~ (5, 0.0%)

5 の椅子

▼ 腕附き~ (5, 0.0%)

5 の椅子

▼ 腕その~ (4, 0.0%)

1 フロックの, 力爭に, 声その, 胆ともに

▼ 腕だの~ (4, 0.0%)

1 二ツ三ツは, 背中だ, 襟元などに, 黒服の

▼ 腕~ (4, 0.0%)

2 やない 1 や三河町, や扱

▼ 腕とか~ (4, 0.0%)

2 言ふも 1 肩とか, 脚とかの

▼ 腕などに~ (4, 0.0%)

2 お繁 1 なすりつけ言葉, 毛が

▼ 腕などは~ (4, 0.0%)

1 だいぶん日, 忘れられた岩陰, 悦子と, 日に

▼ 腕なんか~ (4, 0.0%)

1 ふところに, 出して, 掻いてる, 釣って

▼ 腕よりも~ (4, 0.0%)

1 お角, より以上, 偶然だった, 口の

▼ 腕をね~ (4, 0.0%)

1 ぢつて見ろ, ぢつて連れ, ぢて, ぢる

▼ 腕ッぷし~ (4, 0.0%)

1 では断然, にまかせ, の強い, の物

▼ 腕~ (4, 0.0%)

3 膝の 1 の足

▼ 腕~ (4, 0.0%)

1 が襟首, きに, のお玉飾り, を現

▼ 腕直筆~ (4, 0.0%)

1 で富士山, というよう, と云う, の心

▼ 腕~ (4, 0.0%)

1 などがまるで, の筋肉, を切り飛ばし, を踏縛

▼ 腕関節~ (4, 0.0%)

2 ノ運動ト無関係ナル如キ身体 1 からはす, のない

▼ 腕あたり~ (3, 0.0%)

1 にかなり, にも繃帯, に大きな

▼ 腕ある~ (3, 0.0%)

1 ひは, 史家が, 怪物を

▼ 腕こき~ (3, 0.0%)

1 が先, のしたたか者, 六人體へは

▼ 腕じゃあ~ (3, 0.0%)

1 ないこの, 納まりが, 誰も

▼ 腕そして~ (3, 0.0%)

2 このもろもろ 1 肩から

▼ 腕それ~ (3, 0.0%)

1 から三本, が闇, を為遂げり

▼ 腕だって~ (3, 0.0%)

1 そう違い, 冥途へ, 大したもの

▼ 腕つき~ (3, 0.0%)

1 で太平, で引き立てられ, の椅子

▼ 腕であり~ (3, 0.0%)

1 その人, ながら刀, 自慢である

▼ 腕でした~ (3, 0.0%)

1 か女, が今度の, ね

▼ 腕でない~ (3, 0.0%)

1 ことを, と筆, のは

▼ 腕なども~ (3, 0.0%)

1 尋常で, 微妙な, 細く細く細くなっ

▼ 腕なんて~ (3, 0.0%)

1 ありやしないよ, 一番痛く, 女房の

▼ 腕について~ (3, 0.0%)

1 にぎった手, 綿が, 語りだすところ

▼ 腕にゃ~ (3, 0.0%)

1 あ忌, 合わねえん, 覚えたツル

▼ 腕による~ (3, 0.0%)

1 ことで, 如き, 扼殺である

▼ 腕に対する~ (3, 0.0%)

1 ひとつの, 一つの, 相当の

▼ 腕ばかりが~ (3, 0.0%)

1 伸びて, 暗い地面, 櫂の

▼ 腕へと~ (3, 0.0%)

1 渡されて, 移して, 紫色が

▼ 腕まえだ~ (3, 0.0%)

1 からな, といいました, よ

▼ 腕もて~ (3, 0.0%)

1 少年の, 彼人を, 拉き去らる

▼ 腕~ (3, 0.0%)

1 こきの, こきやりやしょう, 利き揃い

▼ 腕ッこ~ (3, 0.0%)

3 で一度

▼ 腕一ぱい~ (3, 0.0%)

1 にかきたい, に掻きのけ, に満ちます

▼ 腕両脚~ (3, 0.0%)

1 をしばっ, をなくされ, を無惨

▼ 腕全体~ (3, 0.0%)

1 とをむきだし, を掩, ヲ包ミ

▼ 腕~ (3, 0.0%)

1 の留金, をし, を噛ん

▼ 腕斬り~ (3, 0.0%)

2 の一件 1 が三年

▼ 腕方式~ (3, 0.0%)

1 ですか, と, はいかが

▼ 腕白く~ (3, 0.0%)

1 垂れたお, 梭を, 雪を

▼ 腕組ん~ (3, 0.0%)

1 でいた, でその, でゐる

▼ 腕あぐら~ (2, 0.0%)

1 をバラリ, を組み

▼ 腕あげ~ (2, 0.0%)

1 て, にけり

▼ 腕あり~ (2, 0.0%)

1 と信ずる, や神

▼ 腕いつ~ (2, 0.0%)

1 ぱいに, ぱい花を

▼ 腕かぎり~ (2, 0.0%)

1 働いたらお前たち親子, 叩き散して

▼ 腕かく~ (2, 0.0%)

1 の如く, はやからず

▼ 腕かけ~ (2, 0.0%)

1 て疊, 椅子に

▼ 腕からと~ (2, 0.0%)

1 両方合せ, 私の

▼ 腕こそ~ (2, 0.0%)

1 一本落した, 立たないが

▼ 腕こまぬい~ (2, 0.0%)

1 て考え, て考えこん

▼ 腕こまぬき~ (2, 0.0%)

1 ながら今後, 茫然と

▼ 腕こまねき~ (2, 0.0%)

1 て煙管, 床の

▼ 腕しか~ (2, 0.0%)

1 なかった, 持たぬ貧力者

▼ 腕だけで~ (2, 0.0%)

1 ウンと, 逃す斬手

▼ 腕だけの~ (2, 0.0%)

1 ものを, 世界でも

▼ 腕だった~ (2, 0.0%)

1 のです, よ

▼ 腕だて~ (2, 0.0%)

1 をし, を好み

▼ 腕だろう~ (2, 0.0%)

1 というん, なぞと噂

▼ 腕つこき~ (2, 0.0%)

1 の組, ばかり

▼ 腕づくだ~ (2, 0.0%)

1 つて民蔵になどは, 腕づくだ

▼ 腕でございました~ (2, 0.0%)

1 よ, よなかなか

▼ 腕でしょう~ (2, 0.0%)

1 ね, わたしゃお前さんの

▼ 腕でだって~ (2, 0.0%)

1 やはり描く, 描くの

▼ 腕として~ (2, 0.0%)

1 あなたも, この大物

▼ 腕とっ~ (2, 0.0%)

1 てねじふせた, てねじ上げ

▼ 腕とともに~ (2, 0.0%)

1 ぐいと突きだした, グイと

▼ 腕なし~ (2, 0.0%)

1 のブラウス, 女

▼ 腕なみ~ (2, 0.0%)

1 になった, に驚嘆

▼ 腕なんかは~ (2, 0.0%)

1 三千子の, 誰の

▼ 腕において~ (2, 0.0%)

1 強烈と, 明らかに

▼ 腕にかけ~ (2, 0.0%)

1 されられ恐る, 眼を

▼ 腕にさえ~ (2, 0.0%)

1 とまった, ヤットである

▼ 腕にだけ~ (2, 0.0%)

2 不思議な

▼ 腕により~ (2, 0.0%)

2 かけて

▼ 腕のほどを~ (2, 0.0%)

1 そこで見しょう, 見よや

▼ 腕のみを~ (2, 0.0%)

1 もって, 狂気の

▼ 腕ぷし~ (2, 0.0%)

1 の強, の強い

▼ 腕への~ (2, 0.0%)

1 移行部などによって, 過信であろう

▼ 腕へは~ (2, 0.0%)

1 行かない坊, 行かない坊っちゃん

▼ 腕へも~ (2, 0.0%)

1 たれて, 繍って

▼ 腕ほどの~ (2, 0.0%)

2 太さ

▼ 腕みたい~ (2, 0.0%)

1 な枝, に持ち逃げ

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 うろたえ者め, えだって

▼ 腕よりは~ (2, 0.0%)

1 口である, 気稟である

▼ 腕らしい~ (2, 0.0%)

1 一本の, 小型の

▼ 腕をば~ (2, 0.0%)

1 あはれ背後に, 絡ませ合つて

▼ 腕をよ~ (2, 0.0%)

1 ぢつた, ぢつてゐる

▼ 腕ッ限り~ (2, 0.0%)

1 グングンと, 漕がせました

▼ 腕ツコキ~ (2, 0.0%)

1 ださあ, で來

▼ 腕ヲ組ン~ (2, 0.0%)

1 デ斯ンナ静カナ海辺, デ斯ンナ靜カナ海邊

▼ 腕一ツ~ (2, 0.0%)

1 でお, にて善き

▼ 腕一パイ~ (2, 0.0%)

1 に文身, に立働く

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 けなら, けを

▼ 腕並み~ (2, 0.0%)

1 とは, を見せた

▼ 腕以外~ (2, 0.0%)

1 にたより, に何

▼ 腕出し~ (2, 0.0%)

1 て, をする

▼ 腕~ (2, 0.0%)

2 であらわれた

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 いて, きて

▼ 腕~ (2, 0.0%)

2

▼ 腕~ (2, 0.0%)

2 の腕

▼ 腕拱いた~ (2, 0.0%)

1 ま, まましばらく

▼ 腕揃い~ (2, 0.0%)

1 であって, ではない

▼ 腕木の下~ (2, 0.0%)

1 をいま, を潜っ

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 をギリギリ巻き, を斬りあげた

▼ 腕献上~ (2, 0.0%)

1 の一行, の先手

▼ 腕短い~ (2, 0.0%)

1 曲がった足, 脚でっぷり

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 の紳士, を謝

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 の霊活, はいろいろ

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 の節, をまる

▼ 腕腿所嫌はず~ (2, 0.0%)

2 攻めて

▼ 腕自慢あれ彼~ (2, 0.0%)

2 の聲

▼ 腕~ (2, 0.0%)

1 とし, のつもり

▼1* [361件]

あの妖星人, 腕あらんか神, 腕あるいはどのよう, 腕あれは巨大, 腕いたく片手で, 腕いっぽんで, 腕いっぱい力だめし, 腕いっぱい花を抱え, 腕いっぱい誰にもまねる, 腕いや口に, 腕うちくみて, 腕おしか頭, 腕かぎり根かぎり斬ったり, 腕かにもたせて, 腕がにゅっとかれのほうにつきだされのっぺらぼうの, 腕くらいの太さ, 腕ぐらいあった, 腕ぐらいの水棹一つ取れない, 腕ぐらゐの細さ, 腕ぐるみ捻じ曲げられて, 腕こそは女王の, 腕こと翼みんたに, 腕こまぬいた対馬守の, 腕こまねいている, 腕こまねいたままその, 腕こまねくのみ, 腕これきりにやめ, 腕ごとに怪腕, 腕さあどっちが, 腕さし伸して, 腕さしのべて葉さき, 腕さすがの丹下左膳, 腕さっぱりとし, 腕さ商人は表向き, 腕ざわりで油断をし, 腕て, 腕しだいであるし, 腕しっかりして, 腕じゃったなあ, 腕そこが法外流, 腕そのものが刃, 腕それからカニの, 腕それにすっかり身体, 腕そろっている, 腕ぞろい変装百人組の者たち, 腕ア撞木の, 腕たしかなる漕手幾人, 腕たてはおのれ, 腕たゆげに, 腕だけしか見えなかつたの, 腕だっしゃは大洞, 腕だっても葉巻の, 腕だつて彼自身, 腕だめにした, 腕ぢやあありませんか, 腕っくらべをやろう, 腕ったら斯うだ, 腕っぶしでみんな, 腕つかみ力を, 腕つき椅子を示し, 腕つこきで平次とは, 腕つこきなんださうだよ, 腕づくでもぎ取ってくれよう, 腕づくで引張り出されることを, 腕であってそれだけ, 腕であった碧虚二氏よりも, 腕である躱しざまに, 腕であれその秀でた, 腕でいらっしゃるのね, 腕でございますか, 腕でござんすから惜しくは, 腕でござんすよオーシップ・ニキーフォロ, 腕でなかったとみえ, 腕でなかつたと見え, 腕でなければあの, 腕ではがい締め, 腕で無きゃア開けよう, 腕とから受取った化物屋敷通過証, 腕ときたら鋼鉄の, 腕とにはなかなか敬服, 腕ともしていた, 腕とをしか知らなかった, 腕と殺念の燃えた, 腕ながらも敵討を, 腕なくまた大, 腕なぞは松の, 腕なぞを鳴らしては, 腕なでつつ, 腕などという怪談を, 腕などのしつかりと, 腕ならしさせてつかわそう, 腕なら出来ている, 腕なら勝つという確信, 腕なら知らないこと女な, 腕なり頭なり, 腕なりが見えて, 腕なりに我が膝, 腕なれば老生, 腕なんかがアテに, 腕なんぞで君, 腕にあたる処へ, 腕にかけての自信という, 腕にかけてもと言うよう, 腕にしかと抱きとめしばし, 腕についても無関心, 腕にとり拉がれるの, 腕にどたり倒れて, 腕になつてポツコリと, 腕になんかなって, 腕にはな条鉄がへ, 腕によつて本格的な, 腕によほどの覚えが, 腕によりかかつて眠れる, 腕に対してこっちの, 腕に対しても面が, 腕ぬきだのそれどころか, 腕何と云, 腕のうづくも, 腕のなゆる時, 腕のばし胸より, 腕のみがなし得る, 腕はがきっと組んだ, 腕はね切れ味の, 腕はばさっと音, 腕ばかしぢや, 腕ばかりの技能家だ, 腕ばっかりでからだ, 腕ひとりが襟, 腕ふるいましたら宮様の, 腕ぶしであって吉岡, 腕ぷしでそこからうしろ, 腕ぷしのつよい少年であった, 腕ぷしのつよい連中がやられ, 腕へだけ嵌まる, 腕へばかり鉄と, 腕ほそけれど懸命, 腕ほど素直で, 腕ほどに痩せ蹌踉, 腕ぼろ無知卑賤暗黒それらは理想, 腕まえたあ思いませんでした, 腕まえだったのです, 腕まかせでなく丁寧に, 腕まくって私, 腕まくらして, 腕まことに残念千万である, 腕までの手袋を, 腕まもりでも拵えよう, 腕まわりほどの太, 腕みがきのため, 腕むずと取って, 腕もよかつた, 腕もろともがんじがらめ, 腕抱けこれ, 腕わなどもたくさんならん, 腕われはそ, 腕をのぶれども, 腕をはづして逆に, 腕アルコールと美食, 腕真ッ, 腕ガエラク日焦シテイルネ, 腕グミして, 腕スベテノ輪廓ガ二重ニナッテ見エ, 腕ダメシの必要, 腕ッぷしだけと思うと, 腕ッコキ連を呼び出し, 腕ップシが強大, 腕ッ節専門の立廻り派, 腕ツ節の強, 腕ト共ニ少クトモ三本, 腕ト等効ナル動作ヲナス機械腕, 腕ニュッと出る, 腕ハ悉ク右又ハ左, 腕ヒョイヒョイとこう, 腕ポケットにわざと, 腕ムキ出しの半, 腕なったの, 腕一ぱいかかへて借りて, 腕一件について警察, 腕一揃が五十万円, 腕一方のかれ左膳, 腕一本切つたのと同じ, 腕一本切つて罪となつ, 腕一本失つた時と違つて, 腕一本所望じゃ, 腕一本熱心一途で仕上げ, 腕一本脛一本のもの, 腕一本荷車に積, 腕一本限りの者, 腕三つ分約五メートル, 腕不可思議な藻, 腕両方からグイ, 腕両脚等に青, 腕中腕から頭, 腕二箇所突かれさせ給, 腕二節の蓮根, 腕五本腕六本腕といくらでも, 腕人物ふたつながらに, 腕以上の判定者, 腕以下のもの, 腕なひこば, 腕には何, 腕し若い, 腕働きでもある, 腕全く穏かでは, 腕全部とは推定補修, 腕公女殺しがエテ公, 腕六本腕といくらでも, 腕共にその通り, 腕其の腕が, 腕其等よりも染五郎, 腕っこい, 腕冴えて料理, 腕凭椅子のゆったり, 腕切ってかた, 腕利刑事で佐々, 腕返す刀, 腕前足前もあれ, 腕と剣, 腕十本の足, 腕卷きあげて, 腕取ってひた押し, 腕吊り下がっている, 腕四寸ばかり突疵, 腕固きわが愛兒ヘーパイストス, 腕の筒, 腕精力と, 腕大明神が書類, 腕に包んだ, 腕の変, 腕の膝, 腕守内証で神月, 腕て疵, 腕にも金尽, 腕巧者師匠のこの, 腕巻きあげて, 腕でつり上げ, 腕の者五, 腕強い上手な, 腕強き者を申しう, 腕当てを使用, 腕から無, 腕大盡, 腕思うにその, 腕成ども我一心長庵如き何, 腕は他, 腕のかざるべき, 腕手足の指, 腕才能をさす, 腕投げ出して右手, 腕押えてややしばし, 腕押ししてたの, 腕担いだように, 腕拭き鉄の, 腕拱きたるま, 腕拱ぬき長庵に欺かれ, 腕拱みの手を解い, 腕持つてる律義な, 腕に光っ, 腕振ふべき時今來たり, 腕へ得むものを, 腕をした, 腕捲りなしたる勢ひ, 腕ひばかり, 腕揃ひだしそれ, 腕ひ長, 腕揮えなどと, 腕荒木も, 腕敷いて彼等, 腕文章道への関心, 腕斬り落とされた薄幸の, 腕に言, 腕の古木, 腕格好のよい, 腕を宛, 腕のよう, 腕は天性得意, 腕次第九銭で貸, 腕次第勉強次第でコツコツ, 腕次第頭次第どうかする, 腕洞穴から出る, 腕滅多に拳, 腕火焔の中, 腕無し藝者の妻吉, 腕無産者孤児不幸なる者, 腕片々へし曲っ, 腕現れてわが, 腕現れ出でたり, 腕環みたいな環, 腕環一組で百七十五ルーブル, 腕環其他装飾物金銭などを少し, 腕環左の腕, 腕環指には指環, 腕環頸飾りを奪っ, 腕環類の分解なぞ, 腕環類解体の仕事場, 腕環首かざりブローチ, 腕生きている, 腕疲れたる勇將は, 腕疲候而やめ申候, 腕症候群ト称スルモノト考エラレル第六番目, 腕白い脛時々ムッ, 腕白子でありました, 腕白金造の打物, 腕の手, 腕目ざすものは, 腕程になって, 腕程の太さ, 腕程もある竿, 腕も有り, 腕の帯, 腕細ぢや, 腕組む粒揃いの, 腕組んだまま坐っ, 腕結構建設の, 腕の襟, 腕だと, 腕聳立ちたる肩, 腕から斬っ, 腕肘肘から手首, 腕かれの, 腕や胸, 腕肩胴などはしっかり, 腕肩胸おなじよう, 腕から胴, 腕脱し如何とも, 腕に数カ所, 腕臀部にかけて奇妙, 腕臓器顔などと皆, 腕自慢これは筋, 腕自慢江戸前トンカツ千鳥足右の如く変更, 腕荒木流のやわら, 腕落とされてやった, 腕の手, 腕の頭, 腕の美しい, 腕見せて, 腕角力やじゃんけんをはじめていたが次郎はその, 腕調べとして御覧, 腕する程馬鹿, 腕貸しいたし刀傷, 腕貸しねえもんで, 腕越しにナースチャ, 腕車夫を見, 腕逃げまどう肌ある, 腕達者揃いの柳生藩, 腕に黒い, 腕に前, 腕長い指それらが, 腕には死者ぐる, 腕関節ニ支持セラレ之ヲ支持点トシテ運動スル如ク構成セラレタルニ対シ, 腕限りやるつもり, 腕露呈に肱, 腕の名, 腕頬頸脚ナドヲ手デ探, 腕と云つて, 腕に咬つた時, 腕馬鹿に大きな, 腕馴らしやってみい, 腕鮮血にまみれ, 腕鳴りて止まず, 腕鳴り肉うずく思い