青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「起した~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

走る~ 起~ ~起き 起き~ ~起こった ~起こる 起こる~ ~起し 起し~ ~起した
起した~
~起す 起す~ ~起っ 起っ~ ~起った 起った~ 起つ~ ~起つた 起り~ ~起る

「起した~」 1131, 12ppm, 8987位

▼ 起した~ (291, 25.7%)

36 である 1914 です 13 では 12 であった 5 だった 4 かも知れない, であるが, であろうか, でないか, は確か 3 だが, だと, だろう, であろう, ですが, は実に, もこの, も無理

2 [12件] かもしれない, だよ, ぢや, であります, でございます, でした, と水一ぱい, はこの, はそれ, は事実, は全く, も勿論

1 [124件] か, かいま, かおまえ, かその, かと思っ, かと思ふ, かどう, かな, かなとも考えた, かは分らない, かも知れぬ, かも知れません, かフラフラ, か声, か容易, か忘れ, か臍, がこの, がすなわち, がつまり, がぼく, が丁度, が偶然, が因, が実に, が悪い, が最初, が癪, が足かけ五年目, さ, じゃ, じゃあありません, だという, だといふ, だね, だらうかと, だろうが, だ私, であったが, であるか, であると, であろうと, であろうという, でございましょう, でしょうか, でしょうかね, でしょうね, でしょう神, ですか, ですよ, でないかと, でも, で御座いますが, とまったく, とまつたく, と同じ, には自分, はいつも, はお, はかう, はちかごろ, はほとんど, はマッテゾン, は一つ, は一人, は一生, は二十八九, は何, は何で, は八五郎親分, は六十, は十二月, は只今, は大, は大学, は布袋子, は帰っ, は強, は彼, は忠節比類無し, は慚愧, は日本, は日雇, は昨年夏, は朝, は机竜, は検事総長, は構成, は此, は死人, は流石, は由也, は甲府, は疑い, は痩せ衰えた, は白象, は自分, は西暦, は誠に, は誠に当然, は警察当局, は道夫, は頽然, もかうした, もせんじつめれ, もその, もふしぎ, もむりはないと, もローマ, も三十五年頃, も全く, も可愛い, も彼処, も男の子, やわいね, らしいが, をそう, を今, を即座, を抱え, を知っ, を見, を見る, を返つ

▼ 起したこと~ (59, 5.2%)

6 がある 4 もある 3 はない 2 があった, が一度, であった, であろう, にレーニン, のない

1 [34件] から小, があつ, が後に, が無い, が薬師如来本願経, すらある, すら既にもう, だけはのぞきえない, だらう, だろう, であつ, である, にさせた, によって剣難, によって条約, に満足, に理由, はございません, はその, は一度, は容易, は幸い, は有りません, は確か, は読者, は誰, は逸早く, もあった, もございません, も木下, も無い, やしかし, を悔い悲しん, を記し

▼ 起したもの~ (56, 5.0%)

2 か, だ, だから, だろうと, であった, と見える, らしい

1 [42件] かそれとも, かそんな, かとも想像, かも知れません, かやがて, か或いは, か本人, か涙, がある, が一つ, が一人, が多く, が少く, が居ないらしい, すらありました, だった, だつた, だと, ですから, でもっとも, で五輪, で絶命, といわれ, としてこれ, としてひたすら, とみえます, とも思はる, とも見えます, と察せられる, と思い込み, と考へられる, と見られ, と見られよう, なの, によってゼムリヤ号, に相違, に近い, は唯, もいなかった, も少なく, らしく, を知らない

▼ 起した~ (40, 3.5%)

2 彼女は

1 [38件] いよいよ市街, これからは, これに, その弾み, その時, ちょっとや, どうする, どうもそれほど問題, なかなか起きない, なにも, ハッと, ラタークから, 丁度その, 主人公の, 二人とも, 伊沢の, 例の, 再び英國, 原作者メーテルリンクは, 大連第, 如く意外, 当然な, 彼の, 彼は, 心は, 意外千万な, 折角父, 斯う, 春眠暁ヲ, 未熟な, 疲れ切って, 秀次の, 紳士らしい, 脈は, 返事も, 退社といふ, 通らずずるずる, 食べるもの

▼ 起したよう~ (37, 3.3%)

3 な声 2 にジリジリ

1 [32件] だ, であった, でございましたが, なほがら, な少し, な形, な忙し, な機会, な物音, な眉, な表情, にはききません, にひい, にぴったり, にふるえた, にも考えられる, にカラカラ, に一生懸命閾, に云い触れ, に元気, に咽喉, に家々, に引締, に強ばっ, に彼女, に急, に止まらなかった, に眺め, に立った, に荒れまわった, に言っ, に飛び起き

▼ 起した~ (32, 2.8%)

2 だけの話, にはもう, はもう

1 [26件] その溝板, それだけの, なぞは, などは大, などは袈裟, にそれ, にちょうど, にはじめて, にはその, には彼, には眼, にウッスリ眼, にエヴァンス, に乳, に折々, のこと, のほか, のやう, のよう, の血, は帝, は最早, は清朝, は猶世に, は私, 赤い血

▼ 起した~ (31, 2.7%)

3 いふよりも, 見えて, 見える

1 [22件] いうが, いうので, いうよりも, いって, いわれても, です, なれば, みえて, 云いますが, 云う, 云うの, 云っても, 云ふ, 同時に田丸先生, 同時に神聖, 思うと, 思われます, 自白し, 見え常に, 見え綱引で, 見る, 言つた顏色舅に

▼ 起したので~ (28, 2.5%)

3 あつた 2 あらう, 狼狽へて, 私は

1 [19件] あらうと, おえつは, この事業, さすが後, せう, その某, ふるえて, まことにむりのないことであります, 乗替場所, 以後三次中学の, 元朝では, 多少の, 当然気管, 愕いた, 日数の, 目的は, 遂に寛永, 遠い万葉, 高い方

▼ 起した~ (24, 2.1%)

3 じゃない, です 2 だ, だよ, だろう, ですね 1 だから, だが, だぜ, だって云い, だつてこと, だなと, だ私, でしょうな, ですな, ですよ

▼ 起したという~ (20, 1.8%)

2 ことは

1 [18件] ことが, ことこそ, ことで, ことに, ことの, のである, のは, のも, わけだった, わけで, 事は, 事件です, 事実から, 人だけ, 伝説が, 例も, 新十郎, 早馬が

▼ 起した~ (18, 1.6%)

3 のない

1 [15件] があったでしょう, がある, が一再, が有った, が無い, などを心窃, に味方, に話し及ん, はすでに, はなかっ, は有りません, は無い, もあつ, もなく, も數

▼ 起した~ (13, 1.1%)

3 相違ない 2 違いない 1 しろ何らかの, しろ敗訴, すぎません, ちが, ちがいない, 本づくであらう, 相違ありません, 過ぎないの

▼ 起したところ~ (8, 0.7%)

1 であると, でその, で仕様, で味方, で無数, にまるで, の彼, へ

▼ 起したから~ (7, 0.6%)

1 お医者, じゃとても, である, であると, ですか, なんだ, 斯ん

▼ 起したといふ~ (7, 0.6%)

2 のか 1 ことが, ことにな, ことは, わけで, 事実だけでも

▼ 起した~ (6, 0.5%)

1 とおも, 不審である, 何人の, 徳川へ, 皆様も, 皆目分らなかった

▼ 起したやう~ (6, 0.5%)

1 なぼんやり, な全, な魅力, にさ, になつ, にガタ

▼ 起した~ (6, 0.5%)

1 の上, の中, の塊, をさ, を復, を盛り

▼ 起した~ (6, 0.5%)

2 に見えた 1 な, な気, に白い, に身ぶるい

▼ 起したけれど~ (5, 0.4%)

2 おれは 1 不在の, 今は, 胃腸の

▼ 起したけれども~ (5, 0.4%)

1 お銀様, どう見, 妙に, 藩の, 起きないから

▼ 起したため~ (5, 0.4%)

1 しもなく, だった, ついに戦い, に夕刻, に空中分解

▼ 起したとき~ (5, 0.4%)

1 に呉興, に蜀王, は敵, 死んだよう, 見た着て

▼ 起したもん~ (5, 0.4%)

1 だから, だが, だとよ, だよ, だネ

▼ 起した事件~ (5, 0.4%)

1 で相当, の姿, もあった, や人物, を知らせ

▼ 起した~ (5, 0.4%)

1 であります, であるが, で有名, の大, の特徴

▼ 起した~ (4, 0.4%)

2 徳と 1 島の, 雪は

▼ 起したくらい~ (4, 0.4%)

1 であった, である, です, 不安な

▼ 起しただけ~ (4, 0.4%)

1 であった, です, で兩足, で話

▼ 起した場合~ (4, 0.4%)

1 がなかっ, にその, にも作家, の部分品

▼ 起した~ (4, 0.4%)

1 に酔, に酷く, 危険極まる, 危險極まる

▼ 起した~ (4, 0.4%)

2 すらない 1 がうしろ, もあった

▼ 起したからとて~ (3, 0.3%)

1 あえて不思議, その無学, 前回の

▼ 起したこの~ (3, 0.3%)

1 席が, 新夫婦, 暖かい拙い人間的

▼ 起したころ~ (3, 0.3%)

1 でありました, であろうと, にもこんな

▼ 起したとか~ (3, 0.3%)

1 云うでん, 呼吸困難に, 称し僧三名

▼ 起したなり~ (3, 0.3%)

2 夫の 1 で自分

▼ 起したばかりに~ (3, 0.3%)

1 せっかく事件, ひどく腹, 女を

▼ 起したまま~ (3, 0.3%)

1 じっとし, でアグネス, 老婦人

▼ 起したわけ~ (3, 0.3%)

1 ですね, でつまり, では

▼ 起した~ (3, 0.3%)

2 です 1 で直ぐに

▼ 起した~ (3, 0.3%)

1 が少なから, は毎度新聞, もなく

▼ 起したあと~ (2, 0.2%)

1 の淋し, は家中

▼ 起したかと~ (2, 0.2%)

1 おどろいて, 云つて内

▼ 起したかの~ (2, 0.2%)

1 ごとき微動, ように

▼ 起したかも~ (2, 0.2%)

1 知れない, 知れぬ

▼ 起した~ (2, 0.2%)

2 また自分

▼ 起したそう~ (2, 0.2%)

1 じゃが, だが

▼ 起したその~ (2, 0.2%)

1 傷口が, 気味合ひ

▼ 起したつて~ (2, 0.2%)

1 好いだらう, 怖くは

▼ 起したとき彼女~ (2, 0.2%)

2 の眉宇

▼ 起したとき私~ (2, 0.2%)

1 は停車, は発作

▼ 起したとは~ (2, 0.2%)

1 相当以上, 考えられない

▼ 起したなどは~ (2, 0.2%)

1 滑稽だ, 科學の

▼ 起したのに~ (2, 0.2%)

1 すっかり狼狽, ちがいない

▼ 起したのみ~ (2, 0.2%)

1 ならずその, ならずコポオ

▼ 起したほど~ (2, 0.2%)

1 である, であるが

▼ 起したほどの~ (2, 0.2%)

1 偉いお方, 美人番付の

▼ 起したものの~ (2, 0.2%)

1 却って安成貞雄君, 姿を

▼ 起したんぢ~ (2, 0.2%)

2 やない

▼ 起した丈それ丈花嫁~ (2, 0.2%)

2 の顔

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 峯の, 翁を

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 は激しい, を背後

▼ 起した儘流石~ (2, 0.2%)

1 に呆気, に呆氣

▼ 起した動揺~ (2, 0.2%)

2 はお

▼ 起した原因~ (2, 0.2%)

1 といえよう, にもなった

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 が入室, のよう

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 というもの, もあった

▼ 起した小僧~ (2, 0.2%)

2 の三吉

▼ 起した希望~ (2, 0.2%)

1 について考え, について考へ

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 の発心, は枕もと

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 ですから, の教育法

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 の医黌, はリスボン

▼ 起した時医者~ (2, 0.2%)

2 は私

▼ 起した最初~ (2, 0.2%)

1 の作, より一度

▼ 起した根拠地~ (2, 0.2%)

1 がこの, であると

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 は畳, は目

▼ 起した直接~ (2, 0.2%)

2 の原因

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 はもうどうしても, は顔

▼ 起した結果故意~ (2, 0.2%)

2 と話題

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 傅役の, 婦人が

▼ 起した背後~ (2, 0.2%)

2 から一ツ背中

▼ 起した調子~ (2, 0.2%)

2 で二三日中

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 である, ではない

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 があります, の穴

▼ 起した~ (2, 0.2%)

1 を持っ, を持った

▼ 起した静子~ (2, 0.2%)

1 が同じ, は蒼白い

▼1* [257件]

起したあげく未だ帰るべき, 起したある社会事業の, 起したお多福の男, 起したお方では無い, 起したお父つぁんやお母さん, 起したかではなく寧ろ, 起したかは心理学者には, 起したからこそこんなこと, 起したきりで幾度, 起したくらいに止まりわが, 起したしるしでありましよう, 起したじゃアない, 起したすきに全く, 起したそもそもの禍因, 起したそれやこれ, 起したそれで生きて, 起したため都は海陸, 起しただけで飽き足らずに, 起しただけでも三人といふ, 起しただけに止つてゐ, 起したって無駄なこった, 起したつて眼が醒めない, 起したつもりのわたくし, 起したといった顔色舅に, 起したときほんとうの状態, 起したときぼくはなにか, 起したとき日本近海の海底, 起したとき頭の上, 起したとさえ云える, 起したとしても人は, 起したと共に一方大陸, 起したろを, 起したなどとは夢にも, 起したには起したが, 起したによって兵糧不足し, 起した何たる事, 起したあいは, 起したばかりの頃は, 起したふりをし, 起したほどにも足りないこと, 起したままどこまで飛ん, 起したまま二百米近く下って, 起したまま凝然とその, 起したまま手を合せ, 起したまま白布の骨箱, 起したまま躊躇した, 起したまま部屋から運び出された, 起したもう一つの, 起したもの他の一つ, 起したわたしの長篇小説, 起したイスパニヤ皇帝皇后の援助, 起したガラツ八これはあまり, 起したジナイーダを寝台, 起したフィリップスは強く, 起したプルウストそしてその, 起したボヘミア領を取り囲ん, 起したポーランド女の殺害事件, 起した一人がいきなり, 起した一代の才人, 起した一国の宰相, 起した一城主を発見, 起した一種の論断, 起した万太郎がそれ, 起した三百匁ばかりの石, 起したなおところどころ, 起した上いつまでもかう罵りつづけた, 起した上引抱へるやう, 起した下手人でしかない, 起した健康か, 起した世界史の稿, 起した中心の人たち, 起した主人は保吉, 起した事柄がうまく, 起した二三の連中, 起した二葉亭の面貌, 起した些々たる小, 起した人夫の話, 起した人物である, 起した人間の疑問, 起した巳吉は, 起した代償に彼, 起した以上牛の罪, 起した以来兄弟同士は前, 起した仲間の一人, 起した伝吉のやっと, 起したとして五ドル, 起したはやっぱり, 起した八九人の中, 起した内儀のお, 起した再び鈴がから, 起した初代であり不漁, 起した判断感覚なぞいう, 起した前後にかけての氏, 起した動機は偶然, 起した勤労大衆の力, 起した化物の考案, 起した南部と津輕, 起した危険な二週間, 起した呉王の意中, 起した周囲を塗っ, 起した味噌とか米俵, 起した和武ちゅうのが, 起した哲学の先生, 起した四国攻略の配備, 起した土匪の如き, 起した地方には珍, 起したを一つ, 起した壺摺鉢の隣, 起した動機に, 起した大きな蘇鐵が, 起した大陸分権の自然, 起した失望などとは比較, 起した女房は張板, 起した宮木裁判長は直ちに, 起した家塾が則, 起した寄せ手は一ノ木戸二, 起したタマセセの, 起した山陽は江戸, 起したの上, 起した川村さんは言葉, 起したに過ぎない, 起した幾多の小, 起したから格調, 起した座敷でせう, 起したに小突かれ, 起した強大な電力, 起したみで, 起した当の張本人荒木村重が, 起した当夜に代官所, 起した当時と同じ, 起した形跡もあり, 起した御新造ね彼, 起した恋歌なの, 起した感動はかなり, 起した感想を, 起したる青年, 起した戦争の中, 起したも信長, 起した拍子に力, 起した政党の無定見, 起した斯様な書物, 起した運動等は, 起した新しいヨオロッパの, 起した新子はまた, 起したがいい, 起した旋風のなか, 起したには吾が, 起した日記である, 起した時人のわるい, 起した時喜びの気持, 起した時忠綱は勅命, 起した時数日来の疲れ, 起した時無駄であつ, 起した時看護して, 起した時稲妻はすでに, 起した時竜之助, 起した時菩提を成就, 起した時見事な髯, 起した時飛鳥の如く, 起したで天宝, 起した有名な, 起した期待は然し, 起した本尊はグーグー, 起した根本の目的, 起した植木は女子青年班, 起した様子で, 起したな氣, 起した樣子もない, 起した死骸の右手, 起したも死んだ, 起した気分をその, 起した氣分が出, 起した決闘を寺, 起した沈黙がつづいた, 起した法則の深, 起したと雨, 起した浅野内匠頭様の御, 起した深い静寂を, 起した滝川一益の行動, 起したのそば, 起した火元の罰則, 起した火鉢に凭つて, 起したのまわり, 起したについては教師, 起したに国司岳, 起したっころ, 起した犯人の正体, 起した猛烈な旋風, 起した珈琲店の跡, 起した現実的な原因, 起した理由の中, 起したの上, 起したを見た, 起した皇帝もまず, 起した直後である, 起した眼瞼めっかち盲人等はその, 起した眼色をし, 起した瞬間の衝動, 起した短いごく短い, 起したとに, 起した石見銀山鼠捕りは, 起した神罰のため, 起した程度だったろうが, 起した一人だつた, 起したであつ, 起した米友は重い, 起した素戔嗚に遠い, 起した経験に乏しい若い, 起した結果であること, 起した結果民意を抂屈し選権, 起した締め手が帯, 起したを償う, 起した美しい過去の, 起した自分の方, 起した興奮は公平, 起した若い侍, 起した草木の根, 起したの煽動者, 起した藤吉仮寝して, 起した藤沢道場とはここ, 起した虚心状態とも推察, 起した行動は無意識, 起した裏面の怪人物, 起した覚えはある, 起した覚明は常住, 起した親殺しにされ, 起した許多の事業, 起したでは, 起した賢夫人が姑, 起したが立つ, 起したは畑, 起した轟氏は立, 起した過程はやはり, 起した道庵の心持, 起した遠くの空, 起した遺跡であろう, 起したさ悲惨さを, 起した金五郎は思わず, 起した間違いは仕方, 起した陸地の間, 起した雑草の根, 起した雨雲の空, 起した電壓幾萬幾千ボルトの三相交流, 起した電気とが殆, 起した青木という患者, 起した音松が, 起した音田は三四日, 起したの心持, 起した頃風のつよい, 起したには方角, 起したではない, 起したを見る, 起した風雲児だけのもの, 起した馬鹿では, 起した騒ぎでした, 起した黒土を元通り直し, 起した黒船町の利三郎